Book of Obadiah, Abdias予約のオバデヤ、 abdias

General Information 総合情報

The Book of Obadiah is the fourth book of the Twelve Minor Prophets in the Old Testament of the Bible.この本のオバデヤは、 4番目の本は、 12小預言者は、旧約聖書の聖書です。 This brief collection of sayings reflects the fall of Jerusalem in 587 BC.この簡単なコレクションのことわざを反映して秋にエルサレムで紀元前587です。 Obadiah ("servant of the Lord") is particularly vehement toward the Edomites, long - standing enemies of Israel who cooperated with the Babylonian conquerors.オバデヤ( "使用人の主" )は、特に激しいedomitesに向かって、長い-イスラエルの敵のように立っw ho協力をしてバビロニア征服者です。 He calls down divine judgment on the Edomites and predicts a final day of return from exile and triumph over Edom.彼は神の呼び出しダウンedomites判断するとの予測を最終日の帰還に克つエドムから亡命者とします。 The date of final compilation is uncertain.最終的にこの評価をコンパイルが不透明だ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Book of Obadiah, Abdias予約のオバデヤ、 abdias

Brief Outline簡単な概要

  1. Judgment pronounced upon Edom (1-14)発音時の判断エドム( 1-14 )
  2. Israel's restoration in the day of Jehovah (15-21)イスラエルの回復は、エホバの日( 15-21 )


Obadi'ah obadi'ah

Advanced Information 高度情報

Obadiah, servant of the Lord.オバデヤ、使用人は、主です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Obadi'ah予約のobadi'ah

Advanced Information 高度情報

The Book of Obadiah consists of one chapter, "concerning Edom," its impending doom (1-16), and the restoration of Israel (17-21).この本のオバデヤは、 1つの章では、 "に関するエドム、 "その間近に迫ったドゥーム( 1-16 ) 、およびイスラエルの回復( 17-21 ) 。 This is the shortest book of the Old Testament.これは、旧約聖書の、最短の予約です。 There are on record the account of four captures of Jerusalem, (1) by Shishak in the reign of Rehoboam (1 Kings 14:25); (2) by the Philistines and Arabians in the reign of Jehoram (2 Chr. 21:16); (3) by Joash, the king of Israel, in the reign of Amaziah (2 Kings 14:13); and (4) by the Babylonians, when Jerusalem was taken and destroyed by Nebuchadnezzar (BC 586).アカウントには、上の4つのキャプチャを記録してエルサレム、 ( 1 )の治世をshishakは、 rehoboam ( 1キングス14:25 ) ; ( 2 )されたの統治のphilistinesとarabiansは、 jehoram ( 2 chrします。 21:16 ) ; ( 3 )をjoash 、ザキングオブイスラエル、日本、治世中には、 amaziah ( 2キングス14:13 ) ;および( 4 )されたbabylonians 、エルサレムは、破壊されたときにネブカドネザル王(紀元前586 ) 。 Obadiah (11-14) speaks of this capture as a thing past.オバデヤ( 11-14 )話す過去のものとしては、次のキャプチャします。 He sees the calamity as having already come on Jerusalem, and the Edomites as joining their forces with those of the Chaldeans in bringing about the degradation and ruin of Israel.彼はすでに来て、エルサレムの災難として、彼らとedomitesとして参加chaldeans軍では、破滅をもたらすの劣化やイスラエルのです。

We do not indeed read that the Edomites actually took part with the Chaldeans, but the probabilities are that they did so, and this explains the words of Obadiah in denouncing against Edom the judgments of God.実際に読むことはありませんが参加して、実際にedomitesのchaldeans 、しかし、確率はそうしており、この説明してエドムに対する非難の言葉をオバデヤは、神の判断です。 The date of his prophecies was thus in or about the year of the destruction of Jerusalem.彼の予言は、このように、この評価をするかについては、年にエルサレムの破壊です。 Edom is the type of Israel's and of God's last foe (Isa. 63:1-4).エドムは、タイプのイスラエルの神との最後の敵( isa. 63:1-4 ) 。 These will finally all be vanquished, and the kingdom will be the Lord's (comp. Ps. 22:28).これらはすべて最後に打ち負かされる、との王国は、主の( comp. psのです。 22:28 )です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Obadiahオバデヤ

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

In all probability this prophet's period was just after the conquest of Judah by Babylon, and prior to that of Edom by the same people, which it is his mission to proclaim (1).預言者のすべての確率この期間はユダのすぐ後に征服されバビロン、およびエドムの前にいる人々と同じ、それが彼の任務を宣言( 1 ) 。 Of all the nations afflicting the Jews the chief were the Assyrians, the Babylonians and Edomites; and although the last-named were their close relatives, they were the greatest enemies of all.のすべての国の首席は、ユダヤ人を苦しめるassyriansは、 babyloniansとedomites 、およびものの、最後に近親者の名前だったのは、彼らはすべての最大の敵です。 The Edomites descended from Esau, the brother of Jacob, the ancestor of Israel. edomitesエサウの子孫は、弟のジェイコブは、イスラエルの祖先です。 Examine the map to familiarize yourself with their territory, and by the aid of the concordance or Bible dictionary, refresh your recollection of their relations with Israel in the past.マップに慣れて検討する自国の領土とされる援助のための聖書コンコーダンスや辞書、リフレッシュして彼らの関係をした覚えはイスラエルを編集して項目です。 Compare also Jeremiah 49: 7-22.比較もエレミヤ49 : 7-22 。 The Edomites were not throught of very highly by their neighbors (2), but were conceited in their own eyes. edomites考えていないのが非常に高く評価されて近所の人たち( 2 ) 、自分の目で慢心があった。

Why (3)?なぜ( 3 )ですか? Would their supposedly impregnable situation save them (4)?たぶん難攻不落の状況は彼らに保存すること( 4 )ですか? What figures of speech are used to show, by contrast, the thoroughness of the destruction to fall upon them (5, 6)?どのような人物の音声を使用して詳細は、対照的に、秋の徹底破壊をかれら( 5 、 6 )ですか? Of what were they proud in addition to the physical features of their territory (8, 9)?何が彼らを誇りに加えて、物理的な特徴を自国の領土( 8日、 9 )ですか? Why is this judgment to fall upon them (10)?なぜかれらはこの判断に落ちる( 10 )ですか? Note what they did in the case of Judah in her day of need: (1) They stood aloof (verse 11); (2) they rejoiced in her calamity (verse 12): (3) they boasted against her (same verse); (4) they shared in her spoiling (verse 13); (5) they prevented the escape of some of her people (verse 14); and (6) they actually delivered up some of them as prisoners (same verse).注:彼らはどのような例は、彼女の1日の必要ユダ: ( 1 )に立っていた超然としている(詩11 ) 、 ( 2 )彼らを見て歓喜した彼女の災難(詩12 ) : ( 3 )彼らに対する彼女の自慢(同じ詩) ; ( 4 )彼ら彼女の共有台無しにする(詩13 ) 、 ( 5 )それらのいくつかの階段を邪魔して彼女の人々 (詩14 ) 、および( 6 )彼らは実際にそれらを配信するいくつかの囚人(同じ詩)です。

Is it to be wondered at that God should speak as He does (15, 16)?その不思議されることは、神としては話す彼は( 15 、 16 )ですか? And now mark the difference.そして今マークの違いです。 Judah has been carried into captivity and her land was deserted, but was that condition in her case to continue (17)?監禁され運び込まれるユダと彼女の土地は、人けのない、しかし、彼女の場合は、その状態を継続する( 17 )ですか? On the contrary, what would be true of Edom (18)?逆に、どのような真のエドム( 18 )ですか? In the day to come observe that while she will be swallowed up, Judah and Israel shall arise again, and possess not only their own land but that of Edom and Philistia as well (19, 20. It will be the day of the Messiah (21).その日が来るのを観察しながら彼女は飲み込まれる、ユダとイスラエルは再び発生し、自分の土地を持つだけでなく、それをエドムともphilistia ( 19日、 20日にされるのはメシア( 21 ) 。

Questions 1. 質問 1 。 What was Obadiah's period?オバデヤの期間何でしたか? 2. 2 。 What is his mission?何が彼の使命ですか? 3. 3 。 What relation existed between the Edomites and Israelites?どのような関係が存在edomitesとイスラエルの間のですか? 4. 4 。 Have you identified the territory of the first names on the map?ここに名前の最初の発見の領土に地図上のですか? 5. 5 。 How did they show enmity toward Israel?イスラエルはどのように彼らに向かっ詳細恨みですか? 6. 6 。 What contrast will be seen in Edom and Israel in the time to come?どのような対比されるエドムとイスラエルで見られる時間に来るのですか? 7. 7 。 When will that be?いつでもですか?


Abdias abdias

Catholic Information カトリックの情報

(A Minor Prophet). (マイナー預言者)です。

This name is the Greek form of the Hebrew `Obhádhyah, which means "the servant [or worshipper] of Yahweh".この名前は、ヘブライ語、ギリシャのフォーム` obhádhyah 、つまり"使用人[またはworshipper ]のヤハウェ"です。 The fourth and shortest of the minor prophetical books of the Old Testament (it contains only twenty-one verses) is ascribed to Abdias.最短の4番目のマイナー机上の書籍と、旧約聖書の( 2001年のみが含ま詩)は、生得的にabdiasです。 In the title of the book it is usually regarded as a proper name.この本のタイトルと見なされることは通常の適切な名を入力します。 Some recent scholars, however, think that it should be treated as an appellative, for, on the one hand, Holy Writ often designates a true prophet under the appellative name of "the servant of Yahweh", and on the other, it nowhere gives any distinct information concerning the writer of the work ascribed to Abdias.いくつかの最近の学者、しかし、と思うことは普通名詞として扱われるべきだ、 、上の1つの手、聖なる令状頻繁に指定されて、真の預言者の命名の名前を"使用人のヤハウェ"とし、他の、どこにいかなる別個の情報についてはその作家の仕事を生得的にabdiasです。 It is true that in the absence of such authoritative information Jews and Christian traditions have been freely circulated to supply its place; but it remains none the less a fact that "nothing is known of Abdias; his family, station in life, place of birth, manner of death, are equally unknown to us" (Abbé Trochon, Les petits prophètes, 193).それは事実だが、このような権限がない場合は、ユダヤ人とキリスト教の伝統的な情報流通が自由にその場所を供給する;しかし、それはそれにもかかわらず、事実を"何も既知のabdias ;彼の家族、駅での生活は、出生地は、死のように、問い合わせも同様に知られていない" ( abbé trochon 、レpetits prophètes 、 193 ) 。 The only thing that may be inferred from the work concerning its author is that he belonged to the Kingdom of Juda.唯一の仕事から推測されることがありますに関するその著者は、彼の王国をjudaに属しています。 The short prophecy of Abdias deals almost exclusively with the fate of Edom as is stated in its opening words.予言の取引の短いabdiasエドムの運命をほぼ例外なく、その開会の言葉には記載されています。 God has summoned the nations against her.神が国に対して召喚していた。 She trusts in her rocky fastnesses, but in vain.彼女は彼女のロッキー信託fastnesses 、しかしには至りませんでした。 She would be utterly destroyed, not simply spoiled as by thieves (1-6).彼女は完全に破壊され、泥棒のように単に甘やかされて育った( 1-6 )です。 Her former friends and allies have turned against her (7), and her wisdom shall fail her in this extremity (8,9).彼女の元彼女の友人や同盟国の反対が有効( 7 ) 、彼女と彼女の知恵は失敗、この端( 8,9 ) 。 She is justly punished for her unbrotherly conduct towards Juda when foreigners sacked Jerusalem and cast lots over it (10-11).彼女は彼女の兄弟らしくない行為を公正に罰せられる外国人向けjudaときに解雇される可能性がくじを引くとエルサレム( 10-11 ) 。 She is bidden to desist from her unworthy conduct (12-14).彼女は彼女の卑劣な行為から招かを求める( 12-14 ) 。 The "day of Yahweh" is near upon "all the nations", in whose ruin Edom shall share under the united efforts of "the house of Jacob" and "the house of Joseph" (16-18). "ヤハウェの日"が近い時"のすべての国"は、その破滅エドムは、共有の下に団結した力"の家のジェイコブ"と"の家のジョセフ" ( 16-18 ) 。 As for Israel, her borders will be enlarged in every direction; "Saviours" shall appear on Mount Sion to "judge" the Mount of Esau, and the rule of Yahweh shall be established (19-20).イスラエルとしては、彼女の国境に拡大されるあらゆる方向; " saviours "は、表示されるマウントシオンを"裁判官"のマウントのエサウ、およびヤハウェの支配を確立しなければならない( 19-20 ) 。

DATE OF THE PROPHECY OF ABDIASこの評価をabdiasの予言

Besides the shortness of the book of Abdias and its lack of a detailed title such as is usually prefixed to the prophetical writings of the Old Testament, there are various reasons, literary and exegetical, which prevents scholars from agreeing upon the date of its composition.その本の不足に加えて、 abdiasとその詳細なタイトルの不足などを机上の接頭辞は、通常、旧約聖書の記述には、様々な理由から、文学と解釈、これに同意するのを防ぐの学者からはこの評価を組成します。

Many among them (Keil, Orelli, Vigouroux, Trochon, Lesêtre, etc.) assign its composition to about the reign of Joram (ninth century BC).多くのうち( keil 、オレリ、 vigouroux 、 trochon 、 lesêtre 、等)を割り当てるの治世については、その組成をjoram ( 9世紀)です。 Their main ground for this position is derived from Abdias's reference (11-14) to a capture of Jerusalem which they identify with the sacking of the Holy City by the Philistines and the Arabians under Joram (2 Chronicles 21:16,17).その主な地面から派生したこの位置はabdiasのリファレンス( 11-14 )のエルサレムをキャプチャして、首にすることは、彼らを識別される聖地philistinesとarabiansされてjoram ( 2クロニクル21:16,17 ) 。 The only other seizure of Jerusalem to which Abdias (11-14) could be understood to refer would be that which occurred during the lifetime of the prophet Jeremias and was effected by Nabuchodonosor (588-587 BC).エルサレムの差し押さえをするだけで他のabdias ( 11-14 )が理解を参照すれば、これが発生したとの寿命は、預言者ムハンマドは、影響を受けるイェレミアスnabuchodonosor (五百八十八〜五百八十七紀元前) 。 But such reference to this latter capture of the Jewish capital is ruled out, we are told, by the fact that Jeremias's description of this event (Jeremiah 49:7-22) is so worded as to betray its dependence on Abdias (11-14) as on an earlier writing.しかし、そのような参照を、この後者のキャプチャを排除し、ユダヤ人の資本金は、我々はといわれているという事実にイェレミアスの説明書は、次のイベント(エレミヤ49:7-22 )を裏切るその言葉遣いでは非常に依存してabdias ( 11-14 )として、以前の書き込みをします。 It is ruled out also by Abdias's silence concerning the destruction of the city or of the Temple which was carried out by Nabuchodonosor, and which, as far as we know, did not occur in the time of King Joram.これは排除されabdiasもの沈黙の破壊して、市や同寺のnabuchodonosorが行われる、とは、私たち知る限りでは、発生する可能性は、時間をしなかったキングjoramです。

A second argument for this early date of the prophecy is drawn from a comparison of its text with that of Amos and Joel.この2番目の引数の予言は、この評価を早期から引き出されるテキストを比較するのがアモスとジョエルです。 The resemblance is intimate and, when closely examined, shows, it is claimed, that Abdias was anterior to both Joel and Amos.親密なとの類似点は、綿密に調査、ショー、主張したことは、その前には、両方のジョエルとabdiasアモスです。 In fact, in Joel 2:32 (Hebrews 3:5) "as the Lord hath said" introduces a quotation from Abdias (17).実際、ジョエル2:32 (ヘブル人への手紙3時05分) "としてかれらによると、主"を導入する引用abdias ( 17 )です。 Hence it is inferred that the prophecy of Abdias originated between the reign of Joram and the time of Joel and Amos, that is, about the middle of the ninth century BC The inference is said also to be confirmed by the purity of style of Abdias's prophecy.それゆえものと推定されたabdias予言の発祥の治世の間の時間をjoramとジョエルとアモス、それは、については、紀元前9世紀半ばの推論するといわれても純度によって確認されるスタイルのabdiasの予言です。

Other scholars, among whom may be mentioned Meyrick, Jahn, Ackerman, Allioli, etc., refer the composition of the book to about the time of the Babylonian Captivity, some three centuries after King Joram.他の学者は、 5月に言及するのうち誰meyrick 、ヤーン、 ackerman 、 allioliなどの組成を参照して、オンラインで書籍をバビロン捕囚については、時間を、いくつかの3つの世紀王joramした後です。 They think that the terms of Abdias (11-14) can be adequately understood only of the capture of Jerusalem by Nabuchodonosor; only this event could be spoken of as the day "when strangers carried away his [Juda's] army captive, and foreigners entered into his gates, and cast lots upon Jerusalem"; as "the day of his [Juda's] leaving his country . . . . the day of their [the children of Juda's] destruction"; "the day of their ruin"; etc. They also admit that Abdias (20) contains an implicit reference to the writer as one of the captives in Babylon.彼らと思うの利用条件のabdias ( 11-14 )十分に理解できるだけのエルサレムをキャプチャnabuchodonosor ;のみが話さとして、このイベントの日"見知らぬ人に浮かれるときに彼の[ judaの]軍の捕虜にし、外国人の入力を自分のゲイツ会長は、エルサレムにくじを引くと" ;として"その日の彼の[ judaの]残し彼の国。 。 。 。 。 。 。 。その日の[ judaの子供たちの]破壊" ; "その日その破滅させる" ;等彼らも認めざるをabdias ( 20 )が含まれているWriterの参照を暗黙の1つとして捕虜にバビロンです。

Others again, ascribe the present book of Abdias to a still later date.他人を再度、 abdiasものとみなす、現在の予約をしてまだ後日です。 They agree with the defenders of the second opinion in interpreting Abdias (11-14) as referring to the capture of Jerusalem by Nabuchodonosor, but differ from them in holding that (20) does not really prove that the author of the book lived during the Babylonian exile.彼らの守備に同意する2番目の意見の解釈にabdias ( 11-14 )を参照して、キャプチャのエルサレムをnabuchodonosorが、所蔵して異なること( 20 )はありません本当に証明して本の著者は、暮らしの中にバビロニア人の亡命者です。 They claim that a close study of Abdias (15-21), with its apocalyptic features (reference to the day of the Lord as being at hand upon all nations, to a restoration of all Israel, to the wonderful extent of territory and position in command which await the Jews in God's kingdom), connects necessarily the prophecy of Abdias with other works in Jewish literature [Joel, Daniel, Zechariah 9-14] which, as they think, belong to a date long after the return from Babylon.彼らの主張して勉強を閉じるabdias ( 15-21 ) 、その終末論的特徴(参考文献として、主にその日の手の届く所にすべての国が、イスラエルのすべての修復して、素晴らしいと位置を領土の範囲でコマンドがお客様をお待ちしてユダヤ人に神の王国) 、必然的に接続し、他の作品をabdias予言のユダヤ人の文学[ジョエル、ダニエル、ゼカリヤ9-14 ]は、彼らが思うに、所属して日付を長いバビロンからの帰還した後です。

These, then are the three leading forms of opinion which prevail at the present day regarding the date of composition of the book of Abdias, none of which conflicts with the prophetical import of the work concerning the utter ruin of Edom at a later date and concerning the Messianic times.これらの、その後の3つのメインフォームの意見が優勢現今ではこれについて、この評価を組成する書籍のabdias 、なしのインポートと競合して机上の全くの仕事を破滅させるのは、後の日付とに関するエドムの救世主回クリックします。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Hilary Ho Sang.ヒラリーホー相転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Phillippe, in Dict.フィリップは、 dictのです。 de la Bible; Selbie, in Hast., Dict.デラ聖書; selbieは、 hast 。 、 dictにします。 of Bible, sv Obadiah.のバイブル、 sv文書オバデヤです。 Recent Commentaries: Trochon (1883); Peters (1892); Perowne (1898); Nowack (1897).最近の論評: trochon ( 1883 ) ;ピーターズ( 1892 ) ;ペローン( 1898 ) ;ノバック( 1897 ) 。


Book of Obadiah予約のオバデヤ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-Critical View:クリティカルな対象:

Relation to Jeremiah.関連してジェレマイアです。

Three Parts to the Prophecy. 3つの部分を予言します。

Sepharad. sepharadです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

This book, which bears the title "The Vision of Obadiah," consists of but twenty-one verses, which are devoted to a prophecy against Edom.この本を、これクマのタイトル"のビジョンをオバデヤ、 " 21の詩は、しかし、これはエドムに対する献身的な予言しています。 The prophecy is usually divided into two parts: verses 1-9 and 10-21.予言は、通常の2つの部分に分かれて:詩1-9と10-21です。 In the first section Edom is pictured as sore pressed by foes.エドムの最初のセクションで敵に迫られて痛いとしても描かれています。 She has become "small among the nations," and Yhwh is to bring her down from "the clefts of the rock" where she dwells.彼女はなる"小さな国のうち、 " yhwhは彼女を連れて行くとダウンから"のcleftsオブザロック"ここで彼女の棲むところです。 Edom is further said to be overrun with thieves; and her own allies are destroying her.エドムは、より詳細によると、泥棒をオーバーラン;と彼女自身の同盟国は彼女を破壊します。

In the second part it is declared that because of violence done by Edom to his brother Jacob, and especially because of the part taken by Edom on the day when "foreigners entered into his gates, and cast lots upon Jerusalem" (verse 11), "the house of Jacob shall be a fire, and the house of Joseph a flame, and the house of Esau for stubble, and they shall burn among [AV "kindle in"] them, and devour them" (verse 18). 2番目の部分には暴力を宣言して行われるため、エドムを弟ジェイコブ、特にエドムのための部分を撮影する日が来るのを"外国人を入力すると彼のゲイツ会長は、エルサレムにくじを引くと" (詩11 ) 、 "ジェイコブの家の火災しなければならない、との家のジョセフ、火炎、およびエサウの無精ひげの家の、およびかれらは書き込みの中[ av "を燃やす" ]し、食い入るようにして" (詩18 ) 。 The prophecy concludes with the declaration that Israelitish captives shall return from Sepharad and possess the cities of the South (Negeb), that saviors shall return to Mount Zion to judge Esau, and the kingdom shall be Yhwh's.最後に、宣言の予言israelitish捕虜を返すには、都市からsepharadと南( negeb ) 、それをマウントする神ザイオン返すエサウを判断する、との王国yhwhしなければならないのです。

It should be noted that verses 1 to 6 closely resemble a number of verses in Jeremiah (xlix. 7-22), which also consist of a prophecy against Edom.詩ことに注意して一から六、いくつかの詩に酷似してジェレマイア( xlix. 7-22 ) 、反対にも予言エドムを構成します。

-Critical View:クリティカルな対象:

The resemblance to Jeremiah, referred to above, may mean that Jeremiah borrowed from Obadiah, or that the latter borrowed from the former, or that both borrowed from a still earlier prophet.エレミアのに似ている、上記は、 5月から拝借したということでジェレマイアオバデヤか、または後者は、前者から借りたか、またはその両方を借りてからまだ以前の預言者です。

Relation to Jeremiah.関連してジェレマイアです。

Arguments of much force have been presented for the priority of Obadiah.強制的に多くの引数の優先順位をオバデヤのために提示されています。 In Obadiah the opening of the prophecy seems to be in a more fitting place, the language is terser and more forcible than in Jeremiah; and parallels to the language of these passages appear in other parts of Obadiah, while they do not appear in Jeremiah.オバデヤの開口部を予言し、よりふさわしいと思われる場所、および他の言語は、強制的に比べterserジェレマイア;と並行して、これらの言語の他の部分に表示さ通路オバデヤ、ジェレマイアながらに表示されません。 For these reasons most scholars, except Hitzig and Vatke, believe that the passage appears in Obadiah in its more original form.これらの理由から多くの学者、ヒッツィヒとファトケを除いて、通路が表示されると確信してオバデヤは、他の元の形です。 As the passage in Jeremiah dates from the fourth year of the reign of Jehoiakim (604 BC), and as Ob.ジェレマイアとしての通過には日付から4年jehoiakimの治世(紀元前604 ) 、およびとしてobのです。 11-14 seems clearly to refer to the destruction of Jerusalem by Nebuchadnezzar (586 BC), it is evident that the Book of Obadiah did not lie before Jeremiah in its present form.を参照して11-14のように明確にされネブカドネザルエルサレムの破壊(紀元前586 ) 、それは明らかにしなかったオバデヤには、この本のジェレマイアうそをつく前には現在のフォームです。 This appears also from the fact that in Ob.この表示されるという事実からも、 obのです。 10-21 there is much material which Jeremiah does not quote, and which, had he known it, would have suited his purpose admirably. 10-21ジェレマイアには多くの素材が引用されない、とは、知られていた彼は、彼の目的は見事に最適です。 It is true that Wellhausen finds no difficulty in the date, believing with Stade, Smend, and Schwally that Jer.ヴェルハウゼン見つかったことは事実だが、難しされた日付ない、と信じて、シュターデ、スメント、およびschwallyはjerです。 xlvi.-li. is not the work of Jeremiah.エレミアの仕事ではないのです。 Nowack holds with Giesebrecht that these chapters of Jeremiah contain many interpolations, one of which is xlix.ノバックの支部を保持性ギーゼブレヒトジェレマイアが含まれ、これらの多くのinterpolations 、これは49の1つです。 7-22. 7-22 。 These scholars are, therefore, able to hold that the Jeremiah passage is dependent upon Obadiah, and also to hold that Obadiah is post-exilic.これらの学者には、したがって、ジェレマイアは、通路を保持することはオバデヤに依存し、またオバデヤを保持することは、追放されたポストです。 On the whole the view of Ewald, GA Smith, and Selbie, that both Jeremiah and the present Obadiah have quoted an older oracle, and that Obadiah has quoted it with least change, seems the most probable.全体のビューをエーヴァルト、ジョージアスミス、およびselbie 、その両方が引用符でオバデヤジェレマイアと、現在の古いOracle 、およびそのオバデヤは、最低で変更を引用して、最も確からしいようにします。

As verse 7 is not quoted in Jeremiah, and as it seems difficult to refer it to any time prior to the Exile, GA Smith with much probability makes the post-exilic portion begin with verse 7.引用された詩ではないとして7ジェレマイアし、今のところ難しいを参照して任意の時間に亡命する前に、ジョージアスミス確率が非常に追放された後の部分から始める詩7 。 Most critics hold that verses 11-14 refer to thedestruction of Jerusalem by Nebuchadnezzar.ほとんどの批評家のホールドが詩を11-14を参照してネブカドネザルエルサレムthedestructionのです。 As the Assyrians and Babylonians are not referred to, it is probable that the "nations" who were plundering Edom were Arabic tribes. babyloniansはないとして言及をassyriansと、それは確率は、 "国" whoエドムはアラビア語の部族が略奪します。 Winckler (in "Altorientalische Forschungen," ii. 455, and in Schrader, "KAT" 3d ed., pp. 294 et seq.) places the episode in the reign of Darius.ウィンクラー( " altorientalische forschungen 、 " Ⅱ 。 455 、およびシュレイダー、 "キャット" 3次元エド。 、 pp 。 294頁以降を参照。 )場所のエピソードの中で、ダリウスの統治のです。 Wellhausen is probably right in believing that reference is made in verses 1-15 to the same epoch of Edom's history as that referred to in Mal.ヴェルハウゼンと信じては、おそらく右の詩に言及がなされ、エドム1-15と同じ時代の歴史の中で参照されてmal 。 i.わたし。 2-5, and that the inroads of these "nations" were the beginning of the northern movement of the Nabatæans. 2-5 、進出するとは、これらの"国"は、初めにnabatæans北部の動きをします。 If this be correct, this part of the prophecy comes from the early post-exilic period.もしこれが正しければ、この部分の予言は初めから追放された後の期間です。

Cheyne ("Encyc. Bibl.") holds that the references to the Negeb in the concluding verses of the prophecy indicate for the latter part of the book a date considerably later than the Exile, after the Edomites had been pushed out into the Negeb and southern Judah.チェーンストークス( " encyc 。 bibl 。 " )の参照を保持してnegebは、結びの詩の予言を示すため、後者の日付部分の予約をするよりもかなりへ亡命、プッシュした後、 edomitesの中に入っていたとnegeb南部のユダです。 This view, which had been previously expressed by Nowack and has since been adopted independently by Marti, is confirmed by the eschatological character of the contents of verses 16-21.このビューでは、ノバックされていたと、以前は次の表現さを独立に採択されてきたマーティは、終末論の文字が確認された詩の内容を16-21 。 Marti is probably right in regarding these verses as a later appendix to the prophecy.マーティは、おそらくに関する権利は、後の付録として、これらの詩を予言します。 The position of the Edomites would indicate that the verses date from the Greek period; and the approaching conquest of the Idumean Negeb points to a Hasmonean date. edomitesの位置を示すのは、ギリシャの時代から詩日付;と近づいて征服して、ハスモン朝日idumean negebポイントです。

Three Parts to the Prophecy. 3つの部分を予言します。

There thus appear to be three parts to this short prophecy: (1) a pre-exilic portion, verses 1-6, quoted by Jeremiah and also readapted, with (2) additions, by another Obadiah in the early post-exilic days; and (3) an appendix, which probably dates from Maccabean times.このように表示される3つの部分に、この短い予言: ( 1 )事前に追放された部分は、詩1-6 、引用され、またジェレマイアreadapted 、 ( 2 )追加、別のオバデヤは、初めに追放された後の日中に発送;および( 3 )の付録、これおそらく日程よりmaccabean回クリックします。 As to the exact date of the pre-exilic portion, it is difficult to speak.また、正確な日付は、事前に追放された部分を話すことは困難です。 Some have dated it as early as the reign of Jehoshaphat; others, in the reign of Joram of Judah.いくつかのことは、早ければ日付の治世jehoshaphat ;その他、 joramのは、ユダの統治のです。 The circumstances appear to be too little known now to enable one to fix a date.状況があまりにもほとんど知られていない今すぐに表示さを有効にする1つの日付を修正する。 Arabs have surged up from central Arabia from time immemorial.アラブ人が急上昇した中央アラビアから太古の時代からです。 The Nabatæan invasion of Edom was probably not the first time that Edom had been overrun with plunderers from that direction.エドムのnabatæan侵攻したのは初めてのことはおそらくないエドムplunderersオーバーランがあったからその方向です。 Verses 1-6 probably refer to an earlier experience of a similar character, the circumstances of which can not now be traced.詩1-6を参照して、以前の経験を、おそらく同じような性格のは、今すぐに状況を追跡することはできません。

Sepharad. sepharadです。

The captivity in Sepharad (verse 20) has occasioned much discussion.監禁さのsepharad (詩20 )が引き起こさ多くの議論をします。 In ancient times "Sepharad" was believed to be a name for Spain.古代に" sepharad "はスペインの名前を見られている。 The Targum of Onḳelos renders it , ie, Hispania. onḳelosターガムをレンダリングすること、すなわち、ヒスパニアです。 Schrader (lc 2d ed., p. 445) identifies it with Saparda, a town in Media mentioned in the inscriptions of Sargon.シュレイダー(液晶二次元エド。 、 p. 445 )を識別してsapardaは、町でメディアのサルゴン碑文に記載されています。 If there was a Jewish colony of captives here, however, nothing is otherwise known of it; nor are any circumstances evident which would render probable the existence at this point of a colony of sufficient importance to be referred to in the terms used by Obadiah.植民地があった場合にユダヤ人の捕虜ここでは、しかし、それ以外は何も知られて;も明らかにこれは、どのような状況が存在する確率はこの時点でのレンダリングは、植民地の重要性を十分に参照されて使用されてオバデヤの条件です。

WR Smith and many recent writers have identified it with the Saparda which Darius in his inscriptions mentions between Cappadocia and Ionia as though it were, like them, a province. wrスミスと多くの最近の作家がそれを発見するのダライアスsapardaカッパドキアとの間に彼の碑文イオニアと同じように言及したことが、好きなんだ、道です。 It is mentioned again in an inscription of the thirty-seventh year of the kings Antiochus and Seleucus, ie, 275 BC This region was somewhere in the neighborhood of Phrygia, Galatia, or Bithynia.碑文に再び言及することは、三十七年に王アンティオコスとセレウコス、すなわち、この地域は紀元前275のどこかで、近所のphrygia 、 galatiaか、またはビテュニアです。 When it is remembered that Joel (Joel iii. 6) had complained that Hebrews were being sold to Greeks, it does not seem improbable that the late writer who added the appendix to Obadiah predicted the return of these captives and foretold the Israelitish conquest of Idumea which John Hyrcanus (c. 130 BC) accomplished.記憶にあるときはジョエル(ジョエルⅢ 。 6 )が売られていると不満をヘブル人への手紙はギリシア、ありそうにないように見えることはありません後半は、作家whoが追加されましたオバデヤ付録を予想して、これらの捕虜とリターンの前から予報israelitish征服idumeaどのジョンhyrcanus ( c. 130紀元前)成し遂げています。 Cheyne's view that "Sepharad" is dittography for , another name of Jerahmeel, is hardly convincing.チェーンストークスの対象は" sepharad "は重複書写を、別の名前をjerahmeel 、説得力がほとんどです。

Emil G. Hirsch, George A. Barton g.エミールハーシュ、ジョージAバートン

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

In addition to the introductions of Driver, Cornill, König, Strack, and others, compare Wellhausen, Die Kleinen Propheten, 1893; Nowack, Die Kleinen Propheten, 1897; GA Smith, Book of the Twelve Prophets, 1898, ii.; and Marti, Dodekapropheton, 1903, iE GHGABに加えて、ご案内のドライバ、コルニル、ケーニッヒ、シュトラック、およびその他、比較ヴェルハウゼン、死ぬkleinen propheten 、 1893 ;ノバック、死ぬkleinen propheten 、 1897 ;ジョージアスミスは、預言者は、 12本、 1898 、 Ⅱ 。 ;とマーティ、 dodekapropheton 、 1903 、すなわちghgab


Obadiahオバデヤ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The name of thirteen different persons mentioned in the Bible. 13別の人の名前が聖書に記載されています。 As vocalized in the Masoretic text, it means "worshiper of Yhwh."発声masoreticとしては、テキスト、という意味"しもべのyhwh 。 " 1. 1 。 Head steward to King Ahab of Israel.頭スチュワードahabイスラエルの王です。 At the time of the persecution of the prophets of Yhwh by Jezebel, Obadiah succeeded in concealing one hundred of them in caves (I Kings xviii. 4-6).発表するものであり、迫害され、預言者のyhwhイゼベル、オバデヤに成功したことを隠して100の洞窟(私キングス18 。 4-6 ) 。 During the great famine he was sent by Ahab to search for food.中の大飢饉を検索するahab送られた彼は食品です。 He met the prophet Elijah, and brought Ahab the message that the famine was at an end (ib. 6 et seq.).彼は預言者に会い、イライジャ、とのメッセージが表示さbrought ahabの飢饉ももう終わり( ib. 6頁以降を参照。 ) 。 2. 2 。 A descendant of Jeduthun (I Chron. ix. 16).子孫であるjeduthun (私chron 。 9 。 16 ) 。 3. 3 。 One of the grandchildren of the last king, Jeconiah (ib. iii. 21).のいずれかの孫の最後の王、 jeconiah ( ib. Ⅲ 。 21 ) 。 4. 4 。 A descendant of the tribe of Issachar, and one of David's heroes (ib. vii. 3). issachar部族の子孫である、と1つのデビッドにとっての英雄たちの( ib. Ⅶ 。 3 ) 。 5. 5 。 A descendant of Saul (ib. viii. 38, ix. 44).子孫であるソール( ib. Ⅷ 。 38 、 9世です。 44 ) 。 6. 6 。 A Gadite, the second in the list of David's heroes who joined him in the desert before the capture of Ziklag (ib. xii. 9).をgadite 、 2番目のは、メンバー登録のリストをデビッドにとっての英雄たちのwho彼は、砂漠の前にキャプチャのziklag ( ib. 12 。 9 ) 。 7. 7 。 Father of Ishmaiah, who was appointed representative of the tribe of Zebulun, under David (ib. xxvii. 19).父ishmaiah 、 who部族の代表者が任命zebulun 、されてデビッド( ib. 27 。 19 ) 。 8. 8 。 One of the officers sent by Jehoshaphat to teach in the different towns of Judea (II Chron. xvii. 7).役員のいずれかのjehoshaphat送信さを教えて、それぞれの町のユダヤ( ⅱ chron 。 17 。 7 ) 。 9. 9 。 A Levite, who, during the reign of Josiah, was placed over the workmen repairing the Temple (ib. xxxiv. 12).をレビ、 who 、ジョサイアの治世中に、労働者を修復するのが置か寺( ib. 34 。 12 ) 。 10. 10 。 Son of Jehiel; chief of 218 men who returned with Ezra to Palestine (Ezra viii. 9).息子のジェヘル;最高の218人をパレスチナwho返さエズラ(エズラⅧ 。 9 ) 。 11. 11 。 One of those who signed, with Nehemiah, the covenant to live according to the doctrines of the law of Moses (Neh. x. 6).それらの1つwho署名、ニーアマイアは、約束に住んによると、同法の教説のムーサー( neh. Xの6 ) 。 12. 12 。 One of the porters of the gates in the porticoes of the new Temple (ib. xii. 25).のいずれかのポーターは、ゲイツ会長は、 porticoes 、新しい寺( ib. 12 。 25 ) 。 13. 13 。 A prophet who lived probably about 587 BC (Ob. 1).EGHSO預言者約587 who住んでおそらく紀元前( ob. 1 ) 。 eghso

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Obadiah was a proselyte of Edomite origin (Sanh. 39b), and is said to have been a descendant of Eliphaz, the friend of Job (Yalḳ. ii. 549).オバデヤは、エドム人の改宗の起源( sanh. 39b )とは子孫であると伝えられているeliphazは、友人の仕事( yalḳ. Ⅱ 。 549 ) 。 He is identified with the Obadiah who prophesied against Edom (Ob. 1).彼は、オバデヤwho予言を発見エドム( ob. 1 ) 。 It is said that he was chosen to prophesy against Edom because he was himself an Edomite.これは予言によると、彼は反対エドムを選択していたので、自分自身のエドム人です。 Moreover, having lived with two such godless persons as Ahab and Jezebel without learning to act as they did, he seemed the most suitable person to prophesy against Esau (Edom), who, having been brought up by two pious persons, Isaac and Rebekah, had not learned to imitate their good deeds.また、このようなことに住んで2つの神を恐れぬ人として学習ahabとせずに行動するイゼベルと同じように、彼は人を予言するように最も適した反対エサウ(エドム) 、 whoは、 2つのことに育てられた信心深い人、イスハークとれたRebekah 、彼らを模倣するなかった善行を学んだ。 Obadiah is supposed to have received the gift of prophecy for having hidden the hundred prophets from the persecution of Jezebel.オバデヤは、仮定を受けて予言の才能があるのに隠された百預言者イゼベルの迫害からです。 He hid the prophets in two caves, so that if those in one cave should be discovered those in the other might yet escape (Sanh. lc).彼は隠して預言者、 2つの洞窟、もし、それらの1つの洞窟のようにすべきであるこれらの発見は、他の可能性はまだありませんエスケープ( sanh.液晶) 。 Obadiah was very rich, but all his wealth was expended in feeding the poor prophets, until, in order to be able to continue to support them, finally he had to borrow money at interest from Ahab's son Jehoram (Ex. R. xxxi. 3).オバデヤは、非常に豊かな、しかし、彼の富のすべての貧しい人々は、預言者支出の摂食されるまでは、継続してできるようにするためにサポートし、最後に彼はお金を借りて利子をahabの息子よりjehoram (例: r. 31 。 3 ) 。 Obadiah's fear of God was one degree higher than that of Abraham; and if the house of Ahab had been capable of being blessed, it would have been blessed for Obadiah's sake (Sanh. lc).ECJZLオバデヤの神への恐怖を上回ることは1度アブラハム;とahabていた場合は、家の能力を祝福、それはオバデヤのためにも祝福を( sanh.液晶) 。 ecjzl

Emil G. Hirsch, Schulim Ochser, Executive Committee of the Editorial Board, Jacob Zallel Lauterbach g.エミールハーシュ、 schulim ochser 、執行委員会は、編集委員会は、ジェイコブzallel lauterbach

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです