Books of Samuelサムエル記

General Information 総合情報

The two books of Samuel, which follow Judges in the Hebrew Bible and Ruth in the English, tell the stories of Samuel, Saul, and David. 2つのサムエル記、これ以下裁判官は、ヘブライ語聖書とルースは、英語、ストーリーのサミュエルに申し出て、ソール、および、デビッドです。 The events from the cataclysmic breakup of Israel's premonarchic league through the foundation of Saul's monarchy and the beginnings of David's political emergence to the death of Saul are narrated in 1 Samuel.激変のイベントからのイスラエルのpremonarchicリーグ解散した財団を通じての始まりソールの君主国との政治のデビッドソールが出現して死亡したナレーションを1サミュエルです。 David's unification of Israel and Judah, his imperial expansion, and the subsequent struggle to decide who would succeed David are described in 2 Samuel.デビッドの統一、イスラエルとユダ、彼の帝国の拡大、および、その後の闘争を決定するデビッドwhoは成功する2サミュエルに記載されています。

The books are named after Samuel, the last major representative of the old league, who figured prominently in the transition to monarchy.サミュエルした後、書籍の名前は、旧の最後のメジャーリーグを代表する、 who模様の君主制への移行を目立つようにします。 He plays no role in 2 Samuel, however, which may explain why the Septuagint and Vulgate versions designate 1 - 2 Samuel as 1 - 2 Kings.彼は劇の役割を果たす2サミュエル、しかし、理由がありますセプトゥアギンタとウルガタ聖書のバージョンを指定する1 -2サミュエルとして1 - 2キングスです。

Both volumes are part of the Deuteronomistic History (compiled in the time of Josiah, c. 640 - 609 BC), but they largely consist of preexisting literary sources, such as the pre Davidic narrative about the Ark (1 Sam. 2, 4 - 6) and the Solomonic Throne Succession Narrative (2 Sam. 9 - 20), that the final editor used relatively unchanged.巻号の一部の両方のdeuteronomistic履歴(コンパイル時には、ジョサイア、 c. 640 -6 09紀元前) 、かれらの大部分は既存の文学によると、事前d avidicなどの物語については、箱舟( 1サムです。 2 、 4 - 6 )とソロモンの王位継承物語( 2サム。 9 -2 0) 、それの最後のエディタを使用される比較的銘柄が変わらず。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
PR Ackroyd, The First Book of Samuel (1971); FM Cross, Canaanite Myth and Hebrew Epic (1973); HW Hertzberg, 1 and 2 Samuel (1964); PK McCarter, 1 Samuel (1980); RN Whybray, The Succession Narrative (1968).広報ackroyd 、最初の予約のサミュエル( 1971 ) ; fmクロス、カナン神話とヘブライ語叙事詩( 1973 ) ;ハードウェアヘルツベリ、 1と2のサミュエル( 1964 ) ; pk mccarter 、 1サミュエル( 1980 ) ; rnワイブレイは、後継者の物語( 1968 ) 。


Books of Samuelサムエル記

Brief Outline簡単な概要

  1. Samuel as Judge (1Sam 1-7)判事としてサミュエル( 1sam 1-7 )
  2. Saul as King (1Sam 8-2Sam 1)ソールとしてキング( 1sam 8 - 2sam 1 )
  3. David as King (2Sam 2-24)デビッドとしてキング( 2sam 2月24日)


Sam'uel sam'uel

Advanced Information 高度情報

Samuel, heard of God.サミュエルは、神の耳にします。 The peculiar circumstances connected with his birth are recorded in 1 Sam.彼の出生の特異な事情がつながって1サムに記録されています。 1:20. 1:20です。 Hannah, one of the two wives of Elkanah, who came up to Shiloh to worship before the Lord, earnestly prayed to God that she might become the mother of a son.ハンナは、妻のいずれかの2つのエルカーナ、 whoがやってきてシロの主を崇拝する前に、真剣に祈った神は彼女の息子の母になるかもしれない。 Her prayer was graciously granted; and after the child was weaned she brought him to Shiloh nd consecrated him to the Lord as a perpetual Nazarite (1:23-2:11).彼女の祈りは、優雅に付与;とした後、子供は乳離れした彼女は彼をシロノースダコタ聖体拝領主として彼パーペチュアルをナジル( 1:23-2:11 ) 。 Here his bodily wants and training were attended to by the women who served in the tabernacle, while Eli cared for his religious culture.ここで彼の身体とトレーニングが参加を希望される女性whoサービスは、幕屋、イーライの面倒を彼の宗教的文化です。 Thus, probably, twelve years of his life passed away.したがって、おそらく、彼の人生の12年間にこの世を去った。 "The child Samuel grew on, and was in favour both with the Lord, and also with men" (2:26; comp. Luke 2:52). "その子サミュエル成長率は、両方に賛成とは、主よ、とも男" ( 2:26 ;のCOMPです。ルーク2:52 ) 。 It was a time of great and growing degeneracy in Israel (Judg. 21:19-21; 1 Sam. 2: 12-17, 22).それは時間が非常にし成長し縮退イスラエル( judg. 21:19-21 ; 1サムです。 2 : 12-17 、 22 ) 。

The Philistines, who of late had greatly increased in number and in power, were practically masters of the country, and kept the people in subjection (1 Sam. 10:5; 13:3).のphilistines 、 whoの遅れが権力の座に番号と大幅に増加し、その国が実質的にマスターズ、および保管して人々に服従( 1サムです。 10時05分、 13時03分) 。 At this time new communications from God began to be made to the pious child.この時点で新しい通信を開始することは神の敬けんな子供です。 A mysterious voice came to him in the night season, calling him by name, and, instructed by Eli, he answered, "Speak, Lord; for thy servant heareth."神秘的な声で来て、彼の部屋のシーズン、彼の名前を呼び出すと、指示されたイーライ、彼は答えた、 "話す、主;をなたの使用人は全聴にします。 " The message that came from the Lord was one of woe and ruin to Eli and his profligate sons.主からのメッセージが表示さは、 1つの悲痛なとイーライと彼の放蕩息子を破滅させる。 Samuel told it all to Eli, whose only answer to the terrible denunciations (1 Sam. 3:11-18) was, "It is the Lord; let him do what seemeth him good", the passive submission of a weak character, not, in his case, the expression of the highest trust and faith.サミュエルはイーライことすべてを、その恐ろしいのない非難のみの回答を( 1サムです。 3:11-18 )は、 "これは、主;させてやってほしい彼はどのようなseemeth良い"は、パッシブの提出が弱い文字ではなく、は、彼の場合には、最高の信頼と信仰の発現します。

The Lord revealed himself now in divers manners to Samuel, and his fame and his influence increased throughout the land as of one divinely called to the prophetical office.ダイバーは主に礼儀作法を明らかにするサミュエル自身、彼の影響力と彼の名声と増加して土地の神と呼ばれる1つとしては、机上の事務所です。 A new period in the history of the kingdom of God now commenced.新しい時代に神の王国の歴史を今すぐ開始します。 The Philistine yoke was heavy, and the people, groaning under the wide-spread oppression, suddenly rose in revolt, and "went out against the Philistines to battle."くびきのペリシテ人は、重い、と人々は、たくさんのごちそうが抑圧されて、普及は、突然のバラの反乱、および" philistinesに反対する戦いはアウトです。 " A fierce and disastrous battle was fought at Aphek, near to Ebenezer (1 Sam. 4:1, 2).悲惨な戦いは、熾烈な戦いをaphekと、近くにはエベニーザー( 1サムです。 4:1 、 2 ) 。 The Israelites were defeated, leaving 4,000 dead "in the field."イスラエルが敗北し、死んで残し4000 "は、フィールドに入力します。 " The chiefs of the people thought to repair this great disaster by carrying with them the ark of the covenant as the symbol of Jehovah's presence.人々の思考を修復する参謀本部は、この大災害を帳簿にして、契約の箱エホバのシンボルとしての存在感です。 They accordingly, without consulting Samuel, fetched it out of Shiloh to the camp near Aphek.彼らしたがって、コンサルティングサミュエルなく、シロを取得して、キャンプの近くのaphekです。

At the sight of the ark among them the people "shouted with a great shout, so that the earth rang again."その光景を見て、それらの人々の間の箱舟"大きな声で叫んだように、再び地球が鳴った。 " A second battle was fought, and again the Philistines defeated the Israelites, stormed their camp, slew 30,000 men, and took the sacred ark. 2番目の戦いが戦ったし、再びイスラエルの敗北philistines 、そのキャンプ突入、スルー30000男性、とは、神聖な箱舟です。 The tidings of this fatal battle was speedily conveyed to Shiloh; and so soon as the aged Eli heard that the ark of God was taken, he fell backward from his seat at the entrance of the sanctuary, and his neck brake, and he died.致命的なの便りは、次の戦いは、スピーディーに伝えられるシロ;や高齢者のためすぐにイーライを聞いて、神の箱舟は、彼は自分の席からの後方に落ち、聖域の入り口、と彼の首のブレーキ、と彼は死亡した。 The tabernacle with its furniture was probably, by the advice of Samuel, now about twenty years of age, removed from Shiloh to some place of safety, and finally to Nob, where it remained many years (21:1).幕屋の家具はおそらく、サミュエルの忠告を無視し、現在は約20年間の年齢、シロをいくつかの場所から削除さの安全性を、そして、最後にノブが、ここは、依然として多くの年間( 21時01分) 。 The Philistines followed up their advantage, and marched upon Shiloh, which they plundered and destroyed (comp. Jer. 7:12; Ps. 78:59).その優位性のphilistinesフォローし、デモ行進にシロ、略奪と破壊されて( comp. jerです。 7時12分; psのです。 78:59 )です。

This was a great epoch in the history of Israel.これは、イスラエルの歴史の大きなエポックです。 For twenty years after this fatal battle at Aphek the whole land lay under the oppression of the Philistines.この後、 20年全体の命を懸けた闘いにaphek土地のphilistines抑圧の下にレイアウトします。 During all these dreary years Samuel was a spiritual power in the land.サミュエル中のすべてのわびしい年には、精神的な力の土地です。 From Ramah, his native place, where he resided, his influence went forth on every side among the people.よりramah 、彼のネイティブな場所が、そこに居住、彼の影響力はあらゆる面でいる人々です。 With unwearied zeal he went up and down from place to place, reproving, rebuking, and exhorting the people, endeavouring to awaken in them a sense of their sinfulness, and to lead them to repentance.と不屈の熱意を上下に彼は、場所から場所、非難、戒め、 exhortingの人々と、ある意味でendeavouringを目覚めさせることの罪深さ、および良心の呵責をリードしています。 His labours were so far successful that "all the house of Israel lamented after the Lord."彼の仕事は、これまでの成功は、 "イスラエルのすべての家の主の後に嘆いた。 " Samuel summoned the people to Mizpeh, one of the loftiest hills in Central Palestine, where they fasted and prayed, and prepared themselves there, under his direction, for a great war against the Philistines, who now marched their whole force toward Mizpeh, in order to crush the Israelites once for all.サミュエルmizpeh人々を召喚し、中央のいずれかのパレスチナloftiestヒルズで、どこに絶食と祈った、および準備自体が、彼の方向にされて、戦争に反対する大philistines 、 who全体を強制的に向かって行進mizpehするために、一度のすべてのイスラエル人をつぶす。

At the intercession of Samuel God interposed in behalf of Israel.神は、執り成しのサミュエルイスラエルの代わりに挿入されます。 Samuel himself was their leader, the only occasion in which he acted as a leader in war.サミュエル自身は、その指導者の唯一の機会では彼は戦争のリーダーとして行動します。 The Philistines were utterly routed.全くのphilistinesがルーティングされます。 They fled in terror before the army of Israel, and a great slaughter ensued.彼らの前に軍のテロ逃げたが、イスラエル、と偉大な虐殺ensued 。 This battle, fought probably about BC 1095, put an end to the forty years of Philistine oppression.この戦いは、紀元前1095戦ったおそらくについては、 40年に終止符を打つのペリシテ人の弾圧です。 In memory of this great deliverance, and in token of gratitude for the help vouchsafed, Samuel set up a great stone in the battlefield, and called it "Ebenezer," saying, "Hitherto hath the Lord helped us" (1 Sam. 7:1-12).メモリ内のこの偉大な救出、およびヘルプトークンの感謝の気持ちをvouchsafed 、サミュエル設定するには大きな石は、戦場と呼ばれると、 "エベニーザー、 "と述べ、 "これまでの主かれらのおかげ" ( 1サムです。 7 : 1-12 ) 。 This was the spot where, twenty years before, the Israelites had suffered a great defeat, when the ark of God was taken.これはその場で、 20年前には、イスラエルに悩んでいた大敗北、ときに神の箱舟が取られます。 This victory over the Philistines was followed by a long period of peace for Israel (1 Sam. 7:13, 14), during which Samuel exercised the functions of judge, going "from year to year in circuit" from his home in Ramah to Bethel, thence to Gilgal (not that in the Jordan valley, but that which lay to the west of Ebal and Gerizim), and returning by Mizpeh to Ramah.この勝利を収めるのに続いてphilistinesは、長期間の平和をイスラエル( 1サムです。 7時13分、 14 ) 、サミュエル行使の機能の中で判断し、行く"を翌年に繰り越すの回路"をramahからの自宅でベテル、そこにギルガル(ヨルダン渓谷の特定して、それをレイアウトして西ebalとgerizim ) 、 mizpehをramahとリピートされています。

He established regular services at Shiloh, where he built an altar; and at Ramah he gathered a company of young men around him and established a school of the prophets.彼は定期的にサービスを設立シロ、ここで彼はビルト祭壇;とramah会社の若い男たちを集めて彼の周りには学校を設立したのは、預言者とします。 The schools of the prophets, thus originated, and afterwards established also at Gibeah, Bethel, Gilgal, and Jericho, exercised an important influence on the national character and history of the people in maintaining pure religion in the midst of growing corruption.学校のは、預言者は、このように発祥し、その後も先に設立ギベア、ベテル、ギルガル、およびエリコ、影響力を行使し、国家の重要なキャラクターとの歴史を純粋な宗教の人々を維持腐敗の真っただ中に成長しています。 They continued to the end of the Jewish commonwealth.彼らの最後に引き続き、ユダヤ人の連邦です。 Many years now passed, during which Samuel exercised the functions of his judicial office, being the friend and counsellor of the people in all matters of private and public interest.何年も今すぐ渡された場合は、サミュエル行使の機能の中で彼の司法局、友人に送るとカウンセラーが、すべての人々の民間部門と公共の利益の問題です。 He was a great statesman as well as a reformer, and all regarded him with veneration as the "seer," the prophet of the Lord.彼は偉大な政治家だけでなく、改質装置、およびすべての考えとして彼を尊敬する"先見者は、 "預言者は、主です。

At the close of this period, when he was now an old man, the elders of Israel came to him at Ramah (1 Sam. 8:4, 5, 19-22); and feeling how great was the danger to which the nation was exposed from the misconduct of Samuel's sons, whom he had invested with judicial functions as his assistants, and had placed at Beersheba on the Philistine border, and also from a threatened invasion of the Ammonites, they demanded that a king should be set over them.この期間の終了時、彼は今すぐに老人は、イスラエルの長老たちに浮かんだのはそのramah ( 1サムです。 8時04分、 5 、 19-22 ) ;や感情の危険性はどのようにして、素晴らしい国さらされるのは、違法行為からのサミュエルの息子、誰に投資していた彼の司法支援として機能し、 beersheba上に配置さとは縁のペリシテ、とも脅かさからの侵攻をammonites 、彼らを要求して、それら以上に設定しなければなりませんキングです。 This request was very displeasing to Samuel.このリクエストは、非常に不愉快にサミュエルです。 He remonstrated with them, and warned them of the consequences of such a step.彼remonstratedているか、と警告し、このような結果をもたらすのステップに進みます。 At length, however, referring the matter to God, he acceded to their desires, and anointed Saul (qv) to be their king (11:15).先の長さは、しかし、神の問題を参照して、彼は同意して欲望、および聖なるソール( qv )を、キング( 11:15 )です。 Before retiring from public life he convened an assembly of the people at Gilgal (ch. 12), and there solemnly addressed them with reference to his own relation to them as judge and prophet.公的生活から引退前に彼を招集ギルガルアセンブリの人々 (第12 ) 、およびそれらに厳粛に対処を参考に自分自身の判断と預言者として関係しています。

The remainder of his life he spent in retirement at Ramah, only occasionally and in special circumstances appearing again in public (1 Sam. 13, 15) with communications from God to king Saul.彼は彼の人生の残りの部分に費やされて退職をramah 、ときどきしか表示しないようにと、特別の事情を再度公開( 1サムです。 13 、 15 )との通信の神を王サウルからです。 While mourning over the many evils which now fell upon the nation, he is suddenly summoned (ch.16) to go to Bethlehem and anoint David, the son of Jesse, as king over Israel instead of Saul.喪に服している間、多くの国の弊害を今すぐに倒れ、彼は突然召喚( ch.16 )ベツレヘムへの行き方と塗るデイビッドは、息子のジェシーは、イスラエルの代わりとしてソールキング以上です。 After this little is known of him till the time of his death, which took place at Ramah when he was probably about eighty years of age.この後、彼ほとんどわかっていない彼の死までの時間を、これramahときに行わ彼は、おそらく約80年間の年齢です。 "And all Israel gathered themselves together, and lamented him, and buried him in his house at Ramah" (25:1), not in the house itself, but in the court or garden of his house. "とすべてのイスラエル集まって一緒に、と嘆いた彼は、彼が彼の家に埋葬さramah " ( 25:1 )ではなく、家の中で自分自身ではなく、裁判所または彼の家の庭です。 (Comp. 2 Kings 21:18; 2 Chr. 33:20; 1 Kings 2:34; John 19:41.) Samuel's devotion to God, and the special favour with which God regarded him, are referred to in Jer. ( comp. 2王21:18 ; 2 chrです。 33:20 ; 1王2:34 ;ジョン19:41です。 )サミュエルの献身的な愛情を神と神の考えが彼に特別な恩恵は、 jerで参照されています。 15:1 and Ps. 15:1とPSです。 99:6. 99:6 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Books of Sam'uel書籍のsam'uel

Advanced Information 高度情報

The LXX.の70です。 translators regarded the books of Samuel and of Kings as forming one continuous history, which they divided into four books, which they called "Books of the Kingdom."翻訳者のサムエル記と考えオブキングス連続の歴史を形成しつつあるとして、 4つの書籍を彼らに分かれて、呼ばれて"本の王国です。 " The Vulgate version followed this division, but styled them "Books of the Kings."その後、この部門のウルガタ聖書のバージョンが、スタイルの2人が"書籍の王です。 " These books of Samuel they accordingly called the "First" and "Second" Books of Kings, and not, as in the modern Protestant versions, the "First" and "Second" Books of Samuel.したがって、これらの書籍のサミュエルと呼ばれる彼らの"第一"と" 2番目の"書籍の王ではなく、現代のように、プロテスタントのバージョンでは、 "第一"と" 2番目の"サムエル記です。 The authors of the books of Samuel were probably Samuel, Gad, and Nathan.サムエル記の著者には、サミュエルはおそらく、出歩き、およびネイサンです。 Samuel penned the first twenty-four chapters of the first book.サミュエルとなった最初の最初の24の支部を予約します。 Gad, the companion of David (1 Sam. 22:5), continued the history thus commenced; and Nathan completed it, probably arranging the whole in the form in which we now have it (1 Chr. 29:29).出歩きは、コンパニオンのデビッド( 1サムです。 22時05分) 、継続の歴史このように開始;とネイサン完了して、おそらく全体の形での手配では我々にはそれ( 1 chrです。 29:29 )です。

The contents of the books.書籍の内容をします。

The first book comprises a period of about a hundred years, and nearly coincides with the life of Samuel.期間の最初の予約では、約100年とし、サミュエルの生活をほぼ同じくしています。 It contains (1) the history of Eli (1-4); (2) the history of Samuel (5-12); (3) the history of Saul, and of David in exile (13-31).それは( 1 )の歴史のイーライ( 1-4 ) 、 ( 2 )の歴史のサミュエル( 5-12 ) 、 ( 3 )の歴史のソール、とのデイビッドに亡命(一三〜三一) 。

The second book, comprising a period of perhaps fifty years, contains a history of the reign of David (1) over Judah (1-4), and (2) over all Israel (5-24), mainly in its political aspects. 2番目の予約は、 50年ほどの期間を構成する、歴史の治世には、デビッド( 1 )のユダ( 1-4 ) 、および( 2 )すべてのイスラエル( 5-24 ) 、その政治的側面を中心にします。 The last four chapters of Second Samuel may be regarded as a sort of appendix recording various events, but not chronologically. 2番目の最後の4つの支部をサミュエル年5月と見なされる様々なイベントの並べ替えの付録の録音はできません年代順にします。

These books do not contain complete histories.これらの書籍の完全な履歴が含まれていない。 Frequent gaps are met with in the record, because their object is to present a history of the kingdom of God in its gradual development, and not of the events of the reigns of the successive rulers.頻繁に会っては、レコードのギャップは、そのオブジェクトを提示するための歴史を神の王国は、徐々に開発、および特定のイベントを、代々の支配者に満ちていたのです。 It is noticeable that the section (2 Sam. 11:2-12: 29) containing an account of David's sin in the matter of Bathsheba is omitted in the corresponding passage in 1 Chr.これは顕著には、セクション( 2サムです。 11:2-12 : 29 )を含むアカウントのデビッドの罪の問題は、バトシェバが省略された場合、対応する通路の1 chrです。 20. 20 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


First and Second Books of Kings最初と2番目の書籍オブキングス

Catholic Information カトリックの情報

(Also know as the FIRST AND SECOND BOOKS OF SAMUEL.) (最初と2番目としても知られ、サムエル記です。 )

For the First and Second Books of Kings in the Authorized Version see KINGS, THIRD AND FOURTH BOOKS OF.最初と2番目の書籍は、王は、正規版を参照キングス、 3位と4位の書籍です。

In the Vulgate both titles are given (Liber Primus Samuelis, quem nos Primum Regum dicimus, etc.); in the Hebrew editions and the Protestant versions the second alone is recognized, the Third and Fourth Books of Kings being styled First and Second Books of Kings.は、ウルガタ聖書の両方のタイトルが与えられた(独立プライマスsamuelis 、 quemの私達一次regum dicimus 、等) ;は、ヘブライ語のエディションとプロテスタントの2番目のバージョンだけでは認識され、王の3番目と4番目の書籍が最初と2番目の書籍のスタイルキングスです。 To avoid confusion, the designation "First and Second Books of Samuel" is adopted by Catholic writers when referring to the Hebrew text, otherwise "First and Second Books of Kings" is commonly used.混乱を避けるためには、種別"第1および第2サムエル記"が採択さカトリック作家のヘブライ語のテキストを参照する場合は、他の"最初と2番目の書籍の王"がよく使われています。 The testimony of Origen, St. Jerome, etc., confirmed by the Massoretic summary appended to the second book, as well as by the Hebrew manuscripts, shows that the two books originally formed but one, entitled "Samuel".原産地の証言を、聖ジェロームなど、確認されたmassoreticの概要が表示されます2番目の予約だけでなく、ヘブライ語された原稿は、もともと2冊の本によると、 1つの形成しかし、権利"サミュエル" 。 This title was chosen not only because Samuel is the principal figure in the first part, but probably also because, by having been instrumental in the establishment of the kingdom and in the selection of Saul and David as kings, he may be said to have been a determining factor in the history of the whole period comprised by the book.このタイトルが選ばれたため、サミュエルは、校長だけでなく、図での最初の部分が、おそらくもあって、を持ったことで設立されたインストゥルメンタルの王国とは、王としての選択デビッドソールと、彼は5月によるとされ決定要因は全体の時代の歴史の中で構成された本です。 The division into two books was first introduced into the Septuagint, to conform to the shorter and more convenient size of scrolls in vogue among the Greeks.同部門を2つの書籍が最初に導入され、セプトゥアギンタ、より便利に準拠して、短いとの間のサイズをスクロールギリシア流行しています。 The Book of Kings was divided at the same time, and the four books, being considered as a consecutive history of the Kingdoms of Israel and Juda, were named "Books of the Kingdoms" (Basileiôn biblía).この本の国王は、同じ時間に分かれた、との4つの書籍は、現在検討中の国としての歴史を連続で、イスラエルとのjuda 、名前が"本の王国" ( basileiôn biblía ) 。 St. Jerome retained the division into four books, which from the Septuagint had passed into the Itala, or old Latin translation, but changed the name "Books of the Kingdoms" (Libri Regnorum) into "Books of the Kings" (Libri Regum).聖ジェローム保持の分裂を4つの書籍、これからのセプトゥアギンタのリストが渡されるか、または古ラテン語の翻訳、しかし名を変更して"本の王国" (本regnorum )を"書籍の王" (本regum )です。 The Hebrew text of the Books of Samuel and of the Books of Kings was first divided in Bomberg's edition of the rabbinical Bible (Venice, 1516-17), the individual books being distinguished as I B. of Samuel and II B. of Samuel, I B. of Kings and II B. of Kings.ヘブライ語のテキストを、サムエル記や書籍のbomberg王が最初に分かれて聖書の版のラビ(ベニス、 1516年から1517年) 、識別として、個々の書籍が私のサミュエル、およびii b. b.のサミュエル、私b. b.オブキングスオブキングス、およびii 。 This nomenclature was adopted in the subsequent editions of the Hebrew Bible and in the Protestant translations, and thus became current among non-Catholics.この命名法が採択され、その後のエディションは、ヘブライ語聖書とプロテスタントの技術情報の翻訳、およびこのようになった現在の非カトリック教徒の間です。

CONTENTS AND ANALYSIS内容と分析

I-II Books of Kings comprise the history of Israel from the birth of Samuel to the close of David's public life, and cover a period of about a hundred years.私- IIの図書オブキングスイスラエルの歴史を構成するサミュエルしてからにして生まれたかのデビッドの公共の生活に近い、と期間をカバーする、約100年です。 The first book contains the history of Samuel and of the reign of Saul; the second, the history of the reign of David, the death of Saul marking the division between the two books.の最初の予約には、歴史のサミュエルとソールの治世中に、 2番目は、デビッドの統治の歴史を、ソールの死をマーキングの課の間に2つの書籍です。 The contents may be divided into five main sections: (1) I, i-vii, history of Samuel; (2) viii-xiv or, better, xv, history of Saul's government; (3) xvi-xxxi, Saul and David; (4) II, i-xx, history of the reign of David; (5) xxi-xxiv, appendix containing miscellaneous matter. 5月の内容を5つの主要なセクションに分けられる: ( 1 )私、私- 7 、サミュエルの歴史を、 ( 2 ) viii - 14または、より良い、 15 、ソールの政府の歴史を、 ( 3 ) 16 - 31 、ソールとDavid ; ( 4 ) 2世、私-イグゼクス、歴史の治世のデビッド; ( 5 ) xxi - 24 、付録を含むその他の問題です。 The division between (3) and (4) is sufficiently indicated by the death of Saul and by David's accession to power; the other sections are marked off by the summaries, vii, 15-17; xiv, 47-58; xx, 23-26; xv, however, which is an introduction to what follows, according to the subject-matter belongs to (2).当部門の間に( 3 )および( 4 )が十分に示されて死亡したとされデビッドソールへの加盟を電源オフ、他のセクションは、スパムの要約、 7 、 15-17 ; 14 、 47から58まで;イグゼクス、 23 -26 ; 15 、しかし、これは、はじめにどのような次のように、主題によると、所属して( 2 )です。

(1) History of Samuel ( 1 )の歴史をサミュエル

Samuel's birth and consecration to the Lord, I, i-ii, 11.サミュエルの誕生と自分をささげることを主よ、私、私- Ⅱ 、 11 。 Misdeeds of the sons of Heli and prediction of the downfall of his house, ii, 12-36.ヘリの息子の不正行為を予測するの崩壊と彼の家は、 2世、十二〜三十六です。 Samuel's call to the prophetic office; his first vision, in which the impending punishment of the house of Heli is revealed to him, iii.サミュエルの呼び出しを予言事務所;彼の最初のビジョンされるのは、間近に迫った処罰が明らかになったの家のヘリをしてしまったら、 Ⅲ 。 The army of Israel is defeated by the Philistines, Ophni and Phinees are slain and the ark taken; death of Heli, iv.イスラエル軍は敗北したのphilistines 、 ophniとphineesの箱舟が殺害されたと取ら;死亡したヘリ、 Ⅳ 。 The ark among the Philistines; it is brought back to Bethsames and then taken to Cariathiarim, v- vii, 1.の間の箱舟philistines ;ことは帰さをbethsamesと入力し、撮影をcariathiarim 、 v - 7 、 1 。 Samuel as judge; he is instrumental in bringing the people back to the Lord and in inflicting a crushing defeat on the Philistines, vii, 2-17.判事としてサミュエル;彼はインストゥルメンタルの仲間に省略している人々に苦痛を与えたことを主と大敗を検索するphilistines 、 7 、 2-17 。

(2) History of Saul's Government ( 2 )の歴史をソールの政府

The people demand a king; Samuel reluctantly yields to their request, viii.キングの人々を要求する;サミュエルしぶしぶ利回りリクエストして、 Ⅷ 。 Saul, while seeking his father's asses, is privately annointed king by Samuel, ix-x, 16.ソールは、彼の父のロバを求めて、聖なる王は個人的にサミュエル、 9世- Xや16 。 Samuel convokes the people at Maspha (Mizpah) to elect a king; the lot falls on Saul, but he is not acknowledged by all, x, 17-27.サミュエルconvokesの人々にmaspha ( mizpah )を国王を選出するし、多くの滝をソールが、彼のすべてではないに認定され、 x 、 17-27 。 Saul defeats the Ammonite king, Naas, and opposition to him ceases, xi.ソール敗のアンモナイトキング、ネース、彼と反対の立場を停止した場合は、 XI 。の Samuel's farewell address to the people, xii.サミュエルのお別れのアドレスを、人々は、 12です。 War against the Philistines; Saul's disobedience for which Samuel announces his rejection, xiii.戦争反対するphilistines ;ソールの指示に従わないことを発表サミュエル彼の拒絶反応、 13 。 Jonathan's exploit at Machmas; he is condemned to death for an involuntary breach of his father's orders, but is pardoned at the people's prayer, xiv, 1-46.ジョナサンの悪用をmachmas ;彼は非難して死亡する父親の命令に違反した不随意ですが、 pardonedは、人々の祈り、 14 、一から四十六までです。 Summary of Saul's wars; his family and chief commander, xiv, 47- 52.の概要をソールの戦争;彼の家族兼最高司令官、 14 、 47 -5 2。 War against Amalec; second disobedience and final rejection of Saul, xv.戦争amalec ;最後の拒絶反応をソール2番目の反抗と、 15です。

(3) Saul and David ( 3 )とデビッドソール

David at Courtデビッドは裁判所

David, the youngest son of Isai (Jesse), is anointed king at Bethlehem by Samuel, xvi, 1-33.デビッド、 isaiの最年少の息子(ジェシー)は、サミュエル聖なる王はベツレヘムで、 16 、 1-33 。 He is called to court to play before Saul and is made his armour-bearer, xvi, 14-23.と呼ばれる彼はコートを再生するには彼の前にソールと鎧持ち、 16 、 14-23 。 David and Goliath, xvii.ダビデとゴリアテ、 17です。 Jonathan's friendship for David and Saul's jealousy; the latter, after attempting to pierce David with his lance, urges him on with treacherous intent to a daring feat against the Philistines by promising him his daughter Michol in marriage, xviii.ジョナサンの友情を、デイビッドとソールのしっと;後者は、ピアースデビッドした後にしようとする彼のランスは、危険な意図を要請して、彼に反対するphilistines大胆な技をmicholで有望な彼彼の娘の結婚、 18 。 Jonathan softens his father for a time, but, David having again distinguished himself in a war against the Philistines, the enmity is renewed, and Saul a second time attempts to kill him, xix, 1-10.彼の父親は、時間のジョナサンやわらかく、しかし、デビッドが再び戦争に反対する頭角をあらわしphilistinesは、敵意をリニューアルし、 2番目のタイムソール彼を殺害しようと、 19 、 1-10 。 Michol helps David to escape; he repairs to Samuel at Ramatha, but, seeing after Jonathan's fruitless effort at mediation that all hope of reconciliation is gone, he flees to Achis, King of Geth, stopping on the way at Nobe, where Achimelech gives him the loaves of proposition and the sword of Goliath.デビッドmicholに役立ちますから脱出;彼に修理するramathaサミュエルは、しかし、見てジョナサンの無駄な努力をした後、すべての希望の和解調停がなくなったら、彼は逃げるをachis 、キングオブgeth 、途中で停止さnobe 、どこを与えてachimelechのloafの複数の命題とゴリアテの剣です。 Being recognized at Geth he saves himself by feigning madness, xix, 11-xxi.自分自身が認識さセーブgeth彼の狂気をふりをし、 19 、 11 - xxi 。

David as an Outlawデビッドとして無法者

He takes refuge in the cave of Odollam (QR88-->Adullam), and becomes the leader of a band of outlaws; he places his parents under the protection of the King of Moab.彼は避難所は、洞窟のodollam ( qr88 ->アドラム) 、となるのは無法者の集団のリーダー;彼は彼の両親の保護の下で場所ザキングオブモアブです。 Saul kills Achimelech and the priests of Nobe, xxii.ソール殺すachimelechとnobeの司祭たちは、 xxii 。 David delivers Ceila from the Philistines, but to avoid capture by Saul he retires to the desert of Ziph, where he is visited by Jonathan.デビッドceilaから配信philistines 、しかし、彼を避けるために捕獲されソールziph砂漠が退任して、彼がどこにジョナサンを訪問されています。 He is providentially delivered when surrounded by Saul's men, xxiii.彼は配信さprovidentiallyソールの男性に囲まれて、 23です。 He spares Saul's life in a cave of the desert of Engaddi, xxiv.彼の人生にスペアソールは、砂漠の洞窟engaddi 、 24です。 Death of Samuel.サミュエル死亡した。 Episode of Nabal and Abigail; the latter becomes David's wife after her husband's death, xxv. nabalのエピソードとアビゲイル;後者のデビッドの妻が夫の死後した後、 25です。 During a new pursuit, David enters Saul's camp at night and carries off his lance and cup, xxvi.中に新しいの追求、デビッドソールのキャンプ、夜に入ると運ぶ彼のランスとオフカップ、二十六です。 He becomes a vassal of Achis, from whom he receives Siceleg (Ziklag); while pretending to raid the territory of Juda, he wars against the tribes of the south, xxvii.彼が臣下のachis 、御心に適う者を受信siceleg ( ziklag ) ;ながらjuda領土を家宅捜索するふりをし、彼は戦争に反対する部族の南、 27 。 New war with the Philistines; Saul's interview with the witch of Endor, xxviii.新たな戦争をphilistines ;ソールとの面接のendorの魔女、二十八です。 David accompanies the army of Achis, but his fidelity being doubted by the Philistine chiefs he is sent back.デビッド伴うachis軍が、彼の忠実度が疑問視されるペリシテ参謀本部彼は返送します。 On his return he finds that Siceleg has been sacked by the Amalecites during his absence, and Abigail carried off with other prisoners; he pursues the marauders and recovers the prisoners and the booty, xxix-xxx.帰国後に彼は発見されsiceleg彼が不在の中amalecites更迭される、とアビゲイル持ち去られ、他の囚人;彼は襲撃隊と回復を追求するの捕虜と戦利品、二十九- xxxにします。 Battle of Gelboe; death of Saul and Jonathan, xxxi.戦いgelboe ;死亡したソールとジョナサン、 31回です。

(4) History of the Reign of David ( 4 )の治世の歴史を、デビッド

David at Hebronデビッドはヘブロン

He hears of the death of Saul and Jonathan; his lament over them, II, i.彼の死を聞くのソールとジョナサン;彼の慨嘆し、 2世、 i. He is anointed King of Juda at Hebron, ii, 1-7.彼は聖なる王のヘブロンjudaは、 2世、 1-7 。 War between David and Isboseth, or Esbaal (Ishbaal), the son of Saul, who is recognized by the other tribes, ii, 8-32.戦争の間に、デイビッドとisbosethか、またはesbaal ( ishbaal )は、息子のソール、 whoが認識され、他の部族は、 2世、八から三二までです。 Abner, the commander of Isboseth's forces, having quarrelled with his master, submits to David and is treacherously slain by Joab, iii.アブナーは、 isbosethの軍司令官は、主人がけんかを、提出されて殺害されたジョアブtreacherously 、デイビッドとは、 Ⅲ 。 Isboseth is assassinated; David punishes the murderers and is acknowledged by all the tribes, iv-v, 5. isbosethは暗殺;デビッド罰するの殺人者とのすべての部族が認定され、四- V電源、 5 。

David at Jerusalemデビッドはエルサレム

Jerusalem is taken from the Jebusites and becomes the capital, v, 6-16.エルサレムからはjebusitesとなるの首都、 V電源、 6-16 。 War with the Philistines, v, 17-25.との戦争philistines 、 V電源、 17-25 。 The ark is solemnly carried from Cariathiarim to Sion, vi. Arkは厳粛に運ばcariathiarimをシオンから、 Ⅵ 。 David thinks of building a temple; his intention, though not accepted, is rewarded with the promise that his throne will last forever, vii.デビッド考えを構築する寺;彼の意図ではありませんが受け入れられなくても、報われるのは、彼の王位継承を約束することは永遠に続く、 Ⅶ 。 Summary of the various wars waged by David, and list of his officers, viii.様々な戦争の概要を繰り広げられたデビッド、とのリストを自分の役員、 Ⅷ 。 His kindness to Miphiboseth, or Meribbaal, the son of Jonathan, ix.彼の優しさをmiphibosethか、またはmeribbaalは、息子のジョナサンは、 9世です。 War with Ammon and Syria, x.アモンとシリアとの戦争を、 Xの

David's Family Historyデビッドの家族歴

His adultery with Bethsabee, the wife of Urias, xi.彼の不倫をbethsabee 、 uriasの妻が、西です。 His repentance when the greatness of his crime is brought home to him by Nathan, xii, 1-23.彼の偉大さ彼の犯罪のときに後悔身代を回復するには彼のことをネイサン、 12 、 1-23 。 Birth of Solomon; David is present at the taking of Rabbath, xii, 24-31.ソロモンの誕生;デビッドが存在するのは、撮影rabbath 、 12 、 24-31 。 Amnon ravishes Thamar, the sister of Absalom; the latter has him assassinated and flies to Gessur; through the intervention of Joab he is recalled and reconciled with his father, xiii-xiv. amnon ravishes thamarは、妹のアブサロム;後者のハエが彼を暗殺とgessur ;を通じて介入ジョアブリコールされ、和解と彼は彼の父親、 13 - 14 。 Rebellion of Absalom; David flies from Jerusalem; Siba, Miphiboseth's servant, brings him provisions and accuses his master of disloyalty; Semei curses David; Absalom goes in to his father's concubines, xv-xvi.反乱のアブサロム;デビッドハエよりjerusalem ; siba 、 miphibosethの従者、彼の規定と非難もたらす主人の不忠; semei呪いデビッド;アブサロムがして彼の父のconcubines 、 15 - 16 。 Achitophel counsels immediate pursuit, but Absalom follows the advice of Chusai, David's adherent, to delay, and thus gives the fugitive king time to cross the Jordan, xvii.弁護人の即時アヒトペルの追求は、以下の通りしかし、アブサロムchusaiの忠告を無視し、デビッドの付着、遅延、およびそのために時間を横断する逃亡者ヨルダン国王、 17です。 Battle of Mahanaim; Absalom is defeated and slain by Joab against the king's order, xviii.戦いmahanaim ;アブサロムが殺害された敗北とジョアブ反対され、王のため、 18です。 David's intense grief, from which he is aroused by Joab's remonstrance.デビッドの激しい悲しみ、彼は興奮をジョアブからの抗議です。 At the passage of the Jordan he pardons Semei, receives Miphiboseth back into his good graces, and invites to court Berzellai, who had supplied provisions to the army, xix, 1-39.彼は、ヨルダンの通過を赦免するsemei 、再び彼の好意に甘えてmiphibosethを受信し、招待状を裁判所berzellai 、 who供給規定していた陸軍、 19 、 1-39 。 Jealousies between Israel and Juda lead to the revolt of Seba; Amasa is commissioned to raise a levy, but, as the troops are collected too slowly, Joab and Abisai are sent with the bodyguard in pursuit of the rebels; Joab treacherously slays Amasa. juda jealousies 、イスラエルとの間に反乱をリードしてseba ; amasaが徴収委託を高めるために、しかし、軍が収集したとしても徐々に、ジョアブabisaiが送信されるとのボディーガードを追求した反乱軍;ジョアブtreacherously slays amasaです。 Summary of officers, xix, 40-xx.の概要を役員、 19 、 40 -イグゼクスです。

(5) Appendix ( 5 )付録

The two sons of Respha, Saul's concubine, and the five sons of Merob, Saul's daughter, are put to death by the Gabaonites, xxi, 1-14. 2つのサンズオブrespha 、ソールの側室、との5つのサンズオブmerob 、ソールの娘は、 gabaonitesにされて死亡したのは、 xxi 、 1-14 。 Various exploits against the Philistines, xxi, 15-22.様々な攻撃に対してphilistines 、 xxi 、 15-22 。 David's psalm of thanksgiving (Ps. xvii), xxii.デビッドの詩編の感謝祭( ps. 17 ) 、 xxii 。 His "last words", xxiii, 1-7.彼の"最後の言葉" 、 23 、 1-7 。 Enumeration of David's valiant men, xxiii, 8-39.デビッドの勇敢な男の列挙を、 23 、 8〜39です。 The numbering of the people and the pestilence following it, xxiv.のナンバリングの疫病の人々と次のようには、 24です。

UNITY AND OBJECT団結とオブジェクト

I-II Books of Kings never formed one work with III-IV, as was believed by the older commentators and is still maintained by some modern writers, although the consecutive numbering of the books in the Septuagint and the account of David's last days and death at the beginning of III Kings seem to lend colour to such a supposition.私- IIの図書オブキングス決して1つの仕事を形成Ⅲ 、 Ⅳ 、コメンテーターが古いと考えられてはまだいくつかの近代作家によって管理され、連続した番号は、書籍を探すのは、セプトゥアギンタと、アカウントのデビッドの最後の日中と死3世王の冒頭に色を貸すようにこのような仮定します。 The difference of plan and method pursued in the two pairs of books shows that they originally formed two distinct works.法を追求する計画との違いは、 2つのペアの書籍を表示して結成当初の2つの作品です。 The author of III-IV gives a more or less brief sketch of each reign, and then refers his readers for further information to the source whence he has drawn his data; while the author of I-II furnishes such full and minute details, even when they are of little importance, that his work looks more like a series of biographies than a history, and, with the exception of II, i, 18, where he refers to the "Book of the Just", he never mentions his sources.の著者であるⅢ 、 Ⅳは、多かれ少なかれ、それぞれの治世の簡単なスケッチ、と入力し、彼の読者をより詳細な情報を参照してデータソースそこから彼は彼の描画;が、著者のI - IIのような完全かつ分furnishes詳細については、さらにほとんど重要でない場合には、その彼の作品は他よりも伝記のようにシリーズの歴史、および、 2世を除いて、私は、 18日、ここで彼を参照して、 "予約は、単に" 、彼は決して彼のソースを言及です。 Moreover, the writer of III-IV supplies abundant chronological data.また、その作家の豊かな時系列データⅢ 〜 Ⅳ供給します。 Besides giving the length of each reign, he usually notes the age of the king at his accession and, after the division, the year of the reign of the contemporary ruler of the other kingdom; he also frequently dates particular events.それぞれの治世の長さを与えているほか、彼は通常ノートは彼の年齢は、王の加盟と、後の課は、現代の治世の年に、他の王国の支配;彼はまた、特定のイベント日程頻繁にします。 In the first two books, on the contrary, chronological data are so scant that it is impossible to determine the length of the period covered by them.最初の2つの書籍で、逆に、時系列データは非常に乏しいことは不可能であることを確認するには期間の長さをカバーされています。 The position taken by the author of III-IV, with regard to the facts he relates, is also quite different from that of the author of the other two.撮影されたの著者の立場Ⅲ 、 Ⅳ 、彼に関しては、以下の事実関係は、全く違うもしている著者の、他の2つです。 The former praises or blames the acts of the various rulers, especially with respect to forbidding or allowing sacrifices outside the sanctuary, while the latter rarely expresses a judgment and repeatedly records sacrifices contrary to the prescriptions of the Pentateuch without a word of censure or comment.前者の行為を称賛やせいの様々な支配者、特に尊敬できるように犠牲を威嚇するようなまたは外部の聖域、後者はほとんどのレコードを表現する判断と繰り返し犠牲に反して、五の処方箋なしに非難の言葉やコメントは得られなかった。 Lastly, there is a marked difference in style between the two sets of books; the last two show decided Aramaic influence, whereas the first two belong to the best period of Hebrew literature.最後に、スタイルの違いには、スパムの間に2つのセットを図書;の最後の2つの詳細アラム語に影響を与えることを決めたが、最初の2つの最良の時期に所属し、ヘブライ語文学です。 At the most, it might be said that the first two chapters of the third book originally were part of the Book of Samuel, and were later detached by the author of the Book of Kings to serve as an introduction to the history of Solomon; but even this is doubtful.は、ほとんど、それによると、最初の2つのかもしれないの支部を3番目の予約もともとはこの本のサミュエル部分と分離された後、本の著者は、王にとしての機能を果たすの歴史を紹介してソロモン;しかし、さらにこれは疑わしいものです。 These chapters are not required by the object which the author of the Book of Samuel had in view, and the work is a complete whole without them.これらの章ではないオブジェクトを要求するのは、本の著者は、サミュエルは、ビュー、および、その作業は、完全な全体をなしている。 Besides, the summary, II, xx, 23-26, sufficiently marks the conclusion of the history of David.また、要約すると、 2世、イグゼクス、 23-26 、その結論を十分にマルクの歴史を、デビッドです。 In any case these two chapters are so closely connected with the following that they must have belonged to the Book of Kings from its very beginning.いずれにせよ、これら2つの章では非常に密接に繋がっては、次のことに属している必要がありますオブキングスからの予約が非常に開始します。

The general subject of I-II Kings is the foundation and development of the Kingdom of Israel, the history of Samuel being merely a preliminary section intended to explain the circumstances which brought about the establishment of the royal form of government.全般アジ研のI - IIの王の開発は、財団との王国をイスラエル、日本、サミュエルの歴史の予備的なセクションが意図を説明するだけの状況が起きるまでのロイヤルフォームの設置については、政府のです。 On closer examination of the contents, however, it is seen that the author is guided by a leading idea in the choice of his matter, and that his main object is not to give a history of the first two kings of Israel, but to relate the providential foundation of a permanent royal dynasty in the family of David.の内容を綿密に検討する、しかし、これは、見たことがある大手の著者が導かれる彼のアイデアは、選択の問題、および彼の主なオブジェクトではないことを与えるの歴史を最初の2つの王、イスラエル、しかしに関連づける常設の摂理の王朝の基盤は、ご家族のデビッドです。 This strikingly appears in the account of Saul's reign, which may be summarized in the words: elected, found wanting, and rejected in favour of David.この際立って表示されているアカウントのソールの治世、これは、 5月の言葉に要約:選出、見つかりました欠け、デビッドに賛成だと拒否されました。 The detailed history of the struggle between David and Saul and his house is plainly intended to show how David, the chosen of the Lord, was providentially preserved amid many imminent dangers and how he ultimately triumphed, while Saul perished with his house.の詳細、デイビッドとの間の闘争の歴史をソールと彼の家ははっきりと意図を表示する方法についてデビッドは、選ばれたのは主よ、 providentially保持の中では、多くの差し迫った危険性と彼は最終的にどのようtriumphed 、ソール死んでいる間に彼の家です。 The early events of David's rule over united Israel are told in few words, even such an important fact as the capture of Jerusalem being little insisted on, but his zeal for God's worship and its reward in the solemn promise that his throne would last forever (II, vii, 11-16) are related in full detail.初期のイベントのデビッドの支配するUnitedイスラエルには、いくつかの言葉は、このような重要な事実としても、キャプチャのエルサレムのほとんどを主張して、しかし、彼の熱意を神の礼拝とその厳粛な報酬を約束することは、彼の王座は永遠に続く(二、七、 11-16 )に関連した完全な詳細です。 The remaining chapters tell how, in pursuance of this promise, God helps him to extend and consolidate his kingdom, and does not abandon him even after his great crime, though he punishes him in his tenderest feelings.どのように伝える弊社の残りの章は、この約束を履行、神の助けを拡張する彼と彼の王国を統合、断念するものではありません彼も彼の偉大な犯罪した後、彼に罰するtenderestかかわらず、彼の気持ちです。 The conclusion shows him in peaceful possession of the throne after two dangerous rebellions.彼の平和的な結論を示し所持した後の玉座の2つの危険なrebellions 。 The whole story is thus built around a central idea and reaches its climax in the Messianic promise, II, vii, 11 sqq.全体的な話は、このように中央の周りに建て思想とは、救世主のようなクライマックスに達するとの約束、 2世、 7世、 11 sqq 。 Besides this main object a secondary one may be observed, which is to convey to king and people the lesson that to obtain God's protection they must observe His commands.それを除けば、メインのオブジェクトを1つのセカンダリ年5月に見られる、これは人々に伝えるために、王との教訓を神の保護を入手する彼のコマンドを観察しなければならない。

AUTHOR AND DATE著者と日付

The Talmud attributes to Samuel the whole work bearing his name; this strange opinion was later adopted by St. Gregory the Great, who naïvely persuaded himself that Samuel wrote the events which occurred after his death by prophetic revelation.サミュエルのタルムードの属性を軸受全体の仕事彼の名前;この奇妙な意見が採択さセントグレゴリーへの大、 who naïvely説得サミュエル自身が書いたのイベントが発生した後、彼の死を予言啓示されています。 Rabbinical tradition and most of the older Christian writers ascribe to this prophet the part referring to his time (I, i-xxiv), the rest to the Prophets Gad and Nathan.ラビの伝統とキリスト教の作家のほとんどの古いものとみなすこの預言者の部分を参照して自分の時間(私、私- 24 )が、残りのをほっつき歩くとネイサンは、預言者です。 This view is evidently based on I Par., xxix, 29, "Now the acts of king David first and last are written in the book of Samuel the seer, and in the book of Nathan the prophet, and in the book of Gad the seer."このビューを表示するに基づいて明らかに私はパー。 、 29 、 29 、 "今の行為は、最初と最後の王のデビッド書かれている書籍のサミュエルして凡てを見透さ、および予約のネイサンは、預言者、および、その本の出歩き先見者です。 " But the wording of the text indicates that there is question of three distinct works.しかし、言葉遣いの問題があることを示しますのテキストの3つの別個の作品です。 Besides, the unity of plan and the close connection between the different parts exclude composite authorship; we must at least admit a redactor who combined the three narratives.また、計画との結束を閉じるのさまざまな部分の間の接続を除外する複合原作者;しなければならない、少なくともredactorを認めるwho複合の3つの物語です。 This redactor, according to Hummelauer, is the prophet Nathan; the work, however, can hardly be placed so early.このredactor 、 hummelauerによると、ネイサンは、預言者の仕事は、しかし、朝早くからに置かれることは到底します。 Others attribute it to Isaias, Jeremias, Ezechias, or Esdras.それを他の属性isaias 、イェレミアス、 ezechiasか、またはエスドラス書です。 None of these opinions rests on any solid ground, and we can only say that the author is unknown.これらのご意見に依拠なしの任意の固体地面、と言うことができるだけこの文書の著者は不明です。 The same diversity of opinion exists as to the date of composition.同じ意見の多様性が存在するとして、この評価を組成します。 Hummelauer assigns it to the last days of David.それを割り当てます。 hummelauer最終更新日間のデビッドです。 Vigouroux, Cornely, Lesêtre, and Thenius place it under Roboam; Kaulen, under Abiam the son of Roboam; Haevernick, not long after David, Ewald, some thirty years after Solomon; Clair, between the death of David and the destruction of the Kingdom of Juda. vigouroux 、 cornely 、 lesêtre 、 thenius配置することとされてroboam ; kaulen 、 abiamの息子のroboamされて; haevernickではなく、ずっと後にデビッド、エーヴァルト、いくつかの30年後、ソロモン;クレール、デビッドとの間に死亡したの王国の破壊のjudaです。 According to recent critics it belongs to the seventh century, but received retouches as late as the fifth or even the fourth century.最近の批評家によると、 7世紀に属し、しかし、受け取ったretouches遅ければ、さらには4世紀5番目です。 No sufficient data are at hand to fix a precise date.手の届く所に十分なデータがない正確な日付を修正する。 We can, however, assign cedrtain limits of time within which the work must have been composed.私たちは、しかし、 cedrtainの限界を割り当てるには、作業時間で構成されいる必要があります。 The explanation concerning the dress of the king's daughters in David's time (II, xiii, 18) supposes that a considerable period had elapsed in the interval, and points to a date later than Solomon, during whose reign a change in the style of dress was most likely introduced by his foreign wives.の説明に関しては、王の娘のドレスを着て、デビッドの時間( 2 、 13 、 18 ) supposesは、かなりの期間が経過し、間隔、およびより後の日付を指してソロモンは、その治世中に変更されたスタイルのドレスは、彼の最も高い外国人の妻に導入されています。 How much later is indicated by the remark: "For which reason Siceleg belongeth to the kings of Juda unto this day."それ以降のバージョンが示されてどれくらいの発言: " sicelegを理由に属するjudaわたしをこの日の王です。 " (I, xxvii, 6). (私は、二十七、 6 ) 。 The expression kings of Juda implies that at the time of writing the Kingdom of Israel had been divided, and that at least two or three kings had reigned over Juda alone. judaの表現を意味して王を書き込んだ時点で、イスラエルの王国を分けていたし、少なくとも2つまたは3つの王が在位以上judaいただけです。 The earliest date cannot, therefore, be placed berfore the reign of Abiam.最古の日のことはできない、したがって、 berforeの治世abiamに置かれる。 The latest date, on the other hand, must be assigned to a time prior to Josias's reform (621 BC).の最新の日付、その一方で、しなければならないの前に一度に割り当てられているjosiasの改革(紀元前621 ) 。 As has been remarked, the author repeatedly records without censure or comment violations of the Pentateuchal law regarding sacrifices.されとしては、レコードを繰り返し非難の著者やコメントpentateuchal法違反については、犠牲を払う。 Now it is not likely that he would have acted thus if he had written after these practices had been abolished and their unlawfulness impressed on the people, since at this time his readers would have taken scandal at the violation of the Law by such a person as Samuel, and at the toleration of unlawful rites by a king like David.今すぐではない可能性が彼は、もし彼がこのように行動した後、これらの慣行に書き込ま廃止し、その不法ていた人々感銘を検索するため、この時点で彼のスキャンダルは、読者の皆さんが撮影法を違反してそのような人としてサミュエル、および非合法的な儀式では、省内の王様のような、デビッドです。 The force of this reason will be seen if we consider how the author of II-IV Kings, who wrote after Josias's reform, censures every departure from the Law in this respect or, as in 1 Kings 3:2, explains it.この理由の力を考慮すればどのように見られるの著者の二-四王、 who書いたjosiasの改革の後、同法censuresごとにこのような点から出発または、 1王3:2のように、説明してください。 The purity of language speaks for an early rather than a late date within the above limits.純度の言語を話すのではなく、後半日付早期に、上記の限界がある。 The appendix, however, may possibly be due to a somewhat later hand.付録に、しかし、 5月の可能性がありますへのために少し手です。 Moreover, additions by a subsequent inspired revisor may be admitted without difficulty.また、追加され、後続のインスピレーション楽にrevisor年5月に認めています。

SOURCESソース

It is now universally recognized that the author of I-II Kings made use of written documents in composing his work.自他ともに許すことは今すぐこの文書の著者のI - IIの王が書かれた文書を使用する作曲彼の作品です。 One such document, "The Book of the Just", is mentioned in connection with David's lament over Saul and Jonathan (II, i, 18). 1つのような文書で、 "この本は、単に" 、に記載され接続を嘆くデビッドのソールとジョナサン( 2世、私は、 18 ) 。 The canticle of Anna (I, ii, 1-10), David's hymn of thanksgiving (II, 22:2-51; cf. Psalm 17), and his "last words" were very probably also drawn from a written source.の賛美歌のアンナ( Ⅰ 、 Ⅱ 、 1-10 ) 、デビッドの賛美歌の感謝祭( 2世、 22:2-51 ;継続前誌です。詩篇第17 ) 、および彼の"最後の言葉"が非常におそらく書かれたソースからも描画します。 But besides these minor sources, the writer must have had at hand, at least for the history of David, a document containing much of the historical matter which he narrates.しかし、これらのマイナーのほかによると、その作家いる必要がありますが手の届く所、少なくともの歴史のデビッドは、ドキュメントを含む多くの歴史的な問題を彼のナレーションです。 This we infer from the passages common to I-II Kings and the First Book of Paralipomenon (Chronicles), which are shown in the following list:–この私たちの通路から推測- IIの王と共通して私の最初の予約の歴代志(クロニクル) 、これは、次のリストが表示されます: -

I K., xxxi II K., iii, 2-5 v, 1-10 v, 11-25 vi, 1-11 vi, 12-23私k. 、 k.参拾壱2世、 3世、 2-5 V電源、 1-10 V電源、 11-25六、六1-11 、 12-23

viiI Par., x, 1-12 iii, 1-4 xi, 1-9 xiv, 1-16 xiii, 1-14 xv, 25-29 xvi, 1-3, 43 xviiI K., viii x,1-xi, 1 xii, 26-31 xxi, 18-22 xxiii, 8-39 xxiv viiiパーです。 、 x 、 1-12 3 、 1-4 xi 、 1-9 14 、 1-16 13 、 1-14 15 、 25-29 16 、 1-3 、 43 18 k. 、 viii x 、 1 - xi 、 1 12 、 26-31 xxi 、 18-22 23 、 24 8から39まで

I Par., xviii xix, 1-xx.私パーです。 、 18 19 、 1 -イグゼクスです。 1 xx, 1-3 xx, 4-8 xi, 10-46 xxi 1イグゼクス、イグゼクス1-3 、 4-8 xi 、 10〜46 xxi

Although these passages often agree word for word, the differences are such that the author of Paralipomenon, the later writer, cannot be said to have copied from I-II Kings, and we must conclude that both authors made use of the same document.これらの通路に同意しばしば逐語的には、このような違いはこの文書の著者の歴代志、 、後の作家にはコピーすることはできませんによると私- IIの王から、両方の作家としなければならないとの結論を下すのは、同じ文書に使用します。 This seems to have been an official record of important public events and of matters pertaining to the administration, such as was probably kept by the court "recorder" (2 Samuel 8:16; 20:24), and is very likely the same as the "Chronicles of King David" (1 Chronicles 27:24).このようにも重要な公共のイベントの公式記録に基づいて政権に係る事項と、このようなことは、裁判所の保管としてはおそらく"レコーダー" ( 2サミュエル8時16分; 20:24 ) 、および性が非常に高いと同じ"王のデビッドクロニクル" ( 1クロニクル27:24 )です。 To this document we may add three others mentioned in I Par.このドキュメントを追加することがあります私パー3つの他に記載されています。 (xxix, 29) as sources of information for the history of David, namely, the "Book of Samuel", the "Book of Gad", and the "Book of Nathan". ( 29 、 29 )の情報源としての歴史を、デビッド、すなわち、 "予約のサミュエル"は、 "予約の出歩き" 、および"予約のネイサン"です。 These were works of the three Prophets, as we gather from II Par., ix, 29; xii, 15; xx, 34, etc.; and our author would hardly neglect writings recommended by such names.これらの3つの預言者が作品を、より二パーとして収集します。 、 9世、 29 、 12 、 15 ;イグゼクス、 34 、等;と私たち著者はほとんど無視するような文章で推奨さ名を表示します。 Samuel very probably furnished the matter for his own history and for part of Saul's; Gad, David's companion in exile, the details of that part of David's life, as well as of his early days as king; and Nathan, information concerning the latter part, or even the whole, of his reign.サミュエル家具付きの問題を非常に、おそらく彼自身の歴史とソールの部分;出歩き、デビッドのコンパニオンに亡命、その部分の詳細はデビッドの人生だけでなく、彼の初期の日中としてキング;とネイサンは、後者の部分に関する情報か、またはさえ、全体的には、彼の治世です。 Thus between them they would have fairly covered the period treated of, if, indeed, their narratives did not partially overlap.このように、かれらの間に覆わかなりの期間が扱われるのは、もし、実際に、彼らの物語が重なる部分しなかった。 Besides these four documents other sources may occasionally have been used.これらの4つの書類以外に他のソース場合がありますが使用されています。 A comparison of the passages of I-II Kings and I Par.を比較して通路のI - IIの王と私パーです。 given in the list above shows further that both writers frequently transferred their source to their own pages with but few changes; for, since one did not copy from the other, the agreement between them cannot be explained except on the supposition that they more or less reproduce the same document.与えられた上記のリストのショーより詳細な作家の両方のソースを頻繁に転送彼らが自分のページにいくつかの変更;ため、以来1つのコピーをしなかったから、他のは、それらの間の契約書を説明することはできませんと仮定して彼らを除いて多かれ少なかれ同じ文書を再現します。 We have therefore reason to believe that our author followed the same course in other cases, but to what extent we have no means of determining.このため、私たち著者続くことを信じるだけの理由で、同じコース別の事件で、しかし、私たちにどの程度の決定の手段がない。

THE CRITICAL THEORYの重要な理論

According to recent critics, I-II Kings is nothing but a compilation of different narratives so unskillfully combined that they may be separated with comparative ease.最近の批評家によると、私は何もない- IIの王物語ではなく、コンパイルの異なるので下手に組み合わせる年5月に分離して比較的容易にします。 In spite of this comparative ease in distinguishing the different elements, the critics are not agreed as to the number of sources, nor as to the particular souce to which certain passages are to be ascribed.にもかかわらず、このような比較を容易に区別するさまざまな要素は、批評家として合意されないのソースコードを、また、特定のソースを特定の通路をされる生得的です。 At present the Wellhausen-Budde theory is accepted, at least in its main outlines, by nearly the whole critical school.現在、ヴェルハウゼン-バッド理論が受け入れ、少なくともその主な概要は、全体の重要な学校の近くです。 According to this theory, II, ix-xx, forms one document, which is practically contemporary with the events described; the rest (excluding the appendix) is chiefly made up of two writings, an older one, J, of the ninth century, and a later one, E, of the end of the eighth or the beginning of the seventh century.この理論によれば、 2世、 9世-イグゼクス、フォーム1つの文書、これは実質的に現代のイベントに記載し、残り(付録を除く)は、主に作ら上の2つの文章は、古い1つ、無し、 9世紀、と、後の1つ、メール、または8番目の最後には、 7世紀の初めにします。 They are designated J and E, because they are either due to the authors of the Jahwist and Elohist documents of the Hexateuch, or to writers belonging to the same schools.彼らはJと指定したメールため、彼らはどちらかのためには、作者のドキュメントをjahwistとエロヒスト六書、または同じ学校に所属する作家。 Both J and E underwent modifications by a revisor, J² and E² respectively, and after being welded together by a redactor, RJE, were edited by a writer of the Deuteronomic school, RD. Jとメールの両方に変更されrevisor 、無し²およびe ²それぞれ、と一緒に溶接された後にredactor 、 rje 、作家が編集され、 deuteronomic学校、路です。 After this redaction some further additions were made, among them the appendix.この改訂後、いくつかのより詳細な追加が行われた、このうち、 Appendixにあります。 The different elements are thus divided by Budde:–このように、さまざまな要素がで割った値バッド: -

J.–I, ix, 1-x, 7, 9-16; xi, 1-11, 15; xiii, 1-7a, 15b-18; xiv, 1-46, 52; xvi, 14-23; xviii, 5-6, 11, 20-30; xx, 1-10, 18-39, 42b; xxii, 1-4, 6-18, 20-23; xxiii, 1-14a; xxvi; xxvii; xxix-xxxi. j. -私は、 9世、 1 Xは、 7日、 9-16 ; xi 、 1-11 、 15 、 13 、 1 - 7aのは、 15b - 18 、 14 、一から四六、 52 、 16 、 14-23 ; 18 、 5-6 、 11 、 20-30 ;イグゼクス、 1-10 、十八から三十九まで、 42b ; xxii 、 1-4 、 6-18 、 20-23 、 23 、 1 - 14a ;二十六; 27 ; 29 - 31です。 II, i, 1-4, 11-12, 17-27; ii, 1-9, 10b, 12-32; iii; iv; v, 1-3, 6-10, 17-25; vi; ix-xi; xii, 1-9, 13-30, xiii-xx, 22.二、私、 1-4 、 11-12 、 17-27 ;二、 1-9 、 10b 、 12から32 ;三;四; V電源、 1-3 、 6-10 、 17-25 ;六; 9世- xi ; 12 、 1-9 、一三〜三〇 、 13 -イグゼクス、 22 。 J².–I, x, 8; xiii, 7b- 15a, 19-22.無し² .-私は、 x 、 8 ; 13 、 7B面- 15a 、 19-22 。

E.–I, iv, 1b-vii, 1; xv, 2-34; xvii, 1-11, 14-58; xviii, 1-4, 13-29; xix, 1, 4-6, 8-17; xxi, 1- 9; xxi, 19; xxii, 19-xxiv, 19; xxv; xxviii. e. -私は、四、 1b - 7 、 1 ; 15 、 2から34 ; 17 、 1-11 、一四から五八まで; 18 、 1-4 、 13-29 、 19 、 1 、 4-6 、 8月17日; xxi 、 1 -9 ; x xi、 1 9; x xii、 1 9- 2 4、 1 9、 2 5;二十八です。 II, i, 6-10, 13-16; vii. 2世、私は、 6-10 、 13-16 ; Ⅶ 。 E².–I, i, 1-28; ii, 11- 22a, 23-26; iii, 1-iv, 1a; vii, 2-viii, 22; x, 17-24; xii.メール² .-私、私、 1-28 ; 2世、 11 -2 2a、 2 3-26;三、 1 - I Vからは、 1 ;七、 2 - v iii、 2 2であり、 x 、 1 7-24; 1 2。

RJE.–I, x, 25-27; xi, 12-14; xv, 1; xviii, 21b; xix, 2-3, 7; xx, 11-17, 40-42a; xxii, 10b; xxiii, 14b-18; xxiv, 16, 20-22a. rje. -私は、 x 、 25-27 ; xi 、 12-14 、 15 、 1 ; 18 、 21b ; 19 、 2-3 、 7 ;イグゼクス、 11-17 、 40 - 42a ; xxii 、 10b ; 23 、 14b -18 、 24 、 16 、 20 - 22aです。 II, i, 5. 2世、私は、 5 。 RD.–1, iv, 18 (last clause); vii, 2; xiii, 1; xiv, 47-51; xxviii, 3. rd. - 1 、 4 、 18 (最終節) ;七、 2 ; 13 、 1 ; 14 、 47-51 ;二十八、 3 。 II, ii, 10a, 11; v, 4-5; viii; xii, 10-12. 2世、 2世、 10 Aまで、 11 ; V電源、 4-5 ; viii ; 12 、 10-12 。

Additions of a later editor.–I, iv, 15, 22; vi, 11b, 15, 17-29; xi, 8b; xv, 4; xxiv, 14; xxx, 5.それ以降の追加のeditor. -私は、 4世、 15日、 22日;六、 11b 、 15日、 17〜29 ; xi 、 8b ; 15 、 4 、 24 、 14 ; xxxと5 。 II, iii, 30; v, 6b, 7b, 8b; xv, 24; xx, 25- 26. 2世、 3世、 30 ; V電源、 6B面、 7B面、 8b 、 15 、 24 ;イグゼクス、 25 -2 6。

Latest additions.–I, ii, 1-10, 22b; xvi, 1-13; xvii, 12-13; xix, 18-24; xx, 10-15; xxii, 5.最新のadditions. - Ⅰ 、 Ⅱ 、 1-10 、 22b 、 16 、 1-13 ; 17 、 12-13 、 19 、 18-24 ;イグゼクス、 10-15 ; xxii 、 5 。 II, xiv, 26; xxi-xxiv. 2世、 14日、 26日; xxi - 24です。

This minute division, by which even short clauses are to a nicety apportioned to their proper sources, is based on the following grounds.この分課でさえ短い節を参照して下さいは微妙な配賦して適切なソースは、次の根拠に基づいています。 (1) There are duplicate narratives giving a different or even a contradictory presentation of the same event. ( 1 )与え、別の物語には、重複するかも同じイベントを提示することに矛盾します。 There are two accounts of Saul's election (I, viii, 1-xi), of his rejection (xiii, 1-14 and xv), of his death (I, xxxi, 1 sqq., and II, i, 4 sqq.), of his attempt to pierce David (I, xxiii, 10-11, and xix, 9-10d).ソールには2つのアカウントの選挙(私は、 viii 、 1 -十一) 、彼の拒絶反応( 13 、 1-14 、 15 ) 、彼の死を(私は、 31回、 1 sqq 。 、 、およびii 、私、 4 sqq 。 ) 、彼の試みをピアースデビッド(私、 23 、 10-11 、 19 、 9 - 10d )です。 There are also two accounts of David's introduction to Saul (I, xvi, 14 sqq. and xvii, 55-58), of his flight from court (xix, 10 sqq., and xxi, 10), of his taking refuge with Achis (xxi, 10 sqq., and xxvii, 1 sqq.), of his sparing Saul's life (xxiv, and xxvi).また、 2つのアカウントのデビッドの導入をソール(私、 16 、 14 sqq 。 、 17 、 55-58 ) 、彼の飛行より裁判所( 19 、 10 sqq 。 、およびxxi 、 10 ) 、彼の避難所で撮影achis ( xxi 、 10 sqq 。 、および27 、 1 sqq 。 ) 、彼の人生を節約ソール( 24 、および26 ) 。 Lastly, there are two accounts of the origin of the proverb: "Is Saul too among the prophets?"最後に、 2つのアカウントには、ことわざの起源: "はあまりにもソールの間は、預言者ですか? " (x, 12; xix, 24). ( x 、 12 、 19 、 24 ) 。 Some of these double narratives are not only different, but contradictory.いくつかのダブルだけでなく、さまざまな物語が、しかし、矛盾します。 In one account of Saul's election the people demand a king, because they are dissatisfied with the sons of Samuel; the prophet manifests great displeasure and tries to turn them from their purpose; he yields, however, and Saul is chosen by lot.ソールの選挙で1つのアカウントの王の人々を要求するため、彼らは満足しての息子のサミュエル;預言者ムハンマドのマニフェスト大きな不満を有効にしようとかれらの目的;彼の利回りは、しかし、とサウルは抽選で選ばれた。 In the other, Samuel shows no aversion to the kingdom; he privately anoints Saul at God's command that he may deliver Israel from the Philistines; Saul is proclaimed king only after, and in reward of his victory over the Ammonite king, Naas.は、他の、サミュエル嫌悪感を見せていないの王国; anointsソール個人的に彼は神のコマンドを提供する彼は5月からのイスラエルphilistines ;サウルは王宣言した後にのみ、および彼の勝利を収めるのアンモナイトの報酬キング、ネースです。 According to one version of Saul's death, he killed himself by falling on his sword; according to the other, he was slain at his own request by an Amalecite.によると、 1つのバージョンのソールの死後、彼は自殺した彼の剣を落下さ;によると、他の、彼は彼自身のリクエストで殺害されたamaleciteされる。 Again, in xvi, David, then arrived at full manhood and experienced in warfare, is called to court to play before Saul and is made his armour-bearer, and yet in the very next chapter he appears as a shepherd lad unused to arms and unknown both to Saul and to Abner.再び、 16 、デビッド、完全な男らしさと入力し、到着した経験があるの戦争では、裁判所が呼び出される前にソールを再生すると彼の鎧持ちが行われる、と彼はまだありませんが、非常に次の章が表示さを武器として使用されていないと羊飼いの少年未知の両方にソールとアブナーです。 Moreover, there are statements at variance with one another.また、 1つには、別のステートメントを分散します。 In I, vii, 33, it is stated that "the Philistines . . . did not come any more into the borders of Israel . . . all the days of Samuel"; while in ix, 16, Saul is elected king to deliver Israel from them, and in xiii a Philistine invasion is described.で私、 7 、 33 、それは記載では" philistines 。 。 。 。 。これ以上はないの境界線をイスラエルに。 。 。 。 。のすべての日間のサミュエル" ;中に9世、 16日、イスラエルを提供ソールが選出キングからして、および13をペリシテ人の侵略で説明します。 In I, vii, 15, Samuel is said to have judged Israel all the days of his life, though in his old age he delegated his powers to his sons (viii, 1), and after the election of Saul solemnly laid down his office (xii).で私、 7 、 15 、サミュエルは、イスラエルのすべての判断によると日中には彼の人生のが、彼は彼の老後の権限を委任さ彼の息子たち(八、 1 ) 、および選挙の後に彼のオフィスソール厳粛に敷設( 12 )です。 Finally, in I, xv, 35, Samuel is said never to have seen Saul again, and yet in xix, 24, Saul appears before him.最後に私、 15 、 35 、サミュエルは絶対によるとソールには再び見られる、とはまだありませんが19 、 24 、ソール彼の前に表示されます。 All this shows that two narratives, often differing in their presentation of the facts, have been combined, the differences in some cases being left unharmonized.すべてのこの2つの物語によると、しばしば異なる事実を提示することにして、組み合わせが、左の違いがいくつかのケースがunharmonizedです。 (2) Certain passages present religious conceptions belonging to a later age, and must therefore be ascribed to a later writer, who viewed the events of past times in the light of the religious ideas of his own. ( 2 )特定の通路現在、後の時代に所属する宗教的な概念、および必要があります。そのために生得的に、後の作家、 who人気のイベントの過去の回、明かりの中で、彼自身の宗教的なアイデアです。 A difference of literary style can also be detected in the different parts of the work.文学のスタイルの差があることもできますが検出されたのは、その仕事の別の部分です。 If all this were true, the theory of the critics would have to be admitted.この場合のすべてがtrueの場合、批評家の理論を認めたということが必要である。 In that case much of I-II Kings would have but little historical value.その場合は多くのI - IIの王が歴史的な価値がほとんどです。 The argument from the religious conceptions assumes the truth of Wellhausen's theory on the evolution of the religion of Israel; while that from literary style is reduced to a list of words and expressions most of which must have been part of the current speech, and for this reason could not have been the exclusive property of any writer.宗教的な概念からの引数の真理を仮定してヴェルハウゼンの理論上の進化の宗教をイスラエル;中でより文学のスタイルは減少してリストを表示し単語や表現のほとんどのものでなければならない部分が、現在の音声、およびこの理由もできませんでしたその独占的な財産の任意の作家です。 The whole theory, therefore, rests on the argument from double narratives and contradictions.全体の理論的には、したがって、より二重の引数に依拠物語と矛盾します。 As this seems very plausible, and presents some real difficulties, it demands an examination.このように非常に理にかなって、いくつかの本当の困難と、それに審査要求します。

DOUBLETS AND CONTRADICTIONS doubletsと矛盾

Some of the narratives said to be doublets, while having a general resemblance, differ in every detail.いくつかの物語によるとされるdoublets 、一般的な似ていることながら、細部の点で異なる。 This is the case with the two accounts of Saul's disobedience and rejection, with the two narratives of David's sparing Saul's life, and of his seeking refuge with Achis.これは2つのアカウントの場合、拒絶反応のソールの反抗と、 2つの物語のデビッドソールの生活の節約し、彼の避難所を求めてachisです。 Such narratives cannot be identified, unless the improbability of the events occurring as related be shown.このような物語で識別することはできませんがない限り、 improbabilityの発生に関連するイベントが表示されます。 But is it improbable that Saul should on two different occasions have disregarded Samuel's directions and that the latter should repeat with greater emphasis the announcement of his rejection?しかし、ソールことはありそうにないことは、機会が無視さサミュエルの異なる2つの方向とは、後者の必要性を重視の発表を繰り返す彼の拒絶反応ですか? Or that in the game of hide-and-seek among the mountains David should have twice succeeded in getting near the person of Saul and should on both occasions have refrained from harming him?または、ゲームをしてかくれんぼデイビッドの山の中には就学許可証の2倍近くの人に成功したソールとは、両方の機会を控えてからは害を及ぼすなったのですか? Or that under changed conditions he should have entered into negotiations with Achis and become his vassal?または条件が変更されて交渉に入った彼はそれが彼の臣下となるachisですか? Even where the circumstances are the same, we cannot at once pronounce the narratives to be only different accounts of the same occurrence.どこの事情もが同じ場合、一度に発音することはできません物語を別のアカウントと同じにのみ発生します。 It is not at all strange that Saul in his insane moods should twice have attempted to spear David, or that the loyal Ziphites should twice have betrayed to Saul David's whereabouts.先のすべてではない彼の非常識な気分におかしなことだとサウルは槍を2回にしようとデビッドか、または2回には、忠実なziphitesは、デビッドソールの居場所を裏切らです。 The two accounts of Saul among the prophets at first sight seem to be real doublets, not so much because the two narratives are alike, for they differ considerably, as because both incidents seem to be given as the origin of the proverb: "Is Saul too among the prophets?"ソールのうちの2つのアカウントの最初の光景は、預言者は本物のdoublets思われる、というよりは、 2つの物語は同じ、かれらかなりの違いとして思われるため、両方の事件の起源として与えられたの諺: "は、ソールあまりにも間では、預言者ですか? " The first, however, is alone said to have given rise to the proverb.の最初の、しかし、これだけによると、諺に上昇するには与えられた。 The expression used in the other case–"Wherefore they say, Is Saul also among the prophets?"–does not necessarily imply that the proverb did not exist before, but may be understood to say that it then became popular.という表現で使用され、他のケース- "どうしてかれらは、預言者の間は、ソールもですか? " -諺は必ずしも意味するもので、前には存在しなかったが、 5月に入力し、理解を言うことが人気です。 The translation of the Vulgate, "Unde et exivit proverbium", is misleading.ウルガタ聖書の翻訳文が、 " unde et exivit proverbium "は誤解を招くようです。 There is no double mention of David's flight from court.デビッドはないのフライトから二重に言及した裁判所です。 When in xxi, 10, he is said to have fled from the face of Saul, nothing more is affirmed than that he fled to avoid being taken by Saul, the meaning of the expression "to flee from the face of" being to flee for fear of some one.ときにxxi 、 10 、彼は逃走してからによるとソールの顔を、何も他のは、彼は逃亡しましたアファームドに比べてソールを避けるために連行され、表現の意味を"を捨てて逃げるの顔から"を捨てて逃げるために恐怖のいくつかの1つです。 The double narrative of Saul's election is obtained by tearing asunder parts which complement and explain one another.ソールの物語のダブル選挙は涙を流して得られたバラバラの部品を1つの別の補数を説明します。 Many a true story thus handled will yield the same results.このように多くの真実の物語は、収率と同じ結果に処理します。 The story as it stands is natural and well connected.その物語のは当然とも現状のままで接続します。 The people, disgusted at the conduct of the sons of Samuel, and feeling that a strong central government would be an advantage for the defence of the country, request a king.人々は、嫌悪感は、サミュエルの息子の行動を、と感じて強力な中央政府の利点はその国の防衛のため、王を要求する。 Samuel receives the request with displeasure, but yields at God's command and appoints the time and place for the election.サミュエル苦々しげにリクエストを受信しますが、利回りは、神のコマンドを任命し、選挙の時と場所です。 In the meanwhile he anoints Saul, who is later designated by lot and acclaimed king.ソールanoints一方で彼は、 whoで指定された場へと高く評価は、キングです。 All, however, did not recognize him.すべての、しかし、彼を認識しなかった。 Influential persons belonging to the larger tribes were very likely piqued that an unknown man of the smallest tribe should have been chosen.影響力の大きい人の部族に所属することが非常に高いpiqued不明な最小の部族の男が選ばれた。 Under the circumstances Saul wisely delayed assuming royal power till a favourable opportunity presented itself, which came a month later, when Naas besieged Jabes.ソールの状況を想定されて王朝の権力までの遅延を賢く有利な機会を提示そのものではありませんが、一カ月後に、ときに包囲さネースジャベースです。 It is objected, indeed, that, since the Jabesites did not send a message to Saul in their pressing danger, chap.反対したことは、実際のところ、は、しなかったjabesites以来、ソールにメッセージを送信するに差し迫った危険は、やつです。 xi, 4 sq., must have belonged to an account in which Saul had not yet been proclaimed king, whence a double narrative is clearly indicated. xi 、 4平方、アカウントに属している必要がありますソールでは国王宣言はまだ、そこをダブル物語は明らかになっています。 But even if the Jabesites had sent no message, the fact would have no significance, since Saul had not received universal recognition; nothing, however, warrants us to read such a meaning into the text.しかし、たとえjabesites送ったメッセージは表示さは、実際には何の意味も持たないので、ソールが届かない普遍的認識;ない、しかし、新株引受先を読むなどして、テキストを意味します。 At all events, Saul on hearing the news immediately exercised royal power by threatening with severe punishment anyone who would not follow him.すべてのイベントは、すぐにそのニュースを聞いたサウル王朝の権力を行使すると脅迫を厳罰に処する誰whoはない以下だ。 Difficulties, it is true, exist as to some particulars, but difficulties are found also in the theory of a double account.困難、それがtrueの場合、いくつかの明細に存在するが、また、その理論は困難が見つかりました、ダブルアカウントです。 The two accounts of Saul's death are really contradictory; but only one is the historian's; the other is the story told by the Amalecite who brought to David the news of Saul's death, and nothing indicates that the writer intends to relate it as true.の2つのアカウントのソールの死は本当に矛盾;しかし、歴史学者のは、 1つだけで、他の物語は、 who brought amaleciteされたのニュースをデビッドソールの死を、そして真実を示してその作家として真の意図に関連づけることです。 We need have little hesitation in pronouncing it a fabrication of the Amalecite.発音する必要がほとんどないためらいも、それを製造amaleciteです。 Lying to promote one's interests is not unusual, and the hope of winning David's favour was a sufficient inducement for the man to invent his story.うそをついて自分の利益を促進する異例のではない、との希望を受賞したデビッドの恩恵は、その男を勧誘するための十分な彼の話を発明します。

With regard to the apparent contradiction between xvi, 14-23, and xvii, it should be remarked that the Vatican (B) and a few other manuscripts of the Septuagint omit xvii, 12-31 and xvii, 55-xviii, 5.の間に明らかな矛盾に関しては、以下の16 、 14-23 、および17には、最後に関係者は、バチカン( b )と、いくつかの原稿を省略セプトゥアギンタ17 、 12月31日、 17 、 55 - 18 、 5 。 This form of the text is held to be the more original, not only by some conservative writers, but by such critics as Cornill, Stade, WR Smith, and HP Smith.このフォームで開催されるテキストは、他のオリジナルではなく、いくつかの保守的な作家によってのみではなく、このような批評家としてコルニル、シュターデ、 wrスミス、およびHPスミスさんです。 But though this text, if it were certain, would lessen the difficulty, it would not entirely remove it, as David still appears as a boy unused to arms.しかし、このテキストは、特定の場合には、難易度を少なくすると、それを完全に削除することはない、として使用されていないデビッドまだ少年を武器として表示されます。 The apparent contradiction disappears if we take xvi, 14-23, to be out of its chronological place, a common enough occurrence in the historical books both of the Old and of the New Testament.明らかな矛盾が消えるのを取って16 、 14-23 、その年代になる場所に、共通の歴史的な書籍が発生するのに十分なの両方の古いとは、新約聖書です。 The reason of the inversion seems to be in the desire of the author to bring out the contrast between David, upon whom the spirit of the Lord came from the day of his anointing, and Saul, who was thenceforth deserted by the spirit of the Lord, and troubled by an evil spirit.その理由は、反転の欲望と思われるが、著者の間のコントラストを引き出すデヴィッドのように、時の精神を誰が為に、主の日から来た彼のanointing 、およびソール、 whoは、その時以来の精神を、主に捨てられた、および、悪霊に悩まされています。 Or it may be due to the fact that with xvii the author begins to follow a new source.またはかもしれないという事実のために、 17の著者の新たな供給源に従うが開始されます。 This supposition would explain the repetition of some details concerning David's family, if xvii, 17-21, is original.この仮定の繰り返しはいくつかの詳細について説明してデビッドのご家族、 17 、 17-21 、はオリジナルです。 According to the real sequence of events, David after his victory over Goliath returned home, and later, having been recommended by one who was aware of his musical skill, he was called to court and permanently attached to the person of Saul.によると、実際の一連の出来事は、彼の勝利を収めるデビッドゴリアテに帰国した後、およびそれ以降の、 1つのことで推奨された彼の音楽的技能whoは知って、彼は完全に裁判所と呼ばれる人のソールに接続されています。 This explanation might seem inadmissible, because it is said (xviii, 2) that "Saul took him that day, and would not let him return to his father's house."この説明は見えるかもしれない証拠は、それがによると( 18 、 2 )は、 "サウルが彼をその日、彼にはないと彼の父の家に戻ります。 " But as "on that day" is often used in a loose way, it need not be taken to refer to the day on which David slew Goliath, and room will thus be left for the incident related in xvi, 14-23.しかし、 "その日"は、しばしば使用されてゆるいように、それをする必要はありませんを参照してその日に撮影されデビッドスルーゴリアテ、およびルームは、このように事件に関連して出ており、 16 、 14-23 。 It is not true, therefore, that it is impossible to reconcile the two accounts, as is asserted.それは事実ではない、したがって、和解することは不可能であることを、 2つのアカウントと同じように、と主張します。 The so-called contradictory statements may also be satisfactorily explained.矛盾したステートメントのいわゆる満足のいく説明されることもあります。 As vii is a summary of Samuel's administration, the words "the Philistines . . . did not come any more into the borders of Israel" must be taken to refer only to Samuel's term of office, and not to his whole lifetime; they do not, therefore, stand in contradiction with xiii, where an incursion during the reign of Saul is described.七としては、サミュエルの管理の概要を、という言葉" philistines 。 。 。 。 。これ以上はないの境界線をイスラエルに"を参照しなければならないだけにサミュエルの任期は、全体ではなく、彼の生涯;ていないしたがって、矛盾に立つと13世は、どこに侵入ソールの治世中には、説明します。 Besides, it is not said that there were no further wars with the Philistines; the following clause: "And the hand of the Lord was against the Philistines, all the days of Samuel", rather supposes the contrary.それに、ではないによると、より詳細な戦争がないのphilistines ;は、次の句: "と、手の主は反対するphilistinesは、すべての日間のサミュエル" 、というsupposesその反対です。 There were wars, indeed, but the Philistines were always defeated and never succeeded in gaining a foothold in the country.戦争があった、実際のところ、 philistinesが、敗北はいつも、決して成功してその国での足掛かりを得る。 Still they remained dangerous neighbours, who might attack Israel at any moment.彼らは依然として危険な隣国、いつ何時イスラエルの攻撃whoかもしれない。 Hence it could well be said of Saul, "He shall save my people out of the hands of the Philistines" (ix, 16), which expression does not necessarily connote that they were under the power of the Philistines.それゆえにする可能性が高いのソールによると、 "彼は私の人々の手に保存するのphilistines " ( 9世、 16 ) 、これは必ずしも表現されて暗示していたphilistinesの力を利用しています。 Ch.あなたのです。 xiii, 19-21, which seems to indicate that the Philistines were occupying the country at the time of Saul's election, is generally acknowledged to be misplaced. 13 、 19-21 、どのようphilistinesことを示すために、その国が占領している時点ソールの選挙では、見当違いは一般的に認知される。 Further, when Samuel delegated his powers to his sons, he still retained his office, and when he did resign it, after the election of Saul, he continued to advise and reprove both king and people (cf. I, xii, 23); he can therefore be truly said to have judged Israel all the days of his life.さらに、彼の権限を委任したときにサミュエル彼の息子たちは、彼はまだ彼のオフィスに保持し、彼は辞任するときには、選挙のソールの後に、彼は継続的に助言と非難両方の王と人々 ( cf.私は、 12 、 23 ) ;そのために彼は真の判断によるとイスラエルのすべての日中には彼の人生のです。 The last contradiction, which Budde declares to be inexplicable, rests on a mere quibble about the verb "to see".の最後の矛盾、これバッド宣言される不可解な、休符は、単なる言い逃れについては、動詞"を"を参照しています。 The context shows clearly enought that when the writer states that "Samuel saw Saul no more till the day of his death" (xv, 35), he means to say that Samuel had no further dealings with Saul, and not that he never beheld him again with his eyes. enoughtしたときのコンテキストを明確に示してその作家には"これ以上のサミュエル見たソール日まで、彼の死" ( 15 、 35 ) 、彼の手段を言ってやるがより詳細な取引をすることはないサミュエルソールではなく、彼が彼は決してbeholdの過去過去分詞再び彼の目です。 Really, is it likely that a redactor who, we are told, often harmonizes his sources, and who plainly intends to present a coherent story, and not merely a collection of old documents, would allow glaring contradictions to stand?本当に、 redactorことは予想してwho 、我々はは、しばしば調和彼によると、意図をはっきりとwho筋の通った話を提示する、とのコレクションを単に古い文書は、明白な矛盾を認めるスタンドですか? There is no sufficient reason, then, why we should not grant a historical character to the section I, i-II, viii, as well as to the rest of the work.十分な理由がない、その後、なぜしなければならない歴史上の人物を特定のセクションを交付する私、私- Ⅱ 、 viii 、だけでなく、残りの作業をします。 Those internal marks–namely, lifelike touches, minuteness of detail, bright and flowing style–which move the critics to consider the latter part as of early origin and of undoubted historical value, are equally found in the first.これらの内部マルク-すなわち、生きているようなタッチ、微小の詳細は、明るいと流れるスタイルに移動して後半を検討する批評家としての早期の起源との紛れもない歴史的な価値も同様に第一発見された。

THE HEBREW TEXT, THE SEPTUAGINT, AND THE VULGATEヘブライ語のテキストは、セプトゥアギンタ、とのウルガタ聖書

The Hebrew text has come down to us in a rather unsatisfactory condition, by reason of the numerous errors due to transcribers.ヘブライ語のテキストが先に降りてくるが、やや不満足な状態を理由にtranscribersのために、多くのエラーが発生します。 The numbers especially have suffered, probably because in the oldest manuscripts they were not written out in full.特に被害の数字は、おそらくしている最も古いため、彼らはないから閉め出される原稿でいっぱいです。 In I, vi, 19, seventy men become "seventy men, and fifty thousand of the common people."で私は、六、 19日、 70人になる" 70人、および50000は、一般の人々です。 " In I, xiii, 5, the Philistines are given the impossible number of thirty thousand chariots.で私、 13 、 5 、与えられたのは不可能なことphilistines 30000戦車の数です。 Saul is only a year old when he begins to reign, and reigns but two years (I, xiii, 1).ソールはわずか歳のときに彼が開始さ君臨し、 2年間に満ちていたしかし、 (私は、 13 、 1 ) 。 Absalom is made to wait forty years to accomplish the vow he made while in Gessur (II, xv, 7).アブサロムが行われる40年を達成するのを待つの誓いgessur中に彼は( 2 、 15 、 7 ) 。 In I, viii, 16, oxen are metamorphosed into "goodliest young men", while in II, x, 18, forty thousand footmen are changed into horsemen.で私は、 viii 、 16日、雄牛は、変成を" goodliestの若い男" 、中に2世、 x 、 18 、 40000 footmanの複数形が変わるhorsemanの複数形です。 Michol, who in II, vi, 23, is said to have had no children, in II, xxi, 8, is credited with the five sons of her sister Merob (cf. I, xviii, 19; xxv, 44; II, iii, 15). michol 、 who 、二、六、 23日、子供たちがないとも言われては、 2世、 xxi 、 8日、の5つの功績があるとは、彼女の妹の息子のmerob ( cf.私は、 18 、 19 、 25 、 44 ;二、 3世、 15 ) 。 In II, xxi, 19, Goliath is again slain by Elchanan, and, strange to say, though I Par., xx, 5, tells us that the man killed by Elchanan was the brother of the giant, some critics here also see a contradiction.の2世、 xxi 、 19日、ゴリアテをelchananが再び殺害されたと、妙な話だが、僕パーです。 、イグゼクス、 5 、教えてくれるelchananは、男に殺されるのは、弟の巨大な、ここも参照するいくつかの批評家矛盾します。 Badan in I, xii, 11, should be changed to Abdon or Barak, and Samuel, in the same verse, to Samson, etc. Many of these mistakes can readily be corrected by a comparison with Paralipomenon, the Septuagint, and other ancient versions.インドネシアで私、 12 、 11 、またはabdonを変更する必要がバラクを、とサミュエルは、同じ詩、サムソンなどの多くは、これらのミスで修正されたが容易に比較して歴代志は、セプトゥアギンタ、およびその他の古代のバージョンです。 Others antedate all translations, and are therefore found in the versions as well as in the Massoretic (Hebrew) text.その他のすべての技術情報の翻訳見越すとは、したがって発見されたバージョンだけでなく、 massoretic (ヘブライ語)のテキストです。 In spite of the work of correction done by modern commentators and textual critics, a perfectly satisfactory critical text is still a desideratum.にもかかわらず、現代の仕事を補正行われるテキストの解説や批評家は、まだ完全に満足のいく重要なテキストが欲しいものです。 The Septuagint differs considerably from the Massoretic text in many instances; in others the case is not so clear.セプトゥアギンタの違いから、かなり多くのインスタンスのテキストをmassoretic ;は、ほかのケースではないので、はっきりしている。 The Vulgate was translated from a Hebrew text closely resembling the Massoretic; but the original text has been interpolated by additions and duplicate translations, which have crept in from the Itala.ウルガタ聖書は、ヘブライ語のテキスト翻訳密接に似ているからmassoretic ;しかし、元のテキストを補間され、追加機能や重複した技術情報の翻訳され、これがこっそりされた状態からをリストします。 Additions occur: I, iv, 1; v, 6, 9: viii, 18; x, 1; xi, 1; xiii, 15; siv, 22, 41; xv, 3, 12; xvii, 36; xxi, 11; xxx, 15; II, i, 26; v, 23; x, 19; xiii, 21, 27; xiv, 30; duplicate translations, I, ix, 15; xv, 32; xx, 15; xxiii, 13, 14; II, i, 18; iv, 5; vi, 12; xv, 18, 20.追加発生する可能性:私は、四、 1 ; V電源、 6 、 9 : viii 、 18であり、 x 、 1 ; xi 、 1 ; 13 、 15 ; siv 、 22 、 41 、 15 、 3 、 12 、 17 、 36 ; xxi 、 11 ; xxxと15 ;二、私日、 26日; V電源、 23であり、 x 、 19 、 13 、 21 、 27 、 14 、 30 ;重複する技術情報の翻訳、私は、 9世、 15 、 15 、 32 ;イグゼクス、 15 、 23 、 13 、 14 ;二、私は、 18 ; 4 、 5 、 6 、 12 、 15 、 18 、 20 。

Publication information Written by F. Bechtel.出版物の情報執筆者女性ベクテル社です。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.聖マリア教会でのおかげで、アクロン、オハイオ州のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.公認、 1910年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New Yorkファーリー+ジョン枢機卿、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Catholic: GIGOT, Special Introd.カトリック:ジゴ、特別Introd学です。 (New York, 1901), 251-65; CORNELY, Introductio, (Paris, 1897), i, 240-76; HUMMELBAUER, Comm. (ニューヨーク、 1901 ) 、二百五十一から六十五; cornely 、 introductio 、 (パリ、 1897 ) 、私は、二百四十から七十六まで; hummelbauer 、通信します。 in Libros Samuelis (Paris, 1886); FILLION in VIG., Dict. samuelisの図書館(パリ、 1886 ) ; fillionでビグ。 、 dictのです。 de la Bible, sv Rois (les quatre livres des); VIGOROUX, Manuel Bibl., 10th ed., II (Paris, 1899), 80 sqq.; CLAIR, Livres des Rois (Paris, 1884); DHORME, Les Livres de Samuel (Paris, 1910); KAULEN, Einleitung (3rd ed., Freiburg im Br., 1890), 223-30; SCHÄFERS, I Sam., i-xv literarkritisch untersucht in Bibl.デラ聖書の、 sv文書rois (レカトルlivresデ) ; vigoroux 、マヌエルbibl 。 、第10回エド。 、 Ⅱ (パリ、 1899 ) 、 80 sqq 。 ;クレール、 livresデrois (パリ、 1884 ) ;ドルム、レlivresデサミュエル(パリ、 1910 ) ; kaulen 、 einleitung (第3版です。 、フライブルクイムしました。 、 1890 ) 、二二三から三〇まで; schäfers 、私サムします。 、私- 15 literarkritisch untersuchtでbibl 。 Zeitschr., V (1907), 1, 126, 235, 359; VI, 117; PETERS, Beiträge zur Text-und Literaturkritik der B252;cher Samuels (Vienna, 1904); WIESMANN, Die Einführung des Königtums in Israel in Zeitsch. zeitschr 。 、 v ( 1907 ) 、 1 、 126 、 235 、 359 ;六、 117 ;ピーターズ、 beiträge zurテキスト- und literaturkritik der b252 ;シェールサミュエルズ(ウィーン、 1904 ) ;ワイズマン、イスラエルで死ぬeinführungデkönigtumsでzeitschです。 für Kathol. für katholです。 Theologie, XXXIV (1910), 118-153; IDEM, Bemerkungen zum I Buche Samuels, ibid., XXXII (1908), 187, 597; XXXIII, 129, 385, 796. theologie 、 34 ( 1910 ) 、百十八から百五十三;同じ、 bemerkungen zum私bucheサミュエルズ、同上、 32 ( 1908 ) 、 187 、 597 ;三十三、 129 、 385 、 796 。

Non-Catholic: STENNING in HAST., Dict of the Bible, sv Samuel, I and II; DRIVER, Literat.非カトリック教徒: stenningでhast 。 、 dictのは、聖書の、 sv文書サミュエル、 IとII ;ドライバ、 literat 。 of the OT, 8th ed. 、 ot 、 8日にエドです。 (Edinburgh, 1909), 172-85; IDEM, Notes on Heb. (エジンバラ、 1909 ) 、百七十二〜八十五;同上、ノートをなしています。 Text of the B. of Samuel (Oxford, 1890); HP SMITH, Comm.テキストは、 b.のサミュエル(オックスフォード、 1890 ) ; hpスミス、通信します。 on the B. of Samuel (New York, 1899); WELLHAUSEN, Composition des Hexateuchs und der Histor.上のb.のサミュエル(ニューヨーク、 1899 ) ;ヴェルハウゼン、組成デhexateuchs und der histor 。 Bücher des AT (Berlin, 1899); IDEM, Text der Bücher Samuels (Göttingen, 1871); BUDDE, Die Bücher Richter und Samuel (Giessen, 1890); IDEM, The Books of Samuel in HAUPT, Sacred Books of the OT (Baltimore, 1894); IDEM, Die Bücher Samuel in MARTI, Kurzer Hand Comm. bücherデは(ベルリン、 1899 ) ;同じ、テキストder bücherサミュエルズ(ゲッティンゲン、 1871 ) ;バッド、死ぬbücherリヒターundサミュエル(ギーセン、 1890 ) ;同上は、サムエル記でハウプト、神聖な書籍は、 ot (ボルチモア、 1894 ) ;同じ、死ぬbücherサミュエルのマーティ、 kurzer手のコミュニティー zum AT, (1902); CORNILL in Zeitschr. zumで、 ( 1902 ) ;コルニルでzeitschrです。 für kirchl. für kirchlです。 Wissensch. wissenschです。 und kirchl. und kirchlです。 Leben (1885), 113 sqq.; IDEM in Königsberg.生涯( 1885 ) 、 113 sqq 。 ;同じでkönigsbergです。 Studien (1887); 25 sqq.; IDEM in Zeitsch. studien ( 1887 ) ; 25 sqq 。 ;同じでzeitschです。 für AT Wissensch., (1890), 96 sqq.; THENIUS, Die Bücher Samuels, ed. fürはwissensch 。 、 ( 1890 ) 、 96 sqq 。 ; thenius 、死ぬbücherサミュエルズ、エドです。 LÖHR (Leipzig, 1898); KLOSTERMANN, Die Bücher Samuels und der Könige (Munich, 1887).ローア(ライプチヒ、 1898 ) ;クロステルマン、死ぬbücherサミュエルズund der könige (ミュンヘン、 1887 ) 。


Books of Samuelサムエル記

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Name and Contents.名前と内容です。

First Book of Samuel:最初の予約のサミュエル:

Saul Assumes the Kingship.サウル王想定しています。

Saul's Jealousy of David.しっとのデビッドソールのです。

Closing Days of Saul's Reign.閉会日間のソールの治世です。

Second Book of Samuel: 2番目の本サミュエル:

David in Hebron.デビッドのヘブロンです。

The Ark Brought to Jerusalem.エルサレムの箱舟broughtしています。

David and Uriah.ダビデとゴマです。

David and Absalom.ダビデとアブサロムです。

Complex Documentary Sources.複雑なドキュメンタリーのソースです。

-Critical View:クリティカルな対象:

Oldest Literary Strata.最古の文学の地層です。

Story of the Ark.物語は、 Ark 。

Supposed Time of Redaction.改訂時のものです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Two books in the second great division of the canon, the "Nebi'im," or Prophets, and, more specifically, in the former of its subdivisions, the "Nebi'im Rishonim," or Earlier, Prophets, following upon Joshua and Judges; the third and fourth of the historical writings according to the arrangement of the Masoretic text. 2つの書籍を2番目の大部が実施して、キヤノン、 " nebi'im " 、または預言者、および、より具体的には、元の地方行政区画は、 " nebi'im rishonim " 、またはこれに先立ち、預言者は、次のようにジョシュアと裁判官;の3位と4位の歴史書の手配をしたことによると、 masoretic本文です。 Originally the two books of Samuel formed a single book, as did the two books of Kings.サムエル記2つの結成当初、 1つの予約は、 2つの書籍としては王です。 In the Septuagint Samuel and Kings were treated as one continuous and complete history of Israel and Judah, and the work was divided into four books under the title Βίβλια Βασιλειῶν ("Books of Kingdoms").サミュエルは、セプトゥアギンタと王が1つの連続として扱われると、イスラエルとユダの歴史を完了し、 4つの書籍に分かれての作業は、タイトルの下にβίβλια βασιλειῶν ( "本の王国" ) 。 This division was accepted in the Vulgate by Jerome, who changed the name to "Books of Kings."この部門は承認された流布本をジェローム、 whoの名前を変更して"図書オブキングス。 " Thence it passed into the editions of the Hebrew Bible published by Daniel Bomberg of Venice in the sixteenth century; and it has since reappeared in every Hebrew printed edition though the individual books retained the captions they had in the Hebrew manuscripts, viz., "I Samuel" and "II Samuel" for the first two of the four Kings, and "I Kings" and "II Kings" for the last two.そこから渡されることは、ヘブライ語聖書のエディションbombergのベニスで公開されダニエルは、 16世紀、およびすべてのヘブライ語が出現すること以来かかわらず、個々の書籍の印刷版のキャプションを保持していた原稿、ヘブライ語、 viz 。 、 "私サミュエル"と" 2世サミュエル"の4つの最初の2つの王、および"私の王"と" 2世の王"の最後の2つです。 But the Masorah continued to be placed after II Samuel for both I and II.しかし、引き続きmasorah 2世サミュエルした後に置かれるIとIIの両方です。

Name and Contents.名前と内容です。

Name and Contents.名前と内容です。

The name "Samuel," by which the book, now divided into two, is designated in Hebrew, was construed to imply that Samuel was the author (see below).の名前"サミュエル、 "は、予約され、現在2つに分かれて、指定さは、ヘブライ語、サミュエルは、解釈を意味するものでは、著者(下記参照) 。 More likely, the title was chosen because Samuel is the most important of all the personages mentioned in the record, he having a prominent, even dominant, part in most of the events related in book I. The two books comprise, according to the Masoretic note at the end, thirty-four "sedarim" (the mnemonic word is given as ); in the printed editions the first book has thirty-one chapters and the second twenty-four, making fifty-five chapters in all.他の可能性は、タイトルが選ばれたため、サミュエルは、最も重要な人物のすべてのレコードに記載されて、彼が、目立つようになり、さらに優性、パートに関連した本のほとんどのイベントを構成する第2冊の本によると、 masoretic注の最後に、 34 " sederの複数形" (ニーモニック単語が与えられたとして) ;は、印刷版の最初の予約は31章と2番目の2004年、メーカーのすべての55の章を参照しています。 They give the history of Israel from the concluding days of the period of the Judges-Samuel being considered the last of them-through the reigns of the first two kings, Saul and David, and continue the story not up to the latter's death, but merely to his incipient old age, the account of his declining years forming the prelude to the history of Solomon in I Kings.彼らの歴史を与えるイスラエルからの締結日間の期間を現在検討中の裁判官-サミュエル人の最後のスルーに満ちていたのは最初の2つの王、デビッドソールとし、継続して話をしない後者の死の、しかし、彼の初期過ぎない老後には、 [アカウントの前奏曲を形成して、彼の思わしくない年間の歴史のソロモン王は私です。

First Book of Samuel:最初の予約のサミュエル:

This book consists of three main sections, to which the following headings may respectively be prefixed: (1) Eli and Samuel, ch.この本は、 3つの主要なセクションは、次のようにして、件名年5月、それぞれに接頭辞: ( 1 )イーライとサミュエル、あなたのです。 i.-vii.; (2) Samuel and Saul, viii.-xv.; and (3) Saul and David, xvi.-xxxi. i. - Ⅶ 。 ; ( 2 )サミュエルとソール、 viii.-xv. 、および( 3 )ソールとDavid 、 xvi. - 31です。 In detail the contents are as follows:の内容を詳細には以下の通りです:

(1) Eli and Samuel: Samuel's Younger Days and the Story of Eli: Birth of Samuel and his dedication to Yhwh (i.); Hannah's song (ii. 1-10); Samuel's service in the sanctuary (ii. 11-iv. 1). ( 1 )イーライとサミュエル:サミュエルの若かりし頃の物語とイーライ:サミュエルと彼の献身に誕生したyhwh ( i. ) ;ハンナの歌( ii. 1-10 ) ;サミュエルのサービスは、聖域( ii. 11 - 4です。 1 )です。 The Story of the Ark: Loss of the Ark and its dire consequences (iv.); the Ark retained by the Philistines (v.); return of the Ark (vi. 1-18); the Ark at Beth-shemesh and Kirjath-jearim (vi. 19-vii. 1).その物語は、箱舟:失われたアークとその悲惨な結果をもたらす( iv. ) ;の箱舟に保持されてphilistines (動) ;返還の箱舟( vi. 1-18 ) ;の箱舟にshemeshとベス- kirjath - jearim ( vi. 19 - Ⅶ 。 1 )です。 Samuel as Judge: The people's sorrow (vii. 2-6); defeat of the Philistines (vii. 7-12); Samuel judges Israel (vii. 12-17).サミュエルとして判事:人々の悲しみ( vii. 2-6 ) ;敗北をphilistines ( vii. 7-12 ) ;サミュエル裁判官イスラエル( vii. 12-17 ) 。

(2) Samuel and Saul: Israel Clamors for a King: The desire of the people (viii. 1-5); Samuel consults Yhwh (viii. 6-9); Samuel admonishes the people (viii. 10-18); their persistence (viii. 19-22). ( 2 )サミュエルとソール:イスラエルclamorsは、キング:人々の欲望は、 ( viii. 1-5 ) ;サミュエル協議yhwh ( viii. 6-9 ) ;サミュエルadmonishesの人々 ( viii. 10-18 ) ;て永続性( viii. 19-22 ) 。 Saul Anointed as King: Details of Saul's pedigree and character (ix. 1-2); his adventure with his father's asses and his visit to the seer (ix. 3-14); meeting of Samuel and Saul (ix. 15-21); meal set before Saul (ix. 22-24); Saul anointed by Samuel (ix. 25-x. 8); Saul's home-coming (x. 9-16).ソール聖なるとしてキング:ソールの血統やキャラクターの詳細( ix. 1-2 ) ;彼の冒険と彼の父のロバと彼の訪問をして凡てを見透さ( ix. 3-14 ) ;会議室のサミュエルとソール( ix. 15-21 ) ;食事を設定する前にソール( ix. 22-24 ) ;ソール聖油で清められたサミュエル( ix. 25 - ×です。 8 ) ;ソールのホーム-来る( Xの9-16 ) 。 Saul's Election to the Kingship: The election by lot (x. 17-25a); dismissal of the people (x. 25a-27a).ソールの選挙は、王:選挙を抽選で( Xの17 - 25a ) ;を解任したの人々 ( Xの25a - 27a ) 。 Saul Assumes the Kingship.サウル王想定しています。

The Peril of Jabesh-gilead; Saul's Valor and Its Reward-the Crown: Siege of Jabesh-gilead; outrageous conditions of peace (xi. 1-3); messengers for relief at Gibeah; Saul, stirred by the spirit, calls Israel to arms (xi. 4-8); Saul relieves the city (xi. 9-11); his kingship acknowledged and confirmed (xi. 12-15).危険なのjabesh -ギレアデ;ソールの勇気とその報奨金の王冠:包囲jabesh -ギレアデ;法外な条件の平和( xi. 1-3 ) ;使徒たちを救済ギベア;ソール、かくはんされた精神は、イスラエルを呼び出し武器( xi. 4-8 ) ;ソール軽減するシティ( xi. 9-11 ) ;彼の王認識を確認しました( xi. 12-15 ) 。 Samuel Relinquishes His Judgeship: Samuel's challenge to prove malfeasance in office against himself (xii. 1-6); his pleading with the people in a retrospect of Israel's history (xii. 7-15); he calls down thunder and rain upon the people, who are thereby compelled to request his intercession for them as sinners; he exhorts them to fear Yhwh (xii. 16-25).サミュエル放棄彼の裁判官の地位:サミュエルの挑戦で事務所の不正行為に対して自分自身を証明する( xii. 1-6 ) ;彼の嘆願での人々に、 Retrospectは、イスラエルの履歴( xii. 7-15 ) ;彼の呼び出しダウン雷と雨の時の人々 、 whoがそれを要求する彼の執り成しを強制して罪人として; exhortsして彼を恐れるyhwh ( xii. 16-25 ) 。

War Against the Philistines: Saul begins his reign(xiii. 1); war breaks out; the people in distress hide for their lives (xiii. 2-7a); Saul's failure; his rejection at Gilgal (xiii. 7b-15); Philistines in possession of the mountains of Ephraim (xiii. 16-18, 23); the people of Israel are unarmed, the Philistines having forbidden work at the smithies (xiii. 19-22); Jonathan's great feat of arms (xiv. 1-15); battle with the Philistines (xiv. 16-24); Saul's curse on the man that should eat, and Jonathan's violation of the prohibition (xiv. 25-30); Saul prevents the people from eating blood (xiv. 31-35); discovery of Jonathan's transgression; his rescue by the people (xiv. 36-45); brief exposition of Saul's wars; names of his sons and daughters; and other details (xiv. 46-52).戦争反対するphilistines :ソール開始彼の治世( xiii. 1 ) ;戦争が勃発し、人々の苦痛を非表示には、命を( xiii. 2 - 7aの) ;ソールの失敗;彼の拒絶反応をギルガル( xiii. 7B面- 15 ) ;山のように、所持philistinesエフライム( xiii. 16-18 、 23 ) ;の人々はイスラエルには非武装のは、禁じられて仕事をすることphilistinesスミティーズ( xiii. 19-22 ) ;ジョナサンの素晴らしい武勲( xiv. 1 -15 ) ;バトルをphilistines ( xiv. 16-24 ) ;ソールの呪いを食べるの男が必要、とのジョナサンの違反して禁止( xiv. 25-30 ) ;ソール食べることにより、人々の血( xiv. 31 -35 ) ;発見ジョナサンの罪;彼の救助された人々 ( xiv. 36-45 ) ;簡単な博覧会のソールの戦争;の名前を自分の息子や娘;やその他の詳細( xiv. 46-52 ) 。 War Against the Amalekites; Saul's Rejection: Command to Saul to destroy Amalek (xv. 1-3); the war; Saul disobeys by sparing Agag and the flocks (xv. 4-9); Samuel's censure and menace for this disobedience (xv. 10-23); Saul, repentant, pleads for mercy (xv. 24-31); death of Agag (xv. 32-33); Samuel's complete separation from Saul (xv. 34-35).戦争反対するamalekites ;ソールの除去:アマレク人を破壊するコマンドをソール( xv. 1-3 ) ;の戦争;ソールに応じないとの群れを節約アガグ( xv. 4-9 ) ;サミュエルの脅威を非難し、この不服従( 15です。 10-23 ) ;ソール、後悔、慈悲をpleads ( xv. 24-31 ) ;死亡したアガグ( xv. 32-33 ) ;サミュエルの完全な分離よりソール( xv. 34-35 ) 。

(3) Saul and David: David's Family and Qualifications: Selection and consecration of David, the son of Jesse, after the rejection of his brothers (xvi. 1-13); David, as a cunning player on the harp, is brought to Saul to drive away the evil spirit from the king (xvi. 14-23); David's valor; his victory over Goliath (xvii. 1-54); David becomes Jonathan's friend and a general of Saul (xvii. 55-xviii. 5). ( 3 )ソールとデビッド:デビッドのご家族や資格:選択と奉献のデイビッドは、息子のジェシーは、拒絶反応をした後、彼の兄弟( xvi. 1-13 ) ;デビッド、狡猾なプレーヤーとしては、ハープ、を吸わをソールから悪霊をドライブ込むザキング( xvi. 14-23 ) ;デビッドのバロール;彼の勝利を収めるゴリアテ( xvii.一から五十四まで) ;デビッドがジョナサンの友人に送ると、全般のソール( xvii. 55 - 18 。 5 ) 。

Saul's Jealousy of David.しっとのデビッドソールのです。

David Distrusted by Saul; His Flight: Saul's jealousy; the women's song, "Saul has slain his thousands, and David his ten thousands"; the king hurls his spear at David; the latter is relieved of the duty of attending on Saul; David is loved by all Israel and Judah; Saul attempts to lure David to his death at the hands of the Philistines by the promise of his elder daughter, Merab, in marriage; David weds Michal, the king's younger daughter, in spite of the dangerous conditions Saul imposes for the marriage (xviii. 6-30); Jonathan's intercession leads to a reconciliation between Saul and David; futile attempt by Saul to assassinate David; the latter, aided by a ruse of Michal, flees (xix. 1-17); David with Saul at Ramah; Saul repeatedly attempts to seize him, but is foiled (xix. 18-24); David and Jonathan (xx.); David at Nob with Ahimelech the priest; he eats the Showbread, feigns madness before Achish (King of Gath), takes refuge in the cave of Adullam, and goes to Mizpah of Moab; he returns to Judah upon the advice of the prophet Gad; Saul's revenge against Ahimelech, who is killed under his orders by Doeg (xxi.-xxii.).デビッドに不信感をソール;彼の飛行:ソールのしっと;の女性の歌、 "ソールが殺害された彼の数千、数千人とデビッド彼の10 " ;ザキングhurls槍でデビッド;後者は、安堵の上に出席する義務がソール;デビッドがに愛されて、イスラエルとユダのすべて;ルアーデビッドソールをしようと彼の死は、手にphilistines約束された彼の姉娘、 merabは、結婚生活;デビッドwedsミハルは、王の若い娘は、危険な状況にもかかわらず、ソールの結婚を課す( xviii. 6月30日) ;ジョナサンの執り成しリードしてソールの間の和解とDavid ;無益な試みられたデビッドソールを暗殺し、後者は、支援された策略のミハル、逃げる( xix. 1-17 ) ;デビッドソールで、 ramah ;ソールを強制しようと彼を繰り返し、これは失敗した( xix. 18-24 ) ;デビッドとジョナサン( xx. ) ;デビッドはノブをahimelech司祭;彼は食べるのshowbread 、 feigns狂気の前achish (キングオブガト) 、避難所では、洞窟のアドラム、およびmizpahのがモアブ;彼に戻り値をユダの預言者の忠告を無視し出歩き;ソールの復しゅうをahimelech 、 whoは、彼の命令によって殺害されてdoeg ( xxi. - xxii 。 ) 。

David a Freebooter in Philistia: David and the city of Keilah; Saul threatening to besiege him there, David consults Abiathar's ephod and at the oracle's advice departs (xxiii. 1-13); David's adventures while pursued by Saul in the wilderness of Ziph and in the strongholds of En-gedi (xxiii. 14-xxiv. 23); Samuel's death (xxv. 1a); David in the wilderness of Paran; his dealings with Nabal and Abigail (xxv.); his night visit to Saul's camp (xxvi.); his escape into the land of the Philistines, where he finds protection at the hand of Achish at Gath, receiving later Ziklag as a gift; he dwells in the land a year and four months, raiding his neighbors, while duping the king into the belief of his loyalty to him and in his active hostility to the people of Judah (xxvii.).略奪者のデビッドをphilistia :デビッドとCity of keilah ;ソールに脅迫電話を包囲彼は、デビッド協議abiatharのエポテとは、オラクルのアドバイスを出発( xxiii. 1-13 ) ;デビッドソールに追われながらの冒険は、雑然としたとziphは、拠点のアン- gedi ( xxiii. 14 - 24 。 23 ) ;サミュエルの死( xxv. 1 ) ;デビッドは、荒野のパラン;彼の取引をnabalとアビゲイル( xxv. ) ;彼の部屋のキャンプ訪問をソール(二十六です。 ) ;彼は、その土地の中に逃げ込むphilistines 、ここで彼は、手の発見保護ガトachishは、受信側への贈り物としてziklag ;彼はその土地の棲むところで1年4ヵ月、襲撃彼の近所の人たちは、中のduping王に忠誠を彼の信念を彼と彼の積極的な敵意をユダの人々は( xxvii. ) 。

Closing Days of Saul's Reign.閉会日間のソールの治世です。

Saul's End: War breaks out between Achish and Philistia, and Saul of Israel (xxviii. 1-2); Saul and the witch of En-dor (xxviii. 3-25); Achish, upon the complaint of his chieftains, who distrust David, dismisses him to Ziklag (xxix.); David's expedition against the Amalekites, who, during his absence, had raided Ziklag and set it on fire, taking large booty and carrying off among the women David's wives.ソールの終了: achishとphilistiaの間に戦争が勃発し、イスラエルのソール( xxviii. 1-2 ) ;ソールと魔女のアン-ドール( xxviii. 3月25日) ; achish 、苦情時の彼の首領、 who不信感デビッドは、彼を破壊ziklag ( xxix. ) ;デビッドの探検隊反対するamalekites 、 whoは、彼が不在の中、 ziklagが摘発に火を付けるを設定して、撮影オフの間の大規模な戦利品を運ぶ女性デビッドの妻です。 Consulting the ephod, David pursues the marauders.コンサルティングのエポテ、デビッド追求の襲撃隊です。 Meeting on the way an Egyptian slave abandoned by the Amalekites, David is led by him to where the enemies are feasting.会議室に向かう途中で放棄されたエジプトのスレーブamalekites 、デビッドが主導して彼には、敵はごちそうです。 He fights them till sundown, slaying or capturing all save 400, and recovering his own; David's ordinance concerning the division of the spoils; his gifts to the elders of Judah (xxx.); the last battle of Saul; death of his sons Jonathan, Abinadab, and Melchi-shua; Saul, after the refusal of his armor-bearer to kill him, dies by falling upon his own sword; his body and those of his sons are stripped; Saul's head is cut off, to be sent as a trophy into the cities of Philistia; his body is fastened to the wall of Beth-shan, whence it is recovered by the men of Jabesh-gilead, who burn it, together with the remains of his sons, at Jabesh, and later bury the bones under a tamarisk-tree (xxxi.).彼は日没までけんかして、殺害または捕捉すべての割引率400 、と彼自身の回復;デビッドの条例に関する部が実施して戦利品;彼の贈り物をする年長者のユダ( xxx. ) ;の最後の戦いソール;死亡した息子のジョナサン、 abinadab 、およびmelchi - shua ;ソール、拒否した後、彼の鎧持ち彼を殺す、死ぬ時に自分自身の剣落下;彼の遺体と彼の息子たちはそれらの剥奪;ソールの頭部が切り取られ、されるとして送信されます都市のトロフィーをphilistia ;彼の遺体は壁に固定してベス-シャン、そこから回収されることは、男性のjabesh -ギレアデ、 who焼いて、彼の息子の遺骨と一緒に、 jabesh 、およびそれ以降の埋葬ギョリュウの木の骨の下に( xxxi. ) 。

Second Book of Samuel: 2番目の本サミュエル:

This book likewise readily lends itself to a division into three main parts: (1) David as king (i.-viii.); (2) David and his crown princes (ix.-xx.); and (3) complementary appendixes consisting of various historical glosses (xxi.-xxiv.).この本を貸し出す同様に容易に自分自身を一部門を3つの主要な部品: ( 1 )デビッドとしてキング( i. - Ⅷ 。 ) ; ( 2 )デビッドと彼のクラウンプリンセス( ix.-xx. ) 、および( 3 )補完付録構成の様々な歴史的な注釈( xxi. - 24です。 ) 。 The details are as follows:詳細は以下のとおり:

(1) David as King: David Learns of Saul's Death: Arrival of the messenger (i. 1-5); he reports that he had slain Saul at the latter's own request (i. 6-10); David mourns for Saul and Jonathan (i. 11-12); he directs that the messenger, "the son of a stranger, an Amalekite," be surreptitiously killed (i. 13-16). ( 1 )デビッドとしてキング:デビッド学ぶのソールの死:ご到着予定は、メッセンジャー( i. 1-5 ) ;彼は殺害されたレポートをしていたソールは、後者の独自の要求( i. 6-10 ) ;デビッドソールと悲しんでジョナサン( i. 11-12 ) ;彼指示は、メッセンジャーは、 "見知らぬ人の息子、アマレク、 "ひそかに殺される( i. 13-16 ) 。 The Lament ("Ḳinah") of David for Saul and Jonathan: Superscription, with note that the lamentation is written in the Book of Jashar (i. 17-18); the lamentation (i. 19-27).は嘆く( " ḳinah " )のデビッドをソールとジョナサン:表題、深い悲しみに注意して書かれた本はjashar ( i. 17-18 ) ;の深い悲しみ( i. 19-27 ) 。

David in Hebron.デビッドのヘブロンです。

David Reigns in Hebron; War Against Abner, Ishbosheth's (Esh-baal's) Captain: Upon Yhwh's advice, David goes up to Hebron with his two wives, his men, and their households; he is anointed king by the men of Judah (ii. 1-4); he sends a message of approval to the men of Jabesh-gilead for having buried Saul (ii. 5-7); Abner is loyal to Saul's son Ish-bosheth or Esh-baal (ii. 8-11); Abner meets Joab, David's captain, by the pool of Gibeon, where twelve young men on each side engage in a trial by combat, all twenty-four falling; Abner is defeated in the battle which ensues (ii. 12-19); Abner is pursued, but slays Asahel, his pursuer, after vainly imploring him to desist (ii. 20-23); Joab, after parleying with Abner, blows the trumpet as a signal for the pursuit to cease (ii. 24-32).デビッドに満ちていたのヘブロン;戦争反対アブナー、 ishboshethの(環境安全-バールの)キャプテン: yhwhの助言に、デビッドが上がると彼の2つの妻をヘブロン、彼の男性、およびそれらの世帯;彼は聖なる王の男のユダ( ii. 1-4 ) ;彼のメッセージを送信すると、男性の承認をjabesh -ギレアデを得て埋設ソール( ii. 5-7 ) ;アブナーはソールの息子に忠実なのESH - ish - boshethまたはバール( ii. 8-11 ) ;アブナージョアブを満たし、デビッドのキャプテン、ギベオンされたのプールを、ここで12の若い男のそれぞれの側で戦闘に従事する裁判は、すべて24落下;アブナーは、敗北での戦いをensues ( ii. 12-19 ) ;アブナーを追求する、 slays asahelしかし、彼の追跡、彼を求める嘆願した後むなしく( ii. 20-23 ) ;ジョアブ、 parleyingをした後アブナー、トランペットを吹くの幸福の追求を停止信号を( ii. 24-32 )です。

The Extermination of Saul's House: War between the house of Saul and that of David (iii. 1, 6a); enumeration of David's sons (iii. 2-5); relations betweenAbner and Ish-bosheth disturbed by suspicions on the latter's part (iii. 7-11); Abner makes treasonable overtures to David, inducing him to demand his wife Michal from Ish-bosheth, who takes her away from her second husband, Paltiel, and sends her to David (iii. 12-16); Abner urges the elders of Israel to go over to David; he himself pays a visit to him and promises to deliver over to him all Israel (iii. 17-21); Abner is treacherously slain by Joab (iii. 22-30); David mourns for Abner; he refuses to eat until sunset, which pleases the people (iii. 31-39); Ish-bosheth is assassinated; and his head is taken to David, who, however, causes the assassins to be killed (iv. 1-3, 5-12; verse 4 is a gloss giving an account of the escape of Mephibosheth, Jonathan's son, when five years old, and of his fall from the arms of a nurse, which resulted in his lameness).ソールの反抗的な人間の家:家の間の戦争とデビッドソール( iii. 1 、 6aが必要) ;の列挙をデビッドの息子( iii. 2-5 ) ;関係betweenabnerとish - bosheth邪魔される疑惑で、後者の部分( Ⅲ 。 7-11 ) ;アブナーに反逆申し入れをするデビッドは、彼の妻を要求する誘導彼ミハルよりish - bosheth 、 who 2番目の夫は彼女の家から飛び出し、 paltiel 、および送信彼女にデビッド( iii. 12-16 ) ;アブナー年長者の要請に話をするためにイスラエルのデビッド;彼自身配当を訪問すると約束して配信を彼と彼のすべてのイスラエル( iii. 17-21 ) ;アブナーは殺害されtreacherouslyジョアブ( iii. 22-30 ) ;デビッド悲しんで、アブナー;彼は日没まで食事を拒否して、人々を喜ばせる( iii.三十一から三十九) ; ish - boshethは暗殺;と彼の頭は撮影にDavid 、 who 、しかし、刺客が原因で、殺害される( 4です。 1-3 、 5-12 ;詩4は、光沢を持つアカウントは、階段を与えるmephibosheth 、ジョナサンの息子、 5歳のとき、彼の腕の中から落ちるで看護師に、彼の跛行につながった) 。

David and Jerusalem: David is made king over all Israel (v. 1-3); his age and length of reign (v. 4, 5); he takes Jerusalem from the Jebusites; comment on David's growing power (v. 6-10); Hiram of Tyre sends materials and workmen and builds David a house (v. 11-12); David increases his harem; names of his sons born in Jerusalem (v. 13-16); war with the Philistines leading to their defeat (v. 17-25).デビッドとエルサレム:デビッドが行われるキング以上のすべてのイスラエル(動1-3 ) ;彼の年齢と在位の長さを(動4 、 5 ) ;彼はエルサレムからのjebusites ;コメントをするデビッドの成長力(動6 - 10 ) ;ハイラムのタイヤの材料と労働者とのビルドを送信デビッドの家(動11-12 ) ;デビッド増加彼のハーレム;生まれ、彼の息子たちの名前をエルサレム(動13-16 ) ; philistinesリードしてとの戦争敗北(動17-25 ) 。

The Ark Brought to Jerusalem.エルサレムの箱舟broughtしています。

Removal of the Ark: The Ark is brought on a new cart out of the house of Abinadab, David and the Israelites playing before it on all sorts of instruments; its arrival at the thrashing-floor of Nachon; Uzzah, to save the Ark from falling when the oxen stumbled, puts forth his hand, for which act he is smitten dead (vi. 1-8); David, afraid to remove the Ark to Jerusalem, carries it aside to the house of Obed-edom, the Gittite, where it remains for three months (vi. 9-12); hearing that Obed-edom has prospered in consequence, David brings the Ark to Jerusalem, offering sacrifices along the way; David dances before the Ark, which causes Michal to despise him; the Ark is set in the midst of a tent, David offering "'olot" and "shelamim" before Yhwh, and the people receiving a share of the sacrificial meal; Michal's censure of David; her reproof and punishment (vi. 13-23).箱舟に削除するには: Arkは、新しいショッピングカートが引き起こしたのabinadab外出して、再生する前に、デイビッドと、イスラエルはあらゆる種類の楽器;そのご到着予定は、スラッシング-階nachon ; uzzah 、箱舟を保存してから雄牛の下落stumbledときに、自分の手により、殴られた彼は死んだの行為( vi. 1-8 ) ;デビッド、箱舟を恐れてエルサレムを削除して、それはそれを運ぶの家のobed -エドムは、 gittite 、どこに遺跡の3カ月間( vi. 9-12 ) ;公聴会をobed -エドムは、結果として栄え、デビッドもたらすエルサレムの箱舟に、犠牲に沿って提供方法;デビッド踊りの前に箱舟、これが原因でミハルを軽蔑彼; Arkは真っただ中にある設定するには、テント、デビッド提供" 'オロト"と" shelamim " yhwhする前に、と人々のシェアを受信するのいけにえの食事;ミハルの非難のデビッド;彼女の叱責と罰( vi. 13-23 ) 。

Plans to Build Temple: Nathan and David; the prophet recalls that no permanent sanctuary has existed during Israel's history, and bids David desist from his plan to build one (vii. 1-12); the prophet promises that David shall have a successor, who will be permitted to carry out his (David's) plans (vii. 13-17); David's prayer of thanks for his own elevation and for the divine promise that his dynasty shall continue to rule (vii. 18-29).ビルドを計画して寺: Nathanとデビッド;の預言者が想起されるの恒久的な聖域は、イスラエルの歴史の中に存在する、と単価を求めるデイビッドを構築する彼の計画より1つ( vii. 1-12 ) ;預言者ムハンマドの後継者には約束をDAVIDは、 whoは、彼を実施することが許可(デビッド)の計画( vii. 13-17 ) ;デビッドの感謝の祈りを自分自身の昇格とは、神の約束が彼の王朝は継続してルール( vii. 18-29 ) 。

Data Concerning David's Reign: David's wars (viii. 1-6); the spoils of gold and silver vessels dedicated to Yhwh (viii. 7-12); other military records (viii. 13-14); David as a just ruler; details of the administration and the names of his chief officers (viii. 15-18).デビッドの治世に関するデータ:デビッドの戦争( viii. 1-6 ) ;の戦利品の金と銀の船専用yhwh ( viii. 7-12 ) ;他の軍事レコード( viii. 13-14 ) ;デビッドとしてだけ定規;詳細は、政権と彼の名前を首席役員( viii. 15-18 ) 。

(2) David and His Crown Princes: The Story of David and Jonathan's Son: Ziba, a servant, upon David's inquiry, reveals the existence and place of sojourn of Mephibosheth (ix. 1-5); David sends for him, receives him graciously, assigns him Ziba for a body-servant, restores to him all of Saul's lands, and accords him a place as a daily guest at the royal table (ix. 6-10a); Ziba, his fifteen sons, and twenty retainers serve Mephibosheth and his son Micha (ix. 10b-13). ( 2 )デビッドと彼のクラウンプリンセス:デビッドとジョナサンの息子の物語: zibaは、使用人、本人のデビッドのお問い合わせは、明らかに滞在地が存在するとのmephibosheth ( ix. 1-5 ) ;デビッド送信する彼にとって、彼を受け取る優雅に、体に代入する使用人ziba彼は、彼のすべての復元をソールの土地、彼と合意する場所として毎日のユーザーは、ロイヤルテーブル( ix. 6 - 10 Aまで) ; ziba 、彼の15人の息子、および20功臣奉仕ミヒャmephiboshethと彼の息子( ix. 10b - 13 ) 。

David and Uriah.ダビデとゴマです。

The Expeditions Against Ammon and Syria: The first campaign; the provocation: Ammon's king having died, David sends a deputation to present his condolence to Hanun, the son and successor; his envoys are grossly insulted, and are sent back with one-half of their beards shaved off, and their clothes cut off in the middle, so that they have to wait at Jericho until they obtain fresh garments and their beards are grown (x. 1-5); the first battle: Ammon hires Syrian mercenaries, against whom David sends Joab and an army of mighty men; with fine strategy Joab and his brother Abishai defeat the enemy (x. 6-14); the second battle: Hadarezer leads the Syrians, against whom David in person takes the field, marching to Helam, where he defeats them (x. 15-19); war against Ammon is renewed, but David remains at Jerusalem; he sins with Bath-sheba, wife of Uriah the Hittite, who is with the army (xi. 1-5); to hide his sin David commands Uriah to return home, but is foiled in his designs (xi. 6-13); Uriah delivers to Joab a letter from David containing an order to place Uriah in the forefront of the battle so that he may be killed; this is done, and Uriah falls (xi. 14-17); Joab sends a report to David (xi. 18-25); David takes Bath-sheba into his house, where she gives birth to the first son born unto him while king; Yhwh is displeased (xi. 26, 27); Nathan's parable: "Thou art the man"; Nathan rebukes the king; David confesses (xii. 1-15); the child sickens; David fasts; death of the child; David, to the surprise of his servants, now eats; his explanation (xii. 16-23); Solomon born of Bathsheba; Nathan gives him the name "Jedidiah" (xii. 24-25); Joab calls upon David to join the army lest all the glory of the victory fall to his (Joab's) name; David captures Rabbah, taking the king's crown for himself, and treating the prisoners most cruelly; end of the war (xii. 26-31).アモンとシリアに対しての探検隊:最初のキャンペーン;の挑発:アモンの王が死亡し、デイビッドを送信すると現在の彼の代表に弔意をハヌン、後継者の息子と;彼の使臣がひどく侮辱し、返送された1つ-の半分をそのひげ坊主オフ、およびそれらの服の真ん中を断つように、彼らは彼らを入手するまで待つエリコ新鮮な服装とそのひげが栽培( Xの1-5 ) ;の最初の戦い:アモンのアルバイトに雇われた傭兵シリア、反対誰デビッド送信ジョアブと陸軍の偉大な男;に罰金戦略abishaiジョアブとその弟の敗北の敵( Xの6-14 ) ;の2番目の戦い: hadarezerをリードしてシリア人、反対者デビッドの人には、フィールドで、行進をhelam 、ここで彼は敗北して( Xの15-19 ) ;アモンの戦いは新たな、でも、デビッドされたままにエルサレム;彼の罪バス-シバ、ゴマの妻のヒッタイト、 whoのは、陸軍( xi. 1-5 ) ;彼の罪を隠すために家に帰るデビッドコマンドゴマ、これは失敗した彼のデザイン( xi. 6-13 ) ;ゴマ配信を含むジョアブデビッドからの手紙ゴマをするために開催地の最前線にして彼の戦い5月に殺される;これは、ゴマの滝( xi. 14-17 ) ;ジョアブを送信する報告書をデビッド( xi. 18-25 ) ;デビッドは彼の家バス-シバを、ここで彼女の最初の息子を出産かれにいる間に生まれるキング; yhwhは不機嫌( xi. 26日、 27 ) ;ネイサンの寓話: "なたの男" ;ネイサンrebukesザキング;デビッド告白( xii. 1-15 ) ;その子供気分が悪くなる;デビッド断食;死その子供;デビッドは、彼の召使の人が驚いたことは、今すぐ食べる;彼の説明( xii. 16-23 ) ;ソロモン生まれのバトシェバ;ネイサンは、彼の名前を"ジェディディア" ( xii. 24-25 ) ;ジョアブの呼び出し時デビッドに参加する米軍の勝利に近付くのすべての栄光の秋に彼の(ジョアブの)名前;デビッドキャプチャアンマン、王の王冠が自分自身を撮影し、囚人を治療する最も残酷;エンドオブザウォー( xii. 26-31 ) 。

Amnon and Absalom: Amnon, in love with Tamar, the sister of his half-brother Absalom, upon the counsel of his cousin Jonadab feigns sickness and secures his father's consent for Tamar to nurse him; he outrages her, and sends her off with insults (xiii. 1-19); Absalom, seeing her grief, consoles her, takes her to his house and awaits an opportunity to take revenge (xiii. 20-22); two years later Absalom invites the king and his sons to a sheep-shearing feast in Baal-hazor, in which Amnon, after the king's refusal to attend, takes part; at the bidding of Absalom, Amnon is killed at the table (xiii. 23-29a); the king's sons fleeing, David hears that all have been killed; Jonadab reassures him, revealing to him Absalom's plot; Absalom takes refuge with Talmai, King of Geshur, remaining in exile three years (xiii. 29b-38); the king yearns for Absalom; Joab's ruse in sending for a wise woman from Tekoah, who feigns to be a widow and to having had an experience with her two sons similar to that of the king; extracting a promise from David that the avenger of blood shall destroy no more, she invokes the promise in Absalom's case; she confesses to be in leaguewith Joab (xiii. 39-xiv. 20); Absalom is granted complete immunity; Joab is sent to bring him home; Absalom is bidden to stay in his own house without seeing the king (xiv. 21-24); Absalom's beauty; his sons and daughter (xiv. 25-27); Absalom, after living two years in Jerusalem without seeing the king, in order to force an interview with Joab sets fire to the latter's field; Joab meets Absalom, and at his bidding intercedes in his behalf with David; David pardons Absalom (xiv. 28-33). amnonとアブサロム: amnon 、タマルに恋を、彼の半分の妹の兄アブサロム、時の弁護人のいとこjonadab feigns病気や父親の同意を確保タマル彼を看護師; outrages彼女の彼は、彼女のオフに侮辱を送信( xiii. 1-19 ) ;アブサロム、見て彼女の悲しみ、コンソール彼女は、彼の家は、彼女を心待ちにする機会を取るとリベンジ( xiii. 20-22 ) ;その2年後、王とその息子たちアブサロム招待して羊-せん断ごちそうにバール-ハゾル、 amnonでは、国王の拒否した後に出席、参加;は、入札のアブサロム、 amnonが死亡してテーブルに着く( xiii. 23 - 29a ) ;は国王の息子逃走、デビッド聞くことすべてが殺害されて; jonadab reassures彼は、明らかに彼アブサロムのプロット;アブサロムは、避難所にtalmai 、キングオブゲシュル、残りの3年間に亡命( xiii. 29b - 38 ) ;ザキングyearnsをアブサロム;ジョアブの策略で送信する賢明な女性よりテコア、 who feignsには、未亡人と経験をするにしていた彼女の2人の息子に似ているザキング;解凍することを約束した者が太郎でアベンジャーの血液をこれ以上のものを破壊する、彼女の約束を呼び出すアブサロムのケース;彼女に告白されるleaguewithジョアブ( xiii. 39 - 14 。 20 ) ;アブサロムが付与さ完全な免疫;ジョアブが送られる彼をもたらすホーム;アブサロムが招かれたのは、自分の家を見てご滞在ザキング( xiv. 21 - 24 ) ;アブサロムの美しさ;彼の息子と娘( xiv. 25-27 ) ;アブサロム、 2年間生活した後、エルサレム王を見て、インタビューを強制的にするために火をジョアブ後者のセットのフィールド;ジョアブアブサロムを満たし、彼と彼の代わりに、デビッド入札intercedes ;デビッド赦免アブサロム( xiv. 28-33 ) 。

David and Absalom.ダビデとアブサロムです。

Absalom's Rebellion: Outbreak of the rebellion at Hebron (xv. 1-12); David has to leave Jerusalem; incidents of the flight; Ittai; Zadok and the Ark; Ahithophel and Hushai; Ziba reveals Mephibosheth's plot against David, and is rewarded; Shimei curses David, who, however, will not have him punished (xv. 13-xvi. 14); Absalom at Jerusalem; Hushai joins him; Ahithophel advises Absalom to seize the harem (in token of his being the ruling sovereign), and asks to be allowed to pursue David; Hushai counsels that Absalom should go out in person at the head of all Israel; Hushai's advice is followed; Hushai sends to Zadok and Abiathar asking them to warn David; Jonathan and Ahimaaz, the messengers, are seen by a lad who betrays them, but they are hidden in a well by a woman, and Absalom can not find them; they warn David, who passes over the Jordan; Ahithophel commits suicide (xvi. 15-xvii. 23); David at Mahanaim; Absalom crosses the Jordan with Amasa as his general; Shobi, Machir, and Barzillai provide beds and food (xvii. 24-29).アブサロムの反乱:暴動で発生したのヘブロン( xv. 1-12 ) ;デビッドは、エルサレムを離れる;事件は、飛行; ittai ; zadokと箱舟;アヒトペルとhushai ; mephiboshethの陰謀を明らかにzibaデビッド、およびが報われる; shimei呪いデビッド、 who 、しかし、彼はありません罰せられる( xv. 13 - 16 。 14 ) ;アブサロムはエルサレム; hushai結合彼;アヒトペルアブサロムアドバイスをつかむのハーレム(彼のが、与党のトークンの主権) 、および要求を追求することができるようにデビッド; hushaiアブサロムの相談には、外出する人は、頭のすべてのイスラエル; hushaiのアドバイスが続く; hushai送信を要求してzadokと警告abiatharデビッド;ジョナサンとahimaazは、使徒が見られるされた若者who裏切っているが、彼らはよくされた女性が非表示にする、とアブサロムを見つけることができませんかれらに警告デビッド、 who通過するヨルダン;アヒトペル自殺( xvi. 15 - 17 。 23 ) ;デビッドでmahanaim ;アブサロムヨルダンを横断する彼のamasa全般; shobi 、 machirし、ベッドやフードを提供barzillai ( xvii. 24-29 ) 。

The Battle and Absalom's Death: David not allowed to go into battle; he gives orders to deal gently with Absalom; the battle in the forest of Ephraim; Absalom is defeated; he is caught by his hair in the boughs of an oak while his mule passes from under him; Joab, learning of this, takes three darts and thrusts them into Absalom's heart; this ends the pursuit (xviii. 1-16); glosses concerning Absalom's monument and grave (xviii. 17-18); Joab sends the Cushite to the king; Ahimaaz, after having been refused by Joab, is allowed to follow the Cushite, whom he outruns; Ahimaaz informs the king of the victory; David inquires after Absalom, and receives from Ahimaaz an evasive answer; the Cushite arriving, David learns of his son's fate; David's lamentation (xviii. 19-33); the people mourn, the soldiers entering the city as though they had been defeated; Joab forces David to show himself to the people (xix. 1-9); David returns at the solicitation of the people and the priests; Shimei supplicates for pardon; Mephibosheth, whose appearance shows grief, pleads that his servant deceived him; Ziba and he are told to divide the land; Barzillai invited to live at court; he declines, pleading old age, and begging that Chimham may take his place; jealousy between Judah and Israel (xix. 10-44).アブサロムの死との戦い:デビッドご遠慮に入るの戦い;彼は、受注への対応をゆっくりとアブサロム;の戦いで、森のエフライム;アブサロムは敗北;によって除外された彼は彼の髪は、樫の木の枝が彼のラバ彼の下から渡さ;ジョアブ、学習このため、それらをthrustsは3つのダーツとの心のアブサロム;このエンドの追求( xviii. 1-16 ) ;注釈に関するアブサロムの記念碑や墓( xviii. 17-18 ) ;ジョアブ送信します。クシをザキング; ahimaaz 、ジョアブ拒否された後に、次のクシが許可され、御心に適うoutruns ; ahimaaz通知ザキングオブの勝利;デビッドお問い合わせアブサロムした後、およびahimaazを濁すから受信し、クシに到着、デビッド学ぶの息子の運命;デビッドの深い悲しみ( xviii.一九〜三三) ;の人々の死を悼むのは、市の兵士と同じように入力して敗れていた;ジョアブ軍の人々に自分自身を表示するデビッド( xix. 1-9 ) ;デビッド戻り値は、勧誘の人々と司祭; shimei supplicatesの恩赦; mephibosheth 、その悲しみの外観を示し、彼の使用人にだまさpleads彼; zibaとは言われた彼の土地に分割する; barzillaiのライヴに招待さ裁判所;彼の下落は、老後の嘆願し、物乞いを自分の場所がかかる場合がありますchimham ;しっとユダとイスラエルの間に( xix.一〇から四四) 。

Sheba's Uprising and Amasa's Violent Death: Sheba instigates a rebellion on the part of Israel (xx. 1-2); David's return to Jerusalem; treatment of his concubines (xx. 3); Amasa, bidden to call the Judeans together, exceeds the prescribed limit of three days; Abishai given command to pursue Sheba; at the great stone in Gibeon, Amasa meets them; Joab in full equipment salutes him, and thrusts a sword into his bowels, killing him; kindness of a young man to the dying Amasa (xx. 4-13); Sheba besieged in Abel; the wise woman's parley with Joab to save the city; Joab asks that Sheba be delivered up, and the woman promises that his head shall be thrown to Joab over the wall; she induces the people to kill Sheba, and his head is cast out to Joab; the siege is raised (xx. 14-22); repetition of viii.シバの蜂起とamasaの非業の死:シバinstigatesの部分を、イスラエルの反乱( xx. 1-2 ) ;デビッドへの帰還をエルサレム;治療の彼のconcubines ( xx. 3 ) ; amasa 、一緒に招かれたjudeansを呼び出すには、超過して所定の上限の3つの日中に発送; abishai与えられたコマンドを追求するシバ;は、大きな石をギベオン、 amasaを満たして;ジョアブをフル装備salutes彼は、刀を自分の腸とthrusts 、殺害彼;親切にして死にかけている若い男amasa ( xx. 4-13 ) ;シバ包囲さアベル;して英明でられる女性のジョアブを保存し、市と交渉する;ジョアブシバに配信することを要求し、その女性が彼の頭の約束をしなければならないジョアブスローの壁;彼女シバの人々を殺す誘発する、と彼の頭にキャストするジョアブ;の包囲が発生( xx. 14-22 ) ;繰り返しⅧ 。 16-18 (xx. 23-26). 16-18 ( xx. 23-26 ) 。

(3) Complementary Appendixes: Famine and the extermination of Saul's house (xxi. 1-14); the four giants and their capture (xxi. 15-22); David's song of triumph (xxii.); his last words (xxiii. 1-7); his thirty-three "mighty men" (xxiii. 8-39); census (xxiv. 1-9), plague (xxiv. 10-17), and erection of the altar (xxiv. 18-25). ( 3 )補完付録:絶滅の飢饉とソールの家( xxi. 1-14 ) ;の4つのジャイアンツとそのキャプチャ( xxi. 15-22 ) ;デビッドの勝利の歌( xxii. ) ;彼の最後の言葉( xxiii. 1-7 ) ;彼の33 "偉大な男" ( xxiii.八〜三十九) ;国勢調査( xxiv. 1-9 ) 、疫病( xxiv. 10-17 ) 、および勃起は、祭壇( xxiv. 18-25 ) 。 Complex Documentary Sources.複雑なドキュメンタリーのソースです。

-Critical View:クリティカルな対象:

Rabbinical tradition assigns to Samuel the prophet the authorship of ch.ラビの伝統サミュエル割り当てられているあなたの預言者ムハンマドの原作者のです。 i.-xxiv. i. - 24です。 (his own biography up to his death), while, on the strength of I Chron. (彼の死を自分自身の伝記) 、中、上の強さのI chron 。 xxix. 29 。 29, it credits Gad and Nathan with having written the remainder of the book (I and II forming one book in the Jewish canon; BB 14b, 15a; see Biblical Data, above). 29日、これとネイサンに出歩きクレジットの残りの部分に書かれたこの本( IとIIを形成しつつあるユダヤ人の予約は、キヤノン; bb 14b 、 15a ;聖書のデータを参照の上) 。 In so far as tradition recognizes that the books of Samuel are not by one author, it accords with the conclusions of the critical schools.としての伝統を認識し、これまでのところ、サムエル記は、 1つの著者ではなく、合意の結論を出すことの重要な学校です。 It is, however, needless to add that modern scholars reject the theory of the joint authorship of Samuel, Gad, and Nathan.これは、しかし、不必要に追加することを拒否する現代の学者の理論の共同原作者のサミュエル、出歩き、およびネイサンです。 As preserved in the canon, the books of Samuel are clearly not the work of men contemporary with the events chronicled.として保存されているキヤノンは、サムエル記にははっきりとしない現代の人々の仕事のイベントの記録です。 Behind these documents lie various and conflicting traditions which, in keeping with the method of early Hebrew historiography, the compiler has to a certain extent incorporated in his work without making any attempt to harmonize discrepancies.これらの文書の背後にうそをつくと競合する様々な伝統は、早期に維持するためのメソッドがヘブライ語史書は、コンパイラは、特定の範囲に組み込まれて彼の作品の違いを調和させずに任意の試みです。 Thus, in recording how Saul was chosen king, the first book in ch.したがって、どのように記録が選ばれた王サウル、あなたの最初の本をします。 ix., x. 9 。 、 Xの 1-16, xi. 1-16 、西です。 1-11, 15, xiii., and xiv. 1-11 、 15 、 13 。 、および14です。 1-46 proceeds on the theory that Yhwh had appointed a king over the people in order to liberate them from the yoke of the Philistines, commanding the seer to anoint young Saul, who had come to him while seeking his father's asses (ix. 15 et seq.).一から四十六収益を検索する説を唱えているyhwh以上の人々は王様に任命するために解放してから、くびきをphilistines 、指揮して凡てを見透さを塗る若年ソール、 whoが来た彼を目指し、彼の父のロバ( ix. 15頁以降を参照。 ) 。 In the war against the Ammonites, Saul proves himself a hero and is chosen king by the people (xi.), after which he leads them against the Philistines (xiii. et seq.).さとの戦いに、 ammonites 、ソール、自らを英雄と証明された人々が選ばキング( xi. ) 、彼の後をリードして反対するphilistines ( xiii.頁以降を参照。 ) 。 It is for this war that he enlists young David's services (xiv. 52).この戦争が彼のことはenlists若年デビッドのサービス( xiv. 52 )です。 An altogether different sequence of events and ideas is unfolded in vii.全然違うのはシーケンスのイベントやアイデアを展開さⅦ 。 2 et seq., viii., x. 2頁以降を参照。 、 Ⅷ 。 、 Xの 17-24a, xii., and xv. 17 - 24a 、 12 。 、および15です。 Samuel the judge is remembered as having finally and conclusively driven off the Philistines.サミュエル判事が記憶されている最後にし、具体的に駆動するphilistines 。 Ungrateful Israel, in order to be like the other peoples, compels Samuel in his old age to yield to their clamor for a king; and Yhwh, though greatly incensed, at last gives His consent (viii., x. 17 et seq.).恩知らずのイスラエルは、他の人々のようにするためには、彼のサミュエルcompels収率して老後を強く要求し、王;とyhwhが、大幅に怒って、最後には、本人の同意( viii. 、 Xの17頁以降を参照。 )です。 With due solemnity Samuel relinquishes the office which he has administered so faithfully, but reserves for himself the post of censor and counselor, and interceder with Yhwh (xii.).サミュエル放棄のための事務所を厳粛に投与したので彼は忠実に、しかし、自分の地位を検閲する準備兼カウンセラー、およびintercederにyhwh ( xii. ) 。 At the first test Saul is discovered to be disobedient and is rejected by Yhwh (xv.).ソールの最初のテストが発見されると言うことをきかないが拒否さyhwh ( xv. ) 。

In the story of David a similar duplication and divergence are easily established.その話のデビッド、同様の重複との乖離は簡単に設立されました。 In xvi.は16です。 14-23 David is called to Saul's court to dispel the king's evilmoods by playing on the harp. 14-23と呼ばれるデヴィッドはソールのコートを払しょくするには国王のハープ遊んでいるかをevilmoodsされています。 He is a young but tried warrior, and is at once appointed armor-bearer to the monarch.しかし、彼は若い戦士しようとし、一度は鎧持ちして国王に任命します。 In ch.にあなたのです。 xvii. 17 。 David is a lad who, up to the time when the story opens, tended his father's flock.デビッドは、若者who 、最大の時間にその話が開いたら、彼の父の群れ傾向です。 He is not inured to war and kills Goliath with a stone from his shepherd's sling.彼は苦労に慣れていないゴリアテを殺す戦争や石から彼の羊飼いの投石器です。 This feat of valor attracts to him the attention of Saul, who has him trained subsequently for a warrior's career.この武勲を、彼は注目を魅了ソール、 whoは、訓練を受けた彼は、その後のキャリアの戦士です。 Analysis with reference to both the content and the religious conception thereby disclosed, and also to stylistic and linguistic peculiarities, makes it apparent that the books of Samuel in their present form are a compilation from various written and oral sources, their last editor being post-Deuteronomic.分析を参考に、宗教的な概念の両方のコンテンツとそれに開示し、言語にも独特な文体と、明らかにすることは、現在の形にサムエル記では、様々な書面と口頭のソースからコンパイル、自分たちの最後のエディタで作成- deuteronomicです。

Oldest Literary Strata.最古の文学の地層です。

Undoubtedly, the oldest literary documents are David's elegies (on the death of Saul and Jonathan, II Sam. i. 18 et seq.; on Abner, a fragment, II Sam. iii. 33-34).確かに、文学で最も古い文書はデビッドのelegies (上の死をソールとジョナサン、 2サムです。 i. 18頁以降を参照。 ;上アブナーは、フラグメント、 2サムです。 Ⅲ 。 33-34 )です。 Next in age are those portions which are assigned to the "Jerusalem" cycle of stories.次のページでは、これらの部分は年齢に割り当てられている"エルサレム"サイクルの物語です。 This cycle takes its name from the fact that the scene of the happenings it purports to describe is always Jerusalem.このサイクルは、その名前の由来は、現場の出来事を説明することは、常にエルサレムpurportsです。 It gives a history of David and his house, and is probably the work of a Judean writing shortly after Solomon (II Sam. v. 3-16, vi. 9-20).これにより、デビッドと彼の家の歴史を、とは、おそらくの仕事をするソロモンの直後judean書面( 2サムです。 v. 3-16 、 Ⅵ 。 9月20日) 。 To the ninth century, and to a Judean, or perhaps a Benjamite, author, are credited the fragments of Saul's (I Sam. ix. 1-x. 16, xi., xiii., xiv.) and David's histories (I Sam. xvi. 14-23; xviii. 6-11, 20, 27; xx. 1-3, 11, 18-39; xxiii.-xxv.; xxvii.-xxxi.; II Sam. i.-iv.; v. 1, 2, 17-25; xxi. 15-22; xxiii. 8-39).九世紀に、としてjudeanか、あるいは、 benjamite 、著者名、ソールは、入金の断片化したの(私サムします。 9 。 1 - ×です。 16日、 XI 。のは、 13です。 、 14 。 )とデビッドの履歴(私サム。 16 。 14-23 ; 18 。 6-11 、 20 、 27 ;イグゼクスします。 1-3 、 11日、 18から39まで; xxiii. - 25です。 ; xxvii. - 31です。 ;二サムです。 i.-iv. ; v. 1 、 2 、 17-25 ; xxi 。 15-22 ; XXIII近くにございます。八から三九) 。

Story of the Ark.物語は、 Ark 。

The story of the Ark (I Sam. iv. 1-vii. 1) displays a character of its own; it interrupts the story of Samuel begun in the preceding chapters; the punishment of Eli and his sons, which, according to ch.その物語は、箱舟(私サムです。 Ⅳ 。 1 - Ⅶ 。 1 )の文字を表示する独自の;こと割り込みの物語のサミュエル開始され、上記の章;の懲罰のイーライとその息子たち、これによると、あなたのです。 iii., might be expected to be the central event, is treated as a mere incident, the whole of Israel being involved in the catastrophe. Ⅲ 。 、予想されるかもしれないの中央イベントでは、単なる事件として扱われ、イスラエルへの関与を全体の大惨事です。 Moreover, the fate of the Ark does not emphasize the misfortune of Israel nearly as much as it does the triumph of Elohim, and the episode seems to have been written to bring the latter idea into bold relief.また、箱舟の運命は、イスラエルの不幸はありません強調してほぼ同じくらいのことは、勝利のエロヒム、および、エピソードのように書かれたにも大胆なアイデアを持って後者の救済です。 In this account the Ark is regarded as a tribal or national palladium, not as a mere case for the tablets of the Decalogue.このアカウントは見なされている部族Arkはパラジウムまたは国家としてではなく、単なるケースの錠は、十戒です。 This part exhibits the coloring of a situation in which a resident of the Northern Kingdom, before the cruder conceptions of the Deity had given way to higher ones, would most likely be interested.この部分の色付けを展示してある状況では、居住者は、北部の王国、神の前にcruderの概念を与えられた方法をより高いものは、最も高いことに興味があります。 For this reason it has been held to be a fragment from a history of sanctuaries of northern origin.このために毎年開催されてフラグメントには、北部の聖域からの歴史を起源です。

The remaining portions of the book reflect the views of prophetism.予約し、残りの部分をprophetismの意見を反映する。 The histories of Saul and Samuel are rewritten from a very rigid, prophetic point of view (I Sam. i.-iii.; viii.; x. 17-24; xv. [perhaps]; xvii. 1-xviii. 5 [for the most part], 12-19, 28-30; xix. [most]; xxi. 2-10; xxii.; xxvi.; II Sam. i. 6-10, 13-16).ソールとサミュエルの歴史は非常に厳密な書き換えから、予言的な観点から(私サムです。 i. - Ⅲ 。 ; Ⅷ 。 ; Xの17-24 ; 15 。 [おそらく] ; 17 。 1 - 18 。 5 [は、ほとんどの部分] 、 12-19 、 28-30 ; 19 。 [人気] ; xxi 。 2-10 ; xxii 。 ;二十六です。 ;二サムです。 i. 6-10 、 13-16 ) 。 Ch.あなたのです。 xv. 15 。 seems to be planned to connect the older Saul story with this newer prophetic reconstruction.と思われる古いソールを計画して接続して、この新しい予言の復興の物語です。 It presupposes the details of the former (xv. 1, 17 [Saul's anointment] refers to x. 1; the phraseology of xv. 19 recalls xiv. 32), but the prophetic reconstruction of this chapter appears not to have been known when the old Saul story was incorporated.それ前提の詳細を元( xv. 1 、 17 [ソールの塗油]を参照してXの1 ;の言い方の15 。 19リコール14 。 32 ) 、再建の予言が、この章で表示されるときにしないように知られていた。古いソール物語はIncorporatedの商標です。 Otherwise there would have been no occasion for the elaborate justification of Samuel's right to counsel and command Saul.他の行事が行われていないが、手の込んだサミュエル正当化の権利を弁護人とコマンドソールです。 Still, the point of view is similar to that of the prophetic reconstruction.とはいえ、その点から見ると類似して再構成している予言します。 Samuel is the king's superior.サミュエルは、王の優れています。 He is not the seer, but the prophet, of the type of Amos and Hosea.彼の先見者ではないが、預言者、アモスとホセア書の種類をします。 The story emphasizes the teaching that obedience is more precious than sacrifice (comp. Jer. vii. 21-26).教育を強調して服従させるの物語は、より以上に尊い犠牲( comp. jer 。 Ⅶ 。 21-26 ) 。

Supposed Time of Redaction.改訂時のものです。

These various components were probably gathered into one compilation shortly before the Exile.これらの様々なコンポーネントが、おそらく収集を1つの亡命直前にコンパイルします。 The redactor (Rd) traces of whose hand are found mainly in I Sam.のredactor (路)の痕跡を私の手を中心にサムが見つかりました。 ii. Ⅱ 。 27-36, vii. 27-36 、 Ⅶ 。 2b-16, xii., and II Sam. 2B面- 16 、 12 。 、およびIIサムです。 vii., is held to have been under Deuteronomic influences, and thus to have been antecedent to the redactor whose views reflect those of the Priestly Code and through whose hands all of the historical books passed, though in Samuel there are few indications of his revisions, among them the glosses in I Sam. Ⅶ 。 、 deuteronomicが開催されされて影響を受けた、とこのように先行されredactorの再生回数を反映して、これらの聖職者のコードとの歴史を通して、その手のすべての書籍渡された場合は、サミュエルかかわらず、彼の改正には、いくつかの兆候、そのうちに私の注釈サムです。 ii. Ⅱ 。 22b and the introduction of the Levites in I Sam. 22bとの導入は、サムlevitesは私です。 vi. Ⅵ 。 15 and II Sam.サム15 、およびii 。 xv. 15 。 24. 24 。 Additions in loose connection are noticeable that can not be classified; for instance, I Sam.ゆるい接続の追加が顕著なことに分類することはできません;例えば、私サムです。 xix. 19 。 18-24 and xx. 18-24とイグゼクスです。 They break the sequence of the narrative and introduce several contradictions.彼らの物語のシーケンスを打破するといくつかの矛盾を紹介します。 Ch.あなたのです。 xix. 19 。 18-24 is an attempt to explain a proverbial idiom ("Saul among the prophets"), and, as such, is a double to I Sam. 18-24しようとは、ことわざのイディオムを説明する( "ソール間の預言者" ) 、および、このように、サムは、二重のが私です。 x. Xで 11. 11 。 According to ch.によると、あなたのです。 xv. 15 。 35, Samuel never saw Saul again, but here Saul appears before him. 35 、サミュエルソールを再度見たが、ここソール彼の前に表示されます。 Ch.あなたのです。 xx., an account David's flight, is similar to xix.イグゼクス。 、デビッドの飛行を持つアカウントは、 19のようにします。 1-7. 1-7 。 Among such additions, gleaned from popular traditions or merely literary embellishments, are reckoned I Sam.このような追加のうち、単にシステムから人気の伝統や文学的装飾、私サムは無視します。 xxi. xxi 。 11-16 and II Sam. 11-16 、およびiiサムです。 ii. Ⅱ 。 13-16, viii., xxi.-xxiv. 13-16 、 Ⅷ 。 、 xxi. - 24です。 The song of Hannah (I Sam. ii. 1 et seq.), the psalm in II Sam.この曲のハンナ(サムです。 Ⅱ 。 1頁以降を参照。 )は、詩篇第2世サムさです。 xxii., and David's "last words" (II Sam. xxiii. 1 et seq.) are very late. xxii 。 、およびデビッドの"最後の言葉" ( 2サム。 XXIII近くにございます。 1頁以降を参照。 )は非常に遅れている。 These additions may have been made at various periods, but they antedate the final redaction as a part of the second larger division of the canon.これらの追加が行われた様々な期間がありますが、それらの最後の改訂見越すの一環として、キヤノン2番目の大きな部が実施しています。

Historically, the prophetic reconstruction is entitled to the least confidence.歴史的には、権利を予言が最も自信を復興します。 So strongly is the "Tendenz" impressed upon the narratives of this group that some recent critics have come to the conclusion that they do not represent an originally independent source, but are due to the literary activity of the Deuteronomic redactor.これを強くのは、 " tendenz "感動の物語の時、このグループでいくつかの最近の批評家が来てその結論を代表して、もともと独立したソースはありませんが、活性化のために、文学のdeuteronomic redactorです。 Being more naively primitive, the Saul and David histories reflect actual occurrences, colored, however, by the desire to exalt the national heroes.原始的にもっと単純には、デビッドソールの履歴を反映すると実際の出現、色、しかし、国民の願望を称賛するのヒーローです。 The Jerusalem cycle intends to glorify David's dynasty as the legitimate royal family of all Israel.エルサレムのサイクルのデビッドの意向を美化、正当な王朝として王室のすべてのイスラエルです。

The Masoretic text is highly corrupt; that underlying the Septuagint version is more nearly correct.このテキストは非常に壊れてmasoretic ;その根底には、他のほとんどのバージョンのセプトゥアギンタ正しいです。 The literalism of the Greek has enabled scholars in many instances to reconstruct a text much nearer the original than is the extant Hebrew.文字どおりに解釈することは、ギリシャ語の学者が有効になってテキストを再構築するのに多くのインスタンスをより多く近づいて、元のヘブライ語は、現存しています。 Unfortunately, the Greek text of the Septuagint itself requires careful editing.残念ながら、ギリシャ語のテキストを編集するセプトゥアギンタ自体注意が必要です。 In many passages the Septuagint shows interpolations based on the Masorah, so that it presents duplicate versions, while in others the original independent Greek has been replaced by the translated Hebrew of the Masoretic text.ショーのセプトゥアギンタの多くの通路に基づいてinterpolations masorah 、重複するようにプレゼントのバージョンでは、他の中に代替され、元の独立したギリシャ語、ヘブライ語に翻訳されたテキストmasoreticです。 The various Septuagint codices are not of equal value for purposes of textual criticism.様々なセプトゥアギンタのCODECはないの原典批評家の目的のために等しい値です。 The "Codex Vaticanus B" is the most important for the books ofSamuel while the Alexandrinus, itself shows too many emendations of the Greek after the extant Hebrew to be of much aid. "コーデックスvaticanus b "のは、最も重要なのは書籍ofsamuelが、アレクサンドリア写本、番組自体の数が多すぎますemendationsヘブライ語、ギリシャ語の後に現存する多くの援助をします。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Textual criticism: Friedrich Böttcher, Neue Exegetisch-Kritische Aehrenlese zum AT 1863, vol.原典批評家:フリードリヒböttcher 、ノイエexegetisch - kritische aehrenlese zumは1863年No 。 i.; Julius Wellhausen, Der Text der Bücher Samuelis, 1871; SR Driver, Notes on the Hebrew Text of the Book of Samuel, 1890; R. Kittel, Textkritische Erläuterungen (appendix to E. Kautzsch, Die Heilige Schrift des Alten Testaments, 1896); Karl Budde, in SBOT; A. Mes, Die Bibel des Josephus, 1895; H. Oort, Texti Hebraici Emendationes, 1900. i. ;ユリウスヴェルハウゼン、 derテキストder bücher samuelis 、 1871 ; srドライバは、ヘブライ語のテキストをノートにその本のサミュエル、 1890 ; r.キッテル、 textkritische erläuterungen (付録をe.カウチ、死ぬheilige schriftデアルテンtestaments 、 1896 ) ;カールバッドは、 sbot ; a.月、死ぬbibelデヨセフス、 1895 ;笠原オールト、 texti hebraici emendationes 、 1900 。 Commentaries: Otto Thenius, Die Bücher Samuels, 1898; August Klostermann, Die Bücher Samuelis und der Könige, 1887; HP Smith, A Critical and Exegetical Commentary on the Books of Samuel, 1899; Karl Budde, Die Bücher Richter und Samuel, 1890; idem, Die Bücher Samuel (in KHC); Bleek, Einleitung, 1878; Guthe, Kurzes Bibelwörterbuch, 1903.EGH論評:オットーthenius 、死ぬbücherサミュエルズ、 1898 ;年8月クロステルマン、死ぬbücher samuelis und der könige 、 1887 ; hpスミス氏は、解釈の解説を検索すると、重要なサムエル記、 1899 ;カールバッド、死ぬbücherリヒターundサミュエル、 1890 ;同上、死ぬbücherサミュエル(道路公社) ; bleek 、 einleitung 、 1878 ; guthe 、 kurzes bibelwörterbuch 、 1903.egh


Samuelサミュエル

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

The Call of Samuel.のコールのサミュエルです。

Samuel as Judge.サミュエルとして判断します。

Samuel and Saul.サミュエルとソールです。

Samuel and David.サミュエルとデビッドです。

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Sources of Biography.ソースの伝記です。

-Critical View:クリティカルな対象:

Probably Shaped Under Influence of Deuteronomy.おそらく形に影響を与えるの申命記されています。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Samuel was the son of Elkanah and Hannah, of Ramathaim-zophim, in the hill-country of Ephraim (I Sam. i. 1).サミュエルは、息子のエルカーナとハンナは、 ramathaim - zophimは、国の丘-エフライム(私サムです。 i. 1 ) 。 He was born while Eli was judge.彼は、生まれたときは、裁判官イーライ中です。 Devoted to Yhwh in fulfilment of a vow made by his mother, who had long been childless, he was taken to Shiloh by Hannah as soon as he was weaned, to serve Yhwh during his lifetime (i. 11, 22-23, 28). yhwhの遂行をテーマに誓いの言葉を作られる彼の母親は、子供whoは長い間、彼は撮影されてシロ乳離れしたハンナとすぐに彼は、彼の生涯の中にyhwh ( i. 11 、 22-23 、 28 )です。

The Call of Samuel.のコールのサミュエルです。

The sons of Eli being sons of Belial, wicked and avaricious, Samuel ministered before Yhwh in their stead, being even as a lad girded with a linen ephod (ii. 12 et seq., 22 et seq.).イーライの人の息子の息子の徒が、邪悪と強欲、サミュエルyhwhの前にministeredステッド、若者が巻いたとしても、リネンエポテ( ii. 12頁以降を参照。 、 22頁以降を参照。 ) 。 His mother, on her yearly visits, brought him a robe.彼の母親は、彼女の年間訪問数、 brought彼をローブです。 As he grew up Samuel won ever-increasing favor with Yhwh and with men (ii. 26).サミュエルウォンとして育った彼は増え続けると、男性の寵愛を受けてyhwh ( ii. 26 ) 。 How he was called by Yhwh is related as follows: Eli, old and dim of vision, had lain down to sleep, as had Samuel, in the Temple of Yhwh, wherein was the Ark. Then Yhwh called "Samuel!"方法については、関連したyhwhと呼ばれる彼は以下のとおり:イーライ、旧とdimのビジョン、レインダウンをスリープ状態は、サミュエルとしては、同寺のyhwhで、そこは、 Ark 。 yhwhと呼ばれる入力し、 "サミュエル! " Answering, "Here am I," Samuel, thinking Eli had summoned him, ran to him explaining that he had come in obedience to his call.答えは、 "ここで私は、 "サミュエル、思考イーライ召喚彼は、実行を説明していた彼には彼の服従をコールします。 Eli, however, sent him back to his couch.イーライ、しかし、彼省略して彼のソファに送信します。 Three times in succession Samuel heard the summons and reported to Eli, by whom he was sent back to sleep. 3回連続召喚し、報告を聞いたサミュエルイーライ、御心に適う省略して睡眠を送った。 This repetition finally aroused Eli's comprehension; he knew that Yhwh was calling the lad.この繰り返し最後に興奮イーライの理解; yhwh彼を知っていたことは、若者の呼び出しです。 Therefore he advised him to lie down again, and, if called once more, to say, "Speak, for Thy servant heareth."したがって彼はうそをつくよう勧めましたが、彼を再びダウンし、一度の他に呼ばれた場合、を言ってやるが、 "話す、なたの使用人は全聴にします。 " Samuel did as he had been bidden.サミュエルは参考として招かれていた。 Yhwh then revealed to him His purpose to exterminate the house of Eli. yhwh入力し、自分の目的を明らかに彼の家のイーライ駆除します。

Samuel hesitated to inform Eli concerning the vision, but next morning, at Eli's solicitation, Samuel related what he had heard (iii. 1-18).サミュエルイーライに関するビジョンをお知らせためらったが、次の日の朝、イーライの勧誘、サミュエル関連したどのような彼は聞いた( iii. 1-18 ) 。 Yhwh was with Samuel, and let none of His words "fall to the ground." yhwhは、サミュエル、彼の言葉をご存知でしたら、なしの"地面に落ちる。 " All Israel from Dan to Beer-sheba recognized him as appointed to be a prophet of Yhwh; and Samuel continued to receive at Shiloh revelations which he imparted to all Israel (iii. 19-21).イスラエルからのすべてのビール-シバダンを認識彼は、預言者として任命さyhwh ;とサミュエルの継続を受信するに付与シロ啓示を彼はすべてのイスラエル( iii. 19-21 ) 。

Samuel as Judge.サミュエルとして判断します。

During the war with the Philistines the Ark was taken by the enemy. philistinesとの戦争中に撮影されたのは、敵の箱舟です。 After its mere presence among the Philistines had brought suffering upon them, it was returned and taken to Kirjath-jearim.単なるプレゼンスした後、苦しみの中、かれらphilistinesていた、それが返され、撮影をkirjath - jearimです。 While it was there Samuel spoke to the children of Israel, calling upon them to return to Yhwh and put away strange gods, that they might be delivered out of the hands of the Philistines (vii. 2 et seq.).サミュエル中にはある話を、イスラエルの子孫を、かれらを呼び出すと小金yhwhに戻るには奇妙な神々を、かれらの手にするかもしれないの配信philistines ( vii. 2頁以降を参照。 ) 。 The test came at Mizpah, where, at Samuel's call, all Israel had gathered, under the promise that he would pray to Yhwh for them, and where they fasted, confessed, and were judged by him (vii. 5-6). mizpah来たのテストで、ここでは、サミュエルの電話番号については、すべてのイスラエルが集まった、と彼は約束の下にyhwhを祈るし、どこに絶食、自白した、と判断された彼( vii. 5-6 ) 。 Before the Philistines attacked, Samuel took a sucking lamb and offered it for a whole burnt offering, calling unto Yhwh for help; and as the Philistines drew up in battle array Yhwh "thundered with a great thunder" upon them, "and they were smitten beforeIsrael." philistines攻撃する前に、サミュエルは子羊と提供をしゃぶり焦げた提供して全体のために、かれらを呼び出すyhwhのヘルプ; philistinesドリューとの戦いで配列をyhwh " thunderedに大きな雷"かれらは、 "と彼らはsmiteの過去分詞形beforeisrael 。 " As a memorial of the victory Samuel set up a stone between Mizpah and Shen, calling it "Ebenezer" (= "hitherto hath the Lord helped us").サミュエルとしての勝利の記念碑の石の間に設定するにはmizpahとshen 、呼び出すこと"エベニーザー" ( = "これまでの主かれらのおかげ" ) 。 This crushing defeat kept the Philistines in check all the days of Samuel (vii. 7-14).この惨敗で保管して空のすべてのphilistines日間のサミュエル( vii. 7-14 ) 。

In his capacity as judge Samuel went each year in circuit to Beth-el, and Gilgal, and Mizpah, but he dwelt at Ramah, where he built an altar (vii. 15 et seq.).サミュエルは彼の能力を判断する回路を、各年のベス-エル、およびギルガル、およびmizpah 、しかし彼は力説ramah 、ここで彼はビルト祭壇( vii. 15頁以降を参照。 ) 。 When he had grown old, and was ready to surrender his duties to his sons, neither Joel, the first-born, nor Abijah, the second, proved worthy; they "turned aside after lucre, and took bribes" (viii. 1-3).彼は成長したときに古い、降伏する用意があるとは、自分の義務を負う彼の息子たちは、どちらのジョエル、最初の生まれ、またabijah 、 2番目の、立証に値する;彼ら"を有効利得した後はさておき、わいろを受け取るとは" ( viii. 1 - 3 ) 。 This induced the elders to go to Ramah and request Samuel to give them a king, as all the other nations had kings.この引き起こされる、年長者への行き方を与えるサミュエルramahと要求して、王、王としての他のすべての国があります。 Samuel was much vexed, but upon praying to Yhwh and receiving the divine direction to yield, he acquiesced, after delivering a powerful address describing the despotism they were calling upon themselves and their descendants; this address, however, did not turn the people from their purpose (viii. 3 et seq.).サミュエルは、多く厄介な、しかし、時yhwh祈りを神の方向性を受信すると収率、彼acquiesced 、強力なアドレスを記述した後、専制政治を配信する彼らは、自分自身と子孫の呼びかけ;このアドレスは、しかし、電源をしなかった人々に目的( viii. 3頁以降を参照。 ) 。 In this crisis Samuel met Saul, who had come to consult him, the seer, concerning some lost asses.この危機に会ったサミュエルソール、 whoが来た彼に相談して凡てを見透さ、ロバに関するいくつかの失われた。 Yhwh had already apprised him of Saul's coming, and had ordered him to anoint his visitor king. yhwhはすでに彼のソールが来るのに対し、彼を塗るとは彼の訪問ユーザーのキング指示します。 When Saul inquired of him the way to the seer's house, Samuel revealed his identity to the Benjamite, and bade him go with him to the sacrificial meal at the "high place," to which about thirty persons had been invited.ソール尋ねたときに彼の家への道をして凡てを見透さ、彼の身元を明らかにするサミュエルbenjamite 、と命じた彼のいけにえの食事を行って彼には、 "高い所は、 "約30人を招待ていた。 He showed great honor to Saul, who was surprised and unable to reconcile these marks of deference with his own humble origin and station.彼は光栄の至りですソール、 whoは驚いたと和解できないこれらのマークの敬意と自分自身の謙虚な起源と駅です。 The next morning Samuel anointed him, giving him "signs" which, having come to pass, would show that God was with him, and directing him to proceed to Gilgal and await his (Samuel's) appearance there (ix., x. 1-9).サミュエル聖なる彼の次の朝、与えてくれた"兆候"が、パスが来て、彼は詳細を神は、彼と演出を続行を待つギルガルと彼(サミュエル)の外観に( ix. 、 Xの1 - 9 ) 。

Samuel and Saul.サミュエルとソールです。

In preparation for the installation of Saul, Samuel called the people together at Mizpah, where the private anointment of Saul was confirmed by his selection by lot (x. 17-24).ソールのインストールの準備のため、サミュエルと呼ばれる人々 mizpah一緒に、ここでのプライベート塗油のソールは、彼のセレクションを抽選で確認される( Xの17-24 ) 。 Samuel is reported also to have taken active part in the coronation of Saul at Gilgal (xi. 12-15).サミュエルが報告さにも積極的に参加するには戴冠式のソールはギルガル( xi. 12-15 ) 。 He profited by the opportunity to rehearse before the people his own life and secure their acknowledgment of his probity.彼は利益のリハーサルをする機会を人々の前に自分自身の生活を確保するに謝辞彼の潔です。 After a solemn admonition to the people to be loyal to Yhwh, Samuel, as a sign that the demand for a king was fundamentally wicked, called forth thunder and rain, which so impressed the people that they implored him to intercede with Yhwh for them, "that we die not."厳粛な忠告をした後に忠実な人々がyhwh 、サミュエル、メンバーとしての需要をするのは、根本的に邪悪な王と呼ばれる雷と雨の記載がとても感心してimploredの人々が彼を仲裁yhwh彼らにとっては、 "死ぬいないことです。 " Samuel turned the occasion into a solemn lesson as to what the penalties for disobedience would be (xii.).サミュエルの機会を有効にどのような教訓を厳粛に従わなかったの罰則は( xii. ) 。

At Gilgal a break with Saul came because, in the absence of Samuel, the king had offered the burnt offering.サウルはギルガルの休憩に来たので、サミュエルがない場合は、やけどを提供し、王が提供します。 Samuel announced then and there that Saul's dynasty was not to be permitted to continue on the throne (xiii. 8-14).サミュエル発表をその場ですぐにはソールの王朝を続行することが許可しないようにするの玉座( xiii. 8-14 ) 。 Nevertheless, Samuel sent Saul to accomplish the extermination of Amalek (xv.).にもかかわらず、サミュエル送信ソールの根絶を達成するのアマレク人( xv. ) 。 Again Saul proved refractory, sparing Agag, the Amalekite king, and the flocks, and everything that was valuable.ソールを再度立証耐火物、節約アガグは、アマレク王、との群れ、およびすべてのことは、貴重なものです。 Thereupon the word of Yhwh came unto Samuel, announcing Saul's deposition from the throne.そこでかれらの言葉はyhwh来たサミュエル、ソールの沈着からの王座を発表します。 Meeting Saul, Samuel declared his rejection and with his own hand slew Agag (xv.).会議室ソール、サミュエル宣言した拒絶反応や自分自身の手スルーアガグ( xv. ) 。 This led to the final separation of Samuel and Saul (xv. 34-35).そのための最後の分離のサミュエルとソール( xv. 34-35 ) 。 Mourning for Saul, Samuel was bidden by Yhwh to go to Jesse, the Beth-lehemite, one of whose sons was chosen to be king instead of Saul (xvi. 4).哀悼の意をソール、サミュエルはyhwhへの行き方を招かれたジェシーは、ベス- lehemite 、 1つを選択し、その人の息子は、王の代わりにソール( xvi. 4 ) 。 Fearing lest Saul might detect the intention, Samuel resorted to strategy, pretending to have gone to Beth-lehem in order to sacrifice.ソールに検出するかもしれない恐れの意図しないように、サミュエルresortedを戦略、ふりをして行ってベス- lehemを犠牲にするためです。 At the sacrificial feast, after having passed in review the sons of Jesse, and having found that none of those present was chosen by Yhwh, Samuel commanded that the youngest, David, who was away watching the sheep, should be sent for.は、いけにえの饗宴、日に可決された後に、サンズオブジェシー、およびが見つかったことなしにその場に居合わせた人が選ばれたyhwh 、サミュエル命じは、最年少、デビッド、 whoが留守の羊を見て、送信する必要があります。 As soon as David appeared Yhwh commanded Samuel to anoint him, after which Samuel returned to Ramah (xvi. 5-13).デビッドが登場次第yhwhサミュエルを塗るよう命じ彼は、サミュエルした後に戻ってramah ( xvi. 5-13 ) 。

Samuel and David.サミュエルとデビッドです。

Nothing further is told of Samuel until David's flight to him at Ramah, when he accompanied his fugitive friend to Naioth.より詳細は伝えられるまで何もサミュエルramahデビッドの航空便を彼に、彼の逃亡中の友人に送るときに彼をnaioth同行します。 There, through Samuel's intervention, Saul's messengers, as did later Saul himself, turned prophets "before Samuel" (xix. 18 et seq.).が、サミュエルの介入を通じて、ソールの使徒たちは、自分自身としては参考へソール、有効預言者"前にサミュエル" ( xix. 18頁以降を参照。 ) 。 The end of Samuel is told in a very brief note: "And Samuel died, and all Israel gathered themselves together, and lamented him, and buried him in his house at Ramah" (xxv. 1, Hebr.).サミュエルの終わりにはでは非常に簡単な注記: "とサミュエル人が死亡し、自身一緒に集まったすべてのイスラエルと嘆いた彼は、彼が彼の家に埋葬さramah " ( xxv. 1 、 hebrです。 ) 。 But after his death, Saul, through the witch of En-dor, called Samuel from his grave, only to hear from him a prediction of his impending doom (xxviii. 3 et seq.).しかし、彼の死した後、ソールは、魔女のアン-ドルを通じて、サミュエルと呼ばれる彼の墓から、予測だけを聞いてから彼は彼の目前に迫ったドゥーム( xxviii. 3頁以降を参照。 ) 。

In I Chron.で私chron 。 xxvi. 26 。 28 Samuel the seer is mentioned as having dedicated gifts to the Sanctuary. 28サミュエルして凡てを見透さに記載されている専用の贈り物をするの聖域のようです。 He is again represented in I Chron.彼は再び私chron表現されています。 xi. Ⅹ Ⅰ 。 3 as having, in Yhwh's name, announced the elevation of David to the throne. 3されては、 yhwhの名前、デビッド昇格を発表したの玉座です。 He is furthermore credited with having ordained the "porters in the gates" (I Chron. ix. 22).彼はまた入金が命じられると、 "ポーターは、ゲイツ会長" (私chron 。 9 。 22 ) 。

In the Biblical account Samuel appears as both the last of the Judges and the first of the Prophets, as the founder of the kingdom and as the legitimate offerer of sacrifices at the altars (I Sam. vii. 9 et seq., ix. 22 et seq., x. 8, xi. 15, xvi. 1 et seq.).サミュエルは、聖書のアカウントとして表示されるとの両方の最後の裁判官のうち最初の預言者、王国の創始者としての合法的な提案としては、祭壇の犠牲(私サムです。 Ⅶ 。 9頁以降を参照。 、 9世です。 22頁以降を参照。 、 Xで8日、 XI 。の15日、 16 。 1頁以降を参照。 ) 。 In fact, Chronicles (I Chron. vi. 28) makes him out to be of Levitical descent.実際には、クロニクル(私chron 。 Ⅵ 。 28 )は彼leviticalアウトされて降下します。 According to I Sam.サムによると、私です。 ix. 9 。 9, the prophets preceding Samuel were called seers, while it would appear that he was the first to be known as "nabi," or "prophet." 9日、上記のサミュエルは、預言者と呼ばれるゼールスが、中には彼は、最初に表示されることとして知られるように"ナビ" 、または"預言者でった。 " He was the man of God (ix. 7-8), and was believed by the people to be able to reveal the whereabouts of lost animals.彼はその男の神( ix. 7-8 ) 、とは考えられてできるように、人々に失われた動物の所在を明らかにする。 In his days there were "schools of prophets," or, more properly," bands of prophets."彼の日中には"学校の預言者、 "あるいは、もっと適切に、 "バンドの預言者です。 " From the fact that these bands are mentioned in connection with Gibeah (I Sam. x. 5, 10), Jericho (II Kings ii. 5), Ramah (I Sam. xix. 18 et seq.), Beth-el (II Kings ii. 3), and Gilgal (II Kings iv. 38)-places focal in the career of Samuel-the conclusion seems well assured that it was Samuel who called them into being.という事実から、これらのバンド接続に記載されギベア(私サムです。 Xの5 、 10 ) 、エリコ( 2世王2世です。 5 ) 、 ramah (私サムです。 19 。 。 。 18頁以降を参照。 ) 、ベス-エル( 2世王2世です。 3 ) 、およびギルガル( 2世王Ⅳ 。 38 ) -場所の焦点は、キャリアのサミュエル-その結論は上手く安心しては、 whoと呼ばれるサミュエルしている。 In the Acts of the Apostles (xiii. 20) Samuel occurs as the last of the Judges and the first true prophet in Israel (Acts iii. 24, xiii. 20; Heb. xi. 32), while a gloss in Chronicles (II Chron. xxxv. 18) connects his time with one of the most memorable celebrations of Passover.は、行為の使徒( xiii. 20 )サミュエルが発生したとしての最後のは、裁判官との最初の真の預言者はイスラエル(行為Ⅲ 。 24日、 13 。 20 ;なしで。 XI 。の32 ) 、中に光沢のクロニクル( 2世chron 。 35 。 。 。 18 )の1つに接続自分の時間を過ぎ、最も記憶に残るお祝いのです。 The Old Testament furnishes no chronological data concerning his life. furnishes年代、旧約聖書のない彼の人生に関するデータです。 If Josephus ("Ant." vi. 13, § 5) is to be believed, Samuel had officiated twelve years as judge before Saul's coronation.もしヨセフス( "アリ。 " Ⅵ 。 13日、 § 5 )がされると考え、サミュエル判事としては12年前にofficiatedソールの戴冠式です。 The year 1095 BC is commonly accepted as that of Saul's accession to the throne.紀元前1095年は一般に受け入れられているソールの即位します。 EGH egh

-In Rabbinical Literature: -のラビ文学:

Samuel was a Levite (Lev. R. xxii. 6) of the family of Korah (Num. R. xviii. 17), and was also a Nazarite (Naz. 66a).サミュエルは、レビ( lev. r. xxii 。 6 )は、ご家族のカールーン( num. r. 18 。 17 )とは、また、ナジル( naz. 66a ) 。 As a child he was extremely delicate (Ḥag. 6a), but highly developed intellectually.が子供のころの彼は非常に微妙な( ḥag. 6aが必要) 、しかし、高度に発達した知的です。 Thus, when he was weaned and brought by his mother to Shiloh, he noticed that the priests were most careful that the sacrificial victims should be slain by one of their number.したがって、乳離れしたとき、彼は彼の母親をもたらしたシロ、彼は気づいたは、司祭は、いけにえの犠牲者が最も注意すべきであるのうちのどれかに殺害された番号です。 Samuel, however, declared to the priests that even a layman might offer sacrifice, whereupon he was taken before Eli, who asked him the grounds of his statement.サミュエル、しかし、宣言しても、素人の司祭が犠牲に提供するかもしれない、すると彼は撮影前にイーライ、 who求め、彼は彼の発言の根拠です。 Samuel answered: "It is not written that the priest shall slay the victim, but only that he shall bring the blood" (Lev. i. 5; comp. Zeb. 32a).サミュエル回答: "それは、司祭に書き込まれていないものは、被害者殺し、もたらすだけでは、血液中の彼は" ( lev. i. 5 ;のCOMPです。 zebです。 32a ) 。 Eli acknowledged the validity of his argument, but declared that Samuel merited the penalty of death for giving legal decisions in the presence of a master; and it was only the entreaty of Samuel's mother which saved the child (Ber. 31b).イーライ彼の引数の有効性を認識して、しかし、当然のペナルティを宣言してサミュエル法的な死を与え、マスターが存在する場合の意思決定、およびそれが懇願のサミュエルのみを保存して子供の母親( ber. 31b ) 。 When God revealed Himself to Samuel for the first time and called his name, he cautiously answered only "Speak" (I Sam. iii. 10) and not, as Eli commanded him, "Speak, O God" (Shab. 113b).サミュエルのときに自らを神の啓示の最初の時間と呼ばれる彼の名前を、彼は慎重に答えただけ"話す" (私サムです。 Ⅲ 。 10 )ではなく、彼としてイーライ命じ、 "話す、あぁ、神よ" ( shab. 113b ) 。

Samuel was very rich.サミュエルは非常に豊富です。 On his annual journeys as judge to various cities (comp. I Sam. vii. 16-17) he was accompanied by his entire household, and would accept hospitality from no one (Ber. 10b; Ned. 38a).彼の毎年恒例の旅を判断する上で様々な都市( comp.私サムです。 Ⅶ 。 16-17 )彼は彼の全世帯伴う、と誰もが受け入れるホスピタリティから( ber. 10b ;ネッド。 38a ) 。 While Moses commanded the people to come to him that he might declare the Law to them (comp. Ex. xviii. 14-16), Samuel visited all the cities of the land to spare the people weary journeys to him; and while Samuel was considered equal to Moses and to Aaron (Ber. 31b; Ta'an. 5b), he was favored above Moses in one respect; for the latter was obliged to go to the Tabernacle to receive a revelation from God, whereas God Himself came to Samuel to reveal His will to him (Ex. R. xvi. 4).モーゼス命じ中の人々に来て彼には彼の法則を宣言するかもしれないして( comp.例です。 18 。 14-16 ) 、サミュエル訪問のすべての都市の人々の土地を割いての旅に疲れた彼;と中サミュエルは、考えを授けて、ムーサーとハールーンに等しい( ber. 31b ; ta'an 。 5B面) 、彼はムーサーに有利な上に1つの尊重;後者は、幕屋を義務付けられて行くから神のお告げを受けるが、自分自身が神サミュエルを明らかにする彼の意思を彼(例: r. 16 。 4 ) 。 For ten years Samuel judged Israel; but in the tenth the people asked for a king. 10年のサミュエルイスラエルと判断;しかし、 10番目の人々は、キング求めています。 Samuel anointed Saul; and when the latter was rejected by God, Samuel grieved bitterly and aged prematurely (Ta'an. 5b).サミュエル聖なるソール;と拒否されたときに、後者は、神は、途中で高齢者サミュエル悲しみに沈んだと苦々しく( ta'an 。 5B面) 。 Cruel though he was in hewing Agag to pieces, yet this was a righteous punishment for the Amalekite, who had been equally barbarous to the children of Israel (Lam. R. iii. 43).残酷な切削には彼は、アガグして粉々には、まだこれは正義の罰をアマレク、 who等しく野蛮していたイスラエルの子孫( lam. r. Ⅲ 。 43 ) 。

Samuel wrote the books of Judges and Ruth, as well as those bearing his own name, although the latter were completed by the seer Gad (BB 14b-15a).サミュエル裁判官やルースの本を書いただけでなく、これらの軸受彼自身の名前、後者が完了して凡てを見透ささ出歩き( bb 14b - 15a ) 。 He died at the age of fifty-two (M. Ḳ. 28a).彼が死亡した52歳の時に(男性ḳ 。 28a ) 。 When he was raised from the dead by the witch of Endor at the request of Saul (comp. I Sam. xxviii. 7-19), he was terrified, for he believed that he was summoned to appear before the divine judgmentseat; he therefore took Moses with him to bear witness that he had observed all the precepts of the Torah (Ḥag. 4b).WBJZL彼は死んだときに提起されたの魔女からの要請に応じてendorソール( comp.私サムです。 28 。 7月19日) 、彼は恐怖に襲われた、と信じて彼は彼は神の前に召喚を表示するjudgmentseat ;彼したがって彼には、ムーサーと証言していた観測のすべての戒律は、律法( ḥag. 4b ) 。 wbjzl

Sources of Biography.ソースの伝記です。

-Critical View:クリティカルな対象:

The outline of the life of Samuel given in the First Book of Samuel is a compilation from different documents and sources of varying degrees of credibility and age, exhibiting many and not always concordant points of view (see Samuel, Books of-Critical View).サミュエルの概要の命を与えられたの最初の予約のサミュエルは、さまざまなドキュメントやソースからコンパイルのさまざまな程度の信頼性と年齢、多くの展示物の見方を調和しているとは限らない(サミュエル、書籍の重要な対象) 。 The name "Shemu'el" is interpreted "asked of Yhwh," and, as Ḳimḥi suggests, represents a contraction of , an opinion which Ewald is inclined to accept ("Lehrbuch der Hebräischen Sprache," p. 275, 3).の名前を" shemu'el "として解釈" yhwhに求められる"と、 ḳimḥiが示すように、収縮を表します、エワルドは、傾斜の意見を受け入れることを( " lehrbuch der hebräischen sprache 、 " p. 275 、 3 ) 。 But it is not tenable.しかし、批判に耐えられることではない。 The story of Samuel's birth, indeed, is worked out on the theory of this construction of the name (i. 1 et seq., 17, 20, 27, 28; ii. 20).サミュエルの誕生の物語を、実際のところ、うまくいったの理論は、この建設の名前( i. 1頁以降を参照。 、 17 、 20 、 27 、 28 ; Ⅱ 。 20 ) 。 But even with this etymology the value of the elements would be "priest of El" (Jastrow, in "Jour. Bib. Lit." xix. 92 et seq.).しかしこの語源の要素の値は"司祭のエル" (ジャストロウ、 "学会誌よだれ掛け。点灯します。 " 19 。 92頁以降を参照。 ) 。 Ch.あなたのです。 iii. Ⅲ 。 supports the theory that the name implies "heard by El" or "hearer of El."をサポートして名前が暗示する説を唱えている"聞いたエル"または"聴エルです。 " The fact that "alef" and "'ayin" are confounded in this interpretation does not constitute an objection; for assonance and not etymology is the decisive factor in the Biblical name-legends, and of this class are both the first and the second chapter.という事実を" alef "と" 'ガイン"べらぼうには、この解釈に異議はありません;の類ではなく語源は、決定的な要因は、聖書の名前-伝説し、このクラスはいずれも、最初の2番目の章です。 The first of the two elements represents the Hebrew term "shem" (= "name"); but in this connection it as often means "son."の最初の2つの要素は、ヘブライ語の用語" shem " ( = "名前" ) ;しかし、この接続手段として頻繁に"息子がいます。 " "Shemu'el," or "Samuel," thus signifies "son of God" (see Jastrow, lc). " shemu'el " 、または"サミュエル、 "このように意味する"神の子" (参照ジャストロウ、液晶) 。

The older strata in the story are more trust worthy historically than are the younger.古い地層での物語は、歴史的に、より信頼に値するれているよりも若いです。 In I Sam.サムは私です。 ix. 9 。 1-x. 1 - ×です。 16 Samuel is a seer and priest at one of the high places; he is scarcely known beyond the immediate neighborhood of Ramah. 16サミュエルは、先見者と聖職者は1つの高い場所;彼はすぐ近所の人々のほとんど知られramah超えています。 Saul does not seem to have heard of him; it is his "boy" that tells him all about the seer (ix.).ソールされないようには彼の消息を知っ;ことが彼の"ボーイ"がついて彼のすべてについては、先見者( ix. ) 。 But in his capacity as seer and priest, Samuel undoubtedly was the judge, that is, the oracle, who decided the "ordeals" for his tribe and district.しかし、彼の能力としての先見者や司祭、サミュエルは間違いないが、裁判官は、それは、は、 Oracle 、 whoことを決めた"試練"を自分の部族と地域です。 In order to apply to him the title of "judge" in the sense it bore in connection with the heroes of former days-the sense of "liberator of the people"-the story of the gathering at Mizpah is introduced (vii. 2 et seq.).を適用するために、彼はタイトルを"判断"という意味でこれに関連して退屈な日中に英雄の元の意味での"解放者の人々 " -の物語が導入さザギャザリングでmizpah ( vii. 2 et seq 。 ) 。 Indeed, the temptation is strong to suspect that originally the name (Saul) was found as the hero of the victory, for which later that of (Samuel) was substituted.確かに、容疑者の誘惑には強いがもともとの名前(ソール)が見つかったの勝利の英雄として、それへの(サミュエル)が置換します。 At all events, the story proceeds on the assumption that Samuel had given earnest thought to his people's plight, and therefore was prepared to hail the sturdy Benjamite as the leader in the struggle with the Philistines (ix. 15, 17, 20 et seq.; x. 1 et seq.).すべてのイベントで、収益の物語を与えられたと仮定してサミュエル真剣に考えられていた彼の人々の窮状、およびそのための準備をbenjamiteのリーダーとして、頑丈な歓呼して迎えるとの戦いでphilistines ( ix. 15日、 17日、 20頁以降を参照。 ; Xの1頁以降を参照。 ) 。 His hero was to be the champion of Yhwh and of Yhwh's people, the anointed prince ("nagid"), whose call would rouse the scattered tribes from their lethargy and whose leadership would unite the discordant elements into a powerful unit for offense and defense.彼のヒーローはyhwhされると、チャンピオンのyhwhの人々は、聖なる王子( " nagid " ) 、その請求が奮起して無気力に散在の部族指導者が団結すると、その耳障りな要素を、攻撃と守備の強力なユニットです。 Favoring Saul even before the people had recognized in him their predestined leader, Samuel soon had cause to regret the choice.ソールにも賛成の人々の前に彼が認識されてpredestinedの指導者、サミュエルすぐに後悔していた原因を選択します。 Common to both accounts of the rupture (xiii. 8 et seq. and xv. 10 et seq.) is the disobedience Saul manifested in arrogating to himself Samuel's functions as priest and offerer; the story concerning Agag's exemption from the ban (see Schwally, "Der Heilige Krieg im Alten Israel," p. 30) seems to be the more likely of the two, but in both instances the data show clear traces of having been recast into prophetic-priestly molds.共通して両方のアカウントを断裂( xiii. 8頁以降を参照。 、 15 。 10頁以降を参照。 )は、不服従ソールarrogatingを明らかにサミュエルの機能として自分自身の司祭と提案し、物語の免除に関するアガグの禁止( schwally 、 " der heiligeクリーグイムアルテン、イスラエル、 " p. 30学)と思われるのは、 2つの高い、しかし、両方のインスタンスのデータを明確に示すことが改作の痕跡を予言-聖職者の金型です。

Probably Shaped Under Influence of Deuteronomy.おそらく形に影響を与えるの申命記されています。

In fact, the majority of the reports concerning Samuel reflect the post-Deuteronomic, prophetic conception, and therefore, on the theory that before the erection of the central and permanent sanctuary the "altars" and "high places" were legitimate, no offense is manifested at his having, though not a priest, sacrificed at these places, though precisely for this reason the Book of Chronicles lays stress upon his Levitical descent.実際には、サミュエルに関する報告書の過半数のポストを反映してdeuteronomic 、予言的な概念、およびそのため、上の説を唱えている勃起する前に、中央と永続的な聖域"祭壇"と"高い場所"が合法的な、悪気はないが明らかに彼のことではありませんが、司祭、犠牲にこれらの場所が、まさにこの理由から、書籍のストレスを産む時彼のleviticalクロニクル降下します。 In ch.にあなたのです。 iii. Ⅲ 。 20 Samuel appears as the prophet of Yhwh, known as such from Dan to Beer-sheba. 20サミュエルyhwhの預言者として表示される、このような者として知られてシバダンにビールです。 In ch.にあなたのです。 xix. 19 。 18 et seq. 18頁以降を参照。 Samuel is at the head of prophet bands (differing from ix. 1 et seq., where these roving bands of "shouters" ["nebi'im"] appear to be independent of him).サミュエルは、預言者の頭のバンド( 9世が異なるからです。 1頁以降を参照。 、ここで、これらの放浪のバンド" shouters " [ " nebi'im " ]表示される独立した彼)です。 Again, ch.繰り返しますが、あなたのです。 vii., viii., and ix. Ⅶ 。 、 Ⅷ 。 、および9 。 represent him as the theocratic chief of the nation.彼の首席代表としての神政国家です。 Ch.あなたのです。 vii. Ⅶ 。 7 et seq. 7頁以降を参照。 must be held to be pure fiction, unless it is one of the many variants of Saul's victory over the Philistines (comp. xiii. 1 et seq.).開かれた純粋なフィクションをしなければならないない限り、これはソールのいずれかの亜種の多くの勝利を収めるのphilistines ( comp. 13 。 1頁以降を参照。 ) 。 Nor is there concordance in the conceptions of the rise and nature of the monarchy and the part Samuel played in its founding.コンコーダンスでもなく、その概念を、君主制の台頭と自然との部分で再生さサミュエル創立。 In ix.-x.でix.-x. 16 Yhwh legitimatizes the nomination of the king, but in ch. 16 yhwh legitimatizesのノミネートは、王の、しかし、あなたのです。 viii. Ⅷ 。 the view of Deut.ビューのdeutです。 xvii. 17 。 14 et seq. 14頁以降を参照。 predominates. predominates 。 This chapter could not have been written before Hos.この章でhosできませんでした前に書き込まれています。 x. Xで 9, and the reign of Solomon and some of his successors. 9日、ソロモンの治世中にいくつかの彼の後継者とします。 The fact is, the monarchy developed without the intervention of Samuel.実際のところ、その君主制のサミュエルの介入なしに開発します。 Such deeds as those performed at Jabesh caused the people to offer Saul the crown at Gilgal (xi. 1 et seq.), an act which Samuel, who at first may have welcomed the young leader as chief only, expecting him to remain under his tutelage, was compelled to ratify.このような行為として行わjabeshそれらの原因とクラウンソールを提供する人々はギルガル( xi. 1頁以降を参照。 ) 、サミュエルする行為が、 whoは最初の5月に歓迎して若いリーダーとしてのチーフのみ、彼を維持すると期待されて彼の後見、批准はせざるを得ない。

The story of David's elevation (xvi. 1-13) presents itself as an offset to that of Saul's (I Sam. x. 17 et seq.), the historical kernel in it being the fact that Samuel, disappointed in Saul, transferred his favor to the rival tribe of Judah, and intrigued to bring about the raising of a counter-king in the young freebooter David.その物語のデビッドの昇格( xvi. 1-13 )のオフセットをプレゼントとして自分自身のソールの(私サムです。 Xの17頁以降を参照。 )は、それが歴史的なカーネルのサミュエルという事実を、ソールに失望し、彼の転送ユダ族のライバルを優遇する、と興味をそそらの引き上げをもたらすのカウンタ-キングは、若年略奪者、デビッドです。 Ch.あなたのです。 xv. 15 。 is a prophetic apotheosis of Samuel, which rings with the accents familiar in the appeals of Amos, and which makes Samuel a worthy forerunner of Elijah.サミュエルは、予言の神化、これは、おなじみのアクセントリングと控訴のアモス、およびこれにサミュエル立派な前身のイライジャです。 The Levitical genealogy of I Chron. levitical家系の私のchron 。 vi. Ⅵ 。 is not historical.歴史的ではない。

Emil G. Hirsch, Wilhelm Bacher, Jacob Zallel Lauterbach g.エミールハーシュ、ヴィルヘルムbacher 、ジェイコブzallel lauterbach

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: Guthe, Gesch.書誌事項: guthe 、 gesch 。 des Volkes Israel, pp.デvolkesイスラエル、日本、 pp 。 68 et seq., Freiburg, 1899; idem, Bibelwörterbuch, Tübingen and Leipsic, 1903; HP Smith, Old Testament History, p. 68頁以降を参照。 、フライブルク、 1899 ;同じ、 bibelwörterbuch 、テュービンゲンとリプシック、 1903 ; hpスミスは、旧約聖書の歴史、 p. 106, New York, 1903.EGH 106 、ニューヨーク、 1903.egh


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです