Temptation誘惑

General Information 総合情報

Temptation has two separate meanings.誘惑には2つの別々の意味があります。 One is as any attempt to entice one into evil. 1つは、任意の1つにしようと悪の誘惑します。 The other represents a testing which aims at spiritual good (Gen. 3:5; 22:1,2). 、他のは、精神的なテストを目指して良い( Gen 。と3時05分; 22:1,2 ) 。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Temptation誘惑

Advanced Information 高度情報

Temptation is the act of tempting or the state of being tempted.誘惑は、魅力的な行為であるかの誘惑の状態です。 In the OT the specific verb indicating the act of tempting is the Piel form nissa.は、 ot 、特定の動詞を示す魅力的な行為は、フォームメールPiel nissaです。 In I Sam.サムは私です。 17:39 the word is used of proving or testing armor. 17:39という言葉が使われることを証明またはテストのアーマー。 In Gen. 22:1 nissa characterizes God's command to Abraham to offer Isaac as a burnt offering in the land of Moriah. nissa Gen 。と22時01分に、神の特徴を提供するアブラハムのコマンドを提供して焼けアイザックとしての土地のモリアです。 A similar use of the term in application to God's testing of men is found in Exod.同じような用語を使用するアプリケーションを、神のテストの男性が発見さexodです。 16:4; 20:20; Deut. 16 : 04 ; 20:20 ; deutです。 8:2, 16; 13:3; II Chr. 8時02分、 16 ;午前13時03分;二chrです。 32:31; Ps. 32:31 ; psのです。 26:2; etc. Related to this sense of the term is that which is given to it when it is applied to the terrible and wonderful acts of God against Egypt (Deut. 4:34). 26:2 ;等に関連するこの言葉の意味でのことは、これは与えられたときに適用されることは素晴らしい行為に対する神の恐ろしいとエジプト( deut. 4:34 ) 。

The same technical term is applied to those acts of men which challenge God to demonstrate his veracity and justice.同じ技術用語集を適用するとそれらの行為の男たちが彼の偽りのない正確さを実証する挑戦と正義の神です。

The term nissa is rarely, if ever, applied in the OT to Satan's act of enticing men to sin. nissaという用語は、めったにあるとすれば、適用されるot悪魔の行為を男性に罪魅力的です。 Nevertheless, the essence of temptation in this sense is clearly revealed in the account of the fall and in the record of Satan's role in the affliction of Job (Gen. 3:1-13; Job 1:1-2:10).にもかかわらず、この意味で誘惑の本質を明らかにされたアカウントは明らかに、秋からは、レコードの悪魔の役割を果たすの苦痛の仕事( Gen 。と3:1-13 ;仕事1:1-2:10 ) 。 Eve tells God, "The serpent beguiled me (hissiani), and I did eat" (Gen. 3:13; cf. exapatao in II Cor. 11:3; I Tim. 2:14).イヴは、神は、 "蛇に欺か私( hissiani ) 、と私は食べる" ( Gen 。と3:13 ;継続前誌です。 exapataoで二コーです。 11 : 03 ;私ティムです。 2時14分) 。 Deception plays an important part in satanic temptation.詐欺劇の重要な部分で悪魔の誘惑します。 Satan avoids making a frontal attack immediately on God's probationary command and its threatened penalities.悪魔にすみますすぐに正面から攻撃コマンドとその神の試用penalities脅かされています。 Instead, he sows the seeds of doubt, unbelief, and rebellion.その代わりに、彼は種を蒔きの種を疑い、不信仰、および反乱です。 The temptation of Eve is typical.イヴの誘惑には典型的です。 She is made to feel that God has unwisely and unfairly withheld a legitimate objective good from man.彼女が行われるように感じると不当な源泉で、神が愚かにも良いから客観的に正当な男です。 In Job's trials the strategy is different, but the end sought is the same, the rejection of God's will and way as just and good.仕事の臨床試験での戦略は異なるが、求められるの最後には同じだが、神の意志との拒絶反応を公正かつ良いようにします。

The NT reflects the translation of nissa with ekpeirazo, etc., in the LXX (Matt. 4:7; I Cor. 10:9; Heb. 3:8-9). nissaのNTを反映して翻訳をekpeirazoなどは、 70 ( matt. 4時07分;私コーです。 10 : 09 ;なしで。 3:8-9 ) 。 In these passages the sinful tempting of God is referred to by way of the OT.これらの通路の罪深い神の魅力的な方法によって参照されるのは、 otです。 However, the same sense is employed by Peter in connection with the sin of Ananias and Sapphira (Acts 5:9) and the prescriptions to be given to Gentile Christians (Acts 15:10).しかし、雇用され、同じ意味では、ピーターに関連しての罪をうそつきとサッピラ(行為5時09分)とジェンティーレ処方されるキリスト教徒に与えられた(行為15:10 ) 。

The additional use of peirazo and related forms is complex. peirazoの追加と関連したフォームの使用は複雑です。 The words may refer to exterior circumstances which try the believer's faith and are designed to strengthen that faith (James 1:2; I Pet. 1:6).という言葉がありますエントランスを参照して事情を試して信者の信仰とは信仰の設計を強化すること(ジェームズ1:2 ;私のペットです。 1時06分) 。 Although these circumstances are held to be under the absolute control of God, the explicit causal ascription of them to God is not prominent.これらの事情が開催される神の絶対的な支配力の下には、明示的な因果帰属して神ではないが目立つようになりました。 Perhaps some reasoning by analogy is permissible here.おそらくここでいくつかの類推による推論は許される。 Paul, eg, recognizes that his "thorn in the flesh" is under God's sovereign control (II Cor. 12:8-9).ポールは、例えば、認識して彼の"とげは、肉"は、神の主権の下にコントロール(二コーです。 12:8-9 ) 。 But the "thorn" is "a messenger of Satan" (vs. 7).しかし、 "とげ"は、 "一人の使徒の悪魔" (対7 ) 。 The same phenomenon may be viewed from two aspects.同じ現象の2つの側面からの人気があります。 The peirasmon is a trial of one's faith controlled and, even in some sense, sent by God. peirasmonは、裁判の1つの信仰を制御し、さらにいくつかの意味では、送信された神です。 But God is not the author of the prompting to sin that such trial seems to bring with it.しかし、神ではない罪の著者は、プロンプトをもたらすように、そのような体験をしてください。 The believer may rejoice in trial because he detects God's good purpose in it (James 1:2-4, 12).裁判の信奉者を喜ばせるため、彼は5月に検出さ神の目的のために良いこと(ジェームズ1:2-4 、 12 ) 。 But the subjective use of trying situations, the internal incitement to sin in connection with trials and testings, is not and cannot be the work of God Enticement to sin and to impatient rebellion is the work of Satan (I Pet. 5:8-9; Rev. 2:9; cf. I Thess. 3:5).しかし、主観的使用を試してみるの状況では、内部の扇動罪で裁判との接続を検査ではないとの仕事をすることはできません神の誘惑にせっかちな反逆罪とは、仕事をサタン(なでなでしています。 5:8-9 ;改訂2時09分;継続前誌です。私thessです。 3時05分) 。 In this he is immensely aided by the deceptive power of epithymia, lust, in the old nature (James 1:14-15).この彼は非常に支援された不正なパワーをepithymia 、欲望は、旧自然(ジェームス1:14-15 ) 。 While Satan's role in temptation is usually assumed rather than stated, in I Cor.悪魔の誘惑にいる間は、通常想定な役割を果たすというよりは、コーは私です。 7:5 Paul explicitly warns Christians to observe his charge with respect to marital relationships, "that Satan tempt you not because of your incontiency" (cf. Matt. 4:1; Mark 1:13; Luke 4:2).午前7時05ポール明示的に警告を観察キリスト教徒彼の電荷を尊重する夫婦の関係を、 "という悪魔の誘惑をしていないため、 incontiency " ( cf.マットです。 4:1 ;マーク1:13 ;ルーク4時02分) 。

Jesus teaches the disciples to pray, "And bring us not into temptation, but deliver us from the evil one" (Matt. 6:13), and the Bible is replete with warnings to be watchful because of the ever-present danger of falling into temptation (Luke 22:40; Gal. 6:1; I Pet. 5:8-9).イエスキリストの弟子を祈って教えて"と、わたしたちを誘惑には、しかし、配達先からの悪の1つ" ( matt. 6:13 ) 、と聖書には気を配って腹いっぱいに警告されるため、常に存在する危険性を低下を誘惑(ルカ22:40 ;ギャルです。 6:1 ;私のペットです。 5:8-9 ) 。 But the Bible assures the believer that God will make a way of escape from temptation (I Cor. 10:13), and that "the Lord knoweth how to deliver the godly out of temptation ..."しかし、神は聖書の保証の信者を作るの誘惑から逃れる方法(私コーです。 10:13 )とは"信心深い配信する方法を知っておられる主を誘惑する… … " (II Pet. 2:9a). ( 2世のペットです。 2時09分)です。

Jesus was repeatedly "tempted" by the Jewish leaders (Mark 8:11; etc.).イエスキリストは、繰り返し"誘惑"されたユダヤ人の指導者(マーク8時11分;等)です。 But these temptations were designed either to force Jesus to prove his messiahship in terms of the preconceptions of his enemies or to compel him to show himself incapable of being a true rabbi (Luke 10:25) or to cause him to make self-incriminating statements (Mark 12:15; cf. Luke 23:2).しかし、これらの誘惑が設計を強制的にイエスキリストを証明するのいずれかの点での彼のmessiahship先入観を強要する彼の敵や自分自身を表示する無能な彼が、真のラビ(ルカ10:25 ) 、または彼を引き起こす自己に不利なステートメントを作る(マーク12:15 ;継続前誌です。ルーク23時02分) 。

Very likely Jesus was subject to temptation throughout his ministry (cf. Luke 4:13; 22:28).非常に高いイエスキリストを通して彼の省は、件名を誘惑( cf.ルーク4:13 ; 22:28 )です。 But the great temptation is the crucial temptation in redemptive history (Matt. 4:1, and parallels).しかし、大きな誘惑には、決定的な誘惑の贖いの履歴( matt. 4:1 、および類似点) 。 This temptation confronts one with the question, How could the sinless Son of God be really tempted?この誘惑に対峙する1つの質問に、神の子はどのようにsinless本当に誘惑ですか? Granted that appeal could be made to legitimate desires in his human nature, what force could temptation have on a divine person who cannot be tempted?付与さをアピール合法的な欲望が行われる可能性が彼の人間の本性を、どのような力が誘惑には、神の人の誘惑whoすることはできませんか? Efforts to solve the problem run the risk either of impairing the "without sin" of Heb.この問題を解決するために努力のいずれかを損なう危険性を実行して、 "なし罪"をなしています。 4:15 or of making the temptation unreal.メーカーの誘惑の4:15または非現実的です。 Our understanding of the matter is beclouded by the fact that our awareness of being tempted immediately involves us in at least a momentary inclination to yield to the temptation.この問題は私たちの理解をbecloudedいるという事実に、私たちの意識を誘惑には、先には、少なくともすぐに傾斜を瞬時に収率を誘惑します。 This was not true of Jesus, and yet the temptation was real, so that he is able to "succor them that are tempted" (Heb. 2:18).これは本当のイエスキリストは、まだありませんの誘惑は、本物のように、彼はできるように"救助するには誘惑" ( heb. 2:18 ) 。

The necessity of the temptation in view of Adam's fall is evident.対象の必要性をアダムの誘惑での下落は明らかです。 Jesus triumphed over Satan with his immediate and obedient use of the word of God.イエスキリストの悪魔triumphed彼の即時かつ素直な神の言葉を使用します。 He thereby proved that he was qualified to be the "last Adam."彼はそれを証明する資格があるにしていた"最後のアダム。 " "To this end was the Son of God manifested, that he might destroy the works of the devil" (I John 3:8b). "そのためには神の息子は明らかに、その彼の作品は、悪魔を台無しにするかもしれない" (ヨハネの午前3時08分b )です。

CG Kromminga cg kromminga
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 書誌事項
L. Berkhof, Systematic Theology, 219-26; H. Seesemann, TDNT, VI, 23ff.; W. Schneider, et al., NIDNTT, III, 798ff.; RC Trench, Synonyms of the NT; P. Dobble, "Temptations," ExpT 72:91ff.; E. Best, The Temptation and the Passion; WJ Foxell, The Temptation of Jesus; C. Ullmmann, The Sinlessness of Jesus. l. berkhof 、体系的神学、二一九から二六まで;笠原seesemann 、 tdnt 、六、 23ff 。 ;ワットシュナイダー、ら、 nidntt 、 3世、 798ff 。 ; rcトレンチ、類義語のは、 NT ; p. dobble 、 "誘惑、 " expt 72:91 FFを指定します。 ; e.最も得意とする誘惑との情熱; wj foxell 、イエスキリストの誘惑; c. ullmmannは、イエスキリストsinlessnessです。


Tempta'tion tempta'tion

Advanced Information 高度情報

Temptation.誘惑します。
(1.) Trial; a being put to the test. ( 1 。 )裁判; Aが問われる。 Thus God "tempted [Gen. 22:1; RV, 'did prove'] Abraham;" and afflictions are said to tempt, ie, to try, men (James 1:2, 12; comp. Deut. 8:2), putting their faith and patience to the test.このように、神"の誘惑[ Gen 。と22 : 01 ;右心室、 'は証明' ]アブラハム; "によるとを誘惑と試練は、すなわち、を試し、男性(ジェームズ1:2 、 12 ;のCOMPです。 deut 。 8時02分) 、パット自分たちの信仰と忍耐をテストします。 (2.) Ordinarily, however, the word means solicitation to that which is evil, and hence Satan is called "the tempter" (Matt. 4:3). ( 2 )通常、しかし、この言葉の意味が邪悪な勧誘をし、それゆえ悪魔が呼び出されると、 "誘惑する" ( matt. 4:3 )です。

Our Lord was in this way tempted in the wilderness.このように、わたしたちの主は、荒野の中に誘惑します。 That temptation was not internal, but by a real, active, subtle being.内部の誘惑はないが、しかし実際、アクティブな、微妙なのです。 It was not self-sought.自己求められることはない。 It was submitted to as an act of obedience on his part.それは、提出さを服従させるとして、行動しなければ彼の部分です。 "Christ was led, driven. An unseen personal force bore him a certain violence is implied in the words" (Matt. 4:1-11). "イエスキリストが中心となり、駆動します。退屈な彼の目に見えない個人の力で、特定の暴力は暗黙の言葉" ( matt. 4:1-11 ) 。 The scene of the temptation of our Lord is generally supposed to have been the mountain of Quarantania (qv), "a high and precipitous wall of rock, 1,200 or 1,500 feet above the plain west of Jordan, near Jericho."その光景は、わたしたちの主は一般的に誘惑されたはずの山のquarantania ( qv ) 、 "高いと切り立った岩壁、 1200または西の平原の上に一五〇 〇フィートヨルダン、エリコの近くです。 "

Temptation is common to all (Dan. 12: 10; Zech. 13:9; Ps. 66:10; Luke 22:31, 40; Heb. 11:17; James 1:12; 1 Pet. 1:7; 4:12).誘惑には共通してすべての( dan. 12 : 10 ;ツェッヒ。 13 : 09 ; psのです。 66:10 ;ルーク22:31 、 40 ;なしで。 11:17 ;ジェームズ1:12 ; 1のペットです。 1 : 07 ; 4 : 12 ) 。 We read of the temptation of Joseph (Gen. 39), of David (2 Sam. 24; 1 Chr. 21), of Hezekiah (2 Chr. 32:31), of Daniel (Dan. 6), etc. So long as we are in this world we are exposed to temptations, and need ever to be on our watch against them.私たちの誘惑に読むのジョセフ( Gen 。と39 ) 、デビッド( 2サムです。 24 ; 1 chr 。 21 ) 、 hezekiah ( 2 chrです。 32:31 ) 、ダニエル( dan. 6 ) 、等のため長いとして我々はこの世界で我々は誘惑にさらされ、および必要とされるまでの時計をしている。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Temptation of Christイエスキリストの誘惑

Catholic Information カトリックの情報

In the Catholic translation of the Bible, the word "temptation" is used in various senses, the principal of which are the following:にしたのは、カトリックの翻訳は、聖書の言葉"誘惑"は、様々な感覚で使用され、校長には、以下の通りです:

the act of testing or trying (Deuteronomy 4:34; Tobit 2:12; Luke 22:28; etc.);同法のテストまたはしようと(申命記4:34 ;トビト書2:12 ;ルーク22:28 ;等) ;

enticement to evil (Matthew 26:41; 1 Corinthians 10:13; etc.); the state of being tempted (Matthew 6:13; Luke 4:13; etc.); that which tempts or entices to evil (James 1:12; 2 Peter 2:9; etc.); the name of a place (Exodus 17:7; Deuteronomy 6:16; etc.)誘惑に悪(マタイ26:41 ; 1コリンチャンス10:13 ;等) ;の状態が誘惑(マタイ6:13 ;ルーク4:13 ;等) ;ことを熱望またはenticesを悪(ジェームズ1 : 12 ; 2ピーター2時09分;等) ;の名前をする場所(出エジプト記第17 : 07 ;申命記6:16 ;等)

Taken in an unfavourable sense as denoting enticement to evil, temptation cannot be referred directly to God or to Christ, so that when we read in Gen., xxii, 1, for instance, "God tempted Abraham", and in John, vi, 6, "Hoc autem dicebat tentans eum", literally: "This He [Jesus] said tempting him [Philip]", the expressions must be taken in the sense of testing, trying.撮影のしるしとしての感覚は、不利な悪の誘惑に、誘惑に直接言及することはできませんが、神やキリストのように、私たち続きを読むときにGen 。と、 xxii 、 1 、例えば、 "神の誘惑アブラハム"と、ジョンは、六、 6 、 "特別autem dicebat tentans eum " 、文字どおり: "この彼[イエスキリスト]によると魅力的な彼[フィリップ] "は、表現しなければならないという意味のテスト、しようとしています。 According to St. James (i, 12 sqq.), the natural source of man's temptations is concupiscence, or that proneness to evil which is the result of the fall of Adam, and which remains in human nature after baptismal regeneration, and even though the soul is in the state of sanctifying grace (cf. Romans 8:1).によると、セントジェームズ(私、 12 sqq 。 ) 、男の誘惑の自然の源は、強欲か、またはその傾性を悪の秋には、アダムの結果、人間の本性のままにした後、どの洗礼による再生、およびもかかわらず、の魂の状態をsanctifyingは、グレース( cf.ローマ人への手紙8:1 ) 。 Concupiscence becomes sinful only when freely yielded to; when resisted with God's help it is an occasion of merit.自由になるときにのみ罪深い情欲に屈した;ときに、神の助けに抵抗性の長所をする機会があります。 Together with inward concupiscence, and outward creatures, which may be the occasion of sin (I John ii, 15 sqq.), the chief cause of temptation is Satan, "the tempter" (Matthew 4:3), bent on man's eternal ruin (Ephesians 6:10 sqq.).情欲と一緒に内側と外側の生き物は、この機会に罪があります(ヨハネの2世、 15 sqq 。 ) 、チーフが原因で発生するのは、悪魔の誘惑は、 "誘惑する" (マタイ4:3 ) 、人間の永遠の破滅に熱中して(エペソ人への手紙6:10 sqq 。 ) 。 In the Lord's Prayer, the clause "Lead us not into temptation" is an humble and trusting petition for God's help to enable us to overcome temptation when His Fatherly Providence allows us to experience the allurements of evil.は、主の祈りは、句"私たちを誘惑ない"と信じて疑わない謙虚な請願書は、神の助けを有効にするとき、彼の誘惑を克服する父親らしい問い合わせプロビデンスを可能にし悪のallurements体験してください。 Prayer and watchfulness are the chief weapons against temptation (Mark 14:38; etc.).油断のないことが主な武器の祈りと反対の誘惑(マーク14:38 ;等)です。 God does not allow man to be tempted beyond his strength (1 Corinthians 10:13).神男は許可されません誘惑される彼の強さを超え( 1コリント書10:13 ) 。

Like Adam, Christ (the second Adam) endured temptation only from without, inasmuch as His human nature was free from all concupiscence; but unlike Adam, He withstood the assaults of the Tempter on all points, thereby affording His mystical members a perfect model of resistance to their spiritual enemy, and a permanent source of victorious help (Hebrews 4:15-16).アダムのような、イエスキリスト( 2番目のアダム)からのみの誘惑に耐えるせず、 〜だけれども彼の人間の本性は、無料からすべての情欲;しかし、アダムとは異なり、彼は持ちこたえたの攻撃を誘惑するすべてのポイントは、彼の神秘的なメンバーを与えるための完璧なモデル精神的な敵に抵抗して、恒久的なソースと勝利の仕方(ヘブル人への手紙4:15-16 ) 。 In our first three Gospels (Matthew 4:1-11; Mark 1:12-13; Luke 4:1-13), the narrative of Christ's temptation is placed in immediate connexion with His baptism on the one hand, and with the beginning of His public ministry on the other.私たちも、最初3つの福音書(マタイ4:1-11 ;マーク1:12-13 ;ルーク4:1-13 )は、イエスキリストの物語の誘惑が置かれて即座に接続を1つの手彼の洗礼を検索すると、その始まり彼の公共省は、他のです。 The reason of this is clear.その理由は、次のは明らかです。 The Synoptists naturally regard the baptism of Christ as the external designation of Jesus from above for His Messianic work to be pursued under the guidance of the Holy Spirit bestowed upon Him on this occasion; and they no less naturally regard Christ's sojourn in the desert where He was tempted, as His own immediate preparation for that great work under the guidance of the same Holy Spirit. synoptists自然とみなして、イエスキリストの洗礼として、外部の指定救世主イエスキリスト上からの彼の仕事を追求されるの指導の下に聖霊に感じ、この機会に、彼に課せられた、およびそれらに劣らず、当然キリストの逗留に関しては、砂漠で彼は誘惑は、彼自身の当面の準備として、その偉大な作品の指導の下に聖霊と同じです。 As our first three Gospels agree concerning the time to which they assign the temptation of Christ, so they are at one in ascribing the same general place to its occurrence, viz.最初の3つの福音書に同意として私たちの時間を割り当てるには彼らの誘惑しているので、 1つでは、同じ一般的な場所をascribingその発症、 viz 。 "the desert", whereby they no doubt mean the Wilderness of Judea, where Jesus would indeed be, as St. Mark says: "with beasts". "砂漠の"実際に彼らユダヤの荒野を意味する間違いない、ここでイエスキリストが実際には、サンマルコは言う: "獣"です。 From St. Mark (i, 13) -- with whom compare St. Luke iv, 2 -- we learn that Jesus Christ was tempted during the forty days which He spent in the desert (cf. St. Augustine, "Harmony of the Evangelists", II, xvi), so that the three onsets given in detail by St. Matthew and St. Luke are apparently the three final assaults of Satan against Christ.よりサンマルコ(私は、 13日) -聖ルカ四人の比較、 2 -ことが判明したイエスキリストの中には、 4 0日間で彼の誘惑に費やされて砂漠(c f .聖アウグスティヌス、"調和の伝道者" 、 2世、 16 ) 、の3つのonsetsように与えられたの詳細を明らかにマタイと聖ルカは、悪魔の3つの最後の攻撃に対してイエスキリストです。 The first of these assaults is directly connected in both St. Matthew and St. Luke with the prolonged fast of Jesus in the wilderness.これらの攻撃の最初の直接接続の両方では、聖ルカマタイのイエスキリストの荒野の中に長時間の高速です。 The Tempter suggested to Jesus that He should use His miraculous power to relieve His hunger, by changing into bread the loaf-like flints of the desert.イエスキリストの誘惑することを提案した彼は彼の奇跡的な力の使用を解消する彼の飢餓、パン、パンを変更し、砂漠のようなflints 。 The two other assaults are given in a different order, St. Matthew adhering probably to the order of time, and St. Luke to that of place.与えられた2つの他の暴行事件で、別のオーダーは、マタイの順序を遵守して、おそらく時間、および聖ルカをその場所です。 The spot pointed out by tradition as the summit from which Satan offered to Jesus dominion over all earthly kingdoms is the "Quarantania", a limestone peak on the road from Jerusalem to Jericho.その場で指摘さから悪魔の首脳会談の伝統として提供するすべての世俗的支配権をイエスキリストの王国は、 " quarantania "は、石灰岩のピークをエリコエルサレムの道からです。 As regards the Temple's pinnacle from which the Tempter bade Jesus cast Himself down, it was not the top of the House of Yahweh, but probably the roof of Solomon's portico from which, at a later date, St. James was actually hurled to the pavement below (Eusebius, "Hist. eccl.", IV, xiii).また、同寺の頂点に誘惑するよりは、自分自身ダウンキャスト命じたイエスキリスト、それはないの上部にある家のヤハウェ、しかし、おそらくソロモンのポルティコの屋根からするには、後日、すなわち、セントジェームスが実際には、舗装以下のとおりです(ユーセビアス、 "履歴です。 eccl 。 " 、 4世、 13 ) 。

According to St. Luke (4:13), after having subjected Christ to all kinds of temptations -- the Messianic import of which is undoubted -- Satan withdrew, awaiting a favourable opportunity like that which followed Christ's prolonged fast in the desert.によると、聖ルカ( 4:13 ) 、イエスキリストをした後に、あらゆる種類の誘惑を受ける-これは紛れもない救世主のインポート-悪魔の撤回、有利な機会を待って、どのようにイエスキリストの長期化の後に急速に砂漠です。 The later conflict thus alluded to is no other than that of Christ's Passion (cf. Luke 22:53; John 14:30).このようにそれとなく触れられたように、後の紛争に比べてほかにはないイエスキリストの情熱( cf.ルカ22:53 ;ジョン14:30 ) 。 The ministry of angels to Jesus, in connection with His temptation, is mentioned in Mark, i, 13.同省の天使たちをイエスキリストは、彼の誘惑に関連して、マークに記載され、私は、 13 。 Satan's exact manner of appearance to Jesus is not stated by the Evangelists.悪魔の正確な態度の外観に記載されたイエスキリストの伝道者ではない。 Despite the difficulties urged, chiefly by non-Catholic scholars, against the historical character of the three temptations of Jesus, as recorded by St. Matthew and St. Luke, it is plain that these sacred writers intended to describe an actual and visible approach of Satan, to chronicle an actual shifting of places, etc., and that the traditional view, which maintains the objective nature of Christ's temptations, is the only one meeting all the requirements of the Gospel narrative.にもかかわらず、困難を求め、主に非カトリック教徒の学者、反対する歴史上の人物の3つの誘惑イエスキリストは、マタイとして記録され、聖ルカ、それは神聖な作家平野は、これらの実際の意図を説明すると次のアプローチ悪魔は、実際のシフトの場所をクロニクルなどとは、伝統的なビューで、客観的性質を維持してキリストの誘惑は、会議室のすべての要件を1つだけの福音の物語です。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.専用のは、イエスキリストの神聖なのは、カトリックの中心部に百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

(Catholic Authors are marked with an asterisk). (カトリック作家は、スパムには、アスタリスク)です。 Life of Christ: *CIGOI (Klagenfurt, 1896-1905); *DIDON (tr. New York, 1891); EDERSHEIM (New York, 1884); FARRAR (London, 1874); *FORNARI (Rome, 1901); *FOUARD (tr. New York, 1891); GEIKIE (New York, 1886); *GRIMM (Ratisbon, 1876); HOLTZMANN (tr. London, 1904); KEIM (tr. London, 1876-83) *LE CAMUS (tr. New York, 1906-08); NEANDER (tr. London, 1871); PRESSENSÉ (Paris, 1884); ROBINS0N (London, 1898); *SCHEGG (Freiburg, 1875); *SEPPAND *HANEBERG (Ratisbon, 1898-1902); WEISS (tr. Edinburgh, 1883-4).生活のイエスキリスト: * cigoi (クラーゲンフルト、 1896-1905 ) ; * didon ( tr.ニューヨーク、 1891 ) ; edersheim (ニューヨーク、 1884 ) ;ファーラー(ロンドン、 1874 ) ; *フォルナーリ(ローマ、 1901 ) ; * fouard ( tr.ニューヨーク、 1891 ) ;ゲーキー(ニューヨーク、 1886 ) ; *グリム( ratisbon 、 1876 ) ;ホルツマン( tr.ロンドン、 1904 ) ;カイム( tr.ロンドン、 1876年から1883年) *ルカミュ( tr.ニューヨーク、 1906-08 ) ;ネアンダー( tr.ロンドン、 1871 ) ; pressensé (パリ、 1884 ) ; robins0n (ロンドン、 1898 ) ; * schegg (フライブルク、 1875 ) ; seppand * * haneberg ( ratisbon 、 1898-1902 ) ;ワイス( tr.エジンバラ、 1883-4 ) 。 For Commentaries see bibliographies under MATTHEW, GOSPEL OF ST.; MARK, GOSPEL OF ST.; LUKE, GOSPEL OF ST. bibliographies学の解説を参照されてマシュー、ゴスペルのセントです。 ;マーク、ゴスペルのセントです。 ;ルーク、ゴスペルのセントです。 For the literary analysis of the Synoptical accounts of Christ's temptation, see New York Review, Oct.-Nov., 1905.文学の分析は、キリストの誘惑のアカウントの一覧を参照してくださいニューヨークの日、 10 - 11月です。 、 1905 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです