Book of Judges予約の裁判官

General Information 総合情報

Judges, the seventh book of the Old Testament of the Bible, traces Israel's history from the death of Joshua, the lieutenant and successor of Moses, to the beginning of the monarchy under Saul.裁判官は、旧約聖書の7本の聖書は、イスラエルの歴史の痕跡が死亡したジョシュアからは、後継者の中尉とムーサーよ、君主制の下をソールの初めにします。 Its title is derived from the figures who serve as the protagonists in most of the book.そのタイトルは、この数字から派生した主人公の役を務めるwhoが多く、予約します。 Their Hebrew designation is normally translated "judge," but the word has a broader meaning and should perhaps be translated "ruler."そのヘブライ語に翻訳種別は、通常"判事は、 "しかし、言葉には、広い意味では、多分に翻訳"の支配者です。 " Where sufficient information is related about individual "judges," they consistently appear in the role of war leader or ruler, not judge.どこに十分な情報は、個々の関連については"裁判官は、 "彼らの役割を常に表示されて戦争の指導者や支配者ではなく、裁判官です。 Deborah, the prophetess, however, may be an exception, and some scholars hold that the minor judges, mentioned only in lists, were officials of the tribal league with judicial functions quite distinct from the role of the major figures like Gideon and Samson.デボラは、女性予言者は、しかし、 5月に、例外、およびいくつかのマイナー学者ホールドは、裁判官、リストに記載のみで、リーグでは司法当局者は、部族の機能をかなりの役割を明確に区別できるようにギデオンやサムソンの主要な人物です。

These major figures appear to have been of only regional importance and may have overlapped chronologically; the neat chronological structure of the book based on their succession is certainly late and artificial.これらの主要な人物のみが表示され、 5月は地域の重要性を年代順に重複し、きちんとした年代の構造に基づいて、予約が遅くなり、後継者は、確かに人工です。 Judges is part of the Deuteronomistic History, the name given by scholars to the books of Deuteronomy, Joshua, Judges, 1 and 2 Samuel, and 1 and 2 Kings, all of which appear to share the same complex history of composition.裁判官は、 deuteronomistic歴史学者の名前を与えられた図書の申命記、ジョシュア、裁判官は、 1と2のサミュエル、および1と2の王が現れるのすべての複雑な歴史を共有し、同じ組成です。 Many early oral and written sources, including the premonarchical song of Deborah, were incorporated into the general editorial framework provided by the final editor of the history in the time of Josiah (c. 640 - 609 BC).多くの口頭および書面による早期によると、デボラの歌を含むpremonarchicalが組み込まれて提供されるフレームワーク全般の最後のエディタで編集の歴史は、時間のジョサイア( c. 640 -6 09紀元前) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
M Bal, Death and Dissymetry (1988); J Gray, Joshua, Judges, and Ruth (1967).バルメートル、死とdissymetry ( 1988 ) ;無し白黒、ジョシュア、裁判官、およびルース( 1967 ) 。


Book of Judges予約の裁判官

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1:1-2:10)はじめに( 1:1-2:10 )
  2. Main body of book, describing cycles of failure, oppression and relief by judges.メインボディの予約、記述サイクルの故障、裁判官抑圧と安堵されています。 Activities of 13 judges are described (2:11-16:31)裁判官に記載の活動を13日( 2:11-16:31 )
  3. Appendix (17-21)付録( 17-21 )


Book of Judges予約の裁判官

Advanced Information 高度情報

The Book of Judges is so called because it contains the history of the deliverance and government of Israel by the men who bore the title of the "judges."この本はいわゆる裁判官の歴史を含んでいるため、政府は、イスラエルの救出された男性who穴のタイトルは、 "裁判官です。 " The book of Ruth originally formed part of this book, but about AD 450 it was separated from it and placed in the Hebrew scriptures immediately after the Song of Solomon.この本のルースもともとこの本を形成部分が、それは、約450の広告から分離して配置されたヘブライ語聖書ソロモンの歌の直後にします。

The book contains, (1.) An introduction (1-3:6), connecting it with the previous narrative in Joshua, as a "link in the chain of books."この本が含まれ、 ( 1 )の紹介( 1-3:6 ) 、接続して、以前の物語、ジョシュア、として、 "リンクをクリックしてチェーンの書籍です。 " (2.) The history of the thirteen judges (3:7-ch. 16:31) in the following order: ( 2 )の歴史は、 13裁判官( 3時07分-あなたのです。 16:31 )は、以下の順序:

In all 410 years.すべての410年間です。

Samson's exploits probably synchronize with the period immediately preceding the national repentance and reformation under Samuel (1 Sam. 7:2-6).サムソンの悪用、おそらく直前期同期して、国家悔い改めと刷新されてサミュエル( 1サムです。 7:2-6 ) 。 After Samson came Eli, who was both high priest and judge.サムソン来たイーライした後、 whoは、両方の高い司祭と判断します。 He directed the civil and religious affairs of the people for forty years, at the close of which the Philistines again invaded the land and oppressed it for twenty years.彼は監督が、市民的および宗教的な問題は、人々の40年間、 philistinesは、近いうちに再び侵攻して20年間の土地と虐げられた。 Samuel was raised up to deliver the people from this oppression, and he judged Israel for some twelve years, when the direction of affairs fell into the hands of Saul, who was anointed king.サミュエルが提起する人々から、この弾圧を提供する、と彼は12年間にいくつかの判断イスラエル、時の方向にソール部の手に落ちて、 whoは、聖なる王です。 If Eli and Samuel are included, there were then fifteen judges.イーライとサミュエルが含まれている場合、入力し、 15裁判官があった。 But the chronology of this whole period is uncertain.しかし、全体の年表は、次の期間は不透明だ。 (3.) The historic section of the book is followed by an appendix (17-21), which has no formal connection with that which goes before. ( 3 )の歴史を参照して本は続いて付録( 17-21 ) 、これがないのが、その前に正式に接続します。 It records (a) the conquest (17, 18) of Laish by a portion of the tribe of Dan; and (b) the almost total extinction of the tribe of Benjamin by the other tribes, in consequence of their assisting the men of Gibeah (19-21).それレコード( a )はコンクエスト( 17 、 18 )のlaishされた部分は、部族のダン;および( b )のほぼ全面的に絶滅され、他の部族の部族のベンジャミン、その結果として支援して男性のギベア( 19-21 ) 。

This section properly belongs to the period only a few years after the death of Joshua.このセクションで適切に属してわずか数年間の期間の後に死亡したジョシュアです。 It shows the religious and moral degeneracy of the people.これは、宗教的、道徳的な縮退の人々です。 The author of this book was most probably Samuel.この本の著者は、おそらくほとんどのサミュエルです。 The internal evidence both of the first sixteen chapters and of the appendix warrants this conclusion.内部の証拠の両方の章の最初の16個の新株引受権およびこの結論は付録です。 It was probably composed during Saul's reign, or at the very beginning of David's.それはおそらくサウルの治世中に構成さか、または非常に始まりは、デビッドのです。 The words in 18:30, 31, imply that it was written after the taking of the ark by the Philistines, and after it was set up at Nob (1 Sam. 21). 18:30の言葉で、 31日、それが意味するもので書かれた箱舟の後に撮影されたのphilistines 、とした後でセットアップすることは、ノブ( 1サムです。 21 ) 。 In David's reign the ark was at Gibeon (1 Chr. 16:39)デビッドの治世の箱舟にはギベオン( 1 chrします。 16:39 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Judges裁判官

Catholic Information カトリックの情報

The seventh book of the Old Testament, second of the Early Prophets of the Hebrew canon.予約は、旧約聖書の第7回、 2番目の預言者の早期キヤノンは、ヘブライ語です。

I. TITLE i.タイトル

The Hebrew name of the book was transliterated by Origen Safateím, and by St. Jerome Sophtim; it was translated by Melito and Origen Kritaí, by the Septuagint ì tôn kritôn bíblos or tôn kritôn, so, too, by the Greek Fathers; the Latins translated liber Judicum or Judicum.ヘブライ語の名前をこの本は、原産地safateím音訳され、聖ジェロームとsophtim ;ことは、原産地kritaí訳メリートと、 ì tônされたセプトゥアギンタkritôn bíblosまたはtôn kritôn 、そのため、あまりにも、父親のギリシャ語のラテン系翻訳judicumまたはjudicum独立した。

The Hebrew verb meant originally "to act as a Divine judge", and was applied to God (Genesis 18:25), and to Moses acting as the specially inspired lawgiver and judge of Israel (Exodus 18:13, 16).もともとのヘブライ語動詞の意味"を神の裁判官の役割を果たす"とは、適用される神(創世記18:25 ) 、および特別なインスピレーションをムーサー演技立法者と裁判官としてのイスラエル(出エジプト記18:13 、 16 ) 。 In time the elders of the people became the "judges" (vv. 25, 26).年長者の時間の人々が、 "裁判官" ( vv. 25 、 26 ) 。 In this book the term judges (shôphatîm) is applied to the leaders of Israel, and would seem to indicate that their right was Divine (Judges 10:2, 3).この本の任期裁判官( shôphatîm )が適用されるイスラエルの指導者、およびように見えることを示すためには国民の権利は、神(裁判官10時02分、 3 ) 。 The office of judge differed from that of king only in the absence of hereditary succession (xii, 7-15).事務局の判断が異なるの王の不在だけで相伝( 12 、 7-15 ) 。 It is worth noting that the Phoenicians, according to Livy, called their chief magistrate suffetes (XXVIII, xxxvii), and gave to the suffetes of Carthage a power analogous to that of the Roman consul (XXX, vii; XXXIV, lxi).フェニキア人は、注目に値することは、 livyによると、首席判事と呼ばれる彼らsuffetes ( 28 、 37 )とは、電源をsuffetesのカルタゴに類似しているローマの領事( xxxと7 、 34 、 61 ) 。

II. Ⅱ 。 CONTENTS内容

(1) Introduction (i-xx, 5). ( 1 )はじめに(私-イグゼクス、 5 ) 。 A summary of the conquest of Chanaan (i, 1-36).の概要を征服するのchanaan (私は、 1から36 ) 。 The angel of Jahweh reproves the tribes that made league with the stranger (ii, 1-5). jahweh reprovesの天使の部族が、リーグでの見知らぬ人( 2 、 1-5 ) 。 (2) The history of Israel under the judges (ii, 6-xvi), introduced by a summary of its contents -- Israel's forsaking of Jahweh, turning to Baal and Astaroth, defeat by her enemies, and deliverance by Jahweh (ii, 6-iii, 6). ( 2 )イスラエルの歴史の裁判官の下に( 2 、 6 - 16 ) 、導入され、その内容の概要を-イスラエルのf orsakingのj ahweh、バールや超の転換を、彼女の敵で敗北をし、救出されj ahweh( 2世、 6 - 3 、 6 ) 。 Then follow the wonderful deeds of the judges, of whom Gedeon and Samson are the chief heroes; to them are devoted seven chapters.素晴らしい入力し、次の行為は、裁判官、誰ジェデオンとサムソンは、チーフ英雄;しては、献身的な7つの章で述べます。 (3) Two more stories of the times of the judges -- the migration of Dan and their idolatrous worship of the idol of Michas (xvii-xviii), the crime of the Benjamites and their punishment by Israel (xix-xxi). ( 3 ) 2つのストーリーオブザタイムズは、裁判官-への移行のダンとその偶像崇拝の崇拝のアイドルのm ichas( 1 7- 1 8) 、その犯罪の処罰され、イスラエルとそのb enjamites( 1 9- x xi) 。 For fuller analysis see Cornely, "Introd. Spec. in Hist. VT Lib.", I, Paris, 1887, 109-14.フラー分析cornelyを参照し、 " Introd学です。仕様です。の履歴です。バーモントlibにコピーします。 " 、私、パリ、 1887年、一〇九〜一四です。

III. Ⅲ 。 CANONICITY規範

The Book of Judges is admitted by all to belong to the canons of the Jews of Palestine, the Jews of the Dispersion (the Alexandrian canon), and the Christians.この本の裁判官が認められたのすべてを参事会に所属し、ユダヤ人のパレスチナでは、ユダヤ人は、分散(アレクサンドリアキヤノン) 、とキリスト教徒です。 Only the authority of the infallible Church can determine the canon of Sacred Scripture, and define the inspired meaning of the Books.絶対確実な教会の権威をのみ、キヤノンの神聖な啓典を決定すること、との意味を定義するのインスピレーションの書籍です。 Hence Catholics may not go the way of Rationalists and of Protestants in the matter of the so-called late and manifold redaction of Judges.それゆえカトリック教徒の道を行くことができない合理とプロテスタントの問題は、いわゆる裁判官が遅くなり、多種多様な改訂します。

IV. Ⅳ 。 AUTHENTICITY真正

The chief arguments for the authenticity of Judges are given below under Historicity and Sources.首席裁判官の信ぴょう性の引数を指定されて史実とソースは以下のとおりです。 We now appeal to:今でアピールする:

The canonizing of the book by Jews and Christians as an authentic narrative of part of Israel's history; canonizing予約され、ユダヤ人とキリスト教徒は、本物の物語の部分として、イスラエルの歴史;

the life-like style of the work;の生活のようなスタイルの仕事を;

the minute and accurate details of the narrative;この分で正確な詳細は、物語;

the evident purpose of the narrator to give a history of the things whereof he knows.語り手の明らかな目的は、歴史を与えることを彼は知ってwhereofです。

V. PURPOSE v.目的

Although the purpose of the narrator is evidently to give a history of the events that took place in Israel between the days of Josue and of Samuel, yet that purpose is rather epic and didactic than historical in the modern sense of the word.は、語り手の目的は、歴史を与えるのは明らかにされたイベントが開催さジョスエ日間のイスラエルとの間のサミュエル、まだそのためには教則というよりも歴史的な叙事詩とは、近代的な意味します。

(1) The narrator does not purpose history in the modern sense; he does not narrate in historical order all the important events of the period. ( 1 )の語り手はありません目的の履歴を、モダンな感覚;彼は物語る歴史順のすべての重要なイベントの期間です。 This fact is clear from the appendixes (xvii-xxi), which give very important events outside their proper historical order.このような事実は明らかからの付録( 17 - xxi ) 、非常に重要なイベントを与えるために外に適切な歴史的です。

(2) The historian of Judges has an epic purpose, as early historians (eg Herodotus) often had. ( 2 )裁判官は、歴史学者の叙事詩的目的のために、早けれの歴史学者(例:ヘロドトス)しばしばいた。 The epos, or theme, of the historian of Judges is evolved in the summary (ii, 6-iii, 6), wherewith he introduces the history proper; he has it ever in mind to unfold why Jahweh allowed the foe to abide so long in the promised land, and even to defeat the chosen people, and why He raised up the judges.の叙事詩か、またはテーマに、裁判官は、進化の歴史学者の概要( 2 、 6 - 3 、 6 ) 、何で彼の歴史を紹介適切な;彼はそれを展開するまでを念頭に置いてjahwehはなぜ長いのおかげで、敵を守るため約束の地で、選ばれた人々を打ち負かすための、さらには、なぜ彼は裁判官提起する。 The idolatry of Israel is the reason.イスラエルは、偶像崇拝の理由です。

(3) The didactic purpose of the book is to teach Israel that the commandments of Jahweh should be obeyed (iii, 4). ( 3 )の目的は、教則本はイスラエルは、律法を教えるのに従ったjahwehすべきである( 3 、 4 ) 。 When Israel leaves Jahweh, Jahweh leaves Israel, at least for the while; the foes of Israel triumph (cf. Aug., "De Civ. Dei", xvi, 43).イスラエルの葉jahwehときに、イスラエルの葉jahweh 、少なくともの間;の敵イスラエルの勝利( cf. 8月、 "デciv 。デイ" 、 16 、 43 ) 。

VI. Ⅵ 。 SOURCESソース

The problem is complicated.この問題は、複雑です。 Most contradictory theories have been proposed.ほとんどの矛盾した理論が提案されています。 According to Moore (see "Internat. Crit. Comm." on "Judges", also art. in "Encycl. Bibl."), the body of the book (ii, 6-xvi, 33) is Deuteronomistic; the general setting of the stories and the purpose of that setting show characteristics of the seventh and sixth centuries, the influence of Deuteronomy and of the great Prophets Jeremias and Ezechiel.によると、ムーア(詳細については、 " internat 。批評します。コミュニティー"オン"裁判官" 、また芸術です。 、 " encycl 。 bibl 。 " )は、書籍の本文に( 2 、 6 - 16 、 33 )はdeuteronomistic ;全般設定の目的は、ストーリーや特徴を詳細に設定世紀の7番目と6番目、申命記の影響を受けて、預言者の偉大なezechielイェレミアスとします。 The stories of the book, out of their setting and apart from their set purpose in the Book of Judges, are pre-Deuteronomic; they show no Deuteronomic traces except in the introductions and the links that chain the various stories together.この本の物語を、アウトの設定の設定とは別に彼らの目的は、予約の裁判官は事前にdeuteronomic ; deuteronomicトレースを除いて彼らを示さないの紹介や、リンクをチェーンの様々なストーリーだ。 Indeed, Moore would have it that this redaction and unification of the sources was the work of a pre-Deuteronomic editor; this editor is not admitted by Kittel.確かに、ムーアにも、この改訂と統一のソースは、事前に仕事をdeuteronomicエディタ;このエディタではないキッテルを認められた。 To sum up, then, the opinion of Moore, one of the most eminent Protestant students of Judges, the book itself (ie ii, 6-xvi, 31) is made up of two strands (J and E), united not later than 621 BC by a pre-Deuteronomic redactor (RJE), and re-edited shortly thereafter, during the Deuteronomic reform of Josias and the influence of Jeremias, by the Deuteronomic editor of the Hexateuch (D).を要約すると、その後、ムーアの意見を、 1つのプロテスタントの学生で最も著名な裁判官は、その本自体(つまり2世、 6 - 16 、 31 )が行われるまでの2つのストランド( Jおよびメール) 、れるUnited特定へより紀元前621プレされたdeuteronomic redactor ( rje ) 、および再編集その後、すぐに改革の中にjosiasとdeuteronomicイェレミアスの影響を受けて、 deuteronomicされたエディタは、六書( D )です。 Many critics refuse to assign any strata of Judges to the Hexateuchal fictions -- J, E, JH, P or R, and D, even though they postulate many and late sources for the book in its present state.多くの批評家を拒否する任意の地層の審査員を割り当てるhexateuchal小説-無し、メール、公団は、 pまたは研究、およびDにもかかわらず、彼らの公準と後半のソースは、多くの書籍の現在の状態をします。 Among Catholic scholars a few, who wrote before the Biblical Commission issued its decrees about the Pentateuch, have accepted the late redaction.カトリックの学者の間、数、 who書いた聖書の委員会の発行する前に、政令については、五、後半に改訂を受け入れた。 Most Catholic scholars, however, are unanimous against these few who have left the traditional positions of Catholic Bible-study.ほとんどのカトリックの学者、しかし、これらのいくつかは全会一致の反対左側whoは、従来の立場をカトリックの聖書の勉強します。 In the matter of historical criticism of Judges, as of the Pentateuch, Catholic scholars do not deny the use of various sources by the inspired writer, but postulate that these documents shall have been written and put together very much earlier than the Rationalists wish.は、裁判官の批判を歴史的な問題としては、五、カトリックの学者はありませんの様々なソースを否定して使用された触発された作家、しかし、これらの書類は公準をまとめるに書き込まれ、以前よりも非常に合理を希望します。 There is no proof whatsoever of the late and manifold redactions of these documents in our present book.何の証拠がないのが遅くなり、多様で、これらの書類のredactions私たちの現在の予約です。 Cornely (loc. cit., 214-22) and Hummelauer (In Lib. Jud. et Ruth, 27) both consider that the writer of Judges was probably Samuel; and both admit that the work shows signs of the use of pre-existing documents. cornely ( loc. 〜 Cit 。 、二百十四から二十二)とhummelauer ( libにコピーします。ユートです。 etルース、 27 )の両方を考慮してその作家の裁判官はおそらくサミュエル;とは、仕事の両方を認めるの徴候を示して使用する既存のドキュメントです。 Such is the opinion also of Kaulen ("Einleitung in die heilige Schrift", 3rd ed., Freiburg, 1890, 181).このような意見もkaulenは、 ( " einleitungで死ぬheilige schrift " 、第3版です。 、フライブルク、 1890 、 181 ) 。

(1) Judges, in its present state, cannot have been written before Israel had a king. ( 1 )裁判官の現在の状態を、イスラエルの前に書かれたことはできませんが、王様です。 Only in the time of a king could the writer have said: "In those days there was no king in Israel, but every one did that which seemed right to himself" (xvii, 6; cf. xviii, 1; xxi, 24).の時間だけでは、王がその作家によると: "ではこれらの日中にキングではない、イスラエル、しかし、どのようごとに1つの権利を参考に自分自身" ( 17 、 6 ;継続前誌です。 18 、 1 ; xxi 、 24 )です。 These words appear only in the appendix (xvii-xxi), which we admit to be later than some of the sources used by the sacred writer; this apendix is generally admitted to be part of the work done by the last editor of Judges.これらの言葉は、 Appendixにのみ表示されます( 17 - xxi ) 、これより後の私たちを認めるいくつかのソースに使用される神聖な作家;このapendixは一般的に認めたの仕事に参加することが行われる裁判官の最後のエディタです。 This editor, then, wrote while Israel had a king.このエディタで、その後、書いた一方で、イスラエルは王様です。

(2) The book was not written after Solomon had done evil. ( 2 )ソロモンの予約が完了した後はない悪に書き込まれます。 The writer deems the lack of a king to be the explanation of the idolatry of the Danites and the misdeeds of the tribe of Benjamin.その作家の不足と判断される王の説明は、偶像崇拝の悪行danitesと、部族のベンジャミン。 Such an explanation would have been out of the question had the writer known either of the idolatry brought in by Jeroboam and encouraged by Solomon or of the separation of Juda from Israel.そのような説明は論外も作家は、既知のいずれかの偶像崇拝を持ってjeroboamとソロモンに勇気づけられたか、 judaよりイスラエルの分離します。

(3) This last editor must have written before David had reigned seven years. ( 3 )この最後のエディタでいる必要がありますデビッドは在位7年前に書かれた。 For Jerusalem was still called Jebus and was occupied by the Jebusites (xix, 11); whereas, in the seventh year of his reign, David took the citadel of Sion, called it the city of David, and destroyed the Jebusites (2 Samuel 5).エルサレムはまだjebusと呼ばれるのは、占領されたjebusites ( 19 、 11 ) ;一方、彼の治世は、 7年、デビッドは、バムのシオン、市のデビッドと呼ばれること、および破壊するjebusites ( 2サミュエル5 ) 。

(4) Finally, it is likely that Judges antedates even the first seven years of David's reign and the last years of Saul's. ( 4 )最後に、それはそうだantedates裁判官も、最初の7年間のデビッドの治世の最後の年とソールのです。 The book purposes to keep the children of Israel from idolatry and from the Divine punishments thereof.この本を保つ目的から、イスラエルの子孫を偶像崇拝と神からの処罰があります。 In the beginning of David's and the end of Saul's reign there was no need of such purpose: Saul had "rooted out the magicians and soothsayers from the land" (1 Samuel 28:9).初めには、デビッドのとソールの治世の終わりにする必要はないこのような目的:ソールは"手品師と根を下ろしたsoothsayersしてからの土地" ( 1サミュエル28:9 ) 。 Moreover, in that period the writer would have seen that even a "king in Israel" did not prevent the tribal and internal dissensions of the days of the judges.また、その期間内にその作家も見たことがあるが、 "王はイスラエル"を防止する部族と内部しなかったdissensionsは、日中には、裁判官です。

(5) Since, then, Judges was most likely written in the first years of Saul's reign, there is no more probable writer thereof than Samuel. ( 5 )以来、その後、裁判官は、最も高いの最初の年で書かれてソールの治世、作家にはないものの他の予想よりもサミュエルです。 He had yielded to Israel's clamours, and set up Saul as king.彼はイスラエルのclamoursに屈した、ソールとしてセットアップするとキングです。 A new war was impending.新たな戦争が目前に迫った。 There was none in Israel more likely to make the people ready for that war by driving home to them the thesis of Judges -- that fidelity to Jahweh meant success against the foe of Israel.他の可能性があったなしにイスラエルの人々に、その戦争を準備して車運転して帰るの論文の裁判官-j ahwehに忠誠を敵に対するイスラエルの成功を意味します。

(6) The use of previous documents by Samuel sufficiently explains the varied literary style on account of which the Rationalists frame their various hypotheses. ( 6 )の使用の以前の書類をサミュエルさまざまな文学のスタイルを十分に説明してアカウントのは、合理フレームに様々な仮説です。 The song of Debbora (v) is archaic by contrast with the language of its setting.この曲のdebbora ( v )は古風なのとは対照的に、言語の設定です。 The story of Gedeon is originally from a different hand than that of the first writer of Samson's history.ジェデオンの物語はもともと、別の手に比べてサムソンの歴史の最初の作家です。 spirit of the Lord rushed [xxxxxx] upon Samson" (xiv, 6, 19; xv, 14).主の精神を急いで[ xxxxxxの]時サムソン" ( 14 、 6 、 19 、 15 、 14 ) 。

Catholic commentators of old assigned the Book of Judges to many hands.カトリックのコメンテーターの古い割り当てられた予約の裁判官に多くの手です。 So Maldonatus (Comm. in Matt., ii, 23), Pineda (In Job, præf., iii), Clair (p. 10), and many others.これmaldonatus ( comm.のマットです。 、 2世、 23 ) 、ピネダ(の仕事、 præf 。 、 iii ) 、第クレール( p. 10学) 、およびその他さまざまです。 Hummebauer (In Jud., 27) argues that the longer narratives -- those of Aod (iii, 15-30), Barac (iv and v), Gedeon (avi-viii), Abimelech (ix), Jephte (xi, 1-xii, 7), and Samson (xiii-xvi) -- are distinct accounts, written by separate authors, who were contemporary or almost contemporary with the events they narrated. hummebauer (ユート。 、 27 )と主張し、長い物語-これらのa od( Ⅲ 、 1 5-30) 、 b arac( 4とV ) 、ジェデオン( a vi- 8 ) 、 a bimelech(九) 、 j ephte(まとめて、 1 - 12 、 7 ) 、およびサムソン( 13 - 16 ) -は、明確なアカウント、書かれた別の作家、 w hoは現代またはほぼ現代のイベントにナレーションします。 These varied narratives Samuel incorporated much as he found them; he drew from tradition for the minor details which he gives about the lesser judges.これらの様々な物語に組み込まサミュエルしても彼が見つかりました;彼はドリューのマイナーからの伝統を与えるの詳細については、小裁判官が彼です。 While setting these stories together, Samuel was inspired in regard to the complete thoughts he culled from others, as well as the introductions, links, and remarks he superadded.これらのストーリーを設定一緒に、サミュエルは、啓示された処分についての完全な考えから彼は他人の紹介だけでなく、リンク、と発言superaddedです。

VII. Ⅶ 。 HISTORICITY史実

(1) Internal Evidence ( 1 )内部の証拠

The writer of Judges was contemporary with some of the events which he narrated; used documents written by those who were contemporary, or all but contemporary, with the deeds they told; and shows every sign of sincerity, care, and truth.その作家の裁判官は、現代的にいくつかのイベントで彼はナレーション;使用されるそれらの書かれた書類whoが現代か、またはすべてのしかし、現代は、彼らの行為は、すべてのメンバーの誠意を示し、ケア、および真理です。 The very concern of the writer to give the truth explains the manifold literary style of the book.その作家の非常に懸念を与える真実を説明して多種多様なスタイルの文学の本です。 He has preserved to us unchanged the style of the song of Debbora and that of the fable of Joatham.彼は変わらずのスタイルを保持についての歌debboraと寓話のjoathamしている。 He has transmitted sayings peculiar to place and to person (ii, 5; iv, 5; vi, 24, 32; xv, 19; xviii, 12, 29).彼は伝送に特有のことわざを場所や人( 2世、 5 ; 4 、 5 、 6 、 24 、 32 、 15 、 19 、 18 、 12 、 29 ) 。 The nationalistic objections to the miraculous in the stories of Gedeon and Samson are generally accepted by Protestant writers, who look upon these portions of Judges as legendary; to Catholics these are as historical as any other portion of the work.奇跡の国粋主義に反対するのは、ストーリーオブジェデオンサムソンは一般的に受け入れられるとプロテスタントの作家、 who裁判官としての部分を見る時、これらの伝説;をカトリック教徒として、これらの歴史的には、他の部分の仕事をします。 The enemies to the historicity of the book in vain insist that these stories are set down as legends to please the Israelites.史実の敵を主張して、予約が無駄になるこれらの記事は下向きになるように設定するイスラエルの伝説を喜ばせるのです。 The writer of Judges so berates the Israelites for idolatry and inter-tribal dissension that it is unscientific to accuse him of truckling to their pride in their heroes.その作家の裁判官は、イスラエルを偶像崇拝とberates部族間の不和を非難することは非科学的trucklingして彼を誇りに思う彼らのヒーローです。

(2) External Evidence ( 2 )外付けの証拠

(a) Catholic tradition is clear. (ア)カトリックの伝統は明らかです。 The Fathers look upon the narrative of Judges as fact-narrative; their unanimity is admitted by all who deem that unanimity worth consideration.物語を探す時、父親の裁判官の事実-物語として、彼らの全会一致が認められたすべての全会一致の価値を考慮whoと判断します。

(b) O.-T.結果( b ) o.-t. testimony is manifold.証言は多様です。 The opening summary (i, 1-ii, 5) gives details the historical value of which is attested by Josue: Juda's siege of Dabir (1:10-15; Joshua 15:14-19), the Jebusites in Jerusalem (1:21; Joshua 15:63), the Chanaanite in Gazer along with Ephraim (1:29; Joshua 16:10), the Chanaanite dwelling with Manasses (1:27; Joshua 17:11).開会の概要(私は、 1 - 2 、 5 )の値を与える内容の歴史が証明されジョスエ: judaの包囲dabir ( 1:10-15 ;ジョシュア15:14-19 )は、 jebusites 、エルサレム( 1 : 21 ;ジョシュア15:63 )は、麻薬取締官と一緒にchanaaniteのエフライム( 1:29 ;ジョシュア16:10 )は、住居をchanaaniteマナッセス( 1:27 ;ジョシュア17:11 )です。 Like details are the death of Josue (2:6-9; Joshua 24:28-31), the capture of Lesem by Dan (17:18; Joshua 19:47).詳細は、死のようなジョスエ( 2:6-9 ;ジョシュア24:28-31 )は、キャプチャのlesemしたダン( 17:18 ;ジョシュア19:47 )です。 The Books of Kings tell us as facts much that we read in Judges.書籍の王としての基本くらい教えて下さい裁判官続きを読むことです。 Israel's forgetfulness of Jahweh, her defeat by the foe and salvation by the judges (1 Samuel 12:9-11); the death of Abimelech, son of Gedeon (9:53; 2 Samuel 11:21).イスラエルの忘却のjahweh 、彼女の敗北を敵と救いの裁判官( 1サミュエル12:9-11 ) ; abimelechの死を、息子のジェデオン( 9:53 ; 2サミュエル11:21 )です。 The Psalms dwell proudly on the deeds of the judges: the fate of Sisara, Jabin, Oreb, Zeb, Zebee, and Salmana (vii, 22, 25; iv, 15; viii, 21; Ps. lxxxii, 10-12); the entire history of Judges in outline (Ps. cv, 34-46).誇らしげに住む上に詩篇を授けたの行為は、裁判官: sisaraの運命を、 jabin 、 oreb 、 zeb 、 zebee 、およびsalmana ( 7 、 22 、 25 ;四、 15 ; viii 、 21 ; psのです。 82 、 10-12 ) ;裁判官の歴史を全体の輪郭を描く( ps.履歴書、 34から46 ) 。 The Prophets refer to real facts given in Judges: the defeat of Madian by Gedeon (Isaiah 9:4; 10:26); the crime at Gabaa (Hosea 9:9; 10:9).を参照して本当の事実は、預言者に与えられた裁判官: madianでの敗北のジェデオン(イザヤ書9時04分; 10:26 ) ;その犯罪をgabaa (ホセア書9時09分、 10時09分) 。

(c) In the New Testament, St. Paul mentions the judges in their proper place between Josue and Samuel (Acts 13:20); praises some of the judges along with certain kings (Hebrews 11:32). ( c )は、新約聖書、聖パウロには、裁判官の間で各々の適切な場所ジョスエとサミュエル(行為13:20 ) ;称賛するとともに、いくつかの特定の裁判官の王(ヘブル人への手紙11:32 ) 。

VIII. Ⅷ 。 TEXT本文

(1) Hebrew. ( 1 )ヘブライ語です。 Kittel's edition shows that the Masoretic text is in very good condition.キッテルの版では、テキストがmasoreticは非常に良好な状態です。 "It is better preserved than any other of the historical books" (Moore, "Judges", 43). "保存よりも他の方が良いの歴史的図書" (ムーア、 "裁判官" 、 43 ) 。 The only serious difficulties are in the song of Debbora.深刻な困難にするだけの歌は、 debboraです。

(2) Greek. ( 2 )ギリシャ語です。 We have two distinct Septuagint forms (cf. Lagarde, "Septuaginta-Studien", 1892, 1-72): one is seen in the Alexandrinus (A), Coislinianus (P), Basiliano-Vaticanus (V), and many cursives; the other version is represented by the Vatican (B), and a considerable number of cursives.私たちは2つの明確なセプトゥアギンタフォーム( cf.ラガルド、 " septuaginta - studien " 、 1892 、一から七十二) : 1つは見られるアレクサンドリア写本(ア) 、 coislinianus ( p )の、バジリアーノ- vaticanus (ボルト) 、および多くのcursives ;表され、他のバージョンは、バチカン( b )項、および、かなりの数のcursives 。

(3) Latin. ( 3 )ラテン語です。 St. Jerome's version is one of his most careful efforts at translation of the Masorah, and is of the greatest exegetical importance.聖ジェロームのバージョンは、彼の最も慎重な取り組みの1つでの翻訳は、 masorah 、との最大の解釈が重要です。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Fathers: THEODORET, Quæstiones in Librum Judicorum in PG, LXXX, 485; PROCOPIUS OF GAZA, Comm.父親: theodoret 、 quæstionesでlibrum judicorumでpg 、 80 、 485 ; procopiusのガザ地区、通信します。 in Judices in PG, LXXXVII, 1041; ST. pg judicesでは、 87 、 1041 ;セントです。 AUGUSTINE, Quæstiones in Heptateuchium in PL, XXXIV, ;701.アウグスティヌスは、ポーランド語quæstionesでheptateuchiumで、 34 、 ; 701です。 Modern commentators mentioned in the body of the article.現代の解説記事の本文に記載されています。 See also BONFRÈRE, Comm.も参照くださいbonfrère 、通信します。 in Jos., Jud., et Ruth (Paris, 1631); SERARIUS, Jud.でjos. 、ユート。 、他ルース(パリ、 1631 ) ; serarius 、ユートです。 et Ruth explanati (Mainz, 1609); CLAIR, Les Juges et Ruth (Paris, 1878). etルースexplanati (マインツ、 1609 ) ;クレール、レjuges etルース(パリ、 1878 ) 。 Protestant commentators of worth are MOORE, KEIL, BUDDE, BERTHEAU.プロテスタントの解説者の価値は、ムーア、 keil 、バッド、 bertheauです。


Book of Judges予約の裁判官

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

§ I. Name: § i.名:

§ II. § Ⅱ 。 Synopsis of Contents:ストーリーの内容:

Sections of Book.セクションを予約します。

§ III. § Ⅲ 。 Sources: The Main Text, iii.ソース:メインテキスト、 Ⅲ 。 7-xvi. 7 - 16 。 31: 31 :

Song of Deborah.デボラの歌です。

Account of Gideon.アカウントのギデオンです。

Original Book.オリジナル予約します。

The Priest of Micah.司祭のミカです。

§ IV. § Ⅳ 。 Combination and Revision of The Sources:組み合わせとリビジョンのソース:

Additions by Deuteronomist. deuteronomist追加されています。

§ V. Age of the Sources: § v.年齢のソース:

Story of Samson.サムソンの物語です。

§ VI. § Ⅵ 。 Literary Characteristics:文学的特徴:

In the Hebrew canon, the second book of the Earlier Prophets, placed between Joshua and Samuel.キヤノンは、ヘブライ語、 2番目の予約を、以前の預言者、ジョシュアとサミュエルの間に配置します。

§ I. Name: § i.名:

The book derives its name from the fact that it deals with the "Judges," a term which, according to the statements found in the book (comp. ii. 11-19 and the constantly recurring formulas in iii. 7, vi. 1; iii. 12, iv. 1, x. 6, xiii. 1; iii. 8, iv. 2, 9, x.7), designates men who dealt out justice to the oppressed people (comp. , Ps. x. 18); hence it is used in the sense of = "rescuer" (ii. 16, 18).この本の名前から派生したという事実も扱って、 "裁判官は、 "任期は、発見されたステートメントによると、予約( comp. Ⅱ 。 11-19と定期的な数式を絶えずⅢ 。 7日、 Ⅵ 。 1 ; Ⅲ 。 12日、 Ⅳ 。 1 、 Xの6 、 13 。 1 ; Ⅲ 。 8日、 Ⅳ 。 2 、 9日、 x.7 ) 、指定の男性who扱わアウト正義を虐げられた人々 ( comp. 、 psのです。 Xで18 ) ;それゆえ感覚で使用されることは= "救助" ( ii. 16日、 18 ) 。 The word, however, means more than this and more than the modern "judge": it means the leaders or rulers (comp. the Suffetes [= ] in Carthage) who took charge of the affairs of the several tribes in case of war with the Canaanites or other neighboring peoples, and who also assumed leadership of their respective tribes in the succeeding times of peace.という言葉は、しかし、これ以上の手段を超える近代的な"判断" :ことを意味の指導者や支配者( comp.のsuffetes [ = ]でカルタゴ) whoが担当して業務が発生した場合は、いくつかの部族との戦争をcanaanitesや他の近隣の人々 、およびwhoも想定は、それぞれの部族指導者は、平時に成功します。 In accordance with the needs of the time, their functions were primarily judicial (iv. 5).で、時間のニーズに応じて、その機能は主に司法( iv. 5 ) 。 The book itself announces that it will deal with the time of the Judges from the death of Joshua; but the description of Joshua's death at the beginning of the book is doubtless a later addition, and the introduction repeats (i. 1-ii. 5) the theme of the Book of Joshua, namely, the conquest of the country west of the Jordan.その本自体に対処することは発表時の審査員からの死のジョシュア;しかし、説明書のジョシュアの死の冒頭には、それ以降の予約は確かに加えて、繰り返されるの導入( i. 1 - Ⅱ 。 5 )のテーマは、予約のジョシュア、すなわち、その国の征服西にヨルダンです。 Nor does the Book of Judges give the conclusion of the history of the Judges; for the two stories appended to the book in its present form belong not to the end of that period, but to its beginning, and the narratives forming the kernel of the book break off before the period of the Judges ends.また予約の裁判官は、その結論を与えるの歴史を、裁判官;を付加された2つのストーリーは現在の予約フォームに属し、その期間の最後にしないように、しかし、その始まり、との物語を形成してカーネル予約期間を断つの裁判官の前に終了します。 The thread is taken up again in the Book of Samuel.スレッドが再び取り上げ、その本のサミュエルです。 It may be assumed, however, that the original Book of Judges was carried down to the end of the period and concluded with the story of Eli and Samuel, which forms the beginning of I Samuel.想定されることがあります、しかし、裁判官は、元の予約の終わりに繰り越しを締結する期間とイーライとサミュエルの話を、私はどのような形式の初めにサミュエルです。

§ II. § Ⅱ 。 Synopsis of Contents:ストーリーの内容:

Before discussing the several parts and their origin, it may be well to note the peculiar composition of the book.前に議論していくつかのパーツとその起源は、十分に注意することがあります特有の組成を、この本です。 The introduction and additions may clearly be separated from the main text, giving the following three divisions: (1) introduction; (2) Book of Judges proper; and (3) appendixes. 5月の導入や追加を明確に分離してメインのテキストをもって次の3つの部門: ( 1 )の導入、 ( 2 )予約の裁判官の適切な;および( 3 )付録です。

(1) Introduction: ( 1 )概要紹介:

(a) i. ( ) I.初回 1-ii. 1 - Ⅱ 。 5, a general view of the conquest of Canaan. 5 、全般的な対象は、カナン征服します。 The story is evidently intended to portray the great tribulations of the time of the Judges, which God inflicted because the Israelites partially spared the Canaanites in spite of His command to the contrary (see ii. 1-5, especially verse 3).その物語は、明らかに偉大な苦難を描くを目的とし、裁判官の時間を招いたため、イスラエルの神を惜しまない部分canaanitesさにもかかわらず、彼のコマンドを逆に(参照Ⅱ 。 1-5 、特に詩3 ) 。

(b) ii. (イ) Ⅱ 。 6-iii. 6 - Ⅲ 。 6, a general description of the conditions obtaining at the time of the Judges. 6 、全般的な説明書を取得の条件の時点で、審査員です。 The chief characteristic of this time is found in the recurring change from apostasy and punishment to repentance and deliverance.チーフの特徴は、次の時間が発見された定期的な変更と罰を後悔と背教者救出します。 The account forms the introduction to the following stories, which are, as it were, summarized in ii.フォームのアカウントの導入には、次のストーリーには、言ってみれば、要約して2世です。 11-19. 11-19 。

Sections of Book.セクションを予約します。

(2) The Book of Judges Proper, iii. ( 2 )予約の裁判官の適切な、 Ⅲ 。 7-xvi. 7 - 16 。 31: This describes Israel's delivery, through divinely appointed judges, from the subjugation to the Canaanites and the neighboring peoples which it had brought upon itself. 31 :この説明イスラエルの配信は、裁判官に任命を通して神からのcanaanitesとは、隣接する征服していた人々にそれ自体です。 The accounts of the activities of the several judges vary considerably in length; only the five so-called "Great Judges" are treated in detail.アカウントの裁判官の活動を、いくつかの長さにかなりばらつきがある;のみの5つのいわゆる"偉大な裁判官"は、治療を詳しく説明します。 The narratives may be summarized as follows:次のように要約される5月の物語:

(a) iii. (ア) Ⅲ 。 12-30, account of the Benjamite Ehud, who overthrew the tyranny of the Moabites; 12月30日、アカウントをbenjamiteエフード、 who overthrowの過去過去分詞の専制政治には、 moabites ;

(b) iv.-v., story of Barak (and Deborah), who overthrew the tyranny of the Canaanites (but see § III.);結果( b ) iv.-v. 、物語のバラク(デボラ) 、 who overthrowの過去過去分詞の専制政治には、 canaanites (ただし、 § 3を参照。 ) ;

(c) vi. ( c ) Ⅵ 。 1-viii. 1 - Ⅷ 。 32, story of Gideon of western Manasseh, who overthrew "the Midianites and the Amalekites and all the children of the East"; 、 32 、ギデオンの物語西洋マナセ、 who overthrowの過去過去分詞" midianitesとamalekitesとのすべての子供たちが、東" ;

(d) x. (エ) Xの 6-xii. 6 - 12 。 7, story of Jephthah the Gileadite of the tribe of Gad, who vanquished the Ammonites; 7日、物語のジェフサの部族ギレアデ人の出歩き、 who打ち負かさのammonites ;

(e) xiii.-xvi., account of the Danite Samson, who vanquished the Philistines; (オ) xiii. - 16 。 、アカウントは、ダンサムソン、 who打ち負かさのphilistines ;

(f) iii. (女) Ⅲ 。 7-11, story of the Kenazite Othniel, from the tribe of Judah, who vanquished Chushan-rishathaim (iii. 10); together with various incidental remarks relating to the so-called Minor Judges: 7-11 、物語のkenazite othniel 、ユダ族から、 who打ち負かさchushan - rishathaim ( iii. 10 ) ;と一緒に様々な付随的な発言に関連し、いわゆるマイナー裁判官:

(g) iii. (グラム) Ⅲ 。 31, story of Shamgar; 31日、物語shamgar ;

(h) x. (高さ) Xの 1-5, stories of Tola of Issachar and Jair of Gilead (eastern Manasseh); and 1-5 、ストーリーオブトウラのissacharとジェイルのギレアデ(東部マナセ) ;と

(i) xii. ( 1 ) 12 。 8-15, stories of Ibzan of Beth-lehem, Elon the Zebulonite, and Abdon the Pirathonite of the tribe of Ephraim. 8-15 、ストーリーオブibzanのベス- lehem 、イーロンのzebulonite 、およびabdonのpirathoniteのエフライム部族のです。 With the exception of the priestly tribe of Levi and the two tribes of Reuben and Simeon, which soon became extinct, each of the tribes is represented by at least one judge.聖職者を除いては、レヴィと2つの部族の部族のルーベンとシメオン、これはすぐに絶滅した、それぞれの部族は、少なくとも1つの判断で表現されます。 The section viii.このセクションⅧ 。 33-ix. 33 - 9 。 57, dealing with the leadership of Abimelech, is not strictly of the same order as the rest. 57 、リーダーシップのabimelech対処する、厳密には、同じ順序ではないとして、残りです。

(3) Appendixes: Two stories from the time of the Judges: ( 3 )付録: 2つのストーリーからの時間は、審査員:

(a) xvii. (ア) 17 。 and xviii., the campaign of the Danites, and the transference to Dan (Laish) of the sanctuary of Micah the Ephraimite;と18 。 、このキャンペーンは、 danites 、および、転移をダン( laish )は、聖域のミカのエフライム族;

(b) xix.-xxi., the outrage at Gibeah, and the resultant punitive war against Benjamin, which is almost destroyed; the measures taken for the preservation of the tribe.結果( b ) xix. - xxi 。は、怒りをギベア、懲罰的な戦争の結果、ベンジャミン、これはほぼ破壊し、対策の保存のための部族です。

§ III. § Ⅲ 。 Sources: The Main Text, iii.ソース:メインテキスト、 Ⅲ 。 7-xvi. 7 - 16 。 31: 31 :

The earliest sources are found in the stories relating to the five Great Judges:発見された最古のソースにはストーリーに関連するの5つの大裁判官:

(1) The account of Ehud, iii. ( 1 )のアカウントのエフード、 Ⅲ 。 12-30, which, with the exception of the Deuteronomistic framework (verses 12-15 and 30), is a uniform story, based doubtless on ancient tradition. 12月30日、これを除いては、 deuteronomisticフレームワーク(詩12-15と30 )は、制服の物語は、古代からの伝統をベースの疑いです。

Song of Deborah.デボラの歌です。

(2) The story of Barak and Deborah, iv. ( 2 )の物語のバラクとデボラ、 Ⅳ 。 and v., in which must be distinguished:とV.では識別しなければなりません:

(a) the Song of Deborah, v. 2-31, describing the sufferings and the victory of the people, and which was doubtless composed by an eye-witness. (ア)その歌のデボラ、 v. 2月31日、勝利を記述すると、人々の苦しみや、どの構成は、疑いの目を目撃されています。 It is uncertain, however, whether Deborah herself composed this.それは定かではなく、しかし、この構成かどうかデボラつぶやきました。 Doubt arises from the exhortation (v. 12) "utter a song," and from the fact that the introduction does not say that she composed it, but only that Deborah and Barak sang it (ib. verse 1).疑いが生じたからの勧告(動12 ) "の歌を口にする"との導入という事実から構成さていない場合は彼女には、しかし、それだけでデボラとバラク相( ib.詩1 ) 。 Nor does it follow absolutely from the word (verse 7) that Deborah composed the Song.それより確実にすることもありません次の単語(詩7 )がデボラの曲で構成されます。 Although is probably intended as the first person and has been so interpreted down to recent times, yet it may also have been intended as an address to Deborah, as the second person feminine singular (= ; comp. , Jer. ii. 33) - "until thou hast arisen, Deborah!"意図としては、おそらくものの、最初の人物とされて解釈するように最近では、まだありませんが意図したことがありますとしてもデボラのアドレスを、 2番目の人女性単数( = ;のCOMP 。 、 jer 。 Ⅱ 。 33 ) - "なたまで生じて、デボラ! " And even its interpretation as the third person feminine singular (= , old form of , in which theその解釈として、さらには3番目の人女性単数( = 、旧フォームをされるのは、 would be secondary, conditioned by the traditional conception, according to which the expression is in the first person) is not excluded, and the reading may be, "until Deborah arose."第二は、条件によって、従来の概念によると、第一は、表現が人あたり)含まれないものではない、との読書年5月に、 "これまでデボラが起こりました。 " Nor is the first person in verse 3 decisive, as it may refer to any poet.また詩は、最初の3人に決定的な、を参照して任意の詩人としてことがあります。 The exhortation in verse 12, "Awake, awake, Deborah: awake, awake, utter a song," formerly considered a direct proof of Deborah's authorship, really excludes this possibility, unless it is assumed that it is a poetic address of the author to herself.詩の勧告は12日、 "目が覚める、目が覚める、デボラ:目が覚める、目が覚める、歌を口にする、 "以前考えられている直接の証拠デボラの原作者、本当にそのような可能性を除外しない限り、ことを想定してそれは、詩的なアドレスは、著者につぶやきました。 Aside from these doubtful arguments, the context, with its striking references to the deeds and thoughts of women (Deborah, Jael, Sisera's mother and her "wise women"), might point to apoetess as the author.これらの疑問はさておきの引数があり、コンテキスト、その印象的な行為や考えを参照して、女性(デボラ、ジェイル、シセラの母親と彼女の"賢明な女性" ) 、かもしれないをポイントしてapoetessとしての著者です。 Even if the Song was not composed by Deborah, it was at least the work of a contemporary; and as such it is the earliest source for the history of Israel, and a historical document of supreme value.たとえデボラ構成されるこの曲はない、それは、少なくとも現代の仕事をする;そのようなことは、ソースを最古の歴史を、イスラエル、歴史的なドキュメントの最高の値とします。 It not only recounts a historical fact, but breathes the wild spirit of a heroic age, and with elemental force portrays especially the pitiless delight in battle and bloodshed, and the joy of deliverance from the yoke of tyranny.それだけでなく、歴史的事実を再集計が、野生の精神を吸い込んだの英雄時代、および元素では特に、情け容赦の力と流血の戦いを楽しみに、との喜びの専制政治のくびきから解放します。

(b) The prose historical account in ch. ( b )はあなたのアカウントに歴史的な散文です。 iv. Ⅳ 。 stands in a peculiar relation to the Song, inasmuch as the poetical account has been clearly changed into a historical narrative, which presents various contradictions to and exaggerations of the Song in regard to numbers and events.スタンドに関連して、奇妙な曲、 〜だけれども詩的アカウントが侵害され、歴史的な物語を明確に変更され、様々な矛盾をプレゼントし、これと関連し、その曲の誇張数字とイベントです。 This prose account based upon the Song of Deborah is, however, only a part of the story told in ch.この散文のアカウントに基づいてその歌のデボラは、しかし、この部分だけを、あなたの物語です。 iv.; for, in the first place, the story of the victory of Barak and the tribes of Zebulun and Naphtali over King Jabin of Hazor (iv. 10) is joined to it, and, in the second place, there are other details which are not found in the Song, and which therefore were derived from independent tradition, especially the reference to the attack made by the Israelites from Mount Tabor. Ⅳ 。 ;は、まず第一に、その物語のバラクの勝利のzebulunとナフタリの部族の王jabin以上のハゾル( iv. 10 )がこれに参加して、と、 2番目の場所には、その他の詳細されていない発見された曲や、どのしたがって独立の伝統から派生したが、特にへの参照を作られるイスラエルの攻撃をマウントターボルからです。 The story in ch.あなたの話をします。 iv., taken for the most part from the Song, and which may be called the story of Sisera in contrast to the story of Jabin, narrates the victory of Deborah and of Barak of Issachar over Sisera at the Kishon, and the death of the last-named at the hands of Jael. Ⅳ 。 、撮影は、ほとんどの部分からの曲や、どの年5月シセラと呼ばれる物語jabinの物語とは対照的に、ナレーションの勝利のデボラとバラクissachar以上のシセラは、キション、との死を、最終更新-名前はジェイルの手にします。 In consequence of the fusion of the stories, Sisera in the account in ch.での物語を融合した結果、シセラは、あなたのアカウントにします。 iv. Ⅳ 。 does not appear as the head of a coalition of the Canaanite kings, as he is represented in the Song, where he is the chief personage, but merely as the general of King Jabin.頭が表示されない場合は、連立与党としては、カナンの王、曲として表現される彼は、彼がどこに首席お方が、全般として単に王jabinです。 The stories are so closely fused that they can no longer be separated, this being doubtless due to the confounding of two heroes of the name of Barak (= "lightning"; comp. the surname in "Hamilcar Barcas"); namely, Barak of Kedesh of the tribe of Naphtali (iv. 5 [AV 6]) and Barak of Issachar (v. 15).ストーリーは非常に密接に融合することができますが分離されなくなりますが、これに疑いのために、交絡の2つのヒーローの名前をバラク( = "雷" ;のCOMPの姓は" hamilcar barcas " ) ;すなわち、バラクのケデシは、部族のナフタリ( iv. 5 [ av 6 ] )とバラクのissachar (動15 ) 。

Account of Gideon.アカウントのギデオンです。

(3) The account of Gideon, vi.-viii., consisting of two separate narratives brought into harmony by the passages vii. ( 3 )のアカウントのギデオン、 vi. - Ⅷ 。 、構成の2つの別々の物語に持ち込ま調和された通路Ⅶ 。 25 and viii. 25日とⅧ 。 10. 10 。 According to the main text, including vi.によると、メインのテキストを含むⅥ 。 2-6, 11-24, 33 et seq., vii. 2-6 、 11-24 、 33頁以降を参照。 、 Ⅶ 。 1, and vii. 1 、およびⅦ 。 9-25 (except verse 12), as well as the passages vi.九月25日(詩を除いて12 ) 、通路だけでなく、 Ⅵ 。 35; vii. 35 ; Ⅶ 。 2-8, 14, 16-22, preserved only in revised form, Gideon delivered the whole of Israel from the inroads of the Midianites, whose camp on Mount Gilboa he surprised. 2-8 、 14 、 16-22 、改正だけでフォームの保存、配信、全体のギデオンイスラエルからの侵入をmidianites 、そのキャンプをマウントギルボア彼は驚いた。 The Ephraimites then captured and killed the fugitives together with their kings Oreb and Zeeb at the fords of the Jordan (comp. especially vii. 24). ephraimites入力し、捕捉されて殺されたのと一緒に彼らの逃亡者は、 fords zeebキングスorebと、ヨルダン( comp.特にⅦ 。 24 ) 。 According to another account, which forms a connected series of additions to the main text (ie, to vi. 2-viii. 3), and which includes vi.別のアカウントによると、これを形成するのに新たに接続したシリーズの主なテキスト(すなわち、 Ⅵ 。 2 - Ⅷ 。 3 ) 、およびが含まれてⅥ 。 7-10, 25-32, 36-40 as well as the Deuteronomically revised passage viii. 7-10 、 25-32 、 36-40改正だけでなく、通過deuteronomically Ⅷ 。 4-27, Gideon with 300 men captured the Midianite kings Zebah and Zalmunna beyond the Jordan, whither he had pursued them. 4月27日、ギデオンと300以上の男性に捕らえられてmidianiteヨルダン国王zebahとzalmunna超えて、どこを追求していた。

A valuable remnant of the earliest Hebrew history has been preserved in the story of Abimelech, which is appended to the story of Gideon.最古の貴重なレムナントの履歴が保存されているが、ヘブライ語の物語abimelech 、これは付加さギデオンの物語です。 Jotham's daring and original parable of the trees in search of a king, included in this story, was (as appears from ix. 57) probably added at a later time by an editor who took it from a source earlier than that of the main story.ジョーサムの大胆な寓話とオリジナルの木の検索は、キング、この物語に含まれるものは( 9世として表示されるからです。 57 )を開始するには、おそらく追加されたエディタwhoは、それをソース以前に比べて、メインストーリーです。 This parable, one of the few remnants of purely secular writing, can not have originated in the time of Abimelech, who reigned only three years at Shechem, as its criticism of the king was evidently the result of a clearer insight than could have been possessed by a contemporary.この寓話は、いくつかのいずれかの残党の純粋な世俗的書き込み、することはできませんの起源は、時間をabimelech 、 who在位わずか3年でシケムは、その批判は、王のは明らかに結果がより明確な洞察力が保有された現代的です。 It was probably a product of the Northern Kingdom, where the people had unfortunate experiences with elected kings.それはおそらく製品は、北部の王国、どこの人々は不幸な経験を王に選出します。

(4) The story of Jephthah, xi. ( 4 )の物語ジェフサ、西です。 1-xii. 1 - 12 。 7, is in general uniform; the first two verses, however, are probably revised, as they do not fit in with verse 7, nor with the passage xi. 7日、一般的には制服;最初の2つの詩は、しかし、改正は、おそらく、彼らはありません詩に適合すると7日、元の通路XI 。の 12-29, which appears as a learned disquisition applying in no wise to the Ammonites, to whom the message was to be addressed, but to the Moabites. 12月29日、これを学んだとして表示される論文を適用して英明でられるammonitesはない、誰に対応するメッセージが表示されるが、しかし、 moabitesしています。 In xi.し、 XI 。 35-40, also, the editor, intent on abbreviating, seems to have made changes in order not to dwell on the human sacrifice which must have been described in the original narrative. 35-40 、また、エディタで、意図を省略、オーダーに変化を加えたようにはしないように、人間の犠牲にこだわるものでなければならない、元の物語に記載されています。

(5) The story of Samson, xiii-xvi., narrating in twelve sketches his deeds and tragic death. ( 5 )の物語サムソン、 13 - 16 。 、彼の行為と語り、悲劇的な死のスケッチ12 。 This, also, is a uniform composition, with the exception of a revision in xiii.これは、また、組成は、制服を除いて、リビジョンでは、 13です。 and xiv., and is evidently the work of a single author.と14 。 、とは、 1つの著者の仕事を明らかにします。

In general, it may be noted in regard to these old heroic stories of the Book of Judges that there is some resemblance in language and manner of description to the narrative sources of the Pentateuch; for this reason Cornill has designated the first version of the story of Gideon, the story of Samson, and the basis of x.一般的には、記載されることがありますが、これらの古い英雄物語に関しては、予約の裁判官は、いくつかの類似点があるには、言語や方法の説明書を物語の筋は、五;コルニルこの理由は、指定の最初のバージョンの物語のギデオン、サムソンの物語、との基礎をXの 6-16 as Jahvistic in character, and the story of Sisera, the second version of the story of Gideon, together with the stories of Abimelech and Jephthah, as Elohistic (other scholars, however, as Budde, think differently). 6-16文字としてjahvisticで、シセラの物語と、 2番目のバージョンのギデオンの物語と一緒に、ストーリーオブabimelechとジェフサ、エロヒスト(他の学者、しかし、バッド、考え方が違う) 。 These resemblances are so slight that they may be explained as contemporaneous work or imitation, rather than as a continuation of the Pentateuch sources.これらは非常にわずかなresemblances年5月に説明して同時期に仕事や模造品としてではなく、五源としての継続をします。

Original Book.オリジナル予約します。

The main text of Judges, including the above-named stories, constituted, with the exception of later additions, the earlier book, which began therefore with ii.裁判官のメインのテキストを、名前を含め、上記のストーリー、構成、以降の追加分を除いて、以前のバージョンの予約は、そのために2世から始まった。 6; and as the initial words, "And when Joshua had let the people go," correspond with the words introducing the first valedictory in Josh. 6 ;との最初の言葉として、 "とて、人々行くときにジョシュアは、 "対応して、最初の別れの言葉を紹介ジョシュです。 xxiii. 23 。 2, it follows that the original Book of Judges continued the original Book of Joshua. 2 、それ以下の通り、元の予約の裁判官が、元の予約のジョシュア継続します。 Furthermore, it follows that the second valedictory with the accompanying statements in Josh.また、以下の通りで2番目の告別ジョシュのステートメントを添付します。 xxiv., and the first account of Joshua's death, in Judges ii. 24 。 、との最初のアカウントのジョシュアの死は、裁判官2世です。 8 et seq., as well as the present introduction to Judges, were added later; this is also apparent from the present beginning of Judges: "Now after the death of Joshua it came to pass." 8頁以降を参照。 、だけでなく、現在の導入を裁判官に、が追加されましたへ;これもまた、現在の初めから見掛け上の裁判官: "今すぐ後に死亡したことが下った時、ジョシュア。 "

The Introduction: It has been shown that the introduction is a later addition; and the fact is further proved by its contents, the story of the conquest of the country west of the Jordan, which is the theme of Joshua, being here repeated.の導入:ことが示されていることへの導入は、加えて、より詳細な立証され、実際には、その内容は、その物語は、その国の西に征服ヨルダン、これはジョシュアをテーマに、ここが繰り返されています。 But while the Book of Joshua narrates the story of the complete destruction of the Canaanites by the people of Israel under one commander-in-chief, the introduction to Judges says that the tribes of Israel fought singly; and it does not refer to the complete destruction of the Canaanites (comp. Judges i. 27-33, ii. 1-3).しかし、この本のジョシュアナレーションの物語を完全に破壊するイスラエルの人々のcanaanitesされた1つの最高司令され、裁判官の導入を戦ったイスラエルの部族によると、単独;ことはありませんを参照して、完全な破壊をcanaanites ( comp.裁判官i. 27-33 、 Ⅱ 。 1-3 ) 。 Ofthese two accounts the introduction to Judges is doubtless more objective, and shows a better comprehension of the actual facts, while the narrative in Joshua is founded on the Deuteronomistic revision. ofthese 2つのアカウントの導入を裁判官には、確かに他の客観的、およびより良い理解を示し、実際の事実は、物語の中に設立さジョシュアは、 deuteronomisticリビジョンです。 The introduction itself, however, is not uniform; according to i.の導入自体は、しかし、ではない制服;によると、 i. 8, the children of Judah conquered and burned Jerusalem and killed its inhabitants, while, according to i. 8日、ユダの子供たちに征服されて殺されたとエルサレムの住民のやけどを負ったながら、 i.によると、 21, the children of Benjamin did not drive the Jebusites out of that city, but dwelt together with them in Jerusalem "unto this day" (according to the parallel account in Josh. xv. 63, some scholars read in this passage instead of , which is derived from Josh. xviii. 28). 21日、ベンジャミンの子供たちがドライブしなかったjebusitesアウトに、その都市は、しかし、力説して、エルサレムと一緒に"わたしのこの日" (アカウントに平行によると、ジョシュ。 15 。 63 、いくつかの学者の続きを読むこの通路の代わりに、これはジョシュに由来します。 18 。 28 ) 。 Cornill ascribes a Jahvistic origin to the passages i.-ii.コルニルascribes通路をjahvistic起源をi.-ii. 1a, 5b, 23a; iii. 1 、 87 、 23a ; Ⅲ 。 2-3, and an Elohistic origin to i. 2-3と、エロヒストの起源をi. la; ii.ラ; Ⅱ 。 13, 20-22a; iii. 13日、 20 - 22a ; Ⅲ 。 5-6. 5-6 。

The Priest of Micah.司祭のミカです。

The Appendixes: The first appendix, xvii.この付録:最初の付録は、 17です。 and xviii., is a very valuable old story.と18 。 、古い話は非常に貴重です。 Bertheau, Budde, Kittel, Cornill, and others assert that two accounts must be here distinguished. bertheau 、バッド、キッテル、コルニル、および他の2つのアカウントと主張し、ここの識別しなければならない。 According to one, the Ephraimite Micah made an ephod and teraphim, and hired a Levite to be to him "a father and priest"; 600 Danites then persuaded the Levite to go with them and become their priest, whereupon they conquered Laish and set up there for their tribal sanctuary the image that Micah had made.によると、 1つは、エフライム族のミカは、 teraphimエポテとし、彼を雇ってレビ"父と司祭" ; 600 danitesレビに行くのを入力し、説得し、彼らの司祭になる、すると彼らを征服してセットアップするlaishそこに彼らのイメージをミカ部族の聖域ていた。 According to the other account, Micah made a "pesel" (graven image) and "massekah" (molten image), and engaged a young Levite as priest, whom he held as a son; but the Danites, who stole the pesel and massekah, made Jonathan, Moses' grandson, their tribal priest instead of the Levite, and through the descendants of Jonathan the priesthood was transmitted in the tribe of Dan.他のアカウントによると、ミカは、 " pesel " (心に刻まれた画像)と" massekah " (溶融イメージ) 、および従事する若いレビ人の司祭として、御心に適うの息子として開かれた;しかし、 danites 、 who盗んだのpeselとmassekah 、ジョナサンは、モーゼの孫、彼らの部族の司祭の代わりに、レビ、およびを通じて、聖職に就くのジョナサンの子孫の部族のダンは、伝送されます。 But according to Oort, Wellhausen, Kuenen, Baudissin, and others, it is more probable that the discrepancies in the narrative may be explained on the ground of interpolations (compare and , which always follow and ).しかし、オールトによると、ヴェルハウゼン、キューネン、 baudissin 、およびその他、それは他の予想は、物語の違いは、地面の上に説明がありますinterpolations (比較した上で、これは常に従うと) 。 The story itself is unique in that it describes a cult and a priesthood which are nowhere else found in the Old Testament.その話自体が際立っているのカルト教団の説明と聖職に就くことが発見された他のどこ旧約聖書です。 This fact itself points to an early date of composition.このような事実そのものを指しての早期この評価を組成します。

As two dates are given in the text, xviii.として与えられた2つの日付が表示されたテキストは、 18です。 30 and 31, the question arises which of these two statements is the original-that is, the earlier-one. 30日と31日、問題が発生したが、これらの2つのステートメントは、元の-それは、以前のバージョンの1つです。 The first statement, xviii.の最初の声明で、 18です。 30, points to the time of the fall of Ephraim (722 BC), or at least to that of the deportation of the northern and eastern inhabitants of the country (735 BC); the second, to a time near the beginning of the royal house of Israel, as the destruction of the Temple of Shiloh probably occurred during the Philistine wars, in which the priestly house of Eli, officiating at Shiloh, perished. 30日、ポイントの秋にして時間をエフライム(紀元前722 ) 、または少なくとも国外追放にしている北部と東部の住民たちは、その国(紀元前735 ) ;の2番目は、時間の冒頭付近にして、ロイヤルハウスオブイスラエル、日本、同寺を破壊するとして、おそらくシロウォーズ発生してペリシテされるのは、聖職者の家のイーライ、シロ司会で、亡くなりました。 The first statement, also, originated at a time that had become remote to later generations, as is shown by the fact that the ascription of these deeds to a grandson of Moses caused offense to the people, and a copyist tried to remove it by interpolating aの最初の声明で、また、一度に起源をへていたリモートの世代になると同じように、神をたたえる示されている事実は、これらの行為をして罪を孫のムーサーの人々が原因、とする試みを削除するには筆耕を補間1つの in so as to change the name to (this has recently been denied by Sinker).での名前を変更するように(これは最近シンカー拒否されました) 。

The second appendix, xix.-xxi., in its main text, which can now hardly be determined with certainty, might similarly be traced back to an ancient story, as is indicated by expressions similar to those found in the first appendix; eg, the Levite sojourning as a stranger in the country (xix. 1). 2番目の付録、 xix. - xxi 。 、その主なテキスト、これはほとんどが決定できるようになりました。確信を持って、同様にさかのぼるかもしれないが、古代の物語は、表現には示されて発見された最初のに似ている付録;例えば、見知らぬ人のレビsojourningとしてその国( xix. 1 ) 。 The formula common to both appendixes, "in those days there was no king in Israel, but every man did that which was right in his own eyes" (xvii. 6, xxi. 25; comp. xviii. 1, xix. 1), perhaps also indicates that the original text was composed before the Exile; although it is possible that in the second appendix it is a later addition, or was introduced by the author in imitation of the first appendix.付録の数式の両方に共通し、 "日中ではこれらの王はイスラエルはなかったが、そういったことをすべての人は、自分自身の目は正しかった" ( xvii. 6 、 xxi 。 25 ;のCOMPです。 18 。 1 、 19 。 1 ) 、おそらくを示しても、元のテキストは、構成の前に亡命;ことも可能ですして、後のことは2番目の付録に加え、またはが導入された著者は模倣の最初の付録です。 For the story as a whole dates from a very late period, since there is evidence that it is based on the Priestly Code.全体としての物語を非常に遅くからお試し期間中、以降には証拠に基づいてのことは聖職者のコードです。 This is especially evident in the fact that the community of Israel is represented as a compact body pronouncing punishment upon Benjamin as with one voice, while elsewhere in Judges every tribe attends to its own affairs.これは特に、コミュニティという事実を明らかにイスラエルの発音は罰として表現され、コンパクトなボディにベンジャミンと同じように1つの声、すべての部族間の別の場所で裁判官に出席し、独自の担当です。 The fact that all the personages named, with the exception of Aaron's grandson Phinehas in xx.という事実のすべての人物の名前を除いて、アーロンの孫でXXフィニアスです。 28, are anonymous indicates that this is a piece of fiction and not a historical narrative. 28日、匿名を示しては、これはフィクションではなく、一つの歴史的な物語です。 The story may have some historical foundation; for Hosea (x. 9), speaking of course quite independently of this story, also mentions the sin of Israel since the days of Gibeah.歴史的な基盤がいくつかの物語があります;をホセア書( Xの9 ) 、非常に独立したコースといえばこの物語は、イスラエルの罪にも言及して以来、日中のギベアです。 Nor is it impossible that the story, as Nöldeke was the first to assume, describes the ruin of Benjamin by the war between David and Saul's son and the insurrections under David.不可能なこともなければ物語では、 nöldekeは、最初に想定として、ベンジャミン説明して台無しにされたのダビデとサウルの息子の間の戦争と反乱されて、デビッドです。

§ IV. § Ⅳ 。 Combination and Revision of The Sources:組み合わせとリビジョンのソース:

Additions by Deuteronomist. deuteronomist追加されています。

The earlier Book of Judges, a compilation of the stories of the five Great Judges together with the additions of the redactor, was practically Judges in its present form, with the exception of the Deuteronomistic framework (together with the story of Othniel), the six Minor Judges, and some later revised additions.裁判官、以前の予約は、コンパイルの、 5つのストーリーは、裁判官と一緒に大きなredactorの追加を、裁判官は、実質的には現在のフォームを除いては、 deuteronomisticフレームワーク( othnielの物語と一緒に) 、 6マイナー裁判官、およびいくつかの改正へ追加します。 The Deuteronomistic editor added to the earlier book the following passages; namely, ii. deuteronomisticエディタに追加されましたし、以前の予約は、次の通路;すなわち、 Ⅱ 。 6-9 and iii. 6-9と3世です。 7-11 (the account of Othniel being taken from Josh. xv. 17), all the additions by which he adapted the old material to his conception of history, and the strictly chronological arrangement taken from I Kings vi. 7-11 ( othnielのアカウントをとられるよりジョシュします。 15 。 17 )は、すべての適応追加され、古い資料を彼は彼の概念の歴史を、厳密に年代順の配列から私の王Ⅵ 。 1, the 480 years being divided by him into 12x40 years or generations, 20, 40, or 80 years respectively being assigned to each of the judges. 1日、 480年で割った値が彼を12x40歳以上の世代、 20 、 40 、または80年間、それぞれがそれぞれの裁判官に割り当てられている。 This Deuteronomistic arrangement was again supplemented by an editor following the Priestly Code, who partly revised the work, inserted passages of his own (viii. 29-31 and x. 17, 18), and added the portions relating to the five Minor Judges (x. 2-5 and xii. 8-15), in order to round out the number of the twelve judges.この取り決めは再びdeuteronomistic次のように補足された聖職者のコードエディタ、 who部分改正の仕事は、自分自身の挿入の通路( viii. Xで29-31と17日、 18 ) 、および関連しての5つの部分が追加されましたマイナー裁判官( Xで2-5と12です。 8-15 )は、ラウンドのためにしては、 12裁判官の数です。 This last-named portion has been skilfully harmonized with the chronological arrangement of the Deuteronomistic editor; for the sum of the years of office of the five Minor Judges (23 + 22 + 7 + 10 + 8 = 70) is practically equal to that of the years of oppression under the five Great Judges (8 + 18 + 20 + 7 + 18 = 71).最終更新され、この名前の部分の配置を巧みに調和deuteronomisticエディタの年代;は、事務所の合計の年間のマイナーの5つの審査員( 23 + 22 + 7 + 10 + 8 = 70 )が実質的に等しい抑圧され、年間の裁判官の5つの大( 8 + 18 + 20 + 7 + 18 = 71 ) 。 The last editor, finally, added to iii.の最後のエディタで、最後に、追加されましたⅢ 。 31 the personage of Shamgar (from the Song of Deborah, v. 6) because at his time the judgeship of Abimelech caused offense, and the editor wished to remove Abimelech without disturbing the number of the judges. 31のお方のshamgar (デボラの歌から、 v. 6 )裁判官の地位のために自分の時間をabimelech攻撃が原因、とエディタabimelechなく削除を希望して審査員の数が気掛かりです。

§ V. Age of the Sources: § v.年齢のソース:

Story of Samson.サムソンの物語です。

The sources from which the material for the various heroic stories was taken are in part very old, the Song of Deborah having originated as early as the time of the Judges.These old sources, however, were committed to writing a considerable time after the date of the events which they narrate.のソースからは、様々な英雄物語の資料を部分的には非常に古い、この曲のデボラが発祥の時間を、早ければ旧judges.theseによると、しかし、かなりの時間がコミットをした後、日付を書く彼らのイベントを物語る。 Samson certainly lived a long time before the account of his life was written down, because it has a very evident admixture of mythic elements, as, for instance, his heroic deeds and the virtue ascribed to his hair.サムソン確かに長い時間の前に住んで彼の人生のアカウントが書かダウン、それには、非常に明白mythic混和剤の要素として、例えば、彼の英雄的行為と生得的に彼の髪の美徳。 His deeds remind one of the deeds of Hercules, and his name ( = "the sunny") shows a resemblance in attributes to the Phenician sun-god Melkart, the prototype of the Greek Herakles.彼の行為を思い出させるのヘラクレスのいずれかの行為をし、彼の名前( = "時々晴れ" )似ていることを示してphenician太陽の神の属性をmelkart 、ギリシャ語のプロトタイプをheraklesです。 Although the story of Samson may be based on historical fact, it must be noted that Samson's deeds differ from those of the other warrior judges in that these latter are "saviors of their tribe" while Samson fights with the Philistines on his own account.サムソン年5月の物語は、歴史的事実に基づいて、指摘しなければならない。サムソンの行為者が異なるが、他の戦士裁判官は、これらの後者は"神の部族"サムソン戦いながら、自分自身のアカウントをphilistines 。 Hence the compilation of the stories of the five Great Judges must be dated soon after the division of the kingdom.それゆえ、コンパイルの大きな裁判官の話をしなければならないの5つの日付部が実施して間もなく、王国です。 Single passages, like the basis of ch. 1つの通路のように、あなたの基盤です。 xvii. 17 。 and xviii., may be much older.と18 。 、 5月もはるかに古い。 The editor who combined his own additions with the book containing the stories, producing thereby the earlier Book of Judges, probably wrote in the last decades of the kingdom of Israel.エディタwho複合彼自身のストーリーを含むで書籍の追加、生産が、以前の予約の裁判官、おそらく書いたの王国の最後の数十年に及ぶイスラエルのです。 The Deuteronomistic edition was undertaken during the Exile, at which time the other additions were probably also incorporated. deuteronomistic版は、実施中の亡命者は、その時に、他の追加は、おそらくも組み込まれています。 The two appendixes were added very much later, as appears not only from the date of composition of the second appendix (xix.-xxi.), but also from the fact that the Deuteronomistic revision, which may be traced throughout the Book of Judges down to ch.非常に2つの付録が追加されました後、として表示されるだけの組成をした日から2番目の付録( xix. - xxi 。 )だけでなく、 deuteronomisticリビジョンという事実から、追跡される可能性が本全体に裁判官ダウンをあなたのです。 xvi., did not include the two appendixes. 16 。 、 2つの付録は含まれていない。 Had they been added earlier, moreover, they would have been inserted in a different place, namely, in the beginning, where they belong, according to the dates mentioned in them (xviii. 30 and xx. 28).彼らが追加されましたこれに先立って、また、かれらは、別の場所に挿入されている、すなわち、当初は、どこに属して、それらによると、日程に記載され(イグゼクスxviii. 30とします。 28 ) 。 Although these references to the time may be glosses, they can not have been added after the book was completed.これらの時間5月に注釈を参照して、彼らの後にすることはできませんが追加されました予約が完了します。

§ VI. § Ⅵ 。 Literary Characteristics:文学的特徴:

As a result of difference in sources originating at different times, the book has no literary unity.結果として元のソースの違いで別の時代には、文学の結束予約がない。 Side by side with the stereotyped formulas, which reveal the historical point of view of the compiler of the earlier Book of Judges (iii. 7, vi. 1; iii. 12, iv. 1, x. 6, xiii. 1; iv. 2, 9, x. 7), and the passages added in the spirit of these formulas, there are stories popular in character, to which have been added snatches of old folk-poetry, old proverbs, descriptions of popular customs, popular etymologies, and other characteristics of naive popular composition.数式の紋切り型と並んで、これを明らかにする歴史的視点から、以前の予約は、コンパイラの裁判官( iii. 7日、 Ⅵ 。 1 ; Ⅲ 。 12日、 Ⅳ 。 1 、 Xの6 、 13 。 1 ;四です。 2 、 9日、 Xの7 ) 、および、通路に追加されたこれらの数式の精神を、ストーリーに人気が文字には、断片的に追加されてきた古民俗-詩、古い諺は、人気の税関の説明を、人気の起源、およびその他の特性の無邪気な人気の組成します。 The mythological elements, which are especially predominant in the story of Samson, are also derived from popular beliefs.神話の要素は、これは特にサムソンの物語優勢で、にも人気の信念から派生した。 Yet the historical narrative, in spite of various legendary additions, is on the whole true to fact, as appears from the frankness with which religious and moral conditions, widely differing from later customs, are discussed.しかし、歴史的な物語は、様々な伝説追加さにもかかわらず、全体をtrueには、実際には、率直にどのとして表示されますから、宗教と道徳的な条件は、大きく異なるからへ税関は、議論します。

Emil G. Hirsch, Victor Ryssel g.エミールハーシュ、ビクターryssel

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Commentaries: GL Studer, Das Buch der Richter, 2d ed.論評: glシュトゥーダー、 dasブーフderリヒター、 2次元エドです。 1842; J. Bachmann, Das Buch der Richter, mit Besonderer Rücksicht auf die Gesch. 1842 ; j.バッハマン、 dasブーフderリヒター大学、マサチューセッツ工科大学、 besonderer rücksicht auf死ぬgesch 。 Seiner Auslegung und Kirchlichen Verwendung Erklärt, vol.地引き網漁師auslegung und kirchlichen verwendung erklärt 、 !です。 i., ch. i. 、あなたのです。 i.-v., 1868-1869; E. Bertheau, Das Buch der Richter und Ruth, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch, 1845, 1883; P. Cassel, in Lange's Theologisch-Homiletisches Bibelwerk. i.-v. 、 1868-1869 ; e. bertheau 、 dasブーフderリヒターundルースは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch 、 1845 、 1883 ; p.カッセルは、ランゲのtheologisch - homiletisches bibelwerkです。 2d ed.二次元エドです。 1887; CF Keil, Josua, Richter, Ruth, in Biblischer Kommentar, 2d ed. 1887 ;継続前誌keil 、ジョシュア、リヒター、ルースは、 biblischer kommentar 、 2次元エドです。 1874; S. Oettli, Das Deuteronomium und die Bücher Josua und Richter, in Strack and Zöckler, Kurzgefasster Kommentar, 1893; GF Moore, A Critical and Exegetical Commentary on Judges, in The International Critical Commentary, 1895; K. Budde, Das Buch der Richter, in KHC 1897; W. Nowack, Richter und Ruth, in Nowack's Hand-Kommentar, 1900. 1874 ; s. oettli 、ジョシュアund das deuteronomium und死ぬbücherリヒターは、シュトラックとzöckler 、 kurzgefasster kommentar 、 1893 ; gfのムーア、と解釈上の重要な裁判官は、国際批判的論評、 1895 ; k.バッド、 dasブーフderリヒターは、道路公社1897 ;ワットノバック、リヒターundルースは、ノバックの手- kommentar 、 1900 。 Criticism of Sources: Th.批判のソース:回です。 Nöldeke, Untersuchungen zur Kritik des AT 1869, pp. nöldeke 、 untersuchungen zur kritikデは1869年、 pp 。 173-198; J. Wellhausen, in Bleek's Einleitung, 4th ed. 173から198まで; j.ヴェルハウゼンは、 bleekのeinleitung 、第4エド。 1878, pp. 1878 、 pp 。 181-205; idem, Prolegomena zur Gesch. 181〜205 ;同じ、 prolegomenonの複数zur gesch 。 Israels, 4th ed.イズリールス、第4エド。 1895, pp. 1895 、 pp 。 229-247; B. Stade, in Stade's Zeitschrift, 1881, i.二百二十九〜二百四十七; b.シュターデは、シュターデのzeitschrift 、 1881 、 i. 339-343; SR Driver, in JQR 1889, i.三百三十九〜三百四十三; srドライバは、 jqr 1889 、 i. 258-270; K. Budde, Die Bücher Richter und Samuel, Ihre Quellen und lhr Aufbau, 1890, pp.二五八から二七〇まで; k.バッド、死ぬbücherリヒターundサミュエル、イーレquellen und lhr組立、 1890 、 pp 。 1-166; Rudolph Kittel, Die, Pentateuchischen Urkunden in den Büchern Richter und Samuel, in Theologische Studrien und Kritiken, 1892, pp.一〜百六十六;ルドルフキッテル、ダイ、 pentateuchischen urkundenのデンbüchernリヒターundサミュエルは、 theologische studrien und kritiken 、 1892 、 pp 。 44-71; G. Kalkoff, Zur Quellenkritik des Richterbuches (Gymnasial-Programm), Aschersleben, 1893; W. Frankenberg, Die Composition des Deuteronomischen Richterbuches (Richter ii. 2-xvi.) Nebst einer Kritik von Richter xvii-xxi. 44〜71 ; g. kalkoff 、 zur quellenkritikデrichterbuches ( gymnasial -プログラム) 、アッシェルスレーベン、 1893 ;ワットフランケンベルグ、死ぬ組成デdeuteronomischen richterbuches (リヒターⅡ 。 2 - 16 。 ) nebst kritikフォンリヒターのeiner 17 - xxi 。 1895; G. Moore, Judges, in Cheyne and Black, Encyc. 1895 ; g.ムーア、裁判官は、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl.; H. Winckler, Alttestamentliche Untersuchungen, 1892, pp. bibl 。 ;笠原ウィンクラー、 alttestamentliche untersuchungen 、 1892 、 pp 。 55-59 (on Judges iii. 12-31), and 42 et seq., 93 (on vi.-ix.); and the following articles in Stade's Zeitschrift: Ed. 55-59 (上裁判官Ⅲ 。 12月31日) 、および42頁以降を参照。 、 93 (上vi.-ix. ) ;とは、次の記事をシュターデのzeitschrift :エドです。 Meyer, in i.マイヤーは、 i. 117 et seq., B. Stade, in i. 117頁以降を参照。 、 b.シュターデは、 i. 146 et seq., and K. Budde, in vii. 146頁以降を参照。 、およびk.バッドは、 Ⅶ 。 93-166 and in viii.九十三から百六十六までとⅧ 。 148, on Judges i. 148は、裁判官i. 1-ii. 1 - Ⅱ 。 5; W. Böhme, in v. 86, 251 et seq. 5 ;ワットböhmeは、 v. 86 、 251頁以降を参照。 on Judges vi.-ix.; B. Stade, in iv.上裁判官vi.-ix. ; b.シュターデは、 Ⅳ 。 250-256, and W. Böhme, in v. 251-274, on Judges xiii.二五〇 〜二五六、およびワットböhmeは、 v.二五一〜二七四は、裁判官13 。 et seq.; K. Budde, in viii.頁以降を参照。 ; k.バッドは、 Ⅷ 。 285-300 on Judges xvii-xxi.; W. Böhme, in v. 30-36 on Judges xxi.; Güdemann, in Monatsschrift, xviii.裁判官17 - xxi二八五から三〇 〇をします。 ;ワットböhmeは、裁判官v. 30-36でxxi 。 ; güdemannは、 monatsschrift 、 18です。 357 et seq. 357頁以降を参照。 Criticism of Texts and Translations: OF Fritzsche, Liber Judicum Secundum LXX Interpretes, 1867; A. van Doorninck, Bijdrage tot de Tekstkritick van Richteren i.-xvi.テキストとの批判を翻訳:のフリッチェ、独立した安全judicum interpretes 70 、 1867 ; a.ヴァンdoorninck 、 bijdrage合計デtekstkritickヴァンrichteren i. - 16です。 1879; P. de Lagarde, Septuaginta-Studien, 1892, pp. 1879 ; P.デラガルド、 septuaginta - studien 、 1892 、 pp 。 1-72 (Abhandlungen der K. Gesellschaft der Wissenschaften zu Göttingen, 1891, xxxvii.); A. Mez, Die Bibel des Josephus, 1895.一から七二( abhandlungen der k.社会der wissenschaften zuゲッティンゲン、 1891 、 37 。 ) ; a. mez 、死ぬbibelデヨセフス、 1895 。

On the historical substance of the book see bibliography to Judges, Period of; and on the mythological elements of the story of Samson see F. Schwally, Semitische Kriegsaltertümer: I. Der Heilige Krieg im Alten Israel, 1901.この本を参照し、歴史的な物質の構造を裁判官に、期間、および上の神話の要素を参照し女性の物語サムソンschwally 、 semitische kriegsaltertümer : i. der heiligeクリーグイムアルテン、イスラエル、 1901 。 For the Song of Deborah: J. Marquart, Fundamente Israelitischer und Jüdischer Gesch.この歌のデボラ等: J. marquart 、 fundamente israelitischer und jüdischer gesch 。 1896, pp. 1896年、 pp 。 1-10; GA Cooke, The History and Song of Deborah, 1896; C. Bruston, Le Cantique de Debora, 1901; 1-10 ;ジョージアクック、デボラの歌の歴史や、 1896 ; c. bruston 、ルcantiqueデデボラ、 1901 ;

and the bibliography to Deborah, The Song of.デボラの構造を、その歌のです。 Text: edition GF Moore, in SBOTEGHV Ry.本文:盤gfのムーアは、 sboteghv - 1090です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです