Regeneration再生

General Information 総合情報

Regeneration is the spiritual change wrought in the heart of man by the Holy Spirit in which his/her inherently sinful nature is changed so that he/she can respond to God in Faith, and live in accordance with His Will (Matt. 19:28; John 3:3,5,7; Titus 3:5).鍛造では、精神的な再生の中心部に変更された男聖霊は、彼/彼女の本質的に罪深い性質は変更され、彼/彼女に対応することで神を信仰し、彼の意思に見合った生活を送る( matt. 19:28 ;ジョン3:3,5,7 ;タイタス3時05分) 。 It extends to the whole nature of man, altering his governing disposition, illuminating his mind, freeing his will, and renewing his nature.全体の性質を拡張されて男は、彼の統治を変えるの配備、照明彼の心は、解放彼は、彼の自然と更新します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Regenera'tion regenera'tion

Advanced Information 高度情報

The word Regeneration is only found in Matt.再生という言葉が発見さマットのみです。 19:28 and Titus 3:5.タイタス19:28と3時05分です。 This word literally means a "new birth."この単語の文字通りの意味は、 "新しい誕生します。 " The Greek word so rendered (palingenesia) is used by classical writers with reference to the changes produced by the return of spring.ギリシャ語のようレンダリング( palingenesia )が使用されて古典作家の変化を参考に制作されたの戻り春のです。 In Matt.のマットです。 19:28 the word is equivalent to the "restitution of all things" (Acts 3:21). 19:28に相当するという言葉は、 "返還のすべてのもの" (行為3:21 ) 。 In Titus 3:5 it denotes that change of heart elsewhere spoken of as a passing from death to life (1 John 3:14); becoming a new creature in Christ Jesus (2 Cor. 5:17); being born again (John 3:5); a renewal of the mind (Rom. 12:2); a resurrection from the dead (Eph. 2:6); a being quickened (2:1, 5).タイタス3時05分に変更することを示す他の心臓を通過するとして話さの生活から死を(ヨハネ3:14 ) ;なりつつある新しいクリーチャー、キリストイエスキリスト( 2コーです。 5時17分) ;がボーンアゲイン(ジョン3時05分) ;については、更新のは、心(ローマ12時02分) ;を復活死人の中から( eph. 2時06分) ; Aがquickened ( 2:1 、 5 ) 。

This change is ascribed to the Holy Spirit.この変更は生得的には聖霊です。 It originates not with man but with God (John 1:12, 13; 1 John 2:29; 5:1, 4).しかし、それを発案ではなく、神男(ヨハネ1:12 、 13 ; 1ジョン2:29 ; 5:1 、 4 ) 。 As to the nature of the change, it consists in the implanting of a new principle or disposition in the soul; the impartation of spiritual life to those who are by nature "dead in trespasses and sins."その性質の変化として、それは、新しい原理は、移植または処分は、魂; impartationの精神生活のwhoはされている自然"との罪で死んでtrespasses 。 " The necessity of such a change is emphatically affirmed in Scripture (John 3: 3; Rom. 7:18; 8:7-9; 1 Cor. 2:14; Eph. 2:1; 4:21-24).そのような変更の必要性をきっぱりと確認さは、啓典(ヨハネの第3 : 3 ; ROMから起動します。 7時18分; 8:7-9 ; 1コーです。 2時14分; eph 。 2:1 ; 4:21-24 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Regeneration再生

Advanced Information 高度情報

Regeneration, or new birth, is an inner re-creating of fallen human nature by the gracious sovereign action of the Holy Spirit (John 3:5-8).再生か、または新しい誕生日、インナーは、倒れた人間の本性を再作成された優雅な主権アクションは、聖霊(ヨハネ3:5-8 ) 。 The Bible conceives salvation as the redemptive renewal of man on the basis of a restored relationship with God in Christ, and presents it as involving "a radical and complete transformation wrought in the soul (Rom. 12:2; Eph. 4:23) by God the Holy Spirit (Titus 3:5; Eph. 4:24), by virtue of which we become 'new men' (Eph. 4:24; Col. 3:10), no longer conformed to this world (Rom. 12:2; Eph. 4:22; Col. 3:9), but in knowledge and holiness of the truth created after the image of God (Eph. 4:24; Col. 3:10; Rom. 12:2)" (BB Warfield, Biblical and Theological Studies, 351).聖書の理解は救いの贖いの更新を男に基づいて、神がキリストの関係を修復し、プレゼントとして関与"するには根本的かつ完全な変換鍛造は、魂(ローマ12 : 02 ; eph 。 4:23 )神は聖霊(タイタス3 : 05 ; eph 。 4:24 ) 、さの美徳を我々が'新しい男性' ( eph. 4:24 ; Col 。 3:10 ) 、もはやこの世界に適合( ROMとの互換性。 12 : 02 ; eph 。 4:22 ; Col 。 3時09分) 、しかし、知識やホーリネスは、真理のイメージを作成した後、神( eph. 4:24 ; Col 。 3:10 ; ROMから起動します。 12時02分) " ( bbウォーフィールド、聖書や神学研究、 351 ) 。 Regeneration is the "birth" by which this work of new creation is begun, as sanctification is the "growth" whereby it continues (I Pet. 2:2; II Pet. 3:18).再生は、 "誕生"は、この仕事を始めた新しい創造は、神聖のは、 "成長"ですが続けて(私のペットです。 2:2 ; 2世のペットです。 3:18 ) 。 Regeneration in Christ changes the disposition from lawless, Godless self-seeking (Rom. 3:9-18; 8:7) which dominates man in Adam into one of trust and love, of repentance for past rebelliousness and unbelief, and loving compliance with God's law henceforth.再生にイエスキリストに変更する無法な気質から、神を恐れぬ身勝手(ローマ3:9-18 ;午前8時07分)を1つのアダムの男を支配し、信頼と愛、過去の反抗と不信心を後悔し、遵守を愛する今後、神の律法です。 It enlightens the blinded mind to discern spiritual realities (I Cor. 2:14-15; II Cor. 4:6; Col. 3:10), and liberates and energizes the enslaved will for free obedience to God (Rom. 6:14, 17-22; Phil. 2:13).心の目が見えなくなることenlightens精神的な現実を識別する(私コーです。 2:14-15 ;二コーです。 4 : 06 ; Col 。 3:10 ) 、およびliberatesとenergizesの神の服従をenslavedは無料(ローマ6 : 14日、 17-22 ;フィルします。 2:13 ) 。

The use of the figure of new birth to describe this change emphasizes two facts about it.の使用を、図の新しい誕生を説明する2つの事実については、この変更を強調してください。 The first is its decisiveness.第一は、その決定力です。 The regenerate man has forever ceased to be the man he was; his old life is over and a new life has begun; he is a new creature in Christ, buried with him out of reach of condemnation and raised with him into a new life of righteousness (see Rom. 6:3-11; II Cor. 5:17; Col. 3:9-11).男は永遠に消滅して、再生成の男に彼は、彼の昔の生活が終わると、新しい生活が始まって;彼はイエスキリストの新しいクリーチャーが、彼の手の届かないところに埋められて育ち、彼を非難新しい人生の正義( ROMとの互換性を参照します。 6:3-11 ;二コーです。 5時17分; Col 。 3:9-11 ) 。 The second fact emphasized is the monergism of regeneration. 2番目の事実は、 monergismの再生を強調します。 Infants do not induce, or cooperate in, their own procreation and birth; no more can those who are "dead in trespasses and sins" prompt the quickening operation of God's Spirit within them (see Eph. 2:1-10).乳幼児を誘発しないか、または協力して、自分の生殖と出産;これ以上は、それらのwhoは、 "死んでtrespassesと罪"の操作に要求し、神の精神に高まること( eph 。 2:1-10 ) 。 Spiritual vivification is a free, and to man mysterious, exercise of divine power (John 3:8), not explicable in terms of the combination or cultivation of existing human resources (John 3:6), not caused or induced by any human efforts (John 1:12-13) or merits (Titus 3:3-7), and not, therefore, to be equated with, or attributed to, any of the experiences, decisions, and acts to which it gives rise and by which it may be known to have taken place.精神的な生命を与えることは、無料で配布ミステリアスな男と、神の力の行使(ジョン3時08分)ではなく、サイトの説明で栽培の組み合わせや既存の人的資源(ジョン3時06分) 、特定の原因またはすべての人間の努力によって誘発される(ヨハネ1:12-13 ) 、またはメリット(タイタス3:3-7 ) 、ではなく、したがって、 equatedをされるか、またはに起因する、のいずれかの経験、意思決定、および行為とすることが湧いてくる。で知られることがありますには行われています。

Biblical Presentation聖書のプレゼンテーション

The noun "regeneration" (palingenesia) occurs only twice.名詞の"再生" ( palingenesia )が発生するのは2回クリックします。 In Matt.のマットです。 19:28 it denotes the eschatological "restoration of all things" (Acts 3:21) under the Messiah for which Isreal was waiting. 19:28それそれは、終末論"の復元のすべてのもの" (行為3:21 )の下にisrealはメシアを待っていた。 This echo of Jewish usage points to the larger scheme of cosmic renewal within which that of individuals finds its place.このエコーのユダヤ人の利用方法を指して宇宙の大規模リニューアル計画の概要を見つけるには、その個人のその場所です。 In Titus 3:5 the word refers to the renewing of the individual.タイタス3時05分に更新をするという言葉を参照して、個々のです。 Elsewhere, the thought of regeneration is differently expressed.他に、再生は違った考えを表明します。

In OT prophecies regeneration is depicted as the work of God renovating, circumcising, and softening Israelite hearts, writing his laws upon them, and thereby causing their owners to know, love, and obey him as never before (Deut. 30:6; Jer. 31:31-34; 32:39-40; Ezek. 11:19-20; 36:25-27). ot予言で再生が描か神としての仕事を改装、 circumcising 、イスラエルの心と軟化、ライティング彼の法律かれらは、その所有者を知ってもっての原因と恋愛、そして今までになく彼に従う( deut. 30:6 ; jerです。 31:31-34 ; 32:39-40 ; ezekです。 11:19-20 ; 36:25-27 ) 。 It is a sovereign work of purification from sin's defilement (Ezek. 36:25; cf. Ps. 51:10), wrought by the personal energy of God's creative outbreathing the personal energy of God's creative outbreathing ("spirit": Ezek. 36:27; 39:29).仕事を浄化することがより罪の主権defilement ( ezek. 36:25 ;継続前誌です。 psのです。 51:10 ) 、エネルギーによってもたらされた神の創造の個人的はoutbreathingの個人的は神の創造のエネルギーoutbreathing ( "スピリット" : ezek 。 36 : 27 ; 39:29 )です。 Jeremiah declares that such renovation on a national scale will introduce and signal God's new messianic administration of his covenant with his people (Jer. 31:31; 32:40).このような改造を宣言しジェレマイアは、全国規模の新機能が導入さと信号神の約束に彼の救世主のような彼の政権の人々 ( jer. 31:31 ; 32:40 )です。

In the NT the thought of regeneration is more fully individualized, and in John's Gospel and First Epistle the figure of new birth, "from above" (anothen: John 3:3, 7, Moffatt), "of water and the Spirit" (ie, through a purificatory operation of God's Spirit: see Ezek. 36:25-27; John 3:5; cf. 3:8), or simply "of God" (John 1:13, nine times in I John), is integral to the presentation of personal salvation. NTのは、他の考えには完全に個別の再生、およびジョンの福音書と第一の手紙の図の新しい誕生日、 "上から" ( anothen :ジョン3時03分、 7日、モファット) 、 "水と御霊" (すなわち、浄罪の操作を介して、神の精神: ezekを参照します。 36:25-27 ;ジョン3 : 05 ;継続前誌です。 3時08分) 、または単に"神" (ヨハネ1:13 、ヨハネの9回) 、積分してプレゼンテーションは、個人の救いです。 The verb gennao (which means both "beget" and "bear") is used in these passages in the aorist or perfect tense to denote the once-for-all divine work whereby the sinner, who before was only "flesh," and as such, whether he knew it or not, utterly incompetent in spiritual matters (John 3:3-7), is made "spirit" (John 3:6), ie, is enabled and caused to receive and respond to the saving revelation of God in Christ.動詞gennao (両方を意味する"子供"と"熊" )が使用されて、これらの通路は、アオリストまたは完了時制を表すのに一度の作業をすべて神の罪人です、 who前には"肉"ととしてこのような、それかどうかは知っていたかどうか、全く無能で精神的な事柄(ジョン3:3-7 ) 、が行われる"スピリット" (ヨハネの福音3時06分) 、すなわち、が有効になって、原因を受信すると啓示の保存に対応する神はイエスキリストです。 In the Gospel, Christ assures Nicodemus that there are no spiritual activities, no seeing or entering God's kingdom, because no faith in himself, without regeneration (John 3:1ff.); and John declares in the prologue that only the regenerate receive Christ and enter into the privileges of God's children (John 1:12-13).は、ゴスペル、イエスキリスト保証ニコデモ精神的な活動がないことは、神の王国に入るのか見て、信頼していないため、自分自身、再生(ヨハネ3:1 FFを指定します。 ) ;とジョン宣言は、プロローグがイエスキリストのみを受信すると再生成足を踏み入れるの権限を、神の子供たち(ヨハネ1:12-13 ) 。 Conversely, in the Epistle John insists that there is no regeneration that does not issue in spiritual activities.逆に、書簡は、ジョンがないと主張して再生されていない問題が精神的な活動です。 The regenerate do righteousness (I John 2:29) and do not live a life of sin (3:9; 5:18: the present tense indicates habitual law-keeping, not absolute sinlessness, cf. 1:8-10); they love Christians (4:7), believe rightly in Christ, and experience faith's victory over the world (5:4).正義の再生は(ヨハネ2:29 )の生活をするものではありません罪の生活を( 3 : 09 ; 5:18 :緊張感を示し、現在の習慣的な維持法ではなく、絶対的なsinlessness 、継続前誌です。 1:8-10 ) ;彼ら愛のキリスト教徒( 4時07分) 、当然、キリストと信じ、信仰の勝利を収めると経験の世界( 5時04分) 。 Any who do otherwise, whatever they claim, are still unregenerate children of the devil (3:6-10).任意のwhoはそうでなければ、どのように主張は、時代錯誤の子供たちはまだ、悪魔( 3:6-10 ) 。

Paul specifies the Christological dimensions of regeneration by presenting it as (1) a lifegiving coresurrection with Christ (Eph. 2:5; Col. 2:13; cf. I Pet. 1:3); (2) a work of new creation in Christ (II Cor. 5:17; Eph. 2:10; Gal. 6:15).ポールのサイズを指定します。 christological再生を提示して( 1 ) lifegiving coresurrectionとイエスキリスト( eph. 2時05分; Col 。 2:13 ;継続前誌です。なでなでしています。 1:3 ) ; ( 2 )仕事を新しい創造キリストに( 2コーです。 5時17分; eph 。 2:10 ;ギャルです。 6:15 ) 。 Peter and James make the further point that God "begets anew" (anagennao: I Pet. 1:23) and "brings to birth" (apokyeo: James 1:18) by means of the gospel.ピーターとジェームズより詳細なポイントを作る神" begetsあらためて" ( anagennao :私のペットです。 1:23 )と"出産をもたらす" ( apokyeo :ジェームズ1:18 )福音の手段です。 It is under the impact of the word that God renews the heart, so evoking faith (Acts 16:14-15).ことが与える影響の下に、神の言葉が更新の中心ので、 evoking信仰(行為16:14-15 ) 。

Historical Discussion歴史的な議論

The fathers did not formulate the concept of regeneration precisely. 、父親の定式化しなかったの概念を正確に再生します。 They equated it, broadly speakin, with baptismal grace, which to them meant primarily (to Pelagius, exclusively) remission of sins.彼らequatedには、大まかにspeakin 、グレース洗礼を意味して主に(ペラギウス、排他的に)罪の赦しです。 Augustine realized, and vindicated against Pelagianism, the necessity for prevenient grace to make man trust and love God, but he did not precisely equate this grace with regeneration.アウグスティヌスを実現し、反対vindicatedペラギウス主義は、男の必要性を見越しての猶予を作るの信頼と愛の神、しかし彼は正確に同等と見なすこの猶予を再生します。 The Reformers reaffirmed the substance of Augustine's doctrine of prevenient grace, and Reformed theology still maintains it.アウグスティヌスの改革派の教義を再確認した物質の猶予を見越して、まだ神学と改革派を維持してください。 Calvin used the term "regeneration" to cover man's whole subjective renewal, including conversion and sanctification.カルバンという用語は使用される"再生"全体をカバーする人間の主観的リニューアル、コンバージョン、および神聖化を含む。 Many seventeenth century Reformed theologians equated regeneration with effectual calling and conversion with regeneration (hence the systematic mistranslation of epistrepho, "turn," as a passive, "be converted," in the AV); later Reformed theology has defined regeneration more narrowly, as the implanting of the "seed" from which faith and repentance spring (I John 3:9) in the course of effectual calling. 17世紀の多くの神学者equated再生に効果的な改革を呼び出すとコンバージョンを再生(それゆえの系統の誤訳epistrepho 、 "有効"として受動的"に変換、 "でのAV ) ;へ改革神学は狭く定義されて再生の他、の移植は、 "種子"信仰と良心の呵責から春(ヨハネの午前3時09分)は、コースの効果的な呼び出しです。 Arminianism constructed the doctrine of regeneration synergistically, making man's renewal dependent on his prior cooperation with grace; liberalism constructed it naturalistically, identifying regeneration with a moral change or a religious experience.アルミニウス主義建設の再生の教義を相乗的に、メーカーに依存して彼の前に男の協力を得て更新猶予;自由主義建設にnaturalistically 、再生を識別する道徳的宗教的な体験を変更したりします。

The fathers lost the biblical understanding of the sacraments as signs to sir up faith and seals to confirm believers in possession of the blessings signified, and so came to regard baptism as conveying the regeneration which it signified (Titus 3:5) ex opere operato to those who did not obstruct its working.聖書の理解を失って、父親の秘跡としての標識にシールを確認する卿を信仰と信仰する者よ、祝福を所持シニフィエなどに関して洗礼として来てそれを伝えるの再生シニフィエ(タイタス3時05分)を元opere operatoこれらのwhoの作業を妨害しなかった。 Since infants could not do this, all baptized infants were accordingly held to be regenerated.以来幼児できませんでした行うには、すべての洗礼を受けた乳幼児が再生成されるため開かれた。 This view has persisted in all the non-Reformed churches of Christendom, and among sacramentalists within Protestantism.このビューを表示するには、永続化以外の改革派教会のすべてのキリスト教、プロテスタントとの間にsacramentalistsです。

JI Packerチパッカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
J. Orr, "Regeneration," HDB; J. Denney, HDCG; BB Warfield, Biblical and Theological Studies; systematic theologies of C. Hodge, III, 1-40, and L. Berkhof, IV, 465-79; A. Ringwald et al., NIDNTT, I, 176ff.; F. Buchsel et al., TDNT, I, 665ff.; B. Citron, The New Birth. j.オーア、 "再生、 " hdb ; j.デニー、 hdcg ; bbウォーフィールド、聖書や神学研究;系統theologiesのc.ホッジ、 3世、 1-40 、およびl. berkhof 、四、四六五から七九; a. ringwaldら、 nidntt 、私は、 176ff 。 ; buchsel女性ら、 tdnt 、私は、 665ff 。 ; b.柚子は、新しい誕生します。


Regeneration再生

Advanced Information 高度情報

Scripture terms by which this work of God is designated:この仕事をどの啓典神のご利用が指定:

Proof that there is such a thing as is commonly called regeneration.このような証拠を手に入れるにはよく呼ばれるものとしては、再生します。

Proofs that believers are subjects of supernatural, or spiritual illumination.信者たちは、超自然的な話題を校正し、または精神的な照明です。

Proof of the absolute necessity of regeneration再生の絶対の必要性を証明


Regeneration再生

Catholic Information カトリックの情報

(Latin regeneratio; Greek anagennesis and paliggenesia). (ラテンregeneratio ;ギリシャ語anagennesisとpaliggenesia ) 。 Regeneration is a Biblico-dogmatic term closely connected with the ideas of justification, Divine sonship, and the deification of the soul through grace.再生は、密接に繋がってbiblico -独断的な用語の考え方を正当化、神の息子である、との魂を神格化の猶予します。 Confining ourselves first to the Biblical use of this term, we find regeneration from God used in indissoluble connection with baptism, which St. Paul expressly calls "the laver of regeneration" (Titus, iii, 5).最初に閉じ込め自分の聖書の用語を使用したことで、私たちの神からの検索で使用され再生永続的接続をバプテスマ、これ聖パウロ明示的に呼び出し、 "海苔の再生" (タイタス、 3 、 5 ) 。 In His discourse with Nicodemus (John 3:5), the Saviour declares: "Unless a man be born again of water and the Holy Ghost, he cannot enter into the kingdom of God."彼の談話をニコデモ(ヨハネの福音3時05分)は、救い主を宣言: "しない限り、男に生まれると聖霊の水を再び、彼の王国に入ることはできません神のです。 " In this passage Christianity from its earliest days has found the proof that baptism may not be repeated, since a repeated regeneration from God is no less a contradiction than repeated physical birth from a mother.最古のキリスト教から、この日間の通路が発見されないことがありますバプテスマの証拠を手に繰り返され、以来、神はないから繰り返し再生するよりも繰り返される物理的な矛盾の母親から生まれています。 The idea of "birth from God" enjoys a special favour in the Joannine theology.という考えを"神の誕生から" joannine enjoys 、特別な恩恵は、神学です。 Outside the Fourth Gospel (i, 12 sq.; iii, 5), the Apostle uses the term in a variety of ways, treating "birth of God" as synonymous now with the "doing of justice" (1 John 5:1, 4 sq.), and elsewhere deducing from it a certain "sinlessness" of the just (1 John 3:9; 5:18), which, however, does not necessarily exclude from the state of justification the possibility of sinning (cf. Bellarmine, "De justificatione", III, xv).外の4福音書(私は、 12平方;三、 5 )は、使徒に用語を使用して、さまざまな方法で、治療"誕生の神"と同義語として使用して今すぐは"正義" (ヨハネ5:1 、 4平方) 、および他の推測から、特定の" sinlessness "は、わずか( 1ジョン3 : 09 ; 5:18 )が、しかし、除外は必ずしもの状態を正当化の可能性をsinning ( cf.ベラルミーノ、 "デjustificatione " 、 3世、 15 ) 。 It is true that in all these passages there is no reference to baptism nor is there any reference to a real "regeneration"; nevertheless, "generation from God", like baptismal "regeneration", must be referred to justification as its cause.すべてのことは事実だが、これらの通路がないの参照を洗礼もなく、そのすべての参照を実際の"再生" ;にもかかわらず、 "世代からの神"のような洗礼"再生"は、言及を正当化しなければならないその原因です。 Both terms effectually refute the Protestant notion that there is in justification not a true annihilation, but merely a covering up of the sins which still continue (covering-up theory), or that the holiness won is simply the imputation of the external holiness of God or Christ (imputation theory).プロテスタントの両方の用語の概念を効果的に反論する正当な理由があるのだろうと、真の消滅は、しかし単なる罪を隠ぺいし、これも関わらず、引き続き(カバーする理論) 、またはは、神聖ウォンは、単に神の帰属は、外付けホーリネスまたはイエスキリスト(帰属理論) 。 The very idea of spiritual palingenesis requires that the justified man receive through the Divine generation a quasi-Divine nature as his "second nature", which cannot be conceived as a state of sin, but only as a state of interior holiness and justice.精神的に非常にアイデアを正当化する必要が原形を受ける人は神の世代を通じて自然を神として準彼の"第2の天性"をすることはできませんの状態を罪として考えられただけの状態をインテリアとして神聖と正義のです。 Thus alone can we explain the statements that the just man is assured "participation in the divine nature" (cf. 2 Peter 1:4: divinæ consortes naturæ), becomes "a new creature" (Galatians 5:6; 6:15), effects which depend on justifying faith working by charity, not on "faith alone" (sola fides).このように説明するだけでは私たちだけのステートメントは、男は安心"の参加は、神の自然" ( cf. 2ピーター1:4 : divinæ consortes naturæ ) 、が"新たな生き物" (ガラテヤ人への手紙5時06分; 6:15 )は、信仰の正当化効果に依存して作業を慈善団体ではなく、 "信仰だけ" ( sola品質保証) 。 When the Bible elsewhere refers regeneration to the Resurrection of Jesus Christ (1 Peter 1:3) or to "the word of God who liveth and remaineth forever" (1 Peter 1:23), it indicates two important external factors for justification, which have nothing to do with its formal cause.他のときに聖書を参照してイエスキリストの復活再生( 1ピーター1:3 ) 、または"神の言葉remaineth who livethと永遠に" ( 1ピーター1:23 )は、 2つの重要な外的要因の正当性を示し、これこれを行うには何もないの正式な原因です。 The latter text shows that the preaching of the Word of God is for the sinner the introductory step towards justification, which is impossible without faith, whereas the former text mentions the meritorious cause of justification, inasmuch as, from the Biblical standpoint, the Resurrection was the final act in the work of redemption (cf. Luke 24:46 sq.; Romans 4:25; 6:4; 2 Corinthians 5:16).本文によると、後者の言葉の説教は、神は罪人の導入を正当化一歩だ、これは不可能ななしの信仰は、元のテキストには、称賛に値するが、正当な理由が原因で発生する、 〜だけれども、聖書的な観点から、復活は、の最後の行動をとるの仕事を償還( cf.ルカ24:46平方;ローマ人への手紙4:25 ;午前6時04分、 2コリント書5:16 ) 。 To the above-mentioned ideas of regeneration, generation out of God, participation in the Divine nature, and re-creation, a fifth, that of Divine sonship, must be added; this represents the formal effect of justification and is crowned by the personal indwelling of the Holy Ghost in the justified soul (cf. Romans 5:5; 8:11; 1 Corinthians 3:16 sq.; 6:19, etc.).アイデアを、上記の再生、世代アウトオブゴッド、神の性質に参加する、との再創造は、第五に、神の息子であるが、追加する必要がありますが、これは、正当性と効果を正式に戴冠された個人留置の正当化は、聖霊の魂( cf.ローマ人への手紙5時05分;午前8時11分、 1平方コリンチャンス3:16 ;午前6時19分、等) 。 Since, however, this Divine sonship is expressly described as a mere adoptive sonship (filiatio adoptiva, ouiothesis; cf. Romans 8:15 sqq.; Galatians 4:5), it is evident that "regeneration from God" implies no substantial emerging of the soul from the nature of God as in the case of the eternal generation of the Son of God (Christ), but must be regarded as an analogical and accidental generation from God.以来、しかし、この神の息子であることが明示的に記述され、単なる養子息子であること( filiatio adoptiva 、 ouiothesis ;継続前誌です。ローマ人への手紙8:15 sqq 。 ;ガラテヤ人への手紙4時05分) 、それは明らかに"神からの再生"意味のない実質的新興自然の魂からの例のように、神の永遠の世代の神の息子(キリスト) 、しかし、しなければならないと見なされて不慮の世代からの類推神です。

As regards the use of the term in Catholic theology, no connected history of regeneration can be written, as neither Christian antiquity nor medieval Scholasticism worked consistently and regularly to develop this pregnant and fruitful idea.この点に関して、カトリック神学用語を使用する、接続の歴史を再生に書き込まれることは、キリスト教の古代や中世のスコラとしても一貫して作業を定期的にこの妊娠中の開発と有益な考えです。 At every period, however, the Sacrament of Baptism was regarded as the specific sacrament of regeneration, a concept that was not extended to the Sacrament of Penance.各期間中、しかし、バプテスマの聖礼典は、特定の聖餐式の再生と見なされる、という概念ではないの聖餐式を拡張して苦行です。 Irenæus repeatedly interprets the Pauline term "re-creation" as the universal regeneration of mankind through the incarnation of the Son of God in the womb of the Blessed Virgin.ポーリーンirenæus用語を繰り返して解釈し"再創造"として、人類の普遍的再生を通して神の化身の息子は、子宮の聖母です。 The idea of regeneration in the sense of individual justification is most conspicuous in the writings of St. Augustine.アイデアを再生するという意味の個々の正当性が最も顕著なのは、文章の聖アウグスティヌスです。 With an unrivalled keenness, he evolved the essential distinction between the birth of the Son of God from the substance of the Father and the generation of the soul from God through grace, and brought together into an organic association regeneration, with its kindred ideas, and justification (cf. eg "Enarr. in Ps. xlix", n. 2 in "PL", XXXVI, 565).無類のkeennessに、彼の本質的な進化にして生まれたかの区別の息子の神からの物質は、父との世代は、神からの魂を猶予し、有機協会の再生をまとめ、その類似のアイデア、と正当化( cf.例: " enarr 。 、 psのです。 49 " 、 2名で"ポーランド語" 、 36 、 565 ) 。 Like the Church, St. Augustine associates justification with faith working through charity, and refers its essence to the interior renewal and sanctification of the soul.教会のように、聖アウグスティヌスアソシエイツ作業を通じて慈善事業の正当性の信仰とは、その本質からして、インテリアの更新と魂の清浄化します。 Thus, St. Augustine is not only the precursor, but also the model of the Scholastics, who worked mainly on the ideas inherited from the great doctor, and contributed essentially to the speculative understanding of the mysterious process of justification.それゆえ、聖アウグスティヌスは、前駆体ではない、モデルをするだけでなく、 scholastics 、 who仕事のアイデアを中心に継承した偉大な医師を、本質的に貢献して投機筋の神秘的な過程の理解を正当化します。 Adhering strictly to the Bible and tradition, the Council of Trent (Sess. VI, capp. iii-iv, in Denzinger-Bannwart, "Enchiridion", 10th ed., 1908, nn. 795-6) regarded regeneration as fundamentally nothing else than another name for the justification acquired through the Sacrament of Baptism.聖書と伝統を厳格に遵守して、トレントの評議会( sess.六、キャップです。 Ⅲ 〜 Ⅳは、デンツィンガー- bannwart 、 "手引書" 、第10回エド。 、 1908 、 nn詳細についてです。七百九十五〜六)の再生として考えを根本的にほかならない後天性よりも別の名前を正当化するの洗礼の聖礼典です。 A characteristic view was that of the German Mystics (Eckhart, Tauler, Suso), who prefer to speak of a "birth of God in the soul", meaning thereby the self-annihilation of the soul submerging itself in the Divinity, and the resulting mystical union with God through love.対象の特徴は、ドイツの神秘主義(エックハルト、タウラー、ズーゾー) 、 who希望を話すのは"神が誕生したの魂"を意味するが、自己の消滅自体は、神の魂水没し、その結果神秘的な労働組合を通じて愛神です。

In Protestant theology, since the time of the Reformation, we meet great differences of opinion, which are of course to be referred to the various conceptions of the nature of justification.プロテスタントの神学は、宗教改革以来の時間を、私たち大きな意見の相違を満たすにはもちろんされる様々な概念を言及しているの性質を正当化します。 In entire accordance with his doctrine of justification by faith alone, Luther identified regeneration with the Divine "bestowal of faith" (donatio fidei), and placed the baptized infant on the same footing as the adult, although he could give no precise explanation as to the way in which the child at its regeneration in baptism could exercise justifying faith (cf. H. Cremer, "Taufe, Wiedergeburt und Kindertaufe", 2nd ed., 1901).全体の原則に基づいて彼の他力本願だけでも、ルーサー発見再生の神"信仰の贈り物" (信仰の贈与) 、および配置する幼児洗礼を受けた大人と同じ立場で、彼の正確な説明を与える可能性のないその子の道ではその正当化運動の再生に洗礼が信仰( cf.笠原クレーマー、 " taufe 、 wiedergeburt und kindertaufe " 、第2版、 1901 ) 。 Against the shallow and destructive efforts of Rationalism, which made its appearance among the Socinians about the end of the sixteenth century and later received a mighty impulse from English Deism, the German "Enlightenment", and French Encyclopedism, a salutary reaction was produced by the Pietists during the seventeenth and eighteenth centuries.反対する合理浅いと破壊の努力を、これはその外観間のsociniansについては、 16世紀の終わりに偉大な衝動およびそれ以降の受信理神から英語、ドイツ語"啓発" 、およびスペイン語百科事典は、有益な反応が産生される17と18世紀中にpietistsです。 Leaving far behind the old Protestant view, the Pietists (Spener, AH Francke, Zinzendorf) referred regeneration to the personal experience of justification in union with a sincere conversion to a new life, consisting especially in charitable activity.古いプロテスタントの背後に残しまで対象に、 pietists (シュペーナー、ああフランケ、ツィンツェンドルフ)個人的な経験を参照して再生が組合を正当化するために誠意を変換して新たな命を、特に慈善活動に構成します。 German Pietism, systematically cultivated by the so-called Hernhuter, exercised a beneficial effect on English Methodism, which went about securing and strengthening regeneration in "methodical fashion", and which undoubtedly performed good service in the revival of Christian piety.ドイツ語pietism 、系統的に栽培され、いわゆるhernhuter 、有益な効果を行使する英語メソジスト、それは何の確保と強化の再生については、 "整然としたやり方"とは確かに良いサービスを行うの復活をキリスト教の信心深さです。 Especially those sudden conversions--such as are even today striven for and highly prized in Methodist circles, the American revivals and camp meetings, the Salvation Army, and the German Gemeinschaftsbewegung, with all its excrescences and eccentricities--are preferentially given the title of regeneration (cf. E. Wacker, "Wiedergeburt und Bekehrung", 1893).特に突然のコンバージョン-今日のような努力は高く評価し、メソジスト界で、米国のr evivalsとキャンプミーティング、救世軍、ドイツ語とg emeinschaftsbewegung、すべてのe xcrescencesとe ccentricities-が与えられたのタイトルを優先再生( cf. e.ワッカー、 " wiedergeburt und bekehrung " 、 1893 ) 。 Since Schleiermacher the variety and confusion of the views concerning the character of regeneration in learned literature have increased rather than diminished; it is indeed almost a case of everyone to his own liking.シュライエルマッハー以来の多様性と混乱を再生さの文字を再生回数に関する文学を学んだというより減少したが増加;それは実際、ほとんど誰もが自分自身の好みの例です。 The greatest favour in Liberal and modern Positive theology is enjoyed by the theory of Albert Ritschl, according to which the two distinct moments of justification and reconciliation hold the same relation to each other as forgiveness and regeneration.リベラル派の最大の恩恵を享受さと近代的肯定的神学は、アルバートリッチュルの理論によると、 2つの明確な瞬間は、正当な理由と和解を保持するのと同じ、御赦しと関連して互いを再生します。 As soon as resistance to God is done away with in justification, and lack of trust in God--or, in other words, sin--is overcome in the forgiveness of sin, reconciliation with God and regeneration enter into their rights, thus inaugurating a new life of Christian activity which reveals itself in the fulfilment of all the obligations of one's station.神に抵抗するとすぐに、正当な理由がなくなる、と信頼の欠如、神の存在を-あるいは、換言すれば、罪-を克服するには罪の赦し、和解の再生に入ると、神と自分たちの権利は、このようにi n augurating新しい人生を明らかにキリスト教の活動自体のすべての義務の履行としては、 1つの駅です。

Turning finally to the non-Christian use of the term, we find "regeneration" in common use in many pagan religions.旋回最後に、非キリスト教という用語の使用は、私たち見つける"再生"の多くの異教の宗教の共通点を使用します。 In Persian Mithraism, which spread widely in the West as a religion of the soldiers and officials under the Roman Empire, persons initiated into the mysteries were designated "regenerated" (renatus).ミトラ教、ペルシャ語、これに広く普及が欧米では宗教は、ローマ帝国の兵士と関係者の下に、人の謎が指定開始を"再生" ( renatus ) 。 While here the word retains its ethico-religious sense, there was a complete change of meaning in religions which taught metempsychosis or the transmigration of souls (Pythagoreans, Druids, Indians), in these the reincarnation of departed souls was termed "regeneration".その言葉を保持しながら、ここethico -宗教的な意味では、完全な変化があったの宗教の意味を教え、または輪廻輪廻転生( pythagoreans 、 druids 、インディアン) 、これらの魂は、表現の生まれ変わりとディパーテッド"再生"です。 This usage has not yet entirely disappeared, as it is current among the Theosophists (cf. ER Hull, "Theosophy and Christianity", Bombay, 1909; and in connection therewith "Stimmen aus Maria-Laach", 1910, 387 sqq., 479 sqq.).この利用方法がまだ完全に消えて、これは現在の間のtheosophists ( cf. er船体、 "神智学協会とキリスト教" 、ボンベイ、 1909 ;との接続それをもって" stimmenオーストラリアマリア- laach " 、 1910 、 387 sqq 。 、 479 sqq 。 ) 。 This view should not be confounded with the use dating from Christ Himself, who (Matthew 19:18) speaks of the resurrection of the dead on the last day as a regeneration (regeneratio).このビューを使用することはできませんデートよりべらぼうにイエスキリスト自身、 who (マタイ19:18 )話すオブザデッドの復活の最後の日として再生( regeneratio ) 。

Publication information Written by J. Pohle.出版物の情報執筆者j. pohleです。 Transcribed by Karli Nabours. karli nabours転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.のは、カトリックの百科事典、第20巻12 。 Published 1911.公開1911 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.公認、 1911年6月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Conversion コンバージョン
Sanctification 神聖
Justification 正当化
Confession 告白
Salvation 救世

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです