Book of Sirachシラクの予約

or Ecclesiasticusまたは集会の書

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合情報

The Book of Sirach, or the Wisdom of Jesus the son of Sirach, is a book in the Apocrypha.この本のシラクか、またはイエスキリストの息子の英知を結集するシラクは、本は、外典です。 It is also known as Ecclesiasticus ("church book") because of its wide use among Greek and Latin Christians in moral instruction.集会の書とも呼ばれる( "教会の予約" )のために広く用いられている中、ギリシャ語、ラテン語、キリスト教徒の道徳的な命令です。 Classified among the wisdom writings, the book was written in Hebrew at Jerusalem c.機密文書の英知を結集する中、この本は、ヘブライ語で書かれてエルサレムc. 180 BC by a learned teacher, Jesus ben Sirach, and was translated into Greek in Egypt with a preface by his grandson not long after 132 BC. 180紀元前さを学んだ教師は、イエスキリストベンシラクし、エジプトでは、ギリシャ語に翻訳され、彼の孫序文を長くした後は紀元前132です。

The wisdom teaching of the book is climaxed by a long eulogy of the heroes of Israelite history.教育の英知を結集するのclimaxedされたこの本は、長いヒーローズオブイスラエルの歴史を賛美します。 Using the sayings form typical of the Book of Proverbs, the author achieves a fusion of scribal piety, with its high regard for the Jewish law, and traditional wisdom.典型的なフォームを使用して、その本のことわざ諺は、著者を達成する筆写の信心深さを融合した、その高に関しては、ユダヤ人の法律、および繁体字の知恵です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト


Book of Sirachシラクの予約

or Ecclesiasticusまたは集会の書

General Information 総合情報

Sirach or Ecclesiasticus is a book of the Old Testament in those versions of the Bible following the Greek Septuagint (generally Roman Catholic and Orthodox versions).シラクや集会の書は、旧約聖書ではこれらの書籍は、聖書のバージョンの次の、ギリシャのセプトゥアギンタ(通常はローマカトリックと正統派のバージョン)です。 It does not appear in the Hebrew Bible, and it is placed with the Apocrypha in Protestant versions of the Bible.それが表示されないのヘブライ語聖書、およびそれが置かれ、聖書外典、プロテスタントのバージョンのです。 Also known as "The Wisdom of Jesus, the son of Sirach," the book was written some time between 195 and 171 BC by Jesus the son of Sirach (Hebrew Joshua ben Sira).としても知られ"イエスキリストの英知を結集する、シラクの息子、 "いくつかの時間の間に書かれたこの本は、紀元前195と171はイエスキリストの息子のシラク(ヘブライ語ジョシュアベン欠陥)です。 The author is thought to have been a scholar who taught wisdom in an academy in Jerusalem.の著者と考えられても教え学者whoアカデミーでは、エルサレムの知恵です。 He is the only author of an apocryphal book to have attached his own name to his work (50:27).彼は、偽書のみ著者には、彼自身の名前を添付彼の作品( 50:27 )です。 About 130 BC, a Greek translation was made from the Hebrew original by a person who claimed in an added preface (ever since part of the book) to be a grandson of the author.約130紀元前は、ギリシャ語、ヘブライ語から翻訳されたオリジナルと主張する人は、追加されましたwho序文(それ以来、書籍の一部)には、孫の著者です。 Because of the great popularity earned by the book, it was translated subsequently into numerous other languages; the Greek text, however, is the only one to have survived in its entirety.絶大な人気を獲得するために予約された、それは、その後に数多くの他の言語に翻訳し、ギリシャ語のテキストは、しかし、生存者は、 1つだけにはそっくりそのままです。

Sirach mainly consists of a series of loosely related maxims and other sayings of a proverbial nature, much in the manner of the Book of Proverbs.シラクを中心に構成する一連の大まかに関連した格言や他のことわざは、有名な自然、多くされた方法では、予約のことわざです。 Throughout, the author offers instruction on how to conduct oneself wisely in all areas of life.を通して、命令の著者は賢明に行動する方法については人生のすべての分野です。 He identifies wisdom with the divine law (24:23), but his counsels are more concerned with ethics than they are with divine revelation.彼は神の法を識別する知恵( 24:23 ) 、しかし、彼の弁護人は、他の省庁と倫理性よりも彼らは神の啓示です。 In addition to its numerous, diverse instructions, Sirach contains several long poems that celebrate wisdom (1:1-20, 24:1-22), praise God and his wonderful works (42:15-43:33), and praise the venerable patriarchs and prophets of Israel (chap. 44-49).に加えて、数多くの、多様な手順については、シラクの知恵を含むいくつかの長い詩を祝う( 1:1-20 、 24:1-22 ) 、称賛神と神の素晴らしい作品( 42:15-43:33 ) 、と称賛する由緒あるpatriarchsとイスラエルの預言者( chap.四十四〜四十九) 。 Noteworthy is chapter 24, introducing uncreated wisdom speaking as a divine person.注目すべきは、第24日、導入する立場から言えば、神の人の知恵まだ創造されていない。 Early Christian writers considered it an anticipation or foreshadowing of the Logos, or word of God, in the opening chapter of John's Gospel.初期キリスト教作家foreshadowingと考え、それを見越しやロゴ、または神の言葉は、ジョンの福音書の章を開放します。 Sirach is classified with the Wisdom literature of the Old Testament, which includes the Books of Ecclesiastes, Job, and Proverbs.シラクは、機密性の英知を結集する文学、旧約聖書の、これには、書籍の伝道の書、仕事、およびことわざです。 Some scholars regard it as the final outstanding specimen of that form of literature and the first example of the kind of Jewish thought developed subsequently by the Pharisaic and Sadducean schools.いくつかの学者としての最後の優れた点の標本をその形の文学との最初の例のようなユダヤ人の思考に開発された、その後pharisaicとsadducean学校です。

Although highly regarded by early Jewish commentators, who often cited it, Sirach was excluded from the Hebrew canon.初期のユダヤ人のコメンテーターが高く評価され、 whoしばしば引用し、シラクキヤノンは、ヘブライ語から除外します。 The rabbis who closed the canon felt that the period of divine inspiration had ended soon after the time of the Hebrew priest and reformer Ezra (flourished 5th-4th century BC); thus, Sirach, which clearly was written long after Ezra's time, could not have been divinely inspired. who閉鎖し、キヤノンのラビ感じていたの期間の終了後すぐに天来の霊感の時間は、ヘブライ語の司祭と改質エズラ(開花5 -紀元前4世紀) ;したがって、シラク、これを明確に書かエズラの時間を長くした後、できませんでした。神がインスピレーションです。 Early Christians, however, accepted it along with several other books regarded as spurious by the Jews.初期のキリスト教徒は、しかし、いくつかの他の書籍と一緒に受け入れてスプリアスされたユダヤ人と見なされています。 Since then, both the Orthodox church and the Roman Catholic church have decreed it to be canonical, and Protestants, following Martin Luther, consider it apocryphal rather than canonical.それ以来、正教会の両方のローマカトリック教会とされることが定められた正規化、およびプロテスタント、次のマーティンルーサー、検討することではなく、正規の作り話です。


Ecclesiasticus集会の書

Catholic Information カトリックの情報

(Abbrev. Ecclus.; also known as the Book of Sirach.) ( abbrev. ecclus 。 ;シラクの本としても知られています。 )

The longest of the deuterocanonical books of the Bible, and the last of the Sapiential writings in the Vulgate of the Old Testament.最も長いのは、聖書正典との最後の文章は、ウルガタ聖書の知恵を、旧約聖書のです。

I. TITLE i.タイトル

The usual title of the book in Greek manuscripts and Fathers is Sophia Iesou uiou Seirach, "the Wisdom of Jesus, the son of Sirach", or simply Sophia Seirach "the Wisdom of Sirach".その本のタイトルを、通常の原稿と、父親は、ギリシャ語ソフィアiesou uiou seirach 、 "イエスキリストの英知を結集する、シラクの息子" 、または単にソフィアseirach "シラクの英知を結集する"です。 It is manifestly connected with and possibly derived from, the following subscription which appears at the end of recently-discovered Hebrew fragments of Ecclesiasticus: "Wisdom [Hó khmâ ] of Simeon, the son of Yeshua, the son of Eleazar, the son of Sira".と接続することが明らかに由来する可能性は、次のサブスクリプションの最後に表示さヘブライ語の断片を最近発見さ集会の書: "知恵[ hó khmâ ]のシメオンは、息子のyeshuaは、息子のeleazarは、息子の欠陥"です。 Indeed, its full form would naturally lead one to regard it as a direct rendering of the Hebrew heading: Hokhmath Yeshua ben Sira, were it not that St. Jerome, in his prologue to the Solominic writings, states that the Hebrew title of Ecclesiasticus was "Mishle" (Parabolae) of Jesus of Sirach.確かに、その1つの完全なフォームをリードに関しては当然それを直接レンダリングは、ヘブライ語標目形: yeshuaベンhokhmath欠陥がないこと聖ジェロームそれは、彼のプロローグsolominic記述して、国は、ヘブライ語のタイトルを集会の書は、 " mishle " ( parabolae )イエスシラクのです。 Perhaps in the original Hebrew the book bore different titles at different times: in point of fact, the simple name Hokhma, "Wisdom", is applied to it in the Talmud, while Rabbinic writers commonly quote Ecclesiasticus as Ben Sira.おそらく、元のヘブライ語での予約退屈な時を異にし別のタイトル:でポイントを実際には、単純な名前hokhma 、 "知恵"を適用することは、タルムード、ラビベン欠陥作家としてよく引用集会の書です。 Among the other Greek names which are given to Ecclesiasticus in patristic literature, may be mentioned the simple title of Sophia, "Wisdom", and the honorary designation he panaretos sophia, "all-virtuous Wisdom".ギリシャ語のうち、他の集会の書に名前が与えられたpatristic文学、 5月に言及してシンプルなタイトルのソフィア、 "知恵" 、および彼の名誉種別panaretosソフィア、 "すべての高潔な知恵"です。

As might well be expected, Latin writers have applied to Ecclesiasticus titles which are derived from its Greek names, such as "Sapientia Sirach" (Rufinus); "Jesu, filii Sirach" (Junilius), "Sapienta Jesu" (Codex Claromontanus); "Liber Sapientiae" (Roman Missal).として期待されるかもしれない、ラテン語作家が適用される集会の書のタイトルは、ギリシャ語の名前に由来など、 " sapientiaシラク" (ルフィヌス) ; "主イエス、 filiiシラク" ( junilius ) 、 "主イエスsapienta " (コーデックスclaromontanus ) ; "独立したsapientiae " (ローマミサ典) 。 It can hardly be doubted, however, that the heading "Parabolae Salomonis", which is prefixed at times in the Roman Breviary to sections from Ecclesiasticus, is to be traced back to the Hebrew title spoken of by St. Jerome in his prologue to the Solomonic writings.疑問のことはほとんどが、しかし、見出しは、 " parabolae salomonis " 、これは接頭辞でローマの聖務日課書を倍に集会の書のセクションからは、ヘブライ語をタイトルにさかのぼるを話さの聖ジェロームをして彼のプロローグソロモンの作品を紹介します。 Be this as it may, the book is most commonly designated in the Latin Church as "Ecclesiasticus", itself a Greek word with a Latin ending.このことがありますが、この本は、最も多くの指定は、ローマカトリック教会は"集会の書" 、ギリシャ語、ラテン語自体を終了します。 This last title -- not to be confounded with "Ecclesiastes" (Eccl.) -- is the one used by the Council of Trent in its solemn decree concerning the books to be regarded as sacred and canonical.この最後のタイトル-べらぼうに特定される"伝道の書" ( e ccl.) -は、 1つのトレント使用される評議会は、厳粛な法令に関する書籍を神聖にして標準と見なされる。 It points out the very special esteem in which this didactic work was formerly held for the purpose for general reading and instruction in church meetings: this book alone, of all the deuterocanonical writings, which are also called Ecclesiastical by Rufinus, has preserved by way of pre-eminence the name of Ecclesiasticus (Liber), that is "a church reading book".ポイントを尊敬して非常に特別なことでは、この教則仕事は、以前の一般的な読書のために行われたとの命令では教会会議:この本だけでも、第二正典のすべての文章は、教会をルフィヌスとも呼ばれ、保存されて道の隆起の名前を事前に集会の書(独立) 、それは"教会の読書予約"です。

II. Ⅱ 。 CONTENTS内容

The Book of Ecclesiasticus is preceded by a prologue which professes to be the work of the Greek translator of the origional Hebrew and the genuineness of which is undoubted.この本の集会の書はこれに先立って、プロローグの仕事を公言されるのは、元のヘブライ語とギリシャ語翻訳者の純粋これは紛れもないのです。 In this preface to his translation, the writer describes, among other things his frame of mind in undertaking the hard task of rendering the Hebrew text into Greek.この序文を彼の翻訳、その作家について説明、他のものの中で彼の心のフレーム事業にレンダリングするためのハードタスクのテキストをヘブライ語ギリシャ語です。 He was deeply impressed by the wisdom of the sayings contained in the book, and therefore wished, by means of a translation, to place those valuable teachings within the reach of anyone desiring to avail himself of them for living in more perfect accord with the law of God.彼は深く感銘を受けたの英知を結集するのことわざに含まれている書籍、および希望したがって、翻訳という手段によって、これらの貴重な教えを配置するには誰に自分の希望を利用して他の完全な合意に住んでの法神のです。 This was a most worthy object, and there is no doubt that in setting it before himself the translator of Ecclesiasticus had well realized the general character of the contents of that sacred writing.これは最も立派なオブジェクトを、疑いの余地はないとして設定する前に自分自身がよく集会の書の翻訳者の全般の文字を実現し、その神聖な書き込みの内容です。 The fundamental thought of the author of Ecclesiasticus is that of wisdom as understood and inculcated in inspired Hebrew literature; for the contents of this book, however varied they may appear in other respects, admit of being naturally grouped under the genral heading of "Wisdom".の基本的な考えは、集会の書の著者としての知恵を理解し、インスピレーションinculcatedヘブライ語文学;は、この本の内容を、しかし彼らが表示される様々なその他の点で、グループを認めるのが当然genral見出しの下に"叡智"です。 Viewed from this standpoint, which is indeed universally regarded as the author's own standpoint, the contents of Ecclesiasticus may be divided into two great parts: chs.この観点からの人気は、確かにこれは普遍的と見なされて、著者自身の観点から、 5月の集会の書の内容を2つに分けられる大きな部品: chsです。 i-xlii, 14; and xlii, 15-1, 26.私- 42 、 14 、 42 、 15-1 、 26 。 The sayings which chiefly make up the first part, tend directly to inculcate the fear of God and the fulfilment of His commands, wherein consists true wisdom.埋め合わせのことわざの最初の部分を主に、鼓吹する傾向に直接神の恐怖と彼のコマンドを達成、そこは、真の知恵です。 This they do by pointing out, in a concrete manner, how the truly wise man shall conduct himself in the manifold relationships of practical life.これを指摘しては、具体的な方法で、どのように真に賢い者は、自分自身は、多種多様な人間関係を行うための実用的な生活です。 They afford a most varied fund of thoughtful rules for self-guidance彼ら最も多様な資金の余裕がある思慮深い自己のルールを指導

in joy and sorrow, in prosperity and adversity, in sickness and health, in struggle and temptation, in social life, in intercourse with friends and enemies, with high and low, rich and poor, with the good and wicked, the wise and the foolish, in trade, business, and one's ordinary calling, above all, in one's own house and family in connection with the training of children, the treatment of men-servants and maid-servants, and the way in which a man ought to behave towards his own wife and women generally (Schü rer).に喜びと悲しみは、逆境の繁栄とは、病気や健康は、闘争と誘惑には、社会生活は、お友達と性交との敵は、高温や低温、金持ちと貧乏人は、善と邪悪にして英明でと愚かなは、貿易、ビジネス、および1つの通常の呼び出し、なによりも、自分の家で、ご家族に関連してトレーニングの子供たちは、男性の治療の使用人とメイド-召使、との道では、男の振る舞いしたい場合に使います。彼自身の妻と女性向け一般に( schü RER列車)です。

Together with these maxims, which resemble closely both in matter and form the Proverbs of Solomon, the first part of Ecclesiasticus includes several more or less long descriptions of the origin and excellence of wisdom (cf. i; iv, 12-22; vi, 18-37; xiv, 22-xv, 11; xxiv).これらの格言と一緒に、これに見立てての両方で問題と密接に形成してソロモンの諺は、いくつか含まれて集会の書の最初の部分の説明を多かれ少なかれ長期の卓越性の起源と知恵( cf.私;四、 12-22 ;六、十八から三十七; 14 、 22 - 15 、 11 、 24 ) 。 The contents of the second part of the book are of a decidely more uniform character, but contribute no less effectively to the setting forth of the general topic of Ecclesiasticus. 2番目の部分の内容をこの本では、明らかに他の制服の文字、しかし、この設定に効果的に貢献ない一般的なテーマの集会の書に記載します。 They first describe at length the Divine wisdom so wonderfully displayed in the realm of nature (xlii, 15-xliii), and next illustrate the practice of wisdom in the various walks of life, as made known by the history of Israel's worthies, from Enoch down to the high priest Simon, the writer's holy contemporary (xliv-1, 26).彼ら最初に記述するための知恵しまいには、神の領域に表示されて素晴らしい自然の( 42 、 15 - 43 ) 、および次の練習の知恵を明らかにする様々な階層の人々 、として知られては、イスラエルのworthiesの歴史を、よりイノックサイモン高い司祭ダウンして、その作家の神聖な現代( 44 - 1 、 26 ) 。 At the close of the book (1, 27-29), there is first, a short conclusion containing the author's subscription and the express declaration of his general purpose; and next, an appendix (li) in which the writer returns thanks to God for His benefits, and especially for the gift of wisdom and to which are subjoined in the Hebrew text recently discovered, a second subscription and the following pious ejaculation: "Blessed be the name Of Yahweh from this time forth and for evermore."この本を閉じるのは、 ( 1 、 27-29 )では、第一に、短い結論を含むエクスプレス著者のサブスクリプションと宣言した彼の汎用目的、および次へと、付録(李)の戻り値は、作家の神のおかげで彼の利点、および、特に、贈り物を知恵とsubjoinedは、ヘブライ語のテキストは、最近発見され、 2番目の購読料とは、次の信心深い射精: "祝福されるこの時期からヤハウェの名前を永久に記載しています。 "

III. Ⅲ 。 ORIGINAL TEXTオリジナルのテキスト

Until quite recently the original language of the Book of Ecclesiasticus was a matter of considerable doubt among scholars.ごく最近までは、元の言語は、予約の集会の書の問題は、学者の間でかなりの疑問です。 They, of course, know that the Greek translator's prologue states that the work was originally written in "Hebrew", hebraisti, but they were in doubt as to the precise signification of this term, which might mean either Hebrew proper or Aramaic.彼らは、もちろん、知っている国、ギリシャのトランスレータのプロローグで書かれては、仕事は、もともと"ヘブライ語" 、 hebraisti 、しかし、彼らは、疑問が生じているの正確な意味は、次の用語を適切かもしれないヘブライ語またはアラム語のいずれかを意味します。 They were likewise aware that St. Jerome, in his preface to the Solomonic writings, speaks of a Hebrew original as in existence in his day, but it still might be doubted whether it was truly a Hebrew text, or not rather a Syriac or Aramaic translation in Hebrew characters.彼らは認識して聖ジェローム同様に、彼の序文で、ソロモンの記述は、ヘブライ語オリジナルのように話すのは彼の存在日、それでもまだ疑問かもしれない真にするかどうかは、ヘブライ語のテキスト、または特定むしろ、シリア語やアラム語翻訳inヘブライ語の文字です。 Again, in their eyes, the citation of the book by rabbinical writers, sometimes in Hebrew, sometimes in Aramaic, did not appear decisive, since it was not certain that they came from a Hebrew original.再び、その目は、その本を引用ラビ作家、時にはinヘブライ語、時には、アラム語、表示される決定的なしなかったため、特定して来たことはないオリジナルのヘブライ語からです。 And this was their view also with regard to the quotations, this time in classical Hebrew, by the Bagdad gaon Saadia of the tenth century of our era, that is of the period after which all documentary traces of a Hebrew text of Ecclesiasticus practically disappear from the Christian world.これは彼らの対象に関しては、以下の引用も、この時期に古典ヘブライ語、バグダッドgaon saadiaされた10世紀の私たちの時代に、それはその時代の痕跡をした後にすべてのドキュメンタリー集会の書をヘブライ語のテキストを事実上から姿を消すキリスト教世界です。 Still, most critics were of the mind that the primitive language of the book was Hebrew, not Aramaic.とはいえ、ほとんどの批評家らは、注意してプリミティブな言語の本はヘブライ語ではなく、アラム語です。 Their chief argument for this was that the Greek version contains certain errors: for example, xxiv, 37 (in Gr., verse 27), "light" for "Nile" (xx); xxv, 22 (Gr. verse 15), "head" for "poison" (xx); xlvi.これは最高の引数には、ギリシャ語版が含まれ、特定のエラー:たとえば、 24 、 37 (さグラム、詩27 ) 、 "光" 、 "ナイル" (イグゼクス) ; 25 、 22 ( gr.詩15日) 、 "頭"を"毒" (イグゼクス) ;四拾六です。 21 (Gr., verse 18), "Tyrians" for "enemies" (xxx); etc.; these are best accounted for by supposing that the translator misunderstood a Hebrew original before him. 21日( gr. 、詩18 ) 、 " tyrians "を"敵" ( xxx )を;等;これらは、前連結会計年度で最高と仮定して元のヘブライ語の翻訳をする前に誤解されていた。 And so the matter stood until the year 1896, which marks the beginning of an entirely new period in the history of the original text of Ecclesiasticus.問題と立っていたので、 1896年までは、これマルクの全く新しい時代の始まりの歴史の中のテキストを、元の集会の書です。 Since that time, much documentary evidence has come to light, and intends to show that the book was originally written in Hebrew.それ以来、多くのドキュメンタリーの証拠が明るみに出た、とする意図を表示するには、この本は、もともとヘブライ語で書かれています。 The first fragments of a Hebrew text of Ecclesiasticus (xxxix, 15-xl, 6) were brought from the East to Cambridge, England, by Mrs. AS Lewis; they were identified in May 1896, and published in "The Expositor" (July, 1896) by S. Schechter, reader in Talmudic at Cambridge University.の最初の断片は、ヘブライ語のテキストを集会の書( 39 、 15 - xl 、 6 )が連れて来らから東にケンブリッジ、イングランド、ミセスとしてルイス;彼らは1896年5月で識別さ、および公開さ"のエクスポジター" ( 2003年7月、 1896 )のS.シェクター、リーダーにケンブリッジ大学でtalmudicです。 About the same time, in a box of fragments acquired from the Cairo genizzah through Professor Sayce for the Bodleian Library, Oxford, nine leaves apparently of the same manuscript (now called B) and containing xl, 9-xlix, 11, were found by AE Cowley and Ad.同じくらいの時間では、箱のフラグメントgenizzahを通じて取得した教授からのカイロbodleianセースは、図書館、オックスフォード大学、 9つの葉どうやら、同じ原稿(今すぐと呼ばれるb )とを含むxl 、 9 - 49 、 11 、はありませんでしたaeカウリーと広告の掲載します。 Neubauer, who also soon published them (Oxford, 1897) Next followed the identification by Professor Schechter, first, of seven leaves of the same Codex (B), containing xxx, 11-xxxi, 11; xxxii, 1b-xxxiii 3; xxxv, 11-xxxvi, 21; xxxvii, 30-xxxviii, 28b; xlix, 14c-li, 30; and next, of four leaves of a different manuscript (called A), and presenting iii, 6e-vii, 31a; xi, 36d-xvi, 26. neubauer 、 whoもすぐに公開して(オックスフォード、 1897 )次の次の身分証明書をシェクター教授は、第一に、 7つの葉と同じコーデックス( b )項、含有xxxと11 - 31 、 11 、 32 、 1b - 33 3 ;参拾、 11 - 36 、 21 、 37 、 30 - 38 、 28b ;四十九、 14c -李、 30 ;と次へ、の4つの葉を、別の原稿(と呼ばれる) 、および提示3世、凱旋- 7 、 31a ; xi 、 36d - 16 、 26 。 These eleven leaves had been discovered by Dr..これらの11の葉博士が発見されています。 Schechtler in the fragments brought by him from the Cairo genizzah; and it is among matter obtained from the same source by the British Museum, that G. Margoliouth found and published., in 1899, four pages of the manuscript B containing xxxi, 12-xxxii, 1a; xxxvi, 21-xxxvii, 29. schechtlerは、彼からのカイロの断片もたらしたgenizzah ;との間の問題は、同じソースから取得された大英博物館、そのg.マーゴリュース見つかり、公開します。は、 1899年、 4つのページの原稿を含むb 31 、 12 - 32 、 1Aで36 、 21 - 37 、 29 。 Early in 1900, I. Lé vi published two pages from a third manuscript (C), xxxvi, 29a-xxxviii, la, that is, a passage already contained in Codex Bl and two from a fourth manuscript (D), presenting in a defective manner, vi, 18-vii, 27b, that is, a section already found in Codes A. Early in 1900, too, EN Adler published four pages of manuscript A, vix. 1900年の早い段階では、 2つのページで公開i. lé六から3番目の原稿( c )項、 36 、 29a - 38 、ラ、それは、すでに含まれてコーデックスを通過blから4番目と2つの原稿(営) 、提示さを欠陥のように、六、 18 - 7 、 27b 、それは、既に発見されたセクションコードa. 1900年の早い段階で、あまりにも、アンアドラー公開4つのページの原稿を、恐いです。 vii, 29-xii, 1; and S. Schechter, four pages of manuscript C, consisting of mere excerpts from iv, 28b-v, 15c; xxv, 11b-xxvi, 2a. 7 、 29 - 12 、 1 ;とs.シェクター、 4つのページの原稿c 、単なる抜粋で構成さ四、 28b - V電源、 15c ;二十五、 11b - 26 、 2A面です。 Lastly, two pages of manuscript D were discovered by Dr. MS Gaster, and contain a few verses of chaps.最後に、 2つのページの原稿dミシシッピ腹部の博士によって発見された、との革ズボンには、いくつかの詩です。 xviii, xix, xx, xxvii, some of which already appear in manuscripts B and C. Thus be the middle of the year 1900, more than one-half of a Hebrew text of Ecclesiasticus had been identified and published by scholars. 18 、 19 、イグゼクス、二十七、すでにいくつかの原稿bとC.このように表示されるの真ん中オブザイヤー1900 、 -の半分を1つ以上の集会の書をヘブライ語のテキストを識別し、公開されていた学者です。 (In the foregoing indications of the newly-discovered fragments of the Hebrew, the chapters and verses given are according to the numbering in the Latin Vulgate). (は、前述の兆候が新たに発見さの破片は、ヘブライ語、および詩の章によると、番号を与えられたのは、ラテン語ウルガタ聖書)です。

As might naturally be anticipated, and indeed it was desirable that it should so happen, the publication of these various fragments gave rise to a controversy as to the originality of the text therein exhibited.予想として当然のことかもしれないし、確かにそれは望ましいことで起こるばならないので、これらの様々な断片の出版物は上昇して論争して独自のテキストとしてそこに展示されます。 At a very early stage in that publication, scholars easily noticed that although the Hebrew language of the fragments was apparently classical, it nevertheless contained readings which might lead one to suspect its actual dependence on the Greek and Syriac versions of Ecclesiasticus.かなり早い段階で、その出版、学者簡単に気づいたことは、ヘブライ語の言語の断片が明らかに古典的、それにもかかわらず測定値に含まれる鉛のかもしれない容疑者を、実際の1つに依存して、ギリシャとシリアのバージョンの集会の書です。 Whence it manifestly imported to determine whether, and if so, to what extent, the Hebrew fragments reproduced an original text of the book, or on the contrary, simply presented a late retranslation of Ecclesiasticus into Hebrew by means of the versions just named.そこからインポートすることを決定するかどうか明らかにし、もしそうならば、どの程度、ヘブライ語の断片オリジナルのテキストを再現する書籍、またはその反対に、単に集会の書を提示する前に再変換の手段をされているバージョンのヘブライ語の名前だけです。 Both Dr. G. Bickell and Professor DS Margoliouth, that is, the two men who but shortly before the discovery of the Hebrew fragments of Ecclesiasticus had attempted to retranslate small parts of the book into Hebrew, declared themselves openly against the originality of the newly found Hebrew text. g.博士と教授の両方bickell dsマーゴリュース、それは、 2つの男性whoしかし、直前に、ヘブライ語の断片を発見しようと集会の書はこの本を翻訳し直す小型部品のヘブライ語、独創性を宣言し、新たに公然と反対するヘブライ語のテキストが見つかりました。 It may indeed be admitted that the efforts naturally entailed by their own work of retranslation had especially fitted Margoliouth and Bickell for noticing and appreciating those features which even now appear to many scholars to tell in favour of a certain connection of the Hebrew text with the Greek and Syriac versions.事実を認めていることがありますが、当然の努力には、保険は自分の仕事を再適合マーゴリュースは特に、これらの機能bickellを鑑賞にも気付かれずに、今すぐに表示さを伝える多くの学者、特定の接続に賛成のテキストを、ヘブライ語、ギリシャのとシリア語バージョンです。 It remains true, however, that, with the exception of Israel Lé vi and perhaps a few others, the most prominent Biblical and Talmudic scholars of the day are of the mind that the Hebrew fragments present an original text.それがtrueの場合、しかし、それを除いて、イスラエルのいくつかのlé viとおそらく、 talmudicで最も著名な聖書学者とその日の私たちの心は、ヘブライ語の断片提示するオリジナルのテキストです。 They think that the arguments and inferences most vigorously urged by Professor DS Margoliouth in favour of his view have been disposed of through a comparison of the fragments published in 1899 and 1900 with those that had appeared at an earlier date, and through a close study of nearly all the facts now available.彼らと考えている最も積極的に促される引数と推論に賛成教授dsマーゴリュース彼の対象が処分された断片を介して比較して1899年と1900年に公開さそれらが登場する以前の日付ていた、との研究を介して閉じるほぼすべての事実を今すぐ入手可能です。 They readily admit in the manuscripts thus far recovered, scribal faults, doublets, Arabisms, apparent traces of dependence on extant versions, etc. But to their minds all such defects do not disprove the originality of the Hebrew text, inasmuch as they can, and indeed in a large number of cases must, be accounted for by the very late characrter of the copies now in our possession.彼らは、容易に原稿を認めるこれまでの回復は、筆写の欠点は、 doublets 、 arabisms 、見掛け上の痕跡を依存して現存のバージョンでは、すべての心等しかし、このような欠陥をして、独自の反証はありませんヘブライ語テキスト、 〜だけれどもことができますし、実際に、多くの場合にしなければならないのが非常に遅くcharacrterの割合は、当社が所有するコピーします。 The Hebrew fragments of Ecclesiasticus belong, at the earliest, to the tenth, or even the eleventh, century of our era, and by that late date all kinds of errors could naturally be expected to have crept into the origional language of the book, because the Jewish copyists of the work did not regard it as canonical.集会の書に属し、ヘブライ語の断片を、早ければ、世界で10番目、あるいは第11 、世紀の私たちの時代、そしてその日遅く、あらゆる種類のエラーが予想されて当然のことながらこっそりその本は、元の言語のため、 copyists 、ユダヤ人の仕事をしなかったとしてカノニカル点です。 At the same time these defects do not disfigure altogether the manner of Hebrew in which Ecclesiasticus was primitively written.それと同時に、これらの欠陥はありません外観を台無しにする方法を完全には、ヘブライ語では原始的に書かれた集会の書です。 The language of the fragments is manifestly not rabbinic, but classical Hebrew; and this conclusion is decidely borne out by a comparison of their text with that of the quotations from Ecclesiasticus, both in the Talmud and in the Saadia, which have already been referred to.の言語を明らかにしないのラビの破片は、しかし、古典ヘブライ語、および、この結論は明らかに負担アウトされたテキストを比較している集会の書からの引用句、の両方で、タルムードとは、 saadia 、これはすでに言及をです。 Again, the Hebrew of the newly found fragments, although classical, is yet one of a distinctly late type, and it supplies considerable material for lexicographic research.繰り返しになりますが、新たに見つかったヘブライ語の断片が、クラシック、後半はまだありません、明らかに1つのタイプ、およびそれ相当の資料を辞書研究供給します。 Finally, the comparatively large number of the Hebrew manuscripts recently discovered in only one place (Cairo) points to the fact that the work in its primitive form was often transcribed in ancient times, and thus affords hope that other copies, more or less complete, of the original text may be discovered at some future date.最後に、比較的大きな数は、ヘブライ語、最近発見された原稿のみを1つの場所(カイロ)を指しての仕事という事実は、原始古代に転写フォームがしばしば見られた、と期待して他のコピーに支払うため、多かれ少なかれ完了すると、は、元のテキストを5月に発見されたいくつかの将来の日付です。 To render their study convenient, all the extant fragments have been brought together in a splendid edition.便利な研究をレンダリングするには、すべての現存の断片をまとめても素晴らしい盤です。 "Facsimiles of the Fragments hitherto recovered of the Book of Ecclesiasticus in Hebrew" (Oxford and Cambridge, 1901). "ファクシミリの回復は、これまでの断片inヘブライ語の本集会の書" (オックスフォードとケンブリッジ、 1901 ) 。 The metrical and strophic structure of parts of the newly discovered text has been particularly investigated by H. Grimme and N. Schlogl, whose success in the matter is, to say the least, indifferent; and by Jos. Knabenbauer, SJ in a less venturesome way, and hence with more satisfactory results.有節の韻律と構造のテキスト部分を新たに発見され、特に調査さschlogl名笠原grimmeと、その成功は、問題は、控えめに言っても、無関心な;とjos. knabenbauer 、 sjで、あまり冒険方法、およびそれゆえに他の満足のいく結果です。

IV. Ⅳ 。 ANCIENT VERSIONS古代のバージョン

It was, of course, from a Hebrew text incomparably better than the one we now possess that the grandson of the author of Ecclesiasticus rendered, the book into Greek.それは、もちろん、ヘブライ語テキストの比較から、 1つ以上保有して今の集会の書の著者の孫のレンダリング、この本をギリシャ語にします。 This translator was a Palestinian Jew, who came to Egypt at a certain time, and desired to make the work accessible in a Greek dress to the Jews of the Dispersion, and no doubt also to all lovers of wisdom.この翻訳は、パレスチナのユダヤ人、エジプトwho来て一定の時刻に、と希望を作る作業にアクセスして、ギリシャ語のユダヤ人のドレスの分散、との疑いも知恵をすべて愛好家です。 His name is unknown, although an ancient, but little reliable, tradition ("Synopsis Scripurae Sacrae" in St. Athanasius's works) calls him Jesus, the son of Sirach.彼の名前は不明ですが、古代ものの、しかし、ほとんど信頼性が高く、伝統( "形式scripurae sacrae "と聖アタナシウスの作品)のコール彼イエスキリストは、シラクの子です。 His literary qualifications for the task he undertook and carried out cannot be fully ascertained at the present day.彼の文学の資格があるとundertakeの過去過去分詞タスクの彼に完全に実施することはできません現今では判然とする。 He is commonly regarded, however, from the general character of his work, as a man of good general culture, with a fair command of both Hebrew and Greek.彼はよく考え、しかし、彼の作品からの全般の文字を、総合文化の良い男として、公正なコマンドの両方のヘブライ語とギリシャ語です。 He was distinctly aware of the great difference which exists between the respective genius of these two languages, and of the consequent difficulty attending the efforts of one who aimed atgving a satisfactory Greek version of a Hebrew writing, and therefore begs expressely, in his prologue to the work, his readers' indulgence for whatever shortcomings they may notice in his translation.彼ははっきりと認識して、それぞれの間に大きな違いが存在する場合、これらの2つの言語の天才とは、結果として出席しての努力を困難に向けたwho atgvingに満足のいく1つのギリシャ語、ヘブライ語のバージョンの書き込み、および宣伝expresselyしたがって、彼のプロローグにその仕事は、彼の読者の機嫌を取ることにどのような欠点があります彼の翻訳です。 He claims to have spent much time and labour on his version of Ecclesiasticus, and it is only fair to suppose that his work was not only a conscientious, but also, on the whole, a successful, rendering of the original Hebrew.彼は主張して労働を彼に多くの時間と使用済みのバージョンの集会の書、およびこれは彼の作品のみと仮定して公正には、良心的というだけではなく、しかしまた、全体のは、成功すれば、レンダリングは、元のヘブライ語です。 One can but speak in this guarded manner of the exact value of the Greek translation in its primitive form for the simple reason that a comparison of its extant manuscripts -- all apparently derived from a single Greek exemplar -- shows that the primitive translation has been very often, and in many cases seriously, tampered with. 1つは、しかし、この警備な態度で話すのは、ギリシャ語の翻訳の正確な値は、プリミティブなフォームを比較するという単純な理由で、現存する原稿-全てのどうやら、 1つのギリシャ語から派生した模範-によると翻訳され、原始非常によく、多くの場合真剣に、手を加えられています。 The great uncial codices, the Vatican, the Sinaitic, the Ephraemitic, and partly the Alexandrian, though comparatively free from glosses, contain an inferior text; the better form of the text seems to be preserved in the Venetus Codex and in certain cursive manuscripts, though these have many glosses.偉大なアンシャル体のCODECは、バチカンは、 sinaiticは、 ephraemitic 、および部分のアレクサンドリア、比較的自由からの注釈かかわらず、テキストが含まれ、下のテキストより良い形で保存されていると思われると、特定の筆記原稿venetusコーデックス、かかわらず、これらの注釈が多いです。 Undoubtedly, a fair number of these glosses may be referred safely to the translator himself, who, at times added one word, or even a few words to the original before him, to make the meaning clearer or to guard the text against possible misunderstanding.確かに、かなりの数の注釈年5月に、これらの安全に言及して翻訳者自身、 whoは、 1つの単語回追加されましたか、またはいくつかの言葉を、元のも彼の前にするために、警備隊の意味を明確にするテキストまたは反対可能性誤解している。 But the great bulk of the glosses resemble the Greek additions in the Book of Proverbs; they are expansions of the thought, or hellenizing interpretations, or additions from current collections of gnomic sayings.しかし、大部分の注釈に見立てて、ギリシャの追加は、予約の諺;拡張を考えているか、またはhellenizing解釈か、または現在のコレクションを追加格言ことわざからです。 The following are the best-ascertained results which flow from a comparison of the Greek version with the text of our Hebrew fragments.は、次の確認は、最高の結果を比較してからの流れは、テキストのギリシャ語版ヘブライ語の断片です。 Oftentimes, the corruptions of the Hebrew may be discovered by means of the Greek; and, conversely, the Greek text is proved to be defective, in the line of additions or omissions, by references to parallel places in the Hebrew.多くの場合は、 5月の不正は、ヘブライ語、ギリシャの手段によって発見されると、逆に、ギリシャ語のテキストが立証される欠陥は、脱落の行の追加や、並列場所は、ヘブライ語を参照しています。 At times, the Hebrew discloses considerable freedom of rendering on the part of the Greek translator; or enables one to perceive how the author of the version mistook one Hebrew letter for another; or again, affords us a means to make sense out of an unintelligible expressions in the Greek text.先回は、ヘブライ語のレンダリングを開示の自由をかなりの部分は、ギリシャ語翻訳者、または1つを知覚により、どのように著者は、ヘブライ語の文字を1つの別のバージョン間違えた;または再び、旨の問い合わせのための手段を、理解できないの意味が分かる表現は、ギリシャ語のテキストです。 Lastly, the Hebrew text confirms the order of the contents in xxx-xxxvi which is presented by the Syriac, Latin, and Armenian versions, over against the unnatural order found in all existing Greek manuscripts.最後に、ヘブライ語のテキストの内容を確認して注文をxxx - 36が提出されたシリア語、ラテン語、およびアルメニア語のバージョンでは、不自然な注文が見つかりましたが反対する以上、すべての既存のギリシャ語原稿です。 Like the Greek, the Syriac version of Ecclesiasticus was made directly from the original Hebrew.ギリシャ語のように、集会の書、シリアのバージョンのは、元のヘブライ語から直接です。 This is wellnigh universally admitted; and a comparison of its text with that of the newly found Hebrew fragments should settle the point forever; as just stated, the Syriac version gives the same order as the Hebrew text for the contents of xxx-xxxvi; in particular, it presents mistaken renderings, the origin of which, while inexplicable by supposing a Greek original as its basis, is easily accounted for by reference to the text from which it was made must have been very defective, as is proved by the numerous and important lacunae in the Syriac translation.これは普遍的wellnighを認め、およびそのテキストを比較すると、新たに見つかった問題を解決するポイントは、永遠にヘブライ語の断片;としてだけ記載は、シリアのバージョンにより、同じ順序としては、ヘブライ語のテキストの内容をxxx - 36 ;で特に、それプレゼンツ誤ったレンダリング、これの起源は、ギリシャ語訳の分からぬされ、オリジナルsupposingその根拠としては、前連結会計年度での参照を簡単にテキストが行われている必要がありますが非常に不良品と同じように、数多くの立証されたと重要な窩は、シリア語の翻訳です。 It seems, likewise, that the Hebrew has been rendered by the translator himself in a careless, and at times even arbitrary manner.どうやら、同様に、ヘブライ語があつたときは、自分自身で翻訳された不注意な、と恣意的にも倍です。 The Syriac version has all the less critical value at the present day, because it was considerably revised at an unknown date, by means of the Greek translation.シリアのすべてのバージョンには以下の臨界値現今では、それはかなり改正は、未知の日付、翻訳され、ギリシャの手段です。

Of the other ancient versions of Ecclesiasticus, the Old Latin is the most important.集会の書の他の古代のバージョンのは、古ラテン語は、最も重要です。 It was made before St. Jerome's time, although the precise date of its origin cannot now be ascertained; and the holy doctor apparently revised its text but little, previously to its adoption into the Latin Vulgate.それが行われた聖ジェロームの時間を前に、その起源は、正確にこの評価をすることが判然とすることはできないと、神聖な医師改正どうやらそのテキストはほとんど、以前は次の養子縁組をラテン語ウルガタ聖書のです。 The unity of the Old Latin version, which was formerly undoubted, has been of late seriously questioned, and Ph. Thielmann, the most recent investigator of its text in this respect, thinks that chs.ラテン語の古いバージョンの結束を、これは、以前紛れもない、真剣に尋問され以降、および電話番号ティールマンは、そのテキストを、最新の捜査官この点で、 chsと考えている。 xliv-1 are due to a translator other than that of the rest of the book, the former part being of European, the latter and chief part of African, origin.四拾- 1は、翻訳者のために他のに比べてその本の残りの部分は、元の一部が欧州、アフリカ、後者兼最高部分は、起源です。 Conversely, the view formerly doubted by Cornelius a Lapide, P. Sabatier, EG Bengel, etc., namely that the Latin version was made directly from the Greek, is now considered as altogether certain.逆に、以前の疑問を対象にラピデコルネリウス、 p.サバティエ、例えば、ベンゲルなど、つまりは、ラテン語、ギリシャ語から直接のバージョンが行われたが、今考えられて完全に特定します。 The version has retained many Greek words in a latinized form: eremus (vi, 3); eucharis (vi, 5); basis (vi, 30); acharis (xx, 21), xenia (xx, 31); dioryx (xxiv, 41); poderes (xxvii, 9); etc., etc., together with certain Graecisms of construction; so that the text rendered into Latin was unquestionably Greek, not the original Hebrew.ギリシャ語のバージョンには多くの単語を保持するlatinizedフォーム: eremus ( 6 、 3 ) ;アマゾンユリ( 6 、 5 ) ;基準( 6 、 30 ) ; acharis (イグゼクス、 21 ) 、キセニア(イグゼクス、 31 ) ; dioryx ( 24 、 41 ) ; poderes ( 27 、 9 ) ;等など、特定のgraecismsと一緒に建設;ように、テキストのレンダリングには、紛れもなくラテンギリシャ語、ヘブライ語、元の特定します。 It is indeed true that other features of the Old Latin -- notably its order for xxx-xxxvi, which disagrees with the Greek translation, and agrees with the Hebrew text -- seem to point to the conclusion that the Latin version was based immediately on the original Hebrew.実際、これが事実だが、その他の特長は、古ラテン語-x xx- 3 6特にそのために、これと意見が合わない、ギリシャ語の翻訳、および同意のヘブライ語テキストを表示-ように見えるという結論をポイントするようには、ラテン語のバージョンがベースですぐに、元のヘブライ語です。 But a very recent and critical examination of all such features in i-xliii has let H. Herkenne to a different conclusion; all things taken into consideration, he is of the mind that: "Nititur Vetus Latina textu vulgari graeco ad textum hebraicum alterius recensionis graece castigato."しかし、最近、非常に重要な試験のすべてのような機能が私- 43は、別の結論をlet笠原herkenne ;すべてのもの考慮されるように、彼は、注意して: " nititur古いグレコの広告vulgariラティーナtextu textum hebraicum alterius recensionis graece castigato 。 " (See also Jos. Knabenbauer, SJ, "In Ecclesiaticum", p. 34 sq.) Together with graecized forms, the Old Latin translation of Ecclesiasticus presents many barbarisms and solecisms (such as defunctio, i, 13; religiositas, i, 17, 18, 26; compartior, i, 24; receptibilis, ii, 5; peries, periet, viii, 18; xxxiii, 7; obductio, ii, 2; v, 1, 10; etc.), which, to the extent in which they can be actually traced back to the original form of ther version, go to show that the translator had but a poor command of the Latin language. ( knabenbauerも参照くださいjos. 、 sj 、 " ecclesiaticum " 、 p. 34 ㎡ )と一緒にgraecizedフォームは、集会の書の翻訳には、多くの古ラテン語barbarismsとsolecisms (例えば、 defunctio 、私は、 13 ; religiositas 、私は、 17 、 18日、 26日; compartior 、私は、 24 ; receptibilis 、 2世、 5 ; peries 、 periet 、 viii 、 18 、 33 、 7 ; obductio 、 2世、 2 ; V電源、 1 、 10 ;等) 、これは、その範囲では、実際にさかのぼることができますが、元の形のあるバージョンをするには、詳細は、翻訳者は非常に悪いコマンドは、ラテン語ではなく、言語です。 Again, from a fair number of expressions which are certainly due to the translator, it may be inferred that at times, he did not catch the sense of the Greek, and that at other times he was too free in rendering the text before him.繰り返しますが、より公正な表現では確かに多くの翻訳者のために、推定されることがあります時、彼が聞き取れませんでしたという意味のギリシャ語、および他の回があまりにも無料で彼は彼の前にレンダリングするためのテキストです。 The Old Latin version abounds in additional lines or even verses foreign not only to the Greek, but also to the Hebrew text.ラテン語の古いバージョンで追加の行またはaboundsだけでなく、外国人もの詩をギリシャ語、ヘブライ語のテキストもしています。 Such important additions -- which often appear clearly so from the fact that they interfere with the poetical parallelisms of the book -- are either repetitions of preceding statements under a slightly different form, or glosses inserted by the translator or the copyists.このような重要な追加機能-を明確に表示されるのでていることが多いという事実から、詩的に支障をp arallelismsの予約-は、上記のいずれかのステートメントを繰り返しフォームの下にわずかに異なるか、または挿入された注釈またはトランスレータのc o pyists。 Owing to the early origin of the Latin version (probably the second century of our era), and to its intimate connection with both the Greek and Hebrew texts, a good edition of its primitive form, as far as this form can be ascertained, is one of the chief things to be desired for the textual criticism of Ecclesiasticus.のためには、ラテン語起源の初期のバージョン(おそらく2番目の世紀の私たちの時代)との親密な接続をギリシャ語、ヘブライ語の両方のテキスト、プリミティブな形の良い盤は、できる限り判然とするこのフォームは、のいずれかの目的のために最高の点には、テキスト版との批判を集会の書です。 Among the other ancient versions of the Book of Ecclesiasticus which are derived from the Greek, the Ethiopic, Arabic, and Coptic are worthy of special mention.古代のバージョンのうち、他の書籍の集会の書は、ギリシャ語に由来は、エチオピア語、アラビア語、およびコプト語は特筆すべきです。

V. AUTHOR AND DATE V.著者と日付

The author of the Book of Ecclesiasticus is not King Solomon, to whom, at St. Augustine bears witness, the work was oftentimes ascribed "on account of some resemblance of style" with that of Proverbs, Ecclesiastes, and the Canticle of Canticles, but to whom, as the same holy doctor says, "the more learned" (apparently among the church writers of the time) "know full well that it should not be referred" (On the City of God, Bk. XVII, ch xx).この本の著者は、ソロモン王の集会の書ではない、誰に、聖アウグスティヌスのクマの目撃者は、その仕事は、しばしば生得的"でアカウントのいくつかの類似のスタイル"との諺、伝道の書、ソロモンの歌と賛美歌の、しかし、誰に、同じ神聖な医者としては、 "他の学習" (作家は、明らかに教会の間の時間) 、 "十分承知している言及してはならない" (を検索するシティオブゴッド、 bk 。 17 、あなたのXX )です。 At the present day, the authorship of the book is universally and rightly assigned to a certain "Jesus", concerning whose person and character a great deal has indeed been surmised but very little is actually known.現今では、原作者としての当然の予約は普遍的に割り当てられていると、特定の"イエスキリスト" 、その人物やキャラクターに関する大きな推定は、実際には、実際にはほとんど知られている。 In the Greek prologue to the work, the author's proper name is given as Iesous, and this information is corroborated by the subscriptions found in the original Hebrew: 1, 27 (Vulgate, 1, 29); li, 30.で、ギリシャのプロローグして機能するには、著者の適切な名前が与えられたとしてiesous 、およびこの情報は確証されたのチャンネル登録を発見されたオリジナルのヘブライ語: 1 、 27日(ウルガタ聖書の、 1 、 29 ) ;李、 30 。 His familiar surname was Ben Sira, as the Hebrew text and the ancient versions agree to attest.彼の姓はベンおなじみの欠陥は、ヘブライ語のテキストとして、古代のバージョンに同意するものと証明します。 He is described in the Greek and Latin versions as "a man of Jerusalem" (1, 29), and internal evidence (cf. xxiv, 13 sqq.; 1) tends to confirm the statement, although it is not found in the Hebrew.彼はギリシャ語とラテン語のバージョンに記載されて、 "男のエルサレム" ( 1 、 29 ) 、および内部証拠( cf. 24 、 13 sqq 。 ; 1 )傾向を確認する声明が、これは、ヘブライ語ではないが見つかりましたです。 His close acquaintance with "the Law, the Prophets, and the other books delivered from the fathers", that is, with the three classes of writings which make up the Hebrew Bible, is distinctly borne witness to by the prologue to the work; and the 367 idioms or phrases, which the study of the Hebrew fragments has shown to be derived from the sacred books of the Jews, are an ample proof that Jesus, the son of Sirach, was thoroughly acquainted with the Biblical text.彼の親しい知り合いに"この法律は、預言者、および、他の書籍配信から、父親の" 、つまり、の3つのクラスの文章を穴埋めするヘブライ語聖書は、はっきりと負担の目撃者の仕事をされたプロローグ;と慣用句やフレーズの367は、この研究は、ヘブライ語の断片が表示されるから派生して神聖な書籍は、ユダヤ人、イエスキリストは、十分な証拠を手に、シラクの息子は徹底的に精通して、聖書のテキストです。 He was a philisophical observer of life, as can be easily inferred from the nature of his thought, and he himself speaks of the wider knowledge which he acquired by traveling much, and of which he, of course, availed himself in writing his work (xxxiv, 12).彼は人生哲学のオブザーバーとしての性質が簡単に推測さから彼の思想、と彼自身の広い知識がうわさを取得した彼は多くの旅、と彼は、もちろん、自分自身に書面availed彼の作品( 34 、 12 ) 。 The particular period in the author's life to which the composition of the book should be referred cannot be defined, whatever conjectures may have been put forth in that regard by some recent scholars. 、特定の期間は、著者の人生にして、その本の組成を言及することはできませんが定義されて、どんな推測を出すかもしれないその点をいくつかの最近の学者です。 The data to which others have appealed (xxxi, 22, sqq.; xxxviii, 1-15; etc.) to prove that he was a physician are insufficent evidence; while the similarity of the names (Jason-Jesus) is no excuse for those who have identified Jesus, the son of Sirach, a man of manifestly pious and honourable character with the ungodly and hellenizing high priest Jason (175-172 BC -- concerning Jason's wicked deeds, see 2 Maccabees 4:7-26).その他のデータをこれが控訴( 31 、 22 、 sqq 。 ; 38 、 1-15 ;等)を証明する医師が不足していた証拠;間の類似性の名前(ジェイソン-イエスキリスト)は弁解の余地をこれらのwhoが発見イエスキリストは、シラクの子では、男性の名誉ある文字を明らかに信心深いととんでもないとhellenizing高い司祭ジェイソン(百七十五から百七十二紀元前-に関するジェイソンの邪悪な行為を参照してください2 m accabees4 :7-26) 。

The time at which Jesus, the author of Ecclesiasticus, lived has been the matter of much discussion in the past.された時間をイエスキリストは、集会の書の著者、生きてきた問題の多くの議論を編集して項目です。 But at the present day, it admits of being given with tolerable precision.しかし、現今では、それに耐えられると認め、高精度が与えられた。 Two data are particularly helpful for this purpose. 2つのデータは、この目的のために特に便利です。 The first is supplied by the Greek prologue, where he came into Egypt en to ogdoo kai triakosto etei epi tou Euergetou Basileos, not long after which he rendered into Greek his grandfather's work.ギリシャ語の最初のプロローグが供給され、ここで彼に入ってエジプトアンogdoo甲斐triakosto eteiエピ塔をeuergetou basileosではなく、長いした後に彼は彼の祖父の仕事をギリシャ語にレンダリングします。 The "thirty-eighth year" here spoken of by the translator does not mean that of his own age, for such a specification would be manifestly irrelevant. "三十八年"ここで話さの翻訳されたわけではない、自分自身の年齢、このような仕様は明らかに不適合とする。 It naturally denotes the date of his arrival in Egypt with a reference to the years of rule of the then monarch, the Egyptian Ptolemy Euergetes; and in point of fact, the Greek grammatical construction of the passage in the prologue is that usually employed into the Septuagint version to give the year of rule of a prince (cf. Haggai 1:1, 10; Zechariah 1:1, 7; 7:1; 1 Maccabees 12:42; 14:27; etc.).彼のこと、当然それは、この評価をご到着予定で、エジプトへの参照を、年間のルールを、当時の国王、エジプトのプトレマイオスエウエルゲテス;と、ポイントを実際には、ギリシャ語の通過には、文法的に正しいの建設は、通常、雇用をプロローグセプトゥアギンタのバージョンを与える年のルールは、王子( cf.ハガイ1:1 、 10 ;ゼカリヤ1:1 、 7 ;午前7時01分; 1 maccabees 12:42 ; 14:27 ;等)です。 There were indeed two Ptolemys of the surname Euergetes (Benefactor): Ptolemy III and Ptolemy VII (Physcon).実際には2つの姓ptolemysの恩人(恩人) :プトレマイオス3世とプトレマイオス7世( physcon ) 。 But to decide which is the one actually meant by the author of the prologue is an easy matter.しかし、これは、 1つを決定することによって、実際の著者は、プロローグでは、簡単だ。 As the first, Ptolemy III, reigned only twenty-five years (247-222 BC) it must be the second, Ptolemy VII, who in intended.としての最初の、プトレマイオス3世、在位25年間のみ(紀元前二四七〜二二二)しなければなりません2番目の、プトレマイオス7世、 whoを意図した。 This latter prince shared the throne along with his brother (from 170 BC onwards), and afterwards ruled alone (from 145 BC onwards).この後者の王子と一緒に共有して王座弟(紀元前170以降) 、およびその後の支配だけで(紀元前145以降) 。 But he was wont to reckon the years of his reign from the earlier date.しかし、彼がいつもの年を数える彼の治世から、以前の日付です。 Hence "the thirty-eighth year of Ptolemy Euergetes", in which the grandson of Jesus, the son of Sirach, came to Egypt, is the year 132 BC This being the case, the translator's grandfather, the author of Ecclesiasticus, may be regarded as having lived and written his work between forty and sixty years before (between 190 and 170 BC), for there can be no doubt that in referring to Jesus by means of the term pappos and of the definite phrase ho pappos mou Iesous, the writer of the prologue designated his grandfather, and not a more remote ancestor.それゆえ、 " 30年のプトレマイオスエウエルゲテス- 8 " 、イエスキリストの孫では、シラクの息子、来てエジプト、紀元前132年は、これでは場合には、翻訳者の祖父は、集会の書の著者、 5月と見なさされていると書かれた彼の作品の間に住んで40と60年前( 190と170の間のBC )は、疑いの余地はないにしてイエスキリストを参照する手段としては、明確な用語やフレーズpapposホーpappos了解覚書iesous 、その作家彼の祖父は、プロローグの指定ではなく、もっと遠い祖先です。 The second datum that is particularly available for determining the time at which the writer of Ecclesiasticus lived is supplied by the book itself. 2番目の基準を決定することは、特にご利用いただけます時間集会の書では、作家の住んでその本自体が供給されています。 It has long been felt that since the son of Sirach celebrated with such a genuine glow of enthusiam the deeds of "the high priest Simon, son of Onias", whom he praises as the last in the long line of Jewish worthies, he must himself have been an eyewitnes of the glory which he depicts (cf. 1, 1-16, 22, 23).それは長年にわたり、シラクの子感じて以来、このような本物の輝きを祝わenthusiamの行為を"大祭司サイモン、息子のonias " 、御心に適う賛辞としての最後のは、ユダヤ人の長蛇の列のworthies 、彼は自分自身必要があります。 eyewitnesも、彼の栄光を描いて( cf. 1 、 1-16 、 22 、 23 ) 。 This was, of course, but an inference and so long as it was based only on a more or less subjective appreciation of the passage, one can easily undertand why many scholars questioned, or even rejected, its correctness.これは、もちろん、しかし、推論していれば、これは、多かれ少なかれのみに基づいて、感謝の主観の通過には、 1つの疑問が簡単にundertandなぜ多くの学者、あるいは拒否された、その正確さです。 But with the recent discovery of the original Hebrew of the passage, there has come in a new, and distinctly objective, element, whcih places practically beyond doubt the correctness of the inference.しかし、最近発見されたオリジナルのヘブライ語の通過にはには、 [新規作成]をはっきりと客観的、要素を、どの場所の正しさを疑う余地なく実質的推論します。 In the Hebrew text, immediatley after his eulogism of the high priest Simon, the writer subjoins the following fervent prayer:は、ヘブライ語のテキスト、彼の直後に、大祭司eulogismサイモン、その作家subjoinsは、次の熱心な祈り:

May His (ie Yahweh's) mercy be continually with Simon, and may He establish with him the covenant of Phineas, that will endure with him and with his seed, as the says of heaven (I, 24). 5月彼の(すなわちヤハウェ)の慈悲に継続的にサイモン、および5月彼は約束の確立と、彼はフィニアス、それには耐えられないと彼と彼の種子は、天国は言うとして(私は、 24 ) 。

Obviously, Simon was yet alive when this prayer was thus formulated; and its actual wording in the Hebrew implies this so manifestly, that when the author's grandson rendered it into Greek, at a date when Simon had been dead for some time, he felt it necessary to modify the text before him, and hence rendered it in the following general manner:明らかに、サイモンはまだ生きてこの祈りは、このように定式化、および、実際の文言は、ヘブライ語意味これ明らかに、そのときにレンダリングされることを著者の孫ギリシアするには、日付死んでいたときにいくつかのサイモン時間、彼は感じたこと彼の前に必要なテキストを変更するには、それゆえレンダリングしては、次の一般的な態度:

May His mercy be continually with us, and may He redeem us in His days.慈悲年5月に継続のご案内、および5月問い合わせ彼は彼の日中に交換します。 Besides thus allowing us to realize the fact that Jesus, the son of Sirach, was a contemporary of the high priest Simon, chap.それにこのように問い合わせできるようにイエスキリストを実現するという事実は、シラクの子、大祭司は、現代のサイモン、やつです。 1 of Ecclesiasticus affords us certain details which enable us to decide which of the two Simons, both high priests and sons of Onias and known in Jewish history, is the one described by the writer of the book.集会の書1の特定の詳細を有効にする旨の問い合わせ先を決定する2つのうちどれですシモンズ、両方の高司祭とユダヤ人の息子の履歴oniasと知られ、 1つは、この本で記述された作家です。 On the one hand, the only known title of Simon I (who held the pontificate under Ptolemy Soter, about 300 BC) which would furnish a reason for the great ecomium passed upon Simon in Ecclus., l is the surname "the Just" (cf. Josephus, Antiq. of the Jews, Bk.XII, chap. ii, 5), whence it is inferred that he was a renowned high priest worthy of being celebrated among the Jewish heroes praised by the son of Dirach.上の1つの手は、私だけの既知のタイトルをサイモン( who司教職を開催し、プトレマイオスsoterされて、約300のBC )を提出する理由は偉大なecomiumサイモンが渡された時ecclus 。 、 lは、姓"だけ" (継続前誌です。ヨセフス、 antiq 。は、ユダヤ人、 bk.xii 、やつです。 2世、 5 ) 、そこから推測していたことは有名な価値の高い司祭が有名な英雄と称賛されたユダヤ人の間の息子のdirachです。 On the other hand, such details given in Simon's panegyric, as the facts that he repaired and strengthened the Temple, fortified the city against siege, and protected the city against robbers (cf. Ecclus., 1 1-4), are in close agreement with what is known of the times of Simon II (about 200 BC).その一方で、このような内容サイモンの賛辞を与えられた、との事実を強化して彼は寺の修復と、要塞都市を包囲し、市と保護に対する強盗( cf. ecclus 。 、 1 1-4 ) 、はと緊密に契約書には何が知られ、倍のシモン2世(約200紀元前) 。 While in the days of Simon I, and immediately after, the people were undisturbed by foreign aggression, in those of Simon II the Jews were sorely harrassed by hostile armies, and their territory was invaded by Antiochus, as we are informed by Josephus (Antiq. of the Jews, Bk. XII, chap. iii, 3).一方、日中のサイモン私は、すぐにした後、外国人の人々が平静な侵略、ユダヤ人2世ではこれらのサイモンが痛んで敵対的軍隊に悩まされると、その領土はアンティオコス侵略され、我々はインフォームドコンセントをヨセフス( antiqです。は、ユダヤ人、 bk 。 12 、男です。 3世、 3 ) 。 It was also in the later time of Simon II that Ptolemy Philopator was prevented only by the high priest's prayer to God, from desecrating the Most Holy Place; he then started a fearful persecution of the Jews at home and abroad (cf. III Mach., ii, iii).それはまた、シモン2世が、後の時間を防ぐだけではプトレマイオスphilopator大祭司の祈りを神は、最も神聖な場所からdesecrating ;彼入力し、ユダヤ人迫害を恐れて開始した国内外の( cf.マッハ3世です。 、 2世、 3世) 。 It appears from these facts -- to which others, pointing in the same direction, could easily be added -- that the author of Ecclesiasticus lived about the beginning of the second century BC As a matter of fact, recent Catholic scholars, in increasing number, prefer this position that which identifies the high priest Simon, spoken of in Ecclus., l, with Simon I, and which, in consequence, refers the composition of the book to about a century earlier (about 280 BC)それが表示されたら、これらの事実-を他人と同じ方向を指す可能性に簡単に追加されました-は、集会の書の著者に住んについては、紀元前2世紀初めとして、実際のところ、最近のカトリックの学者は、増えては、このポジションを好むことを識別し、高い司祭サイモン、話さのでecclus 。 、左、サイモンiとは、結果として、この本の組成を参照するには約一世紀以前の(約280紀元前)

VI. Ⅵ 。 METHOD OF COMPOSITIONメソッドの組成

At the present day, there are two principal views concerning the manner in which the writer of Ecclesiasticus composed his work, and it is difficult to say which is the more probable.現今では、校長には2つの方法で再生回数に関する集会の書ではその作家の彼の作品で構成、およびそれを言うのは難しいこれは、他の予想です。 The first, held by many scholars, maintains that an impartial study of the topics treated and of their actual arrangement leads to the conclusion that the whole book is the work of a single mind.の第一に、多くの学者開催され、公平な研究を維持するのトピックが扱われると、実際の配置、という結論につながるの仕事を全体の予約は、 1つの心です。 Its advocates claim that, throughout the book, one and the same general purpose can be easily made out, to wit: the purpose of teaching the practical value of Hebrew wisdom, and that one and the same method in handling the materials can be readily noticed, the writer always showing wide acquaintance with men and things, and never citing any exterior authority for what he says.その擁護派と主張し、予約して、 1つのと同じ汎用目的が簡単に作られた、機知に富んだ:教育の目的はヘブライ語の実用的な価値の知恵ており、その1つのと同じ方法で処理して材料が容易に気づいた、その作家は常に表示中広い男性と知り合いになること、および任意のエントランスの権限を決して理由は何と彼は言う。 They affirm that a careful examination of the contents disclosed a distinct unity of mental attitude on the author's part towards the same leading topics, towards God, life, the Law, wisdom, etc. They do not deny the existence of differences of tone in the book, but think that they are found in various paragraphs relating to minor topics; that the diversities thus noticed do not go beyond the range of one man's experience; that the author very likely wrote at different intervals and under a variety of circumstances, so that it is not to be wondered at if pieces thus composed bear the manifest impress of a somewhat different frame of mind.彼ら断言するが開示の内容を慎重に検討する姿勢をはっきりと団結の精神的な部分に向かって、著者の主要なトピックと同じに向かっ神、日本での生活は、法では、知恵などの存在を否定していないトーンの違いは、予約、しかし、彼らは見られると思うの段落に関連する様々なマイナーなトピック;は、多様性このように気づいていないの範囲を越えて行く一人の男の経験;は、著者が非常に高いと書いたの間隔は異なるさまざまな状況の下でように、それは不思議ではない場合がありますクマのマニフェストの作品で構成さを感心させるための心のフレームを少し違う。 Some of them actually go so far as to admit that the writer of Ecclesiasticus may at times have collected thoughts and maxims that were already in current and popular use, may even have drawn material from collections of wise sayings no longer extant or from unpublished discourses of sages; but they, each and all, are positive that the author of the book "was not a mere collector or compiler; his characteristic personality stands out too distinctly and prominently for that, and notwithstanding the diversified character of the apophthegms, they are all the outcome of one connected view of life and of the world" (Schürer).実際にいくつかのことを認めざるを行くこれまでのところは、作家としての集会の書年5月に倍の考えと格言が収集された人気の電流と、既に使用し、 5月よりも描画材料のコレクションをより賢明なことわざや未発表の談話で、もはや現存の賢;しかし、彼らは、各およびすべての、には正のは、本の著者は、 "単なるコレクタまたはコンパイラはない;彼の特徴的な性格が目立つあまりにもはっきりと目立つようにそのためには、多様化するとの規定にかかわらず、 apophthegmsの文字を、彼らはすべての接続の結果を1つの人生観とオブザワールド" ( schürer ) 。 The second view maintains that the Book of Ecclesiasticus was composed by a process of compilation. 2番目のカテゴリーの維持には、この本の集会の書は、構成されたプロセスをコンパイルしている。 According to the defenders of this position, the compilatory character of the book does not necessarily conflict with a real unity of general purpose pervading and connecting the elements of the work; such a purpose proves, indeed, that one mind has bound those elements together for a common end, but it really leaves untouched the question at issue, viz.守備によると、この位置は、その本の文字をcompilatoryは必ずしも実際の団結と競合する汎用の要素を接続して広まっているとの仕事;このような目的のための証明、実際のところ、これらの要素を1つの心は一緒にバインド、共通の終わりだけど、でもやっぱり葉手つかずの問題となっている問題では、 viz 。 whether that one mind must be considered as the original author of the contents of the book, or, rather, as the combiner of pre-existing materials. 1つの心を考慮する必要がありますかどうかは、元の著者は、この本の内容を、または、むしろ、既存のコンバイナの材料です。 Granting, then, the existence of one and the same general purpose in the work of the son of Sirach, and admitting likewise the fact that certain portions of Ecclesiasticus belong to him as the original author, they think that, on the whole, the book is a compilation.付与、その後、 1つが存在するのと同じ汎用目的でシラクの息子の仕事をし、同様の事実を認める集会の書の特定の部分を彼は、元の著者に所属し、彼らと思う、全体を、この本は、コンパイルしている。 Briefly stated, the following are their grounds for their position.簡単には、その根拠は、次のは、自分の位置です。 In the first place, from the very nature of his work, the author was like "a gleaner after the grape-gatherers"; and in thus speaking of himself (xxxiii, 16) he gives us to understand that he was a collector or compiler.まず第一に、彼の仕事の本質を、著者は、のような"グリーナーした後、ブドウの取材記者" ;と言えば、このように自分自身( 33 、 16 )彼は与えてくれるかを理解していた、コレクタまたはコンパイラです。 In the second place, the structure of the work still betrays a compilatory process. 2番目の開催地は、まだその仕事の構造を裏切ってcompilatoryプロセスです。 The concluding chapter (li) is a real appendix to the book, and was added to it after the completion of the work, as is proved by the colophon in 1, 29 sqq.の総括編(李)は、本物の付録を予約し、それが追加されましたの仕事を完了した後、奥付には証明された、 1 、 29 sqq 。 The opening chapter reads like a general introduction to the book, and indeed as one different in tone from the chapters by which its immediately followed, while it resembes some distinct sections which are embodied in furthur chapters of the work.オープニングの章のように読み取ります全般紹介して予約し、実際に1つの章から別のトーンをその直後に、いくつかの異なるセクションresembes中には支部の仕事をfurthurに体現されています。 In the body of the book, ch.書籍の本文に、あなたのです。 xxxvi, 1-19, is a prayer for the Jews of the Dispersion, altogether unconnected with the sayings in verses 20 sqq. 36 、 1-19は、ユダヤ人のための祈りの言葉を分散、完全に接続されていないのことわざの詩20 sqq 。 of the same chapter; ch.と同じ章;あなたのです。 xliii, 15-1, 26, is a discourse clearly separate from the prudential maxims by which it is immediatley preceded; chs. 43 、 15-1 、 26日、談話は、プルデンシャルからの格言を明確に分離されたことがすぐに先行; chsです。 xvi, 24; xxiv, 1; xxxix, 16, are new starting-points, which, no less than the numerous passages marked by the address my son (ii, 1; iii, 19; iv, 1, 23; vi, 18, 24, 33; etc.). 16 、 24 、 24 、 1 ;三十九、 16日、新たな出発点は、これ以上、多くの通路でマークされてアドレスを私の息子( 2世、 1 ; 3世、 19 ;四、 1 、 23 ;六、 18 、 24 、 33 ;等)です。 and the peculiar addition in 1, 27, 28, tell against the literary unity of the work.と独特のに加え、 1 、 27日、 28日、反対する文学の結束を伝える弊社の仕事です。 Other marks of a compilatory process have also been appealed to.その他の商標は、 compilatoryプロセスにもアピールします。 They consist in the significant repetition of several sayings in different places of the book (cf. xx, 32, 33, which is repeated in xli, 17b, 18; etc.); in apparent discrepancies of thought and doctrine (cf. the differences of tone in chs. xvi; xxv; xxix, 21-41; xl, 1-11; etc); in certain topical headings at the beginning of special sections (cf. xxxi, 12; 41:16; 44:1 in the Hebrew); and in an additonal psalm or canticle found in the newly discovered Hebrew text, between li, 12, and li, 13; all of which are best accounted for by the use of several smaller collections containing each the same saying, or differing considerably in their genral tenor, or supplies with their respective titles.彼らの繰り返しで構成さは、いくつかの重要なことわざが異なる場所にあり、予約( cf.イグゼクス、 32 、 33 、これは第41回繰り返され、 17b 、 18 ;等) ;の見掛けの思想と教義の違い( cf.の違いchsのトーンにします。 16 、 25 、 29 、 21〜41 ; xl 、 1-11 ;等) ; 、特定の局所件名の冒頭に特別なセクション( cf. 31 、 12 ; 41:16 ; 44:1は、ヘブライ語) 、および追加詩編や賛美歌は、発見された新たに発見さヘブライ語のテキストの間に李は、 12日、と李は、 13 ;の全てのテストが最良の割合は、それぞれの使用を含むいくつかの小規模なコレクションと同じと述べ、または異なる彼らはかなりgenralテナーか、または、それぞれのタイトルを供給します。 Finally, there seems to be an historical trace of the compilatory character of Ecclesiasticus in a second, but unauthentic, prologue to the book, which is found in the "Synopsis Sacrae Scripturae".最後に、歴史的なトレースするとみられるcompilatoryの文字を、集会の書で2番目の、しかし、本物でない、プロローグを予約、これは発見された"形式sacrae scripturae "です。 In this document, which is printed in the works of St. Athanasius and also at the beginning of Ecclesiasticus in the Complutensian Polyglot, the actual redaction of the book is ascribed to the Greek translator as a regular process of compilation detached hymns, sayings, prayers, etc., which had been left him by his grandfather, Jesus, the son of Sirach.このドキュメントでは、これは聖アタナシウスの作品を印刷する際には、集会の書の冒頭にもcomplutensianは、多言語で書かれたが、実際の改訂は、予約は生得的に、ギリシャの翻訳者として定期的なプロセスをコンパイル一戸建て賛美歌、ことわざ、祈りなど、左の彼のことをされていた彼の祖父は、イエスキリストは、シラクの子です。

VII. Ⅶ 。 DOCTRINAL AND ETHICAL TEACHING合理的かつ倫理的な指導

Before setting forth in a summary way the principal teachings, doctrinal and ethical, contained in the Book of Ecclesiasticus, it will not be amiss to premise two remarks which, however elementary, should be distinctly borne in mind by anyone who wished to view the doctrines of the son of Sirach in their proper light.要約の方法を設定する前に記載され、校長の教えは、倫理的な教義と、集会の書に含まれている本を、気を悪くすることはできません2つの発言を前提に、しかし小学校、負担を念頭に置いて明らかにすべきであるwhoを希望して誰でも参照して教説シラクの息子の光を各々の適切です。 First, it would be obviously unfair to require that the contents of this Sapiential book should come full up to the high moral standards of Christian ethics, or should equal in clearness and precision the dogmatic teachings embodied in the sacred writings of the New Testament or in the living tradition of the Church; all that can be reasonabley expected of a book composed some time before the Christian Dispensation, is that it shall set forth subsantially good, not perfect, doctrinal and ethical teaching.第一に、不公正を要求することが明らかにして、この知恵の予約の内容を完全に来て、高い道徳基準をキリスト教の倫理か、または同等の透明性とは、高精度の独断的な教えに体現され、新約聖書の聖典、またはの生活の伝統を教会;すべてのことができる本の構成reasonabley期待キリスト教の神の摂理の前にいくつかの時間、 subsantially規定は、それは良いではなく、完璧な、合理的かつ倫理的な教育です。 In the second place, both good logic and sound common sense demand that the silence of Ecclesiasticus concerning certain points of doctrine be not regarded as a positive denial of them, unless it can be clearly and conclusively shown that such a silence must be so construed. 2番目の場所で、両方の良い論理と健全な常識に関する集会の書を請求することが沈黙の特定のポイントの教義肯定的ではないと見なされることの否定をしない限り、明確にし、具体的に示すことが沈黙しなければならないので、そのような解釈です。 The work is mostly made up of unconnected sayings which bear on all kinds of topics, and on that account, hardly ever, if ever at all, will a sober critic be able to pronounce on the actual motive which prompted the author of the book either to mention or to omit a particular point of doctrine.その仕事はほとんど行わアップ接続されていないすべての種類のことわざをテーマにクマ、およびそのアカウントには、ほとんどないとすればはすべて、まじめな批評家ができるように発音されたら、実際の動機がいずれかの本の著者は、に触れたり、特定のポイントの教義を省略します。 Nay more, in presence of a writer manifestly wedded to the national and religious traditions of the Jewish race as the general tone of his book proves the author of Ecclesiasticus to have been, every scholar worthy of the name will readily see that silence on Jesus' part regarding some important doctrine, such for instance as that of the Messias, is no proof whatever that the son of Sirach did not abide by the belief of the Jews concerning that doctrine, and, in reference to the special point just mentioned, did not share the Messianic expectations of his time.いや他のは、作家の存在を明らかに結婚して国家と宗教的伝統のレースとしては、ユダヤ人全般口調で彼の本の著者の集会の書には証明され、すべての学者の名に値することは容易に沈黙を参照しイエスキリスト'教義のいくつかの重要な部分について、このようなものと思われるmessias例えば、どんな証拠は何もないシラクは、息子を順守しなかったという信念は、ユダヤ人が教義について、および、ポイントだけを参考に、特別な言及しなかった救世主の期待を自分の時間を共有しています。 As can readily be seen, the two general remarks just made simply set forth the elementary canons of historical criticism; and they would not have been dwelt on here were it not that they have been very often lost sight of by Protestant scholars, who, biased by their desire to disprove the Catholic doctrine of the inspired character of Ecclesiasticus, have done their utmost to depreciate the doctrinal and ethical teaching of this deuterocanonical book.が容易に見られるとして、 2つの一般的な発言を定める作ったばかりのものが、単に歴史的な批判の小学校参事;と力説されるようなことはしないが、ここはそれがないことを、非常によく見失うプロテスタントの学者、 who 、偏った反証はその欲望を刺激したのは、カトリック教義の集会の書の文字を、これまでに、全力を教義と倫理的な価値を下げる第二正典教授は、次の予約します。

The following are the principal dogmatic doctrines of Jesus, the son of Sirach.校長は、次の独断的な教説は、イエスキリストは、シラクの子です。 According to him, as according to all the other inspired writers of the Old Testament, God is one and there is no God beside Him (xxxvi, 5).彼によると、インスピレーションとしての他のすべての作家によると、旧約聖書の、神が一つだけで、彼の横にある外に神はない( 36 、 5 ) 。 He is a living and eternal God (xviii, 1), and although His greatness and mercy exceed all human comprehension, yet He makes Himself known to man through His wonderful works (xvi, 18, 23 xviii, 4).彼は、リビングと永遠の神( 18 、 1 ) 、および彼の偉大さと慈悲のすべての人間の理解を超えて、まだ彼は自分自身がわかって男を通じて彼の素晴らしい作品( 16 、 18 、 23 18 、 4 ) 。 He is the creator of all things (xviii, 1; xxiv, 12), which He produced by His word of command, stamping them all with the marks of greatness and goodness (xlii, 15-xliii ; etc.).彼はすべてのものの創造者( 18 、 1 ; 24 、 12 ) 、彼の言葉に制作された彼のコマンドは、それらすべてのスタンプのマークの偉大さと善( 42 、 15 - 43 ;等)です。 Man is the choice handiwork of God, who made him for His glory, set him as king over all other creatures (xvii, 1-8), bestowed upon him the power of choosing between good and evil (xv, 14-22), and will hold him accountable for his own personal deeds (xvii, 9-16), for while tolerating, moral evil He reproves it and enables man to avoid it (xv, 11-21).人間は神の手工芸品の選択、 whoは彼の栄光は、彼として設定キング以上のすべての生き物( 17 、 1-8 ) 、彼のパワーを選んで課せられた善と悪の間( 15 、 14-22 ) 、彼の説明責任を保持するとは、彼自身の個人的な行為( 17 、 9-16 ) 、耐えながら、道徳的な悪reprovesし、彼はそれを避けるために有効に男性( 15 、 11-21 ) 。 In dealing with man, God is no less merciful than righteous: "He is mighty to forgive" (xvi, 12), and: "How great is the mercy of the Lord, and His forgiveness to them that turn to Him" (xvii, 28); yet no one should presume on the Divine mercy and hence delay his conversion, "for His wrath shall come on a sudden, and in the time of vengeance He will destroy thee" (v, 6-9).問題に対処する男は、慈悲深き神はないよりも正しい: "彼は偉大なを許して" ( 16 、 12 ) 、および: "どのように素晴らしいのなすがままには、主よ、御赦しと彼の悔悟してかれにして" ( 17 、 28 ) ;はまだありません〜につけ込むの1つは、それゆえの遅延は神の慈悲と彼のコンバージョン率、 "彼の怒りは、突然条の規定は、時間の復讐とは、彼は、なたを破壊する" ( V電源、 6-9 ) 。 From among the children of men, God selected for Himself a special nation, Israel, in the midst of which He wills that wisdom should reside (xxiv, 13-16), and in behalf of which the son of Sirach offers up a fervent prayer, replete with touching remembrances of God's mercies to the patriarchs and prophets of old, and with ardent wishes for the reunion and exaltation of the chosen people (xxxvi, 1-19).男性の子供たちの中から、神が自分自身を選択し、特別な国、イスラエル、彼は意志の真っただ中には知恵が必要に常駐( 24 、 13-16 ) 、およびでは、シラクの子の代わりに提供するに熱心な祈り、充実したばかりの恵みに触れ、神の思い出をpatriarchsと預言者の古い、との願いをすると熱烈な再会と高揚は、選択した人々 ( 36 、 1-19 ) 。 It is quite clear that the Jewish patriot who put forth this petition to God for future national quiet and prosperity, and who furthermore confidently expected that Elias's return would contribute to the glorious restoration of all Israel (cf. xlviii, 10), looked forward to the introduction of Messianic times.ユダヤ人のことは非常にはっきりしているこの請願書を出すパトリオットwho将来の国家静かなと繁栄を神とwhoさらに自信をエリアスの復帰が期待され、栄光の回復に貢献するのすべてのイスラエル( cf. 48 、 10 ) 、楽しみにしの導入の救世主回クリックします。 It remains true, however, that in whatever way his silence be accounted for, he does not speak anywhere of a special interposition of God in behalf of the Jewish people, or of the future coming of a personal Messias.それがtrueの場合、しかし、彼の沈黙してどのような方法での割合は、任意の場所を話す彼は神の特別な介入を代表してユダヤ人の人々 、あるいは個人の将来の到来をmessiasです。 He manifestly alludes to the narrative of the Fall, when he says: "From the woman came the beginning of sin, and by her we all die" (xxv, 33), and apparently connects with this original deviation from righteousness the miseries and passions that weigh so heavily on the children of Adam (xl, 1-11).彼は明らかにして物語のalludesの秋に、彼は言う: "女性からの罪の初めに来た、とされて、私たちは皆、死ぬ" ( 25 、 33 ) 、と明らかに接続元の偏移から、この正義の苦難と情熱その重さに大きく依存するので子供たちのアダム( xl 、 1-11 ) 。 He says very little concerning the next life.と彼は言います、次の生活に関するほとんどです。 Earthly rewards occupy the most prominent, or perhaps even the sole, place, in the author's mind, as a sanction for present good or evil deeds (xiv, 22-xv, 6; xvi, 1-14); but this will not appear strange to anyone who is acquainted with the limitations of Jewish eschatology in the more ancient parts of the Old Testament.この世で最も著名な報酬を占領するか、あるいはもの唯一の、場所、は、著者の心のは、制裁措置として、現在のいいか悪い行い( 14 、 22 - 15 、 6 、 16 、 1-14 ) ;しかし、これは表示されない奇妙な話だが誰whoは、ユダヤ人の終末論の限界を知り合いには、他の古代の部分を、旧約聖書のです。 He depicts death in the light of a reward or of a punishment, only in so far as it is either a quiet demise for the just or a final deliverance from earthly ills (xli, 3, 4), or, on the contrary, a terrible end that overtakes the sinner when he least expects it (ix, 16, 17).彼の死の光を描いたり、処罰することへの報酬は、これまでのところはそれだけでは、崩壊のいずれかを静かに最後の救出されたばかりか、この世の苦しみから(第41回、 3 、 4 ) 、または、それとは逆に恐ろしい終わりがやって来た時、彼は最低で罪人を期待して( 9世、 16 、 17 ) 。 As regards the underworld or Sheol, it appears to the writer nothing but a mournful place where the dead do not praise God (xvii, 26, 27)地下またはsheolについては、その作家ないように見えますが悲しげな場所ではなく、称賛、死者はありません神( 17 、 26 、 27 )

The central, dogmatic, and moral idea of the book is that of wisdom.の中央、独断的、道徳的なアイデアと知恵は、この本です。 Ben Sira describes it under several important aspects.ベン欠陥とされていくつかの重要な側面について説明します。 When he speaks of it in relation to God, he almost invariable invests it with personal attributes.話すときに彼は神のことに関連して、彼はそれを個人投資ほぼ不変の属性を設定します。 It is eternal (i, 1), unsearchaable (i, 6, 7), universal (xxiv, 6 sqq.).これは永遠の(私は、 1 ) 、 unsearchaable (私、 6 、 7 ) 、ユニバーサル( 24 、 6 sqq 。 ) 。 It is the formative, creative power of the world (xxiv, 3 sqq.), yet is itself created (i, 9; also in Greek: xxiv, 9), and is nowhere treated as a distinct, subsisting Divine Person, in the Hebrew text.それは、造形、創造力は、世界( 24 、 3 sqq 。 ) 、作成自体はまだありませんが(私は、 9 ;また、ギリシャ語: 24 、 9 ) 、どことは異なるとして扱われて、自給神の人は、ヘブライ語のテキストです。 In relation to man, wisdom is depicted as a quality which comes form the Almighty and works most excellent effects in those who love Him (i, 10-13).男に関連して、知恵が描かフォームとしての品質についてくると動作して偉力ならびなき方ではこれらのwho最も優れた効果を愛している(私、 10-13 ) 。 It is identified with the "fear of God" (i, 16), which should of course prevail in a special manner in Israel, and promote among the Hebrews the perfect fulfilment of the Mosaic Law, which the author of Ecclesasticus regards as the living embodiment of God d wisdom (xxiv, 11-20, 32, 33).識別することは"神への恐怖" (私は、 16 ) 、これはもちろん、説得するために特別な態度で、イスラエル、ヘブル人への手紙との間の完全な履行を促進する、モザイク法では、 ecclesasticusに関しては、著者としての生活神の実施の態様d知恵( 24 、 11-20 、 32 、 33 ) 。 It is a priceless treasure, to the acquistion of which one must devote all his efforts, and the imparting of which to others one should never grudge (vi, 18-20; xx, 32, 33).それは貴重な宝物、うち1つを集録のすべての彼の努力を割く必要がありますし、これを他の流動性の1つは決して恨み(六、 18-20 ;イグゼクス、 32 、 33 ) 。 It is a disposition of the heart which prompts man to practise the virtues of faith, hope, and love of God (ii, 8-10), of trust and submission, etc. (ii, 18-23; x, 23-27; etc.); which also secures for him happiness and glory in this life (xxxiv, 14-20; xxxiii, 37, 38; etc.).これは心臓の処分を要求する男の美徳を練習する信仰、希望、そして神の愛( 2 、 8-10 ) 、信頼と発表申込等( 2世、 18-23であり、 x 、 23-27 ;等) ;にも彼の幸福と栄光の確保、この生活( 34 、 14-20 、 33 、 37 、 38 ;等)です。 It is a frame of mind which prevents the discharge of the ritual law, especially the offering of sacrifices, from becoming a heartless compliance with mere outward observances, and it causes man to place inward righeousness far above the offering of rich gifts to God (xxxv).これは心のを防止するには、フレームの儀式放電法では、特に、提供の犠牲は、単なる外側になりつつある無情な慣例の遵守、およびそれが原因で男を上回っている場所を提供対内righeousness豊かな贈り物をする神( 35 ) 。 As can readily be seen, the author of Ecclesiasticus inculcated in all this a teaching far superior to that of the Pharisees of a somewhat later date, and in no way inferior to that of the prophets and of the commendable, too, are the numerous pithy sayings which the son of Sirach gives for the avoidance of sin, wherein the negative part of practical wisdom may be said to consist.が容易に見られるとして、集会の書の著者のinculcatedこれはすべての授業よりはるかに優れているのは、ややpharisees後日、とに遜色のないことは称賛に値するのは、預言者と、あまりにも、数多くのは、的を射たことわざは、シラクの子罪の発生を避けるために、そこの負の部分を構成によると実用的な知恵があります。 His maxims against pride (iii, 30; vi, 2-4; x, 14-30; etc.), covetousness (iv, 36; v, 1; xi, 18-21), envy, (xxx, 22-27; xxxvi, 22), impurity(ix, 1-13; xix, 1-3; etc.).anger (xviii, 1-14; x, 6), intemperance (xxxvii, 30-34).彼の格言に対するプライド( Ⅲ 、 30 ;六、 2-4であり、 x 、一四から三〇まで;等) 、どん欲( 4 、 36 ; V電源、 1 ; xi 、 18-21 ) 、うらやましさのあまり、 ( xxxと22-27 ; 36 、 22 ) 、不純物( 9世、 1-13 ; 19 、 1-3 ;等)です。怒り( 18 、 1-14であり、 x 、 6 ) 、 intemperance ( 37 、 30-34 ) 。 sloth (vii, 16; xxii, 1, 2), the sins of the tongue(iv, 30; vli, 13, 14; xi, 2, 3; i, 36-40; v, 16, 17; xxviii, 15-27; etc.), evil company, (xi, 31-36; xxii, 14-18; etc.), display a close observation of human nature, stigmatize vice in a forcible manner, and at times point out the remedy against the spiritual distemper.ナマケモノ( 7 、 16 ; xxii 、 1 、 2 )は、罪の舌の( 4 、 30 ; vli 、 13 、 14 ; xi 、 2 、 3 ;私、 36-40 ; V電源、 16 、 17 、 28 、 15 -27 ;等) 、悪の会社、 (十一、 31-36 ; xxii 、 14-18 ;等)は、人間の本性を表示するに近い観測、汚名を着せる担当副で、強制的な態度、と指摘している救済策に対する回の精神的ジステンパーです。 Indeed, it is probably no less because of the success which Ben Sira attained to in branding vice than because of that which he obtained in directly inculcating virtue, that his work was so willingly used in the early days of Christianity for public reading at church, and bears, down to the present day, the pre-eminent title of "Ecclesiasticus".実際のところ、それはおそらくないの成功のために欠陥が達成されてブランディング担当副ベンよりも彼のために得られることが美徳に直接inculcating 、その彼の仕事はとても喜んで使用され、初期の頃の公共読んでキリスト教の教会、とクマは、下に、現在の1日は、事前に著名なのタイトルを"集会の書"です。

Together with these maxims, which nearly all bear on what may be called individual morality, the Book of Ecclesiasticus contains valuable lessons relative to the various classes which make up human society.これらの格言と一緒に、これは何年5月にほぼすべてのクマに個々の道徳性と呼ばれる、貴重な教訓が含まれ、書籍の集会の書の様々なクラスが相対的に人間社会の埋め合わせです。 The natural basis of society is the family, and the son of Sirach supplies a number of pieces of advice especially appropriate to the domestic circles as it was then constituted.社会基盤の自然は、家族との息子のシラク供給して適切な数の作品のアドバイスを特にその後、国内のサークルとして構成します。 He would have the man who wishes to become the head of a family determined in the choice of a wife by her moral worth (xxxvi, 23-26; xl, 19-23).彼はwhoの願いは、男は、ご家族になるには頭を選択決定さで妻を彼女の道徳的価値( 36 、 23-26 ; xl 、 19-23 ) 。 He repeatedly describes the precious advantages resulting from the possession of a good wife, and contrasts with them the misery entailed by the choice of an unworthy one (xxvi, 1-24; xxv, 17-36).彼は貴重な優位性を繰り返し説明してからの所持結果の良い奥さんには、それらの不幸と対照的に、保険された1つの選択肢に値しない( 26 、 1-24 ;二十五、一七〜三六) 。 The man, as the head of the family, he represents indeed as vested with more power than would be granted to him among us, but he does not neglect to point out his numerous responsibilities towards those under him: to his children, especially his daughter, whose welfare he might more particularly be tempted to neglect (vii, 25 sqq.), and his slaves, concerning whom he writes: "Let a wise servant be dear to thee as they own soul" (vii, 23; xxxiii, 31), not meaning thereby, however, to encourage the servant's idleness or other vices (xxxiii, 25-30).その男は、ご家族としての頭の部分を、彼は実際にはより多くの電力が既得と彼の間に付与さ問い合わせは、しかし、彼は彼の怠慢を指摘されている数多くの責任を彼:自分の子供たち、特に彼の娘で、その福祉の他、特にかもしれないが彼の誘惑に放置( 7 、 25 sqq 。 ) 、およびそのしもべは、御心に適うについて書いています: "では、賢明な使用人として、なたが彼ら自身の魂を愛する" ( 7 、 23 、 33 、 31 )ではなく、意味が、しかし、怠け癖を奨励する、またはその他の使用人の悪弊( 33 、 25-30 ) 。 The duties of children towards their parents are often and beautifully insisted upon (vii, 29, 30, etc.).次のような任務の子供たち向け子供の親たちはしばしば、美しく主張する( 7 、 29 、 30 、等) 。 The son of Sirach devoted a variety of sayings to the choice and the worth of a real friend (vi, 6-17; ix, 14, 15; xii, 8, 9), to the care with which such a one should be preserved (xxii, 25-32), and also to the worthlessness and dangers of the unfaithful friend (xxvii, 1-6, 17-24; xxxiii, 6).シラクの息子の献身的なことわざを、様々な選択肢との価値には、本物の友人に送る(六、 6月17日; 9世、 14 、 15 、 12 、 8 、 9 ) 、を1つのケアをどのように保存すべきである( xxii 、 25-32 ) 、けん怠としても、浮気の危険性を友人に送る( 27 、 1-6 、 17-24 ;三十三、 6 ) 。 The author has no brief against those in power but on the contrary considers it an expression of God's will that some should be in exalted, and others in humble, stations in life (xxxiii, 7-15).簡単な反対者の著者は権力の座にないですが、逆に考えて神のご意志を表現すべきであることをいくつかの高貴な、およびその他の謙虚な、駅での生活( 33 、 7-15 ) 。 He conceives of the various classes of society, of the poor and the rich, the learned and the ignorant, as able to become endowed with wisdom (xxxvii, 21-29).彼は様々なクラスの社会の理解は、貧しい人々との豊かな、無知なのを学んだと、恵まれていることになるの知恵( 37 、 21-29 ) 。 He would have a prince bear in mind that he is in God's hand, and owes equal justice to all, rich and poor (v, 18; x, 1-13).彼は王子ことを心にとめは、彼は神の手は、正義と平等をすべての負債が、金持ちと貧乏人( V電源、 18であり、 x 、 1-13 ) 。 He bids the rich give alms, and visit the poor and the afflicted (iv, 1-11; vii, 38, 39; xii, 1-7; etc.), for almsgiving is a means to obtain forgiveness of sin (iii, 33, 34; vii, 10, 36) whereas hardheartedness is in every way hurtful 9xxxiv, 25-29).彼の豊かな入札価格の施しを与える、とにアクセスして非常に悪いと罹災( 4 、 1-11 ; 7 、 38 、 39 、 12 、 1-7 ;等) 、 almsgivingは、罪の赦しを入手する手段( Ⅲ 、 33 、 34 ; 7 、 10 、 36 )一方hardheartednessは、ほとんどすべての人を傷つけるような方法9xxxiv 、 25-29 ) 。 On the other hand, he directs the lower classes, as we might call them, to show themselves submissive to those in higher condition and to bear patiently with those who cannot be safely and directly resisted (viii, 1-13; ix, 18-21; xiii, 1-8).その一方で、彼はクラスの指示の下、コールとして私たちかもしれないし、従順にそれらを表示することを条件とクマが高いと気長に安全かつそれらのwho直接抵抗することはできません(八、 1-13 ; 9世、 18 - 21 、 13 、 1-8 ) 。 Nor is the author of Ecclesiasticus anything like a misanthrope that would set himself up resolutely against the legitmate pleasures and the received customs of social life (xxxi, 12-42; xxxii, 1 sqq.); while he directs severe but just rebukes against the parasite (xxix, 28-35; xi, 29-32).集会の書の著者でも何かのように設定する厭世家が自らの快楽を断固として反対すると、受信したlegitmate税関の社会生活( 31 、一二から四二;参拾、 1 sqq 。 ) ;ながら彼は重度の指示ではなく、ただ反対するrebukes寄生虫( 29 、 28-35 ; xi 、 29-32 ) 。 Finally, he has favourable sayings about the physician (xxviii, 1-15(, and about the dead (vii, 37; xxxviii, 16-24); and strong words of caution against the dangers which one incurs in the pursuit of business (xxvi, 28; xxvii, 1-4; viii, 15, 16).最後に、彼は有利なことわざについては、医師( 28 、 1-15 ( 、およびについては、死んだ( 7 、 37 、 38 、 16-24 ) ;と強い反対の危険性を警告の言葉を1つのビジネスを追い求めてincurs ( 26 、 28 、 27 、 1-4 ; viii 、 15 、 16 ) 。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Beth Ste-Marie.サント=マリーベス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.のは、カトリックの百科事典、ボリュームv.公開1909 。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.公認、 1909年5月1日です。 Remy Lafort, Censor.レミlafort 、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Catholic authors are marked with an asterik (*) Commentaries: CALMET* (Venice, 1751): FRITZSCHE, (Leipzig, 1859); BISSELL (New York, 1880); LESETRE* (Paris, 1880); EDERSHEIM (London-1888); ZOCKLER, (Munich, 1891); RYSSEL (Tubingen, 1900-1901); KNABENBAUER* (Paris, 1902).カトリックの作者はマークが付いてasterik ( * )論評:カルメ* (ベニス、 1751 ) :フリッチェ、 (ライプチヒ、 1859 ) ;ビッセル(ニューヨーク、 1880 ) ; lesetre * (パリ、 1880 ) ; edersheim (ロンドン- 1888 ) ;ツェックラー、 (ミュンヘン、 1891 ) ; ryssel (テュービンゲン、 1900-1901 ) ; knabenbauer * (パリ、 1902 ) 。 Introductions to the Old Testament: RAULT* (Paris, 1882); VIGOUROUX* (Paris, 1886); CORNELY* (Paris, 1886); TRONCHON-LESETRE* (Paris, 1890); KONIG (Bonn, 1893); CORNILL, (Freiburg, 1899); GIGOT* (New York, 1906) Monographs on Ancient Versions: PETERS* (Freiburg, 1898); HERKENNE* (Leipzig, 1899).を紹介して旧約聖書: rault * (パリ、 1882 ) ; vigouroux * (パリ、 1886 ) ; cornely * (パリ、 1886 ) ; tronchon - lesetre * (パリ、 1890 ) ;ケーニッヒ(ボン、 1893 ) ;コルニル、 (フライブルク、 1899 ) ;ジゴ* (ニューヨーク、 1906 )論文は古代のバージョン:ピーターズ* (フライブルク、 1898 ) ; herkenne * (ライプチヒ、 1899 ) 。 Literature on Hebrew Fragments: TOUZARD* (Paris, 1901); KNABENBAUER* (Paris, 1902).ヘブライ語文学上の断片: touzard * (パリ、 1901 ) ; knabenbauer * (パリ、 1902 ) 。


Wisdom of Jesus the son of Sirachシラクの息子イエスの知恵

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Names.名を表示します。

Author.著者です。

Date.日付。

Contents.内容です。

Importance for the History of Thought.重要なのは思想の歴史です。

Possible Traces of Hellenic Influence.古代ギリシャに影響を与える可能性の痕跡をします。

Popularity Among the Jews.ユダヤ人の人気を得ています。

Popularity Among Christians.キリスト教徒の間で人気です。

Discovery of Hebrew Fragments.ヘブライ語の破片の発見です。

Manuscripts.原稿です。

Originality of the Hebrew Fragments.独創性は、ヘブライ語の断片です。

The Final Hymn.賛美歌の最後のです。

Critical Value of the Hebrew Text.臨界値は、ヘブライ語のテキストです。

Importance for the History of the Bible.重要なのは、聖書の歴史のです。

The Greek Version.ギリシャ語バージョンです。

The Vetus Latina.ラティーナの古いします。

Syriac Version.シリア語バージョンです。

Names.名を表示します。

Among the books of the Greek Bible is one entitled Σοφία Ἰησοῦ ϒἱοῦ Σιράχ (Codices Sinaiticus and Alexandrinus) or simply Σοφία Σειρáχ (Codex Vaticanus).聖書は、ギリシャ語の書籍のうち1つの権利がσοφία ἰησοῦ υἱοῦ σιράχ ( codexの複数sinaiticusとアレクサンドリア写本) 、または単にσοφία σειρ á χ (コーデックスvaticanus ) 。 The Greek Church Fathers called it also "The All-Virtuous Wisdom" (Πανάρετος Σοφία; Eusebius, "Chronicon," ed. Schoene, ii. 122; Ἡ Πανάρετος; Jerome, Commentary on Dan. ix.) or "The Mentor" (Παιδαγωγός; Clement of Alexandria, "Pædagogus," ii. 10, 99, 101, 109); while the Latin Church Fathers, beginning with Cyprian ("Testimonia," ii. 1; iii. 1, 35, 51, 95, et passim), termed it "Ecclesiasticus."父親と呼ばれることも、ギリシャの教会"のすべて-高潔な知恵" ( πανάρετος σοφία ;ユーセビアス、 " chronicon 、 "エドです。 schoene 、 Ⅱ 。 122 ; ἡ πανάρετος ;ジェローム、ダン解説をします。 9 。 )または"メンター" ( παιδαγωγός ;クレメントアレクサンドリアの、 " pædagogus 、 " Ⅱ 。 10 、 99 、 101 、 109 ) ;が、ローマカトリック教会の父を始めとチプリアーノ( " testimonia 、 " Ⅱ 。 1 ; Ⅲ 。 1 、 35 、 51 、 95 、他ここかしこに) 、名前が付いたこと"集会の書です。 " All these names testify to the high esteem in which the book was held in Christian circles.すべての証言を尊ぶこれらの名前は、キリスト教界の予約が開催された。 The Jews, who never admitted its canonicity, called it during the Talmudic period the "Book of Ben Sira" (Ḥag. 13a; Niddah 16b; Ber. 11b; et passim) or the "Books of Ben Sira" (; Yer. Sanh. 28a; Tosef., Yad. ii. 13; possibly a scribal error; comp. the parallel passage of Eccl. R. xii. 11), and a Hebrew copy in the possession of Jerome was entitled "Parabolæ" (= ).ユダヤ人、 who決してその規範性を認めた、と呼ばれることtalmudic期間中に、 "予約のベン欠陥" ( ḥag. 13a ; niddah 16b ; BERを計算します。 11b ; etここかしこ)または、 "書籍のベン欠陥" ( ; yer 。 sanhです。 28a ; tosef 。 、 yadです。 Ⅱ 。 13 ;可能性を筆写のエラーが発生;のCOMPです。 ecclパラレルの通過をします。 r. 12 。 11 ) 、およびコピーを所持ジェロームヘブライ語は" parabolæ " ( = ) 。 However, the fact that the verses of this work cited in the Midrash are preceded by the word "Mashal" or "Matla" does not prove that such was the title of the book, but simply that these verses had come to be accepted as proverbs (contrary to the view of Ryssel in Kautzsch, "Apokryphen," p. 232, where he attributes to Lévi the opinion expressed by Blau in "REJ" xxxv. 22).しかし、実際には、この作品の詩に列記されたミドラーシュが先行し、単語" mashal "または"マトラ川"立証はありませんが、そのような本のタイトルが、しかし、単純には、これらの詩が来たのを諺として受け入れられる( rysselさに反して、対象のカウチ、 " apokryphen 、 " p. 232 、ここで彼の属性をblau léviの意見を表明した" rej " 35 。 22 ) 。 Nor is it possible to draw any inference from the fact that Saadia calls the book in Arabic "Kitab al-Adab"; for he certainly did not give this appellation (which he had no reason to translate) as the title, but, contrary to the opinion of Harkavy ("Studien und Mittheilungen," v. 200) and Blau (lc), merely as a description of the contents of the book.また任意の推論を描くことは可能という事実からsaadia本を呼び出して、アラビア語" kitabアル- adab " ;を明らかにしなかった彼は確かに、この名称(これ彼を翻訳する理由はない)としてのタイトルは、しかし、に反しての意見をharkavy ( " studien und mittheilungen 、 " v. 200 )とblau (液晶) 、単にとして、書籍の内容を説明します。 The Syriac name is "Ḥekmata de-Bar Sira" = "The Wisdom of Bar Sira."のシリアの名前は" ḥekmataデ-バー欠陥" = "欠陥バーの英知を結集する。 "

Author.著者です。

The author, who, alone of all Old Testament and Apocryphal writers, signed his work, is called in the Greek text (l. 27) "Jesus the son of Sirach of Jerusalem."の著者、 who 、一人のすべての旧約聖書と作り話の作家、署名彼の作品は、ギリシャ語のテキスト呼ばれています( l. 27 ) "イエスキリストのエルサレムの息子のシラク。 " The oldest manuscripts (Vaticanus, Sinaiticus, Alexandrinus, Venetus) add to Σειρáχ the name Ἐλεáζαρ or ἘλεΆζαροζ, an error for Ἐλεαζáρου, probably the name of his grandfather.最古の写本( vaticanus 、 sinaiticus 、アレクサンドリア写本、 venetus )カートにσειρ ἐλε á á χの名前またはζαρ ἐλεάζαροζ 、エラーをρου ἐλεαζ á 、おそらく彼の祖父の名前です。 The copy owned by Saadia (Harkavy, lcp 150) had: = "Simon, son of Jesus, son of Eleazar ben Sira"; and a similar reading occurs in the Hebrew manuscript B, which will be discussed below.のコピーによって所有さsaadia ( harkavy 、 150 、 LCP )は: = "サイモン、イエスキリストの息子、息子のeleazarベン欠陥"と、同様の読書が発生し、ヘブライ語の原稿b 、議論される以下のとおり。 By interchanging the positions of the names "Simon" and "Jesus," the same reading is obtained as in the other manuscripts.交流としての地位を確立したの名前を"サイモン"と"イエスキリストは、 "読書が得られると同じように、他の原稿です。 The correctness of the name "Simon" is confirmed by the Syriac version, which has = "Jesus, son of Simon, surnamed Bar Asira."の正しさの名前の"シモン"が確認されたシリア語版、これは= "イエスキリストは、息子のサイモン、 surnamedバーasira 。 " The discrepancy between the two readings "Bar Asira" and "Bar Sira" is a noteworthy one, "Asira" (= "prisoner") being a popular etymology of "Sira." 2つの測定値の違い"バーasira "と" bar欠陥"は、注目に値する1つ、 " asira " ( = "囚人" )が語源に人気の"欠陥です。 " The evidence seems to show that the author's name was Jesus, son of Simon, son of Eleazar ben Sira.証拠のように表示することは、著者の名前は、イエスキリストは、息子のサイモン、息子の欠陥eleazarベンです。

Every attempt to identify this writer with some member of the high-priestly family has proved a failure, the only basis for the supposition that Ben Sira was a priest being due to a scribal error; for while the Sinaitic manuscript reads ελεαζαροιερευσοσολυμειτης, this is, beyond all question, a scribal error, and should be emended to ελεαςαροιεροσολυμειτης (seeこの作家の試みを識別するごとにいくつかのメンバである高を証明する聖職者のご家族には失敗した場合は、ベンと仮定しての基礎をのみの欠陥のためには、僧侶が筆写のエラーが発生する; sinaitic原稿を読み取りますが、 ελεαζαροιερευσοσολυμειτης 、これは、すべての問題を超え、筆写のエラーが発生する、とemendedをελεαςαροιεροσολυμειτηςすべきである(参照 ). ) 。 According to the Greek version, though not according to the Syriac, the author traveled extensively (xxxiv. 11) and was frequently in danger of death (ib. verse 12).によると、ギリシャ語版ではありませんによると、シリアは、広範囲に旅の著者( xxxiv. 11 )とは、頻繁に死の危険にさらさ( ib.詩12 ) 。 In the hymn of ch.賛美歌のは、あなたのです。 li.李です。 he speaks of the perils of all sorts from which God had delivered him, although this is probably only a poetic theme in imitation of the Psalms.彼は話すのすべての種類の危険から配信さ神は彼が、これは、おそらくのみを詩的な模造品をテーマに、詩篇を授けた。 The calumnies to which he was exposed in the presence of a certain king, supposed to be one of the Lagi, are mentioned only in the Greek version, being ignored both in the Syriac and in the Hebrew text. calumniesを、彼は公開され、特定の王が存在する、のいずれかのはず常に、ギリシャ語版に記載するだけで、無視されますが、シリアとの両方では、ヘブライ語のテキストです。 The only fact known with certainty is that Ben Sira was a scholar, and a scribe thoroughly versed in the Law, and especially in the "Books of Wisdom."既知の事実だけで確実なのはベンの欠陥は、学者、および同法を熟知して徹底的に筆記し、特に、 "書籍の知恵です。 " He was not, however, a rabbi, nor was he a physician, as has been conjectured (see especially xxxviii. 24 et seq., xlix. 1-5, and the introduction by his grandson).彼は、しかし、ラビ、また彼は医者にされconjectured (特に38を参照します。 24頁以降を参照。 、 49 。 1-5 、彼の孫の導入) 。

Date.日付。

The approximate date of the redaction of the book and the period of its author's literary activity are somewhat less doubtful.この評価をするのおよその改訂とその本の著者の文芸活動期間は、やや少ない疑わしいものです。 The Greek translator states in his preface that he was the grandson of the author, and that he came to Egypt in the thirty-eighth year of the reign of Euergetes, an epithet borne by only two of the Lagi, Ptolemy III.国、ギリシャの翻訳していた彼の序文は、著者の孫ており、その彼が8番目にエジプトには、 30年の治世の恩人は、あだ名を負担するのは、たった2つに、常に、プトレマイオスⅢ 。 (247-222 BC) and Ptolemy VII. (二四七から二二二紀元前)とプトレマイオスⅦ 。 (sometimes reckonedIX.). (時にはreckonedixです。 ) 。 The former monarch can not be intended in this passage; for his reign lasted only twenty-five years.元国王の意図することはできませんが、この通路;彼の在位25年間続いただけです。 The latter ascended the throne in the year 170, together with his brother Philometor; but he soon became sole ruler of Cyrene, and from 146 to 117 held sway over all Egypt, although he dated his reign from the year in which he received the crown (ie, from 170).後者の玉座に昇っザイヤー170 、弟と一緒にphilometor ;しかし彼はたちまちcyrene単独の支配、および影響力を146〜117開かれたすべてのエジプト、彼は彼の治世日付で開催されるから受け取ったクラウン(すなわち、より170 ) 。 The translator must, therefore, have gone to Egypt in 132, and if the average length of two generations be reckoned Ben Sira's date must fall in the first third of the second century.翻訳しなければならないため、エジプトへ行っても、 132 、および2つの世代の場合、平均の長さを侮れないベン欠陥の日付必要があります。秋の2番目の世紀の最初の3分の1です。 The result of this reckoning is confirmed by the fact that the author evidently lived before the persecution of Antiochus in 168, since he does not allude to it.その結果は、次の清算が確認された事実は、著者の迫害はアンティオコスの前に明らかに住んで168 、 since he doesn稚ほのめかすことにしよう。 Another argument is commonly relied on.別の引数が共通に頼っています。 In ch.にあなたのです。 l. Ben Sira eulogizes a high priest named Simon, son of Johanan (Onias in G), this laudation being apparently an expression of the admiration aroused by actual sight of the object of his praise.ベン欠陥高い司祭の名前をeulogizesサイモン、息子のjohanan ( oniasさグラム)は、このlaudationが明らかに興奮した表情で称賛され、実際の彼の姿を称賛するオブジェクトです。 There were, however, a number of high priests named Simon b.が、しかし、司祭は、数多くの名前のサイモンb. Onias, one of whom exercised his functions from 300 to 287, and another from 226 to 199. onias 、彼の機能の1つ誰行使300から287まで、および別の226〜199です。 The Simon b. b.のシモン

Johanan mentioned here can only be the second of the name; and as the passage seems to have been written after the high priest's death (l. 1-3), the date of its composition coincides approximately with the period mentioned above (190-170). The work is in reality a collection of maxims written at various times-a fact which also explains its frequent repetitions and contradictions. Attempts have indeed been made to refute these arguments. According to Josephus, Simon I., the Just (300-287), was the only high priest whom Ben Sira could thus have extolled, and the book would accordingly be a century older; as to the number 38, it might refer to the age of the translator when he arrived in Egypt. Indeed, the word πάππο ς does not necessarily mean "grandfather"; it may mean also "remote ancestor." This, it has been held, would account for the translator's frequent miscomprehension of Ben Sira's words, which would be very strange had he actually been the author's grandson. All these quibbles, however, which it would be idle again to refute, have been definitely abandoned.

Ecclesiasticus closely resembles Proverbs, except that, unlike the latter, it is the work of a single author, not an anthology of maxims drawn from various sources.集会の書によく似諺を除いて、後者とは異なり、それはその仕事の1つの著者ではなく、様々なソースから引き出されるアンソロジーの格言です。 Some, it is true, have denied Ben Sira the authorship of the apothegms, and have regarded him as a mere compiler, basing their arguments on his own words: "And I myself, the last, I set myself to watch, like him that gleaneth grapes after the vintage" (xxxiii. 16).いくつか、それがtrueの場合、欠陥が拒否されました原作者のベンapothegms 、と彼は考えを単なるコンパイラは、引数を基に彼自身の言葉: "と私自身、最後に、私自身を見セットは、彼のようにブドウの後にgleanethヴィンテージ" ( xxxiii. 16 ) 。 This, however, is probably a simple expression of modesty.これは、しかしながら、慎み深さは、おそらく、単純な表現です。 The frequent repetitions and even contradictions only prove that Ben Sira, like all moralists, did not compose the entire work at one time; moreover, the unity of the book, taken as a whole, is remarkable.頻繁に繰り返し、さらにはベンの欠陥を立証するだけの矛盾のようにすべてのmoralists 、作曲しなかった全体の仕事を一度;また、この本の結束を、全体として見ると、は驚くべきものです。

Contents.内容です。

The Book of Ecclesiasticus is a collection of moral counsels and maxims, often utilitarian in character and for the most part secular, although religious apothegms occasionally occur.この本の集会の書は、コレクションの道徳的な相談や格言、しばしば功利主義的で、ほとんどの部分の文字や世俗的、宗教的なapothegmsものの時折発生します。 They are applicable to all conditions of life: to parents and children, to husbands and wives, to the young, to masters, to friends, to the rich, and to the poor.彼らは人生のすべての条件に適用される:親と子、夫と妻、その若い、マスターズ、お友達に、豊かな、として非常に悪いです。 Many of them are rules of courtesy and politeness; and a still greater number contain advice and instruction as to the duties of man toward himself and others, especially the poor, as well as toward society and the state, and most of all toward God.それらの多くは礼儀のルールや礼儀正しさは、依然として大きい番号が含まれてアドバイスや命令を次のような任務として自分自身と他の男に向け、特に貧しい人々だけでなく、社会との状態に向かっており、ほとんどのすべての神に向かっています。 These precepts are arranged in verses, which are grouped according to their outward form in case their content is not intrinsically coherent.これらの教訓は、詩に配置され、これはグループによると、その外側にフォームに問題が発生した場合、その内容ではない本質的コヒーレントです。 The sections are preceded by eulogies of wisdom which serve as introductions and mark the divisions into which the collection falls.このセクションは前にeulogiesとしての知恵を紹介および部門を記念しては、コレクションの滝です。

Wisdom, in Ben Sira's view, is synonymous with the fear of God, and sometimes is confounded in his mind with the Mosaic law.知恵は、ベン欠陥の対象は、神への恐怖と同義では、彼の心の中ではべらぼうに法のモザイクです。 It is essentially practical, being a routine knowledge; and it would be vain to seek to find in it any hypostasis, since mysticism is utterly opposed to the author's thought.それは本質的に実用的な、ルーチンの知識が、無駄なことがそれを求めて、任意の下位を見つけるため、神秘主義は全くの著者の考えに反対しています。 The maxims are expressed in exact formulas, and are illustrated by striking images.正確な数式で表現さの格言は、目を見張るが示されるイメージです。 They show a profound knowledge of the human heart, the disillusionment of experience, a fraternal sympathy with the poor and the oppressed, and an unconquerable distrust of women.彼らを示す人間の心の深い知識は、幻滅の経験を、貧しい人々に共感して共済と虐げられた、との不信感を克服できない女性です。 Throughout the work are scattered pure and elevated thoughts; and the whole is dominated by a sincere, enlightened piety-what is now called a liberalism of ideas.仕事が散在して純粋で高尚な思想;とするために誠意を支配され、全体のは、賢明な信心深さ-どのようなアイデアは、現在の自由主義と呼ばれる。 As in Ecclesiastes, two opposing tendencies war in the author: the faith and the morality of olden times, which are stronger than all argument, and an Epicureanism of modern date.伝道の書のように、 2つの戦争に反対する傾向の著者:の信仰と昔の道徳性にはすべての引数よりも強いと、快楽主義近代日です。 Occasionally Ben Sira digresses to attack theories which he considers dangerous; for example, the doctrines that divine mercy blots out all sin; that man has no freedom of will; and that God is indifferent to the actions of mankind, and does not reward virtue.時折ベンdigresses欠陥を攻撃する危険な理論を彼は、例えば、神の慈悲の教説がシミのように見えてすべての罪;あの男はない意志の自由、およびその神は人類の行動に関心を、報酬の美徳ではありません。 Some of the refutations of these views are developed at considerable length.いくつかのrefutations 、これらの再生回数が開発にはかなりの長さです。 Through these moralistic chapters runs the prayer of Israel imploring God to gather together His scattered children, to bring to fulfilment the predictions of the Prophets, and to have mercy upon His Temple and His people.これらの道徳的な支部を通じて実行して神に祈り、イスラエル集まって彼の懇願に散在の子供たちにもたらすのは、預言者の予測を達成し、寺には彼と彼の人々の慈悲にします。 The book concludes with a justification of the Divinity, whose wisdom and greatness are revealed in all His works (hence is inserted a description of the beauties of creation), and also in the history of Israel; this form of sacred history, however, is little more than a panegyric on the priests, terminating in an enthusiastic delineation of the high priest Simon ben Onias.この本を最後に正当化の神性、その知恵と彼の作品のすべての偉大さは明らかにされ(それゆえに挿入て説明して創作の美しさ) 、およびイスラエルの歴史の中にも、このフォームの神聖な歴史、しかし、もう少し賛辞を検索するよりも司祭は、熱狂的な描写の終端は、大祭司サイモンベンoniasです。 These chapters are completed by the author's signature, and are followed by two hymns, the latter apparently a sort of alphabetical acrostic.これらの章の作者の署名が完了し、 2つの賛美歌に続いて、明らかに後者のアルファベット順に並べ替えアクロスティックです。

Importance for the History of Thought.重要なのは思想の歴史です。

The Wisdom of Jesus marks an epoch in the history of Jewish thought, on account both of what it teaches and of what it silently ignores.イエスキリストの英知を結集するマルクのエポックは、ユダヤ人の歴史を考え、どのようなことを教えるの両方のアカウントと静かに無視されることがどういうことです。 While the author advocates the offering of the prescribed sacrifices and the veneration of priests, he condemns all hypocrisy and urges the union of the outward practise of religion with a pure conscience and with the doing of charity.擁護派が、著者の提供を、所定の犠牲と尊敬の僧、彼はすべての非難を呼びかける偽善の労働組合は、宗教の外側に練習することの純粋な良心とのチャリティーです。 However, he never mentions the dietary laws, which are set forth at great length in Daniel and Tobit, and especially in Judith.しかし、彼は決して食事には、法律には多大なの長さを定めるトビト書ダニエルとし、特に、ジュディスです。 In like manner, while he awaits the return of Elijah to reassemble the tribes of the past and to reconcile the fatherswith the children, and while he prays for the coming of a time which can be called Messianic, though without a Messiah-when Jerusalem and the Temple shall be restored to the divine favor and Israel delivered forever from the dominion of the stranger-he never alludes to a Messiah who will be the son of David; on the contrary, he asserts that the house of David has rendered itself unworthy of the divine favor, since of all the kings of Judah three alone remained faithful to God.同じように、お客様をお待ちして返還ながら彼の部族のイライジャを編集して項目を組み立て直すと、子供たちを和解さfatherswith 、およびながら彼は一度に祈りをささげるために、今後の救世主を呼び出すことができますが、エルサレムと時をメシア-同寺に復元しなければならないとイスラエルの配信を永遠に神の恩寵により、見知らぬ人からのドミニオン-彼は決してalludesしてメシアwhoされるの息子のデビッド;それどころか、彼の家のデビッド主張自体はレンダリング値しないの神の恩寵により、以降のすべてのユダの王の3つだけで神に忠実に残っています。 God indeed made a solemn compact with the race of David; but it was one that differed widely from that into which He entered with Aaron, and which alone was to endure for eternity.実際には、厳粛なコンパクトな神のレースのデビッド;しかし、それは1つのことを彼は異なり入力されてより広く、アーロン、およびこれだけは永遠に耐えるためです。 Ben Sira never speaks of the resurrection of the dead nor of the immortality of the soul, but, on the contrary, declares that in Sheol there will be no joy, wherefore man should taste delight in this world in so far as it is compatible with an upright life.ベン欠陥決して話すオブザデッドの復活も、霊魂の不滅、しかし、その反対に、宣言してsheolの喜びはない、何のために男の味を楽しみに、この世界では、これまでのところ、これは互換性が直立の生活です。

Possible Traces of Hellenic Influence.古代ギリシャに影響を与える可能性の痕跡をします。

The view has been expressed that this work, early in date as it is, bears traces of Hellenic influence.表示され、この作品を表明、日の早い段階でのことは、クマの痕跡を古代ギリシャに影響を与える。 The author, in his travels, may possibly have come in contact with Greek civilization, since he speaks of foreign poets and moralists whose fame was spread abroad.の著者は、彼の旅は、 5月が来ると接触する可能性がギリシャ文明、外国人の詩人と言って以来、その名声が広がり、海外moralists 。 The customs which he describes are taken from Greek rather than from Hebrew society; thus he mentions banquets accompanied by brilliant conversation, at which musical instruments were heard, and over which presided "the masters [of the feasts]"; and the customs of the Sybarites also aroused his interest.税関が彼の説明は、ヘブライ語からギリシャ語ではなく、社会から;こうして彼は見事な会話を伴う宴会言及し、その楽器が聞こえて、これ以上大統領"マスターズ[は、お祭り] " ;と、税関は、彼の興味も興奮sybaritesです。 The fatalistic philosophers whose opinions he contests were doubtless the Stoics; and the philosophical discussions instituted by him were innovations and probably borrowed.コンテストの宿命論哲学者の意見は確かに彼のstoics ;と彼の哲学的議論が設置され、おそらく借り物の革新とします。 His criticisms of skeptics and would-be thinkers are further evidences of his knowledge of Hellenism; and some of his views find close analogues in Euripides.彼の懐疑的な批評をするとしたいと思っている彼の思想家は、より詳細な証拠の知識をヘレニズム、およびいくつかの類似を閉じるエウリピデス彼の再生回数を検索します。 Not only does he share characteristic ideas with the Greek tragedians and moralists, but he even has the same taste for certain common topics, such as false friendship, the uncertainty of happiness, and especially the faults of women.特性だけではなく、彼のアイデアを共有すると、ギリシャの悲劇作家moralistsが、彼も同じ味には、特定の共通の話題など、虚偽の友情は、幸福の不確実性、特に女性の欠点を見つける。 The impression of Greek influence is strengthened by the presence of a polish quite foreign to Hebrew literature.ギリシャ語の印象が存在する影響力が強化され、非常に外国人をヘブライ語ポーランド語文学です。 The author composes his aphorisms with care; he makes his transitions with skill; and he inserts the titles of chapters, such as "Concerning Shame," "Proper Deportment at Table," and "The Hymn of the Patriarchs"; and the signing of his own name in full is a usage theretofore absolutely unknown.彼の作曲の著者aphorismsをこめて;彼は彼のトランジションと技能、および各章のタイトルを彼の後ろに挿入するなど、 "に関する恥" 、 "適切な立ち居振る舞いを表で、 "および"の賛美歌をpatriarchs " ;と調印彼自身の名前をフル利用方法は、その時まで確実に不明です。

The exclusion of Ecclesiasticus from the Hebrew canon was due in part to this imitation of the Greeks and these literary affectations.集会の書からの除外をキヤノンは、ヘブライ語の部分をこの模倣のせいで、ギリシアと、これらの文学affectations 。 According to R. Akiba (Yer. Sanh. 28a), those who have no part in the world to come include the readers of foreign works, such as the books of Ben Sira; while Tosef., Yad.アキバをRによる( yer. sanh 。 28a ) 、それらのwhoがない部分は、世界に来るには、外国人の読者の作品などの書籍のベン欠陥;ながらtosef 。 、 yadです。 ii. Ⅱ 。 13 merely states that the writings of Ben Sira do not defile the hands, or, in other words, that they are uncanonical, so that they are ranked with the works of "minim" (heretics). 13日には、単に文章を汚すの手にベン欠陥はありませんか、または、換言すれば、教会法に従わないことが、それでかれらは作品をランク付けする"ミニム" (異端) 。 Eccl. eccl 。 R. xii. r. 12 。 11, which is based on Yer. 11日、これに基づいてyerです。 Sanh. sanhです。 28a, contains a prohibition against having this work in one's house. 28a 、禁止を解くには、この作品の1つの家のことです。 R. Joseph, a Babylonian rabbi of the fourth century, in commenting on the view of R. Akiba, adds, "It is also forbidden to read the works of Ben Sira" (Sanh. 100c), although this prohibition, judging from the remainder of the passage, may have been restricted to reading in public. r.ジョセフは、第4世紀のバビロニアラビは、コメントを表示r.アキバ、追加、 "することも禁じられているベン欠陥の作品を読む" ( sanh. 100c )が、この禁止、から判断する残りの部分の通過には、 5月公共読んでも制限されています。 In his questions to R. Joseph (ib.), R. Abaye indicated some of the reasons for the exclusion of Ecclesiasticus from the canon.彼の質問をRにジョセフ( ib. ) 、 r. abaye示すいくつかの理由から除外するキヤノン集会の書です。

"Why this prohibition?" "なぜ、この禁止ですか? " he asked.と彼は尋ねた。 "Is it on account of such and such verses?" "このようなことは、このような詩をアカウントですか? " With the exception of two verses written in Aramaic and which are not by Ben Sira at all, all of R. Abaye's citations are distinctly frivolous, being those relating to the anxiety caused by a young girl before and after her marriage, the uselessness of repining, and the danger of introducing strangers too freely into one's home.の2つの詩を除いてアラム語で書かれてベンとされていないすべての欠陥は、すべてのr. abayeの軽薄な引用は、はっきりと、それらに関連するの不安が原因で発生する前に若い娘と結婚した後は、無用のrepining 、および導入の危険性をあまりにも自由に見知らぬ人を1つのホームです。 Abaye then condemns the misanthropy, misogyny, and Epicureanism of the author.厭人abaye入力し、非難して、女嫌い、と快楽主義の著者です。 To Ben Sira's Epicurean tendency must be attributed his denial of a future life, and, perhaps, also his pre-Sadducean spirit of reverence for the priesthood, with which the panegyric on his brethren is animated.快楽主義的な傾向をベン欠陥の原因彼の否定をしなければならない、将来の生活、および、おそらく、彼の前にも敬意をもってsadduceanの精神を聖職に就くための、賛辞には、彼の兄弟は、アニメーションです。

Popularity Among the Jews.ユダヤ人の人気を得ています。

Curiously enough, the book retained its popularity among the Jews despite its exclusion from the canon.妙な話だが、この本保持ユダヤ人の間で人気にもかかわらず、キヤノンから除外します。 It was cited at a very early period: the Book of Tobit reproduces a number of passages word for word; while the Book of Enoch (Charles, "The Book of the Secrets of Enoch," p. 96; Index, pi), the Psalms of Solomon (Ryle and James, "The Psalms of Solomon," pp. lxiii. et seq.), and even the Talmud, the Midrashim, the Derek Ereẓ, and similar productions show decided traces of its influence.それは、引用は非常に初期の期間:トビト書この本の通路を再現、いくつかの逐語的に;が、予約のイノック(チャールズ、 "この本のイノックの秘密を、 " p. 96 ;インデックス、円周率)は、ソロモンの詩篇を授けた(ライルとジェームズは、 "ソロモンの詩篇を授けた、 " pp 。 63 。頁以降を参照。 ) 、とさえ、タルムードは、 midrashimは、デレクereẓ 、および同様のプロダクションの痕跡を詳細に影響を与えることを決めた。 With the last-named work it has many points in common; and it is frequently quoted in the Talmud; passages from it are introduced by the formula reserved for the Biblical writings (Ḥag. 12a; Niddah 16b; Yer. Ber. 11c); and one verse is even referred to as if it belonged to the Hagiographa (B. Ḳ. 92a).お名前の最後の仕事それは、多くの点で共通;と頻繁に引用されることがタルムード;通路から導入されたことは、数式のための聖書の記述( ḥag. 12a ; niddah 16b ; yer 。 BERを計算します。 11c ) ;と1つの詩と呼ばれることもそれに属している場合、 hagiographa ( b. ḳです。 92a ) 。 It is cited by name in Sanh.これはsanhの名前を引用されています。 100b (= Yeb. 63c), where also a series of verses from it is given; and single verses appear in the following treatises and other works: Yer. 100b ( = yebです。 63c ) 、ここでも、一連の詩から与えられたことは、および1つの詩に表示さは、次の論文やその他の著作物: yerです。 Ber. BERのです。 11b; Yer. 11b ; yerです。 Ḥag. ḥagです。 77c; Yer. 77c ; yerです。 Ta'an. ta'anです。 66d; Ḥag. 66d ; ḥagです。 13a; Niddah 16b; Gen. R. viii., x., lxxiii.; Lev. 13a ; niddah 16b ; Gen 。とr. Ⅷ 。 、 Xで、 73です。 ;レフです。 R. xxxiii.; Tan., Wayishlaḥ, 8; ib. r. 33 。 ;黄褐色。 、 wayishlaḥ 、 8 ; ① -イ。 Miḳḳeẓ, 10; ib. miḳḳeẓ 、 10 ; ① -イ。 Ḥuḳḳat, 1; a midrashic passage preserved in the "Shibbole ha-Leḳeṭ," ed. ḥuḳḳat 、 1 ;を通過midrashicに保存されて" shibboleハ- leḳeṭ 、 "エドです。 Buber, p.ブーバー、 p. 23a; "Pirḳe de-Rabbenu ha-Ḳadosh," ed. 23a ; " pirḳeデ- rabbenuハ- ḳadosh 、 "エドです。 Schönblum, 14a; Baraita Kallah (ed. Coronel, 7c, and in the Wilna edition of the Talmud). schönblum 、 14a ;バーライターkallah (編コロネル、五胡十し、 wilna版は、タルムード)です。 It is cited also by R. Nissim ("Sefer Ma'asiyyot ha-Ḥakamim wehu Ḥibbur Yafeh meha-Yeshu ah"), and especially by Saadia in the preface to his "Sefer ha-Galui" (Harkavy, lc).これは都市にも引用さnissim ( " sefer ma'asiyyotハ- ḥakamim wehu ḥibbur yafeh meha - yeshuあぁ" ) 、およびsaadiaは、序文を特に彼の" seferハ- galui " ( harkavy 、液晶) 。 In his commentary on the "Sefer Yeẓirah" the latter author quotes verbatim two verses of Ben Sira, although he attributes them to one Eleazar b.彼の論評で、 " sefer yeẓirah "著者後者の2つの詩を引用符でベン逐語的欠陥、彼はそれらを1つの属性eleazar b. Irai, of whom nothing is known. irai 、誰も何も知られている。 In another part of this work (p. 178) he cites the same text, again attributing it to that author.この作品での別の部分( p. 178 )彼と同じテキストを引き合いに出して、再び関連付けしてその著者です。 This is the more remarkable since Saadia speaks of Ben Sira in his introduction, and cites no less than seven of his maxims.これは、他の顕著な欠陥以来ベンsaadia話す彼の導入、および引き合いに出して7人未満のない彼の格言です。 The "Sefer ben Irai" contained also passages (two of them copied by Saadia) not found in Ecclesiasticus, and which were totally dissimilar to it both in form and in content. " seferベンirai "も含まれる通路( 2つのコピーをしてsaadia )集会の書が見つかりません、全く似ていないとされたことと、コンテンツの両方でフォームです。 As Saadia himself says: "The book of Ben Sira is a work on ethics, similar in form to Proverbs, while that of Ben Irai is a book of Wisdom, bearing an external resemblance to Ecclesiastes." saadia自身としては言う: "この本のベンは、仕事上の欠陥倫理、フォームを諺に似て、中には、予約の知恵ベンirai 、伝道の書軸受は、外部に似ている。 " The "Sefer ben Irai" was probably a collection of maxims and sayings taken from various sources. " seferベンirai "は、おそらく撮影のコレクションをさまざまなソースからの格言やことわざです。

Quotations from Ben Sira without mention of his name are found also in the, "Mibḥar ha-Peninim," attributed to Solomon ibn Gabirol (for citations of this type see Zunz, "GV" p. 110; Reifmann, in "Ha-Asif," iii. 271; Schechter, in "JQR" iii. 682; Neubauer and Cowley, in their edition of Ecclesiasticus, pp. xix. et seq. [certain of their comparisons must be discarded]; the commentaries of Schechter and Lévi, especially on the Derek Ereẓ; Lévi, in "REJ" xliv. 291).ベンの欠陥からの引用句の記載のないまた、彼の名前が見つかりました、 " mibḥarハ- peninim 、 "ソロモンイブンガビロールに起因する(このタイプの引用を参照ツンツ、 " gv " p. 110 ; reifmann 、 "ハ-アシフ、 " Ⅲ 。 271 ;シェクター、 " jqr " Ⅲ 。 682 ; neubauerとカウリー、その版の集会の書、 pp 。 19 。頁以降を参照。 [特定の廃棄しなければならないの比較] ; léviの論評のシェクターと、特に、デレクereẓ ; lévi 、 " rej " 44 。 291 ) 。 The popularity of Ecclesiasticus among the Jews of the Talmudic period is shown by the citation of a number of verses in Aramaic, with an allusion to Ben Sira, which proves that it must have been translated into that dialect, this Aramaic collection being subsequently enriched with numerous additional aphorisms in that language (Sanh. 100b = Yeb. 63b).集会の書が人気を集めて、 talmudicのユダヤ人の間の期間が示されている数多くの詩を引用のアラム語、ベン欠陥に言及して、これを証明している必要がありますが方言に翻訳され、このアラム語で強化されたコレクションが続いて数多くの追加は、その言語でaphorisms ( sanh. 100b = yebです。 63b ) 。 The Baraita Kallah even restricts its citations from Ben Sira to Aramaic verses which are not found in Ecclesiasticus.バーライターを制限するのもkallahベン欠陥をアラム語の詩から引用されていないが見つかりました、集会の書です。 Another proof of his popularity is found in the two alphabets ascribed to him (see Ben Sira, Alphabet of), especially the second, in which he is the hero of a series of marvelous events.別の証拠彼の人気が発見された2つのアルファベット生得的に彼(ベン欠陥、アルファベット) 、特に2番目、彼は、英雄では、一連の素晴らしいイベントです。

Popularity Among Christians.キリスト教徒の間で人気です。

The Book of Ecclesiasticus has been honored still more highly among the Christians, being cited in the Epistle of James (Edersheim, in Wace, "Apocrypha," p. 21), the Didache (iv. 5), and the Epistle of Barnabas (xix. 9), while Clement of Alexandria and Origen quote from it repeatedly, as from a γραφή, or holy book.この本の集会の書され非常に光栄まだ他のキリスト教徒の間、信徒が列記されたのジェームズ( edersheimは、ウェイス、 "外典、 " p. 21 )学は、新約聖書( iv. 5 ) 、および、信徒のバルナバ( 19 。 9 ) 、アレクサンドリアのクレメントと原産地を引用それを繰り返し、 γραφήからか、または神聖な本です。 In the Western Church, Cyprian frequently appeals to it in his "Testimonia," as does Ambrose in the greater number of his writings.は、欧米の教会、チプリアーノの訴えを頻繁にして彼の" testimonia 、 "としてはより多くのアンブローズは、彼の作品を紹介します。 In like manner the Catalogue of Cheltenham, Damasus I., the Councils of Hippo (393) and Carthage (397), Pope Innocent I., the second Council of Carthage (419), and Augustine all regard it as a canonical book.同じように、カタログのチェルトナム、ダマソi. 、カバの評議会( 393 )とカルタゴ( 397 ) 、インノケンティウスi. 、 2番目の評議会カルタゴ( 419 ) 、およびそれを正規アウグスティヌスすべての書籍に関してです。 This is contrary, however, to the opinions of the Council of Laodicea, of Jerome, and of Rufinus of Aquileia, which authorities rank it among the ecclesiastical books.これは逆に、しかし、評議会の意見を聞いてラオディケア、ジェローム、ルフィヌスのアクイレイアと、これにランク当局間の教会の書籍です。 It was finally declared canonical by the Council of Trent; and the favor with which the Church has always regarded it has preserved it in its entirety.それが最後に宣言された評議会正規トレント;との寵愛を受けては、教会は常に考えことがそっくりそのまま保存しています。

Discovery of Hebrew Fragments.ヘブライ語の破片の発見です。

Until recent years Ecclesiasticus was known only from the Greek and Syriac versions-the sources of all other translations-and from the Hebrew quotations already mentioned.近年までは、既知の集会の書とシリアからのみ、ギリシャの他のすべてのバージョンのソースからのヘブライ語の翻訳や前述の引用です。 At present the greater part of the original is known.現在の大部分は、元のは知られている。 In 1896 Agnes Smith Lewis and Margaret Dunlop Gibson brought from the East a sheet of parchment covered with comparatively antiquated Hebrew characters.アグネススミスマーガレットルイスと、 1896年にダンロップギブソンの東から持って来たのシートで覆われて羊皮紙比較的時代遅れのヘブライ語の文字です。 At Cambridge this was shown to S. Schechter, who recognized in it Ecclus.これが示すようにケンブリッジでS.シェクター、 who ecclus認識されています。 (Sirach) xxxix. (シラク) 39 。 15-xl. 15 - xl 。 7, and who published the decipherment, which was by no means easy. 7日、および暗号who公開して、これは決して簡単です。 Almost simultaneously Sayce presented to the Bodleian Library, Oxford, a collection of fragments of Hebrew and Arabic manuscripts, among which Neubauer and Cowley found nine leaves of the same volume to which the Lewis-Gibson leaf had belonged, and following immediately after it.ほぼ同時に提示してセースbodleian図書館、オックスフォード大学、断片のコレクションをヘブライ語とアラビア語の原稿、うち9つの葉が見つかりましたカウリーneubauerと同じボリュームにして、ルイス-ギブソンの葉が所属し、以下の直後にしてください。 These various fragments having come from the Genizah at Cairo, Schechter at once went to that city, and obtained the necessary authority to examine the contents of the collection, with the result that he found not only the final portion of the manuscript, but also xxx.これらの様々な断片がカイロから来るゲニーザーは、その都市シェクターを一度に行った、とする権限を取得するために必要なコレクションの内容を検討し、その結果、彼の最後の部分を発見するだけでなく、原稿だけでなく、 xxxです。 11, xxxii. 11日、 32 。 1b-xxxiii. 1b - 33です。 3, xxxv. 3 、 35 。 9-xxxvi. 9 - 36です。 21, and xxxvii. 21日、および37です。 27-xxxviii. 27 - 38 。 27. 27 。 Two additional fragments of the same manuscript, called B by Schechter, and containing xxxi. 2つの追加の断片を、同じ原稿と呼ばれるBをシェクター、および31を含む。 12-31 and xxxvi. 12月31日と36です。 24-xxxvii. 24 - 37 。 26, have been secured by the British Museum. 26日、大英博物館が確保されています。 A second manuscript (A) was found by the same scholar in the collection brought by him from Egypt, containing iii. 2番目の原稿(ア)が発見され、同じ学者がもたらした彼のコレクションからエジプト、含有Ⅲ 。 6-xvi. 6 - 16 。 26, with a hiatus from vii. 26日、裂孔から、 Ⅶ 。 29 to xi. 29日〜 Ⅹ Ⅰ 。 34, the missing pages of which subsequently came into the possession of Elkan Adler. 34 、その後、行方不明のページのどのelkanアドラーの所持に出演しています。 A fresh discovery was made when the remaining contents of the genizah were offered for sale, and Israel Lévi secured a leaf from a third copy (C), containing xxxvi.を新たに発見されたときに、残りの内容をゲニーザーが製品を販売し、 léviを確保することとイスラエルの葉から3番目のコピー( c )項、第36を含む。 24-xxxviii. 24 - 38 。 1. 1 。 This fragment is especially valuable, since it serves as a check on the manuscript B, which likewise includes these verses.この断片は、特に貴重なので、それを確認する原稿を提供するb 、これ同様に、これらの詩が含まれています。 The importance of this discovery is shown below.この発見の重要性を以下に示します。 Finally, Schechter, Gaster, and Lévi found in consignments from the same genizah the following fragments of an anthology of the Wisdom of Jesus: iv.最後に、シェクター、腹部、およびlévi consignmentsから発見さゲニーザーと同じには、次の断片化したイエスキリストの英知を結集するアントロヒーア: Ⅳ 。 23b, 30-31; v. 4-8, 9-13; vi. 23b 、 30-31 ; v. 4-8 、 9-13 ; Ⅵ 。 18-19, 28, 35; vii. 18-19 、 28 、 35 ; Ⅶ 。 1, 4, 6, 17, 20-21, 23-25; xviii. 1 、 4 、 6 、 17 、 20-21 、 23-25 ; 18 。 30-31; xix. 30-31 ; 19 。 1-2; xx. 1-2 ;イグゼクスです。 4-6, 12 (?); xxv. 4-6 、 12 ( ? ) ;弐拾伍です。 7c, 8c, 8a, 12, 16-23; xxvi.五胡十、 8c 、 8a 、 12 、 16-23 ;二十六です。 1-2; xxxvi. 1-2 ;三十六です。 16; xxxvii. 16 ;参拾です。 19, 22, 24, 26. 19日、 22日、 24日、 26 。

There are, therefore, now in existence: (a) in one manuscript: iii.には、したがって、今すぐに存在: ( 1 ) 1つの原稿: Ⅲ 。 6-16, 26; xviii. 6-16日、 26日; 18 。 30-31; xix. 30-31 ; 19 。 1-2; xx. 1-2 ;イグゼクスです。 4-6, 12 (?); xxv. 4-6 、 12 ( ? ) ;弐拾伍です。 7c, 8c, 8a, 12, 16-23; xxvi.五胡十、 8c 、 8a 、 12 、 16-23 ;二十六です。 1-2; xxvii. 1-2 ;二十七です。 5-6, 16; xxx. 5-6 、 16 ; xxx 。 11-xxxiii. 11 - 33 。 3; xxxv. 3 ; 35 。 9-xxxviii. 9 - 38です。 27; xxxix. 27 ;参拾です。 15-li. 15 -李です。 30; (b) in two manuscripts: iv. 30 ;結果( b ) 、 2つの原稿: Ⅳ 。 23b, 30-31; v. 4-8, 9-13; vi. 23b 、 30-31 ; v. 4-8 、 9-13 ; Ⅵ 。 18-19, 28, 35; vii. 18-19 、 28 、 35 ; Ⅶ 。 1, 4, 6, 17, 20-21, 23-25; xxxvi. 1 、 4 、 6 、 17 、 20-21 、 23-25 ;三十六です。 16, 29-31; xxxvii. 16日、 29-31 ;参拾です。 complete; xxxviii.完全な;参拾です。 1; (c) in three manuscripts: xxxvii. 1いる、 ( c )の3つの原稿: 37 。 19, 22, 24, 26. 19日、 22日、 24日、 26 。

These manuscripts contain also some passages that are lacking in the translations, including a psalm fifteen lines in length inserted after li.これらの原稿を含むいくつかの通路には欠けても、技術情報の翻訳を含む、詩篇第15行を挿入した後の長さは李です。 12. 12 。

Manuscripts.原稿です。

Manuscript A: 18 × 11 cm.; 28 lines per page.原稿を: 18 × 11センチメートルです。 ; 28行1ページをご覧ください。 The verses are generally marked by a double point; and certain ones are punctuated and accented, thus confirming certain statements of Saadia.この詩は一般的にスパムされたダブルポイント、および特定のものは断続とアクセント、このように、特定のステートメントのsaadiaを確認します。 "Matres lectionis" abound. " matres lectionis "も多い。 The scribe has been guilty of the grossest errors, in addition to abbreviating some verses and omitting others.筆記され、有罪判決をgrossestエラーが発生し、いくつかの省略に加えて他の詩と省略します。

Manuscript C: 16 × 12 cm.原稿c : 16 × 12 cmのです。 Certain words and entire verses are vocalized and accented; the script shows cursive tendencies, although of an early type.特定の単語や全体の詩は、発声とアクセント;のスクリプト草書体の傾向を示し、早期もののタイプです。 In the margin is given a variant verse which represents the original text, corrupted even in the days of Ben Sira's grandson.に与えられたaその他の詩の余白には、元のテキストを表す、壊れても、日中の欠陥の孫ベンです。

Manuscript D: 143 × 100 mm.; 12 lines per page.原稿d : 143 × 100 mmです。 ; 12行1ページをご覧ください。 The text is often preferable to that of A, and offers variants agreeing with the Greek version, while the readings of A correspond to the Syriac.のテキストが多いことが望ましい、とは、ギリシャ語版の亜種に同意するが、測定値は、シリア語に対応しています。

Manuscript B: 19 × 17 cm.; 22 lines per page.原稿b : 19 × 17センチメートルです。 ; 22行1ページをご覧ください。 This is the most curious and interesting of all, as it contains certain peculiarities which are probably unique among all known Hebrew manuscripts.これは最も興味深いのすべての好奇心と、それは特定の特性としては多分独特の間のすべての既知のヘブライ語原稿です。 The lines are written with a stylus, as in the Torah scrolls; and, as in some copies of Proverbs and the Book of Job, a space is left between the hemistichs of each verse, so that the pages are divided into two columns; and the "sof pasuḳ" is placed at the end of the verse.スタイラスの行が書き込まと、律法のように、スクロール、および、ことわざのようにいくつかのコピーを作成し、書籍の仕事は、左の間にスペースがそれぞれの詩hemistichsように、 2つの列のページに分かれて、 " sof pasuḳ "が置かれ、詩の終わりにします。 This corroborates Saadia's assertion that the book of Ben Sira resembled Proverbs in its division into chapters and verses.このcorroborates saadiaの主張には、この本のベン欠陥諺に似て、その課を複数のチャプタや詩です。 The chapters are sometimes indicated by the initial letter (= ) and sometimes by a blank space.各章の最初の文字は、時に示される( = ) 、時にはされ、空白の空間です。 The most remarkable peculiarity consists in the chapter headings or titles, such as ("Instruction as to Shame"), ("Rules for Proper Deportment at Table"), and ("Hymn of the Patriarchs"), although in the Greek version these rubrics were regarded as scribal interpolations.最も注目すべき特性の章で構成さ件名やタイトルなど、 ( "命令に恥をかかせるとして" ) 、 ( "ルールを適切な立ち居振る舞いをテーブル" ) 、および( "賛美歌をpatriarchs " )が、ギリシャ語版は、これらのrubricsが筆写のinterpolationsと見なされています。 Another noteworthy feature of this manuscript is its marginal Masorah, containing variants, some of which represent differences merely in orthography, while others are in synonyms or even words with totally different meanings.もう一つ注目すべき特徴は、次の原稿は、その辺縁masorah 、亜種を含む、いくつかの違いだけで表現するのが正書法、他の人の中でさえ類義語や単語を全く別の意味があります。 These glosses are the work of a Persian Jew, who in several marginal notes in Persian stated that he had used two manuscripts in addition to his principal one.これらの注釈の作品は、ユダヤ人、ペルシャ語、ペルシャ語whoいくつかの限界ノートに記載していた2つの原稿に加えて使われる主たる1つです。 Such care is indicative of the esteem in which Ben Sira's text was held.このようなケアは説法ではベンの尊敬の欠陥のテキストが開かれた。 The marginal readings present an interesting problem.現在の測定値の限界に興味深い問題です。 As a rule, the body of the text corresponds to the Greek version, and the glosses in the margin to the Syriac; but occasionally the reverse is the case.は、原則として、本文のテキストに対応して、ギリシャのバージョン、および、注釈は、余白を、シリア;しかし、時折その逆の場合です。

Originality of the Hebrew Fragments.独創性は、ヘブライ語の断片です。

Prof. S. Margoliouth, noticing the decadent character of the language, the number of rabbinisms, and the derivatives from the Arabic and Aramaic, regarded the Hebrew text as a reconstruction of the lost original on the basis of the Greek and Syriac versions, the variants representing different attempts at retranslation.教授s.マーゴリュース、その言語の文字を退廃的に気付いてから、 rabbinismsの数を、デリバティブからと、アラビア語とアラム語、ヘブライ語のテキストとして考え、再建の失われたオリジナルに基づいて、ギリシャとシリアのバージョンでは、バリアントを表すさまざまな試みを再変換します。 The discovery of manuscript C, however, disproved this hypothesis, since this manuscript reproduces with exactness the greater part of the variants of B, even when they are obviously false, while the transcriber of this latter manuscript discharged his task with such scrupulous care that he even recorded variants which were meaningless.原稿が発見さc 、しかし、反証この仮説によれば、この原稿の大部分を正確に再現するBの変種も、明らかに虚偽場合には、後者の原稿が、退院のTranscriberは、次のような実直な彼のタスクを実行するよう注意して彼は亜種も記録された無意味です。 If, therefore, the difference between the text and the marginal glosses corresponds to the difference between the two translations, this only shows that there were two recensions of the original.もし、そのため、テキストとの違いは欄外の注釈に対応して2つの技術情報の翻訳の違いは、この2つのrecensionsがあっただけによると、元のです。 It is clear, moreover, that these fragments are not the work of some medieval scholar, but are more or less perfect copies of the Hebrew text, as a single example will show.それははっきりし、また、特定の仕事は、これらの断片はいくつかの中世の学者が、多かれ少なかれ完璧なヘブライ語のテキストのコピーを作成する、として、 1つの例が表示されます。 In xxxii.は32です。 22 the Hebrew version has . 22のヘブライ語バージョンがあります。 For the latter word the Syriac text substitutes (= "thy way"), which the context shows to be faulty, the reading being due to a confusion of with .後者の単語のシリア語のテキストを代替( = "なたの道" )が表示されるコンテキストでは、欠陥は、読書のために混乱を参照して下さい。 The Greek version reads "thy children," the meaning attributed to in several passages of the Bible.ギリシャ語版、英語で"なたの子供たち"の意味に起因するいくつかの通路の聖書です。 But had the Jewish scribe used the Greek version, he would never have found beneath τῶν τέκνων σου the Hebrew , the correctness of which is attested by the Syriac.しかし、ユダヤ人は、ギリシャ語版スクリーブ使用して、彼は決して下τῶν τέκνων σουが見つかりました、ヘブライ語、の正しさが証明されたシリアです。 There are numerous examples of a similar nature. 〜は非常に多くの例を、同様の性質です。

Although Margoliouth's theory must be rejected as a whole, certain details indicate that both A and B are derived from a copy characterized by interpolations due to a retranslation from Syriac into Hebrew.マーゴリュースの理論ものの全体としては拒絶しなければならない、特定の詳細を示しては、 aとbの両方から派生したinterpolationsのコピーを特徴とする再変換のために、シリア語をヘブライ語からです。 In a number of passages the same verse is given in two distinct renderings, one of which usually corresponds to the Syriac, even when this text represents merely a faulty or biased translation of the original.通路と同じでは、多くの詩は、与えられた2つの別個のレンダリングの1つであるが、通常のシリア語に対応しても、このテキストを表すときに障害があるか、単なるバイアスの翻訳は、オリジナルです。 These verses, moreover, in their conformity to the Syriac, become at times so meaningless that they can be explained only as incorrect translations from that language.これらの詩、また、シリアに適合して、倍になるように無意味なことで説明して不正な技術情報の翻訳者としてのみにその言語にします。 Such suspicious passages are characterized by a comparatively modern style and language, by a commonplace phraseology, and by a break in the parallelism which is affected by Ecclesiasticus.このような不審な通路が特徴は、比較的モダンなスタイルと言語を、平凡な言い方をされる、とされ、ブレークは、並列処理これは集会の書の影響を受けています。 It may therefore be safely concluded that these doublets are merely additions made to render the Syriac version more intelligible.そのために安全に結論づけられることがありますが、これらのdoubletsの追加は単にシリア語版の他の理解をレンダリングする。 The same statement holds true of certain textual emendations made by the glossarist.同じステートメントの特定のテキストを保持真のemendations作られる用語集です。 In this, however, there is nothing strange, since it is a well-known fact that the Jews of certain sections were familiar with Syriac, as is shown by the quotations made by Naḥmanides from the Wisdom of Solomon, from Judith, and from Bel and the Dragon, and also by the introduction of the Peshiṭta of Proverbs into the Targum of the Hagiographa.中では、しかし、奇妙なものはないので、これは周知の事実は、ユダヤ人の特定のセクションには精通してシリア、見積書には示されて作られるnaḥmanidesソロモンの知恵から、よりジュディス、およびよりBelと龍、とも導入されるのpeshiṭtaの諺をhagiographaターガムのです。

The Final Hymn.賛美歌の最後のします。

But the glossarist did not restrict himself to these slight additions and modifications, for he added to his copy a translation of the final hymn, basing this version also on the Syriac.しかし、これらの用語集をしなかった自分自身を制限する若干の追加や変更、追加されました彼は彼の最後の賛美歌の翻訳をコピーする、このバージョンでも、シリア基地です。 This canticle, as Bickell has clearly shown, is an alphabetical acrostic, which may still be traced in the Syriac version, on account of the similarity between that language and Hebrew.この賛美歌、 bickellが明確に示さとしては、アルファベット順のアクロスティックことがありますがありますトレースは、シリア語版で、 [アカウントの言語とヘブライ語の類似点がある。 There are lacunæ, however, in the Syriac text which are supplied in the Greek, even though these passages are lacking in the Hebrew. lacunæには、しかし、テキストの上で、シリア語、ギリシャ語で提供されるが、これらの通路が欠けているにもかかわらず、ヘブライ語です。 In the Hebrew some traces of the acrostic remain in cases where the Syriac was translatable only by a Hebrew word beginning with the same letter; but elsewhere all vestiges of it have disappeared.は、ヘブライ語のいくつかの痕跡をアクロスティックのままである場合には、シリアは、ヘブライ語翻訳された単語のみを始めとした同様の手紙;しかし、他のすべての痕跡が消えたことです。 The Syriac version, moreover, shows evidences of corruptions and innovations, which are reproduced by the Hebrew.のシリア語版との比較、また、不正と革新を示す証拠は、ヘブライ語に再現された。 The Syriac occasionally corresponds to the Greek, but tends toward a confusion of sense which eventually alters the meaning, these modifications being also reproduced in the Hebrew text.時折、シリア語、ギリシャ語に対応して、傾向に向かっしかし、最終的に混乱を変える意味での意味は、これらの変更がヘブライ語のテキストも再現されています。 The hymn, which follows the Syriac version closely throughout, is evidently a retranslation from the latter.の賛美歌、これの次のシリア語版密接を通して、再よりは明らかに後者です。 These opinions have been championed especially by Israel Lévi, and are accepted by Ryssel and other scholars, although they are not universally held.これらのご意見を注いでも、特にイスラエルléviされ、受け入れられるとはrysselおよびその他の学者、普遍的ではないものの開かれた。

The Hebrew version contains an entire canticle which does not appear in either the Greek or the Syriac text.ヘブライ語のバージョンが含まれ、全体の賛美歌をギリシャ語のいずれかが表示されない、またはシリア語のテキストです。 This, however, is of doubtful authenticity, although one may cite in its favor the sentence "O give thanks unto Him that chose the sons of Zadok to be priests," alluding to the pre-Maccabean high priests who were descended from Zadok; while another possible argument is furnished by the absence of any reference to ideas essentially Pharisaic, such as the resurrection of the body.これは、しかしながら、信頼性が疑わしいが、 1つの文に賛成して、その年5月挙げる"おお、かれに感謝することを選んだの司祭の息子のzadokされる、 " alludingをプレwhoがmaccabean高僧の子孫zadok ;中別の可能性の欠如された引数は、家具のアイデア本質的に任意の参照をpharisaicなどの体の復活です。 Against the genuineness of the psalm may be urged: (1) its omission in the versions; (2) the sentence "O give thanks unto Him that maketh the horn of the house of David to bud," which is directly opposed in sentiment to ch.真偽は、詩篇第反対するよう求めたがあります: ( 1 )その不作為のバージョンで、 ( 2 )の文"おお、かれに感謝することのために、角の家のデビッドを蕾、 "これは反対の感情を直接あなたのです。 xxxvi. 36 。 and to the entire "Hymn of thePatriarchs"; and (3) the remarkable similarity of the hymn to the "Shemoneh 'Esreh" together with the prayers which precede and follow the "Shema'."とを全部"賛美歌のthepatriarchs " 、および( 3 )著しい類似性の賛美歌を" shemoneh ' esreh "と一緒に祈りを先行すると次の" shema ' 。 " The question has not yet been definitely settled. definitelyの問題がまだ解決されています。

Critical Value of the Hebrew Text.臨界値は、ヘブライ語のテキストです。

Despite the corrections and interpolations mentioned, however, the originalty of the text in these fragments of Ben Sira can not be denied.にもかかわらず、訂正とinterpolations言及したように、しかし、これらの断片のテキストoriginaltyベン欠陥を否定することはできません。 Besides the fact that many scholars deny the existence of any interpolations, there are portions in which it is easy to recognize the author's hand; for he has a characteristic technique, style, vocabulary, and syntax which are evident in all the versions.事実に加えて、多くの学者の存在を否定して任意のinterpolationsには、部分を認識することは容易では、著者の手;を彼には、技術の特徴、スタイル、語彙、および構文のすべてのバージョンが明らかにします。 It may safely be said that in the main the work of Ben Sira has been preserved just as it left his hands, while the chief variant marginal readings recorded in the fragments and confirmed by the translations may be regarded as evidences of the existence of two separate editions written by Ben Sira himself.安全なことがありますが、メインの仕事によると、ベン欠陥が保存されている左の彼の手と同様に、測定値が、主任その他の限界に記録されて5月の破片と確認された技術情報の翻訳が存在する証拠と見なされるの2つの別々の自分自身のエディション書かれたベン欠陥です。 It is self-evident, moreover, that Ecclesiasticus has undergone some alterations at the hands of scribes, but it would have been strange indeed if this book alone should have wholly escaped the common lot of such writings.自明のことは、また、その大集会の書が手には、いくつかの変更scribes 、でもそれは確かに奇妙な場合もこの本だけで完全にエスケープする必要がこのような共通の多くの作品を紹介します。 No more conclusive proof could be found, were any necessary, of the fidelity of the Hebrew version than its frequent agreement, in citations from the Bible, with the text on which the Septuagint is based rather than with the Masorah, as in the case of I Sam.いいえ、もっと決定的な証拠は見つかりませんでしたが、必要なのは、ヘブライ語版の忠実度よりも頻繁に契約書は、聖書からの引用は、上では、テキストベースではなく、セプトゥアギンタは、 masorah 、例のように、私サムです。 xii. 12 。 3 as compared with Ecclus. 3と比べるとecclusです。 (Sirach) xlvi. (シラク) 46 。 19, or Isa. 19日、またはISAです。 xxxviii. 38 。 17 with Ecclus. 17日にecclusです。 (Sirach) l. (シラク) l. 2. 2 。

Importance for the History of the Bible.重要なのは、聖書の歴史のです。

Even before the discovery of these fragments the Book of Ecclesiasticus was regarded as a unique document of priceless value; but the account which it gives of the status of the Bible in its author's dayhas gained additional importance, now that the greater part of the original itself is known.さらに、これらの断片の前に発見したこの本の集会の書は、ユニークなドキュメントと見なされて貴重な値;しかし、それには、アカウントの状態を、聖書は、著者のdayhas得た追加の重要性は、今すぐは、大部分は、元の自体が知られています。 The "Hymn of the Patriarchs," which has been preserved in its entirety, shows that the canon of the Law and of the Prophets was closed, as the author's grandson expressly states. "賛美歌は、 patriarchs 、 "そっくりそのまま保存されているが、ショーは、キヤノンは、法とは、預言者は閉じて、明示的に国としての著者の孫です。 The Prophets were arranged in the order generally adopted in the Hebrew Bible, as follows: Joshua, Judges, Samuel, Kings ("Nebi'im Rishonim"), Isaiah, Jeremiah, Ezekiel, and the Twelve Minor Prophets ("Nebi'im Aḥaronim"); and the expression "the Twelve Prophets" was sanctioned by usage.預言者が採択され、通常の順序に配置され、ヘブライ語聖書は、以下のとおり:ジョシュア、裁判官、サミュエル、キングス( " nebi'im rishonim " ) 、イザヤ書、エレミヤ、エゼキエル、とは、 12小預言者( " nebi'im aḥaronim " ) ;と表現"は、 12預言者"は利用方法の認可を受ける。 The greater portion of the Hagiographa was already considered canonical, including the Psalms attributed nominally to David, Proverbs, Job (the Greek translator has made a gross blunder here), and possibly the Song of Solomon, Nehemiah, and Chronicles. hagiographaの大部分は、正規の考えはすでに、公称原因を含め、詩篇を授けたデビッド、諺、仕事(ギリシャ語翻訳者はここでは、総失態) 、および可能性のソロモンの歌、ニーアマイア、およびクロニクルです。 The author's silence regarding some of the other Hagiographa proves nothing; since he intended, as has already been said, to eulogize the priesthood in this section, and all who were not included in his scheme were passed over without notice.沈黙の著者のhagiographa 、他のいくつかについて何も証明;以来彼は意図としては既によると、聖職に就くに賛辞を呈するのこのセクションでは、 whoは、すべて彼の計画には含まれては予告なしに通過します。 In addition to this statistical information, Ben Sira furnishes other points of interest.この統計情報に加えて、他のポイントの関心furnishesベン欠陥です。 The frequency with which he avails himself of Job and Proverbs proves that both these books had been long in circulation, although the divergence between the original and his quotation is very great. availsの頻度を彼自身の仕事と、これらの書籍の諺を証明していたロングの両方で発行部数は、原本との間の乖離が、彼の引用は非常に大きい。 Furthermore, the labored attempt to imitate the literary style previously affected in didactic poetry was a failure, and radical changes had been introduced even as early as the time of the author.また、文学のスタイルを模倣しようと苦心の跡が、以前は次の影響を受けるのは、失敗の教訓詩、および抜本的な変革も、早ければいた導入するものであり、著者です。 While he still availed himself of parallelism and employed verses symmetrically divided into two hemistichs, he introduced into this work on wisdom concepts thitherto excluded, such as allusions to sacred history and exhortations to fulfil the duty of religious worship. availedながら彼はまだ自分自身の並列処理や雇用の詩に分かれて2つの対称hemistichs 、彼は知恵の概念を導入するその時、この仕事を除外するなど、 exhortations allusionsを神聖な歴史と宗教上の礼拝を達成する義務があります。 Mention has already been made of literary innovations which characterize the work.言及されて作られた文学の革新を特徴付けるの仕事です。 It is no less significant that the diction employed is essentially imitative, being a mixture of Biblical centos and reminiscences, yet marking a stage unattained by any analogous work.あまり重要ではない言葉遣い雇用は本質的に模倣して、聖書がCentOS版との思い出を混合し、未到の段階ではまだありませんマーキングされ、任意の類似の仕事です。 Still untouched by Hellenisms, the lexicography is characterized by rabbinisms and derivatives from the Aramaic and the Arabic.まだ手つかずでhellenismsは、辞書編集rabbinisms及びデリバティブ商品の特徴はアラム語とアラビア語からです。 The style is decadent, showing a curious mixture of prolixity and conciseness, daring constructions, the repetition of certain figures, imitation, and false elegance, side by side with felicity of phraseology and imagery.退廃のスタイルは、表示中の混合液の冗長好奇心と簡潔、大胆な建設は、繰り返しの特定の人物、模倣、とfalse 、エレガンス、と並んでフェリシティの言い方と画像です。 These qualities denote a period when spontaneity and originality were replaced by pedantry, conventionality, and artificiality.これらの性質を表すときにピリオドに置き換えられて自発性と独創性がもったいぶり、慣例、および人工的です。 Henceforth a thorough knowledge of Ecclesiasticus will be indispensable for any who wish to study the analogous portions of the Bible, although it has thus far been impossible to determine the relation of Ecclesiastes and Ecclesiasticus from a mere comparison of the two books, despite their frequent points of contact.今後の知識を集会の書を徹底的には欠かせないwho希望するすべての類似の部分を研究して、聖書が、これは、これまでの関係を判断するのが不可能な集会の書伝道の書との比較から、単なる2つの書籍、にもかかわらず、頻繁にポイントの連絡先です。

It is self-evident that the Hebrew fragments will aid in the reconstruction of the original of those portions for which no basal text has yet been found.ことは自明は、ヘブライ語の断片が、元の復興を支援する、これらの部分を基底されていないテキストはまだ見つかっていない。 These fragments, moreover, reveal the relative value of the Greek and Syriac texts, the two versions based on the Hebrew original.これらの断片、また、相対的価値を明らかにするテキストは、ギリシャ語とシリア語、ヘブライ語は2つのバージョンに基づいて、オリジナルです。

The Greek Version.ギリシャ語バージョンです。

The Greek text, as noted above, is the work of the author's grandson, who went to Egypt in 132.ギリシャ語のテキストは、上記のように、その仕事は、著者の孫、 who行ったエジプトの132 。 A prologue to the "Synopsis" of Athanasius gives his name as Jesus; but this passage is spurious.プロローグをするの"形式"として、彼の名前は、イエスキリストのアタナシウス;しかし、この通路は、スプリアスです。 Although the translator may have gone to Egypt in 132, it does not necessarily follow that he entered upon his work in that year; indeed he himself says that he spent some time there before beginning his task.翻訳者は、 132年5月にエジプトへ行っても、それは必ずしも従うことに彼は彼の作品はその年に入力;確かに彼自身によると、彼は自分のタスクを開始する前にいくつかの時間にします。 The theory has been advanced that he did not begin it until 116, since ἐπί ("in the time of"), which he uses in connection with Ptolemy Euergetes, is employed only after the death of the monarch whose name it precedes (Deissmann, in "Theologische Literaturzeitung," 1904, p. 558); but the incorrectness of this deduction has been demonstrated by Schürer.その理論され始めて高度なことまで彼は116 、以来ἐπί ( "は、時間を" ) 、これプトレマイオスエウエルゲテスの接続で使用され彼は、雇用した後にのみ、君主の死を前に、その名前を付けます(ダイスマン、 、 " theologische literaturzeitung 、 " 1904年、 p. 558 ) ;しかし、不正確さは、次の控除されschürer実証されています。 The translator, in the introduction, requests the indulgence of his readers, a precaution not without justification, since his rendering leaves much to be desired, sometimes straining the meaning of the text, and again containing crass blunders, so that the text must be freed from the numerous errors of the scribes before it can be fairly judged (see Lévi, "L'Ecclésiastique," p. xl.).翻訳者は、はじめに、彼の機嫌を取ることを要求する読者は、正当な理由がないわけでは予防措置ので、彼の希望される多くのレンダリングの葉、時には排便の意味を、テキスト、および再度粗野なへまを含む、解放して、テキストをしなければならないscribesから、多くのエラーが発生する前に、公平に判断できる( lévi 、 " ecclésiastique 、 " p. xl 。 ) 。

The Hebrew version shows that the Greek manuscript which has best preserved the wording of the original is No. 248 of Holmes and Parsons, which was used in the Complutensian Polyglot.ショーは、ギリシャ語、ヘブライ語版の原稿が最もよく保存さの表現は、元のは、ナンバー248のホームズとパーソンズ、多言語で書かれたcomplutensian使用されていたのです。 Yet even after a rigid purification of the text, Ben Sira contains many blunders, due to overhasty reading (Lévi, lc pp. xliii. et seq.).精製した後の硬直化はまだありませんが、テキストは、多くの失策ベン欠陥が含まれ、軽率な読書のために( lévi 、液晶pp 。 43 。頁以降を参照。 ) 。 While the translator generally adhered closely to the original, he sometimes added comments of his own, but seldom abridged, although he occasionally slurred over a passage in which the imagery was too bold or the anthropomorphism too glaring.翻訳者が、一般的に密接に付着し、元のは、彼は時々 、自分自身のコメントを追加されましたが、めったに要約、時折slurred彼のイメージを通過ではあまりにも大胆な、または擬人観はあまりにも明白な。 Moreover, he frequently substituted for the translation of one verse another already given for a passage of similar content.また、彼は頻繁に置換される翻訳文を1つの詩を与えられたため、すでに別の同様のコンテンツを通過します。 The version used by him was not always identical with that contained in the Hebrew fragments.彼が使用されているバージョンと同じとは限らないとヘブライ語の断片が含まれている。 Sometimes he has verses which are missing in the Hebrew; but many of those mentioned by Fritzsche in his notes are found in the fragments.時には彼は、ヘブライ語の詩が行方不明になる;しかし、それらの多くは彼のノートに記載されフリッチェの破片が発見された。 A revision of the Greek text is attested by the quotations in the "Pædagogus" of Clement of Alexandria.リビジョンは、ギリシャ語のテキストが引用された証言は、 " pædagogus "のクレメントアレクサンドリアのです。

An accident has disarranged the pages of the parent manuscript of all the copies thus far known, two sheets, containing respectively xxx.事故disarrangedのページには、親の原稿のすべてのコピーを、これまで知られ、 2つのシートを、それぞれxxxを含む。 25-xxxiii. 25 - 33 。 13a and xxxiii. 13aと33です。 13b-xxxvi. 13b - 36です。 16b, having been interchanged. 16b 、駆使することもあります。 The Itala and the Armenian versions, however, avoided the error.アルメニア語バージョンのリストと、しかし、避けて、エラーが発生します。 The conjectural restoration of the order of the chapters should be made, according to Ryssel, on the basis of manuscript No. 248, which also avoided this inversion.回復の推測の各章の順序をすべきである、 rysselによると、原稿のナンバー248に基づいて、この反転にも避けています。 On the Greek manuscripts and their individual and general value as regards the history of this version, see Ryssel in Kautzsch, "Apokryphen," i.ギリシャ語を検索するとその個々の原稿や一般的価値としての歴史については、次のバージョンを参照してくださいrysselのカウチ、 " apokryphen 、 "の経験I.クリチバ 244 et seq. 244頁以降を参照。 It may be said that the Greek version offers the most reliable material for the reconstruction of those portions of the original which have not yet been discovered.それによると、ギリシャ語のバージョンがあります最も信頼性の素材を提供してそれらの復興を、元のどの部分がまだ残っているの発見。

The Vetus Latina.ラティーナの古いします。

As Jerome himself says, the Latin version contained in the Vulgate is not his work, but was the one generally used in the African churches during the first half of the third century (see Thielmann in "Archiv für Lateinische Lexicographie und Grammatik,"viii.-ix.); and the truth of this statement is proved beyond question by the quotations of Cyprian.ジェローム自身としては、ウルガタ聖書のラテン語のバージョンに含まれている彼の作品ではないが、通常は、 1つの中で使用されてアフリカの教会の半分を、最初の3番目の世紀(ティールマンは"過去のfür lateinische lexicographie und文法、 " Ⅷ 。 - 9世です。 ) ;と、真実は、次のステートメントは疑う余地なく証明された見積書のチプリアーノです。 This text is characterized by a number of interpolations of a biased trend, although it is in general a slavish and sometimes awkward translation from the Greek (comp. Herkenne, "De Veteris Latini Ecclesiastici Capitibus i.-xliii." Leipsic, 1899); but it also contains deviations from the Greek which can be explained only on the hypothesis of a Hebrew original.このテキストの特徴は、多くのinterpolationsに偏った傾向が、これは、基本的に奴隷、時にはぎこちないギリシャ語からの翻訳( herkenne comp. 、 "デラウェアラティーニveteris i. - 43 ecclesiastici capitibusです。 "リプシック、 1899 ) ;しかし、それよりも含まれ、ギリシャの偏差を説明した上でしか仮説は、ヘブライ語オリジナルです。 These divergences are corrections made on the basis of a Hebrew manuscript of the same recension as B and C, which were taken from a text that had already become corrupt.これらのdivergencesは訂正に基づいて作らヘブライ語の原稿を校訂本として、同じBとCと、これはテキストから取らになることはすでに壊れています。 Such changes were made, therefore, prior to the third century.このような変更が行われた、したがって、 3番目の世紀の前にします。 The corrections peculiar to the Itala are attested by the quotations of Cyprian, and may have been derived from a Greek manuscript taken to Africa.リストの訂正は、特有の証言を引用されるのチプリアーノ、および5月から派生したが、ギリシャ語の原稿をアフリカに撮影します。 They may be divided into two groups: cases in which the corresponding passage of the Hebrew is placed beside the ordinary text of the Greek, and passages in which the Hebrew rendering is substituted for the Greek reading (comp. Lévi, lc, introduction to part ii., and Herkenne, lc).彼らの2つのグループに分けられる5月:ケースでは、ヘブライ語に対応する通路の横にある普通のテキストが置かれ、ギリシャ語、ヘブライ語と通路で、レンダリングは、ギリシャの置換を読む( comp. lévi 、液晶、はじめにパートⅡ 。 、およびherkenne 、液晶) 。 After ch.あなたの後です。 xliv. 44 。 the Vulgate and the Itala coincide.リストの流布本と一致します。 The other versions based upon the Greek are the Syriac Hexaplar, edited by Ceriani ("Codex Syro-Hexaplaris Ambrosianus Photolithographice Editus," Milan, 1874); the Coptic (Sahidic), edited by Lagarde ("Ægyptiaca," Göttingen, 1883; see Peters, "Die Sahidisch-Koptische Uebersetzung des Buchs Ecclesiasticus auf Ihren Wahren Werth für die Textkritik Untersucht," in Bardenhewer, "Biblische Studien," 1898, iii. 3); the Ethiopic, edited by Dillmann ("Biblia Veteris Testamenti Æthiopica," 1894, v.); and the Armenian, sometimes used to verify the reading of the Greek. 、他のバージョンに基づいて、ギリシャのhexaplarは、シリア、編集されceriani ( "コーデックスsyro - hexaplaris ambrosianus photolithographice editusは、 "ミラノ、 1874 ) ;のコプト語( sahidic ) 、編集されラガルド( " ægyptiacaは、 "ゲッティンゲン、 1883 ;参照ピーターズ、 "死ぬsahidisch - koptische uebersetzungデbuchs集会の書auf ihren wahrenワースfür死ぬtextkritik untersucht 、 " bardenhewer 、 " biblische studien 、 " 1898年、 Ⅲ 。 3 ) ;のエチオピア、編集されディルマン( "聖書veteris testamenti æthiopica 、 " 1894 、動) ;と、アルメニア、時には読書を使用して、ギリシャのを確認してください。

Syriac Version.シリア語バージョンです。

While the Syriac version does not possess the importance of the Greek, it is equally useful in the reconstruction of the Hebrew on which it was directly based, as has been clearly shown by the discovery of the fragments.バージョンはありませんが、シリア語、ギリシャ語の重要性を所有して、同様に有用であることは、ヘブライ語の復興をベース上でそれが直接、明確に示されているとされ発見された断片です。 As a rule the translator understood his text; but his blunders are innumerable, even making allowance for scribal errors, which are not infrequent.翻訳者は、原則として理解され、彼のテキスト;しかし、彼は、無数の失策も、メーカー引当金筆写のエラー、まれにされていない。 Unfortunately, his copy was incomplete, so that his version contains numerous lacunæ, one of which (xliii. 1-10) was filled by a passage borrowed from the Syriac Hexaplar.残念ながら、彼のコピーが不完全なので、彼のバージョンを含む多数のlacunæ 、 1つが( xliii. 1-10 )は、通路に埋められ、シリアから借りたhexaplarです。 This entire translation is a puzzle.このパズルは、全体を翻訳します。 In some chapters it follows the original exactly, in others it is little more than a paraphrase, or even a mere epitome.いくつかの章に次のように、元の正確には、その他の言い換えを超えることはほとんどない、あるいは単なる縮図です。 In places the translation shows very few errors, in others it betrays total ignorance of the meaning of the text.非常にいくつかの場所でエラーが表示される翻訳文は、他のことの意味を裏切っの無知さを合計するテキストです。 It is possible that the Syriac version was the work of several translators.することが可能は、シリアのバージョンはいくつかの翻訳の仕事をします。 Some of its repetitions and corrections betray a Christian bias; and it even bears traces of a revision based on the Greek.いくつかの繰り返しと訂正を裏切るキリスト教のバイアス、およびそれにもクマの痕跡を改正に基づいて、ギリシャのです。 As already noted, it contains many variants which the Hebrew fragments show to represent the original readings.すでに言及したように、それは多くの亜種は、ヘブライ語の断片を代表して元の測定値を表示します。 Despite its numerous defects, it is a valuable check upon the Greek text, even where it diverges widely, except in passages where it becomes fantastic.にもかかわらず、多くの欠陥、それは貴重な空に、ギリシャのテキストを、たとえそれdiverges広く、どこになる通路を除いて素晴らしいです。 It therefore deserves to be carefully studied with the assistance of the commentaries on it and the citations from it by Syriac authors, as has been done for the glosses of Bar Hebræus by Katz in his "Scholien des Gregorius Abulfaragius Bar Hebræus zum Weisheitsbuche des Josua ben Sira" (Halle, 1892).そのため慎重に検討されることに値するの助けを借りての論評して、それをシリアの作家からの引用、注釈としては行われていないのバーは、彼のhebræusをカッツ" scholienデグレゴリウスhebræus zum abulfaragiusバーデジョシュアベンweisheitsbuche欠陥" (ハレ、 1892 ) 。 The Arabic translation included in the London Polyglot and based upon the Syriac version is likewise a valuable adjunct to the "apparatus criticus."アラビア語の翻訳に含まれてロンドンに基づいて多言語で書かれたと同様に、シリア語バージョンは貴重な付加して"批判的研究です。 "

Crawford Howell Toy, Israel Léviクロフォードハウエルおもちゃ、イスラエルlévi

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Editions of the Hebrew text, in chronological order: Schechter, Ecclesiasticus xxxix.ヘブライ語のテキストのエディションは、年代順:シェクター、集会の書39 。 15-xl. 15 - xl 。 8, in Expository Times, July, 1896, pp. 8日、解説回で、 7月、 1896 、 pp 。 1-15; Cowley and Neubauer, The Original Hebrew of a Portion of Ecclesiasticus (xxxix. 15-xlix. 11), Together with the Early Versions and an English Translation, Followed by the Quotations from Ben Sira in Rabbinical Literature, Oxford, 1897; Halévy, Etude sur la Partie du Texte Hébreu de l'Ecclésiastique Récemment Découverte [xxxix. 1-15 ; neubauerカウリーとは、元のヘブライ語の部分の集会の書( 15 - 49 xxxix. 。 11 )は、初期のバージョンと一緒にすると、英語の翻訳は、ベンの欠陥からの引用句に続いて、ラビ文学、オックスフォード、 1897 ;アレヴィ、練習曲シュールラ党デュtexte hébreuデl' ecclésiastique récemment découverte [ 39 。 15-xlix. 15 - 49 。 11], in Rev. Sém. 11 ]は、 sém改訂します。 v. 148, 193, 383; Smend, Das Hebräische Fragment der Weisheit des Jesus Sirach, in Abhandlungen der Göttinger Gesellschaft der Wissenschaften, 1897, ii. v. 148 、 193 、 383 ;スメント、 das hebräischeフラグメントderバイスハイトデイエスキリストシラクは、 abhandlungen der göttinger社会der wissenschaften 、 1897 、 Ⅱ 。 2 (containing the same text); Collotype Facsimiles of the Oxford Fragment of Ecclesiasticus, Oxford, 1897; Israel Lévi, L'Ecclesiastique ou la Sagesse de Jesus, Fils de Sira, Texte Original Hébreu, Traduit et Commenté, in Bibliothèque de l'Ecole des Hautes Etudes, Sciences Réligieuses, x., No. i., Paris, 1897 (part ii., ib. 1901); Schlatter, Das Neugefundene Hebräische Stück des Sirach, Güterslohe, 1897; Kohn, same text, in Ha-Shiloaḥ, iii. 2 (同じテキストを含む) ;コロタイプファクシミリ集会の書の断片は、オックスフォード、オックスフォード、 1897 ; léviイスラエル、 l' sagesseデラecclesiastique王イエスキリスト、フィルスデ欠陥、 texteオリジナルhébreu 、 traduit et commentéは、 bibliothèqueデ左'エコールデオート宇宙、科学réligieuses 、 Xで、ナンバーi. 、パリ、 1897年(第二部です。 、 ① -イ。 1 901) ;シュラッター、 d asn eugefundeneh ebräisches tückデシラク、 g üterslohe、 1 897;コーン、同じテキストは、ハ- shiloaḥ 、 Ⅲ 。 42-48, 133-140, 321-325, 517-520; Schechter, Genizah Specimens: Ecclesiasticus [xlix. 42-48 、百三十三〜百四十、三二一から三二五まで、五百十七から五百二十まで;シェクター、ゲニーザー標本:集会の書[ 49 。 12-1. 12-1 。 22], in JQR x. 22 ]は、 Xのjqr 197; Schechter and Taylor, The Wisdom of Ben Sira, Cambridge, 1899; Halévy, Le Nouveau Fragment Hébreu de l'Ecclésiastique [xlix. 197 ;シェクターとテイラー、ベン欠陥の英知を結集する、ケンブリッジ、 1899 ;アレヴィ、ルヌーヴォーフラグメントhébreuデl' ecclésiastique [ 49 。 12-1. 12-1 。 22], in Rev. Sém. 22 ]は、 sém改訂します。 vii. Ⅶ 。 214-220; Margoliouth, The Original Hebrew of Ecclesiasticus xxxi. 214から220 ;マーゴリュースは、元のヘブライ語の集会の書31 。 12-31 and xxxvi. 12月31日と36です。 22-xxxvii. 22 - 37 。 26, in JQR xii. 26日、 12のjqrです。 1-33; Schechter, A Further Fragment of Ben Sira [iv. 1-33 ;シェクター、ベンの断片をより詳細な欠陥[ Ⅳ 。 23-v. 23 - Vをサポート。 13, xxv. 13日、 25 。 8-xxvi. 8 - 26です。 2], ib. 2 ] 、 ① -イ。 pp. pp 。 456-465; Adler, Some Missing Fragments of Ben Sira [vii.四百五十六〜四百六十五;アドラー、いくつかの行方不明の断片をベン欠陥[ Ⅶ 。 29-xii. 29 - 12 。 1]. 1 ] 。 ib. ① -イ。 pp. pp 。 466-480; Lévi, Fragments de-Deux Nouveaux Manuscrits Hébreux de l'Ecclésiastique [xxxvi.四百六十六から四百八十まで; lévi 、断片デ-ドゥー新manuscrits hébreuxデl' ecclésiastique [ 36 。 24-xxxviii. 24 - 38 。 1; vi. 1 ; Ⅵ 。 18-19; xxviii. 18-19 ;二十八です。 35; vii. 35 ; Ⅶ 。 1, 4, 6, 17, 20-21, 23-25], in REJ xl. 1 、 4 、 6 、 17 、 20-21 、 23-25 ] 、 rej xl 。 1-30; Gaster, A New Fragment of Ben Sira [xviii. 1-30 ;腹部に、新しいフラグメントのベン欠陥[ 18 。 31-33; xix. 31-33 ; 19 。 1-2; xx. 1-2 ;イグゼクスです。 5-7; xxvii. 5-7 ;二十七です。 19. 19 。 22, 24, 26; xx. 22日、 24日、 26日;イグゼクスです。 13], in JQR xii. 13 ]は、 12 jqrです。 688-702; Ecclesiasticus: The Fragments Hitherto Recovered of the Hebrew Text in Facsimile, Cambridge and Oxford, 1901; Schlögel, Ecclesiasticus xxxix. 688〜702 ;集会の書:これまでの断片は、ヘブライ語のテキストを回復したファクシミリ、ケンブリッジとオックスフォード、 1901 ; schlögel 、集会の書39 。 12-xlix. 12 - 49 。 16, Ope Artis Criticœ et Metricœ in Formam Originalem Redactus, 1901; Knabenbauer, Commentariusin Ecclesiasticum cum Appendice: Textus Ecclesiastici Hebrœus Descriptus Secundum Fragmenta Nuper Reperta cum Notis et Versione Litterali Latina, Paris, 1902; Peters, Der Jüngst Wiederaufgefundene Hebräische Text des Buches Ecclesiasticus, etc., Freiburg, 1902; Strack, Die Sprüche Jesus', des Sohnes Sirach, der Jüngst Wiedergefundene Hebräische Text mit Anmerkungen und Wörterbuch, Leipsic, 1903; Lévi, The Hebrew Text of the Book of Ecclesiasticus, Edited with Brief Notes and a Selected Glossary, Leyden, 1904, in Semitic Study Series, ed. 16日、 OPE研究アルティスmetricœでcriticœ et formam originalem redactus 、 1901 ; knabenbauer 、 commentariusin ecclesiasticumごっappendice :網descriptusにservise ecclesiastici hebrœusノーティスet fragmenta最近ごっreperta versione litteraliラティーナ、パリ、 1902 ;ピーターズ、 der jüngst wiederaufgefundene hebräischeテキストデbuches集会の書等、フライブルク、 1902 ;シュトラック、死ぬsprücheイエスキリスト' 、デsohnesシラク、 der mit anmerkungen und jüngst wiedergefundene hebräischeテキストwörterbuch 、リプシック、 1903 ; léviは、ヘブライ語のテキストを、本集会の書、編集が簡単なノートと、選択した用語集、ライデン、 1904年は、ユダヤ人の研究シリーズ、エドです。 Gottheil and Jastrow, iii.; La Sainte Bible Polyglotte, ed. gottheilとジャストロウ、 Ⅲ 。 ;ラサント聖書polyglotte 、エドです。 Viguroux, vol. viguroux 、 !です。 v., Paris, 1904; Peters, Liber Iesu Filii Sirach sive Ecclesiasticus Hebraice Secundum Codices Nuper Repertos, Vocalibus Adornatus Addita Versione Latina cum Glossario Hebraico-Latino, Freiburg, 1905. v. 、パリ、 1904 ;ピーターズ、独立したシラクiesu filii hebraice集会の書にserviseしかし最近のCODEC repertos 、ごっvocalibus adornatus addita versioneラティーナglossario hebraico -ラティーノ、フライブルク、 1905 。

On the question of the originality of the book: Margoliouth, The Origin of the "Original Hebrew" of Ecclesiasticus, London, 1899; Bacher, in JQR xii.上の問題を、独自の書籍:マーゴリュース、の起源は、 "オリジナルのヘブライ語"集会の書、ロンドン、 1899 ; bacher 、 jqr 12 。 97-108; idem, in Expository Times, xi.九七〜一〇八;同上は、解説回、西です。 563; Bickell, in WZKM xiii. 563 ; bickellは、 13 wzkmです。 251-256; Halévy, in Rev. Sém. 251から256まで;アレヴィは、改訂sémです。 viii. Ⅷ 。 78-88; König, in Expository Times, x. 78から88 ;ケーニッヒは、解説回、 Xの 512, 564; xi. 512 、 564 ; XI 。の 31, 69, 139-140, 170-176, 234-235; idem, Die Originalität des Neulich Entdeckten Hebräischen Sirachtextes, Tübingen, 1900; idem, in Neue Kirchliche Zeitung, xi. 31 、 69 、 139〜140 、一七〇から一七六、 234〜235 ;同じ、死ぬoriginalitätデneulich entdeckten hebräischen sirachtextes 、テュービンゲン、 1900 ;同上は、ノイエkirchlicheツァイトゥンク、西です。 60, 67; idem, in Theologische Rundschau, iii. 60 、 67 ;同上は、 theologischeルントシャウ、 Ⅲ 。 19; idem, in Evangelische Kirchen-Zeitung, lxxiv. 19 ;同上は、 evangelische kirchen -ツァイトゥンク、 74です。 289-292; Lévi, in REJ xxxix.二八九〜二九二; léviは、 39 rejです。 1-15, xl. 1-15 、 xl 。 1-30; Margoliouth, in Expository Times, xi. 1-30 ;マーゴリュースは、解説回、西です。 90-92, 191, 427-429, 521; xii. 90-92 、 191 、 427から429 、 521 ; 12 。 45, 95, et passim; Ryssel, in Theologische Studien und Kritiken, lxxv. 45 、 95 、他各所; rysselは、 theologische studien und kritiken 、 75です。 406-420; Schechter, in Expository Times, xi.四百六〜四百二十;シェクターは、解説回、西です。 140-142, 382, 522; Selbie, ib.百四十から百四十二、 382 、 522 ; selbie 、 ① -イ。 127, 363, 378, 446, 494, 550; Tyler, in JQR xii. 127 、 363 、 378 、 446 、 494 、 550 ;タイラーは、 12 jqrです。 555-562.五百五十五から五百六十二です。

Studies on the Hebrew text, exclusive of the editions and commentaries mentioned above: Bacher, in JQR ix.研究は、ヘブライ語のテキストは、排他的なのは上述のエディションや論評: bacherは、 jqr 9 。 543-562, xii. 543から562 、 12です。 272-290; idem, in Stade's Zeitschrift, xx. 272〜290 ;同上は、シュターデのzeitschrift 、イグゼクスです。 308; idem, in REJ xl. 308 ;同上は、 rej xl 。 253; Blau, ib. 253 ; blau 、 ① -イ。 xxxv. 35 。 25-29; Büchler, ib. 25-29 ; büchler 、 ① -イ。 xxxviii. 38 。 137-140; Chajes, ib. 137-140 ;チェイジュス、 ① -イ。 xl. xl 。 31-36; Cheyne, in JQR x. 31-36 ;チェーンストークスは、 Xのjqr 13, xii. 13日、 12 。 554; Cowley, ib. 554 ;カウリー、 ① -イ。 xii. 12 。 109-111; Cowley and Neubauer, ib.百九〜百十一;カウリーとneubauer 、 ① -イ。 ix. 9 。 563-567; Frankel, in Monatsschrift, xiii.五六三〜五六七;フランケルは、 monatsschrift 、 13です。 380-384, xliii. 380-384 、 43 。 481-484; Ginsburger, in REJ xlii. 481から484 ; ginsburgerは、 42 rejです。 267; Grimme, in Orientalistische Literaturzeitung, ii. 267 ; grimmeは、 orientalistische literaturzeitung 、 Ⅱ 。 213, 316; idem. 213 、 316 ;同じです。 in La Revue Biblique, ix.ラレヴューbiblique 、 9世です。 400-413; x.四百〜四百十三; Xで 55-65, 260-267, 423-435; 55から65 、二百六十〜二百六十七、四百二十三〜四百三十五;

Gray, in JQR ix.灰色のは、 jqr 9 。 567-572; Halévy, in Journal Asiatique, 1897, x.五六七〜五七二;アレヴィは、ジャーナルasiatique 、 1897 、 Xで 501; Herz, in JQR x. 501 ;エルツは、 Xのjqr 719-724; Hogg, in Expositor, 1897, pp. 719から724 ;ホッグは、エクスポジター、 1897 、 pp 。 262-266; idem, in American Journal of Theology, i.二六二から二六六まで;同上は、アメリカンジャーナルオブ神学、 i. 777-786; Houtsma; in Theologisch Tijdschrift, xxxiv. 777から786まで;ホウツマ; theologisch tijdschriftで、 34です。 329-354; Jouon, in Zeitschrift für Katholische Theologie, xxvii. 329から354 ; jouonは、 zeitschrift für katholische theologie 、 27です。 583 et seq.; Kaufmann, in JQR xi. 583頁以降を参照。 ;カウフマンは、 jqr XI 。の 159-162; idem, in Monatsschrift, xi. 159から162まで;同上は、 monatsschrift 、西です。 337-340; Kautzsch, in Theologische Studien und Kritiken. 337から340 ;カウチは、 theologische studien und kritikenです。 lxxi. 71 。 185-199; Krauss, in JQR xi.百八十五〜百九十九;クラウスは、 jqr XI 。の 156-158; Landauer, in Zeitschrift für Assyriologie, xii. 156から158まで;ランダウアーは、 zeitschrift für assyriologie 、 12です。 393-395; Lévi, in REJxxxiv.三九三から三九五; léviは、 rejxxxivです。 1-50, 294-296; xxxv. 1-50 、 294〜296 ; 35 。 29-47; xxxvii. 29から47まで;参拾です。 210-217; xxxix.二百十〜二百十七;参拾です。 1-15, 177-190; xl. 1-15 、百七十七〜百九十; xl 。 253-257; xlii.二百五十三から二百五十七まで;拾弐です。 269; xliv. 269 ;四十四します。 291-294; xlvii. 291から294 ;四拾です。 l-2; idem, in JQR xiii.左- 2 ;同上は、 13 jqrです。 1-17, 331; Margolis, in Stade's Zeitschrift, xxi. 1-17 、 331 ;マーゴリスは、シュターデのzeitschrift 、 xxi 。 271; Margoliouth, in Athenœum, July, 1897, p. 271 ;マーゴリュースは、 athenœum 、 7月、 1897 、 p. 162; Méchineau, in Etudes. 162 ; méchineauは、宇宙です。 lxxviii. 78 。 451-477, lxxxi. 451から477まで、 81です。 831-834, lxxxv. 831から834 、 85です。 693-698; Müller, in WZKM xi. 693から698 ;ミュラーは、 wzkm XI 。の 103-105; Nöldeke, in Expositor, 1897, pp. 103-105 ; nöldekeは、エクスポジター、 1897 、 pp 。 347-364; Peters, in Theologische Quartalschrift, lxxx.三百四十七〜三百六十四;ピーターズは、 theologische quartalschrift 、 80です。 94-98, lxxxii. 94〜98 、 82です。 180-193; idem, in Biblische Zeitschrift, i. 180から193 ;同上は、 biblische zeitschrift 、 i. 47, 129; Rosenthal, in Monatsschrift, 1902, pp. 47 、 129 ;ローゼンタールは、 monatsschrift 、 1902 、 pp 。 49-52; Ryssel, in Theologische Studien und Kritiken, 1900, pp. 49-52 ; rysselは、 theologische studien und kritiken 、 1900 、 pp 。 363-403, 505-541; 1901, pp.三六三〜四〇三、 505〜541 ; 1901 、 pp 。 75-109, 270-294, 547-592; 1902, pp.七十五〜百九、二百七十〜二百九十四、 547〜592 ; 1902 、 pp 。 205-261, 347-420; Schechter, in JQR xii.二〇五から二六一、三百四十七から四百二十;シェクターは、 12 jqrです。 266-274; Schlögel, in ZDMG liii. 266から274まで; schlögelは、 53 zdmgです。 669-682; Smend, in Theologische Literaturzeitung, 1897, pp.六百六十九〜六百八十二;スメントは、 theologische literaturzeitung 、 1897 、 pp 。 161, 265; Steiniger, in Stade's Zeitschrift, xxi. 161 、 265 ; steinigerは、シュターデのzeitschrift 、 xxi 。 143; Strauss, in Schweizerische Theologische Zeitung, xvii. 143 ;シュトラウスは、スイスtheologischeツァイトゥンク、 17です。 65-80; Taylor, in JQR x.六十五から八十まで;テイラーは、 Xのjqr 470-488; xv. 470〜488 ; 15 。 440-474, 604-626; xvii.四四〇 〜四七四、 604から626 ; 17 。 238-239; idem, in Journal of Theological Studies, i.二百三十八〜二百三十九;同上は、神学研究ジャーナル、 i. 571-583; Touzard, in Revue Biblique, vi.五七一〜五八三; touzardは、レヴューbiblique 、 Ⅵ 。 271-282, 547-573; vii.二七一から二八二、五百四十七〜五百七十三; Ⅶ 。 33 58; ix. 33 58 ; Ⅸ 。 45-67, 525-563. 45〜67 、五二五〜五六三です。 Principal editions of the Greek text: Fritzsche, Libri Apocryphi Veteris Testamenti Grœce, Leipsic, 1871; Holmes and Parsons, Vetus Testamentum Grœcum cum Variis Lectionibus, iv., Oxford, 1827; Swete, The Old Testament in Greek, ii., Cambridge, 1891.校長のエディション、ギリシャのテキスト:フリッチェ、本apocryphi veteris testamenti grœce 、リプシック、 1871 ;ホームズとパーソンズ、古くtestamentum grœcumごっvariis lectionibus 、 Ⅳ 。 、オックスフォード、 1827 ;スウィートは、旧約聖書のギリシャ語、 Ⅱ 。 、ケンブリッジ、 1891 。 Of the Syriac text: Lagarde, Libri Veteris Testamenti Apocryphi Syriace, Leipsic, 1861; Ceriani, Codex Syro-Hexaplaris Ambrosianus Photolithographice Editus, Milan, 1874.シリアは、テキスト:ラガルド、本veteris testamenti apocryphi syriace 、リプシック、 1861 ; ceriani 、コーデックスsyro - hexaplaris ambrosianus photolithographice editus 、ミラノ、 1874 。 On the other translations derived from the Greek: Peters, Der Jüngst Wiederaufgefundene Hebräische Text des Buches Ecclesiasticus, pp.上から派生して、他の技術情報の翻訳ギリシャ語:ピーターズ、 der jüngst wiederaufgefundene hebräischeテキストデbuches集会の書、 pp 。 35 et seq.; Herkenne, De Veteris Latini Ecclesiastici Capitibus i.-xliii., Leipsic, 1899; Ryssel, in Kautzsch, Apokryphen, i. 35頁以降を参照。 ; herkenne 、デveterisラティーニecclesiastici capitibus i. - 43 。 、リプシック、 1899 ; rysselは、カウチ、 apokryphen 、 i. Chief general commentaries: Fritzsche, Die Weisheit Jesus Sirach's Erklärt und Uebersetzt (Exegetisches Handbuch zu den Apokryphen), Leipsic, 1859; Edersheim, in Wace, Apocrypha, ii., London, 1888; Ryssel, in Kautzsch, Apokryphen, i.参謀長論評:フリッチェ、死ぬバイスハイトイエスキリストのシラクerklärt und uebersetzt ( exegetisches handbuch zuデンapokryphen ) 、リプシック、 1859 ; edersheimは、ウェイス、外典、 Ⅱ 。 、ロンドン、 1888 ; rysselは、カウチ、 apokryphen 、 i. Special studies (following Schürer's list): Gfrörer, Philo, ii.特別研究(次のschürerのリスト) : gfrörer 、フィロ、 Ⅱ 。 18-52, Stuttgart, 1831; Dähne, Geschichtliche Darstellung der Jüdisch-Alexandrinischen Religionsphilosophie, ii.一八から五二、シュトゥットガルト、 1831 ; dähne 、 geschichtliche darstellung der jüdisch - alexandrinischen religionsphilosophie 、 Ⅱ 。 126-150, Halle, 1834; Winer, De Utriusque Siracidœ Ætate, Erlangen, 1832; Zunz, GV pp. 126-150 、ハレ、 1834 ;ワイナー、デ両方siracidœ ætate 、エルランゲン、 1832 ;ツンツ、 gv pp 。 100-105 (2d ed., pp. 106-111); Ewald, Ueber das Griechische Spruchbuch Jesus' Sohnes Sirach's, in Jahrbücher der Biblischen Wissenschaft, iii.百から百五(二次元エド。 、 pp 。 106から111まで) ;エーヴァルト、イエスキリストueber das griechische spruchbuch ' sohnesシラクのは、 jahrbücher der biblischen家庭、 Ⅲ 。 125-140; Bruch, Weisheitslehre der Hebräer, pp.一二五〜一四〇 ; bruch 、 weisheitslehre der hebräer 、 pp 。 266-319, Strasburg, 1851; Horowitz, Das Buch Jesus Sirach, Breslau, 1865; Montet, Etude du Livre de Jésus, Fils de Sirach, au Point de Vue Critique, Dogmatique et Moral, Montauban, 1870; Grätz, in Monatsschrift, 1872, pp.二六六〜三一九、ストラスブルグ、 1851 ;ホロウィッツ、 dasブーフイエスキリストシラク、ブレスラウ、 1865 ;モンテ、練習曲デュリーヴルデjésus 、フィルスデシラク、オーポイントデvue批評、 dogmatique et道徳的、モントバン、 1870 ; grätzは、 monatsschrift 、 1872 、 pp 。 49, 97; Merguet, Die Glaubens- und Sittenlehre des Buches Jesus Sirach, Königsberg, 1874; Sellgmann, Das Buch der Weisheit des Jesus Sirach in Seinem Verhältniss zu den Salomon. 49 、 97 ; merguet 、死ぬglaubens - und sittenlehreデbuchesイエスキリストシラク、 königsberg 、 1874 ; sellgmann 、 dasブーフderバイスハイトデイエスキリストシラクでverhältniss seinem zuデンソロモンです。 Sprüchen und Seiner Historischen Bedeutung, Breslau, 1883; Bickell, Ein Alphabetisches Lied Jesus Sirach's, in Zeitschrift für Katholische Theologie, 1882, pp.地引き網漁師sprüchen historischen und bedeutung 、ブレスラウ、 1883 ; bickell 、イエスキリストがうそをついたことein alphabetischesシラクのは、 zeitschrift für katholische theologie 、 1882 、 pp 。 319-333; Drummond, Philo Judœus, 1888, i. 319〜333 ;ドラモンド、フィロjudœus 、 1888 、 i. 144-155; Margoliouth, An Essay on the Place of Ecclesiasticus in Semitic Literature, Oxford, 1890; idem, The Language and Metre of Ecclesiasticus, in Expositor, 1890, pp.一四四から一五五;マーゴリュース、エッセイは、場所のユダヤ人集会の書で文学、オックスフォード、 1890 ;同上は、言語とメートルの集会の書は、エクスポジター、 1890 、 pp 。 295-320, 381-391; Bois, Essai sur les Origines de la Philosophie Judéo-Alexandrine, pp.二百九十五から三百二十、三百八十一から三百九十一;ボア、 essaiシュールレoriginesデラ哲学judéo -アレキサンダー格、 pp 。 160-210, 313-372, Paris, 1890; Perles, Notes Critiques sur le Texte de l' Ecclésiastique, in REJ xxxv. 160から210 、三一三〜三七二、パリ、 1890 ; perles 、ノート批評シュールルtexteデ左' ecclésiastiqueは、 35 rejです。 48-64; Krauss, Notes on Sirach, in JQR xi. 48から64 ;クラウス、ノートをシラクは、 jqr XI 。の 150; Müller, Strophenbau und Responsion, Vienna, 1898; Gasser, Die Bedeutung der Sprüche Jesu ben Sira für die Datierung des Althebräischnen Spruchbuches, Güterslohe, 1904; comp. 150 ;ミュラー、 strophenbau und第一次試験、ウィーン、 1898 ;ガッサー、死ぬbedeutung der sprüche主イエスベン欠陥für死ぬdatierungデalthebräischnen spruchbuches 、 güterslohe 、 1904 ;のCOMPです。 also Schürer, Gesch.またschürer 、 gesch 。 iii. Ⅲ 。 157-166; André, Les Apocryphes de l' Ancien Testament, pp.一五七から一六六まで;アンドレ、レapocryphesデ左'旧遺言、 pp 。 271-310, Florence, 1903; Toy, in Cheyne and Black, Encyc.二百七十一〜三百十、フィレンツェ、 1903 ;おもちゃは、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl. bibl 。 sv Ecclesiasticus and Sirach; Nestle, Sirach, in Hastings, Dict. sv文書集会の書とシラク;ネスレ、シラクは、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible.TIL bible.til


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです