Book of Revelation, Revelations, Apocalypse予約の啓示、啓示、アポカリプス

General Information 総合情報

The Book of Revelation is the last book of the New Testament of the Bible.この本の啓示は、新約聖書の最後の予約は、聖書のです。 Its title comes from the first verse of the text, "the revelation of Jesus Christ . . . to his servant John."そのタイトルの最初の詩からのテキストは、 "イエスキリストの啓示。 。 。 。 。彼の使用人のジョンです。 " The book is also called The Apocalypse, and it is the only piece of New Testament writing cast almost entirely in the apocalyptic mode.この本は、アポカリプスと呼ばれることも、それは、新約聖書のみ書き込み出演作品をほぼ完全には、終末論的モードで起動します。 Irenaeus states that Revelation was written during the reign of the Roman emperor Domitian, probably about AD 95.啓示が書かエイレナイオスでは、ローマ皇帝の治世中にドミティアヌス、おそらく約95の広告です。 Tradition asserts that the apostle Saint John wrote Revelation during his exile on Patmos.伝統的評価される彼の使徒セントジョン亡命中に啓示を書いたパトモス島です。 Some scholars do not accept this attribution because of the stylistic differences between Revelation and the other works attributed to John - the Gospel and Epistles.いくつかの学者はありません文体を受け入れるため、この帰属啓示と、他の作品の違いに起因するジョン-の福音との書簡です。

After a prologue, the book comprises two main parts.プロローグの後に、この本は、 2つの主要な部品です。 The first (chaps. 2 - 3) contains letters to the seven churches of Asia, warning them against false teachers and offering encouragement. The rest consists of a series of visions, replete with allegories, numbers and other symbols, and a strong eschatological message.の最初の( chaps. 2 -3 )文字を含むアジアの7つの教会、警告して反対偽教師と励ましを提供します。 、残りは、シリーズのビジョン、充実したa llegories、数字、および他のシンボル、との強いメッセージが表示さ終末論です。 These features are characteristic of the apocalyptic writing then in vogue.これらの機能は絶望的な書き込み特性を入力し、流行しています。

Interpretation of the Book of Revelation has been a source of much controversy.この本の解釈を啓示され、多くの論争の源です。 Some have held that it had a message only for the 1st century world.いくつかのメッセージが表示されていたが開かれた第1世紀の世界でのみです。 Others maintain that the book is a prophecy to be fulfilled totally in the future (see Millenarianism).他人を維持するには、この本は、完全に予言が果たされるの将来を(至福千年を参照) 。 Undoubtedly, John spoke to the situation of his day.確かに、ジョン話を彼の1日の状況です。 The letters to the seven churches indicate a situation of crisis, probably brought on by Roman persecutions of the Christians.の文字を7つの教会の危機状況を示す、おそらくによってもたらされた、ローマの迫害は、キリスト教徒です。 From his understanding of the revelation of God for his day, he painted a vision of God's final triumph over evil that has sustained many Christians in later eras.彼の理解をより神の啓示を彼の日、彼は神のビジョンの最後の塗装に克つ邪悪なことは、持続的な多くのキリスト教徒それ以降の時代です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In the Book of Revelation, John is interpreting the significance of the cross and resurrection for the future, be it near or distant.この本の啓示、ジョンは、通訳の十字架と復活の意義を将来的には、それに近いまたは遠い。 He declares their meaning for time and history until the end.彼はその意味を宣言するまでの時間と歴史の最後にします。 God is on his throne (chap. 4); Christ has won the victory (chap. 5); God is at work in the midst of apparent chaos (seals, trumpets, and bowls).神は彼の玉座上( chap. 4 ) ;イエスキリストは、ウォンの勝利( chap. 5 ) ;神は、職場の真っただ中に見掛け上のカオス(シール、トランペット、と丼) 。 The true victors are those called out in Christ from every tongue, nation, and people (chaps. 5, 20).これらの真の勝者は、イエスキリストと呼ばれるアウトでどこから見ても舌は、国、および人々 ( chaps. 5 、 20 ) 。 Although God's work in history has been hidden except to eyes of faith, the final stanza will reveal that all history has truly been his story (chaps. 17, 20).神の仕事の歴史が隠してきた信仰の目を除いて、すべての最後のstanzaは明らかにされた歴史は本当に彼の話( chaps. 17日、 20 ) 。 The victory won in history by the cross will be displayed in history by the return, and God will ultimately be revealed as all in all (chaps. 21, 22).歴史上の勝利のウォンされたクロスは、リターンされた履歴に表示されること、およびすべての神が最終的に解明されるすべての( chaps. 21日、 22 ) 。

Douglas Ezellダグラスezell

Bibliography 書誌事項
WJ Abraham, Divine Revelation and the Limits of Historical Criticism (1982); J Baillie, The Idea of Revelation in Recent Thought (1956); JW Bowman, The First Christian Drama: The Book of Revelation (1968); E Brunner, Revelation and Reason (1984); A Dulles, Models of Revelation (1983); J Ellul, Apocalypse: The Book of Revelation (1977); WJ Harrington, The Apocalypse of St. John: A Commentary (1969); WG Heidt, The Book of the Apocalypse (1962); G Moran, Theology of Revelation (1966); R Niebuhr, The Meaning of Revelation (1967). wjアブラハムは、神の啓示と歴史の限界を批判( 1982 ) ;無しbaillie 、最近の啓示のアイデアを考え( 1956 ) ; jwバウマン、キリスト教の最初のドラマ:本の啓示( 1968 ) ;メールブルナー、啓示と理由( 1984 ) ;をダレス、モデルの啓示( 1983 ) ;無しエリュール、アポカリプス:本の啓示( 1977 ) ; wjハリントン、聖ヨハネの黙示録:解説( 1969 ) ; WGのハイトは、予約の黙示録( 1962 ) ;グラムモラン、神学の啓示( 1966 ) ;研究ニーバー、の意味を啓示( 1967 ) 。


Book of Revelation予約の啓示

Brief Outline簡単な概要

  1. Christ the critic of the Churches (1:1-3:22)批評家は、イエスキリスト教会( 1:1-3:22 )
  2. Series of seals, trumpets and bowls; God's Judgment upon a world controlled by evil (4:1-16:21)シリーズのシール、トランペットや丼;神の判断に、世界で制御さ悪( 4:1-16:21 )
  3. Overthrow of evil society, religion and government in the destruction of Babylon and the defeat of the beast and his armies by Christ (17:1-21:8)社会悪の転覆、宗教や政府は、破壊とバビロンの敗北は、野獣と彼の軍隊をイエスキリスト( 17:1-21:8 )
  4. Establishment of the city of God, the Eternal Destiny of His people (21:9-22:5)シティオブゴッドの設立は、彼の永遠の運命の人々 ( 21:9-22:5 )
  5. Epilogue: appeal and invitation (22:6-21)エピローグ:アピールとの招待状( 22:6-21 )


Revela'tion revela'tion

Advanced Information 高度情報

Revelation is an uncovering, a bringing to light of that which had been previously wholly hidden or only obscurely seen.啓示は、明らかに、光をもたらすことを完全に隠したりされていた、以前は次のひっそりと見られるだけです。 God has been pleased in various ways and at different times (Heb. 1:1) to make a supernatural revelation of himself and his purposes and plans, which, under the guidance of his Spirit, has been committed to writing.喜んで神の様々な方法とされ、別の時期( heb. 1:1 )を作ると彼は自身の超自然的啓示を目的とする計画、これは、彼の精神の指導の下に、書き込みがコミットされた後にします。 (See WORD OF GOD.) The Scriptures are not merely the "record" of revelation; they are the revelation itself in a written form, in order to the accurate presevation and propagation of the truth. (神の言葉を参照。 )は、単に、聖書は、 "レコード"の啓示;彼らは自分自身が提出した書面にフォームの啓示は、注文やpresevation伝播して正確な真実です。 Revelation and inspiration differ.啓示とインスピレーション異なる場合があります。 Revelation is the supernatural communication of truth to the mind; inspiration (qv) secures to the teacher or writer infallibility in communicating that truth to others.啓示は、超自然的コミュニケーションの真実を心;インスピレーション( qv )確保して教師や作家の不可謬性の通信のことを他の真理です。 It renders its subject the spokesman or prophet of God in such a sense that everything he asserts to be true, whether fact or doctrine or moral principle, is true, infallibly true.それをレンダリングまたはそのアジ研の報道官はこのような神の預言者に意識しているすべての彼アサートされるtrueの場合、事実かどうかや教義や道徳的な原則がtrueの場合、完ぺきにtrueです。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Revela'tion = The Apocalypse予約のrevela'tion =黙示録

Advanced Information 高度情報

The Book of Revelation is the closing book and the only prophetical book of the New Testament canon.この本の閉会帳との啓示は、机上の予約は、新約聖書のみキヤノンします。 The author of this book was undoubtedly John the apostle.この本の著者は、間違いなくジョンの使徒です。 His name occurs four times in the book itself (1:1, 4, 9; 22:8), and there is every reason to conclude that the "John" here mentioned was the apostle.彼の名前が発生した4回は、本自体( 1:1 、 4 、 9 ;午前22時08分) 、およびすべての理由があるとの結論を下すには、 "ジョン"についての言及は、使徒です。 In a manuscript of about the twelfth century he is called "John the divine," but no reason can be assigned for this appellation.さについては、 12世紀の原稿と呼ばれる彼は"ジョンは神の、 "しかし、ない理由でこの名称に割り当てることが可能です。

The date of the writing of this book has generally been fixed at AD96, in the reign of Domitian.この評価をするのもおおむねこの本の執筆に固定さad96は、ドミティアヌスの治世のです。 There are some, however, who contend for an earlier date, AD 68 or 69, in the reign of Nero.には、いくつか、しかし、それ以前の日付who戦うため、広告の掲載68または69 、は、治世のNeroです。 Those who are in favour of the later date appeal to the testimony of the Christian father Irenaeus, who received information relative to this book from those who had seen John face to face.これらのwhoは、後の日付に賛成の証言に訴えるものがあるのは、キリスト教の父エイレナイオス、 who受信した情報をこの本から相対的にそれらのwhoジョンの顔を見た顔です。

He says that the Apocalypse "was seen no long time ago."彼によると、アポカリプス"が見られるの長い時間前。 " As to the relation between this book and the Gospel of John, it has been well observed that "the leading ideas of both are the same. The one gives us in a magnificent vision, the other in a great historic drama, the supreme conflict between good and evil and its issue. In both Jesus Christ is the central figure, whose victory through defeat is the issue of the conflict. In both the Jewish dispensation is the preparation for the gospel, and the warfare and triumph of the Christ is described in language saturated with the Old Testament The difference of date will go a long way toward explaining the difference of style."この本の間の関係をと福音のジョンは、よく観察され、 "アイデアの両方のリードは同じです。の1つの壮大なビジョンを与えてくれるし、他のは偉大で歴史的なドラマの中で最高の間の葛藤善と悪とその問題です。イエスキリストの両方では、中心人物で、その勝利を敗北は、問題の紛争のです。では、神の摂理の両方のユダヤ人のための準備、ゴスペル、との戦争を勝利に記載され、イエスキリスト言語飽和状態との違いは、旧約聖書の日付を向けて遠くまで行くのスタイルの違いを説明します。 " Plummer's Gospel of St. John, Introd.プラマーの聖ヨハネによる福音書、 Introd学です。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


General Revelation一般啓示

Advanced Information 高度情報

Revelation General is that divine disclosure to all persons at all times and places by which one comes to know that God is, and what he is like.一般的な情報開示を神の啓示は、時と場所を選ばずすべての人にはどの1つのことを知って神は、彼は何のようです。 While not imparting saving truths such as the Trinity, incarnation, or atonement, general revelation mediates the conviction that God exists and that he is self-sufficient, transcendent, immanent, eternal, powerful, wise, good, and righteous.真理ではありませんが流動性を節約などのトリニティ、化身か、または償い、一般啓示仲介という信念に基づいて、神が存在し、その彼は自給自足、並外れた、内在する、永遠の、強力で、賢明な、良い、と正義のです。 General, or natural, revelation may be divided into two categories: (1) internal, the innate sense of deity and conscience, and (2) external, nature and providential history.一般的に、または自然、啓示年5月2つのカテゴリーに分けられる: ( 1 )内部は、生来の感覚を神と良心、および( 2 )外付け、自然の摂理の歴史です。

Summary of Positionsの概要を掲載順位

Biblical Data聖書のデータ

In the OT Elihu's speech to Job (esp. Job. 36:24-37:24) draws attention to the rain that waters the earth, the thunder and lightning that strikes terror in the heart, the fury of a thunderstorm, and the brilliant shining of the sun following the storm's departure. ot elihu演説をするのは、仕事(超能力の仕事です。 36:24-37:24 )雨に注目して地球の水は、雷と雷がテロ攻撃の中心は、伝説の雷雨、およびザブリリアント次のように輝く太陽の嵐の出発です。 The text suggests that these natural phenomena attest the power, majesty, goodness, and severity of the creator God and that the data are there for all to behold (Job 36:25).これらの自然現象のテキスト示唆して証言のパワー、陛下、善良、との重症度とは、神の創造のすべてのデータを見張るものがある(仕事36:25 )です。 Moreover, God's address to Job (esp. Job 38:1-39:30) conveys the idea that natural phenomena (lightning, thunder, rain, snow), the daily rising of the sun, the majestic constellations in the heavens, and the complexity and harmonious interrelationships among the animal kingdom all attest the existence and glory of God.また、神のアドレスを仕事(超能力仕事38:1-39:30 )という考えを伝える自然現象(雷、雷、雨、雪)は、毎日の日の出は、雄大な星座は、天と、相互間の調和のとれた複雑さや動物の王国のすべての証言が存在すると神の栄光のです。

According to Ps.によると、 psのです。 19 God reveals himself through the two-volume book of nature (vss. 1-6) and book of the law (vss. 7-13). 19神明らかに上下2巻の本を通じて自分自身の自然( vss. 1-6 )で予約するのは法( vss. 7-13 ) 。 In the first volume we read, "The heavens declare the glory of God; the skies proclaim the work of his hands" (vs. 1).第一巻を読み、 "神の栄光の宣言して、天の空の仕事を自分の手を宣言" (対1 ) 。 That which the created order shows forth is the divine "glory" (kabod), namely, the external manifestation of God's inner being and attributes.注文示しているが、作成することは、神の"栄光" ( kabod ) 、すなわち、神の外部の症状の奥の存在と属性を設定します。 The revelation of God's glory through the heavens is declared to be perpetual or uninterrupted (vs. 2), wordless or inaudible (vs. 3), and world-wide in scope (vs. 4).神の啓示の栄光を介して、天は永久または中断宣言している(対2 ) 、または聞き取れない言葉では表せない(対3 ) 、およびワールドワイドでのスコープ(対4 ) 。 That Judaism held to a general revelation in nature is clear from Wisd.ユダヤ教の啓示を総合して開かれた自然界には、より明確なwisdです。 Sol.ソルです。 13:5: "The greatness and beauty of created things give us a corresponding idea of their Creator." 13時05分: "の偉大さと美しさを作成した問い合わせに対応する考えを与えることに創作します。 "

In the prologue to his Gospel, John makes two assertions about the eternal Word.プロローグは、彼の福音書を、ジョンに2つの主張については、永遠の言葉です。 First, "in him was life, and that life was the light of men" (1:4).最初に、 "彼は人生ており、その人生は、光の男性" ( 1:4 ) 。 And second, the Word is "the true light that gives light to every man who comes into the world" (1:9).と2番目に、言葉は"の真の光を与えるwhoに入ってくる光をすべての男の世界" ( 1時09分) 。 The Greeks identified the Logos as the divine power that energizes man's intellectual and moral life.発見のロゴとして、ギリシア人は神の力を人間の知的、道徳的な生活energizesです。 Wisdom, the parallel Jewish concept, was viewed as the power of God operative in the world to create, enlighten, and renew (cf. Wisd. Sol. 7:22-9:18).知恵、ユダヤ人の概念の並列、人気としては、手術に神の力を、世界を作成し、啓発、および更新( cf. wisdです。ソルです。 7:22-9:18 ) 。 Thus it seems likely that in John 1:4, 9 the apostle has in mind the universal work of the Logos whereby the human mind is divinely illumined so as to perceive God as a first principle, much the same as Calvin's "sense of divinity" or "seed of religion."このようにして高いようジョン1:4 、 9の使徒を念頭に置いて仕事をするの普遍のロゴですillumined神は人間の心は神として認識できるように第一原理は、カルバンと同じくらいの"センスの神性"または"宗教の種子。 "

Preaching to Gentiles at Lystra, Paul and Barnabas appealed to knowledge they and their hearers held in common as a result of general revelation: namely, that God is the creator of all things (Acts 14:15) and the providential provider of the necessities of life (vs. 17).説教をlystra gentilesは、ポールとバルナバ控訴をhearers知識彼らとその結果として開催された一般的な共通の啓示:すなわち、それは神の創造のすべてのもの(行為14:15 )とプロバイダは、必需品の摂理ライフ(対17 ) 。 In his kindly dealings with humankind God "has not left himself without testimony" (amarturon, vs. 17).彼の親切に取引を人類の神"さんは自分自身を左の証言" ( amarturon 、対17 ) 。 Similarly, in his address to pagan Athenians (Acts 17:24-31) Paul referred, as a point of contact, to truths his audience knew by virtue of God's universal self-disclosure in nature and history.同様に、彼のアドレスを異教のアテネ(行為17:24-31 )ポール言及、ポイントの連絡先として、彼の視聴者を真理の美徳を知っていたし、神の普遍的自己開示を自然と歴史です。 These include (1) God is the creator and sovereign of the universe (Acts 17:24); (2) he is self-sufficient (vs. 25a); (3) he is the source of life and all good (vs. 25b); (4) he is an intelligent being who formulates plans (vs. 26); (5) he is immanent in the world (vs. 27); and (6) he is the source and ground of human existence (vs. 28).これらのは、 ( 1 )神は、宇宙の創造と主権(行為17:24 ) ; ( 2 )彼は自給自足(対25a ) 、 ( 3 )生命の源であると彼はすべての良い(対25b ) 、 ( 4 )彼は、インテリジェントな計画の策定がwho (対26 ) 、 ( 5 )彼は、世界内在する(対27 ) 、および( 6 )のソースコードと地面に彼は人間の存在(対。 28 ) 。

In Rom.でROMから起動します。 2:14-15 Paul teaches that a further modality of general revelation is the implanted moral law attested to the heart by the faculty of conscience.ポール2:14-15教えては、より詳細なモダリティの一般啓示は、道徳律証明するように注入された教職員の良心の中心です。 All men are guilty of transgressing the law, Paul argues: the Jews because they have violated the law written on stone, and the Gentiles because they have failed to live by the moral law written on their hearts (cf. Rom. 1:32).すべての人が罪の有罪判決を法では、ポール主張:ユダヤ人のための法違反して書かれて石、とgentilesため、彼らは失敗しましたに住んで書かれ、かれらの心の道徳律( cf. ROMから起動します。 1:32 )です。 Communicated to each rational person by the power of conscience is the existence of a supreme Lawgiver and his moral requirements.それぞれの理性的な人に伝達される電力の呵責は最高立法者が存在すると彼の道徳的な要件です。

The clearest teaching that all people possess a rudimentary knowledge of God as creator occurs in Rom.最も明白な教育初歩的な知識を持つすべての人々が神の創作者としてROMとの互換性が発生します。 1:18-21. 1:18-21 。 Paul argues that through the universal revelation in nature God is "clearly seen" (vs. 20), "understood" (vs. 20), and "known" (vs. 19; cf. vs. 21).ポールと主張し、普遍的啓示を通じて自然の神は"はっきりと見られる" (対20 ) 、 "理解" (対20 ) 、および"既知の" (対19 ;継続前誌です。対21 ) 。 That which man gains knowledge of is defined as God's invisible qualities, his eternal power and divine nature (theiotes).その利益の知識をどの男は、目に見えない神の性質として定義されて、彼の永遠のパワーと神の性質( theiotes ) 。 The Greek noun theiotes, "divinity," signifies the totality of the perfections that comprise the Godhead.ギリシャ語名詞theiotes 、 "神性、 "全体の完成を意味する神格を構成する。 Moreover, the apostle claims that this elemental knowledge of God is acquired by rational reflection on the created order (vs. 20).また、使徒と主張し、この元素の知識を取得した神は、作成するために合理的反射(対20 ) 。 The word ginosko ("to know") used in vss.という言葉ginosko ( "を知って" )のVSSで使用されています。 19, 21 connotes to perceive with the senses and to grasp with the mind. 19日、 21日の感覚を知覚内包するとの考えを把握する。

Implications含意

Scriptures that the consistent response of the sinner when confronted with the truth-content of general revelation is to dismiss it from his consciousness (Rom. 1:21-32).経典は、整合性の反応に直面するときに、罪人の内容を一般的な啓示は、真理を退けることから彼の意識(ローマ1:21-32 ) 。 Thus instead of worshiping and obeying God, the unregenerate person asserts his own autonomy and fashions lifeless idols which he proceeds to venerate.このように、神に従うの代わりにworshipingとは、時代錯誤の人アサート自分自身の自律性とファッションの彼は収益をあがめるlifelessのアイドルです。 Whereupon God deliberately gives man over to the sordid impulses of his sinful nature (Rom. 1:24, 26, 28).すると神は、人間を故意に彼の罪深い自然の卑しむべきインパルス(ローマ1:24 、 26 、 28 ) 。 Instead of proving salvific, general revelation serves only to condemn the sinner and to establish his guiltworthiness before God (Rom. 1:20).証明救済の代わりに、一般啓示のみを提供している罪人と非難して彼のguiltworthinessを確立する前に、神(ローマ1:20 ) 。

But general revelation serves several salutary ends.しかし、いくつかの有益なサービス全般啓示を終了します。 (1) The universally implanted moral law provides the only authentic basis by which good and evil can be distinguished. ( 1 )の普遍的注入道徳律には、本格的にのみが善と悪を区別します。 The fact that good is enjoined and evil proscribed provides society with the only viable framework for existence.良いという事実は、差し止めと悪の追放を提供の枠組みを存続可能な社会に存在するだけです。 (2) Since all people possess a rudimentary knowledge of God, the Christian witness is assured that when he speaks to a sinner the notion of God is not a meaningless cipher. ( 2 )以来初歩的な知識を持つすべての人々の神は、キリスト教の目撃者が安心して話すときに彼は神の罪人の概念を無意味な暗号ではない。 And (3) general revelation provides the rational basis for God's saving revelation mediated by Christ and the Bible.および( 3 )一般的な啓示合理的な基盤を提供して、神の啓示を保存され、キリストと聖書の媒介します。 In this sense natural theology serves as the vestibule of revealed theology.この意味で自然神学啓示神学としての前庭です。

BA Demarest ba demarest
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
BC Berkouwer, General Revelation; E. Brunner, Revelation and Reason; BA Demarest, General Revelation.紀元前berkouwer 、一般的な啓示; e.ブルナー、啓示と理性; ba demarest 、一般的な啓示です。


Special Revelation特別な啓示

Advanced Information 高度情報

The midtwentieth century's revival of interest in special divine revelation occurs at a significant time in modern history. midtwentieth世紀の復活は特別の関心が神の啓示が発生した近代史に特筆すべき時期にします。 Naturalism has become a virile cultural force in both East and West.自然主義文学精悍な文化的な力となって東と西の両方にします。 In previous centuries the chief rivals of revealed religion were speculative idealism and philosophical theism; today the leading antagonists are materialistic communism, logical positivism, atheistic existentialism, and variant forms of Anglo-Saxon humanism.前世紀の長さのライバルは明らかに投機的観念論と宗教哲学が有神論;今日の主要拮抗薬は、唯物論的共産主義、論理実証主義、無神論の実存主義、およびその他の形態のヒューマニズムアングロサクソン人です。 Since communist philosophy refers the whole movement of events to economic determinism, the recovery of the Judeo-Christian emphasis on special historical revelation gains pointed relevance.共産主義の理念を参照して以来のイベントを経済全体の動きを決定論は、ユダヤキリスト教の回復に重点を置いて、特別な歴史的な啓示指摘妥当性の上昇です。

The Meaning of Revelationの意味を啓示

The term "revelaltion" means intrinsically the disclosure of what was previously unknown.この法律において" revelaltion "とはどのような本質的には、以前は次の開示不明です。 In Judeo-Christian theology the term is used primarily of God's communication to man of divine truth, that is, his manifestation of himself or of his will.ユダヤキリスト教神学の用語が使用され、主に男の通信を神の神聖な真実を、それは、彼自身または彼が現れています。 The essentials of the biblical view are that the Logos is the divine agent in all revelation, this revelation being further discriminated as general or universal (ie, revelation in nature, history, and conscience) and special or particular (ie, redemptive revelation conveyed by wondrous acts and words).聖書の必需品を対象には、神のエージェントロゴは、すべての啓示は、この啓示がより詳細な差別として全般またはユニバーサル(すなわち、啓示の自然、歴史、と良心)と特別な、または特定の(つまり、伝えられた贖いの啓示不思議な行為や言葉を) 。 The special revelation in sacred history is crowned by the incarnation of the living Word and the inscripturation of the spoken word.特別啓示の神聖な歴史が戴冠された化身オブザリビング単語と単語の読み上げinscripturationのです。 The gospel of redemption is therefore not merely a series of abstract theses unrelated to specific historical events; it is the dramatic news that God has acted in saving history, climaxed by the incarnate person and work of Christ (Heb. 1:2), for the salvation of lost humankind.償還による福音書は、そのための単なるシリーズの抄録論文無関係に特定の歴史的なイベントではなく、劇的なニュースで、神が行動履歴の保存、 climaxed人と仕事をされたイエスキリストの化身( heb. 1:2 ) 、失われた人類の救いになっています。 Yet the redemptive events of biblical history do not stand uninterpreted.聖書の歴史はまだありませんの贖いのイベントを解釈されていないスタンドはありません。 Their authentic meaning is given in the sacred writings, sometimes after, sometimes before the events.彼らは、本物の聖典の意味が与えられ、時にはした後、時にはの前にイベントです。 The series of sacred acts therefore includes the divine provision of an authoritative canon of writings, the sacred Scriptures, providing a trustworthy source of knowledge of God and of his plan.このシリーズの神聖な行為を規定するためには、神の権威あるキヤノンの文章は、神聖な経典、信頼できる情報源の知識を提供する、神との彼の計画です。

Despite the distinction of general and special revelation, God's revelation is nonetheless a unity, and it must not be artificially sundered.にもかかわらず、全般との区別は特別な啓示は、神の啓示は、それにもかかわらず、団結し、人工出発したことはできません。 Even prior to man's fall, Adam in Eden was instructed by specially revealed statutes (eg, to be fruitful and multiply, to eat and not to eat of certain fruit).男の秋の前にも、アダムがエデンは、明らかに指示された特別法(例えば、実り多いものとされる乗算、を食べるのではなく、特定の果物を食べる) 。 In view of man's corruption, after the fall any one-sided reliance simply on general revelation would be all the more arbitrary.男の腐敗を対象に、秋の後にいずれか1つを全般的な信頼性だけで他のすべての啓示は任意です。 Yet we are not on that account to minimize the fact and importance of general revelation, on which the Bible insists (Ps. 19; Rom. 1-2).我々はまだありませんていないという事実と、そのアカウントを最小限に抑えるための重要性を一般的な啓示は、聖書の主張には、 ( ps. 19 ; ROMから起動します。 1-2 ) 。 But taken alone the so-called theistic proofs have led few men to the living God.しかし、撮影だけで、いわゆる有神論証拠がいくつかの男性主導の生活を神します。 The assumption of Thomas Aquinas that God can be known by natural reason apart from a revelation of Jesus Christ may be viewed, in fact, as an unwitting preparation for the revolt of early modern philosophy against special revelation and its contrary emphasis solely on general revelation.トマスアクィナス神の仮定は、その理由は自然で知られるイエスキリストの啓示は別に人気があります、実際には、反乱のための準備として気付かないの早期現代哲学に対する特別な啓示とその逆だけで一般的な啓示を強調します。 The many types of speculative theism and idealism arising in the wake of this emphasis were only temporarily able to hold a line against the decline to naturalism.有神論と、多くの種類の投機的観念論は、次の重点を受けて提起された行のみを保持することを一時的に反対する自然主義を拒否する。

While the Bible indeed affirms God's general revelation, it invariably correlates general revelation with special redemptive revelation.確かに肯定が、聖書の神の一般啓示は、相互に関連して一般的な啓示を常に特別な贖いの啓示です。 It declares at one and the same time that the Logos is creator and redeemer (John 1). 1つのことを宣言すると、同じ時間では、ロゴは、創作者と救い主(ヨハネ1 ) 。 It does not present general revelation on the thesis that the true knowledge of God is possible to fallen man through the natural light of reason apart from a revelation of Christ, but rather introduces general revelation alongside special revelation in order to emphasize man's guilt.現在の一般的なことはありません啓示を検索する論文を、神の真の知識が可能に倒れた男を通じて、自然光の理由は別にキリストの啓示ではなく、むしろ一般的な啓示の横に紹介するために特別な啓示男の罪悪感を強調しています。 Thus the Scripture adduces God's unitary revelation, general and special, to display man's true predicament; he is a finite creature with an eternal destiny, made for spiritual fellowship with God, but now separated from his maker by sin.したがって、ユニタリー神の啓示啓典adduces 、一般、特別、人間の真の苦境を表示する;彼は、有限の生き物に永遠の運命は、神と交わりを持つが、精神的な、しかし、今彼のメーカーから分離され罪です。

Special revelation is redemptive revelation. It publishes the good tidings that the holy and merciful God promises salvation as a divine gift to man who cannot save himself (OT) and that he has now fulfilled that promise in the gift of his Son in whom all men are called to believe (NT). 贖いの特別な啓示は、啓示です。吉報の伝達を公表することは、神聖にして慈悲深く、神の救いの約束として、神の贈り物を男who自分自身を保存することはできません( ot )とその彼は今すぐに果たされることを約束し、彼の息子の才能がある人すべての人を信じると呼ばれる( NT )のです。 The gospel is news that the incarnate Logos has borne the sins of doomed men, has died in their stead, and has risen for their justification.福音は、ニュースの化身のロゴが負担するのは、罪の運命の男性が死亡してステッドし、その正当性が上昇します。 This is the fixed center of special redemptive revelation.これは、固定センターの特別償却の啓示です。

False Views of Revelation偽再生回数の啓示

Christian theology has had to protect the biblical view of special revelation against many perversions.キリスト教神学には聖書の対象を保護するための特別な啓示を多くのperversions 。 Platonic preoccupation with "eternal ideas" accessible to men by rational contemplation alone, plus the disregard of history as a meaningful arena of events, tended to militate against essential elements of the biblical view, viz., divine initiative and particularity, and redemptive history as a carrier of absolute revelation.プラトニックな関心事は"永遠のアイデア"男性を合理的熟考するだけでアクセスできるように、プラスの意味を無視したアリーナのイベントとしての歴史が、反対する傾向が影響を及ぼす重要な要素は、聖書のビューで、 viz 。 、神のイニシアチブを取り、特殊、および贖いの履歴としてキャリアの絶対的な啓示です。 The idealistic notion that God's revelation is given only generally, that it is a universally accessible idea, is destructive of biblical emphases such as the particularity of special revelation and a historical sequence of special saving events (climaxed by the incarnation, atonement, and resurrection of Christ as the unique center of redemptive revelation).理想主義的な考えを、神の啓示が与えられただけ一般的には、普遍的にアクセスすることは考え、聖書の未来の大切なのは、破壊的特殊性などの特別な啓示と歴史的なシーケンスの特別な貯蓄のイベント( climaxedされた化身、償い、との復活イエスキリストの贖いのセンターとしてのユニークな啓示)です。 Eighteenth century rationalism revived the notion of pre-Christian Greek idealism that historical facts are necessarily relative and never absolute, and that revelation consequently is to be divorced from historical actualities and identified with ideas alone. 18世紀合理主義の概念を復活プレキリスト教の歴史的事実は、必ずしもギリシャ語の相対的観念論が、決して絶対ており、その結果が啓示される歴史的な現実と袂を分かつことなく、新しいアイデアだけで識別します。 While still professing to speak of Christian revelation, this form of rationalism dissolved the essential connection of special revelation with historical disclosure. professingを話すながら、キリスト教の啓示は、このフォームの合理解散の本質的な接続の特別な啓示を歴史的な情報開示します。

Moreover, it freely abandoned crucial aspects of redemptive history without protest to the destructive critics.また、自由に捨てられた贖いの歴史の重要な側面を破壊せずに抗議し、批評家です。 And it surrendered the defense of the uniqueness or once-for-allness of special revelation in deference to the notion that revelation is always and only general.降伏すると独自の防衛のために、または一度に敬意を表して十全の特別啓示啓示の概念には常に全般のみです。 Wherever Christianity has been confronted by idealistic speculations of this kind, it has had to contend against a determination to dissolve the central significance of the virgin birth, unique divinity, atoning death, and bodily resurrection of Christ.キリスト教のどこに直面されてきたこの種の理想主義的な思索、戦うことを決意してきた、中央の重要性を解消するの処女懐胎、ユニークな神性、 atoning死は、イエスキリストの復活と肉体的です。 Since revelation was equated necessarily with a universal manifestation, every historical event was regarded simply as one of many reflections (in lower or higher degree) of this general principle, while an absolute revelation in some particular strand or at some particular point of history was arbitrarily excluded.以来equated啓示は、必然的に対応するユニバーサル現れ、すべての歴史的なイベントは考えの一つとして、単に多くの反射(またはそれ以上度が低い)は、次の一般的な原則は、絶対的な啓示の中にはいくつかの特定の鎖またはいくつかの特定のポイントの歴史は、恣意的除外されます。

Modern evolutionary theory, on the other hand, has attached new importance to the historical process.現代の進化理論的には、その一方で、新規の重要性を添付するには歴史的なプロセスです。 But this concern for history also has generally been pursued on presuppositions hostile to the biblical view.しかし、この歴史にも関心を追求おおむねpresuppositions敵対して聖書を表示します。 The tendency to exalt evolution itself into an ultimate principle of explanation works against the recognition of a fixed center or climax of history in the past.進化する傾向に拍車を称賛する究極の原理を説明自体に反対する作品の認識の歴史を固定センターやクライマックスを編集して項目です。 While history may be approached with sentimental notions of hidden divinity, and major turning-points in the long sweep of events singled out as providential, the secred redemptive history of the past is leveled to the plateau of other elements in history, and history as a whole is no longer understood in revelation to the unique revelation of God in Christ as its center. 5月に接近中の歴史に隠された神性感傷的概念、および主要なターニングポイントに白羽の矢が立つの長いイベントとして摂理のは、編集して項目をsecred贖いの歴史を破壊して高原は、歴史上の他の要素との歴史を全体で解釈されては、もはやこのユニークな啓示を神の啓示がイエスキリストを中心です。

In fact the tendency to view reason itself only as a late emergent in the evolutionary process suppresses the biblical declaration that reality itself has its ultimate explanation in the Logos (John 1:3), and in effect contravenes the doctrine of rational divine revelation.実際には自分自身の傾向を表示するだけの理由としては、後半創発的進化の過程を抑制する聖書の宣言を現実そのものには、究極の説明は、ロゴ(ヨハネ1:3 ) 、および合理的で効果contravenesの教義の神の啓示です。 That is why the question of the nature and significance of mind is one of the crucial problems of contemporary philosophy in its bearing upon both Christian and communist philosophy.それゆえ、問題の本質と意義を心は1つの重要な問題が発生する現代哲学、その両方をキリスト教と共産主義の哲学軸受です。 The modern philosphical revolt against reason, anchored first in skeptical theories about the limitations of human knowledge of the spiritual world and then in skeptical theories about the limitations of human knowledge of the spiritual world and then in evolutionary dogmas, has an obvious bearing upon the Christian contention that God communicates truths about himself and his purposes.現代philosphicalに反乱を起こす理由から、最初に停泊の制限については、懐疑的な理論の知識を人間の精神世界と入力し、懐疑的な理論での制限については、人間の知識は、精神世界と入力し、進化の教義に、軸受には、明白な時は、キリスト教競合が神の真理については自分自身と彼の目的と通信します。

While it is the case that Christianity in contending for special revelation is concerned for spiritual decision between Jesus Christ and false gods, and not merely for an acceptance of certain revealed truths, yet the Christian movement does not on that account demean the importance of divinely revealed doctrines.中には、キリスト教の場合は競合関係に特別な啓示は、イエスキリストの精神的な意思決定と偽りの神々の間ではなく、単に特定の啓示の真理を受け入れて、まだありませんは、キリスト教の動きはありませんし、そのアカウントに落として、神の力の重要性を明らかに教説です。 Christian experience involves both assensus (assent to revealed doctrines) and fiducia (personal trust in Christ).キリスト教の経験は、両方のassensus (明らかに同意する教説)とfiducia (個人的な信頼をイエスキリスト) 。 Moreover, saving trust is impossible without some authentic knowledge of God (Heb. 11:6; I Cor. 15:1-4; Rom. 10:9).また、保存するのは不可能にいくつかの信頼関係の知識を本物の神( heb. 11 : 06 ;私コーです。 15:1-4 ; ROMから起動します。 10時09分) 。

Since Schleiermacher's day Protestant theology has been influenced repeatedly by antiintellectualistic strands in modern philosophy, especially by such thinkers as Kant, James, and Dewey.プロテスタントの神学シュライエルマッハーの日以来の影響を繰り返してきた現代哲学の鎖をantiintellectualistic 、特にこのような思想家としてカント、ジェームズ、デューイ。 Schleiermacher's formulas, that we know God only in relation to us and not as he is in himself, and that God communicates life and not doctrines, have been influential in encouraging an artificial disjunction in many Protestant expositions of special revelation.シュライエルマッハーの数式は、神のみ知ることに関連して先としてではなく、彼は自分自身ており、その通信の生活ではなく、神教説は、人工的にも影響力を奨励選言啓示の多くのプロテスタントの特別展示します。 Although often striving to advance beyond these restrictions, more recent existential and dialectical expositions nonetheless do not consistently rise above the quicksands of a merely relational theology.頻繁に努力を進めるものの、これらの制限を超え、他の最近の実存主義と弁証法的展示の上に上昇にもかかわらず一貫していない、単なるリレーショナルquicksands神学です。

Revelation as Rational啓示として合理的

Because of its implications for rational revelation the traditional identification of the Bible as the word of God written has been especially repugnant to contemporary neo-orthodox theology.そのために合理的意味を聖書の啓示として、従来の身分証明書を書かされ、神の言葉は特に気に食わないネオ正統派の神学を現代的です。 It is contended that Jesus Christ alone should be identified as the Word of God, and that to speak of Scripture in this way demeans Christ.これは一人に対し、イエスキリストをすべきである神の言葉として識別されており、その啓典を話すのdemeansこのようにイエスキリストです。 The evangelical Protestant, however, distinguishes carefully between the logos theou and the rhema theou, that is, between the ontological Word incarnate and the epistemological word inscripturate.プロテスタントの福音派は、しかし、慎重に区別theouとの間のロゴrhema theou 、それは、単語の間に存在論と認識論の権化inscripturate単語です。 The motives for the neo-orthodox complaint are, in fact, speculative rather than spiritual.ネオの動機は、正統派の苦情には、実際には、投機的というより精神的です。 For the witness of Scripture, to which neo-orthodox dogmaticians profess to appeal, is especially damaging to their case here.目撃者の啓典を、ネオ正統派を公言dogmaticiansにアピールする、彼らの場合は特に、ここに損傷を与える。 The OT prophets consistently speak of their words as the words of God, using the formula "Thus saith the Lord" with untiring regularity. ot一貫して話すの預言者の言葉を神の言葉として、使用して、数式"このように、主sayの三人称単数直説法現在形"と不屈の規則です。 The NT apostles, moreover, speak of divine revelation in the form of difinite ideas and words (cf. I Thess. 2:13, where the Thessalonians are said to have "received the word of God which you heard from us not as the word of men but as...the word of God"; cf. also Rom. 3:2, where Paul characterizes the OT as "the oracles of God").のNTの使徒、また、神の啓示の形で話すのアイデアや言葉のdifinite ( cf.私thess 。 2:13 、どこのthessaloniansには最後に"神を受け取ったという言葉を聞いたことのない言葉より先男性のしかし、神の言葉として... " ;継続前誌です。もROMから起動します。 3:2 、ここでポールot特徴として、 "神のoracles " ) 。 The disciples also spoke of Scripture as divine revelation and, in fact, had the sacred example and authority of Jesus Christ for so doing.啓典のスポークの弟子としても神の啓示と、実際には、神聖な例と権威は、イエスキリストはそうすることです。 Jesus identified his own words with the word of the Father (John 14:34) and spoke of Scripture as the word of God (John 10:35).彼自身の言葉を発見イエスキリストの言葉の父(ヨハネ14:34 )と発言した神の言葉として啓典(ヨハネ10:35 ) 。 The Biblical nowhere protests against the identification of Scripture with revelation, but rather supports and approves this identification.聖書のどこに抗議の身分証明書の啓典を啓示ではなく、むしろ、この身分証明書の承認をサポートします。 The neo-orthodox tendency to look upon Scripture as simply witness to revelation, in fact, contravenes the historic Christian view that the Bible itself is a form of revelation specially provided for man in sin as an authentic disclosure of the nature and will of God.正統派の新傾向の目撃者を探すだけに啓典を啓示として、実際には、キリスト教の歴史contravenes対象は、聖書の啓示自体が特別に提供する形の男が本物の開示を罪としての性質とは神のです。

From all this it is clear how significant is the Christian assertion that the laws of logic and morality belong to the imago Dei in man.このことは明らかであるからすべての方法については、キリスト教の重要な主張を論理と道徳の法律に基づいて成虫に所属してデイの男です。 Christian theology has always been under biblical compulsion to affirm the identity of the Logos with the Godhead, and to find a connection between God as rational and moral and the form and content of the divine image in man.キリスト教神学は常に強制されて聖書の身元を確認して、神性のロゴ、およびを見つけるとの間の接続を神として道徳的かつ合理的とコンテンツのフォームのイメージは、神の男です。 That Jesus Christ is himself the truth; that man bears the divine image on the basis of creation and that this image while distorted by sin is not destroyed; that the Holy Bible is a rational revelation of the nature of God and his will for fallen man; that the Holy Spirit uses truth as a means of conviction and conversion, all these facts indicate in some measure the undeniable premium assigned to rationality by the Christian religion.そのイエスキリストは、自分自身の真実;あの男のクマのイメージに基づいて、神の創造と、このイメージが歪曲さ罪ではない破壊;は、聖書は、合理的啓示は、自然の神と神の意志を倒れた男;は、聖霊の有罪判決を使用する手段として、真理とコンバージョンは、すべてこれらの事実を示すいくつかの測定して合理性を否定できない保険料は、キリスト教の宗教に割り当てられている。 Yet human reason is not viewed as a source of truth; rather, man is to think God's thoughts after him.まだ人間の源としての人気の理由ではない真実ではなく、人間は神の考えをした後を考えていた。 Revelation is the source of truth, and reason, as illuminated by the Spirit, the instrument for comprehending it.啓示は、ソースの真実、との理由としての精神にライトアップされ、その楽器を理解してください。

Contemporary theology is marked by its reaffirmation of the priority of revelation to reason.現代神学は、スパムの優先順位を再確認され、啓示を理由です。 In this respect it is distinguished from the liberal Protestant dogmatics of the nineteenth century, which tended to view human reason as a selfsufficient and independent criterion.この点で区別することはリベラル派のプロテスタントの教義学は、 19世紀は、人間の理性の傾向を表示するselfsufficientや独立系の基準としてします。 Some neo-Thomistic studies today restate the philosophy even of Thomas Aquinas so as to set the usual summary of his approach, "I understand in order to believe," in a context of faith.いくつかの新研究thomistic今日再びトマスアクィナスの哲学さえ、いつものように設定する彼のアプローチの概要を、 "私を理解するためにと信じ、 "信仰のコンテキストです。 The Thomistic hostility to innate ideas, and the Thomistic support for knowledge of God by the way of negation and the way of analogy are, however, firmly reasserted. thomistic敵意を持って生まれたのアイデア、とthomisticのサポートをされ、神の道のための知識を否定し類推の邪魔をするには、しかし、しっかりとreassertedです。 Protestant theology, heavily influenced by Karl Barth and Emil Brunner, now characteristically reasserts the priority of revelation over reason.プロテスタントの神学、カールに大きく影響を受ける範囲とエミールブルンナー、今すぐreasserts特徴の優先順位を啓示以上の理由です。 Thus the epistemological formulas representative of Augustine ("I believe in order to understand") and of Tertullian ("I believe what is absurd," ie, to the unregenerate man) are much in the climate of current theological dialogue.したがって、数式認識論アウグスティヌスの代表者( "私を理解するために存在を信じる" )とのテルトゥリアヌス( "私は何が不合理な、 "つまり、時代錯誤の男を)は、現在の多くの神学的対話の気候です。 But the modern tendency to exaggerate the transcendence of God, by way of revolt against the classic liberal overstatement of divine immanence, subserves the Tertullian more than the Augustinian formula.しかし、現代的な傾向を過大評価するの超越神の、古典的なリベラルな過大に反抗する神の内在、テルトゥリアヌスsubservesの数式以上のアウグスティノ会です。 The historic Christian confidence in a revealed world-and-life view takes its rise from a prior confidence in the reality of rational divine revelation.キリスト教の歴史を明らかに世界の信頼を生命とする対象は、その前の上昇からの信頼を神の啓示の現実を合理的です。 The modern tendency to veer toward a doctrine of revelation whose locus is to be found in an immediate existential response, rather than in an objectively conveyed Scripture, thwarts the theological interest in biblically revealed doctrines and principles from which an explanatory view of the whole of reality and life may be exposited.近代的な傾向を教義の啓示に向かって突進するが、その座を即座に発見される実存主義の応答ではなく、啓典は、客観的に伝え、神学的に関心をbiblically thwartsの教説と原則を明らかにする説明の表示から、全体の現実と人生exposited年5月にします。 Thus it is apparent that a recovery of confidence in the intelligible integration of the whole of life's experiences depends significantly upon a virile sense of the actuality of rational divine revelation.このことは明白での信頼を回復して理解を統合することによって全体の生活の経験を大幅に合理男らしいの意味での実際の託宣です。

CH Henryあなたのヘンリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
J. Baillie, The Idea of Revelation in Recent Thought; J. Calvin, Institutes of the Christian Religion, 1.6-9; CFH Henry, "Divine Revelation and the Bible," in Inspiration and Interpretation, ed. j. baillie 、最近の啓示のアイデアを考え; j.カルバン、機関は、キリスト教の宗教、 1.6〜9 ; cfhヘンリーは、 "神の啓示と聖書の、 "インスピレーションとの解釈では、エドです。 JF Walvoord, and (ed.), Revelation and the Bible; PK Jewett, Emil Brunner's Concept of Revelation; H. Kraemer, Religion and the Christian Faith; BB Warfield, Revelation and Inspiration; HD McDonald, Theories of Revelation and Ideas of Revelation. jf walvoord 、および(編) 、啓示と聖書; pkジューエット、エミールブルンナー啓示の概念;笠原クラーメル、宗教とは、キリスト教信仰; bbウォーフィールド、啓示とインスピレーション; hdマクドナルド、理論やアイデアを啓示の啓示です。


Apocalypseアポカリプス

Catholic Information カトリックの情報

Apocalypse, from the verb apokalypto, to reveal, is the name given to the last book in the Bible.アポカリプス、 apokalyptoからの動詞、を明らかには、与えられた名前の最後の予約は、聖書をします。 It is also called the Book of Revelation.これは予約の啓示と呼ばれることもあります。

Although a Christian work, the Apocalypse belongs to a class of literature dealing with eschatological subjects and much in vogue among the Jews of the first century before, and after, Christ.多くの人がキリスト教の仕事は、アポカリプスに属しているクラスの文学を扱う終末論科目との間で流行して多くのユダヤ人の世紀の最初の前に、とした後、イエスキリストです。

AUTHENTICITY真正

The author of the Apocalypse calls himself John.自称黙示録の著者であるジョンです。 "John to the seven churches which are in Asia" (Ap., i, 4). "ジョンは、 7つの教会がアジアで" ( ap. 、私、 4 ) 。 And again, "I, John, your brother and your partner in tribulation . . . was in the island which called Patmos, for the word of God" (i, 9).と再び、 "私、ジョン、あなたの弟として、パートナーの試練。 。 。 。 。はパトモス島と呼ばれるその島は、神の言葉は、 " (私は、 9 ) 。

The Seer does not further specify his personality.より詳細に指定して凡てを見透さ彼の人柄はありません。 But from tradition we know that the Seer of the Apocalypse was John the Apostle the son of Zebedee, the Beloved Disciple of Jesus.しかし、私たちからの伝統を知っているして凡てを見透さアポカリプスはジョンゼベダイの息子の使徒は、イエスキリストの最愛の弟子である。 At the end of the second century the Apocalypse was acknowledged by the historical representatives of the principal churches as the genuine work of John the Apostle. 2番目の世紀末黙示録のは、歴史的に認定され、校長の教会の代表者として、正規の仕事のジョンの使徒です。

In Asia, Melito, Bishop of Sardis, one of the Seven Churches of the Apocalypse, acknowledged the Revelation of John and wrote a commentary on it (Eusebius, Hist. Eccl., IV, 26).アジアでは、メリート、司教のサルディス、 1つの黙示録の7つの教会、ジョンと認識して書いた啓示の解説して(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 4世、 26 ) 。 In Gaul, Irenaeus firmly believes in its Divine and Apostolic authority (Adversus Haer., V, 30).でガウル、エイレナイオスをしっかりと考え、その神とローマ教皇の権威( haer反対します。 、 V電源、 30 ) 。 In Africa, Tertullian frequently quotes Revelation without apparent misgivings as to its authenticity (C. Marcion, III, 14, 25).アフリカでは、テルトゥリアヌス頻繁に引用符を明らかに啓示の真正性を懸念( c. marcion 、 3世、 14 、 25 ) 。 In Italy, Bishop Hippolytus assigns it to the Apostle St. John, and the Muratorian Fragment (a document about the beginning of the third century) enumerates it along with the other canonical writings, adding, it is true, apocryphal Apocalypse of St. Peter, but with the clause, quam quidam ex nostris in ecclesia legi nolunt.イタリアでの司教ヒッポリュトスの使徒聖ヨハネ、それを代入し、 muratorianフラグメント(ドキュメントについては、第3世紀初め)を列挙するとともに、他の正規の記述に加え、それがtrueの場合、作り話の黙示録のサンピエトロ大聖堂、しかし、句、いかにnostrisの種類の例ecclesia legi noluntです。 The Vetus Itala, moreover, the standard Latin version in Italy and Africa during the third century, contained the Apocalypse.リストは古く、また、ラテン語のバージョンを、標準の3番目の世紀のイタリアやアフリカの中に、含まれてアポカリプスです。 In Egypt, Clement and Origen believed without hesitation in its Joannine authorship.エジプトでは、原産地クレメントと考えられてjoannineちゅうちょせずに、その原作者です。 They were both scholars and men of critical judgment.二人とも学者と男性の重要な判断です。 Their opinion is all the more valuable as they had no sympathy with the millennial teaching of the book.彼らの他のすべての貴重な意見としては彼らの1000年間の授業がない同情する書籍です。 They contented themselves with an allegorical interpretation of certain passages but never ventured to impugn its authority.彼ら自身に満足寓話の解釈の特定の通路impugnしかし、決してその権限を思い切っています。

Approaching more closely the apostolic age we have the testimony of St. Justin Martyr, about the middle of the second century.接近するとより密接な年齢の使徒聖我々はジャスティン殉教者の証言は、 2番目の世紀の半ばごろです。 From Eusebius (Hist. Eccl., IV, xviii, 8), as well as from his dialogue with the Jew, Tryphon (c. 81), held in Ephesus, the residence of the apostle, we know that he admitted the authenticity of the Apocalypse.よりユーセビアス( hist. eccl 。 、 4 、 18 、 8 )からだけでなく、彼のユダヤ人との対話、 tryphon ( c. 81 ) 、開催されたエフェソスは、住居の使徒、私たち知っている彼の信ぴょう性を認めた黙示録のです。 Another witness of about the same time is Papias, Bishop of Hierapolis, a place not far from Ephesus.別の目撃者のpapiasについては、同じ時間は、司教のヒエラポリス、エフェソスの場所は程遠い。 If he himself had not been a hearer of St. John, he certainly was personally acquainted with several of his disciples (Eusebius, Hist. Eccl., III, 39).されていない場合は、全聴に彼自身の聖ヨハネ、彼は確かにいくつかの面識がある彼の弟子(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3世、 39 ) 。 His evidence however is but indirect.しかし彼は、しかし、間接的な証拠です。 Andreas, Bishop of Caesarea, in the prologue to his commentary on the Apocalypse, informs us that Papias admitted its inspired character.アンドレアス、司教のcaesarea 、プロローグには、彼の解説をアポカリプス、通知先にそのインスピレーションを認めたpapias文字です。 From the Apocalypse undoubtedly Papias derived his ideas of the millennium, on which account Eusebius decries his authority, declaring him to have been a man of limited understanding.アポカリプスから派生papias間違いなく彼のアイデアは、ミレニアムは、上でアカウントをユーセビアスdecries彼の権威、宣言された彼の男の初回限定を理解します。 The apostolic writings which are extant furnish no evidence for the authenticity of the book.現存するローマ教皇の記述がない証拠を提出するの信ぴょう性に予約します。

ARGUMENTS AGAINST ITS AUTHENTICITY引数反対の真正性

The Alogi, about AD 200, a sect so called because of their rejection of the logos-doctrine, denied the authenticity of the Apocalypse, assigning it to Cerinthus (Epiphanius, LI, ff, 33; cf. Iren., Adv. Haer., III, 11, 9).のアロゴス派、約200の広告は、いわゆる宗派の拒絶反応をするためにロゴ-教義、黙示録の信ぴょう性を否定して、それを割り当てるケリントス(聖エピファニオス、李ファカルティフェロー、 33 ;継続前誌です。イレーンです。 、前売します。 haerです。 、 3 、 11 、 9 ) 。 Caius, a presbyter in Rome, of about the same time, holds a similar opinion.キーズは、ローマの長老、同じくらいの時間で、保持、同様の意見です。 Eusebius quotes his words taken from his Disputation: "But Cerinthus by means of revelations which he pretended were written by a great Apostle falsely pretended to wonderful things, asserting that after the resurrection there would be an earthly kingdom" (Hist. Eccl., III, 28).ユーセビアス彼の論争から、彼の言葉を引用符: "しかし、彼はケリントスを暴露することによって書かれた大きなふりを装って虚偽の使徒素晴らしいもの、と主張した後の復活には、この世の王国" ( hist. eccl 。 、 3世、 28 ) 。 The most formidable antagonist of the authority of the Apocalypse is Dionysius, Bishop of Alexandria, disciple of Origen.最も手ごわい拮抗薬の黙示録のは、ディオニュシオスの権威を、アレクサンドリアの司教、弟子の原産地です。 He is not opposed to the supposition that Cerinthus is the writer of the Apocalypse.彼ではないと仮定してケリントスに反対しては、作家の黙示録のです。 "For", he says, "this is the doctrine of Cerinthus, that there will be an earthly reign of Christ, and as he was a lover of the body he dreamed that he would revel in the gratification of the sensual appetite". "を" 、と彼は言います、 "これは、教義のケリントス、それにはイエスキリストがこの世の治世中に、彼は、恋人との体の彼の夢を楽しむことの喜びを彼は、官能的な食欲"です。 He himself did not adopt the view that Cerinthus was the writer.彼自身との見解を採用しなかったケリントスは、作家です。 He regarded the Apocalypse as the work of an inspired man but not of an Apostle (Eusebius, Hist. Eccl., VII, 25).彼は黙示録のインスピレーションとしての仕事をする人がいないの使徒(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 7 、 25 ) 。 During the fourth and fifth centuries the tendency to exclude the Apocalypse from the list of sacred books continued to increase in the Syro-Palestinian churches.第4世紀から5世紀の中の黙示録的な傾向を除外する書籍のリストから、継続的に増加させる神聖なsyro -パレスチナの教会です。 Eusebius expresses no definite opinion.ユーセビアス表現の明確な意見を持つ。 He contents himself with the statement: "The Apocalypse is by some accepted among the canonical books but by others rejected" (Hist. Eccl., III, 25).彼は自分自身の声明の内容: "黙示録の間では、いくつかの受け入れを拒否する他の標準図書しかし、 " ( hist. eccl 。 、 3世、 25 ) 。 St. Cyril of Jerusalem does not name it among the canonical books (Catech. IV, 33-36); nor does it occur on the list of the Synod of Laodicea, or on that of Gregory of Nazianzus.聖エルサレムの聖キュリロスはありません名前を付けます間の正典( catech. 4 、 33-36 ) ;も発生する可能性が表示されたリストのことは、会議のラオディケアか、または上のナジアンゾスの聖グレゴリオです。 Perhaps the most telling argument against the apostolic authorship of the book is its omission from the Peshito, the Syrian Vulgate.おそらく最も手応えのある議論に反対するローマ教皇の原作者からの予約は、不作為peshito 、シリアの流布本です。 But although the authorities giving evidence against the authenticity of the Apocalypse deserve full consideration they cannot annul or impair the older and unanimous testimony of the churches.しかし、当局は、証拠の信ぴょう性に与えるアポカリプス本格的な検討に値するまたは廃止することはできません満場一致の証言を損なうとの古い教会です。 The opinion of its opponents, moreover, was not free from bias.その反対派の意見を、また、バイアスはないから無料です。 From the manner in which Dionysius argued the question, it is evident that he thought the book dangerous as occasioning crude and sensual notions concerning the resurrection.ディオニュシオスのように主張したからではという質問に、これは明らかに危険だと思ったの予約occasioning原油と官能的な概念としての復活です。 In the West the Church persevered in its tradition of apostolic authorship.は、西の教会の伝統をperseveredは、ローマ教皇の原作者です。 St. Jerome alone seemed to have been influenced by the doubts of the East.聖ジェロームだけに影響されるようにも疑問の東です。

THE APOCALYPSE COMPARED WITH THE FOURTH GOSPEL比較すると、第四の黙示録福音書

The relation between the Apocalypse and the Fourth Gospel has been discussed by authors, both ancient and modern.アポカリプスとの関係、第4福音書の間に議論されてきた作家、古代と現代の両方です。 Some affirm and others deny their mutual resemblance.いくつかの断言するなど、相互の類似性を否定する。

The learned Alexandrine Bishop, Dionysius, drew up in his time a list of differences to which modern authors have had little to add.学んだアレキサンダー格の司教、ディオニシウス、ドリューリストを表示するに自分の時間の違いを現代の作家を追加する機会がほとんどない。 He begins by observing that whereas the Gospel is anonymous, the writer of the Apocalypse prefixes his name, John.彼は観測を開始したが、ゴスペルは匿名で、その作家の黙示録の接頭辞、彼の名前、ジョン。 He next points out how the characteristic terminology of the Fourth Gospel, so essential to the Joannine doctrine, is absent in the Apocalypse.彼は次の特徴的な用語をどのように指摘して4番目、ゴスペル、 joannineように欠かせないの教義は、欠席は、アポカリプスです。 The terms, "life", "light", "grace", "truth", do not occur in the latter.の条件、 "生活" 、 "光" 、 "グレース" 、 "真実"は、後者の発生する可能性はありません。 Nor did the crudeness of diction on the part of the Apocalypse escape him.また、 crudenessの話し方を参考にするためにエスケープアポカリプスていた。 The Greek of the Gospel he pronounces correct as to grammar, and he even gives its author credit for a certain elegance of style.彼の福音のギリシャ語の文法を正しいものとpronounces 、と彼は更にその著者の功績を、特定の優美な文体です。 But the language of the Apocalypse appeared to him barbarous and disfigured by solecisms.しかし、言語の黙示録の登場を彼と野蛮なsolecisms disfiguredされています。 He, therefore inclines to ascribe the works to different authors (Hist. Eccl., VII, 25).彼は、そのため傾斜を別の作家の作品をものとみなす( hist. eccl 。 、 7 、 25 ) 。

The upholders of a common authorship reply that these differences may be accounted for by bearing in mind the peculiar nature and aim of each work. upholdersの返信は、共通の原作者の割合は、これらの違いを軸受年5月に特有の自然や目的を念頭に置いて、それぞれの仕事です。 The Apocalypse contains visions and revelations.黙示録のビジョンと啓示が含まれています。 In conformity with other books of the same kind, eg the Book of Daniel, the Seer prefixed his name to his work.に適合する他の書籍と同じように、例えば、書籍のダニエルは、彼の名前を接頭辞して凡てを見透さ彼の仕事です。 The Gospel on the other hand is written in the form of an historical record.福音の上、他の手が書かれている形で歴史的な記録です。 In the Bible, works of that kind do not bear the signature of their authors.聖書は、そのような作品をクマの署名はありませんが作者に帰属します。 So also as regards the absence of Joannine terminology in the Apocalypse.これに関しても、不在joannine的な用語としては、アポカリプスです。 The object of the Gospel is to prove that Jesus is the life and the light of the world, the fullness of truth and grace.このオブジェクトは、福音書はイエスキリストを証明することは、人生と照らし合わせて、世界は、真実とグレース膨満のです。 But in the Apocalypse Jesus is the conqueror of Satan and his kingdom.しかし、イエスキリストは、征服者の黙示録悪魔と彼の王国です。 The defects of grammar in the Apocalypse are conceded.黙示録の文法では、欠陥が譲歩します。 Some of them are quite obvious.いくつかのことは極めて明白です。 Let the reader but notice the habit of the author to add an apposition in the nominative to a word in an oblique case; eg iii, 12; xiv, 12; xx, 2.しかし、注意してて、リーダーの癖を同格の著者を追加するには、単語を指名して斜めケース;例えば、 3世、 12 、 14 、 12 ;イグゼクス、 2 。 It further contains some Hebrew idioms: eg the Hebrew equivalent to erchomenos, "the one that is to come", instead of esomenos, i, 8.それより詳細を含むいくつかのヘブライ語慣用句:例: erchomenosヘブライ語に相当する"の1つにはに来る" 、 esomenosの代わりに、私は、 8 。 But it should be borne in mind that when the Apostle first came to Ephesus he was, probably wholly ignorant of the Greek tongue.しかし、それを念頭に置いて負担すべきであることを初めて来たときに使徒エフェソス彼は、おそらく、ギリシャの舌を完全に無知なのです。

The comparative purity and smoothness of diction in the Gospel may be adequately accounted for by the plausible conjecture that its literary composition was not the work of St. John but of one of his pupils.純粋さと滑らかな言葉遣いの比較は、ゴスペルの割合は5月に十分にもっともらしい憶測されることはないの組成の文学作品の1つの聖ヨハネしかし、彼の生徒です。 The defenders of the identity of authorship further appeal to the striking fact that in both works Jesus is called the Lamb and the Word.原作者の擁護者のアイデンティティをより詳細に訴えるものがある事実に目を見張るの両方で動作イエスキリストは子羊と呼ばれる単語です。 The idea of the lamb making atonement for sin by its blood is taken from Isaiah 53.子羊のメーカーのアイデアは、罪の償いをされ、血液中からはイザヤ書53 。 Throughout the Apocalypse the portraiture of Jesus is that of the lamb.イエスキリストを通してアポカリプスの肖像画は、子羊のです。 Through the shedding of its blood it has opened the book with seven seals and has triumphed over Satan.その血をはじくことがこの本を開いて7つのシールとは、サタンtriumphed以上です。 In the Gospel Jesus is pointed out by the Baptist as the "Lamb of God . . . him who taketh away the sin of the world" (John 1:29).イエスキリストの福音を指摘してバプテストとしては、 "神の子羊。 。 。 。 。彼の罪をwho taketh込むの世界" (ヨハネ1:29 ) 。 Some of the circumstances of His death resemble the rite observed in the eating of the paschal lamb, the symbol of redemption.彼の死の状況をいくつかの儀式に見立てて観察されたのは、食べ過ぎ越しの小羊は、償還のシンボルです。 His crucifixion takes place on the selfsame day on which the Passover was eaten (John xviii, 28).彼のはりつけが行われるが、同じ日には、食べ過ぎ(ヨハネの福音18 、 28 ) 。 Whilst hanging on the cross, His executioners did not break the bones in His body, that the prophecy might be fulfilled: "no bone in it shall be broken" (John 19:36).十字架上のつりながら、彼のexecutioners休憩しなかった彼の体の骨が、その予言が果たされるかもしれない: "いいえ骨が壊れてしなければならない" (ヨハネ19:36 ) 。 The name Logos, "Word", is quite peculiar to the Apocalypse, Gospel and first Epistle of St. John.ロゴの名前は、 " word "で、黙示録のは非常に特有の、最初の信徒の聖ヨハネの福音書とします。 The first sentence of the Gospel is, "In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God".福音の最初のセンテンスのは、 "初めは、単語、との言葉は神と神の言葉は"です。 The first epistle of St. John begins, "That which was from the beginning which we have heard . . . of the word of life".聖ヨハネの最初の手紙が始まれば、 "これは、最初から聞いていきたいと考えています。 。 。 。 。は、単語の生活"です。 So also in the Apocalypse, "And his name is called the Word of God" (19:13).また、アポカリプスので"と呼ばれる彼の名前は神の言葉" ( 19:13 )です。

TIME AND PLACE時と場所を

The Seer himself testifies that the visions he is about to narrate were seen by him whilst in Patmos.自分自身の先見者の証言は、彼は会社のビジョンを物語るのが目撃されながら彼はパトモス島です。 "I John . . . was in the island which is called Patmos for the word of God and for the testimony of Jesus" (1:9). "私のジョン。 。 。 。 。は、その島パトモス島と呼ばれる神の言葉は、イエスキリストの証言で、 " ( 1時09分) 。 Patmos is one of the group of small islands close to the coast of Asia Minor, about twelve geographical miles from Ephesus.パトモス島の1つのグループには、小さな島の海岸に近いアジアのマイナー、約12マイルから地理的エフェソスです。 Tradition, as Eusebius tells us, has handed down that John was banished to Patmos in the reign of Domitian for the sake of his testimony of God's word (Hist. Eccl., III, 18).伝統、ユーセビアスを教えてくれる、口碑には、ジョンは追放をドミティアヌスの治世パトモス島は、彼の証言をするために神の御言葉( hist. eccl 。 、 3世、 18 ) 。 He obviously refers to the passage "for the word of God and for the testimony of Jesus" (i, 9).彼の通過を参照して明らかに"神の言葉は、イエスキリストの証言で、 " (私は、 9 ) 。 It is true that the more probable meaning of this phrase is, "in order to hear the word of God", etc., and not "banished because of the word of God", etc., (cf. i. 2).それは事実だが、この言葉の意味を他の予想は、 "神のために言葉を耳にする"などではなく、 "追放のために神の言葉"など、 ( cf. i. 2 ) 。 But it was quite natural that the Seer should have regarded his banishment to Patmos as prearranged by Divine Providence that in the solitude of the island he might hear God's word.しかし、それは当然の先見者は、彼の追放を考えパトモス島には事前に決められた神の摂理としての孤独して、島の神の言葉に聞こえるかもしれないです。 The tradition recorded by Eusebius finds confirmation in the words of the Seer describing himself as "a brother and partaker in tribulation" (i, 9).見つかったの伝統を記録したユーセビアス確認は、自分自身の言葉を記述して凡てを見透さとして"兄と相伴に試練" (私は、 9 ) 。 Irenaeus places the Seer's exile in Patmos at the end of Domitian's reign.エイレナイオスの場所に亡命して凡てを見透さパトモス島のドミティアヌスの治世の終わりにします。 "Paene sub nostro saeculo ad finem Domitiani imperii" (Adv. Haer., V. 4). "最後にsaeculoノストロpaeneサブdomitiani imperii " ( adv. haer 。 、 v. 4 ) 。 The Emperor Domitian reigned AD 81-96.天皇在位広告八十一から九十六ドミティアヌスです。 In all matters of Joannine tradition Irenaeus deserves exceptional credit.すべての事柄の優れた与信joannine伝統エイレナイオス値する。 His lifetime bordered upon the Apostolic age and his master, St. Polycarp, had been among the disciples of St. John.彼の生涯の境に、ローマ教皇の年齢と彼のマスター、聖polycarpいた間の弟子の聖ヨハネのです。 Eusebius, chronicling the statement of Irenaeus without any misgivings, adds as the year of the Seer's exile the fourteenth of Domitian's reign.ユーセビアス、記録のステートメントの懸念エイレナイオスことなく、年を追加して凡てを見透さとしての亡命者は14ドミティアヌスの治世のです。 St. Jerome also, without reserve or hesitation, follows the same tradition.聖ジェロームまた、ためらいなく準備や、次のように伝統と同じです。 "Quarto decimo anno, secundam post Neronem persecutionem movente Domitiano, in Patmos insulam relegatus, scripsit Apocalypsim" (Ex libro de Script. Eccl). "四つ折りdecimoヒジュラ、 secundamポストneronem persecutionem movente domitianoは、パトモス島insulam relegatus 、 scripsit apocalypsim " (例リブロデスクリプトです。 eccl ) 。 Against the united testimony of these three witnesses of tradition the statement of Epiphanius placing the Seer's banishment in the reign of Claudius, AD 41-54, appears exceedingly improbable (Haer., li, 12, 33).対米、これらの3つの目撃者の証言の伝統のステートメントの聖エピファニオスの国外追放を配置して凡てを見透さクラウディウスの治世中に、広告の掲載41-54 、非常にありそうにないが表示されたら( haer. 、李、 12 、 33 ) 。

CONTENTS内容

(1) THE SEVEN CHURCHES ( 1 )の7つの教会

1:1-3. 1:1-3です。 Title and description of the bookその本のタイトルと説明を

The revelation made by Jesus the Messias to John.イエスキリストの啓示のmessiasを作ったジョン。

1:4-9. 1:4-9です。 Salutationあいさつ

Salutation prefatory to the seven Epistles, wishing the churches the grace and the peace of God and Jesus.序文の7つの挨拶の書簡を、希望の教会の平和と神の恵みとイエスキリストです。

1:9-20. 1:9-20 。 The vision of Jesus as the Son of manイエスキリストのビジョンとしての息子の男

The portrait is taken from Daniel 10 and Henoch 46.ダニエルからの肖像は10とヘーノホ46 。 Cf.継続前誌です。 the phrases, "one like the son of man" (Apocalypse 1:13, Daniel 10:16 and 7:13); "girded with gold" (Apocalypse 1:13; Daniel 10:5); "eyes like flames of fire" (Apocalypse 1:14; Daniel 10:6); "a voice like that of a multitude" (Apocalypse 1:15; Daniel 10:6); "I fell down like one senseless" (Apocalypse 1:17; Daniel 10:9); "and he touched me" (Apocalypse 1:17, Daniel 10:18); "hair white like wool" (Apocalypse 1:14; Daniel 7:9; Henoch 46:1).のフレーズ、 " 1つのように息子の男" (黙示録1:13 、ダニエル10:16 、午前7時13分) ; "巻いたゴールド" (黙示録1:13 ;ダニエル10時05分) ; "の目のような炎の火災" (黙示録1:14 ;ダニエル10時06分) ; "のような多数の声" (黙示録1:15 ;ダニエル10時06分) ; "私が倒れたような1つの無意味な" (黙示録1:17 ;ダニエル10 : 9 ) ; "と彼は私に触れ" (黙示録1:17 、ダニエル10:18 ) ; "髪の毛のように白い羊毛" (黙示録1:14 ;ダニエル7時09分;ヘーノホ46:1 ) 。

2:1-3:22. 2:1-3:22です。 The Epistles, to the seven Churchesこの書簡は、 7つの教会を

The Churches are Ephesus, Smyrna, Pergamum, Thyatira, Sardis, Philadelphia, and Laodicea.エフェソスの教会は、スミュルナ、ガマ、 thyatira 、サルディス、フィラデルフィア、とラオディケアです。 The Epistles are short exhortations to the Christians to remain steadfast in their faith, to beware of false apostles and to abstain from fornication and from meat offered to idols.この書簡は短いexhortationsを不動のキリスト教徒が自分たちの信仰を維持する、用心はfalseを使徒と密通を慎むことをアイドルから肉の提供です。

(2) THE BOOK WITH THE SEVEN SEALS ( 2 )の予約が7つのシール

Chapters 4 and 5.チャプター4と5をします。 The vision of God enthroned upon the Cherubim The throne is surrounded by twenty-four elders.神のビジョンenthroned時の玉座のケルビム24年上の人に囲まれています。 In the right hand of God is a scroll sealed with seven seals.し、右側の神の手は、 7つのシールで封をスクロールします。 In the midst of the Cherubim and the elders the Seer beholds a lamb, "agnus tamquam occisus", having on its throat the scar of the gash by which it was slain.ケルビムの真っただ中にあると見るにして凡てを見透さ子羊の長老、 " agnus tamquam occisus " 、のどの傷跡のことは、それが殺害されたのガッシュされています。 The Seer weeps because no one either in heaven or on earth can break the seals.泣くこともできないして凡てを見透さていないため、地球上で1つのいずれかまたは天国のシールを破ることです。 He is comforted on hearing that the lamb was worthy to do so because of the redemption it had wrought by its blood.彼は慰めには、立派な子羊の聴聞会は、これを行うには、特典交換ていたため、その血によってもたらされた。 The portrait of the throne is taken from Ezechiel 1.の肖像が使用されるの玉座のezechiel 1 。 Compare in both accounts the description of the four beasts.比較の両方で獣の4つのアカウントの説明をします。 They resemble a lion, an ox, a man, and an eagle.彼らをライオンに見立てて、牛では、男性と、イーグル。 Their bodies are full of eyes (cf. Revelation 4:8; and Ezekiel 10:12).自分の体がいっぱいの目( cf.啓示4時08分、およびエゼキエル10:12 ) 。 The twenty-four elders were probably suggested by the twenty-four courses of priests ministering in the Temple.おそらく2004年の長老が示唆された24のコースで同寺の僧ministeringです。 The lamb slain for the sins of mankind is from Isaias 53.殺害されたの子羊の罪をisaias人びとの中には53からです。

Chapters 6 and 7. 6および7章です。 The seven seals and the numbering of the Saints At the opening of four seals, four horses appear. 7つの番号シールと、聖人の冒頭の4つのアザラシ、 4つの馬が表示されます。 Their colour is white, black, red, and sallow, or green (chloros, piebald).その色は白、黒、赤、と土色になるか、または緑色( chloros 、まだら)です。 They signify conquest, slaughter, dearth and death.彼ら意味を征服、虐殺、不足や死に至る。 The vision is taken from Zach., vi, 1-8.その構想は、ザックからです。 、 6 、 1-8 。 At the opening of the fifth seal the Seer beholds the martyrs that were slain and hears their prayers for the final triumph. 5番目の開口部は、シールして凡てを見透さが殺害されたと見るの殉教者の祈りを聞いての最後の勝利です。 At the opening of the sixth seal the predestined to glory are numbered and marked.シールは、 6番目の開口部のpredestinedに引導を渡すは、番号やスパムです。 The Seer beholds them divided into two classes.して凡てを見透さ見るそれら2つのクラスに分けられています。 First, 144,000 Jews, 12,000 of every tribe.第一に、 144000ユダヤ人、 12,000のすべての部族です。 Then a numberless multitude chosen from all nations and tongues.入力し、無数の群衆の中から選ばれたすべての国と舌です。

Chapters 8 and 9. 8日と9章です。 The seventh seal第7回シール

After the interval of about half an hour, the seventh seal is broken; seven angels issue forth, each one holding a trumpet.の後に、 1時間間隔の約半分、第7回シールが壊れて;七天使流れ出す、それぞれ1つの所蔵するトランペットです。 The sounding of the first four trumpets causes a partial destruction of the elements of nature.トランペットの音が最初の4つの要素が原因で、部分的に破壊する自然現象です。 One-third of the earth is burned, as also one-third of the trees and all the grass.地球の3分の1がやけどを負ったとしても、 3分の1のすべての木々や草です。 One-third of the sea becomes blood (cf. Exodus 7:17). 3分の1が血の海( cf.出エジプト記7:17 ) 。 One-third of the rivers is turned into water of wormwood.川の3分の1を水のモグサが有効になっています。 One-third of the sun, moon, and stars is obscured, causing one-third of the day to be dark (cf. Exodus 10:21). 3分の1の太陽、月、および星印が不明瞭な場合、その日の3分の1の原因は暗い( cf.出エジプト記10:21 ) 。 At the sounding of the fifth trumpet locusts ascend from the abyss.トランペットは、 5番目の水深を登ってからバッタジアビスです。 Their work is to torment men for five months, They are specially charged not to touch the grass.その仕事は苦痛の男性を5ヵ月間、彼らは特別に請求しないように芝生にタッチする。 Their shape is that of horses (Joel 2:4) their teeth like those of lions (Joel 1:6), their hair like the hair of women.その形状は、馬(ジョエル2時04分)の歯のようなライオンズ(ジョエル1時06分) 、自分の髪のように髪の女性です。 They have the tails of scorpions where with to chastise man.彼らはどこにサソリのしっぽの男をひどくしかる。 The command over them is held by the Angel of the Abyss, named Abaddon, the destroyer.以上のコマンドにはエンジェルオブジアビス保有して、名前の底なし穴は、駆逐艦です。 At the sound of the sixth trumpet the four angels chained at the Euphrates are let loose.トランペットの音は、 6番目の4つの鎖につながれた天使たちは、ユーフラテス川は勝手です。 They lead forth an army of horsemen.彼らリード陸軍の騎手に記載します。 By the fire which the horses spit out and by their tails which are like serpents, one-third of mankind is killed.火災は、馬されると、そのしっぽを吐き出すようなヘビは、人類の3分の1が死亡しています。 After the sixth trumpet there are two digressions.トランペットした後、 6回には2つの脱線です。 (1) The angel standing on the land and the sea. ( 1 )の天使陸と海の上に立つ。 He swears that at the sound of the seventh trumpet the mystery will be completed.彼は宣誓には、第7回トランペットの音の謎が自動的に完了します。 He hands to the Seer a little book.彼は少し手を予約して凡てを見透さです。 When eaten by him it is found sweet to taste, but bitter when once devoured.彼ことが見つかったときに食われて甘い味、しかし、苦いdevouredときに一度です。 Taken from Ezech., ii. ezechからです。 、 Ⅱ 。 8; iii, 3. 8 ; 3世、 3 。 (2) The contamination of the court of the Temple by the heathens. ( 2 )の汚染された同寺の裁判所のheathensです。 It lasts three and a half years.それは3年半です。 Taken from Dan., vii, 25; ix, 27; xii, 7-11.ダンからです。 、 7 、 25 ; 9世、 27 、 12 、 7-11 。 During that time two witnesses are sent to preach in Jerusalem. 2つの目撃者が送信される時にその時、エルサレムを説く。 They are the two olive-trees foretold by Zach., iv, 3,11.彼らは2つのオリーブの木ザック前から予報されています。 、四、 3,11 。 At the end of their mission they are slain by the beast.彼らの使命の終わりに殺害された彼らは野獣です。 They are raised to life after three and a half days (= years).彼らは生活に引き上げられたとき半後に3つの日中に( =年間) 。 The seventh trumpet is now sounded, the nations are judged and the kingdom of Christ is established.第7回トランペットの音は、現在、国が判断するとキングダムオブイエスキリストが確立されます。

(3) THE DIVINE DRAMA ( 3 )は神のドラマ

First Act.第1幕です。 Chapters 12-14 12-14章

The lamb, the woman, and her seed; and opposed to them, the dragon, the beast from the sea, and the beast from the land.の子羊、女性は、と彼女の種子、およびそれらに反対して、龍は、ビーストからの海と、その中から獣の土地です。 The main idea is taken from Gen., iii, 15.からの主なアイデアはGen 。と、 3世、 15 。 "I will put enmities between thee (the serpent) and the woman, and thy seed and her seed". "わたしは、なたの間に置くenmities (ヘビ)との女性、となたの種子と彼女の種子"です。 The woman is arrayed in heavenly splendour; a crown of twelve stars on her head and the sun and the moon under her feet (cf. Gen. xxxvii, 9, 10).その女性は天のアレイで豪華;王冠12星印を彼女の頭とされ、太陽と月を見ました彼女のフィート( cf. Gen 。と37 、 9 、 10 ) 。 She is in travail.彼女は産気づいています。 Her first-born is destined to rule all the nation (Psalm 2:8, 9).生まれは彼女の最初のすべての国を統治する運命(詩篇第2時08分、 9 ) 。 She herself, and her other seed, are persecuted for three and a half years by the great dragon who tries to kill them.彼女自身、と彼女の他の種子は、 3年半の迫害された巨大な龍を殺すwhoしようとします。 The great dragon is Satan (Genesis 3:1).この巨大な龍はサタン(創世記3:1 ) 。 He is cast out of heaven.彼は天国追放する。 With his tail he drags after him one-third of the stars.しっぽをドラッグした後、彼は彼の3分の1の星印です。 Taken from Dan., viii, 10.ダンからです。 、 viii 、 10 。 The fallen stars are the fallen angels.天使、権威の失墜した星印は、権威の失墜した。 The beast from the sea is in great part taken from Daniel's description of the four beasts.海からの獣からは、大部分の4つの獣のDaniel 'sの説明をします。 It arises from the sea (Dan., vii, 3); has seven heads marked all over with blasphemies.それがあれば海から( dan. 、 7 、 3 ) ;は7つの頭をスパムがもう終わってblasphemiesです。 It had also ten horns, like the fourth beast of Daniel (vii, 7); it resembled a leopard, the third beast of Daniel (vii, 6), it had feet like a bear, the second beast of Daniel (vii, 5); and teeth like a lion, the first beast of Daniel (vii, 4).それも10角、獣のように4番目のダニエル( 7 、 7 ) ;ことに似て、ヒョウ、 3番目の野獣のダニエル( 7 、 6 ) 、足ていたクマのように、 2番目の野獣のダニエル( 7 、 5 ) ;と歯のライオンのように、最初のビーストダニエル( 7 、 4 ) 。 The great dragon gives full power unto the beast, whereupon all the world worship it (viz. those whose names are not contained in the book of the lamb).この巨大な龍は、フルパワーかれのビーストは、世界のすべての礼拝するとそれ( viz.に含まれていない人を対象に、書籍名、会社名は、子羊)です。 The followers of the beast have its mark on their head and hand.野獣の追随をマークしてて、頭と手です。 The beast from the land has two horns like a ram.獣からの土地には2つの角のようにRAMを意味します。 Its power lies in its art of deceiving by means of tokens and miracles.そのパワーは、その芸術を欺く手段のトークンと奇跡されています。 Throughout the remainder of the book it is called the false prophet.全体の残りの部分は予約の偽預言者と呼ばれています。 Its office is to assist the beast from the sea, and to induce men to adore its image.そのオフィスはビーストを支援し、海から、男性を誘導すると、そのイメージを崇拝する。 The first act of the drama concludes with a promise of victory over the beast by the lamb of God.ドラマの最初の行動は、最後に勝利を約束された獣神の子羊です。

Second Act.第2幕です。 Chapters 15-16 15-16章

The seven vials. 7つの薬瓶です。 They are the seven plagues preceding the destruction of the great city, Babylon.彼らは7つのplaguesに先行し、偉大な都市の破壊、バビロンです。 They were for the greater part suggested by the Egyptian plagues.彼らは大部分は、エジプトのplaguesによって提案された。 The first vial is poured out on the earth.アウトの最初の薬瓶は、地球上にはルーズです。 Men and beasts are smitten with ulcers (Exodus 9:9-10).獣たちは夢中になる男性と潰瘍(出エジプト記9:9-10 ) 。 The second and third vial upon the seas and rivers. 2番目と3番目のバイアル時の海や川です。 They become blood (Exodus 7:17-21).彼らになる血液(出エジプト記7:17-21 ) 。 The fourth vial upon the sun.第四に、太陽の薬瓶です。 It burns men to death.火傷して死亡男性のことです。 The fifth vial upon the throne of the beast. 5番目の王座には、獣の薬瓶です。 It causes great darkness (Exodus 10:11-29).それが原因で大きな闇(出エジプト記10:11-29 ) 。 The sixth vial upon the Euphrates. 6番目の薬瓶に、ユーフラテス川です。 Its waters are dried up and form a passage for the kings of the East (Exodus 14).その水が乾燥すると、王の通路を形成する東(出エジプト記第14 ) 。 The seventh upon the air.第7時の空気です。 Storm and earthquake destroy Babylon.バビロンの嵐と地震破壊します。

Third Act.第三法です。 Chapters 17-18 17-18章

The great harlot.偉大な売春のです。 She is seated upon the scarlet beast with the seven heads and ten horns.彼女はスカーレットビースト着席時から10時までの7つのヘッドホーンです。 She is robed in scarlet and decked with gold.彼女はまとったが飾られてスカーレットとゴールドです。 On her head is written: Mystery, Babylon the great.彼女の頭が書き込ま:ミステリー、バビロンの大です。 The kings of the earth commit fornication with her.地球のコミット姦淫の王になった。 But the day of her visitation has come.しかし、彼女の面接の日がやってきました。 She is made a desolate place, the habitation of unclean animals (Ls., xiii, 21, 22).彼女はは、荒涼たる場所は、住まいの不浄な動物( ls. 、 13 、 21 、 22 ) 。 Her fall is lamented by the rulers and merchants of the earth.彼女の秋は嘆いたされた地球の支配者と商人のです。

Fourth Act. 4行為です。 Chapters 19-20 19-20章

The victory over the beast and the great dragon.野獣と勝利し、巨大な龍です。 A knight appears mounted on a white horse.マウントされ、白馬の騎士が表示されます。 His name is "The word of God".彼の名前は"神の言葉"です。 He defeats the beast and the false prophet.彼は野獣と偽の預言者敗。 They are cast alive in the pool of fire.彼らは生きては、プールの火の出演します。 Their defeat is followed by the first resurrection and the reign of Christ for a thousand years.彼らの敗北に続いて、最初のイエスキリストの復活とは、千年の統治のです。 The martyrs rise to life and partake with Christ in glory and happiness.殉教者に上昇するとイエスキリストの生涯と栄光と幸福を分かち合う。 During these thousand years the great dragon is held in chains.これらの千年の時にこの巨大な龍が開催されたチェーンです。 At their completion he is once more set at large to torment the earth.彼は一度に完成さ他の苦痛に設定さ地球の大きさです。 He deceives the nations Gog and Magog.彼は人を欺いたの国とマァジュージュgogです。 These two names are taken from Ezech., chaps.これらの2つの名前はezechからです。 、革ズボンです。 xxviii, xxxix, where however Gog is the king of Magog. 28 、 39 、ここでは、ザキングオブマァジュージュしかしgogです。 At last he also is cast for all eternity in the pool of fire.とうとう彼はまた永遠には、キャストのすべてのプールの火のです。 Hereupon the general judgement and the resurrection take place.ここに至っては総合判断との復活で開催します。

Fifth Act. 5行為です。 Chapters 21-22 21-22章

The new Jerusalem (cf. Ezechiel 40-48).新エルサレム( cf. ezechiel四十から四十八) 。 God dwells in the midst of His saints who enjoy complete happiness.神の棲むところで彼の聖人の真っただ中に完全な幸福whoを楽しむ。 The new Jerusalem is the spouse of the lamb.新エルサレムは、配偶者は、子羊のです。 The names of the Twelve Tribes and the Twelve Apostles are written on its gates.の名前のは、 12部族とは、 12使徒のゲイツ会長は書かれています。 God and the lamb are the sanctuary in this new city.神との子羊の聖域では、この新しい市です。 Epilogue.エピローグです。 Verses 18-21詩18-21

The prophecy of the book is soon to be fulfilled.その本の予言が果たされるにはすぐにします。 The Seer warns the reader not to add anything to it or take away from it under pain of forfeiting his share in the heavenly city.リーダーの先見者は警告して何もしていないかを追加することを奪うされてから彼の痛みを分かち合うforfeiting天国の都市です。

PURPOSE OF THE BOOK予約の目的は、

From this cursory perusal of the book, it is evident that the Seer was influenced by the prophecies of Daniel more than by any other book.この本をザッと熟読から、それは明らかにして凡てを見透さは、ダニエル予言の影響を受け、他の予約を超えるされています。 Daniel was written with the object of comforting the Jews under the cruel persecution of Antiochus Epiphanes.ダニエルは、そのオブジェクトの書き込み時に励み、ユダヤ人迫害の下に残酷なアンティオコスepiphanesです。 The Seer in the Apocalypse had a similar purpose.して凡てを見透さは、アポカリプスは、同様の目的です。 The Christians were fiercely persecuted in the reign of Domitian.迫害は、キリスト教徒が激しくドミティアヌスの統治のです。 The danger of apostasy was great.背教の危険性は素晴らしいです。 False prophets went about, trying to seduce the people to conform to the heathen practices and to take part in the Caesar-worship.偽預言者については、人々を誘惑しようとして異教徒に適合することが慣行とシーザーへの参加を崇拝しています。 The Seer urges his Christians to remain true to their faith and to bear their troubles with fortitude.彼のキリスト教徒要請して凡てを見透さtrueを自分たちの信仰を維持するとのトラブルを不屈の精神に耐える。 He encourages them with the promise of an ample and speedy reward.彼はそれらを奨励するのに十分で、スピーディな報酬を約束するのです。 He assures them that Christ's triumphant coming is at hand.彼は保証して意気揚々と来ることは、キリストの手です。 Both in the beginning and at the end of his book the Seer is most emphatic in telling his people that the hour of victory is nigh.の両方での始めと終わりには、彼の予約して凡てを見透されると語って人々が最も強調さは、時間の勝利は近付いている。 He begins, saying: "Blessed is he that . . . keepeth those things which are written in it; for the time is at hand" (i. 3).彼が始まれば、と言っ: "祝福さは、彼を。 。 。 。 。 keepethそのようなことが書かれているため、時間が手の届く所" ( i. 3 ) 。 He closes his visions with the pathetic words: "He that giveth testimony of these things saith, Surely I come quickly: Amen. Come, Lord Jesus".彼は彼のビジョン明日の哀れな言葉: "彼は、これらの証言が与えられることsayの三人称単数直説法現在形、確かに私はすぐに:アーメン。さあ、主イエス"です。 With the coming of Christ the woes of the Christians will be avenged.イエスキリストが来るとされるキリスト教徒の災難をavengedです。 Their oppressors will be given up to the judgment and the everlasting torments.彼ら抑圧者に与えられた最大の判断と永遠のtormentsです。 The martyrs that have fallen will be raised to life, that they may share the pleasures of Christ's kingdom, the millennium.殉教者が命を落として引き上げられるが、恐らくかれらは快楽を共有してキリストの王国は、ミレニアムです。 Yet this is but a prelude to the everlasting beatitude which follows after the general resurrection.まだありませんが、これは永遠の至福の前奏曲を次のように復活した後、全般です。 It is an article of faith that Christ will return at the end of time to judge the living and the dead.これは信仰の記事がイエスキリストの最後の時間が返さの生存者と死者を判断する。 But the time of His second advent is unknown.しかし、彼の2番目の出現時間は不明です。 "But of that day and hour no one knoweth, no, not the angels of heaven, but the Father alone" (Matthew 24:36). "しかし、その日の時間の1つは知っておられると、いや、天国は、天使たちに、しかし、父だけ" (マタイ24:36 ) 。 It would appear, and is so held by many that the Christians of the Apostolic age expected that Christ would return during their own lifetime or generation.それが表示され、開かれたとは非常に多くのキリスト教徒は、イエスキリストの使徒年齢予想される中には自分の寿命や世代を返します。 This seems to be the more obvious meaning of several passages both in the Epistles and Gospels (cf. John 21:21-23, 1 Thessalonians 4:13-18).このように明白な意味の他に、いくつかの通路の両方で、同書簡と福音書( cf.ジョン21:21-23 、 1 thessalonians 4:13-18 ) 。 The Christians of Asia Minor and the Seer with them, appear to have shared this fallacious expectation.キリスト教徒のアジアの未成年者として凡てを見透さとそれらに見えることがありますが、この誤った期待を共有します。 Their mistaken hope, however, did not affect the soundness of their belief in the essential part of the dogma.その誤った期待、しかし、健全性に影響を与えるしなかったという信念は、本質的な部分は、独断的な考えです。 Their views of a millennial period of corporal happiness were equally erroneous.その期間の再生回数は、千年の幸福が均等に誤った伍長です。 The Church has wholly cast aside the doctrine of a millennium previous to the resurrection.踏ん切りが完全に教会の教義は、ミレニアム前に復活します。 St. Augustine has perhaps more than any one else helped to free the Church from all crude fancies as regards its pleasures.聖アウグスティヌスは、おそらく他のいずれか1つ以上の教会からの助けを自由に想像のすべての原油に関しては快楽です。 He explained the millennium allegorically and applied it to the Church of Christ on earth.彼はミレニアム寓意的に説明して、それを応用地球上でキリスト教会です。 With the foundation of the Church the millennium began.教会の財団ミレニアムが始まった。 The first resurrection is the spiritual resurrection of the soul from sin (De Civ. Dei Lib. XX).の最初の復活は、霊的な罪からの魂の復活(デciv 。デイlibにコピーします。イグゼクス) 。 Thus the number 1,000 is to be taken indefinitely.したがって、数1000は無期限とされる。

STRUCTURE OF THE BOOK AND ITS LITERARY COMPOSITIONこの本の構造とその文学的組成

The subject-matter of the Apocalypse required a threefold division.黙示録の件名に必要な物質の課を3倍にします。

The first part comprises the seven exhortatory letters. exhortatoryの最初の部分は、 7つの文字です。

The leading idea in the second part is the wisdom of Christ.の主要なアイデアとは2番目の部分は、イエスキリストの英知を結集する。 It is symbolized by the book with seven seals.その本に象徴されることが7つのシールです。 In it are written the eternal decrees of God touching the end of the world, and the final victory of good over evil.その中には、書かれた神の永遠の政令の世界の終わりにジーンとくる、との最後の勝利以上の良い悪いです。 No one except Jesus, the lamb slain for the sins of the world, is worthy to break the seals and read its contents.イエスキリストの1つを除いて、殺害されたのは、罪の子羊の世界は、立派なシールを打破すると、その内容を読む。

The third part describes the power of Christ over Satan and his kingdom. 3番目の部分を説明してイエスキリストの力サタンと彼の王国です。 The lamb defeats the dragon and the beast.子羊敗の龍とビーストです。 This idea is developed in a drama of five acts.このアイデアは、ドラマで開発された5つの行為です。 In five successive scenes we see before us the struggle, the fall of Babylon the harlot, the victory, and final beatitude. 5つの連続するシーンで私たちの闘争の情報を参照する前に、バビロンの売春の秋には、勝利し、最終的至福です。

The third part is not only the most important, but also the most successful from a literary point of view. 3番目の部分は最も重要なだけでなく、最も成功したからだけでなく、文学のポイントが表示されます。 The drama of the lamb contains several beautiful thoughts of lasting value.子羊のドラマは、いくつかの美しい思考の永続的価値が含まれています。 The lamb, symbolizing gentleness and purity, conquers the beast, the personification of lust and cruelty.の子羊、優しさと純粋さを象徴、獣に打ち勝つのは、欲望と残酷さの化身です。 The harlot signifies idolatry.偶像崇拝の売春を意味します。 The fornication which the rulers and the nations of the earth commit with her signifies the worship they pay to the images of Caesar and the tokens of his power.姦淫するのは、国の統治者と地球のコミットを意味する彼女のイメージを崇拝するのに支払うことに彼らのトークンのシーザーと彼のパワーです。 The second part is inferior in literary beauty. 2番目の部分は文学の美しさが劣っている。 It contains much that is taken from the Old Testament, and it is full of extravagant imagery.それは多くからは、旧約聖書の、ぜいたくなことがいっぱいの画像です。 The Seer shows a fanciful taste for all that is weird and grotesque.架空の番組をして凡てを見透さのすべてのことは、変な味とグロテスクです。 He delights in portraying locusts with hair like that of women and horses with tails like serpents.楽しみでバッタを描いた彼の髪のような女性と馬のしっぽのようなヘビとします。 There are occasional passages revealing a sense of literary beauty.時折通路には、ある意味で明らかに文学の美しさです。 God removes the curtain of the firmament as a scribe rolls up his scrolls.大空を取り除き、カーテンの神としての彼のスクロールスクリーブロールアップします。 The stars fall from the heavens like figs from the fig-tree shaken by the storm (vi, 12-14).天の星印秋からの図版からのイチジクの木のような衝撃を受ける嵐( 6 、 12-14 ) 。 On the whole, however the Seer shows more love for Oriental splendour than the appreciation of true beauty.全体を、他の愛を示して凡てを見透されるしかし、東洋の真の美しさを鑑賞するよりも豪華です。

INTERPRETATION解釈

It would be alike wearisome and useless to enumerate even the more prominent applications made of the Apocalypse.退屈なことが似無駄を列挙すると、他の著名なアプリケーションも作られた黙示録のです。 Racial hatred and religious rancour have at all times found in its vision much suitable and gratifying matter.人種的憎悪や宗教rancourはすべての回が見つかりましたが、そのビジョンと満足のいく適切なくらいだ。 Such persons as Mohammed, the Pope, Napoleon, etc., have in turn been identified with the beast and the harlot.このような人としてモハメッドは、ローマ法王、ナポレオンなどを順番に野獣とされ、売春のです。 To the "reformers" particularly the Apocalypse was an inexhaustible quarry where to dig for invectives that they might hurl then against the Roman hierarchy.は、 "改革派"特に黙示録の採石場は、尽きることのない場所を掘るを入力し、 invectivesして反対するローマの階層を投げつけるかもしれない。 The seven hills of Rome, the scarlet robes of the cardinals, and the unfortunate abuses of the papal court made the application easy and tempting. 7つの丘のローマ、スカーレットローブ、枢機卿は、不幸なの乱用と、教皇のお膝元裁判所は、アプリケーションを簡単かつ魅力的です。 Owing to the patient and strenuous research of scholars, the interpretation of the Apocalypse has been transferred to a field free from the odium theologicum.骨の折れる研究のために、患者や学者は、黙示録の解釈には、フィールドに転送されてからの憎悪theologicum無料です。 But then the meaning of the Seer is determined by the rules of common exegesis.ところが、その後、の意味をして凡てを見透さの共通のルールによって決定さ評釈です。 Apart from the resurrection, the millennium, and the plagues preceding the final consummation, they see in his visions references to the leading events of his time.離れからの復活は、ミレニアム、 plagues前の最後の仕上げと、彼らに表示さ彼のビジョンを参照してメインイベントは彼の時代です。 Their method of interpretation may be called historic as compared with the theological and political application of former ages.そのメソッドを呼び出すことが歴史的な解釈と比較し、神学的および政治的なアプリケーションの元年齢です。 The key to the mysteries of the book they find in 17:8-14.謎のカギを握って、書籍を検索して17:8-14です。 For thus says the Seer: "Let here the mind that hath understanding give heed".をこのようによると、先見者: "レットここで注意してかれらの理解気に留める"です。

The beast from the sea that had received plenitude of power from the dragon, or Satan, is the Roman Empire, or rather, Caesar, its supreme representative.海からの野獣の力を受けてからの充実ドラゴンか、または悪魔は、ローマ帝国のか、またはむしろ、シーザー、その最高の代表です。 The token of the beast with which its servants are marked is the image of the emperor on the coins of the realm.トークンは、野獣がその使用人には、スパムは、イメージ画像を検索するコインの天皇の領域にします。 This seems to be the obvious meaning of the passage, that all business transactions, all buying and selling were impossible to them that had not the mark of the beast (Apocalypse 13:17).このように明らかにするの通過の意味を、そのすべての商取引は、すべての買いと売りが不可能なことがないして、獣の刻印(黙示録13:17 ) 。 Against this interpretation it is objected that the Jews at the time of Christ had no scruple in handling money on which the image of Caesar was stamped (Matthew 22:15-22).この解釈に反対することは、ユダヤ人は、イエスキリストがない時点で、お金を扱う上で気がとがめるのイメージをシーザーは、スタンプ(マタイ22:15-22 ) 。 But it should be borne in mind that the horror of the Jews for the imperial images was principally due to the policy of Caligula.しかし、負担すべきであることを念頭に置いては、ホラーは、ユダヤ人は、皇室の画像は、主のために、政策のカリギュラ。 He confiscated several of their synagogues, changing them into heathen temples by placing his statue in them.彼は、ユダヤ教のいくつかは押収、異教徒の寺院を変更して彼の銅像を配置しています。 He even sought to erect an image of himself in the Temple of Jerusalem (Josephus, Ant., XVIII, viii, 2).彼のイメージを逆立てても自分自身を模索してきたが同寺のエルサレム(ヨセフス、 Antのです。 、 18 、 viii 、 2 ) 。

The seven heads of the beast are seven emperors. 7つの頭の獣は、 7つの皇帝です。 Five of them the Seer says are fallen. 5つの言うことは、下落して凡てを見透さです。 They are Augustus Tiberius, Caligula, Claudius, and Nero.彼らはアウグストゥスティベリウス、カリグラ、クラウディウス、とNeroです。 The year of Nero's death is AD 68. Neroの死は、年間の広告68 。 The Seer goes on to say "One is", namely Vespasian, AD 70-79.して凡てを見透さが起こってから言ってやるが" 1つは" 、すなわちvespasian 、広告の掲載七十〜七十九です。 He is the sixth emperor.彼は天皇の6番目です。 The seventh, we are told by the Seer, "is not yet come. But when he comes his reign will be short".第7回、我々はして凡てを見透さに言われた、 "がまだ来ています。しかし、彼は彼の支配されるときに短い"です。 Titus is meant, who reigned but two years (79-81).タイタスでは、 who在位しかし、 2年間( 79-81 ) 。 The eighth emperor is Domitian (81-96).第8回天皇は、ドミティアヌス( 81から96 ) 。 Of him the Seer has something very peculiar to say.彼の先見者は、何かとても奇妙なと言ってよい。 He is identified with the beast.彼は獣識別します。 He is described as the one that "was and is not and shall come up out of the bottomless pit" (17:8).彼は記述され、 1つのこと"が来るとするものではないとの底なしの穴" ( 17時08分) 。 In verse 11 it is added: "And the beast which was and is not: the same also is the eighth, and is of the seven, and goeth into destruction".の詩11ことが追加されました: "とそれにビーストではないが:第8回と同じでは、との7つの、およびgoの三人称単数を破壊"です。

All this sounds like oracular language.この音のような厳かなすべての言語です。 But the clue to its solution is furnished by a popular belief largely spread at the time.しかし、その解決策は提供されたの手掛かりになるの信念に人気の広がりを大きくしている。 The death of Nero had been witnessed by few.の死を目撃されていたいくつかのNeroです。 Chiefly in the East a notion had taken hold of the mind of the people that Nero was still alive.主に、東の概念も取ってホールドの人々の心の中でのクイックスタートはまだ生きている。 Gentiles, Jews, and Christians were under the illusion that he was hiding himself, and as was commonly thought, he had gone over to the Parthians, the most troublesome foes of the empire. gentiles 、ユダヤ人とキリスト教徒が思い違いをしての下に隠れている彼は自分自身、よく考えとしては、彼が行ってしまうのをparthiansが、最も厄介な敵は、帝国です。 From there they expected him to return at the head of a mighty army to avenge himself on his enemies.そこから彼にリターンを期待する強力な軍隊の頭の上に自分の敵を討つ彼の敵です。 The existence of this fanciful belief is a well-attested historic fact.この架空の信念が存在するのは、証拠の十分な歴史的な事実です。 Tacitus speaks of it: "Achaia atque Asia falso exterrit velut Nero adventaret, vario super ejus exitu rumore eoque pluribus vivere eum fingentibus credentibusque" (Hist., II, 8).タキトゥス話すこと: "アカイアアジアatque exterrit falso velutクイックスタートadventaret 、ヴァリオスーパーejus exitu rumore eoque多くfingentibus credentibusque eum vivere " ( hist. 、 2世、 8 ) 。 So also Dio Chrysostomus: kai nyn (about AD 100) eti pantes epithymousi zen oi de pleistoi kai oiontai (Orat., 21, 10; cf. Suetonius, "Vit. Caes."; sv NERO and the SIBYLINE ORACLES).これもディオchrysostomus :甲斐nyn (約広告100 )エティpantes epithymousi禅大井デpleistoi甲斐oiontai ( orat. 、 21 、 10 ;継続前誌です。スエトニウス、 "ヴィトです。 caes 。 " ; sv文書Neroとのsibyline oracles ) 。 Thus the contemporaries of the Seer believed Nero to be alive and expected his return.したがって、コンテンポラリーのクイックスタートされると信じて生きて凡てを見透されると彼の復帰を期待します。 The Seer either shared their belief or utilized it for his own purpose.共有して凡てを見透さという信念のいずれかまたはそれを自分自身の目的のために活用します。 Nero had made a name for himself by his cruelty and licentiousness.自分の名前をクイックスタートされていた彼の残酷さと放逸です。 The Christians in particular had reason to dread him.特にキリスト教徒が彼を怖がるような理由です。 Under him the first persecution took place.彼の最初の迫害が開催されています。 The second occurred under Domitian.ドミティアヌスされて2番目のが発生します。 But unlike the previous one, it was not confined to Italy, but spread throughout the provinces.しかし、以前の1つのとは異なり、それはないイタリアに限局し、しかし、地方全体に広がる。 Many Christians were put to death, many were banished (Eusebius, Hist. Eccl., III, 17-19).多くのキリスト教徒たちにして死亡、多くの人追放(ユーセビアス、履歴です。 eccl 。 、 3 、 17-19 ) 。 In this way the Seer was led to regard Domitian as a second Nero, "Nero redivivus".このようにして凡てを見透さドミティアヌスに関しては、リードを2番目のクイックスタートとして、 "クイックスタートよみがえった"です。 Hence he described him as "the one that was, that is not, and that is to return".したがって彼と彼は説明として" 1つのことは、されていない、とではを返す" 。 Hence also he counts him as the eighth and at the same time makes him one of the preceding seven, viz.それゆえ、 8番目として彼にも彼はカウントすると同時に、上記の7人は彼の1つ、 viz 。 the fifth, Nero.第5回、クイックスタートします。 The identification of the two emperors suggested itself all the more readily since even pagan authors called Domitian a second Nero (calvus Nero, Juvenal. IV, 38).皇帝の身分証明書の2つの提案をもっと容易に自分自身のすべてのドミティアヌス以来さえ異教の作家と呼ばれる2番目のクイックスタート(カルウスクイックスタート、幼です。 4世、 38 ) 。 The popular belief concerning Nero's death and return seems to be referred to also in the passage (13:3): "And I saw one of its heads as it were slain to death: and its death's wound was healed". Neroの死に関する信念の人気を返すと思われるからも参照さの通過( 13時03分) : "と1つの頭を見たことが殺害されたとして死亡:およびその死の傷は治癒"です。

The ten horns are commonly explained as the vassal rulers under the supremacy of Rome. 10角は隷属的な支配者としてよく説明されてローマの覇権を握るのです。 They are described as kings (basileis), here to be taken in a wider sense, that they are not real kings, but received power to rule with the beast.記述されている王( basileis ) 、ここで撮影さを広い意味では、本物の王されていないが、しかし、規則は、獣の電源を受信します。 Their power, moreover, is but for one hour, signifying its short duration and instability (17:17).そのパワー、また、 1時間は、しかし、その短い期間や不安定性を暗示( 17:17 )です。 The Seer has marked the beast with the number 666.獣にして凡てを見透さスパムの数は666です。 His purpose was that by this number people may know it.彼の目的は人々がこの数年5月、知ってるよ。 He that has understanding, let him count the number of the beast.彼は理解して、彼に獣の数をカウントします。 For it is the number of a man: and his number is six hundred and sixty-six.のことは、多くの男:と彼の番号は666です。 A human number, ie intelligible by the common rules of investigation.人間の数、すなわち理解される共通のルールを調査中です。 We have here an instance of Jewish gematria.私たちがここのインスタンスをユダヤ人のゲマトリアです。 Its object is to conceal a name by substituting for it a cipher of equal numerical value to the letters composing it.そのオブジェクトを隠すために名前を置き換えて同じことを暗号の文字数値の値を作曲してください。 For a long time interpreters tried to decipher the number 666 by means of the Greek alphabet, eg Irenæus, "Adv. Haer.", V, 33.通訳に長い時間を解読しようとした666の数によって、ギリシャのアルファベット、例えばirenæus 、 "前売します。 haerです。 " 、 V電源、 33 。 Their efforts have yielded no satisfactory result.その努力が満足のいく結果に屈したない。 Better success has been obtained by using the Hebrew alphabet.より良い成功されヘブライ語のアルファベットを使用して得られた。 Many scholars have come to the conclusion that Nero is meant.多くの学者が来て、という結論にクイックスタートを意味します。 For when the name "Nero Caesar" is spelled with Hebrew letters, it yields the cipher 666.時の名前を"クイックスタートシーザー"はヘブライ語の手紙をつづり、それ利回りの暗号666 。

The second beast, that from the land, the pseudoprophet whose office was to assist the beast from the sea, probably signifies the work of seduction carried on by apostate Christians. 2番目のビースト、それからの土地は、その事務所はpseudoprophetビーストを支援し、海から、おそらく意味での作業の定石乗って運ばれる背教のキリスト教徒です。 They endeavoured to make their fellow Christians adopt the heathen practices and submit themselves to the cultus of the Caesar.彼らは仲間を作るendeavoured異教の慣行やキリスト教徒を採用するの祭儀を提出して、シーザーです。 They are not unlikely the Nicolaitans of the seven Epistles.思いも寄らないのnicolaitansされていないの7つの書簡です。 For they are there compared to Balaam and Jezabel seducing the Israelites to idolatry and fornication.を埋め草と比較して、自分がそこにjezabelイスラエルを偶像崇拝と姦淫の誘惑します。 The woman in travail is a personification of the synagogue or the church.産気づいてその女性は、擬人化は、シナゴーグや教会です。 Her first-born is Christ, her other seed is the community of the faithful.彼女の最初の生まれは、イエスキリストは、彼女の他の種子は、コミュニティを忠実です。

In this interpretation, of which we have given a summary, there are two difficulties:この解釈で、そのうちに私たちに与えられた要約すると、には2つの困難:

In the enumeration of the emperors three are passed over, viz.は、 3つは皇帝の列挙を通過し、 viz 。 Galba, Otho, and Vitellius.ガルバ、オト、ウィテリウスです。 But this omission may be explained by the shortness of their reigns.しかし、この5月に説明された不作為の脆さに満ちていた。 Each one of the three reigned but a few months.一人一人の3つの在位ではなく、数ヶ月です。

Tradition assigns the Apocalypse to the reign of Domitian.黙示録の伝統を割り当てます。ドミティアヌスの統治のです。 But according to the computation given above, the Seer himself assigns his work to the reign of Vespasian.しかし、与えられた計算によれば、上記のは、彼の作品に代入して凡てを見透さして自分自身の統治のvespasianです。 For if this computation be correct, Vespasian is the emperor whom he designates as "the one that is".もしこの計算が正しい場合は、御心に適うvespasianは、天皇として指定"の1つには" 。 To this objection, however, it may be answered that it was the custom of apocalyptic writers, eg, of Daniel, Enoch, and the Sibylline books, to cast their visions into the form of prophecies and give them the appearance of being the work of an earlier date.この異議申立、しかし、かもしれないと答えてそれは、カスタムの黙示録的な作家、例えば、ダニエル、イノック、みこの書籍と、そのビジョンをフォームにキャストして、外観の予言がその仕事の以前の日付です。 No literary fraud was thereby intended.文学詐欺の意図がないためです。 It was merely a peculiar style of writing adopted as suiting their subject.それは単に採択さを独特の文体スーツにアジ研です。 The Seer of the Apocalypse follows this practice.次のようにして凡てを見透さの黙示録のこのような行為です。 Though actually banished to Patmos in the reign of Domitian, after the destruction of Jerusalem, he wrote as if he had been there and seen his visions in the reign of Vespasian when the temple perhaps yet existed.パトモス島に追放さにかかわらず、実際にドミティアヌスの治世中に、エルサレムの破壊の後に、彼はもし彼が書いたとして彼のビジョンがあると見られるvespasianの統治のときには、おそらく寺はまだありませんが存在します。 Cf.継続前誌です。 II, 1, 2. 2世、 1 、 2 。

We cannot conclude without mentioning the theory advanced by the German scholar Vischer.を締結することはできませんされた高度な理論に言及してドイツ語学者vischerです。 He holds the Apocalypse to have been originally a purely Jewish composition, and to have been changed into a Christian work by the insertion of those sections that deal with Christian subjects.彼はもともとされアポカリプス保持して、純粋にユダヤ人の組成、とキリスト教が変更されて仕事をこれらのセクションに挿入されたキリスト教の課題に対処します。 From a doctrinal point of view, we think, it cannot be objected to.教義上の観点から、私たちが思うに、これに反対することはできません。 There are other instances where inspired writers have availed themselves of non-canonical literature.他のインスタンスには、どこのインスピレーション作家自身が非正規の文学availedです。 Intrinsically considered it is not improbable.本質的に起こりそうではないと考えています。 The Apocalypse abounds in passages which bear no specific Christian character but, on the contrary, show a decidedly Jewish complexion.黙示録のabounds 、キリスト教の通路に特定の文字の跡がないしかし、逆に、詳細を明らかにユダヤ人の顔色です。 Yet on the whole the theory is but a conjecture.理論上はまだありませんが、全体ではなく、推測します。 (See also APOCRYPHA) (外典も参照ください)

Publication information Written by C. Van Den Biesen.出版物の情報執筆者c.バンデンbiesenです。 Transcribed by Michael C. Tinkler.マイケルc. tinkler転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.のは、カトリックの百科事典、ボリュームi. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.公認、 1907年3月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです