Song of Solomon, Song of Songs, Canticle of Canticlesソロモンの歌、歌の曲、賛美歌のソロモンの歌

General Information 総合情報

A book in the Old Testament of the Bible, the Song of Solomon, also known as the Song of Songs or the Canticles, is a collection of lyric poetry celebrating human love.旧約聖書の本は、聖書には、ソロモンの歌、歌の曲としても知られてか、ソロモンの歌は、叙情詩のコレクションを祝う人間愛です。 The tradition of Solomonic authorship does not stand scrutiny.原作者のソロモンの伝統を精査スタンドはありません。 The milieu of the poetry is heavily northern Israelite and the imagery rural, although it may have been among sophisticated urbanites.詩の環境は、北部のイスラエルとのイメージにはかなりの農村ことがありますが、洗練された都市生活者の間もします。 A reasonable hypothesis is that love lyrics from the period 950 - 750 BC were collected and supplemented in postexilic times and accepted among religious Jews as an allegory of the relationship of God and Israel.歌詞は、愛を合理的な仮説の期間より950 -7 50紀元前のバビロン捕囚後の補充が収集と利用時間とアレゴリーの間で宗教的なユダヤ人として神とイスラエルとの関係です。 The early Christian church accepted this explanation, with the allegory becoming that of Christ and his church.初期のキリスト教会は当面この説明では、イエスキリストの寓意になると彼の教会がします。 Other scholars interpret the song as a collection of hymns to true love, sanctified by union.他の歌として解釈する学者のコレクションを賛美歌をtrueに愛、神聖化され労働組合です。 The poetry describes nature and the male and female bodies with an ardent and unjaded eroticism.自然と、詩の説明に熱心な男性と女性の遺体とエロチシズム鈍くなっています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
G Carr and DJ Wiseman, Song of Solomon (1984); R Gordis, The Song of Songs and Lamentations: A Study, Modern Translation, and Commentary (1974); JB White, A Study of the Language of Love in the Song of Songs (1978).グラムカーとDJワイズマン、ソロモンの歌( 1984 ) ;研究ゴルディス、この曲の歌と哀歌:研究では、現代の翻訳、と解説( 1974 ) ; jb白、言語の研究をするの愛は、歌の曲( 1978 ) 。


Song of Solomon, Canticle of Canticlesソロモンの歌、賛美歌のソロモンの歌

Brief Outline簡単な概要

  1. The mutual admiration of the lovers (1:2-2:7)の相互敬慕の恋人( 1:2-2:7 )
  2. Growth in love (2:8-3:5)成長を愛( 2:8-3:5 )
  3. The marriage (3:6-5:1)の結婚( 3:6-5:1 )
  4. Longing of the wife for her absent husband (5:2-6:9)あこがれの彼女の不在の夫の妻になる( 5:2-6:9 )
  5. The beauty of the Shulammite bride (6:10-8:4)花嫁の美しさをshulammite ( 6:10-8:4 )
  6. The wonder of love (8:5-14)驚異の愛( 8:5-14 )

Different scholars have interpreted this book as:この本を別の学者が解釈されました:

Jews generally believe that the bridegroom is God and the bride is the Jewish people.ユダヤ人は、神様が通常と確信して花婿と花嫁は、ユダヤ人の人々です。 Many Christians feel that the bridegroom is Christ and the bride is the Church.と思われる多くのキリスト教徒は、イエスキリストの花婿と花嫁は、教会です。


Sol'omon sol'omon

Advanced Information 高度情報

Solomon, peaceful, (Heb. Shelomoh), David's second son by Bathsheba, ie, the first after their legal marriage (2 Sam. 12).ソロモンは、平和的、 ( heb. shelomoh ) 、デビッドの2番目の息子をバトシェバ、すなわち、法律上の結婚生活の後に、最初の( 2サムです。 12 ) 。 He was probably born about BC 1035 (1 Chr. 22:5; 29:1).彼はおそらく紀元前1035生まれについて( 1 chrです。 22 : 05 ; 29:1 ) 。 He succeeded his father on the throne in early manhood, probably about sixteen or eighteen years of age.彼の父親は彼の玉座に成功した初めに男らしさ、おそらく約16または18歳以上です。 Nathan, to whom his education was intrusted, called him Jedidiah, ie, "beloved of the Lord" (2 Sam. 12:24, 25).ネイサンは、彼の教育は誰にintrusted 、彼ジェディディアと呼ばれる、すなわち、 "最愛の主" ( 2サムです。 12:24 、 25 ) 。 He was the first king of Israel "born in the purple."彼は、最初のキングオブイスラエル"は、紫色のに生まれる。 " His father chose him as his successor, passing over the claims of his elder sons: "Assuredly Solomon my son shall reign after me."彼は父親を選んだ彼の後任として、彼の高齢者の主張を通過息子: "確かに私の息子は、支配した後ソロモンよ。 " His history is recorded in 1 Kings 1-11 and 2 Chr.彼の履歴が記録さ1キングス1-11と2 chrです。 1-9. 1-9 。 His elevation to the throne took place before his father's death, and was hastened on mainly by Nathan and Bathsheba, in consequence of the rebellion of Adonijah (1 Kings 1:5-40).彼の玉座の上昇が彼の父の死を前に行われた、と急いでは、主にネイサンとバトシェバ、結果としては、反乱のadonijah ( 1王1:5-40 ) 。 During his long reign of forty years the Hebrew monarchy gained its highest splendour.彼の長い40年間の統治の中に、ヘブライ語、最高の豪華君主制を得ています。

This period has well been called the "Augustan age" of the Jewish annals.この期間にはよく呼ばれ、 "アウグストゥス帝の時代"は、ユダヤ人の歴史的な記録です。 The first half of his reign was, however, by far the brighter and more prosperous; the latter half was clouded by the idolatries into which he fell, mainly from his heathen intermarriages (1 Kings 11:1-8; 14:21, 31).彼の治世の最初の半分は、しかし、もっとはるかに明るいと繁栄;の後半には、曇ったされたidolatriesされて彼は、主からの彼の異教徒intermarriages ( 1キングス11:1-8 ; 14:21 、 31 ) 。 Before his death David gave parting instructions to his son (1 Kings 2:1-9; 1 Chr. 22:7-16; 28).デビッドは彼の死を前に別れの指示に従って、彼の息子( 1キングス2:1-9 ; 1 chrです。 22:7-16 ; 28 ) 。 As soon as he had settled himself in his kingdom, and arranged the affairs of his extensive empire, he entered into an alliance with Egypt by the marriage of the daughter of Pharaoh (1 Kings 3:1), of whom, however, nothing further is recorded.彼は自分自身とすぐに彼の王国に解決し、彼の大規模な帝国の事務手配、彼と同盟を結ぶを入力すると結婚されたエジプトのファラオの娘( 1王3:1 ) 、人、しかし、何もより詳細なが記録されます。 He surrounded himself with all the luxuries and the external grandeur of an Eastern monarch, and his government prospered.彼は自分自身と周囲のすべてのぜいたく品と外付けの素晴らしさを、東部の君主、と彼の政府の繁栄します。 He entered into an alliance with Hiram, king of Tyre, who in many ways greatly assisted him in his numerous undertakings.彼はハイラムと同盟を結ぶを入力すると、キングオブタイヤ、 who多くの点で彼は彼の数多くの事業を大幅に支援します。

For some years before his death David was engaged in the active work of collecting materials (1 Chr. 29:6-9; 2 Chr. 2:3-7) for building a temple in Jerusalem as a permanent abode for the ark of the covenant.いくつかの年前に彼の死デビッドは、アクティブな仕事に従事して材料の収集( 1 chrです。 29:6-9 ; 2 chrです。 2:3-7 )を構築するための寺としてエルサレムを恒久的な住まいの箱舟約束します。 He was not permitted to build the house of God (1 Chr. 22:8); that honour was reserved to his son Solomon.彼は家のことは許可してビルドして、神( 1 chrです。 22時08分) ;が予約され、彼の息子の名誉は、ソロモンです。 (See TEMPLE.) After the completion of the temple, Solomon engaged in the erection of many other buildings of importance in Jerusalem and in other parts of his kingdom. (参照寺です。 )完成した後、同寺は、ソロモンに従事して勃起他の多くの建物が、エルサレムの重要性と彼の王国内の他の部分です。 For the long space of thirteen years he was engaged in the erection of a royal palace on Ophel (1 Kings 7:1-12). 13年間は、長い空間に従事して彼は、ロイヤルパレスに勃起ophel ( 1王7:1-12 ) 。 It was 100 cubits long, 50 broad, and 30 high.それは100腕尺の長、 50広範な、と30高い。 Its lofty roof was supported by forty-five cedar pillars, so that the hall was like a forest of cedar wood, and hence probably it received the name of "The House of the Forest of Lebanon."その高尚な屋根に支えられていた杉の柱45ように、森の中のホールは杉の木のように、受信すると、おそらくそれゆえの名前を"レバノンの森の中の家のです。 " In front of this "house" was another building, which was called the Porch of Pillars, and in front of this again was the "Hall of Judgment," or Throneroom (1 Kings 7:7; 10:18-20; 2 Chr. 9:17-19), "the King's Gate," where he administered justice and gave audience to his people.の前には、次の"家"は、別の建物、これは、ポーチの柱と呼ばれる、との前には、次の再度は、 "ホールの判断" 、またはthroneroom ( 1キングス7時07分; 10:18-20 ; 2 chrです。 9:17-19 ) 、 "ザキングの門は、 "ここで彼は聴衆を投与正義と彼の人々です。

This palace was a building of great magnificence and beauty.この宮殿は偉大な建物の素晴らしさと美しさです。 A portion of it was set apart as the residence of the queen consort, the daughter of Pharaoh.の部分を際立たせることは、王妃の住居として、フィルアウンの娘です。 From the palace there was a private staircase of red and scented sandal wood which led up to the temple.民間からの宮殿があった階段の赤と香りのサンダルウッドを主導するの品を寺にします。 Solomon also constructed great works for the purpose of securing a plentiful supply of water for the city (Eccl. 2:4-6).ソロモンも建設のために素晴らしい作品豊富な水の供給を確保するための市( eccl. 2:4-6 ) 。 He then built Millo (LXX., "Acra") for the defence of the city, completing a line of ramparts around it (1 Kings 9:15, 24; 11:27).彼入力し、組み込みミッロ( lxx. 、 " acra " )は、防衛のためにあり、その周囲に城壁の完了を行( 1王9:15 、 24 ; 11:27 )です。 He erected also many other fortifications for the defence of his kingdom at various points where it was exposed to the assault of enemies (1 Kings 9:15-19; 2 Chr. 8:2-6).彼も数多くの要塞を建て、彼の王国防衛の様々なポイントで行われていましたが敵の攻撃にさらされる( 1キングス9:15-19 ; 2 chrです。 8:2-6 ) 。 Among his great undertakings must also be mentioned the building of Tadmor (qv) in the wilderness as a commercial depot, as well as a military outpost.彼の偉大な事業の中に記載しなければならないの建物のtadmor ( qv )荒野の中に商業車庫としてだけでなく、軍事的前哨です。 During his reign Palestine enjoyed great commercial prosperity.彼の治世中にパレスチナenjoyed大きな商業的繁栄に貢献します。

Extensive traffic was carried on by land with Tyre and Egypt and Arabia, and by sea with Spain and India and the coasts of Africa, by which Solomon accumulated vast stores of wealth and of the produce of all nations (1 Kings 9:26-28; 10:11, 12; 2 Chr. 8:17, 18; 9:21).陸路で大規模なトラフィックが乗って運ばれるとタイヤとエジプトとアラビア海や海岸でスペインとインドとアフリカの、広大な店舗が富の蓄積とソロモンは、生産のすべての国( 1キングス9:26-28 ; 10:11 、 12 ; 2 chrします。 8時17分、 18 ;午前9時21分) 。 This was the "golden age" of Israel.これは、 "黄金時代"イスラエルのです。 The royal magnificence and splendour of Solomon's court were unrivalled.ロイヤル素晴らしさと豪華ソロモンの裁判所は絶好の機会です。 He had seven hundred wives and three hundred concubines, an evidence at once of his pride, his wealth, and his sensuality.彼は妻と700 300 concubines 、彼のプライドの証拠を一度に、彼の富、と彼の官能です。 The maintenance of his household involved immense expenditure.彼の家庭関係の維持に莫大な経費です。 The provision required for one day was "thirty measures of fine flour, and threescore measures of meal, ten fat oxen, and twenty oxen out of the pastures, and an hundred sheep, beside harts, and roebucks, and fallow-deer, and fatted fowl" (1 Kings 4:22, 23).一日に必要なの規定は、 " 30の措置のきめの細かい小麦粉、および60の措置の食事、 10脂肪ウシ、 20頭の牛の牧草地、および100羊、横にハーツ、およびroebucks 、および休閑-鹿、と肥えた家禽" ( 1王4:22 、 23 ) 。 Solomon's reign was not only a period of great material prosperity, but was equally remarkable for its intellectual activity.ソロモンの在位期間は、偉大な素材だけでなく、繁栄、しかし、同様に顕著なのは、自社の知的活動です。 He was the leader of his people also in this uprising amongst them of new intellectual life.彼は彼の人々の指導者の中にも、この蜂起して新たな知的生活です。

"He spake three thousand proverbs: and his songs were a thousand and five. And he spake of trees, from the cedar tree that is in Lebanon even unto the hyssop that springeth out of the wall: he spake also of beasts, and of fowl, and of creeping things, and of fishes" (1 Kings 4: 32, 33). "彼はspeakの過去3000諺:千米ドルとすると彼の歌は5つです。と彼はspeakの過去形の木々は、レバノンの杉の木されていることも、かれのヒソップspringethアウトの壁:彼はspeakの過去の罪人も、そして家禽、と忍び寄るもの、との魚" ( 1王4 : 32 、 33 ) 。 His fame was spread abroad through all lands, and men came from far and near "to hear the wisdom of Solomon."彼の名声は、普及を通じて、海外のすべての土地、と男性より遠くまで来た近くに"ソロモンの知恵を耳にする。 " Among others thus attracted to Jerusalem was "the queen of the south" (Matt. 12:42), the queen of Sheba, a country in Arabia Felix.このように魅力をエルサレムなどは、 "南の女王" ( matt. 12:42 ) 、シバの女王、アラビアフェリックスある国です。 "Deep, indeed, must have been her yearning, and great his fame, which induced a secluded Arabian queen to break through the immemorial custom of her dreamy land, and to put forth the energy required for braving the burdens and perils of so long a journey across a wilderness. "深い、実際のところ、彼女の熱望する必要がありますが、大きな彼の名声と、アラビアの女王が引き起こされるの人里離れた大昔からの慣習を打破するため彼女の夢のような土地、とのエネルギーを出すのに必要な負担と危険性bravingそんなに長い荒野を旅する。

Yet this she undertook, and carried it out with safety." (1 Kings 10:1-13; 2 Chr. 9: 1-12.) She was filled with amazement by all she saw and heard: "there was no more spirit in her." After an interchange of presents she returned to her native land. But that golden age of Jewish history passed away. The bright day of Solomon's glory ended in clouds and darkness. His decline and fall from his high estate is a sad record. Chief among the causes of his decline were his polygamy and his great wealth. "As he grew older he spent more of his time among his favourites.この彼女はまだありませんundertakeの過去過去分詞、および実行して、安全性です。 " ( 1王10:1-13 ; 2 chrです。 9 : 1-12 。 )彼女は驚きに満ちていると聞いたのすべての彼女は見た: "他の精神はない彼女のです。 "彼女のプレゼント交換した後に戻って彼女のネイティブな土地です。しかし、ユダヤ人の歴史の黄金時代にこの世を去った。 、明るい日のソロモンの栄光と闇の雲に終わった。彼の減少と秋から彼の高い不動産は、悲しい記録です。首席彼の減少の原因を究明する間は彼と彼の偉大な富一夫多妻。 "過去の成長率として彼は彼の時代他の過ごした彼のお気に入りです。 The idle king living among these idle women, for 1,000 women, with all their idle and mischievous attendants, filled the palaces and pleasure-houses which he had built (1 Kings 11:3), learned first to tolerate and then to imitate their heathenish ways.キングの生活の中のアイドルこれらのアイドル状態の女性、 1000女性で、すべてのアイドルといたずら好きでしたが、喜びに満たされた、宮殿や住宅を建てていた( 1キングス11時03分) 、学んだ最初に彼らを模倣すると入力し、異教の容認の方法があります。 He did not, indeed, cease to believe in the God of Israel with his mind.彼は、実際のところ、停止をイスラエルの神の存在を信じる彼の心にします。 He did not cease to offer the usual sacrifices in the temple at the great feasts.彼はいつもの中止を提供して犠牲に同寺は、大きなお祭りです。

But his heart was not right with God; his worship became merely formal; his soul, left empty by the dying out of true religious fervour, sought to be filled with any religious excitement which offered itself.しかし、彼の心臓の右に神はない;彼の崇拝は単に正式な;彼の魂は、空のまま死にかけているアウトされた真の宗教的なfervour 、すべての宗教を模索してきた興奮でいっぱいになる自体を提供します。 Now for the first time a worship was publicly set up amongst the people of the Lord which was not simply irregular or forbidden, like that of Gideon (Judg. 8:27), or the Danites (Judg. 18: 30, 31), but was downright idolatrous." (1 Kings 11:7; 2 Kings 23:13.) This brought upon him the divine displeasure. His enemies prevailed against him (1 Kings 11:14-22, 23-25, 26-40), and one judgment after another fell upon the land. And now the end of all came, and he died, after a reign of forty years, and was buried in the city of David, and "with him was buried in the city of David, and "with him was buried the short-lived glory and unity of Israel."今すぐための最初の礼拝の時間を設定するには、公開中の人々は、主には、単に不規則なまたは禁止されて、ギデオンのような( judg. 8時27分) 、または、 danites ( judg. 18 : 30 、 31 ) 、しかし、偶像崇拝のは、実に。 " ( 1王11 : 07 ; 2キングス23:13です。 )この類型化時、彼は神の不快感です。彼の敵が勝っていた彼に不利に働いた( 1キングス11:14-22 、 23-25 、 26から40 ) 、および1つの判断をした後、別の土地に倒れています。 、現在のすべての最後に来た時、彼が死亡したと、 40年間の統治の末に、埋葬されたとは、市のデビッド、および"と彼は、埋葬された市のデビッド、および"と彼は、短期的に住んで埋められてイスラエルの栄光と団結をします。 " "He leaves behind him but one weak and worthless son, to dismember his kingdom and disgrace his name." "彼は彼の後ろの葉とworthlessしかし、 1つの弱い息子、ディスメンバーに恥をかか彼の王国と彼の名を入力します。 " "The kingdom of Solomon," says Rawlinson, "is one of the most striking facts in the Biblical history. "ソロモンの王国"とは言うローリンソン"は、最も印象的事実の1つは、聖書の歴史です。

A petty nation, which for hundreds of years has with difficulty maintained a separate existence in the midst of warlike tribes, each of which has in turn exercised dominion over it and oppressed it, is suddenly raised by the genius of a soldier-monarch to glory and greatness.ささいな国に、これを何百年も維持が困難では、別の好戦的な部族の真っただ中に存在し、それぞれの電源が支配権を行使し、虐げられたことは、突然の天才に提起された兵士-君主に引導を渡すと偉大です。 An empire is established which extends from the Euphrates to the borders of Egypt, a distance of 450 miles; and this empire, rapidly constructed, enters almost immediately on a period of peace which lasts for half a century.帝国が確立さを拡張するユーフラテス川からエジプトの境界線をして、距離の450マイル;とこの帝国は、急速に建設、期に入るとすぐに、ほとんどの時間は半世紀の平和をします。 Wealth, grandeur, architectural magnificence, artistic excellence, commercial enterprise, a position of dignity among the great nations of the earth, are enjoyed during this space, at the end of which there is a sudden collapse.富、偉大さ、建築の素晴らしさ、芸術的な素晴らしさ、商業企業、尊厳をする立場にある偉大な国の間で、地球は、この空間を享受中に、年末には、突然の崩壊をします。 The ruling nation is split in twain, the subject-races fall off, the pre-eminence lately gained being wholly lost, the scene of struggle, strife, oppression, recovery, in-glorious submission, and desperate effort, re-commences.", Historical Illustrations.与党国民が分割さトゥエイン、落ちるの件名-レースは、事前に隆起最近得たが完全に失われ、そのシーンの闘争、紛争、抑圧、リカバリ、で-栄光の発表申込、と必死の努力、再開始します。 " 、歴史的なイラストです。


Song of Sol'omon歌sol'omon

Advanced Information 高度情報

Song of Solomon, called also, after the Vulgate, the "Canticles."ソロモンの歌と呼ばまた、流布本の後には、 "ソロモンの歌です。 " It is the "song of songs" (1:1), as being the finest and most precious of its kind; the noblest song, "das Hohelied," as Luther calls it.それは、 "歌の曲" ( 1:1 ) 、最高級とされ、最も貴重な種;最も気高い曲、 " das hohelied 、 "としてルーサーコールしてください。 The Solomonic authorship of this book has been called in question, but evidences, both internal and external, fairly establish the traditional view that it is the product of Solomon's pen.この本のソロモンの原作者を呼んで質問され、しかし、証拠は、両方の内部および外部のは、かなり伝統的な見方を確立することは、製品のソロモンのペンです。 It is an allegorical poem setting forth the mutual love of Christ and the Church, under the emblem of the bridegroom and the bride.寓意詩を設定することは相互の愛を記載し、キリストと教会の下にあるエンブレムの花婿と花嫁です。 (Compare Matt. 9:15; John 3:29; Eph. 5:23, 27, 29; Rev. 19:7-9; 21:2, 9; 22:17. Compare also Ps. 45; Isa. 54:4-6; 62:4, 5; Jer. 2:2; 3:1, 20; Ezek. 16; Hos. 2:16, 19, 20.) (マットを比較します。 9:15 ;ジョン3:29 ; eph 。 5:23 、 27日、 29日;改訂19:7-9 ;午前21時02分、 9 ; 22:17です。比較もpsのです。 45 ; ISAのです。 54 :4 - 6 ; 62:4 、 5 ; jer 。 2:2 ; 3:1 、 20 ; ezek 。 16 ; hosします。 2:16 、 19 、 20 。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Canticle of Canticles賛美歌のソロモンの歌

Catholic Information カトリックの情報

(Greek Aisma asmaton, Latin Canticum canticorum.) ( aisma asmatonギリシャ語、ラテン語canticum canticorumです。 )

One of three books of Solomon, contained in the Hebrew, the Greek, and the Christian Canon of the Scriptures.ソロモンの1つの3つの書籍は、含まれているヘブライ語、ギリシャ語、およびキヤノンは、キリスト教の経典です。 According to the general interpretation the name signifies "most excellent, best song".によると、一般的な解釈の名前を意味する"最も優れた、ベストソング"です。 (Cf. the similar forms of expression in Exodus 26:33; Ezekiel 16:7; Daniel 8:25, used throughout the Bible to denote the highest and best of its kind.) Some commentators, because they have failed to grasp the homogeneousness of the book, regard it as a series or chain of songs. ( cf.のと同様の形態の表現が出エジプト記26:33 ;エゼキエル16 : 07 ;ダニエル8時25分、聖書を示す使用され、最高やベストのようです。 )いくつかのコメンテーター、彼らは失敗しましたを把握するため、等質その本は、それをシリーズまたはチェーンについての曲です。

CONTENTS AND EXPOSITION内容や博覧会

The book describes the love for each other of Solomon and the Sulamitess in lyrico-dramatic scenes and reciprocal songs.本説明してお互いに愛をsulamitessソロモンとの相互lyrico -劇的なシーンと歌です。 One part of the composition (iii, 6 to v, 1) is clearly a description of the wedding-day. 1つの部分の組成( Ⅲ 、 6をV 、 1 )は明らかに結婚式の日て説明しています。 Here the two chief personages approach each other in stately processlon, and the day is expressly called the wedding-day.ここではお互いに2つのアプローチ長々たる人物processlon 、との結婚式の日は、明示的と呼ばれる日です。 Moreover the bridal wreath and the bridal bed are referred to, and six times in this section of the song, although never before or after, the word spouse is used.また、シジミバナ初夜の床を指定すると、このセクションで6回と、その曲が、決して前または後に、配偶者という言葉が使用されています。 All that has preceded is now seen to be preparatory to the marriage, while in what follows the Sulamitess is the queen and her garden is the garden of the king (v, 1-vi, 7 sq.), although such expressions as "friend", "beloved", and "dove", are common.すべてのことが準備される前には、今すぐ見られる結婚して、次のように、どのようなsulamitess中には、女王と彼女の庭は、ガーデンオブザキング( V電源、 1 - 6 、 7平方)が、このような表現を"友人に送る" 、 "愛する" 、および"鳩"は、共通です。 Along with the assurances of love for each other, there is a continually progressive action that represents the development of the warm friendship and affection of the pair, then the bridal union and the married life of the royal couple.を保証するとともに、お互いの愛を、継続的には、開発の進行を表すアクションの温かい友情と愛情を、ペア、その後、ブライダル労働組合との結婚生活のロイヤルカップルです。 The bride, however, is exhibited as a simple shepherdess, consequently, when the king takes her, she has to undergo a training for the position of queen; in the course of this training occur various trials and sorrows (3:1; 5:5 sqq.; 6:11 -- Hebrews 12)花嫁、しかし、展示としては、単純な羊飼い、その結果、国王は、彼女のときに、彼女は訓練を受けるための位置を女王;は、トレーニングコースは、次の場合に発生する様々な試練と悲しみ( 3:1 ; 5 : 5 sqq 。 ; 6:11 -ヘブル人への手紙1 2)

Various meanings have been attributed to the contents of the song.様々な意味を持つのもその歌の内容に起因する。 Before the sixteenth century tradition gave an allegorical or symbolical meaning to the love of Solomon for the Sulamitess. 16世紀の伝統の前には、象徴的な意味を寓話やソロモンの愛をsulamitessです。 The view held by the Jewish Synagogue was expressed by Akiba and Aben Ezra; that held by the Church, by Origen, Gregory of Nyssa, Augustine, and Jerome.開かれたユダヤ教のシナゴーグの対象は、アキバと表現さabenエズラ;に開かれた教会、原産地、グレゴリーのnyssa 、アウグスティヌス、およびジェロームです。 An opinion opposed to these found only isolated expression.これらの発見のみの意見に反対して孤立した表現です。 Akiba (first century after Christ) speaks severely of those who would strike the book from the Sacred Canon, while St. Philastrius (fourth century) refers to others who regarded it not as the work of the Holy Ghost but as the Composition of a purely sensuous poet.アキバ(第一世紀の後、イエスキリスト)話すそれらの深刻なストライキwhoはこの本からの神聖な、キヤノン、中聖philastrius ( 4世紀)を参照して他のwhoとしての仕事を考えていないしかし、聖霊の組成を、純粋に感覚的な詩人です。 Theodore of Mopsuestia aroused such indignation by declaring the Canticle of Canticles to be a love-song of Solomon's, and his contemptuous treatment of it gave great offense (Mansi, Coll. Conc., IX, 244 sqq; Migne, PG, LXVI, 699 sqq.).モプスエスティアのテオドロス興奮するような憤りを宣言ソロモンの歌を賛美歌の愛の歌は、ソロモンの、と彼の人をばかにしたことは大きな罪の治療( mansi 、コルです。 conc 。 、 9世、 244 sqq ;ミーニュ、 pg 、 66 、 699 sqq 。 ) 。 At the Œcumenical Council of Constantinople (553), Theodore's view was rejected as heretic and his own pupil Theoret, brought forward against him unanimous testimony of the Fathers (Migne, PG, LXXXI, 62).コンスタンティノポリスœcumenicalは、 ( 553 ) 、セオドア異教徒であるとの見方が拒否されたとして自分自身の瞳孔theoret 、満場一致の繰越利益に対する彼の証言には、父の(ミーニュ、 pg 、 81 、 62 ) 。 Theodore's opinion was not revived until the sixteenth century, when the Calvinist Sebastien Castalion (Castalio), and also Johannes Clericus, made use of it.セオドアの意見はない復活するまで、 16世紀、カルビン派のときにcastalion sebastien ( castalio ) 、ヨハネスクレリクスまた、作らを使用してください。 The Anabaptists became partisans of this view; later adherents of the same opinion were Michaelis, Teller, Herder, and Eichhorn.このビューを表示するの支持者がanabaptists ;へ支持者と同じ意見がマイカリス、預け払い、ヘルダー、およびアイヒホルンです。 A middle position is taken by the "typical" exposition of the book.中間的立場を取るし、 "典型的な"に付随する予約します。 For the first and immediate sense the typical interpretation holds firmly to the historical and secular meaning, which has always been regarded by the Church as heretical; this interpretation gives, however, to the "Song of Love", a second and higher sense.と即座に検出するための最初の典型的な解釈を保持して歴史をしっかりと世俗的な意味、これは常に教会で高く評価され、異端として;この解釈は、しかし、 "歌の愛" 、 2番目の感覚と高いです。 As, namely, the figure of Solomon was a type of Christ, so is the actual love of Solomon for a shepherdess or for the daughter of Pharaoh, intended as a symbol of the love of Christ for His Church.として、すなわち、ソロモンの図は、イエスキリストのタイプのため、ソロモンは、実際の愛は、羊飼いの娘、またはフィルアウン、意図としてキリストの愛を象徴する彼の教会です。 Honorius of Autun and Luis of Leon (Aloysius Legionensis) did not actually teach this view, although their method of expression might be misleading (cf. Cornelius a Lapide, Prol. in Canticum, c. i).ホノリウスのオータンとルイスのレオン( aloysius legionensis )は、実際に教えるこのビューを表示するが、その方法を誤解を招く表現かもしれない( cf.コルネリウスをラピデ、 prol 。 canticum 、 c.私) 。 In earlier times reference was often made to a first and literal meaning of the words of a text, which meaning, however, was not the real sense of the context as intended by the author, but was held to be only its external covering or "husk".以前の回参照したのは、頻繁にして作られた単語の意味を第一とリテラルのテキスト、これの意味、しかし、本当の意味ではないとして、コンテキストを意図された著者は、しかし、その外付けが行われたのみをカバーまたは"抜け殻"です。 Entirely dissimilar to this method is the typical exposition of modern times, which accepts an actual double meaning of the text, the two senses being connected and intended by the author.このメソッドは完全に似て博覧会の典型的な近代回、これは実際の二重の意味を受け入れるのテキスト、 2つの感覚と意図された著者に接続します。 Bossuet and Calmet may, perhaps, be regarded as holding this view; it is unmistakably held by the Protestant commentators Delitzsch and Zockler as also by Kingsbury (in The Speaker's Commentary) and Kossowicz. bossuetとカルメ年5月、おそらく、このビューを表示すると見なされる所蔵;ことは紛れもなく保有してデリッチとプロテスタントのコメンテーターとしてもツェックラーキングズバリ(は、話者の解説)とkossowiczです。 A few others hold to this view, but the number does not include Lowth (cf. De sacra poesi Hebr. prael., 31).このビューのいくつかの保留にし、含まれていませんが、数ラウス( cf.デpoesi hebr sacrumの複数形です。 prael 。 、 31 ) 。 Grotius makes it evident, not so much in words as in the method of exposition, that he is opposed to a higher interpretation.グロティウス明らかにすることは、それほど多くの言葉のように、法の博覧会、その彼は高い解釈に反対しています。 At the present day most non-Catholics are strongly opposed to such an exposition; on the other hand most Catholics accept the allegorical interpretation of the book.現今では多くの非カトリック教徒はこのような博覧会に強く反対して;上、他の手のほとんどのカトリック教徒を受け入れるの予約寓話の解釈です。

Exposition of the Allegory寓意に付随する

The reasons for this interpretation are to be found not only in tradition and the decision of the Church, but also in the song itself.この理由が見つかりました解釈されるだけでなく、教会の伝統との決定権を、その曲だけでなく、自分自身です。 As long as the effort is made to follow the thread of an ordinary love-song, so long will it be impossible to give a coherent exposition, and many despair of ever obtaining a successful interpretation.限りの努力が行われるように次のスレッドの平凡な愛の歌、長いされることは不可能なので、コヒーレント博覧会を与える、と多くの成功を取得するまでに絶望的解釈です。 In the commentary of the present writer, "Comment. in Eccl. et Canticum Canticorum" (Paris, 1890), a number of examples are given of the typical and of the purely secular interpretations, and besides these, in treating of each of the larger divisions, the varying methods of exposition are carefully investigated.は、解説を、現在の作家、 "コメントは得られなかった。 、 eccl 。 et canticum canticorum " (パリ、 1890 ) 、いくつかの典型的な例としては、与えられたのは、純粋に世俗的解釈と、それにこれらのは、それぞれの治療の大部門には、さまざまな方法の博覧会は、慎重に検討した。 The proper connection of scenes and parts can only be found in the realm of the ideal, in allegory.シーンや部品の適切な接続のみで発見されたことは、理想的な領域は、アレゴリーです。 In no other way can the dignity and sanctity befitting the Scriptures be preserved and the striking title, "Song of Songs", receive a satisfactory explanation.他に方法はないの尊厳と尊厳にふさわしいすることができます保持されると、聖書は目を見張るのタイトル、 "歌の曲" 、納得のいく説明を受ける。 The allegory, however, can be shown as possible and obvious by means of numerous passages in the Old and the New Testament, in which the relation of God to the Synagogue and of Christ to the Church or to the adoring soul is represented under the symbol of marriage or betrothal (Jeremiah 2:2; Psalm 44 - Hebrew 45; Hosea 19 sqq., Ezekiel 16:8 sqq., Matthew 25:1 sqq; 2 Corinthians 11:2; Ephesians 5:23 sqq.; Revelation 19:7 sq., etc.).の寓意、しかし、表示できる手段を可能な限り多くの通路と明らかにされ、新約聖書は、古いものとされるのは、シナゴーグとの関係を、神は、キリスト教会を絶賛していたかを魂のシンボルで表現されて結婚や婚約(エレミア2:2 ;詩篇第44 -ヘブライ語4 5;ホセア書1 9s qq。 、エゼキエル1 6時0 8s qq。 、マシュー2 5:1s qq; 2コリンチャンス1 1: 0 2;エペソ人への手紙5 :23s qq。 ;啓示1 9: 7平方、等) 。 A similar manner of speaking occurs frequently in Christian literature, nor does it appear forced or artificial.似たような話し方が頻繁に発生する、キリスト教の文学、強制や人工ように見えることもありません。 The testimony of Theodoret to the teaching of the Early Church is very important. theodoretの証言をして教育の初期の教会は非常に重要です。 He names Eusebius in Palestine, Origen in Egypt, Cyprian in Carthage, and "the Elders who stood close to the Apostles", consequently, Basil, the two Gregorys [of Nyssa and Nazianzen -- Ed.], Diodorus, and Chrysostom, "and all in agreement with one another".彼の名前ユーセビアス、パレスチナ、原産地エジプトでは、チプリアーノ、カルタゴ、および"長老who立っていたの使徒に近い" 、その結果、バジル、 2つのgregorys [ nyssaとのnazianzen -エドです。 ] 、 d iodorus、およびクリュソストモス、 "とすべての契約書を1つの別の"です。 To these may be added Ambrose (Migne, PL, XIII, 1855, 1911), Philastrius (Migne, PL, XII, 1267), Jerome (Migne, PL XXII, 547, 395; XXIII, 263), and Augustine (Migne, PL, XXXIV, 372, 925; XLI, 556).これらの5月に追加アンブローズ(ミーニュ、ポーランド語、 13 、 1855 、 1911 ) 、 philastrius (ミーニュ、ポーランド語、 12 、 1267 ) 、ジェローム(ミーニュ、ポーランド語xxii 、 547 、 395 、 23 、 263 ) 、およびアウグスティヌス(ミーニュ、ポーランド語、 34 、 372 、 925 ;第41回、 556 ) 。 It follows from this, that the typical interpretation, also, contradicts tradition, even if it does not come within the decree pronounced against Theodore of Mopsuestia.このことから次のように、典型的な解釈をして、また、矛盾の伝統、たとえそれが来ない令に反対モプスエスティアのテオドロスと発音します。 This method of exposition has, moreover, very few adherents, because the typical can only be applied to separate individuals or things, and cannot be used for the interpretation of a connected text which contains only one genuine and proper meaning.このメソッドの博覧会には、また、非常にいくつかの支持者は、典型的なことだけは、別の個人や物事に適用される、との解釈に使用されることはできませんが、正規の接続のテキストが含まれ、適切な意味を1つだけです。 The foundation of the typical interpretation is destroyed at once when the historical explanation is held to be indefensible.同財団は、典型的な解釈が破壊さを一度に歴史的な説明が行われたときに弁解の余地のないされる。

In the allegorical interpretation of the song, it makes no essential difference whether the bride is taken as a symbol of the Synagogue, that is, of the congregation of the Old Covenant or of the Church of God of the New Covenant.寓意の解釈は、その歌は、そんなことは本質的な違いを取るかどうかの花嫁の象徴として、シナゴーグ、それは、会衆の古い教会は、神の約束や、新しい契約です。 In truth, the song turns aside from both; by the spouse should be understood human nature as elected (electa elevata, sc. natura humana) and received by God.実際には、その歌の両方からターンはさておき;された配偶者として選ばれた人間の本性を理解すべきである( electa elevata 、サウスカロライナ。 natura humana )と受信さ神です。 This is embodied, above all, in the great Church of God upon earth, which God takes to Himself with the love of a bridegroom, makes the crowning point of all His external works, and adorns with the bridal ornament of supernatural grace.これは、原単位は、上記のすべてのは、現世の神の大教会の、これまでに自分自身を神の愛は、花婿は、最高のポイントにより、外付けのすべての彼の作品、およびブライダルの飾りを飾るのは超自然の恵みです。 In the song the bride is not reproached with sins and guilt but, on the contrary, her good qualities and beauty receive high praise; consequently, the chosen community of God appears here under that form which is according to the Apostle, without spot or blemish (Ephesians 5:27).この曲の花嫁の罪ではないと非難と罪悪感しかし、その反対に、彼女の良い品質と美しさを高く評価を受けるため、選択されたコミュニティを形成されて神が表示されたら、ここによると、使徒が、スポットや傷(エペソ人への手紙5:27 ) 。 It is plain that the Canticle of Canticles finds its most evident application to the most holy Humanity of Jesus Christ, which is united in the most intimate bond of love with the Godhead, and is absolutely spotless and essentially sanctified; after this to the most holy Mother of God as the most beautiful flower of the Church of God.賛美歌のことは平野雅歌は、その最も顕著アプリケーションを見つけ、最も神聖なイエスキリストの人類は、団結を維持すると最も親密な愛のきずなを神格、とは確実にspotlessと本質的に神聖化;した後、これを最も神聖な神の母としての教会で最も美しい花の神です。 (In regard to a twofold sense of this kind of in the Scriptures, cf. "Zeitschrift fur katholische Theologie", 1903, p. 381.) The soul that has been purified by grace is also in a more remote yet real sense a worthly bride of Lord. (これと関連してこのような二重の意味で、聖書は、継続前誌です。 " zeitschrift毛皮katholische theologie " 、 1903 、 p. 381 。 )精製されるの魂の猶予されても、真の意味での他のリモートはまだありませんworthly花嫁の主です。 The actual meaning of Canticles is not, however, to be limited to any one of these applications, but is to be appropriated to the elected "bride of God in her relation of devotion to God".ソロモンの歌の意味を、実際のではない、ただし、いずれか1つに限定されるこれらのアプリケーションを、これは充当して選出される"神の花嫁彼女の献身的な愛情を神の関係を"です。

As a matter of fact, the spiritual interpretation of the song has proved a rich source for mystical theology and asceticism.の問題として実際には、精神的な解釈を歌には豊かなソースを立証する神秘的な禁欲主義神学とします。 It is only necessary to call to mind the best of the old commentaries and interpretations of the book.これは必要なだけに注意してベストを呼び出すには、古い本の解説と解釈します。 There are still in existence fifteen homilies by St. Gregory of Nyssa on the first six chapters (Migne, PG, XLI, 755 sqq.).を発するにはまだ存在している15セントグレゴリーのnyssa上での最初の6章(ミーニュ、 pg 、第41回、 755 sqq 。 ) 。 The commentary of Theodoret (Migne, PG, LXXXI, 27 sqq.) is rich in suggestion.の解説のtheodoret (ミーニュ、 pg 、 81 、 27 sqq 。 )が豊富で提案します。 In the eleventh century Psellus compiled a "Catena" from the writings of Nilus, Gregory of Nyssa, and Maximus (Auctar. bibl. Patr., II, 681 sqq.).コンパイルは、 11世紀のプセルス"カテナ"からの文章のnilus 、グレゴリーのnyssa 、およびマクシムス( auctar. bibl 。 patr 。 、 2世、 681 sqq 。 ) 。 Among the Latins Ambrose made such frequent use of the Canticle of Canticles that a whole commentary may be developed from the many applications, rich in piety, that he made of it (Migne, PL, XV, 1851 sqq.).ラテン系間のアンブローズは賛美歌のような頻繁に使用するソロモンの歌は、全体の解説がありますから、多くのアプリケーションを開発、豊かで信心深さ、その彼は、それ(ミーニュ、ポーランド語、 15 、 1851 sqq 。 ) 。 Three commentaries are to be found in the works of Gregory the Great (Migne, P L., LXXIX, 471 sqq., 905; CLXXX, 441 sqq.). 3つの論評をグレゴリーに発見された作品の大(ミーニュ、 p l. 、 79 、 471 sqq 。 、 905 ; clxxx 、 441 sqq 。 ) 。 Apponius wrote a very comprehensive commentary which, even as late as 1843, was republished at Rome.非常に包括的解説を書いたapponiusも、遅ければ1843年、ローマが復刻さです。 The Venerable Bede prepared the matter for a number of smaller commentaries.ビードの尊敬を準備して、いくつかの小さな問題を解説します。 The elaborate exposition by Honorius of Autun of the book in its historical, allegorical, tropological, and anagogical meanings deserves special mention.オータンの精巧な博覧会の予約をホノリウスのは、歴史的、寓話、 tropological 、および特別な言及anagogical値する意味します。 The eighty-six homilies left by St. Bernard are universally known.左を発するの86セントバーナードは、普遍的知られている。 Gilbert of Hoyland added to this number forty-eight more.ギルバートは、この番号に追加されましたhoyland 48です。 The greatest of the saints enkindled their love for God on the tender expressions of affection of Christ and His bride, the Church, in the Canticle of Canticles.彼らの最大のenkindled 、聖人の入札を神の愛をキリストの愛情を表現したものと彼の花嫁、教会、ソロモンの歌は、賛美歌のです。 Even in Old Testament times it must have greatly consoled the Hebrews to read of the eternal covenant of love between God and His faithful people.旧約聖書の時代でも大幅にconsoledを持たなければならないヘブル人への手紙を読むのは、永遠の愛の約束を神と神の忠実な人々の間にします。

Within certain limits the application to the relation between God and the individual soul adorned with supernatural grace is self-evident and an aid to virtuous living.特定の制限にして、アプリケーションを、神との関係で飾られ、個々の魂の超自然の恵みは自明と高潔な生活の援助をします。 The bride is first raised by the bridegroom to a relation of complete affection, afterwards betrothed or married (iii 6-v, 1), and, finally, after a successful activity (vii, 12 sq.; viii, 11 sq.); is received into the heavenly dwellings.花嫁花婿が最初に提起された完全な愛情の関係を参照して、その後婚約や結婚( ⅲ 6 - V電源、 1 ) 、および、最後に、活動に成功した後に、 ( 7 、 12平方; viii 、 11平方) ;天の住居を受信する。 A life of contemplation and activity bound up with painful trials is the way there.めい想の生活と活動に打ち込んでいる裁判は、痛みを伴うようにします。 In the Breviary and Missal the Church has repeatedly applied the song to the Mother of God (see B. Schafer in Komment., p. 255 sqq.).教会のミサ典は、聖務日課書とは、曲を繰り返し適用して神の母(シェイファーを参照b. komment 。 、 p. 255 sqq 。 ) 。 In truth the bride adorned with the beauty of spotless purity and deep affection is a figure most appropriate to the Mother of God.真実の花嫁に飾らspotless純度の美しさと深い愛情は、最も適切な図を神の母です。 This is the reason why St. Ambrose in his book "De virginibus", so repeatedly and especially quotes Canticles.これは、聖アンブローズの理由で彼の著書"デvirginibus "ので、引用符、繰り返し、特にソロモンの歌です。 Finally, the application of the song to the history of the life of Christ and of the Church offers pious thought rich material for contemplation.最後に、この曲を、アプリケーションの生活の歴史を、キリスト教会は、信心深い思考と豊かな素材を熟考する。 In doing thus the natural course of the song can, in some measure, be followed.したがって、自然の流れにしている曲があることは、いくつかの測定、れるようになります。 At His entrance into life, and especially at the time of His public activity as a teachers the Saviour sought the Church, His bride and she came lovingly towards Him.彼の人生の門出、特に公共活動の時点で、彼の教師として求められて教会の救い主、彼の花嫁と彼女は愛情を込めて来た向けていた。 He united Himself with her at the Cross (iii, 11), the Church itself makes use of this thought in a number of offices.するUnited彼女は、彼自身が行い、クロス( 3世、 11 )は、教会自体を利用したこのような考えでは、多くの事務所です。 The affectionate conversations with the bride (to ch. v, 1) take place after the Resurrection.愛情の会話をするの花嫁(あなたのです。 V電源、 1 )開催の後に復活します。 What follows may be referred to the later history of the Church.どのように関連して次のように、後の5月の教会の歴史をします。 A distinction should be made in such methods of interpretation, however, between what may be accepted as certain or probable in the context and what pious contemplation has, more or less arbitrarily, added.を区別すべきであるような方法の解釈では、しかし、 5月の間にどのような特定または推定として受け入れられるとどのような信心深い熟考のコンテキストでは、多かれ少なかれ恣意的、追加されました。 For this reason, it is important to ascertain more exactly than was done in earlier times the genuine and true sense of the text.このため、より正確に把握することが重要が行われた以前の時代よりも、正規のと、真の意味でのテキストです。

LITERARY FORM OF THE SONG文学の形式の曲

Both of the traditional poetic accentuation and language used to express the thoughts show the book to be a genuine poem.強調の両方の伝統的な詩的な思考と言語を使用して表現して、オンラインで書籍を詳細は、正規の詩です。 The attempt has been made in various ways to prove the existence of a definite metre in the Hebrew text.するという試みがされ、さまざまな方法が存在することを証明する決定的なメートルは、ヘブライ語のテキストです。 The opinion of the present writer is that a six-syllable trochaic metre may be applied to the original Hebrerw version (De re metrica Hebraeorum, Freiburg, Baden, 1880).の意見を、現在の作家は、 6メートルの音節の強弱格のhebrerwが適用されることを、元のバージョン(デ再metrica hebraeorum 、フライブルク、バーデン、 1880 ) 。 e and true sense of the text.メールすると、真の意味でのテキストです。 The essentially lyrical character of the song is unmistakable.の文字を、本質的に叙情的な歌は紛れもないのです。 But as various voices and scenes appear, neither should the dramatic character of the poem fail of recognition; it is, however, evident that the development of an external action is not so much the intention as the unfolding of the lyrical expression of feeling under varying circumstances.しかし、様々な声やシーンが表示されたら、どちらの詩は、劇的な文字の認識を失敗することは、しかし、明らかに外付けのアクションの発展にはそれほどの意図としては、叙情的な展開され、さまざまな感情表現状況です。 The cantata form of composition is suggested by the presence of a chorus of the "daughters of Jerusalem" though the text does not indicate clearly how the words are divided among the various characters.フォームのカンタータの組成によって提案されたが存在するが、コーラスは、 "エルサレムの娘たち"を明確に示すかかわらず、テキストはありません言葉はどのように分割間の様々な文字です。 This accounts for the theory put forward at times that there are different personages who, as bride and bridegroom, or as lovers, talk with, or of, cach other.この理論に転送先のアカウントを倍にするにはさまざまな人物who 、花婿と花嫁とか、または愛好家として、話をする、あるいは、 cach他のです。 Stickel in his commentary assigns three different persons to the role of the bridegroom, and two to that of the bride.彼の解説stickelに代入しての役割を3つの異なった人の花婿と花嫁の2つにしている。 But such arbitrary treatment is the result of the attempt to make the Canticle of Canticles into a drama suitable for the stage.しかし、そのような治療が任意の結果をするという試みが賛美歌を作るソロモンの歌をドラマの舞台に適している。

Unity of the Canticleユニティは、賛美歌

The commentator just mentioned and other exegetes start from the natural conviction that the poem, simply called the Song of Songs and handed down to posterity as a book, must be regarded as a homogeneous whole.のコメンテーターだけ言及およびその他のexegetesスタート]ボタンを確信してから、自然の詩、単に曲と呼ばれる歌として予約を後世に受け継がれ、全体を均一にしなければならないと見なされています。 It is evident that the three clearly distinguished roles of bridegroom, bride, and chorus maintain their plainly defined characters from beginning to end; in the same way certain other designations, as "beloved", "friend", etc., and certain refrains keep recurring.の3つのことは自明であるの役割を明確に識別花婿、花嫁、コーラスを維持するとの文字がはっきりと定義されて最初から最後まで;と同じように、特定の他の目的で、 "愛する" 、 "友達"など、および特定のrefrains保つ定期的です。 Moreover, several parts apparently repeat one another, and a peculiar phraseology is found throughout the book.また、 1つの別のいくつかのパーツを繰り返し明らかにし、奇妙な言い方が見つかったが本全体にします。 The attempt has, however, been made to resolve the poem into separate songs (some twenty in all); thus has been tried by Herder, Eichhorn, Goethe, Reuss, Stade, Budde, and Siegfried.この試みは、しかし、問題を解決するにされて詩を別々の曲(いくつかの20のすべて) ;このようにされ裁かれるヘルダー、アイヒホルン、ゲーテ、ロイス、シュターデ、バッド、およびジークフリートです。 But It has been found exceedingly difficult to separate these songs from one another, and to give to each lyric a meaning dlstinctly its own.しかし、非常に困難に発見され、これらの曲を1つの独立した別の、およびそれぞれの歌詞の意味を与えるdlstinctlyを、独自のです。 Goethe believed this impossible, and it is necessary to resort to a working over of the songs by the person who collected them.ゲーテと考え、この不可能、とすることが必要以上にリゾートして働く人の曲をwho収集します。 But in this everything would depend on a vague personal impression.しかし、このすべてがあいまいな個人的な印象を与えるに依存しています。 It is true that a mutual dependence of all the parts cannot be maintained in the secular (historical) interpretation.それは事実だが、相互依存のすべての部品は、長期的に維持することはできません(歴史)の解釈です。 For, even in the historical hypothesis, the attempt to obtain a flawless drama is successful only when arbitrary additions are made which permit the transition from one scene to another, but these interpolations have no foundation in the text itself.を、さらには、歴史的な仮説によれば、この試みを入手するに完璧なドラマが成功すれば、任意の追加を行った場合にのみ許可証への移行が1つのシーンを別の、しかし、これらのinterpolations財団には、テキスト自体がない。 Tradition also knows nothing of genuine dramatic poetry among the Hebrews, nor is the Semitic race more than slightly acquainted with this form of poetry.伝統も何も知らないの真の劇的な詩の中のヘブル人への手紙、また他のレースは、ユダヤ人の知り合いに、このフォームよりも若干の詩です。 Driven by necessity, Kämpf and others even invent double roles, so that at times other personages appear along with Solomon and the Sulamitess; yet it cannot be said that any one of these hypotheses has produced a probable interpretation of the entire song.駆動さの必要性は、二重の役割を発明kämpfおよびその他にも、表示されるように時々他の人物と一緒にソロモンとsulamitess ;はまだありませんすることはできませんが、これらの仮説によると、いずれか1つは、生産全体の曲の解釈を推定します。

DIFFICULTIES OF INTERPRETATION解釈の難しさ

Allegorical寓話

All the hypotheses of the above-mentioned kind owe their origin to the prevalent dislike of allegory and symbolism.すべての仮説は、上記のように起源を借りているのは嫌いだと寓意と象徴流行しています。 It is well known how extremely distasteful poetic allegory is to our age.非常に不快なことはよく知ら詩的な寓意どのように私たちは、年齢です。 Nevertheless allegory has been employed at times by the greatest poets of all ages.寓意てきた時にもかかわらず雇用のすべての年齢層での最大の詩人です。 Its use was widespread in the Middle Ages, and it was always a preliminary condition in the interpretation of the Scriptures by the Fathers.その使用は広く、中世には、予備的な条件はいつもとは、解釈され、聖書は、父親のです。 There are many passages in the Old and New Testaments which it is simply impossible to understand without allegory.通路には多くの旧約聖書と新約では、単にそれを理解するに寓意不可能です。 It is true that the allegorical method of Interpretation has been greatly misused.それは事実だが、法の解釈の寓話を大幅に悪用されています。 Yet the Canticle of Canticles can be proved to be a flawlessly consecutive poem by the employment of rules for poetical allegory and its interpretation which are fixed and according to the canons of art.しかし、賛美歌のソロモンの歌であることが立証されることを完ぺきに詩を連続して雇用するとのルールを詩的寓意が、固定およびその解釈によると、参事の芸術作品です。 The proof of the correctness of the interpretation lies in such a combination of all the parts of the song into a homogeneous whole.の正しさの証明のようなうその解釈のすべての部品を組み合わせて、その曲を全体を均一にします。 The dramatic form, as far as it can be plainly seen in the traditional text, is not destroyed by this method of elucidation; indeed a number (four to seven) of more or less independent scenes must be recognized.劇的なフォーム、今のところはっきりと見られるが、従来のテキスト、この方法によって破壊されるのではない解明;確かに番号( 6時56分)の独立したシーン多かれ少なかれ認識しなければならない。 In separating these scenes from one another the Jewish or Syrian bridal customs may be taken into consideration, as has been done, especially by Budde and Siegfried, if the result is the simplifying of the explanation and not the distortion of the scenes, or other acts of caprice.これらの1つのシーンからの分離独立、もう一つはユダヤ人やシリアのブライダル税関年5月に考慮されるように、は行われていないとして、特にバッドとジークフリートの場合、結果は、簡素化するのではなく、歪みの説明のシーン、またはその他の行為の気まぐれです。 An attempt has been made in the commentary (p. 388 sqq.) of the present writer to give in detail the determinative rules for a sound allegorical interpretation.する試みが発見された解説( p. 388 sqq 。 )を、現在の作家を与えるの詳細は健全な寓話の解釈のルールを決定します。

Historical歴史的な

According to Wetzstein, whom Budde and others follow, the book should be regarded as a collection of short songs such as are still used by the bedouins of Syria in the "threshing-board".ウェツシュタインによると、他の誰とバッド以下、その本のコレクションをすべきであると見なされて短い曲などはまだ使用されてbedouinsのシリアは、 "脱穀-委員会"です。 The features of similarity are the appearance of the bridal pair for seven days as king and queen the immoderate praise of the two, and the dance of the queen, during which she swings a sword to the accompaniment of a song by the chorus.の機能の類似性は、ペアをブライダルの外観を7日間の王と女王としての節度を欠いたの2つの褒め言葉と、ダンスの女王、剣をスイング中で彼女の歌の伴奏で合唱された。 Bruston and Rothstein have, however, expressed doubts as to this theory. brustonとロススタインが、しかし、この理論に疑念を表明します。 In Solomon's song the bride, in reality, does not appear as a queen and does not swing a sword; the other traces of similarity are of so general a character that they probably belong to the wedding festivities of many nations.ソロモンの歌で、花嫁が、現実には、女王が表示されない場合は剣を振り回すものではありませんし、他の類似の痕跡を総合するキャラクターたちのために所属し、結婚して、おそらく多くの国のお祭りです。 But the worst is that the essential songs avowedly do not stand in the proper order.しかし、最悪の欠かせないのは、公然と曲の中に立つ正しい順序ではありません。 Consequently it is presupposed that the order.その結果は、注文ことが前提です。 Consequently it is presupposed that the order of succession is accidental.したがってことが前提の順序を継承しては、不慮のです。 This opens wide once more the door to caprice.このポップアップ幅一度の他への扉を気まぐれです。 Thus, as what is said does not fit this theory it is claimed that a collector, or later redactor who misunderstood various matters, must have made small additions with which it is impossible now to do anything.したがって、何がこの理論によると合わせることはされないと主張して、コレクタ、またはそれ以降の様々な事柄redactor who誤解されて、小規模の追加が行わいる必要がありますが今すぐには、何もすることは不可能です。 Others, as Rothstein in Hastings, Dictionary of the Bible, presuppose that the collector, or rather the redactor, or even the author, had a dramatic end in view, as life and motion and action are, taken all together, unmistakable.その他、ヘイスティングスロススタインで、辞書の聖書の、仮定は、コレクタか、またはどちらかといえばredactorか、またはさえ、著者は、最後に劇的な対象は、生命とモーションとアクションには、全体から見て、紛れもない。

It is accepted (at least for the present form of the poem) that the book presents a pastoral poem that the book presents a pastoral poem in dramatis or, at least, melodramatic form.それが受け入れられる(少なくとも、現在のフォームは、詩)は、この本プレゼント牧歌的な詩には、この本をプレゼント牧歌的な詩に登場するや、少なくとも、メロドラマ的なフォームです。 The poem, according to this theory, shows how a beautiful shepherdess keeps her betrothal vow to her lover of the same rank in fife notwithstanding the allurements and acts of violence of a king.その詩は、この理論によれば、彼女のショーはどのように美しい羊飼いの婚約を約束する恋人の規定にかかわらず、同じランクのファイフallurementsと暴力行為の王様です。 But this shepherd has to be interpolated into the text and not much can be said for the imaginary faith kept with the distant lover, as the Sulamitess, in the middle section of the Song of Solomon, gives herself willingly to the king, and no reason is apparent in the text why her boundless praise should not be intended for the present king and not for an absent lover.しかし、この補間される羊飼いはあまりして、テキストと想像できるの信仰によると、遠くの恋人の保管、 sulamitessとしては、中央部に発生するソロモンの歌、喜んで自分の責任は王に与える、との理由では明らかにされたテキストはなぜ彼女の無限の意図を称賛することはできませんが、現在の王と恋人の不在です。 Stickel overcomes the great difficulties which still remain in a very arbitrary manner. stickel大きな困難を克服し、非常に恣意的にまだ残っている。 He allows a second pair of lovers to come suddenly forward, these know nothing of the chief personages and are employed by the poet merely as an interlude.彼の恋人では、 2番目のペアが突然前方に来ると、これらの主要人物とは何も知らないのは単に詩人として採用された間奏曲です。 Stickel gives this pair three short passages, namely: i, 7 sq.; i, 15-ii, 4; iv, 7-v, 1.このペアは、 3つのショートstickel通路、すなわち:私、 7平方;私、 15 - Ⅱ 、 4 ;四、 7 - V電源、 1 。 Moreover in these hypotheses appears the difficulty which is ever connected with the historical interpretation, that is, the lowering of the song which is so highly prized by the Church.また、これらの仮説が表示されたら、これは常に困難な歴史的解釈に接続して、それは、その歌の低下には非常に高く評価された教会です。 The historical interpretation transforms it into ordinary love-scenes, in various moments of which, moreover, a fiery, sensuous love breaks forth.歴史的解釈に変換して、普通の愛のシーンは、様々な瞬間に、また、激しい、感覚的な愛区切りいる。 For the same expressions which, when referred allegoricallly to Christ and the Church, announce the strength of the love of God, are under ordinary conditions the utterances of a repellent passion.は、同じ表現は、ときに、キリストと教会の言及をallegoricallly 、発表する神の愛の強さは、普通の状態では、発言されて、不快な情熱です。

AGE AND AUTHOR OF THE CANTICLE年齢や著者の賛美歌

Tradition, in harmony with the superscription, attributes the song to Solomon.伝統は、上書きさと調和して、属性、この曲をソロモンです。 Even in modern times quite a number of exegetes have held this opinion: among Protestants, for example, Hengstenberg, Delitzsch, Zöckler, and Keil.モダンタイムスでもかなりの数のexegetesが開かれたこの意見:プロテスタントのうち、例えば、ヘングステンベルク、デリッチ、 zöckler 、およびkeilです。 De Wette says: "The entire series of pictures and relationships and the freshness of the life connect these songs with the age of Solomon."デwetteは言う: "の全シリーズの写真や、生活の鮮度の関係と、これらの曲を接続ソロモンの年齢をします。 " The song evidences the love of Solomon for nature (it contains twenty-one names of plants and fifteen of animals), for beauty and art, and for regal splendour; bound up with this latter is an ideal simplicity suitable to the type of character of the royal poet.ソロモンの証拠の愛の歌を自然( 21の名前が含まれ植物や動物の15 )は、美しさと芸術、と堂々と豪華;バインドすると、この後者は理想的なシンプルさの文字をタイプして適切なロイヤル詩人です。 There is also evident a strain of the most tender feeling and a love of peace which are well in keeping with the reputation of Solomon.ひずみも明らかにするには最も平和を愛する優しい気持ちと、これはよくソロモンの評判を維持する。 The somewhat unusual language in connection with the skilful and brilliant style point to a well-practised writer.異例の言語での接続をやや熟練と見事なスタイルをポイントして、十分に実践作家です。 If some Aramaic or foreign expressions are to be found in the song, in relation to Solomon, such cannot cause surprise.アラム語や外国人の場合いくつかの表現が発見された曲を、ソロモンに関連して、驚きを引き起こすようなことはできません。 It is remarkable that in Proverbs the fuller form of the relative is always used, while in Canticles the shorter form is employed, the one used earlier in the song of Debbora.諺をすることは驚くべきことですが、フラーの形式の相対は、常に使用すると、ソロモンの歌の中に短いフォームは、雇用は、初期の段階で、 1つの歌debbora使われています。 But in the same way Jeremias used the ordinary form in his prophecies, while in the Lamentations he repeatedly employed the shorter.しかし、同じように普通のフォームを使用してイェレミアス彼の予言は、彼を繰り返し中に、哀歌を使用して短くします。 The point is raised that Tirzah (vi, 4 - Heb.) is mentioned along with Jerusalem as the capital of the Kingdom of the Ten Tribes.その点が持ち上がっている。 tirzah ( 6 、 4 -なしで。 )に記載とともに、エルサレム王国の首都としての1 0部族です。 The comparison, though, is made only as to beauty, and Tirzah had, above all, a reputation for loveliness.との比較では、美しさが行われるだけに、およびtirzahは、なによりも、愛らしさに定評があります。 Many other commentators, as Bottcher, Ewald, Hitzig, and Kämpf, put the composition of the book in the time directly after Solomon.数多くのコメンテーターとしてbottcher 、エーヴァルト、ヒッツィヒ、およびkämpf 、本を置くの組成を表示した後に直接ソロモンの時間です。 They assert that the action of the poem takes place in the northern part of Palestine, that the author is especially well acquainted with this section of the country, and writes in the form of the language used there.彼らの詩に作用すると主張し行われる北部のパレスチナ、この文書の著者は、特によく知り合いにこのセクションでは、国、と書いてあるという形で使用される言語です。 It is further said that Tirzah could only be compared with Jerusalem at the time when if was the capital of the Kingdom of the Ten Tribes that is after the age of Solomon but before the time when Samaria was the capital of the Northern Kingdom.これはより詳細によると、 tirzahのみが実行の時に比べるとエルサレムの場合は、資本金の王国をした後、 10歳の部族ではソロモンしかし、時間がサマリアの前には、北王国の首都です。 All these reasons however, have more subjective than objective value.これらすべての理由しかし、より客観的価値が他の主観的です。 No more convincing, finally, are the reasons that cause others to place the book in post-Exilic times; among such exegetes may be mentioned: Stade, Kautzsch, Cornill, Grätz, Budde, and Siegfried.これ以上の説得力、最後に、他の原因は、理由がある本をポストに配置するに追放された回; exegetes年5月の間などに言及:シュターデ、カウチ、コルニル、 grätz 、バッド、およびジークフリートです。 They support their theory by reference to many peculiarities of language and believe they even find traces of Greek influence in the song; but for all this there is a lack of clear proof.彼らのサポートに多くの理論を基準にした独特な言語とギリシャ語の痕跡を見つけると信じても影響力を持つ宋;しかし、この中にはすべての明白な証拠が不足しています。

Condition of the Hebrew Text状態を分析し、ヘブライ語のテキスト

Gratz, Bickell, Budde, and Cheyne believe that they have been able to prove the existence of various mistakes and changes in the text. gratz 、 bickell 、バッド、およびチェーンストークスと思われる彼らの存在を証明することができたの様々な間違いや変更されたテキストです。 The passages referred to are: vi, 12; vii, 1; iii, 6-11; for alterations of the text see chapters vi and vii.の通路には言及: 6 、 12 ;七、 1 ;三、 6-11 ;を変更、テキストの各章を参照viとⅦ 。

Publication information Written by G. Gietmann.出版物の情報執筆者g. gietmannです。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume III.のは、カトリックの百科事典、第20巻Ⅲ 。 Published 1908. 1908年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, November 1, 1908.公認、 1908年11月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Song of Songs歌の曲

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Interpretation: Solomon as Bridegroom.解釈:ソロモンの花婿です。

Rustic Wedding.素朴な結婚式です。

Date.日付。

One of the Five Megillot.の5つのmegillotの1つです。 The Hebrew title, , is commonly understood to mean "the most excellent of songs, composed by Solomon" (not "one of the songs composed by Solomon"); the title, however, is later than the poem, in which the relative pronoun is alwaysヘブライ語タイトルは、よく理解を意味する"最も優れたの曲は、ソロモン構成される" (特定"のいずれかの曲で構成されソロモン" ) ;のタイトルは、しかし、その詩よりも遅いされるのは、相対的代名詞は常に , never . 、決して。 The ancient versions follow the Hebrew; from the rendering in the Latin Vulgate, "Canticum Canticorum," comes the title "Canticles."次のバージョンの古代ヘブライ語;からのレンダリングは、ラテン語ウルガタ聖書の、 " canticum canticorum 、 "は、タイトル"ソロモンの歌です。 "

Interpretation: Solomon as Bridegroom.解釈:ソロモンの花婿です。

The oldest known interpretation of the Song (induced by the demand for an ethical and religious element in its content) is allegorical: the Midrash and the Targum represent it as depicting the relations between God and Israel.この曲で最も古い既知の解釈(の需要によって誘発される倫理的、宗教的要素には、その内容)は、寓話:ミドラーシュとターガム代表として、神とイスラエルの間の関係を描いた。 The allegorical conception of it passed over into the Christian Church, and has been elaborated by a long line of writers from Origen down to the present time, the deeper meaning being assumed to be the relation between God or Jesus and the Church or the individual soul.寓話の構想を通過することには、キリスト教の教会、とされ、長い行の作家によって産生された原産地ダウンを、現在の時間からは、より深い意味と想定されるが、神やイエスキリストとの間の関係や、個々の魂の教会です。 The literal interpretation of the poem as simply a eulogy of married love had its representatives in early times (Theodore of Mopsuestia, and, to some extent, Abraham ibn Ezra), and, in the renaissance of the sixteenth and seventeenth centuries, was maintained by Grotius, Clericus, and others; but it is only in the last hundred years that this interpretation has practically ousted the allegorical.その詩を文字どおりに解釈するとして、単に賛美の夫婦愛はその代表者の早期回(モプスエスティアのテオドロス、および、ある程度、アブラハムイブンエズラ) 、および、は、 16と17世紀のルネッサンスの幕が維持されグロティウス、クレリクス、およびその他;しかし、それだけでは、百年の最後のクーデターが発生し、事実上、この解釈は、寓話です。 The Song is now taken, almost universally, to be the celebration of a marriage, there being, in fact, no hint of allegory in the text.その歌は、今すぐに、ほぼ普遍的には結婚のお祝いに、あるが、実際には、寓意には、テキストのヒントです。 Obviously there are two principal personages, a bridegroom and a bride; but opinions differ as to who the bridegroom is.明らかには2つの主要人物は、花婿と花嫁;しかし、意見の違いをwhoの花婿です。 If the title be accepted as genuine, it is a natural conclusion that the poem describes the nuptials of Solomon and a princess (the daughter of Pharaoh) or a country maiden (so Delitzsch and others).タイトルとして受け入れられる場合は、正規の、それは自然な結論は、ソロモンの詩と説明してnuptialsプリンセス(の娘のフィルアウン)または国の乙女(これデリッチおよびその他) 。 But, apart from the question of date, this construction is proved impossible by the fact that the bridegroom is distinguished from Solomon in viii.しかし、日付の問題を離れ、この建設は不可能だという事実を証明花婿はソロモンの区別Ⅷ 。 11, 12, and probably, by revision, in vi. 11日、 12日、そしておそらく、リビジョンは、 viのです。 8, 9. 8日、 9 。 To meet this difficulty it is assumed (by Ewald, Driver, and many others) that the bridegroom or fiancé is a young shepherd, and that Solomon is his would-be rival; that the king has carried off a beautiful rustic maiden (vi. 10-12) and has brought her to his palace in Jerusalem (i. 4), where he endeavors to win her affections; but that she, resisting the allurements of the court, remains true to her country lover, and is finally united to him (viii. 5-14).この難しさを満たすことが想定(エーヴァルト、ドライバ、および多くのその他)は、花婿またはfiancéは、若い羊飼いており、その志望者ソロモンは、彼のライバル;をするために王様が持ち去ら飾り気のない美しい乙女( vi. 10-12 )と彼女をもたらした彼の宮殿にエルサレム( i. 4 ) 、ここで彼は彼女の愛情に努めて勝つ;しかし、その彼女は、反発してallurementsは、コート、遺跡trueを彼女の国の恋人とは、最後に団結して彼( viii. 5-14 ) 。 This theory, however, rests on unwarranted interpretations of particular passages.この理論は、しかし、特定の通路に依拠不当な解釈です。 The alleged rivalry between a king and a shepherd appears nowhere in the text: there is only one lover, as there is only one maiden; Solomon is introduced as an actor in only one place (iii. 6-11), and here he is represented as the shepherd bridegroom himself.王との間で競争が疑惑の羊飼いが表示されたら、どこには、テキスト:恋人には1つだけ、 1つだけには処女;ソロモンが導入俳優として1つの場所でのみ( iii. 6-11 ) 、そしてここで彼は花婿の羊飼いとして表現されている。 Both the views described above (and the various modifications of them) regard the poem as a drama: it is divided by expositors into acts and scenes.上記の両方の再生回数(や様々な修正をして)についての詩としてドラマ: expositorsすることが行為とのシーンで割った値です。 It is, in fact, dramatically conceived (like the Job poem, for instance), since it consists not of narratives, but of lyric utterances put into the mouths of certain characters; but it is not a drama.これは、実際には、劇的な(ジョブの詩のように、例えば) 、それ以降は、特定の物語が、発言の歌詞の特定の文字を口に入れられた;しかし、ドラマではない。 Not only is there no definite indication of time or place, all being vaguely rhapsodical; but there is no movement, no culmination or catastrophe.明確な兆候がないだけの時間や場所は、すべてが漠然としたrhapsodical ;しかし、動きがない、または大惨事の極みです。 The marriage is already consummated in i. consummatedでの結婚は既にi. 6 (and so in ii. 6, iv. 16-v. 1, vii. 9 [AV 8]); and the story is no farther advanced in viii. 6 ( 2世などにします。 6 、 Ⅳ 。 16 - Vをサポート。 1 、 Ⅶ 。 9 [ av 8 ] ) ;と遠く高度な話ではないⅧ 。

Rustic Wedding.素朴な結婚式です。

Still another view regards the book as picturing the popular festivities held in Palestine in connection with the wedding-week.予約に関してはまだ別の対象として描いて人気のお祭りに関連して開催されたパレスチナの結婚式- 1週間です。 Of such festivities there are hints in the Old Testament (Judges xiv. 10-12; Jer. xvi. 9; Ps. xix. 6 [5]; comp. Matt. xxv. 1 et seq.); and Wetzstein (in his article "Die Syrische Dreschtafel," in Bastian's "Zeitschrift für Ethnologie," 1873, pp. 270 et seq., and in the appendix to Delitzsch's commentary on the Song) has given the details of the modern Syrian marriage celebration, in which he finds parallels to those of the poem.このようなお祭りには、旧約聖書のヒントを(裁判官14 。 10-12 ; jer 。 16 。 9 ; psのです。 19 。 6 [ 5 ] ;のCOMPです。マットです。 25 。 1頁以降を参照。 ) ;とウェツシュタイン(彼の記事は"死ぬsyrische dreschtafel 、 "バスティアンの" zeitschrift für ethnologie 、 " 1873年、 pp 。 270頁以降を参照。 、およびデリッチの解説には付録になって曲)が与えられたの詳細を現代シリアの結婚のお祝いでは彼は見つかるその詩類似している。 In the week succeeding the marriage the villagers assemble; the thrashing-board is set up as a throne, on which the newly married pair take their seats as "king" and "queen"; there are songs in praise of the physical charms of the pair, and dances, in which bridegroom and bride take part; especially noteworthy is the "sword-dance," performed by the bride with a naked sword in one hand (see vii. 1 [RV vi. 13]).結婚するまでの1週間の村人を組み立てるのに成功し、スラッシング-委員会は、玉座にセットアップされ、上で、新たに結婚して席を取るのペア"キング"と"クイーン" ;には、物理的な称賛の曲と曲の魅力は、ペア、と踊りでは花婿と花嫁に参加する;特に注目に値するのは、 "剣-ダンス、 "実行されると、花嫁が裸の剣をもう片方の手( Ⅶ 。 1 [右心室Ⅵ 。 13 ] ) 。 In accordance with this view the "king" of the poem, sometimes called "Solomon" (an imaginative designation of a person of ideal beauty), is the bridegroom; the "daughters of Jerusalem" are the village maidens in attendance on the bride; the royal procession of iii.このビューを表示するに基づいて、 "キング"は、詩、とも呼ばれる"ソロモン" (人の想像力に理想的な美しさを指定)は、花婿;の"エルサレムの娘たち"は、村の若い娘が出席し、花嫁が;行列のロイヤルⅢ 。 6-11 is that of the bridegroom (comp. Ps. xix. 6 [5]); the dialogues, descriptions of bodily charms, and other pieces are folk-songs; according to Budde, the name "Shulamite," given to the bride once (vii. 1 [vi. 13]), is equivalent to "Shunemmite," and isan imaginative reminiscence of the fair Abishag (I Kings i. 3). 6-11は、花婿( comp. psのです。 19 。 6 [ 5 ] ) ;の対話は、肉体的魅力の説明を、およびその他の作品は民俗-曲;バッドによると、名前の" shulamite 、 "与えられる花嫁一度( vii. 1 [ Ⅵ 。 13 ] )は、に相当する" shunemmite 、 "想像力と回想の遺産の公正abishag (私の王i. 3 ) 。 Some explanation such as this is required by the character of the book.このようないくつかの説明が必要とされる文字は、予約します。 It is a collection of pieces in praise of the physical delights of wedded love.それは、コレクションの作品では、物理的なおいしさを称賛する夫婦愛です。 The freeness of expression (especially in vii. 2-10 [1-9]), offensive to modern taste, is in accord with ancient custom (comp. Ezek. xvi., xxiii.; Prov. v. 16-20): it may be due in part also to the license of popular festivities.表現の自由(特にⅦ 。 2-10 [ 1-9 ] ) 、現代の味を攻撃する、協定には、古代のカスタム( comp. ezekします。 16 。 、 23 。 ;地方です。 v. 16-20 ) :ことがありますが原因のライセンスを部分的にも人気のお祭りです。 It is not necessary, however, to suppose that the author has merely reproduced the songs of the rustic celebrations of his time; rather, a poet of high ability here sings of married love, following the lines of the festive customs, but giving free play to his imagination: such charm of style as the book shows is not to be looked for in rustic songs.必要なことではない、しかし、単に複製すると仮定しての著者は、素朴なお祝いの曲は彼の時代ではなく、ここで詩人の高い能力を歌うの夫婦愛、次の行の税関のお祭り、しかし、与え無料でプレイ彼の想像力:このような魅力のスタイルとして予約番組ではないが素朴な曲を探してみたのです。 The unity of the poem is one of emotion-all the situations reflect the same circumstances and the same sentiments.詩は、 1つの統合の感情-のすべての状況を反映して、同じ感情と同じ状況です。

Date.日付。

The date of the Song is indicated by its literary form: the idyl is foreign to the Hebrew genius, and points to the time when the Jews imitated Greek models (Theocritus and Bion).歌は、この評価を示され、その文学形式: idylは、外国人の天才は、ヘブライ語、および、ユダヤ人を指して模造のに時間がギリシャ語モデル(テオクリトスとバイオン) 。 The word (= "palanquin" [iii. 9]) appears to be the Greek φορεῖον; (iv. 13) was not introduced earlier than the later Persian period (for other late words see Driver, "Introduction").という言葉( = "駕籠" [ Ⅲ 。 9 ] )が表示される、ギリシャのφορεῖον ; ( iv. 13 )が、後のペルシャ語よりも早く導入期間(他の後半の言葉を参照のドライバは、 "はじめに" ) 。 The date of the book can hardly be determined precisely: it was probably composed in the period 200-100 BC; but some of the material may be older.この本のことは到底、この評価を正確に決定される:それはおそらく紀元前二〇 〇 〜一〇 〇の期間で構成さ;しかし、過去のいくつかの材料があります。

The discussions at the Synod of Jabneh (Jamnia) show that toward the end of the first Christian century the canonical authority of the Song was disputed in certain quarters (see Bible Canon, § 11).の議論は、会議のヤブネ( jamnia )詳細が終わりに向かってキリスト教の世紀の最初の曲は、正規の権限で係争中の特定の四半期(聖書、キヤノン、 § 11 ) 。 Probably the ground of opposition was its non-religious character: it does not contain the Divine Name (except "Yah" in viii. 6, Hebr., as an expression of intensity); its love is sensuous; and its only ethical element is the devotion of one man to one woman in marriage.おそらく、地上の反対は、非宗教的な性格:神の名が含まれていません(を除いて"州のyah "がⅧ 。 6 、 hebr 。 、強度を表すものとして) ;その愛は感覚的な;とそののみ倫理的な要素は、一人の人間の献身的な努力を1つの女性が結婚します。 It is quoted neither by Philo nor in the New Testament.これはどちらも引用されフィロも、新約聖書です。 But it appears to have gained popularity; and the probability is that at an early day it was interpreted allegorically by the sages, and that it was on the basis of such an interpretation that its canonicity was finally established.しかし、それが表示さが好評を博して;とする確率は、 1日を早期に賢された寓意的に解釈することは、それは、このような解釈に基づいてその規範は、最後に設立されました。 On its ritual use at Passover see Megillot, The Five.その儀式を過ぎ越しの動画を使用してmegillot 、の5つのです。

Emil G. Hirsch, Crawford Howell Toy g.エミールハーシュ、クロフォードハウエルおもちゃ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: On the history of the interpretation: S. Salfeld, Das Hohelied Salomo's bei den Jüdischen Erklärern des Mittelalters, 1879; W. Riegel, Die Auslegung des Hohenliedes in der Jüdischen Gemeinde und der Griechischen Kirche, 1898; E. Reuss, La Bible (gives a conspectus of various schemes); CD Ginsburg, Song of Songs, 1857; Cheyne, in Encyc.書誌事項:上の歴史の解釈:南西salfeld 、 das hohelied salomoのjüdischen erklärernデバイデンmittelalters 、 1879 ;ワットリーゲル、死ぬauslegungデhohenliedesさder jüdischen gemeinde und der griechischen kirche 、 1898 ; e.ルース、ラ聖書(与える様々なスキームを概観) ;枚ギンズバーグ、歌の曲、 1857 ;チェーンストークスは、 encycです。 Bibl. bibl 。 sv Canticles. sv文書ソロモンの歌です。 The traditional interpretation (Solomon as bridegroom) is given in Delitzsch's commentary, 1875; and the fuller dramatic interpretation (the shepherd lover) in: Ewald, Dichter, 1867; WR Smith, Canticles, in Encyc.伝統的な解釈(ソロモンの花婿)は、与えられたデリッチの解説に、 1875 ;とフラーの劇的な解釈(羊飼いの恋人)に:エーヴァルト、ディヒター、 1867 ; wrスミス、ソロモンの歌は、 encycです。 Brit. brit 。 9th ed.; Rothstein, Das Hohe Lied, 1893; idem, Song of Songs, in Hastings' Dict. 9エドです。 ;ロススタイン、 das hoheがうそをついたこと、 1893 ;同じ、歌の曲は、ヘイスティングス' dictのです。 Bible; Driver, Introduction (which gives a full outline of the schemes of Delitzsch and Ewald); Wetzstein, in Budde, The Song of Solomon, in The New World, 1894, vol.聖書;ドライバは、はじめに(完全な輪郭を与えるのスキームのデリッチとエーヴァルト) ;ウェツシュタインは、バッドは、ソロモンの歌は、新世界、 1894年No 。 iii.; idem, Commentary, in KHC; Siegfried, Commentary, in Nowack's Handkommentar; and Cheyne, lc On the relation between the Song and Theocritus: WM Fullerton, in Unitarian Review (Boston), July, 1886; DS Margoliouth, Lines of Defense of the Biblical Revelation, London, 1900. Ⅲ 。 ;同上、解説は、道路公社;ジークフリート、解説は、ノバックのhandkommentar ;とチェーンストークス、液晶の関連性については、歌とテオクリトス:ウインドウマネージャフラートンは、ユニテリアン日(ボストン) 、 7月、 1886 ; dsマーゴリュース、行の防衛は、聖書の啓示、ロンドン、 1900 。 On the meter: Budde's commentary; and on the Hebrew text: this and the commentaries of Graetz and Siegfried.EGHT上のコンパス:バッドの解説、およびヘブライ語のテキストを検索する:このとの論評をグレーツとsiegfried.eght


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです