Book of Ruthルツ記

General Information 総合情報

The Book of Ruth is the eighth book of the Old Testament of the Bible.この本のルースは、 8番目の本は、聖書の、旧約聖書のです。 A short story, it tells how Ruth, the Moabite widow of a Bethlehemite, with her mother - in - law Naomi's assistance, married an older kinsman Boaz, thereby preserving her deceased husband's posterity and becoming an ancestor of King David.短編小説を、それはどのようルースは、未亡人のbethlehemiteモアブ人は、彼女の母親-に-法ナオミのアシスタンス、既婚、古いキンズマンボアズ、それを維持彼女の故人の夫の子孫と祖先の王になって、デビッドです。 The plot is artfully constructed and exhibits a pronounced belief in the comprehensive but hidden providence of God that works quietly in ordinary events.巧みに構築され、展示物のプロットがはっきりしたの信仰を隠し、包括的しかし、神の摂理にひっそりと普通のイベントで動作します。 The legal customs concerning levirate marriage, redemption of property, and gleaning in the fields are relatively ancient, and the vocabulary and style are consistent with a date between 950 and 750 BC.レビレート婚の法的な結婚に関する税関、償還の財産を、と落穂拾いの分野では比較的古く、語彙との整合性とスタイルは、 950と750の間に紀元前に日付です。 The Davidic genealogy is a secondary appendix, written between 500 and 350 BC, which served to increase the importance of the book for postexilic Jews.第二は、付録の家系davidic 、 500と350の間に書か紀元前、これを提供するため、書籍の重要性を増加させるバビロン捕囚後のユダヤ人です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
YI Broch, The Book of Ruth (1975); EF Campbell, Ruth (1975); RM Hals, The Theology of the Book of Ruth (1969).李ブロッホ、この本のルース( 1975 ) ; efキャンベル、ルース( 1975 ) ; rmハルスは、その本の神学のルース( 1969 ) 。


Ruthルース

Advanced Information 高度情報

Ruth, a friend, a Moabitess, the wife of Mahlon, whose father, Elimelech, had settled in the land of Moab.ルースは、友人のmoabitess 、メイランの妻が、その父、 elimelech 、その土地のモアブが定着した。 On the death of Elimelech and Mahlon, Naomi came with Ruth, her daughter-in-law, who refused to leave her, to Bethlehem, the old home from which Elimelech had migrated.上の死をelimelechとメイラン、付属のナオミルース、彼女の嫁である、 whoを拒否して彼女のまま、ベツレヘム、旧ホームelimelechいたから移行中です。 There she had a rich relative, Boaz, to whom Ruth was eventually married.相対的に豊かな彼女は、ボアズ、ルースは最終的に誰と結婚します。 She became the mother of Obed, the grandfather of David.彼女は、母親のobedは、祖父のデビッドです。 Thus Ruth, a Gentile, is among the maternal progenitors of our Lord (Matt. 1:5).このようにルースは、ジェンティーレは、わたしたちの主の間の母体の前駆細胞( matt. 1:5 ) 。 The story of "the gleaner Ruth illustrates the friendly relations between the good Boaz and his reapers, the Jewish land system, the method of transferring property from one person to another, the working of the Mosaic law for the relief of distressed and ruined families; but, above all, handing down the unselfishness, the brave love, the unshaken trustfulness of her who, though not of the chosen race, was, like the Canaanitess Tamar (Gen. 38: 29; Matt. 1:3) and the Canaanitess Rahab (Matt. 1:5), privileged to become the ancestress of David, and so of 'great David's greater Son'" (Ruth 4:18-22).その物語の"落穂拾いをする人の間の友好関係を示してルース良いボアズと彼のreapersは、ユダヤ人の土地のシステムでは、 1つのプロパティを転送する方法を別の人は、モザイクの法則が働いて、救済を痛め、台無しご家族;しかし、なによりも、伝承のunselfishnessは、勇敢な愛は、彼女の不動の信頼whoではありませんが、選択したレースは、 canaanitessのようにタマル( Gen 。と38 : 29 ;マットです。 1:3 )とcanaanitessラハブ( matt. 1:5 ) 、 ancestorの女性の特権になるにはデビッドなどの'大きなデビッドの大きな息子' " (ルース4:18-22 ) 。


The Book of Ruthこの本のルース

Advanced Information 高度情報

The Book of Ruth was originally a part of the Book of Judges, but it now forms one of the twenty-four separate books of the Hebrew Bible.この本のルースは、もともとは、書籍の一部の裁判官が、今すぐフォームのいずれかの別々の書籍の24のヘブライ語聖書です。 The history it contains refers to a period perhaps about one hundred and twenty-six years before the birth of David.の歴史にピリオドを参照しておそらくそれは約126年前にして生まれたか、デビッドです。 It gives (1) an account of Naomi's going to Moab with her husband, Elimelech, and of her subsequent return to Bethlehem with her daughter-in-law; (2) the marriage of Boaz and Ruth; and (3) the birth of Obed, of whom David sprang.これにより、 ( 1 )を持つアカウントのナオミが起こっをモアブと彼女の夫、 elimelechし、彼女のその後のベツレヘムに戻って彼女の嫁である、 ( 2 )が結婚しボアズとルース、および( 3 )にして生まれたかobed 、誰デビッドspringの過去形です。 The author of this book was probably Samuel, according to Jewish tradition.この本の著者はおそらくサミュエルによると、ユダヤ人の伝統です。 "Brief as this book is, and simple as is its story, it is remarkably rich in examples of faith, patience, industry, and kindness, nor less so in indications of the care which God takes of those who put their trust in him." "簡単なとしてこの本は、簡単なものでは、その物語と、それは非常に豊富での例を信仰、忍耐力、産業界、と親切に、またの兆候が少ないので、神は、これらのwhoケアを自分の主を信頼していた。 "

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Book of Ruthルツ記

Catholic Information カトリックの情報

One of the proto-canonical writings of the Old Testament, which derives its name from the heroine of its exquisitely beautiful story.正規のいずれかのプロトコル、旧約聖書の記述は、その名前からの派生のヒロインの絶妙な美しい物語です。

I. CONTENTS i.内容

The incidents related in the first part of the Book of Ruth (i-iv, 17) are briefly as follows.関連して、これらの事件の最初の部分をこの本のルース(私- IVからは、 17 )は、簡単に以下のとおりです。 In the time of the judges, a famine arose in the land of Israel, in consequence of which Elimelech with Noemi and their two sons emigrated from Bethlehem of Juda to the land of Moab.裁判官のときには、その土地の飢饉が発生し、イスラエル、結果としてelimelechをnoemiの移住者とその二人の息子をjudaベツレヘムのモアブの土地です。 After Elimelech's death Mahalon and Chelion, his two sons, married Moabite wives, and not long after died without children. mahalonとelimelechの死のchelionした後、彼の2人の息子、モアブ人の妻と結婚し、子供たちは長いした後に死亡した。 Noemi, deprived now of her husband and children, left Moab for Bethlehem. noemi 、今すぐに奪われ、夫と子供たち、左モアブのベツレヘムです。 On her journey thither she dissuaded her daughters-in-law from going with her.彼女の旅dissuaded彼女は娘のあちらの方へ-さ-法から行くと彼女のです。 One of them, however, named Ruth, accompanied Noemi to Bethlehem. 1つは、しかし、名前のルース、同行noemiをベツレヘムです。 The barley harvest had just begun and Ruth, to relieve Noemi's and her own poverty, went to glean in the field of Booz, a rich man of the place.大麦の収穫はまだ始まったばかりとはルース、 noemiを解消するのと彼女自身の貧困、落ち穂拾いを行ったの分野でのブーズは、金持ちの場所です。 She met with the greatest kindness, and following Noemi's advice, she made known to Booz, as the near kinsman of Elimelech, her claim to marriage.彼女に会っての最大の優しさ、および以下のnoemiのアドバイスを、彼女は知られてブーズ、キンズマンの近くにelimelechとして、彼女の結婚を主張しています。 After a nearer kinsman had solemnly renounced his prior right, Booz married Ruth who bore him Obed, the grandfather of David.キンズマンは厳粛に放棄した後、彼の前に近づいて右、ルースwho穴彼と結婚ブーズobedは、祖父のデビッドです。 The second part of the book (iv, 18-22) consists in a brief genealogy which connects the line of David through Booz with Phares, one of the sons of Juda. 2番目の部分の予約( 4 、 18-22 )で構成さを簡単に接続して行の系譜をブーズにpharesデビッドを通じて、人の息子のいずれかのjudaです。

II. Ⅱ 。 PLACE IN THE CANON場所は、キヤノン

In the series of the sacred writings of the Old Testament, the short Book of Ruth occupies two different principal places.本シリーズの聖典、旧約聖書の、ルースの短い予約の異なる2つの主要な場所を占めています。 The Septuagint, the Vulgate, and the English Versions give it immediately after the Book of Judges.のセプトゥアギンタは、ウルガタ聖書の、英語版と予約後、すぐに与えることの裁判官です。 The Hebrew Bible, on the contrary, reckons it among the Hagiographa or third chief part of the Old Testament.ヘブライ語聖書は、その反対に、 reckonsことhagiographaまたは3番目の間のチーフ、旧約聖書の部分です。 Of these two places, the latter is most likely the original one.これらの2つの場所、後者は、最も高い、元の1つです。 It is attested to by all the data of Jewish tradition, namely, the oldest enumeration of the Hagiographa in the Talmudic treatise "Baba Bathra", all the Hebrew manuscripts whether Spanish or German, the printed editions of the Hebrew Bible, and the testimony of St. Jerome in his Preface to the Book of Daniel, according to which eleven books are included by the Hebrews in the Hagiographa.ことが証明するように、すべてのデータのユダヤ人の伝統、すなわち、最も古いの列挙をtalmudic論文のhagiographaは、 "ババbathra "は、すべての原稿かどうかヘブライ語スペイン語、ドイツ語、ヘブライ語聖書の印刷のエディション、との証言を聖ジェローム彼の序文で、ダニエル書によると、 11本が含まれるものでは、 hagiographaされたヘブル人への手紙です。 The presence of the Book of Ruth after that of Judges in the Septuagint, whence it passed into the Vulgate and the English Versions, is easily explained by the systematic arrangement of the historical books of the Old Testament in that ancient Greek Version.この本のルースが存在することを裁判官は、セプトゥアギンタした後、そこから渡されることウルガタ聖書と英語のバージョンでは、組織的な配列で簡単に説明されたのは、歴史的な書籍では、旧約聖書の古代ギリシャのバージョンです。 As the episode of Ruth is connected with the period of the judges by its opening words "in the days. . .when the judges ruled", its narrative was made to follow the Book of Judges as a sort of complement to it.ルースのエピソードとしては、裁判官に接続して、その期間の開会の言葉"は、日中に。 。 。 。 。ときに、裁判官の支配" 、その物語を次の予約が行われた裁判官としての並べ替えを補って完全にすることです。 The same place assigned to it in the lists of St. Melito, Origen, St. Jerome (Prol. Galeatus), is traceable to the arrangement of the inspired writings of the Old Testament in the Septuagint, inasmuch as these lists bespeak in various ways the influence of the nomenclature and grouping of the sacred books in that Version, and consequently should not be regarded as conforming strictly to the arrangement of those books in the Hebrew Canon.同じ場所のリストに割り当てられていることが聖メリート、原産地、聖ジェローム( prol. galeatus )は、トレーサブルなインスピレーションを手配をしたことは、旧約聖書の記述は、セプトゥアギンタ、これらのリストとして考慮してさまざまな方法で語るの影響を受けての命名法、およびグルーピングは、神聖な書籍を探すことバージョン、およびその結果に適合したと見なされてはならないの配置を厳密には、これらの書籍は、ヘブライ語キヤノンします。 It has indeed been asserted that the Book of Ruth is really a third appendix to the Book of Judges and was, therefore, originally placed in immediate connection with the two narratives which are even now appended to this latter book (Judges 17-18; 19-21); but this view is not probable owing to the differences between these two works with respect to style, tone, subject, etc.と主張していることが実際に予約のルースは、実際には3番目の書籍の付録を裁判官とは、したがって、もともとの接続を即時に配置さ2つの物語が追加され、この後者も今すぐ予約(裁判官17-18 ; 19 -21 ) ;しかし、この対象ではないの違いは予想のために、これら2つの作品に敬意を使用してスタイル、トーン、件名、等

III. Ⅲ 。 PURPOSE目的

As the precise object of the Book of Ruth is not expressly given either in the book itself or in authentic tradition, scholars are greatly at variance concerning it.その本の正確なオブジェクトとしてのルースではない本自体は、明示的に指定するか、または本物の伝統、学者は大幅には差異に関することです。 According to many, who lay special stress on the genealogy of David in the second part of the book, the chief aim of the author is to throw light upon the origin of David, the great King of Israel and royal ancestor of the Messias.によると、多くの人にとって、 whoレイアウトの家系のデビッド特別なストレスを2番目の部分にその本は、主な目的は、著者は光を投げる時の起源はデビッドは、偉大な王の祖先は、イスラエルとロイヤルmessiasです。 Had this, however, been the main purpose of the writer, it seems that he should have given it greater prominence in his work.が、しかし、その作家の主な目的はれ、彼はそれが与えられたとみられる隆起が大きいに仕事に取り組んでいます。 Besides, the genealogy at the close of the book is but loosely connected with the preceding contents, so it is not improbably an appendix added to that book by a later hand.また、近くの系図は、大まかにその本は、しかし、上記の内容に接続して、これはことによると、その書籍の付録に追加されましたされ、後の手です。 According to others, the principal aim of the author was to narrate how, in opposition to Deut., xxiii, 3, which forbids the reception of Moabites into Yahweh's assembly, the Moabitess Ruth was incorporated with Yahweh's people, and eventually became the ancestress of the founder of the Hebrew monarchy.その他によると、主な目的は、著者がどのように物語る、 deutに反対しています。 、 23 、 3 、どのmoabitesを受信したことを禁じますヤハウェのアセンブリは、ルースmoabitessヤハウェの人々に設立し、最終的なったancestorの女性の君主は、ヘブライ語の創始者です。 But this second opinion is hardly more probable than the foregoing.しかし、この2番目の意見はほとんどの他の予想よりも前述のです。 Had the Book of Ruth been written in such full and distinct view of the Deuteronomic prohibition as is affirmed by the second opinion, it is most likely that its author would have placed a direct reference to that legislative enactment on Noemi's lips when she endeavoured to dissuade her daughters-in-law from accompanying her to Juda, or particularly when she received from Ruth the protestation that henceforth Noemi's God would be her God.ルースは、本で書かれているような完全かつ明確な対象は、アファームドには禁止されdeuteronomic 2番目の意見によれば、これは最も高いことが置かれ、著者が直接参照して立法の制定をnoemiときに彼女の唇を思いとどまらせようとendeavoured彼女の娘-さ-法judaから彼女を伴うか、または、特に彼女から受け取ったときに抗議し、今後ルースnoemiの神が彼女の神です。 Several recent scholars have regarded this short book as a kind of protest against Nehemias's and Esdras's efforts to suppress intermarriage with women of foreign birth.いくつかの最近の学者が短いと考え、この種の抗議として予約nehemiasのとエスドラス書の努力を抑制する外国人女性の結婚と出産です。 But this is plainly an inference not from the contents of the book, but from an assumed late date for its composition, an inference therefore no less uncertain than that date itself.しかし、この推論がはっきりしないから、その本の内容を、しかし、後半からの想定日付の組成は、不確実な推論に比べて少ないため日付自体ない。 Others finally, and indeed with greater probability, have maintained that the author's chief purpose was to tell an edifying story as an example to his own age and an interesting sketch of the past, effecting this by recording the exemplary conduct of his various personages who act as simple, kindly, God-fearing people ought to act in Israel.他の最後に、そして実際に高い確率は、この文書の著者が維持さの最高目的は、ためになる話を伝えるへの見せしめとして自分自身の年齢や興味深いスケッチ編集して項目を、実施するには、模範的な行動を記録した彼の様々な人物who法のような簡単な、親切に、神を恐れるイスラエルの人々に行動したい場合に使います。

IV. Ⅳ 。 HISTORICAL CHARACTER歴史上の人物

The charming Book of Ruth is no mere "idyll" or "poetical fiction".予約のルースの魅力がない単なる"牧歌"または"詩的フィクション"です。 It is plain that the Jews of old regarded its contents as historical, since they included its narrative in the Septuagint within the prophetic histories (Josue- Kings).これは古い考え平野は、その内容としてのユダヤ人の歴史的なので、その物語は、セプトゥアギンタに含まれるものの予言の履歴(ジョスエ-キングス) 。 The fact that Josephus in framing his account of the Jewish Antiquities utilizes the data of the Book of Ruth in exactly the same manner as he does those of the historical books of the Old Testament shows that this inspired writing was then considered as no mere fiction.フレーミングヨセフスという事実が彼のアカウントは、ユダヤ人の古美術品のデータを活用して正確にその本のルースと同じように、彼はそれらの書籍の歴史、旧約聖書のインスピレーションによると、この書き込みは、単なる作り事入力しないと考えられています。 Again, the mention by St. Matthew of several personages of the episode of Ruth (Booz, Ruth, Obed), among the actual ancestors of Christ (Matthew 1:5), points in the same direction.繰り返しになりますが、いくつかの人物に言及されマタイのエピソードは、ルース(ブーズ、ルース、 obed ) 、キリストのうち、実際の先祖(マタイ1:5 ) 、ポイントは、同じ方向です。 Intrinsic data agree with these testimonies of ancient tradition.これらの証言に同意固有のデータの古代からの伝統です。 The book records the intermarriage of an Israelite with a Moabitess, which shows that its narrative does not belong to the region of the poetical.この本を記録し、イスラエルと結婚moabitess 、これによると、物語の領域に属していない場合は、詩的です。 The historical character of the work is also confirmed by the friendly intercourse between David and the King of Moab which is described in 1 Samuel 22:3-4; by the writer's distinct reference to a Jewish custom as obsolete (Ruth 4:7), etc.歴史上の人物の仕事をすることも確認されたと友好関係は、デイビッドとザキングオブモアブの間には1に記載されサミュエル22:3-4 ;されたユダヤ人の作家の異なる参照してカスタムとして旧版(ルース4時07分) 、等

In view of this concordant, extrinsic and intrinsic, evidence, little importance is attached by scholars generally to the grounds which certain critics have put forth to disprove the historical character of the Book of Ruth.対象は、次の調和しているが、外因性と内因性、証拠、ほとんど重要なのは学者に添付され、通常、特定の批評家がこれを根拠に反証を出すの歴史上の人物は、予約のルースです。 It is rightly felt, for instance, that the symbolical meaning of the names of several persons in the narrative (Noemi, Mahalon, Chelion) is not a conclusive argument that they have been fictitiously accommodated to the characters in the episode, and more than the similar symbolical meaning of the proper names of well known and full historical personages mentioned in Israel's annals (Saul, David, Samuel, etc.).感じたことは当然、例えば、象徴的意味は、人の名前をいくつかは、物語( noemi 、 mahalon 、 chelion )ではないにしても決定的な論拠を偽るの文字は、エピソードを収容し、以上の同様の象徴的意味の名前をよく知られ、適切な歴史的な人物と完全に記載され、イスラエルの科学Annals (ソール、デビッド、サミュエル、等) 。 It is rightly felt likewise that the striking appropriateness of the words put on the lips of certain personages to the general purpose of edification apparent in the Book of Ruth does not necessarily disprove the historical character of the work, since this is also noticeable in other books of Holy Writ which are undoubtedly historical.同様に感じたことは当然の言葉は、印象的妥当性の特定の人物の唇をつけるの汎用の教化を明らかにルースは、必ずしもその本の歴史上の人物の仕事を反証するので、これは他の書籍も目立つ神聖な令状のは間違いなく歴史的です。 Finally, it is readily seen that however great the contrast may appear between the general tone of simplicity, repose, purity, etc., of the characters delineated in the episode of Ruth, and the opposite features of the figures which are drawn in the Book of Judges, both writings describe actual events in one and the same period of Jewish history; for all we know, the beautiful scenes of domestic life connected in the Book of Ruth with the period of the judges may have truly occurred during the long intervals of peace which are repeatedly mentioned in the Book of Judges.最後に、これは容易で見たことがあるしかし大のコントラストが表示される一般的なトーンの間の単純化、休息、純度などの文字の線引きは、ルースのエピソード、およびその逆の特徴が描かれ、フィギュアの予約裁判官は、実際の出来事を説明両方の文章と同じ期間の1つのユダヤ人の歴史のすべてを知って、国内の生活の美しい風景の予約のルースに接続され、裁判官5月の期間が長いの間隔を発生して真に平和の予約が繰り返し裁判官に記載されています。

V. AUTHOR AND DATE OF COMPOSITION V.著者とこの評価を組成

The Book of Ruth is anonymous, for the name which it bears as its title has never been regarded otherwise than that of the chief actor in the events recorded.この本のルースは匿名では、クマの名前がそのタイトルがないことで高く評価され、最高の俳優に比べて他のイベントで記録されます。 In an ancient Beraitha to the Talmudic treatise "Baba Bathra" (Babylonian Talmud, c. i), it is definitely stated that "Samuel wrote his book, Judges, and Ruth"; but this ascription of Ruth to Samuel is groundless and hence almost universally rejected at the present day. beraithaして、古代のtalmudic論文"ババbathra " (バビロニアタルムード、 c. 1 ) 、それは間違いなくこと"を書いたサミュエル予約、裁判官、およびルース" ;しかし、この帰属のルースをサミュエルには根拠とほぼそれゆえ現今では普遍的拒否されました。 The name of the author of the book of Ruth is unknown, and so is also the precise date of its composition.の名前を、本の著者は、ルースは不明ですが、これはまた、正確な日付とその組成します。 The work, however, was most likely written before the Babylonian exile.その仕事は、しかし、バビロニア人は、亡命者の前に書かれた最も高い。 On the one hand, there is nothing in its contents that would compel one to bring down its origin to a later date; and, on the other hand, the comparative purity of its style stamps it as a pre-exilic composition.は、他方では、その内容が何も強制的に停止させる1つの起源を、後日、および、その一方で、そのスタイルの純度の比較切手それを事前に追放された組成します。 The numerous critics who hold a different view overrate the importance of its isolated Aramaisms which are best accounted for by the use of a spoken patois plainly independent of the actual developments of literary Hebrew. whoホールド、多くの批評家の重要性を、別の対象を過大評価するのがベストaramaismsその孤立した連結会計年度での使用をはっきりと独立した音声俚言文学の発展を、実際のヘブライ語です。 They also make too much of the place occupied by the Book of Ruth among the Hagiographa, for, as can be easily realized, the admission of a writing into this third division of the Hebrew Canon is not necessarily contemporary with its origin.また、あまりにも多くの場所を占領され、書籍の間のhagiographaルースを、簡単に実現できるの入場料は、この第3部が実施して書き込みをヘブライ語、キヤノンは現代的で、必ずしもその起源です。 But, while the internal data supplied by the Book of Ruth thus point to its pre-exilic origin, they remain indecisive with regard to the precise date to which its composition should be referred, as clearly appears from the conflicting inferences which have been drawn from them by recent Catholic scholars.しかし、内部のデータが、この本のルース供給されるため、事前に追放されたの起源をポイントして、彼ら煮えきらないままの正確な日付に関してはその組成を言及すべきである、として明確に表示されますから、競合する推論されてきたから引き出されるそれらの最近のカトリックの学者です。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 Dedicated to Ruth Peterson The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.ルース専用のピーターソンのは、カトリックの百科事典を、第20巻13 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.公認、 1912年2月1日です。 Remy Lafort, DD, Censor.レミlafort 、 DDの、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Commentaries.--Catholic: CLAIR (Paris, 1878); VON HUMMELAUER (Paris, 1888); FILLION (Paris, 1889); VIGOUROUX (Paris, 1901); CRAMPONI.論評.--カトリック:クレール(パリ、 1878 ) ;フォンhummelauer (パリ、 1888 ) ; fillion (パリ、 1889 ) ; vigouroux (パリ、 1901 ) ; cramponiです。 Protestant: WRIGHT (London, 1864); KEIL (Leipzig, 1874): BERTHEAU (Leipzig, 1883); OETTLE (Nordlingen, 1889); BERTHOLET (Freiburg, 1898); NOWACK (Goettingen, 1902).プロテスタント:ライト(ロンドン、 1864 ) ; keil (ライプチヒ、 1874 ) : bertheau (ライプチヒ、 1883 ) ; oettle (ネルトリンゲン、 1889 ) ; bertholet (フライブルク、 1898 ) ;ノバック(ゲッティンゲン、 1902 ) 。


Book of Ruthルツ記

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

-Critical View:クリティカルな対象:

Date of Composition.この評価を組成します。

Bewer's Theory of Interpolations. interpolations bewerの理論です。

The Book of Ruth, which is poetically idyllic in character, although the narrative is in the form of prose, contains an episode from the period of the Judges.この本のルース、これは詩的で牧歌的なキャラクター、物語は、散文の形では、エピソードには、審査員からの期間です。 For this reason it is placed in the Septuagint after the Book of Judges; and this order is followed in the Vulgate and in the English translations.このため配置されたことがセプトゥアギンタ予約した後、裁判官、およびウルガタ聖書は、この注文が続くとは、英語の翻訳です。 In the Hebrew Bible, however, Ruth is found in the "Ketubim," or third part of the canon, where it stands next after the Song of Solomon, being the second of the Five Megillot.聖書は、ヘブライ語、しかし、ルースが発見された" ketubim 、 "または3番目の部分は、キヤノンが、ここは、スタンドの横ソロモンの歌の後に、 2番目の、 5つのmegillotがします。 In Spanish manuscripts and in one Bible of 1009 Ruth comes first (Buhl, "Canon of the Old Testament," i., § 10; see Bible Canon). inスペイン語原稿と1つのルースが1009聖書の最初の(ブール、 "キヤノンは、旧約聖書の、 "の経験I.クリチバ、 § 10 ;参照聖書キヤノン)です。 This position, as will be noted more fully below, probably accords better with the date of the book; for it was written so long after the date of which its story treats that many of the customs to which it refers had become antiquated.このポジションは、以下のようにメモをもっと完全に、おそらく、この評価をより良い協定の予約;ために書かれたので、長い話をした後、この評価を扱うことの多くは、税関には時代遅れになることを指す。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The book takes its name from one of its characters, who, with her mother-in-law, Naomi, shares the honor of being its heroine.この本は、その名前から1つの文字、 whoは、彼女の義母さんのように、ナオミは、株式の名誉がその主人公。 The story is as follows: Elimelech, a man of Bethlehem-judah, with his wife, Naomi, and his two sons, Mahlon and Chilion, went in time of famine and sojourned in the land of Moab.その物語は以下のとおりです: elimelechでは、男性のベツレヘム-ユダは、彼の妻、ナオミ、と彼の2人の息子、メイランとchilion 、飢饉の際には、その土地のモアブとsojournedです。 There Elimelech died, and the two sons married, Mahlon taking Ruth as his wife, and Chilion taking Ophra-both women of Moab, where both sons likewise died.あるelimelech人が死亡し、 2人の息子と結婚し、彼の妻としてルースメイラン撮影し、撮影ophra - chilionモアブの女性の両方を、ここで同様の両方の息子が死亡した。 In due time Naomi heard that the famine in Judah had passed, and determined to return thither.時が来れば、ナオミを聞いて、飢饉にユダが渡された場合は、あちらの方に復帰し、決定する。 Ruth, in spite of the dissuasion of Naomi, accompanied her mother-in-law to Bethlehem, and cast in her lot with the people of Judah.ルースは、説得して思いとどまらせるのにもかかわらず、ナオミは、彼女の同伴をベツレヘム義母さんのように、とCASTを多くの人々は彼女のユダです。 The two women arrived in Bethlehem at the beginning of barley harvest.ベツレヘムに到着した二人の女性の冒頭に、大麦の収穫です。 Naturally they were in a state of dire poverty.当然彼らは、極度の貧困状態にします。 Elimelech had had an inheritance of land among his brethren, but, unless a Go'el, could be found, Naomi would be compelled to sell it (in Ruth iv. 3 should be pointed = "is going to sell"; comp. "Am. Jour. Semit. Lang." xix. 145). elimelechがあった彼の兄弟の間の土地を相続、しかし、 go'elしない限り、プログラムが見つかりませんでした、ナオミせざるを得ないが売って(ルースⅣ 。 3必要が指摘= "が起こっを販売する" ;のCOMP 。 "アムです。学会誌semit 。 Langです。 " 19 。 145 ) 。 Elimelech had a prosperous relative in Bethlehem whose name was Boaz, and who, like others, was engaged in the harvest.相対的に繁栄しているelimelechベツレヘムは、その名前はボアズ、およびwho 、のような他の収穫が従事しています。 Naomi sent Ruth to glean in his fields, and, after he had spoken kindly to her and shown her some favors, she, still acting upon the advice of her mother-in-law, approached Boaz at night and put herself in his power.ナオミルースを集める彼のフィールドに送られると、話さ後、彼は親切に示すように、彼女と彼女のいくつかの恩恵を、彼女は、まだ演技の助言をする彼女の義母さんのように、夜に近づいてボアズと彼のパワーにつぶやきました。 Boaz was attracted to her, but informed her that there was a kinsman nearer than he who had the first right to redeem the estate of Elimelech, and that it would be necessary for this kinsman to renounce his right before he (Boaz) could proceed in the matter.ボアズは彼女に引かれたが、しかし、インフォームドコンセントをキンズマンがあったと彼女に近づいていたよりも彼の最初のwhoの不動産の権利を交換elimelechており、そのために必要なことが自分の権利を放棄する前に、このキンズマン彼(ボアズ)が進んでこの問題です。 Accordingly he called this kinsman to the gate of the city before the elders, and told him of the condition of the wife and daughter-in-law of Elimelech, and of his (the kinsman's) right to redeem the estate and to marry Ruth.したがって彼のゲートと呼ばれるこのキンズマンをする前に、市の長老、との条件は彼に言われたのは、妻と娘の法則-さ- elimelechし、彼の(キンズマンの)権利を交換ルースの不動産との結婚をします。 The kinsman declared that he did not desire to do so, and drew off his shoe in token that he had renounced his rights in favor of Boaz.キンズマンを宣言して、彼は欲望を行うには、彼の靴のトークンとドリューオフしていた彼の権利を放棄ボアズ賛成です。 Boaz thereupon bought the estate from Naomi, married Ruth, and became by her the father of Obed, who in due time became the father of Jesse, the father of King David.ECGABそこでボアズ不動産を購入してから、ナオミ、既婚ルース、となった彼女の父親のobed 、 who時が来ればなったジェシーの父、王の父david.ecgab

-Critical View:クリティカルな対象:

It should be noted that in the narrative of the Book of Ruth there are several points which are not quite clear.注意すべき点は、その本の物語は、ルースにはいくつかのポイントを非常に明確にされていない。 In certain parts, as i.特定の部品、 i. 12-14, the action seems to presuppose the existence of the levirate law (comp. Gen. xxxviii. and Deut. xxv. 5 et seq.), while in other parts, as iv. 12-14 、アクションの存在を仮定するように、レビレート婚法( comp. Gen 。と38です。とdeut 。 25 。 5頁以降を参照。 ) 、中の他の部分、 Ⅳ 。 3 et seq., the redemption of Elimelech's estate for his widow seems to be the chief point in the discussion. 3頁以降を参照。 、 elimelechの不動産の交換については彼の未亡人と思われる時点での議論の首席です。 This seems to presuppose the extension to wives of the law concerning the inheritance of daughters (Num. xxxvi.).このように仮定するのは、法の拡張子を妻の遺産の相続の娘( 36 num.です。 ) 。 Again, from the general course of the narrative one receives the impression that Boaz is the Go'el; but in iv.繰り返しますが、物語からの総合科目の1つを受信するとの印象をボアズは、 go'el ;しかし、 Ⅳ 。 13 et seq. 13頁以降を参照。 the go'el seems to be Obed (comp. Nowack, "Handkommentar zum Alten Testament," p. 199, sv "Richter," "Ruth," etc.; Bertholet, in "KHC" ad loc.). go'elと思われるのobed ( comp.ノバック、 " handkommentar zumアルテン遺言、 " p. 199 、 sv文書"リヒター" 、 "ルース、 "等; bertholet 、 "道路公社"の広告て下さい。 ) 。 Finally, if the levirate law had been really fulfilled, Obed should have been counted the son of Mahlon, the son of Elimelech, whereas he is really called (iv. 21) the son of Boaz.最後に、レビレート婚法の場合、本当に果たさていた、はずだったobedカウントの息子のメイラン、 elimelechの息子であるが、彼は本当にと呼ばれる( iv. 21 )の息子のボアズです。

Bewer (in "Am. Jour. Semit. Lang." xix. 143 et seq.) points out that four steps in the development of the levirate are met with in the Old Testament: (1) the go'el need not be a brother, but may be any kinsman of the deceased, as in Gen. xxxviii.; (2) he must be a brother (although this form is not actually found, it is necessarily presupposed by the following); (3) only such brothers as have lived with the deceased are required to perform the duties of the levirate (comp. Deut. xxv. 5 et seq.); and (4) no man is allowed to take his brother's wife (Lev. xx. 21). bewer ( "アムです。学会誌semit 。 Langです。 " 19 。 143頁以降を参照。 )指摘して4つの手順を実行して開発をレビレート婚が満たされるとは、旧約聖書: ( 1 )は、 go'el必要はありません。兄は、キンズマンされることがありますが故人のように、 38 Gen 。とします。 ; ( 2 )をしなければならない彼の弟(とはいえ、実際にこのフォームではないが見つかりました、それは必ずしも前提には、次の) ; ( 3 )のみこのような兄弟故人に住んだことがあるとして、次のような任務を実行するのに必要なのレビレート婚( comp. deut 。 25 。 5頁以降を参照。 ) 、および( 4 )のない人が許可を取るの妻の弟( lev.イグゼクスです。 21 ) 。 According to this classification, the form of levirate in the Book of Ruth is the oldest of all, but here is encountered the difficulty that the described form of purchase of the estate of Naomi does not at all accord with any form of levirate, but with the law of Lev.この分類によると、レビレート婚という形でその本のルースは日本で最も古いのすべてのが、ここに記載が発生した形での難しさは、不動産を購入したすべての協定にしていませんが、ナオミのいかなる形態のレビレート婚ではなく、同法のレフです。 xxv. 25 。 25 (Holiness Code, cited hereafter as H). 25 (ホーリネスコードは、来世として挙げh ) 。 Bewer therefore concludes that the levirate idea is not an original part of the Book of Ruth, but that the work was first composed on the basis of Lev.したがってbewer結論は、レビレート婚アイデアではないオリジナルの部分は、予約のルースが、その最初の仕事はレフに基づいて構成します。 xxv. 25 。 25, and that it was afterward interpolated to some extent to ingraft upon it the levirate idea. 25日、補間されていることは、その後にある程度のレビレート婚をすることingraft考えです。 The phenomena of the book, however, may quite plausibly be explained in another way, as will be pointed out below.この現象は、予約は、しかし、 5月かなりまことしやかにもう1つの方法が説明され、以下のように指摘した。

Date of Composition.この評価を組成します。

According to Bewer the Book of Ruth is later than H., ie, it is post-exilic. bewerによると、この本のルースは笠原以降、すなわち、それは追放されたポストです。 This view of the date is for other reasons held by many scholars (eg, Kuenen, "Historische Bücher des Alten Testaments," i., part 2, p. 195; Cornill, "Einleitung," p. 241; Nowack, lc; Bertholet, lc; and Kautzsch, "Literature of the Old Testament," p. 129).このビューを表示するのには日付が行われたその他の理由で、多くの学者(例えば、キューネン、 "歴史bücherデアルテンtestaments 、 "の経験I.クリチバ、パート2 、 p. 195 ;コルニル、 " einleitung 、 " p. 241 ;ノバック、液晶; bertholet 、液晶、およびカウチ、 "文学は、旧約聖書の、 " p. 129 ) 。 The days of the Judges are referred to as a time far past (i. 1), and even the law of Deut.審査員は、日中には、時間と呼ばれることも遠い昔( i. 1 ) 、さらに同法のdeutです。 xxv. 25 。 5 et seq. 5頁以降を参照。 is referred to as a custom now obsolete (comp. Ruth iv.7); the language of the book contains several Aramaisms(eg, , i. 4; , i. 13; and , iv. 7); the interest in the genealogy of David (iv. 20 et seq.) is thought to indicate a date when David had become the ideal of the nation; and the evident interest of the author in the marriage of an Israelite with a Moabitess-an interest in sharp contrast to the law of Deut.と呼ばれて、カスタム今すぐ旧版( comp.ルースiv.7 ) ;の言語の書籍を含むいくつかのaramaisms (例えば、 、 i. 4 ; 、 i. 13 ;と、 Ⅳ 。 7 ) ; 、関心の系譜のデビッド( iv. 20頁以降を参照。 )は、日付を示すと考えられていたときにデビッド理想的な国になると、明らかな利益のために著者は、イスラエルとの結婚に興味をmoabitess -際立って対照的に、 deutの法則です。 xxiii. 23 。 3 et seq. 3頁以降を参照。 as well as the procedure of Ezra and Nehemiah (Ezra ix., x., and Neh. xiii. 23 et seq.)-indicates that the author of Ruth was a contemporary of Ezra and Nehemiah and wrote the book to show that their opposition to foreign marriages was contrary to ancient and most honorable precedent.手続きだけでなく、エズラとニーアマイア(エズラⅨ 。 、 Xの、およびneh 。 13 。 23頁以降を参照。 ) -を示して、著者は、現代のルースとエズラとニーアマイアが本を書いたのを表示することに反対外国人の結婚は、最も名誉ある古代の先例に反しています。

Although Driver ("Introduction," p. 427) urges that the general beauty and purity of style of Ruth indicate a pre-exilic date, holding that the Davidic genealogy at the end is probably a later addition, the post-exilic origin of Ruth seems to be confirmed by its position among the "Ketubim," in the third part of the canon.このドライバ( "はじめに、 " p. 427 )要請は、一般的な美しさとスタイルのルースの純度を示して事前に追放された日付、所蔵してdavidic系譜の最後には、おそらく、後のほか、追放された後のルースの起源その位置によって確認されるように間の" ketubim 、 "キャノンの3番目の部分です。 The view which makes it a tract against the marriage policy of Ezra and Nehemiah seems most probable.の対象に結婚することに反対する方針をエズラ路と最も確からしいニーアマイアようです。

Bewer's Theory of Interpolations. interpolations bewerの理論です。

Bewer (lc xx. 205 et seq.) holds that the work was written at that time and for that purpose, and that in its original form, without any reference to the levirate, it was a more effective weapon in the controversy than it is now. bewer (液晶イグゼクスです。 205頁以降を参照。 )を保持して書かれた作品は、その時間とそのために、それを元のフォームを全く考慮せずに、レビレート婚、それは、より効果的な武器は、論争の割には今は。 His view is that some friend of Ezra added the levirate interpolations in order to make it appear that the foreign marriage of Boaz was not a precedent for ordinary people, as the levirate compelled him to act thus.彼の考えでは、いくつかの友人のエズラが追加されましたinterpolationsレビレート婚をクリックして表示するためには、外国人の結婚をボアズはない普通の人々の先例を、彼に行動するとして、このようにレビレート婚を強制します。 If the book was written at the date supposed, it is clear from the law of H (Lev. xx. 21) that the levirate had passed away.の場合、予約は、日付が書かれたもの、それはより明確な法のH ( lev.イグゼクスです。 21 )は、レビレート婚がこの世を去った。 It is too much, therefore, to expect an absolutely clear and accurate account of its workings.それはあまりにも、そのため、確実にクリアかつ正確なアカウントを期待するの仕組みです。 That the writer should mingle its provisions with those of Lev.作家は、その規定は、これらの交際レフです。 xxv., which refer to the redemption of the estates of the poor, would at this date be very natural. 25 。 、これを参照して、土地の交換については、非常に悪い、この日はとても自然です。 Confusion, too, as to who the go'el actually was would also be natural.混乱は、あまりにも、実際には、 whoのgo'elすることも自然です。 Bewer's theory of interpolations seems, accordingly, unnecessary. interpolationsようbewerの理論、したがって、不要です。 Cheyne's view ("Encyc. Bibl." sv) that Elimelech was a Jerahmeelite, and that he went to sojourn in the land of Miṣṣur, is one of the curiosities of his Jerahmeel-Miṣṣur theory.チェーンストークスの見解( " encyc 。 bibl 。 " sv文書)をelimelechは、 jerahmeeliteており、その彼はその土地のmiṣṣur逗留では、もっと知りたい人のいずれかの彼のjerahmeel - miṣṣur理論です。

Executive Committee of the Editorial Board, George A. Barton執行委員会は、編集委員会は、ジョージAバートン

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

In addition to the works cited in the article, Bleek, Einleitung in das Alte Testament, ed.に加えて、作品に列記された記事は、 bleek 、 dasアルテ遺言einleitungで、エドです。 Wellhausen, 1893; König, Einleitung, 1893; Strack, Einleitung, 4th ed., 1895; Oettli, Ruth, in Kurzgefasster Kommentar, 1889.ECGABヴェルハウゼン、 1893 ;ケーニッヒ、 einleitung 、 1893 ;シュトラック、 einleitung 、第4エド。 、 1895 ; oettli 、ルースは、 kurzgefasster kommentar 、 1889.ecgab


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです