Photius photius

General Information 総合情報

A saint of the Orthodox church, Photius, bc820, d.サンは、正教会は、 photius 、 bc820 、 d. Feb. 6, 891?, patriarch of Constantinople (858-67, 877-86), was long considered the initiator of the schism between the Eastern and Western churches. 2月6日、 891ですか?は、家長のコンスタンティノープル( 858から67まで、八七七から八六)が長いと考え、イニシエータは、東洋と西洋の教会の間の分裂です。 The greatest scholar of medieval Byzantium, he had a distinguished career as a diplomat, teacher, and writer before becoming patriarch.中世のビザンチウムの最大の学者は、彼には外交官としてのキャリアを識別、教師、家長や作家になる前です。

When Byzantine emperor Michael III forced the resignation of the patriarch Ignatius in 858, Photius, still a layman, was elevated to the patriarchate after having received the lesser orders in six days.時ビザンチン皇帝ミカエル3世の家父長を辞任したことを余儀なくさイグナティウス858 、 photius 、まだ素人、家長の位をした後は上昇するには、小受注を6日の間です。 He soon entered into a conflict with Pope Nicholas I. Nicholas was eager both to extend the growing power of the papacy over Byzantium and interested in the jurisdiction over the Bulgarians, converted (864) to Byzantine Christianity under Photius.彼はすぐに入力すると、競合と教皇ニコラスi.ニコラスは、熱心な成長力の両方を延長するには、ローマ教皇以上の裁判管轄権に興味がビュザンティオンと、ブルガリア、変換( 864 )をキリスト教のビザンチンphotiusされています。 The conflict, purely administrative at the beginning, acquired doctrinal undertones when Frankish missionaries in Bulgaria, acting as the pope's emissaries, began to introduce an interpolated text of the Nicene Creed.紛争は、純粋な行政の冒頭に、後天教義undertonesフランク宣教師のときに、ブルガリア、演技、法王の特使として、補間を導入し始めたのテキストを、ニカイア信条です。 In the original text the Holy Spirit was said to have proceeded "from the Father," whereas in Carolingian Europe (but not yet in Rome) the text had been revised to say "from the Father and the Son" (filioque).で、元のテキストによると、聖霊が進むには"父親から、 "これに対して、カロリング朝のヨーロッパ(しかし、まだローマの)改正のテキストを言うていた"から、父と息子" ( filioque ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In 867, Photius summoned a council that deposed Nicholas. 、 867 、ニコラスphotius召喚する会議で退陣します。 A change of dynasty in Constantinople, however, brought the deposition (867) of Photius and a temporary return of Ignatius to the patriarchal throne.時代の変化を、コンスタンティノープル、しかし、沈着をきっかけに、 ( 867 )の一時帰国のイグナティウスphotiusと家父長の王位継承をします。 A reconciliation eventually occurred between Ignatius and Photius, and Photius was restored (878) to the patriarchate after the death of Ignatius.最終的に和解が発生したとの間にイグナティウスphotius 、およびphotiusが復元( 878 )をイグナティウス家長の位の後に死亡した。 In 879-80 a great council, presided over by Photius, was held at Hagia Sophia, with legates of Pope John VIII present.会議で大きな879〜80 、 photius主宰され、アヤソフィアで開かれた、ローマ法王ヨハネviii legatesの存在します。 The council, with the legates' approval, confirmed the original form of the creed, and normal relations between Rome and Constantinople were restored.同会議で、 legates '承認、確認、元のフォームは、信条、ローマとコンスタンティノープルとの間の正常な関係が復元されます。 Photius was forced to retire in 886. photiusは、強制的に引退するに886です。 Feast day: Feb. 6.饗宴日: 2月6日です。

John Meyendorffジョンメイエンドルフ

Bibliography 書誌事項
Dvornik, Francis, The Patriarch Photius in the Light of Recent Research (1958) and The Photian Schism, History and Legend (1958); Gerostergios, Asterios, St. Photios the Great (1980; Haugh, Richard, Photius and the Carolingians (1974); Meyendorff, John, Orthodoxy and Catholicity (1966); White, Despina S., Patriarch Photius and His Correspondence (1978). dvornik 、フランシスは、家長に照らしてphotius最近の研究( 1958 )とphotian分裂、歴史と伝説( 1958 ) ; gerostergios 、 asterios 、聖photiosの大( 1980 ;ハウ、リチャード、 photiusとcarolingians ( 1974 ) ;メイエンドルフ、ジョン、正統性と普遍性( 1966 ) ;白、デスピーナs. 、家長photiusと彼の文通( 1978 ) 。


Photius of Constantinopleコンスタンティノープルのphotius

Catholic Information カトリックの情報

Photius of Constantinople, chief author of the great schism between East and West, was b.コンスタンティノープルのphotius 、最高の著者、東と西の間に大きな分裂がb. at Constantinople c.はコンスタンティノープルc. 815 (Hergenröther says "not much earlier than 827", "Photius", I, 316; others, about 810); d. 815 ( hergenrötherには、 "以前よりもあまり827 " 、 " photius " 、私、 316 ;その他、約810 ) ; d. probably 6 Feb., 897.おそらく2月6日、 897です。 His father was a spatharios (lifeguard) named Sergius.彼の父親は、 spatharios (ライフガード)という名前のセルギウスです。 Symeon Magister ("De Mich. et Theod.", Bonn ed., 1838, xxix, 668) says that his mother was an escaped nun and that he was illegitimate.シミヨンマジスター( "デMich 。 et theodです。 " 、ボンエド。 、 1838 、 29 、 668 )によると、彼の母親は、修道女としていた非嫡出エスケープします。 He further relates that a holy bishop, Michael of Synnada, before his birth foretold that he would become patriarch, but would work so much evil that it would be better that he should not be born.彼はより詳細な関係は、聖なる司教、マイケルのsynnada前に、彼は彼の誕生前から予報が家長になるが、それは働くように考えた方が良いくらい邪悪なことを彼に生まれることはできません。 His father then wanted to kill him and his mother, but the bishop said: "You cannot hinder what God has ordained. Take care for yourself."彼の父親を殺す入力し、指名手配の彼と彼の母親が、司教によると: "することはできません。妨げるどのような神が命じられる。取るの世話をします。 " His mother also dreamed that she would give birth to a demon.彼の母親も夢に彼女は悪魔を出産する。 When he was born the abbot of the Maximine monastery baptized him and gave him the name Photius (Enlightened), saying: "Perhaps the anger of God will be turned from him" (Symeon Magister, ibid., cf. Hergenröther, "Photius", I, 318-19).彼が生まれたときの洗礼を受けた修道院maximineアボットは、彼とは彼の名前photius (悟りを開いた) 、と言っ: "おそらく、神の怒りから、彼は有効" (シミヨンマジスター、同上、継続前誌です。 hergenrötherは、 " photius " 、私は、三百十八〜十九) 。 These stories need not be taken seriously.真剣にこれらの物語である必要はありません。 It is certain that the future patriarch belonged to one of the great families of Constantinople; the Patriarch Tarasius (784-806), in whose time the seventh general council (Second of Nicæa, 787) was held, was either elder brother or uncle of his father (Photius: Ep. ii, PG, CII, 609).これは確信して将来の家長に属してコンスタンティノープルの1つの偉大なご家族の家長tarasius (七八四から八〇六)は、その時間は7総評議会( 2番目のnicæa 、 787 )が開かれた、または叔父の兄は、いずれか彼の父親( photius : epです。 2世、 pg 、 cii 、 609 ) 。 The family was conspicuously orthodox and had suffered some persecution in Iconoclast times (under Leo V, 813-20).正統派のご家族は群を抜いて、いくつかの迫害に苦しんでいた因習打破回(されてレオV電源、八一三から二〇 ) 。 Photius says that in his youth he had had a passing inclination for the monastic life ("Ep. ad Orient. et Oecon.", PG, CII, 1020), but the prospect of a career in the world soon eclipsed it. photiusは幼少のころによると、彼は傾斜があったため、禁欲生活を通過する( "しまった。広告オリエントです。 et oeconです。 " 、 pg 、 cii 、 1020 ) 、しかし、世界のキャリアの展望をすぐに隠蔽してください。

He early laid the foundations of that erudition which eventually made him one of the most famous scholars of all the Middle Ages.彼は家の基盤を早期に博学で結局は彼の1つで最も有名な学者のすべての中世の時代にします。 His natural aptitude must have been extraordinary; his industry was colossal.彼の自然な適性必要があります。カペラス;彼の産業は巨大です。 Photius does not appear to have had any teachers worthy of being remembered; at any rate he never alludes to his masters. photiusが表示されない場合には任意の教師にふさわしいいた記憶; alludesいずれにせよ彼は決して彼のマスターズです。 Hergenröther, however, notes that there were many good scholars at Constantinople while Photius was a child and young man, and argues from his exact and systematic knowledge of all branches of learning that he could not have been entirely self-taught (op. cit., I, 322). hergenröther 、しかし、ノートがあったが、多くの優れた学者はコンスタンティノープルphotiusは、子供や若い男、と主張すると体系的な知識をより正確に彼のすべての枝を学ぶことができませんでした完全に彼は独学( op. 〜 Citです。 、私、 322 ) 。 His enemies appreciated his learning.彼の敵彼の学習感謝します。 Nicetas, the friend and biographer of his rival Ignatius, praises Photius's skill in grammar, poetry, rhetoric, philosophy, medicine, law, "and all science" ("Vita S. Ignatii" in Mansi, XVI, 229). nicetas 、彼の伝記作家の友人でライバルのイグナティウス、称賛に手腕を振るうphotius文法、詩、修辞学、哲学、医学、法では、 "すべての科学" ( "生命s. ignatii "をmansi 、 16 、 229 ) 。 Pope Nicholas I, in the heat of the quarrel writes to the Emperor Michael III: "Consider very carefully how Photius can stand, in spite of his great virtues and universal knowledge" (Ep. xcviii "Ad Mich.", PG, CXIX, 1030).ローマ法王ニコラス私は、暑さは、けんかの書き込みを皇帝ミカエル3世: "非常に慎重に検討することどのようphotiusスタンド、にもかかわらず、彼の偉大な美徳と普遍的知識" ( ep. 98 "の広告Mich 。 " 、 pg 、 cxix 、 1030 ) 。 It is curious that so learned a man never knew Latin.好奇心を学んだことはそうなラテン男とは知らなかった。 While he was still a young man he made the first draft of his encyclopædic "Myrobiblion".彼はまだ若い男ながら彼は彼の最初の草案をencyclopædic " myrobiblion "です。 At an early age, also, he began to teach grammar, philosophy, and theology in his own house to a steadily increasing number of students.幼いころに、また、文法を教え始めた彼は、哲学と神学は、自分の家の生徒数を着実に増加しています。

His public career was to be that of a statesman, coupled with a military command.公開されることは、彼のキャリアは、政治、軍事的に結合するコマンドを実行します。 His brother Sergius married Irene, the emperor's aunt.弟と結婚セルギウスアイリーンは、天皇の叔母です。 This connexion and his undoubted merit procured Photius speedy advancement.この接続のメリットと彼の紛れもないphotius調達迅速な進展です。 He became chief secretary of State (protosekretis) and captain of the Life Guard (protospatharios).彼は首席国務長官( protosekretis )と船長は、ライフガード( protospatharios ) 。 He was unmarried.彼は未婚のです。 Probably about 838 he was sent on an embassy "to the Assyrians" ("Myrobiblion", preface), ie, apparently, to the Khalifa at Bagdad.おそらく約838彼は大使館に送信さ"をassyrians " ( " myrobiblion " 、序文) 、すなわち、どうやら、ハリーファはバグダッドしています。 In the year 857, then, when the crisis came in his life, Photius was already one of the most prominent members of the Court of Constantinople. 857年で、その後、彼の人生に来たときの危機、 photiusは、すでに1つの裁判所で、最も顕著なのメンバーコンスタンティノープルのです。 That crisis is the story of the Great Schism (see GREEK CHURCH).その危機は、物語の大分裂(ギリシャ教会を参照) 。 The emperor was Michael III (842-67), son of the Theodora who had finally restored the holy images.天皇は、ミカエル3世(八四二〜六七) 、息子の最後のテオドラwhoは、神聖な画像を復元します。 When he succeeded his father Theophilus (829-842) he was only three years old; he grew to be the wretched boy known in Byzantine history as Michael the Drunkard (ho methystes).彼は父親に成功したときにテオフィロス(八百二十九〜八百四十二)彼はわずか3年古;彼は悲惨な少年の成長をビザンチン様式の歴史として知られて酔っぱらいのマイケル(ホmethystes ) 。 Theodora, at first regent, retired in 856, and her brother Bardas succeeded, with the title of Cæsar.テオドラは、最初のリージェント、 856引退し、彼女の兄とbardasに成功した、とのタイトルにcæsarです。 Bardas lived in incest with his daughter-in-law Eudocia, wherefore the Patriarch Ignatius (846-57) refused him Holy Communion on the Epiphany of 857.近親相姦bardasに住んで彼の嫁であるeudocia 、何のために、総主教イグナティウス( 846から57 )聖体拝領を拒否した彼のエピファニーの857です。 Ignatius was deposed and banished (Nov. 23, 857), and the more pliant Photius was intruded into his place.イグナティウスは、退陣と追放( 11月23日、 857 ) 、および、他のしなやかなphotiusは、彼の場所に侵入しています。 He was hurried through Holy Orders in six days; on Christmas Day, 857, Gregory Asbestas of Syracuse, himself excommunicate for insubordination by Ignatius, ordained Photius patriarch.彼は急いで僧籍を6日の間を通して; 、クリスマスの日に、 857 、グレゴリーasbestasのシラキュース、自分自身の不服従を破門されたイグナティウス、家長photius命じられる。 By this act Photius committed three offences against canon law: he was ordained bishop without having kept the interstices, by an excommunicate consecrator, and to an already occupied see.この3つの犯罪行為に対してコミットphotiusキヤノン法:彼は命じられることなく、保管して司教interstices 、破門された奉献者、および既に占領下に表示されます。 To receive ordination from an excommunicate person made him too excommunicate ipso facto.破門されたからの調整を受ける人が彼をあまりにも事実上破門された。

After vain attempts to make Ignatius resign his see, the emperor tried to obtain from Pope Nicholas I (858-67) recognition of Photius by a letter grossly misrepresenting the facts and asking for legates to come and decide the question in a synod.無駄な試みをした後、辞任をイグナティウスは、次の天皇を入手しようとローマ教皇ニコラスから私(八五八から六七まで) photius認識され、事実と一通の手紙を求める肉眼misrepresenting legatesに来て、会議の質問に決定する。 Photius also wrote, very respectfully, to the same purpose (Hergenröther, "Photius", I, 407-11). photiusも書いた、非常に謹んで、同じ目的のために( hergenröther 、 " photius " 、私は、四〇七〜一一) 。 The pope sent two legates, Rodoald of Porto and Zachary of Anagni, with cautious letters.法王送られる2つのlegates 、ザカリーのアナーニrodoaldのポルトと、慎重な手紙です。 The legates were to hear both sides and report to him. legatesが、両方の言い分を聞くと報告書をしている。 A synod was held in St. Sophia's (May, 861).聖ソフィアの会議が開催された( 5月、 861 ) 。 The legates took heavy bribes and agreed to Ignatius's deposition and Photius's succession.わいろを受け取ると、 legatesが重いと合意してイグナティウスの沈着photiusの承継します。 They returned to Rome with further letters, and the emperor sent his Secretary of State, Leo, after them with more explanations (Hergenröther, op. cit., I, 439-460).彼らローマに戻ってより詳細な文字、と彼の国務長官に送られる天皇、レオは、かれらの後に、他の説明( hergenröther 、営業します。 〜 Cit 。 、私は、四三九から四六〇まで) 。 In all these letters both the emperor and Photius emphatically acknowledge the Roman primacy and categorically invoke the pope's jurisdiction to confirm what has happened.すべてのphotiusこれらの文字の両方の皇帝ときっぱりと優位性を認識すると断定的に移り、ローマ教皇の管轄権を確認する、何が起きたのです。 Meanwhile Ignatius, in exile at the island Terebinth, sent his friend the Archimandrite Theognostus to Rome with an urgent letter setting forth his case (Hergenröther, I, 460-461).一方イグナティウスは、亡命者は、島のテレビンノキ、彼の友人の掌院送信theognostusローマに緊急書簡の設定を自分のケース( hergenröther 、私は、四百六十から四百六十一まで) 。 Theognostus did not arrive till 862. 862までtheognostus到着しなかった。 Nicholas, then, having heard both sides, decided for Ignatius, and answered the letters of Michael and Photius by insisting that Ignatius must be restored, that the usurpation of his see must cease (ibid, I, 511-16, 516-19).ニコラス、その後、聞いたことの両側に、イグナティウスことを決めたため、と答えたの文字のマイケルと主張してイグナティウスphotiusを復元しなければならない、彼の強奪を参照して中止する必要があります(同上、私は、 511から16まで、五百十六から十九まで)です。 He also wrote in the same sense to the other Eastern patriarchs (510-11).彼はまた、同じ意味を書いた、他の東部patriarchs ( 510から11 ) 。 From that attitude Rome never wavered: it was the immediate cause of the schism.ローマからのような態度で決してwavered :それは、この分裂の直接の原因です。 In 863 the pope held a synod at the Lateran in which the two legates were tried, degraded, and excommunicated. 863開かれた会議で、法王は、ラテラノ大聖堂では2つのlegatesが、試され、劣化し、 excommunicatedです。 The synod repeats Nicholas's decision, that Ignatius is lawful Patriarch of Constantinople; Photius is to be excommunicate unless he retires at once from his usurped place.ニコラスの会議の決定を繰り返し、そのコンスタンティノープル総主教イグナティウスは、合法的な; photiusは破門されるが退任を一度にしない限り、彼は彼のusurped場所からです。

But Photius had the emperor and the Court on his side.しかし、裁判所photiusは、皇帝と彼の側にします。 Instead of obeying the pope, to whom he had appealed, he resolved to deny his authority altogether.ローマ教皇に従うのではなく、誰に訴えていた、彼は彼の権威を否定する完全に解決します。 Ignatius was kept chained in prison, the pope's letters were not allowed to be published.鎖につながれたままイグナティウスが獄中には、法王の手紙の公開をご遠慮ください。 The emperor sent an answer dictated by Photius saying that nothing Nicholas could do would help Ignatius, that all the Eastern Patriarchs were on Photius's side, that the excommunication of the legates must be explained and that unless the pope altered his decision, Michael would come to Rome with an army to punish him.天皇の指示によるもので回答が送られると言っているphotiusニコラスが何も役立つイグナティウスは、それが上のすべての東部patriarchs photiusの側では、 legatesは、破門を説明しなければならないと変化していない限り、ローマ教皇彼の意思決定、マイケルが来てローマ軍を処罰する彼です。 Photius then kept his place undisturbed for four years. photius攪乱されていない場所を入力し、彼の4年間保管します。 In 867 he carried the war into the enemy's camp by excommunicating the pope and his Latins. 867彼は戦争に運ばされて敵のキャンプexcommunicating 、法王と彼のラテン系です。 The reasons he gives for this, in an encyclical sent to the Eastern patriarchs, are: that Latinsその理由は、彼はこのためには、送信された東部は、回勅patriarchs 、は:それラテン系

fast on Saturday高速、土曜日

do not begin Lent till Ash Wednesday (instead of three days earlier, as in the East)灰の水曜日四旬節を始めるまではありません( 3日間ではなく、以前のように、東)

do not allow priests to be married司祭を許可されていないと結婚

do not allow priests to administer confirmation司祭の確認を管理する許可されていない

have added the filioque to the creed. filioqueを信条が追加されました。

Because of these errors the pope and all Latins are: "forerunners of apostasy, servants of Antichrist who deserve a thousand deaths, liars, fighters against God" (Hergenröther, I, 642-46).これらのエラーのため、すべてのラテン系の教皇とは: "先駆者の背教、召使の反キリストwho万人の死者を受けるに値する、虚言の徒は、ファイターズ対の神" ( hergenröther 、私は、六百四十二から四十六) 。 It is not easy to say what the Melchite patriarchs thought of the quarrel at this juncture.どのようなことを言うのは容易ではないmelchite patriarchsを考えると、この時点でけんかします。 Afterwards, at the Eighth General Council, their legates declared that they had pronounced no sentence against Photius because that of the pope was obviously sufficient.その後、総務会は、 8番目、彼らの発音legatesないと宣言されていた文章をphotius法王は明らかにしているため、十分です。

Then, suddenly, in the same year (Sept. 867), Photius fell.その後、突然、と同じ年( 2005年9 867 ) 、 photius下落した。 Michael III was murdered and Basil I (the Macedonian, 867-86) seized his place as emperor.ミカエル3世が殺害さとバジル私(マケドニア語、 867から86 )彼の場所として押収した天皇です。 Photius shared the fate of all Michael's friends.すべての運命を共有してphotiusマイケルの友達です。 He was ejected from the patriarch's palace, and Ignatius restored.彼は家長の宮殿から取り出された、とイグナティウス復元されます。 Nicholas I died (Nov. 13, 867).ニコラス私が死亡した( 11月13日、 867 ) 。 Adrian II (867-72), his successor, answered Ignatius's appeal for legates to attend a synod that should examine the whole matter by sending Donatus, Bishop of Ostia, Stephen, Bishop of Nepi, and a deacon, Marinus.エイドリアン2世( 867から72まで) 、彼の後任、回答イグナティウスlegatesを訴えるための会議に出席することを検討する必要ドナトゥス全体の問題を送信し、司教のオスティア、スティーブン、司教のnepi 、と助祭、 marinusです。 They arrived at Constantinople in Sept., 869, and in October the synod was opened which Catholics recognize as the Eighth General Council (Fourth of Constantinople).彼らコンスタンティノープルに到着9月、 869 、および10月にはカトリック教会会議が開かれたが、 8番目として認識総合評議会(コンスタンティノープルの4分の1 ) 。 This synod tried Photius, confirmed his deposition, and, as he refused to renounce his claim, excommunicated him.この会議photiusしようと、彼の沈着を確認し、彼の主張を放棄として彼を拒否して、 excommunicatedていた。 The bishops of his party received light penances (Mansi, XVI, 308-409).彼の党の受信光の司教penances ( mansi 、 16 、三〇八から四〇九) 。 Photius was banished to a monastery at Stenos on the Bosphorus.修道院を追放してphotiusは、ボスポラス海峡をstenosです。 Here he spent seven years, writing letters to his friends, organizing his party, and waiting for another chance.ここで過ごした7年間、彼の友達に手紙を書く、彼の党大会組織し、別の機会を待っています。 Meanwhile Ignatius reigned as patriarch.一方イグナティウス家長として君臨します。 Photius, as part of his policy, professed great admiration for the emperor and sent him a fictitious pedigree showing his descent form St. Gregory the Illuminator and a forged prophecy foretelling his greatness (Mansi, XVI, 284). photius 、彼の政策の一環として、天皇と大いに感心を公言した彼は、架空の血統送信フォーム表示中彼の降下聖グレゴリーの照明と予言偽造foretelling彼の偉大さ( mansi 、 16 、 284 ) 。 Basil was so pleased with this that he recalled him in 876 and appointed him tutor to his son Constantine.バジルはとても喜んでこれを876彼は彼のリコールの家庭教師を彼と彼の息子コンスタンティノスに任命します。 Photius ingratiated himself with everyone and feigned reconciliation with Ignatius.誰も自分自身をphotius ingratiatedと偽りの和解をイグナティウスです。 It is doubtful how far Ignatius believed in him, but Photius at this time never tires of expatiating on his close friendship with the patriarch.それは疑わしいイグナティウスどの程度まで彼を信じて、しかし、この時点でphotiusタイヤのexpatiatingを決して彼の家長の友情を閉じる。 He became so popular that when Ignatius died (23 Oct, 877) a strong party demanded that Photius should succeed him; the emperor was now on their side, and an embassy went to Rome to explain that everyone at Constantinople wanted Photius to be patriarch.彼は非常に人気が死亡したときにイグナティウス( 10月23日、 877 )に強い党を要求してphotius彼は成功し、天皇は、今すぐ側にして、ローマの大使館行ったことを説明するphotiusみんなで指名手配されるコンスタンティノープル総主教です。 The pope (John VIII, 872-82) agreed, absolved him from all censure, and acknowledged him as patriarch.ローマ教皇(ヨハネの福音viii 、 872から82 )合意は、彼からのすべての免除非難し、家長として彼に認められた。

This concession has been much discussed.この譲歩多く議論されています。 It has been represented, truly enough, that Photius had shown himself unfit for such a post; John VIII's acknowledgment of him has been described as showing deplorable weakness.表示され、本当に十分な、それを自分自身に適さないphotiusはこのようなポスト;ジョンviiiの謝辞を表示中嘆かわしい彼の弱点として記載されています。 On the other hand, by Ignatius's death the See of Constantinople was now really vacant; the clergy had an undoubted right to elect their own patriarch; to refuse to acknowledge Photius would have provoked a fresh breach with the East, would not have prevented his occupation of the see, and would have given his party (including the emperor) just reason for a quarrel.その一方で、イグナチオの死の参照コンスタンティノープルのは、今すぐ本当に空いて;の聖職者は、紛れもない自分の選挙権を家長;を拒否することを認識するphotiusを新たに違反が挑発の東、彼の職業はないが阻止を参照し、自分の党が与えられた(天皇を含む)とけんかするだけの理由です。 The event proved that almost anything would have been better than to allow his succession, if it could be prevented.ほぼすべてのイベントが立証されたほうがよかったと彼の後継者を許可するよりも、それが防止します。 But the pope could not foresee that, and no doubt hoped that Photius, having reached the height of his ambition, would drop the quarrel.予測できませんでしたが、法王は、と期待して間違いない。 photius 、彼の野心の高さに達すると、けんかにドロップします。

In 878, then, Photius at last obtained lawfully the place he had formerly usurped.で878 、その後、合法的に得られる場所photiusとうとう彼は以前usurpedです。 Rome acknowledged him and restored him to her communion.ローマ認めた彼と彼女の聖体拝領彼を復元します。 There was no possible reason now for a fresh quarrel.今すぐではない可能性を新たにけんかの理由です。 But he had identified himself so completely with that strong anti-Roman party in the East which he mainly had formed, and, doubtless, he had formed so great a hatred of Rome, that now he carried on the old quarrel with as much bitterness as ever and more influence.しかし、彼は自分自身で識別性が強いので完全に反党は、東に彼はローマの中心にできた、と、確かに、彼はローマの形成を憎悪するほど、その今すぐ彼の古いけんかに乗って運ばれるとして同じくらいの苦味他に影響を与えるまでとします。 Nevertheless he applied to Rome for legates to come to another synod.しかし彼はローマを適用するlegatesを別の会議に来る。 There was no reason for the synod, but he persuaded John VIII that it would clear up the last remains of the schism and rivet more firmly the union between East and West.会議理由はないが、彼を説得ジョンviiiを明らかにすることに最終更新リベットの他の遺跡の分裂との間にしっかりと東と西の労働組合です。 His real motive was, no doubt, to undo the effect of the synod that had deposed him.彼の本当の動機は、間違いなく、その効果は、会議を元に戻すに退陣ていた彼です。 The pope sent three legates, Cardinal Peter of St. Chrysogonus, Paul, Bishop of Ancona, and Eugene, Bishop of Ostia. legates送られる3つの法王は、枢機卿聖chrysogonusピーター、ポール、司教のアンコーナ、およびユージン、オスティア司教のです。 The synod was opened in St. Sophia's in November, 879.聖ソフィアの会議が開かれたのは昨年11月、 879です。 This is the "Psuedosynodus Photiana" which the Orthodox count as the Eighth General Council.これは、 " psuedosynodus photiana "正統派の数としては、第8回総務会です。 Photius had it all his own way throughout. photiusいたことをすべて自分自身の道を得ております。 He revoked the acts of the former synod (869), repeated all his accusations against the Latins, dwelling especially on the filioque grievance, anathematized all who added anything to the Creed, and declared that Bulgaria should belong to the Byzantine Patriarchate.彼の行為を失効した旧教会会議( 869 ) 、繰り返されるすべての彼の告訴、ラテン系、住居filioque特に、苦情処理、 who追加されました何もしてanathematizedすべての信条、と断言してブルガリアはビザンチン様式の家長の位に所属しています。 The fact that there was a great majority for all these measures shows how strong Photius's party had become in the East.という事実があったのすべての大多数はこれらの施策を示しphotiusの強い党がどのようになるの東です。 The legates, like their predecessors in 861, agreed to everything the majority desired (Mansi, XVII, 374 sq.).のlegates 、前任者のようなもの861 、合意して希望するすべての過半数( mansi 、 17 、 374 ㎡ ) 。 As soon as they had returned to Rome, Photius sent the Acts to the pope for his confirmation.とすぐに戻って彼らはローマ、ローマ教皇photius送った彼の行為を確認します。 Instead John, naturally, again excommunicated him.代わりにジョンは、当然のことながら、再びexcommunicatedていた。 So the schism broke out again.ので、分裂が勃発してください。 This time it lasted seven years, till Basil I's death in 886. 7年間続いたこの時期に、私の死のバジルを886までです。

Basil was succeeded by his son Leo VI (886-912), who strongly disliked Photius.バジルは、成功され、彼の息子レオ六(八百八十六から九百十二まで) 、 who強くphotiusに嫌悪感を抱いています。 One of his first acts was to accuse him of treason, depose, and banish him (886).彼の最初の1つ彼の反逆行為を非難するが、証言し、追放彼( 886 )です。 The story of this second deposition and banishment is obscure.この2番目の物語無名蒸着や国外追放がします。 The charge was that Photius had conspired to depose the emperor and put one of his own relations on the throne---an accusation which probably meant that the emperor wanted to get rid of him. photiusチャージは、証言は、天皇と共謀し、自分自身の関係の上に1つの玉座---の告発を指名手配、おそらく意味は、天皇を排除するのだ。 As Stephen, Leo's younger brother, was made patriarch (886-93) the real explanation may be merely that Leo disliked Photius and wanted a place for his brother.スティーブンとして、レオの弟、家長が行われた(八百八十六から九十三まで)だけが本当の説明がありますレオ嫌わphotiusと弟の場所を指名手配します。 Stephen's intrusion was as glaring an offence against canon law as had been that of Photius in 857; so Rome refused to recognize him.ステパノの侵入には、明白な犯罪として反対宗規photiusされていたが、 857 ;ためローマを拒否して彼を認識します。 It was only under his successor Antony II (893-95) that a synod was held which restored reunion for a century and a half, till the time of Michael Cærularius (1043-58).それは、彼の後任にのみされてアントニーⅡ ( 893から95 )を復元して会議が開かれたの再会を一世紀半、マイケルcærulariusまでの時間( 1043年から1058年) 。 But Photius had left a powerful anti-Roman party, eager to repudiate the pope's primacy and ready for another schism.しかし、左photiusは、強力な抗ローマン党は、承知して、法王の優位性を拒む別の分裂と準備をします。 It was this party, to which Cærularius belonged, that triumphed at Constantinople under him, so that Photius is rightly considered the author of the schism which still lasts.それは、この党をcærulariusに属し、そのtriumphedコンスタンティノープル彼の下で、 photiusは当然考慮して、著者は、分裂がまだ続く。 After this second deposition Photius suddenly disappears from history.この2番目の沈着した後、突然消えてからの歴史photiusです。 It is not even known in what monastery he spent his last years.それさえ知られてどのような修道院ではない彼の最後の年を費やしています。 Among his many letters there is none that can be dated certainly as belonging to this second exile.彼の手紙の中には多くのことができる日付なし確かにこの2番目の亡命者に属するものです。 The date of his death, not quite certain, is generally given as 6 February, 897.この評価を、彼の死ではなく、かなり特定の、 2月6日は一般的に与えられたとして、 897 。

That Photius was one of the greatest men of the Middle Ages, one of the most remarkable characters in all church history, will not be disputed.そのphotiusは、 1つの男性の最大の中世には、最も注目すべき文字を1つのすべての教会の歴史ではないが、係争中にします。 His fatal quarrel with Rome, though the most famous, was only one result of his many-sided activity.彼の致命的なけんかにローマ、かかわらず、最も有名な、 1つだけの結果は、彼の多面的な活動です。 During the stormy years he spent on the patriarch's throne, while he was warring against the Latins, he was negotiating with the Moslem Khalifa for the protection of the Christians under Moslem rule and the care of the Holy Places, and carrying on controversies against various Eastern heretics, Armenians, Paulicians etc. His interest in letters never abated.嵐の中に年間を過ごしたの家長の玉座に、彼はラテン系いがみあっているのに対して、彼は交渉を保護するために、イスラムハーリファされ、キリスト教徒とイスラムのルールの注意をもって、聖なる場所、および帳簿上の論争に対する様々な東部異端、アルメニア人は、彼の関心がpaulicians等の手紙決して排除します。 Amid all his cares he found time to write works on dogma, Biblical criticism, canon law, homilies, an encyclopædia of all kinds of learning, and letters on all questions of the day.彼の苦労の中のすべての時間を割いて彼が見つかりましたドグマに取り組んで、聖書の批判、キヤノン法では、発する、 encyclopædiaのすべての種類の学習、およびすべての質問の手紙がわかります。 Had it not been for his disastrous schism, he might be counted the last, and one of the greatest, of the Greek Fathers.それは彼の悲惨な分裂されていないため、彼の最後のカウントかもしれない、との1つの最大のは、ギリシャ語の父親です。 There is no shadow of suspicion against his private life.疑惑の影はない彼のプライベートライフ反対です。 He bore his exiles and other troubles manfully and well.彼は退屈な彼の亡命者やその他のトラブル男らしくと思います。 He never despaired of his cause and spent the years of adversity in building up his party, writing letters to encourage his old friends and make new ones.彼は決して絶望彼の原因と過ごして年間の逆境を構築する彼のパーティー、ライティングの手紙を奨励する彼の古い友人や新しいものにします。

And yet the other side of his character is no less evident.と彼はまだありませんの反対側にない文字が明らかになった。 His insatiable ambition, his determination to obtain and keep the patriarchal see, led him to the extreme of dishonesty.彼の飽くなき野望、彼の家父長の決意を参照しておくを入手して、主導彼の不正行為をしている。 His claim was worthless.彼の主張は無価値だ。 That Ignatius was the rightful patriarch as long as he lived, and Photius an intruder, cannot be denied by any one who does not conceive the Church as merely the slave of a civil government.イグナティウスは、正当な家長に限り、彼は生き、およびphotiusが侵入、いずれか1つを拒否することはできませんwhoはありません教会の構想は、市民のスレーブとして単に政府のです。 And to keep this place Photius descended to the lowest depth of deceit.この場所に保つための最低の深さをphotius詐欺の子孫です。 At the very time he was protesting his obedience to the pope he was dictating to the emperor insolent letters that denied all papal jurisdiction.抗議は、非常に時間彼は彼の教皇の服従を口述筆記していた天皇をローマ法王の横柄な裁判管轄のすべての文字を拒否されました。 He misrepresented the story of Ignatius's deposition with unblushing lies, and he at least connived at Ignatius's ill-treatment in banishment.彼の話を誤って伝えイグナティウスの沈着で恥知らずな嘘、そして彼は、少なくとも黙認でイグナティウスの流刑の治療が悪いです。 He proclaimed openly his entire subservience to the State in the whole question of his intrusion.彼は彼の全体を公然と宣言状態に従属して彼の侵入全体の問題です。 He stops at nothing in his war against the Latins.彼は何も彼の停車のラテン系の戦いです。 He heaps up accusations against them that he must have known were lies.彼はヒープアップを告訴している必要があります知られた彼は嘘つきだ。 His effrontery on occasions is almost incredible.彼のeffronteryを機会はほとんど信じられない。 For instance, as one more grievance against Rome, he never tires of inveighing against the fact that Pope Marinus I (882-84), John VIII's successor, was translated from another see, instead of being ordained from the Roman clergy.たとえば、 1つの他の不満を抱くローマとして、彼は決してタイヤの法王という事実をmarinus反対inveighing私(八百八十二から八十四) 、ジョンviiiの後継者、翻訳者は別の参照ではなく、ローマの聖職者が命じられるからです。 He describes this as an atrocious breach of canon law, quoting against it the first and second canons of Sardica; and at the same time he himself continually transferred bishops in his patriarchate.彼はこの説明に違反した凶悪キヤノン法では、最初と2番目の話を引用することもできます参事のsardica ;すると同時に彼自身の司教彼の家長の位を継続的に転送します。 The Orthodox, who look upon him, rightly, as the great champion of their cause against Rome, have forgiven all his offences for the sake of this championship.の正統派、 who探す時彼は、当然、その原因として偉大なチャンピオンの対ローマ、すべて彼の犯罪は許しのためには、次の選手権大会です。 They have canonized him, and on 6 Feb., when they keep his feast, their office overflows with his praise.彼らは彼canonized 、および2月6日、かれらがずっとごちそう、彼らのオフィスのオーバーフローが彼の褒め言葉です。 He is the "far-shining radiant star of the church", the "most inspired guide of the Orthodox", "thrice blessed speaker for God", "wise and divine glory of the hierarchy, who broke the horns of Roman pride" ("Menologion" for 6 Feb., ed. Maltzew, I, 916 sq.).彼は、 "遠くまでシャイニング晴れやかなスターの教会" 、 "ほとんどのインスピレーションガイドは、正統派" 、 "三度のスピーカーを神の祝福" 、 "賢明な、神の栄光の階層では、ローマの角who骨折したプライド" ( " menologion "を2月6日、エドです。 maltzew 、私、 916 ㎡ ) 。 The Catholic remembers this extraordinary man with mixed feelings.この臨時のは、カトリックの男に複雑な心境を覚えています。 We do not deny his eminent qualities and yet we certainly do not remember him as a thrice blessed speaker for God.否定することはありません確かに彼の著名な資質やに対するレビューはまだ私たちは彼を三度は覚えていないスピーカーを神の祝福です。 One may perhaps sum up Photius by saying that he was a great man with one blot on his character---his insatiable and unscrupulous ambition. 1つのphotius年5月と言って話を要約するたぶん彼は偉大な男に1つの汚点を残す---彼の飽くことのない彼の性格上、不謹慎な野望です。 But that blot so covers his life that it eclipses everything else and makes him deserve our final judgment as one of the worst enemies the Church of Christ ever had, and the cause of the greatest calamity that ever befell her.しかし、彼の人生に汚点を残すようカバーしてeclipsisの複数形それ以外と私たちは彼に値する最終的な判断の一つとして、最悪の敵までのキリスト教会は、災害の最大の原因で発生すると、これまで彼女のbefallの過去形です。

WORKS作品

Of Photius's prolific literary production part has been lost.多作の文学の生産photiusの部分が失われてしまいます。 A great merit of what remains is that he has preserved at least fragments of earlier Greek works of which otherwise we should know nothing.大きなメリットは、どのような遺跡保存、少なくとも彼はそれ以前の断片化したギリシャ語の他の作品を知って何もしなければならない。 This applies especially to his "Myriobiblion".これは特に彼の" myriobiblion "です。

The "Myriobiblion" or "Bibliotheca" is a collection of descriptions of books he had read, with notes and sometimes copious extracts. " myriobiblion "または"蔵書"は、書籍のコレクションの説明を読む彼は、ノート、時には多量の抽出物です。 It contains 280 such notices of books (or rather 279; no. 89 is lost) on every possible subject---theology, philosophy, rhetoric, grammar, physics, medicine.このような通知が含まれ280の書籍(というかむしろ279 ;ない。 89が失われること)を可能な限りのあらゆるアジ研---神学、哲学、修辞学、文法、物理学、医学します。 He quotes pagans and Christians, Acts of Councils, Acts of Martyrs, and so on, in no sort of order.彼は引用符で多神教徒とキリスト教徒は、行為の協議会は、行為の殉教者とするためには、並べ替えの順序はない。 For the works thus partially saved (otherwise unknown) see Krumbacher, "Byz. Litter.", 518-19.そのための作品を部分的に保存(他の不明)を参照クルムバハー、 " byz 。落葉落枝です。 " 、五一八から一九までです。

The "Lexicon" (Lexeon synagoge) was compiled, probably, to a great extent by his students under his direction (Krumbacher, ibid., 521), from older Greek dictionaries (Pausanias, Harpokration, Diogenianos, Ælius Dionysius). "辞書" ( lexeon synagoge )がコンパイルすると、おそらく、彼の学生をして大部分の下に彼の方向(クルムバハー、同上、 521 ) 、より古いギリシャ語辞書( pausanias 、ハルポクラチオン、 diogenianos 、 æliusディオニシウス) 。 It was intended as a practical help to readers of the Greek classics, the Septuagint, and the New testament.それは、実用的なヘルプを意図したとして、ギリシャのクラシックの読者のは、セプトゥアギンタ、と新約聖書です。 Only one manuscript of it exists, the defective "Codex Galeanus" (formerly in the possession of Thomas Gale, now at Cambridge), written about 1200.原稿を1つだけ存在する場合は、不良品"コーデックスgaleanus " (以前は所持トーマス強風、今すぐにケンブリッジ) 、書かれた約1200です。

The "Amphilochia", dedicated to one of his favourite disciples, Amphilochius of Cyzicus, are answers to questions of Biblical, philosophical, and theological difficulties, written during his first exile (867-77). " amphilochia " 、専用のいずれかの彼のお気に入りの弟子、 amphilochiusのcyzicusは、聖書の質問の回答を、哲学と神学的な困難は、彼の最初の亡命中に書かれた( 867〜77 ) 。 There are 324 subjects discussed, each in a regular form--question, answer, difficulties, solutions---but arranged again in no order.議論には、 324科目、それぞれに、通常のフォーム-質問、回答、困難、解決策はない- --しかし、配列を再度注文します。 Photius gives mostly the views of famous Greek Fathers, Epiphanius, Cyril of Alexandria, John Damascene, especially Theodoret. photiusは、ほとんどの再生回数の有名なギリシアの父、聖エピファニオス、アレクサンドリアのシリル、ジョンダマシン、特にtheodoretです。

Biblical works.---Only fragments of these are extant, chiefly in Catenas.聖書の作品のみ.---これらは、現存の断片を、主にcatenasです。 The longest are from Commentaries on St. Matthew and Romans.最長のは、ローマ人への手紙マタイに解説する。

Canon Law.---The classical "Nomocanon" (qv), the official code of the Orthodox Church, is attributed to Photius.キヤノン法.---の古典"教会関係国法" ( qv ) 、正教会の公式のコードを、 photiusに起因する。 It is, however, older than his time (see JOHN SCHOLASTICUS).これは、しかし、年齢が自分の時間(ジョンscholasticusを参照) 。 It was revised and received additions (from the synods of 861 and 879) in Photius's time, probably by his orders.それが改正と受信の追加( synodsからの861と879 )をphotiusの時間を、おそらく彼の命令です。 The "Collections and Accurate Expositions" (Eunagolai kai apodeixeis akribeis) (Hergenröther, op. cit., III, 165-70) are a series of questions and answers on points of canon law, really an indirect vindication of his own claims and position. "コレクションと正確な展示" ( eunagolai甲斐apodeixeis akribeis ) ( hergenröther 、営業します。 〜 Cit 。 、 3世、百六十五から七十)は、一連の質問と回答をポイントのキヤノン法では、本当に自分自身の主張する間接的な弁護と位置をです。 A number of his letters bear on canonical questions.彼の手紙熊上、いくつかの正規の質問です。

Homilies.---Hergenröther mentions twenty-two sermons of Photius (III, 232). 22 hergenröther言及を発する.---説教のphotius ( Ⅲ 、 232 ) 。 Of these two were printed when Hergenröther wrote (in PG, CII, 548, sq.), one on the Nativity of the Blessed Virgin, and one at the dedication of a new church during his second patriarchate.これらの2つの印刷されたhergenröther書いた( pg 、 cii 、 548 、 ㎡ ) 、 1つ上のキリスト降誕の聖母、および1つの落成式には、新しい教会の中に彼の2番目家長の位です。 Later, S. Aristarches published eighty-three homilies of different kinds (Constantinople, 1900).その後、 s. 83 aristarches公開を発するさまざまな種類(コンスタンティノープル、 1900 ) 。 Dogmatic and polemical works.---Many of these bear on his accusations against the Latins and so form the beginning of the long series of anti-Catholic controversy produced by Orthodox theologians.独断的と論争.---作品の多くは、これらのクマを彼のフォームを告訴、ラテン系などの初めに、長いシリーズの制作された正統派の反カトリック神学論争です。 The most important is "Concerning the Theology about the Holy Ghost" (Peri tes tou hagiou pneumatos mystagonias, PG, CII, 264-541), a defence of the Procession from God the Father alone, based chiefly on John, xv, 26.の最も重要なのは"聖霊の神学については、 " (ペリ試験塔hagiou pneumatos mystagonias 、 pg 、 cii 、 264〜541 )は、神からの防衛のための行列の父親だけでも、ベースの主にジョン、 15 、 26 。 An epitome of the same work, made by a later author and contained in Euthymius Zigabenus's "Panoplia", XIII, became the favourite weapon of Orthodox controversialists for many centuries.仕事の縮図と同じ、作られると、後の著者に含まれてeuthymius zigabenusの" panoplia " 、 13 、お気に入りの武器の正統派controversialistsが何世紀にもわたっています。 The treatise "Against Those who say that Rome is the First See", also a very popular Orthodox weapon, is only the last part or supplement of the "Collections", often written out separately.の論文"対ローマそれらwho言うことは、最初の詳細については、 " 、また、非常に人気の正統派の武器、または補足の最後の部分は、 "コレクション"は、頻繁に書き込まアウトを個別にします。 The "Dissertation Concerning the Reappearance of the Manichæans" (Diegesis peri tes manichaion anablasteseos, PG, CII, 9-264), in four books, is a history and refutation of the Paulicians. "論文の再現をmanichæans " ( diegesisペリ試験manichaion anablasteseos 、 pg 、 cii 、九から二六四)は、 4つの書籍には、歴史と反論pauliciansです。 Much of the "Amphilochia" belongs to this heading.多くの" amphilochia "に属して、この見出しにします。 The little work "Against the Franks and other Latins" (Hergenröther, "Monumenta", 62-71), attributed to Photius, is not authentic.小さな仕事"フランクスや他のラテン系反対する" ( hergenröther 、 " monumenta " 、 62〜71 ) 、 photiusに起因する、本物ではない。 It was written after Cærularius (Hergenröther, "Photius", III, 172-224). cærulariusした後に書かれた( hergenröther 、 " photius " 、 3世、 172〜224 ) 。

Letters.---Migne, PG, CII, publishes 193 letters arranged in three books; Balettas (London, 1864) has edited a more complete collection in five parts.手紙.---ミーニュ、 pg 、 cii 、 193文字に配置され3つの書籍を発行; balettas (ロンドン、 1864 )が編集を、より完全なコレクションを5つの部品です。 They cover all the chief periods of Photius's life, and are the most important source for his history.彼らカバーのすべての期間の長photiusの人生とは、彼の歴史で最も重要なソースです。

A. Ehrhard (in Krumbacher, "Byzantinische Litteratur", 74-77) judges Photius as a distinguished preacher, but not as a theologian of the first importance. a.エールハルト(クルムバハー、 " byzantinischeアレイ" 、 74-77 )審査員として識別photius説教師が、神学者としてではなく、最初の重要なのです。 His theological work is chiefly the collection of excerpts from Greek Fathers and other sources.彼の神学的作業は主にギリシアのコレクションに加え、父と他のソースからの抜粋です。 His erudition is vast, and probably unequalled in the Middle Ages, but he has little originality, even in his controversy against the Latins.彼の博学は、広大な、そしておそらく、中世の時代に匹敵するもののないが、彼はほとんど独創性、彼の議論でも反対するラテン系です。 Here, too, he only needed to collect angry things said by Byzantine theologians before his time.ここでは、あまりにも、彼は怒りだけを収集する必要に応じて物事をビザンチン様式の神学者によると彼の時間前です。 But his discovery of the filioque grievance seems to be original.しかし、彼の発見されたと思われるオリジナルfilioque苦情処理します。 Its success as a weapon is considerably greater than its real value deserves (Fortescue, "Orthodox Eastern Church", 372-84).その成功を武器としてはかなりの真の価値以上に値する(フォーテスキュー、 "正統派東方教会" 、 372〜84 ) 。

Editions.--The works of Photius known at the time were collected by Migne, PG, CI-CV.エディション.-- photiusの作品を集められたの当時の既知のミーニュ、 pg 、 ci -履歴書です。 J. Balettas, Photiou epistolai (London, 1864), contains other letters (altogether 260) not in Migne. j. balettas 、 photiou epistolai (ロンドン、 1864 ) 、他の文字が含まれ(全体260 )ミーニュていない。 A. Papadopulos-Kerameus, "S. Patris Photii Epistolæ XLV" (St. Petersburg, 1896) gives forty-five more, of which, however, only the first twenty-one are authentic. a. papadopulos - kerameus 、 "サンタpatris photii epistolæ 45 " (サンクトペテルスブルグ、 1896 )は、 45の他、そのうち、しかし、二十から一アールは、最初の本格的です。 S. Aristaches, Photiou logoi kai homiliai 83 (Constantinople, 1900, 2 vols.), gives other homilies not in Migne. s. aristaches 、 photiou logoi甲斐homiliai 83 (コンスタンティノープル、 1900 、 2 vols学)は、他の発するミーニュていない。 Oikonomos has edited the "Amphilochia" (Athens, 1858) in a more complete text. oikonomosが編集した" amphilochia " (アテネ、 1858 )に、より完全なテキストです。 J. Hergenröther, "Monumenta græca ad Photium eiusque historiam pertinentia" (Ratisbon, 1869), and Papadopulos-Kerameus, "Monumenta græca et latina ad historiam Photii patriarchæ pertinentia" (St. Petersburg, 2 parts, 1899 and 1901), add further documents. j. hergenröther 、 " monumenta græca広告photium eiusque履歴pertinentia " ( ratisbon 、 1869 ) 、およびpapadopulos - kerameus 、 "広告の履歴monumenta græca etラティーナphotii patriarchæ pertinentia " (セントピーターズバーグは、 2つのパーツは、 1899年および1901 ) 、カートより詳細なドキュメントです。

Publication information Written by Adrian Fortescue.出版物の情報執筆者エイドリアンフォーテスキューです。 Transcribed by Thomas J. Bress.トーマスbress転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.のは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

The Acts of the Synods of 869 and 879 are the most important sources (Mansi, XVI and XVII). synodsの行為は、 869と879は、最も重要なソース( mansi 、 16 、 17 ) 。 THEOGNOSTUS (Archimandrite at Constantinople), Libellos periechon panta ta kata ton megan, a contemporary account of the beginning of the schism (in Mansi, XVI, 295, sq.); NIKETAS DAVID PAPHLAGON (d. 890); Bios Ignatiou (Mansi, XVI, 209 sq.). theognostus (掌院はコンスタンティノープル) 、メガンlibellos periechonトン= Everythingこの型は、アカウントの初めに、現代の分裂( mansi 、 16 、 295 、平方) ; niketasデビッドpaphlagon (民主党890 ) ; BIOSのignatiou ( mansi 、 16 、 209 ㎡ ) 。 PAPADOPULOS-KERAMEUS declared this to be a fourteenth-century forgery in the Vizant. papadopulos - kerameus宣言これは、 14世紀の偽造は、 vizantです。 Vremennik (1899), 13-38, Pseudoniketas ho paphlagon; he was successfully refuted by VASILJEWSKI (ibid., 39-56); cf. vremennik ( 1899 ) 、十三から三十八まで、 pseudoniketasホーpaphlagon ;彼は正常に反論されvasiljewski ( ibid. 、三九から五六) ;継続前誌です。 Byzant. byzant 。 Zeitschrift, IX, (1900), 268 sq. GENESIOS, Basileiai (written between 945-959), a history of the emperors and Court from Leo V (813-20) to Basil I (867-86), published in Corpus Scriptorum Hist. zeitschrift 、 9世、 ( 1900 ) 、 268平方genesios 、 basileiai (の間に書か九四五から九五九まで)は、裁判所からの歴史を天皇とレオⅤ ( 813から20まで)をバジル私( 867から86まで) 、公開さコーパスscriptorum履歴です。 Byzantinæ (Bonn, 1834) and PG, CIX,15 sqq.; LEO GRAMMATICUS, re-edition of SYMEON MAGISTER, Chronicle, in Corpus Script., 1842, and PG CVIII, 1037 sqq. byzantinæ (ボン、 1834 )およびPG 、 cix 、 15 sqq 。 ;レオgrammaticus 、再シミヨン版のマジスター、クロニクルは、コーパススクリプトです。 、 1842 、およびPG cviii 、 1037 sqq 。 HERGENRÖTHER, Photius, Patriarch von Konstantinopel, sein Leben, seine Schriften u. hergenröther 、 photius 、家長フォンkonstantinopel 、 sein生涯、セーヌ米schriften das griechische Schisma (Ratisbon, 1867-69) (the most learned and exhaustive work on the subject). das griechische schisma ( ratisbon 、 1867年から1869年) (ほとんどの仕事を徹底的に学んだとの件名) 。 DEMETRAKOPULOS, Historia tou schismatos tes latinikes apo tes orthodoxou ekklesias (Leipzig, 1867), is an attempted rejoinder to HERGENRÖTHER, as is also KREMOS, Historia tou schismatos ton duo ekklesion (Athens, 1905-07, two volumes published out of four). demetrakopulos 、歴史schismatos試験塔latinikes apo試験orthodoxou ekklesias (ライプチヒ、 1867 ) 、返答をしようとhergenrötherは、 kremosとしても、歴史塔schismatosトンデュオekklesion (アテネ、 1905年から1907年、 2つの巻次の4つのアウトで公開)です。 LÄMMER, Papst Nikolaus u. lämmer 、米パプストニコラウス die byzantinsche Staatskirche seiner Zeit (Berlin, 1857); PICHLER, Geschichte der kirchlichen Trennung zwischen dem Orient.死ぬbyzantinsche staatskirche地引き網漁師ツァイト(ベルリン、 1857 ) ;ピヒラー、全文Zwischen demオリエントgeschichte der kirchlichen trennungです。 u. Occident (Munich, 1864-65); NORDEN, Das Papsttum und Byzanz (Berlin, 1903); KRUMBACHER, Geschichte der Byzantinischen Litteratur (Munich, 1897), 73-79, 515-524 (with copious bibliography); FORTESCUE, The Orthodox Eastern Church (London, 1907), 135-171; RUINAUT, Le schisme de Photius (Paris, 1910).西洋(ミュンヘン、 1864年から1865年) ;ノルデン、 papsttum und das byzanz (ベルリン、 1903 ) ;クルムバハー、 geschichte der byzantinischenアレイ(ミュンヘン、 1897 ) 、七三から七九、 515から524まで(お多量の構造) ;フォーテスキューは、正統派東方教会(ロンドン、 1907 ) 、 135〜171 ; ruinaut 、ルschismeデphotius (パリ、 1910 ) 。


Also, see:また、参照してください:
Ecumenical Councils エキュメニカル協議会


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです