Christian Ministryキリスト教省

General Information 総合案内

Ministry means "service," which is an ideal for all Christians; the image of Christ as servant (Phil. 2:5-7; Mark 10:45) has been extended to the Christian church as a whole. From the beginning, however, certain individuals have been designated to perform spiritual functions within the church. 同省は、 "サービスは、 "これはすべてのために理想的なキリスト教徒;使用人としてのイメージをキリスト( phil. 2:5-7 ;マーク10:45 )に拡張されましたが、全体としてキリスト教の教会です。先頭からの、しかしは、特定の個人が指定され、教会内の関数を実行する精神的です。 Those ordained to these special ministries, which are usually full-time occupations, are now called ministers or Priests.これらの者に定められた特別な省庁は、フルタイムの職業には、通常は、現在の大臣やプリーストと呼ばれる。 Even in its early development, the church was a structured society consisting of the body of the faithful served by a group of individuals charged with particular functions and responsibilities.その初期の開発でも、その教会は、社会構成体の構造を忠実に配信されるグループは、個人の特定の機能と責任の罪で起訴した。

The Gospels agree that the first ministers received their commission directly from Jesus Christ, but their ministry was set within the context of the church. gospels同意するものとし、その委員会の最初の閣僚から直接受け取ったイエスキリストが、自分の省のコンテキストの内では、教会のセットです。 The first ministers were called the Twelve, and later, the term Apostle was applied to them and to some other leaders of the community: Matthias, who succeeded Judas, Paul, Barnabas, and others.最初の閣僚は、 12と呼ばれる、その後、その用語の伝道者は、かれらに適用されるいくつかの他の指導者たちのコミュニティーに参加しよう:マティアス、ユダに成功した人は、ポール、 barnabas 、および他のです。 One important qualification of the original apostles was to have been eyewitnesses of Jesus Christ. 1つの重要な資格を持つ、元の使徒は、イエスキリストの目撃者にされています。 The apostles went out from Jerusalem to preach, baptize, and establish churches.その使徒からエルサレムに出掛けた説教は、洗礼は、教会を確立します。 Other wandering ministers included the 70 sent out by Jesus (Luke 10:1), evangelists such as Philip (Acts 8:5), and charismatic prophets (Acts 11:27).さまよえるに含まれる他の閣僚のうち70送信されたイエスキリスト(ルーク10 : 01 ) 、フィリップなどの伝道者(行為8時05分) 、およびカリスマ的預言者(行為11:27 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
As the church spread and became more institutionalized, local ministries emerged, presided over by prominent converts appointed by the apostles.もっと広がるとなったとして、教会の制度は、地方省庁の登場は、著名な変換が主宰した使徒に任命された。 The original offices were those of Bishops (overseers) and Presbyters (elders), although to begin with these were not clearly distinguished.これらの司教が、元の事務所(監視)とpresbyters (年長者)は、これらの使用を開始するにもかかわらず明確に区別はない。 Ministers such as Stephen and his companions were also appointed to deal with administrative matters and leave the apostles free for preaching (Acts 6:1-6), although Stephen also preached.閣僚などのスティーブンと仲間にも任命された行政の問題に対処するための、無料のままにしておく説教使徒(行為6:1-6 ) 、スティーブンも説教にもかかわらずだ。 They have been taken as prototypes of Deacons, although not actually called by this name.彼らがとられた試作品のdeaconsとしては、実際にはないが、この名前を呼ばれています。

During the 2d century the peripatetic ministries of apostles, evangelists, and prophets gradually died out and were replaced by a settled ministry situated in various towns and cities.巡回中に各省庁の二次元世紀の使徒、伝道者は、預言者と徐々に置き換えられて死亡していたとする様々な定住都市部に位置しています。 Early in the century, Ignatius of Antioch testified to the increasing power and influence of the bishops, who came to be regarded as the successors to the apostles.世紀の初頭には、イグナティウスの証言をアンティオキアの司教権力と影響力の高まりは、人と見なされて来たが、使徒の後継者です。 Especially in cities where the churches had been founded by apostles, chronological lists of bishops were drawn up, and their unbroken line of succession from an apostolic founder was claimed to be a guarantee of the authenticity of their teaching, as against heretical teachers lacking such pedigree (see Apostolic Succession).どこの都市を中心に設立されていたの使徒教会は、司教が描かれた年代順のリストをアップ、連綿とその使徒から継承されると主張するの創立者が本物であることを保証するのは、教えることは、そのような血統に欠けるとして反対する教員の異端(使徒継承を参照してください) 。

Under the bishops, presbyters (who were now called priests) performed most of the duties of Christian ministry in the local churches--preaching, administering the sacraments, and providing pastoral care.司教の下で、 presbyters (と呼ばれる人が今プリースト)演奏のほとんどは、キリスト教の職務省では現地の教会-説教は、その秘跡を投与し、パストラルケアを提供します。 The deacons formed an order somewhat apart, with some clerical and some lay characteristics, thus providing a bridge between clergy and laity. deacons形成するために、やや離れて、いくつかの事務レイといくつかの特徴は、このように聖職者や信者たちの間に橋を提供する。 The diaconate eventually devolved into a stepping-stone to the presbyterate, until it began to be restored to its original function in recent times.最終的に権限を委譲する助祭の職を踏み台長老会は、これまでに復元されるが始まった最近では、オリジナルの機能です。

Even in New Testament times some women exercised a ministry similar to that of deacons, although not until the 4th century did they become known as deaconesses.新約聖書時代でも、いくつかの女性部行使するdeacons似ているが、かれらは4世紀になるまで、 deaconessesとして知られています。 To what extent the deaconess's office was recognized as an order of ministry comparable to the men's orders is disputable, and practice probably varied from place to place. deaconessの事務所には、どの程度の注文として認識するのに匹敵する男子の部の注文は議論の余地がある、との練習から、おそらく様々な場所に配置します。 The ancient office of deaconess died out, but it has been revived in modern times.古代の事務所で死亡したdeaconessアウトが、それは、近代回復活されています。

The threefold ministry of bishops, priests, and deacons has been maintained in the Catholic tradition of the church, but at the Reformation most Protestant churches abolished the order of bishops and called their presbyters ministers. 三重省の司教、司祭、およびdeacons維持してきた伝統は、カトリック教会は、改革が、ほとんどのプロテスタント教会の司教と呼ばれるために廃止して彼らの閣僚presbyters 。 These ministers might be assisted by elders or deacons. これらの閣僚や年長者deacons助長されるかもしれない。

Entry to the full-time ministry now entails a course of theological and practical training leading to ordination, the process by which the candidate is received into the ministerial order.フルタイムのエントリを今すぐentails省の神学的かつ実践的なトレーニングコースにつながる聖職授与は、その過程でどの候補者が受信するための閣僚級です。 In the Catholic tradition, ordination is by a bishop, signifying the unity and continuity of the church.カトリックの伝統では、聖職叙任される司教は、意味の連続性は、教会の結束とします。 In nonepiscopal Protestant churches, ordination is usually by a collective of ministers acting together. nonepiscopalプロテスタント教会で、聖職授与は、通常の閣僚による集団演技一緒です。

The Catholic tradition emphasizes the priestly and sacramental aspects of ministry, whereas the Protestant churches stress preaching and teaching. In recent times many Protestant churches have admitted women to the ministry. 伝統のカトリック聖職者と聖礼典の側面を強調して省によると、ストレスが、プロテスタント教会の説教と教えている。最近では多くのプロテスタント教会の女性を同省が認めた。 The Roman Catholic and Orthodox churches reject women's ordination; Anglicans, or Episcopalians, are divided on this issue.正統派のローマカトリック教会を拒否すると女性の聖職叙任; anglicans 、またはepiscopalians 、この問題については分かれている。

John Macquarrieジョンmacquarrie

Bibliography 文献情報
Kirk, KE, ed., The Apostolic Ministry (1946); Niebuhr, H. Richard, and Williams, Daniel D., eds., The Ministry in Historical Perspective, rev.カークは、ケニア共和国、エド。 、同省の使徒( 1946 ) ;ニーバー、 h.リチャード、そしてウィリアムズ、ダニエルd. 、 EDS社。 、同省で歴史的な観点から、収益です。 ed.エド。 (1983); Osborn, Ronald E., In Christ's Place: Christian Ministry in Today's World (1977); Schillebeeckx, Edward, Church with a Human Face: New and Expanded Theology of Ministry (1985); Steele, DA, Images of Leadership and Authority for the Church (1987); Williams, Daniel D., The Minister and the Care of Souls (1961). ( 1983 ) ;オズボーン、ロナルドe.は、キリストの場所:今日の世界において、キリスト教の部( 1977 ) ;スケレベクス、エドワードは、人間の顔をして教会:新規および拡張神学部( 1985 ) ;スティール、ダ、画像のリーダーシップとは、教会の権威( 1987 ) ;ウィリアムズ、ダニエルd. 、大臣と魂のケア( 1961年) 。


Ministry

Advanced Information 高度情報

The biblical concept of ministry is service rendered to God or to people.同省は、聖書の概念やサービスを、神の人々をレンダリングします。 Ministry in the church has as its goal the edification of individuals with a view toward corporate maturity in Christ (Eph. 4:7-16).省としては、教会は、その目標に向かって教化個人と企業の成熟度は、キリストビュー( eph. 4:7-16 ) 。

The concept of ministry as service is seen in the words diakoneo ("serve") and douleuo ("serve as a slave") and their corresponding nouns.同省の概念として見られるサービスは、その言葉diakoneo ( "サーブ" )とdouleuo ( "奴隷としての役目を果たす" )と、対応する名詞です。 The word hyperetes indicates one who gives willing service to another, eg, servants of the "word" (Luke 1:2), of Christ (John 18:36; Acts 26:16; I Cor. 4:1), and of Paul and Barnabas (Acts 13:5). 1つの単語を示しますhyperetesサービスを別の人に喜んでは、例えば、使用人は、 "ワード" (ルカ1時02分) 、キリスト(ジョン18 : 36 ;行為26:16 ;私うわっ。 4時01分) 、および、ポールとbarnabas (行為13 : 05 ) 。

The word leitourgia and its corresponding verb, leitourgeo, often refer to the priestly service of the OT.その言葉とそれに対応する動詞leitourgia 、 leitourgeo 、しばしば聖職者のサービスを参照して、 ot 。 They are used figuratively in the NT to indicate financial "ministry" (Rom. 15:27; II Cor. 9:12) and the pouring out of Paul's life sacrificially in his ministry (Phil. 2:17).彼らは、比喩的に使われたことを示す金融NTの"省" ( rom. 15:27 ; 2世うわっ。 9時12分)と、土砂降りのうちに献身的に彼の人生のポール部( phil. 2時17分) 。 This terminology describes Christian service in general, but in the postapostolic period it is increasingly applied to the distinctive service of clergy as the Christian counterpart to the OT Levitical ministers.キリスト教の礼拝で、この用語を説明総長は、しかし、それはますますpostapostolic期間に適用される独特のサービスとして、キリスト教の聖職者を相手国の閣僚ot levitical 。 This is seen in I Clement and in the Apostolic Constitutions.これは私に見られるとは、ローマ教皇の憲法クレマン。

Types of ministry seen in Scripture include the service of priests and Levites in the OT, of apostles, prophets, evangelists, and pastor-teachers in the NT, along with the general ministry of elders and the individual mutual ministries of all believers.同省の種類のサービスが含まれて啓典を見られるlevitesプリーストとは、 ot 、使徒、預言者、伝道者、牧師-教師とは、 NTでは、一般部の年長者とともに、個々の相互省庁とのすべての信者です。 The term "ministry" therefore refers to the work both of those commissioned to leadership and of the whole body of believers.という言葉を"省"を指しますしたがって、これらの両方の仕事を委託してリーダーシップとは、全身の信者です。

The ideals of ministry are portrayed in the servant-leadership of Christ.同省の理念の中で描かれて、キリストの使用人のリーダーシップだ。 Acts 6:3 provides guidelines as to the spiritual qualities sought in leaders, and I Tim. 6時03分のガイドラインとして提供する行為を精神的指導者の資質が求められ、ティムと私。 3:1-13 (cf. Titus 1:6-9) specifies the necessary qualities in greater detail. 3:1-13 ( cf.タイタス1:6-9 )に必要な資質を詳細に指定しています。

There is a considerable difference of opinion regarding the historical development of ministry in the NT and in the early church.そこは、かなりの意見の相違については、歴史的な発展の省では、早期NTおよび教会です。 Many have seen a development from a simple charismatic ministry, exercised by every Christian in an individual way, to an organized or "official" ministry restricted to a few, ultimately issuing in the monarchial episcopate in the postapostolic period.より多くの発展が見られるが、単純なカリスマ省は、すべてのクリスチャンが行使された個々のように、あるいは組織にする"公式"のいくつかの省に制限され、最終的には、君主の発行bishopの地位は、 postapostolic期間です。 The Reformation reversed this trend to a degree.このような傾向を逆転するの改革度です。 From time to time in the history of the church and again in recent times various groups have emphasized the charismatic aspect of ministry.をいつでもその教会の歴史の中で様々な団体が再び最近では、カリスマ的な側面を強調部です。 Most recently, concepts of ministry have been modified by such diverse movements as the worker priests, the stress on lay leadership and ministries, the development of multiple church staffs, and the modern charismatic movement.最も最近では、同省の概念が修正される労働者として、このような多様な動きプリーストは、リーダーシップと各省庁のストレスをレイは、複数の教会の開発スタッフ、そして現代のカリスマ的な運動です。

It is far from certain, however, that the NT church experienced a linear development from charismatic to institutional ministry, and even less plausible that there was an antithesis in the early church between these tow forms of ministry such as postulated by E. Kasemann and others.遠くから特定することは、しかし、教会では、 NTの開発経験のある直線部の機関投資家からカリスマ的には、少なくてももっともらしいことがあったとするアンチテーゼの間では、これらの初期の教会のような仮定にけん引された形の省や他e.ケーゼマン。 It is true that there is little indication in most of Paul's letters of an institutional ministry, and that elders and deacons are mentioned mainly in the Pastorals (often considered non-Pauline) and Acts (often considered an "early catholic" work).の余地はほとんどないことは確かだが、ほとんどの指標は、機関投資家の手紙ポール部は、年長者やdeaconsとして主には言及pastorals (しばしば見なさ非ポーリーン)と行為(しばしば考慮する"と早期のカトリック"仕事)です。 However, the mention in Phil.しかし、フィル言及しています。 1:1 of elders and deacons accords with the picture in Acts of Paul ordaining elders in every church. 1:1の年長者と合意deacons行為を絵には、年長者のポールごとに教会に任命する。 Also the passages in the Pastorals concerning elders and deacons stress their character and function, not their "office."また、通路pastoralsに関しては、年長者と彼らのキャラクターや機能deaconsストレスではなく、自分の"オフィス"と述べた。 Further, the specific function exercised by elders, deacons, apostles, prophets, evangelists, and pastor-teachers is never set over against, or intended to eclipse, the mutual ("one another") ministries of the individual Spirit-gifted believers.さらに、特定の機能を行使する年長者は、 deacons 、使徒、預言者、伝道者、牧師-教師ではないと対置する、または意図を日食は、相互( "互いに" )の各省庁の精神で、個々の才能の信者です。

There are a number of additional issues surrounding the theology of ministry.は、数多くの追加の神学部を取り巻く問題です。 These include (1) whether the NT ever described a prerequisite "call" to ministry other than the general commands of Christ and the recognition of the local church; (2) whether women were admitted to ministry in the NT (and consequently should be today); (3) whether life style (eg, homosexuality) or prior experiences such as divorce should preclude ministry; and (4) what honor and authority should accrue to "full-time" ministers of Christ above those which belong to any faithful follower of the Lord.これらの( 1 )に含まれているかどうかを説明する前提として、 NTの"コール"を省以外の一般的なコマンドは、地元のキリスト教会との認識、 ( 2 )女性は認めているかどうかは、 NTの省(およびその結果今日しなければならない) ;かどうか( 3 )生活スタイル(例えば、同性愛)や離婚などの経験を事前に排除すべき省;と( 4 )の名誉と権威は、どのように発生する"フルタイム"キリストの大臣に属するすべてのものの上に忠実な部下その主です。 Some of these questions revolve around the institutional aspect of ministry.これらのいくつかの質問に、機関投資家の側面部を中心に回っています。 A further question is whether there is a sacramental aspect to ministry which is restricted to those ordained as priests by the church.さらなる問題は、神聖な側面があるかどうかを定められた同省では、これらに限定されるとして、教会のプリースト。

A dual view of ministry, ie, that all believers were to exercise a ministry in accordance with their spiritual gift, but that authoritative teaching, leadership, and discipline were limited to a recognized body of elders, paves the way for an answer to the above questions.デュアル表示部は、すなわち、そのすべてを行使する信者たちが彼らの精神的な贈り物に基づいて同省が、その権威ある教え、リーダーシップ、そして体の規律に限られていましたが、認識さ年長者は、道を開くために、上記の回答をする質問です。 Paul restricted women from authoritative teaching positions, for example (I Tim. 2:12), but the universal testimony of both the OT and NT is that they exercised a variety of significant ministries.女性の立場からの権威教えるポール制限は、たとえば(私のティムです。 2時12分) 、しかし、普遍的な証言otとNTの両方を行使しては、さまざまな重要な省庁です。 There are some significant instances also of women leaders in the early centuries of the church.インスタンスにもいくつかありますが、重要なのは、女性の指導者たちは、教会の早期世紀にもわたっている。 Whether Paul's restrictions were intended to apply beyond the time when the NT was completed and when all ministries were more regulated is open to question.ポールの意図されたかどうかの制限を適用する際に、 NTの時間を越えていたときに完了すると規制は、すべての省庁がより多くの質問を開いています。 Ministry, by whatever persons and in whatever form, is essentially a continuation of the servant ministry of the Lord Jesus Christ.同省は、どのような人々によって、どのような形態では、本質的には、使用人の継続部は、主イエスキリストです。 In Protestant evangelicalism it is also largely a ministry of the Word of God.プロテスタントの福音主義にも大きくすることは同省の神のみことばです。 The purpose of ministry extends, of course, even beyond the edification of the church.拡張部の目的は、もちろん、その教会の教化さえ越えている。 It is, as in all Christian activity, the glory of God.それは、すべてのクリスチャンとしての活動は、神の栄光です。

WL Liefeld wl liefeld
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
P. Achtemeier, "The Ministry of Jesus in the Synoptic Gospels," Int 35:157-69; HW Beyer, TDNT, II, 81-93; FJA Hort, The Christian Ecclesia; JB Lightfoot, "The Christian Ministry," in Saint Paul's Epistle to the Philippians; TM Lindsay, The Church and the Ministry in the Early Centuries; TW Manson, The Church's Ministry; JKS Reid, The Biblical Doctrine of the Ministry; E. Schillebeeckx, Ministry; E. Schweizer, Church Order in the NT; EE Shelp and A. Sunderland, eds., A Biblical Basis for Ministry; H. Strathmann, TDNT, IV, 215-31; HB Swete, ed., Essays on the Early History of the Church and the Ministry. p. achtemeier 、 "イエスは、省の総観gospels 、 "整数35:157-69 ; hwベイヤー、 tdnt 、 2世、 81〜93 ; fjaホルトは、キリスト教ecclesia ; jbライトフットは、 "キリスト教部は、 "セントポール教会の信徒へのピリピ人への手紙; TMのリンゼイは、同省の教会とは、何世紀初め; twマンソンは、教会の省; jksレイドは、聖書の教義の省; e.スケレベクス、省; e.シュバイツァーは、教会の順序でこのNT ;李シェルプとaサンダーランドは、 EDS社。 、聖書の基礎を省; h. strathmann 、 tdnt 、 4世、 215から31 ;のhbスウィート、エド。 、エッセイは、初期の教会の歴史と同省。


Priest司祭

General Information 総合案内

The office of a priest is essentially that of a mediator; he interprets God (or the gods or other supernatural forces) to the adherents of a religion and represents them before God, usually as the one who offers sacrifice on their behalf.住職は、基本的には、オフィスの仲介役をして、彼は神の解釈(あるいは他の神々や超自然の力)には、宗教や支持者を代弁して、神の前では、通常の1つとしては、犠牲者に代わって提供しています。 All ancient religions had their priests, and these priests exercised great influence, not only as custodians of the sacred mysteries but often as the only literate members of society.古代のプリーストが、すべての宗教、およびこれらのプリースト大きな影響力を行使し、 custodiansとしてだけでなく、神聖な謎が多い社会のメンバーとしての読み書きができるだけです。 Many present-day religions such as Buddhism, Hinduism, and Shinto have priests, but others, notably Islam, do not.今日の多くの仏教などの宗教は、ヒンドゥー教、神道がプリーストが、他は、特にイスラムはありません。 Judaism had priests until the destruction of the Temple.プリースト破壊されるまでは、ユダヤ教の寺院です。

In Christianity the word priest comes from two distinct Greek terms, one meaning elder or presbyter and the other meaning priest in the traditional sense of mediator. キリスト教の司祭という単語は2つの別個のギリシャ語から来て、 1つの意味や、他の長老や祭司の意味で、伝統的な意味でのメディエーター司祭。 Roman Catholics, Anglicans (Episcopalians), and Eastern Orthodox commonly refer to as priests those who have been ordained; they correspond roughly to those whom Protestants call ministers or sometimes presbyters.ローマカトリック教徒、 anglicans ( episcopalians ) 、および東方正教会を参照してよく持っている人はプリーストとして制定され;彼らプロテスタント者にほぼ対応するコール閣僚または時にはpresbyters 。 The word priest in its traditional hieratical sense is used in the New Testament to refer to Jesus Christ, the mediator of the new Covenant and also of the whole Church, which exercises a collective priesthood.その言葉は、司祭は、伝統的な意味で使われてhieratical新約聖書にイエスキリストを参照して、新しい契約の仲介役とは、全体の教会でも、聖職者集団に練習する。 Roman Catholics, Anglicans, and Eastern Orthodox recognize also a special hieratical priesthood of bishops and presbyters, expressed in their sacramental ministry and especially in the offering of the eucharistic sacrifice.ローマカトリック教徒、 anglicans 、認識と東方正教会の聖職者でも、特別hieraticalとpresbyters司教は、聖礼典の部と表明して提供し、特に犠牲eucharistic 。

John Macquarrieジョンmacquarrie

Bibliography: 参考文献:
Fischer, James A., Priests: Images, Ideals and Changing Roles (1987); James, Edwin O., The Nature and Function of Priesthood Kung, Hans, Why Priests?, trans.フィッシャー、ジェームズA. 、プリースト:画像は、理念や役割の変化( 1987 ) ;ジェームズは、エドウィンOを、その性質や機能の聖職クン、ハンス、プリーストはなぜですか、トランスです。 by John Cumming (1972); Power, David N., Minister of Christ and His Church: The Theology of Priesthood (1969); Rahner, Karl, The Priesthood, trans.ジョンカミング( 1972 ) ;パワー、デビッドn. 、大臣のキリストと彼の教会:聖職者の神学( 1969 ) ;ラーナー、カールは、聖職に就く、トランスです。 by Edward Quinn (1970; repr. 1973).エドワードクインされた( 1970 ; repr 。 1973年) 。


Priesthood聖職

Advanced Information 高度情報

The term "priest" is identical in origin with the word "presbyter," which literally means "elder"; but in the English language it has become associated for the most part with the religious official whose main function is the offering up of sacrifices, though the English Reformers of the sixteenth century hoped that the retention of the term "priest" in the Book of Common Prayer would effect the restoration of its proper meaning of elder.という言葉を"司祭"とは同じで、その言葉の起源"祭司"を意味する、文字通り"長老" ;しかし、英語版となっての大部分に関連して、宗教関係者の主な機能は、最大の犠牲を提供し、英語かかわらず、改革派は、 16世紀の期待と確信を保持という用語"司祭"の本の中では共通の祈りは、その効果の適切な意味を復元エルダー。

This confusion was occasioned by the strange fact that the English language has not kept in common usage any term corresponding to the Latin sacerdos, which precisely designates one who offers up sacrifices (hence "sacerdotal").この混乱は、奇妙な事実occasionedされる言語は、英語の共通の用途に保存されていない任意の期間に対応するラテン語sacerdos 、これを正確に提供して犠牲者を指定する(したがって"聖職"といいます。 ) In the English of the OT and NT "priest" denotes a sacerdos and "priesthood" his sacerdotal ministry.英語では、 otとNT "司祭"を表しますsacerdosと"聖職者"彼の聖職部です。 Thus the duty belonging to priesthood is defined in Heb.したがって、聖職者の義務に属しているhebが定義されています。 5:1 as follows: "Every high priest chosen from among men is appointed to act on behalf of men in relation to God, to offer gifts and sacrifices for sins"; and on the basis of this principle it is argued concerning the priesthood of Christ that "therefore it is necessary for this priest also to have something to offer" (Heb. 8:3). 5時01分、以下の通り: "すべての大祭司の中から選ばれた男性は、男性に代わって任命される行為と関連して、神は、罪のために犠牲に景品を出すと" ;と原則に基づいて、このことは、聖職者の主張についてキリストは、 "したがって、このために必要なことは何かを提供して住職も" ( heb. 8時03分) 。 The Christian doctrine of priesthood and of the relationship between the priesthood of the OT and that of the NT is most fully expounded in the Epistle to the Hebrews, which has been called "the Epistle of Priesthood."キリスト教の教義の聖職者との関係を聖職に就くことは、 otとは、ほとんど完全には、 NTの信徒へのヘブル人への手紙で詳しく説明されてきたと呼ばれる"との信徒の聖職者です。 "

The Necessity of Priesthood聖職者の必要性

It is the universal sinfulness of man which makes a sacrificing priesthood a necessity.それは、人間の普遍的罪深さをする必要性を犠牲にする聖職に就く。 The sacrifices offered up effect, or symbolize the means of effecting, reconciliation between sinful man and his holy Creator.効果の犠牲を提供する、または影響を象徴する手段は、罪深い男の間の和解と彼の神聖なクリエーターです。 The function of priesthood, accordingly, is a mediatorial function.聖職の機能は、それに応じて、仲裁のは、関数です。 The giving of the law through Moses and the institution of the Aaronic or Levitical priesthood belong together.与えることは、法の趣旨を介し、ムーサーとそのlevitical聖職者協会に所属する、またはaaronic 。 Law and priesthood are simultaneous in origin and inseparable in operation (Heb. 7:11ff.).聖職に就くには、同時法とは切っても切れないの起源とオペレーション( FFのheb. 7時11分です。 ) 。 The reason for this is that the Israelites, like the rest of mankind, were sinners and therefore when confronted with the law, which is God's standard of righteousness, lawbreakers.その理由は、イスラエル人が、人類の残りの部分のように、罪を犯したが、そのときに直面して、法では、これは神の正義の基準は、法律違反者だ。

Certainly the Godgiven law is holy and just and good and spiritual (Rom. 7:12, 14) and as such marks out the way of life: by faithfully keeping its precepts a man shall live (Lev. 18:5; Neh. 9:29; Matt. 19:16-17; Rom. 10:5; Gal. 3:12).確かに、 godgiven法は、公正かつ良好で、精神的な聖なる( rom. 7時12分、 14 )とマークとしてこのような生き方をする:その教訓を維持する一人の男を忠実に生きる者( lev. 18 : 05 ; neh 。 9 : 29 ;マットです。 19:16-17 ; ROMのです。 10 : 05 ;ギャル。 3時12分) 。 But man's radical problem is that he is a sinner.しかし、男の抜本的な問題は、彼は、罪人です。 The law shows him up for what he is, a lawbreaker, and "the wages of sin is death" (Rom. 6:23; cf. Ezek. 18:4, 20; Gen. 2:17).彼にするためにどのような法律を示して彼は、法律違反者、および"罪の報酬は死" ( rom. 6時23分; cf 。 ezek 。 18時04分、 20 ;大将2時17分) 。 Consequently Paul writes, "The very commandment which promised life proved to be death to me" (Rom. 7:10), not that there is anything wrong with the law; the fault is in man who breaks the law (Rom. 7:13).したがってポールの書き込みは、 "非常に命令が立証されると約束した生活をして私の死" ( rom. 7時10分)は、何も悪いことはしていないの法則;の断層は、同法に休憩男( rom. 7 : 13 ) 。 Hence the necessity for the formulation of the law to be accompanied by the institution of a priesthood to mediate redemptively between God and the sinner who has broken his law, and who needs to be restored from death to life.したがって、その必要性は定式化のための法制度に添付されて聖職に就くには、神との間を調停している罪人redemptively壊れてきた彼の法では、復元する必要があるとの人の死を生活からです。

OT Priesthood聖職ot

The priesthood of the old covenant could not effect the reality of reconciliation portended by its sacrificial function.聖職に就くことができなかったが、古い盟約portended和解によって効果の現実のいけにえの機能です。 Its character was preparatory; it portrayed the principle of propitiatory sacrifice but not the fulfillment of that principle.そのキャラクターは、予備;機嫌取りの原則を犠牲にすることが描かれていないことの充足感が原則だ。 Its imperfection, which aroused the longing for and the expectation of the provision of the perfect priesthood, was apparent for the following reasons.その欠陥は、期待と興奮して、あこがれの規定は、完璧な聖職者は、見掛けのためには、以下の理由があります。

Christ as Priest司祭としてキリスト

The purpose of the old order of priesthood was to teach the people that atonement for sins requires the provision of an innocent victim in the sinner's place and the shedding of blood as that victim dies the death due to the sinner.古い秩序の目的は、人々の聖職に就くことを教えるのは、罪の償いのためには、罪のない犠牲者の提供する場所とは、罪人の血を流すことで、被害者が死ぬことにより、罪人の死。 The Levitical order could not accomplish this atonement, but it kept alive the expectation of the coming of the prefect priest and the offering of the perfect sacrifice in fulfillment of the gospel promises contained in the Scriptures of the OT. leviticalを達成することができなかったため、この償いが、それが生かされるの到来を期待し、知事の司祭と完璧な犠牲を提供するのでは、福音書の約束履行に含まれて聖書のot 。 The new order of priesthood is that of Melchizedek, and it is comprehended in the single person of our Redeemer Jesus Christ (Heb. 7).聖職に就くのは、新しい秩序のメルキゼデク、そして一人の人間を理解することが私たちの救い主イエスキリスト( heb. 7 ) 。

The perfection of his priesthood is confirmed by the fact that it is forever (Ps. 110:4), that the sacrifice he offered is once for all (Heb. 7:27), and that, his work of atonement completed, he is now enthroned in celestial glory (Heb. 1:3; 10:12; 12:2).彼の聖職者の極致であるという事実が確認されたことは永遠に( ps. 110:4 )は、提供して彼は、一度にすべてを犠牲に( heb. 7時27分) 、それは、彼の作品の償い完了すると、彼は今天の栄光にenthroned ( heb. 1 : 03 ; 10:12 ;午前12時02分) 。 The perfection of his priesthood is established by the sinlessness of his earthly life as the incarnate Son, our fellow human being.完ぺきには、彼の聖職者によって設立されたsinlessness彼の息子の化身としてこの世の生活は、私たちの仲間の人間です。 This means that in contrast to the first Adam, who suffered defeat and dragged down the human race in his fall, Jesus, "the last Adam, (I Cor. 15:45, 47), took our humanity to himself in order to redeem it and to raise it in himself to the glorious destiney for which it was always intended.これは、最初のアダムとは対照的に、被害者にドラッグすると、人類の敗北で彼の秋には、イエスキリストは、 "最後のアダムは、 (私うわっ。 15時45分、 47 )は、私たち人間は自分自身を身請けするためにはこれを引き上げることで、自分自身のために栄光をdestineyそれは、常に意図した。

It means that in going to the cross he who was without sin took our sins upon himself and suffered the rejection and the death due us sinners, "the righteous for the unrighteous" (I Pet. 2:22-24; 3:18; Heb. 4:15; 7:26-27), as the innocent victim provided by God's grace and mercy (I Pet. 1:18-19).で行くことを意味していた彼は、十字架にやましいところが私たちの罪を被らと苦しんで、拒絶反応を私たち罪人のための死とは、 "正義のためによこしまな" (私のペットです。 2:22-24 ;午前3時18分; heb 。 4時15分; 7:26-27 )は、罪のない犠牲者として提供され、神の恵みと慈悲が(私のペットです。 1:18-19 ) 。 And it means, further, that he is not only our sacrificing priest but also the sacrifice itself, for it was himself that he offered up for us, and thus in him we have the provision of the perfect substitute, a genuine equivalent, our fellow man (Heb. 2:14-15), who truly takes our place.ことを意味し、さらに、それだけではない彼は私たちの犠牲の犠牲司祭そのものだけでなく、それは自分自身のために彼を提供するために私たちは、こうして私たちは、彼の完璧な代用の規定は、本物と同等のは、私たちの仲間男( heb. 2:14-15 )は、誰が私たちの真の場所です。 Accordingly we are assured that by the will of God "we have been sanctified through the offering of the body of Jesus Christ once for all," who "by a single offering...has perfected for all time those who are sanctified" (Heb. 10:10, 14).従って我々は神の意志によって安心"を提供を通じて、我々は神聖化され、イエスキリストの遺体をすべて一度は、 "人"によって、 1つの完成のためにはすべての時間を提供する...人たちは神聖化" ( heb 。 10:10 、 14 ) 。

The new order of priesthood fulfilled in the single person of Christ has, of course, completely superseded the old order.新しい秩序の聖職果たさキリストは、一人の人間には、もちろん、古い秩序を完全に廃止しています。 With Christ as our one great high priest who lives forever there is now no place or need for any succession of sacrificing priests.キリストが1つの偉大な大祭司としての私たちの永遠にそこに住む場所がないかを今の継承の必要性を犠牲にするプリースト。 Now that he has offered up the one perfect sacrifice of himself there is room for no other sacrifice nor for any repetition of sacrifices.さて、彼は完璧な犠牲を提供する1つの余地がない、自分自身を犠牲にも他のいかなる犠牲を払うの繰り返しだ。 In Christ both priesthood and sacrifice have been brought to fulfillment and to finality.聖職に就くとは、キリストの両方を犠牲にしてきたと決定的充足感をもたらした。

.

The Priesthood of Believers聖職に就くの信者

There remains, however, a priesthood which belongs to those who through faith have been united to Christ.そこは、しかし、これは聖職者に属しますユナイテッドを介してきたキリスト信仰です。 This has commonly been designated " the priesthood of all believers ."これは普通に指定され" すべての信者の聖職に就く 。 " Thus Peter describes Christians as "a holy priesthood" whose function is "to offer spiritual sacrifices acceptable to God through Jesus Christ" (I Pet. 2:5; cf. vs. 9).こうしてピーター説明キリスト教徒として"神聖な聖職者"の関数は、 "精神的な犠牲を提供しイエスキリストを通して神に受け入れられる" (私のペットです。 2時05 ; cf 。対9 ) 。 These spiritual sacrifices are not in any sense redemptive sacrifices but sacrifices of gratitude to God for the one all-sufficient redemptive sacrifice of Christ's self-offering at Calvary for us sinners.これらの精神的な犠牲ではない贖いの犠牲しかし、いかなる意味においても、神に感謝の念を犠牲にするために十分なすべてのキリストの贖いの自己犠牲を提供するために私たちは罪人カルバリー。 Thus we are exhorted to "present our bodies," ie, ourselves, "as a living sacrifice, holy and acceptable to God" (Rom. 12:1); and as we willingly offer ourselves we express our spiritual priesthood in acts of praise and thanksgiving and in the selfless service of our fellow men as we minister to their needs.こうして私たちはexhortedを"現在の私たちの遺体は、 "すなわち、自分自身は、 "としての生活を犠牲には、聖なる神に受け入れられると" ( rom. 12時01分) ;と喜んで提供する我々としての自分自身の精神的な聖職我々は我々の行為を表明称賛無私の奉仕と感謝祭とは、私たちの仲間の男性としての自分のニーズに我々大臣です。 The exercise of this priesthood is summed up in the words of Heb.聖職に就くのは、この運動の言葉を要約すると、 heb 。 13:15-16: "Through him [Christ] then let us continually offer up a sacrifice or praise to God, that is, the fruit of lips that acknowledge his name. Do not neglect to do good and to share what you have, for such sacrifices are pleasing to God." 13:15-16 : "を通して彼[キリスト]じゃあ私たちの称賛を継続していけにえを供えるまたは神、それは、果実の唇をして、彼の名前を認める。しないで放置して善行とは何を共有する必要が、神を喜ばせるためには、そのような犠牲を払う"と述べた。

In his celebrated essay "The Christian Ministry," JB Lightfoot not only insists that "as individuals, all Christians are priests alike," he also draws attention to the fact that in the ministerial offices enumerated in I Cor.彼の著名なエッセイ"キリスト教部は、 " jbライトフットしかないと主張して"個人としては、プリーストを問わずすべてのキリスト教徒は、 "彼はまた、という事実に注目しては、閣僚級うわっ私のオフィスに列挙されています。 12:28 and Eph. 12:28やeph 。 4:11 "there is an entire silence about priestly functions: for the most exalted office in the Church, the highest gift of the Spirit, conveyed no sacerdotal right which was not enjoyed by the humblest member of the Christian community." 4時11分"が全体の聖職者の機能について沈黙:ために、教会の中で最も高貴事務所は、最高の贈り物の精神には、伝えていない聖職の権利を享受されるのではない、キリスト教humblestコミュニティのメンバーです。 " His affirmation concerning the kingdom of Christ in the opening paragraph of the essay is no less emphatic: "Above all it has no sacerdotal system. It interposes no sacrificial tribe or class between God and man, by whose intervention alone God is reconciled and man forgiven. Each individual member holds personal communion with the Divine Head. To him immediately he is responsible, and from him directly he obtains pardon and draws strength."肯定に関する彼の王国は、キリストの冒頭の段落ではない少ない断固としたエッセイ: "聖職のシステム上のすべてのことがない。 interposesていないことやクラスのいけにえの部族神と人間の間に、一人で、神の介入は許さ男と仲直り。聖体拝領して個々のメンバーの個人的な神の頭を握っています。彼は、すぐに彼の責任、そして彼から直接彼の強さを取得恩赦と引き分けています。 " These words of a great churchman and NT scholar admirably present the position of the apostolic church on the subject of priesthood.これらの言葉は、偉大な聖職者とNT学者の位置を見事に提示して、ローマ教皇の教会の聖職件名です。

PE Hughes体育ヒューズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Minister大臣

Advanced Information 高度情報

It is the consistent NT teaching that the work of ministers is "for the perfecting of the saints, ... for the edifying of the body of Christ" (Eph. 4:12). NTのことは、一貫して仕事を教えるの閣僚は"完ぺきには、聖徒のため、 ...ためには、キリストの体の啓発" ( eph. 4時12分) 。 The minister is called of God to a position of responsibility rather than privilege, as the words for "minister" show (diakonos, "table waiter"; hyperetes, "under-rower" in a large ship; leitourgos, "servant," usually of the state or a temple).大臣は、神と呼ばれる責任ある地位にある特権というよりは、言葉としては、 "大臣"とショー( diakonos 、 "テーブルのウェイター" ; hyperetes 、 "漕ぎ手の下に"大きな船; leitourgos 、 "使用人は、 "通常、同州の寺院や) 。

There are two passages in the NT which are of especial importance in this connection, I Cor.そこには2つの通路では、特に重要なのはNTは、この接続は、私うわっ。 12:28 and Eph. 12:28やeph 。 4:11-12. 4:11-12 。 From the former we gather that included in the ministries exercised in the early church were those of apostleship, prophecy, teaching, miracles, gifts of healings, helps, governments, diversities of tongues (possibly also interpretations, vs. 30).我々を収集してから、元の省庁に含まれていた教会の行使は、これらの使徒の職初めには、予言は、教えることは、奇跡は、贈り物の治癒、手助けは、政府は、言葉の多様性(可能性も解釈は、対30 ) 。 The latter adds evangelists and pastors.後者の牧師や伝道者を追加します。 In every case these appear to be the direct gift of God to the church.これらのすべてのケースで表示されるのは教会に直接神の贈り物だ。 Both passages seem to say this, and this is confirmed elsewhere in the case of some of the people mentioned.両方の言うように、この文章は、別の場所を確認しており、これが、いくつかの人々の記載例です。 Thus in Gal.したがって、ギャル。 1:1 Paul insists that his apostolate was in no sense from man. 1:1パウロ使徒会と主張していた彼のセンスがない男からです。 He entirely excludes the possibility of his receiving it by ordination.彼は彼の可能性を完全に除外することによって聖職叙任を受けています。 We are to think, then, of a group of men directly inspired by the Holy Spirit to perform various functions within the church by way of building up the saints in the body of Christ.我々はと考えるのは、その後、男性のグループが直接聖霊に触発され、教会内の様々な機能を実行させる方法は、聖人の建物は、キリストの体です。

But there are others also.しかし、他にも他にもいます。 Thus from early days the apostles made it a habit to appoint elders.従って初期の頃から、使徒前に年長者を任命することが習慣です。 Some hold that the seven of Acts 6 were the first elders.いくつかの保留していた7人の行為の最初の6年長者です。 This seems very unlikely, but there were certainly elders at the Council of Jerusalem (Acts 15).この非常に低いようだが、確かに年長者は、評議会があったエルサレム(行為15 ) 。 It is very striking that even on their first missionary journey Paul and Barnabas appointed elders "in every church" (Acts 14:23).それはとても印象的でも旅して、最初の宣教師ポールと年長者に任命barnabas "すべての教会" ( 14時23行為) 。 There is every reason for thinking that these men were ordained with the laying on of hands, as in the case of the elders of the Jewish synagogue.思考には、これらすべての理由を制定していた男性の手を敷設して、その例としては、年長者は、ユダヤ教のシナゴーグ。 Then there were the deacons of whom we read in Phil.次に誰があったが、我々 deaconsフィル読まれている。 1:1 and I Tim.ティム1:1と私。 3:8ff. FFの3時08分です。 We know nothing of their method of appointment, but it is likely that it also included the laying on of hands, as it certainly did somewhat later in the history of the church.その方法について何も知らない私たちの約束が、それは、そうすることも含まれて敷設して、手には、確かにそれは多少後の教会の歴史の中です。

It is sometimes said that the first group of ministers is opposed to the second in that they possessed a direct gift from God.時にはそれは、最初のグループによると、長官は、 2番目に反対して保有することで直接神からの贈り物だ。 This, however, cannot be sustained.これは、しかしながら、持続することはできません。 In Acts 20:28 we read, "the Holy Ghost has made you bishops," and in I Tim.我々の行為で午前20時28分読んで、 "あなたは、聖霊の司教は、 "私とティムです。 4:14 of "the gift that is in thee, which was given thee by prophecy, with the laying on of the hands of the presbytery." 4時14分"のプレゼントのものは、なた、なたによって指定された予言は、その手にして敷設して、プレズビテリー。 " It is clear that the act of ordination was not thought of as in opposition to a gift from God, but as itself the means of the gift from God.それははっきりして聖職叙任行為ではないとして考えに反対して、神からの贈り物が、それ自体の手段としては、神からの贈り物だ。 Indeed the only reason that a man might minister adequately was that God had given him the gift of ministering.確かに、一人の男だけの理由で十分だったかもしれない大臣は、神が彼に与えられたministeringの贈り物です。 The picture we get then is of a group of ministers who had been ordained, men like bishops and deacons, and side by side with them (at times no doubt the same people) those who had a special gift of God in the way of prophecy, apostleship, or the like.その絵は、当時の私たちのグループを取得していた免許の閣僚は、男性のようにdeacons司教とは、かれらと並んで(時々の人々と同じ間違いない)の人たちは、神の特別な贈り物の道の予言は、使徒の職、あるいはそのようです。 The meaning of some of those gifts has long since perished (eg, prophecy, apostleship).それらのいくつかの意味が死んで以来プレゼントは、長い間(例えば、予言は、使徒の職) 。 But they witness to the gifts that God gave his church in the time of its infancy.だがかれらの証言をして、神の贈り物を与えた時の彼の教会では、まだ始まったばかりだ。

There are some who think of the ministry as constitutive of the church.と思う人は、いくつかありますが、省としては、教会の構成です。 They emphasize that Christ is the head of the body, and that he gives it apostles, prophets, etc., that it may be built up.かれらの頭を強調して、キリストの体は、使徒として彼には、預言者等に蓄積されていくことがあります。 They infer that the ministry is the channel through which life flows from the head.同省は推測して彼らは、チャネルを通して人生の流れを頭からです。 This does, however, seem to be reading something into the passage.これは、しかし、何かを読んでみられる通路です。 It is better to take realistically the NT picture of the church as the body of Christ, as a body, moreover, with a diversity of functions.現実を取る方が良いの写真はNTのキリストの体としての教会では、体として、また、多様な機能となっています。 The life of Christ is in it, and the divine power puts forth whatever is needed.それは、キリストの生涯は、神の力とはどのような配置来たりする必要はありません。 In the Spirit-filled body there will emerge such ministerial and other organs as are necessary.そこで満たされた体の精神でこのような閣僚が出てくると他の臓器には必要ありません。 On this view the ministry is essential, but no more essential than any other function of the body.このビューを表示するには欠かせない省が、他の誰よりももっと本質的な身体機能です。 And it preserves the important truth that the body is that of Christ, who does what he wills within it.そしてそれを維持することに重要な真実は、キリストの体には、誰が何をやる彼の意志が格納されています。 His blessing is not confined to any particular channel.彼の祝福に限局して特定のチャネルではない。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 文献情報
HB Swete, Early History of the Church and Ministry; JB Lightfoot, Commentary on Philippians; KE Kirk, ed., The Apostolic Ministry; TW Manson, The Church's Ministry; S. Neil, ed., The Ministry of the Church; L. Morris, Ministers of God; DT Jenkins, The Gift of Ministry; M. Green, Called to Serve; JKS Reid, The Biblical Doctrine of the Ministry; E. Schweizer, Church Order in the NT.スウィートのhbは、初期の教会の歴史や省; jbライトフット、解説してピリピ人への手紙;ケニア共和国カーク、エド。 、同省の使徒; twマンソンは、教会の省;米ニール、エド。 、同省は、教会; l.モリスは、神の閣僚; dtジェンキンスは、贈り物の省; m.緑、と呼ばれるに奉仕; jksレイドは、聖書の教義の省; e.シュバイツァーは、教会のためには、 NTのです。


Min'ister min'ister

Advanced Information 高度情報

A Minister is one who serves, as distinguished from the master.サーブは、一人の大臣は、マスターとして区別されます。 (1.) Heb. ( 1 。 ) heb 。 meshereth, applied to an attendant on one of superior rank, as to Joshua, the servant of Moses (Ex. 33:11), and to the servant of Elisha (2 Kings 4:43). meshereth 、係員に適用する上での1つのランクは、ジョシュアとしては、使用人のモーゼス(例: 33:11 ) 、および使用人をエリシャ( 2キングス4時43分) 。 This name is also given to attendants at court (2 Chr. 22:8), and to the priests and Levites (Jer. 33:21; Ezek. 44:11).この名前は参加者でも裁判所に与えられた( 2 chr 。 22時08分)としてプリーストとlevites ( jer. 33:21 ; ezek 。 44:11 ) 。 (2.) Heb. ( 2 ) 。 heb 。 pelah (Ezra 7:24), a "minister" of religion. pelah (エズラ7時24分)は、 "大臣"の宗教です。 Here used of that class of sanctuary servants called "Solomon's servants" in Ezra 2:55-58 and Neh.ここで使用され、そのしもべと呼ばれるクラスの聖域"ソロモンの使用人"とnehエズラ2:55-58 。 7:57-60. 7:57-60 。 (3.) Greek leitourgos, a subordinate public administrator, and in this sense applied to magistrates (Rom. 13:6). ( 3 ) 。 leitourgosギリシャは、公共の管理者に従属し、その意味で適用される治安判事( rom. 13時06分) 。 It is applied also to our Lord (Heb. 8:2), and to Paul in relation to Christ (Rom. 15:16).にも適用することが我々の主( heb. 8時02分) 、および関連して、キリストをポール( rom. 15時16分) 。 (4.) Greek hyperetes (literally, "under-rower"), a personal attendant on a superior, thus of the person who waited on the officiating priest in the synagogue (Luke 4:20). ( 4 ) 。 hyperetesギリシャ語(文字通り、 "下の漕ぎ手" ) 、近臣上で、スーペリアは、このようにして待っていた人は、司会の司祭は、シナゴーグ(ルーク4時20分) 。 It is applied also to John Mark, the attendant on Paul and Barnabas (Acts 13:5).ジョンマークにも適用することは、ポールの上やbarnabas係員( 13時05行為) 。 (5.) Greek diaconos, usually a subordinate officer or assistant employed in relation to the ministry of the gospel, as to Paul and Apollos (1 Cor.3:5), Tychicus (Eph. 6:21), Epaphras (Col. 1:7), Timothy (1 Thess. 3:2), and also to Christ (Rom. 15:8). ( 5 ) 。 diaconosギリシャは、たいていの場合、部下やアシスタント部の採用と関連して、福音書は、ポールとしてapollos ( 1 cor.3 : 5 ) 、 tychicus ( eph. 6時21分) 、 epaphras (陸軍大佐1時07分) 、ティモシー( 1 thess 。 3:2 ) 、キリストとしても( rom. 15時08分) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞典)


Clergy聖職者

Advanced Information 高度情報

The word derives from the Greek kleros, "a lot," which points to a method of selection like that in Acts 1:26 (in Acts 1:17 "part" [AV] translates kleros).その言葉は、ギリシャのklerosから派生した、 "多くは、 "どのようなポイントを選択することで行為法の午前1時26分( 1時17分で行為を"団体"に変換kleros [動静] ) 。 As early as Jerome it was pointed out that the term is ambiguous.早ければジェロームということを指摘していたのは、あいまいな用語です。 It may denote those chosen to be God's, the Lord's "lot" (as in Deut. 32:9).選ばれた者に示すことがありますが、神のは、主の"ロット" ( deutようです。 32:9 ) 。 Or it may signify those whose lot or portion is the Lord (cf. Ps. 16:5).またはそれらを意味することがありますが、主のロットまたは部分( cf.しまう。 16時05分) 。 In the NT the word is not used of a restricted group among the believers, and in I Pet. NTのではないという言葉が使われるのは、限られたグループのうち、信仰する者よ、そして私のペットです。 5:3 the plural is used of God's people as a whole (God's heritage," AV). But by the time of Tertullian it was used of the ordained office-bearers in the church, viz., bishops, priests, and deacons. Later the word came to include the minor orders, and sometimes, it seems, members of religious orders or even educated people generally. But this use did not last, and the term now denotes regular members of the ordained ministry of the church (without respect to denomination) as distinct from lay people generally. 5時03分、複数の人々が使用されて全体としては、神の(神の遺産は、 "動静) 。しかしtertullianされた時に使用されることが定められたのは、教会の事務所に担ぎ、 viz 。 、司教、司祭、およびdeacons 。後から来たという単語を含む注文のマイナー、そして時には、それは、会員の注文や宗教教育を受けた人たちでさえ通常です。しかし、これを使用しなかった最後には、今を表す用語と定められた正規のメンバーは、教会の省(なしの尊重宗派を)通常在家の人として区別されます。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Clergy, Ministry聖職者は、省

Editor's Commentエディタのコメント

This is a rare contribution to BELIEVE where personal commentary is involved.これは、まれな貢献をすると思われる個人的な解説がどこに関わっています。 For that reason, these comments may be ignored, if only because they are only provided by a Pastor and not a lifelong Christian scholar like the thousands of other articles in BELIEVE.そのため、これらのコメントを無視するかもしれない、もし彼らのためにのみ提供されるだけではない生涯キリスト教の牧師や学者のような他の何千人もの記事を信じる。

There seems to be an enormous recent effect, where Christian Ministers seem to believe that they are "absolute authorities" on every possible subject related to Christianity.最近のあると思われる巨大な効果は、キリスト教の閣僚はどこということを信じるように見える彼らは"絶対的な当局"としてキリスト教に関連するあらゆる可能な件名です。 They attended Divinity School or Bible College or some other educational facility where they received a hopefully good education regarding Christianity.かれらが出席聖書神学校や他のいくつかの大学や教育施設はどこも立派な教育を受けた願わくはキリスト教についてです。 However, many seem to have morphed into believing that they "know it all!".しかし、多くのmorphedを信じ込ませるようにしてある"と知っているすべてのよ! "です。

Many modern Ministers will tolerate zero disagreement with anything they ever say.多くの近代閣僚ゼロの意見の相違を容認しては何も言っている。 More, they often become truly vicious in attacking anyone who disagrees with them.こちらは、悪質な攻撃真になってしまうことが多いと意見が合わない人は誰でもしています。 Sadly, that often involves Ministers of other Churches.残念ながら、その多くの場合は、他の閣僚教会です。 Do they not realize what Jesus mist think of their viciously attacking other Christian Clergy?かれらは自分の考えを実現するミストどのような悪意を持ってイエスキリスト教聖職者を攻撃する他のですか? How can they think that they can be justified in such attacks?彼らはどうすればと思うような攻撃を正当化することができますか? Whether or not they happen to actually be correct or not?かどうかは彼らが正しいかどうかを実際に起こるか?

Didn't Jesus Teach us to be Tolerant and Compassionate and Patient?私たちはイエスキリストを教えると思いやりや患者に耐えるか? Didn't He Teach is to be Humble rather than Arrogant?彼に教えることはしなかったというより謙虚な傲慢ですか?

The SOURCE of this sort of Arrogance seems to be equally troubling.この種の傲慢さの源を均等に厄介と思われる。 IF a Minister had spent a lifetime (say, 30 years) deeply studying some concept such as whether tattoos is sinful or acceptable, it might be appropriate for him to express personal openions.大臣は、生涯を費やしている場合(たとえば、 30年)を深く勉強するかどうかなど、いくつかの概念や入れ墨は罪深い受け入れ、それが彼には適切な表現かもしれない個人openions 。 But the reality is that, once out of Bible School, most Ministry do very little additional study.しかし、現実には、一度聖書学校のうち、大半の省研究は非常に小さな追加です。 They have weekly responsibilities of giving Sermons and composing those Sermons, of preparing and giving mid-week Services, and of dealing with the many daily issues regarding operating a Church, attendance, utility bills, snow removal, scheduling Baptisms, etc. Therefore, in general, the basis for his opinions on any subject such as tattoos is from some OTHER Minister who has either written a book or given speeches expressing HIS personal opinions!彼らは毎週の責任を与えて説教と説教作曲者は、週半ばの準備して、サービスを提供し、日々の問題への対処法については、多くの教会で動作する、出席者は、ユーティリティの法案は、除雪、スケジューリングbaptisms等したがって、一般的に、彼の意見の根拠として任意の件名などの入れ墨大臣は、他の人からは、いくつかのどちらかで書かれた本や与えられた彼の個人的なご意見を表明演説!

Once he hears several different Ministers each express similar opinions, they tend to get absorbed and recorded as "rock solid beliefs".彼は一度聞いて同様の意見を表明する、いくつかの異なる各閣僚は、彼らに吸収を取得すると記録される傾向がある"確固たる信念岩" 。 Nearly always, there is also some specific Scripture that has gotten attached as the supposed Biblical basis for such beliefs.いつも近くには、いくつかの特定の啓典も添付してもらっては、聖書の根拠として、このような信念はずです。

This situation has resulted in intensely passionate Ministers insisting that abortion is absolutely a sin, but a careful examination of the Scripture cited rarely says anything resembling that!このような状況では、閣僚につながったと主張して激しく情熱的妊娠中絶の罪を犯すことは絶対ではなく、慎重に検査によれば、ほとんど何も似て啓典を引用して! Many personal assumptions regarding the interpretation are necessary to arrive at the conclusions that he expresses as absolute fact.多くの仮定に関する個人的な解釈が必要との結論に到着して彼は絶対的な事実として表現しています。 Indeed, there are other Ministers (rather few) who cite Scripture to passionately insist that (some) abortions are not sinful at all, and interestingly, they sometimes cite the exact same Scripture as alleged basis!確かに、そこには他の人の閣僚(むしろ少数)を熱烈に主張して聖書を引用する(いくつかの)すべての罪深い中絶ではない、と面白いことに、彼らの正確なときどき同じ啓典を挙げる疑惑の根拠として!

This all really makes Protestant Christianity look really bad, as a basic claim has always been that all beliefs are "sola Scriptura", by the Bible alone.このすべてが本当に本当にひどい目にキリスト教プロテスタント、クレームとしては常に、すべての基本的な信条は、 " scriptura solusの女性"は、一人のバイブルです。 This is clearly not what is being done regarding such subjects, on either side of the argument.これは明らかにしないように何が行われた科目については、両側には、引数です。

It seems clear to me that ALL Clergy need to remember that Jesus Taught Humility and Tolerance.私には、すべてクリアするようにしてイエスキリストの聖職者を覚えておく必要があります謙虚さと寛容さを教えています。 It is therefore inappropriate to demand that others agree with you, even if you are certain that you are correct!したがって、不適切なことは他に同意することを要求している場合でも、あなたが正しいことは確実だ! Yes, it is good to have Passion and Devotion to Christianity.はい、情熱を持つことは良いとキリスト教に献身している。 But we are also required (or supposed) to BEHAVE like Christians, or like Christ might have.しかし、我々が必要として(または仮定)のように振る舞うのキリスト教徒は、キリストの可能性があるかのようだ。 It is unimaginable that Jesus would have berated or insulted Christians or anyone else for having incorrect or incomplete beliefs.それは想像を絶するberatedまたは侮辱して、イエスがキリスト教徒や第三者のための信念が正しくないか不完全です。 There is no doubt that He would instead have Patiently attempted to calmly explain important facts.疑いの余地はないことを彼は辛抱強く代わりにしようとして冷静に重要な事実を説明する。 Why isn't that obvious in today's Churches?理由ではないことは自明では今日の教会ですか? Instead, there is such a ferocious insistence on claiming absolute knowledge of all of God's Plan, a claim that should actually be seen as very foolish.その代わりに、生き馬の目を抜くような主張には絶対的な知識を主張してすべての神の計画では、実際にすべきと主張すると見られて非常に愚かな。 We are all merely humans.我々はすべての人間に過ぎない。


Minister大臣

Catholic Information カトリック情報

The term minister has long been appropriated in a distinctive way to the clergy.長官の任期は長年にわたり、独特の道を充当する聖職者です。 The language of I Cor., iv, 1-2; Heb., viii, 2; Matt., xx, 26, etc. must have helped to familiarize the thought that those charged with spiritual functions in the Christian Church were called upon to be the servants (ministri) of their brethren.うわっ、私の言語です。 、 4 、 1-2 ; heb 。 、 VIIIや2 ;マットです。 、 XX社は、 26日、などという考えを理解する必要があります手助けして、これらの罪で起訴された精神的な関数は、キリスト教の教会にお呼びがかかる使用人が、彼らの同胞( ministri ) 。 Even before the Reformation the word minister was occasionally used in English to describe those of the clergy actually taking part in a function, or the celebrant as distinguished from the assistants, but it was not then used sine addito to designate an ecclesiastic.改革という言葉の前にもかかわらず大臣は、時折英語で使用されては、これらの聖職者に説明し、実際に参加して、関数、またはその祝賀会の参加者のアシスタントとして区別するが、それは当時使われていないecclesiastic正弦additoを指定する。 This employment of the term dates from Calvin, who objected to the name priest etc. as involving an erroneous conception of the nature of the sacred office.この日付からカルビン雇用の任期は、司祭者の名前などとして反対して事件の本質は、誤った概念の神聖なオフィスです。 These Calvinistic views had some influence in England.これらの意見はいくつかの影響力をcalvinisticイングランド。 In the Boo of Common Prayer the word minister occurs frequently in the sense of the officiant at a service, and in the thirty-second of the Canons Ecclesiastical (1603) we read "no bishop shall make a person deacon and minister both upon one day", where clearly minister stands as the equivalent of priest.ブーは、共通の祈りの言葉を大臣は、頻繁に発生officiantの意味でのサービスでは、 2番目の30とは、教会の規範( 1603 )私たち"をお読みビショップないものを作る人と大臣の両方に一日ディーコン"と、どこに立って大臣としてはっきりと同等の司祭。 As regards modern usage the Hist.モダンな使用法に関して、シーッ。 Eng.エングです。 Dictionary says: "The use of minister as the designation of an Anglican clergyman (formerly extensively current, sometimes with more specific application to a beneficed clergyman) has latterly become rare, and is now chiefly associated with Low Church views; but it is still the ordinary appellation of one appointed to spiritual office in any non-Episcopal communion, especially of one having a pastoral charge".辞書によれば: "の名称の使用の大臣として、聖公会牧師(旧広範囲現在は、ときどきして、より具体的なアプリケーションをbeneficed牧師)は、晩年になって珍しいし、教会には現在、主に関連付けられている低見解;しかし、それはまだ、普通名称の1つの事務所で任命される任意の非エピスコパル霊的聖体拝領、特に1つ持つ電荷田園" 。

As regards Catholic use, minister is the title of certain superiors in various religious orders.カトリック教徒としての使用に関しては、特定の大臣のタイトルは、さまざまな宗教上の上司の命令です。 The head of the Franciscan Order is known as the minister general, and the superior of the different provinces of the various branches is called minister provincial.フランシスコ会の頭の部分を注文大臣は、全般として知られており、上の枝には、様々な異なる地方行政相は地方と呼ばれる。 The same is true of the Order of the Trinitarians for the Redemption of Captives and of some other orders.そのため、同じことが言えるのtrinitarians償還のためのいくつかの他の捕虜と注文した。 In the Society of Jesus the second in command in each house, who is usually charged with the internal discipline, the commissariat, etc., is called minister.イエズス会は、 2番目のコマンドは、各家では、人の罪で起訴さは、通常の内部規律は、 commissariat等は、大臣と呼ばれます。 The statement made in Addis and Arnold's "Catholic Dictionary" and thence incorporated into the great Hist.アディスとの声明を前には、アーノルドの"カトリック辞書"とそこからの偉大な歴史に組み込まれています。 Eng.エングです。 Dictionary that each of the five assistants of the General of the Jesuits is called minister is without foundation. 5つの辞書には、各総長は、イエズス会のアシスタントと呼ば財団大臣はなし。

Publication information Written by Herbert Thurston.ハーバートサーストンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bruce C. Berger.転写されたブルースc.ベルガー。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.カトリック百科事典は、 1911年のボリュームXで公開されます。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認は、 11年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク


Pastor牧師

Catholic Information カトリック情報

This term denotes a priest who has the cure of souls (cura animarum), that is, who is bound in virtue of his office to promote the spiritual welfare of the faithful by preaching, administering the sacraments, and exercising certain powers of external government, eg, the right of supervision, giving precepts, imposing light corrections -- powers rather paternal in their nature, and differing from those of a bishop, which are legislative, judicial, and coactive.神父は、この用語を表しますザキュアーの魂(クーラanimarum ) 、つまり、誰が美徳の執務室に行き、精神的な福祉を推進し、忠実な説教、その秘跡を投与して、特定の権限を行使外部政府は、例えば、監督の右側には、教訓を与える、印象的な光の訂正-父性は、自然の力というと、ビショップが異なり、これは、立法、司法、およびc oactive。 A pastor is properly called a parish-priest (parochus) when he exercises the cure of souls in his own name with regard to a determined number of subjects who are obliged to apply to him for the reception of certain sacraments specified in the law.教区牧師の司祭が適切と呼ばれる( parochus )練習のときに彼の魂を治すのは、自分自身の名前と関連して、対象者の数を決定する義務を適用するには、彼は、レセプションで指定された特定の秘跡法です。 In this article "parish-priest" is always taken in this strict sense.この記事で"教区司祭"厳密な意味では、常にこの撮影。 Pastors (whether parish-priests or not) are either irremovable (inamovibiles) or movable (amovibiles ad nutum).牧師(教区-プリーストとなかろうとするかどうか)は、可動式のどちらかまたは移動できない( inamovibiles ) ( amovibiles広告nutum ) 。 An irremovable pastor or rector is one whose office gives him the right of perpetuity of tenure; that is, he cannot be removed or transferred except for a canonical reason, viz., a reason laid down in the law and, in the case of a criminal charge, only after trial.牧師やレクトールに移動できないのは、 1つのオフィスに彼の終身在職権の永久;それは、彼は削除された、または転送することはできませんがカノニカルな理由を除き、 viz 。 、敷設する理由は、法とは、例では、刑事責任は、裁判の後にのみです。 (See IRREMOVABILITY.) A movable pastor or rector is one whose office does not give him this right; but the bishop must have some just and proportionate reason for dismissing or transferring him against his will, and, should the priest believe himself wronged in the matter, he may have recourse to the Holy See, or to its representative where there is one having power in such cases. ( irremovabilityを参照してください。 )学長は、 1つの可動牧師またはその彼にこの権利を与えていないオフィス;しかし、ビショップと比例ばならない理由がいくつかあるだけで彼の意思に反してを退けまたは転送する、とは、不当な扱いをすべき司祭は、自分自身を信じる問題は、彼の神聖を参照してください償還請求可能性がある、またはその代理人を1つの場所ではそのような場合に電源です。 Moreover, according to some canonists, even movable pastors in case of a criminal charge cannot be absolutely removed from their office without a trial (cf. Pierantonelli, "Praxis Fori Ecclesiastici," tit. iv; Smith, "Elements of Ecclesiastical Law", n. 418.) This, certainly, is the case in the United States of America (Decrees of Propaganda, 28 March, and 20 May, 1887).また、いくつかのcanonistsによると、牧師でも例の可動刑事責任から削除することはできません絶対に自分のオフィスなしで裁判( cf. pierantonelli 、 "実習fori ecclesiastici 、 "駿馬がいるところ。静脈;スミス氏は、 "要素の教会法"は、 n. 418 。 )これは、確かに、その事件は、米国のオブアメリカ(令のプロパガンダは、 3月28日、および1887年5月20日) 。

The Council of Trent (Sess. XXIV, cap. xiii, de Ref.) shows it to be the mind of the Church; that dioceses should, wherever it is possible, be divided into canonical parishes (See PARISH), to be governed by irremovable parish-priests.トレントの評議会( sess. xxiv 、キャップです。 13世は、デ参照ください。 )が表示されることは、教会のマインド; diocesesばならないことは、どこでもすることが可能、カノニカルparishesに分けられる(教区を参照してください) 、に支配される教区-プリースト動かせない。 In places, therefore, where the Tridentine law cannot be fully carried out, bishops adopt measures which fulfil this requirement as nearly as circumstances allow.場所は、したがって、どこtridentine法の完全実施されることができない、この要件を満たして司教として採用する措置を認めるとほぼ同じ状況だ。 One such measure was the erection of quasi-parishes, districts with defined limits, ordered for the United States in 1868 (Second Plenary Council of Baltimore, n. 124).このような措置は、 1つの準架設parishes 、制限区域で定義は、米国で1868を注文すること( 2番目の本協議会は、ボルティモア、 n. 124 ) 。 Another such was the institution of irremovable rectors (pastors with the right of perpetuity of tenure), ordered for England in 1852 (First Provincial Council of Westminster Decr. xiii), and for the United States in 1886 (Third Plenary Council of Baltimore, n. 33).もう一つは、このような機関が動かせないrectors (牧師の在任期間を永久の右側)は、イングランドのために注文した1852 (最初の地方評議会のウェストミンスターdecr 。 13世) 、および、米国では1886 (ボルチモア3番目の本協議会は、なし。 33 ) 。

The power to appoint pastors is ordinarily vested in the bishop.牧師は、通常の電源を任命するの既得ビショップ。 Among the candidates possessed of the necessary qualifications the appointment should fall on the one who is best fitted for the office.候補者の中には、必要な資格を保有している約束して秋には、 1つの事務所の人が最善の仮縫いをしています。 Moreover, according to the Council of Trent (Sess. XXIV, cap. xviii, de Ref) candidates for the office of parish-priest should (a few cases excepted) pass a competitive examination (concursus).また、評議会によると、トレント( sess. xxiv 、キャップです。 18 、デ参照)候補は、事務所の教区司祭ばならない(いくつかのケースを除く)に合格する競争試験( concursus ) 。 This provision of the Council of Trent is sometimes by particular enactments applied in the selection of candidates for the office of irremovable rectors, as happens in the United States (Third Plenary Council of Baltimore, tit. ii, cap. vi).この規定は、評議会のトレントはときどきenactments適用される特定の候補者の選定には、オフィスの移動できないrectors 、起こるとしては、米国(ボルチモア3番目の本協議会は、駿馬がいるところ。 2世は、キャップです。 vi )のです。

With regard to the faculties and powers of pastors, those of parish-priests are sufficiently defined by the law, and hence are ordinary, not delegated.学部と関連して、権限の牧師は、これらの教区司祭は、十分に法律で定義されて、そしてそのためには通常、委任しない。 Of these faculties some are called rights strictly parochial, because in a parish they belong exclusively to the parish-priest, so that their subjects cannot with regard to them have recourse to another priest, except with his or the bishop's consent.これらのいくつかの学部と呼ばれる権利を厳密には、偏狭なので、彼らは、専属教区の教区司祭には、それぞれの科目をすることはできませんので、かれらが償還請求権と関連して別の司祭を除いて、彼の司教の同意または。 These rights are the following: the right of administering baptism, holy viaticum, and extreme unction in all cases where there is no urgent necessity; the right of administering paschal communion, of proclaiming the banns of marriage, and of blessing marriages.これらの著作権は次のとおりです:右に洗礼を投与し、神聖な旅費は、すべてのケースと終油の秘跡をどこに緊急性がない;復活祭の聖体拝領を投与し、右側には、結婚の宣言を予告する、との結婚を祝福した。 To the parish-priest are also reserved the celebration of funerals (except in certain cases specified in the law), and the imparting of certain blessings, the chief one being blessing of the baptismal font.教区司祭にも予約の葬式に出席するのを祝って(特定の場合を除き、同法で指定された) 、および特定のimparting幸運な出来事は、最高の祝福の洗礼の1つのフォントれています。 To pastors, who are not parish-priests, the right of assisting at marriages is given by the law as to parish-priests.牧師が、教区の聖職者ではない、右側には結婚では、与えられた支援法としての教区司祭に。 The other rights usually are granted to them by the bishops and are defined in the particular laws; such is very commonly the case in the United States England, and Scotland, with regard to baptism, holy viaticum, extreme unction, and funerals.通常は、他の権利を付与されることとは定義され、特定の司教の法律;などは非常によくあるケースは、米国イングランド、スコットランド、バプテスマと関連して、聖なる餞別、終油の秘跡、および葬式に出席する。 Mention should be made here of the custom which exists in certain dioceses of the United States, whereby the faithful of one district are permitted to receive such sacraments from the pastor of another district if they rent a pew in his church (Second Plenary Council of Baltimore, nn. 117, 124, 227, and the statutes of several diocesan synods).ここで言及しなければならないのは、カスタムの前に存在する特定のdiocesesの米国では、 1つの地区では、忠実なのは、このような許可を受ける秘跡牧師の別の地区からすれば、彼の教会を借りるピュー(ボルティモア2番目の本協議会、 nn 。 117 、 124 、 227 、および法令のいくつかの監督管区synods ) 。 Rights not strictly parochial are those which belong by law to parish-priests, but not exclusively.著作権は厳密には、偏狭なものに属する教区司祭にも、法律には、独占的にはできません。 Such are the faculties of preaching celebrating Mass, low or solemn, hearing confessions, administering Holy Communion.説教は、そのような能力を祝うミサが、厳粛な低または、公聴会の告白、聖体拝領を投与しています。 Pastors who are not parish-priests receive these faculties from their bishop.教区牧師-プリーストを受ける者ではないから、これらの学部ビショップ。

Pastors are naturally entitled to a salary.牧師の給与を受ける権利があるのは当然だ。 This is furnished by the revenues of the parochial benefice, should there be one; otherwise, it is taken from the revenues of the church or from the offerings.これは、売上高は、偏狭な家具を封土、そこには、 1つ;そうでなければ、それは、収入から取らからは、教会や提供します。 Such offerings as the faithful contribute of their own accord, without specifying the purpose of their donation, belong to the pastor.このようなサービスとして、協定を忠実には、独自の貢献は、彼らの寄付の目的を指定せずに、この教会の牧師に所属しています。 This assertion is based on the presumption that these gifts are meant to show the gratitude of the faithful towards the priests who spend their lives in caring for the souls committed to their charge.この主張は仮定に基づいて、これらの贈り物は、感謝の意を示す意味は、忠実なプリーストに向かって思いやりのある人に、自分の命を過ごすために自分の魂をコミットして充電します。 This presumption, however, ceases wherever custom or law provides that at least a certain portion of these offerings should belong to the church.この推定は、しかし、どこが停止またはカスタム法を提供して、少なくともこれらのサービスは、特定の部分には教会に所属しています。 This is generally the case where churches, not possessing other sources of income, depend entirely on the offerings.この教会は、通常のケースではなく、他の収入源を所持し、全面的に依存して提供します。 An illustration of such laws is to be found in the eighth decree of the Second Provincial Council of Westminster, approved by Leo XIII in the Constitution "Romanos Pontifices" of 8 May, 1881.このような法律のイラストが発見される2番目の8番目の地方評議会令ウエストミンスターのは、憲法が承認されたレオ13世"ロマノスpontifexの複数形"の1881年5月8日。 Accordingly, in countries where this is in force, the usual collections taken up in the churches belong to each mission, in addition to the pew-rents, and it is from these revenues that the salaries of pastors and assistants are ordinarily drawn.したがいまして、これはどこの国で強制的には、通常のコレクションを取り上げ、各ミッションは、教会に所属して、家賃のほかに、ピューには、これらの収入からして、それは牧師やアシスタントの給与は、通常描かれた。

Pastors, besides having rights, have also obligations.牧師は、著作権に加えて、義務でもある。 They must preach and take care of the religious instruction of the faithful, especially of the young, supply their spiritual needs by the administration of the sacraments, reside in their parish or mission, administer diligently the property entrusted to their care, watch over the moral conduct of their parishioners, and remove, as far as possible, all hindrances to their salvation.説教との世話をしなければならないのは、宗教上の命令に忠実な、特に若いのは、彼らの精神的なニーズに供給される政権の秘跡は、自分の住んでいる教区やミッションは、その財産を管理委託してケア熱心には、道徳的に見守る彼らの行為parishioners 、および削除は、できるだけ遠いところには、すべての障害を自分の救いだ。 Moreover, parish-priests must make a profession of faith and take the oath prescribed by Pius X in his "Motu Proprio", 1 Sept., 1910; they must also offer the Holy Sacrifice on behalf of their flock on Sundays and certain holydays set down in the law.また、教区の信仰の告白をする必要がありますプリーストに就任すると規定されたピウスXなど、彼の"自発教令"は、 1910年9月1日;しなければならない神聖な犠牲を提供しても彼らに代わって、特定の群れ日曜holydaysセット法律の下で。 When the number of the faithful entrusted to the care of the pastor is so large that he alone cannot fulfil all the duties incumbent on his office, the bishop has the right to order him to take as many priests to help him as may be necessary.そのときの数を忠実に委託して、牧師のケアは非常に大規模なことだけでは彼のすべての義務を果たし現職の執務室では、ビショップには、権利を取るために彼をできるだけ多くのプリーストを手伝ってくれるかもしれないが必要だ。 These are called assistants or auxiliary priests, and differ both from coadjutors who are given to pastors for other reasons determined by the law, and from administrators who take charge of a parish during its vacancy, or the absence of its pastor.アシスタントや補助プリーストと呼ばれるこれらは、双方が異なるからとcoadjutors牧師たちに与えられたその他の理由により決定されるため、法では、管理者からの主導権を握ると、その中に欠員教区、またはその牧師の不在です。

Positive law (Council of Trent, Sess. XXI, cap. iv, de Ref.), modified in some countries by custom, reserves to the parish-priest the right to choose his assistants, a choice, however, which is subject to the approval of the bishop, and it is also from the bishop that assistants receive their faculties.肯定的な法則(トレント評議会は、 sess 。 21 、キャップです。 4世は、デ参照ください。 )は、カスタム修飾されたいくつかの国では、教区司祭の準備をする権利を彼のアシスタントを選択すると、選択は、しかし、これは、対象となる司教の承認、およびそれは、司教よりも彼らの能力を受け取ることアシスタントです。 The amount of their salary is likewise to be determined by the bishop, and, as to its source, the same rules hold as those already mentioned with regard to pastors.自分の給料の額に基づいて決定されるが、同様に司教、そして、ソースをクリックして、同じルールを保持者として前述の牧師と関連している。 As to their removal, (a) when their nomination belongs by law to the parish-priest, they can be removed either by him or by the bishop, (b) when their nomination belongs to the bishop, he alone can remove them; in any case a reasonable cause is necessary, at least for the lawfulness of the act, and the assistant who believes that he has been wronged may have recourse to higher authorities, as mentioned above with regard to movable pastors.として除去して、彼らの指名(する)際にも、法律に属する教区司祭は、かれらが除去されるかのどちらかによって彼の司教は、 ( b )に属するのではなくて、かれらの指名は、彼だけで削除して;でいずれにしても、合理的な原因は、必要に応じて、少なくとも行為の正当性のため、と彼は考えている人のアシスタント不当な扱いをされて償還請求をより高い可能性がある当局は、上記のよう可動牧師と関連している。 Their office, however, does not cease with the death of the priest or bishop who appointed them, unless this was clearly expressed in the letters of appointment.彼らの事務所は、しかし、中止ではない、人の死の司祭司教に任命したりしない限り、これは明確に表明したのは、文字を任命した。 For the recent legislation regarding the removal of parish-priests, see PARISH, section II, 2.法制化については、最近の除去-教区司祭は、教区を参照して、セクション、 2 。

Publication information Written by Hector Papi.ヘクターパーピ書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bobie Jo M. Bilz.転写されたチョbobie m. bilz 。 Dedicated to Reverend J. Ronald Knott, Pastor of the Cathedral of the Assumption, Louisville, Kentucky, 1983-1997.ひたむきにロナルドノットj.牧師は、教会の牧師は、大聖堂の仮定は、ルイビル、ケンタッキー州は、 1983年から1997年です。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームxi 。 Published 1911.日付1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.公認は、 1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、規格は、検閲しています。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョンファーリー枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography文献情報

BAART, Legal Formulary (4th ed., New York), nn. baart 、法的な処方(第4エド。 、ニューヨーク) 、 nn 。 86-113; BOUIX, De Parocho (3rd ed., Paris, 1889); FERRARIS, Bibliotheca Canonica etc. (Rome, 1885-99); NARDI, Dei Parrochi (Pesaro, 1829-60); SANTI, Pr£lectiones juris canonici (New York, 1905); SCHERER, Handbuch des Kirchenrechts (Graz, 1886), xcii-iii; SMITH, Elements of Ecclesiastical Law, I (9th ed., New York, 1893), nn.八六〜一一三; bouix 、デparocho ( 3エド。 、パリ、 1889 ) ;フェラーリス、蔵書カノーニカ等(ローマでは、 1885年から1899年) ;ナルディ、デイparrochi (ペザロは、 1829年から1860年) ;サンティ、広報£ lectionesジュリスcanonici (ニューヨーク、 1905 ) ;シェアラー、 handbuchデkirchenrechts (グラーツ、 1886 ) 、 92 - 3 ;スミスは、要素の教会法では、私( 9エド。 、ニューヨーク、 1893 ) 、 nn 。 639-70; WERNZ, Jus Decretalium (Rome, 1899), tit. 639〜70 ;ウェルンツ、出生地decretalium (ローマ、 1899年) 、駿馬がいるところ。 xxxix; RAYMUNDI ANTONII EPISCOPI, Instructio Pastoralis (5th ed., Freiburg, 1902); AICHNER, Compendium juris eccl. 39 ; raymundi antonii episcopi 、 instructio pastoralis ( 5回エド。 、フライブルク、 1902 ) ; aichner 、大要ジュリスeccl 。 (6th ed., Brixon, 1887), 426-41; CRONIN, The New Matrimonial Legislation (Rome, 1908). ( 6日エド。 、 brixon 、 1887 ) 、 426から41まで;クローニンは、新しい婚姻立法(ローマ、 1908 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Holy Orders 僧籍

Nuns 修道女
Friars 修道士
Convent 修道院
Major Orders 主要な受注


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです