Gospel According to Matthew福音書によると、マシュー

General Information 総合情報

The Gospel According to Matthew is the opening book of the New Testament of the Bible.マタイの福音は、オープニングによると、予約は、新約聖書の聖書です。 Although first in canonical order, it is probably not the earliest Gospel.最初に正規の注文ものの、それはおそらくない最古の福音書です。 Besides drawing heavily from the Gospel According to Mark, Matthew shapes material from other sources around Mark's narrative outline.図面のほかの福音によると、マルクより大きく、他のソースからマシュー図形素材アウトライン周りマルクの物語です。 One such source, commonly called Q (from the German quelle, "source"), is thought to have consisted primarily of sayings of Jesus; it was also used by Luke. Material unique to this Gospel relates to the birth of Jesus (1 - 2), the arrangement of the Sermon on the Mount (5 - 7), and Jesus' utterances on the end of the world (24 - 25). 1つのような、ソース、よく呼ばれる問(ドイツ語quelleから、 "ソース" )は、主に構成さと考えられてことわざがイエスキリスト;ことも使用されてルークです。 材料に特有のこの福音イエスキリストの誕生に関係して( 1 - 2 ) 、の手配をした山上の垂訓( 5 -7 ) 、およびイエスの発言を検索するエンドオブザワールド( 2 4- 25 )。

Matthew is generally held to have been written about AD 80, although scholars have argued for dates as early as 65 and as late as 100.マシューは一般的に行われた広告には約80に書き込まれ、学者らが主張したものの、早ければ65日遅ければ100です。 Tradition ascribes authorship to the Apostle Matthew, but modern scholars, acknowledging Matthew as a source, contend that a disciple or school of disciples were responsible for its present form.原作者は、使徒の伝統ascribesマシュー、しかし、現代の学者、マシュー源として認め、論争は、弟子や学校の弟子たちがその責任を負う現在の形にします。

Matthew is the most topical of the Synoptic Gospels. The teachings and sayings of Jesus are gathered into five thematic discourses and structured around Mark's narrative framework. Each discourse is followed by a summary statement (7:28; 11:1; 13:53; 19:1; 28:1). A prologue and epilogue are added (1 - 2; 28:9 - 20). マシューは、最も局所は、共観福音書です。イエスキリストの教えやことわざは、 5つのテーマの談話を収集および構造化策マルクの物語フレームワークです。 それぞれの談話の後には要約文( 7時28分; 11:1 ; 13:53 ; 19 : 01 ; : 1 )をプロローグとエピローグが追加されました( 1 -2 ; 2 8:9- 20 )。 Because of the emphasis on law, teaching, and righteousness, scholars believe that Matthew was addressed to a predominantly Jewish audience, presumably in Palestine or Syria. 重点を置いているため、法律、教育、および正義、学者と思われるマシューは、主に対処してユダヤ人の聴衆は、おそらく、パレスチナやシリアです。 Jesus is presented as the messianic fulfiller, especially in the role of king, and the teacher of the way of righteousness.イエスキリストの救世主として提示さfulfiller 、特に王の役割をし、正義の道のための教師です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 書誌事項
WG Kummel, Introduction to the New Testament (1975); JL McKenzie, "Matthew," in Jerome Biblical Commentary (1968). WGのキュンメル、紹介して新約聖書( 1975 ) ; jlマッケンジー、 "マシュー、 "ジェローム聖書の解説( 1968 ) 。


Gospel According to Matthew福音書によると、マシュー

Brief Outline簡単な概要

  1. Birth and early years of the Messiah (1:1-4:16)年間の出生率との早期のメシア( 1:1-4:16 )
  2. Galilean Ministry of Jesus (4:17-18:35)ガリラヤ省のイエスキリスト( 4:17-18:35 )
  3. Perean Ministry (19-20) perean部( 19-20 )
  4. Passion Week and Resurrection (21-28)受難週と復活( 21-28 )


Mat'thew mat'thew

Advanced Information 高度情報

Matthew, gift of God, a common Jewish name after the Exile.マシューは、神の贈り物に、共通の亡命した後、ユダヤ人の名前です。 He was the son of Alphaeus, and was a publican or tax-gatherer at Capernaum.彼は、息子のalphaeus 、または税とは、居酒屋の主人はカペナウム採集です。 On one occasion Jesus, coming up from the side of the lake, passed the custom-house where Matthew was seated, and said to him, "Follow me." 1つの機会をイエスキリストは、間近に迫ってから、湖の側面に、社内のどこに合格したカスタムマシューは、着席し、彼によると、 "フォローミーです。 " Matthew arose and followed him, and became his disciple (Matt. 9:9).マシューが生じたと彼の後、彼の弟子となった( matt. 9時09分) 。 Formerly the name by which he was known was Levi (Mark 2:14; Luke 5:27); he now changed it, possibly in grateful memory of his call, to Matthew.これ以前の名前で知られていたがレビ(マーク2 : 14 ;ルーク5:27 ) ;彼は今すぐに変更することは、おそらく彼のコールで感謝のメモリ、マシューです。 The same day on which Jesus called him he made a "great feast" (Luke 5:29), a farewell feast, to which he invited Jesus and his disciples, and probably also many of old associates.イエスキリスト上で同じ日に彼と呼ばれる彼は"偉大な饗宴" (ルカ5:29 )は、別れを告げる祭りは、イエスキリストを彼と彼の弟子に招待し、おそらく多くの旧アソシエイツもします。 He was afterwards selected as one of the twelve (6:15).彼はその後の1つとして選択さは、 12 ( 6:15 ) 。 His name does not occur again in the Gospel history except in the lists of the apostles.彼の名前は発生しませんに再び歴史の福音を除いて、使徒のリストです。 The last notice of him is in Acts 1:13.彼の最後の通知する行為は、 1:13です。 The time and manner of his death are unknown.彼の死の時間や方法は不明です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Gospel according to Mat'thew福音書によると、 mat'thew

Advanced Information 高度情報

The author of this book was beyond a doubt the Matthew, an apostle of our Lord, whose name it bears.この本の著者は、マシュー越えするには、わたしたちの主の使徒、クマは、その名前を付けます。 He wrote the Gospel of Christ according to his own plans and aims, and from his own point of view, as did also the other "evangelists."イエスキリストの福音を書いた自分自身の計画と目的によると、彼自身の観点から、同じようにも、他の"伝道者です。 " As to the time of its composition, there is little in the Gospel itself to indicate.その組成の時間に、自分自身の福音の余地はほとんどないことを示す。 It was evidently written before the destruction of Jerusalem (Matt. 24), and some time after the events it records.それは明らかに破壊する前に書かれたエルサレム( matt. 24 ) 、およびいくつかの時間を記録した後、イベントです。 The probability is that it was written between the years AD 60 and 65.確率は、それが書かれた広告の60と65年の間にします。 The cast of thought and the forms of expression employed by the writer show that this Gospel was written for Jewish Christians of Palestine.キャストの思想との表現で雇用され、この福音書の執筆者が詳細に書かれたユダヤ人キリスト教徒のパレスチナです。 His great object is to prove that Jesus of Nazareth was the promised Messiah, and that in him the ancient prophecies had their fulfilment.彼の偉大さを証明するオブジェクトは、ナザレのイエスは、救世主と約束した、と予言していたが、彼は古代の履行します。

The Gospel is full of allusions to those passages of the Old Testament in which Christ is predicted and foreshadowed.福音のallusionsがいっぱいにそれらの通路を、旧約聖書のではとforeshadowedイエスキリストが予想されます。 The one aim prevading the whole book is to show that Jesus is he "of whom Moses in the law and the prophets did write." prevading目的の1つに表示することは全体の予約は、イエスキリストは、彼は"人は、法とは、預言者ムーサーはここです。 " This Gospel contains no fewer than sixty-five references to the Old Testament, forty-three of these being direct verbal citations, thus greatly outnumbering those found in the other Gospels.この福音書が含まれていない65人未満の参照を、旧約聖書の、 43これらの言葉の引用が直接、このように大幅にoutnumberingこれらの発見された他の福音書です。 The main feature of this Gospel may be expressed in the motto, "I am not come to destroy, but to fulfil." 5月の主な機能は、次の福音書で表現されるのモットーは、 "私は来ないを破壊する、しかしを達成します。 " As to the language in which this Gospel was written there is much controversy.また、言語では、この福音書には多くの論争が書かです。 Many hold, in accordance with old tradition, that it was originally written in Hebrew (ie, the Aramaic or Syro-Chaldee dialect, then the vernacular of the inhabitants of Palestine), and afterwards translated into Greek, either by Matthew himself or by some person unknown.多くのホールド、昔からの言い伝えに基づいて、それはもともとヘブライ語で書かれて(すなわち、 syro - chaldeeのアラム語や方言、方言を入力し、パレスチナの住民) 、ギリシャ語に翻訳され、その後、自分自身、またはいくつかのいずれかをマシュー人不明です。

This theory, though earnestly maintained by able critics, we cannot see any ground for adopting.この理論は、批評家のことは真剣に維持され、任意の地面を参照することはできません採用しています。 From the first this Gospel in Greek was received as of authority in the Church.この福音書のギリシャ語からの最初の権威を受け取ったとしては、教会です。 There is nothing in it to show that it is a translation.を表示するには何もないことが翻訳します。 Though Matthew wrote mainly for the Jews, yet they were everywhere familiar with the Greek language.マシュー書いたかかわらず、主にユダヤ人は、まだ彼らはどこに精通してギリシャ語です。 The same reasons which would have suggested the necessity of a translation into Greek would have led the evangelist to write in Greek at first.同じ理由での必要性を提案してはギリシャ語の翻訳をリードして伝道者が最初にギリシャ語で書いています。 It is confessed that this Gospel has never been found in any other form than that in which we now possess it.これは告白して福音書は全く発見されて他のフォームに比べて今では保有してください。 The leading characteristic of this Gospel is that it sets forth the kingly glory of Christ, and shows him to be the true heir to David's throne.この福音書の主要な特徴は、それ送付し、キリストの栄光の王、およびテレビ番組と彼の真の後継者とされるデビッドの王位継承します。 It is the Gospel of the kingdom.これは王国の福音です。

Matthew uses the expression "kingdom of heaven" (thirty-two times), while Luke uses the expression "kingdom of God" (thirty-three times).マシューでは、表現の"キングダムオブヘブン" ( 32回) 、ルークを使用して表現ながら"神の国" ( 33回)です。 Some Latinized forms occur in this Gospel, as kodrantes (Matt. 5:26), for the Latin quadrans, and phragello (27:26), for the Latin flagello.このフォームで起こるいくつかのlatinized 、ゴスペル、としてkodrantes ( matt. 5:26 ) 、 quadransは、ラテン語、およびphragello ( 27:26 ) 、フラジェルロ、ラテン語です。 It must be remembered that Matthew was a tax-gatherer for the Roman government, and hence in contact with those using the Latin language.マシュー記憶しなければならないことは、ローマの政府税を採集し、それゆえに接触してこれらの言語を使用してラテン語です。 As to the relation of the Gospels to each other, we must maintain that each writer of the synoptics (the first three) wrote independently of the other two, Matthew being probably first in point of time.として、福音書をしてお互いの関係を、私たちは、各作家を維持する必要があります。 synoptics (最初の3つの)他の2つの独立して書いた、マシューが、おそらく最初にポイントの時間です。 "Out of a total of 1071 verses, Matthew has 387 in common with Mark and Luke, 130 with Mark, 184 with Luke; only 387 being peculiar to itself." "うち、最新の1071の詩、マシューは、 387の共通点をマーク、ルーク、 130をマーク、 184でルーク;のみに特有の387自体がします。 " (See Mark; Luke; Gospels.) The book is fitly divided into these four parts: (1.) Containing the genealogy, the birth, and the infancy of Jesus (1; 2). (参照マーク;ルーク;福音書です。 )この本は、適時に、これらの4つの部分に分けられます: ( 1 。 )含有の系譜は、誕生日、イエスキリストの乳児期( 1 、 2 )です。 (2.) The discourses and actions of John the Baptist preparatory to Christ's public ministry (3; 4:11). ( 2 )の談話と行動の準備をキリストの洗礼者ヨハネの公共省( 3 ; 4:11 ) 。 (3.) The discourses and actions of Christ in Galilee (4:12-20:16). ( 3 )の談話や行動をキリストのガリラヤ( 4:12-20:16 ) 。 (4.) The sufferings, death and resurrection of our Lord (20:17-28). ( 4 )の苦しみ、わたしたちの主の死と復活( 20:17-28 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Matthew Chapters 10-12マシュー章10-12

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

Expansion and Opposition拡大と野党

The King has come, the code of His Kingdom is set forth, His credentials presented, and He now expands the testimony concerning Himself, with the result of increasing opposition.ザキングが来た、彼の王国のコードが定める、彼の資格情報を提示し、今すぐ拡大の証言に関する彼自身は、反対の結果を増加しています。 This expansion is connected with the commission of the twelve disciples (Chap. 10), and the opposition is revealed in various ways in the chapters following.この拡張は、接続して委員会は、 12弟子( chap. 10 ) 、および、野党が明らかになったさまざまな方法では、章以下の通りです。

The Disciples Commissioned委託の弟子

10 Here we find "apostles" for the first time (v. 2), which means "those sent forth," an indispensable qualification for whose office was that of an eye-witness of the resurrection of Christ (Acts 1: 22; 1 Cor. 9:1). 10ここで見つける"使徒"の最初の時間(動2 ) 、つまり"送られるこれらの記載は、 "そのオフィスには欠かせないのための資格は、目撃者の目には、キリストの復活(行為1 : 22 ; 1コーです。 9時01分) 。 The apostles were endued with miraculous powers as credentials of their ministry, and their work at this time was to announce to Israel only, that the Kingdom was at hand (vv. 6, 7). enduedに力が奇跡の使徒としての資格情報省、およびそれらの作品を発表するこの時点では、イスラエルだけに、その王国は、手の届く所( vv. 6 、 7 ) 。 The Kingdom is the one promised to Israel on this earth, and through Israel to the other nations. 1つの王国は、イスラエルを約束して、この地球上、および他の国を通じてイスラエルをします。 This explains things in the chapter, which if rightly understood, will keep us from reading into it that which does not belong there.この章のことを説明し、正しく理解された場合、それは私たちがこれよりreadingに属するものではありません。 For example, the power granted in verses 1 and 8 was in connection with this preaching of the Kingdom, and withdrawn when the Kingdom was finally rejected by Israel; although it will be renewed when the faithful remnant of the Jews again go forth during the tribulation to preach the same Kingdom.たとえば、詩のパワー付与さでの接続を1と8は、この説教の王国、および廃止廃止時には、最後に拒否されたイスラエル王国;ものの忠実なときに更新することは、ユダヤ人の残骸の中に出て行く再び試練王国を説くと同じです。

In the meantime, the preaching of the gospel of grace, especially committed to Paul, who was not of the twelve, is accompanied by gifts of another kind (Eph. 4:10-12).それまでの間、この説教は、福音の恵みを受けて、特にコミットをポール、 whoはないのは、 12か、別の種類に合わせて、ギフト( eph. 4:10-12 ) 。 Look at verses 11 to 15, where the "worthy" mean those looking for the Messiah promised by the Old Testament prophets.詩を見て一一から一五、ここでの"価値"の意味を探して、それらの救世主と約束され、旧約聖書の預言者です。 The gospel of grace is not offered to the "worthy," but to "whomsoever" will accept it.福音の恵みを受けて提供するのではない"立派な、 "しかし、 " whosoeverの目的格"を受け入れることです。 Or, take verses 16-23, which speak of the way the apostles' message would be received, and compare the prophecy they contain with the persecution in the Acts of the Apostles; or look at these verses in the light of the second coming of Christ, to which verse 23 refers.または、取るの詩16-23 、使徒の道を語る'のメッセージが受信されると、それらに含まと比較して、迫害を予言する行為を使徒、またはこれらの詩を見に照らして2番目の到来イエスキリストは、 23日に詩を指します。

We learned in Daniel and elsewhere, that time is not counted in the history of Israel when she is not in her own land.ダニエルや他のことを学んだが、その時ではないイスラエルの歴史をカウントされていないときに彼女は自分の土地です。 Hence the testimony here begun by the apostles and continued up to Israel's rejection of the Kingdom, is an unfinished testimony, and will be taken up again when the Church is translated during the tribulation.したがってここでの証言開始された使徒との拒絶反応を継続的にイスラエルの王国は、未完の証言で行われるときに取り上げ再び試練教会は翻訳中です。

From this point to verse 33 we find encouragement.この詩をポイントしてから33を見つける奨励します。 The disciples are identified with their Lord (vv. 24, 25); therefore, they need not fear (vv. 26-28), for He cares for them (vv. 29-33).弟子たちは、かれらの主を識別する( vv. 24 、 25 ) ;したがって、彼らを恐れる必要はありません( vv. 26-28 ) 、彼の苦労をして( vv. 29-33 ) 。 Then follows a description of the age in which we live, a time of war rather than peace (34-36); of separation on the part of Christ's followers (vv. 37, 38), and yet with the prospect of a bright recompense (vv. 39-42).の年齢の説明を入力し、次のように私たちが生きて、一度の戦争ではなく、平和( 34-36 ) ;の分離上の部分のキリストの信奉者( vv. 37 、 38 ) 、との見通しはまだありませんが、明るい報酬( vv. 39-42 ) 。 Modern research throws light on a chapter like this.現代の研究で、チャプタこのように光をスローします。 Take verses 9 and 10.詩9と10を取る。 Upon a monument at Kefr-Hanar in Syria, during this same period, one who calls himself "a slave" of the Syrian goddess tells of his begging journeys in her services, and uses the word for his collecting-bag here translated "scrip."時の記念碑をkefr - hanar 、シリア、これと同じ期間中に、 1つwho自称"スレーブ"シリアの女神は、彼の托鉢の旅で彼女のサービス、および彼の言葉を使用して、ここに翻訳の収集袋"仮です。 " He boasts that "each journey brought in seventy bags."彼は自慢は、 "それぞれの旅70袋持っている。 " The contrast with the followers of Christ is marked, who were neither to earn nor beg as they went forth with speed to herald His coming., Habershon.対照的に、キリストの信者は、スパム、 whoはどちらも物ごいを獲得するに記載さ彼らは彼の今後の速度をヘラルド。 、 habershonです。

Anxiety of John the Baptist不安の洗礼者ヨハネ

11 We are not surprised that as the testimony of Christ thus expanded (v. 1), John the Baptist in his prison should wonder. 11私たちは驚いたこととしてはこのようにイエスキリストの証言を拡大(動1 ) 、洗礼者ヨハネ彼の刑務所は不思議です。 "Why, if this be the Christ, does He not take the Kingdom, or why does He not deliver me? Have I been mistaken in my witness to Him?" "なぜ、このようなことに、イエスキリストの場合、彼の王国は取るか、または彼は配信されるのはなぜですか?は私が間違って私の証人になったのですか? " John is told to reflect upon the evidence and to wait (vv. 2-6).ジョンにはその証拠を反映すると待機時( vv. 2-6 ) 。 How our Lord defends John, lest this act should reflect upon him (vv. 7-15)!わたしたちの主を守る方法についてジョン、しないように、この法律に反映させるべきだと彼( vv. 7-15 ) ! Verse 11 has reference to John's relation to the Kingdom.ジョンの詩の参照を11に関連して、王国です。 The least in the Kingdom of heaven when it shall be set up upon earth, shall be greater than John could be before that time.キングダムオブヘブンの最低は、セットアップするときにしなければならない時地球、ジョンしなければならないが前よりも大きいことができます。 The words do not speak of John in the moral sense, in which he was as great as any man born of woman, but in this dispensational sense.ジョンの言葉はありません話すのは、道徳的な意味では彼はすべての人と同じくらいすごい生まれの女性が、このdispensational意味します。

Verse twelve is capable of two interpretations, an external and an internal one.詩12の2つの解釈が可能、外部及び内部1つです。 In the first, the enemies of Jesus and John are the "violent" who are rejecting the Kingdom by force; in the second, the "violent" are those who in face of the opposition are pressing into the Kingdom.は、まず第一に、イエスキリストの敵とジョンは、 "暴力的な" whoは拒否して王国を武力で、 2番目は、 "暴力"は、それらのwhoに直面し、野党が王国を押してください。 A description of that generation follows as a foolish one (vv. 16-19), but there were some who believed and are referred to in the words "wisdom is justified of her children."その世代の説明をする愚かな1つとして以下の通り( vv. 16-19 ) 、しかし、いくつかのwhoと考えがあったとの言葉で参照されては、 "知恵は自分の子供たちを正当化。 " As the judge of that generation our Lord now speaks (vv. 20-27).その世代としての判断はわたしたちの主今すぐ話す( vv. 20-27 ) 。 "Woe," is heard for the first time. "災いなる"は、最初の時間を聞いた。 In the coming day there will be different degrees of punishment (vv. 22, 24), responsibility being gauged by privilege. 1日には、今後さまざまな程度の処罰( vv. 22 、 24 ) 、責任権限がgaugedされています。

From the "wise and prudent" in their own eyes, ie, the self-righteous Pharisees, these things were hidden, but were revealed unto "babes," the poor in spirit conscious of their need (v. 25).より、 "賢明かつ慎重な"と自分の目、すなわち、独善的なpharisees 、これらのものが隠された、しかし、かれらが明らかに"おもちゃ、 "心の貧しい人たちの意識の必要性(動25 ) 。 Our Lord now turns toward these in verses 28-30, in which he offers no longer the Kingdom, but rest and service to them that come to Him.今すぐわたしたちの主でこれらの詩を向ける28-30では、もはや彼の王国は、しかし、それらが生じて、休息とサービスをしている。 Practically He has been rejected by the nation, and is approaching the turning point in His ministry, when the proclamation of the Kingdom shall cease.実際に彼は国民から拒否された、とは、彼の転機に接近して部によると、王国宣言時には停止します。

Opposition Expressed反対を表明

12 The enmity is coming to a head. 12の恨みが頭に来ています。 In 1-8, the Lord of the Sabbath is unjustly accused of Sabbath-breaking, and answers His accusers by facts of Holy Writ.で1-8 、 『ロードオブザ安息日安息日は、不当な非難を破り、と回答令状彼の神聖な事実を告発されています。 David, as the rejected king in his time, ate the shew-bread, and "Great David's greater Son" in His rejection is correspondingly guiltless.デビッド、拒否された王としての彼の時間、食べたの供えのパン、および"偉大なデビッドの大きな息子"と彼の拒絶反応は、それに潔白です。 Next comes the temptation of 9-14, with the result that the opposition now becomes organized (v. 14), and the Lord withdraws Himself for His hour is not yet come. 9-14次への誘惑には、今すぐその結果、野党が組織(動14 ) 、および、主自身に対する彼の時間がまだ来ています。

As He is departing, the incident of 22-30 takes place, when He is again charged as the representative of Satan (v. 24, compared with 9:34).発車として彼は、その事件の22-30が行わ、再度請求時に彼は悪魔の代表として(動24日、比べると9:34 ) 。 The blasphemy against the Holy Ghost consists in attributing His work to Satan (vv. 31, 32).聖霊は、神への冒とくに反対する彼の作品を関連付けサタン( vv. 31 、 32 ) 。 "A word against the Son of Man" might be forgiven, for the Holy Spirit still remained to convict one of that sin by testifying to Christ. "単語反対の息子の男"かもしれない許し、聖霊がまだ残って罪の有罪判決の1つにイエスキリストを証言します。 But when the testimony of the Holy Spirit to Christ was rejected as in this case, there was no hope left.しかし、聖霊の証拠を提出するときにイエスキリストが拒否されたとしてこの場合には、左の望みはない。

The opposition increases by the demand for a sign (vv. 38-42).野党の需要を増加されるのサイン( vv. 38-42 ) 。 Had He not given sufficient signs?彼は十分に与えられた特定の兆候ですか? Jonah is a type of His own death and resurrection and He will give him as a sign.ヨナのタイプは、自分自身の死と復活は彼を与えると彼はサインです。 The Queen of Sheba is another sign.シバの女王は別のメンバーです。 But Israel is like a man out of whom a demon had gone of his own accord, and comes back to find the place unoccupied and brings seven other worse spirits to fill the former abode.しかし、イスラエルは男の人のように悪魔が行ってしまうと、自分自身の合意し、空いている場所を見つけるには戻ってくると他の悪い霊を埋めるもたらす7つの元の住まいです。 The nation, in other words, had been cured of idolatry by the Babylonian captivity, but now it was boasting of forms and ceremonies, traditions and self-righteousness.ザネーション、換言すれば、治るの偶像崇拝されていたのバビロン捕囚が、今はフォームや儀式誇る、伝統と独善です。 It was empty so far as the fear of Jehovah was concerned, and by and by the evil spirit would return, and the end of Israel, ie, the period of the tribulation, would be worse than the first.それは、空のこれまでのところエホバの恐れが懸念し、邪悪なものとされる精神が戻り、イスラエルとの終わりに、すなわち、試練の期間を、見通しに比べ悪いが、最初のです。

The Lord is rejected even by His family, as we judge by comparing the closing verses of this chapter with the reason in Mark 3:21.拒否されたの主は、彼の家族でさえ、裁判官として私たちの詩を比較し、閉鎖の理由は、次の章でマーク3:21です。 He declines to see them, and intimates the formation of a new family of faith.彼の下落を確認し、新たなご家族の形成をintimates信仰です。

Questions 1. 質問 1 。 What is an essential qualification for an apostle?何のための資格は、欠かせないの使徒ですか? 2. 2 。 What is the limitation of the apostles' commission at this time?どのような制限は、使徒'委員会のこの時点でですか? 3. 3 。 How does that limitation affect the teaching of chapter 10?この制限をどのように影響を与える教育の第10章ですか? 4. 4 。 How may "violent" be interpreted in chapter 11?どのよう年5月"暴力的"に解釈される第11章ですか? 5. 5 。 On what principle will future retribution be rendered?上にレンダリングどのような原則は、将来の報復ですか? 6. 6 。 What is the blasphemy against the Holy Ghost?アラーへの冒とくは、どのような聖霊のですか? 7. 7 。 How would you explain verses 43-45? 43-45の詩をどのように説明ですか? 8. 8 。 How would you explain Jesus' reference to His mother and His brethren?イエスキリストをどのように説明する'の参照を彼の母親とその兄弟ですか?


Matthew Chapter 28マシュー第28章

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説したジェームズM白黒

Resurrection復活

Perhaps the most important comment we can make on this chapter will be the order of the ten events on the day of which it speaks.おそらく最も重要なコメントをすることは、この章の順序を、 10日のイベントにそれ話す。

Another comment of interest is the order of the appearances of Jesus on this day.もう1つのコメントの関心は、イエスキリストの順序を、この日に出演します。

In dividing the chapter we have章に分割して、私たちは

We can only touch upon the most important things, one of which is Christ's reference to His disciples as His "brethren" (v. 10).触れることができるだけの最も重要なことは、これは1つの参照をキリストの弟子として彼の"兄弟" (動10 ) 。 For the first time does he use that word in such connection, showing that until His death and resurrection on their behalf the relationship had not become possible.ための最初の時に彼の単語のような接続を使用して、彼の死と復活が表示されるまでの代わりにしていなかったとの関係になる可能です。 (Compare Ps. 22: 22 and Heb. 2:11, 12.) Another important thing is verse 13, "Say ye, His disciples came by night, and stole Him away while we slept." (比較psのです。 22 : 22となしで。 2:11 、 12 。 )もう一つ重要な点は、詩13日、 "言ってやるがなたがたは、彼の弟子たちがやって来て夜、彼を盗んだawayながら私たち寝ています。 "

We give excerpts from Gaebelein on this verse:私たちにこの詩を抜粋gaebelein :
"The watch recover from their fright, and some hasten to the city. Surely something happened or why should they leave their post to make a report? Then it is strange they went to the priests first and not the Roman governor. This was an irregular proceeding, from which we conclude that what they had to report was of greater importance for the priests than Pilate. Who knows but these priests had instructed the guard that if He should come forth they were to come to them first of all? Their report was a witness of the resurrection and that the tomb was empty." "時計の恐怖から回復する、といくつかの都市を急いでいる。確かに何かが起きたか、なぜ彼らを投稿するにはその報告書のままですか?入力し、彼らは奇妙なことが第一ではなく、ローマの司祭知事が、これは不規則な手続き、との結論を下すよりは私たちが何を報告していたのは、司祭よりも重視pilate 。 who知っしかし、これらの司祭ガードして指示していた彼は、罷り出る時に来る彼らはまず第一にしてですか?その報告書は、の証人を選んでの復活とは、墓は空っぽだった。 "

"The Sanhedrin was hastily summoned to receive the report in an offical way. The straightforward statement, as men of military training are apt to report, made doubt about veracity impossible. To impeach them would have been insane. But what would happen if this truth got out among the people?" "サンヘドリンは、急いで召喚が公式の報告書を受信する方法です。の率直な声明で、男性の軍事訓練としては、 APTのを報告し、真相は不可能な疑いを抱いています。を弾劾ていてもばかげている。しかし、何が起こる場合、この真理降りたところとして、人々のですか? "

"The resurrection must be denied which could only be by inventing a lie. The only possible lie was that His disciples stole the body. The story is incredible. It is easier to believe He arose from the dead than to believe what the Jews invented about His resurrection. The disciples had forgotten about the resurrection promised and they were a scattered, poor, timid lot of people. But even if they had been anxious to steal the body, how could they have done it? Here was the company of armed men. Then there was the sealed, heavy stone." "の復活を否定しなければならないができるのみで発明され、嘘を言っています。のみ可能なことにうそをつくのは、彼の弟子のボディを盗んだ。の物語はすごいですね。を簡単に信じることは死人の中から彼が生じたことを信じるよりも、ユダヤ人の発明について彼の復活の弟子については、復活の約束を忘れていたが散在していた、非常に悪い、おずおずと多くの人々です。しかし、たとえ彼らのボディを盗むていきたいと切望していた、どうして彼らはやったことですか?ここでは、その会社の武装した男性です。その後には、密閉型、重い石です。 "

"But the ridiculous side of the lie came out with the report the soldiers were to circulate. The disciples came and stole the body, while they were sleeping! It is incredible that all these men had fallen asleep at the same time, and so fast asleep that the commotion of rolling away the stone and the carrying away of the dead did not disturb them. Furthermore, sleeping at a post meant death for the Roman soldier. One might have nodded and risked his life, but that all slept is an impossiblity. But the report is foolish; they were asleep, and while asleep witnessed how the disciples stole the body of Jesus! It was a miserable lie, and is continued to the present day." "しかし、とんでもない側にうその報告書が出て、兵士たちを循環します。 、弟子たちが盗んだのボディと、かれらが眠って!ことが信じられないのすべての人が眠っているのと同じ時間などが速い眠っているのは、騒ぎローリングストーン込むと、死者の帳簿死滅して邪魔をしなかった。また、眠って死を意味するローマの兵士の投稿です。 1つの危険かもしれないと彼の人生はうなずいたが、そのすべてが寝impossiblityですが、報告書は愚かな;彼らは眠っている、と目撃眠っている間にどのようにイエスキリストの弟子のボディを盗んだ!それは悲惨なうそをつくとは継続し、現在の日"です。

We might mention here the testimony of Josephus, who says in his Antiquities: "He appeared to them alive on the third day, as the divine prophets had foretold these and ten thousand other wonderful things concerning Him."私たちの証拠を提出するかもしれないここでは言及ヨセフス、 whoは言う彼の骨董品: "彼が登場して生きているの3日目に、神の預言者としては、これらのと10000 foretellの過去過去分詞に関する他の素晴らしいことなんですよ"

A third matter of importance is the "Great Commission" as it is called (vv. 19, 20). 3番目に重要な問題であるのは、 "大委員会"と呼ば( vv. 19 、 20 ) 。 Note the word "Name" as indicative of the Trinity.言葉に注意して"名前"として説法は、トリニティ。 It is not names but " Name ."名前ではないが、 " 名を入力します。 " "Father, Son and Holy Spirit is the final name of the one true God. The conjunction in one name of the three affirms equality and oneness of substance." "父親は、息子との最後の聖霊は真の神の名前を、 1つの組み合わせの3つの肯定の名前を1つの平等との一体性物質です。 "

Note the peculiarity of the terms.の特性を条件に注意してください。 This is the Kingdom commission, as another expresses it, not the Christian commission.これは、王国委員会は、それを別の表現ではなく、委員会は、キリスト教です。 The latter is in Luke, distinctively the Gentile Gospel, but not here, which is distinctively the Jewish Gospel.後者は、ルーク、独特のジェンティーレ、ゴスペル、しかし、ここでは、これは、ユダヤ教の福音書がはっきりしています。 And this is all the more remarkable because in Luke, the disciples are commanded to go to the Jews (24:47), while here they are commanded to go to "all nations."これは他のすべての顕著なので、ルークは、弟子たちが命じられた、ユダヤ人への行き方( 24:47 ) 、彼らが命じられたが、ここへの行き方"すべての国です。 " It points to the close of the age when the commission will be carried out by the faithful remnant of the Jews so often spoken about.それを指しての時代の終わり頃に実施されるときに、委員会の忠実なレムナントのユダヤ人については、あまり何度も話さです。 It has not yet been carried out.それがまだされている。 The story of the Acts is not its fulfilment.その物語は、その履行行為ではない。 Its accomplishment has been interrupted, but will be taken up before the Lord comes to deliver Israel at the last.その達成され中断された場合、しかしされる前に、主に取り上げイスラエルは、最終更新を提供します。

Questions 1. 質問 1 。 Repeat the order of the events on the day of resurrection.上の順序を繰り返して、復活の日のイベントです。 2. 2 。 Do the same with reference to the appearances of Jesus.同じには、イエスキリストを参照して出演します。 3. 3 。 Divide the chapter into three parts.第3つの部分に分割する。 4. 4 。 How would you answer the argument that the disciples stole the body of Jesus?引数をどのように答えは、イエスキリストの弟子のボディを盗んだですか? 5. 5 。 What is the significance of the word "Name" in the "Great Commission"?その言葉の意味は何です"名前"は、 "偉大な委員会"ですか? 6. 6 。 How do you distinguish the "Commission" in Matthew from that in Luke?をどのように明確に区別して"委員会"のマシューからしてルークですか?


Gospel of St. Matthewマタイによる福音書

Catholic Information カトリックの情報

I. CANONICITY i.規範

The earliest Christian communities looked upon the books of the Old Testament as Sacred Scripture, and read them at their religious assemblies.最古のキリスト教のコミュニティの顔に、書籍として、旧約聖書の神聖な啓典、およびアセンブリを読むことで彼らの宗教です。 That the Gospels, which contained the words of Christ and the narrative of His life, soon enjoyed the same authority as the Old Testament, is made clear by Hegesippus (Eusebius, "Hist. eccl.", IV, xxii, 3), who tells us that in every city the Christians were faithful to the teachings of the law, the prophets, and the Lord.は、福音書、これに含まれるイエスキリストの言葉を彼の人生の物語と、すぐにenjoyed同じ権限として、旧約聖書の、が明確にされhegesippus (ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 4世、 xxii 、 3 ) 、 whoすべての都市を教えてくれるして、キリスト教徒たちの教えに忠実に、法では、預言者、との主です。 A book was acknowledged as canonical when the Church regarded it as Apostolic, and had it read at her assemblies.正規の本として認められたときは、教会の使徒として考え、そして彼女のアセンブリを読んでいたことです。 Hence, to establish the canonicity of the Gospel according to St. Matthew, we must investigate primitive Christian tradition for the use that was made of this document, and for indications proving that it was regarded as Scripture in the same manner as the Books of the Old Testament.それゆえ、規範を確立し、マタイによる福音書、キリスト教の伝統をしなければならない原始的調査が行われたが、このドキュメントの使用、および表示することが証明さと見なされて啓典の書籍と同じように、旧約聖書です。 The first traces that we find of it are not indubitable, because post-Apostolic writers quoted the texts with a certain freedom, and principally because it is difficult to say whether the passages thus quoted were taken from oral tradition or from a written Gospel.私たちの最初の痕跡を見つけることは疑う余地のない、なぜならPOST -ローマ教皇の作家文章を引用して、特定の自由、および主かどうかを言うのは難しいので、このように引用した文章が昔からの言い伝えから取らまたは書面による福音書からです。 The first Christian document whose date can be fixed with comparative certainty (95-98), is the Epistle of St. Clement to the Corinthians.キリスト教の最初のドキュメントの日付と比較確実なことで修正できる場合( 95-98 ) 、聖クレメントの信徒は、コリンチャンスをします。 It contains sayings of the Lord which closely resemble those recorded in the First Gospel (Clement, 16:17 = Matthew 11:29; Clem., 24:5 = Matthew 13:3), but it is possible that they are derived from Apostolic preaching, as, in chapter xiii, 2, we find a mixture of sentences from Matthew, Luke, and an unknown source.ことわざが含まれ、主に酷似しているのに記録され、最初の福音書(クレメント、 16:17 =マシュー11:29 ;クレム。 、マシュー24:5 = 13時03分) 、それは可能性があるから派生した彼らはローマ教皇説教としては、第13章、 2 、混合液の文章から私たちを見つけるマシュー、ルークと、未知の源です。 Again, we note a similar commingling of Evangelical texts elsewhere in the same Epistle of Clement, in the Doctrine of the Twelve Apostles, in the Epistle of Polycarp, and in Clement of Alexandria.再び、我々は、同様の混入の福音派の信徒と同じテキストの別の場所でのクレメントは、その教義のは、 12使徒は、信徒のpolycarp 、およびアレクサンドリアのクレメント。 Whether these these texts were thus combined in oral tradition or emanated from a collection of Christ's utterances, we are unable to say.そのためかどうか、これらの組み合わせで、これらの文章は昔からの言い伝えやイエスキリストのコレクションを放っての発言から、我々は言ってやるができませんでした。

The Epistles of St. Ignatius (martyred 110-17) contain no literal quotation from the Holy Books; nevertheless, St. Ignatius borrowed expressions and some sentences from Matthew ("Ad Polyc.", 2:2 = Matthew 10:16; "Ephesians", 14:2 = Matthew 12:33, etc.).聖イグナチオの書簡(殉教百十〜十七)が含まれていないリテラルの引用からの神聖な図書;にもかかわらず、聖イグナチオ借り物の表現や文章からいくつかのマシュー( "広告polycです。 " 、 2:2 =マシュー10:16 ; "エペソ人への手紙" 、 14時02分=マタイ12:33など) 。 In his "Epistle to the Philadelphians" (v, 12), he speaks of the Gospel in which he takes refuge as in the Flesh of Jesus; consequently, he had an evangelical collection which he regarded as Sacred Writ, and we cannot doubt that the Gospel of St. Matthew formed part of it.彼の"の信徒へのphiladelphians " ( V電源、 12 ) 、彼の福音話すの避難所では彼はイエスキリストのように、肉;その結果、彼には、福音派と見なされて彼のコレクションが神聖な令状、と疑うことはできません。マタイによる福音書の一部を形成します。

In the Epistle of Polycarp (110-17), we find various passages from St. Matthew quoted literally (12:3 = Matthew 5:44; 7:2 = Matthew 26:41, etc.).は、信徒のpolycarp ( 110から17 ) 、様々な通路を見つけるより引用文字通りマタイ(マシュー12時03分= 5時44分;午前7時02分=マタイ26:41など) 。 The Doctrine of the Twelve Apostles (Didache) contains sixty-six passages that recall the Gospel of Matthew; some of them are literal quotations (8:2 = Matthew 6:7-13; 7:1 = Matthew 28:19; 11:7 = Matthew 12:31, etc.).その教義のは、 12使徒(新約聖書)を含む66通路を召還するマタイによる福音書;いくつかのリテラルには引用符(午前8時02分=マシュー6:7-13 ;午前7時01分=マシュー28:19 ; 11 : 7 =マタイ12:31など) 。 In the so-called Epistle of Barnabas (117-30), we find a passage from St. Matthew (xxii, 14), introduced by the scriptural formula, os gegraptai, which proves that the author considered the Gospel of Matthew equal in point of authority to the writings of the Old Testament.信徒の、いわゆるバルナバ(一一七から三〇 ) 、私たちの一節を見つける聖マシュー( xxii 、 14 ) 、聖書に導入された数式は、 OSのgegraptai 、これを証明してマタイによる福音書の著者と考えが等しい点の権限を、旧約聖書の記述です。

The "Shepherd of Hermas" has several passages which bear close resemblance to passages of Matthew, but not a single literal quotation from it. "羊飼いのhermas "にはいくつかの通路でクマに似ている通路を閉じるのマシューはできませんから、 1つのリテラルを引用してください。 In his "Dialogue" (xcix, 8), St. Justin quotes, almost literally, the prayer of Christ in the Garden of Olives, in Matthew, xxvi, 39,40.彼の"対話" ( 99 、 8 ) 、セントジャスティン引用符で、ほとんど文字通り、キリストの祈りは、庭のオリーブは、マシュー、 26 、 39,40です。 A great number of passages in the writings of St. Justin recall the Gospel of Matthew, and prove that he ranked it among the Memoirs of the Apostles which, he said, were called Gospels (I Apol., lxvi), were read in the services of the Church (ibid., i), and were consequently regarded as Scripture.非常に多くの通路は、文章の聖マタイによる福音書ジャスティン召還する、と証明してランク付けて彼の回想録は、使徒の間に、彼によると、福音書と呼ばれるが(私apol 。 、 66 ) 、が、続きを読むサービスは、教会( ibid. 、私) 、およびその結果は啓典と見なされています。

In his "Legatio pro christianis", xii, 11, Athenagoras (117) quotes almost literally sentences taken from the Sermon on the Mount (Matthew 5:44).彼の" legatioプロchristianis " 、 12 、 11 、アテナゴラス( 117 ) 、文字通りの文章からの引用符でほぼ山上の垂訓(マタイ5時44分) 。 Theophilus of Antioch (Ad Autol., III, xiii-xiv) quotes a passage from Matthew (v, 28, 32), and, according to St. Jerome (In Matt. Prol.), wrote a commentary on the Gospel of St. Matthew.テオフィロスのアンティオキア(広告autol 。 、 3世、 13 - 14 )の一節を引用符でマシュー( V電源、 28 、 32 ) 、および、によると、聖ジェローム(マットです。 prolです。 ) 、ゴスペルの解説を書いたセントです。マシューです。

We find in the Testaments of the Twelve Patriarchs--drawn up, according to some critics, about the middle of the second century--numerous passages that closely resemble the Gospel of Matthew (Test. Gad, 5:3; 6:6; 5:7 = Matthew 18:15, 35; Test. Joshua 1:5, 6 = Matthew 25:35-36, etc.), but Dr. Charles maintains that the Testaments were written in Hebrew in the first century before Jesus Christ, and translated into Greek towards the middle of the same century. testamentsのでは、私たちは、 12 patriarchs -描画を、いくつかの批評家によると、 2番目の世紀の半ばごろ-数多くの文章が酷似してマタイの福音(t e st.出歩き、午前5時0 3分;午前6時0 6分; 5時07分=マシュー18:15 、 35 ;テストします。ジョシュア1:5 、 6 =マシュー25:35-36 、等) 、チャールズを維持しかし、博士は、ヘブライ語で書かれてtestamentsは前世紀の最初のイエスキリスト、およびギリシャ語に翻訳され、同じ世紀に向かって真ん中です。 In this event, the Gospel of Matthew would depend upon the Testaments and not the Testaments upon the Gospel.このイベントは、マタイによる福音書に依存してtestamentsではなくtestaments時の福音です。 The question is not yet settled, but it seems to us that there is a greater probability that the Testaments, at least in their Greek version, are of later date than the Gospel of Matthew, they certainly received numerous Christian additions.未解決の問題は、それように問い合わせが存在することを大きな確率は、 testaments 、少なくともそのギリシャ語版は、以降の日付マタイによる福音書よりも、彼ら確かに受け取った数多くのクリスチャン追加します。

The Greek text of the Clementine Homilies contains some quotations from Matthew (Hom. 3:52 = Matthew 15:13); in Hom.ギリシャ語のテキストを含む、いくつかの引用からクレメンタインを発するマシュー( hom. 3:52 =マタイ15:13 ) ;はハオマ汁です。 xviii, 15, the quotation from Matthew 13:35, is literal. 18 、 15 、マタイ13:35からの引用は、リテラルです。

Passages which suggest the Gospel of Matthew might be quoted from heretical writings of the second century and from apocryphal gospels--the Gospel of Peter, the Protoevangelium of James, etc., in which the narratives, to a considerable extent, are derived from the Gospel of Matthew.通路を示唆するかもしれないマタイによる福音書から引用した2番目の世紀の異端の記述から作り話の福音書-の福音ピーターは、 p rotoevangeliumのジェームズなどされるのは、物語は、かなりの程度までには、から派生してマタイによる福音書です。

Tatian incorporated the Gospel of Matthew in his "Diatesseron"; we shall quote below the testimonies of Papias and St. Irenæus.マタイによる福音書に組み込まtatian 、彼の" diatesseron " ;私たちは証言の下に引用papiasと聖irenæusです。 For the latter, the Gospel of Matthew, from which he quotes numerous passages, was one of the four that constituted the quadriform Gospel dominated by a single spirit.後者は、マタイによる福音書は、より多くの文章を引用符で彼は、その構成は、 1つの4つの福音書のquadriform 、 1つの精神に支配されています。 Tertullian (Adv. Marc., IV, ii) asserts, that the "Instrumentum evangelicum" was composed by the Apostles, and mentions Matthew as the author of a Gospel (De carne Christi, xii).テルトゥリアヌス( adv.マルク。 、 4世、 2世)がアサートさ、それは" instrumentum evangelicum "は使徒で構成される、と言及し、福音書の著者としてマシュー(デカルネクリスティ、 12 ) 。

Clement of Alexandria (Strom., III, xiii) speaks of the four Gospels that have been transmitted, and quotes over three hundred passages from the Gospel of Matthew, which he introduces by the formula, en de to kata Maththaion euaggelio or by phesin ho kurios.アレクサンドリアのクレメント( strom. 、 3世、 13 )の4つの福音書うわさを伝送されている、と引用符で300以上マタイによる福音書からの通路が彼の数式を紹介され、アンデphesinをカタmaththaion euaggelio 、またはホーkuriosです。

It is unnecessary to pursue our inquiry further.不必要な情報を追求することは私たちより詳細です。 About the middle of the third century, the Gospel of Matthew was received by the whole Christian Church as a Divinely inspired document, and consequently as canonical. 3番目の世紀の半ばごろ、マタイの福音キリスト教会全体が受信されたドキュメントとして神のインスピレーション、およびその結果として正規化します。 The testimony of Origen ("In Matt.", quoted by Eusebius, "Hist. eccl.", III, xxv, 4), of Eusebius (op. cit., III, xxiv, 5; xxv, 1), and of St. Jerome ("De Viris Ill.", iii, "Prolog. in Matt.,") are explicit in this repsect.の証言の原産地( "でマットです。 " 、引用さユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 3 、 25 、 4 ) 、ユーセビアス( op. 〜 Cit 。 、三、二十四、 5 ;弐拾伍、 1 ) 、および聖ジェローム( "デviris Ill 。 " 、 3世、 " Prologのです。のマットです。 " )は、明示的にこのrepsectです。 It might be added that this Gospel is found in the most ancient versions: Old Latin, Syriac, and Egyptian.追加されましたが、この福音かもしれないが発見された最も古いバージョン:古ラテン語、シリア、エジプトです。 Finally, it stands at the head of the Books of the New Testament in the Canon of the Council of Laodicea (363) and in that of St. Athanasius (326-73), and very probably it was in the last part of the Muratorian Canon.最後に、スタンドでの頭の部分を書籍は、新約聖書は、キヤノンは、評議会ラオディケア( 363 )と、その聖アタナシウス( 326から73まで) 、および非常に、おそらくそれはmuratorianの最後の部分を、キヤノンします。 Furthermore, the canonicity of the Gospel of St. Matthew is accepted by the entire Christian world.また、この規範は、マタイによる福音書は、キリスト教世界全体に受け入れられたのです。

II. Ⅱ 。 AUTHENTICITY OF THE FIRST GOSPEL信ぴょう性の最初の福音書

The question of authenticity assumes an altogether special aspect in regard to the First Gospel.真正性の問題を前提とする特別な側面で完全につきまして、最初の福音です。 The early Christian writers assert that St. Matthew wrote a Gospel in Hebrew; this Hebrew Gospel has, however, entirely disappeared, and the Gospel which we have, and from which ecclesiastical writers borrow quotations as coming from the Gospel of Matthew, is in Greek.キリスト教の作家の早期書いたと主張しマタイの福音inヘブライ語;このヘブライ語福音書には、しかし、完全に消えてしまった、と福音ていきたいと考えて、教会や作家からの引用として借りるマタイによる福音書からは、ギリシャ語です。 What connection is there between this Hebrew Gospel and this Greek Gospel, both of which tradition ascribes to St. Matthew?このヘブライ語の間にどのような接続があると、このギリシャ語ゴスペル、ゴスペル、どちらの伝統をマタイascribesですか? Such is the problem that presents itself for solution.このような問題が発生したプレゼントは、自分自身のソリューションです。 Let us first examine the facts.まず、先の事実を調べる。

A. TESTIMONY OF TRADITION a.伝統の証拠を提出する

According to Eusebius (Hist. eccl., 111, xxxix, 16), Papias said that Matthew collected (synetaxato; or, according to two manuscripts, synegraphato, composed) ta logia (the oracles or maxims of Jesus) in the Hebrew (Aramaic) language, and that each one translated them as best he could.によると、ユーセビアス( hist. eccl 。 、 111 、 39 、 16 ) 、 papiasによると、マシュー収集( synetaxato ;または、 2つの原稿によると、 synegraphato 、構成時) Ta logionの複数形(または格言oraclesイエスキリスト)は、ヘブライ語(アラム語)言語、およびそれらを各1つの翻訳彼がベストです。

Three questions arise in regard to this testimony of Papias on Matthew: (1) What does the word logia signify?これと関連して発生する3つの質問papias上の証拠を提出するマシュー: ( 1 ) logionの複数形という言葉はどのような意味ですか? Does it mean only detached sentences or sentences incorporated in a narrative, that is to say, a Gospel such as that of St. Matthew?機能のみを分離したことを意味する文章や物語の文章に組み込まれ、つまりは、マタイ福音書などのですか? Among classical writers, logion, the diminutive of logos, signifies the "answer of oracles", a "prophecy"; in the Septuagint and in Philo, "oracles of God" (ta deka logia, the Ten Commandments).古典的作家のうち、イエスの言は、ちっぽけなのロゴ、意味の"答えのoracles " 、 "予言" ;は、セプトゥアギンタと、フィロ、 " oraclesオブゴッド" (この刑事logionの複数形は、モーセの十戒) 。 It sometimes has a broader meaning and seems to include both facts and sayings.時にはそれには、広い意味と事実とことわざの両方を含めるようにします。 In the New Testament the signification of the word logion is doubtful, and if, strictly speaking, it may be claimed to indicate teachings and narratives, the meaning "oracles" is the more natural.新約聖書は、イエスの言という言葉の意味は疑わしい、との場合、厳密に言えば、教えを示すかもしれないと主張した物語、の意味" oracles "には、もっと自然です。 However, writers contemporary with Papias--eg St. Clement of Rome (Ad Cor., liii), St. Irenæus (Adv. Hær., I, viii, 2), Clement of Alexandria (Strom., I, cccxcii), and Origen (De Princip., IV, xi)--have used it to designate facts and savings.しかし、現代の作家にpapias -例えば、ローマの聖クレメント(広告コー。 、 5 3) 、聖i renæus( a dv.h ær。 、私は、 v iii、 2 ) 、アレクサンドリアのクレメント( s trom.、私は、 c ccxcii) 、と原産地(デプリンチプ。 、 4世、西) -を指定することが事実と貯蓄使われています。 The work of Papias was entitled "Exposition of the Oracles" [logion] of the Lord", and it also contained narratives (Eusebius, "Hist. eccl.", III, xxxix, 9). On the other hand, speaking of the Gospel of Mark, Papias says that this Evangelist wrote all that Christ had said and done, but adds that he established no connection between the Lord's sayings (suntaxin ton kuriakon logion). We may believe that here logion comprises all that Christ said and did. Nevertheless, it would seem that, if the two passages on Mark and Matthew followed each other in Papias as in Eusebius, the author intended to emphasize a difference between them, by implying that Mark recorded the Lord's words and deeds and Matthew chronicled His discourses. The question is still unsolved; it is, however, possible that, in Papias, the term logia means deeds and teachings.の仕事をpapiasは、権利"に付随するoracles " [イエスの言]の主"に含まれること、また、物語(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 3 、 39 、 9 )です。上、他の手、と言えば、マルコによる福音書、 papiasによると、このすべてを書いた伝道者によると、イエスキリストが完了すると、しかし、彼は設立の追加が主のことわざの間の接続( suntaxinトンkuriakonイエスの言)です。ここと思われることがありますが、キリストイエスの言によるとすべての構成とした。しかし、どうやらのようである場合は、 2つの通路をマークとマシューの後のようにお互いにpapiasユーセビアス、著者を目的とし、それらの間の違いを強調する、を示唆したマークを記録して主の言動とマシュー彼の談話で記録します。問題は、依然として未解決の;ことが、しかし、可能性がある、 papias 、という用語logionの複数の手段な行為と教えています。

(2) Second, does Papias refer to oral or written translations of Matthew, when he says that each one translated the sayings "as best he could"? ( 2 )第二に、機能を参照してpapiasマシュー口頭または書面による翻訳、翻訳時に彼によると、それぞれ1つのことわざ"として最高の彼が"ですか? As there is nowhere any allusion to numerous Greek translations of the Logia of Matthew, it is probable that Papias speaks here of the oral translations made at Christian meetings, similar to the extemporaneous translations of the Old Testament made in the synagogues.どこには言及してとして数多くのギリシャ語の翻訳を任意のlogionの複数のマシュー、話すことが予想さpapias行わ技術情報の翻訳については、キリスト教の経口ミーティング、類似して、その場しのぎの翻訳は、ユダヤ教、旧約聖書の行われた。 This would explain why Papias mentions that each one (each reader) translated "as best he could".これは1つの理由を説明するpapias言及は、各(各リーダー)翻訳"として最高の彼が"です。

(3) Finally, were the Logia of Matthew and the Gospel to which ecclesiastical writers refer written in Hebrew or Aramaic? ( 3 )最後に、マシューは、 logionの複数の作家と福音教会の参照をヘブライ語またはアラム語で書かれてですか? Both hypotheses are held.両方の仮説が開かれた。 Papias says that Matthew wrote the Logia in the Hebrew (Hebraidi) language; St. Irenæus and Eusebius maintain that he wrote his gospel for the Hebrews in their national language, and the same assertion is found in several writers. logionの複数papiasによると、マシュー書いたのは、ヘブライ語( hebraidi )言語;聖ユーセビアスirenæusと福音を維持するために彼のヘブル人への手紙を書いたのは自国の言語、および、同じアサーションが見つかったいくつかの作家です。 Matthew would, therefore, seem to have written in modernized Hebrew, the language then used by the scribes for teaching.マシューは、したがって、近代ヘブライ語で書かれたように見えるには、その言語を教えscribes入力し、使用されています。 But, in the time of Christ, the national language of the Jews was Aramaic, and when, in the New Testament, there is mention of the Hebrew language (Hebrais dialektos), it is Aramaic that is implied.しかし、イエスキリストの時間を、ユダヤ人国家の言語は、アラム語、およびときには、新約聖書では、ヘブライ語の言語に言及した( hebrais dialektos ) 、それはアラム語では暗黙のです。 Hence, the aforesaid writers may allude to the Aramaic and not to the Hebrew.それゆえに、前述の作家をほのめかす年5月アラム語、ヘブライ語としないようにします。 Besides, as they assert, the Apostle Matthew wrote his Gospel to help popular teaching.また、彼らの主張は、使徒マタイの福音書を書いた人気の教育を支援します。 To be understood by his readers who spoke Aramaic, he would have had to reproduce the original catechesis in this language, and it cannot be imagined why, or for whom, he should have taken the trouble to write it in Hebrew, when it would have had to be translated thence into Aramaic for use in religious services.彼の読者に理解されwhoスポークアラム語、彼は、オリジナルの教理教授を再現するには、この言語は、と想像することはできませんなぜか、または誰、彼に取ってはトラブルを書こうとし、ヘブライ語、ときにはアラム語に翻訳しなければなりませんそこに宗教的なサービスで使用します。

Moreover, Eusebius (Hist. eccl., III, xxiv, 6) tells us that the Gospel of Matthew was a reproduction of his preaching, and this we know, was in Aramaic.また、ユーセビアス( hist. eccl 。 、三、二十四、 6 )マタイによる福音書を教えてくれるのは彼の説教を再現した、と知って、この私たちは、アラム語です。 An investigation of the Semitic idioms observed in the Gospel does not permit us to conclude as to whether the original was in Hebrew or Aramaic, as the two languages are so closely related.慣用句のユダヤ人の調査を許可されません。観測されたゴスペルとするかどうか問い合わせを締結し、元のは、アラム語、ヘブライ語、または、 2つの言語としては非常に密接に関連した。 Besides, it must be home in mind that the greater part of these Semitisms simply reproduce colloquial Greek and are not of Hebrew or Aramaic origin.また、ホームしなければならないことを念頭に置いて、これらの大部分は、単にsemitismsの再現にはなっていないの口語ギリシャ語ヘブライ語またはアラム語起源です。 However, we believe the second hypothesis to be the more probable, viz., that Matthew wrote his Gospel in Aramaic.しかし、 2番目の仮説と考え、他の推定される、 viz 。 、そのマタイ福音書を書いたアラム語です。

Let us now recall the testimony of the other ecclesiastical writers on the Gospel of St. Matthew.今すぐご連絡リコールの証言を、他の教会マタイによる福音書を検索する作家です。 St. Irenæus (Adv. Haer., III, i, 2) affirms that Matthew published among the Hebrews a Gospel which he wrote in their own language.聖irenæus ( adv. haer 。 、 3世、私、 2 )肯定がマシューで公開中のヘブル人への手紙を書いたの福音書を独自の言語です。 Eusebius (Hist. eccl., V, x, 3) says that, in India, Pantænus found the Gospel according to St. Matthew written in the Hebrew language, the Apostle Bartholomew having left it there.ユーセビアス( hist. eccl 。 、 V電源、 x 、 3 )によると、インドでは、 pantænusが見つかりました、マタイによる福音書、ヘブライ語で書かれて、左の使徒バーソロミューて問題がないことです。 Again, in his "Hist. eccl."また、彼の"履歴です。 eccl 。 " (VI xxv, 3, 4), Eusebius tells us that Origen, in his first book on the Gospel of St. Matthew, states that he has learned from tradition that the First Gospel was written by Matthew, who, having composed it in Hebrew, published it for the converts from Judaism. (六十五、 3 、 4 ) 、ユーセビアス原産地を教えてくれることは、彼の最初の本をマタイによる福音書は、国の伝統から学んだことを彼は、最初の福音書が書かれたマシュー、 who 、ヘブライ語を構成して、公開してから、ユダヤ教に変換します。 According to Eusebius (Hist. eccl., III, xxiv, 6), Matthew preached first to the Hebrews and, when obliged to go to other countries, gave them his Gospel written in his native tongue.によると、ユーセビアス( hist. eccl 。 、三、二十四、 6 ) 、マシュー説教してヘブル人への手紙第一と、他の国に行くときに義務付けられて、彼の福音書授けた彼の母国語で書かれています。 St. Jerome has repeatedly declared that Matthew wrote his Gospel in Hebrew ("Ad Damasum", xx; "Ad Hedib.", iv), but says that it is not known with certainty who translated it into Greek.聖ジェロームは、繰り返しを宣言してinヘブライ語マタイ福音書を書いた( "広告damasum " 、イグゼクス; "広告hedibです。 " 、 4 ) 、しかしによると、既知のではないことを確信を持ってwhoギリシャ語に翻訳します。 St. Cyril of Jerusalem, St. Gregory of Nazianzus, St. Epiphanius, St. John Chrysostom, St. Augustine, etc., and all the commentators of the Middle Ages repeat that Matthew wrote his Gospel in Hebrew.聖エルサレムの聖キュリロス、聖ナジアンゾスの聖グレゴリオ、聖聖エピファニオス、聖ヨハネクリュソストモス、聖アウグスティヌス等とのすべてのコメンテーターを繰り返しますが、中世のマシューinヘブライ語福音書を書いた。 Erasmus was the first to express doubts on this subject: "It does not seem probable to me that Matthew wrote in Hebrew, since no one testifies that he has seen any trace of such a volume."エラスムスは、最初の疑念を表明し、この件名: "それはありませんマシュー書いたように見える概inヘブライ語と私には、 1つの証言が存在しないので、彼は何の痕跡もなく見られるようなボリュームです。 " This is not accurate, as St. Jerome uses Matthew's Hebrew text several times to solve difficulties of interpretation, which proves that he had it at hand.正確ではない、としてセントジェロームマシューのヘブライ語テキストを使用して複数回の解釈の困難を解決するために、これを証明していたことではない。 Pantænus also had it, as, according to St. Jerome ("De Viris Ill.", xxxvi), he brought it back to Alexandria. pantænusもありましたし、として、によると、聖ジェローム( "デviris Ill 。 " 、 36 ) 、彼が先頭にアレキサンドリアです。 However, the testimony of Pantænus is only second-hand, and that of Jerome remains rather ambiguous, since in neither case is it positively known that the writer did not mistake the Gospel according to the Hebrews (written of course in Hebrew) for the Hebrew Gospel of St. Matthew.しかし、 2番目の証言をpantænus -手だけに、日本がそのジェロームあいまいなままというので、どちらのケースで積極的に知られていることは間違いしなかったその作家の福音によると、ヘブル人への手紙(もちろんinヘブライ語で書か)は、ヘブライ語マタイによる福音書です。 However all ecclesiastical writers assert that Matthew wrote his Gospel in Hebrew, and, by quoting the Greek Gospel and ascribing it to Matthew, thereby affirm it to be a translation of the Hebrew Gospel.しかしすべての教会を書いた作家マタイの福音と主張し、ヘブライ語、および、ギリシャ語を引用し、それをascribingマタイ福音書と、それを断言することは、ヘブライ語の翻訳は、福音です。

B. EXAMINATION OF THE GREEK GOSPEL OF ST. b.審査は、ギリシャ語による福音書セントです。 MATTHEWマシュー

Our chief object is to ascertain whether the characteristics of the Greek Gospel indicate that it is a translation from the Aramaic, or that it is an original document; but, that we may not have to revert to the peculiarities of the Gospel of Matthew, we shall here treat them in full.私たちのチーフかどうかを確認するオブジェクトは、ギリシャの福音書の特徴を示すことがアラム語からの翻訳か、またはしては、元の文書;しかし、それを元に戻すにすることがありますが、マタイによる福音書の特殊性を、私たちここで治療して完全なものです。

(1) The Language of the Gospel ( 1 )の言語の福音

St. Matthew used about 1475 words, 137 of which are apax legomena (words used by him alone of all the New Testament writers).マシュー使われる約1475の言葉通り、 137のapax legomenonの複数形が(彼の言葉だけで使用されて新約聖書のすべての作家)です。 Of these latter 76 are classical; 21 are found in the Septuagint; 15 (battologein biastes, eunouchizein etc.) were introduced for the first time by Matthew, or at least he was the first writer in whom they were discovered; 8 words (aphedon, gamizein, etc.) were employed for the first time by Matthew and Mark, and 15 others (ekchunesthai, epiousios, etc.) by Matthew and another New Testament writer.これらの後者の76アール古典;二一アール発見されたセプトゥアギンタ; 15日( battologein biastes 、 eunouchizein等)を導入し、最初の時間をマシューか、または少なくとも彼は、最初の作家、かれらが発見; 8ワード( aphedon 、 gamizein 、等)が者の雇用をマシューとの最初の時間をマークし、 15その他( ekchunesthai 、 epiousios 、等)を別のマシューと新約聖書の作家です。 It is probable that, at the time of the Evangelist, all these words were in current use.これは予想は、発表するものであり、伝道者は、すべてこれらの言葉が現在使用中です。 Matthew's Gospel contains many peculiar expressions which help to give decided colour to his style.マタイの福音書が含まれ特有の表現を助ける多くの色が彼のスタイルを与えることを決めた。 Thus, he employs thirty-four times the expression basileia ton ouranon; this is never found in Mark and Luke, who, in parallel passages, replace it by basileia tou theou, which also occurs four times in Matthew.それゆえ、彼の従業員を34倍の表現basileiaトンouranon ;これは決して発見さマークとルーク、 who 、通路を並列に、置き換えることによってbasileia塔theou 、マシューが4回も発生します。 We must likewise note the expressions: ho pater ho epouranions, ho en tois ouranois, sunteleia tou alonos, sunairein logon, eipein ti kata tinos, mechri tes semeron, poiesai os, osper, en ekeino to kairo, egeiresthai apo, etc. The same terms often recur: tote (90 times), apo tote, kai idou etc. He adopts the Greek form Ierisiluma for Jerusalem, and not Ierousaleu, which he uses but once.同様に注意して表現しなければなりません:ホペーターepouranionsホー、ホーアンtois ouranois 、 sunteleia塔alonos 、 sunaireinログオン、 eipein ti型ティノス島、 mechri試験semeron 、 poiesai OSやosper 、アンekeinoを回路、 egeiresthai apoなどと同じ頻繁に再発する用語:トート( 90回) 、 apoトート、甲斐idouフォームierisilumaギリシャ語等を採用して彼はエルサレムではなく、 ierousaleu 、これしかし、彼は一度です。 He has a predilection for the preposition apo, using it even when Mark and Luke use ek, and for the expression uios David.前置詞の親和性を彼には、 apo 、使用しても使用するときにマークとルークek 、およびuiosデビッドの表現です。 Moreover, Matthew is fond of repeating a phrase or a special construction several times within quite a short interval (cf. ii, 1, 13, and 19; iv, 12, 18, and v, 2; viii, 2-3 and 28; ix, 26 and 31; xiii, 44, 4.5, and 47, etc.).また、マシューが好きなフレーズを繰り返したり、特別な工事を数回に非常に短い間隔( cf. 2世、 1 、 13日、および19 ;四、 12 、 18 、およびV 、 2 ; viii 、 2-3 、 28 ; 9世、 26日と31日、 13 、 44 、 4.5 、および47など) 。 Quotations from the Old Testament are variously introduced, as: outos, kathos gegraptai, ina, or opos, plerothe to rethen uto Kuriou dia tou prophetou, etc. These peculiarities of language, especially the repetition of the same words and expressions, would indicate that the Greek Gospel was an original rather than a translation, and this is confirmed by the paronomasiæ (battologein, polulogia; kophontai kai ophontai, etc.), which ought not to have been found in the Aramaic, by the employment of the genitive absolute, and, above all, by the linking of clauses through the use of men .旧約聖書からの引用は、さまざまな導入されました: outos 、 kathos gegraptai 、伊那市、またはopos 、 rethen県宇土kuriou径plerotheをprophetou塔など、これらの特殊性、言語、特に、同じ単語や表現の繰り返し、とを示して、ギリシャの福音書は、オリジナルではなく、翻訳し、このことが確認されたparonomasiæ ( battologein 、 polulogia ; kophontai甲斐ophontaiなど)にしたい場合に使いますが発見されていないのアラム語を、絶対にして雇用するの属格、と、上記のすべての条項にリンクされた男性を使用した。 .です。 .です。 oe, a construction that is peculiarly Greek.大江は、ギリシャ語の建設には妙にします。 However, let us observe that these various characteristics prove merely that the writer was thoroughly conversant with his language, and that he translated his text rather freely.しかし、これらの様々な特性をご連絡を観察証明するだけでは、作家は自分の言語で徹底的に通じており、その彼は彼のテキスト翻訳という自由です。 Besides, these same characteristics are noticeable in Christ's sayings, as well as in the narratives, and, as these utterances were made in Aramaic, they were consequently translated; thus, the construction men .また、これらの顕著な特徴は同じで、キリストのことわざだけでなく、この物語、および、これらの発言が行われたとして、アラム語、彼らはそのための翻訳;したがって、男性の建設です。 .です。 .です。 de (except in one instance) and all the examples of paronomasia occur in discourses of Christ.デ( 1つのインスタンスを除いて)とのすべての地口の例をキリストの談話が発生します。 The fact that the genitive absolute is used mainly in the narrative portions, only denotes that the latter were more freely translated; besides, Hebrew possesses an analogous grammatical construction.属格は、絶対的な事実を中心に、物語の部分が使用され、後者のみを示すことがもっと自由に翻訳;ほか、ヘブライ語の類似の文法的な建設保有しています。 On the other hand, a fair number of Hebraisms are noticed in Matthew's Gospel (ouk eginosken auten, omologesei en emoi, el exestin, ti emin kai soi, etc.), which favour the belief that the original was Aramaic.その一方で、かなりの数のhebraismsマタイの福音書には気づいた( ouk eginosken auten 、 omologeseiアンemoi 、エルexestinとTIエミン甲斐のSOIなど) 、これ賛成という信念を持って、元のは、アラム語です。 Still, it remains to be proved that these Hebraisms are not colloquial Greek expressions.とはいえ、それは、これらの遺跡であることが立証をhebraismsギリシャ語口語表現はない。

(2) General Character of the Gospel ( 2 )一般的な性格の福音

Distinct unity of plan, an artificial arrangement of subject-matter, and a simple, easy style--much purer than that of Mark--suggest an original rather than a translation.独特の結束を計画、人工の配置を主題と、シンプルで簡単なスタイル-に比べて多くp urerマーク-を示唆する訳ではなく、オリジナルです。 When the First Gospel is compared with books translated from the Hebrew, such as those of the Septuagint, a marked difference is at once apparent.ときに比べて書籍の最初の福音書はヘブライ語からの翻訳など、これらは、セプトゥアギンタは、スパムを一度に違いは明白です。 The original Hebrew shines through every line of the latter, whereas, in the First Gospel Hebraisms are comparatively rare, and are merely such as might be looked for in a book written by a Jew and reproducing Jewish teaching.輝いて、元のヘブライ語後者のすべての行を、一方、福音書の最初のhebraismsは比較的まれな、とは単になどで本を探してみたのかもしれない書かれたユダヤ人とユダヤ人の授業を再現します。 However, these observations are not conclusive in favour of a Greek original.ただし、これらの観測が決定的に賛成するギリシャ語オリジナルです。 In the first place, the unity of style that prevails throughout the book, would rather prove that we have a translation.まず第一に、優勢の結束が本全体のスタイルを、私たちは、むしろ証明して翻訳します。 It is certain that a good portion of the matter existed first in Aramaic--at all events, the sayings of Christ, and thus almost three-quarters of the Gospel.これは良い部分を確信して最初にこの問題が存在アラム語-すべてのイベントは、キリストのことわざ、およびそのためのほぼ4分の3の福音です。 Consequently, these at least the Greek writer has translated.その結果、これらの、少なくとも、ギリシャの作家が翻訳します。 And, since no difference in language and style can be detected between the sayings of Christ and the narratives that are claimed to have been composed in Greek, it would seem that these latter are also translated from the Aramaic.と、以降には、言語やスタイルの違いを検出できるとの間のことわざキリストの物語には、ギリシャ語で構成されたと主張すれば、これらの後者のように見えることからも、アラム語に翻訳します。 This conclusion is based on the fact that they are of the same origin as the discourses.この結論は事実に基づいて、彼らは談話として、同じ起源です。 The unity of plan and the artificial arrangement of subject-matter could as well have been made in Matthew's Aramaic as in the Greek document; the fine Greek construction, the lapidary style, the elegance and good order claimed as characteristic of the Gospel, are largely a matter of opinion, the proof being that critics do not agree on this question.の統合の計画と人工の配置を主題がされても、マシューのアラム語のように、ギリシャ語の文書;の罰金ギリシャ語の建設は、宝石細工のスタイルは、エレガンスと良いと主張するための福音の特徴としては、おおむね問題の意見によれば、批評家の証明があって、この質問はありませんに同意する。 Although the phraseology is not more Hebraic than in the other Gospels, still it not much less so.言い方ではないが、他のヘブライ人よりも、他の福音書は、まだそれははるかに少ないようです。 To sum up, from the literary examination of the Greek Gospel no certain conclusion can be drawn against the existence of a Hebrew Gospel of which our First Gospel would be a translation; and inversely, this examination does not prove the Greek Gospel to be a translation of an Aramaic original.を要約すると、審査の文学から、ギリシャの福音書の特定の結論が描かヘブライ語福音書の存在を反対するのが最初の福音書の翻訳文、および逆に、この試験はありませんゴスペルを証明するギリシャ語に翻訳されるオリジナルのアラム語です。

(3) Quotations from the Old Testament ( 3 )旧約聖書からの引用

It is claimed that most of the quotations from the Old Testament are borrowed from the Septuagint, and that this fact proves that the Gospel of Matthew was composed in Greek.これはほとんどのと主張して旧約聖書からの引用はセプトゥアギンタから借りており、その証明このような事実は、マタイによる福音書はギリシャ語で構成されます。 The first proposition is not accurate, and, even if it were, it would not necessitate this conclusion.正確なの最初の命題ではない、と、たとえそれが、この結論を必要とすることはない。 Let us examine the facts.検討の事実をご連絡します。 As established by Stanton ("The Gospels as Historical Documents", II, Cambridge, 1909, p. 342), the quotations from the Old Testament in the First Gospel are divided into two classes.として設立さスタントン( "歴史的な文書としての福音書" 、 2世、ケンブリッジ、 1909 、 p. 342 )は、旧約聖書からの引用で、最初の福音書は、 2つのクラスに分けられています。 In the first are ranged all those quotations the object of which is to show that the prophecies have been realized in the events of the life of Jesus.すべてのレンジでの最初のは、それらのオブジェクトを引用することを示す予言が実現されるのがイエスキリストの生涯のイベントです。 They are introduced by the words: "Now all this was done that it might be fulfilled which the Lord spoke by the prophet," or other similar expressions.彼らは導入された単語: "今すぐこれはすべてのことかもしれないが果たされるのは、預言者の主スポーク" 、またはその他の同様の表現で入力します。 The quotations of this class do not in general correspond exactly with any particular text.このクラスの見積書の正確ではありません一般的に任意の特定のテキストに対応します。 Three among them (ii, 15; viii, 17; xxvii, 9, 10) are borrowed from the Hebrew; five (ii, 18; iv, 15, 16; xii, 18-21; xiii, 35; xxi, 4, 5) bear points of resemblance to the Septuagint, but were not borrowed from that version. 3つのうち( 2世、 15 ; viii 、 17 、 27 、 9 、 10 )は、ヘブライ語からの借用; 5つ( 2世、 18 ;四、 15 、 16 、 12 、 18-21 、 13 、 35 ; xxi 、 4 、 5 )クマポイントのセプトゥアギンタに似ているのですが、このバージョンから借りていない。 In the answer of the chief priests and scribes to Herod (ii, 6), the text of the Old Testament is slightly modified, without, however, conforming either to the Hebrew or the Septuagint.で、その答えを主任司祭とscribesヘロデ王( 2 、 6 ) 、旧約聖書のテキストが若干変更されると、せず、しかし、ヘブライ語に適合するか、のいずれかをセプトゥアギンタです。 The Prophet Micheas writes (v, 2): "And thou Bethlehem, Ephrata, art a little one among the thousands of Juda"; whereas Matthew says (ii, 6): "And thou Bethlehem the land of Juda art not the least among the princes of Juda".預言者ムハンマドの書き込みmicheas ( V電源、 2 ) : "となたベツレヘム、エフラタ、芸術のうちの1つの何千もの少しjuda " ;一方、マシューは言う( 2 、 6 ) : "となたベツレヘムの土地の芸術は、後発juda王侯のjuda "です。 A single quotation of this first class (iii, 3) conforms to the Septuagint, and another (i, 23) is almost conformable. 、 1つの引用は、次のファーストクラス( 3世、 3 )に準拠して、セプトゥアギンタ、および他の(私、 23 )は、ほぼ言いなりになる。 These quotations are to be referred to the first Evangelist himself, and relate to facts, principally to the birth of Jesus (i, ii), then to the mission of John the Baptist, the preaching of the Gospel by Jesus in Galilee, the miracles of Jesus, etc. It is surprising that the narratives of the Passion and the Resurrection of Our Lord, the fulfilment of the very clear and numerous prophecies of the Old Testament, should never be brought into relation with these prophecies.これらの引用は、最初の伝道者を自分自身に関連して、事実と関連して、主イエスキリストの誕生を( Ⅰ 、 Ⅱ ) 、その後に洗礼者ヨハネの使命は、説教は、イエスキリストの福音をガリラヤの奇跡イエスキリストなどのことは驚くほどの情熱は、物語の復活とわたしたちの主は、数多くの達成は、非常にはっきりと予言、旧約聖書の、持ち込みは決してこれらの予言の関連性を持つ。 Many critics, eg Burkitt and Stanton, think that the quotations of the first class are borrowed from a collection of Messianic passages, Stanton being of opinion that they were accompanied by the event that constituted their realization.多くの批評家は、例えば、バーキットとスタントン、と考えている見積書の最初のクラスが救世主のような通路のコレクションを借りてから、スタントンの意見が同行していたが実現されるイベントを構成します。 This "catena of fulfilments of prophecy", as he calls it, existed originally in Aramaic, but whether the author of the First Gospel had a Greek translation of it is uncertain.この"カテナのfulfilmentsの予言" 、彼の呼び出しには、もともとはアラム語が存在、しかし、最初の福音書の著者であるかどうかは不確実なことはギリシャ語の翻訳です。 The second class of quotations from the Old Testament is chiefly composed of those repeated either by the Lord or by His interrogators. 2番目のクラスの旧約聖書からの引用は、主にこれらの繰り返しで構成され、主のいずれか、または自分のinterrogatorsです。 Except in two passages, they are introduced by one of the formula: "It is written"; "As it is written"; "Have you not read?" 2つの通路を除いて、彼らのうちのどれかが導入の数式: "ことが書かれた" ; "として書かれたことは" ; "ここに読めないですか? " "Moses said". "ムーサーは言った" 。 Where Matthew alone quotes the Lord's words, the quotation is sometimes borrowed from the Septuagint (v, 21 a, 27, 38), or, again, it is a free translation which we are unable to refer to any definite text (v, 21 b, 23, 43).マシューだけで、主の言葉を引用符では、時には借りたからの引用はセプトゥアギンタ( V電源、 21 、 27 、 38 )か、または、再度、それは無料の翻訳をすることはできません任意の明確なテキストを参照するには( V電源、 21 b 、 23 、 43 ) 。 In those Passages where Matthew runs parallel with Mark and Luke or with either of them, all the quotations save one (xi, 10) are taken almost literally from the Septuagint.マシューではこれらの通路が並行して実行のいずれかのマークとルーク、またはそれらは、すべての見積書を保存する(まとめて、 10 )がとらセプトゥアギンタからほぼ文字通りです。

(4) Analogy to the Gospels of St. Mark and St. Luke ( 4 )類推して聖マルコの福音書と聖ルカ

From a first comparison of the Gospel of Matthew with the two other Synoptic Gospels we find比較してから最初の2つのマタイによる福音書共観福音書を見つける

that 330 verses are peculiar to it alone; that it has between 330 and 370 in common with both the others, from 170 to 180 with Mark's, and from 230 to 240 with Luke's; 330の詩に特有のことは、それだけで;しては、 330と370の間の共通性の両方の他、百七十〜百八十にマークのものと、ルカの二百三十〜二百四十;

that in like parts the same ideas are expressed sometimes in identical and sometimes in different terms; that Matthew and Mark most frequently use the same expressions, Matthew seldom agreeing with Luke against Mark.して、同じような部品を表明時には、同一のアイデアは、時にはさまざまな条件;ことマシューと同じ表現をマーク、最も頻繁に使用して、マシューはめったにないとルークに対して同意を突破した。 The divergence in their use of the same expressions is in the number of a noun or the use of two different tenses of the same verb.彼らが使うのに乖離が同じ表現は、名詞の数の使用、または異なる2つの動詞の時制と同じです。 The construction of sentences is at times identical and at others different.建設時と同じ文章が他人と異なっています。

That the order of narrative is, with certain exceptions which we shall later indicate, almost the same in Matthew, Mark, and Luke.物語の順序をしては、われは後に、特定の例外を示し、ほぼ同じでマタイ、マルコ、ルカです。

These facts indicate that the three Synoptists are not independent of one another.これらの事実を示しての3つの独立した1つの別のsynoptistsはない。 They borrow their subject-matter from the same oral source or else from the same written documents.彼らの主題を借りるより、同じソースまたは口頭で書かれた文書を他のユーザーと同じです。 To declare oneself upon this alternative, it would be necessary to treat the synoptic question, and on this critics have not vet agreed.この代替に出しゃばるを宣言し、それを治療するのに必要な総観が問題とされていないこの批評家の獣医に合意します。 We shall, therefore, restrict ourselves to what concerns the Gospel of St. Matthew.わたしたちは、そのため、自分がどのような懸念を制限するマタイの福音です。 From a second comparison of this Gospel with Mark and Luke we ascertain: 2番目の比較から、このマークとルカによる福音書で私たちを確かめる:

that Mark is to be found almost complete in Matthew, with certain divergences which we shall note;そのマークがほぼ完全に発見されるマシューは、特定のdivergencesをわれは注;

that Matthew records many of our Lord's discourses in common with Luke;マシューのレコードを、わたしたちの主の談話の多くは共通点がルーク;

that Matthew has special passages which are unknown to Mark and Luke.とマシューには、特別な通路をマークとルークは不明です。

Let us examine these three points in detail, in an endeavour to learn how the Gospel of Matthew was composed.ご連絡これらの3つのポイントを詳細に検討、努力を学ぶは、マタイによる福音書はどのように構成します。

(a) Analogy to Mark (ア)類推をマーク

Mark is found complete in Matthew, with the exception of numerous slight omissions and the following pericopes: Mark, i, 23-28, 35-39; iv, 26-29; vii, 32-36; viii, 22-26; ix, 39, 40; xii, 41-44.マークが見つかった完全にマシューを除いて、多くのわずかな不作為とは、次のpericopes :マーク、私、 23-28 、 35-39 ;四、 26-29 ;七、 32-36 ; viii 、 22-26 ; 9世、 39 、 40 、 12 、 41-44 。 In all, 31 verses are omitted.すべての、 31の詩は省略している。 The general order is identical except that, in chapters v-xiii, Matthew groups facts of the same nature and savings conveying the same ideas.注文が同一の全般を除いては、各章v - 13 、マシューグループの事実を伝えると同じ自然と貯蓄と同じアイデアです。 Thus, in Matthew 8:1-15, we have three miracles that are separated in Mark; in Matthew 8:23-9:9, there are gathered together incidents otherwise arranged in Mark, etc. Matthew places sentences in a different environment from that given them by Mark.したがって、マシュー8:1-15 、当社は3つの奇跡では分離さマーク;のマシュー8:23-9:9には、他の事件に配置され集まったマークは、マシューの場所等の文章とは別の環境からが与えられたことをマークします。 For instance, in 5:15, Matthew inserts a verse occurring in Mark 4:21, that should have been placed after 13:23, etc.たとえば、 5:15 、マタイ4:21マークを挿入する詩に発生する、それがされている13:23した後など

In Matthew the narrative is usually shorter because he suppresses a great number of details.マシューの物語では、通常より短いため、彼は非常に多くの詳細を抑制します。 Thus, in Mark, we read: "And the wind ceased: and there was made a great calm", whereas in Matthew the first part of the sentence is omitted.したがって、マーク、私たちを読む: "と、風やんだ:とがあったが多大な静けさ" 、これに対して、マシューは、文の最初の部分は省略している。 All unnecessary particulars are dispensed with, such as the numerous picturesque features and indications of time, place, and number, in which Mark's narrative abounds.すべての不要な明細dispensedには、絵のように美しいなどの数多くの機能との兆候時間、場所、および番号、 aboundsではマルクの物語です。

Sometimes, however, Matthew is the more detailed.ときには、しかし、マシューは、より詳細な。 Thus, in 12:22-45, he gives more of Christ's discourse than we find in Mark, iii, 20-30, and has in addition a dialogue between Jesus and the scribes.したがって、 12:22-45 、彼は私たちよりも他のキリストの談話を見つけるマーク、 3 、 20-30 、との間の対話を加えてscribesイエスキリストとします。 In chapter xiii, Matthew dwells at greater length than Mark, iv, upon the object of the parables, and introduces those of the cockle and the leaven, neither of which Mark records.第13章では、マシューの長さよりも大きいの棲むところをマーク、 4世、時のオブジェクトは、 parables 、およびそれらを紹介コックルと徐々に変化すると、どちらのレコードをマークします。 Moreover, Our Lord's apocalyptic discourse is much longer in Matthew, xxiv-xxv (97 verses), than in Mark, xiii (37 verses).また、わたしたちの主の黙示録的な談話は、はるかに長く、マシュー、 24 - 25 ( 97節) 、マークに比べ、 13 ( 37節) 。

Changes of terms or divergences in the mode of expression are extremely frequent. divergences変更の用語や表現のモードでは非常に頻繁にします。 Thus, Matthew often uses eutheos, when Mark has euthus; men .したがって、マシューeutheos頻繁に使用して、ときにマークがeuthus ;男性です。 .です。 .です。 de, instead of kai, as in Mark, etc.; the aorist instead of the imperfect employed by Mark.デ、甲斐の代わりに、マークのように、等;のアオリストマークの代わりに、不完全雇用されています。 He avoids double negatives and the construction of the participle with eimi; his style is more correct and less harsh than that of Mark; he resolves Mark's compound verbs, and replaces by terms in current use the rather unusual expressions introduced by Mark, etc.彼は避けてネガと建設をダブル分詞をeimi ;彼のスタイルは正しいと他に比べて少ない厳しいマーク;彼はマルクの化合物の動詞を解決し、現在の用語に置き換えられたという異例の表現を使用して導入されたマーク、等

He is free from the lack of precision which, to a slight extent, characterizes Mark.彼は自由の欠如から、高精度で、わずかな範囲して、特徴を突破した。 Thus, Matthew says "the tetrarch" and not "the king" as Mark does, in speaking of Herod Antipas; "on the third day" instead.of "in three days".したがって、マシューは、 "長老"ではなく"王様"としてマークは、ヘロデ王に言えばアンティパス; "の3日目に" instead.of "で3日間"です。 At times the changes are more important.先回の変更は、他の重要です。 Instead of "Levi, son of Alpheus," he says: "a man named Matthew"; he mentions two demoniacs and two blind persons, whereas Mark mentions only one of each, etc.の代わりに"レヴィ、アルペイオスの息子である"と彼は言う: "という名前の男性をマシュー" ;彼は2つの言及demoniacsと2つの視覚障害者が、それぞれ1つだけ言及マーク等

Matthew extenuates or omits everything which, in Mark, might be construed in a sense derogatory to the Person of Christ or unfavourable to the disciples. extenuatesまたはすべてを省略マシューは、マークは、ある意味で解釈されるかもしれない人を軽蔑してイエスキリストの弟子や好ましくない。 Thus, in speaking of Jesus, he suppresses the following phrases: "And looking round about on them with anger" (Mark 3:5); "And when his friends had heard of it, they went out to lay hold on him. For they said: He is beside himself" (Mark 3:21), etc. Speaking of the disciples, he does not say, like Mark, that "they understood not the word, and they were afraid to ask him" (ix, 3 1; cf. viii, 17, 18); or that the disciples were in a state of profound amazement, because "they understood not concerning the loaves; for their heart was blinded" (vi, 52), etc. He likewise omits whatever might shock his readers, as the saying of the Lord recorded by Mark: "The sabbath was made for man, and not man for the sabbath" (ii, 27).したがって、イエスキリストと言えば、彼は抑制は、次の慣用句: "とされて見回すと怒りについて" (マーク3時05分) ; "と彼の友人が聞いたときに、彼らがお留守にしっかりつかまって彼レイアウトです。かれらは言った:彼は自分の横に" (マーク3:21 )などの弟子と言えば、彼は言ってやるが、マークのような、その"彼らの言葉を理解しない、と彼らは恐がって尻込みして彼" ( 9世、 3 1 ;継続前誌です。 viii 、 17 、 18 ) ;かは、弟子たちは驚きの状態を深遠なので、 "彼らを理解しないのloafの複数形;は彼らの心は目が見えなくなる" (六、 52 )などと同様に何を省略彼の読者にショックかもしれない、と言っとしては、主に記録さマーク: "男の安息日が行われたのではなく、安息日のために男性" ( 2世、 27 ) 。 Omissions or alterations of this kind are very numerous.この種の欠落や変更は非常に多数のです。 It must, however, be remarked that between Matthew and Mark there are many points of resemblance in the construction of sentences (Matthew 9:6; Mark 2:10; Matthew 26:47 = Mark 14:43, etc.); in their mode of expression, often unusual.する必要があります、しかし、マシューとの間にはマークがポイントには多くの類似点は、建設の文章(マタイ9 : 06 ;マーク2:10 ;マタイ26:47 =マルク14:43など) ;は、モードの表現は、頻繁に異例のことだ。 and in short phrases (Matthew 9:16 = Mark 2:21; Matthew 16:28 = Mark 9:1; Matthew 20:25 = Mark 10:42); in some pericopes, narratives, or discourses, where the greater part of the terms are identical (Matthew 4:18-22; Mark 1:16-20; Matthew 26:36-38 = Mark 14:32-34; Matthew 9:5-6 = Mark 2:9-11), etc.と、短いフレーズ(マタイ9時16分=マルク2:21 ;マタイ16:28 =マルク9時01分;マタイ20:25 =マルク10:42 ) ;はいくつかのpericopes 、物語か、または談話で、ここでの大部分をの条件は同じ(マタイ4:18-22 ;マーク1:16-20 ;マシュー26:36-38 =マルク14:32-34 ;マシュー9:5-6 =マルク2:9-11 )など。

(b) Analogy to Luke結果( b )類推をルーク

A comparison of Matthew and Luke reveals that they have but one narrative in common, viz., the cure of the centurion's servant (Matthew 8:5-13 = Luke 7:1-10).マシューとルークの比較によると、彼らはしかし、 1つの物語の共通点は、 viz 。 、ザキュアー、センチュリオンの使用人(マタイ8:5-13 =ルーク7:1-10 ) 。 The additional matter common to these Evangelists, consists of the discourses and sayings of Christ.これらの伝道者に共通する問題の追加、談話とは、キリストのことわざです。 In Matthew His discourses are usually gathered together, whereas in Luke they are more frequently scattered.彼の談話では、通常のマシュー集まったされ、彼らはもっと頻繁に散在のルークです。 Nevertheless, Matthew and Luke have in common the following discourses: the Sermon on the Mount (Matthew 5-7, the Sermon in the Plain, Luke 6); the Lord's exhortation to His disciples whom He sends forth on a mission (Matthew 10:19-20, 26-33 = Luke 12:11-12, 2-9); the discourse on John the Baptist (Matthew 11 = Luke 7); the discourse on the Last Judgment (Matthew 24; Luke 17).にもかかわらず、共通点を持ってマシューとルークは、次の談話:山上の垂訓(マタイ5-7 、この説教は、プレーン、ルーク6 ) ;の弟子たちは主の御心に適う勧告を送ります記載は、ミッション(マタイ10 : 19-20 、 26-33 =ルーク12:11-12 、 2-9 ) ;の談話を洗礼者ヨハネ(マタイ11 =ルーク7 ) ;の談話の最後の判断(マタイ24 ;ルーク17 ) 。 Moreover, these two Evangelists possess in common a large number of detached sentences, eg, Matt., iii, 7b-19, 12 = Luke.また、これらの2つの伝道者の共通点を持つ多数の一戸建ての文章を、例えば、マットです。 、 3世、 7B面- 19 、 12 =ルークです。 iii, 7b-9, 17; Matt., iv, 3-11 = Luke, iv, 3-13; Matt., ix, 37, 38 = Luke x, 2; Matt., xii, 43-45 = Luke, xi, 24-26 etc. (cf. Rushbrooke, "Synopticon", pp. 134-70). 3世、 7B面- 9 、 17 ;マットです。 、 4 、 3-11 =ルーク、 4 、 3-13 ;マットです。 、 9世、 37 、 38 =ルークx 、 2 ;マットです。 、 12 、 43-45 =ルーク、 xi 、 24-26等( cf. rushbrooke 、 " synopticon " 、 pp 。一三四〜七〇 ) 。 However, in these parallel passages of Matthew and Luke there are numerous differences of expression, and even some divergences in ideas or in the manner of their presentation.しかし、これらの並列通路のマシューとルークには、数多くの相違を表現し、さらにいくつかのアイデアやdivergencesされた方法でのプレゼンテーションです。 It is only necessary to recall the Beatitudes (Matthew 5:3-12 = Luke 6:20b-25): in Matthew there are eight beatitudes, whereas in Luke there are only four, which, while approximating to Matthew's In point of conception, differ from them in general form and expression.リコールに必要なだけのことはbeatitudes (マタイ5:3-12 =ルカ6:20 b - 25 ) :マシューには8つのbeatitudesされ、ルークには4つのみで、マシューの中で点を近似概念、一般的な形で異なると表現しています。 In addition to having in common parts that Mark has not, Matthew and Luke sometimes agree against Mark in parallel narratives.共通の部品を有することに加え、これについてはマークさんは、マシューとルーク時には反対マークを並列に同意する物語です。 There have been counted 240 passages wherein Matthew and Luke harmonize with each other, but disagree with Mark in the way of presenting events, and particularly in the use of the same terms and the same grammatical emendations.そこカウント240通路があったの調和を図るお互いのマシューとルークが、異論がある点を提示の邪魔をするイベント、および特に、同じ条件での使用をemendations文法と同じです。 Matthew and Luke omit the very pericopes that occur in Mark.マシューとルークが発生した場合は省略して非常にpericopesを突破した。

(c) Parts peculiar to Matthew ( c )部品に特有のマシュー

These are numerous, as Matthew has 330 verses that are distinctly his own.これらのは非常に多く、マシューは、 330の詩にははっきりと自分自身のです。 Sometimes long passages occur, such as those recording the Nativity and early Childhood (i, ii), the cure of the two blind men and one dumb man (ix, 27-34), the death of Judas (xxvii, 3-10), the guard placed at the Sepulchre (xxvii, 62-66), the imposture of the chief priests (xxviii, 11-15), the apparition of Jesus in Galilee (xxviii, 16-20), a great portion of the Sermon on the Mount (v, 17-37; vi, 1-8; vii, 12-23), parables (xiii, 24-30; 35-53; xxv, 1-13), the Last Judgment (xxv, 31-46), etc., and sometimes detached sentences, as in xxiii, 3, 28, 33; xxvii, 25, etc. (cf. Rushbrooke, "Synopticon", pp.171-97).時には長い通路が発生すると、キリスト降誕のように記録して、幼いころ( Ⅰ 、 Ⅱ ) 、ザキュアーの2つの視覚障害者の男性と1つの間抜けな男( 9世、 27-34 ) 、ユダの死を( 27 、 3-10 ) 、警備員配置は、墓( 27 、 62から66まで)は、詐欺の主任司祭( 28 、 11-15 ) 、イエスキリストの幻影にガリラヤ( 28 、 16-20 ) 、説教をするのかなりの部分をマウント( V電源、十七〜三十七;六、 1-8 ;七、 12-23 ) 、 parables ( 13 、 24-30 ;三五〜五三; 25 、 1-13 ) 、最後の判断( 25 、 31-46 )などであり、時として、一戸建ての文章のように、 23 、 3 、 28 、 33 、 27 、 25 、等( cf. rushbrooke 、 " synopticon " 、 pp.171 - 97 ) 。 Those passages in which Matthew reminds us that facts in the life of Jesus are the fulfilment of the prophecies, are likewise noted as peculiar to him, but of this we have already spoken.マシュー通路ではこれらの事実を連想させることは、イエスキリストの命を予言の履行として、彼は、同様に特有の注意として、しかし、この私たちはすでに話さです。

These various considerations have given rise to a great number of hypotheses, varying in detail, but agreeing fundamentally.これらの様々な配慮が与えられた多くの仮説上昇して、変化を詳細に、しかし、根本的に同意します。 According to the majority of present critics--H.批評家によると、大多数の現在-Hをします。 Holtzmann, Wendt, Jülicher, Wernle, von Soden, Wellhausen, Harnack, B. Weiss, Nicolardot, W. Allen, Montefiore, Plummer, and Stanton--the author of the First Gospel used two documents: the Gospel of Mark in its present or in an earlier form, and a collection of discourses or sayings, which is designated by the letter Q. The repetitions occurring in Matthew (v, 29, 30 = xviii, 8, 9; v, 32 xix, 9; x, 22a = xxiv, 9b; xii, 39b = xvi, 4a, etc.) may be explained by the fact that two sources furnished the writer with material for his Gospel.ホルツマン、ウェント、 jülicher 、ウェルンレ、フォンゾーデン、ヴェルハウゼン、ハルナック、 b.ワイス、 nicolardot 、ワットアレン、モンテフィオーレ、プラマー、およびスタントン-福音書の著者の最初の2つのドキュメントを使用される:マルコによる福音書は現在のまたはそれ以前のフォーム、および談話やことわざのコレクションを、指定された文字が繰り返し発生して問のマシュー( V電源、 29日、 30 = 18 、 8 、 9 ; V電源、 32 19 、 9であり、 x 、 22a = 24 、 9b ; 12 、 39b = 16 、 4A面、等)年5月に説明しているという事実に、 2つのソース家具その作家性の資料を彼の福音です。 Furthermore, Matthew used documents of his own.また、彼自身のマシューのドキュメントを使われています。 In this hypothesis the Greek Gospel is supposed to be original.この仮説によれば、ギリシャの福音書ではオリジナルのはずです。 and not the translation of a complete Aramaic Gospel.ではなく、完全なアラム語の翻訳文の福音です。 It is admitted that the collection of sayings was originally Aramaic, but it is disputed whether the Evangelist had it in this form or in that of a Greek translation.これはコレクションのことわざを認めているのは、もともとアラム語、それは係争中の伝道者かどうかは、このフォームまたは、そのことは、ギリシャ語の翻訳です。 Critics also differ regarding the manner in which Matthew used the sources.批評家の違いについてもマシュー使用してソースの態度をもっています。 Some would have it that Matthew the Apostle was not the author of the First Gospel, but merely the collector of the sayings of Christ mentioned by Papias.マシューにもいくつかのことはないの使徒の最初の福音書の著者である、しかし、単にイエスキリストのコレクター、ことわざのpapiasに記載されています。 "However", says Jülicher, "the author's individuality is so strikingly evident in his style and tendencies that it is impossible to consider the Gospel a mere compilation". "しかし" 、言うjülicher "の著者の個性は非常に際立って彼のスタイルと傾向で明らかにすることは不可能であることを考慮してコンパイルゴスペル、単なる"です。 Most critics are of a like opinion.ほとんどの批評家では、のような意見です。 Endeavours have been made to reconcile the information furnished by tradition with the facts resulting from the study of the Gospel as follows: Matthew was known to have collected in Aramaic the sayings of Christ, and, on the other hand, there existed at the beginning of the second century a Gospel containing the narratives found in Mark and the sayings gathered by Matthew in Aramaic.努力がなされている情報を提供された伝統と和解の事実調査の結果による福音書は、以下のとおり:マシューは、既知のことわざには、キリストのアラム語で収集さと、その一方で、存在の冒頭にあるゴスペルを含む2番目の世紀の物語を発見さマルクとマシューに集められたアラム語のことわざです。 It is held that the Greek Gospel ascribed to Matthew is a translation of it, made by him or by other translators whose names it was later attempted to ascertain.これは生得的に開かれた福音書は、マシューは、ギリシャ語の翻訳には、他の翻訳者によって作られるまたは名前を持つ彼はその後、未遂を確かめることです。

To safeguard tradition further, while taking into consideration the facts we have already noted, it might be supposed that the three Synoptists worked upon the same catechesis, either oral or written and originally in Aramaic, and that they had detached portions of this catechesis, varying in literary condition.より詳細な伝統を保護する、事実を考慮して私たちはすでに有名な、それかもしれないsynoptistsはずの3つの作業時に、同じ教理教授は、もともとはどちらかとアラム語の口頭または書面による、公平な部分が出ていたとは、次の教理教授は、さまざまな文学的条件にします。 The divergences may be explained first by this latter fact, and then by the hypothesis of different translations and by each Evangelist's peculiar method of treating the subject-matter, Matthew and Luke especially having adapted it to the purpose of their Gospel. divergences年5月に説明され、最初にこの後者の事実、と入力し、さまざまな技術情報の翻訳された仮説とは、各エバンジェリストの独特の治療法の対象物質、マシューとルークに適応して、特に彼らの目的は福音です。 There is nothing to prevent the supposition that Matthew worked on the Aramaic catechesis; the literary emendations of Mark's text by Matthew may have been due to the translator, who was more conversant with Greek than was the popular preacher who furnished the catechesis reproduced by Mark.を防止するものはないと仮定してマシューに従事してアラム語教理教授; emendationsのマークの文学マシュー年5月のテキストを翻訳者のためにも、 whoは、ギリシャ語の他に通じているよりは、人気の説教師who家具の教理教授マーク再現されています。 In reality, the only difficulty lies in explaining the similarity of style between Matthew and Mark.現実には、困難な嘘だけのスタイルの間の類似性を説明してマシューとマークします。 First of all, we may observe that the points of resemblance are less numerous than they are said to be.まず第一に、観察することがありますポイントは、彼らはより多くの類似性が低いといわれています。 As we have seen, they are very rare in the narratives at all events, much more so than in the discourses of Christ.私たちが見られるとして、彼らは非常にまれな物語では、すべてのイベントは、これよりもはるかにキリストの談話です。 Why, then, should we not suppose that the three Synoptists, depending upon the same Aramaic catechesis, sometimes agreed in rendering similar Aramaic expressions in the same Greek words?なぜ、その後、必要ないと仮定して私たちの3つのsynoptists 、同じアラム語教理教授に応じて、時には合意さアラム語の表現と同様のレンダリングと同じギリシャ語の単語ですか? It is also possible to suppose that sayings of Christ, which in the three Synoptic Gospels (or in two of them) differed only in a few expressions, were unified by copyists or other persons.することも可能と仮定してことわざをキリストの、これの3つの共観福音書(または2つのこと)をいくつかの異なる表現でのみ、または他の人がcopyists統合されています。 To us it seems probable that Matthew's Greek translator used Mark's Greek Gospel, especially for Christ's discourses.概に問い合わせように使用されるマシューのマークのギリシャ語ギリシャ語翻訳者、ゴスペル、特にキリストの談話です。 Luke, also, may have similarly utilized Matthew's Greek Gospel in rendering the discourses of Christ.ルーク、また、 5月も同様に活用マシューの談話にレンダリングするギリシャ語でキリストの福音です。 Finally, even though we should suppose that Matthew were the author only of the Logia, the full scope of which we do not know, and that a part of his Greek Gospel is derived from that of Mark, we would still have a right to ascribe this First Gospel to Matthew as its principal author.最後に、しなければならないと仮定してもかかわらず、マシューは、著者のlogionの複数形だけの、完全な範囲を知ることはありませんし、彼の部分は、ギリシャ語の福音書から派生したマークは、私たちはまだ権利を持つものとみなすこの最初のマタイの福音をその主な著者です。

Other hypotheses have been put forth.他の仮説を出すもします。 In Zahn's opinion, Matthew wrote a complete Gospel in Aramaic; Mark was familiar with this document, which he used while abridging it.ザーンの意見は、マタイ福音書を書いたアラム語の完全な;マークは、精通してこの文書では、どのabridgingながら彼は使われています。 Matthew's Greek translator utilized Mark, but only for form, whereas Luke depended upon Mark and secondary sources, but was not acquainted with Matthew.マシューのギリシャ語翻訳の活用マークは、フォームだけで、ルークマークおよびセカンダリソースに依存するが、知り合いにマシューはない。 According to Belser, Matthew first wrote his Gospel in Hebrew, a Greek translation of it being made in 59-60, and Mark depended on Matthew's Aramaic document and Peter's preaching. belserによると、マタイの福音書を書いた最初のヘブライ語、ギリシャ語の翻訳することで59-60れている、とマークマシューのアラム語の文書に依存して、ピーターの説教の声です。 Luke made use of Mark, of Matthew (both in Aramaic and Greek), and also of oral tradition.ルークはマークの使用は、マシュー(アラム語、ギリシャ語の両方で) 、とも昔からの言い伝えです。 According to Camerlynck and Coppieters, the First Gospel in its present form was composed either by Matthew or some other Apostolic writer long before the end of the first century, by combining the Aramaic work of Matthew and the Gospel of Luke. camerlynckとcoppietersによると、最初の福音書は現在のフォームは、構成のいずれかまたはいくつかの他のローマ教皇の作家マシューずっと前の最初の世紀の終わりに、仕事をアラム語を組み合わせて、ルカによる福音書マシューとします。

III. Ⅲ 。 PLAN AND CONTENTS OF THE FIRST GOSPEL計画との内容を、最初の福音書

The author did not wish to compose a biography of Christ, but to demonstrate, by recording His words and the deeds of His life, that He was the Messias, the Head and Founder of the Kingdom of God, and the promulgator of its laws.希望をしなかったの著者の伝記をイエスキリストを作曲する、しかしを実証する、彼の言葉と行動の記録の人生を、 messiasしていたのは、頭と神の王国の創始者、およびその法律の公布です。 One can scarcely fail to recognize that, except in a few parts (eg the Childhood and the Passion), the arrangement of events and of discourses is artificial.ほとんど1つのことに失敗すると認識して、幾つかの部分を除いて(例えば、子供のころと情熱)は、配列のイベントとの談話では、人工です。 Matthew usually combines facts and precepts of a like nature.マシュー通常の教えを組み合わせたような事実と自然です。 Whatever the reason, he favours groups of three (thirty-eight of which may be counted)--three divisions in the genealogy of Jesus (i, 17), three temptations (iv, 1-11), three examples of justice (vi, 1-18), three cures (viii, 1-15), three parables of the seed (xiii, 1-32), three denials of Peter (xxvi, 69-75), etc.; of five (these are less numerous)--five long discourses (v-vii, 27; x; xiii, 1-52; xviii; xxiv-xxv), ending with the same formula (Kai egeneto, ote etelesen ho Iesous), five examples of the fulfilment of the law (v, 21-48), etc.; and of seven--seven parables (xiii), seven maledictions (xxiii), seven brethren (xxii, 25), etc. The First Gospel can be very naturally divided as follows:-理由が何であれ、彼のグループの3つの恩恵( 38年5月にカウントを) -3つの部門ではイエスキリストの系譜(私は、 1 7) 、 3つの誘惑( 4 、 1 -11) 、 3つの例を正義(六、 1-18 ) 、 3つの治療法( 8 、 1-15 ) 、 3つのparablesの種子の( 13 、 1-32 ) 、 3つの否定のピーター( 26 、六九〜七五)など、 5つ(これらは少ない数多くの) -5つの長い談話( v - 7 、 2 7であり、 x ; 1 3、 1 -52; 1 8; 2 4- 2 5) 、エンディングと同じ式(甲斐e geneto、 o tee telesenホーi esous) 、 5つの例を、遂行同法( V電源、 21から48 )など、および7 -7 p arables( 1 3) 、 7 m aledictions( 2 3) 、 7人兄弟( x xii、 2 5) 、等の最初の福音を次のように分割することが非常に自然に: -

A. INTRODUCTION (1-2) A.はじめに( 1-2 )

The genealogy of Jesus, the prediction of His Birth, the Magi, the Flight into Egypt, the Massacre of the Innocents, the return to Nazareth, and the life there.イエスキリストの系譜は、彼の誕生の予測は、東方の三博士は、エジプトのフライトには、幼児虐殺、ナザレスの返還を、との生活。

B. THE PUBLIC MINISTRY OF JESUS (3-25) Bの公共省のイエスキリスト( 3月25日)

This may be divided into three parts, according to the place where He exercised it.この5月の3つの部分に分かれて、彼によると、場所を行使してください。

(1) In Galilee (3-18) ( 1 )ガリラヤ( 3-18 )

(a) Preparation for the public ministry of Jesus (3:1 to 4:11) (ア)公共省のイエスキリストのための準備( 3:1から4:11 )

John the Baptist, the Baptism of Jesus, the Temptation, the return to Galilee.洗礼者ヨハネは、イエスキリストの洗礼、という誘惑は、ガリラヤに戻ります。

(b) The preaching of the Kingdom of God (4:17 to 18:35) ( b )は説教の神の王国( 4:17から18:35 )

(1) the preparation of the Kingdom by the preaching of penance, the call of the disciples, and numerous cures (iv, 17-25), the promulgation of the code of the Kingdom of God in the Sermon on the Mount (v, I-vii, 29); ( 1 )の準備に説教されるの贖罪の王国への呼び出しの弟子、および数多くの治療法( 4 、 17-25 )は、王国のコードを施行するのは、神の山上の垂訓( V電源、私- 7 、 29 ) ;

(2) the propagation of the Kingdom in Galilee (viii, I-xviii, 35). ( 2 )の伝搬の王国のガリラヤ(八、私- 18 、 35 ) 。 He groups together:彼はグループを一緒に:

the deeds by which Jesus established that He was the Messias and the King of the Kingdom: various cures, the calming of the tempest, missionary journeys through the land, the calling of the Twelve Apostles, the principles that should guide them in their missionary travels (viii, 1-x, 42);イエスキリストの行為を確立していたが、 messiasとザキングオブの王国:様々な治療法は、心を落ち着かせるオブザテンペスト、布教の旅を通してその土地は、呼び出し側のは、 12使徒は、かれらの原則には、宣教師の旅行ガイド(八、 1 Xは、 42 ) ;

various teachings of Jesus called forth by circumstances: John's message and the Lord's answer, Christ's confutation of the false charges of the Pharisees, the departure and return of the unclean spirit (xi, 1-xii, 50);記載されイエスキリストの教えと呼ばれる様々な事情:ジョンのメッセージを表示し、主の答えは、イエスキリストの論破し、虚偽の罪でphariseesは、不浄な精神を出発し、返します(まとめて、 1 - 12 、 50 ) ;

finally, the parables of the Kingdom, of which Jesus makes known and explains the end (xiii, 3-52).最後に、 parablesの王国で、イエスキリストが知られ、説明の最後に( 13 、三から五二まで) 。

(3) Matthew then relates the different events that terminate the preaching in Galilee: Christ's visit to Nazareth (xiii, 53-58), the multiplication of the loaves, the walking on the lake, discussions with the Pharisees concerning legal purifications, the confession of Peter at Cæsarea, the Transfiguration of Jesus, prophecy regarding the Passion and Resurrection, and teachings on scandal, fraternal correction, and the forgiveness of injuries (xiv, 1-xviii, 35). ( 3 )マシュー入力し、関連のさまざまなイベントが終了して説教をガリラヤ:イエスキリストへの訪問をナザレス( 13 、 53-58 )は、乗算は、 loafの複数形は、湖を歩いて、議論をphariseesに関する法的purificationsは、自白cæsareaピーターは、イエスキリストの変容、予言について、情熱と復活し、スキャンダルの教えを、共済、訂正、と寛容の負傷者( 14 、 1 - 18 、 35 ) 。

(2) Outside Galilee or the way to Jerusalem (19-20) ( 2 )外部への道をガリラヤやエルサレム( 19-20 )

Jesus leaves Galilee and goes beyond the Jordan; He discusses divorce with the Pharisees; answers the rich young man, and teaches self-denial and the danger of wealth; explains by the parable of the labourers how the elect will be called; replies to the indiscreet question of the mother of the sons of Zebedee, and cures two blind men of Jericho.イエスキリストの葉を超えたガリラヤのヨルダン;彼は離婚を説明pharisees ;回答の豊かな若い男、と教えるの危険性を自己否定と富;説明され、労働者のためにどのように選出されると呼ばれる;の返信をする軽率な問いは、母親は、息子のゼベダイ、および2つの視覚障害者の男性エリコの治療法です。

(3) In Jerusalem (21-25) ( 3 ) 、エルサレム( 21-25 )

Jesus makes a triumphal entry into Jerusalem; He curses the barren fig tree and enters into a dispute with the chief priests and the Pharisees who ask Him by what authority He has banished the sellers from the Temple, and answers them by the parables of the two sons, the murderous husbandmen, and the marriage of the king's son.イエスキリストは、勝利の参入エルサレム;彼は呪いの不毛のイチジクの木との紛争に入っての首席司祭と、彼のことをどのような権限を要求pharisees who彼は、売り手からの追放寺、と回答し、 2つのparables息子は、残忍なhusbandmanの複数形、との結婚は、王の息子です。 New questions are put to Jesus concerning the tribute, the resurrection of the dead, and the greatest commandment.新しい質問は、イエスキリストのトリビュートを置く、復活オブザデッド、との最大の戒めです。 Jesus anathematizes the scribes and Pharisees and foretells the events that will precede and accompany the fall of Jerusalem and the end of the world.イエスキリストのanathematizes scribesとphariseesとforetellsのイベントを前に、同行の秋には、エルサレムと、世界の終わりにします。

C. THE PASSION AND THE RESURRECTION OF JESUS (26-28) Cに情熱とイエスキリストの復活( 26-28 )

(1) The Passion (26-27) ( 1 )の情熱( 26-27 )

Events are now hurrying to a close.イベントは、今すぐ急いして終了します。 The Sanhedrin plots for the death of Jesus, a woman anoints the feet of the Lord, and Judas betrays his Master.プロットのサンヘドリンイエスキリストの死を、ある女性の足をanoints主よ、とユダの主人裏切っています。 Jesus eats the pasch with His disciples and institutes the Eucharist.食べるpaschイエスキリストの弟子や研究機関との聖体です。 In the Garden of Olives, He enters upon His agony and offers up the sacrifice of His life.オリーブの庭で、彼は彼の苦しみに入る時とは、彼の人生を犠牲にする。 He is arrested and brought before the Sanhedrin.彼は逮捕され、表ざたにサンヘドリンです。 Peter denies Christ; Judas hangs himself.ピーター否定イエスキリスト;ユダ自身がハングします。 Jesus is condemned to death by Pilate and crucified; He is buried, and a guard is placed at the Sepulchre (xxvi, 1-xxvii, 66).イエスキリストが十字架に非難されて死亡したとpilate ;彼は葬られた、と警備隊が置かは、墓( 26 、 1 - 27 、 66 ) 。

(2) The Resurrection (28) ( 2 )の復活( 28 )

Jesus rises the third day and appears first to the holy women at Jerusalem, then in Galilee to His disciples, whom He sends forth to propagate throughout the world the Kingdom of God.イエスキリストの上昇と表示される最初の3日目にして神聖な女性はエルサレムをクリックして、弟子たちはガリラヤに、御心に適う送信出動し、世界中の王国を広めるの神です。

IV. Ⅳ 。 OBJECT AND DOCTRINAL TEACHING OF THE FIRST GOSPEL教義上のオブジェクトと教育の最初の福音書

Immediately after the descent of the Holy Ghost upon the Apostles, Peter preached that Jesus, crucified and risen, was the Messias, the Saviour of the World, and proved this assertion by relating the life, death, and resurrection of the Lord.降下の直後に、聖霊の時の使徒、ピーター説教で、イエスは、十字架と上昇し、 messiasは、 、 、世界の救世主と、この主張を立証関連の生活、死、と復活の主です。 This was the first Apostolic teaching, and was repeated by the other preachers of the Gospel, of whom tradition tells us that Matthew was one.これは教育の最初の使徒とは、他の説教師は、繰り返される、ゴスペル、伝統を教えてくれる人がマシューは、 1つです。 This Evangelist proclaimed the Gospel to the Hebrews and, before his departure from Jerusalem, wrote in his mother tongue the Gospel that he had preached.この宣言の福音伝道者をヘブル人への手紙と、彼の出発前よりjerusalem 、彼の書いた母国語の福音説教していた。 Hence the aim of the Evangelist was primarily apologetic.それゆえ、福音伝道の目的は主に申し訳なさそうです。 He wished to demonstrate to his readers, whether these were converts or still unbelieving Jews, that in Jesus the ancient prophecies had been realized in their entirety.彼は彼の読者の実証を希望して、これらのかどうかはまだ懐疑的なユダヤ人に変換したり、古代の予言していたイエスキリストの全文に実現します。 This thesis includes three principal ideas:本論文では、 3つの主要なアイデア:

Jesus is the Messias, and the kingdom He inaugurates is the Messianic kingdom foretold by the prophets;イエスキリストは、 messias 、と彼はinauguratesは、救世主の王国王国前から予報された預言者;

because of their sins, the Jews, as a nation, shall have no part in this kingdom彼らの罪のために、ユダヤ人は、国としての、この王国に参加負うものではありません

the Gospel will be announced to all nations, and all are called to salvation.の福音をすべての国に発表される、とすべてを救いと呼ばれています。

A. JESUS AS MESSIAS a.イエスキリストとしてmessias

St. Matthew has shown that in Jesus all the ancient prophesies on the Messias were fulfilled.マタイはイエスキリストが示されているprophesies上のすべての古代messiasが果たされるのです。 He was the Emmanuel, born of a Virgin Mother (i, 22, 23), announced by Isaias (vii, 14); He was born at Bethlehem (ii, 6), as had been predicted by Micheas (v, 2), He went to Egypt and was recalled thence (ii, 15) as foretold by Osee (xi, 1).彼は、エマニュエル、生まれは、ヴァージン母親(私、 22 、 23 ) 、 isaiasを発表した( 7 、 14 ) ;彼が生まれたベツレヘム( 2 、 6 ) 、予測さmicheasされていた( V電源、 2 ) 、彼はそこからエジプトとはリコール( 2世、 15 )の前から予報されosee (まとめて、 1 ) 。 According to the prediction of Isaias (xl, 3), He was heralded by a precursor, John the Baptist (iii, 1 sqq.); He cured all the sick (viii, 16 so.), that the Prophecy of Isaias (liii, 4) might be fulfilled; and in all His actions He was indeed the same of whom this prophet had spoken (xiii, 1).予測によると、 isaias ( xl 、 3 ) 、彼は前駆体に発表された、洗礼者ヨハネ( Ⅲ 、 1 sqq 。 ) ;彼のすべての病気の治癒( 8 、 16ようです。 ) 、 isaiasの予言は、 ( 53 、 4 )が果たされるかもしれない、およびすべての彼の行動確かに彼はこの預言者と同じ人が話さ( 13 、 1 ) 。 His teaching in parables (xiii, 3) was conformable to what Isaias had said (vi, 9).彼の指導をする( 13 、 3 )は、言いなりになるにはどのようなisaiasによると( 6 、 9 ) 。 Finally, He suffered, and the entire drama of His Passion and Death was a fulfilment of the prophecies of Scripture (Isaiah 53:3-12; Psalm 21:13-22).最後に、彼に苦しん、および全体のドラマは、彼の情熱と死の予言を遂行啓典(イザヤ書53:3-12 ;詩編21:13-22 ) 。 Jesus proclaimed Himself the Messias by His approbation of Peter's confession (16:16-17) and by His answer to the high priest (26:63-64).イエスキリストの宣言messias彼自身の賛同を得るのピーターの告白( 16:16-17 )と彼の答えを、高い司祭( 26:63-64 ) 。 St. Matthew also endeavours to show that the Kingdom inaugurated by Jesus Christ is the Messianic Kingdom.マタイの王国にも努力して詳細を発足さ救世主イエスキリストは、王国です。 From the beginning of His public life, Jesus proclaims that the Kingdom of Heaven is at hand (4:17); in the Sermon on the Mount He promulgates the charter of this kingdom, and in parables He speaks of its nature and conditions.彼の公共の人生の始まりから、イエスキリストは、キングダムオブヘブンproclaimsは手の届く所( 4:17 ) ;は、山上の垂訓promulgates憲章彼は、次の王国、と彼は話すのをする自然との条件です。 In His answer to the envoys of John the Baptist Jesus specifically declares that the Messianic Kingdom, foretold by the Prophets, has come to pass, and He describes its characteristics: "The blind see, and the lame walk, the lepers are cleansed, the deaf hear, the dead rise again, the poor have the gospel preached to them."彼の使臣の回答を、イエスキリストの洗礼者ヨハネの救世主のような具体的王国を宣言し、前から予報された預言者、パスが来て、その特性と彼は説明: "のブラインドを参照し、不自由な歩行は、ハンセン病患者は、浄化は、聞く耳が聞こえない、死者の上昇も、貧しい人々は、福音説教しています。 " It was in these terms, that Isaias had described the future kingdom (xxxv, 5, 6; loci, 1).それはこれらの用語は、将来を記述していたisaias王国( 35 、 5 、 6 ;座、 1 ) 。 St. Matthew records a very formal expression of the Lord concerning the coming of the Kingdom: "But if I by the Spirit of God cast out devils, then is the kingdom of God come upon you" (xii, 28).マタイを記録する非常にフォーマルな表現は、主の到来したの王国: "しかし、もし私の神を追放する悪魔の精神を、次には、神の王国を襲う" ( 12 、 28 ) 。 Moreover, Jesus could call Himself the Messias only inasmuch as the Kingdom of God had come.また、イエスキリストが自分自身のコールの王国〜だけれどもmessias神のみが来たのです。

B. EXCLUSION OF JEWS FROM MESSIANIC KINGDOM b.救世主王国からのユダヤ人を排除

The Jews as a nation were rejected because of their sins, and were to have no part in the Kingdom of Heaven.国としてのユダヤ人が彼らのために罪を拒否し、パートではないが、キングダムオブヘブンです。 This rejection had been several times predicted by the prophets, and St. Matthew shows that it was because of its incredulity that Israel was excluded from the Kingdom, he dwells on all the events in which the increasing obduracy of the Jewish nation is conspicuous, manifested first in the princes and then in the hatred of the people who beseech Pilate to put Jesus to death.この拒絶反応を数回予測されていたの預言者、およびそれによるとマタイは、イスラエルのために、信じられないということは、王国から除外する、彼の棲むところ上のすべてのイベントでは、ユダヤ民族の増加が顕著な強情、マニフェスト最初に、君主と入力し、 [ who懇願するpilate憎しみの念を抱く人々にイエスキリストを死に至る。 Thus the Jewish nation itself was accountable for its exclusion from the Messianic kingdom.したがって、ユダヤ人の国自体が救世主の責任をその王国から除外します。

C. UNIVERSAL PROCLAMATION OF THE GOSPEL c.ユニバーサル宣言の福音

That the pagans were called to salvation instead of the Jews, Jesus declared explicitly to the unbelieving Israelites: "Therefore I say to you that the kingdom of God shall be taken from you, and shall be given to a nation yielding the fruits thereof" (xxi, 43); "He that soweth the good seed, is the Son of man. And the field is the world" (xiii, 37-38).は、多神教徒が呼ばれる代わりに、ユダヤ人を救い、イエスキリストの信仰心を明示的に宣言したイスラエル: "だから私言ってやるが神の王国をしておられることからしなければならないし、国の降伏をしなければならないの果実を与えられたもの" ( xxi 、 43 ) ; "彼の良い種子をsowethは、男の息子です。と世界のフィールドは、 " ( 13 、 37-38 ) 。 "And this gospel of the kingdom shall be preached in the whole world for a testimony to all nations, and then shall the consummation come" (xxiv, 14). "と、この福音書の王国しなければならない説教は、全世界のすべての国の証拠を提出する、と入力し、来るものの終焉" ( 24 、 14 ) 。 Finally, appearing to His Apostles in Galilee, Jesus gives them this supreme command: "All power is given to me in heaven and in earth. Going therefore, teach ye all nations" (xxviii 18, 19).最後に、彼の使徒のガリラヤを表示しないように、イエスキリストにして、この最高のコマンド: "すべての電力が与えられたのを私は天と地です。行くしたがって、なたがたを教えるすべての国" (二十八18日、 19 ) 。 These last words of Christ are the summary of the First Gospel.これらの最後の言葉は、キリストの最初の福音書の要約です。 Efforts have been made to maintain that these words of Jesus, commanding that all nations be evangelized, were not authentic, but in a subsequent paragraph we shall prove that all the Lord's sayings, recorded in the First Gospel, proceed from the teaching of Jesus.を維持する努力がなされ、これらのイエスキリストの言葉を、すべての国が指揮をevangelized 、本物のは、しかし、その後の段落のすべての証明してわたしたちは主のことわざは、記録され、最初の福音書は、次の手順イエスキリストからの教育です。

V. DESTINATION OF THE GOSPEL v.目的地の福音

The ecclesiastical writers Papias, St. Irenæus, Origen, Eusebius, and St. Jerome, whose testimony has been given above (II, A), agree in declaring that St. Matthew wrote his Gospel for the Jews. papias作家の教会、聖irenæus 、原産地、ユーセビアス、と聖ジェローム、その証言され、上で与えられた( 2 、 1 ) 、同意すると宣言しマタイの福音は、ユダヤ人を書いた。 Everything in this Gospel proves, that the writer addresses himself to Jewish readers.この福音書のすべての証明は、作家のアドレスは、自分自身をユダヤ人の読者です。 He does not explain Jewish customs and usages to them, as do the other Evangelists for their Greek and Latin readers, and he assumes that they are acquainted with Palestine, since, unlike St. Luke he mentions places without giving any indication of their topographical position.彼はユダヤ人の風習や慣習を説明して、他の伝道者として、彼らには、ギリシャ語、ラテン語の読者、と彼はパレスチナを前提として彼らは精通して、以来、彼は言及聖ルカとは異なり、任意の場所も告げずに地形の位置を示すです。 It is true that the Hebrew words, Emmanuel, Golgotha, Eloi, are translated, but it is likely that these translations were inserted when the Aramaic text was reproduced in Greek.それは事実だが、ヘブライ語の単語、エマニュエル、ゴルゴタ、エロイ、は日本語に翻訳、それが高いときには、これらの技術情報の翻訳が挿入さアラム語ギリシャ語のテキストが再現されています。 St. Matthew chronicles those discourses of Christ that would interest the Jews and leave a favourable impression upon them.マタイクロニクルこれらの談話での関心のユダヤ人とキリストが有利な印象を残すかれらです。 The law is not to be destroyed, but fulfilled (v, 17).破壊される同法ではないが、果たされる( V電源、 17 ) 。 He emphasizes more strongly than either St. Mark or St. Luke the false interpretations of the law given by the scribes and Pharisees, the hypocrisy and even the vices of the latter, all of which could be of interest to Jewish readers only.彼は強調するよりももっと強く聖ルカのいずれかまたは虚偽サンマルク同法の解釈を与えられたとpharisees scribesは、偽善とさえ、後者の悪弊は、すべてのユダヤ人が読者の関心を持つのみです。 According to certain critics, St. Irenæus (Fragment xxix) said that Matthew wrote to convert the Jews by proving to them that Christ was the Son of David.特定の批評家によると、聖irenæus (断片29 )によると、マシューに手紙をユダヤ人に変換することを証明してイエスキリストは、息子のデビッドです。 This interpretation is badly founded.この解釈は悪いが設立された。 Moreover, Origen (In Matt., i) categorically asserts that this Gospel was published for Jews converted to the Faith.また、原産地(のマットです。 、私)断定的に主張この福音書が公開さをユダヤ人の信仰に変換されています。 Eusebius (Hist. eccl. III, xxiv) is also explicit on this point, and St. Jerome, summarizing tradition, teaches us that St. Matthew published his Gospel in Judea and in the Hebrew language, principally for those among the Jews who believed in Jesus, and did not observe even the shadow of the Law, the truth of the Gospel having replaced it (In Matt. Prol.).ユーセビアス( hist. eccl 。 3世、 24 )も明示的にこの時点では、と聖ジェローム、要約の伝統は、彼の教えを公開マタイの福音とは、ヘブライ語でユダヤは、主に考えられてそれらの間のユダヤ人whoでイエスキリスト、とさえしなかったの影の観察法は、福音の真理に置き換えて(マットです。 prolです。 ) 。 Subsequent ecclesiastical writers and Catholic exegetes have taught that St. Matthew wrote for the converted Jews.後続の作家やカトリック教会の教えをexegetesマタイが書いたユダヤ人をして、変換します。 "However," says Zahn (Introd. to the New Testament, II, 562), "the apologetical and polemical character of the book, as well as the choice of language, make it extremely probable that Matthew wished his book to be read primarily by the Jews who were not yet Christians. It was suited to Jewish Christians who were still exposed to Jewish influence, and also to Jews who still resisted the Gospel". "しかし、 "言うザーン(新約聖書introd.して、 2世、 562 ) 、 " apologeticalと論争の文字を、この本は、言語の選択だけでなく、マシューを希望することは非常に予想される彼の本を読み、主whoが特定されたユダヤ人のキリスト教徒はまだありません。それは、ユダヤ人キリスト教徒に適してwhoはまだユダヤ人に影響を与えるにさらされる、ともwhoまだ抵抗をユダヤ人の福音"です。

VI. Ⅵ 。 DATE AND PLACE OF COMPOSITION日時や場所の組成

Ancient ecclesiastical writers are at variance as to the date of the composition of the First Gospel.古代教会の差異がある作家としての組成をこの評価をして、最初の福音です。 Eusebius (in his Chronicle), Theophylact, and Euthymius Zigabenus are of opinion that the Gospel of Matthew was written eight years, and Nicephorus Callistus fifteen years, after Christ's Ascension--ie about AD 38-45.ユーセビアス(彼のクロニクル) 、 theophylact 、との意見がeuthymius zigabenusは、マタイによる福音書が書か8年間、およびニケフォロスカリスツス15年間、キリストの昇天した後-すなわち広告の掲載3 8〜45です。 According to Eusebius, Matthew wrote his Gospel in Hebrew when he left Palestine.ユーセビアスによると、マタイの福音書を書いたときは左のパレスチナヘブライ語です。 Now, following a certain tradition (admittedly not too reliable), the Apostles separated twelve years after the Ascension, hence the Gospel would have been written about the year 40-42, but following Eusebius (Hist. eccl., III, v, 2), it is possible to fix the definitive departure of the Apostles about the year 60, in which event the writing of the Gospel would have taken place about the year 60-68.さて、次の、特定の伝統(確かにあまりにも信頼性のない)は、 12年に分離した後、昇天使徒、それゆえの福音については、年が40-42で書かれ、しかし、次のユーセビアス( hist. eccl 。 、 3世、 V電源、 2 ) 、することが可能決定的な出発を修正して、 60年については、使徒では、書面での福音のイベントが行わ年については、六〇 〜六八です。 St Irenæus is somewhat more exact concerning the date of the First Gospel, as he says: "Matthew produced his Gospel when Peter and Paul were evangelizing and founding the Church of Rome, consequently about the years 64-67."セントirenæusは多少のこの評価をもっと正確に言うと、最初の、ゴスペル、彼は言う: "彼の福音書マシュー生産時にピーターとポールはローマの教会の創立evangelizingと、その結果については、年間64-67 。 " However, this text presents difficulties of interpretation which render its meaning uncertain and prevent us from deducing any positive conclusion.しかし、このテキストのプレゼントの難しさと不確実な解釈を防ぐためのレンダリング先からその意味を推測任意の肯定的な結論です。 In our day opinion is rather divided. 1日に私たちの意見はかなり分かれています。 Catholic critics, in general, favour the years 40-45, although some (eg Patrizi) go back to 36-39 or (eg Aberle) to 37.カトリックの批評家は、一般的には、賛成、年間40-45 、いくつか(例: patrizi )に戻って36-39または(例: aberle )を37 。 Belser assigns 41-42; Conély, 40-50; Schafer, 50-51; Hug, Reuschl, Schanz, and Rose, 60-67. belser割り当てます。四十一〜四十二; conély 、 40-50 ;シェイファー、 50-51 ;抱擁、 reuschl 、シャンツ、とローズを、六〇から六七までです。 This last opinion is founded on the combined testimonies of St. Irenæus and Eusebius, and on the remark inserted parenthetically in the discourse of Jesus in chapter xxiv, 15: "When therefore you shall see the abomination of desolation, which was spoken of by Daniel the prophet, standing in the holy place": here the author interrupts the sentence and invites the reader to take heed of what follows, viz.: "Then they that are in Judea, let them flee to the mountains."この最後の意見が証言に設立さの合計聖irenæusとユーセビアス、および挿入挿話の発言は、イエスキリストが談話第24章、 15 : "なたがたはそのときの醜態を参照して荒廃されたのを話さダニエル預言者ムハンマドは、立っているの聖地" :ここでは著者の文章と招待状の割り込みを読むにはどのような次のように用心せよ、 viz 。 : "ユダヤ入力し、彼らには、山間部へ逃れるせて。 " As there would have been no occasion for a like warning had the destruction of Jerusalem already taken place, Matthew must have written his Gospel before the year 70 (about 65-70 according to Batiffol).ある行事として行われていないが、エルサレムの破壊のような警告は、すでに行われ、マシュー必要があります70年前に書かれた彼の福音書(約65-70によると、 batiffol ) 。 Protestant and Liberalistic critics also are greatly at variance as regards the time of the composition of the First Gospel.プロテスタントとは大幅に自由主義の批評家でも時間の差異については、最初の福音書の組成をします。 Zahn sets the date about 61-66, and Godet about 60-66; Keim, Meyer, Holtzmann (in his earlier writings), Beyschlag, and Maclean, before 70, Bartiet about 68-69; W. Allen and Plummer, about 65-75; Hilgenfeld and Holtzmann (in his later writings), soon after 70; B. Weiss and Harnack, about 70-75; Renan, later than 85, Réville, between 69 and 96, Jülicher, in 81-96, Montefiore, about 90-100, Volkmar, in 110; Baur, about 130-34.ザーンセットを61-66の日付について、およびゴデ約60から66まで;カイム、マイヤー、ホルツマン(彼の以前の記述) 、 beyschlag 、およびマクリーン、前70 、 bartiet約68-69 ;ワットアレンとプラマー、約65 -75 ;ヒルゲンフェルトとホルツマン(彼の文章へ) 、すぐ後に70 ; b. Weissとハルナック、約70-75 ;ルナン、遅くとも85 、 réville 、 69と96の間に、 jülicherは、八十一〜九十六、モンテフィオーレ、約90〜100 、 volkmarは、 110 ;バウアー、約百三十から三十四までです。 The following are some of the arguments advanced to prove that the First Gospel was written several years after the Fall of Jerusalem.は、次のいくつかの引数は、高度なことを証明するの最初の数年後に書かれた福音書は、エルサレムの秋にします。 When Jesus prophesies to His Apostles that they will be delivered up to the councils, scourged in the synagogues, brought before governors and kings for His sake; that they will give testimony of Him, will for Him be hated and driven from city to city (x, 17-23) and when He commissions them to teach all nations and make them His disciples, His words intimate, it is claimed, the lapse of many years, the establishment of the Christian Church in distant parts, and its cruel persecution by the Jews and even by Roman emperors and governors.彼の使徒の時にイエスキリストをprophesiesして配信されるまでの審議会、 scourgedは、ユダヤ教、訴えを彼のために知事と王;して証言するのは、彼は、彼にとっては嫌われると駆動より都市から都市( x 、 17-23 )として手数料を教えるときに彼はすべての国と彼の弟子にして、彼の言葉親密な、それは主張は、多くの年を経過した、キリスト教の教会での設立は、遠い部分、およびその残酷な迫害されユダヤ人とローマ皇帝と知事でさえです。 Moreover, certain sayings of the Lord--such as: "Thou art Peter; and upon this rock I will build my church" (xi, 18), "If he [thy brother] will not hear them: tell the Church" (xviii, 10)--carry us to a time when the Christian Church was already constituted, a time that could not have been much earlier than the year 100.また、特定のことわざは、主-することもできます: "なたピーター、およびビルド時、この岩私は私の教会" (十一、 1 8) 、 "もし彼[なたの弟]は、それらが聞こえない:教会に申し出て" ( 18 、 10 ) -問い合わせを一度に運ぶときには、キリスト教の教会は、すでに構成は、時間ができませんでした年よりもかなり早い時期に1 00です。 The fact is, that what was predicted by Our Lord, when He announced future events and established the charter and foundations of His Church, is converted into reality and made coexistent with the writing of the First Gospel.実際には、予測されていることは、わたしたちの主は、未来の出来事を発表したときに彼と彼の基盤を設立し、教会憲章とは、現実と変換されると共存しては、書面での最初の福音です。 Hence, to give these arguments a probatory value it would be necessary either to deny Christ's knowledge of the future or to maintain that the teachings embodied in the First Gospel were not authentic.したがって、これらの引数を与えるのに必要なprobatoryの値のいずれかを拒否することがイエスキリストの知識を維持することや、将来の教えに体現され、最初の福音書は本物です。

VII. Ⅶ 。 HISTORIC VALUE OF THE FIRST GOSPEL歴史的価値の最初の福音書

(1) OF THE NARRATIVES ( 1 )は、物語

Apart from the narratives of the Childhood of Jesus, the cure of the two blind men, the tribute money, and a few incidents connected with the Passion and Resurrection, all the others recorded by St. Matthew are found in both the other Synoptists, with one exception (viii, 5-13) which occurs only in St. Luke.子供のころは別に、イエスキリストの物語は、 2つの治療法の視覚障害者の男性は、お金のオマージュ、といくつかの事件に接続して復活の情熱と、他のすべてのマタイ記録され、他のsynoptistsが見つかったの両方で、 1つの例外( 8 、 5-13 )が聖ルカでのみ発生します。 Critics agree in declaring that, regarded as a whole, the events of the life of Jesus recorded in the Synoptic Gospels are historic.批評家の同意すると宣言し、全体と見なされて、イエスキリストの生涯のイベントの共観福音書は、歴史に記録されています。 For us, these facts are historic even in detail, our criterion of truth being the same for the aggregate and the details.の問い合わせは、これらの事実を詳細には、歴史的にも、私たちが真理の基準は、骨材と同じ内容です。 The Gospel of St. Mark is acknowledged to be of great historic value because it reproduces the preaching of St. Peter.聖マルコの福音書は偉大な歴史的価値を認められたので、聖ペテロの説教を再現しています。 But, for almost all the events of the Gospel, the information given by St. Mark is found in St. Matthew, while such as are peculiar to the latter are of the same nature as events recorded by St. Mark, and resemble them so closely that it is hard to understand why they should not be historic, since they also are derived from the primitive catechesis.しかし、ほとんどすべてのイベントのための福音は、与えられた情報マタイ聖マルコが発見さ、などが、後者に特有のと同じ性質を持つのイベントが記録さサンマルコ、およびそれらに似て密接なことを理解することは難しい歴史的な理由とはならないため、彼らにも教理教授は、原始から派生しています。 It may be further observed that the narratives of St. Matthew are never contradictory to the events made known to us by profane documents, and that they give a very accurate account of the moral and religious ideas, the manners and customs of the Jewish people of that time.より詳細な観測されることがあります物語は、聖マシューは、決して矛盾してイベントを知られて不敬問い合わせドキュメント、およびしては非常に正確なアカウントは、道徳的、宗教的アイデアは、礼儀作法や習慣は、ユダヤ人の人々ことができます。 In his recent work, "The Synoptic Gospels" (London, 1909), Montefiore, a Jewish critic, does full justice to St. Matthew on these different points.彼の最近の作品は、 "共観福音書" (ロンドン、 1909 ) 、モンテフィオーリは、ユダヤ人の批評家は、完全な正義をマタイは、これらのさまざまなポイントです。 Finally all the objections that could possibly have been raised against their veracity vanish, if we but keep in mind the standpoint of the author, and what he wished to demonstrate.最後に反対のすべての可能性も提起さに反してその信憑消える、もし私たちが維持を念頭に置いて、著者の視点から見れば、彼とは何を希望して実証します。 The comments we are about to make concerning the Lord's utterances are also applicable to the Gospel narratives.私たちは会社を作るのコメントに関する発言にも適用される主の福音の物語です。 For a demonstration of the historic value of the narratives of the Holy Childhood, we recommend Father Durand's scholarly work, "L'enfance de Jésus-Christ d'après les évangiles canoniques" (Paris, 1907).歴史的な価値を実証するための神聖な物語は、子供のころ、父親をお勧めデュランの学術的作業は、 " jésus - enfanceデレイエスキリストd' apr鑚évangiles canoniques " (パリ、 1907 ) 。

(2) OF THE DISCOURSES ( 2 )のディス

The greater part of Christ's short sayings are found in the three Synoptic Gospels and consequently spring from the early catechesis.の大部分をキリストの短いことわざが発見された3つの共観福音書とその結果春からの早期教理教授です。 His long discourses, recorded by St. Matthew and St. Luke, also formed part of an authentic catechesis, and critics in general are agreed in acknowledging their historic value.彼の長い談話で、マタイと聖ルカ記録され、本物の教理教授の部分も結成し、批評家一般的には、その歴史的価値を認めることに合意しています。 There are, however some who maintain that the Evangelist modified his documents to adapt them to the faith professed in Christian communities at the time when he wrote his Gospel.には、いくつかのwhoを維持するしかし彼のドキュメントを更新して伝道者に適応して、コミュニティは、キリスト教の信仰を公言した時に彼の福音書を書いた。 They also claim that, even prior to the composition of the Gospels, Christian faith had altered Apostolic reminiscences.彼らも主張しても、この福音書の組成をする前に、キリスト教の信仰が変化したローマ教皇の回顧録です。 Let us first of all observe that these objections would have no weight whatever, unless we were to concede that the First Gospel was not written by St. Matthew.まず第一にご連絡を観察して異議申し立てがないの重量は何にしろ、譲歩しない限り、私たちの最初の福音書が書かれたマタイはない。 And even assuming the same point of view as our adversaries, who think that our Synoptic Gospels depend upon anterior sources, we maintain that these changes, whether attributable to the Evangelists or to their sources (ie the faith of the early Christians), could not have been effected.と同じと仮定しても私たちの敵としての観点、 whoはあのときの前に依存共観福音書によると、私たちは、これらの変更を維持するかどうかの伝道者に帰するかしてソース(すなわち、信仰は、初期のキリスト教徒) 、できませんでした。も影響します。

The alterations claimed to have been introduced into Christ's teachings could not have been made by the Evangelists themselves.の変更を主張してイエスキリストの教えが導入されてできませんでしたされた伝道者自身がなされています。 We know that the latter selected their subject-matter and disposed of it each in his own way, and with a special end in view, but this matter was the same for all three, at least for the whole contents of the pericopes, and was taken from the original catechesis, which was already sufficiently well established not to admit of the introduction into it of new ideas and unknown facts.私たちが知っている後者の主題を選択して処理されることそれぞれ自分のやり方で、そして最後に、特別なビューで、しかし、この問題は、同じのすべての3つの、少なくとも全体の内容をpericopes 、とは、オリジナルの教理教授から、これはすでに確立しないようにできるだけの十分な導入を認めることは、新しいアイデアや未知の事実です。 Again, all the doctrines which are claimed to be foreign to the teachings of Jesus are found in the three Synoptists, and are so much a part of the very framework of each Gospel that their removal would mean the destruction of the order of the narrative.再度、すべての教説が主張される外国人をイエスキリストの教えが発見された3つのsynoptists 、とは非常に多くて、非常にフレームワークの各部分に福音を除去することを意味するの順序を破壊する物語です。 Under these conditions, that there might be a substantial change in the doctrines taught by Christ, it would be necessary to suppose a previous understanding among the three Evangelists, which seems to us impossible, as Matthew and Luke at least appear to have worked independently of each other and it is in their Gospels that Christ's longest discourses are found.これらの条件の下に、その実質的な変化があるかもしれないとは、イエスキリスト教説に教わって、それは、以前の間に相互理解する必要が仮定の3つの伝道者は、どのように問い合わせ不可能な、マシューとルークとして表示されるには少なくとも独立した仕事お互いのことは、かれらの福音書はイエスキリストの最長の談話では見つかりませんでした。 These doctrines, which were already embodied in the sources used by the three Synoptists, could not have resulted from the deliberations and opinions of the earliest Christians.これらの教説、これはすでに使用されてソースに体現され、の3つのsynoptists 、結果からできませんでしたが最古のキリスト教徒の意見を審議しています。 First of all, between the death of Christ and the initial drawing up of the oral catechesis, there was not sufficient time for originating, and subsequently enjoining upon the Christian conscience, ideas diametrically opposed to those said to have been exclusively taught by Jesus Christ.まず第一に、イエスキリストの間に死亡したとの最初の図面上での経口教理教授、元があったの十分な時間を特定し、その後には、キリスト教の良心enjoining 、これらのアイデアは全く正反対の排他的に教えられたと伝えられているイエスキリストです。 For example, let us take the doctrines claimed, above all others, to have been altered by the belief of the first Christians, namely that Jesus Christ had called all nations to salvation.たとえば、ご連絡の教説と主張、他のすべての上、変更され、最初のキリスト教徒の信条をされる、すなわちすべての国と呼ばれることをイエスキリストが救いです。 It is said that the Lord restricted His mission to Israel, and that all those texts wherein He teaches that the Gospel should be preached throughout the entire world originated with the early Christians and especially with Paul.これは主によると、彼の任務を制限イスラエル、日本、およびそれらのテキストがすべてそこに彼の福音教える必要が説教して全世界の起源と初期のキリスト教徒、特にポールです。 Now, in the first place, these universalist doctrines could not have sprung up among the Apostles.今すぐ、まず第一に、これらのユニバーサリスト教説ができませんでした生まれて間の使徒です。 They and the primitive Christians were Jews of poorly developed intelligence, of very narrow outlook, and were moreover imbued with particularist ideas.彼らとのプリミティブのユダヤ人のキリスト教徒たちの悪い知能開発は、非常に狭いOutlook 、および個別主義者のアイデアがさらに染み込んでいる。 From the Gospels and Acts it is easy to see that these men were totally unacquainted with universalist ideas, which had to be urged upon them, and which, even then, they were slow to accept.行為からの福音書と簡単なのを見て、これらのことは全く面識のない男性が博識の人のアイデアで、これはかれらを促した、とは、その時でさえ、彼らを受け入れることが遅いです。 Moreover, how could this first Christian generation, who, we are told, believed that Christ's Second Coming was close at hand, have originated these passages proclaiming that before this event took place the Gospel should be preached to all nations?また、どうしてこの第一世代のキリスト教、 who 、私たちは言われた、と信じてキリストの再臨がすぐそこまで迫って、これらの通路が始まったこのイベントが開催される前に宣言の福音説教をすべきである、すべての国のですか? These doctrines do not emanate from St. Paul and his disciples.これらの教説はありませんから出てくるセントポールと彼の弟子です。 Long before St. Paul could have exercised any influence whatever over the Christian conscience, the Evangelical sources containing these precepts had already been composed.ずっと前聖パウロがどのように影響力を行使する任意の良心は、キリスト教の福音派のソースを含むこれらの教訓はすでに構成されています。 The Apostle of the Gentiles was the special propagator of these doctrines, but he was not their creator. gentilesの使徒は、これらの教説は、特別なプロパゲータが、彼の創作者はない。 Enlightened by the Holy Spirit, he understood that the ancient prophecies had been realized in the Person of Jesus and that the doctrines taught by Christ were identical with those revealed by the Scriptures.聖霊で悟りを開いた、彼は理解して実現されていた古代の予言の人に教えられたイエスキリスト教説とは、イエスキリストが明らかにされたそれらの経典と同一です。

Finally, by considering as a whole the ideas constituting the basis of the earliest Christian writings, we ascertain that these doctrines, taught by the prophets, and accentuated by the life and words of Christ, form the framework of the Gospels and the basis of Pauline preaching.最後に、全体としてのアイデアを検討した構成の基礎をキリスト教最古の文章は、私たちは、これらの教説を確かめるに教わって、預言者、および強化された生活とイエスキリストの言葉を、フォームの枠組みの中の福音書との根拠のポーリン説教です。 They are, as it were, a kind of fasces which it would be impossible to unbind, and into which no new idea could be inserted without destroying its strength and unity.彼らは、言ってみれば、ある種の束桿をバインドを解除することが不可能にし、新しいアイデアをされていないがその強さと団結を破壊せずに挿入します。 In the prophecies, the Gospels the Pauline Epistles, and the first Christian writings an intimate correlation joins all together, Jesus Christ Himself being the centre and the common bond.は、予言は、福音書のパウロの書簡は、キリスト教の最初の文章と親密な相関関係に参加するすべてまとめると、イエスキリストが自分自身の中心部との共通結合します。 What one has said of Him, the others reiterate, and never do we hear an isolated or a discordant voice.どのような1つは彼によると、他のあらためて表明し、決して孤立したかをやって耳障りな声を聞く。 If Jesus taught doctrines contrary or foreign to those which the Evangelists placed upon His lips, then He becomes an inexplicable phenomenon, because, in the matter of ideas, He is in contradiction to the society in which He moved, and must be ranked with the least intelligent sections among the Jewish people.イエスキリスト教説に反し、または外国人の場合教えている時は、彼の唇に置か伝道者、それから彼は不可解な現象になるので、この問題のアイデアで、彼は彼では、社会の矛盾を移動し、ランク付けをしなければならないユダヤ人の人々の間で最低でインテリジェントなセクションです。 We are justified, therefore, in concluding that the discourses of Christ, recorded in the First Gospel and reproducing the Apostolic catechesis, are authentic.我々は正当化、したがって、キリストの締結は、談話で、再現に記録され、最初の福音書と使徒教理教授は、本物のです。 We my however, again observe that, his aim being chiefly apologetic, Matthew selected and presented the events of Christ's life and also these discourses in a way that would lead up to the conclusive proof which he wished to give of the Messiahship of Jesus.私たちマイしかし、再び観察し、彼の目的は主に申し訳なさそうな、マシュー提示してイベントを選択し、イエスキリストの生涯とも、これらの談話のことを考えに至るまでの間に、彼を希望して与えるという決定的な証拠は、イエスキリストmessiahshipです。 Still the Evangelist neither substantially altered the original catechesis nor invented doctrines foreign to the teaching of Jesus.まだどちらも大幅に変化したの伝道者も、元の教理教授の指導を発明した外国人のイエスキリスト教説です。 His action bore upon details or form, but not upon the basis of words and deeds.退屈な時彼のアクションフォームの詳細や、しかし、時の根拠のない言動です。

APPENDIX: DECISIONS OF THE BIBLICAL COMMISSION付録:意思決定は、聖書の委員会

The following answers have been given by the Biblical Commission to inquiries about the Gospel of St. Matthew: In view of the universal and constant agreement of the Church, as shown by the testimony of the Fathers, the inscription of Gospel codices, most ancient versions of the Sacred Books and lists handed down by the Holy Fathers, ecclesiastical writers, popes and councils, and finally by liturgical usage in the Eastern and Western Church, it may and should be held that Matthew, an Apostle of Christ, is really the author of the Gospel that goes by his name.は、次の回答が委員会に与えられた聖書マタイによる福音書については、お問い合わせは:対象は、普遍的かつ定数契約書は、教会、として示されているの証言には、父のは、碑文の福音書のCODECは、最も古いバージョン神聖な書籍やリストの口碑に、聖なる父は、教会の作家、教皇の代などと協議会、そして最後に典礼利用方法は、東洋と西洋の教会で開かれることがありますがマシューとは、イエスキリストの使徒は、実際には著者福音書には、彼の名を入力します。 The belief that Matthew preceded the other Evangelists in writing, and that the first Gospel was written in the native language of the Jews then in Palestine, is to be considered as based on Tradition.マシュー先行するという信念を持って、他の伝道者に書面、とし、最初の福音書は、ネイティブの言語で書かれて入力し、パレスチナ、ユダヤ人は、伝統的であるとみなされますに基づいています。

The preparation of this original text was not deferred until after the destruction of Jerusalem, so that the prophecies it contains about this might be written after the event; nor is the alleged uncertain and much disputed testimony of Irenaeus convincing enough to do away with the opinion most conformed to Tradition, that their preparation was finished even before the coming of Paul to Rome.の準備には、次のオリジナルテキストはないの破壊するまで延期した後、エルサレム、予言して、それはこのイベントの後に書かれたかもしれない;も不透明な疑惑は、係争中の証拠を提出するなどエイレナイオスこれを行うに十分な説得力の座を奪うの意見ほとんどの伝統に適合し、その準備が完了したらポールにもローマの前に来るのです。 The opinion of certain Modernists is untenable, viz., that Matthew did not in a proper and strict sense compose the Gospel, as it has come down to us, but only a collection of some words and sayings of Christ, which, according to them, another anonymous author used as sources.理不尽との意見の特定のmodernistsは、 viz 。 、そのマシューしなかったが、適正かつ厳密な意味での作曲、ゴスペル、先に降りてくるように、いくつかのコレクションにすぎないことをキリストの言葉やことわざ、これによると、それら、別の匿名著者使用されている。

The fact that the Fathers and all ecclesiastical writers, and even the Church itself from the very beginning, have used as canonical the Greek text of the Gospel known as St. Matthew's, not even excepting those who have expressly handed down that the Apostle Matthew wrote in his native tongue, proves for certain that this very Greek Gospel is identical in substance with the Gospel written by the same Apostle in his native language.という事実を、父親の作家とすべての教会は、教会そのものよりも、非常に始まり、ギリシャ語が使用されて正規のテキストをマタイの福音と呼ばれるのではなく、それらのwhoが明示的にも受け継が除いては、使徒書いたマシュー彼の母国語、ギリシャ語の証明を確信して非常に福音と同じで、この物質の福音伝道者に裏切られ、彼のネイティブ言語と同じです。 Although the author of the first Gospel has the dogmatic and apologetic purpose of proving to the Jews that Jesus is the Messias foretold by the prophets and born of the house of David, and although he is not always chronological in arranging the facts or sayings which he records, his narration is not to be regarded as lacking truth.福音書は、著者の最初の目的のためには、独断的と申し訳なさそうなことを証明してユダヤ人をmessias前から予報されたイエスキリストは、預言者とその家のデビッド生まれるとは限らない年代に彼は事実やことわざが彼の手配記録によりますと、彼のナレーションではないに欠けて真理と見なされる。 Nor can it be said that his accounts of the deeds and utterances of Christ have been altered and adapted by the influence of the prophecies of the Old Testament and the conditions of the growing Church, and that they do not therefore conform to historical truth.また、それによると、自分のアカウントには、キリストの行為とした発言とも変化の影響を受けて適応され、旧約聖書の予言と成長の条件は、教会、として歴史の真実に準拠していないためです。 Notably unfounded are the opinions of those who cast doubt on the historical value of the first two chapters, treating of the genealogy and infancy of Christ, or on certain passages of much weight for certain dogmas, such as those which concern the primacy of Peter (xvi, 17-19), the form of baptism given to the Apostles with their universal missions (xxviii, 19-20), the Apostles' profession of faith in Christ (xiv, 33), and others of this character specially emphasized by Matthew.特に根拠は、これらの意見を聞いてwhoの歴史的な価値に疑問を投げ掛けるの最初の2つの章では、乳児期の治療は、キリストの系譜とか、または特定の通路の上の特定の教義ぐらい体重など、これらの優位性を懸念するピーター( 16 、 17-19 ) 、バプテスマの形で与えられた任務を使徒にユニバーサル( 28 、 19-20 )は、使徒'的な信仰告白、キリスト( 14 、 33 ) 、およびその他の特殊文字を強調され、このマシューです。

Publication information Written by E. Jacquier.出版物の情報執筆者e. jacquierです。 Transcribed by Ernie Stefanik & Herman F. Holbrook.転写されホールブルックアーニーシュテファーニク&ハーマン女性です。 Omnes sancti Apostoli et Evangelistae, orate pro nobis.全サンクティアポストリet evangelistae 、演説口調でプロnobis 。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.のは、カトリックの百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです