Epistle to the Romansの信徒へのローマ人への手紙

General Information 総合情報

The Epistle to the Romans is the longest of Saint Paul's letters and is therefore placed first among the letters in the New Testament of the Bible.ローマ人への手紙には、最長の信徒への聖パウロの最初の文字とは、そのために置かは、新約聖書の中の文字は、聖書です。 It is the only Pauline letter written to a community not founded by the apostle and is more of an essay presenting some of Paul's ideas on salvation than a response to particular problems.それが唯一のポーリーンして書かれた手紙によって設立された特定のコミュニティの他の使徒とのエッセイポールのアイデアをいくつか提示よりも救いに対応するために特定の問題が発生します。 It was probably written about AD 57 - 58 before Paul departed from Corinth for Jerusalem to deliver the collection he had taken for the church there.それはおそらく書かれた約57の広告-5 8コリントのエルサレムを出発する前にポールのコレクションを提供していた教会に撮影します。

Chapters 1 - 4 develop in greater detail the theme of justification by faith, which appears in polemical form in Galatians. チャプター1 -4の開発をテーマに今まで以上に詳しく他力本願、ガラテヤ人への手紙形式で論争に表示されています。 Chapters 5 - 8 show the effect of salvation on humans.章5 -8詳細の効果を人間に救いをします。 In chapters 9 - 11, Paul tries to fathom God's plan for the Jews, his chosen people, who have not followed Jesus. The implications for Christian life of Jesus, faith, and salvation are drawn out in chapters 12 - 15. Chapter 16 is a letter of introduction for the deaconess Phoebe and is thought by many to have been originally a separate letter.の章9 -1 1、ポールしようとする神のための計画を尋、ユダヤ人、彼の選ばれた人々は、イエスキリストの後w hoていない。人生の意味をイエスキリスト教、信仰、と救いが描かれて、各章1 2- 15 。第1 6章は、一通の手紙の導入を考え、多くのdeaconess Phoebeとはもともとされ、別の文字を入力します。

The exact nature and purpose of Romans is controversial, and it is difficult to determine whether it is a theological letter - essay, a last testament, an introduction of Paul to the Roman Christians, or a response to particular problems in Rome that Paul had heard about.自然との正確な目的は、ローマ人への手紙は、物議を醸すとすることは難しいかどうかを判断することは神学の手紙-エッセイは、最後の遺言、ポールを導入したのは、ローマのキリスト教徒か、または特定の問題に対応するためにローマでポールは聞いた〜について。 Romans is a particularly rich and complex epistle; its teachings on justification, the Jews, and attitudes toward civil government have been debated from the Reformation to the present.ローマ人への手紙は、特に豊かで複雑な信徒;その教えを正当化は、ユダヤ人、および政府の態度も市民からの改革を、現在の議論です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
CK Barrett, A Commentary on the Epistle to the Romans (1957); K Barth, The Epistle to the Romans (1933); PS Milner, The Obedience of Faith (1971). ckバレット、解説をするの信徒へのローマ人への手紙( 1957 ) ; k範囲は、ローマの信徒への( 1933 ) ; psのミルナー、信仰の服従( 1971 ) 。


Epistle to the Romansの信徒へのローマ人への手紙

Brief Outline簡単な概要

  1. Introduction (1:1-15)はじめに( 1:1-15 )
  2. Sinfulness of man, including both Gentiles and Jews (1:16-3:20)人間の罪深さの両方を含むgentilesとユダヤ人( 1:16-3:20 )
  3. Justification by Faith (3:21-5:21)他力本願( 3:21-5:21 )
  4. Sanctification (6-8)神聖( 6-8 )
  5. Israel and world Salvation (9-11)イスラエルと世界救世( 9-11 )
  6. Details of Christian conduct (12-15:13)キリスト教の詳細を行う( 12-15:13 )
  7. Concluding remarks, greetings (15:14-16:27)結びの言葉は、挨拶( 15:14-16:27 )


Epistle to the Ro'mansの信徒へのro'mans

Advanced Information 高度情報

This epistle was probably written at Corinth.このコリントの信徒ではおそらく書かれた。 Phoebe (Rom. 16:1) of Cenchrea conveyed it to Rome, and Gaius of Corinth entertained the apostle at the time of his writing it (16:23; 1 Cor. 1:14), and Erastus was chamberlain of the city, ie, of Corinth (2 Tim. 4:20).フェーベ(ローマ16:1 )のcenchreaそれをローマに伝え、およびガイウスのコリントの使徒を楽しま時点で、彼の書いたこと( 16:23 ; 1コーです。 1:14 ) 、およびエラストゥスは、チェンバレンは、市、すなわち、コリント( 2ティム。 4:20 ) 。 The precise time at which it was written is not mentioned in the epistle, but it was obviously written when the apostle was about to "go unto Jerusalem to minister unto the saints", ie, at the close of his second visit to Greece, during the winter preceding his last visit to that city (Rom. 15:25; comp. Acts 19:21; 20:2, 3, 16; 1 Cor. 16:1-4), early in AD 58.正確な時間をされていたに記載されて書かれた手紙ではない、それは明らかに書かれたときには約使徒"エルサレムに行く部長官、かれかれの聖人" 、すなわち、彼の2番目の訪問を閉じるギリシャ、中に冬の前の彼の最後の訪問をその都市(ローマ15:25 ;のCOMPです。行為19:21 ;午前20時02分、 3 、 16 ; 1コーです。 16:1-4 ) 、広告の早い段階で58 。 It is highly probable that Christianity was planted in Rome by some of those who had been at Jerusalem on the day of Pentecost (Acts 2:10).キリスト教の確率が高いことは、ローマに植えられていたいくつかのwhoの聖霊降臨祭の日にエルサレム(行為2:10 ) 。

At this time the Jews were very numerous in Rome, and their synagogues were probably resorted to by Romans also, who in this way became acquainted with the great facts regarding Jesus as these were reported among the Jews.この時点で、ユダヤ人が非常に多くのローマ、ユダヤ教とそのresortedされるが、おそらくローマ人への手紙も、このようにwho知り合いになった偉大なイエスキリストに関する基本として、これらの間のユダヤ人が報告します。 Thus a church composed of both Jews and Gentiles was formed at Rome.このように構成さの両方の教会、ユダヤ人とローマgentilesが結成さです。 Many of the brethren went out to meet Paul on his approach to Rome.多くの同胞がお留守に会うポールは彼のアプローチをローマです。 There are evidences that Christians were then in Rome in considerable numbers, and had probably more than one place of meeting (Rom. 16:14, 15).その証拠には、ローマのキリスト教徒たちに入力し、かなりの数字、および1つ以上の場所は、おそらく会議室(ローマ16:14 、 15 ) 。 The object of the apostle in writing to this church was to explain to them the great doctrines of the gospel.このオブジェクトは、使徒に書き込みをして、この教会は偉大な教説を説明するの福音です。 His epistle was a "word in season."彼の信徒は、 "シーズンの単語のです。 " Himself deeply impressed with a sense of the value of the doctrines of salvation, he opens up in a clear and connected form the whole system of the gospel in its relation both to Jew and Gentile.ある意味で自分自身に深く感銘を受けるには、値は、救世教説を、彼はポップアップするのを明確にして接続を形成してシステム全体の福音は、ユダヤ人とジェンティーレの両方に関係します。 This epistle is peculiar in this, that it is a systematic exposition of the gospel of universal application.この書簡は、この奇妙な、それは、福音書の普遍的体系に付随するアプリケーションを作成します。

The subject is here treated argumentatively, and is a plea for Gentiles addressed to Jews. argumentativelyの件名がここに扱われる、とは、ユダヤ人宛てにgentilesを嘆願する。 In the Epistle to the Galatians, the same subject is discussed, but there the apostle pleads his own authority, because the church in Galatia had been founded by him.は、ガラテヤ人への手紙の信徒への、同じ件名が検討され、使徒pleadsしかし、彼自身の権威、教会でgalatiaていたため、彼によって設立された。 After the introduction (1:1-15), the apostle presents in it divers aspects and relations the doctrine of justification by faith (1:16-11:36) on the ground of the imputed righteousness of Christ.した後、はじめに( 1:1-15 )は、使徒の側面との関係にプレゼントをすることダイバー他力本願の原則( 1:16-11:36 )を地面には、キリストの転嫁された義します。 He shows that salvation is all of grace, and only of grace.彼によると救いはすべての恵みを受けて、わずかの恵みを受けています。 This main section of his letter is followed by various practical exhortations (12:1-15:13), which are followed by a conclusion containing personal explanations and salutations, which contain the names of twenty-four Christians at Rome, a benediction, and a doxology (Rom. 15:14-ch. 16).このメインセクションは彼の手紙に続いて様々な実用的なexhortations ( 12:1-15:13 ) 、これに続いて礼拝に結論を含む個人的な説明や、これには、キリスト教徒の名前を2004年にローマは、祝福し、を頌栄(ローマ15:14 -あなたのです。 16 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Romeローマ

Advanced Information 高度情報

Rome, the most celebrated city in the world at the time of Christ.ローマは、世界の最も有名な都市では、キリストの時間です。 It is said to have been founded BC 753.これは紀元前753によると設立されています。 When the New Testament was written, Rome was enriched and adorned with the spoils of the world, and contained a population estimated at 1,200,000, of which the half were slaves, and including representatives of nearly every nation then known.新約聖書に書かときに、ローマが豊かで飾られ、世界の戦利品、および1200000に含まれるの人口を抱えると見積もられ、そのうちの半分が奴隷、ほぼすべての国の代表者を含めて入力し、知られている。 It was distinguished for its wealth and luxury and profligacy.それは、富と豪華さと識別の浪費です。 The empire of which it was the capital had then reached its greatest prosperity.されていたの帝国の首都は達して入力し、最大の繁栄に貢献します。 On the day of Pentecost there were in Jerusalem "strangers from Rome," who doubtless carried with them back to Rome tidings of that great day, and were instrumental in founding the church there.聖霊降臨祭の日に、エルサレムがあった"見知らぬ人からローマ、 " who疑い運ばローマ便りにして省略して、その偉大な日、インストゥルメンタルに設立された教会がある。 Paul was brought to this city a prisoner, where he remained for two years (Acts 28:30, 31) "in his own hired house."この都市のポール運ばれた囚人の、ここで彼は2年間(行為28:30 、 31 ) "は、自分自身の雇わハウスです。 " While here, Paul wrote his epistles to the Philippians, to the Ephesians, to the Colossians, to Philemon, and probably also to the Hebrews.ながらここでは、ポールピリピ人への手紙を書いたの書簡を、エペソ人への手紙を、コロサイ人への手紙を、ピレモン、としても、おそらくヘブル人への手紙です。

He had during these years for companions Luke and Aristarchus (Acts 27:2), Timothy (Phil. 1:1; Col. 1:1), Tychicus (Eph. 6: 21), Epaphroditus (Phil. 4:18), and John Mark (Col. 4:10).彼はルークと仲間中にこれらの年間aristarchus (行為27:2 ) 、ティモシー( phil. 1:1 ; Col 。 1:1 ) 、 tychicus ( eph. 6 : 21 ) 、 epaphroditus ( phil. 4:18 ) 、とジョンマーク( Col 。 4:10 ) 。 (See PAUL.) Beneath this city are extensive galleries, called "catacombs," which were used from about the time of the apostles (one of the inscriptions found in them bears the date AD 71) for some three hundred years as places of refuge in the time of persecution, and also of worship and burial. (ポールを参照。 )の下にこの都市は、大規模なギャラリーと呼ばれる"カタコンベ、 "これについては、時間が使用されるよりは、使徒(それらのいずれかの碑文のクマは発見された日付広告71 )いくつかの近くの避難所として300年は、時間を迫害し、埋葬も崇拝とします。 About four thousand inscriptions have been found in the catacombs.約4000文字の碑文のカタコンベが発見されています。 These give an interesting insight into the history of the church at Rome down to the time of Constantine.これらの興味深い洞察力を与えるの教会でローマの歴史の時間のコンスタンティノスダウンしています。


Epistle to the Romansの信徒へのローマ人への手紙

Catholic Information カトリックの情報

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです