Epistles to the Thessalonians書簡をthessalonians

General Information 総合情報

The two Epistles to the Thessalonians, books of the New Testament of the Bible, are the first of Saint Paul's letters, written about AD 50 from Corinth to his recently founded community of Christians at Thessalonika. 2つの書簡をthessalonians 、書籍は、新約聖書の聖書は、聖パウロの手紙の最初の、コリントから書かれた約50の広告を彼の最近のキリスト教徒でセサロニキ設立コミュニティです。 Paul reviews his stay with them, expresses concern for their welfare, and encourages them in suffering.ポールレビュー彼のご滞在をして、その懸念を表明福祉、苦しみを奨励し、推進しています。 Paul also instructs them on the Second Coming of Jesus, which he expected imminently at this early stage in his career, and reassures them that those already dead will rise and that certain signs will precede the end.ポールも指示してイエスキリストの再臨の時、彼は期待に切迫したこの初期の段階で彼のキャリア、およびそれらがすでに死んでreassuresが上昇し、特定の兆候が先行すると終了します。 Some scholars hold that 2 Thessalonians is by a later disciple of Paul.いくつかのホールドを2 thessalonians学者は、後の弟子のポールです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
E Best, A Commentary on the First and Second Epistles to the Thessalonians (1972); GH Giblin, The Threat to Faith (1967).メールベストは、最初と2番目の書簡解説をしてthessalonians ( 1972 ) ;ガーナギブリン、信仰への脅威を( 1967 ) 。


Epistles to the Thessalonians書簡をthessalonians

Brief Outline簡単な概要

First Epistle第一の手紙

  1. Conversion of the Thessalonians (1:1-10)の変換を行うthessalonians ( 1:1-10 )
  2. The Ministry of Paul at Thessalonica (2)ポールはテサロニカ部( 2 )
  3. Paul's concern and prayer for the Church (3)ポールの懸念と祈りは、教会( 3 )
  4. Problems of the Church, moral instruction, the Lord's coming, ethical duties (4:1-5:22)教会の問題を、道徳的な命令は、主に来るのは、倫理的な義務( 4:1-5:22 )
  5. Conclusion (5:23-28)結論( 5:23-28 )

Second Epistle 2番目の信徒

  1. Comfort in persecution (1)快適さを迫害( 1 )
  2. Signs of the Day of Christ; apostasy, revelation of the man of sin, preservation of God's people (2)その日の徴候をキリスト;背教、啓示は、人間の罪、神の人々の保全( 2 )
  3. Spiritual counsel (3)精神的な助言( 3 )


Epistles to the Thessalo'nians書簡をthessalo'nians

Advanced Information 高度情報

The first epistle to the Thessalonians was the first of all Paul's epistles. thessaloniansの信徒への第一は、まず第一にポールの書簡です。 It was in all probability written from Corinth, where he abode a "long time" (Acts 18:11, 18), early in the period of his residence there, about the end of AD 52.それはすべての確率で書かコリントから、ここで彼の住まいは"長い時間" (行為18:11 、 18 ) 、彼のレジデンスの期間の早い段階では、最後の広告掲載については、 52 。 The occasion of its being written was the return of Timotheus from Macedonia, bearing tidings from Thessalonica regarding the state of the church there (Acts 18:1-5; 1 Thess. 3:6).この機会に書き込まれているの返還をtimotheusよりマケドニアは、軸受便りの状態をよりテサロニカについては教会のある(行為18:1-5 ; 1 thessです。 3時06分) 。 While, on the whole, the report of Timothy was encouraging, it also showed that divers errors and misunderstandings regarding the tenor of Paul's teaching had crept in amongst them.中は、 [全体的には、ティモシーが提出した報告書を励まし、また、ダイバーによると、エラーと誤解について、テノールのポールの授業ではこっそり中です。 He addresses them in this letter with the view of correcting these errors, and especially for the purpose of exhorting them to purity of life, reminding them that their sanctification was the great end desired by God regarding them.彼はこの手紙のアドレスを表示して、これらのエラーを訂正し、特に純度の目的は人生のexhortingして、思い出させる神聖化しており、希望によっては、神の偉大な目的についてです。

The subscription erroneously states that this epistle was written from Athens.誤ってサブスクリプションでは、この手紙が書かアテネからです。 The second epistle to the Thessalonians was probably also written from Corinth, and not many months after the first. 2番目の信徒へのthessaloniansはおそらくよりも書かれたコリントではなく、多くのか月後の最初のです。 The occasion of the writing of this epistle was the arrival of tidings that the tenor of the first epistle had been misunderstood, especially with reference to the second advent of Christ.書き込みに際しては、次の書簡は、ご到着予定の便りは、テナーの最初の信徒誤解されていた、特に2番目の出現を参考に、キリストです。 The Thessalonians had embraced the idea that Paul had taught that "the day of Christ was at hand", that Christ's coming was just about to happen. thessaloniansという考えを受け入れていたポールが教えは、 "イエスキリストの日には、手の届く所" 、それだけについては、イエスキリストが来るようになった。 This error is corrected (2:1-12), and the apostle prophetically announces what first must take place.このエラーが修正さ( 2:1-12 ) 、使徒と予言的にどのような最初の発表行われる必要があります。 "The apostasy" was first to arise. "背教"は、最初に発生します。 Various explanations of this expression have been given, but that which is most satisfactory refers it to the Church of Rome.この表現は様々な説明を与えられていたが、それが最も満足のいくものをローマの教会のことを指します。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Thessaloni'ca thessaloni'ca

Advanced Information 高度情報

Thessalonica was a large and populous city on the Thermaic bay.テサロニカは、大規模な人口の多い都市を検索するとthermaic湾です。 It was the capital of one of the four Roman districts of Macedonia, and was ruled by a praetor.それは、資本金の1つの地区のマケドニアの4つのロマンとはプラエトル支配されています。 It was named after Thessalonica, the wife of Cassander, who built the city.それにちなんでテサロニカ、妻のカッサンダー、 who建てております。 She was so called by her father, Philip, because he first heard of her birth on the day of his gaining a victory over the Thessalians.彼女は彼女の父親と呼ばれるので、フィリップは、最初に聞いたため、彼は彼女の誕生日当日のthessalians彼の勝利を獲得する。 On his second missionary journey, Paul preached in the synagogue here, the chief synagogue of the Jews in that part of Macedonia, and laid the foundations of a church (Acts 17: 1-4; 1 Thes. 1:9).彼の2番目の宣教師の旅を、ポール説教は、シナゴーグここでは、シナゴーグの長さは、ユダヤ人のその部分をマケドニア、および家の基盤を教会(行為17 : 1-4 ; 1 thesという。 1時09分) 。 The violence of the Jews drove him from the city, when he fled to Berea (Acts 17:5-10).彼の暴力は、ユダヤ人の運転するシティから、ときに彼は逃亡しましたberea (行為17:5-10 ) 。 The "rulers of the city" before whom the Jews "drew Jason," with whom Paul and Silas lodged, are in the original called politarchai, an unusual word, which was found, however, inscribed on an arch in Thessalonica. "統治するシティ"誰が為にユダヤ人を前に"ドリュージェイソン、 "申立人ポールとサイラスは、 politarchaiは、オリジナルと呼ばれる、異例の単語、これが見つかりました、しかし、円周上でのARCHはテサロニカです。

This discovery confirms the accuracy of the historian.この発見の歴史学者の精度を確認してください。 Paul visited the church here on a subsequent occasion (20:1-3).ポール教会を訪問し、ここでは、後続の機会( 20:1-3 ) 。 This city long retained its importance.この都市の長いその重要性を保持します。 It is the most important town of European Turkey, under the name of Saloniki, with a mixed population of about 85,000.町の最も重要なことは欧州のトルコ、サロニキの名の下に、人口は約85000が混在しています。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Epistles to the Thessalonians書簡をthessalonians

Catholic Information カトリックの情報

Two of the canonical Epistles of St. Paul.の2つの正規の聖パウロの書簡です。 This article will treat the Church of Thessalonica, the authenticity, canonicity, time and place of writing, occasion, and contents of the two Epistles to that Church.この記事はテッサロニキの教会の治療の信頼性、規範性、時間と場所の書き込み、機会、との内容の書簡をその2つの教会です。

I. THE CHURCH OF THESSALONICA教会の第テサロニカ

After Paul and Silas had, during the Apostle's second missionary journey, left Philippi, they proceeded to Thessalonica (Thessalonike, the modern Saloniki), perhaps because there was in the city a synagogue of the Jews (Acts 17:2).ポールとサイラスした後は、宣教師の中で2番目の使徒の旅、左フィリッピ、彼らを進めテサロニカ( thessalonikeは、近代的サロニキ) 、おそらく市のためにあったのは、ユダヤ人のシナゴーグ(行為17 : 02 ) 。 Thessalonica was the capital of the Roman Province of Macedonia; it was a free city, ruled by a popular assembly (cf. Acts 17:5, eis ton demon) and magistrates (cf. verse 6, epi tous politarchas).テサロニカは、マケドニアの首都ローマ県;それは自由都市、支配され、人気の組立( cf.行為17 : 05 、評価書トンの悪魔)とmagistrates ( cf.詩6 、エピtous politarchas ) 。 St. Paul at once began to preach the Gospel to the Jews and proselytes.セントポールを一度に開始して、ユダヤ人と福音を説くproselytesです。 For three successive sabbaths he explained the Scriptures in the synagogue, opening up the way and gradually leading his hearers to the tremendous truth that there was need the Christ should die and rise again from the dead, and that Jesus whom Paul preached was in very truth this Christ.の3つの連続sabbathsと彼は説明は、シナゴーグ、聖書は、徐々に開放する方法とリードして途方もない真実を聞き手にあった必要とするイエスキリストが死亡したと死んでから再び上昇し、誰がポール説教は、イエスキリストは非常に真理このイエスキリストです。 Some of the Jews believed and took sides with Paul and Silas.ユダヤ人とは考えられていくつかの側面にポールとサイラスです。 It would seem that Paul stayed in the city some time thereafter, for, according to the reading of Codex Bezæ (fifth century), and the Vulgate and Coptic Versions (Acts 17:4), he converted a large number not only of proselytes (ton te sebomenon) but of Gentile Greeks (kai Hellenon).どうやらのようであるポール宿泊を検索するシティその後いくつかの時間を、コーデックスによると、読書のbezæ ( 5世紀) 、および、流布本とコプト語のバージョン(行為17 : 04 ) 、彼は大規模なコードに変換するだけでなく、 proselytes (トンte sebomenon )しかし、ギリシアのジェンティーレ(甲斐hellenon ) 。 In the first place, it is unlikely that a large number of these latter were won over to the Faith during the three weeks devoted to the synagogues; for Paul did manual labour night and day, so as not to be burdensome to his converts (1 Thessalonians 2:9).まず第一に、それは思いも寄らないして、これらの後者は多数の信仰の中にウォン以上の3つの週をテーマに、シナゴーグ;のポールはマニュアル労働夜と昼、負担をしないように彼のに変換される( 1 thessalonians 2時09分) 。 Secondly, these converts from idolatry (1 Thessalonians 1:9) would scarcely have become, after so brief an apostolate, a "pattern to all that believe in Macedonia and in Achaia" (1 Thessalonians 1:7).第二に、これらの変換から偶像崇拝( 1 thessalonians 1時09分)がほとんどになって、簡単なので、 apostleの職した後に、 "すべてのことを信じるのパターンをマケドニアとアカイア" ( 1 thessalonians 1時07分) 。 Thirdly, the Church of Philippi sent alms twice to Paul at Thessalonica (Phil., iv, 16), a fact which seems to indicate that his sojourn there was longer than three weeks.第三に、フィリッピの教会の施しを2倍に送られるポールはテサロニカ( phil. 、 4世、 16 )は、実際にどのように彼の逗留があったことを示すために3週間以上です。

Be this as it may, the signal success of Paul's apostolate among Jews, proselytes, and Hellenes together with the conversion of "not a few noble ladies" (Acts 17:4), aroused the Jews to a fury of envy; they gathered together a mob of idlers from the agora and set the whole city in tumult; they beset the home of Jason, found the Apostle away, dragged his host to the tribunal of the politarchs and charged him with harbouring traitors, men who set Jesus up as king in place of Cæsar.このことがありますが、ポールのapostleの職の信号成功したユダヤ人のうち、 proselytes 、との変換をhellenesと一緒に、 "特定のいくつかの高貴な女性" (行為17 : 04 ) 、興奮して、ユダヤ人伝説の羨望を感じる;彼らに集まったアイドラーを暴徒と設定してからのアゴラ全体の都市での騒動;彼らのホームのジェイソンを抱え、使徒が見つかりましたaway 、彼のホストをドラッグすると荷電politarchs法廷は、彼を反逆者harbouring 、男性whoセットアップされイエスキリストキングcæsarの代わりにします。 That night the brethren made good the escape of their teacher to Berea.その夜、兄弟は良い教師をbereaにエスケープします。 There the Gospel of Paul met with a much more enthusiastic reception than that accorded to it by the synagogue of Thessalonica.福音のあるポールに会って熱烈な歓迎に比べて、はるかに一致してテサロニカされたシナゴーグのです。 The Jews of that city drove Paul to Berea and there, too, stirred up the mob against him.ユダヤ人に、その都市を運転ポールbereaとは、あまりにも、論議を巻き起こし、暴徒彼に不利に働いた。 He left Silas and Timothy to complete his work and went to Athens (Acts 17:1-15).彼は左のサイラスと彼の仕事を完了するとティモシー行ったアテネ(行為17:1-15 ) 。

II. Ⅱ 。 FIRST EPISTLE第一の手紙

A. Authenticity a.真正

(1) External Evidence ( 1 )外部証拠

(a) II Thessalonians. (ア) 2世thessaloniansです。 The strongest external evidence in favour of the authenticity of I Thessalonians is II Thessalonians which, whatsoever be its date of composition, is the very earliest document that clearly presupposes I Thessalonians to have been written by Paul.最も強力な証拠に賛成の外付けの信ぴょう性は、 2世テサロニケthessaloniansは、何が、この評価を組成、ドキュメントは、非常に最古の前提を明確に書かれたテサロニケポールされています。

(b) Manuscripts. (イ)原稿です。 The evidence of manuscripts alone is such as to set the authenticity of this letter beyond all doubt; it is in the Greek text of the Codex Sinaiticus (fourth century), Codex Vaticanus (fourth century), and Codex Alexandrinus (fifth century); it is in the Old Latin and Syriac Versions, which trace its authenticity down to the middle of the second century.原稿の証拠をするだけでは信ぴょう性など、この手紙を設定するに何の疑いも;ことがコーデックスは、ギリシャ語のテキストをsinaiticus ( 4世紀) 、コーデックスvaticanus ( 4世紀) 、およびコーデックスアレクサンドリア写本( 5世紀) ;ことラテン語とシリアは、旧バージョンでは、その真偽をトレースダウンして2番目の世紀半ばです。

(c) The Apostolic Fathers give evidence of very early use of the Epistle as Sacred Scripture. (ウ)ローマ教皇の父親の証拠を与えるのは非常に初期の信徒として神聖な啓典を使用します。 St. Ignatius of Antioch (d. AD 110-17, according to the chronology of Harnack which we shall follow in this article), in "Eph.", X, i, probably uses the adialeiptos proseuchesthai, "pray without ceasing", of I Thess., v, 17; and undoubtedly had in mind I Thess., ii, 4, when writing to the Romans (II, i) the distinctly Pauline thought of ou thelo hymas anthropareskein alla theo, "I will that ye please not man but God".聖イグナチオのアンティオキア(民主党広告110から17 、年表によると、わたしたちは次のハルナックがこの資料に記載)は、 " ephです。 " 、 x 、私は、おそらくadialeiptos proseuchesthaiを使用して、 "祈りなしにしゃべる" 、 thessの私です。 、 V電源、 17 ;と間違いなく私thessを念頭に置いていた。 、 2世、 4 、ローマ人への手紙を書くときに( 2世、私)の考えをはっきりポーリーントツキトウハイマス王anthropareskein allaテオ、 "わたしは、なたがたのごしかし、神のない男"です。 Because St. Ignatius, as the other Apostolic Fathers, cites from memory, without the exactness of later Fathers and without ever mentioning the name of the sacred writer quoted, Dr. Inge, the Lady Margaret professor of divinity in the University of Cambridge, says: "The evidence that Ignatius knew I Thessalonians is almost nil" (cf. "The New Testament in the Apostolic Fathers", Oxford, 1905, p. 74).聖イグナチオのため、父親として、他の使徒は、メモリから引き合いに出して、それ以降の正確さに言及してなく、父との神聖な作家の名前を引用符で、博士インゲ、神性の女性マーガレット教授は、ケンブリッジ大学、言う: "イグナティウスを知っていたという証拠はテサロニケはほぼゼロ" ( cf. "新約聖書は、使徒の父" 、オックスフォード大学、 1905 、 p. 74 ) 。 Against such scepticism, the clear use of St. Paul by the Apostolic Fathers is of no avail.このようなscepticismに対しては、明確に使用された聖パウロ使徒の祖先ではないのご了承願います。 Harnack, who cannot be accused of overmuch credulity, thinks that St. Ignatius of Antioch possessed a collection of the Pauline Epistles; and that by the year 117, St. Polycarp of Smyrna had a complete collection (eine ganze Sammlung) thereof before him and veritably lived therein (cf. Chronologie der altchristlichen Litteratur, I, 249, note 2).ハルナック、 who罪に問われることはできません。過分信じやす、聖イグナチオのアンティオキアと考えているのコレクションを保有するパウロの書簡; 117年とされたが、聖polycarpのスミュルナは、完全なコレクション( eine ganze sammlung )その前に彼とそこに住んveritably ( cf. chronologie der altchristlichenアレイ、私、 249 、注2 ) 。 In the "Pastor" of Hermas (AD 140), we find the phrase of I Thess., v, 13, "Be at peace among yourselves" (eireneuete en heautois) several times, used almost as it occurs in the Alexandrian and Vatican Codices (cf. Hermas, "Simil.", VIII, vii, 2; "Vis.", III, vi, 3; III, ix, 2, 10; III, xii, 3).は、 "牧師" hermas (広告140 ) 、私たちのフレーズを見つけるのI thess 。 、 V電源、 13日、 "平和のうちにしなさい" ( eireneueteアンheautois )に数回、使用されるほぼ同じことが発生するとバチカンのアレクサンドリアcodexの複数( cf. hermas 、 " similです。 " 、 viii 、七、 2 ; "可視です。 " 、三、六、 3 ; 3世、 9世、 2 、 10 ;三、 12 、 3 ) 。

The Apologetic Fathers are clear and to the point.父親の申し訳なさそうなポイントがはっきりとしています。 St Irenæus (AD 181-9) cites I Thess., v, 23, expressly attributing the words to the Apostle's First Epistle to the Thessalonians ("Contra hæreses", V, vi, 1 in PG, VIII, 1138), and I Thess., v, 3, as the saying of the Apostle (ibid., V, xxx, 2 in PG, VII, 1205).セントirenæus (広告一八一から九)引き合いに出して私thess 。 、 V電源、 23日、明示的に関連付けしての言葉の信徒への使徒の最初のthessalonians ( "コントラhæreses " 、 V電源、六、 1 、 pg 、 viii 、 1138 ) 、と私thess 。 、 V電源、 3 、と述べ、使徒として( ibid. 、 V電源、 xxxと2 、 pg 、 7 、 1205 ) 。 Tertullian quotes at length passages from each of the five chapters of I Thess.テルトゥリアヌス通路から引用符をそれぞれの長さの5つの章のI thessです。 to prove his thesis of the resurrection of the body ("Liber de resurrectione carnis", xxiv, in PL, II, 874) and uses the Epistle against Marcion ("Adv. Marcionem", V, xv in PL, II, 541).彼の復活を証明するのは体内の論文( "独立したデresurrectione carnis " 、 24は、ポーランド語、 2世、 874 )と反対の信徒を使用してmarcion ( "前売します。 marcionem " 、 V電源、 15 、ポーランド語、 2世、 541 )です。 St Clement of Alexandria (AD 190-210) very often cites this brief letter -- cf.セントクレメントのアレキサンドリア(広告一九〇から二一〇 )非常によく引き合いに出して、この短い手紙-継続前誌です。 "Pædagogus", I, v, 19 (Stählin's ed., I, 101) and "Stromata", I, i, 6 (Stählin's ed., II, 5) for I Thess., ii, 5-7; "Stromata", II, xi, 4, IV, xii (Stählin's ed., II, 138 and 286), for an allusion to I Thess., iv, 3, and an accurate citation of six verses (3-8) of the same chapter; "Pædagogus", II, ix, III, xii, IV, xxii (Stählin's ed., I, 206 and 288, and PG, VIII, 1352) for the appeal to almost every verse of I Thess., v, ie verses 5, 8, 13, 15, 19, 22; "Stromata", I, xi (Stählin's ed., II, 34) for a quotation from the same chapter. " pædagogus " 、私は、 V電源、 19日( stählinのエドです。 、私、 101 )と" stromaの複数形" 、私、私は、 6日( stählinのエドです。 、 2世、 5 )のi thess 。 、 2世、 5-7 ; " stromaの複数形" 、 2世、西、 4 、 4 、 12 ( stählinのエドです。 、 2世、 138 、 286 ) 、 thessに言及して私です。 、 4世、 3 、正確な引用と6つの詩( 3-8 )と同じ章; " pædagogus " 、 2世、 9世、 3世、 12 、 4世、 xxii ( stählinのエドです。 、私、 206 、 288 、およびPG 、 viii 、 1352 )は、ほぼすべての詩の魅力を私thess 。 、 V電源、すなわち詩5 、 8 、 13 、 15 、 19 、 22 ; " stromaの複数形" 、私、西( stählinのエドです。 、 2世、 34 )は、同じ章から引用します。 So strong is the external evidence in favour of the authenticity of I Thess.あまりにも強いが、外部の証拠の信ぴょう性に賛成の私thessです。 as to convince all scholars save only those who, on account of internal evidence, deny to Paul the authenticity of all his Epistles.すべての学者を説得するとしてのみ保存whoで、 [アカウントの内部証拠、ポールの真正性を否定するのすべての彼の書簡です。

(2) Internal Evidence ( 2 )内部の証拠

In I Thessalonians all the main Pauline doctrines are taught -- the Death and Resurrection of Jesus Christ (i, 10; iv, 14; v, 10); His Divinity and Sonship of the living God (i, 9, 10); the resurrection of our bodies (iv, 15-18), the mediatorship of Christ (v, 10); the call of the nations to the Kingdom of Christ, which is the Church (ii, 12), sanctification by the indwelling of the Holy Spirit (iv, 8).テサロニケのすべての主要なポーリーンの教説が教えられ-イエスキリストの死と復活(私、 1 0;四、 1 4; V電源、 1 0) ;彼の息子であることを神と神の生活(私、 9 、 1 0) ;の私たちの体の復活( 4 、 15-18 )は、キリストのmediatorship ( V電源、 10 ) ;の呼び出しは、キリストの王国の国を、これは、教会( 2世、 12 ) 、神聖化された留置は、神聖な精神( 4 、 8 ) 。 The plain and direct style, the writer's affectionate concern for his spiritual children, his impatience of Judaizers, the preponderance of personal over doctrinal statements, the frank and honest self-revelation of the writer -- all these distinctly Pauline characteristics argue strongly for the authenticity of this letter.平野との直接のスタイルは、彼の精神的な懸念を愛情を込めた作家の子供たちは、彼の焦りのjudaizers 、個人の教義上の優位なステートメントは、率直かつ誠実な自己啓示は、作家-全てのこれらの特性をはっきりとポーリーンの真正性を強く主張するは、次の文字を入力します。

Baur, the prime mover of neo-Tübingen ideas, was the first to wave aside recklessly all external evidence and seriously to attack the authenticity of I Thess.バウアーは、ネオ-テュービンゲンのアイデアの原動力は、最初に手を振って追い払うは、向こう見ずなすべての外部証拠と真剣に私の信ぴょう性を攻撃するthessです。 from internal evidence (cf. "Der Apostel Paulus", ed. 2, II, 94).より内部証拠( cf. " der apostelパウルス" 、エドです。 2 、 2世、 94 ) 。 He was followed by Nowack, "Der Ursprung des Christentums" (Leipzig, 1857), II, 313; Volkmar, "Mose, Prophezie und Himmelfahrt" (Leipzig, 1867), 114; and Van der Vries, "De beiden brieven aan de Thessalonicensen" (Leyden, 1865).彼は続いてノバック、 " derウルスプルングデchristentums " (ライプチヒ、 1857 ) 、 2世、 313 ; volkmar 、 " mose 、 prophezie und昇天祭" (ライプチヒ、 1867 ) 、 114 ;やバンデルフリース、 "デbeiden brieven aanデthessalonicensen " (ライデン、 1865 ) 。 The reasons which impel Baur and his followers are trivial.その理由を押し進めるバウアーとその部下は簡単です。

The lack of doctrine makes the letter unworthy of Paul.教義の不足により、文字のポール値しない。 We have noted that the main heads of Paul's teaching are included in this short letter.私たちがメインによると、ポールの教育長は、この短い手紙に含まれています。 Moreover, the letter is a most touching revelation of the great heart of St. Paul and as such alone is befitting the outspoken Apostle.また、その手紙は、最も感動的啓示聖パウロの偉大な中心部にふさわしいとこのように積極的に発言するだけでは使徒です。

The Epistle is a clumsy forgery.この書簡は、不器用な偽造です。 The author has worked up his story from Acts.の著者は彼の話からする行為を働いています。 Paul could not have written ii, 14-16.パウロ2世が書いできませんでした、 14-16 。 It is far-fetched to compare the woes inflicted by the Jews upon the Church of Thessalonica with the ills they wrought upon the Church of Judea.を比較することがこじつけたされたユダヤ人の災難を与えた時の教会のテサロニカ鍛造時の病弊彼らの教会のユダヤです。 It is un-Pauline to set Jewish Christians up as an example to Gentile converts (Baur, op. cit., 482).ポーリンを設定することは国連への見せしめとしてユダヤ人キリスト教徒ジェンティーレに変換する(バウアー、営業します。 〜 Cit 。 、 482 ) 。 These purely subjective objections are worthless.これらの異議申し立ては純粋に主観的価値もない。 The Apostle was too broadminded to be tied down to the narrow ideas of Baur.使徒broadmindedされるのは、あまりにも狭いアイデアを縛らバウアーしています。 True, in his later letters -- to the Romans end Corinthians and Galatians, for instance -- we might not look for the juxtaposition of Jewish with Gentile Christians; but the Judaizers were not so troublesome to Paul when he wrote to the Thessalonians as when he wrote to the Romans. trueの場合、彼のへの手紙-最後に、ローマ人への手紙ガラテヤ人への手紙コリンチャンスと、例えば-私たちを探していないのかもしれない並置のユダヤ人とキリスト教徒ジェンティーレ;しかし、ポールju daizersがそんなに面倒なときに書いたときは、 t h essaloniansとして彼はローマ人への手紙を書いた。

The expression ephthase de ep autous he orge eis telos, "the wrath hath come upon them unto the end" (ii, 16), naturally refers to the destruction of Jerusalem (AD 70) as an accomplished punishment of the Jews for killing the Lord Jesus.彼の表現ephthaseデep autous目的因Orgeの評価書は、 "わたしたちの怒りを買うかれらはかれらの最後に" ( 2世、 16 )は、自然破壊を参照してエルサレム(広告70 )熟達した罰として、主にユダヤ人を殺害イエスキリストです。 This is an unwarranted assumption.これは、不当な仮定します。 The phrase eis telos is indefinite; it has no definite article nor any defining qualificative; it modifies ephthase and refers to no definite end either accomplished or to be accomplished.評価書のフレーズを目的因は不定;ことがないものも、定義定冠詞qualificative ; ephthaseと変更を参照して明確なエンドのいずれかの達成または達成される。 St. Paul indefinitely but surely sees the oncoming end, reads the easily legible writing on the wall, and interprets that writing: "The wrath [of God] hath come upon them even unto making an end of them".聖パウロ無期限だが確実に見て対向結局、読み取り、書き込みの壁を簡単に読みやすい、と解釈を書く: "の怒りを買う[神]かれらはかれらもかれメーカーの終わりを指定して"です。 (iv) Baur (op. cit., 485) finds the eschatology of the Epistle un-Pauline. ( 4 )バウアー( op. 〜 Cit 。 、 485 )で見つかると終末論は、信徒国連-ポーリンです。 In the Epistles to the Corinthians, Romans, and Galatians, for instance, there is no diving into the future, nothing said of the Parousia, or second coming of Jesus.コリンチャンスは、同書簡を、ローマ人への手紙、ガラテヤ人への手紙、例えば、ダイビングにはない将来的には、何もによると、 4 /か、または2番目イエスキリストの到来です。 But the reason is clear -- those to whom Paul wrote his great and later Epistles had not the eschatological difficulties of the Thessalonians to meet.しかし、その理由は明白-ポール書いた彼の偉大な所有者およびそれ以降の書簡のなかった終末論の難しさを満たすのt hessaloniansです。 He adapted his letters to the wants of those to whom he wrote.彼の欲求に適応した彼の手紙を書いた人の心に適うです。 The very fact that the apprehension of an immediate Parousia us not mentioned in the later letters would have prevented a forger from palming off as Pauline such an unusual topic.の不安を、非常に事実を即座に記載されていない4 /問い合わせへの手紙からは偽造防止を詐称ポーリーンとしてこのような異常なトピックを表示します。

B. Canonicity b.規範

The two Epistles to the Thessalonians are included among the canonical books accepted by the Councils of the Vatican, of Trent, and of Florence, and are among the homologoumena of all early lists of canonical New-Testament Scriptures; for instance, to mention only such early lists as accord with the received canon of Trent, these two Epistles are listed in the Muratorian Fragment (AD 195-205), in the canons of St. Athanasius of Alexandria (AD 373), of the Third Council of Carthage (AD 397), in which Saint Augustine took part, of St. Epiphanius (AD 403), of Innocent I (AD 405), and of Gelasius (AD 492). 2つの書簡をthessaloniansが含まれるもののうち、正規の図書評議会に受け入れられたのは、バチカン、トレント、とのフィレンツェ、との間の早期homologoumenaのすべての新証拠のリストを正規の経典;例えば、このように言及のみ協定の早期のリストを受け取ったとしてキヤノンのトレント、これら2つの書簡に記載されてmuratorianフラグメント(広告一九五〜二〇五) 、参事は、アレクサンドリアの聖アタナシウス(広告373 ) 、カルタゴの3番目の評議会(広告397 ) 、参加セントオーガスティンでは、聖聖エピファニオス(広告403 ) 、罪のない私(広告405 ) 、およびgelasius (広告492 ) 。 In fact there can be no reason whatsoever to doubt the canonicity of either letter.実際に起きることはないの規範に疑いを理由のいずれかの文字を入力します。

C. Time and Place c.時間と場所

The textus receptus, at the end of the two Epistles, gives a subscription stating that they were written from Athens (egraphe apo Athenon); and this same subscription is contained in the great uncial codices A, B2, K2, L2 -- that is, Alexandrinus (fourth century), Vaticanus (fifth century corrector), Mosquensis, and Angelicus (both of the ninth century); it is likewise translated in important Latin, Syriac and Coptic manuscripts.の公認本文は、 2つの書簡の終わりに、申し込み書に書かれたからしていたアテネ( egraphe apo athenon ) ;とこれと同じサブスクリプションが含まれている大きなアンシャル体のCODECを、 B2の、 k2 、 4 -つまり、アレクサンドリア写本( 4世紀) 、 vaticanus ( 5世紀補正) 、 mosquensis 、およびangelicus (九世紀の両方の) ;ことが重要なラテン同様に翻訳され、シリア語、コプト語原稿です。 None the less, there can be no doubt but that the letters were written during Paul's first stay in Corinth.それにもかかわらず、疑いの余地はないが、ポールの最初の文字が書かご滞在中にコリントです。 Timothy had been sent to Thessalonica by Paul from Athens (1 Thessalonians 3:2).ティモシーテサロニカされていたポールから送信されるアテネ( 1 thessalonians 3:2 ) 。 Hence some Fathers inferred that, on this mission, Timothy brought along I Thess.それゆえいくつかの父親の推論が、このミッションは、ティモシーbrought thessに沿っ私です。 The inference is wrong.の推論が間違っています。 As Rendel Harris says in "The Expositor" (1898), 174, Paul may have sent another letter from Athens by Timothy to the Thessalonians.ハリス氏は言うrendelとしては"エクスポジター" ( 1898 ) 、 174 、ポール年5月からの手紙が送られるアテネを別のthessaloniansティモシーしています。 He cannot have sent I Thessalonians from there by him.彼は送られることはできませんテサロニケそこからだ。 Paul clearly states that Timothy had returned from Thessalonica before the writing of I Thessalonians.ポールを明確に表示さティモシーいたから返さテサロニカの前に書面でテサロニケです。 (cf. iii, 6). ( cf. 3 、 6 ) 。 Whither did he return?彼はどこへ戻りですか? I Thessalonians does not state.テサロニケされない状態です。 Acts, xviii, 5, supplies answer.行為、 18 、 5 、電源答えです。 When Timothy returned from Macedonia with Silas to Paul, the Apostle was at Corinth.マケドニアから返されるときにティモシーポールサイラスを、コリントの使徒は。 The news brought him by Timothy was the occasion of I Thessalonians.彼のことをbroughtティモシーのニュースは、機会のテサロニケです。 Moreover, in the greeting with which each letter begins, the names of Paul, Silvanus (ie Silas), and Timothy are grouped together; and we know that the three were together at Corinth (Acts 18:5) during Paul's first visit to that city (cf. also 2 Corinthians 1:19).また、各文字のあいさつでこれが始まれば、ポールの名前を、シルバヌス(すなわちサイラス) 、とティモシーはグループにまとめ、および私たちが一緒に知っているの3つのコリント(行為18 : 05 )中にポールの最初の訪問して市( cf.も2コリント書1:19 ) 。 We have no proof that they were ever elsewhere together.証拠は何もない私たちまで他の一緒にしていた。 I Thess., then, was written during the eighteen months Paul stayed.私thess 。 、その後、 18カ月間の中に書かれたポールが宿泊した。 at Corinth, ie in the year 48 or 49, according to the chronology of Harnack, "Chronologie der altchristlichen Litteratur" (Leipzig, 1897), I, 717; in the year 53 or 54 according to the commonly received scheme of Pauline chronology.先コリント、すなわちその年の48または49 、ハルナックによると、年表の、 " chronologie der altchristlichenアレイ" (ライプチヒ、 1897 ) 、私、 717 ;は、 53年または54によると、ポーリーン計画の概要を年表よく受信します。 Both letters are generally considered to be the earliest extant writings of St. Paul.両方の文字は一般に考えられて現存する最古の聖パウロ記述します。 Some few now deem it proved that Paul wrote to the South Galatians even before he wrote to the Thessalonians, cf.今すぐと見なすことが立証されたいくつかのいくつかのポールに手紙を書いたの南ガラテヤ人への手紙も以前に、彼をthessalonians 、継続前誌です。 Zahn, "Einleitung in das Neue Testament" Leipzig, 1897), I, 138.ザーン、 " einleitungでダスノイエ遺言"ライプチヒ、 1897 ) 、私、 138です。

D. Occasion d.機会

Having arrived at Athens, Paul at once set himself to convert the Jews, proselytes and Gentiles of that city.アテネに到着、ポールを一度に設定するユダヤ人自身に変換するには、 proselytesとgentilesに、その都市です。 Among the latter he met with unusually small success.後者のうちに会って彼は非常に小さな成功です。 The Epicureans and Stoics for the most part rated him as a talkative lounger in the agora and either berated him with ridicule upon the Hill of Ares or waved him aside (Acts 17:16-32). epicureansとの定格stoics 、ほとんどの部分は彼をブラブラしている人は、アゴラとおしゃべりberatedのいずれかに彼をあざ笑うかの丘を振っアール彼はさておき(行為17:16-32 ) 。 Meanwhile he trembled for the Church of Thessalonica.一方彼は、教会のテサロニカ震えています。 So long as he had been there, only the Jews strove to set his work at naught; now in his absence, the Gentiles joined the Jews (1 Thessalonians 2:14), and made a vigorous onslaught upon the faith of his children.彼は限りがあるので、徹底を設定するユダヤ人のみが彼の作品をものともしない;今すぐに彼の不在は、ユダヤ人に参加しgentiles ( 1 thessalonians 2時14分) 、および積極的な攻撃時は、自分の子供たちの信仰のです。 Paul yearned mightily to see their face once more.ポールyearnedとっても一度自分の顔を見ています。 In his intense affection and concern, he breaks away from his wonted first plural: "We willed to have come to you, even I, Paul, and that once and again; but Satan hindered us" (ii, 18).彼の強烈な愛情と懸念を、彼はいつものように最初から複数のブレーク: "我々意志をして来ても、私は、ポールており、その何度も繰り返して;だが悪魔妨げ問い合わせ" ( 2世、 18 ) 。 The hindrance wrought by Satan was probably a security against his return given by Jason and some friends (Acts 17:9).悪魔によってもたらされた、障害のあるセキュリティの反対はおそらく彼の復帰を与えられたジェイソンといくつかの友達と(行為17 : 09 ) 。 Being unable to follow the yearnings of his heart, Paul sent Timothy to save the flock from the ravening wolves (1 Thessalonians 2:2).をすることのできない彼の心を次のあこがれ、ポール送信ティモシーからの飢えを保存するにオオカミの群れ( 1 thessalonians 2:2 ) 。 The Acts make no mention of this legation of Timothy from Athens to Thessalonica.の行為には言及は、次の公使館のティモシーからアテネへのテサロニカです。 Not long after, Paul left for Corinth (Acts 18:1).特定長いした後、ポール左にコリント(行為18 : 01 ) 。 Thither Timothy, who returned from Thessalonica, brought back an eyewitness's testimony as to the conditions of the faithful of that city.あちらの方へのティモシー、 whoから返されたテサロニカ、帰されるのを目撃者の証言としての条件を、忠実に、その都市です。 Rendel Harris, in "The Expositor" (1898), 167, thinks that the Thessalonians sent Paul a letter by Timothy and, to make good his theory, appeals to I Thess., i, 2, 5; ii, 1, 5, 9-13; iii, 3-6. rendelハリス氏は、 "エクスポジター" ( 1898 ) 、 167 、と考えているポールで手紙を送ってthessaloniansティモシーと、彼の理論をかけていい、私の訴えをthess 。 、私、 2 、 5 ;二、 1 、 5 、 9-13 ;三、 3-6 。 There may be some ground for such conjecture in "We also" (kai hemeis) of I, ii, 13; "Also I" (kago) of I, iii, 5, and in "you have a good remembrance of us always" (echete mneian hemon agaphen) of I, iii, 6.地上れる場合がありますこのようないくつかの推測で"我々も" (甲斐hemeis )のⅠ 、 Ⅱ 、 13 ; "も私" (加護さん)のI 、 3 、 5 、および、 "英霊をお持ちの良い私たちは常に" ( echete mneianエモンagaphen )のI 、 3 、 6 。 Be this as it may, whether by letter or by word of mouth, Timothy fully informed Paul of the needs of the Christian community at Thessalonica; and these needs were the occasion of the first Epistle to that community.このことがありますが、手紙やかどうかを口コミで、ポールのティモシーインフォームドコンセントのニーズに完全には、キリスト教社会でテサロニカ、およびこれらのニーズには、その機会の信徒への最初のコミュニティです。

E. Contents e.内容

No other letter of Paul to a Church is so free and easy and epistolary as is this letter; it defies strict doctrinal analysis, and is far more personal than doctrinal.ポールの手紙を参照して、他の教会は非常に無料で簡単に、書簡にはこの手紙;こと無視厳格な教義の分析、およびよりは、はるかに個人的な教義です。 Merely for the sake of some division, we may consider chapters i and iii as personal, chapters iv and v as doctrinal.いくつかの課だけのために、私と三章を検討することがあります個人としては、四章とVとして教義です。

Personal part -- a missionary's free outpouring of a noble heart's yearnings.個人的な部分-宣教師の無料ほとばしる崇高な心臓のあこがれをします。 He is filled with joy at hearing how they stand fast by the faith which he preached to them (i, 2, 8); fondly talks about his labours and about his stay with them (I, 9-ii, 12); thanks God for the way they received from him the word of God (ii, 13 - 16); delicately hints at his apprehensions for them, by telling how at Athens he yearned to see them, how he sent Timothy in his stead, how relieved he now is as Timothy's message has brought him peace of mind (ii, 17-iii, 10).彼は喜びに満ちて公聴会をどのようにスタンド高速彼の信仰を説教して(私、 2 、 8 ) ;愛情を込めて彼の仕事について話し、約彼のご滞在をして(私は、 9 - 2世、 12 ) ;ありがとう神彼らのやり方には彼の言葉は神から受け取った( 2 、 13 -1 6) ;微妙に彼のヒントa pprehensions彼らにとっては、どのようにお知らせy earnedアテネ彼を見て、どのように彼は彼の代わりに送信ティモシー、どのようホッと彼は今すぐティモシーは、平和のメッセージが表示させたのは彼の心( 2世、 17 - 3世、 10 ) 。 Then follows a brief and beautiful prayer which sums up the yearnings of the great soul of the Apostle (iii, 11-13).を簡単に入力し、次のように美しい祈りを合計すると、偉大な魂を持ったのあこがれの使徒( Ⅲ 、 11-13 ) 。

Doctrinal part.教義上の部分です。 With this prayer ends what is meant to be free and epistolary.この祈りの終了に何を意味する書簡を無料とします。 Now follows as little phrase of transition -- "For the rest, therefore, brethren" -- and a thoroughly Pauline and direct exhortation upon how they "ought to walk and to please God" by purity (iv, 1-8), brotherly love (iv, 9-10), and peaceful toil (verse 11).今すぐリトルフレーズへの移行期として次のように-"残り、したがって、兄弟" -と徹底的にポーリーンと直接の勧告にどのように"するべきを歩くと、神を喜ばせる"純度(4 、 1 - 8)、兄弟愛( 4 、 9-10 ) 、および平和的な労苦(詩11 ) 。 The peace of everyday toil had been disturbed by a fanatical lethargy due to the supposed oncoming Parousia.日常の労苦の平和の邪魔されていた熱狂的な無気力のために、対向4 /はずです。 Hence the eschatological passage that follows.それゆえ、終末論の通路を以下のとおりです。 The brethren who have died will have part in the Second Coming just as they that are now alive (verses 12-17); the time of the Parousia is uncertain, so that watch-fullness and not lethargy are needed (v, 1-11). whoが死亡し、兄弟は2番目の部分は、今すぐ来ると同様に生きている(詩12-17 ) ;の時間は、 4 /は定かではなく、時計のように膨満と無気力は、必要に応じていない( V電源、 1-11 ) 。 The letter ends with a series of pithy and pointed exhortations to respect for their religious teachers, and to the other virtues that make up the glory of Christian life (v, 12-22); the Apostolic benediction and salutation, a request for prayers and the charge that the letter be read in public (verses 23-28).その手紙の末尾に、一連の的を射たと指摘exhortationsに宗教上の教師を尊重すると、他の美徳を構成して栄光キリスト教の生命( V電源、 12-22 ) ;のローマ教皇の祝福と挨拶は、リクエストを祈りとチャージは、公共の手紙に続きを読む(詩23-28 ) 。

III. Ⅲ 。 SECOND EPISTLE 2番目の信徒

A. Authenticity a.真正

(1) External Evidence ( 1 )外部証拠

Manuscript evidence is the same for II Thessalonians as for I Thessalonians; so, too, the evidence of the ancient versions.原稿は、同じであることを証拠として2世テサロニケthessalonians ;ので、あまりにも、その証拠は、古代のバージョンです。 The Apostolic and Apologetic Fathers are more clearly in favour of II Thess.使徒と申し訳なさそうな父親にはより明確に賛成の2世thessです。 than of I Thess. thessよりも、私です。 St. Ignatius, in Rom., x, 3, cites a phrase of II Thess., iii, 5, eis ten hypomonen tou Christou, "in the patience of Christ".聖イグナチオは、 ROMから起動します。 、 x 、 3 、引き合いに出してthessは、フレーズの2世、 3世、 5 、評価書10 hypomonen塔クリストウ、 "キリストの忍耐力"です。 St. Polycarp (XI, 3) refers the letter expressly to Paul, although, by a slip of the memory, he takes it that the Apostle glories (2 Thessalonians 1:4) in another Macedonian Church, that of the Philippians; elsewhere (XI, 1) Polycarp uses II Thess., iii, 15.聖polycarp (まとめて、 3 )を参照の文字で明示的にポールは、しかし、メモリのスリップをされた、彼はそれは、使徒栄誉( 2 thessalonians 1:4 )を別のマケドニア語の教会、それは、ピリピ人への手紙;他の( xi 、 1 ) polycarp使用してthess 2世、 3世、 15 。 St. Justin (about AD 150), in "Dialog.", xxxii (PG, VI, 544), seems to have in mind the eschatological language of this letter.聖ジャスティン(約広告150 ) 、 "ダイアログを表示します。 " 、 32 (結果、六、 544 ) 、終末論のようには、言語を念頭に置いては、次の文字を入力します。 Besides it is set down as Pauline in the Canon of Marcion (about AD 140).下向きになるように設定することがポーリーン以外は、キヤノンのmarcion (約広告140 ) 。

(2) Internal Evidence ( 2 )内部の証拠

The literary dependence of II Thessalonians on I Thessalonians cannot be gainsaid.依存性の文学2世テサロニケthessaloniansをgainsaidすることはできません。 The writer of the former must have written the latter, and that too not very long thereafter.その作家は、後者の元で書か必要がありますし、それがあまりにもない非常に長い。 II Thess., ii, 15, and iii, 6, are to be explained by I Thess., iv, 1-8 and 11. thess 2世、 2世、 15 、およびIII 、 6 、私thessされると説明されています。 、 4 、 1-8 、 11 。 The style of the two letters is admittedly identical; the prayers (I, iii 11, v, 23; II, ii, 16, iii, 16), greetings (I, i, 1; II, i, 1, 2) thanks (I, i, 2; II, i, 3), and transitions (I, iv, 1; II, iii, 1) are remarkably alike in form.のスタイルを2つの文字は、確かに同じ;の祈り(私は、 3世11日、 V電源、 23 ; 2世、 2世、 16日、 3世、 16 ) 、挨拶(私、私、 1 ;二、私、 1 、 2 )のおかげ(私、私、 2 ;二、私、 3 ) 、やトランジション(私は、四、 1 ; 2世、 3世、 1 )は非常に形が似ている。 Two-thirds of II Thess. 2世の3分の2をthessです。 is like to I Thess. thessは私のようにします。 in vocabulary and style.語彙やスタイルにします。 Moreover, the structure of the Epistle, its subject-matter, and its affectionate outbursts of prayer for the recipients and of exhortation are all decidedly Pauline characteristics.また、信徒の構造をし、その主題は、暴発の祈りと愛情をきっぱりと受信者との勧告はすべてポーリーン特性です。 The argument from internal evidence is so strong as to have won over such critics as Harnack (Chronologie, I, 238) and Jülicher (Einleitung, 40).内部の証拠からの引数としては非常に強いウォン以上にはこのような批評家としてハルナック( chronologie 、私、 238 )とjülicher ( einleitung 、 40 ) 。 Schmiedel, Holtzmann, Weizacker, and others deny the force of this argument from internal evidence.シュミーデル、ホルツマン、 weizacker 、およびその他の引数を否定する力は、次の内部の証拠です。 Its very similarity to I Thess.その非常に類似性を私thessです。 in vocabulary and style is made to militate against the authenticity of II Thess.; the letter is too Pauline; the author was a clever forger, who, some sixty years later, took up I Thess.語彙やスタイルには反対の信ぴょう性に影響を及ぼす2世thess 。 ;の手紙はあまりにもポーリーン;の著者は、巧妙な偽造、 who 、いくつかの60年後、私thess取り上げた。 and worked it over.と仕事が終わった。 There has been no motive assigned for such a forgery; no proof given that any post-Apostolic writer was so cunning as to palm off thus letter as a Pauline imitation.動機に割り当てられたが行われていないこのような偽造;ない証拠を与えられた任意のポストローマ教皇の作家としてはとても狡猾な手紙をつかませるための模造品としてポーリーンです。

Eschatology of Paul.終末論のポールです。 The chief objection is that the eschatology of II Thess.異議申立の首席thessのは、終末論の2世です。 contradicts that of I Thess.: the letter is in this un-Pauline.矛盾が私thess 。 :その手紙は、この国連-ポーリンです。 In I Thess., iv, 14-v, 3, the writer says the Parousia is imminent; in II Thess., ii, 2-12, iii, 11, the writer sets the Parousia a long time off.で私thess 。 、 4世、 14 - V電源、 3 、その作家によると、 4 /が迫って; thessに2世、 2世、 2-12 、 3世、 11日、その作家に長い時間を設定します。 4 /オフになります。 Non-Catholics who hold the Pauline authorship of the two letters generally admit that Paul predicted the second coming would be within his own lifetime and deem that the signs narrated in II Thess., ii, as preludes to that coming do not imply a long interval nor that Paul expected to die before these signs occurred.非カトリック教徒who保持する2つの文字ポーリーン原作者のポール大筋で2番目の予測に彼自身の寿命が来るとの兆候と判断してナレーションをthess 2世、 2世、前奏曲としては、必ずしもして来る長い間隔死ぬ前にポールも期待され、これらの兆候が発生しました。 Catholics insist that Paul cannot have said the Parousia would be during his lifetime.カトリック教徒としてと主張することはできませんによると、 4 /ポールは彼の生涯の中です。 Had he said so he would have erred; the inspired word of God would err; the error would be that of the Holy Spirit more than of Paul.そこで彼は彼が過ちを犯すことによると、神の言葉のインスピレーションがエラーし、エラーが発生すれば、聖霊のポールを超える。 True, the Douay Version seems to imply that the Parousia is at hand: "Then we who are alive, who are left, shall be taken up together with them in the clouds to meet Christ, into the air, and so shall we always be with the Lord" (1 Thessalonians 4:16). trueの場合、その意味するようにドウエー版は、 4 /は、手の届く所: "入力し、私たちは生きてwho 、 whoが残って、アップしなければならないと一緒に撮影して、雲の中にイエスキリストを満たし、空中に飛散し、わたしたちは常に主に" ( 1 thessalonians 4:16 ) 。 The Vulgate is no clearer: "Nos, qui vivimus, qui residui sumus" etc. (iv, 15-17).明確にはないの流布本: "私達は、ホームvivimus 、ホームresiduiデイリースムース"等( 4 、 15-17 ) 。 The original text solves the difficulty: hemeis oi zontes oi paraleipomenoi, ama syn autois arpagesometha.元のテキストの解決の難しさ: hemeis大井zontes大井paraleipomenoi 、白やautois arpagesomethaです。 Here the Hellenistic syntax parallels the Attic.ここでは類似の屋根裏部屋ヘレニズムの構文です。 The sentence is conditional.その文は、条件付きです。 The two participles present stand for two futures preceded by ei; the participles have the place of a protasis. 2つの分詞現在のスタンドの前に2つの先物ei ;の分詞は、開催地は、節です。 The translation is: "We, if we be alive -- if we be left -- [on earth], shall be taken up" etc. A similar construction is used by Paul in I Cor., xi, 29 (cf. Moulton "Grammar of New Testament Greek", Edinburgh, 1906, I, 230).翻訳は: "我々は、もし私たちが生きて-もし私たちが左- [地球上] 、取り上げしなければならない"など、同様の工事で使用されるポールは私コー。、西、 2 9日( c f .Mo ultonの"新約聖書ギリシャ語の文法" 、エジンバラ、 1906年、私、 230 ) 。 St. Paul is here no more definite about the time of the Parousia than he was in I Thess., v, 2, when he wrote "that the day of the Lord shall so come, as a thief in the night."聖パウロがここにないものであり、他の確定については、彼は私よりも4 / thess 。 、 V電源、 2 、ときに書いた"それは主の日に来るので、夜は、泥棒をしています。 " There is in St. Paul's eschatology the very same indefiniteness about the lime of the Parousia that there is in the eschatological sayings of Jesus as related in the Synoptics (Matthew 24:5-45; Mark 13:7-37; Luke 21:20-36).聖パウロの終末論には、同じ不定、非常に石灰を参照するには、 4 /ことわざがあるが、イエスキリストの終末論としては、関連したsynoptics (マタイ24:5-45 ;マーク13:7-37 ;ルーク21:20 -36 ) 。 "Of that day or hour no man knoweth, neither the angels in heaven, nor the Son, but the Father" (Mark 13:32). "その日や時間のない人は知っておられる、天国のどちらも、天使たちに、またの息子は、父親が、 " (マーク13:32 )です。 In the deposit of faith given by the Father to the Son, to be given by the Son to the Church, the time of the Parousia was not contained.は、預金の信仰を与えられたの息子の父親は、息子を与えられた教会を、 4 /は、特定の時間に含まれるのです。 We readily admit that St. Paul did not know the time of the Parousia; we cannot admit that he knew it wrong and wrote it wrong as the inspired Word of God and a part of the deposit of faith.私たちをあっさり認める聖パウロは知らなかったの時間は、 4 / ;私たちが彼を知っていたことを認めることはできないと書いたこと間違った言葉を間違ったとしてのインスピレーションを、神と信仰の預金部分です。

As for the further objection that the apocalyptic character of ii, 2-12, is post-Pauline and dependent upon so late a composition as the Apocalypse of John (AD 93-96) or, worse still upon the Nero redivivus story (Tacitus "Hist.", II, viii), we answer that this assertion is entirely gratuitous.また、より詳細な異議申立は、終末論的性格の2世、 2-12 、ポーリーンとは、ポストに依存する組成としてこんなに遅れたの黙示録ジョン(広告93〜96 )または、悪い時はNeroまだよみがえった物語(タキトゥス"履歴です。 " 、 2世、 viii )在庫は、私たちは全く根拠のない主張をして答えています。 St. Paul got his apocalyptic ideas from the very same source as John, that is either from revelation to himself or from the Old Testament or from tradition.セントポールたちは彼の絶望的なアイデアからの非常に同じソースとしてジョン、それは自分自身のいずれかからの啓示をまたはまたはから、旧約聖書の伝統からです。 Most of the details of his apocalyptic description of the Parousia are given in other apocalypses (1 John 2:18; Matthew 24:24; Luke 21:8; Mark 13:22; Deuteronomy 13:1-5; Ezekiel 38 and 39; Daniel 7, 8, 9, 11, 12 etc.).最近の彼の終末論的には、詳細の説明を与えられたのは、他の4 / apocalypses (ヨハネ2:18 ;マシュー24:24 ;ルーク21 : 08 ;マーク13:22 ;申命記13:1-5 ;エゼキエル38 〜 39 ;ダニエル7 、 8 、 9 、 11 、 12等)です。 The man of sin, Antichrist, Belial, the well-nigh complete triumph of evil just before the end of time, the almost general apostasy, the portents, and other items are features familiar to Old-Testament and New-Testament apocalyptic writings.その男の罪、反キリスト、徒は、十分に近付いて悪の完全な勝利の最後の時間の直前に、ほぼ一般的な背教は、徴、およびその他のアイテムは、機能を身近に古い遺言と新しい遺言黙示録的な作品を紹介します。

B. Canonicity b.規範

The canonicity of 2 Thessalonians has been treated together with that of 1 Thessalonians. 2 thessaloniansの規範と一緒に処理されて1 thessaloniansです。

C. Time and Place c.時間と場所

II Thessalonians was written at Corinth not long after I Thessalonians, for both Timothy and Silas are still with Paul (i, 1), and the silence of the Acts shows that, once Paul left Corinth, Silas was not again his companion in the ministry. 2コリントthessaloniansが書かをした後は長いテサロニケ、両方のティモシーやポールサイラスはまだ、 (私は、 1 ) 、との沈黙の行為によると、一度ポール左コリント、再び彼の仲間ではないサイラス省です。 There seem to be allusions in iii, 2, to the troublous stay of a year and a half at Corinth (Acts 18); in ii, 14, to the letter quite recently written to the Thessalonians; and in iii, 7-9, to the ministry of Paul among them as not long passed.三allusionsあるようだが、 2 、荒れ狂う滞在して1年半でコリント(行為18 ) ;の2世、 14日、ごく最近にして書かれた手紙をthessalonians ;と、 3 、 7-9 、このうち、省のポールではない長い渡されます。

D. Occasion d.機会

The eschatology of I Thessalonians had been misunderstood by the Thessalonians; they took it, the day of the Lord was at hand (ii, 2); they were overwrought by the exaggerations of some meddlers and perhaps by a forged letter which purported to have come from Paul (ii, 2; iii, 17).テサロニケの終末論の誤解を与えていたのthessalonians ;彼らは、その日の主は、手の届く所( 2 、 2 ) ;彼らは誇張された凝り過ぎたmeddlers 、おそらくいくつかの偽造されたという主旨の手紙が来るにはよりポール( 2 、 2 、 3 、 17 ) 。 Moreover the disorderly conduct of some (iii, 6, 11) gave the Apostle no little concern; this concern he showed by the letter.また、いくつかの風紀紊乱行為( 3 、 6 、 11 )は、使徒のほとんどの懸念;この懸念される彼の手紙を示しています。

E. Contents e.内容

The three chapters into which the letter is now divided, aptly analyze the thought.の3つの章では、手紙は、今すぐに分かれ、適切に分析し、考えています。 In the first chapter are a greeting, thanksgiving for the faith and love of the Thessalonians, and an assurance of Divine recompense to them and to their persecutors.第一章では、あいさつ、感謝祭は、信仰と愛をthessaloniansと、神の報酬を保証し、 persecutorsしています。 In the second chapter is the main thought of the letter -- the eschatology. 2番目の章では、手紙の主な思想-終末論です。 Certain signs are detailed which must precede the Parousia.特定の兆候は4 /詳細が先行する必要があります。 Until these signs appear, there is no reason for terror or taking leave of their senses.これらの兆候が表示されるまで、理由がないテロや休暇の感覚の問題です。 The third chapter is the usual Pauline request for prayers, a charge to avoid the disorderly, a truly Pauline allusion to the example he set them, and the final identification of the letter by a greeting written with his own hand.ポーリンの第3章では、通常の祈りのリクエストは、電荷の無秩序を避けるために、真にポーリーンの例の彼は言及して設定し、身分証明書の最後のあいさつに手紙を書いて自分自身の手です。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by Vernon Bremberg.ヴァーノンbremberg転写されています。 Dedicated to the Cloistered Dominican Nuns of the Monastery of the Infant Jesus, Lufkin, Texas The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.ドミニカ隠遁して専用の修道院の修道女は、イエスキリストの乳児ラフキン、テキサス州のは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

Of the Greek Fathers whose commentaries on I and II Thess.父親は、ギリシャ語のIとII thessに解説する。 have come down to us, ST.先に降りてくるが、セントです。 JOHN CHRYSOSTOM is by far the most scholarly; THEODORET is pithy and to the point.ジョンクリュソストモスは、これまでで最も学術; theodoretポイントは、的を射たとしています。 THEODORE OF MOPSUESTLA (about AD 415) forces the Apostle to his ideas.セオドアのmopsuestla (約広告415 )使徒を強制的に彼のアイデアです。 EUTHALIUS THE DEACON depends on THEODORE; ST.助祭に依存してeuthaliusのセオドア;セントです。 JOHN DAMASCENE on ST.セントジョンダマシンをします。 JOHN CHRYSOSTOM.ジョンクリュソストモスです。 Among the Latin Fathers AMBROSIASTER (about 730) at times errs in matters of faith; PRIMASIUS (about 556) collated the expositions of AMBROSIASTER, PELAGIUS, ST.父親の間のラテンambrosiaster (約730 )を倍の点でerrs信仰; primasius (約556 )の展示の照合ambrosiaster 、ペラギウス、セントです。 AUGUSTINE, and ST.アウグスティヌス、およびセントです。 JEROME.ジェロームです。 The great Catholic commentators of more recent time are: JUSTINIANI (Lyons, 1612), A LAPIDE (Antwerp, 1614), CAJETAN (Rome, 1529), SALMERÓN (Madrid, 1602), KISTEMAKER (Münster, 1822), McEVILLY (Dublin, 1875), BISPING (Münster, 1873), MAUNOURY (Paris, 1878), ROEHM (Passau, 1885), JOHANNES (Dillingen, 1898), PANEK (Ratisbon, 1886), PRAT, La théologie de Saint Paul (Paris, 1908), PICONIO (Pans, 1837), PERONNE (Paris, 1881), TOUSSAINT (Paris, 1910).コメンテーターの偉大なカトリック教徒の他の最近の時間は: justiniani (ライアンズ、 1612 )は、ラピデ(アントワープ、 1614 ) 、 cajetan (ローマ、 1529 ) 、 salmerón (マドリッド、 1602 ) 、 kistemaker (ミュンスター、 1822 ) 、 mcevilly (ダブリン、 1875 ) 、 bisping (ミュンスター、 1873 ) 、モーヌリー(パリ、 1878 ) 、 roehm (パッサウ、 1885 ) 、ヨハネス( dillingen 、 1898 ) 、 panek ( ratisbon 、 1886 ) 、プラット、ラthéologieデサンポール(パリ、 1908 ) 、 piconio (パン、 1837 ) 、ペロンヌ(パリ、 1881 ) 、トゥーサン(パリ、 1910 ) 。 The chief Protestant commentaries are those of LIGHTFOOT (Notes, 1895), DRUMMOND (1899), FINDLAY (1904), MILLIGAN (1908), SCHMIEDEL (1892), B. WEISS (1896).論評は、それらのプロテスタントの首席ライトフット(ノート、 1895 ) 、ドラモンド( 1899 ) 、フィンドレー( 1904 ) 、ミリガン( 1908 ) 、シュミーデル( 1892 ) 、 b.ワイス( 1896 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです