Epistle of Jude信徒のジュード

General Information 総合情報

Jude is a short book of the New Testament of the Bible, consisting of 25 verses.ジュードは、短い予約は、新約聖書の聖書の、 25の詩で構成されます。 The author is commonly believed to have been the Apostle Jude (or Thaddaeus).の著者は、よく考えられているジュードの使徒(またはサディーアス) 。 However, as verse 17 implies that the Apostles are already dead, the authorship and date of composition are uncertain.しかし、 17を意味して詩の使徒としては、すでに死んでは、原作者とこの評価を組成は不透明だ。 The book may have been written as late as AD 100.本年5月後半にも書かれていると広告の100です。

The text is a warning to its recipients against teachers promoting doctrines leading to immorality. Some scholars suggest that the teachers were proponents of Gnosticism.テキストは、受信者に対して警告をその教説の推進につながる不道徳教師です。いくつかの学者が支持を示唆してグノーシス主義の教師です。 A distinctive characteristic of this letter is its use of citations from the Assumption of Moses and the Book of Enoch, works classified as Pseudepigrapha.独特の特徴は、次の手紙からの引用は、その使用を前提に、ムーサーとその本のイノック、偽典の作品に分類されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell


Epistle of Jude信徒のジュード

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1-4)はじめに( 1-4 )
  2. Condemnation of false teachers (5-16)非難は、 falseの教師( 5-16 )
  3. Admonitions (17-23) admonitions ( 17-23 )
  4. Doxology (24-25)頌栄( 24-25 )


Jude = Judasジュード=ユダ

Advanced Information 高度情報

Among the apostles there were two who bore this name,使徒who間の2つの穴があったこの名前、

He who is called "the brother of James" (Luke 6:16), may be the same with the Judas surnamed Lebbaeus. whoが呼び出された彼は"弟のジェームズ" (ルカ6:16 ) 、 5月に、同じlebbaeusのユダsurnamedです。 The only thing recorded regarding him is in John 14:22.記録についてだけで彼はジョン14:22です。


Epistle of Jude信徒のジュード

Advanced Information 高度情報

The author was "Judas, the brother of James" the Less (Jude 1), called also Lebbaeus (Matt. 10:3) and Thaddaeus (Mark 3:18).の著者は、 "ユダは、弟のジェームズ"の少ない(ジュード1 )と呼ばれるにもlebbaeus ( matt. 10時03分)とサディーアス(マーク3:18 ) 。 The genuineness of this epistle was early questioned, and doubts regarding it were revived at the time of the Reformation; but the evidences in support of its claims are complete.この書簡は、早期の純粋事情聴取し、疑問が復活することは、時間の改革;しかし、その主張を支持する証拠が完了します。 It has all the marks of having proceeded from the writer whose name it bears.すべての符を持つことが進めクマよりその作家の名前を付けます。 There is nothing very definite to determine the time and place at which it was written.非常に明確なものはない時間と場所を確認するには書かされていた。 It was apparently written in the later period of the apostolic age, for when it was written there were persons still alive who had heard the apostles preach (ver. 17).それは明らかに書かれて、後の時代のローマ教皇の年齢の時のために書かれたことがあった人はまだ生きて聞いていた使徒who説教( ver. 17 ) 。 It may thus have been written about AD 66 or 70, and apparently in Palestine.このように書かれたことがあります広告の掲載が66または70 、と明らかにし、パレスチナです。 The epistle is addressed to Christians in general (ver. 1), and its design is to put them on their guard against the misleading efforts of a certain class of errorists to which they were exposed.宛ての手紙は、キリスト教全般( ver. 1 ) 、およびそのデザインは警備隊に反対し、彼らの努力を、特定のクラスの誤解を招くerroristsを露出されていた。

The style of the epistle is that of an "impassioned invective, in the impetuous whirlwind of which the writer is hurried along, collecting example after example of divine vengeance on the ungodly; heaping epithet upon epithet, and piling image upon image, and, as it were, labouring for words and images strong enough to depict the polluted character of the licentious apostates against whom he is warning the Church; returning again and again to the subject, as though all language was insufficient to give an adequate idea of their profligacy, and to express his burning hatred of their perversion of the doctrines of the gospel."信徒のスタイルをするには、 "熱のこもった悪口雑言は、性急な旋風のは、作家は急いで沿って、神の復讐の例を収集した後に例のとんでもない;積み小名時小名、およびくいのイメージ時のイメージ、および、それは、言葉とイメージをlabouring十分に強力な汚染の文字に置き換えて描いて、御心に適うの勝手気ままな背教者に対しては警告の教会;を返すの件名に何度も繰り返して、まるですべての言語が不十分なアイデアを与えるに十分な浪費、彼の書き込みと憎しみを表現するのは、教説の曲解の福音です。 " The striking resemblance this epistle bears to 2 Peter suggests the idea that the author of the one had seen the epistle of the other.この書簡のクマの著しい類似点を示唆してアイデアを2ピーターは、著者の1つの手紙を見たのです。 The doxology with which the epistle concludes is regarded as the finest in the New Testament.最後の頌栄とは見なされては、最高級の信徒は、新約聖書です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistle of Jude信徒のジュード

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

The writer of Jude, evidently not an apostle, calls himself a "servant of Jesus Christ and brother of James."その作家のジュード、明らかに特定の使徒、呼び出し、自らを"イエスキリストの使用人と兄のジェームズです。 " Which James?これジェームズですか? There were two whose brother he might have been, the son of Alpheus and the brother of our Lord, and the general opinion is in favor of the last-named.彼は2つの弟があったのかもしれない、との兄の息子のアルペイオスの主よ、と全般に賛成の意見は、最後に名前です。

1. 1 。 The first division is the salutation, 1, 2.の最初の課は、あいさつ、 1 、 2 。 Notice the Revised Version: "them that are called, beloved in God the Father, and kept for Jesus Christ."に注意して改訂版: "と呼ばれることには、最愛の父に、神の存在は、イエスキリストとを維持するために。 " Why kept for Him?を維持するために彼はなぜですか? How much this suggests as to HIs coming glory and the part believers will take in it?この提案にどのくらい彼の今後の栄光と信者たちの部分が入っていますか?

2. 2 。 The object follows, 3, 4.オブジェクトの次のように、 3 、 4 。 What is that object as stated in verse 3?どのような詩に記載され、そのオブジェクトは3ですか? Notice that according to the Revised Version the faith delivered to the saints was delivered "once for all."によると、改訂版に注意して配信さ聖人の信仰が届けられた"一度のすべての。 " "Faith" here is to be taken in the sense of that body of Christian doctrine which forms the substance of the truth concerning "our common salvation." "信仰"ここはセンスに服用して、その体を形成してキリスト教の教義の真実性物質に関する"我々の共通の救いです。 " It is used synonymously with "Gospel."これは同義で使われる"福音です。 " This was delivered to the body of the church, at the beginning of its history as a complete revelation in itself (Revelation 22:18, 19).これは、教会のボディに配信さは、その歴史の冒頭にそれ自体として、完全な啓示(啓示22:18 、 19 ) 。 It is a sacred deposit to be preserved in its integrity, defended and earnestly contended for.それは、神聖な預金されるとの整合性に保存され、熱心に弁護およびに対しです。 The necessity for this defense is seen in verse 4.防衛の必要性をこの詩が見られる。 4 。 "Foreshadowed" in that verse should be "forewritten," ie, the false teachers referred to had been predicted as coming in among the flock. " foreshadowed "を詩にすべきである" forewritten 、 "つまり、偽の教師として言及していた予測の群れの中来るのです。 Our Lord had spoken of them, and so had all His apostles.わたしたちの主は話さをし、これはすべて彼の使徒です。 The nature and outcome of their teaching as suggested by "lasciviousness" is particularly noticeable.自然との結果を教え、彼らによって提案されたとして"わいせつ"は、特に顕著です。

False Teachers偽教師

3. 3 。 The third division deals with the false teachers, and we have first, a revelation of their punishment (5-7).第3部では、偽教師、またわれは第一に、啓示の罰( 5-7 ) 。 From this their position as professed disciples would not save them any more than it saved the Israelites brought out of Egypt, when they afterward sinned against light (5); or the angels referred to in Peter's epistles and Genesis (6); or Sodom and Gomorrah (7).この、自分の位置から本職の弟子として保存することはないことを超える保存して任意の赤字解消へのイスラエルエジプト、その後かれらに対して罪を犯し光( 5 ) ;や、天使たちがピーターの書簡で参照されて、創世記( 6 ) ;またはソドムとゴモラ( 7 )です。 Do not fail to observe the class of sins prominent in these instances, especially the two last-named, and their relationship to "lasciviousness" already spoken of.失敗はありません著名な罪を守って、これらのクラスのインスタンスを、特に最後の2つの名前、およびそれらの関係を"わいせつ"は既に話さのです。 While the erroneous teachings were intellectual, yet their power was augmented by carnality of the grossest kind.一方、知的誤った教えが、彼らの力はまだありませんが、肉欲grossest種類増強されています。

4. 4 。 the description of the teachers follows, (8-13).教師の説明を次のように、 ( 8-13 ) 。 Observe in verse 8 that they not only defile the flesh but speak evil of dignitaries, by which may be meant both civil and ecclesiastical superiors.詩8して観察を汚すだけでなく、肉しかし、悪の名士たちの話をされる可能性の両方の市民や教会の上司意味します。 And there is a strange illustration in verse 9, that throws light on the burial of Moses recorded in Deuteronomy.と詩には、奇妙なイラストが9日、その例外に光をモーゼの埋葬の申命記に記録されています。 Why that mystery?その謎はなぜですか? Why should God have buried Moses, and kept the place a secret?なぜ、神はモーセに埋葬し、保管して、秘密の場所ですか? Why should Satan have desired possession of that body?理由は悪魔に体が目的の所持ですか? Did his fore-knowledge of what should take place on the Mount of Transfiguration (Mt. 17) have aught to do with it?彼の手前-の知識を参考で開催さはどうすればマウントの変貌( mt. 17 )がこれを行うにはとうていですか? And further, shall we say with some, that Moses in the flesh is to be one of the two witnesses named in Revelation 11, and did Satan seek thus to frustrate God's purposes concerning the last days?さらに、いくつかは、私たちが言うように、その肉をムーサーは、 2つの目撃者のいずれかの啓示にちなんで11日、悪魔を求めるとはこのように、神の目的を挫く最終更新日間のですか? And then the contention of Michael, how that brings to mind the teaching in Daniel concerning him as the prince that stands for Israel!と入力し、マイケルの競合、それがどのようにダニエルが念頭に浮かぶの教育に関する彼は、イスラエルの王子が!

What a bearing all this has on the teachings of the New Testament about the dominions, and principalities and powers of the air (see Ephesians 6).これは何をするすべての軸受は、新約聖書の教えについては、領土、および君主国との権限を空気(エペソ人への手紙6を参照) 。 Further analysis of these teachers is afforded in verse 11.より詳細な分析を与え、これらの教師は詩11 。 With what three Old Testament individuals, each conspicuous for his self-willed and rebellious spirit, are they compared?旧約聖書にどのような3つの個人、それぞれの顕著な彼のわがままと反抗的な精神は、彼らに比べですか? How strange that such could have any standing in the Christian church were it not that we discover their successors at the present day.奇妙なことにこのような方法があるのは、キリスト教の教会に立っていないことが現今ではその後継者を発見します。 Read verse 12 in the Revised Version.詩12は、改訂版を読む。 "Spots in your feasts of charity," should be "hidden rocks in your love-feasts." "慈善のお祭りの観光スポットにして、 "すべきである"隠された岩は、愛のお祭りです。 "

These "love-feasts" were the Christian gatherings on the first day of the week for the "breaking of bread," and the presence of such would-be leaders in those assemblies suggested the perils of hidden rocks to mariners.これらの"愛のお祭り"は、キリスト教の集まりの最初の曜日を"破壊したパンの、 "このような存在となるはずの指導者ではこれらのアセンブリを提案して岩に隠された危険のマリナーズです。 What care were required to avoid disastrous contact with them.どのような悲惨な接触を避けるためにケアが必要とします。 "Feeding themselves without fear," should be, "Shepherds that without fear feed themselves." "摂食自体を恐れずに、 "すべきである、 "羊飼いがフィードの恐れなしている。 " It is characteristic of the heretical teacher that he is thinking of himself rather than the flock.これは、異端の教師の特性を考えて彼は自分自身ではなく、群れています。 Six terse descriptions of these teachers may be given as follows: Visionary, 8, 9; Ignorant, 10, 11; Deceptive, 12, 13; Ungodly, 14, 15; Selfish, 16-18; Schismatic, 19.これらの6つの簡潔な説明が与えられる教師5月以下のとおり:先見の明、 8 、 9 ;無知、 10 、 11 ;不正、 12 、 13 ;とんでもない、 14 、 15 ;利己的、 16-18 ;分離、 19 。

5. 5 。 The description of the teachers is followed by a reference to the foreknowledge of them (14-16).教師の説明の後には先見の参照をして( 14-16 ) 。 There is a quotation from Enoch in verse 14, on which we say a word.イノックの引用には、詩14日、上で私たちが言う言葉です。

There is an apocryphal book in which it is found, but it is thought to have been of a later date than Jude, and that its author probably quoted from our epistle.には偽書が発見されて、それは考えられるのも、後の日付よりもジュード、と主張し著者、おそらく私たちの手紙から引用します。 How interesting to learn that Enoch, before the deluge, had his mind carried out in the Spirit to the Second Coming of Christ!イノック興味深いことを学ぶ方法については、殺到する前に、彼の心は実施され、イエスキリストの再臨の精神を! And how perfectly his words agree with the later prophets, concerning that event!と完全に彼の言葉に同意する方法についてへ預言者は、そのイベントに関する! The True Church in Contrast.の真の教会とは対照的です。

6. 6 。 The reference to the false teachers gives way to a description of the true church in sharp contrast with the false (17-25).偽の教師への参照を与える方法の説明を参照しての真の教会は際立って対照的に、偽( 17-25 ) 。 It begins with a caution (17-19).それをするなと警告から始まります( 17-19 ) 。 To which of the apostles is he here referring, do you think?使徒を、彼はここを参照、と思いますか? How does he describe these ungodly persons who have found their way into the visible Church?これらの記述はどのように彼はとんでもない人の道を見いだし、 whoの目に見える教会ですか? That word "sensual" is in the margin of the Revised Version, "natural" or "animal."その言葉に"みだらな"は、縁の改訂版、 "自然"や"動物です。 "

It is a case of unregenerated Christians with whom the Church is still plentifully supplied.それは誰が為に例unregeneratedキリスト教徒と教会はまだplentifully提供します。 The caution is followed by an exhortation (20, 21).続いて、注意が勧告( 20 、 21 ) 。 "Build," "pray," "keep," "look," are the four corner posts defining the possessions of the Christian life. "ビルド" 、 "祈り" 、 "維持" 、 "見て、 "は、の4つのコーナーポストは、キリスト教の生命財産を定義しています。 What is peculiar about the exhortation to pray?何を祈って勧告を参照するには、独特のですか? In Romans 8 we have revealed that the Holy Spirit prays in us, but here we are to pray in Him.ローマ人への手紙によると、 8私たちが聖霊に祈りをささげる問い合わせは、しかしここで我々は彼を祈っています。 Are these contradictory teachings?これらの教えは矛盾ですか? Is it not true that the Holy Spirit is our life, and also our spiritual atmosphere?ことは事実だが、聖霊は私たちの生活は、また私たちの精神的な雰囲気ですか? In what are we to keep ourselves according to this exhortation?自分で私たちは何を保つによると、この勧告ですか? Does this mean God's love to us or our love to Him?では、この神の愛を意味するか、または私たちの愛をなったのですか? How better can we keep ourselves in His love to us, and the consciousness of our love to Him than by building ourselves up on our most holy faith, and praying in the Holy Spirit?自分がどのように保持するより良いこと彼の愛参考にさせて、私たちの愛を彼の意識の自分を構築するよりも私たちの最も神聖な信仰し、祈りは、聖霊のですか?

What do you suppose is meant by "looking for the mercy of our Lord Jesus Christ unto eternal life"?仮定は何を意味して"を探して、わたしたちの主イエスキリストのなすがままにかれらの永遠の命"ですか? In the light of the previous teaching about the appearing of His glory, may it not refer to that?に照らして、前の教育については、彼の栄光表示され、 5月それを参照していないのですか? The exhortation is followed by instruction concerning soul-winning (22, 23).命令に関する勧告に続いて、魂を受賞した( 22 、 23 ) 。 The Greek text, especially in verse 23, is obscure, but the teaching calls for compassion on our part, and an effort to save the sinner while hating the sin.ギリシャ語のテキスト、特に詩23日、は、あいまいな、しかし、指導を求める私たちに同情を寄せる部分と、努力を保存して罪人の罪を嫌う。

7. 7 。 The benediction and ascription follow.祝祷帰属すると次のとおりです。 What two things is God able to do for believers in His Son?どのような2つのことは神を信仰する者よ、これを行うにできるよう、彼の息子ですか? No wonder that we should ascribe unto Him through Jesus Christ "glory and majesty, dominion and power throughout all ages."も不思議でかれにしなければならないものとみなすイエスキリストを通して"栄光と陛下、ドミニオンと電源を通してすべての年齢層です。 " Supplemental Jude is particularly a Scripture for these times, and has been called "a preface to Revelation," as it shows the drift of the apostasy which makes the awful judgment of the book to be necessary.補足ジュードは、特にこれらの回を啓典と呼ばれてきた"の序文を啓示、 "として、背教ことを示してドリフトがひどいの判断により、予約をしなければならないのです。

RV Miller points out how it refers to all the more important articles of the Christian faith.右心室を参照してどのように指摘してミラーのすべての記事をもっと重要なのは、キリスト教の信仰です。 (a), The Trinity, inasmuch as we have God the Father, (v. 1), Jesus Christ the Son, in several verses, and the Holy Spirit (v. 20); (b), the Deity of Christ, Who in half a dozen verses is called LORD; (c), the historicity of the Old Testament, whose miraculous events are used to illustrate the teaching and give point to the warnings as though they were actual occurrences (vv. 5-11); (d), the existence and power of a personal Satan against whom even the archangel himself dare not bring a railing accusation (v. 9); (e), the existence of angels and spirits (vv. 6, 7); (f), the certainty and fearfulness of future retribution (vv. 6, 7, 13;; (g), the Second Coming of Christ (vv. 14, 15). (ア)は、トリニティ、私たちは神の父〜だけれども、 (動1 ) 、イエスキリストの息子は、いくつかの詩、と聖霊(動20 ) ;結果( b )は、キリストの神、 who半ダースもの詩を主と呼ばいる、 ( c )は、旧約聖書の史実、その奇跡のイベントを使用して明らかにするのをポイントして警告を与える教育と同じように彼らは実際の出来事( vv. 5-11 ) ; (奥行)は、個人的な悪魔の存在と力は、誰に対しても誰も持ってきて、自分自身の大天使手すり告発(動9 ) ; ( e ) 、第が存在する、天使と精霊( vv. 6 、 7 ) ; (メス)は、将来の確実性と恐怖の報復( vv. 6 、 7 、 13 ; ; (グラム) 、イエスキリストの再臨の時( vv. 14 、 15 ) 。

Questions 質問

1. 1 。 How is the author of this epistle distinguished from some others?著者は、次の信徒はどのように区別するいくつかの他のですか? 2. 2 。 Name the seven main divisions of it. 7つの主要部門の名前です。 3. 3 。 How is "Faith" (v. 3), to be understood?はどのように"信仰" (動3 ) 、理解されるべきですか? 4. 4 。 What different ideas are suggested by the "mystery" in verse 9?どのようなさまざまなアイデアが提案された"謎"に詩9ですか? 5. 5 。 What was said in the lesson about verse 14?何が詩によるとされているレッスンについては14ですか? 6. 6 。 Name the four corner posts of the Christian life?名の4つのコーナーポストのは、キリスト教の生活ですか? 7. 7 。 What makes this epistle particularly applicable to, or useful in, these days?特に、この書簡はどのように適用されるか、または役に立つには、これらの日中ですか? 8. 8 。 What seven important articles of the Christian faith does it emphasize?どのような7つの重要な記事を強調するのは、キリスト教の信仰がそれですか?


Epistle of St. Jude信徒の聖ジュード

Catholic Information カトリックの情報

The present subject will be treated under the following heads:現在のアジ研は、次のように扱われるの下にヘッド:

I. The Author and the Authenticity of the Epistle:第著者との信ぴょう性に手紙:

(1) Jude in the Books of the New Testament; ( 1 )ジュードは、書籍は、新約聖書;

(2) Tradition as to the Genuineness and the Canonicity of the Epistle; ( 2 )の純粋さと伝統を規範として、信徒;

(3) Difficulties Arising from the Text; ( 3 )のテキストから生じる困難;

(4) The Relation of Jude to the Second Epistle of St. Peter; ( 4 )を2番目の信徒の関係をジュードのサンピエトロ大聖堂;

(5) Vocabulary and Style; ( 5 )語彙やスタイル;

II. Ⅱ 。 Analysis of the Epistle;分析したの信徒;

III. Ⅲ 。 Occasion and Object;機会とオブジェクト;

IV. Ⅳ 。 To Whom Addressed;誰に対処;

V. Date and Place of Composition. v.日時や場所を組成します。

I. THE AUTHOR AND THE AUTHENTICITY OF THE EPISTLE第著者との信ぴょう性に書簡

(1) Jude in the Books of the New Testament ( 1 )ジュードは、書籍は、新約聖書

In the address of the Epistle the author styles himself "Jude, the servant of Jesus Christ and brother of James".でのアドレスは、信徒の著者自身のスタイル"ジュードは、イエスキリストの使用人と兄のジェームズ"です。 "Servant of Jesus Christ" means "apostolic minister or labourer". "イエスキリストの使用人"は"ローマ教皇の工部長官または"です。 "Brother of James" denotes him as the brother of James kat exochen who was well-known to the Hebrew Christians to whom the Epistle of St. Jude was written. "弟のジェームズ"とは彼の弟のジェームズキャットexochen whoはよく知られてキリスト教徒を誰が為には、ヘブライ語の手紙が書かセントジュードです。 This James is to be identified with the Bishop of the Church of Jerusalem (Acts 15:13; 21:18), spoken of by St. Paul as "the brother of the Lord" (Gal. i, 19), who was the author of the Catholic Epistle of St. James.このジェームスが発見されるのは、教会の司教エルサレム(行為15:13 ; 21:18 ) 、聖パウロとして話さのさ"の兄の主" (ガロン私は、 19 ) 、 whoは、著者であるのは、カトリックの信徒のセントジェームス。 and is regarded amongst Catholic interpreters as the Apostle James the son of Alpheus (St. James the Less).カトリックの通訳とは考えの中の使徒としての息子のジェームズアルペイオス(セントジェームスの少ない) 。 This last identification, however, is not evident, nor, from a critical point of view, does it seem beyond all doubt.この最後の身分証明書、しかし、明らかではない、また、より重要な観点から見ると、機能と考えられるすべての疑いを超えています。 Most Catholic commentators identify Jude with the "Judas Jacobi" ("Jude, the brother of James" in the DV) of Luke, vi, 16, and Acts, i, 13 -- also called Thaddeus (Matthew 10:3: Mark 3:18) -- referring the expression to the fact that his brother James was better known than himself in the primitive Church.ほとんどのカトリックの解説者を識別するジュード"ユダのヤコビ" ( "ジュードは、弟のジェームズ"でのDV )のルーク、 6 、 16 、および行為を、私は、 13日-サディアスとも呼ばれる(マタイ1 0時0 3分:マーク3 : 18 ) -参照して事実を表現して、弟ジェームズは、自分自身よりもよく知られては、原始教会です。 This view is strongly confirmed by the title "the brother of James", by which Jude designates himself in the address of his Epistle.このビューを表示するが強く確認されたタイトル"の兄のジェームズ" 、自分自身のアドレスを指定ジュード彼の手紙です。 If this identification is proved, it is clear that Jude, the author of the Epistle, was reckoned among the Twelve Apostles.この身分証明書が証明の場合、それは明らかにジュード、信徒の著者は、 12使徒の間は無視します。 This opinion is most highly probable.この意見が最も高い確率です。 Beyond this we find no further information concerning Jude in the New Testament, except that the "brethren of the Lord", among whom Jude was included, were known to the Galatians and the Corinthians; also that several of them were married, and that they did not fully believe in Christ till after the Resurrection (1 Corinthians 9:5; Galatians 1:10; John 7:3-5; Acts 1:14).を超え、この私たちジュード見つからないに関するより詳細な情報は、新約聖書を除いて、 "同胞の主" 、ジュードのうち誰が含まれるもの、ことが判明し、ガラテヤ人への手紙とコリンチャンス;も、いくつかの人たちが結婚したこと、としてイエスキリストを信じるしなかったまで完全に復活した後、 ( 1コリンチャンス9時05分;ガラテヤ人への手紙1:10 ;ジョン7:3-5 ;行為1:14 ) 。 From a fact of Hegesippus told by Eusebius (Hist. eccl., III, xix, xx, xxii) we learn that Jude was "said to have been the brother of the Lord according to the flesh", and that two of his grandsons lived till the reign of Trajan (see, however, BRETHREN OF THE LORD). hegesippusに言われたことから、事実をユーセビアス( hist. eccl 。 、 3 、 19 、イグゼクス、 xxii )ことが判明したジュードは"されたの兄によると、主によると、肉" 、および2つの彼の孫が住んでトラヤヌスの治世まで(ただし、兄弟は、主) 。

(2) Tradition as to the Genuineness and the Canonicity of the Epistle The Epistle of Jude is one of the so-called antilegomena; but, although its canonicity has been questioned in several Churches, its genuineness has never been denied. ( 2 )の純粋さと伝統を規範として、信徒の1つの信徒のジュードは、いわゆるantilegomena ;しかし、その規範性が疑問視されいくつかの教会、その真偽は一度も拒否されました。 The brevity of the Epistle, the coincidences between it and II Peter, and the supposed quotation from apocryphal books, created a prejudice against it which was gradually overcome.簡潔にするためには、信徒のは、偶然の積み重ねの間にピーターこと、およびii 、と仮定作り話の書籍から引用、作成したが徐々に偏見を克服することです。 The history of its acceptance by the Church is briefly as follows:その受け入れの歴史を簡潔にされた教会は以下のとおり:

Some coincidences or analogies exist between Jude and the writings of the Apostolic Fathers -- between Barnabas, ii, 10, and Jude, 3, 4; Clemens Romanus, Ep.ジュードの間に存在するいくつかの偶然の積み重ねまたは類似の文章は、ローマ教皇の父親-バルナバの間に、 2世、 1 0、およびジュード、 3 、 4 ;クレメンスr omanus、 e pです。 xx, 12; lxv, 2, and Jude, 25; Ep.イグゼクス、 12 、 65 、 2 、とジュード、 25 ; epです。 ad Polyc., iii 2; iv, 2, and Jude, 3.広告polyc 。 、 3世2 ;四、 2 、とジュード、 3 。 20, Mart. 20日、マートです。 Polyc., xx, and Jude, 24 sq. It is possible, though not certain, that the passages here noted were suggested by the text of Jude. polyc 。 、イグゼクス、およびジュード、 24平方することが可能ではありませんが、特定の、ここでは、通路のテキストをメモジュードによって提案された。 The similarity between "Didache" ii, 7 and Jude, 22 sq., does not seem to be accidental, whilst in Athenagoras (about AD, 177), "Leg.", xxiv, and in Theophilus of Antioch (d. about 183), "Ad Autol."類似の間に、 "新約聖書の" 2世、 7とジュード、 22平方は、偶然ではありませんように、同時に、アテナゴラス(約広告、 177 ) 、 "脚のです。 " 、 24 、およびテオフィロスのアンティオキア(民主党約183 ) 、 "広告autol 。 " II, xv, there is a clear reference to Jude, 6 and 13 respectively. 2世、 15では、ジュードを明確に参考に、 6と13です。

The earliest positive reference to the Epistle occurs in the Muratorian Fragment, "Epistola sane Judæ et superscriptæ Joannis duae in catholica [scil. Ecclesia] habentur."最古の肯定的な言及をmuratorianフラグメントの信徒が発生する、 " judæ et epistola正気superscriptæ joannis duaeでcatholica [ scil 。 ecclesia ] habentur 。 " The Epistle was thus recognized as canonical and Apostolic (for it is Jude the Apostle who is here meant) in the Roman Church about 170.正規の信徒は、このように、使徒として認識され(これは意味がここにwhoジュードの使徒)は、カトリック教会約170です。 At the end of the second century it was also accepted as canonical and Apostolic by the Church of Alexandria (Clement of Alexandria, "Pæd.", III, viii, followed by Origen), and by the African Church of Carthage (Tertullian). 2番目の世紀の終わりに受け入れられることも正規とされる使徒教会のアレキサンドリア(アレクサンドリアのクレメント、 " pædです。 " 、 3世、 viii 、次いで原産地) 、とされるアフリカの教会のカルタゴ(テルトゥリアヌス) 。 At the beginning of the third century the Epistle was universally accepted except in the primitive East Syrian Church, where none of the Catholic Epistles were recognized, nor the Apocalypse. 3番目の世紀の冒頭に普遍的に認められたの信徒は、東シリア教会のプリミティブを除いて、ここでの書簡がないのは、カトリックの認識、また黙示録のです。

This remarkably wide acceptance, representing as it does the voice of ancient tradition, testifies to the canonicity and the genuineness of Jude.この非常に広範な受け入れ、代表としての声を古代からの伝統わけでは、誠実さが証明してのジュードの規範とします。 During the third and fourth centuries doubt and suspicion, based on internal evidence (especially on the supposed quotation from the Book of Henoch and the "Assumption of Moses"), arose in several Churches. 3番目と4世紀中に疑問と疑惑に基づいて、内部の証拠(特に上の仮定の本からの引用ヘーノホと"仮定のモーゼス" ) 、いくつかの教会が生じた。 However the prejudice created against the deuterocanonical Jude was soon overcome, so that the Epistle was universally accepted in the Western Church at the very beginning of the fifth century (see CANON OF THE NEW TESTAMENT).しかし、反対する作成偏見を克服する第二正典ジュードはすぐに、普遍的に認められたように、信徒は、教会の目的は、西部の冒頭には、 5世紀(キヤノンは、新約聖書を参照) 。

In the Eastern Church Eusebius of Cæsarea (260-340) placed Jude among the antilegomena or the "disputed books, which are nevertheless known and accepted by the greater number" (Hist. Eccl., II xxiii; III, xxv); he incorporated all the Catholic Epistles in the fifty copies of the Bible which at the command of Constantine, he wrote for the Church of Constantinople.東部の教会でユーセビアスのcæsarea ( 260から340まで)の間に置かジュードantilegomenaまたは"係争中の書籍には知られ、受け入れられるにもかかわらず、より多く" ( hist. eccl 。 、 2世23世、 3世、 25 ) ;彼に組み込ますべての書簡は、 50のは、カトリックの聖書のコピーをするには、コマンドのコンスタンティノスが、彼の教会のコンスタンティノープルを書いた。 St. Athanasius (d. 387) and St. Epiphanius (d. 403) placed Jude among the canonical and Apostolic writings.聖アタナシウス(民主党387 )と聖聖エピファニオス(民主党403 )の標準との間に置かジュードローマ教皇の作品を紹介します。 Junilius and Paul of Nisibis in Constantinople (513) held it as mediæ auctoritatis. juniliusとポールのニシビスをコンスタンティノープル( 513 )として開かれたmediæ auctoritatisです。 However, in the sixth century the Greek Church everywhere considered Jude as canonical.しかし、 6世紀、ギリシャの教会のどこジュードとして見なさカノニカルです。

The recognition of Jude in the Syriac Church is not clear.ジュードは、シリアの認識を明確に教会ではない。 In Western Syria we find no trace of Jude in the fifth century.西部のシリア私たちは、何の痕跡も見当たらないジュード5世紀です。 In Eastern Syria the Epistle is wanting in the oldest Syriac version, the Peshito, but it is accepted in the Philoxenian (508) and Heracleon (616) versions.東部のシリアの書簡は、シリアに欠けている最も古いバージョンでは、 peshitoは、しかし、これは承認されたphiloxenian ( 508 )とheracleon ( 616 )バージョンです。 Except among the Syriac Nestorians, there is no trace of any ecclesiastical contradiction from the beginning of the sixth century till the Council of Trent, which defined the canonicity of both the proto- and deutero-canonical books of the New Testament.シリア間のnestoriansを除いて、すべての教会には矛盾れた形跡がないから、 6世紀の初めまで、評議会トレント、これ規範を定義して、第2の両方のプロトコルは、新約聖書正典です。

(3) Difficulties Arising from the Text ( 3 )のテキストから生じる困難

The wording of verse 17 -- which some critics have taken as an evidence that the Epistle was written in the second century -- does not imply that the recipients of the Epistle had, in a period that was past, received oral instructions from all the Apostles, nor does it imply that Jude himself was not an Apostle.詩の言葉遣いの17 -どのとしていくつかの批評家が取ら信徒証拠が書かれては、 2番目の世紀-意味するものではありませんが、受信者は、信徒は、過去の時代には、受信者のすべての口頭指示使徒、またそれが意味するものではないの使徒ジュード自身です。 The text ton apostolon implies only that several of the Apostles had predicted to the readers that such "mockers" as are described by the writer would assail the Faith; it is not separation in time, but distance of place, that leads Jude to refer to the scattered Apostles as a body. apostolonトンのテキストだけで意味の使徒のいくつかは予測していた読者に、そのような" mockers "に記載された作家としての信仰が襲撃;分離の時間ではないが、距離の場所、そのリードを参照するにはジュードに散在の使徒としての体です。 Nor does he exclude himself from this body, he only declares that he was not one of those prophesying Apostles.彼は自分自身を除外することもありませんから、このボディ、彼は1つのみを宣言していたこれらのprophesying使徒です。 The author of II Peter, who often ranks himself among the Apostles, uses a similar expression ton apostolon humon (3:2), and certainly does not mean to imply that he himself was not an Apostle. 2世の著者であるピーターは、自分自身whoしばしば階級間の使徒、同様の表現では、トンapostolon humon ( 3:2 ) 、と確かにされないことを意味するつもりはない彼自身の使徒です。

Many Protestant scholars have maintained that the false teachers denounced in Jude are Gnostics of the second century.多くのプロテスタントの学者が非難さを維持して偽教師gnosticsのジュードは、 2番目の世紀です。 But, as Bigg rightly says: "It is not really a tenable view" (op. cit. infra).しかし、ビッグ正しくは言う: "本当に批判に耐えられる対象ではない" ( op. 〜 Cit 。インフラ)です。 St. Jude does not give any details about the errors denounced in this short letter any more than does St. Peter, and there is no ground for identifying the false teachers with any of the Gnostic sects known to us.セントジュードはありません与える任意のエラーの詳細については、この短い手紙任意の非難を超えるサンピエトロ大聖堂は、地面がないと虚偽の身元を確認するグノーシス主義の宗派のいずれかの教師に知られています。 There is nothing in the references made to false doctrines that obliges us to look beyond the Apostolic times.参考文献には何も入って教説をfalseに作ら先を探すことを義務付けて使徒回を超えています。

The use made of apocryphal writings, even if proved, is not an argument against the Apostolicity of the Epistle; at most it could only invalidate its canonicity and inspiration.うその記述を使用作られ、たとえ証明ではないの引数に反対する書簡apostolicity ;はほとんどのことがその規範とインスピレーションのみ無効にします。 Verse 9, which contains the reference concerning the body of Moses, was supposed by Didymus ("Enarr. in Epist. Judæ" in PG, XXXIX, 1811 sqq.), Clement of Alexandria (Adumbr. in Ep. Judæ), and Origen (De Princ., III, ii, 1), to have been taken from the "Assumption of Moses", which is unquestionably anterior to the Epistle of Jude.詩9日、これには、リファレンスの体のムーサーよ、 didymusは仮定され( " enarr 。 epistです。 judæ "とpg 、 39 、 1811 sqq 。 ) 、アレクサンドリアのクレメント( ep adumbr.にします。 judæ ) 、および原産地(デprinc 。 、 3世、 2世、 1 ) 、にがとられているから、 "仮定のモーゼス" 、これは紛れもなく、信徒の前にジュードです。 Jude may possibly have learned the story of the contest from Jewish tradition.ジュードの物語の可能性を学んだからのユダヤ人の伝統のコンテストです。 But, at any rate, it is evident that Jude does not quote the "Assumption" as a written authority, and still less as a canonical book.しかし、いずれにせよ、それは明らかにジュードはありません引用して"仮定"として明文化された権限、およびまだ少ないとしてカノニカル予約します。

As regards the prophecy of vv.のVVについては予言のです。 14 sq., many Catholic scholars admit it to be a loose and abbreviated citation from the apocryphal Book of Henoch, i, 1, 9, which existed a century before St. Jude wrote. 14平方、多くのカトリックの学者は、それを認めると略さゆるい偽書からの引用ヘーノホ、私、 1 、 9日、一世紀前に存在セントジュードに記している。 But here again St. Jude does not quote Henoch as a canonical book.しかし、ここで再びセントジュードはありません正規の予約を引用ヘーノホです。 There is nothing strange, as Plumptre remarks (op. cit. infra, 88), in Jude making use of books not included in the Hebrew Canon of the Old Testament, "as furnishing illustrations that gave point and force to his counsels. The false teachers, against whom he wrote, were characterized largely by their fondness for Jewish fables, and the allusive references to books with which they were familiar, were therefore of the nature of an argumentum ad hominem. He fought them, as it were, with their own weapons."奇妙なものはない、としてプランプトリ備考( op. 〜 Cit 。インフラ、 88 ) 、ジュードを使用した書籍に含まれていない、旧約聖書のヘブライ語キヤノン、 "として家具のイラストがポイントと力を行使して彼の弁護人は、虚偽教師、反対御心に適う書いた、大部分が特徴のユダヤ人はその寓話の思い入れがある、とほのめかした参照して書籍をされていたおなじみの、その性質はそのための対人論証する。彼は戦ったし、言ってみれば、その自身の武器です。 " He merely intends to remind his readers of what they know.彼は単に彼の意図を思い出させるの読者の何を知っています。 He does not affirm or teach the literary origin of the apocryphal book, such is not his intention.彼は断言するか、文学の原点を教えて偽書、このような彼の意図ではない。 He simply makes use of the general knowledge it conveys, just as the mention of the dispute between Michael and the Devil is but an allusion to what is assumed as being known to the readers.彼は単にそれを利用する一般的な知識を伝えることは、ちょうどそのときに言及したマイケルとの間の紛争ではなく、悪魔は言及して何が読者に知られていると想定されています。 By no means, therefore, does either of the passages offer any difficulty against the canonicity of the Epistle, or against the Catholic doctrine of inspiration.ではない、したがって、通路のいずれかの機能を提供するのに困難は、正規の信徒反対するか、または反対のは、カトリックの教義のインスピレーションです。

(4) The Relation of Jude to the Second Epistle of St. Peter ( 4 )を2番目の信徒の関係をジュードのサンピエトロ大聖堂

The resemblance as to thought and language between Jude and II Peter, ii, is quite sufficient to make it certain that one of the two writers borrowed from the other: the hypothesis that both writers borrowed from a common document must be put aside, as having no support whatsoever.似ていることを考えると言語としてのジュードとIIピーターの間に、 2世、を十分にすることは非常に確信してから借りたの1つ、他の2つの作家:という仮説に基づいて、共通のドキュメントの両方から借りた作家採り上げないしなければならない、されているサポートしていませんものとします。 The question remains: Which of the two Epistles was the earlier?の疑問は残る:これは、 2つの書簡は、以前のですか? The priority of II Peter, as well as the priority of Jude, has found strong advocates, and much has been written about this intricate question.ピーターの優先順位を2世だけでなく、ジュードの優先順位を、強力な擁護者が発見し、このくらい複雑な問題について書かされています。 The following arguments, however, lead to the conclusion that the Epistle of Jude was the earlier of the two:は、次の引数は、しかし、その結論につながるのは、ジュードは、以前の信徒は、 2つ:

It is not uncommon for St. Peter to throw a light on the more obscure passages of the Epistle of Jude, or to interpret the more difficult passages.珍しいことではありませんのサンピエトロ大聖堂を投げるときに、他の無名の通路に光を、信徒のジュードか、または他の困難な通路を解釈するのです。 At one time he puts them in a shorter form or uses more general terms; at another, while adducing in general the same arguments, he adds a new one or omits one or another used in Jude.彼は1つの時間を短くするによりフォームまたはを使用して他の一般的な用語;は別の、一般的には同じ引数adducingながら、彼の新しい1つまたは省略を追加する別の1つまたはジュードで使用されています。 This shows that St. Peter had probably read the Epistle of St. Jude.これによると、おそらく読んでいたの信徒サンピエトロ大聖堂、聖ジュードです。 Compare especially II Peter, ii, 12, with Jude, 10.ピーターの比較、特に2世、 2世、 12日、おジュード、 10 。 This may also be confirmed not only by II Peter, i, 17, compared with Jude, 13 -- where St. Peter doubles Jude's comparison and puts more strength into it, whilst Jude has more similitudes -- but also by comparing the style of both, for, whereas the style of Jude is always the same, that of St. Peter differs somewhat from his usual way of writing, and the reasons for this change seem to be the matter he writes about and the influence of the Epistle of St. Jude.これだけで確認されることもあります2世ピーター、私は、 17日、ジュードに比べて、 13 -ここでジュードのサンピエトロ大聖堂、ダブルスの他の強さを比較することになり、同時にジュードは、他の比喩-だけでなく、スタイルを比較し、の両方を、一方のスタイルをジュードはいつもと同じ、サンピエトロ大聖堂に多少の差異が彼のいつもの書き方から、この変更の理由と思われるこの問題の影響を受けて、彼の書き込みについては、信徒のセントです。ジュードです。

Finally, is more probable that St. Peter has embodied in his work the text of Jude's Epistle than that Jude should have included in his writing only a part of St. Peter's Epistle.最後に、他の推定には、サンピエトロ大聖堂には彼の作品に体現され、テキストのジュードジュードの信徒に比べて彼の書いたものが含まれる部分のみをサンピエトロ大聖堂の信徒です。 If Jude wrote later than Peter and found the same state of things, why did he omit the remaining questions, eg the doubts about the parousiæ?ジュードへの場合よりも書いたが見つかりましたピーターと同じ状態のことを、なぜ彼は省略して残りの点がございましたら、例の疑問については、 parousiæですか? Or why should he, in order to combat the same heretics, give only a summary of St. Peter's Epistle, omitting entirely the strongest arguments?または、なぜ彼は、同じ異端に対抗するために、与えるのみをサンピエトロ大聖堂の信徒の概要を、完全に最強の引数を省略ですか?

(5) Vocabulary and Style ( 5 )語彙やスタイル

The vocabulary of Jude proves that the author was a Jew, saturated with the Old Testament, using Hebraisms, yet acquainted with the koine dialektos -- the "common dialect".ジュードの語彙を証明するこの文書の著者は、ユダヤ人、飽和状態に、旧約聖書の、 hebraismsを使用して、知り合いのkoineはまだありませんdialektos -"共通の方言"です。 Thirteen words found in Jude do not occur elsewhere in the New Testament.ジュードていない13の言葉が見つかりましたが、新約聖書の別の場所で発生する。 Some words of the new Christian dialect appear in Jude as well as in the Pauline Epistles, but literary affinity or direct quotation cannot be proved.いくつかの言葉を、新しいキリスト教の方言に表示されますジュードだけでなく、パウロの書簡は、しかし、文学の親和性や直接の引用であることが立証することはできません。 The style, although sometimes poetical, always evinces the severe and authoritative tone of a man of Apostolic rank, held in high honour.のスタイルが、時には詩的、常に厳しいとevincesトーンのような男のローマ教皇の権威のランクは、高い名誉開催された。

II. Ⅱ 。 ANALYSIS OF THE EPISTLE分析したの信徒

(a) Exordium (ア) exordium

Address and good wishes (vv. 1-2), occasion and purpose of the Epistle (3-4).アドレスと良いの願い( vv. 1-2 ) 、行事や信徒の目的は、 ( 3-4 )です。

(b) First Part結果( b )の最初の部分

He inveighs against the pseudo-teachers; describes their life and errors (5-16).彼は擬似inveighs反対する教師;説明彼らの生活とエラー( 5-16 ) 。 They will be severely punished, as is evident from the severe punishment of the unbelieving Israelites in the desert (5), of the wicked angels (6), and of the inhabitants of Sodom (7).かれらは厳罰に処せられると同じように、厳しい刑罰から明らかに懐疑的なイスラエルは、砂漠( 5 ) 、は、邪悪な天使( 6 ) 、およびソドムの住人たちが( 7 )です。 He mentions their wicked teaching and life (8), and opposes the modesty of Michael the Archangel (9) to their pride (10).彼は言及して邪悪な教育と生活( 8 ) 、および慎み深さに反対してマイケルの大天使( 9 )してプライド( 10 )です。 He foretells for the heretics the punishment of Cain, Balaam, and the sons of Core, for they have imitated their errors (11-3).彼は、異端の懲罰のforetellsカイン、埋め草、との息子のコアは、彼らはそのエラーを真似( 11-3 ) 。 Enoch has already prophesied the judgment of God upon them (14-6).イノックはすでに神の予言の判断にかれら(十四から六) 。

(c) Second Part ( c )第2部

He exhorts the faithful (17-23).彼の忠実なexhorts ( 17-23 ) 。 They must remember the teaching of the Apostles, by whom they had been warned of the coming of such heretics (17-19).教育しなければならないの使徒覚えている、と警告されていた人は、今後このような異端( 17-19 ) 。 They must maintain the Faith, keep themselves in the love of God, and wait for life everlasting (20-21).信仰を維持しなければならないのは、神の愛にそれ自身を維持し、永遠の命まで待つ( 20-21 ) 。 What their behaviour should he towards Christians that have in any way fallen away (22-23)何が自分の行動は、彼がいかなる方法ではキリスト教徒向け倒れた不在です( 22-23 )

(d) Epilogue (エ)エピローグ

A most beautiful doxology (24-25).を最も美しい頌栄( 24-25 ) 。

III. Ⅲ 。 OCCASION AND OBJECT機会とオブジェクト

Occasion機会

The Epistle was occasioned by the spread of the dogmatico-moral errors amongst the Hebrew Christians; pseudo-doctors "are secretly entered in", who abuse Christian liberty to give themselves over to intemperance; moreover "denying the only sovereign Ruler, and our Lord Jesus Christ" (4).信徒の普及により引き起こされるのは、ヘブライ語の中dogmatico -道徳的なエラーが発生キリスト教徒;偽医者"は、ひそかに入力さ" 、 who虐待キリスト教の自由を与えることをintemperance ;また"統治者のみを否定して、わたしたちの主イエスキリスト" ( 4 )です。

Objectオブジェクト

Jude's intention was to caution his readers, the Hebrew Christians, against such depraved teaching, and to exhort them to keep faithfully the teaching of the Apostles.ジュードの意図は、彼の読者に注意、キリスト教徒、ヘブライ語、教育に対するこのような堕落した、と熱心に勧めるの教えを忠実に維持して、使徒です。

IV. Ⅳ 。 TO WHOM ADDRESSED誰に対処

The dedicatory address runs as follows: tois en Theo patri hegapemenois kai Iesou Christo teteremenois kletois (to them that are beloved in God the Father, and preserved in Jesus Christ, and called).奉献アドレスとして実行され、以下の通り: toisアンテオパトリiesouクリストhegapemenois甲斐teteremenois kletois (して、神の存在を最愛の父には、イエスキリストに保存され、と呼ばれる) 。 Which are the kletoi, or "called", becomes manifest from the context.これは、 kletoiか、または"と呼ばれる" 、文脈からなるマニフェストです。 They are not all the Christians of the whole Christian world, but those of a particular Church (vv. 3, 4, 17, 22).彼らは特定のすべてのキリスト教徒は、キリスト教世界全体が、それらは、特定の教会( vv. 3 、 4 、 17 、 22 ) 。 Several commentators think that St. Jude's Epistle was addressed to the same churches of Asia Minor to which St. Peter's Epistle was written.いくつかのコメンテーターセントジュードと思うのと同じ宛ての書簡は、アジアの未成年者を教会の信徒が書かサンピエトロ大聖堂のです。 This opinion, according to these commentators, is to be held because in both Epistles the same errors are condemned, and also because Jude (v. 17) appears to have known II Peter, and shows that the prophecy of the Prince of the Apostles has been verified.この意見によれば、これらの解説によると、同書簡で開かれるための両方で同じエラーが非難し、またため、ジュード(動17 )が表示さには既知の2世ピーター、との予言によると、プリンスオブの使徒は、検証されています。 But we have already proved that the second argument is of no value (see above I, 4); as for the first, there are two objections:しかし、私たちはすでに証明された2番目の引数ではないの値(上記参照私、 4 ) ;としては、第一に、には2つの異議申し立て:

the errors condemned in the Epistle of St. Jude and in II Peter may have spread in countries outside Asia Minor; we find in Jude several reasons for believing that the Epistle was addressed, not to the Gentile Christians of Asia Minor, but to the Hebrew Christians of Palestine or of a neighbouring country.死刑囚のエラーは、信徒の聖ペテロの5月にはジュードとされている国の外に広がる小アジア;私たちはジュード見つけるの手紙を信じるためのいくつかの理由は、アドレスではなく、キリスト教徒のジェンティーレは、アジアの未成年者ではなく、ヘブライ語キリスト教徒のパレスチナや、近隣の国です。

V. DATE AND PLACE OF COMPOSITION v.日時や場所の組成

Date日付

It is difficult to state the exact time at which St. Jude wrote his Epistle.をすることは難しい状態の正確な時間をどのセントジュードの手紙を書いた。 But the doctrines against which he inveighs, and the looseness of morals or the so-called antinomismus, seem to indicate the end of the Apostolic age.しかし、彼はinveighs教説に反対し、緩みの道徳や、いわゆるantinomismus 、ように、ローマ教皇の時代の終わりを示すことです。 Jude seems on the other hand to have written before AD 70; otherwise in vv.ジュードように、他の手を前に書かれた広告が70 ;他でのVVです。 5-7 he would have spoken of the destruction of Jerusalem. 5-7彼はエルサレムの破壊が話さのです。 In those verses St. Jude mentions the different punishments of prevaricators, and therefore in this exhortation to Hebrew Christians he could not have passed over in silence so dire a calamity.セントジュードではこれらの詩には、別の処罰のprevaricators 、およびそのため、この勧告をヘブライ語キリスト教徒彼は黙ってできませんでしたが通過するので恐ろしい災難です。 Moreover we have shown that the Epistle of St. Jude was written before II Peter, which latter was probably written AD 64 (65).また私たちの信徒が示すように、聖ペテロの前に書かれたジュードは、これはおそらく後者の書かれた広告の64 ( 65 )です。 Therefore St. Jude must have written shortly before 64 (65).したがってセントジュード必要があります直前に書かれた64 ( 65 )です。

Place of Composition開催地の組成

Here we can only guess, but we prefer the opinion that the Epistle was written in Palestine, and probably in Jerusalem.ここで推測することができるだけ、しかし、私たちの意見を好むの信徒が書かれては、パレスチナ、そしておそらく、エルサレムです。

Publication information Written by A. Camerlynck.出版物の情報執筆者a. camerlynckです。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです