Book of Proverbs予約の諺

General Information 総合情報

The Book of Proverbs, in the Old Testament of the Bible, is a grouping of wisdom sayings and longer, connected poems composed from the 10th to the 4th century BC and finally collected about 300 BC.この本の諺は、旧約聖書の聖書の、ことわざは、グループの知恵と長く、接続の詩で構成さからの10日から紀元前4世紀そして最後に収集した約300紀元前です。 The sayings are either statements that provoke further thought or admonitions to behave in particular ways.ことわざは、いずれかのステートメントを挑発するより詳細な思考や行動をadmonitionsを特定の方法があります。 The longer poems celebrate wisdom, encourage its observance, and personify it as a woman who at God's right hand assisted in creation.知恵を祝う詩が長く、その遵守を奨励し、女性として擬人化することで、神の右手whoアシストを作成します。 Egyptian wisdom is evident in Proverbs, making it possible to date the nucleus of the book to pre exilic times.諺で明らかにエジプトの知恵は、メーカーの核ことが可能に日付を記入し、事前の予約を追放された回クリックします。 The book as a whole reflects the ideology of enterprising privileged classes and expresses a general confidence in the human capacity to act freely and wisely.この本のイデオロギーを反映して全体としての進取の気性に特権を表現するクラスと、人間の能力全般の信頼を自由かつ賢明に行動する。 Self interest and religious devotion are shown to be congruent.自己の利益や宗教的な献身が表示される合同です。 Respect for women (31:10 - 31) is encouraged.女性のための尊重( 31:10 -3 1)は、奨励します。 The book is conventionally attributed to Solomon as the prototype of Israelite wisdom, but many sages had a hand in composing and collecting the subsections; mentioned specifically are the "men of Hezekiah."この本は、従来に起因するのプロトタイプとしてのイスラエルソロモンの知恵が、多くの賢さに手が作曲と収集のサブセクション;言及具体的には"男性のhezekiah 。 "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
RL Alden, Proverbs (1983); LE Boadt, Introduction to Wisdom Literature, Proverbs (1986); W McKane, Proverbs: A New Approach (1970); RBY Scott, Proverbs (1965) and The Way of Wisdom in the Old Testament (1971). rlオールデン、諺( 1983 ) ;ルboadt 、はじめに知恵文学、諺( 1986 ) ;ワットmckane 、箴言第:新しいアプローチ( 1970 ) ; rbyスコット、諺( 1965 )との道のために、旧約聖書の知恵( 1971 ) 。


Book of Proverbs予約の諺

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1:1-9)はじめに( 1:1-9 )
  2. Sin and righteousness personified and contrasted (1:10-9:18)罪と正義の化身と対比( 1:10-9:18 )
  3. Single-verse contrasts of sin and righteousness (10:1-22:16)単身-詩コントラストの罪と正義( 10:1-22:16 )
  4. Miscellaneous and longer contrasts (22:17-29:27)その他のとは対照長く( 22:17-29:27 )
  5. Righteousness in poems of climax (30:1-31:31)正義の詩のクライマックス( 30:1-31:31 )


Pro'verb pro'verb

Advanced Information 高度情報

A proverb is a trite maxim; a similitude; a parable.陳腐な諺は、マキシム;を相似;を比喩です。 The Hebrew word thus rendered (mashal) has a wide signification.したがって、ヘブライ語レンダリング( mashal )には、広い意味します。 It comes from a root meaning "to be like," "parable."それからはルートを意味する"されるように、 " "寓話。 " Rendered "proverb" in Isa.レンダリング"諺" ISAのです。 14:4; Hab. 14 : 04 ; habです。 2:6; "dark saying" in Ps. 2 : 06 ; "暗いと言っ"とpsのです。 49:4, Num. 49:4 、 NUM件です。 12:8. 12時08分です。 Ahab's defiant words in answer to the insolent demands of Benhadad, "Let not him that girdeth on his harness boast himself as he that putteth it off," is a well known instance of a proverbial saying (1 Kings 20:11). ahabの反抗の言葉に答えてその横柄なbenhadadの要求を、 "なたは彼には彼のハーネスをgirdeth彼自身のことを自慢することputtethオフ、 "は、よく知られ諺のインスタンスを( 1キングス20:11 )です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Proverbs予約の諺

Advanced Information 高度情報

The Book of Proverbs is a collection of moral and philosophical maxims of a wide range of subjects presented in a poetic form.この本の諺は、コレクションの道徳的かつ哲学的な格言は、広い範囲の科目を提示さを詩的なフォームです。 This book sets forth the "philosophy of practical life. It is the sign to us that the Bible does not despise common sense and discretion. It impresses upon us in the most forcible manner the value of intelligence and prudence and of a good education. The whole strength of the Hebrew language and of the sacred authority of the book is thrown upon these homely truths. It deals, too, in that refined, discriminating, careful view of the finer shades of human character so often overlooked by theologians, but so necessary to any true estimate of human life" (Stanley's Jewish Church).この本を送付し"実用的な生命の哲学では、サインを軽蔑問い合わせは、聖書の常識と裁量ではありません。問い合わせimpresses時に強制的な態度の価値を最も慎重さと知性と教育が良い。全体の強さは、ヘブライ語言語とは、神聖な権威を予約時、これらの素朴な真理がスローされます。も扱っ、あまりにも、その洗練された、差別、慎重な色合いの対象は、人間の細かい文字が頻繁に見落としがち神学者、しかし、これに必要な人間の生命を任意の真の見積もりを" (スタンリーのユダヤ教会) 。 As to the origin of this book, "it is probable that Solomon gathered and recast many proverbs which sprang from human experience in preceeding ages and were floating past him on the tide of time, and that he also elaborated many new ones from the material of his own experience.この本を起源として、 "これはソロモン予想を収集し、多くの諺を改作springの過去の経験から上記の人間の年齢や潮の流れがフローティングには彼の過去の時間ており、その数多くの新しいものより精緻化さ彼はまた、材料の自分自身の経験です。

Towards the close of the book, indeed, are preserved some of Solomon's own sayings that seem to have fallen from his lips in later life and been gathered by other hands' (Arnot's Laws from Heaven, etc.) This book is usually divided into three parts: (1.) Consisting of ch.その本を閉じるに向かって、実際のところ、いくつかのソロモンは保持独自のことわざが落ちたように見えるには彼の唇からはそれ以降の生活や他の手によって収集され' ( arnotの法則から天国、等)この本は通常3つに分かれて部品: ( 1 )あなたの構成です。 1-9, which contain an exhibition of wisdom as the highest good. 1-9 、知恵が含まれる展示会としては最高の良いです。 (2.) Consisting of ch. ( 2 )あなたの構成です。 10-24. 10-24 。 (3.) Containing proverbs of Solomon "which the men of Hezekiah, the king of Judah, collected" (ch. 25-29). ( 3 )を含むソロモンの諺"は、男性のhezekiah 、ザキングオブユダ、収集" (第25-29 ) 。 These are followed by two supplements, (1) "The words of Agur" (ch. 30); and (2) "The words of king Lemuel" (ch. 31).これらの2つのサプリメントに続いて、 ( 1 ) "の言葉をagur " (第30 ) 、および( 2 ) "の言葉をキングレミュエル" (第31 ) 。 Solomon is said to have written three thousand proverbs, and those contained in this book may be a selection from these (1 Kings 4:32).ソロモンが書かれた3000には諺によると、およびそれらに含まれてこの本を5月より、これらの選択は、 ( 1王4:32 ) 。 In the New Testament there are thirty-five direct quotations from this book or allusions to it.は、新約聖書には、 35またはallusionsこの本から直接引用しています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Proverbs予約の諺

From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

That Solomon was the principle author of Proverbs is indicated by chapters 1:1, and 25:1, compared with 1 Kings 4:29-32.そのソロモンは、原則として著者の諺は、 1:1の章で示される、と25:1 、王4:29-32に比べて1 。 The last two chapters were the work of other authors to whom reference is made.最後の2つの章では、仕事の他の作家を誰に言及がなされています。 See also chapters 25-29. 25-29章も参照ください。

Their Characterその文字
In Solomon's day there was a class of leaders in the eastern nations known as "teachers of wisdom," of which he was the most conspicuous; a supposition which gives countenance to the thought that the address, "My son," is not that of a father to a child, but a teacher to a pupil.ソロモンの日に、クラスがあったの東側諸国の指導者として知られ、 "教師の知恵、 "彼はうちの最も顕著な;を仮定して顔を与える考えて、お客様の住所、 "私の息子、 "ではないが子供の父親して、ではなく、教師して瞳孔です。 Most of the proverbs seem based merely on considerations of worldy prudence, which was quite like Solomon; but considering the Holy Spirit as the real author, we must believe that faith is the underlying motive productive of the conduct to which the reader is exhorted.ほとんどの諺のように見えるベースだけを考慮worldyプルーデンス、これはかなりのようなソロモン;しかし、聖霊として検討して本当の著者は、信仰しなければならないと思われるのは、潜在的な動機の生産を行うにして、 Readerには、 exhortedです。

Indeed, this is expressed in 1:7; 5:21; 15:11; 23: 17-19; 26:10.確かに、これは1時07分に表現さ; 5:21 ; 15:11 ; 23 : 17-19 ; 26:10です。 Luther called Proverbs "a book of good works"; Coleridge, "the best statesman's manual"; Dean Stanley, "the philosophy of practical life."ルーサーと呼ばれる諺"の本の良い作品" ;コールリッジ、 "最高の政治家のマニュアル" ;ディーンスタンレーは、 "実用的な生命の哲学です。 " Angus says, "It is for practical ethics what the psalms are for devotion;" Bridges says "that while other Scriptures show us the glory of our high calling this instructs us minutely how to walk in it."アンガス氏は、 "これはどのように詩篇を授けたのは、実用的な倫理的な献身; "橋は言う"という他の経典詳細問い合わせは私たちの栄光の高い問い合わせ細かくする方法を呼び出して、この指示の中を歩くことです。 " Oetinger says, "The proverbs exhibit Jesus with unusual clearness."エティンガーは、 "イエスキリストを異常に邪魔なものがないの諺展示します。 " In the millennial kingdom doubtless it will constitute, with a portion of the Levitical ordinances and the Sermon on the Mount, the basis of the laws governing its citizens.千年王国の疑いで構成することは、条例をlevitical部分は、山上の垂訓と、その統治の基礎を市民の法律です。

Their Literary Styleその文学のスタイル
Provebs is classed with the poetical books of the Bible, but we must content ourselves with a single illustration of the poetic form taken from The Literary Study of the Bible.詩的provebsは、書籍の分類は、聖書の、しかし、自分のコンテンツをしなければならない、 1つのイラストは、詩的なフォームから取ら聖書の文学研究です。 In 4:10 we have a poem on The Two Paths.私たちは、詩に4:10の2つのパスを指定します。 Its strophe and antistrophe consist of ten-line figures, varying between longer and shorter lines; the conclusion is a quatrain.その連と10行で構成さアンティストロペフィギュア、さまざまなラインの間に長いと短くし、結論は、 4行連句です。 This form is a reflex of the thought of the poem; the strophe describes the path of the just, the antistrophe the path of the wicked; the conclusion then blends the two ideas in a common image, as follows: Hear, O my son, and receive my sayings; And the years of thy life shall be many.このフォームは、反射を考えると、詩の連のパスを説明してされたばかりのアンティストロペのパスは、邪悪な;という結論ブレンド2つのアイデアを入力し、共通のイメージは、以下のとおり:聞く、または私の息子、と私のことわざを受け取ると、年間のなたの生活しなければならない多くのです。 I have taught thee in the way of wisdom; I have led thee in paths of uprightness.私は教えの道のために、なたの知恵;私は、なたのパスを主導垂直です。 When thou goest, thy steps shall not be straitened; And if thou runnest, thou shalt not stumble.なたgoの二人称単数ときに、なたの手順を実行できない困窮者、およびもしあなたrunnest 、なたshaltつまずくない。 Take fast hold of instruction; Let her not go: Keep her; For she is thy life.固く握る命令;彼女は行かない:保つ彼女;を彼女はなたの人生です。 Enter not into the path of the wicked, And walk not in the way of evil men.特定のパスを入力し、邪悪な、と悪の道を歩いていない男性です。 Avoid it, Pass not by it; Turn from it, And pass on.避けるためには、パスではなく、それ;電源からして、パスをします。 For they sleep not except they have done mischief; And their sleep is taken away, unless they cause some to fall.彼らは彼らを除いていないため睡眠行わいたずら;とその連れ去ら睡眠は、いくつかの場合を除いて、原因を秋です。 For they eat the bread of wickedness.邪悪なパンを食べています。 And drink the wine of violence.ワインの暴力と飲み物です。 But the path of the righteous is as the light of dawn, That shineth more and more unto the perfect day.しかし、正しいパスを夜明けの光は、ますます多くのshinethかれのにうってつけの日です。 The way of the wicked is as darkness; They know not at what they stumble.の邪魔をするのは、邪悪な闇;彼らは何につまずく知らないことを知っています。

Questions質問
1. 1 。 What scriptures point to Solomon as the principal author of this book?ソロモンどのような経典をポイントして、校長としてこの本の著者ですか? 2. 2 。 What scriptures indicate additional authors?どのような経典を示す追加の作家ですか? 3. 3 。 What may have been the origin of the book? 5月の起源は何本もですか? 4. 4 。 Is it, on the whole, a book of creed or conduct?ことは、全体では、予約の信条や行為ですか? 5. 5 。 Compare it with the psalms.比較して、詩篇を授けた。 6. 6 。 Is it likely to have a future application?ことは、将来のアプリケーションには高いですか? If so, when?もしそうならば、時ですか? 7. 7 。 What is the literary form of the book?どのような形のこの本は、文学のですか? 8. 8 。 Where is the poem on "The Two Paths" found?どこにあるの詩を" 2つのパス"が見つかりましたか?

Proverbs Chapters 1-3諺の章1-3

The nature of this book makes divisions of its chapters rather arbitrary, and ours may not always be the best, but it is hoped it may prove useful in some degree.この本の性質により、任意の部門の支部というと、常に最高の私たちのことはできませんが、役に立つことが期待さを証明することがありますある程度です。 The opening of chapter four suggests a new beginning, for which reason we conclude this lesson at the close of chapter three.第4章の開口部を示唆する新たな始まりを、このレッスンを締結理由私たちは、 3つの章に近いのです。 It begins with an advertisement (1:1-6), in which mention is made of the author (v. 1), the object of the book (vv. 2, 3), and its great value (vv. 4-6).それに広告から始まります( 1:1-6 ) 、言及が行われるのでは、著者(動1 ) 、そのオブジェクトは、予約( vv. 2 、 3 ) 、およびその大きな価値( vv. 4-6 ) 。 Then follows its theme.そのテーマに入力し、以下の通りです。 "The fear of the Lord is the beginning of knowledge" (v. 7), of which the remainder of the lesson is a development or exposition. "恐怖の主は、初めの知識" (動7 ) 、そのうちの残りの部分は、開発や博覧会のレッスンです。

"Beginning" is rendered in the margin of the Revised Version "chief part." "初め"がレンダリングさの余白には、改訂版"チーフ部分です。 " "The fear of the Lord" means a right state of heart towards God as opposed to the condition of an unconverted man. "神を恐れる心"を意味する権利を神として心臓の状態を条件に反対して男に転向していない。 Put the two ideas together, and we learn that the chief part of all knowledge is to be right with God.一緒に2つのアイデア、およびことが判明した部分の長される権利のすべての知識は神です。

In working out of the thought: 1.で作業するという考え: 1 。 The teacher exhorts his "son" or pupil, to avoid vice (1:8-19).その教師exhorts彼の"息子"や瞳孔、副を避けるために( 1:8-19 ) 。 2. 2 。 He shows the ruinous conduct of the unwise, a warning placed on the lips of wisdom personified (1:20-33).彼は、破滅の愚かな行為は、警告の知恵に配置さの権化のような人の唇( 1:20-33 ) 。 3. 3 。 This warning is accentuated by contrasting the consequences of obedience and a striving after wisdom (2:1-3).この警告は対照的にアクセントを服従させる結果をもたらすの知恵と努力した後( 2:1-3 ) 。 4. 4 。 The Lord is shown as the protector of those who are wise in this sense (3:19-26).プロテクタの主として表示されるのは、賢明な人whoこの意味で( 3:19-26 ) 。 5. 5 。 The division concludes with an admonition to charity and justice (3:27-35).最後の課に訓戒を慈善と正義( 3:27-35 ) 。

Practical and Doctrinal Remarks実用的で教義備考
In this part of the lesson we call attention to particular verses for explanation or application, acknowledging indebtedness to Arnot's "Laws From Heaven for Life on Earth."この部分について、特定の詩のレッスンを喚起するために私たちの説明やアプリケーション、債務を認めarnotの"天国の法則から地球上の生命です。 " 1:23 is a text for a revival sermon, containing a command and a promise joined, like Philippians 2:12. 1:23は、テキストを復活説教は、コマンドとの約束を含むメンバー登録、ピリピ人への手紙2:12のようです。 It teaches in one sentence those two seemingly contradictiory doctrines, the sovereignity of God, and the free agency of man.これら2つのこと教えて一つのセンテンスで一見contradictiory教説は、神の主権、および代理店の男は無料です。 It is when we turn at God's reproof that He pours out His Spirit; though it be also true that unless His Spirit is poured out we can not turn.これは私たちに曲がるときに、神のとがめをけったりする彼は彼の精神;かかわらずしない限り、それにも事実だが、彼の精神は、電源投入することはできません。 1:24-32 offers an opportunity to preach on God's mercy to a rebellious people.説教をする機会を提供1:24-32神の慈悲して反抗的な人々です。 He calls, stretches out His hands, counsels, and administers reproof.彼は、彼の手延びて、弁護人、および管理とがめています。 On the other hand men refuse, disregard, set at nought, reject.その一方で男性を拒否する、無視し、ゼロ設定され、拒否します。

The natural consequence follows; sowing disobedience they reap judgment.当然の帰結は以下の通りです。播種不服従彼ら刈り入れる判断します。 That judgment consists in calling on God and getting no answer, seeking diligently and not finding Him.その判断は、神と就学許可証のない答えに要求して、熱心にではなく所見を求めていた。 The passage closes with a promise to them that hearken, deliverance from death at last and freedom from fear now.明日の約束を通過することを聞け、救出から最終更新と死の恐怖からの自由を今すぐです。 2:1-9 suggests Christ's words in Luke 11:9, "Seek, and ye shall find." 2:1-9イエスキリストの言葉が示すようにルーク11時09分、 "求める、となたがたは検索します。 " The seeking is in verses 1-4, the finding in verses 5-9.詩の追求は、 1-4 、今回の発見は5-9の詩です。 2:10-22 is an outline of "the way of evil" (v. 12, RV). 2:10-22は、の概略を"悪の邪魔をする" (動12日、右心室) 。

The first step is "speaking froward things"; the second, leaving "the paths of uprightness," the feet soon follow the tongue (v. 13); the third, walking "in the ways of darkness" (v. 13); the fourth, rejoicing "to do evil" (v. 14); fifth, delighting, "in the frowardness of the wicked," we can not take pleasure in doing wickedness without finding pleasure in seeing others do it; sixth, to complete the picture, the evil person here particularly in mind is seen to be a woman (vv. 16-22).の最初のステップは、 "言えば偏屈なもの"を、 2番目、残し"の垂直のパスは、 "すぐに次の舌フィート(動13 ) ;の第3 、ウォーキング"という方法の闇" (動13 ) ; 4番目、歓喜"これを行うに邪悪な" (動14 ) ;第五に、 delighting 、 " frowardnessは、邪悪なのは、 "我々に喜びを取ることはできません。邪悪を見つけることに喜びを見て他の行うこと;六、を完了して画像は、邪悪な人はここを念頭に置いて、特に女性に見られる( vv. 16-22 ) 。 3:5, 6 presents one of the strongest promises of the Bible, the first text from which the author of this commentary ever preached. 3:5 、 6最強のプレゼントのいずれかの約束は、聖書の最初のテキストからは、著者は、次の解説まで説教します。

Note how we are to trust, "with all thine heart."注意を信頼する方法について私たちは、 "すべてのいつもの心臓です。 " God complains as much of a divided allegiance as of none.できるだけ多くの不満の神としての忠誠なしに分かれています。 Note the extent of our trust, "in all thy ways."私たちの信頼の範囲に注意して、 "すべてのなたの方法があります。 " "Few will refuse to acknowledge a superintending providence at certain times, and in certain operations that are counted great," but God wants us to confide in Him in the little, close, and kindly things. "いくつかの監督は、プロビデンスを拒否する特定の時間を承認すると、特定の操作にはカウント大、 "しかし、神は彼を望んで問い合わせを打ち明けるリトル、閉じる、と親切だ。 3:11, 12 is quoted in Hebrews 12:5, 6. 3:11 、 12ヘブル人への手紙に引用さは、 12時05分、 6 。 Note there how the inspired writer interprets the phrase, "My son."注:触発された作家がどのように解釈され、フレーズ、 "私の息子です。 " The speaker in Proverbs may have been addressing a pupil merely, but the Holy Spirit through him, "speaketh unto you as unto sons."スピーカーの諺がありますが、瞳孔アドレッシング単に、彼が、聖霊を通して、 "わたしの息子としてspeakethなたがたです。 " "Despise not," means do not make light of chastening or cast it aside as if it had no meaning for you; "faint not" touches the opposite extreme, do not be driven to despair by the experience. "軽蔑は、 "手段を見くびってはいけないことはさておきchasteningまたは鋳物ていたら、何も意味がないとしてあなた; "かすかには"タッチして反対の極端な、絶望していても、経験です。 "The middle way is the path of safety." "の真ん中のパスを安全な方法は。 " 3:13-20 is a description and appreciation of wisdom, which throughout this book means piety or godliness. 3:13-20は、説明書と感謝の知恵、これを通じてこの本を信心深さや神を敬うことを意味します。

In Ecclestiastes it is science.これは科学でecclestiastesです。 And yet piety or godliness hardly expresses it in the highest sense in which it is sometimes found, where as for example in these verses, it suggests Christ.とはまだありません信心深さや表現して神を敬うことはほとんど意味では最も高いことが時にはが見つかりました、どこの詩としては、これらの例では、イエスキリストことを示唆します。 He is the wisdom of God as we learn in the New Testament, who, by the Holy Spirit through the holy Scriptures is made unto us wisdom (1 Cor. 2).彼は神の英知を結集する私たちとしては、新約聖書を学ぶ、 who 、聖霊を通して、聖書は、わたしたちの知恵( 1コーです。 2 ) 。 Such wisdom can not be planned, much less created by us, but must be "found" or "gotten" (v. 13).このような知恵を計画することはできませんが、はるかに少ない作成された問い合わせは、しかし、しなければならない"が見つかりました"または"得た" (動13 ) 。 Observe the figures describing it.観察の数字を記述してください。 It is precious merchandise (vv. 14, 15).これは貴重な商品( vv. 14 、 15 ) 。 It is a way of honor, pleasantness and peace (vv. 16, 17).それは、道の名誉、楽しさと平和( vv. 16 、 17 ) 。 It is a tree of life (v. 18).これは、ツリーオブライフ(動18 ) 。

Questions質問
1. 1 。 What is the chief part of all knowledge?何が首席部分のすべての知識ですか? 2. 2 。 Give the five general divisions of this lesson.与えるの5つの総合部門は、次のレッスンをご覧ください。 3. 3 。 Quote and give the doctrinal teaching of 1:23.引用して、教育の教義1:23です。 4. 4 。 Quote and give the spiritual significance of 1:33; 3:5, 6; 3:11, 12.精神的な意義を引用して、 1:33 ; 3:5 、 6 ; 3:11 、 12 。 5. 5 。 What does "wisdom" mean in this book?どのような"知恵"の意味でこの本ですか?

Proverbs Chapters 4-7諺の章4-7

These chapters begin with reminiscence.これらの章回想で始まる。 A father is reciting to a son the precepts taught him by his father in his youth, and which cover chapter four.父親は息子の戒律暗唱して彼のことを教え彼の父親は幼少のころ、および第4章をカバーします。 Chapter five is a warning against the evil woman.第5章を警告するが、邪悪な女性だ。 Chapter six deals with suretyship, indolence, malice and violence, while chapter seven returns to the theme of chapter five.第6章で扱う保証、怠惰、悪意と暴力、 7つの章の第5章をテーマにして戻り値です。 In the first-named chapter occurs the beautiful illustration of Hebrew rhythm to which attention was called in Lesson 1; and following it we find in verses 18 and 23, two of as oft-quoted texts as are in the whole book.名前の最初の章が発生するヘブライ語の美しいイラストのリズムに合わせてレッスンが関心を呼んでは、 1 ;と次のことを見つけるの詩18日、 23日、 2つのテキストとしてよく引き合いに出されるのは、全体として予約します。

The "just" man, as usual in the Bible, is he who is justified by faith and walks with God in a holy obedience. "単に"男は、いつもどおり、聖書の、 whoは正当化される彼は神信仰と四球で神聖な服従します。 On him the Sun of Righteousness shines.で、彼は輝く太陽の正義です。 His new life is at first like the morning light, a struggle between the darkness and the dawn.彼の新しい人生は最初のように朝の光は、暗闇と夜明けの間の闘争です。 Ere long the doubt vanishes, and morning is unequivocally declared.疑う間もなく消滅する、と午前中は、はっきりと宣言している。 The counterpart is fitted to overawe the boldest heart, "The way of the wicked is as darkness, they know not at what they stumble. The thought is that the darkness is in them and they carry it, an evil heart of unbelief, wherever they go.対向は最も大胆心臓の適合を威圧する"の邪魔をするのは、邪悪な闇、彼らは何につまずく知らないことを知っています。という考えは、闇が運ぶことにし、彼らは、悪の中心部に不信仰は、どこでも行く。

As to the other text, notice the fountain, the heart (v. 23), and then the stream, the mouth, the eyes, the feet (vv. 24-27).を、他のテキストとして、噴水に注意して、心臓(動23 ) 、と入力し、ストリームは、口の中に、目は、フィート( vv. 24-27 ) 。 The heart is kept by prayer and the Word of God, and then the life issuing from it is what it ought to be.心臓が保持されて神に祈りとの言葉は、発行者の生活と入力し、あるべき姿だと思うことがあります。 The speech is pure, and true and potent.音声は純粋な、とtrueと強力です。 There are no secret longings and side glances after forbidden things, and the steps in matters of business, society, and the home are all ordered of the Lord.秘密の願望がないと横目で禁じられて物事した後、ビジネスの問題の手順を実行すると、社会、とのホームは、すべての命令は、主です。 (Compare Christ's words, Matt. 15:18-20). (比較イエスキリストの言葉を、マットです。 15:18-20 ) 。

Family Joys We have spoken of chapter five as a warning against the evil woman, which is true of its first half; but the reader will observe how the warning is accentuated by the contrast of the pure and happy home life in the second half, beginning at verse 15.ご家族の喜び私たちが話さの第5章の邪悪な女性の警鐘として、これは本当の上半期;しかし、リーダーはどのように警告が観察されたのコントラストをアクセントの純粋で幸せな家庭生活を2番目の半分は、初め先の詩15 。 The former is a dark back ground to bring out the latter's beauty.前者は暗いバックグランド後者の美しさを引き出す。 The keynote of the first half is "remove for from her."の基調講演の最初の半分は"彼女から削除するためです。 " She is deceitful (vv. 3, 4), unstable (v. 6) and cruel (v. 9).彼女はうそをつく( vv. 3 、 4 ) 、不安定版(動6 )と残酷な(動9 ) 。 To associate with her means waste of property and health (vv. 8, 9), and at the last remorse (vv. 12-14).彼女の手段に関連付ける廃棄物の財産と健康( vv. 8日、 9 ) 、との最後の自責の念( vv. 12-14 ) 。

The home in comparison is a pure and well-guarded well (v. 15).ホームで、純粋な比較は厳重に守られたとも(動15 ) 。 Read verses 16 and 17 in the Revised Version, and observe a husband's duty toward his wife (v. 18).読む詩16と17は、改訂版、夫の義務を観察すると彼の妻に向かっ(動18 ) 。 Let him avoid biting words, neglect, unnecessary absences and the like.彼に痛烈な言葉を避けるために、怠慢、欠席と不必要なようです。 And as Paul says (Eph. 5:33), let "the wife see that she reverence her husband."とポールは言う( eph. 5時33分) 、 let "畏敬の念は彼女の妻が夫を参照します。 " The suretyship against which we are warned (6: 1-5) is of the inconsiderate kind.反対に私たちは警告の保証( 6 : 1-5 )は、思いやりのないようにします。 "That imprudent assumption of such obligations leaving out of account the moral unreliableness of the man involved." "あのような軽率な仮定の道徳的義務のアカウントを取り除くことは、人間関係unreliableness 。 " The advice is to get the quickest release possible (vv. 3-5).の助言を取得するには早い発売可能性( vv. 3-5 ) 。 It does not mean that we should not kindly and prudently help a neighbor in financial need, if we can.それすべきではないわけではないと慎重に親切にするのに役立つ隣人の金融が必要と、このようなことです。

The "mother" of verses 20-24 must be one who knows God, for it is the instilling of His Word only in the heart of her child that can produce the results indicated. "母"の詩20-24しなければならないwho知って1つの神をつぎ込むことは、彼の言葉だけで彼女の子供の中心部に生成することができる結果を表示します。 Observe it is a grown son here referred to as keeping his mother's law.ここで観察することが、成長の息子と呼ばれる彼の母親の維持法です。

Questions質問
1. 1 。 What are the general subjects treated in these chapters?総合科目は、どのような治療を受けて、これらの章ですか? 2. 2 。 Quote and explain 6:18. 6:18見積りと説明しています。 3. 3 。 What possible evidence is there in this lesson of our Lord's acquaintance with Proverbs?どのような可能性の証拠がある、この教訓を、わたしたちの主の知人諺ですか? 4. 4 。 What does this lesson teach about conjugal love?このレッスンを教えるについてはどのような夫婦愛ですか? About parental authority?親権についてですか? About suretyship?約保証ですか?

Proverbs Chapters 8-9諺の章8-9

In these chapters we have a public discourse of Wisdom (personified) (c. 8), and what Lange describes as an allegorical exhibition of the call of men to a choice of wisdom or folly, (c. 9).これらの章で私たちは、公共の談話の知恵(権化のような人) ( c. 8 ) 、およびどのような寓話の展示会として説明ランゲ研地域の人々の知恵や愚行選択して、 ( c. 9 ) 。 It is really our Lord Jesus Christ putting forth this voice (8:1), and crying unto men at the gates of the city (vv. 4, 5).それは本当にわたしたちの主イエスキリストのパット記載この声( 8:1 ) 、かれの男性と泣いているのは、ゲイツ会長は、市( vv. 4 、 5 ) 。 It is He who speaks the excellent things (v.6), and on whose lips wickedness is an abomination (v. 7). who話すことが彼の素晴らしいもの( v.6 ) 、および、その唇は、邪悪醜態(動7 ) 。 Of Him alone can it be predicted that there is nothing crooked (forward) in His mouth (v. 8), or to be desired in comparison with Him (v. 10-18).彼だけではないことが予測されて曲がった(フォワード)を口にくわえ(動8 ) 、または希望されると比較して彼(動10-18 ) 。 It is He whose fruit is better than gold and who fills our treasuries (vv. 19-21).これは彼の果物よりはまし金とwho塗りつぶし当社債( vv. 19-21 ) 。 Were there any doubt of this identity would it not be removed by the remainder of the chapter?疑問は、次のアイデンティティーは何かによって除去されなくてもよいのではないの章の残りの部分ですか? Who was set up from everlasting (v. 23)? whoは、セットアップするより永遠(動23 )ですか? Or, who was daily God's delight (v. 30)?または、 whoは、毎日の神の喜び(動30 )ですか? And of whom can it be said that to find Him finds life (v. 35)?そして誰が彼を見つけることによると、検出される生命(動35 )ですか?

The Redeemer Anticipating Redemption特典交換の救い主と予想
The heading of this paragraph expresses Arnot's conception of the latter part of the chapter, who says that, "if the terms are not applied to Christ they must be strained at every turn." arnotの見出しは、次の段落の概念を表現し、後半の章では、 whoによると、 "ご利用の場合、彼らは、イエスキリストに適用されません事あるごとに緊張しなければならない。 " Of course in a book written by Solomon it could not be said that Jesus was born in Bethlehem and died upon the cross, but if the Holy Sprit wished to make known something of the personal history of Christ before His coming, how could He have done so in plainer terms than these?もちろん、ソロモンで本を書いたことができなかったのがベツレヘムによると、イエスキリストが生まれたと十字架上で死亡したが、神聖な精神を希望している場合は知られているのは個人的にイエスキリストの歴史を彼の来る前に、彼はどのように行わこれに不平を言うよりも、これらの用語ですか? Quoting the same in verses 30 and 31: "There three things are set in the order of the everlasting covenant: (1), the Father well pleased with His Beloved, 'I was daily His delight;' (2) the Son delighting in the Father's presence, 'rejoicing always before Him;' (3), the Son looking with prospective delight to the scene and subjects of His redemptive work, 'rejoicing in the habitable part of a His earth; and my delights were with the sons of men.'"詩と同じで引用して30と31 : "にある3つの順序を設定するには、物事が、永遠の約束: ( 1 ) 、彼の最愛の父も喜んで、 '私は毎日彼の喜び; ' ( 2 )の息子でdelighting父親の存在、 '歓喜、常に前に彼; ' ( 3 ) 、将来の息子が大喜びしてlookingシーンと彼の贖いの仕事科目、 '歓喜は、地球の居住可能な部分を彼と私の料理は、サンズオブ男性です。 ' "

The Marriage Supper in the Old Testament夕食は、旧約聖書の結婚
Arnot gives the foregoing title to the opening verses of chapter 9, where Wisdom, personifying the Son of God, has now come nigh unto men, having His habitation among them. arnotにより、前述のタイトルを、オープニングの詩の第9章、どこの知恵、擬人の息子の神よ、わたしは、今すぐ近付いて来る男性は、そのうちに彼の住まいです。 Here we have the house, the prepared feast, the messengers, the invited guests, and the argument by which the invitation is supported.ここでは、ハウス、宴会の準備は、使徒たちは、招待客との引数には、招待状がサポートされます。 The positive side of that argument is: "Come, eat of my bread, and drink of the wine which I have mingled."肯定的な側面は、その引数は: "さあ、私のパンを食べると、ワインの水を飲むために私が入り交じった。 " The negative is: "Forsake the foolish, and live."の負のは: "捨てるの愚かな、とライブです。 " The closing of this chapter exhibits Christ's "great rival standing in the same wide thoroughfare of the world and bidding for the youth who thronged it."展示会の閉会は、次の章キリストの"偉大なライバルと同じ道幅の広い道路に立って、世界の若者who客と入札をしてください。 " "All that is contrary to Christ and dangerous to souls, is gathered up and individualized in the person of an abandoned woman lying in wait for unwary passengers, baiting her hook with sin and dragging her victims down the incline to hell." "すべてのことは、危険を魂に反して、キリストとは、収集すると個別に捨てられた女の人は、うそをついて、油断して乗客を待つ、彼女のフックを苦しませることをドラッグ罪と彼女の犠牲者をダウンし地獄に傾斜しています。 " The reader will see how Proverbs may be fruitfully utilized in preaching the gospel.ことわざ年5月、読者はどのように活用される多産の福音説教します。

Questions質問
1. 1 。 What have we in these chapters?これらの章で私たちは何ですか? 2. 2 。 Who really is speaking here? who本当にが言えば、ここですか? 3. 3 。 What proves it?どのような証明ですか? 4. 4 。 Analyze verses 30 and 31 from the New Testament point of view. 30と31の詩を分析する新約聖書の観点からです。 5. 5 。 What parable of Christ is suggested in chapter 9?イエスキリストはどのような寓話の第9章で提案さですか?

Proverbs Chapters 10-15諺の章10-15

Some regard the division now entered upon as the original nucleus of the whole collection of proverbs (see the first sentence of verse one).いくつかの点の分裂を入力する時は、元の核全体のコレクションの諺(詳細については、最初の1つの詩の判決を受ける) 。 The division extends really to the close of chapter 22, and contains "maxims, precepts and admonitions with respect to the most diverse relations of life."当部門の拡張本当にして閉じる第22章、を含んで"格言、教訓とadmonitionsで最も多様な関係を尊重して人生のです。 " In so much of it as is covered by the present lesson we have a contrast "between the godly and the ungodly, and their respective lots in life."これほどまでに覆われて、現在の教訓としては、私たちは、コントラスト"の間に信心深いととんでもない、と、それぞれの人生のたくさんです。 "

Following Zockler's outline in Lange we have this contrast set before us, first in general terms (c. 10), and after that, to the end of the lesson, in detail, as follows: (1) As to the just and unjust, and good and bad conduct towards one's neighbor, chapter 11.ランゲの概要は以下のツェックラーのコントラストを設定する前に私たちはこの先に、最初に一般的な用語( c. 10 ) 、とした後で、ここでの教訓から最後まで、を詳細には、以下のとおり: ( 1 )としては、公正かつ不当な、善と悪を行うと隣の席の人向け1つ、第11章。 (2) As to the domestic and public associations, chapter 12. ( 2 )としては、国内および公共団体、第12章。 (3) As to the use of temporal good, and of the Word of God as the highest good, chapter 13. ( 3 )の使用を頭に良い、とは、神の言葉として最高の良い、第13章。 (4) As to the relation between the wise and the foolish, the rich and the poor, masters and servants, chapter 14. ( 4 )の間の関係にして英明でられると愚かな、金持ちと貧乏人、マスターズと召使、章14章。 (5) As to the various other relations and callings in life, especially within the sphere of religion, chapter 15. ( 5 )としては、人生の様々な他の関係とcallings 、特に内の球の宗教、第15章。

Memory Verses and Choice Textsメモリの詩や文章の選択
This lesson is not suggestive of questions, but contains verses it would be well to memorize.示唆に富むの質問をこのレッスンではないが、詩を含むことがよく情報を記憶しています。 For example, in chapter 10, verses 7, 9, 14, 22, 25; chapter 11, verses 1, 2, 13, 24, 25, 26, 30; chapter 13, verses 7, 15, 24; chapter 14, verses 10, 12, 25, 27, 32, 34; chapter 15, verses 1, 3, 8.たとえば、第10章、詩7日、 9日、 14日、 22日、 25 ;第11章、詩1 、 2 、 13 、 24 、 25 、 26 、 30 ;第13章、詩7日、 15日、 24 ;第14章、詩10 、 12 、 25 、 27 、 32 、 34 ;第15章、詩1 、 3 、 8 。 In Arnot's "Laws from Heaven for Life on Earth," there are helpful discourses on several of these texts, the titles of which will be appreciated by young preachers: "Posthumous Fame," 10:7; "The Center of Gravity," 10:9; "The Passing Whirlwind and the Sure Foundation," 10:25; "Assorted Pairs," 11:2; "Virtue Its Own Reward," 11: 17; "Scattering to Keep, and Keeping to Scatter," 11:24; "Raising the Market," 11:26; "The Wisdom of Winning Souls," 11:30; "Man Responsible for His Belief," 14:12; "The Two Departures--The Hopeful and the Hopeless," 14:32でarnotの"天国の法則から地球上の生命は、 "これは有用いくつかの談話で、これらの文章は、タイトルとなる喜ばれる若年プリーチャーズ: "死後の名声、 " 10時07分; "の重心は、 " 10 : 9 ; "旋風の渡すと確認財団、 " 10:25 ; "仕分けのペア、 " 11時02分; "美徳、独自の報酬、 " 11 : 17 ; "散乱を維持、および維持を散布、 " 11 : 24 ; "調達の市場、 " 11:26 ; "勝利の魂の英知を結集する、 " 11:30 ; "男責任を負う彼の信念、 " 14:12 ; "の2つの出発-の希望と絶望、 " 1 4 : 32

Proverbs Chapters 16-24諺の章16-24

In these chapters we have a series of exhortations to a life of godliness expressed in general terms about as follows: (1) Confidence in God as a wise ruler, chapter 16.これらの章は、シリーズのexhortations私たちの生活して神を敬うことで表現さ一般的な用語については以下のとおり: ( 1 )賢明な支配者の信頼を神として、第16章。 (2) A disposition of peacefulness and contentment, chapter 17. ( 2 )平和と満足の処分は、第17章。 (3) The virtues of affability, fidelity, and others of a social nature, chapter 18. ( 3 )の長所を愛想の良さ、忠実度、およびその他の社会的な性質の、第18章。 (4) Humility and meekness, chapter 19. ( 4 )謙虚さと柔和、章19章。 (5) Sobriety, diligence and kindness, chapter 21. ( 5 )飲酒、勤勉さ、そして、親切に、第21章 (6) Justice, patience, submission, chapter 21. ( 6 )正義、忍耐力、発表申込は、第21章 (7) The attainment and preservation of a good name, chapter 22. ( 7 )の達成や保全良い名、第22章。 (8) Warnings against avarice, licentiousness, and similar vices, chapter 23. ( 8 )警告に対してどん欲、放逸、および同様の悪弊、第23章 (9) Warnings against ungodly companionship, chapter 24. ( 9 )警告反対とんでもない交友、第24章

Proverbs Chapters 25-29諺の章25-29

This division of the book is introduced in the first verse of chapter 25, as the "proverbs of Solomon, which the men of Hezekiah, king of Judah, copied out."部が実施して、この本は、最初の詩の章で導入された25日、として、 "ソロモンのことわざでは、男性のhezekiah 、キングオブユダ、コピーアウトします。 " What these words mean it is difficult to say, except in the general sense that the teachers of Hezekiah's period selected and gathered together wise sayings that had been written, or handed down orally in previous generations.これらの言葉は何を意味することは困難に言ってやるが、ある場合を除いて一般的な意味では、教師の期間を選択し、集まったhezekiah賢明なことわざ書かされていたか、または口頭での以前の世代に受け継がれています。 They may have been those of Solomon only, and yet his name may be attached to them simply because they were now made part of his general collection.これらのソロモン彼らだけかもしれないし、彼の名前はまだありません年5月に添付して単純にするため、彼らは彼の一般的なコレクションの一部を構成します。 They contain admonitions to the fear of God and righteousness, addressed partly to kings, and yet also to their subjects.彼らへの恐怖が含まれadmonitionsして、神と正義、キングス部分的に対処し、またそれぞれの科目はまだありません。 They also contain warnings against evil conduct of various kinds, (c. 26); against conceit and arrogance (c. 27); against unlawful dealings, especially of the rich with the poor (c. 28); and against stubbornness and insubordination, (c. 29).また、邪悪な行為に対して警告を含む様々な種類、 ( c. 26 ) ;反対うぬぼれと傲慢( c. 27 ) ;に対する違法な取引、特に貧しい人々の豊かなお( c. 28 ) ;と反対頑固さと反抗、 ( c. 29 ) 。

Proverbs Chapters 30-31諺の章30-31

The last division consists of two supplements, one of the words of Agur (c. 30), and the other of Lemuel (c. 31).の最後の課は、 2つのサプリメントは、 1つの言葉をagur ( c. 30 ) 、およびその他のレミュエル( c. 31 ) 。 Agur's words begin with an exaltation of the Word of God (vv. 1-6), followed by short and pithy maxims with reference to the rich and the poor, pride and greed, etc. Lemuel's words open with a philosophical statement, applying chiefly to kings, followed by his well-known poem in praise of the virtuous woman. agurの言葉を始めるという言葉に神の高揚( vv. 1-6 ) 、続いて短く簡潔な格言を参照して金持ちと貧乏人の、誇りと欲などの言葉を開いて、哲学レミュエル声明で、主に適用するをキングス、続いて彼の詩でよく知られて褒め言葉は、高潔な女性です。


Book of Proverbs予約の諺

Catholic Information カトリックの情報

One of the Sapiential writings of the Old Testament placed in the Hebrew Bible among the Hagiographa, and found in the Vulgate after the books of Psalms and Job.のいずれかの知恵の記述は、旧約聖書のヘブライ語聖書の中に配置さhagiographa 、および発見されたウルガタ聖書の詩篇を授けたと仕事をした後、書籍です。

I. NAMES AND GENERAL OBJECT i.一般的なオブジェクトの名前と

In the Masoretic Text, the Book of Proverbs has for its natural heading the words Míshlê Shelomoh (Proverbs of Solomon), wherewith this sacred writing begins (cf. x). masoreticは、テキスト、その本の諺は、その自然の見出しの言葉míshlê shelomoh (ソロモンのことわざ) 、何でこの神聖な書き込みを開始( cf. x ) 。 In the Talmud and in later Jewish works the Book of Proverbs is oftentimes designated by the single word Míshlê, and this abridged title is expressly mentioned in the superscription "Liber Proverbiorum, quem Hebræi Misle appellant", found in the official edition of the Vulgate.タルムードは、ユダヤ人の動作およびそれ以降の予約の諺は、指定された1つの単語しばしばmíshlêし、この要約のタイトルが明示的に記載されて表題"独立したproverbiorum 、 quemのhebræi misle上訴" 、発見されたのウルガタ聖書の公式版です。 In the Septuagint manuscripts, the two Hebrew titles are rendered by and , respectively.原稿は、セプトゥアギンタ、 2つのヘブライ語のタイトルがレンダリングさと、それぞれします。 From these Greek titles again are immediately derived the Latin renderings, "Parabolæ Salomonis", "Parabolæ", a trace of which appears in the Tridentine "Decretum de Canon. Script.", wherein the Book of Proverbs is simply called "Parabolæ".これらのギリシャ語から派生したタイトルを再度、ラテン語のレンダリングはすぐに、 " parabolæ salomonis " 、 " parabolæ "は、トレースに表示されてtridentine " decretumデキヤノンします。スクリプトです。 " 、そこと呼ばれるこの本の諺は、単に" parabolæ "です。 The ordinary title "Proverbia Salomonis" was apparently taken from the Old Latin Version into the Vulgate, whence comes directly the usual English title of "Proverbs".普通のタイトル" proverbia salomonis "が明らかにラテン語からの古いバージョンをウルガタ聖書の、そこからは直接、通常の英語のタイトルを"ことわざ"です。 In the Church's liturgy, the Book of Proverbs is, like the other Sapiential writings, designated by the common term "Wisdom".は、教会の典礼は、予約の諺は、他の知恵の記述のように、指定された共通の用語"知恵"です。 This is consonant to the practice, common in early Christian times, of designating such books by the word "Wisdom" or by some expresion in which this word occurs, as "All-virtuous Wisdom", etc. Indeed, it is probable that the title , "Wisdom", was common in Jewish circles at the beginning of Christianity, and that it passed from them to the early Fathers of the Church (cf. Eusebius, "Hist. Eccl.", IV, xxii, xxvi).これは子音を実際には、共通の初期キリスト教回、このような書籍を指定された単語"叡智" 、またはいくつかのexpresionでは、この言葉が発生した場合、 "すべての高潔な知恵"など実際のところ、これは予想してタイトル、 "知恵"は、ユダヤ人は共通キリスト教界の冒頭に、渡されていることからして、早期の祖先は、教会( cf.ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 4世、 xxii 、 26 ) 。 Of the various names given to the Book of Proverbs, that of Wisdom best sets forth the ethical object of this inspired writing.様々な名前が与えられた予約の諺を、最高の知恵を送付して倫理的なオブジェクトは、次のインスピレーション書き込みします。 However disconnected the pithy sayings or vivid descriptions which make up the book may appear, they, each and all, are bound by one and the same moral purpose: they aim at inculcating wisdom as understook by the Hebrews of old, that is perfection of knowledge showing itself in action, whether in the case of king or peasant, statesman or artisan, philosopher or unlearned.しかし、的を射たことわざや鮮やかな切断の説明を穴埋めする書籍が表示される、彼らは、各およびすべてのは、道徳的に縛られると同じ1つの目的:彼らの知恵を目指すinculcating understookされたとしてヘブル人への手紙の古い、それは完璧な知識表示中のアクション自体、キングかどうかは、例や農民、政治家や職人、哲学者や無学な人々です。 Differently from the term "Wisdom", the title Míshlê (St. Jerome, Masloth) has a distinct reference to the symbolic character and poetical form of the sayings which are gathered together in the Book of Proverbs.異なるという用語は"知恵" 、のタイトルmíshlê (聖ジェローム、 masloth )には、別個の参照を象徴するキャラクターと詩的の形式のことわざが集まるところに、書籍のことわざです。 In general, the Hebrew Mashal (constr. plur. Míshlê) denotes a representative saying, that is, a statement which, however deduced from a single instance, is capable of application to other instances of a similar kind.一般的には、ヘブライ語mashal ( constr. plur 。 míshlê )は、代表と述べ、これは、声明で、しかし、 1つのインスタンスからの推定が可能なアプリケーションを他の種類のインスタンスを、同様のです。 Taken in this sense, it corresponds pretty well to the words proverb, parable, maxim etc., in our Western literatures.撮影その意味では、かなりうまくいったことに対応して言葉諺、寓話、マキシム等、我々の欧米の文学です。 But besides, it has the meaning of sentences constructed in parallelism; and in point of fact, the contents of the Book of Proverbs exhibit, from beginning to end, this leading feature of Hebrew poetry.しかし、また、それには、文章の意味を並列に建設されたとの点を実際には、予約の諺の内容を展示し、最初から最後まで、この主要機能のヘブライ語詩です。 Hence, it appears that, as prefixed to this inspired writing, the word Míshlê describes the general character of the Book of Proverbs as a manual of practical rules which are set forth in a poetical form.それゆえ、それが表示さは、接頭辞として、このインスピレーションを書く、という言葉míshlê全般の文字を説明して、書籍のことわざを手動での実用的なルールとしては、詩的フォームに規定されています。

II. Ⅱ 。 DIVISIONS AND CONTENTS部門との内容

As it stands at the present day, the Book of Proverbs begins with the general title, "Míshlê Shelomoh, the son of David, king of Israel", which is immediately followed by a prologue (i, 2-6), stating the aim and importance of the entire work: the whole collection aims at imparting wisdom and at enabling men to understand all kinds of Mashals.現状のままでは、現在の日、始まる諺の本全般のタイトル、 " míshlê shelomohは、息子のデビッド、キングオブイスラエル" 、これがすぐに続いてプロローグ(私、 2-6 ) 、書の目的との重要性を全体の作業:全体のコレクションを目指して流動性を有効に男性を理解する知恵とは、あらゆる種類のmashalsです。 The first part of the book (i, 7-ix), itself a hortatory introduction to the collection of proverbs which follows, is a commendation of wisdom.その本の最初の部分(私は、 7 - 9世) 、自身のコレクションを紹介して激励の諺に次のように、知恵を表彰します。 After a deeply religious epigraph (i, 7), the writer, speaking like a father, gives a series of exhortations and warnings to an imagined pupil or disciple.宗教的な金石文の後に深く(私は、 7 ) 、その作家は、父のように言えば、 exhortationsと警告を与える、一連の生徒や弟子を想像します。 He warns him against evil company (i, 8-19); describes to him the advantages attending the pursuit of wisdom, and the evils to be avoided by such course (ii); exhorts him to obedience, to trust in God, to the payment of legal offerings, to patience under the Divine chastisements, and sets forth the priceless value of wisdom (iii, 1-26).彼は彼に対する警告悪の会社(私は、 8月19日) ;説明を優位に出席し、彼は知恵を追求した、との弊害を回避されるようなコース( 2 ) ; exhorts彼に服従、神を信頼するには、してリーガルサービスのお支払いは、神の下にchastisementsを忍耐し、貴重なの値を送付し知恵( Ⅲ 、 1-26 ) 。 After some miscellaneous precepts (iii, 27-35), he renews his pressing exhortation to wisdom and virtue (iv), and gives several warnings against unchaste women (v; vi, 20-35; vii), after the first of which are inserted warnings against suretyship, indolence, falsehood, and various vices (vi, 1-19. At several points (i, 20-33; viii; ix) Wisdom herself is introduced as speaking and as displaying her charms, origin, and power to men. The style of this first part is flowing, and the thoughts therein expressed are generally developed in the form of connected discourses. The second part of the book (x-xxii, 16) has for its distinct heading: "Míshlê Shelomoh", and is made up of disconnected sayings in couplet form, arranged in no particular order, so that it is impossible to give a summary of them. In many instances a saying is repeated within this large collection, usually in identical terms, at times with some slight changes of expression. Appended to this second part of the book are two minor collections (xxii, 17-xxiv, 22; ssiv, 23-34), chiefly made up of aphoristic quatrains. The opening verses (xxii, 17-21) of the first appendix request attention to the "words of the wise" which follow (xxii, 22-xxiv, 22), and which, in a consecutive form recalling that of the first part of the book, set forth warnings against various excesses. The second appendix has for its title: "These also are words of the wise", and the few proverbs it contains conclude with two verses (33, 34), apparently taken over from vi, 10, 11. The third part of the book (xxv-xxix) bears the inscription: "These are also Míshlê Shelomoh, which the men of Ezechias, king of Juda, copied out." By their miscellaneous character, their couplet form, etc., the proverbs of this third part resemble those of x-xxii, 16. Like them also, they are followed by two minor collections (xxx and xxxi, 1-9), each suplied with its respective title. The first of these minor collections has for its heading: "Words of Agur, the son of Takeh", and its principal contents are Agur's meditation on the Divine transcendence (xxx, 2-9), and groups of numerical proverbs. The second minor collection is inscribed: "The Words of Lamuel, a king: the oracle which his mother taught him." In it the queen-mother warns her son against sensuality, drunkenness, and injustice. Nothing is known of Agur and Lamuel; their names are possibly symbolical. The book concludes with an alphabetical poem descriptive of the virtuous woman (xxxi, 10-39).その他の後、いくつかの教訓( Ⅲ 、 27-35 ) 、彼は彼の更新を押すと勧告知恵と美徳( 4 ) 、およびいくつかの警告を与える不貞の女性( v ;六、二十〜三十五;七) 、後の最初のうちは、警告反対に挿入さ保証、怠惰、虚偽、および様々な悪弊( 6 、 1-19 。いくつかのポイント(私、 20-33 ; viii ;九)自身が導入としての知恵を表示彼女の魅力と言えば、起源、および電源を男性です。のスタイルは、次の最初の部分が流れる、との考えを表明そこには、通常のフォームの接続に開発された談話で、 2番目の部分の帳( - xxii 、 16 )は、その明確な見出し: " míshlê shelomoh " 、ことわざの切断が行われると連句フォームで、特定の順序に配置されないので、その概要を与えることは不可能です。多くの場合、この大規模なコレクションが繰り返されると述べ、 24時間で同一の条件は、いくつかの回わずかな変化を表現します。この2番目の部分が表示されますこの本には2つのマイナーなコレクション( xxii 、 17 - 24 、 22 ; ssiv 、 23-34 ) 、主に作らquatrainsの警句を多用する。の開会の詩( xxii 、 17-21 )付録の最初の要求に注意を"の言葉をして英明でられる"と次( xxii 、 22 - 24 、 22 ) 、およびこれは、連続フォームを想起しているこの本の最初の部分は、様々な行き過ぎに対する警告を定める。 2番目の付録は、そのタイトル: "これらの言葉をまたにして英明でられる"との結論にいくつかの諺が含まれ2つの詩( 33 、 34 ) 、明らかに乗っ取られるより六、 10 、 11 。 3番目の部分の予約( 25 - 29 )クマの碑文: "これらはまたmíshlê shelomohでは、男性のezechias 、キングオブjuda 、コピーアウトします。 "その他の文字に、彼らの連句フォームなどの諺は、次の3分の1に似ているのX - xxii 、 16 。ようにしても、彼らに続いて2つのマイナーなコレクション( xxx 、 31 、 1-9 ) 、各supliedのそれぞれのタイトルの最初のマイナーなコレクションは、その見出し: "の言葉をagurは、息子のtakeh " 、およびその主な内容は神のagurの瞑想を超越( xxxと2-9 ) 、およびグループの数値諺、 2番目のマイナーなコレクションが内接: "の言葉をlamuelは、キング:は、 Oracle彼の母親に教えていた。 "と警告して、彼女の息子に対する母親の女王-官能、酩酊し、不公平です。 agurとは何も知られ、 lamuel ;自分の名前の可能性が象徴的です。この本のアルファベット順の最後にわかりやすい詩は、高潔な女性( 31 、 10-39 ) 。

III. Ⅲ 。 HEBREW TEXT AND ANCIENT VERSIONSヘブライ語のテキストと古代のバージョン

A close study of the present Hebrew Text of the Book of Proverbs proves that the primitive wording of the pithy sayings which make up this manual of Hebrew wisdom has experienced numerous alterations in the course of its transmission.緊密な研究を、現在のヘブライ語のテキストを証明する予約の諺は、原始的を射た言葉遣いは、このマニュアルのことわざを補う知恵は、経験豊富な多数のヘブライ語コースの変更を伝送します。 Some of these imperfections have, with some probability, been assigned to the period during which the maxims of the "wise men" were preserved orally.いくつかの欠点は、いくつかの確率は、期間中に割り当てられては、格言は、 "賢い者"が口頭で保存します。 Most of them belong undoubtedly to the time after these sententious or enigmatic sayings had been written down.かれらの多くは確かに所属した後の時間を、これらの教訓やことわざが書かれた謎めいたダウンします。 The Book of Proverbs was numbered among the "Hagiographa" (writings held by the ancient Hebrews as less sacred and authoritative than either the "Law" or the "Prophets"), and, in consequence, copyists felt naturally less bound to transcribe its text with scrupulous accuracy.この本の諺は、番号の間の" hagiographa " (文章として開かれた古代へブル人よりも少ない神聖かつ権威のいずれかの"法"または"預言者" ) 、および、これに伴い、自然にあまり感じcopyistsにバインドされ、テキストの議事録細心の精度で動作します。 Again, the copyists of Proverbs knew, or at least thought they knew, by memory the exact words of the pithy sayings they had to write out; hence arose involuntary changes which, once introduced, were perpetuated or even added to by subsequent transcribers.繰り返しになりますが、 copyistsの諺を知っていたか、または少なくとも考えられて知っていた、メモリの正確な言葉は、的を射たことわざを書いていたアウト;したがって不本意な変更が生じたが、一度に導入、または生まれついても追加されましたがその後のtranscribersされています。 Finally, the obscure or enigmatic character of a certain number of maxims led to the deliberate insertion of glosses in the text, so that primitive distichs now wrongly appear in the form of tristichs, etc. (cf. Knabenbauer, "Comm. in Proverbia", Paris, 1910).最後に、謎めいた人物のあいまいなまたは特定の数の格言を主導して意図的には、テキストの注釈挿入するように、今すぐdistichs原始のtristichs誤って表示されるフォーム等( cf. knabenbauer 、 "コミュニティーのproverbia " 、パリ、 1910 ) 。 Of the ancient versions of the Book of Proverbs, the Septuagint is the most valuable.は、古代のバージョンの予約の諺は、セプトゥアギンタは、最も貴重なものです。 It probably dates from the middle of the second century BC, and exhibits very important differences from the Massoretic Text in point of omissions, transpositions, and additions.これはおそらく日付から2番目の世紀半ば、および展示会の違いから非常に重要なポイントのテキストをmassoretic脱落、 transpositions 、および追加します。 The translator was a Jew conversant indeed with the Greek language, but had at times to use paraphrases owing to the difficulty of rendering Hebrew pithy sayings into intelligible Greek.確かに通じている翻訳者は、ユダヤ人のギリシャ語、しかしは言い換えを使用する時のためにレンダリングの難しさを理解ギリシャ語ヘブライ語的を射たことわざです。 After full allowance has been made for the translator's freedom in rendering, and for the alterations introduced into the primitive wording of this version by later transcribers and revisers, two things remain quite certain: first, the Septuagint may occasionally be utilized for the discovery and the enmendation of inaccurate readings in our present Hebrew Text; and next, the most important variations which this Greek Version presents, especially in the line of additions and transpositions, point to the fact that the translator rendered a Hebrew original which differed considerably from the one embodied in the Massoretic Bibles.フル手当した後、翻訳され、レンダリングの自由とは、変更に導入され、原始的な言葉遣いは、次のバージョンへtranscribersとrevisers 、引き続きかなりの特定の2つのこと:まず第一に、セプトゥアギンタに活用する場合がありますの発見とenmendationの不正確な測定値が私たちの現在のヘブライ語のテキスト、および次に、最も重要なパターンは、このギリシャ語版プレゼントは、特にを再現の行の追加]をポイントし、レンダリングするという事実は、ヘブライ語翻訳者からの1つのオリジナルを体現かなり異なる聖書は、 massoreticです。 It is well known that the Sahidic Version of Proverbs was made from the Septuagint, before the latter had been subjected to recensions, and hence this Coptic Version is useful for the control of the Greek Text. sahidicことはよく知られてからのバージョンの諺が行われたセプトゥアギンタ、後者の前にさらされるrecensionsていたし、それゆえ、このコプト語バージョンは、ギリシャの役に立つの管理のためのテキストです。 The present Peshito, or Syriac Version of Proverbs was probably based on the Hebrew Text, with which it generally agrees with regard to material and arrangement.現在のpeshitoか、またはシリアのバージョンの諺はおそらく、ヘブライ語のテキストに基づいて、それに関しては、通常材料と取り決めに同意します。 At the same time, it was most likely made with respect to the Septuagint, the peculiar readings of which it repeatedly adopts.それと同時に、それが最も高い作られセプトゥアギンタを尊重して、それを繰り返し、特異な測定値を採用します。 The Latin Version of Proverbs, which is embodied in the Vulgate, goes back to St. Jerome, and for the most part closely agrees with the Massoretic Text.ラテン語のバージョンの諺は、これは、ウルガタ聖書に体現され、聖ジェロームにまでさかのぼる、と密接に同意すると、ほとんどの部分massoretic本文です。 It is probable that many of its present deviations from the Hebrew in conformity with the Septuagint should be referred to later copyists anxious to complete St. Jerome's work by means of the "Vetus Itala", which had been closely made from the Greek.これは予想をより多くの現在の偏差セプトゥアギンタはヘブライ語に適合するように規定すべきである聖ジェロームへcopyists不安を完了する手段としての仕事をされ、 "古いリスト"は、密接にされていたのギリシャ語から作られる。

IV. Ⅳ 。 AUTHORSHIP AND DATE原作者と日付

The vexed questions anent the authorship and date of the collections which make up the Book of Proverbs go back only to the sixteenth century of our era, when the Hebrew Text began to be studied more closely than previously. 〜と並んで、原作者の厄介な質問をし、日付を穴埋めするコレクションを予約の諺に戻っだけに、 16世紀の私たちの時代、ヘブライ語のテキストが始まったときに検討されるよりも、以前は次のより緊密です。 They were not even suspected by the early Fathers who, following implicitly the inscriptions in i, 1; x, 1; xxiv, 1 (which bear direct witness to the Solomonic authorship of large collections of proverbs), and being misled by the Greek rendering of the titles in xxx, 1; xxxi, 1 (which does away altogether with the references to Agur and Lamuel as authors distinct from Solomon), regarded King Solomon as the author of the whole Book of Proverbs.彼らは、初期の容疑者の父親もwho 、次のように記された文を暗黙のうちに、私は、 1であり、 x 、 1 ;二十四、 1 (これクマの目撃者を直接ソロモンのコレクションを原作者の大規模なことわざ) 、および、ギリシャのレンダリングに惑わされるのタイトルには、 xxxと1 ; 31回、 1 ( away完全には、作家としての参照をagurと異なるlamuelソロモン) 、キングソロモンの考えとしては、一冊の本の著者諺です。 Nor were they real questions for the subsequent writers of the West, although these medieval authors had in the Vulgate a more faithful rendering of xxx, 1; xxxi, 1, which might have led them to reject the Solomonic origin of the sections ascribed to Agur and Lamuel respectively, for in their eyes the words Agur and Lamuel were but symbolical names of Solomon.またかれらは本物の質問に、その後の作家、西、これらの中世の作家は、ウルガタ聖書をより忠実にいたのレンダリングをxxxと1 ; 31 、 1 、これを拒否するかもしれない主導して生得的にソロモンのセクションの起源agurとlamuelそれぞれ、 agurとの言葉に目をlamuelがしかし、ソロモンの名前を象徴します。 At the present day, most Catholic scholars feel free to treat as non-Solomonic not only the short sections which are ascribed in the Hebrew Text to Agur and Lamuel, but also the minor collections which their titles attribute to "the wise" (xxii, 16- xxiv, 22; xxiv, 23-34), and the alphabetical poem concerning the virtuous woman which is appended to the whole book.現今では、ほとんどのカトリックの学者として気軽に扱う非ソロモンの短いセクションだけでなく、生得的には、ヘブライ語のテキストをagurとlamuel 、かれらのコレクションだけでなく、マイナーなタイトルの属性を"して英明でられる" ( xxii 、 16 -2 4、 2 2、 2 4、 2 3-34) 、および、アルファベット順の詩の高潔な女性全体の予約が追加されています。 With regard to the other parts of the work (i-ix; x-xxii, 16; xxv-xxix), Catholic writers are wellnigh unanimous in ascribing them to Solomon.の他の部分に関しては、以下の作業(私- 9世であり、 x - xxii 、 16 ; 25 - 29 ) 、カトリック作家が全会一致でwellnighソロモンascribingしています。 Bearing distinctly in mind the statement in III (AV I) Kings, iv, 29-32, that, in his great wisdom, Solomon "spoke 3000 Mashals", they have no difficulty in admitting that this monarch may be the author of the much smaller number of proverbs included in the three collections in question.軸受を念頭に置いての声明で明らかに三違反( AV )の王、四、 29-32 、それは、彼の偉大な知恵は、ソロモン"スポーク3000 mashals " 、彼ら難しさがないとはいえ、この君主年5月には、多くの著者小さい数の3つのコレクションに含まれる諺のとおりです。 Guided by ancient Jewish and Christian tradition they feel constrained to abide by the explicit titles to the same collections, all the more so because the titles in the Book of Proverbs are manifestly discriminating with respect to authorship, and because the title, "These also are Mishle Shelomoh, which the men of Ezechias, King of Juda, copied out" (xxv, 1), in particular, bears the impress of definiteness and accuracy.古代ユダヤ人とキリスト教の伝統に導かれて感じるの明示的な制約を順守するタイトルを、同じコレクションは、すべての他のため、この本のタイトルには差別の諺は明らかに原作者を尊重する、とのタイトルのため、 "これらのもmishle shelomohでは、男性のezechias 、キングオブjuda 、コピーアウト" ( 25 、 1 ) 、特に、クマの定性と精度を感心させるのです。 Lastly, looking into the contents of these three large collections, they do not think that anything found therein with respect to style, ideas, historic background etc. should compel anyone to give up the traditional authorship, at whatever time–either under Ezechias, or as late as Esdras–all the collections embodied in the Book of Proverbs reached their present form and arrangement.最後に、これら3つの内容を検討して大規模なコレクションを、彼らはないと思うが見つかりましたそこに何かを使用してスタイルを尊重、アイデア、歴史的背景等を放棄するのは誰強要する伝統的な原作者は、何時間されてezechias -のいずれか、または遅ければエスドラス書-のすべてのコレクションに体現され、書籍の諺に達して現在の形や配置します。 A very different view concerning the authorship and date of the collections ascribed to Solomon by their titles is gaining favour among non-Catholic scholars.原作者は非常に異なるし、日付を対象に関する生得的にソロモンのコレクションは、そのタイトルを獲得非カトリック教徒の学者のうち賛成です。 It treats the headings of these collections as no more reliable than the titles of the Psalms.件名に扱われるため、これらのコレクションのタイトルとしてこれ以上の信頼性よりも、詩篇を授けた。 It maintains that none of the collections comes from Solomon's own hand and that the general tenor of their contents bespeaks a late post-exilic date.それを維持することなしのコレクションからソロモンの自身の手と、その内容は、一般的なテナーのbespeaks流浪の日付以降のポストです。 The following are the principal arguments usually set forth in favour of this opinion.校長は、次の引数は、通常は、次の意見を賛成に規定されています。 In these collections there is no challenge of idolatry, such as would naturally be expected if they were pre-exilic, and monogamy is everywhere presupposed.これらのコレクションはない偶像崇拝の挑戦など、予想は当然のことながら彼らは事前に追放された場合、どこと浮気をしないことが前提です。 It is very remarkable, too, that throughout no mention is made of Israel or of any institution peculiar to Israel.ことは非常に注目すべきは、あまりにも、それを通して何も言及が行われるのイスラエルやイスラエルのあらゆる機関に特有のです。 Again, the subject of those collections is not the nation, which apparently no longer enjoys independence, but the individual, to whom wisdom appeals in a merely ethical, and hence very late, manner.繰り返しになりますが、これらのコレクションの対象ではない国、独立性を明らかにenjoysもはや、しかし、個々の、誰に知恵を単に倫理的な訴えをし、それゆえ非常に遅く、態度です。 The personification of wisdom, in particular (chap. viii), is either the direct result of the influence of Greek upon Jewish thought, or, if independent of Greek philosophy, the product of late Jewish metaphysics.知恵の化身、特に( chap. viii )在庫は、いずれかの直接の結果をギリシャ語にユダヤ人の思想の影響を受けてか、または、独立したギリシャ哲学の場合、以降のユダヤ人の形而上学の製品です。 Finally, the close spiritual and intellectual relation of Proverbs to Ecclesiasticus shows that, however great and numerous are the differences in detail between them, the two works cannot be separated by an interval of several centuries.最後に、精神と知的の関係を閉じる諺に集会の書によると、しかし、数々の大きな相違点を詳細には、それらの間の、 2つの作品にすることはできません間隔で区切られたいくつかの世紀です。 Despite the confidence with which some modern scholars urge these arguments against the traditional authorship of i-ix; x-xxii, 16; xxv,- xxix, a close examination of their value leaves one unconvinced of their proving force.にもかかわらず、いくつかのモダンな学者の信頼性を促すこれらの引数に対して、従来の原作者のI - 9世であり、 x - xxii 、 16 、 25 、 -2 9は、その値に近い葉の検査証明力の1つ納得できない。

I. NAMES AND GENERAL OBJECT i.一般的なオブジェクトの名前と

The Book of Proverbs is justly numbered among the protocanonical writings of the Old Testament.この本の諺protocanonical間の番号は当然、旧約聖書の記述です。 In the first century of our era its canonical authority was certainly acknowledged in Jewish and Christian circles, for the Sacred Writers of the New Testament make a frequent use of its contents, quoting them at times explicitly as Holy Writ (cf. Romans 12:19-20; Hebrews 12:5-6; James 4:5-6, etc.).第一世紀の私たちの時代は、確かにその正規の権威を認められたユダヤ人とキリスト教界は、新約聖書の神聖な作家は、その内容を頻繁に使用し、先回の話を引用して明示的に神聖な令状( cf.ローマ人への手紙12:19 -20 ;ヘブル人への手紙12:5-6 ;ジェームズ4:5-6 、等) 。 It is true that certain doubts as to the inspiration of the Book of Proverbs, which had been entertained by ancient rabbis who belonged to the School of Shammai, reappeared in the Jewish assembly at Jamnia (about AD 100); but these were only theoretical difficulties which could not induce the Jewish leaders of the time to count this book out of the Canon, and which in fact were there and then set at rest for ever.それは事実だが、特定の疑問には、予約の諺のインスピレーションは、古代のラビを楽しまされていた学校のshammai whoに属して、アセンブリに再現されたユダヤ人jamnia (約広告100 ) ;しかし、これらは理論的な困難のみユダヤ人の指導者を誘導できませんでしたがタイムアウトをカウントするこの本は、キヤノン、および実際にこれがあると入力し、残りを設定されています。 The subsequent assaults of Theodore of Mopsuestia (d. 429), of Spinoza (d. 1677), and of Le Clerc (d. 1736) against the inspiration of that sacred book left likewise its canonical authority unshaken.その後の攻撃のモプスエスティアのテオドロス(民主党429 ) 、スピノザ(民主党1677 ) 、および、ルクレール(民主党1736 )に反対する神聖なインスピレーション予約左同様に、正規の権限を不動のです。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to Fr.性のおかげでフランス語です。 John Hilkert and St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume XII.ジョンhilkertと聖マリア教会、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

For Introductions to the Old Testament see INTRODUCTION.を参照し、旧約聖書の導入を紹介しています。 Recent commentaries–Catholic: ROHLING, (Mainz, 1879); LESÊTRE (Paris, 1879); FILLION (Paris, 1892); VIGOUROUX (Paris, 1903); KNABENBAUER (Paris, 1910).最近の論評-カトリック: rohling 、 (マインツ、 1879 ) ; lesêtre (パリ、 1879 ) ; fillion (パリ、 1892 ) ; vigouroux (パリ、 1903 ) ; knabenbauer (パリ、 1910 ) 。 Protestant: ZÖCKLER (tr. New York, 1870); DELITSCH (tr. Edinburgh, 1874); NOWACK (Leipzig, 1883); WILDEBOER (Freiburg, 1897); FRANKENBERG (Göttingen, 1898); STRACK (Nördlingen, 1899); TOY (New York, 1899).プロテスタント: zöckler ( tr.ニューヨーク、 1870 ) ; delitsch ( tr.エジンバラ、 1874 ) ;ノバック(ライプチヒ、 1883 ) ; wildeboer (フライブルク、 1897 ) ;フランケンベルグ(ゲッティンゲン、 1898 ) ;シュトラック( nördlingen 、 1899 ) ;おもちゃ(ニューヨーク、 1899 ) 。 General works: MEIGNAN, Solomon, son règne, ses écrits (Paris, 1890); CHEYNE, Job and Solomon, (New York, 1899); KENT, The Wise Men of Ancient Israel (New York, 1899); DAVISON, The Wisdom Literature of the Old Testament (London, 1900).一般的な著作物: meignan 、ソロモン、息子règne 、 ses écrits (パリ、 1890 ) ;チェーンストークス、仕事とソロモンは、 (ニューヨーク、 1899 ) ;ケントにして英明で男性の古代イスラエル(ニューヨーク、 1899 ) ;デービソン、の英知を結集する文学、旧約聖書の(ロンドン、 1900 ) 。


Book of Proverbs予約の諺

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Title and Divisions. >標題および部門です。

Not Solomonic.特定ソロモンのです。

Wisdom.知恵です。

No Immortality or Messiah.不朽の名声やメシアない。

Date.日付。

Title and Divisions. >標題および部門です。

One of the Ketubim, or Hagiographa, belonging to the group of "Ḥokmah," or "Wisdom" books.のいずれかのketubimか、またはhagiographa 、そのグループに所属する" ḥokmah " 、または"叡智"の書籍です。 The Masoretic superscription to the first and twenty-fifth chapters is "Proverbs of Solomon" ("Mishle Shelomoh"; and so in the subscription to the book in the Alexandrian and Sinaitic Greek MSS.); but in the Greek and in later Jewish usage (and in the AV and RV) the book is entitled simply "Proverbs" ("Mishle"). masoretic表題をすると、最初の二十五章では、 "ソロモンの諺" ( " mishle shelomoh " ;とするので、定期購読して、予約は、ギリシャ語mss sinaiticアレクサンドリアとします。 ) ;しかし、ギリシャ語およびそれ以降のユダヤ人の利用方法(とは、 AVや右心室)この本は、単に権利"諺" ( " mishle " ) 。 The longer title belonged originally to the central collection of aphorisms, x.もともと長いタイトルを、中央のコレクションに属しaphorisms 、 Xの 1-xxii. 1 - xxii 。 16, and to xxv.-xxix., and may have been extended early to the whole work, but the shorter form became the predominant one, as, indeed, there are other titles to certain sections (xxii. 17, xxx. 1, xxxi, 1). 16日、とxxv. - 29 。 、および5月初めにも拡張して全体の作業は、フォームより短くなったが、 1つの優勢として、実際のところ、特定のセクションには、他のタイトルを( xxii. 17日、 xxxです。 1 、 31 、 1 ) 。 It is uncertain whether or not the name "Wisdom" (or "All-Virtuous Wisdom"), common in early Christian writings (Clement of Rome, "Corinth," i. 57; Eusebius, "Hist. Eccl." iv. 22 et al.), was of Jewish origin; the designation "Book of Wisdom" in the Talmud (Tosef., BB 14b) may be a descriptive term and not a title, and the citation of Job xxviii.それかどうかの名前かどうかは定かではなく"叡智" (または"すべての高潔な知恵" ) 、キリスト教の初めに共通の文章(クレメントのローマ、 "コリント、 "の経験I.クリチバ57 ;ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " Ⅳ 。 22らです。 )は、ユダヤ人の起源;の種別"予約の叡智"は、タルムード( tosef. 、 bb 14b ) 5月は、わかりやすい言葉ではなく、タイトル、および28の引用の仕事です。 12 ("But where shall wisdom be found?") at the beginning of the Midrash merely indicates that the book belongs in the Ḥokmah category. 12 ( "しかし、ここでの知恵が見つかったものですか? " )の冒頭には、単にミドラーシュを示しては、この本に属しますḥokmahカテゴリをクリックします。

The following divisions of the book are indicated in the text: (1) A group of discourses on the conduct of life (i.-ix.), comprising the praise of wisdom as the guide of life (i.-iv.); warnings against unchaste women (v.-vii.; with three misplaced paragraphs, vi. 1-19, against certain social faults); the description of wisdom as the controller of life and as Yhwh's companion in the creation of the world (viii.); and a contrast between wisdom and folly (ix.; with a misplaced collection of aphorisms, ix. 7-12).その本は、次の部分が示されているテキスト: ( 1 )のグループが談話での生活上の行為( i.-ix. ) 、構成の称賛のガイドとしての生活の知恵( i.-iv. ) ;不貞の女性に対する警告(動- Ⅶ 。 ;見当違いの3つの段落、 Ⅵ 。 1-19 、反対の特定の社会的断層) ;の説明をコントローラとしての生活の知恵とyhwhのコンパニオンが、世界の創造( viii. ) ;知恵と愚かさとコントラストの間に( ix. ; aphorisms 、見当違いのコレクションを、 9世です。 7-12 ) 。 (2) A collection, or book, of aphoristic couplets (x. 1-xxii. 16). ( 2 )を集めたものか、または予約の格言couplets ( Xの1 - xxii 。 16 ) 。 (3) Two small groups of aphoristic quatrains (xxii. 17-xxiv. 22 and xxiv. 23-34). ( 3 ) 2つの小グループの格言quatrains ( xxii. 17 - 24 。 22と24です。 23-34 ) 。 (4) A second collection of couplets (xxv.-xxix). ( 4 ) 2番目のコレクションのcouplets ( xxv. - 29 ) 。 (5) A miscellaneous group of discourses and numerical aphorisms (xxx.-xxxi.), mostly in tetrads: reverent agnosticism (xxx. 1-4); certainty of God's word (5-6); a prayer (7-9); against slandering a servant (10); against certain vices and errors (11-33); a code for a king (xxxi. 1-9); a picture of a model housewife (10-31). ( 5 )その他のグループの談話で、数値aphorisms ( xxx. - 31 。 )が、そのほとんどがtetrads :敬けんな不可知論( xxx. 1-4 ) ;の確信を神の言葉( 5-6 ) ;祈りの言葉を( 7-9 ) ;反対slandering 、使用人( 10 ) ;に対して、特定の悪弊とエラー(一一〜三三) ;するコードを確認するにキング( xxxi. 1-9 ) ;する画像は、モデルの主婦( 10月31日) 。 These divisions, various in form and content, suggest that the book was formed by the combination of a number of booklets.これらの部門は、様々な形式と内容は、示唆して形成されたこの本は、いくつかの小冊子の組み合わせです。

Not Solomonic.特定ソロモンのです。

The ascription of the book to Solomon, in the titles and in tradition, is without valid foundation.その本にソロモンの帰属は、伝統のタイトルとは、有効な財団はなし。 In the Prophets and Psalms titles are admittedly not authoritative-they are based on the feeling or guesses of late scribes, not on documentary evidence-and they can not be more trustworthy here.タイトルは、預言者と詩篇を授けたのは、確かに権限のない-彼らは、感情や推測に基づいて以降のscribesではなく、証拠書類や他の信頼することはできません。 The elaborate heading to the section xxv.-xxix.手の込んだのセクションの見出しをxxv. - 29です。 ("Proverbs of Solomon Edited by Scholars of Hezekiah's Court") is paralleled by the superscriptions to some of the Psalms (li., lix., lx.), which are manifestly untrustworthy. ( "ソロモンの諺学者の編集をhezekiahの裁判所" )はsuperscriptionsを並列化されたいくつかの詩篇を授けた( li. 、 59 。 、 lx 。 ) 、これは明らかに信用できない。 Hezekiah'stime may have been chosen by the author of this heading because he regarded the collection xxv.-xxix. hezekiah'stime年5月に選ばれたの作者は、次の見出しのため、彼のコレクションxxv. - 29と考えています。 as later than x.-xxii.としてより後のXの- xxii 。 16, and therefore to be referred to the Augustan age of Hezekiah, which followed the golden age of David and Solomon. 16日、およびそのためにアウグストゥス帝の時代に言及してhezekiah 、その後の黄金時代のダビデとソロモンです。 But there is no proof that the age of Hezekiah was Augustan; on the contrary, it was a period of conflict, and the work of editing and combining did not begin till a century or two later.しかし証拠は何もない時代には、 hezekiahは、アウグストゥス帝;はその反対に、それは期間の紛争、との仕事を始めるまでの編集と組み合わせることをしなかったまたは2つの世紀へ。 Moreover, as is pointed out below, the thought of the Book of Proverbs is as alien to the Hezekian as to the Solomonic age.また、下には指摘する、という考えは、予約の諺は、外国人をhezekianとしては、ソロモンの年齢です。

In the first place, there is no trace in the book of the religious problems and conflicts of the pre-exilic period.まず第一に、この本ではないのトレースや紛争、宗教的な問題が発生期間は、事前に追放された。 The Prophets, from Amos to Ezekiel, are in deadly fear of foreign cults, and testify, during this whole period, that Israel is more or less given over to the worship of other gods than Yhwh and to idolatry.は、預言者、エゼキエル書よりアモスには、死の恐怖に外国人カルト、との証言は、この全期間中、イスラエルは多かれ少なかれ与えられた以上の他の神々を崇拝偶像崇拝よりyhwhとします。 The polemic against such infidelity is the dominant note of the prophetic preaching down to the latter half of the sixth century.このような不貞の論客に対しては、優性の注意事項を予言説教ダウンして、 6世紀後半です。 But in Proverbs there is not a word of all this.しかし、諺のすべての単語がないです。 Monotheism is quietly taken for granted.一神教は静かに当たり前です。 There is no mention of priests or prophets (the word "vision" in xxix. 18 is a clerical error); the sacrificial ritual is almost completely ignored.司祭がないかに言及した預言者(単語"ビジョン"が29 。 18は、事務的な誤り) ;のいけにえの儀式はほぼ完全に無視されます。 Throughout the literature till the time of Ezra the national interest is predominant; here it is quite lacking-the name Israel does not occur.文学までの時間をして、国益にエズラが優勢;ここでは非常に欠けてイスラエルの名は発生しません。 The religious atmosphere of the book is wholly different from that which characterizes Jewish thought down to the end of the fifth century.宗教的な雰囲気の中、この本は、完全に異なることがユダヤ人の特徴を考え、 5世紀の終わりにします。

Wisdom.知恵です。

In no point is the change more noticeable than in the attitude toward wisdom.はないの変更点は、他の顕著な態度を取るよりも知恵です。 The wisdom of the pre-Ezran Old Testament writings is shrewd common sense and general keen intelligence (II Sam. xiv.; I Kings iii.); and because it was controlled by worldly considerations it was looked on with disfavor by the Prophets as not being in harmony with the word of God as they understood it (Jer. viii. 9, ix. 23; Ezek. vii. 26).プレezranの英知を結集する旧約聖書の記述は、抜け目のない一般的な常識と鋭い知性( 2サムします。 14 。 ;私キングスⅢ 。 ) ;とは、制御されるので、世俗的配慮を失うことは、顔をされた預言者ではないにさと調和して、神の言葉として理解されて彼ら( jer. Ⅷ 。 9日、 9世です。 23 ; ezek 。 Ⅶ 。 26 ) 。 In Proverbs it stands for the broadest and highest conception of life, and is identified with the law of God.諺を広いことを表して、人生の最高の概念とは、神の法を識別します。 Yet it is the utterance of sages, whose counsel is represented as the only sufficient guide of conduct (i.-iv., xxii. 17-21).まだそれは、発話の賢、その弁護人はガイドとして表現され、十分なだけの行為( i.-iv. 、 xxii 。 17-21 ) 。 The sages do not employ the prophetic formula "Thus saith the Lord" or appeal to the law of Moses; they speak out of their own minds, not claiming divine inspiration, yet assuming the absolute authoritativeness of what they say-that is, they regard conscience as the final guide of life.賢はありません予言する数式を採用し"このように、主sayの三人称単数直説法現在形"または法に訴えるものがあるモーゼス;彼らを無視して話す自分の心ではなく、神の主張にインスピレーションを得たのはまだありませんauthoritativenessと仮定して絶対彼らの言うこと-それは、彼らに関して人生の最後のガイドとしての良心です。 While the contents of the book are various, parts of it dealing with simple, every-day matters, the prevailing tone is broadly religious: God is the ruler of the world, and wisdom is the expression (through human conscience) of His will.この本の内容の中にはさまざまな、部品を扱う単純なことは、日ごとに問題は、有力な宗教的なトーンは、大まかに:神は、世界の支配者、と知恵は、表現(を通して人間の良心)の意志です。 In one passage (viii.), animated by a fine enthusiasm, wisdom is personified (almost hypostatized) as a cosmic force, the nursling of God, standing by His side at the creation of the world (comp. Job xxviii.; Wisdom of Solomon vii.). 1つの通過( viii. ) 、アニメーションの罰金に熱意、知恵の権化のような人(ほぼhypostatized )を宇宙の力は、神の秘蔵っ子、彼の側に立っては、創造の世界( comp.二十八の仕事です。 ;の知恵ソロモンⅦ 。 ) 。 This conception, foreign to the pre-Ezran Old Testament thought, suggests the period when the Jews came under Greek influence.この概念は、外国人は、事前にezran旧約聖書の思想、提案されて来たユダヤ人の時期にギリシャ語に影響を与える。

No Immortality or Messiah.不朽の名声やメシアない。

The theology of Proverbs is the simplest form of theism.諺の神学は、最も簡単な形式の有神論です。 The individual man stands in direct relation with God, needing no man or angel to act as mediator (comp. Job v. 1. xxxiii. 23).スタンドで、個々の直接の関連性を持つ男の神、天使に行動する必要のない人や調停者として( comp.仕事v. 1 。 33 。 23 ) 。 No supernatural being, except God, is mentioned.超自然的存在いいえ、神を除いては、言及します。 Salvation lies in conduct, which is determined by man's will.救世うそを行う、これは人間の意志によって決定されます。 Men are divided into two classes, the righteous and the wicked: the former are rewarded, the latter punished, by God; how one may pass from one class into the other is not said.男性は2つのクラスに分かれて、正しいと、悪しき:元が報われ、後者に罰せられる、神;方法について1つ1つのクラスパスを5月にはもう一つのではないと述べた。 Reward and punishment belong to the present life; the conception of the underworld is the same as in the body of Old Testament writings; there is no reference to ethical immortality (on xi. 7 and xiv. 32 see the commentaries).報酬と罰に属して、現在の生活;という概念は、アンダーボディは、同じように、旧約聖書の記述;はないの参照を倫理的不死(上XI 。の7と14 。 32を参照して論評)です。 Wickedness leads to premature death (v. 5, ix. 18, et al.); wisdom confers long life (iii. 16).早死にリードを邪悪(動5 、 9世です。 18 、他アルです。 ) ;知恵confers長寿命( iii. 16 ) 。 Doubtless the authors, pious men, observed the national sacrificial laws (xv. 8), but they lay no stress on them-they regard conduct as the important thing.疑いの著者に、信心深い人は、国家いけにえの観察法( xv. 8 ) 、かれらにレイアウトされてストレスのない彼らの重要な点として行うものです。 The book contains no Messianic element.この本が含まれていない救世主のような要素を作成します。 The description in xvi.の記述では16です。 10-15 is of the ideal king, who is controlled by the human law of right (in contrast with the delineations in Isa. xi. 1-5, xxxii. 1, 2; Zech. ix. 9). 10-15は、理想的な王、 whoの法則によって制御され、人間の権利(これとは対照的をdelineations ISAのです。 XI 。の1-5 、 32 。 1 、 2 ;ツェッヒ。 Ⅸ 。 9 ) 。 This attitude may point to a time when there was a lull in the general Messianic i nterest (about 250-200 BC), but it is satisfactorily accounted for by the supposition that the sages, concerned with the inculcation of a universal code of life, took little interest in the popular hope of a restoration of national independence. 5月のこのような態度をポイントして、時間がある場合は、 [全般的な小康救世主私nterest (約二五〇から二〇 〇まで紀元前) 、それは前連結会計年度で満足のいくものと仮定して、賢、懸念して説くことは、人生の普遍的規範、は、人気の希望にほとんど関心を国家の独立を回復します。 Proverbs bears witness, especially in the first and the third division, to the existence of some sort of organized higher instruction at the time when it was composed.諺のクマの目撃者、特に、最初の3番目の課と、組織が存在するいくつかの並べ替えの高い命令は、構成されたときには時間です。 The frequent form of address, "my son," indicates the relation of a teacher to his pupils.フォームのアドレスを頻繁に、 "私の息子は、 "教師の関係を示して彼の生徒です。 There is no information regarding regular academies before the second century BC (from Antigonus of Soko onward), but it is probable that those that are known did not spring into existence without forerunners.定期的にはない情報については紀元前2世紀の前にアカデミー(アンティゴノスの倉庫から以降) 、それは予想しなかったがそれらのことが分かって春に存在せず先駆者です。 The instruction in such schools would naturally be of the practical ethical sort that is found in Proverbs (on the "mashal" form here adopted see Proverbs).このような学校の命令は当然のことながら、実用的な倫理的な並べ替えでは発見さ諺(上の" mashal "フォームここで採択諺を参照) 。 The book has been always highly valued for the purity and elevation of its moral teaching.この本を高く評価され、常に純粋さと道徳的な教育が昇格するのです。 Not only are justice and truthfulness everywhere enjoined, but revenge is forbidden (xxiv. 17), and kindness to enemies insisted on (xxv. 21).正義と真実だけでなく、どこが差し止められた場合、しかし、リベンジは禁止されて( xxiv. 17 ) 、と親切に敵を主張して( xxv. 21 ) 。 The conception of family life is a high one: monogamy is taken for granted; children are to honor parents, and parents to be the guides of children; an honorable position is assigned the wife and mother.ご家族の生活の概念は、高1つ:浮気をしないことは当たり前;子供たちが両親に敬意を払う、と親になる人の子供たちのガイドに沿って;名誉ある地位の妻と母親が割り当てられています。 Infidelity on the part of a married woman is denounced at length (v., vii.), and the youth is repeatedly warned against the "strange woman," that is, the unchaste wife of another man.不倫をする既婚女性の部分の長さは非難に(動、 Ⅶ 。 ) 、との青少年が繰り返し警鐘を鳴らしてきた"奇妙な女性、 "これは、別の男性の妻の不貞です。 There are many maxims relating to thrift and economy (vi. 1-11, xxvii. 23-27, et al.).倹約には多くの格言に関連する経済部( vi. 1-11 、 27 。 23-27 、他アルです。 ) 。 Excess is denounced, and self-control and temperance enjoined.過剰に非難し、差し止めと自己制御と禁酒します。 The motive urged for well-doing is well-being, success, and happiness.の動機を求めていることはよくウェルビーイング、成功と幸福をします。 In so far the ethical system is utilitarian, but the success presented as a goal, while sometimes merely material (xi. 15; xviii. 2, 18, et al.), rises at other times to the height of an ideal conception of a happy life (iii., viii.).がこれまでのところ、功利主義的倫理的なシステムは、提示さが、成功を目標に掲げて、ときには単に材料( xi. 15 ; 18 。 2 、 18 、他アルです。 ) 、上昇して他の倍の高さを理想的な概念は、幸せな生活( iii. 、 Ⅷ 。 ) 。 In this higher sense the utilitarian view approaches the idea of a life devoted to humanity, though this idea is not definitely expressed in Proverbs.この意味での功利主義的な見解が高いのアプローチのアイデアは、人類の生活をテーマに、このアイデアではないdefinitely諺で表現されます。

Date.日付。

The characteristics described above point to the post-Ezran period as the time of origination of the book; to this period alone can be referred the tacit recognition of monotheism and monogamy, the absence of a national tone, and the marks of a developed city life.上記の特性をポイントして、ポストezran期間としては、発信時の予約;をこの期間だけでは暗黙の認識に言及する一神教と浮気をしないことは、国家トーンの欠如と、マルクの先進都市生活です。 These traits are reproduced in Ben Sira (BC 190), the similarity of whose thought to that of Proverbs is obvious.これらの特徴が再現されベン欠陥(紀元前190 )は、類似性が考えられている諺は明白です。 But this latter is made up of different parts that appear to be of different dates.しかし、この後者のさまざまな部分にはさまざまな日程と思われる。 From a comparison of thought and form the following conclusion may be regarded as probable: The earliest collections (about the year 400) were the aphorisms contained in x.-xv., xvi.-xxii.フォームからの思想との比較は、次の結論を5月と見なされる確率:最古のコレクション(については、年400 )は、 aphorismsに含まれてx.-xv. 、 xvi. - xxii 。 16, xxv.-xxvii., and xxviii.-xxix., from which later editors formed the two booklets, x.-xxii. 16日、 xxv. - 27 。 、およびxxviii. - 29 。 、どのへエディターを形成してから2つの冊子、 Xの- xxii 。 16 and xxv.-xxix. 16 xxv. - 29です。 (350-300). ( 350から300まで) 。 A little later came the collection of more elaborate quatrains, xxii.少し後に来たのコレクションの他の精巧なquatrains 、 xxii 。 17-xxiv., and, toward the middle of the third century, the sustained discourses of i.-ix. 17 - 24 。 、および、真ん中に向かって3番目の世紀の間、持続的な談話をi.-ix. The latest section, probably, is xxx.-xxxi., and the whole may have been edited not long before the year 200.の最新のセクションでは、おそらく、 xxx. - 31 。 、および編集が全体の5月は200年の前に長いです。 These dates are approximate, but it seems reasonably certain that the book is later than the year 400 BC On the objection made to its canonization see Bible Canon (§ 11); on the text and versions see the commentaries.これらの日程はおよそ、それは合理的に特定のには、この本は、紀元前400年より後の異議申立を行った聖書の列聖を参照キヤノン( § 11 ) ;上のテキストとのバージョンを参照して解説します。 In the Septuagint the order of subsections in the third, fourth, and fifth divisions is as follows: xxii.サブセクションの順序をセプトゥアギンタは、第三、第四に、と5番目部門は以下のとおりです: xxii 。 17-xxiv. 17 - 24 。 22; xxx. 22 ; xxx 。 1-14; xxiv. 1-14 ; 24 。 23-34; xxx. 23-34 ; xxx 。 15-33; xxxi. 15〜33 ;参拾壱です。 1-9; xxv.-xxix.; xxxi. 1-9 ; xxv. - 29です。 ;参拾壱です。 10-31. 10月31日です。 Whether this divergence from the Hebrew order is due to accident, or to caprice, or to an original difference of arrangement, it is hardly possible to say.この発散かどうかヘブライ語からのご注文は事故のために、あるいは気まぐれか、またはをオリジナルの配列の違いは、可能性を言うことがほとんどです。

Crawford Howell Toyクロフォードハウエルおもちゃ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Text:本文:

Baumgartner, Etude Critique sur l'Etat du Texte du Livre des Proverbes, 1890; Bickell, in WZKM 1891; Pinkuss (Syriac version), in Stade's Zeitschrift, 1894; Grätz, in his Monatsschrift, 1884, and Emendationes, 1892-94; Chajes, Proverbien Studien, 1899; Müller and Kautzsch, in SBOT 1901. baumgartner 、練習曲批評シュールl'のEtatデュtexteデュリーヴルデproverbes 、 1890 ; bickellは、 wzkm 1891 ; pinkuss (シリア語版)は、スタジアムのzeitschrift 、 1894 ; grätz 、彼のmonatsschrift 、 1884 、およびemendationes 、 1892年から1894年;チェイジュス、 proverbien studien 、 1899 ;ミュラーとカウチは、 sbot 1901 。 Translations and Commentaries: Midrash Mishle, ed.技術情報の翻訳や解説:ミドラーシュmishle 、エドです。 Buber, 1893; Saadia, ed.ブーバー、 1893 ; saadia 、エドです。 Derenbourg, 1894; Rashi, Ibn Ezra, Levi b.ドランブール、 1894 ; rashi 、イブンエズラ、レヴィb. Gershom, in Giggeius, In Proverbia Salomonis, 1620.ゲルショムは、 giggeiusは、 proverbia salomonis 、 1620 。

For other Jewish commentaries see L. Dukes, in Cahen, La Bible, 1847, and H. Deutsch, Die Sprüche Salomon's nach Talmud und Midrasch Dargestellt, 1887; Ewald, Poetische Bücher des AT's, 1837, 1867; Delitzsch, Commentary, English transl., 1875; Nowack, in Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch, 1887; Frankenburg, in Nowack's Hand-Kommentar, 1898; Toy, in International Critical Commentary, 1899.他のユダヤ人の解説を参照l.デュークスは、カエン、ラ聖書、 1847 、および笠原マップDeutsch 、死ぬsprücheソロモンのタルムードund nach midrasch dargestellt 、 1887 ;エーヴァルト、 poetische bücherデでの、 1837 、 1867 ;デリッチ、解説、英語translです。 、 1875 ;ノバックは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch 、 1887 ;フランケンブルグは、ノバックの手- kommentar 、 1898 ;おもちゃ、国際的批判的論評、 1899 。

See also Bois, La Poésie Gnomique, 1886; Cheyne, Job and Solomon, 1887; Monteflore, Notes upon Proverbs, in JQR 1889-90.こちらもボア、ラpoésie gnomique 、 1886 ;チェーンストークス、仕事とソロモン、 1887 ; monteflore 、ノートに諺は、 1889年から1890年にjqrです。 Parallels from other literatures are given by Malan, Original Notes on the Book of Proverbs, 1889-93, and G. Jacobs, Altarabische Parallelen zum AT 1897.T.他の文献から類似点が与えられたマラン、オリジナルのノート上の書籍の諺は、 1889年から1893年、およびg.ジェイコブス、 altarabische parallelen zumで1897.t.


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです