Punishment

General Information 総合情報

In the Old Testament particularly, punishments for sins were severe.旧約聖書は、特に、罪が重い罰則が適用される。 Death was the punishment for striking or reviling a parent, for blasphemy, for Sabbath breaking, for witchcraft, for adultery, for rape, for incest, for kidnapping, for idolatry (Exod. 21:15,17; Lev. 24:14,16,23, Num. 15:32-36).死は、目を見張る者の処罰やreviling 、親は、神への冒とく、安息日の破壊、魔術、姦通、強姦、近親相姦、誘拐、偶像崇拝( exod. 21:15,17 ;レフです。 24:14 、 16,23 、 NUM件です。 15:32-36 ) 。 Capital punishment was by stoning (Deut. 22:24).死刑制度は、投石( deut. 22:24 )です。 Romans introduced beheading (Matt. 14:10) and crucifixion (Mark 15:21-25).ローマ人への手紙を導入断頭台( matt. 14:10 )とはりつけ(マーク15:21-25 ) 。 Other forms of punishment were being sawed apart, cutting with iron harrows, stripes, burning, and by the sword.他の形の罰がひきが離れ、鉄の切削にharrows 、ストライプ、書き込み、およびされた剣。 Punishment in kind was a common principle (Exod. 21:23-25).罰の種類は、共通の原理( exod. 21:23-25 ) 。

The New Testament suggests a less brutal approach to punishment.新約聖書の残忍なアプローチを罰を減らすことを提案します。 This is primarily based on Christ's procuring forgiveness for man by bearing punishment for sin (Acts 2:38; 10:38-43).これは主に、キリストの調達に基づいて、御赦しを罪の罰男を軸受(行為2:38 ; 10:38-43 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Everlasting Punishment永遠の罰

General Information 総合情報

Everlasting punishment is taught in Scripture for those who reject God's love that is revealed in Christ (Matt. 25:46; Dan. 12:2).永遠の懲罰を受けるのは、それらの啓典の授業who拒否することが明らかにされ神の愛イエスキリスト( matt. 25:46 ;ダン。 12時02分) 。 In Matt.のマットです。 25:46, the word aionion (translated "everlasting" and "eternal") applies to the destiny of both the saved and the lost. 25:46 、という言葉aionion (翻訳"永遠"と"永遠の" )の両方の運命を適用して保存され、失われてしまいます。 The final place of everlasting punishment is called the "lake of fire" (Rev. 19:20; 20:10,14,15).永遠の罰の最後の場所と呼ばれる"火の湖" (改訂19:20 ; 20:10,14,15 ) 。 It is also called "the second death" (Rev. 14:9-11; 20:6).とも呼ばれる" 2番目の死" (改訂14:9-11 ;午前20時06分) 。

"Hell" in Scripture translates Hades , the unseen realm where the souls of all the dead are. "地獄"と啓典に変換ハデスは、幽玄界のすべての領域では、死者の魂がします。 Gehenna is the place of punishment of Hades.地獄のハデスは、刑の執行の場所です。 Paradise is the place of blessing of Hades (Luke 16:19-31).パラダイスは、開催地の祝福のハデス(ルーク16:19-31 ) 。 The reason for eternal punishment is the rejection of the love of God in Christ (John 3:18,19).その理由の拒絶反応を罰は、神がキリストの愛(ヨハネの福音3:18,19 ) 。


Punishment

Advanced Information 高度情報

Throughout the Bible it is insisted that sin is to be punished.聖書のことはして罪は罰せられると主張しています。 In an ultimate sense God will see that this is done, but temporarily the obligation is laid upon those in authority to see that wrongdoers are punished.神は、究極の意味が表示さこれが完了すると、しかし、 laid時は、これらの義務を一時的に権限は、罰せられるのを見てwrongdoers 。 The lex talionis of Exod.復しゅう法exodするのです。 21:23-25 is not the expression of a vindictive spirit. 21:23-25ではない悪意に満ちた精神を表現したものです。 Rather it assures an even justice (the rich and the poor are to be treated alike) and a penalty proportionate to the crime.むしろそれにより、さらに正義(金持ちと貧乏人が同じに扱われることを)と比例して犯罪をペナルティーです。

Two important points emerge from OT usage. ot利用方法からemergeする2つの重要なポイントです。 The verb used in the sense of "punish" is paqad, which means "visit."動詞の意味で使用されている"処罰"はpaqad 、つまり"訪問します。 " For God to come into contact with sin is for him to punish it.神へ来るのを連絡先に罪は彼を処罰してください。 Of the nouns used, most are simply the words for sin.名詞を使用すると、大半は、単に言葉の罪です。 Sin necessarily and inevitably involves punishment.必然的には必ずしも罪と罰。

In the NT "punishment" is not as common as "condemnation," which may be significant.は、 NTの"罰"ではないとして共通に"非難、 "される可能性の重要です。 To be condemned is sufficient.非難されるで十分です。 Punishment is implied.罰は、暗黙のです。 The removal of punishment is brought about by the atoning death of our Lord.刑の執行の除去がもたらされるわたしたちの主atoning死亡した。 It is not said in so many words that Jesus bore punishment, unless bearing our sins (Heb. 9:28; I Pet. 2:24) be held to mean this.それによると非常に多くの言葉ではないがイエスキリスト退屈な罰しない限り、私たちの罪軸受( heb. 9時28分;なでなでしています。 2:24 )で開かれることを意味する。 But that his sufferings were penal seems clearly to be the NT teaching.しかし、彼の苦しみは刑法のように明確にされるのNTの授業です。

L Morris左モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
C. Brown, NIDNTT,III, 98ff., H. Buis, The Doctrine of Eternal Punishment; L. Boettner, Immortality; HE Guilleband, The Righteous Judge: A Study of the Biblical Doctrine of Everlasting Punishment; J. Schneider, TDNT, III, 814ff. c.ブラウン、 nidntt 、 3世、 98ff 。 、笠原ビュイは、罰の原則; l. boettner 、不朽の名声; guilleband彼は、正しい判断:聖書の教義の研究をするの永遠の罰; j.シュナイダー、 tdnt 、 3世、 814ff 。


Pun'ishment pun'ishment

Advanced Information 高度情報

The New Testament lays down the general principles of good government, but contains no code of laws for the punishment of offenders. Punishment proceeds on the principle that there is an eternal distinction between right and wrong, and that this distinction must be maintained for its own sake. 新約聖書の原則を産むの良いダウンする政府は、コードが含まれていないの犯罪者の懲罰のための法律です。処罰収益を永遠の原則があることを善と悪の区別は、この区別しなければならないとし、独自の維持酒です。 It is not primarily intended for the reformation of criminals, nor for the purpose of deterring others from sin.ではない改革の主な目的は、犯罪者、また、他のユーザーのために罪を抑止します。 These results may be gained, but crime in itself demands punishment.これらの結果を得たがありますが、それ自体犯罪処罰要求します。 Endless, of the impenitent and unbelieving.果てしない、改心しないと、懐疑的です。 The rejection of this doctrine "cuts the ground from under the gospel...blots out the attribute of retributive justice; transmutes sin into misfortune instead of guilt; turns all suffering into chastisement; converts the piacular work of Christ into moral influence ...The attempt to retain the evangelical theology in connection with it is futile" (Shedd).この後の拒絶反応をドクトリン"の福音を切断して地面の下から...シミのように見えては、属性の応報正義; transmutes不幸の代わりに罪を罪悪感;ターンのすべての苦しみをせっかん;に変換してキリストの罪滅ぼしの仕事を道徳的に影響を与える...福音派の神学にしようとの接続を保持して無駄なことは" (シェッド) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです