Book of Malachi, Malachiasマラキ書、 malachias

General Information 総合情報

Malachi is the last of the 12 books of the Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.マラキは、最後の12本のマイナー、旧約聖書の預言者では、聖書です。 Malachi means "my messenger" in Hebrew, and few scholars believe that it is the actual name of the prophet.マラキは、 "私のメッセンジャー" inヘブライ語、およびいくつかのことだと信じては、実際の学者の名前を、預言者です。 The prophet's themes include the ritual purity of sacrifices, the evils of mixed marriages and divorce, and the coming day of judgment.預言者ムハンマドのテーマには、純度の犠牲の儀式は、結婚と離婚の弊害を混合し、今後の審判の日です。 The book, consisting of six oracles, is believed to have been written after the reconstruction of the Temple (516 BC) and before the reforms of Ezra and Nehemiah (c. 450 BC).この本は、 6人で構成さoracles 、と考えられて書かされた同寺の復興をした後(紀元前516 )とエズラの改革をする前に、ニーアマイア( c. 450紀元前) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Book of Malachi, Malachiasマラキ書、 malachias

Brief Outline簡単な概要

  1. Sins of the Priests (1:1-2:9)罪を司祭( 1:1-2:9 )
  2. Sins of the people (2:10-4:1)罪の人々 ( 2:10-4:1 )
  3. Coming of the Son of Righteousness (4:2-6)今後は、息子の正義( 4:2-6 )


Mal'achi mal'achi

Advanced Information 高度情報

Malachi, messenger or angel, the last of the minor prophets, and the writer of the last book of the Old Testament canon (Mal. 4:4, 5, 6).マラキ、メッセンジャーや天使、最後には、小預言者、およびその作家の最後の予約、旧約聖書のキヤノン( mal. 4時04分、 5 、 6 ) 。 Nothing is known of him beyond what is contained in his book of prophecies.彼は何も知られ、彼の本を超えるのは何です予言に含まれています。 Some have supposed that the name is simply a title descriptive of his character as a messenger of Jehovah, and not a proper name.いくつかの仮定しても、タイトル名は、単に彼のキャラクターとしてわかりやすいエホバに一人の使徒のではなく、適切な名を入力します。 There is reason, however, to conclude that Malachi was the ordinary name of the prophet.理由には、しかし、マラキ書を締結し、通常のは、預言者ムハンマドの名前をします。 He was contemporary with Nehemiah (comp. Mal. 2:8 with Neh. 13:15; Mal. 2:10-16 with Neh. 13:23).彼は現代にニーアマイア( comp. mal 。 2時08分にneh 。 13:15 ; mal 。 2:10-16にneh 。 13:23 )です。 No allusion is made to him by Ezra, and he does not mention the restoration of the temple, and hence it is inferred that he prophesied after Haggai and Zechariah, and when the temple services were still in existence (Mal. 1:10; 3:1, 10).彼のことをほのめかしないエズラが行われるように、とは思っていない同寺の復元に言及し、それゆえ彼は予言したものと推定さハガイ、ゼカリヤした後、同寺とサービスは依然として存在している( mal. 1:10 ; 3 : 1 、 10 ) 。 It is probable that he delivered his prophecies about BC 420, after the second return of Nehemiah from Persia (Neh. 13:6), or possibly before his return.これは彼の予言確率が配信さ約紀元前420彼は、後から2番目の返還をニーアマイアペルシャ( neh. 13時06分) 、または可能性が彼の復帰を前にします。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecies of Mal'achi予言のmal'achi

Advanced Information 高度情報

The contents of the book are comprised in four chapters.この本の内容には4つの章で構成されます。 In the Hebrew text the third and fourth chapters (of the AV) form but one.ヘブライ語のテキストは、 3番目と4章(のAV )フォームが1つです。 The whole consists of three sections, preceded by an introduction (Mal. 1:1-5), in which the prophet reminds Israel of Jehovah's love to them.全体の3つのセクションで構成さは、先行されたはじめに( mal. 1:1-5 )されるのは、イスラエルの預言者エホバの愛を連想させることです。 The first section (1:6-2:9) contains a stern rebuke addressed to the priests who had despised the name of Jehovah, and been leaders in a departure from his worship and from the covenant, and for their partiality in administering the law.の最初のセクション( 1:6-2:9 )には、厳しい叱責司祭who対処していたエホバの名前を軽蔑し、指導者の出発が彼の崇拝者と契約をし、その管理法をえこひいきです。 In the second (2:9-16) the people are rebuked for their intermarriages with idolatrous heathen. 2番目( 2:9-16 )にintermarriagesで叱責を受ける人々は偶像崇拝の異教徒のです。 In the third (2:17-4:6) he addresses the people as a whole, and warns them of the coming of the God of judgment, preceded by the advent of the Messiah. 3番目( 2:17-4:6 )の人々全体として彼のアドレス、およびそれらの警告の神の判断の到来に伴い、先行し、救世主が出現した。 This book is frequently referred to in the New Testament (Matt. 11:10; 17:12; Mark 1:2; 9:11, 12; Luke 1:17; Rom. 9:13).この本が頻繁に参照されて、新約聖書( matt. 11:10 ; 17:12 ;マーク1:2 ;午前9時11分、 12 ;ルーク1:17 ; ROMから起動します。 9時13分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Prophecies of Malachi予言のマラキ

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

This book is a continuous discourse, so that, properly speaking, there are no intervening events.この本は、連続談話ように、正確に言えば、介入のイベントはありません。 The prophet is a contemporary of Nehemiah, following closely Zechariah and Haggai.現代の預言者ムハンマドは、ニーアマイア、次の密接なハガイゼカリヤとします。 The evidence of this is chiefly internal and gathered from two facts: (1) That the second temple was evidently in existence at the time, and (2) That the evils condemned by Nehemiah are those which he also condemns.これは主に内部の証拠をすると2つの事実から集められた: ( 1 )が2番目の寺の存在は明らかでは、時刻、および( 2 )は、非難されるの弊害ニーアマイアは、これらのどの彼も非難します。 This will appear as we proceed, but compare Malachi 1:7, 8; 2:11-16; 3:8-10 with the last chapter of Nehemiah, especially verses 10-14, 23-29.これは私たちの手順として表示されますが、比較マラキ1時07分、 8 ; 2:11-16 ; 3:8-10が、最後の章をニーアマイア、特に詩10-14 、 23-29 。 Following an outline by Willis J. Beecher, we have:次のウィリスj.ビーチャーの概要を、私たちは:

The Introductionの導入

1:1-5 What word in verse 1 indicates that the message, or messages, are in the nature of rebuke rather than comfort? 1:1-5どのような詩の単語の1のメッセージが表示さを示してか、またはメッセージは、非難というよりは、自然の快適度ですか? With what declaration does verse 3 begin? 3開始するとどのような宣言は詩ですか? While Jehovah thus declares Himself towards His Israel, how do they receive it?エホバ向けながらこのように彼自身を宣言、イスラエル、彼らはどうすれば受け取ることですか? This skeptical insinuation in the interrogation, "Wherein hast thou loved us?"このほのめかすことは、懐疑的な尋問、 "そこなた愛さ問い合わせですか? " is a peculiarity of the book, and shows the people to have been in a bad spiritual frame, calculated to give birth to the practical sins enumerated later.その本は、特異性、およびテレビ番組とされ、人々の精神的なフレームが悪い、実用的な計算の罪を列挙して出産へ。

Be careful not to read a wrong meaning into that reference to Esau, as though God caused him to be born simply to have an object on which He might exercise His hate, or as if that hate condemned the individual Esau to misery in this life and eternal torment beyond.しないように注意を読んだのは、間違って意味の参照をエサウにして、まるで彼に神を持って生まれる原因には、オブジェクトの上で、単に彼は彼の運動嫌いかもしれないか、または死刑囚として、個々のエサウもしそれを嫌い、この人生と不幸永遠の苦痛を超えています。 The hate of Esau as an individual is simply set over against the choice of Jacob as the heir to the promised seed of Abraham.エサウとしての憎しみを対置するのは、単に個々人の選択により、相続人としてジェイコブアブラハムの子孫を約束します。 Esau did not inherit that promise, the blessing to the world did not come down in his line, but that of his brother Jacob, and yet Esau himself had a prosperous life; nor are we driven to the conclusion by anything the Bible says that he was eternally lost.エサウを継承しなかったことを約束する、世界の祝福を降りてくる彼のラインしなかったが、その彼の兄ジェイコブ、そして自分自身が豊かな生活はまだありませんエサウ;も駆動して結論を私たちは聖書によると、彼は何かは、永遠に失われてしまいます。

Moreover, the particular reference is not so much to Esau as a man as to the national descendants of Esau, the Edomites, who had not only been carried into captivity as Israel had been, but whose efforts to rebuild their waste places would not be successful as in the case of Israel, because the divine purposes of grace lay in another direction.また、特定のリファレンスではないことが山ほどある男としてのエサウの子孫をエサウには国立としては、 edomites 、 whoが運び込まれるだけでなく、監禁されていたイスラエル、しかし、その努力に廃棄物を再構築する場所はないが成功する例のように、イスラエル、日本、神の目的のための恵みを受けているため、別の方向にレイアウトします。

The Second Division 2番目の課

1:6-3:4 consists of an address to the priests and Levites, more especially the former, in which they are charged with three kinds of offenses. 1:6-3:4のアドレスを構成するlevitesの司祭と、さらに多くの、特に前者では3つの種類の罪で彼らは犯罪です。 The first is neglect of their temple duties, see chapter 1:6-2:9.無視するのは寺の最初の任務は、 1:6-2:9章を参照ください。 The character of the offense is seen in verses 7 and 8, and 12 and 13 of chapter 1, while the punishment in the event of impenitence is in chapter 2:1-9.の性格を詩に見られる攻撃は7日と8日、および12と13の第1章は、イベントの間、懲罰を受けるには、第2:1-9は、悔悟の情がない。 The second offense concerns unholy marriages, verses 10-16 of chapter 2.あきれるほどの2番目の攻撃の懸念結婚、詩10-16の第2章。 It was for this sin as well as the preceding one that Jehovah refused to accept their offerings (13, 14).これが罪だけでなく、上記の1つを受け入れることを拒否してエホバの提供( 13 、 14 ) 。

Notice the strong argument against divorce found in verse 15.離婚の強い反対論に注意して見られる詩15 。 God made one wife for one man at the beginning though He had the power to make more, and He did this because of the godly seed He desired.神は1つの妻の一人の男の冒頭にかかわらず、彼は、他の電力を作る、と彼はこの目的のため、彼は信心深い種子です。 The third offense is that of skepticism, and as Beecher calls it, a bad skepticism, for there is a species of doubt which deserves compassionate treatment and which cannot be called evil in its spirit and motive. 3番目の攻撃は、懐疑的に受け止められ、そしてビーチャーの呼び出しには、懐疑的な態度が悪い、ある種の疑念には思いやりの治療に値すると悪と呼ばれることはできませんが、その精神と動機です。 That, however, is hardly the kind of doubt now under consideration (See chapter 2:17).が、しかし、ほとんどの種類の疑いが検討されて今すぐ( 2:17章を参照ください) 。 This division closes, as does the division following, by a prediction "concerning a day in which the obedient and disobedient shall be differentiated and rewarded."この課が閉じ、課としては、次のように予測される"に関する一日には、従順で、反抗的な差別化しなければならないと報われる。 "

This "day" we have often recognized as the "day of the Lord" still in the future both for Israel and the Gentile nations (3:1-4).この"日"我々はしばしばとして認識され、 "主の日"まだ、将来の両方を、イスラエルとのジェンティーレ国( 3:1-4 ) 。 Notice the partial fulfillment of verse 1 in the career of John the Baptist, as indicated in the words and context of Matthew 11:10; Mark 1:2; Luke 1: 76.詩の部分に注意して履行するために1は、キャリアの洗礼者ヨハネ、として示されている単語や文脈のマシュー11:10 ;マーク1:2 ;ルーク1 : 76 。 But the concluding verses of the prediction show that a complete fulfillment must be ahead.しかし、結びの詩を予測表示されて控えて完全な履行しなければならない。 The offering of Judah and Jerusalem has not yet been so purified by divine judgments as to be pleasant unto the Lord as in the days of old, but it shall yet come to pass.ユダとエルサレムの提供はまだ残っている、神の判断として精製されるので快適されるかれらの主、昔のように、それを渡す来るものはまだありません。

The Third Division第3師団

3:5-4:3 consists of an address to the people as a whole, who like the priests, are charged with three kinds of offenses. 3:5-4:3のアドレスを構成する人々全体としては、 whoのように司祭は、 3つの種類の犯罪は罪にします。 The first is certain public wrongs in which are grouped false swearing, adultery, oppression and injustice (3:5-7).公共の過ちを正すの最初のは、特定のグループでは偽証は、不倫、抑圧と不正義( 3:5-7 ) 。 The second is the failure to support the temple and its ministers (3:8-12), in which case notice the charge of divine robbery, and the blessing promised to faithfulness in tithes. 2番目のは、失敗するとその閣僚をサポートして寺( 3:8-12 ) 、その場合に注意して神の強盗事件を担当し、誠実さの祝福を約束して十分の一です。 The third is the same kind of skepticism as with the priests (3:13-15). 3番目は、同じ種類の懐疑的な見方と同じように、司祭( 3:13-15 ) 。 The prediction concluding this section covers verses 3:16-4:3, and is more comforting in character than the preceding one.結びの詩の予測3:16-4:3このセクションでカバーし、他の慰めには、文字よりも、上記の1つです。

The Fourth Division第4課

4:4-6 is a grand conclusion in which the great day of the Lord is once more referred to, and Elijah the prophet named as His forerunner. 4:4-6は、グランドの結論では、偉大な日の主は、一度は、他の言及をし、彼の先駆者としてイライジャの預言者の名前です。 We learn from Matt.私たちから学ぶマットです。 11: 14, Mark 9:11 and Luke 1:17 that John the Baptist is to be considered the type of this forerunner, but that Elijah is to come again to this earth is the opinion of many. 11 : 14日、マーク9時11分、ルカ1:17には、洗礼者ヨハネのタイプには、次の先駆者と見なさが、そのイライジャは、この地球に戻って来るの意見は、多くのです。 There are those who believe that he and Moses are the two witnesses in Revelation 11 that shall do wonders in Jerusalem during the reign of the Antichrist. whoと思われるには、これらの2つの目撃者に、彼とムーサーに啓示11日、エルサレムでは、奇跡的なことをするの治世中に反キリストです。

Questions 1. 質問 1 。 What is the peculiarity of this book?この本の特徴は何ですか? 2. 2 。 Give the proof that Malachi is contemporary with Nehemiah.マラキは、現代的な証拠を手に与えるとニーアマイアです。 3. 3 。 How do you explain God's "hatred" of Esau?神の説明をどのように"憎悪"のエサウですか? 4. 4 。 What argument against divorce is found here?どのような反対論が見つかりました離婚はありますか? 5. 5 。 How do some interpret the prediction about Elijah?いくつかの解釈についての予測はどうすればイライジャですか?


Malachias (Malachi) malachias (マラキ)

Catholic Information カトリックの情報

(Hebrew Mál'akhî), one of the twelve minor prophets. (ヘブライ語mál'akhî ) 、 1つは、 12小預言者です。

I. PERSONAGE AND NAME i.お方と名前を

It is the last book of the collection of the twelve Minor Prophets which is inscribed with the name of Malachias.これは、コレクションの最後の予約は、 12小預言者の名前が内接malachiasです。 As a result, the author has long been regarded as the last of the canonical prophets of the Old Testament.その結果、の著者は長年にわたり、正規の最後のと見なされて、旧約聖書の預言者です。 All that is known of him, however, is summed up in the tenor of his preaching and the approximate period of his ministry.すべてのことが知られ、彼は、しかし、テナーは、要約すると、彼の説教と彼の部のおよその期間です。 The Jewish schools identified him quite early with the scribe Esdras.非常に早い時期に発見彼のユダヤ人学校の筆記体エスドラス書です。 This identification, which is without historical value and is based according to St. Jerome on an interpretation given to Mal., ii, 7, was at first probably suggested by the tradition which beheld in Esdras the intermediary between the prophets and the "great synagogue", whose foundation was attributed to him and to which he was considered to have transmitted the deposit of doctrine handed down by the prophets (Pirqe Abhôth, I, 2).この身分証明書、これは歴史的な価値とはせずによると、聖ジェロームmal上で解釈を与えられた。 、 2世、 7日、第一は、おそらくこれによって提案されたの伝統beholdの過去過去分詞のエスドラス書の預言者との間の仲介者"偉大なシナゴーグ"で、その財団は彼に起因すると彼は考えを伝達の預金の教義には口碑には、預言者( pirqe abhôth 、私、 2 ) 。 The position of intermediary fully belonged to Esdras on the hypothesis that he was the last of the prophets and the first member of the "great synagogue".中間の位置を完全に所属していたという仮説に基づいてエスドラス書の最後のは、預言者との最初のメンバーは、 "偉大なユダヤ教の礼拝堂"です。 The name Malachias figures at the head of the book in the Septuagint. malachias人物の名前は、この本は、セプトゥアギンタ頭です。 The Alexandrine translator, however, did not understand Mal., i, 1, to contain the mention of the author's proper name; he translates the passage: "The word of the Lord by the hand of his Angel," so that he has evidently understood the Hebrew expression to be the common noun augmented by the suffix; he has, moreover, read Mál'akhô instead of Mál'akhî.翻訳者のアレキサンダー格、しかし、 malを理解しなかった。 、私は、 1日に言及したのには、著者の固有の名;彼の通過に変換: "という言葉は、主の手を彼の天使、 "彼は明らかにして理解して表現されるヘブライ語増強され、共通の名詞接尾辞;彼は、また、読み取りmál'akhôの代わりにmál'akhîです。 We cannot say whether this reading and interpretation should not be considered as an effect of Jewish speculations concerning the identity of the author of the book with Esdras, or whether an interpretation of this kind was not at the foundation of the same speculation.本を読むことはできないと言ってやるかどうかの解釈に影響はないと考えられるのは、ユダヤ人の身元に関する憶測本の著者は、おエスドラス書か、またはこのように解釈するかどうかではない憶測は、財団と同じです。 However that may be, the interpretation of the Septuagint found an echo among the ancient Fathers and ecclesiastical writers, and even gave rise, especially among the disciples of Origen, to the strangest fancies.しかしそれはそうかもしれないが見つかりましたセプトゥアギンタの解釈をするの祖先と古代教会山びこ作家、さらには上昇、特に、弟子の原産地、奇妙な妄想をします。

A large number of modern authors likewise refuse to see in Mál'akhî the proper name of the author.同様に、多数の現代作家を拒否するの名前を適切に表示さmál'akhîの著者です。 They point out that in Mal., iii, 1, the Lord announces: "Behold I send my angel (mál'akhî)...".彼らはmalと指摘している。 、三、 1 、主を発表: "見なさい私送る私の天使( mál'akhî )...". According to them, it is from this passage that the name Mál'akhî was borrowed by a more recent author, who added the inscription to the book (i, 1).それらによると、それはこの一節は、名前から借用された他のmál'akhîは、最近の著者、 whoが追加されました碑文を予約(私は、 1 ) 。 But, in the first place, this epithet Mál'akhî could not have the same value in i, 1, as in iii, 1, where it is the noun augmented by the suffix (my angel).しかし、まず第一に、この小名mál'akhîは、同じ値ができませんでした私、 1 、 3世のように、 1 、ここでは、名詞増強され、接尾辞(マイエンジェル)です。 For in i, 1, the Lord is spoken of in the third person, and one would expect the noun with the suffix of the third person, as in fact is given in the Septuagint (his angel).ために私は、 1日の主に3番目の人が話され、および1つの名詞の接尾辞を期待しての3番目の人のように、実際には指定されたセプトゥアギンタ(彼の天使)です。 The messenger of the Lord is moreover announced in iii, 1, to arrive thereafter (cf. iv, 5; Hebrew text, iii, 23); consequently no one could have imagined that this same messenger was the author of the book.また、メッセンジャーは、発表された3世の主は、 1 、その後に到着( cf. 4世、 5 ;ヘブライ語テキスト、 3世、 23 ) ;したがって誰もが同じ想像しては、本の著者は、メッセンジャーです。 There would remain the hypothesis that Mál'akhî in i, 1, should be understood as a qualifying word signifying angelicus --- ie he who was concerned with the angel, who prophesied on the subject of the angel (iii, 1). mál'akhîにとどまるという仮説に基づいて、私、 1 、予選の言葉として理解すべきであるシグニファイイングwho angelicus ---つまり彼は懸念してエンジェル、 who予言は、件名には天使( Ⅲ 、 1 ) 。 This explanation, however, is too far-fetched.この説明は、しかし、こじつけのはあまりにもです。 It is at least more probable that Mál'akhî in i, 1, should be understood as the proper name of the author, or as a title borne historically by him and equivalent to a proper name.これは、少なくとも私の他の予想をmál'akhîで、 1 、理解すべきであるとして、適切な名前の著者、またはタイトルとして歴史的には彼と同等の負担して適切な名を入力します。 We are no doubt in presence of an abbreviation of the name Mál'akhîyah, that is "Messenger of Yah".我々は存在するのは疑いのmál'akhîyahの名前を短縮したもの、それは"メッセンジャーの州のyah "です。

II. Ⅱ 。 CONTENTS OF THE BOOKこの本の内容を

The Book of Malachias in the Hebrew comprises three chapters.この本の3つの章で構成さmalachiasは、ヘブライ語です。 In the Greek Bible and in the Vulgate in contains four, chapter iii, 19 sqq., of the Hebrew forming a separate chapter.は、ギリシャ語聖書とは、 4つの流布本が含まれ、第3章、 19 sqq 。 、別の章では、ヘブライ語を形成する。 The book is divided into two parts, the first extending from i, 2, to ii, 16, and the second from ii, 17, to the end.この本は、 2つの部分に分かれて、私からの最初の延長、 2 、 2世、 16日、 2番目から2世、 17日、して終了します。 In the first the prophet first inveighs against the priests guilty of prevarication in their discharge of the sacrificial ritual, by offering defective victims (i, 6-ii, 4), and in their office of doctors of the Law (ii, 5-9).預言者ムハンマドの最初の最初の司祭に有罪判決をinveighs言い逃れに反対する放電は、いけにえの儀式には、不良品の犠牲者を提供する(私は、 6 - 2世、 4 ) 、またかれらのオフィスの医師は、法( 2世、 5-9 ) 。 He then accuses the people in general, condemning the intestine divisions, the mixed marriages between Jews and Gentiles (ii, 10-12), and the abuse of divorce (ii, 13-16).彼は人々を非難して一般的には、非難て腸の部分は、ユダヤ人との間に結婚混合gentiles ( 2世、 10-12 ) 、との離婚の乱用( 2世、 13-16 ) 。 The second part contains a discourse full of promise. 2番目の部分には、いっぱいの談話を約束します。 To a first complaint concerning the impunity which the wicked enjoy (ii, 17), Yahweh replies that the Lord and the angel of the New Testament are about to come for the purpose of purifying the sons of Levi and the entire nation (iii, 1-5); if the people are faithful to their obligations, especially with respect to the tithes, they will be loaded with Divine blessings (iii, 6-12).最初の苦情のおとがめもしては、邪悪なお楽しみ( 2世、 17 ) 、ヤハウェの返信は、主と天使のように来るのは約新約聖書の浄化を目的とする国全体の息子のレヴィ( Ⅲ 、 1 -5 ) ;の場合、人々はその履行義務を忠実に、特に十分の一を尊重して、彼らに神の祝福でロードされる( Ⅲ 、 6-12 ) 。 To a second complaint concerning the afflictions that fall to the lot of the just, while the wicked succeed in everything (iii, 13), Yahweh gives answer that on the day of his justice the good will take a glorious revenge (iii, 14 sqq.). 2番目の諸問題を提起に関する多くののに落下することだけは、何事にも成功するが、邪悪な( 3世、 13 ) 、ヤハウェは、彼の答えにすると、正義の良い日は、栄光にリベンジ( 3世、 14 sqq 。 ) 。 The book closes with a double epilogue; the first recalls the remembrance of Moses, and the laws promulgated on Mount Horeb (iv, 4; Hebrew text, iii, 22); the second announces the coming of Elias before the day of Yahweh (iv, 5-6; Heb., iii, 23-24).この本を閉じると、ダブルエピローグ;の最初のリコールを思い出すムーサーよ、との法律に公布さマウントホレブ( 4 、 4 ;ヘブライ語テキスト、 3世、 22 ) ;エリアス2番目の発表の前に、今後の日のヤハウェ( 4世、 5-6 ;なしで。 、 3 、 23-24 ) 。 The unity of the book taken as a whole is unquestionable; but many critics consider as the addition of another hand either both the epilogues or at least the second.この本の結束を全体として見るとは、疑う余地;しかし、多くの批評家として、また別の手を考慮のいずれかまたは両方のepilogues 、少なくとも2番目のです。 There is indeed no connexion between these passages and what goes before, but from this consideration alone no certain conclusion can be drawn.実際の接続には、これらの通路との間に何が起きる前に、しかし、この配慮からだけでは、特定の結論が描かれています。

III. Ⅲ 。 DATE OF COMPOSITIONこの評価を組成

The opinion brought forward some time ago, that the book of Malachias was composed in the second century BC, has received no support.いくつかの意見繰越時間前、 malachiasには、この本の構成は、紀元前2世紀は、サポートしていませんが受信します。 Critics are practically agreed in dating the book from about the middle of the fifth century BC The text itself does not furnish any explicit information, but many indications are in favour of the assigned date:デートの批評家は、実質的に合意され、書籍の半ばごろから紀元前5世紀のテキストは、それ自体はまだ提出任意の明示的な情報については、しかし、多くの支持を勘案すると、割り当てられた日付:

(a) mention of the Peha (i, 8), as the political head of the people takes us back to the Persian period; the title of Peha was indeed that borne by the Persian governor especially at Jerusalem (Haggai 1:1; Ezra 5:14; Nehemiah 5:14-15); (ア)に言及したpeha (私は、 8 ) 、政治的な頭の人々としては、期先においては、ペルシャ語; pehaのタイトルを負担することは、確かにペルシャ語知事特にエルサレム(ハガイ1:1 ;エズラ5:14 ;ニーアマイア5:14-15 ) ;

(b) the book was not composed during the first years that followed the return from the Babylonian captivity, because not only the Temple exists, but relaxation in the exercise of worship already prevails (Malachi 1:6 sqq.); ( b )は予約時に、最初の年で構成さはないが、バビロン捕囚からの帰還後、同寺のためだけでなく、存在する場合は、しかし、礼拝の行使を緩和し、すでに優勢(マラキ1時06 sqq 。 ) ;

(c) on the other hand it is hardly probable that the discourses of Malachias are of later date than Nehemias. ( c )を、他の手のことはほとんど予想は、談話のmalachiasは、以降の日付よりnehemiasです。 In the great assembly which was held during the first sojourn of Nehemias at Jerusalem, among other engagements, the people had taken that of paying the tithes regularly (Nehemiah 10:38), and history testifies that in this respect the adopted resolutions were faithfully carried out, although in the distribution of the tithes the Levites were unjustly treated (Nehemiah 13:5, 10, 13).偉大なアセンブリで開催された時に、最初の滞在先のエルサレムnehemias 、他の契約のうち、これまでの人々が定期的に払って十分の一(ニーアマイア10:38 ) 、と歴史が証明して、この決議は尊重し、忠実に運ばアウト、ものの、十分の一の分布は、不当に扱われるのはlevites (ニーアマイア13時05分、 10 、 13 ) 。 Now Malachias complains not of the injustice of which the Levites were the object, but of the negligence on the part of the people themselves in the payment of the tithes (iii, 10).今すぐmalachiasの不満はないのは、不公平levitesは、オブジェクト、しかし、過失を検索する部分の人々自身でのお支払いは、十分の一( 3世、 10 ) 。 Again, Malachias does not regard mixed marriages as contrary to a positive engagement, like that which was taken under the direction of Nehemias (Nehemiah 10:30); he denounces them on account of their unhappy consequences and of the contempt which they imply for the Jewish nationality (Malachi 2:11, 12);再度、混合malachiasはありません結婚について肯定的に反して婚約として、どのように方向性の下にはnehemias (ニーアマイア10:30 ) ;彼denouncesしてアカウントに不幸な結果をもたらすとの意味を侮辱れてユダヤ人の国籍(マラキ2:11 、 12 ) ;

(d) it is not even during the sojourn of Nehemias at Jerusalem that Malachias wrote his book. (エ)ではないの滞在中にもエルサレムnehemiasは彼の本を書いたmalachiasです。 Nehemias was Peha, and he greatly insists upon his disinterestedness in the exercise of his functions, contrary to the practices of his predecessors (Nehemiah 5:14 sqq.); but Malachias gives us to understand that the Peha was severely exacting (i, 8); nehemiasはpeha 、と彼は非常に関心がないと主張する彼は、彼の運動機能、慣行に反して、彼の前任者(ニーアマイア5:14 sqq 。 ) ;しかし、 malachias与えてくれるのを理解することで深刻なpehaは、厳格な(私は、 8 ) ;

(e) The date of composition can only fall within some short time before the mission of Nehemias. (オ)の範囲内でのみこの評価を組成する前にいくつかの短い時間nehemiasの使命です。 The complaints and protestations to which this latter gives expression (Nehemiah 2:17; 4:4 sq.; 5:6, sqq., etc.) are like an echo of those recorded by Malachias (iii, 14, 15). protestationsの苦情や、この後者を与える表現(ニーアマイア2:17 ;午前4時04平方;午前5時06分、 sqq 。 、等)は、これらのエコーのように記録されmalachias ( Ⅲ 、 14 、 15 ) 。 The misfortune that weighted so heavily upon the people in the days of Malachias (iii, 9 sqq.) were still felt during those of Nehemias (Nehemiah 5:1 sqq.).加重するために多額の不幸の人々は、日間のmalachias ( Ⅲ 、 9 sqq 。 )それらの中にはまだフェルトnehemias (ニーアマイア5:1 sqq 。 ) 。 Lastly and above all, the abuses condemned by Malachias, namely, the relaxation in religious worship, mixed marriages and the intestine divisions of which they were the cause (Malachi 2:10-12; cf. Nehemiah 6:18), the negligence in paying the tithes, were precisely the principal objects of the reforms undertaken by Nehemias (Nehemiah 10:31, 33, sqq., 10:38 sqq.).最後に、なによりも、非難されるの虐待malachias 、すなわち、宗教上の礼拝の緩和は、結婚と混合されていた腸の部門の原因(マラキ書2:10-12 ;継続前誌です。ニーアマイア6:18 )は、過失で十分の一払って、正確に、校長が実施され、改革のオブジェクトのnehemias (ニーアマイア10:31 、 33 、 sqq 。 、 10:38 sqq 。 ) 。 As the first mission of Nehemias falls in the twentieth year of Artaxerxes I (Nehemiah 2:1), that is in 445 BC, it follows that the composition of the Book of Malachias may be placed about 450 BC nehemiasとしての最初のミッションの滝になるのは、 20年のアルタクセルクセス私(ニーアマイア2:1 ) 、紀元前445されている、それは、次のように、書籍のmalachiasの組成を約450紀元前5月に置かれる

IV. Ⅳ 。 IMPORTANCE OF THE BOOKこの本の重要性を

The importance lies (1) in the data which the book furnishes for the study of certain problems of criticism concerning the Old Testament, and (2) in the doctrine it contains.うその重要性( 1 )予約furnishesのデータは、特定の問題の研究のための批判を浴びることに関して、旧約聖書の、および( 2 )の教義が含まれています。

(1) For the study of the history of the Pentateuch, it is to be remarked that the Book of Malachias is directly connected with Deuteronomy, and not with any of those parts of the Pentateuch commonly designated under the name of priestly documents. ( 1 )研究の歴史は五、それはされるのは、その書籍を申命記malachiasに直接接続し、それらのいずれかの部分ではなく、五の名の下に聖職者の共通ドキュメントを指定します。 Thus Mal., i, 8, where the prophet speaks of the animals unfit for sacrifice, brings to mind Deut., xv, 21, rather than Lev., xxii, 22 sq.; the passage in Mal., ii, 16, relating to divorce by reason of aversion, points to Deut., xxiv, 1.したがってmal 。 、私は、 8日、ここで話すの預言者ムハンマドに適さないの動物を犠牲に、 deutが念頭に浮かぶ。 、 15 、 21 、レフではなく、 xxii 、 22平方;の通過にmal 。 、 2世、 16日、離婚の嫌悪感を理由に関連して、ポイントをdeut 。 、 24 、 1 。 What is even more significant is that, in his manner of characterizing the Tribe of Levi and its relations with the priesthood, Malachias adopts the terminology of Deuteronomy; in speaking of the priests, he brings into evidence their origin not from Aaron but from Levi (ii, 4, 5 sqq.; iii, 3 sq.).何がもっと重要なのは、彼の態度の特性とその部族のレヴィ聖職に就くとの関係を、用語を採用してmalachias申命記;は、司祭と言えば、彼はその起源はない証拠をもたらすアーロンしかし、よりレヴィ( 2世、 4 、 5 sqq 。 ; 3世、 3平方)です。 Consequently, it would be an error to suppose that in this respect Deuteronomy represents a point of view which in the middle of the fifth century was no longer held.その結果、エラーが発生してすることが尊重すると仮定して、この観点から申命記は、これは、真ん中に5世紀は、もはや開かれた。 Let us add that the first of the two epilogues, with which the book concludes (iv, 4; Hebrew text, iii, 32), is likewise conceived in the spirit of Deuteronomy.ご連絡を追加し、最初の2つのepilogues 、予約は、結論( 4 、 4 ;ヘブライ語テキスト、 3世、 32 )は、申命記の精神で同様に考えています。

The examination of the Book of Malachias may be brought to bear on the solution of the question as to whether the mission of Esdras, related in I Esd., vii-x, falls in the seventh year of Artaxerxes I (458 BC), that is to say, thirteen years before the first mission of Nehemias, or in the seventh year Artaxerxes II (398 BC), and therefore after Nehemias.その本の審査によってもたらさmalachias年5月に耐える上の問題の解決策としての使命をエスドラス書かどうか、私のESD関連して、七- Xや滝アルタクセルクセス私は、 7年(紀元前458 ) 、そのを言うが、 13年前の最初のミッションのnehemias 、または7年のアルタクセルクセス2世(紀元前398 ) 、およびそのためnehemiasした後です。 Immediately after his arrival in Jerusalem, Esdras undertakes a radical reform of the abuse of mixed marriages, which are already considered contrary to a positive prohibition (Ezra 10).彼のご到着後すぐに、エルサレム、エスドラス書では、抜本的な改革は、結婚の不正使用を混合、これに反して前向きな考えはすでに禁止(エズラ10 ) 。 He tells us also that, supported by the authority of the King of Persia and with the co-operation of the governors beyond the river, he laboured with full success to give to religious worship all its splendour (Ezra 7:14, 15, 17, 20-8:36).彼にも教えてくれるが、権威をサポートしてザキングオブペルシャとの協力の知事は、川の向こうに、彼の成功を与えるlabouredを完全にすべての宗教上の礼拝に豪華(エズラ7:14 、 15 、 17 、 20-8:36 ) 。 And nothing whatever justifies the belief that the work of Esdras had but an ephemeral success, for in that case he would not in his own memoirs have related it with so much emphasis without one word of regret for the failure of his effort.と何も何の仕事を正当化エスドラス書という信念を持っていたが、つかの間の成功は、そのような場合はない彼は、自分自身の回顧録に関連することなくこれだけの強調に対する遺憾の意を1つの単語の彼の努力が失敗した。 Can data such as these be reconciled with the supposition that the state of affairs described by Malachias was the immediate outcome of the work of Esdras related in I Esd., vii-x?データが仲直りすることで、このような情勢と仮定して記述されてmalachiasは、即時の結果を関連の仕事を、私のESDエスドラス書です。 、七-いますか?

(2) In the doctrine of Malachias one notices with good reason as worthy of interest the attitude taken by the prophet on the subject of divorce (ii, 14-16). ( 2 )は、原則としてmalachias正当な理由が1つの通知に値するの関心の的な態度をとられて預言者の件名の離婚( 2世、 14-16 ) 。 The passage in question is very obscure, but it appears in v. 16 that the prophet disapproves of the divorce tolerated by Deut., xxvi, 1, viz., for cause of aversion.質問の通過には非常に曖昧な、それが表示されv. 16は、預言者が承認しない場合は、離婚deut容認されています。 、 26 、 1 、 viz 。 、嫌悪感が原因で発生します。

The Messianic doctrine of Malachias especially appeals to our attention.教義の救世主malachias特に私たちの訴えを手当てを受ける。 In Mal.でmal 。 iii, 1, Yahweh announces that he will send his messenger to prepare the way before Him.三、 1 、ヤハウェを発表し彼はその使徒を送る彼の前の道を準備する。 In the second epilogue of the book (iv, 5, 6; Heb., text, iii, 23 sq.), this messenger is identified with the prophet Elias.エピローグの2番目の予約( 4 、 5 、 6 ;なしで。 、テキスト、 3世、 23平方)は、このメッセージは、預言者ムハンマドエリアス識別します。 Many passages in the New Testament categorically interpret this double prophecy by applying to John the Baptist, precursor of our Lord (Matthew 11:10, 14; 17:11-12; Mark 9:10 sqq.; Luke 1:17).多くの通路は、新約聖書解釈断定的に予言され、この二重に適用する洗礼者ヨハネ、前駆体の私たちの主(マタイ11:10 、 14 ; 17:11-12 ;マーク9:10 sqq 。 ;ルーク1:17 ) 。 The prophecy of Malachias, iii, 1, adds that, as soon as the messenger shall have prepared the way, "the Lord, whom you seek, and the angel of the testament, whom you desire," will come to His temple. malachiasの予言を、 3世、 1 、追加は、メッセンジャー次第、すぐには用意する方法は、 "主よ、誰を求める、との天使の遺言、約することを願い、 "彼の寺に来ています。 The Lord is here identified with the angel of the testament; this is evident from the construction of the phrase and from the circumstance that the description of the mission of the angel of the testament (vv. 2 sq.) is continued by the Lord speaking of Himself in the first person in v. 5.主がここに発見し、天使の遺言が、これは明らかなフレーズからの建設との説明をしてからの状況の使命は、天使の遺言( vv. 2平方)は、以下のものが主言えば第一人には自身のv. 5 。

A particularly famous passage is that of Mal., i, 10-11.通路は、特に有名なのmal 。 、私、 10-11 。 In spite of a difficulty in the construction of the phrase, which can be avoided by vocalizing one word otherwise than the Massoretes have done (read miqtar, Sept. thymiama, instead of muqtar in verse 11), the literal sense is clear.にもかかわらず、建設するのが困難で、フレーズ、これを避けることができます他の1つの単語をvocalizingこれまでよりもmassoretes (先を読むmiqtar 、 2005年9 thymiama 、 muqtarの代わりに、韻文11 )は、文字どおりの意味は明らかです。 The principal question is to know what is the sacrifice and pure offering spoken of in v. 11.の主要な問題は何を知っては、犠牲と話さの純粋さを提供v. 11 。 A large number of non-Catholic exegetes interpret it of the sacrifices actually being offered from east to west at the time of Malachias himself.数多くの非カトリックexegetesて解釈することは、実際に提供犠牲東から西へmalachias時点で、自分自身です。 According to some, the prophet had in view the sacrifices offered in the name of Yahweh by the proselytes of the Jewish religion among all the nations of the earth; others are more inclined to the belief that he signifies the sacrifices offered by the Jews dispersed among the Gentiles.いくつかによると、預言者ムハンマドが犠牲に表示するにヤハウェの名前を提供してproselytesされたユダヤ人の宗教の間のすべての国の地球;他の人の他の傾斜を意味するという信念を持って彼の犠牲に分散したユダヤ人の間で提供されてのgentilesです。 But in the fifth century BC neither the Jews dispersed among the Gentiles nor the proselytes were sufficiently numerous to justify the solemn utterances used by Malachias; the prophet clearly wants to insist on the universal diffusion of the sacrifice which he has in view.しかし、紀元前5世紀の間に分散したユダヤ人のどちらも、 gentiles proselytesは厳粛な発言を正当化するに十分な数多くの使用されてmalachias ;の預言者を明確にしたいの普遍の拡散を主張するのいけにえを彼には表示されます。 Hence others, following the example of Theodore of Mopsuestia, think they can explain the expression in v. 11 as referring to the sacrifices offered by the pagans to their own gods or to the Supreme God; those sacrifices would have been considered by Malachias as materially offered to Yahweh, because in fact Yahweh is the only true God.それゆえ他、以下の例をモプスエスティアのテオドロス、表現の考えを説明することができますv. 11を参照して犠牲として提供され、多神教徒を彼ら自身の神々や、最高神;それらの犠牲にされているmalachiasとしては実質的ヤハウェ提供するため、実際にヤハウェは神のみが、真のです。 But it appears inconceivable that Yahweh should, by means of Malachias, have looked upon as "pure" and "offered to his name" the sacrifices offered by the Gentiles to this or that divinity; especially when one considers the great importance Malachias attaches to the ritual (i, 6 sqq., 12 sqq.; iii, 3 sq.) and the attitude he takes towards foreign peoples (i, 2 sqq.; ii, 11 sq.).しかし、それが表示されたら想定しヤハウェは、 malachiasによって、顔時としては、 "純粋な"と"彼の名前を提供する" gentilesで提供されて犠牲にあれかこれか神性;特に考慮するときに非常に重要な1つにアタッチしてmalachias儀式(私、 6 sqq 。 、 12 sqq 。 ; 3世、 3平方)との姿勢を彼は外国人の人々 (私、 2 sqq 。 ; 2世、 11平方)です。 The interpretation according to which chap.これによると、男の解釈です。 i, 11, concerns the sacrifices in vogue among the Gentiles at the epoch of Malachias himself fails to recognize that the sacrifice and the pure offering of v. 11 are looked upon as a new institution succeeding the sacrifices of the Temple, furnishing by their very nature a motive sufficient to close the doors of the house of God and extinguish the fire of the altar (v. 10).私は、 11日、懸念の間で流行して犠牲を払うのは、エポックのgentiles malachiasと認識して自分自身を犠牲に失敗すると、純粋な顔に一一アールv.提供の新機関としての成功の犠牲同寺は、提出されて非常に自然にドアを閉じるには十分な動機の家の火を消すのは、神との祭壇(動10 ) 。 Consequently v. 11 must be considered as a Messianic prophecy.その結果11 v.予言救世主として考慮する必要があります。 The universal diffusion of the worship of Yahweh is always proposed by the prophets as a characteristic sign of the Messianic reign.ユニバーサル拡散を崇拝ヤハウェは、常に提案されたサインの特徴は、預言者として君臨するの救世主です。 That the phrase is construed in the present tense only proves that here, as on other occasions, the prophetic vision contemplates its object absolutely without any regard to the events that should go before its accomplishment.解釈さは、フレーズは、現在の形だけの証明がなさここでは、他の機会として、そのオブジェクトの予言的なビジョンcontemplatesことなく確実につきまして、そのイベントを達成する前に行くべきです。 It is true that Mal., iii, 3-4, says that after the coming of the angel of the testament the sons of Levi will offer sacrifices in justice, and that the sacrifice of Juda and Jerusalem will be pleasing to the Lord.それは事実だが、 mal 。 、 3 、 3-4 、によると、天使の後に来るのは、遺言のレヴィの息子の犠牲に正義を提供し、 judaは、犠牲にして良いとされるエルサレムの主です。 But the new institutions of the Messianic reign might be considered, either inasmuch as they were the realization of the final stage in the development of those of the Old Testament (and in this case they would naturally be described by the help of the images borrowed from the latter), or inasmuch as they implied the cessation of those of the Old Testament in their proper form.しかし、新しい制度の治世の救世主かもしれないと考え、どちらか〜だけれども彼らは、実現のためにはそれらの開発の最終段階で、旧約聖書の(この場合は当然のことながら彼らの助けを借りて記述され、画像から借りた後者の)か、または黙示の停止を考慮して、旧約聖書のそれらを各々の適切フォームです。 In Mal., iii, 3-4, the religious institutions of the Messianic reign are considered from the former point of view, because the language is consolatory; in Mal, i, 10, 11, they are considered from the latter point of view, because the language here is menacing.でmal 。 、 3 、 3-4 、宗教的な機関は、救世主の治世は、前者の観点から検討するため、この言語は、見舞;でMALマチダ設計事務所、私、 10 、 11 、彼らは後者の観点から検討するこれは、言語については、恐ろしいです。

Certain authors, while admitting the Messianic character of the passage, think that it should be interpreted not of a sacrifice in the strict sense of the word, but of a purely spiritual form of devotion.特定の作家、救世主の文字をしながらの通過に認める、と解釈されるべきであると考えてのを犠牲にしないという言葉は、厳密に言えば、精神的な形ではなく、純粋に献身します。 However, the terms employed in v. 11 express the idea of a sacrifice in the strict sense.しかし、 v. 11の条件で採用され考えを表現して、厳密な意味を犠牲にしています。 Moreover, according to the context, the censured sacrifices were not considered impure in their quality of material sacrifices, but on account of the defects with which the victims were affected; it is consequently not on account of an opposition to material sacrifices that the offering spoken of in v. 11 is pure.また、コンテキストによると、非難の犠牲を払うのではと考え不純な素材の質を犠牲ではなく、アカウントの欠陥では、犠牲者が影響を受けることは、その結果を特定のアカウントに反対の立場を犠牲にして材料を提供話さv. 11は、純粋なのさ。 It is an altogether different question whether or not the text of Malachias alone permits one to determine in a certain measure the exact form of the new sacrifice.これは完全に別の質問のテキストをするかどうかを判断する1つの許可証malachiasだけでは、ある特定の測定して、新しい犠牲に正確なフォームです。 A large number of Catholic exegetes believe themselves justified in concluding, from the use of the term minhah in v. 11, that the prophet desired formally to signify an unbloody sacrifice.カトリックexegetes 、多数の締結と信じて正当化されない、という用語の使用をよりminhah 、 v. 11日、正式には、希望の預言者の血に染まっていないの犠牲を意味します。 The writer of the present article finds it so much the more difficult to decide on this question, as the word minhah is several times employed by Malachias to signify sacrifice in the generic sense (i, 13; ii, 12, 13; iii, 3, 4, and in all probability, i, 10).その作家の記事は、現在の検出をより難しくすることを決定するなおさらこの質問に、言葉としては、数回minhahを示すmalachiasを犠牲に雇用され、汎用のセンス(私は、 13 ; 2世、 12 、 13 ; 3世、 3 、 4 、およびすべての確率、私、 10 ) 。 For the rest, the event has shown how the prophecy was to be realized.で、残りは、イベントがどのように表示される予言は実現しています。 It is of the Eucharistic sacrifice that Christian antiquity has interpreted the passage of Malachias (cf. Council of Trent, Sess. XXII, 1). eucharisticを犠牲にすることがキリスト教の古代の通過を解釈してはmalachias ( cf.評議会トレント、 sess 。 xxii 、 1 ) 。

Publication information Written by A. Van Hoonacker.出版物の情報執筆者a.ヴァンhoonackerです。 Transcribed by Thomas J. Bress.トーマスbress転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.のは、カトリックの百科事典、第20巻9世です。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

TORREY, The Prophecy of Malachi in Journal of Soc.トーリーは、マラキの予言的なSOCのジャーナルです。 for Biblical Lit.聖書を点灯します。 (1898), pp. ( 1898 ) 、 pp 。 1 sqq.; PEROWNE, Book of Malachi (Cambridge, 1896); REINKE, Der Prophet Maleachi (1856). 1 sqq 。 ;ペローン、マラキ書(ケンブリッジ、 1896 ) ;ラインケ、 der預言者maleachi ( 1856 ) 。 Consult also Commentaries on te Minor Prophets by SMITH (1900); DRIVER (Nahum-Malachi; Century Bible); KNABENBAUER (1886); WELLHAUSEN (1898); NOWACK (1904); MARTI (1904); VAN HOONACKER (1908); also Introductions to the Old Testament (see AGGEUS.)相談に解説するte小預言者でもスミス( 1900 ) ;ドライバ(ナホム-マラキ;世紀の聖書) ; knabenbauer ( 1886 ) ;ヴェルハウゼン( 1898 ) ;ノバック( 1904 ) ;マーティ( 1904 ) ;ヴァンhoonacker ( 1908 ) ;もを紹介して、旧約聖書の( aggeusを参照。 )


Book of Malachiマラキ書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Contents.内容です。

Prophetic Tone.予言的なトーンです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

-Critical View:クリティカルな対象:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The Book of Malachi is the last in the canon of the Old Testament Prophets.このマラキ書の最後のは、キヤノンは、旧約聖書の預言者です。 It has three chapters in the Masoretic text, while in the Septuagint, the Vulgate, and the Peshiṭta it has four.それには、 3つの章を参照してmasoreticテキスト、中に、セプトゥアギンタは、ウルガタ聖書の、 4つのことがpeshiṭtaとします。 The King James Version also, following the latter versions, has four chapters.ザキングジェームズバージョンまた、後者の次のバージョンでは、 4つの章で述べます。 As in the books of Isaiah, Lamentations, and Ecclesiastes, the last verse in the Masoretic text is a repetition of the last verse but one.のように、書籍のイザヤ書、哀歌、伝道の書、 masoreticテキストの最後の詩は、繰り返しの最後の詩は、しかし、 1つです。 The style of the book is more prosaic than that of any of the other prophetical books; the parallelism met with in the others is here less pronounced, and the imagery often lacks force and beauty.この本は、他のスタイルを平凡なのいずれかに比べて、他の机上の書籍;の並列処理に会って、他の発音がここに少ない、と頻繁に欠けて力と美しさのイメージです。 The method of treatment is rather novel; it approaches the teaching method of the schools; Cornill speaks of it as "casuistic-dialectic."治療の方法はかなり小説;ことに近づくと、学校教育法;コルニル話すことを"決疑論-弁証法的です。 " Thus the prophet first states his proposition; then he follows with remonstrances that might be raised by those he addresses; finally he reasserts his original thesis (comp. i. 2 et seq., 6 et seq.; ii. 13 et seq., 17; iii. 8, 13 et seq.).したがって、最初の状態預言者彼の命題; remonstrances入力し、彼は以下の通りとされる可能性が提起されたこれらの彼のアドレス; reasserts最後に彼は彼のオリジナル論文( comp. i. 2頁以降を参照。 、 6頁以降を参照。 ; Ⅱ 。 13頁以降を参照。 、 17 ; Ⅲ 。 8 、 13頁以降を参照。 ) 。 This form adds vividness to the argument.このフォームを生き生きとしているの引数を追加します。 The book may be divided into three sections-(1) i.本年5月の3つのセクションに分けられる- ( 1 ) I.初回 1-ii. 1 - Ⅱ 。 9; (2) ii. 9 ; ( 2 ) 2世です。 10-17; (3) iii. 10-17 ; ( 3 ) Ⅲ 。 (AV iii. and iv.), the divisions given being those of the Masoretic text.違反( AV Ⅲ 。およびIVです。 )は、これらの部門が与えられたのmasoretic本文です。

Contents.内容です。

Ch.あなたのです。 i.わたし。 2-ii. 2 - Ⅱ 。 9 represent Yhwh as Ruler and loving Father. 9表すyhwhとして定規と子煩悩ね。 It opens with a tender allusion to the love shown by Yhwh to Judah in the past; yet Judah acted faithlessly, deserting its benefactor.入札に言及してポップアップが表示さyhwhの愛を編集して項目をユダ;はまだありませんユダ行動faithlessly 、脱走の恩人です。 Malachi then addresses himself to the priests, those who are to lead the people in the way of Yhwh.マラキ自身のアドレスを入力し、司祭は、これらのwhoは、人々をリードしてyhwhの邪魔をする。 He castigates them for being derelict in their duty by offering on Yhwh's altars polluted bread and animals that have blemishes.彼はそれらをcastigatesを提供する義務が見捨てられたのyhwhの祭壇にパンや動物を汚染して打ちどころがない。 By doing so they show that they despise Yhwh (i. 6-10).そうすることにより彼らを軽蔑して詳細yhwh ( i. 6-10 ) 。 But Yhwh can do without their worship, for the time will come when the whole heathen world will worship Him (i. 11-14).しかし、その崇拝yhwhがなくてもいい、全体の時間が来ることを世界は異教徒に仕えなさい( i. 11-14 ) 。 If the priests will not heed the admonition, dire punishment will be visited upon them (ii. 1-8).司祭はない場合は、訓戒に留意する、恐ろしい罰を訪問されるかれら( ii. 1-8 ) 。

Ch.あなたのです。 ii. Ⅱ 。 10-17 speaks of Yhwh as the supreme God and Father of all, and inveighs against those who had left their Jewish wives and married heathen women. 10-17話すのyhwhとして最高の父のすべての神と、およびそれらのwho inveighs対左にユダヤ人の妻と結婚は異教徒の女性です。

Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 (AV iii. and iv.) speaks of Yhwh as the righteous and final Judge.違反( AV Ⅲ 。およびIVです。 ) yhwhとして正しいと話すの最終判断します。 It begins with the announcement that the messenger of Yhwh will come to prepare the way for Him by purifying the social and religious life (1-4).これで始まるyhwhが発表されると使徒が来るのを浄化するための地ならしをする彼のことを社会的、宗教的な生活( 1-4 )です。 Yhwh will call to judgment all those who have transgressed the moral law and have been lax in the observance of the ritual; He invites all who have gone astray to return to Him and receive His blessings (5-15).すべての判断は不可yhwh who越えたのは道徳的な法の遵守しているが、ずさんな儀式;彼whoは迷った者のすべての招待に戻るには彼と彼の祝福を受ける( 5-15 ) 。 The faithful will be blessed, while those who persist in disobeying the law of God will be punished (16-21).忠実な祝福される、これらの法律who神の言うことを聞かないことに固執して処罰される( 16-21 ) 。 The book closes with a final exhortation to the godly.この本の最終勧告を明日に信心深い。

Prophetic Tone.予言的なトーンです。

Malachi, as opposed to the other prophetical books, lays much stress upon ceremonial observance (i. 6 et seq., 13 et seq.; iii. 7 et seq., 22): the priest is Yhwh's messenger (ii. 7, iii. 3 et seq.), and the law of Moses, with its statutes and observances, must be strictly observed (iii. 22).マラキ、机上のとは対照的に、他の書籍、多くのストレスを産む儀式遵守( i. 6頁以降を参照。 、 13頁以降を参照。 ; Ⅲ 。 7頁以降を参照。 、 22 ) :司祭はyhwhの使徒( ii. 7日、 3世です。 3頁以降を参照。 ) 、および同法のムーサー、その法令や儀式は、厳密に観察しなければならない( iii. 22 ) 。 Yet he is not a formalist; the book breathes the genuine prophetic spirit.彼はまだありません形式ではありませんし、予約吸い込んだ、正規の予言の精神です。 Thus, from the idea of the brotherhood of all Israelites he deduces the social duties which they owe to one another (ii. 10).このように、という考えから、同胞団のすべてのイスラエルdeduces彼のおかげで彼らの社会的義務を1つの別の( ii. 10 ) 。 Ceremonial observance is of value in his eyes only so long as it leads to spiritual service.儀式の値を順守彼の目が限られていれば、精神的なサービスをリードします。 In scathing language he lays bare the moral degeneracy of his time, a time given over to adultery, false swearing, oppression of the hireling and the widow and the fatherless (iii. 5 et seq.).むき出しの痛烈な言語を産むの道徳的な縮退彼は彼の時代は、与えられた時間を姦通、偽証、弾圧は、金目当てに働く人との未亡人と母子( iii. 5頁以降を参照。 ) 。 Especially severe is he toward those who had entered into wedlock with heathen women (ii. 11-16).特に重度のは、彼に向かっ結婚生活にそれらを入力するとwhoは異教徒の女性( ii. 11-16 ) 。

The conditions that existed under his predecessors Haggai and Zechariah seem to have existed at the time of Malachi.彼の前任者の条件の下に存在しハガイゼカリヤように存在している時点マラキです。 The Exile is a matter of the past; the Temple is built, and sacrifices are being offered (i. 10, iii. 1-10).問題の亡命者は、編集して項目;同寺は、建設、および犠牲にされて提供( i. 10 、 Ⅲ 。 1-10 ) 。 Malachi describes most faithfully the temper of his generation.マラキ最も忠実に説明し、彼の世代の気性のです。 The people had strayed away from Yhwh, and sought, by an assumption of indifference and by mockery, to hide their restlessness. strayedの人々からはyhwh 、と求められ、想定される嘲笑の無関心とされ、その不穏を非表示にします。 The exiles had been disillusioned when they found the land of their fathers a wilderness.幻滅を感じていたの亡命者の土地が見つかりましたときに、自分の父親を渡りました。 Drought, locusts, failure of harvests (iii. 10 et seq.) had deepened their discontent.干ばつ、バッタ、失敗の収穫( iii. 10頁以降を参照。 )の不満が強まっています。 Yhwh's sanctuary had been rebuilt, but still their condition did not improve; they were growing impatient and were asking for proofs of Yhwh's love (iii. 13 et seq.).再構築の聖域yhwhていたが、それでもその条件を改善しなかった;彼らは成長するとはせっかちな証拠を求めるyhwhの愛( iii. 13頁以降を参照。 ) 。 Under the pressure of these unfavorable circumstances, priests and people neglected to show Yhwh the honor due to Him (i. 2 et seq.).圧力の下に、これらの不利な状況では、僧や人々を軽視し詳細yhwhの名誉のために彼( i. 2頁以降を参照。 ) 。 Malachi lays stress upon the inevitableness of the Day of Judgment, the coming of which would prove to the skeptical that devotion and fear of God are not in vain, but will be rewarded.マラキ産む時のストレスinevitablenessのは復活の日には、これが到来したことを立証することに懐疑的な献身と、神への恐れはないが無駄になる、しかし、すれば報われる。 The messenger of Yhwh and the Last Judgment form the closing theme of Malachi's prophecy. yhwhの使徒との最後の判断を形成して閉会マラキの予言をテーマにします。 The messenger will come in the person of Elijah, who will regenerate the people and restore them to union with Yhwh.使徒が来る人は、イライジャ、 whoを再生成して労働組合の人々と復元をyhwhです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Malachi is identified with Mordecai by R. Naḥman and with Ezra by Joshua b.マラキはモルデカイ都市naḥmanと識別され、ジョシュアb.エズラ Ḳarḥa (Meg. 15a). ḳarḥa ( meg. 15a ) 。 Jerome, in his preface to the commentary on Malachi, mentions that in his day the belief was current that Malachi was identical with Ezra ("Malachi Hebræi Esdram Existimant").ジェローム、彼の序文を解説し、マラキ、言及して彼の日は、信念は、電流をマラキは同一エズラ( "マラキhebræi esdram existimant " ) 。 The Targum of Jonathan ben Uzziel to the words "By the hand of Malachi" (i. 1) gives the gloss "Whose name is called Ezra the scribe."ベンuzzielのターガムのジョナサンの言葉を"マラキの手を" ( i. 1 )により、光沢"の名前が呼ばれるエズラの筆記体です。 " According to Soṭah 48b, when Malachi died the Holy Spirit departed from Israel. soṭah 48bによると、聖霊が死亡したときにマラキディパーテッドよりイスラエルです。 According to RH 19b, he was one of the three prophets concerning whom there are certain traditions with regard to the fixing of the Jewish almanac. 19 b rhによると、彼は1つの問題の3つの預言者には、特定の伝統の固定化に関しては、以下のユダヤ暦です。 A tradition preserved in pseudo-Epiphanius ("De Vitis Proph.") relates that Malachi was of the tribe of Zebulun, and was born after the Captivity.伝統に保存され疑似聖エピファニオス( "デヴィティスproph 。 " )に関連し、部族のzebulunマラキは、監禁した後、生まれています。 According to the same apocryphal story he died young, and was buried in his own country with his fathers.同じ真偽の怪しい話によると、彼が死亡した若いし、自分自身の国に埋葬さは、彼の父親です。

-Critical View:クリティカルな対象:

The name is not a "nomen proprium"; it is generally assumed to be an abbreviation of (="messenger of Yhwh"), which conforms to the Μαλαχίας of the Septuagint and the "Malachias" of the Vulgate.の名前ではない"名前proprium " ;ことは、通常を短縮したものと推定される( = "メッセンジャーのyhwh " ) 、これに適合して、 μαλαχίαςは、セプトゥアギンタと" malachias "の流布本です。 The Septuagint superscription is ὲν χειρὶ ἀγγήλου αὐτοῦ, for .表題は、セプトゥアギンタὲν χειρὶ ἀγγήλου αὐτοῦ 、です。 Wellhausen, Kuenen, and Nowack consider ch.ヴェルハウゼン、キューネン、あなたとノバックを検討します。 i.わたし。 1 a late addition, pointing to Zech. 1の後半に加え、ツェッヒを指しています。 ix. 9 。 1, xii. 1 、 12 。 1. 1 。 Cornill states that Zech.ツェッヒコルニル表示されます。 ix.-xiv. ix. - 14です。 and Malachi are anonymous, and were, therefore, placed at the end of the prophetical books.とマラキは、匿名、とは、したがって、配置の最後には、机上の書籍です。 Mal. malです。 iii. Ⅲ 。 1 shows almost conclusively that the term was misunderstood, and that the proper name originated in amisconception of the word. 1に示す用語は、ほぼ決定的には、誤解されており、その名の起源は、適切なamisconceptionという言葉です。 The consensus of opinion seems to point to 432-424 BC as the time of the composition of the book.のように世論をポイントして四三二から四二四紀元前としての組成をするものであり、この本です。 This was the time between the first and second visits of Nehemiah to Jerusalem.これは、時間の間に最初と2番目の訪問をエルサレムニーアマイアです。 Some assert that the book was written before 458 BC, that is, before the arrival of Ezra in Jerusalem.いくつかの主張は、紀元前458前に書かれた本は、それは、エズラが到着する前に、エルサレムです。

Isidore Singer, Adolf Guttmacher ISIDOREに歌手、アドルフguttmacher

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Boehme, in Stade's Zeitschrift, vii. boehmeは、シュターデのzeitschrift 、 Ⅶ 。 210 et seq.; Driver, Introduction: D. Knobel, Prophetismus der Hebräer, i. 210頁以降を参照。 ;ドライバ、導入等: D. knobel 、 prophetismus der hebräer 、 i. 386, Breslau, 1837; Bleek, Introduction to the Old Testament, 2d ed., i. 386 、ブレスラウ、 1837 ; bleek 、はじめに、旧約聖書の、 2次元エド。 、 i. 357; Cornill, Einleitung in das Alte Testament, pp. 357 ;コルニル、 einleitung 、 dasアルテ遺言、 pp 。 205 et seq., Freiburg, 1896; Cornill, The Prophets of Israel, p. 205頁以降を参照。 、フライブルク、 1896 ;コルニルは、預言者のイスラエル、日本、 p. 158, Chicago, 1895.SAG 158 、シカゴ、 1895.sag


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです