Books of Kings図書オブキングス

General Information 総合情報

The two books of Kings, labeled 1 - 2 Kings in the Hebrew and English versions of the Bible, but 3 - 4 Kings in the Greek and Latin, are so designated because of their contents. 2つの書籍の王、ラベルの付いた1 -2キングスは、ヘブライ語と英語のバージョンの聖書の、しかし、 3 - 4キングスは、ギリシャ語、ラテン語、その内容のためには非常に指定します。 They follow and are a continuation of the books of Samuel (1 - 2 Kings in Greek and Latin) and narrate the history of Israel and Judah from Solomon's accession to the destruction of Jerusalem and the exile of Judah in 587 BC.彼らとは、次の継続をサムエル記( 1 -2キングスはギリシャ語とラテン語)と、イスラエルとユダの歴史を物語るソロモンの加盟してからエルサレムの破壊や亡命者のユダは紀元前5 87です。

The Books of Kings give a detailed account of Solomon's wisdom and wealth and the building of the Temple at Jerusalem.この書籍の詳細な説明を与える王ソロモンの知恵と富とエルサレムの建物は、寺にします。 They also narrate the decline that began during his reign and culminated in the exile.また、ナレーションをする彼の治世中に始まったの減少とは、亡命を積み上げています。 These books conclude the Deuteronomistic History, the name given to the books from Deuteronomy to Kings, all of which appear to have been compiled on the same principle.これらの書籍を締結するdeuteronomistic歴史、与えられた名前から書籍を申命記をキングスは、すべてが見えることがありますが、同じ原理を使ってコンパイルされた。 The hand of the Deuteronomistic editor or editors is evident in the stereotyped evaluation of each king by the often anachronistic standards of the Deuteronomic law; the editor(s) also composed the greater part of Solomon's Temple dedication prayer, as well as the long explanation for the fall of Israel.の手をdeuteronomisticエディタまたはエディターは、紋切り型の評価で明らかにされ、各王は、しばしば時代錯誤のdeuteronomic基準法;のエディタ(秒)もの大部分を構成ソロモンの寺の献身の祈りだけでなく、長い説明をイスラエルの秋にします。 The compiler(s) did use earlier sources, however.コンパイラ(劇団)は以前のソースを使用し、しかし。

These include lost works called the Acts of Solomon, the Chronicles of the Kings of Judah, and the Chronicles of the Kings of Israel; some official lists; an account of the temple construction; and a summary of the official annals of both Israel and Judah.失われた作品と呼ばれるこれらの行為を含めるソロモンは、王のユダのクロニクル、クロニクルは、王とイスラエル;いくつかの公式のリスト;を持つアカウントは、寺の建設;との公式史の両方の概要を、イスラエルとユダです。 The compiler(s) also incorporated a number of early prophetic legends, including the Elijah - Elisha cycles.コンパイラ(秒)も組み込ま初めに、いくつかの予言の伝説などのイライジャ-エリシャサイクルを提供します。 The original work dates from c.615 BC, but it was updated and reedited c.550 BC.紀元前c.615 、元の仕事の日付から、それが更新さとreedited c.550紀元前です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
FM Cross, Canaanite Myth and Hebrew Epic (1973); J Gray, 1 - 2 Kings: A Commentary (1970); LB Hinton, First and Second Kings (1988); C Miller, Commentary on First and Second Kings (1991). fmクロス、カナン神話とヘブライ語叙事詩( 1973 ) ;無し白黒、 1 -2キングス:解説( 1 970) ;ポンドヒントン、最初と2番目の王( 1 988) ; cミラー、解説を最初と2番目の王( 1 991) 。


Books of Kings図書オブキングス

Brief Outline簡単な概要

  1. Solomon's reigh (1Kings 1-11)ソロモンのreigh ( 1kings 1-11 )
  2. Kings of Israel and Judah (1Kings 12-2Kings 18)王、イスラエルとユダ( 1kings 12 - 2kings 18 )
  3. Kings of Judah to the Exile (2Kings 18-25)ユダ王を追放( 2kings 18-25 )


The Books of Kings書籍オブキングス

Advanced Information 高度情報

The two books of Kings formed originally but one book in the Hebrew Scriptures. 2つの図書オブキングス結成当初しかし、 1つの予約は、ヘブライ語の経典です。 The present division into two books was first made by the LXX., which now, with the Vulgate, numbers them as the third and fourth books of Kings, the two books of Samuel being the first and second books of Kings.現在の課を2つの書籍が最初に作られる70 。 、現在、流布本と、数字、それらを3番目と4番目の書籍の王、 2つのサムエル記の最初の王と2番目の書籍です。 They contain the annals of the Jewish commonwealth from the accession of Solomon till the subjugation of the kingdom by Nebuchadnezzar and the Babylonians (apparently a period of about four hundred and fifty-three years).科学Annals ofのユダヤ人が含まれてからの英連邦加盟までのソロモンの王国を征服のネブカドネザル王とbabylonians (どうやら、期間は約453年)です。 The books of Chronicles (qv) are more comprehensive in their contents than those of Kings.この書籍のクロニクル( qv )は、より包括的に比べて王のそれぞれの内容がします。 The latter synchronize with 1 Chr.後者の場合は1 chr同期します。 28-2 Chr. chr二十八〜二です。 36:21. 36:21です。 While in the Chronicles greater prominence is given to the priestly or Levitical office, in the Kings greater prominence is given to the kingly.一方、クロニクルは、与えられた大きな隆起してlevitical聖職者や事務所は、王の王大隆起が与えられた。 The authorship of these books is uncertain.これらの書籍は定かではなく、原作者です。

There are some portions of them and of Jeremiah that are almost identical, eg, 2 Kings 24:18-25 and Jer.それらには、いくつかの部分をジェレマイアとほぼ同じでは、例えば、 2キングス24:18-25とjerです。 52; 39:1-10; 40:7-41:10. 52 ; 39:1-10 ; 40:7-41:10です。 There are also many undesigned coincidences between Jeremiah and Kings (2 Kings 21-23 and Jer. 7:15; 15:4; 19:3, etc.), and events recorded in Kings of which Jeremiah had personal knowledge.偶然の積み重ねには、まだ設計されて間も多くのジェレマイアと王( 2キングス21-23とjer 。 7:15 ;午前15時04分、 19時03分、等) 、およびイベントに記録されジェレマイア王は個人的な知識をします。 These facts countenance in some degree the tradition that Jeremiah was the author of the books of Kings.これらの事実を顔にある程度の伝統は、著者の書籍ジェレマイアオブキングスです。 But the more probable supposition is that Ezra, after the Captivity, compiled them from documents written perhaps by David, Solomon, Nathan, Gad, and Iddo, and that he arranged them in the order in which they now exist.しかし、仮定の他の予想は、エズラ、監禁した後、おそらく書かれた文書をコンパイルしてからデビッド、ソロモン、ネーサン、出歩き、およびiddoており、その彼はアレンジして今すぐれている順番に存在します。

In the threefold division of the Scriptures by the Jews, these books are ranked among the "Prophets."は、 3倍にされたユダヤ人の経典部が実施して、これらの書籍の掲載順位のうち、 "預言者です。 " They are frequently quoted or alluded to by our Lord and his apostles (Matt. 6:29; 12:42; Luke 4:25, 26; 10:4; comp. 2 Kings 4:29; Mark 1:6; comp. 2 Kings 1:8; Matt. 3: 4, etc.).彼らはそれとなく触れられたように頻繁に引用されたり、わたしたちの主とその使徒( matt. 6時29分; 12:42 ;ルーク4:25 、 26 ;午前10時04分;のCOMPです。 2王4:29 ;マーク1 : 06 ;のCOMPです。 2王1:8 ;マットです。 3 : 4 、等) 。 The sources of the narrative are referred to (1) "the book of the acts of Solomon" (1 Kings 11:41); (2) the "book of the chronicles of the kings of Judah" (14:29; 15:7, 23, etc.); (3) the "book of the chronicles of the kings of Israel" (14:19; 15:31; 16:14, 20, 27, etc.).物語のソースを指定するときは、 ( 1 ) "この本は、ソロモンの行為" ( 1王11:41 ) ; ( 2 ) 、 "予約は、クロニクルのユダの王" ( 14:29 ; 15 : 7日、 23日、等) 、 ( 3 ) 、 "予約は、クロニクルは、イスラエルの王" ( 14:19 、 15:31 、 16:14 、 20日、 27日、等) 。 The date of its composition was some time between BC 561, the date of the last chapter (2 Kings 25), when Jehoiachin was released from captivity by Evil-merodach, and BC 538, the date of the decree of deliverance by Cyrus.この評価を組成するのは、紀元前561いくつかの時間の間に、この評価をするの最後の章( 2キングス25 ) 、時がリリースさから解放されjehoiachin悪- merodach 、および紀元前538は、この評価を救出され、令キュロスです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Third and Fourth Books of Kings 3位と4位の書籍オブキングス

Catholic Information カトリックの情報

The historical book called in the Hebrew Melakhim, ie Kings, is in the Vulgate, in imitation of the Septuagint, styled the Third and Fourth Book of Kings.予約は、ヘブライ語と呼ばれる歴史的melakhim 、すなわち王は、ウルガタ聖書は、セプトゥアギンタの模造品を、 3番目と4番目のスタイル予約オブキングスです。 This designation is justified, inasmuch as the historical narration contained in I and II Kings is herein continued, and, especially, because the history of David's life, begun in I and II, is here concluded.この指定は正当化、 〜だけれども、歴史的なナレーションに含まれてIとIIキングスは、ここに続き、および、特に、デビッドの人生の歴史のため、 IとII開始され、結論がここにあります。 It is, on the other hand, an independent work, distinct from the Books of Samuel (ie I and II Kings) in its origin and its style, as well as by reason of the purpose it has in view.これは、その一方で、独立した仕事は、はっきりしたからサムエル記(すなわちIとIIの王)を起源とそのスタイルだけでなく、それを理由には、目的のためには表示されます。 Its division into two books--at an awkward place, just in the middle of the history of Ochozias--did not exist in early times, and has only been introduced later into the Hebrew editions from the Septuagint and the Vulgate.その課を2つの書籍-都合の悪い場所の真ん中だけの歴史をo chozias-早い時期には存在しなかった、とは、ヘブライ語のみで行われてエディションを導入へセプトゥアギンタとウルガタ聖書からです。 A division into three parts would be more in keeping with the contents.の一部門を3つの部分が他の維持の内容です。 The first part (1 Kings 1:11), beginning with David's enactments concerning the succession to the throne and his last instructions, comprises the history of Solomon: his God-given wisdom, the building of the temple and royal palace, the splendour of his reign, his great fall on account of which God announced to him the breaking up of his realm.の最初の部分( 1王1:11 )を初めとするデビッドのenactmentsの王位継承と彼の最後の手順については、構成の歴史のソロモン:彼の神から与えられた知恵を、同寺の建物やロイヤルパレス、華麗なる彼の治世、彼の偉大な神の秋に発表されたアカウントのうち、彼は彼の領域に分割します。 The second part (1 Kings 12-2 Kings 17) gives an historical survey of the kindred Kingdoms of Juda and Israel: Jeroboam's falling away from God and worship of the golden calf, the continuous wars between the succeeding kings of Israel and Juda up to Achab, the endeavours on the part of Elias to bring back to God the people misled by Achab, the destructive alliances between the house of Achab and the house of David, the miracles, prophecies, and activity of Eliseus, the destruction of the race of Achab by Jehu, Athalia's abortive attempt to destroy the house of David, the further line of contemporaneous kings of Juda and Israel until the end of the last-named kingdom, with an epilogue setting forth the causes of the fall of the latter. 2番目の部分( 1王12-2王17 )は、歴史的な調査は、親族とイスラエル王国のjuda : jeroboamの下落から、神と崇拝の黄金ふくらはぎの、後任の連続ウォーズ王、イスラエルとの間の最大juda achabは、努力の部分を省略してエリアスをもたらす神のもとに惑わされる人々 achabは、破壊的パートナーとの間のハウスオブachabの家のデビッドは、奇跡、予言、および活動のeliseusは、レースの破壊イエフachabされ、お流れになった試みを破壊するのathaliaの家のデビッドは、同時期に、より詳細な行のjuda王とイスラエルの最後の最後まで、名前の王国、エピローグの設定に記載の原因を究明するの秋に後者です。 The third part (2 Kings 18-25) treats of the history of the Kingdom of Juda after the reign of Ezechias: his miraculous deliverance from the power of the Assyrians, his boastful conniving with the Babylonians, which gave rise to the Babylonian Captivity and Exile, the historical account of the reign of Manasses, whose sins evoked the pronouncement of the ruin of Juda, of Josias, who restored the temple, renewed the covenant with God, and endeavoured to stamp out idolatry, of the last kings up to the destruction of Jerusalem by the Babylonians, with a short postscript concerning the Judeans who had remained behind, and the delivery of King Joachim from his imprisonment. 3番目の部分( 2キングス18-25 )の歴史を扱うのjudaの王国を統治した後のezechias :彼の奇跡的救出assyriansからの力を利用し、彼の自慢見て見ぬふりをbabylonians 、これは、バビロン捕囚に上昇すると亡命者は、歴史的なアカウントのマナッセスの治世、その罪を誘発judaの宣告を破滅させるのは、 josias 、 who復元同寺は、新たな神の約束をし、偶像崇拝endeavouredを撲滅する、最大の最後の王、エルサレムの破壊されたbabylonians 、 who judeansに関する短いのPostScriptは依然背後にいたし、彼の懲役刑の配信王ヨアヒムからです。 The Books of Kings were not completed in their present form before the middle of the Exile.王の書籍には現在の形に完成する前に真ん中に亡命します。 Indeed 2 Kings 25:27-30, relates that Joachim was released from bondage (562), and admitted to the court of Babylon for "all the days of his life".確かに2キングス25:27-30 、関係をヨアヒムがリリースさボンテージ( 562 ) 、と認めて、裁判所のバビロン"のすべての日間の彼の人生"です。 According to the Babylonian Talmud (Baba bathra, fol. 15, 1), the Prophet Jeremias is the author.によると、バビロニアタルムード(馬場bathra 、 fol 。 15日、 1 ) 、預言者ムハンマドイェレミアスは、著者です。 Not a few among both older and more recent exegetes consider this probable.両方の古いとの間にはいくつかのexegetes他の最近のこの確率を考慮します。 It is indeed remarkable that Jeremias's activity is not alluded to--his name not even being mentioned--although he stood in close relation to the events of the last few years, while everything other prophets (eg Elias, Eliseus, Isaias) did for kings and people is carefully noted.これは驚くべきことですが、実際の活動ではないイェレミアスそれとなく触れられたように-彼の名前が記載さえ-彼は立っていたと緊密に関連して、イベントの最後の数年間、すべての他の預言者(例:エリアス、e l iseus、i s aias)は、王と人々は慎重に指摘した。 In case Jeremias was the author, we have to accept the explanation that he did not consider it suitable to relate here what he had set forth at length in his prophecy.イェレミアス問題が発生した場合は、著者は、私たちは彼を受け入れることの説明が適切に関連づけることを考慮しなかったここではどのような規定の長さを彼は彼の予言です。 Furthermore, Jer., lii, the narrative of the events in which Jeremias's predictions were fulfilled, is taken almost verbatim from 2 Kings 24:18-25:30.また、 jer 。 、 52は、物語のイベントではイェレミアスの予測が果たされる、ほぼ逐語から2キングスは24:18-25:30です。 The compiler of the Prophecy of Jeremias felt justified in doing this, inasmuch as, in his opinion, the Books of Kings were by the same author.コンパイラは、予言の正当性を感じたイェレミアスこれにより、 〜だけれども、彼の意見によれば、王がされた書籍と同じ著者です。 There is an undoubted resemblance in language and style between this historical book and the Prophecy of Jeremias.似ていることには疑問の余地がないこの歴史の間には、言語やスタイルのイェレミアス帳との予言です。 The same expressions occur in both writings (compare, for instance, 1 Kings 2:4 with Jeremiah 33:17; 1 Kings 9:8 with Jeremiah 18:16 and 19:8, also Lamentations 2:15; 2 Kings 21:12, with Jeremiah 19:3; 2 Kings 21:13-14, with Jeremiah 30:16 and 22:17, also Lamentations 2:8).文章表現の両方で発生する可能性は同じ(比較、例えば、午前2時04分に1キングスエレミヤ33:17 ;午前9時08分に1キングスエレミヤ18:16と19時08分、また哀歌2:15 ; 2キングス21:12 、エレミヤ19時03分、 2キングス21:13-14 、エレミヤ30:16 、 22:17 、また哀歌2時08分) 。 If Jeremias be indeed the author, it must be accepted as probable that he wrote the book not long before, or shortly after, the fall of Jerusalem (587 BC); the last verses (xxv, 27-30) have possibly been added by a different hand.イェレミアスの著者が実際にいる場合、それをしなければならない受け入れられる確率はずっと前から彼が本を書いたのか、または直後に、エルサレムの秋に(紀元前587 ) ;の最後の詩( 25 、 27-30 )が追加されましたされる可能性別の手です。 The style, especially in the second chapter, is entirely different from that of the Books of Samuel (I and II Kings).のスタイル、特に2番目の章では、からしているが全く別のサムエル記( IとIIキングス) 。 The well-developed and comprehensive presentation of those books differs noticeably from the dry and chronicle-like reports about most of the kings.包括的プレゼンテーションのよく発達したと著しく異なるこれらの書籍からの乾燥やクロニクルのような報告書についてはほとんどの王です。 Besides, the Books of Samuel never refer to those lost books which served as sources and which contained fuller particulars, while the Books of Kings are full of such references.また、これらのサムエル記を参照して失われた書籍がないとしてこれに含まれるソースと明細フラー、キングスが、書籍のような参考文献がいっぱいです。 In the latter books the chronology is very clearly set down; for instance, as long as the two kingdoms exist simultaneously, in considering the history of one king, the year in which the contemporary king of the other kingdom acceded to the throne and the length of his reign are both indicated.後者の書籍の年表は非常に明確に定めダウン;たとえば、 2つの国が存在する限り、同時に、 1つの歴史を考慮して、王は、現代のキングオブで開催される第同意し、他の王国との玉座の長さ彼の治世はどちらも表示します。 Such notices are entirely absent from the Books of Samuel.このような通知は、完全に欠席サムエル記からです。 From them it is even impossible to discover how long Samuel and Saul governed.からそれらを発見することも不可能とはどのくらいサミュエルソール支配します。 Moreover, the historian of 1 and 2 Kings himself passes judgment on every king of Israel and of Juda as to whether he did right or wrong in the eyes of God; whereas the Books of Samuel simply give the judgments of other historians or leave it to the reader to judge for himself.また、自分自身の歴史学者の1と2をキングスキングオブパスごとに判断するとして、イスラエルとのjudaを間違っているかどうかの権利や彼は神の目には;が、サムエル記の判断を与えるだけの他の歴史や運を天に任せる自分自身を判断するためのリーダーです。

The Books of Kings cover a period of about four centuries, from the time of the last years of David until the fall of Jerusalem.王の書籍をカバーする期間の約4世紀の時からの最後の年の秋にするまで、エルサレムのデビッドです。 They do not give the complete history of Israel during this period; such was not the purpose of the writer.彼らはありませんイスラエルの歴史を完全に与えるこの期間中;などは、特定の目的は、作家です。 He omits many important events or barely alludes to them.彼は多くの重要なイベントや辛うじてalludes省略しています。 For the political history of the two kingdoms, the military exploits of the kings, their public achievements, he constantly refers to three other writings which, at that time, were still in existence.の2つの国の政治の歴史を、王の軍事攻撃を、彼らの公共の業績、彼は常に他の3つの文章を参照しては、その時、はまだ存在している。 By these references he wishes to indicate that he does not intend to relate everything which may be found in those sources.これらの参考文献彼の願いは思っていないことを示すためにこれをすべての関係ではこれらのソースが見つかることがあります。 Whoever wanted information concerning the wars, the treaties, and public acts was to consult the writings referred to.誰でも指名手配の戦争に関する情報は、条約、および公共の行為は、言及を文章に相談しています。 In the Book of Kings, as is shown by its contents, another matter predominates, namely, the relation of each king to revealed religion.この本の王、その内容が表示され、別の問題predominates 、すなわち、各王の関係を明らかに宗教です。 For this reason, the narrator judges the conduct of each king, treats more extensively the history of those kings who fostered or brought religion to a flourishing state (such as Solomon, Ezechias, Josias), or who had, on the contrary, wrought it great harm (Jeroboam I, Achab, and Joram); and therefore he relates particularly what the prophets did to bring back the kings and people to the observance of the laws of religion and to spur them on.このため、裁判官の行為の語り手の各王は、それらの歴史を扱う他の広範囲キングスwho brought宗教を育てたりして繁栄している状態(例えば、ソロモン、 ezechias 、 josias ) 、またはwhoが、逆に、鍛造こと大きな損害を与える( jeroboam私は、 achab 、およびjoram ) ;との関連性、特にそのため彼は、預言者はどのように戻すの王と人々を守ることに拍車を掛けるの法律に基づいて宗教としています。 The object the writer had in view he indicates very clearly in the epilogue which follows the story of the fall of Israel (2 Kings 17:7 sqq.).その作家は対象のオブジェクトには、彼は非常に明確に示してエピローグを次のように、イスラエルの秋の物語( 2キングス17時07 sqq 。 ) 。 With emphasis he points out the cause: "They worshipped strange gods . . . and they hearkened not [to the warnings of the prophets] . . . and they rejected the covenant that he [God] made with their fathers . . . And the Lord was very angry with Israel, and removed them from his sight, and there remained only the tribe of Juda. But neither did Juda itself keep the commandments of the Lord their God; but they walked in the errors of Israel . . . And the Lord cast off all the seed of Israel."重点を置いて彼の原因と指摘: "彼らの神々を崇拝奇妙な。 。 。 。 。と彼らはhearkened [して警告して預言者] 。 。 。 。 。と契約を拒否し、彼は彼ら[神] 、自分の父親に作られています。 。 。 。 。と主はとても怒って、イスラエル、および削除してから彼の光景、およびある部族のjudaのみ残っています。しかし、どちらの十戒を守るのは自分自身juda彼らの神、主;しかし、彼らは、歩いてイスラエルのエラーが発生します。 。 。 。 。と主のすべての種子のイスラエル脱ぎ捨てる。 " 1 Kings 2:3-4; 9:3-9; 11:11, 11:33-39; 14:7-11; 16:12 sqq.; 2 Kings 10:30-33; 13:3; 21:11-16; 22:15-17; 24:3-20, bring out the same idea. 1王2:3-4 ; 9:3-9 ; 11:11 、 11:33-39 ; 14:7-11 ; 16:12 sqq 。 ; 2キングス10:30-33 ;午前13時03分; 21 : 11-16 ; 22:15-17 ; 24:3-20 、同じ考えを明らかにする。 In this manner the writer teaches that the unlawful cult offered in the high places and the idolatry practised both by kings and people in spite of the admonitions of the prophets were the cause of the downfall of Israel and of Juda.このように教えるのは、違法なカルト作家の高い場所で提供さ偶像崇拝と実践の両方によって王とadmonitionsのにもかかわらず、人々は、預言者の没落が原因で発生するのは、イスラエルとのjudaです。 Still this is not the entire purpose of the work.まだ全体の目的ではないの仕事をします。 The repeated calling to mind of the promises of the God Who had pledged a permanent reign to David, the acknowledgment of the mercy of the God Who, on account of David, Ezechias, and Josias, had suspended the judgment pronounced upon Juda--all this served to revive the hope and confidence of the remnant of the people.心の中での約束を繰り返し呼び出すことの神のwhoは恒久的な支配を約束したデビッドは、神のなすがままに謝辞をwhoで、 [アカウントのデビッド、 ezechias 、およびjosias 、顕著な判断を停止していた時juda -全てのこれを提供するの希望と自信をよみがえらせるのは、レムナントの人々です。 From this they were to learn that God, just in His wrath, was also merciful in His promises to David and would be faithful to His promise of sending the Messias, whose kingdom should endure.この彼らは神を知って、彼の怒りを買うだけで、彼の約束しても慈悲深く、デイビッドと彼は約束を忠実にmessias送信して、その王国に耐える必要です。 Not unappropriately this whole work may be called an historical elucidation and explanation of Nathan's oracle (2 Samuel 7:12-16).このunappropriately年5月には全体の仕事の説明と呼ばれる歴史的な解明とネイサンのオラクル( 2サミュエル7:12-16 ) 。

The writings upon which the Books of Kings are based and to which they refer more than thirty times are: the "book of the words of the days of Solomon" (1 Kings 11:41), the "book of the words of the days [AV book of the chronicles] of the kings of Israel" (xiv, 19; etc.), and the "book of the words of the days of the kings of Juda" (xiv, 29; etc.).が管理し、書籍の執筆をベースと王は、それが30回以上も参照: "本の日間のソロモンの言葉を" ( 1王11:41 )は、 "予約の人の言葉を、日中に[ av予約は、クロニクル]は、イスラエルの王" ( 14 、 19 ;等) 、および、 "予約の人の言葉を、日中には、王juda " ( 14日、 29日;等)です。 In the opinion of many, these "chronicles" are the official annals kept by the chancellors of the different kings.での意見の多くは、これらの"クロニクル"が保管された首相の公式科学Annalsして、それぞれの王です。 However, it is by no means certain that the office designated by the Hebrew mazkir signifies chancellor (Vulgate a commentariis); still less certain is it that it was part of the duty of the chancellor, who belonged to the king's household, to keep these annals.しかし、これは、特定のものではない事務所は、ヘブライ語で指定された意味mazkir首相(ウルガタ聖書をcommentariis ) ;まだ少ないことはしては、特定の部分の任務は、首相、 who 、王の世帯に属して、これらを保つ科学Annalsです。 It is true that David (2 Samuel 8:16), Solomon (1 Kings 4:3), Ezechias (2 Kings 18:18), and Josias (2 Chronicles 34:8) counted among their officials a mazkir, but whether the other kings of Juda and of Israel employed such an officer we find nowhere indicated.それは事実だが、デビッド( 2サミュエル8時16分) 、ソロモン( 1王4:3 ) 、 ezechias ( 2キングス18:18 ) 、およびjosias ( 2クロニクル34:8 )の関係者に数えられるmazkir 、しかし、かどうか他の王とイスラエルの雇用judaこのような役員を見つけるどこに示されます。 Even if it were historically certain that so-called year-books were kept in the two kingdoms by the chancellors, and had been preserved in Israel in spite of so many revolutions and regicides, there remains still the question whether these are really the "chronicles" which serve as a basis for the Books of Kings.たとえそれが歴史的に確信していわゆる年の図書が保管して2つの国の首相、およびイスラエルに保存されていたにもかかわらず、非常に多くの回転数とregicides 、依然としてのか、という疑問が残るこれらは実際には"クロニクル"の役目を果たす基づいて、書籍の王です。 The chronicles of other peoples, as far as they have been preserved in cuneiform characters and otherwise, contain exclusively that which contributes to the glory of the kings, their deeds of arms, the edifices they built, etc. Our historical work, however, also relates the sins, prevarications, and other atrocities of the kings, which were not likely to be recorded in the year-books by court officials during the lifetime of their kings.クロニクルの他の人々は、保存されている限り、彼らは他のくさび形文字と、排他的にこれが含まれ、王の栄光に貢献して、彼らの行為を武器に、彼らedifices建てなどの歴史的な仕事、しかし、も関連の罪、 prevarications 、およびその他の残虐行為をキングスに含まれていないと判断される年に記録されて書籍を裁判所の関係者の寿命は、その中の王です。 According to 2 Kings 21:17, "The acts of Manasses . . . and his sin which he sinned, are they not written in the book of the words of the days [AV book of the chronicles--2 Samuel 21:17] of the kings of Juda?" 21:17によると、 2王"の行為をマナッセス。 。 。 。 。と彼の罪を彼は罪を犯し、この本で書かれていないが彼らの言葉を、日中には、 [ av予約は、クロニクル-2サミュエル2 1:17] judaの王ですか? "

We may endeavour to determine the nature of these sources in another way.エンデバーの性質を決定することがありますこれらのソースを別の方法で。 By comparing the accounts in the Books of Kings and those in II Par., one is immediately struck by two things: With frequent verbal similarity, both works carefully indicate the sources which have been consulted.アカウントには、書籍を比較し、それらの2世王とパーです。 、 1つがすぐに打たれた2つのこと:頻繁に口頭での類似性、両方の作品を慎重に相談されてきたのソースを示しています。 The history of Solomon's reign, III Kings, i-xi, is told in II Par., i-ix, in almost the same manner, and while III Kings, xi, 41, refers to the "book of the words of the days of Solomon", II Par., ix, 29, refers in the same formula ("The rest of", etc.) to "the words of Nathan the prophet, and the books of Abias the Silonite, and the vision of Addo the seer".ソロモンの治世の歴史を、 3世王、私- xi 、ははは二パー。 、私- 9世は、ほぼ同じように、そして3世王、西、 41 、を参照して、 "予約の人の言葉を、日中にソロモン" 、二パー。 、 9世、 29日、参照と同じ式( "の残りの部分" 、等)を"預言者ムハンマドの言葉をネイサンと、書籍のabiasのsilonite 、とのビジョンをアッドー先見者"です。 The history of Roboam the author of the Books of Kings takes from the "book of the chronicles of the kings of Judah" (AV 1 Samuel 14:29). roboamの歴史の書籍の著者は、王が完了するまで、 "予約は、クロニクルのユダの王"違反( AV 1サミュエル14:29 )です。 The writer of II Par., x-xii, gives an account of the same which in contents and form is almost identical, and refers to "the books of Semeias the prophet, and of Addo the seer" (2 Chronicles 12:15).その作家の二パー。 、 - 12 、同じアカウントではこれはほぼ同じ内容とフォームは、およびを参照して"預言者ムハンマドの書籍のsemeias 、として凡てを見透さアッドー" ( 2クロニクル12:15 )です。 The same holds for the history of the following kings of Juda.同じを保持するためには、次の王の歴史judaです。 After an account, often in almost the same words, now elaborate and then again more concise, we find in the Book of Kings the "book of the chronicles" and in II Par.アカウント登録した後、多くの場合、ほぼ同じ言葉を、今すぐ手の込んだと入力し、再びより簡潔に、私たちでは、予約オブキングス、 "予約は、クロニクル"と、二パーです。 the "prophetic writings" given as sources. "予言書"をソースとして与えられた。 It must be added that, while in the life story of four of the seven kings in II Par., reference to the source is omitted, these are also absent in the Books of Kings.追加しなければなりませんが、人生の物語の4つの中に、王の2世の7つのパー。 、参考に、ソースが省略された場合は、これらはまた王の不在は、書籍です。 Is it then not probable that it is one and the same source whence both writers have gathered their information?その後、予想はしていないと、同じソースは、そこから1つの作家が集まって情報の両方ですか? The "book of the chronicles" quoted in 1 and 2 Kings the writer of 2 Chronicles designates by the then usual appellation, "the book of the kings of Juda and Israel". "予約は、クロニクル"に引用さ1と2をキングスその作家の2クロニクル指定された入力し、通常の名称、 "この本のjudaとイスラエルの王"です。 The prophetic writings referred to by this writer are divisions of the last-named book.文章の予言によって参照されるこの作家は、名前の最後の部分を予約します。 This the writer states explicitly (2 Chronicles 20:34) of "the words [or the writings] of Jehu the son of Hanami" (his source for the history of Josaphat): they are "digested into the books of the kings of Israel [and Juda]"; also (2 Chronicles 32:32 -- Vulgate) of "the vision of Isaias, son of Amos": it is embodied in "the book of the kings of Juda and Israel".この国の作家を明示( 2クロニクル20:34 ) "という言葉[ 、または記述]の御者の息子の花見" (彼のソースの歴史をヨザファト) :彼らは"消化された書籍は、イスラエルの王[やjuda ] " ;も( 2クロニクル32:32 -流布本) "のビジョンをi saias、息子のアモス" :ことが体現され"その本のj udaとイスラエルの王"です。 Consequently, the source utilized by both writers is nothing else but the collection of the writings left behind by the successive prophets.その結果、作家のソースの両方で使われることはないが、コレクションに加え、他の文章から取り残される連続預言者です。

That the author of the Book of Kings has thoroughly consulted his sources, is constantly evident.は、本の著者は、徹底的に相談王は彼によると、は定期的に明らかになった。 Thus he is able to describe the labours and miracles of Elias and Eliseus with such minuteness and in so fresh and vivid a manner as to make it plain that the original narrator was an eyewitness.こうして彼は仕事をできるように説明して奇跡のような微小eliseusエリアスと新鮮で生き生きとして管理するようにすることが明確に、元の語り手は、目撃者です。 This is why he consults the sources and refers the reader to them in his account of the life of almost every king; not a few expressions have been taken over verbally (cf. 1 Kings 8:8; 9:21; 12:19; 2 Kings 14:7, etc.).これはなぜ彼と協議する方針を参照して、自分のアカウントを読むには、生活のほぼすべての王;ない口頭でいくつかの表現がとられている以上( cf. 1王8 : 08 ;午前9時21分; 12:19 ; 2キングス14時07分、等) 。 The authenticity of his history is further strengthened by its agreement with the accounts of II Par.彼の歴史の信ぴょう性がさらに強化され、契約書のアカウントの2世パーです。 The difficulties which appear at the superficial perusal of these Sacred Writings vanish after an attentive study, what seemed contradictory proving to be an amplification or else entirely new matter.困難な点が表示されるのは、浅熟読した後に、これらの聖典消える行き届いた研究では、どのような矛盾を証明されるように増幅または他の全く新しい問題です。 In many places the historical reliability of the Books of Kings is confirmed by what the prophetic writings of Isaias, Jeremias, Osee, Amos, Micheas, and Sophonias report concerning the same events, either by direct mention or by allusion.多くの場所での歴史的信頼性が確認された書籍の王はどのような文章をisaiasの予言、イェレミアス、 osee 、アモス、 micheasし、 sophonias報告書と同じイベント、のいずれかを直接言及しない、またはほのめかしています。 Even profane historians of antiquity, Berosus, Manetho, and Menander, are quoted by Flavius Josephus and Eusebius as witnesses to the reliability of our book of sacred history.古代史にも不敬、 berosus 、 manetho 、およびメナンドロス、フラウィウスヨセフスが引用されるとユーセビアス証人としての信頼性を神聖な歴史の本です。 Especially notable in this respect are the inscriptions concerning the Oriental races discovered during the last century.特に注目に値する、この点に関する碑文は、前世紀の間に発見さオリエンタルレースです。

Publication information Written by Jos. Schets.出版物の情報執筆者jos. schetsです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

NETELER, Das 3 und 4 B. der Könige der Vulg. Netelerが、 das 3 und 4 b. der könige der vulgです。 und des Urtextes übersetzt und erklärt (Münster, 1899); HOLZHEY, Das B. der Könige (Leipzig, 1899); CRAMPON, Les livres des Rois (Paris, 1899); BENZIGER, Die B. der Könige (1899); KITTEL, Die B. der Könige (Göttingen, 1900); CHALLONER AND KENT, Kings III and IV (London, 1904); CROCKETT, Books of the Kings of Judah and Israel. undデurtextes übersetzt und erklärt (ミュンスター、 1899 ) ; holzhey 、 das b. der könige (ライプチヒ、 1899 ) ;クランポン、レlivresデrois (パリ、 1899 ) ; benziger 、死ぬb. der könige ( 1899 ) ;キッテル、死ぬb. der könige (ゲッティンゲン、 1900 ) ;チャロナーとケント、キングス3世や4世(ロンドン、 1904 ) ;クロケット、書籍のユダとイスラエルの王です。 Harmony of the B. of Sam., Kings and Chron.ハーモニーは、 b.のサムです。 、王とchron 。 in the version of 1884 (London, 1906); RUBIE, The first Book of Kings (London, 1907); BARNES, I and II Kings (London, 1908); MACLAREN The Books of Kings (London, 1907-08); BURKITT, Fragments of the B. of Kings according to the translation of Aquila (Cambridge, 1897); LAGRANGE, L'Inscription de Mésa, etc., in Revue Biblique (1901), 522-45; PRASEK, Sennacharib's Second Expedition in the West and the Siege of Jerusalem in Expository Times, XII, 225, 405; XIII, 326; STEFFENS, The St;ructure and Purpose of the B. of Kings in The Bible Student, VIII, 153-60; DÖLLER, Geographische und ethnographische Studien zem III und IV Könige (Vienna, 1904); BURNHAM, The Mission and Work of Elijah in Biblical World, XXIV, 180-87; SCHULZ, Die Quellen z.は、 1884年のバージョンの(ロンドン、 1906 ) ; rubie 、最初の予約オブキングス(ロンドン、 1907 ) ;バーンズ、 IとIIキングス(ロンドン、 1908 ) ;マクラーレンの図書オブキングス(ロンドン、 1907年から1908年) ;バーキット、断片化した王のb.の翻訳によると、アクイラ(ケンブリッジ、 1897 ) ;ラグランジュ、 l'碑文デmésaなどでレヴューbiblique ( 1901 ) 、 522から45まで; prasek 、 sennacharibの2番目探検隊は、西エルサレムの包囲を解くと、解説倍、 12 、 225 、 405 、 13 、 326 ;ステフェンズ、セント; ructureと王の目的は、 b. 、聖書の学生、 viii 、一五三から六〇 ; döller 、 ethnographische geographische und studien 3世4世zem und könige (ウィーン、 1904 ) ;バーナムは、仕事を使命とイライジャ聖書の世界では、二十四、百八十から八十七;シュルツ、死ぬquellen z. Gesch. gesch 。 des Elias (Braunsberg, 1906); DODDS, Elisha, the Man of God (Chicago, 1904); VON HUMMELAUER, Solomons ehernes Meer in Bibl.デエリアス( braunsberg 、 1906 ) ;ドッズ、エリシャ、その男の神(シカゴ、 1904 ) ;フォンhummelauer 、ソロモンズehernesミーアにbibl 。 Zeitsch., VI, 133- 54; VINCENT, La description du Temple de Salomon, I Rois, vi, in Revue Biblique (1907), 515-42; BREME, Ezechias und Senacherib (Freiburg im Br., 1906); NAGL, Die nachdavidische Königsgeschickhte Israels ethnographisch und geographisch beleuchtet (Vienna, 1905); TOY, The Queen of Sheba in Journal of Am. zeitsch 。 、 6 、 133 -5 4;ヴァンサン、ラ説明書デュ寺デソロモン、私r ois、六は、レヴューb iblique( 1 907) 、五一五から四二まで;ブレーメ、 e zechiasu nds enacherib(フライブルクイムしました。 、 1 906) ; n agl、死ぬnachdavidische königsgeschickhteイズリールスethnographisch und geographisch beleuchtet (ウィーン、 1905 ) ;おもちゃ、シバの女王、ジャーナルの時です。 FolkLore, XX, 207-12; CALDECOTT, Solomon's Temple.民俗学、イグゼクス、 207から12まで;カルデコット、ソロモンの寺です。 Its history and its structure (London, 1907).その歴史とその構造を見る(ロンドン、 1907 ) 。


Books of Kings図書オブキングス

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

First Book of Kings:最初の予約オブキングス:

Solomon.ソロモンです。

Kings and Prophets.王と預言者です。

Elijah and Elisha.イライジャとエリシャです。

Second Book of Kings: 2番目予約オブキングス:

Elisha's Career.エリシャのキャリアのです。

Jehu's Iniquities.イエフのiniquitiesです。

The Later Kings. 、後の王です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Object and Method of Work.オブジェクトとメソッドの仕事です。

Time of Redaction.時間を改訂します。

Sources.ソースです。

Narratives and Epitomes.物語とepitomesです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Fourth book of the second canonical division of the Hebrew Bible, the Prophets (). 2番目の4番目の本カノニカル部が実施してヘブライ語聖書は、預言者( ) 。 It contains a history of the kings of Judah and of Israel from the last days of David till the capture of Zedekiah by Nebuchadnezzar.それには、王の歴史をユダとイスラエルからの最終更新日間のデビッドまでのキャプチャのネブカドネザルゼデカイアされています。 This work is divided into two books, I Kings () and II Kings (); the former consisting of twenty-two, the latter of twenty-five, chapters.この作品は2つの書籍に分かれて、私の王( ) 、およびiiキングス( ) ; 2002年の元で構成され、後者には2005年、支部です。

The following is a synopsis of their contents:は、次の形式のは、その内容:

First Book of Kings:最初の予約オブキングス:

Ch.あなたのです。 i.: David having grown old, his son Adonijah forms a plot with Joab and Abiathar to seize the kingdom.勇:デビッドに成長した古、彼の息子と陰謀をたくらむジョアブadonijahを形成するとabiatharの王国を強制します。 But Solomon's mother, Bath-sheba, helped by Nathan the prophet, baffles Adonijah's design, and Solomon is anointed and crowned with great solemnity.しかし、ソロモンの母親、バス-シバ、ネイサンに助けられた預言者、 baffles adonijahのデザイン、およびソロモンは立派な厳粛公認とします。 Hearing of this, Adonijah and his guests, who are banqueting at the time, retire precipitately.公聴会は、次の、 adonijahと彼のゲスト、 whoは、バンケットは、時間、引退precipitatelyです。

Ch.あなたのです。 ii.: David's charge to Solomon, whom he enjoins to let neither Joab nor Shimei die a natural death. Ⅱ 。 :デビッドの電荷をソロモンは、御心に適うenjoinsさせてもどちらもジョアブshimei自然死を遂げる。 On the other hand, he is to show kindness to the children of Barzillai the Gileadite.その一方で、彼は親切にして子供たちを表示するbarzillaiのギレアデです。 Adonijah asks Solomon for David's concubine Abishag, and pays for his imprudence with his life.ソロモンのデビッドの側室adonijah要求abishag 、および配当は彼の人生を自分の軽率にします。 Abiathar is deposed from the high-priesthood, and Joab is killed by Benaiah at the command of Solomon.高abiatharは聖職に就くからの退陣、およびジョアブbenaiahするには、コマンドは、殺されるソロモンのです。 Shimei, ignoring a command of the king, is killed by Benaiah in fulfilment of David's charge to Solomon. shimei 、無視するコマンドは、王のは、その個人情報は、殺されるのデビッドのbenaiahソロモンの請求をします。

Solomon.ソロモンです。

Ch.あなたのです。 iii.: Solomon marries the daughter of the King of Egypt. Ⅲ 。 :ソロモンの娘の結婚ザキングオブエジプトです。 God appears to him in a vision by night at Gibeon, and promises him extraordinary wisdom and great riches.神のように見えるの夜、彼はビジョンをギベオン、および臨時彼の知恵と巨万の富を約束します。 Solomon's judgment in the case of the two harlots, in which he discovers the real mother of the living child.ソロモンの判決は、 2つの例harlots 、本当の発見では彼の母親の子供の生活です。

Ch.あなたのです。 iv.: Solomon divides his kingdom into twelve commissariat districts, and appoints officers over them; each district being required to support the royal house during one month every year. Ⅳ 。 :ソロモン彼の王国を12兵站地区に分割し、役員を任命して;各地区を支援するために必要な1カ月間、毎年ロイヤルハウス中です。

Ch.あなたのです。 v.: Account of Solomon's kingdom, his daily provision, the number of his horses, his great wisdom, the prosperous state of Israel under his rule, his alliance with Hiram, and his preparations for the construction of the Temple. v. :アカウントのソロモンの王国、彼の日常の提供、彼の馬の数を、彼の偉大な知恵は、イスラエルの状態を繁栄している彼に支配されて、彼の同盟関係をハイラム、と彼は、寺の建設の準備をします。

Ch.あなたのです。 vi.: A full account of the Temple, the construction of which lasted seven years. Ⅵ 。 :完全なアカウントの同寺は、 7年間の建設が続いた。

Ch.あなたのです。 vii.: Description of Solomon's palace, the erection of which occupied thirteen years, and of the Temple vessels made by Hiram the artificer. Ⅶ 。 :ソロモンの宮殿の説明を、 13年間の勃起を占領し、同寺の船舶作られるハイラムの職人です。

Ch.あなたのです。 viii.: Inauguration of the Temple. Ⅷ 。 :発足した同寺です。 After the Ark and the vessels are brought in, Solomon addresses to God a long prayer and blesses the people.箱舟の後に血管が持ち込まれると、ソロモンのアドレスを神に長い祈りとblessesの人々です。 He then dedicates the Temple with numerous peace-offerings, and the people hold a feast of fourteen days.彼の寺を入力し、数多くの平和dedicates提供し、祝宴を催すの人々の14日後終了。

Ch.あなたのです。 ix.: Second appearance of God to Solomon. 9 。 : 2番目の外観をソロモンの神です。 He admonishes the king to observe His commandments, otherwise the Temple will be of no avail.彼は、その戒めを観察ザキングadmonishes 、他の同寺されるのないのでご了承願います。 Solomon makes another treaty with Hiram, builds several cities, and imposes a heavy tribute on the descendants of the former inhabitants of the land.ソロモンは別の条約を結んでハイラムは、いくつかの都市を構築し、重いトリビュートを課す、元の住民たちの子孫の土地です。 Solomon's navy, under the direction of Tyrians, sails to Ophir for gold.ソロモンの海軍、 tyriansの方向にされて、帆をオフィルの金です。

Ch.あなたのです。 x.: The Queen of Sheba comes to Jerusalem and admires Solomon's wisdom; she gives him costly presents. Xで:シバの女王はソロモンの知恵をエルサレムと崇拝;彼女は高価なプレゼントを与えています。 A description of his golden targets, his ivory throne, his vessels, the great number of his chariots and horses.彼の黄金の説明をターゲットに、彼の象牙の玉座に、彼の船は、彼の偉大な数の戦車と馬です。

Ch.あなたのです。 xi.: Decline of Solomon; his numerous wives and concubines draw him into idolatry, for which God threatens him with the loss of his kingdom. XI 。の:ソロモンの衰退;彼の数多くの妻や彼を偶像崇拝concubines引き分けでは、彼に神の損失を脅かす彼の王国です。 An account of Solomon's adversaries; namely, Hadad, who flies to Egypt; Rezon and Jeroboam, to the latter of whom Ahijah prophesies that he will become king.アカウントのソロモンの敵;すなわち、 hadad 、 whoへ就航してエジプト; jeroboam rezonと、後者の人をahijah prophesies彼は国王になることです。 Solomon dies after a reign of forty years, and is succeeded by his son Rehoboam.ソロモンが死ぬ40年の統治の末に、彼の息子とは、成功さrehoboamです。

Ch.あなたのです。 xii.: Division of the kingdom. 12 。 :王国部が実施しています。 The Israelites assemble at Shechem for the purpose of crowning Rehoboam.イスラエルを組み立てるのは無上のためにシケムrehoboamです。 Headed by Jeroboam, they ask the king to relieve them of the burdens placed on them by his father.率いるjeroboam 、かれらは言う王の負担を緩和することは、彼の父親に配置されてされています。 Rehoboam, refusing the advice of the old men, and following that of the young ones, answers the people roughly. rehoboam 、拒否の忠告を無視し、古い男性は、次のように、若いものと、回答の人々の約です。 All the tribes of Israel, with the exception of Judah and Benjamin, revolt; they kill Adoram, and cause Rehoboam to flee.のすべての部族のイスラエル、ユダを除いて、ベンジャミン、反乱;彼らを殺すadoram 、および原因rehoboamを捨てて逃げるようです。 The latter is made king over Judah and Benjamin, while the other ten tribes follow Jeroboam, who strengthens himself by building Shechem and Penuel and places therein two golden calves as objects of worship.後者は王のユダとベンジャミン、その間、他の10部族次jeroboam 、 who強化自分自身を構築シケムと黄金のふくらはぎpenuelや場所として2つのオブジェクトをそこに崇拝される。 Kings and Prophets.王と預言者です。

Ch.あなたのです。 xiii.: Jeroboam's hand, as he is about to strike a man who has prophesied against the altar, withers, but at the prayer of the prophet is restored. 13 。 : jeroboamの手を、彼は会社を攻撃する男をwhoには、祭壇の予言を、ウィザーズ、しかし、祈りの預言者ムハンマドが復元されます。 This same prophet, deceived by an old prophet of Beth-el, eats at the latter's house in defiance of God's command and is slain by a lion.これと同じ預言者、預言者にだまされる古いベス-エル、食べるは、後者の家に逆らって、神のライオンされたコマンドとは、殺害された。 He is buried by the old prophet, who directs his children when he himself shall die to bury him by the prophet's side.彼は埋葬された古い預言者、 who指示自分の子供たちに死ぬときに彼自身を埋める彼の預言者の側です。 Jeroboam, in spite of the miraculous restoration of his hand, persists in his idolatry. jeroboamは、奇跡の回復にもかかわらず、彼の手は、彼の偶像崇拝が続く。

Ch.あなたのです。 xiv.: Abijah, Jeroboam's son, being sick, Jeroboam sends his wife, disguised, with presents to the prophet Ahijah of Shiloh. 14 。 : abijah 、 jeroboamの息子、具合が悪くなる、彼の妻を送信jeroboam 、偽装は、預言者ムハンマドにプレゼントをahijahのシロです。 The latter, on seeing Jeroboam's wife, announces to her the extermination of Jeroboam's family and the death of Abijah.後者は、 jeroboamの妻を見て、絶滅の発表を、彼女はjeroboamのご家族やabijahが死亡した。 Jeroboam is succeeded by his son Nadab. jeroboamは、彼の息子をnadabに成功した。 Rehoboam, falling into idolatry, is attacked by Shishak, King of Egypt, who despoils the Temple and the royal house. rehoboam 、偶像崇拝に陥らないように、攻撃を受けてshishakは、キングオブエジプト、 who despoilsの寺やロイヤルハウスです。 Rehoboam. rehoboamです。 is succeeded by his son Abijam. abijamされ、彼の息子が成功した。

Ch.あなたのです。 xv.: Abijam, during a wicked reign of three years, is continually at war with Jeroboam, He is succeeded by his son Asa. 15 。 : abijam 、 3年間の統治の邪悪な中には、継続的に戦争をjeroboam 、彼は彼の息子を朝に成功した。 The latter, a worshiper of Yhwh, is forced on account of his war with Baasha, King of Israel, to make a league with Benhadad.後者は、しもべのyhwh 、彼のアカウントが強制的に戦争をbaasha 、キングオブイスラエル、日本、リーグでbenhadadを作る。 He is succeeded by his son Jehoshaphat.彼は彼の息子をjehoshaphatに成功した。 Nadab, after a wicked reign of two years, is assassinated by Baasha, who succeeds him and whose reign is an evil one. nadab 、邪悪な統治の2つの年の後には、暗殺さbaasha 、 who成功した彼とその治世は、悪の1つです。

Ch.あなたのです。 xvi.: Jehu prophesies against Baasha, who after a reign of twenty-four years is succeeded by his son Elah. 16 。 :イエフprophesies反対baasha 、 whoの後に24年間の統治の成功によって、彼の息子はelahです。 The latter is assassinated by Zimri, who succeeds him and exterminates the whole family of Baasha, thus carrying out Jehu's prophecy. zimri後者は、暗殺され、全体のexterminates who成功した彼とご家族のbaasha 、イエフの予言を遂行するためです。 Seven days later the soldiers make their general Omri king, who forces Zimri to destroy himself by fire. 7日間への兵士たちに彼らの一般的なomriキング、 who軍zimri自分自身を破壊する火災です。 The kingdom of Israel is divided between Omri and Tibni, the former of whom finally becomes sole king.イスラエルの王国をomriとの間で分裂しtibniは、元の最後に誰が単独キングです。 After a sinful reign of twelve years, during which he builds Samaria, Omri is succeeded by his son Ahab, who does "evil in the sight of the Lord above all that were before him."罪深いの統治の12年間の後に、ビルドサマリア中で彼は、彼の息子omriは成功さahab 、 whoが"悪は、上記のすべての主な光景を前にされたんですよ"

Ch.あなたのです。 xvii.: Elijah the Tishbite, having foretold a drought, hides himself at Cherith, where he is fed by ravens. 17 。 : tishbiteイライジャは、干ばつが前から予報を、自分自身を非表示にcherith 、レイブンズ彼がどこに煽られています。 He is then sent by God to Zarephath; he sojourns at the house of a widow, whose son he raises from the dead.彼は神を入力し、送信されたzarephath ;彼は、ハウスオブに未亡人のsojourns 、その息子彼は死人の中から提起します。

Ch.あなたのです。 xviii.: Elijah is commanded to go to Ahab to announce that God will send rain; he meets Obadiah, who brings Ahab to him. 18 。 :イライジャはahabを発表するよう命じへの行き方が雨の神が送信さ;彼満たしてオバダイア、 whoもたらすahabしている。 Elijah, having reproved Ahab for his wickedness, convinces him of the superiority of Yhwh by calling down fire from heaven.イライジャは、彼の邪悪がreproved ahab 、伝えるyhwhに優位に立って彼を呼び出すことによって、火災からダウン天国です。 Having slain all the prophets of Baal, Elijah obtains rain by prayer and accompanies Ahab to Jezreel.バールのすべての預言者を殺害されたこと、イライジャを取得ahab雨を伴う祈りとジェズリエルされています。

Elijah and Elisha.イライジャとエリシャです。

Ch.あなたのです。 xix.: Elijah, threatened by Jezebel, flees to Beer-sheba; he then goes into the wilderness, where, being weary of his life, he is comforted by an angel. 19 。 :イライジャ、イゼベルによって脅かされて、逃げるのビール-シバ;彼を入力し、荒野が、どこに、彼の人生にうんざりし、彼は天使の慰められる。 At Horeb God appears to him and sends him to anoint Hazael, Jehu, and Elisha.表示さホレブ神は彼と彼を塗る送信hazael 、イエフ、およびエリシャです。 The last-named takes leave of his parents and friends and follows Elijah.の最後の名前は、彼の両親や友人との休職をイライジャと以下の通りです。

Ch.あなたのです。 xx.: Ben-hadad besieges Samaria, demanding of Ahab all that he possesses.イグゼクスです。 :ベン- hadad besiegesサマリア、厳しいのが彼のすべてのahab保有しています。 Encouraged by a prophet, Ahab is successful in two battles, slaying many Syrians.勇気づけられた預言者、 ahabが成功すれば、 2つの戦いは、多くのシリア人殺害。 The Syrians submit to Ahab. ahab 、シリア提出する。 Ahab sends Ben-hadad away free with a covenant, and in consequence a prophet pronounces God's judgment against Ahab.ベン- ahab送信hadadを無料配布すると約束し、結果としてpronounces預言者に対する神の判決ahabです。

Ch.あなたのです。 xxi.: Ahab, demanding Naboth's vineyard, meets with a refusal. xxi 。 : ahab 、 nabothのぶどう畑を求め、適合性を拒絶します。 At Jezebel's instigation, Naboth is condemned to death for blasphemy, and Ahab takes possession of the vineyard.イゼベルの扇動で、 nabothは非難を冒とくして死亡し、ぶどう畑の所持ahabまでです。 Elijah foretells God's judgment against Ahab and Jezebel, but as Ahab repents, the punishment is deferred.イライジャahabとforetellsイゼベルに対して神の判断ではなく、 ahab repentsは、それに対する懲罰は、繰延します。

Ch.あなたのです。 xxii.: Ahab, visited by Jehoshaphat, urges the latter to accompany him to the war with Aram. xxii 。 : ahab 、 jehoshaphatを訪問され、後者の要請に同行して彼との戦争をアラムします。 Encouraged by false prophets, Ahab, contrary to the advice of Micaiah, starts for the war, and is slain at Ramoth-gilead.勇気づけられた偽預言者、 ahab 、 micaiahに反しての忠告を無視し、戦争の開始、およびramoth -ギレアデでは、殺害された。 He is succeeded by his son Ahaziah.彼は彼の息子をahaziahに成功した。 A summary of Jehoshaphat's beneficent reign and acts; he is succeeded by his son Jehoram; short account of Ahaziah's evil reign. jehoshaphatの治世の概要を、慈悲深き行為;彼は彼の息子に成功さjehoram ;短いアカウントのahaziahの邪悪な支配します。

Second Book of Kings: 2番目予約オブキングス:

Ch.あなたのです。 i.: Moab rebels after Ahab's death.勇:モアブahabの死の後、反政府勢力です。 Ahaziah, being sick, sends to Baal-zebub; the messengers meet Elijah, who foretells Ahaziah's death. ahaziah 、病体、送信をバール- zebub ; 、使徒に会うイライジャ、 who foretells ahaziahの死のです。 Elijah, sent for by Ahaziah, destroys by fire from heaven two captains of fifty with their men; he spares the third captain and his fifty, and comes to Ahaziah, whose death he foretells.イライジャ、 ahaziah送られるため、 2つのキャプテンを破壊され火災から天国に男性の50 ;彼と彼の50スペア3番目のキャプテン、 ahaziahとなると、その死彼foretellsです。

Ch.あなたのです。 ii.: Account of Elijah's translation. Ⅱ 。 :アカウントのイライジャの翻訳です。 Having divided the Jordan with his mantle, the prophet takes leave of Elisha, granting him his request that a double portion of Elijah's spirit may rest upon him; Elijah is then taken up in a fiery chariot to heaven.彼のマントルに分かれ、ヨルダン、預言者ムハンマドの休職をエリシャは、彼のリクエストを付与してイライジャの魂の部分をダブル残りの5月に彼;イライジャは、熱烈な戦車を入力し、撮影するには天国へ行ける。 Elisha is acknowledged as Elijah's successor; he heals the waters of Jericho, curses children who mock him, and returns to Samaria.エリシャは、イライジャの後継者として認められた;彼は癒しのために尽くすのエリコ、 who模擬彼のcursesの子供たち、および戻り値をサマリアです。

Ch.あなたのです。 iii.: Jehoram, Ahab's second son, succeeds his brother Ahaziah, and, accompanied by Jehoshaphat and the King of Edom, marches against Moab. Ⅲ 。 : jehoram 、 ahabの2番目の息子、兄ahaziahが成功すると、同行さjehoshaphatとザキングオブエドム、モアブ反対デモ行進します。 Being distressed for lack of water, the.水の不足に悩んでは、 。 allied kings obtain it through the intervention of Elisha, who also promises them victory.連合の介入を通じて入手して王のエリシャ、 whoしても勝利を約束します。 The Moabites, deceived by the color of the water, come to plunder the allied armies, and are overcome.のmoabites 、だまされるの水の色は、来て同盟軍の略奪とは、克服します。 The King of Moab, by sacrificing his eldest son, raises the siege.ザキングオブモアブ、彼の長男を犠牲にすることなく、包囲を提起します。

Ch.あなたのです。 iv.: Account of the miracles performed by Elisha. Ⅳ 。 :アカウントのエリシャの奇跡によって実行されます。 He multiplies the widow's oil; gives a son to a Shunammite woman; brings to life her dead son; heals at Gilgal the deadly pottage; and satisfies 100 men with twenty loaves.彼は掛け算の未亡人の石油;は、女性の息子してshunammite ;てくれる彼女の死んだ息子;癒しをギルガル、致死のシチュー;と満たす100人の男性と20 loafの複数形です。

Ch.あなたのです。 v.: Naaman, on the advice of a captive maid, asks Elisha to cure him of his leprosy. v. :ネイアマン、上の忠告を無視し、専属メイド、彼は彼の要求を治すエリシャハンセン病です。 Elisha sends him to bathe in the Jordan; Naaman does so and iscured.彼を送信エリシャで入浴するヨルダン;ネイアマンはこれとiscuredです。 Elisha refuses Naaman's gifts, but his servant Gehazi takes them, for which he is smitten with leprosy.エリシャネイアマンのギフトを拒否、しかし、彼の使用人はgehaziらが、ハンセン病に彼は夢中になる。

Elisha's Career.エリシャのキャリアのです。

Ch.あなたのです。 vi.: Elisha, giving leave to the young prophets to build a dwelling, causes the ax of one of them, which has fallen into the Jordan, to float on the surface of the water. Ⅵ 。 :エリシャ、休暇を与え、若い預言者をビルドする住居、斧の1つのことが原因で、ヨルダンに落ちてしまったのが、水面に浮かぶ。 He discloses to the King of Israel the Syrian king's secrets; he smites with blindness the army sent to apprehend him, brings it to Samaria, and then dismisses it in peace.彼は開示をザキングオブイスラエルはシリアの王の秘密;彼は軍隊に送信さsmitesで逮捕失明彼は、それをサマリアもたらす、と入力し、平和の破壊活動しています。 Samaria, besieged by Benhadad, suffers from a severe famine in which women eat their children.サマリア、 benhadad包囲され、深刻な飢餓に苦しんで食べる子供では女性です。 The king sends a messenger to slay Elisha.ザキングを送信するエリシャの使徒を殺しています。

Ch.あなたのです。 vii.: Elisha foretells plenty in Samaria; but announces to an officer, who expresses disbelief in the prophecy, that he shall not participate therein. Ⅶ 。 :エリシャforetellsたくさんのサマリア;しかし、発表の役員、 who表現の不信の予言、その彼の参加者はそこです。 Four lepers, having visited the camp of the Syrians, bring word of their flight. 4つのハンセン病患者は、キャンプを訪問して、シリア、言葉を持って飛行します。 The King of Israel sends men to spoil the tents of the enemy; abundance of food is secured.ザキングオブイスラエルを送信男性のテントの敵を台無しにする;豊富な食べ物を確保します。 The officer who has doubted Elisha's prophecy is trodden to death.エリシャの役員whoは疑問を死の予言が駄目になった。

Ch.あなたのです。 viii.: The Shunammite, in order to avoid the predicted famine, leaves her country for seven years; when she returns she finds her land seized by other people. Ⅷ 。 : shunammiteは、飢饉の予測を避けるために、彼女の国の葉を7年間;認めるとき彼女は彼女の土地を返す他の人々に摘発された。 The king, in recognition of Elisha's miracles, orders her land to be restored to her.ザキングは、エリシャの奇跡の認識、受注彼女の土地を彼女に復元される。 Benhadad, being sick, sends Hazael with presents to Elisha, who prophesies that Hazael will succeed his master. benhadad 、病体、プレゼントを送信するとhazaelエリシャ、 who prophesiesをhazael主人は成功します。 Hazael kills Ben-hadad and ascends the throne.ベン- hazael殺すの玉座hadadと上昇します。 Short account of the evil reign of Jehoram, King of Judah.短いアカウントは、悪の統治のjehoram 、キングオブユダです。 Edom and Libneh revolt.エドムと反乱libnehです。 Jehoram is succeeded by his son Ahaziah; account of his sinful reign. jehoramは、彼の息子に成功さahaziah ;アカウントに君臨する彼の罪深い。

Ch.あなたのです。 ix.: Elisha sends a young prophet to anoint Jehu at Ramoth-gilead. 9 。 :エリシャを送信すると若い預言者をイエフを塗るramoth -ギレアデです。 Jehu, made king by the soldiers, kills Joram, Ahab's son, in the field of Naboth, and Ahaziah in Gur.イエフは、兵士たちは王になるには、殺すjoram 、 ahabの息子、 nabothの分野で、グルとahaziahにします。 Jezebel is thrown out of a window and eaten by dogs.ふしだらな女には、ウィンドウの送球でアウトと食われる犬です。

Jehu's Iniquities.イエフのiniquitiesです。

Ch.あなたのです。 x.: Jehu exterminates Ahab's family; he causes seventy sons of Ahab to be beheaded, kills forty-two of Ahaziah's brothers, takes up Jehonadab into his chariot with him, and destroys all the worshipers of Baal. Xで:イエフahabの家族のexterminates ;彼が原因で斬首される70人の息子のahab 、 42のahaziah殺すの兄弟、 jehonadabでは彼を自分の戦車、と破壊のすべてのしもべのバールです。 Jehu himself follows the sinful practises of Jeroboam, as a punishment for which Israel is oppressed by Hazael.イエフすることを自分自身の次の罪深いjeroboam 、罰としてのイスラエルは抑圧さhazaelです。 Jehu is succeeded by his son Jehoahaz.イエフは彼の息子をjehoahazに成功した。

Ch.あなたのです。 xi.: Athaliah destroys all the royal family with the exception of Joash (Jehoash), who is hidden by his aunt Jehosheba in the house of God for six years. XI 。の:アタルヤ破壊のすべての王室を除いてjoash ( jehoash ) 、 whoが隠されて彼の叔母の家の中で神のjehosheba 6年間です。 In the seventh year Joash is anointed king by Jehoiada, and Athaliah is slain.は、 7年joashは、聖なる王をjehoiada 、アタルヤが殺害されたとします。 Jehoiada restores the worship of Yhwh. yhwh崇拝jehoiada復元します。

Ch.あなたのです。 xii.: Joash is a worshiper of Yhwh all the days of Jehoiada. 12 。 : joashは、しもべのyhwh日間のすべてのjehoiadaです。 Account of Joash's activity in repairing the Temple.アカウントのjoashの活動に寺を修復しています。 Hazael is diverted from Jerusalem by a present from the sacred treasury. hazaelはエルサレムから転用された神聖な国庫からのプレゼントです。 Joash, after a reign of forty years, is assassinated by his servants and succeeded by his son Amaziah. joash 、 40年間の統治の末に、彼の召使が暗殺され、彼の息子とamaziahに成功した。

Ch.あなたのです。 xiii.: Account of Jehoahaz's evil reign. 13 。 :アカウントのjehoahazの邪悪な支配します。 Jehoahaz, oppressed by Hazael, prays to God, who relieves him. jehoahaz 、抑圧さhazael 、神に祈りをささげる、 who軽減ていた。 He is succeeded by his son Joash, who, after a wicked reign of sixteen years, is followed by his son Jeroboam.彼は彼の息子に成功さjoash 、 who 、 16年間の統治の邪悪なの後に、彼の息子が続きますjeroboamです。 Elisha dies; his bones, by the touching of them, bring to life a dead man.エリシャ死ぬ;彼の骨は、感動されるし、人生をもたらすデッドマンズです。 Hazael is succeeded by his son Ben-hadad, from whom Joash recovers the cities which his father lost. hazaelは、彼の息子ベンhadad成功され、誰が彼の父親の都市が回復joash失われてしまいます。

Ch.あなたのです。 xiv.: Amaziah's reign; his victory over Edom, and his defeat by Joash. 14 。 : amaziahの治世;彼の勝利を収めるエドム、と彼の敗北をjoashです。 Amaziah, slain by conspirators, is succeeded by his son Azariah. amaziah 、陰謀者殺害され、彼の息子が成功したazariahされています。 Account of Jeroboam's reign; he is succeeded by his son Zechariah.アカウントのjeroboamの治世;彼は彼の息子ゼカリヤ成功されています。

Ch.あなたのです。 xv.: Short account of Azariah's good reign; he dies a leper, and is succeeded by his son Jotham. 15 。 :ショートアカウントのazariahの良い統治;彼はハンセン病患者が死亡するとされ、彼の息子ジョーサムは成功した。 Zechariah, the last of Jehu's dynasty and an idolater, is slain by Shallum, who succeeds him and who, after a reign of one month, in turn is slain by Menahem.ゼカリヤは、最後の御者の王朝と多神教徒は、殺害さshallum 、 who成功した彼とwhoは、 1カ月間の統治の末には、順番には、殺害さmenahem 。 Account of Menahem's victories; he secures the assistance of Pul, King of Assyria.アカウントのmenahemの勝利;彼確保プルの助けを借りて、アッシリアの王です。 Menahem, dying, is succeeded by his son Pekahiah. menahem 、死にかけている、彼の息子が成功したpekahiahされています。 The latter is slain by Pekah, during whose reign Tiglath-pileser seizes a part of the land of Israel.後者は、殺害さpekah 、ティグラトピレセル治世中に、その部分の土地を押収するイスラエルのです。 Pekah is slain by Hoshea and is succeeded by him. pekahが殺害されたとされhoshea成功されていた。 Jotham after a good reign of sixteen years is succeeded by his son Ahaz.ジョーサムの後に良いの統治の16年間は彼の息子アハズに成功した。

The Later Kings. 、後の王です。

Ch.あなたのです。 xvi.: Account of Ahaz's wicked reign. 16 。 :アカウントの邪悪なアハズの治世です。 Assailed by Rezin and Pekah, he bribes Tiglath-pileser to help him against them. pekah襲われるrezinと、彼は賄賂ティグラトピレセルかれらを助けようとはしなかった。 Account of the altar built by Uriah for Ahaz and of the latter's spoliation of the Temple.アカウントのゴマを建てられた、祭壇のアハズと、後者の略奪は、寺です。 Ahaz is succeeded by Hezekiah. hezekiahアハズは成功した。

Ch.あなたのです。 xvii.: Account of Hoshea's wicked reign. 17 。 :アカウントのhosheaの邪悪な支配します。 Being subdued by Shalmaneser, he conspires against him, the result of which is the capture of Samaria as a punishment for the sins of Israel.シャルマネセルが控えめで、彼は彼に不利に働いたconspires 、その結果をキャプチャするのは、罰としてサマリアは、イスラエルの罪です。 Account of the strange nations transplanted in Samaria by the King of Assyria; lions being sent among them, they make idols and set them in the high places.アカウントは、奇妙な国に移植されサマリアザキングオブアッシリア;ライオンズが送信されるこのうち、彼らにはアイドルの高い場所に設定するとします。

Ch.あなたのです。 xviii.: Account of Hezekiah's beneficent reign; he destroys idolatry and prospers. 18 。 :アカウントの慈悲深きhezekiahの治世;彼は偶像崇拝を破壊すると栄えています。 Israel is carried away into captivity.イスラエルは我を忘れるに捕らわれている。 Sennacherib, invading Judah, is at first pacified by tribute; but he afterward sends Rab-shakeh, who reviles Hezekiah and incites the people to revolt (see Isa. xxxvi.). sennacherib 、侵略ユダは、最初にトリビュートpacified ;しかし、彼はその後Rabの送信- shakeh 、 who reviles hezekiahと人々を誘発するの反乱( ISAのです。 36 。 ) 。

Ch.あなたのです。 xix.: Hezekiah requests Isaiah to pray for his kingdom, and is comforted by the prophet. 19 。 : hezekiah要求イザヤ書を祈願して彼の王国は、預言者ムハンマドが慰められる。 Sennacherib, obliged to leave Jerusalem in order to encounter Tirhakah, sends a blasphemous letter to Hezekiah. sennacherib 、エルサレムを残す義務が発生するため、 tirhakah 、冒とく的な手紙をhezekiahを送信する。 Hezekiah's prayer and Isaiah's prophecy are followed by the annihilation of Sennacherib's army (see Isa. xxxvii.). hezekiahの祈りとイザヤ書の予言に続いて、消滅sennacheribの陸軍( ISAのです。 37 。 ) 。

Ch.あなたのです。 xx.: Hezekiah, being sick, is told by Isaiah that he will die; in answer to his prayer his life is lengthened.イグゼクスです。 : hezekiah 、病体は、イザヤ書に言われたことを彼は死ぬ;彼の祈りに答えて彼の人生は延長されます。 The shadow goes ten degrees backward.後方の影が10度です。 Merodach-baladan's embassy to Hezekiah, and Isaiah's prophecy with regard to it (see Isa. xxxviii.-xxxix.). merodach - baladanの大使館にhezekiah 、とイザヤ書の予言と関連して( ISAのです。 xxxviii. - 39です。 ) 。 Hezekiah is succeeded by his son Manasseh. hezekiahは、彼の息子マナセ成功さです。

Ch.あなたのです。 xxi.: Account of Manasseh's reign and of his flagrant idolatry. xxi 。 :アカウントのマナセの治世と彼の明白な偶像崇拝です。 He is succeeded by his son Amon, who, after a reign of two years, is slain by his servants; he is succeeded by his son Josiah.彼は彼の息子に成功したアモン、 who 、 2年間の統治の末には、殺害された彼の召使;彼は彼の息子ジョサイア成功されています。

Ch.あなたのです。 xxii.: Josiah during his long and good reign is very active in repairing the Temple. xxii 。 :ジョサイア治世中に彼の長いと良いのは非常に積極的に寺を修復します。 Hilkiah having found a scroll of the Law, Josiah sends to consult Huldah concerning it; she prophesies the destruction of Jerusalem, but not until after Josiah's death. hilkiahことを発見したスクロール法では、ジョサイア送信することに関する相談ハルダー;彼女prophesies 、エルサレムの破壊、ジョサイアの死の後まではできません。

Ch.あなたのです。 xxiii.: Josiah, having read the Law in a solemn assembly, renews the covenant of Yhwh. 23 。 :ジョサイアは、この法律を読んで、厳粛なアセンブリは、契約の更新のyhwhです。 Josiah'sactivity in the destruction of idolatry; he celebrates the Passover. josiah'sactivityの破壊は、偶像崇拝;彼祝う過ぎ越しのです。 Having provoked Pharaohnechoh, Josiah is slain by him at Megiddo.挑発がpharaohnechoh 、ジョサイアが殺害された彼はメギドです。 Jehoahaz, Josiah's son, succeeds to the throne. jehoahaz 、ジョサイアの息子、王位継承に成功しています。 Pharaoh-nechoh, having imprisoned Jehoahaz, makes Jehoiakim king; the latter reigns indifferently for eleven years.フィルアウン- nechoh 、投獄さjehoahazが、王にjehoiakim ;後者の無関心を11年に満ちていた。

Ch.あなたのです。 xxiv.: Jehoiakim, subdued by Nebuchadnezzar, rebels against him. 24 。 : jehoiakim 、ネブカドネザル地味され、反政府勢力彼に不利に働いた。 He is succeeded by his son Jehoiachin, during whose wicked reign the King of Egypt is vanquished by the King of Babylon, Jerusalem also is taken, and the royal family, including the king, and most of the inhabitants are carried captive to Babylon.彼は彼の息子に成功さjehoiachin 、治世中に、その邪悪なエジプトは打ち負かささザキングオブザキングオブバビロン、エルサレムも撮影し、王室などのキングており、ほとんどの住民が捕虜に運ばバビロンです。 Zedekiah is made king and reigns till the destruction of Judah.ゼデカイアが行われるまで、破壊王とユダに満ちていた。

Ch.あなたのです。 xxv.: Account of the siege of Jerusalem and of the capture of Zedekiah. 25 。 :アカウントのエルサレムの包囲を解くと、キャプチャのゼデカイアです。 Nebuzar-adan destroys the city and the Temple, carries away the Temple vessels, and deports most of the people to Babylon. nebuzar -アダンを破壊する都市と同寺、同寺の船は吹き飛ばしてしまうし、ほとんどの人々をバビロンdeportsです。 Gedaliah, who has been made ruler over those who remain in Judah, is slain, and the rest of the people flee into Egypt. gedaliah 、 whoされwho定規以上残っているユダは、殺害された、との残りの部分をエジプトの人々から逃げる。 Evil-merodach, King of Babylon, releases Jehoiachin from prison; and the latter is honored at court.SM Sel.悪- merodach 、キングオブバビロン、刑務所からリリースjehoiachin ;とcourt.sm後者は、 SELを光栄にします。

-Critical View:クリティカルな対象:

A superficial examination of the Books of Kings makes clear the fact that they are a compilation and not an original composition.浅検査することを明確にする書籍の王という事実ではなく、彼らは元の組成をコンパイルします。 The compiler, or editor, constantly cites certain of his sources. 、コンパイラのか、またはエディタで、常に引き合いに出して彼のソースを特定します。 In the case of Solomon it is "the book of the acts of Solomon" (I Kings xi. 41); for the Northern Kingdom it is "the book of the chronicles of the kings of Israel," which is cited seventeen times, ie, for all the kings except Jehoram and Hoshea (see, eg, ib. xv. 31); and for the kings of Judah it is "the book of the chronicles of the kings of Judah," which is cited fifteen times, ie, for all the kings except Ahaziah, Athaliah, Jehoahaz, Jehoiachin, and Zedekiah (see, eg, ib. xv. 7).ソロモンの例は、これは"この本は、ソロモンの行為" (私の王XI 。の41 ) ;は、北部の王国ことは、 "この本は、クロニクルは、イスラエルの王"には、引用17倍、すなわち、キングスを除いて、すべてのjehoramとhoshea (参照、例えば、 ① -イ。 1 5。 3 1) ;とユダの王のことは"この本は、クロニクルのユダの王"には、引用の1 5倍、すなわち、キングスを除いて、すべてのahaziah 、アタルヤ、 jehoahaz 、 jehoiachin 、およびゼデカイア(参照、例えば、 ① -イ。 1 5。 7 ) 。 Whether the editor had access to these "chronicles," as they were deposited in the state archives, or simply to a history based upon them, can not with certainty be determined.エディタでいたかどうかのアクセスを、これらの"クロニクル、 "として堆積していたアーカイブの状態か、または、単に履歴に基づいてしても、確信を持って決定することはできません。 It is generally assumed that the latter was the case (comp. Kuenen, "Historisch-Kritische Einleitung in die Bücher des Alten Testaments," p. 68, and Cornill, "Einleitung in das Alte Testament," p. 123).それは一般的に想定して、後者の場合は( comp.キューネン、 " historisch - kritische einleitungで死ぬbücherデアルテンtestaments 、 " p. 68 、およびコルニル、 "アルテ遺言das einleitungで、 " p. 123 ) 。

Object and Method of Work.オブジェクトとメソッドの仕事です。

It was not the purpose of the compiler to give a complete history of the period covered by his work; for he constantly refers to these sources for additional details.それは、特定の目的は、コンパイラを与えるの歴史を完全に覆われ彼の仕事の期間;ため、これらのソースを参照して彼は常に参照してください。 He mentions as a rule a few important events which are sufficient to illustrate the attitude of the king toward the Deuteronomic law, or some feature of it, such as the central sanctuary and the "high places," and then proceeds to pronounce judgment upon him accordingly.彼は、原則として言及し、いくつかの重要なイベントを十分に明らかにするには、王の態度に向かってdeuteronomic法か、またはいくつかの機能のこと、などの中央聖域と"高いところ、 "と入力し、収益を発音する彼の判断したがってします。 Each reign is introduced with a regular formula; then follows a short excerpt from one of his sources; after which an estimate of the character of the monarch is given in stereotyped phraseology; and the whole concludes with a statement of the king's death and burial, according to a regular formula (comp., eg, I Kings xv. 1-9 for the formula used for the kings of Judah, and ib. xv. 25-32 for that used for the kings of Israel).それぞれの治世が導入されても、通常の数式;入力し、次のように短い彼の1つのソースからの抜粋;した後に、文字の推定値を与えられたのは紋切り型の君主的な言い方;と全体の声明の最後に、王の死と埋葬、によると、定期的に式( comp. 、例えば、私の王15 。 1-9の数式を使用して王のユダ、および① -イ。 1 5。 2 5-32でキングスに使われているイスラエルの)です。

The standpoint of the judgments passed upon the various kings as well as the vocabulary of the compiler (comp. Driver, "Introduction," 1891, p. 190, for a list of his words) indicates that he lived after the reforms of Josiah (621 BC) had brought the Deuteronomic law into prominence.判断の観点を渡された時の様々な王の語彙をするだけでなく、コンパイラ( comp.ドライバ、 "はじめに、 " 1891 、 p. 190 、彼の言葉のリストを表示)を示して改革の後に彼は住んでジョサイア(紀元前621 ) deuteronomic法に隆起していた。 How much later than this the book in its present form was composed, may be inferred from the fact that it concludes with a notice of Jehoiachin's release from prison by Evil-merodach (Amil-Marduk) after the death of Nebuchadnezzar in 562.どれくらいのへよりも、この本は現在のフォームは、作曲、 5月から推測されるという事実を通知すること最後に刑務所から発売されjehoiachinの悪- merodach ( amil -マルドゥク)ネブカドネザルで562の後に死亡した。 The book must have taken its present form, therefore, during the Exile, and probably in Babylonia.この本は現在のフォームを取る必要があります、したがって、亡命中の、そしておそらく、バビロニアです。 As no mention is made of the hopes of return which are set forth in Isa.言及されていませんが行われるが、希望を返すのISAに規定されています。 xl.-lv., the work was probably concluded before 550. xl.-lv. 、締結前の仕事はおそらく550です。 Besides the concluding chapters there are allusions in the body of the work which imply an exilic date (see, eg, I Kings viii. 34, xi. 39; II Kings xvii. 19, 20; xxiii. 26, 27).結びの章に加えて、体には、 allusionsでの仕事を追放された日付を意味する(参照、例えば、私の王Ⅷ 。 34 、 XI 。の39 ;二キングス17 。 19日、 20 ; XXIII近くにございます。 26 、 27 ) 。 To these may be added the expression "beyond the river" (I Kings v. 4), used to designate the country west of the Euphrates, which implies that Babylonia was the home of the writer.これらの5月に追加の表現を"川の向こうに" (私の王v. 4 ) 、使用して指定して国の西のユーフラテス川、これを意味しては、ホームのバビロニアの作家です。

Time of Redaction.時間を改訂します。

On the other hand, there are indications which imply that the first redaction of Kings must have occurred before the downfall of the Judean monarchy.その一方で、表示には、最初の改訂を意味するものでは王の前にいる必要がありますが発生judean君主制の崩壊です。 The phrase "unto this day" occurs in I Kings viii.のフレーズを"わたしのこの日"私の王が発生するⅧ 。 8, ix. 8日、 9世です。 21, xii. 21日、 12 。 19; II Kings viii. 19 ; IIキングスフィールドⅧ 。 22, xvi. 22日、 16 。 6, where it seems to have been added by an editor who was condensing material from older annals, but described conditions still existing when he was writing. 6 、ここでいるようですがエディタが追加されましたwhoが凝縮された素材より古い科学Annals 、記載の条件が既存のときに彼はまだありません。 Again, in I Kings xi.また、私の王XI 。の 36, xv. 36 、 15 。 4, and II Kings viii. 4 、および2世王Ⅷ 。 19, which come from the hand of a Deuteronomic editor, David has, and is to have, a lamp burning in Jerusalem; ie, the Davidic dynasty is still reigning. 19日、これを手から来るdeuteronomicエディタで、デビッドは、とはには、ランプを燃焼さエルサレム;すなわち、現davidic王朝はまだです。 Finally, I Kings viii.最後に、私の王Ⅷ 。 29, 30, 31, 33, 35, 38, 42, 44, 48; ix. 29 、 30 、 31 、 33 、 35 、 38 、 42 、 44 、 48 ; Ⅸ 。 3; and xi. 3 ;およびXiです。 36 imply that the Temple is still standing. 36意味するものでは同寺はまだ立っている。 There was accordingly a pre-exilic Book of Kings.追放されたがあったため、事前に予約オブキングスです。 The work in this earlier form must have been composed between 621 and 586.以前、このフォームで働く必要があります621と586の間で構成されています。 As the glamour of Josiah's reforms was strong upon the compiler, perhaps he wrote before 600.ジョサイアの改革としての魅力の強い時は、コンパイラのは、おそらく彼は前に書いた600です。 To this original work II Kings xxiv.このオリジナル作品2世王24 。 10-xxv. 10 - 25 。 30 was added in the Exile, and, perhaps, xxiii. 30が追加されましたの亡命者、および、おそらく、 23です。 31-xxiv. 31 - 24 。 9. 9 。 In addition to the supplement which the exilic editor appended, a comparison of the Masoretic text with the Septuagint as represented in codices B and L shows that the Hebrew text was retouched by another hand after the exemplars which underlie the Alexandrine text had been made.に加えて、サプリメントは、追放されたエディタを付加され、テキストを比較してmasoreticセプトゥアギンタのCODECとして表現されBと左によると、ヘブライ語のテキストは、別の手の補正をした後、 exemplarsアレキサンダー格の根底にあるテキストがなされたことです。 Thus in B and L, I Kings v. 7 follows on iv.このようにBとL 、私は4世王v. 7以下の通りです。 19; vi. 19 ; Ⅵ 。 12-14 is omitted; ix. 12-14が省略された場合; Ⅸ 。 26 follows on ix. 26日に9世以下の通りです。 14, so that the account of Solomon's dealings with Hiram is continuous, most of the omitted portion being inserted after x. 14日、ソロモンのように、アカウントとの取引にハイラムは連続、ほとんどの部分が省略された場合に挿入した後Xの 22. 22 。 II Kings xxi., the history of Naboth, precedes ch. 2世王xxi 。 、 nabothの歴史を、あなたの前につける。 xx., so that xx.イグゼクス。 、イグゼクスようにします。 and xxii., which are excerpts from the same source, come together.とxxii 。 、これは、同じソースからの抜粋、一緒です。 Such discrepancies prove sufficient late editorial work to justify the assumption of two recensions.このような違いを証明するに十分な編集作業を正当化する後半の2つのrecensions仮定します。

Sources.ソースです。

In brief outline the sources of the books appear to have been these: I Kings i.簡単に言うとソースの概要を説明する書籍が表示され、これらの:私の王i. and ii. 、およびii 。 are extracted bodily from an early court history of David's private life, which is largely used in II Sam.肉体的に抽出裁判所からの早期の歴史をデイヴィッドの私生活、これは大きく2サムで使用されています。 ix.-xx. The editor (Rd) has added notes at ii.のエディタ(路)が追加されましたノートで2世です。 2-4 and 10-12. 2-4と10-12です。 For the reign of Solomon the source is professedly"the book of the acts of Solomon" (xi. 41); but other sources were employed, and much was added by Rd.ソロモンの治世を自称して、ソースコードは"この本は、ソロモンの行為" ( xi. 41 ) ;しかし、他のソースが採用され路などが追加されました。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 is a prophetic narrative of relatively early origin, worked over by Rd, who added verses 2, 3, and 14, 15.物語の予言は、比較的早期の起源は、仕事をされ路、 who追加されました詩2 、 3 、と14日、 15 。 Ch.あなたのです。 iv. Ⅳ 。 1-19 is presumably derived from the Chronicle of Solomon. 1-19は、おそらくクロニクルから派生してソロモンのです。 Ch.あなたのです。 iv. Ⅳ 。 20-v. 20 - Vをサポート。 14 contains a small kernel of prophetic narrative which has been retouched by many hands, some of them later than the Septuagint. 14日には、小型のカーネルの予言物語補正されてきた多くの手を、いくつかのことも、後でよりセプトゥアギンタです。 The basis of v. 15-vii.の基礎をv. 15 - Ⅶ 。 51 was apparently a document from the Temple archives; but this was freely expanded by Rd (comp. Stade in his "Zeitschrift," 1883, pp. 129 et seq.), and vi. 51は、明らかに同寺からドキュメントをアーカイブ;しかし、これは、自由に展開さ路( comp.シュターデ彼の" zeitschrift 、 " 1883年、 pp 。 129頁以降を参照。 ) 、およびⅥ 。 11-14 also by a later annotator. 11-14へannotatorもされた。 Ch.あなたのです。 viii. Ⅷ 。 1-13, the account of the dedication of the Temple, is from an old narrative, slightly expanded by later hands under the influence of P. Ch. 1-13の場合、アカウントのは、同寺の落成式には、古い物語から、わずかに拡大されp.への影響を受けてあなたの手にされています。 viii. Ⅷ 。 14-66 is in its present form the work of Rd slightly retouched in the Exile.一四から六六の現在のフォームは路の仕事を若干補正は、亡命者です。 Ch.あなたのです。 ix. 9 。 1-9 is the work of Rd, but whether before the Exile or during it is disputed. 1-9路は、仕事が、亡命の前にいるかどうかは係争中です。 Ch.あなたのです。 ix. 9 。 10-x. 10 - ×です。 29 consists of extracts from an old source, presumably "the book of the acts of Solomon," pieced together and expanded by later editors. 29日には、古いソースから抽出し、おそらく"ソロモンの予約をする行為を、 "つなぎ一緒にエディターへと拡大されています。 The order in the Masoretic text differs from that in the Septuagint. masoreticテキストの順序は、セプトゥアギンタ異なっている。 For details see Kittel, "Die Königsbücher," in Nowack's "Handkommentar."詳細を参照キッテル、 "死ぬkönigsbücher 、 "ノバックの" handkommentar 。 " Ch.あなたのです。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 1-13 is the work of Rd; xi. 1-13は、仕事を路; XI 。の 14-22 is a confused account, perhaps based on two older narratives (comp. Winckler, "Alttestamentliche Forschungen," pp. 1-6); and xi. 14-22は、混乱のアカウント、おそらく2つの過去の物語に基づいて( comp.ウィンクラー、 " alttestamentliche forschungen 、 " pp 。 1-6 ) ;およびXiです。 26-31 and 39, 40 probably formed a part of a history of Jeroboam from which xii. 26-31 、 39 、 40 、おそらく部分を形成してからの歴史をjeroboam 12 。 1-20 and xiv. 1-20と14です。 1-18 were also taken. 1-18でも撮影します。 The extracts in ch.あなたの抽出されます。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 have been set and retouched by later editors (comp. Kittel on I Kings xi. 23-43).が設定されて補正さへとエディター( comp.キッテルを私の王XI 。の23〜43 ) 。

Narratives and Epitomes.物語とepitomesです。

From ch.よりCH 。 xii. 12 。 of the First Book onward these books are characterized by an alternation of short notices which give epitomes of historical events, with longer narratives extracted from various sources.これらの書籍以降の最初の予約されたのが特徴の交代権を与えるepitomesの短い歴史上の出来事は、様々なソースから抽出した長い物語です。 The following sections are short epitomes: I Kings xiv.は、次のセクションが短いepitomes :私キングス14 。 21-xvi. 21 - 16 。 34; xxii. 34 ; xxii 。 41-53; II Kings viii. 41-53 ; IIキングスフィールドⅧ 。 16-29; x. 16から29 ; Xで 32-36; xii. 32-36 ; 12 。 18-xiii. 18 - 13 。 13; and xiii. 13 ;と13です。 22-xvii. 22 - 17 。 6. 6 。 In some cases short extracts are even here made in full, as in xiv.短いいくつかのケースでも、ここはメイドインフル抽出し、 14のようにします。 8-14 and xvi. 8-14と16です。 10-16. 10-16 。

The longer narratives, which are frequently retouched and expanded by Rd, are as follows: I Kings xii.物語は長く、これが頻繁に補正路拡張されると、は次のとおりです:私キングス12 。 1-20, xiv. 1-20 、 14 。 1-18, from an older narrative of Jeroboam, to which xii. 1-18 、物語の古いjeroboamから、 12をします。 21-32 and xiv. 21-32と14です。 19, 20 are additions; xii. 19日、 20アール追加; 12 。 33-xiii. 33 - 13 。 34, a comparatively late story of a prophet; xvii.-xix. 、 34 、預言者の物語が比較的遅く; xvii. - 19です。 and xxi., an early prophetic narrative written in the Northern Kingdom (comp. xix. 3); xx.とxxi 。 、予言的な物語で書かれて早期の北王国( comp. 19 。 3 ) ;イグゼクスです。 and xxii.とxxii 。 1-40, an early north-Israelitish history of the Syrian war in which Ahab lost his life; II Kings i.-viii. 1-40 、早期israelitish北シリアの戦争の歴史をahabでは失われた彼の人生; IIキングスフィールドi. - Ⅷ 。 15 and ix. 15日と9世です。 1-x. 1 - ×です。 31, north-Israelitish narratives, not all from one hand, which are retouched here and there, as in iii. 31日、北朝鮮- israelitish物語ではなく、すべて1つの手からは、補正ここでは、 3世のようにします。 1-3, by Rd; xi. 1-3 、路; XI 。の 1-xii. 1 - 12 。 17, a Judean narrative of the overthrow of Athaliah and the accession of Joash; xiii. 17日、転覆をjudeanの物語をアタルヤとの加盟をjoash ; 13 。 14-21 and xiv. 14-21と14です。 8-14, two excerpts from material written in the Northern Kingdom (comp. xiv. 11); xvii. 8-14 、 2つの材料で書かれて北部の抜粋王国( comp. 14 。 11 ) ; 17 。 7-23 is Rd's commentary on the historical notice with which the chapter opens; xvii. 7-23は、路の解説を歴史的な通告では、第ポップアップ; 17 。 24-41 is composite (comp. verses 32, 34, and 41), probably written in the Exile and retouched after the time of Nehemiah; xviii.-xx.二四〜四一はコンポジット( comp.詩、 32 、 34 、および41 ) 、おそらく亡命者と書かれて補正した後、時間をニーアマイア; xviii. -イグゼクスです。 is compiled by Rd from three sources (comp. Stade, lc vi. 174), Rd himself prefixing, inserting, and adding some material; xxi.は、 3つのソースからコンパイルさ路( comp.シュターデ、液晶Ⅵ 。 174 ) 、路自身プリフィクス、挿入、および追加いくつかの材料; xxi 。 is, throughout, the work of Rd; xxii.-xxiii.は、全体の作業路; xxii. - 23です。 25 is an extract from the Temple archives with slight editing; and xxiii. 25日は、同寺のアーカイブからの抽出物をわずかに編集、および23です。 29-xxv. 29 - 25 。 30, the appendix of the exilic editor, is based on Jer. 30日、付録は、追放されたエディタで、 jerに基づいています。 xl. xl 。 7-xliii. 7 - 43 。 6. 6 。 From Jeremiah, too, the exilic editor drew his information, which he presented in briefer form.よりジェレマイア、あまりにも、彼の追放されたエディタドリュー情報については、概要を説明するフォームを彼は提示さです。

Isidore Singer, M. Seligsohn, Emil G. Hirsch, George A. Barton ISIDOREに歌手、男性seligsohn 、 g.エミールハーシュ、ジョージAバートン

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Kuenen, Historisch-Kritische Einleitung in die Bücher des Alten Testaments, pp.キューネン、 historisch - kritische einleitungで死ぬbücherデアルテンtestaments 、 pp 。 62-99, Leipsic, 1890; Cornill, Einleitung in das Alte Testament, 1891, pp. 62から99まで、リプシック、 1890 ;コルニル、 dasアルテ遺言einleitungで、 1891 、 pp 。 120-132; Driver, Introduction to the Literature of the Old Testament, 1891, pp.百二十から百三十二;ドライバ、紹介して、旧約聖書の文学、 1891 、 pp 。 175-193; Kittel, Die Königsbücher, 1900, in Nowack's Handkommentar; Benzinger, Die Bücher der Könige, 1899, in KHC; Silberstein, in Stade's Zeitschrift, xiii.一七五から一九三;キッテル、死ぬkönigsbücher 、 1900は、ノバックのhandkommentar ; benzinger 、死ぬbücher der könige 、 1899年は、道路公社;シルバーシュタインは、シュターデのzeitschrift 、 13です。 1-76.EGHGAB 1 - 76.eghgab


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです