Prayer祈り

General Information 総合情報

Prayer is a necessity to mankind because he is incurably religious.祈りは、人類の必要性を強調するため、彼は救い難い宗教です。 It is a universal phenomenon.これは普遍的現象です。 While not exclusively Christian, it is most real in Christianity because the Christian life is a life of fellowship with God.キリスト教の排他的ではありませんが、それは最もリアルでは、キリスト教、キリスト教のための生活の人生は、神と交わりを持つ。 In no other religion do we find such prayers as are found uttered by men like Moses, David and Paul.他の宗教をやって見つけられたような祈りの男性のような口が見つかったとしてムーサーよ、デビッドとポールです。

In Biblical religion, the relationship between God and man is genuinely interpersonal.聖書の宗教は、神との関係は対人関係の男性が真にです。 Some things are brought to pass only as man prays (1Tim. 2:1-4).いくつかの点としては、男性のみを通過さbrought祈りをささげる( 1tim. 2:1-4 ) 。 Prayer is essentially communion.祈りは本質的に聖体拝領です。 God desires man's fellowship, and man needs the friendship of God.神の欲望男のフェローシップは、神と人間の友情を必要としています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
As a many-faceted phenomenon, prayer includes the following elements:多くの側面を現象として、祈りには、以下の要素:

The pivotal factor in prayer is attitude. 祈りは態度の極めて重要な要因となっています。

Posture, language, place or time do not matter. Man's heart must be in rapport with God. 姿勢、言語、場所や時間の問題はありません。男の心の神の信頼関係を築く必要があります。 Jesus has left us an unsurpassed and perfect example of the importance of prayer in one's life (the Lord's Prayer in Matthew 6).イエスキリストは、左の問い合わせに卓越したと祈りの重要性を完璧な例を1つの人生(主の祈りのマシュー6 ) 。

The following principles are regulative in prayer:祈りの調節には、次の原則は:
Prayer avails only as祈りとしてのみavails

From the standpoint of human responsibility, prayer is the major element in the out-working of God's redemptive program (1Tim. 2:1-4).の観点からは、人間の責任、祈りはアウトの主要な要素は、神の贖いの作業のプログラム( 1tim. 2:1-4 ) 。 Neglect of prayer is a sin (1Sam. 12:23).祈りを怠るのは、罪( 1sam. 12:23 )です。


Prayer祈り

General Information 総合情報

Prayer is the process of addressing a superhuman being or beings for purposes of praise, adoration, thanksgiving, petition, penitence, and so on. Prayer is a part of every culture and does not belong to any particular religious tradition. The foundations for prayer, however, differ according to the understanding of God's relationship to human beings and to the world. In the Judeo-Christian tradition, prayer is based on the belief that God is both transcendent and personal, an active agent in human history.祈りは、プロセスのアドレッシングが、超人的な褒め言葉や生き物の目的のために、礼拝、感謝祭、請願、懺悔、している。 祈りは、文化のすべての部分に属していない場合、特定の宗教的伝統の祈りのための基盤を、しかし、神の理解の違いによると、人間との関係を世界にし、ユダヤキリスト教の伝統、祈りは信念に基づいて、並外れたと個人の両方に神は、人間の歴史に積極的にエージェントです。 In Christian belief, God's concern for humanity is manifested in the incarnation of Jesus Christ. キリスト教の信仰は、神への懸念を明らかには、人類は、イエスキリストの化身です。

Prayer may be communal, as in public worship, or private; vocal, prayer said aloud by individuals or groups, or mental, as in meditation and contemplation. 5月に共同の祈りのように、公共の崇拝するか、またはプライベート;ボーカル、声に出して祈りによると、個人またはグループ、または精神的、瞑想と熟考のようにします。 Popular forms of prayer include litanies (see Litany) and prayers for the dead (for example, the Jewish Kaddish).人気の形態の祈り含まれてlitanies (嫌になるほど) 、祈りをささげ死者のための(たとえば、ユダヤ人のカッディーシュ) 。 Jesus taught his disciples the Lord's Prayer.イエスキリストの弟子たちは主の祈り教えします。

Joan A. Rangeジョーンa.範囲

Bibliography 書誌事項
Bemporad, Jack, ed., Theological Foundations of Prayer (1967); Bradshaw, Paul F., Daily Prayer in the Early Church (1982); Fenton, JC, The Theology of Prayer (1939); Huck, G., and Klenicki, L., eds., Spirituality and Prayer, Jewish and Christian Understanding (1983). bemporad 、ジャック、エド。 、神学的基盤の祈り( 1967 ) ;ブラッドショー、ポール女性、毎日の祈りは、初期の教会( 1982 ) ;フェントン、 jcは、祈りの神学( 1939 ) ;ハック、吾朗、とklenicki 、 l. 、のEDS 。 、霊性と祈り、ユダヤ人とキリスト教の理解( 1983 ) 。


Prayer祈り

General Information 総合情報

Prayer, in religion, both a person's act of communion with God, or any other object of worship, and the words used.祈りは、宗教、聖体拝領の両方を神の人の行為、またはその他のオブジェクトを崇拝し、使われている言葉です。 It is the natural result of a person's belief in God.それは、当然の結果は、人の神への信仰をします。 Prayer may be individual or group, formal or spontaneous, silent or spoken.個々の祈りがありますまたはグループ、フォーマルや自発的、サイレントまたは話さです。 In one or more forms, it is at the center of worship. 1つまたは複数のフォーム、それは礼拝の中心となるのです。 The inseparable accompaniment of sacrifice in most primitive religions, prayer occupied a central position in Jewish religion from earliest days.切っても切れない伴奏を犠牲にする最も原始宗教、祈りの占領下のユダヤ人の宗教の中心に位置し、最古の日中からです。 The Temple was "a house of prayer" (see Isaiah 56:7) and the Psalms, or Psalter, became the prayer of liturgy of the Temple and the synagogue and formed the substance of prayers in early Christianity.同寺は"家の祈り" (イザヤ書56:7 )と詩篇を授けたか、またはpsalter 、典礼のための祈りのシナゴーグと同寺と物質を形成してキリスト教の祈りの初めにします。

Christian prayer normally includes invocation, praise, thanksgiving, petition (for oneself and others), confession, and appeal for forgiveness. It follows the pattern of the prayer known as the Lord's Prayer (Latin Paternoster ) given by Jesus Christ to his disciples (see Matthew 6:9-13; Luke 11:2-4). キリスト教の祈りが含まれ、通常の呼び出し、称賛、感謝祭、請願書(自分と他人) 、告白し、許しを訴えることは、パターンは、次のように祈りとして知られて主の祈り(ラテン語主祷文 )を与えられたイエスキリストの弟子たちは(参照マシュー6:9-13 ;ルーク11:2-4 ) 。

Prayer forms of corporate worship vary from the highly liturgical formalized prayers of the Divine Office in the Roman Catholic church and the Book of Common Prayer of the Church of England and other Anglican churches, through the extemporaneous spoken prayers of nonliturgical services, to the silent prayer of a Friends' Meeting.礼拝の祈りの形態の企業によって異なるの高い正式典礼祈りの神の事務所は、ローマカトリック教会とその本の共通の祈りは、教会のイングランドと他の聖公会の教会、祈りを通して、その場しのぎの話さnonliturgicalサービス、黙とうをするは、友達の会議室です。

In its narrowest sense, prayer is understood as spiritual communion for the sake of requesting something of a deity.は、狭い意味では、精神的な聖体拝領の祈りが理解される何かを要求するために、神のような存在です。 In its broadest sense, prayer is any ritual form designed to bring one into closer relation to whatever one believes to be the ultimate.は、広い意味で、祈りの儀式は任意の1つのフォームに設計されて緊密な関係をどのようもたらすと信じていること、究極の1つです。 In this sense, both the dance ceremonials of the Native American and the meditation of the Buddhist seeking self-perfection are forms of prayer.その意味では、ダンスの両方のceremonialsは、ネイティブアメリカンと瞑想を求めて自己の仏教の祈りの形態の完全性はあります。 At the highest level, sacrifice is absorbed into prayer in the sacrificial offering of self to God through total commitment.は、最高のレベルでは、犠牲が吸収されるの祈りは、いけにえの供物を神を通じて自己のコミットメントの合計です。

Aids to prayer, evolved through the centuries, include prayer beads, which enable a worshiper to count the prayers he or she is praying; the prayer wheel, a cylindrical box containing written prayers believed to become effective as the box is revolved on its axis, used primarily by Tibetan Buddhists; and the prayer rug, used by Muslims.エイズを祈り、進化を通じて世紀にもわたって、含まれて数珠を有効にするにしもべの祈りをカウントする彼または彼女は祈って;の祈りホイールは、円筒形のボックスをオンになると考えられて効果的な祈りを含むとして書かれたボックスをオンには、その要因の1つを軸に、主に使用されるチベット仏教徒;と礼拝用敷物、イスラム教徒使用されています。


Prayer祈り

Advanced Information 高度情報

Theology that is biblical and evangelical will always be nurtured by prayer.福音派の神学には聖書と祈りは常に促進される。 Moreover, it will give special attention to the life of prayer, since theology is inseparable from spirituality.また、特別な注意を与えることは祈りの生活を、スピリチュアリティ以来神学は切っても切れないからです。 Theology is concerned not only with the Logos but also with the Spirit who reveals and applies the wisdom of Christ to our hearts.神学は、省庁のロゴだけでなく、精神who明らかにするだけでなく、および適用を私たちの心にイエスキリストの英知を結集する。 John Calvin referred to prayer as "the soul of faith," and indeed faith without prayer soon becomes lifeless.ジョンカルビン言及を祈り、 "信仰の魂"と実際の信仰がなくすぐに死んでいるの祈りです。 It is by prayer that we make contact with God.それが私たちの祈りを神にお問い合わせください。 It is likewise through prayer that God communicates with us.これは同様の祈りを神の通信を介してください。

Heiler's Typologyハイラーの類型論

Probably the most significant work on the phenomenology of prayer is Friedrich Heiler's Das Gebet [Prayer], written toward the end of the First World War.おそらく最も重要な仕事を祈りの現象は、フリードリッヒハイラーのdas Gebetが[祈り] 、書面に向かって第一次世界大戦の終わりです。 Heiler, a convert from Catholicism to Lutheranism and for many years professor of history of religions at the University of Marburg, makes a convincing case that prayer takes quite divergent forms, depending on the kind of religion or spirituality in which it is found. He sees six types of prayer: primitive, ritual, Greek cultural, philosophical, mystical, and prophetic.ハイラーは、カトリックを変換するルーテル教会や宗教の歴史を長年教授は、大学のマールブルグ、祈りまでにはかなり説得力のある主張を発散フォームに応じて、宗教やスピリチュアリティの種類が発見されています。 彼は6種類の祈り:原始的、儀式、ギリシャ語文化的、哲学的、神秘的な、と予言します。

In the prayer of primitive man God is envisaged as a higher being (or beings) who hears and answers the requests of humans, though he is not generally understood as all-powerful and all-holy. 原始人は、 祈りを神としては高いが想定される(または生き物) who 、人間の要求を聞くと回答し、かかわらず、彼のすべてではない一般的に理解される-強力な機能をすべて-聖なるします。 Primitive prayer is born out of need and fear, and the request is frequently for deliverance from misfortune and danger.原始の祈りを必要と恐怖が生まれる、との要請が頻繁に不幸と危険を救出からです。

Ritual prayer represents a more advanced stage of civilization, though not necessarily deeper or more meaningful prayer. 祈りの儀式は、より高度な文明の段階で、かかわらず、必ずしも以上の意味深い祈りです。 Here it is the form, not the content, of the prayer which brings about the answer.ここでは、フォーム、特定のコンテンツは、その答えの祈りをもたらすことです。 Prayer is reduced to litanies and repetitions that are often believed to have a magical effect.祈りは減少してlitaniesと繰り返しが多いことは、魔法の効果と考えられています。

In popular Greek religion petition was focused upon moral values rather than simply rudimentary needs.請願書は宗教を中心に人気のギリシャ語ではなく、単に初歩的な道徳的価値観が必要です。 The gods were believed to be benign but not omnipotent.良性の神々が考えられて全能はできません。 The prayer of the ancient Greeks was a purified form of primitive prayer.古代ギリシアの祈りは、原始の祈りは、精製形です。 It reflected but did not transcend the cultural values of hellenic civilization.しかし、それを反映しなかったの文化的価値観の古代ギリシャ文明を超越する。

Philosophical prayer signifies the dissolution of realistic or naive prayer. 哲学の祈りを意味するのは、解散の現実的または素朴な祈りです。 Prayer now becomes reflection upon the meaning of life or resignation to the divine order of the universe.祈りになるように人生の意味を反射するかの順序を辞任して宇宙の神です。 At its best, philosophical prayer includes a note of thanksgiving for the blessings of life.ベストの状態で、哲学の祈りには、感謝祭の注意事項を祝福の生活をします。

According to Heiler, the two highest types of prayer are the mystical and the prophetic. Mysticism in its Christian context represents a synthesis of Neoplatonic and biblical motifs, but it is also a universal religious phenomenon. ハイラーによると、 2つの最高の種類の祈りは、神秘的と予言します。神秘主義は、キリスト教のコンテキストでは、合成neoplatonicと聖書をモチーフに、それはまた、普遍的宗教的な現象ではない。 Here the aim is union with God, who is generally portrayed in suprapersonal terms.ここでの目的は、労働組合との神、 who suprapersonal用語は一般的に描かれています。 The anthropomorphic god of primitive religion is now transformed into a God that transcends personality, one that is best described as the Absolute, the infinite abyss, or the infinite ground and depth of all being.原始的な宗教の神の擬人化は、今すぐに変換さを超越する神の人格、 1つの説明としては最高の絶対、無限ジアビスか、または地上との深さのすべての無限ている。 Mysticism sees prayer as the elevation of the mind to God.神秘主義としては祈りの心を神の昇格のです。 Revelation is an interior illumination rather than the intervention of God in history (as in biblical faith). Mystics often speak of a ladder of prayer or stages of prayer, and petition is always considered the lowest stage.啓示は、室内照明の介入ではなく、神の歴史(聖書の信仰のように) 。 神秘主義者は、はしごを頻繁に話す段階での祈りや祈り、と請願書は、常に最も低い段階と考えています。 The highest form of prayer is contemplation, which often culminates in ecstasy. 最高の形の祈りは熟考、 culminates有頂天になっていることが多いです。

For Heiler, prophetic prayer signifies both a reappropriation and a transformation of the insights of primitive man.をハイラー、 祈りの意味の両方を予言 reappropriationと洞察力の変換は、原始人です。 Now prayer is based not only on need but also on love.今すぐ祈りだけではないだけでなく、愛が必要です。 It is neither an incantation nor a meditation but a spontaneous outburst of emotion.それは瞑想の呪文でも感情の爆発ではなく、自発的です。 Indeed, heartfelt supplication is the essence of true prayer.確かに、心からの懇願は、本質的に、真の祈りです。 Prophetic prayer involves importunity, begging and even complaining.予言の祈りは、 importunity 、物乞い、さらには不満です。 In this category of prophetic religion Heiler places not only the biblical prophets and apostles but also the Reformers, especially Luther, and the Puritans.このカテゴリの予言宗教ハイラー場所だけでなく、聖書の預言者と使徒だけでなく、改革派、特にルーサー、とピューリタンです。 Judaism and Islam at their best also mirror prophetic religion, though mysticism is present in these movements as well.ユダヤ教とイスラムの宗教予言のミラーをベストな状態でも、これらの動きは神秘主義が存在しています。

The spirituality which Heiler did not consider and which is really a contemporary phenomenon can be called secular spirituality. It signifies a this-worldly mysticism where the emphasis is on not detachment from the world but immersion in the world.の精神をしなかったハイラーを検討し、現代的な現象では、実際には世俗の霊を呼び出すことができますこの-世俗的神秘主義を意味することではないが強調されるの世界から剥離しかし、浸漬しています。 This was already anticipated in both Hegel and Nietzsche.これはヘーゲルとニーチェの両方で、すでに予想されます。 JAT Robinson describes secular prayer as the penetration through the world to God.ロビンソン説明jat世俗の祈りとして世界に浸透を通して、神です。 The liberation theologian Juan Luis Segundo defines prayer as reflection on and openness to what God is doing in history.フアンルイス著作権侵害の解放神学者として定義されて反射さと開放の祈りを神はどのような歴史のことです。 Henry Nelson Wieman, the religious naturalist, sees prayer as an attitude toward life which places us in contact with the creative process in nature.ヘンリーネルソンウィーマンは、宗教的な博物学者、見た祈りの場所としての人生に対する態度が先に接触すると、自然界にクリエイティブなプロセスです。 Dorothy Solle speaks of "political prayer," which is oriented toward praxis rather than either adoration or petition.ドロシーゼレ話すの"政治的な祈り、 "これは礼拝志向であるかのどちらかではなく、実習請願書です。

Hallmarks of Christian Prayerお勧めキリスト教の祈り

In biblical religion prayer is understood as both a gift and a task.聖書の祈りは宗教に理解されると、タスクの両方をプレゼントします。 God takes the initiative (cf. Ezek. 2:1-2; Ps. 50:3-4), but man must respond.神には、イニシアティブ( cf. ezekです。 2:1-2 ; psのです。 50:3-4 ) 、しかし、男応答する必要があります。 This kind of prayer is personalistic and dialogic.この種の祈りはpersonalisticと対話します。 It entails revealing our innermost selves to God but also God's revelation of his desires to us (cf. Prov. 1:23).最も奥に伴う自我を明らかに私たちの神だけでなく、彼の欲望を神の啓示問い合わせ( cf.地方1:23 ) 。

Prayer in the biblical perspective is spontaneous, though it may take structured forms.聖書の祈りは、自発的視点は、それストラクチャードフォームがかかる場合があります。 But the forms themselves must always be held to tentatively and placed aside when they become barriers to the conversation of the heart with the living God.しかし、フォーム自体を暫定的で開かれる必要があります。いつもはさておきときになるとの障壁を配置すると、スレッドの神の生活の中心にします。 True prayer, in the prophetic or biblical sense, bursts through all forms and techniques.真の祈りは、聖書の予言や意味では、バーストを通じてすべてのフォームやテクニックです。 This is because it has its basis in the Spirit of God, who cannot be encased in a sacramental box or a ritualistic formula.これは、それは、神の精神を基盤に、 whoすることはできません閉じ込められるなど、神聖な儀式的なボックスをオンまたは数式をします。

In the Bible petition and intercession are primary, though adoration, thanksgiving, and confession also have a role.請願書と、聖書の執り成しが私たちの主が、礼拝、感謝し、自白にも役割を持つ。 Yet the petitionary element is present in all these forms of prayer.しかし、請願のすべての要素が存在し、これらのフォームの祈りです。 Biblical prayer is crying to God out of the depths; it is the pouring out of the soul before God (cf. I Sam. 1:15; Pss. 88:1-2; 130:1-2; 142:1-2; Lam. 2:19; Matt. 7:7-8; Phil. 4:6; Heb. 5:7).聖書の祈りは神の深さに泣いているのではなく、神の前の魂を注ぎ( cf.私サムです。 1:15 ; PSSのです。 88:1-2 ; 130:1-2 ; 142:1-2 ;ラムです。 2:19 ;マットです。 7:7-8 ;フィルです。 4 : 06 ;なしです。 5時07分) 。 It often takes the form of importunity, passionate pleading to God, even wrestling with God. importunityには、フォームのこともしばしば、神の情熱を嘆願するも、レスリングの神です。

Such an attitude presupposes that God's ultimate will is unchanging, but the way in which he chooses to realize this will is dependent on the prayers of his children.このような態度で、神の究極の前提は変更されていないが、しかし、選択を実現する方法ではこれは彼が自分の子供たちの祈りに依存しています。 He wants us as covenant partners, not as automatons or slaves.彼の望みが契約先のパートナーとしてではなく、またはスレーブとしてautomatonの複数形です。 In this restricted sense prayer may be said to change the will of God.狭義には、この5月によると祈りを変更するには、神のです。 But more fundamentally it is sharing with God our needs and desires so that we might be more fully conformed to his ultimate will and purpose.しかし、もっと根本的に共有することは神の欲求や願望をですから、私たちより完全に適合するかもしれないが、彼の究極の目的です。

Meditation and contemplation have a role in biblical religion, though not, however, as higher stages of prayer (as in mysticism) but as supplements to prayer.瞑想と熟考する役割を果たすには聖書の宗教ではありませんが、しかし、より高い段階の祈り(のように神秘主義)しかし、サプリメントに礼拝を呼び掛ける。 The focus of our meditation is not on the essence of God or the infinite depth of all being but on God's redemptive deeds in biblical history culminating in Jesus Christ.瞑想ではないの焦点を私たちは神の本質や、無限の深さが、神の贖いのすべての行為が聖書の歴史にイエスキリストが最高潮に達する。 The aim is not greater detachment from the world of turmoil and confusion but a greater attachment to God and to our fellow human beings.剥離する目的ではないから、世界の大混乱と混乱ではなく、大きな添付ファイルを、神と人間をわれわれの仲間です。

Biblical spirituality makes a place for silence, yet silence is to be used not to get beyond the Word but to prepare ourselves to hear the Word.聖書の霊性沈黙の場所には、まだ沈黙を超えて取得しないように使われる単語を準備するしかし、自分の言葉を聞いています。 Against certain types of mysticism, faith-piety (Heiler) does not seek to transcend reason but to place reason in the service of God.に対して、特定の種類の神秘主義、信仰の信心深さ(ハイラー)を超越されない理由を求める理由は、サービスを配置しかし、神のです。 There can be a prayer that consists only in groans or sighs or in shouts and cries of jubilation; yet it is not complete or full prayer until it takes the form of meaningful communication with the living God.祈りの言葉をすることもでき、うめくような音でのみで構成さやため息や叫び声を叫び、歓喜;に対するレビューはまだ完全ではない、または完全な祈りになるまでには、フォームの有意義なコミュニケーションを神の生活です。

The Paradox of Prayer祈りのパラドックス

Prayer in the Christian sense does not deny the mystical dimension, but neither does it accept the idea of a higher stage in prayer where petition is left behind.キリスト教の祈りは、神秘的な次元を否定する意味ではありませんが、どちらが高いことを受け入れる考えを祈りの段階でどこ請願書は取り残されてしまいました。 The progress that it sees in the spiritual life is from the prayer of rote to the prayer of the heart.の進捗状況を追っていることから、精神的な人生は祈りを暗記して祈りをささげるの中心です。

Prayer in biblical or evangelical spirituality is rooted in both the experience of Godforsakenness and in the sense of the presence of God.聖書や福音主義の精神は、祈りに根差しているとgodforsakennessの両方の経験がある意味で神が存在する。 It is inspired by both the felt need of God and gratitude for his work of reconciliation and redemption in Jesus Christ.触発さの両方の感じたことは、神と感謝の気持ちを必要とする彼の作品はイエスキリストの和解と交換します。

Biblical prayer includes the dimension of importunity and of submission.聖書の祈りの次元が含まれてimportunityと報告書を提出する。 It is both wrestling with God in the darkness and resting in the stillness.これは暗闇の中で神の両方レスリングと安静時の静寂にします。 There is a time to argue and complain to God, but there is also a time to submit.時間を議論するには、神と文句を言うが、また、時間を提出する。 Biblical faith sees submission to the will of God coming after the attempt to discover his will through heartfelt supplication.聖書の信仰は神の意志を提出して来るを発見しようとした後、彼は心からの懇願をします。 Prayer is both a pleading with God that he will hear and act upon our requests and a trusting surrender to God in the confidence that he will act in his own time and way.祈りは神の両方を嘆願し、行動を彼は我々の要求を聞くと信じて疑わない神に降伏すると確信して行動する彼は彼自身の時間と方法です。 But the confidence comes only through the struggle.しかし、闘争を通じてのみは自信があるんです。

Christian prayer is both corporate and individual. We find God in solitariness, but we never remain in this state. キリスト教の祈りは個々の企業との両方です。私たちの神を見つける孤独、しかし、私達は決してこのような状態のままです。 Instead, we seek to unite our sacrifices of praise and our petitions and intercessions with those of the company of fellow believers.その代わりに、私たちの融和を求める私たちの称賛と私たちの犠牲者の嘆願書とintercessionsを信仰する者よ、会社の研究員です。 The man or woman of prayer may find God both in solitude and in fellowship. 5月の男または女の祈りを見つけると、神の両方で孤独フェローシップです。 Even in solitude we believe that the petitioner is not alone but is surrounded by a cloud of witnesses (Heb. 12:1), the saints and angels in the church triumphant.孤独でも私たちだけではないと確信して申請しかし、雲の目撃者に囲まれて( heb. 12時01分)は、聖人と天使たちは、勝利の教会です。

We are called to present personal and individual needs to God, but at the same time we are urged to intercede for the whole company of the saints (John 17:20-21; Eph. 6:18) and also for the world at large (I Tim. 2:1-2).私たちは個人情報や個々のニーズを提示と呼ばれる神、しかしそれと同時に、我々は全体の仲裁を要請される会社は、聖人(ジョン17:20-21 ; eph 。 6:18 )と、世界でも大規模な(私ティムです。 2:1-2 ) 。 Biblical spirituality entails not withdrawal from the turmoils of the world but identification with the world in its shame and affliction.聖書の精神手続きは、世界からの離脱turmoilsしかし、その世界での身分証明書を恥と苦痛です。 Personal petition would become egocentric if it were not held in balance with intercession, adoration, and thanksgiving.個人的な請願書がない場合は自己中心的になるのバランスに開催された執り成し、礼拝し、感謝します。

The goal of prayer is not absorption into the being of God but the transformation of the world for the glory of God.祈りの目標ではないが、神への吸収が、世界の変換は、神の栄光のです。 We yearn for the blessed vision of God, but even more we seek to bring our wills and the wills of all people into conformity with the purposes of God.私たちのビジョンにあこがれる神の祝福が、もっと私たちを求める私たちの意志をもたらすとの意志のすべての人々を神の目的に適合するようにします。 We pray not simply for personal happiness or for protection (as in primitive prayer) but for the advancement and extension of the kingdom of God.私たちだけのために個人的な幸福を祈っていない、または保護(原始の祈りのように)しかし、進歩と神の王国を拡張したものです。

DG Bloesch dg bloesch
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
DG Bloesch, The Struggle of Prayer; J. Ellul, Prayer and Modern Man; O. Hallesby, Prayer; PT Forsyth, The Soul of Prayer; K. Barth, Prayer; F. von Hugel, The Life of Prayer; T. Merton, Contemplative Prayer; HU von Balthasar, Prayer; P. LeFevre, Understandings of Prayer. dg bloeschは、闘争の祈り; j.エリュール、祈りと現代人; o. hallesby 、祈り; ptフォーサイス、魂の祈り; k.範囲、祈り;女性フォンヒューは、生活の祈り; t.マートン、観想の祈り;胡フォンバルタザル、祈り; p.ルフェーブル、理解を祈りします。


Pray'er pray'er

Advanced Information 高度情報

Prayer is converse with God; the intercourse of the soul with God, not in contemplation or meditation, but in direct address to him. Prayer may be oral or mental, occasional or constant, ejaculatory or formal. It is a "beseeching the Lord" (Ex. 32:11); "pouring out the soul before the Lord" (1 Sam. 1:15); "praying and crying to heaven" (2 Chr. 32:20); "seeking unto God and making supplication" (Job 8:5); "drawing near to God" (Ps. 73:28); "bowing the knees" (Eph. 3:14).祈りは神と話をするし、神の魂の性交ではなく、熟考や瞑想、しかし、彼のアドレスを直接します。 祈り年5月に口頭または精神的、または定数時折、射精または正式には"懇願するような、主" (例: 32:11 ) ; "土砂降りの主の前にして魂" ( 1サムです。 1:15 ) ; "祈りと泣いているのを天国" ( 2 chrです。 32:20 ) ; "を求める嘆願し、かれらの神" (仕事8時05分) ; "図面近くに神" ( ps. 73:28 ) ; "ひざを軽く会釈をする" ( eph. 3:14 ) 。

Prayer presupposes a belief in the personality of God, his ability and willingness to hold intercourse with us, his personal control of all things and of all his creatures and all their actions. Acceptable prayer must be sincere (Heb. 10:22), offered with reverence and godly fear, with a humble sense of our own insignificance as creatures and of our own unworthiness as sinners, with earnest importunity, and with unhesitating submission to the divine will.祈りの前提の人格神を信じて、彼の能力と意欲を私たちと性交を保持する、彼の個人的なコントロールのすべてのものとのすべての彼のすべての生き物と彼らの行動です。 許容しなければならない心からの祈り ( heb. 10:22 ) 、 提供恐怖心と信心深い敬意をもって、私たち自身の取るに足りないことを謙虚な感覚としてunworthinessとしての生き物と私たちの罪を犯した者は、真剣なimportunity 、および神意に従ってはきはきした。

Prayer must also be offered in the faith that God is, and is the hearer and answerer of prayer, and that he will fulfil his word, "Ask, and ye shall receive" (Matt. 7:7, 8; 21:22; Mark 11:24; John 14:13, 14), and in the name of Christ (16:23, 24; 15:16; Eph. 2:18; 5:20; Col. 3:17; 1 Pet. 2:5). Prayer is of different kinds, secret (Matt. 6:6); social, as family prayers, and in social worship; and public, in the service of the sanctuary.祈りで提供さしなければならないの信仰を神は、回答者の祈りは全聴にしており、その達成彼は彼の言葉が、 "要請すれば、なたがたは受信" ( matt. 7時07分、 8 ; 21:22 ;マーク11:24 ;ジョン14:13 、 14 ) 、およびイエスキリストの名の下( 16:23 、 24 ; 15:16 ; eph 。 2:18 ; 5:20 ; Col 。 3:17 ; 1のペットです。 2 : 5 ) 。 祈りはさまざまな種類、秘密 ( matt. 6時06分) ; 社会、家族の祈り、および社会的崇拝;や公共このサービスは、聖域のようです。

Intercessory prayer is enjoined (Num. 6:23; Job 42:8; Isa. 62:6; Ps. 122:6; 1 Tim. 2:1; James 5:14), and there are many instances on record of answers having been given to such prayers, eg, of Abraham (Gen. 17:18, 20; 18:23-32; 20: 7, 17, 18), of Moses for Pharaoh (Ex. 8: 12, 13, 30, 31; Ex. 9:33), for the Israelites (Ex. 17:11, 13; 32:11-14, 31-34; Num. 21:7, 8; Deut. 9:18, 19, 25), for Miriam (Num. 12:13), for Aaron (Deut. 9:20), of Samuel (1 Sam. 7:5-12), of Solomon (1 Kings 8; 2 Chr. 6), Elijah (1 Kings 17: 20-23), Elisha (2 Kings 4:33-36), Isaiah (2 Kings 19), Jeremiah (42:2-10), Peter (Acts 9:40), the church (12:5-12), Paul (28:8).取りなしの祈りが差し止め( num. 6:23 ;仕事42:8 ; ISAのです。 62:6 ; psのです。 122:6 ; 1ティム。 2:1 ;ジェームズ5:14 ) 、およびインスタンスを記録するには多くの回答このような祈りが与えられて、例えば、アブラハム( 17:18 Gen 。と、 20 ; 18:23-32 ; 20 : 7 、 17 、 18 ) 、ムーサーのフィルアウン(例: 8 : 12 、 13 、 30 、 31 ;例です。 9時33分) 、イスラエル(例: 17:11 、 13 ; 32:11-14 、 31-34 ; NUM件です。 21時07分、 8 ; deut 。 9時18分、 19 、 25 ) 、のミリアム( num. 12:13 ) 、アーロン( deut. 9:20 ) 、サミュエル( 1サムです。 7:5-12 ) 、ソロモン( 1王8 ; 2 chrします。 6 ) 、イライジャ( 1キングス17 : 20-23 ) 、エリシャ( 2キングス4:33-36 ) 、イザヤ書( 2キングス19 ) 、ジェレマイア( 42:2-10 ) 、ピーター(行為9:40 )は、教会( 12:5-12 ) 、ポール( 28:8 ) 。

No rules are anywhere in Scripture laid down for the manner of prayer or the attitude to be assumed by the suppliant. ルールはない啓典の任意の場所を敷設する方法のための祈りや嘆願な態度を取ることが仮定される。

If we except the "Lord's Prayer" (Matt. 6:9-13), which is, however, rather a model or pattern of prayer than a set prayer to be offered up, we have no special form of prayer for general use given us in Scripture.もし私たちを除いて、 "主の祈り" ( matt. 6:9-13 ) 、これは、しかし、祈りというよりも、モデルやパターンを提供されるセットの祈りを、私たちはない特別な形式の祈りを与えられたの全般的な使用問い合わせは啓典です。 Prayer is frequently enjoined in Scripture (Ex. 22:23, 27; 1 Kings 3:5; 2 Chr. 7:14; Ps. 37:4; Isa. 55:6; Joel 2:32; Ezek. 36:37, etc.), and we have very many testimonies that it has been answered (Ps. 3:4; 4:1; 6:8; 18:6; 28:6; 30:2; 34: 4; 118:5; James 5:16-18, etc.).祈りが頻繁に差し止めの啓典(例: 22:23 、 27 ; 1キングス3時05分、 2 chrします。 7:14 ; psのです。 37:4 ; ISAのです。 55:6 ;ジョエル2:32 ; ezekです。 36:37など) 、および私たちが非常に多くの証言をされて答えました( ps. 3 : 04 ; 4:1 ;午前6時08分、 18時06分; 28:6 ; 30:2 ; 34 : 4 ; 118:5 ;ジェームス5:16-18 、等) 。

Prayer is like the dove that Noah sent forth, which blessed him not only when it returned with an olive-leaf in its mouth, but when it never returned at all.祈りは鳩がノアのように送られるもの、彼を祝福するだけでなく、ときに返されたオリーブの葉は、口の中、しかし決して返されたときにはすべてのです。

Robinson's Job.ロビンソンの仕事です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Divine Office神の事務所

General Information 総合情報

The Divine Office (Latin officium divinum,"divine duty"), a series of nonsacramental services of prayer to be chanted or recited at determined hours of the day.神の事務局(ラテン語の仕事divinum 、 "神聖な義務" ) 、 nonsacramentalサービスを祈り、一連の詠唱や読誦される時間帯を決定します。 It is intended to sanctify particular parts of the day.浄化を意図して特定の部分がわかります。 The series of "hours" has been a regular practice in cathedrals and monasteries since the 4th century.このシリーズの"時間"定期的な練習をされて以来、 4世紀の大聖堂と修道院です。 Originally they were performed using the Book of Psalms, readings or "lessons" from the Bible, and collections of hymns and prayers.もともと彼らは詩篇を授けたの本を使用して実行、測定値、または"教訓"からのバイブル、とのコレクションを賛美歌、祈りをささげている。 By the 13th century the hours were incorporated into one volume, called the Breviary, for the private use of monks and clergy.された13世紀の時間が組み込まれて1つのボリュームと呼ばれる聖務日課書修道士と聖職者のプライベートを使用します。 Orthodox churches still use the older collections of liturgical books for the Divine Office.正統派教会のコレクションをまだ使用して古い典礼書は、神の事務所です。 Recitation of the Divine Office has been obligatory for all priests (and some nuns) in the Roman Catholic church since 1918.暗唱義務化され、神の事務所のすべての司祭(およびいくつかの修道女)は、 1918年以来ローマカトリック教会です。 The Second Vatican Council revised the Breviary and changed its name to Liturgy of the Hours.第二バチカン公会議のリビジョンアップの聖務日課書や典礼の名前を変更して、時間です。

The full Divine Office consists of nine offices, or hours.の完全な神の事務所は、 9つのオフィス、または時間です。

Vatican II obligated those bound to the recitation of the Divine Office to recite only one of the three remaining little hours; all the little hours remain, however, in the Orthodox Divine Office.バチカン2世義務にバインドされているのは神の事務所を暗唱する暗唱1つだけの3つの残りのほとんど時間;のすべてのほとんど時間は、しかし、神の正統派の事務所です。

In the Reformation churches, the Divine Office has had a mixed history.改革は、教会は、神の事務所てきた歴史が混在します。 Luther's Deutsche Messe (German Mass), established in 1526, provided for a form of morning prayer and evening prayer, but these were soon abandoned by congregations and survived only in pious family circles.ルーサーのドイチェメッセ(ドイツ語、質量) 、 1526に設立され、フォームを提供する夕べの祈り朝の祈りと、しかし、これらの集会はすぐに捨てられると信心深いご家族だけで生き残った界です。 In the Anglican church, Thomas Cranmer had the Book of Common Prayer officially accepted in 1549.は、英国国教会、トーマスクランマーは、予約の共通の祈り1549を正式に受け入れています。 It provides for a morning prayer ( matins ) and an evening prayer ( evensong ).これは、朝の祈り( 朝の祈り )と、夕べの祈り( 夕べの歌 ) 。 It has been revised repeatedly and is in use in the Anglican church today.改正され、繰り返し、英国国教会は今日で使用される。 These offices in the Free Churches (Puritan, Methodist, and others) have become increasingly rare, as the churches have departed from the Book of Common Prayer.これらのオフィスは、自由教会(ピューリタン、メソジスト、およびその他)はますます貴重なもので、教会としては、書籍の共通の祈りを出発します。 The office of the ecumenical community of Taizé in France, similar to the Roman Breviary, has been translated into many languages and enjoys wide use among Christians of every denomination.事務局のコミュニティのエキュメニカルtaizéフランスでは、ローマの聖務日課書のように、多くの言語に翻訳されてきたとenjoysキリスト教徒のすべての宗派間で広く用いられている。

Joseph M. Powersジョセフ男性パワーズ


Daily (Divine) Office毎日(神の)事務所

Advanced Information 高度情報

The Daily Office are the prescribed daily services of worship of the Roman Catholic, Anglican, and Lutheran Churches.毎日毎日のサービスオフィスは、所定の礼拝堂は、ローマカトリック、聖公会、ルーテル教会とします。 The word "office" is from the Latin officium, meaning performance of duty and implying a religious ceremony.という言葉は" Office "は、ラテン語の仕事から、意味のパフォーマンスの宗教的な儀式の義務と示唆した。 Sometimes called the "hour services," the daily offices have antecedents within Judaism.とも呼ばれる"時間のサービスは、 "毎日オフィスにはユダヤ教の家系です。 Jews prayed at the third, sixth, and ninth hours of the day.祈ったユダヤ人は、第三に、 6番目、および9時間のがわかります。 This custom carried over into the NT.このカスタム持ち越されるNTのです。 In Acts it is said Peter and John went up into the temple at "the hour of prayer" (Acts 3:1) and that Peter went up on the housetop to pray "about the sixth hour" (Acts 10:9).の行為によるとこれはピーターとジョンが上昇を同寺は"時間の祈り" (行為3:1 )とピーターが上昇することを祈って、家のてっぺん"については、 6時間" (行為10 : 09 ) 。 This Jewish tradition was adopted by Islam, which has five hours of daily prayer (morning, noon, midafternoon, evening, and nighttime).このユダヤ人、イスラムの伝統が採択され、これは5つの時間の生活の祈り(朝、昼、昼下がり、夜になると、と夜間) 。 By the fourth century bishops of the Catholic Church were "to charge the people to come regularly to Church in the early morning and evening of each day." 4世紀の司教は、カトリック教会は"への請求を定期的に教会に来る人々は、毎日の生活の早朝と夕方。 "

Congregational morning and evening prayers were further developed by the monastic communities.会衆朝と夕方の祈りがより詳細な禁欲的なコミュニティで開発された。 There the daily offices or canonical hours (so-called from the canons or rules of Benedict of Nursia) were regularized.正規の時間に、毎日の事務所または(いわゆるベネディクトからの参事やルールのnursia )が正規化します。 Perhaps the inspiration was a passage in the Psalter: "Seven times a day do I praise thee, because of thy righteous judgments" (Ps. 119:164).おそらく、インスピレーションは、通路は、 psalter : " 1日7回を称賛すればよいなた、なたのために正しい判断" ( ps. 119:164 ) 。 Monks prayed together at eight appointed times daily: (1) matins, or nocturns, which began at midnight; (2) lauds, following immediately; (3) prime, at sunrise; (4) terce, at midmorning (9 AM); (5) sext, at noon; (6) nones at midafternoon (3 PM); (7) vespers, at eventide; and (8) compline, at bedtime.修道士に任命8回毎日一緒に祈った: ( 1 )朝の祈りか、またはnocturns 、午前零時から始まった、 ( 2 ) lauds 、次の手続きをすぐ、 ( 3 )総理は、日の出、 ( 4 ) terce 、午前中(午前9時) ; ( 5 ) 6度音程、 16日正午、 ( 6 ) 9時課の昼下がり(午後3時) ; ( 7 ) vespers 、夕暮れ、および( 8 ) compline 、就寝前です。 Each office contained readings from Scripture, recitations from the Psalter, prayers, hymns, and perhaps a sermon.啓典の測定値から各Officeに含まれる、 recitationsからpsalter 、祈り、賛美歌、そしておそらく、説教します。 Eventually each hour took on a unique character.結局は、ユニークなキャラクターがそれぞれの時間です。

While all offices were retained by the Roman Catholics, the Anglican and Lutheran Reformers placed the main emphasis on matins and vespers (or evensong) as acts of congregational worship.全店に保持されている間はローマカトリック教徒、ルター派と改革派の聖公会の配置の主な重点を置いて朝の祈りとvespers (または夕べの歌)行為を会衆として崇拝される。 Matins (from Lat. "of the morning") had been the opening service of the day.朝の祈り(からされています。 "朝" )の開会サービスていたのがわかります。 The primary and most popular and varied of the canonical hours, it became normative Sunday worship for Anglicans (morning prayer) and a daily rite for Lutherans (when no communion was celebrated).プライマリおよび様々な人気と、正規の時間、日曜日の礼拝の規範となったanglicans (朝の祈り) 、毎日の儀式をlutherans (聖体拝領が祝わがない) 。 Vespers (from Lat. "evening") had been a service at twilight. vespers (からされています。 "イブニング" )たそがれどきにいたのサービスです。 It was retained by Lutherans and Anglicans as evensong or evening prayer.それはlutheransとanglicansとして保持さや夕べの祈り夕べの歌です。 Lauds (from Lat. "praise") was less common, thought it has been restored recently as a service of praise among Protestants. lauds (からされています。 "褒め言葉" )は、あまり共通の、考えて復元され、最近プロテスタントの間、サービスとしての褒め言葉です。

CG Fry cgフライ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
LD Reed, The Lutheran Liturgy; JG Davies, A Select Liturgical Lexicon; L. Duchesne, Christian Worship, Its Origin and Evolution. ldリードは、ルター派典礼; jgデイビスは、辞書を選択し典礼; l.デュシェーヌ、キリスト教の礼拝堂、その起源と進化します。


Matins朝の祈り

General Information 総合情報

Matins, first of the daily prayer services in Roman Catholic and Anglican churches.朝の祈りは、最初の毎日の祈りと聖公会ローマカトリック教会のサービスです。 In the Roman Catholic tradition, matins consists of readings from the Bible, lessons about the lives of the saints, and sermons.ローマカトリックの伝統で、朝の祈りは、聖書の朗読から、レッスンについては、聖人の生活をする、と説教します。 The term matins is derived from a Latin word meaning "of the morning."朝の祈りの言葉をラテン語から派生した言葉の意味は"朝のです。 "


Matins朝の祈り

Advanced Information 高度情報

Morning Prayer is "The Order for Daily Morning Prayer" from the Book of Common Prayer of the Church of England, long the principal service in Anglican and Episcopal churches.朝の祈りは、 "毎日朝の祈りのために"からの予約の共通の祈りは、教会のイングランド、長期の主なサービスを聖公会と米国聖公会の教会です。 Morning prayer or English matins owes its origin to the work of Thomas Cranmer.朝の祈り朝の祈りを払うべきまたは英語を起源トーマスクランマーの仕事をします。 Believing daily morning and evening worship to have been the custom of the ancient church, Cranmer developed the offices of morning prayer and evening prayer (evensong).毎日朝と夜と信じて崇拝され、カスタムは、古代の教会、クランマー開発してオフィスの午前中の祈りと夕べの祈り(夕べの歌) 。 Influenced by Lutheran precedents, the Sarum Breviary, and the monastic offices of matins, lauds, and prime, morning prayer was designed for use on weekdays and on Sundays before Holy Communion.ルーテル判例影響を受けて、聖務日課書のsarum 、朝の祈りと修道士事務所、 lauds 、と総理は、朝の祈りが設計を使用して聖体拝領前に平日と日曜です。 Minor changes were made in 1928; more major ones were authorized in 1965.軽微な変更が行われた1928年;他の主要なものは1965年に承認されています。

CG Fry cgフライ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
SL Ollard, ed., A Dictionary of English Church History; JG Davies, ed., Westminister Dictionary of Worship. sl ollard 、エド。 、英語辞書の教会の歴史; jgデイビス、エド。 、礼拝堂westminister辞書をダウンロードします。


Vespers vespers

General Information 総合情報

Vespers (Latin vesperae, "of the evening"), part of the daily series of nonsacramental services of prayer in the Roman Catholic Church and the Eastern Orthodox Church. vespers (ラテンvesperae 、 "夜" ) 、部分nonsacramentalサービスの日常シリーズの祈りは、ローマカトリック教会と東方正教会です。 Vespers is usually an evening devotion. vespersは、通常の夕べ献身です。 The term is often applied to the evensong (evening prayer) of the Anglican Church, while in other churches it designates a musical service held on Sunday afternoon.適用されるという用語は、しばしば夕べの歌(夕べの祈り)は、英国国教会、他の教会中に指定すること日曜日の午後に開催されたミュージカルのサービスです。


Evensong夕べの歌

Advanced Information 高度情報

In the Anglican Church evening prayer and evensong mean the same thing, referring to the evening service which is said or sung daily throughout the year.夕べの祈りは、聖公会と同じことを意味する夕べの歌に言及し、夕方のサービスまたは主席によるとこれは、年間を通じて毎日です。 In origin this service is a conflation of the medieval services of vespers and compline.このサービスは、起源は、中世のサービスを融合compline vespersとします。 It is composed chiefly of Scripture, OT and NT lessons, biblical canticles (eg, the Magnificat), biblical versicles, and responses with the Lord's Prayer.それは主の啓典、 otとNTレッスン、聖書のソロモンの歌(例えば、 magnificat ) 、聖書のversicles 、とレスポンスの主の祈りです。 To these are added the Kyrie Eleison, creed, and prayers.これらの連祷が追加されましたし、信条、 、祈りをささげている。 In Roman Catholicism evening prayer is sometimes used to describe the evening office of vespers found in the new breviary (1971).カトリック教会の夕べの祈りは、時には夜に事務所に説明に使用するvespers発見された新しい聖務日課書( 1971 ) 。

P Toon p漫画
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Prayer祈り

Catholic Information カトリックの情報

(Greek euchesthai, Latin precari, French prier, to plead, to beg, to ask earnestly). ( euchesthaiギリシャ語、ラテン語precari 、フランス語せんさくする人、嘆願、懇願、真剣を求める) 。

An act of the virtue of religion which consists in asking proper gifts or graces from God.宗教行為を行うの美徳で構成させずに適切なギフトや神の恩寵からです。 In a more general sense it is the application of the mind to Divine things, not merely to acquire a knowledge of them but to make use of such knowledge as a means of union with God.他の一般的な意味でそれをするのが、アプリケーションのは、心を神聖なものではなく、単にそれらの知識を獲得するしかし、このような知識を活用する手段として、労働組合との神です。 This may be done by acts of praise and thanksgiving, but petition is the principal act of prayer.この5月に行われる行為を称賛と感謝の気持ちが、祈りの請願書は、校長の行為です。

The words used to express it in Scripture are: to call up (Genesis 4:26); to intercede (Job 22:10); to mediate (Isaiah 53:10); to consult (1 Samuel 28:6); to beseech (Exodus 32:11); and, very commonly, to cry out to.使われている言葉を表現することが啓典は:を呼び出すにアップ(創世記4時26分) ;を仲裁(仕事22:10 ) ;を調停(イザヤ書53:10 ) ;に相談( 1サミュエル28:6 ) ;を懇願する(出エジプト記32:11 ) ;と、非常によく、叫ぶ。 The Fathers speak of it as the elevation of the mind to God with a view to asking proper things from Him (St. John Damascene, "De fide", III, xxiv, in PG, XCIV, 1090); communing and conversing with God (St. Gregory of Nyssa, "De oratione dom.", in PG, XLIV, 1125); talking with God (St. John Chrysostom, "Hom. xxx in Gen.", n. 5, in PG, LIII, 280). 、父親のことを話すのは、心を神の昇格を視野に要求を適切なものから、彼(聖ヨハネダマシン、 "デfide " 、三、二十四は、 pg 、 94 、 1090 ) ; communing神と会話(聖グレゴリーのnyssa 、 "デoratione DOMのです。 " 、 pg 、 44 、 1125 ) ;と話を神(聖ヨハネクリュソストモス、 "ハオマ汁です。 xxxの性" 、 5名は、 pg 、 53 、 280 ) 。 It is therefore the expression of our desires to God whether for ourselves or others.したがって、これは私たちの欲望を表現したものかどうかを自分や他人の神です。 This expression is not intended to instruct or direct God what to do, but to appeal to His goodness for the things we need; and the appeal is necessary, not because He is ignorant of our needs or sentiments, but to give definite form to our desires, to concentrate our whole attention on what we have to recommend to Him, to help us appreciate our close personal relation with Him.この表現ではないまたは直接指示を目的とし、神何をするか、しかし、彼の良さをアピールするため、私たちが必要とのアピールが必要ではなく、無知のため、彼は私たちのニーズや感情が、明確なフォームを私たちを与える欲望は、私たちに集中する我々が注目を浴びて全体を推薦をしてしまったら、私たちを閉じるに役立てる個人的な関係を彼に感謝します。 The expression need not be external or vocal; internal or mental is sufficient.外付けにする必要はないという表現や声楽;内部または精神的で十分です。

By prayer we acknowledge God's power and goodness, our own neediness and dependence.私たちを祈り、神の力と善良さを認める、私たち自身の窮乏と依存します。 It is therefore an act of the virtue of religion implying the deepest reverence for God and habituating us to look to Him for everything, not merely because the thing asked be good in itself, or advantageous to us, but chiefly because we wish it as a gift of God, and not otherwise, no matter how good or desirable it may seem to us.したがって、これは宗教行為を示唆したの美徳、神との深い崇敬の念を表すhabituating問い合わせに目を向ける彼をすべてのではなく、単に要請ことは、それ自体が良いか、または有利に問い合わせ、しかし、主のためそれを願って神の贈り物ではなく、そうでなければ、どんなに良いか望ましいように見えることがありますしてください。 Prayer presupposes faith in God and hope in His goodness.信仰の祈り、神の存在を前提に彼の善良さと希望します。 By both, God, to whom we pray, moves us to prayer.両方、神様、私たち誰に祈る、移動先に礼拝を呼び掛ける。 Our knowledge of God by the light of natural reason also inspires us to look to Him for help, but such prayer lacks supernatural inspiration, and though it may avail to keep us from losing our natural knowledge of God and trust in Him, or, to some extent, from offending Him, it cannot positively dispose us to receive His graces.私たちの神の知識を自然の光を鼓舞する理由も先に目を向ける彼の助けを、しかし、そのような祈り欠けて超自然吸気、および利用に見えるかもしれないから問い合わせを保つ私たちの自然の知識を失うことなく、神との信頼していたか、または、いくつかの範囲、より不愉快な彼は、積極的に処分することはできません。問い合わせ彼の恩寵を受信する。

Objects of Prayerのオブジェクトの祈り

Like every act that makes for salvation, grace is required not only to dispose us to pray, but also to aid us in determining what to pray for.すべての救いのような行為をするため、猶予が必要な問い合わせを処理するだけを祈って、先を決定を支援するだけでなく、どのようなことを祈願しています。 In this "the spirit helpeth our infirmity. For we know not what we should pray for as we ought; but the Spirit himself asketh for us with unspeakable groanings" (Romans 8:26).この"私たちの精神にhelpeth虚弱です。私たちが知らないことを私たちに何をすべきとしてのための祈りしたい場合に使います。 ;しかし、自分自身の精神にaskethをgroanings言いようのない問い合わせに" (ローマ人への手紙8:26 ) 。 For certain objects we are always sure we should pray, such as our salvation and the general means to it, resistance to temptation, practice of virtue, final perseverance; but constantly we need light and the guidance of the Spirit to know the special means that will most help us in any particular need.特定のオブジェクトを、私たちはいつも祈って確認しなければならないなど、私たちの救いと全般を意味して、誘惑に抵抗する、練習の美徳だが、最後の忍耐力;しかし、常に私たちの指導の必要な光との精神に特別な意味を知っていることある特定の問い合わせには、ほとんどのヘルプが必要です。 That there may be no possibility of misjudgment on our part in such an essential obligation, Christ has taught us what we should ask for in prayer and also in what order we should ask it.の可能性があることが誤審ではないこのような本質的な部分を私たちの義務は、イエスキリストの教えを求める問い合わせがどのような祈りとしなければならないまた、どのような注文しなければならない依頼してください。 In response to the request of His disciples to teach them how to pray, He repeated the prayer commonly spoken of as the Lord's Prayer, from which it appears that above all we are to pray that God may be glorified, and that for this purpose men may be worthy citizens of His kingdom, living in conformity with His will.に対応して弟子たちの要請に応じてどのように教えることを祈って、彼はよく話さの繰り返しの祈り主の祈りとして、それより上にされているすべてのことを祈って私たちは神を讃える年5月に、この目的のために男性5月に値する彼の王国の市民は、自分の住んでいるの適合性があります。 Indeed, this conformity is implied in every prayer: we should ask for nothing unless it be strictly in accordance with Divine Providence in our regard.確かに、この適合は、黙示的なすべての祈り:しなければならないことを求める何もしない限り、神の摂理に厳密に従ってに関しては私たちです。 So much for the spiritual objects of our prayer.精神的なので多くのオブジェクトを、私たちの祈りです。 We are to ask also for temporal things, our daily bread, and all that it implies, health, strength, and other worldly or temporal goods, not material or corporal only, but mental and moral, every accomplishment that may be a means of serving God and our fellow- men.我々は頭を求めることも、私たちの日常パン、と、それに示すように、健康、強さ、およびその他の世俗的または時間的財ではなく、素材や伍長だけが、精神的、道徳的、達成されるごとに配信する手段神とわれわれの仲間の男性です。 Finally, there are the evils which we should pray to escape, the penalty of our sins, the dangers of temptation, and every manner of physical or spiritual affliction, so far as these might impede us in God's service.最後に、これには、弊害から脱出しなければならない祈りは、私たちの罪の罰を、誘惑の危険性を、あらゆる種類の身体的または精神的な苦痛は、これまでのところに、神の存在として、これらの問い合わせのサービスを妨げるかもしれない。

To whom may we pray誰が私たちを祈る

Although God the Father is mentioned in this prayer as the one to whom we are to pray, it is not out of place to address our prayers to the other Divine persons.神の父に記載されものの、この祈りの1つを我々は誰を祈って、それではないが場違いな存在に対処する私たちの祈りを、他の神の名です。 The special appeal to one does not exclude the others. 1つの特別抗告を、他の除外はありません。 More commonly the Father is addressed in the beginning of the prayers of the Church, though they close with the invocation, "Through Our Lord Jesus Christ Thy Son who with Thee liveth and reigneth in the unity of the Holy Ghost, world without end".他の共通の父は、初めに対処されるの祈りの教会、かれらの呼び出しを閉じると、 "わたしたちの主イエスキリストを通して、なたなたの息子who livethとreignethは、聖霊の結束を、世界に終わり"です。 If the prayer be addressed to God the Son, the conclusion is: "Who livest and reignest with God the Father in the unity of the Holy Ghost, God, world without end"; or, "Who with Thee liveth and reigneth in the unity, etc.".宛ての場合は、神に祈りの息子、その結論は: " reignest who livestと神の父は、聖霊の結束を、神は、世界に終わり" ;または、 " who 、なたlivethとの結束をreigneth等"という。 Prayer may be addressed to Christ as Man, because He is a Divine Person, not however to His human nature as such, precisely because prayer must always be addressed to a person, never to something impersonal or in the abstract.イエスキリストの祈りがあります宛ての男として、彼は神の人のためではなく、しかし彼の人間の本性をこのように、正確に対処のための祈りをする必要があります常に人は、絶対に何か非人称か、抽象的です。 An appeal to anything impersonal, as for instance to the Heart, the Wounds, the Cross of Christ, must be taken figuratively as intended for Christ Himself.何かの訴えを込めて人間味のない、としてのインスタンスを、心の傷は、イエスキリストの十字架、比喩として意図しなければならないイエスキリスト自身です。

Who can pray whoを祈る

As He has promised to intercede for us (John 14:16), and is said to do so (Romans 8:34; Hebrews 7:25), we may ask His intercession, though this is not customary in public worship.彼は仲を取り持つために問い合わせを約束して(ヨハネ14:16 )とはによるとこれを行うには(ローマ人への手紙8時34分;ヘブル人への手紙7時25分) 、彼の執り成し要求することがありますが、実際にこれを公共の崇拝の慣習ではない。 He prays in virtue of His own merits; the saints intercede for us in virtue of His merits, not their own.彼は彼自身の祈りをささげるのが美徳のメリット;の聖人の仲を取り持つ彼のメリットを先に美徳ではなく、自分のです。 Consequently when we pray to them, it is to ask for their intercession in our behalf, not to expect that they can bestow gifts on us of their own power, or obtain them in virtue of their own merit.そのために私たち祈るして、それは彼ら執り成しを求めるのが当社に代わってではなく、ギフトを贈ることを期待して我々の独自のパワーか、または美徳を入手して独自のメリットです。 Even the souls in purgatory, according to the common opinion of theologians, pray to God to move the faithful to offer prayers, sacrifices, and expiatory works for them.煉獄の魂でさえ、神学者によると、共通の意見を、神に祈るに移動するに忠実に祈りをささげる、犠牲と償いをするための作品です。 They also pray for themselves and for souls still on earth.また、自身との魂のための祈り地球上で静止します。 The fact that Christ knows the future, or that the saints may know many future things, does not prevent them from praying.将来のイエスキリストという事実を知っているか、または聖人は、多くの将来のことを知ることではありませんそれらを防ぐために祈っています。 As they foresee the future, so also they foresee how its happenings may be influenced by their prayers, and they at least by prayer do all in their power to bring about what is best, though those for whom they pray may not dispose themselves for the blessings thus invoked.として彼らを予見してまいりますので、また彼らの出来事を予見どのように影響される5月の祈りは、かれらを祈り、少なくとも彼らの電源を全力で何が最良をもたらすが、それらはかれらを処分することができないことを祈る祝福このように呼び出されます。 The just can pray, and sinners also.祈りの言っていること、および罪人もします。 The opinion of Quesnel that the prayer of the sinned adds to his sin was condemned by Clement XI (Denzinger, 10 ed., n. 1409).ケネルの意見を追加して祈り、罪を犯して彼の罪を非難し、クレメント字傳(デンツィンガー、 10エド。 、 1409名) 。 Though there is no supernatural merit in the sinner's prayer, it may be heard, and indeed he is obliged to make it just as before he sinned.超自然的価値がないかかわらず、罪人の祈りは、聞いたことがありますが、そして実際、彼はそれと同様の義務を作る前に彼は罪を犯しています。 No matter how hardened he may become in sin, he needs and is bound to pray to be delivered from it and from the temptations which beset him.鍛えられた彼はどんなに罪になるかもしれないが、彼のニーズとは束縛から配信されることを祈って、彼からの誘惑を取り巻くします。 His prayer could offend God only if it were hypocritical, or presumptuous, as if he should ask God to suffer him to continue in his evil course.彼の祈りが神の気分を害することが偽善的な場合にのみ、またはずうずうしい、もし彼に頼んで、神として彼を続行するに苦しむ彼の邪悪なコースです。 It goes without saying that in hell prayer is impossible; neither devils nor lost souls can pray, or be the object of prayer.それは地獄の祈りなしには不可能だと言っている;どちらも失われた悪魔の魂を祈るか、またはそのオブジェクトの祈りにします。

For whom we may pray誰祈ることがあります

For the blessed prayers may be offered not with the hope of increasing their beatitude, but that their glory may be better esteemed and their deeds imitated.祝福の祈りを5月に提供されるわけでは最高の幸せを願っての増加が、その栄光年5月に尊敬とその行為をまねが良いです。 In praying for one another we assume that God will bestow His favours in consideration of those who pray.のために祈りをささげ、神と仮定して1つの別の私たちは彼の恩恵を授けるそれらを考慮したwho祈る。 In virtue of the solidarity of the Church, that is, of the close relations of the faithful as members of the mystical Body of Christ, any one may benefit by the good deeds, and especially by the prayers of the others as if participating in them.で、教会の連帯の美徳、それは、忠実に緊密な関係は、神秘的な体のメンバーとして、イエスキリストは、いずれか1つの利点があります善行、特にされたとして、他の祈りに参加している場合です。 This is the ground of St. Paul's desire that supplications, prayers, intercessions, and thanksgivings be made for all men (Tim., ii, 1), for all, without exception, in high or low station, for the just, for sinners, for infidels; for the dead as well as for the living; for enemies as well as for friends.これは、地上の聖パウロの願望をsupplications 、祈り、 intercessions 、およびすべての男性がthanksgivings ( tim. 、 2世、 1 )は、すべて、例外は、高温や低温駅にだけ、罪人は、不信心者;だけでなく、死者のための生活;の敵だけでなく、友達とします。 (See COMMUNION OF SAINTS). (聖者の聖体拝領を参照) 。

Effects of Prayer効果的な祈り

In hearing our prayer God does not change His will or action in our regard, but simply puts into effect what He had eternally decreed in view of our prayer.私たちの祈りを聞いて神の意志、または法的措置については変更されませんが当社に関連して、しかし、単純に発効により定められたどのような点から見て彼は永遠に私たちの祈りです。 This He may do directly without the intervention of any secondary cause as when He imparts to us some supernatural gift, such as actual grace, or indirectly, when He bestows some natural gift.この彼は5月の介入なしに直接の原因として任意のセカンダリ問い合わせ時に彼はいくつかの超自然の贈り物を与えるなど、実際のグレースか、または間接的に、いくつかの時に彼はbestows天賦の才能です。 In this latter case He directs by His Providence the natural causes which contribute to the effect desired, whether they be moral or free agents, such as men; or some moral and others not, but physical and not free; or, again, when none of them is free.後者の場合、この自然の摂理彼は彼の指示が原因で希望の効果に貢献し、道徳的かどうかまたは無料にエージェントなど、男性;またはいくつかの道徳的かつ他のではなく、物理的および特定無料;または、再度、時なし人は無料です。 Finally, by miraculous intervention, and without employing any of these causes, He can produce the effect prayed for.最後に、奇跡的介入され、従業員のいずれかの原因とせず、彼は生産への影響を祈った。

The use or habit of prayer redounds to our advantage in many ways.祈りの使用や習慣を身にredoundsが我々に利益の多くの方法があります。 Besides obtaining the gifts and graces we need, the very process elevates our mind and heart to a knowledge and love of Divine things, greater confidence in God, and other precious sentiments.ギフトの入手方法のほか、必要に甘えて私たちは、非常に処理してelevates我々の心と心の知識と愛の神のこと、信頼性が大幅に神、およびその他の貴重な感情です。 Indeed, so numerous and so helpful are these effects of prayer that they compensate us, even when the special object of our prayer is not granted.確かに、これとこれhelpfulは、これらの多くの祈りの影響を補正して問い合わせても、私たちの祈りではない特別なオブジェクトを付与します。 Often they are of far greater benefit than what we ask for.多くの場合、彼らは私たちよりもはるかに大きな利益を求める。 Nothing that we might obtain in answer to our prayer could exceed in value the familiar converse with God in which prayer consists.何も得ることかもしれない私たちの祈りに答えて、値を超えるのは神ではおなじみのコンバースの祈りで構成されます。 In addition to these effects of prayer, we may (de congruo) merit by it restoration to grace, if we are in sin; new inspirations of grace, increase of sanctifying grace, and satisfy for the temporal punishment due to sin.これらの効果的な祈りに加えて、することがあります(デ同意する)ことのメリットの修復を猶予され、もし我々は、罪;新しい着想の恵みを受けて、グレースsanctifying増加した、と満足させるための時間的処罰のために罪を負う。 Signal as all these benefits are, they are only incidental to the proper effect of prayer due to its impetratory power based on the infallible promise of God, "Ask, and it shall be given you; seek, and you shall find: knock, and it shall be opened to you" (Matthew 7:7); "Therefore I say unto you, all things whatsoever you ask when ye pray, believe that you shall receive" (Mark 11:24 -- see also Luke 11:11; John 16:24, as well as innumerable assurances to this effect in the Old Testament).これらの利点は、すべての信号として、彼らは、適切な効果に付随するだけの祈りのためにそのパワーimpetratory神の約束に基づいて、絶対に正しい"と要請すれば、与えられたことをしなければならない;を求める、となたがた検索:ノック、およびオープンにすることしなければならない" (マタイ7時07分) ; "だから私言ってやるがなたがたに、すべての物事のもの祈ることを聞くときに、なたがたは、なたがたを受けると思われる" (マーク11:24 -1 1:11も参照くださいルーク;ジョン16:24 、無数の保証だけでなく、この効果は、旧約聖書の)です。

Conditions of Prayer条件の祈り

Absolute though Christ's assurances in regard to prayer would seem to be, they do not exclude certain conditions on which the efficacy of prayer depends.絶対的な保証を表明するかかわらず、キリストの祈りと思われる、彼らはありませんが、特定の条件を除外する祈りの効果を左右します。 In the first place, its object must be worthy of God and good for the one who prays, spiritually or temporally.まず第一に、そのオブジェクトをしなければならない価値のある1つの神といい、 who祈りをささげる、精神的または時間です。 This condition is always implied in the prayer of one who is resigned to God's will, ready to accept any spiritual favour God may be pleased to grant, and desirous of temporal ones only in so far as they may help to serve God.この条件は常に1つの暗黙のは、祈りの辞任whoは、神のご意志を、神の恩恵を受け入れる準備ができ年5月に任意の精神的な満足を付与する、と望んでいるものだけで、これまでの時間されていることを神に仕えるヘルプです。 Next, faith is needed, not only the general belief that God is capable of answering prayer or that it is a powerful means of obtaining His favour, but also the implicit trust in God's fidelity to His promise to hear a prayer in some particular instance.次に、信仰は、必要に応じて、一般的な信念だけでなく、神はその祈りの能力があるかを答えることは、彼の賛成を得るための強力な手段だけでなく、暗黙の信頼を忠実に約束を神の祈りの言葉を聞いていくつかの特定のインスタンスです。 This trust implies a special act of faith and hope that if our request be for our good, God will grant it, or something else equivalent or better, which in His Wisdom He deems best for us.この信頼を意味する特別法の信仰と期待して我々の要求を私たちが良い、神に付与するか、または何か他の同等以上のは、彼が彼の知恵と判断ベストです。 To be efficacious prayer should be humble.謙虚に効果的な祈りをすべきである。 To ask as if one had a binding claim on God's goodness, or title of whatever colour to obtain some favour, would not be prayer but demand.を求めるように1つの主張を、法的に拘束力は、神の善か、またはどんな色のタイトルをいくつかの賛成を入手するものではないが需要が祈りです。 The parable of the Pharisee and the Publican illustrates this very clearly, and there are innumerable testimonies in Scripture to the power of humility in prayer.パリサイ人の寓話と居酒屋の主人は、この非常に明確に示して、とには、無数の証言で啓典を祈りの力を謙虚にします。 "A contrite and humbled heart, O God, thou wilt not despise" (Ps. 1, 19). "心を深く悔いて、伏せて、あぁ、神よ、なたを軽蔑しない" ( ps. 1 、 19 ) 。 "The prayer of him that humbleth himself shall pierce the clouds" (Eccl., xxxv, 21). "自分自身の祈りhumbleth彼のことは、ピアースの雲" ( eccl. 、 35 、 21 ) 。 Without sacrifice of humility we may and should try to be sure that our conscience is good, and that there is no defect in our conduct inconsistent with prayer; indeed, we may even appeal to our merits so far as they recommend us to God, provided always that the principal motives of one's confidence are God's goodness and the merits of Christ.謙虚さを犠牲にしようとすることがありますとは、私たちの良心が良いことを確認して、私たちの欠陥がないこと矛盾して祈りを行う;確かに、私たちのメリットをアピールすることがありますが、これまで彼らを推奨問い合わせを神として、提供主な動機は、常に1つの自信は、神様の善良さとキリストのメリットです。 Sincerity is another necessary quality of prayer.誠意は別のに必要な質の祈りです。 It would be idle to ask favour without doing all that may be in our power to obtain it; to beg for it without really wishing for it; or, at the same time that one prays, to do anything inconsistent with the prayer.ことがアイドル状態の賛成を求めることなくすべてのことがありますが、私たちの電源を入手して;してほしいと懇願することを本当に願って;または、それと同時に1つの祈りをささげること、これを行うに何か矛盾しての祈りです。 Earnestness or fervour is another such quality, precluding all lukewarm or half-hearted petitions.まじめさやfervourは別のような品質、またはprecludingすべてのどっちつかずの中途半端な嘆願書です。 To be resigned to God's will in prayer does not imply that one should be indifferent in the sense that one does not care whether one be heard or not, or should as lief not receive as receive; on the contrary, true resignation to God's will is possible only after we have desired and earnestly expressed our desire in prayer for such things as seem needful to do God's will.辞任されるの祈りを神のご意志を意味するものではありません無関心は、自分のやるべきことに意識しているかどうか1つ1つのケアはありませんかどうかを聞いたか、または必要がましだとして受け取るが届かない;はその反対に、真の辞任を神のご意志は、私たちが希望した後にのみ可能と表明したの願望を真剣に祈りをささげるように見えるようなものとしてこれを行うに必要な神のご意志です。 This earnestness is the element which makes the persevering prayer so well described in such parables as the Friend at Midnight (Luke 11:5-8), or, the Widow and the Unjust Judge (Luke 18:2-5), and which ultimately obtains the precious gift of perseverance in grace.この要素は、そのために熱心に祈り辛抱強いとてもうまくparablesとして友人に送るように記載され午前零時(ルーク11:5-8 ) 、または、不当な判断の未亡人と(ルーク18:2-5 ) 、およびが最終的に忍耐力を取得して猶予期間の貴重な贈り物です。

Attention in Prayer注目を集めて祈り

Finally, attention is of the very essence of prayer.最後に、関心が集まって、非常に本質的な祈りです。 As an expression of sentiment emanating from our intellectual faculties prayer requires their application, ie attention.感情を表すものとして、当社グループの知的能力から発せられる、そのアプリケーションが必要祈り、すなわち手当てを受ける。 As soon as this attention ceases, prayer ceases.この注意とすぐに停止した場合は、祈りが停止します。 To begin praying and allow the mind to be wholly diverted or distracted to some other occupation or thought necessarily terminates the prayer, which is resumed only when the mind is withdrawn from the object of distraction.祈りを開始すると完全に転用される可能にする心や思想に気を取ら必然的にいくつかの他の職業または終了して祈り、これは廃止廃止は気持ちに余裕が再開されたときにのみ、オブジェクトの気を散らすからです。 To admit distraction is wrong when one is obliged to apply oneself to prayer; when there is no such obligation, one is at liberty to pass from the subject of prayer, provided it be done without irreverence, to any other proper subject.気晴らしを認めるのは間違っを適用する義務がある場合は自分の身に祈り;このような義務がないときには、 1つは、自由の女神を渡すからのアジ研の祈りは、提供さ冒さずに不敬、その他の適切なアジ研です。 This is all very simple when applied to mental prayer; but does vocal prayer require the same attention as mental,-in other words, when praying vocally must one attend to the meaning of words, and if one should cease to do so, would one by that very fact cease to pray?これは非常に単純なときに適用されるすべての精神的な祈り;祈りを必要とするわけではボーカルと同じ精神的な注意として、 -換言すれば、声に出して祈っているときの世話をする必要があります。 1つの単語の意味を、 1つの場合は、中止を行うには、 1つは非常に事実を中止することを祈ってですか? Vocal prayer differs from mental precisely in this that mental prayer is not possible without attention to the thoughts that are conceived and expressed whether internally or externally.ボーカルの祈りが異なることから、この精神的な祈りの精神的な正確さではない可能性に注意してくださいな考えを表明したかどうかは、内部または外部です。 Neither is it possible to pray without attending to thought and words when we attempt to express our sentiment in our own words; whereas all that is needed for vocal prayer proper is the repetition of certain words, usually a set form with the intention of using them in prayer.どちらもせずに出席することは可能ですを祈って思想との言葉に私たちの試みを表現するときに、私たち自身の言葉で私たちのセンチメント;一方、すべての祈りは、必要に応じて、適切なボーカルは、特定の単語を繰り返し、 24時間を設定するフォームを使用してそれらの意図て祈りをささげる。 So long as the intention lasts, ie so long as nothing is done to terminate it or wholly inconsistent with it, so long as one continues to repeat the form of prayer, with proper reverence in disposition and outward manner, with only this general purpose of praying according to the prescribed form, so long as one continues to pray and no thought or external act can be considered a distraction unless it terminate our intention, or by levity or irreverence be wholly inconsistent with the prayer.意図が続く限りは続く、すなわちので手だてが講じられない限り、完全に矛盾して終了したりすることができるので続く限り、 1つのフォームを繰り返して祈り、畏敬の念を処分と外側の適切な方法で、これだけの汎用所定の用紙によると、祈りのため、 1つの続く限り、または外付けを祈ってばかりで中身がない気を散らす行為と見なされることがなければ我々の意図を終了、または改めたまたは不敬の祈りが完全に矛盾しています。 Thus one may pray in the crowded streets where it is impossible to avoid sights and sounds and consequent imaginations and thoughts.このように祈る年5月に1つの通りの混雑を避けるためにすることは不可能で観光スポットやサウンドと必従や考えを想像します。

Provided one repeats the words of the prayer and avoids wilful distractions of mind to things in no way pertaining to prayer, one may through mental infirmity or inadvertence admit numerous thoughts not connected with the subject of the prayer, without irreverence.提供1つの祈りの言葉を繰り返されるとの紛争を避けて故意の心を祈りに係るものではありません、 1つの不注意で5月から精神的な病気や数多くの考えを認めると、件名には接続されていません祈り、不遜です。 It is true, this amount of attention does not enable one to derive from prayer the full spiritual advantage it should bring; nay, to be satisfied with it as a rule would result in admitting distractions quite freely and wrongfully.それがtrueの場合、この金額を有効に注目を集めてはありませんから派生する1つの祈りを完全な精神的な優位性をもたらすこと;いや、それに満足しては、原則として認めるが結果的に非常に自由かつ不当に散る。 For this reason it is advisable not only to keep the mind bent on praying but also to think of the purport of the prayer, and as far as possible to think of the meaning of some at least of the sentiments or expressions of the prayer.この理由を維持することをお勧めするだけでなく、心に熱中して祈っているだけでなく、祈りの趣旨考えると、可能な限りの意味を考えるのは、少なくともいくつかの感情や、祈りを表現したものです。 As a means of cultivating the habit, it is recommended, notably in the spiritual exercises of St. Ignatius, often to recite certain familiar prayers, the Lord's Prayer, the Angelical Salutation, the Creed, the Confiteor, slowly enough to admit the interval of a breath between the principal words or sentences, so as to have time to think of their meaning, and to feel in one's heart the appropriate emotions.栽培するのが癖の一つの手段として、それはお勧めしますが、特に精神的な演習は、聖イグナチオ、多くの場合、特定の身近な祈りを暗唱は、主の祈りは、 angelical挨拶は、信条は、回心の祈り、徐々に十分な間隔を認めざるをする息の間の主要な単語や文章ができるので、時間を考えるにはその意味を感じると心の中では、適切な感情を表現します。 Another practice strongly recommended by the same author is to take each sentence of these prayers as a subject of reflection, not delaying too long on any one of them unless one finds in it some suggestion or helpful thought or sentiment, but then stopping to reflect as long as one finds proper food for thought or emotion, and, when one has dwelt sufficiently on any passage, finishing the prayer without further deliberate reflection (see DISTRACTION).別の練習を強く推奨され、同じ著者は、これらの祈りを取るの各文を対象に、反射ではなく、遅らせることが長すぎます上のいずれかのいくつかの提案をしない限り、 1つまたはそれ検出さhelpful思想または感情が、その後停止さを反映する適切な食べ物を見つけていれば1つの考えや感情、および、任意の時に1つの通過には十分に力説、仕上げの祈りをより詳細な故意の反射(気晴らしを参照) 。

Necessity of Prayer祈りの必要性を

Prayer is necessary for salvation.救いの祈りが必要です。 It is a distinct precept of Christ in the Gospels (Matthew 6:9; 7:7; Luke 11:9; John 16:26; Colossians 4:2; Romans 12:12; 1 Peter 4:7).それは、明確な指針は、キリストの福音書(マタイ6 : 09 ;午前7時07分;ルーク11 : 09 ;ジョン16:26 ;コロサイ人への手紙4 : 02 ;ローマ人への手紙12:12 ; 1ピーター4時07分) 。 The precept imposes on us only what is really necessary as a means of salvation.問い合わせのみの教訓を課すする手段として、何が本当に必要なの救いです。 Without prayer we cannot resist temptation, nor obtain God's grace, nor grow and persevere in it.誘惑に抵抗することはできないとの祈りも、神のお恵みを入手、また成長し、たゆまずにしてください。 This necessity is incumbent on all according to their different states in life, especially on those who by virtue of their office, of priesthood, for instance, or other special religious obligations, should in a special manner pray for their own welfare and for others.この必要性は、すべての現職の異なる国での生活によると、特にこれらの美徳にオフィスwhoされ、聖職に就く、例えば、またはその他の特別な宗教的義務は、特殊な方法では、独自の福祉のための祈りと、他のです。 The obligation to pray is incumbent on us at all times.現職の上の義務を祈っては、すべての回でお問い合わせください。 "And he spoke also a parable, to them that we ought always to pray, and not to faint" (Luke 18:1); but it is especially pressing when we are in great need of prayer, when without it we cannot overcome some obstacle or perform some obligation; when, to fulfil various obligations of charity, we should pray for others; and when it is specially implied in some obligation imposed by the Church, such as attendance at Mass, and the observance of Sundays and feast-days. "と彼はまた、寓話、常にしてするべきことを祈って、としないようにかすかな" (ルーク18時01分) ;しかし、それを押すときは、特に、我々は大いに必要と祈り、ときにいくつかのことを克服することはできません。障害物やいくつかの義務を行う;ときに、様々な義務を履行慈善団体、その他のための祈りしなければならないと暗黙のときはいくつかの特別な義務が課せられた教会のような大量出席し、遵守の日曜日と饗宴-日中にです。 This is true of vocal prayer, and as regards mental prayer, or meditation, this, too, is necessary so far as we may need to apply our mind to the study of Divine things in order to acquire a knowledge of the truths necessary for salvation.これは本当のボーカルの祈り、および精神的な祈りに関して、または瞑想、これは、あまりにも、私たちが必要であるとして、これまで我々の心を適用することが必要なの研究の神聖なものにするために必要な真理を取得するための知識を救いです。

The obligation to pray is incumbent on us at all times, not that prayer should be our sole occupation, as the Euchites, or Messalians, and similar heretical sects professed to believe.現職の上の義務を祈っては、お問い合わせのすべての回ではなく、私たちの唯一の職業を祈りすべきである、としてeuchitesか、またはmessalians 、および同様の異端の宗派を信じる公言した。 The texts of Scripture bidding us to pray without ceasing mean that we must pray whenever it is necessary, as it so frequently is necessary; that we must continue to pray until we shall have obtained what we need.啓典の文章の入札なしにしゃべるということで問い合わせを祈って祈るしなければならないことが必要であるときに、頻繁には必要なので;ことを祈って続行しなければならないが得られるまで、我々は必要なんです。 Some writers speak of a virtuous life as an uninterrupted prayer, and appeal to the adage "to toil is to pray" (laborare est orare).いくつかの作家として話すの高潔な生活を延々と続く祈り、と格言に訴えるものがある"と労苦を祈っては、 " (労働は祈りなり) 。 This does not mean that virtue or labour replaces the duty of prayer, since it is not possible either to practise virtue or to labour properly without frequent use of prayer.このわけではない労働に置き換えたりする義務が美徳の祈りは、以降のいずれかを練習することはできません労働美徳かを適切に祈りを頻繁に使用します。 The Wyclifites and Waldenses, according to Francisco Suárez, advocated what they called vital prayer, consisting in good works, to the exclusion even of all vocal prayer except the Our Father. wyclifitesとのワルド派によると、フランシスコスアレス、極めて重要な祈りの提唱と呼ばれる彼らは、良い作品で構成さで、ボーカルのことを排除するのすべての祈りを除いても私たちの父です。 For this reason Francisco Suárez does not approve of the expression, though St. Francis de Sales uses it to mean prayer reinforced by work, or rather work which is inspired by prayer.この理由からフランシスコスアレスが容認しないという表現が、サンフランチェスコデ売上高を使って仕事を意味する祈りの強化された、というかむしろ仕事の祈りが触発さです。 The practice of the Church, devoutly followed by the faithful, is to begin and end the day with prayer; and though morning and evening prayer is not of strict obligation, the practice of it so well satisfies our sense of the need of prayer that neglect of it, especially for a long time is regarded as more or less sinful, according to the cause of the neglect, which is commonly some form of sloth.の実践は、教会、熱心に忠実に続いては、その日を開始日と終了を祈り、およびかかわらず朝と夕方の祈りの厳格な義務ではない、とてもうまく満たすことの実践は、私たちの祈りが必要との意味での怠慢のこと、特に、長い時間は多かれ少なかれ罪深いと見なされ、無視することが原因でによると、これは普通いくつかの形式のナマケモノです。

Vocal Prayerボーカルの祈り

Prayer may be classified as vocal or mental, private or public.祈りや精神的なボーカルとして分類される5月、民間や公共します。 In vocal prayer some outward action, usually verbal expression, accompanies the internal act implied in every form of prayer.ボーカルの祈りいくつかの外面的な行動で、 24時間口頭で表現、付属の内部行為黙示的なすべての形式の祈りです。 This external action not only helps to keep us attentive to the prayer, but it also adds to its intensity.この外付けアクションを保つだけでなく、問い合わせに注意するのに役立ちます祈り、それもその強度を追加します。 Examples of it occur in the prayer of the Israelites in captivity (Exodus 2:23); again after their idolatry among the Chanaanites (Judges 3:9); the Lord's Prayer (Matthew 6:9); Christ's own prayer after resuscitating Lazarus (John 11:41); and the testimonies in Heb., v, 7, and xiii, 15, and frequently we are recommended to use hymns, canticles, and other vocal forms of prayer.祈りの例を発生することは、イスラエルに捕らわれている(出エジプト記2:23 ) ; chanaanites間の偶像崇拝した後、再び彼ら(裁判官3時09分) ;の主の祈り(マタイ6時09分) ;キリストの祈りの後、自身のresuscitatingラザロ(ジョン11:41 ) ;との証言をなしています。 、 V電源、 7日、および13 、 15 、推奨を使用すると頻繁に我々は賛美歌、ソロモンの歌、およびその他のボーカルの形態の祈りです。 It has been common in the Church from the beginning; nor has it ever been denied, except by the Wyclifites and the Quietists.教会され、最初から共通して認められる;も拒否されましたが上演されたことを除いてwyclifitesとquietistsされた。 The former objected to it as unnecessary, as God does not need our words to know what goes on in our souls, and prayer being a spiritual act need be performed by the soul alone without the body.不必要なこととして、旧反対して、神の必要はないとして我々の言葉を知って私たちの魂で何が起こって、精神的な行動が必要と祈りによって行われることなく魂だけのボディです。 The latter regarded all external action in prayer as an untoward disturbance or interference with the passivity of the soul required, in their opinion, to pray properly.後者と考えて祈りをささげるのすべての外部アクションとして思いも寄らないの受動性の障害や干渉の魂が必要となります。 、その意見によれば、正しくを祈っています。 It is obvious that prayer must be the action of the entire man, body as well as soul; that God who created both is pleased with the service of both, and that when the two act in unison they help instead of interfering with one another's activities.これは明らかにしなければならないの作用を祈り全体の男、体だけでなく魂;は神のwhoの両方が満足して作成サービスの両方の、そのときに2つのヘルプ一致した行動を取る彼らの代わりに別の活動の1つに干渉しないです。 The Wyclifites objected not only to all external expression of prayer generally, but to vocal prayer in its proper sense, viz. wyclifites反対するだけでなく、すべての外部表現の祈りを一般的に、しかし、ボーカルの祈りを、その適切な意味では、 viz 。 Prayer expressed in set form of words, excepting only the Our Father.祈りの言葉で表現さ形式の設定、除いては、私たちの父です。 The use of a variety of such forms is sanctioned by the prayer over the first-fruits (Deuteronomy 26:13).使用するなど、さまざまな認可されたフォームは、最初の祈り-果物(申命記26:13 ) 。 If it be right to use one form, that of the Our Father, why not others also?もしそれが1つのフォームを使用する権利、それは、私たちの父、その他にもなぜですか? The Litany, Collective and Eucharistic prayers of the early Church were surely set forms, and the familiar daily prayers, the Our Father, Hail Mary, Apostles' Creed, Confiteor, Acts of Faith, Hope, and Charity, all attest the usage of the Church in this respect and the preference of the faithful for such approved forms to others of their own composition. 、うんざりするほど、集団と祈りの早期eucharistic教会が本当に設定フォーム、および、身近な毎日の祈りは、私たちの父、雹メアリー、使徒信条、回心の祈りは、行為の信仰、希望、および慈善、すべての証明の利用方法には、この教会での優先順位を尊重し、忠実なため、このようなその他の承認のフォームを自分の組成します。

Postures in Prayer祈りのポーズで

Postures in prayer are also an evidence of the tendency in human nature to express inward sentiment by outward sign.祈りのポーズをする傾向もあるの証拠を内側への感情を表現する人間の本性を外側にサインされています。 Not only among Jews and Christians, but among pagan peoples also, certain postures were considered appropriate in prayer, as, for instance, standing with arms raised among the Romans.ユダヤ人とキリスト教徒の間だけでなく、しかし、異教の人々の間にも、特定の祈りのポーズが適切であると考え、として、例えば、ローマ人の間に立っ両手を提起します。 The Orante indicates the postures favoured by the early Christians, standing with hands extended, as Christ on the Cross, according to Tertullian; or with hands raised towards heaven, with bowed heads, or, for the faithful, with eyes raised toward heaven, and, for the catechumens, with eyes bent on the earth; prostration, kneeling, genuflection, and such gestures as striking the breast are all outward signs of the reverence proper for prayer, whether in public or private.好まの姿勢を示して祈るされた初期のキリスト教徒は、常任で両手を拡張、十字架上のキリストによると、テルトゥリアヌス;または、天国への道で両手を引き上げ、頭を下げた頭か、または、忠実な、天に向かっ目を提起し、 、をcatechumens 、目は、地球上に曲がって;衰弱、ひざまづいて、片ひざをつく、と目を見張るようなジェスチャーとして乳房の徴候を外側にはすべての適切な畏敬の念を祈り、かどうかをパブリックまたはプライベートです。

Mental Prayer精神的な祈り

Meditation is a form of mental prayer consisting in the application of the various faculties of the soul, memory, imagination, intellect, and will, to the consideration of some mystery, principle, truth, or fact, with a view to exciting proper spiritual emotions and resolving on some act or course of action regarded as God's will and as a means of union with Him.瞑想は、精神的な祈りの形で構成すると、アプリケーションは、様々な学部の魂、メモリ、想像力、知性、とは、いくつかの謎を考慮し、原則として、真実か、または実際には、適切な精神性を視野にエキサイティングな感情と解決策をいくつかの行為またはコースの行動と見なされて、神の意志とする手段として、労働組合と思う。 In some degree or other it has always been practised by God-fearing souls.いくつかの学位やその他のことは常に神を恐れるに誰かが実践されています。 There is abundant evidence of this in the Old Testament, as, for instance, in Ps.は、次のに十分な証拠には、旧約聖書の、として、たとえば、 psのです。 xxxviii, 4; lxii, 7; lxxvi, 13; cxviii throughout; Ecclus., xiv, 22; Is., xxvi, 9; lvii, 1; Jer., xii, 11. 38 、 4 ; 62 、 7 、 76 、 13 ; cxviiiを通して; ecclus 。 、 14 、 22 ;です。 、 26 、 9 、 57 、 1 ; jer 。 、 12 、 11 。 In the New Testament Christ gave frequent examples of it, and St. Paul often refers to it, as in Eph., vi, 18; Col., iv, 2; I Tim., iv, 15; I Cor., xiv, 15.は、新約聖書はイエスキリストの例を頻繁にして、それを参照して頻繁に聖パウロのように、 eph 。 、 6 、 18 ; Col 。 、 4 、 2 ;私ティムです。 、 4 、 15 ;私コー。 、 14 、 15 。 It has always been practised in the Church.それは常に実践は、教会です。 Among others who have recommended it to the faithful as Chrysostom in his two books on prayer, as also in his "Hom. xxx in Gen." whoが推奨するなどとして、それを忠実にクリュソストモス彼の2つの書籍を祈り、また、彼の"ハオマ汁です。 xxx 、 Gen 。と" and "Hom. vi. in Isaiam"; Cassian in "Conference ix"; St. Jerome in "Epistola 22 ad Eustochium"; St. Basil in his "Homily on St. Julitta, M.", and "In regular breviori", 301; St. Cyprian, "In expositione orationis dominicalis"; St. Ambrose, "De sacramentis", VI, iii; St. Augustine, "Epist. 121 ad Probam", cc.と"ハオマ汁です。 Ⅵ 。でisaiam " ;カッシア、 "会議9世" ;聖ジェロームは" epistola 22の広告eustochium " ;聖バジル彼の"説教する聖julitta 、男性" 、および"を定期的にbreviori " 、 301 ;聖チプリアーノ、 " expositione orationis dominicalis " ;セントアンブローズ、 "デsacramentis " 、六、三;聖アウグスティヌス、 " epist 。 121広告probam " 、電流条件 v, vi, vii; Boctius, "De spiritu et anima", xxxii; St. Leo, "Sermo viii de jejunio"; St. Bernard, "De consecratione'", I, vii; St. Thomas, II-II, Q. lxxxiii, a. V電源、六、七; boctius 、 "デspiritu etアニマ" 、 32 ;セントレオ、 "議論viiiデjejunio " ;セントバーナード、 "デconsecratione ' " 、私は、 7 ;セントトーマス、 2世- Ⅱ 、問83 、 a. 2. 2 。

The writings of the Fathers themselves and of the great theologians are in large measure the fruit of devout meditation as well as of study of the mysteries of religion.との記述には、父の自身の偉大な神学者は、大規模な敬けんな瞑想の果実を測定するだけでなく、宗教の謎を探る研究です。 There is, however, no trace of methodical meditation before the fifteenth century.には、しかし、整然とした形跡がない15世紀の前に瞑想します。 Prior to that time, even in monasteries, no regulation seems to have existed for the choir or arrangement of subject, the order, method, and time of the consideration.その時の前に、修道院でも、ないように規制が存在したり、聖歌隊の配置をアジ研は、注文、メソッド、および時刻を考慮します。 From the beginning, before the middle of the twelfth century, the Carthusians had times set apart for mental prayer, as appears from Guigo's "Consuetudinary", but no further regulation.最初から、真ん中の前に、 12世紀の間、 carthusiansは回を際立たせる精神的な祈り、 guigoとして表示されるからの"慣習" 、しかし、これ以上の規制です。 About the beginning of the sixteenth century one of the Brothers of the Common Life, Jean Mombaer of Brussels, issued a series of subjects or points for meditation.については、 16世紀初めに兄弟のいずれかの共通の生命、ジャンmombaerのブリュッセル、発行、一連の科目やポイントを瞑想します。 The monastic rules generally prescribed times for common prayer, usually the recitation of the Office, leaving it to the individual to ponder as he might on one or other of the texts.禁欲的なルールを所定の時間を、通常の共通の祈り、 24時間の朗読は、オフィス、残し、それを個々として彼をじっくり考えるかもしれないし、 1つまたは他のテキストです。 Early in the sixteenth century the Dominican chapter of Milan prescribed mental prayer for half an hour morning and evening. 16世紀の早い段階でミラノのドミニカの章を所定の精神的な祈りの半分を朝と夜に一時間です。 Among the Franciscans there is record of methodical mental prayer about the middle of that century. franciscans間の秩序の記録には精神的な祈りの世紀の半ばごろのことです。 Among the Carmelites there was no regulation for it until Saint Theresa introduced it for two hours daily.間の規制のことはないcarmelitesサンテレサに導入されるまで2時から2時間毎日のことです。 Although Saint Ignatius reduced meditation to such a definite method in his spiritual exercises, it was not made part of his rule until thirty years after the formation of the Society.イグナチオ削減ものの明確な瞑想のメソッドを体験してみて彼の精神修養、それはない彼のルールの一部を構成する30年までの社会の形成をした後です。 His method and that of St. Sulpice have helped to spread the habit of meditating beyond the cloister among the faithful everywhere.彼の方法とその聖sulpiceが普及するのが癖に助けを超えて瞑想回廊間の忠実などこです。

Methods of Meditation瞑想の方法

In the method of St. Ignatius the subject of the meditation is chosen beforehand, usually the previous evening.は、メソッドの聖イグナチオの件名は、事前に選ばれた瞑想は、 24時間その前の晩にします。 It may be any truth or fact whatever concerning God or the human soul, God's existence, His attributes, such as justice, mercy, love, wisdom, His law, providence, revelation, creation and its purpose, sin and its penalties, death, creation and its purpose, sin and its penalties, death, judgment, hell, redemption, etc. The precise aspect of the subject should be determined very definitely, otherwise its consideration will be general or superficial and of no practical benefit.真理されることがありますかに関する事実どんな神や、人間の魂は、神の存在を、彼の属性など、正義、慈悲、愛、知恵、彼の法では、プロビデンス、啓示、作成、およびその目的のために、その罪と罰、死、創造とその目的のために、その罪と罰、死、審判、地獄、償還、等の正確な側面の件名非常に決定すべきであるdefinitely 、他の全般またはその浅されるとの配慮のない実用的なメリットです。 As far as possible its application to one's spiritual needs should be foreseen, and to work up interest in it, as one retires and rises, one should recall it to mind so as to make it a sleeping and a waking thought.その場合、可能な限りの精神的なニーズに1つのアプリケーションを予見すべきである、と徐々に上げることに関心を、 1つの上昇が退任し、 1つはそれを心のリコール〜することができるように眠って起きていると考えています。 When ready for meditation, a few moments should be given to recollecting what we are about to do so as to begin with quiet of mind and deeply impressed with the sacredness of prayer.準備ができたら、瞑想、数分後に与えられるべきである。 recollectingについて我々はこれを行うにはどのように静かな気持ちを開始すると、神聖な祈りに深く感銘を受ける。 A brief act of adoration of God naturally follows, with a petition that our intention to honour Him in prayer may be sincere and persevering, and that every faculty and act, interior and exterior, may contribute to His service and praise.神の礼拝行為を簡単に自然に次のように、我々の意図を名誉を求める請願書を5月に彼に心からの祈りと忍耐強いており、その行為ごとに教員や、インテリアやエントランス、彼のサービスと称賛年5月に貢献しています。 The subject of the meditation is then recalled to mind, and in order to fix the attention, the imagination is here employed to construct some scene appropriate to the subject, eg the Garden of Paradise, if the meditation be on Creation, or the Fall of Man; the Valley of Jehosaphat, for the Last Judgment; or, for Hell, the bottomless and boundless pit of fire.瞑想は、件名にはリコールを入力し、精神、および注意するために修正して、雇用を構築するの想像力がここに適切ないくつかのシーンを、被写体、例えば、庭の楽園、瞑想の場合、作成されるか、またはの秋に男;の谷のjehosaphat 、最後の判断;または、地獄の底知れぬ、無限のピットの火災です。 This is called the composition of the place, and even when the subject of meditation has no apparent material associations, the imagination can always devise some scene or sensible image that will help to fix or recall one's attention and appreciate the spiritual matter under consideration.これは、開催地と呼ばれるの組成を、さらに瞑想の件名がないときに見掛け上の素材の関連付けは、想像力は常にいくつかのシーンや賢明なイメージを考案することが1つ、または召還を修正する助けと感謝の精神的な問題の注目を集めて検討されています。 Thus, when considering sin, especially carnal sin, as enslaving the soul, the Book of Wisdom, ix, 15, suggests the similarity of the body to the prison house of the soul: "The corruptible body is a load upon the soul, and the earthly habitation presseth down the mind that museth upon many things."それゆえ、ときに罪を検討し、特に肉欲の罪、 enslavingの魂として、この本の知恵、 9世、 15日、体の類似性を示唆して、刑務所のハウスオブザソウル: "堕落し体は、負荷時の魂、およびこの世の住まいのpressethダウンする多くのことに注意してmuseth 。 "

Quite often this initial step, or prelude as it is called, might occupy one profitably the entire time set apart for meditation; but ordinarily it should be made in a few minutes.この最初のステップがしばしばあるか、または前奏曲として呼ばれることが、全体の収益を占拠するかもしれない時刻の設定が離れ瞑想;しかし、通常それが、数分後すべきである。 A brief petition follows for the special grace one hopes to obtain and then the meditation proper begins.請願書を簡単に次のように1つのための特別な恩恵を期待し、瞑想を入手し、適切な入力し、開始します。 The memory recalls the subject as definitely as possible, one point at a time, repeating it over if necessary, always as a matter of intimate personal interest, and with a strong act of faith until the intellect naturally apprehends the truth or the import of the fact under consideration, and begins to conceive it as a matter for careful consideration, reasoning about it and studying what it implies for one's welfare.リコールの対象としてのメモリdefinitely可能な限り、 1つのポイントを一度、繰り返すことが必要に応じて、常に親密な個人的な関心事として、および信念に基づく行為とは、強力なapprehendsするまで、知性の自然の真実のインポートまたは、実際に検討されて、それを想像すると問題が開始さを慎重に検討、推論について勉強し、 1つの福祉どのようなことを意味します。 Gradually an intense interest is aroused in these reflections, until, with faith quickening the natural intelligence one begins to perceive applications of the truth or fact to one's condition and needs and to feel the advantage or necessity of acting upon the conclusions drawn from one's reflections.徐々に強い関心は、これらの反射興奮してくるまで、信仰高まるの自然知能の1つのアプリケーションが開始さ知覚の真実や事実を1つの状態やニーズとの利点を感じる時や演技の必要性を1つの結論を出すの反省から引き出される。 This is the important moment of meditation.これは、瞑想の重要な瞬間です。 The conviction that we need or should do something in accordance with our consideration begets in us desires or resolutions which we long to accomplish.という信念に基づいて私たちが必要または必要に応じて何か私たちの欲望や解像度を考慮begetsに問い合わせを達成するのに長いです。 It we are serious we shall admit of no self-deception either as to the propriety or possibility of such resolutions on our part.私たちはわれを認めることのない深刻な自己欺瞞のいずれかの可能性としては、このような決議を妥当性や私たちの一部です。 No matter what it may cost us to be consistent, we shall adopt them, and the more we appreciate their difficulty and our own weakness or incapacity, the more we shall try to value the motives which prompt us to adopt them, and above all the more we shall pray for grace to be able to carry them out.恥も外聞もなく私たちが一貫した5月の費用は、われは採用し、他の私たちに感謝して独自の難しさと弱さや不適格は、わたしたちは他の動機をしようと値を採用するプロンプトを問い合わせし、上記のすべてのわたしたちは猶予を他のための祈りを運ぶことができますしてください。

If we are in earnest we shall not be satisfied with a superficial process.本格的場合には、わたしたちは満足して表面処理できません。 In the light of the truth we are meditating, our past experience will come to mind and confront us perhaps with memory of failure in previous attempts similar to those we are considering now, or at least with a keen sense of the difficulty to be apprehended, making us more solicitous about the motives animating us and humble in petitioning God's grace.真実に照らして瞑想我々は、過去の経験が来て、心とメモリの障害に直面問い合わせおそらく以前の試みに似ていることも検討するか、または少なくとも鋭い感覚を逮捕されるの難しさ、メーカー問い合わせ先アニメーションの他の気配りと謙虚な動機については、神の恵みが破産申請します。 These petitions, as well as all the various emotions that arise from our reflections, find expression in terms of prayer to God which are called colloquies, or conversations with Him.これらの嘆願書だけでなく、様々な感情になって生じるのすべての反射から、表現の点で見つけるの祈りを神と呼ばれるcolloquiesか、または彼の会話をします。 They may occur at any point in the process, whenever our thoughts inspire us to call upon God for our needs, or even for light to perceive and appreciate them and to know the means of obtaining them.彼らの任意の時点で発生することがありますの過程で、先を呼び出すときに、私どもの思いを抱か神のために私たちのニーズ、あるいはと感謝の光を認識し、それらを得るための手段を知っている。 This general process is subject to variations according to the character of the matter under consideration.この一般的なプロセスは、件名にパターンによると、この問題の性格を検討している。 The number of preludes and colloquies may vary, and the time spent in reasoning may be greater or less according to our familiarity with the subject. colloquiesの数の前奏曲とは異なる場合があります、と推論に費やす時間を大きく以下の5月に精通して私たちによると、アジ研です。 There is nothing mechanical in the process; indeed, if analysed, it is clearly the natural operation of each faculty and of all in concert.機械的なものはないの過程で;確かに、もし分析し、それは明らかに、自然とのすべての操作の各学部でのコンサートです。 Roothaan, who has prepared the best summary of it, recommends a remote preparation for it, so as to know whether we are properly disposed to enter into meditation, and, after each exercise, a brief review of each part of it in detail to see how far we may have succeeded.ロートハーン、 whoは、最良の概要を準備して、リモートの準備をお勧めすることができるので、適切に処分さを知ってかどうか私たちは瞑想に入るようにと、それぞれのエクササイズをした後、各部分を簡単にした日のことで詳細を確認どの程度までに成功することがあります。 It is strongly advised to select as a means of recalling the leading thought or motive or affection some brief memorandum, preferably couched in the words of some text of Scripture, the "Imitation of Christ", the Fathers of the Church, or of some accredited writer on spiritual things.を選択することを強くお勧めする手段として、想起し、主要な動機や思想またはいくつかの簡単な覚書の愛情は、できれば表現の言葉をいくつかのテキストを啓典は、 "キリストの模倣" 、 、父親のは、教会のか、またはいくつかの認定作家で精神的なものです。 Meditation made regularly according to this method tends to create an atmosphere or spirit of prayer.瞑想を定期的に行われる傾向によると、このメソッドを作成して大気汚染や祈りの精神をします。

The method in vogue among the Sulpicians and followed by the students in their seminaries is not substantially different from this.このメソッドsulpiciansとの間で流行して学生の彼らに続いて大幅に異なるこのセミナーではない。 According to Chenart, companion of Olier and for a long time director of the Seminary of St. Sulpice, the meditation should consist of three parts: the preparation, the prayer proper, and the conclusion. chenartによると、コンパニオンのオリエとは、長い時間のディレクター、神学校の聖sulpiceは、瞑想は、 3つの部分で構成さ:の準備には、適切な祈り、との結論です。 By way of preparation we should begin with acts of adoration of Almighty God, of self-humiliation, and with fervent petition to be directed by the Holy Spirit in our prayer to know how to make it well and obtain its fruits.道の準備を開始しなければならないの全能の神を崇拝行為を、自己卑下し、監督の熱烈な請願書を聖霊が私たちの祈りを知ってどのようにしてもその果実を取得しています。 The prayer proper consists of considerations and the spiritual emotions or affections that result from such considerations.適切な配慮の祈りは、精神的な感情や愛情と、その結果からこのような考慮事項です。 Whatever the subject of the meditation may be, it should be considered as it may have been exemplified in the life of Christ, in itself, and in its practical importance for ourselves.何の件名は、瞑想のかもしれないと考えられるばならないことがありますがイエスキリストの命を例示し、それ自体、および、その実用的に重要なのは自分です。 The simpler these considerations are the better.これらのは、単純な考慮事項は、良いです。 A long or intricate course of reasoning is not at all desirable.長いまたは複雑なコースでのすべての望ましい推論ではない。 When some reasoning is needed, it should be simple and always in the light of faith.ときにいくつかの推論は、必要に応じて、それは単純な信仰に照らして、常にです。 Speculation, subtlety, curiosity are all out of place.投機、繊細さ、好奇心はすべてが場違いな存在です。 Plain, practical reflections, always with an eye to self-examination, in order to see how well or ill our conduct conforms to the conclusions we derive from such reflections, are by means to be sought.プレーン、実用的な反射は、常に目を自己検査では、どのようによくまたは病気のために私たちの行動に適合してから結論を導き出すような反射私たちは、されるの手段を求められている。 The affections are the main object of the meditation.の愛情は、メインのオブジェクトを、瞑想します。 These are to have charity as their aim and norm.これらは慈善団体にはその規範を目的とします。 They should be few, if possible, one only of such simplicity and intensity that it can inspire the soul to act on the conclusion derived from the consideration and resolve to do something definite in the service of God.数ばならない、もし可能であれば、 1つだけのようなシンプルさと強度の魂を刺激することができるという結論に基づいて行動するから派生して検討し、解決に何か行動を明確に神のサービスです。 To seek too many affections only distracts or dissipates the attention of the mind and weakens the resolution of the will.あまりにも多くの愛情を求めるだけの注目をdistractsや消費電力の解決の心との意志が鈍る。 If it be difficult to limit the emotions to one, it is not well to make much effort to do so, but better to devote our energies to deriving the best fruit we can from such as arise naturally and with ease from our mental reflections.を制限するのが難しい場合は1つの感情を使って、それを作るくらいの努力は、まだ十分にこれを行うには、しかし、改善をささげる最高の果物たちはエネルギーを導出することから生じるなど、私たちの精神から、自然との反射を簡単にします。 As a means of keeping in mind during the day the uppermost thought or motive of the meditation we are advised to cull a spiritual nosegay, as it is quaintly called, with which to refresh the memory from time to time.を念頭に置きつつする手段として、日中は、最上の動機は、瞑想の思想や助言を処分我々は精神的な小さな花束、 quaintlyと呼ばれることは、メモリをリフレッシュしてから時間が時間です。

Meditation carefully followed forms habits of recalling and reasoning rapidly and with some ease about Divine things in such a manner as to excite pious affections, which become very ardent and which attach us very strongly to God's will.瞑想の習慣を丁寧にフォローフォームの回収と推論については、迅速かつ容易に神聖なものをいくつかの方法でこのような信心深い愛情をエキサイト、これは非常に熱心な添付問い合わせが非常に強く、神のご意志をします。 When prayer is made up chiefly of such affections, it is called by Alvarez de Paz, and other writers since his time, affective prayer, to denote that instead of having to labour mentally to admit or grasp a truth, we have grown so familiar with it that almost the mere recollection of it fills us with sentiments of faith, hope, charity; moves us to practise more generously one or other of the moral virtues; inspires us to make some act of self-sacrifice or to attempt some work for the glory of God.主の祈りのときにこのような愛情には、アルバレスデパスと呼ばれることは、自分の時間や他の作家て以来、感情の祈り、を示すことではなく、精神的にしなくて労働を認めるかを理解する真理をもって、私たちが成長に精通してそれはそれとほぼ塗りつぶし問い合わせをした覚えは単なる感情を信仰、希望、慈善;の動きを練習問い合わせは、他の気前のいずれかまたは他の道徳的美徳;やる気を起こさせるいくつかの問い合わせを作るに自己犠牲の行為またはいくつかの試みのために働く神の栄光のです。 When these affections become more simple, that is, less numerous, less varied, and less interrupted or impeded by reasoning or mental attempts to find expression either for considerations or affections, they constitute what is called the prayer of simplicity by Bossuet and those who follow his terminology, of simple attention to one dominant thought or Divine object without reasoning on it, but simply letting it recur at intervals to renew or strengthen the sentiments which keep the soul united to God.これらの愛情をもっと簡単になるとき、それは、あまり多くは、あまり変化し、少ない中断または阻害さを見つけようと推論や精神的な配慮や愛情表現のいずれかを、彼らは何と呼ばれる祈りの構成を単純化するとそれらのwho以下bossuet彼の用語では、単純な関心を一つの支配的な思想や神のオブジェクトを推論して、しかし、それは単に再発を更新する間隔や感情を強化し、団結して、神の魂を維持します。

These degrees of prayer are denoted by various terms by writers on spiritual subjects, the prayer of the heart, active recollection, and by the paradoxical phrases, active repose, active quietude, active silence, as opposed to similar passive states; St. Francis de Sales called it the prayer of simple committal to God, not in the sense of doing nothing or of remaining inert in His sight, but doing all we can to control our own restless and aberrant faculties so as to keep them disposed for His action.この度の祈りは、様々な条件で表さ作家で精神的な科目は、心臓の祈りを、アクティブな思い出は、逆説的表現されると、アクティブな休息、アクティブな安らかさ、アクティブな沈黙とは反対に、同様の受動的状態;サンフランチェスコデ売上高の単純なcommittalと呼ばれることの祈りを神ではなく、何もしないという意味や、彼の残りの不活性な光景が、すべてのことを制御すること異常な能力と独自の落ち着きを保つために、彼の行為をして処分します。 By whatever name these degrees of prayer may be called, it is important not to confuse them with any of the modes of Quietism (see GUYON, MOLINOS), as also not to exaggerate their importance, as if they were absolutely different from vocal prayers and meditation, since they are only degrees of ordinary prayer.これらの名前を何度の祈りの5月に呼び出され、それらを混同しないことが重要とのいずれかのモードの静寂(ギュイヨン、モリノス) 、その重要性を過大評価するとしても、まるで彼らは確実にボーカル祈りとは異なる瞑想、以来彼らは普通の程度の祈りのみです。 With more than usual attention to the sentiment of a set form of prayer meditation begins; the practice of meditation develops a habit of centering our affections on Divine things; as this habit is cultivated, distractions are more easily avoided, even such as arise from our own varied and complex thoughts or emotions, until God or any truth or fact relating to Him becomes the simple object of our undisturbed attention, and this attention is held steadfast by the firm and ardent affection it excites.いつも以上に注意を設定する形で感情を祈りの瞑想を開始;の実践は、瞑想の開発を中心とする癖がつくの愛情を神のものとして、この習慣は、栽培、気がより簡単に避けても、私たちのような生じる自身の様々な複雑な思いや感情、または任意の真理や事実まで神彼が、単純なオブジェクトに関連する弊社の乱さない注目し、この会社に関心が行われたとされる不動の熱烈な愛情に興奮します。 St. Ignatius and other masters in the art of prayer have provided suggestions for passing from meditation proper to these further degrees of prayer.聖イグナチオおよびその他のマスターズでて、アートが合格者の祈りは瞑想の適切なアドバイスを提供し、これらのより詳細度の祈りです。 In the "Spiritual Exercises" the repetition of previous meditations consists in affective prayer, and the exercises of the second week, the contemplations of the life of Christ, are virtually the same as the prayer of simplicity, which is in its last analysis the same as the ordinary practice of contemplation.は、 "精神的な演習"を繰り返すことで感情的な祈りの前の瞑想で構成し、演習の2番目の週間以内には、イエスキリストの命をcontemplationsのは、事実上の祈りと同じ単純化、これは、その最後の分析と同じ熟考するとして、通常の練習をします。 Other modes of prayer are described under CONTEMPLATION; PRAYER OF QUIET.他のモードの祈りに記載されて熟考;祈り静かです。

The classification of private and public prayer is made to denote distinction between the prayer of the individual, whether in or out of the presence of others, for his or for others needs, and all prayer offered officially or liturgically whether in public or in secret, as when a priest recites the Divine Office outside of choir.民間部門と公共の分類を示すの祈りが行われるが、個々の祈りの間の区別は、アウトのが存在するかどうか、または他のは、彼の、またはその他のニーズ、およびすべての祈りの提供またはliturgicallyかどうかを正式に公開または人目を忍んで、司祭としてrecitesときに外の合唱団は神の事務所です。 All the liturgical prayers of the Church are public, as are all the prayers which one in sacred orders offers in his ministerial capacity.典礼のすべての祈りの教会は、国民としては、 1つのすべての祈りを聖職に就いては、彼の閣僚級の容量です。 These public prayers are usually offered in places set apart for this purpose, in churches or chapels, just as in the Old Law they were offered in the Temple and in the synagogue.祈りは、通常、これらの公共の場所で提供さ際立たせるこの目的のためには、教会やチャペル、古い法律と同じように提供されていた同寺とは、シナゴーグです。 Special times are appointed for them: the hours for the various parts of the daily Office, days of rogation or of vigil, seasons of Advent and Lent; and occasions of special need, affliction, thanksgiving, jubilee, on the part of all, or of large numbers of the faithful.特別な時間が任命かれら:様々な部分の時間を、毎日のオフィス、またはの祈とう日間の徹夜の祈り、季節の到来を貸し、および回の特別な必要性、苦悩、感謝祭、ジュビリー、上の部分のすべてのか、または多数の忠実なのです。 (See UNION OF PRAYER.) (労働組合の祈りを参照。 )

Publication information Written by John J. Wynne.出版物の情報執筆者のジョンj.ウィンです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 Dedicated to Fr.フランス語専用にします。 Jim Poole, SJ The Catholic Encyclopedia, Volume XII.ジムプール、 sjのは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

ST.セントです。 THOMAS, II-II, Q. lxxxiii; SUAREZ, De oratione, I, in De religione, IV; PESCH, Praelectiones dogmaticae, IX (Freiburg, 1902); ST.トーマス、 2世- Ⅱ 、問83 ;スアレス、デoratione 、私は、デreligione 、 4 ;ペッシュ、 praelectiones dogmaticae 、 9世(フライブルク、 1902 ) ;セントです。 BERNARD, Scala claustralium, attributed to St. Augustine under the title of Scala paradisi in volume IX among his works; ROOTHAAN, The Method of Meditation (New York, 1858); LETOURNEAU, Methode d'oraison mentale du seminaire de St-Sulpice (Paris, 1903); Catechism of the Council of Trent, tr.バーナード、スカラclaustralium 、聖アウグスティヌスに起因するparadisiスカラの名称の下に彼の作品の中で巻9世;ロートハーンは、このメソッドの瞑想(ニューヨーク、 1858 ) ;ルトゥルノー、方式d'オレゾンmentaleデュseminaireよりst - sulpice (パリ、 1903 ) ;教要理は、評議会トレント、 tr 。 DONOVAN (Dublin, sd); POULAIN, The Graces of Interior Prayer (St. Louis, 1911); CAUSADE, Progress in Prayer, tr.ドノバン(ダブリン、サウスダコタ) ;プーランは、インテリアに甘えて祈り(セントルイス、 1911 ) ; causade 、進展を祈り、 tr 。 SHEEHAN (St. Louis); FISHER, A Treatise on Prayer (London, 1885); EGGER, Are Our Prayers Heard?シーハン(セントルイス) ;フィッシャーは、論文を祈り(ロンドン、 1885 ) ;エッガー、私たちの祈りは聞いたですか? (London, 1910); ST. (ロンドン、 1910 ) ;セントです。 FRANCIS DE SALES, Treatise of the Love of God (tr. London, 1884); ST.フランシスデ売上高は、論文は、神の愛( tr.ロンドン、 1884 ) ;セントです。 PETER OF ALCANTARA, A Golden Treatise on Mental Prayer (tr. Oxford, 1906); FABER, Growth in Holiness (London, 1854).ピーターのアルカンタラ、精神的な祈りの黄金の論文を( tr.オックスフォード、 1906 ) ;フェーバー、成長を神聖(ロンドン、 1854 ) 。 Among the many books of meditation, the following may be mentioned: AVANCINI, Vita et doctrina Jesu Christi ex quatuor evangeliis collectae (Paris, 1850); DE PONTE, Meditationes de praecipuis fidei nostrae mysteriis (St. Louis, 1908-10), tr., Meditations on the Mysteries of Holy Faith (London, 1854); GRANADA, Meditations and Contemplations (New York, 1879); LANCICIUS, Pious Affections towards God and the Saints (London, 1883); SEGNERI, The Manna of the Soul (London, 1892); ST.間の多数の書籍の瞑想は、次の5月に言及: avancini 、主イエスキリスト元quatuorヴィタエdoctrina evangeliis collectae (パリ、 1850 ) ;デポンテ、 meditationesデpraecipuis信仰のnostrae mysteriis (セントルイス、 1908年から1910年) 、 trです。 、瞑想を神聖な信仰の謎を探る(ロンドン、 1854 ) ;グラナダ、瞑想とcontemplations (ニューヨーク、 1879 ) ; lancicius 、信心深い愛情を、神との聖人(ロンドン、 1883 ) ; segneriは、マンナの魂(ロンドン、 1892 ) ;セントです。 JOHN BAPTIST DE LA SALLE, Meditations for Sundays and Festivals (New York, 1882); BELLORD, Meditations (London); LUCK, Meditations; CHALLONER, Considerations upon Christian Truths and Christian Doctrines (Philadelphia, 1863); CLARKE, Meditations on the Life, Teaching and Passion of Jesus Christ (New York, 1901); HAMON, Meditations for all the Days in the Year (New York, 1894); MEDAILLE, Meditations on the Gospels, tr.ジョンバプテストデラsalle 、瞑想の日曜日とフェスティバル(ニューヨーク、 1882 ) ; bellord 、瞑想(ロンドン) ;幸運、瞑想;チャロナー、キリスト教の真理とキリスト教の教義に配慮(フィラデルフィア、 1863 ) ;クラーク、瞑想の生活のは、イエスキリストの教えと情熱(ニューヨーク、 1901 ) ; hamon 、瞑想のすべての日中には、年(ニューヨーク、 1894 ) ; medaille 、瞑想上の福音書、 tr 。 EYRE (New York, 1907); NEWMAN, Meditations and Devotions (New York, 1893); WISEMAN, Daily Meditations (Dublin, 1868); VERCRUYSSE, Practical Meditations (London).エア(ニューヨーク、 1907 ) ;ニューマン、瞑想と祈り(ニューヨーク、 1893 ) ;ワイズマン、毎日の瞑想(ダブリン、 1868 ) ; vercruysse 、実用的な瞑想(ロンドン)です。


Also, see:また、参照してください:
Lord's Prayer 主の祈り
Society of Friends (Quakers) 社会の友達(クエーカー教徒)
Book of Common Prayer 予約の共通の祈り
Rosary ロザリオ

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです