Book of Psalms, Psalter予約の詩篇を授けた、 psalter

General Information 総合情報

The Book of Psalms, in the Old Testament of the Bible, is the largest collection of Hebrew religious poetry; it consists of 150 pieces divided into 5 sections.予約の詩篇を授けたのは、旧約聖書の聖書は、ヘブライ語は最大規模のコレクションの宗教的な詩;ことは、 150個のセクションに分かれて5 。 Originally spoken or sung in various worship settings, the psalms were composed individually from the 10th through the 4th century BC and compiled in their present form by at least 200 BC.もともと話さまたは歌われる様々な崇拝の設定は、詩篇を授けたが、 10日から個別に構成すると紀元前4世紀に現在の形にコンパイルされ、少なくとも200紀元前です。 Tradition assigns the psalms to King David, but the titles to particular psalms also name Moses, Solomon, Ethan, Asaph, and the sons of Korah as authors. The psalms are numbered differently in various versions of the Bible.詩篇を授けたの伝統を割り当てますキングデビッド、しかし、タイトルにも名を特定の詩篇を授けたモーゼ、ソロモン、イーサン、アサフ、とカールーンとしての息子の作者に帰属します。 に詩篇を授けたの番号が異なるさまざまなバージョンの聖書です。

Like all Hebrew poetry, the psalms are written in parallel lines that balance word masses, images, and thoughts and have the effect of nuancing and emphasizing the sense through a skilled mixture of repetition and variation.すべてのヘブライ語のような詩は、詩篇を授けたが平行線をバランスを言葉で書かれて大衆、画像、との考えとは、効果を強調してnuancingと熟練した感覚を介して混合液の繰り返しと変化します。 The thought in parallel lines may be repeated, contrasted, or extended and qualified.という考えが平行線年5月に繰り返されると、対照的か、または拡張および認定します。 The same literary devices appear also in Canaanite religious poetry from Ugarit in Syria.また、同じ文学のデバイスが表示さugaritカナンシリアから宗教的な詩です。 It is evident that Israel took over these forms and styles along with the Canaanite language.これは明らかにイスラエルとスタイルを引き継いだとともに、これらのフォームカナン言語です。 Babylonian, Assyrian, and Egyptian influences are also seen in the psalms.バビロニア、アッシリア、エジプトの影響を受けた人にも見られる詩篇を授けた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Many psalms can be classified into major literary types:多くの詩篇を授けたことに分類される主要な文学の種類: Many stock themes and terms, such as the contrast between pious and ungodly and between wise and foolish, indicate that the psalm form opened up to didactic and reflective piety based on wisdom and the Law.多くの株式テーマや条件などのコントラストを実現しそうにないとの間に賢明と愚かなとんでもないとの間に、フォームをオープンによりますと、最大教則詩篇第信心深さと反射法に基づいて、知恵とします。 Additional psalms appear in the historical and prophetic books of the Old Testament, further emphasizing that the Book of Psalms is a selective collection from a far larger body of literary materials.追加詩篇を授けたの歴史と表示され、旧約聖書の予言の書籍は、より詳細な詩篇を授けたを強調するには、この本のコレクションからは、選択的にはるかに大きな体の文学材料です。

Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
AL Ash, Psalms (1980); ME Chase, The Psalms for the Common Reader (1962); L Dunlop, Patterns of Prayer in the Psalms (1982); HH Guthrie, Israel's Sacred Songs (1984); R Knox, The Psalms (1947); HJ Kraus, Theology of the Psalms (1986); WM Kroll, Psalms (1987); SO Mowinckel, The Psalms in Israel's Worship (1962); WOE Oesterley, The Psalms (1939); SL Terrien, The Psalms and Their Meaning for Today (1952); C Westerman, The Psalms (1980).アル灰、詩篇を授けた( 1980 ) ;私チェースは、詩篇を授けたは、共通のリーダー( 1962 ) ;左ダンロップ、パターンの祈りは、詩篇を授けた( 1982 ) ; hhガスリー、イスラエルの神聖な曲( 1984 ) ;研究ノックスは、詩篇を授けた( 1947 ) ;都HJクラウス、神学に詩篇を授けた( 1986 ) ;ウインドウマネージャクロル、詩篇を授けた( 1987 ) ;のでmowinckelは、詩篇を授けたが、イスラエルの礼拝( 1962 ) ;悲痛エスタリは、詩篇を授けた( 1939 ) ; slテリエンは、詩篇を授けたとその意味を今日( 1952 ) ; cウェスターマンは、詩篇を授けた( 1980 ) 。


Book of Psalms予約の詩篇を授けた

Brief Outline簡単な概要

  1. Psalms 1-41詩篇を授けた一から四十一まで
  2. Psalms 42-72詩篇を授けた四二から七二
  3. Psalms 73-89詩篇を授けた73から89まで
  4. Psalms 90-106詩篇を授けた九〇から一〇六まで
  5. Psalms 107-150詩篇を授けた107〜150


Psalms詩篇を授けた

Advanced Information 高度情報

The psalms are the production of various authors.に詩篇を授けたの生産は、様々な作者に帰属します。 "Only a portion of the Book of Psalms claims David as its author. Other inspired poets in successive generations added now one now another contribution to the sacred collection, and thus in the wisdom of Providence it more completely reflects every phase of human emotion and circumstances than it otherwise could." "の部分だけをその本の著者としてデビッド債権の詩篇を授けた。他の世代に連続しインスピレーション詩人に追加されました今すぐ今すぐ別の貢献をする1つの神聖なコレクションは、プロビデンスの英知を結集するために完全に反映したことの他のすべての段階で人間の感情や状況よりも他のが。 " But it is specially to David and his contemporaries that we owe this precious book.しかし、これは特別なことをデビッドとその周辺、この貴重な書籍のおかげです。 In the "titles" of the psalms, the genuineness of which there is no sufficient reason to doubt, 73 are ascribed to David.は、 "タイトル"に詩篇を授けたのは、純粋の余地のない疑いをする十分な理由が、 73アール生得的に、デビッドです。 Peter and John (Acts 4:25) ascribe to him also the second psalm, which is one of the 48 that are anonymous.ピーターとジョン(行為4:25 )詩篇第2番目のものとみなす彼も、これは48の1つには匿名性があります。 About two-thirds of the whole collection have been ascribed to David.全体の約3分の2が生得的にデビッドのコレクションです。 Psalms 39, 62, and 77 are addressed to Jeduthun, to be sung after his manner or in his choir.詩篇を授けた39 、 62 、および七十七アール宛てにjeduthun 、ソンした後に彼の態度や彼の合唱団です。

Psalms 50 and 73-83 are addressed to Asaph, as the master of his choir, to be sung in the worship of God. 50七三〜八三アール宛てに詩篇を授けたアサフ、彼の聖歌隊のマスターとして、神の崇拝するに歌われています。 The "sons of Korah," who formed a leading part of the Kohathite singers (2 Chr. 20: 19), were intrusted with the arranging and singing of Ps. "サンズオブカールーン、 " who形成する主要部分のkohathite歌手( 2 chr 。 20 : 19 ) 、がintrustedの手配と歌のpsです。 42, 44-49, 84, 85, 87, and 88. 42 、四四から四九、 84 、 85 、 87 、および88 。 In Luke 24:44 the word "psalms" means the Hagiographa, ie, the holy writings, one of the sections into which the Jews divided the Old Testament.ルーク24:44という言葉を"詩篇を授けた"を意味するhagiographa 、すなわち、聖書は、 1つのセクションに分かれ、旧約聖書のは、ユダヤ人です。 (See Bible.) None of the psalms can be proved to have been of a later date than the time of Ezra and Nehemiah, hence the whole collection extends over a period of about 1,000 years. (聖書を参照。 )なしに詩篇を授けたのことであることが立証され、後の日付よりも時間のエズラとニーアマイア、それゆえ全体のコレクションの期間延長は約1000年以上です。

There are in the New Testament 116 direct quotations from the Psalter. The Psalter is divided, after the analogy of the Pentateuch, into five books, each closing with a doxology or benediction:, 116は、新約聖書には直接psalterからの引用。 psalterが分かれ、類推をした後、五、 5つの書籍を、それぞれ閉鎖や祝祷と頌栄: 、

Ps. psのです。 136 is generally called "the great hallel." 136は一般的に呼ばれる"大hallel 。 " But the Talmud includes also Ps.しかし、タルムード含まれてもpsのです。 120-135.一二〇から一三五までです。

Ps. psのです。 113-118, inclusive, constitute the "hallel" recited at the three great feasts, at the new moon, and on the eight days of the feast of dedication. 113-118 、包括的、構成する" hallel "読誦は、三大のお祭り、新月の上でも、 8日間の宴の献身です。 "

It is presumed that these several collections were made at times of high religious life: the first, probably, near the close of David's life; the second in the days of Solomon; the third by the singers of Jehoshaphat (2 Chr. 20:19); the fourth by the men of Hezekiah (29, 30, 31); and the fifth in the days of Ezra." The Mosaic ritual makes no provision for the service of song in the worship of God.ことが推定され、これらのいくつかのコレクションが行われた時の高い宗教生活:最初の、おそらく、近くの近くのデビッドの人生を、 2番目は、日中のソロモン;された歌手の3番目のjehoshaphat ( 2 chrします。 20:19 ) ;第4回された男性のhezekiah ( 29 、 30 、 31 ) 、および第5回は、日中のエズラです。 "モザイクの儀式はいかなる規定への奉仕のための曲で、神の崇拝です。

David first taught the Church to sing the praises of the Lord.デビッド最初の教会の教えを、主を謳歌する。 He first introduced into the ritual of the tabernacle music and song.彼が最初に導入され、幕屋の儀式の音楽と歌です。 Divers names are given to the psalms.ダイバーの名前が与えられ、詩篇を授けた。 (1.) Some bear the Hebrew designation shir (Gr. ode, a song). ( 1 。 )いくつかのクマのヘブライ語種別shir ( gr.頌歌、歌)です。 Thirteen have this title. 13は、このタイトルです。 It means the flow of speech, as it were, in a straight line or in a regular strain.という意味の流れを演説で、言ってみれば、直線にしたり、定期的なひずみです。 This title includes secular as well as sacred song.このタイトルだけでなく世俗神聖な曲が含まれています。 (2.) Fifty-eight psalms bear the designation (Heb.) mitsmor (Gr. psalmos, a psalm), a lyric ode, or a song set to music; a sacred song accompanied with a musical instrument. ( 2 ) 58詩篇を授けたクマの種別( heb. ) mitsmor ( gr. psalmosは、詩篇第)は、歌詞頌歌か、または設定して曲の音楽;を伴う神聖な歌を楽器です。 (3.) Ps. ( 3 。 ) psのです。 145, and many others, have the designation (Heb.) tehillah (Gr. hymnos, a hymn), meaning a song of praise; a song the prominent thought of which is the praise of God. 145や他の多くの場合は、種別( heb. ) tehillah ( gr. hymnosは、賛美歌) 、賛美歌を意味する;曲の著名な考えは、神の褒め言葉です。 (4.) Six psalms (16, 56-60) have the title (Heb.) michtam (qv). ( 4 。 ) 6つの詩篇を授けた( 16 、 56-60 )は、タイトル( heb. ) michtam ( qv ) 。 (5.) Ps. ( 5 。 ) psのです。 7 and Hab. 7 、およびhabです。 3 bear the title (Heb.) shiggaion (qv). 3クマのタイトル( heb. ) shiggaion ( qv ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


From: Home Bible Study Commentary by James M. Gray 投稿者:ホーム聖書の勉強解説はジェームズM白黒

(We have included Psalms 1 - 37) (私たちが含まれて詩篇を授けた1 -3 7)

Their Authorsその作者

The Book of Psalms has sometimes been classified according to authors.その本の分類によると、詩篇を授けたは、時にはれた作者に帰属します。 For example, the titles indicate that seventy-three were written by David; fifty are anonymous; twelve have the name of Asaph, and ten that of Korah, or the sons of Korah; two are associated with Solomon and one each with Moses, Heman and Ethan.たとえば、 73のタイトルを示してによって書かれたデビッド; 50アール匿名; 12アサフは、名前、および10にカールーンか、または、サンズオブカールーン;ソロモンと1つ2つはそれぞれに関連付けられてムーサーよ、 hemanとイーサン。 A comparison of Acts 4:25 and Hebrews 4:7 shows that Psalms 2 and 95 respectively, were also written by David, though not ascribed to him in the book, and the question arises whether he may not have been the author of a still larger number of the anonymous Psalms.ヘブル人への手紙4:25行為を比較すると4時07分詩篇を授けた2と95のそれぞれによると、執筆者も、デビッドではありませんが生得的には彼の予約、との問題が発生することができないかどうかが彼の著者は、依然としてより多くの、匿名の詩篇を授けた。 As some with the name of the sons of Korah were evidently written for them, may he have been their author as well?として、いくつかの息子の名前を明らかにカールーンが書かかれらは、 5月彼はその著者としてもですか? The same query arises about the 72d Psalm, one of the two to which Solomon's name is attached. 72dが発生し、同じクエリの賛美歌を参照するには、 1つまたは2つの名前をソロモンを添付します。 It might be added here that the titles of the Psalms are regarded by many as of equal authority with the text, and hence if we can ascertain what the title means, we may venture to build conclusions upon it.ここで追加されましたかもしれないのは、タイトルに詩篇を授けたのは等しいと考え、多くの権限としては、テキスト、およびそれゆえのタイトルは何も良いことを確かめる手段は、ベンチャー企業を構築することがあります結論に生えています。

Their Subjectsそれぞれの科目

The book again, has been classified according to subjects.この本を再度、科目によると分類されています。 Angus, in his Bible Handbook, has a convenient classification, giving the subject, and in each case the numbers of a few Psalms illustrating it.アンガス、彼の聖書ハンドブックには、便利な分類、与えているアジ研、およびそれぞれのケースの数字は、いくつかの詩篇を授けた説明してください。 For example, there are Psalms of Instruction, like 1, 19, 39.たとえば、命令には詩篇を授けたのは、 1 、 19 、 39 。 Praise, 8, 29, 93, 100.称賛、 8 、 29 、 93 、 100 。 Thanksgiving, 30, 65, 103, 107, 116.感謝祭、 30 、 65 、 103 、 107 、 116 。 Penitence, 6, 32, 38, 51, 143.後悔して、 6 、 32 、 38 、 51 、 143 。 Trust, 3, 27, 31, 46, 56, 62, 86.信託、 3 、 27 、 31 、 46 、 56 、 62 、 86 。 Distress and Sorrow, 4, 13, 55, 64, 88.苦痛と悲しみ、 4 、 13 、 55 、 64 、 88 。 Aspiration, 42, 63, 80, 84, 137.誤嚥、 42 、 63 、 80 、 84 、 137 。 History, 78, 105, 106.履歴、 78 、 105 、 106 。 Prophecy (Messianic), 2, 16, 22, 24, 40, 45, 68, 69, 72, 97, 110, 118.予言(メシア) 、 2 、 16 、 22 、 24 、 40 、 45 、 68 、 69 、 72 、 97 、 110 、 118 。

Their Books彼らの書籍

It may seem strange to speak of the "Books" of the Psalms, but that expresses another kind of classification.奇妙なことを話すように思えるかもしれませんが"本"は、詩篇を授けたが、その別の種類の分類を表現します。 The whole book has been divided into five books, each ending with a similar doxology, as follows: Book I, Psalms 1-41.予約され、全体の5つの書籍に分かれて、それぞれの結末は、同様の頌栄、以下のとおり:予約私、一〜四十一詩篇を授けた。 Book II, Psalms 42-72.予約2世、 42から72詩篇を授けた。 Book III, Psalms 73-89.予約3世、 73〜89詩篇を授けた。 Book IV, Psalms 90-106.予約四、 90から106まで詩篇を授けた。 Book V, Psalms 107-150.帳v 、百七〜百五十詩篇を授けた。 Notice the close of each of these books for the doxology.近くに注意して、これらの書籍の各頌栄です。 There are those who question the value of this division, however, on the ground, first, that the title of the book itself in the Hebrew, (Sepher Tehillim), is singular rather than plural. whoの質問には、それらの値は、次の課、しかし、地面には、まず、その本のタイトル自体は、ヘブライ語、 ( sepher tehillim )は、単数ではなく複数のです。 It is not the "books" but the book of Psalms.するわけではない"本"が、予約の詩篇を授けた。 Second, the numbers of the Psalms continue unbroken from the beginning to the end of the book.第二に、詩篇を授けたの数字を続行始めから終わりまで切れ目のないから、予約します。 Third, there are other doxologies than those especially referred to, eg, Psalms 117 and 134.第三に、他のdoxologiesには、特に言及さに比べて、例えば、 117と134詩篇を授けた。

Their Unity彼らの結束

The view of others, therefore, is that the Psalms comprise but one book with an order and unity throughout, the key to which is found in its final application to the millennial age and establishment of the kingdom of God on the earth.表示の他、したがって、詩篇を授けたのは、しかし、 1つの構成と団結を本にするため、これは発見さの鍵を握るの年齢や最終的なアプリケーションを千年王国の設立し、地球上の神です。 According to these, this explains what are known as the imprecatory or cursing Psalms.これらによると、この説明は何も言わずに知られてのろいを表すまたは詩篇を授けた。 These have puzzled many, but when we consider them as terminating on that period when the era of mercy for the Gentile nations closes, and the time of their judgment begins, it lightens their problem very much.これらの多くは当惑したが、それらを考えるときに、その期間終了時にジェンティーレ国時代の慈悲を閉じ、その判断の時間が始まれば、それlightensに非常に問題です。 In the same connection we should remember that the author is speaking in the prophetic spirit, and that the enemies are enemies of God whose permanent rejection of Him is implied.と同じに注意して接続しなければならないので話すのが、著者は予言の精神とは、神の敵の敵は、彼が暗黙の拒絶反応を常設します。

This view, moreover, explains those like the 91st Psalm which promise exemption from such things as pestilence and war.このビューを表示する、また、それらの説明のように詩篇第第九十一としてどのようなものを免除を約束する疫病や戦争です。 This Psalm was written doubtless on the occasion of Israel's deliverance from Egypt, but its language seems to indicate that it is a type of their greater and permanent deliverance in the time to come.この詩編が書か疑いの席上で、イスラエルのエジプトからの救出、その言語であることを示すように大きいとのタイプは、永続的な救出は、時間が来ています。 This is strengthened if we conceive of the preceding Psalm as a picture of Israel to-day.これは想像を強化すれば、上記の賛美歌として1日にイスラエルの画像です。 The opinion which sees the key to the Psalms in their millennial application also furnishes an explanation of the frequent references to Christ found in the Psalms.の意見を見に詩篇を授けたのカギを握ってもfurnishes千年紀アプリケーションの説明を参照して、頻繁に発見されたイエスキリスト詩篇を授けた。 Urquhart, who maintains the above view, regards the whole book as formed of a combination of twelve sections.アーカート、 who維持し、上記のビューで、全体の予約として形成についての12のセクションを組み合わせています。

Each of these contains a continuous recurring story of the establishment of God's kingdom on earth, in which Psalms of complaint and pleading on Israel's part are followed by those of jubilation for deliverance.それぞれの定期的な物語には、連続の設立を地球上で神の王国では詩篇を授けたの苦情や嘆願に続いて、イスラエルの部分は、それらの歓喜を救出します。 In some of these jubliations the whole earth is seen to join.これらのいくつかのjubliationsに参加する地球全体が見える。 These twelve sections are indicated to him by the following jubilant Psalms: 10, 18, 24, 30, 48, 68, 76, 85, 100, 118, 136, 150.これらの12のセクションは彼のことを示すには、次の喜びに満ちた詩篇を授けた: 10 、 18 、 24 、 30 、 48 、 68 、 76 、 85 、 100 、 118 、 136 、 150 。 "In the first cycle of ten there is progress from the announcement of judgment (1), and manifestation of Christ (2), through His rejection (3-7), suffering and ascension (8), the waiting and persecution of His people (9), to the consummation of all things (10)." "と、最初のサイクルの10人には進捗状況から判断を発表した( 1 ) 、およびイエスキリストの現れ( 2 ) 、を通して彼の拒絶反応( 3-7 ) 、苦しみとアセンション( 8 ) 、彼の人々は待ってと迫害( 9 ) 、仕上げのすべてのものを( 10 ) 。 " This analysis will not commend itself to all, but it is interesting and may lead to further thought.この分析はないのすべてに自分自身を称賛する、それは面白いより詳細な思考に至ることがあります。

Psalm 1詩篇第1

True happiness is the theme of this Psalm, whose author is unnamed.真の幸福は、次の詩編のテーマは、その著者は無名のです。 The negative side of true happiness is stated (v. 1), and then the positive (v. 2).真の幸福の負の側面が記載(動1 ) 、と入力し、肯定的(動2 ) 。 Its reward follows (v. 3).その報酬以下の通り(動3 ) 。 Its nature and value are emphasized by a sharp contrast.その自然とのコントラストが大幅に値が強調されています。 Such a man is godly, his opposite ungodly (v. 4).このような人間は信心深い、彼の反対のとんでもない(動4 ) 。 The first is marked by stability, the second by instability (v. 4).安定性の最初のは、スパムされ、 2番目のに不安定(動4 ) 。 The first has endless fruitfuless and blessing, the second has nothing and worse than nothing (v. 5), for he can not be acquitted at the judgment day. fruitfulessと祝福の最初のは、終わりのない、 2番目のには何もないと見通しに比べ悪い(動5 ) 、彼は、判断することはできません無罪わかります。 The secret of it all is found in Jehovah (v. 6).すべての秘密を知ってそれが発見さエホバ(動6 ) 。 The Psalm is a summary of the whole book, and is appropriately placed at the beginning as a sort of preface.の詩編は、全体の概要を予約し、適切な配置の冒頭には、並べ替えの序文をします。

Psalm 2詩篇第2

Is prophetic and Messianic in one (see introductory lesson).は、 1つの予言と救世主(入門レッスンを参照) 。 It had a partial fulfilment at the first advent of Christ (Acts 4:25; 13:33), but a complete one is to follow at the second advent, as will be seen in the study of the prophets.履行ていた部分は、最初に出現したイエスキリスト(行為4:25 ; 13:33 ) 、ではなく、完全に従う1つは2番目の出現で、この研究に見られるように、預言者です。 The nations will rage and the kings of the earth again set themselves against Jehovah and His Christ under the lead of the Antichrist (vv. 1-3), but they will be regarded with contempt and terrified, by divine judgments (vv. 4, 5).国は、王の怒りと、地球の反対を再度設定自身と彼のイエスキリストエホバの指導の下に、反キリスト( vv. 1-3 ) 、しかし、彼らは軽蔑と恐怖に襲われたとみなすことに、神の判断( vv. 4 、 5 ) 。 God's purpose will not be altered, which is to establish His Son upon His kingdom in the earth at Jerusalem (v. 6).神の目的ではありませんが、これは彼の王国を確立する時、彼の息子で、地球はエルサレム(動6 ) 。 The Son Himself speaks at verse seven, the last clause of which refers to His inauguration as Mediatorial King, and does not in any way impugn His Deity.自分の息子を話す7つの詩の最後の節を参照して就任の仲裁の王として、いかなる方法ではありませんがimpugn彼の神です。 The Gentile nations are to be His in that day (v. 8), and although it will be the millennial day, yet its peace and righteousness will be secured through judgments and by the firmness of its Holy Ruler (v. 9).ジェンティーレ国は、その日は彼の(動8 ) 、千年とされるのはこの日、その平和と正義はまだありませんを通じて確保されると判断された断固とした態度の神聖な支配者(動9 ) 。 Kings and princes are warned to prepare themselves for its coming (vv. 10-12).警告を準備するの王、王子は自身の今後( vv. 10-12 )です。 "Kiss the Son" means submit to His authority, "lest He be angry and ye perish in the way, for His wrath will soon be kindled" (RV). "キスの息子"とは、彼の権威を提出し、 "しないように彼が腹を立てることになると、なたがたのように、彼の怒りは、すぐに点火" (右心室) 。

Psalm 3詩篇第3

As its title indicates, should be read in connection with 2 Samuel 15.そのタイトルが示すように、接続をすべきである続きを読む2サミュエル15 。 In his distress to whom does David appeal (v. 1)?彼の苦痛を訴える人がデビッド(動1 )ですか? Not only had men turned their backs upon him but it was charged that God had done so.男性だけでなく、有効に背にいた彼がそれは、神の請求を行っています。 Remember the possible reason for this suspicion in David's sin with Bathsheba, preceding this rebellion of Absalom.このような疑惑理由を覚えている可能性がデビッドの罪にバトシェバ、上記のこのアブサロムの反乱のです。 Does David still retain his faith in God's promises notwithstanding (v. 3)?デビッドはまだ彼の信仰を保持する神の約束にもかかわらず(動3 )ですか? What is the ground of his confidence (v. 4)?地面に何が彼の自信(動4 )ですか? And its expression (vv. 5, 6)?とその表現( vv. 5 、 6 )ですか? What is the nature of his further appeal (v. 7)?何が彼の性質をより詳細なアピール(動7 )ですか? "Cheek-bone" and "teeth" represent his enemies as wild beasts ready to devour him. "頬の骨"と"歯"を表す彼の野生動物たちの敵として準備をむさぼり食うていた。 By faith he already sees these enemies overcome, and praises God as his deliverer (v. 8).信仰によって彼はすでに、これらの敵を克服し、彼の救世主として称賛神(動8 ) 。 The word "Selah" at the close of verse two is obscure, and may denote a pause or rest, in the singing, or an emphasis to be laid on the particular sentiment expressed.という言葉" selah "は、 2つの詩に近いのは、無名の、および5月表すを一時停止または残りは、この歌を歌うこと、または上にレイアウトを強調、特定の感情を表現します。

Psalm 4詩篇第4

A cry of distress is this, composed by David, it may have been, on the same occasion as the last.苦痛の叫び声をこれは、デビッド構成されることも、同じ行事としての最後のです。 He is not trusting in his own righteousness, but God's righteousness (v. 1).彼は信じて疑わないは、自分自身の正義ではないが、神の正義(動1 ) 。 The doctrine of imputed righteousness was apprehended by the spiritually enlightened in Old Testament, as well as in New Testament times.その教義を逮捕されたのは、精神的に転嫁された義旧約聖書で悟りを開いただけでなく、新約聖書回クリックします。 For a further illustration of this in David compare the opening verses of Psalm 32, with Paul's application of them in Romans 4.イラストは、次のでは、より詳細な比較してオープニングの詩のデビッド詩篇第32で、ポールのアプリケーションのためにローマ人への手紙4 。 David is encouraged to utter this cry by past mercies, "Thou hast enlarged me," and I trust Thee again.デヴィッドは、この叫び声を全くの過去の奨励をなす、 "なた拡大私は、 "私の信頼なたてください。 Verse 2 shows the source of his trouble.彼の詩のトラブルの原因を図2に示します。 His "glory" may refer to his kingly dignity now dishonored by exile.彼の"栄光" 5月を参照して彼の亡命王族の尊厳を今すぐ不渡りをします。 But the schemes of his enemies were "vanity," and brought about by lying "leasing").しかし、彼の敵スキームは、 "虚栄心"とうそをついてもたらされる"リース" ) 。 His confidence was in the divine purpose towards him (v. 3), and they who are against him are cautioned to repent and turn to the Lord (vv. 4, 5).彼の自信が神の目的に向け彼(動3 ) 、 whoは、かれらに注意を呼び掛けて彼に不利に働いたが、主に反省、悔悟し( vv. 4 、 5 ) 。 In the midst of his afflictions he values the divine favor (v. 6), which brings more experimental joy to him than the husbandman knows at harvest time (vv. 7, 8).彼の試練の真っただ中に、彼は神の恩寵値(動6 ) 、これで、他の実験よりも彼の喜びを知って農夫は収穫時( vv. 7日、 8 ) 。 "To the chief musician on Neginoth," indicates the purpose for which it was set apart as a musical composition "Neginoth" were the stringed instruments used in the Levitical service, and the "chief musician" was the leader of that part of the choir. "ミュージシャンの長さをneginoth 、 "目的は、離れとして設定されていたミュージカル組成" neginoth "は、弦楽器leviticalで使用されるサービス、および、 "最高のミュージシャン"は、その部分は、合唱団の指導者です。

Psalm 5詩篇第5

Is a morning prayer (v. 3).は、朝の祈り(動3 ) 。 The words, "look up" are rendered "keep watch" in the Revised Version.の言葉、 "ルックアップ"がレンダリングさ"を見張る"の改訂版です。 The psalmist would keep watch on himself, that his life and conduct might be such as to insure the answer to his prayer (v. 4-7).自分自身の賛美歌もずっと時計をしている、その彼の人生と行動を確実にするかもしれないなどの回答を彼の祈り(動4-7 ) 。 The need of the prayer is indicated in verse eight.祈りの必要性は、 8つの詩が示されています。 The enemies referred to are then described (v. 9), and their judgment committed into God's hands who defends the righteous (vv. 11, 12).の敵は、言及を入力し、説明(動9 ) 、およびそれらの判断にコミットさwho擁護の正義の神の手( vv. 11 、 12 ) 。 "Nehiloth," meants flutes or wind instruments. " nehiloth 、 " meantsフルートや木管楽器です。

Psalm 6詩篇第6

Represents David in deeper distress of soul than we have found him hitherto.デビッドの深い苦悩を表し、彼の魂今までよりも私たちが発見した。 Conviction of sin is upon him.彼は時の罪の有罪判決です。 Those who have studied 2 Samuel will not need to be reminded of occasions for this experience, though the connection with Bathsheba will first suggest itself.これらの2サミュエルwhoが検討する必要がありますが、この経験を想起させられる機会を、バトシェバかかわらず、接続自体は、最初に提案します。 He feels the justness of the divine rebuke (v. 1), but pleads for mercy (v. 2).と感じている正当性は神の叱責(動1 ) 、しかし、慈悲をpleads (動2 ) 。 The time of spiritual darkness has been long extended (vv. 3, 4).精神的な暗闇の時間が長い拡張( vv. 3 、 4 ) 。 Will it end in death (v. 5)?最後には死のこと(動5 )ですか? He is heartbroken (vv. 6, 7).彼は悲嘆に暮れた( vv. 6 、 7 ) 。 Enemies are rejoicing in his sorrow, but their glee is short-lived (vv. 7, 8).敵は、彼の悲しみを喜び、その喜びは短命に終わった( vv. 7日、 8 ) 。 Light breaks, the morning dawn, tears are wiped away, for the Lord hath heard him!光の区切りは、朝の夜明け、涙が消去さ、かれらは、主が聞いて! Begone, mine enemies, be ashamed and turn back (vv. 9, 10)!立ち去る、鉱山の敵、恥じると引き返せる( vv. 9日、 10 ) ! Verse five need not be interpreted as expressing doubt of a future state, but may be simply a contrast between this scene of life and the unseen world of the dead symbolized by the "grave" (Heb. "sheol"). 5つの詩を表現として解釈される必要はないが、将来の疑いの状態、しかし、 5月の間に対照的に、単にこのシーンの人生と、幽玄界に象徴される世界オブザデッド"重大な" ( heb. " sheol " ) 。 "Sheminith" means the "eighth," and perhaps this was a Psalm for the eighth key, or the bass of the stringed instruments. " sheminith "を意味する" 8番目、 "そしておそらくこれは、詩篇第8番目のキーを、または低音の弦楽器です。 Questions 1.質問1 。 Memorize Psalm 1.暗記詩篇第1 。 2. 2 。 What is an appropriate theme for it?適切なテーマは何ですか? 3. 3 。 State the two-fold application of Psalm 2. 2つのアプリケーションの状態詩篇第2倍にします。 4. 4 。 Will the millennium represent only peace and cheerful obedience to God and His Son?は、ミレニアムの平和と明るいだけの服従を表し、神と彼の息子ですか? 5. 5 。 Did you re-read 2 Samuel 15?参考に再読み込み2サミュエル15ですか? 6. 6 。 On what ground might God have forsaken David according to Psalm 3?神はどのような地面に見捨てられたかもしれないデビッドによると、詩篇第3ですか? 7. 7 。 What may "Selah" mean?何年5月" selah "とはどういう意味ですか? 8. 8 。 What great Gospel doctrine finds illustration in the Psalms of David?どのような大きな福音の教義を検出するだけでは、詩篇を授けたのデビッドですか? 9. 9 。 Define "Neginoth" and "Nehiloth."定義" neginoth "と" nehiloth 。 " 10. 10 。 What is the Hebrew for "grave"?何は、ヘブライ語で"重大な"ですか?

Psalms 7-10詩篇を授けた7-10

The length of our lessons in this book are determined rather arbitrarily by the length of the different Psalms, or the special interest found in them. We have in mind weekly classes wishing to study the whole Bible in a connected way, and yet avoid tediousness in the process. The six Psalms included in the last lesson might easily be read by the class in a week; and on the Lord's Day, the teacher with the assistance of the questions, would have little difficulty in fastening the facts and their application on their minds in a way both interesting and profitable. At the same time the average person, independent of any class preparation, reading a Psalm a day for private meditation, will probably find the brief comments and questions upon it as much as he will be able to assimilate.私たちのレッスンの長さをこの本に基づいて決定されるという任意の長さの異なる詩篇を授けたか、またはそれらの特別な関心を発見さです。 私たちは今週のクラスを念頭に置いて研究して全体を希望する聖書の接続方法、および冗漫さを避けるためにはまだありませんそのプロセスで 、 6つの詩篇を授けたの最後のレッスンに含まれるかもしれないのクラスで簡単に読んで、 1週間以内に、そして、主の日に、その教師との助けを借りての点がございましたら、難しさがほとんどないとの事実とそのアプリケーションを締結して心にする方法の両方面白いと有益なことです。 それと同時に、平均的な人は、独立した任意のクラスの準備中、賛美歌のために一日を読んでプライベート瞑想、見つけるのは、おそらく簡単なコメントや質問することができるようできるだけ多くとして彼を同化します。

Psalm 7詩篇第7

We commence this new lesson with this Psalm because it offers a point of beginning in the title.私たち、この新しいレッスンを開始するので、この詩編の初めには、ポイントのタイトルです。 This, however, is rather obscure since it is not clear who may be meant by "Cush."これは、しかしながら、それ以降はかなりあいまいではないことを明確にwho年5月に"凝ったデザインのです。 " The margin of the King James Version identifies him with "Shimei" of 2 Samuel 16:5-14, which story it would be well to peruse again, although there are several incidents in Saul's persecution of David which would fit about as well.の余白には、王のジェームズのバージョンを識別彼に" shimei "の2サミュエル16:5-14 、どちらの話を熟読することを再度うまくいくだろうが、事件の発生には、いくつかのデビッドソールの迫害をうまくやっていけるとほぼ同じです。 The word "Shiggaion" in the title means "a plaintive song or elegy."という言葉" shiggaion "とのタイトルは"悲しげな曲やエレジー。 " David is persecuted (vv. 1, 2), and charged with wrong-doing to one at peace with him (vv. 3, 4).デヴィッドは迫害( vv. 1 、 2 ) 、および不義の罪に平和を1つずつ、彼( vv. 3 、 4 ) 。 The charge is so false that he can safely offer the challenge in verse five.チャージは非常に虚偽が彼の詩は、安全に提供して5つの課題です。 Jehovah is appealed to, and asked to sit in judgment on this matter: "Return, Thou on high" (v. 7).エホバは、控訴をし、判断を求められるこの問題に座る: "戻り、なたに高い" (動7 ) 。 "My righteousness" (vv. 8-10) means his innocence of this particular charge. "私の正義" ( vv. 8-10 )彼の無罪は、次の特定の電荷を意味します。 A warning is uttered against the wicked (vv. 11-13), whose folly is described in serious wit (vv. 14-16).口に警告が反対する邪悪な( vv. 11-13 )で、その愚行に記載され、深刻な機知に富んだ( vv. 14-16 ) 。 David's experience illustrates these concluding verses more than once.デビッドの経験を示し、これらの詩を複数回締結します。

Psalm 8詩篇第8

If the whole book of Psalms be considered a mountain range of poetic prophecy, then this is one of the highest peaks.一冊の本に詩篇を授けたの場合、山の範囲と見なされる詩的な予言、入力し、これは最高の峰の1つです。 Observe in the margin how frequently it is quoted in the New Testament, and applied to Jesus Christ.観察の余白にどのくらいの頻度で引用されることは新約聖書は、イエスキリストに適用されます。 Read Hebrews 2:5-9 especially.特に2:5-9ヘブル人への手紙を読む。 "O LORD, our Lord," gves better sense as "O Jehovah, our Lord." "おお、主よ、わたしたちの主、 " gves良い意味として"おお、エホバ、わたしたちの主です。 " His glory is in the Heavens as we see in verse three, and yet it is "above the heavens," both in kind and in degree.彼の栄光は、天と3つの詩に表示さ私たちとはまだありませんことが"天の上に、 "の両方で親切で、度です。 So great is His glory that He uses "the weak things of the world to confound the things which are mighty."彼は素晴らしいが彼の栄光のために使用して、 "弱いものの世界を混同するのものは偉大です。 " (Compare v. 2 with Matt. 11:25; 21:15, 16, and 1 Cor. 1:27). ( v. 2件のマットを比較します。 11:25 、 21:15 、 16日、 1コーです。 1:27 ) 。 Verses 4-8 find a partial fulfilment in man as created in the first Adam, but their complete fulfilment is seen only in redeemed and regenerated man in the Second Adam.詩4-8履行部分を見つけるの男として作成され、最初のアダムが、その完全な履行が換金さだけで見られる男が2番目のアダムと再生します。 The passage in Hebrews shows this, and particularly alongside of 1 Corinthians 15:22-28.へブル人への通過を示しては、特に1と並んでコリンチャンス15:22-28 。 "Upon Gittith" is "set to the Gittith" (RV), which, some think, means a tune of a joyous character. "時gittith "は、 "設定されたgittith " (右心室)が、いくつかの考え、調整は、楽しげなキャラクターを意味する。

Psalm 9詩篇第9

Is one of the cursing or imprecatory Psalms which, as stated in the introductory lesson, find their key in the millennial age and the events introductory thereto.のろいを表す1つまたはを言わずには詩篇を授けたが、入門レッスンに記載されて、彼らのキーを見つけ、千年のイベント年齢や入門ばならない。 It opens with rejoicing (vv. 1, 2).それが開き、歓喜( vv. 1 、 2 ) 。 This rejoicing is for victory over enemies (v. 3), but they are God's enemies rather than the psalmist's.この歓喜の勝利が敵(動3 ) 、しかし、彼らは神の敵ではなく、賛美歌のです。 It is His coming (presence) that has overcome them.それは彼の今後(プレゼンス)を克服することができます。 Moreover, they are nations rather than individuals.また、彼らは個人ではなく、国です。 ("Heathen" in verse five, is "nations" in the RV) Their cities are destroyed (v. 6). ( "異教徒"の5つの詩は、 "国"は、右心室)自分たちの都市が破壊(動6 ) 。 At the same time the Lord is seen sitting as King (v. 7, RV), judging the world in righteousness, comforting the oppressed, dwelling in Zion (vv. 9-12).それと同時に座って見られるとして、主は王(動7日、右心室)から判断すると、世界で正義、励みに抑圧された者、住居、ザイオン( vv. 9-12 ) 。 All these are millennial figures.これらは、千年のすべての数字です。 Israel is lifted from the gates of death (v. 13), and the great tribulation is over.イスラエルは死の門から解除(動13 ) 、および、大きな試練は終わった。 She is praising God in Zion for the deliverance from the Gentile nations which are sunk in the pit they had digged for her (vv. 13-16).彼女は神を賞賛ザイオンは、ジェンティーレの国からの救出が沈んでいるのピットに関連ていた彼女( vv. 13-16 ) 。 And so on the end of the Psalm.して、賛美歌の最後にします。 "Muth-labben" may refer like "Gittith" to the name or character of the tune. " muth - labben " 5月を参照のような" gittith "の文字の名前またはその曲です。

Psalm 10詩篇第10

Seems allied in thought with that preceding, and the two may have been one, originally.連合の考えを上記のように、 2つのかもしれないと1つは、もともとです。 The psalmist is not referring to personal experiences, but to those which are more general.賛美歌を参照するのではない個人的な経験ではなく、より一般的なものがあります。 It seems as though the poor and oppressed of the nation and the whole world were uttering their complaint through him.ているようかかわらず、非常に悪いと虐げられたのは、全世界の国と偽造通貨行使を通じて彼ら苦情だ。 Because God seems far away, the wicked are flourishing (vv. 1, 2).遠くから神のように、邪悪なが繁栄している( vv. 1 、 2 ) 。 It would not be out of place to conceive of the wicked in this Psalm as personified in the Antichrist at the end of this age, when, as we shall learn later, he will be persecuting Israel as God's witness in the earth.場違いなことはないが、邪悪なさを想像するの権化のような人は、反キリストとして、この賛美歌の最後には、次の時代を、いつ、わたしたちはこちらへとして、彼は神の迫害イスラエル側の証人としては、地球です。 This is not to say that, in no sense, the Psalm is applicable to an earlier period in the history of that people, but that in its fuller sense, it is for the time to come.これではないことを言ってやるが、いかなる意味では、以前の期間に該当するものを賛美歌の歴史の中で人々が、その意味では、フラー、それは、時間が来ています。 The wicked one is described as boastful, covetous, proud, atheistic, self-opinionated, bold, deceitful, oppressive, and cunning (vv. 3-11, RV).自慢の邪悪な1つは記述され、欲、誇りに思う、無神論、自己独断的な、大胆な、人をだます、過酷な、と狡猾な( vv. 3-11 、右心室) 。 The "poor" means, as is customary in the Psalms, "the poor in spirit," described by Jesus in the Sermon on the Mount. "非常に悪い"とは、慣習的には詩篇を授けたとしては、 "貧しい人々の精神"で記述さイエスキリストは、山上の垂訓です。 They are sad and sorrowful sufferers for righteousness' sake, even through they may be rich in this world's goods.彼らは悲嘆に暮れている患者の悲しいと正義のために、彼らも5月に富んでいるから、この世界の商品です。 "Meek" would be a better word to describe them than "poor." "おとなしい"というのがより良い言葉を記述することよりも"非常に悪い。 " The description of the wicked oppressor is followed by the usual appeal to God (vv. 12-15), who is represented as reigning over the millennial earth, punishing the wicked, establishing the meek, and judging the oppressed against "the man of the earth" who, as has been said, may well be taken for the Antichrist.邪悪な迫害者の説明をするのは、いつものように続いて、神( vv. 12-15 ) 、 whoは、現として表現され、千年以上地球、処罰の邪悪な、おとなしい確立して、抑圧されたと判断に対して"その男は、地球の" who 、とされよると、反キリストを取るかもしれない。 Questions i.質問i. What is the title or inscription of Psalm 7?碑文のタイトルは何ですか詩篇第7のですか? 2. 2 。 What is the meaning of "Shiggaion" and "Gittith"?どのような意味の" shiggaion "と" gittith "ですか? 3. 3 。 Have you read 1 Corinthians 15:22-28 and Hebrews 2:5-9?ここに1コリンチャンス15:22-28 、ヘブル人への手紙を読む2:5-9ですか? 4. 4 。 What is the key to the imprecatory Psalms?何がのろいを表す詩篇を授けたの鍵を握るのですか? 5. 5 。 To what period does Psalm 10 seem to apply?詩篇第10期機能をどのように適用するように見えるですか? 6. 6 。 Who are usually meant by the "poor" in these Psalms? whoは、通常意味し、 "非常に悪い"と、これらの詩篇を授けたですか? 7. 7 。 What title is given to the wicked one in Psalm 10?どのようなタイトルが与えられた1つにして邪悪な詩篇第10ですか?

Psalm 11詩篇第11

A song of trust.曲の信頼です。 The declaration of verse one, "In the Lord put I my trust," is buttressed by the reason in verse seven, while all between is descriptive of the condition in which David finds himself.詩の宣言の1つ、 "私の信頼は、主に私、 "詩は、 buttressedされた7つの理由で、中のすべての間では、わかりやすいのではデビッド見つかった自分自身の状態です。 Urged to flee from his enemies (v. 1), he shows the futility of the attempt (v. 2).彼の敵を捨てて逃げるよう促した(動1 ) 、彼のこの試みは、無益(動2 ) 。 The moral foundations are being undermined (v. 3), and only Jehovah is able to discriminate and judge (vv. 4-6).道徳的基盤が損なわ(動3 ) 、エホバのみを識別すると判断することができます( vv. 4-6 ) 。

Psalm 12詩篇第12

The evil speaker.この邪悪なスピーカーが必要です。 The close relation between this and the preceding Psalm is easily discovered.これとの密接な関係の間に、上記の賛美歌で簡単に発見された。 David's enemy is the deceitful flatterer (vv. 1, 2).デビッドの敵は、人を誤らせるようなお世辞のうまい人( vv. 1 、 2 ) 。 But his judgment is of the Lord (vv. 3-5), the sincerity of whose utterances are in contrast with those of the enemy (vv. 6-8).しかし、彼の判断は、主( vv. 3-5 )は、誠意のとは対照的に、その発言は、それらの敵( vv. 6-8 ) 。

Psalm 13詩篇第13

Sorrow.悲しみ。 The Lord seems long in coming to His servant's relief from the slanderers in the Psalms preceding (vv. 1, 2).長いようで、主に来てから彼の使用人の救済slanderersは、上記の詩篇を授けた( vv. 1 、 2 ) 。 Will He never come (vv. 3, 4)?は、彼は決して来( vv. 3 、 4 )ですか? Yea, He cometh soon, and faith and hope rejoice (vv. 5, 6).いや、彼はすぐに来る、と信仰と希望喜ぶ( vv. 5 、 6 ) 。

Psalm 14詩篇第14

The whole world corrupt.全世界破損しています。 All sinners are fools (v. 1) because they think and act contrary to right reason First, they think wrong ("in his heart," Gen. 6:12), and then soon they act wrong (Prov. 23:7).すべての罪を犯した者は、愚か者(動1 )のために自分で考えて行動に反して正当な理由で第一に、と考え間違っている( "が彼の心は、 " Gen 。と6:12 )と入力し、すぐに行動間違っている( prov. 23時07分)です。 This is true of the world generally (vv. 2-4).これは、真の世界の通常( vv. 2-4 ) 。 "Eat up My People" is a phrase denoting the "beastly fury" of the Gentile enemies of Israel. "私の人々を食い尽くす"というフレーズを示す"けだものの伝説"は、イスラエルの敵のジェンティーレです。 Verses 5 and 6 show their indifference rather than their ignorance of God.詩5および6詳細に無関心に無知ではなく、神のです。 If the closing verse seems to refer to the period of the Babylonian captivity and therefore raises a question as to the Davidic authorship (see title), we should remember that the language is typical of any great evil, and that David may be speaking as in other instances, in the prophetic sense.閉会の場合、詩のように期間を参照してバビロン捕囚とそのための問題提起をしてdavidic原作者として(タイトル) 、しなければならないの言語を忘れないでは、典型的な任意の大きな悪ており、その年5月にデビッドのように話す他のインスタンスは、予言的な感覚です。 In that case the Psalm takes on a millennial aspect.そのような場合には、千年の詩篇第側面です。

Psalm 15詩篇第15

Holiness and its reward.ホーリネスとその報酬を要求します。 Here a question is asked, verse one, which finds its answer in the verses following, the whole dialogue being summed up in the last sentence.ここで質問を求められると、 1つの詩、その答えを見つけるの詩は、次のように要約すると、全体の対話の最後の文です。 To abide in God's tabernacle, etc., is to hold fellowship with God and enjoy the blessings incident thereto.神の幕屋を守るなどを保持すると交わりを持つが、神との祝福を楽しむ事件ばならない。 These are for the man whose conduct is right, who is truthful, sincere, separate from the ungodly, and uninfluenced by covetousness and bribery.これらは、男の行為は、右、 whoは、真実、誠実、別に使用して不信心な、と感化されていないと収賄をどん欲です。

Psalm 16詩篇第16

Sometimes called "The Psalm of the Resurrection," is one of the great Messianic Psalms (see introductory lesson).とも呼ばれる"と賛美歌の復活、 " 1つの偉大な救世主は詩篇を授けた(入門レッスンを参照) 。 While it is interesting to consider David as uttering the prayer, for it is a prayer, how much more so to think of Christ!デビッドを検討することは興味深いとして偽造通貨行使の祈りは、祈りの言葉を作ることが、どれだけ多くのためのイエスキリストを考える! On some mountain side, in the night's darkness, He may have poured out these petitions and praises.いくつかの山の側では、夜の闇に、彼は5月に注ぎ、これらの嘆願書と称賛する。 (For its Messianic application compare verses 8-11 with Acts 2:25-31, and 13:35). ( 8-11詩の救世主のようなアプリケーションを比較する行為2:25-31 、および13:35 )です。 Observe the spirit of confidence (v. 1), loyalty to God (v. 2), love toward the saints (v. 3), separation from the world (v. 4), contentment (vv. 5, 6), obedience (vv. 7, 8), hope (vv. 9, 10), expectation (v. 11).信頼の精神を観察する(動1 ) 、忠誠心を神(動2 ) 、愛に向かって聖人(動3 ) 、世界からの分離(動4 ) 、満足( vv. 5 、 6 ) 、服従させる( vv. 7日、 8 ) 、希望( vv. 9日、 10 ) 、期待(動11 ) 。 The Revised Version throws light on the text.改訂版のテキストに光をスローします。 "Michtam" means "A Golden Psalm" (see margin) and such it is in its preciousness even above others. " michtam "手段"の黄金の詩編" (マージン)とこのようなことは上記の他にも、その尊さです。

Psalm 17詩篇第17

Is a prayer in which vindication is desired.は、祈りの言葉を汚名をすすぐことが望ましいのでは。 It makes such great claims that one thinks of it as Messianic also (vv. 1-4), and yet like Psalm 7, the writer may have some specific transaction in mind as to which his hands are clean.このような大きなことを考えると主張して1つの救世主としても( vv. 1-4 ) 、とはまだありませんように詩篇第7日、 5月の作家としてはいくつかの特定のトランザクションを念頭に置いて彼の手は清潔にします。 Note the testimony to the power of God's word (v. 4).に注意して証言して力を神の言葉(動4 ) 。 What is asked is guidance (vv. 5, 6), and preservation (vv. 7, 8).どのような指導を求められるとは( vv. 5 、 6 ) 、および保全( vv. 7日、 8 ) 。 The latter is desired from the wicked whose description follows as proud (vv. 9, 10), treacherous (vv. 11, 12), and yet prosperous in worldly things (v. 14).後者は、邪悪な目的から、その説明書として次のように誇りに思う( vv. 9日、 10 ) 、裏切り( vv. 11 、 12 ) 、および、この世のものはまだありません繁栄している(動14 ) 。 This prosperity is transient in comparison with his own expectation (v. 15).この繁栄は過渡と比較して自分自身の期待(動15 ) 。 Have the Revised Version convenient in reading these Psalms, for the interpretation it casts on some obscure passages.読書に便利な改訂版は、これらの詩篇を授けた、いくつかのキャストの解釈があいまいな文章です。 Questions 1.質問1 。 What is the leading thought of Psalm 11?何が詩篇第11の主要考えですか? 2. 2 。 Against what class of enemies are the psalmist's words frequently directed?どのようなクラスの敵に対しては、賛美歌の言葉を頻繁に指示ですか? 3. 3 。 Why are sinners called "fools"?罪人と呼ばれる理由は"愚か者"ですか? 4. 4 。 Which of the Psalms of this lesson are millennial and messianic?このレッスンでは、詩篇を授けたのは、千年と救世主ですか? 5. 5 。 Have you compared the passages in Acts?ここに比べて、通路の行為ですか? 6. 6 。 What does "Michtam" mean?どのような" michtam "とはどういう意味ですか?

Psalm 18詩篇第18

A song of victory.勝利の歌です。 It opens with ejaculatory expressions of triumph for deliverance.それが開き、射精を救出の勝利を表現したものです。 All nature is described as convulsed when the Almighty presses to the rescue.すべての自然が記述されconvulsed機を救助して偉力ならびなきときです。 The next division is meditation on the principles involved, the whole closing with a further outburst of triumph and confidence.瞑想の上、次の課の原則にかかわるが、全体の閉鎖性をより詳細なひたむきな勝利と自信をします。 2 Samuel 22 is a copy of this ode saving a few variations, and the student is referred to our treatment of it at that place. 2サミュエル22は、この歌のコピーをいくつかのパターンを保存すると、学生は、私たちの治療に言及しておく場所です。

Psalm 19詩篇第19

God's revelation in the world and in the Word.神の啓示は、世界では、単語です。 We have a contrast between these two in this Psalm.私たちは、これらの2つのコントラストの間に、この詩編です。 In verses one to six there is the general revelation of the heavens, "wordless but extending their sphere over the whole earth," which then specializes to the sun as the chief figure of it all. 5時59分に詩全般には、天の啓示、 "言葉では表せないしかし、地球全体を伸ばして球"と入力し、特化して太陽の長としてのすべての図のことです。 But in 7-14, the law is celebrated, whose function is to warn against sin, and by conformity to which only can our thought and conduct become acceptable to God.しかし、 7月14日、同法は有名で、その反対罪を警告する機能は、これに適合すると私たちの思想と行動になるだけでなく、神に通用する。 Observe the literary beauty as well as the spiritual teaching in the description of the law, six names, six epithets and six effects.文学の美しさを観察するだけでなく、精神的な教育は、同法の説明を、 6つの名前を、 6つのepithetsと6つの効果です。 The clearer our apprehension of the law, so the Psalm teaches, the clearer is our view of sin, and the more evident that grace only can cleanse and keep us from it.私たちの不安を明確に法では、詩篇第ので、教えては、私たちの見解を明確には罪、と明らかに他の猶予を保つだけでなく先から浄化してください。

Psalms 20 and 21詩篇を授けた20日と21日

Are coupled in The Modern Reader's Bible, and called "An Antiphonal War Anthem." The first gives the prayers of the king and the people before the battle, and the second the thanksgiving after the victory.は、結合は、近代的リーダーのバイブル、と呼ばれる"と交唱戦争の国歌です。 "最初は、祈りの王との戦いの人々の前に、 2番目の勝利の後に、感謝祭のです。 As to the first, we hear the people (vv. 1-5), the king (v. 6), and then the people to the end.また、第一に、私たち耳にする人々 ( vv. 1-5 ) 、ザキング(動6 ) 、と入力し、人々を終了します。 As to the second, the king is first (vv. 1-7), and then the people to the end. 2番目に、王が最初に( vv. 1-7 ) 、と入力し、人々を終了します。 While this may be the historical setting of these Psalms, yet we are at liberty to apply their utterances in the spiritual scene to the experiences of believers in the Christian Church.この5月に、これらの詩篇を授けたの歴史的背景が、まだ我々は自由に発言を適用するには、精神的な場面での経験は、キリスト教の教会の信者です。

Psalm 22詩篇第22

The Psalm of the Cross. Is this one of the great Messianic Psalms? Christ uttered the first verse on the cross (Matt. 27:46), and there is reason to think the words of the last were also heard. 十字架賛美歌のです。この偉大な救世主詩篇を授けたの1つですか? キリストの十字架上の口の最初の詩( matt. 27:46 ) 、と考えるのには理由があるの最後の言葉も耳にします。 "He hath done it" (RV), in the Hebrew, corresponds closely to, "It is finished" (John 19:30). "かれがやったこと" (右心室)は、ヘブライ語、密接に対応し、 "これが完了したら" (ヨハネ19:30 ) 。 If this were so, may we suppose that the whole Psalm was the language of the divine sufferer as He bare our sins on the cross?これがそのため、 5月と仮定して全体の賛美歌が私たちの言語が苦しんでいる人として彼は神の十字架上のむき出しの私たちの罪ですか? There are three strophes, or great poetical divisions, each associated with the phrase, "Far from me."には3つのstrophesか、または大詩的部門は、各フレーズに関連付けられて、 "はるかからね。 " The first covers verses 1 to 10, the second 11 to 18, the third 19 to 31. 1 - 10月の最初のカバーの詩、 2番目の11から18 、 3番目の一九〜三一です。 In the first, we have a cry of distress (vv. 1, 2), an expression of confidence (vv. 3-5), a description of the enemies (vv. 6-8), and a second expression of confidence (vv. 9-10).は、第一に、私たちは、叫び声を遭難( vv. 1 、 2 ) 、自信の表情を( vv. 3-5 ) 、て説明して敵( vv. 6-8 ) 、および2番目の表現の信頼を(のVV 。 9-10 ) 。 In the second, we have two descriptions, the surrounding enemies (vv. 11-13), and the sufferer's experiences (vv. 14-18). 2番目、私たちは2つの説明は、周囲の敵( vv. 11-13 ) 、および、患者の体験( vv. 14-18 ) 。 In the third the whole tone is changed to a note of victory (vv. 19-21), a testimony of praise (vv. 22-26), and a prophecy of resurrection glory (vv. 27-31). 3番目の全体のトーンを変更しての注意事項を勝利( vv. 19-21 )は、褒め言葉の証拠を提出する( vv. 22-26 ) 、復活の栄光と予言( vv. 27-31 ) 。 The Psalm gives a graphic picture of death by crucifixion with circumstances precisely fulfilled at Calvary.グラフィック画像の詩編死にはりつけにされカルヴァリーの状況を正確に果たされる。 As that form of death penalty was Roman rather than Jewish, we agree with the Scofield Reference Bible that the "proof of inspiration is irrestible."死刑を形としてではなく、ユダヤ人はローマン、私たちに同意するスコフィールドリファレンス聖書は、 "証拠のインスピレーションはirrestible 。 " At verse 22 the Psalm breaks from crucifixion to resurrection (compare John 20:17).休憩を詩から22の詩篇第はりつけに復活(比較ジョン20:17 ) 。

Psalm 23詩篇第23

The Shepherd Psalm is such a favorite with all as to make an attempted exposition almost an offence. 羊飼いは、このような賛美歌を好きなすべての博覧会にしようと、ほとんどは犯罪です。 Did David compose it as a youth tending his father's sheep?参考デビッド作曲それを彼の父の羊の世話若者ですか? If not, it must have been when occupied in reminiscences of those early days.そうでない場合は、ときに占領されている必要がありますこれらの初期の日中の思い出です。 Note the possessive, "my shepherd," and the future, "shall not want."独占欲に注意して、 "私の羊飼い"と将来的には、 "は吹いてほしくない。 " Because the Lord is my Shepherd I am Feeding on the Word, "pastures" Fellowshipping the Spirit, "waters" Being renewed, "restoreth" Surrendered in will, "leadeth" Trusting the promises, "fear no evil" Enjoying security, "a table" Doing service, "runneth over" Possessing hope, "forever."主は私の羊飼いのため、私は摂食された単語、 "牧草地" fellowshippingの精神に、 "水"がリニューアル、 " restoreth "降伏したのは、 "導く"約束を信頼して、 "恐怖の邪悪な"楽しむ安全保障"テーブルには"サービス、 " runneth以上"所持希望、 "永遠に。 "

Psalm 24詩篇第24

Is frequently defined as the Ascension Psalm . 賛美歌が頻繁にアセンションとして定義されています。 The Scofield Bible speaks of these last three Psalms, however, 22 23 and 24, as a trilogy.聖書のスコフィールド話すこれらの最後の3つの詩篇を授けた、しかし、 22 23と24日、 3部作としてします。 In the first, the good Shepherd gives His life for the sheep (John 10:11), in the second, the great Shepherd "brought again from the dead through the blood of the everlasting covenant," tenderly cares for His sheep (Heb. 13:20), and in the last, the chief Shepherd appears as king of glory to own and reward the sheep (I Pet. 5:4).は、まず第一に、彼の人生を良き羊飼いは、羊(ヨハネ10:11 ) 、 2番目にして至大羊飼い" brought再び死人の中から血液中には、永遠の契約を通じて、 "彼の羊を優しくケア( heb. 13:20 ) 、そして最後に、羊飼いの長として表示されると報酬を自分の栄光キングオブ羊(私のペットです。 5時04分) 。 From this point of view the order is: (a), the declaration of title, "The earth is the Lord's" (vv. I, 2); (b), the challenge (vv. 3-6), it is a question of worthiness and no one is worthy but the Lamb (compare Dan. 7:13, 14; Rev. 5:3-10); (c), the king takes the throne (vv. 7-10), (compare Matt. 25: 31).この観点からのご注文は: ( 1 )は、宣言のタイトル、 "地球は、主の" ( vv.私、 2 ) ;結果( b ) 、の挑戦( vv. 3-6 ) 、それは、質問の1つは立派な価値やないが、ラム(ダン比較します。 7時13分、 14 ;改訂5:3-10 ) ; ( c )項、ザキングには、玉座( vv. 7-10 ) 、 (比較マット25 : 31 ) 。 Questions 7.質問7 。 Where have we met earlier with the contents of Psalm 18?以前の私たちどこかで会ったの内容を、詩篇第18ですか? I. What theme would you assign to Psalm 19?どのようなテーマのように割り当てるi.詩篇第19ですか? 2. 2 。 Give the names, epithets and effects of the law.与えるの名前を、同法の影響をepithetsとします。 3. 3 。 What is the historical setting of Psalms 20 and 21?詩篇を授けたの設定をどのような歴史は、 20日と21日ですか? 4. 4 。 How does John 19:30 suggest the last verse of Psalm 22?ジョン19:30提案はどのように詩篇第22日の最後の詩のですか? 5. 5 。 Of what is this Psalm a picture?この画像は何です詩編のですか? 6. 6 。 What proof of inspiration does it contain?何の証拠が含まれインスピレーションがそれですか? 7. 7 。 By what name has Psalm 24 been called?詩篇第24をどのような名前が呼ばれたですか? 8. 8 。 How may the last three Psalms be classified? 5月の最後の3つの詩篇を授けたどのように分類ですか? 9. 9 。 Amplify this last idea.この最後のアイデアを増幅します。 10. 10 。 From this point of view, what is the order of Psalm 24?この観点から、どのような順序は、詩篇第24ですか? 11. 11 。 What may have been the historical origin of the Psalm last named?何年5月の歴史的起源が最後の名前の詩編ですか?

Psalm 25詩篇第25

In the Hebrew this prayer is arranged as an acrostic, ie, the first word of each verse begins with a letter in alphabetical order from A to Z. Hereafter we shall not give as much attention to every Psalm as we have thus far, but trust the reader to do the analyzing after the examples given. The purpose of the Commentary is not so much textual explanation as a stimulus to Bible study in a broader sense, and it is assumed that the reader has been studying the Bible side by side with the Commentary from the beginning. The more difficult Psalms, some of the more familiar and popular, and those distinctively Messianic and millennial may be treated more at length, but others must be passed over.この祈りは、実際には、ヘブライ語としてアクロスティック、すなわち、詩の各単語の最初の一通の手紙から始まりますA 〜 Zのアルファベット順にわれはない来世に多くの注意を与えるとして私たちがこれまでのすべての詩編として、しかし、信託のリーダーを分析した後には、与えられたの例です。 の目的は、論評ではないので多くの刺激をテキスト形式の説明として、広い意味で聖書の勉強をし、それを前提として検討してリーダーされ、聖書と並んで最初から解説します。 、より困難な詩篇を授けた、いくつかの他の身近で人気の、およびそれらの救世主と千年5月に扱われる独特の他に長々と、しかし、他人を通過しなければならない。 In the present instance the prayer is for defence (vv. 1-3), guidance (vv. 4, 5), forgiveness (vv. 6-11), etc., intermingled with testimony to the divine goodness (vv. 12-15).は、現在のインスタンスの祈りが防衛( vv. 1-3 ) 、指導( vv. 4 、 5 ) 、寛容( vv. 6-11 )など、 intermingledと証言して神の善( vv. 12 - 15 ) 。

Psalm 26詩篇第26日

Is another appeal to God on the basis of avowed integrity and innocence of the charges of enemies.は別の魅力を神との整合性に基づいて無実の罪を自認する人の敵をつくりました。 Note the features of righteous character of which the psalmist speaks, as well as the description of his enemies.に注意して正義の特徴は、賛美歌の文字を話すだけでなく、彼の敵の説明書です。 The Modern Reader's Bible names this Psalm, "Searchings of heart before worship."この近代的リーダーの聖書の詩篇の名前、 "良心の苦しみを崇拝する前に。 "

Psalm 27詩篇第27日

Is called by the volume named above "An Anthem of Deliverance," and throughout it exhibits confidence, hope and joy, in God's worship, with prayer for help and guidance in danger.巻の名前が呼ばれる上記の"国歌を救出する"と自信を展示して、希望と喜びは、神の崇拝、祈りに助けと導きの危険にさらされています。 The secret of the psalmist's confidence is given in verse four as his delight in divine fellowship expressed in worshiping in God's tabernacle.その秘密は、賛美歌の自信を与えられたのは、彼の喜びを神として4つの詩で表現さworshipingフェローシップ神の幕屋です。 God will protect and deliver him (vv. 5, 6).神は彼の保護と配信( vv. 5 、 6 ) 。 He will be more to him than earthly parents (v. 10).彼は彼よりももっとこの世の親(動10 ) 。 All he craves is guidance (v. 11).彼は自己顕示欲がすべての指導(動11 ) 。 He concludes with counsel to others in a like case (vv. 13, 14).彼は最後に弁護人を他の人にするようなケース( vv. 13 、 14 ) 。

Psalm 29詩篇第29日

"The Song of the Thunderstorm," encourages confidence in God by the celebration of His power in His dominion over the natural world. "この曲は、雷雨、 "神の信頼を奨励され、お祝いの彼の支配力が彼の自然な世界です。 "Discovereth the forests" (v. 9) means "stripping them bare." " discoverethの森" (動9 )は"ストリッピングしてむき出しのです。 " In the midst of this sublimity God's worshipers cry, "Glory!"この崇高の真っただ中に泣く神のしもべ、 "栄光! " (RV) (右心室)

Psalm 30詩篇第30

States its occasion in the title, the reference being to David's own house or palace (compare Deut. 20:5); 2 Sam.国の機会がタイトルには、リファレンスが独自の住宅や宮殿をデビッド(比較deut 。 20時05分) ; 2サムです。 5:11; 7:2). 5:11 ;午前7時02分) 。

Psalm 31詩篇第31日

Is a cry of one in distress, which some have referred to as the period of David's persecution by Saul at Keilah.苦痛の叫び声を1つには、いくつかの期間と呼ばれるのはデビッドの迫害をソールにkeilahです。 Read 1 Samuel 23:1-15, and then note in the Psalm, verses 4, 8, 10-15, 20-22. 1サミュエル23:1-15を読むと入力し、注記は、賛美歌、詩4 、 8 、 10-15 、 20-22 。

Psalm 32詩篇第32

Reads like "David's Spiritual Biography."読み込みのような"デビッドの精神的な伝記。 " It is thought to have been written after his sin with Bathsheba (2 Sam. 11, 12).これは彼の後に書かれたと考えられても罪にバトシェバ( 2サムです。 11 、 12 ) 。 He has been brought to repentance for that sin and forgiven (Psalm 51), and now is praising God for that forgiveness, and telling what led up to it.彼には良心の呵責むけさせ、その罪と許し(詩篇第51 ) 、そして今では、神に許しを賞賛し、 tellingどのような主導することにしよう。 It opens with a general declaration of his blessedness and why (vv. I, 2).それが開き、彼の至福の一般的な宣言とはなぜ( vv.私、 2 ) 。 This is followed by his experience before forgiveness and when he was undergoing conviction of sin (vv. 3, 4).これは彼の経験をする前に続いて、御赦しとされて彼は罪の有罪判決( vv. 3 、 4 ) 。 Confession brought forgiveness (v. 5).自白brought寛容(動5 ) 。 Let others act similarly in the same circumstances (v. 6).ご存知でしたら、他の法律同様に、同じ状況(動6 ) 。 See what God is to him now (v. 7).神は何を参照している(動7 ) 。 The Psalm takes the form of a dialogue at this point, and God speaks at verses eight and nine, which should be read in the Revised Version.の対話形式で賛美歌には、この時点で、 8つの詩と、神に話すと9 、これは、改訂版を読む必要があります。 The whole concludes with a warning and exhortation (vv. 10, 11).全体の最後に、警告と勧告( vv. 10 、 11 ) 。

Psalm 33詩篇第33

Is one of praise.は、褒め言葉の1つです。 It opens with a general chorus (vv. 1-3).それは一般的なコーラスポップアップ( vv. 1-3 ) 。 This is followed by a semi-chorus (vv. 4-11), a second semi-chorus (vv. 12-19), and a final chorus (vv. 20-22).これは半続いてコーラス( vv. 4-11 ) 、 2番目の半コーラス( vv. 12-19 ) 、およびAファイナルコーラス( vv. 20-22 ) 。 To follow this division suggested by the Modern Reader's Bible, is to obtain a good idea of the several subjects.この課に従う示唆された近代的リーダーの聖書は、いいアイデアを入手するには、いくつかの科目です。

Psalm 34詩篇第34

Has its occasion indicated in the title which refers to I Samuel 21:13.には、機会が示されているタイトルを参照して私サミュエル21:13です。 The name there is Achish, but some think Abimelech was the general name given the sovereigns of Gath at that time (Gen. 20:2). achishの名前には、いくつか考えabimelechは、汎用名を与えられたの血筋ガトその時間( Gen 。と20時02分) 。 This is also an acrostic, and from a musical point of view consists of an introduction (vv. I, 2), solos and choruses.これもまた、アクロスティック、および構成の観点から、ミュージカルでは、はじめに( vv.私、 2 ) 、ソロとコーラスです。 For one solo, see verses 3-6, and for another 11-14. 1つ1名を参照してください詩3-6 、および他の11-14 。

Psalm 35詩篇第35

May be read in connection with I Samuel 24, which some regard as its occasion. 5月に続きを読むの接続を私サミュエル24日、その機会をいくつかの点です。 A comparison of that chapter will throw light on the meaning of several of its expressions.章を比較することがスローさに光を、いくつかの意味を表現します。

Psalm 37詩篇第37

Is one of the most popular of the Psalms of trust and confidence, whose contents are illustrated in David's personal history. 1つは、人気のあるのは、詩篇を授けたの信頼と自信を、その内容が示されてデビッドの個人的な歴史です。 It is an acrostic, which requires little in the way of explanation to any heart who really knows God through Jesus Christ.これはアクロスティック、これの邪魔をする必要はほとんどすべての心臓の説明をイエスキリストを通して神who本当には分かっていない。 The theme is the prosperity of the wicked with counsel as to how the child of God should act in regard to it.のテーマは、邪悪な繁栄のために弁護人として、神の子にはどのように行動することに関してです。 Questions I. What is an acrostic Psalm?質問i.アクロスティック詩編は何ですか? 2. 2 。 What earlier Psalm is suggested by the theme of Psalm 26?どのように推奨される以前の詩編のテーマは、詩篇第26ですか? 3. 3 。 Point out the poetic descriptions of a thunder-storm in Psalm 29.詩的なの説明を指摘して雷の嵐で、詩篇第29 。 4. 4 。 What experience is Psalm 31 thought to describe?どのような経験は詩篇第31を説明する考えですか? 5. 5 。 Have you again read 1 Samuel 23:1-15?ここに再び読む1サミュエル23:1-15ですか? 6. 6 。 Give a title of Psalm 32, and a reason for it.詩篇第32のタイトルを与える、との理由をしてください。 7. 7 。 What idea is conveyed by "semichorus"?どのような考えは伝えられた"小合唱"ですか? 8. 8 。 Memorize Psalm 37:1-9.暗記詩編37:1-9です。

(NOTE: Gray's Commentary continues throughout the remaninder of the Psalms) (注:灰色の解説を継続してremaninder詩篇を授けた)


Psalms詩篇を授けた

Catholic Information カトリックの情報

The Psalter, or Book of Psalms, is the first book of the "Writings" (Kethubhim or Hagiographa), ie of the third section of the printed Hebrew Bible of today.のpsalterか、または予約の詩篇を授けたが、最初の予約は、 "文章" ( kethubhimまたはhagiographa ) 、すなわち、 3番目のセクションでは、ヘブライ語聖書の印刷です。 In this section of the Hebrew Bible the canonical order of books has varied greatly; whereas in the first and second sections, that is, in the Law and the Prophets, the books have always been in pretty much the same order.このセクションでは、ヘブライ語聖書にはさまざまな書籍の正規の順序を大幅;一方は、最初と2番目のセクション、それは、預言者は、法とは、かなりの書籍には常に同じ順序です。 The Talmudic list (Baba Bathra 14 b) gives Ruth precedence to Psalms.のtalmudicリスト(馬場bathra 14イ)の優先順位を与えるルース詩篇を授けた。 St. Jerome heads the "Writings" with Psalms, in his "Epistola ad Paulinum" (PL, XXII, 547); with Job in his "Prologus Galeatus" (PL, XXVIII, 555).聖ジェローム頭の"文章"に詩篇を授けた、彼の" epistola広告paulinum " (ポーランド語、 xxii 、 547 ) ;での仕事に彼の" prologus galeatus " (ポーランド語、 28 、 555 ) 。 Many Masoretic manuscripts, especially Spanish, begin the "Writings" with Paralipomena or Chronicles. masoretic原稿多く、特にスペイン語、開始するに"文章"をParalipomenonの複数形またはクロニクルです。 German Masoretic manuscripts have led to the order of book in the Kethubhim of the modern Hebrew Bible.ドイツ語masoretic原稿が主導して本をkethubhimの順序を、現代のヘブライ語聖書です。 The Septuagint puts Psalms first among the Sapiential Books.セプトゥアギンタにより、最初の間の知恵の書籍詩篇を授けた。 These latter books, in "Cod. Alexandrinus", belong to the third section and follow the Prophets.これらの後者の書籍は、 "タラです。アレクサンドリア写本" 、 3番目のセクションに所属し、次の預言者です。 The Clementine Vulgate has Psalms and the Sapiential Books in the second section, and after Job.ウルガタ聖書には詩篇を授けたのクレメンタインと知恵の書籍を2番目のセクションでは、と仕事をした後です。 This article will treat the name of the Psalter, its contents, the authors of the Psalms, their canonicity, text, versions, poetic form, poetic beauty, theological value, and liturgical use.この記事は、治療の名前をpsalter 、その内容は、詩篇を授けたの作者のは、彼らの規範、テキスト、バージョンでは、詩的なフォーム、詩的な美しさ、神学的な値、および典礼を使用します。

I. NAME i.名

The Book of Psalms has various names in the Hebrew, Septuagint, and Vulgate texts.この本の様々な名前は、ヘブライ語詩篇を授けたが、セプトゥアギンタ、およびウルガタ聖書のテキストです。

A. The Hebrew name is , "praises" (from , "to praise"); or , "book of praises". A.以下のヘブライ語の名前は、 "賛辞" (より、 "を称賛する" ) ;または、 "予約の賛辞"です。 This latter name was known to Hippolytus, who wrote Hebraioi periegrapsanten biblon Sephra theleim (ed. Lagarde, 188).この後者の名が知られてヒッポリュトス、 who書いたhebraioi periegrapsanten biblon sephra theleim (編ラガルド、 188 ) 。 There is some doubt in regard to the authenticity of this fragment.疑念を表明するにはいくつかの真偽は、次の断片です。 There can be no doubt, however, in regard to the transliteration Spharthelleim by Origen (PG, XII, 1084); and "sephar tallim, quod interpretatur volumen hymnorum" by St. Jerome (PL, XXVIII, 1124).疑いの余地はない、しかし、これと関連し、転写されspharthelleim原産地(結果、 12 、 1084 ) ;と" sephar tallim 、およびinterpretatur volumen hymnorum "聖ジェローム(ポーランド語、 28 、 1124 ) 。 The name "praises" does not indicate the contents of all the Psalms.の名前を"称賛"の内容を示してはありませんのすべての詩篇を授けた。 Only Ps.のみpsのです。 cxliv (cxlv) is entitled "praise" (). cxliv ( cxlv )は、 "褒め言葉" ( ) 。 A synonymous name hallel was, in later Jewish ritual, given to four groups of songs of praise, Pss.同義語の名前をhallelは、それ以降のユダヤ教の儀式は、与えられた賛美歌を4つのグループは、 PSSのです。 civ-cvii, cxi-cxvii, cxxxv-cxxxvi, cxlvi-cl (Vulgate, ciii-cvi, cx-cxvi, cxxxvi-cxxxviii, cxlv-cl). civ -ロードCVII 、 cxi - cxvii 、 cxxxv - cxxxvi 、 cxlvi - cl (ウルガタ聖書の、 ciii - CVIの、 cx - ) CXVI 、 cxxxvi - cxxxviii 、 cxlv - CL )とします。 Not only these songs of praise, but the entire collection of psalms made up a manual for temple service -- a service chiefly of praise; hence the name "Praises" was given to the manual itself.これらの曲を称賛するだけでなく、詩篇を授けたが、全体のコレクションは寺のマニュアルをアップするサービス-主を賛美するサービス;という名前がついて"賛辞"が与えられたのマニュアルそのものです。

B. The Septuagint manuscripts of the Book of Psalms read either psalmoi, psalms, or psalterion, psalter. Bのセプトゥアギンタ写本は、詩篇を授けたの本を読むのいずれかpsalmoi 、詩篇を授けたか、またはpsalterion 、 psalterです。 The word psalmos is a translation of , which occurs in the titles of fifty-seven psalms.という言葉は、翻訳文のpsalmos 、これが発生するのタイトルを57詩篇を授けた。 Psalmos in classical Greek meant the twang of the strings of a musical instrument; its Hebrew equivalent (from , "to trim") means a poem of "trimmed" and measured form. psalmosで古典ギリシア語の文字列を意味するの弦楽器を鳴らす楽器;はヘブライ語と同等(より、 "を整理する" )を意味する詩の"トリミング"とフォームを測定します。 The two words show us that a psalm was a poem of set structure to be sung to the accompaniment of stringed instruments.の2つの単語の詳細問い合わせは、詩の賛美歌が歌わセット構造される弦楽器の伴奏をします。 The New Testament text uses the names psalmoi (Luke 24:44), biblos psalmon (Luke 20:42; Acts 1:20), and Daveid (Hebrews 4:7).新約聖書のテキストを使用して名前をpsalmoi (ルカ24:44 ) 、ビブロスpsalmon (ルーク20:42 ;行為1:20 ) 、およびdaveid (ヘブル人への手紙4時07分) 。

C. The Vulgate follows the Greek text and translates psalmi, liber psalmorum. Cに次のように、ギリシャのウルガタ聖書のテキストと変換psalmi 、独立したpsalmorumです。

The Syriac Bible in like manner names the collection Mazmore.シリア語聖書のコレクションの名前が同じようにmazmoreです。

II. Ⅱ 。 CONTENTS内容

The Book of Psalms contains 150 psalms, divided into five books, together with four doxologies and the titles of most of the psalms.この本の詩篇を授けた150詩篇を授けたが含まれ、 5つの書籍に分かれて、 doxologiesと一緒に4つのタイトルのほとんどは、詩篇を授けた。

A. NUMBER a.番号

A. NUMBER a.番号

The printed Hebrew Bible lists 150 psalms.ヘブライ語聖書の印刷リスト150詩篇を授けた。 Fewer are given by some Masoretic manuscripts The older Septuagint manuscripts (Codd. Sinaiticus, Vaticanus, and Alexandrinus) give 151, but expressly state that the last psalm is not canonical: "This psalm was written by David with his own hand and is outside the number", exothen tou arithmou.原稿は、与えられたいくつかの少ない古いmasoreticセプトゥアギンタ写本( codd. sinaiticus 、 vaticanus 、およびアレクサンドリア写本)に151 、しかし、明示的ではない状態での最後の詩篇第カノニカル: "この詩編は、彼自身の手で書かれたデビッドとは、外部の番号表示" 、 exothen塔arithmouです。 The Vulgate follows the numeration of the Septuagint but omits Ps.命数の流布本は、次のように、 psのセプトゥアギンタしかし、省略します。 cli. CLIのです。 The differences in the numerations of the Hebrew and Vulgate texts may be seen in the following scheme: numerationsの違いは、ウルガタ聖書のテキストは、ヘブライ語と見られる5月には、次のスキーム:

Hebrew 1-8 = Septuagint/Vulgate 1-8ヘブライ語1-8 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の1-8

Hebrew 9 = Septuagint/Vulgate 9-10ヘブライ語9 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の9-10

Hebrew 10-112 = Septuagint/Vulgate 11-113ヘブライ語10から112まで=セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の十一〜百十三

Hebrew 113 = Septuagint/Vulgate 114-115ヘブライ語113 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の一一四〜一一五

Hebrew 114-115 = Septuagint/Vulgate 116ヘブライ語114から115 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の116

Hebrew 116-145 = Septuagint/Vulgate 117-146ヘブライ語116〜145 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の百十七〜百四十六

Hebrew 146-147 = Septuagint/Vulgate 147ヘブライ語146から147 =セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の147

Hebrew 148-150 = Septuagint/Vulgate 148-150ヘブライ語148から150まで=セプトゥアギンタ/ウルガタ聖書の148から150まで

In the course of this article, we shall follow the Hebrew numeration and bracket that of the Septuagint and Vulgate.このコースは、次の資料を、わたしたちは次のヘブライ語命数としているセプトゥアギンタとウルガタ聖書のブラケットです。 Each numeration has its defects; neither is preferable to the other.各命数には、欠陥;どちらが望ましいが、他のです。 The variance between Massorah and Septuagint texts in this numeration is likely enough due to a gradual neglect of the original poetic form of the Psalms; such neglect was occasioned by liturgical uses and carelessness of copyists. massorahとの間の差異セプトゥアギンタのテキストがこの命数性が高いが徐々に十分な怠慢のためには、元の詩の形式では、詩篇を授けた;このような怠慢と不注意が引き起こされるのcopyists典礼を使用します。 It is admitted by all that Pss.これはすべてのことを認めたPSSのです。 ix and x were originally a single acrostic poem; they have been wrongly separated by Massorah, rightly united by the Septuagint and Vulgate. 9世とxはもともと、 1つのアクロスティックの詩; massorah彼らは間違って区切られて、正しくするUnitedされたウルガタ聖書のセプトゥアギンタとします。 On the other hand Ps.その一方でpsのです。 cxliv (cxlv) is made up of two songs -- verses 1-11 and 12-15. cxliv ( cxlv )が行われるまでの2つの歌-詩1 -11と1 2-15です。 Pss. PSSのです。 xlii and xliii (xli and xlii) are shown by identity of subject (yearning for the house of Jahweh), of metrical structure and of refrain (cf. Heb. Ps. xlii, 6, 12; xliii, 5), to be three strophes of one and the same poem. 42と43 ( 41 、 42 )が表示され身元をアジ研( jahwehの家のあこがれ)は、韻律構造とのリフレイン( cf.なしで。 psのです。 42 、 6 、 12 、 43 、 5 ) 、される3つのstrophesの1つの詩と同じです。 The Hebrew text is correct in counting as one Ps.ヘブライ語のテキストが正しいとして1つのpsの数を数える。 cxvi (cxiv + cxv) and Ps. ) CXVI ( cxiv + cxv )とPSです。 cxlvii (cxlvi + cxlviii). ( semaphore ) CXLVII ( cxlvi + cxlviii ) 。 Later liturgical usage would seem to have split up these and not a few other psalms.へ典礼利用方法と思わ分裂させるには、これらのではなく、いくつかの詩篇を授けた。 Zenner ("Die Chorgesange im Buche der Psalmen", II, Freiburg im Br., 1896) ingeniously combines into what he deems were the original choral odes: Pss. zenner ( "死ぬchorgesangeイムbuche der psalmen " 、 2世、フライブルクイムしました。 、 1896 )を巧妙に組み合わせた彼は、オリジナルの合唱と判断odes : PSSのです。 i, ii, iii, iv; vi + xiii (vi + xii); ix + x (ix); xix, xx, xxi (xx, xxi, xxii); xlvi + xlvii (xlvii + xlviii); lxix + lxx (lxx + lxxi); cxiv + cxv (cxiii); cxlviii, cxlix, cl.私は、 2世、 3世、 4世;六+ 13 ( 6 + 12 ) ; 9世+ × ( 9世) ; 19 、イグゼクス、 xxi (イグゼクス、 xxi 、 xxii ) ; 46 + 47 ( 47 + 48 ) ; 69 + 70 ( 70 + 71 ) ; cxiv + cxv ( cxiii ) ; cxlviii 、 cxlix 、 cl 。 A choral ode would seem to have been the original form of Pss.合唱歌にされたように見えるが、元の形のリンクをクリックします。 xiv + lxx (xiii + lxix). 14 + 70 ( 13 + 69 ) 。 The two strophes and the epode are Ps. 2つのstrophesとエポードはpsのです。 xiv; the two antistrophes are Ps. 14 ; antistrophesはpsの2つです。 lxx (cf. Zenner-Wiesmann, "Die Psalmen nach dem Urtext", Munster, 1906, 305). 70 ( cf. zenner -ワイズマン、 "死ぬpsalmen食後原本" 、マンステール、 1906 、 305 ) 。 It is noteworthy that, on the breaking up of the original ode, each portion crept twice into the Psalter: Ps.ことは特筆に値するは、バラバラになるのは、元の頌歌、各部分の2倍をこっそりpsalter : psのです。 xiv = liii, Ps. 14 = 53 、 psのです。 lxxx = xl, 14-18. 80 = xl 、 14-18 。 Other such duplicated psalms are Ps.他のこのような重複がpsの詩篇を授けた。 cviii, 2-6 (cvii) = Ps. cviii 、 2-6 (ロードCVII ) = psのです。 lvii, 8-12 (lvi); Ps. 57 、 8-12 ( 56 ) ; psのです。 cviii, 7-14 (cvii) = Ps. cviii 、 7-14 (ロードCVII ) = psのです。 lx, 7-14 (lix); Ps. lx 、 7-14 ( 59 ) ; psのです。 lxxi, 1-3 (lxx) = Ps. 71 、 1-3 ( 70 ) = psのです。 xxxi, 2-4 (xxx). 31 、 2-4 ( xxx )をします。 This loss of the original form of some of the psalms is allowed by the Biblical Commission (1 May, 1910) to have been due to liturgical uses, neglect of copyists, or other causes.この損失は、元の形のいくつかの聖書の詩篇を授けたが許可される委員会( 5月1日、 1910 )典礼のために使用され、無視copyists 、またはその他の原因が考えられます。

B. DIVISION b.課

The Psalter is divided into five books. psalterに分かれて、 5つの書籍です。 Each book, save the last, ends with a doxology.各書籍、最終更新を保存して、終了と頌栄です。 These liturgical forms differ slightly.これらの典礼フォーム異なることがあります。 All agree that the doxologies at the end of the first three books have nothing to do with the original songs to which they have been appended.すべてのdoxologiesの最後に同意するものとし、最初の3つの書籍は全く関係のない彼らは、元の曲が付加されています。 Some consider that the fourth doxology was always a part of Ps.いくつかを考慮して、第4頌栄はいつものpsの一部です。 cvi (cv) (cf. Kirkpatrick, "Psalms", IV and V, p. 6343). CVIの(履歴書) ( cf.カークパトリック、 "詩篇を授けた" 、 4世とV 、 p. 6343 ) 。 We prefer, with Zenner-Wiesmann (op. cit., 76) to rate it as a doxology pure and simple.私たちを好む、 zenner -ワイズマン( op. 〜 Cit 。 、 76 )を評価することとして頌栄純粋で単純です。 The fifth book has no need of an appended doxology. 5番目の予約を付加する必要がない頌栄です。 Ps. psのです。 cl, whether composed as such or not, serves the purpose of a grand doxology which fittingly brings the whole Psalter to its close. cl 、このように構成するかどうかどうか、サービスの目的は、全体のグランド頌栄をもたらすfittingly psalterを終了します。

The five books of the Psalter are made up as follows:の5つの書籍をアップpsalterは以下のとおり:

Bk. bk 。 I: Pss.私: PSSのです。 i-xli (i-xl); doxology, Ps.私- 41 (私- XL )の;頌栄、 psのです。 xli, 14.第41回、 14 。

Bk. bk 。 II: Pss. 2世: PSSのです。 xlii-lxxii (xli-lxxi); doxology, Ps. 42 - 72 ( 41 - 71 ) ;頌栄、 psのです。 lxxii, 18-20. 72 、 18-20 。

Bk. bk 。 III: Pss. 3 : PSSのです。 lxxiii-lxxxix (lxxii-lxxxviii); doxology, Ps. 73 - 89 ( 72 - 88 ) ;頌栄、 psのです。 lxxxix, 53. 89 、 53 。

Bk. bk 。 IV: Pss. 4 : PSSのです。 xc-cvi (lxxxix-cv); doxology, Ps.機Series XC - CVIの( 89 -履歴書) ;頌栄、 psのです。 cvi, 48. CVIのは、 48 。

Bk. bk 。 V: Pss.含まれるのは: PSSのです。 cvii-cl (cvi-cl); no doxology.ロードCVII - cl ( CVIの- CL )と;ない頌栄です。

In the Masoretic text, the doxology is immediately followed by an ordinal adjective indicating the number of the succeeding book; not so in the Septuagint and Vulgate. masoreticは、テキストは、頌栄がすぐに続いて序数を示す形容詞の数は、後任予約;いないので、ウルガタ聖書のセプトゥアギンタとします。 This division of the Psalter into five parts belongs to early Jewish tradition.この5つの部品をpsalter部が実施して早期のユダヤ人の伝統に属しています。 The Midrash on Ps.ミドラーシュ上のpsのです。 i tells us that David gave to the Jews five books of psalms to correspond to the five books of the Law given them by Moses.私を教えてくれることを、ユダヤ人デビッドは詩篇を授けた5冊の書籍に対応するための5つのモーゼの法律によって与えられたことです。 This tradition was accepted by the early Fathers.この伝統は、早期に受け入れられたの父親です。 Hippolytus, in the doubtful fragment already referred to, calls the Psalter and its five books a second Pentateuch (ed. Lagarde, 193).ヒッポリュトスは、すでに言及は、疑問の断片を、 5つの書籍とそのpsalter呼び出して、 2番目の五(編ラガルド、 193 ) 。 St. Jerome defends the division in his important "Prologus Galeatus" (PL, XXVIII, 553) and in Ep.聖ジェローム擁護課での彼の重要な" prologus galeatus " (ポーランド語、 28 、 553 )とepです。 cxl (PL, XXII, 11, 68). cxl (ポーランド語、 xxii 、 11 、 68 ) 。 Writing to Marcella (PL, XXIII, 431), he says: "In quinque siquidem volumina psalterium apud Hebraeos divisum est".書き込みをマーセラ(ポーランド語、 23 、 431 ) 、彼は言う: "に5分割はsiquidem volumina葉胃アプドhebraeos "です。 He, however, contradicts this statement in his letter to Sophronius (PL, XXVIII, 1123): "Nos Hebraeorum auctoritatem secute et maxime apostolorum, qui sempter in Novo Testamento psalmorum librum nominant, unum volumen asserimus".彼は、しかし、このステートメントは彼の矛盾に手紙をソフロニオス(ポーランド語、 28 、 1123 ) : "私達hebraeorum auctoritatem secute etマキシムapostolorum 、ホームsempterに新規testamento psalmorum librum nominant 、作られた一つvolumen asserimus "です。

C. TITLES c.タイトル

In the Hebrew Psalter, all the psalms, save thirty-four, have either simple or rather complex titles.は、ヘブライ語psalterは、すべての詩篇を授けた、割引率34は、かなり複雑なタイトルがいずれかの簡単な方法です。 The Septuagint and Vulgate supply titles to most of the thirty-four psalms that lack Hebrew titles.ウルガタ聖書のセプトゥアギンタと供給のほとんどのタイトルを34詩篇を授けたヘブライ語のタイトルが不足します。 These latter, called "orphan psalms" by Jewish tradition, are thus distributed in the five books of the Psalter:これらの後者と呼ばれる"孤児詩篇を授けた"ユダヤ人の伝統は、そのための5つの書籍で配布され、 psalter :

Bk. bk 。 I has 4 -- Pss.私は4 -P SSのです。 I, iii, x, xxxiii [i, iii, ix (b), xxxii].私は、三、 x 、 33 [私は、 3世、 9世( b )項、 32 ] 。 Of these, Ps.これらの、 psのです。 x is broken from Ps. xには壊れてからpsのです。 ix; Ps. 9世; psのです。 xxxiii has a title in the Septuagint and Vulgate. 33には、タイトルは、ウルガタ聖書のセプトゥアギンタとします。

Bk. bk 。 II has 2 -- Pss. IIは2 -P SSのです。 xliii, lxxi (xlii, lxx). 43 、 71 ( 42 、 70 ) 。 Of these, Ps.これらの、 psのです。 xliii is broken from Ps.が壊れてから43 psのです。 xlii. 42 。

Bk. bk 。 III has none. IIIさんなし。

Bk. bk 。 IV has 10 -- Pss. 4世は10 -P SSのです。 xci, xciii-xcvii, xcix, xiv-cvi (xc, xcii-xcvi, xcviii, ciii-cv). 91 、 93 - 97 、 99 、 14 - CVIの( xc 、 92 - 96 、 98 、 ciii - CV )をします。 Of these, all have titles in the Septuagint and Vulgate.これらのは、すべてが流布本のタイトルには、セプトゥアギンタとします。

Bk. bk 。 V has 18 -- Pss. Vが18日-P SSのです。 cvii, cxi-cxix, cxxxv-cxxxvii, cxlvi-cl (cvi, cx-cxviii, cxxxiv, cxlv-cl).ロードCVII 、 cxi - cxix 、 cxxxv - cxxxvii 、 cxlvi - cl ( CVIの、 cx - cxviii 、 cxxxiv 、 cxlv - CL )とします。 Of these, Ps.これらの、 psのです。 cxii has a title in the Vulgate, Ps. cxiiには、タイトルは、ウルガタ聖書の、 psのです。 cxxxvii in the Septuagint and Vulgate; the quasi-title hallelu yah precedes nine (cxi-cxiii, cxxxv, cxlvi-cl); the Greek equivalent Allelouia precedes seven others (cvii, cxiv, cxvi-cxix, cxxxvi). cxxxviiは、ウルガタ聖書のセプトゥアギンタとし、準タイトルの前に9つの州のyah hallelu ( cxi - cxiii 、 cxxxv 、 cxlvi - CL )と; allelouiaの前に、ギリシャの7つの等価その他(ロードCVII 、 cxiv 、 ) CXVI - cxix 、 cxxxvi ) 。 Only Ps.のみpsのです。 cxv [cxiii (b)] has no title either in the Hebrew or the Septuagint. cxv [ cxiii結果( b ) ]がないタイトルは、ヘブライ語のいずれか、またはセプトゥアギンタです。

(1) Meaning of Titles ( 1 )タイトルの意味を

These titles tell us one or more of five things about the psalms: (a) the author, or, perhaps, collection; (b) the historical occasion of the song; (c) its poetic characteristics; (d) its musical setting; (e) its liturgical use.これらの書籍の5つの教えの1つ以上のものについては、詩篇を授けた: ( 1 )の著者、または、たぶん、コレクションの場合、 ( b )の歴史的な機会は、宋いる、 ( c )その詩的な特性(営)のミュージカルの設定; (オ)の典礼を使用します。

(a) Titles indicating the author (ア)のタイトル、著者を示す

Bk. bk 。 I has four anonymous psalms out of the forty-one (Pss. i, ii, x, xxxiii).私は、 4つの匿名詩篇を授けたのは41 ( pss. Ⅰ 、 Ⅱ 、 x 、 33 ) 。 The other thirty-seven are Davidic. davidic 、他の30から7アールです。 Ps. psのです。 x is part of ix; Ps. xには部分9世; psのです。 xxxiii is Davidic in the Septuagint; and Pss. 33 davidicは、セプトゥアギンタは、 PSSのです。 I and ii are prefatory to the entire collection. IとIIの序文に、すべてのコレクションです。 -- Bk. -b k。 II has three anonymous psalms out of the thirty-one (Pss. xliii, lxvi, lxxi). 2世は、 3つの匿名詩篇を授けたアウトは、 31 ( pss. 43 、 66 、 71 ) 。 Of these, eight Pss., xlii-xlix (xli-xlviii) are "of the sons of Korah" (libne qorah); Ps.これらのうち、 8つのリンクをクリックします。 、 42 - 49 ( 41 - 48 )は"サンズオブカールーンは、 " ( libne qorah ) ; psのです。 1 is "of Asaph"; Pss. 1は"アサフ" ; PSSのです。 li-lxxii "of the Director" (lamenaççeah) and Ps.李- 72 "のディレクター" ( lamenaççeah )とPSです。 lxxii "of Solomon". 72 "ソロモン"です。 Ps. psのです。 xliii (xlii) is part of xlii (xli); Pss. 43 ( 42 )は、 42部( 41 ) ; PSSのです。 lxvi and lxvii (lxv and lxvi) and Davidic in the Septuagint and Vulgate. 66と67 ( 65 、 66 )とdavidicは、ウルガタ聖書のセプトゥアギンタとします。 -- Bk. -b k。 III has one Davidic psalm, lxxxvi (lxxxv); eleven "of Asaph", lxxiii-lxxxiii (lxxii-lxxxii); four "of the sons of Korah", lxxxiv, lxxxv, lxxxvii, lxxxviii (lxxxiii, lxxxiv, lxxxvi, lxxxvii); and one "of Ethan", lxxxix (lxxxviii). davidic詩篇第三には1つ、 86 ( 85 ) ;イレブン"のアサフ" 、 73 - 83 ( 72 - 82 ) ; 4つ"は、サンズオブカールーン" 、 84 、 85 、 87 、 88 ( 83 、 84 、 86 、 87 ) ;と1つの"イーサン" 、 89 ( 88 )です。 Ps. psのです。 lxxxviii is likewise assigned to Heman the Ezrahite. 88は、同様のezrahite hemanに割り当てられている。 -- Bk. -b k。 IV has two Davidic psalms, ci and ciii (c and cii), and one "of Moses".四davidicには2つの詩篇を授けた、 ciとciii ( Cとcii ) 、および1つの"モーゼ"です。 Moreover, the Septuagint assigns to David eight others, Pss.また、 8つのデビッドセプトゥアギンタ割り当てられている他、 PSSのです。 xci, xciii-xcvii, xciv, civ (xc, xcii-xcvi, xcviii, ciii). 91 、 93 - 97 、 94 、 civ ( xc 、 92 - 96 、 98 、 ciii ) 。 The remainder are anonymous.残りは、匿名性があります。 -- Bk. -b k。 V has twenty-seven anonymous psalms out of forty-four. Vが2007年の44匿名詩篇を授けた。 Pss. PSSのです。 cviii-cx, cxxii, cxxiv, cxxxi, cxxxiii, cxxxviii-cxlv (cvii-cix, cxxi, cxxiii, cxxx, cxxxii, cxxxvii-cxlv) are Davidic. cviii - cx 、 cxxii 、 cxxiv 、 cxxxi 、 cxxxiii 、 cxxxviii - cxlv (ロードCVII - cix 、 cxxi 、 cxxiii 、 cxxx 、 cxxxii 、 cxxxvii - cxlv )は、 davidicです。 Ps. psのです。 cxxvii is "of Solomon". cxxviiは、 "ソロモン"です。 The Septuagint and Vulgate assign Ps.ウルガタ聖書のセプトゥアギンタを割り当てると、 psのです。 cxxxvii (cxxxvi) David, Pss. cxxxvii ( cxxxvi )デビッド、 PSSのです。 cxlvi-cxlviii (cxlv-cxlviii) to Aggeus and Zacharias. cxlvi - cxlviii ( cxlv - cxlviii )をツァハリアスaggeusとします。 Besides these title-names of authors and collections which are clear, there are several such names which are doubtful.これらのタイトル-の名前をほかの作家とコレクションが明確で、このような名前には、いくつかは疑わしいものです。 -- Lamenaççeah (; Septuagint, eis to telos; Vulg., in finem; Douai, "unto the end"; Aquila, to nikopoio, "for the victor"; St. Jerome, victori; Symmachus, epinikios, "a song of victory"; Theodotion, eis to nikos, "for the victory") now generally interpreted "of the Director". -l amenaççeah( ;セプトゥアギンタ、評価書を目的因; v ulg。は、 f inem;ドゥアイ、 "わたしの最後に" ;アクイラ、 n ikopoio、 "は、ビクター" ;聖ジェローム、 v ictori;シンマクス、 e pinikiosは、 "歌勝利" ; theodotion 、評価書をニコス、 "勝利" )今すぐ一般的に解釈"のディレクター"です。 The Pi'el of the root means, in I Par., xv, 22, "to be leader" over the basses in liturgical service of song (cf. Oxford Hebrew Dictionary, 664). pi'elのルートを意味するのは、私パーです。 、 15 、 22日、 "されるリーダー"のサービスをベースに典礼歌( cf.オックスフォードヘブライ語辞書、 664 ) 。 The title "of the Director" is probably analogous to "of David", "of Asaph", etc., and indicates a "Director's Collection" of Psalms.のタイトル"のディレクター"に類似しては、おそらく"のデビッド" 、 "アサフ"などとは、 "監督のコレクション"の詩篇を授けた。 This collection would seem to have contained 55 of our canonical psalms, whereof 39 were Davidic, 9 Korahite, 5 Asaphic, and 2 anonymous.このコレクションに含まれると思わには弊社の正規の55詩篇を授けた、 39銘柄がdavidic whereof 、 9 korahite 、 5 asaphic 、および2匿名性があります。 Al-Yeduthun, in Pss.アル- yeduthun 、リンクをクリックします。 lxii and lxxvii (lxi and lxxvi), where the preposition al might lead one to interpret Yeduthun as a musical instrument or a tune. 62と77 ( 61 、 76 ) 、どこに前置詞アルかもしれないリードを解釈する1つの楽器として、またはyeduthun曲です。 In the title to Ps.は、タイトルをpsのです。 xxxix (xxxviii), "of the Director, of Yeduthun, a song of David", Yeduthun is without al and seems to be the Director (Menaççeah) just spoken of. 39 ( 38 ) 、 "監督、 yeduthunは、デビッドの歌" 、アラバマyeduthunはなしと思われるのディレクター( menaççeah )だけ話さのです。 That David had such a director is clear from I Par., xvi, 41.デビッドはこのようなことから私パー監督は明らかです。 、 16 、 41 。

(b) Titles indicating the historical occasion of the song結果( b )のタイトル曲を示す歴史的な機会を

Thirteen Davidic psalms have such titles.このようなタイトルが13 davidic詩篇を授けた。 Pss. PSSのです。 vii, xviii, xxxiv, lii, liv, lvi, lvii, lix, cxlii (vii, xvii, xxxiii, li, liii, lv, lvi, lviii, cxli) are referred to the time of David's persecution by Saul; Ps. 7 、 18 、 34 、 52 、 54 、 56 、 57 、 59 、 cxlii ( 7 、 17 、 33 、李、 53 、左心室、 56 、 58 、 cxli )は言及している時のデビッドの迫害をソール; psのです。 lx (lix) to that of the victories in Mesopotamia and Syria; Ps. lx ( 59 )を勝利にしているメソポタミアとシリア; psのです。 li(l) to his sin; Pss.李(左)を自分の罪; PSSのです。 iii and lxiii (lxii) to his flight from Absalom. IIIおよび63 ( 62 )を彼からの逃避アブサロムです。

(c) Titles indicating poetic characteristics of the psalm ( c )のタイトル詩的な特性を示す詩編

Mizmor (; Septuagint, psalmos; Vulg., psalmus; a psalm), a technical word not used outside the titles of the Psalter; meaning a song set to stringed accompaniment. mizmor ( ;セプトゥアギンタ、 psalmos ; vulg 。 、 psalmus ;を賛美歌) 、外で使われていない技術的な単語のタイトルのpsalter ;意味弦楽器の伴奏曲に設定されています。 There are 57 psalms, most of them Davidic, with the title Mizmor. 57詩篇を授けたが、かれらの多くはdavidic 、 mizmorのタイトルです。

Shir (; Septuagint, ode; Vulg., Canticum; a song), a generic term used 30 times in the titles (12 times together with Mizmor), and often in the text of the Psalms and of other books. shir ( ;セプトゥアギンタ、頌歌; vulg 。 、 canticum ;曲) 、 30回に、汎用的に使用される用語のタイトル( 12倍と一緒にmizmor ) 、および頻繁に表示されたテキストは、詩篇を授けたとの他の書籍です。 In the Psalms (xlii, 9; lxix, 31; xxviii, 7) the song is generally sacred; elsewhere it is a lyric lay (Genesis 31:27; Isaiah 30:29), a love poem (Cant., i, 1.1), or a bacchanalian ballad (Isaiah 24:9; Ecclesiastes 7:5).は、詩篇を授けた( 42 、 9 、 69 、 31 、 28 、 7 )の歌は一般的に神聖な;他のことは、歌詞レイ(創世記31:27 ;イザヤ書30:29 )は、愛の詩( cant. 、私は、 1.1 ) 、または、どんちゃん騒ぎのバラード(イザヤ書24:9 ;伝道の書7時05分) 。

Maskil (; Septuagint, synedeos, or eis synesin; Vulgate intellectus or ad intellectum), an obscure form found in the titles of 13 psalms (xxxii, xlii, xliv, xlv, lii, lv, lxxiv, lxxviii, lxxxviii, lxxxix, cxliv). maskil ( ;セプトゥアギンタ、 synedeos 、またはEIS synesin ;ウルガタ聖書のintellectusまたは広告intellectum ) 、曖昧な形で発見されたタイトルの13詩篇を授けた( 32 、 42 、 44 、 45 、 52 、左心室、 74 、 78 、 88 、 89 、 cxliv ) 。 (a) Gesenius and others explain "a didactic poem", from Hiph'il of (cf. Psalm 32:8; 1 Chronicles 28:19); but only Pss. (ア)ゲゼーニウスおよびその他説明"教則の詩" 、よりhiph'ilの( cf.詩編32:8 ; 1クロニクル28:19 ) ;だけPSSのです。 xxxii and lxxviii are didactic Maskilim. 32と78は、教則maskilimです。 (b) Ewald, Riehm and others suggest "a skilful artistic song", from other uses of the cognate verb (cf. 2 Chronicles 30:22; Psalm 47:7); Kirkpatrick things "a cunning psalm" will do.結果( b )エーヴァルト、リームなどの提案"を見事な芸術の歌"は、他の用途には、同族動詞( cf. 2クロニクル30:22 ;詩編47:7 ) ;カークパトリックもの"を狡猾な賛美歌"が行う。 It is difficult to see that the Maskil is either more artistic or more cunning than the Mizmor.することは難しいのいずれかを確認すると、他の芸術maskilは、より以上の狡猾なmizmorです。 (c) Delitzch and others interpret "a contemplative poem"; Briggs, "a meditation". ( c ) delitzchおよびその他の解釈"を観想詩" ;ブリッグズは、 "瞑想"です。 This interpretation is warranted by the usage of the cognate verb (cf. Isaiah 41:20; Job 34:27), and is the only one that suits all Maskilim.この解釈が保証される同族動詞を使用する際の( cf.イザヤ書41:20 ;仕事34:27 )とは、すべてのmaskilimに応じて1つだけです。

Tephillah (); Septuagint, proseuche; Vulg., oratio; a prayer), the title to five psalms, xvii, lxxxvi, xc, cii, cxlii (xvi, lxxv, lxxxix, ci, cxli). tephillah ( ) ;セプトゥアギンタ、 proseuche ; vulg 。 、住所;祈りの言葉を)は、 5つの詩篇を授けたのタイトルを、 17 、 86 、 xc 、 cii 、 cxlii ( 16 、 75 、 89 、 ci 、 cxli ) 。 The same word occurs in the conclusion to Bk.同じ単語が発生するという結論をbk 。 II (cf. Ps. lxxii, 20), "The prayers of David son of Yishai have been ended". 2世( cf. psのです。 72 、 20 )は、 "祈りの息子であるデビッドyishaiが終わった" 。 Here the Septuagint hymnoi (Vulgate, laudes) points to a better reading, , "praise".ここではセプトゥアギンタhymnoi (ウルガタ聖書の、 laudes )を指してより良い読書、 、 "褒め言葉"です。

Tehillah (; Septuagint, ainesis; Vulg., laudatio; "a song of praise"), is the title only of Psalm 145. tehillah ( ;セプトゥアギンタ、 ainesis ; vulg 。 、 laudatio ; "を賛美歌" )は、詩篇第145のタイトルだけです。

Mikhtam (; Septuagint, stelographia or eis stelographian; Vulg., tituli inscriptio or in tituli inscriptionem), an obscure term in the title of six psalms, xvi, lvi-lx (xv, lv-lix), always to "of David". mikhtam ( ;セプトゥアギンタ、 stelographiaまたはEIS stelographian ; vulg 。 、 tituli inscriptio 、またはtituli inscriptionem )は、あいまいな用語を6つの詩篇を授けたのタイトルを、 16 、 56 - 9452 ( 15 、左心室- 59 )は、常に"のデビッド"です。 Briggs ("Psalms", I, lx; New York, 1906) with the Rabbis derives this title from , "gold".ブリッグズ( "詩篇を授けた" 、私は、 lx ;ニューヨーク、 1906 )のラビ、このタイトルから派生し、 "ゴールド"です。 The Mikhtamim are golden songs, "artistic in form and choice in contents". mikhtamimは、黄金の曲、 "芸術と選択し、フォームの内容"にします。 Shiggayon (; Septuagint merely psalmos; Vulg., psalmus; Aquila, agnonma; Symmachus and Theodotion, hyper agnoias; St. Jerome, ignoratio or pro ignoratione), occurs only in the title to Ps. shiggayon ( ;セプトゥアギンタ単にpsalmos ; vulg 。 、 psalmus ;アクイラ、 agnonma ;シンマクスとtheodotion 、ハイパーagnoias ;聖ジェローム、論点またはプロignoratione ) 、タイトルをpsのでのみ発生します。 vii. Ⅶ 。 The root of the word means "to wander", "to reel", hence, according to Ewald, Delitzch, and others, the title means a wild dithyrambic ode with a reeling, wandering rhythm.この言葉の意味のルートに"をさまよい歩く" 、 "にリール" 、それゆえによると、エーヴァルト、 delitzch 、およびその他、野生の熱狂的な歌のタイトルを意味すると繰糸、さすらいのリズムです。

(d) Titles indicating the musical setting of a psalm (a specially obscure set) (エ)の設定をするタイトルのミュージカルを示す詩編(特別無名のセット)

Eight titles may indicate the melody of the psalm by citing the opening words of some well-known song: 8つのタイトルを示す5月のメロディは、賛美歌を引用するの開会の言葉をいくつかのよく知らソング:

Nehiloth (; Septuagint and Theodotion, hyper tes kleronomouses; Aquila, apo klerodosion; Symmachus, hyper klerouchion; St. Jerome, super haereditatibus; Vulg., pro ea quae haereditatem consequitur), occurs only in Ps. nehiloth ( ;セプトゥアギンタとtheodotion 、ハイパー試験kleronomouses ;アクイラ、 apo klerodosion ;シンマクス、ハイパーklerouchion ;聖ジェローム、スーパーhaereditatibus ; vulg 。 、プロ会EA quae haereditatem consequitur ) 、 psのでのみ発生します。 v. The ancient versions rightly derive the title from , "to inherit"; Baethgen ("Die Psalmen", 3rd ed., 1904, p. xxxv) thinks Nehiloth was the first word of some ancient song; most critics translate "with wind instruments" wrong assuming that Nehiloth means flutes (, cf. Is. xxx, 29). Vの古代のタイトルから派生する当然のバージョン"を継承する" ; baethgen ( "死ぬpsalmen " 、第3版、 1904 、 p. 35 )の最初の単語と考えnehilothは、いくつかの古代の歌;ほとんどの批評家翻訳"と風楽器"間違ってnehiloth手段と仮定して笛( 、継続前誌です。です。 xxxと29 ) 。

Al-tashheth [; Septuagint, Aquila, Symmachus, peri aphtharsias, except Ps.アル- tashheth [ ;セプトゥアギンタ、アクイラ、シンマクス、ペリaphtharsias除き、 psのです。 lxxv, Symmachus, peri aphtharsias; St. Jerome, ut non disperdas (David humilem et simplicem); Vulg., ne disperdas or ne corrumpas], in Pss. 75 、シンマクス、ペリaphtharsias ;聖ジェローム、それ以外のdisperdas (デビッドhumilem et simplicem ) ; vulg 。 、ネブラスカネブラスカdisperdasまたはcorrumpas ]リンクをクリックします。 lvii-lix, lxxv (lvi-lviii, lxxiv), meaning "destroy not", may be the beginning of a vintage song referred to in Is., lxv, 8. 57 - 59 、 75 ( 56 - 58 、 74 ) 、の意味"を破壊しない" 、 5月の初めには、ビンテージ歌で参照されている。 、 65 、 8 。 Symmachus gives, in title to Ps.シンマクスには、タイトルをpsのです。 lvii, peri tou me diaphtheires; and in this wise suggests that originally preceded . 57 、ペリ塔メインdiaphtheires ;そしてこのもともと先行示唆して英明でられる。 Al-Muth-Labben (; Septuagint, hyper ton kyphion tou yiou; Vulg., pro occultis filii, "concerning the secret sins of the son"; Aquila, hyper akmes tou hiou, "of the youth of the son"; Theodotion, hyper akmes tou hyiou, "concerning the maturity of the son") in Ps.アル- muth - labben ( ;セプトゥアギンタ、ハイパートンkyphion塔yiou ; vulg 。 、プロoccultis filii 、 "問題の秘密の罪の息子の" ;アクイラ、ハイパーakmes塔hiou 、 "青少年の息子" ; theodotion 、ハイパーakmes塔hyiou 、 "に関する成熟度の息子" ) psのです。 ix, probably means "set to the tune 'Death Whitens'". 9世、おそらく手段"に設定され、曲'死whitens ' " 。

Al-ayyeleth hasshahar (; Septuagint, hyper tes antilepseos tes heothines; Vulg., pro susceptione matutina, "for the morning offering"; Aquila, hyper tes elaphou tes orthines; Symmachus, hyper tes boetheias tes orthines, "the help of the morning"; St. Jerome, pro cervo matutino), in Ps.アル- ayyeleth hasshahar ( ;セプトゥアギンタ、ハイパーantilepseos試験試験heothines ; vulg 。 、プロsusceptione matutina 、 "朝の提供" ;アクイラ、ハイパーelaphou試験試験orthines ;シンマクス、ハイパーboetheias試験試験orthines 、 "朝の助けを借りて" ;聖ジェローム、プロチェルヴォmatutino )は、 psのです。 xxii (xxi, very likely means "set to the tune 'The Hind of the Morning'". Al Shoshannim in Pss. xlv and lxix (xliv and lxviii), Shushan-eduth in Ps. lx (lix), Shoshannim-eduth in Ps. lxxx (lxxix) seem to refer to the opening of the same song, "Lilies" or "Lilies of testimony". The preposition is al or el. The Septuagint translates the consonants hyper ton Alloiothesomenon; Vulg., pro iis qui commutabuntur, "for those who shall be changed". Al Yonath elem rehoqim, in Ps. lvi (lv) means "set to 'The dove of the distant terebinth'", or, according to the vowels of Massorah, "set to 'The silent dove of them that are afar'". The Septuagint renders it hyper tou laou tou apo ton hagion memakrymmenou; Vulg., pro populo qui a sanctis longe factus est, "for the folk that are afar from the sanctuary". Baethgen (op. cit., p. xli) explains that the Septuagint understands Israel to be the dove; reads elim for elem, and interprets the word to mean gods or sanctuary. 'Al Mahalath (Ps. liii), Mahalath leannoth (Ps. lxxxviii) is transliterated by the Septuagint Maeleth; by Vulg., pro Maeleth. Aquila renders epi choreia, "for the dance"; the same idea is conveyed by Symmachus, Theodotion, Quinta, and St. Jerome (pro choro). The word 'Al is proof that the following words indicate some well-known song to the melody of which Pss. liii and lxxxviii (lii and lxxxvii) were sung. xxii ( xxi 、非常に高い手段"に設定され、曲'の後の朝' " 。アルshoshannimリンクをクリックします。 45 、 69 ( 44 、 68 ) 、 shushan - eduthでpsのです。 lx ( 59 ) 、 shoshannim - eduthでpsのです。 80 ( 79 )のように開口部を参照して同じ曲を、 "ユリ"または"ユリの証言" 。 、前置詞は、アルやエルです。セプトゥアギンタに変換するハイパートンの子音alloiothesomenon ; vulg 。 、プロIISのホームcommutabuntur 、 "これらの変更whoしなければならない" 。アルyonath elem rehoqimは、 psのです。 56 ( LV )の手段"に設定され'の鳩は、遠いテレビンノキ' " 、または、 massorahによると、母音は、 "設定して'サイレントのハトそれらには遠く' " 。セプトゥアギンタをレンダリングすることlaou塔塔apoトンハイパーhagion memakrymmenou ; vulg 。 、プロの前でホームをサンクティス調馬索ファクトゥス( Factus )は、 "は、民俗では遠くからの聖域"です。 baethgen (シングルです。 〜 Cit 。 、 p. 41 )と説明して理解し、イスラエルをセプトゥアギンタ鳩; elimを読み取りますelem 、と解釈され、神々を意味する単語または聖域のようです。 'アルmahalath ( ps. 53 ) 、 mahalath leannoth ( ps. 88 )音訳されたセプトゥアギンタはmaeleth ;さvulg 。 、プロmaeleth 。アクイラレンダリングエピchoreia 、 "ダンス" ;と同じアイデアが伝えられたシンマクス、 theodotion 、 quinta 、と聖ジェローム(プロチョロ) 。という言葉'アル証拠を手には、次の言葉は、よく知られた曲を示すいくつかのメロディーをPSSのです。 53 、 88 ( 52 、 87 )が歌わです。

'Al-Haggittith, in titles to Pss. 'アル- haggittithは、タイトルをPSSのです。 viii, lxxxi, lxxxiv (vii, lxxx, lxxxiii). viii 、 81 、 84 ( 7 、 80 、 83 ) 。 The Septuagint and Symmachus, hyper ton lenon; Vulg., and St. Jerome, pro torcularibus, "for the wine-presses".シンマクスのセプトゥアギンタと、ハイパートンレノン; vulg 。 、および聖ジェローム、プロtorcularibus 、 "また、ワイン-機"です。 They read gittoth, pl.彼らgittothを読む、書くこともできます。 of gath.のガトです。 The title may mean that these psalms were to be sung to some vintage-melody. 5月ということで、これらの詩篇を授けたのタイトルがいくつかのヴィンテージ-メロディを歌われる。 The Masoretic title may mean a Gittite instrument (Targ., "the harp brought by David from Gath"), or a Gittite melody. masoreticタイトルgittite年5月を意味するの音源( targ.は、 "ハープもたらしたデビッドよりガト" )か、または、 gittiteメロディです。 Aquila and Theodotion follow the reading of Masorah and, in Ps.アクイラとtheodotion次の読書のmasorahと、 psのです。 viii, translate the title hyper tes getthitidos; yet this same reading is said by Bellarmine ("Explanatio in Psalmos", Paris, 1889), I, 43) to be meaningless. viii 、翻訳のタイトル超試験getthitidos ;はまだありませんこれと同じ読書はベラルミーノによるとされ( " explanatioでpsalmos " 、パリ、 1889 ) 、私、 43 )を意味します。

One title probably means the kind of musical instrument to be used.おそらく1つのタイトルを意味するのに使われるような楽器です。 Neginoth (; Septuagint, en psalmois, in Ps. iv, en hymnois elsewhere; Vulg., in carminibus; Symmachus, dia psalterion; St. Jerome, in psalmis) occurs in Pss. neginoth ( ;セプトゥアギンタ、アンpsalmoisは、 psのです。 4世、アンhymnois他; vulg 。は、 carminibus ;シンマクスなら、 Dia psalterion ;聖ジェロームは、 psalmis )が発生するPSSのです。 iv, vi, liv, lxvii, lxxvi (iv, vi, liii, liv, lxvi, lxxv).四、六、リヴ、 67 、 76 ( 4 、 6 、 53 、 54 、 66 、 75 ) 。 The root of the word means "to play on stringed instruments" (1 Samuel 16:16-18, 23).この言葉の意味のルートに"弦楽器を演奏し" ( 1サミュエル16:16-18 、 23 ) 。 The title probably means that these psalms were to be accompanied in cantilation exclusively "with stringed instruments".おそらく、これらの詩篇を授けたのタイトルを意味し、 cantilationが同行される排他的"と弦楽器"です。 Ps. psのです。 lxi (lx) has Al Neginath in its title, and was perhaps to be sung with one stringed instrument only. 61 ( lx )は、アルneginath 、そのタイトル、および1つは、おそらく成される弦楽器のみです。

Two titles seem to refer to pitch. 2つのタイトルを参照してピッチようにします。 Al-Alamoth (Psalm 46), "set to maidens", ie, to be sung with a soprano or falsetto voice.アル- alamoth (詩篇第46 ) 、 "設定して乙女" 、すなわち、ソプラノで歌わまたは裏声とします。 The Septuagint renders hyper ton kryphion; Vulg., pro occultis, "for the hidden"; Symmachus, hyper ton aionion, "for the everlasting"; Aquila, epi neanioteton; St. Jerome, pro juventutibus, "for youth".ハイパートンのセプトゥアギンタレンダリングkryphion ; vulg 。 、プロoccultis 、 "隠された" ;シンマクス、ハイパートンaionion 、 "は、永遠の" ;アクイラ、エピneanioteton ;聖ジェローム、プロjuventutibus 、 "青少年のため"です。

Al-Hassheminith (Pss. vi and xii), "set to the eighth"; Septuagint, hyper tes ogdoes; Vulg., pro octava.アル- hassheminith ( viとpss. 12 ) 、 "設定して、 8番目" ;セプトゥアギンタ、ハイパー試験ogdoes ; vulg 。 、プロoctava 。 It has been conjectured that "the eighth" means an octave lower, the lower or bass register, in contrast with the upper or soprano register. conjecturedされては、 "第8回"とは、 1オクターブ低くなる、またはベースレジスタの下、これとは対照的にソプラノの上部または登録が必要です。 In I Pr., xv, 20-21, Levites are assigned some "with psalteries set to 'Alamoth'" (the upper register), others "with harps set to Sheminith" (the lower register).広報は私です。 、 15 、 20-21 、いくつかのlevitesに割り当てられた"と設定してpsalteries ' alamoth ' " (上のレジスタ) 、その他"を設定してsheminithハープ" (下の登録)です。

(e) Titles indicating the liturgical use of a psalm (オ)のタイトルを使用する典礼詩編を示す

Hamma'aloth, in title of Pss. hamma'alothは、タイトルのリンクをクリックします。 cxx-cxxxiv (cxix-cxxxiii); Septuagint, ode ton anabathmon; St. Jerome, canticum graduum, "the song of the steps".にCXX - cxxxiv ( cxix - cxxxiii ) ;セプトゥアギンタ、頌歌トンanabathmon ;聖ジェローム、 canticum graduum 、 "歌の手順を実行する" 。 The word is used in Ex., xx, 26 to denote the steps leading up from the women's to the men's court of the Temple plot.という言葉が使用されてからです。 、イグゼクス、 26を表すに至るまでの手順を実行してからの女性の男性の裁判所の同寺のプロットです。 There were fifteen such steps. 15があったような手順を実行します。 Some Jewish commentators and Fathers of the Church have taken it that, on each of the fifteen steps, one of these fifteen Gradual Psalms was chanted.いくつかの解説者やユダヤ人の祖先は、教会が取ることが、それぞれの15手順を実行し、徐々に15のいずれかの詩篇を授けたが詠唱します。 Such a theory does not fit in with the content of these psalms; they are not temple-psalms.このような理論はありませんのコンテンツに適合すると、これらの詩篇を授けた;されていない寺-詩篇を授けた。 Another theory, proposed by Gesenius, Delitzsch, and others, refers "the steps" to the stair-like parallelism of the Gradual Psalms.別の理論的には、提案されたゲゼーニウス、デリッチ、およびその他、参照"の手順を実行"を階段のような並列処理は、徐々に詩篇を授けた。 This stair-like parallelism is not found in all the Gradual Psalms; nor is it distinctive of any of them.この階段のような並列処理が見つからない場合は詩篇を授けたのすべての緩やかな;もなければ、それらの任意の独特なのです。 A third theory is the most probable. 3番目の理論は、最も確からしいです。 Aquila and Symmachus read eis tas anabaseis, "for the goings up"; Theodotion has asma to nanabaseon.タスマニア州アクイラ評価書を読むとシンマクスanabaseis 、 "振る舞いをする" ; theodotionはasmaをnanabaseonです。 These are a Pilgrim Psalter, a collection of pilgrim-songs of those "going up to Jerusalem for the festivals" (1 Samuel 1:3).これらのpsalterは、巡礼者は、これらのコレクションの巡礼者-の歌"エルサレムは、お祭りに行く" ( 1サミュエル1:3 ) 。 Issias tells us the pilgrims went up singing (xxx, 29). issias歌を教えてくれるの巡礼者が上昇( xxxと29 ) 。 The psalms in question would be well suited for pilgrim-song.の質問に詩篇を授けたのは巡礼者の歌に適しています。 The phrase "to go up" to Jerusalem (anabainein) seems to refer specially to the pilgrim goings-up (Mark 10:33; Luke 2:42, etc.).フレーズ"に行く"をエルサレム( anabainein )の巡礼者ように振る舞いを参照して特別にアップ(マーク10:33 ;ルーク2:42 、等) 。 This theory is now commonly received.この理論は、現在よく受信します。 A less likely explanation is that the Gradual Psalms were sung by those "going up" from the Babylonian exile (Ezra 7:9).説明するのは、徐々に少なくなるが歌われる詩篇を授けた"行く"バビロニアからの亡命者(エズラ7時09分) 。

Other liturgical titles are: "For the thank-offering", in Ps.他の典礼タイトルは: "は、感謝の提供"は、 psのです。 c (xcix); "To bring remembrance", in Pss. c ( 99 ) ; "をもたらす英霊"は、 PSSのです。 xxxviii and lxx (xxxvii and lxix); "To teach", in Ps. 38と70 ( 37 、 69 ) ; "を教える"は、 psのです。 xl (xxxix); "For the last day or the Feast of Tabernacles", in the Septuagint of Ps. xl ( 39 ) ; "の最後の日か、祝宴のtabernacles "は、セプトゥアギンタのpsです。 xxix (xxviii), exodiou skenes; Vulg., in consummatione tabernaculi. 29 ( 28 ) 、 exodiou skenes ; vulg 。は、 consummatione tabernaculiです。 Psalm xxx (xxix) is entitled "A Song at the Dedication of the House".詩篇第xxx ( 29 )は"歌は、落成式の家"です。 The psalm may have been used at the Feast of the Dedication of the Temple, the Encaenia (John 10:22). 5月の賛美歌が使用されては、ごちそうは、同寺の落成式には、創立記念祭(ヨハネ10:22 ) 。 This feast was instituted by Judas Machabeus (1 Maccabees 4:59) to commemorate the rededication of the temple after its desecration by Antiochus.この祭りは設置されユダマカベウス( 1 maccabees 4:59 )を記念して再奉献した後、同寺のアンティオコス冒とくされています。 Its title shows us that Ps. psの問い合わせがそのタイトルを表示します。 xcii (xci) was to be sung on the Sabbath. 92 ( 91 )は安息日に歌わを検索する。 The Septuagint entitles Ps. psの権利のセプトゥアギンタです。 xxiv (xxiii) tes mias sabbaton, "for the first day of the week"; Ps. 24 ( 23 ) mias試験がある、 "曜日の最初の" ; psのです。 xlviii (xlvii) deutera sabbatou, "for the second day of the week"; Ps. 48 ( 47 ) deutera sabbatou 、 " 2番目の曜日" ; psのです。 xciv (xciii), tetradi sabbaton, "for the fourth day of the week"; Ps. 94 ( 93 ) 、 tetradiがある、 "第4曜日" ; psのです。 xciii (xcii) eis ten hemeran, "for the day before the Sabbath". 93 ( 92 )評価書10 hemeran 、 "安息日の前日に"です。 The Old Latin entitles Ps. psの権利の古いラテン語です。 lxxxi (lxxx) quinta sabbati, "the fifth day of the week". 81 ( 80 ) quinta sabbati 、 "第5回曜日"です。 The Mishna (Tamid, VII, 13) assigns the same psalms for the daily Temple service and tells us that Ps.のmishna ( tamid 、 7 、 13 )に代入し、毎日同じ詩篇を授けた寺psのサービスと教えてくれることです。 lxxxii (lxxxi) was for the morning sacrifice of the third day (cf. James Wm. Thirtle, "The Titles of the Psalms, Their Nature and Meaning Explained", New York, 1905). 82 ( 81 )が、 3日目の朝を犠牲にする( cf.ジェームズウインドウマネージャです。 thirtle 、 "のタイトルに詩篇を授けたのは、その性質や意味を説明する" 、ニューヨーク、 1905 ) 。

(2) Value of the Titles ( 2 )の値をのタイトル

Many of the critics have branded these titles as spurious and rejected them as not pertaining to Holy Writ; such critics are de Wette, Cheyne, Olshausen, and Vogel.批評家の多くは、これらの書籍はブランドとしてスプリアスと拒否されたことではない神聖な令状に係る;ような批評家は、デwette 、チェーンストークス、 olshausen 、とフォーゲルです。 More recent critical Protestant scholars, such as Briggs, Baethgen, Kirkpatrick, and Fullerton, have followed up the lines of Ewald, Delitzsch, Gesenius, and Koster, and have made much of the titles, so as thereby to learn more and more about the authors, collections, occasions, musical settings, and liturgical purposes of the Psalms.他の最近の重要なプロテスタントの学者など、ブリッグズ、 baethgen 、カークパトリック、およびフラートン、その後の行がエーヴァルト、デリッチ、ゲゼーニウス、およびコスター、多くのタイトルしていて、それを学ぶために他との詳細については、作家、コレクション、機会、ミュージカルの設定、および典礼の目的は、詩篇を授けた。

Catholic scholars, while not insisting that the author of the Psalms superscribed the titles thereof, have always considered these titles as an integral part of Holy Writ.カトリックの学者、と主張しての著者ではありませんがsuperscribedに詩篇を授けたのタイトルに関連して、これらの書籍はいつも考えとして神聖な令状の不可欠な部分です。 St. Thomas (in Ps. vi) assigns the titles to Esdras: "Sciendum est quod tituli ab Esdra facti sunt partim secundum ea quae tune agebantur, et partim secundum ea quae contigerunt."セントトーマス( psのです。 6 )を割り当てます。エスドラス書のタイトル: " sciendumはtituliおよびアルバータesdra facti sunt quae会EA partim曲にservise agebantur 、他quae contigerunt会EA partim serviseからです。 " So comprehensive a statement of the case is scarcely to the point; most modern scholars give to the titles a more varied history.これは声明を包括的にほとんどの場合は、その点;最も近代的学者にして、他の様々な歴史のタイトルです。 Almost all, however, are at one in considering as canonical these at times obscured directions.ほぼすべての、しかし、 1つの検討としては、正規の方向不明瞭な場合、これらの時です。 In this unanimity Catholics carry out Jewish tradition.この全会一致でユダヤ人のカトリック教徒の伝統を実施する。 Pre-Masoretic tradition preserved the titles as Scripture, but lost much of the liturgical and musical meaning, very likely because of changes in the liturgical cantilation of the Psalms.プレとして啓典のタイトル保持masoreticの伝統が、失われた多くの典礼と音楽の意味、非常に高いため、 cantilation典礼の変化に詩篇を授けた。 Masoretic tradition has kept carefully whatsoever of the titles it received.伝統的には慎重に保管masoreticのタイトルを受けたものです。 It makes the titles to be part of Sacred Scripture, preserving their consonants, vowel-points, and accents with the very same care which is given to the rest of the Jewish Canon.これにより、タイトルに参加することが神聖な啓典、保存の子音、母音-ポイント、およびアクセントを与えられたのは非常に同じケアをキヤノンのユダヤ人の残りの部分です。 The Fathers give to the titles that respect and authority which they give to the rest of Scripture.タイトル々に施しをするが、父親の権威を尊重し、彼らの残りの部分を啓典を与える。 True, the obscurity of the titles often leads the Fathers to mystical and highly fanciful interpretations. trueの場合、無名の父親のタイトルを頻繁にリードして、非常に架空の神秘的な解釈です。 St. John Chrysostom ("De Compunctione", II, 4; PG, XLVII, 415) interprets hyper tes ogdoes, "for the eighth day", "the day of rest", "the day of eternity".聖ヨハネクリュソストモス( "デcompunctione " 、 2世、 4 ; pg 、 47 、 415 )ハイパー解釈試験ogdoes 、 " 8日" 、 "その日の残り" 、 "永遠の日"です。 St. Ambrose (In Lucam, V, 6) sees in this title the same mystical number which he notes in the Eight Beatitudes of St. Matthew, in the eighth day as a fulfilment of our hope, and in eight as a sum of all virtues: "pro octava enim multi inscribuntur psalmi".聖アンブローズ( lucam 、 V電源、 6 )は、このタイトルと同じ神秘的なコードをbeatitudes彼はノートは、 8つの聖マシューは、 8日の希望を達成し、合計8人としてのすべての美徳: "プロoctava enimマルチinscribuntur psalmi "です。 In this matter of mystical interpretations of the titles, St. Augustine is in advance of the generally literal and matter-of-fact Sts.この問題の神秘的な解釈は、タイトル、聖アウグスティヌスはリテラルに事前に、通常のSTSと味気ないです。 Ambrose and John Chrysostom.アンブローズとジョンクリュソストモスです。 Yet when treating the worth and the genuiness of the titles, no Father is more decided and pointed than is the great Bishop of Hippo.治療の価値とはまだありませんgenuinessときには、タイトル、他のことを決めたの父はないと指摘カバよりも偉大な司教のです。 To him the titles are inspired Scripture.啓典を、彼はタイトルがインスピレーションです。 Commenting on the title to Ps.コメントのタイトルをpsのです。 li, "of David, when Nathan the Prophet came to him, what time he had gone into Bethsabee", St. Augustine (PL, XXXVI, 586) says it is an inspired as is the story of David's fall, told in the Second Book of Kings (xi, 1-6); "Utraque Scriptura canonica est, utrique sine ulla dubitatione a Christianis fides adhibenda est".李は、 "デビッドは、預言者ムハンマドネイサン浮かんだのはそのとき、彼が行ってしまうとは何時にbethsabee " 、聖アウグスティヌス(ポーランド語、 36 、 586 )は言うことは、インスピレーションの物語としては、デビッドの秋、 2番目は予約オブキングス(まとめて、 1-6 ) ; " utraque scripturaカノーニカは、正弦波utriqueウッラdubitationeをadhibendaはchristianis品質保証"です。 Some recent Catholic scholars who are of St. Augustine's mind in this matter are: Cornely, "Specialis Introduction in libros VT", II, 85; Zschokke, "Hist. Sacr. VT", 206; Thalhofer, "Erklärung der Psalmen", 7th ed., 1904, 8; Patrizi, "Cento Salmi", Rome, 1875, 32; Danko, "Historia VT", 276; Hoberg, "Die Psalmen der Vulgata", 1892, p.いくつかの最近のカトリックの学者の聖アウグスティヌスの心のwhoは、この問題は: cornely "特別に導入される図書館VT "を、 2世、 85 ;チョッケ、 "履歴です。 sacrです。バーモント" 、 206 ; thalhofer " erklärung der psalmen " 、第7回エド。 、 1904 、 8 ; patrizi 、 "チェントサルミ" 、ローマ、 1875年、 32 ; danko 、 "歴史VT "を、 276 ; hoberg 、 "死ぬpsalmen der vulgata " 、 1892 、 p. xii. 12 。 Only a very few Catholic scholars have denied that the titles are an integral art of Holy Writ.カトリックでは、ごく少数の学者が否定して、タイトルが聖書に不可欠な芸術です。 Gigot, in "Special Introductions to the Old Testament" (New York, 1906), II, 75, cites with approval this denial by Lesêtre, "Le Livre des Psaumes" (Paris, 1883), p.ジゴは、 "特別を紹介して、旧約聖書の" (ニューヨーク、 1906 ) 、 2世、 75 、引き合いに出して、承認を拒否され、このlesêtre 、 "ルリーヴルデpsaumes " (パリ、 1883 ) 、 p. 1. 1 。 Barry, in "Tradition of Scripture" (New York, 1906), 102, says: "It is plausible to maintain that inscriptions to which the Massorah, LXX, and Vulgate bear witness cannot be rejected. But to look on them, under all circumstances, as portions of Scripture would be to strain the Tridentine Decrees".バリー、 "伝統の啓典" (ニューヨーク、 1906 ) 、 102 、は言う: "これはもっともらしいの碑文を維持することにして、 massorah 、 70 、およびウルガタ聖書の証言を拒否することはできません。しかしを探すにして、下のすべての状況によっては、啓典としての部分に負担がかかることをtridentine令"です。 Because of the danger that, without grave reason, these time-honoured parts of the Bible may be rated as extra-canonical, the Biblical Commission has recently (1 May, 1910) laid special stress on the value of the titles.する危険性があるため、重大な理由なく、これらの聖書の昔からの部品の余分な-正準年5月に定格としては、聖書の委員会は最近、 ( 5月1日、 1910 )の値をlaid特別なストレスのタイトルを検索する。 From the agreement we have noted between the titles of Massorah and those of the Septuagint, Vulgate, Aquila, Symmachus, Theodotion, St. Jerome, etc., the Commission has decided that the titles are older than the Septuagint and have come down to us, if not from the authors of the Psalms, at least from ancient Jewish tradition, and that, on this account, they may not be called into doubt, unless there be some serious reason against their genuineness.からの契約書に記載massorahとそれらの間のタイトルは、セプトゥアギンタ、ウルガタ聖書の、アクイラ、シンマクス、 theodotion 、聖ジェロームなど、同委員会は、年齢が決定されたタイトルは、セプトゥアギンタして先に降りてくる、そうでない場合は、詩篇を授けたの作家から、少なくとも古代ユダヤ教の伝統、とし、このアカウント、彼らを疑うことができないと呼ばれる、いくつかの重大な理由がない限りに反してその真偽です。 Indeed, the very disagreements which we have noted led us to the same conclusion.実際のところ、意見の相違は非常に有名な主導問い合わせていきたいと考えて結論を同じです。 By the time the Septuagint was written, the titles must have been exceedingly old; for the tradition of their vocalization was already very much obscured.セプトゥアギンタが書かされた時には、タイトル必要がありますが非常に古い;は、彼らの伝統を非常に不明瞭な発声はすでにです。

III. Ⅲ 。 AUTHORS OF THE PSALMS作者は、詩篇を授けた

A. WITNESS OF TRADITION a.証人の伝統

(1) Jewish tradition is uncertain as to the authors of the Psalms. ( 1 )ユダヤ人の作家としての伝統は定かではなく、詩篇を授けた。 Baba Bathra (14 f) mentions ten; Pesachim (10) attributes all the Psalms to David.馬場bathra ( 14女)言及10 ; pesachim ( 10 )の属性をデビッドのすべての詩篇を授けた。

(2) Christian tradition is alike uncertain. ( 2 )キリスト教の伝統は似不透明だ。 St. Ambrose, "In Ps. xliii and xlvii" (PL, XIV, 923), makes David to be the sole author.聖アンブローズ、 " psのです。 43と47 " (ポーランド語、 14 、 923 ) 、デビッドにされるの唯一の著者です。 St. Augustine, in "De Civitate Dei", XVII, 14 (PL, XLI, 547), thinks that all the Psalms are Davidic and that the names of Aggeus and Zacharias were superscribed by the poet in prophetic spirit.聖アウグスティヌスは、 "デcivitateデイ" 、 17 、 14 (ポーランド語、 41 、 547 ) 、と考えているとのすべての詩篇を授けたのは、 davidicツァハリアスがsuperscribedの名前をaggeusと予言された詩人の精神です。 St. Philastrius, Haer.聖philastrius 、 haerです。 130 (PL, XII, 1259), brands the opposite opinion as heretical. 130 (ポーランド語、 12 、 1259 ) 、ブランドとしての反対意見を異端のです。 On the other hand, plurality of authorship was defended by Origen, "In Ps."その一方で、複数の原産地の原作者は擁護され、 " psのです。 " (PG, XII, 1066); St. Hilary, "In Ps. Procem. 2) (PL, IX, 233); Eusebius, "In Ps. (結果、 12 、 1066 ) ;セントヒラリー、 " psのです。 procemします。 2 ) (ポーランド語、 9世、 233 ) ;ユーセビアス、 " psのです。 Procem. procemです。 In Pss.リンクをクリックします。 41, 72" (PG, XXIII, 74, 368); and many others. St. Jerome, "Ad Cyprianum, Epist. 41 、 72 " (結果、 23 、 74 、 368 ) ; 、その他さまざまです。聖ジェローム、 "広告cyprianum 、 epistです。 140, 4 (PL, XXII, 1169), says that "they err who deem all the psalms are David's and not the work of those whose names are superscribed". 140 、 4 (ポーランド語、 xxii 、 1169 )によれば、 "彼らは詩篇を授けたのすべてのエラーと判断whoデビッドのではなく、その名は、それらの仕事をsuperscribed "です。

(3) This disagreement, in matter of authorship of the Psalms, is carried from the Fathers to the theologians. ( 3 )この意見の相違は、原作者の問題に詩篇を授けたのは、実行してから、父親の神学者です。 Davidic authorship is defended by St. Thomas, the converted Jew Archbishop Paul of Burgos, Bellarmine, Salmeron, S, Mariana; multiple authorship is defended by Nicholas of Lyra, Cajetan, Sixtus Senensis, Bonfrere, and Menochio.セントトーマスdavidic原作者が擁護され、ポールのブルゴスして、変換したユダヤ人の大司教、ベラルミーノ、サルメロン、秒、マリアナ;複数の原作者は、リールのニコラウス擁護され、 cajetan 、シクストゥスsenensis 、ボンフレール監督、およびmenochioです。

(4) The Church has come to no decision in this matter. ( 4 )の教会が来て、この問題について何も決定します。 The Council of Trent (Sess. IV, 8 April, 1546), in its decrees on Sacred Scripture, includes "Psalterium Davidicum, 150 Psalmorum" among the Canonical Books.トレントの評議会( sess. 4世、 4月8日、 1546 )は、その政令で神聖な啓典、含まれて"葉胃davidicum 、 150 psalmorum "のうち、正規の書籍です。 This phrase does not define Davidic authorship any more than the number 150, but only designates the book, which is defined to be canonical (cf. Pallavicino, "Istoria del Concilio di Trento", l. VI, 1591. Naples, 1853, I, 376).このフレーズはありません任意の定義davidic原作者の数を超える150 、指定の予約だけで定義される正準( cf.パラビチーノ、 " istoriaデルconcilioディトレント" 、 l. 6 、 1591 。ナポリ、 1853年、私、 376 ) 。 In the preliminary vota, fifteen Fathers were for the name "Psalmi David"; six for "Psalterium Davidicum"; nine for "Libri Psalmorum"; two for "Libri 150 Psalmorum"; sixteen for the name adopted, "Psalterium Davidicum 150 Psalmorum"; and two had no concern which of these names was chosen (cf. Theiner, "Acta Authentica Councilii Tridentini", I, 72 sq.).は、予備vota 、 15父親の名前は" psalmiデビッド" ;六"葉胃davidicum " ;ナイン"の本psalmorum " ; 2つの"本150 psalmorum " ; 16個の名前を採択、 "葉胃davidicum 150 psalmorum " ;と2つの懸念はないが、これらの名前が選ばれた( cf. theiner 、 "認証ログcouncilii tridentini " 、私は、 72平方)です。 From the various vota it is clear that the Council had no intention whatsoever of defining Davidic authorship. votaからの様々なことが協議会を明確にする意図はないdavidic原作者のものを定義します。

(5) The recent Decree of the Biblical Commission (1 May, 1910) decides the following points: ( 5 ) 、最近の法令は、聖書の委員会( 5月1日、 1910 )決定は、次のポイント:

Neither the wording of the decrees of the councils nor the opinions of certain Fathers have such weight as to determine that David is sole author of the whole Psalter.どちらの文言の政令は、評議会の意見を聞いても、特定の祖先がこのような重さを判断することは、単独の著者、全体のデビッドpsalterです。

It cannot be prudently denied that David is the chief author of the songs of the Psalter.否定して慎重にすることはできませんデビッドは、最高の著者、 psalterの曲です。

Especially can it not be denied that David is the author of those psalms which, either in the Old or in the New Testament, are clearly cited under the name of David, for instance ii, xvi, xviii, xxxii, lxix, cx (ii, xv, xvii, xxxi, lxviii, cix).特にデビッドことは否定できないことは、著者のこれらの詩篇を授けたが、どちらか、または、旧新約聖書の、引用は明らかにデビッドの名の下に、例えば2世、 16 、 18 、 32 、 69 、 cx ( 2世、 15 、 17 、 31 、 68 、 cix ) 。

B. WITNESS OF OLD TESTAMENT b.旧約聖書の目撃者

In the above decision the Biblical Commission has followed not only Jewish and Christian tradition, but Jewish and Christian Scripture as well.聖書は、上記の意思決定の委員会は、ユダヤ人とキリスト教の伝統だけでなく、その後、しかし、ユダヤ人とキリスト教啓典ている。 The Old Testament witness to the authorship of the Psalms is chiefly the titles.旧約聖書の原作者の目撃者は、主に詩篇を授けたのタイトルです。 These seem to attribute various psalms, especially of Books I-III, to David, Asaph, the sons of Korah, Solomon, Moses, and others.これらの属性のように様々な詩篇を授けた、特に私の書籍- 3世、デビッド、アサフは、サンズオブカールーン、ソロモン、ムーサー、およびその他です。

(1) David ( 1 )デビッド

The titles of seventy-three psalms in the Masoretic Text and of many more in the Septuagint seem to single out David as author: cf. 73詩篇を授けたのタイトルは、テキストとmasoreticのセプトゥアギンタの他の多くのように1つのアウトデビッドとして著者:継続前誌です。 Pss. PSSのです。 iii-xli (iii-xl), ie all of Bk. 3 -第41回( Ⅲ - XL )の、すなわちすべてのbkです。 I save only x and xxxiii; Pss.私の保存のみxと33 ; PSSのです。 li-lxx (l-lxix), except lxvi and lxvii, in Bk.李- 70 ( L字型69 ) 、 66と67を除いては、 bk 。 II; Ps.二; psのです。 lxxxvi (lxxxv) of Bk. 86 ( 85 )のbkです。 III; Ps.三; psのです。 ciii (cii) in Bk. ciii ( cii )でbk 。 IV; Pss.四; PSSのです。 cviii-cx, cxxii, cxxiv, cxxxi, cxxxiii, cxxxv-cxlv (cvii-cix, cxxi, cxxiii, cxxx, cxxxiv-cxliv) of Bk. cviii - cx 、 cxxii 、 cxxiv 、 cxxxi 、 cxxxiii 、 cxxxv - cxlv (ロードCVII - cix 、 cxxi 、 cxxiii 、 cxxx 、 cxxxiv - cxliv )のbkです。 V. The Hebrew title is . Vのヘブライ語のタイトルがします。 It is now generally held that, in this Hebrew, the preposition le has the force of a genitive, and that the Septuagint tou David "of David", is a better translation than the Vulgate ipsi David, "unto David himself".一般的に行われたことは今すぐに、このヘブライ語、前置詞ルには、強制的に属格、デビッドとは、セプトゥアギンタ塔"のデビッド"は、ウルガタ聖書の翻訳を改善するipsiデビッドよりも、 "わたしデビッド自身"です。 Does this preposition mean authorship?原作者は、この前置詞意味ですか? No in every title; else both David and the Director are the authors of Ps.いいえ、すべてのタイトル;他の両方のダビデとその監督は、作家のpsです。 xix (xviii), and all the sons of Korah, together with the Director, are joint authors of the psalms attributed to them. 19 ( 18 ) 、およびすべての人の息子のカールーンは、その監督と一緒に、共同執筆者は、それらに起因するに詩篇を授けた。 In the case of such composite titles as "of the Director, a psalm of David" (Ps. xix), or "of the Director, of the sons of Korah, a psalm" (Ps. xlviii), we probably have indications not of authorship but of various collections of psalms -- the collections entitled "David", "the Director", "the sons of Korah".複合のタイトルは、このような例として"監督は、ダビデの詩編" ( ps. 19 ) 、または"のディレクター、カールーンの息子には、詩編" ( ps. 48 ) 、私たちは、おそらく表示しないしかし、様々なコレクションの原作者の詩篇を授けた-コレクションの権利"デビッド" 、 "監督" 、 "サンズオブカールーン"です。 Just as the New Testament, the Council of Trent, and many Fathers of the Church speak of "David", "the Psalter of David", "the Psalms of David", not in truth to infer that all the psalms are David's, but because he was the psalmist par excellence, so the titles of many psalms assign them not so much to their authors as to their collectors or to the chief author of the collection to which they pertain.新約聖書のように、トレントの評議会は、多くの父親と話すのは、教会の"デビッド" 、 " psalterのデビッド" 、 "に詩篇を授けたのデビッド"ではなく、真実を推測のすべての詩篇を授けたのは、デビッドが、賛美歌のために彼は飛び抜けて優秀なので、多くの詩篇を授けたのタイトルを割り当てることがたくさんあるのでその作者としてたりしてコレクターのコレクションを最高の著者それがつきもの。 On the other hand, some of the longer titles go to show that "of David" may means authorship.その一方で、いくつかの長いタイトルに表示することは行く"のデビッド"の原作者が5月を意味します。 Take an instance: "Of the Director, to the tune 'Destroy not', of David, a chosen piece (Mikhtam), when he fled from the face of Saul into the cave" (Ps. lvii).取るのインスタンス: "のディレクター、その曲'を破壊しない' 、デビッドは、選ばれた作品( mikhtam )で、それは彼の顔から逃げたのソールを洞窟" ( ps. 57 ) 。 The historical occasion of the Davidic composition of the song, the lyric quality of the song, its inclusion in the early collection "of David" and later in the Director's hymnbook, the tune to which the psalm was either written by David or set by the Director -- all these things seem to be indicated by the very composite title under consideration.の歴史的機会をdavidicの組成をその歌、その歌の歌詞の質、その初期のコレクションに含める"のデビッド"との監督の賛美歌集の後半で、その曲にして、賛美歌が書かれたデビッドのいずれか、または設定されたディレクター-これらすべてのもので示されるように、非常に複合タイトル検討されています。 Of a sort with the Davidic titles is the ending subscribed to the first two books of the Psalms: "Amen, Amen; ended are the phrases of David, son of Yishai" (Ps. lxxii, 20).並べ替えをするdavidicエンディングのタイトルは、購読して最初の2つの書籍は、詩篇を授けた: "アーメン、アーメン;終了は、フレーズのデイビッドは、息子のyishai " ( ps. 72 、 20 ) 。 This subscription is more ancient than the Septuagint; it would be altogether out of place were not David the chief author of the psalms of the two books whereto it is appended.このサブスクリプションは、古代よりももっとセプトゥアギンタ;ことが完全に場違いの首席著者であるデビッドは、 2つの書籍に詩篇を授けた何のためにそれが付加されます。 Further Old-Testament evidence of Davidic authorship of the Psalms, as suggested by the Biblical Commission's recent Decree, are David's natural poetic talent, shown in his song and dirges of 2 Samuel and 1 Chronicles, together with the fact that it was he who instituted the solemn levitical cantilation of psalms in the presence of the Ark of the Covenant (1 Chronicles 16:23-25).より詳細な古- davidic原作者の証拠を遺書に詩篇を授けたのは、聖書に推奨される委員会としての最近の判決は、デビッドの自然の詩的な才能に示すように、彼の歌とdirges 2サミュエルと1クロニクル、それと一緒にという事実は、彼who導入levitical cantilationの厳粛な詩篇を授けたが存在するのは、契約の箱( 1クロニクル16:23-25 ) 。 The songs and dirges attributed to David are significantly alike to the Davidic psalms in spirit and style and wording. dirgesに起因するの曲やデビッドは、非常に似davidic詩篇を授けたのは、精神とスタイルと表現します。 Let us examine the opening line of 2 Samuel 22:ご連絡を検討する2行のオープニングサミュエル22 :

"And David spoke to Jahweh the words of this song in the day that Jahweh saved him from the grasp of his foes and out of the hands of Saul, and he said: 2. Jahweh is my Cliff, my Fortress, my Way of Escape, 3. My God, my Rock to Whom I betake me, My Shield, the Horn of my salvation, my Tower. My Refuge, my Saviour, from wrong dost Thou save me. 4. Shouting praise, I cry to Jahweh, And from my foe I get salvation". "とデビッド話をjahwehの言葉をjahweh日にこの曲は、彼からの把握に保存して、彼の敵の手にソール、と彼は言った。 : 2 。 jahwehは私の崖、私の要塞、私の道の階段、 3 。私の神様、私のロックを行かせる私私、私のシールドは、私の救世ホーン、私のタワーです。私の避難所、私の救い主、なたから間違って私を保存します。 4 。叫びを称賛、私叫び声をjahweh 、および救世いいから私の敵"です。

The two songs are clearly identical, the slight differences being probably due in the main to different liturgical redactions of the Psalter. 2つの曲にははっきりと同じですが、若干の違いが、おそらくのせいで、メインを別の典礼redactions 、 psalterです。 In the end the writer of 2 Samuel gives "the last words of David" (xxiii, 1) -- to wit, a short psalm in the Davidic style wherein David speaks of himself as "Israel's sweet singer of songs", "egregius psaltes Israel" (2 Samuel 23:2).その作家の2の最後に、サミュエルは、 "最後の言葉をデビッド" ( 23 、 1 ) -を機知に富んだ、短い詩編は、デビッド話すd avidicそこは自身のスタイルとして"イスラエルの甘い歌手の曲" 、 " e gregiusp saltesイスラエル" ( 2サミュエル23時02分) 。 In like manner the Chronicler (1 Chronicles 16:8-36) quotes as Davidic a song made up of Ps.同じように、年代記( 1クロニクル16:8-36 )引用符としてdavidic psの曲はアップします。 cv, 1-13, Ps.履歴書、 1-13 、 psのです。 xcvi, and a small portion of Ps. 96 、およびpsの小さな部分です。 cvi. CVIのです。 Finally, the Prophet Amos addresses the Samarians: "Ye that sing to the sound of the psaltery; they have thought themselves to have instruments of music like David" (vi, 5).最後に、アドレスの預言者アモスsamarians : "なたがたはその音に歌を歌って、プサルテリー;彼らは思想自体には楽器の音楽のようなデビッド" (六、 5 ) 。 The poetic power of David stands out as a characteristic of the Shepherd King.デビッドの詩的なパワーが目立つ特徴としては、羊飼いの王様です。 His elegiac plaints at the death of Saul and Jonathan (2 Samuel 1:19-27) reveal some power, but not that of the Davidic psalms.彼の挽歌plaintsは、死亡したソールとジョナサン( 2サミュエル1:19-27 )を明らかにいくつかのパワー、 davidicはできませんしている詩篇を授けた。 The above reasons for Davidic authorship are impugned by many who insist on the late redaction of 2 Samuel 21-24 and upon the discrepancies between the passages we have paralleled.原作者は、上記の理由をdavidic impugned whoを主張する多くの改訂の2サミュエル後半に21-24との間の通路の食い違いが並列です。 The question of late redaction of the Davidic songs in 2 Samuel is not within our scope; nor does such late redaction destroy the force of our appeal to the Old Testament, since that appeal is to the Word of God.この質問の後半の曲と曲の改訂を2サミュエルdavidicに私たちの範囲ではない;も遅くは改訂を壊すような私たちの力を旧約聖書に訴えるものがあるので、その魅力は神の言葉をします。 In regard to the discrepancies, we have already said that they are explainable by the admission that our Psalter is the result of various liturgical redactions, and does not present all the psalms in the precise form in which they proceeded from their original writers.これと関連し、食い違い、私たちはすでに説明によると、彼らは私たちの入場料をpsalterは、様々な典礼redactionsの結果、現在のすべての詩篇を授けたものではありませんが彼らの正確なフォームでは、元の作家から進めています。

(2) Asaph ( 2 )アサフ

Asaph is accredited, by the titles, with twelve psalms, l, lxxiii-lxxxiii (xlix, lxxii-lxxxii).アサフは、認定、されたタイトルは、 12詩篇を授けた、左、 73 - 83 ( 49 、 72 - 82 ) 。 These psalms are all national in character and pertain to widely-separated periods of Jewish history.これらの詩篇を授けたは、すべてのキャラクターとの観点から広く国民にピリオドで区切られたユダヤ人の歴史のです。 Ps. psのです。 lxxxiii (lxxxii), although assigned by Briggs ("Psalms", New York, 1906, p. lxvii) to the early Persian period, seems to have been written at the time of the havoc wrought by the Assyrian invasion of Tiglath-pileser III in 737 BC Ps. 83 ( 82 ) 、割り当てられたもののブリッグズ( "詩篇を授けた" 、ニューヨーク、 1906 、 p. 67 )への早期ペルシャ語期間中、ようには書かれている時点では、アッシリアの大惨事によってもたらされた侵攻したティグラトピレセル3世紀元前に737 psのです。 lxxiv (lxxiii) was probably written, as Briggs surmises, during the Babylonian Exile, after 586 BC Asaph was a Levite, the son of Barachias (1 Chronicles 6:39), and one of the three chiefs of the Levitical choir (1 Chronicles 15:17). 74 ( 73 )が、おそらく書かれた、ブリッグズsurmisesとして、亡命中のバビロニア、紀元前586アサフは、レビした後は、息子のbarachias ( 1クロニクル6:39 ) 、および1つの合唱団の3つのlevitical参謀本部は、 ( 1クロニクル15:17 )です。 The "sons of Asaph" were set aside "to prophesy with harps and with psalteries and with cymbals" (1 Chronicles 25:1). "人の息子のアサフ"は取っておく"を予言するとpsalteriesやハープやシンバル" ( 1クロニクル25:1 ) 。 It is probable that members of this family composed the psalms which later were collected into an Asaph psalter.メンバーは、次のことが予想さに詩篇を授けたご家族構成をどのへアサフpsalterが収集します。 The features of these Asaph psalms are uniform: frequent allusions to the history of Israel with a didactic purpose; sublimity and vehemence of style; vivid description; an exalted conception of the deity.これらのアサフ詩篇を授けたの特徴は、制服: allusionsを頻繁にイスラエルとの歴史の教訓的な目的のため;崇高と激しさのスタイル;鮮やかな説明書;の高貴な概念の神です。

(3) The Sons of Korah ( 3 )の息子のカールーン

The Sons of Korah are named in the titles of eleven psalms -- xlii-xlix, lxxxiv, lxxxv, lxxxvii, lxxxviii (xli-xlviii, lxxxiii, lxxxiv, lxxxvi, lxxxvii).カールーンの息子には11タイトルで名指しされて詩篇を授けた-4 2- 4 9、 8 4、 8 5、 8 7、 8 8( 4 1- 4 8、 8 3、 8 4、 8 6、 8 7) 。 The Korahim were a family of temple singers (2 Chronicles 20:19). korahimが、ご家族の寺の歌手( 2クロニクル20:19 )です。 It can scarcely be that each psalm of this group was jointly composed by all the sons of Korah; each was rather composed by some member of the guild of Korah; or, perhaps, all were gathered from the various sources into one liturgical hymnal by the guild of the sons of Korah.ほとんどは、各詩編ことができますが、このグループが共同で構成されるすべての人の息子のカールーン;各構成されるというが、いくつかのギルドのメンバーのカールーン;または、おそらく、すべてが様々なソースから収集された賛美歌を1つの典礼ギルドの息子のカールーンのです。 At all events, there is a oneness of style to these hymns which is indicative of oneness of Levitical spirit.すべてのイベントは、一体性には、これらの賛美歌のスタイルをこれは精神leviticalの一体性を示す。 The features of the Korahite psalms are; a great love for the Holy City; a yearning for the public worship of Israel; a supreme trust in Jahweh; and a poetic form which is simple, elegant, artistic, and well-balanced.の特徴は、詩篇を授けたがkorahite ;が大好きである聖地;を崇拝するイスラエルの国民のあこがれ;最高の信頼をjahweh ;と詩的なフォームでは、簡単で、エレガントな、芸術、とバランスの取れた。 From their Messianic ideas and historical allusions, these psalms seem to have been composed between the days of Isaias and the return from exile.その救世主的なアイデアや歴史的なallusionsから、これらの詩篇を授けたの間に作曲されたように見える日間の亡命からの帰還isaiasとします。

(4) Moses ( 4 )モーゼス

Moses is in the title of Ps.ムーサーは、タイトルのpsです。 xc (lxxxix). xc ( 89 )です。 St. Augustine (PL, XXXVII, 1141) does not admit Mosaic authorship; St. Jerome (PL, XXII, 1167) does.聖アウグスティヌス(ポーランド語、 37 、 1141 )を認めるモザイクはありません原作者;聖ジェローム(ポーランド語、 xxii 、 1167 )がある。 The author imitates the songs of Moses in Deut., xxxii and xxxiii; this imitation may be the reason of the title.の著者でdeutムーサーの曲を模倣します。 、 32 、 33 ;この模造のタイトルの理由かもしれない。

(5) Solomon ( 5 )ソロモン

Solomon is in the titles to Pss.ソロモンは、タイトルをPSSのです。 lxxii and cxxvii (lxxi and cxxvi), probably for a similar reason. 72とcxxvii ( 71とcxxvi ) 、おそらくため、同様の理由です。

(6) Ethan ( 6 )イーサン

Ethan, in the title of Psalm 89, should probably be Idithun.イーサンは、詩篇第89のタイトルを、 idithunておくべきでしょう。 The Psalter of Idithun, of Yeduthun, contained also Psalms 39, 62 and 77.のpsalterのidithun 、 yeduthun 、詩篇を授けたも含ま39 、 62と77 。

C. WITNESS OF THE NEW TESTAMENT c.側の証人は、新約聖書

To Catholics, believing as they do fully in the Divinity of Christ and inerrancy of Holy Writ, New Testament citations render Pss.をカトリック教徒、信者のと同じように、キリストの神性を完全に間違いのないことを、聖書は、新約聖書PSSの引用をレンダリングします。 ii, xvi, xxxii, xxxv, lxix, cix, cx (ii, xv, xxxi, xxxiv, lxviii, cviii, cix) Davidic without the shadow of a doubt. 2世、 16 、 32 、 35 、 69 、 cix 、 cx ( 2 、 15 、 31 、 34 、 68 、 cviii 、 cix )の疑いもなくdavidicです。 When the Pharisees said that the Christ was the Son of David, Jesus put them the question: "How then doth David in spirit call him Lord, saying: The Lord said to my Lord" (cf. Matthew 22:43-45; Mark 12:36-37; Luke 20:42-44; Psalm 110:1). phariseesときによると、イエスキリストの息子のデビッドは、イエスキリストにそれらの質問: "どのように入力し、 dothデビッドコール彼の精神主よ、と言っ:わたしの主を、主によると" ( cf.マシュー22:43-45 ;マーク12:36-37 ;ルーク20:42-44 ;詩篇110:1 ) 。 There can be here no question of the name of a collection "of David".問題が起きることがここにないのコレクションの名前を"デビッド"です。 Nor is there question of a collection when St. Peter, on the first Pentecost in Jerusalem, says: "For David ascended not into heaven; but he himself said: The Lord said to my Lord etc."コレクションの問題もなく、そのときにサンピエトロ大聖堂、エルサレムの最初の聖霊降臨祭で、言う: "天国のデビッド昇っていない;しかし、彼自身によると:わたしの主によると、主等"といいます。 (Acts 2:34). (行為2:34 ) 。 Davidic authorship is meant by Peter, when he cites Pss.ピーターdavidic原作者が意図され、 PSSのときに挙げています。 lxix (lxviii), 26, cix (cviii), 8, and ii, 1-2 as "from the mouth of David" (Acts 1:16; 4:25). 69 ( 68 ) 、 26日、 cix ( cviii ) 、 8日、およびII 、 1-2として"デビッドの口から" (行為1:16 ; 4:25 ) 。 And when the chief Apostle has quoted Ps.と使徒の長さは、引用符でpsのです。 xvi (xv), 8-11, as the words of David, he explains how these words were intended by the dead patriarch as a prophecy of centuries to come (Acts 2:25-32). 16 ( 15 ) 、 8-11 、デビッドとしての言葉を、彼はこれらの言葉が意図する方法について説明家長として予言された死者数世紀に来る(行為2:25-32 ) 。 St. Paul's testimony is conclusive, when he (Romans 4:6; 11:9) assigns to David parts of Pss.聖パウロの証言は決定的で、それは彼(ローマ人への手紙4時06分、 11時09分) PSSの部分を割り当てられているデビッドです。 xxxii, xxxv, and lxix ( xxxi, xxxiv, lxviii). 32 、 35 、および69 ( 31 、 34 、 68 ) 。 A non-Catholic might object that St. Paul refers to a collection called "David", especially as such a collection seems clearly meant by "in David", en Daveid of Heb., iv, 7.非カトリックのかもしれないセントポールを参照してオブジェクトをコレクションと呼ばれる"デビッド" 、特にそのような意味を明確に思わコレクション"のデビッド" 、アンdaveidをなしています。 、 4 、 7 。 We answer, that this is an evasion: had St. Paul meant a collection, he would have dictated en Daveid in the letter to the Romans.私たち答え、これは脱税:セントポール意味を集めたが、彼は、指示アンdaveidは、手紙をローマ人への手紙です。

D. The Critics incline to do away with all question of Davidic authorship. Dの批評家に傾斜しdavidicを廃止するすべての問題を原作者です。 Briggs says: "It is evident from the internal character of these psalms, with a few possible exceptions, that David could not have written them" (Psalms, p. lxi).ブリッグズは言う: "これは明らかに、これらの詩篇を授けたから、内部の文字を、いくつかの可能性を例外を除いて、そのデビッドて書き込み禁止にしできませんでした" (詩篇を授けた、 p. 61 ) 。 Ewald allows that this internal evidence shows David to have written Pss.これにより、内部の証拠を示しエーヴァルトデビッドには書かれたリンクをクリックします。 iii, iv, vii, xi, xv, xviii, first part of xix, xxiv, xxix, xxxii, ci (iii, iv, vii, xi, xiv, xvii, xxiii, xxviii, xxxi, c).三、四、七、西、 15 、 18 、 19の最初の部分、 24 、 29 、 32 、 ci (三、四、七、西、 14 、 17 、 23 、 28 、 31 、 C )です。

IV. Ⅳ 。 CANONICITY規範

Christian canonキリスト教のキヤノン

A. The Christian Canon of the Psalms presents no difficulty; all Christians admit into their canon the 150 psalms of the Canon of Trent; all reject Ps.キヤノンは、キリスト教の詩篇を授けたA.以下のプレゼントの難しさ;すべてのキリスト教徒を認めるのは、ユーザーがキヤノンは、キヤノンのトレント150詩篇を授けた;すべて拒否psのです。 cli of the Septuagint, probably a Machabean addition to the canon. CLIのは、セプトゥアギンタ、おそらくに加えて、キヤノンmachabeanです。

Jewish canonユダヤ人キヤノン

B. The Jewish Canon presents a vexing problem.キヤノンプレゼンツBのユダヤ人を当惑させる問題です。 How has the Psalter been evolved? psalterれたのはどのように進化ですか? The traditional Jewish opinion, generally defended by Catholic scholars, is that not only the Jewish Canon of the Psalms but the entire Palestinian Canon of the Old Testament was practically closed during the time of Esdras (see CANON).伝統的なユダヤ人の意見によれば、カトリックの学者一般的に擁護され、キヤノンがいるわけではないのは、ユダヤ人のパレスチナ人全体に詩篇を授けたが、キヤノンは、旧約聖書の中の時間を実質的に閉鎖エスドラス書(キヤノン)です。 This traditional opinion is probable; for the arguments in its favour, cf.この伝統的な意見が概;ための引数は、賛成、継続前誌です。 Cornely, "Introductio Generalis in NT Libros", I (Paris, 1894), 42. cornely 、 " introductio generalisでNTの図書館" 、私(パリ、 1894 ) 、 42 。

(1) The Critical View ( 1 )の重要な対象

These arguments are not all admitted by the critics.これらの引数を認めたされたすべての批評家はない。 Says Driver: "For the opinion that the Canon of the Old Testament was closed by Ezra, or his associates, there is no foundation in antiquity whatever" ("Introducton to the Literature of the Old Testament", New York, 1892, p. x).言うドライバー: "との意見は、キヤノンは閉鎖され、旧約聖書のエズラか、または自分の事務所では、どんな古代のない財団" ( "文学を紹介して、旧約聖書の" 、ニューヨーク、 1892 、 p. x ) 。 In regard to the Psalms Wellhausen says: "Since the Psalter is the hymn-book of the congregation of the Second Temple, the question is not whether it contains any post-exilic psalms, but whether it contains any pre-exilic psalms" (Bleek's "Introduction", ed. 1876, 507).これと関連し、詩篇を授けたヴェルハウゼンは言う: "以来、賛美歌- psalterは、集会の予約は、 2番目の寺ではないかどうかの問題が含まれ追放された任意のポスト詩篇を授けたが、含まれるかどうか事前に追放された詩篇を授けた" ( bleekの"はじめに" 、エド。 1876 、 507 ) 。 Hitzig ("Begriff der Kritik", 1831) deems that Books III-V are entirely Machabean (168-135 BC).ヒッツィヒ( "概念der kritik " 、 1831 )と判断に書籍を三- Vは完全にmachabean ( 168から135紀元前) 。 Olshausen ("Die Psalmen", 1853) brings some of these psalms down to the Hasmonaean dynasty, and the reign of John Hyrcanus (135-105 BC). olshausen ( "死ぬpsalmen " 、 1853 )もたらすいくつかの詩篇を授けたhasmonaean王朝ダウンして、ジョンの治世hyrcanus (一三五から一〇五紀元前) 。 Duhm ("Die Psalmen", 1899, p. xxi) allows very few pre-Machabean psalms, and assigns Pss.ドゥーム( "死ぬpsalmen " 、 1899 、 p. xxi )により、非常にいくつかの事前machabean詩篇を授けた、および割り当てられます。 PSSのです。 ii, xx, xxi, lxi, lxiii, lxxii, lxxxiv (b),cxxxii [ii, xix, lx, lxii, lxxi, lxxxiii (b), cxxxi] to the reigns of Aristobulus I (105-104 BC) and his brother Alexander Jannaus (104-79 BC); so that the Canon of the Psalter was not closed till 70 BC (p. xxiii). 2世、イグゼクス、 xxi 、 61 、 63 、 72 、 84 ( b )項、 cxxxii [ 2世、 19 、 lx 、 62 、 71 、 83 ( b )項、 cxxxi ]に満ちていたのをアリストブロス私( 105から104まで紀元前)と彼の弟アレキサンダーjannaus ( 104から79まで紀元前) ; psalterして、キヤノンは、紀元前70まで閉鎖はない( p. 23 ) 。 Such extreme views are not due to arguments of worth.このような極端な再生回数はないの引数のために相当します。 So long as one refuses to accept the force of the traditional argument in favour of the Esdras Canon, one must at all events admit that the Jewish Canon of the Psalms was undoubtedly closed before the date of the Septuagint translation.これを拒否する限り、 1つの力を受け入れ、従来の引数に賛成エスドラス書は、キヤノン、 1つのすべてのイベントを認める必要があります。キヤノンは、ユダヤ人に詩篇を授けたのは、間違いなく閉鎖する前に、この評価をセプトゥアギンタの翻訳です。 This date is 285 BC, if we accept the authority of the Letter of Aristeas (see SEPTUAGINT); or, at the very latest 132 BC, the period at which Ben Sirach wrote, in the prologue to Ecclesiasticus, that "the law itself and the prophets and the rest of the books [ie the Hagiograha, of which were the Psalms] had been translated into Greek".この日は、紀元前285 、もし私たちの手紙を受け入れるの権威をaristeas (セプトゥアギンタ) ;または、紀元前132は、非常に最新の期間はどのベンシラク書いた、集会の書は、プロローグに、その"この法律そのものとの残りの部分は、預言者と書籍の[すなわち、 hagiograha 、うちは、詩篇を授けた]ギリシャ語に翻訳されていた" 。 This is the opinion of Briggs (p. xii), who sets the final redaction of the Psalter in the middle of the second century BCこれは、ブリッグズの意見を( p. 12 ) 、 whoセットの最後の改訂は、 2番目の真ん中psalter世紀

The gradual evolution of the Book of Psalms is now quite generally taken by the critics as a matter of course.徐々に進化するのは、今すぐ予約の詩篇を授けたの批評家として非常に一般的にとられて当然です。 Their application of the principles of higher criticism does not result in any uniformity of opinion in regard to the various strata of the Psalter.彼らの高いアプリケーションの原則に批判されない結果を任意の均一性の意見を表明する様々な地層は、 psalterです。 We shall present these strata as they are indicated by Prof. Briggs, probably the least rash of those who have lately published what are called "critical editions" of the Psalms.我々は現在、これらの地層ブリッグズ教授として示される彼らは、おそらく最も発疹これらのwhoが最近公開は何と呼ばれる"重要なのエディション"は、詩篇を授けた。 His method of criticism is the usual one; by a rather subjective standard of internal evidence, he carves up some psalms, patches up others, throws out portions of others, and "edits" all.彼のメソッドの批判を浴びることは、いつもの1つ;されたという主観的標準の内部証拠、彼はいくつかの詩篇を授けたcarves 、パッチアップその他、その他の部分をスローする、と"編集"すべてです。 He assigns seven psalms to the early Hebrew monarchy; seven to the middle monarchy; thirteen to the late monarchy; thirteen to the time of exile; thirty-three to the early Persian period; sixteen to the middle Persian period (the times of Nehemias); eleven to the late Persian period; "the great royal advent psalm" (Psalms 93, 96-100) together with eight others to the early Greek period (beginning with Alexander's conquest); forty-two to the late Greek period, and to the Machabean period Pss.彼は7つの詩篇を授けたを割り当てますヘブライ語の早期君主制;七君主制の真ん中に、 13 〜後半君主制;して13時間の亡命;ペルシャ語の早期に33期;ペルシャ語の真ん中に16個のピリオド(ザタイムズのnehemias ) ;イレブンは、ペルシャ時代後期; "偉大なロイヤルアドベント詩編" (詩篇93 、九六から一〇 〇まで)と一緒に8つの他のユーザーが初期のギリシア時代(始まりアレクサンダーの征服) ; 42を期後半にギリシャ語、およびmachabean期間のPSSのです。 xxxiii, cii (b), cix (b), cxviii, cxxxix (c), cxxix of the Pilgrim Psalter and cxlvii, cxlix of the Hallels. 33 、 cii ( b )項、 cix ( b )項、 cxviii 、 cxxxix ( c )項、 cxxixは、巡礼者( semaphore ) CXLVII psalterと、 cxlix 、 hallelsです。 Of these psalms and portions of psalms, according to Briggs, thirty-one are "psalms apart", that is, never were incorporated into a Psalter before the present canonical redaction was issued.これらの詩篇を授けたと詩篇を授けたの部分を、ブリッグスによると、三〇 〜一アール"詩篇を授けた離れ" 、それは、決してpsalterが組み込まれて改訂する前に、現在の標準が発行されました。 The rest were edited in two or more of the twelve Psalters which mark the evolution of the Book of Psalms.残りは2つで編集さpsaltersは、 12以上の進化を記念して、書籍の詩篇を授けた。 The earliest collection of psalms was made up of seven Mikhtamim, "golden pieces", of the middle Persian period.最古の詩篇を授けたのコレクションが行われた7つのアップmikhtamim 、 "黄金の作品" 、ペルシャ語の期間の真ん中です。 In the late Persian period thirteen Maskilim were put together as a collection of meditations.ペルシャ語の後半期に13 maskilimが瞑想のコレクションとしてまとめる。 At the same time, seventy-two psalms were edited, as a prayer-book for use in the synagogue, under the name of "David"; of these thirteen have in their titles references to David's life, and are thought to have formed a previous collection by themselves.それと同時に、 72詩篇を授けたが編集、祈りの言葉を-として予約シナゴーグで使用される、の名の下に"デビッド" ;これらの13タイトルが、彼らの人生を参照しデビッドとは考えられて形成する前のコレクションを作成します。 In the early Greek period in Palestine, eleven psalms were gathered into the minor psalter entitled the "Sons of Korah".ギリシャ時代の初め、パレスチナ、 11詩篇を授けたのマイナーpsalter権利が集まって、 "サンズオブカールーン"です。

About the same time in Babylonia, twelve psalms were made into a Psalter entitled "Asaph".バビロニアについては、同じ時間で、 12詩篇を授けたが行われた権利をpsalter "アサフ"です。 Not long thereafter, in the same period, the exilic Ps.特定長いその後、同一時代には、追放されたpsのです。 lxxxviii, together with two orphan Pss.八十八、孤児と一緒に2つのリンクをクリックします。 lxvi and lxvii, were edited along with selections from "David," "Sons of Korah", and "Asaph", for public worship of song in the synagogue; the name of this psalter was "Mizmorim". 66と67が編集者と一緒に選択する"デイビッド" 、 "サンズオブカールーン" 、および"アサフ"は、公共の崇拝の歌は、シナゴーグ;の名前は、次のpsalterは" mizmorim "です。 A major psalter, the Elohist, Pss.主要なpsalterは、エロヒスト、 PSSのです。 xlii-lxxxiii (xli-lxxxii), is supposed to have been made up, in Babylonia, during the middle Greek period, of selections from "David", "Korah", "Asaph" and "Mizmorim"; the name is due to the use of Elohim and avoidance of Jahweh in these psalms. 42 - 83 ( 41 - 82 )は、登録をされては、バビロニア、ギリシャの期間中、選択から"デビッド" 、 "コーラー" 、 "アサフ"と" mizmorim " ;の名前がのためにエロヒムとの使用を回避jahwehこれらの詩篇を授けた。 About the same time, in Palestine, a prayer-book was made up of 54 from "Mizmorim, 16 psalms from "David", 4 from "Korah", and 1 from "Asaph"; this major psalter bore the name of the "Director". The Hallels, or Alleluiatic songs of praise, were made up into a psalter for temple service in the Greek period. These psalms have halleluyah (Praise ye Yah) either at the beginning (Pss. cxi, cxii), or at the close (Pss. civ, cv, cxv, cxvii), or at both the beginning and close (Pss. cvi, cxiii, cxxxv, cxlvi-cl). The Septuagint gives Allelouia also the beginning of Pss. cv, cvii, cxiv, cxvi, cxix, cxxxvi. Briggs includes as Hallels all these except cxviii and cxix, "the former being a triumphal Machabean song, the latter the great alphabetic praise of the law". A like minor psalter of the Greek period was the "Pilgrim Psalter" (Pss. cxx-cxxxiv), a collection of "Songs of Pilgrimage", the "Songs of Ascents", or "Gradual Psalms", which the pilgrims chanted while going up to Jerusalem for the three great feasts.同じくらいの時間では、パレスチナ、祈りの言葉を- 54からの予約が行われた" mizmorim 、 16詩篇を授けたから"デビッド" 、 4から"コーラー" 、および1から"アサフ" ;この大きな穴の名前をpsalter "ディレクター" 。 hallelsか、または賛美歌alleluiatic 、アップが行われた寺をpsalterのサービスを、ギリシャの期間です。これらの詩篇を授けたがhalleluyah (称賛なたがた州のyah )のいずれかの冒頭に( pss. cxi 、 cxii ) 、またはは、閉じる( pss. civ 、履歴書、 cxv 、 cxvii )か、または両方の始めと閉じる( pss. CVIのは、 cxiii 、 cxxxv 、 cxlvi - CL )とします。 allelouiaも、セプトゥアギンタの初めには、 PSSのです。履歴書、ロードCVII 、 cxiv 、 ) CXVI 、 cxix 、 cxxxvi 。ブリッグズ含まれてhallelsを除いてすべてのcxviiiとcxix 、 " machabean勝利の歌を元に、後者は同法の偉大なアルファベット順の褒め言葉"です。 psalterは、ギリシャ語のようなマイナーな期間は、 "巡礼者psalter " ( pss.にCXX - cxxxiv )は、コレクションの"巡礼の歌"は、 "歌のascents " 、または"徐々に詩篇を授けた" 、巡礼者は、エルサレムを詠唱しながら上がっての3つの大きなお祭りです。

(2) The Catholic View ( 2 )のは、カトリックの対象

So extensive an application of divisive criticism to the Psalter does not meet the approval of Catholic exegetes.広範囲のアプリケーションのような批判をするのあつれきをpsalterカトリックの承認を満たしていませんexegetesです。 Successive redaction of the Psalms they readily admit, provided the doctrine of the inspiration of Holy Writ be not impugned.逐次改訂を容易に詩篇を授けた彼らを認める、インスピレーションを提供して聖書の教義のimpugnedではない。 The doctrine of inspiration has regard to the Psalms as they now stand in the canon, and does not impede a Catholic from admitting various redactions of the Psalter previous to our present redaction; in fact, even uninspired liturgical redaction of the inspired Psalms would not be contrary to what the Church teaches in the matter of inspiration, so long as the redactor had preserved intact and absolutely unaltered the inspired meaning of the Sacred Text.その教義に詩篇を授けたのインスピレーションにつきましては、今すぐに突っ立って、キヤノン、カトリックを妨げるものではありませんから様々なredactions認めるpsalterする前に、私たちの現在の改訂;実際には、インスピレーションも平凡な典礼改訂詩篇を授けたのはできません。教会の教えに反してどのような問題は、インスピレーション、 redactorが続く限りはそのまま保持さと確実に変質していないが、インスピレーションの意味を、神聖なテキストです。 The Biblical Commission (1 May, 1910) will not allow that our present redaction contains many Machabean psalms; nor will Drive, Delitzsch, Perowne, Renan, and many other critical scholars.聖書委員会( 5月1日、 1910 )は、私たちの現在の改訂を含むことはできません多くのmachabean詩篇を授けた;もがドライブ、デリッチ、ペローン、ルナン、およびその他の重要な多くの学者です。 "Had so many psalms dated from this age, it is difficult not to think that they would have borne more prominent marks of it in their diction and style" (Driver, "Introduction to their Literature of the Old Testament", New York, 1892, 365). "詩篇を授けたが非常に多く、この年齢から日付が難しく、また、彼らがいないことを考えるとマルクを負担していただく必要が他の著名な言葉遣いやスタイル" (ドライバ、 "導入して、旧約聖書の文学" 、ニューヨーク、 1892 、 365 ) 。 Pss. PSSのです。 xliv, lxxiv, lxxix, and lxxxiii, which Delitzsch and Perowne on historical grounds admit to be Machabean, occasion to Davison (Hastings, "Dict. of the Bible", IV, 152) "unquestionable difficulties arising from their place in the second and third books". 44 、 74 、 79 、 83 、これは歴史的な根拠を認めるデリッチとされるペローンmachabean 、機会を利用してデービソン(ヘイスティングス、 " dictのです。の聖書" 、 4 、 152 ) "疑う余地の困難から生じるその場所に2番目と3番目の書籍"です。 There are no certain proofs that these or any psalms are Machabean.特定の証拠はないが、これらのmachabeanまたは任意の詩篇を授けた。 The Biblical Commission does not, on this account, deny any of the psalms are Machabean; it leaves that question still open.委員会の聖書しない場合は、このアカウントは、否定のいずれかの詩篇を授けたがmachabean ;ことの葉その質問にまだ開いています。 In the matter of redaction, it allows that "for liturgical or musical or other unknown reasons, psalms may have been split up or joined together" in course of time; and that "there are other psalms, like the Miserere mei, Deus [Ps. li], which, in order that they might be better fitted to the historical circumstances and the solemnities of the Jewish people, were slightly re-edited and changed by the omission or addition of a verse or two, so long as the inspiration of the entire text remains intact".この問題の改訂で、これにより、その"やミュージカルやその他の未知の典礼上の理由から、詩篇を授けた年5月またはメンバー登録も一緒に分裂させる"とコースの時間;とは、 "他には詩篇を授けた、ミゼレーレメイのように、神[ psのです。李] 、これは、注文して良いかもしれない適合してsolemnitiesの歴史的経緯とユダヤ人々がわずかに再編集したり、変更されたまたは不作為または2つの詩のほかに、インスピレーションが続く限りは、全体のテキストは変わらない" 。 That is the important thing; the doctrine of the inspiration of Holy Writ must not suffer in the least.それは重要なこと;の教義の神聖な令状のインスピレーションは、最低で苦しむことはできません。 How, then, is the doctrine of the inspiration of the entire text kept intact?方法については、その後、教義のは、テキスト全体のインスピレーションを手付かずのままですか? Were the previous redactors inspired?が、前のredactorsインスピレーションですか? Nothing has been determined by any authority of the Church in these matters.何もされて決定される任意の権威の教会でこれらの問題です。 We incline to the opinion that God inspired the meanings of the Psalms as originally written, and in like manner inspired every redactor who gathered and edited these songs of Israel until the last inspired redactor set them together in their present form.私たちの意見に傾斜しインスピレーションを神としての意義は、最初に書かれた詩篇を授けたと同じようにインスピレーションすべてのredactor who収集し、これらの曲を編集するまでの最後のインスピレーションredactorイスラエルで一緒に設定して現在の形にします。

V. TEXT v.本文

The Psalms were originally written in Hebrew letters, such as we see only on coins and in a few lapidary inscriptions; the text has come down to us in square Aramaic letters.に詩篇を授けたはもともとヘブライ語で書かれた手紙など、私たちが、数だけで硬貨や宝石細工の碑文;のテキストは、問い合わせの広場に降りてくるアラム語の文字です。 Only the versions give us any idea of the pre-Masoretic text.連絡先のみのバージョンは、事前にmasoretic任意のテキストを考えています。 Thus far no pre-Masoretic manuscript of the Psalms has been discovered.これまでの原稿を事前に詩篇を授けたmasoreticが発見された。 The Masoretic text has been preserved in more than 3400 manuscripts, of which none is earlier than the ninth century and only nine or ten are earlier than the twelfth (see MANUSCRIPTS OF THE BIBLE). masoreticテキスト保存されているのは3400以上の原稿、そのうちの9世紀なしよりも早いとわずか9またはそれ以前よりも10アール12 (聖書の原稿を参照) 。 These Masoretic manuscripts represent two slightly variant families of one tradition -- the texts of Ben Asher and of Ben Naftali.これらの2つのmasoretic若干その他のご家族の原稿を表す1つの伝統-テキストの洗浄器とベンベンn aftaliです。 Their variations are of little moment in the interpretation of the Psalms.そのパターンは、ほとんどの瞬間の解釈は、詩篇を授けた。 The study of the rhythmic structure of the Psalms, together with the variations between Massorah and the versions, have made it clear that our Hebrew text is far from perfect, and that its points are often wrong.リズミカルな構造の研究に詩篇を授けたのは、一緒にmassorahとの間のパターンのバージョンでは、私たちはヘブライ語のテキストが明らかになったと完璧にはほど遠い、と主張しポイントは、しばしば間違っている。 The efforts of critics to perfect the text are at times due to no more than a shrewd surmise.批評家の努力をするのテキストを完璧に遂行するためには、倍以上に抜け目のない憶測です。 The metrical mould is chosen; then the psalm is forcibly adapted to it.鋳型の韻律が選ば;入力し、賛美歌は、強制的に適応することにしよう。 It were better to leave the text in its imperfect condition than to render it worse by guess-work.を残しておくことが良いのテキストを不完全な状態の悪化を推測することをレンダリングするよりも仕事です。 The decree of the Biblical Commission is aimed at those to whom the imperfections in the Masoretic Text are an occasion, though no excuse, for countless conjectural emendations, at times wild and fanciful, which nowadays pass current as critical exegesis of the Psalms.聖書の委員会の命令の目的は、それらの欠点を誰が為には、テキストがmasoreticする機会が、弁解の余地は、数えきれないほど推測emendations 、野生と架空の時、現在のパスを現在の重要な釈義詩篇を授けた。

VI. Ⅵ 。 VERSIONSバージョン

A. GREEK a.ギリシア

The chief version of the Psalms is the Septuagint.チーフのバージョンの詩篇を授けたのは、セプトゥアギンタです。 It is preserved to us in Cod.これは先にタラを保持します。 U, Brit. uでは、 brit 。 Mus.保管庫です。 Pap.パパニコローです。 37, seventh century, containing Pss. 37 、 7世紀、含有PSSのです。 x-xxxiii; Leipzig Pap., fourth century, containing Pss. - 33 ;ライプチヒパパニコロー。 、 4世紀、含有PSSのです。 xxix-liv; , Cod. 29 -リヴ; 、タラです。 Sinaiticus, fourth century, complete; B. Cod. sinaiticus 、 4世紀、完全な; b.タラです。 Vaticanus, fourth century, complete, except, Pss. vaticanus 、 4世紀、完了すると、を除いて、 PSSのです。 cv, 27-cxxxvii, 6; A, Cod.履歴書、 27 - cxxxvii 、 6 ;は、タラです。 Alexandrinus, fifth century, complete except Pss.アレクサンドリア写本は、 5世紀、完了を除いてPSSのです。 xlix, 19-lxxvi, 10; I, Cod. 49 、 19 - 76 、 10 ;私は、タラです。 Bodleianus, ninth century, complete; and in many other later manuscripts The Septuagint Version is of great value in the exegesis of the Psalms. bodleianus 、 9世紀、完全な;や他の多くのセプトゥアギンタへ原稿のバージョンは偉大な値は、釈義は、詩篇を授けた。 It provides pre-Masoretic readings which are clearly preferable to those of the Massoretes.これは事前にmasoretic朗読しているのは明らかにmassoretes望ましいです。 It brings us back to a text at least of the second century BC In spite of a seeming servility to words and to Hebrew constructions, a servility that probably existed in the Alexandrian Greek of the Jews of the period, the Septuagint translator of psalms shows an excellent knowledge of Hebrew, and fears not to depart from the letter and to give the meaning of his original.問い合わせ省略して、テキストなら、少なくとも紀元前2世紀にもかかわらず、うわべだけの奴隷根性をヘブライ語の単語や建設には、奴隷根性が存在し、おそらくギリシアのアレクサンドリアのユダヤ人は、時代には、トランスレータの詩篇を授けたセプトゥアギンタ表示する優れた知識をヘブライ語、との懸念から出発しないようにとの手紙の意味を与える彼のオリジナルです。 The second-century AD Greek versions of Aquila, Symmachus, and Theodotion are extant in only a few fragments; these fragments are witnesses to a text pretty much the same as our Masoretic. 2番目の世紀の広告ギリシャ語のバージョンのアクイラ、シンマクスし、ほんの数theodotionは、現存の断片;これらの断片は、目撃者にしてテキストmasoreticかなり私たちと同じです。

B. LATIN b.ラテン語

About the middle of the second century the Septuagint Psalter was translated into Latin.については、 2番目の世紀半ばのセプトゥアギンタpsalterはラテン語に翻訳されています。 Of this Old Latin, or Itala, Version we have only a few manuscripts and the citations by the early Latin Fathers.この古ラテン語か、またはリスト、バージョン私たちの場合は、いくつかの原稿と引用された初期のラテン語の父親です。 At the request of Pope St. Damasus I, AD 383, St. Jerome revised the Itala and brought it back closer to the Septuagint.聖ダマソ教皇の要請に応じて私は、広告383 、聖ジェロームリビジョンアップのリストと、セプトゥアギンタbroughtて先頭に近いです。 His revision was soon so distorted that he complained, "plus antiquum errorem quam novam emendationem valere" (PL, XXIX, 117).彼のリビジョンはすぐに彼は不満をゆがめ、 "プラスantiquum erroremいかにnovam emendationemバレール" (ポーランド語、 29 、 117 ) 。 This is St. Jerome's "Roman Psalter"; it is used in the recitation of the Office in St. Peter's, Rome, and in the Missal.これは、聖ジェロームの"ローマンpsalter " ;ことは、オフィスで使用されて暗唱サンピエトロ大聖堂の、ローマ、とは、ミサ典です。 The corruption of his first translation led St. Jerome to undertake an entirely new translation of the Hexapla edition of the Septuagint.彼の最初の翻訳の腐敗を主導聖ジェロームに着手する全く新しい版の翻訳は、 6カ国語対訳書のセプトゥアギンタです。 He worked with great care, in Bethlehem, some time before AD 392.彼は仕事を慎重には、ベツレヘム、いくつかの広告の392時間前です。 He indicated by asterisks the parts of the Hebrew text which had been omitted by the Septuagint and were borrowed by him from Theodotion; he marked with the obelus () the parts of the Septuagint which were not in the Hebrew.アスタリスクで示される彼のヘブライ語のテキスト部分を省略されていたとされるセプトゥアギンタは彼から借りたtheodotion ;彼はマークが付いて、疑句( )の部分では、ヘブライ語セプトゥアギンタに含まれていない。 These critical marks came in course of time to be utterly neglected.これらの重要な点は、コースの時間を全く無視してかまいません。 This translation is the "Gallican Psalter"; it is part of the Vulgate.この翻訳は、 "条項psalter " ;ことは、ウルガタ聖書の部分です。 A third Latin translation of the Psalms, made from the Hebrew Text, with Origen's Hexapla and the other ancient versions in view, was completed by St. Jerome about the end of the fourth century at Bethlehem. 3番目のラテン語の翻訳は、詩篇を授けた、ヘブライ語のテキストから作られる、原産地の6カ国語対訳書と、他の古代のバージョンでビューで、聖ジェロームが完成され、第4世紀の終わりを参照するにはベツレヘムです。 This version is of great worth in the study of the Psalter.このバージョンは非常に価値の研究では、 psalterです。 Dr. Briggs says: "Where it differs from H. and G., its evidence is especially valuable as giving the opinion of the best Biblical scholar of ancient times as to the original text, based on the use of a wealth of critical material vastly greater than that in the possession of any other critic, earlier or later" (p. xxxii).ブリッグズ博士は言う: "どこが違う久雄、吾朗、その証拠としては、特に貴重なの意見を与えている古代の最高の聖書学者、元のテキストを倍に基づいて、富の重要な材料の使用を大幅に以上の所持して他の批評家は、それ以前またはそれ以降の" ( p. 32 ) 。

OTHER VERSIONS他のバージョン

For other translations, see VERSIONS OF THE BIBLE; RHYMED BIBLES.その他の技術情報の翻訳を参照してくださいのバージョンの聖書;押韻聖書です。

VII. Ⅶ 。 POETIC FORM詩的なフォーム

A. PARALLELISM a.並列

Parallelism (qv) is the principle of balance which is admitted by all to be the most characteristic and essential feature of the poetic form of the Psalms.並列( qv )は、バランスの原則を認められたが、最も特徴的とされるすべての機能を詩的な形で欠かせないの詩篇を授けた。 By synonymous, synthetic, antithetic, emblematic, stair-like, or introverted parallelism, thought is balanced with thought, line with line, couplet with couplet, strophe with antistrophe, in the lyric upbuilding of the poetic picture or imprecation or exhortation.を同義語、合成、相反する、象徴的、階段のような、または内省的な並列処理、思考はバランスの取れたと考え、行と行連句連句で、連にアンティストロペ、 upbuildingは、詩的な歌詞は、画像やのろいまたは勧告します。

B. METRE b.メートル

Is there metre in the Psalms?メートルに詩篇を授けたがあるのですか? The Jews of the first century AD thought so.ユダヤ人の世紀の最初の広告と思った。 Flavius Josephus speaks of the hexameters of Moses (Antiq., II, xvi, 4; IV, viii, 44) and the trimeters and tetrameters and manifold meters of the odes and hymns of David (Antiq., VII, xii, 3).フラウィウスヨセフスhexameters話すのは、モーゼス( antiq. 、 2世、 16世、 4 ;四、 viii 、 44 )とtetrametersとマニホールドメートルのtrimetersとのodesと賛美歌のデビッド( antiq. 、 7 、 12 、 3 ) 。 Philo says that Moses had learned the "theory of rhythm and harmony" (De vita Mosis, I, 5).フィロによると、ムーサー学んだ"理論のリズムとハーモニー" (デ生命mosis 、私、 5 ) 。 Early Christian writers voice the same opinion.初期キリスト教作家の声と同じ意見です。 Origen (d. 254) says the Psalms are in trimeters and tetrameters (In Ps. cxviii; cf. Card. Pitra, "Analecta Sacra", II, 341); and Eusebius (d. 340), in his "De Praeparatione evangelica", XI, 5 (PG, XXI, 852), speaks of the same metres of David.原産地(民主党254 )によると、詩篇を授けたが、 trimetersとtetrameters ( psのです。 cxviii ;継続前誌です。カードです。ピトラ、 " analecta sacrumの複数形" 、 2世、 341 ) ;とユーセビアス(民主党340 )は、彼の"デpraeparatione evangelica " 、西、 5 (結果、 xxi 、 852 ) 、話すのと同じメートルのデビッドです。 St. Jerome (420), in "Praef. ad Eusebii chronicon" (PL, XXVII, 36), finds iambics, Alcaics, and Sapphics in the psalter; and, writing to Paula (PL, XXII, 442), he explains that the acrostic Pss.聖ジェローム( 420 ) 、 " praefです。 eusebii広告chronicon " (ポーランド語、 27 、 36 ) 、検出さiambics 、 alcaics 、およびsapphicsは、 psalter ;と、書き込みをポーラ(ポーランド語、 xxii 、 442 ) 、彼と説明してのアクロスティックPSSのです。 cxi and cxii (cx and cxi) are made up of iambic trimeters, whereas the acrostic Pss. cxiとcxii ( CXシリーズとcxi )が行わ短長格上のtrimeters 、アクロスティックが、 PSSのです。 cxix and cxlv (cxviii and cxliv) are iambic tetrameters. cxixとcxlv ( cxviiiとcxliv )は、短長格のtetrametersです。 Modern exegetes do not agree in this matter.現代exegetesはありませんがこの問題に同意します。 For a time many would admit no metre at all in the Psalms.を一度に多くのは認めるが全く行われてメートルの詩篇を授けた。 Davison (Hast., "Dict. of the Bible", sv) writes: "though metre is not discernible in the Psalms, it does not follow that rhythm is excluded".デービソン( hast. 、 " dictのです。の聖書" 、 sv文書)書いています: "かかわらずメートルではないに詩篇を授けた識別し、それに従うだけリズムが除外されない" 。 This rhythm, however, "defies analysis and systematization".このリズム、しかし、 "無視の分析と体系化"です。 Driver ("Introd. to Lit. of OT", New York, 1892, 339) admits in Hebrew poetry "no metre in the strict sense of the term".ドライバ( " Introd学です。に点灯します。のot " 、ニューヨーク、 1892年、 339 )を認めるinヘブライ語詩"いいえメートルは、厳密な意味での"です。 Exegetes who find metre in the Psalms are of four schools, according as they explain Hebrew metre by quantity, by the number of syllables, by accent, or by both quantity and accent. exegetes whoメートルを見つけるの4つの学校に詩篇を授けたが、ヘブライ語メートルによるとして説明されて数量、音節数、アクセントか、または両方の量とアクセントです。

(1) Defenders of the Latin and Greek metrical standard of quantity as applied to Hebrew poetry are Francis Gomarus, in "Davidis lyra", II (Lyons, 1637), 313; Mark Meibom, in "Davidis psalmi X" (Amsterdam, 1690) and in two other works, who claim to have learned his system of Hebrew metre by Divine revelation; William Jones, "Poeseos Asiaticae commentariorum" (Leipzig, 1777), who tried to force Hebrew words into Arabic metres. ( 1 )守備は、ラテン語とギリシア語を韻律として適用される標準の数量フランシスゴマルスヘブライ語詩は、 "ダヴィディスライラ" 、 2世(ライアンズ、 1637 ) 、 313 ;マークマイボーム、 "ダヴィディスpsalmi × " (アムステルダム、 1690 )との2つの作品、 who主張するシステムのヘブライ語を学んだ彼は神の啓示メートル;ウィリアムジョーンズ、 " poeseos asiaticae commentariorum " (ライプチヒ、 1777 ) 、 whoしようとアラビア語の単語をヘブライ語を強制的にメートルです。

(2) The number of syllables was taken as the standard of metre by Hare, "Psalmorum liber in versiculos metrice divisus" (London, 1736); he made all feet dissyllabic, the metre trochaic in a line of an even number of syllables, iambic in a line of an odd number of syllables. ( 2 )の数としては、標準の音節のウサギメートルで、 "独立したpsalmorumでversiculos metrice divisus " (ロンドン、 1736 ) ;彼はすべての足dissyllabicは、メートルの線の強弱格で偶数の音節、短長格の行に奇数個の音節のです。 The Masoretic system was rejected, the Syriac put in its stead. masoreticシステムが拒否されたのは、シリア、その代わりにします。 The opinion found chief defence in the writings of the learned Innsbruck Professor Gustav; and in Bickell's "Metrices biblicae" (Innsbruck, 1879), "Suplementum ad Metr. Bibl."チーフの意見が見つかりました防衛は、文章を学んだインスブルック教授グスタフ;とさbickellの" metrices biblicae " (インスブルック、 1879 ) 、 " suplementum広告メートルです。 bibl 。 " (Innsbruck), "Carimina veteris testamenti metrice" (1882), "Dichtungen der Hebraer" (1882-84). (インスブルック) 、 " carimina veteris testamenti metrice " ( 1882 ) 、 " dichtungen der hebraer " ( 1882年から1884年) 。 Gerard Gietmann, SJ, "De re mentrica Hebraeorum" (Freiburg im Br., 1880); A. Rohling, "Das Solomonische Spruchbuch" (Mainz, 1879); H. Lesetre, "Le livre des psaumes" (Paris, 1883); J. Knabenbauer, SJ, in "Job" (Paris, 1885), p.ジェラールgietmann 、 sj 、 "デ再mentrica hebraeorum " (フライブルクイムしました。 、 1880 ) ; a. rohling 、 " das solomonische spruchbuch " (マインツ、 1879 ) ;笠原lesetre 、 "ルリーヴルデpsaumes " (パリ、 1883 ) ; j. knabenbauer 、 sj 、 "仕事" (パリ、 1885 ) 、 p. 18; F. Vigouroux, "Manuel biblique", II, 203, have all followed in Bickell's footsteps more or less closely. 18 ;女性vigouroux 、 "マヌエルbiblique " 、 2世、 203 、後にすべてのbickellの足音が多かれ少なかれ密接にします。 Against this system some patent facts.このシステムに対していくつかの特許の基本です。 The quantity of a word is made to vary arbitrarily.単語の量を任意に変化が行われる。 Hebrew is treated as Syriac, a late dialect of Aramaic -- which it is not; in fact, even early Syriac poetry did not measure its lines by the number of syllables.シリア語ヘブライ語として扱われ、アラム語方言を遅く-これではない;実際には、シリアにも早期の行詩をしなかったの数を測定する音節です。 Lastly the Massorah noted metrical structure by accents; at least soph pasuk and athnah indicate comlete lines or two hemistichs.韻律構造の最後に記載されmassorahアクセント; athnahを示すと、少なくともpasuk soph comlete行または2つのhemistichsです。

(3) Accent is the determining principle of Hebrew metre according to CA Anton, "Conjectura de metro Hebraeorum" (Leipzig, 1770), "Vindiciae disput. de metr. Hebr." ( 3 )決定の原則は、ヘブライ語のアクセントメートルによると、カリフォルニアアントン、 " conjecturaデメトロhebraeorum " (ライプチヒ、 1770 ) 、 " vindiciae disput 。デメートルです。 hebr 。 " (Leipzig, 1771), "Specimen editionis psalmorum" (Vitebsk, 1780); Leutwein, "Versuch einer richtigen Theorie von der biblischen Verkunst" (1775); Ernst Meier, "Die Form der hebraischen Poesie nachgewiesen" (Tübingen, 1853); Julius Ley, "Die Metrischen Formen der hebraischen Poesie" (Leipzig, 1886); "Ueber die Alliteration im Hebraischen" in "Zeitsch. d. Deutsch. Morgenlandisch. Ges.", XX, 180; JK Zenner, SJ, "Die Chorgesange im Buche der Psalmen" (Freiburg im Br., 1896), and in many contributions to "Zeitsch. fur kathol. Theol.", 1891, 690; 1895, 373; 1896, 168, 369, 378, 571, 754; Hontheim, SJ, in "Zeitsch. fur kathol. Theol.", 1897, 338, 560, 738; 1898, 172, 404, 749; 1899, 167; Dr. CA Briggs, in "The Book of Psalms", in "International Critical Commentary" (New York, 1906), p. (ライプチヒ、 1771 ) 、 "標本editionis psalmorum " (ビテブスク、 1780 ) ; leutwein 、 " versuchのeiner richtigen theorie der biblischen verkunstフォン" ( 1775 ) ;エルンストマイヤー、 "死ぬフォームhebraischen poesie der nachgewiesen " (テュービンゲン、 1853 ) ;ジュリアスレイ、 "死ぬmetrischen formen der hebraischen poesie " (ライプチヒ、 1886 ) ; " ueber死ぬ頭韻イムhebraischen "と" zeitschします。 d.サイトマップDeutsch 。 morgenlandisch 。 1459 ;です。 " 、イグゼクス、 180 ; jk zenner 、 sj 、 "死ぬchorgesangeイムbuche der psalmen " (フライブルクイムしました。 、 1896 ) 、および、多くの貢献をする" zeitsch 。毛皮katholです。 theol 。 " 、 1891 、 690 、 1895 、 373 、 1896 、 168 、 369 、 378 、 571 、 754 ;ホントハイム、 sj 、 " zeitsch 。毛皮katholです。 theol 。 " 、 1897 、 338 、 560 、 738 、 1898 、 172 、 404 、 749 ; 1899年、 167 ;カリフォルニアブリッグス博士は、 "その本の詩篇を授けた" 、 "国際批判的論評" (ニューヨーク、 1906 ) 、 p. xxxix, and in many other publications therein enumerated; Francis Brown, "Measures of Hebrew Poetry: in "Journal of Biblical Literature", IX, 91; CH Toy, "Proverbs" in "Internat. 39 、および他の多くの出版物そこに列挙;フランシスブラウン、 "措置のヘブライ語詩:は"聖書の文学誌" 、 9世、 91 ;あなたのおもちゃ、 "ことわざ" 、 " internat 。 Crit.批評します。 Comm." (1899); WR Harper, "Amos and Hosea" in "Internat.コミュニティー" ( 1899 ) ; wrハーパー、 "アモスとホセア書"で" internat 。 Crit.批評します。 Comm." (1905); Cheyne, "Psalms" (New York), 1892; Duhm, "Die Psalmen" (Freiburg im Br., 1899), p. xxx. This theory is the best working hypothesis together with the all-essential principle of parallelism; it does far less violence to the Masoretic Text than either of the foregoing theories. It does not force the Masoretic syllables into grooves that are Latin, Greek, Arabic, or Aramaic. It is independent of the shifting of accent; and postulates just one thing, a fixed and harmonious number of accents to the line, regardless of the number of syllables therein. This theory of a tonic and not a syllabic metre has this, too, in its favour that accent is the determining principle in ancient Egyptian, Babylonian, and Assyrian poetry.コミュニティー" ( 1905 ) ;チェーンストークス、 "詩篇を授けた" (ニューヨーク) 、 1892 ;ドゥーム、 "死ぬpsalmen " (フライブルクイムしました。 、 1899 ) 、 p. xxx 。この理論は、ベストと一緒に、すべての作業仮説-本質的な並列処理の原則;に暴力をはるかに少ないわけでは、前述のいずれかのmasoretic本文よりも理論です。 masoretic音節ことはありませんし、強制的に溝にはラテン語、ギリシャ語、アラビア語、またはアラム語では独立してシフトのアクセント;一つのことだけや公準は、固定かつ調和のとれたアクセントを行数、音節数に関係なく、そこです。この理論は、強壮剤ではなく、この音節メートルには、あまりにも、その恩恵にアクセントは、原則的に決定古代エジプト、バビロニア、アッシリアの詩とします。

(4) Of recent years the pendulum of Hebrew metrical theories has swung back upon quantity; the syllabic must not be utterly neglected. ( 4 )の最近の年間の振り子の理論は、ヘブライ語韻律スワング先頭に数量;の音節全く無視されたことはできません。 Hubert Grimme, in "Grundzuge der Hebraischen Akzent und Volkallehre", Freiburg, 1896, and "Psalmenprobleme" (1902), builds up the metre chiefly upon the tonic principle, at the same time taking into account the morae or pauses due to quantity.ヒューバートgrimme 、 " grundzuge der hebraischen akzent und volkallehre " 、フライブルク、 1896 、および" psalmenprobleme " ( 1902 ) 、ビルドする時、強直性の原理メートルの主は、同じ時間を考慮してmoraeまたは数量のために一時停止します。 Schlogl, "De re metrica veterum Hebraeorum" (Vienna, 1899), defends Grimme's theory. schlogl 、 "デ再metrica veterum hebraeorum " (ウィーン、 1899 ) 、擁護grimmeの理論です。 Sievers, "Metrische Studien" (1901), also takes in the unaccented syllables for metrical consideration; so does Baethgen, "Die Psalmen" (Gottingen, 1904), p.ズィーベルス、 " metrische studien " ( 1901 ) 、またまでは、アクセントのない音節の韻律的考察; baethgenこれは、 "死ぬpsalmen " (ゲッティンゲン、 1904 ) 、 p. xxvii. 27 。

C. OTHER CHARACTERISTICS c.その他の特性

Alliteration and assonance are frequent.頭韻と類は頻繁にします。 Acrostic or alphabetic psalms are ix-x, xxv, xxxiv, xxxvii, cxi, cxii, cxix, cxlv (ix, xxiv, xxxiii, xxxvi, cx, cxi, cxviii, cxliv).アクロスティックまたはアルファベット詩篇を授けたが9世Xは、 25 、 34 、 37 、 cxi 、 cxii 、 cxix 、 cxlv ( 9世、 24 、 33 、 36 、 cx 、 cxi 、 cxviii 、 cxliv ) 。 The letters of the alphabet begin successive lines, couplets, or strophes.アルファベットの文字は、歴代の行を始める、 coupletsか、またはstrophes 。 In Ps.でpsのです。 cxix (cxviii) the same letter begins eight successive lines in each of the twenty-two alphabetic strophes. cxix ( cxviii )と同じ文字をそれぞれの行を開始する8つの連続する22英字strophes 。 In Pss.リンクをクリックします。 xiii, xxix, lxii, cxlviii, and cl (xii, xxviii, lxi, cxlvii, and cxlix) the same word or words are repeated many times. 13 、 29 、 62 、 cxlviii 、フレグランスジャーナル( 12 、 28 、 61 、 ( semaphore ) CXLVII 、およびcxlix )と同じ単語や言葉は何度も繰り返しています。 Rhymes, by repetition of the same suffix, are in Pss.移動、何度も繰り返して、同じ接尾辞は、リンクをクリックします。 ii, xiii, xxvii, xxx, liv, lv, cxlii, etc. (ii, xii, xxvi, xxix, liii, liv, cxli, etc.); these rhymes occur at the ends of lines and in caesural pauses. 2世、 13 、 27 、 xxxとリヴ、左心室、 cxlii 、等( 2世、 12 、 26 、 29 、 53 、リヴ、 cxli 、等) ;これらの移動の両端の発生する可能性がcaesural線と一時停止します。 Lines were grouped into strophes and antistrophes, commonly in pairs and triplets, rarely in greater multiples; at times an independent strophe, like the epode of the Greek chorus, was used between one or more strophes and the corresponding antistrophes.行をグループ分けされたstrophesとantistrophes 、共通のトリプレットのペアと、まれに大きいの倍数;先回の独立連は、ギリシャ語のようにエポードは、コーラス、 1つまたは複数のstrophesの間には、使用されると、それに対応するantistrophesです。 The word Selah () almost invariably marks the end of a strophe.という言葉selah ( )ほぼ毎回連符の最後の方にします。 The meaning of this word and its purpose is still a moot question.この単語の意味を、その目的は、議論の余地がまだ疑問です。 We think it was originally (from , "to throw"), and meant "a throwing down", "a prostration".私たちは、もともとと思う(より、 "を投げる" ) 、および意味"スローダウン" 、 "に身を伏せている" 。 During the antiphonal cantilation of the Psalms, the priests blew their trumpets to mark the end of a strophe, and at the signal the two choirs or the people or both choirs and people prostrated themselves (cf. Haupt, "Expository Times", May, 1911).交唱cantilation中に詩篇を授けたのは、その司祭はものすごくトランペットを記念して最後の方に連とは、信号の2つの合唱団や合唱団と人々の人々 、またはその両方prostrated自身( cf.ハウプト、 "解説タイムズ" 、 5月、 1911 ) 。 The principle of parallelism determined these stophic arrangements of the lines.これらのstophic並列処理の原則を決定している行の手配します。 Koster, in "die Psalmen nach ihrer strophischen Anordnung" (1837), distinguishes various kinds of parallelism in lines and half-lines, synonymous, antithetical, synthetic, identical, introverted.コスター、 "死ぬpsalmen nach ihrer strophischen anordnung " ( 1837 ) 、様々な種類の並列処理を区別ハーフラインとライン、同義語、相反する、合成、同じですが、内向します。 Zenner, SJ, in his "Chorgesange im Buche der Psalmen" (Freiburg im Br., 1896) has very cleverly arranged many of the psalms as choral odes, chanted by two or three choirs. zenner 、 sj 、彼の" chorgesangeイムbuche der psalmen " (フライブルクイムしました。 、 1896 )が非常に巧みに配置さodes合唱曲の多くは、詩篇を授けたとして、 2つまたは3つの合唱団詠唱されています。 Hermann Wiesmann, SJ, in "Die Psalmen nach dem Urtext" (Munster, 1906), has applied the metrical principles of Zenner, and revised and published the latter's translations and studies of the Psalms.ヘルマンワイズマン、 sj 、 "死ぬpsalmen食後原本" (マンステール、 1906 ) 、韻律の原則が適用してzenner 、および改訂され、公開して後者の技術情報の翻訳と研究は、詩篇を授けた。 This work takes too great liberty with the Sacred Text, and has lately (1911) been put on the Index.この作品は、あまりにも大きな自由の女神の神聖なテキスト、およびが最近( 1911 )上のインデックスに出されています。

VIII. Ⅷ 。 POETIC BEAUTY詩的な美しさ

The extravagant words of Lamartine in "Voyage en Orient" are classic: "Lisez de l'Horace ou du Pindare apres un Psaume! Pour moi, je ne le peux plus". lamartineのぜいたくなの言葉を、 "航海アンオリエント"は、クラシック: " lisezデl'ホーレス王デュpindare apres国連psaume ! pourモイ、ネブラスカはルpeuxプラス"です。 One wonders whether Lamartine ever read a psalm in the original. 1つの驚異を読むかどうかlamartineまでに、元の詩編です。 To criticise the Psalms as literature is very difficult.文学批評に詩篇を授けたとしては非常に困難です。 Their text has reached us with many losses in the matter of poetic form.そのテキストに達して多くの問い合わせに損失を記録する詩的なフォームの問題です。 The authors varied much in style.多くの様々なスタイルの作家です。 Their literary beauty should not be judged by comparison with the poetry of Horace and Pindar.文学の美しさに判断されることはできませんホーレスと比較して詩のピンダルです。 It is with the hymns of ancient Egypt, Babylon, and Assyria that we should compare the songs of Israel.賛美歌のことは、古代エジプト、バビロン、アッシリアていかなければならないと比較してイスラエルの歌です。 Those ancient hymns are crude and rude by the side of the Psalms.これらの古代の賛美歌は失礼な原油とされる側に詩篇を授けた。 Even the imprecatory Pss. PSSのさえ、のろいを表す。 xviii, xxxv, lii, lix, lxix, cix, cxxxvii (xvii, xxxiv, li, lviii, lxviii, cviii, cxxxvi), those national anthems so full of love of Israel and almost startling in their hatred of the foes of Jahweh and of Israel, if read from the viewpoint of the writers, are sublime, vivid, glowing, enthusiastic, though exaggerated, poetic outbursts, instances of a "higher seriousness and a higher truthfulness", such as Aristotle never would have found ina song of Babylonia or of Sumeria. 18 、 35 、 52 、 59 、 69 、 cix 、 cxxxvii ( 17 、 34 、李、 58 、 68 、 cviii 、 cxxxvi ) 、それらの国歌への愛をいっぱいに、イスラエルとほぼ驚くべきjahwehと憎悪は、敵のイスラエルの場合は、作家の視点からの読み取りは、崇高な、鮮やかな、燃えるような、熱狂的な、誇張されたかかわらず、詩的な暴発、のインスタンスを、 "高いの深刻さと真実性が高い"など、アリストテレス想像だにしなかった伊那市の歌が見つかりましたバビロニアまたは、 sumeriaです。 Whether their tones are those of praise or blame, of sorrow or of joy, of humiliation or of exaltation, of deep meditation or of didactic dogmatism, ever and everywhere the writers of the Psalms are dignified and grand, true to the ideals of Jahweh's chosen folk, spiritual and devotional.そのトーンのかどうかは、それらの褒め言葉や注釈、悲しみや喜び、屈辱の高揚や、深い瞑想や独断の教則、どこまでとは、詩篇を授けたのは、威厳のある作家とグランド、 trueを、理想の選ばれたjahwehフォーク、精神的、信心深い。 The range of thought is immense.の範囲の思考は計り知れない。 It takes in Jahweh, His temple, cult, priests, creation; man, friend and foe; beasts, birds; all nature, animate and inanimate. jahwehがかかりますが、彼の寺、教団、司祭、創作;男は、敵と味方;獣、鳥;すべての自然、アニメーションや無生物です。 The range of emotions is complete; every emotion of man that is pure and noble has been set to words in the Psalms.の範囲の感情が完了したら、すべての人間の感情は純粋で高貴な言葉に設定されては、詩篇を授けた。 As an instance of poetic beauty, we subjoin the famous Ps.詩的な美しさとしてのインスタンスを、私たちの有名なsubjoin psのです。 xxiii (xxii), translated from the Hebrew. 23 ( xxii ) 、ヘブライ語からの翻訳です。 The poet first speaks in his own person, then in the guise of the sheep.最初に話すのは、自分自身の人の詩人、クリックし、 [装って羊です。 The repetition of the first couplet as an envoi is suggested by Zenner and many commentators, to complete the envelope-form of the poem, or the introverted parallelism of the strophic structure:の繰り返しの最初の2行連句zennerによって提案されたとして別れの言葉は、多くのコメンテーターは、フォームの封筒を完了するには、詩か、または、内省的な並列処理は、有節の構造:

The Poet:詩人:

1. 1 。 Jahweh is my Shepherd; jahwehは私の羊飼い;

I have no want,私がないし、

The Sheep:羊:

2. 2 。 In pastures of tender grass he setteth me;草の牧草地の入札で彼は私setteth ;

Unto still waters he leadeth me;彼はまだ水かれ導く私;

3. 3 。 He turneth me back again;彼は再び背きミーバック;

He guideth me along right paths for his彼は彼の導きに私の道を右に沿っ

Own name's sake.自分の名前のために。

4. 4 。 Yea, though I walk through the vale ofいや、僕は歩いてみるのもvale

The shadow of death,死の影に、

I fear no harm;私の恐怖はない;

For thou art with me;本当になたと私;

Thy bludgeon and they staff, they stay me.なたのこん棒かれらスタッフ、彼らご滞在メインです。

5. 5 。 Thou settest food before me,なたsettestフード前に私は、

In the presence of my foes;私の敵が存在する;

Thou has anointed my head with oil;あなたは私の頭に油を聖なる;

My trough runneth over.マイトラフrunneth終わった。

The Poet:詩人:

6. 6 。 Ah, goodness and mercy have followed meああ、善良さと慈悲が私の後

All the days of my life,私の人生のすべての日中に、

I will go back to the house of Jahweh私は家に戻って、 jahweh

Even for the length of my days.マイ日間もの長さにします。

Jahweh is my Shepherd; jahwehは私の羊飼い;

I have no want!私がないしたい!

IX. 9 。 THEOLOGICAL VALUE神学的価値

The theological ideas of the Psalms are comprehensive; the existence and attributes of God, the soul's yearning for immortality, the economy of grace and the virtues, death, judgement, heaven, hell, hope of resurrection and of glory, fear of punishment -- all the main dogmatic truths of Israel's faith appear again and again in her Psalter.神学的なアイデアは、詩篇を授けたのは、包括的;が存在すると属性を神の、魂のあこがれの不朽の名声のために、経済の恵みを受けての美徳、死、審判、天国、地獄、復活の希望と栄光に満ちた、刑の執行の恐怖-イスラエルのすべての主要な独断的な真理の信仰を何度も繰り返して彼女のpsalter表示されます。 These truths are set down not in dogmatic form, but now in the simple and childlike lyric yearning of the ingenuous soul, again in the loftiest and most vehement outbursts of which man's nature is capable.これらの真理は、独断的なフォームをセットダウンていないが、今は、シンプルな歌詞と子供らしい率直な魂のあこがれ、再びは、 loftiestで最も激しい暴動が男の性質が可能です。 The Psalms are at once most human and most superhuman; they sink to the lowest depths of the human heart and soar to the topmost heights of Divine contemplation.一度に詩篇を授けたは、ほとんどの人間とほとんどの超人的な;彼らシンクを最低の人間の心の深さと神に向かって飛翔する最上位の高さは熟考します。 So very human are the imprecatory psalms as to make some to wonder how they can have been inspired of God.のろいを表すので非常に詩篇を授けた人間としては、いくつかの不思議を作ることがどのように神のインスピレーションれています。 Surely Jahweh cannot have inspired the singer who prayed:確かにその歌手jahwehすることはできませんインスピレーションwho祈った:

"As for them that plan my soul to destroy, Down to the depths of the earth shall they go; To the grasp of the sword shall they be delivered; A prey to the jackals shall they become". "私の魂の計画としてはそれらを破壊することは、ダウンして、地球の深さからかれら行く;のように剣を把握してかれらに配信;を捕食して真夜中のバイオレンスものになる" 。 -- Psalm 83:10-11 (82:10-11) -詩篇8 3:10-11( 8 2:10-11)

Such an objection is based upon a misunderstanding.このような誤解に基づいて異議申立がします。 The perfection of the counsels of Christ is one thing, the aim of the good Levite is quite another thing.弁護人は、キリストの完璧なことが一つの目的は、良いレビとは別もの。 The ideals of the Sermon on the Mount are of higher spirituality than are the ideals of the imprecatory psalm.の理念は、山上の垂訓は、霊性の高い理想よりは、賛美歌ののろいを表す。 Yet the ideals of the imprecatory psalm are not bad -- nay, are good, are Divine in their origin and authority.賛美歌の理念は、のろいを表すはまだありませんが悪い-いや、が良い、と権威は、神がその起源です。 The imprecatory psalms are national anthems; they express a nation's wrath, not an individual's.のろいを表す詩篇を授けたのは国歌;彼らの怒りを表明する国のではなく、個々のです。 Humility and meekness and forgiveness of foe are virtues in an individual; not necessarily so of a nation; by no means so of the Chosen Nation of Jahweh, the people who knew by revelation that Jahweh willed they should be a great nation and should put out their enemies from the land which he gave them.謙虚さと柔和と寛容の美徳では、個々の敵;ので、必ずしも一国;ではないのでjahwehは、選択した国は、 whoを知っていた人々 jahweh意志を明らかにさればならないとは、偉大な国家を出すその彼は敵からの土地をします。 Their great national love for their own people postulated a great national love for Jahweh.彼らは自らの人々にとって国家的愛国家愛をjahweh大きな仮定します。 The love for Jahweh postulated a hatred of the foes of Jahweh, and, in the theocratic economy of the Jewish folk, the foes of Jahweh were the foes of Israel.仮定の愛をjahwehは、敵のjahwehを憎悪すると、ユダヤ人は、神権政治経済のフォークは、敵の敵は、イスラエルのjahwehです。 If we bear this national purpose in mind, and forget not that all poetry, and especially Semitic poetry, is highly coloured and exaggerated, we shall not be shocked at the lack of mercy in the writers of the imprecatory psalms.クマすれば、この国家の目的を念頭に置いて、すべての詩を忘れてしまうことは、ユダヤ人、特に詩、色とは非常に誇張された、わたしたちはショックを受けては、できないの欠如は、作家の慈悲ののろいを表す詩篇を授けた。

The chief theological ideas of the Psalms are those that have regard to the Incarnation.首席神学的に詩篇を授けたのは、それらのアイデアについての化身を持つ。 Are there Messianic psalms?救世主詩篇を授けたがあるのですか? Unaided by the authentic interpreting power of the Church and neglectful of the consensus of the Fathers, Protestants have quite generally come to look upon the Psalms as non-Messianic either in literal or in typical meaning; the older Messianic interpretation is discarded as worn-out and threadbare.人の手を借りないパワーを解釈された本物の教会とのコンセンサスには、父の不注意なのは、プロテスタントは非常に一般的に来る時に詩篇を授けたを探す以外の救世主としてリテラルのいずれか、または典型的な意味での過去の救世主として解釈は破棄さ擦り切れたと陳腐な。 Delitzsch admits only Ps. psのデリッチのみ認めています。 cx (cix) to be Messianic in its literal meaning. cx ( cix )を救世主は、文字どおりの意味です。 Cheyne denies both literal and typical Messianic meaning to the Psalms ("Origin of Ps.", 339).チェーンストークス否定両方の意味をリテラルと典型的な救世主に詩篇を授けた( " psの起源です。 " 、 339 ) 。 Davison (Hast., loc. cit.) says, "it may well be that the Psalter contains hardly a single instance of direct Messianic prophecy".デービソン( hast. 、組織委員会です。 〜 Cit 。 )氏は、 "これかもしれないpsalterは、ほとんどが含まれ、 1つのインスタンスを直接救世主予言"です。 Catholics have ever held that some of the Psalms are Messianic in meaning, either literal or typical.カトリック教徒が開かれるまでにいくつかの救世主に詩篇を授けたの意味は、リテラルのいずれか、または典型的です。 (Cf. articles INCARNATION; JESUS CHRIST; MESSIAS.) The New Testament clearly refers certain psalms to the Messias. ( cf.の記事化身;イエスキリスト; messiasです。 )新約聖書の詩篇を授けたを明確にして、特定のmessiasを指します。 The Fathers are unanimous in interpreting many psalms as prophecies of the coming, kingdom, priesthood, passion, death, and resurrection of the Messias.全会一致の解釈には、父親の予言の多くの詩篇を授けたとして、今後、王国、聖職に就く、情熱、死、と復活をmessiasです。 The coming of the Messias is predicted in Pss. messiasが予想さの到来に伴い、リンクをクリックします。 xviii, l, lxviii, xcvi-xcviii (xvii, xlix, lxvii, xcv-xcvii). 18 、左、 68 、 96 - 98 ( 17 、 49 、 67 、 95 - 97 ) 。 St. Paul (Ephesians 4:8) interprets of Christ's ascent into heaven the words of Ps.セントポール(エペソ人への手紙4時08分)解釈のイエスキリストの言葉を天国の上り坂をpsのです。 lxviii, 18, description of Jahweh's ascent after conquering the world. 68 、 18 、の説明を征服した後、世界jahwehの上昇です。 The kingdom of the Messias is predicted in Pss. messiasが予想さの王国のリンクをクリックします。 ii, xviii, xx, xxi, xlv, lxi, lxxii, lxxxix, cx, cxxxii (ii, xvii, xix, xx, xliv, lx, lxxi, lxxxviii, cix, cxxxi); the priesthood in Ps. 2世、 18 、イグゼクス、 xxi 、 45 、 61 、 72 、 89 、 cx 、 cxxxii ( 2 、 17 、 19 、イグゼクス、 44 、 lx 、 71 、 88 、 cix 、 cxxxi ) ;の聖職に就くにpsのです。 cx. cx 。 The passion and death of the Messias are clear in the sufferings of the Servant of Jahweh of Pss.の情熱と死の苦しみを明らかにするmessiasは、使用人のjahwehのリンクをクリックします。 xxii, xl, lxix (xxi, xxxix, lxviii). xxii 、 xl 、 69 ( xxi 、 39 、 68 ) 。 Ps. psのです。 xxii was used in part, perhaps entirely, by Christ on the Cross; the Psalmist describes as his own the emotions and sufferings of the Messias. xxiiは、パートで使用され、おそらく完全に、十字架上のキリストの賛美歌の説明として自分自身の感情や苦しみをmessiasです。 Hence it is that the Biblical Commission (1 May, 1910) rejects the opinion of those who do away with the Messianic and prophetic character of the Psalms and refer only to the future lot of the Chosen People those words which are prophecies concerning Christ.それゆえそれは、聖書の委員会( 5月1日、 1910 ) whoを拒否する者の意見を廃止するの救世主と予言詩篇を授けたとの文字を参照するだけに、今後多くの人々は、選択したこれらの単語がイエスキリストに関する予言します。 Cf.継続前誌です。 Maas, "Christ in Type and Prophecy" (New York, 1893).マース、 "イエスキリストのタイプと予言" (ニューヨーク、 1893 ) 。

X. LITURGICAL USE使用するXの典礼

A. Jewish liturgy a.ユダヤ人の典礼

The use of the Psalms in Jewish liturgy has been spoken of.ユダヤ人に詩篇を授けたの使用を話さ典礼されています。 Cf.継続前誌です。 also articles SYNAGOGUE; TEMPLE.また記事シナゴーグ;寺です。 -- -

B. Christian liturgy b.キリスト教の典礼

Christian liturgical use of the Psalter dates from the time of Christ and His Apostles.キリスト教の典礼psalter日から使用する時にイエスキリストとその使徒です。 He recited the Hallels at the last Passover, Pss.彼の最後の過ぎ越しの読誦のhallelsは、 PSSのです。 cxiii-cxiv before the Last Supper, Pss. cxiii - cxivの前に最後の晩餐、 PSSのです。 cxv-cxviii thereafter; Ps. cxv - cxviiiその後; psのです。 xxii was His dying words; authoritative citations of other psalms appear in His discourses and those of His Apostles (cf. Luke 20:42; 24:44; Acts 1:20). xxiiは彼の臨終の際の言葉;権威の引用の他の詩篇を授けた彼の談話で表示されると彼の使徒( cf.ルカ20:42 ; 24:44 ;行為1:20 ) 。 The Apostles used the Psalms in worship (cf. Acts 16:25; James 5:14; 1 Corinthians 14:26).詩篇を授けたの使徒を使用して礼拝( cf.行為16:25 ;ジェームズ5:14 ; 1コリント書14:26 ) 。 The earliest liturgical service was taken from the Psalter.最古の典礼サービスが取らpsalterからです。 St. Paul represents the Ephesian Christians, to all seeming, psalmodizing, one choir answering the other; "Speaking to one another in psalms and hymns and spiritual songs, singing and psalmodizing [psallontes] in your hearts to the Lord, giving thanks [eucharistountes] always for all things" (Ephesians 5:19).聖パウロは、キリスト教徒ephesian 、どう見ても、 psalmodizing 、 1つの合唱団、他の回答; "と言えば賛美歌を1つの別の詩篇を授けたと精神的な曲、歌やpsalmodizing [ psallontes ]の心を主にして、感謝[ eucharistountes ]は常に、すべてのもの" (エペソ人への手紙5:19 ) 。 Probably the Eucharistic agape is referred to.おそらくeucharistic agapeは言及をします。 A like reference is in Col., iii, 16. Col 。のように、リファレンスは、 3世、 16 。 St. Basil (PG, XXXII, 764) speaks of this psalmodizing in two choirs -- antipsallein allelois.聖バジル(結果、 32 、 764 )話すpsalmodizingは、次の2つの合唱団-a ntipsalleina lleloisです。 The custom of psalmody, or antiphonal singing, is said to have been introduced into the Church of Antioch by St. Ignatius (Socrates, "Hist. Eccl.", VI, viii).カスタムの賛美歌を歌うか、または交唱歌を歌うこと、とされてアンティオキアに導入され、教会に聖イグナチオ(ソクラテス、 "履歴です。 eccl 。 " 、六、八) 。 From Syria, this custom of the Synagogue would seem to have passed over to Palestine and Egypt, to Asia Minor, Constantinople, and the West.よりシリア、このカスタムは、シナゴーグを渡されると思わにはパレスチナとエジプトでは、アジアの未成年者を、コンスタンティノープル、と西です。 St. Ambrose was the first to inaugurate in the West the chanting of the Psalms by two choirs (cf. Batiffol, "Histoire du breviaire romain", 1893).聖アンブローズは、最初に協議会を発足さに詩篇を授けたの西の詠唱の2つの合唱団( cf. batiffol 、 " histoireデュbreviaireロマン" 、 1893 ) 。 In the Proprium de tempore of the Roman Rite, all the Psalms are chanted at least once a week, some twice and oftener. propriumデtemporeのは、ローマの儀式は、すべての詠唱詩篇を授けたが、少なくとも週に一度は、いくつかの2倍とoftener 。 In Matins and Lauds, according to the Vulgate's numeration, are Pss.朝の祈りとlaudsで、命数によると、一般的なのは、 PSSのです。 i-cx, excepting a few that are fixed for Prime and other hours; in Vespers are Pss.私- cx 、固定を除いて、数では総理やその他の時間;でvespersは、 PSSのです。 cxi-cxlvii, excepting a few fixed for other hours. cxi - ( semaphore ) CXLVII 、いくつかの修正を除いて、他の時間です。 The great alphabetic praise of the Law, Ps.アルファベット順の褒め言葉は、偉大な法では、 psのです。 cxviii, is distributed between Prime, Terce, Sext, and None. cxviii 、分散型の間には、総理、 terce 、 6度音程、 noneを指定します。 The Benedictines, Franciscans, Carmelites, and Dominicans, who have their own rite, all chant the Psalter once a week; the Jesuits follow the Roman ritual.のbenedictines 、 franciscans 、 carmelites 、およびdominicans 、 who独自の儀式は、すべての聖歌、週に一度はpsalterし、次のローマのイエズス会の儀式です。

In the Latin Rite, Pss.は、ラテン語の儀式、 PSSのです。 vi, xxxi, xxxvii, l, ci, cxxix, cxlii (Douai) have long been recited, in the above order, as prayers of sorrow for sin; they are lyric cries of the sorrowing soul and have hence been called the "Penitential Psalms".六、 31 、 37 、左、 ci 、 cxxix 、 cxlii (ドゥアイ)は長年の読誦は、上記の注文は、祈りの悲しみを罪;彼らは歌詞は、悲しみの魂の叫びと呼ばれてそれゆえの"ざんげの詩篇を授けた"です。 Their recitation during Lent was ordered by Innocent III (1198-1216).朗読中に貸して無実の3世の指示によるもの( 1198年から1216年) 。 Pius V (1566-72) established the custom, now no longer of general obligation, whereby these psalms became a part of the Friday ferial Office of Lent.ピウスⅤ ( 1566年から1572年)設立し、カスタム、今すぐ、もはや一般的な義務が実際にこれらの詩篇を授けたの金曜日になった部分ferial事務所を貸しています。

The Ambrosian Rite, still used in Milan cathedral, distributes the Psalms over two weeks.アンブロジオの儀式は、まだミラノ大聖堂で使用され、 2週間以上も配布して詩篇を授けた。 The Oriental Rites in union with Rome (Melchite, Maronite, Syriac, Chaldean, Coptic, Æthiopic, etc.), together with the heretical Oriental Churches, all keep up the recitation of the Psalter as their Divine Office.東洋の儀式で労働組合とローマ( melchite 、マロン、シリア、カルデア、コプト語、 æthiopic 、等) 、オリエンタルと一緒に、異端の教会、すべての朗読を維持するとして、その神のpsalter事務所です。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 Dedicated to the memory of Rev. AJ Maas, SJ The Catholic Encyclopedia, Volume XII.専用のメモリを改訂してマースのAJ 、 sjのは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

The bibliography of the Psalms is naturally enormous and can be given only in small part.書誌事項は、詩篇を授けたのは当然とは与えられただけで莫大な小さな部分です。

Greek Fathers: ORIGEN, Selecta in Psalmos in PG, XII.ギリシャ語の祖先:原産地、 pg selectaでpsalmosで、 12です。 1043; IDEM, Homiliae in Psalmos in PG, XII, 1319; IDEM, Originis Hexaplorum quae supersunt, ed. 1043 ;同じ、 homiliaeでpsalmosでpg 、 12 、 1319 ;同じ、始hexaplorum quae supersunt 、エドです。 FIELD; EUSEBIUS, Comm.フィールド;ユーセビアス、通信します。 in Psalmos in PG, XXIII, 65; XXIV, 9; ST. pg psalmosでは、 23 、 65 、 24 、 9 ;セントです。 ATHANASIUS, Epist.アタナシウス、 epistです。 Ad Marcellinum in PG, XXVII, 11; IDEM, Exegeses in Psalmos in PG, XXVII, 55; IDEM, De Titulis Psalmorum in PG, XXVII, 645; ST.広告marcellinumでpg 、 27 、 11 ;同じ、 exegesisの複数形でpsalmosでpg 、 27 、 55 ;同じ、デtitulis psalmorumでpg 、 27 、 645 ;セントです。 BASIL, Homiliae in Pss.バジル、 homiliaeリンクをクリックします。 in PG, XXIX, 209; ST. 、 pg 、 29 、 209 ;セントです。 DIDYMUS OF ALEXANDRIA in PG, XXIX, 1155; ST.アレクサンドリアのでdidymus pg 、 29 、 1155 ;セントです。 GREGORY OF NYSSA in PG, XLIV, 431, 608; ST.グレゴリーのnyssa 、 pg 、 44 、 431 、 608 ;セントです。 JOHN CHRYSOSTOM in PG, LV, 35, 527; ST.ジョンクリュソストモス、 pg 、左心室、 35 、 527 ;セントです。 CYRIL OF ALEXANDRIA in PG, LXIX, 699; THEODORETUS in PG, LXXX, 857.アレクサンドリアのはシリルpg 、 69 、 699 ; theodoretus 、 pg 、 80 、 857 。 Latin Fathers: ST.ラテン語の父:セントです。 AMBROSE, Enarrationes in XII Psalmos in PL, XIV, 921; ST.アンブローズ、 psalmosでenarrationesポーランド語で12 、 14 、 921 ;セントです。 JEROME, Liber Psalmorum juxta hebraicam veritatem in PL, XXVIII, 1123; IDEM, Excerpta de Psalterio (Maredsous, 1895); IDEM, Epistolae in PL, XXII, 433, 441, 837; IDEM, Breviarium in Psalmos in PL, XXVI, 821; ST.ジェローム、独立したhebraicam veritatemのそばにpsalmorumポーランド語、 28 、 1123 ;同じ、要約デpsalterio ( maredsous 、 1895 ) ;同じ、 epistolae 、ポーランド語、 xxii 、 433 、 441 、 837 ;同じ、ポーランド語breviariumでpsalmosで、 26 、 821 ;セントです。 AUGUSTINE, Enarrationes in Pss.アウグスティヌス、 enarrationesリンクをクリックします。 in PL, XXXVII, 67; IDEM, Expositio in Pss. 、ポーランド語、 37 、 67 ;同じ、 expositioリンクをクリックします。 C-CL in PL, LI, 277; CASSIODORIUS in PL, LXX, 9. c - cl 、ポーランド語、李、 277 ; cassiodorius 、ポーランド語、 70 、 9 。

Commentators of the Middle Ages: BEDE, PETER LOMBARD, ST.コメンテーターの中世:ビード、ピーターロンバード、セントです。 THOMAS, ST.トーマス、セントです。 BONAVENTURE and others of the Middle Ages depend chiefly upon the Fathers for their interpretations. bonaventureおよびその他の中世の時代に主に依存する時に、父親の解釈です。 NICHOLAS OF LYRA, in his Postilla, and the converted Jew, PAUL, ARCHBISHOP OF BURGOS, in his Additions to the Postilla, gives us much of rabbinic interpretation.リールのニコラウス、彼のpostilla 、として、変換したユダヤ人、ポール、大司教のブルゴスは、彼のpostilla追加して、多くのラビの解釈を与えてくれる。

Moderns: BELLARMINE, Explanatio in Psalmos (1611), was by far the best commentator on the Psalms till recent times, as he used scientific methods in textual criticism; SCHEGG, Die Psalmen (Munich, 1845); ROHLING (1871); THALHOFER (Ratisbon, 1904); WOLTER, Psallite Sapienter (Freiburg im Br., 1904); BICKELL, Der Psalter (1884); VAN STEENKISTE (1870); PATRIZI, Cento Salmi tradotti e commentati (1875); MINOCHI, I Salmi tradotti del Testo Ebreo (1895); LE HIR, Les Psaumes traduits de l'hebreu en latin avec la Vulgate en regard (Paris, 1876); LESETRE (Paris, 1883); FILLION, Les Psaumes commentes selon la Vulgate et l'Hebreu (Paris, 1893); CRAMPTON (1889); PANNIER (1908); ZENNER-WIESMANN, Die Psalmen nach dem Urtext (Munster, 1906); NIGLUTSCH (Trent, 1905); EATON, Sing ye to the Lord (London, 1909); HOBERG, Die Psalmen nach der Vulgata (Freiburg, 1892); M'SWINEY, Psalms and Canticles (St. Louis, 1901).モダーンズ:ベラルミーノ、 explanatioでpsalmos ( 1611 ) 、評論家ではずば抜けて良いまでに詩篇を授けた最近では、科学的手法をテキストとして使用される彼の批判; schegg 、死ぬpsalmen (ミュンヘン、 1845 ) ; rohling ( 1871 ) ; thalhofer ( ratisbon 、 1904 ) ;ウォルター、 psallite sapienter (フライブルクイムしました。 、 1904 ) ; bickell 、 der psalter ( 1884 ) ;ヴァンsteenkiste ( 1870 ) ; patrizi 、チェントサルミtradottiメールcommentati ( 1875 ) ; minochi 、私サルミtradottiデルtesto ebreo ( 1895 ) ;ルhir 、レpsaumes traduitsデl'ヘブライ語アンラテン語avecラウルガタ聖書のアンについて(パリ、 1876 ) ; lesetre (パリ、 1883 ) ; fillion 、レpsaumes commentes selonラウルガタ聖書のet l'ヘブライ語(パリ、 1893 ) ;クランプトン( 1889 ) ;背負いかご( 1908 ) ; zenner -ワイズマン、死ぬpsalmen食後原本(マンステール、 1906 ) ; niglutsch (トレント、 1905 ) ;イートン、なたがたを歌うの主(ロンドン、 1909 ) ; hoberg 、死ぬpsalmen nach der vulgata (フライブルク、 1892 ) ; m'swiney 、詩篇を授けたとソロモンの歌(セントルイス、 1901 ) 。

Protestants: the commentaries of DE WETTE (1811-56); HITZIG (1863-65); OLSHAUSEN (1853); HUPFELD (1855-88); EWALD (1839-66); DELITZSCH (1895); DUHM (Freiburg im Br., 1899); BAETHGEN (Gottingen, 1904); CHEYNE (New York, 1892); International Critical Commentary, ed.プロテスタント:論評のデwette ( 1811年から1856年) ;ヒッツィヒ( 1863年から1865年) ; olshausen ( 1853 ) ; hupfeld ( 1855年から1888年) ;エーヴァルト( 1839年から1866年) ;デリッチ( 1895 ) ;ドゥーム(フライブルクイムしました。 、 1899 ) ; baethgen (ゲッティンゲン、 1904 ) ;チェーンストークス(ニューヨーク、 1892 ) ;国際的批判的論評、エドです。 BRIGGS (New York, 1907), the best of non-Catholic commentators on the Psalms; KIRKPATRICK in Cambridge Bible (1893-95).ブリッグズ(ニューヨーク、 1907 ) 、非カトリック教徒の最高のコメンテーターを検索する詩篇を授けた;カークパトリック、ケンブリッジ聖書( 1893年から1895年) 。


Psalms詩篇を授けた

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Hymns of Praise:賛美歌を称賛:

Elegies: elegies :

Didactic Psalms:教則詩篇を授けた:

Literary Form.文芸フォームです。

Religious and Ethical Content.宗教的かつ倫理的なコンテンツです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Composition of the Psalter.組成は、 psalterです。

Liturgical Songs.典礼曲です。

Hymn-Book of Second Temple.賛美歌-予約の2番目寺です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Didactic Psalms.教則詩篇を授けた。

The "Lamed Auctoris." "ラーメドauctoris 。 "

Date of Psalter.この評価をpsalterです。

Reflection of History.反射の歴史をします。

Reflex of Politics.反射の政治です。

Pilgrim Songs.巡礼者の歌です。

Musical Accompaniment.楽器の伴奏です。

Name derived from the Greek ψαλμός (plural ψαλμοί), which signifies primarily playing on a stringed instrument, and secondarily the composition played or the song accompanied on such an instrument.ギリシャ語の名前から派生してψαλμός (複数ψαλμοί )が主に演奏は、弦楽器を意味し、 2番目に同行の組成演奏や歌をこのような音源を選択します。 In the Septuagint (Codex Alexandrinus) ψαλτήριον is used, which denotes a large stringed instrument, also a collection of songs intended to be sung to the accompaniment of strings (harp).は、セプトゥアギンタ(コーデックスアレクサンドリア写本) ψαλτήριονが使用され、大きな弦楽器を示す、また、コレクションの曲を目的とし、伴奏で歌われる文字列(ハープ) 。 These terms are employed to translate the Hebrew "mizmor" and "tehillim."これらの用語は、雇用をヘブライ語に翻訳する" mizmor "と" tehillim 。 " The exact derivation and meaning of the former are uncertain.の意味を正確に導出すると元は不透明だ。 It would seem that, etymologically denoting "paragraph," it owes its signification of "psalm," "song," or "hymn" to the circumstance that it is found prefixed to the superscriptions of a number of psalms.どうやらのようである。 、語源を示す"段落、 "その意義を払うべき"詩編" 、 "歌" 、または"賛美歌"をして事情が見つかったsuperscriptionsの接頭辞を、いくつかの詩篇を授けた。 The word "tehillim" is a plural, not occurring in Biblical Hebrew, from the singular "tehillah" = "song of praise."という言葉" tehillim "は、複数のではなく、起きて聖書のヘブライ語、単数から" tehillah " = "の歌を称賛。 " It is thus a fitting title for the collection of songs found in the "Ketubim" or Hagiographa (the third main division of the Hebrew canon), and more fully described as "Sefer Tehillim," or the "Book of Psalms."このようにすることが継手のタイトルを発見されたコレクションの曲" ketubim "またはhagiographa ( 3番目の主要部が実施してヘブライ語キヤノン) 、および他の完全に記述され" sefer tehillim 、 "または"予約の詩篇を授けた。 " "Tehillim" is also contracted to "tillim" (Aramaic, "tillin"). " tehillim "も契約して" tillim " (アラム語、 " tillin " ) 。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

In the printed Hebrew Bible the Book of Psalms is the first of the Ketubim; but it did not always occupy this position, having formerly been preceded by Ruth.この本、印刷さヘブライ語聖書の詩篇を授けたのは、最初のketubim ;しかし、この位置を占めるとは限らないことは、以前に先行されたルースです。 (BB 14b; Tos. to. BB lc). ( bb 14b ;利用規約をします。 bb液晶) 。 Jerome, however ("Prologus Galeatus"), has another order, in which Job is first and the Psalms second, while Sephardic manuscripts assign to Chronicles the first and to the Psalms the second place (comp. 'Ab. Zarah 19a).ジェローム、しかし( " prologus galeatus " ) 、別の注文には、そのジョブが最初と2番目に詩篇を授けた、セファルディの原稿に割り当てるとして詩篇を授けたクロニクルの最初の2番目の開催地( comp. 'アルバータです。 zarah 19a ) 。 The Book of Psalms is one of the three poetic books denoted as (EMaT = Job [Iyyob], Proverbs [Mishle], and Psalms [Tehillim]) and having an accentuation (see Accents in Hebrew) of their own.この本の詩篇を授けたの1つの3つの詩的な書籍は記されて( emat =仕事[ iyyob ] 、諺[ mishle ] 、および詩篇を授けた[ tehillim ] )を持つと強調( inヘブライ語のアクセントを参照)は、独自します。

The Sefer Tehillim consists of 150 psalms divided into five books, as follows: book i. 150詩篇を授けたのは、 sefer tehillimに分かれて5つの書籍は、以下のとおり:予約i. = Ps. = psのです。 i.-xli. i. - 41です。 ii. Ⅱ 。 = Ps. = psのです。 xlii.-lxxii.; iii. xlii. - 72です。 ; Ⅲ 。 = Ps. = psのです。 lxxiii.-lxxxix.; iv. lxxiii. - 89です。 ; Ⅳ 。 = Ps. = psのです。 xc.-cvi.; v. = Ps. xc. - CVIのです。 ; v. = psのです。 cvii.-cl., the divisions between these books being indicated by doxologies (Ps. xli. 14 [AV 13]; lxxii. 19 [18-19]; lxxxix. 53 [52]; cvi. 48). cvii.-cl.は、これらの書籍の対立が示されてdoxologies ( ps.第41回です。 14 [ av 13 ] ; 72 。 19 [ 18-19 ] ; 89 。 53 [ 52 ] ; CVIのです。 48 ) 。 The conclusion of book ii.その結論の予約Ⅱ 。 is still further marked by the gloss = "The prayers of David, the son of Jesse, are ended."はまだより詳細でマークされて光沢= "の祈りのデイビッドは、息子のジェシーは、終了します。 " Of the 150 psalms 100 are ascribed, in their superscriptions, to various authors by name: one, Ps. 100アール生得的に150詩篇を授けた、そのsuperscriptions 、様々な作家の名前: 1つ、 psのです。 xc., to Moses; seventy-three to David; two, lxxii. xc 。 、モーゼス; 73をデビッド; 2つ、 72 。 and cxxvii., to Solomon; twelve, 1.とcxxvii 。 、ソロモン; 12 、 1 。 and lxxiii.と73 。 to lxxxiii., to Asaph; one, lxxxviii., to Heman; one, lxxxix., to Ethan; ten to the sons of Korah (eleven if lxxxviii., attributed also to Heman, is assigned to them).を83します。 、アサフ; 1つ、 88 。 、 heman ; 1つ、 89 。 、イーサン;十人の息子をカールーン( 88イレブンの場合、原因にもhemanは、それらに割り当てられている) 。 In the Septuagint ten more psalms are credited to David. 10セプトゥアギンタは、他の詩篇を授けたが加算さ、デビッドです。 Sixteen psalms have other (mostly musical) headings. 16詩篇を授けたが他の(主にミュージカル)件名です。 According to their contents, the Psalms may be grouped as follows: (1) hymns of praise, (2) elegies, and (3) didactic psalms.その内容によると、 5月にグループに詩篇を授けた以下のとおり: ( 1 )賛美歌を称賛する、 ( 2 ) elegies 、および( 3 )教則詩篇を授けた。

Hymns of Praise:賛美歌を称賛:

These glorify God, His power, and His loving-kindness manifested in nature or shown to Israel, or they celebrate the Torah, Zion, and the Davidic kingdom.これらの賛美の神、彼のパワー、と彼の慈愛の性質や表示を明らかにし、イスラエル、またはそれら祝って、律法は、ザイオン、とdavidic王国です。 In this group are comprised the psalms of gratitude, expressing thankfulness for help extended and refuge found in times of danger and distress.このグループは、構成に詩篇を授けたの感謝、感謝のヘルプ拡張と表現する時に避難の危険性や苦痛が見つかりました。 The group embraces about one-third of the Psalter.同グループの約3分の1の抱擁psalterです。

Elegies: elegies :

These lend voice to feelings of grief at the spread of iniquity, the triumph of the wicked, the sufferings of the just, the "humble," or the "poor," and the abandonment of Israel.これらの感情を貸すの嘆きの声には、普及の巣は、邪悪な勝利には、苦しみは、わずかは、 "謙虚な、 "または"非常に悪い"と、イスラエルの放棄します。 In this category are comprehended the psalms of supplication, the burden of which is fervent prayer for the amelioration of conditions, the restoration of Israel to grace, and the repentance of sinners.このカテゴリには、理解に詩篇を授けたの懇願、熱心な祈りの負担をこれは、改善の条件下では、イスラエルの回復を猶予し、反省の罪人です。 The line of demarcation between elegy and supplication is not sharply drawn.エレジーの間の境界線ではないと懇願大幅に描かれています。 Lamentation often concludes with petition; and prayer, in turn, ends in lamentation.最後に深い悲しみ頻繁に請願書;と祈りは、順番に、深い悲しみに終了します。 Perhaps some of this group ought to be considered as forming a distinct category by themselves, and to be designated as psalms of repentance or penitential hymns; for their key-note is open confession of sin and transgression prompted by ardent repentance, preluding the yearning for forgiveness.おそらくいくつかは、このグループのするべきであるとみなされます。明確なカテゴリーを形成すること自体、詩篇を授けたに指定されると、後悔やざんげの賛美歌;そのキー-注記が開いて罪と罪の告白をされたら、熱烈な悔い改め、 preludingのあこがれ許しています。 These aredistinct from the other elegies in so far as they are inspired by consciousness of guilt and not by the gnawing sense of unmerited affliction.これらのaredistinctから、これまでのところ、他のelegiesとして彼らは罪の意識の触発さではなく、頭から離れない感覚を身に余る苦痛です。

Didactic Psalms:教則詩篇を授けた:

These, of quieter mood, give advice concerning righteous conduct and speech, and caution against improper behavior and attitude.これらの、静かな気分で、正義に関する助言を行うと演説し、反対の不適切な行動や態度に注意します。 Of the same general character, though aimed at a specific class or set of persons, are the imprecatory psalms, in which, often in strong language, shortcomings are censured and their consequences expatiated upon, or their perpetrators are bitterly denounced.と同じ一般的なキャラクターが、目的は、特定のクラスまたはセットの人は、詩篇を授けたののろいを表すでは、しばしば、強い言葉、欠点は非難するとその結果expatiatedか、またはその加害者は激しく非難します。 Most of the 150 psalms may, without straining the context and content of their language, be assigned to one or another of these three (or, with their subdivisions, seven) groups.ほとんどの150詩篇を授けた年5月、排便のコンテキストとコンテンツの彼らの言語、または別の1つに割り当てられているが、これらの3つの(または、その細目、 7 )のグループです。 Some scholars would add another class, viz., that of the king-psalms, eg, Ps.いくつかの学者は別のクラスの追加、 viz 。 、ザキング-詩篇を授けたが、例えば、 psのです。 ii., xviii., xx., xxi., xlv., lxi., lxxii., and others. Ⅱ 。 、 18 。 、イグゼクス。 、 xxi 。 、 45 、 61 、 72 。 、およびその他です。 Though in these king-psalms there is always allusion to a king, they as a rule will be found to be either hymns of praise, gratitude, or supplication, or didactic songs.キング-詩篇を授けたかかわらず、これらの問題への言及して王にはいつも、彼らが可能になったことは、原則として称賛される賛美歌のいずれか、感謝の気持ちか、または懇願か、または教則曲です。 Another principle of grouping is concerned with the character of the speaker.別のグループの原則は、スピーカーの文字を懸念しています。 Is it the nation that pours out its feelings, or is it an individual who unburdens his soul?ザネーションをけったりすることは、感情か、または個々のwho unburdensことは彼の魂ですか? Thus the axis of cleavage runs between national and individual psalms.したがって、国家間の軸の開裂が実行さと個々の詩篇を授けた。

Literary Form.文芸フォームです。

In form the Psalms exhibit in a high degree of perfection charm of language and wealth of metaphor as well as rhythm of thought, ie, all of the variety of parallelism.をフォームに詩篇を授けたの完成度の高い展示会をする言語と豊富な魅力を隠喩のリズムを考えるだけでなく、すなわち、すべての様々な並列処理します。 The prevailing scheme is the couplet of two corresponding lines.の有力なスキームは、連句の2つの行に対応します。 The triplet and quatrain occur also, though not frequently.三重項と4行連句の発生する可能性も、頻繁ではありません。 For the discussion of a more regular metrical system in the Psalms than this parallelism reference is made to J. Ley ("Die Metrischen Formen der Hebräischen Poesie," 1866; "Grundzüge des Rhythmus der Hebräischen Poesic," 1875), Bickell ("Carmina VT Metrice," 1882; and in "ZDMG" 1891-94), Grimme ("Abriss der Biblisch-Hebräischen Metrik," ib. 1896-97), and Ed.他の定期的な議論をするための韻律詩篇を授けたよりも、このシステムは、並列に言及がなされj.レイ( "死ぬmetrischen formen der hebräischen poesie 、 " 1866 ; " grundzügeデrhythmus der hebräischen poesic 、 " 1875 ) 、 bickell ( "カルミナバーモントmetrice 、 " 1882 ;や" zdmg " 1891年から1894年) 、 grimme ( " biblisch - abriss der hebräischen metrik 、 " ① -イです。 1 896年から1 897年) 、およびE Dです。 Sievers ("Studien zur Hebräischen Metrik," Leipsic, 1901; see also "Theologische Rundschau," 1905, viii. 41 et seq.).ジーヴァース( " studien zur hebräischen metrik 、 "リプシック、 1901 ;も参照ください" theologischeルントシャウ、 " 1905年、 Ⅷ 。 41頁以降を参照。 ) 。 The refrain may be said to constitute one of the salient verbal features of some of the psalms (comp. Ps. xlii. 5, 11; xliii. 5; xlvi. 7, 11; lxxx. 3, 7, 19; cvii. 8, 15, 21, 31; cxxxvi., every half-verse of which consists of "and his goodness endureth forever"). 5月によると、自制を構成する1つの顕著な特徴をいくつかの言葉詩篇を授けた( comp. psのです。 42 。 5 、 11 ;拾参です。 5 ;四拾六です。 7 、 11 、 80 。 3 、 7 、 19 ;ロードCVII 。 8 、 15 、 21 、 31 ; cxxxvi 。 、すべての半分の詩で構成さ"と彼の善良永遠にendureth " ) 。 Several of the psalms are acrostic or alphabetic in their arrangement, the succession of the letters of the Hebrew alphabet occurring in various positions-the beginning of every verse, every hemistich, or every couplet; in the last-mentioned case the letters may occur in pairs, ie, in each couplet the two lines may begin with the same letter.いくつかの詩篇を授けたのは、アクロスティックまたはアルファベット順に配列は、後継者は、ヘブライ語の文字のアルファベットの最初の割合で起こる様々なポジションのすべての詩、すべての不完全行か、またはすべての連句;で、最後に言及場合は、文字が発生することがありますペア、すなわち、 2つの行連句の各年5月から始めると同じ文字を入力します。 Ps. psのです。 cix. cix 。 has throughout eight verses beginning with the same letter.を始めとした8つの詩は、全体と同じ文字を入力します。 Occasionally the scheme is not completely carried out (Ps. ix.-x.), one letter appearing in the place of another (see also Ps. xxv., xxxvii., cxi., cxii.).時折のスキームが完全に実施した( ps. ix.-x. ) 、 1つの別の場所に表示された文字( psのも参照ください。 25 。 、 37 。 、 cxi 。 、 cxiiです。 ) 。

Religious and Ethical Content.宗教的かつ倫理的なコンテンツです。

The religious and ethical content of the Psalms may be summarized as a vivid consciousness of God's all-sustaining, guiding, supreme power.宗教的かつ倫理的な内容に詩篇を授けた年5月に要約される神のすべてを生き生きとの意識の維持、基本は、最高権力です。 The verbal terms are often anthropomorphic; the similes, bold (eg, God is seated in the heavens with the earth as His footstool; He causes the heavens to bow down; He scatters the enemies of His people; He spreads a table).擬人化は、しばしば、口頭で契約し、直喩、大胆な(例えば、神は天に座って彼の踏み台としての地球;彼が原因で、天におじぎをする;彼は彼の人々の敵散らす;彼はスプレッドのテーブル) 。 God's justice and mercy are the dominant notes in the theology of the Psalms.神の正義と慈悲は、支配的なノートは、神学は、詩篇を授けた。 His loving-kindness is the favorite theme of the psalmists.彼の慈愛のは、好みのテーマをpsalmistsです。 God is the Father who loves and pities His children.神は、父とwho pities自分の子供たちが大好きです。 He lifts up the lowly and defeats the arrogant.彼はリフトの卑しい敗の傲慢とします。 His kingdom endures for ever.彼の王国耐えるでろう。 He is the Holy One.彼は、神聖な1つです。 The heavens declare His glory: they are His handiwork.彼の栄光は天を宣言:彼らは彼の仕業です。 The religious interpretation of nature is the intention of many of these hymns of praise (notably Ps. viii., xix., xxix., lxv., xciii., civ.).自然の宗教的な解釈の意図は、これらの賛美歌の褒め言葉の多くは(特にpsのです。 Ⅷ 。 、 19 、 29 、 65 、 93 。 、 civ 。 ) 。 Man's frailty, and withal his strength, his exceptional position in the sweep of creation, are other favorite themes.男のもろさ、彼の強さを加えて、彼の優れた創作の位置を表示して掃引は、他の好きなテーマです。 Sin and sinners are central to some psalms, but even so is the well-assured confidence of the God-fearing.罪と罪人の中心にいくつかの詩篇を授けたが、しかし、たとえそうであっては、よく、神を恐れるの信頼を確保します。 Repentance is the path-pointer to the forgiving God.後悔はパスのポインタを、寛容の神です。 Ps. psのです。 1., for instance, rings with an Isaianic protest against sacrificial ritualism. 1 。 、例えば、リングにisaianicいけにえの儀式主義に抗議する。 The sacrifices of God are a broken spirit.神の犠牲の精神が壊れた。 Often the nation is made to speak; yet the "I" in the Psalms is not always national.多くの場合、国家が行われるように話す;はまだありませんの" i "が表示さは常に国家ではないに詩篇を授けた。 Individualization of religion is not beyond the horizon.個別の宗教ではない地平線のかなたにします。 Nor is it true that the national spirit alone finds expression and that the perfect man pictured is always and necessarily conceived of as a son of Israel.またそれは本当見つかっただけでは、国立精神表現とは、必ずしも完璧な男写真はいつもとイスラエルの息子として考えられたのです。 The universalistic note is as often struck.の普遍的な注意が襲ったとしてしばしばです。 The imprecations of such psalms as cix. cix imprecationsとして、このような詩篇を授けた。 are not demonstrations of the vindictiveness of narrow nationalism. vindictivenessのデモはない、狭いナショナリズムです。 Read in the light of the times when they were written (see Psalms, Critical View), these fanatical utterances must be understood as directed against Israelites-not non-Jews.続きを読む時の明かりの中で、彼らは書かれた(参照詩篇を授けた、批判的な見解)は、これらの狂信的な発言を理解しなければならないの指示どおりに対イスラエル-特定非ユダヤ人です。 Ps. psのです。 xv. 15 。 is the proclamation of an ethical religion that disregards limitations of birth or blood.宣言は、倫理的な宗教の誕生日や血液の制限を無視します。 Again, the "poor" and the "meek" or "humble," so often mentioned-"poverty" or humility being found even among God's attributes (xviii. 35)-are Israelites, the "servants of Yhwh," whose sufferings have evoked Deutero-Isaiah's description (Isa. liii:).繰り返しになりますが、 "非常に悪い"と"おとなしい"または"謙虚な、 "だからしばしば言及- "貧困"や謙虚さの中にさえ、神の属性が見つかりました( xviii. 35 ) -は、イスラエルは、 "使用人のyhwh 、 "その苦しみがイザヤ書第2の誘発の説明書( isa. 53 : ) 。 The "return of Israel" and the establishment of God's reign of justice contemporaneously with Israel's restoration are focal in the eschatology of the Psalms, treated as a whole. "イスラエルのリターン"と、神の支配の確立の正義とイスラエルの修復が焦点contemporaneouslyは、終末論に詩篇を授けたのは、全体として扱われます。 But perhaps this method of regarding the Psalms as virtually reflecting identical views must be abandoned, the reasons for which are detailed in Psalms, Critical View.しかし、おそらく、この方法については詩篇を授けたとしての同一の再生回数を反映し、事実上放棄しなければならない、その理由についての詳細は詩篇を授けたが、批判的な見解です。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

The richest in content and the most precious of the three large Ketubim (Ber. 57a), the Sefer Tehillim is regarded as a second Pentateuch, whose virtual composer was David, often likened to Moses (Midr. Teh. ch. i.).最も豊かで最も貴重なコンテンツとの3つの大規模なketubim ( ber. 57a )は、 2番目のsefer五tehillimとみなされて、その仮想の作曲家は、デビッド、しばしば形容されるモーゼス( midr.のです。あなたのです。 i. ) 。 "Moses gave [Israel] the five books of the Torah, and to correspond with them [] David gave them the Sefer Tehillim, in which also there are five books" (ib.). "ムーサーは[イスラエル]の5つの書籍は、律法、およびそれらに対応に[ ]デビッドsefer tehillim授けたのは、これには5つの書籍にも" ( ib. ) 。 Its sacred character as distinct from such books as the "Sifre Homerns" (works of Hermes, not Homer) is explicitly emphasized (Midr. Teh. lc; Yalḳ. ii. 613, 678).その神聖な文字として明確に区別できるような図書として、 " sifre homerns " (作品をエルメスではなく、ホームラン)が明示的に強調( midr.します。液晶; yalḳ 。 Ⅱ 。 613 、 678 ) 。 The Psalms are essentially "songs and laudations" ().に詩篇を授けたは基本的に"歌やlaudations " ( ) 。 According to Rab, the proper designation for the book would be "Halleluyah" (Midr. Teh. lc), because that term comprehends both the Divine Name and its glorification, and for this reason is held to be the best of the ten words for praise occurring in the Psalms. Rabのによれば、この本を、適切な種別は" halleluyah " ( midr.します。液晶) 、その検索用語で理解のための両方の神の名とその賛美し、開催されるこの理由は、最高のための10の言葉称賛起こっている詩篇を授けた。 These ten words, corresponding in number to the ten men who had a part in composing the Psalms, are: "berakah" (benediction); Hallel; "tefillah" (prayer); "shir" (song); "mizmor" (psalm); "neginah" (melody); "nazeaḥ" (to play on an instrument); "ashre" (happy, blessed); "hodot" (thanks); "halleluyah" (ib.).これらの10単語に、対応するの数を10人が参加するwho作曲に詩篇を授けたは: " berakah " (祝福) ; hallel ; " tefillah " (祈り) ; " shir " (ソン) ; " mizmor " (詩編) ; " neginah " (メロディー) ; " nazeaḥ " (音源を再生する上で) ; " ashre " (幸せな、祝福さ) ; " hodot " (ありがとう) ; " halleluyah " ( ib. ) 。

Composition of the Psalter.組成は、 psalterです。

Ten men had a share in the compilation of this collection, but the chief editor was David (BB 15a; Midr. Teh. i.). 1株当たり10人がこのコレクションは、コンパイルが、編集長は、デビッド( bb 15a ; midrれています。 i. ) 。 Of the ten names two variant lists are given, namely: (1) Adam, Moses, Asaph, Heman, Abraham, Jeduthun, Melchizedek, and three sons of Korah; (2) Adam, Moses, Asaph, Heman, Abraham, Jeduthun, David, Solomon, the three sons of Korah counted as one, and Ezra (BB 14b; Cant. R. to verse iv. 4; Eccl. R. to vii. 19; sometimes for Abraham, Ethan ha-Ezraḥi is substituted).その他、 10名の2つのリストが与えられた場合、すなわち: ( 1 )アダム、モーゼ、アサフ、 heman 、イブラーヒーム、 jeduthun 、メルキゼデク、および3人の息子のカールーン、 ( 2 )アダム、モーゼ、アサフ、 heman 、イブラーヒーム、 jeduthun 、デビッド、ソロモンは、 3人の息子のカールーンとしてカウントされる1つ、およびエズラ( bb 14b ;できない。 r.を詩Ⅳ 。 4 ; eccl 。 r.をⅦ 。 19 ;時には、イブラーヒーム、イーサンハ- ezraḥiは、置換) 。 Adam's psalms are such as refer to cosmogony, creation.アダムの詩篇を授けたとしては、このような宇宙進化を参照して、作成します。 Ps. psのです。 v., xix., xxiv., xcii. v. 、 19 、 24 、 92 。 (Yalḳ. ii. 630) were said to have been written by David, though Adam was worthy to have composed them. ( yalḳ. Ⅱ 。 630 )が書かれたと伝えられているデビッドが、アダムは、立派には構成します。

The division into five books known to the Rabbis corresponded with that observed in modern editions.同事業部内に5つの書籍に知られているラビが観察される現代のエディションに対応します。 The order of the Psalms was identical with that of modern recensions; but the Rabbis suspected that it was not altogether correct.の順序を同一に詩篇を授けたのは、近代的recensions ;しかし、ラビの疑いが完全に正しいことはない。 Rabbi Joshua ben Levi is reported to have desired to make alterations (Midr. Teh. xxxvii.).ラビジョシュアベンレヴィが報告を作るには目的の変更( midr.します。 37 。 ) 。 Moses was credited with the authorship of eleven psalms, xc.-c.ムーサーは、原作者の功績があると、 11詩篇を授けた、 xc.-c. (ib. xc.). ( ib. xcです。 ) 。 They were excluded from the Torah because they were not composed in the prophetic spirit (ib.).彼らは律法から除外されていないため、彼らは、予言の精神( ib. ) 。 Ps. psのです。 xxx. xxx 。 ("at the dedication of the house") was ascribed to David as well as to Ezra (ib. xxx.). ( "は、落成式の家" )は、生得的にするだけでなくデイビッドエズラ( ib. xxxです。 ) 。 Twenty-two times is "ashre" found in the Psalms; and this recalls the twenty-two letters of the Hebrew alphabet (ib. i.). 22回は" ashre "発見された詩篇を授けた;と、このリコールは22文字のヘブライ語のアルファベット( ib. i. ) 。 "Barki nafshi" occurs five times in Ps. " barki nafshi "が発生するpsの5倍にします。 ciii., recalling the analogy with the Pentateuch (ib. ciii.). ciii 。 、類推を想起し、五( ib. ciii 。 ) 。 Ps. psのです。 xxix. 29 。 names Yhwh eighteen times, in analogy with the eighteen benedictions of the Shemoneh 'Esreh (ib. xxix.).名前yhwh 18回、 18 benedictionsを類推するshemoneh ' esreh ( ib. 29です。 ) 。 Ps. psのです。 cxxxvi. cxxxvi 。 is called "Hallel ha-Gadol" (Pes. 118a), to which, according to some, the songs "of degrees" also belong.が呼び出される" hallelハ- gadol " ( pes. 118a )によると、いくつかの曲"度"にも属しています。 The ordinary "Hallel" was composed of Ps.普通の" hallel "はpsの構成です。 cxiii-cxviii. cxiii - cxviii 。 (Pes. 117a). ( pes. 117a ) 。 The Masorah divides the book into nineteen "sedarim," the eleventh of these beginning with Ps. 19 masorah分割して予約をする" sederの複数形、 "第11 psのこれらの始まりです。 lxxviii. 78 。 38(see Masoretic note at end of printed text). 38 ( masoretic注:印刷テキスト末) 。

One Palestinian authority, R. Joshua b. 1つのパレスチナ自治政府、 b. r.ジョシュア Levi, counts only 147 psalms (Yer. Shah. 15).レヴィは、 147件のみ詩篇を授けた( yer.シャーです。 15 ) 。 According to Grätz ("Psalem," p. 9), this variance was due to the effort to equalize the number of psalms with that of the Pentateuchal pericopes according to the triennial cycle.によると、 grätz ( " psalem 、 " p. 9 ) 、この差異のためには、詩篇を授けたの数を均等にする努力をするにしているpentateuchal pericopesによると、 3年ごとのサイクルです。 Ps. psのです。 i.わたし。 and ii. 、およびii 。 were counted as one in Babylon (Ber. 9b, 10a; as in the LXX.).としてカウントされた1つのバビロン( ber. 9b 、 10 Aまで;のように、 70 。 ) 。 Ps. psのです。 x. Xで 15 belonged to ix. 15 9世に属しています。 (Meg. 17b). ( meg. 17b ) 。 The concluding verse of Ps.詩のpsの締結します。 xix. 19 。 was added to Ps. psのが追加されました。 xviii. 18 。 (Ber. 9b); xlii. ( ber. 9b ) ;拾弐です。 and xliii.と43 。 were counted as one (see Fürst, "Kanon," p. 71).としてカウントされた1つ(フュルスト、 "カノン、 " p. 71 ) 。 Ps. psのです。 lxxviii. 78 。 was divided into two parts comprising verses 1 to 37 and 38 to 72 respectively (Ḳid. 30a).は、 2つの部分に分かれて1から37と詩で構成さ三八から七二までそれぞれ( ḳid. 30Aの)です。 Ps. psのです。 cxiv. cxiv 。 and cxv.とcxv 。 were united (see Ḳimḥi, commentary on Ps. cxiv.), and cxviii, was divided into two.がユナイテッド(参照ḳimḥi 、 psの解説をします。 cxivです。 ) 、およびcxviiiは2つに分けられています。 Psalms whose authors were not known, or the occasion for whose composition was not indicated, were described as "orphans" (; 'Ab. Zarah 24b).詩篇を授けたの作者が特定の既知のか、または、その組成をする機会はないが示すように、記述された"孤児" ( ; 'アルバータです。 zarah 24b ) 。

Liturgical Songs.典礼曲です。

According to Talmudic tradition, psalms were sung by the Levites immediately after the daily libation of wine; and every liturgical psalm was sung in three parts (Suk. iv. 5). talmudicの伝統によると、詩篇を授けたが歌わlevitesされた直後に、毎日の神酒のワイン、およびすべての典礼に歌われる賛美歌は、 3つの部分( suk. Ⅳ 。 5 ) 。 During the intervals between the parts the sons of Aaron blew three different blasts on the trumpet (Tamid vii. 3).インターバルの間の部品の中にアーロンの息子の3つの爆発はものすごく上のトランペット( tamid Ⅶ 。 3 ) 。 The daily psalms are named in the order in which they were recited: on Sunday, xxiv.; Monday, xlviii.; Tuesday, lxxxii.; Wednesday, xciv.; Thursday, lxxxi.; Friday, xciii.; and Sabbath, xcii.毎日詩篇を授けたの名前を記載された順に読誦されていた:日曜、 24 。 ;月曜日、 48 。 ;火曜日、 82 。 ;水曜日、 94 。 ;木曜日、 81です。 ;金曜日、 93 。 ;と安息日は、 92です。 (Tamid lc). ( tamid液晶) 。 This selection shows that it was made at a time when Israel was threatened with disaster (see Rashi on Suk. 55a).このオプションを選択することが行われたによるとイスラエルが脅かされているときに、災害( rashiを参照ソクです。 55a ) 。 The fifteen "Songs of Degrees" were sung by the Levites at the Feast of Tabernacles, at the festive drawing of water. 、 15 "度の歌"が歌わlevitesされたのは、ごちそうtabernacles 、図面の水は、お祭りです。 Ps. psのです。 cxxxv. cxxxv 。 and cxxxvi.とcxxxvi 。 were recited antiphonally by the officiating liturgist and the people.司会が読誦されるantiphonally典礼書と人々です。 As New-Year psalms, lxxxi.新しい年の詩篇を授けたとして、 81 。 and the concluding verses of xxix.との結びの詩29 。 were used (RH 30b).が使用される( rh 30b ) 。 Those designated for the semiholy days of Sukkot are enumerated in Suk.これらの指定をsemiholy日間の仮庵の祭りが列挙さソクです。 55a. 55aです。 Massek. massekです。 Soferim xviii. soferim 18 。 2 names those assigned for Passover. 2過ぎ越しのために割り当てられた名前です。 At New Moon a certain psalm (number not given in the Talmud) was sung in the Temple (Suk. 55a); Soferim names Ps.新ムーン、特定の詩編(番号は指定されたタルムード)が歌われ、寺( suk. 55a ) ; soferim psの名前です。 cv.履歴書です。 with the concluding verses of civ.詩のcivを締結します。 For Ḥanukkah Ps. ḥanukkah psのためです。 xxx. xxx 。 is reserved (Soferim xviii. 2).が確保さ( 18 soferimします。 2 ) 。 From Soṭah ix. soṭah 9世からです。 10 (see Tosefta ad loc.) it is apparent that at one time Ps. 10 (広告toseftaを参照下さい。 )ことは明白なことを一度にpsのです。 xliv. 44 。 constituted a part of the Temple morning liturgy, while xxx.同寺の朝の一部の構成典礼、 xxxです。 was sung during the offering of the First-Fruits.中には、主席の最初の-の果物を提供します。 The same psalm, as well as iii.同じ賛美歌だけでなく、 Ⅲ 。 and xci., was sung to the accompaniment of musical instruments on the occasion of the enlargement of Jerusalem (Shebu. 14a).と91 。 、主席には、楽器の伴奏をする機会の拡大を、エルサレム( shebu. 14a ) 。

Hymn-Book of Second Temple.賛美歌-予約の2番目寺です。

-Critical View:クリティカルな対象:

The Book of Psalms may be said to be the hymn-book of the congregation of Israel during the existence of the Second Temple, though not every psalm in the collection is of a character to which this designation may apply.この本の詩篇を授けたと言われる賛美歌があります-予約は、イスラエルの中に集まった人々が存在する2番目の寺ではありませんがすべての詩編は、コレクションはこの文字を指定する場合があります。 By earlier critics advancing this view of the nature of the Psalms it was held that they were hymns sung in the Temple either by the Levites or by the people.このビューを表示するの進出を以前の批評家に詩篇を授けたの性質をしていたことが開かれた同寺のいずれかに歌われる賛美歌のlevitesまたはされた人々です。 Later scholars have modified this opinion in view of the circumstance that the participation of the people in the Temple ritual was very slight and also because the contents of many of the psalms are such that their recitation at sacrificial functions is not very probable (eg, Ps. xl. and l., which have a certain anti-sacrificial tendency).この意見への学者が更新される対象は、状況は、人々の参加を同寺の儀式は非常にわずかな内容のため、また詩篇を授けたの多くは、その暗唱では、いけにえのように非常に確率関数ではない(例えば、 psのです。 xl 。 、 l. 、これは、特定の抗いけにえの傾向) 。 While B. Jacob (in Stade's "Zeitschrift," 1897, xvii.) insists that the Psalter is a hymn-book for the congregation assisting at or participating in the sacrificial rite, and as such must contain also liturgical songs intended for individuals who had to bring offerings on certain occasions, others maintain that, while a number of the hymns undoubtedly were of sacerdotal import and, consequently, were intended to be sung in the Temple, many were written for intonation at prayer in the synagogue.中b.ジェイコブ(シュターデの" zeitschrift 、 " 1897年、 17 。 )を主張してpsalterは、賛美歌の本を支援する集会に参加してのいけにえの儀式が1位、または、そのような意図を含まれなければならない曲も典礼個人whoいた特定のもたらす機会を提供し、その他を維持しながら、いくつかのは間違いないが、賛美歌の聖職のインポートと、その結果、歌われるが、同寺を目的とし、多くの人に書かれた祈りのイントネーションでは、シナゴーグです。 In this connection the determination of the reference in the so-called "I" psalms is of importance.で、この接続の決意を基準に、いわゆる" i "の詩篇を授けたが重要です。 The discovery of the Hebrew text of Ecclesiasticus (Sirach) has caused Nöldeke (Stade's "Zeitschrift," 1900, xx.), on the strength of the observation that in Ecclus.今回の発見は、ヘブライ語のテキストを集会の書(シラク)が原因nöldeke (シュターデの" zeitschrift 、 " 1900年、イグゼクスです。 ) 、上の強さを観測してecclusです。 (Sirach) li. (シラク)李です。 2-29 the "I" refersto Ben Sira, to urge that the "I" psalms must similarly be construed as individual confessions. 2月29日の" i "でreferstoベン欠陥、衝動は、 " i "の詩篇を授けた必要があります。同様に解釈される個々の自白です。 The traditional view was that David, the reputed author of most of these "I" psalms, was in them unbosoming his own feelings and relating his own experiences.伝統的な対象は、デビッドは、最も評判の著者、これらの" i "の詩篇を授けた、 unbosomingは、自分自身の感情と関連して自分自身の経験です。 It is more probable, however, that, while the "I" in some instances may have its individual significance, on the whole this personal pronoun has reference to the "congregation of Israel" or to a circle or set of congregants at prayer, the "pious," the "meek," the "righteous."これは他の予想は、しかし、それが、 " i "が表示さいくつかのインスタンスがありますが、個々の意義は、この人称代名詞は全体の参照を、 "イスラエルの集会"またはサークルまたは設定してcongregantsでの祈りは、 "信心深い" 、 "おとなしい" 、 "正義のです。 " The metrical reconstruction of the Psalms (see Baethgen, "Commentar," 3d ed.) promises to throw light on this problem, as the assumption is well grounded that hymns written for or used on public liturgical occasions had a typical metrical scheme of their own (comp. "Theologische Rundschau," viii., Feb., 1905).復興に詩篇を授けたの韻律( baethgen 、 " commentar 、 " 3次元エド。 )光を投じると約束してこの問題を回避する、という想定の下に書かれた賛美歌はよく接地さや公共典礼回にわたって使用されていた自分の典型的な韻律スキーム( comp. " theologischeルントシャウ、 " Ⅷ 。 、 2月、 1905 ) 。 At all events, some of the psalms must have served at private devotion (eg, Ps. cxli.), as, indeed, the custom of hymn-singing at night-time by some of the pious is alluded to (ib. lix., xcii., cxix., cxlix.).すべてのイベントは、いくつかのサービスを民間献身詩篇を授けた必要があります(例えば、 psのです。 cxliです。 ) 、として、実際のところ、賛美歌を歌うのカスタムの夜の時間をそれとなく触れられたようにいくつかの宗教にかこつけたは( ib. 59 。 、 92 。 、 cxix 。 、 cxlixです。 ) 。

Didactic Psalms.教則詩篇を授けた。

On the other hand, many of the didactic psalms remind one of the general type of gnomic anthologies.その一方で、詩篇を授けたの多くは、教則思い出させる一般的なタイプの格言のいずれかのanthologiesです。 It seems more likely that these were recited, not sung, and were learned by heart for ethical instruction and guidance.これらのように他の可能性が読誦ではなく、成、と心には倫理的な命令を学んだと指導されています。 That the "alphabetical" psalms were not intended originally for liturgical uses may be inferred at least from Ps.は、 "アルファベット順"詩篇を授けたのは当初意図した典礼使用して、少なくとも5月から推測されるpsのです。 cxi. cxi 。 Most of this class reflect the study-room of the scholar, and lack entirely the spontaneity of the worshipful spirit.このクラスの大部分を反映して、学者の研究室、および自発性に欠けるのは、高名の精神を完全にします。 There are good reasons for regarding Ps. psのためには十分な理由についてです。 i.わたし。 as a prologue, prefaced to the whole collection by its latest editors, who were not priests (Sadducees), but scribes (Pharisees) interested in the rise and establishment of synagogal worship as against the sacerdotal liturgy of the Temple.プロローグとして、接頭辞を全体のコレクションを、最新のエディター、 whoがない司祭(サドカイ派) 、しかし、 scribes ( pharisees )の設立に興味がsynagogalの上昇と反対する聖職典礼として崇拝の寺です。 If so regarded, Ps.もしそうならと考え、 psのです。 i.わたし。 reveals the intention of the editors to provide in this collection a book of instruction as well as a manual of prayer.編集者の意図を明らかにし、このコレクションを提供する書籍の命令だけでなく、手動での祈りです。

The existing Psalter is a compilation of various collections made at various times.コンパイルpsalter 、既存の様々なコレクションは、様々な回行われます。 The division into several parts was not in every case altogether due to a desire to imitate the structure of the Pentateuch.していない課にいくつかの部品はすべての訴訟を全面的に欲望のためには、五の構造を模倣する。 Books i.書籍i. (Ps. i.-lxi.), ii. ( ps. i. - 61です。 ) 、 Ⅱ 。 (Ps. lxii.-lxxii.), and iii. ( ps. lxii. - 72です。 ) 、およびⅢ 。 (Ps. lxxiii.-lxxxix.) are marked as separate collections by doxologies, a fact which points to their separate compilation. ( ps. lxxiii. - 89です。 )は、スパムとして別のコレクションをdoxologiesは、個別の事実をポイントしてコンパイルしている。 The doxology which now divides books iv.書籍の頌栄を今すぐ分割Ⅳ 。 and v. after Ps.とV.した後psのです。 cvi. CVIのです。 has the appearance of being the beginning of another psalm (comp. I. Chron. xvi., where it occurs at the close of the interpolation verses 8 to 36).外観には、別の賛美歌の始まりである( comp. i. chron 。 16 。 、ここでそれが発生した時に、補間の詩を閉じる八〜三十六) 。 It is impossible to determine the date at which these older collections may have been put together.の日付を決定することは不可能では、これらの古いコレクションをまとめるかもしれない。 Book i., containing "David" psalms (originally without Ps. i. and ii.), may have been the first to be compiled.予約i. 、を含む"デビッド"詩篇を授けた(もともとなくpsのです。 i. 、およびii 。 ) 、 5月の最初のがコンパイルされる。 In books ii.書籍Ⅱ 。 and iii.とⅢ 。 (Ps. lxii-lxxxix.) several older and smaller compilations seem to be represented, and that, too, in some disorder. ( ps. 62 - 89 。 )いくつかの古いと思われる表現オムニバス小さい、とは、あまりにも、いくつかの疾患です。 The (a) "David" hymns (ὐμνοι = ; ib. li-lxxii.) are clearly distinct from the (b) songs of the sons of Korah (xlii.-xlix.), (c) "Asaph" songs (l., lxxiii.-lxxxiii.), and (d) later supplements of promiscuous psalms (lxxxiv.-lxxxix.). ( 1 ) "デビッド"賛美歌( ὐμνοι = ; ① -イ。李- 7 2。 )は明らかに異なるの結果( b )の息子の曲をカールーン( x lii.- 4 9。 )する、 ( c ) "アサフ"曲(左です。 、 lxxiii. - 83です。 ) 、および(営)へサプリメントの無作為抽出詩篇を授けた( lxxxiv. - 89です。 ) 。 It is noteworthy that in the "David" hymns duplicates of psalms are found, incorporated also in book i.ことは特筆に値するは、 "デビッド"賛美歌詩篇を授けたの重複が見つかると、組み込ままた、予約i. (Ps. liii. = xiv.; lxx. = xl. 14-18; lxxi. 1-3 = xxxi. 2-4), while lvii. ( ps. 53 。 = 14 。 ; 70 。 = xl 。 14-18 ; 71 。 1-3 = 31 。 2-4 ) 、 57 。 8 et seq. 8頁以降を参照。 is duplicated in book v. (cviii. 2-6).予約が重複しv. ( cviii. 2-6 ) 。 Another peculiarity of this book is the use of "Elohim" for "Yhwh," except in the supplement (lxxxiv.-lxxxix.).この本は別の特性を使用する"エロヒム"を" yhwh 、 "を除いては、サプリメント( lxxxiv. - 89です。 ) 。 Comparison of the texts of the duplicate psalms, as well as the circumstance that these duplicates occur, indicates the freedom with which such collections were made, and suggests that many collections were in existence, each with variant content.重複する文章を比較して詩篇を授けただけでなく、状況は、これらの重複が発生すると、どのようなコレクションを示して自由に行われた、と示唆して多くのコレクションが存在し、それぞれにその他のコンテンツです。 Book iv.予約Ⅳ 。 is distinct in so far as it contains, with the exception of three psalms (xc. "of Moses"; ci., ciii. "of David"; but in the Septuagint nine more), only anonymous ones.これまでのところとしては、はっきりさが含まれ、例外の3つの詩篇を授けた( xc. "ムーサー" ; ci 。 、 ciii 。 "デビッド" ;しかし、他のナインセプトゥアギンタ) 、のみ匿名ものです。 The character of the doxology (see above) suggests that this book was separated from the following only to carry out the analogy with the Pentateuch.の文字は、頌栄(上記参照)この本は示唆してから分離さは、次の類推を遂行するだけに、五します。 Books iv.書籍Ⅳ 。 and v. are characterized by the absence of "musical" superscriptions and instructions.とV.の欠如が特徴は、 "ミュージカル" superscriptionsと指示します。 In book v. the group comprising cvii.予約Vのグループで構成さロードCVII 。 to cix.をcix 。 is easily recognized as not organically connected with that composed of cxx.-cxxxiv.有機的に接続しないで簡単に認識され、その構成cxx. - cxxxiv 。 It is possible that the liturgical character and use of cxiii.することが可能と使用する文字は、典礼cxiii 。 to cxviii.をcxviii 。 (the [Egyptian] "Hallel") had necessitated the redaction of the "Hallel" psalms separately. ( [エジプト] " hallel " )が必要との改訂は、 " hallel "を個別に詩篇を授けた。 The "Songs of Degrees" (see below) must have constituted at one time a series by themselves. "曲の度に" (下記参照)を一度にする必要がありますシリーズ構成されています。 The metrical arrangement is the same in all, with the exception of cxxxii.は、同じ配列のすべての韻律を除いて、 cxxxii 。 The rest of book v. is composed of loose "Halleluyah" psalms, into which have been inserted "David" psalms (cxxxviii.-cxlv.) and an old folk-song (cxxxvii.).予約の残りの部分で構成さv.ゆるい" halleluyah "詩篇を授けた、に挿入されてきた"デビッド"詩篇を授けた( cxxxviii. - cxlvです。 )と、古いフォーク-ソング( cxxxvii. ) 。

The "Lamed Auctoris." "ラーメドauctoris 。 "

As to who were the compilers of these distinct collections it has been suggested that an inference might be drawn in the case of the psalms marked "to the sons of Korah" or "to Asaph, Heman, Ethan, Jeduthun," respectively. whoは、コンパイラにこれらの異なるコレクションすることが提案され推論に描画されるかもしれないの例に詩篇を授けたスパム"をカールーンの息子の"または"をアサフ、 heman 、イーサン、 jeduthun 、 "それぞれです。 But theしかし、 prefixed to the superscription in these cases is plainly not a "lamed auctoris," the names being those of the leaders of the choir-gilds (established, according to Chronicles, by David).表題の接頭辞を率直に言うならば、このような場合は、 "愚かなauctoris 、 "それらの名前が、合唱団の指導者の一- gilds (確立されると、クロニクルによると、デイビッド) 。 The headings in whichの件名では occurs merely indicate that the hymns were usually sung by the choristers known as "sons of Korah," etc., or that the psalm constituting a part of the repertoire of the singers so named was to be sung according to a fixed melody introduced by them.が発生するだけによりますと、賛美歌が歌わされる通常choristersとして知られて"サンズオブカールーン、 "等、または部分は、賛美歌のレパートリーを構成するため、歌手の名前が固定される主席によると、メロディーに導入されてです。 These choir-masters, then, had collected their favorite hymns, and, in consequence, these continued to be named after their collector and to be sung according to the melody introduced by the gild.これらの聖歌隊-マスターズ、その後、自分の好きな賛美歌が収集、および、これに伴い、これらの継続される名前の後に、コレクタとされる成によると、金めっきされたメロディーを導入します。 It has also been urged as explaining the terms ("unto David," "unto Moses") that a certain melody was known by that term, or a collection happened to be labeled in that way.それにも説明するよう求めたとしてご利用( "わたしデビッド" 、 "かれモーゼス" )を、特定のメロディは、その検索用語で知られてか、またはラベルのコレクションはたまたまこのような方法です。 It is, however, manifest that in some instances the superscription admits of no other construction than that it is meant to name the author of the psalm (Moses, for instance, in Ps. xc.), though such expressions as "David song," "Zion song" = "Yhwh song" may very well have come into vogue as designations of sacred as distinguished from profane poems and strains.これは、しかし、いくつかのインスタンスの表題マニフェストして他の工事に比べて拒むことは意味の名前を、著者は、詩篇(ムーサーは、たとえば、 psのです。 xcです。 ) 、かかわらずこのような表現を"デビッド曲、 " "ザイオン歌" = " yhwh曲"ヴォーグ年5月になるとしても非常によく指定の神聖な詩や系統不敬として区別します。 Still, one must not forget that these superscriptions are late additions.それでも、 1つのを忘れてはならないsuperscriptionsが遅く、これらの追加機能です。 The historical value of the note (= "unto David") is not greater than that of others pretending to give the occasion when and the circumstances under which the particular psalm wascomposed.の歴史的な価値は、注記( = "わたしデビッド" )よりも大きいことではない他人のふりを与える際の事情とされて、特定の詩編wascomposedです。 The variants in these superscriptions in the versions prove them to be late interpolations, reflecting the views of their authors.これらのsuperscriptionsの亜種のバージョンで証明して遅刻interpolations 、その作者の見解を反映します。

Date of Psalter.この評価をpsalterです。

By tradition David was regarded as the writer of most of the psalms, even the other names occurring in the captions being construed to be those of singers under his direction (David Ḳimḥi, Commentary on Psalms, Preface).伝統的にデビッドと見なされては、その作家のほとんどは、詩篇を授けたでも、他の名前キャプションが起こっていると解釈されるこれらの歌手されて彼の方向(デビッドḳimḥi 、解説に詩篇を授けた、序文) 。 He was held to be also the editor of the Biblical Book of Psalms.彼はまた、エディタで開かれた、聖書の予約の詩篇を授けた。 But this ascription of authorship to him is due to the tendency to connect with the name of a dominating personality the chief literary productions of the nation.しかし、これは原作者に帰属する傾向のために彼への接続は、人格の名前を支配し、全国の主要文学作品です。 Thus Moses figures as the lawgiver, and the author of the Pentateuch; Solomon, as the "wise" man and, as such, the writer of the Wisdom books; David, as the singer and, in this capacity, as the composer of hymns and as the collector of the Psalms as far as they are not his own compositions.こうしてムーサーフィギュアとしての立法者、とし、著者は、五;ソロモン、として、 "賢明な"男と、このように、その作家の書籍の英知を結集する;デビッド、歌手として、この容量は、作曲家としての賛美歌コレクタと詩篇を授けた限り、彼自身の作曲されていない。

When the Book of Psalms first assumed its present form is open to discussion.この本の最初の想定時に詩篇を授けたが開いて、現在の形を議論します。 Certain it is that the New Testament and Josephus presuppose the existence of the Biblical Psalter in the form in which it is found in the canon.特定のこれヨセフスのは、新約聖書と、聖書の存在を仮定するという形ではpsalterことが発見されたキヤノンします。 This fact is further corroborated by the date of the so-called "Psalms of Solomon."このような事実は、この評価をより詳細な確証される、いわゆる"ソロモンの詩篇を授けた。 " These are assigned to about 68 BC; a fact which indicates that at that period no new psalms could be inserted in the Biblical book, which by this time must have attained permanent and fixed form as the Book of Psalms of David.これらは紀元前に割り当てられている約68 ;を実際にはその期間内にないことを示して新たに挿入され、聖書の詩篇を授けた予約が、これを達成する必要があります。恒久的なこの時期と固定フォームとしての本のデビッド詩篇を授けた。 It is safest then to assign the final compilation of the Biblical book to the first third of the century immediately preceding the Christian era.これは安全の最後のコンパイルを割り当てるに入力し、聖書に本を直ちに世紀の最初の3分の1に先行し、キリスト教の時代です。

Concerning the date of the two psalms lxxix.この評価を2つの詩篇を授けたの79です。 and cxlvi., I Maccabees furnishes a clue.とcxlvi 。 、私の糸口maccabees furnishesです。 In I Mace.メイスは私です。 vii. Ⅶ 。 17, Ps. 17日、 psのです。 lxxix. 79 。 2 is quoted, while cxlvi. 2は引用符で、 cxlvi 。 4 is utilized in I Macc. 4は私maccで利用されています。 ii. Ⅱ 。 63. 63 。 These psalms then were known to a writer living in the time of the Hasmonean rulers.これらの詩篇を授けたことが判明して入力し、作家に住んでハスモン朝の時間を支配します。 He construed Ps.彼はpsの解釈です。 lxxix. 79 。 as applying to the time of Alcimus. alcimusとして時間を適用しています。 As remarked above, the historical superscriptions are worthless for the purpose of fixing the chronology, even if the concession be made that some of these pretendedly historical notes antedate the final compilation of the Psalter and were taken from the historical romances relating the lives of the nation's heroes, in which, according to prevailing ancient literary custom, poetry was introduced to embellish prose (comp. Ex. xv.; I Sam. ii.), as indeed Ps.上記としては、歴史的superscriptions worthlessのためには、固定の年表ていなくても、いくつかの譲歩を作っても、これらの歴史的なノートpretendedlyの最後のコンパイルを見越すとpsalterからの実施に関する歴史的な恋愛小説の生活には、国の英雄では、文学によると、古代の有力なカスタム、詩を導入し、飾る散文( comp.例です。 15 。 ;私サムです。 2世です。 ) 、として実際にpsのです。 xviii. 18 。 is found also in II Sam.また、 2サムが見つかった。 xxii. xxii 。

Reflection of History.反射の歴史をします。

By comparison with what is known of the events of Jewish internal and external history during the last centuries before the destruction of the Second Temple, critical scholars have come to the conclusion that the political and religious circumstances and conflicts of these turbulent times are reflected in by far the greater number of psalms.を比較してどのようなイベントが知られ、内部および外部の歴史の中にユダヤ人の世紀の最後の2番目の寺の破壊する前に、重要な学者が来て、結論は、政治的、宗教的な事情や紛争、これらの乱流倍にも反映されます。はるかに多くの詩篇を授けた。 Most of the 150 in the Biblical book, if not all of them, are assigned a post-exilic origin.ほとんどの150は、聖書の予約は、それらのすべてのいない場合は、追放されたポストが割り当てられたの起源です。 Not one among competent contemporaneous scholars seriously defends the Davidic authorship of even a single psalm; and very few of the recent commentators maintain the pre-exilic character of one or the other song in the collection.同時期には1つの有能な学者の間で真剣に擁護するのも、 1つの詩編davidic原作者、および非常に少数の、最近のコメンテーターの文字を維持して事前に追放された1つまたは、他の曲は、コレクションです。 Of exilic compositions Ps. psの組成を追放された。 cxxxvii. cxxxvii 。 is perhaps the only specimen.は、おそらく唯一の標本です。 To the Persian period some psalms might be assigned, notably the "nature" psalms (eg, viii., xix.), as expressive of monotheism's opposition to dualism.ペルシャの期間を割り当てられたいくつかの詩篇を授けたかもしれない、特に"ネイチャー"詩篇を授けた(例えば、 Ⅷ 。 、 19 。 ) 、表現力豊かな二元論の一神教への反対をします。 But there is no proof for this assumption.証拠は何もないしかし、この仮定します。 Still a goodly number of psalms must have been composed in pre-Maccabean years.まだかなりの数の詩篇を授けたのプレ必要があります。 maccabean年間で構成されています。 Some psalms presuppose the existence and inviolability of the Temple and the Holy City (for instance, xlvi., xlviii., lxxvi.).いくつかの詩篇を授けたが存在すると仮定すると、神聖不可侵の寺の市(例えば、 46 、 48 、 76 。 ) 。 Ps. psのです。 iii., iv., xi., and lxii. Ⅲ 。 、 Ⅳ 。 、 XI 。の、および62です。 might reflect the confidence of pious priests before the Maccabean disturbances.信心深いかもしれない司祭の信頼を反映して障害の前にmaccabeanです。

Reflex of Politics.反射の政治です。

But it is obvious that other psalms refer to the trickery and treachery of the house of Tobias (Ps. lxii.).しかし、他の詩篇を授けたことは明らかだと裏切りの策略を参照しての家のトビアス( ps. 62です。 ) 。 The Maccabean revolution-with its heroism on the one hand, its cowardice on the other, its victories, and its defeats-has supplied many a hymn of faith and defiance and joy. - maccabean革命の英雄は、他方は、その卑劣さを、他の、その勝利、およびその供給敗-には、多くの賛美歌の信仰と反抗的な態度と喜びです。 The and -the "faithful," the "righteous," the "meek"-find voice to praise God for His help and to denounce the "wicked," the foreign nations that have made common cause with Syria (see lxxiv., lxxxiii., cxviii., and cxlix.).のと、 "忠実" 、 "正義" 、 "おとなしい"神を見つけることを賞賛の声を彼の援助と非難する"邪悪な、 "外国人の国に共通の原因で、イスラエルとシリアは( 74 、 83です。 、 cxviii 。 、およびcxlixです。 ) 。 Ps. psのです。 xliv. 44 。 and lxxvii., point to events after the death of Judas Maccabeus; Ps.と77します。 ]をポイントし、イベントの後に死亡したユダmaccabeus ; psのです。 lv.左心室です。 and others seem to deal with Alcimus. alcimusへの対処などのように見える。 The establishment of the Hasmonean dynasty on the throne and the conflicts between Pharisees (nationalists and democrats) and Sadducees (the representatives of aristocratic sacerdotalism) have left their impress on other hymns (Ps. ex. 1-4, "Shim'on" in acrostic).ハスモン朝時代の設立は、王位継承との葛藤をpharisees (民族主義と民主主義者)とサドカイ派(貴族の司祭制の代表)が左に感心させる他の賛美歌( ps.例です。 1-4 、 " shim'on "でアクロスティック) 。 Some of the psalms are nothing less than the pronunciamentos of the Pharisees (ix., x., xiv., lvi., lviii.).いくつかの詩篇を授けたのは何もないpronunciamentos未満のpharisees ( ix. 、 Xで、 14 、 56 、 58 。 ) 。 Dates can not be assigned to the greater number of psalms, except in so far as their content betrays their character as Temple or synagogal hymns, as eschatological constructions, or as apocalyptic renderings of ancient history or of mythology.会期することはできませんに割り当てられているより多くの詩篇を授けたのは、そのコンテンツを除いて、これまでの文字を裏切ってsynagogal寺や賛美歌、終末論の建設、または絶望的なレンダリングの古代史やof Mythologyのです。

Synagogal liturgy and strictly regulated Temple ceremonial are productions of the Maccabean and post-Maccabean conflicts. synagogal典礼と厳しく規制寺の儀式はmaccabeanとポストプロダクションmaccabean競合します。 Apocalyptic ecstasy, didactic references to past history, and Messianic speculations point to the same centuries, when foreign oppression or internal feuds led the faithful to predict the coming glorious judgment.終末論的エクスタシー、教則参照して過去の歴史、および救世主のような憶測をポイントして、同じ世紀に、外国人弾圧や内部feuds時にリードして栄光を忠実に予測し、今後の判断です。 The "royal" or "king" psalms belong to the category of apocalyptic effusions. "ロイヤル"または"キング"詩篇を授けたの終末論的effusionsのカテゴリーに属しています。 It is not necessary to assume that they refer to a ruling king or monarch.ではないと仮定してする必要が彼らにする判決を王や君主を参照してください。 The Messianic king warring with the "nations"-another apocalyptic incident-is central in these psalms.いがみあっているの救世主キングの"国" -別の黙示録的事件には、中央、これらの詩篇を授けた。 The "'Aniyim" and the "'Anawim" are the "meek" as opposed to the "Gewim" and "'Azim" (which readings must often be adopted for "Goyim" and "'Ammim"), the "proud" and "insolent." " ' aniyim "と" ' anawim "は、 "おとなしい"とは対照的に、 " gewim "と" 'アジム" (これ朗読必要があります。頻繁に採用される" goyim "と" ' ammim " )は、 "誇りに思う"と"生意気な。 " The former are the (Pharisaic) pious nationalists battling against the proud (Sadducean) violators of God's law; but in their fidelity they behold the coming of the King of Glory, the Messianic Ruler, whose advent will put to flight and shame Israel's foreign and internal foes.前者は、 ( pharisaic )反対する信心深い民族主義者の闘いを誇りに思う( sadducean )神の律法違反;しかし、かれらは、今後のフィデリティザキングオブ栄光は、救世主のような物差しで、その出現を置くに恥を飛行し、イスラエルの外国人と内部の敵です。

Pilgrim Songs.巡礼者の歌です。

The "Songs of Degrees" are pilgrim songs, which were sung by the participants in the processions at the three pilgrim festivals; all other explanations are fanciful. "歌度"は、巡礼者の歌などが歌わされた行列の参加者は、巡礼者は、 3つの祭り;すべての説明は、架空のです。 David Ḳimḥi in his commentary quotes the usual interpretation that these, songs were sung by the Levites standing on the fifteen stepsbetween the court of the women and that of the Israelites.デビッドḳimḥi彼の解説は、これらの引用符は、通常の解釈、曲が歌わlevitesされた15 stepsbetweenに立って、裁判所は、女性としているイスラエルのです。 But he also suggests that they refer to the post-exilic redemption, being sung by those that "ascend" from captivity.しかし、彼は彼らも示唆して追放された後の償還を参照して、それらが歌わによっては、 "上昇"から解放します。 In fact, Ḳimḥi often reveals a very clear perception of the psalms of the post-exilic origin.実際には、しばしばḳimḥi非常に明確な認識を明らかにするには、投稿に詩篇を授けた-流浪の起源です。

The text is often corrupt.テキストは、しばしば壊れています。 It contains interpolations, marginal glosses transposed into the body of psalms, quotations not in the original, liturgical glosses, notes, and intentional alterations.それはinterpolations 、欄外の注釈を体内に取り込むの詩篇を授けた転置、引用符では、元の、典礼の注釈、メモ、および意図的な変更します。 Consonantal interchanges abound.子音のインターチェンジも多い。 Many of the psalms are clearly fragmentary torsos; others, as clearly, are composed of two or more disjointed parts drawn from other psalms without connection or coherence (comp. the modern commentaries, especially those of Duhm and Baethgen; also Grätz, "Psalmen," Introduction).詩篇を授けたの多くは、断片的にははっきりとtorsos ;その他、として明確には、 2つ以上のまとまりのない構成から引き出される部品を接続または他の詩篇を授けたコヒーレンス( comp.のモダンな解説、特にドゥームとbaethgen ;もgrätz 、 " psalmen 、 "はじめに) 。 According to Grätz (lcp 61), such combinations of two psalms in one was caused by the necessities of the liturgical services.によると、 grätz ( 、 LCP 61 )は、このような組み合わせの2つの詩篇を授けたが原因で発生する1つの必需品は、典礼サービスです。 It is not unlikely that some psalms were chanted responsively, part of the Levites singing one verse, and the others answering with the next.思いも寄らないことではないがいくつかの詩篇を授けた詠唱応答可能なように、 1つのパートを歌うlevites詩、および、他の回答し、次のです。 In the synagogues the Psalms were chanted antiphonally, the congregation often repeating after every verse chanted by the precentor the first verse of the psalm in question.は、シナゴーグに詩篇を授けたが詠唱antiphonallyは、頻繁に集会を繰り返し詠唱された後、すべての詩は、先唱者の最初の詩賛美歌のとおりです。 "Halleluyah" was the word with which the congregation was invited to take part in this chanting. " halleluyah "は、言葉の中には、集会への参加を招かれたこの歌です。 Hence it originally prefaced the Psalms, not, as in the Masoretic text, coming at the end.それゆえもともと接頭辞に詩篇を授けたことではなく、 masoreticのように、テキストの最後に来る。 At the conclusion of the psalmthe "maḳre" or precentor added a doxology ending with ("and say ye Amen"), whereupon the congregation replied "Amen, Amen" ("Monatsschrift," 1872, p. 481). psalmtheは、結論は、 " maḳre "または先唱者頌栄最後に追加されました( "と言うなたがたアーメン" ) 、すると、信徒はこう答えた。 "アーメン、アーメン" ( " monatsschrift 、 " 1872年、 p. 481 ) 。 The synagogal psalms, according to this, then, are cv., cvi., cvii., cxi., cxii., cxiii., cxiv., cxvi., and cxvii. synagogal詩篇を授けたのは、これによると、次には、履歴書です。 、 CVIのです。 、ロードCVII 。 、 cxi 。 、 cxii 。 、 cxiii 。 、 cxiv 。 、 ) CXVI 。 、およびcxvii 。 (the shortest of all psalms), cxviii., cxxxv., cxxxvi., cxlvi.-cl. (最短のすべての詩篇を授けた) 、 cxviii 。 、 cxxxv 。 、 cxxxvi 。 、 cxlvi. - cl 。

Musical Accompaniment.楽器の伴奏です。

Concerning the musical accompaniment less is known.以下の楽器の伴奏が知られています。 Boys seem to have been added to the men's chorus ('Ar. 13b).男の子のように見えるには男声合唱に追加されて( 'アーカンソーします。 13b ) 。 Twelve adult Levites constituted the minimum membership of a chorus; nine of these played on the "kinnor," two on the "nebel," and one on the cymbals (ib. ii. 3-5). 12成人のメンバシップlevitesの最小構成で合唱する;ナイン、これらのプレイを検索する" kinnor 、 " 2つの上の" nebel "を検索すると1つのシンバル( ib. Ⅱ 。 3-5 ) 。 Singing seems to have been the principal feature of their art, the instruments being used by the singers for their self-accompaniment only.歌のように彼らが芸術の主要な機能を、これらの楽器で使用されて自己の歌手の伴奏のみです。 The kinnor, according to Josephus, had ten strings and was struck with a plectrum ("Ant." vii. 12, § 3), while the nebel had twelve notes and was played with the fingers.のkinnor 、ヨセフスによると、 10文字列とは打たいたとバチ( "アリ。 " Ⅶ 。 12日、 § 3 ) 、中nebel 12ノートとは、遊んでいた指です。 This information is not confirmed by what is known of the "lyra" or "kithara" of the Greeks.この情報は確認さではないのは何が知られ、 "リラ"または"キタラ"は、ギリシアです。 Jewish coins display lyres of three strings, and in a single instance one of five strings.ユダヤ人のコインlyresの3つの文字列を表示、および5つのインスタンスを1つ1つの文字列です。 Tosef., 'Ar. tosef 。 、 'アーカンソーです。 ii. Ⅱ 。 gives the kinnor seven strings. kinnorにより、 7つの文字列です。 According to Ps.によると、 psのです。 xcii. 92 。 3, there must have been known a ten-stringed instrument. 3 、存在しなければ10に知られていた弦楽器です。 The Jerusalem Talmud agrees with Josephus in assigning the nebel to the class of stringed instruments (Yer. Suk. 55c; 'Ar. 13b).ヨセフスに同意すると、エルサレムタルムードnebelを代入して、クラスの弦楽器( yer.ソクです。 55c ; 'アーカンソーします。 13b ) 。 But it seems to have had a membranous attachment or diaphragm to heighten the effect of the strings (Yer. Suk. lc).しかしようにしていた膜の効果を高める横隔膜の添付ファイルや、文字列( yer.ソクです。液晶) 。 The nebel and the "alamot" (I Chron. xv. 20; Ps. xlviii.; Ps. ix., corrected reading) are identical (see Grätz, lcp 71).のnebelと" alamot " (私chron 。 15 。 20 ; psのです。 48 。 ; psのです。 Ⅸ 。 、修正レディング)が同一( grätz 、 、 LCP 71 ) 。 The flute, "ḥalil," was played only on holy days ('Ar. ii. 3).のフルート、 " ḥalil 、 "神聖な日中には、プレイのみに( 'アーカンソーです。 2 。 3 ) 。 The Hebrew term for choir-master was "menaẓẓeaḥ."聖歌隊のヘブライ語の用語ですマスターは、 " menaẓẓeaḥ 。 " See also Cymbals.シンバルも参照ください。

Fifty-seven psalms are designated as ; this is a word denoting "paragraph," hence a new beginning. 57詩篇を授けたとして指定され;これは、単語のしるし"の段落、 "それゆえ、新たな始まりです。 Thirty psalms are designated as (= "song"), probably indicating that the psalm was actually sung in the Temple. 30詩篇を授けたとして指定され( = "歌" ) 、おそらくを示すのは、実際に歌われる賛美歌の寺です。 Thirteen psalms are labeled , the meaning of which word is doubtful (see Hebrew dictionaries and the commentaries). 13詩篇を授けた個が、単語の意味をこれは疑わしい(ヘブライ語の辞書との論評を参照) 。 Six psalms are superscribed -another puzzle-three times with the addition , once (lx.), and in lvi. 6つの詩篇を授けたがsuperscribed -別のパズル- 3回を加えて、一度( lx. ) 、および56です。 with . 〜とともに。 Five psalms are called = "prayer" (xvii., xl., lxxxvi., cii., cxlii.). 5つの詩篇を授けたと呼ばれる= "祈り" ( xvii. 、 xl 。 、 86 。 、 cii 。 、 cxliiです。 ) 。 Two psalms are marked = "to remember" (xxxviii., lxx.), the meaning of which is not known. 2つの詩篇を授けたがスパム= "を覚えて" ( xxxviii. 、 70 。 ) 、の意味ではない知られている。 Ps. psのです。 c. is designated by = "for thanksgiving," probably indicating its use in the liturgy as a hymn for the thank-offering.は、指定された= "感謝、 "おそらくを示して賛美歌として使用される典礼、感謝-を提供します。 Ps. psのです。 clv. CLVのです。 is marked = "jubilee song or hymn," indicating its content.は、スパム= "ジュビリー曲や賛美歌、 "その内容を示しています。 Ps. psのです。 lx. lx 。 has , probably a dittogram for = "for David."は、おそらく、 dittogramを= "のデビッドです。 " Ps. psのです。 lxxxviii. 88 。 has the heading , which seems to be also a dittogram of the preceding .には、見出し、これと思われるのも、上記のdittogramです。 Ps. psのです。 vii. Ⅶ 。 has another enigmatical caption (see commentaries). enigmaticalは、別のキャプション(解説を参照) 。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

The most modern commentaries are those by Duhm, in KHC; Baethgen (3d ed.), in Nowack's Handcommentar; and Wellhausen, in SBOT Cheyne's translation (1900) and introduction (1891) give the latest literature up to those dates.EGHそれらを、最も近代的論評は、ドゥームは、道路公社; baethgen ( 3次元エド。 )は、ノバックのhandcommentar ;とヴェルハウゼンは、チェーンストークスsbotの翻訳( 1900 )と導入( 1891 )の最新の文学を与えるこれらのdates.egh


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです