Righteousness, Righteous正義、正義

General Information 総合情報

Righteousness is the quality of rightness or justice.正義は正義の質を正したりします。 It is an attribute of God.これは神の属性です。 As a result of Original Sin and the Fall, man is corrupt and lacking in righteousness (Rom. 3:23) and is also incapable of making himself righteous (Rom. 3:19,20).結果としての秋に元の罪と、男は壊れていて欠けている正義(ローマ3:23 )と無能のメーカーも自分自身を畏れる(ローマ3:19,20 ) 。 In justification , man is declared righteous through the imputed righteousness of Jesus Christ, when he has Faith (2Cor. 5:21).正当化 、正義の男が宣言さ転嫁された義イエスキリストを通して、彼は信仰( 2cor. 5:21 ) 。 In sanctification , man is progressively made righteous in character and conduct (1John 1:7-9).清浄化 、男は徐々に作ら文字と正義を行う( 1john 1:7-9 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In general, the concept of righteousness is so closely related to justification that the two subjects are generally treated as one.一般的には、正義の概念を正当化は非常に密接に関係しては、 1つ2つの科目は一般的に扱われています。 Therefore, please go to our articles on Justification.したがって、私たちの記事をご覧くださいを正当化します。

Our articles on Sanctification may also be informative.私たちの記事を清浄化されることもあります有益です。


Righteousness, Righteous正義、正義

Advanced Information 高度情報

The Hebrew word regularly translated "righteous" or "just" is saddiq and originally meant "straight" or "right."ヘブライ語の翻訳を定期的には"正しい"または"単に" saddiqとはもともと"ストレート"または"右。 " The corresponding Greek term is dikaios, and in Greek society referred to that which is in accordance with law or social norm. dikaios用語は、対応するギリシャ語、ギリシャ語社会と言及して、これは法律や社会規範に基づいています。 The noun forms are sedeq (or sedaqa) and dikaiosyne.名詞のフォームはsedeq (またはsedaqa )とdikaiosyneです。 The verbs sadak and dikaioo mean "to do justice," "to be just," "to vindicate," or "to justify" in the forensic sense of "declare righteous" or "treat as just." sadakとdikaioo意味の動詞"これを行うに正義" 、 "されるだけ" 、 "に正当性を立証する" 、または"を正当化"は、法医学的感覚を"正しい宣言"または"として扱うだけです。 "

OT Usage ot利用方法

The God of Israel is revealed as a God of righteousness, who acts rightly in all his works and judgments (Gen. 18:25; Deut. 32:4; Ps. 11:7; Dan. 9:14).イスラエルの神の神の正義が明らかになったとして、彼の作品のすべてwho行為を正当と判断( Gen 。と18:25 ; deut 。 32:4 ; psのです。 11 : 07 ;ダン。 9:14 ) 。 The OT concept of righteousness is closely linked with God's judgeship (Pss. 9:8; 50:6; 143:2).正義のotの概念が密接に関連する神の裁判官の地位( pss. 9時08分; 50:6 ; 143:2 ) 。 God judges equitably; he does not clear the guilty or forsake the righteous, and the judges of Israel are commanded to act according to his example (Exod. 23:7; Deut. 1:16-17; 10:17-18; Ps. 98:9).神裁判官公平;彼は有罪またはクリアして捨てるの正しい、とイスラエルの裁判官によると、彼の行動が命じられた例( exod. 23 : 07 ; deut 。 1:16-17 ; 10:17-18 ; psのです。 98:9 ) 。 Thus, the righteousness of God is revealed in his punishment of the wicked and disobedient (Neh. 9:33; Ps. 7:9-17; Lam. 1:18; Dan. 9:14).このように、神の正義が明らかになった彼の罰は、邪悪なと言うことをきかない( neh. 9時33分; psのです。 7:9-17 ;ラムです。 1:18 ;ダン。 9:14 ) 。 But more emphatically God's righteousness is made known in his deliverance of his people from their enemies and oppressors (I Sam. 12:6-11; Pss. 9:7-9; 51:14; Isa. 46:11-13).しかし、神の正義が行われる他のきっぱりと知られて彼の救出に彼の人々からの敵や、抑圧者(私サムです。 12:6-11 ; PSSのです。 9:7-9 ; 51:14 ; ISAのです。 46:11-13 ) 。 God as judge comes to the rescue of the poor and the oppressed, delivering them from injustice and restoring their rights (Pss. 34:16-22; 72:1-4; 82; Isa. 11:4).判事としての神が助けに駆けつけるのは、非常に悪いと抑圧された者は、提供して自分たちの権利を不当と復元( pss. 34:16-22 ; 72:1-4 ; 82 ; ISAのです。 11時04分) 。 He even treats them as righteous, in the relative sense that they are in the right as over against their wicked oppressors (Pss. 7:6-11; 143: 1-3, 11-12).彼も正義として扱い、彼らは、相対的に意識しているし、右側に反してその邪悪な抑圧者として以上( pss. 7:6-11 ; 143 : 1-3 、 11-12 ) 。 Consequently God's righteous judgment is often expressed in terms of his saving acts.その結果、神の正義の判断は、しばしば用語で表現さ彼の行為を節約します。 Righteousness many times is closely related to God's salvation, mercy, and lovingkindness, especially in the Psalms and Isaiah (Pss. 40:10; 85:9-10; 98:2-3; Isa. 45:8; 46:13; 51:5; Jer. 9:24).何度も正義は密接に関係して、神の救い、慈悲、およびlovingkindness 、特に詩篇を授けたとイザヤ書( pss. 40:10 ; 85:9-10 ; 98:2-3 ; ISAのです。 45:8 ; 46:13 ; 51:5 ; jerです。 9時24分) 。

This emphasis on the righteousness of God in the form of salvation should be understood within the context of God's covenant relationship with Israel.この神の正義を重視していくという形で救いを理解すべきである神の約束のコンテキスト内の関係にあるイスラエルです。 God by his grace made a covenant with Abraham and his descendants, and his righteousness is seen in his faithfulness in keeping that covenant (I Chr. 16:16-17, 35; Isa. 46:9-13; Jer. 33:25-26).神の恵みによって彼の契約は、アブラハムとその子孫に、正義と彼は、彼の誠実さに見られる維持を約束(私chrです。 16:16-17 、 35 ; ISAのです。 46:9-13 ; jer 。 33:25 -26 ) 。 The covenant does not make sinful Israel immune from divine judgment, but after chastisement God delivers his people and thus reveals his righteousness (the lesson of the Exile).イスラエルの約束はありません免疫から神の裁きを罪深いが、せっかんした後、神は彼の人々とこのように明らかに彼の正義(ここでの教訓は、亡命者) 。 God justifies his covenant people, declaring them righteous, not because they have perfectly kept the law, but because (or on the condition that) their repentant hearts trust in him and seek to keep his covenant (Gen. 15:6; Pss. 32:10-11; 103: 17-18; Isa. 50:8; 53:11).神の約束を正当化彼の人々は、正義を宣言して、彼らは完全に保管していないため、法律ではなく、 (または上の条件で)その後悔の心を保つの信頼を彼と彼の誓約を求める( Gen 。と15 : 06 ; PSSのです。 32 :10 - 11 ; 103 : 17-18 ; ISAのです。 50:8 ; 53:11 )です。 This judgment or forensic act of God is therefore both an act of righteousness and a gift of divine mercy.この判断や法医学的な行為の両方を、神はそのための贈り物として、正義の行為と神の慈悲です。

Modern Bible scholars often overemphasize the benevolent aspect of God's righteousness in the OT and lose sight of the legal and punitive aspects.現代の聖書学者の多くの側面を過度に慈悲深い神の正義は、 ot 、および懲罰的損害を見失うの法的側面です。 But God's righteous judgeship is seen in the punishment of the lawbreaker as well as in the deliverance of the justified.しかし、神の正義の裁判官の地位が見られるの処罰に関する法律違反者だけでなく、救出を正当化される。 It is noteworthy, however, that the positive aspect of God's righteousness is more common in the OT, while the punitive aspect is more closely associated with God's wrath.これは注目に値する、しかし、肯定的な面は、神の正義はotの他の共通して認められるが、懲罰的な側面は、神の怒りをもっと密接に関連付けられています。

The climax of this positive aspect is found in the theme of Messiah, the one who will be a truly righteous king and will fulfill God's covenant purpose for Israel, bringing it and all nations to God's final righteousness (Ps. 72; Isa. 9:7; 11:3-5; 42:6; Jer. 23:5-6; 33:15-16; Zech. 9:9).のクライマックスは、次の肯定的な面が発見されたメシアのテーマは、 1つのwhoは、真の正義の王とは、神の約束を履行の目的を、イスラエル、すべての国をもたらすし、神の最後の正義( ps. 72 ; ISAのです。 9 : 7 ; 11:3-5 ; 42:6 ; jer 。 23:5-6 ; 33:15-16 ;ツェッヒ。 9時09分) 。

NT Usage NTの利用方法

Much of the NT is taken up with the purpose of showing that Jesus of Nazareth is indeed the promised Messiah, and thus God's purposes of righteousness and salvation are spoken of as centered in him.多くのNTがアップにする目的での撮影が表示さナザレのイエスは本当に約束のメシア、とこのように、神の救いを目的とした正義と話さとしては、彼の中央に表示されます。 Understandably, then, we find righteousness closely linked to the NT theme of the kingdom of God (Matt. 5:10; 6:33; 13:43; Rom. 14:17), a kingdom and a righteousness for which John the Baptist prepared the way and which Jesus as the righteous Son and Redeemer brings to fulfillment (Matt. 3:15; 5:17-20; 21:32; Acts 3:14, 25-26).当然のことながら、その後、私たち見つけるNTの正義をテーマに密接に関連して、神の王国( matt. 5:10 ;午前6時33分; 13:43 ; ROMから起動します。 14:17 )は、王国と正義の洗礼者ヨハネイエスキリストを準備して、どの方法として身請け人の息子と正義をもたらす充足( matt. 3:15 ; 5:17-20 ; 21:32 ;行為3:14 、 25-26 ) 。

Jesus spoke of a false righteousness which is found in those who trust in themselves as righteous or justified because of their moral accomplishments (Matt. 23:28; Luke 16:15; 18:9), but he taught that the truly justified are those who acknowledge their sin and trust in God for forgiveness and his righteousness (Matt. 5:36; Mark 2:17; Luke 18:14).イエスキリストのスポークが偽りの正義が見つかりましたではこれらのwhoの信頼を自らを正当化のために正義や道徳的な技芸( matt. 23:28 ;ルーク16:15 ;午前18時09分) 、しかし彼はそれらの教えは、真に正当化who罪と信頼を、神の存在を認めるために、御赦しと彼の正義( matt. 5:36 ;マーク2:17 ;ルーク18:14 ) 。

Again the forensic understanding of righteousness is the key, and this is brought out most fully by Paul.法医学の理解を再び正義は、キーを押すと、これはほとんど完全に赤字解消ポールです。 Following the teaching of Christ, Paul explains that no one seeking to be righteous by the works of the law can be justified in God's sight, since everyone is a sinner and has fallen short of God's righteous standard (Rom. 3:9-10, 20, 23; Gal. 2:16).次のようにキリストの教え、ポールの説明を求めることは絶対にありません正しいされた1つの作品を同法の光景に、神の存在を正当化できるので、誰もが倒れた短いの罪人とは、神の正義の標準(ローマ3:9-10 、 20日、 23 ;ギャルです。 2:16 ) 。 Therefore the righteousness of God comes as a gift which we do not merit (Rom. 3:24; 5:15-17), a gracious declaration in which God pronounces righteous the one who puts his faith in Jesus Christ (Acts 13:39; Rom. 3:22; 5:1, 18).したがって、神の正義の贈り物としてはメリットのことはありません(ローマ3:24 ; 5:15-17 )は、優雅な宣言では、神の1つwho pronounces正義によって彼の信仰をイエスキリスト(行為13:39 ; ROMから起動します。 3:22 ; 5:1 、 18 ) 。 In this declaration God forgives the sins of the justified on the basis of Christ's atoning death, so that God himself is vindicated as just in his justification of sinners (Rom. 3:25-26; 5:8-9; cf. I John 1:9; 2:2).神の罪を許して、この宣言に基づいて、正当化atoningキリストの死は、神のように自分自身は、彼の正当化だけvindicated罪人として(ローマ3:25-26 ; 5:8-9 ;継続前誌です。ヨハネ1 : 09 ; 2:2 ) 。

However, the NT makes it clear that the one who by faith is declared righteous also by faith seeks to do the deeds of righteousness and grow in righteousness by God's grace (Rom. 6:12-18; Eph. 4:24; 5:9; Phil. 1:11; Heb. 11; James 2:17-26; I Pet. 2:24; I John 2:29).しかし、 NTの1つにすることを明らかにしたwho信仰が宣言され正しい信仰もシークこれを行うには正義と成長を行い、正義の神のお恵み(ローマ6:12-18 ; eph 。 4:24 ; 5 : 9 ;フィルします。 1:11 ;なしで。 11 ;ジェームス2:17-26 ;なでなでしています。 2:24 ;ヨハネ2:29 ) 。 By this grace God also will bring the justified into a final righteousness (Gal. 5:5; Heb. 12:23; II Pet. 3:13) at the day of Christ when God will judge the whole world (Luke 14:14; Acts 17:31; II Tim. 4:8).この神の恵みをも正当化させる最後の正義(ガロン5時05分;なしで。 12:23 ; 2世のペットです。 3:13 )は、イエスキリストの日を判断するときに、神は、全世界(ルカ14:14 ;行為17:31 ;二ティムです。 4時08分) 。

Therefore, as in the OT so also in the NT, God's righteousness, which expresses itself in wrath and judgment against unrepentant sinners (II Thess. 1:5-9; Rom. 2:5-9; Rev. 19:2), triumphs through love in the form of salvation from sin for those who repent and claim God's covenant promise fulfilled in Christ.したがって、 otのように、また、 NTのため、神の正義、自分自身に怒りを表現に対する悔悟の念が罪を犯したと判断( 2 thessです。 1:5-9 ; ROMから起動します。 2:5-9 ;改訂19時02分) 、愛の形で成功を収めたを通じて救世who後悔するより、これらの罪を主張神の約束が果たされるイエスキリストを約束します。

Theological Concepts神学的概念

In systematic theology righteousness or justice is seen, first of all, as an attribute of God's being (one of the moral and communicable attributes), and then derivatively as an attribute of man created in God's image.神学正義や正義の体系が見える、まず第一に、神の属性としてのが(道徳的かつ伝染性のいずれかの属性)と入力し、男の属性としてderivatively神のイメージで作成されます。

God's Righteousness (Justice)神の正義(正義)

Righteousness is that attribute by which God's nature is seen to be the eternally perfect standard of what is right.正義は、神の性質の属性を見されるのは、永遠に完璧な標準で何が正しいです。 It is closely related to God's holiness (or moral perfection), on one hand, and to God's moral law or will as an expression of his holiness, on the other hand.これは密接に関係して、神の神聖(あるいは道徳的な完成度)は、 1つの手と神の道徳的な法律や彼の神聖さを表すものとして、その一方でです。 Even though there is no distinction between righteousness and justice in the biblical vocabulary, theologians often use the former to refer to the attribute of God in himself and the latter to refer to the actions of God with respect to his creation.区別がないにもかかわらず正義と正義のは、聖書の語彙、神学頻繁に使用して元の属性を参照するには後者の神は自分自身と神の行動を参照するには彼の創造性を尊重します。 Hence, God's justice is seen in the way he subjects the universe to various laws and endows it with various rights according to the hierarchy of beings he created.それゆえ、神の正義が見られるように彼は宇宙の科目endowsして様々な法律や様々な生き物の権利の階層によると、彼は作成されます。 This is "legislative justice."これは"立法正義です。 " In addition there is "distributive justice," in which God maintains the laws and rights by giving everything its due, or responding appropriately to created beings according to their value or place in the universe.それ以外には、 "分配的正義、 "神では維持してすべての法律やそのための権利を与えるか、または作成に適切に応答している場所によると、その価値や宇宙のです。 His distributive justice with respect to moral creatures is expressed in the punishment of sin or disobedience (retributive justice) and the rewarding of good or obedience (remunerative justice; Rom. 2:5-11).彼の分配的正義を尊重するには、道徳的な生き物の懲罰の罪で表現さや不服従(報復の正義)とやりがいのある良いまたは服従(引き合う正義; ROMから起動します。 2:5-11 ) 。 In systematic theology the harmony of God's justice and love is treated primarily under the doctrine of Christ's atonement.で系統神学の調和の神の正義と愛は治療の原則の下に、主イエスキリストの償いです。 In the cross God satisfies the demands of his own justice against our sin, so that by Christ's redemptive act God's "holy love" is seen as both the supreme expression of retributive justice and the supreme expression of forgiving grace.神は、十字架の要求を満たしている私たち自身の正義に対する罪、キリストの贖いの行為をして、神の"聖なる愛"と見られて最高の発現の両方の応報正義と寛容の猶予最高の発現します。

Man's Righteousness男の正義

Doctrinally, human righteousness can be analyzed in the following fourfold way: (1) Original righteousness.教義的に、人間の正義の解析も可能には、次の4倍の方法: ( 1 )オリジナルの正義です。 God made man upright or morally good (Eccles. 7:29; Gen. 1:31), but man fell from this righteous state into a state of sin.神は人間直立または道徳的に良い( eccles. 7時29分; Gen 。と1:31 ) 、しかし、この男から落ちた罪の状態を正しい状態にします。 (2) Christ's righteousness. ( 2 )キリストの正義です。 Since Adam's fall Christ is the only human being who has perfectly fulfilled God's moral law and maintained a righteous nature (Matt. 5:17; John 8:29, 46; Heb. 4:15; I Pet. 2:22).アダムの下落以来イエスキリストは、人間だけが完全に満たさwho神の道徳的な法と正義の性質を維持する( matt. 5時17分;ジョン8時29分、 46 ;なしで。 4:15 ;なでなでしています。 2:22 ) 。 Since Christ is the Godman, his righteousness is of infinite value, affording salvation for all who believe.イエスキリストは、神人て以来、彼の正義が無限の値を、救いを与えるのすべてのwhoと信じています。 (3) Imputed righteousness (justification). ( 3 )転嫁された義(正当化) 。 Justification is that step in salvation in which God declares the believer righteous.正当な理由は、一歩では、神の救いの宣言をして正義の信奉者です。 Protestant theology has emphasized that this includes the imputation of Christ's righteousness (crediting it to the believer's "account"), whereas Roman Catholic theology emphasizes that God justifies in accord with an infused righteousness merited by Christ and maintained by the believer's good works.プロテスタントの神学はインピュテーションと強調してこれには、キリストの正義(クレジット、それを信じる人の"アカウント"といいます)が、ローマカトリック神学の神と強調した協定を正当化し正義に見合った注入され、キリストと保守管理している信者の良い作品です。 (4) Renewed righteousness (santification). ( 4 )新たな正義( santification ) 。 Having been declared righteous, the believer grows in the likeness of Christ (being renewed in the image of God) and becomes righteous in actual moral character, ie, he becomes sanctified.正しいことを宣言は、キリストの信者が生えて、似ている(神のイメージがリニューアルさ)となる正義の実際の道徳的なキャラクター、すなわち、彼が神聖化さです。 Most theologians hold that sanctification is progressive and not complete in this earthly life.ほとんどの神学者ホールドを完全に清浄化が進行性ではなく、この地上の生活です。

DW Diehl社殿向ディール
Elwell Evangelical Dictionary福音派の辞書をダウンロードするエルウェル

Bibliography 書誌事項
JA Baird, The Justice of God in the Teaching of Jesus; H. Bavinck, The Doctrine of God; C. Brown, NIDNTT, III, 352-77; E. Brunner, The Christian Doctrine of God; PJ Achtemeier, IDB, IV, 80-99; R. Garrigou-Lagrange, God, His Existence and His Nature; AC Knudson, The Doctrine of God; L. Morris, The Apostolic Preaching of the Cross; JI Packer, Knowing God; G. Rupp, The Righteousness of God; P. Tillich, Love, Power, and Justice.ジャベアードは、神の正義は、授業のイエスキリスト;笠原bavinckは、神の教義; c.ブラウン、 nidnttは、 3世、三百五十二から七十七; e.ブルナー、神は、キリスト教の教義; achtemeierホテルPj 、米州開発銀行、 4世、八十から九十九まで; r.ガリグラグランジュ、神、彼の存在とその性質;のAC knudsonは、神の教義; l.モリスは、ローマ教皇の説教は、クロス;チパッカー、知る神; g.ルップは、正義神; p.ティリヒ、愛、パワー、と正義のです。


Original Righteousnessオリジナルの正義

Advanced Information 高度情報

The term refers to the original moral state or condition of man prior to his fall into sin.道徳的な用語を参照して、元の状態や条件の男の前に彼の罪に陥る。 The Scripture texts which inform the concept are Gen. 1:31; Eccles.この啓典を知らせるテキストの概念は、 Gen 。と1:31 ;エクルズです。 7:29, which speak of man as created "good" and "upright," and Eph.午前7時29分、男として作成さを語る"良い"と"直立"とephです。 4:24; Col. 3:10, which speak of the renewal (in Christ) of the image of God in man in "knowledge" and "true righteousness and holiness" (cf. Rom. 8:29; II Cor. 3:18). 4:24 ; Col 。 3:10 、これ話すの更新(キリスト)のイメージを神に男が"知識"と"真の正義とホーリネス" ( cf. ROMから起動します。 8時29分;二コーです。 3 : 18 ) 。

Roman Catholicism sees original righteousness as a donum supernaturale added to the "natural" image of God.カトリック教会は元の正義supernaturale寄付として追加された"自然な"神のイメージです。 In the fall original righteousness (by which man had supernatural communion with God) was lost, but the natural image (consisting of man's reason, freedom, and spirituality) remained relatively intact.オリジナルの正義の秋に(神の男は超自然的聖体拝領)が失われ、しかし、自然のイメージ(構成男の理由から、自由、およびスピリチュアリティ)は依然として相対的に無傷のです。 Luther rejected this twofold distinction, and taught that original righteousness was the very essence of man's original nature or image, not a supernatural addition to it.この二重の区別ルーサー拒否された、と教えられ、非常に本質的には、オリジナルの正義の男の元の自然やイメージではなく、超自然のほかにしてください。 Thus for Luther the image as a whole was lost in the fall.このように全体としてのイメージをルーサーの秋には失われています。 Calvin also rejected the Catholic natural-supernatural distinction, but had a broader view of the image than did Luther.カルバンも拒否されたのは、カトリックの自然-超自然的な区別は、しかし、画像はより広範な対象はルーサーです。 For Calvin the loss of original righteousness in the fall meant the thorough corruption of the image but not its total loss.カルバンの損失をオリジナルの正義の秋に意味の徹底的な腐敗したイメージが、全損です。

Modern liberalism, influenced by evolutionary philosophy, views the Genesis narratives of man's origin as myths and finds the doctrine of original righteousness to be rather lacking in meaning.近代的自由主義、進化論哲学の影響を受けて、再生回数の創世神話物語の男の原点として検出すると元の正義の原則欠けているという意味があります。 Neo-orthodox, too, rejects a literal, primitive state of righteousness in human history, but finds the concept of original righteousness still valid and important.ネオ-正統派であることが判明、リテラルを拒否する、原始の状態を正義の人類の歴史は、しかし、オリジナルの正義の概念を発見引き続き有効と重要です。 It refers to man's "essential nature," the God-created law of man's true being (the law of love), standing in contradiction to man's sinful, existential nature (Brunner and Niebuhr).それを参照して男の"本質的な性質は、 "神の真の作成法の男が(同法の愛) 、矛盾を人間の罪深いに立って、実存的性質(ブルナーとニーバー) 。 Original righteousness is that of which man is dimly aware through his self-transcendence, and from which he inevitably has fallen through wrong use of freedom.オリジナルの正義の人にはおぼろげには、彼の意識を通じて自己超越し、彼は必然的に落ちたからの自由を間違って使用します。 It also is that which man comes to understand most clearly through Christ.また、男は、これが最も明確を通してイエスキリストを理解しています。

DW Diehl社殿向ディール
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
L. Berkhof, Systematic Theology; DG Bloesch, Essentials of Evangelical Theology, I, 88-97, 103-9; E. Brunner, Man in Revolt; C. Hodge, Systematic Theology, III, 99-102; R. Niebuhr, The Nature and Destiny of Man, I, 265-300; P. Schoonenberg, Man and Sin. l. berkhof 、体系的神学; dg bloesch 、福音主義の本質的要素神学、私は、八十八から九十七まで、 103から9まで; e.ブルナー、男が反乱; c.ホッジ、体系的神学、 3世、 99-102 ; r.ニーバー、自然と人間の運命を、私は、二六五から三〇 〇 ; p. schoonenberg 、男と罪です。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです