Reconciliation和解

General Information 総合情報

Reconciliation is a change of the relationship between God and man based on a changed status of man through the Redemptive Work of Christ.和解は、神との間の関係の変化に基づいて男のステータスを変更した男を通してイエスキリストの贖いの仕事をします。 Enmity between God and sinful man was removed by the death of Christ.神との間に敵意罪深い男はイエスキリストの死を削除される。 Reconciliation is then appropriated by each individual sinner through Faith (Acts 10:43; 2Cor. 5:18,19; Eph. 2:16).和解が充当され、個々の罪人を入力し、信仰(行為10:43 ; 2corです。 5:18,19 ; eph 。 2:16 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Reconciliation和解

Advanced Information 高度情報

Reconciliation is a doctrine usually ascribed to Paul, although the idea is present wherever estrangement or enmity is overcome and unity restored: Matt.和解は、教義に通常生得的にポールは、アイデアが存在するが、どこか恨みが疎外を克服すると団結を復元:マットです。 5:24ff. 5:24 FFを指定します。 (brothers, litigants, perhaps man-to-God); bringing lost sheep to fold, prodigal to father, the lost back to God (Luke 19:10; cf. I Pet. 3:18). (兄弟、訴訟、おそらく男の神) ;もたらす失われた羊を省略、放蕩の父、失われた省略して、神(ルーク19:10 ;継続前誌です。なでなでしています。 3:18 ) 。 Indeed reconciliation is exemplified in Jesus' attitude to sinners, the truth in Athanasius's though that incarnation is reconciliation.実際に例示さは、イエスキリストの和解'な態度を取る罪人は、真理の化身が和解にかかわらずアタナシウスのです。

The root idea (in Greek) is change of attitude or relationship.のルートにアイデア(ギリシャ)は、態度の変化や関係です。 Paul applies it to wife and husband (I Cor. 7:11), to Jews and Gentiles reconciled to each other in being reconciled to God (Eph. 2:14ff.), and to the alienated, divisive elements of a fragmented universe "brought under one head" again in Christ (Eph. 1:10; Col. 1:20).ポール適用して妻と夫(私コーです。 7時11分) 、ユダヤ人とgentilesを互いに和解して和解して神にしている( eph. 2時14 FFを指定します。 ) 、および疎外して、宇宙のあつれきの要素を断片化"鎮火する1つの頭"に再びイエスキリスト( eph. 1:10 ; Col 。 1:20 ) 。 His illustrations include those far off made nigh, strangers made fellow citizens of the household, and dividing walls removed.彼のイラストが含まれてそれらのはるかかなたに近付いて、見知らぬ男は、家計の市民は、分断の壁を削除します。 His testimony to reconciliation's results dwells especially upon peace with God (Rom. 5:1; Eph. 2:14; Col. 1:20); upon "access" to God's presence (Rom. 5:2; Eph. 2:18; 3:12; see Col. 1:22) in place of estrangement; "joy in God" replacing dread of "wrath" (Rom. 5:9, 11); and assurance that "God is for us," not against us (Rom. 8:31ff.).彼の証言をするの和解の結果、特に平和を神の棲むところ(ローマ5:1 ; eph 。 2時14 ; Col 。 1:20 ) ;時の"アクセス"を、神の存在(ローマ5時02分; eph 。 2:18 ; 3:12 ;参照Col 。 1:22 )の代わりに疎外; "喜びに、神の存在"に置き換える恐怖の"怒り" (ローマ5時09分、 11 ) ;とを保証して"神の問い合わせは、 "特定反対問い合わせ(ローマ8時31 FFを指定します。 ) 。

The Central Concept of Christianityキリスト教の中心概念

Since a right relationship with God is the heart of all religion, reconciliation which makes access, welcome, and fellowship possible for all may be held the central concept in Christianity.以来、権利関係を築くの中心部に神はすべての宗教、和解にアクセスするには、歓迎し、奨学金のすべての可能性がありますキリスト教の概念の中央で開かれる。 But to describe this experience with doctrinal precision raises questions.しかし、この経験を記述すると、高精度の教義疑問です。 Man being made for fellowship with God, what is the difficulty requiring Christ's intervention?神と交わりを持つ男れているため、どのような困難は、キリストの介入が必要ですか? Since reconciliation involves "not imputing trespasses," "Christ made sin for us" (II Cor. 5:18ff.), part of the answer must be sin, which separates God and men.以来の和解は、 "特定imputing trespasses " 、 "イエスキリストは罪問い合わせ" (二コーです。 5:18 FFを指定します。 ) 、回答しなければならない部分の罪は、神と人間を分離します。 This "alienation" from God and from his people (Eph. 2:12; 4:18) deepens into resentment, "enmity" (Rom. 5:10), increased by canrnality hostile to God (Rom. 8:7), expressed in rebellious wickedness: "you . . . estranged ... hostile in mind, doing evil deeds" (Col. 1:21).この"疎外"から、神と彼の人々から( eph. 2:12 ; 4:18 )に恨みが深まる、 "敵意" (ローマ5:10 ) 、神に敵対するcanrnality増加した(ローマ8時07分) 、反抗的に表現さ邪悪: "あなた。 。 。 。 。疎遠...敵意を念頭に置いて、悪事を働くの行為" ( Col 。 1:21 ) 。 This total attitude of man needs to be removed.このトータル的な態度の男を削除する必要があります。

If this were all, then revelation of truth, the example of Christ, the demonstration of divine love, would remove misunderstanding, effecting reconciliation.これはすべて、入力し、啓示の真理は、イエスキリストの例は、デモの神の愛、誤解を削除し、和解を実施します。 But Rom.しかし、 ROMから起動します。 11:28 (contrasting "enemies" with "beloved"), repeated references to divine "judicial" wrath (Rom. 1:18; 5:9; 12:19), and the whole case for divine condemnation (Rom. 1-3) suggest that men are "the objects of divine hostility" (Denney); that man's sense of estrangement ("a certain fearful looking-for of judgment") witnesses to a barrier on God's side, precluding fellowship, not, certainly, any reluctance in God's mind, which Jesus must change, but a moral, even judicial, barrier that requires the death of Jesus, not merely his message or example, to remove. 11:28 (対照的"敵"と"愛する" ) 、繰り返し参照して神の"司法"の怒り(ローマ1:18 ;午前5時09分; 12:19 ) 、および全体の事件を非難神(ローマ1 - 3 )示唆して男性は"神の敵意のオブジェクトを" (デニー) ;あの男の疎外感( " 、特定の判決をご覧恐ろしい" )目撃者の障壁をして、神の側では、 precludingフェローシップではなく、確かに、任意の気が進まないの心に、神の存在を変更する必要があります。イエスキリストではなく、道徳的、司法、障壁を使用するには、イエスキリストの死ではなく、単に彼のメッセージが表示さまたは例では、を削除する。

Man the Reconciled男の和解

Who, then, is reconciled? who 、その後は、仲直りですか? Certainly man is changed.確かに男が変更されます。 "We were reconciled ... being reconciled ... we received reconciliation ... he reconciled us ... be ye reconciled" consistently apply reconciliation to man. "私たちが仲直り仲直り... ... ...彼はお受け和解和解問い合わせ...に、なたがた仲直り"常に和解を男に適用します。 Estrangement gives place to prayer and fellowship, hostility becomes faith, and rebellion becomes obedience.疎遠に場所を祈りとフェローシップ、敵意が信仰し、反乱が服従します。 Further, man is reconciled to men (Eph. 2:14ff.); and also to life itself, "to the discipline God appoints and the duty he commands" (Oman): reconciliation breeds contentment.さらに、男は和解して男性( eph. 2時14 FFを指定します。 ) ;と生活自体にも、 "神の規律を任命する義務と彼のコマンド" (オマーン) :和解品種満足です。 The world, too, is reconciled (II Cor. 5:19) or to be reconciled (Eph. 1:10; Col. 1:20).世界の、あまりにも、仲直り( 2コーです。 5:19 )または和解される( eph. 1:10 ; Col 。 1:20 ) 。

But this change in man could be affected without Christ by persuasion, example, or education.しかし、この男の変化が影響を受けるの説得にイエスキリストを、例として、または教育です。 Yet in the NT the basis of reconciliation is "the death of his Son," "through the cross," "by the blood of his cross," "in his body of flesh by his death" (Rom. 5:10; Eph. 2:16; Col. 1:20, 22); and its means are "through Christ...made to be sin" (II Cor. 5:18, 21).の根拠はまだありませんが、 NTの和解は、 "彼の息子の死を" 、 "を通じてクロス" 、 "彼の十字架の血" 、 "彼の体の肉を彼の死" (ローマ5:10 ; ephです。 2:16 ; Col 。 1:20 、 22 ) ;とその意味は、 "イエスキリストを通して...作らされる罪" (二コーです。 5:18 、 21 ) 。 Some therefore hold that "God is reconciled, in the sense that his will to bless us is realised as it was not before....God would not be to us what he is if Christ had not died" (Denney).そのためにいくつかのホールド"神は仲直りするという意味で、彼の意思を祝福することはないとして問い合わせが実現する前に....神はないがイエスキリストを問い合わせていない場合にどのような彼は死んだ" (デニー) 。 Man's sin affects God, so as to require from him judgment, withdrawal, correction, creating for God too a barrier to fellowship, a problem to be resolved before God and sinful man can be at one again.男の罪神の影響を及ぼすので、彼の判断を要求するとして、撤回、訂正、あまりにも神への障壁となるの作成フェローシップは、問題を解決する前に、神と罪深い人間が1つのことを再度します。 ("At-one-ment" once meant reconciliation; now atonement means reparation, satisfaction, the basis of reconciliation.) Whether or not God could ignore the separation wrought by sin and embrace men in fellowship without further ado, he did not: "We were reconciled to God by the death of his Son." ( " - 1つのント"一度意味和解;今すぐ償いを意味賠償、満足度、和解の基本です。 )神がいるかどうかは無視して分離によってもたらされた罪と難しい話は抜きに奨学金を受け入れる男性が、彼は: "私たちは神に和解して、彼の息子の死を。 "

Arguments against any reconciliation of God to men stress the absence of that expression from the NT; deny wrath, judgment, atonement; and expound a subjective, moral influence theory of reconciliation.神の和解に対する任意の引数を男性の欠如を強調してからのNTの表現;を否定するの怒り、判断力、償い、および解説を主観的、道徳的に影響を与えるの和解の理論です。

God the Reconciler神のもとにreconciler

Then who reconciles?入力し、 who reconcilesですか? In all other religions man propitiates his gods.他のすべての宗教の男propitiates彼の神々です。 Christianity declares "God was in Christ reconciling the world to himself" (II Cor. 5:19), an accomplished fact which men are urged to accept.キリスト教の宣言"神は、キリストの和解の世界を自分自身で" (二コーです。 5:19 )は、既成事実を受け入れるよう促したが、男性は。 "We have received the reconciliation" (Rom. 5:11). "我々は和解を受け取った" (ローマ5:11 ) 。 As Christ is our peace; as we are reconciled by his death; as God put forward Christ in expiatory power (Rom. 3:25); and as the sin that separates is ours, not God's, only God could reconcile.としてイエスキリストが私たちの平和;として我々は彼の死によって和解;として神に進むイエスキリストの償いをするパワー(ローマ3:25 ) ;と罪を区切るのは、私たちのではなく、神の、神が和解のみです。

The resulting paradox, that God reconciles those he recognizes up to the moment of reconciliation as enemies, is no greater than in the command "Love your enemies."パラドックスその結果、これらの彼は神のreconciles認識として和解の瞬間に最大の敵ではない以上にするには、コマンド"愛あなたの敵です。 " For love always treats its enemies as no enemies at all.敵としての扱いは常に愛はすべての敵です。

REO White鉄筋ホワイト
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
V. Taylor, Forgiveness and Reconciliation; JS Stewart, Man in Christ; J. Denney, Christian Doctrine of Reconciliation. v.テイラーに、容赦と和解; jsスチュワート、男がイエスキリスト; j.デニー、キリスト教の教義の和解です。


Reconcilia'tion reconcilia'tion

Advanced Information 高度情報

Reconciliation is a change from enmity to friendship.和解は、敵意を友情から変更します。 It is mutual, ie, it is a change wrought in both parties who have been at enmity.これは相互に、すなわち、鍛造に変更することは、両当事者が反目whoします。 (1.) In Col. 1:21, 22, the word there used refers to a change wrought in the personal character of the sinner who ceases to be an enemy to God by wicked works, and yields up to him his full confidence and love. ( 1 。 ) Col 。 1:21で、 22日、という言葉が使われるのを参照して鍛造の個人的は文字を変更している罪人who停止されるのを神の敵を邪悪な作品は、彼と彼の全面的な信頼を利回りと愛。 In 2 Cor.で2コーです。 5:20 the apostle beseeches the Corinthians to be "reconciled to God", ie, to lay aside their enmity. 5:20 、使徒beseechesのコリンチャンスがあります"和解して神" 、すなわち、その敵意を棚上げにする。 (2.) Rom. ( 2 ) ROMから起動します。 5:10 refers not to any change in our disposition toward God, but to God himself, as the party reconciled. 5:10を参照しないように何か変化が私たちの神の処分に向け、神様に気に入らしかし、党の和解です。 Romans 5:11 teaches the same truth.ローマ人への手紙5:11真実を教えるのと同じです。 From God we have received "the reconciliation" (RV), ie, he has conferred on us the token of his friendship.私たちが神から受け取った"との和解" (右心室) 、すなわち、彼は彼の授与を問い合わせ、トークンの友情です。 So also 2 Cor.これも2コーです。 5: 18, 19 speaks of a reconciliation originating with God, and consisting in the removal of his merited wrath. 5 : 18 、 19うわさを元に、和解の神となり、構成は、彼の当然の怒りを除去します。

In Eph.でephです。 2: 16 it is clear that the apostle does not refer to the winning back of the sinner in love and loyalty to God, but to the restoration of God's forfeited favour. 2 : 16ことは、使徒を明確にされないの優勝を参照して、罪人の先頭に忠誠を神の愛と、しかし、神の回復を没収賛成です。 This is effected by his justice being satisfied, so that he can, in consistency with his own nature, be favourable toward sinners.これは彼の正義が満足影響を受けるように、彼があることは、彼自身の自然の整合性を、罪を犯した者に有利に向かっています。 Justice demands the punishment of sinners.正義の処罰を要求して罪人です。 The death of Christ satisfies justice, and so reconciles God to us.イエスキリストの死を満たす正義、神などreconcilesしてください。 This reconciliation makes God our friend, and enables him to pardon and save us.この和解によって、神の友人に送る、と彼に恩赦を付けて保存可能です。 (See Atonement.) (償いを参照。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです