Epistle to Titusタイタスの信徒へ

General Information 総合情報

The Epistle to Titus, in the New Testament of the Bible, is one of the Pastoral Epistles (the others being the two Epistles to Timothy).タイタスの信徒への、聖書は、新約聖書のは、田園のいずれかの書簡(書簡を、他の2つのティモシーが) 。 It is addressed by Saint Paul to his companion Titus, who has been left in charge in Crete to correct errors and appoint church leaders.セントポールに取り組むべきことは彼のコンパニオンタイタス、 who左を担当してきたのエラーを修正すると、クレタ島の教会の指導者を任命します。 Titus is urged to promote sound doctrine, sober behavior, and appropriate submission to those in authority.タイタスは、健全な教義を促進するよう求めた、冷静に行動し、適切な権限を提出している。 Many scholars think that the epistle was written in AD 100 in Paul's name rather than by Paul himself, because of differences in language, teaching, and church structure.多くの学者と考えている広告の信徒は100で書かれてポールの名前のポールではなく、自分自身は、言語の違いのために、教育、および教会の構造です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Anthony J Saldariniアンソニー無しsaldarini

Bibliography 書誌事項
M Dibelius and H Conzelmann, The Pastoral Epistles (1972); PN Harrison, The Problem of the Pastoral Epistles (1921).ディベリウスとHコンツェルマンメートルの田園の書簡( 1972 ) ; PN研究ハリソンは、この問題は、牧師の書簡( 1921年) 。


Epistle to Titusタイタスの信徒へ

Brief Outline簡単な概要

  1. Church administration (1:1-16)教会の管理( 1:1-16 )
  2. Individual conduct (2:1-3:8)個々の行為( 2:1-3:8 )
  3. Personal advice (3:9-15)個人的な助言( 3:9-15 )


Epistle to Titusタイタスの信徒へ

Advanced Information 高度情報

The Epistle to Titus was probably written about the same time as the first epistle to Timothy, with which it has many affinities.タイタスの信徒への書き込みはおそらく同じくらいの時間での最初のテモテへの手紙で、それには多くのアフィニティです。 "Both letters were addressed to persons left by the writer to preside in their respective churches during his absence. Both letters are principally occupied in describing the qualifications to be sought for in those whom they should appoint to offices in the church; and the ingredients of this description are in both letters nearly the same. Timothy and Titus are likewise cautioned against the same prevailing corruptions, and in particular against the same misdirection of their cares and studies. "両方宛ての手紙が残された人の作家を主宰する彼が不在の中、それぞれの教会です。両方を記述する文字は主に占領さが求められるのではこれらの資格をかれらは、教会の事務所を任命すると、成分この説明書の両方に手紙はほぼ同じです。ティモシーと同じタイタスは、同様に反対する有力な不正に注意を呼び掛けて、特に反対するのと同じあて先間違いの苦労を勉強しています。

This affinity obtains not only in the subject of the letters, which from the similarity of situation in the persons to whom they were addressed might be expected to be somewhat alike, but extends in a great variety of instances to the phrases and expressions.この親和性を取得して、件名に特定の文字のみ、これより、類似の状況に対処する人を受けたやや似と予想されるかもしれないが、様々な拡張をするのフレーズや表現のインスタンスをします。 The writer accosts his two friends with the same salutation, and passes on to the business of his letter by the same transition (comp. 1 Tim. 1:2, 3 with Titus 1:4, 5; 1 Tim.1: 4 with Titus 1:13, 14; 3:9; 1 Tim. 4: 12 with Titus 2:7, 15)." Paley's Horce Paulince. The date of its composition may be concluded from the circumstance that it was written after Paul's visit to Crete (Titus 1:5). That visit could not be the one referred to in Acts 27:7, when Paul was on his voyage to Rome as a prisoner, and where he continued a prisoner for two year.その作家accosts彼の2つの友達と同じあいさつ、およびパスして、ビジネスの彼の手紙を、同じ遷移( comp. 1ティム。 1:2 、 3件のTitus 1:4 、 5 ; 1 tim.1 : 4件タイタス1:13 、 14 ;午前3時09分; 1ティムです。 4 : 12件タイタス2時07分、 15 ) 。 " horce paulinceペーリーのです。れた日付の組成年5月に締結してからの状況が書かポールへの訪問をした後クレタ島(タイタス1:5 ) 。ことではないことが1つの訪問が行為を27:7で参照されて、ポールは彼の航海にローマで捕虜として、ここで彼は継続すると囚人の2つの年です。

We may warrantably suppose that after his release Paul sailed from Rome into Asia and took Crete by the way, and that there he left Titus "to set in order the things that were wanting."彼のことがありますwarrantablyと仮定して発売した後ローマポール航海をアジアとはクレタ島からところで、彼は左のタイタスがあること"を設定するために欠けていたものです。 " Thence he went to Ephesus, where he left Timothy, and from Ephesus to Macedonia, where he wrote First Timothy, and thence to Nicopolis in Epirus, from which place he wrote to Titus, about AD 66 or 67.そこから彼はエフェソス、ここで彼は左のティモシー、エフェソスをマケドニアから、ここで書いた最初のティモシー、およびそこにエピラスnicopolisで、どの場所から彼に手紙をタイタス、約66または67の広告です。 In the subscription to the epistle it is said to have been written from "Nicopolis of Macedonia," but no such place is known.信徒は、購読して書かれたとされてから" nicopolisのマケドニアは、 "しかし、そのような場所は知られている。 The subscriptions to the epistles are of no authority, as they are not authentic.書簡のチャンネル登録をして、権限のないが、本物ではない。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Ti'tus ti'tus

Advanced Information 高度情報

Titus, honourable, was with Paul and Barnabas at Antioch, and accompanied them to the council at Jerusalem (Gal. 2: 1-3; Acts 15:2), although his name nowhere occurs in the Acts of the Apostles.タイタス、名誉、バルナバをアンティオキアは、ポールとし、評議会に同行してエルサレム(ガロン2 : 1-3 ;行為午前15時02分) 、どこが発生するものの、彼の名前は、使徒の行為です。 He appears to have been a Gentile, and to have been chiefly engaged in ministering to Gentiles; for Paul sternly refused to have him circumcised, inasmuch as in his case the cause of gospel liberty was at stake.彼が表示されたら、ジェンティーレされ、主に従事するとされministeringをgentiles ;のポール厳しく彼に自分の割礼を拒否して、同じ程度のように彼の福音書が原因で発生する場合は、自由が危機にひんしています。 We find him, at a later period, with Paul and Timothy at Ephesus, whence he was sent by Paul to Corinth for the purpose of getting the contributions of the church there in behalf of the poor saints at Jerusalem sent forward (2 Cor. 8:6; 12:18).私たち見つけるんだ、それ以降の期間は、ポールとティモシーはエフェソス、そこから送信された彼はポールをコリントの取得のために、教会の貢献を代表してそこに送られるエルサレム非常に悪い聖人に進む( 2コーです。 8 : 6 ; 12:18 )です。

He rejoined the apostle when he was in Macedonia, and cheered him with the tidings he brought from Corinth (7: 6-15).彼は復帰時に彼は、マケドニアの使徒、彼に、声援を送った彼からの便りコリント( 7 : 6-15 ) 。 After this his name is not mentioned till after Paul's first imprisonment, when we find him engaged in the organization of the church in Crete, where the apostle had left him for this purpose (Titus 1:5).この言及した後、彼の名前ではないポールの最初の懲役刑が終わるまで、彼に従事して探すときに私たちの組織は、クレタ島の教会で、使徒は、この目的のために彼は左(タイタス1:5 ) 。 The last notice of him is in 2 Tim.彼の最後の通知は、 2ティムです。 4:10, where we find him with Paul at Rome during his second imprisonment. 4:10 、彼に、そこに彼の2番目の懲役ポールはローマ中です。 From Rome he was sent into Dalmatia, no doubt on some important missionary errand.ダルマチアからローマに送られる彼は、宣教師に疑問をいくつかの重要な用事です。 We have no record of his death.彼の死の記録はない。 He is not mentioned in the Acts.彼の行為ではないに記載されています。


Epistles to Timothy and Titusティモシーとの書簡をタイタス

Catholic Information カトリックの情報

(THE PASTORALS STS. TIMOTHY AND TITUS ( pastoralsのSTSです。ティモシーとタイタス

Saints Timothy and Titus were two of the most beloved and trusted disciples of St. Paul, whom they accompanied in many of his journeys.聖者の2つのティモシーとタイタスが最も愛され、信頼のおける弟子の聖パウロは、かれらの多くは彼の旅に同行します。

Timothy is mentioned inティモシーに記載され

Acts, xvi, 1; xvii, 14, 15, 1; xviii, 5; xix, 22; xx, 4; Rom., xvi, 21; I Cor., iv, 17; II Cor., i, 1, 19; Phil., i, 1; ii, 19; Col., i, 1; I Thess., i, 1; iii, 2, 6; II Thess., i, 1; I Tim., i, 2, 18; vi, 20; II Tim., i, 2; Philem., i, 1; Heb., xiii, 23;行為、 16 、 1 ; 17 、 14 、 15 、 1 ; 18 、 5 、 19 、 22 ;イグゼクス、 4 ; ROMから起動します。 、 16 、 21 ;私コー。 、 4 、 17 ;二コー。 、私、 1 、 19 ;フィルします。 、私は、 1 ; 2世、 19 ; Col 。 、私は、 1 ;私thess 。 、私は、 1 ;三、 2 、 6 ;二thess 。 、私は、 1 ;私ティムです。 、私、 2 、 18 ;六、 20 ;二ティムです。 、私は、 2 ; philem 。 、私は、 1 ;なしで。 、 13 、 23 ;

and Titus inとタイタスで

II Cor., ii, 13; vii, 6, 13, 14; viii, 6, 16, 23; xii, 18; Gal., ii, 1, 3; II Tim., iv, 10; Tit., i, 4.二コー。 、 2世、 13 ;七、 6 、 13 、 14 ; viii 、 6 、 16 、 23 、 12 、 18 ;ギャル。 、 2世、 1 、 3 ;二ティムです。 、 4 、 10 ;駿馬がいるところ。 、私は、 4 。

St. Timothy has been regarded by some as the "angel of the church of Ephesus", Apoc., ii, 1-17.聖ティモシーされてきたいくつかの考えとして、 "天使のエフェソスの教会" 、 apocです。 、 2世、 1-17 。 According to the ancient Roman martyrology he died Bishop of Ephesus.殉教史によると、古代ローマのエフェソス司教彼が死亡した。 The Bollandists (24 Jan.) give two lives of St. Timothy, one ascribed to Polycrates (an early Bishop of Ephesus, and a contemporary of St. Irenæus) and the other by Metaphrastes, which is merely an expansion of the former.のbollandists ( 1月24日)の命を与える2つの聖ティモシー、 1つの生得的にpolycrates (司教の早期エフェソス、および、現代の聖irenæus )とされ、他のmetaphrastes 、これは単なる前者の拡大をします。 The first states that during the Neronian persecution St. John arrived at Ephesus, where he lived with St. Timothy until he was exiled to Patmos under Domitian.その中の最初の州に到着、残忍な迫害の聖ヨハネエフェソス、どこに住んで彼は聖ティモシーパトモス島までに亡命中の彼はドミティアヌスされています。 Timothy, who was unmarried, continued Bishop of Ephesus until, when he was over eighty years of age, he was mortally beaten by the pagans.ティモシー、 whoは、未婚、エフェソス司教まで続き、ときに彼は80歳以上、彼は致命的に暴行された多神教徒です。 According to early tradition Titus continued after St. Paul's death as Archbishop of Crete, and died there when he was over ninety.タイタスによると、早期の伝統として継続した後大司教聖パウロの死のクレタ島、および死亡した以上あるとき彼は90です。

EPISTLES TO TIMOTHY AND TITUS - AUTHENTICITYティモシーとの書簡をタイタス-真正

I. Internal Evidence i.内部の証拠

The remainder of this article will be devoted to the important question of authenticity, which would really require a volume for discussion.この記事の残りの部分は、重要な問題の真正性をテーマに、これは実際に議論を必要とするの音量をします。 Catholics know from the universal tradition and infallible teaching of the Church that these Epistles are inspired, and from this follows their Pauline authorship as they all claim to have been written by the Apostle.カトリック教徒知ってからの普遍的伝統と教会の絶対確実な教育のインスピレーションは、これらの書簡は、次のように、ポーリーンから原作者として、この主張を彼らのすべての使徒が書かれたのです。 There was no real doubt on this question until the beginning of the nineteenth century; but since that time they have been most bitterly attacked by German and other writers.真の疑いはないこの質問には、 19世紀の初めまで;しかし、彼らはその時以来最も激しく攻撃を受けてドイツ語や他の作家です。 Their objections are principally based on internal evidence and the alleged difficulty of finding a place for them in the lifetime of St. Paul.彼らは主として異議の申し立てに基づいて内部の証拠との場所を見つけることの難しさの寿命は、聖パウロです。

A. Objection from the absence of Pauline vocabulary a.ポーリーン語彙の欠如からの異議申立

Moffatt, a representative writer of this school, writes (Ency. Bib., IV): "Favourite Pauline phrases and words are totally wanting. . . . The extent and significance of this change in vocabulary cannot adequately be explained even when one assigns the fullest possible weight to such factors as change of amanuensis, situation or topic, lapse of time, literary fertility, or senile weakness."モファット、この学校の代表作家、書き込み( ency.よだれ掛け。 、 4 ) : "好きなフレーズや単語は完全に欠けポーリーン。 。 。 。 。 。 。 。の範囲や語彙の意義は、次の変化を十分に説明することはできませんたとえ1つ割り当てます。このような要因として最大限の可能性の重量変化を筆記、状況やトピック、時間を経過した、文学の不妊治療か、または老衰です。 " Let us examine this writer's list of favourite Pauline words of the absence of which so very much is made:この作家のご連絡のリストを調べるの言葉を好きなポーリンの不在が行われるのには大変感謝:

Adikos (unjust). adikos (不当な) 。 - This is found in Rom., iii, 5; I Cor., vi, 1, 9, but not in any of the other Pauline epistles, admitted to be genuine by this writer. -これは、 R OMとの互換性が見つかりました。 、 3 、 5 ;私コー。 、六、 1 、 9日、のいずれかではなく、他のパウロの書簡は、正規の入学を許可されるこの作家です。 If its absence be fatal to the Pastorals, why not also to I and II Thess., II Cor., Gal., Philip., Col., and Philem.?不在の場合は致命的であることをpastorals 、なぜIとII thessにもない。 、二コー。 、ギャル。 、フィリップします。 、 Col 。 、およびphilemことはできますか? Moreover, the noun adikia is found in the Pastorals, II Tim., ii, 19.また、名詞のadikiaが発見されたpastorals 、ティム2世、 2世、 19 。

Akatharsia (uncleanness) does not occur in First Corinthians, Philippians, Second Thessalonians and Philemon. akatharsia ( uncleanness )最初のコリンチャンスは発生しませんが、ピリピ人への手紙、 2番目thessaloniansとフィレモンです。 If that does not tell against these Epistles why is it quoted against the Pastorals?反対されていない場合、これらの書簡に伝える弊社のはなぜ反対することは引用符でpastoralsですか?

Ouiothesia (adoption). ouiothesia (養子縁組) 。 - This word is three times in Romans, once in Galatians, but it does not occur at all in First and Second Corinthians, First and Second Thessalonians, Philippians, Colossians and Philemon. -この言葉は、 3回ローマ人への手紙、ガラテヤ人への手紙一度、それは発生しませんが最初と2番目のすべてのコリンチャンスで、最初と2番目t hessalonians、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙とフィレモンです。 Why its omission should be used against the Pastorals is not easy to understand.なぜ反対するのに使われる不作為はpastoralsを理解するは容易ではない。

Patre hemon (Our Father). patreエモン(私たちの父)です。 - Two expressions, God "our Father" and God "the Father" are found in St. Paul's Epistles. -2つの表現を、神様"私たちの父"と神"の父"聖パウロの書簡が見つかりました。 The former is frequent in his earlier Epistles, viz., seven times in Thess., while the latter expression is not used.前者は頻繁に彼の以前の書簡、 viz 。 、 7回にthess 。 、後者使われる表現ではない。 But in Romans "God our Father" appears but once, and "the Father" once.しかし、ローマ人への手紙"神たちの父"と表示さしかし、一度、および"の父"一度です。 In I Cor.うわっ、私です。 we read God "our Father" once, and "the Father" twice; and the same has to be said of II Cor.私たちの神を読む"私たちの父"一度、および"その子の父親"の2倍;と同じによるとされるのは二コーです。 In Gal.でギャルです。 we have "our Father" once and "the Father" three times.私たちは"私たちの父"一度、 "その子の父親" 3回クリックします。 In Phil.でフィルします。 the former occurs twice and the latter once; in Col. the former only once, and the latter three times. 2回の元が発生し、後者一度;は一度だけCol 。前者と後者の3回クリックします。 "The Father" occurs once in each of the Pastoral Epistles, and from the above it is evident that it is just as characteristic of St. Paul as "our Father", which is found but once in each of the Epistles to the Romans, I and II Cor., Gal., and Col., and it would be absurd to conclude from this that all the remaining chapters were spurious. "その子の父親"が発生するごとに一度の牧歌的書簡、およびより、上記のことは自明であることが特徴であるセントポールと同じように"我々の父" 、これが見つかったしかし、一度にそれぞれの書簡をローマ人への手紙、 IとIIコー。 、ギャル。 、およびCol 。 、およびことが不合理な結論を言えば、このことから、残りのすべての章がスプリアスです。 Diatheke (covenant) occurs twice in Rom., once in I Cor., twice in II Cor., thrice in Gal., and not at all in I and II Thess., Phil., Col., and Philem., admitted to be genuine by Moffatt. diatheke (約束)を2回ROMとの互換性が発生します。 、一度に私コー、コー2世の2倍にします。 、ギャル3倍にします。 、および特定のすべてのIとII thess 。 、フィル。 、 Col 。 、およびphilem 。 、入学を許可モファットは、正規のされています。

Apokalyptein (reveal), a word not found in 2 Corinthians, 1 Thessalonians, Colossians, and Philemon, and only once in Philippians. apokalyptein (明らか)は、言葉が見つかりません2コリンチャンス、 1 thessalonians 、コロサイ人への手紙、およびピレモンへの手紙、ピリピ人への手紙と一度だけです。

Eleutheros (free), is not in I and II Thess., II Cor., Phil., and Philem., so it is no test of Pauline authorship. eleutheros (無料)ではないがIとII thess 。 、二コー。 、フィル。 、およびphilemです。ため、テストのポーリン原作者ではない。 Its compounds are not met in I and II Thess., Phil., Col., or Philem., and, with the exception of Gal., in the others sparingly.その化合物が満たされないならば、 IとII thess 。 、フィル。 、 Col 。 、またはphilem 。 、および、ギャルを除いて、他は、控えめにします。

Energein (to be operative) is seen but once in each of Rom., Phil., Col., I and II Thess.; and no one would conclude from its absence from the remaining portions of these Epistles, which are longer than the Pastorals, that they were not written by St. Paul. energein (手術される)が見られるしかし、一度にそれぞれのROMから起動します。 、フィル。 、 Col 。 、 IとII thess 。 ;と結論から誰も欠席し、残りの部分から、これらの書簡には、より長いpastorals 、かれらが書かれた聖パウロです。

Katergazesthai (perform), though several times in Rom. katergazesthai (実行) 、何回かにかかわらずROMから起動します。 and II Cor., and once in I Cor.うわっ、およびii 。 、および一度、私コーです。 and in Phil.と、フィルです。 is wanting in I and II Thess., Gal., Col., and Philem., which are genuine without it. thessはIとIIに欠けている。 、ギャル。 、 Col 。 、およびphilem 。 、これが正規品にしてください。

Kauchasthai (boast), only once in Philippians and in 2 Thessalonians, and not at all in 1 Thessalonians, Colossians, and Philemon. kauchasthai (自慢) 、ピリピ人への手紙と一度だけで2 thessalonians 、および特定のすべてを1 thessalonians 、コロサイ人への手紙、およびピレモンです。

Moria (folly) is five times in 1 Corinthians, and nowhere else in St. Paul's Epistles.モリア(愚行)は、 5回に1コリンチャンス、および他のどこ聖パウロの書簡です。

But we need not weary the reader by going through the entire list.しかし、私たちにうんざりしてAcrobat Readerの必要はないの全リストを通過します。 We have carefully examined every word with the like results.私たちはすべての単語を慎重に検討するような結果です。 With perhaps a single exception, every word is absent from several of St. Paul's genuine Epistles, and the exceptional word occurs but once in some of them.かもしれないが、 1つの例外を除いて、すべての単語が存在しないから、いくつかの聖パウロの正規の書簡、および、例外が発生しかし、一度にいくつかの単語です。 The examination shows that this list does not afford the slightest argument against the Pastorals, and that St. Paul wrote a great deal without using such words.このリストの審査によると、ほんの少しの余裕はありません反対する引数pastoralsており、その聖パウロ書いたような言葉を使用せずに大いにします。 The compilation of such lists is likely to leave an erroneous impression on the mind of the unguarded reader.このようなリストをコンパイル誤った印象を残す性が高いの心の中に、無防備なリーダーです。 By a similar process, with the aid of a concordance, it could be proved that every Epistle of St. Paul has an appearance of spuriousness.され、同様のプロセスで、調和の助けを借りて、それがすべての信徒が立証されたのは、聖パウロの外観spuriousnessです。 It could be shown that Galatians, for instance, does not contain many words that are found in some of the other Epistles.ガラテヤ人への手紙が示されていること、例えば、多くの単語が含まれていませんが、他のいくつかの書簡が見つかりました。 A method of reasoning which leads to such erroneous conclusions should be discredited; and when writers make very positive statements on the strength of such misleading lists in order to get rid of whole books of Scripture, their other assertions should not be readily taken for granted.論法をリードするような誤った結論を信用すべきであるとの報告をするときに非常に肯定的作家にこのような誤解を招くリストの強さを得るために全体を処分する書籍の啓典、彼らの他のアサーションを容易に当たり前のことはできません。

B. Objection from the use of particles b.使用の粒子からの異議申立

Certain particles and prepositions are wanting.特定の粒子や前置詞が欠けています。 Jülicher in his "Introd. to the New Test.", p.彼のjülicher " Introd学です。新しいテストをします。 " 、 p. 181, writes: "The fact that brings conviction [against the Pastorals] is that many words which were indispensable to Paul are absent from the Pastoral Epistles, eg ara, dio, dioti." 181 、書いています: "という事実をもたらすの有罪判決[反対するpastorals ]は、多くの言葉が欠かせないポールが欠席の牧歌的書簡、例えば多惠子、ディオ、 dioti 。 " But, as Jacquier points out, nothing can be concluded from the absence of particles, because St. Paul's employment of them is not uniform, and several of them are not found in his unquestioned Epistles.しかし、 jacquier指摘するように、何をやっても結論が不在の粒子から、聖パウロの雇用のために制服ではない、とのいくつかは疑問の余地のないことは、彼の書簡が見つかりませんでした。 Dr. Headlam, an Anglican writer, pointed out in a paper read at the Church Congress, in 1904, that ara occurs twenty-six times in the four Epistles of the second group, only three times in all the others, but not at all in Col., Phil., or Philem. headlam博士は、英国の作家、指摘されたように、紙を読んでは教会の議会は、 1904年、その26倍に多惠子が発生したの4つの書簡の2番目のグループは、他のすべての3回のみ、しかし、まったくでCol 。 、フィル。 、またはphilemです。 Dio occurs eighteen times in Rom., Gal.ディオ18倍にROMとの互換性が発生します。 、ギャルです。 and Cor., but not at all in Col. or II Thess.とコー。 、しかし、全然または2世のすべてのCol 。 thessです。 The word disti does not occur in II Thess., II Cor., Eph., Col., or Philem.という言葉では発生しません。 disti 2世thess 。 、二コー。 、 eph 。 、 Col 。 、またはphilemです。 We find that epeita does not appear at all in Rom., II Cor., Phil., Col., II Thess., and Philem., nor eti in I Thess., Col., and Philem. epeitaが表示されないことが判明したROMとの互換性が全く行われています。 、二コー。 、フィル。 、 Col 。 、二thess 。 、およびphilem 。 、また、私thessエティ。 、 Col 。 、およびphilemです。 It is unnecessary to go through the entire catalogue usually given by opponents, for the same phenomenon is discovered throughout.不必要なことは全体のカタログを通らなけれ通常与えられた反対派は、同じ現象が発見さです。 Particles were required in the argumentative portions of St. Paul's Epistles, but they are used very sparingly in the practical parts, which resemble the Pastorals.粒子が必要とされる聖パウロの書簡の部分を議論をふっかけているが、彼らは非常に控えめには、実用的な使用される部品、 pastoralsに似ています。 Their employment, too, depended greatly on the character of the amanuensis.彼らの雇用は、あまりにも、その文字の上に大きく依存するの筆記です。

C. Objection from Hapax Legomena c.異議申立よりhapax legomenonの複数形

The great objection to the Pastorals is the admittedly large number of hapax legomena found in them.偉大な異議申立をpastoralsは、確かに数多くのhapax legomenonの複数発見さです。 Workman (Expository Times, VII, 418) taking the term "hapax legomenon" to mean any word used in a particular Epistle and not again occurring in the New Testament, found from Grimm-Thayer's "Lexicon" the following numbers of hapax legomena: Rom.職人(解説倍、 7 、 418 )撮影という用語は"使用例が一つしか"を意味する任意の単語で使用され、特定の信徒ではなく新約聖書再び起こっているか、が見つかりましたよりグリム-セイヤーの"辞書"は、次の数のhapax legomenonの複数形: ROMとの互換性です。 113, I Cor. 113 、私コーです。 110, II Cor. 110 、二コーです。 99, Gal. 99 、ギャルです。 34, Eph. 、 34 、 eph 。 43 Phil. 43フィルです。 41, Col. 38, I Thess. 41 、 Col 。 38 、私thessです。 23, II Thess. 23日、 2世thessです。 11, Philem. 11日、 philemです。 5, i Tim. 5 、私ティムです。 82, II Tim. 82 、 2世ティムです。 53, Titus 33. 53 、ティトゥス33 。 The numbers have to he somewhat reduced as they contain words from variant readings.彼はやや減少の数字としては彼らの言葉からその他の測定値が含まれています。 These figures would suggest to most people, as they did to Dean Farrar, that the number of peculiar words in the Pastorals does not call for any special explanation.これらの数字は提案のほとんどの人々と同じようにディーンファーラー、その奇妙な言葉の数をpastoralsはありませんが、何か特別な説明を求める。 Mr. Workman, however, thinks that for scientific purposes the proportionate length of the Epistles should he taken into account.ミスター職人、しかし、科学的な目的のため、比例と考えているの書簡は、彼の長さを考慮する。 He calculated the average number of hapax legomena occurring on a page of Westcott and Hort's text with the following results: II Thessalonians 3-6, Philemon 4, Galatians 4.1, I Thessalonians 4.2, Romans 4.3, I Corinthians 4.6, Ephesians 4.9, II Corinthians 6.10, Colossians 6-3, Philippians 6-8, II Timothy 11, Titus and I Timothy 13.彼の平均数を計算するhapax legomenonの複数のページに発生してウェストコットとホートのテキストは、次の結果: 2世thessalonians 3-6 、ピレモン4 、ガラテヤ人への手紙4.1 、テサロニケ4.2 、ローマ人への手紙4.3 、コリント人へ4.6 、エペソ人への手紙4.9 、 2世コリンチャンス6.10 、コロサイ人への手紙6-3 、ピリピ人への手紙6-8 、 2世ティモシー11日、ティトゥスと私のティモシー13 。 The proportion of hapax legomena in the Pastorals is large, but when compared with Phil., it is not larger than that between II Cor, and II Thess. hapax legomenonの複数の割合は、 pastoralsが大きいため、しかし、フィルと比べるとします。 、それよりも大きいことではないコーの間に2世と2世thessです。 It has to be noted that these increase in the order of time.これらに注意してこれを増加させるための時間です。 Workman gives a two-fold explanation.職人2倍に説明します。 First, a writer as he advances in life uses more strange words and involved constructions, as is seen on comparing Carlyle's "Latter-Day Pamphlets" and his "Heroes and Hero-Worship".第一に、彼は作家としての生活の進歩では、建設関係の他の奇妙な言葉や、カーライルの比較には見られる"後者の日のパンフレット"と彼の"英雄と英雄崇拝"です。 Secondly, the number of unusual words in any author is a variable quantity.第二に、任意の数の異常な言葉を著者は、変数の量です。 He has found the average number of hapax legomena per page of Irving's one-volume edition of Shakespeare's plays to be as follows: "Love's Labour Lost" 7.6, "Comedy of Errors" 4.5, "Two Gentlemen of Verona" 3.4, "Romeo and Juliet" 5.7, "Henry VI, pt. 3" 3.5, "Taming of the Shrew" 5.1, "Midsummer Night's Dream" 6.8, "Richard II" 4.6, "Richard III" 4.4, "King John" 5.4, "Merchant of Venice" 5.6, "Henry IV, pt. I" 9.3, "pt. II" 8, "Henry V" 8.3, "Merry Wives of Windsor" 6.9, "Much Ado About Nothing" 4.7, "As You Like It" 6.4, "Twelfth Night" 7.5, "All's Well" 6.9, "Julius Cæsar" 3.4, "Measure for Measure" 7, "Troilus and Cressida" 10.1, "Macbeth" 9.7, "Othello" 7.3, "Anthony and Cleopatra" 7.4, "Coriolanus" 6.8, "King Lear" 9.7, "Timon" 6.2, "Cymbeline" 6.7, "The Tempest" 9.3, "Titus Andronicus" 4.9, "Winter's Tale" 8, "Hamlet" 10.4, "Henry VIII" 4.3, "Pericles" 5.2.彼は見つかりましたhapax legomenonの複数の平均数を1ページのアーヴィングの1つのボリューム版のシェイクスピアの戯曲を以下のとおり: "愛の労働失われた" 7.6 、 "コメディーのエラーを" 4.5 、 "二人の紳士のヴェローナ" 3.4 、 "ロミオとジュリエット" 5.7 、 "ヘンリー六世pt 。 3 " 3.5 、 "じゃじゃ馬なら" 5.1 、 "真夏の夜の夢" 6.8 、 "リチャード二世" 4.6 、 "リチャード三世" 4.4 、 "キングジョン" 5.4 、 "商人ベニス" 5.6 、 "ヘンリー四世、 pt 。 i "の9.3 、 " pt 。 II "を8日、 "ヘンリー五世" 8.3 、 "陽気な妻のウィンザー" 6.9 、 "空騒ぎ" 4.7 、 "お気に召すまま" 6.4 、 "十二夜" 7.5 、 "すべての井戸" 6.9 、 "ジュリアスcæsar " 3.4 、 "尺には尺を" 7日、 "トロイラスとクレシダ" 10.1 、 "マクベス" 9.7 、 "オセロ" 7.3 、 "アンソニーとクレオパトラ" 7.4 、 "コリオレーナス" 6.8 、 "ゴダールのリア王" 9.7 、 "タイモン" 6.2 、 "シンベリン" 6.7 、 "ザテンペスト" 9.3 、 "タイタスアンドロニカス" 4.9 、 "冬の物語" 8日、 "ハムレット" 10.4 、 "ヘンリー8世" 4.3 、 "ペリクレス" 5.2 。 For a similar argument on Dante see Butler's "Paradise", XI.ダンテを参照し、同様の引数を執事の"パラダイス" 、西です。 The totals of hapax legomena for some of the plays are: "Julius Cæsar" 93, "Comedy of Errors" 88, "Macbeth" 245, "Othello" 264, "King Lear" 358, "Cymbeline" 252, "Hamlet" 426, "The Merchant of Venice" 148.の合計のhapax legomenonの複数のいくつかのプレーは: "ジュリアスcæsar " 93 、 "コメディーのエラーを" 88 、 "マクベス" 245 、 "オセロ" 264 、 "ゴダールのリア王" 358 、 "シンベリン" 252 、 "ハムレット" 426は、 "ベニスの商人" 148 。 This scrutiny of the words peculiar to each play throws light on another difficulty in the Pastorals, viz, the recurrence of such expressions as "a faithful saying", "sound words", etc. "Moon-calf" occurs five times in "The Tempest", and nowhere else; "pulpit" six times in one scene of "Julius Cæsar" and never elsewhere; "hovel" five times in "King Lear"; "mountaineer" four times in "Cymbeline", etc. Compare, "God forbid", me genoito of Gal., Rom., once in I Cor.この検査は、各プレイの言葉に特有の例外に光を別の難しさ、 pastorals 、 vizは、このような表現としての再発を"と言っ忠実な" 、 "健全な言葉"などの"ムーン-ふくらはぎの"が発生した5回で"テンペスト" 、および他のどこ; "説教壇" 6回に1つのシーンの"ジュリアスcæsar "と決して他; "物置"の5倍に"ゴダールのリア王" ; "登山" 4回"シンベリン"などと比較、 "神を禁じる" 、私genoitoのギャル。 、 ROMから起動します。 、一度に私コーです。 - not in the other Epistles of St. Paul. -特定の聖パウロの書簡は、他のです。 "Sound words" was used by Philo before St. Paul, in whom it may be due to intercourse with St. Luke. "健全な言葉"が使用されてフィロ前に聖パウロは、誰のためにと交際するかもしれない聖ルカです。 (See Plumptre's list of words common to St. Luke and St. Paul, quoted in Farrar's "St. Paul", I, 481.) Mr. Workman has overlooked one point in his very useful article. (単語のリストを参照しプランプトリの聖ルカと共通してセントポール、引用さファーラーの"聖パウロ" 、私は、 481 。 )ミスター職人が1つのポイントを見過ごし彼の記事は非常に有用です。 The hapax legomena are not evenly distributed over the Epistles; they occur in groups. hapax legomenonの複数形はないの均等に分布しているの書簡;彼らのグループが発生します。 Thus, more than half of those in Col. are found in the second chapter, where a new subject is dealt with (see Abbott, "Crit. . . . Comment. on Ep. to the Ephes. and to the Coloss." in "Internat. Crit. Comment.").したがって、対象者の半数以上が発見さCol 。は2番目の章では、どこに新しい件名を扱っては(アボット、 "批評。 。 。 。 。 。 。 。コメントは得られなかった。上epです。 ephesしています。 colossとしています。 " " internat 。批評です。コメントは得られなかった。 " ) 。 This is as high a proportion as in any chapter of the Pastorals.これは、できるだけ高い割合のように、任意の章を、 pastoralsです。 Something similar is observable in II Cor., Thess., etc. Over sixty out of the seventy-five hapax legomena in I Tim.コー2世が見られないようです。 、 thess 。 、等60以上の75 hapax legomenonの複数形で私ティムです。 occur in forty-four verses, where the words, for the most part, naturally arise out of the new subjects treated of.発生する44の詩は、どこの言葉を、ほとんどの部分は、自然に発生する、新しい科目扱われるのです。 The remaining two-thirds of the Epistle have as few hapax legomena as any other portion of St. Paul's writings. 、残りの3分の2以上の信徒がhapax legomenonの複数形としていくつかの他の部分の聖パウロの作品を紹介します。 Compounds of phil-, oiko-, didask-, often objected to, are also found in his other Epistles.化合物のフィル- 、 oiko - 、 didask - 、頻繁に反対して、他にも彼の書簡が見つかりました。

The "Authorship of the Pastoral Epistles" was discussed in "The Church Quarterly" in October, 1906, and January, 1907. "原作者は、牧歌的書簡"が議論され、 "教会の季刊"昨年10月、 1906年、および1月、 1907 。 In the first the writer pointed out that the anti-Pauline hypothesis presented more difficulties than the Pauline; and in the second he made a detailed examination of the hapax legomena.その作家の最初の反ポーリーン指摘されて仮説を提示するよりももっと困難ポーリーン;と2番目の彼はhapax legomenonの複数の詳細な検査をします。 Seventy-three of these are found in the Septuagint, of which St. Paul was a diligent student, and any of them might just as well have been used by him as by an imitator. 73セプトゥアギンタ発見されたこれらのは、そのうち聖パウロは、勤勉な学生、およびそれらの任意のものが使用されてちょうどよいかもしれないとして彼にされたのまねをされています。 Ten of the remainder are suggested by Septuagint words, eg anexikakos II Tim., ii, 24, anexikakia Wisd., ii, 9; antithesis I Tim., vi, 20, antithetos Job, xxxii, 3; authentein I Tim., ii, 12, authentes Wisd., xii, 6; genealogia I Tim., i, 4, Tit., iii, 9; geneealogein I Par., v, 1; paroinos I Tim., iii, 3, Tit., i, 7, paroinein Is., xli, 12, etc. Twenty-eight of the words now left are found in the classics, and thirteen more in Aristotle and Polybius. 10セプトゥアギンタによって提案されたが、残りの言葉は、例えば、ティムanexikakos 2世、 2世、 24日、 anexikakia wisdです。 、 2世、 9 ;アンチテーゼ私ティムです。 、 6 、 20 、 antithetos仕事、 32 、 3 ; authentein私ティムです。 、 2世、 12 、 authentes wisdです。 、 12 、 6 ; genealogia私ティムです。 、私、 4 、駿馬がいるところ。 、 3 、 9 ; geneealogein私パーです。 、 V電源、 1 ; paroinos私ティムです。 、 3世、 3 、駿馬がいるところ。 、私は、 7日、 paroineinです。 、 41 、 12 、 28などの単語を今すぐ左には発見されたクラシック、および13の他のアリストテレスとポリビウスです。 Strabo, born in 66 BC, enables us to eliminate graodes.ストラボン、紀元前生まれ、 66 、 graodes有効に問い合わせを排除するためです。 All these words formed part of the Greek language current up to St. Paul's time and as well known to him as to anybody at the end of the first century.これらの言葉のすべての部分に形成さまで、ギリシャの言語現在の聖パウロの時間ととしてよく知られて彼を誰としての最初の世紀の終わりにします。 Any word used by an author contemporary with St. Paul may reasonably be supposed to have been as well known to himself as to a subsequent imitator.任意の単語を使用される著者現代の聖パウロ年5月合理的にしなければならないとしても自分自身としてよく知られて後続の模倣しています。 In this way we may deduct eight of the remaining words, which are common to the Pastorals and Philo, an elder contemporary of St. Paul.このように差し引くことがありますが、残りの8つの単語には共通して、 pastoralsとフィロは、現代の長老の聖パウロです。 In dealing with the fifty remaining words we must recall the obvious fact that a new subject requires a new vocabulary.残りの50の言葉に対処しなければならないことを明白な事実を想起させる新たなアジ研には、新しい語彙です。 If this be neglected, it would be easy to prove that Plato did not write the Timæus.このようなことに放置された場合、簡単なことを証明することがプラトンを書いてtimæusしなかった。 Organization and the conduct of practical life, etc., cannot be dealt with in the same words in which points of doctrine are discussed.組織とするための実用的な生活を行うなど、対処することはできませんが、同じ言葉ではポイントの教義について議論する。 This fairly accounts for eight words, such as xenodochein, oikodespotein, teknogonein, philandros, heterodidaskalein, etc., used by the author.このかなりのアカウントを8つの言葉のようなxenodochein 、 oikodespotein 、 teknogonein 、 philandros 、 heterodidaskalein等で使用され、著者です。 His detestation of the errorists doubtless called forth kenophonia, logomachein, logomachia, metaiologia, metaiologos, several of which were probably coined for the occasion.彼の嫌悪を記載errorists疑いkenophoniaと呼ばれる、 logomachein 、 logomachia 、 metaiologia 、 metaiologos 、いくつかのが、おそらくその時のために作り出した。 The element of pure chance in language accounts for "parchments", "cloak", and "stomach": he had no occasion to speak about such things previously, nor of a pagan "prophet".言語の要素を、純粋なチャンスでのアカウントを" parchments " 、 "クローク" 、および"胃" :彼は全く話す機会を利用して、以前は次のようなものを、また、異教の"預言者"です。 Seven of the remaining words are dealt with on the modest principle that words formed from composition or derivation from admittedly Pauline words may more reasonably be supposed to come from St. Paul himself than from a purely hypothetical imitator, eg airetikos, adj., Tit., iii, 10; airesis, I Cor., xi, 19; Gal., v, 20; dioktes, I Tim., i, 13; diokein, Rom., xii, 14, etc.; episoreuein, II Tim., iv, 3; soreuein epi Rom., xii, 20; LXX, etc. Five other words are derived from Biblical words and would as easily have occurred to St. Paul as to a later writer.言葉は、残りの7つの対処の単語を検索するに形成さ控えめな原則を認めざるを得ないことだからポーリン組成や言葉から導出年5月に来るはずの他にリーズナブルに聖パウロ自身から、純粋に仮想的な模倣よりも、例えばairetikos 、調整します。 、駿馬がいるところ。 、 3世、 10 ; airesis 、私コー。 、西、 19 ;ギャル。 、 V電源、 20 ; dioktes 、私ティムです。 、私は、 13 ; diokein 、 ROMから起動します。 、 12 、 14 、等; episoreuein 、 2世ティムです。 、 4世、 3 ; soreueinエピROMから起動します。 、 12 、 20 、 70 、等から派生した5つの他の言葉は聖書の言葉とは同じように簡単に聖パウロが発生したことへの作家として参照して下さい。 The remaining words, about twenty, are disposed of separately.の残りの言葉を、約20は、個別に処分します。

Epiphaneia instead of parousia, for the second coming of Christ, is not against the Pastorals, because St. Paul's usage in this matter is not uniform. 4 / epiphaneiaの代わりに、イエスキリストの再臨のではないpastorals反対するため、聖パウロの利用のためにこの問題ではない制服です。 We have he memera kyriou in I Thess., v, 2, 1 Cor., i, 8, v, 5; he apokalypsis in II Thess., i, 17; and he epiphaneia tes parousias autou in II Thess., ii, 8.私たちは彼をmemera kyriou私thess 。 、 V電源、 2 、 1コー。 、私は、 8日、 V電源、 5 ;彼は2世apokalypsisでthess 。 、私は、 17 ;と彼epiphaneia試験parousias autouでthess 2世、 2世、 8 。 Lilley ("Pastoral Epistles", Edinburgh, 1901, p. 48) states that out of the 897 words contained in the Pastorals 726 are common to them and the other books of the New Testament, and two-thirds of the entire vocabulary are found in the other Epistles of St. Paul; and this is the proportion of common words found in Galatians and Romans.リリー( "牧歌の書簡" 、エジンバラ、 1901 、 p. 48 )は、 897の言葉ではアウトに含まれているし、 pastorals 726アール共通して、他の書籍は、新約聖書、および全体の3分の2は語彙が見つかりましたは、他の書簡の聖パウロ、およびこれは、共通の単語の割合を、ガラテヤ人への手紙とローマ人への手紙が見つかりました。 The same writer, in his complete list of 171 hapax legomena in the Pastorals, points out that 113 of these are classical words, that is, belonging to the vocabulary of one well acquainted with Greek; and it is not surprising that so many are found in these Epistles which were addressed to two disciples well educated in the Greek language.同じ作家、彼の完全なリストについては、 171 hapax legomenonの複数pastorals 、 113指摘して、これらの言葉は、古典的、つまり、 1つに属して、よく知り合いにギリシャ語の語彙を、これは非常に多くが発見さは驚くにはあたらないこれらの2つの弟子宛ての書簡が、ギリシャの言語教育をよくします。 Another point much insisted upon by objectors is a certain limited literary or verbal affinity connecting the Pastorals with Luke and Acts and therefore, it is asserted, pointing to a late date.別の点を主張するくらい兵役拒否者は、特定の限定され文学や言葉の親和性に接続するとルークとpastorals行為としたがって、主張することは、以降の日付を指しています。 But in reality this connexion is in their favour, as there is a strong tendency of modern criticism to acknowledge the Lucan authorship of these two books, and Harnack has written two volumes to prove it (see LUKE, GOSPEL OF SAINT).しかし、現実に、この接続は、かれらの賛成、近代的な傾向には、強い批判の声を認識するこれらの2つの書籍lucan原作者、およびハルナックが書かれた2つの巻号を立証して(ルーク、ゴスペルのサン)です。 He has now added a third to show that they were written by St. Luke before AD 64.彼は今すぐ追加した3番目に表示することは彼らは聖ルカ前に書かれた広告の64 。 When the Pastorals were written, St. Luke was the constant companion of St. Paul, and may have acted as his amanuensis. pastoralsが書かれたときに、聖ルカは、定数コンパニオンの聖パウロ、および5月は彼の筆記者として行動します。 This intercourse would doubtless have influenced St. Paul's vocabulary, and would account for such expressions as agathoergein of 1 Timothy 6:18, agathopoein of Luke 6:9, agathourgein, contracted from agathoergein, Acts 14:17.この性交は聖パウロの語彙疑いが影響を受けた、とはこのような表現をagathoergeinのアカウントを1ティモシー6:18 、ルークagathopoeinの午前6時09分、 agathourgein 、契約からagathoergein 、行為14:17です。 St. Paul has ergazomeno to agathon (Romans 2:10).聖パウロはergazomenoをagathon (ローマ人への手紙2:10 ) 。 - From all that has been said, it is not surprising that Thayer, in his translation of Grimm's "Lexicon", wrote: "The monumental misjudgments committed by some who have made questions of authorship turn on vocabulary alone, will deter students, it is to be hoped, from misusing the lists exhibiting the peculiarities of the several books." -すべてのされてきたからによると、驚くべきことではないセイヤーは、彼の翻訳文のグリムの"辞書" 、書いた: "の記念碑的にコミットされm isjudgmentsw hoはいくつかの質問の原作者の電源をオンに語彙だけでも、学生が抑止するには期待される、出展者のリストの特殊性を悪用し、いくつかの書籍です。 "

D. Objection from style d.異議申立者のスタイル

"The comparative absence of rugged fervour, the smoother flow, the heaping up of words, all point to another sign-manual than that of Paul" (Ency. Bib.) - Precisely the same thing could be urged against some of St. Paul's other Epistles, and against large sections of the remainder. "頑丈なfervour比較の欠如は、スムーズな流れは、積み上の単語、すべてのポイントを別のマニュアルに比べてサインポール" ( ency.よだれ掛け。 ) -正確に同じことを求めたがいくつかの聖パウロの反対他の書簡、および残りのセクションには大反対です。 All critics admit that large portions of the Pastorals are so much like St. Paul's writings that they actually maintain that they are taken from fragments of genuine letters of the Apostle (now lost).すべての批評家の大部分を認めることは非常によく似pastorals聖パウロの記述してから、実際に維持することが、正規の手紙の断片を、使徒(今すぐ失われる) 。 Various discordant attempts have been made to separate these portions from the rest, but with so little success that Jülicher confesses that the thing is impossible.様々な耳障りな試みがなされて、これらの個別の残りの部分からではなく、小さな成功をjülicherためのものと告白することは不可能です。 On the other hand, it is the general opinion of the best scholars that all three Epistles are from the pen of one and the same writer.その一方で、それは最高の学者の意見を全般の3つすべての書簡は、 1つのペンと同じ作家です。 That being the case, and it being impossible to deny that portions indistinguishable from the rest are by St. Paul, it follows that the early and universal tradition ascribing the whole of them to the Apostle is correct.そういう事情だから、それを拒否することが不可能だと見分けがつかないの残りの部分を聖パウロは、それ以下の通りとは、初めに全体の普遍的伝統ascribingして、使徒が正しいことです。

As we pass from one to another of the four groups of St. Paul's Epistles;合格者として私たちの4つのグループを別の1つの聖パウロの書簡;

(1) Thessalonians; ( 1 ) thessalonians ;

(2) Galatians, Corinthians, Romans; ( 2 )ガラテヤ人への手紙、コリンチャンス、ローマ人への手紙;

(3) Captivity Epistles; ( 3 )監禁の書簡;

(4) Pastorals ( 4 ) pastorals

We observe considerable differences of style side by side with very marked and characteristic resemblances, and that is precisely what we find in the case of the Pastorals.私たちかなりの相違を観察するスタイルと並んで非常にスパムと特性resemblances 、それが正確にどのような例では、私たちのpastoralsです。 There are some striking points of connexion between them and Phil., the Epistle probably nearest to them in date; but there are many resemblances in vocabulary, style, and ideas connecting them with portions of all the other Epistles, especially with the practical parts.印象的には、いくつかの間に接続し、フィルのポイントです。は、最寄りの信徒をして、おそらく日付;しかしresemblancesには多くの語彙、スタイル、やアイデアを接続しての他のすべての書簡の部分を、特に、実用的な部分です。 There are, for instance, forty-two passages connecting I Tim.には、例えば、私ティム42通路に接続します。 with the earlier Epistles.と、以前の書簡です。 The terms are nearly identical, but display an amount of liberty denoting the working of the same independent mind, not a conscious imitation.の条件はほぼ同じですが、しかし、自由の女神の金額を示す表示が働いて、同じ独立心ではなく、意識的に模倣します。 The Pastorals show throughout the same marks of originality as are found in all the writings of the Apostle. pastorals詳細して、同じマークの独創性が見つかったとして、すべての記述は、使徒です。 There are similar anacolutha, incomplete sentences, play on words, long drawn periods, like comparisons, etc. The Pastorals are altogether practical, and therefore do not show the rugged fervour of style confined, for the most part, to the controversial and argumentative portions of his large epistles.には、同様のanacoluthonの複数形、不完全な文章、言葉遊び、長い期間描画のような比較などのpastoralsは、完全に実用的な、およびそのための頑丈なfervourていないのスタイルを詳細に閉じ込め、大部分は、議論をふっかけてくる部分として物議を醸す彼の大規模な書簡です。 (See the very valuable book by James, "Genuineness and Authorship of the Pastoral Epistles", London, 1906; also Jacquier, and Lilley.) It may be well to note, in this connexion, that Van Steenkiste, professor at the Catholic Seminary of Bruges, asserted, as long ago as 1876, that the inspiration of the Pastorals and their Pauline authorship would be sufficiently safeguarded if we accepted the view that they were written in the name and with the authority of the Apostle by one of his companions, say St. Luke, to whom he distinctly explained what had to be written, or to whom he gave a written summary of the points to be developed, and that when the letters were finished, St. Paul read them through, approved them, and signed them. (詳細については、とても価値のある本をジェームズ、 "誠実さと原作者は、牧歌的書簡" 、ロンドン、 1906 ;もjacquier 、とリリーです。 )が十分に注意することがあります、この接続、そのヴァンsteenkiste 、教授のは、カトリックの神学校のブルージュ、アサート、 1876年くらい前に、インスピレーションは、原作者のポーリーンpastoralsとその保護が十分に利用すれば、表示していたと書かれている名前と使徒の権威を彼の仲間のうちのどれか、言ってやるが聖ルカ、御心に適うをはっきりと説明しなければなりませんどのような書かれたか、または書面を彼は誰の概要のポイントを開発する、としたときの文字が完了したら、聖パウロを読むことを通じて、承認し、署名します。 This, he thinks, was the way in which "Hebrews" also, was written (S. Pauli Epistolæ, II, 283).これは、彼の考えだったの道では"ヘブル人への手紙"また、が書か( s.パウリepistolæ 、 2世、 283 ) 。

E. Objection from the advanced state of church organization e.異議申立の状態を教会からの高度な組織

This objection is adequately answered in the articles HIERARCHY OF THE EARLY CHURCH, BISHOP, etc. See also "The Establishment of the Episcopate" in Bishop Gore's "Orders and Unity" (London, 1909), 115.この異議申立は、十分な回答は、記事の階層を初期の教会、司教なども参照ください"の設立は、 bishopの地位"が司教ゴア氏の"受注と団結を" (ロンドン、 1909 ) 、 115 。 The seven, St. Stephen, Philip, etc., were set aside for their ministry by the Apostles by prayer and the laying on of hands. 7 、聖ステパノ、フィリップなどがセットされた省はさておき、彼らを祈りと使徒の手の上に敷設します。 Immediately after this we read that they were filled with the Holy Ghost, and preached with great success (Acts 6:7).この直後にいっぱいにしていた私たちを読む聖霊、と説教を大成功(行為6時07分) 。 From St. Luke's usual method we may conclude that a similar ceremony was employed by the Apostles on other occasions when men were set aside to be deacons, presbyters, or bishops.聖ルカからの通常の方法との結論を下すことがありますが、同様の式典で採用され、他の使徒の場で男性が設定されるdeaconsはさておき、 presbytersか、または司教です。 We read of presbyters with the Apostles at an early date in Jerusalem (Acts 15:2) and according to the earliest tradition, St. James the Less was appointed bishop there on the dispersion of the Apostles, and succeeded by his cousin Simeon in AD 62.私たちの使徒を読むのを早期にpresbyters日、エルサレム(行為15時02分)によると、最古の伝統と、セントジェームズの少ない司教が任命さの分散は、使徒が、彼のいとことシメオンに成功した広告62 。 Sts. STSをします。 Paul and Barnabas ordained priests in every church at Derbe, Lystra, Antioch of Pisidia, etc. (Acts 14:22).すべてのポールとバルナバ教会の司祭に命じられるderbe 、 lystra 、アンティオキアのピシディア等(行為14:22 ) 。 Bishops and priests, or presbyters, are mentioned in St. Paul's speech at Miletus (Acts 20:28).司教、司祭、またはpresbyters 、に記載され聖パウロの演説でミレトス(行為20:28 ) 。 In his first Epistle (1 Thessalonians 5:12) St. Paul speaks of rulers who were over them in the Lord, - see also Romans 12:8; "governments" are referred to in 1 Corinthians 12:28, and "Pastors" in Ephesians 4:11.彼の最初の書簡( 1 thessalonians 5:12 )聖パウロうわさを支配して、主whoが終わると、 -ローマ人への手紙も参照ください1 2: 0 8; "政府"は、参照されて1コリンチャンス1 2:28、および"牧師"エペソ人への手紙4:11にします。 St. Paul wrote "to all the saints in Christ Jesus, who are at Philippi, with the bishops and deacons" (Philippians 1:1).聖パウロ書いた"とのすべての聖徒イエスキリストに、フィリッピwhoがある、との司教deacons " (ピリピ人への手紙1:1 )にします。

In Romans 12:6-8, 1 Corinthians 12:28 and Ephesians 4:11, St. Paul is not giving a list of offices in the Church, but of charismatic gifts (for the meaning of which see HIERARCHY OF THE EARLY CHURCH).ローマ人への手紙12:6-8で、 1コリンチャンス12:28やエペソ人への手紙4:11 、聖パウロではないオフィスが以下の場所のリストを与えるの教会、しかし、カリスマ的なギフト(の意味を教会の早期の階層を参照)です。 Those who were endowed with supernatural and transitory charismata were subject to the Apostles and presumably to their delegates.これらの超自然的とwhoが一過性に恵まれているがアジ研をcharismata使徒と推定して収容可能です。 Side by side with the possessors of such gifts we read of "rulers", "governors", "pastors", and in other places of "bishops", "priests", and "deacons".占有者と並んで、このようなギフトを読む"支配者" 、 "知事" 、 "牧師" 、およびその他の近くの"司教" 、 "司祭" 、および" deacons "です。 These, we may lawfully assume, were appointed under the inspiration of the Holy Ghost by the Apostles, by prayer and laying on of hands.これらのは、合法的に想定することがありますが、インスピレーションの下に任命された聖霊使徒、敷設上の手の祈りとされています。 Amongst these so appointed before AD 64 there were certainly ordained deacons, priests, and possibly bishops also.これらのための広告の中に任命する前に64があったdeacons確かに命じられると坊さんと司教可能性もあります。 If so they had bishop's orders, but the limits of their jurisdiction were not as yet, perhaps, very clearly defined, and depended altogether on the will of the Apostles.もしそうなら彼らは司教の命令に、しかし、その管轄権の限界としてはまだありませんが、おそらく、非常に明確に定義し、完全に依存するのは、使徒です。 it is assuredly in the highest degree likely that the Apostles, towards the end of their lives and as the Church extended more and more, ordained and delegated others to appoint such priests and deacons as they had been in the habit of appointing themselves.これは確かに、最高度の可能性は、使徒は、彼らの生活の終わりに向かって、ますます多くの延長としての教会、他の委任を任命するよう命じられると司祭とdeaconsていたとして任命するのが癖にしている。 The earliest tradition shows that such a thing took place in Rome by AD 67; and there is nothing more advanced than this in the Pastorals.最古の伝統を示し、そのようなことを広告のローマで開催さ67 ;よりもさらに高度なものはないと、これをpastoralsです。 Timothy and Titus were consecrated delegates to rule with Apostolic authority and appoint deacons, priests, and bishops (probably synonymous in these Epistles).ティモシーと聖体拝領名まで収容可能にするルールを構築タイタスはローマ教皇の権威と任命deacons 、司祭、および司教(おそらくこれらの書簡と同義) 。

But a further objection is raised as follows: "The distinctive element, however, ie the prominence assigned to Timothy and Titus is intelligible only on the supposition that the author had specially in view the ulterior end of vindicating the evangelic succession of contemporary episcopi and other office bearers where this was liable for various reasons to be challenged. . . . The craving (visible in Clem. Rom.) for continuity of succession as a guarantee of authority in doctrine (and therefore in discipline) underlies the efforts of this Paulinist to show that Timothy and Titus were genuine heirs of Paul" (Ency. Bib., IV).しかし、より詳細な異議申立が提起以下のとおり: "の独特の要素は、しかし、すなわち、隆起に割り当てられているだけでティモシーとタイタスは理解できると仮定して、著者は特別に表示するに隠された最後の現代vindicatingの承継episcopiおよびその他のevangelicオフィス担ぎどここれは様々な理由があります障害の責任を負う。 。 。 。 。 。 。 。の欲求(クレムが表示されます。 ROMから起動します。 )後継者としての連続性を保証するための権限をドクトリン(したがって、規律)の努力には、次のpaulinistをunderlies詳細はティモシーとタイタスは、正規の相続人のポール" ( ency.よだれ掛け。 、 4 ) 。 - If this craving is visible in St. Clement of Rome, who was a disciple of the Apostles there and wrote less than thirty years after their death, it is surely more likely that he was maintaining an organization established by them than that he was defending one of which they were ignorant. -もしこの欲求が見えるようにローマの聖クレメント、 w hoは、弟子の使徒と書いたが3 0年未満のは自分が死んだ後、それは確かにそうしていた他の組織を維持して設立さに比べて彼は防衛1つの無知されていた。 If these Epistles were written against people who challenged the authority of bishops and priests about AD 100, why is it that these opponents did not cry out against forgeries written to confute themselves?これらの書簡が書かwho障害者に対する人々の司教、司祭の権威を約100の広告、なぜ反対しなかったことは、これらの偽造に書き込まに対して反対を叫ぶ論破するのですか? But of all this there is not the slightest shred of evidence.しかし、この中にはすべての細断には少しもない証拠です。

F. Objection女性異議申立

No room for them in the life-time of St. Paul.ルームのない生活をして時間を聖パウロです。 - The writer in the "Ency. Bib." -その作家は、 " e ncyです。よだれ掛け。 " is never tired of accusing the defenders of the Epistles of making gratuitous assumptions, though he allows himself considerable liberty in that respect throughout his article.が口癖の非難の書簡のメーカーのいわれのない守備を前提に、かかわらず、彼自身により、かなりの自由を尊重し、その彼の記事です。 It is a gratuitous assertion, for example, to state that St. Paul was put to death at the end of the first Roman captivity, AD 63 or 64.いわれのない主張をすることは、たとえば、国家が死刑を聖パウロは、最初のローマの終わりに捕らわれている、広告の掲載63または64 。 Christianity was not yet declared a reliqio illicita, and according to Roman law there was nothing deserving of death against him.キリスト教を宣言したが、まだreliqio illicita 、およびローマ法によれば死に値するがあった何も彼に不利に働いた。 He was arrested to save him from the Jewish mob in Jerusalem.彼は逮捕された容疑者を保存するエルサレムのユダヤ人の群衆がします。 The Jews did not appear against him during the two years he was kept in prison.ユダヤ人は、彼に対する容疑の中に表示されない彼は2年間刑務所に保存されています。 Agrippa said he could have been delivered had he not appealed to Cæsar, so there was no real charge against him when he was brought before the emperor's or his representative's tribunal.アグリッパによると彼は彼が配信されていないcæsar訴え、真の告発はないので、彼の前に運ばれたときに彼や彼の代表の天皇の法廷です。 The Epistles written during this Roman captivity show that he expected to be soon released (Philem., 22; Phil., ii, 24).このローマの中に書かれた書簡監禁詳細が予想される彼はすぐにリリースされました( philem. 、 22 ;フィルします。 、 2世、 24 ) 。 Lightfoot, Harnack, and others, from the wards of Clem.ライトフット、ハルナック、およびその他、クレム区からです。 Rom. ROMから起動します。 and the Muratorian Fragment, think that he was not only released, but that he actually carried out his design of visiting Spain.とmuratorianフラグメント、考えるだけでなく、リリースしていたが、その彼は実際に彼のデザインを訪れるスペイン実施します。 During the years from 63-67 there was ample time to visit Crete and other places and write I Tim.中に年間六三から六七クレタ島を訪問する十分な時間があったとティム他の場所と書き込み私です。 and Titus.とタイタスです。 II Tim. 2世ティムです。 was written from his second Roman prison soon before his death.彼の2番目は、ローマの刑務所からすぐに書かれた彼の死の前です。

G. Objection from the errors condemned g.異議申立死刑囚からのエラー

It is said that the errors referred to in the Pastorals did not exist in St. Paul's time, though the most advanced critics (Ency. Bib.) have now abandoned the theory (maintained with great confidence in the nineteenth century) that the Epistles were written against Marcion and other Gnostics about the middle of the second century.それによると、このエラーは、参照されて、聖パウロpastoralsには存在しなかったの時間を、かかわらず、最も先進的批評家( ency.よだれ掛け。 )は今すぐ捨てられたの理論(大の信頼を維持し、 19世紀)は、同書簡は書かれた反対marcionおよびその他のgnosticsについては、 2番目の世紀半ばです。 It is now conceded that they were known to Sts.今すぐ譲歩していたことが判明してのSTSです。 Ignatius and Polycarp, and therefore written not later than the end of the first century or early part of the second.イグナチオとpolycarp 、およびそのための最後に書かれたのは遅くともまたは早期世紀の最初の2番目の部分です。 It requires a keen critical sense to detect at that time the existence of errors at the time of Ignatius, the seeds of which did not exist thirty or forty years earlier or of which St. Paul could not have foreseen the development.それには、鋭い感覚を検出する重要なの存在をその時点では、エラーが発生時点で、イグナティウスは、 30種は存在しなかったのかまたはそれ以前の40年間を予見聖パウロの開発ができませんでした。 "The environment is marked by incipient phases of what afterwards blossomed out into the Gnosticism of the second century" (Ency. Bib.): - but the incipient phases of Gnosticism are now placed by competent scholars at a much earlier date than that indicated by this writer. "環境がスパムを初期の段階でどのようなグノーシス主義の後に花開いたの中に入って2番目の世紀" ( ency.よだれ掛け。 ) : -しかし、初期の段階で有能な学者が配置されグノーシス主義は、今すぐに以前の日付に比べてはるかに示されるこの作家です。 No known system of Gnosticism corresponds with the errors mentioned in the Pastorals; in reply to this, however, it is said that the "errors are not given in detail to avoid undue anachronisms" (ibid.).グノーシス主義の既知のシステムが対応するエラーに記載されてpastorals ;に返信して、しかし、これは、によると、 "エラーはないの詳細を避けるために与えられた不当な時代遅れ" ( ibid. ) 。 Sometimes opponents of the authenticity unfairly attack the actual contents, but here the Epistles are condemned for "contents" which they do not contain.時には反対派の不当な攻撃の実際の内容の真偽、しかし、ここでは非難の書簡は、 "内容"が含まれていない。 An amusing instance of the precariousness of the subjective method is seen in this same article (Ency. Bib.).面白いのインスタンスを、非常に危険であることは、主観的に見られる方法は、これと同じ記事索引( ency.よだれ掛け。 ) 。 The writer arguing against the Epistles on the subject of greetings says that "Philemon is the one private note of Paul extant".その作家に対する反論の書簡で、被写体のあいさつによると、 "ピレモンへの手紙は、 1つのプライベートの注意事項をポールに現存する"です。 We are suddenly brought up, however, by a note (editorial?) within square brackets: "compare, however, Philemon."私たちは育ちが突然、しかし、 a注記(論説ですか? )に、角かっこ: "比較する、しかし、ピレモンへの手紙です。 " On turning to Philemon we find van Manen asserting, with equal confidence, that the Apostle had nothing whatsoever to do with that Epistle, and he supports his statement by the same kind of subjective arguments and assertions that we find running through the article on Timothy and Titus.ピレモン私たちを見つけるヴァンマネンの転換を主張、平等な自信を、使徒は、何も行うことが信徒、と彼は彼の声明の中で同じような主観的引数と主張することを実行して記事を見つけるとティモシータイタスです。 He even throws out the absurd suggestion that Philemon was based on the letter of Pliny, which is given in full by Lightfoot in his edition of Philemon.彼は不合理な提案をしても例外では、ピレモンの手紙をプリニウスに基づいて、これは完全なを与えられた彼の版のピレモンライトフットです。

Hort in his "Judaistic Christianity" (London, 1898), 130-48, does not believe that the errors of the Pastorals had any connexion with Gnosticism, and he gives a very full reply to the objection with which we are dealing.ホルトは彼の"キリスト教judaistic " (ロンドン、 1898 ) 、百三十から四十八まで、エラーが発生しないと確信していたの任意の接続をpastoralsグノーシス主義、と彼は非常に完全に返信し、異議申立を我々が扱っています。 With Weiss he clears the ground by making some important distinctions:ワイス彼は地上をクリアするといくつかの重要なメーカーの区別:

(1) We must distinguish prophecies about future false teachers which imply that germs, to say the least, of the future evils are already perceptible (1 Timothy 4:1-3; 2 Timothy 3:1-5, 4:3) from warnings about the present; ( 1 )については将来の偽予言を区別しなければならない教師を意味するものでは細菌は、控えめに言っても、将来の弊害は、すでにかなりの( 1ティモシー4:1-3 ; 2ティモシー3:1-5 、 4:3 )より警告については、現在;

(2) The perversities of individuals like Alexander, Hymenæus, and Philetus must not be taken as direct evidence of a general stream of false teaching; ( 2 )のような個人perversitiesアレクサンダー、 hymenæus 、 philetusてはならないとの直接の証拠を取る一般的なストリームとしては、 falseの教育;

(3) Non-Christian teachers, the corrupters of Christian belief, must not be confounded with misguided Christians. ( 3 )非キリスト教の教師は、キリスト教の信仰corrupters 、べらぼうに見当違いのキリスト教徒はならない。

The errors which St. Paul easily foresaw would arise amongst false Christians and pagans cannot be urged against the Epistles as if they had already arisen.聖パウロのエラーが発生する簡単に予想は多神教徒の中偽キリスト教徒と反対するよう要請することはできませんの書簡はすでに生じているかのようにします。 Hort makes out a good case that there is not the smallest trace of Gnosticism in the existing errors amongst the Ephesian and Cretan Christians, which are treated more as trivialities than serious errors.ホルトにして良い場合がある最小のトレースをグノーシス主義ではないが、既存のエラーが発生ephesianやクレタ島のキリスト教徒の間には些事として扱われるよりももっと深刻なエラーが発生します。 "The duty laid on Timothy and Titus is not that of refuting deadly errors, but of keeping themselves clear, and warning others to keep clear of mischievous trivialities usurping the office of religion." "タイタスの義務に敷かティモシーと反論致命的エラーではないが、しかし、自身を保つための明確な、と警告その他のいたずらを保つの些事をクリアusurping事務所の宗教です。 " He shows that all these errors have evident marks of Judaistic origin.彼によると、これらのエラーのすべての起源が明らかにjudaisticマークです。 The fact that St. Irenæus, Hegesippus, and others used the words of the Pastorals against the Gnostics of the second century is no proof that Gnosticism was in the mind of their author.聖irenæusという事実を、 hegesippus 、およびその他のpastoralsの言葉を使用してgnosticsの2番目の世紀に反対する証拠は何もないことは、心の中にグノーシス主義の著者です。 Words of Scripture have been employed to confute heretics in every age.啓典の言葉を論破する異端がすべての年齢を採用します。 This, he says, is true of the expressions pseudonymos gnosis, aphthartos, aion, epiphaneia, which have to be taken in their ordinary sense.これは、彼の言う、霊知pseudonymosが真の表現に、 aphthartos 、 aion 、 epiphaneia 、これは普通の感覚にだまされる。 "There is not the faintest sign that such words have any reference to what we call Gnostic terms." "にあるのではない、そのような言葉があれfaintestメンバーの参照をどのようなグノーシス主義の条件と呼ぶ。 "

Hort takes genealogiai in much the same sense in which it was employed by Polybius, IX, ii, 1, and Diodorus Siculus, IV, i, to mean stories, legends, myths of the founders of states.ホルトは、ほぼ同じ感覚でgenealogiaiされていたポリビウスで雇用され、 9世、 2世、 1 、およびdiodorus siculus 、四、私は、ストーリーを意味し、伝説、神話の国の創設者です。 "Several of these early historians, or 'logographers' are known to have written books of this kind entitled Genealogiai, Genealogika (eg Hecatæus, Acusilanus, Simonides the Younger, who bore the title ho Genealogos, as did also Pherecydes)" (p. 136). "いくつかの初期の歴史か、または' logographers 'ことが判明して書かれた書籍がこの種の権利genealogiai 、 genealogika (例: hecatæus 、 acusilanus 、若いsimonides 、 who穴のタイトルホーgenealogos 、同じようにもpherecydes ) " ( p. 136 ) 。 Philo included under to genealogikon all primitive human history in the Pentateuch.フィロの下に含まれるすべてのプリミティブな人類の歴史は、 genealogikon五します。 A fortiori this term could be applied by St. Paul to the rank growth of legend respecting the Patriarchs, etc., such as we find in the "Book of Jubilees" and in the "Haggada".なおさらこの用語が適用されるランク聖パウロの成長を尊重してpatriarchs伝説などなど、私たちでは、 "予約のjubilees "とは、 " haggada "です。 This was condemned by him as trashy and unwholesome.これは彼を非難されると不健全なくだらないです。 The other contemporary errors are of a like Jewish character.で、他の現代にエラーがユダヤ人のキャラクターのようです。 Hort takes antithesis tes pseudonymou gnoseos to refer to the casuistry of the scribes such as we find in the "Halacha", just as the mythoi, and genealogiai designate frivolities such as are contained in the Haggada.ホルトは、対照試験をpseudonymou gnoseos scribesを参照して詭弁を見つけるなど、私たちは、 " halacha " 、同じように、 mythosの複数形、およびgenealogiai指定frivolitiesなどが含まれているhaggadaです。

But is it not possible that these (antitheseis tes pseudonymou gnoseos) refer to the system of interpretation developed later in the Kabbala, of which a convenient description is given in Gigot's "General Introduction to the Study of the Holy Scripture", p.しかし、これらのことはできません( antitheseis試験pseudonymou gnoseos )を参照して、システム開発の後半でのkabbalaの解釈で、便利な説明書が与えられ、ジゴの"一般的な紹介のことを勉強し、教典" 、 p. 411? 411ですか? (see also "Kabbala" in "Jewish Encyclopedia" and Vigoroux, "Dict. de la Bible"). (こちらも" kabbala " 、 "ユダヤ人の百科事典"とvigoroux 、 " dictのです。デラ聖書" ) 。 He who followed only the literal meaning of the text of the Hebrew Bible had no real knowledge, or gnosis, of the deep mysteries contained in the letters and words of Scripture.彼はwhoの後のテキストのみのリテラルの意味をヘブライ語聖書の本当の知識がないか、または霊知、深い謎に含まれている文字との言葉を啓典です。 By notarikon words were constructed from the initials of several, or sentences formed by using the letters of a word as initials of words.ノタリコンの言葉が建設され、いくつかのイニシャルか、または形成される文章は、単語の文字として使用して、単語の頭文字です。 By ghematria the numerical values of letters were used, and words of equal numerical value were substituted for each other and new combinations formed. ghematriaの値を数値を文字が使用される、との言葉を同等の数値が他の置換と新しい組み合わせごとに形成している。 By themura the alphabet was divided into two equal parts, and the letters of one half on being substituted for the corresponding letters of the other half, in the text, brought out the hidden sense of the Scripture.アルファベットをthemuraは、二つの等しい部分に分けられ、および1つの文字の上半分に置換し、対応する文字を、残りの半分は、表示されたテキストは、赤字解消への隠された啓典の意味でのです。 These systems date back to time immemorial.太古の昔から、これらのシステムの日付省略しています。 They were borrowed from the Jews by the Gnostics of the second century, and were known to some of the early Fathers, and were probably in use before Apostolic times.彼らは、ユダヤ人から借りて、 2番目の世紀のgnostics 、およびいくつかの早期ことが判明し、父親とは、使用する前に、おそらくローマ教皇の回クリックします。 Now antithesis may mean not only opposition or contrast, but also the change or transposition of letters.アンチテーゼ年5月を意味するだけでなく、反対または対照的に、変更したりするだけでなく、転位の手紙です。 In this way antithesis tes pseudonymou gnoseos would mean the falsely-called knowledge which consists in the interchange of letters just referred to.このようにアンチテーゼpseudonymou gnoseos試験と呼ばれることを意味する虚偽の知識で構成さは、インターチェンジの文字だけを参照します。

Again, we read: "The mischievous feature about them was their presence within the churches and their combination of plausible errors with apparent, even ostentatious, fidelity to principles of the faith - a trouble elsewhere reflected Acts XX. 29f, in connexion with the Ephesian church towards the end of the first century" (Ency. Bib.).繰り返しますが、私たちを読む: "お茶目な機能についての自分の存在にすることは、教会やその組み合わせを明らかに説得力のエラーも、人目を引くための、信仰の原則を忠実に-他のトラブルに巻き込まれイグゼクス行為に反映します。 2 9fは、接続をe phesian教会の最初の世紀の終わりに向かって" ( ency.よだれ掛け。 ) 。 We do not admit that Acts, xx, was written towards the end of the first century.行為を認めることはありませんが、イグゼクス、が書かの最初の世紀の終わりに向かっています。 The best scholars hold it was written by St. Luke long before; and so the critics of the Epistles, having without proof dated the composition of a genuine early New-Testament book at the end of the first century, on the strength of that performance endeavour to discredit three whole books of Scripture.最高の学者保持することは、かなり前に書かれた聖ルカ;とし、批評家は、同書簡は、証拠がなく、正規の初期の組成を日付の新しい遺言予約の最初の世紀の終わりには、そのパフォーマンスの強さ書籍全体の努力の3つの啓典を落とす。

H. Miscellaneous objections笠原その他の異議申し立て

We bring together under this heading a number of objections that are found scattered in the text, foot-notes, sub-foot-notes, of the article in the "Ency. Bib."この見出しの下に結集し、多くの反対が見つかりました散在するには、テキスト、足-ノート、サブノート足は、その記事は、 " encyです。よだれ掛け。 "

(1) "The concern to keep the widow class under the bishop's control is thoroughly sub-apostolic (cp. Ign. ad Polycarp. iv. 5) ". ( 1 ) "未亡人の懸念を維持するクラスの下に司教のコントロールは徹底的にサブ使徒( cp. ign 。広告polycarp 。 Ⅳ 。 5 ) "です。 - That would not prove that it was not Apostolic as well. -それはないことはない使徒として証明しています。 On reading the only passage referring to widows (1 Timothy 5) we get a totally different impression from the one conveyed here.通路を読んでのみ参照して未亡人( 1ティモシー5 )私たちは全く違う印象を得るに伝え、ここからの1つです。 The great aim of the writer of the Epistle appears to be to prevent widows from becoming a burden on the Church, and to point out the duty of their relatives to support them.偉大な目的は、作家の未亡人の信徒が表示されるのを防ぐの教会からの負担をかけるなりつつある、と指摘している義務の親戚をサポートすることです。 Thirty years before the death of St. Paul the Seven were appointed to look after the poor widows of Jerusalem; and it is absurd to suppose that during all that time no regulations were made as to who should receive support, and who not. 30年前に死亡した7つの聖パウロに任命された貧しい人々の世話をする未亡人のエルサレムに親しみ、それがとんでもない時間にないと仮定して中にすべての規制が行われたことをwho手元に届くのサポート、およびwhoない。 Some few of those who were "widows indeed" probably held offices like deaconesses, of whom we read in Romans 16:1, and who were doubtless under the direction of the Apostles and other ecclesiastical authorities.いくつか挙げるのは、 whoは、 "未亡人確かに"おそらく開かれたオフィスのようなdeaconesses 、ローマ人への手紙続きを読む16:1私たちの誰とwhoが確かに使徒の下に方向性や他の教会当局します。 The supposition that nothing was "done in order", but that everything was allowed to go at random, has no support in St. Paul's earlier Epistles.ないと仮定しては、 "完了するために"が、そのすべてが許さに行くに無作為に、聖パウロのではない以前の書簡をサポートします。

(2) "The curious antipathy of the writer to second marriages on the part of the presbyters, episcopi, diaconi, and widows (cherai) is quite un-Pauline, but corresponds to the more general feeling prevalent in the second century throughout the churches." ( 2 ) "は、作家の好奇心反感を2番目の結婚で、一部のpresbyters 、 episcopi 、 diaconi 、および未亡人( cherai )は非常に国連-ポーリン、しかし、もっと一般的な感情に対応して、 2番目の世紀に流行して教会。 " - That state of feeling throughout the churches in the second century should make an objector pause. -その感情の状態をして2番目の世紀の教会は、兵役拒否者の一時停止しなければならないのです。 Its Apostolic origin is its best explanation, and there is nothing whatsoever to show that it was un-Pauline.その起源は、その最高の使徒の説明、および詳細には、何もしては、国連-ポーリンです。 It was St. Paul who wrote as follows at a much earlier date (1 Corinthians 7): "I would that all men were even as myself: . . . But I say to the unmarried, and to the widows: It is good for them if they so continue, even as I . . . But I would have you to be without solicitude. He that is without a wife, is solicitous for the things of the Lord, how he may please God. But he that is with a wife, is solicitous for the things of the world, how he may please his wife: and he is divided . . . He that giveth his virgin in marriage, doth well; and he that giveth her not, doth better."聖パウロwho書いたことは、ずっと以前の日付は以下のとおり( 1コリンチャンス7 ) : "私は自分自身さえも、すべての男性は: 。 。 。 。 。しかし、私の言ってやるが未婚、として未亡人:これは良いそれらすればので続行するには、私も。 。 。 。 。しかし、私はここに抑留されるとします。彼には妻なしでは、非常に用心深いは、物事は、主よ、彼は5月ご神どのようです。しかし、彼には、妻は、非常に用心深いの世界のものを、どのよう彼は彼の妻をご年5月:と彼は分断。 。 。 。 。彼は彼の処女の結婚を与えられる、 dothよく;と彼に与えられる彼女は、 doth良いです。 " It would be rash to suppose that St. Paul, who wrote thus to the Corinthians, in general, could not shortly before his death require that those who were to take the place of the Apostles and hold the highest offices in the Church should not have been married more than once.発疹することがセントポールと仮定して、コリンチャンスwho書いたこのようにして、一般的には、彼の死の直前できませんでしたwhoがを取る必要があるこれらの場所は、使徒と最高の事務所を保持する必要はありません教会結婚2回以上です。

(3) "The distinctive element, however, ie the prominence assigned to Timothy and Titus, is intelligible only on the supposition that the author had specially in view the ulterior end of vindicating the legitimate evangelic succession of contemporary episcopi and other office-bearers in provinces where this was liable for various reasons to be challenged" (in the beginning of the second century). ( 3 ) "の独特の要素は、しかし、すなわち、隆起に割り当てられているのティモシーとタイタスは、理解できると仮定しての著者だけに特別に表示するには隠された最後の現代vindicatingの正当な後継者evangelicおよびその他のオフィス-担ぎでepiscopiこの地方では、様々な理由があります障害の責任を負う" ( 2番目の世紀の初めに) 。 - Thousands have read these Epistles, from their very first appearance until now, without such a conclusion suggesting itself to them. -何千も、これらの書簡を読み、その非常に初登場から今まで、このような結論に自分自身を提案します。 If this objection means anything it means that the Apostles could not assign prominent positions to any of their disciples or delegates; which runs counter to what we read of Timothy and Titus in the earlier Epistles of St. Paul.この異議申立の手段何もできなかったことを意味し、使徒の著名なポジションを割り当てるまたはそれらの任意の弟子名まで収容可能;これに逆行して私たちを読むのティモシーとタイタスは、以前の聖パウロの書簡のです。

(4) "The prominence given to 'teaching' qualities shows that one danger of the contemporary churches lay largely in the vagaries of unauthorized teachers (Did., xvi). The author's cure is simple: Better let the episcopus himself teach! Better let those in authority be responsible for the instruction of the ordinary members! Evidently teaching was not originally or usually (1 Timothy 5:17) a function of presbyters, but abuses had led by this time, as the Didache proves, to a need of combining teaching with organised church authority." ( 4 ) "の隆起を与えられた'教育'資質によると、現代の教会1つの危険性を大きくレイアウトは、許可されていない気まぐれな先生( did. 、 16 )で、著者の治療法は簡単です:自分自身を教える方がよいのpalmarum ) !方がよいこれらの機関の責任を負っての命令は、普通のメンバー!明らかに教えることはないもともとまたは通常( 1ティモシー5時17分)関数のpresbyters 、しかし、侵害が率いるこの時点で、新約聖書の証明として、組み合わせを必要として教会の教育機関を開催します。 " - What a lot of meaning is read into half a dozen words of these Epistles! -どのような、多くの意味が読み込まれるこれらの書簡の言葉を半ダースもの! In the very first Epistle that St. Paul wrote we read: "And we beseech you, brethren, to know them who labour among you, and are over you in the Lord, and admonish you: That you esteem them more abundantly in charity, for their work's sake" (1 Thessalonians 5:12-13).は、非常に最初の聖パウロの手紙を書いた私たちを読む: "と嘆願する私たちは、兄弟、 who労働を知ってそれらの間に、およびが過ぎて利用する場合は、主よ、と忠告する:他の豊富さを尊敬して慈善団体、その仕事のために" ( 1 thessalonians 5:12-13 ) 。 The capacity for teaching was a gift, probably a natural one working through God's grace for the good of the Church (see HIERARCHY OF THE EARLY CHURCH), and there was no reason why the Apostle, who attached so much importance to teaching when speaking of his own work, should not require that those who were selected to rule the Churches and carry on his work should be endowed with the aptitude for teaching.の容量の贈り物を教えることは、おそらく1つの作業を通じて、自然神のお恵みのために、教会(教会の早期の階層を参照) 、および理由はないのはなぜ使徒、 who添付のため多くの重要性を教えるときに言えば自分自身の仕事は、それらのwhoはないが選択する必要が統治をするための、教会や彼の仕事を続ける必要が恵まれているの適性を教えています。 In Ephesians 4:11, we find that the same persons were "pastors and doctors".エペソ人への手紙4:11に、同じことが判明した人は、 "牧師や医師"です。 The writer who makes this objection does not admit that real bishops and priests existed in Apostolic times; so this is what his assertion implies: When the Apostles died there were no bishops and priests.その作家whoはこの異議申立を認めることはありません本物の司教、司祭が存在して使徒回;ので、この彼の主張はどのような意味:使徒が死亡したときに司教と司祭はない。 After some time they originated somewhere and somehow, and spread all over the Church.いくつかの時間後にどこかに彼らの起源と何となく、およびすべての教会に広がる。 During a considerable time they did not teach.中にかなりの時間を教えていない。 Then they began to monopolize teaching, and the practice spread everywhere, and finally the Pastorals were written to confirm this state of affairs, which had no sanction from the Apostles, though these bishops thought otherwise.入力し、彼らが始まった教育を独占し、練習に広がるいたるところにあり、そして最後に、 pastoralsが書か部の状態を確認するには、使徒からの制裁はないが、他のかかわらず、これらの司教考えています。 And all this happened before St. Ignatius wrote, in a short period of thirty or forty years, a length of time spanned say from 1870 or 1880 till 1912 - a rapid state of development indeed, which has no documentary evidence to support it, and which must have taken place, for the most part, under the very eyes of the Apostles St. John and St. Philip, and of Timothy, Titus, Clement, Ignatius, Polycarp, and other disciples of the Apostles.この聖イグナチオする前にすべてが起こったと書いたが、短期間での30または40年間は、タイムスパンの長さを言ってやるが1870年または1880年から1912年まで-急速な発展の状態を実際のところ、これをサポートする証拠書類がないこと、および行われたものでなければならないが、その多くは、非常に眼の下に、使徒聖ヨハネ、聖フィリップ、とのティモシー、ティトゥス、クレメント、イグナティウス、 polycarp 、およびその他の弟子たちは、使徒です。 The early Christians had more respect for Apostolic traditions than that.初期のキリスト教徒はローマ教皇の伝統の尊重を他に比べてです。

(5) "Baptism is almost a sacrament of salvation (Titus 3:5)." ( 5 ) "洗礼は、ほとんどの聖礼典救世(タイタス3時05分) 。 " - It is quite a sacrament of salvation, not only here, but in the teaching of Christ, in the Acts, and in St. Paul's Epistles to the Romans, First Corinthians, Galatians, and Colossians, and in 1 Peter 3:21. -それは非常に救いの聖礼典だけでなく、ここでは、しかし、キリストの教えは、行為、および聖パウロの書簡は、ローマ人への手紙、第一コリント書、ガラテヤ人への手紙、コロサイ人への手紙、および1ピーター3 :21です。

(6) "Faith is tending to become more than ever fides quœ creditur." ( 6 ) "信仰の世話になることは、これまで以上に品質保証quœ creditur 。 " - But it appears as fides qua creditur in 1 Timothy 1:2, 4, 5, 14; 2:7, 15; 3:9, 13; 4:6, 12; 6:11; 2 Timothy 1:5, 13; 2:18, 22; 3:10, 15; Titus 2:2, etc., while it is used in the earlier Epistles not only subjectively but also objectively. -しかし、それを立証する物件として表示さc reditur年0 6月1ティモシー1 :2、 4 、 5 、 1 4;午前2時0 7分、 1 5;午前3時0 9分、 1 3;午前4時0 6分、 1 2; 6 :11; 2ティモシー1 :5、 1 3 ; 2:18 、 22 ; 3:10 、 15 ;タイタス2:2などで使用され、以前のことは書簡だけでなく、主観だけでなく客観的です。 See pistis in Preuschen, "Handwörterbuch zum griech. N. Testament." pistisを参照しpreuschen 、 " handwörterbuch zum griech 。名遺言です。 " Faith is fides quœ creditur only nine times out of thirty-three passages where pistis occurs in the Pastorals.信仰は、品質保証crediturのみquœ 9回のうち33 pistisが発生する場所の通路pastoralsです。

(7) "The church to this unmystical author is no longer the bride or the body of Christ but God's building or rather familia dei, quite in the neo-Catholic style." ( 7 ) "の教会をこのunmystical著者は、もはや、キリストの体の花嫁またはしかし、神の建物というかむしろファミリアデイ、非常には、ネオ-カトリックのスタイルです。 " There are several genuine Epistles of St. Paul in which the Church is neither called the body nor the bride of Christ, and in calling it a building he was only following his Master who said: "On this rock I will build my Church."正規の書簡には、いくつかの聖パウロではどちらも呼ばれる、教会はキリストの体も、花嫁が、それを建物を呼び出すと、彼は次の主人のみwhoによると: "この岩私は私の教会をビルドします。 " The idea of a spiritual building is quite Pauline.という考えは非常にポーリーン精神的な建物です。 "For we know, if our earthly house of this habitation be dissolved, that we have a building of God, a house not made with hands, eternal in heaven" (2 Corinthians 5:1); "And I have so preached this gospel, not where Christ was named, lest I should build upon another man's foundation" (Romans 15:20); "For if I build up again the things which I have destroyed, I make myself a prevaricator" (Galatians 2:18); "Let us work good to all men, but especially to those who are of the household of the faith" (Galatians 6:10); "You are fellow citizens with the saints, and the domestics of God, built upon the foundation of the apostles and prophets, Jesus Christ himself being the chief corner stone: in whom all the building, being framed together, groweth up into a holy temple in the Lord. In whom you also are built together into an habitation of God in the Spirit" (Ephesians 2:19-22); "You are God's building. According to the grace of God that is given to me as a wise architect, I have laid the foundation. . . . Know you not, that you are the temple of God, and that the Spirit of God dwelleth in you?" "私たち知って、もし私たちの家は、次の住まいこの世に解散したときは、神が私たちは、建物、住宅は手に作られ、永遠のインヘブン" ( 2コリンチャンス5:1 ) ; "と私はこの福音のため説教ではなく、ここでは、イエスキリストの名前は、ビルド時しないように私は別の男の財団" (ローマ人への手紙15:20 ) ; "を再びすればよいものを構築するために私が破壊され、私が自分にあることを言い逃れをする" (ガラテヤ人への手紙2:18 ) ; "すべての人にご連絡良い仕事だが、特にこれらのwhoは、家庭の信仰" (ガラテヤ人への手紙6:10 ) ; "あなたは市民研究員の聖人、神のdomesticsと、同財団のビルドアップ使徒や預言者、イエスキリストが自分自身の首席隅石:人のすべての建物で、フレームが一緒に、神聖な寺を産するまでは、主です。で誰が組み込まをひとつにまとめたりすることも、神の住まいの精神" (エペソ人への手紙2:19-22 ) ; "あなたは神の建物です。によると、与えられた神の恩寵を私には賢明な建築家として、私は家の財団。 。 。 。 。 。 。 。知ってあなたは、神のしている同寺とは、神の精神をdwellethのですか? " (1 Corinthians 3:9-17; compare 1 Peter 2:5; "Be you also as living stones built up, a spiritual house"; and 1 Peter 4:17: "For the time is, that judgment should begin at the house of God. And if first at us, what shall be the end of them that believe not the gospel of God?") There is a development in St. Paul's use of the comparisons body and bride, which is exactly paralleled by his use of the words building and temple. ( 1コリント書3:9-17 ;比較1ピーター2 : 05 ; "としての生活に石ビルトアップすることも、精神的な家" ;と1ピーター4:17 : "は、時間は、その判断はまもなく開始は、ハウスオブゴッドです。と最初の問い合わせの場合、何をしなければならないことは信じないの終わりに神の福音ですか? " )には、聖パウロの使用開発のボディとの比較の花嫁、これは彼の使用を正確に並列寺の建物との言葉です。 They are applied first to individuals, then to communities and finally to the whole Church (see Gayford in Hast., "Dict. of the Bibl." sv Church).彼らは最初に適用、個人、コミュニティ、そして、最後に入力し、全体を教会(ゲイフォードを参照しhast 。 、 " dictのです。は、 bibl 。 " sv文書教会) 。

(8) "Items of the creed, now rapidly crystallizing in Rome and Asia Minor, are conveyed partly in hymnal fragments which like those in the Apocalypse of John, sprang from the cultus of the churches." ( 8 ) "の商品は、信条、今すぐローマの急速な結晶化とアジアの未成年者は、部分的に賛美歌の断片を伝えるように、アポカリプスのジョン、 springの過去からの祭儀は、教会です。 " There are fragments of the Creed in First Corinthians (see EPISTLES TO THE CORINTHIANS, The First Epistle - Its teaching), and there were hymns in use several years before St. Paul's death.信条にするには、断片化した最初のコリンチャンス(コリンチャンスの書簡を、最初の手紙-その教えを) 、および使用される賛美歌があった聖パウロの死の数年前です。 He wrote to the Colossians (3:16): "Let the word of Christ dwell in you abundantly, in all wisdom: teaching and admonishing one another in psalms, hymns, and spiritual canticles" (cf. Ephesians 5:19).コロサイ人への手紙を書いた( 3:16 ) : "住んでて、イエスキリストの言葉を豊富に、すべての知恵:教育と1つの別のadmonishing詩篇を授けた、賛美歌、および精神的なソロモンの歌" ( cf.エペソ人への手紙5:19 ) 。 The objections from the "Faithful Sayings" are fully answered in James, "The Genuineness of the Pastorals" (London, 1906), 132-6.からの異議申し立ての"忠実なことわざ"は完全に答えがジェームズは、 "純粋にpastorals " (ロンドン、 1906 ) 、 132〜6です。

(9) "No possible circumstances could make Paul oblivious (through three separate letters) of God's fatherhood, of the believing man's union with Jesus, of the power and witness of the Spirit, or of reconciliation." ( 9 ) "の可能性の状況ならば、ポール気づかない(を通じて3つの別々の文字)の神の父権、信者の男の労働組合では、イエスキリストは、目撃者の精神のパワーとか、または和解のです。 " These doctrines are not quite forgotten: 1 Timothy 1:15; 2:6; 2 Timothy 1:2, 9; 2:13; Titus 1:4; 3:4, 5, 7.これらの教説はないかなり忘れてしまった: 1ティモシー1:15 ;午前2時06分、 2ティモシー1:2 、 9 ; 2:13 ;タイタス1:4 ;午前3時04分、 5 、 7 。 There was no necessity to dwell upon them as he was writing to disciples well acquainted with his teaching, and the purpose of the Epistles was to meet new problems.住むはないかれらの必要性を強調する書き込みを彼は彼の弟子たちも知り合いに教える、との目的は、同書簡は、新たな問題を満たす。 Besides, this objection could be brought against large portions of the genuine Epistles.それに、これに対する異議申立大部分が、正規の書簡です。

There are several other objections but they are so flimsy that they cannot present any difficulty.しかし、彼らには、いくつかの他の異議申し立ては非常に薄っぺらな任意の難しさが存在することはできません。 What Sanday wrote in 1896 in his "Inspiration" (London) is still true: "It may be asserted without fear of contradiction that nothing really un-Pauline has been proved in any of the disputed epistles."どのようなサンデー1896年に書いた彼の"インスピレーション" (ロンドン)は、まだ真: "主張するかもしれないことを恐れずに矛盾がない確かにun -ポーリンされ係争中のいずれかの書簡の証明です。 "

II. Ⅱ 。 External Evidence外付けの証拠

The Pauline authorship of the Pastorals was never doubted by Catholics in early times.原作者のポーリーンを疑問視され、 pastoralsカトリック教徒ではなかったの早期回クリックします。 Eusebius, with his complete knowledge of early Christian literature, states that they were among the books universally recognized in the Church ta para pasin homologoumena ("Hist. eccl.", II, xxii, III, iii; "Præp. evang.", II, xiv, 7; xvi, 3).ユーセビアス、彼の完全な初期キリスト教の知識を文学、州していた普遍的で認識された書籍の中の教会このpara pasin homologoumena ( "履歴です。 eccl 。 " 、 2世、 xxii 、 3世、 3世; " præpです。 evang 。 " 、 2世、 14 、 7 、 16 、 3 ) 。 They are found in the early Latin and Syriac Versions.彼らはラテン語とシリアの早期発見されたバージョンです。 St. Clement of Alexandria speaks of them (Strom., II, III), and Tertullian expresses his astonishment that they were rejected by Marcion (Adv. Marcion, V, xxi), and says they were written by St. Paul to Timothy and Titus; evidently their rejection was a thing hitherto unheard of.聖クレメントアレクサンドリアのうわさをして( strom. 、 2世、 3世) 、および彼の驚きを表現していたテルトゥリアヌス拒否さmarcion ( adv. marcion 、 V電源、 xxi ) 、と述べていたと書かれた聖パウロのティモシータイタス;明らかに拒絶反応は、これまで知られていないものです。 They are ascribed to St. Paul in the Muratorian Fragment, and Theophilus of Antioch (about 181) quotes from them and calls them the "Divine word" (theios logos).彼らは生得的には、聖パウロmuratorianフラグメント、およびテオフィロスのアンティオキア(約181 )の発言を引用し、通話して、 "神の言葉" ( theiosロゴ) 。 The Martyrs of Vienne and Lyons (about 180) were acquainted with them; and their bishop, Pothinus, who was born about AD 87 and martyred in 177 at the age of ninety, takes us back to a very early date.殉教者のヴィエンヌとライアンズ(約180 )が知り合いにして;とその司教、 pothinus 、 whoが生まれたの広告については87と177殉教者のように90歳の時に、問い合わせ省略しては非常に初期の日です。 His successor, St. Irenæus, who was born in Asia Minor and had heard St. Polycarp preach, makes frequent use of the Epistles and quotes them as St. Paul's.彼の後継者、聖irenæus 、 who小アジア生まれの聖polycarp説教とは聞いた、との書簡を引用符で頻繁に使用することとして聖パウロのです。 He was arguing against heretics, so there could be no doubt on either side.彼は異端と反論するので、どちらの側には間違いない。 The Epistles were also admitted by Heracleon (about 165), Hegesippus (about 170), St. Justin Martyr, and the writer of the "Second Epistle of Clement" (about 140). heracleonも認められたの書簡(約165 ) 、 hegesippus (約170 ) 、聖ジャスティン殉教者、およびその作家は、 " 2番目の信徒のクレメント" (約140 ) 。 In the short letter which St. Polycarp wrote (about 117) he shows that he was thoroughly acquainted with them.は、短い手紙を書いたpolycarpセント(約117 )彼によると彼は徹底的に精通している。 Polycarp was born only a few years after the death of Saints Peter and Paul, and as Timothy and Titus, according to the most ancient traditions, lived to be very old, he was their contemporary for many years. polycarpほんの数年生まれの死亡後、聖者のピーターとポール、ティモシーとタイタスと、古代の伝統によると、大半は、住んされる非常に古い、彼は長年の間に現代的です。 He was Bishop of Smyrna.彼は大主教スミュルナです。 only forty miles from Ephesus, where Timothy resided.エフェソスのみ四十マイルから、どこに住んティモシーです。 St. Ignatius, the second successor of St. Peter at Antioch, was acquainted with Apostles and disciples of the Apostles, and shows his knowledge of the Epistles in the letters which he wrote about AD 110.聖イグナチオ、聖ペテロの後継者で2番目のアンティオキア、知り合いには、使徒と弟子たちは、使徒、およびテレビ番組と彼の知識を、書簡は、広告の手紙を書いた約110 。 Critics now admit that Ignatius and Polycarp knew the Pastorals (von Soden in Holtzmann's "Hand-Kommentar", III, 155; "Ency. Bib.", IV); and there is a very strong probability that they were known also to Clement of Rome, when he wrote to the Corinthians about AD 96.今すぐ批判を認めることを知っているpolycarpイグナティウスとpastorals (フォンゾーデン、ホルツマンの"手- kommentar " 、 3 、 155 ; " encyです。よだれ掛け。 " 、 4 ) ;と確率には、非常に強いことも知られていたのをクレメントローマで、それは彼に手紙をコリンチャンスについての広告96 。

In judging of the early evidence it should be borne in mind that all three Epistles claim to be by St. Paul.が判断さの証拠の早期ばならない負担を念頭に置いて、すべての3つの聖パウロの書簡を請求される。 So when an early writer shows his familiarity with them, quotes them as authoritative and as evidently well known to his readers, it may be taken as a proof not only of the existence and widespread knowledge of the Epistles, but that the writer took them for what they claim to be, genuine Epistles of St. Paul; and if the writer lived in the time of Apostles, of Apostolic men, of disciples of Apostles, and of Timothy and Titus (as did Ignatius, Polycarp, and Clement) we may be sure that he was correct in doing so.彼のように早期に精通する作家を示して、それらを引用符で権威と明らかによく知られて彼の読者として、それを証明することができるだけでなく、広範な知識が存在するとの書簡が、それがかれらをその作家どのような主張を彼らは、正規の書簡の聖パウロ、および作家に住んでいる場合は、時間の使徒、ローマ教皇の男性は、弟子の使徒、とのティモシーとティトゥス(イグナティウスとしては、 polycarp 、およびクレメント)することがあります彼は正しいことを確認してすることができます。 The evidence of these writers is, however, very unceremoniously brushed aside.その証拠に、これらの作家は、しかし、非常にあっさりとブラシはさておき。 The heretic Marcion, about AD 150, is held to be of much more weight than all of them put together. marcion 、異端者、約150の広告は、開催されてそれらのすべてのよりもはるかに体重をまとめる。 "Marcion's omission of the pastorals from his canon tells heavily against their origin as preserved in tradition. Philemon was accepted by him, though far more of a private note than any of the pastorals; and the presence of elements antagonistic to his own views need not have made him exclude them, since he could have easily excised these passages in this as in other cases" (Ency. Bib., IV). " marcionの不作為は、彼のキヤノンpastoralsから指示に反してその起源として多額の伝統に保存されています。ピレモン彼は受け入れられて、はるかにかかわらず、民間のいずれかの注意よりもpastorals ;と拮抗する要素が存在する自分自身の再生回数必要はありません。彼は除外し、以来彼は、これらの通路が簡単に切除その他の場合のように、この" ( ency.よだれ掛け。 、 4 ) 。 Marcion rejected the whole of the Old Testament, all the Gospels except St. Luke's, which he grossly mutilated, and all the rest of the New Testament, except ten Epistles of St. Paul, texts of which he changed to suit his purposes.全体のmarcion拒否し、旧約聖書は、すべての聖ルカの福音書を除いて、彼はひどく損傷し、新約聖書のすべての残りの部分を除いて10の聖パウロの書簡、文章で彼は自分の目的に合わせて変更します。 Philemon escaped on account of its brevity and contents.ピレモンへの手紙のエスケープ処理を簡潔にするためのアカウントと内容です。 If he crossed out all that was objectionable to him in the Pastorals there would be little left worth preserving.もし彼のすべての交差するのは好ましくないしてかれに左の価値はほとんどpastoralsあるが保持します。 Again, the testimony of all these early writers is regarded as of no more value than the opinion of Aristotle on the authorship of the Homeric poems (ibid.).繰り返しになりますが、これらの初期の作家のすべての証言と見なされるのは、これ以上の値を検索するよりも原作者の意見をアリストテレスは、ホメロスの詩( ibid. ) 。 But in the one case we have the chain of evidence going back to the times of the writer, of his disciples, and of the persons addressed; while Aristotle lived several hundred years after the time of Homer.しかし、 1つのケースでは、証拠の連鎖は、話を戻して、時代の作家、彼の弟子たち、そして、関係者に対処;ながらアリストテレス時間の後に住んで数百年のホームランです。 "The early Christian attitude towards 'Hebrews' is abundant evidence of how loose that judgment [on authorship] could be" (ibid.). "初期キリスト教的な態度'ヘブル人への手紙'が豊富な証拠をどのように判断ゆるい[ [原作者]が" ( ibid. ) 。 The extreme care and hesitancy, in some quarters, about admitting the Pauline authorship of the Epistle to the Hebrews when contrasted with the universal and undoubting acceptance of the Pastorals tells strongly in favour of the latter.極端なケアとためらい、いくつかの宿舎、約認めるのポーリーンへブル人への信徒への原作者は、対照的に、普遍的かつ疑わないときを承認した旨を強く指示pastorals後者に賛成します。

Publication information Written by Cornelius Aherne.出版物の情報執筆者コルネリウスaherneです。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラスj.ポッター転写されています。 Dedicated to the Immaculate Heart of the Blessed Virgin Mary The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.専用の中心部にして無原罪聖母マリアのは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

JAMES, Genuineness and Authorship of the Pastoral Epistles (London, 1906); JACQUIER, Hist.ジェームズは、原作者の誠実さと田園の書簡(ロンドン、 1906 ) ; jacquier 、履歴です。 du Nouveau Test., I (Paris, 1906; tr. DUGGAN, London); Introductions to N. Test, by CORNELY, SALMON, and other Scriptural scholars; HEADLAM in Church Congress Reports (London, 1904); The Church Quart.デュヌーボーテストします。 、私(パリ、 1906 ; tr 。 duggan 、ロンドン) ;名を紹介してテスト、 cornely 、サケ、およびその他の聖書学者; headlamでは教会会議報告書(ロンドン、 1904 ) ;の教会クオートします。 Rev, (October, 1906; January, 1907); BISPING, Erklärung der drei Past.改訂、 ( 10月、 1906 ;年1月、 1907 ) ; bisping 、 erklärung der drei過去のです。 (Münster, 1866); WEISS, Tim. (ミュンスター、 1866 ) ;ワイス、ティムです。 und Tit. und駿馬がいるところ。 (Göttingen, 1902); BERNARD, The Pastoral Epistles (Cambridge, 1899); LILLEY, The Pastoral Epistles (Edinburgh, 1901); GORE, Orders and Unity (London, 1909); WORKMAN, The hapax Legomena of St. Paul in Expository Times, VII (1896), 418 HORT, Judaistic Christianity (London, 1898); BELSER. (ゲッティンゲン、 1902 ) ;バーナードは、田園の書簡(ケンブリッジ、 1899 ) ;リリーは、田園の書簡(エジンバラ、 1901 ) ;ゴア、受注と団結(ロンドン、 1909 ) ;職人は、 hapax legomenonの複数の聖パウロの解説回、 7 ( 1896 ) 、 418ホルト、 judaisticキリスト教(ロンドン、 1898 ) ; belserです。 Die Briefe des Apostels Paulus an Timoth.死ぬbriefeデapostelsパウルスのtimothです。 u. Titus (Freiburg); KNOWLING has a good defence of the Pastorals in The Testimony of St. Paul to Christ; see also his article in the Critical Review (July, 1896); RAMSEY.タイタス(フライブルク) ; knowlingの防衛のためには、良いpastoralsでの証言をイエスキリストの聖パウロ;こちらも彼の記事は、重要な日( 2003年7月、 1896 ) ;ラムジーです。 Expositor (1910).エクスポジター( 1910 ) 。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです