Book of Judith予約のジュディス

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合情報

A book of the Old Testament in versions of the Bible based on the Greek Septuagint, Judith is included with the Apocrypha in the Authorized and Revised Standard versions; it does not appear at all in the Hebrew Bible.本バージョンで、旧約聖書のギリシャ語セプトゥアギンタ聖書に基づいて、ジュディスは外典に含まれている標準のバージョンは、認可を改正することですべてが表示されない場合は、ヘブライ語聖書です。 The work of an unknown author, the book is a fictitious account of the deliverance of Israel from a foreign army by Judith, the devout and beautiful heroine who first beguiled and then beheaded the Assyrian commander Holofernes.不明な著者の仕事を、この本は、架空のアカウントは、外国人からのイスラエル軍の救出をジュディスは、敬けんな、美しいヒロインwho最初に欺か司令官は、アッシリアと入力し、斬首holofernesです。 The book is dated to the Maccabean period in the 2d century BC.この本は、日付をmaccabean期間は、 2次元の世紀です。

Although the besieged city of Bethulia is described as being in Samaria, Samaritans are curiously unmentioned.市は、包囲さbethuliaに記載されてサマリア、サマリア人は、好奇心に駆られていない。 Deliberate anachronisms, such as calling the Babylonian king Nebuchadnezzar "king of the Assyrians," were probably intended to signal readers that Judith is not exact history but a call to celebrate recent victories of the Maccabees and to inspire further resistance to Hellenizing enemies.故意の時代遅れのような呼び出してバビロニアネブカドネザル王"キングオブザassyrians 、 "読者は、おそらく信号を目的としジュディスではないが正確な歴史ではなく、最近の勝利のコールを祝って、より詳細なmaccabeesを刺激すると敵に抵抗するhellenizingです。 The ritual scrupulosity of the heroine suggests an early pharisaic origin for the book.ヒロインの儀式克明に起源を示唆pharisaic早期予約します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
T Craven, Artistry and Faith in the Book of Judith (1983).トンクレイブン、芸術と信仰は、予約のジュディス( 1983 ) 。


Book of Judith予約のジュディス

General Information 総合情報

Judith is the fourth book of the Old Testament Apocrypha in those versions of the Bible following the Greek Septuagint (generally Roman Catholic and Orthodox versions).ジュディスは、旧約聖書の4番目の本ではこれらのバージョンの聖書外典、ギリシャの次のセプトゥアギンタ(通常はローマカトリックと正統派のバージョン)です。 Judith is included with the Apocrypha in the King James Version; it does not appear in the Hebrew Bible.ジュディスが含まれている外典は、キングジェームズバージョンのものではありません、ヘブライ語聖書に表示されます。 The work of an unknown author, the book falls into two roughly equal parts.不明な著者の仕事を、この本の滝を2つの部品ほぼ同じです。 In the first part (chapters 1-7), King Nebuchadnezzar, "who reigned over the Assyrians in the great city of Nineveh" (Judith 1:1), sends his general Holofernes to punish the western nations because they have refused to join him in a war against Media.での最初の部分(章1-7 ) 、ネブカドネザル王、 " who在位するニネベassyrians 、偉大な都市" (ジュディス1:1 ) 、彼の全般holofernesを送信する西側諸国を処罰するため、彼らは彼に参加を拒否してメディアとの戦争に反対します。 Holofernes marches against them, and all except the Israelites submit. holofernes行進反対し、イスラエルを除いてすべてを提出します。 At this point in the narrative Achior, leader of the Ammonites, warns Holofernes that God will defend the Israelites so long as they remain faithful.この時点では、物語のachior 、指導者のammonites 、警告holofernesに神はイスラエルを擁護する限り、彼ら貞操を守るためです。 Holofernes, however, disregarding the warning, surrounds the Israelites in the ancient Palestinian town of Bethulia, near Jerusalem. holofernes 、しかし、この警告を無視、周囲には古代イスラエルは、パレスチナ人の町bethulia 、エルサレムの近くです。

In the second part of the book (chapters 8-16), the pious and beautiful widow Judith (Hebrew, "Jewess") volunteers to deliver the Israelites after rebuking them for losing faith in God when under siege.この本で2番目の部分(章8-16 )は、信心深いと美しい未亡人ジュディス(ヘブライ語、 "ユダヤ女性" )のボランティアを提供した後、イスラエルの神信仰を戒めてそれらを失うときに包囲されています。 She goes to the Assyrian camp, pretending to be an informer against her people, and charms Holofernes, who invites her to a banquet in his tent.キャンプでは、アッシリアを彼女は、彼女のふりをすることで、人々に対する情報提供者、および魅力holofernes 、 whoパーティに招待して彼女の彼のテントです。 At the banquet, Holofernes becomes drunk and falls asleep.は、パーティ、 holofernesが酔って眠っているとの滝です。 Judith seizes a sword, beheads him, wraps the severed head in a bag, and returns with it to her people.ジュディス刀を押収、 beheads彼は、ラップして切断された頭部を袋に詰めて戻り値をして彼女の人々です。 The jubilant Israelites then attack the leaderless Assyrians, who flee in panic.イスラエルを攻撃するの歓喜の大指揮者のassyrians 、 who逃げるが真っ白になっています。 Judith leads the people in a song of celebration and praise, and then all go to Jerusalem to offer thanksgiving.ジュディスをリードしての人々に、お祝いの歌と称賛する、と入力し、エルサレムを提供するすべてのトップに感謝します。

Most modern scholars recognize that Judith is a historical romance written for didactic purposes.最も近代的学者と認識しては、歴史的なロマンスジュディス教則目的のために書かれた。 The author appears to have deliberately ignored historical fact in order to focus attention exclusively on the religious message.の著者が表示さには歴史的事実を故意に無視されるだけに注意を集中するために、宗教的なメッセージを表示します。 Nebuchadnezzar II, for example, was king of Babylon, but he was never styled "king of Assyria," nor did he have his capital at the Assyrian capital Nineveh, which was destroyed in 612BC by his father, Nabopolassar.ネブカドネザル2世、たとえば、キングオブバビロンが、しかし彼は決してスタイルの"キングオブアッシリア、 "また彼は彼の資本金は、アッシリアの首都ニネベ、これは彼の父親で破壊さ612bcされ、ナボポラッサルです。 Indeed, any participation by the historical Nebuchadnezzar in the story of Judith is a chronological impossibility: Nebuchadnezzar died in 562BC, while the action of Judith is said to take place after the end of the Babylonian Captivity in 538 (4:3; 5:19).確かに、任意に参加された歴史的なネブカドネザル王の物語は、ジュディスは、年代順に不可能なこと:ネブカドネザル562bc死亡した、と述べたが、アクションのジュディスは場所を取るの終わりにした後に、バビロン捕囚538 ( 4:3 ; 5:19 ) 。 The geography of Judith is similarly open to question.地理学を問うジュディスは、同様にオープンします。 The itinerary of Holofernes and his army (2:21-28) is geographically impossible, and the site of Bethulia - the town around which the action revolves - resists identification, despite the presence of topographical details in the text that should fix its location with precision.旅行holofernesと彼の軍隊( 2:21-28 )は、地理的に不可能だ、とのサイトのbethulia -周りの町は、アクションを訴える-抵抗の身分証明書、にもかかわらず、地形の存在を詳細には、テキストにはその場所を修正高精度です。

Judith betrays affinities with Ezekiel and Joel, as well as with Daniel and other apocalyptic writings.エゼキエルとジョエルアフィニティを裏切っジュディスだけでなく、終末論的にダニエルと他の作品を紹介します。 Both the apocalyptic element in the book and certain details of the narrative suggest that it dates from the period of the Maccabees.その本の両方の終末論的要素と、特定の物語の詳細を示唆してからの期間の日程のことmaccabeesです。 Nebuchadnezzar, for example, is said to have wanted "to destroy all local gods so that the nations should worship Nebuchadnezzar alone and people of every language and nationality should hail him as a god" (3:8).ネブカドネザル、たとえば、とも言われて指名手配"を破壊するすべてのローカルの神々を崇拝して、国はネブカドネザルだけで、人々のすべての言語や国籍は、神は彼を歓迎する" (午前3時08分) 。 Yet it was the Seleucids, not the Assyrians or Babylonians, whose kings first insisted on divine honors.それは、まだありませんseleucidsではなく、 assyriansまたはbabylonians 、その最初の王神の栄光を主張しています。 In that case, "Nebuchadnezzar" might represent Antiochus IV, while "Holofernes" may stand for his general Nicanor, "Assyrians" for the Seleucid Syrians, and "Nineveh" for Antiochus's capital Antioch.その場合には、 "ネブカドネザル王"を表すかもしれないアンティオコス4世、 " holofernes "彼のスタンド全般ニカノール年5月、 " assyrians "は、セレウコス王朝のシリア人、および"ニネベ"アンティオコスの首都アンティオキアです。 This interpretation is supported by the existence of a Hebrew Midrash that tells the story of Judith in an abbreviated form, explicitly assigning it to the period of Seleucid oppression.この解釈は、ヘブライ語でサポートされミドラーシュが存在することを指示します。ジュディスの物語は、短縮形は、明示的に割り当てるセレウコス王朝の時代、それを抑圧します。


Ju'dith ju'dith

Advanced Information 高度情報

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Judith予約のジュディス

Catholic Information カトリックの情報

HISTORY履歴

Nabuchodonosor, King of Nineveh, sends his general Holofernes to subdue the Jews. nabuchodonosor 、キングオブニネベ、彼の全般holofernesを送信するユダヤ人を征服する。 The latter besieges them in Bethulia, a city on the southern verge of the Plain of Esdrelon.後者のbesiegesしてbethulia市の南の平原esdrelon目前にしています。 Achior, the Ammonite, who speaks in defense of the Jews, is maltreated by him and sent into the besieged city to await his punishment when Holofernes shall have taken it. achiorは、アンモナイト、 who話すの防衛は、ユダヤ人は、虐待され、包囲市に送られる彼と彼の処罰を待つ者は撮影時にholofernesしてください。 Famine undermines the courage of the besieged and they contemplate surrender, but Judith, a widow, upbraids them and says that she will deliver the city.飢饉損なう包囲する勇気を沈思黙考すると彼らに降伏、しかし、ジュディスは、未亡人、 upbraidsし、市によると、彼女は配信します。 She goes into the camp of the Assyrians and captivates Holofernes by her beauty, and finally takes advantage of the general's intoxication to cut off his head.彼女はキャンプをassyriansとcaptivates holofernesされ、彼女の美しさ、そして最後に中毒を活用全般の彼の頭を遮断する。 She returns inviolate to the city with his head as a trophy, and a sally on the part of the Jews results in the rout of the Assyrians.戻り値を、街中が破られていない彼女は彼の頭のトロフィーとして、サリーを検索すると、ユダヤ人の結果を部分の方がましassyriansです。 The book closes with a hymn to the Almighty by Judith to celebrate her victory.この本で展示され、賛美歌にして偉力ならびなきジュディス彼女の勝利を祝っています。

THE TEXTテキスト

The book exists in distinct Greek and Latin versions, of which the former contains at least eighty-four verses more than the later.この本ではっきりとギリシャ語とラテン語のバージョンが存在する場合、そのうちの元には、少なくとも84以上の詩へ。 St. Jerome (Praef. in Lib.) says that he translated it from the Chaldaic in one night, "magis sensum e sensu, quam ex verbo verbum transferens" (aiming at giving sense for sense rather than adhering closely to the wording).聖ジェローム( praef.にlibにコピーします。 )によると、彼の翻訳chaldaicことを確認して1つの部屋、 "より多くのメールsensum意味、いかにtransferens verbum語の例" (目指して感覚を与える意味ではなく、密接に付着して言葉遣い) 。 He adds that his codices differed much, and that he expresses in Latin only what he could clearly understand of the Chaldaic.彼はまた、彼の多くのCODEC異なっており、その表現で彼はラテン語のみを明確に理解するのに何ができるのchaldaicです。

Two Hebrew versions are known at present, a long one practically identical with the Greek text, and a short one which is entirely different; we shall return to the latter when discussing the origin of the book. 2つのヘブライ語のバージョンが知られ、現在は、実質的に同じで、ギリシャの長い1つのテキスト、および1つは全く別の短い;私たちは後者のときに戻って議論して、書籍の起源です。 The Chaldaic, from which St. Jerome made our present Vulgate version, is not recoverable unless it be identified with the longer Hebrew version mentioned above.のchaldaic 、私たちの現在の聖ジェロームはウルガタ聖書のバージョンではないことが発見されない限り、回復可能性が長く上述のヘブライ語版です。 If this be the case we can gauge the value of St. Jerome's work by comparing the Vulgate with the Greek text.もしこのようなことに私たちの場合は、ゲージの聖ジェロームの仕事の価値を比較し、ウルガタ聖書のギリシャ語のテキストです。 We at once find that St. Jerome did not exaggerate when he said that he made his translation hurriedly.私たちを一度に見つけること聖ジェローム誇張しなかったときに彼によると、彼は急いで彼の翻訳です。 Thus a comparison between vi, 11, and viii, 9 shows us a certain confusion relative to the names of the elders of Bethulia -- a confusion which does not exist in the Septuagint, where also x, 6, should be compared.そのための比較を六、 11 、およびviii 、 9示して相対的に問い合わせ、特定の混乱の年長者の名前をbethulia -に混乱をするには存在しませんセプトゥアギンタ、ここでもx 、 6 、比較すべきである。 Again in iv, 5, the high priest is Eliachim, which name is later changed into Joachim (xv, 9) -- an allowable change but somewhat misleading: the Septuagint is consistent in using the form Joachim.に再び4 、 5 、大祭司がeliachim 、これの名前は変更さへヨアヒム( 15 、 9 ) -の許容しかし、多少誤解を招くように変更:セプトゥアギンタが整合性の取れたヨアヒムのフォームを使用しています。 Some of the historical statements in the Septuagint directly conflict with those of the Vulgate; for example, the thirteenth year (Vulgate) of Nabuchodonosor becomes the eighteenth in the Septuagint, which also adds a long address of the king to Holofernes.いくつかの歴史的なステートメントは、セプトゥアギンタ直接競合し、それらのウルガタ聖書の、例えば、 13年(流布本)が、 18 nabuchodonosorは、セプトゥアギンタ、これも長いアドレスを追加するには、王のholofernesです。 St. Jerome has also frequently condensed the original-always on the supposition that the Septuagint and the longer Hebrew version do really represent the original.聖ジェロームにも頻繁に凝縮、元の-常にオンにすると仮定して、長くセプトゥアギンタやヘブライ語版は本当に代表して元のです。

To give but one instance:しかし、 1つのインスタンスを与える:

Septuagint (2:27): "And he came down into the plain of Damascus at the time of the wheat harvest, and burnt up all their fields, their flocks and their herds he delivered to destruction, their cities he ravaged, and the fruits of their fertile plains he scattered like chaff, and he struck all their young men with the edge of the sword."セプトゥアギンタ( 2:27 ) : "と彼がダウンする時点で、ダマスカスの平原は、小麦の収穫、およびすべてのフィールドを焼き、彼らの群れとその群れの破壊に配信さ彼は、自分たちの都市彼は荒廃した、との果実彼の肥沃な平野に散在のもみ殻のような、と彼はすべての若い男性を襲ったの端には、剣。 "

Vulgate (2:17): "And after these things he went down into the plains in the days of the harvest, and he set all the corn on fire, and he caused all the trees and vineyards to be cut down."ウルガタ聖書( 2:17 ) : "と彼はダウンした後、これらのものは、日間の平野を収穫し、トウモロコシに火を付ける彼のすべての設定、および彼のすべての原因とされる木やブドウ畑を減らす。 "

With regard to the Septuagint version of the Book of Judith it should be noted that it has come down to us in two recensions: Codex B or Vaticanus on the one hand, and Codex Alexandrinus with Codex Sinaiticus on the other.に関しては、以下のセプトゥアギンタのバージョンの予約のジュディスことに注意して先に降りてくることが2つのrecensions :コーデックスBまたはvaticanusは、他方、およびコーデックスアレクサンドリア写本にCodex sinaiticus上、他のです。

HISTORICITY史実

Catholics with very few exceptions accept the book of Judith as a narrative of facts, not as an allegory.カトリック教徒が非常に少数の例外を除い同意して予約のジュディス物語の事実としてではなく、寓意としてします。 Even Jahn considers that the genealogy of Judith is inexplicable on the hypothesis that the story is a mere fiction ("Introductio", Vienna, 1814, p. 461).ヤーンも考慮しては不可解な家系のジュディスという仮説に基づいて、物語は単なるフィクション( " introductio " 、ウィーン、 1814 、 p. 461 ) 。 Why carry out the genealogy of a fictitious person through fifteen generations?なぜ系譜を遂行するのは、架空の人物を通じて15代ですか? The Fathers have ever looked upon the book as historical.まで、父親の顔に、書籍としては歴史的です。 St. Jerome, who excluded Judith from the Canon, nonetheless accepted the person of the valiant woman as historical (Ep. lxv, 1).聖ジェローム、 who除外ジュディスからのキヤノン、それにもかかわらず利用する人の勇敢な女性として歴史的な( ep. 65 、 1 ) 。

Against this traditional view there are, it must be confessed, very serious difficulties, due, as Calmet insists, to the doubtful and disputed condition of the text.この伝統的な対象には、それを告白しなければならない、非常に深刻な困難のため、カルメと主張として、疑わしいとして係争中のテキストの状態です。 The historical and geographical statements in the book, as we now have it, are difficult to understand: thusの歴史的、地理的なステートメントでの予約は、今すぐにそれを私たちは、困難を理解する:このように

Nabuchodonosor was apparently never King of Nineveh, for he came to the throne in 605, whereas Nineveh was destroyed certainly not later than 606, and after that the Assyrians ceased to exist as a people;キングオブニネベnabuchodonosorは決して明らかに、彼が来て王座に605が、ニネベは、 606以降は確かに破壊し、消滅してassyriansした後は、人々が存在するとして;

the allusion in i, 6, to Erioch, King of the Elicians, is suspicious; we are reminded of the Arioch of Gen., xiv, i.ほのめかしで、私は、 6日にerioch 、キングオブザeliciansは、不審な;私たちが思い起こされるのariochのGen 。と、 14 、 i. The Septuagint makes him King of the Elumaens, presumably the Elamites,キングオブザセプトゥアギンタは彼のelumaens 、おそらく、 elamites 、

the character of Nabuchodonosor is hardly that portrayed for us on the monuments: in the India House Inscription, for example, his sentiments are remarkable for the modesty of their tone.の文字が描かnabuchodonosorはほとんど先を検索するための記念碑:碑文は、インドの家、たとえば、彼の感情は、注目すべきは、慎み深さのトーンです。 On the other hand, we must remember that, as Sayce says, the "Assyrian kings were most brazen-faces liars on their monuments";その一方で、しなければならないので注意して、セースは言うとしては、 "アッシリアの王が最もずうずうしい-顔をして虚言の徒のモニュメント" ;

the name Vagao, or the Septuagint Bagoas, for the eunuch of Holofernes is suggestive of the Bagoses, who, according to Josephus (Antiquities, XI, vii, 1), polluted the temple and to whom apparently we have a reference in the recently discovered papyri from Assuan; vagaoの名前か、または、セプトゥアギンタbagoas 、宦官のは、示唆に富むholofernesは、 bagoses 、 whoによると、ヨセフス(古代の遺跡、西、 7 、 1 ) 、汚染の寺と、誰に明らかに私たちは、リファレンスでは最近発見papyrusの複数形からassuan ;

the mixture of Babylonian, Greek, and Persian names in the book should be noted;にして、混合のバビロニア、ギリシャ語、ペルシャ語の名前とその本留意すべきである;

the genealogy of Judith as given in the Vulgate is a medley: that given in the three principal Greek codices is perhaps better but varies in every one.家系のジュディスとして与えられたのは、ウルガタ聖書は、メドレー:与えられたのはギリシャ語の3つの主要な変化のCODECは、おそらくより良いしかし、すべての1つです。 Still it is an historical genealogy, though ill-conserved;まだこれは歴史的な系譜が、病気に保存;

a geographical puzzle is presented by the Vulgate of ii, 12-16; the Septuagint is much superior, and it should be noted that throughout this version, especially in Codex B, we have the most interesting details furnished us (cf. particularly i, 9; ii, 13, 28-9).地理的なパズルが提示されたの流布本の2世、 12-16 ;のセプトゥアギンタが多い上、注意すべき点は、全体と、このバージョンは、特にコーデックスb 、私たちは、最も興味深いの詳細家具問い合わせ( cf.特に私は、 9 ; 2世は、 13日、二八〜九) 。 The Septuagint also gives us information about Achior which is wanting in the Vulgate; it is apparently hinted in vi, 2, 5, that he was an Ephraimite and a mercenary hired by Moad;セプトゥアギンタも与えてくれるのがachior情報を参照するに欠けているの流布本;ことは、明らかに示唆をviで、 2 、 5 、していたとするエフライム族の傭兵に雇われてmoad ;

Bethulia itself is a mystery: according to the Septuagint it was large, had streets and towers (vii, 22, 32), and withstood a long siege at the hands of a vast army. bethulia自体は、ミステリー:それは、大規模によると、セプトゥアギンタていた通りや塔( 7 、 22 、 32 ) 、および長期の包囲を持ちこたえた広大な軍の手にします。 Its position, too, is stated with minuteness; it stood on the edge of the Plain of Esdrelon and guarded the pass to Jerusalem; yet no trace of the existence of such a place is to be found (unless we accept the theory of Conder, "Handbook", 5th ed., p. 239);という立場であることが判明、記載には、微小;ことの端に立って、平野のパスを守ってesdrelonとエルサレム;はまだありませんが存在する形跡がないような場所はされるが見つかりました(しない限り、私たちの理論を受け入れるコンダー、 "ハンドブック" 、第5版です。 、 p. 239 ) ;

the names, Judith (Jewess), Achior (brother of light), and Bethulia (?Bethel, ie ?Jerusalem, or perhaps from the Hebrew meaning "virgin" -- in the shorter Hebrew version Judith is called not "the widow" but "the virgin", ie Bethulia), sound rather like symbolic names than those of historical places or persons;の名前、ジュディス(ユダヤ女性) 、 achior (弟の光) 、およびbethulia (ですか?ベテル、すなわちですか?エルサレムか、あるいはヘブライ語の意味から"ヴァージン" -は、短いヘブライ語版ジュディスと呼ばない"未亡人"だが、 "ヴァージン" 、つまりbethulia ) 、健全なというようなシンボリック名に比べて歴史的な場所や人;

in Judith's speech to Holofernes there is (xi, 12, 15) some apparent confusion between Bethulia and Jerusalem;ジュディスholofernesでの演説をするには(まとめて、 12 、 15 )の間にいくつかの見掛け上の混乱bethuliaとエルサレム;

while the events are referred to the time of Nabuchodonosor, and therefore to the close of the Hebrew monarchy, we seem to have in v, 22, and viii, 18-19, an allusion to the time subsequent to the Restoration; there is no king in Palestine (iv, 5), but only a high priest, Joachim or Eliachim; and in iv, 8; xi, 14; xv, 8 (Sept.), the Sanhedrin is apparently mentioned;が、イベントが言及して時間をnabuchodonosor 、およびそのため、ヘブライ語に近い君主制を、私たちのように見えるにはV電源、 22日、およびviii 、 18-19 、その後の時間に言及して修復して;はありません。国王、パレスチナ( 4 、 5 ) 、高司祭にすぎないことを、ヨアヒムまたはeliachim ;と、 4 、 8 ; xi 、 14 、 15 、 8 ( 9月)は、サンヘドリンは、明らかに言及;

the book has a Persian and even a Greek colouring, as is evidenced by the recurrence of such names as Bagoas and Holofernes.この本には、ペルシャ語、ギリシャ語彩色も同じように、このような名前の再発を証明されたとしてbagoasとholofernesです。

These are serious difficulties, and a Catholic student must be prepared to meet them.これらは、深刻な困難にし、カトリックの学生に応じる用意がしなければならないことです。 There are two ways of doing so.そうすることには2つの方法です。

(a) According to what we may term "conservative" criticism, these apparent difficulties can every one be harmonized with the view that the book is perfectly historical and deals with facts which actually took place. (ア)によると、どのようなことがあります"保守的"という批判は、これらの見掛け上の困難なことが調和するごとに1つのビューには、この本は完全に歴史的事実を実際に扱うが行われた。 Thus, the geographical errors may be ascribed to the translators of the original text or to copyists living long after the book was composed, and consequently ignorant of the details referred to.このように、地理的なエラーが生得的に翻訳し、元のテキストまたはcopyists生活を長くした後、本は構成、およびその結果の詳細について無知なのです。 Calmet insists that the Biblical Nabuchodonosor is meant, while in Arphaxad he sees Phraortes whose name, as Vigoroux (Les Livres Saints et La Critique Rationaliste, iv, 4th ed.) shows, could easily have been thus perverted.カルメnabuchodonosorを意味すると主張して、聖書の、 arphaxad中に彼の名前はphraortes 、 vigoroux (レlivres聖人とラ批評rationaliste 、 4世、第4エド。 )示すように、このようにもが簡単に倒錯した。

Vigoroux, however, in accordance with recent Assyrian discoveries, identifies Nabuchodonosor with Assur-bani-pal, the contemporary of Phraortes. vigoroux 、しかし、最近アッシリアの発見に基づいて、 nabuchodonosorを識別アッシュール-バニ- PAL方式は、現代のphraortesです。 This enables him to refer the events to the time of the captivity of Manasses under Assur-bani-pal (2 Chronicles 33:11; cf. Sayce, "Higher Criticism and the Verdict of the Monuments", 4th ed., p. 458).これにより、彼を参照してイベントをするものであり、経済のマナッセス監禁されてアッシュール-バニ- PAL方式( 2クロニクル33:11 ;継続前誌です。セース、 "高等批評との評決を記念碑" 、第4エド。 、 p. 458 ) 。 It is further maintained that the campaign conducted by Holofernes is well illustrated in the records of Assur-bani-pal which have come down to us.これはより詳細なキャンペーンを維持してholofernesはよく示されて実施されたレコードのアッシュール-バニ- PAL方式が先に降りてくる。 And these facts will undoubtedly afford an explanation of the apparent allusion to the captivity; it was indeed a Restoration, but that of Manasses, not that under Esdras.これらの事実は間違いないと余裕の見掛け上の説明を暗示して、監禁;ことは、確かに修復が、それをマナッセスではなく、エスドラス書にされています。 The reference, too, to the Sanhedrin is doubtful; the term gerousia is used of the "ancients" in Lev., ix, 3, etc. Lastly, Conder's identification of Bethulia with Mithilia (loc. cit. supra) is highly probable.の参考までに、あまりにも、しては疑わしいサンヘドリン; gerousiaという用語が使用され、 "昔の"でレフです。 、 9世、 3 、等の最後に、コンダーの身分証明書のbethuliaにmithilia ( loc. 〜 Cit 。スープラ)が高い。 Moreover, the writer who described the strategical position in iv, 1-6, knew the geography of Palestine thoroughly.また、その作家who記述して戦略的位置に四、 1-6 、徹底的にパレスチナの地理を知っていたのです。 And we are given details about the death of Judith's husband which (viii, 2-4) can hardly be attributed to art, but are rather indications that Judith represents a really existing heroine.と私たちは与えられたの詳細についてはジュディスの夫の死を(八、 2-4 )に起因することは到底アートではなく、むしろ兆候が現れているジュディスは、本当に既存のヒロインです。 With regard to the state of the text it should be noted that the extraordinary variants presented in the various versions are themselves a proof that the versions were derived from a copy dating from a period long antecedent to the time of its translators (cf. Calmet, "Introd. in Lib. Judith").状態に関しては、以下のことに注意して、テキストの臨時の亜種の様々なバージョンが提示さを証明して自身のバージョンが出会い系からのコピーから派生した期間の長い時間先行して翻訳者( cf.カルメ、 " Introd学です。でlibにコピーします。ジュディス" ) 。

(b) Some few Catholic writers are not satisfied with Calmet's solution of the difficulties of the Book of Judith; they deem the errors of translators and of scribes to be no sufficient explanation in this matter. (イ)いくつかのいくつかのカトリックの作家に満足してカルメの解決策はないの難しさは、その本のジュディス;彼らと判断の誤りをscribesの翻訳者との十分な説明をこの問題ではない。 These few Catholics, together with the non-Catholics that do not care to throw the book over entirely into the realm of fiction, assure us that the Book of Judith has a solid historical foundation.これらのいくつかのカトリック教徒、カトリック教徒と一緒にされていない以外のケアを投げるの予約を完全にフィクションの領域に、確実に先には、この本の固体ジュディスには、歴史的な基盤です。 Judith is no mythical personage, she and her heroic deed lived in the memory of the people; but the difficulties enumerated above seem to show that the story as we now have it was committed to writing at a period long subsequent to the facts.ジュディスはない架空の人物、彼女と彼女の英雄的行為に住んでのメモリの人々 ;しかし、上記のように表示することは困難な列挙として私たちの物語を書面にすることはないが、その後に長い期間の事実です。 The history, so it is maintained, is vague; the style of composition, the speeches, etc., remind us of the Books of Machabees.の歴史、これは維持は、漠然とした;のスタイルを組成は、スピーチなどの問い合わせは、書籍のmachabees思い出させる。 A remarkable knowledge of the Psalter is evinced (cf. 7:19 and Psalm 105:6; 7:21, and Psalm 78:10, 93:2; 9:6, 9, and Psalm 19:8; 9:16, and Psalm 146:10; 13:21, and Psalm 105:1).注目すべきはpsalterの知識をevinced ( cf. 7時19分、詩篇105:6 ;午前7時21分、および詩編78:10 、 93:2 ;午前9時06分、 9日、および詩編19時08分;午前9時16分、と詩編146:10 ; 13:21 、および詩篇105:1 ) 。 Some of these psalms must almost certainly be referred to the period of the Second Temple.いくつかの詩篇を授けたほぼ確実に言及している必要があります期間の2番目の寺です。 Again, the High Priest Joachim must presumably be identified with the father of Eliashib, and must therefore have lived in the time of Artaxerxes the Great (464-424 BC Cf. Josephus, "Antiquities", XI, vi-vii).繰り返しになりますが、おそらく高い司祭ヨアヒムで識別する必要があります。 eliashibの父、およびそのために住んでいる必要があります。アルタクセルクセスの時間の大(四六四から四二四紀元前継続前誌です。ヨセフス、 "骨董品" 、西は、六-七) 。 We referred above to a shorter Hebrew version of the book; Dr. Gaster, its discoverer, assigns this manuscript to the tenth or eleventh century AD (Proceedings of Soc. of Bibl. Archaeol., XVI, pp. 156 sqq.).私たちの上に言及ヘブライ語のバージョンの予約を短くする;博士腹部の、その創案者は、この原稿を割り当てます第10回または11世紀の広告( SoCの手続きをします。のbibl 。 archaeol 。 、 16 、 pp 。 156 sqq 。 ) 。 It is exceedingly brief, some forty lines, and gives us only the gist of the story.これは非常に簡単に言うと、いくつかの40行、および与えてくれる物語の要点のみです。 Yet it seems to offer a solution to many of the difficulties suggested above.まだそれを提供するように多くの困難の解決策を提案します。 Thus Holofernes, Bethulia, and Achior, all disappear; there is a very natural explanation of the purification in xii, 7; and, most noticeable of all, the enemy is no longer an Assyrian, but Seleucus, and his attack is on Jerusalem, not on Bethulia.したがってholofernes 、 bethulia 、およびachiorは、すべて姿を消す;には非常に自然な説明を浄化さ12 、 7 ;と、最も顕著なのは、敵のは、もはや、アッシリア、しかし、セレウコス、と彼はエルサレムを攻撃するのは、 bethuliaていない。

If it could be maintained that we have in this manuscript the story in its original form, and that our canonical book is an amplification of it, we should then be in a position to explain the existence of the numerous divergent versions.もしそれが維持されることが、この原稿の物語を元の形式、および正規の予約を私たちは、増幅し、その後にしなければならないという立場を説明する、多くの異なるバージョンが存在する。 The mention of Seleucus brings us down to Machabean times, the title of Judith, now no longer the "widow" but the "virgin", may explain the mysterious city; the Machabean colouring of the story becomes intelligible, and the theme is the efficacy of prayer (cf. 6:14-21; 7:4; 2 Maccabees 15:12-16).セレウコスに言及したの問い合わせダウンをもたらすmachabean時代には、ジュディスのタイトルを、今すぐ、もはや"未亡人"だが、 "ヴァージン" 、 5月説明して神秘的な都市; machabean彩色し、ストーリーが分かりやすい、とのテーマは、効果祈り( cf. 6:14-21 ;午前7時04分、 2 maccabees 15:12-16 ) 。

CANONICITY規範

The Book of Judith does not exist in the Hebrew Bible, and is consequently excluded from the Protestant Canon of Holy Scripture.この本のジュディスは、ヘブライ語聖書が存在しない場合は、その結果から除外するとは、キヤノンの教典プロテスタントです。 But the Church has always maintained its canonicity.しかし、教会は常にその規範性を維持します。

St. Jerome, while rejecting in theory those books which he did not find in his Hebrew manuscript, yet consented to translate Judith because "the Synod of Nicaea is said to have accounted it as Sacred Scripture" (Praef. in Lib.).聖ジェロームは、それらの書籍を理論的に拒否しながら彼は彼のヘブライ語の原稿が見つからない、ジュディスはまだありません同意を翻訳するため"によると、会議のイズニクには全体としては、神聖な啓典" ( praef.にlibにコピーします。 ) 。 It is true that no such declaration is to be found in the Canons of Nicaea, and it is uncertain whether St. Jerome is referring to the use made of the book in the discussions of the council, or whether he was misled by some spurious canons attributed to that council, but it is certain that the Fathers of the earliest times have reckoned Judith among the canonical books; thus St. Paul seems to quote the Greek text of Judith, viii, 14, in I Cor., ii, 10 (cf. also 1 Corinthians 10:10, with Judith 8:25).それは事実だが、そのような宣言では参事のを発見されたイズニク、聖ジェロームかどうかは不透明だとは、使用を参照して作られたこの本は、評議会の議論のか、または惑わされるかどうか彼はいくつかのスプリアス参事会その会議に起因する、それは確かだが、父親のは、最古の時代は無視ジュディス間の正典;したがって聖パウロようにギリシャ語のテキストを引用してジュディス、 viii 、 14日、コーは私です。 、 2世、 10 (継続前誌です。も1コリンチャンス10:10 、ジュディス8時25分) 。 In the early Christian Church we find it quoted as part of Scripture in the writing of St. Clement of Rome (First Epistle ot the Corinthians, lv), Clement of Alexandria, Origen, and Tertullian.私たちは、初期キリスト教の教会啓典の一部として引用符で見つけることは、書き込みの聖クレメントのローマ(第一の手紙ot 、コリンチャンス、左心室) 、アレクサンドリアのクレメント、原産地、およびテルトゥリアヌスです。

Publication information Written by Hugh T. Pope.出版物の情報執筆者ヒューt.法王です。 Transcribed by Michael T. Barrett.マイケルバレットt.転写されています。 Dedicated to Judy Van Horn The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.専用のは、カトリックの百科事典をジュディヴァンホーン、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Consult the various Biblical dictionaries and introductions; also Civilta Cattolica (1887).聖書は、様々な辞書や紹介;もciviltaカットーリカ( 1887 ) 。 The best summary of the various view and arguments on the question is in GIGOT, Special Introd., I; cf.最高の概要を表示し、引数上の様々な問題は、ジゴ、特別Introd学です。 、私;継続前誌です。 also especially SCHURER, The Jewish People in the Time of Christ, div.また、特にシューラーは、ユダヤ人の人々は、キリストの時代、ディビジョンです。 II, vol.二年No 。 III; VIGOUROUX, La Bible et les Decouvertes Modernes, IV (5th ed.), 275-305; BRUENGO, Il Nabucodonosor di Giuditta (Rome, 1888).三; vigouroux 、ラ聖書etレdecouvertes modernes 、 4世(第5版です。 ) 、二七五〜三〇五; bruengo 、イリノイnabucodonosorディジュディッタ(ローマ、 1888 ) 。


Book of Judith予約のジュディス

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Title.タイトルです。

General Character and Contents.一般的なキャラクターとの内容です。

Historical Setting.歴史的な設定です。

The City Bethulia.市bethuliaです。

Identity of Bethulia.身元をbethuliaです。

Literary and Religious Importance.文学や宗教的に重要な。

Original Language; Versions.元の言語;バージョンです。

Author and Date.著者と日付をします。

Possible Date of Composition.この評価を組成可能です。

Title.タイトルです。

An Apocryphal book in sixteen chapters. 16章では偽書です。 The book receives its title from the name of its principal character, Judith ( = "Jewess"; in the Greek transliteration, Ἰουδείθ), a name found also in Gen. xxvi.その本のタイトルを受け取るの主要キャラクターの名前から、ジュディス( = "ユダヤ女性" ;は、ギリシャの転写、 ἰουδείθ )は、また、 Gen 。と二十六名が見つかりました。 34 (comp. the corresponding masculine proper name in Jer. xxxvi. 14, 21, 23). 34 ( comp.適切に対応する男性の名前をjer 。 36 。 14 、 21 、 23 ) 。

The Book of Judith is a story written for house-hold reading, While it may properly be classed as didactic, yet it is one of those popular tales in which the chief concern of the writer is with the telling of the story rather than with the pointing of a moral, and in which the wish to interest takes precedence even of the desire to instruct.この本に書かれた物語のジュディスは、ハウスホールド読書し、適切に分類されることがあります教則、それらの人気はまだありませんことが1つの物語で、主な関心事は、作家のは、 tellingの物語というより、ポインティングは、道徳的、および利息は、希望する優先順位ですら、願望を指示します。 What gained for the book its high esteem in early times, in both the Jewish and the Christian world, was its intrinsic merit as a story, rather than its religious teaching or its patriotism.この本は何を得たの高い尊敬の初め回は、ユダヤ人とキリスト教世界の両方で、固有のメリットとしては、その話ではなく、その宗教的な教えまたはその愛国心です。

General Character and Contents.一般的なキャラクターとの内容です。

It is, furthermore, a historical novel; that is, its scenes are definitely located as to place and time and connected with important personages of history, with the purpose of adding life to the narrative.これは、また、歴史的な小説;には、そのシーンを置くのは間違いなく、時間と場所として重要な人物の歴史を接続し、追加することを目的としての生活をして物語です。 This feature it has in common with such stories as those of Ruth, Esther, Daniel, and especially with the Book of Tobit, the work most nearly akin to it.この機能は共通点がこのような事例としてそれらのルース、エスター、ダニエルは、特にこの本のトビト書は、ほとんど私の仕事をしてください。 But in Judith the names of persons and localities are introduced in such profusion and with such minuteness of detail as have no parallel in the other old Jewish compositions of this class.しかし、ジュディスの名前の人や自治体などが豊富に導入さと、このような微小の詳細並列ではないとして、他の旧ユダヤ人作曲は、次のクラスです。

The events of the narrative are represented as taking place on the occasion of the hostile advance of an "Assyrian" army into Palestine.このイベントは、物語は、この機会で開催さとして表現され、事前に敵対する"アッシリア"パレスチナ軍をします。 The inhabitants of a certain Jewish city called "Bethulia," (properly "Betylua") can check the advance of the enemy, because their city occupies the narrow and important pass through which is the entrance into Judea (Judith iv. 7 et seq., viii. 21-24).都市の住人たちが、特定のユダヤ人と呼ばれる" bethulia 、 " (正しく" betylua " )ことを確認して敵の前進を、狭いため、都市占拠して、重要なの入り口を通過これはユダヤ(ジュディスⅣ 。 7頁以降を参照。 、 Ⅷ 。 21-24 ) 。 But the Assyrians, instead of attempting to force the pass, blockade the city and cut off its water-supply.しかし、 assyrians 、代わりに、強制的に通過しようとし、封鎖する都市とその水の供給を断つ。 In the distress which follows, Judith, a woman of Bethulia, works deliverance for her city-and thus for all Judea and Jerusalem-by bewitching the Assyrian captain, Holofernes, and cutting off his head.遭難では、次のように、ジュディスは、女性のbethulia 、彼女の作品救出のためのすべてのユダヤ都市とエルサレムでは、魅惑的では、アッシリアの船長、 holofernesし、彼の頭を切断します。

Historical Setting.歴史的な設定です。

The book begins with a date, "the twelfth year of the reign of Nebuchadnezzar," and everything moves with the air of a precise account of actual events.この本で始まり、日付は、 " 12年にネブカドネザル王の治世"とすべての空気の動きを的確にアカウントの実際のイベントです。 But the way in which the narrative at once makes open sport of chronology and history is very striking.しかし、この方法では、物語を一度にオープンスポーツ、野外活動の沿革と歴史は非常に印象的です。 Nebuchadnezzar is the king of Assyria, and reigns in Nineveh(!).ザキングオブネブカドネザル王は、アッシリア、ニネベとさに満ちていた( ! )です。 The Jews, who have "newly returned from the captivity" (iv. 3, v. 19), are in no sense his subjects; indeed, his chief captain has apparently never heard of them (v. 3).ユダヤ人、 whoは"新たに捕らわれているから返される" ( iv. 3 、 v. 19 ) 、センスは、彼の科目はない;確かに、彼のチーフキャプテンは明らかにして聞いたことがない(動3 ) 。 Yet the writer of this story was a well-informed man, familiar with foreign geography (i. 6-10, ii. 21-28), and well acquainted with the Hebrew Scriptures (i. 1; ii. 23; v. 6-19; viii. 1, 26; ix. 2 et seq.).その作家はまだありませんこの物語は、博識の男、精通して外国人地理学( i. 6-10 、 Ⅱ 。 21-28 ) 、とよく知り合いに、ヘブライ語聖書( i. 1 ; Ⅱ 。 23 ; v. 6 -19 ; Ⅷ 。 1日、 26日; Ⅸ 。 2頁以降を参照。 ) 。 It must therefore be concluded either that the principal names of the story are a mere disguise, or that they were chosen with a purely literary purpose, and with the intent to disclaim at the outset any historical verity for the tale.そのために締結する必要がありますが、校長のいずれかの名前をその物語は単なる変装か、または選択していたが、純粋に文学的目的のために、との意図を放棄するための冒頭の歴史的な真実の物語です。 The former supposition is not rendered plausible by any consideration, and fails utterly to account for the peculiarities of the narrative; the latter, on the contrary, gives a satisfactory explanation of all the facts.もっともらしい仮定の元レンダリングを任意の配慮ではない、との特殊性を説明するために完全に失敗した場合は、物語; 、後者は、その反対に、納得のいく説明をするのは、すべての事実です。 That is, with the very first words of the tale, "In the twelfth year of the reign of Nebuchadnezzar, who reigned over the Assyrians in Nineveh," the narrator gives his hearers a solemn wink.これは、最初の言葉を、非常に物語"は、 12年にネブカドネザル王の治世、 who在位するニネベassyriansでは、 "厳粛な語り手は、聞き手にウインクする。 They are to understand that this is fiction, not history.彼らはこれを理解することはフィクションではなく、歴史です。 It did not take place in this or that definite period of Jewish history, but simply "once upon a time," the real vagueness of the date being transparently disguised in the manner which has become familiar in the folk-tales of other parts of the world.ていないかが明確で開催さこの期間のユダヤ人の歴史、しかし、単に"ワンスアポンアタイム、 "本当のあいまいな日付が偽装された方法で透過的になったおなじみのは、民俗-テイルズオブの他の部分を世界。

The City Bethulia.市bethuliaです。

Both the name and the site of the city in which the scene of the story is laid have been the subject of much debate.の両方の名前とそのサイトを検索するシティではその場面は、物語はlaidも多くの話題を議論します。 It is beyond all question that the narrator in describing Bethulia is describing a real place with which he is personally familiar.これはすべての問題を超えbethuliaは、語り手の記述は、実際の場所を記述するに彼は個人的に知っています。 The plain requirements of the description are these: a large city in the hill-country of Samaria, on the direct road from Jezreel to Jerusalem, lying in the path of the enemy, at the head of an important pass, a few hours (vi. 11, vii. 1-3) south of Geba.平野は、これらの要件の説明:大規模な都市での丘-国のサマリアは、エルサレムの直接の道路からジェズリエルに、うそをついては、敵のパスを、先頭に立っての重要なパス、数時間以内に( 6 。 11日、 Ⅶ 。 1-3 )の南ジェバ川です。 This Geba is the of the Talmud, the modern Jeba', two or three hours northeast of Samaria, at the point where the ascent into the mountainous country begins.このジェバ川には、タルムード、現代jeba ' 、 2つまたは3つの時間の北東サマリア、その時点でどこの国の山岳の上昇を開始します。 Between this point and the plain of Jezreel there is nothing resembling a pass.この時点での平原との間には何も似てジェズリエルパスです。 Holofernes, with the division of his army which had just chastised the coast cities (iii. 6 et seq.), was in the van. holofernes 、彼の軍隊の分裂を非難したばかりの海岸都市( iii. 6頁以降を参照。 )が先頭に立っています。 A considerable body now joined him from the east (Moab, Ammon, Edom, etc.; v. 2, vii. 8).彼にかなりの身体から今すぐメンバー登録の東(モアブ、アモン、エドム、等; v. 2 、 Ⅶ 。 8 ) 。 The statement that his vast army "encamped between Geba and Seythopolis" (iii. 10) suits all the conditions perfectly.彼の広大な陸軍の声明で" encampedジェバ川との間にseythopolis " ( iii. 10 )スーツのすべての条件を完全にします。

Identity of Bethulia.身元をbethuliaです。

As Torrey first pointed out, in the "Journal of the American Oriental Society," xx.トーリーとして最初に指摘したように、 、 "アメリカンジャーナルは、東洋の社会、 " × ×です。 160-172, there is one city, and only one, which perfectly satisfies all the above-mentioned requirements, namely, Shechem.百六十〜百七十二では、 1つの都市、および1つだけ、これ完全に上記のすべての要件を満たす、すなわち、シケムです。 A great army, with its baggage-trains, breaking camp at Geba in the morning (vii. 1), would arrive in the afternoon at the springs in the broad valley (ib. 3) just under Shechem.大きな陸軍、その手荷物-列車、破壊ジェバ川でのキャンプでの朝( vii. 1 ) 、が到着する午後のスプリングスは、広範な谷( ib. 3 )のすぐ下にシケムです。 This, moreover, is the city which occupies the all-important pass on this route, the pass by which "was the entrance into Judea" (iv. 7).これは、また、市では、すべての重要なパスを占拠してこのルートは、どのパス"は、ユダヤの入り口に" ( iv. 7 ) 。 Furthermore, each one of the details of topography, which the writer introduces in great number, finds its unmistakable counterpart in the surroundings of Shechem.また、地形の詳細を各1つ、これは非常に多くの作家を紹介し、見つかったのは、紛れもない対向シケム周辺です。 The valley below the city is on the west side (vii. 18; comp. ib. verses 13, 20).市の谷の下には、ウエストサイド( vii. 18 ;のCOMPです。 ① -イ。詩1 3日、 2 0) 。 The "fountain of water in the camp" (xii. 7) is the modern Bait al-Ma, fifteen minutes from Shechem. "泉の水でのキャンプ" ( xii. 7 )は、近代的ベイトアル-マサチューセッツ、 15分ほど経ってからシケムです。 The ascent to the city was through a narrowing valley (xiii. 10; comp. x. 10).の上昇を介して、同市に狭窄谷( xiii. 10 ;のCOMPです。 Xの10 ) 。 Whether the words "for two men at the most" (iv. 7) are an exaggeration for the sake of the story, or whether they truly describe the old fortifications of the city, it is impossible to say with certainty.かどうかの言葉"を二人の男は、ほとんど" ( iv. 7 )は、その物語のために言っても過言か、または真に説明しているかどうかに古い要塞にあり、それは不可能であることを確信を持って言う。 At the head of this ascent, a short distance back from the brow of the bill, stood the city (xiv. 11).先頭に立っては、次の上り坂、短い距離の先頭からの額の案によると、立っていたの市( xiv. 11 ) 。 Rising above it and overlooking it were mountains (vii. 13, 18; xv. 3).上記のように上昇し、見渡せる山( vii. 13日、 18 ; 15 。 3 ) 。 The "fountain" from which came thewater-supply of the city (vii. 12 et seq.) is the great spring Ras el-'Ain, in the valley (ἐν τῷ αὐλῶνι, ib. 17) just above Shechem, "at the foot" of Mount Gerizim. "泉"から来たthewater -供給を検索するシティ( vii. 12頁以降を参照。 )は、偉大な春のRASエル- 'ainは、谷( ἐν τῷ αὐλῶνι 、 ① -イです。 1 7)のすぐ上シケム、 "は、足"のマウントgerizimです。 The abundant water-supply of the modern city is probably due to a system of ancient underground conduits from this one spring; see Robinson, "Physical Geography of the Holy Land," p.豊富な水の供給は、近代的な都市は、おそらくシステムのために、この1つの古代の地下管から春学期開講;参照ロビンソン、 "物理的な地理学の聖地、 " p. 247, and Guérin, "Samarie," i. 247 、およびguérin 、 " samarie 、 "の経験I.クリチバ 401 et seq. 401頁以降を参照。 Further corroborative evidence is given by the account of the blockade of Bethulia in vii.より詳細な裏付けとなる証拠が与えられたアカウントは、封鎖さbethulia Ⅶ 。 13-20. 13-20 。 "Ekrebel" is 'Aḳrabah, three hours southeast of Shechem, on the road to the Jordan; "Chusi" is Ḳuza (so GA Smith and others), two hours south, on the road to Jerusalem. " ekrebel "は' aḳrabah 、 3つの時間の南東シケム、上への道を、ヨルダン; " chusi "はḳuza (ジョージアスミスので、その他) 、 2つの時間ほど南で、 [エルサレムへの道をします。 The identity of Bethulia with Shechem is thus beyond all question. bethuliaのアイデンティティをシケムは、このように、すべての問題を超えています。

The reason for the pseudonym is obvious.という仮名を使ってその理由は明白です。 Because of the feeling of the Jews toward the Samaritans, the name "Shechem" could not be repeatedly used in a popular tale of this character for the city whose people wrought deliverance for Jerusalem and for the sanctuary of the Jews.ユダヤ人のために向かっているという感覚をサマリア人の名前"シケム"繰り返し使用されてできませんでしたに人気の物語は、次の文字を検索するシティの人々を救出鍛造エルサレムと、ユダヤ人の聖域のです。 The original form of "Betylua" (Greek, Βαιτουλουα, etc.; Latin, "Bethulia," whence the modern usage) is quite uncertain. 、元の形の" betylua " (ギリシャ語、 βαιτουλουα等;ラテン語、 " bethulia 、 "そこから、現代の利用方法)は非常に不透明だ。 The favorite = "House of God," is not improbable. 、お気に入りの= "神の家"ではないそうにないです。

Literary and Religious Importance.文学や宗教的に重要な。

Judith is certainly one of the very best extant specimens of old Jewish story-telling, and forms a worthy companion-piece to Tobit, which it surpasses in vividness of style.ジュディスは、確かに非常に最高の現存のいずれかの標本の旧ユダヤ人のおはなし会、および価値を形成するコンパニオン-作品をトビト書、それが生き生きとしているのスタイルを上回っています。 Its author introduces a considerable variety of material, but all in due proportion; everything is subordinated to the main action, and the interest never flags.その著者紹介にかなりの様々な素材、しかし、すべての原因の割合;何もかもがメインに従属して行動し、関心を決してフラグです。 The principal scenes are painted very vigorously, and a striking picture is often sketched in a few words (comp. x. 10, 18; xiii. 13; xiv. 6).塗装の主要なシーンは非常に精力的には、目を見張る画像やスケッチでは、しばしば、いくつかの単語( comp. Xの10 、 18 、 13 。 13 ; 14 。 6 ) 。 The poem in the closing chapter is a fine composition, plainly the work of no ordinary writer.その詩は、閉会の罰金組成章では、はっきりと普通の作家の作品はない。 The book has a distinctly religious trend, and is well calculated to inspire both patriotism and piety.この本には、宗教的な傾向をはっきりとはよく愛国心や信心深さの両方を刺激する計算です。 For the history of the Jewish religion, however, it contributes little of importance.ユダヤ人の歴史を、宗教、しかし、ほとんどの重要性に貢献します。 Views and doctrines which have nothing to do with the progress of the story are not introduced.再生回数や教説には全く関係のない話はないの進行状況を紹介しています。

Original Language; Versions.元の言語;バージョンです。

As most students of the book have recognized, it was originally written in Hebrew.その本は、ほとんどの学生として認識され、もともとヘブライ語で書かれています。 The standard Greek version bears the unmistakable marks of a translation from this language.クマは、紛れもない、標準のギリシャ語版からのマルクは、この言語に翻訳します。 The idioms are those of classical Hebrew; and yet the dialect in which the book is composed is plainly a living one.これらの古典の慣用句は、ヘブライ語、およびその本はまだありませんの方言でははっきりとリビングで構成さは1つです。 The diction is fresh and vigorous, and not noticeably reminiscent of the canonical Old Testament.の言葉遣いは新鮮で生き生きとした特定の正規著しく旧約聖書を連想させる。

The wide-spread popularity of the story is attested, as in the case of Tobit, by the existence of a number of separate recensions; these do not, however, diverge very widely from one another.て、普及したの人気の証言の物語は、例のように、トビト書、別々の存在を、いくつかのrecensions ;これらていない場合は、しかし、非常に広くから枝分かれする1つの別のです。 Three Greek forms have been preserved: (1) the standard text, found in most manuscripts (including the principal uncials) and given in all the printed editions; in all probability the recension which most nearly represents the original form of the story; (2) a somewhat corrected and "improved" recension, represented by Codex 58 (Holmes and Parsons) and by the Old Latin and Syriac versions; and (3) a text closely related to the preceding, found in Codices 19 and 108. 3つのギリシャ語のフォームが保存されている: ( 1 )の標準的なテキストは、ほとんどの原稿が見つかりました( uncials校長を含む)と、与えられたプリントのすべてのエディション;校訂本すべての確率が最も近いのは、オリジナルの形式の物語、 ( 2 )で、いくぶん修正され、 "改善"校訂本、コーデックスで表現さ58 (ホームズとパーソンズ)とされる古ラテン語とシリアのバージョン、および( 3 )上記のテキスト密接に関連し、発見さcodexの複数19と108 。 The Old Latin translation exists in several divergent forms.古いラテン語の翻訳が存在するいくつかの分岐フォームです。 The Vulgate version was made by Jerome (according to his own testimony hastily and with considerable freedom) from an Aramaic text.ウルガタ聖書のバージョンが作られるのジェローム(彼自身の証言によると、あわてて、かなりの自由)より、アラム語のテキストです。 It gives the narrative in a form which is both much abridged and plainly secondary.これにより、物語を要約するとフォームがはっきりとセカンダリの両方くらいです。

The several Hebrew versions of Judith are all comparatively recent, and are quite worthless for the criticism of the book.ヘブライ語、いくつかの比較的最近のバージョンのジュディスはすべて、とはかなりの批判をworthlessは、この本です。 Two of these are given in Jellinek, "BH" i.これらの2つのイェリネックが与えられたが、 " bh "の経験I.クリチバ 130-141, ii. 130〜141 、 Ⅱ 。 12-22; another is published by Gaster in "Proc. Soc. Bibl. Arch." 12-22 ;もう1つは腹部に公開され" 、情報処理学会です。 SoCのです。 bibl 。アーチ。 " xvi. 16 。 156-163.百五十六から百六十三です。 These are all free adaptations of the story, very much abridged.これらはすべて無料で融通の物語では、非常に要約します。

Author and Date.著者と日付をします。

The author of Judith beyond question lived and wrote in Palestine.疑う余地の著者のジュディス、パレスチナに住んで書きました。 He was a Jew, not a Samaritan, and probably dwelt near Shechem.彼は、ユダヤ人ではなく、サマリア人、そしておそらく力説シケムの近くです。 From the manner and frequency of the mention of Dothan (iii. 9 [?]; "Dothaim," iv. 6; vii. 3, 18; viii. 3)-if the Greek text can be trusted-it might perhaps be conjectured that his home was there.からの態度に言及したと周波数をドーサン( iii. 9 [ ? ] ; " dothaim 、 " Ⅳ 。 6 ; Ⅶ 。 3 、 18 ; Ⅷ 。 3 ) -の場合、ギリシャ語のテキストが信頼できる-ことかもしれないがconjecturedたぶんその彼の家がある。 From the prominence given in the book to the ceremonial law, many have drawn the conclusion that its author was a Pharisee; but this is hardly a safe conclusion.この本から与えられた隆起して儀式法では、多くの描画、という結論にはその著者は、パリサイ人;しかし、これはほとんど安全な結論です。 All that can be inferred with certainty is, that the punctilious performance of rites and ceremonies was popularly recognized at that time as characteristic of the extreme type of "holiness" demanded by the story for its heroine.すべてのことができる確信を持って推論は、堅苦しいのパフォーマンスは、儀式や式典は、当時として広く認識さ特徴は、極端なタイプの"神聖"のヒロインの物語を要求されています。 There is nowhere in the story any hint that its writer would have recommended such punctiliousness as desirable for the Jews in general, any more than the admiring Christian biographers of Simeon Stylites appear to think that it would be well for the people to follow his example.その物語には任意のヒントをどこにもそのような作家が推奨punctiliousnessユダヤ人として望ましい一般的には、任意の称賛を超えるstylitesシメオンキリスト教の伝記作家たちのことを考えると表示されることがよく、人々に従う彼の例です。 As for the tale invented to deceive Holofernes (xi. 12-16), it is of course not necessary to suppose that even such a saint as Judith would have regarded this transgression of the Law, in a time of distress, as a grievous sin.話としては、発明を欺こうholofernes ( xi. 12-16 ) 、それはもちろんする必要がないと仮定してもこのようなサンとしてジュディスと考え、この罪は、法では、一度に遭難、重罪としてです。

Possible Date of Composition.この評価を組成可能です。

The tale of Judith, as has already been observed, is not given any genuine historical setting; nor is it likely that its author himself connected it with any particular time.ジュディスの物語として観察されて、与えられた任意の正規の歴史的な設定ではない;もそうだが、著者自身に接続して任意の特定の時間です。 The names, Jewish and Persian, of his principal characters he selected with the freedom which belongs to any popular narrator.の名前、ユダヤ人、ペルシャ語、彼は彼の主な文字選択の自由を任意の人気の語り手に属しています。 There is nothing in the book which gives any direct clew to its date, or any precise indication of the circumstances of the Jews at the time when it was written.その本には何も任意の直接クリューを与えるの日付、または任意の状況を正確に示して、ユダヤ人は、時間に書き込まれたときには。 The passage iii.通過Ⅲ 。 8 is plainly a reminiscence of the measures taken by Antiochus Epiphanes. 8は、はっきりとする措置を回想アンティオコスepiphanesです。 It may also fairly be urged that the glorification of Shechem in this transparent way is much more easily conceivable after 120 BC, when John Hyrcanus took and humbled the city, than before that date, when it was a perpetual thorn in the side of the Jews.促したことがありますにもかなりの賛美シケムでは、この透明な方法がはるかに容易に考えられる紀元前120した後、ジョンhyrcanusときには伏せて検索するシティと、その日よりも前に、ときには、永遠のとげには、サイドのユダヤ人です。 On the other hand, the character of the Hebrew in which the book is written (see above) favors a comparatively early date.その一方では、ヘブライ語の文字が書かれたこの本では(上記参照)の恩恵を比較的早い時期です。 One would probably not be far out of the way in placing it near the beginning of the first century BC The book is first quoted by Clement of Rome (Ep. I. ad Corinth., c. 55), near the end of the first century of the common era. 1つはおそらくないはるかにすることの近くに配置する方法の最初の世紀の初めにこの本が最初に引用されるローマのクレメント( ep. I.広告コリントします。 、 c. 55 ) 、付近の終わりに、最初の世紀の共通の時代です。

Crawford Howell Toy, Charles C. Torreyクロフォードハウエルおもちゃ、チャールズc.トリー

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

The principal commentaries are those by Fritzsche, 1853, Ball in the Speaker's Commentary, 1888, and Scholz.校長は、それらの論評をフリッチェ、 1853 、ボールは、話者の解説、 1888 、およびショルツです。 2d ed., 1896; Löhr translates the book in Kautzsch's Apokryphen; Nestle contributes helpful notes on the text in his Marginalien und Materialien, 1893; see also Gaster, in Hastings, Dict.二次元エド。 、 1896 ;ローアカウチの翻訳本をapokryphen ;ネスレに貢献helpfulノート上のテキストを彼のmarginalien und materialien 、 1893 ;こちらも腹部のは、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible; Porter, in Cheyne and Black, Encyc.聖書;ポーターは、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl.TCCT bibl.tcct


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです