Gospel According to Mark福音書によると、マルク

General Information 総合情報

Mark is the second Gospel in the New Testament of the Bible. 2番目のマークは、新約聖書の福音書は、聖書です。 It is the earliest and the shortest of the four Gospels.これは最古の4つの福音書と、最短のです。 Papias, an early church father, ascribed this Gospel to Mark, an interpreter of Peter who is often identified with Mark, the cousin of Saint Barnabas and companion of Barnabas and Saint Paul on their first missionary journey. papias 、早期教会の父、生得この福音をマークは、通訳者のピーターwhoは、しばしば識別マークは、いとこの聖バルナバとコンパニオンのバルナバとサンポールして最初の宣教師の旅です。 Irenaeus said that Mark wrote this Gospel after Peter and Paul had died.この福音書によると、マルクエイレナイオス書いた後、ピーターとポールが死亡した。 Most scholars today, therefore, date the book AD 65 - 70.今日多くの学者は、このため、 65日、書籍の広告-7 0。

The Gospel was probably written in Rome for a primarily Gentile audience, to convince them that Jesus of Nazareth, in spite of his sufferings and death, was the Son of God. It has been called a Gospel of action because it records 18 miracles (similar in count to Matthew and Luke) but only 4 parables (Matthew includes 18 parables and Luke 19). Jesus' victory over evil through his deeds and death receives emphasis. Much material in Mark is repeated in Matthew and in Luke, leading most scholars to conclude that Mark was written first and used independently by the other writers.ローマの福音はおそらく、主に書かれてジェンティーレ観客は、ナザレのイエスを説得することは、彼の苦しみと死にもかかわらず、神の息子がいます。 それてきたので、 アクションと呼ばれるレコードの福音書 18の奇跡(のようなマシューとルークの数を)しかし、わずか4 parables (マシュー含まれて18 parablesとルーク19 ) 。 イエスキリスト'悪の勝利を強調を通じて彼の行為と死を受信します。多くの素材にマークが繰り返され、マシューとルークは、多くの学者をリードとの結論を下すとマークが書かれた最初の独立され、他の作家使われています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 書誌事項
RH Lightfoot, The Gospel Message of St. Mark (1950); CFD Moule, The Gospel According to Mark (1965); V Taylor, The Gospel According to Saint Mark (1966); E Trocme, The Formation of the Gospel According to Mark (1975). rhライトフット、福音のメッセージが表示さ聖マルコ( 1950 ) ; CFD社マウルは、福音書によると、マーク( 1965 ) ; vテイラーは、福音書によると、サンマルコ( 1966 ) ;メールtrocmeは、福音書によると、マルクの形成を( 1975 ) 。


Gospel According to Mark福音書によると、マルク

Brief Outline簡単な概要

  1. Baptism and Temptation of Jesus (1:1-13)バプテスマとイエスキリストの誘惑( 1:1-13 )
  2. Galilean Ministry (1:14-9:50)ガリラヤ部( 1:14-9:50 )
  3. Ministry in Perea (10)省にperea ( 10 )
  4. Passion Week and Resurrection (11-16)受難週と復活( 11-16 )


Markマーク

Advanced Information 高度情報

Mark, the evangelist; "John whose surname was Mark" (Acts 12:12, 25).マークは、エバンジェリスト; "ジョンの姓はマーク" (行為12:12 、 25 ) 。 Mark (Marcus, Col. 4:10, etc.) was his Roman name, which gradually came to supersede his Jewish name John.マーク(マーカス、 Col 。 4:10など)は彼のローマン名、これに取って代わる来て徐々に彼のユダヤ人の名前ジョンです。 He is called John in Acts 13:5, 13, and Mark in 15:39, 2 Tim.彼はジョンの行為と呼ばれる13時05分、 13日、とマークさ15:39 、 2ティムです。 4:11, etc. He was the son of Mary, a woman apparently of some means and influence, and was probably born in Jerusalem, where his mother resided (Acts 12:12). 4:11 、彼は、マルヤムの子など、いくつかの手段の女性と影響力を明らかにし、エルサレムに生まれるはおそらく、ここで彼の母親に居住(行為12:12 ) 。 Of his father we know nothing.私たちは何も知らない父親です。 He was cousin of Barnabas (Col. 4:10).彼はいとこのバルナバ( Col 。 4:10 ) 。 It was in his mother's house that Peter found "many gathered together praying" when he was released from prison; and it is probable that it was here that he was converted by Peter, who calls him his "son" (1 Pet. 5: 13).それは彼の母親の家で、ピーターが見つかりました"の多く集まるところに祈っている"と彼は刑務所から放出さ、およびそのことは予想していたことがここに変換されるピーター、 who呼び出し彼の"風の息子" ( 1ペットです。 5 : 13 ) 。 It is probable that the "young man" spoken of in Mark 14:51, 52 was Mark himself.これは予想は、 "若い男"で話さのマーク14:51 、 52は、マーク自身です。 He is first mentioned in Acts 12: 25.彼が最初に記載され行為12 : 25 。 He went with Paul and Barnabas on their first journey (about AD 47) as their "minister," but from some cause turned back when they reached Perga in Pamphylia (Acts 12:25; 13:13).彼は、ポールとバルナバして最初の旅(約広告47 )として、 "部長官は、 "しかし、いくつかの原因からpergaに達したときに引き返したパンフィリア(行為12:25 ; 13:13 )です。

Three years afterwards a "sharp contention" arose between Paul and Barnabas (15:36-40), because Paul would not take Mark with him.その後3年間、 "シャープの競合"が生じたの間にポールとバルナバ( 15:36-40 ) 、マルク取るため、ポールはないと思う。 He, however, was evidently at length reconciled to the apostle, for he was with him in his first imprisonment at Rome (Col. 4:10; Philemon 24).彼は、しかし、先の長さは明らかに和解して、使徒、彼は彼と彼の最初の懲役刑はローマ( Col 。 4:10 ;フィレモン24 ) 。 At a later period he was with Peter in Babylon (1 Pet. 5:13), then, and for some centuries afterwards, one of the chief seats of Jewish learning; and he was with Timothy in Ephesus when Paul wrote him during his second imprisonment (2 Tim. 4:11).で、後の時代に彼はピーターにバビロン( 1ペットです。 5:13 ) 、その後、いくつかの世紀とその後、ユダヤ人のいずれかのチーフ席の学習;と彼はポールを書いたときに彼のティモシーエフェソス中で彼の2番目懲役刑( 2ティム。 4:11 ) 。 He then disappears from view.彼は消えてから入力し、表示します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Gospel according to Mark福音書によると、マルク

Advanced Information 高度情報

It is the current and apparently well-founded tradition that Mark derived his information mainly from the discourses of Peter.これは、現在のと明らかに十分な根拠に基づいた伝統をマーク派生彼の情報を主にピーターからの談話です。 In his mother's house he would have abundant opportunities of obtaining information from the other apostles and their coadjutors, yet he was "the disciple and interpreter of Peter" specially.彼の母親の家の彼は、豊富な情報を得るための機会とその使徒から、他のcoadjutors 、まだ彼は"弟子と通訳のピーター"特別です。 As to the time when it was written, the Gospel furnishes us with no definite information.の時間に書き込まれたときには、問い合わせがないの福音furnishes確かな情報です。 Mark makes no mention of the destruction of Jerusalem, hence it must have been written before that event, and probably about AD 63.マークはいかなるエルサレムの破壊に言及したのは、それゆえに書き込まれている必要がありますその前にイベントでは、広告と、おそらく約63 。 The place where it was written was probably Rome.それが書かれた場所はおそらくローマです。 Some have supposed Antioch (comp. Mark 15:21 with Acts 11:20).いくつかは仮定アンティオキア( comp.マーク15:21と行為11:20 ) 。 It was intended primarily for Romans.これは主にローマ人への手紙を意図します。

This appears probable when it is considered that it makes no reference to the Jewish law, and that the writer takes care to interpret words which a Gentile would be likely to misunderstand, such as, "Boanerges" (3:17); "Talitha cumi" (5:41); "Corban" (7:11); "Bartimaeus" (10:46); "Abba" (14:36); "Eloi," etc. (15:34).このときに表示されることが予想に考えられるように、そんなことは、ユダヤ人の参照を法では、とは、作家の言葉を解釈するの世話をするように誤解ジェンティーレは、このように、 " boanerges " ( 3:17 ) ; " talitha cumi " ( 5:41 ) ; " corban " (午前7時11分) ; " bartimaeus " ( 10:46 ) ; "のAbba " ( 14:36 ) ; "エロイ、 "等( 15:34 )です。 Jewish usages are also explained (7:3; 14:3; 14:12; 15:42).ユダヤ人の慣習にも説明( 7時03分、 14時03分; 14:12 ; 15:42 )です。 Mark also uses certain Latin words not found in any of the other Gospels, as "speculator" (6:27, rendered, AV, "executioner;" RV, "soldier of his guard"), "xestes" (a corruption of sextarius, rendered "pots," 7:4, 8), "quadrans" (12:42, rendered "a farthing"), "centurion" (15:39, 44, 45).マークも使用して、特定のラテン語の言葉が見つかりませんのいずれかの他の福音書は、 "投機家" ( 6:27 、レンダリング、 AVだけでなく、 "死刑執行人; "右心室、 "彼の警備隊の兵士" ) 、 " xestes " (腐敗sextarius 、レンダリング"植木鉢、 "午前7時04分、 8 ) 、 " quadrans " ( 12:42 、レンダリング"ファージング" ) 、 "センチュリオン" ( 15:39 、 44 、 45 ) 。 He only twice quotes from the Old Testament (1:2; 15:28).彼は旧約聖書から引用符を2回( 1:2 ; 15:28 )です。

The characteristics of this Gospel are, (1) the absence of the genealogy of our Lord, (2) whom he represents as clothed with power, the "lion of the tribe of Judah."その特徴は、次の福音書には、 ( 1 )の不在の系譜を、わたしたちの主、 ( 2 )御心に適う服を着て、電源を表しますとしては、 "ライオンは、ユダ族です。 " (3.) Mark also records with wonderful minuteness the very words (3:17; 5:41; 7:11, 34; 14:36) as well as the position (9:35) and gestures (3:5, 34; 5:32; 9:36; 10:16) of our Lord. ( 3 。 )マークもレコード微小、非常に素晴らしい言葉( 3:17 ; 5:41 ;午前7時11分、 34 ; 14:36 )だけでなく、位置( 9:35 )とジェスチャー( 3:5 、 34 ; 5:32 ;午前9時36分; 10:16 )わたしたちの主です。 (4.) He is also careful to record particulars of person (1:29, 36; 3:6, 22, etc.), number (5:13; 6:7, etc.), place (2:13; 4:1; 7:31, etc.), and time (1:35; 2:1; 4:35, etc.), which the other evangelists omit. ( 4 。 )彼は明細を記録するのにも慎重な人( 1:29 、 36 ;午前3時06分、 22日、等) 、番号( 5:13 ;午前6時07分、等) 、開催地( 2:13 ; 4:1 ;午前7時31分、等) 、および時間( 1:35 ; 2:1 ; 4:35 、等)を、他の伝道者を省略します。 (5.) The phrase "and straightway" occurs nearly forty times in this Gospel; while in Luke's Gospel, which is much longer, it is used only seven times, and in John only four times. ( 5 。 )フレーズ"と一直線"が発生するのほぼ40倍にこの福音書;中にルカの福音書、これははるかに長く、それは7回のみ使用される、とのジョン4回のみです。 "The Gospel of Mark," says Westcott, "is essentially a transcript from life. "マルコによる福音書"は言うウェストコット、 "人生は本質的には議事録からです。

The course and issue of facts are imaged in it with the clearest outline." "In Mark we have no attempt to draw up a continuous narrative.このコースと問題の事実は、これを明確に結像さアウトラインだよ" "のマークがない私たちの試みを策定する連続物語です。 His Gospel is a rapid succession of vivid pictures loosely strung together without much attempt to bind them into a whole or give the events in their natural sequence.彼の福音書の鮮明な写真は、大まかに矢継ぎ早に一緒に麻薬のものにする多くの試みをバインドするイベントを与える全体またはその自然の配列です。 This pictorial power is that which specially characterizes this evangelist, so that 'if any one desires to know an evangelical fact, not only in its main features and grand results, but also in its most minute and so to speak more graphic delineation, he must betake himself to Mark.'" The leading principle running through this Gospel may be expressed in the motto: "Jesus came......preaching the gospel of the kingdom" (Mark 1:14). "Out of a total of 662 verses, Mark has 406 in common with Matthew and Luke, 145 with Matthew, 60 with Luke, and at most 51 peculiar to itself." (See Matthew).この絵を特別に電力が特徴で、このエバンジェリストように、 'もしあれば、福音派の事実を知って1つの欲望だけでなく、その主な特長とグランドの結果、そのほとんどの分だけでなく、他のグラフィック描写を話すので、彼必要があります。行かせる自分自身をマークします。 ' "の主要原則を実行して、この福音書で表現される5月のモットー: "イエスキリストの福音の説教が......の王国" (マーク1:14 ) 。 "うち、最新の662の詩、マークには共通点がマシューとルーク406 、 145 、マシュー、 60 、ルーク、および51に特有のほとんどです。 " (マシュー) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Gospel of Saint Markサンマルコによる福音書

Catholic Information カトリックの情報

The subject will be treated under the following heads:の件名は、次のように扱われるの下にヘッド:

I. Contents, Selection and Arrangement of Matter; i.内容は、物質の選択と配置;

II. Ⅱ 。 Authorship;原作者;

III. Ⅲ 。 Original Language, Vocabulary, and Style;元の言語、語彙、とスタイル;

IV. Ⅳ 。 State of Text and Integrity;の状態をテキストとの整合性;

V. Place and Date of Composition; v.場所とこの評価を組成;

VI. Ⅵ 。 Destination and Purpose;目的地と目的;

VII. Ⅶ 。 Relation to Matthew and Luke.関連してマシューとルークです。

I. CONTENTS, SELECTION AND ARRANGEMENT OF MATTER i.内容は、物質の選択と配置

The Second Gospel, like the other two Synoptics, deals chiefly with the Galilean ministry of Christ, and the events of the last week at Jerusalem. 2番目の福音書のように、他の2つのsynoptics 、取引部の主イエスキリストのガリラヤ、との最後の週にエルサレムのイベントです。 In a brief introduction, the ministry of the Precursor and the immediate preparation of Christ for His official work by His Baptism and temptation are touched upon (i, 1-13); then follows the body of the Gospel, dealing with the public ministry, Passion, Death, and Resurrection of Jesus (i, 14-xvi, 8); and lastly the work in its present form gives a summary account of some appearances of the risen Lord, and ends with a reference to the Ascension and the universal preaching of the Gospel (xvi, 9-20).を簡単に紹介し、同省は、前駆体と、すぐにイエスキリストを準備中の彼の公式の仕事を自分の洗礼と誘惑が触れた(私は、 1-13 ) ;の福音書の本文に入力し、次のように、対処する公共部によると、情熱、死、と復活のイエスキリスト(私、 14 - 16 、 8 ) ;と最後の仕事は現在のフォームは、アカウントの概要は、いくつかの上昇の主に出演し、アセンションの参照を終了すると、ユニバーサル説教のの福音( 16 、 9月20日) 。 The body of the Gospel falls naturally into three divisions: the ministry in Galilee and adjoining districts: Phoenicia, Decapolis, and the country north towards Cæarea Philippi (i, 14-ix, 49); the ministry in Judea and (kai peran, with B, Aleph, C*, L, Psi, in x, 1) Peræ, and the journey to Jerusalem (x, 1-xi, 10); the events of the last week at Jerusalem (xi, 11-xvi, 8).身体の自然の滝の福音を3つの部門:ガリラヤと同省に隣接する地区:フェニキア、デカポリス、北の国cæareaフィリッピ(私、 14 - 9世、 49 ) ;厚労省はユダヤと(甲斐peran 、 b 、アレフ、 c * 、左、 Psiを、 Xで、 1 ) peræ 、旅をするとエルサレム( x 、 1 - XIが、 ) ;のイベントの最後の週にエルサレム(まとめて、 11 - 16 、 8 )です。

Beginning with the public ministry (cf. Acts 1:22; 10:37), St. Mark passes in silence over the preliminary events recorded by the other Synoptists: the conception and birth of the Baptist, the genealogy, conception, and birth of Jesus, the coming of the Magi, etc. He is much more concerned with Christ's acts than with His discourses, only two of these being given at any considerable length (iv, 3-32; xiii, 5-37).を始めとした公共省( cf.行為1:22 ; 10:37 ) 、サンマルコパスで沈黙の予備的なイベントに記録され、他のsynoptists :バプテストの概念と誕生したの系譜は、概念、および誕生したイエスキリストは、東方の賢者到来したことなどがはるかに関心がある彼はイエスキリストの行為に比べて、彼の談話で、これらの2つのみに与えられた、いつかなりの長さ(四、 3から32 ; 13 、五から三十七まで) 。 The miracles are narrated most graphically and thrown into great prominence, almost a fourth of the entire Gospel (in the Vulg., 164 verses out of 677) being devoted to them, and there seems to be a desire to impress the readers from the outset with Christ's almighty power and dominion over all nature.ナレーションの奇跡が最も大きな隆起グラフィカルに投げ込まれると、福音書全体のほぼ4分の1 ( [ vulg 。 、 164の詩の677 )に専念して、とみられるという願望を当初からの読者を感心させるとキリストの全能の力と支配のすべての自然です。 The very first chapter records three miracles: the casting out of an unclean spirit, the cure of Peter's mother-in-law, and the healing of a leper, besides alluding summarily to many others (i, 32-34); and, of the eighteen miracles recorded altogether in the Gospel, all but three (ix, 16-28; x, 46-52; xi, 12-14) occur in the first eight chapters.奇跡の3つのレコードを非常に第一章:不浄の精神を鋳造するのは、ピーターの治療法の義母さんのように、との癒しのは、ハンセン病患者、それに即座に多くのalludingその他(私、 32-34 ) ;と、奇跡は、全部で18を記録し、ゴスペル、すべてのしかし、 3つ( 9世、 16-28であり、 x 、 46-52 ; xi 、 12-14 )の最初の8つの章が発生します。 Only two of these miracles (vii, 31-37; viii, 22-26) are peculiar to Mark, but, in regard to nearly all, there are graphic touches and minute details not found in the other Synoptics.たった2つに、これらの奇跡( 7 、三一から三七; viii 、 22-26 )がマークに特有の、しかし、これと関連し、ほぼすべて、分には、グラフィックなタッチと、他のsynopticsの詳細が含まれていません。 Of the parables proper Mark has only four: the sower (iv, 3-9), the seed growing secretly (iv, 26-29), the mustard seed (iv, 30-32), and the wicked husbandman (xii, 1-9); the second of these is wanting in the other Gospels. parablesは、適切なマークは、わずか4 :種をまく人( 4 、 3-9 )は、採種ひそかに( 4 、 26-29 ) 、マスタードシード( 4 、 30-32 ) 、および、邪悪な農夫( 12 、 1 -9 ) 、 2番目に欠けているのは、他の福音書です。 Special attention is paid throughout to the human feelings and emotions of Christ, and to the effect produced by His miracles upon the crowd.特別な注意が支払われる全体的な感情を、人間の感情やキリスト、および彼の奇跡を制作された時の効果は群衆に向かって The weaknesses of the Apostles are far more apparent than in the parallel narratives of Matt.使徒の弱点は、見掛けよりははるかには、パラレル物語のマットです。 and Luke, this being, probably due to the graphic and candid discourses of Peter, upon which tradition represents Mark as relying.とルーク、これが、おそらく率直な談話のために、グラフィックとピーターは、伝統を表すマークとして信頼基づいて作られています。

The repeated notes of time and place (eg, i, 14, 19, 20, 21, 29, 32, 35) seem to show that the Evangelist meant to arrange in chronological order at least a number of the events which he records.の繰り返しのノートを時間と場所(例えば、私、 14 、 19 、 20 、 21 、 29 、 32 、 35 )は、エバンジェリストを表示するよう手配することを日付順に並べられ、少なくとも彼のレコードでのイベントの数です。 Occasionally the note of time is wanting (eg i, 40; iii, 1; iv, 1; x, 1, 2, 13) or vague (eg ii, 1, 23; iv, 35), and in such cases he may of course depart from the order of events.時折、時間が望むの注意事項を(例えば、私は、 40 ;三、 1 ;四、 1であり、 x 、 1 、 2 、 13 ) 、または漠然とした(例えば、 2世、 1 、 23 ; 4世、 35 ) 、およびそのような場合彼は5月もちろん、イベントの順序から出発します。 But the very fact that in some instances he speaks thus vaguely and indefinitely makes it all the more necessary to take his definite notes of time and sequence in other cases as indicating chronological order.しかし、非常に事実を話す彼はこのように漠然としたいくつかのインスタンスを無期限にすることや他のすべての彼の明確なメモを取るのに必要な時間とのシーケンスを示す他のケースとして年代順です。 We are here confronted, however, with the testimony of Papias, who quotes an elder (presbyter), with whom he apparently agrees, as saying that Mark did not write in order: "And the elder said this also: Mark, having become interpreter of Peter, wrote down accurately everything that he remembered, without, however, recording in order what was either said or done by Christ. For neither did he hear the Lord, nor did he follow Him, but afterwards, as I said, (he attended) Peter, who adapted his instructions to the needs (of his hearers), but had no design of giving a connected account of the Lord's oracles [vl "words"]. So then Mark made no mistake [Schmiedel, "committed no fault"], while he thus wrote down some things (enia as he remembered them; for he made it his one care not to omit anything that he had heard, or set down any false statement therein" (Eusebius, "Hist. Eccl.", III, xxxix). Some indeed have understood this famous passage to mean merely that Mark did not write a literary work, but simply a string of notes connected in the simplest fashion (cf. Swete, "The Gospel acc. to Mark", pp. lx-lxi). The present writer, however, is convinced that what Papias and the elder deny to our Gospel is chronological order, since for no other order would it have been necessary that Mark should have heard or followed Christ. But the passage need not be understood to mean more than that Mark occasionally departs from chronological order, a thing we are quite prepared to admit. What Papias and the elder considered to be the true order we cannot say; they can hardly have fancied it to be represented in the First Gospel, which so evidently groups (eg viii-ix), nor, it would seem, in the Third, since Luke, like Mark, had not been a disciple of Christ. It may well be that, belonging as they did to Asia Minor, they had the Gospel of St. John and its chronology in mind. At any rate, their judgment upon the Second Gospel, even if be just, does not prevent us from holding that Mark, to some extent, arranges the events of Christ's like in chronological order.我々はここに直面、しかし、 papiasの証言を、 who引用符で、エルダー(長老)は、御心に適う明らかに同意する、と言っているとしてマークするためにここしなかった: "と、年長者によると、この項目:マークは、通訳者になるピーターは、彼が覚えてすべてのことを正確に書き留め、なし、ただし、録画するために何が行われるかのどちらかによると、キリストです。どちらの耳にする彼の主、また彼は次彼は、しかし、その後、私によると、 (彼は出席)ピーター、 whoのニーズに適応した彼の指示に従って(聞き手) 、しかし、デザインを与えることはない、接続アカウントは、主のoracles [ 、 VL "言葉" ] 。ため入力し、マルクは間違いない[シュミーデル、 "コミットの断層" ] 、いくつかの点で彼はこのように書き留めた( eniaとして彼は記憶して;を彼は彼の1つのないようにすることを省略していた何か聞いたか、または任意の虚偽の陳述をそこに設定する" (ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 3世、 39 ) 。いくつかの有名な一節確かに理解され、このマークを意味するだけで文学作品ここにしなかったが、接続されたノートの文字列を単純にする最も簡単なファッション( cf.スウィート、 "福音のAccをマーク" 、 pp 。 lx - 61 ) 。 、現在の作家、しかし、どのようなpapiasと確信しては年長者を否定する福音を私たちは、年代順、それ以降は他のために必要なことも聞いたりした後にはイエスキリストマークですが、通路に理解する必要はないことを意味するマークに比べて他の年代順から出発時折、我々は非常に準備することを認めざるをします。 papiasとどのような高齢者の真のためと考えられて言うことはできません;彼らのことは到底想像上のことが表現される第一、ゴスペル、どのよう明らかにグループ(例: viii - 9世) 、また、それと思わは、 3番目の、ルーク以来のようなマークは、キリストの弟子がされていないのです。ことかもしれないが、所属と同じようにアジアの未成年者を、彼らは、聖ヨハネによる福音書とその沿革を念頭に置いている。いずれにせよ、彼らの判断に2番目の福音書、たとえれるだけではありませんから持ち株を防ぐ問い合わせマークは、ある程度、アレンジのイベントキリストのような日付順に並べられています。

II. Ⅱ 。 AUTHORSHIP原作者

All early tradition connects the Second Gospel with two names, those of St. Mark and St. Peter, Mark being held to have written what Peter had preached. 2番目の早期の伝統のすべての福音書2つの名前を接続して、それらのサンピエトロ大聖堂、聖マルコと、マークが保留されるのには書かピーターはどのような説教です。 We have just seen that this was the view of Papias and the elder to whom he refers.これは我々が見たことがあると、対象の高齢者を御心に適うpapiasを指します。 Papias wrote not later than about AD 130, so that the testimony of the elder probably brings us back to the first century, and shows the Second Gospel known in Asia Minor and attributed to St. Mark at that early time. papias書いた特定への広告よりも約130 、長老の証拠を提出するように、おそらくもたらす問い合わせ省略して、最初の世紀、およびテレビ番組と2番目の福音知られてサンマルクに起因するアジアの未成年者とその初期の時間です。 So Irenæus says: "Mark, the disciple and interpreter of Peter, himself also handed down to us in writing what was preached by Peter" ("Adv. Hær.", III, i; ibid., x, 6).これirenæusは言う: "マークは、通訳者の弟子とピーターは、自分自身にも受け継が書面で何が説教を問い合わせピーター" ( "前売します。 hærです。 " 、 3世、私;同上、 x 、 6 ) 。 St. Clement of Alexandria, relying on the authority of "the elder presbyters", tells us that, when Peter had publicly preached in Rome, many of those who heard him exhorted Mark, as one who had long followed Peter and remembered what he had said, to write it down, and that Mark "composed the Gospel and gave it to those who had asked for it" (Eusebius, "Hist. Eccl.", VI, xiv).アレクサンドリアの聖クレメント、頼っての権威を"エルダーpresbyters " 、教えてくれるが、ピーターが公然と説教ローマのときに、それらの多くは聞いてwho exhortedマークは、 whoが長く続くとして1つのピーターと思い出した彼はどのようなによると、ダウンを書こうとしており、そのマーク"の作曲者の福音とwhoはそれを求めていた" (ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 6 、 14 ) 。 Origen says (ibid., VI, xxv) that Mark wrote as Peter directed him (os Petros huphegesato auto), and Eusebius himself reports the tradition that Peter approved or authorized Mark's work ("Hist. Eccl.", II, xv).原産地は言う( ibid. 、 6 、 25 )をマークピーター監督として書いた彼( OSのペトロスhuphegesatoオート) 、および報告書の伝統を自らユーセビアスピーター承認または認定マークの仕事( "履歴です。 eccl 。 " 、 2世、 15 ) 。 To these early Eastern witnesses may be added, from the West, the author of the Muratorian Fragment, which in its first line almost certainly refers to Mark's presence at Peter's discourses and his composition of the Gospel accordingly (Quibus tamen interfuit et ita posuit); Tertullian, who states: "The Gospel which Mark published (edidit is affirmed to be Peter's, whose interpreter Mark was" ("Contra Marc.", IV, v); St. Jerome, who in one place says that Mark wrote a short Gospel at the request of the brethren at Rome, and that Peter authorized it to be read in the Churches ("De Vir. Ill.", viii), and in another that Mark's Gospel was composed, Peter narrating and Mark writing (Petro narrante et illo scribente--"Ad Hedib.", ep. cxx). In every one of these ancient authorities Mark is regarded as the writer of the Gospel, which is looked upon at the same time as having Apostolic authority, because substantially at least it had come from St. Peter. In the light of this traditional connexion of he Gospel with St. Peter, there can be no doubt that it is to it St. Justin Martyr, writing in the middle of the second century, refers ("Dial.", 106), when he sags that Christ gave the title of "Boanerges" to the sons of Zebedee (a fact mentioned in the New Testament only in Mark 3:17), and that this is written in the "memoirs" of Peter (en tois apopnemaneumasin autou--after he had just named Peter). Though St. Justin does not name Mark as the writer of the memoirs, the fact that his disciple Tatian used our present Mark, including even the last twelve verses, in the composition of the "Diatessaron", makes it practically certain that St. Justin knew our present Second Gospel, and like the other Fathers connected it with St. Peter.これらの目撃者を5月に追加の早期東、西からの著者であるmuratorianの断片、これは、最初の行にマークを参照してほぼ確実にピーターの談話の存在と彼の組成のための福音( quibusしかしいたinterfuit et posuit ) ;テルトゥリアヌス、 who州: "の福音をマーク公開( ediditが確認されるピーターの、その通訳のマークは、 " ( "コントラマルクです。 " 、 4-5 ) ;聖ジェローム、 whoが1つの場所によると、マルク書いた短い福音書は、要請に応じて、兄弟はローマており、その続きを読むピーター認可されることの教会( "デ人です。 Ill 。 " 、 8 ) 、および、別のことマルクの福音書は、作曲、ピーター語りとマーク書面(石油narrante etイロscribente -"広告h edibです。 " 、 e pです。にC XX)です。古代当局のいずれかのすべてのマークは、その作家の福音と見なされて、これは顔には、ローマ教皇の権威と同じ時間されているため、実質上、少なくともサンピエトロ大聖堂から来ていたし、光の福音書と彼はこの伝統的な接続のサンピエトロ大聖堂は、疑いの余地はないことはジャスティン殉教者聖して、書き込みは、 2番目の世紀半ば、を指します( "ダイヤルします。 " 、 106 ) 、 sagsそのとき彼はイエスキリストのタイトルを与えた" boanerges "をゼベダイの息子の(事実に記載されて新約聖書だけでマーク3:17 ) 、およびこれは書かれている"回顧録"ピーター(アンtois apopnemaneumasin autou -ピーター後、彼は名前だけ) 。かかわらずセントジャスティンはありません名の作家の回顧録をマークとして、実際には、彼の弟子t atianマーク私たちの現在使用されるなど、 1 2の最後の詩も、は、組成は、 " diatessaron " 、聖ジャスティン確信して実質的にすることを知っていた私たちの現在の2番目、ゴスペル、父親と同様に接続して、他のサンピエトロ大聖堂です。

If, then, a consistent and widespread early tradition is to count for anything, St. Mark wrote a work based upon St. Peter's preaching.もし、その後、早期に一貫して広範な伝統は何かをカウントするため、サンマルコ書いたサンピエトロ大聖堂の説教の声に基づいて動作します。 It is absurd to seek to destroy the force of this tradition by suggesting that all the subsequent authorities relied upon Papias, who may have been deceived.これは不合理な力を求めて、この伝統を破壊するということを示唆され、その後の当局のすべての依存papias 、 who年5月に欺かれています。 Apart from the utter improbability that Papias, who had spoken with many disciples of the Apostles, could have been deceived on such a question, the fact that Irenæus seems to place the composition of Mark's work after Peter's death, while Origen and other represent the Apostle as approving of it (see below, V), shows that all do not draw from the same source. improbabilityを離れ、全くpapias 、 whoが話さに多くの弟子を使徒、がこのような質問にだまされ、実際には、 irenæusように配置するの組成をマークピーターの死の仕事をした後、代表している間原産地や他の使徒として承認すること(下記参照、ボルト) 、番組はすべて同じソースからの引き分けはありません。 Moreover, Clement of Alexandria mentions as his source, not any single authority, but "the elders from the beginning" (ton anekathen presbuteron--Euseb., "Hist. Eccl.", VI, xiv).また、彼のソースとしてクレメントアレクサンドリアの言及は、 1つの権限はないが、 "年長者からの始まり" (トンanekathen presbuteron -e useb。 、 "履歴です。 e ccl。 " 、 6 、 1 4) 。 The only question, then, that can be raised with any shadow of reason, is whether St. Mark's work was identical with our present Second Gospel, and on this there is no room for doubt.唯一の問題は、その後、任意の影に引き上げることができるの理由は、サンマルコの仕事かどうかは、私たちの現在と同じで2番目、ゴスペル、とはこの疑いの余地はない。 Early Christian literature knows no trace of an Urmarkus different from our present Gospel, and it is impossible that a work giving the Prince of the Apostles' account of Christ's words and deeds could have disappeared utterly, without leaving any trace behind.初期キリスト教文学れた形跡がないのを知っurmarkus私たちの現在の福音書と異なる、として作業することは不可能プリンスオブ与えているの使徒'アカウントのイエスキリストの言葉と行動が完全に消えて、跡形もなく背後にします。 Nor can it be said that the original Mark has been worked up into our present Second Gospel, for then, St. Mark not being the actual writer of the present work and its substance being due to St. Peter, there would have been no reason to attribute it to Mark, and it would undoubtedly have been known in the Church, not by the title it bears, but as the "Gospel according to Peter".それによると、にしたり、元のマークアップを働いてきた私たちの現在の2番目、ゴスペル、を入力し、サンマルコないが、実際の作家の作品とその物質が、現在のサンピエトロ大聖堂のために、ある理由がされていません。を次の属性にそれをマークし、知られていたことは疑いの余地は、教会ではなく、それをクマのタイトルではなく、 "福音書によると、ピーター"です。

Internal evidence strongly confirms the view that our present Second Gospel is the work referred to by Papias.内部の証拠を強く確認するとの見解を私たちの現在の仕事は2番目の福音papiasによって参照される。 That work, as has been seen, was based on Peter's discourses.して動作する、として見てきたがピーターの談話に基づいています。 Now we learn from Acts (i, 21-22; x, 37-41) that Peter's preaching dealt chiefly with the public life, Death, Resurrection, and Ascension of Christ.今すぐ私たちから学ぶ行為(私、 21-22であり、 x 、 37-41 )を主に扱っピーターの説教、公共の命、死、復活し、キリストの昇天です。 So our present Mark, confining itself to the same limits, omitting all reference to Christ's birth and private life, such as is found in the opening chapters of Matthew and Luke, and commencing with the preaching of the Baptist, ends with Christ's Resurrection and Ascension.私たちの現在のマルクので、同じ限界に自分自身を閉じ込め、すべての参照を省略イエスキリストの誕生と私生活などが発見されたマシューとルークの支部を開放し、説教をはじめとする、バプテスト、キリストの復活で終わると昇天です。 Again (1) the graphic and vivid touches peculiar to our present Second Gospel, its minute notes in regard to (2) persons, (3) places, (4) times, and (5) numbers, point to an eyewitness like Peter as the source of the writer's information.再び( 1 )のグラフィックと私たちの現在の2番目に特有の鮮やかなタッチ、ゴスペル、その分のノートを表明する( 2 )人、 ( 3 )場所、 ( 4回) 、および( 5 )数字]をポイントし、ピーターとして、目撃者のようなその作家の情報のソースをします。 Thus we are told (1) how Jesus took Peter's mother-in-law by the hand and raised her up (i, 31), how with anger He looked round about on His critics (iii, 5), how He took little children into His arms and blessed them and laid His hands upon them (ix, 35; x, 16), how those who carried the paralytic uncovered the roof (ii, 3, 4), how Christ commanded that the multitude should sit down upon the green grass, and how they sat down in companies, in hundred and in fifties (vi, 39-40); (2) how James and John left their father in the boat with the hired servants (i, 20), how they came into the house of Simon and Andrew, with James and John (i, 29), how the blind man at Jericho was the son of Timeus (x, 46), how Simon of Cyrene was the father of Alexander and Rufus (xv, 21); (3) how there was no room even about the door of the house where Jesus was (ii, 2), how Jesus sat in the sea and all the multitude was by the sea on the land (iv, 1), how Jesus was in the stern of the boat asleep on the pillow (iv, 38); (4) how on the evening of the Sabbath, when the sun had set, the sick were brought to be cured (i, 32), how in the morning, long before day, Christ rose up (i, 35), how He was crucified at the third hour (xv, 25), how the women came to the tomb very early, when the sun had risen (xvi, 2); (5) how the paralytic was carried by four (ii, 3), how the swine were about two thousand in number (v. 13), how Christ began to send forth the Apostles, two and two (vi, 7).こうして私たちは言われた( 1 )どのようイエスキリストがピーターの義母さんのように提起された手と彼女のアップ(私、 31 ) 、どのようになって怒る彼を見て回ったについては彼の批評家( 3 、 5 ) 、どのよう彼は小さな子供たちを自分の腕と手を祝福し、按手したかれら( 9世、 35であり、 x 、 16 ) 、どのようにカバーされていないwho運ばの麻痺の屋根( 2世、 3 、 4 ) 、どのよう命じられたイエスキリストは、多数の時は、腰を下ろす緑の草は、企業とどのように腰を下ろしたのは、 100と、 50代( 6 、 39-40 ) 、 ( 2 )どのようにジェームズとジョンボートを左に、父親の雇った召使(私は、 20 ) 、どのように来たアンドリューの家のシモンと、ジェームズとジョン(私、 29日) 、どのようにめくらの男はエリコは、息子のtimeus ( x 、 46 ) 、サイモンの方法については、父親のアレクサンドルとcyreneルフス( 15 、 21 ) ; ( 3 )どのようが入り込む余地はなかったにもについては、どこの家のドアのイエスキリストは( 2 、 2 ) 、どのように座って、海とイエスキリストのすべての多くは、海の上の土地( 4 、 1 ) 、どのようイエスキリストは、船の船尾に眠っている、枕の( 4 、 38 ) ; ( 4 )の夜には、安息日を検索する方法については、太陽のときには設定すると、治る病気が連れて来らがあります(私、 32 ) 、どのように朝、長い前までは、イエスキリストのバラアップ(私は、 35 ) 、どのように彼は十字架の第3時間( 15 、 25 )は、どのように墓のごく初期の女性が来て、太陽が上昇したときに( 16 、 2 ) ; ( 5 )は、どのように運ばれる4つの麻痺( 2世、 3 ) 、どのように豚の数は約2000 (動13 ) 、イエスキリストが始まったを送信する方法について記載の使徒、 2つのと2つ( 6 、 7 ) 。 This mass of information which is wanting in the other Synoptics, and of which the above instances are only a sample, proved beyond doubt that the writer of the Second Gospel must have drawn from some independent source, and that this source must have been an eyewitness.この大量の情報には、他のsynopticsに欠けている、とのこれだけをインスタンスは、上記のサンプルでは、疑う余地なく証明は、 2番目の福音書作家のいくつかの独立したソースから引き出される必要がありますており、その目撃者にもこのソース必要があります。です。 And when we reflect that incidents connected with Peter, such as the cure of his mother-in-law and his three denials, are told with special details in this Gospel; that the accounts of the raising to life of the daughter of Jaïrus, of the Transfiguration, and of the Agony in the Garden, three occasions on which only Peter and James and John were present, show special signs of first-hand knowledge (cf. Swete, op. cit., p. xliv) such as might be expected in the work of a disciple of Peter (Matthew and Luke may also have relied upon the Petrine tradition for their accounts of these events, but naturally Peter's disciple would be more intimately acquainted with the tradition); finally, when we remember that, though the Second Gospel records with special fullness Peter's three denials, it alone among the Gospels omit all reference to the promise or bestowal upon him of the primacy (cf. Matthew 16:18-19; Luke 22:32; John 21:15-17), we are led to conclude that the eyewitness to whom St. Mark was indebted for his special information was St. Peter himself, and that our present Second Gospel, like Mark's work referred to by Papias, is based upon Peter's discourse.と接続するときに私たちの事件ピーター反映して、彼の母親などの治療のため- in - lawや彼の3つの否定は、特別の詳細は、この福音書;は、アカウントの生活の引き上げをjaïrusの娘、の変容、および、苦しみは、庭、 3回上でのみピーターとジェイムズとジョンが存在する場合、最初の手の徴候を詳細特別な知識( cf.スウィート、営業します。千葉工大します。 、 p. 44 )などのかもしれない予想される作品は、弟子のピーター(マシューとルーク年5月にも依存するが、自分の口座使徒ペテロの伝統これらのイベントのため、これは当然ピーターの弟子が他の密接に精通しての伝統) ;最後に、私たちに注意して、かかわらず2番目の福音書の3つのレコードを特別な膨満ピーター否定、それだけですべての参照を省略する間の福音書の約束や贈与時の彼の優位性( cf.マシュー16:18-19 ;ルーク22:32 ;ジョン21:15-17 ) 、我々は目撃者を主導していると結論は、債務者聖マルコは彼の特別な情報は、サンピエトロ大聖堂、自分自身、および私たちの現在の2番目、ゴスペル、参照されるようなマークの仕事papiasは、ピーターの談話に基づいています。 This internal evidence, if it does not actually prove the traditional view regarding the Petrine origin of the Second Gospel, is altogether consistent with it and tends strongly to confirm it.この内部証拠、実際に証明されていない場合、従来の対象については2番目の福音書使徒ペテロの起源は、完全に整合性を確認することとする傾向を強くしてください。

III. Ⅲ 。 ORIGINAL LANGUAGE, VOCABULARY, AND STYLE元の言語、語彙、およびスタイル

It has always been the common opinion that the Second Gospel was written in Greek, and there is no solid reason to doubt the correctness of this view.それは常に共通の意見が2番目の福音書はギリシャ語で書かれ、ソリッドな理由がないとの正しさを疑うこのビューを表示します。 We learn from Juvenal (Sat., III, 60 sq.; VI, 187 sqq.) and Martial (Epig., XIV, 58) that Greek was very widely spoken at Rome in the first century.私たちから学ぶ幼(土、 3世、 60平方;六、 187 sqq 。 )とマーシャル( epig. 、 14 、 58 )がギリシャ語は非常に広く話さ先にローマでの最初の世紀です。 Various influences were at work to spread the language in the capital of the Empire.様々な影響を受けた人が、職場での言語を広めるの帝国の首都です。 "Indeed, there was a double tendency which embraced at once classes at both ends of the social scale. On the one hand among slaves and the trading classes there were swarms of Greek and Greek-speaking Orientals. On the other hand in the higher ranks it was the fashion to speak Greek; children were taught it by Greek nurses; and in after life the use of it was carried to the pitch of affectation" (Sanday and Headlam, "Romans", p. lii). "確かに、二重的な傾向があったの受け入れを一度にクラスの社会的規模の両端です。上の手の中の1つのクラスの奴隷との取引があったの大群orientalsギリシャ語やギリシャ語を話す。上、他の手を高い階段を上るそれは、ギリシャ語を話すのファッション;子供たちがそれを教えギリシャの看護師、およびITを活用した生活をした後は、ピッチのふりをして運ば" (サンデーとheadlam 、 "ローマ人への手紙" 、 p. 52 ) 。 We know, too, that it was in Greek St. Paul wrote to the Romans, and from Rome St. Clement wrote to the Church of Corinth in the same language.私たち知って、あまりにも、それは、ギリシアローマ人への手紙を書いた聖パウロ、およびよりローマ聖クレメントに手紙をコリントの教会の言語と同じです。 It is true that some cursive Greek manuscripts of the tenth century or later speak of the Second Gospel as written in Latin (egrathe Romaisti en Rome, but scant and late evidence like this, which is probably only a deduction from the fact that the Gospel was written at Rome, can be allowed on weight. Equally improbable seems the view of Blass (Philol. of the Gosp., 196 sqq.) that the Gospel was originally written in Aramaic. The arguments advanced by Blass (cf. also Allen in "Expositor", 6th series, I, 436 sqq.) merely show at most that Mark may have thought in Aramaic; and naturally his simple, colloquial Greek discloses much of the native Aramaic tinge. Blass indeed urges that the various readings in the manuscripts of Mark, and the variations in Patristic quotations from the Gospel, are relics of different translations of an Aramaic original, but the instances he adduces in support of this are quite inconclusive. An Aramaic original is absolutely incompatible with the testimony of Papias, who evidently contrasts the work of Peter's interpreter with the Aramaic work of Matthew. It is incompatible, too, with the testimony of all the other Fathers, who represent the Gospel as written by Peter's interpreter for the Christians of Rome.それは事実だが、いくつかの草書体のギリシャ語写本は、 10世紀またはそれ以降の話の2番目の福音書として書かれてラテン語( egrathe romaistiアンローマ、しかし、このような証拠不十分と遅く、これは、おそらくのみを控除の福音という事実からは、書面でローマは、次の重量で許可されています。等しくそうにないように対象のブラス( philol.は、 gosp 。 、 196 sqq 。 )は、福音書は、もともとアラム語で書かれています。の引数詳細をブラス( cf.もアレンの"エクスポジター" 、第6回シリーズ、私、 436 sqq 。 )単に詳細はほとんどのことを考えて5月にマークアラム語、および、当然彼の単純な、口語ギリシア語アラム語のネイティブ多くの開示を帯びています。ブラス衝動は、様々な測定値が実際の原稿をマーク、と福音書からの引用patristicバリエーションには、別の遺跡のアラム語の翻訳を元に、インスタンスが、彼はかなりadducesのサポートは、次の結論に到達します。 、アラム語は確実にオリジナルの証拠を提出するとは互換性がpapias 、 who明らかに対照的ピーターの通訳の仕事をする仕事をマシューアラム語では互換性が、あまりにも、他のすべての父親の証言を、 who代表して書かれた福音ピーターの通訳としては、ローマのキリスト教徒です。

The vocabulary of the Second Gospel embraces 1330 distinct words, of which 60 are proper names. 2番目の福音書の抱擁1330の語彙をはっきりと言葉で、適切な六〇アール名を表示します。 Eighty words, exclusive of proper names, are not found elsewhere in the New Testament; this, however, is a small number in comparison with more than 250 peculiar words found in the Gospel of St. Luke. 80言葉は、排他的に適切な名前の別の場所では、新約聖書が見つかりませんでした;これは、しかしながら、小さい数は250を超えると比較して発見された奇妙な言葉聖ルカによる福音書です。 Of St. Mark's words, 150 are shared only by the other two Synoptists; 15 are shared only by St. John (Gospel); and 12 others by one or other of the Synoptists and St. John.聖マルコの言葉を、 150が共有され、他の2つのみsynoptists ;一五アール共有だけで聖ヨハネ(福音書) 、および12で他人を1つまたは他のは、聖ヨハネsynoptistsとします。 Though the words found but once in the New Testament (apax legomena) are not relatively numerous in the Second Gospel, they are often remarkable; we meet with words rare in later Greek such as (eiten, paidiothen, with colloquialisms like (kenturion, xestes, spekoulator), and with transliterations such as korban, taleitha koum, ephphatha, rabbounei (cf. Swete, op. cit., p. xlvii). Of the words peculiar to St. Mark about one-fourth are non-classical, while among those peculiar to St. Matthew or to St. Luke the proportion of non-classical words is only about one-seventh (cf. Hawkins, "Hor. Synopt.", 171). On the whole, the vocabulary of the Second Gospel points to the writer as a foreigner who was well acquainted with colloquial Greek, but a comparative stranger to the literary use of the language.かかわらず、言葉が見つかりましたしかし、一度は、新約聖書( apax legomenonの複数形)が比較的多く、 2番目の、ゴスペル、彼らはしばしば驚くべき;私たちの言葉に会うなど、希少それ以降のギリシャ語( eiten 、 paidiothen 、 colloquialismsのような( kenturion 、 xestes 、 spekoulator ) 、およびkorban transliterationsなど、 taleitha koum 、 ephphatha 、 rabbounei ( cf.スウィート、営業します。 〜 Cit 。 、 p. 47 ) 。の聖マルコの言葉に特有の約4分の1は非古典的、中うちに特有の聖ルカをマタイまたは非古典単語の割合はわずか約1 - 7 ( cf.ホーキンス、 "前です。 synopt 。 " 、 171 ) 。上、全体的には、 2番目の福音書の語彙をする外国人の作家としての提案をしてはよく知り合いにwho口語ギリシャ語、ではなく、見知らぬ人を比較文学の言語を使用します。

St. Mark's style is clear, direct, terse, and picturesque, if at times a little harsh.聖マルコのスタイルは明確に、直接、簡潔な、と絵のように美しい、先回の場合はちょっとひどい。 He makes very frequent use of participles, is fond of the historical present, of direct narration, of double negatives, of the copious use of adverbs to define and emphasize his expressions.彼は非常に頻繁に使用する分詞、好きなのは歴史的現在は、直接話法、二重ネガ、副詞、多量の使用を彼の表現を定義すると強調しています。 He varies his tenses very freely, sometimes to bring out different shades of meaning (vii, 35; xv, 44), sometimes apparently to give life to a dialogue (ix, 34; xi, 27).彼は彼の時制非常に自由に変化、時には意味を引き出すさまざまな色合いを呈し( 7 、 35 、 15 、 44 ) 、時には明らかにして人生を与えるの対話( 9世、 34 ; xi 、 27 ) 。 The style is often most compressed, a great deal being conveyed in very few words (i, 13, 27; xii, 38-40), yet at other times adverbs and synonyms and even repetitions are used to heighten the impression and lend colour to the picture.ほとんどの圧縮のスタイルは、しばしば、大いに伝えは非常にいくつかの言葉が(私、 13 、 27 、 12 、 38-40 ) 、他の回はまだありません副詞や類義語を使用しても繰り返しという印象を高めると色を貸すの画像です。 Clauses are generally strung together in the simplest way by kai; de is not used half as frequently as in Matthew or Luke; while oun occurs only five times in the entire Gospel.節は一般的に神経質で一緒にする最も簡単な方法を改;デではないの半分として頻繁に使われるかのようにマシュールーク;ながらoun全体の5回にのみ発生します福音です。 Latinisms are met with more frequently than in the other Gospels, but this does not prove that Mark wrote in Latin or even understood the language.ラテン語は、より頻繁に会って、他の福音書に比べ、しかし、この証明してマーク書いたではありませんかさえ理解してラテン語言語です。 It proves merely that he was familiar with the common Greek of the Roman Empire, which freely adopted Latin words and, to some extent, Latin phraseology (cf. Blass, "Philol. of the Gosp.", 211 sq.), Indeed such familiarity with what we may call Roman Greek strongly confirms the traditional view that Mark was an "interpreter" who spent some time at Rome.それを証明していただけに精通して、ローマ帝国の共通ギリシャ語、ラテン語の言葉を自由に採択し、ある程度、ラテン的な言い方( cf.ブラス、 " philolです。 gospをします。 " 、 211 ㎡ ) 、実際にこのような精通してどのようなことがありますギリシアローマのコールに確認して伝統的な見方を強くマークは、 "通訳"いくつかの時間をローマwho使用済みです。

IV. Ⅳ 。 STATE OF TEXT AND INTEGRITYの状態をテキストとの整合性

The text of the Second Gospel, as indeed of all the Gospels, is excellently attested. 2番目の福音書のテキストを、実際のすべての福音書としては、素晴らしい証言します。 It is contained in all the primary unical manuscripts, C, however, not having the text complete, in all the more important later unicals, in the great mass of cursives; in all the ancient versions: Latin (both Vet. It., in its best manuscripts, and Vulg.), Syriac (Pesh., Curet., Sin., Harcl., Palest.), Coptic (Memph. and Theb.), Armenian, Gothic, and Ethiopic; and it is largely attested by Patristic quotations.プライマリのすべてのことが含まれてunical原稿や、 C 、しかし、特定のテキストが完了すると、もっと重要なへのすべてのunicalsでは、大質量cursives ;は古代のすべてのバージョン:ラテン語(両方の獣医です。します。は、その最高の原稿、およびvulgです。 ) 、シリア( pesh. 、匙。 、罪です。 、 harcl 。 、 palestです。 ) 、コプト語( memph.とthebです。 ) 、アルメニア語、ゴシック、およびエチオピア;と証言したことが大きくpatristic引用します。 Some textual problems, however, still remain, eg whether Gerasenon or Gergesenon is to be read in v, 1, eporei or epoiei in vi, 20, and whether the difficult autou, attested by B, Aleph, A, L, or autes is to be read in vi, 20.いくつかのテキスト形式の問題が発生、しかし、依然として、例えばされるかどうかはgerasenonまたは続きを読むgergesenon V電源、 1 、 eporeiまたはepoiei viでの20日、としている困難なautouかどうか、証言をBに、アレフは、 、左か、またはautesは、読んでviでの20 。 But the great textual problem of the Gospel concerns the genuineness of the last twelve verses.しかし、偉大なテキスト形式の問題を懸念の福音の純粋の詩の最後の12 。 Three conclusions of the Gospel are known: the long conclusion, as in our Bibles, containing verses 9-20, the short one ending with verse 8 (ephoboumto gar), and an intermediate form which (with some slight variations) runs as follows: "And they immediately made known all that had been commanded to those about Peter. And after this, Jesus Himself appeared to them, and through them sent forth from East to West the holy and incorruptible proclamation of the eternal salvation." 3つの結論を出すことが知られ、ゴスペル:長い結論として、私たちのように聖書は、詩を含む9月20日、最後に1つの短い詩8 ( ephoboumtoガー) 、との中間形態を(おいくつかのわずかな変化)は以下のとおり: "と彼らは瞬く間に知られているすべての会社命じされていたピーターです。と、この後、イエスキリスト自身が登場して、と記載して、東から西へ送られると清廉潔白な聖なる永遠の救いを宣言します。 " Now this third form may be dismissed at once.今すぐこの3番目のフォームを一度に5月に解雇さです。 Four unical manuscripts, dating from the seventh to the ninth century, give it, indeed, after xvi, 9, but each of them also makes reference to the longer ending as an alternative (for particulars cf. Swete, op. cit., pp. cv-cvii). 4つのunical原稿は、第7回デートしてから9世紀、与えること、実際のところ、 16した後、 9日、しかし、それらのそれぞれを参照しても作って長いエンディングの代替として利用する(詳細については継続前誌です。スウィート、営業します。 〜 Cit 。 、 ppです。履歴書-ロードCVII ) 。 It stands also in the margin of the cursive Manuscript 274, in the margin of the Harclean Syriac and of two manuscripts of the Memphitic version; and in a few manuscripts of the Ethiopic it stands between verse 8 and the ordinary conclusion.また、利益率のままでは、 274草書体の原稿は、 harcleanの余白には、シリアとの2つの原稿をmemphiticのバージョン、および、数原稿は、エチオピアとスタンドの間に詩8と、通常の結論です。 Only one authority, the Old Latin k, gives it alone (in a very corrupt rendering), without any reference to the longer form. 1つだけ権限は、古ラテン語k 、与えることだけで(非常に壊れてレンダリング)は、フォームを全く考慮せずに、長いです。 Such evidence, especially when compared with that for the other two endings, can have no weight, and in fact, no scholar regards this intermediate conclusion as having any titles to acceptance.このような証拠を、特にと比べると他の2つの終端して、重量がないこと、および実際には、この中間点の学者結論されている任意のタイトルを受け入れています。

We may pass on, then, to consider how the case stands between the long conclusion and the short, ie between accepting xvi, 9-20, as a genuine portion of the original Gospel, or making the original end with xvi, 8.パスすることがありますし、その後、スタンドを検討する場合はどのような結論との間の長い短い、すなわち16世の間に受け入れ、 9月20日、正規の部分としては、元の福音か、またはメーカー、元の最後に16 、 8 。 In favour of the short ending Eusebius ("Quaest. ad Marin.") is appealed to as saying that an apologist might get rid of any difficulty arising from a comparison of Matt.に賛成の短いエンディングユーセビアス( " quaestです。広告のマリンです。 " )は、言い訳がましいと言っているとして訴えを取り除くことに困難かもしれないから生じるのマットを比較します。 xxviii, 1, with Mark, xvi, 9, in regard to the hour of Christ's Resurrection, by pointing out that the passage in Mark beginning with verse 9 is not contained in all the manuscripts of the Gospel.二十八、 1 、をマーク、 16 、 9日、これと関連し、キリストの復活の時に、通過さを指摘し、 9マークで始まる詩ではないのすべての原稿が含まれて福音です。 The historian then goes on himself to say that in nearly all the manuscripts of Mark, at least, in the accurate ones (schedon en apasi tois antigraphois . . . ta goun akribe, the Gospel ends with xvi, 8. It is true, Eusebius gives a second reply which the apologist might make, and which supposes the genuineness of the disputed passage, and he says that this latter reply might be made by one "who did not dare to set aside anything whatever that was found in any way in the Gospel writing". But the whole passage shows clearly enough that Eusebius was inclined to reject everything after xvi, 8. It is commonly held, too, that he did not apply his canons to the disputed verses, thereby showing clearly that he did not regard them as a portion of the original text (see, however, Scriv., "Introd.", II, 1894, 339). St. Jerome also says in one place ("Ad. Hedib.") that the passage was wanting in nearly all Greek manuscripts (omnibus Græciæ libris poene hoc capitulum in fine non habentibus), but he quotes it elsewhere ("Comment. on Matt."; "Ad Hedib."), and, as we know, he incorporated it in the Vulgate. It is quite clear that the whole passage, where Jerome makes the statement about the disputed verses being absent from Greek manuscripts, is borrowed almost verbatim from Eusebius, and it may be doubted whether his statement really adds any independent weight to the statement of Eusebius. It seems most likely also that Victor of Antioch, the first commentator of the Second Gospel, regarded xvi, 8, as the conclusion. If we add to this that the Gospel ends with xvi, 8, in the two oldest Greek manuscripts, B and Aleph, in the Sin. Syriac and in a few Ethiopic manuscripts, and that the cursive Manuscript 22 and some Armenian manuscripts indicate doubt as to whether the true ending is at verse 8 or verse 20, we have mentioned all the evidence that can be adduced in favour of the short conclusion. The external evidence in favour of the long, or ordinary, conclusion is exceedingly strong. The passage stands in all the great unicals except B and Aleph--in A, C, (D), E, F, G, H, K, M, (N), S, U, V, X, Gamma, Delta, (Pi, Sigma), Omega, Beth--in all the cursives, in all the Latin manuscripts (OL and Vulg.) except k, in all the Syriac versions except the Sinaitic (in the Pesh., Curet., Harcl., Palest.), in the Coptic, Gothic, and most manuscripts of the Armenian. It is cited or alluded to, in the fourth century, by Aphraates, the Syriac Table of Canons, Macarius Magnes, Didymus, the Syriac Acts of the Apostles, Leontius, Pseudo-Ephraem, Cyril of Jerusalem, Epiphanius, Ambrose, Augustine, and Chrysostom; in the third century, by Hippolytus, Vincentius, the "Acts of Pilate", the "Apostolic Constitutions", and probably by Celsus; in the second, by Irenæus most explicitly as the end of Mark's Gospel ("In fine autem evangelii ait Marcus et quidem dominus Jesus", etc.--Mark xvi, 19), by Tatian in the "Diatessaron", and most probably by Justin ("Apol. I", 45) and Hermas (Pastor, IX, xxv, 2). Moreover, in the fourth century certainly, and probably in the third, the passage was used in the Liturgy of the Greek Church, sufficient evidence that no doubt whatever was entertained as to its genuineness. Thus, if the authenticity of the passage were to be judged by external evidence alone, there could hardly be any doubt about it.の歴史学者が起こって入力し、自分自身を言ってやるがして、ほぼすべての原稿をマーク、少なくとも、正確なものは、 ( schedonアンapasi tois antigraphois 。 。 。 。 。このgoun akribe 、 16で終わるの福音、 8 。それがtrueの場合、ユーセビアス2番目の返信は、言い訳がましい与えるかもしれないし、これは、係争中の純粋supposes通過し、彼によると、この後者の返信1つ作られるかもしれない" who何もしなかった何はさておき思い切っを設定することが発見さどんな方法でも福音の書き込み"ですが、全体の通路を明確に示して十分な傾斜を拒否することは、すべてのユーセビアス16した後、 8 。ことがよく行われた、あまりにも、彼の参事は、適用しないことを彼は、係争中の詩、それを持ってきた点を明確に表示中するには、元のテキスト部分(参照、しかし、 scriv 。 、 " Introd学です。 " 、 2世、 1894 、 339 ) 。聖ジェロームは言うのも1つの場所( "広告です。 hedib 。 " )は、通路が欠けているほぼすべてのギリシャの原稿(オムニバスgræciæ libris poene頭状花序の罰金以外の特別habentibus ) 、しかし彼が他の引用符( "コメントは得られなかった。上マットです。 " ; "広告hedib 。 " ) 、および、知ってのとおり、彼はそれを流布本に組み込まです。それは非常に明確にして全体を通過、ここでジェロームは係争中の声明については、ギリシャ語の詩が欠席原稿は、ほぼ逐語から借りたユーセビアスし、彼の発言かもしれない本当に追加するかどうか危ぶむ独立した声明の重量をユーセビアスです。最も高いようにビクターのアンティオキアも、 2番目の最初のコメンテーター、ゴスペル、と考え16 、 8 、との結論です。すればこれに加えて16世は、福音書の末尾に、 8日、ギリシャ語、 2つの最古の写本、 bとアレフは、罪です。シリアと、数エチオピア原稿、および草書体の原稿は、 22日、アルメニア語原稿を示すいくつかの疑問が生じているかどうかは、詩の真のエンディング8または詩20日、私たちが証拠に記載のすべてのことができるadducedの短い結論に賛成します。 、外部の証拠に賛成の長いか、または普通の、結論は非常に強い。の通過にスタンドを除いてすべての偉大なunicals Bとアレフ-で、 A 、 Cの、 (奥行) 、メール、 f 、グラム、 h 、 k比較、 M 、 ( n ) 、秒、 uでは、 V電源、 x 、ガンマ、デルタ航空、 (円周率、シグマ) 、オメガ、ベス-でのすべてのc ursivesは、ラテン語のすべての原稿(オルとvulg 。 )を除いてkは、シリアのすべてのバージョンを除いてsinaitic ( [ pesh 。 、匙。 、 harcl 。 、 palestです。 ) 、は、コプト語、ゴシック、およびほとんどの原稿は、アルメニア人には引用またはそれとなく触れられたように、第4世紀、 aphraatesは、シリアのテーブルの参事、マカリウスマグネス、 didymusは、シリアの使徒の行為を、レオンティオス、擬似ephraem 、エルサレムの聖キュリロス、聖エピファニオス、アンブローズ、アウグスティヌス、およびクリュソストモス;第3世紀、さヒッポリュトス、 vincentiusは、 "行為をpilate " 、 "ローマ教皇の憲法"とされ、おそらくセルサス;で2番目の、ほとんどのirenæusとしての最後に明示的にマークの福音書(以下"の罰金autem ait evangeliiマーカスet quidem主イエスキリスト"等-マーク1 6、 1 9) 、 t atianは、 " d iatessaron"とされ、おそらくほとんどのジャスティン( " a polします。 i "で、 4 5)とh ermas(牧師、 9世、 2 5、 2 ) 。また、第4回世紀確かに、そしておそらく、第3 、の通過には、ギリシャ語で使用されて典礼教会、どんな疑いで十分な証拠がないとしては、その真偽を楽しませています。したがって、場合は、信ぴょう性の通過には外部の証拠だけで判断される、ある可能性はほとんどが任意の疑いを抱いている。

Much has been made of the silence of some third and fourth century Father, their silence being interpreted to mean that they either did not know the passage or rejected it.いろいろ言われているいくつかの3位と4位の沈黙世紀の父、彼らが沈黙を意味すると解釈しては知らなかったの通過のいずれかまたは拒否します。 Thus Tertullian, SS.したがってテルトゥリアヌス、 ss 。 Cyprian, Athanasius, Basil the Great, Gregory of Nazianzus, and Cyril of Alexandria are appealed to.チプリアーノ、アタナシウス、バジルの大、ナジアンゾスの聖グレゴリオ、およびシリルアレクサンドリアのは、訴えをします。 In the case of Tertullian and Cyprian there is room for some doubt, as they might naturally enough to be expected to have quoted or alluded to Mark, xvi, 16, if they received it; but the passage can hardly have been unknown to Athanasius (298-373), since it was received by Didymus (309-394), his contemporary in Alexandria (PG, XXXIX, 687), nor to Basil, seeing it was received by his younger brother Gregory of Nyssa (PG, XLVI, 652), nor to Gregory of Nazianzus, since it was known to his younger brother Cæsarius (PG, XXXVIII, 1178); and as to Cyril of Alexandria, he actually quotes it from Nestorius (PG, LXXVI, 85).チプリアーノ例は、テルトゥリアヌスといくつかの疑問の余地がある、と彼らは十分に予想されるかもしれないが、自然やそれとなく触れられたように引用符マーク、 16 、 16日、受信すればそれ;しかし、通路にはほとんど知られていないがアタナシウス(二九八から三七三) 、それが受信されて以来didymus (三百九から三百九十四) 、彼の現代的でアレキサンドリア(結果、 39 、 687 ) 、バジルでも、見ては、受信した彼の弟のグレゴリーnyssa (結果、 46 、 652 ) 、ナジアンゾスの聖グレゴリオでも、わかっているので、彼の弟はcæsarius (結果、 38 、 1178 ) ;とシリルアレクサンドリアのを、彼は実際に引用符でそれよりnestorius (結果、 76 、 85 ) 。 The only serious difficulties are created by its omission in B and Aleph and by the statements of Eusebius and Jerome.によって作成されるだけに、深刻な困難に記載漏れがBとアレフとされたステートメントのジェロームユーセビアスとします。 But Tischendorf proved to demonstration (Proleg., p. xx, 1 sqq.) that the two famous manuscripts are not here two independent witnesses, because the scribe of B copies the leaf in Aleph on which our passage stands.しかし、証明さティッシェンドルフデモ( proleg. 、 p.イグゼクス、 1 sqq 。 )は、 2つの有名な原稿はない、ここ2つの独立した証人は、筆記体のBコピーしているため、葉の上で私たちの通過アレフスタンドです。 Moreover, in both manuscripts, the scribe, though concluding with verse 8, betrays knowledge that something more followed either in his archetype or in other manuscripts, for in B, contrary to his custom, he leaves more than a column vacant after verse 8, and in Aleph verse 8 is followed by an elaborate arabesque, such as is met with nowhere else in the whole manuscript, showing that the scribe was aware of the existence of some conclusion which he meant deliberately to exclude (cf. Cornely, "Introd.", iii, 96-99; Salmon, "Introd.", 144-48).また、原稿の両方では、筆記体は、締結にかかわらず詩8日、裏切っ知識が何か他の続く彼のアーキタイプのいずれか、または他の原稿は、 Bに、彼のカスタムに反して、彼はうつろした後の葉の列を超える詩8日、と、アレフ詩8は、手の込んだ唐草に続いて、このようにはどこに会ってやり繰りして、全体の原稿を、表示中は、筆記体の存在を認識しては、いくつかの結論を彼は故意に意図を除外する( cf. cornely 、 " Introd学です。 " 、 3世、九十六〜九十九;サケ、 " Introd学です。 " 、 144から48まで) 。 Thus both manuscripts bear witness to the existence of a conclusion following after verse 8, which they omit.このように両方の原稿の存在を証言して次のように結論を詩8した後、これを省略します。 Whether B and Aleph are two of the fifty manuscripts which Constantine commissioned Eusebius to have copies for his new capital we cannot be sure; but at all events they were written at a time when the authority of Eusebius was paramount in Biblical criticism, and probably their authority is but the authority of Eusebius. Bとアレフかどうかには2つの原稿を、 50コンスタンティノス委託ユーセビアスには彼の新しい資本のコピーを必ずすることはできません;しかし、彼らはすべてのイベントをしているときに書かれたの権威をユーセビアスパラマウントでは、聖書の批判と、おそらく彼らしかし、当局の権限がユーセビアスです。 The real difficulty, therefore, against the passage, from external evidence, is reduced to what Eusebius and St. Jerome say about its omission in so many Greek manuscripts, and these, as Eusebius says, the accurate ones.本当の難しさ、そのため、反対の通過には、外部からの証拠は、どのようなユーセビアスと聖ジェローム減少して言ってやるがその不作為については、非常に多くギリシャ語原稿、およびこれらの、ユーセビアスは言うとしては、正確なものです。 But whatever be the explanation of this omission, it must be remembered that, as we have seen above, the disputed verses were widely known and received long before the time of Eusebius.しかし、何の説明には、次の不作為、記憶しなければなりませんが、以上見てきたように、係争中の詩が広く知られ、受信する前に長い時間をユーセビアスです。 Dean Burgon, while contending for the genuineness of the verses, suggested that the omission might have come about as follows.ディーンburgon 、誠実さの中、詩合戦を提案して来るかもしれない不作為については以下のとおりです。 One of the ancient church lessons ended with Mark, xvi, 8, and Burgon suggested that the telos, which would stand at the end of such lesson, may have misled some scribe who had before him a copy of the Four Gospels in which Mark stood last, and from which the last leaf, containing the disputed verses, was missing.古代教会のいずれかのレッスン終了をマーク、 16 、 8 、と示唆された目的因burgon 、これが立つようなレッスンの最後に、 5月に迷わせwhoは前に彼はいくつかの筆記体の4つの福音書のコピーをマークでは立っていた最後に、となっており、最後の葉は、係争中の詩を含む、が行方不明です。 Given one such defective copy, and supposing it fell into the hands of ignorant scribes, the error might easily be spread.与えられたような欠陥の1つのコピー、およびsupposing無知の手に落ちてscribes 、簡単に普及するかもしれないエラーが発生します。 Others have suggested that the omission is probably to be traced to Alexandria.その他の脱落が示唆されたのは、おそらくアレキサンドリアをトレースします。 That Church ended the Lenten fast and commenced the celebration of Easter at midnight, contrary to the custom of most Churches, which waited for cock-crow (cf. Dionysius of Alexandria in PG, X, 1272 sq.).四旬節の教会が終了したのは、お祝いの開始を迅速かつ復活祭の真夜中に、カスタムのほとんどの教会に反して、これを待ってコック-カラス( cf.アレクサンドリアのディオニュシオスにpg 、 x 、 1272平方)です。 Now Mark, xvi, 9: "But he rising early", etc., might easily be taken to favour the practice of the other Churches, and it is suggested that the Alexandrians may have omitted verse 9 and what follows from their lectionaries, and from these the omission might pass on into manuscripts of the Gospel.今すぐマーク、 16 、 9 : "しかし、彼は早起き"など、簡単に取るかもしれないの練習を偏重する傾向が、他の教会、とすることが示唆さalexandrians年5月9日と詩が省略された場合にどのようなlectionariesから次のように、とこれらの不作為に入って原稿を渡すかもしれないの福音です。 Whether there be any force in these suggestions, they point at any rate to ways in which it was possible that the passage, though genuine, should have been absent from a number of manuscripts in the time of Eusebius; while, on the other and, if the verses were not written by St. Mar, it is extremely hard to understand how they could have been so widely received in the second century as to be accepted by Tatian and Irenæus, and probably by Justin and Hermas, and find a place in the Old Latin and Syriac Versions.かどうか、これらの提案力になれることがあれ、彼らの方法でポイントを任意のレートをされていた可能性があるの通過には、正規のかかわらず、欠席するはずだった原稿は、数時間のユーセビアス;ながら、上、他のと、書かれた詩がない場合は、 03セント、それは非常にハードを理解するためにどのように広く受信さが2番目の世紀tatianとして受け入れられるとされるirenæus 、ジャスティンとされ、おそらくhermas 、および場所を見つけるラテン語とシリアの古いバージョンです。

When we turn to the internal evidence, the number, and still more the character, of the peculiarities is certainly striking.指示されたときに私たちの内部の証拠は、番号、および他の文字も、目を見張るのは、確かに独特な点です。 The following words or phrases occur nowhere else in the Gospel: prote sabbaton (v. 9), not found again in the New Testament, instead of te[s] mia[s] [ton] sabbaton (v. 2), ekeinos used absolutely (10, 11, 20), poreuomai (10, 12, 15), theaomai (11, 14), apisteo (11, 16), meta tauta and eteros (12), parakoloutheo and en to onomati (17), ho kurios (19, 20), pantachou, sunergeo, bebaioo, epakoloutheo (20).どこ発生する可能性は、次の単語やフレーズをやり繰りして、ゴスペル:プロテオーム場合がある(動9 ) 、が見つかりませんでしたには、新約聖書のではなく、 te [秒]ミア[秒] [トン]がある(動2 ) 、 ekeinos使用される確実に( 10 、 11 、 20 ) 、 poreuomai ( 10 、 12 、 15 ) 、 theaomai ( 11 、 14 ) 、 apisteo ( 11 、 16 ) 、メタtautaとeteros ( 12 ) 、 parakoloutheoとアンをonomati ( 17 ) 、ホーkurios ( 19 、 20 ) 、 pantachou 、 sunergeo 、 bebaioo 、 epakoloutheo ( 20 )です。 Instead of the usual connexion by kai and an occasional de, we have meta de tauta (12), husteron [de] (14), ho men oun (19), ekeinoi de (20).の代わりに接続され、通常のデカイと時折、当社はメタデtauta ( 12 ) 、 husteron [デ] ( 14 ) 、ホー男性oun ( 19 ) 、 ekeinoiデ( 20 )です。 Then it is urged that the subject of verse 9 has not been mentioned immediately before; that Mary Magdalen seems now to be introduced for the first time, though in fact she has been mentioned three times in the preceding sixteen verses; that no reference is made to an appearance of the Lord in Galilee, though this was to be expected in view of the message of verse 7.次に求めたことが9は、アジ研の詩の直前に記載されていない;メアリーマグダレンようにするための最初の時間を導入するが、実際に彼女は3回に記載され、上記の16個の詩;ことは絶対にありませんに言及がなされ外観で、主にガリラヤが、これは予想される対象にするには、メッセージの詩7 。 Comparatively little importance attached to the last three points, for the subject of verse 9 is sufficiently obvious from the context; the reference to Magdalen as the woman out of whom Christ had cast seven devils is explicable here, as showing the loving mercy of the Lord to one who before had been so wretched; and the mention of an appearance in Galilee was hardly necessary.比較的ほとんどの最後の3つの重要なポイントに接続され、詩の件名が十分に明白な文脈から9 ;への参照をマグダレンの女性として出演する7人悪魔は、イエスキリストが説明ここでは、表示中の愛情のこもった慈悲として、主whoの前にいたので1つの悲惨な;とガリラヤに言及したの外観にはほとんど必要です。 the important thing being to prove, as this passage does, that Christ was really risen from the dead, and that His Apostles, almost against their wills, were forced to believe the fact.重要なことを証明するが、この通路は、イエスキリストが死んでからは本当に上昇しており、その彼の使徒、意志に反してそのほとんどが強制的に事実と信じています。 But, even when this is said, the cumulative force of the evidence against the Marcan origin of the passage is considerable.しかし、これはたとえによると、証拠の累積的な力の通過に反対するのはかなりの聖マルコの起源です。 Some explanation indeed can be offered of nearly every point (cf. Knabenbauer, "Comm. in Marc.", 445-47), but it is the fact that in the short space of twelve verse so many points require explanation that constitutes the strength of the evidence.実際にいくつかの説明を提供できるのほぼすべてのポイント( cf. knabenbauer 、 "コミュニティーのマルクです。 " 、 445から47まで) 、それは短いという事実は、非常に多くの詩空間に12ポイントの説明を構成する必要の強さその証拠です。 There is nothing strange about the use, in a passage like this, of many words rare with he author.奇妙なものはないについては、使用、通路にはこのように、多くの希少性彼は著者の言葉です。 Only in the last character is apisteo used by St. Luke also (Luke 24:11, 41), eteros is used only once in St. John's Gospel (xix, 37), and parakoloutheo is used only once by St. Luke (i, 3). apisteoのみでの最後の文字が使用されても聖ルカ(ルカ24:11 、 41 ) 、 eterosが使用され一度だけ聖ヨハネの福音書( 19 、 37 ) 、およびparakoloutheoが使用され一度だけで聖ルカ(私、 3 ) 。 Besides, in other passages St. Mark uses many words that are not found in the Gospel outside the particular passage.それに、他の通路サンマルコ使用されていない多くの単語発見された福音書の外、特定の通路です。 In the ten verses, Mark, iv, 20-29, the writer has found fourteen words (fifteen, if phanerousthai of xvi, 12, be not Marcan) which occur nowhere else in the Gospel.は、 10詩、マーク、 4 、 20-29 、 14人の作家が見つかりましたワード( 15 、 phanerousthaiの場合16 、 12 、聖マルコのではない)が発生する可能性どこやり繰りして、福音です。 But, as was said, it is the combination of so many peculiar features, not only of vocabulary, but of matter and construction, that leaves room for doubt as to the Marcan authorship of the verses.しかし、と述べたが、それは非常に多くの組み合わせ特有の機能だけでなく、語彙、しかし、物質と建設、その葉ルームの疑問が生じているのは、聖マルコの原作者の詩です。

In weighing the internal evidence, however, account must be take of the improbability of the Evangelist's concluding with verse 8.計量の内部証拠に、しかし、アカウントをしなければならないのimprobabilityを取るエバンジェリストの締結に詩8 。 Apart from the unlikelihood of his ending with the participle gar, he could never deliberately close his account of the "good news" (i, 1) with the note of terror ascribed in xvi, 8, to some of Christ's followers.彼の結末は別にありそうもないことを分詞ガー、彼は決して自分のアカウントを故意に近い"良いニュース" (私は、 1 )生得的にテロの16の注意事項を、 8日、キリストの追随をいくつか。 Nor could an Evangelist, especially a disciple of St. Peter, willingly conclude his Gospel without mentioning some appearance of the risen Lord (Acts 1:22; 10:37-41).また、伝道者が、特に、弟子のサンピエトロ大聖堂、喜んで彼の福音書締結の外観に言及するいくつかの上昇の主(行為1:22 ; 10:37-41 ) 。 If, then, Mark concluded with verse 8, it must have been because he died or was interrupted before he could write more.もし、その後、マークの結論に詩8日、持たなければならないが中断されたりする前に彼が死亡したため、彼はここです。 But tradition points to his living on after the Gospel was completed, since it represents him as bringing the work with him to Egypt or as handing it over to the Roman Christians who had asked for it.しかし、彼の伝統を指しての上で生活するの福音が完了した後、それを表して以来、彼をもたらすとして仕事を彼に渡すことをエジプトやローマのキリスト教徒whoいた要請をしてください。 Nor is it easy to understand how, if he lived on, he could have been so interrupted as to be effectually prevented from adding, sooner or later, even a short conclusion.またを理解しやすくする方法については、もし彼に住んで、彼が中断されたので防止に効果的に追加されるとして、遅かれ早かれ、たとえ短く結論です。 Not many minutes would have been needed to write such a passage as xvi, 9-20, and even if it was his desire, as Zahn without reason suggests (Introd., II, 479), to add some considerable portions to the work, it is still inconceivable how he could have either circulated it himself or allowed his friends to circulate it without providing it with at least a temporary and provisional conclusion.多くの分は必要に応じていないが16を書くような通路として、 9月20日、たとえそれが彼の欲望と、ザーンを理由として示唆( introd. 、 2世、 479 ) 、いくつかのかなりの部分を追加する作業を、これはまだ信じられない彼がどのように自分自身または許可のいずれか循環彼の友達を回覧することなく提供することが、少なくとも一時的と暫定的な結論です。 In every hypothesis, then, xvi, 8, seems an impossible ending, and we are forced to conclude either that the true ending is lost or that we have it in the disputed verses.すべての仮説によれば、その後、 16 、 8 、エンディング不可能なように、と私たちは強制的に結論は、真のエンディングのいずれかを紛失したりして係争中で私たちは詩です。 Now, it is not easy to see how it could have been lost.今すぐ、それを確認することは容易ではないが失われています。 Zahn affirms that it has never been established nor made probable that even a single complete sentence of the New Testament has disappeared altogether from the text transmitted by the Church (Introd., II, 477).ザーン肯定することはないが予想されても、 1つの完全な文章でも、新約聖書には完全に消えてしまったのテキストから転送された教会( introd. 、 2世、 477 ) 。 In the present case, if the true ending were lost during Mark's lifetime, the question at once occurs: Why did he not replace it?は、現在の場合は、真のエンディングが失われた場合は、マルクの生涯の中に、一度に問題が発生する場合:なぜ彼は置き換えることですか? And it is difficult to understand how it could have been lost after his death, for before then, unless he died within a few days from the completion of the Gospel, it must have been copied, and it is most unlikely that the same verses could have disappeared from several copies.とを理解することは難しいがどのように彼の死が失われた後、前に入力し、彼が死亡した場合を除き、数日中に完了するから、ゴスペル、コピーする必要がありますが、それが最も低いとは、同じ詩がいくつかのコピーが消えてしまったからです。

It will be seen from this survey of the question that there is no justification for the confident statement of Zahn that "It may be regarded as one of the most certain of critical conclusions, that the words ephobounto gar, xvi, 8, are the last words in the book which were written by the author himself" (Introd., II, 467).それは今回の調査から見られる、ということに疑問の正当性がないことを確信しザーン声明"と見なされることがあります特定の1つで最も重要な結論を出す、ガーされた単語がephobounto 、 16 、 8 、は、最終更新の言葉が書かれたこの本の著者自身" ( introd. 、 2世、 467 ) 。 Whatever be the fact, it is not at all certain that Mark did not write the disputed verses.どのようにという事実が、これは確信してマークをすべてしなかったの詩を書いて係争中です。 It may be that he did not; that they are from the pen of some other inspired writer, and were appended to the Gospel in the first century or the beginning of the second.ことはなかったかもしれない;してからのペンは、いくつかの他の触発された作家、およびが付加された福音書第一世紀の初めに、または2番目のです。 An Armenian manuscript, written in AD 986, ascribes them to a presbyter named Ariston, who may be the same with the presbyter Aristion, mentioned by Papias as a contemporary of St. John in Asia.アルメニア語の原稿には、広告の986で書かれ、長老の名前をascribesしてアリストン、 who年5月に、同じaristionの長老、 papiasとして記載されアジアの現代の聖ヨハネのです。 Catholics are not bound to hold that the verses were written by St. Mark.束縛を保持するカトリック教徒はありませんによって書かれた詩は、サンマルコです。 But they are canonical Scripture, for the Council of Trent (Sess. IV), in defining that all the parts of the Sacred Books are to be received as sacred and canonical, had especially in view the disputed parts of the Gospels, of which this conclusion of Mark is one (cf. Theiner, "Acta gen. Conc. Trid.", I, 71 sq.).しかし、彼らは正規の啓典、トレントの評議会( sess. 4 )は、定義のすべてのパーツは、神聖な神聖な書籍として受け取ったとされるカノニカル、係争中の部品は、特に表示するには、福音書で、この結論のマークが1つ( cf. theiner 、 "ログ世代です。 conc 。 trid 。 " 、私は、 71平方)です。 Hence, whoever wrote the verses, they are inspired, and must be received as such by every Catholic.それゆえ、誰でも詩を書いた、彼らはインスピレーションし、このようにしなければならないすべてのカトリック教徒として受け取った。

V. PLACE AND DATE OF COMPOSITION v.場所とこの評価を組成

It is certain that the Gospel was written at Rome.これは確信して書かれたのは、ローマの福音です。 St. Chrysostom indeed speaks of Egypt as the place of composition ("Hom. I. on Matt.", 3), but he probably misunderstood Eusebius, who says that Mark was sent to Egypt and preached there the Gospel which he had written ("Hist. Eccl.", II, xvi).聖クリュソストモス実際に話すのエジプトの地として組成( "ハオマ汁です。 i.をマットです。 " 、 3 ) 、しかし、彼はおそらく誤解されてユーセビアス、 whoによると、エジプトと説教マークに送られたの福音が書かていた( "履歴です。 eccl 。 " 、 2世、 16 ) 。 Some few modern scholars have adopted the suggestion of Richard Simon ("Hist. crit. du Texte du NT", 1689, 107) that the Evangelist may have published both a Roman and an Egyptian edition of the Gospel.現代の学者たちはいくつかのいくつかの提案を採用してリチャードサイモン( "履歴。批評します。デュtexteデュNTの" 、 1689 、 107 )は、エバンジェリスト年5月に公開さの両方をローマンの福音とエジプト版です。 But this view is sufficiently refuted by the silence of the Alexandrian Fathers.しかし、このビューを表示するが十分に反論され、アレクサンドリアの沈黙の父親です。 Other opinions, such as that the Gospel was written in Asia Minor or at Syrian Antioch, are not deserving of any consideration.その他のご意見などは、福音書には書かれて小アジアやシリアのアンティオキアではない任意の検討に値する。

The date of the Gospel is uncertain.福音は定かではなく、この評価をします。 The external evidence is not decisive, and the internal does not assist very much.外部の決定的な証拠ではない、との内部はありません非常に支援します。 St. Clement of Alexandria, Origen, Eusebius, Tertullian, and St. Jerome signify that it was written before St. Peter's death.アレクサンドリアの聖クレメント、原産地、ユーセビアス、テルトゥリアヌス、と聖ジェロームを意味しては、サンピエトロ大聖堂の死の前に書かれた。 The subscription of many of the later unical and cursive manuscripts states that it was written in the tenth or twelfth year after the Ascension (AD 38-40).サブスクリプションの草書体の多くは、原稿州へunicalと書かれていることが10または12年後の昇天(広告38-40 ) 。 The "Paschal Chronicle" assigns it to AD 40, and the "Chronicle" of Eusebius to the third year of Claudius (AD 43). "復活祭のクロニクル"に代入して、広告が40 、および"クロニクル"のユーセビアスして3年目のクラウディウス(広告の43 ) 。 Possibly these early dates may be only a deduction from the tradition that Peter came to Rome in the second year of Claudius, AD 42 (cf. Euseb., "Hist. Eccl.", II, xiv; Jer., "De Vir. Ill.", i).おそらく、これらの初期の日付のみを控除年5月にピーター来てからの伝統を年にローマで2番目のクラウディウス、広告の掲載42 ( cf. euseb 。 、 "履歴です。 eccl 。 " 、 2世、 14 ; jer 。 、 "デ人です。 Ill 。 " 、私) 。 St. Irenæus, on the other hand, seems to place the composition of the Gospel after the death of Peter and Paul (meta de ten touton exodon--"Adv. Hær.", III, i).聖irenæus 、その一方で、組成のように配置するの福音の死亡後、ピーターとポール(メタデ10ツートン型巨細胞exodon -"前売します。 h ærています。 " 、 3世、私) 。 Papias, too, asserting that Mark wrote according to his recollection of Peter's discourses, has been taken to imply that Peter was dead. papias 、あまりにも、彼の主張によると書いたマークした覚えはピーターの談話で、ピーターがとられているが死んだことを意味します。 This, however, does not necessarily follow from the words of Papias, for Peter might have been absent from Rome.これは、しかしながら、次からは必ずしもpapiasの言葉を、欠席するかもしれないからローマピーターです。 Besides, Clement of Alexandria (Eusebius, "Hist. Eccl.", VI, xiv) seems to say that Peter was alive and in Rome at the time Mark wrote, though he gave the Evangelist no help in his work.また、アレクサンドリアのクレメント(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 6 、 14 )が言うように、ローマのピーターは生きては、時間マーク書いたが、彼は伝道者のヘルプに仕事に取り組んでいます。 There is left, therefore, the testimony of St. Irenæus against that of all the other early witnesses; and it is an interesting fact that most present-day Rationalist and Protestant scholars prefer to follow Irenæus and accept the later date for Mark's Gospel, though they reject almost unanimously the saint's testimony, given in the same context and supported by all antiquity, in favour of the priority of Matthew's Gospel to Mark's.左には、したがって、聖irenæus反対の証言の他のすべての初期の目撃者が、これはほとんどの興味深い事実を今日の合理主義とプロテスタントの学者に従うirenæusを好む、後の日付をマークし、同意するの、ゴスペル、かかわらず彼らほぼ満場一致でのサンの証言を拒否、与えられたと同じ文脈でサポートされ、すべての古代は、賛成は、優先順位のマシューの福音書をマークします。 Various attempts have been made to explain the passage in Irenæus so as to bring him into agreement with the other early authorities (see, eg Cornely, "Introd.", iii, 76-78; Patrizi, "De Evang.", I, 38), but to the present writer they appear unsuccessful if the existing text must be regarded as correct.様々な試みがなされてirenæus説明して通過させるために彼を契約書に、他の早期当局(参照、例えばcornely 、 " Introd学です。 " 、 3 、 76-78 ; patrizi 、 "デevang 。 " 、私は、 38 ) 、しかし、現在の作家に失敗した場合は、既存のテキストが表示されると見なされて修正しなければならない。 It seems much more reasonable, however, to believe that Irenæus was mistaken than that all the other authorities are in error, and hence the external evidence would show that Mark wrote before Peter's death (AD 64 or 67).私にはもっとずっと他の合理的な、しかし、間違ったことを信じるだけのに比べてirenæusは、他のすべての当局は、エラーが発生し、それゆえ、外部の証拠を示すマークピーターの死の前に書いた(広告の64または67 ) 。

From internal evidence we can conclude that the Gospel was written before AD 70, for there is no allusion to the destruction of the Temple of Jerusalem, such as might naturally be expected in view of the prediction in xiii, 2, if that event had already taken place.より内部の証拠との結論を下すことが書か前に広告の福音70 、問題への言及がないため、同寺のエルサレムの破壊など、当然のことかもしれないの予測に予想される対象は、 13 、 2 、もしそのイベントにはすでに撮影場所です。 On the other hand, if xvi, 20: "But they going forth preached everywhere", be from St. Mark's pen, the Gospel cannot well have been written before the close of the first Apostolic journey of St. Paul (AD 49 or 50), for it is seen from Acts, xiv, 26; xv, 3, that only then had the conversion of the Gentiles begun on any large scale.その一方で、 16 、 20 : "しかし、彼ら記載説教どこ行く" 、サンマルコのペンでから、福音よくすることはできませんが終了する前に書かれた旅の最初の使徒聖パウロ(広告の49または50 )は、行為から見られることが、 14日、 26日; 15 、 3 、それだけは、コンバージョンを入力し、任意の大規模なgentiles開始します。 Of course it is possible that previous to this the Apostles had preached far and wide among the dispersed Jews, but, on the whole, it seems more probable that the last verse of the Gospel, occurring in a work intended for European readers, cannot have been written before St. Paul's arrival in Europe (AD 50-51).もちろん、それは可能性がある前に、この説教の使徒が広範囲に分散されたユダヤ人の間の、しかし、全体では、他の予想は、最後の詩を、ゴスペル、作業で発生する意図欧州の読者に、することはできません。聖パウロのご到着する前に書き込まれ、ヨーロッパ(広告50-51 ) 。 Taking the external and internal evidence together, we may conclude that the date of the Gospel probably lies somewhere between AD 50 and 67.撮影の外部と内部の証拠一緒に、この評価をすることがありますとの結論を下すのは、おそらくどこかの福音の間に広告の50と67 。

VI. Ⅵ 。 DESTINATION AND PURPOSE目的地と目的

Tradition represents the Gospel as written primarily for Roman Christians (see above, II), and internal evidence, if it does not quite prove the truth of this view, is altogether in accord with it.ゴスペルの伝統は、ローマのキリスト教徒として主に書かれた(上記参照、 2 ) 、および内部証拠、表示されない場合はかなり真実性を証明してこのビューを表示する、完全では、協定にしてください。 The language and customs of the Jews are supposed to be unknown to at least some of the readers.の言語や風習を、ユダヤ人が知られていないはず少なくともいくつかの読者です。 Hence terms like Boanerges (iii, 17), korban (vii, 11), ephphatha (vii, 34) are interpreted; Jewish customs are explained to illustrate the narrative (vii, 3-4; xiv, 12); the situation of the Mount of Olives in relation to the Temple is pointed out (xiii, 3); the genealogy of Christ is omitted; and the Old Testament is quoted only once (i, 2-3; xv, 28, is omitted by B, Aleph, A, C, D, X).それゆえ用語のようなboanerges ( 3世、 17 ) 、 korban ( 7 、 11 ) 、 ephphatha ( 7 、 34 )は、解釈;税関は説明して明らかにするユダヤ人の物語( 7 、 3-4 、 14 、 12 ) ;の状況は、マウントのオリーブに関連して同寺が指摘( 13 、 3 ) ;の系譜キリストが省略された場合、および引用符で、旧約聖書のは一度だけ(私、 2-3 、 15 、 28 、が省略された場合をB 、アレフ、 、 A 、 Cの、 d 、 x ) 。 Moreover, the evidence, as far as it goes, points to Roman readers.また、その証拠は、今のところは、ローマの読者を指しています。 Pilate and his office are supposed to be known (15:1--cf. Matthew 27:2; Luke 3:1); other coins are reduced to their value in Roman money (xii, 42); Simon of Cyrene is said to be the father of Alexander and Rufus (xv, 21), a fact of no importance in itself, but mentioned probably because Rufus was known to the Roman Christians (Romans 16:13); finally, Latinisms, or uses of vulgar Greek, such as must have been particularly common in a cosmopolitan city like Rome, occur more frequently than in the other Gospels (v, 9, 15; vi, 37; xv, 39, 44; etc.). pilateと彼のオフィスにいるはずの既知の( 15:1 -継続前誌です。マシュー2 7:2;ルーク3 :1) ;他のコインは、ローマの値を削減してお金( 1 2、 4 2) ;サイモンによるとするのはc yreneアレクサンドロス大王の父がルフス( 15 、 21 )は、重要性のない事実そのものではなく、おそらく言及に知られているため、ルーファスは、ローマのキリスト教徒(ローマ人への手紙16:13 ) ;最後に、ラテン語か、または使用の低俗なギリシャ語、このようなとして共通にする必要がありますが、特にローマ国際都市のような、より頻繁に発生するよりも、他の福音書( V電源、 9日、 15 ;六、 37 、 15 、 39 、 44 ;等)です。

The Second Gospel has no such statement of its purpose as is found in the Third and Fourth (Luke 1:1-3; John 20:31). 2番目の福音書がないようなステートメントをその目的としては、発見された3位と4位(ルーク1:1-3 ;ジョン20:31 ) 。 The Tübingen critics long regarded it as a "Tendency" writing, composed for the purpose of mediating between and reconciling the Petrine and Pauline parties in the early Church.批評家のテュービンゲン長いと考えそれを"傾向"ライティング、構成を目的との間の和解調停当事者のポーリーンの使徒ペテロとの早期の教会です。 Other Rationalists have seen in it an attempt to allay the disappointment of Christians at the delay of Christ's Coming, and have held that its object was to set forth the Lord's earthly life in such a manner as to show that apart from His glorious return He had sufficiently attested the Messianic character of His mission.他の合理が見られることをしようと、失望感を和らげるのキリスト教徒は、イエスキリストが来るの遅延が発生し、そのオブジェクトが開かれたことを定めるのは、この世の生活の主のようにこのようなことを示して離れていた彼の栄光を返します救世主の文字を十分に証明する彼の使命です。 But there is no need to have recourse to Rationalists to learn the purpose of the Gospel.しかし、償還請求権がないにする必要があるの目的は、合理を学ぶための福音です。 The Fathers witness that it was written to put into permanent form for the Roman Church the discourses of St. Peter, nor is there reason to doubt this.目撃者は、父親のことを恒久的に書き込まフォームを置くカトリック教会のディスコースとのサンピエトロ大聖堂は、疑いもなく、その理由がこれです。 And the Gospel itself shows clearly enough that Mark meant, by the selection he made from Peter's discourses, to prove to the Roman Christians, and still more perhaps to those who might think of becoming Christians, that Jesus was the Almighty Son of God.と福音をマーク自体に十分な意味を明確に示して、選択された彼はよりピーターの談話で、ローマのキリスト教徒を証明するには、まだ他のおそらく考えているwhoになるかもしれない、キリスト教徒、それは、全能の神の子イエスキリストです。 To this end, instead of quoting prophecy, as Matthew does to prove that Jesus was the Messias, he sets forth in graphic language Christ's power over all nature, as evidenced by His miracles.そのためには、引用予言の代わりに、マシューはmessiasは、イエスキリストを証明して、彼のグラフィック言語送付イエスキリストの力ですべての自然、彼の奇跡も明らかなようです。 The dominant note of the whole Gospel is sounded in the very first verse: "The beginning of the gospel of Jesus Christ, Son of God" (the words "Son of God" are removed from the text by Westcott and Hort, but quite improperly--cf. Knabenb., "Comm. in Marc.", 23), and the Evangelist's main purpose throughout seems to be to prove the truth of this title and of the centurion's verdict: "Indeed this man was (the) son of God" (xv, 39).優性の注意事項を全体の福音書は、音は、非常に最初の詩: "の初めにイエスキリストの福音、神の子" (の言葉"神の子"が削除さウェストコットとホートからのテキストは、しかし、非常に不適切な-継続前誌です。 k nabenb。 、 "コミュニティーのマルクです。 " 、 2 3) 、および全体の伝道者の主な目的と思われるが真実であることを証明すると、このタイトルは、センチュリオンの評決: "確かに、この男は( )の息子である神" ( 15 、 39 ) 。

VII. Ⅶ 。 RELATION TO MATTHEW AND LUKE関連してマシューとルーク

The three Synoptic Gospels cover to a large extent the same ground.の3つの共観福音書のカバーを地面にはかなりの程度は同じです。 Mark, however, has nothing corresponding to the first two chapters of Matthew or the first two of Luke, very little to represent most of the long discourses of Christ in Matthew, and perhaps nothing quite parallel to the long section in Luke, ix, 51-xviii, 14.マーク、しかし、何も対応しては、最初の2つの章のマシューまたは、最初の2つのルークは、ほとんどの大部分を表す談話をイエスキリストのマシューの長い、そしておそらく何もかなりの長いセクションでルーク平行して、 9世、 51 - 18 、 14 。 On the other hand, he has very little that is not found in either or both of the other two Synoptists, the amount of matter that is peculiar to the Second Gospel, if it were all put together, amounting only to less than sixty verses.その一方で、彼はほとんど発見されていない他の2つのいずれかまたは両方のsynoptists 、物質の量は、 2番目の福音書に特有の、すべての場合にまとめることが、累積のみを60歳未満の詩です。 In the arrangement of the common matter the three Gospels differ very considerably up to the point where Herod Antipas is said to have heard of the fame of Jesus (Matthew 13:58; Mark 4:13; Luke 9:6).手配をしたことは、共通の問題の3つの福音書非常にかなりの違いが最大のポイントによるとヘロデアンティパスは聞いたことが名声を得るにはイエスキリスト(マタイ13:58 ;マーク4:13 ;ルーク9時06分) 。 From this point onward the order of events is practically the same in all three, except that Matthew (xxvi, 10) seems to say that Jesus cleansed the Temple the day of His triumphal entry into Jerusalem and cursed the fig tree only on the following day, while Mark assigns both events to the following day, and places the cursing of the fig tree before the cleansing of the Temple; and while Matthew seems to say that the effect of the curse and the astonishment of the disciples thereat followed immediately.この時点から以降のイベントの順序と同じでは実際にすべての3つを除いてマシュー( 26 、 10 )が言うようにイエスキリスト清め彼の勝利の日に同寺に入ると呪わエルサレムのイチジクの木だけでは、次の日は、両方のイベントを割り当てます。ながらマークは、次の日、と場所を言わずには、イチジクの木の前にクレンジングは、寺;やながらマシューは、効果のように言ってやるの呪いと驚きの後、すぐにそれゆえに弟子です。 Mark says that it was only on the following day the disciples saw that the tree was withered from the roots (Matthew 21:12-20; Mark 11:11-21).マークによると、それだけでは、次の日は、弟子たちは、そのカテゴリは、枯れたからのルーツ(マタイ21:12-20 ;マーク11:11-21 ) 。 It is often said, too, that Luke departs from Mark's arrangement in placing the disclosure of the traitor after the institution of the Blessed Eucharist, but it, as seems certain, the traitor was referred to many times during the Supper, this difference may be more apparent than real (Mark 14:18-24; Luke 22:19-23).よく言われることは、あまりにも、そのマークの配置から出発ルークに配置して、裏切り者の開示制度を祝福した後、聖体、それ、と思われるように、特定のは、裏切り者は何度も言及を夕食中に、このような違いがあります他の見掛けよりもリアル(マーク14:18-24 ;ルーク22:19-23 ) 。 And not only is there this considerable agreement as to subject-matter and arrangement, but in many passages, some of considerable length, there is such coincidence of words and phrases that it is impossible to believe the accounts to be wholly independent.とだけでなく、かなりの契約書があるとして、この問題を主題と配置、しかし、多くの通路、いくつかのかなりの長さでは、偶然の単語やフレーズをこのようなことは不可能であることを信じてはアカウントを完全に独立しています。 On the other hand, side by side with this coincidence, there is strange and frequently recurring divergence.その一方で、この偶然と並んで、頻繁に定期的には奇妙なと発散します。 "Let any passage common to the three Synoptists be put to the test. The phenomena presented will be much as follows: first, perhaps, we shall have three, five, or more words identical; then as many wholly distinct; then two clauses or more expressed in the same words, but differing in order; then a clause contained in one or two, and not in the third; then several words identical; then a clause or two not only wholly distinct, but apparently inconsistent; and so forth; with recurrences of the same arbitrary and anomalous alterations, coincidences, and transpositions. "レットsynoptists任意の通路に共通するの3つのテストにかけられる。の現象に提示されるくらい以下のとおり:第一に、たぶん、わたしたちは3つ、 5つのか、または他の言葉と同じ;入力し、できるだけ多くの完全に異なる;入力し、 2つの条項または他の同じ言葉で表現さが、異なるため、 ;入力し、 1つまたは2つの条項に含まれてではなく、第3 ;入力し、いくつかの言葉と同じ;入力し、または2つの条項だけでなく、完全に異なるが、明らかに矛盾;など;任意のと同じで異常の再発を変更、偶然の積み重ね、を再現します。

The question then arises, how are we to explain this very remarkable relation of the three Gospels to each other, and, in particular, for our present purpose, how are we to explain the relation of Mark of the other two?問題が発生し、我々はどのようにお互いには、 3人の福音書のこの非常に顕著な関係を説明するため、特に、我々の現在の目的のために、我々はどのように他の2つのマークの関係を説明するのか? For a full discussion of this most important literary problem see SYNOPTICS.この最も重要な文学的問題の完全な議論についてはSYNOPTICS参照してください。 It can barely be touched here, but cannot be wholly passed over in silence.やっとここには、感動することができますが、完全に沈黙で通過することはできません。 At the outset may be put aside, in the writer's opinion, the theory of the common dependence of the three Gospels upon oral tradition, for, except in a very modified form, it is incapable by itself alone of explaining all the phenomena to be accounted for.当初はさておき、作家の意見では、非常に修飾されたフォームを除き、昔からの言い伝えには、 3つの福音書の共通の依存性、 、のための理論は、それ自体だけではできない、すべての現象を説明することによって説明されるにかけられる可能性があります〜のために。 It seems impossible that an oral tradition could account for the extraordinary similarity between, eg Mark, ii, 10-11, and its parallels. Literary dependence or connexion of some kind must be admitted, and the questions is, what is the nature of that dependence or connexion?これは口頭での伝統の間の異常な類似性のため、 。文学依存性やある種のかかわりマーク、二、 10-11 、およびその類似例:アカウントの可能性があると認めたしなければならない、との質問には、何というの本性は不可能だと思います依存性やかかわりか? Does Mark depend upon Matthew, or upon both Matthew and Luke, or was it prior to and utilized in both, or are all three, perhaps, connected through their common dependence upon earlier documents or through a combination of some of these causes?マシューはマーク、または両方のマシューとルーク時には、事前に依存する、または両方で活用され、またはすべての3つは、おそらく、以前の文書や、これらの原因のいくつかの組み合わせによって時には共通の依存性を通じて接続されているか? In reply, it is to be noted, in the first place, that all early tradition represents St. Matthew's Gospel as the first written; and this must be understood of our present Matthew, for Eusebius, with the work of Papias before him, had no doubt whatever that it was our present Matthew which Papias held to have been written in Hebrew (Aramaic).返信では、最初の場所で、すべての初期の伝統的なものとして聖マタイの福音を表していると指摘される最初の記述、これは私たちの現在のマシュー、ユーセビアスのため、彼の前にPapiasの作品で、理解する必要がありますしていた何が私たちの現在のマシューは、ヘブライ語(アラム語)で記述されているために行わPapiasことは間違いない。 The order of the Gospels, according to the Fathers and early writers who refer to the subject, was Matthew, Mark, Luke, John.は、父親とは、被写体を参照してください初期の作家によると、福音書の順序は、マシュー、マーク、ルーク、ジョンだった。 Clement of Alexandria is alone in signifying that Luke wrote before Mark (Eusebius, "Hist. Eccl.", VI, xiv, in PG, XX, 552), and not a single ancient writer held that Mark wrote before Matthew.アレクサンドリアのクレメンスだけでは、ルークマーク(ユーセビアス、 "シーッ。 Eccl 。 "前に書いている意味では、 6世、 14世は、パプアニューギニア、イグゼクス、 552 )ではなく、 1つの古代の作家が書いたマークマシュー前に行われた。 St. Augustine, assuming the priority of Matthew, attempted to account for the relations of the first two Gospels by holding that the second is a compendium of the first (Matthæum secutus tanquam pedisequus et breviator--"De Consens. Evang.", I, ii).聖オーガスティン、マシューの優先順位と仮定すると、最初の2つの福音書の関係については、 2つ目は、最初の( Matthæum secutus tanquam pedisequusエbreviatorの大要を持っているアカウントへの試み-"デC onsens。 E vang。 " 、私は、 ⅱ ) 。 But, as soon as the serious study of the Synoptic Problem began, it was seen that this view could not explain the facts, and it was abandoned.しかし、すぐに共観の問題の本格的な研究としては、このビューは、事実を説明することができなかった、目撃されたと始めたが放棄された。 The dependence of Mark's Gospel upon Matthew's however, though not after the manner of a compendium, is still strenuously advocated.マシューのが、要約の方法というわけではない、後には激しくマークの福音を提唱している時の依存性。 Zahn holds that the Second Gospel is dependent on the Aramaic Matthew as well as upon Peter's discourses for its matter, and, to some extent, for its order; and that the Greek Matthew is in turn dependent upon Mark for its phraseology.ザーンは、第二は、アラム語マタイ福音だけでなく、その問題のピーターのディスコースには、依存していますし、ある程度まで保持し、その順番を、マシューは、ギリシャの依存性の順番にマーク時にその言い方をしている。 So, too, Besler ("Einleitung in das NT", 1889) and Bonaccorsi ("I tre primi Vangeli", 1904).そのためには、あまりにも、 Besler ( " Einleitung DASをNTで" 、 1889 )とBonaccorsi ( "私tre primiワンゲリ" 、 1904 ) 。 It will be seen at once that this view is in accordance with tradition in regard to the priority of Matthew, and it also explains the similarities in the first two Gospels.それを一度には、このビューの伝統に基づき、マシューの優先順位については、また、最初の2つの福音書に見られる類似点を説明します。 Its chief weakness seems to the present writer to lie in its inability to explain some of Mark's omissions.その主な弱点は、現在の作家にはできないいくつかのマークの脱落を説明するためにうそをつくように思える。 It is very hard to see, for instance, why, if St. Mark had the First Gospel before him, he omitted all reference to the cure of the centurion's servant (Matthew 8:5-13).それは非常に確認するには、インスタンスを、なぜ、彼の前に、最初の場合、聖マルコ福音いたが、センチュリオンの使用人の治療法(マタイ8:5-13 )にすべての参照を省略難しい。 This miracle, by reason of its relation to a Roman officer, ought to have had very special interest for Roman readers, and it is extremely difficult to account for its omission by St. Mark, if he had St. Matthew's Gospel before him.ローマの非常に特別な関心をしている読者のためにはロマン官との関係のこの奇跡は、理由は、するべきで、それは非常に聖マルコでは、不作為を説明するのは難しいが、もし彼が彼の前に聖マタイの福音していた。 Again, St. Matthew relates that when, after the feeding of the five thousand, Jesus had come to the disciples, walking on water, those who were in the boat "came and adored him, saying: Indeed Thou art [the] Son of God" (Matthew 14:33).繰り返しますが、聖マタイが、 5000の授乳後に、イエスは弟子に、水の上を歩いていた関係者の船"がやってきて、彼を尊敬、と言っ:確かになた[ ]ソンの神" (マタイ14:33 ) 。 Now, Mark's report of the incident is: "And he went up to them into the ship, and the wind ceased; and they were exceedingly amazed within themselves: for they understood not concerning the loaves, but their heart was blinded" (Mark 6:51-52).さて、その事件のマークのレポートです: "と彼は彼らには、船には、上昇した風を停止、そして彼ら自身非常に驚いていた:彼らはloafの複数形に関するはなく、理解の心を盲目にされた" (マーク6 :51 - 52 ) 。 Thus Mark makes no reference to the adoration, nor to the striking confession of the disciples that Jesus was [the] Son of God.このようにマークもイエスは弟子が印象的だったの自白に崇敬の念を参照するには[ ]ソン神の。 How can we account for this, if he had Matthew's report before him? Once more, Matthew relates that, on the occasion of Peter's confession of Christ near Cæsarea Philippi, Peter said: "Thou art the Christ, the Son of the living God" (Matthew 16:16).どうやってこれを説明することができる場合は、彼の前にマシューの報告していたのか、もう一度、マシューは、キリストの近くCæsareaフィリッピピーターの自白の折に、ピーターと関連: "なたは、キリストは、息子の"神の生活(マタイ16:16 ) 。 But Mark's report of this magnificent confession is merely: "Peter answering said to him: Thou art the Christ" (Mark 8:29).彼にはしかし、この壮大な自白のマークのレポートだけです: "ピーター応答:なたのキリスト" (マーク8時29分) 。 It appears impossible to account for the omission here of the words: "the Son of the living God", words which make the special glory of this confession, if Mark made use of the First Gospel.これは、不作為のためここには、言葉のアカウントには不可能が表示されます: "は、息子の場合は、まず福音のマークを使用して、神の生活" 、言葉は、この自白の特別な栄光をするのです。 It would seem, therefore, that the view which makes the Second Gospel dependent upon the First is not satisfactory. The prevailing view at the present among Protestant scholars and not a few Catholics, in America and England as well as in Germany, is that St. Mark's Gospel is prior to St. Matthew's, and used in it as well as in St. Luke's.従って、その表示には、第2回福音第1に依存して満足されていないようだ。プロテスタントの学者の支配的な見方ではなく、いくつかのカトリック教徒の間では、現在、アメリカとイギリスだけでなく、ドイツでは、セントマークの聖マタイの福音前には、それにだけでなく、聖ルカの中で使用されます。 Thus Gigot writes: "The Gospel according to Mark was written first and utilized by the other two Synoptics" ("The New York Review", Sept.-Dec., 1907).このように書いてジゴ: "福音を最初にマークし、他の2つのSynopticsで利用書かれて、 " ( "ニューヨークレビュー" 、 9月〜 12月。 、 1907 ) 。 So too Bacon, Yale Divinity School: "It appears that the narrative material of Matthew is simply that of Mark transferred to form a framework for the masses of discourse" .そのためにもベーコン、エール大学神学学校: "これはマシューの物語の素材だけが表示されるマークは談話の大衆のためのフレームワークのフォームに転送" 。 . . "We find here positive proof of dependence by our Matthew on our Mark" (Introd. to the NT, 1905, 186-89). "私たちはここで我々のマシュー当社のマーク" ( Introd.には、 NT 、 1905 、 186から89に)依存性の確証して下さい。 Allen, art.アレン、アート。 "Matthew" in "The International Critical Commentary", speaks of the priority of the Second to the other two Synoptic Gospels as "the one solid result of literary criticism"; and Burkitt in "The Gospel History" (1907), 37, writes: "We are bound to conclude that Mark contains the whole of a document which Matthew and Luke have independently used, and, further, that Mark contains very little else beside. This conclusion is extremely important; it is the one solid contribution made by the scholarship of the nineteenth century towards the solution of the Synoptic Problem". "マシュー"で"国際緊急解説"は、文学の批判の1つ確かな結果"として、他の2つの共観福音書に"第二の優先順位のことを話すとバーキットは、福音の歴史" " ( 1907年) 、 37 、書き込み: "我々は、マークは、マークの横にある他の人はほとんど含まれてマシューとルーク単独で使用しているドキュメント、および、今後の全体が含まれて結論にバインドされています。この結論は非常に重要ですので固形は、 1つの貢献によって作られていますの共観問題解決に向け、 19世紀の奨学金" 。 See also Hawkins, "Horæ Synopt."また、ホーキンズは、 " Horæ Synopt参照してください。 " (1899), 122; Salmond in Hast., "Dict. of the Bible", III, 261; Plummer, "Gospel of Matthew" (1909), p. ( 1899年) 、 122 ;サモンドHastでは、 "辞書。聖書" 、 3世、 261 ;プラマー、 "マタイの福音" ( 1909 ) 、 p. xi; Stanton, "The Gospels as Historical Documents" (1909), 30-37; Jackson, "Cambridge Biblical Essays" (1909), 455. XIの;スタントンは、 "歴史資料としての福音書" ( 1909 ) 、 30 〜 37 ;ジャクソンは、 "ケンブリッジ聖書のエッセイ" ( 1909 ) 、 455 。

Yet, notwithstanding the wide acceptance this theory has gained, it may be doubted whether it can enable us to explain all the phenomena of the first two, Gospels; Orr, "The Resurrection of Jesus" (1908), 61-72, does not think it can, nor does Zahn (Introd., II, 601-17), some of whose arguments against it have not yet been grappled with.しかし、この理論を獲得しているかどうか、それが我々の最初の2つは、福音書のすべての現象を説明するために有効にすることができます。オア、 "イエスの復活" ( 1908年) 、 61から72に疑問をされることがありますが広く受け入れ、しないにもかかわらずそれが、ザーンも思う( Introd. 、 Ⅱ 、 601から17までは)まだされていない、一部が反対していると、その引数のgrappled 。 It offers indeed a ready explanation of the similarities in language between the two Gospels, but so does Zahn's theory of the dependence of the Greek Matthew upon Mark.実際、これが2つの言語で福音書との間が、それがマーク時にギリシャのマシューの依存性のザーンの理論は、類似の準備ができて説明を提供しています。 It helps also to explain the order of the two Gospels, and to account for certain omissions in Matthew (cf. especially Allen, op. cit., pp. xxxi-xxxiv).また、 2つの福音書の順序を説明するために、マシューの特定に役立ちます脱落( cf.特にアレン、営業アカウントに。千葉工大、ポリプロピレン。参拾壱- 34 ) 。 But it leaves many differences unexplained.しかし、多くの違いを原因不明のまま。 Why, for instance, should Matthew, if he had Mark's Gospel before him, omit reference to the singular fact recorded by Mark that Christ in the desert was with the wild beasts (Mark 1:13)?もし彼が彼の前に、マークの福音が、なぜ、例えば、マシューは、特異な事実マークがキリストの砂漠では、野生動物(マーク1:13 )とされた記録への参照を省略する必要がありますか? Why should he omit (Matthew 4:17) from Mark's summary of Christ's first preaching, "Repent and believe in the Gospel" (Mark 1:15), the very important words "Believe in the Gospel", which were so appropriate to the occasion?なぜ彼(マタイ4:17 )キリストの最初の説教のマークの概要から、 "後悔を省略し、福音を信じている" (マーク1:15 )は、非常に重要な言葉"を信じ福音"で、どのようにするのは適切だった機会? Why should he (iv, 21) omit oligon and tautologically add "two brothers" to Mark, i, 19, or fail (iv, 22) to mention "the hired servants" with whom the sons of Zebedee left their father in the boat (Mark 1:20), especially since, as Zahn remarks, the mention would have helped to save their desertion of their father from the appearance of being unfilial.彼はなぜ必要があります( 4 、 21 )とoligon省略tautologically " "マーク、私は、 19 、または失敗する( 4 、 22 )に" "でゼベダイの息子は、ボートでの父親が誰しも左の採用はもちろん2人の兄弟を追加(マーク1:20 ) 、特に、ザーンの発言として、言及の外観からは父親の脱走を保存する必要がありますunfilial貢献している。 Why, again, should he omit viii, 28-34, the curious fact that though the Gadarene demoniac after his cure wished to follow in the company of Jesus, he was not permitted, but told to go home and announce to his friends what great things the Lord had done for him (Mark 5:18-19).なぜ、再び、彼は八、 28-34 、好奇心旺盛な事実はガダラの悪魔に取り付かれた彼の治癒後に希望は、イエスの会社に従うことを省略すべきでは、禁止されたが、家に帰ると彼の友人たちに素晴らしいものを発表すると述べた物事は、主彼のために(マーク5:18-19 )が出来上がっていた。 How is it that Matthew has no reference to the widow's mite and Christ's touching comment thereon (Mark 12:41-44) nor to the number of the swine (Matthew 8:3-34; Mark 5:13), nor to the disagreement of the witnesses who appeared against Christ?方法は、マシューも、意見の相違(マタイ8:3-34 ;マーク午前5時13分) 、もに豚の数には、貧者の一灯とキリストの心を動かすのコメントそれ(マーク12:41-44 )を参照しているているキリスト者に対する証人が表示されるのですか? (Matthew 26:60; Mark 14:56, 59). (マタイ26:60 ;マーク14:56 、 59 ) 。

It is surely strange too, if he had Mark's Gospel before him, that he should seem to represent so differently the time of the women's visit to the tomb, the situation of the angel that appeared to them and the purpose for which they came (Matthew 28:1-6; Mark 16:1-6).もし彼が彼の前にマークの福音がいたほうが確実にも、彼が異なるので、墓には、女性の訪問の時間を表すのに変なように見えるだろうが、それとは、それを(マタイ付属の目的が表示される天使の状況28:1-6 ;マーク16:1-6 ) 。 Again, even when we admit that Matthew is grouping in chapters viii-ix, it is hard to see any satisfactory reason why, if he had Mark's Gospel before him, he should so deal with the Marcan account of Christ's earliest recorded miracles as not only to omit the first altogether, but to make the third and second with Mark respectively the first and third with himself (Matthew 8:1-15; Mark 1:23-31; 40-45).もう一度場合でも、私たちはマシューの章に分類されて八九、ハードされている場合彼の前にマークの福音していた理由は、彼はキリストのように初期の記録奇跡の聖マルコのアカウントに対処する必要は十分な理由を参照してくださいを認めるだけでなく完全には、最初の3番目と2番目のマークを省略するとそれぞれの最初の3分の1と自分自身とする(マタイ8:1-15 ;マーク1:23-31 ; 40-45 ) 。 Allen indeed.アレン確かに。 (op. cit., p. xv-xvi) attempts an explanation of this strange omission and inversion in the eighth chapter of Matthew, but it is not convincing. (千葉工大op. 、 p. 15 - 16 )この奇妙な不作為と反転マシューの8章での説明の試みが、説得力はない。 For other difficulties see Zahn, "Introd.", II, 616-617.その他の問題については、 " Introdザーンを参照してください。 " 、 Ⅱ 、 616から617 。 On the whole, then, it appears premature to regard this theory of the priority of Mark as finally established, especially when we bear in mind that it is opposed to all the early evidence of the priority of Matthew.全体的に、その後、次のようにマークの優先度のこの理論については時期尚早が表示されます最後に、心の中で特に私たちは、マシューの優先順位のすべての証拠を早期に反対しているクマを設立した。 The question is still sub judice, and notwithstanding the immense labour bestowed upon it, further patient inquiry is needed.問題はまだjudice 、サブされており、膨大な労働その上、さらに患者の問い合わせにもかかわらず才能が必要です。

It may possibly be that the solution of the peculiar relations between Matthew and Mark is to be found neither in the dependence of both upon oral tradition nor in the dependence of either upon the other, but in the use by one or both of previous documents.おそらくそれは、マシューとマークの間の特異な関係の解決策も昔からの言い伝えにもいずれかの両方の依存度の依存性は、他の時に発見されるが、以前の文書のいずれかまたは両方が使用中である可能性があります。 If we may suppose, and Luke, i, 1, gives ground for the supposition, that Matthew had access to a document written probably in Aramaic, embodying the Petrine tradition, he may have combined with it one or more other documents, containing chiefly Christ's discourses, to form his Aramaic Gospel. But the same Petrine tradition, perhaps in a Greek form, might have been known to Mark also; for the early authorities hardly oblige us to hold that he made no use of pre-existing documents.もし、仮定すると、ルーク、私は、 1 、 、 、マシューは、使徒ペテロの伝統を体現おそらくアラム語で書かれたドキュメントへのアクセスをしていたの仮定の地面を、彼はそれには、主キリストの含有の1つまたは複数の他の文書となっている可能性がありますディス、彼のアラム語福音を形成する。しかし、ギリシャ語の形では、同じ使徒ペテロの伝統、おそらく、マークにも知られているかもしれませんが、ほとんどは、彼の初期の当局は使用済みの既存の文書を保持するために私たち義務付ける。 Papias (apud Eus., "HE" III, 39; PG XX, 297) speaks of him as writing down some things as he remembered them, and if Clement of Alexandria (ap. Eus., "HE" VI, 14; PG XX, 552) represents the Romans as thinking that he could write everything from memory, it does not at all follow that he did.は、その記憶Papias (アプドEus 、 "彼は" 3世、 39 ;パプアニューギニアのXX 、 297 )は彼のいくつかのことを書くと話す場合にアレクサンドリアのクレメンス( ap. Eus 、 "彼は"米領ヴァージン諸島、 14 ;パプアニューギニアイグゼクス、 552 )は、そんなことはでは皆、彼がいた可能性がある考えに従うメモリからすべてを書くようにローマを表しています。 Let us suppose, then, that Matthew embodied the Petrine tradition in his Aramaic Gospel, and that Mark afterwards used it or rather a Greek form of it somewhat different, combining with it reminiscences of Peter's discourses. If, in addition to this, we suppose the Greek translator of Matthew to have made use of our present Mark for his phraseology, we have quite a possible means of accounting for the similarities and dissimilarities of our first two Gospels, and we are free at the same time to accept the traditional view in regard to the priority of Matthew.私たちよ、それは彼のアラム語マタイ福音書では、使徒ペテロの伝統を体現し、その後は、マークかではなく、ギリシャのフォーム多少異なるが使用すると、それを組み合わせるピーターのディスコースの思い出とします。もし、これに加えて、我々と仮定マシューギリシャ語翻訳者の彼の言い方は、我々は我々の最初の2つの福音書の類似点とdissimilaritiesに係る会計処理のかなりの可能性を意味しており、我々は同じ時間には、伝統的なビューで受け入れるに無料ですが、私たちの現在のマークを使用しているにマシューの優先順位について。 Luke might then be held to have used our present Mark or perhaps an earlier form of the Petrine tradition, combining with it a source or sources which it does not belong to the present article to consider.ルークして我々の現在のマークや、おそらく使徒ペテロの伝統は、以前のフォームを使用しているし、それには、ソースまたは現在の文書を考慮に属していないソースの組み合わせが開催される可能性があります。

Of course the existence of early documents, such as are here supposed, cannot be directly proved, unless the spade should chance to disclose them; but it is not at all improbable.もちろん初期の文書を直接証明することはできませんが存在するなど、ここになっているが、場合を除き、スペードのチャンスを開示する必要がありますが、すべての起こりそうではない。 It is reasonable to think that not many years elapsed after Christ's death before attempts were made to put into written form some account of His words and works.それは何年経過後に、キリストの死を前に試行された書面に彼の言葉や作品のいくつかのアカウントをかけることを考えれば当然だ。 Luke tells us that many such attempts had been made before he wrote; and it needs no effort to believe that the Petrine form of the Gospel had been committed to writing before the Apostles separated; that it disappeared afterwards would not be wonderful, seeing that it was embodied in the Gospels.ルーク前に書いたは、多くのこのような試みを行なっていた物語っているとは、福音の使徒ペテロのフォームを書くには、使徒分離する前にコミットされていたと考えても努力する必要があります;は、後で素晴らしいではないだろう消え、それを見て書かれた福音に組込まれた。 It is hardly necessary to add that the use of earlier documents by an inspired writer is quite intelligible.それを追加するには、インスピレーションを受けた作家はほとんどが以前の文書の使用はかなり理解が必要です。 Grace does not dispense with nature nor, as a rule, inspiration with ordinary, natural means.グレース自然と調剤していないにも、普通の、自然を意味でルールを、インスピレーション。 The writer of the Second Book of Machabees states distinctly that his book is an abridgment of an earlier work (2 Maccabees 2:24, 27), and St. Luke tells us that before undertaking to write his Gospel he had inquired diligently into all things from the beginning (Luke 1:1). Machabees国の第二啓典の作家はっきりとは、彼の本は、以前の仕事( 2 Maccabees 2:24 、 27 )のはく奪であり、聖ルカによる福音彼は自分が書くことに着手する前にすべてのことに熱心に尋ねたを教えてくれる初め(ルカ1:1 ) 。

There is no reason, therefore, why Catholics should be timid about admitting, if necessary, the dependence of the inspired evangelists upon earlier documents, and, in view of the difficulties against the other theories, it is well to bear this possibility in mind in attempting to account for the puzzling relations of Mark to the other two synoptists.心の中で存在理由はないため、カトリック教徒を認める理由については、もし、以前の文書には、インスピレーションエバンジェリストの依存性、および必要に応じて、他の理論との困難を考慮して、それは、この可能性を負担することに憶病しなければならないのです他の2つのsynoptistsにマークの不可解な関係を説明しよう。

Publication information Written by J. MacRory.出版情報jをMacRoryが記されている。 Transcribed by Ernie Stefanik. The Catholic Encyclopedia, Volume IX.アーニーシュテファーニクで転写。カトリック百科事典は、ボリュームⅨ 。 Published 1910. 1910年公開。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミーLafort 、検閲。 Imprimatur.許可。 +John M. +ジョンM Farley, Archbishop of New Yorkファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌

See the article GOSPEL OF ST. STの記事GOSPEL参照してください。 LUKE for the decision of the Biblical Commission (26 January, 1913). LUKEは、聖書委員会の決定( 1913年1月26日) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです