Book of Micah, Micheas予約のミカ、 micheas

General Information 総合情報

Micah is the 6th of the 12 books of Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.ミカは、 6日に12本のマイナー、旧約聖書の預言者では、聖書です。 Composed of both dire warnings and encouraging promises, this small but important book records the prophet Micah's preaching in Judah in the late 8th century BC.構成の両方の悲惨な警告と励ましの約束は、この小さいが重要な予約記録して預言者ミカの説教でユダは、紀元前8世紀後半です。 Micah observed the Assyrians' conquest of northern Israel and predicted the destruction of Jerusalem as punishment for social injustice and corruption among the priests and political leadership.ミカ観測のassyrians '征服の北部、イスラエルとエルサレムの破壊予想して罰として社会的不公正と腐敗の司祭との間の政治的リーダーシップを発揮します。 His call for justice is tempered by the promise of a messianic ruler from Bethlehem (5:2 - 6) whose reign shall see swords beaten into plowshares (4:3).正義のために彼のコールは、鍛えられたから定規を約束する救世主ベツレヘム( 5時02分-6 )の治世の剣は暴行を参照しp lowshares( 4 :3)です。 Most scholars believe that chapters 4 - 7 were written after the time of Micah.多くの学者と思われる4章-7時間の後に書かれたのはミカです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Book of Micah, Micheas予約のミカ、 micheas

Brief Outline簡単な概要

  1. Desolation of Samaria and Jerusalem foretold (1:1-3:12)サマリアとエルサレムの荒廃foretellの過去過去分詞( 1:1-3:12 )
  2. Eventual blessings for Zion (4:1-8)終局の恵みをザイオン( 4:1-8 )
  3. Invasions and deliverance by the Davidic ruler (4:9-5:15)救出されたdavidic侵略と支配者( 4:9-5:15 )
  4. Condemnation for sins (6:1-7:6)非難の罪( 6:1-7:6 )
  5. Eventual help from God (7:7-20)終局の助けを借り神( 7:7-20 )


Mi'cah mi'cah

Advanced Information 高度情報

Micah, a shortened form of Micaiah, who is like Jehovah?ミカは、短縮形micaiah 、 whoは、エホバのようですか? (1.) A man of Mount Ephraim, whose history so far is introduced in Judg. ( 1 。 )男のマウントエフライム、その歴史は、これまでに導入さjudgです。 17, apparently for the purpose of leading to an account of the settlement of the tribe of Dan in Northern Palestine, and for the purpose also of illustrating the lawlessness of the times in which he lived (Judg. 18; 19:1-29; 21:25). 17日、明らかにする目的でのリードを持つアカウントの和解は、部族のダン北部のパレスチナ、および説明のためにも、無法状態のザタイムズでは彼は住んで( judg. 18 ; 19:1-29 ; 21:25 )です。 (2.) The son of Merib-baal (Mephibosheth), 1 Chr. ( 2 。 )の息子のmerib -バール( mephibosheth ) 、 1 chrです。 8:34, 35. 8時34分、 35です。 (3.) The first in rank of the priests of the family of Kohathites (1 Chr. 23:20). ( 3 )の最初の順位には、司祭たちは、そのご家族のkohathites ( 1 chrします。 23:20 )です。 (4.) A descendant of Joel the Reubenite (1 Chr. 5:5). ( 4 )の子孫であるジョエルreubenite ( 1 chrします。 5時05分) 。 (5.) "The Morasthite," so called to distinguish him from Micaiah, the son of Imlah (1 Kings 22:8). ( 5 。 ) " morasthite 、 "容疑者を区別するいわゆるmicaiahは、息子のimlah ( 1キングス22時08分) 。 He was a prophet of Judah, a contemporary of Isaiah (Micah 1:1), a native of Moresheth of Gath (1:14, 15).彼は預言者のユダは、現代のイザヤ書(ミカ1:1 ) 、 moreshethに自生する植物のガト( 1:14 、 15 ) 。 Very little is known of the circumstances of his life (comp. Jer. 26:18, 19).その状況はほとんど分かっていない彼の人生の( comp. jer 。 26:18 、 19 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Mi'cah予約のmi'cah

Advanced Information 高度情報

The Book of Micah is the sixth in order of the so-called minor prophets.ミカは、 6番目の予約をするための、いわゆる小預言者です。 The superscription to this book states that the prophet exercised his office in the reigns of Jotham, Ahaz, and Hezekiah.この本の表題を行使するには、預言者の執務室に満ちていたのは、ジョーサム、アハズ、およびhezekiahです。 If we reckon from the beginning of Jotham's reign to the end of Hezekiah's (BC 759-698), then he ministered for about fifty-nine years; but if we reckon from the death of Jotham to the accession of Hezekiah (BC 743-726), his ministry lasted only sixteen years.私たちの場合、最初から数えるジョーサムの治世の終わりをhezekiah (紀元前七五九から六九八まで) 、それから彼は59年間で約ministered ;しかし、もし私たちの死を数えるジョーサムから加盟してhezekiah (紀元前743から726まで) 、彼の部16年間続いただけです。 It has been noticed as remarkable that this book commences with the last words of another prophet, "Micaiah the son of Imlah" (1 Kings 22:28): "Hearken, O people, every one of you."驚くべきことですが、それに気づいてきたが、最後にこの本を開始別の預言者の言葉を、 " micaiahの息子のimlah " ( 1王22:28 ) : "聞け、または人々は、すべての1つです。 " The book consists of three sections, each commencing with a rebuke, "Hear ye," etc., and closing with a promise, (1) ch.この本は、 3つのセクションに、それぞれの開始と非難、 "なたがたを聞く"など、式と閉会との約束は、 ( 1 )あなたのです。 1; 2; (2) ch. 1 、 2 、 ( 2 )あなたのです。 3-5, especially addressed to the princes and heads of the people; (3) ch. 3-5 、特に長宛てに、君主との人々 、 ( 3 )あなたのです。 6-7, in which Jehovah is represented as o the holding a controversy with his people: the whole concluding with a song of triumph at the great deliverance which the Lord will achieve for his people. 6-7 、ではエホバは、持ち株を呼んで表されるまたは彼の人々 :全体の勝利の歌を締結するのは、大きな喜びを達成するための主は、彼の人々です。

The closing verse is quoted in the song of Zacharias (Luke 1:72, 73).閉会の歌に引用される詩は、ツァハリアス(ルーク1:72 、 73 ) 。 The prediction regarding the place "where Christ should be born," one of the most remarkable Messianic prophecies (Micah 5:2), is quoted in Matt.場所の予測については"どこを持って生まれるイエスキリストは、 "最も注目すべき救世主の1つ予言(ミカ5時02分)は、マットに引用さです。 2:6. 2時06分です。 There are the following references to this book in the New Testament:, 5:2, comp.は、次の参考文献には、この本には、新約聖書: 、午前5時02分、のCOMPです。 Matt.マットです。 2:6; John 7:42. 2 : 06 ;ジョン7:42です。 7:6, comp.午前7時06分、のCOMPです。 Matt.マットです。 10:21, 35, 36. 10:21 、 35 、 36 。 7:20, comp. 7:20 、のCOMPです。 Luke 1:72, 73.ルーク1:72 、 73 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Micah予約のミカ

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

The little known of Micah is briefly stated.ミカはほとんど知られていないのは、簡単に記載します。 Calling himself a Morasthite indicates Moresheth, or Mareshah, as his birthplace in southwestern Judah, near Gath. morasthiteを示し、自らを呼び出すことmoreshethか、またはmareshah 、彼の発祥の地として南西部ユダ近辺、ガトです。 The time of his prophesying is shown in the same verse by the reference to the kings of Judah, as between 758 to 700 BC He seems to have been the writer of his own book, if we may judge from the personal allusions in chapter 3:1, 8, and to have died in peace, judging by Jeremiah 26:18, 19.彼のprophesyingの時間が表示され、同じ詩への参照をユダの王、紀元前の間に758から700ように彼は彼自身もその作家の予約、もし個人的なallusionsから判断することがありますが第3章: 1 、 8日、死亡したとの平和には、エレミヤ26:18から判断し、 19 。 He is frequently referred to as a prophet, and his utterances quoted, not only in the instances above given, but in Isaiah 2:2-4 and 41:15; Ezekiel 22: 27; Zephaniah 3:19; Matthew 2:5; and John 7:42.彼が頻繁に預言者と呼ばれる、と彼の発言を引用、上記のインスタンスが与えられただけでなく、しかし、イザヤ書2:2-4 、 41:15 ;エゼキエル22 : 27 ;ゼパニヤ3:19 ;マシュー2 : 05 ;とジョン7:42です。 Jesus quotes him in Matthew 10:35, 36.イエスキリストマタイ10:35彼を引用符で、 36です。 For further references to his period, see our lessons on Isaiah.彼の時代の詳細を参照し、レッスンをイザヤ書をご覧ください。

A Description of Judgment判断の説明をする

Chapters 1-3 contain a description of the approaching judgment on both kingdoms, Israel and Judah. 1-3章には、説明書の両方に近づいて判断する国、イスラエルとユダです。 How do verses 1 and 5 of chapter 1 indicate that both kingdoms are under consideration?詩はどうすれば1 〜 5の第1章によりますと国の両方が検討されてですか? Notice the order in which the three classes of hearers are addressed: (1) The people at large, chapter 1:2.に注意して、 3つのクラスの順序でhearersに対処: ( 1 )の人々は大規模な、章1:2です。 (2) The princes, chapter 3. ( 2 )の君主は、第3章。 (3) The false prophets, 3:5. ( 3 )偽預言者、 3時05分です。 According to verse 11 what seems to have been the most crying sin of all?詩によると、 11日は何だと泣いているのが最も罪のすべてのですか? And yet notwithstanding their covetousness and greed, how did they show either gross hypocrisy or gross ignorance of God (same verse, last part)?と彼らはまだありませんどん欲とどん欲にもかかわらず、どうやって詳細のいずれかまたは総偽善甚だしい無知の神(同じ詩、最後の部分)ですか? It is at this point that the declaration of judgment is expressed, and in language which has been literally fulfilled, verse 12.これはこの時点では、宣言の判断が表明されたが、言語とは、文字通り果たさてきた、詩12 。

A Vision of Hopeビジョンの希望

Chapters 4 and 5 unfold the future and happier, because holier, experience of the nation. 4と5章展開の将来と幸せなので、聖人、経験の国です。 The first four verses of chapter 4 are quoted almost verbatim in Isaiah 2, unless we reverse the order and say that Micah quoted Isaiah.最初の4つの詩のようにクオートほぼ逐語的に第4章イザヤ書2 、しない限り、私たちミカ順序を逆にすると言うことイザヤ書を引用します。 At what time are these better things to come to pass according to the beginning of this chapter?もっとやりがいのあることは何時に来ては、これらのパスによると、この章の始まりですか? How are these things figuratively expressed in verse 1?これらのものはどのように比喩的に表現さ詩1ですか? It is not difficult to recognize in these figures of speech the exaltation of Jerusalem and Judah over all the nations in that day.難しいことではないこれらの数字の音声を認識するのエルサレムとユダの高揚以上のすべての国がその日にします。 But how does verse 2 show that the exaltation will not be exacting and tyrannous, but the opposite?しかし、どのような詩2詳細は、厳格なとtyrannous高揚されませんが、反対ですか?

What language shows that the millennial age is referred to, and no period which has yet appeared in the history of the world?どのような言語によると、 1000年間の年齢は言及をし、これはまだない期間が掲載され、世界の歴史のですか? How do verses 3 and 4 strengthen this conviction?詩3と4はどうすればこの信念の強化ですか? What expression in verse 7 almost directly states this to be the case?どのような表現で詩7ほとんどの場合これを直接国ですか? In Joel we saw that prior to Israel's deliverance, and, as incident thereto, the Gentile nations will be besieging Jerusalem and desirous of seizing her, and that Jehovah will interpose on her behalf.ジョエル私たちの前に見たことがイスラエルの救出、および、事件でも、国のジェンティーレエルサレム包囲されると望んでいるの押収彼女ており、そのエホバの合間には、彼女の代わりにします。 How do the closing verses of this chapter parallel that prophecy?閉会の詩はどうすればこの章で並列に予言のですか?

Addressing ourselves to chapter 5, we discover what is the common teaching of the prophets that these good times coming for Israel and Judah are connected with the Person and work of the Messiah.第5章アドレッシングたちを、私たちは、どのような共通の教育の発見は、預言者は、これらの良い時代が来るのは、イスラエルとユダの人と仕事に接続して、救世主です。 How is that led up to in verse 2?登録されてはどのように詩を主導2ですか? To be sure, these words are quoted in Matthew 2, to apply to the first coming of Christ, but that does not exclude His second coming.確かに、これらの言葉が引用さマシュー2日の最初の到来したことを適用できるようにイエスキリストが、彼の2番目来る除外されていない。 Moreover, all the succeeding verses in this chapter point to events which did not occur at His first coming, but will be found to be uniformly predicated of His second coming.また、この章の詩のすべての成功をポイントしてイベントが発生する可能性は彼の最初の来るしなかったが、一様が可能になったことを前提と彼の2番目に来る。

A Contrast Drawnコントラストを描画する

Chapters 6 and 7 present a "contrast between the reasonableness, purity and justice of the divine requirements, and the ingratitude, injustice and superstition of the people which caused their ruin." 6および7章を提示する"コントラストの間の合理性、純度と正義は、神の要件、および、恩知らず、不公平と迷信の人々に破滅させることが原因です。 " The closing chapter is peculiarly affecting, a kind of soliloquy of repentance on Israel's part.妙に影響を及ぼすの閉会章では、ある種の独り言の念を、イスラエルの部分です。 The better element among the people are confessing and lamenting their sinful condition in verses 1-6, but expressing confidence in God's returning favor (7, 8).より良い要素間の人々は罪深い状態を告白と詩lamentingに1-6 、しかし、表現の信頼を神の復帰賛成( 7日、 8 ) 。 Putting all together, there are few verses in the Bible more expressive of quiet hope and trust than these.パットすべてまとめると、聖書には、いくつかの詩は、静かな期待と信頼を他の表現よりも、これらのです。

It is beautiful to see the spirit of confession and submission in verse 9, and the certainty of triumph over every foe, verse 10.それは美しいを参照して詩の精神を告白と発表申込は9日、との確信をすべての敵に克つ、詩10 。 Observe how Jehovah Himself speaks through the prophet in verses 11-13.自分自身を守る方法について話すエホバの預言者の詩11-13です。 (Revised Version). (改訂版)です。 See the promise of interposition on Israel's behalf in that day, verse 15; and the confusion of the Gentile nations at their triumph, and their own discomfiture, 16, 17.詳細については、介入を約束したその日にイスラエルの代わりに、詩15 ;とジェンティーレの混乱は、その国での勝利、と、自分の狼狽、 16 、 17 。 Of course, the temporal blessings thus coming upon Israel are all predicated of their return to the Lord and His forgiveness of their sins (18, 19).もちろん、このように祝福の頭に来るイスラエルにはすべての前提に戻るには、主と彼の罪を赦し( 18 、 19 ) 。 Nevertheless these things will take place on the ground of the original promise to Abraham (20).にもかかわらず、これらのものは、地上で開催さは、元の約束をアブラハム( 20 )です。

Questions 1. 質問 1 。 What can you say of the history of Micah?何を言ってやるの歴史のミカのですか? 2. 2 。 Name the three great divisions of the book.名の3つの大部分は、予約します。 3. 3 。 Analyze chapters 1-3.分析の章1-3 。 4. 4 。 With what future event is the deliverance of Israel always associated?将来にどのようなイベントは常に関連付けられたイスラエルの救出のですか? 5. 5 。 What makes the closing chapter particularly affecting?特に章ではどのような影響を及ぼすの閉会ですか?


Book of Micheas予約のmicheas

Catholic Information カトリックの情報

Micheas (Hebr. Mikhah; Jeremiah 26:18: Mikhayah keth.), the author of the book which holds the sixth place in the collection of the Twelve Minor Prophets, was born at Moresheth (Micah 1:1; Jeremiah 26:18), a locality not far from the town of Geth (Micah 1:14). micheas ( hebr. mikhah ;エレミヤ26:18 : mikhayah kethです。 )は、本の著者は、 6位を保持しては、コレクションのは、 12小預言者、が生まれたmoresheth (ミカ1:1 ;エレミヤ26:18 )は、地方の町の特定程遠いgeth (ミカ1:14 ) 。 Jerusalem was the scene of his ministry, and it occurred, as we learn from the title of his book, under the Kings Joathan (c. 740-735 BC), Achaz (735-727?), and Ezechias (727-698?).エルサレムの現場は、彼の省、およびそれが発生した、として私たちのタイトルを彼の著書から学ぶ、王の下にjoathan ( c.七百四十から七百三十五まで紀元前) 、 achaz ( 735〜727ですか? ) 、およびezechias (七二七から六九八ですか? ) 。 We do not, however, appear to possess any of his addresses prior to the reign of Ezechias.ことはありません、しかし、彼のアドレスが表示さを保有する前に、任意の治世ezechiasです。 He was thus a contemporary of the Prophet Isaias.彼はこのように、現代の預言者ムハンマドisaiasです。 His book falls into three parts.彼の著書の滝を3つの部分です。

Part One (Chapters 1-3)パート1 (章1-3 )

The first part consists of chapters 1-3. 1-3の各章の最初の部分で構成されます。 Micheas begins by announcing the impending destruction of Samaria as a punishment for its sins, and Jerusalem also is threatened. micheas開始を発表し、間近に迫ったサマリアの破壊の罪として処罰し、エルサレムも脅かされています。 In chapter 2 the prophet develops his threats against the Kingdom of Juda and gives his reasons for them.彼の預言者ムハンマドの開発第2章王国の脅威に反対する理由が彼のjudaを与えている。 In chapter 3 he utters his reproaches with greater distinctness against the chief culprits: the prophets, the priests, the princes, and the judges.第3章彼はよく知られてutters彼の非難に反対する大チーフ犯人:は、預言者は、司祭は、君主し、審査員をします。 Because of their transgressions, Sion shall be ploughed as a field, etc. (3, 12).彼らのためにtransgressions 、シオンしなければならないのフィールドとしてploughed等( 3 、 12 ) 。 This passage was quoted by the defenders of Jeremias against those who wished to punish with death the boldness with which the latter had announced God's chastisements: Micheas of Morashti was not punished with death, but, on the contrary, Ezechias and the people did penance and the Lord withdrew his threat against Jerusalem (Jeremiah 16:18 sq.).この一節が引用された守備のイェレミアスに対する処罰を希望しているwho死の大胆さと発表したが、後者は神のchastisements : micheasの死罰せられるmorashtiはない、しかし、その反対に、 ezechiasと人々は苦行と彼の脅威に対して、主撤回エルサレム(平方エレミヤ16:18 ) 。 There is a general consensus of opinion to attribute to the Prophet Micheas the authorship of this part of the book; serious doubts have been expressed only concerning 2:11-12.全体的な合意には、預言者ムハンマドの意見をmicheasの属性を、原作者のこの部分の本;に関する深刻な疑問が出て2:11-12のみです。 Chapters 1-3 must have been composed shortly before the destruction of the Kingdom of Samaria by the Assyrians (722 BC). 1-3章で構成されいる必要があります直前に、破壊されたassyriansサマリア王国(紀元前722 ) 。

Part Two (Chapters 4-5)パート2 (章4-5 )

In the second part (4-5), we have a discourse announcing the future conversion of the nations to the Law of Yahweh and describing the Messianic peace, an era to be inaugurated by the triumph of Israel over all its enemies, symbolized by the Assyrians.第二部( 4-5 ) 、我々は談話を発表し、将来の変換法の国を記述する救世主ヤハウェと平和の時代にイスラエルの勝利に発足されたすべての敵を、象徴されるassyriansです。 In 5:1 sq. (Hebr., 2 sq.), the prophet introduces the Messianic king whose place of origin is to be Bethlehem-Ephrata; Yahweh will only give up his people "till the time wherein she that travaileth shall bring forth", an allusion to the well-known passage of Isaiah 7:14.で5:1平方( hebr. 、 2平方)は、預言者救世主キング紹介して、その原産地をベツレヘム-エフラタ;ヤハウェは、彼の人々のみをあきらめない"彼女はそこまでの時間を生み出すものtravaileth "と、言及して、イザヤ書7:14の通過をよく知られています。 Several recent critics have maintained that chapters 4-5, either wholly or in part, are of post-exilic origin.最近の批判もあるが、いくつかの章4-5維持し、いずれかの全額または一部は、追放された後の起源です。 But their arguments, principally based on considerations inspired by certain theories on the history of the Messianic doctrine, are not convincing.しかし、彼らの引数は、主に触発さに基づいて、特定の理論上の配慮の歴史の教義の救世主のような、説得力はない。 Neither is it necessary to suppose that in 4:8, the comparison of the citadel of Sion with the "tower of the flock" alludes to the ruinous condition of Judea and Jerusalem at the time of the composition of the address; this comparison merely refers to the moral situation held towards the rest of the country by the capital, whence Yahweh is presumed to keep watch.どちらにすることが必要だと仮定して、 4時08分、バムのシオンの比較して、 "タワーオブの群れ"破滅的な条件をalludesユダヤとエルサレムの組成を発表するものであり、そのアドレス;この比較だけを指します道徳的な状況を、残りの部分に向かって開かれた国の首都され、そこから推定さを見張るヤハウェがします。 The connexion of ideas, it is true, is interrupted in 4:10, and in 5:4-5 (Vulgate 5-6), both of which may be later additions.の接続のアイデア、それがtrueの場合、 4:10が中断さ、および5:4-5 (ウルガタ聖書5-6 ) 、どちらへの追加があります。 A characteristic trait of Micheas's style in chapter 1 is found in the puns on the names of localities, and it is noticeable that an entirely similar pun can be seen in 5:1 (Hebrews 4:14), particularly when the LXX version is taken into account.形質の特徴micheasのスタイルでは、発見された第1章の名前を自治体の駄じゃれを検索すると、まったく同じようなことが顕著に見られる駄じゃれが5:1 (ヘブル人への手紙4:14 ) 、特に70のバージョンが撮影時にを考慮します。 The reading supposed by the LXX suggests a very satisfactory interpretation of this difficult passage: "And now, surround thyself with a wall (gadher), Beth-Gader."読書するはずされた70の提案を非常に満足のいく、この困難な解釈を通過: "そして今、自分自身を囲む壁( gadher ) 、ベス- gader 。 " The difference of tone and contents clearly show that 4-5 must have been composed in other circumstances than 1-3.トーンとの違いは4-5の内容を端的に示す必要があります。他の事情よりも1-3で構成されています。 They probably date from shortly after the fall of Samaria in 722 BC In 1-3 Micheas had expressed the fear that after the conquest of Samaria the Assyrian army would invade Judea; but ?Yahweh withdrew His threat (Jeremiah 16:19), and the enemy left Palestine without attacking Jerusalem.彼らは恐らく日から秋の直後に722紀元前に1-3でmicheasサマリアを表明していたことを恐れる征服した後、サマリアでは、アッシリア軍の侵攻はユダヤ;しかし、ですか?ヤハウェ撤回彼の脅威(エレミヤ16:19 ) 、および、左の敵を攻撃するパレスチナエルサレムです。 Chapters 4-5 have preserved us an echo of the joy caused in Jerusalem by the removal of the danger.章4-5保存先にエコーが原因で、エルサレムの喜びの危険性の除去された。

Part Three (Chapters 6-7) 3つの部分(章6-7 )

Chapters 6-7 are cast in a dramatic shape.各章を出演さ6から7アール劇的な形で指定します。 Yahweh interpellates the people and reproaches them with ingratitude (6:3-5).ヤハウェinterpellatesの人々と非難して忘恩( 6:3-5 ) 。 The people ask by what offerings they can expiate their sin (6:6-7).どのようなサービスの人たちが要請されて罪罪滅ぼしをすることができます( 6:6-7 ) 。 The prophet answers that Yahweh claims the observance of the moral law rather than sacrifices (6:8).ヤハウェの預言者の回答を主張して法の遵守のではなく、道徳的な犠牲を払う( 6時08分) 。 But this law has been shamefully violated by the nation, which has thus brought on itself God's punishment (6:9 sqq.).しかし、この法律に違反してきた恥ずかしいほどの国民、これは、このように自分自身が引き起こした神の罰( 6時09 sqq 。 ) 。 The passage 7:2-13 could be transposed to follow 7:6; in this way the justification of the punishments assumes a connected form in 6:6 to 7:6 and 7:11-13.転置7:2-13の通過に従うが午前7時06分;でこのようにして正当化の処分を想定して7時06分、 6時06分に接続フォームを7:11-13です。 The rest of chapter 7 (7-11 + 14 sqq.) contains a prayer in which the fallen city expresses hope in a coming restoration and confidence in God.第7章の残りの部分( 7-11 + 14 sqq 。 )には、市の祈りを表現では、権威の失墜を期待され、神の存在を来ると自信を回復します。 The opinions of critics are much divided on the composition of these chapters.多くの批評家の意見に分かれているが、これらの章の構成です。 Several consider them a mere collection of detached fragments of more or less recent origin; but the analysis just given shows that there is a satisfactory connexion between them.いくつかの分離を検討させて、単なるコレクションの断片を多かれ少なかれ最近の起源;しかし、与えられただけの分析によるとそれらの間の接続には、満足のいくものです。 The chief reason why critics find it difficult to attribute to Micheas the authorship of chapters 6-7, or at least of a large portion, is because they identify the fallen city of 7:7 sqq., with Jerusalem.批評家の主な理由はなぜmicheasの属性を見つけるのが困難に原作者の章6-7 、あるいは少なくとも、大部分は、倒れたの都市を識別するため、午前7時07 sqq 。 、エルサレムです。 But the prophet never mentions Jerusalem, and there is no proof that Jerusalem is the city intended.しかし、決して言及エルサレムの預言者、およびエルサレムがない証拠をつかんでは、市街地を意図します。 On the contrary, certain traits are better explained on the supposition that the city in the prophet's mind is Samaria; see especially 6:16, and 7:14.それどころか、特定の特徴が良く説明したと仮定しての市内の預言者ムハンマドの心のは、サマリア;参照特に6:16 、および7:14です。 According to this hypothesis, the prophet in 6-7:6 and 7:11-13, casts a retrospective look at the causes which brought about the fall of Samaria, and in 7:7-11 + 14 sqq., he expresses his desires for its return to the Lord's favour.この仮説によれば、預言者ムハンマドの6-7:6と7:11-13 、過去にさかのぼってキャストを見て、その原因については、秋にサマリアが起きるまで、および7:7-11 + 14 sqq 。 、彼は彼の表現その欲望の主の恩恵に復帰する。 As in the historical situation thus supposed there is nothing which does not exactly tally with the circumstances of Micheas's time, as there is no disagreement in ideas between Micheas 1 sqq., and 6-7 as on the contrary real affinities in style and vocabulary exist between Micheas 1 sqq., and 6-7, it seems unnecessary to deny to the Prophet Micheas the authorship of these two chapters.このような状況のように、歴史的なものはないはずがないとの状況を正確に集計micheasの時間を、アイデアの間で意見の相違はないmicheas 1 sqq 。 、およびそれとは逆に6-7のスタイルや語彙が存在する本物のアフィニティmicheasの間に1 sqq 。 、および6-7 、不必要なことを拒否するように預言者ムハンマドmicheasこれらの2つの章の原作者です。

Publication information Written by A. Van Hoonacker.出版物の情報執筆者a.ヴァンhoonackerです。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 Dedicated to Trish, my dear sister in Christ The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.専用のトリッシュは、私の愛する妹、キリストのは、カトリックの百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Micah予約のミカ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-Critical View:クリティカルな対象:

Contents and Unity.内容と団結をします。

Style.スタイルです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The sixth book in the collection known as "The Twelve Minor Prophets"; it is ascribed to Micah the Morasthite (see Micah No. 1). 6番目の本のコレクションとして知られて"は、 12小預言者" ;ことが生得的にミカのmorasthite (ミカナンバー1を参照) 。 It consists of seven chapters, the contents of which are as follows: Ch. 7つの章で構成、うちの内容は以下の通りです:あなたのです。 i.: The idolatry of Samaria and Jerusalem are denounced; the prophet laments their fall and exhorts, the people to mourning.勇:サマリアとエルサレムは、偶像崇拝を非難し、預言者とexhorts lamentsの秋は、人々に哀悼のです。 Ch.あなたのです。 ii.: Denunciation of oppression; prediction of the punishment of the people therefor; the restoration of Israel foretold. Ⅱ 。 :非難の弾圧;予測の人々だから、処罰し、イスラエルの回復foretellの過去過去分詞です。 Ch.あなたのです。 iii.: The prophet reproves first the princes for their cruelty, then the false prophets, who are the cause of all the evil. Ⅲ 。 : reproves 、最初の君主預言者ムハンマドの残酷さは、その後、偽預言者、 whoは、すべての悪のが原因で発生します。 He again reproves the princes for their oppression, which, he says, will cause the ruin of Jerusalem.彼は再びreprovesの君主に弾圧、これは、彼の言う、エルサレムが原因で、破滅させるのです。 Ch.あなたのです。 iv.: In poetical language the restoration of Jerusalem and of the glory of the house of the Lord and the victory of Israel over the other nations are foretold. Ⅳ 。 :詩的言語での修復はエルサレムと、その家の主の栄光の勝利と、他の諸国はイスラエル以上前から予報です。 Ch.あなたのです。 v.: Prediction that a powerful king of Judah will vanquish the other nations, particularly Ashur, and will destroyidolatry. v. :予測して征服する強力なキングオブユダは、他の国、特にアッシュール、とはdestroyidolatryです。 Ch.あなたのです。 vi.: Israel is reproved for its sins, particularly its injustice; its punishment is prophesied. Ⅵ 。 :イスラエルはその罪reproved 、特にその不公平;その罰は予言します。 Ch.あなたのです。 vii.: The lack of righteous men and the corruption of Israel are lamented; the prophet comforts Israel, promising that it will be restored to its land and will triumph over its enemies. Ⅶ 。 :正義の欠如は、男性とイスラエルの腐敗を嘆いた;の預言者快適イスラエル、日本、有望なことに復元されることはその土地とは、その敵に克つです。

-Critical View:クリティカルな対象:

With regard to the period of Micah's activity, it has been remarked under Micah (No. 1) that there is a difference between the superscription of the Book of Micah, where it is said that Micah began his prophetical career in the days of Jotham, and Jer.ミカに関しては、以下の期間の活動、それはされてきたミカ(第1 )が存在することを表題の違いは、予約のミカ、ここで始めたことがミカによると、彼のキャリアは、日間の机上のジョーサム、とjerです。 xxvi. 26 。 18, where his prophecies are confined to Hezekiah's reign. 18日、ここで彼の予言は、 hezekiahの治世に限局しています。 But a closer examination of the prophecies themselves may lead to the acceptance of a period between the two; for it is evident from Mic.しかし、予言を綿密に検討することにつながる可能性の受け入れ期間の間に2つの;はマイクからのことは自明です。 i.わたし。 2 et seq. 2頁以降を参照。 that Micah prophesied before the fall of Samaria, which, contrary to II Kings xviii.予言の前に秋がミカサマリア、これに反して2世王18 。 10, took place under the reign of Ahaz, as may be inferred from a comparison between II Kings xviii. 10 、アハズの治世の下に行われた、比較から推測されることがあります18の間に2世の王です。 13 and the cuneiform inscriptions (see Hezekiah, Critical View). 13日とくさび形文字の碑文( hezekiah 、批判的な見解) 。 Hence it may be concluded that Micah prophesied as early as the reign of Ahaz; but nothing in his prophecies shows that they were pronounced earlier than that period.それゆえかもしれないミカ結論を予言し、早ければアハズの治世;しかし、何も彼の予言によると彼らは以前に比べて期間と発音します。 It does not follow, however, that the above-cited passage of Jeremiah really conflicts with this view; for it may be that Hezekiah's reign is mentioned alone either because it was more important than that of his predecessors or because the redaction of Micah's prophecies possibly took place during the rule of that king.従うことはありません、しかし、上記のは、本当に競合してエレミアの通過をこのビューを表示する;のかもしれないがhezekiahの治世に記載のいずれかのためだけに比べてもっと重要なことは、彼の前任者または改訂のため、ミカの予言可能性その中に行われたルールの王様です。

As the opening words of the book, "Hear, all ye people!"この本の最初の言葉として、 "聞く、すべてのなたがたの人々 ! " are the same as those terminating the prophecy of Micaiah, the son of Imlah (I Kings xxii. 28), it may be that the latter was identified with Micah by the compiler of the Book of Kings, as he was later by pseudo-Epiphanius (see Micah No. 1).同じものは、終端の予言のmicaiahは、息子のimlah (私キングスxxii 。 28 ) 、後者のかもしれないが、ミカが発見されたコンパイラは、予約の王、彼は後に擬似聖エピファニオス(ミカナンバー1を参照) 。 The termination of Micaiah's prophecy with the identical words of the beginning of the Book of Micah seems to indicate in the former an allusion to the latter (comp. end of II Chron. with beginning of Ezra). micaiahの予言が終了したとの言葉を同一の初めに示すように、書籍のミカは、後者の元に言及して( comp. chron 2世の終わりです。と初めエズラ)です。 Hengstenberg ("Christologic des Alten Testaments," i. 475) and Keil ("Lehrbuch der Historisch-Kritischen Einleitung in die Schriften des Alten Testaments," §§ 92, 93), however, suppose that the words of Micaiah in I Kings (lc) were added later, in the eighth century BCヘングステンベルク( " christologicデアルテンtestaments 、 "の経験I.クリチバ475 )とkeil ( " lehrbuch der historisch - kritischen einleitungで死ぬschriftenデアルテンtestaments 、 " § § 92 、 93 ) 、ただし、と仮定して、私の言葉をmicaiah王(液晶)が追加されました後、紀元前8世紀は、

Contents and Unity.内容と団結をします。

With regard to the division of the contents modern critics do not agree.部が実施してに関しては、以下の内容に同意現代の批評家はありません。 Some divide them into three parts, ch.いくつかの3つの部分に分割して、あなたのです。 i.-ii.; iii.-v.; vi-vii.; others, into two main divisions: prophetic-political, ch. i.-ii. ; iii.-v. ;六- Ⅶ 。 ;他に2つの主要部門:予言-政治、あなたのです。 iv.; and reflective, ch. Ⅳ 。 ;と反射、あなたのです。 vi-vii.六- Ⅶ 。 The question arises whether the whole of the book was written by Micah.全体のかどうかの問題が発生書かれたこの本は、ミカです。 It is generally accepted that the first three chapters, apart from ii.一般的に認められていることは、最初の3つの章では、離れ2世です。 12-13, belong to him. 12-13 、に所属していた。 He begins with announcing the divine judgment upon Samaria and Judah (ch. i.), and then states the reason for that judgment (ii.-iii).彼は神の裁きを開始すると発表し、サマリアとユダ(第i. ) 、と入力し、国が判断の理由を( ii. - Ⅲ )です。 The two verses ii. 2つの詩Ⅱ 。 12-13 are considered by Stade and Kuenen as of the exilic, and by Wellhausen as of the post-exilic, period; and Micah's authorship of them is denied by all the critics.シュターデと考えられて一二から一三までアールキューネンとしては、追放された、とされヴェルハウゼンするには、投稿-追放されたとして、期間、およびミカの原作者のそれらのすべての批評家が拒否されました。 Ch.あなたのです。 iv.-v., which refer to the Messianic time, seem to have emanated from some other hand, for the following reasons: (1) the contrast of these chapters with iii. iv.-v. 、これを参照して救世主のような時間は、放ってからにはいくつかのように見える一方、以下の理由により: ( 1 )のコントラストに、これらの章Ⅲ 。 12; (2) the nature of certain verses-for instance, "and thou shalt come to Babylon" (iv. 10)-shows clearly that they were not pronounced by Micah (comp. Hartmann, "Das Buch Micha Neu Uebersetzt und Erklärt," 1800); (3) the ideas set forth in certain passages (eg, iv. 11-13, v. 9-13) were not current in the time of Micah. 12 ; ( 2 )の性質の特定の詩-例えば、 "となたshalt来てバビロン" ( iv. 10 ) -ショーを明確にしていたと発音されないミカ( comp.ハルトマン、 " dasブーフミヒャノイuebersetzt und erklärt 、 " 1800 ) 、 ( 3 )のアイデアに規定され、特定の通路(例えば、 Ⅳ 。 11-13 、 v. 9-13 )がない時の電流は、ミカです。 Ch.あなたのです。 vi.-vii. vi. - Ⅶ 。 6 representing Yhwh's controversy with Israel, the denunciation of the corruption of the people, and the prophet's lament over the decay of the Israelites, might from their contents proceed from Micah; but vii. 6表すyhwhイスラエルとの論争は、人々の非難は、腐敗した、との腐敗を嘆く預言者のイスラエル人は、その内容からかもしれないから続行ミカ;しかし、 Ⅶ 。 7 and the following verses are considered by most of the critics as spurious, inasmuch as the fall of Jerusalem, which is foretold in the preceding chapter, is here stated as having already taken place (comp. Driver, "Introduction," pp. 310 et seq.). 7日とは、次の詩は、ほとんどの批評家として考慮されるスプリアス、エルサレムの秋に〜だけれども、これは前から予報で、上記の章では、既に使用されては、ここに記載されている開催地( comp.ドライバ、 "はじめに、 " pp 。 310頁以降を参照。 ) 。

Other theories concerning the composition of the book are advanced, among which that of Elhorst, in his "De Profetie van Micha" (1891), is the most peculiar.の組成を他の理論に関する本は、高度な、うちのエルホルストは、彼の"デprofetieヴァンミヒャ" ( 1891 ) 、は、最も奇妙な。 He thinks that, owing to a misunderstanding on the part of the transcriber, the arrangement of the chapters is a confused one, and that the true order should be: i.; ii.と思っている、誤解のために上の部分は、写字、手配をしたことの1つの章では、混乱しており、そのための真のすべきである: i. ; Ⅱ 。 1-5; iii. 1-5 ; Ⅲ 。 1-5; ii. 1-5 ; Ⅱ 。 6-11; iii. 6-11 ; Ⅲ 。 6-11; ii. 6-11 ; Ⅱ 。 12 et seq.; iii. 12頁以降を参照。 ; Ⅲ 。 12; vi. 12 ; Ⅵ 。 1-5; vii. 1-5 ; Ⅶ 。 1-6; vi. 1-6 ; Ⅵ 。 6-16; vii. 6-16 ; Ⅶ 。 13, 7-12, 14-20; iv. 13日、 7-12 、 14-20 ; Ⅳ 。 1-8; v. 1-7; iv. 1-8 ; v. 1-7 ; Ⅳ 。 9-14; v. 8-14. 9-14 ; v. 8-14 。 He admits, however, that iv.彼は認めて、しかし、それⅣ 。 9-14 and v. 8 are post-exilic. 9-14とV. 8アール追放されたポストです。 This arrangement is plausible to a certain extent, but the location of iii.この取り決めはある程度もっともらしいして、場所が、 Ⅲ 。 12 after ii. 12した後Ⅱ 。 13 and of vii. 13日とⅦ 。 13 before vii. 13前にⅦ 。 7 is impossible. 7ことは不可能です。 Finally, it may be remarked that the words of iv.最後に、かもしれないの言葉を関係者は、 Ⅳ 。 1-3 are identical with those of Isa.これらのISA一から三までアール同一です。 ii. Ⅱ 。 2-4, and that most probably they were interpolated later by the transcriber. 2-4ており、そのほとんどは、おそらく彼らは補間へのTranscriberです。

Style.スタイルです。

Micah's language is classical.ミカの言語は、古典的です。 With regard to rhetorical peculiarity he stands between Hosea and Isaiah, but nearer to the latter than to the former; for although, like the former, he is sometimes abrupt, he is similar to the latter in the mingling of mildness and strength, of gentleness and elevation.修辞的特異性に関してはスタンドの間に彼はホセア書とイザヤ書が、後者に近いのに比べ、旧;というのは、元のように、彼は時々突然、彼は後者に似て温厚さと強さの入り交じったのは、優しさと昇格します。 Another point of similarity between Micah and Isaiah is the frequent use of paronomasia (comp. Mic. i. 10-15, ii. 4), with the difference that Isaiah's scope is greater than that of Micah, who in his prophecies lingers among the towns of the maritime plain, wherein was his birthplace.ミカとの間に別の類似点は、頻繁に使用するイザヤ書地口( comp.マイクです。 i. 10-15 、 Ⅱ 。 4 ) 、イザヤ書のスコープの違いが大きいことに比べてミカ、 who消え間の彼の予言町は、海岸沿いの平野、そこは彼の発祥の地です。 As to his message, Micah, like Isaiah, attacks the false prophets (ib. iii. 6-8; comp. Isa. xxix. 10 et seq.), but he goes even further than Isaiah in warning against the overvaluation of sacrifices (Mic. vi. 6-8; comp. Isa. i. 11 et seq.), and in showing that the family of David must lose the throne before the most perfect scion will be born (Mic. v. 1 et seq.; comp. Isa. xi. 1 et seq.).彼のメッセージが表示さを、ミカ、イザヤ書のような、攻撃して偽預言者( ib. Ⅲ 。 6-8 ;のCOMPです。 ISAのです。 29 。 10頁以降を参照。 ) 、しかし、彼はイザヤ書の警告にも反対する以上の犠牲を払うの過大評価(マイクです。 Ⅵ 。 6-8 ;のCOMPです。 ISAのです。 i. 11頁以降を参照。 ) 、および、表示中は、ご家族のデビッド必要があります。失うの玉座の前に最も完璧なサイオンが生まれる( mic. v. 1頁以降を参照。 ;のCOMPです。 ISAのです。 XI 。の1頁以降を参照。 ) 。

Isidore Singer, M. Seligsohn ISIDOREに歌手、男性seligsohn

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Baudissin, Einleitung in die Bücher des Alten Testaments, 1901, sections 132 et seq.; Cornill, Einleitung, section 2, pp. baudissin 、 einleitungで死ぬbücherデアルテンtestaments 、 1901 、セクションの132頁以降を参照。 ;コルニル、 einleitung 、第2 、 pp 。 182 et seq.; Nowack, Erklärung des Zwölfprophetenbuches, in Handkommentar zum Alten Testament, 1897; GA Smith, The Twelve Minor Prophets, in The Expositor's Bible.SM Sel. 182頁以降を参照。 ;ノバック、 erklärungデzwölfprophetenbuchesは、遺言handkommentar zumアルテン、 1897 ;ジョージアスミスは、 12小預言者は、 bible.smなSELのエクスポジターのです。


Micahミカ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

-Critical View:クリティカルな対象:

1. 1 。 Prophet; author of the sixth book in the collection known as "The Twelve Minor Prophets" (Mic. i. 1).預言者;著者は、 6番目の本のコレクションとして知られて"は、 12小預言者" ( mic. i. 1 ) 。 The name of the prophet appears to be a shortened form of , "Micaiah" (= "Who is like Yhwh?"), and is so written in Jer.預言者の名前が表示されるの短縮形は、 " micaiah " ( = " whoのようyhwhですか? " ) 、およびjerは非常に書かれています。 xxvi. 26 。 18 (comp. also Micah No. 2). 18日( comp.もミカナンバー2 ) 。 The only data concerning Micah are those given in the superscription of the book bearing his name.ミカに関するデータのみが指定されたこれらの表題は、予約軸受彼の名を入力します。 He was a Morasthite; that is to say, a native of Moreshethgath (Mic. i. 14); and he prophesied in the days of Jotham, Ahaz, and Hezekiah, kings of Judah-a period covering at the most fifty-nine years (756-697 BC).彼は、 morasthite ;つまり、 moreshethgathに自生する植物( mic. i. 14 ) ;と彼は予言は、日中のジョーサム、アハズ、およびhezekiah 、王のユダは、ほとんどのカバーを期間59年(七五六〜六九七紀元前) 。 In the above-cited passage of Jeremiah, however, only the reign of Hezekiah is given as the period of Micah's activity. -引用の通過は、上記のジェレマイア、しかし、治世中には、 hezekiahは、与えられた期間のミカとしての活動です。

Pseudo-Epiphanius ("Opera," ii. 245) makes Micah an Ephraimite.疑似聖エピファニオス( "オペラ座、 " Ⅱ 。 245 )にミカのエフライムの子孫です。 Confounding him with Micaiah, son of Imlah (I Kings xxii. 8 et seq.), he states that Micah, for his inauspicious prophecy, was killed by order of Ahab through being thrown from a precipice, and was buried at Morathi (Maroth?; Mic. i. 12), near the cemetery of Enakim (Ένακεὶμ Septuagint rendering of ; ib. i. 10).交絡micaiah彼に、息子のimlah (私キングスxxii 。 8頁以降を参照。 ) 、彼にはミカ、彼の不吉な予言が殺害されたの順序を介しahabがスローされた断がい絶壁から、とは、埋設さmorathi ( marothですか? ;マイクです。 i. 12 ) 、近くの墓地のenakim (セプトゥアギンタのレンダリングをένακεὶμ ; ① -イ。 i .1 0) 。 According to "Gelilot Ereẓ Yisrael" (quoted in "Seder ha-Dorot," i. 118, Warsaw, 1889), Micah was buried in Chesil, a town in southern Judah (Josh. xv. 30).によると、 "イスラエルgelilot ereẓ " (引用符は"セダーハ- dorot 、 "の経験I.クリチバ118 、ワルシャワ、 1889 ) 、ミカchesilに埋葬さは、町南部のユダ( josh. 15 。 30 ) 。

2. 2 。 Biblical Data: A resident of Mount Ephraim who, having stolen 1,100 pieces of silver from his mother, restored them to her on hearing her curses at the theft.聖書のデータ:居住者のマウントエフライムwhoは、 1100枚の銀を盗んだ彼の母親から、彼女の公聴会で彼女を復元しての盗難に悪態をつく。 The mother had dedicated the silver to Yhwh; and she accordingly gave 200 pieces to a founder, who made a molten image which was placed in Micah's house.母親には専用の銀色のyhwh ;と彼女はこれを創設しては200作品、 whoは、溶融のイメージがミカの家に配置されます。 Micah thus established a house of idols with an ephod and teraphim, and consecrated one of his sons to be his priest (Judges xvii. 1-5).ミカために設立したハウスオブアイドルteraphimエポテと、彼の息子たちと聖体拝領の1つは彼の司祭(裁判官17 。 1-5 ) 。 In the course of time a young Levite named Jonathan, son of Gershon, happened to come to the house, and he was appointed by Micah as his priest (ib. xvii. 7-13).コースの時間は、若いレビという名前のジョナサンは、息子のgershon 、起きたの家に来て、と彼は彼の司祭として任命さミカ( ib. 17 。 7-13 ) 。 The image, together with the priest, was captured by the Danites, who set it up at Dan, where it continued to be an object of worship as long as the Tabernacle was at Shiloh (ib. xviii.; See Jonathan No. 1).のイメージは、司祭と一緒に、捕捉されたがdanites 、 who設定するのはダンが、ここは、礼拝のオブジェクトを継続される限り、幕屋はシロ( ib. 18 。 ;ジョナサンナンバー1を参照)です。 In Judges xvii. 17の裁判官です。 1, 4, the name "Micah" appears in the form .SM Sel. 1 、 4 、名前の"ミカ"のフォームが表示されています。小SELをします。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Micah is identified by the Rabbis with Sheba, son of Bichri, and with Nebat, the father of Jeroboam (Sanh. 101b).ミカはラビで識別されるシバ、息子のbichri 、およびnebatは、父親のjeroboam ( sanh. 101b ) 。 His name, derived by them from is interpreted as meaning "the crushed one," an appellation due to a miracle which happened to him.彼の名前は、派生されてからは意味として解釈される"押しつぶさ1つ、 "奇跡が起こって名称のためにしている。 According to a haggadah, the Israelites, when unable to complete the tale of bricks required from them by the Egyptians, were compelled to put their children in the brickwork in place of the bricks that were lacking. haggadahによると、イスラエルは、ときにできませんでしたが必要となります。レンガを完了してから話をしてされたエジプト人は、自分の子供たちがせざるを得ないのれんが造りのレンガの代わりに欠けていた。 Moses withdrew one child (Micah), already crushed, and revived him; but, as God had foretold, he grew up to be an idolater (Tan., Yelammedenu, Ki Tissa; comp. Rashi to Sanh. lc).モーゼス撤回1つの子(ミカ)は、すでに粉砕し、復活彼;しかし、神の前から予報は、彼を聞いて育ったされる多神教徒( tan. 、 yelammedenu 、起tissa ;のCOMPです。 rashiをsanh 。液晶) 。

The Rabbis all agree that Micah was among those who crossed the Red Sea with Moses; but they differ with regard to his idol.ラビのすべてに同意し、ミカは、それらの間にwhoを横断し、紅海モーゼス;しかし、これらの違いについては彼のアイドルです。 According to Sanh. sanhによるとします。 103b and Tan., Yelammedenu (lc), Micah had the idol with him; but according to Ex.黄褐色103bとします。 、 yelammedenu (液晶) 、ミカは、アイドル彼;しかしによると、例です。 R. (xli. 1) he took with him only the silver of which the idol was afterward made. r. ( xli. 1 )彼は彼だけのは、アイドルの銀色のは、その後だ。 A passage in Pesaḥim (117a) seems to support the latter opinion.で通路のpesaḥim ( 117a ) 、後者の意見をサポートするようです。 There is also a tradition that it was Micah who made the golden calf in the wilderness, and in the following manner: Moses, in order to bring Joseph's coffin to the surface of the Nile, wrote on a splinter (= "Come up, ox"; Joseph being compared to an ox; see Deut. xxxiii. 17) and threw it into the water.また、伝統的にはしては、ミカwhoは、黄金のふくらはぎの荒野の中に、とは、次のように:ムーサーよ、ヨセフのために棺をもたらすの表面には、ナイル川、書いたは、スプリンター( = "起きまして、牛" ;ジョセフが雄牛と比較して; deutを参照します。 33 。 17 )とそれを投げたの水です。 Micah found the splinter, and, later, when Aaron cast the gold into the fire (Ex. xxxii. 24), threw the splinter after it.ミカの破片が見つかりました、および、その後、アーロンの配役を決めるときに金を火災(例: 32 。 24 ) 、投げた後のスプリンターです。 As a result a calf came out (Tan., Yelammedenu, lc; see also Jew. Encyc. iii. 509a, sv Calf, Golden).その結果が出て、ふくらはぎの( tan. 、 yelammedenu 、液晶;ユダヤ人も参照ください。 encyc 。 Ⅲ 。 509a 、 sv文書ふくらはぎの、ゴールデン)です。 Micah, though an idolater, was praised for his hospitality to travelers.ミカ、多神教徒かかわらず、彼のもてなしを旅行者が称賛します。 Gareb, where his idol was set up, was three miles distant from Shiloh, where the Tabernacle stood; and the smoke of the two altars mingled on account of their proximity. gareb 、ここで彼のアイドルは、設定すると、シロは3マイル遠くから、ここで立っていたの幕屋;やたばこの煙の2つのアカウントの祭壇を混合して行なっています。 The angels wished to throw down the idol; but God said to them, "Leave it alone; for Micah offers bread to travelers."天使たちを希望してスローダウンするアイドル;しかし、神によるとして、 "放っておきなさい;のミカは、パンを旅行者です。 " Micah is even supposed to have a share in the future world (Sanh. 103b); it is for this reason that his name is twice written "Micaiah" (see Micah No. 2, Biblical Data), that is, with a part of the Tetragrammaton, like the names of the just (Num. R. x. 14).SSM Sel.ミカはさらにシェアを仮定して将来の世界の( sanh. 103b ) ;ことは、この理由は、彼の名前が書かれた2回" micaiah " (参照ミカナンバー2 、聖書のデータ) 、それは、一部のテトラグラマトンのように、名前をされたばかり( num. r. Xの14 ) 。 ssmなSELです。

-Critical View:クリティカルな対象:

The narrative of Micah's idol, the historical basis of which is undoubted, was apparently written with the object of showing the origin of the temple of Dan (comp. I Kings xii. 29).At the same time it throws much light on the state of the Yhwh cult and of the Levites in the time of the Judges.この物語のミカのアイドルは、これは紛れもない歴史的な基盤が明らかに書かれたオブジェクトの表示中の起源は同寺のダン( comp.私キングス12 。 29 ) 。それと同時に、例外くらいの状態に光をカルトとのyhwhの裁判官のときにはlevitesです。 The author expressly points out that Micah was a worshiper of Yhwh, for whose cult he had his private shrine with a regular priestly service.の著者で明示的に指摘してミカは、しもべのyhwh 、彼は彼のプライベート神社の教団定期的な聖職者のサービスとなっています。 Although the laws of Yhwh forbade the erection of any shrine besides the one in the chosen place and the making of any image of Him (Ex. xx. 4 et passim; Deut. xii. 5 et seq.), Micah, evidently ignorant of the Law, not only set up engraved and molten images representing the divinity he worshiped, but added other idols, the teraphim for instance. yhwhの法律に基づいて禁じられたものの、勃起の神社に加えて、 1つの任意の場所に、選択した任意のイメージと彼のメイキング(例:イグゼクスです。 4 et各所; deut 。 12 。 5頁以降を参照。 ) 、ミカ、明らかに無知同法は、セットアップするだけでなく、溶融画像刻まれたと彼は神性を表すworshiped 、他のアイドルが追加されましたは、例えばteraphimです。 The narrative further shows that the Levites, being deprived of a share in the land, had to wander from place to place, accepting the office of family priest in order to procure a livelihood.この物語では、より詳細なlevites 、共有するには、土地を奪われていた場所から場所をさまよい、ご家族の司祭の受入れの事務所で生活するために調達する。

The account itself presents many difficulties in regard to its construction.プレゼントのアカウント自体に関しては、多くの困難を建設します。 Besides several discrepancies, in the text there are absolute contradictions.それに、いくつかの違いは、表示されたテキストには、絶対的な矛盾します。 Thus in Judges xvii.このように、裁判官17 。 7 the Levite is a young man who lived in the neighborhood of Micah, while in the following verse he is a wandering Levite. 7 、レビは、若い男whoに住んで近所のミカ、中には、次の詩彼は、さすらいのレビです。 There is also a discrepancy between verses 19 and 27 of ch.詩には違いもある19と27のあなたです。 xviii. 18 。 and between verses 30 and 31 of the same chapter concerning the duration of the cult of the idol at Dan. 30日と31日間の詩と同じ期間に関する章のアイドルにダン教団のです。 According to Oort, Wellhausen, and Kuenen, the text has received many interpolations, with the object of throwing contempt upon the cult of Dan.オールトによると、ヴェルハウゼン、およびキューネンは、テキストは、受信した多くのinterpolations 、軽蔑のオブジェクトを投げる時、教団のDanです。 On the other hand, Vatke ("Alttestamentliche Theologie," 1835, p. 268) and Berthau, followed by other critics, recognize two parallel narratives united by a redactor.その一方で、ファトケ( " alttestamentliche theologie 、 " 1835 、 p. 268 )とberthauれ、続いて他の批評家は、物語を認識するUnitedされた2つの並列redactorです。 While there is some disagreement as to the component parts of the two versions, Budde's division seems to be the most acceptable; he holds, namely, that the first narrative consists of Judges xvii.中にはいくつかの意見の相違するには、コンポーネントの部分としては2つのバージョン、バッドの課と思われる、最も受け入れ;彼は、すなわち、その裁判官は、 17の最初の物語です。 1, 5, 8-11a, 12, beginning, 13; xviii. 1 、 5 、 8 - 11a 、 12日、当初、 13 ; 18 。 1, part of 2, 3b, 4b-6, 8-10, part of 11, 12, part of 13, 14, 16, 18a, 19-29, 31; and that the intervening verses form the second narrative. 1 、パート2 、 3B面、 4b - 6 、 8-10 、パートの11日、 12日、パートの13日、 14日、 16日、 18a 、 19-29 、 31 、およびフォームは、 2番目の物語詩介入です。 Budde is of opinion that the first narrative belongs to E; but he does not find sufficient grounds for ascribing the second to J. Moore thinks that the first version belongs to J. In the second version (ib. xviii. 30) the cult at Dan is indicated as having lasted "till the day of the captivity of the land," which is supposed by Moore to refer to the deportation by Tiglath-pileser (734 BC).バッドは意見の最初の物語に属してメール;しかし彼が見つからない2番目のに十分な根拠をascribing j.ムーアと考えているの最初のバージョンに属してj.で2番目のバージョン( ib. 18 。 30 ) 、教団にダンが表示されている続いた"までの日には監禁をした土地は、 "これは仮定を参照するにはムーアの国外追放をティグラトピレセル(紀元前734 ) 。

Besides the above-mentioned discrepancies certain points remain unsettled by the critics.上記に加えて、特定のポイントの違い批判される未解決のままである。 Ḳimḥi explains the discrepancy between verses 3 and 4 of Judges xvii. ḳimḥi説明して3と4の違い裁判官の詩17 。 by suggesting that the 200 shekels were an additional artisan's fee, while the whole amount of the silver was used in the fabrication of the idol. 200 shekelsされたということを示唆すると、さらに職人の手数料は、全体の量の中の銀色のは、アイドルの製造で使用されています。 Kuenen, however, thinks that the author intended to show that the mother broke her vow, and that Micah desired to throw contempt on the idol cult of Dan.キューネン、しかし、作者の意図を表示すると考えているのは、彼女の母親の誓いbrokeており、その目的を投げるミカはその偶像の教団のダン軽蔑します。 Further, the critics do not explain precisely the name of Micah's residence, nor the phenomenon of a Levite descended from Judah.さらに、批評家の名前を正確に説明していないミカ公邸も、その現象は、レビユダの子孫です。 Wellhausen's opinion that the term means not a Levite, but one exercised in the cult of a divinity, is shown by the context to be an erroneous one.ヴェルハウゼンの意見は、用語の手段レビないが、行使は、教団の1つあるともてはやす、が表示されたコンテキストを1つに、誤ったします。 Halévy's theory is that the whole narrative belongs to one author, whose object was to show the origin of both temples, that of Beth-el and that of Dan, and who twice mentions Mount Ephraim, meaning thereby Beth-el (comp. Josh. xvi. 1).アレヴィの理論を証明するのは、全体の物語に属して1つの著者で、そのオブジェクトが起源の両方の寺院を表示するには、ベス-エルとしてのDan 、 whoの2倍と言及マウントエフライム、意味がベス-エル( comp.ジョシュです。 16 。 1 )です。 Thus Beth-el, having previously been the place of a private shrine which was subsequently transported to Dan, became, like Dan, the place of a public temple.このようにベス-エルは、以前は次のこともプライベート神社の代わりに運ばれるが、その後のダンは、ダンのような、公共の場所の寺です。 The Judah from whom the Levite was descended (Judges xvii. 7) was not the patriarch, but the ancestor of a Levite family (comp. Neh. xii. 8; in Ezra ii. 40 may be an anagram of ).レビからは誰が為に、ユダの子孫(裁判官17 。 7 )は、特定の家長が、レビ人の祖先は、ご家族( comp. neh 。 12 。 8 ;のエズラⅡ 。 40年5月に、アナグラム)です。 The residence of a Levite at Beth-lehem, which was not among the cities allotted to the Levites, shows that a temple of Yhwh with a Levitical service existed there (comp. Judges xix. 18).レビでのレジデンスは、ベス- lehem 、これは、特定の都市間の割り当てをlevites 、 yhwhによると、寺の存在があるleviticalサービス( comp.裁判官19 。 18 ) 。 The author points out that the Levite was of the tribe of Levi, namely, a descendant of Moses, in whose name a suspended "nun" was interpolated by the Masorites out of respect for the lawgiver (see Jonathan No. 1).の著者は指摘している。レビの部族のレヴィ、すなわち、モーゼの子孫は、その名を停止"修道女"は、補間されたmasoritesアウトに敬意を表するための法律制定(ジョナサンナンバー1を参照) 。 With regard to the apparent discrepancy between verses 30 and 31 of Judges xviii., the word in verse 30 was corrected to by Ḳimḥi, then by Hävernick, Hengstenberg, and Bleek, the passage thus reading "till the deportation of the Ark," referring to the capture of the Ark in the battle with the Philistines described in I Sam.見掛け上の違いに関しては、以下の詩30と31の裁判官18 。 、その言葉ḳimḥi詩30は修正され、次にさhävernick 、ヘングステンベルク、およびbleek 、そのための通過を読む"までの箱舟の国外追放を、 "参照キャプチャして、箱舟での戦いを私サムphilistinesに記載されています。 iv. Ⅳ 。 4, 11. 4 、 11 。 This renders possible a perfect agreement between the two verses.このレンダリングが可能な2つの詩の間の契約書を完璧です。

Isidore Singer, M. Seligsohn, Solomon Schechter, Emil G. Hirsch Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906. ISIDOREに歌手、男性seligsohn 、ソロモンシェクター、エミールハーシュg.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

J. Halévy, in REJ xxi. j.アレヴィは、 rej xxi 。 207-217; Moore, Judges, pp. 207〜217 ;ムーア、裁判官、 pp 。 366 et seq.; idem, Judges, notes to ch. 366頁以降を参照。 ;同じ、裁判官、メモを残すことがあなたのです。 xvii.-xviii., in Polychrome Bible, Eng. xvii. - 18です。は、聖書の多色、工学 ed.SM Sel. ed.smなSELです。 3. 3 。 Son of Merib-baal (I Chron. viii. 34, 35; ix. 40, 41) or Mephibosheth (II Sam. ix. 12; AV "Micah"; RV "Mica"), and grandson of Jonathan.息子のmerib -バール(私chron 。 Ⅷ 。 34 、 35 ; Ⅸ 。 40 、 41 ) 、またはmephibosheth ( 2サムします。 9 。 12 ; av "ミカ" ;右心室"雲母" ) 、および孫のジョナサンです。 4. 4 。 Head of the Uzziel branch of the Kohathite Levites in the time of David (I Chron. xxiii. 20; xxiv. 24, 25).頭のuzziel枝のkohathite levitesは、時間のデビッド(私chron 。 XXIII近くにございます。 20 ; 24 。 24 、 25 ) 。 5. 5 。 A Reubenite; ancestor of the prince of that tribe, Beerah, whom Tiglath-pileser carried into captivity (ib. v. 5-6).をreubenite ;祖先の部族のプリンスオブが、 beerah 、誰ティグラトピレセル運び込まれる監禁( ib. v. 5-6 ) 。 6. 6 。 Contemporary of Josiah, and father of Abdon, one of Josiah's messengers to Huldah (II Chron. xxxiv. 20).現代のジョサイア、およびabdonの父、ジョサイアの使徒の1つをハルダー( ⅱ chron 。 34 。 20 ) 。 In the parallel account of II Kings xxii.は、パラレルアカウントの2世王xxii 。 12 he is called "Micaiah," and his son's name is given as "Achbor." 12と呼ばれる彼は" micaiah 、 "と彼の息子の名前が与えられたとして" achbor 。 " 7. 7 。 A Levite of the family of Asaph whose descendants lived in Jerusalem (I Chron. ix. 15; Neh. xi. 17, 22).レビは、ご家族のアサフ、その子孫に住んでエルサレム(私chron 。 9 。 15 ; neh 。 XI 。の17日、 22 ) 。 8. 8 。 A Simeonite; father of Ozias, one of the rulers of Bethulia (Judith vi. 15).EGHM Sel.をsimeonite ; oziasの父、君主のいずれかのbethulia (ジュディスⅥ 。 15 ) 。 eghmなSELです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです