Litany嫌になるほど

General Information 総合情報

The litany is a Christian prayer form consisting of a series of petitions sung or said by a deacon, priest, or cantor, to which the congregation repeats a fixed response. フォームは、キリスト教の祈りの嫌になるほどの一連の嘆願書で構成されたソンまたは助祭によると、僧侶か、またはカントール、にして、集会を繰り返し、固定応答します。 The form originated at Antioch in the 4th century and spread from there throughout the Eastern churches and then to the West.アンティオキアのフォームでは、 4世紀の起源と普及してそこから東から西の教会と入力してください。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
It has remained more important in the East, where litanies led by a deacon are the major form of participation by the congregation in the Liturgy.もっと重要なことがままの東、どこに先導されてlitanies助祭は、主要な形式の集会に参加されたの典礼です。 In the West, the Litany of the Saints is the only liturgical litany for Roman Catholics; the Book of Common Prayer contains a litany for Anglican churches.は、西は、 嫌になるほどの嫌になるほどの聖人は、ローマカトリック教徒のみ典礼;その本の共通の祈りには、嫌になるほどの聖公会の教会です。 Nonliturgical litanies include the Litany of Loretto (or of the Blessed Virgin Mary). nonliturgical litaniesには、嫌になるほどのloretto (または、聖母マリア) 。


Litany嫌になるほど

General Information 総合情報

Litany, in Christian liturgy, form of prayer consisting of a series of invocations and supplications pronounced by the clergy, alternating with responses by the choir or congregation.嫌になるほどは、キリスト教の典礼、祈りの形で構成さsupplications 、一連の呼び出しと発音されるの聖職者、交互に回答された聖歌隊や集会です。 The litany may form part of the liturgy of certain feasts or may be regarded as a separate service, used especially in religious processions.フォームの嫌になるほど年5月の典礼の特定の部分と見なされる5月のお祭りや、別のサービス、特に、宗教的な行列が使われています。

In the Roman Catholic church the principal litany is the Litany of the Saints. Originating in medieval times, it consists of the Kyrie Eleison, that is, the invocation of Christ and the Trinity; a series of supplications for the intercession of specific saints; a series of supplications for deliverance from particular evils; and a series of prayers for the preservation of the church.校長は、ローマカトリック教会は、 嫌になるほどの嫌になるほどの聖人です。中世に起源がある、それは、連祷、それは、イエスキリストの呼び出しとトリニティ; supplications 、一連のための特定の聖人の執り成し;するシリーズの発話から特定の弊害をsupplications ;と、一連の祈りの保存のための教会です。 The Litany of the Saints forms part of the liturgy for the Feast of Saint Mark on April 25, called the Greater Litany. It also forms part of the ritual on such occasions as the ordination of priests and the consecration of churches.嫌になるほどのは、聖人の典礼の一部を形成するためのごちそうのサンマルコは4月25日、 嫌になるほど大きいと呼ばれる。儀式の一部を形成することもこのような調整の場としての教会の司祭と奉献します。

The litany is in the Book of Common Prayer of the Church of England and in the service books of other Anglican churches and some Protestant churches.この本は、嫌になるほどの共通の祈りは、教会のイングランドとは、サービスの書籍の他の聖公会の教会やいくつかのプロテスタント教会です。 It is similar to the Roman Catholic form, but contains no invocations for the intercession of the saints.これはローマカトリックフォームに似て、呼び出しが含まれていませんが、聖人の執り成しです。 The litany is prescribed for Anglican morning and evening prayer services.聖公会は、所定のため、嫌になるほどの朝と夕方の祈りのサービスです。


Litany嫌になるほど

Catholic Information カトリックの情報

(Latin litania, letania, from Greek lite, prayer or supplication) (ラテンlitania 、 letania 、よりギリシャ語Liteと、祈りや懇願)

A litany is a well-known and much appreciated form of responsive petition, used in public liturgical services, and in private devotions, for common necessities of the Church, or in calamities - to implore God's aid or to appease His just wrath.をうんざりするほど多くは、よく知られて感謝と応答形式の請願書は、公共の典礼サービスで使用され、および民間の祈りは、共通の必需品は、教会、または災害-神の援助を懇願や怒りをなだめる彼だけです。 This form of prayer finds its model in Psalm cxxxv: "Praise the Lord, for he is good: for his mercy endureth for ever. Praise ye the God of gods . . . the Lord of lords . . . Who alone doth great wonders . . . Who made the heavens", etc., with the concluding words in each verse, "for his mercy endureth for ever."このフォームの祈りのモデルを見つける詩篇第cxxxv : "褒め言葉の主は、彼は良い:慈悲endurethでろう。なたがたの神の神々を称賛する。 。 。 。 。 、主の領主。 。 。 。 。 whoだけdoth大きな不思議です。 。 。 。 。 whoは、天"など、それぞれの詩の結びの言葉は、 "慈悲endurethでろう。 " Similar is the canticle of praise by the youths in the fiery furnace (Dan., iii, 57-87), with the response, "praise and exalt him above all for ever."同じような称賛されたのは、賛美歌の若者は、燃え盛る炉( dan. 、 3世、五十七から八十七) 、との応答、 "上記のすべての彼の称賛と賛美するでろう。 " In the Mass of the Oriental Church we find several litanies in use even at the present day.東洋の教会でのミサをいくつか見つけるlitanies私たちでさえも、現在の日に使用します。 Towards the end of the Mass of the catechumens the deacon asks all to pray; he formulates the petitions, and all answer "Kyrie Eleison".終わりに向かってcatechumensの助祭の質量は、すべての要求を祈って;彼の請願書を策定し、すべての答え"連祷"です。 When the catechumens have departed, the deacon asks the prayers: for the peace and welfare of the world, for the Holy, Catholic, and Apostolic Church, for the bishops and priests, for the sick, for those who have gone astray, etc., to each of which petitions the faithful answer "Kyrie Eleison", or "Grant us, 0 Lord", or "We beseech Thee."ディパーテッドcatechumensときには、要求の助祭の祈り:世界の平和と繁栄のために、聖、カトリック、および使徒教会の司教、司祭、病気のため、これらのwhoは迷った者等は、それぞれの嘆願書を忠実に答え、 "連祷" 、または"グラント問い合わせ、 0の主" 、または"我々なたに懇願する。 " The litany is concluded by the words, "Save us, restore us again, 0 Lord, by Thy mercy."締結され、嫌になるほどの言葉は、 "保存先、復元先を再度、 0主よ、なたの慈悲されています。 " The last petitions in our Litany of the Saints, with the responses "Deliver us, 0 Lord" and "We beseech Thee hear us", show a great resemblance to the Mass Litany of the Greek Church.私たちの最後の嘆願書を、嫌になるほどの聖人は、周囲の反応は"配達先、 0の主"と"我々懇願する先、なたを聞く" 、詳細はとても似ていることを嫌になるほどの、ギリシャの教会のミサです。 In the Ambrosian or Milanese Rite two litanies are recited on the Sundays of Lent instead of the "Gloria in excelsis".アンブロジオやミラネーゼの儀式は、 2つのlitaniesは、日曜の貸し読誦を検索する代わりに、 "グロリアのexcelsis "です。 In the Stowe Missal a litany is inserted between the Epistle and Gospel (Duchesne, "Christian Worship", London, 1904, 199).ミサ典は、ストウが挿入さを嫌になるほどの間の書簡と福音書(デュシェーヌ、 "キリスト教の礼拝" 、ロンドン、 1904 、 199 ) 。 The Roman Missal has retained the prayers for all classes of people in the Mass of the Presanctified on Good Friday, a full litany on Holy Saturday, and the triple repetition of "Kyrie Eleison", "Christe Eleison", "Kyrie Eleison", in every Mass. The frequent repetition of the "Kyrie" was probably the original form of the Litany, and was in use in Asia and in Rome at a very early date.ローマミサ典が保持さのすべてのクラスの人々の祈りは、あらかじめ清められた上、大量のグッドフライデーでは、フル嫌になるほどに聖土曜日、トリプルの繰り返しと"連祷" 、 " christe eleison " 、 "連祷"は、すべてのMass 。 、頻繁に繰り返す"キリエ"は、おそらく、元のフォームには、嫌になるほどとは、使用中、アジアとのローマは非常に初期の日です。 The Council of Vaison in 529 passed the decree: "Let that beautiful custom of all the provinces of the East and of Italy be kept up, viz., that of singing with great effect and compunction the 'Kyrie Eleison' at Mass, Matins, and Vespers, because so sweet and pleasing a chant, even though continued day and night without interruption, could never produce disgust or weariness".評議会は529合格してvaison令: "ここでカスタムのすべての美しい地方の東部やイタリアの状態に維持する、 viz 。 、それを歌に大きな効果と思わずに、 '連祷'で質量は、朝の祈り、とvespers 、甘いと喜ばせるため、これを詠唱にもかかわらず、昼と夜の継続を中断せず、生産することなど絶対にできない嫌悪感や疲労"です。 The number of repetitions depended upon the celebrant.時の繰り返しの数を司祭に依存します。 This litany is prescribed in the Roman Breviary at the "Preces Feriales" and in the Monastic Breviary for every "Hora" (Rule of St. Benedict, ix, 17).この嫌になるほどは、ローマの聖務日課書に規定は、 " preces feriales "とは、修道士の聖務日課書ごとに"時間" (ルールの聖ベネディクト、 9世、 17 ) 。 The continuous repetition of the "Kyrie" is used today at the consecration of a church, while the relics to be placed in the altar are carried in procession around the church.連続の繰り返しの"キリエ"が使用され今日は、献堂、中の遺物を祭壇に置かれるが、教会の周りは行列を組んで運ばです。 Because the "Kyrie" and other petitions were said once or oftener, litanies were called planœ, ternœ, quinœ, septenœ.は、 "キリエ"やその他の嘆願書が一度かoftenerによると、 litaniesがplanœと呼ばれる、 ternœ 、 quinœ 、 septenœです。

When peace was granted to the Church after three centuries of bloody persecution, public devotions became common and processions were frequently held, with preference for days which the heathens had held sacred.平和の教会に与えられているときには3つの世紀にもわたる血なまぐさい迫害した後、公共の祈りが共通と行列が頻繁に行われ、お好みの日中には、神聖なheathensが開かれた。 These processions were called litanies, and in them pictures and other religious emblems were carried.と呼ばれるこれらの行列がlitanies 、およびそれらの写真やその他の宗教的なエンブレムを行った。 In Rome, pope and people would go in procession each day, especially in Lent, to a different church, to celebrate the Sacred Mysteries.ローマの、ローマ教皇と人々が行列を作って行く毎日、特に貸した時点では、を別の教会、神聖な謎を記念している。 Thus originated the Roman "Stations", and what was called the "Litania Major", or "Romana".このように、ローマの起源"ステーション"と呼ばれる何が"主要なlitania " 、または" Romana "のです。 It was held on 25 April, on which day the heathens had celebrated the festival of Robigalia, the principal feature of which was a procession.それが開催された4月25日、上では有名な祭りの日、 heathensのrobigaliaは、主要な機能には、行列です。 The Christian litany which replaced it set out from the church of S. Lorenzo in Lucina, held a station at S. Valentino Outside the Walls, and then at the Milvian Bridge.嫌になるほどに置き換えることは、キリスト教の教会のセットからルチナs.ロレンツォは、開かれた駅でS.バレンチノ外の壁、と入力し、ミルウィウス橋のです。 From thence, instead of proceeding on the Claudian Way, as the heathens had done, it turned to the left towards the Vatican, stopped at a cross, of which the site is not given, and again in the paradise or atrium of St. Peter's, and finally in the basilica itself, where the station was held (Duchesne, 288).そこから、代わりにクラウディウスを進める上のように、としてheathensが完了すると、それを有効に向かってバチカンの左側に、停止してクロスは、与えられたのは、サイトではない、とのアトリウムには、パラダイスやサンピエトロ、そして最後には、聖堂自体は、どこの駅が開かれた(デュシェーヌ、 288 ) 。 In 590, when a pestilence caused by an overflow of the Tiber was ravaging Rome, Gregory the Great commanded a litany which is called "Septiformis"; on the preceding day he exhorted the people to fervent prayer, and arranged the order to be observed in the procession, viz, that the clergy from S. Giovanni Battista, the men from S. Marcello, the monks from SS. 、 590 、疫病が原因で発生するときにオーバーフローのravagingローマのテベレ川は、グレゴリーの大命じ、嫌になるほどと呼ばれる" septiformis " ; exhorted彼はその前日の人々に熱心な祈り、および配置するために、で観察される行列、 viz 、聖職者は、よりS.ジョヴァンニバッティスタは、男性よりS.マルチェッロは、修道僧よりSSです。 Giovanni e Paolo, the unmarried women from SS.ジョバンニパオロメールがあるが、未婚女性よりSSです。 Cosma e Damiano, the married women from San Stefano, the widows from S. Vitale, the poor and the children from S. Cæcilia, were all to meet at S. Maria Maggiore.情報メールダミアーノは、既婚女性よりサンステファノは、未亡人よりS.ビターレ、貧しい人々や、子供たちよりS. cæcilia 、すべてを満たすにはサンタマリアマッジョーレです。 The "Litania Minor", or "Gallicana", on the Rogation Days before Ascension, was introduced (477) by St. Mamertus, Bishop of Vienne, on account of the earthquakes and other calamities then prevalent. " litania小" 、または" gallicana "は、日中の祈とう昇天する前に、が導入さ( 477 )に聖マメルトゥス、司教のヴィエンヌで、 [アカウントを入力し、地震や他の災害普及しています。 It was prescribed for the whole of Frankish Gaul, in 511, by the Council of Orléans (can. xxvii).これは、全体のフランクは、所定のガウルは、 511 、オルレアンされる評議会( can. 27 ) 。 For Rome it was ordered by Leo III, in 799.ローマは、指示されたことをレオ3世は、 799 。 In the Ambrosian Rite this litany was celebrated on Monday, Tuesday, and Wednesday after Ascension.アンブロジオは、この嫌になるほどの儀式でお祝いさは、月曜日、火曜日、水曜日した後、昇天します。 In Spain we find a similar litany from Thursday to Saturday after Whitsuntide, another from the first to third of November, ordered by the Council of Gerunda in 517, and still another for December, commanded by the synod of Toledo in 638.スペインで私たちを見つける木曜日から土曜日のような嫌になるほど聖霊降臨した後、別のからの最初の3番目の11月に、指示された評議会gerundaで517 、まだもう1つは、 12月に命じられたトレドの教会会議の638です。 In England the Litany of Rogation Days (Gang-Days) was known in the earliest periods.は、英国のは嫌になるほどの祈とう日間(ギャング-日間)は、最古の時代に知られている。 In Germany it was ordered by a Synod of Mainz in 813.でドイツ語を指示されたことは、会議のマインツは813です。 Owing to the fact that the Mass Litany became popular through its use in processions, numberless varieties were soon made, especially in the Middle Ages.という事実のために嫌になるほどの質量が人気を通じて、使用さプロセシオン、無数の種類がすぐには、特に中世の時代にします。 Litanies appeared in honour of God the Father, of God the Son, of God the Holy Ghost, of the Precious Blood, of the Blessed Virgin, of the Immaculate Conception, of each of the saints honoured in different countries, for the souls in Purgatory, etc. In 1601 Baronius wrote that about eighty forms were in circulation.神の名誉が掲載されlitaniesの父、神の息子、聖霊の神のもとに、貴重な血の聖母、無原罪懐胎の祝日に、それぞれのさまざまな国の聖人の光栄、煉獄の魂に等の1601バロニウス書いたが、発行部数は約80人のフォームです。 To prevent abuse, Pope Clement VIII, by decree of the Inquisition of 6 Sept., 1601, forbade the publication of any litany, except that of the saints as found in the liturgical books and that of Loreto.不正使用を防ぐため、クレメンス8世、異端審問の令は、 1601年9月6日、禁じられたのあらゆる嫌になるほどの出版を除いては、聖人として発見されたとロレト典礼書です。 To-day the litanies approved for public recitation are: of All Saints, of Loreto, of the Holy Name, of the Sacred Heart, and of St. Joseph. 1日からの承認を受け、公共の暗唱がlitanies :のすべての聖人、ロレト、聖なる名は、神聖な心臓、と聖ヨセフです。

Publication information Written by Francis Mershman.出版物の情報執筆者フランシスmershmanです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume IX.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

BISHOP in Journal of Theological Studies (1906), 133; Römische Quartalschrift (1904), 13; PUNKES in Kirchenlex., sv Litanei; THILL in Pastor Bonus (1891), 217 sqq.; KELLNER, Heortologie (Freiburg, 1906), 143 sqq.; KRIEG in KRAUS, Real-Encyk., sv Litanei; BINTERIM, Denkwürdigkeiten, IV, I, 572 sqq.; Revue Bénédictine, III, 111; V, 152; SERARIUS, Litaneutici seu de litaniis libelli duo (Cologne, 1609).司教で神学研究ジャーナル( 1906 ) 、 133 ; römische quartalschrift ( 1904 ) 、 13 ; punkesでkirchenlex 。 、 sv文書litanei ;ティルで牧師のボーナス( 1891 ) 、 217 sqq 。 ;ケルナー、 heortologie (フライブルク、 1906 ) 、 143 sqq 。 ;クリーグ、クラウス、リアルencyk 。 、 sv文書litanei ; binterim 、 denkwürdigkeiten 、四、私は、 572 sqq 。 ;レヴューベネディクティン、 3 、 111 ; V電源、 152 ; serarius 、 litaneutici移動してデlitaniis libelliデュオ(ケルン、 1609 ) 。


Litany of the Saints嫌になるほどの聖人

Catholic Information カトリックの情報

The model of all other litanies, of great antiquity.他のすべてのモデルのlitanies 、非常に古い。

HISTORY履歴

It was used in the "Litania Septiformis" of St. Gregory the Great, and in the procession of St. Mamertus.それが使用されている" litania septiformis "聖グレゴリーの大、そして聖マメルトゥス行列です。 In the Eastern Church, litanies with the invocation of saints were employed in the days of St. Basil (d. 379) and of St. Gregory Thaumaturgus (d. about 270) (Basil, Ep. lxiii; Socrates, VI, viii, Sozomen, VIII, vii).東部の教会で、聖人がlitaniesの呼び出しで採用され、日中の聖バジル(民主党379 )との聖グレゴリー奇跡を行う人(民主党約270 ) (バジル、 epです。 63 ;ソクラテス、六、 viii 、 sozomen 、 viii 、 7 ) 。 It is not known when or by whom the litany was composed, but the order in which the Apostles are given, corresponding with that of the Canon of the Mass, proves its antiquity (Walafr. Strabo, "De Reb. Eccl.", xxiii).既知のときではない、または嫌になるほど誰が為には、構成が、順番で、使徒が与えられた場合、対応するとしているキヤノンは、質量、証明の古代( walafr.ストラボン、 "デ南軍兵です。 eccl 。 " 、 23世) 。

STRUCTURE AND CONTENT構造とコンテンツ

First part最初の部分

The litany begins with the call for mercy upon God the Father, God the Son, and God the Holy Ghost, in the "Kyrie eleison", "Christe eleison", Kyrie eleison". Then, considering Christ as our Saviour and Mediator, we ask Him to hear us. In order to render more secure the hearing of our prayers, we again ask each of the Persons of the Holy Trinity for mercy, and, adding those titles which give us a claim to Their consideration, we call upon the First Person: God, the Father of Heaven, to whom we owe existence and life; the Second: Redeemer of the world, to Whom we owe our salvation; the Third: Holy Ghost, to whom we owe our sanctification; and then on the Holy Trinity, one God.嫌になるほどのコールを開始する時、神の慈悲の父、神の息子、および神のもとに聖霊は、 "連祷" 、 " christe eleison " 、連祷"をクリックし、当社を検討し救い主イエスキリストとの調停者として、私たち問い合わせを聞いてもらいたいです。他のセキュリティで保護するための聴聞会をレンダリングする弊社の祈り、私たちを再度要求するそれぞれの人の慈悲をホーリートリニティー、および、それらのタイトルの追加を要求する連絡先を考慮して、私たちのよう呼び掛ける最初の担当者名:神は、天国の父、誰にする義務が存在すると私たちの生活を、 2番目:救い主、世界は、誰に借りている私たちを救い、 3番目:聖霊は、ゲストの皆様のおかげで私たち清浄;をクリックして、ホーリートリニティー、 1つの神です。

To render God propitious, we, aware of our own unworthiness, ask the intercession of those who have become His special friends, through a holy life, the saints in lasting communion with Him.慈悲深い神をレンダリングする、我々は、独自のunworthiness認識し、それらの執り成し求めるwhoになって彼の特別な友達と、神聖な生活を介して、彼の聖人が永続的聖体拝領です。 Foremost among these stands Mary, the chosen daughter of the Father, the undefiled mother of the Son, the stainless bride of the Holy Ghost -- we call upon her with the triple invocation: Holy Mary, Mother of God, Virgin of virgins.これらのスタンドで真っ先に挙げられるメアリー、選択された娘の父親は、息子の母親のundefiledは、聖霊のステンレスの花嫁-私たちは彼女のよう呼び掛けるトリプル呼び出し:聖マリア、神の母、バージンの処女です。 We then invoke the blessed spirits who remained firm in their allegiance to the Almighty during the rebellion of Lucifer and his adherents: Michael, prince of the heavenly host; Gabriel, "fortitude of God", the trusted companion of Tobias; and the other angels, archangels, and orders of blessed "ministering spirits, sent to minister for them, who shall receive the inheritance of salvation" (Hebrews 1:14).次に霊呼び出す神の祝福を彼らに忠誠をwhoは堅調に推移して偉力ならびなき方の中に反乱ルシファーと彼の支持者:マイケル、プリンスオブ天国のホスト;ガブリエル、 "神の不屈の精神"は、信頼できる仲間のトビアス;と、他の天使たち、アークエンジェル、と命令を下すの祝福" ministeringスピリッツ、かれらに送信さ部長官、 whoの遺産の相続者の救済を受ける" (ヘブル人への手紙1:14 ) 。 Next in our confidence is he of whom Christ says "There hath nor risen among them that are born of women a greater than John the Baptist" (Matthew 11:11), the precursor of the Lord, the last of the Prophets of the Old Law and the first of the New.次の人が私たちの信頼はイエスキリスト彼は言う"そのうちにかれらも上昇すること以上の女性は生まれながらに洗礼者ヨハネ" (マタイ11:11 )は、前駆体の主は、最後のは、預言者の旧法との最初の、新しいします。

Next in order come St. Joseph, the foster-father of the Incarnate Word; and all the Patriarchs and Prophets who saved their souls in the hope of Him Who was the expected of the nations.次のために来聖ヨセフは、父の化身を育てる-言葉;と預言者のすべてのpatriarchs who保存すると自分の魂を滅ぼし、 whoは、彼の希望は、国の予想です。 Then follow the saints: Peter, prince of the Apostles, vice-regent of Christ; Paul, the Apostle of the Gentiles; Andrew, who first heeded the call of the Master; James the Greater and John the Evangelist, the beloved disciple, who, with St. Peter, were most favoured by Christ; Thomas, called Didymus, who received from Christ signal proofs of His Resurrection; James the Less, first Bishop of Jerusalem; Philip; Bartholomew; Matthew, once called Levi, the toll-gatherer, who wrote the First Gospel; Simon the Zealot; Jude Thaddeus; Matthias, who was chosen to fill the place of Judas Iscariot; Barnabas, called to the Apostolate by the Holy Ghost (Acts 13:2); Luke, the physician, writer of the Third Gospel and the Acts; Mark, the Evangelist, disciple of St. Peter; all the Apostles and Evangelists; the holy disciples of the Lord; the Holy Innocents, the infant martyr-flowers, "Who, slain at the command of Herod, confessed the name of the Lord not by speaking but by dying" (Rom. Brev.).入力し、次の聖人:ピーター、プリンスオブの使徒、キリストの副摂政;ポールは、使徒は、 gentiles ;アンドリュー、 who heededの呼び出しの最初のマスター;ジェームズは大きいとジョンの伝道者は、最愛の弟子、 who 、サンピエトロ大聖堂は、イエスキリストが最も好まされ;トーマスと呼ばれるdidymus 、 who彼の証拠から受け取った信号を、キリストの復活;ジェームズの少ない、最初の司教のエルサレム;フィリップ;バーソロミュー;マシュー、一度と呼ばれるレヴィは、通行料採集、 who書いたの最初の福音書;熱心党のシモン;ジュードタデウス;マティアス、 whoは、いっぱいにする場所を選択しイスカリオテのユダ;バルナバと呼ばれる聖霊をapostleの職された(行為13 : 02 ) ;ルークは、医師、ライター3番目の福音との行為;マークは、伝道者、弟子のサンピエトロ大聖堂;のすべての使徒と福音主義キリスト教徒の神聖な弟子たちは、主;の神聖な罪のない者は、乳児の殉教者-花、 " who 、殺害するには、コマンドのヘロデ王、自白の名前を言えば、主ではなく、しかし、死にかけている" (ローマbrevです。 ) 。

The glorious martyrs are then invoked: Stephen the Deacon, protomartyr, stoned at Jerusalem whilst praying for his executioners (Acts 7:58); Laurence, the Roman archdeacon; Vincent, the deacon of Saragossa in Spain; Fabian, the pope, and Sebastian, the soldier; John and Paul, brothers at the Court of Constantia, daughter of Constantine; Cosmas and Damian, renowned physicians of Ægea in Cilicia; Gervasius and Protasius, brothers at Milan; after which follows a collective impetration of all the holy martyrs.殉教者の栄光に入力し、呼び出さ:スティーブン、助祭、初の殉教者は、石は彼のために祈りをささげながらexecutionersエルサレム(行為7時58分) ;ローレンスは、ローマの助祭;ヴァンサンは、助祭のサラゴサはスペイン;ファビアンは、ローマ法王、とSebastian 、その兵士;ジョンとポールは、兄弟は、裁判所のコンスタンシア、娘のコンスタンティノス;コスマスとダミアヌス、有名な医師のægeaでのCilicia ; gervasiusとprotasius 、兄弟でミラノ;した後で次のように、集団のimpetrationのすべての聖なる殉教者です。 The litany now asks the prays of St. Sylvester, the pope who saw the triumph of the Crucified over paganism; of the Doctors of the Church; Sts.今すぐ、嫌になるほどの祈りをささげる聖シルベスター要求は、ローマ教皇の十字架の勝利を見たwho以上ペイガニズム;は、医師の教会;のSTSです。 Gregory the Great, pope; Ambrose of Milan; Augustine of Hippo, in Africa; and Jerome, representing Dalmatia and the Holy Land; of the renowned Bishops Martin of Tours; Nicholas of Myra; of all the holy bishops and confessors; of all the holy teachers; of the founders of religious orders: Anthony, father of the anchorites of the desert; Benedict, patriarch of the Western monks; Bernard; Dominic; Francis; of all holy priests and levites; of monks and hermits.グレゴリーの大、ローマ教皇;アンブローズのミラノ;アウグスティヌスのカバは、アフリカ、およびジェローム、ダルマチアとの聖地を表す;は、有名な司教マーティンのツアー;ニコラスのミュラ;のすべての聖なる司教と告白;のすべての神聖な教師;は、創業者の宗教的な受注:アンソニー、父は、砂漠のanchorites ;ベネディクト、家長の西側の修道僧;バーナード;ドミニク;フランシス;のすべての神聖な司祭とlevites ;隠修士会の修道士とします。 We then invoke Mary Magdalen, the model of Christian penance and of a contemplative life, of whom Christ said: "Wheresoever this gospel shall be preached in the whole world that also which she hath done, shall be told for a memory of her" (Matthew 26:13); the virgins and martyrs: Agatha, Lucy, Agnes, Cecilia, Catherine, and Anastasia the Younger; and in conclusion of the holy virgins and widows; all the holy men and women.次に起動メアリーマグダレン、キリスト教の贖罪のモデルと観想的な生活を、イエスキリストによると人: "何処にいようこの福音書説教をしなければならない、全世界でも彼女はかれらが完了すると、メモリをしなければならないのは彼女の" (マタイ26:13 ) ;の処女と殉教者:アガサ、ルーシー、アグネス、セシリア、キャサリン、とアナスタシア若い;と結論としては、聖処女と未亡人;のすべての神聖な男性と女性です。

Second part 2つ目の部分

The second part of the litany begins with another cry of "Be merciful to us, spare us O Lord; Be merciful to us, graciously hear us O Lord". 2番目の部分は、別の叫び声を嫌になるほどで始まる"を先に慈悲深く、スペア問い合わせ主よ;は慈悲深くに問い合わせ、優雅に聞い問い合わせ主よ" 。 We then enumerate the ills from which we hope to be delivered: From all evils; from sin; the wrath of God; sudden and unprovided death; the snares of the devil; anger, hatred, and all ill will; the spirit of fornication; lightning and tempest; the scourge of earthquake; plague, famine, and war; from everlasting death.私たちの苦しみに列挙してから入力し、期待して私たちに配信:からすべての弊害;より罪;神の怒りを買う;突然の不意の死とし、仕掛けたわな悪魔;怒り、憎しみ、およびすべての病気が;の精神を姦淫;雷とテンペスト;の惨劇を地震;ペスト、飢饉、と戦争;より永遠の死に至る。 To make our prayers more effective, we present to Christ all that He did for us through the mystery of the Incarnation, through His coming, nativity, baptism and holy fasting, cross and passion, death and burial, holy resurrection, admirable ascension, the coming of the Holy Ghost, the Comforter, and we conclude by the petition, "In the day of judgment, O Lord, deliver us."私たちの祈りをより効果的な、我々のすべてのことを彼はイエスキリストを通しての問い合わせの化身の謎を、彼の来るを通して、キリスト降誕、神聖な断食バプテスマと、十字架と情熱、死や埋葬、神聖な復活、見事なアセンションは、聖霊の到来したことは、慰める、と私たちの請願書を締結され、 "審判の日に、主よ、配達先です。 "

Third part 3分の1

In the third part we humbly acknowledge our unworthiness: "We, sinners, beseech Thee, hear us", and add the list of favours that we wish to obtain: that the Lord spare us; pardon us; and bring us to true penance; that He govern and preserve His holy Church; preserve our Apostolic prelate, and all orders of the Church, in holy religion; humble the enemies of the Church; give peace and true concord to Christian kings and princes; peace and unity to Christian nations; strengthen and preserve us in His holy service; raise our minds to heavenly desires; reward with eternal good all our benefactors; deliver us, our brethren, kinsfolk, and benefactors, from eternal damnation; give and preserve the fruits of the earth; and grant eternal rest to the faithful departed. 3番目の部分は私たちを謙虚に認める私たちunworthiness : "我々は、罪を犯した者は、なたに懇願する、聞く先"とのリストを追加して恩恵を入手することを希望:主は、スペア問い合わせ;恩赦問い合わせ;と、わたしたちをtrueに苦行;彼は彼の支配を維持し、神聖な教会;保持のローマ教皇の高位聖職者、およびすべての注文は、教会は、神聖な宗教;謙虚なの敵は、教会;呼応を与える真の平和とキリスト教の王、王子;平和と団結をキリスト教国;問い合わせを維持強化し、彼の神聖なサービス;引き上げる私たちの心を天国の欲望;報酬を永遠に良いすべての寄付;配信先、私たちの兄弟、近親、および寄付は、永遠の苦しみ;与えると地球の成果を維持するため、および助成金永遠の休息を忠実に出発します。 We ask all this in calling upon the Son of God, thrice invoking the Lamb of God who takes away the sins of the world.これを呼び出していただきますようお願いするすべての神の息子、三度起動して神の子羊罪whoは込むの世界です。 We repeat the "Kyrie", as in the beginning, and add the prayer taught by Christ Himself, the Our Father.私たちを繰り返す"キリエ" 、初めのように、と祈りの教えを追加して、キリスト自身は、私たちの父です。 Then follow psalm lxix, "O God, come to my assistance", etc., and a number of verses, responses, and prayers, renewing the former petitions.入力し、次詩篇第69 、 "おお、神よ、来て私のアシスタンス"など、数多くの詩や、レスポンス、 、祈りをささげて、更新の元嘆願書です。 We conclude with an earnest request to be heard, and an appeal for the faithful departed.私たちの要求を真剣に結論を聞いた、との訴えを忠実に出発する。

FORMSフォーム

Three forms of the Litany of the Saints are at present in liturgical use. 3つの形態の、嫌になるほどの典礼の聖人は、現在使用しています。

First form最初のフォーム

The form given above is prescribed by the Roman Ritual at the laying of the corner-stone of a new church, at the blessing or reconciliation of the same or of a cemetery, in the rite of blessing the people and fields in virtue of a special papal indult, for the major and minor Rogation Days, in the procession and prayers to obtain rain or fine weather, to avert storms and tempests, in time of famine or war, to escape mortality or in time of pestilence, in any tribulation, during the translation of relics, in solemn exorcisms of the possessed, and at the Forty Hours' Devotion.所定のフォーム上で与えられたのはローマの儀式は、石の角に敷設する新しい教会、または和解は、祝福に、同じまたは墓地は、祝福の儀式をする人々や、特別なフィールドでの美徳ローマ法王のindult 、メジャーバージョンとマイナ祈とう日中には、行列、祈りをささげて罰金を入手する雨や天気予報、嵐と嵐を回避する、または戦争の時の飢饉を脱出時の疫病の死亡率、または、いずれの試練、中に翻訳の遺物は、厳粛なexorcismsの保有とは、 40時間の献身的な愛情です。 The Roman Pontifical, besides the occasions given in the Ritual, orders its recitation in the conferring of major orders, in the consecration of a bishop, benediction of an abbot or abbess, consecration of virgins, coronation of a king or queen, consecration of a church, expulsion and readmission of public penitents on Maundy Thursday, and in the "Ordo ad Synodum".ローマ教皇、に加えて、与えられた機会は、儀式、受注の暗唱は、協議の主な受注は、司教祝、祝福のアボットや女子修道院長、奉献の処女、戴冠式の王や女王さまは、自分をささげることは、教会、公共penitentsを退学処分と再加入聖木曜日、および、 "広告のランク付けsynodum "です。

Second form 2つ目のフォーム

Another form is given in the Roman Missal for Holy Saturday and the Vigil of Pentecost.別のフォームがミサ典を与えられた神聖ローマは、徹夜の祈りの聖霊降臨日の土曜日とします。 It is an abbreviation of the other.これは、他のを短縮したものです。 Each verse and response must be duplicated in this litany and in that chanted on Rogation Days (SRC, 3993, ad 4).それぞれの詩と応答しなければならない、この嫌になるほどと重複し、その詠唱を祈とう日間( src 、 3993 、広告の掲載4 ) 。

Third form第3フォーム

A third form is in the "Commendatio" of the Roman Ritual, in which the invocations and supplications are specially chosen to benefit the departing soul about to appear before its Maker (Holzhey, "Thekla-Akten", 1905, 93). 3番目のフォームは、 " commendatio "ローマの儀式では、呼び出しとsupplicationsは、特別利益を選択し、発車の魂を表示する前にそのメーカーについて( holzhey 、 " thekla - akten " 、 1905 、 93 ) 。 This and the preceding form may not be used on other occasions (SRC, 2709, ad 1).これと、上記のフォームを使用されて他の機会れないことがあります( src 、 2709 、広告の掲載1 ) 。 Formerly it was customary to invoke only classes of saints, then individual names were added, and in many places local saints were added (Rock, "The Church of Our Fathers", London, 1903, 182; "Manuale Lincopense", Paderborn, 1904, 71).慣習を起動することは、以前のクラスの聖人にのみ、入力し、個々の名前が追加され、多くの場所でローカル聖人が追加されました(岩、 "わたしたちの祖先の教会" 、ロンドン、 1903年、 182 ; " manuale lincopense " 、パーダーボルン、 1904 、 71 ) 。 To obtain uniformity, changes and additions to the approved were forbidden (SRC, 2093, 3236, 3313).均一性を入手する、変更や追加を承認済みが禁止されて( src 、 2093 、 3236 、 3313 ) 。

Publication information Written by Francis Mershman.出版物の情報執筆者フランシスmershmanです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 Dedicated to the Poor Souls in Purgatory The Catholic Encyclopedia, Volume IX.煉獄の魂のために、貧しい人専用のは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Romische Quartalschrift (1903), 333; BYKOUKAL in BUCHBERGER, Kirchliches Handlex., sv. romische quartalschrift ( 1903 ) 、 333 ; bykoukalでbuchberger 、 kirchliches handlex 。 、 sv文書です。 Litanei; PUNKES in Kirchenlex., sv Litanei; SAMSON, Die Allerheiligen Litanei (Paderborn, 1894); Pastor Bonus, III, 278. litanei ; punkesでkirchenlex 。 、 sv文書litanei ;サムソン、死ぬ諸聖人のlitanei (パーダーボルン、 1894 ) ;牧師のボーナス、 3 、 278 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです