Repentance後悔

General Information 総合情報

Repentance is a change of mind and of heart with regard to sin, so that there is a turning away from sin (Matt. 27:3; 2Cor. 7:9,10). Repentance is necessary to Salvation (Matt. 3:2,8; 4:17).後悔は、心と心の変化を罪に関しては、これが存在することをかかりすぎてからの罪( matt. 27:3 ; 2corです。 7:9,10 ) 。 後悔はする必要が救い ( matt. 3:2 、 8 ; 4:17 )です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Repent'ance repent'ance

Advanced Information 高度情報

There are three Greek words used in the New Testament to denote repentance.ギリシャ語の単語には3つの新約聖書で使用されて後悔を表す。 (1.) The verb metamelomai is used of a change of mind, such as to produce regret or even remorse on account of sin, but not necessarily a change of heart. ( 1 。 ) metamelomaiが使用され、動詞の心の変化を、遺憾の意を生産するなど、反省の上またはアカウントの罪も、これは必ずしも心臓を変更します。 This word is used with reference to the repentance of Judas (Matt. 27:3).この言葉が使用されるとの参照を、後悔のユダ( matt. 27:3 ) 。 (2.) Metanoeo, meaning to change one's mind and purpose, as the result of after knowledge. ( 2 ) 。 metanoeo 、 1つの心の意味を変更すると目的のために、後の結果としての知識です。 This verb, with (3) the cognate noun metanoia, is used of true repentance, a change of mind and purpose and life, to which remission of sin is promised.この動詞、 ( 3 )同族名詞回心、真の後悔が使用され、目的とする、心と生活の変化、寛解期の罪は約束をします。

Evangelical repentance consists of (1) a true sense of one's own guilt and sinfulness; (2) an apprehension of God's mercy in Christ; (3) an actual hatred of sin (Ps. 119:128; Job 42:5, 6; 2 Cor. 7:10) and turning from it to God; and (4) a persistent endeavour after a holy life in a walking with God in the way of his commandments.福音派の後悔は( 1 ) 、真の意味での罪悪感と自分自身の罪深さ、 ( 2 )に神の慈悲にイエスキリストの逮捕、 ( 3 )実際の憎悪の罪( ps. 119:128 ;仕事42:5 、 6 ; 2コーです。 7時10分)とそれを神からの転換、 ( 4 )持続的な努力をした後の生活にウォーキングを聖なる神の道のために、その戒めています。 The true penitent is conscious of guilt (Ps. 51:4, 9), of pollution (51:5, 7, 10), and of helplessness (51:11; 109:21, 22).後悔している人は、意識の真の罪悪感( ps. 51:4 、 9 ) 、汚染( 51:5 、 7 、 10 ) 、そして無力( 51:11 ; 109:21 、 22 ) 。 Thus he apprehends himself to be just what God has always seen him to be and declares him to be.このように彼自身のことだけは何apprehends神は常に彼を見たと彼を宣言します。 But repentance comprehends not only such a sense of sin, but also an apprehension of mercy, without which there can be no true repentance (Ps. 51:1; 130:4).しかし、後悔理解だけでなく、このような罪の意識、不安だけでなく、慈悲、真の悔い改めの余地はないが( ps. 51:1 ; 130:4 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです