Book of Lamentations予約の哀歌

General Information 総合情報

The Book of Lamentations in the Old Testament of the Bible is actually five poems that lament the destruction of Jerusalem in 586 BC.この本の哀歌聖書は、旧約聖書の5つの詩を嘆くのは、実際にエルサレムの破壊が紀元前586です。 Often called "The Lamentations of Jeremiah," it is usually placed after the Book of Jeremiah, despite its uncertain authorship.と呼ばれる"エレミア哀歌は、 "これは、通常に配置した後、エレミヤ書、にもかかわらず、不透明な原作者です。 The poet vividly describes the devastation endured by Jerusalem.詩人ありありと説明してエルサレムの荒廃に耐えるされています。 Although this recitation of laments faced the harsh realities of the present, the prayer - poems also stirred up continuing hope in Yahweh's promises for the future.この暗唱のlaments 、現在の厳しい現実に直面する、の祈り-詩も継続的論議を巻き起こしヤハウェの約束を期待されています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Lamenta'tion lamenta'tion

Advanced Information 高度情報

Lamentation, (Heb. qinah), an elegy or dirge.深い悲しみ、 ( heb. qinah ) 、またはダージュエレジーです。 The first example of this form of poetry is the lament of David over Saul and Jonathan (2 Sam. 1:17-27).最初の例は、次のフォームの詩は、嘆き悲しむ以上のデビッドソールとジョナサン( 2サムです。 1:17-27 ) 。 It was a frequent accompaniment of mourning (Amos 8:10).それは頻繁に哀悼の伴奏(アモス8時10分) 。 In 2 Sam.で2サムです。 3:33, 34 is recorded David's lament over Abner. 3:33 、 34が記録さアブナーデビッドの慨嘆する。 Prophecy sometimes took the form of a lament when it predicted calamity (Ezek. 27:2, 32; 28:12; 32:2, 16).予言のフォームは、時には嘆く災害時に予測( ezek. 27:2 、 32 ; 28:12 ; 32:2 、 16 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Lamenta'tions予約のlamenta'tions

Advanced Information 高度情報

Lamentations, called in the Hebrew canon 'Ekhah, meaning "How," being the formula for the commencement of a song of wailing.哀歌、ヘブライ語と呼ばれるは、キヤノン' ekhah 、を意味する"方法については、 "が、数式を開始する嘆きの歌です。 It is the first word of the book (see 2 Sam. 1:19-27).これはその本の最初の単語( 2サムを参照します。 1:19-27 ) 。 The LXX.の70です。 adopted the name rendered "Lamentations" (Gr. threnoi = Heb. qinoth) now in common use, to denote the character of the book, in which the prophet mourns over the desolations brought on the city and the holy land by Chaldeans.名を採用してレンダリング"哀歌" ( gr. threnoi =なしです。 qinoth )今すぐ普通に使われ、その本の文字を表すされるのは、預言者によってもたらさdesolations悲しんで検索するシティの聖地とされchaldeansです。 In the Hebrew Bible it is placed among the Khethubim.聖書は、ヘブライ語の間に配置することがkhethubimです。 (See BIBLE.) As to its authorship, there is no room for hesitancy in following the LXX. (聖書を参照。 )の原作者として、ためらいの余地はないが次のように70 。 and the Targum in ascribing it to Jeremiah.とascribingターガムでそれをジェレマイアです。 The spirit, tone, language, and subject-matter are in accord with the testimony of tradition in assigning it to him.の精神に、トーン、言語、および主題は、伝統的な協定に割り当てることの証言をしている。 According to tradition, he retired after the destruction of Jerusalem by Nebuchadnezzar to a cavern outside the Damascus gate, where he wrote this book.伝統によると、彼は引退した後、エルサレムを破壊してネブカドネザル洞くつ外のダマスカスゲート、ここで彼はこの本を書いた。

That cavern is still pointed out.その空洞はまだと指摘した。 "In the face of a rocky hill, on the western side of the city, the local belief has placed 'the grotto of Jeremiah.' "ロッキーの丘に直面して、上の西側に位置し、市、地元の信念が置か'の石窟のジェレマイアします。 There, in that fixed attitude of grief which Michael Angelo has immortalized, the prophet may well be supposed to have mourned the fall of his country" (Stanley, Jewish Church).が、その悲しみを固定的な態度のマイケルアンジェロは、不死化は、預言者かもしれないが悲嘆に暮れるはずの秋には彼の国" (スタンリー、ユダヤ教会) 。 The book consists of five separate poems.この本は5つの別々の詩です。 In chapter 1 the prophet dwells on the manifold miseries oppressed by which the city sits as a solitary widow weeping sorely.第1章預言者ムハンマドの棲むところで、多種多様な苦難を抑圧される都市は、孤独な未亡人として座っ痛んで涙を流しています。 In chapter 2 these miseries are described in connection with the national sins that had caused them.第2章の接続を、これらの苦難は、国家の罪に記載されていたことが原因です。 Chapter 3 speaks of hope for the people of God.第3章の人々の希望を話すの神です。 The chastisement would only be for their good; a better day would dawn for them.せっかんにするだけでいい;より良い日は夜明けれています。 Chapter 4 laments the ruin and desolation that had come upon the city and temple, but traces it only to the people's sins.第4章lamentsの荒廃を破滅させると、市と寺が来た時、しかし、トレースの人々の罪のみを適用することです。 Chapter 5 is a prayer that Zion's reproach may be taken away in the repentance and recovery of the people.第5章は、ザイオンの祈りの言葉を非難することは、 5月に連れ去らの人々の回復を後悔しています。

The first four poems (chapters) are acrostics, like some of the Psalms (25, 34, 37, 119), ie, each verse begins with a letter of the Hebrew alphabet taken in order. 最初の4つの詩(章)は、 acrostics 、いくつかのように詩篇を授けた( 25 、 34 、 37 、 119 ) 、すなわち、それぞれの詩から始まりますの手紙を撮影するために、ヘブライ語のアルファベットです。 The first, second, and fourth have each twenty-two verses, the number of the letters in the Hebrew alphabet. 第一、第二に、それぞれ2002年と4番目の詩が、その数は、ヘブライ語のアルファベットの文字です。 The third has sixty-six verses, in which each three successive verses begin with the same letter. The fifth is not acrostic. 3番目の66の詩は、 3年連続では、各詩を始めると同じ文字を入力します。アクロスティックの第5回ではない。 Speaking of the "Wailing-place (qv) of the Jews" at Jerusalem, a portion of the old wall of the temple of Solomon, Schaff says: "There the Jews assemble every Friday afternoon to bewail the downfall of the holy city, kissing the stone wall and watering it with their tears. They repeat from their well-worn Hebrew Bibles and prayer-books the Lamentations of Jeremiah and suitable Psalms."と言えば、 "嘆きの開催地( qv )は、ユダヤ人の"エルサレムは、古い壁の部分は、ソロモンの神殿、シャーフは言う: "毎週金曜日の午後に、ユダヤ人を組み立てるの没落を嘆き悲しむの聖地、キス石の壁や水遣りそれを彼らの涙を流した。彼らから彼らを繰り返します月並みなヘブライ語聖書と祈り-書籍の哀歌のジェレマイア、かつ、適切な詩篇を授けた。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Lamentations哀歌

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Fourth and Fifth Poems. 4番目と5番目の詩です。

Authorship.-原作者.-

-Biblical Data: -聖書のデータ:

In the manuscripts and printed copies of the Old Testament the book is called, after its initial word, "Ekah"; in the Talmud and among the Rabbis, after its contents, "Ḳinot" (comp. especially BB 15a).のコピーを印刷原稿とは、旧約聖書の予約が呼び出され、その最初の単語の後、 " ekah " ;は、タルムードとの間のラビ、その内容をした後、 " ḳinot " ( comp.特にbb 15a ) 。 The Greek and Latin translations of the Old Testament, as well as the Church Fathers, call it Θρῆνοι, or Θρῆνοι Ἱερεμίον, or "Threni."ギリシャ語、ラテン語、旧約聖書の翻訳だけでなく、教会の父親、呼び出すことθρῆνοιか、またはθρῆνοι ἱερεμίονか、または" threni 。 "

The five poems deal with the destruction of Jerusalem (586 BC), describing how city and country, palace and Temple, king and people, suffered under the terrible catastrophe.の5つの詩に対処するエルサレムの破壊(紀元前586 ) 、都市と国を記述する方法は、宮殿や寺院、王と人々の悲惨な大災害に苦しんされています。 The several poems have markedly different characteristics. 、いくつかの詩が際立って異なる特徴です。 The first shows an almost utter lack of consecutive thought.の最初の欠如を示し、ほぼ連続で全く考えています。 Although it may be divided into two distinct sections.-verses 1-11b, in which the poet speaks, and 11c-22, in which the city continues-the sections themselves present no logical development of thought. 2つに分けられることがありますがはっきりsections. -詩1 - 11bされるのは、詩人話すと11c - 22日、市では引き続き現在のセクションに自身の発展の論理的思考です。 The theme of the entire song is the distress of the city (which is personified) and of her children and inhabitants, and the haughtiness of the victors.全体のテーマソングは、苦痛を検索するシティ(これは権化のような人)と自分の子供たちや住民とのhaughtinessの勝利を得るのです。 Thus verses 1 et seq.このように詩1頁以降を参照。 deal, in obvious imitation of Isa.取引は、明白な模造品のISAです。 i.わたし。 21, with the misfortunes of Jerusalem; verse 5, with the arrogance of the Chaldeans; verses 6-9, again, with the misery of the inhabitants; verse 10, with the proud victors. 21日、エルサレムでの不幸を;詩5日の傲慢さをchaldeans ;詩6-9 、再度、住民の悲惨さ;詩10 、勝者の誇りです。 Verses 12-16 of the second section are especially remarkable for their series of detached images representing Jerusalem's sufferings; viz., the rain of fire, the net, the yoke, the treading in the wine-press, etc. From a theological point of view, the strong sense of sin (verses 5, 8, 14, 18, 21), as well as the wish that God may punish the enemy (verse 22), is noteworthy.詩12-16の2番目のセクションは、特に注目すべきはそのシリーズの分離画像エルサレムの苦しみを表す; viz 。 、雨の火災は、ネットは、ヨークは、ワインtreadingは、プレス、等の点から神学ビューで、罪の意識の強い(詩5 、 8 、 14 、 18 、 21 )だけでなく、神の願いを罰する年5月の敵(詩22 )は、注目に値する。

The second poem, ch. 2番目の詩は、あなたのです。 ii. Ⅱ 。 (comp. Jer. xiv. 15-18), is remarkable for its methodical arrangement. ( comp. jer 。 14 。 15-18 ) 、整然とした配置が顕著なのです。 After the theme-the destruction of Jerusalem-has been announced in verse 1, it is treated first in its political aspect (2-5) and then from its religious side (6-7).破壊した後、テーマが発表されてエルサレムの詩- 1 、最初に扱われることは、政治的側面( 2-5 )と入力し、その宗教的な側面から( 6-7 ) 。 Verse 8 is the beginning of a new section, also in two parts: (a) 8-9a, dealing with the fate of the city; and (b) 9b-12, with that of her inhabitants.詩8は、新しいセクションの初めに、また、 2つの部分: ( 1 ) 8 - 9a 、対処するの運命を検索するシティ;および( b ) 9b - 12 、その彼女の住民です。 Verse 13 introduces a parenetic portion: the false prophets are mostly to blame (14-17); therefore the exhortation to cry unto the Lord (18-19) and the fulfilment of the exhortation (20-22).詩13の部分を導入するparenetic :偽預言者に責任を負わは大半が( 14-17 ) ;したがって、かれの勧告を見て泣くの主( 18-19 )との履行勧告( 20-22 ) 。

The third poem, ch. 3番目の詩は、あなたのです。 iii., has a character of its own, being a psalm, somewhat similar to Ps. Ⅲ 。 、には、独自の文字を、が、詩編、多少類似してpsのです。 lxxxviii. 88 。 Here, too, the question arises as to whether the speaker is one person-perhaps Jeremiah (comp. K. Budde in Marti's "Kurzer Handcommentar,"xvii. 92 et seq.)-or the community (comp. R. Smend in Stade's "Zeitschrift," viii. 62, note 3).ここでは、あまりにも、問題が発生するかどうかのスピーカーとしては、一人-おそらくジェレマイア( comp. k.バッドでマーティの" kurzer handcommentar 、 " 17 。 92頁以降を参照。 )または、コミュニティ( comp. r.スメント、シュターデの" zeitschrift 、 " Ⅷ 。 62 、注3 ) 。 The latter opinion is preferable in view of the contents.後者の意見が望ましいの内容を表示します。 Verses 1-18 deal with the deep affliction in consequence of which the speaker is without peace and without hope, and therefore he cries to God (19 et seq.).詩1-18深い苦悩の結果に対処するのは、スピーカーはなく平和と希望、そしてそのため彼の叫びを神( 19頁以降を参照。 ) 。 The following section (21-47) is most important from a religious point of view; for, according to it, God's mercy is renewed every morning, and therefore man may hope even in sorrow, which is only a divine means of discipline.は、次のセクション(二十一から四十七まで)は、最も重要な宗教上の観点から;ため、それによると、新たな神の慈悲は毎朝、その男年5月希望と悲しみでも、これは神のみを規律の手段です。 If God has afflicted any one, He will also show pity, according to the abundance of His mercy.もし神が被災いずれか1つ、彼はまた哀れみの情を示すによると、慈悲が豊富にある。 Hence, he who is afflicted must not deem himself abandoned by God, but should consider whether he has not deserved his trials because of sins.それゆえ、彼は自分自身whoは被災捨てられた神はならないと判断、しかし彼がいないかどうかを考慮すべき当然の罪のために彼の試験です。 The result of this reflection is an admission of sin by the community (verse 47).その結果は、次の反射は、入場料の罪されたコミュニティ(詩47 ) 。 This is followed by another description of the afflictions of the community (48-55).これは、続いて別の説明書は、地域社会の諸問題( 48から55まで) 。 The song ends with a prayer: "Help me and avenge me on my enemies" (56-66).祈りの言葉を歌で終わる: "助けて私と私の敵の敵を討つ" ( 56から66 ) 。

Fourth and Fifth Poems. 4番目と5番目の詩です。

The fourth poem, ch.第4回詩、あなたのです。 iv., is similar to the second as regards its symmetrical arrangement and its contents. Ⅳ 。 、 2番目としては、類似して、左右対称の配置、および、その内容に関してです。 Verses 1-11 deal with the affliction of the "bene Ẓiyyon" and the "Nezirim"-with the famine as the greatest terror of the siege.苦痛に対処する詩1-11は、 "選択ẓiyyon "と" nezirim "としての飢饉の最大のテロは、 Siegeを起動します。 God has poured out all His anger upon the unhappy city, which suffers because of the sins of its leaders, the priests and prophets (13-16), the king and his council (17-20).神が彼の怒りを注ぎアウト時のすべての不幸のどん底に市、罪を受けるため、その指導者は、司祭と預言者( 13-16 ) 、ザキングと彼の評議会( 17-20 ) 。 The last two verses (21-22) contain a threat of punishment against Edom.最後の2つの詩( 21-22 )には、処罰の脅威に対するエドムです。

Since ancient times the fifth poem, ch.古代以来5番目の詩は、あなたのです。 v., has rightly been called a prayer. v. 、祈りの言葉を呼ばれて当然です。 Verse 1 addresses God with the words "Behold our reproach"; this reproach is described with but little coherence in verses 2-18, which are followed by a second appeal to God (19-22): "Renew our days as of old."詩1アドレスの神では、 "見よ私たちの非難" ;この非難は、詩に説明するのはほとんどコヒーレンス2-18 、これに続いて2番目の控訴を神( 19-22 ) : "私たち日中に昔のように更新します。 "

Authorship.-原作者.-

(a) Biblical and Pre-Talmudic Data: The book gives no information as to its author. (ア)聖書およびpre - talmudicデータ:この本の著者としては、何も情報です。 The earliest mention of it is found in II Chron.最古の2世に言及したことが発見さchron 。 xxxv. 35 。 25: "And Jeremiah lamented for Josiah; and all the singing men and the singing women spake of Josiah in their lamentations to this day, and made them an ordinance in Israel: and, behold, they are written in the lamentations." 25 : "と嘆いたのジェレマイアジョサイア;とのすべての歌speakの過去の男性と女性の歌、哀歌をジョサイアがこの日、イスラエルとはかれらの条例は:と、見よ、彼らは哀歌書かれている。 " The chronicler therefore regards Jeremiah as the author of lamentations on Josiah; and it is not improbable that he saw them in the Book of Lamentations, in view of passages like ii.そのための年代記としての著者の哀歌エレミアに関してはジョサイア;そうにないことではないと見て彼はその本の哀歌は、対象の通路のような2世です。 6 and iv. 6およびIV 。 20. 20 。 Josephus ("Ant." x. 5, § 1) has transmitted this tradition: "But all the people mourned greatly for him [Josiah], lamenting and grieving on his account for many days: and Jeremiah the prophet composed an elegy to lament him, which is extant till this time also."ヨセフス( "アリ。 " Xの5 、 § 1 )は、この伝統転送: "しかし、すべての人々に大きく悲嘆に暮れる彼[ジョサイア] 、 lamentingと悲しみを自分のアカウントを多くの日中:エレミアの預言者で構成とすることを嘆きエレジー彼は、現存するまで、この時間にも。 " This tradition has found a place in the Talmud as well as in the Greek translation of the Old Testament, and is plainly cited by Jerome, who says, on Zech.この伝統は、発見した場所は、タルムードだけでなく、ギリシャ語の翻訳は、旧約聖書とは、端的に引用さジェローム、 whoは、上ツェッヒです。 xii. 12 。 11: "Super quo [Josia] lamentationes scripsit Jeremias, quæ leguntur in ecclesia et scripsisse eum Paralipomenon testatur liber."EGHM Lö. 11 : "スーパー権限開示[ josia ] lamentationes scripsitイェレミアス、 quæ legunturで歴代志ecclesia et scripsisse eum testatur独立した。 " eghm löです。

(b) In Rabbinical Literature: The rabbinical authorities regard Lamentations as having been written by Jeremiah (BB 15a).結果( b )のラビ文学:ラビ当局に関して書かれたエレミア哀歌されている( bb 15a ) 。 It is one of the three "Ketubim Ḳeṭannim" (Ber. 57b), and is variously designated as "Ḳinot," "Megillat Ḳinot," "Ekah," and "Megillat Ekah" (Ber. 57b; BB 15a; Lam. R. i. 1, ; comp. L. Blau ["Zur Einleitung in die Heilige Schrift," p. 38, note 3, Budapest, 1894], who questions the last two titles).これは1つの3つの" ketubim ḳeṭannim " ( ber. 57b ) 、および指定さは、さまざまな" ḳinot " 、 " megillat ḳinot " 、 " ekah 、 "および" megillat ekah " ( ber. 57b ; bb 15a ;ラムです。研究です。 i. 1 、 ;のCOMPです。 l. blau [ " zur einleitungで死ぬheilige schrift 、 " p. 38 、注3 、ブダペスト、 1894 ] 、 who質問の最後の2つのタイトル)です。 And he who reads it utters first the benediction "'Al Miḳra Megillah" (Soferim xiv. 2; comp. ed. Müller, p. 188).と彼は、最初の祝祷who読み取ることutters " 'アルmiḳra誇張した説明" ( soferim 14 。 2 ;のCOMPです。エドです。ミュラー、 p. 188 ) 。 Ekah was written immediately after the destruction of the First Temple and of the city of Jerusalem (Lam. R. i. 1), though R. Judah is of the opinion that it was composed during the reign of Jehoiakim, after the first deportation (ib.). ekahが書かの破壊の直後に、最初の寺とは、市のエルサレム( lam. r. i. 1 ) 、かかわらずr.ユダの意見が作曲してはjehoiakimの治世中に、国外追放した後の最初の( ① -イです。 ) 。

The alphabetical construction of the poems furnished suggestions of an ethical nature to the Rabbis.家具付きの詩、アルファベット順の建設を提案してラビは、倫理的な性質です。 The seven alphabets (ch. v. was also considered alphabetical as it numbers twenty-two verses) recall the seven sins committed by Israel (ib. Introduction, xxvii.). 7つのアルファベット(第v.は、アルファベット順に数字も考慮22節)を想起させる7つの犯した罪をイスラエル( ib.はじめ、 27 。 ) 。 This form also indicates that Israel violated the Law from alefこのフォームを示しても法律に違反するイスラエルalef to taw (を振り出し( ib. ① -イ。 i.わたし。 1, § 21), ie, from beginning to end. 1 、 § 21 ) 、すなわち、最初から最後までです。 The letter pe PEの手紙 was placed before 'ayin, because Israel spake with the mouth () what the eye ("'ayin") had not seen (Lam. R. ii. 20).が置か前に'ガイン、 speakの過去形にするため、イスラエル口( )は何の目( " 'ガイン" )見ていない( lam. r. Ⅱ 。 20 ) 。 The influence of the Lamentations in bringing Israel to repentance was greater than that of all the other prophecies of Jeremiah (Lam. R. ix. 26).哀歌をもたらすの影響を受けてイスラエルを後悔するよりも大きいのは、他のすべての予言のジェレマイア( lam. r. 9 。 26 ) 。 See also Jeremiah in Rabbinical Literature.エレミアのラビ文学も参照ください。

Bibliography:書誌事項:

Fürst, Der Kanon des AT Leipsic, 1868.SSEGHフュルスト、 derカノンデはリプシック、 1868.ssegh

(c) Critical View: Since the tradition of the Jeremianic authorship was current as early as the time of the chronicler, it is doubtless an ancient one, but no reference is made to it in any of the songs themselves. ( c )の重要な対象: jeremianic以来の伝統は、現在の原作者は、早ければするものであり、年代記、それは確かに古代の1つ、それに言及がなされてそれを自身のいずれかの曲です。 There are, on the contrary, weighty reasons against ascribing the authorship to Jeremiah:には、逆に、原作者に重大な理由で反対ascribingジェレマイア:

(1) The position of the book among the "Ketubim" in the Hebrew canon; for though the Alexandrian canon places it beside the Book of Jeremiah, this juxtaposition did not obtain originally, since the two books were translated by different writers. ( 1 )の位置をその本の中の" ketubim "は、ヘブライ語キヤノン;アレクサンドリアキヤノンの場所にかかわらず、エレミヤ書の横にあることは、この並置入手しなかった当初、 2つの書籍が翻訳されて以来、さまざまな作家です。

(2) The style of the songs, ie (a) their language and (b) their poetical form. ( 2 )の曲のスタイルを、すなわち(ア)彼らの言語および( b )に詩的なフォームです。

(a) Their language: this has been exhaustively examined by Löhr in Stade's "Zeitschrift," xiv. (ア)彼らの言語:ローアされて徹底的に検証さシュターデの" zeitschrift 、 " 14です。 31 et seq., and it shows that ii. 31頁以降を参照。 、およびことを表している2世です。 and iv.およびIV 。 were drawn undoubtedly from Ezek., and i.疑いの余地が描かezekからです。 、と私 and v. probably from Deutero-Isaiah.とV. 、おそらくよりイザヤ書第2のです。

(b) Their poetical form: this does not refer to the elegiac verse (which Budde called the "Ḳinah-verse") of the first four songs-a verse-form which since the time of Amos is found in all the prophetic literature-but to the so-called acrostic form: that is, in ch.結果( b )に詩的フォーム:これはありません哀歌を参照して(これバッドと呼ばれる" ḳinah -詩" )の最初の4つの曲を詩-フォームで以来、時間のアモスが発見さのすべての予言文学-しかし、いわゆるアクロスティックフォーム:それは、あなたのです。 i., ii., and iv. i. 、 Ⅱ 。 、およびIV 。 each successive verse begins with a successive letter of the alphabet; in ch.各連続で始まり、歴代の手紙を詩のアルファベット;はあなたです。 iii. Ⅲ 。 three verses are devoted to each letter; and the fifth song contains at least twenty-two verses, corresponding to the number of letters in the Hebrew alphabet. 3つの詩は、各文字をテーマに、第5曲を含む、少なくとも22の詩の数の文字に対応しては、ヘブライ語のアルファベットです。 This artificial arrangement is scarcely ever found in the Old Testament except in late Psalms and in the later literature, like Prov.この人工的取り決めはほとんど発見さまで、旧約聖書の詩篇を授けたとの後半を除いて、後の文学、のような地方です。 xxxi. 31 。 and Nahum i.とナホムi. 3. 3 。 The decisive argument against the hypothesis of the Jeremianic authorship is found in the contents of some of the passages.引数の決定的な仮説を反対するjeremianic原作者が発見されたの内容をいくつかの通路です。 For example, ii.たとえば、 2世です。 9 states that at that time the prophets had no vision from the Lord; iv. 9州がその時点では、預言者のビジョンがないから、主; Ⅳ 。 17 refers to the reliance on help from Egypt; iv. 17依存してヘルプを参照して、よりエジプト; Ⅳ 。 20, to the loyalty to the king; v. 7 states that Israel suffered innocently for the sins of the fathers.Indeed, it is highly improbable that Lamentations was composed by any one man, for the following reasons: (1) One writer would hardly have treated the same theme five different times; (2) the diversified character of the several songs, as shown above, is an argument against the assumption, as is also the difference in the acrostic arrangement; for in ch. 20日、王に忠誠をして; v. 7つの州では、イスラエルの罪を無邪気に苦しんfathers.indeed 、それは非常にありそうにないこと哀歌男は、いずれか1つで構成され、以下の理由により: ( 1 ) 1つの作家がほとんど同じテーマが扱われる5つの異なった回、 ( 2 )の多様化の文字を、いくつかの曲に示すように、上は、引数に反対する前提としてはまた、配列の違いは、アクロスティック;ためにあなたのです。 i.わたし。 theその precedes theの前に , while it follows in ii.-iv. 、中に次のようにii.-iv. In view of the characteristics mentioned above, ii.対象の特性が上述したように、 2世です。 and iv.およびIV 。 may be regarded as belonging together; the first dwelling more on the fate of the city, the second more on that of the inhabitants, and both rising to a higher poetic level than the remaining songs of the book. 5月に属すると見なされる一緒;の最初の住居の運命を検索するシティの詳細については、 2番目の詳細については、住民がいたとすると、詩的なレベルよりも高い上昇して、残りの曲を予約します。 Ch.あなたのです。 i.わたし。 and v. might also be classed together, while iii.とV.かもしれないにも一緒に分類し、 Ⅲ 。 occupies an exceptional position, and may have been added in order to render the whole collection adaptable to religious purposes.例外的位置を占め、および5月も全体をレンダリングするために追加されたコレクションの宗教的な目的に適応できるようにします。 In later times, the book was read on the Ninth of Ab, in memory of the destruction of the Solomonic and Herodian Temples; and the custom may have originated even during the time of Zerubbabel's Temple.それ以降の時代には、第9回の本は読んでアルバータ、メモリ内のherodianの破壊と、ソロモンの神殿、およびカスタムの5月が始まったのも時間の中にzerubbabelの寺です。 The time and place of the composition of the book are matters of conjecture.時と場所を、この本は、問題の組成を推測します。 Ch.あなたのです。 ii. Ⅱ 。 and iv.およびIV 。 may have been written a decade after the destruction of Jerusalem; i. 10年5月に書き込まれ破壊した後、エルサレム; i. and v., perhaps toward the end of the Exile; and iii.とV. 、おそらく最後に亡命者に向かって、 Ⅲ 。 seems to be of still later origin.まだへの起源と思われるのです。 Arguments seem to be in favor of Babylon as the place of origin of the book.引数に有利なように見えるバビロンを原産地として、予約します。

Emil G. Hirsch, Max Löhr, Solomon Schechter g.エミールハーシュ、最大ローア、ソロモンシェクター

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

H. Ewald, Die Dichter des Alten Bundes, 2d ed., 1866, pp.笠原エーヴァルト、死ぬディヒターデアルテンbundes 、 2次元エド。 、 1866 、 pp 。 321 et seq.; Otto Thenius, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch, 1855; Nägelsbach, Keil, Payne-Smith, Cheyne, and Plumptre at the end of their commentaries on Jeremiah; WR Smith, Lamentations, in Encyc. 321頁以降を参照。 ;オットーtheniusは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch 、 1855 ; nägelsbach 、 keil 、 Payne氏-スミス、チェーンストークス、およびプランプトリの末尾に解説するのジェレマイア; wrスミス、哀歌は、 encycです。 Brit. brit 。 9th ed.; S. Oettli, in Strack and Zoeckler's Kurzgefasster Kommentar, etc.; M. Löhr, Die Klagelieder Jeremia's, 1891; idem, in Nowack's Handkommentar zum Alten Testament, 1893; S. Minocchi, Le Lamentazioni di Geremia, Rome, 1897; Driver, Introduction to the Literature of the Old Testament, pp. 9エドです。 ; s. oettliは、シュトラックとzoecklerのkurzgefasster kommentar等;男性ローア、死ぬklagelieder jeremia 、 1891 ;同上は、ノバックのhandkommentar zumアルテン遺言、 1893 ; s. minocchi 、ルlamentazioniディジェレミア、ローマ、 1897 ;ドライバ、紹介して、旧約聖書の文学、 pp 。 456 et seq., New York, 1902; Einleitungen to Lamentations (Klagelieder) by Cornill, Baudissin, König, Wellhausen-Bleek; Budde, Klagelieder, in KHC 1898.EGHM Lö. 456頁以降を参照。 、ニューヨーク、 1902 ; einleitungenを哀歌( klagelieder )をコルニル、 baudissin 、ケーニッヒ、ヴェルハウゼン- bleek ;バッド、 klageliederは、道路公社1898.eghm löです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです