Books of Maccabees or Machabees書籍のmaccabeesまたはmachabees

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合情報

The books of the Maccabees consist of four Jewish books named after Judas Maccabeus, the hero of the first two. maccabeesで構成された書籍は、名前の後の4つのユダのユダヤ人の書籍maccabeusは、最初の2つの英雄です。 The books do not appear in the Jewish Bible, but 1 and 2 Maccabees are included in the Greek and Latin canon and in the Protestant Apocrypha.この書籍のユダヤ教の聖書に表示されませんが、 1と2に含まれてmaccabeesは、ギリシャ語、ラテン語キヤノンとは、プロテスタントの外典。 Books 1 and 2 provide a vivid account of Jewish resistance to the religious suppression and Hellenistic cultural penetration of the Seleucid period (175 - 135 BC).書籍1と2を鮮やかなアカウントを提供するのに抵抗するユダヤ人の宗教的な抑圧とヘレニズム文化の浸透してセレウコス王朝時代( 175 -1 35紀元前) 。

They also contain partial records of the Hasmonean (or Maccabean) dynasty, which achieved Jewish political independence during the resistance to the Seleucids and maintained it until 63 BC.彼らの記録をする部分も含まれハスモン朝(またはmaccabean )時代、政治的独立を達成ユダヤ人の中に抵抗力を維持し、それまで63紀元前seleucidsとします。 Written about 110 BC, 1 Maccabees has more historical scope and detail than the others and displays Hasmonean sympathies.書かれた約110紀元前、 1 maccabeesは、他の歴史的な範囲と詳細が表示さよりも、他のハスモン朝同情します。 Dated prior to 63 BC, 2 Maccabees epitomizes an earlier work by Jason of Cyrene and has modest historical value.紀元前63日付の前に、 2 maccabees epitomizes 、以前の仕事をしてcyreneジェイソンのささやかな歴史的な価値です。 A historically dubious but edifying account of the persecution of Egyptian Jews by Ptolemy IV (r. 221 - 204 BC) constitutes 3 Maccabees, which was written about 50 BC.しかし、啓発的なアカウントを歴史的に怪しげなエジプトのユダヤ人迫害され、プトレマイオス4世( r. 221 -2 04紀元前) 3 m accabees構成のために書かれた約5 0紀元前です。 The last book, 4 Maccabees, originally written in Greek probably about AD 25, is primarily a philosophical discussion of the primacy of reason, governed by religious laws, over passion.の最後の予約、 4 maccabees 、ギリシャ語で書かれてもともと恐らく広告については25日、哲学的な議論をするのは主に優位性の理由から、宗教的な法の支配され、情熱以上です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
JA Goldstein, 1 Maccabees (1976); M Hadas, The Third and Fourth Books of Maccabees (1953); RH Pfeiffer, History of New Testament Times with an Introduction to the Apocrypha (1949); DS Russell, Between the Testaments (1960); S Tedesche and S Zeitlin, The First Book of Maccabees (1950) and The Second Book of Maccabees (1954).ジャゴールドスタイン、 1 maccabees ( 1976 ) 、男性ハダス、 3番目と4番目の書籍のmaccabees ( 1953 ) ; rhファイファー、新約聖書の歴史を紹介して倍に外典( 1949 ) ; dsラッセル、 testamentsの間に( 1960 ) ;秒tedescheとSザイトリン、 maccabeesの最初の本( 1950 )と2番目の予約をmaccabees ( 1954 ) 。


Mac'cabees mac'cabees

Advanced Information 高度情報

This word does not occur in Scripture.この言葉に啓典は発生しません。 It was the name given to the leaders of the national party among the Jews who suffered in the persecution under Antiochus Epiphanes, who succeeded to the Syrian throne BC 175.それは、名前を指定ナラ党の指導者は、ユダヤ人の間に苦しんで、迫害されてアンティオコスwho epiphanes 、 whoに成功し、シリア王位紀元前175 。 It is supposed to have been derived from the Hebrew word (makkabah) meaning "hammer," as suggestive of the heroism and power of this Jewish family, who are, however, more properly called Asmoneans or Hasmonaeans, the origin of which is much disputed.これは、ヘブライ語から派生された単語( makkabah )を意味する"ハンマー"と示唆に富むのユダヤ人の勇敢さとパワーは、次のご家族、 whoには、しかし、他の適切なasmoneansまたはhasmonaeansと呼ばれる、これは多くの起源は係争中です。 After the expulsion of Antiochus Epiphanes from Egypt by the Romans, he gave vent to his indignation on the Jews, great numbers of whom he mercilessly put to death in Jerusalem.アンティオコスepiphanesした後、エジプトから追放されたローマ人への手紙、通気孔を彼は彼の憤りを、ユダヤ人は、多数の御心に適う容赦なく、エルサレムにして死亡。 He oppressed them in every way, and tried to abolish altogether the Jewish worship.彼はそれらすべての虐げられたように、完全に廃止すると、ユダヤ教の礼拝しようとします。

Mattathias, and aged priest, then residing at Modin, a city to the west of Jerusalem, became now the courageous leader of the national party; and having fled to the mountains, rallied round him a large band of men prepared to fight and die for their country and for their religion, which was now violently suppressed. mattathias 、および高齢者の司祭は、居住を入力し、 modin 、エルサレムの西の都市になった今すぐナラ党の指導者の勇気と山に逃走して、彼は再び活気を取り戻すことラウンドする用意が男性の大規模なバンドのために戦って死ぬ自分たちの国と、自分たちの宗教、これは、今すぐ激しく抑制します。 In 1 Macc. 1 maccです。 2: 60 is recorded his dying counsels to his sons with reference to the war they were now to carry on. 2 : 60は死にかけている弁護人を記録した彼の息子たちを参照して戦争を運ぶ彼らは今すぐです。 His son Judas, "the Maccabee," succeeded him (BC 166) as the leader in directing the war of independence, which was carried on with great heroism on the part of the Jews, and was terminated in the defeat of the Syrians.彼の息子ユダは、 " maccabee 、 "成功した彼(紀元前166 )のリーダーとして、独立戦争を演出し、これは非常に乗って運ばれる英雄で、一部のユダヤ人とは、シリアの敗北で終了します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Books of the Mac'cabees書籍は、 mac'cabees

Advanced Information 高度情報

There were originally five books of the Maccabees. 5つの書籍にはもともと、 maccabeesです。 The first contains a history of the war of independence, commencing (BC 175) in a series of patriotic struggles against the tyranny of Antiochus Epiphanes, and terminating BC 135.第一には、独立戦争の歴史を、開始(紀元前175 )で、一連の愛国闘争epiphanesアンティオコスの専制政治に反対し、紀元前135終端します。 It became part of the Vulgate Version of the Bible, and was thus retained among the Apocrypha.となった部分の流布本のバージョンの聖書外典との間では、このように保持します。 The second gives a history of the Maccabees' struggle from BC 176 to BC 161. 2番目の歴史を与えるのmaccabees '闘争を紀元前176から紀元前161 。 Its object is to encourage and admonish the Jews to be faithful to the religion of their fathers.そのオブジェクトが訓戒を奨励するとされるユダヤ人の宗教を忠実に、自分の父親です。 The third does not hold a place in the Apocrypha, but is read in the Greek Church. 3番目の場所取りをするではありませんの外典、これは、ギリシャの教会続きを読む。 Its design is to comfort the Alexandrian Jews in their persecution.そのデザインは彼らを慰めて、アレクサンドリアのユダヤ人迫害します。 Its writer was evidently an Alexandrian Jew.その作家は明らかにアレクサンドリアのユダヤ人である。 The fourth was found in the Library of Lyons, but was afterwards burned. 4番目には、ライブラリのリヨンが見つかりませんでしたが、その後は、やけどを負った。 The fifth contains a history of the Jews from BC 184 to BC 86.第5回には、紀元前184から、ユダヤ人の歴史を紀元前86 。 It is a compilation made by a Jew after the destruction of Jerusalem, from ancient memoirs, to which he had access.それは、コンパイルされたユダヤ人はエルサレムの破壊の後に、古代の回想録から、アクセスしていた。 It need scarcely be added that none of these books has any divine authority.ほとんどなしに追加されている必要これらの書籍があれば神の権威です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Books of Machabeesこの書籍のmachabees

Catholic Information カトリックの情報

The title of four books, of which the first and second only are regarded by the Church as canonical; the third and fourth, as Protestants consider all four, are apocryphal.の4つの書籍のタイトル、そのうちの最初と2番目だけは、教会として認識される正規化し、 3位と4位、プロテスタントのすべての4つの検討は、作り話のです。 The first two have been so named because they treat of the history of the rebellion of the Machabees, the fourth because it speaks of the Machabee martyrs.これが名前の最初の2つの治療のため、彼らの歴史をmachabeesの反乱を、 4番目のmachabeeので、殉教者に話す。 The third, which has no connection whatever with the Machabee period, no doubt owes its name to the fact that like the others it treats of a persecution of the Jews. 3番目の、これがないとの接続をどのようmachabee期間中、その名前を払うべき間違いないという事実を、他のことのように扱わユダヤ人迫害のです。 For the canonicity of I and II Mach.は、正規のIとIIマッハです。 see CANON OF THE OLD TESTAMENTキヤノン、旧約聖書の参照

THE FIRST BOOK OF MACHABEES本の最初のmachabees

(Makkabaion A; Liber Primus Machabaeorum). ( makkabaion 、 ;独立したプライマスmachabaeorum ) 。

Contents内容

The First Book of the Machabees is a history of the struggle of the Jewish people for religious and political liberty under the leadership of the Machabee family, with Judas Machabeus as the central figure.の最初の予約をmachabeesの闘争の歴史は、ユダヤ人の人々の宗教や政治的自由のためのリーダーシップの下でのmachabeeご家族、ユダマカベウスの中心人物です。 After a brief introduction (i, 1-9) explaining how the Jews came to pass from the Persian domination to that of the Seleucids, it relates the causes of the rising under Mathathias and the details of the revolt up to his death (i, 10-ii); the glorious deeds and heroic death of Judas Machabeus (iii-ix, 22); the story of the successful leadership of Jonathan (ix, 23-xii), and of the wise administration of Simon (xiii-xvi, 17).の後に簡単な紹介(私、 1-9 )の説明が下った時、どのようにユダヤ人の支配からのペルシャ語seleucidsをしている、それ関連の上昇の原因を究明するとされてmathathias反乱の詳細は、彼の死を(私は、 10 - 2 ) ;の栄光の英雄的行為と死亡したユダマカベウス( Ⅲ - 9世、 22 ) ;の物語は、成功したリーダーシップのジョナサン( 9世、 23 - 12 ) 、および管理をして英明でられるのサイモン( 13 - 16 、 17 ) 。 It concludes (xvi, 18-24) with a brief mention of the difficulties attending the accession of John Hyrcanus and with a short summary of his reign (see MACHABEES, THE).それ結論( 16 、 18-24 )に言及したの困難を簡単に出席して加盟ジョンhyrcanusと彼の治世の短い要約( machabees 、 、 ) 。 The book thus covers the period between the years 175 and 135 BCこのため、予約期間をカバーして、 135紀元前175年の間に

Character文字

The narrative both in style and manner is modelled on the earlier historical books of the Old Testament.この物語のスタイルと態度の両方で、以前のモデルには、旧約聖書の歴史的な書籍です。 The style is usually simple, yet it at times becomes eloquent and even poetic, as, for instance, in Mathathias's lament over the woes of the people and the profanation of the Temple (ii, 7-13), or in the eulogy of Judas Machabeus (iii, 1-9), or again in the description of the peace and prosperity of the people after the long years of war and suffering (xiv, 4-15).シンプルなスタイルは、通常、時々はまだありませんが雄弁に語ること、さらには詩的な、として、例えば、 mathathiasの人々の災難を嘆くと、 profanation寺( 2世、 7-13 ) 、またはは、賛美のユダマカベウス( 3 、 1-9 ) 、またはの説明をするには、人々の平和と繁栄をした後、長年の戦争と苦痛を( 14 、 4-15 ) 。 The tone is calm and objective, the author as a rule abstaining from any direct comment on the facts he is narrating.冷静かつ客観的トーンは、棄権者の著者は、原則として任意の直接のコメントをする彼は語り、事実です。 The more important events are carefully dated according to the Seleucid era, which began with the autumn of 312 BC It should be noted, however, that the author begins the year with spring (the month Nisan), whereas the author of II Mach.もっと重要なイベントの日付は、慎重によると、セレウコス王朝時代に始まったと紀元前312年の秋の注目すべきは、しかし、この文書の著者が開始さで、一年で春(今月のニッサン) 、マッハが、著者の2世です。 begins it with autumn (the month Tishri).秋に開始して(今月の1月) 。 By reason of this difference some of the events are dated a year later in the second than in the first book.この違いを理由にいくつかのイベントが一年の後半で2番目の日付よりも、最初の書籍です。 (Cf. Patrizzi, "De Consensu Utriusque Libri Mach.", 27 sq.; Schürer, "Hist. of the Jewish People", I, I, 36 sq.). ( cf.パトリッツィ、 "デconsensu両方マッハの本です。 " 、 27平方; schürer 、 "履歴です。は、ユダヤ人の人々 " 、私、私、 36平方)です。

Original Language元の言語

The text from which all translations have been derived is the Greek of the Septuagint.テキストから全ての翻訳が派生したのは、ギリシャ語セプトゥアギンタです。 But there is little doubt that the Septuagint is itself a translation of a Hebrew or Aramaic original, with the probabilities in favour of Hebrew.しかし、疑いの余地はほとんどないセプトゥアギンタは、それ自体は、ヘブライ語やアラム語に翻訳されたオリジナルは、ヘブライ語の確率に賛成です。 Not only is the structure of the sentences decidedly Hebrew (or Aramaic); but many words and expressions occur which are literal renderings of Hebrew idioms (eg, i, 4, 15, 16, 44; ii, 19, 42, 48; v, 37, 40; etc.).だけではなく、文章の構造を明らかにヘブライ語(あるいはアラム語) ;しかし、多くの単語や表現リテラルのレンダリングが発生する可能性のヘブライ語慣用句(例えば、私、 4 、 15 、 16 、 44 ; 2世、 19 、 42 、 48 ; v 、 37 、 40 ;等)です。 These peculiarities can scarcely be explained by assuming that the writer was little versed in Greek, for a number of instances show that he was acquainted with the niceties of the language.これらの特性はほとんど説明されると仮定してその作家はほとんど熟知してギリシャ語、インスタンスは、いくつかの詳細な配慮をしていた知り合いの言語です。 Besides, there are inexact expressions and obscurities which can be explained only in the supposition of an imperfect translation or a misreading of a Hebrew original (eg, i, 16, 28; iv, 19, 24; xi, 28; xiv, 5).また、これには、蓋然表現やobscurities仮定することで説明するだけでは、不完全な翻訳や、読み誤りは、ヘブライ語元(例えば、私は、 16日、 28 ;四、 19 、 24 ; xi 、 28 、 14 、 5 )です。 The internal evidence is confirmed by the testimony of St. Jerome and of Origen.内部の証拠が確認されたとの証言の聖ジェローム原産地です。 The former writes that he saw the book in Hebrew: "Machabaeorum primum librum Hebraicum reperi" (Prol. Galeat.).元の書き込みを見たの予約inヘブライ語: " machabaeorum Refererの一次librum hebraicum " ( prol. galeatです。 ) 。 As there is no ground for assuming that St. Jerome refers to a translation, and as he is not likely to have applied the term Hebrew to an Aramaic text, his testimony tells strongly in favour of a Hebrew as against an Aramaic original.地面がないと仮定して、聖ジェロームを参照して翻訳し、そうではないとして彼には適用して任期ヘブライ語アラム語のテキストを、彼の証言を強く指示に賛成反対のアラム語、ヘブライ語としてオリジナルです。 Origen states (Eusebius, "Hist. Eccl.", vi, 25) that the title of the book was Sarbeth Sarbane el, or more correctly Sarbeth Sarbanaiel.原産地国家共同体(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 6 、 25 )は、その本のタイトルはsarbeth sarbaneエルか、または他の正常sarbeth sarbanaielです。 Though the meaning of this title is uncertain (a number of different explanations have been proposed, especially of the first reading), it is plainly either Hebrew or Aramaic.かかわらず、このタイトルの意味は定かではなく( 、いくつかの異なる説明が提案されて、特に、最初の読書) 、それははっきりとヘブライ語またはアラム語のいずれかです。 The fragment of a Hebrew text published by Chwolson in 1896, and later again by Schweitzer, has little claim to be considered as part of the original.ヘブライ語のテキストの断片を耳にするchwolson 、 1896年に公開され、その後再びシュヴァイツァー、はほとんど主張し、元の部分と考えられる。

Author and Date of Composition著者とこの評価を組成

No data can be found either in the book itself or in later writers which would give us a clue as to the person of the author.何もデータがありますがその本自体のどちらかまたはそれ以降の作家には問い合わせへの手掛かりを与えるの人の著者です。 Names have indeed been mentioned, but on groundless conjecture.名前は確かにも触れたように、しかし、根拠を探索します。 That he was a native of Palestine is evident from the language in which he wrote, and from the thorough knowledge of the geography of Palestine which he possessed.していたパレスチナは明らかに自生する植物からの言語で書いた、およびからの地理学の知識を徹底的にパレスチナを彼は保有します。 Although he rarely expresses his own sentiments, the spirit pervading his work is proof that he was deeply religious, zealous for the Law, and thoroughly in sympathy with the Machabean movement and its leaders.彼はめったに自分自身の感情を表現し、の精神に広まっている彼の作品では宗教的な証拠を手に彼は深く、熱意を持って法では、と徹底的に同情をmachabean運動とその指導者です。 However, strange to say, he studiously avoids the use of the words "God" and "Lord" (that is in the better Greek text; in the ordinary text "God" is found once, and "Lord" three times; in the Vulgate both occur repeatedly. But this is probably due to reverence for the Divine James, Jahweh and Adonai, since he often uses the equivalents "heaven", "Thou", or "He". There is absolutely no ground for the opinion, maintained by some modern scholars, that he was a Sadducee. He does not, it is true, mention the unworthy high-priests, Jason and Menelaus; but as he mentions the no less unworthy Alcimus, and that in the severest terms, it cannot be said that he wishes to spare the priestly class. The last verses show that the book cannot have been written till some time after the beginning of the reign of John Hyrcanus (135-105 BC), for they mention his accession and some of the acts of his administration. The latest possible date is generally admitted to be prior to 63 BC, the year of the occupation of Jerusalem by Pompey; but there is some difference in fixing the approximately exact date. Whether it can be placed as early as the reign of Hyrcanus depends on the meaning of the concluding verse, "Behold these [the Acts of Hyrcanus] are written in the book of the days of his priesthood, from the time (xx xx, "ex quo") that he was made high priest after his father". Many understand it to indicate that Hyrcanus was then still alive, and this seems to be the more natural meaning. Others, however, take it to imply that Hyrcanus was already dead. In this latter supposition the composition of the work must have followed close upon the death of that ruler. For not only does the vivid character of the narrative suggest an early period after the events, but the absence of even the slightest allusion to events later than the death of Hyrcanus, and, in particular, to the conduct of his two successors which aroused popular hatred against the Machabees, makes a much later date improbable. The date would, therefore, in any case, be within the last years of the second century BCしかし、妙な話だが、彼の言葉の使用を避けてstudiously "神"や"主よ" (ギリシャ語のテキストのものは、よりよい;は、通常のテキストの"神"が見つかった一度、および"主よ" 3回;は、ウルガタ聖書の両方の場合に発生する繰り返し使うからです。しかし、これはおそらく、神のために畏敬の念を抱くジェームズ、上帝jahwehと、彼はよく使用して以来と同等の"天国" 、 "なた" 、または"彼" 。には全くない地面には、意見によれば、維持られたいくつかのモダンな学者、サドカイしていたのです。彼は、それがtrueの場合、値しない言及する高司祭、ジェイソンとメネラーオス;しかし、彼には、値しないalcimusない、として最も厳しい条件にすることはできません。によると、彼の願いを割いて、聖職者のクラスです。の最後の詩詳細は、予約することはできませんが書かれたいくつかの時間後までの治世の初めにジョンhyrcanus (百三十五から百五まで紀元前) 、かれらに言及彼の加盟といくつかの行為彼の政権の最新の可能な日付は一般的に認めされる前に紀元前63年、エルサレムの占領をポンペイウス;しかし、いくつかの違いが固定には約正確な日付です。かどうかに置かれることができますし、早ければ治世のhyrcanusに依存して詩の意味を結び、 "見よ、これらの[の行為をhyrcanus ]が書かれている書籍は、日中に彼の聖職に就くからの時間(イグゼクスイグゼクス、 "元権限開示" )していたが高い司祭彼の父親の後"です。 hyrcanus多くのことを示すために理解することはまだ生きて入力し、これと思われる、より自然な意味を持つ。その他、しかし、 hyrcanus取ることを意味するものでは、すでに死んでいた。 、この後者の仕事の組成を仮定必要がありますその後、その定規の死去に近いです。鮮やかな文字だけでなく、初期の時代の物語を示唆するイベントの後に、ほんの少しの欠如が、言及してイベントへの死をよりhyrcanus 、および、特に、彼の2つの後継者の行為に反対するmachabees興奮人気の憎しみは、後日には多くありそうにないです。れた日付は、したがって、いずれにせよ、との最後の年に2番目の世紀

Historicity史実

In the eighteenth century the two brothers EF and G. Wernsdorf made an attempt to discredit I Mach., but with little success.二人の兄弟は、 18世紀のwernsdorf g. efと私はマッハの信用を落とそうとする。ではなく、小さな成功です。 Modern scholars of all schools, even the most extreme, admit that the book is a historical document of the highest value.現代の学者のすべての学校でも、最も極端な、認めるには、この本は、歴史的な文書の最も高い値です。 "With regard to the historical value of I Mach.", says Cornill (Einl., 3rd ed., 265), "there is but one voice; in it we possess a source of the very first order, an absolutely reliable account of one of the most important epochs in the history of the Jewish people." "に関しては、以下の歴史的な価値のIマッハです。 " 、言うコルニル( einl. 、第3版です。 、 265 ) 、 "しかし、 1つの声には;にすれば、非常に最初のソースを保持するために、信頼性のアカウントを確実に最も重要な1つの時代の人々の歴史の中のユダヤ人です。 " The accuracy of a few minor details concerning foreign nations has, however, been denied.少数のマイナーな内容の正確性は、外国人の国については、しかし、拒否されています。 The author is mistaken, it is said, when he states that Alexander the Great divided his empire among his generals (i, 7), or when he speaks of the Spartans as akin to the Jews (xii, 6, 7, 21); he is inexact in several particulars regarding the Romans (viii, 1 sq.); he exaggerates the numbers of elephants at the battle of Magnesia (viii, 6), and some other numbers (eg, v, 34; vi, 30, 37; xi, 45, 48).の著者が間違って、それはによると、アレキサンダー大王が彼には彼の帝国の間で分け彼の将軍(私、 7 ) 、または話すときに、彼は私のスパルタとしては、ユダヤ人( 12 、 6 、 7 、 21 ) ;彼はいくつかの明細についてはローマ人への手紙蓋然(八、 1平方) ;彼は大げさ頭もの象の数字は、マグネシアの戦い( 8 、 6 ) 、およびいくつかの他の数字(例えば、 V電源、 34 ;六、 30 、 37 ; xi 、 45 、 48 ) 。 But the author cannot be charged with whatever inaccuracies or exaggerations may be contained in viii, 1-16.しかし、著者に請求することはできませんがどのような誤りや誇張年5月に含まれるviii 、 1-16 。 He there merely sets down the reports, inexact and exaggerated, no doubt, in some particulars, which had reached Judas Machabeus.彼は単にセットにダウンする報告書、誇張された蓋然と、間違いなく、いくつかの明細、ユダマカベウスに達していた。 The same is true with regard to the statement concerning the kinship of the Spartans with the Jews.同じに関しては、以下のステートメントがtrueの親族は、スパルタ人のユダヤ人です。 The author merely reproduces the letter of Jonathan to the Spartans, and that written to the high-priest Onias I by Arius.の著者だけに再現してジョナサンの手紙をスパルタしており、その司祭に書き込まの高さアリウスonias私です。

When a writer simply reports the words of others, an error can be laid to his charge only when he reproduces their statements inaccurately.ときに他の作家の言葉を単純に報告して、エラー彼の墓に充電できるときにのみ彼の発言が間違って再現します。 The assertion that Alexander divided his empire among his generals (to be understood in the light of vv. 9 and 10, where it is said that they "made themselves kings . . . and put crowns on themselves after his death"), cannot be shown to be erroneous.彼の主張する帝国の間で分割アレクサンダー彼の将軍(されるのVVに照らして理解されています。 9日と10 、ここでそれによると、彼らは"メイド自身の王。 。 。 。 。とした後にクラウンを彼の死そのもの" ) 、ことはできません。誤った表示される。 Quintus Curtius, who is the authority for the contrary view, acknowledges that there were writers who believed that Alexander made a division of the provinces by his will.クィントゥスクルチウス、 whoは、権限を対象に反し、作家を認めてwhoがあったと信じてアレクサンダーは、彼の地方部が実施していくと思います。 As the author of I Mach is a careful historian and wrote about a century and a half before Q. Curtius, he would deserve more credit than the latter, even if he were not supported by other writers.マッハの著者である私としては、歴史学者とを慎重に書いた問一世紀半前にクルチウス、彼は他の信用に値する後者よりも、たとえ彼が他の作家ではサポートされています。 As to the exaggeration of numbers in some instances, in so far as they are not errors of copyists, it should be remembered that ancient authors, both sacred and profane, frequently do not give absolute figures, but estimated or popularly current numbers.言っても過言の数字としては、いくつかのインスタンスは、これまでのところエラーcopyistsされていないとして、古代の作家を忘れてはならない、両方の神聖にして不敬、頻繁に与える絶対的な数字はありませんが、現在の推定または通俗的に数字です。 Exact numbers cannot be reasonably expected in an account of a popular insurrection, like that of Antioch (xi,45,48), because they could not be ascertained.正確な数字合理的に予想されることはできませんに人気のあるアカウントの暴動、アンティオキアのような(まとめて、 45,48 ) 、判然とするのでできませんでした。 Now the same was often the case with regard to the strength of the enemy's forces and of the number of the enemy slain in battle.今すぐは、多くの場合、同じケースに関しては、以下の強度は、敵の勢力との戦闘で殺害された数の敵です。 A modifying clause, such as "it is reported", must be supplied in these cases.条項を変更するなど、 "あることが報告さ" 、これらのケースで提供される必要があります。

Sourcesソース

That the author used written sources to a certain extent is witnessed by the documents which he cites (viii, 23-32; x, 3-6, 18-20, 25-45; xi, 30-37; xii, 6-23; etc.).この文書の著者で書かのソースを使用されるある程度彼が目撃された文書を引き合いに出して(八、 23-32であり、 x 、 3-6 、 18-20 、 25-45 ; xi 、 30-37 、 12 、 6月23日;等)です。 But there is little doubt that he also derived most of the other matter from written records of the events, oral tradition being insufficient to account for the many and minute details; There is every reason to believe that such records existed for the Acts of Jonathan and Simon as well as for those of Judas (ix, 22), and of John Hyrcanus (xvi, 23-24).しかし、疑いの余地はほとんどないと彼はまた、他の物質から派生のほとんどの記録を書かれたイベントは、昔からの言い伝えが不足分を説明するために、多くの詳細;にはすべてのレコードの理由が存在すると考えているような行為は、ジョナサンとサイモンだけでなく、これらのユダ( 9世、 22 ) 、およびジョンhyrcanus ( 16 、 23-24 ) 。 For the last part he may also have relied on the reminiscences of older contemporaries, or even drawn upon his own. 5月の最後の部分を彼の回顧録に頼っても、古いコンテンポラリー、あるいは自分自身の描画時です。

Greek Text and Ancient Versionsギリシャ語のテキストと古代のバージョン

The Greek translation was probably made soon after the book was written.ギリシャ語の翻訳はおそらく、この本が書かれた直後に行われます。 The text is found in three uncial codices, namely the Sinaiticus, the Alexandrinus, and the Venetus, and in sixteen cursive manuscripts The textus receptus is that of the Sixtine edition, derived from the Codex Venetus and some cursives.アンシャル体の3つのテキストが見つかったのCODEC 、すなわち、 sinaiticusは、アレクサンドリア写本、とvenetus 、および16草書体の原稿の公認本文sixtine盤には、コーデックスvenetusから派生して、いくつかのcursives 。 The best editions are those of Fritzsche ("Libri Apocryphi VT", Leipzig, 1871, 203 sq.) and of Swete "OT in Greek", Cambridge, 1905, III, 594 sq.), both based on the Cod.最高のエディションは、これらのフリッチェ(以下"本apocryphiバーモント" 、ライプチヒ、 1871年、 203平方)とのスウィート" ot 、ギリシャ語" 、ケンブリッジ、 1905 、 3 、 594 ㎡ ) 、タラの両方に基づいています。 Alexandrinus.アレクサンドリア写本です。 The old Latin version in the Vulgate is that of the Itala, probably unretouched by St. Jerome.ラテン語の古いバージョンでは、リストの流布本は、おそらく聖ジェローム未修整されています。 Part of a still older version, or rather recension (chap. i-xiii), was published by Sabatier (Biblior. Sacror. Latinae Versiones Antiquae, II, 1017 sq.), the complete text of which was recently discovered in a manuscripts at Madrid.部分は、まだ古いバージョン、というかむしろ校訂本( chap.私- 13 ) 、が公開されサバティエ( biblior. sacrorです。 latinae versiones antiquae 、 2世、 1017 ㎡ ) 、の完全なテキストの原稿では、最近発見され、マドリッドです。 Two Syriac versions are extant: that of the Peshitto, which follows the Greek text of the Lucian recension, and another published by Ceriani ("Translatio Syra photolithographice edita," Milan, 1876, 592-615) which reproduces the ordinary Greek text. 2つのバージョンが現存シリア:それは、 peshitto 、これは次のように、ギリシャのルキアノスのテキストを校訂し、もう1つで公開されceriani ( " translatio syra photolithographice編集、 "ミラノ、 1876 、五九二〜六一五)を再現して普通のギリシャ語のテキストです。

THE SECOND BOOK OF MACHABEES 2番目の予約をmachabees

(Makkabaion B; Liber Secundus Machabaeorum). ( makkabaion b ;独立した第machabaeorum ) 。

Contents内容

The Second Book of Machabees is not, as the name might suggest, a continuation of the First, but covers part of the same ground. 2番目の予約machabeesではないのは、その名が示すように、継続を第一に、しかし、同じ地上部分をカバーします。 The book proper (ii, 20-xv, 40) is preceded by two letters of the Jews of Jerusalem to their Egyptian coreligionists (i, 1-ii, 19).この本の適切な( 2世、 20 - 15 、 40 )は、 2つの文字の前にして、エルサレムのユダヤ人のエジプトcoreligionists (私は、 1 - 2世、 19 ) 。 The first (i, 1-10a), dated in the year 188 of the Seleucid era (ie 124 BC), beyond expressions of goodwill and an allusion to a former letter, contains nothing but an invitation to the Jews of Egypt to celebrate the feast of the Dedication of the Temple (instituted to commemorate its rededication, 1 Maccabees 4:59; 2 Maccabees 10:8).の最初の(私は、 1 - 10 Aまで) 、日付は、 188年、セレウコス王朝時代(つまり紀元前124 ) 、のれんを表現したものを超えると言及して、元の手紙は、何も含まれ、ユダヤ人に招待状をしかし、エジプトのを記念して同寺の落成式にごちそうを(その再奉献導入を記念し、 1 maccabees 4:59 ; 2 maccabees 10時08分) 。 The second (i, 10b-ii, 19), which is undated, is from the "senate" (gerousia) and Judas (Machabeus) to Aristobulus, the preceptor or counsellor of Ptolemy (DV Ptolemee) 2番目の(私は、 10b - 2世、 19 )は、日付のないが、 "上院" ( gerousia )とユダ(マカベウス)をアリストブロスは、教師やカウンセラーのプトレマイオス( ptolemeeのDV )

(Philometor), and to the Jews in Egypt. ( philometor ) 、およびエジプトでは、ユダヤ人です。 It informs the Egyptian Jews of the death of Antiochus (Epiphanes) while attempting to rob the temple of Nanea, and invites them to join their Palestinian brethren in celebrating the feasts of the Dedication and of the Recovery of the Sacred Fire.エジプトのユダヤ人のことを通知が死亡したアンティオコス( epiphanes )を試みた際のロブ同寺のnanea 、および招待して、パレスチナの兄弟で参加のお祭りを記念して、献身と、神聖な火災の回復をします。 The story of the recovery of the sacred fire is then told, and in connection with it the story of the hiding by the Prophet Jeremias of the tabernacle, the ark and the altar of incense.その物語は、神聖な火災は、その後の回復は、および接続されて隠れているの物語は、預言者ムハンマドイェレミアスの幕屋、祭壇の線香の箱舟とします。 After an offer to send copies of the books which Judas had collected after the example of Nehemias, it repeats the invitation to celebrate the two feasts, and concludes with the hope that the dispersed of Israel might soon be gathered together in the Holy Land.のコピーを作成した後にオファーを送信する書籍を収集した後、ユダの例nehemiasは、それを繰り返し、招待状を祝って、 2つのお祭り、そして最後に、イスラエルの分散を期待してすぐに集まるところかもしれないの聖地です。

The book itself begins with an elaborate preface (ii, 20-33) in which the author after mentioning that his work is an epitome of the larger history in five books of Jason of Cyrene states his motive in writing the book, and comments on the respective duties of the historian and of the epitomizer.その本自体が開始さに手の込んだ序文( 2世、 20-33 )の著者では言及をした後は、彼の作品の概要は、大きく5つの書籍の履歴をcyrene州のジェイソンの彼の本の執筆の動機は、とのコメントが、それぞれの任務は、歴史学者とのepitomizerです。 The first part of the book (iii-iv, 6) relates the attempt of Heliodoris, prime minister of Seleucus IV (187-175 BC), to rob the treasures of the Temple at the instigation of a certain Simon, and the troubles caused by this latter individual to Onias III.その本の最初の部分( Ⅲ 、 Ⅳ 、 6 )に関連する試みのheliodoris 、内閣総理大臣セレウコス4世(紀元前187から175 ) 、同寺の宝物を奪うのは、特定のサイモンに唆され、トラブルの原因とこの後者の個々のをonias Ⅲ 。 The rest of the book is the history of the Machabean rebellion down to the death of Nicanor (161 BC), and therefore corresponds to I Mach., I, 11-vii, 50.その本の残りの部分は、反乱の歴史を、 machabeanダウンして死亡したニカノール(紀元前161 ) 、およびそのため私マッハに対応しています。 、私は、 11 - 7 、 50 。 Section iv, 7-x, 9, deals with the reign of Antiochus Epiphanes (1 Maccabees 1:11-6:16), while section x, l0-xv, 37, records the events of the reigns of Antiochus Eupator and Demetrius I (1 Maccabees 6:17-7:50).セクションIV 、 7 Xは、 9日、取引の治世のアンティオコスepiphanes ( 1 maccabees 1:11-6:16 ) 、中のセクションx 、 l0 - 15 、 37 、レコードのイベントに満ちていたのは、私とディミートリアスアンティオコスeupator ( 1 maccabees 6:17-7:50 ) 。 II Mach.マッハ2世です。 thus covers a period of only fifteen years, from 176 to 161 BC But while the field is narrower, the narrative is much more copious in details than I Mach., and furnishes many particulars, for instance, names of persons, which are not found in the first book.このようにのみをカバーする期間を15年間、一七六から一六一紀元前しかし、このフィールドは狭く、その物語は私よりもはるかに大量のマッハを確認してください。 、およびfurnishes多くの明細、例えば、人の名前を、されていないが見つかりましたで、最初の書籍です。

Object and Characterオブジェクトと文字

On comparing the two Books of Machabees it is plainly seen that the author of the Second does not, like the author of the First, write history merely to acquaint his readers with the stirring events of the period with which he is dealing. machabeesを比較しての2つの書籍の著者で見たことがあることがはっきりと2番目ができない場合は、のように著者は、第一に、彼の読者から解放書き込み履歴だけで感動的なイベントの期間はどの彼は扱っています。 He writes history with a view to instruction and edification.彼は歴史に残ることを書き込むと教化を視野に命令します。 His first object is to exalt the Temple of Jerusalem as the centre of Jewish worship.彼の最初のオブジェクトをたたえる同寺の中心部にエルサレムのユダヤ人として崇拝される。 This appears from the pains he takes to extol on every occasion its dignity and sanctity.これが表示さからの痛みを賞揚する彼はその尊厳と神聖さをあらゆる機会です。 It is "the great temple", (ii, 20), "the most renowned" and "the most holy in all the world" (ii, 23; v, 15), "the great and holy temple" (xiv, 31); even heathen princes esteemed it worthy of honour and glorified it with great gifts (iii, 2-3; v, 16; xiii, 23); the concern of the Jews in time of danger was more for the holiness of the Temple than for their wives and children (xv, 18); God protects it by miraculous interpositions (iii, xiv, 31 sq.) and punishes those guilty of sacrilege against it (iii, 24 sq.; ix, 16; xiii, 6-8; xiv, 31 sq.; xv, 32); if He has allowed it to be profaned, it was because of the sins of the Jews (v, 17-20).それは"偉大な寺"こと、 ( ii 、 20 ) 、 "最も有名な"と"世界で最も神聖でのすべての" ( 2世、 23 ; V電源、 15日) 、 "大と聖寺" ( 14 、 31 ) ;も異教徒の君主を讃える名誉と尊敬に値することが大きなギフト( 3 、 2-3 ; V電源、 16 、 13 、 23 ) ;の関心を危険に際して、ユダヤ人は、他の寺よりも、ホーリネスその妻や子供たち( 15 、 18 ) ;神の奇跡を起こすことによって保護interpositions ( Ⅲ 、 14 、 31平方)と罰するこれらの有罪判決を冒とくすること( Ⅲ 、 24平方; 9世、 16 、 13 、 6-8 ; 14 、 31平方; 15 、 32 ) ;もし彼が許可されることprofaned 、それは、ユダヤ人の罪のために( V電源、 17-20 ) 。 It is, no doubt, with this design that the two letters, which otherwise have no connexion with the book, were prefixed to it.これは、間違いなく、このデザインは、 2つの文字、これがない他の接続で書籍が接頭辞にしてください。 The author apparently intended his work specially for the Jews of the Dispersion, and more particularly for those of Egypt, where a schismatical temple had been erected at Leontopolis about l60 BC The second object of the author is to exhort the Jews to faithfulness to the Law, by impressing upon them that God is still mindful of His covenant, and that He does not abandon them unless they first abandon Him; the tribulations they endure are a punishment for their unfaithfulness, and will cease when they repent (iv, 17; v, 17, 19; vi, 13, 15, 16; vii, 32, 33, 37, 38; viii, 5, 36; xiv, 15; xv, 23, 24).彼の作品の著者明らかに特別な意図は、ユダヤ人を分散し、他の方のため、特にエジプト、どこschismatical寺を建てていたleontopolis約l60は紀元前2番目のオブジェクトを熱心に勧める、ユダヤ人の著者は、この法律を忠実に、かれらが神の印象はまだ彼の誓約に留意し、その彼は最初の放棄を放棄していなければ、彼の苦難に耐えるには、不貞を処罰し、停止時には、かれらが梅悟( 4 、 17 ; v 、 17 、 19 ;六、 13 、 15 、 16 ; 7 、 32 、 33 、 37 、 38 ; viii 、 5 、 36 、 14 、 15 、 15 、 23 、 24 ) 。 To the difference of object corresponds a difference in tone and method.してオブジェクトの違いはトーンとの違いに対応するメソッドを使用します。 The author is not satisfied with merely relating facts, but freely comments on persons and acts, distributing praise or blame as they may deserve when judged from the standpoint of a true Israelite.の著者ではない関係に満足して事実だけが、自由にコメントを人と行為、またはせいに配布されていることを称賛に値するのときに、真の判断の観点からは、イスラエルです。 Supernatural intervention in favour of the Jews is emphasized.超自然的介入に賛成のユダヤ人は強調した。 The style is rhetorical, the dates are comparatively few.修辞のスタイルは、比較的少数のため、ご希望がします。 As has been remarked, the chronology of II Mach.されとしては、マッハ2世の年表のです。 slightly differs from that of I Mach.私マッハ若干異なるはずである。

Author and Date著者と日付

II Mach.マッハ2世です。 is, as has been said, an epitome of a larger work by a certain Jason of Cyrene.が、されによると、大きな仕事の概要は、特定のジェイソンのcyreneされています。 Nothing further is known of this Jason except that, judging from his exact geographical knowledge, he must have lived for some time in Palestine.何もより詳細は、既知のは、次のジェイソンを除いて、彼の正確な地理的な知識から判断する、彼はいくつかの時間に住んでいる必要がありますパレスチナします。 The author of the epitome is unknown.の著者の縮図は不明です。 From the prominence which he gives to the doctrine of the resurrection of the dead, it has been inferred that he was a Pharisee.からの隆起の教義に約束をするのが彼の復活オブザデッド、推測していたことが、パリサイ人です。 Some have even maintained that his book was a Pharisaical partisan writing.いくつかの維持にも彼の著書は、独善的な党派を書く。 This last, at tiny rate, is a baseless assertion.この最後のは、超小型率は、根拠のない主張です。 II Mach.マッハ2世です。 does not speak more severely of Alcimus than I Mach., and the fact that it mentions the high-priests, Jason and Menelaus, by name no more proves it to be a Pharisaic partisan writing than the omission of their names in I Mach.もっと深刻なのはありませんalcimus話すよりも私マッハです。 、およびれていることを言及し、高司祭、ジェイソンとメネラーオスは、これ以上の名前でそれを証明する書面pharisaic党派よりも自分の名前が私の脱落マッハです。 proves that to be a Sadducee production.サドカイ生産されることを証明します。 Jason must have finished his work shortly after the death of Nicanor, and before disaster overtook Judas Machabeus, as he not only omits to allude to that hero's death, but makes the statement, which would be palpably false if he had written later, that after the death of Nicanor Jerusalem always remained in the possession of the Jews (xv, 38).ジェイソン終了する必要があります彼の作品の直後に死亡したニカノール、および災害オーバーテイクユダマカベウス前に、彼をほのめかすだけでなく、省略して英雄の死の、しかしにより、声明で、これは明らかに誤ったもし彼が書かれた後、その後、ニカノールエルサレムの死を常に保有し、ユダヤ人の容体は( 15 、 38 ) 。 The epitome cannot have been written earlier than the date of the first letter, that is 124 BCの縮図することはできませんが書き込まれた日付より前の最初の文字を、それは紀元前124

As to the exact date there is great divergence.また、正確な日付には大きな相違です。 In the very probable supposition that the first letter was sent with a copy of the book, the latter would be of about the same date.は、非常に確率仮定しての最初の文字は、その本のコピーを送信する、後者については、同じ日付のです。 It cannot in any case be very much later, since the demand for an abridged form of Jason's history, to which the author alludes in the preface (ii, 25-26), must have arisen within a reasonably short time after the publication of that work.いずれにせよすることはできませんが非常に後、以降の需要を短縮した形でのジェイソンの歴史、 alludesにして、著者は、序文( 2世、 25-26 ) 、にする必要がありますが生じて合理的に短い時間の後に、その出版働く。 The second letter must have been written soon after the death of Antiochus, before the exact circumstances concerning it had become known in Jerusalem, therefore about 163 BC That the Antiochus there mentioned is Antiochus IV and not Antiochus III, as many Catholic commentators maintain, is clear from the fact that his death is related in connection with the celebration of the Feast of the Dedication, and that he is represented as an enemy of the Jews, which is not true of Antiochus III. 2番目の文字で書かれ必要があります。アンティオコスが死亡した後すぐに、問題の前に正確な状況になる知られていたエルサレムは、紀元前163したがってについては、言及があるアンティオコスアンティオコスアンティオコス3世4世ではなく、できるだけ多くのカトリック教徒の解説を維持は、彼の死という事実をより明確に関連に関連して、落成式を記念して祝宴ており、その敵に回す彼は、ユダヤ人として表現され、これは事実ではないのアンティオコスⅢ 。

Original Language元の言語

The two letters which were addressed to the Jews of Egypt, who knew little or no Hebrew or Aramaic, were in all probability written in Greek. 2つの宛ての手紙がユダヤ人のエジプトでは、ほとんどあるいは全くないwhoを知っていたヘブライ語やアラム語、ギリシャ語で書かれたすべての確率です。 That the book itself was composed in the same language, is evident from the style, as St. Jerome already remarked (Prol. Gal.).には、この本自体は、同じ言語で構成さは、明らかなスタイルから、聖ジェローム既にとしては( prol.ギャルです。 ) 。 Hebraisms are fewer than would be expected considering the subject, whereas Greek idioms and Greek constructions are very numerous. hebraismsが少ないが予想よりも考慮してアジ研が、ギリシャ語、ギリシャ語の建設は非常に多くの慣用句です。 Jason's Hellenistic origin, and the absence in the epitome of all signs that would mark it as a translation, are sufficient to show that he also wrote in Greek.ジェイソンのヘレニズム起源、との不在は、縮図のすべての兆候が翻訳としてマークさは、十分に表示することは彼はまた、ギリシャ語書いた。 Historicity.-- The Second Book of Machabees is much less thought of as a historical document by non-Catholic scholars than the First, though Niese has recently come out strongly in its defence.史実.-- machabees 2番目の本としてははるかに少ない思想の歴史的なドキュメントの最初の非カトリック教徒の学者よりも、かかわらずニーゼは最近、その防衛に強く出てくる。 The objections brought against the two letters need not, however, concern us, except in so far as they affect their authenticity, of which hereafter.異議申し立てに対する2つの文字の必要はない、しかし、懸念先を除き、これまでのところ、彼らの信頼性に影響を及ぼすので、来世です。 These letters are on the same footing as the other documents cited in I and II Mach.; the author is therefore not responsible for the truth of their contents.これらの文字と同じ立場では、他の書類に列記さIとIIマッハです。 ;の著者はその責任を負うのは、その内容の真理です。 We may, then, admit that the story of the sacred fire, as well as that of the hiding of the tabernacle, etc., is a pure legend, and that the account of the death of Antiochus as given in the second letter is historically false; the author's credit as a historian will not in the least be diminished thereby.することがあります、その後、認めるのは、神聖な火災の物語だけでなく、隠れているの幕屋しているなど、伝説は、純粋な、として、このアカウントは、死亡したアンティオコスとしては歴史的に与えられた2番目の手紙偽;史家の著者のクレジットとしては、最低ではないが減少したためです。 Some recent Catholic scholars have thought that errors could also be admitted in the book itself without casting any discredit on the epitomizer, inasmuch as the latter declines to assume responsibility for the exact truth of all its contents.最近のカトリックの学者たちが考えられるいくつかのエラーが発生することもせずにその本自体に加盟が認め鋳造任意のepitomizerを起こさせるのは、後者の下落を考慮してとしての責任を負うのすべての内容の正確な真実です。 But though this view may find some support in the Vulgate (ii, 29), it is hardly countenanced by the Greek text.しかし、これがサポートされたいくつかのカテゴリーがあります。ウルガタ聖書( 2世、 29 ) 、 countenancedされることはほとんどギリシャ語のテキストです。 Besides, there is no need to have recourse to a theory which, while absolving the author from formal error, would admit real inaccuracies in the book, and so lessen its historical value.また、償還する必要はありませんには理論を参照して、正式なエラーが発生absolvingの著者から、本当の誤りを認めるのは、書籍、およびその歴史的な価値を下げるようです。 The difficulties urged against it are not such as to defy satisfactory explanation.反対するよう求めたことはない困難に食ってかかるなど、納得のいく説明します。 Some are based on a false interpretation of the text, as when, for instance, it is credited with the statement that Demetrius landed in Syria with a mighty host and a fleet (xiv, 1), and is thus placed in opposition to I Mach., vii, 1, where he is said to have landed with a few men.いくつかの誤った解釈に基づいて、テキスト、ときとして、例えば、それは功績があるとの声明をディミートリアスに上陸し、強力なホストとシリアの艦隊( 14 、 1 ) 、このように配置さとは反対の立場を私マッハです。 、 7 、 1 、彼がどこに上陸するといわれている少数の男性です。 Others are due to subjective impressions, as when the supernatural apparitions are called into question.他の人の主観的印象のために、超自然的apparitionsと呼ばれるときに問われている。 The exaggeration of numbers has been dealt with in connexion with I Mach.数字は言っても過言で接続され、私マッハ対処します。

The following are the main objections with some real foundation: (1) The campaign of Lysias, which I Mach., iv, 26-34, places in the last year of Antiochus Epiphanes, is transferred in II Mach., xi, to the reign of Antiochus Eupator; (2) The Jewish raids on neighbouring tribes and the expeditions into Galilee and Galaad, represented in I Mach., v, as carried on in rapid succession after the rededication of the temple, are separated in II Mach.異議申し立てのは、主には、次のいくつかの本当の財団: ( 1 )のキャンペーンのlysias 、それマッハです。 、四、二六から三四、場所での最後の年のアンティオコスepiphanesは、マッハ2世で転送されます。 、西、してアンティオコスの統治のeupator ; ( 2 )近隣の部族とユダヤ人の強制捜査を探検するgalaadガリラヤと、私マッハ表現されています。 、 V電源、矢継ぎ早に乗って運ばれるとして再奉納をした後、同寺は、マッハ2世が分離しています。 and placed in a different historical setting (viii, 30; x, 15-38; xii, 10-45); (3) The account given in II Mach., ix, differs from that of I Mach., vi, regarding the death of Antiochus Epiphanes, who is falsely declared to have written a letter to the Jews; (4) The picture of the martyrdoms in vi, 18-vii, is highly coloured, and it is improbable that Antiochus was present at them.と配置され、別の歴史的な設定( 8 、 30であり、 x 、 15〜38 ; 12 、十から四十五) ; ( 3 )マッハ2世のアカウントを与えられる。 、 9世、私マッハ異なるはずである。 、六にかかわらず、死亡したアンティオコスepiphanes 、 whoは、虚偽の宣言には、ユダヤ人に手紙を書いて、 ( 4 )の画像は、殉教viでの18 - 7 、は非常に色、およびアンティオコスが存在することはありそうにないとすることができます。

To these objections it may be briefly answered: (1) The campaign spoken of in II Mach., xi, is not the same as that related in I Mach., iv; (2) The events mentioned in viii, 30 and x, 15 sq. are not narrated in I Mach., v. Before the expedition into Galaad (xii, 10 sq.) can be said to be out of its proper historical setting, it would have to be proved that I Mach.これらの異議申し立てを簡潔に答えたことがあります: ( 1 )のキャンペーンで話さのマッハ2世です。 、西ではないが私と同じに関連したマッハ。 、四、 ( 2 )のイベントに記載されviii 、 30とx 、 15平方ナレーションではない私マッハです。 、 v.の前に遠征隊をgalaad ( 12 、 10平方)によるとされるが、適切な歴史的な設定をすることが立証された私はマッハしなければならない。 invariably adheres to chronological order, and that the events grouped together in chap.年代順に必ずガイドラインを遵守しており、その男のイベントにまとめています。 v took place in rapid succession; (3) The two accounts of the death of Antiochus Epiphanes differ, it is true, but they fit very well into one another. v矢継ぎ早に行われた、 ( 3 )の2つのアカウントの違いが死亡したアンティオコスepiphanes 、それがtrueの場合、非常によくフィットしかし、彼らを1つの別のです。

Considering the character of Antiochus and the condition he was in at the time, it is not at all improbable that he wrote a letter to the Jews; (4) There is no reason to doubt that in spite of the rhetorical form the story of the martyrdoms is substantially correct.の文字を考慮してアンティオコスとの条件では、彼は時間が、これはありそうにないことをすべてのユダヤ人に手紙を書いた、 ( 4 )を疑う理由はないにもかかわらず、修辞して形成して話をする殉教は、大幅に修正します。 As the place where they occurred is unknown, it is hard to see on what ground the presence of Antiochus is denied.彼らが発生した場所としては不明ですが、どのようなことは難しいに表示されアンティオコス地面が存在するが拒否されました。 It should be noted, moreover, that the book betrays accurate knowledge in a multitude of small details, and that it is often supported by Josephus, who was unacquainted with it.注目すべきは、また、その書籍の正確な知識を裏切っ、多数の小規模詳細は、サポートされていることが多いヨセフス、 whoは、面識のないにしてください。 Even its detractors admit that the earlier portion is of the greatest value, and that in all that relates to Syria its knowledge is extensive and minute.その反対にも、以前の部分を認めることの最大の値が、それに関連するすべてのシリアとその分の知識が豊富です。 Hence it is not likely that it would be guilty of the gross errors imputed to it.それゆえではない可能性が有罪を宣告したことが総帰属してエラーが発生します。

Authenticity of the Two Letters信ぴょう性の2つの手紙

Although these letters have a clear bearing on the purpose of the book, they have been declared to be palpable forgeries.これらの文字を明確に影響を及ぼすの目的は、書籍、彼らは明白な偽造宣言している。 Nothing, however, justifies such an opinion.何も、しかし、そのような意見を正当化します。 The glaring contradiction in the first letter, which represents the climax of affliction as having been experienced under Demetrius II, has no existence.の最初の文字の明白な矛盾して、これは、苦悩のクライマックスディミートリアスされている経験豊富な2世の下に、存在がない。 The letter does not compare the sufferings under Demetrius with those of the past, but speaks of the whole period of affliction including the time the time of Demetrius.その手紙の苦しみはありません比較してのものとされて編集して項目をディミートリアスが、全体の期間を話すの苦痛の時間を含めて時間ディミートリアスです。 The legend of the sacred fire etc., proves nothing against the genuineness of the second letter, unless it be shown that no such legend existed at the time.火災等の伝説は、神聖な、何も反対する誠実さの証明2番目の文字をしない限り、そのようなことが示されている伝説が存在していた。 The false account of the death of Antiochus Epiphanes is rather a proof in favour of the authenticity of the letter.偽のアカウントepiphanesアンティオコスが死亡したという証拠に賛成するのはかなりの信ぴょう性に文字を入力します。 Such an account would be quite natural if the letter was written soon after the first news, exaggerated and distorted as first news often is, had reached Jerusalem.このようなアカウントはごく自然な場合は、すぐ後に書かれた手紙は、最初のニュースは、最初のニュースとしてしばしば誇張されたと歪曲は、エルサレムに達した。 There remains only the so-called blunder of attributing the building of the Temple to Nehemias.が残るのは、いわゆる失態を同寺の建物に関連付けnehemiasです。 The very improbability of such a gross blunder on the part of an educated Jew (the supposed forger) should have made the critics pause.グロスのような非常にimprobability失態上の部分の教育を受けたユダヤ人(のはず捏造)は、批評家の一時停止する必要があります。 Nehemias put the last touches to the Temple (Nehemiah 2:8; Josephus, "Antiq.", XI, 5:6) which justifies the use of oikodomesas. nehemiasの最後のタッチを置く寺(ニーアマイア2時08 ;ヨセフス、 " antiq 。 " 、西、 5時06分)をoikodomesasの使用を正当化します。 Codex 125 (Mosquensis) reads oikonomesas "having ordered the service of the temple and altar"; this would remove all difficulty (cf. Nehemiah 10:32 sq.; 13 sqq.).コーデックス125 ( mosquensis ) oikonomesas読み込み"を命じ、サービスは、寺と祭壇" ;これはすべて削除する難しさ( cf.ニーアマイア10:32平方; 13 sqq 。 ) 。

Greek Text and Versionsギリシャ語のテキストとバージョン

The Greek text is usually found in the same manuscripts as I Mach.; it is wanting, however, in the Cod.ギリシャ語のテキストは、通常と同じ原稿発見されたとして私マッハです。 ;ことが欠け、しかし、このタラです。 Sinaiticus, The Latin version in the Vulgate is that of the Itala. sinaiticusは、ラテン語のウルガタ聖書のバージョンでは、リストです。 An older version was published by Peyron and again by Ceriani from the Codex Ambrosianus.古いバージョンが公開されpeyronと再びcerianiコーデックスambrosianusからです。 A third Latin text is found in the Madrid manuscripts which contains an old version of I Mach. 3番目のラテン語のテキストが発見されたマドリッド原稿が含まれ、古いバージョンの私マッハです。 The Syriac version is often a paraphrase rather than a translation.シリア語版は、多くの場合、言い換えではなく、翻訳です。

THE THIRD AND FOURTH BOOKS OF MACHABEES 3番目と4番目の書籍のmachabees

III Mach.マッハ3世です。 is the story of a persecution of the Jews in Egypt under Ptolemy IV Philopator (222-205 BC), and therefore has no right to its title.の話をするのは、ユダヤ人迫害され、エジプトphilopatorプトレマイオス4世(紀元前二二二から二〇五) 、およびそのためには権利をそのタイトルです。 Though the work contains much that is historical, the story is a fiction.かかわらず、多くには歴史的な作業が含まれ、その物語は、フィクションです。 IV Mach.四マッハです。 is a Jewish-Stoic philosophical treatise on the supremacy of pious reason, that is religious principles, over the passions.論文は、ユダヤ人の禁欲的な哲学上の覇権を握るのは信心深い理由、それは宗教的な原則は、以上の情熱です。 The martyrdorm of Eleazar and of the seven brothers (2 Maccabees 6:18-7) is introduced to illustrate the author's thesis. martyrdormのeleazarとするの7つの兄弟( 2 maccabees 6:18-7 )が導入を明らかにする著者の論文です。 Neither book has any claim to canonicity, though the first for a while received favourable consideration in some Churches.どちらも予約があれば規範と主張するが、しばらくの最初の受信に有利ないくつかの教会を考慮します。

Publication information Written by F. Bechtel.出版物の情報執筆者女性ベクテル社です。 Transcribed by Robert H. Sarkissian.ロバート笠原サーキシアン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.のは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

GIGOT, Spec.ジゴ、仕様です。 Introd., I (New York, 1901), 365 sq.; CORNELY, Introd., II (Paris, 1897), I, 440 sq.; KNABENBAUER, Comm. Introd学です。 、私(ニューヨーク、 1901 ) 、 365平方; cornely 、 Introd学です。 、 Ⅱ (パリ、 1897 ) 、私は、 440平方; knabenbauer 、通信します。 in Lib.でlibにコピーします。 Mach.マッハです。 (Paris, 1907); PATRIZZI, De Consensu Utriusq. (パリ、 1907 ) ;パトリッツィ、デconsensu utriusqです。 Lib. libにコピーします。 Mach.マッハです。 (Rome, 1856); FRÖLICH, De Fontibus Historiae Syriae in Lib. (ローマ、 1856 ) ; frölich 、デfontibus historiae syriaeにlibにコピーします。 Mach.マッハです。 (Vienna, 1746); KHELL, Auctoritas Utriusq. (ウィーン、 1746 ) ; khell 、権威utriusqです。 Lib. libにコピーします。 Mach.マッハです。 (Vienna, 1749); HERKENNE, Die Briefe zu Beginn des Zweiten Makkabäerbuches (Freiburg, 1904); GILLET, Les Machabées (Paris, 1880); BEURLIER in Vig. (ウィーン、 1749 ) ; herkenne 、死ぬbriefe zu beginnデzweiten makkabäerbuches (フライブルク、 1904 ) ;ジレ、レmachabées (パリ、 1880 ) ; beurlierでビグ。 Dict. dictのです。 de la Bible, IV, 488 sq.; LESÊTRE, Introd., II (Paris, 1890); VIGOUROUX, Man.デラ聖書、 4 、 488平方; lesêtre 、 Introd学です。 、 Ⅱ (パリ、 1890 ) ; vigouroux 、男です。 Bibl., II (Paris, 1899), 217 sq.; IDEM, La Bible et la Critique Ration., 5th ed., IV, 638 sq.; SCHÜRER, Hist. bibl 。 、 Ⅱ (パリ、 1899 ) 、 217平方;同じ、ラ聖書とラ批評配給します。 、第5版です。 、 4 、 638平方; schürer 、履歴です。 of the Jewish People (New York, 1891), II, iii, 6 sq.; 211 sq.; 244 sq.; FAIRWEATHER in HASTINGS, Dict.は、ユダヤ人の人々 (ニューヨーク、 1891 ) 、 2世、 3世、 6平方; 211平方; 244平方; fairweather 、ヘイスティングス、 dictのです。 of the Bible, III, 187 sq.; NIESE, Kritik der beiden Makkabäerbücher (Berlin, 1900); GRIMM, Kurzgefasstes Exeg.聖書の、 3世、 187平方;ニーゼ、 kritik der beiden makkabäerbücher (ベルリン、 1900 ) ;グリム、 kurzgefasstes exegです。 Handbuch zu den Apokryphen, Fasc. handbuch zuデンapokryphen 、 fasc 。 3 and 4 (Leipzig, 1853, 1857); KEIL, Comm. 3と4 (ライプチヒ、 1853 、 1857 ) ; keil 、通信します。 über die Bücher der Makkabäer (Leipzig, 1875); KAUTZSCH (AND KAMPHAUSEN), Die Apokryphen und Pseudepigraphen des AT (Tübingen, 1900). über死ぬbücher der makkabäer (ライプチヒ、 1875 ) ;カウチ(とKamphausenが) 、死ぬapokryphen und pseudepigraphenデは(テュービンゲン、 1900 ) 。


Books of Maccabees書籍のmaccabees

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

I. Original Language. i.オリジナル言語です。

Author.著者です。

Date.日付。

Sources and Integrity.ソースとの整合性です。

Historical and Religious Character.歴史的、宗教的な文字です。

Sources.ソースです。

The Letters.の文字です。

Authorship and Character.原作者やキャラクターです。

Integrity and Character.整合性やキャラクターです。

Author and Date.著者と日付をします。

Eschatology.終末論です。

II.A second article on the Book of Maccabees is inserted as treating the subject from a Jewish standpoint.-J. 2番目の記事を検索するii.a予約maccabeesが挿入治療の対象からのユダヤ人としてstandpoint. -無しです。

I Maccabees.私maccabeesです。

II Maccabees.二maccabeesです。

III Maccabees.三maccabeesです。

IV Maccabees.四maccabeesです。

V Maccabees. v maccabeesです。

I. There are four books which pass under this name-I, II, III, and IV Maccabees. i.には4つの書籍を通過されてこの名前-私は、 2世、 3世、およびIV maccabeesです。 The first of these is the only one of the four which can be regarded as a reliable historical source.これらの最初のは、 1つだけの4つの信頼性が歴史的なソースと見なされる。

I Maccabees: The First Book of the Maccabees covers the period of forty years from the accession of Antiochus (175 BC) to the death of Simon the Maccabee (135 BC).私maccabees : maccabeesの最初の予約は、期間をカバーして40年からの加盟アンティオコス(紀元前175 )で死亡したのサイモンmaccabee (紀元前135 ) 。 Its contents are as follows: Ch.その内容は以下のとおり:あなたのです。 i.わたし。 1-9 is a brief historical introduction; i. 1-9は、簡単な歴史的な導入; i. 10-ii. 10 - Ⅱ 。 70 treats of the rise of the Maccabean revolt; iii. 70扱わのmaccabeanの台頭は、反乱; Ⅲ 。 1-ix. 1 - 9 。 22 is devoted to the Maccabean struggle under Judas; ix. 22日は献身的な闘争をされてmaccabeanユダ; Ⅸ 。 23-xii. 23 - 12 。 53, to the fortunes of Israel under Jonathan; xiii. 53 、イスラエルの下で巨万の富をジョナサン; 13 。 1-xvi. 1 - 16 。 24, to the administration of Simon. 24日、サイモンを投与します。 The events are followed with intense interest and sympathy.固唾を飲んでのイベントが続くと同情します。 At times the enthusiasm of the writer rises to a high pitch and breaks out into poetry of a genuine Semitic character (comp. iii. 3-9).その作家の熱意を倍に上昇して出る高、狭ピッチ化や詩の区切り文字を正規のユダヤ人( comp. Ⅲ 。 3-9 ) 。 The style is simple, terse, restrained, and objective, modeled throughout on that of the historical books of the Old Testament.のスタイルは、簡単で、簡潔な、拘束、かつ客観的、全体をモデル化している、旧約聖書の歴史的な書籍です。 The fact that just proportions are observed in treating the different parts of the narrative proves the author to have been a writer of considerable skill.という事実だけを治療する割合は、さまざまな部分で観測さを証明する物語作家の著者にはかなりのスキルれています。 He dates all events in terms of the Seleucid era.彼はすべてのイベントの日付をご利用のセレウコス王朝の時代です。

Original Language.オリジナルの言語です。

It is clear from the Semitic idioms which occur throughout the work that it was composed in a Semitic language (see, for example, ii. 40, iv. 2), and certain passages indicate with great clearness that the original language was Hebrew (see ii. 39, iii. 19).慣用句からのユダヤ人のことは明らかで発生して仕事をすることは、ユダヤ人で構成さ言語(参照、例えば、 2世です。 40 、 Ⅳ 。 2 ) 、および特定の通路を示す非常に鮮明で、元の言語はヘブライ語(参照Ⅱ 。 39 、 Ⅲ 。 19 ) 。 To this fact Origen and Jerome also bear testimony, though it is possible that the version or paraphrase known to them was Aramaic.このような事実を証言する原産地とジェロームも、可能性があることは知られているバージョンまたは言い換えしては、アラム語です。

The Hebrew original seems not to have borne the name "Maccabees," though it is not known what was its real designation.オリジナルのヘブライ語の名前負担思われないようにする" maccabees 、 "既知のではないことは、その本当の種別は何です。 Eusebius ("Hist. Eccl." vi. 25) quotes Origen as authority for the name Σαρβηθ Σαβαναι, a name which has been explained in many different ways.ユーセビアス( "履歴です。 eccl 。 " Ⅵ 。 25 )の名前を引用符で原産地σαρβηθ σαβαναι権威として、名前を説明されてきたさまざまな方法があります。 For some of these see Grimm ("Das Erste Buch der Makkabäer," p. xvii.).これらのいくつかの参照グリム( " das ersteブーフder makkabäer 、 " p. 17 。 ) 。 Dalman ("Grammar," p. 6), whom Torrey (Cheyne and Black, "Encyc. Bibl.") follows, takes the name as a corruption of (= "Book of the Hasmoneans").ダルマン( "文法、 " p. 6 ) 、誰トーリー(チェーンストークスと黒、 " encyc 。 bibl 。 " )以下のように、不正腐敗には、名前として( = "予約をhasmoneans " ) 。 If this be the correct interpretation, an Aramaic translation of the book must have been made at an early time, and it was this translation which was known to Origen and Jerome-a view which does not seem improbable.もしこのようなことに、正しい解釈は、アラム語の翻訳は、予約を早期にされている必要があります時刻、およびそれはこの翻訳が原産地と知られてジェロームを対象にされないように見えるそうにないです。 Be this as it may, the Hebrew was translated very early into Greek, and the Greek only has survived.このことがありますが、非常に初期のヘブライ語の翻訳には、ギリシャ語、ギリシャ語だけが生き残ったとします。 The Greek version seems to be a literal one, often preserving the Semitic, and sometimes even the Hebrew, idiom; but it is clear, and probably it is, on the whole, a satisfactory translation.ギリシャ語版と思われるのリテラルの1つ、しばしばユダヤ人を維持すること、および時には、ヘブライ語、イディオム;しかし、これは明確に、そしておそらくこれは、上の全体的には、満足のいく訳です。 It is transmitted in three uncial manuscripts of the Septuagint-the Codex Sinaiticus, the Codex Alexandrinus, and the Codex Venetus-as well as in several cursives.これは3つのアンシャル体で伝送さコーデックス原稿は、セプトゥアギンタ- sinaiticus 、アレクサンドリア写本のコーデックス、コーデックスとvenetus -だけでなく、いくつかのcursives 。

Author.著者です。

Concerning the author no information is obtainable beyond that which may be inferred from the book itself.著者の情報が手に入るのを超えることがありますその本自体から推測される。 He was a devout and patriotic Jew who lived and wrote in Palestine.彼は敬虔なユダヤ人と愛国who 、パレスチナに住んで書きました。 This latter fact is proved by his intimate and exact geographical knowledge of the Holy Land (comp. iii. 24; vii. 19; ix. 2-4, 33, 34, 43; xii. 36-40; xiii. 22, 23; xvi. 5, 6) and by his lack of accurate knowledge of any of the foreign countries which he mentions.この後者の彼の親密な事実は証明さと正確な地理的な知識の聖地( comp. Ⅲ 。 24 ; Ⅶ 。 19 ; Ⅸ 。 2-4 、 33 、 34 、 43 、 12 。 36-40 ; 13 。 22 、 23 ; 16 。 5 、 6 )と彼の正確な知識の欠如のいずれかの国の外国人彼は言及しています。 The author was also a loyal admirer of the Hasmonean family; he believed that to it Israel owed her deliverance and existence.忠実な崇拝者の著者はまた、ご家族のハスモン朝;彼は彼女の額を膨らませると信じて救出して、イスラエルの存在です。 He admired not only the military deeds of Judas (comp. v. 63), but also those of Jonathan (comp. x. 15-21) and Simon (comp. xiv. 4-15).彼だけでなく、軍事的な行為を称賛ユダ( comp. v. 63 ) 、だけでなく、これらのジョナサン( comp. Xの15-21 )とサイモン( comp. 14 。 4-15 ) 。 The narrative is told not as though deliverance came by miracle, but as though it was due to the military genius of these men, exercised under the favoring guidance of God (i. 64, iii. 8).物語はまるでないのは奇跡の救出にやってきて、しかし、それはまるで、軍事の天才のために、これらの男性は、神の行使の指導の下に賛成( i. 64 、 Ⅲ 。 8 ) 。 Curiously enough the word "God" does not appear in the work, nor does the word "Lord."妙な話だが、 "神"が表示されないの作業、また言葉は、 "主です。 " The idea is not lacking, however, as in the Book of Esther, but is represented by "Heaven," or by the pronoun "He."不足のアイデアではない、しかし、この本のエスターのように、これは表される"天国" 、またはされた代名詞"と同氏。 " The author was a deeply religious man in spite of this mannerism.の著者は、深く宗教的な男にもかかわらず、この癖です。 He was very zealous for the Law and for the national religious institutions (see i. 11, 15, 43; ii. 20-22; iii. 21), for the Scriptures (i. 56, iii. 48), and for the Temple (i. 21, 39; iii. 43).彼は非常に熱意を持って法とは、民族宗教機関( i. 11日、 15日、 43 ; Ⅱ 。 20-22 ; Ⅲ 。 21 ) 、は、経典( i. 56 、 Ⅲ 。 48 ) 、および、寺( i. 21日、 39 ; Ⅲ 。 43 ) 。

Date.日付。

It should be noted, also, that throughout the work the priesthood is represented in a favorable light.注目すべきは、また、仕事をして、聖職に就くのに有利な光が表現されています。 The renegade priests Jason and Menelaus are not mentioned-a fact in striking contrast with the treatment which the Second Book of the Maccabeesaccords them.ジェイソンとメネラーオス背教司祭の言及はないと著しい対照を実際には、 2番目の治療に予約をmaccabeesaccordsします。 From these facts Geiger conjectured that the author was a Sadducee, and most recent writers follow him in this opinion, although they consider him wrong in calling the First Book of the Maccabees a partizan document; its temperate and just tone certainly redeems it from such a stricture.これらの事実からガイガーconjecturedこの文書の著者は、サドカイ人、およびほとんどの最近の作家では彼を次の意見では、彼らの最初の呼び出しを考慮彼は間違っている書籍は、パルチザンドキュメントをmaccabees ;その温帯とだけredeemsトーン確かにそのようなことから狭窄です。 The terminus a quo of the work is found in the fact that John Hyreanus I., who began to reign in 135 BC, is mentioned at the close of the book (xvi. 21-24).そこから末端の仕事をするが発見された事実をジョンhyreanus i. 、 whoが始まった紀元前135に君臨するには、その本に述べられたように閉じる( xvi. 21-24 ) 。 As the Romans are throughout spoken of in terms of respect and friendliness, it is clear that the terminus ad quem must be sought at some time before the conquest of Jerusalem by Pompey in 63 BC As to whether the date can be more nearly determined scholars are not agreed.ローマ人への手紙は、全体としての点で話さの友情を尊重し、それはquemの広告の終点を明確にしなければならないいくつかの時間を求められてエルサレムの前に征服さポンペイウスで紀元前63日とするかどうかの決定は他のほとんどの学者は、特定合意した。 The determining fact is held by most to be the statement in xvi.実際にはほとんど開催され、決定される16のステートメントをします。 23, 24, that the "rest of the acts of John . . . are written in the chronicles of his high-priesthood." 23日、 24日は、 "残りの行為のジョン。 。 。 。 。が書かれているクロニクル彼の高い聖職に就く。 " It is thought by many that this implies that John had died and that a sufficient time had elapsed since his death to permit the circulation of the chronicles.このことは多くの思想を意味していたジョンが死亡し、十分な時間が経過して彼の死を許可するのクロニクルの循環をよくします。 Bissell (Lange's "Commentary," p. 479) thinks that not more than a score or two of years had passed, while Schürer ("Hist. of the Jewish People," div. ii., vol. iii., p. 8) and Fairweather (in "Cambridge Bible" and Hastings, "Dict. Bible") think that not more than a decade or two had elapsed, and date the work in the first or second decade of the first century BC Torrey, on the other hand, thinks ("Encyc. Bibl.") that this reference to the chronicle of the priesthood is an imitation of well-known passages in the Books of Kings, that it was intended solely as a compliment to John, and that the work was composed early in his reign (ie, soon after 135 BC) by one who had been an interested spectator of the whole Maccabean movement.ビッセル(ランゲの"解説、 " p. 479 )以上のスコアでいるわけではないと考えまたは2つの年が経過し、 schürer ( "シーッ。ユダヤ人の人々に、 "領域です。 Ⅱ 。 、 ! Ⅲ 。 、 8頁)とfairweather ( "ケンブリッジ聖書"とヘイスティングス、 " dictのです。聖書" )考えるいるわけではないから10年以上経過または2つは、日付を記入し、作業の最初の10年間または2番目の世紀の最初のトリーは、他のしかし、考え( " encyc 。 bibl 。 " )しての参照を模倣クロニクルは、聖職に就くのは、よく知られて通路は、書籍の王、それのみを目的としてはお世辞にジョンており、その作業は、彼の治世の早い段階で構成さ(すなわち、紀元前後すぐに135 )を1つwhoていた観客の興味をmaccabean全体の動きです。 The vivid character of the narrative and the fact that it closes so abruptly after the death of Simon make this a very plausible view.物語の鮮やかな文字を終了し、事実、それは突然死をした後、これは非常に説得力のサイモンを表示します。

Sources and Integrity.ソースとの整合性です。

Those who maintain the later date of the work are obliged to account for the vivid details which it contains by supposing that the writer employed older sources, such as letters and memoranda.これらのwhoへこの評価を維持することが義務付けられてアカウントの仕事を鮮やかな詳細が含まれて採用されているWriter古いソースと仮定して、手紙やメモなどです。 In Torrey's view no such sources are needed, as the author, where he did not have personal knowledge, could have talked with participants or eye-witnesses of the events.トーリーの見解でそのようなソースには必要に応じて、その著者、ここで彼は個人的な知識が、参加者が話をまたは目撃者の眼のイベントです。 In either case the First Book of the Maccabees is one of the best sources known for the history of the Jews.いずれの場合も、最初の予約をmaccabeesは最高のソースのいずれかのユダヤ人の歴史を知られています。

JD Michaelis held that Josephus used the Hebrew original of the book, which differed in some important particulars from the present text.米国JDヨセフスマイカリスを使用して行われたオリジナルのヘブライ語の書籍、これが異なります。明細は、現在のいくつかの重要なテキストです。 Destinon ("Die Quellen des Josephus," 1882) revived this theory and endeavored to prove (pp. 80 et seq.) that ch. destinon ( "死ぬquellenデヨセフス、 " 1882 )復活この理論と努力を証明する( pp. 80頁以降を参照。 )があなたのです。 xiv.-xvi. xiv. - 16です。 were not contained in the edition used by Josephus.が使用されていないヨセフス版に含まれている。 Destinon bases his argument on the fact that Josephus treats this portion very scantily in comparison with his treatment of the other material of the book, although these chapters contain quite as much and as interesting material.基地destinon彼の引数として扱わヨセフスという事実上のこの部分非常に不足して彼の治療と比較して、他の材料は、予約は、これらの章が含まれ非常に興味深い素材と同じくらいです。 He has been followed by Wellhausen ("IJG" pp. 222 et seq.).彼は続いてヴェルハウゼン( " ijg " pp 。 222頁以降を参照。 ) 。 But Torrey (in "Encyc. Bibl."), by utilizing the investigations of Mommsen, has shown that Josephus actually knew some of this material and introduced it at a later point in his work ("Ant." xiv. 8, § 5), in describing the history of Hyrcanus II.しかし、トーリー( " encyc 。 bibl 。 " )は、捜査のモムゼンを活用して、ヨセフスによると、実際には、次の材料といくつかの導入を知っていたことで、後の時点で彼の作品( "アリ。 " 14 。 8日、 § 5 )は、 hyrcanus 2世の歴史を記述する。 In all probability, therefore, the First Book of the Maccabees has retained its original form.すべての確率は、したがって、本の最初のmaccabeesが保持すると元の形にします。

Bibliography:書誌事項:

Grimm, Das Erste Buch der Makkabäer, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch zu den Apokryphen, 1853; Wace, Apocrypha; Bissell, Apocrypha, in Lange's Commentary; Fairweather and Black, First Book of Maccabees, in Cambridge Bible for Schools and Colleges; Kautzsch, Apokryphen; Torrey, Schweizer's Hebrew Text of I Maccabees, in Jour.グリム、 das ersteブーフder makkabäerは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch zuデンapokryphen 、 1853 ;ウェイス、外典;ビッセル、外典は、ランゲの解説; fairweatherと黒の、最初の本maccabeesは、ケンブリッジ聖書を学校や大学;カウチ、 apokryphen ;トーリー、 maccabeesシュバイツァーのヘブライ語のテキストを私は、学会誌 Bib.よだれ掛け。 Lit.点灯します。 xxii. xxii 。 51-59.五十一から五十九です。 II Maccabees: The Second Book of the Maccabees opens with two letters written by Jews resident in Palestine to brethren dwelling in Egypt.二maccabees : 2番目の予約をmaccabeesポップアップを2つの文字が書かれたユダヤ人同胞の住居に居住してパレスチナ、エジプトです。 The first letter occupies ch.あなたの最初の文字を占めています。 i.わたし。 1-10a; the second, ch. 1 - 10 Aまで、 2番目は、あなたのです。 i.わたし。 10b-ii. 10b - IIのです。 18. 18 。 These letters, it is thought by some, formed no part of the original work.これらの文字は、いくつかのことが考えられた、形成のいかなる部分も、元の仕事です。 The preface is found in ch.あなたの序文が発見さです。 ii. Ⅱ 。 19-32, and states that Jason of Cyrene had composed five books on the Maccabean revolt, which the writer undertakes to epitomize for his readers.一九から三二まで、と定め、ジェイソンの書籍を検索するcyreneいた5つの構成maccabeanの反乱では、作家では彼の読者を要約します。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 relates how the attempt of Heliodorus to plunder the Temple was miraculously thwarted; ch. heliodorus関係をどのように略奪の企てを挫折させられた同寺は、奇跡的;あなたのです。 iv. Ⅳ 。 narrates the wickedness of the high priests Jason and Menelaus, and of Simon, the Temple overseer; ch.ナレーションの邪悪のジェイソンとメネラーオス司祭の高い、とのサイモン、同寺監督;あなたのです。 v., how Antiochus began the persecution of the Jews; ch. v. 、どのようアンティオコスが始まったのは、ユダヤ人迫害;あなたのです。 vi. Ⅵ 。 and vii., the story of the martyrdom of Eleazar and the seven young men and their mother; while ch.とⅦ 。 、その物語は、殉教のeleazarと七つの若い男性とその母;ながらあなたのです。 viii.-xv. are occupied with the history of the wars of Judas Maccabeus.は、占領下での戦争の歴史をmaccabeusユダです。

Historical and Religious Character.歴史的、宗教的な文字です。

The time covered by this material is barely fifteen years, from the very end of the reign of Seleucus IV., whose servant was Heliodorus, to the victory of Judas over Nicanor (175-160 BC).この資料の時間はほとんどカバーされ、 15歳からの非常にセレウコス4世の治世の終わりにします。 、その使用人はheliodorus 、ユダ以上の勝利のニカノール( 175から160紀元前) 。 The reason why the book terminates here is to be found in its aim, which was to set before the Jews of the Diaspora the importance of observing the two Maccabean feasts-the Feast of the Dedication and the Feast of Nicanor.この本を終了する理由については、その目的にも見つからない、これは、ユダヤ人を設定する前に、 2つの観測の重要性をdiaspora maccabeanのお祭りのごちそうの饗宴の献身とニカノールです。 In no other way, the writer believed, could they share in the glory and the fruits of the great struggle for liberty.他に方法はない、その作家と信じ、栄光を分かち合うが彼らの偉大な闘争の成果と自由のために。 The author is so intent on this that though he has lauded Judas as a splendid example of religious patriotism he passes in silence over his death.の著者の意図を、このことは非常にかかわらず、彼は素晴らしい例として褒めたたえユダの宗教的な愛国心彼は彼の死を黙って渡します。 The writer further takes occasion often to impress upon his readers the sacred character of the Temple at Jerusalem, which the Diaspora might easily undervalue.その作家は、より詳細な機会を印象付ける彼の読者の多くの文字を神聖なエルサレムの神殿で、簡単には、 diaspora undervalueかもしれない。 In contrast with I Maccabees, the language of II Maccabees is highly religious.これとは対照的に私maccabees 、 2世の言語をmaccabeesは非常に宗教的です。 God appears as the great "Sovereign" who miraculously delivers His people (see iii. 24 and, perhaps, ii. 21).偉大な神として表示される"主権" who奇跡の人々は彼(参照Ⅲ 。 24と、おそらく、 2世です。 21 ) 。 The author is a religious teacher (see iii. 1 et seq., iv. 15-17, v. 17-20, et al.); he did not write for the sake of the history as such.の著者が、宗教上の教師(参照Ⅲ 。 1頁以降を参照。 、 Ⅳ 。 15-17 、 v. 17-20 、他アルです。 ) ;彼はここの歴史のためにこのようにします。 This places his work in a very different class from that of I Maccabees.この場所で彼の作品は非常に異なるクラスからのI maccabeesです。 In the earlier part he supplies some welcome information not contained in I Maccabees, and in nearly every chapter are interesting facts-some of them confirmed by Josephus-which may, with caution, be used.彼はいくつかの部品の供給を、以前の情報は含まれてようこそ私maccabees 、およびほぼすべての章-いくつかの興味深い事実が確認されてヨセフス-が5月には注意が必要、に使われる。 But his purpose, style, and temperament are such that, since the time of Ewald, it has been recognized that the work is not a sober and restrained history like I Maccabees, but is rhetorical and bombastic.しかし、彼の目的のために、スタイル、および気質のように、以来、時間のエーヴァルト、認識されては、地味な仕事ではないとする私のような拘束履歴maccabees 、これは大げさな修辞とします。

Sources.ソースです。

One important fact to be noted is the writer's belief in the bodily resurrection of the dead (see vii. 9, 11, 14, 36; xiv. 16; and especially xii. 43-45). 1つの重要な事実を指摘は、作家の信念には、身体の復活オブザデッド( Ⅶ 。 9日、 11日、 14日、 36 ; 14 。 16 ;と、特に12 。 43-45 ) 。 This, together with his attitude toward the priesthood asshown in his lifting the veil which I Maccabees had drawn over Jason and Menelaus, led Bertholdt and Geiger to regard the author as a Pharisee and the work as a Pharisaic party document.これは、彼の態度に向かって聖職に就くと一緒に彼のasshown解除にかこつけてmaccabeesは引き分け以上が私のジェイソンとメネラーオス、 bertholdtとガイガーを主導に関しての著者としての仕事をするパリサイ人とpharisaic党のドキュメントです。 This much, at least, is true-the writer's sympathies were with the Pharisees.これだけは、少なくとも、その作家の同情がtrue - phariseesれたのです。 The author claims that he epitomized the work of Jason of Cyrene (ii. 23), which seems to have been his only source, unless he himself prefixed the two letters to his work.の著者によると彼の仕事をepitomizedジェイソンのcyrene ( ii. 23 )は、どのように彼の唯一の供給源がない限り、彼自身の接頭辞の2つの手紙を彼の仕事です。 Jason is thought by Schürer (lcp 212) to have compiled his work from hearsay shortly after 160 BC at Cyrene.ジェイソンは考えられたschürer ( 、 LCP 212 )には彼の作品からコンパイル紀元前160直後にcyrene伝聞です。 If this is true, the work of Jason, like II Maccabees, concluded with the victory over Nicanor.もしこれがtrueの場合、その仕事のジェイソンのような2世maccabees 、結論を勝利ニカノールです。 There can be no doubt that both the work of Jason and that of his epitomizer (ie, the author of II Maccabees) were written in Greek, and that the latter was a Hellenistic Jew.疑いの余地はないことの両方の仕事をepitomizerジェイソンと彼のこと(つまり、 2世の著者のmaccabees )はギリシャ語で書かれており、その後者は、ヘレニズムユダヤ人である。

There is a reference in ch.あなたには、参考にします。 xv. 15 。 37 to the Book of Esther, which would preclude any earlier date of authorship than about 130 BC (see Cornill, "Einleitung," p. 252). 37本のエスターして、これは以前のこの評価を妨げる任意の原作者よりも約130紀元前(コルニル、 " einleitung 、 " p. 252 ) 。 On the other hand, II Maccabees was known to the author of the Epistle to the Hebrews (see Peak, in "The Century Bible," p. 223) and to Philo (see Schürer, lcp 214).その一方で、 2世に知られている著者maccabeesは、へブル人への信徒への(ピーク時は、 "世紀のバイブル、 " p. 223 ) 、およびフィロ( schürer 、 、 LCP 214 )です。 The work, therefore, must have been composed about the beginning of the common era.その仕事は、そのため、必要がありますが、共通の構成については、時代の始まりです。

The Letters.の文字です。

The two letters prefixed to II Maccabees have excited much discussion. 2つの文字の接頭辞を二maccabees多くの議論が興奮しています。 Some scholars regard them as the basis of the author's work, which he himself prefixed to it because they treat of the topics of which he wished to speak-the Temple at Jerusalem and the importance of observing its feasts.それらの基礎として、いくつかの学者に関しては、著者の作品は、彼自身の接頭辞にして、トピックを扱うため、彼らにして欲しいと話すとエルサレムの神殿でそのお祭りの重要性を観察します。 Others hold that the letters were placed in their present position by a later hand, while some believe them to be fabricated.他のホールドは、彼らの手紙が設置され、後の現在の地位を手にして作られたと考えながらいくつかのです。 There is in the letters nothing which is inconsistent with their belonging to the time from which they profess to come, and there seems to be no good reason for doubting that it was the epitomist himself who prefixed them to the book.手紙には、何もこれは矛盾して彼らに属してからの時間に来ると公言し、正当な理由がないと思われることを疑うことは、摘要の作者自身who接頭辞して、予約します。 For details see the works mentioned below.詳細は下記を参照して動作します。

Bibliography:書誌事項:

Grimm, Zweites, Drittes, und Viertes Bücher der Makkabäer, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch zu den, Apokryphen; Wace, Apocrypha; Kautzsch, Apokryphen; Bruston, Trois Lettres des Juifs de Palestine, in Stade's Zeitschrift, 1890, x.グリム、 zweites 、 drittes 、 und viertes bücher der makkabäerは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch zuデン、 apokryphen ;ウェイス、外典;カウチ、 apokryphen ; bruston 、 trois lettresデjuifsデパレスチナは、シュターデのzeitschrift 、 1890 、 Xで 110 et seq.; Torrey, Die Briefe 2 Makkabäer, i. 110頁以降を参照。 ;トーリー、死ぬbriefe 2 makkabäer 、 i. 1-ii. 1 - Ⅱ 。 18, ib. 18日、 ① -イ。 1900, xx. 1900年、イグゼクスです。 225 et seq.; Herkenne, Die Briefe zu Beginn des Zweiten Makkabäerbuches, 1904. 225頁以降を参照。 ; herkenne 、死ぬbriefe zu beginnデzweiten makkabäerbuches 、 1904 。

III Maccabees: The Third Book of the Maccabees has in reality nothing to do either with the Maccabees or with their times.三maccabees : 3番目の予約は、現実には何もすることがmaccabeesのいずれか、またはそのmaccabees回クリックします。 It received its name probably because it is a fiction concerning the persecution of the Jews by a foreign king; that king was Ptolemy Philopator (222-205 BC).おそらくその名前から受け取ったことは、フィクションのために迫害されたユダヤ人の外国人キング; philopatorが王様はプトレマイオス(紀元前222から205まで) 。 The story runs as follows: After Ptolemy's defeat of Antiochus III.その物語は以下のとおり:プトレマイオスの敗北した後のアンティオコスⅢ 。 in 217 BC, at the battle of Raphia, the former visited Jerusalem and tried to enter the Temple, but was miraculously prevented (i. 1-ii. 24). 217紀元前に、ラフィアの戦いは、エルサレムの元を訪問しようとしたと寺を入力して、しかしは、奇跡を阻止( i. 1 - Ⅱ 。 24 ) 。 Returning to Alexandria, he assembled the Jews in the hippodrome to be massacred, but the necessity of writing down their names exhausted the paper in Egypt, so that they escaped (ii. 25-iv. 21).アレキサンドリア戻って、彼は、組み立て、ユダヤ人虐殺のHippodromeされるが、自分の名前の必要性を書き留めるエジプト紙を疲れきって、それでかれらのエスケープ処理( ii. 25 - Ⅳ 。 21 ) 。 Next the king devised a plan for having the Jews trampled to death by elephants; this also was frustrated in various improbable ways (v. 1-vi. 21).次の計画を考案ザキング圧死することによって、ユダヤ人の象;これも欲求不満そうにない様々な方法があります(動1 - Ⅵ 。 21 ) 。 The king then underwent a change of heart and bestowed great favor on the Jews, and the day on which this occurred was ever after celebrated as a festival in memory of the deliverance (vi. 22-vii. 23).ザキング入力し、心の変化を受け、大きな恩恵を授けたのユダヤ人は、この上で発生したと昼までした後は、メモリ内の祭りとして祝わの救出( vi. 22 - Ⅶ 。 23 ) 。

Authorship and Character.原作者やキャラクターです。

The author of this fiction was certainly an Alexandrian Jew who wrote in Greek, for its style is even more rhetorical and bombastic than that of II Maccabees.この小説の著者は、確かにアレクサンドリアのユダヤ人who書いたがギリシャ語、そのスタイルはもっと大げさな修辞に比べて2世とmaccabeesです。 The work begins abruptly and is thought to be but a fragment of a once larger whole.突然の仕事が始まるとは考えられている一度ではなく、大きな全体の断片を耳にする。 Whether there is any foundation for the story concerning Philopator with which the writer begins there is no means of knowing.あるかどうかについての物語の基盤をphilopatorには、作家が開始さを知る手段がない。 If true, it is one of a very few grains of fact in the whole account.もしそうであれば、それは非常にいくつかの穀物の1つは、アカウント全体の事実です。 Josephus ("Contra Ap." ii. 5) tells how Ptolemy Physco (146-117 BC) cast the Jews of Alexandria, who, as adherents of Cleopatra, were his political opponents, to intoxicated elephants.ヨセフス( "コントラAP通信します。 " Ⅱ 。 5 )は、どのようプトレマイオスphysco (百四十六〜百十七紀元前)アレキサンドリアのユダヤ人のキャストして、 who 、支持者のクレオパトラとして、彼の政治的な反対派は、象に酔っています。 When the elephants turned on his own people the king saw a sudden apparition and gave up his purpose.象のときに自分自身の人々ザキングオンになって突然の幻影を見た彼の目的のためあきらめた。 The Jews, it is added, celebrate the day of their deliverance.ユダヤ人、それを追加すると、その日の記念して救出します。 It would seem that the author of III Maccabees, anxious to connect this celebration with Jerusalem, has transferred it to an earlier Ptolemy and given it an entirely unhistorical setting.それは、著者の3世と思わmaccabees 、不安に接続すると、この祝典エルサレム、転送して、以前のプトレマイオスが与えられたことに完全に歴史的でないとの設定です。 His narrative can not be regarded as a successful fiction, as it abounds in psychological as well as historical improbabilities.彼の物語に成功することはできませんフィクションと見なされるように心理的なだけでなく歴史aboundsそうもないことです。

This work was written later than II Maccabees, for its author made use of that book (see ii. 9; comp. II Macc. vi. 18 et seq. and xiv. 35 with III Macc. iii. 25-33; see also Grimm, lcp 220).この作品が書かmaccabees 2世以降、その著者はその本を使用する(参照Ⅱ 。 9 ;のCOMPです。 2世maccです。 Ⅵ 。 18頁以降を参照。 、 14 。 35と3世maccです。 Ⅲ 。 25-33 ;も参照くださいグリム、 220 、 LCP )です。 He can not have written earlier, therefore, than the end of the first century BC On the other hand, he can not have written later than the first century CE or his work would not have been used by Christians.彼は書かれたことはできませんこれに先立って、したがって、よりも、最初の世紀の終わりにその一方で、彼より後のことはできません。書かれた世紀の最初のCEまたは彼の作品はないのキリスト教徒が使用されてされています。 Ewald regarded this work as a polemic against Caligula and dated it accordingly about 40 CE; this view has been abandoned by more recent writers, since Philopator is not represented as claiming divine honors.エーヴァルトに対する認識カリギュラこの論客の仕事をすると日付してください約40 ce ;このビューを表示され見捨てられるの他の最近の作家、 philopatorではないとして表現されて以来神の栄光と主張します。

Bibliography:書誌事項:

In addition to the works cited in the bibliography to the second part of this article: Deissmann, Bible Studies, 1901, pp.に加えて、作品に列記された文献を2番目の部分は、次の資料:ダイスマン、聖書研究、 1901 、 pp 。 341-345; I. Abrahams, in JQR 1896-97, ix.三四一から三四五; i.エイブラハムズ、 1896年から1897年にjqr 、 9世です。 39 et seq.; Ewald, Gesch. 39頁以降を参照。 ;エーヴァルト、 gesch 。 des Volkes Israel, iv.デvolkesイスラエル、日本、 Ⅳ 。 611-614.六百十一から六百十四です。 IV Maccabees: The Fourth Book of the Maccabees, so called, is a semiphilosophic discourse, or sermon, on the "supremacy of the pious reason" (ch. i. 1).四maccabees :第4回予約をmaccabees 、いわゆる、談話は、 semiphilosophicか、または説教は、上の"覇権を握るのは信心深い理由" (第i. 1 ) 。 It consists of a prologue (i. 1-12) and of two principal parts.それは、プロローグ( i. 1-12 )との2つの主要な部品です。 The first of these (i. 13-iii. 18) is devoted to the elucidation of the author's philosophical thesis, and the second (iii. 19-xviii. 24) to the illustration of the thesis by examples drawn from II Maccabees.これらの最初の( i. 13 - Ⅲ 。 18 )は、献身的な解明を論文の著者の哲学、 2番目の( iii. 19 - 18 。 24 )は、イラストは、論文をmaccabees 2世の例から引き出される。 In the latter portion of the work there is, first (iii. 19-iv. 26), a brief review of the sufferings of the Jews under Seleucus and his son(?) Antiochus Epiphanes; the conquering power of reason is illustrated (v. 1-vii. 23) by the example of Eleazar, drawn from II Macc.後者の部分の作業には、第一( iii. 19 - Ⅳ 。 26 ) 、苦しみを簡単にし、ユダヤ人のレビューをされてセレウコスと彼の息子( ? )アンティオコスepiphanes ;の征服力を示す理由は、 ( vです。 1 - Ⅶ 。 23 ) eleazarされた例は、 2世maccから引き出される。 v. 18-31; by that of the seven brethren (vii. 24-xiv. 10), drawn from II Macc. v.十八〜三十一;をしている7つの兄弟( vii. 24 - 14 。 10 ) 、 2世maccから引き出される。 vii. Ⅶ 。 1-23; and by that of their mother (xiv. 11-xvi. 25), taken from II Macc. 1-23 ;とされて、母親( xiv. 11 - 16 。 25 ) 、 2世maccからです。 vii. Ⅶ 。 25 et seq. 25頁以降を参照。 In ch.にあなたのです。 xvii. 17 。 and xviii.と18 。 the author expresses his impressions with reference to these martyrdoms.彼の表現の著者、これらの殉教の表示回数を参照しています。

It appears, therefore, that the only connection this work has with the Maccabees is in the fact that the author's illustrations are drawn from the Second Book of the Maccabees.それが表示されたら、そのため、この作業は、のみ接続するにはmaccabeesは、実際には、著者のイラストが描かれmaccabeesから2番目の予約をします。

Integrity and Character.整合性やキャラクターです。

Ch.あなたのです。 xviii. 18 。 3-24 has been thought by several scholars to be the work of a later hand, but the opinion does not appear to be well founded. 3-24され、いくつか考えられた学者の仕事をされる、後の手は、しかし、意見を十分に根拠が表示されない場合があります。 Ch.あなたのです。 xvii. 17 。 2 would form a weak ending to the book, while xviii.エンディングには弱いを形成する2本、中18 。 20-24 suits well the style of the author of the earlier parts, and the apparent incongruity of xviii. 20-24スーツのスタイルをよくする著者の、以前の部品、および、見かけの不調和の18です。 6-19 would seem to be designed in this hortatory composition to make a strong impression on its hearers. 6-19は、このように設計さ激励の組成をそのhearersに強烈な印象をします。 This latter view is strengthened if it be remembered that the work is throughout a discourse addressed directly to listeners (comp. i. 1, 7; ii. 13; xiii. 19; xviii. 1).この後者のビューが強化される場合には、仕事は覚えてアドレスを直接談話を通じて、リスナー( comp. i. 1 、 7 ; Ⅱ 。 13 ; 13 。 19 ; 18 。 1 )です。 Ewald and Freudenthal called it a sermon and held that it is an example of Alexandrian synagogue preaching, but this view is now abandoned, for even in the Diaspora the sermon of the synagogue was usually founded on a passage from the Bible.エーヴァルトとフロイデンタールと呼ばれることを説教して開かれたシナゴーグはアレクサンドリアの例を説教、しかし、これは今すぐ捨て、 diasporaも、シナゴーグは、通常の説教は、聖書の一節をするに設立されました。 This discourse, also, is too abstruse for an ordinary congregation; it is an address to a more select circle.この談話は、また、難解なのはあまりにも平凡な集会;ことが他のアドレスを選択してサークルです。 Its style is oratorical and ornate, though not so extravagant as that of III Maccabees.そのスタイルは、演説や華美な、贅沢ではありませんのでmaccabees 3世である。 It contains a large philosophic element of the Stoic type, though its author possessed a taste for philosophy rather than real philosophical insight.それには、大規模な哲学の要素を、禁欲的なタイプが、その著者所有の味を覚えるというより本物の哲学的洞察力の哲学です。 It contains also a core of Judaism.また、ユダヤ教のコアが含まれています。 The writer was a Jew who could clothe his religion in a philosophic garb in accordance with the tendency of the times.その作家は、自分の宗教をユダヤ人whoが服を着て哲学的な傾向に基づいて、回クリックします。 The Hellenic and the Jewish elements in his work both appear at their best and in a combination almost without a parallel; the nearest example is the New Testament Epistle to the Hebrews.古代ギリシャとユダヤ人の彼の仕事の両方の要素をベストな状態で表示されるとの組み合わせで、ほとんどなしに平行し、最寄りの例は、新約聖書の信徒へのヘブル人への手紙です。

Author and Date.著者と日付をします。

It is probable, therefore, that the author of IV Maccabees was an Alexandrian Jew.概ことは、そのため、この文書の著者の四maccabeesは、アレクサンドリアのユダヤ人です。 Eusebius ("Hist. Eccl." iii. 10) and Jerome ("De Viris Illustribus," xiii.) ascribe the work to Josephus-an opinion which was for a long time followed, and which has caused the text of IV Maccabees to be included in many editions of the works of Josephus.ユーセビアス( "履歴です。 eccl 。 " Ⅲ 。 10 )とジェローム( "デviris illustribus 、 " 13です。 )ヨセフス-ものとみなすの仕事をするために長い時間の意見が続く、とこれが原因のテキストを四maccabeesのエディションに含まれるものの作品を多くのヨセフスです。 But the language and style of the work differ so radically from those of the writings of Josephus that it is clear that this is a mistaken opinion.しかし、言語やスタイルの仕事を根本から異なるため、これらの記述のヨセフスを明確にしては、これは、誤った意見です。 Of some of its historical combinations, as in iv.その歴史的ないくつかの組み合わせのように、 Ⅳ 。 5 and v. 1, Josephus could hardly have been guilty. 5とV. 1 、ヨセフスも有罪がほとんどです。 The writer of IV Maccabees had certainly come under the influence of the culture of Alexandria, even if he lived and wrote in some other city.その作家の四maccabeesされていた確かに来るのアレキサンドリアの文化の影響を受けて、たとえ彼はいくつかの他の都市に住んで書きました。 As to the time when the book was written, the data for an opinion are the same as in the case of III Maccabees: it was written probably at the close of the last century BC or during the first century CE, and before the time of Caligula, for the Jews seem to have been at peace at the time.また、時間が書かれたこの本は、世論のためのデータをするのと同じように、三maccabees例:それはおそらく書かれたのは、閉じるや中世紀の最後の世紀の最初のCEに、時間をする前にカリギュラ、ユダヤ人は平和されたように見えるのです。

Eschatology.終末論です。

The writer is a strong believer in immortality, but he has abandoned the Pharisaic standpoint of II Maccabees, which recognizes a bodily resurrection, and holds to the view that all souls exist forever, the good being together in a state of happiness (xvii. 18), with the Patriarchs (v. 37) and with God (ix. 8 and xvii. 18).その作家は、不朽の名声を信奉する人に強いが、彼は2世を捨て、 pharisaic観点maccabees 、身体の復活を認識し、保持するすべての魂が存在するとの見解を永遠には、良い状態で一緒に幸せに( xvii. 18 ) 、とpatriarchs (動37 )と神( ix. 8と17 。 18 ) 。 These views are the more striking as they are entwined with the same narratives which in II Maccabees express the more materialistic view.これらの再生回数は、他の印象としては、そいつにかかっ彼らと同じ物語を表現して他の2世maccabees唯物表示します。 The writer holds, also, that the suffering of the martyrs was vicarious; by it they wrought deliverance for their nation (comp. i. 11, xvii. 19-23, xviii. 24).その作家は、また、その殉教者の苦しみには代償;鍛造救出されて彼らの国( comp. i. 11日、 17 。 19-23 、 18 。 24 ) 。

Bibliography:書誌事項:

For the Greek text of IV Maccabees, as well as of the other books, see Swete, The Old Testament in Greek, vol. 4世は、ギリシャ語のテキストをmaccabeesだけでなく、他の書籍を参照してくださいスウィートは、旧約聖書のギリシャ語、 !です。 iii., 1894; Ⅲ 。 、 1894 ;

for the translation, see Kautzsch, Apokryphen, ii.ための翻訳文を参照してくださいカウチ、 apokryphen 、 Ⅱ 。 152 et seq.; for introductions, see Bissell in Lange's Commentary, and Schürer, History of the Jewish People; see also Bensly, The Fourth Book of Maccabees in Syriac, 1895.TGAB II.A second article on the Book of Maccabees is inserted as treating the subject from a Jewish standpoint.-J. 152頁以降を参照。 ;のご案内を参照してくださいビッセルでランゲの解説、およびschürer 、ユダヤ人の人々の歴史を参照bensly 、シリアの4番目の本maccabeesで、 2番目1895.tgab ii.a本の記事をmaccabeesが挿入さユダヤ人として治療の対象からstandpoint. -無しです。

I Maccabees.私maccabeesです。

I Maccabees, now extant only in Greek, was originally composed in Hebrew or Aramaic, most probably the former; but the original can not have been long in circulation.私maccabees 、今すぐに現存するだけでギリシャ語、ヘブライ語またはアラム語で構成さは、もともとは、ほとんど、おそらく、旧;しかし、元の長さが循環することはできません。 The fragment of a Hebrew text of I Maccabees published by Chwolson (1896) and again by Schweizer (1901) is not part of the original; and it may well be that even Origen knew only an Aramaic translation and not the original.ヘブライ語のテキストの断片を耳にする私maccabeesで公開されchwolson ( 1896 )と再びシュバイツァー( 1901 )ではない、元の部分、およびそれにも原産地を知っていたかもしれないが、アラム語の翻訳のみではなく、元のです。 He calls (Eusebius, "Hist. Eccl." vi. 25) I Maccabees Σαρβηθ Σα(ρ)βαναιελ, a title which has given rise to much conjecture.彼はコール(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " Ⅵ 。 25 )私maccabees σαρβηθ σα ( ρ ) βαναιελ 、タイトルに上昇するくらい憶測が与えられた。 Only two suggestions need be named: Derenbourg's ("Book of the Family of the Chief of the People of God"), given in his "Essai sur l'Histoire et la Géographie de la Palestine" (p. 450, Paris, 1867), and Dalman's , in his "Grammatik des Jüdisch-Palästinischen Aramäisch" (p. 6, Leipsic, 1894). 2つの提案をする必要が名前のみ:ドランブールの( "予約は、ご家族の人々が神の首席代表である" ) 、与えられた彼の" essaiシュールl' histoireとラgéographieデラパレスチナ" ( p. 450 、パリ、 1867 ) 、およびダルマンのは、彼の"文法デjüdisch - palästinischen aramäisch " ( p. 6 、リプシック、 1894 ) 。 Of the name "Maccabees" it may be mentioned that in a text of the Megillat Anteyukas ("JQR" xi. 291 et seq.) the reading is (= "the zealot"), which would be very acceptable were it better attested.の名前の" maccabees "に記載されることがありますでは、テキストをmegillat anteyukas ( " jqr " XI 。の291頁以降を参照。 )の読書は( = "の狂信者" ) 、これはこれは非常に受け入れより良い証言します。

As to the date of the book, much turns on the meaning of the last two verses.この評価をして、書籍として、多くの意味を有効にすると、最後の2つの詩です。 Some critics, indeed, doubt the authenticity of the whole of the last section (xiv. 16-xvi. 24), but the trend of opinion is in favor of the integrity of the book.いくつかの批評家は、実際のところ、全体の信ぴょう性に疑問の最後のセクション( xiv. 16 - 16 。 24 ) 、ですが、その傾向の意見が整合性の味方をしている。 Schürer and Niese (in "Kritik der Beiden Makkabäerbücher," Berlin, 1900) maintain that the last verses imply that I Maccabees was written after the death of John Hyrcanus (105 BC), but there is good reason for holding that the reference is to the beginning (135 BC) and not to the end of Hyrcanus' reign (see "JQR" xiii. 512 et seq.). schürerとニーゼ( " kritik der beiden makkabäerbücher 、 "ベルリン、 1900 )を維持することの最後の詩が書かmaccabees意味するものでは私の後に死亡したジョンhyrcanus (紀元前105 ) 、しかし、持ち株には十分な理由には、リファレンスはの始まり(紀元前135 )との終わりにしないようにhyrcanus '治世(詳細については、 " jqr " 13 。 512頁以降を参照。 ) 。 Critics are practically unanimous in attaching great value to I Maccabees as a historical record.批評家は、実質的に全会一致を取り付けるの値を私maccabeesとして大きな歴史的な記録です。 "On the whole, the book must be pronounced a work of the highest value, comparing favorably, in point of trustworthiness, with the best Greek and Roman histories" (Torrey). "を全体的には、その本と発音する仕事をしなければならない最も高い値は、比較に好意的、信頼性の点で、最高のギリシャやローマの歴史" (トリー)です。 This is high praise; but it is fully deserved (comp. Schürer, "Gesch." iii. 141).これは、高い評価を得る;しかし、それは完全に値する( comp. schürer 、 " gesch 。 " Ⅲ 。 141 ) 。 Niese (lc) has done good service in vindicating the authenticity of Judas' embassy to Rome; and it is no peculiar demerit in I Maccabees that in the reports of the numbers engaged in battle, of speeches, and even of documents, its account is inexact and sometimes quite incredible.ニーゼ(液晶)が行わ良いサービスをvindicatingユダの信ぴょう性'大使館にローマ;と特有のデメリットではない。 maccabeesして、私の報告書の数字の戦いに従事し、スピーチし、書類も、そのアカウントでは蓋然、時にはとても信じられない。 Such defects are shared by Thucydides and Livy.このような欠陥によって共有されるlivyトゥキュディデスとします。 The substance, not the exact form, of documents was given by ancient historians.その物質のではなく、正確なフォームは、古代の歴史のドキュメントのは、与えられた。 On the other hand, it differs somewhat from the Biblical histories in its standpoint.その一方で、多少の差異が、その歴史的な観点からの聖書です。 The divine element is not wanting, and success is ultimately traced (as in Mattathias' deathbed utterances) to God.希望は神の要素ではない、との成功は最終的にトレース( mattathiasのように'臨終の発言)を神します。 Judas invariably sings psalms of thanksgiving for victory, and the key-note of the revolt is "Not unto us, O Lord, not unto us,but unto thy name give glory" (Ps. cxv. 1).ユダの詩篇を授けたの感謝の気持ちを常に勝利を歌うと、キーの注意事項を連絡することで反乱は、 "わたしたちは、主よ、わたしたちは、なたの名を与えるしかし、かれの栄光" ( ps. cxv 。 1 )です。 The period also, as many hold, gave rise to numerous new psalms.の期間も、できるだけ多くのホールド、上昇には多くの新しい詩篇を授けた。 But in I Maccabees, nevertheless, history is written from the human standpoint.しかし、私maccabees 、にもかかわらず、歴史は、人間の観点から書かれた。 Victory is earned by endeavor as well as bestowed by grace.勝利を獲得する努力が授与さだけでなくグレースです。 Partly because of this phenomenon, it was urged by Geiger ("Urschrift," 1857, pp. 200-230) that one may detect a dynastic purpose in the book and that its author was a Sadducean apologist for the Hasmoneans.このような現象もあって、それが求められガイガー( " urschrift 、 " 1857 、 pp 。 200から230 )を1つの目的のために5月王朝を検出すると、書籍の著者は、 sadducean言い訳がましいことをhasmoneansです。

It is certainly true that the author is silent concerning the worst excesses of the (Sadducean) high priests, and attaches primary importance to the founder of the dynasty, Mattathias.それは確かに真の問題は、著者は、最悪の過剰なサイレント( sadducean )高司祭は、原発の重要性をアタッチすると、王朝の創始者、 mattathiasです。 Mattathias is unknown to II Maccabees, though the latter is supposed by Geiger to be a Pharisaic counterblast to the Sadducean I Maccabees. mattathiasが不明に2世maccabeesが、後者は、仮定されpharisaicガイガーには、猛反対してsadducean私maccabeesです。 Yet, strangely enough, in the Pharisaic tradition of the Talmud and Synagogue Mattathias plays a large part, so large that Judas is thrown into the background.しかし、不思議なことに、 pharisaicは、シナゴーグmattathiasの伝統を再生すると、タルムードの大部分は、非常に大きいことを背景にユダがスローされます。

On one important point some modern writers are unfair to the book. 1つの重要なポイントをいくつかの現代作家は、不公正を予約します。 God is not "named" in it; the term "heaven" replaces the divine name.神ではない"名前"のこと;という用語は"天国"に置き換え、神の名を入力します。 From this the inference has been drawn that "God was absolutely conceived as reigning in the remote heaven, and no longer as dwelling among the people by the Shekinah" (Fairweather and Black, "I Maccabees," Introduction, p. 47).推論されてから、この引き分けは、 "神は、確実に考えて、リモート天国として君臨し、もはやされたとして、人々の住居としてshekinah " ( fairweatherと黒のは、 "私maccabees 、 "はじめに、 p. 47学)です。 This is as false an inference as would be a similar conclusion from the opening words of the Lord's Prayer, "Our Father who art in Heaven."これは、虚偽の推論としては、同様の結論からの開会の言葉を、主の祈り、 "我々の父親whoアートインヘブンです。 " God is not "named" throughout the Lord's Prayer.神ではない"という名前の"主の祈りしています。 In I Maccabees the personal pronoun is most significantly used (iii. 22, 51; iv. 10, 55) with relation to the term "heaven"; and, more remarkable still, the pronoun is sometimes used (ii. 61) without any noun at all: "And thus consider ye from generation to generation, that none that put their trust in him shall want for strength." maccabeesに私の個人的は代名詞が最も大幅に使用される( iii. 22日、 51 ; Ⅳ 。 10 、 55 )に関連して、用語"天国" ;と、もっと顕著なそれでも、ときには使われるの代名詞は( ii. 61 )なしすべての名詞は: "とこのように、なたがたを考慮世代から世代へと、彼らの信頼を置くことなしに彼の強さはしたいです。 " That there grew up a disinclination to "name" God is undoubted; but whatever the origin of this scrupulosity, it was not any sense of the remoteness of God (see discussion by Benjacob, "Im Namen Gottes," p. 164, Berlin, 1903).気が進まないことがあるのを聞いて育った"名前"神は紛れもない;しかし、何の起源は、次のきちょうめんさ、それはありませんでした遠く離れているの意味での神( benjacob議論され、 "イム明記gottes 、 " p. 164 、ベルリン、 1903 ) 。 From the Maccabean period onward God becomes ever nearer to Israel.神からのmaccabean期以降のイスラエルなるまでに近いのです。 If there was a fault at all, it was not that God became too transcendent; the tendency was rather in the direction of overfamiliarity than of undue aloofness.すべてのもので、故障があった場合は、それほどひどくはなかったけど、神があまりにも並外れた;する傾向は、過度のなれなれしさというよりは、方向性を過度に超然としている。

II Maccabees.二maccabeesです。

Unlike I Maccabees, the book known as II Maccabees was written in Greek. maccabeesとは異なり、私は、この本maccabeesとして知られて2世はギリシャ語で書かれています。 For the history of the war it is of less value than I Maccabees, though some recent writers (in particular Niese) have maintained the opposite opinion.ための戦争の歴史の値よりも少ないことが私maccabeesが、いくつかの最近の作家(特にニーゼ)は維持して反対の意見です。 It adds, however, important particulars regarding the events that led up to the Maccabean revolt.それは、しかし、重要なイベントを主導明細については、最大の反乱maccabeanです。 Besides this, II Maccabees, written quite independently of I Maccabees, is a strong support of the general truth of the familiar story of the revolt, though II Maccabees is embellished with angelical and miraculous ornament foreign to the first book.それ以外にも、 2世maccabees 、 maccabees書かれた非常に独立した私は、全般に強い支持を真実の物語は、おなじみの反乱、 maccabeesかかわらず2世は奇跡の飾りで装飾された外国人をangelicalとの最初の本です。 Its style is rhetorical, its purpose didactic.そのスタイルは、修辞的、その目的教則します。 It emanated from Alexandria and was addressed to the Greek-speaking Jews of the Diaspora.それより放って対処してアレキサンドリアとは、ギリシャ語を話すユダヤ人diaspora 。 It was designed to impress on them the unity of Judaism, the importance of Jerusalem as the center of religious life, and the duty of observing the two feasts of Ḥanukkah and Nicanor's Day (nullsee Nicanor).それを感心させるように設計されてユダヤ教の結束を、エルサレムの重要性を宗教的生活の中心として、 2つの義務を監視してのお祭りの日のḥanukkahとニカノール( nullseeニカノール) 。 That the book has a Pharisaic color is undoubted, but not in the sense of being a partizan pamphlet in reply to I Maccabees, which, indeed, the author of II Maccabees most probably did not know. pharisaicには、この本には、色は紛れもない、という意味ではなく、パルチザンのパンフレットが返信して私maccabees 、これは、実際のところ、おそらくmaccabees 2世の著者は知らなかった。 Moreover, II Maccabees takes no account of Mattathias, nor, indeed, of any of the band of heroes except Judas; and this is not easily forced into evidence of Pharisaic partizanship.また、アカウントのmattathias 2世maccabeesはない、また、実際のところ、そのバンドの任意のユダの英雄を除いて、これは簡単に特定の証拠をpharisaic partizanshipを余儀なくされています。 On the other hand, in II Macc.その一方では、 2世maccです。 xiv. 14 。 6 Judas is represented as the leader of the Hasidtæans, who have many points in common with the Pharisees, and from whom the Hasmoneans were soon alienated. 6ユダは、 hasidtæansのリーダーとして表現され、 whoは多くの共通点をphariseesし、すぐに疎外された者のhasmoneansです。

Of specifically non-Sadducean doctrines, II Maccabees has a very clear expression of belief in the resurrection. sadducean教説の具体的以外の、二maccabeesには、非常に明確な復活の信仰を表現します。 Death is a "short pain that bringeth everlasting life" (II Macc. vii. 36; comp. other passages in the same chapter and xiv. 46).死は、 "短期の痛みを携えて来る来世" ( 2世maccです。 Ⅶ 。 36 ;のCOMPです。他の通路と同じ14章とします。 46 ) 。 Judas is represented (II Macc. xii. 43 et seq.) as making offerings for the dead because "he took thought of the resurrection."ユダの代表( 2 maccです。 12 。 43頁以降を参照。 )として死者のための提供のために"の復活彼は考えた。 " The reference to such offerings is, however, without parallel in Jewish literature, and nothing is otherwise known of such offerings being made at the Temple in Jerusalem (see Israel Lévi, "La Commemoration des Ames dans le Judaïsime," in "REJ" xxix. 48).への参照をこのようなサービスは、しかし、ユダヤ人の文学を平行にし、それ以外は何も知られているようなサービスは、寺で、エルサレム(イスラエルlévi 、 "ラ記念デエイムズdansルjudaïsime 、 " " rej " 29 。 48 ) 。

The book is usually held to belong to the latter part of the first century BC; Jason (of whose work it purports to be an epitome) wrote at least a century earlier.この本は、通常開催し、後者に属して世紀の最初の部分;ジェイソン(その仕事をすることpurports概要)少なくとも一世紀以前書いた。 Niese places II Maccabees at the date 125-124 BC, thus regarding it as older than, as well as superior to, I Maccabees.ニーゼ場所百二十五から百二十四紀元前2世maccabeesは、日付、これ以上の面白さだけでなく、に優れている、私maccabeesです。 In this preference of the second to the first book, Niese stands practically alone, but he has done great service in vindicating the importance and value of the former (comp. also Sluys, "De Maccabæorum Libris I et II Quæstiones," Amsterdam, 1904).この設定で2番目に、最初の予約は、実質的にニーゼスタンドだけでも、しかし、彼は素晴らしいサービスをvindicatingの重要性との値を元( comp.もスロイス、 "デmaccabæorum libris私et 2世quæstiones 、 "アムステルダム、 1904 ) 。 It remains to add that the authenticity of the letters prefixed to II Maccabees has been fiercely assailed.遺跡を追加することは、真正の文字の接頭辞を二maccabees激しく攻撃されています。 Yet it is coming to be recognized that the letters have a clear bearing on the design of the book, as explained above, and it is quite conceivable, though very improbable, that they were part of the original work of Jason.まだありませんが来ることは、文字を認識する軸受のデザインを明確にする書籍は、先に説明したとおり、それは非常に考えられるが、非常にありそうにない、していた部分は、元の仕事のジェイソンです。 On these letters see, besides earlier literature, Herkenne, "Die Briefe zu Beginn des Zweiten Makkabäerbuchs," Freiburg, 1904.これらの文字を参照し、それ以前の文学のほか、 herkenne 、 "死ぬbriefe zu beginnデzweiten makkabäerbuchs 、 "フライブルク、 1904 。 One point remains. 1つのポイントに残っています。 The martyrdoms described in II Maccabees, especially of the mother and her seven sons, have given the book undying value as an inspiration and encouragement to the faithful of all ages and creeds. maccabees 2世の殉教に記載され、特に7人の息子の母親と、その本が与えられた不滅の値をするため、インスピレーションと励ましの言葉を忠実なのすべての年齢や信条です。 As will be seen below (in connection with IV Maccabees), this feature of the Maccabean heroism made a special appeal to the Christianity of the first four centuries.以下のように見られる( 4世の接続をmaccabees )は、この機能は、 maccabean英雄は、特別抗告をキリスト教の最初の4つの世紀です。 "The figure of the martyr, as the Church knows it, dates from the persecution of Antiochus; all subsequent martyrologies derive from the Jewish books which recorded the sufferings of those who in that day were strong and did exploits" (E. Bevan, "House of Seleucus," 1902, ii. 175). "の図は、殉教者としての教会を知って、日付からの迫害のアンティオコス; martyrologies派生それ以降のすべての書籍からのユダヤ人の苦しみを記録してそれらのwhoでその日には強いとは悪用" ( e.ベヴァン、 "ハウスオブセレウコス、 " 1902年、 Ⅱ 。 175 ) 。

III Maccabees.三maccabeesです。

III Maccabees purports to record a persecution of the Jews in Alexandria during the reign of Ptolemy (IV.) Philopator (222-204 BC).三maccabees purportsを記録するには、ユダヤ人迫害の治世中にアレキサンドリアプトレマイオス( iv. ) philopator (二百二十二から二百四紀元前) 。 The Jews are assembled in the hippodrome, and 500 infuriated elephants are to be let loose upon them.組み立ては、ユダヤ人のHippodromeは、激怒したと500頭の象がかれらを解放します。 In the event the elephants turned against the persecutors, and the Jews not only escaped, but were treated with muchhonor by the king.このイベントは象に有効に反対するpersecutors 、エスケープとユダヤ人だけでなく、治療を受けるがあったmuchhonorされたキングです。 That there is much of the fabulous in this story is obvious, and it may well be that the similar story told in Josephus ("Contra Ap." ii. 5) concerning Ptolemy (VII.) Physcon is, as most assume, the original of III Maccabees.多くの素晴らしいことには、この物語は明らかにし、同様のことかもしれないの物語では、ヨセフス( "コントラAP通信します。 " Ⅱ 。 5 )に関するプトレマイオス( vii. ) physconは、ほとんどの想定としては、元のmaccabeesの3世です。 The book would thus belong at the latest to the first century CE; at the earliest to the last century BC Recently important new light has been thrown on the book by the discovery of early Jewish settlements in the Fayum.この本は、最新のをこのように属する世紀の最初のce ;は、最古の最後の世紀に新たな光され、最近の重要な自力で発見されたこの本は、ユダヤ人入植地の早期fayumです。 On independent gounds, the present writer ("JQR" ix. 39) and Prof. A. Büchler ("Tobiaden und Oniaden," pp. 172 et seq., Vienna, 1899) have put forward the theory that the book refers to a persecution in the Fayum.上の独立gounds 、現在の作家( " jqr " 9 。 39 )教授とa. büchler ( " tobiaden und oniaden 、 " pp 。 172頁以降を参照。 、ウィーン、 1899 )に置くに転送する理論には、この本を参照して、迫害は、 fayumです。 Certainly, the rapid transference of Jewish allegiance from Egyptian to Syrian hegemony about 200 BC finds its explanation if the Jews of Egypt were then undergoing persecution.確かに、ユダヤ人が急速に転移の忠誠エジプトをシリアの覇権主義から見つかった約200紀元前エジプトのユダヤ人の場合は、その説明を入力し、現在の迫害がします。 That the author was an Alexandrian is unquestionable.この文書の著者は、アレクサンドリアは、疑う余地のです。 On the other hand, Willrich ("Hermes," 1904, xxxix. 244) disputes the Fayum theory and supports the view that the book is best explained as referring to Caligula.その一方で、ウィルリヒ( "エルメス、 " 1904年、 39 。 244 )をサポートして紛争の理論とfayum対象として、その書籍が最良の説明を参照するカリギュラです。

IV Maccabees.四maccabeesです。

The beautiful work known as IV Maccabees is a homily, not a history.四maccabeesの美しい作品として知られては、説教ではなく、歴史です。 As Freudenthal was the first to show, it is a sermon addressed to a Greekspeaking audience, and delivered probably on Ḥanukkah ("Die Flavius Josephus Beigelegte Schrift über die Herrschaft der Vernunft [IV Makkabäerbuch]," Breslau, 1869), the thesis being that, reason (religion) can control the passions; the author illustrates this from many examples, especially from the story of the Maccabean martyrdoms as related in II Macc.フロイデンタールは、最初のを表示するとして、それは観客に説教対処してgreekspeaking 、および配信を、おそらくḥanukkah ( "死ぬbeigelegteフラウィウスヨセフスherrschaft der schrift über死ぬvernunft [ 4 makkabäerbuch ] 、 "ブレスラウ、 1869 )は、論文れている、理由(宗教)を制御すること熱中して;の著者、このより多くの例を示し、特にからの話として、殉教maccabean関連して2世maccです。 vi., vii. Ⅵ 。 、 Ⅶ 。 A very noble level of eloquence is reached by the writer, and the book is in many ways one of the best products of the syncretism of Hebraic and Greek thought.非常に崇高なレベルに達した時点で雄弁された作家、およびその本の1つは、多くの点で最高の製品および、ギリシャ語、ヘブライ人のシンクレティズムの考えです。 The authorship of IV Maccabees was at one time ascribed (as by Eusebius, Jerome, and other authorities) to Josephus, but this is clearly wrong.原作者の四maccabeesは、一度に生得的(ユーセビアスとしては、ジェローム、およびその他の著者)をヨセフスが、これは明らかに間違っている。 Nothing can with definiteness be asserted as to the date of the book; it belongs probably to the period shortly before the fall of Jerusalem.定性に勝るものはないと主張してこの評価を書籍として;に属し、おそらく直前の期間にエルサレムの秋にします。 In its present form it contains possibly some Christian interpolations (eg, vii. 19, xiii. 17, xvi. 25), but they are certainly very few and insignificant.フォームの現在のいくつかの可能性が含まれキリスト教interpolations (例えば、 Ⅶ 。 19 、 13 。 17日、 16 。 25 ) 、かれらは確かに非常に少数と軽微です。 Later on, Christian homilists used the same topic, the martyrdoms, as the theme for sermons; the Church maintained a Maccabean feast (though not on the same date as the Jews) for at least four centuries.その後、キリスト教のhomilists使用して同じトピックは、殉教、としてのテーマを説教し、教会を維持するmaccabean饗宴(上と同じ日にはありませんが、ユダヤ人)は、少なくとも4つの世紀です。 Homilies by Gregory Nazienzen and Chrysostom for the festival of Aug. 1 (the "Birthday of the Maccabees") are extant on this subject.グレゴリーnazienzenクリュソストモスを発すると、その祭りのために8月1日(以下、 "誕生日のmaccabees " )は、現存するこの問題です。 On the "Maccabees as Christian Saints" see Maas in "Monatsschrift," xliv.上の"キリスト教の聖人としてmaccabees "を参照しマース" monatsschrift 、 " 44です。 145 et seq. 145頁以降を参照。

V Maccabees. v maccabeesです。

V Maccabees, so called by Cotton ("Five Books of Maccabees," 1832), is known also as the Arabic II Maccabees. v maccabeesので、綿と呼ばれる( " 5つの書籍のmaccabees 、 " 1832 )は、アラビア語の2世maccabeesとしても知られています。 It is included in the Paris and London Polyglots.これは、パリとロンドンpolyglotsに含まれています。 It has clear relations to II Maccabees, the Arabic "Yosippus," and the Hebrew "Yosippon."それは明確な関係を二maccabeesは、アラビア語" yosippus 、 "と、ヘブライ語" yosippon 。 " Late in origin and without historical value, the book is, however, of considerable importance from other points of view.JIA後半の起源と歴史的な価値を、この本は、しかし、かなり重要なポイントを他のview.jia

Crawford Howell Toy, George A. Barton, Joseph Jacobs, Israel Abrahamsクロフォードハウエルおもちゃ、ジョージAバートン、ジョセフジェイコブス、イスラエルエイブラハムズ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


Maccabees maccabees

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

Name given to the Hasmonean family.ハスモン朝ご家族の名前を指定します。 Originally the designation "Maccabeus" (Jerome, "Machabæus") was applied solely to Judas, the third son of Mattathias the Hasmonean (I Macc. ii. 4, iii. 1, et passim), Mattathias' other sons having different surnames; but as Judas became the leader of the party after his father's death, and as he was also the most heroic warrior, his surname was applied not only to all the descendants of Mattathias, but even to others who took part in the revolutionary movement under the leadership of the Hasmoneans.もともとの呼称に" maccabeus " (ジェローム、 " machabæus " )が適用さだけをユダ、 3番目の息子のmattathiasのハスモン朝(私maccです。 Ⅱ 。 4 、 Ⅲ 。 1 、他各所) 、 mattathias '他の人の息子の姓が異なる;しかし、ユダは、党の指導者の父親の死の後、彼は最も勇敢な戦士にも、彼の姓が適用さだけでなく、すべての子孫をmattathias 、それでもを他のwhoに参加して革命運動の下に指導部hasmoneansです。 Hence the title "Books of the Maccabees."それゆえのタイトル"の書籍をmaccabees 。 "

The etymology of the name, in spite of the efforts of the scholars, who have advanced various theories on the subject, remains undetermined.その語源を調べるの名前の努力にもかかわらず、学者、 whoは高度な様々な理論で、被写体、遺跡未定です。 According to Jerome ("Prologus Galeatus"), the First Book of the Maccabees was originally written in Hebrew.によると、ジェローム( " prologus galeatus " ) 、 maccabeesの最初の本は、もともとはヘブライ語で書かれています。 Origen (in Eusebius, "Hist. Eccl." book vi., last chapter) even gives the Hebrew title, ; thus the Greek and Latin forms of the name must have been transliterations from the Hebrew.原産地(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 "予約Ⅵ 。 、最終章)もにより、ヘブライ語のタイトル、 ;したがって、ギリシャ語、ラテン語の形態のtransliterationsの名前からもヘブライ語必要があります。

But the original Hebrew text is lost; and there is no mention of the name either in the Talmud or in the Midrash, where the family is always referred to as "the Hasmoneans."しかし、元のヘブライ語のテキストが失われると言及したの名前がないか、タルムードか、ミドラーシュ、どこのご家族はいつもと呼ばれる" hasmoneans 。 " In later Hebrew writings the name occurs in two forms, , transliterated from the Latin, and , according to the Greek spelling.ヘブライ語の名前が発生以降の文章の2つのフォーム、 、音訳からのラテン語、および、ギリシャ語によると、スペルチェックします。 The latter form is generally explained as meaning "the hammer," a surname given to Judas on account of his heroism.後者の形式は通常の意味の説明として、 "ハンマーは、 "ユダの姓を与えられたアカウントを彼の英雄です。 Iken ("Symbolæ Litterariæ," i. 184, Bremen, 1744) derives it from the Arabic "manḳab" (= "general"), while, according to others, the name originated in the fact that Modin, where Mattathias dwelt, was in the territory of Gad (Reland, "Palästina," p. 901), the banner of which tribe bore the inscription , the final letters of the names Abraham, Isaac, and Jacob. iken ( " symbolæ litterariæ 、 "の経験I.クリチバ184 、ブレーメン、 1744 )派生ことを確認してアラビア語" manḳab " ( = "全般" ) 、 while文、その他によると、その名前の起源はmodinという事実を、ここで力説mattathiasはは、領土の出歩き( reland 、 " palästina 、 " p. 901 )は、どの部族の旗の碑文がうんざりする、の最後の文字の名前イブラーヒーム、イスハーク、とヤアコーブを授けた。 is, however, the preferred form; it occurs in "Yosippon" (ch. xx.), and is explained by Gorionides as meaning "the hero," though it is not known in what way.が、しかし、優先フォーム;ことが発生する" yosippon " (第イグゼクスです。 ) 、およびgorionidesとしては、説明さを意味する"の英雄、 "どのようなことは知られていないようです。 Others explain it as composed of the initials of (Ex. xv. 11), written on the banner of the Hasmoneans, or as the initials of .他の説明として、イニシャルの構成(例: 15 。 11 ) 、書面上のバナーをhasmoneansか、またはとしての頭文字です。 But the statement that it was the surname of Judas only is against these interpretations.しかし、それは、姓の声明をユダこれらの解釈に反対するのみです。 Curtiss ("The Name Machabee," Leipsic, 1876) derives it from = "to extinguish"; thus would mean "the extinguisher," which agrees with the interpretation of Gorionides.カーティス( "の名前machabee 、 "リプシック、 1876 )から派生= "を消滅させる" ;したがって意味は"消火器"に同意するとの解釈をgorionidesです。 Finally, the following two opinions may be added: (1) that the Hebrew read = "he who hides himself," referring to the fact that the Hasmoneans hid themselves in the mountains (I Macc. ii. 28); (2) that of Filosseno Luzzatto that it is a Greek word, an anagram of Βιαομάχος = "violent warrior."最後に、次の2つの意見を5月に追加されました: ( 1 )は、ヘブライ語を読む= "彼は自分自身who非表示"を参照するという事実自体は、山のhasmoneans hid (私maccです。 Ⅱ 。 28 ) 、 ( 2 )をfilossenoルッツァットのことは、ギリシャ語、回文のβιαομάχος = "暴力的な戦士。 " For the history of the Maccabees see Hasmoneans; Judas Maccabeus; Mattathias Maccabeus. maccabeesを参照するための歴史をhasmoneans ;ユダmaccabeus ; mattathias maccabeusです。

Joseph Jacobs, M. Seligsohnジョセフジェイコブス、男性seligsohn

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

A. Levi, in Mossé, ii. a.レヴィは、 mossé 、 Ⅱ 。 6; E. Levi, in Univers Israélite, xlvi. 6 ; e.レヴィは、 univers israélite 、 46です。 330; D. Oppenheim, in Ha-Maggid, xvii., Nos. 5, 6; P. Perreau, in Vessillo Israelitico, xxviii. 330 ; d.オッペンハイムは、ハ-マッギード、 17 。 、番号5 、 6 ; p.ペローは、 vessillo israelitico 、二十八です。 76, 113; Wetstein, in Ha-Maggid, xxiii., No. 19; Zipser, in Ben Chananja, iii. 76 、 113 ; wetsteinは、ハ-マッギード、 XXIII近くにございます。 、ナンバー19 ; zipserは、ベンchananja 、 Ⅲ 。 497 et seq.; Winer, BR i. 497頁以降を参照。 ;ワイナー、 br i. 631, sv Judas.JM Sel. 631 、 sv文書judas.jmなSELです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです