Book of Nahum予約のナホム

General Information 総合情報

The Book of Nahum, seventh of the 12 minor prophetic books in the Old Testament of the Bible, probably dates from shortly after the destruction of Assyria in 612 BC, although the book is cast in the form of a prophecy of events yet to unfold.この本のナホム、 7番目の12の書籍を、旧約聖書のマイナーな予言は、聖書の、おそらく日付の破壊の直後にアッシリアから、紀元前612が、この本は、出演するという形でのイベントはまだありません予言を展開します。

The prophet Nahum described the conquest of the oppressive Assyrians by the Medes and Babylonians, presenting their fall as the righteous judgment of Yahweh.ナホムの預言者の過酷な記述して征服されたassyriansメデスとbabylonians 、秋の提示にヤハウェとして正しい判断をします。 Unlike other prophets, Nahum did not apply his condemnation of wickedness to Israel itself.他の預言者とは異なり、彼は、適用しないナホムは邪悪を非難したイスラエルそのものです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Book of Nahum予約のナホム

Brief Outline簡単な概要

  1. Poem concerning the greatness of God (1:1-15)詩の神の偉大さ( 1:1-15 )
  2. Poem detailing the overthrow of Nineveh (2:1-3:19)詩の転覆を詳述ニネベ( 2:1-3:19 )


Na'hum na'hum

Advanced Information 高度情報

Nahum, consolation, the seventh of the so-called minor prophets, an Elkoshite.ナホム、敗者復活、第7回の、いわゆる小預言者、 elkoshiteです。 All we know of him is recorded in the book of his prophecies.すべての私たちが確認した彼は、彼の予言帳に記録されています。 He was probably a native of Galilee, and after the deportation of the ten tribes took up his residence in Jerusalem.彼はおそらくガリラヤに自生する、とした後の10部族の国外追放を取り上げた彼のエルサレムのレジデンスです。 Others think that Elkosh was the name of a place on the east bank of the Tigris, and that Nahum dwelt there.他人の名前を思うelkoshは、銀行の場所は、チグリス川の東ており、そのナホム力説。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Na'hum予約のna'hum

Advanced Information 高度情報

Nahum prophesied, according to some, in the beginning of the reign of Ahaz (BC 743).ナホム予言によると、いくつかのは、アハズの治世の初めに、 (紀元前743 ) 。 Others, however, think that his prophecies are to be referred to the latter half of the reign of Hezekiah (about BC 709).その他、しかし、彼の予言されると思う言及しているの治世の後半部分は、 hezekiah (約紀元前709 ) 。 This is the more probable opinion, internal evidences leading to that conclusion.これは、他の予想の意見では、内部の証拠をリードして結論です。 Probably the book was written in Jerusalem (soon after BC 709), where he witnessed the invasion of Sennacherib and the destruction of his host (2 Kings 19:35).おそらくこの本は書かれてエルサレム(紀元前709直後) 、ここで彼を目撃したとの破壊sennacherib侵攻した彼のホスト( 2キングス19:35 )です。 The subject of this prophecy is the approaching complete and final destruction of Nineveh, the capital of the great and at that time flourishing Assyrian empire.の件名は、次の予言は、ニネベ近づいて完了し、最終的に破壊するの首都、その時の偉大なとアッシリア帝国繁栄している。 Assur-bani-pal was at the height of his glory.アッシュール-バニ- PAL方式は、高さは、彼の栄光です。 Nineveh was a city of vast extent, and was then the centre of the civilzation and commerce of the world, a "bloody city all full of lies and robbery" (Nah. 3:1), for it had robbed and plundered all the neighbouring nations.ニネベは、市の広大な範囲とはcivilzationと入力し、商取引の中心部に、世界は、 "流血の市のすべての完全なうそと強盗" ( nah. 3:1 ) 、略奪ていた強盗に入られたとのすべての近隣国です。 It was strongly fortified on every side, bidding defiance to every enemy; yet it was to be utterly destroyed as a punishment for the great wickedness of its inhabitants.要害堅固のことは、あらゆる面では、入札ごとに反抗的な態度を敵;に対するレビューはまだ完全に破壊されることは、罰としてその街の住民たちは偉大な邪悪のです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


The Date of the Book of Nahumこの本は、この評価をナホム

Dr. Gordon H. Johnstonゴードン博士笠原ジョンストン

Assistant Professor, Department of Old Testament Studies助教は、旧約聖書研究部
Dallas Theological Seminaryダラス神学校
The Book of Nahum prophesies the imminent demise of the Neo-Assyrian Empire and destruction of Nineveh its capital.この本のナホムが迫ってprophesiesネオアッシリア帝国の崩壊と首都ニネベの破壊です。 Although it is impossible to be precise about the exact date of composition of the book, the terminus a quo may be set at 663 BC, while the terminus ad quem appears to be 612 BC.正確なことは不可能であるもののされるの組成については、正確な日付は、予約は、そこから末端紀元前663年5月に設定され、 quemのが、末端の広告が表示される紀元前612です。 The fall of Thebes in 663 BC is viewed as a recent past event (3:8-10), while the fall of Nineveh in 612 BC and the final end of the Empire in 609 BC are both depicted as future events. 1テーベの秋には、紀元前663として人気の最近の過去のイベント( 3:8-10 ) 、ニネベが陥落しながら、紀元前612帝国との最後の最後に、紀元前609今後のイベントとしてはどちらも描かれています。 1

Exactly where Nahum falls between 663-612 BC is debated. 2 However, several factors may help narrow the range.ナホムの滝の間に正確な位置は、議論663〜612紀元前2しかし、いくつかの要因がありますヘルプの範囲の狭い。 First, Nahum announced that Assyria would never again subjugate (1:12) nor invade Judah (1:15 [2:1]).第一に、ナホムと発表したアッシリアは決して再び意のままに操る( 1:12 )も侵攻ユダ( 1:15 [ 2:1 ] ) 。 So he probably delivered his oracles after 640 BC, the date of the last known Assyrian campaign in the western territories when Ashurbanipal temporarily reasserted Assyrian suzerainty over Judah and other Syro-Palestinian vassals.彼のoraclesので、彼に配信した後、おそらく紀元前640は、この評価をアッシリアの最後の既知のキャンペーンの目的は、西部地域reassertedときに一時的にアッシュールバニパルユダアッシリアの宗主権およびその他のsyro -パレスチナvassals 。 Second, Nahum presents Assyria as a strong imperialistic tyrannt that was crushing its enemies and extracting oppressive tribute from its vassals (1:12; 2:13; 3:1).第二に、ナホムプレゼントとしてアッシリア帝国主義に強いtyrannt破砕されたその過酷なトリビュートからの敵や、解凍vassals ( 1:12 ; 2:13 ; 3:1 ) 。 This probably reflects the situation before the meteoric fall in Assyrian power after the death of Ashurbanipal in 627 BC.この状況を反映して、おそらく秋に流星の前に死亡した後、アッシリアのアッシュールバニパルパワーで紀元前627です。 All of his successors - Ashur-etil-ilani (627-623), Sin-shum-lishir (623), Sin-shar-ishkun (623-612), and Ashur-uballit II (612-609) - were weak and ineffective. 3 So Nahum probably prophecied sometime during the reign of Ashurbanipal (668-627), the last powerful king of Assyria.彼のすべての後継者-アッシュール- e til- i lani( 6 27から623まで) 、罪- s hum- l ishir( 6 23) 、罪-シャル- i shkun(六百二十三〜六百十二) 、およびアッシュールウバリト2世( 6 12〜609) -が弱いと効果がない。 3ので、おそらくpropheciedいつかナホムの治世中にアッシュールバニパル( 668から627 ) 、アッシリアの最後の強力なキングオブします。

Footnotes:脚注:
1 Contrary to AS van der Woude, The Book of Nahum: A Letter Written in Exile, in Oudtestamentliche Studien, Deel XX, edited by AS van der Woude (Leiden: EJ Brill, 1977), 108-126.ファンデルwoudeとして1に反して、 この本のナホム:一通の手紙で書かれて亡命者 oudtestamentliche studien 、 deelイグゼクス、編集され、ファンデルwoude (ライデン: EJ Brill学、 1977 ) 、一〇八から一二六です。

2 For discussion, see Walter A. Maier, The Book of Nahum (Grand Rapids: Baker, 1959), 27-40, 87-139; WC van Wyk, Allusions to 'Prehistory' and History in the Book of Nahum, in De Fructo Oris Sui: Essays in Honor of Adrianus van Selms (Leiden: EJ Brill, 1971), 222-32; Richard D. Patterson, Nahum, Habakkuk, Zephaniah. 2議論を参照してくださいa.ウォルターマイヤーは、予約のナホム(グランドラピッズ:ベイカー、 1959 ) 、 27から40まで、八十七〜百三十九;トイレヴァンwyk 、 allusionsを'先史時代'との履歴をこの本のナホムデフルクトオリゴオリス隋:エッセイに敬意を表してadrianusヴァンselms (ライデン: EJ Brill学、 1971 ) 、二二二から三二まで;リチャードDパターソン、ナホム、ハバクク、ゼパニヤです。 The Wycliffe Exegetical Commentary (Chicago: Moody Press, 1991), 3-7.ウィクリフ解釈の解説(シカゴ:ムーディープレス、 1991 ) 、 3-7 。

3 The chronology of the last half century of Assyrian history is filled with problems. 3年表アッシリアの最後の半世紀の歴史は満ちている問題が発生します。 The system adopted here follows John Oates, Assyrian Chronology, 631-612 BC, Iraq 27 (1965): 135-59.ここで次のように、システムを採用ジョンオーツ、 アッシリアの年表、紀元前631から612 、イラク27 ( 1965 ) :百三十五〜五十九です。 See also Julian Reade, The Accession of Sinsharushkin, Journal of Cunieform Studies 23 (1970): 1-9.こちらもユリウス暦のリードは、加盟sinsharushkin 、 cunieform研究誌23 ( 1970 ) : 1-9 。


Book of Nahum予約のナホム

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

Isaiah concludes his work at about the end of Hezekiah's reign, which synchronizes with the captivity of the ten tribes of Israel by the Assyrians.イザヤ書最後の最後に彼の作品は約hezekiahの治世、これを同期させますが、監禁された10部族のイスラエルassyriansです。 At this period of perplexity, to quote Angus: "When the overthrow of Samaria (the capital of Israel), must have suggested to Judah fears for her own safety, when Jerusalem (the capital of Judah), had been drained of its treasure by Hezekiah in the vain hope of turning the fury of the Assyrians from her, and when rumors of the conquest of a part of Egypt by the same great power added still more to the general dismay, Nahum was raised up by Jehovah to reveal His tenderness and power (1:1-8), to foretell the subversion of the Assyrians (1: 9-12), the death of Sennacherib the Assyrian king and the deliverance of Hezekiah from his toils (1:10-15)."この期間のまごついていること、を引用符でアンガス: "転覆のときにサマリア(イスラエルの首都) 、ユダの懸念を提案する必要があります彼女自身の安全のため、ときにエルサレム(ユダの首都) 、宝されていたの排水hezekiahは、無駄な望みを旋回assyriansから、彼女の伝説、とのうわさが流れのときに征服されたエジプトの部分と同じ大きな力を追加されましたまだ他に全般にうろたえて、ナホムが提起されエホバを明らかにすると彼の優しさパワー( 1:1-8 )を予言assyrians Subversionのは、 ( 1 : 9-12 ) 、が死亡したsennacheribでは、アッシリア王の救出の彼のかかってからhezekiah ( 1:10-15 ) 。 "

The name of the prophet means consolation.慰めの預言者の名前を意味します。 After the consolatory introduction which covers the whole of chapter 1, the prophet predicts in detail, the destruction of Nineveh, the capital of the Assyrian empire.慰めの紹介をした後、全体をカバーして第1章は、預言者を詳細に予測し、ニネベの破壊、帝国は、アッシリアの首都です。 Properly to grasp Nahum, one needs to compare it with Jonah, of which it is a continuation and supplement.ナホムに適切に把握する、 1つのニーズを比較することがヨナは、それが継続と補足します。 "The two prophecies form parts of the same moral history; the remission of God's judgments being illustrated in Jonah, and the execution of them in Nahum. The city had one denunciation more given a few years later, by Zephaniah (2:13), and shortly afterwards (606 BC), the whole were fulfilled." " 2つの予言フォームの部品と同じ道徳的な歴史;の寛解期の神の判断が示されてヨナ、およびナホムの実行をしています。非難の他の与えられた1つの市は数年後、ゼパニヤ( 2:13 ) 、とすぐに(紀元前606 )は、全体が果たされる。 "

Questions 1.質問1 。 Against what Gentile nation is this prophecy uttered according to verse 1?ジェンティーレに対してどのような国は、この予言詩によると、 1口ですか? 2. 2 。 Indicate the verses in chapter 1 that are particularly consolatory to Israel.第1章の詩を示すことは、特にイスラエル慰めをします。 3. 3 。 How is Nahum 2:2 rendered in the Revised Version?ナホム2:2はどのようにレンダリングさの改訂版ですか? 4. 4 。 How does chapter 3:7, 19 show the ultimate utter destruction of Nineveh?どのような第3時07分、 19詳細、究極の全くのニネベの破壊ですか? 5. 5 。 How does 3:16 indicate the commercial greatness of that city? 3:16偉大さを示すどのように、その都市の商業ですか?


Nahumナホム

Catholic Information カトリックの情報

One of the Prophets of the Old Testament, the seventh in the traditional list of the twelve Minor Prophets. 1つは、旧約聖書の預言者、第7回では、 12のリストを、従来の小預言者です。

NAME名前

The Hebrew name, probably in the intensive form, Nahhum, signifies primarily "full of consolation or comfort", hence "consoler" (St. Jerome, consolator), or "comforter".ヘブライ語の名前、おそらくは、集中フォーム、 nahhum 、主を意味する"フルの慰めや快適度" 、したがって" consoler " (聖ジェローム、 consolator ) 、または"慰める"です。 The name Nahum was apparently of not rare occurrence.ナホムは、特定の名前を明らかにまれな出来事です。 Indeed, not to speak of a certain Nahum listed in the Vulgate and Douay Version (Nehemiah 7:7) among the companions of Zorobabel, and whose name seems to have been rather Rehum (Ezra 2:2; Heb. has Rehum in both places), St. Luke mentions in his genealogy of Our Lord a Nahum, son of Hesli and father of Amos (iii, 25); the Mishna also occasionally refers to Nahum the Mede, a famous rabbi of the second century (Shabb., ii, 1, etc.), and another Nahum who was a scribe or copyist (Peah, ii, 6); inscriptions show likewise the name was not uncommon among Phoenicians (Gesenius, "Monum. Phoen.", 133; Boeckh, "Corp. Inscript. Graec.", II, 25, 26; "Corp. Inscript. Semitic.", I, 123 a3 b3).確かに、口にしないように、特定のナホムに記載されて流布本とドウエー版(ニーアマイア7時07分)の仲間の間でzorobabel 、ともいうように、その名rehum (エズラ2:2 ;なしで。 rehumの両方に配置さは、 ) 、聖ルカ彼の家系の言及をわたしたちの主ナホム、 hesliの息子と父親のエイモス( Ⅲ 、 25 ) ;のmishnaも時折、 medeナホムを参照して、 2番目の世紀の有名なラビ( shabb. 、 2世、 1 、等) 、および別のナホムwhoは、筆記体または筆耕( peah 、 2 、 6 ) ;碑文詳細同様にフェニキア人の間の名前はまれではない(ゲゼーニウス、 " monumです。 phoen 。 " 、 133 ;ベック、 "コープです。 inscript 。 graecです。 " 、 2世、 25日、 26日; "株式会社inscript 。ユダヤ人です。 " 、私、 123 A3面b3 ) 。

THE PROPHET預言者ムハンマド

The little we know touching the Prophet Nahum must be gathered from his book, for nowhere else in the canonical Scriptures does his name occur, and extracanonical Jewish writers are hardly less reticent.私たちの小さな感動の預言者ナホム知ってから収集しなければならない彼の本は、どこやり繰りして、正規の経典は彼の名前が発生し、無口なextracanonical系ユダヤ人の作家はほとんど少ないです。 The scant positive information vouchsafed by these sources is in no wise supplemented by the worthless stories concerning the Prophet put into circulation by legend-mongers.肯定的な情報の乏しいvouchsafedはない、これらのソースは、賢明なストーリーに関する補足されたworthless投入さ預言者ムハンマドの伝説循環され屋です。 We will deal only with what may be gathered from the canonical Book of Nahum, the only available first-hand document at our disposal.我々はどのような対応だけで、正規の予約年5月のようなところから集めナホムは、第一手でのみご利用文書にてお問い合わせ処分します。 From its title (i,1), we learn that Nahum was an Elcesite (so DV; AV, Elkoshite).そのタイトル(私は、 1 ) 、私たちは知ってナホムelcesite (ためのDV ; AVだけでなく、 elkoshite ) 。 On the true import of this statement commentators have not always been of one mind.上の解説者の真のインポートは、次のステートメントを1つ常に心がない。 In the prologue to his commentary of the book, St. Jerome informs us that some understood `Elqoshite as a patronymic indication: "the son of Elqosh"; he, however, holds the commonly accepted view that the word `Elqoshite shows that the Prophet was a native of Elqosh.彼は、プロローグを解説する書籍、聖ジェローム通知先としてはいくつかの理解elqoshite ` patronymic表示: "の息子のelqosh " ;彼は、しかし、よく保持して定説になっているという単語` elqoshiteによると預言者ムハンマドはelqoshに自生する植物です。

But even understood in this way, the intimation given by the title is disputed by biblical scholars.しかし、この方法でさえ理解され、その通告を与えられた聖書学者のタイトルは、係争中です。 Where, indeed, should this Elqosh, nowhere else referred to in the Bible, be sought?ここで、実際のところ、このelqoshは、他のどこで参照されて聖書の、が求められてですか?

Some have tried to identify it with `Alqush, 27 miles north of Mossul, where the tomb of Nahum is still shown.いくつかの試みを識別することが` alqush 、 27マイル北mossul 、どこの墓のナホムは、まだ表示されます。 According to this opinion, Nahum was born in Assyria, which would explain his perfect acquaintance with the topography and customs of Ninive exhibited in the book.によると、この意見によれば、アッシリア生まれのナホム、これは彼の完璧な知人に説明するの地形と税関の予約ninive展示されています。 But such an acquaintance may have been acquired otherwise; and it is a fact that the tradition connecting the Prophet Nahum with that place cannot be traced back beyond the sixteenth century, as has been conclusively proven by Assemani.しかし、そのような他の知人がありますが後天性、およびていることは事実預言者ナホムの伝統に接続すると、その場所にすることはできません超えて16世紀にさかのぼるとされアッセマーニ決定的に実証されています。 This opinion is now generally abandoned by scholars.この意見は、今すぐに捨てられた、通常の学者です。

Still more recent and hardly more credible is the view advocated by Hitzig and Knobel, who hold that Elqosh was the old name of the town called Capharnaum (ie, "the village of Nahum") in the first century: a Galilean origin, they claim, would well account for certain slight peculiarities of the Prophet's diction that smack of provincialism.まだ他の最近のとほとんどの他の信憑性は、対象と提唱ヒッツィヒknobel 、 whoホールドをelqoshは、古い町の名前にはカペナウムと呼ばれる(すなわち、 "村のナホム" )での最初の世紀:ガリレイの起源、彼ら請求は、アカウントの特定のわずかな特性がよく、預言者の言葉遣いに舌鼓を打つのいなかです。 Apart from the somewhat precarious etymology, it may be objected against this identification that Capharnaum, however well known a place it was at the New Testament period, is never mentioned in earlier times, and, for all we know, may have been founded at a relatively recent date; moreover, the priests and the Pharisees would most likely have asserted less emphatically "that out of Galilee a prophet riseth not" (John 7:52) had Capharnaum been associated with our Prophet in the popular mind.やや不安定な語源は別に、反対することがありますが、この身分証明書をカペナウム、しかしよく知られて配置することは、新約聖書は、期間中、以前の倍に記載さは決して、および、すべての私たち知って、 5月にも設立比較的最近の日付;また、司祭と主張phariseesは少ないがきっぱりと最も高い"と預言者のガリラヤrisethない" (ヨハネ7時52分)カペナウムに関連付けられていた私たちは、人気の心の預言者です。

Still, it is in Galilee that St. Jerome located the birthplace of Nahum ("Comment. in Nah." in PL, XXV, 1232), supposed to be Elkozeh, in northern Galilee; but "out of Galilee doth a prophet rise?"とはいえ、これは、ガリラヤの発祥の地に位置しナホム聖ジェローム( "コメントは得られなかった。 、ナ。 "ポーランド語、 25 、 1232 ) 、 elkozehはず、北部のガリラヤ;しかし、 "アウトオブガリラヤdoth預言者の上昇ですか? " might we ask again.かもしれないいただきますようお願いします。 The author of the "Lives of the Prophets" long attributed to St. Epiphanius tells us "Elqosh was beyond Beth-Gabre, in the tribe of Simeon" (PG, XLIII, 409).の著者は、 "預言者の生活を"長いに起因する聖聖エピファニオスを教えてくれる"ベス- gabreを超えelqoshは、部族のシメオンは、 " (結果、 43 、 409 ) 。 He unquestionably means that Elqosh was in the neighbourhood of Beth-Gabre (Beit Jibrin), the ancient Eleutheropolis, on the borders of Juda and Simeon.彼は、紛れもなくelqoshを意味し、近隣のベス- gabre (ベイトjibrin )は、古代のeleutheropolisで、 [ judaとの境界線をシメオンです。 This view has been adopted in the Roman Martyrology (1 December; "Begabar" is no doubt a corrupt spelling of Beth-Gabre), and finds more and more acceptance with modern scholars.このビューを表示され、ローマに採択さ殉教史( 12月1日; " begabar "のつづりを破損したことは間違いないベス- gabre ) 、および検出さますます多くの受け入れを現代の学者です。

THE BOOKこの本

Contents内容

The Book of Nahum contains only three chapters and may be divided into two distinct parts.この本の3つの章のみが含まれナホム2つに分けられると異なる部分があります。

The one, including i and ii, 2 (Heb., i-ii, 1-3), and the other consisting of ii,1, 3-ii (Heb., ii, 2, 4-iii).の1つを含むIとII 、 2 ( heb. 、私- 2 、 1-3 ) 、および、他の構成の2世、 1 、 3 - Ⅱ ( heb. 、 2世、 2 、 4 - 3 ) 。 The first part is more undetermined in tone and character.未定での最初の部分は、他のトーンやキャラクターです。 After the twofold title indicating the subject-matter and the author of the book (i, 1), the writer enters upon his subject by a solemn affirmation of what he calls the Lord's jealousy and revengefulness (i, 2, 3), and a most forceful description of the fright which seizes all nature at the aspect of Yahweh coming into judgment (i, 3-6).タイトルの後に二重の主題を示すと、本の著者は、 (私は、 1 ) 、その作家に入る時彼の件名を肯定することに厳粛な呼び出して、どのような彼の主のねたみとrevengefulness (私、 2 、 3 ) 、および、最も強力な説明書を押収、恐怖をヤハウェのすべての側面を自然に入ってくるように判断(私、 3-6 ) 。 Contrasting admirably with this appalling picture is the comforting assurance of God's loving-kindness towards His true and trustful servants (7-8); then follows the announcement of the destruction of His enemies, among whom a treacherous, cruel, and god-ridden city, no doubt Ninive (although the name is not found in the text), is singled out and irretrievably doomed to everlasting ruin (8-14); the glad tidings of the oppressor's fall is the signal of a new era of glory for the people of God (1:15; 2:2; Hebrews 2:1, 3).見事に対照的に、このゾッとするような画像は、保証の励みに向け、神の慈愛の彼のtrueと全面的に信頼する使用人( 7-8 ) ;入力し、次のように発表した彼の敵の破壊のうち誰を裏切り、残酷な、と神に苦しむ市、間違いなくninive (とはいえ、名前が見つからない場合には、テキスト)は、永遠に白羽の矢が立つの宣告を受けると取り返しのつかないほど破滅させる( 8-14 ) ;の吉報の伝達者は、迫害者の下落は、信号の栄光のための新たな時代の人々神( 1:15 ; 2:2 ;ヘブル人への手紙2:1 、 3 ) 。

The second part of the book is more directly than the other a "burden of Ninive"; some of the features of the great Assyrian city are described so accurately as to make all doubt impossible, even f the name Ninive were not explicitly mentioned in ii, 8. 2番目のこの本は、他の部分よりも、他の直接の"負担ninive " ;のいくつかの機能アッシリア人の偉大な都市に記載のすべての疑いを作るので正確に不可能だとしても、 niniveば名を明示的に記載さは2世、 8 。 In a first section (ii), the Prophet dashes off in a few bold strokes three successive sketches: we behold the approach of the besiegers, the assault on the city, and, within, the rush of its defenders to the walls (2:1, 3-3; Hebrews 2:2, 4-6); then the protecting dams and sluices of the Tigris being burst open, Ninive, panic-stricken, has become an easy prey to the victor: her most sacred places are profaned, her vast treasures plundered (6-9); Heb., 7-10); and now Ninive, once the den where the lion hoarded rich spoils for his whelps and his lionesses, has been swept away forever by the mighty hand of the God of hosts (10-13; Hebrews 11-13).で、最初のセクション( 2 )は、預言者数筆太にダッシュオフに3年連続でスケッチ:私たちのアプローチを見よbesiegersは、暴行を検索するシティ、および、には、ラッシュの守備の壁を( 2 : 1 、 3-3 ;ヘブル人への手紙2:2 、 4-6 ) ;入力して、チグリス川を守るダムとsluicesバーストが開いて、 ninive 、パニックに陥った、格好の餌食になるのは、ビクター:彼女の最も神聖な場所はprofaned 、彼女の広大な宝物略奪( 6-9 ) ;なしで。 、 7-10 ) ;と今すぐninive 、一度は、ライオンのデン退蔵彼の子犬を産んで豊かな戦利品と彼のライオネス、スウェプトアウェイされ、永遠にされた巨大な手神のホスト( 10-13 ;ヘブル人への手紙11-13 ) 。 The second section (iii) develops with new details the same theme. 2番目のセクション( 3 )新開発の詳細と同じテーマです。 The bloodthirstiness, greed, and crafty and insidious policy of Ninive are the cause of her overthrow, most graphically depicted (1-4); complete and shameful will be her downfall and no one will utter a word of pity (5-7).の残虐さ、強欲、陰湿な政策や、 Craftyとniniveは、彼女の転覆の原因を、ほとんどのグラフィカルに描かれて( 1-4 ) ;完了し、恥ずべきは誰も彼女の没落と同情の言葉を口にする( 5-7 ) 。 As No-Ammon was mercilessly crushed, so Ninive likewise will empty to the dregs the bitter cup of the divine vengeance (8-11). -アモンは、容赦なく粉砕されていませんので、同様には、空をniniveの苦い杯の残りかすは神の復讐( 8-11 ) 。 In vain does she trust in her strongholds, her warriors, her preparations for a siege, and her officials and scribes (12-17).が無駄になる彼女は彼女の信頼を拠点、彼女の戦士、彼女の包囲攻撃の準備をする、と彼女の関係者やscribes ( 12-17 ) 。 Her empire is about to crumble, and its fall will be hailed by the triumphant applause by the whole universe (18-19).彼女の帝国は崩壊し、秋は歓迎される宇宙全体を意気揚々と拍手喝采( 18-19 ) 。

Critical Questions重要な質問

Critical Questions重要な質問

Until a recent date, both the unity and authenticity of the Book of Nahum were undisputed, and the objections alleged by a few against the genuineness of the words "The burden of Ninive" (i, 1) and the description of the overthrow of No-Ammon (iii, 8-10) were regarded as trifling cavils not worth the trouble of an answer.最近の日まで、信ぴょう性の両方の団結と、書籍のナホムは議論の余地のない、との異議申し立てに対しての純粋されたいくつかの単語を" niniveの負担を" (私は、 1 )との説明がないの転覆-アモン( Ⅲ 、 8-10 )がcavilsの値打ちもないと見なされて些細なトラブルに答えています。 In the last few years, however, things have taken a new turn: facts hitherto unnoticed have added to the old problems concerning authorship, date, etc. It may be well here for us to bear in mind the twofold division of the book, and to begin with the second part (ii, 1, 3-iii), which, as has been noticed, unquestionably deals with the overthrow of Ninive.での最後の数年間、しかし、新局面を展開することが取ら:気付かれていない事実をこれまでの古い問題が追加されました原作者、日付、等がいいことがあります問い合わせはここを二重に負担を念頭に置いての部が実施して予約し、を開始する、 2番目の部分( 2 、 1 、 3 - 3 ) 、これに気づいたされ、紛れもなくniniveでは、転覆のです。 That these two chapters of the prophecy constitute a unit and should be attributed to the same author, Happel is the only one to deny; but his odd opinion, grounded on unwarranted alterations of the text, cannot seriously be entertained.これらの2つの章では、予言を構成するユニットとすべきであると同じ著者に起因する、 1つだけを拒否するには、 happel ;しかし、彼の奇妙な意見によれば、不当な変更の接地上のテキスト、真剣に楽しませすることはできません。

The date of this second part cannot be determined to the year; however, from the data furnished by the text, it seems that a sufficiently accurate approximation is obtainable.この2番目の部分はこの評価をして決定することはできません年;しかし、提供されたデータのテキストから、それを十分に正確な近似ようだが手に入る。 First, there is a higher limit which we have no right to overstep, namely, the capture of No-Ammon referred to in iii, 8-10.第一に、私たちには、高い限界を超える権利はない、すなわち、撮影のない-アモンで参照されて3世、 8-10 。 In the Latin Vulgate (and the Douay Bible) No-Ammon is translated by Alexandria, whereby St. Jerome meant not the great Egyptian capital founded in the fourth century BC, but an older city occupying the site where later on stood Alexandria ("Comment. in Nah.", iii,8: PL, XXV, 1260; cf. "Ep. CVIII ad Eustoch.", 14: PL, XXII, 890; "In Is.", XVIII: PL, XXIV, 178; "In Os.", IX, 5-6: PL, XXV, 892).は、ラテン語ウルガタ聖書(とドウエー聖書) -アモンがない訳アレキサンドリア、聖ジェローム意味ないです偉大なエジプトの首都紀元前4世紀に設立されたが、古い都市を占領立っていたサイトのどこへでアレキサンドリア( "コメントです。でナ。 " 、 3世、 8 :ポーランド語、 25 、 1260 ;継続前誌です。 "しまった。 cviii広告eustoch 。 " 、 14 :ポーランド語、 xxii 、 890 ; "のです。 " 、 18 :ポーランド語、 24 、 178 ; "でOSのです。 " 、 9世、 5-6 :ポーランド語、 25 、 892 ) 。 He was mistaken, however, and so were who thought that No-Ammon should be sought in Lower Egypt; Assyrian and Egyptian discoveries leave no doubt whatever that No-Ammon is the same as Thebes in Upper Egypt.彼は間違って、しかし、ないと考えられるのでwho -アモンが必要が求められて下エジプト;アッシリアとエジプトの発見疑う余地はない-アモンは、どんなことは絶対にありませんテーベの上エジプトと同じです。 Now Thebes was captured and destroyed by Assurbanipal in 664-663 BC, whence it follows that the opinion of Nicephorus (in the edition of Geo. Syncell, "Chronographia", Bonn, 1829, I, 759), making Nahum a contemporary of Phacee, King of Israel, the early tradition according to which this prophecy was uttered 115 years before the fall of Ninive (about 721 BC; Josephus, "Ant. Jud.", IX, xi, 3), and the conclusions of those modern scholars who, as Pusey, Nagelsbach, etc., date the oracle in the reign of Ezechias or the earlier years of Manasses, ought to be discarded as impossible.今すぐテーベが捕捉さ六六四から六六三紀元前assurbanipalによって破壊されると、そこからの意見をニケフォロスは、それ以下の通り(にして、 [ジオです。 syncell 、 " chronographia " 、ボン、 1829 、私は、 759 ) 、メーカー、現代のナホムphacee 、キングオブイスラエル、日本、伝統の早期口によると、この予言は115年前の秋にninive (約721紀元前;ヨセフス、 " Antのです。ユートです。 " 、 9世、西、 3 ) 、およびそれらのモダンな学者の結論を出すwho 、ピュージー、 nagelsbachなど、日付は、 Oracleは、治世中に、以前の年間のマナッセスezechiasまたは、破棄されるべきだとして不可能です。 The lower limit which it is allowable to assign to this part of the book of Nahum is, of course, the fall of Ninive, which a well-known inscription of Nabonidus permits us to fix at 607 or 606 BC, a date fatal to the view adopted by Eutychius, that Nahum prophesied five years after the downfall of Jerusalem (therefore about 583-581; "Annal." in PG, CXI, 964).それが許容の下限にこの部分を割り当てるには、予約のナホムは、もちろん、 niniveの秋に、これはよく知られてナボニドス碑文の問い合わせを修正する許可証は紀元前607または606 、致命的な日付をeutychius対象に採用され、その予言ナホムエルサレム崩壊した後、 5年間(したがって約五八三から五八一; " 1年間の記録だ" pg 、 cxi 、 964 ) 。

Within these limits it is difficult to fix the date more precisely.これらの制限にすることは困難を修正して日付をより正確にします。 It has been suggested that the freshness of the allusion to the fate of Thebes indicates an early date, about 660 BC, according to Schrader and Orelli; but the memory of such a momentous event would long dwell in the minds of men, and we find Isaias, for instance, in one of his utterances delivered about 702 or 701 BC recalling with the same vividness of expression Assyrian conquests achieved thirty or forty years earlier (Isaiah 10:5-34).の鮮度が提案され、テーベの運命を暗示して早期日付を示し、約660紀元前によると、シュレイダーとオレッリ;しかし、メモリのような重大なイベントが長いの頭の中に住む男性、と私たち見つけるisaias 、例えば、 1つの配信彼の発言については紀元前702または701色鮮やかな表現の回収と同じ30アッシリアの征服を達成またはそれ以前の40年(イザヤ書10:5-34 ) 。 Nothing therefore compels us to assign, within the limits set above, 664-606, an early date to the two chapters, if there are cogent reasons to conclude to a later date.何も問い合わせを割り当てるにcompelsしたがって、上記の範囲内で設定、六六四〜六〇六、早期の日付を2つの章では、説得力のある場合は後日理由を締結しています。 One of the arguments advanced is that Ninive is spoken of as having lost a great deal of her former prestige and sunk into a dismal state of disintegration; she is, moreover, represented as beset by mighty enemies and powerless to avert the fate threatening her.先進の1つの引数としては、失ったniniveが話され、多くの旧名声と彼女を陰気な状態に沈ん壊変;彼女は、また、として表現され悩まされる無力を回避する強力な敵や、彼女の運命を脅かす。 Such conditions existed when, after the death of Assurbanipal, Babylonia succeeded in regaining her independence (625), and the Medes aims a first blow at Ninive (623).このような条件が存在ときに、 assurbanipalの死の後に、彼女の回復に成功したバビロニアの独立( 625 ) 、および最初の打撃を目指してメデスninive ( 623 ) 。 Modern critics appear more and more inclined to believe that the data furnished by the Prophet lead to the admission of a still lower date, namely "the moment between the actual invasion of Assyria by a hostile force and the commencement of the attack on its capital" (Kennedy).現代の批評家や他の傾斜をもっと表示されると確信して提供されたデータにつながる預言者ムハンマドの入場料は、依然として低い日、すなわち"の瞬間アッシリアの間に実際に侵攻したとされる敵対的強制的に攻撃を開始、資本金" (ケネディ) 。 The "mauler", indeed, is already on his way (2:1; Hebrews 2); frontier fortresses have opened their gates (iii, 12-13); Ninive is at bay, and although the enemy has not yet invested the city, to all appearances her doom is sealed. "手" 、実際のところ、は既に、家に帰る途中( 2:1 ;ヘブル人への手紙2 ) ;フロンティア要塞の門が開かれた( Ⅲ 、 12-13 ) ; niniveは、湾、とは、敵がまだ投資するシティ、彼女の出演をすべてドゥームは、密閉します。

We may now return to the first part of the book.今すぐに復帰することがありますその本の最初の部分です。 This first chapter, on account of the transcendent ideas it deals with, and of the lyric enthusiasm which pervades it throughout has not inappropriately been called a psalm.この第一章では、アカウントには、並外れたアイデアも扱っては、との熱意の歌詞が不適切なpervadesれていないことを通して詩編と呼ばれる。 Its special interest lies in the fact that it is an alphabetical poem.その特別な関心かといえば、これはアルファベット順の詩です。 The first to call attention to this feature was Frohnmeyer, whose observations, however, did not extend beyond vv.を喚起するために、最初のfrohnmeyerこの機能は、その観測は、しかし、延長しなかったのVVを超えています。 3-7. 3-7 。 Availing himself of this key, Bickell endeavoured to find out if the process of composition did not extend to the whole passage and include the twenty-two letters of the alphabet, and he attempted repeatedly but without great success ("Zeitschr. der deutsch. morg. Gesell.", 1880, p. 559; "Carmina Vet. Test. metrice", 1882; "Zeitschr. fur kath. Theol.", 1886), to restore the psalm to its pristine integrity. availing自身は、次のキーを確認するにbickell endeavoured組成の場合、プロセス全体を通過しなかったと延長には、 22文字のアルファベットを、彼を試みたが、大成功を繰り返し( " zeitschr 。 derマップDeutsch 。 morgです。ゲゼルです。 " 、 1880 、 p. 559 ; "カルミナ獣医です。テストします。 metrice " 、 1882 ; " zeitschr 。毛皮kath 。 theol 。 " 、 1886 ) 、賛美歌を復元するには手付かずの整合性です。 This failure did not discourage Gunkel who declared himself convinced that the poem is alphabetical throughout, although it is difficult, owing to the present condition of the text, to trace the initial letters X to X (Zeitschr. fur alttest. Wissensch., 1893, 223 sqq.).この失敗を宣言しなかったwho思いとどまらグンケル確信して自身の詩は、アルファベット順で、これが困難な場合、のために、現在の状態を分析し、テキストの最初の文字をトレースするxに× ( zeitschr.毛皮alttestです。 wissensch 。 、 1893 、 223 sqq 。 ) 。 This was for Bickell an incentive to a fresh study (Das alphab. Lied in Nah. i-ii, 3, in "Sitzungsberichte der philos.-hist. Classe der kaiser. Akademie der Wissensch.", Vienna, 894, 5 Abhandl.), the conclusions of which show a notable improvement on the former attempts, and suggested to Gunkel a few corrections (Schopfung und Chaos, 120).これは、新鮮な研究をするインセンティブをbickell ( das alphab 。うそをついたことでナ。私- 2 、 3 、 " sitzungsberichte der philos. -履歴です。クラスderカイザーです。 Akademieのder wissensch 。 " 、ウィーン、 894 、 5 abhandl 。 )は、結論を出すのを詳細に顕著な改善を試みの元、と提案をいくつかの修正をグンケル( schopfung undカオス、 120 ) 。 Since then Nowack (Die kleinen Propheten, 1897), Gray ("The Alphab. Poem in Nah." in "The Expositor" for Sept. 1898, 207 sqq.), Arnold (On Nahum 1:1-2:3, in "Zeitschr. fur alttest. Wissensch.", 1901, 225 sqq.), Happel (Das Buch des Proph. Nah., 1903), Marti (Dodekaproph. erklart, 1904), Lohr (Zeitschr. fur alttest. Wissensch., 1905, I, 174), and Van Hoonacker (Les douze petits proph., 1908), have more or less successfully undertaken the difficult task of extricating the original psalm from the textual medley in which it is entangled.それ以来ノバック(死ぬkleinen propheten 、 1897 ) 、グレー( " alphab 。詩でナ。 "と"エクスポジター"を1898年9月、 207 sqq 。 ) 、アーノルド(上1:1-2:3ナホムは、 " zeitschr 。毛皮alttestです。 wissensch 。 " 、 1901 、 225 sqq 。 ) 、 happel ( dasブーフデproph 。ナ。 、 1903 ) 、マーティ( dodekaproph. erklart 、 1904 ) 、レーア( zeitschr.毛皮alttestです。 wissensch 。 、 1905 、私、 174 ) 、およびヴァンhoonacker (レdouze petits proph 。 、 1908 )は、多かれ少なかれが正常に実施している困難な課題であるextricating 、元の賛美歌メドレーされてからのテキストは、正面から向き合うことです。 There is among them, a sufficient agreement as to the first part of the poem; but the second part still remains a classical ground for scholarly tilts.にはこのうち、契約書にするための十分な、詩の最初の部分;しかし、 2番目の部分は依然として古典的な学術地面に傾斜します。

Wellhausen (Die kleinen Proph., 1898) holds that the noteworthy difference between the two parts from the point of view of poetical construction is due to the fact that the writer abandoned halfway his undertaking to write acrostically.ヴェルハウゼン(死ぬkleinen proph 。 、 1898 )によるとということは注目に値するの違いは2つの部分の詩的の観点から、建設工事はその作家のために捨てられたという事実を書くacrostically半彼の仕事です。 Happel believes both parts were worked out separately from an unacrostic original. happelと考えて個別の両方の部分が働いてunacrosticからのオリジナルです。 sentence closed on the word XX, he noted in the title that his revision extended from XX to XX; and so the mysterious XX-XX (later on misconstrued and misspelled XXXXX) has neither a patronymic nor a gentile connotation.判決閉鎖された単語のXX 、彼は彼のリビジョンが記載され延長のタイトルからXXをイグゼクス;とし、神秘的なのXX -ダブルエックス(後にxxxxxに誤解やつづりの間違い)はどちらも、ジェンティーレ意味合いをpatronymicです。 --> Critics are inclined to hold that the disorder and corruption which disfigure the poem are mostly due to the way it was tacked on to the prophecy of Nahum: the upper margin was first used, and then the side margin; and as, in the latter instance, the text must have been overcrowded and blurred, this later on caused in the second part of the psalm an inextricable confusion from which the first was preserved. ->批評家は、傾斜を保持すると腐敗の外観を台無しには、障害の詩は大半がt ackedのために、在りし日の姿を予言してナホム:上のマージンが最初に使用される、と入力し、サイドマージン、およびとしては、後者のインスタンスは、テキスト必要があります。ぼけが過密と、これが原因で後には、詩篇第2番目の部分には、最初から抜け出せないの混乱は保持されます。 This explanation of the textual condition of the poem implies the assumption that this chapter is not to be attributed to Nahum, but is a later addition.この説明のテキストの状態を分析し、詩の意味ではないと仮定して、この章に起因するナホムされるが、それ以降のに加えています。 So much indeed was granted by Bickell, and Van Hoonacker (not to speak of non-Catholic scholars) is inclined to a like concession.これくらいbickell実際には、与えられた、とヴァンhoonacker (しないように話すの非カトリックの学者)は、傾斜のような譲歩を参照して下さい。 On the one hand, the marked contrast between the abstract tome of the composition and the concrete character of the other two chapters, we are told, bespeaks a difference of authorship; and, on the other hand, the artificiality of the acrostic form is characteristic of a late date.上の1つの手は、スパムのコントラストの間に抽象的と具体的な組成トメは、他の2つの章の文字を、私たちは言われた、原作者の違いはbespeaksすると、その一方では、人為的なフォームが特徴のアクロスティックを送信する前に日です。 These arguments, however, are not unanswerable.これらの引数は、しかし、反論の余地のないはない。 In any case it cannot be denied that the psalm is a most fitting preface to the prophecy.いずれにしてもそれを否定することはできません継手は、賛美歌は、ほとんどの序文を予言します。

Little will be found in the teaching of the book of Nahum that is really new and original.リトルされる発見されたこの本のナホムを教えるのは本当に新しいとオリジナルです。 The originality of Nahum is that his mind is so engrossed by the iniquities and impending fate of Ninive, that he appears to lose sight of the shortcomings of his own people.独創性のナホムのは、彼の心は非常に没頭されたの運命を間近に迫ったninive iniquitiesと、その彼を見失うが表示されたら、自分自身の人々の欠点です。 The doom of Ninive was nevertheless in itself for Juda an object-lesson which the impassioned language of the Prophet was well calculated to impress deeply upon the minds of thoughtful Israelites. niniveの懲罰のは、それ自体にもかかわらず、オブジェクトをjuda -教訓は、熱烈な言葉では、預言者はよく計算さ思いやりの心に深く印象イスラエルです。 Despite the uncertainty of the text in several places, there is no doubt that the book of Nahum is truly "a masterpiece" (Kaulen) of literature.にもかかわらず、不確実性のテキストの複数箇所に、疑いの余地はないのナホムには、この本は本当に"の傑作" ( kaulen )の文学です。 The vividness and picturesqueness of the Prophet's style have already been pointed out; in his few short, flashing sentences, most graphic word-pictures, apt and forceful figures, grand, energetic, and pathetic expressions rush in, thrust vehemently upon one another, yet leaving the impression of perfect naturalness. picturesqueness 、生き生きとしていると、預言者のスタイルはすでに指摘した;彼のいくつかのショート、点滅文章、ほとんどのグラフィック言葉-写真、 aptと強力なフィギュア、グランド、エネルギッシュな、と哀れな表現ラッシュには、 1つの別の推力に躍起になって、まだありません完璧な自然の印象を残しています。 Withal the language remains ever pure and classical, with a tinge of partiality for alliteration (i, 10; ii, 3, 11) and the use of prim and rare idioms; the sentences are perfectly balanced; in a word Nahum is a consummate master of his art, and ranks among the most accomplished writers of the Old Testament.加えて、言語遺跡まで純粋で古典的で、えこひいきの味を帯びた頭韻(私、 10 ; 2世、 3 、 11 )との使用をプリムや珍しい慣用句;の文章は完全にバランスの取れた;ナホムする単語は、この上ないマスター彼の芸術、と階段を上るの中で最も熟達した作家、旧約聖書のです。

Publication information Written by Charles L. Souvay.出版物の情報執筆者チャールズl. souvayです。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume X. Published 1911.のは、カトリックの百科事典、ボリュームXの公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1911.公認、 1911年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Book of Nahum予約のナホム

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Contents.内容です。

Time and Place of Writing.時間と場所を書いています。

Historical Character.歴史上の人物です。

One of the Minor Prophetical works which centers about the overflow of Nineveh.机上のいずれかのマイナーな作品がセンターオーバーフローについては、ニネベです。 The dispirited people of Judah are aroused and encouraged by the announcement of the downfall of the oppressive empire seated on the upper Tigris.意気消沈したユダの人々が興奮すると発表した勇気づけられている過酷な帝国の崩壊は、チグリス川の上の着席します。 The book consists of three chapters, of which the following is a summary:この本は、 3つの章で、そのうちの概要は次のとおりです:

Ch.あなたのです。 i: After the superscription (verse 1), the prophet describes (2-6) a superb theophany in judgment, with the awful results to nature.私:した後、表題(詩1 ) 、預言者ムハンマド説明( 2-6 ) 、素晴らしい神の顕現に判断を下す、自然の恐ろしい結果をします。 The apparent universality of this destruction leads the writer to point out (7) a real refuge for those who trust in Yhwh.この、見かけの破壊をリードして作家の普遍性を指摘する( 7 ) 、 whoの信頼を真の避難所をそれらのyhwhです。 The Assyrian power (8-12a) shall be completely overthrown, and its yoke broken from off the neck of Judah (12b-14).パワーでは、アッシリア( 8 - 12a )を完全に転覆しなければならない、とそのオフの首のくびきから壊れたユダ( 12b - 14 ) 。 The prophetic eye even now (15) sees the welcome messenger heralding the good news to his hitherto oppressed people.今でさえ目の予言( 15 )は、この歓迎メッセンジャー告げる彼のこれまでの良いニュースを虐げられた人々です。

Contents.内容です。

Ch.あなたのです。 ii.: In brilliant colors and in rapid succession are shown the enemies of Nineveh assaulting its battlements (1-5), the gates of the river yielding to the foe, the palace dissolving in fierce flames (6), the consternation reigning among the city's population (7-8), the abundance of booty, and the effect of Nineveh's fall upon all who considered it (9-10); the question asked about "the old lion," and answered by the desolation (11-13). Ⅱ 。 : 、見事な色と矢継ぎ早に暴行ニネベの敵であることが示さそのbattlements ( 1-5 ) 、川の門を敵に屈服して、猛烈な炎の宮殿溶解さ( 6 ) 、中が驚くことに君臨する市の人口の( 7-8 ) 、戦利品が豊富にあるし、ニネベの下落の影響を考慮することのすべてのwho ( 9-10 ) ;の質問については"昔のライオン"と回答された荒廃( 11-13 )です。

Ch.あなたのです。 iii.: The reason for Nineveh's swift downfall is in part recited: she has been a city of blood, always cruel and rapacious (1); her streets are now full of the slain, cut down by the victors because she has been the seducer of the nations (2-6); her destruction will not be lamented (7); resistance is as fruitless as was that of the impregnable Noamon (Thebes), and the vengeance of the victors no less terrible (8-12); all attempts at resistance are futile (13-15); the multitude of merchants and scribes shall disappear as grasshoppers on a warm day (16-17); the rulers are at rest, and the people scattered upon the mountains; the destruction is complete and a cause of rejoicing among all the nations (18-19). Ⅲ 。 :ニネベの迅速な没落の理由は部分的に読誦:彼女は都市の血液を、常に残酷で強欲な( 1 ) ;彼女の通りは今すぐに殺害された完全な、カットダウンされてきたので、彼女の勝利者の誘惑は、国( 2-6 ) ;彼女の破壊されません嘆いた( 7 ) ;としては、無駄な抵抗はしているとして難攻不落のnoamon (テーベ) 、および、復讐の勝利を得るのない恐ろしい( 8-12 ) ;すべて無駄な抵抗の試みは、 ( 13-15 ) ;の多数の商店主やバッタscribesは消えるとしては、暖かい日( 16-17 ) ;安静時の支配者は、山と人々に散在の時;の破壊が完了し、歓喜の中に原因で発生するすべての国( 18-19 ) 。

Time and Place of Writing.時間と場所を書いています。

The book furnishes few data for a settlement of the time and place of writing.この本furnishes和解は、いくつかのデータを時間と場所を書いています。 It is evident from iii.ことは自明よりⅢ 。 8-10 that its "terminus a quo" is the fall of Noamon (Thebes) in Upper Egypt before the successful arms of Assurbanipal (668-626 BC) just after 664 BC In i. 8-10で、 "第一期限"には、秋にnoamon (テーベ)を腕の上エジプトの前に成功しました。 assurbanipal ( 668から626まで紀元前)紀元前664直後にi. 9 it is foretold that the destruction of Assyria will be complete. 9これは前から予報は、アッシリアの破壊が完了します。 This was accomplished about 606; and it constitutes the "terminus ad quem" of Nahum.これは熟達した約606 、およびそれを構成する"末端の広告quemの"ナホムです。 Somewhere between these two points the date of the book is to be sought for.これらの2つのポイントの間のどこか、この評価をされるの書籍が求められる。 The two prevailing dates selected are (1) about 650 and (2) about 608.選択した2つの有力な日程は、 ( 1 )約650および( 2 )約608です。 The reference to the fall of Thebes does not argue for the earlier date, as that disastrous battle would long remain in the memories of the adjoining peoples.への参照をテーベの秋に、以前の日付はありませんの論陣を張る、その悲惨な戦いは長く記憶に残っているのは、隣の人々です。 Neither, on the other hand, does the vividness of descriptive detail fix absolutely the later time as the true date.どちらも、その一方で、生き生きとしているのは、確実に修正プログラムの詳細説明の真の日として、後の時間です。 The probabilities, however, are in favor of about 608 as the time of composition.の確率は、しかし、約608のに賛成の時間を組成します。 "Nahum the Elkoshite" is the designation of the prophet. "ナホムのelkoshite "には、預言者ムハンマドの指定します。 His vivid description of Nineveh and his definiteness of detail have led scholars to search for his home somewhere within reach of that city.彼と彼の定性鮮やかな説明をニネベの詳細を検索するための学者が主導自宅のどこかに手が届くように、その都市です。 Alḳush, a place near Mosul, contains a grave said to be that of Nahum; but the tradition of this place does not seem to be older than the sixteenth century. alḳushは、モスルの近くで、には、墓といわれているナホム;しかし、この場所の伝統をされないように年齢が16世紀にします。 On the other hand, Eusebius in his "Onomasticon" (ed. Lagarde) mentions an 'Eλκσέ of Jerome; and Jerome says, in his commentary, "Elcese usque hodie viculus in Galilæa."その一方で、彼のユーセビアス"固有名詞集" (編ラガルド)言及する'メールλκσέのジェローム;とジェロームのは、彼の解説、 " viculusでgalilæa今日elcese usque 。 " These statements would seem to locate an Elkosh in Galilee.これらのステートメントを見つけるにすると思わelkoshのガリラヤです。 In answer to the statement that the Northern Kingdom was carried into captivity, it may be said that probably, as in the Southern Kingdom (II Kings xxv. 12), the poor were left in the land.に答えての声明によれば、北部の王国が運び込まれる監禁されることがありますによると、おそらく、のように、南部の王国( 2世王25 。 12 ) 、貧しい人々の土地が残されています。 The active commercial relations between the peoples of the East and of the West, and the opportunities for acquaintance with each other's customs and habits of life, as well as the few peculiarities of language in this book, make it probable that the prophet Nahum was a Galilean, who had his home at a village called Elkosh.アクティブな商業関係の人々の間に、東と西、と知り合いになる機会をお互いの風習や生活習慣だけでなく、言語のいくつかの特殊性をこの本で、予想することは、預言者ナホムは、ガリレイ、 whoいたelkoshと呼ばれる彼の家にある村です。 His prophecies were doubtless uttered at Jerusalem, in the presence of Judah.確かに彼の予言が口にエルサレム、ユダが存在する。

The prophecy reads quite as if some one had tampered with its original order.いくつかの予言を読み取り全く同様に、 1つの場合、元のために手を加えられていた。 It may be that this apparent mixture is due to modern logical literary strictures.見掛けのかもしれないが、この混合液は、現代の論理文学のために拘束します。 But the following order, which seems to follow modern methods of thought, may be suggested: (1) ch.しかし、次の順序で、どのように従う近代的手法の思想、 5月に提案: ( 1 )あなたのです。 i.わたし。 1-14; (2) ch. 1-14 、 ( 2 )あなたのです。 iii. Ⅲ 。 1-17; (3) ch. 1-17 、 ( 3 )あなたのです。 ii. Ⅱ 。 1-5, 13, 6-12; (4) ch. 1-5 、 13 、 6-12 、 ( 4 )あなたのです。 iii. Ⅲ 。 18, 19; i. 18日、 19 ; i. 15. 15 。

Historical Character.歴史上の人物です。

Of all the Minor Prophets the Book of Nahum has received the greatest and strongest light from the discoveries of the last half-century.のすべての小預言者ナホムの予約を受けたと強力な光の最大の発見から半世紀の最後のです。 The exact location of Nineveh, its fortifications, some of its palaces, its means of defense, its invincible kings, its armies, its amusements, its libraries, and its indescribable cruelty are now known.ニネベの正確な場所を、その要塞は、いくつかの宮殿、その防衛手段として、その無敵の王、その軍隊、そのアミューズメント、そのライブラリ、およびその残酷さは筆舌に尽くし今すぐ知られている。 "The den of the lions" was an appalling reality, which let loose its terrors to the sorrow of every surrounding nation. "ライオンズの巣窟"は、恐ろしい現実には、その恐怖を解放して悲しみのすべての周辺国です。 The character of the Assyrians, as depicted here, is true to the picture preserved in their own documents.の文字をassyrians 、として描かれてここでは、画像がtrueを自分の書類に保存されています。

This compact, pointed, dramatic prophecy has no superior in vivid and rapid movement.このコンパクト、指摘、劇的な予言はない生き生きとした上での急速な動きです。 Its quick succession of statement and thought give it a peculiar power over the reader.その立て続けの声明と思った試しにやって特有のパワーのリーダーです。 It delineates the swift and unerring execution of Yhwh's laws upon His merciless foes and those of His people, and also points to Him as the sure refuge and security of those who obey and trust Him.それdelineatesの実行を、迅速かつ的確なyhwhの法則に彼の情け容赦の敵と彼の人々は、彼としても確かな避難所を指して、それらの安全保障に従うと信頼をwhoていた。

Emil G. Hirsch, Ira Maurice Price g.エミールハーシュ、 IRAのモーリス価格

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Otto Strauss, Nahumi de Nino Vaticinium, 1853; the commentaries on the Minor Prophets of Orelli, GA Smith, and Nowack; Billerbeck and Jeremias, Der Untergang Nineveh's und die Weissagungschrift des Nahum, in Beiträge zur Assyriologie, iii.オットーシュトラウス、 nahumiデニーノvaticinium 、 1853 ;の預言者のマイナーに解説するオレッリ、ジョージアスミス、およびノバック; billerbeckとイェレミアス、 der untergangニネベのund死ぬweissagungschriftデナホムは、 beiträge zur assyriologie 、 Ⅲ 。 87-188; AB Davidson, Nahum, Habakkuk, and Zephaniah, in The Cambridge Bible for Schools, 1896; Gunkel, in Zeitschrift für die Alttestamentliche Wissenschaft, 1893, pp. 87から188 ;アルバータデビッドソン、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ、聖書学校は、ケンブリッジ、 1896 ;グンケルは、 zeitschrift für死ぬalttestamentliche家庭、 1893 、 pp 。 223 et seq.; Bickell, in Sitzungsberichte der KK Akademie der Wissenschaft zu Wien (Philos. Hist. Cl.), vol. 223頁以降を参照。 ; bickellは、株式会社sitzungsberichte der Akademieのder家庭zuウィーン( philos.履歴です。 cl 。 ) 、 !です。 cxxxi., part v., pp. cxxxi 。 、パートV. 、 pp 。 1 et seq.; Gunkel, Schöpfung und Chaos, p. 1頁以降を参照。 ;グンケル、 schöpfung undカオス、 p. 102, note 1.EGHIMP 102 、注: 1.eghimp


Nahumナホム

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

One of the so-called Minor Prophets.のいずれかのいわゆる小預言者です。 He is called, in the title of his book, "Nahum the Elkoshite."彼が呼び出され、彼の著書のタイトルには、 "ナホムのelkoshite 。 " Where Elkosh was is not definitely known.どこではないdefinitely elkoshは知られている。 The supposition that Nahum was a native of Judah agrees well with his keen sense of Judah's affliction under Assyrian domination and with his intense hatred of her oppressor.EGHJF McL.ナホムと仮定しても同意ユダに自生する植物は、彼の鋭い感覚をアッシリアの支配下にユダの苦悩と彼の彼女の激しい憎悪oppressor.eghjf " MCLです。

Emil G. Hirsch, JF McLaughlin g.エミールハーシュ、 jfマクラフリン

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです