Gospel According to Lukeルカによる福音書によると、

General Information 総合情報

The Gospel According to Luke is the third book of the New Testament of the Bible.ルカによる福音書によると、 3番目の書籍は、新約聖書の聖書です。 Because of its similarities to the Gospels According to Mark and Matthew, it is classified with them as the synoptic Gospels.そのために類似点をマークとマシューの福音書によれば、それは共観福音書として分類されることです。 Although the Gospel was traditionally ascribed to Luke, a companion of Paul (Philem. 24; 2 Tim. 4:11), most modern scholars think that it was written between AD 80 and 90 by a Gentile Christian who wrote the Acts of the Apostles as a sequel. The Gospel characteristically teaches a message of universal salvation addressed to all people, not only to the Jews.生得的には、ルカによる福音書は、伝統的には、コンパニオンのポール( philem. 24 ; 2ティム。 4:11 ) 、最も近代的学者と考えては、広告の80と90の間に書かされたジェンティーレwho書いたの行為は、キリスト教の使徒続編としての福音の特徴を教えてメッセージが表示さをすべての人々の普遍的救いの対処ではなく、ユダヤ人だけにします。

Luke's Gospel can be divided into five major sections: a prologue (1:1 - 4); infancy narrative (1:5 - 2:52); ministry in Galilee (3:1 - 9:50); journey to Jerusalem (9:51 - 21:38); and the passion and resurrection (22:1 - 24:53).ルカの福音書は、 5つの主要なセクションに分けられる:プロローグ( 1:1 -4 ) ;乳児期の物語( 1 :5- 2: 52);省にガリラヤ(3 : 1-9 :5 0);旅をするエルサレム(9 : 51 -2 1:38) ;と情熱と復活( 2 2時0 1分- 24 :53)。 The conclusion sets the scene for the spread of the Christian word, as recounted in the Acts.その結論を設定するシーンは、言葉は、キリスト教のまん延を、 recountedは、行為です。

In common with the other Gospels, Luke relates the principal events of Christ's public life. Passages peculiar to Luke include the parable of the good Samaritan (10:25 - 37), the prodigal son (15:11 - 32), and Christ's words to the women of Jerusalem and to the good thief (23:27 - 31, 43). Commentators point out the prominence given to women.共通点が、他の福音書、ルカによる関連の主イエスキリストの公共の生活のイベントです。 通路に特有のルークには、良きサマリア人の寓話( 10:25 -3 7)は、放蕩息子( 1 5:11- 32 )、およびイエスキリストの言葉女性のエルサレムをして良いと泥棒( 23:27 -3 1日、 4 3) 。コメンテーターを女性に与えられた隆起を指摘する。 Examples include the story of Elizabeth (1:5 - 66), Mary's part in the infancy narrative (1:5 - 2:52), and the widow of Naim (7:11 - 17).例としては、物語のエリザベス( 1:5 -6 6) 、メアリーの部分は、乳児期の物語( 1 :5- 2: 52)、との未亡人のナイム(7時1 1 -1 7) 。 Luke also contains three hymns that have become an important part of liturgy: the Magnificat (1:46 - 55), the Benedictus (1:68 - 79), and the Nunc Dimittis (2:29 - 32).ルークも含まれる賛美歌を3つの重要な部分になって典礼: magnificat ( 1:46 -5 5)は、ベネディクトゥス( 1 :68- 79 )、および、やがてdi mittis(2 : 29-3 2) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
GB Caird, The Gospel of St. Luke (1963); F Danker, Jesus and the New Age According to St. Luke (1972); JM Dawsey, The Lukan Voice (1986); F Evans, Saint Luke (1990). GBのケアードは、聖ルカによる福音書( 1963 ) ; f danker 、イエスキリストと新しい時代によると、聖ルカ( 1972 ) ; jm dawseyは、 lukanの声( 1986 ) ; fエバンス、聖ルカ( 1990 ) 。


Gospel According to Lukeルカによる福音書によると、

Brief Outline簡単な概要

  1. Jesus' thirty years of private life (1-4:13)イエスの30年間のプライベートライフ( 1-4:13 )
  2. Galilean Ministry of Jesus (4:14-9:50)ガリラヤ省のイエスキリスト( 4:14-9:50 )
  3. Journey from Galilee to Jerusalem (9:51-19:44)エルサレムからガリラヤを旅( 9:51-19:44 )
  4. Last days of Jesus in Jerusalem, His Crucifixion and Burial (19:45-23:56)最終更新日間のイエスキリスト、エルサレム、彼のはりつけと埋葬( 19:45-23:56 )
  5. Resurrections and appearances of the Risen Lord and His Ascension (24:1-53) resurrectionsと外見は、上昇の主と彼の昇天( 24:1-53 )


Lukeルーク

Advanced Information 高度情報

Luke, the evangelist, was a Gentile.ルークは、伝道者、は、ジェンティーレです。 The date and circumstances of his conversion are unknown.彼の事情の日付とコンバージョンには不明です。 According to his own statement (Luke 1:2), he was not an "eye-witness and minister of the word from the beginning."彼自身の声明によると(ルーク1:2 ) 、彼は、 "眼部長官の言葉の証人と、最初からです。 " It is probable that he was a physician in Troas, and was there converted by Paul, to whom he attached himself.これは予想していた医師にtroas 、とポールがそこに変換され、自分自身の心に適う添付します。 He accompanied him to Philippi, but did not there share his imprisonment, nor did he accompany him further after his release in his missionary journey at this time (Acts 17:1).彼は彼に同行フィリッピ、しかし、彼の懲役刑を共有しなかったが、彼も彼は同行より詳細な彼の発売後、彼の布教の旅この時点で(行為17 : 01 ) 。 On Paul's third visit to Philippi (20:5, 6) we again meet with Luke, who probably had spent all the intervening time in that city, a period of seven or eight years.ポールの3番目に訪問をフィリッピ( 20時05分、 6 )私たち再び会ってルーク、 who 、おそらく介入は使用済みのすべての時間を、その都市は、 7,8年の期間です。 From this time Luke was Paul's constant companion during his journey to Jerusalem (20:6-21:18).この時点でルークから定数は、ポールの中に彼の旅をするコンパニオンエルサレム( 20:6-21:18 ) 。 He again disappears from view during Paul's imprisonment at Jerusalem and Caesarea, and only reappears when Paul sets out for Rome (27: 1), whither he accompanies him (28:2, 12-16), and where he remains with him till the close of his first imprisonment (Philemon 24; Col. 4:14).カテゴリーの中に消えてから彼は再びポールの懲役刑をcaesareaエルサレムとし、ポールを設定するときにのみが再表示さローマ( 27 : 1 ) 、どこへ彼は彼の伴奏( 28:2 、 12-16 ) 、とどこまで彼は彼の彼の最初の懲役刑を閉じる(ピレモン24 ; Col 。 4:14 ) 。

The last notice of the "beloved physician" is in 2 Tim.の最後の通知は、 "最愛の医師"は、 2ティムです。 4:11. 4:11です。 There are many passages in Paul's epistles, as well as in the writings of Luke, which show the extent and accuracy of his medical knowledge.通路には多くのポールの書簡だけでなく、ルークの文章を、どの程度との精度を表示する彼の医学知識です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Gospel according to Lukeルカによる福音書によると、

Advanced Information 高度情報

The Gospel according to Luke was written by Luke. ルカによる福音書によると 、ルークが書かれた。 He does not claim to have been an eye-witness of our Lord's ministry, but to have gone to the best sources of information within his reach, and to have written an orderly narrative of the facts (Luke 1:1-4).彼は主張され、目撃者の目に、わたしたちの主の部によると、しかしには最高の情報源へ行って彼に達する、との整然と書かれた物語にはその事実(ルーク1:1-4 ) 。 The authors of the first three Gospels, the synoptics, wrote independently of each other.最初の3つの福音書の著者には、 synoptics 、書いたお互いに独立しています。 Each wrote his independent narrative under the guidance of the Holy Spirit.それぞれ独立した物語を書いたの指導の下に聖霊です。 Each writer has some things, both in matter and style, peculiar to himself, yet all the three have much in common.それぞれの作家にはいくつかのこと、の両方で問題とスタイルを、自分自身に特有の、まだすべての3つの共通点が多いです。

Luke's Gospel has been called "the Gospel of the nations, full of mercy and hope, assured to the world by the love of a suffering Saviour;" "the Gospel of the saintly life;" "the Gospel for the Greeks; the Gospel of the future; the Gospel of progressive Christianity, of the universality and gratuitousness of the gospel; the historic Gospel; the Gospel of Jesus as the good Physician and the Saviour of mankind;" the "Gospel of the Fatherhood of God and the brotherhood of man;" "the Gospel of womanhood;" "the Gospel of the outcast, of the Samaritan, the publican, the harlot, and the prodigal;" "the Gospel of tolerance."ルカの福音書と呼ばされ"国による福音書で、フルの慈悲と希望、安心して世界に救世主イエスキリストの愛に苦しみ; " "の福音は、聖人のような生活; " "福音のため、ギリシア;の福音将来;の進行による福音書、キリスト教、 gratuitousnessのは、福音の普遍性とし、歴史的な福音;イエスキリストの福音の救い主としての良い医師と人類; " 、 "神の福音書の父権と同胞団の男; " "大人の女性の福音; " "の福音は、追放された、このサマリア人は、居酒屋の主人は、売春、との放蕩; " "寛容の福音です。 " The main characteristic of this Gospel, as Farrar (Cambridge Bible, Luke, Introd.) remarks, is fitly expressed in the motto, "Who went about doing good, and healing all that were oppressed of the devil" (Acts 10:38; comp. Luke 4: 18).の主な特徴は、次の福音書、ファーラー(ケンブリッジ聖書の、ルカによる、 Introd学です。 )発言は、適切に表現さをモットーに、 " whoは約元気だよ、と治癒の抑圧されたすべての悪魔" (行為10:38 ;のCOMPです。ルーク4 : 18 ) 。 Luke wrote for the "Hellenic world."ルークを書いた"古代ギリシャ世界です。 " This Gospel is indeed "rich and precious."この福音書は、確かに"豊かで貴重です。 " "Out of a total of 1151 verses, Luke has 389 in common with Matthew and Mark, 176 in common with Matthew alone, 41 in common with Mark alone, leaving 544 peculiar to himself. "うち、最新の1151詩は、ルークには共通点が389マシューとマーク、 176の共通点とマシューだけでも、 41の共通点をマークだけでも、自分自身に特有の544残しています。

In many instances all three use identical language." (See Matthew; Mark) There are seventeen of our Lord's parables peculiar to this Gospel. (See List of Parables in Appendix.) Luke also records seven of our Lord's miracles which are omitted by Matthew and Mark. (See List of Miracles in Appendix.) The synoptical Gospels are related to each other after the following scheme. If the contents of each Gospel be represented by 100, then when compared this result is obtained: Mark has 7 peculiarities, 93 coincidences. Matthew 42 peculiarities, 58 coincidences. Luke 59 peculiarities, 41 coincidences. That is, thirteen-fourteenths of Mark, four-sevenths of Matthew, and two-fifths of Luke are taken up in describing the same things in very similar language. Luke's style is more finished and classical than that of Matthew and Mark.すべての3つの多くのインスタンスと同じ言語を使用します。 " (参照マシュー;マーク)には17のわたしたちの主のparablesこの福音書に特有のです。 ( parables 、付録のリストを参照しています。 )ルークも7つのレコードを、わたしたちの主の奇跡が省略された場合にマシューとマークします。 (奇跡の付録のリストを参照しています。 )一覧福音書に関連して、お互いにした後は、次のスキームです。場合は、それぞれの福音書の内容を100で表現される、と比較している場合はこの結果が得られます:マークは、 7特性、 93偶然の積み重ねです。マシュー42特性、 58偶然の積み重ねです。ルーク59特性、 41偶然の積み重ねです。これは、 13 fourteenthsをマーク、 4つのマシューsevenths 、および2つのルークの5分の取り上げるのは、非常によく似て同じことを記述する言語です。ルカのスタイルが終了したら、クラシックに比べて他のマシューとマークします。

There is less in it of the Hebrew idiom.それが少ないのは、ヘブライ語イディオムです。 He uses a few Latin words (Luke 12:6; 7:41; 8:30; 11:33; 19:20), but no Syriac or Hebrew words except sikera, an exciting drink of the nature of wine, but not made of grapes (from Heb. shakar, "he is intoxicated", Lev. 10:9), probably palm wine.彼はラテン語では、いくつかの単語(ルーク12 : 06 ;午前7時41分; 8:30 ; 11:33 ; 19:20 ) 、シリア語やヘブライ語の単語を除いてはありませんsikera 、エキサイティングなワインの性質の水を飲む、しかし、特定作らのブドウ(よりなしで。 shakar 、 "彼は中毒" 、レフです。 10時09分) 、おそらくヤシ酒です。 This Gospel contains twenty-eight distinct references to the Old Testament. 2008年、この福音書が含まれ、旧約聖書の区別を参照しています。 The date of its composition is uncertain.その組成は定かではなく、この評価をします。 It must have been written before the Acts, the date of the composition of which is generally fixed at about 63 or 64 AD This Gospel was written, therefore, probably about 60 or 63, when Luke may have been at Caesarea in attendance on Paul, who was then a prisoner.の前に書かれている必要があります行為は、この評価をするには、通常の組成を固定さ約63または64の広告この福音書が書かれた、したがって、おそらく約60または63 、ルークかもしれないときにはポールcaesareaに随行して、 whoは、囚人を入力してください。 Others have conjectured that it was written at Rome during Paul's imprisonment there.他のことが書かconjecturedではローマ中にポールの懲役刑にします。 But on this point no positive certainty can be attained.しかし、この点については肯定的確信達成できる。

It is commonly supposed that Luke wrote under the direction, if not at the dictation of Paul.ルーク書いたことがよくされていることの方向に、そうでない場合はポールは、口述筆記します。 Many words and phrases are common to both; eg Compare Luke 4:22 with Col. 4:6.多くの単語やフレーズの両方に共通して;例えば、ルーク4:22 、 Col 。 4時06分比較します。 Compare Luke 4:32 with 1 Cor.ルーク4:32 1コー比較します。 2:4. 2時04分です。 Compare Luke 6:36 with 2 Cor. 6時36分に2コールークと比較します。 1:3. 1:3です。 Compare Luke 6:39 with Rom.ルーク6:39にROMとの互換性を比較します。 2:19. 2:19です。 Compare Luke 9:56 with 2 Cor. 9時56分に2コールークと比較します。 10:8. 10時08分です。 Compare Luke 10:8 with 1 Cor.ルーク10時08分に1コー比較します。 10:27. 10:27です。 Compare Luke 11:41 with Titus 1:15.ルカ11:41と比較タイタス1:15です。 Compare Luke 18:1 with 2 Thess.ルーク18時01分に2 thess比較します。 1:11. 1:11です。 Compare Luke 21:36 with Eph.ルカ21:36と比較ephです。 6:18. 6:18です。 Compare Luke 22:19, 20 with 1 Cor.比較ルーク22:19 、 20で1コーです。 11:23-29. 11:23-29 。 Compare Luke 24:46 with Acts 17:3.ルーク24:46行為を比較すると17時03分です。 Compare Luke 24:34 with 1 Cor.ルカ24:34で1コー比較します。 15:5. 15時05分です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Luke Chapter 24ルーク第24

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

First Day of the Week最初の曜日

The order of our Lord's appearances on this day was given in the comment on Matthew 28, and need not be repeated.の順序を、わたしたちの主は、与えられたこの日の出演は、コメントをするマシュー28日、とする必要はありませんが繰り返されています。 Indeed all of the events in the chapter were dealt with there, except the walk to Emmaus (vv. 13-35).確かに、すべてのイベントの章では対処が、徒歩以外のエマオ( vv.十三から三十五まで) 。 Three score furlongs represent nearly eight miles (v. 13).近くの3つの代表によるスコアfurlongs 8マイル(動13 ) 。 Cleopas, one of the two on this journey is not met with elsewhere, and is to be distinguished from the "Clopas" of John 19:25. cleopas 、 1つまたは2つ上の他に会って、この旅ではない、とは区別される" clopas "ジョン19:25 。 Luke has sometimes been identified as the other, but this is conjecture.ルークは、時にはとして識別され、他のが、これは推測します。 The story runs on smoothly and requires little explanation; but, following Stuart, we remark on the wisdom Christ displayed in dealing with the men.スムーズにその話を実行する必要はほとんど説明;しかし、次のスチュアートは、イエスキリストの英知を結集する発言をする私たちに対処する男性に表示されています。

He brought them to the written word, and He left them there (vv. 25-27), furnishing no fresh revelation, but expecting them to rest on the old one.彼して、書かれた単語、と彼は左にかれらに( vv. 25-27 ) 、家具の新鮮な啓示が、残りを期待して、古い1つです。 What He expected of them, He still expects of His disciples, and the sooner we realize and act on it, the sooner will we have peace.どのような彼は期待して、彼はまだ彼の弟子を期待し、より早く実現し、行動しているとは、私たちは平和のは早いです。 Another interesting item is the reference to Simon Peter (v. 34) which no other evangelist mentions, but which Paul records later (1 Corinthians 15: 5).もう1つの興味深いアイテムがサイモンへの参照をピーター(動34 )その他のエバンジェリスト言及されていないが、どのポールのレコードへ( 1コリンチャンス15 : 5 ) 。 The reason for silence concerning it was the question of communion with His Lord that had to be settled for Peter.沈黙の理由に関する質問の聖体拝領それは、彼の主ていたピーターが解決されることです。 Could he again enjoy it after what he had done?彼は再び楽しむことが彼が完了した後は何ですか? "That visit settled it," says Stuart: "We say visit because evidently it was the Lord who sought him out." "決着を訪問し、 "スチュアートは言う: "我々言ってやるが訪れるため、どうやらそれは、主who求めてくる。 "

He "hath appeared unto Simon."彼は"サイモンかれかれらが登場します。 " The effect of this interview on Peter is seen in John 21:7.その効果は、次のインタビューでジョンピーターは21時07分に見られる。 Luke is very definite concerning the evidences of Christ's resurrection.ルークは非常に明確な証拠はキリストの復活に関するします。 "A spirit hath not flesh and bones, as ye see me have" (39). "かれらの精神をもって特定の肉と骨を、なたがたを参照私が" ( 39 )です。 There is no mention of blood, for that is the life of the flesh (Lev. 17:14), and was poured out when He died for guilty men.血液中に言及したがない、の生活があることが、肉( lev. 17:14 )とは、彼が死亡した時のルーズアウト有罪の男性です。 Luke's version of the commission to the disciples is new, in that "repentance and remission of sins" were to "be preached in His Name among all nations, beginning at Jerusalem" (v. 47).ルカのバージョンの同委員会は、弟子たちが新しい場合は、その"悔い改めと罪の赦し"が"説教で、彼の名前はすべての国のうち、最初のエルサレム" (動47 ) 。 This is "the gospel of the grace of God" (Acts 20 : 24), and is to be distinguished from the gospel of the Kingdom which our Lord Himself and His disciples preached throughout His earthly life.これは"神の恵みによる福音書" (行為20 : 24 )とは区別されるの王国の福音を、わたしたちの主は自分自身と彼の弟子たちはこの世の生活を通して説教します。

That gospel will be preached again as we have seen (Matt. 24 : 14), but not until after the translation of the church, and Israel takes up her mission once more among the Gentiles.説教されることを再度福音として私たちが見られる( matt. 24 : 14 ) 、しかし、特定されるまでの翻訳は、教会の後に、彼女のミッションでは一度とイスラエル間の他のgentilesです。 Power was needed for the preaching of this gospel, and it is promised (v. 49), but our Lord must first ascend ere it can be "shed forth," hence the record following (vv. 50-51).パワーは、この福音書説教する必要がある、と約束したことは(動49 ) 、しかし、わたしたちの主、馬具必要があります。登ることが第一"上屋記載、 "したがって、次のレコード( vv. 50-51 ) 。 This reference to the ascension in Luke makes his Gospel the most complete outline of the four, for it begins with the announcement of the birth of John the Baptist as none of the others do, and closes with this event which Mark alone alludes to but in the briefest manner.この参照して昇天のルークを彼の福音書の4つの、最も完全な概要を発表したことから始まりますにして生まれたかなしの洗礼者ヨハネとして、他のは、このイベントを明日にマークだけalludesしかし、ちょっと態度です。 Speaking of verse 51, the Scofield Bible says very beautifully, "the attitude of our Lord here characterizes this age as one of grace, an ascended Lord is blessing a believing people with spiritual blessings.詩といえば51は、スコフィールド聖書は言う非常に美しく、 "ここでわたしたちの主の態度の1つの特徴として、この年齢の恵みを受けて、登るの主は、信心深い人々に精神的な祝福を祝福します。

The Jewish, or Mosaic age was marked by temporal blessings as the reward of an obedient people (Deut. 28 : 1-15).ユダヤ人か、またはモザイク年齢は、スパムを頭の祝福の報酬として素直な人々 ( deut. 28 : 1-15 ) 。 In the Kingdom or Millennial age, spiritual and temporal blessings unite."は、千年王国や年齢、精神的な団結と時間の祝福。 "

Questions 1. 質問 1 。 Have you reviewed the order of our Lord's appearances?ここに、わたしたちの主の順序を検討しての出演ですか? 2. 2 。 How was Christ's wisdom displayed on the walk to Emmaus?イエスキリストはどのように表示されて歩くの叡智をEmmausのですか? 3. 3 。 What reason for silence is suggested in regard to our Lord's appearance to Simon?どのような理由で推奨されに関して沈黙はわたしたちの主の外観をサイモンですか? 4. 4 。 Why is the mention of "blood" omitted in the testimony to Christ's bodily resurrection?に言及したのはなぜです"血"の証言を省略した場合は、キリストの復活の肉体的ですか? 5. 5 。 What is the distinction between the two "gospels" mentioned? 2つの区別をすることは何です"福音書"に記載ですか? 6. 6 。 In what sense is the third Gospel the completest? 3番目の福音書にどのような意味では、 completestですか? 7. 7 。 Distinguish among the three ages, the Jewish, Christian and Millennial.区別のうちの3つの年齢層は、ユダヤ教、キリスト教、千年です。


Gospel of Saint Luke聖ルカによる福音書

Catholic Information カトリックの情報

The subject will be treated under the following heads:の件名は、次のように扱われるの下にヘッド:

I. Biography of Saint Luke; i.の伝記を聖ルカ;

II.Authenticity of the Gospel; ii.authenticityの福音;

III. Ⅲ 。 Integrity of the Gospel;整合性の福音;

IV. Ⅳ 。 Purpose and Contents;目的と内容;

V. Sources of the Gospel: Synoptic Problem; v.源の福音:総観の問題;

VI. Ⅵ 。 Saint Luke's Accuracy;聖ルカの精度;

VII. Ⅶ 。 Lysanias, Tetrarch of Abilene; lysanias 、長老のアビリーン;

VIII. Ⅷ 。 Who Spoke the Magnificat? magnificat whoスポークのですか?

IX. 9 。 The Census of Quirinius;国勢調査のクイリニウス;

X. Saint Luke and Josephus. Xの聖ルカとヨセフスです。

I. BIOGRAPHY OF SAINT LUKE i.の伝記を聖ルカ

The name Lucas (Luke) is probably an abbreviation from Lucanus, like Annas from Ananus, Apollos from Apollonius, Artemas from Artemidorus, Demas from Demetrius, etc. (Schanz, "Evang. des heiligen Lucas", 1, 2; Lightfoot on "Col.", iv, 14; Plummer, "St. Luke", introd.)ルーカス監督の名前(ルーク)の略からは、おそらくルカヌス、 annasからananusのような、よりapollosアポロニオス、 artemasからartemidorus 、ディミートリアスdemasから、等(シャンツ、 " evang 。デheiligenルーカス" 、 1 、 2 ;ライトフットを" Col 。 " 、 4 、 14 ;プラマー、 "聖ルカ" 、 Introd学です。 )

The word Lucas seems to have been unknown before the Christian Era; but Lucanus is common in inscriptions, and is found at the beginning and end of the Gospel in some Old Latin manuscripts (ibid.).ルーカス監督の言葉も未知のように前には、キリスト教の時代;しかし、ルカヌスは、共通の碑文、との始めと終わりが見つかったのはいくつかの古いラテン語の福音原稿( ibid. ) 。 It is generally held that St. Luke was a native of Antioch.それは一般的に行われたこと聖ルカはアンティオキアに自生する植物です。 Eusebius (Hist. Eccl. III, iv, 6) has: Loukas de to men genos on ton ap Antiocheias, ten episteuen iatros, ta pleista suggegonos to Paulo, kai rots laipois de ou parergos ton apostolon homilnkos--"Lucas vero domo Antiochenus, arte medicus, qui et cum Paulo diu conjunctissime vixit, et cum reliquis Apostolis studiose versatus est."ユーセビアス( hist. eccl 。 3 、 4 、 6 )は: loukasデgenos上に男性のantiocheiasトンAP通信は、 10 episteuen iatrosは、 TA pleista suggegonosをパウロは、甲斐良くないlaipoisデ王parergosトンapostolon homilnkos -"ルーカス但しどもa ntiochenus 、アルテメディクス、ごっパウロディウconjunctissimeホームet vixit 、他ごっreliquis apostolis studiose versatus est 。 " Eusebius has a clearer statement in his "Quæstiones Evangelicæ", IV, i, 270: ho de Loukas to men genos apo tes Boomenes Antiocheias en--"Luke was by birth a native of the renowned Antioch" (Schmiedel, "Encyc. Bib.").ユーセビアスには、明確なステートメントを彼の" quæstiones evangelicæ " 、 4世、私、 270 :ホードloukas試験を男性genos apo boomenes antiocheiasアン-"ルークは、出生時に自生する植物で有名なアンティオキア" (シュミーデル、 " e ncyc。よだれ掛けです。 " ) 。 Spitta, Schmiedel, and Harnack think this is a quotation from Julius Africanus (first half of the third century).シュピッタ、シュミーデル、ハルナック考えるとこれは、相場よりユリウスアフリカヌス(第3世紀前半) 。 In Codex Bezæ (D) Luke is introduced by a "we" as early as Acts 11:28; and, though this is not a correct reading, it represents a very ancient tradition.にコーデックスのbezæ (奥行)ルークが導入された"私たち"早ければ行為11:28 ;と、これを正しく解釈するではない、それは、非常に昔からの言い伝えです。 The writer of Acts took a special interest in Antioch and was well acquainted with it (Acts 11:19-27; 13:1; 14:18-21, 14:25, 15:22, 23, 30, 35; 18:22).その作家の行為は、特別な関心をアンティオキアとはよく通じていること(行為11:19-27 ;午前13時01分; 14:18-21 、 14:25 、 15:22 、 23 、 30 、 35 、 18 : 22 ) 。 We are told the locality of only one deacon, "Nicolas, a proselyte of Antioch", 6:5; and it has been pointed out by Plummer that, out of eight writers who describe the Russian campaign of 1812, only two, who were Scottish, mention that the Russian general, Barclay de Tolly, was of Scottish extraction.私たちは地域の1つだけ助祭氏は、 "ニコラス、アンティオキアの改宗の"減、 6:5 ;と指摘されてはプラマーが、アウトの8つのキャンペーンの作家who説明してロシア語1812 、 2つのみ、 whoがスコットランド、一般的な言及は、ロシア語、バークレーデろうそく、スコットランドは、抽出します。 These considerations seem to exclude the conjecture of Renan and Ramsay that St. Luke was a native of Philippi.これらの配慮の憶測を除外するように見えるのが聖ルカはルナンとラムゼイフィリッピに自生する植物です。

St. Luke was not a Jew.聖ルカはないユダヤ人である。 He is separated by St. Paul from those of the circumcision (Colossians 4:14), and his style proves that he was a Greek.彼はセントポールで区切られた者は、割礼(コロサイ人への手紙4:14 ) 、と彼のスタイルを証明していたギリシャ語です。 Hence he cannot be identified with Lucius the prophet of Acts 13:1, nor with Lucius of Romans 16:21, who was cognatus of St. Paul.したがって彼を発見することはできません預言者ムハンマドの行為ルキウス13時01分、また、ルキウスのローマ人への手紙16:21 、 who cognatusのは、聖パウロです。 From this and the prologue of the Gospel it follows that Epiphanius errs when he calls him one of the Seventy Disciples; nor was he the companion of Cleophas in the journey to Emmaus after the Resurrection (as stated by Theophylact and the Greek Menol.).この福音書のプロローグは、次のようにして彼の呼び出し時に聖エピファニオスerrs 70のいずれかの彼の弟子;もが彼の仲間は、旅をするcleophasエマオの後に復活( theophylactに記載され、ギリシャのmenolとします。 ) 。 St. Luke had a great knowledge of the Septuagint and of things Jewish, which he acquired either as a Jewish proselyte (St. Jerome) or after he became a Christian, through his close intercourse with the Apostles and disciples.聖ルカは大きな知識をセプトゥアギンタとのことをユダヤ人、ユダヤ人としての彼のいずれかを取得改宗(聖ジェローム) 、またはした後、彼はキリスト教、を通して彼の使徒と弟子に近い関係にある。 Besides Greek, he had many opportunities of acquiring Aramaic in his native Antioch, the capital of Syria.ギリシャ語のほか、彼は彼の多くの機会を獲得アラム語ネイティブのアンティオキア、シリアの首都です。 He was a physician by profession, and St. Paul calls him "the most dear physician" (Colossians 4:14).彼は医者表芸は、彼と聖パウロの呼び出し"最も親愛なる医者" (コロサイ人への手紙4:14 ) 。 This avocation implied a liberal education, and his medical training is evidenced by his choice of medical language.この趣味黙示的にリベラルな教育、医療訓練が見られると彼の彼の選択の医療言語です。 Plummer suggests that he may have studied medicine at the famous school of Tarsus, the rival of Alexandria and Athens, and possibly met St. Paul there.プラマー示唆して彼は5月に医学では、有名な学校の勉強タルススは、アレクサンドリアのライバルとアテネ、セントポールと会った可能性がある。 From his intimate knowledge of the eastern Mediterranean, it has been conjectured that he had lengthened experience as a doctor on board ship.彼の知識をより親密な、東地中海、 conjecturedされて長くしていた医者としての経験を乗せた船です。 He travailed a good deal, and sends greetings to the Colossians, which seems to indicate that he had visited them.彼はかなりtravailed 、および送信さコロサイ人への手紙にあいさつをし、どのように訪れていたことを示しています。

St. Luke first appears in the Acts at Troas (16:8 sqq.), where he meets St. Paul, and, after the vision, crossed over with him to Europe as an Evangelist, landing at Neapolis and going on to Philippi, "being assured that God had called us to preach the Gospel to them" (note especially the transition into first person plural at verse 10).聖ルカ最初に表示されている行為をtroas ( 16時08 sqq 。 ) 、ここで彼を満たし聖パウロ、および、後のビジョンを持ってヨーロッパを横断するエバンジェリストとして、着陸をフィリッピneapolisと起こっている、 "神が呼ばれることが確実な問い合わせをして福音を説く" (注特に最初の人への移行を複数の詩10 ) 。 He was, therefore, already an Evangelist.彼は、そのため、既に伝道者です。 He was present at the conversion of Lydia and her companions, and lodged in her house.彼は現在は、リディアと彼女の仲間の変換をし、彼女の家に詰まった。 He, together with St. Paul and his companions, was recognized by the pythonical spirit: "This same following Paul and us, cried out, saying: These men are the servants of the most high God, who preach unto you the way of salvation" (verse 17).彼は、聖パウロとその仲間たちと一緒に、精神は認識してpythonical : "これと同じ次のポールと問い合わせ、叫んだアウト、と言っ:これらの男性は神のしもべで最も高い、 who説教なたがたに救いの邪魔をする" (詩17 ) 。 He beheld Paul and Silas arrested, dragged before the Roman magistrates, charged with disturbing the city, "being Jews", beaten with rods and thrown into prison.サイラスbeholdの過去過去分詞ポールと彼は逮捕され、ドラッグの前にローマンmagistrates 、罪に気掛かりなの市"がユダヤ人" 、暴行を棒に刑務所に入れられるとスローします。 Luke and Timothy escaped, probably because they did not look like Jews (Timothy's father was a gentile).ティモシールークとエスケープ、おそらく次のようにしなかったため、彼らのユダヤ人(ティモシーの父親は、ジェンティーレ) 。 When Paul departed from Philippi, Luke was left behind, in all probability to carry on the work of Evangelist.出発時にポールフィリッピ、ルークは取り残された、すべての確率を運ぶエバンジェリストの仕事をしています。 At Thessalonica the Apostle received highly appreciated pecuniary aid from Philippi (Phil., iv, 15, 16), doubtless through the good offices of St. Luke.テサロニカの使徒を受け取った金銭的援助から高く評価さフィリッピ( phil. 、 4 、 15 、 16 ) 、疑いの良い事務所を通じて聖ルカです。 It is not unlikely that the latter remained at Philippi all the time that St. Paul was preaching at Athens and Corinth, and while he was travelling to Jerusalem and back to Ephesus, and during the three years that the Apostle was engaged at Ephesus.思いも寄らないことではないままでは、後者のフィリッピのすべての時間を聖パウロは、アテネとコリント説教で、旅をしながら彼はエルサレムと省略してエフェソス、および中の3年間では、使徒は、エフェソスに従事します。 When St. Paul revisited Macedonia, he again met St. Luke at Philippi, and there wrote his Second Epistle to the Corinthians.マケドニアセントポール再訪時に、彼は再び会った聖ルカフィリッピ、および2番目に書いたの信徒へのコリンチャンスです。

St. Jerome thinks it is most likely that St. Luke is "the brother, whose praise is in the gospel through all the churches" (2 Corinthians 8:18), and that he was one of the bearers of the letter to Corinth.聖ジェロームが最も高いと考えていること聖ルカは"の兄、その褒め言葉は、教会内のすべての福音書" ( 2コリンチャンス8時18分) 、としていたのいずれかのコリントの手紙を担う人々です。 Shortly afterwards, when St. Paul returned from Greece, St. Luke accompanied him from Philippi to Troas, and with him made the long coasting voyage described in Acts, xx.その後まもなく、聖パウロから返されたときにギリシャ、聖ルカフィリッピをtroasから伴走し、彼は、長い航海に記載され惰行行為、イグゼクスです。 He went up to Jerusalem, was present at the uproar, saw the attack on the Apostle, and heard him speaking "in the Hebrew tongue" from the steps outside the fortress Antonia to the silenced crowd.彼は最大エルサレム、現在は、騒ぎになったが、見た、この襲撃を、使徒、と聞いて言えば"は、ヘブライ語舌"からの手順を実行してアントニア要塞外の群衆のサイレンサーです。 Then he witnessed the infuriated Jews, in their impotent rage, rending their garments, yelling, and flinging dust into the air.それから彼は激怒を目撃したユダヤ人は、やり場のない怒りに、胸が張り裂けるように衣類、怒鳴らない、およびflingingほこりを空中にします。 We may be sure that he was a constant visitor to St. Paul during the two years of the latter's imprisonment at Cæarea.することがありますことを確認して彼は聖パウロの定数の訪問者が後者の中に2年間の懲役刑をcæareaのです。 In that period he might well become acquainted with the circumstances of the death of Herod Agrippa I, who had died there eaten up by worms" (skolekobrotos), and he was likely to be better informed on the subject than Josephus. Ample opportunities were given him, "having diligently attained to all things from the beginning", concerning the Gospel and early Acts, to write in order what had been delivered by those "who from the beginning were eyewitnesses and ministers of the word" (Luke 1:2, 3). It is held by many writers that the Gospel was written during this time, Ramsay is of opinion that the Epistle to the Hebrews was then composed, and that St. Luke had a considerable share in it. When Paul appealed to Cæsar, Luke and Aristarchus accompanied him from Cæsarea, and were with him during the stormy voyage from Crete to Malta. Thence they went on to Rome, where, during the two years that St. Paul was kept in prison, St. Luke was frequently at his side, though not continuously, as he is not mentioned in the greetings of the Epistle to the Philippians (Lightfoot, "Phil.", 35). He was present when the Epistles to the Colossians, Ephesians and Philemon were written, and is mentioned in the salutations given in two of them: "Luke the most dear physician, saluteth you" (Colossians 4:14); "There salute thee .彼は、その期間内にお知り合いになるかもしれないの状況をヘロデ王の死をアグリッパ私は、 whoが死亡したワームに食われる" ( skolekobrotos ) 、と彼は予想されるよりもより良いインフォームドコンセントの件名ヨセフスします。十分な機会が与えられた彼は、 "すべてのものが熱心に達成し、最初から"と早期の福音に関する行為、を書くためにどのように配信されていたこれらの" whoからの目撃者と閣僚の始まりという言葉が" (ルーク1:2 、 3 ) 。行われたことは、多くの作家は、この時間の間に書かれた福音書は、ラムゼイの意見はヘブル人への手紙は、当時の信徒への構成、およびその聖ルカはかなりのシェアをしてください。 cæsarときにポールを訴え、ルークとaristarchusから伴走cæsarea 、と彼は航海中に嵐のクレタ島をマルタからです。そこにローマを彼らは、どこに、その中に聖パウロは、 2年間刑務所に保存され、聖ルカは頻繁に彼の側では、継続的ではありません、彼は記載されていないの信徒への挨拶は、ピリピ人への手紙(ライトフット、 "フィル。 " 、 35 ) 。彼は現在のときに書簡をコロサイ人への手紙、エペソ人への手紙とピレモンへの手紙が書かれた、とは言及礼拝は、与えられた2つのこと: "ルークの最も親愛なる医師、 salutethする" (コロサイ人への手紙4:14 ) ; "なたに敬意を表する。 .です。 .です。 Mark, Aristarchus, Demas, and Luke my fellow labourers" (Philem., 24). St. Jerome holds that it was during these two years Acts was written.マーク、 aristarchus 、 demas 、私の仲間の労働者とルーク" ( philem. 、 24 ) 。聖ジェロームを保持して年間は、これらの2つの行為が書か中です。

We have no information about St. Luke during the interval between St. Paul's two Roman imprisonments, but he must have met several of the Apostles and disciples during his various journeys.私たちはない情報を参照する間隔を中に聖ルカ聖パウロの2つのローマンimprisonments 、しかし彼のいくつかは満たす必要があります使徒と弟子たちの中に彼の様々な旅です。 He stood beside St. Paul in his last imprisonment; for the Apostle, writing for the last time to Timothy, says: "I have fought a good fight, I have finished my course. . . . Make haste to come to me quickly. For Demas hath left me, loving this world. . . . Only Luke is with me" (2 Timothy 4:7-11).彼の横に立っていた聖パウロは彼の最後の懲役刑;は、使徒は、書面での最後の時間をティモシー、は言う: "私は戦ったでは健闘、私は私のコース終了。 。 。 。 。 。 。 。メイン迅速に急いで来る。かれらのdemas左私は、愛情に満ちたこの世界。 。 。 。 。 。 。 。のみルークは、私" ( 2ティモシー4:7-11 ) 。 It is worthy of note that, in the three places where he is mentioned in the Epistles (Colossians 4:14; Philemon 24; 2 Timothy 4:11) he is named with St. Mark (cf. Colossians 4:10), the other Evangelist who was not an Apostle (Plummer), and it is clear from his Gospel that he was well acquainted with the Gospel according to St. Mark; and in the Acts he knows all the details of St. Peter's delivery--what happened at the house of St. Mark's mother, and the name of the girl who ran to the outer door when St. Peter knocked.これは立派なのに注意しては、の3つの場所に記載されて彼がどこに書簡(コロサイ人への手紙4:14 ;ピレモン24 ; 2ティモシー4:11 )彼の名前は、サンマルコ( cf.コロサイ人への手紙4:10 )は、他のエバンジェリストwhoはないの使徒(プラマー) 、およびこれは彼の福音をクリアしていたよりも知り合いによると、サンマルコの福音とは、行為のすべての詳細を彼は知ってサンピエトロ大聖堂の配信-何が起こったかは、ハウスオブサンマルコの母親と娘の名前をwho実行時にサンピエトロ大聖堂の外側のドアをノックします。 He must have frequently met St. Peter, and may have assisted him to draw up his First Epistle in Greek, which affords many reminiscences of Luke's style.サンピエトロ大聖堂必要があります。頻繁に会った彼は、彼を描くと5月にアシストする彼の最初の手紙でギリシャ語、多くの思い出を支払うのルークのスタイルです。 After St. Paul's martyrdom practically all that is known about him is contained in the ancient "Prefatio vel Argumentum Lucæ", dating back to Julius Africanus, who was born about AD 165.聖パウロの殉教した後には既知の事実上のすべてについて、彼は含まれている古代の" lucæ論証prefatioか" 、ユリウスアフリカヌスにさかのぼる、 whoが生まれた約165の広告です。 This states that he was unmarried, that he wrote the Gospel, in Achaia, and that he died at the age of seventy-four in Bithynia (probably a copyist's error for Bœotia), filled with the Holy Ghost.この状態は彼が未婚、それを書いたの福音は、アカイアており、その彼が死亡した74歳の時にはビテュニア(筆耕のエラーが発生するため、おそらくbœotia ) 、聖霊の満ちている。 Epiphanius has it that he preached in Dalmatia (where there is a tradition to that effect), Gallia (Galatia?), Italy, and Macedonia.聖エピファニオスとなっている彼は説教のダルマチア(ここには、伝統的にその効果) 、ガリア( galatiaですか? ) 、イタリア、およびマケドニアです。 As an Evangelist, he must have suffered much for the Faith, but it is controverted whether he actually died a martyr's death.伝道者として、彼は、信仰の必要があります。苦しみ、それは実際に彼が死亡するかどうかcontroverted殉教者の死のです。 St. Jerome writes of him (De Vir. III., vii).聖ジェロームの書き込みは彼(デ人です。 Ⅲ 。 、 7 ) 。 "Sepultus est Constantinopoli, ad quam urbem vigesimo Constantii anno, ossa ejus cum reliquiis Andreæ Apostoli translata sunt [de Achaia?]." " sepultusはconstantinopoli 、広告の掲載方法urbem vigesimo安濃constantii 、足ejusごっreliquiis andreæアポストリtranslata sunt [デアカイアですか? ] 。 "

St. Luke its always represented by the calf or ox, the sacrificial animal, because his Gospel begins with the account of Zachary, the priest, the father of John the Baptist.聖ルカは、常に代表されるふくらはぎのや牛は、いけにえの動物は、彼の福音書から始まりますので、アカウントのザカリーは、司祭は、洗礼者ヨハネの父です。 He is called a painter by Nicephorus Callistus (fourteenth century), and by the Menology of Basil II, AD 980.ニケフォロスと呼ばれる彼は画家をカリスツス( 14世紀)とされるmenologyのバシレイオス2世、広告の掲載980です。 A picture of the Virgin in S. Maria Maggiore, Rome, is ascribed to him, and can be traced to AD 847 It is probably a copy of that mentioned by Theodore Lector, in the sixth century.画像は、ヴァージンのサンタマリアマッジョーレ、ローマ、生得的には彼を使用して追跡して、広告のコピーを847にすることは、おそらく読者に記載されセオドアは、 6世紀です。 This writer states that the Empress Eudoxia found a picture of the Mother of God at Jerusalem, which she sent to Constantinople (see "Acta SS.", 18 Oct.).この作家が見つかりましたeudoxiaには、皇后の写真を神の母でエルサレムで彼女に送信さコンスタンティノープル(詳細については、 "ログssです。 " 、 10月18日) 。 As Plummer observes.プラマーとして観察します。 it is certain that St. Luke was an artist, at least to the extent that his graphic descriptions of the Annunciation, Visitation, Nativity, Shepherds.これは確信して聖ルカは一人の画家で、少なくとも彼のグラフィックの限りでは受胎告知の説明をし、面接、キリスト降誕、羊飼いです。 Presentation, the Shepherd and lost sheep, etc., have become the inspiring and favourite themes of Christian painters.プレゼンテーションは、失われた羊飼いや羊など、好きなテーマになって、感動を与える、キリスト教の画家です。

St. Luke is one of the most extensive writers of the New Testament.聖ルカは、最も広範な作家の1つは、新約聖書です。 His Gospel is considerably longer than St. Matthew's, his two books are about as long as St. Paul's fourteen Epistles: and Acts exceeds in length the Seven Catholic Epistles and the Apocalypse.彼のマタイ福音書はかなり以上の、彼の2つの図書は約限り、聖パウロの14書簡:行為を超えるとの長さは7つのカトリック書簡と黙示録のです。 The style of the Gospel is superior to any NT writing except Hebrews.ゴスペルのスタイルを、任意のNTの書き込みを除いてはヘブル人への手紙に優れている。 Renan says (Les Evangiles, xiii) that it is the most literary of the Gospels.ルナンは言う(レevangiles 、 13 )のことは、最も文学の福音書です。 St. Luke is a painter in words.聖ルカは、画家の言葉です。 "The author of the Third Gospel and of the Acts is the most versatile of all New Testament writers. He can be as Hebraistic as the Septuagint, and as free from Hebraisms as Plutarch. . . He is Hebraistic in describing Hebrew society and Greek when describing Greek society" (Plummer, introd.). " 3番目の福音書の著者であるとする行為は、最も多才な作家のすべての新約聖書です。彼はセプトゥアギンタとしてヘブライ風のように、そしてよりhebraismsとして無料プルタルコス。 。 。 。 。彼は社会とギリシャ語ヘブライ語ヘブライ風のときに記述ギリシャ社会の記述" (プラマー、 Introd学です。 ) 。 His great command of Greek is shown by the richness of his vocabulary and the freedom of his constructions.彼の偉大なコマンドのギリシャ語が示されている彼の語彙の豊かさと彼の自由を建設します。

II. Ⅱ 。 AUTHENTICITY OF THE GOSPEL信ぴょう性の福音

A. Internal Evidence a.内部の証拠

The internal evidence may be briefly summarized as follows: 5月の内部の証拠を次のように簡単に要約:

The author of Acts was a companion of Saint Paul, namely, Saint Luke; andの著者の行為は、コンパニオンのセントポール、すなわち、聖ルカ;と

the author of Acts was the author of the Gospel.の著者の行為は、著者の福音です。

The arguments are given at length by Plummer, "St. Luke" in "Int. Crit. Com."の引数を指定して長さをプラマー、 "聖ルカ"と"整数です。批評。 co.jpのです。 " (4th ed., Edinburgh, 1901); Harnack, "Luke the Physician" (London, 1907); "The Acts of the Apostles" (London, 1909); etc. (第4エド。 、エジンバラ、 1901 ) ;ハルナック、 "医師のルーク" (ロンドン、 1907 ) ; "の行為は、使徒" (ロンドン、 1909 ) ;等

(1) The Author of Acts was a companion of Saint Paul, namely, Saint Luke There is nothing more certain in Biblical criticism than this proposition. ( 1 )の著者の行為は、コンパニオンのセントポール、すなわち、聖ルカには何も他の特定の聖書の批判よりも、この命題です。 The writer of the "we" sections claims to be a companion of St. Paul.その作家は、 "私たち"のセクションと主張しコンパニオンは、聖パウロのです。 The "we" begins at Acts, xvi, 10, and continues to xvi, 17 (the action is at Philippi). "私たち"行為が行われ、 16 、 10 、 16と続けて、 17 (のアクションは、フィリッピ) 。 It reappears at xx, 5 (Philippi), and continues to xxi, 18 (Jerusalem).それが再び表示さイグゼクス、 5日(フィリッピ) 、および続けてxxi 、 18 (エルサレム)です。 It reappears again at the departure for Rome, xxvii, 1 (Gr. text), and continues to the end of the book.それが再び表示さには、出発を再びローマ、 27 、 1 ( gr.テキスト) 、およびその本の最後に続けている。

Plummer argues that these sections are by the same author as the rest of the Acts:プラマーされたと主張し、これらのセクションは同じ著者としての残りの部分の行為:

from the natural way in which they fit in;からの自然な方法では彼らに収まる;

from references to them in other parts; and参考文献の他の部分からして、

from the identity of style.からのアイデンティティのスタイルです。

The change of person seems natural and true to the narrative, but there is no change of language.人の変化を自然と真のように、物語が、言語は変化がないのです。 The characteristic expressions of the writer run through the whole book, and are as frequent in the "we" as in the other sections.その作家の特徴を表現したもの全体に目を通す予約、およびには、頻繁には、 "我々 "のように、他のセクションです。 There is no change of style perceptible.知覚のスタイルは変化がない。 Harnack (Luke the Physician, 40) makes an exhaustive examination of every word and phrase in the first of the "we" sections (xvi, 10-17), and shows how frequent they are in the rest of the Acts and the Gospel, when compared with the other Gospels.ハルナック(ルークの医師、 40 )に、徹底的な検査のすべての単語やフレーズには、最初の"私たち"のセクション( 16 、 10-17 ) 、頻繁に彼らはどのように表示さは、残りの行為と、ゴスペル、と比べると、他の福音書です。 His manner of dealing with the first word (hos) will indicate his method: "This temporal hos is never found in St. Matthew and St. Mark, but it occurs forty-eight times in St. Luke (Gospels and Acts), and that in all parts of the work."彼の態度への対処法の最初の単語( hos )は、彼の方法を示す: "この時間は決して発見さhosサンマルコマタイと、それが発生した48倍に聖ルカ(福音書や行為) 、およびすべての部品の仕事をしています。 " When he comes to the end of his study of this section he is able to write: "After this demonstration those who declare that this passage was derived from a source, and so was not composed by the author of the whole work, take up a most difficult position. What may we suppose the author to have left unaltered in the source? Only the 'we'. For, in fact, nothing else remains. In regard to vocabulary, syntax, and style, he must have transformed everything else into his own language. As such a procedure is absolutely unimaginable, we are simply left to infer that the author is here himself speaking."彼の最後になると彼の研究は、次のセクションで彼を書くことができます: "これらのwhoを宣言した後、このデモは、この通路から派生したソースなどで構成された著者が全体の仕事を取り上げる最も困難な立場です。私たちは何年5月には左の不変の仮定の著者は、ソースですか?は、 '私たち' 。ため、実際には、何も他に残っています。これと関連し語彙、構文、とスタイルを、彼はそれ以外に形質転換必要があります。自分自身の言語です。として想像を絶するような手続きは確実に、我々は単に、左から推測は、著者自身がここに話す。 " He even thinks it improbable, on account of the uniformity of style, that the author was copying from a diary of his own, made at an earlier period.彼はありそうにないと考えても、アカウントには、均一のスタイルは、この文書の著者は、自分自身の日記からコピーし、それ以前の期間行われます。 After this, Harnack proceeds to deal with the remaining "we" sections, with like results.この後、ハルナック、残りの収益への対処"私たち"のセクションで、のような結果です。 But it is not alone in vocabulary, syntax and style, that this uniformity is manifest.しかし、それだけではない語彙、構文とスタイルを、この均一性がマニフェストです。 In "The Acts of the Apostles", Harnack devotes many pages to a detailed consideration of the manner in which chronological data, and terms dealing with lands, nations, cities, and houses, are employed throughout the Acts, as well as the mode of dealing with persons and miracles, and he everywhere shows that the unity of authorship cannot be denied except by those who ignore the facts.で、 "行為の使徒" 、ハルナック充て多くのページを参照して詳細な年代を考慮した方法ではデータ、およびご利用を扱う土地、国、都市、および住宅、雇用して行為は、モードだけでなく、奇跡の人と対処する、と彼はどこでは、原作者の結束を拒否することはできませんwhoは無視してこれらの事実を除いています。 This same conclusion is corroborated by the recurrence of medical language in all parts of the Acts and the Gospel.これと同じ結論が確証されたの再発を言語でのすべての部分の医療行為と福音です。

That the companion of St. Paul who wrote the Acts was St. Luke is the unanimous voice of antiquity.コンパニオンのは、聖パウロwho書いたの行為は、聖ルカは、満場一致の古代の声です。 His choice of medical language proves that the author was a physician.彼の医療言語の選択は、著者は、医師の証明です。 Westein, in his preface to the Gospel ("Novum Test. Græcum", Amsterdam, 1741, 643), states that there are clear indications of his medical profession throughout St. Luke's writings; and in the course of his commentary he points out several technical expressions common to the Evangelist and the medical writings of Galen. westein 、彼の序文での福音( " novumテストします。 græcum " 、アムステルダム、 1741 、 643 ) 、国は、明確な兆候がある彼の聖ルカ医療専門家の文章を通して、彼の解説の過程で彼は指摘するいくつかの技術的な表現に共通するの伝道者と医療ガレン記述します。 These were brought together by the Bollandists ("Acta SS.", 18 Oct.).これらは召集されたbollandists ( "ログssです。 " 、 10月18日) 。 In the "Gentleman's Magazine" for June, 1841, a paper appeared on the medical language of St. Luke.は、 "紳士のマガジン"を年6月、 1841年は、紙に出演し、医療言語の聖ルカです。 To the instances given in that article, Plummer and Harnack add several others; but the great book on the subject is Hobart "The Medical Language of St. Luke" (Dublin, 1882).その記事のインスタンスを与えられたが、いくつかの他に追加プラマーとハルナック;しかし、大きな本をホバートの件名は"医療言語の聖ルカ" (ダブリン、 1882 ) 。 Hobart works right through the Gospel and Acts and points out numerous words and phrases identical with those employed by such medical writers as Hippocrates, Arctæus, Galen, and Dioscorides.ホバートの作品を貫通して福音と指摘する行為や、それらの多くの単語やフレーズと同じような医療作家として採用さヒポクラテス、 arctæus 、ガレン、およびディオスコリデスです。 A few are found in Aristotle, but he was a doctor's son.アリストテレス数が見つかりました、しかし彼は医者の息子です。 The words and phrases cited are either peculiar to the Third Gospel and Acts, or are more frequent than in other New Testament writings.のいずれかの単語やフレーズに特有の引用は、 3番目の福音書と行為、または他よりも頻繁には、新約聖書の他の作品を紹介します。 The argument is cumulative, and does not give way with its weakest strands.その引数は、累積的であるため、道を譲るものではありませんが、その一番弱い鎖です。 When doubtful cases and expressions common to the Septuagint, are set aside, a large number remain that seem quite unassailable.疑わしいときセプトゥアギンタケースや表現に共通するのは、設定はさておき、非常に大きな数難攻不落のままであると思われます。 Harnack (Luke the Physician! 13) says: "It is as good as certain from the subject-matter, and more especially from the style, of this great work that the author was a physician by profession. Of course, in making such a statement one still exposes oneself to the scorn of the critics, and yet the arguments which are alleged in its support are simply convincing. . . . Those, however, who have studied it [Hobart's book] carefully, will, I think, find it impossible to escape the conclusion that the question here is not one of merely accidental linguistic coloring, but that this great historical work was composed by a writer who was either a physician or was quite intimately acquainted with medical language and science. And, indeed, this conclusion holds good not only for the 'we' sections, but for the whole book."ハルナック(ルーク医師! 13 )は言う: "それはいいとして、特定のからの主題として、および他のスタイルから、特に、この偉大な仕事は、著者は、医師の職業です。もちろん、このようなステートメントを1つの軽蔑に身をまだ公開し、批評家、および引数はまだありませんが、その疑惑は、単に説得力をサポート。 。 。 。 。 。 。 。しまったら、しかし、学んだことwho [ホバートの予約]を慎重に、は、私が思うに、見つけること結論から脱出不可能な質問をここには、単なる偶然ではない言語の1つの色付けが、その構成されるこの偉大な歴史的な作品は作家のいずれかをwhoは、医師や医療言語は、非常に密接に精通して、科学です。と、実際のところ、この結論を保持良いだけでなく、 '私たち'セクションに、しかし、全体の予約します。 " Harnack gives the subject special treatment in an appendix of twenty-two pages.ハルナックにより、アジ研特別扱いは、付録の22ページをご覧ください。 Hawkins and Zahn come to the same conclusion.ザーンホーキンスと同じ結論に達する。 The latter observes (Einl., II, 427): "Hobart has proved for everyone who can appreciate proof that the author of the Lucan work was a man practised in the scientific language of Greek medicine--in short, a Greek physician" (quoted by Harnack, op. cit.).後者の観察( einl. 、 2世、 427 ) : "誰whoホバートが証明する証拠を手に入れることに感謝の著者、 lucan作品は男の言語実践は、ギリシャ語科学技術医学-手短に言えば、医師はギリシャ語" (ハルナック引用され、営業します。 〜 Cit 。 ) 。

In this connection, Plummer, though he speaks more cautiously of Hobart's argument, is practically in agreement with these writers.これと関連し、プラマー、かかわらず、彼をもっと慎重に話すのホバートの引数は、契約書は実際には、これらの作家です。 He says that when Hobart's list has been well sifted a considerable number of words remains.彼によると、リストされホバートのときによくふるいにかけた、かなりの数の言葉に残っています。 "The argument", he goes on to say "is cumulative. Any two or three instances of coincidence with medical writers may be explained as mere coincidences; but the large number of coincidences renders their explanation unsatisfactory for all of them, especially where the word is either rare in the LXX, or not found there at all" (64). "引数" 、彼がして言ってやる"は累積的です。任意の2つまたは3つのインスタンスを偶然医療作家年5月に説明を単なる偶然の積み重ね;しかし、数多くの偶然の積み重ねのすべてのレンダリングに説明して不満足なため、特にどこの言葉まれでは、 70のいずれか、またはそこにすべてが見つかりません" ( 64 )です。 In "The Expositor" (Nov. 1909, 385 sqq.), Mayor says of Harnack's two above-cited works: "He has in opposition to the Tübingen school of critics, successfully vindicated for St. Luke the authorship of the two canonical books ascribed to him, and has further proved that, with some few omissions, they may be accepted as trustworthy documents. . . . I am glad to see that the English translator . . . has now been converted by Harnack's argument, founded in part, as he himself confesses, on the researches of English scholars, especially Dr. Hobart, Sir WM Ramsay, and Sir John Hawkins."で、 "エクスポジター" ( 1909年11月、 385 sqq 。 ) 、市長は言うの上記のハルナックの2つの作品: "彼は学校に反対して、テュービンゲンの批評家は、正常にvindicatedの聖ルカの原作者は、 2つの正典生得をしてしまったら、より詳細が立証されたとは、いくつかのいくつかの不作為、彼らが信頼できるドキュメントとして受け入れられる。 。 。 。 。 。 。 。できて嬉しく思っ英語かどうかは、トランスレータ。 。 。 。 。は、今すぐハルナックの引数の変換され、パートに設立された、彼自身告白は、英語の研究の学者、特に博士ホバート、ラムゼイ卿ウインドウマネージャ、およびサージョンホーキンス。 " There is a striking resemblance between the prologue of the Gospel and a preface written by Dioscorides, a medical writer who studied at Tarsus in the first century (see Blass, "Philology of the Gospels").には、プロローグの間に著しい類似点の序文の福音と書かれたディオスコリデスは、医療の作家タルススwho大学での最初の世紀(ブラス、 "文献の福音書" ) 。 The words with which Hippocrates begins his treatise "On Ancient Medicine" should be noted in this connection: 'Okosoi epecheiresan peri iatrikes legein he graphein, KTL (Plummer, 4).ヒポクラテスの言葉には彼の論文を開始"を古代の医学"この接続の必要が記載され: ' okosoi epecheiresanペリiatrikes legein彼graphein 、 ktl (プラマー、 4 ) 。 When all these considerations are fully taken into account, they prove that the companion of St. Paul who wrote the Acts (and the Gospel) was a physician.これらのすべての配慮が十分に考慮し、それらを証明してコンパニオンの聖パウロwho書いたの行為(と福音)は、医師のです。 Now, we learn from St. Paul that he had such a companion.今、私たちから学ぶセントポールしていたようなコンパニオンです。 Writing to the Colossians (iv, 11), he says: "Luke, the most dear physician, saluteth you."コロサイ人への手紙を書く( 4 、 11 ) 、彼は言う: "ルークが、最も親愛なる医師、 salutethよ。 " He was, therefore, with St. Paul when he wrote to the Colossians, Philemon, and Ephesians; and also when he wrote the Second Epistle to Timothy.彼は、そのため、聖パウロコロサイ人への手紙を書いたときに、ピレモンへの手紙、エペソ人への手紙;とも2番目のときにテモテへの手紙を書いた。 From the manner in which he is spoken of, a long period of intercourse is implied.からの態度では話さの彼は、長い期間の性交は、暗黙のです。

(2) The Author of Acts was the Author of the Gospel ( 2 )の著者の行為は、著者の福音

"This position", says Plummer, "is so generally admitted by critics of all schools that not much time need be spent in discussing it." "このポジション" 、プラマーは言う、 "批評家は非常に一般的に認められたのすべての学校いるわけではないくらいの時間が必要に使われることで議論してください。 " Harnack may be said to be the latest prominent convert to this view, to which he gives elaborate support in the two books above mentioned.ハルナック年5月によると、最新の著名な変換されるこのビューを表示するには、精巧な支援を与える彼は、上記の2つの書籍です。 He claims to have shown that the earlier critics went hopelessly astray, and that the traditional view is the right one.彼によれば、以前の批評家には示されているが迷ってどうしよう、とは、伝統的な対象は、右側の1つです。 This opinion is fast gaining ground even amongst ultra critics, and Harnack declares that the others hold out because there exists a disposition amongst them to ignore the facts that tell against them, and he speaks of "the truly pitiful history of the criticism of the Acts".この意見が急速に地面に超批評家の中にも、とハルナックホールドアウトを宣言し、他の間の処分が存在するため、それらを無視して事実を語る反対し、彼はそのうわさを"本当に惨めな歴史は、行為の批判を浴びて"です。 Only the briefest summary of the arguments can be given here.引数の概要を簡潔にのみ与えられたが、ここです。 The Gospel and Acts are both dedicated to Theophilus and the author of the latter work claims to be the author of the former (Acts 1:1).福音とテオフィロス行為はいずれも専用のを仕事とし、著者の主張には後者の著者は、元(行為1:1 )にします。 The style and arrangement of both are so much alike that the supposition that one was written by a forger in imitation of the other is absolutely excluded.すると、スタイルや配置の両方のことは非常によく似ていたと仮定して書かれた模造捏造で、他のは確実に除外されます。 The required power of literary analysis was then unknown, and, if it were possible, we know of no writer of that age who had the wonderful skill necessary to produce such an imitation.文学的分析が必要なパワーを入力し、未知、および、それが可能な、私たちが知る限りではない作家の年齢whoは、このような素晴らしいの模造品を生産するに必要なスキルです。 It is to postulate a literary miracle, says Plummer, to suppose that one of the books was a forgery written in Imitation of the other.これは、文学の奇跡を公準、プラマーは言う、と仮定して、書籍の1つは、他の模倣偽造で書かれています。 Such an idea would not have occurred to anyone; and, if it had, he could not have carried it out with such marvellous success.このような考えはないが発生したことを誰;と、それは、彼は実行できませんでしたが、このような素晴らしい成功しています。 If we take a few chapters of the Gospel and note down the special, peculiar, and characteristic words, phrases and constructions, and then open the Acts at random, we shall find the same literary peculiarities constantly recurring.もし私たちにはいくつかの章は、福音を書きとめて、特別な、奇妙な、と独特の単語やフレーズ、建設、と入力し、開いて行為に無作為に、わたしたちは常に定期的な独特な文学の検索と同じです。 Or, if we begin with the Acts, and proceed conversely, the same results will follow.または、もし私たちの行為を開始する、と続行逆に、同じ結果は次のとおりです。 In addition to similarity, there are parallels of description, arrangement, and points of view, and the recurrence of medical language, in both books, has been mentioned under the previous heading.類似性に加えて、類似の説明書には、配列、およびポイントの対象とする言語の再発を医療、書籍の両方で、前の見出しの下に記載されています。

We should naturally expect that the long intercourse between St. Paul and St. Luke would mutually influence their vocabulary, and their writings show that this was really the case.当然しなければならない性交を期待して、長い間の聖パウロと聖ルカの語彙が相互に影響を与えると、その詳細を記述これは本当なのだろう。 Hawkins (Horæ Synopticæ) and Bebb (Hast., "Dict. of the Bible", sv "Luke, Gospel of") state that there are 32 words found only in St. Matt.ホーキンス( horæ synopticæ )とbebb ( hast. 、 " dictのです。の聖書" 、 sv文書"ルークは、福音書" )の状態があるだけでは、 32セントのマットの言葉が見つかりました。 and St. Paul; 22 in St. Mark and St. Paul; 21 in St. John and St. Paul; while there are 101 found only in St. Luke and St. Paul.と聖パウロ; 22日に聖マルコと聖パウロ;は21聖ヨハネと聖パウロ;中には、 101が見つかりましただけで聖ルカと聖パウロです。 Of the characteristic words and phrases which mark the three Synoptic Gospels a little more than half are common to St. Matt.特性は、単語やフレーズを少しマークの3つの共観福音書の半分以上が共通して聖マットです。 and St. Paul, less than half to St. Mark and St. Paul and two-thirds to St. Luke and St. Paul.と聖パウロ、半数以上でサンマルクとセントポールと3分の2を聖ルカと聖パウロです。 Several writers have given examples of parallelism between the Gospel and the Pauline Epistles.並列処理の例をいくつかの作家が与えられた福音とパウロの書簡の間にします。 Among the most striking are those given by Plummer (44).それらの中で最も印象が与えられたプラマー( 44 )です。 The same author gives long lists of words and expressions found in the Gospel and Acts and in St. Paul, and nowhere else in the New Testament.同じ著者は、長い単語や表現のリストを発見された行為との福音書と聖パウロ、およびどこやり繰りして、新約聖書です。 But more than this, Eager in "The Expositor" (July and August, 1894), in his attempt to prove that St. Luke was the author of Hebrews, has drawn attention to the remarkable fact that the Lucan influence on the language of St. Paul is much more marked in those Epistles where we know that St. Luke was his constant companion.しかし、これ以上、熱心に"エクスポジター" ( 7月と8月、 1894 ) 、彼の試みを証明してヘブル人への手紙の著者である聖ルカは、驚くべき事実に注目しては、影響を及ぼすの言語をlucanセントです。ポールがはるかにスパムではこれらの書簡で私たちは彼の定数聖ルカ知っている仲間です。 Summing up, he observes: "There is in fact sufficient ground for believing that these books. Colossians, II Corinthians, the Pastoral Epistles, First (and to a lesser extent Second) Peter, possess a Lucan character."要約すると、彼を観察: "には実際にこれらの書籍を信じるための十分な根拠です。コロサイ人への手紙、 2世コリンチャンスは、田園の書簡は、最初の(そしてより少ない程度にして2番目)ピーター、保有するlucan文字です。 " When all these points are taken into consideration, they afford convincing proof that the author of the Gospel and Acts was St. Luke, the beloved physician, the companion of St. Paul, and this is fully borne out by the external evidence.これらのすべての点が考慮されるように、説得力に余裕の著者である証拠を手に入れる行為は、聖ルカの福音とは、最愛の医師は、コンパニオンのセントポール、これは完全に外付けされた証拠を負担する。

B. External Evidence b.外付けの証拠

The proof in favour of the unity of authorship, derived from the internal character of the two books, is strengthened when taken in connection with the external evidence.証拠に賛成の原作者の結束を、内部の文字から派生した2つの書籍は、撮影での接続を強化するときに外付けの証拠です。 Every ancient testimony for the authenticity of Acts tells equally in favour of the Gospel; and every passage for the Lucan authorship of the Gospel gives a like support to the authenticity of Acts.古代の証言の信ぴょう性をすべての行為に賛成の福音の指示に等しく、およびすべての通路を与えるlucan原作者の福音の信ぴょう性のサポートをするような行為です。 Besides, in many places of the early Fathers both books are ascribed to St. Luke.また、多くの場所での書籍の早期父親の両方が生得的に聖ルカです。 The external evidence can be touched upon here only in the briefest manner.外部の証拠だけではここでちょっと触れたようにします。 For external evidence in favour of Acts, see ACTS OF THE APOSTLES.外付けの証拠に賛成の行為を参照してください行為は、使徒です。

The many passages in St. Jerome, Eusebius, and Origen, ascribing the books to St. Luke, are important not only as testifying to the belief of their own, but also of earlier times.多くの通路に聖ジェローム、ユーセビアス、および原産地、 ascribingの書籍を聖ルカは、重要な証言をするというような信念としてだけでなく、彼ら自身だけでなく、以前の回クリックします。 St. Jerome and Origen were great travellers, and all three were omniverous readers.聖ジェロームと原産地が大きな旅行者、およびすべての3つの読者は雑食です。 They had access to practically the whole Christian literature of preceding centuries; but they nowhere hint that the authorship of the Gospel (and Acts) was ever called in question.彼らは全体のアクセスを事実上キリスト教の文学の前世紀;しかし、彼らのヒントは、原作者のどこの福音(および行為)が呼ばれるまでに質問します。 This, taken by itself, would be a stronger argument than can be adduced for the majority of classical works.これは、撮影を単独では、引数が強いこともありますadducedは、大多数の古典的作品です。 But we have much earlier testimony.しかし、私たちはかなり早い時期に証言します。 Clement of Alexandria was probably born at Athens about AD 150.クレメントはアテネアレクサンドリアのはおそらく生まれの約150の広告です。 He travelled much and had for instructors in the Faith an Ionian, an Italian, a Syrian, an Egyptian, an Assyrian, and a Hebrew in Palestine.彼は旅とは多くのインストラクターは、信仰のイオニア、イタリア語は、シリア、エジプト、アッシリア、ヘブライ語、パレスチナとします。 "And these men, preserving the true tradition of the blessed teaching directly from Peter and James, John and Paul, the holy Apostles, son receiving it from father, came by God's providence even unto us, to deposit among us those seeds [of truth] which were derived from their ancestors and the Apostles". "と、これらの男性は、真の伝統を維持して神の祝福を教えるから直接ピーターとジェームズ、ジョンとポールは、聖使徒、父親の息子を受信して、神の摂理にやってきて、わたしたちも、それらの種子を預金のうち問い合わせ[真理]された彼らの祖先から派生したと使徒"です。 (Strom., I, i, 11: cf. Euseb., "Hist. Eccl.", V, xi). ( strom. 、私、私、 11 :継続前誌です。 euseb 。 、 "履歴です。 eccl 。 " 、 V電源、十一)です。 He holds that St. Luke's Gospel was written before that of St. Mark, and he uses the four Gospels just as any modern Catholic writer.彼は聖ルカの福音書によるとということは、その前に書かれた聖マルコ、と彼は4つの福音書を使用して任意のモダンなカトリック作家と同様です。 Tertullian was born at Carthage, lived some time in Rome, and then returned to Carthage.テルトゥリアヌスが生まれたカルタゴ、ローマに住んいくつかの時間を、と入力し、カルタゴに返されます。 His quotations from the Gospels, when brought together by Rönsch, cover two hundred pages.彼の福音書からの引用、 rönschときにまとめられた、カバー200ページをご覧ください。 He attacks Marcion for mutilating St. Luke's Gospel.彼は攻撃marcion聖ルカの福音書を切断します。 and writes: "I say then that among them, and not only among the Apostolic Churches, but among all the Churches which are united with them in Christian fellowship, the Gospel of Luke, which we earnestly defend, has been maintained from its first publication" (Adv. Marc., IV, v).と書いています: "私が言ってやるが入力し、このうち、使徒教会の間だけではなく、しかし、間のすべての教会が、団結していますが、どのクリスチャンフェローシップは、ルカによる福音書、これを真剣に守るため、より維持され、最初の出版" ( adv.マルク。 、四、 v )を使います。

The testimony of St. Irenæus is of special importance.聖irenæusの証言は、特別の重要性です。 He was born in Asia Minor, where he heard St. Polycarp give his reminiscences of St. John the Apostle, and in his numerous writings he frequently mentions other disciples of the Apostles.小アジアで生まれ、ここで彼は彼の思い出を聞いた聖polycarpの聖ヨハネの使徒、彼と彼の数多くの作品の他の弟子たちは、使徒頻繁に言及しています。 He was priest in Lyons during the persecution in 177, and was the bearer of the letter of the confessors to Rome.彼はリヨンの司祭の中で迫害を177 、とは、無記名の手紙を、ローマの告白をします。 His bishop, Pothinus, whom be succeeded, was ninety years of age when he gained the crown of martyrdom in 177, and must have been born while some of the Apostles and very many of their hearers were still living.彼の司教、 pothinus 、誰に成功した、 90歳未満のときは、彼の殉教の冠を得た177 、および必要があります。生まれるながらもいくつかの使徒と非常に多くのhearersはまだ生きています。 St. Irenæus, who was born about AD 130 (some say much earlier), is, therefore, a witness for the early tradition of Asia Minor, Rome, and Gaul.聖irenæus 、 whoが生まれたの広告については130 (いくつか言ってやるがかなり早い時期)は、このため、早期の証人を選んでは、小アジアの伝統を、ローマ、およびガウルです。 He quotes the Gospels just as any modern bishop would do, he calls them Scripture, believes even in their verbal inspiration; shows how congruous it is that there are four and only four Gospels; and says that Luke, who begins with the priesthood and sacrifice of Zachary, is the calf.彼は引用符の福音書と同じように任意のモダンな司教は、彼の呼び出して啓典を、と考えても、その言葉のインスピレーション;示してどのように適合することが4つの福音書には4つのみとルークによると、 whoで始まると犠牲の聖職に就くのザカリーは、ふくらはぎのです。 When we compare his quotations with those of Clement of Alexandria, variant readings of text present themselves.彼の見積書を比較するときに私たちはそれらのクレメントアレキサンドリア、その他の測定値のテキストの存在そのものです。 There was already established an Alexandrian type of text different from that used in the West.アレクサンドリアのタイプがあったのテキストをすでに確立することで使用されて西異なる。 The Gospels had been copied and recopied so often, that, through errors of copying, etc., distinct families of text had time to establish themselves.再の福音書をコピーしていたので多くの場合、は、エラーをコピーするなど、明確なご家族のテキストのは時間を確立することです。 The Gospels were so widespread that they became known to pagans.ための福音書が広くなったことがわかって多神教徒です。 Celsus in his attack on the Christian religion was acquainted with the genealogy in St. Luke's Gospel, and his quotations show the same phenomena of variant readings.彼の攻撃をセルサスは、キリスト教の宗教の系譜には精通して聖ルカの福音書、見積書と彼と同じ現象その他の測定値を表示します。

The next witness, St. Justin Martyr, shows the position of honour the Gospels held in the Church, in the early portion of the century. 、次の証人は、聖ジャスティン殉教者、名誉の福音書の位置を示して開催された教会、世紀の初めの部分です。 Justin was born in Palestine about AD 105, and converted in 132-135.ジャスティンパレスチナ生まれの約105の広告、および132から135に変換されます。 In his "Apology" he speaks of the memoirs of the Lord which are called Gospels, and which were written by Apostles (Matthew, John) and disciples of the Apostles (Mark, Luke).彼の"謝罪"と話すのは、回顧録と呼ばれ、主に福音書、およびこれによって書かれた使徒(マタイ、ジョン)と弟子の使徒(マーク、ルカによる) 。 In connection with the disciples of the Apostles he cites the verses of St. Luke on the Sweat of Blood, and he has numerous quotations from all four.に関連して弟子を引き合いに出して、彼の詩の使徒聖ルカ上の汗をかくの血液を、と彼はより多くの見積書のすべての4つです。 Westcott shows that there is no trace in Justin of the use of any written document on the life of Christ except our Gospels.ウェストコットによるとジャスティンはないのトレースの使用上の任意の書かれた文書を除いて私たちの生活をキリストの福音書です。 "He [Justin] tells us that Christ was descended from Abraham through Jacob, Judah, Phares, Jesse, David--that the Angel Gabriel was sent to announce His birth to the Virgin Mary--that it was in fulfillment of the prophecy of Isaiah . . . that His parents went thither [to Bethlehem] in consequence of an enrolment under Cyrinius--that as they could not find a lodging in the village they lodged in a cave close by it, where Christ was born, and laid by Mary in a manger", etc. (Westcott, "Canon", 104). "彼[ジャスティン]を教えてくれることを通してイエスキリストは、アブラハムの子孫であるジェイコブ、ユダ、 phares 、ジェシー、デビッド-は、天使ガブリエルが送らを発表する彼の誕生を、聖母マリア-を履行するために、それは予言のイザヤ書。 。 。 。 。その彼の両親はあちらの方へ[をベツレヘム]に登録されて結果としてcyrinius -それは彼らを蓄えることが見つかりませんでした彼らに詰まった村の近くにある洞窟には、イエスキリストが生まれた場所、およびl aidさメアリーは、マンガー" 、等(ウェストコット、 "キヤノン" 、 104 ) 。 There is a constant intermixture in Justin's quotations of the narratives of St. Matthew and St. Luke.混合のジャスティンには、定数の引用は、物語の聖マタイと聖ルカです。 As usual in apologetical works, such as the apologies of Tatian, Athenagoras, Theophilus, Tertullian, Clement of Alexandria, Cyprian, and Eusebius, he does not name his sources because he was addressing outsiders.いつもどおりにapologetical作品などの謝罪のtatian 、アテナゴラス、テオフィロス、テルトゥリアヌス、アレクサンドリアのクレメント、チプリアーノ、およびユーセビアス、彼の名前はありません部外者のアドレス指定していたので、彼のソースです。 He states, however, that the memoirs which were called Gospels were read in the churches on Sunday along with the writings of the Prophets, in other words, they were placed on an equal rank with the Old Testament.彼は国、しかし、福音書は、回顧録されたと呼ばれる、教会が日曜日の続きを読むとともに、文章のは、預言者、言い換えれば、彼らは対等に配置さと肩を並べる、旧約聖書のです。 In the "Dialogue", cv, we have a passage peculiar to St. Luke.は、 "対話" 、履歴書、私たちは、通路に特有の聖ルカです。 "Jesus as He gave up His Spirit upon the Cross said, Father, into thy hands I commend my Spirit' [Luke, xxiii. 46], even as I learned from the Memoirs of this fact also." "彼はイエスキリストの十字架上で自分の精神によると、父親は、私の精神を称賛するなたの手を私' [ルーク、 23 。 46 ]は、回顧録からも学んだのもこのような事実です。 " These Gospels which were read every Sunday must be the same as our four, which soon after, in the time of Irenæus, were in such long established honour, and regarded by him as inspired by the Holy Ghost.これらの福音書を読む毎週日曜日が同じでなければなりませんの4つは、その直後には、 irenæusの時間を、このような長い確立された名誉、と考えられた聖霊として彼に触発された。 We never hear, says Salmon, of any revolution dethroning one set of Gospels and replacing them by another; so we may be sure that the Gospels honoured by the Church in Justin's day were the same as those to which the same respect was paid in the days of Irenæus, not many years after.私達は決して聞く、言うサーモンは、 1つのセットの任意の革命dethroningに取って代わろうとして別の福音書;のですることがありますことを確認して光栄の福音書の教会では、ジャスティンの日と同じものにして、同じ敬意が払わは、 irenæus日間のではなく、多くの年後にします。 This conclusion is strengthened not only by the nature of Justin's quotations, but by the evidence afforded by his pupil Tatian, the Assyrian, who lived a long time with him in Rome, and afterwards compiled his harmony of the Gospels, his famous "Diatessaron", in Syriac, from our four Gospels.この結論が強化されるだけでなく、自然のジャスティンの引用ではなく、与えられた彼の瞳の証拠tatian 、は、アッシリア、 who住んで長い時間を彼のローマ、彼の調和をコンパイルするとその後の福音書、彼の有名な" diatessaron "は、シリア、 4つの福音書からです。 He had travelled a great deal, and the fact that he uses only those shows that they alone were recognized by St. Justin and the Catholic Church between 130-150.彼は旅を大いに、およびそれらの使用のみという事実によると彼は彼らだけでは認識され、カトリック教会の聖ジャスティンとの間に130〜150です。 This takes us back to the time when many of the hearers of the Apostles and Evangelists were still alive; for it is held by many scholars that St. Luke lived till towards the end of the first century.省略しているこの時期には、問い合わせの多くは、 hearersは、使徒との伝道者がまだ生きて;を保有することは多くの学者が聖ルカまで住んでの最初の世紀の終わりに向かっています。

Irenæus, Clement, Tatian, Justin, etc., were in as good a position for forming a judgment on the authenticity of the Gospels as we are of knowing who were the authors of Scott's novels, Macaulay's essays, Dickens's early novels, Longfellow's poems, no. irenæus 、クレメント、 tatian 、ジャスティンなどには良いが形成する立場の信ぴょう性を判断するの福音書としての我々は知ってwhoは、スコットの小説の作者の、マコーレーのエッセイ、ディケンズの初期の小説、ロングフェローの詩、いいえ。 xc of "Tracts for the Times" etc. But the argument does not end here. xcの"路のザタイムズ"などの引数はありませんが、ここで終わりです。 Many of the heretics who flourished from the beginning of the second century till AD 150 admitted St. Luke's Gospel as authoritative.異端の多くは、 who開花から2番目の世紀の初めに広告を150まで聖ルカの福音書として権威を認めています。 This proves that it had acquired an unassailable position long before these heretics broke away from the Church.この証明されていた難攻不落の地位を取得するずっと前から、これらの異端の教会broke 。 The Apocryphal Gospel of Peter, about AD 150, makes use of our Gospels.福音書の真偽の怪しいピーター、約150の広告は、弊社の福音書を使用します。 About the same time the Gospels, together with their titles, were translated into Latin; and here, again, we meet the phenomena of variant readings, to be found in Clement, Irenæus, Old Syriac, Justin, and Celsus, pointing to a long period of previous copying.同じくらいの時間での福音書は、そのタイトルと一緒に、ラテン語に翻訳されるが、ここでは、再度、その他の測定値を満たしている現象を発見されるクレメント、 irenæusは、古シリア、ジャスティン、およびケルスス、を指して、長い期間の前にコピーします。 Finally, we may ask, if the author of the two books were not St. Luke, who was he?最後に、することがありますが要請すれば、 2つの書籍の場合、著者は、聖ルカは、 whoは、彼ですか?

Harnack (Luke the Physician, 2) holds that as the Gospel begins with a prologue addressed to an individual (Theophilus) it must, of necessity, have contained in its title the name of its author.ハルナック(ルークの医師、 2 )によるとということで始まり、プロローグとしての福音宛てに、個々の(テオフィロス)する必要があります、必要に迫られ、そのタイトルの名前が含まれてその著者です。 How can we explain, if St. Luke were not the author, that the name of the real, and truly great, writer came to be completely buried in oblivion, to make room for the name of such a comparatively obscure disciple as St. Luke?どのように説明し、もし聖ルカの著者が、本当の名前をして、本当に偉大な、作家話をして完全に埋葬さオブリビオン、名前のスペースを確保するため、このような比較的無名の弟子として聖ルカですか? Apart from his connection, as supposed author, with the Third Gospel and Acts, was no more prominent than Aristarchus and Epaphras; and he is mentioned only in three places in the whole of the New Testament.彼の接続は別に、仮定著者は、 3番目の福音書や行為はなかったとaristarchusよりも、より目立つようepaphras ;と彼は述べただけで全体の3つの場所では、新約聖書です。 If a false name were substituted for the true author, some more prominent individual would have been selected.偽名を使う場合には置換の真の著者、いくつかの他の著名な個々が選択されています。

III. Ⅲ 。 INTEGRITY OF THE GOSPEL整合性の福音

Marcion rejected the first two chapters and some shorter passages of the gospel, and it was at one time maintained by rationalistic writers that his was the original Gospel of which ours is a later expansion. marcion拒否された最初の2つの章といくつかの短い文章は、ゴスペル、それが合理主義を一度に維持され、元の作家が彼のは、私たちは、どの福音書への拡大です。 This is now universally rejected by scholars.これは今は普遍的学者によって拒否されます。 St. Irenæus, Tertullian, and Epiphanius charged him with mutilating the Gospel; and it is known that the reasons for his rejection of those portions were doctrinal.聖irenæus 、テルトゥリアヌス、および聖エピファニオス荷電彼を断節の福音;と知られていることは彼の拒絶反応の原因には、これらの部分が教義です。 He cut out the account of the infancy and the genealogy, because he denied the human birth of Christ.彼の初期にカットしてアカウントの系譜と、人間の誕生のため、彼はイエスキリストを否定しています。 As he rejected the Old Testament all reference to it had to be excluded.彼は拒否されたとして、旧約聖書のすべての参照を除外しなければなりません。 That the parts rejected by Marcion belong to the Gospel is clear from their unity of style with the remainder of the book. marcion拒否さは、部品の福音に属しては、彼らの結束をより明確なスタイルでの残りの部分は予約します。 The characteristics of St. Luke's style run through the whole work, but are more frequent in the first two chapters than anywhere else; and they are present in the other portions omitted by Marcion.聖ルカのスタイルの特性を全体に目を通す作業ではなく、もっと頻繁に、最初の2つの章のどこよりも、彼らは存在してそれ以外の部分を省略されmarcionです。 No writer in those days was capable of successfully forging such additions.作家ではこれらのない日間鍛造は、このような能力が正常に追加します。 The first two chapters, etc., are contained in all the manuscripts and versions, and were known to Justin Martyr and other competent witnesses.最初の2つの章などは含まれて原稿とのすべてのバージョン、およびことが判明しジャスティン殉教者や他の有能な目撃者です。 On the authenticity of the verses on the Bloody Sweat, see AGONY OF CHRIST.上の信ぴょう性に血の汗をかくの詩を、キリストの苦悩を参照します。

IV. Ⅳ 。 PURPOSE AND CONTENTS目的と内容

The Gospel was written, as is gathered from the prologue (i, 1-4), for the purpose of giving Theophilus (and others like him) increased confidence in the unshakable firmness of the Christian truths in which he had been instructed, or "catechized"--the latter word being used, according to Harnack, in its technical sense.福音書が書かれたのと同じように、収集されたプロローグ(私、 1-4 ) 、テオフィロスを与えることを目的(およびその他のような彼)の増加、揺るぎない自信があるのは、キリスト教の真理断固とした態度では指示していたか、または" catechized " -言葉が使われ、後者によると、ハルナックは、その技術的な意味します。 The Gospel naturally falls into four divisions:自然の滝の福音を4つの部門:

Gospel of the infancy, roughly covered by the Joyful Mysteries of the Rosary (ch. i, ii);福音書の初期に、ほぼカバーされ、うれしそうな謎のロザリオ(第Ⅰ 、 Ⅱ ) ;

ministry in Galilee, from the preaching of John the Baptist (iii, 1, to ix, 50);ガリラヤ省では、洗礼者ヨハネの説教から( Ⅲ 、 1日に9世、 50 ) ;

journeyings towards Jerusalem (ix, 51-xix, 27); journeyings向けエルサレム( 9世、 51 - 19 、 27 ) ;

Holy Week: preaching in and near Jerusalem, Passion, and Resurrection (xix, 28, to end of xxiv).聖週間以内に:説教し、エルサレムの近く、情熱、と復活( 19 、 28 、を最後に24 ) 。

We owe a great deal to the industry of St. Luke.私たちの返済義務があるが、業界の大きな聖ルカです。 Out of twenty miracles which he records six are not found in the other Gospels: draught of fishes, widow of Naim's son, man with dropsy, ten lepers, Malchus's ear, spirit of infirmity.奇跡が彼のレコードを20 6アールは、他の福音書が見つかりませんでした:喫水の魚、未亡人のナイムの息子、男に浮腫、 10ハンセン病患者、 malchusの耳のは、精神の病気です。 He alone has the following eighteen parables: good Samaritan, friend at midnight, rich fool, servants watching, two debtors, barren fig-tree, chief seats, great supper, rash builder, rash king, lost groat, prodigal son, unjust steward, rich man and Lazarus, unprofitable servants, unjust judge, Pharisee and publican, pounds.彼は一人には、次の18 parables :良きサマリア人、友人に送る午前零時、リッチばか、召使見て、 2つの債務者は、不毛のイチジクの木、チーフ席、素晴らしい夕食、発疹ビルダー、発疹キング、失われたグロート、放蕩息子、不当なスチュワード、金持ちの男とラザロ、不採算しも、不当な判断、パリサイ人と居酒屋の主人、ポンドです。 The account of the journeys towards Jerusalem (ix, 51-xix, 27) is found only in St. Luke; and he gives special prominence to the duty of prayer.旅向けのアカウントは、エルサレム( 9世、 51 - 19 、 27 )が見つかっただけで聖ルカ;と彼は特別な隆起の祈りをする義務があります。

V. SOURCES OF THE GOSPEL; SYNOPTIC PROBLEM v.源の福音;共観福音書問題

The best information as to his sources is given by St. Luke, in the beginning of his Gospel.彼の最高の情報源としては、与えられた聖ルカは、彼の福音の始まりです。 As many had written accounts as they heard them from "eyewitnesses and ministers of the word", it seemed good to him also, having diligently attained to all things from the beginning, to write an ordered narrative.できるだけ多くのことが書かれたアカウントを聞いたから"目撃者と閣僚の言葉" 、それは素晴らしいものだったまた、熱心に達成することは最初からすべてのものを、物語を書くのに指示します。 He had two sources of information, then, eyewitnesses (including Apostles) and written documents taken down from the words of eyewitnesses.彼は2つのソースの情報については、その後、目撃者(使徒を含む)と書かれた文書から削除する目撃者の言葉をします。 The accuracy of these documents he was in a position to test by his knowledge of the character of the writers, and by comparing them with the actual words of the Apostles and other eyewitnesses.これらの書類の正確性は、彼は、彼の知識をテストする位置の文字は、作家、とを比較して、実際の使徒や他の目撃者の言葉をします。

That he used written documents seems evident on comparing his Gospel with the other two Synoptic Gospels, Matthew and Mark.彼は明らかに使われるように書かれた文書を比較すると、他の2つの彼の福音書共観福音書、マタイとマークします。 All three frequently agree even in minute details, but in other respects there is often a remarkable divergence, and to explain these phenomena is the Synoptic Problem.頻繁に同意するすべての3つの分も、詳細については、しかし、その他の点で注目すべき発散には、多くの場合、これらの現象を説明すると共観福音書は、問題です。 St. Matthew and St. Luke alone give an account of the infancy of Christ, both accounts are independent.聖マタイと聖ルカのアカウントを与えるだけでイエスキリストの初期に、両方のアカウントが独立しています。 But when they begin the public preaching they describe it in the same way, here agreeing with St. Mark.しかし、公共の説教を開始するときに、彼らと同じ方法を説明して、ここに同意を聖マルコです。 When St. Mark ends, the two others again diverge.ときにサンマルコが終了すると、再び2つの他の発散です。 They agree in the main both in matter and arrangement within the limits covered by St. Mark, whose order they generally follow.彼らのメインの両方で同意する取り決めの範囲内で問題とサンマルク覆われ、そのために、通常次のとおりです。 Frequently all agree in the order of the narrative, but, where two agree, Mark and Luke agree against the order of Matthew, or Mark and Matthew agree against the order of Luke; Mark is always in the majority, and it is not proved that the other two ever agree against the order followed by him.頻繁にすべて同意されている順番は、物語は、しかし、ここで2つの同意は、マークとルークに同意マシューの順序を反対するか、またはマークとマシューに同意の順序を反対するルーク;マークは、常に多数を占めて、ではないことが立証された同意するまで、他の2つの順序に続いている。 Within the limits of the ground covered by St. Mark, the two other Gospels have several sections in common not found in St. Mark, consisting for the most part of discourses, and there is a closer resemblance between them than between any two Gospels where the three go over the same ground.に覆われ、地上の限界をサンマルク、 2つの他の福音書の共通点は、いくつかのセクションが見つかりませんサンマルコ、構成の談話で、ほとんどの部分、およびそれらの間には、より緊密な類似点の間で任意の2つの福音書の3つの地面に目を通すと同じです。 The whole of St. Mark is practically contained in the other two.全体の聖マルコは実際に含まれている他の2つです。 St. Matthew and St. Luke have large sections peculiar to themselves, such as the different accounts of the infancy, and the journeys towards Jerusalem in St. Luke.聖マタイと聖ルカ自身が大規模なセクションに特有の、などの別のアカウントは、乳児期、とエルサレムの聖ルカの旅向けです。 The parallel records have remarkable verbal coincidences.口頭での並列レコードが顕著な偶然の積み重ねです。 Sometimes the Greek phrases are identical, sometimes but slightly different, and again more divergent.場合によっては、ギリシャ語の表現は同じ、時にはしかし、わずかに異なる、と再び他の発散です。 There are various theories to explain the fact of the matter and language common to the Evangelists.には様々な理論を用いて説明したという事実を問題と言語に共通するの伝道者です。 Some hold that it is due to the oral teaching of the Apostles, which soon became stereotyped from constant repetition.いくつかの保持することが教育のために、使徒の経口、これはすぐに紋切り型の定数の繰り返しからです。 Others hold that it is due to written sources, taken down from such teaching.他人のために書かれたことが保留によると、このような教育から削除します。 Others, again, strongly maintain that Matthew and Luke used Mark or a written source extremely like it.その他、再度、マシューとルーク使用されることを強く維持マーク、または非常に書かれたソースのようなことです。 In that case, we have evidence how very closely they kept to the original.その場合には、私たちは非常に密接にどのような証拠を元に保管します。 The agreement between the discourses given by St. Luke and St. Matthew is accounted for, by some authors, by saying that both embodied the discourses of Christ that had been collected and originally written in Aramaic by St. Matthew.契約書の間に与えられたの談話では、聖ルカとマタイの割合は、いくつかの作家、と言っているイエスキリストのディスコースとの両方を体現していたアラム語を収集し、もともとマタイで書かれています。 The long narratives of St. Luke not found in these two documents are, it is said, accounted for by his employment of what he knew to be other reliable sources, either oral or written.聖ルカの長い物語は、これらの2つのドキュメントが含まれていませんが、それによると、彼の雇用の割合はどのような他の信頼できる情報源を彼は知っていた、のいずれかの口頭または書面によるします。 (The question is concisely but clearly stated by Peake "A Critical Introduction to the New Testament", London, 1909, 101. Several other works on the subject are given in the literature at the end of this article.) (しかし、問題は、簡潔にピークを明確に記載され"重大な紹介して新約聖書" 、ロンドン、 1909 、 101 。いくつかの他の作品で、被写体が指定された文献の最後には、次の資料です。 )

VI. Ⅵ 。 SAINT LUKE'S ACCURACY聖ルカの精度

Very few writers have ever had their accuracy put to such a severe test as St. Luke, on account of the wide field covered by his writings, and the consequent liability (humanly speaking) of making mistakes; and on account of the fierce attacks to which he has been subjected.いくつかの作家たちが非常に精度がまでにこのような重度のテストを置く聖ルカで、 [アカウントの広いフィールドに覆われ、彼の作品、との帰結賠償責任(人間的見地から言えば)間違いを犯す、およびアカウントには、激しい攻撃を彼の対象にされています。

It was the fashion, during the nineteenth century, with German rationalists and their imitators, to ridicule the "blunders" of Luke, but that is all being rapidly changed by the recent progress of archæological research.それは、ファッション、 19世紀中に、ドイツ語とその合理imitators 、をあざ笑うの"失策"ルーク、それはすべてが急速に変更され、最近の研究の進展archæologicalです。 Harnack does not hesitate to say that these attacks were shameful, and calculated to bring discredit, not on the Evangelist, but upon his critics, and Ramsay is but voicing the opinion of the best modern scholars when he calls St. Luke a great and accurate historian.ハルナック言うのをちゅうちょすることはありませんこれらの攻撃は恥ずべき、および計算を信用ではなく、上の伝道者、しかし彼の批判する、との声ラムゼイは、しかし、現代で最良の学者の意見を呼び出すときに彼は大きな聖ルカかつ正確な史家です。 Very few have done so much as this latter writer, in his numerous works and in his articles in "The Expositor", to vindicate the extreme accuracy of St. Luke.非常に数が行わほどで、この後者の作家は、彼の数多くの作品と彼の記事を"エクスポジター" 、聖ルカの精度を極端な正当性を立証する。 Wherever archæology has afforded the means of testing St. Luke's statements, they have been found to be correct; and this gives confidence that he is equally reliable where no such corroboration is as yet available.どこarchæologyのテストする手段が与え聖ルカの発言は、彼らが発見されて修正されると確信して彼は等しくこれにより信頼性の場所としてそのような確証はまだ入手可能です。 For some of the details see ACTS OF THE APOSTLES, where a very full bibliography is given.ためのいくつかの詳細を参照する行為を使徒、ここで非常に完全な構造が与えられています。

For the sake of illustration, one or two examples may here be given:イラストのために、ここで1つまたは2つの例がありますが与えられる:

(1) Sergius Paulus, Proconsul in Cyprus ( 1 )セルギウスパウルス、キプロス総督

St. Luke says (Acts 13) that when St. Paul visited Cyprus (in the reign of Claudius) Sergius Paulus was proconsul (anthupatos) there.聖ルカは言う(行為13 )を訪問したときに聖パウロキプロス(クラウディウスの治世)は、総督セルギウスパウルス( anthupatos ) 。 Grotius asserted that this was an abuse of language, on the part of the natives, who wished to flatter the governor by calling him proconsul, instead of proprætor (antistrategos), which he really was; and that St. Luke used the popular appellation.グロティウスの乱用と主張し、この言語は、上の部分は、先住民、 whoを希望して知事にお世辞を呼び出すことによって彼総督のではなく、 proprætor ( antistrategos ) 、これ彼は本当に、およびその聖ルカ使用して人気の名称です。 Even Baronius (Annales, ad Ann. 46) supposed that, though Cyprus was only a prætorian province, it was honoured by being ruled by the proconsul of Cilicia, who must have been Sergius Paulus.さらにバロニウス(学派、広告の掲載アンです。 46 )はずが、キプロスはわずかprætorian省かかわらず、それによって支配されるのは光栄のCilicia総督は、 who必要があります。セルギウスパウルスれています。 But this is all a mistake.しかし、これはすべての間違いですよ。 Cato captured Cyprus, Cicero was proconsul of Cilicia and Cyprus in 52 BC; Mark Antony gave the island to Cleopatra; Augustus made it a prætorian province in 27 BC, but in 22 BC he transferred it to the senate, and it became again a proconsular province.カトーキャプチャキプロス、シセロは、キプロスでのCilicia総督は紀元前52 ;マークアントニーはこの島をクレオパトラ;オーガスタスprætorian省ではそれを27紀元前は、紀元前22しかし、彼はそれを上院に転送し、再びすることが地方総督の道です。 This latter fact is not stated by Strabo, but it is mentioned by Dion Cassius (LIII).この後者の事実ではないストラボン記載され、それに記載されディオンカシウス( 53 )です。 In Hadrian's time it was once more under a proprætor, while under Severus it was again administered by a proconsul.ハドリアヌスの時間を他のことは一度proprætorの下に、それが再び中に投与されたセウェルス総督です。 There can be no doubt that in the reign of Claudius, when St. Paul visited it, Cyprus was under a proconsul (anthupatos), as stated by St. Luke.疑いの余地はないの治世クラウディウスして、聖パウロを訪れたときに、キプロス総督の下では( anthupatos ) 、聖ルカに記載されています。 Numerous coins have been discovered in Cyprus, bearing the head and name of Claudius on one side, and the names of the proconsuls of Cyprus on the other.数多くの硬貨が発見されましたキプロス、軸受の頭と1つの名前をクラウディウス側では、との名前を、キプロス島で、他のproconsulsのです。 A woodcut engraving of one is given in Conybeare and Howson's "St. Paul", at the end of chapter v. On the reverse it has: EPI KOMINOU PROKAU ANTHUPATOU: KUPRION--"Money of the Cyprians under Cominius Proclus, Proconsul."木版画彫刻の1つは、与えられたのコニビアとハウスンの"聖パウロ" 、 v.上の章の終わりには逆のことが:エピkominou prokau anthupatou : kuprion -"お金をc ypriansされてc ominiusp roclus、総督。 " The head of Claudius (with his name) is figured on the other side.の頭のクラウディウス(彼の名前)は、計算上の反対側にします。 General Cesnola discovered a long inscription on a pedestal of white marble, at Solvi, in the north of the island, having the words: EPI PAULOU ANTHUPATOU--"Under Paulus Proconsul."全般チェズノーラ長い碑文を発見したのは、白い大理石の台座、 solviは、島の北に、言葉を持つ:エピpaulou anthupatou -"パウルス総督されています。 " Lightfoot, Zochler, Ramsay, Knabenbauer, Zahn, and Vigouroux hold that this was the actual (Sergius) Paulus of Acts, xiii, 7.ライトフット、 zochler 、ラムゼイ、 knabenbauer 、ザーン、およびvigourouxホールドこれは、実際の(セルギウス)パウルスの行為、 13 、 7 。

(2) The Politarchs in Thessalonica ( 2 ) politarchsでテサロニカ

An excellent example of St. Luke's accuracy is afforded by his statement that rulers of Thessalonica were called "politarchs" (politarchai--Acts 17:6, 8).の優れた例の聖ルカの精度は彼のステートメントを与えられたと呼ばれる支配者のテサロニカは" politarchs " ( politarchai -行為1 7: 0 6、 8 ) 。 The word is not found in the Greek classics; but there is a large stone in the British Museum, which was found in an arch in Thessalonica, containing an inscription which is supposed to date from the time of Vespasian.という言葉が見つからない場合は、ギリシャのクラシック;しかし、大規模な石には、大英博物館で、これが発見さテサロニカアーチで、これは碑文を含む日付からの時間をvespasianです。 Here we find the word used by St. Luke together with the names of several such politarchs, among them being names identical with some of St. Paul's converts: Sopater, Gaius, Secundus.ここで見つけるという言葉と一緒に使用されて聖ルカpolitarchsの名前をいくつかなど、いくつかのうちに同じ名前の聖パウロの変換: sopater 、ガイウス、第します。 Burton in "American Journal of Theology" (July, 1898) has drawn attention to seventeen inscriptions proving the existence of politarchs in ancient times.バートンは"アメリカンジャーナルオブ神学" ( 2003年7月、 1898 )が注目をpolitarchs 17碑文の存在を証明する古代にします。 Thirteen were found in Macedonia, and five were discovered in Thessalonica, dating from the middle of the first to the end of the second century. 13が検出されたマケドニア、および5つが発見さテサロニカ、デートの真ん中からの最初の2番目の世紀の終わりにしています。

(3) Knowledge of Pisidian Antioch, Iconium, Lystra, and Derbe ( 3 )の知識をpisidianアンティオキア、イコニウム、 lystra 、およびderbe

The geographical, municipal, and political knowledge of St. Luke, when speaking of Pisidian Antioch, Iconium, Lystra, and Derbe, is fully borne out by recent research (see Ramsay, "St. Paul the Traveller", and other references given in GALATIANS, EPISTLE TO THE).の地理的、市町村、および政治的な知識の聖ルカは、アンティオキアpisidianときに言えば、イコニウム、 lystra 、およびderbe 、最近の研究では完全に負担する(参照ラムゼイ、 "聖パウロの旅行者" 、およびその他の参考文献に与えられたガラテヤ人への手紙、の信徒への)です。

(4) Knowledge of Philippian customs ( 4 )の知識をphilippian税関

He is equally sure when speaking of Philippi, a Roman colony, where the duumviri were called "prætors" (strategoi--Acts 16:20, 35), a lofty title which duumviri assumed in Capua and elsewhere, as we learn from Cicero and Horace (Sat., I, v, 34).彼は確実に等しくフィリッピときに言えば、ローマの植民地、と呼ばれる場所がduumviri " prætors " ( strategoi -行為1 6:20、 3 5)は、高尚なタイトルをd uumviriカプアや他の想定で、シセロと私たちから学ぶホーレス(土、私は、 V電源、 34 ) 。 They also had lictors (rabsouchoi), after the manner of real prætors.彼らもlictors ( rabsouchoi ) 、後の態度の実質prætorsです。

(5) References to Ephesus, Athens, and Corinth ( 5 )を参照しエフェソス、アテネ、およびコリント

His references to Ephesus, Athens, Corinth, are altogether in keeping with everything that is now known of these cities.彼のエフェソスを参照し、アテネ、コリント、すべてのことは完全に足並みをそろえて、これらの都市は、現在知られています。 Take a single instance: "In Ephesus St. Paul taught in the school of Tyrannus, in the city of Socrates he discussed moral questions in the market-place. How incongruous it would seem if the methods were transposed! But the narrative never makes a false step amid all the many details as the scene changes from city to city; and that is the conclusive proof that it is a picture of real life" (Ramsay, op. cit., 238).単一のインスタンスを取る: "学校の授業エフェソスの聖パウロtyrannus 、ソクラテスは、市の道徳的な議論の質問に彼は位の市場ですが、どうちぐはぐなことと思われた場合は、メソッド転置!しかし、物語には決して偽のステップの中のすべての多くの現場からの変更点の詳細として都市から都市;とでは決定的な証拠を提出することが実生活の画像を" (ラムゼイ、営業します。 〜 Cit 。 、 238 ) 。 St. Luke mentions (Acts 18:2) that when St. Paul was at Corinth the Jews had been recently expelled from Rome by Claudius, and this is confirmed by a chance statement of Suetonius.聖ルカ言及(行為18 : 02 )のときに聖パウロコリントのユダヤ人はローマから追放されていたクラウディウスは最近、このことが確認された声明のスエトニウスのチャンスです。 He tells us (ibid., 12) that Gallio was then proconsul in Corinth (the capital of the Roman province of Achaia).彼を教えてくれる( ibid. 、 12 )を入力し、総督のガリオは、コリント(ローマ県の首都アカイア) 。 There is no direct evidence that he was proconsul in Achaia, but his brother Seneca writes that Gallio caught a fever there, and went on a voyage for his health.直接の証拠はないにしていたアカイア総督が、彼の弟セネカの書き込みを摘発ガリオ熱が、航海をし、その後、自分の健康をします。 The description of the riot at Ephesus (Acts 19) brings together, in the space of eighteen verses, an extraordinary amount of knowledge of the city, that is fully corroborated by numerous inscriptions, and representations on coins, medals, etc., recently discovered.エフェソスの説明書は、暴動鎮圧に(行為19 )を集めた、 18 、宇宙の詩は、臨時の量の知識を検索するシティ、それが完全に確証され多くの碑文、と表明しコイン、メダルなど、最近発見です。 There are allusions to the temple of Diana (one of the seven wonders of the world), to the fact that Ephesus gloried in being her temple-sweeper her caretaker (neokoros), to the theatre as the place of assembly for the people, to the town clerk (grammateus), to the Asiarchs, to sacrilegious (ierosuloi), to proconsular sessions, artificers, etc. The ecclesia (the usual word in Ephesus for the assembly of the people) and the grammateus or town-clerk (the title of a high official frequent on Ephesian coins) completely puzzled Cornelius a Lapide, Baronius, and other commentators, who imagined the ecclesia meant a synagogue, etc. (see Vigouroux, "Le Nouveau Testament et les Découvertes Archéologiques", Paris, 1890). allusionsして寺には、ダイアナ( 1つの世界の七不思議の一つ) 、エフェソスという事実をgloriedにしている彼女の寺-掃除彼女の世話人( neokoros ) 、劇場としては、議会の人々の代わりに、町係( grammateus ) 、 asiarchsして、を冒とく( ierosuloi ) 、地方総督のセッションを、芸術家などのecclesia (エフェソスの単語のため、通常のアセンブリの人々 )とgrammateusや町-係(のタイトル高官は、頻繁にephesianコイン)を完全に当惑コルネリウスラピデ、バロニウス、およびその他のコメンテーター、 who ecclesia意味を想像するシナゴーグ等( vigouroux 、 "ルヌーヴォー遺言etレdécouvertes archéologiques " 、パリ、 1890 ) 。

(6) The Shipwreck ( 6 )難破船

The account of the voyage and shipwreck described in Acts (xxvii, xxvii) is regarded by competent authorities on nautical matters as a marvellous instance of accurate description (see Smith's classical work on the subject, "Voyage and Shipwreck of St. Paul" (4th ed., London, 1880). Blass (Acta Apostolorum, 186) says: "Extrema duo capita habent descriptionem clarissimam itineris maritimi quod Paulus in Italiam fecit: quæ descriptio ab homine harum rerum perito judicata est monumentum omnium pretiosissimum, quæ rei navalis ex tote antiquitate nobis relicta est. V. Breusing, 'Die Nautik der Alten' (Bremen, 1886)." See also Knowling "The Acts of the Apostles" in "Exp. Gr. Test." (London, 1900).難破船の航海と、アカウントの行為に記載され( 27 、 27 )は、有能な考えを当局が素晴らしいのインスタンスを航海事項として正確な説明書(スミスの古典的作品で、被写体、 "難破船の航海と聖パウロ" (第4回エドします。 、ロンドン、 1880 ) 。ブラス(ログapostolorum 、 186 )は言う: "エストレマデュオhabent descriptionem clarissimam人当たりの旅行でmaritimiおよびパウルスitaliam fecit :アルバータhomineめちゃくちゃquæ descriptio判は記念碑perito rerum omnium pretiosissimum 、 quæレイ元navalisトートantiquitate nobis est 。 relicta v. breusing 、 '死ぬnautik derアルテン' (ブレーメン、 1886 ) 。 "も参照くださいknowling "の行為は、使徒"と"輸出します。グラムです。テストします。 " (ロンドン、 1900 ) 。

VII. Ⅶ 。 LYSANIAS TETRARCH OF ABILENE長老のlysaniasアビリーン

Gfrörer, B. Bauer, Hilgenfeld, Keim, and Holtzmann assert that St. Luke perpetrated a gross chronological blunder of sixty years by making Lysanias, the son of Ptolemy, who lived 36 BC, and was put to death by Mark Antony, tetrarch of Abilene when John the Baptist began to preach (iii, 1). gfrörer 、 b.バウアー、ヒルゲンフェルト、カイム、とホルツマン聖ルカperpetratedと主張し、 60年の総失態を年代順にlysaniasは、息子のプトレマイオス、 who住んで36紀元前、とは、アントニーにマークされて死亡した、長老のアビリーンが始まったときに洗礼者ヨハネを説く( Ⅲ 、 1 ) 。 Strauss says: "He [Luke] makes rule, 30 years after the birth of Christ, a certain Lysanias, who had certainly been slain 30 years previous to that birth--a slight error of 60 years."シュトラウスは言う: "彼[ルーク]では原則として、イエスキリストの誕生30年の後に、特定のlysanias 、 whoは確かに殺害された30年以上も前にその誕生-6 0年のわずかなエラーが発生します。 " On the face of it, it is highly improbable that such a careful writer as St. Luke would have gone out of his way to run the risk of making such a blunder, for the mere purpose of helping to fix the date of the public ministry.の顔の上には、そのようなことは非常にありそうにない聖ルカを慎重に作家としては消えて彼の方法の危険性を実行してこのような失態は、単なるの目的は、この評価をする手助けを修正して公共省です。 Fortunately, we have a complete refutation supplied by Schürer, a writer by no means over friendly to St. Luke, as we shall see when treating of the Census of Quirinius.幸いなことに、我々は、反論schürer供給され、作家ではないの友好を聖ルカ、わたしたちは、国勢調査の治療に表示されるクイリニウスです。 Ptolemy Mennæus was King of the Itureans (whose kingdom embraced the Lebanon and plain of Massyas with the capital Chalcis, between the Lebanon and Anti-Lebanon) from 85-40 BC His territories extended on the east towards Damascus, and on the south embraced Panias, and part, at least, of Galilee.プトレマイオスmennæusは、キングオブザitureans (その王国massyas受け入れ、レバノンとの平原に、首都とカルキス、レバノンとの間に反レバノン)彼の領土拡張八五から四〇まで紀元前の東に向けダマスカス、および受け入れの南panias 、および部分は、少なくとも、ガリラヤです。 Lysanias the older succeeded his father Ptolemy about 40 BC (Josephus, "Ant.", XIV, xii, 3; "Bell Jud.", I, xiii, 1), and is styled by Dion Cassius "King of the Itureans" (XLIX, 32).彼の父親の過去の成功lysaniasプトレマイオス約40紀元前(ヨセフス、 " Antのです。 " 、 14 、 12 、 3 ; "ベルユートです。 " 、私は、 13 、 1 ) 、およびスタイルでは、ディオンカシウス"キングオブザitureans " ( 49 、 32 ) 。 After reigning about four or five years he was put to death by Mark Antony, at the instigation of Cleopatra, who received a large portion of his territory (Josephus, "Ant.", XV, iv, 1; "Bel. Jud.", I, xxii, 3; Dion Cassius, op. cit.).現約4年か5年後に彼はマークされて死亡したアントニーは、クレオパトラに唆され、 whoの大部分を受け取って彼の領土(ヨセフス、 " Antのです。 " 、 15 、 4 、 1 ; "ベルです。ユートです。 " 、私は、 xxii 、 3 ;ディオンカシウス、営業します。 〜 Cit 。 ) 。

As the latter and Porphyry call him "king", it is doubtful whether the coins bearing the superscription "Lysanias tetrarch and high priest" belong to him, for there were one or more later princes called Lysanias.後者の彼と斑岩としてコール"キング" 、 3種類の硬貨かどうかは疑わしい軸受の表題" lysanias長老と高い司祭"に属して彼のためには君主と呼ばれる1つまたは複数のへlysaniasです。 After his death his kingdom was gradually divided up into at least four districts, and the three principal ones were certainly not called after him.彼の死した後徐々に彼の王国は、少なくとも4つの地区に分割する、との3つの主なものは確かに彼の後呼ばれることはありません。 A certain Zenodorus took on lease the possessions of Lysanias, 23 BC, but Trachonitis was soon taken from him and given to Herod. zenodorusを賃借するのは、特定の財産のlysanias 、 23紀元前、しかし、彼とtrachonitisはすぐに与えられたヘロデ王からです。 On the death of Zenodorus in 20 BC, Ulatha and Panias, the territories over which he ruled, were given by Augustus to Herod.上の死をzenodorus 、 20紀元前、 ulathaとpanias 、彼の領土を支配する、アウグストゥスをヘロデ王が与えられた。 This is called the tetrarchy of Zenodorus by Dion Cassius.これはtetrarchの地位と呼ばれるのディオンカシウスzenodorusされています。 "It seems therefore that Zenodorus, after the death of Lysanias, had received on rent a portion of his territory from Cleopatra, and that after Cleopatra's death this 'rented' domain, subject to tribute, was continued to him with the title of tetrarch" (Schürer, I, II app., 333, i). "よさそうだがzenodorusしたがって、 lysaniasの死の後に、家賃を受けた部分を自分の領土からクレオパトラ、クレオパトラの死とした後、この'賃貸'ドメインでは、件名をトリビュート、彼には、継続的に長老のタイトルを" ( schürer 、私は、 2世アプリです。 、 333 、私) 。 Mention is made on a monument, at Heliopolis, of "Zenodorus, son of the tetrarch Lysanias".記念碑は、言及は、ヘリオポリス、 " zenodorus 、息子のザテトラークlysanias "です。 It has been generally supposed that this is the Zenodorus just mentioned, but it is uncertain whether the first Lysanias was ever called tetrarch.一般的に仮定されてzenodorusだけではこれが言及したように、しかし、それは定かではなく、最初のlysaniasかどうかはまだ一人と呼ばれる長老です。 It is proved from the inscriptions that there was a genealogical connection between the families of Lysanias and Zenodorus, and the same name may have been often repeated in the family.これは証明があるから碑文は、ご家族の家系lysaniasとの間の接続zenodorus 、および、同じ名前の5月のご家族も頻繁に繰り返されています。 Coins for 32, 30, and 25 BC, belonging to our Zenodorus, have the superscription, "Zenodorus tetrarch and high priest.'硬貨を32日、 30日、 25紀元前、私たちに属してzenodorus 、表題は、 "高い司祭zenodorus長老とします。 After the death of Herod the Great a portion of the tetrarchy of Zenodorus went to Herod's son, Philip (Jos., "Ant.", XVII, xi, 4), referred to by St. Luke, "Philip being tetrarch of Iturea" (Luke 3:1). Another tetrarchy sliced off from the dominions of Zenodorus lay to the east between Chalcis and Damascus, and went by the name of Abila or Abilene. Abila is frequently spoken of by Josephus as a tetrarchy, and in "Ant.", XVIII, vi, 10, he calls it the "tetrarchy of Lysanias". Claudius, in AD 41, conferred "Abila of Lysanias" on Agrippa I (Ant., XIX, v, 1). In a. D. 53, Agrippa II obtained Abila, "which last had been the tetrarchy of Lysanias" (Ant., XX., vii, 1). "From these passages we see that the tetrarchy of Abila had belonged previously to AD 37 to a certain Lysanias, and seeing that Josephus nowhere previously makes any mention of another Lysanias, except the contemporary of Anthony and Cleopatra, 40-36 BC .ヘロデ王の死の後の部分に大きなzenodorus tetrarchの地位を行ったヘロデ王の息子、フィリップ( jos. 、 " Antのです。 " 、 17 、西、 4 ) 、参照される聖ルカ、 "フィリップが長老のiturea " (ルーク3:1 ) 。別のtetrarchの地位zenodorusスライスオフからの領土のレイアウトをカルキスとの間に、東ダマスカス、およびabilaの名前をされるかはアビリーンです。 abilaが頻繁に話さのtetrarchの地位をヨセフスとして、および、 "アリです。 " 、 18 、 6 、 10 、彼はそれを" tetrarchの地位のlysanias "です。クラウディウスは、広告41 、授与" abilaのlysanias "をアグリッパ私( ant. 、 19 、 V電源、 1 ) 。の詳細を読むd. 53 、アグリッパ2世abila得られる"としていたtetrarchの地位の最終更新lysanias " ( ant. 、イグゼクス。 、 7 、 1 ) 。 "これらの通路からtetrarchの地位をabilaかどうかは、私たちが所属して、広告、以前は次の37を、特定のlysanias 、およびヨセフスどこを見て、以前は次の別のlysaniasに一切の言及を除いて、現代のアンソニーとクレオパトラ、紀元前四〇から三六までです。 .です。 .です。 criticism has endeavoured in various ways to show that there had not afterwards been any other, and that the tetrarchy of Abilene had its name from the older Lysanias.さまざまな方法でendeavoured批判があることを示しているその他のなかったその後、 tetrarchの地位のアビリーンとは、その名前から、古いlysaniasいた。 But this is impossible" (Schürer, 337). Lysanias I inherited the Iturean empire of his father Ptolemy, of which Abila was but a small and very obscure portion. Calchis in Coele-Syria was the capital of his kingdom, not Abila in Abilene. He reigned only about four years and was a comparatively obscure individual when compared with his father Ptolemy, or his successor Zenodorus, both of whom reigned many years. There is no reason why any portion of his kingdom should have been called after his name rather than theirs, and it is highly improbable that Josephus speaks of Abilene as called after him seventy years after his death. As Lysanias I was king over the whole region, one small portion of it could not be called his tetrarchy or kingdom, as is done by Josephus (Bel. Jud., II, xii, 8). "It must therefore be assumed as certain that at a later date the district of Abilene had been severed from the kingdom of Calchis, and had been governed by a younger Lysanias as tetrarch" (Schürer, 337). The existence of such a late Lysanias is shown by an inscription found at Abila, containing the statement that a certain Nymphaios, the freedman of Lysanias, built a street and erected a temple in the time of the "August Emperors". Augusti (Sebastoi) in the plural was never used before the death of Augustus, AD 14. The first contemporary Sebastoi were Tiberius and his mother Livia, ie at a time fifty years after the first Lysanias. An inscription at Heliopolis, in the same region, makes it probable that there were several princes of this name. "The Evangelist Luke is thoroughly correct when he assumes (iii, 1) that in the fifteenth year of Tiberius there was a Lysanias tetrarch of Abilene" (Schürer, op. cit., where full literature is given; Vigouroux, op. cit.).しかし、これは不可能だ" ( schürer 、 337 ) 。 lysanias私は父親の帝国継承してitureanプトレマイオス、そのうちabilaは非常にあいまいな部分ではなく、小規模とします。 coele - calchisではシリアが彼の王国の首都ではなく、 abilaでアビリーン。彼は在位わずか約4年間とは、個々のと比べると比較的無名の父親Ptolemyのか、または彼の後任zenodorus 、誰の両方の長年の間在位。理由はない任意の部分はなぜ彼の王国をした後、彼の名前が呼ばれるというかれらよりも、それは非常にありそうにないと話すのアビリーンとしてヨセフスと呼ばれる彼の死後70年後、彼です。 lysanias私は王として全体リージョン、 1つのわずかな部分と呼ばれることができなかった彼のtetrarchの地位または王国には完了さヨセフス( BEL.さんユート。 、 2世、 12 、 8 ) 。 "ことを確信して想定される必要があります。そのために、後の日付を記入し、地区のアビリーンていたの王国をcalchisから切断し、支配されていたとして、若いlysanias長老" ( schürer 、 337 ) 。 lysaniasが存在するような遅れが表示される文字の碑文発見さabila 、ステートメントを含む、特定のnymphaiosは、フリードマンのlysanias 、建設、ストリートと寺院建立のときには" 8月皇帝"です。 augusti ( sebastoi )は、複数の死は決してオーガスタスの前に使われ、広告の掲載14 。 、最初の現代sebastoiティベリウスと彼の母親はリウィア、つまり一度に50年後の最初のlysaniasします。ヘリオポリスの碑文は、と同じリージョン、予想することがあったいくつかの君主は、次の名を入力します。 "ルカによる福音伝道は、正しいときに徹底的に彼を想定( Ⅲ 、 1 )して15年にティベリウスがあったのアビリーンlysanias長老" ( schürer 、曲〜 Cit 。 、ここで完全な文学が与えられた; vigouroux 、営業します。 〜 Cit 。 ) 。

VIII. Ⅷ 。 WHO SPOKE THE MAGNIFICAT? magnificat whoスポークのですか?

Lately an attempt has been made to ascribe the Magnificat to Elizabeth instead of to the Blessed Virgin.最近の試みのように作られたものとみなすエリザベスmagnificatを聖母の代わりにしています。 All the early Fathers, all the Greek manuscripts, all the versions, all the Latin manuscripts (except three) have the reading in Luke, i, 46: Kai eipen Mariam--Et ait Maria [And Mary said]: Magnificat anima mea Dominum, etc. Three Old Latin manuscripts (the earliest dating from the end of the fourth cent.), a, b, l (called rhe by Westcott and Hort), have Et ait Elisabeth.早期のすべての祖先は、すべてのギリシャ語写本は、すべてのバージョンでは、ラテン語のすべての原稿( 3つを除いて)ルークは、読んで、私は、 46 :甲斐eipen mariam -e ta itマリア[とメアリーによると] : m agnificatアニマ測定d ominumなど3つの古ラテン語原稿(最古のデートの終わりに、第4セントからです。 )を、 b 、左(ウェストコットと呼ばれるrheさホルト) 、 et aitエリザベートがします。 These tend to such close agreement that their combined evidence is single rather than threefold.これらの傾向があるような契約書を閉じるのではなく、複合的証拠は独身で3倍にします。 They are full of gross blunders and palpable corruptions, and the attempt to pit their evidence against the many thousands of Greek, Latin, and other manuscripts, is anything but scientific.彼らは明白な不正いっぱいの総失策とし、その証拠にピットインするという試みが反対する何千ものギリシャ語、ラテン語、およびその他の原稿は、何かしかし、科学技術です。 If the evidence were reversed, Catholics would be held up to ridicule if they ascribed the Magnificat to Mary.逆の場合、証拠は、カトリック教徒がアップで開かれるのをあざ笑う生得的magnificatをすれば、メアリーです。 The three manuscripts gain little or no support from the internal evidence of the passage.ほとんどあるいは全くない原稿の3つの支持を得るの内部の証拠を通過します。 The Magnificat is a cento from the song of Anna (1 Samuel 2), the Psalms, and other places of the Old Testament.チェントからのmagnificatは、その歌のアンナ( 1サミュエル2 )は、詩篇を授けた、およびその他の場所にあり、旧約聖書です。 If it were spoken by Elizabeth it is remarkable that the portion of Anna's song that was most applicable to her is omitted: "The barren hath borne many: and she that had many children is weakened."エリザベスときのように話すことは驚くべきことですが、アンナの歌の部分はほとんど彼女が省略された場合に適用される: "不毛のかれらの多くの負担:と彼女は多くの子供たちが低下していた。 " See, on this subject, Emmet in "The Expositor" (Dec., 1909); Bernard, ibid.ほら、この問題に関して、エメットは"エクスポジター" ( 12月、 1909 ) ;バーナード、同上。 (March, 1907); and the exhaustive works of two Catholic writers: Ladeuze, "Revue d'histoire ecclésiastique" (Louvain, Oct., 1903); Bardenhewer, "Maria Verkündigung" (Freiburg, 1905). ( 2006年3月、 1907 ) ;と網羅的な作品の2つのカトリック作家: ladeuze 、 "レヴューd' histoire ecclésiastique " (ルー、 10月、 1903 ) ; bardenhewer 、 "マリアverkündigung " (フライブルク、 1905 ) 。

IX. 9 。 THE CENSUS OF QUIRINIUS国勢調査のクイリニウス

No portion of the New Testament has been so fiercely attacked as Luke, ii, 1-5.新約聖書の部分を激しく攻撃したとしてルークてきたので、 2世、 1-5 。 Schürer has brought together, under six heads, a formidable array of all the objections that can he urged against it. schürerがまとめ、 6頭の下には、恐るべきことができるの配列のすべての異議申し立てに対して彼は求めています。 There is not space to refute them here; but Ramsay in his "Was Christ born in Bethlehem?"スペースがないに反論してください;しかし、彼のラムゼイ"は、イエスキリストに生まれたベツレヘムですか? " has shown that they all fall to the ground:--によると、彼らのすべての地面に落ちる: -

(1) St. Luke does not assert that a census took place all over the Roman Empire before the death of Herod, but that a decision emanated from Augustus that regular census were to be made. ( 1 )聖ルカされないと主張し、国勢調査が行わローマ帝国のすべてのヘロデ王の前に死亡したが、その意思決定を放ってから定期的に国勢調査がオーガスタスことが可能です。 Whether they were carried out in general, or not, was no concern of St. Luke's.が行われたかどうか一般的には、かどうか、懸念の聖ルカはなかったのです。 If history does not prove the existence of such a decree it certainly proves nothing against it.歴史が証明していない場合にこのような法令の存在を証明確かに何もすることもできます。 It was thought for a long time that the system of Indictions was inaugurated under the early Roman emperors, it is now known that they owe their origin to Constantine the Great (the first taking place fifteen years after his victory of 312), and this in spite of the fact that history knew nothing of the matter.それは考えに長い時間をindictionsでは、システムの初期のローマ皇帝が発足されて、それは今すぐに知られている彼らの起源を借りているコンスタンティノスの大( 15年間で開催した後、最初の彼の勝利を312 ) 、およびこれを歴史の事実を知っていたにもかかわらず、何もすることがほぼ確実です。 Kenyon holds that it is very probable that Pope Damasus ordered the Vulgate to be regarded as the only authoritative edition of the Latin Bible; but it would be difficult to Prove it historically.ケニヨンによるとということでローマ教皇ダマソことは非常に確率を指示したと見なされるウルガタ聖書の権威版のみのラテン語聖書;しかし、それを立証して歴史的には難しいだろう。 If "history knows nothing" of the census in Palestine before 4 BC neither did it know anything of the fact that under the Romans in Egypt regular personal census were held every fourteen years, at least from AD 20 till the time of Constantine.もし"歴史何も知らない"は、国勢調査、パレスチナどちらの前に4紀元前何かをやったという事実を知ってローマ人への手紙の下にエジプトで定期的に個人的な国勢調査が行われた14年ごとに、少なくとも20までの時間のコンスタンティノス広告です。 Many of these census papers have been discovered, and they were called apographai, the name used by St. Luke.国勢調査の多くは、これらの文書が発見されましたし、 apographaiと呼ばれる彼らは、聖ルカの名前使用されています。 They were made without any reference to property or taxation.彼らが行われたの参照をプロパティまたは課税なしです。 The head of the household gave his name and age, the name and age of his wife, children, and slaves.家計は彼の頭の名前と年齢を、彼の妻の名前と年齢、子供、とスレーブのです。 He mentioned how many were included in the previous census, and how many born since that time.彼はどのように記載が含まれるものの多くは、前の国勢調査は、生まれて以来、どのよう多くのことができます。 Valuation returns were made every year.戻り値は毎年評価が行われた。 The fourteen years' cycle did not originate in Egypt (they had a different system before 19 BC), but most probably owed its origin to Augustus, 8 BC, the fourteenth year of his tribunitia potestas, which was a great year in Rome, and is called the year I in some inscriptions.この14年間のサイクルエジプトではありません(彼らは、別のシステムを前に19紀元前)が、ほとんどの起源を、おそらく額を膨らませるオーガスタス、 8紀元前は、 14年の彼の能力tribunitia 、これは大きな年のローマ、と私はいくつかの碑文と呼ばれる年です。 Apart from St. Luke and Josephus, history is equally ignorant of the second enrolling in Palestine, AD 6.ヨセフス聖ルカとは別に、歴史は無知に等しく、パレスチナの2番目の登録、広告の掲載6 。 So many discoveries about ancient times, concerning which history has been silent, have been made during the last thirty years that it is surprising modern authors should brush aside a statement of St. Luke's, a respectable first-century writer, with a mere appeal to the silence of history on the matter.非常に多くの発見については古代の歴史に関するサイレントされ、中にされて30年の最後の現代作家は、意外なことはする声明をはねのける聖ルカのは、立派な第一世紀の作家、単なるアピールするの沈黙の歴史上の問題です。

(2) The first census in Palestine, as described by St. Luke, was not made according to Roman, but Jewish, methods. ( 2 )の最初の国勢調査でパレスチナ、聖ルカとして記述され、ローマが発生しないことによると、しかし、ユダヤ人、方法を使用します。 St. Luke, who travelled so much, could not be ignorant of the Roman system, and his description deliberately excludes it.聖ルカ、 who旅も大好きですし、井の中のローマンできませんでしたシステム、および彼の説明書を故意に除外してください。 The Romans did not run counter to the feelings of provincials more than they could help.ローマしなかったの感情に反する行動をするのに役立つprovincials彼らを超える。 Jews, who were proud of being able to prove their descent, would have no objection to the enrolling described in Luke, ii.ユダヤ人は、 whoが誇りにしていることを証明するに降下、異論はないが登録してルークに記載され、 2世です。 Schürer's arguments are vitiated throughout by the supposition that the census mentioned by St. Luke could be made only for taxation purposes.全体の引数は汚染されschürerと仮定して聖ルカの国勢調査に記載され課税が行われる可能性のみを目的です。 His discussion of imperial taxation learned but beside the mark (cf. the practice in Egypt).しかし、彼の議論を皇室課税を学んだの横にあるマーク( cf.エジプトでの練習) 。 It was to the advantage of Augustus to know the number of possible enemies in Palestine, in case of revolt.アウグストゥスの利点をすることが、多くの可能性の敵を知っているパレスチナでは、例の反乱です。

(3) King Herod was not as independent as he is described for controversial purposes. ( 3 )ヘロデ王はないとして独立したとして物議を醸す彼は目的を説明します。 A few years before Herod's death Augustus wrote to him.ヘロデ王の死の数年前に書いたオーガスタスしている。 Josephus, "Ant.", XVI, ix., 3, has: "Cæsar [Augustus] . . . grew very angry, and wrote to Herod sharply. The sum of his epistle was this, that whereas of old he used him as a friend, he should now use him as his subject."ヨセフス、 " Antのです。 " 、 16 、 9世です。 、 3日には: " cæsar [アウグストゥス] 。 。 。 。 。成長非常に怒って、ヘロデ王に手紙を大幅にします。の合計は、彼のこの書簡は、旧彼に対して、彼として使われる友人に、彼は彼としては、今すぐ彼の件名を使用します。 " It was after this that Herod was asked to number his people.ヘロデ王はこの後に彼の人々が求められる番号です。 That some such enrolling took place we gather from a passing remark of Josephus, "Ant.", XVII, ii, 4, "Accordingly, when all the people of the Jews gave assurance of their good will to Cæsar [Augustus], and to the king's [Herod's] government, these very men [the Pharisees] did not swear, being above six thousand."このような登録が行われたいくつかの収集からの発言を通過するヨセフス、 " Antのです。 " 、 17 、 2世、 4 、 "したがって、ときには、ユダヤ人のすべての人々の善意の保証をcæsar [アウグストゥス] 、およびザキングの[ヘロデ王の]政府は、これらの非常に男性[ pharisees ]を誓うしなかった、上記のが6000です。 " The best scholars think they were asked to swear allegiance to Augustus.彼らは最高の学者の考えに忠誠を誓うオーガスタス求められる。

(4) It is said there was no room for Quirinius, in Syria, before the death of Herod in 4 BCC Sentius Saturninus was governor there from 9-6 BC; and Quintilius Varus, from 6 BC till after the death of Herod. ( 4 )によるとこれはクイリニウスが入り込む余地はなかったのは、シリア、ヘロデ王の死を前に4 Bccをsentiusサツルニヌスは、知事が九〜六紀元前;とquintiliusウァルス、紀元前から6までヘロデ王の後に死亡した。 But in turbulent provinces there were sometimes times two Roman officials of equal standing.しかし、時には回には2つの乱流地方当局者の平等なロマンに立っています。 In the time of Caligula the administration of Africa was divided in such a way that the military power, with the foreign policy, was under the control of the lieutenant of the emperor, who could be called a hegemon (as in St. Luke), while the internal affairs were under the ordinary proconsul.時の政権は、アフリカのカリギュラは、このような分割の方法は、軍事力で、外国人政策の管理下には、中尉は、天皇、 whoと呼ばれるが覇権(のように聖ルカ) 、総務ながら、通常の総督がされています。 The same position was held by Vespasian when he conducted the war in Palestine, which belonged to the province of Syria--a province governed by an officer of equal rank.同じ位置が開かれたときに実施されvespasianパレスチナでの戦争に、これに属して、州のシリア-省の役員同列に支配されています。 Josephus speaks of Volumnius as being Kaisaros hegemon, together with C. Sentius Saturninus, in Syria (9-6 BC): "There was a hearing before Saturninus and Volumnius, who were then the presidents of Syria" (Ant., XVI, ix, 1).ヨセフスvolumnius話すの覇権kaisarosされて、一緒にsentiusサツルニヌスをCとは、シリア(紀元前9-6 ) : "があったと公聴会を前にサツルニヌスvolumnius 、 whoが入力し、シリアの大統領" ( ant. 、 16 、 9世、 1 ) 。 He is called procurator in "Bel. Jud.", I, xxvii, 1, 2.マネージャーと呼ばれる彼は、 "ベルです。ユートです。 " 、私は、二十七、 1 、 2 。 Corbulo commanded the armies of Syria against the Parthians, while Quadratus and Gallus were successively governors of Syria.コルブロ命じparthians反対するシリアの軍隊、方形とシリアガルス知事が相次いでいる。 Though Josephus speaks of Gallus, he knows nothing of Corbulo; but he was there nevertheless (Mommsen, "Röm. Gesch.", V, 382).ヨセフス話すのガルスかかわらず、彼は何も知らないのコルブロ;しかし、彼がそこにもかかわらず(モムゼン、 " röm 。 gesch 。 " 、 V電源、 382 ) 。 A similar position to that of Corbulo must have been held by Quirinius for a few years between 7 and 4 BCコルブロ、同様の立場にいるから開催されている必要がありますクイリニウスは、数年の間に7と4紀元前

The best treatment of the subject is that by Ramsay "Was Christ Born in Bethlehem?"最善の治療をすることによって被写体がラムゼイ"は、イエスキリストに生まれたベツレヘムですか? " See also the valuable essays of two Catholic writers: Marucchi in "Il Bessarione" (Rome, 1897); Bour, "L'lnscription de Quirinius et le Recensement de S. Luc" (Rome, 1897).も参照してください貴重なエッセイの2つのカトリック作家: marucchiは"イリノイbessarione " (ローマ、 1897 ) ; bour 、 " lnscriptionデクイリニウスetルrecensementデs.リュック" (ローマ、 1897 ) 。 Vigouroux, "Le NT et les Découvertes Modernes" (Paris, 1890), has a good deal of useful information. vigouroux 、 "ルNTのetレdécouvertes modernes " (パリ、 1890 ) 、には、かなりの有益な情報です。 It has been suggested that Quirinius is a copyist's error for Quintilius (Varus).それが提案されクイリニウスは、筆耕のエラーが発生するquintilius (内反) 。

X. SAINT LUKE AND JOSEPHUS Xの聖ルカとヨセフス

The attempt to prove that St. Luke used Josephus (but inaccurately) has completely broken down.聖ルカするという試みが使われることを証明するヨセフス(しかし、不正確)は、完全に壊れてダウンします。 Belser successfully refutes Krenkel in "Theol. Quartalschrift", 1895, 1896. belser正常にrefutesクレンケルは" theol 。 quartalschrift " 、 1895 、 1896 。 The differences can be explained only on the supposition of entire independence.の違いを説明できる仮定の上でしか全体の独立性があります。 The resemblances are sufficiently accounted for by the use of the Septuagint and the common literary Greek of the time by both. resemblancesが十分に、前連結会計年度での使用は、セプトゥアギンタと文学の共通の時間をギリシャ語の両方です。 See Bebb and Headlam in Hast., "Dict. of the Bible", s. hast bebbとheadlamを参照しています。 、 " dictのです。の聖書" 、 s. vv.のVVです。 "Luke, Gospel of" and "Acts of the Apostles", respectively. "ルークは、福音書"および"行為の使徒"は、それぞれです。 Schürer (Zeit. für W. Th., 1876) brushes aside the opinion that St. Luke read Josephus. schürer ( zeit. fürワット回です。 、 1876 )が聖ルカブラシを読むの意見はさておきヨセフスです。 When Acts is compared with the Septuagint and Josephus, there is convincing evidence that Josephus was not the source from which the writer of Acts derived his knowledge of Jewish history.行為はセプトゥアギンタときと比較すると、ヨセフスでは、説得力のある証拠はないがヨセフスのソースから派生した彼の行為は、作家のユダヤ人の歴史の知識をします。 There are numerous verbal and other coincidences with the Septuagint (Cross in "Expository Times", XI, 5:38, against Schmiedel and the exploded author of "Sup. Religion").偶然の積み重ねには、数多くの口頭およびその他のセプトゥアギンタ(クロスは"解説タイムズ" 、西、 5:38 、反対シュミーデルと爆発著者の" sup 。宗教" ) 。 St. Luke did not get his names from Josephus, as contended by this last writer, thereby making the whole history a concoction.聖ルカ彼の名前を取得しなかったヨセフスは、この最後の作家としてに対し、そのメーカー全体の履歴を調合します。 Wright in his "Some New Test. Problems" gives the names of fifty persons mentioned in St. Luke's Gospel.ライトが彼の"いくつかの新しいテストします。問題"により、 50人の名前を聖ルカの福音書に記載されています。 Thirty-two are common to the other two Synoptics, and therefore not taken from Josephus.三十二アール共通して、他の2つsynoptics 、ヨセフスはないからです。 Only five of the remaining eighteen are found in him, namely, Augustus Cæsar, Tiberius, Lysanias, Quirinius, and Annas.のみ、残りの5つの一八アール発見さ彼は、すなわち、オーガスタスcæsar 、ティベリウス、 lysanias 、クイリニウス、およびannasです。 As Annas is always called Ananus in Josephus, the name was evidently not taken from him. annasとしてはいつもと呼ばれるananusでヨセフスは、彼の名前は明らかにしないからです。 This is corroborated by the way the Gospel speaks of Caiphas.ところでこれは、それを裏付けて話すのcaiphasの福音です。 St. Luke's employment of the other four names shows no connection with the Jewish historian.聖ルカの雇用は、他の4つの名前が表示されないの接続をユダヤ人の歴史学者です。 The mention of numerous countries, cities, and islands in Acts shows complete independence of the latter writer.多くの国々への言及を、都市、および行為の島が完全な独立性を示し、後者の作家です。 St. Luke's preface bears a much closer resemblance to those of Greek medical writers than to that of Josephus.聖ルカの序文に似ているクマはそれらをはるかに緊密な医療ライターよりもギリシャ語のヨセフスしています。 The absurdity of concluding that St. Luke must necessarily be wrong when not in agreement with Josephus is apparent when we remember the frequent contradictions and blunders in the latter writer.聖ルカのばかばかしさを締結する必要があります。必ずしも間違っていないときに契約書に明白なときにヨセフスは頻繁に矛盾やへまを覚えている私たちは、後者の作家です。

APPENDIX: BIBLICAL COMMISSION DECISIONS付録:聖書委員会の意思決定

The following answers to questions about this Gospel, and that of St. Mark, were issued, 26 June, 1913, by the Biblical Commission.は、次の質問についての回答を、この福音ており、その聖マルコ、が発行されると、 1913年6月26日、委員会の聖書です。 That Mark, the disciple and interpreter of Peter, and Luke, a doctor, the assistant and companion of Paul, are really the authors of the Gospels respectively attributed to them is clear from Tradition, the testimonies of the Fathers and ecclesiastical writers, by quotations in their writings, the usage of early heretics, by versions of the New Testament in the most ancient and common manuscripts, and by intrinsic evidence in the text of the Sacred Books.そのマークは、弟子と通訳のピーター、とルークは、医師、コンパニオンのアシスタントとポールは、福音書は、実際には、それぞれの作者の原因ははっきりしてからの伝統や教会の証言には、父の作家、見積書その文章で、異端の早期の利用方法に、新約聖書のバージョンの共通の原稿で最も古く、本質的証拠とされたテキストは、神聖な書籍です。 The reasons adduced by some critics against Mark's authorship of the last twelve versicles of his Gospel (xvi, 9-20) do not prove that these versicles are not inspired or canonical, or that Mark is not their author.その理由はいくつかの批評家に対するadducedマルクの原作者の彼の福音書の最後の12 versicles ( 16 、 9月20日)はありませんが証明して、これらのversiclesインスピレーションまたは正規か、またはその著者がマークではない。 It is not lawful to doubt of the inspiration and canonicity of the narratives of Luke on the infancy of Christ (i-ii), on the apparition of the Angel and of the bloody sweat (xxii, 43-44); nor can it be proved that these narratives do not belong to the genuine Gospel of Luke.合法的ではない、インスピレーションと規範に疑いを物語のルークは、イエスキリストの初期には(私- Ⅱ ) 、上の幻影は、天使とは、血の汗をかく( xxii 、 43-44 ) ;もできることにが立証されたこれらの物語に属していない、正規のルカによる福音書です。

The very few exceptional documents attributing the Magnificat to Elizabeth and not to the Blessed Virgin should not prevail against the testimony of nearly all the codices of the original Greek and of the versions, the interpretation required by the context, the mind of the Virgin herself, and the constant tradition of the Church.ドキュメントに関連付け、非常にいくつかの例外ではなく、エリザベスmagnificatをしてはいけない勝つ聖母のほぼすべての反対者の証言は、元のギリシャとのCODECのバージョンでは、要求されたコンテキストの解釈は、自分の心の中のヴァージン、教会の伝統を定数とします。

It is according to most ancient and constant tradition that after Matthew, Mark wrote his Gospel second and Luke third; though it may be held that the second and third Gospels were composed before the Greek version of the first Gospel.これは定数によると、最も古い伝統をした後、マシュー、マークを書いたルカによる福音書2番目と3番目;かかわらずで開かれることがありますが2番目と3番目の福音書がギリシャ語のバージョンの構成する前に、最初の福音です。 It is not lawful to put the date of the Gospels of Mark and Luke as late as the destruction of Jerusalem or after the siege had begun.合法的に配置することではない、この評価をマークとルカによる福音書の遅ければ、エルサレムの破壊または包囲攻撃の後に始めた。 The Gospel of Luke preceded his Acts of the Apostles, and was therefore composed before the end of the Roman imprisonment, when the Acts was finished (Acts 28:30-31).ルカによる福音書の前に彼の行為は、使徒、とは、その構成は、ローマの懲役刑が終わる前に、行為が終わったときに(行為28:30-31 ) 。 In view of Tradition and of internal evidence it cannot be doubted that Mark wrote according to the preaching of Peter, and Luke according to that of Paul, and that both had at their disposal other trustworthy sources, oral or written.対象の伝統との内部での証拠に疑問をマークすることはできません。書いた説教によると、ピーター、ポールとルークによると、およびその両方の処理を他の信頼できるソースは、口頭または書面です。

Publication information Written by C. Aherene.出版物の情報執筆者c. ahereneです。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.のは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです