Book of Tobit, Tobias予約のトビト書、トビアス

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合情報

Tobit, or Tobias, is a book in the Old Testament Apocrypha, written (c.200 - 170 BC) in Hebrew or Aramaic and constructed as a didactic romance.トビト書か、またはトビアスは、本で、旧約聖書の外典、書面( c.200 -1 70紀元前) i nヘブライ語またはアラム語とロマンス教則として構築します。 It became popular among Hellenistic Jews and Christians in its Greek translation.ヘレニズムことがユダヤ人とキリスト教徒の間で人気は、ギリシャ語の翻訳です。 The book relates how Tobit, a devout Jew in exile in Assyria, and his son Tobias were rewarded for their piety and good deeds.この本の関連どのようトビト書、敬虔なユダヤ人、アッシリアに亡命し、彼の息子トビアスが信心深さと善行に報われる。 Tobit buried the bodies of executed Jews in Nineveh.トビト書葬られたユダヤ人の遺体のニネベ実行します。 Despite this and other good works, he was blinded.にもかかわらず、これを他の良い作品、彼は目が見えなくなる。 As he prayed for God to end his life, Sarah, a widow whose seven husbands have each been killed by the demon Asmodeus on their wedding night, also entreats God to end her misery.彼は神に祈ったとして彼の人生終わり、サラは、 7つの未亡人の夫が殺害され、各悪魔asmodeusして結婚式の夜、また彼女の悲惨entreats神を終了します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In answer to these prayers, God sends the angel Raphael to Earth to help them.これらの祈りに答えて、神がわたしたちを地球に送信し、天使ラファエルを支援します。 Tobias marries Sarah and, with Raphael's help, overcomes the demon and restores his father's sight.トビアスサラと結婚、ラファエルのヘルプ、克服し、悪魔と彼の父の光景を復元します。 The demonology, magic, and folklore motifs in the story show affinities with ancient Near Eastern stories from 500 BC on.の悪魔、魔法、および民間伝承の物語詳細アフィニティをモチーフに古代の物語から500紀元前に近い東部です。

Norman K Gottwaldノーマンkゴットワルト

Bibliography 書誌事項
LH Brockington, A Critical Introduction to the Apocrypha (1961); S Zeitlin, ed., Jewish Apocryphal Literature (1958). lh brockington 、批判的な導入を外典( 1961 ) ;秒ザイトリン、エド。 、ユダヤ人の作り話の文学( 1958 ) 。


Book of Tobit, Tobias予約のトビト書、トビアス

General Information 総合情報

Tobit is a book of the Old Testament in those versions of the Bible following the Greek Septuagint (generally Roman Catholic and Orthodox versions).トビト書は、予約は、旧約聖書ではこれらの聖書のバージョンの次の、ギリシャのセプトゥアギンタ(通常はローマカトリックと正統派のバージョン)です。 It does not appear in the Hebrew Bible and is placed with the Apocrypha in Protestant versions of the Bible.それが表示されない場合が置かれ、ヘブライ語聖書と、聖書外典、プロテスタントのバージョンのです。

The narrative is set in the ancient Assyrian capital of Nineveh sometime between the latter part of the 8th century BC, after the defeat of the kingdom of Israel by Assyria, and the destruction of Nineveh in 612BC.設定するには、古代の物語は、アッシリアの首都ニネベいつかの間に紀元前8世紀後半に、敗北した後、イスラエル王国では、アッシリア、ニネベの破壊と612bcです。 Modern scholars generally agree, however, that Tobit reflects little that can be considered genuine history, except perhaps the names of some of the characters.現代の学者大体同意する、しかし、それを反映トビト書リトルことができると考え、正規の歴史の名前を除いておそらく、いくつかの文字です。 A type of wisdom literature, the book was probably written as late as the 2nd or even the 1st century BC in Palestine.ある種の知恵文学、その本が遅ければ、おそらく書かれた第2回やパレスチナでさえ、紀元前1世紀です。 The author is unknown.の著者は不明です。 The language of the original was either Aramaic or Hebrew; the oldest surviving complete text is, however, in Greek.のいずれかの言語は、元のは、アラム語やヘブライ語;最古の存続完全なテキストが、しかし、ギリシャ語です。 In 1955 fragments of the book in Aramaic and in Hebrew were recovered at Qumrân (see Dead Sea Scrolls).断片化した本を1955年にアラム語とヘブライ語が回収さqumrân (死海文書を参照) 。

The narrative begins with Tobit, a pious Israelite of the tribe of Naphtali, who has become blind in Nineveh despite his good works and uprightness.トビト書の物語の始まりは、信心深いイスラエルの部族のナフタリ、 whoは、視覚障害者になるにもかかわらず、彼の良い作品と垂直ニネベです。 Sorely afflicted, he asks God to let him die (see 1:1-3:6).痛んで苦しんでいる、彼は神の要求を惜しんだ死ぬ( 1:1-3:6 ) 。 On the very day of Tobit's prayer, Sarah, a young relative of Tobit living in the Median capital, Ecbatana, also prays for death.トビト書上の祈りのまさに当日に、サラは、相対的に若いトビト書に住んで正中資本、 ecbatana 、祈りをささげるためにも死に至る。 She has been married seven times, and every one of her husbands has been killed on their wedding night by the jealous demon Asmodeus.彼女は結婚7回、およびごとに1つの彼女の夫が殺された結婚式の夜に嫉妬して悪魔asmodeusです。 The prayers of both are heard, and the archangel Raphael is sent to help them (see 3:7-17).聞いたの祈りの両方のは、大天使ラファエルが送られるのを手伝ってあげましょう( 3:7-17 ) 。 At this point, Tobit decides to send his son Tobias to the Median city of Rages (now Shahr-e Rey, near Tehrân, Iran) to recover money left there in trust with a friend.この時点で、彼の息子トビアスを送信するトビト書決定して正中市のrages (今すぐシャハルメールレイ、近くtehrân 、イラン)を回復するお金が残っそこに信頼関係を強固にする友人に送る。 Raphael (disguised as Azarias, another of Tobit's relatives) appears, to accompany and guide Tobias.ラファエル( azariasを装った、別のトビト書の親戚)が表示されたら、トビアスとガイドに同行します。 En route, Tobias catches a large fish in the Tigris River and is advised by his heavenly guide to keep its heart, liver, and gall because of their magical healing properties (see 6:1-8).アンルート、トビアス大きな魚を捕まえるのチグリス川とは、彼のアドバイスを天のガイドを保持するのに心臓、肝臓、およびその魔法の治癒のためにこぶのプロパティ( 6:1-8を参照) 。 When they reach Ecbatana, the archangel persuades Tobias to marry Sarah. ecbatanaに達するときには、大天使persuadesトビアスサラの結婚をします。 On the wedding night, Tobias, using the heart and liver of the fish as instructed by the archangel, routs Asmodeus (see 6:9-8:21).上の結婚式の夜、トビアス、心臓と肝臓を使用して、魚の大天使の指示により、 routs asmodeus ( 6:9-8:21 ) 。 The next four chapters relate Raphael's journey to Rages, to recover the money held in trust.ラファエル、次の4つの章に関連への旅をrages 、お金開催された信頼を回復する。 Tobias, Sarah, and Raphael return to Nineveh, where Tobias uses the gall of the fish to restore his father's sight.トビアス、サラ、およびラファエル戻ってニネベ、どこトビアスを使用して、魚を復元するこぶの彼の父の光景です。 Raphael then reveals his identity and departs.ラファエル入力し、自分のアイデンティティと明らかに出発します。 Immediately afterward, inspired by the archangel's final exhortation, Tobit composes and recites a hymn of praise to God (chap. 13).その直後、触発された大天使の最後の勧告、トビト書recites 、賛美歌の作曲と褒め言葉を神( chap. 13 ) 。 In chapter 14, the last, Tobit lives 100 years more in great happiness and, before dying, predicts the destruction of Nineveh.で第14章の最後の、 100年以上の他の大トビト書の生活の幸せとは、死ぬ前に、ニネベの破壊を予測します。 Tobias departs with Sarah for Ecbatana, where they eventually hear of and rejoice over the fall of Nineveh before Tobias dies at the age of 127.トビアスとサラを出発ecbatana 、ここで彼らは結局の秋に聞くと喜ぶ以上のニネベトビアス死ぬ前に127歳の時にします。


Tobiasトビアス

Catholic Information カトリックの情報

We shall first enumerate the various Biblical persons and then treat the book of this name.わたしたちは聖書の最初に列挙して様々な人と入力し、治療の予約は、次の名を入力します。

I. PERSONS i.人

A. Tobias (2 Chronicles 17:8). a.トビアス( 2クロニクル17時08分) 。

Hebrew tobyyahu "Yahweh is good"; Septuagint Tobias - one of the Levites whom Josaphat sent to teach in the cities of Juda.ヘブライ語tobyyahu "ヤハウェが良い" ;セプトゥアギンタトビアス-l evites誰ヨザファトのいずれかの都市に送られるのを教えるj udaです。 The name is omitted in the Vatican and Alexandrian codices, but given in the other important Greek manuscripts and the Vulgate.の名前が省略された場合は、バチカンとアレクサンドリアのCODEC 、しかし、与えられた原稿は、他の重要なギリシアの流布本です。

B. Tobias (Zechariah 6:10). b.トビアス(ゼカリヤ6:10 ) 。

Hebrew tobyyahu, qeri tobyyah which is the reading also of verse 14; Septuagint chresimon (verse 10), tois chresimois autes (verse 14), which infers the reading tobeha; Vulgate Tobia - one of the party of Jews who came from Babylon to Jerusalem, in the time of Zorobabel, with silver and gold wherewith to make a crown for the head of Jesus, son of Josedec.ヘブライ語tobyyahu 、 qeri tobyyahこれは、読書も詩14 ;セプトゥアギンタchresimon (詩10 ) 、 tois chresimois autes (詩14 ) 、これ推測の読書tobeha ;ウルガタ聖書のトビア-のいずれかの党のユダヤ人をエルサレムバビロンw ho来たからは、時間をzorobabel 、何でシルバーとゴールドクラウンを作るための頭のイエスキリストは、息子のjosedecです。

C. Tobia (Ezra 2:60). c.トビア(エズラ2:60 ) 。

Hebrew tobyyah, "Jah is my good"; Septuagint Tobeia (Vatican), Tobias (Alexandrian), the same name occurring in Nehemiah 7:62, as Tobia and in the apocryphal III Esdras 5:37 as baenan (Vatican) or ban (Alexandrian) - one of the families that, on their return from exile, could show no written proof of their genealogy.ヘブライ語tobyyah 、 "はいは私の良い" ;セプトゥアギンタtobeia (バチカン) 、トビアス(アレクサンドリア) 、 7:62 、同じ名前のニーアマイアに発生する、とは、作り話の3世としてトビア5:37エスドラス書としてbaenan (バチカン)または禁止(アレクサンドリア) -のいずれかのご家族は、復帰してからの亡命者は、証明書が詳細に書かれた系譜ない。

D. Tobias (Nehemiah 2:10). d.トビアス(ニーアマイア2:10 ) 。

An Ammonite who together with Sanaballat the Horonite opposed the fortification of Jerusalem by Nehemias (Nehemiah 2:19; 4:3; 6:17; 13:4, 8).アンモナイトと一緒にするsanaballat who horoniteに反対して、エルサレムを強化nehemias (ニーアマイア2:19 ; 4:3 ; 6:17 ; 13:4 、 8 ) 。 He is called "the servant"; we can only conjecture what that means.と呼ばれる彼は"使用人" ;推測することしかどのようなことを意味します。 Cheyne (Encyclopedia Biblica, sv) thinks that haebed, servant, is a mistake for ha arbi, the Arab.チェーンストークス(百科事典biblica 、 sv文書)と考えている。 haebed 、使用人、任意のは、大きな間違いをハ、アラブのです。

E. Tobias (2 Maccabees 3:11). e.トビアス( 2 maccabees 3:11 ) 。

The father of Hircanus. hircanusの父です。

F. Tobias (Tobit 1:29, and passim).女性トビアス(トビト書1:29 、およびここかしこに) 。

The son of the following.の息子には、次のです。

G. Tobias the elder. g.トビアスの高齢者です。

The chief character in the book that bears his name.その本の長さの文字をクマは彼の名を入力します。

II. Ⅱ 。 BOOK OF TOBIAS予約のトビアス

A canonical book of the Old Testament.正規の本を、旧約聖書のです。

A. Name a.名

In Codex Alexandrinus, biblos logon Tobit; in Vaticanus, Tobeit; in Sinaiticus, Tobeith; in Latin manuscripts Liber Tobiae, Liber Tobit et Tobiae, Liber utriusque Tobiae.にコーデックスのアレクサンドリア写本、ビブロスログオントビト書;でvaticanus 、 tobeit ;でsinaiticus 、 tobeith ;はラテン語tobiae原稿の独立した、独立したトビト書et tobiae 、両方の独立したtobiaeです。 In the Vulgate and Hebrew Fagii both father and son have the same name, Tobias, tobyyah. fagiiウルガタ聖書とヘブライ語の両方で、父親と息子が、同じ名前の、トビアス、 tobyyahです。 In other texts and versions, the name of the father varies: tobi, "my good" is Jahweh; in Hebrew Munster; Tobit or Tobeit in the Septuagint; Tobis, or Tobit, standing for tobith "goodness" of Jahweh, in the Old Latin.他のテキストとのバージョンでは、変化の父の名前:トビ、 "私の良い"はjahweh ; inヘブライ語マンステール;トビト書またはtobeitは、セプトゥアギンタ; tobisか、またはトビト書、 tobith立って、 "善" jahwehは、旧ラテン語です。

B. Text and Versions b.テキストおよびバージョン

The original text, supposed to have been Hebrew, is lost; the reasons assigned for an Aramaic original warrant only a probable opinion that an Aramaic translation influenced our present Greek versions.オリジナルのテキスト、仮定されたヘブライ語、が失われるとし、オリジナルの令状を理由に割り当てられたのアラム語のみを予想する意見がアラム語ギリシャ語の翻訳私たちの現在のバージョンに影響します。

(1) Vulgate Versions ( 1 )ウルガタ聖書のバージョン

St. Jerome had not yet learned Aramaic, when, with the aid of a rabbi who knew both Aramaic and Hebrew, he made the Vulgate version.聖ジェロームはまだアラム語を学んだとき、ラビの助けを借りてwhoアラム語とヘブライ語の両方を知っていた、彼は、ウルガタ聖書のバージョンです。 The rabbi expressed in Hebrew the thought of the Aramaic manuscripts and St. Jerome straightway put the same into Latin.のラビヘブライ語で表現さを考えると、アラム語の原稿と聖ジェローム一直線に置くと同じラテン語です。 It was the work of only a day (cf. Praef. in Tobiam).それは、仕事を一日のみ( cf. praef 。 tobiam ) 。 The Old Latin certainly influenced this hurried version.確かに、この急いでラテン語の古いバージョンに影響します。 The Vulgate recension of the Aramaic version tells the story in the third person throughout, as do the Aramaic of Neubauer and the two Hebrew texts of Gaster (HL and HG), whereas all the other texts make Tobias speak in the first person up to 3:15.ウルガタ聖書の校訂本は、アラム語版の指示で3番目の人の物語を通して、 neubauerには、アラム語、ヘブライ語と2つの文章の腹部( hlとhg )が、トビアスの他のすべてのテキストで話すの最初の人に最大3 : 15 。 The following passages occur in the Vulgate alone: the wagging of the dog's tail (11:9); the comparison of the coating on Tobias's eye to the membrane of an egg (11:14); the wit of half an hour while the gall of the fish effected its cure (11:14); Tobias closing of the eyes of Raguel and Edna in death; also 2:12, 2:18, 3:19, 3:24, 6:16-18, 6:20-21, 8:4-5, 9:12b.ウルガタ聖書は、次の通路に発生するだけ:犬のしっぽを振ることは、 ( 11時09分) ;の比較は、トビアスの上に目をコーティング膜の中に卵( 11:14 ) ; 、一人の機知の中で1時間半のこぶその治療法は、魚の影響( 11:14 ) ;トビアス閉鎖ラグエルとエドナの目には、死;も2:12 、 2:18 、 3:19 、 3:24 、 6:16-18 、 6:20 -21 、 8:4-5 、 9時12 b. Some parts of the Vulgate, such as the continence of Tobias (6:18; 7:4), were looked upon at times as Christian interpolations of Jerome until they were found in one of Gaster's Hebrew texts (HL).いくつかの部分の流布本などの失禁のトビアス( 6:18 ;午前7時04分) 、キリスト教がinterpolations倍の顔には彼らが発見されるまでのジェローム腹部のヘブライ語の1つのテキスト( hl ) 。 Lastly, the Vulgate and HL omit all mention of Ahikhar; Achior of Vulgate 11:20, is probably an addition to the text.最後に、すべての流布本と言及したhl省略ahikhar ; 11:20ウルガタ聖書のachiorのは、多分に加えて、テキストです。

(2) Aramaic Versions ( 2 )アラム語バージョン

Besides the Aramaic version used by Jerome and now lost, there is the extant Aramaic text recently found in an Aramaic commentary on Genesis, "Midrash Bereshit Rabba".アラム語版に加えて、ジェローム、現在使用されて失われ、現存アラム語のテキストには、最近発見さ創世記のアラム語解説し、 "ミドラーシュbereshit rabba "です。 The writing of this midrash is fifteenth-century work; it contains the Book of Tobias as a haggada on the promise Jacob makes to give tithes to God (Genesis 28:22).の書き込みは、次のミドラーシュは、 15世紀の仕事;ことには、予約のトビアスとしてhaggada上の約束を与えるジェイコブは十分の一を神(創世記28:22 ) 。 Neubauer edited the text, "The Book of Tobit, a Chaldee Text from a unique manuscript in the Bodleian Library" (Oxford, 1878).テキストの編集をneubauer 、 "この本のトビト書は、ユニークな原稿からテキストをchaldeeは、 bodleianライブラリ" (オックスフォード大学、 1878 ) 。 He thinks that it is a briefer form of Jerome's Aramaic text.と思っていることは、ジェロームのアラム語のテキスト形式の概要を説明する。 This is not likely.これではないそうです。 The language is at times a transliteration of Greek and gives evidence of being a transliteration of one or other of the Greek texts.先回の言語は、ギリシャ語と転写が、転写の証拠を与えるのは、ギリシャ語のいずれかまたは他のテキストです。 It agrees with the Vulgate in that from the outset the tale of Tobias is told in the third person; otherwise it is closer to Codex Vaticanus and closer still to Codex Sinaiticus.それに同意することから、ウルガタ聖書の物語の冒頭のTobiasは3番目の人は、他のことはまだ近くにコーデックスvaticanusと緊密にコーデックスsinaiticusです。

(3) Greek versions ( 3 )ギリシャ語のバージョン

There are three Greek recensions of Tobias.ギリシャ語には3つのトビアスrecensionsのです。 We shall refer to them by the numbers given to the Vatican and Sinaitic codices in Vigouroux, "La sainte bible polyglote", III (Paris, 1902).我々はそれらを参照して指定された数字を、バチカンとsinaitic codexの複数のvigouroux 、 "ラサント聖書polyglote " 、 3世(パリ、 1902 ) 。

(a) AB, the text of the Alexandrian (fifth century) and Vatican (fourth century) codices. (ア)アルバータは、テキストは、アレクサンドリア( 5世紀)とバチカン( 4世紀)のCODECです。 This recension is found in many other codices of the Greek text, has been used for centuries by the Greek Church, is incorporated into the Sixtine edition of the Septuagint, and has been translated into Armenian as the authentic text of that rite.この校訂本が見つかった他の多くのCODECは、ギリシャ語のテキストは、何世紀には使用されて、ギリシャの教会、 sixtine版が組み込まれ、セプトゥアギンタ、とされ、本物のテキストとしてアルメニア語に翻訳され、その儀式です。 AB is preferred to the Sinaitic recension by Nöldeke, Grumm, and others, and yet rated by Nestle, Ewald, and Haris as a compendium rather than as a version of the entire original text.アルバータが推奨されnöldeke校訂本をsinaitic 、 grumm 、およびその他、およびネスレはまだありません定格され、エワルド、とハリス大要としてではなく、全体としてのバージョンの元のテキストです。 It condenses Edna's Prayer (x, 13), omits the blessing of Gabael (9:6), and has three or four unique readings (3:16; 14:8-10; 11:8).それ凝縮エドナの祈り( x 、 13 ) 、省略の祝福をgabael ( 9時06分)とは3つまたは4つのユニークな測定値( 3:16 ; 14:8-10 ;午前11時08分) 。

(b) Aleph, the text of the Sinaitic (fourth-century) Codex.結果( b )アレフは、テキストをsinaitic ( 4世紀)コーデックスです。 Its style is very much more diffuse than that of AB, which seems to have omitted of set purpose many stichoi of Aleph -- cf.そのスタイルは非常にびまん性に比べてはるかにアルバータ、どのように設定が省略された場合の目的のための多くのstichoiアレフ-継続前誌です。 2:12, "on the seventh of Dustros she cut the web"; 5:3, the incident of the bond divided into two parts, one for Tobias and the other for Raguel; 5:5, the long conversation between Raphael and young Tobias; 6:8; 10:10; 12:8, etc. Aleph omits 4:7-19, and 13:6b-9, of AB. 2:12 、 "第7回のウェブdustros彼女を削減する" ;午前5時03分、この事件は、債券の2つの部分に分かれて、 1つは、他のためトビアスとラグエル;午前5時05分、ラファエルとの間の長い会話若年トビアス;午前6時08分; 10:10 ;午前12時08分、アレフ等を省略4:7-19 、および13時06 b - 9 、アルバータします。

(c) The text of Codices 44, 106, 107 for 6:9-13:8.-The first portion (1:1-6:8) and the last (13:9 to end) are identical with AB; the remainder seems to be an attempt at a better version of the original text. (ウ) codexの複数のテキストを44 、 106 、 107の最初の部分を6:9-13:8 .- ( 1:1-6:8 )との最後の( 13時09分に終了)は、同一アルバータ;の残りの試みと思われるより良いバージョンは、元のテキストです。 Independent work is shown by 6:9 to 7:17; 8:1 to 12:6, is very close to the Syriac and nearer to Aleph than to AB; 12:7-13:8 resembles each text in various small details. 6時09分に独立した仕事が表示さ7:17 ; 8:1を12時06分、シリアは非常に近いとのアルバータよりも近づいてアレフ; 12:7-13:8に似てそれぞれのテキストを様々な小規模の詳細です。 Distinctive readings of these cursives are Edna's Gnostic prayer, "Let all the Æons praise thee" (8:15); and the fact that Anna saw the dog running before Tobias (11:5).これらの測定値は、独特のcursivesエドナのグノーシス主義の祈り、 "レットのすべての褒め言葉æonsなた" ( 8:15 ) ;と犬を見たという事実を実行する前にアンナトビアス( 11時05分) 。 (d) What seems to be a third recension of the second chapter is presented in Grenfell and Hunt, "Oxyrhyneus Papyri" (Oxford, 1911), part viii. (エ)は何と思われる校訂本の3番目の2番目の章では提示さグレンフェルとハント、 " oxyrhyneus papyrusの複数形" (オックスフォード大学、 1911 ) 、パートⅧ 。 The text differs from both AB and Aleph and consequently the Greek cursives.アルバータとの両方からのテキストが異なるため、ギリシャのcursivesアレフとします。

(4) Old Latin Versions ( 4 )古ラテン語のバージョン

Previous to the Latin Vulgate translation of the Aramaic recension (see above) there existed at least three Old Latin versions of a Greek text which was substantially Aleph; (a) the recension of Codex Regius Parisiensis 3654 and Codex 4 of the Library of St-Germain; (b) the recension of Cod.前のラテンのウルガタ聖書の翻訳は、アラム語校訂本(上記参照)が存在し、少なくとも3つのバージョンの古ラテン語は、ギリシャ語のテキストを大幅にアレフ; ( a )は校訂本のコーデックスparisiensis王3654とは、ライブラリのコーデックス4セント-ジェルマンこと、 ( b )の校訂本のタラです。 Vat.付加価値税です。 7, containing 1-6:12; (c) the recension of the "Speculum" of St. Augustine. 7日、含有1-6:12いる、 ( c )の校訂本は、 "鏡"の聖アウグスティヌスです。

(5) Syriac Version ( 5 )シリア語版

Down to 7:9, it is a translation of AB; thereafter, it agrees with the Greek cursive text, save that 13:9-18, is omitted.ダウンを午前7時09分、それは、翻訳文のアルバータ;その後、草書体のことに同意するギリシャ語のテキストは、割引率を13:9-18は、省略している。 This second part is clearly a second recension; its proper names are not spelled as in the first part.この2番目の部分は明らかに2番目の校訂;そのつづりのように適切な名前はないの最初の部分です。 Ahikhar (14:10) is Achior (2:10); 'Edna (7:14) is 'Edna (7:2) 'Arag (9:2) is Raga (4:1, 4:20). ahikhar ( 14:10 )はachior ( 2:10 ) ; 'エドナ( 7:14 )は、 'エドナ( 7時02分) ' arag ( 9時02分)は、ラーガ( 4:1 、 4:20 ) 。

(6) Hebrew Versions ( 6 )ヘブライ語バージョン

There are four Hebrew versions of this deuterocanonical story:これには4つのヘブライ語のバージョンの第二正典ストーリー:

(a) HL, Hebrew Londinii, a thirteenth-century manuscript, found by Gaster in the British Museum, and translated by him in the "Proceedings of the Soc. of the Bibl. Archaeology" (xvii and xx). (ア) hl 、ヘブライ語londiniiは、 13世紀の写本は、発見された腹部のは、大英博物館、および翻訳さ彼は、 "手続きは、 SoCのです。は、 bibl 。考古学" ( 17とのXX )です。 Besides a cento of Scriptural exhortations, this manuscript contains the narrative portion of Tobias, translated, Gaster thinks, from a text that stood in closest relation to the Aramaic used by St. Jerome.チェントの聖書のほかは、 exhortations 、この原稿には、物語の部分トビアス、翻訳、腹部の考えは、テキストが立っていたから近い関連して、アラム語で使用されて聖ジェロームです。 It is just possible, though not in the least probable, that the thirteenth-century Jewish author of HL made use of the Vulgate.ことが可能なだけではありませんが、最も低い確率は、 13世紀は、ユダヤ人の著者hl作ら流布本使用する。

(b) HG, Hebrew Gasteri, a text copied by Gaster from a midrash on the Pentateuch and published in the "Proc. of the Soc. of Bib. Arch."結果( b ) hg 、ヘブライ語gasteriは、通常のテキストをコピーされ、腹部から五ミドラーシュと掲載された"第SoCのです。のよだれ掛け。アーチ。 " (xix). ( 19 )です。 This manuscript, now lost, agreed with the Aramaic of Neubauer and was in a compact style like that of the Vulgate recension.この原稿は、今すぐ失われ、賛成してneubauerとはアラム語のような、コンパクトなスタイルのウルガタ聖書の校訂本です。

(c) HF, Hebrew Fagii, a very free translation of AB, done in the twelfth century by a Jewish scholar: it is found in Walton's "Polyglot". ( c )心不全、ヘブライ語fagii 、非常に無料の翻訳アルバータ、行われ、 12世紀にされたユダヤ人の学者:ことが発見さウォルトンの"多言語で書かれた"です。

(d) HM, Hebrew Munsteri, published by Munster in Basle AD 1542, found in Walton's "Polyglot". (エ) hm 、ヘブライ語munsteri 、広告のバーゼル1542で公開されマンステールで、発見さウォルトンの"多言語で書かれた"です。 This text agrees as a rule with Neubauer's Aramaic, even when the latter is at variance with AB.このテキストは、原則として同意をneubauerのアラム語、後者の場合には差異アルバータします。 It is, according to Ginsburg, of fifth-century origin.これは、ギンズバーグによると、 5世紀の起源です。 The Hebrew versions together with the Aramaic omit reference to the dog, which plays a prominent part in the other versions.アラム語、ヘブライ語のバージョンと一緒に、犬の参照を省略する、劇を演じるには、他のバージョンです。 The foregoing review of the various and diverse recensions of the Book of Tobias shows how hard it would be to reconstruct the original text and how easily textual errors may have crept into our Vulgate or the Aramaic on which it depends.前述のレビューをrecensionsの様々な、多様な方法については、予約のトビアス示してハードを再構築することが、元のテキストと簡単にテキスト形式のエラーがどのように私たちがこっそりウルガタ聖書のアラム語、またはそれに左右されています。

C. Contents c.内容

Unless otherwise stated, these references are to the Vulgate recension, whereof the Douay is a translation.特に記載のない限り、これらの参考文献をウルガタ聖書の校訂本は、 whereofのドウエーは翻訳版です。 The story naturally divides itself into two parts:自然に自分自身の物語を2つの部分に分ける:

(1) The fidelity of Tobias the elder and of Sara to the Lord (1:1-3:25) ( 1 )の忠実度のトビアスとサラの高齢者を主( 1:1-3:25 )

The fidelity of Tobias (1:1-3:6) shown by his acts of mercy to fellow captives (1:11-17) and especially to the dead (1:18-25), acts that resulted in his blindness (2:1-18), the taunts of his wife (2:19-23), and the recourse of Tobias to God in prayer (3:1-6).の忠実度のトビアス( 1:1-3:6 )自分の行為の慈悲を示され捕虜研究員( 1:11-17 )と、特にして死んで( 1:18-25 ) 、彼の行為その結果失明( 2 :1 - 18 ) 、妻のtaunts ( 2:19-23 )と、神に祈りを頼みの綱のトビアス( 3:1-6 ) 。

The fidelity of Sara, daughter of Raguel and Edna (3:7-23).サラの忠実度、ラグエルの娘とエドナ( 3:7-23 ) 。 The very day that Tobias in Ninive was taunted by his wife and turned to God, Sara in Ecbatana was taunted by her maid as the murderess of seven husbands (3:7-10), and turned to God in prayer (3:11-23).トビアスでのまさに当日にはtaunted niniveは神によって彼の妻とし、背き、サラは彼女のメイドtaunted ecbatanaは、 7つの女性の殺人者としての夫( 3:7-10 ) 、とし、背きを神に祈り( 3:11 - 23 ) 。 The prayers of both were heard (3:24-25).の両方の祈りが聞こえて( 3:24-25 ) 。

(2) The fidelity of the Lord to Tobias and to Sara through the ministrations of the angel Raphael (4:1-12:22). ( 2 ) 、フィデリティは、主にministrationsトビアスとサラを通じて、天使ラファエル( 4:1-12:22 ) 。

Raphael cares for the young Tobias on his journey to Gabael in Rages of Media to obtain the ten talents of silver left in bond by his father (4:1-9:12).ラファエルの苦労を、彼の旅をする若いトビアスgabael ragesのメディアを入手するには10の才能を左に結合され銀の父親( 4:1-9:12 ) 。 The young man set out, after long instruction by his father (4:1-23); Raphael joins him as guide (5:1-28); Tobias while bathing in the Tigris is attacked by a large fish, catches it, and, at the advice of Raphael, keeps its heart, liver, and gall (6:1-22); they pass through Ecbatana, stop at Raguel's; Tobias asks Sara for wife and receives her (7:1-20); by continence and exorcism and the odor of the burning liver of the fish and the aid of Raphael, he conquers the devil who had slain the seven previous husbands of Sara (8:1-24); Raphael gets the money of Gabael in Rages, and brings him to Ecbatana to the marriage celebration of young Tobias (9:1-23).設定するが、若者は、長い命令をした後、父親( 4:1-23 ) ;ラファエル結合彼としてガイド( 5:1-28 ) ;トビアスながらの入浴は、チグリス川は、大きな魚の攻撃を受けて、キャッチして、は、ラファエルの忠告を無視し、保持、心臓、肝臓、およびこぶ( 6:1-22 ) ; ecbatana彼らを通過、停止をラグエルの;トビアス要求を受信サラの妻と彼女( 7:1-20 ) ;を失禁と悪魔払いと肝臓のにおいが燃え、魚やラファエルの助けを借りて、彼は悪魔に打ち勝つwhoが殺害された7つの前の夫のサラ( 8:1-24 ) ;ラファエルgabaelを取得するのにお金rages 、およびもたらす彼にecbatanaの結婚のお祝いを若いトビアス( 9:1-23 ) 。

Raphael cures the blindness of the elder Tobias, on the return of his son, and manifests the truth that he is an angel (10:2-12:31).高齢者の失明の治療法のラファエルトビアスは、彼の息子の返還を、およびマニフェストの真実を彼は天使( 10:2-12:31 ) 。 Conclusion: the hymn of thanksgiving of Tobias the elder, and the subsequent history of both father and son (13:1-14:7).結論:感謝祭の賛美歌のトビアスの長老とし、以降の歴史の両方の父親と息子( 13:1-14:7 ) 。

D. Purpose d.目的

To show that God is faithful to those that are faithful to Him is evidently the chief purpose of the book, Neubauer (op. cit., p. xvi) makes out the burial of the dead to be the chief lesson; but the lesson of almsgiving is more prominent.に表示することは神はそれらを忠実に忠実には、彼は明らかにチーフの目的は、書籍、 neubauer ( op. 〜 Cit 。 、 p. 16 )にして埋葬されるの首席オブザデッドレッスン;しかし、教訓almsgivingは、より目立つようです。 Ewald, "Gesch. des Volkes Israel", IV, 233, sets fidelity to the Mosaic code as the main drift of the author, who writes for Jews of the Dispersion; but the book is meant for all Jews, and clearly inculcates for them many secondary lessons and one that is fundamental to the rest -- God is true to those who are true to Him.エーヴァルト、 " gesch 。デvolkesイスラエル" 、 4 、 233 、セットの忠誠をモザイクコードとしての主なドリフトの著者、 whoの書き込みのユダヤ人のための分散;しかし、この本のすべてのユダヤ人を意味する、と明らかにかれらinculcates多くのセカンダリのレッスンとは、基本的に1つの残り-神はt rueをそれらのw hoに該当している。

E. Canonicity e.規範

(1) In Judaism ( 1 )ユダヤ教

The Book of Tobias is deuterocanonical, ie contained not in the Canon of Palestine but in that of Alexandria.この本のTobiasは第二正典、すなわち含まれていないが、キヤノンのパレスチナしかし、アレクサンドリアのです。 That the Jews of the Dispersion accepted the book as canonical Scripture is clear from its place in the Septuagint.ユダヤ人は、その本として、分散可カノニカル啓典は、その場所は、セプトゥアギンタより明確にします。 That the Palestinian Jews reverenced Tobias as a sacred book may be argued from the existence of the Aramaic translation used by St. Jerome and that published by Neubauer, as also from the four extant Hebrew translators.ユダヤ人のパレスチナ人は、神聖な予約reverencedトビアスとしての存在を5月に主張したのアラム語からの翻訳で使用されて聖ジェロームとneubauerで公開され、現存の4つのヘブライ語からの翻訳もします。 Then, most of these Semitic version were found as Midrashim, or hagganda, of the Pentateuch.その後、ほとんどのバージョンが見つかったとして、これらのユダヤ人midrashimか、またはhagganda 、 、五します。

(2) Among Christians ( 2 )の間のキリスト教徒

Despite the rejection of Tobias from the Protestant Canon, its place in the Christian Canon of Holy Writ is undoubted.にもかかわらず、プロテスタントからの拒絶反応をトビアス、キヤノン、その場所には、キリスト教の聖書キヤノンは、紛れもない。 The Catholic Church has ever esteemed it as inspired.今まで、カトリック教会のインスピレーション尊敬しています。

St. Polycarp (AD 117), "Ad Philippenses", x, urges almsgiving, and cites Tobit 4:10, and 12:9, as authority for his urging.聖polycarp (広告117 ) 、 "広告philippenses " 、 x 、衝動almsgiving 、および引き合いに出してトビト書4:10 、および12時09分、彼の要請としての権限をします。 Deutero-Clement (AD 150), "Ad Corinthios", xvi, has praises of almsgiving that are an echo of Tobit 12:8-9.第2のクレメント(広告150 ) 、 "広告corinthios " 、 16 、 almsgivingことは称賛には、エコーのトビト書12:8-9です。

St. Clement of Alexandria (AD 190-210), in "Stromata", vi, 12 (PG, IX, 324), cites as the words of Holy Writ "Fasting is good with prayer" (Tobit 12:9); and in "Stromata", i, 21, ii, 23 (PG, VIII, 853, 1089), "What thou hatest, do not unto another" (Tobit 4:16).アレクサンドリアの聖クレメント(広告190から210まで) 、 " stromaの複数形" 、 6 、 12 (結果、 9世、 324 ) 、聖書の言葉を引き合いに出して、 "断食が良いとの祈り" (トビト書12時09分) 、および、 " stromaの複数形" 、私は、 21日、 2世、 23 (結果、 viii 、 853 、 1089 ) 、 "どのようななたhatest 、別のかれはありません" (トビト書4:16 ) 。

Origen (about AD 230) cites as Scripture Tobit 3:24 and 12:12-15, in "De oratione", II; Tobit 2:1, in sec.原産地(約広告230 )啓典トビト書3:24 、 12:12-15として引き合いに出して、 "デoratione " 、 2世;トビト書2:1は、秒です。 14; Tobit 12:12, in sec. 14 ;トビト書12:12は、秒です。 31 (cf. PG, XI, 448, 461, 553); and writing to Africanus (PG, XI, 80) he explains that, although the Hebrews do not use Tobias, yet the Church does. 31 ( cf. pg 、西、 448 、 461 、 553 ) ;と書き込みとアフリカヌス(結果、西、 80 )と説明して彼は、ヘブル人への手紙は、トビアスは使用しないで、教会の機能はまだありません。

St. Athanasius (AD 350) uses Tobit 12:7 and 4:19, with the distinctive phrase "as it is written", cf.聖アタナシウス(広告350 )を使用トビト書12 : 07と4:19で、独特のフレーズ"としてことが書かれた" 、継続前誌です。 "Apol. contra arianos", II, and "Apol. ad Imper. Constantium" (PG, XXV, 268, 616). " apol 。コントラarianos " 、 II 、および" apolです。広告imper 。 constantium " (結果、 25 、 268 、 616 ) 。

In the Western Church, St. Cyprian (about AD 248) very often refers to Tobias as of Divine authority just as he refers to other books of Holy Writ; cf.は、欧米の教会、聖チプリアーノ(約広告248 )を参照して、非常によくトビアス神としての権限を他の書籍を参照して同じように彼の神聖な令状;継続前誌です。 "De mortalitate", x; "De opere et eleemosynis", v, xx; "De patientia", xviii (PG, IV, 588, 606, 634); "Ad Quirinum", i, 20 for Tobit 12; iii, 1 for Tobit 2:2; and iv, 5-11; ii, 62 for Tobit 4:12 (PG, IV, 689, 728, 729, 767). "デmortalitate " 、 x ; "デopere et eleemosynis " 、 V電源、イグゼクス; "デpatientia " 、 18 (結果、 4 、 588 、 606 、 634 ) ; "広告quirinum " 、私は、 20のトビト書12 ;三、 1トビト書2:2 ;およびIV 、 5-11 ; 2世、 62のトビト書4:12 (結果、 4 、 689 、 728 、 729 、 767 ) 。

St. Ambrose (about AD 370) wrote a book entitled "De Tobia" against usury (PL, XIV, 759), and introduced it by referring to the Biblical work of that name as "a prophetic book", "Scripture".聖アンブローズ(約広告370 )というタイトルの本に書いた"デトビア"反対高利貸し(ポーランド語、 14 、 759 ) 、および導入を参照することによって、聖書の仕事を、その名前を"予言予約" 、 "啓典" 。

In the entire Western Church, however, the canonicity of Tobias is clearest from its presence in the Old Latin Version, the authentic text of Scripture for the Latin Church from about AD 150 until St. Jerome's Vulgate replaced it.全体で欧米の教会、しかし、正規のトビアスは、その存在感をより明確ラテン語の古いバージョンでは、本物のテキストを啓典は、ローマカトリック教会から約150まで聖ジェロームのウルガタ聖書の広告に置き換えてください。

The canonical use of Tobias in that part of the Byzantine Church whose language was Syriac is seen in the writings of St. Ephraem (about AD 362) and of St. Archelaus (about AD 278).トビアスは、正規のその部分を使用し、ビザンチン教会は、シリアは、その言語の記述に見られる聖ephraem (約362の広告)との聖アルケラオス(約広告278 ) 。

The earliest canonical lists all contain the Book of Tobias; they are those of the Council of Hippo (AD 393), the Councils of Carthage (AD 397 and 419), St. Innocent I (AD 405), St. Augustine (AD 397).最古の正規のリストには、書籍のすべてのトビアス;彼らはそれらのカバの評議会(広告393 ) 、カルタゴ委員会(広告397 、 419 ) 、聖無実の私(広告405 ) 、聖アウグスティヌス(広告397 ) 。

Moreover, the great fourth- and fifth- century manuscripts of the Septuagint are proof that not only the Jews but the Christians used Tobias as canonical.また、 4番目と5番目の大世紀の写本は、セプトゥアギンタは、証拠を手に入れるが、キリスト教、ユダヤ人だけでなく、トビアスとして使用される標準的です。 For the Catholic the question of the canonicity of Tobias was infallibly settled by the decisions of the Councils of Trent, Session IV (8 April, 1546) and of the Vatican, Session III, ch.という質問をしたのは、カトリックの規範を完ぺきにトビアスは、評議会の決定によって解決されるのトレント、セッションIV ( 4月8日、 1546 )と、バチカンは、セッションIII 、あなたのです。 2 (24 April, 1870). 2 ( 1870年4月24日) 。

Against the canonicity of Tobias are urged several rather trivial objections which would at first sight seem to impugn the inspiration of the narrative.正規のトビアスが反対するよう求めた異議申し立てにはいくつかのややつまらないように見える光景をimpugn最初のインスピレーションは、物語です。

(a) Raphael told an untruth when he said he was "Azarias the son of the great Ananias" (5:18). (ア)ラファエル偽りときは彼によると、彼は"大うそつきの息子のazarias " ( 5:18 ) 。 There is no untruth in this.この偽りではない。 The angel was in appearance just what he said he was.天使のような外見だけのは、彼によると彼は何です。 Besides, he may have meant by azaryah, "the healer of Jah"; and by ananyah, "the goodness of Jah".それに、彼は5月azaryahが意図され、 "はい、ヒーラーの" ;とananyahは、 "善のはい"です。 In this event he only told the young Tobias that he was God's helper and the offspring of the great goodness of God; in this there would be no falsehood.このイベントで彼は若いトビアス氏は、神のヘルパーとしていたの子孫の偉大な神の善良さ;この中には虚偽ではない。

(b) A second objection is that the angelology of Tobias is taken over from that of the Avesta either directly by Iranian influence or indirectly by the inroad of Syriac or Grecian folk-lore.結果( b ) 2番目の異議申立のは、天使のトビアスはアベスタのいずれかからしているイランの直接または間接的に影響を与えるの襲撃された-シリア語やギリシャの民俗伝承です。 For Raphael says: "I am the angel Raphael, one of the seven who stand before the Lord" (12:15).のラファエルは言う: "私の天使ラファエル、 1つの7つの主whoスタンドの前に" ( 12:15 )です。 These seven are the Amesha Spentas of Zoroastrianism: cf.これらの7アールspentasのゾロアスター教のamesha :継続前誌です。 Fritzsche, "Exegetisches Handbuch zu den Apocr.", II (Leipzig, 1853), 61.フリッチェ、 " exegetisches handbuch zuデンapocrです。 " 、 2世(ライプチヒ、 1853 ) 、 61 。 The answer is that the reading seven is doubtful; it is in Aleph, AB, Old Latin, and Vulgate; it is wanting in the Greek cursive text, Syriac, and HM.その答えは疑わしいのは、読書7 ;ことは、アレフ、アルバータ、古ラテン語、および流布本;に欠けていることは、ギリシャの草書体のテキスト、シリア、およびむ。 Still, admitting the reading of the Vulgate, the Amesha Spentas have infiltrated into Avestic religion from the seven Angels of Hebraistic Revelation and not vice versa.それでも、認めるの読書は、ウルガタ聖書は、宗教amesha spentasが潜入しavestic天使たちからの7つのヘブライ風の啓示とその逆ではないのです。 Moreover, there are not seven Amesha Spentas in the angelology of the Avesta, but only six.また、 7つのameshaには、特定のアベスタspentasは、天使のが、わずか6 。 They are subordinated to Ahura Mazda, the first principle of good.彼らはアフラマズダに従属して、第一原理の良いです。 True, he is, at times, grouped with the six lower spirits as seven Amesha Spentas; but in this grouping we have not by any means seven angels standing before the Deity. trueの場合、彼は、先回、下位グループの6つのスピリッツとして7 amesha spentas ;しかし、このグループ分けされていない私たちはどんな手段7つの天使たちの神の前に立っています。

F. Historical Worth歴史的価値女性

(1) To Protestants ( 1 )をプロテスタント

The destructive criticism which, among Protestants, has striven to do away with the canonical books of the Old Testament have quite naturally had no respect for those books the critics call apocryphal.の破壊的な批判は、プロテスタントのうち、これを行うには努力の座を奪う、旧約聖書の正典はないがごく自然にそれらの書籍の批評家の尊重を請求作り話です。 The Book of Tobias is to them no more than are the Testament of Job, the Book of Jubilees, and the story of Ahikhar.この本のTobiasはしては、遺言のない仕事を超える、この本のjubilees 、およびahikharの物語です。 From the standpoint of historical criticism it is to be grouped with these three apocryphal (JT Marshall, Principal of the Baptist College, Manchester, in Hasting's "Dict. of the Bible", sv).歴史的な批判の観点からは、グループ化されることは、これらの3つの作り話(日本テレコムマーシャル、校長は、バプテスト大学、マンチェスターは、 hastingの" dictのです。の聖書" 、 sv文書) 。 Simrock in "Der gute Gerhard und die dankbaren Todten" (Bonn, 1858) reduces the story to the folk-lore theme of the gratitude of the departed spirit; the yarn is spun out of this slim thread of fancy that the souls of the dead, whose remains Tobias buried, did not forget his benevolence.ジムロックは" der guteゲルハルトund死ぬdankbaren todten " (ボン、 1858 )を小さくする民俗伝承の物語をテーマに、感謝の念は、死者の霊;の糸は、ストレスで疲れきっては、次のスレッドのファンシーは、スリム、死者の霊魂がで、その遺跡トビアス埋められて、彼の慈善を忘れるしなかった。 Erbt (Encycl. Biblica, sv) finds traces of Iranian legend in the name of the demon Asmodeus (Tobit 3:8) which is the Persian Aeshma daeva; as also in the dog -- "with the Persians a certain power over evil spirits was assigned to the dog." erbt ( encycl. biblica 、 sv文書)の痕跡を発見イランの伝説の名の下の悪魔asmodeus (トビト書3時08分)これは、ペルシャ語aeshma daeva ;としても、その犬は-"は、ペルシャ人、特定の悪霊を退散させる力があるは、その犬に割り当てられている。 " And again: "the Jewish nation takes up a foreign legend, goes on repeating it until it has got it into fixed oral form, in order next to pass it on to some story-writer who is able to shape it into an edifying household tale, capable of ministering comfort to many succeeding generations."と再び: "外国人のユダヤ民族の伝説にするには、繰り返すことが起こってそれを固定されるまでには経口フォームの横に渡すことをするためにいくつかの物語-作家whoができるようにすることを啓発的な家庭の形の話は、多くの能力を後世ministering快適度をします。 " Moulton, "The Iranian background of Tobit" (Expository Time, 1900, p. 257), considers the book to be Median folk-lore, in which the Semitic and Iranian elements meet. Moultonのは、 "イランの背景にトビト書" (解説時間、 1900 、 p. 257 ) 、考慮されるの予約正中民俗-伝承されるのは、ユダヤ人とイランの要素を満たしています。

On the Ahikhar story, cf.上のahikhar物語は、継続前誌です。 "The Story of Ahikhar from the Syriac, Arabic, Armenian, Ethiopic, Greek, and Slavonic versions" by Conybeare, Harris, and Mrs. Smith, a work which will be brought back to 407 BC in a new edition soon to appear (Expositor, March 1912, p. 212). "シリアの物語ahikharから、アラビア語、アルメニア語、エチオピア語、ギリシャ語、およびスラヴ語バージョン"をコニビア、ハリス、およびミセススミス氏は、仕事では、紀元前407に帰される、新しい版をすぐに表示する(エクスポジター、 1912年3月、 p. 212 ) 。

(2) To Catholics ( 2 )をカトリック教徒

Until recently there never was question among Catholics in regard to the historicity of Tobias.最近までの間に絶対は、カトリック教徒の質問については、史実のトビアスします。 It was among the historical books of the Old Testament, the Fathers had always referred to both elder and younger Tobias and to the other personages of the narratives as to facts and not to fancies.書籍の間の歴史的なことは、旧約聖書の、の両方に、父親の言及はいつもと高齢者と若いトビアス、他の人物の物語としての妄想を事実としないようにします。 The stories of almsgiving, burial of the dead, angelophany, exorcism, marriage of Sara with Tobias the younger, cure of the elder Tobias -- all these incidents were taken for granted as fact-narrative; nor was there ever any question of likening them to the tales of "The Arabian Nights" and the "Fables of Æsop". almsgivingの物語を、埋葬オブザデッド、 angelophany 、悪魔払い、サラとの結婚トビアス、若い、治療法は、高齢者トビアス-これらすべての事件が事実として当たり前の物語;もがそこまでして任意の問題をl ikeningテイルズオブして"アラビアンナイト"と"寓話のæsop "です。 Jahn, "Introductio in libros sacros", 2nd ed.ヤーンは、 " introductioでsacros図書館" 、第2版です。 (Vienna, 1814), 452, gives the stock objections to the historicity of Tobias, and suggests that either the entire composition is a parable to teach that the prayers of the upright are heard or at most only the main outline is fact-narrative. (ウィーン、 1814 ) 、 452 、株式に反対するのは、史実のトビアス、と示唆して全体の組成は、寓話のいずれかを教えるは、祈りの直立は、聞いたりしただけでほとんどの物語の主な概要は事実です。 His book was put on the Index (26 Aug., 1822).彼の本は、インデックスをつける( 1822年8月26日) 。 Anton Scholz, "Die heilige Schrift", II, iii, p.アントンショルツ、 "死ぬheilige schrift " 、 2世、 3世、 p. 12, and Movers in "Kirchenlexicon" (first ed., I, p. 481) hold that Tobias is a poetic fiction. 12日、と話題の" kirchenlexicon " (最初のエドです。 、私、 p. 481 )ホールドをトビアスは、詩的なフィクションです。 Cosquin, in "Revue biblique" (1899, pp. 50-82), tries to show that the sacred writer of Tobias had before his eyes a form of the Ahikhar story and worked it over rather freely as a vehicle to carry the inspired thought of the moral he wished to convey to his readers.コスキンは、 "レヴューbiblique " ( 1899 、 pp 。五〇から八二まで) 、試行に表示することは、神聖な作家のトビアスは彼の目の前にフォームをahikharそれ以上というと仕事の話として自由に車両を運ぶのにインスピレーション思想は、道徳的な彼を希望して読者に伝えるために、彼のです。 Barry, "The Tradition of Scripture" (New York, 1906), p.バリーは、 "啓典の伝統を" (ニューヨーク、 1906 ) 、 p. 128, says: "Its relation to other stories, such as The Grateful Dead and the tale of Ahichar, has been used in illustration of the romantic nature ascribed to it by modern readers; so, too, the symbolical names of its personages, and the borrowings, as they say, from Persian mythology of Asmodeus, etc." 128 、言う: "の関係を他のストーリーは、グレイトフルデッドのような話をahicharと、イラストで使用されてきた、ロマンチックな自然生得的にそれを現代の読者;ので、あまりにも、その人物の名前を象徴し、の借入金、よく言われるように、ペルシャ神話のasmodeus者等"といいます。 Gigot, "Special introduction to the study of the Old Testament", I (New York, 1901), 343-7, gives at length the arguments in favour of the non-historical character of the book and attempts no refutation of the same.ジゴ、 "特別な導入のことを勉強し、旧約聖書の" 、私(ニューヨーク、 1901 ) 、三四三から七まで、しまいには、引数を与えるに賛成の文字を、非歴史的な試みに対する反論の本と同じです。

With these and a few other exceptions, Catholic exegetes are unanimous in clearly defending the historicity of Tobias.これらのと、いくつかの例外を除いて、カトリック教徒は、全会一致でexegetesの史実を守るトビアスを明確にします。 Cf.継続前誌です。 Welte in "Kirchenlexikon" (first ed., sv Tobias); Reusch, "Das Buch Tobias", p. welteは" kirchenlexikon " (最初のエドです。 、 sv文書トビアス) ;ロイシュ、 " dasブーフトビアス" 、 p. vi; Vigouroux, "Manuel biblique", II (Paris, 1883), 134; Cornely, "Introd. in utriusque testamenti libros sacros", II (Paris, 1887), i, 378; Danko, "Hist. revelationis vt", 369; Haneburg, "Gesch. der bibl. Offenbarung" (3rd ed., Ratisbon, 1863), 489; Kaulen, "Einleitung in die heilige Schrift" (Freiburg, 1890), 215; Zschokke, "Hist. sacra AT", 245; Seisenberger, "Practical Handbook for the Study of the Bible" (New York, 1911), 343.六; vigouroux 、 "マヌエルbiblique " 、 2世(パリ、 1883 ) 、 134 ; cornely 、 " Introd学です。 sacros両方のtestamenti図書館" 、 2世(パリ、 1887 ) 、私、 378 ; danko 、 "履歴です。 revelationis VT "を、 369 ; haneburg 、 " gesch 。 der bibl 。 offenbarung " (第3版です。 、 ratisbon 、 1863 ) 、 489 ; kaulen 、 " einleitungで死ぬheilige schrift " (フライブルク、 1890 ) 、 215 ;チョッケ、 "履歴です。 sacrumの複数形で" 、 245 ; seisenberger 、 "実用ハンドブックは、聖書の研究" (ニューヨーク、 1911 ) 、 343 。 This almost unanimity among Catholic exegetes is quite in keeping with the decision of the Biblical Commission (23 June, 1905).これは非常にexegetesカトリックの間でほぼ全会一致での決定権を維持するという聖書の委員会( 1905年6月23日) 。 By this Decree Catholics are forbidden to hold that a book of the Holy Writ, which has generally been looked upon as historical, is either entirely or in part not history properly so called, unless it be proven by solid arguments that the sacred writer did not wish to write history; and the solidity of the arguments against the historicity of an historical book of the Bible we are not to admit either readily or rashly.この令を保持するカトリック教徒が禁止されている書籍は、神聖な令状、これもおおむねとして歴史的な顔には、いずれかの完全または部分的と呼ばれる特定の歴史を正しくので、それが証明されていない限り固体しなかったの引数は、神聖な作家願いを書くの歴史;との引数の堅さを史実に反対する聖書の歴史の本を認めざるを我々は特定のいずれかまたはrashly容易にします。 Now the arguments against the historical worth of Tobias are not at all solid; they are mere conjectures, which it would be most rash to admit.今すぐの引数の歴史的価値の反対ではないトビアス全固体;彼らは単なる推測で発疹を認めることがほとんどです。 We shall examine some of these conjectures.私たちはいくつかの推測を検討します。

(a) The Ahikhar story is not in the Vulgate at all. ( a )はahikharウルガタ聖書の物語では、すべてではない。 As it is in AB, Aleph, and the Old Latin, St. Jerome undoubtedly knew it.これは、アルバータとして、アレフ、と旧ラテン語、聖ジェロームを知っていたことは間違いない。 Why did he follow the Aramaic text to the exclusion of this episode?なぜ、彼は次のアラム語のテキストを除外は、次のエピソードですか? He may have looked upon it as an interpolation, which was not written by the inspired author.彼は5月が顔を補間することではないインスピレーション著者によって書かれた。 Even though it were not an interpolation, the Ahikhar episode of Tobias has not been proven to be a legend drawn from a non-canonical source.補間ことがないにもかかわらず、トビアスのエピソードのahikhar実証されていないという言い伝えに因んで描画される非正規のソースからです。

(b) The angelic apparition and all incidents connected therewith are no more difficult to explain than the angelophanies of Genesis 18:19 and Acts 12:6. ( b )は天使の幻影それがないとすべての事件に接続よりもさらに難しくangelophaniesの創世記を説明する行為を18:19と12時06分です。 (c) The demonology is not unlike to that of the New Testament. (ウ)悪魔ではないとは異なり、新約聖書にしている。 The name "Asmodeus" need not be of Iranian origin; but may just as readily be explained as Semitic.の名前を" asmodeus "イランの起源である必要はありません;ことがありますユダヤ人として同じように容易に説明します。 The Aramaic word ashmeday is cognate with the Hebrew hashmed, "destruction".言葉のアラム語、ヘブライ語hashmed同族ashmedayは、 "破壊"です。 And even though it be a mutilated form of some Iranian ancestor of the Persian Aeshma daeva, what more natural than a Median name for a demon whose obsession was accomplished upon Median soil?それは、バラバラにもかかわらず、いくつかのフォームaeshma daevaイランの祖先は、ペルシャ語、何よりももっと自然の名前を正中の強迫観念は、熟達した時は悪魔の正中土壌ですか? The slaying of the seven husbands was allowed by God in punishment of their lust (Vulgate, v. 16); it is the youth Tobias, not the sacred writer, that suggests (according to AB, Aleph, and Old Latin) the demon's lust as the motive of his killing all rivals.夫の殺害の7つの神の罰が許可されて欲望(ウルガタ聖書の、 v. 16 ) ;ことが若者のトビアス、特定の神聖な作家、を示唆する(アルバータによると、アレフ、および古ラテン語) 、悪魔の欲望彼の殺害の動機として、すべてのライバルです。 The binding of the devil in the desert of Upper Egypt, the farthest end of the then known world (8:3), has the same figurative meaning as the binding of Satan for a thousand years (Revelation 20:2).悪魔と結合することは、砂漠の上エジプトでは、既知の中で最も遠くに終わり、当時の世界( 8時03分) 、には、同じ比喩的な意味としては、千年の結合サタン(啓示20時02分) 。

(d) The unlikelihood of the many coincidences in the Book of Tobias is mere conjecture (cf. Gigot, op. cit., 345). (エ)のありそうもないことに多くの偶然の積み重ねは、予約のトビアスは、単なる憶測( cf.ジゴ、営業します。 〜 Cit 。 、 345 ) 。 Divine Providence may have brought about these siimilarities of incident, with a view to the use of them in an inspired book.神の摂理年5月siimilaritiesを持ってきたこれらの事件については、使用することを視野には、インスピレーション予約します。

(e) Certain historical difficulties are due to the very imperfect condition in whch the text has reached us. (オ)のために、特定の歴史的な困難が不完全な状態で、非常にwhchのテキストに達してください。

It was Theglathphalasar III who led Nephthali (2 Kings 15:29) into captivity (734 BC), and not, as Tobias says (1:2), Salmanasar.それはtheglathphalasar三who主導nephthali ( 2キングス15:29 )を捕囚(紀元前734 ) 、ではなく、トビアスは言う( 1:2 ) 、 salmanasarです。 Yet this reading of the Vulgate, Old Latin, and Aramaic is to be corrected by the name Enemesar of AB and Aleph.まだこの読書は、ウルガタ聖書の、旧ラテン語とアラム語の名前を修正さenemesarのABおよびアレフです。 The latter reading would be equivalent to the Hebrew transliteration of the Assyrian kenum sar.読書は後者に相当するのでは、アッシリア、ヘブライ語転写kenum sarです。 As the appellative sar "king", may precede or follow a personal name, kenum sar is sar kenum, that is Gargon (sarru-kenu II, BC 722).普通名詞としてsar "キング" 、 5月に従う先行または個人名、 kenum sar sar kenumが、それはgargon ( sarru - kenu 2世、紀元前722 ) 。 It can readily be that, twelve years after Theglath-phalasar III began the deportation of Israel out of Samaria, Sardon's scouts completed the work and routed some of the tribe of Nephthali from their fastnesses.それが容易には、 12年後にtheglath - phalasar 3世の国外追放を始めたイスラエルのサマリア、 sardonのスカウト完了して仕事とルーティングnephthaliからのいくつかの部族にfastnessesです。

A like solution is to be given to the difficulty that Sennacherib is said to have been the son of Salmanasar (1:18), whereas he was the son of the usurper Sargon.のような解決策は与えられたの難しされることとされてsennacheribの息子のsalmanasar ( 1:18 ) 、一方、彼は、強奪者サルゴンの息子です。 The Vulgate reading here, as in 1:2, should be that of AB and Aleph, to wit, Enemesar; and this stands for Sargon.ウルガタ聖書の読書はここでは、 1:2のようにすべきであるとABおよびアレフ、機知に富んだ、 enemesar ;と、このスタンドをサルゴンです。

In B, 14:15, Ninive is said to have been captured by Ahasuerus (Asoueros) and Nabuchodonosor.をBに、 14:15 、 niniveキャプチャされたとされてアハシュエロス( asoueros )とnabuchodonosorです。 This is a mistake of the scribe.これは、ミスを犯すの筆記体です。 Aleph reads that Achiacharos took Ninive and adds that "he praised God for all He had done against the children of Ninive and Assyria".アレフachiacharos読み取ることがninive追加は、 "彼は神の賞賛のすべての子供たちに対して彼は行わniniveとアッシリア"です。 The word for Assyria is Athoureias, Hebrew asshur, Aramaic ahur: This Greek word mislead the scribe to write Lsyeros for the name of the king, Achiacharos, ie the Median King Cyaxares.を意味する単語をathoureiasアッシリアは、ヘブライ語asshur 、アラム語ahur :このギリシャ語筆記者を欺くための名前を書くのは、王のlsyeros 、 achiacharos 、すなわち、正中キングcyaxaresです。 According to Berossus, Cyaxares was, in his campaign against Ninive, allied to the Babylonian King Nabopalassar, the father of Nabuchodonosor; the scribe of V has written the name for the son for that of the father, as Nabopalassar was unknown to him. berossusによると、 cyaxaresは、彼の反対運動ninive 、連合してバビロニア王nabopalassarは、父親のnabuchodonosor ;の筆記体のVの名前が書かれたのは、その息子の父としては、未知のnabopalassarしている。

Rages is a Seleucid town and hence an anachronism. ragesは、時代錯誤セレウコス王朝の町、それゆえにします。 Not at all; it is an ancient Median town, which the Seleucids restored.まったく;ことは、古代中央町、 seleucidsは、復元されます。

G. Origin g.起源

It is likely that the elder Tobias wrote at least that part of the original work in which he uses the first person singular, cf.トビアスが高い高齢者は、少なくともその部分を書いたのオリジナル作品では彼は、最初の人称単数、継続前誌です。 1:1-3:6, in all texts except the Vulgate and Aramaic. 1:1-3:6 、すべてのテキスト以外の流布本とアラム語です。 As the entire narrative is historical, this part is probably autobiographical.物語全体としては、歴史的建造物、この部分は、おそらく自伝的です。 After revealing his angelic nature, Raphael bade both father and son to tell all the wonders that God had done them (Vulgate, 12:20) and to write in a book all the incidents of his stay with them (cf. same verse in AB, Aleph, Old Latin, HF, and HM).彼の天使のような自然明らかにした後、ラファエル命じた父親と息子の両方の素晴らしさを伝えることの神がすべて完了して(ウルガタ聖書の、 12:20 )と、書籍のすべての事件で書く彼のご滞在をして( cf.同じ詩でアルバータ、アレフ、旧ラテン語、心不全、およびhm ) 。 If we accept the story as fact-narrative, we naturally conclude that it was written originally during the Babylonian Exile, in the early portion of the seventh century BC; and that all save the last chapter was the work of the elder and younger Tobias.もし私たちの物語事実を受け入れるの物語として、私たち自然との結論を下すことが書かもともとバビロニア亡命中には、紀元前7世紀の初めの部分、およびそのすべてを保存して最後の章では、高齢者や若いトビアスの仕事をします。 Almost all Protestant scholars consider the book post-Exilic.プロテスタントの学者のほぼすべての予約を考慮して追放されたポストです。 Ewald assigns it to 350 BC; Hgen, the bulk to 280 BC; Gratz, to AD 130; Kohut, to AD 226.エーヴァルト代入して紀元前350 ; hgenは、バルクを紀元前280 ; gratz 、して、広告130 ;コフート、 226して、広告です。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by Michael T. Barrett.マイケルバレットt.転写されています。 Dedicated to Sr. Anne Marie The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.アンネマリーのは、カトリックのシニア専用の百科事典を、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

The introductions of CORNELY, KAULEN, DANKO, GIGOT, SEISENBERGER. cornelyの紹介、 kaulen 、 danko 、ジゴ、 seisenbergerです。 Although the Fathers use Tobias, only BEDE (PL, XCI, 923-38) and WALAFRID STRABO (PL, CXIII, 725) have left us commentaries thereon.トビアスものの、父親の使用のみビード(ポーランド語、 91 、九二三から三八まで)とwalafridストラボン(ポーランド語、 cxiii 、 725 )が左の問い合わせ解説します。 During the Middle Ages, HUGH OF ST.中世の間には、ヒューセントです。 VICTOR, Allegoriarum in Vetus Testamentum, IX (PL, CLXXV, 725), and NICHOLAS OF LYRA, DENIS THE CARTHUSIAN, HUGH DE S. CARO, in their commentaries on all Scripture, interpreted the Book of Tobias.ビクター、古くallegoriarumでtestamentum 、 9世(ポーランド語、 clxxv 、 725 ) 、およびリールのニコラウス、ドニのカルトゥジオ修道会、ヒューデs.カロ、そのすべてに解説する啓典、予約のトビアス解釈しています。 Later Commentators are SERRARI (Monza, 1599); SANCTIUS (Lyons, 1628); MAUSCHBERGER (Olmutz, 1758); JUSTINIANI (Rome, 1620); DE CELADA (Lyons, 1644); DREXEL (Antwerp, 1652); NEUVILLE (Paris, 1723); GUTBERLET (Munster, 1854); REUSCH (Freiburg, 1857); GILLET DE MOOR, Tobie et Akhiahar (Louvain, 1902); VETTER, Das Buch Tobias und die Achikar-Sage in Theol.への解説者はserrari (モンツァ、 1599 ) ; sanctius (ライアンズ、 1628 ) ; mauschberger (オルミュッツ、 1758 ) ; justiniani (ローマ、 1620 ) ;デcelada (ライアンズ、 1644 ) ;ドレクセル(アントワープ、 1652 ) ;ヌヴィル(パリ、 1723 ) ;グートベルレート(マンステール、 1854 ) ;ロイシュ(フライブルク、 1857 ) ;ジレデムーア、 tobie et akhiahar (ルー、 1902 ) ;フェッター、トビアスund dasブーフachikar -セージで死ぬtheol 。 Quartalschrift (Tubingen, 1904). quartalschrift (テュービンゲンは、 1904年) 。 The principal Protestant authorities have been cited in the body of the article.当局はプロテスタントの主に列記された記事の本文にします。


Book of Tobit予約のトビト書

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Outline of the Story.その物語の概要です。

Text and Original Language.テキストやオリジナルの言語です。

Time and Place.時間や場所です。

A late Jewish work, never received into the Jewish canon, and included in the Apocrypha by Protestants, although it was pronounced canonical by the Council of Carthage (397) and the Council of Trent (1546).ユダヤ人の仕事を遅く、決して受信されたユダヤ人、キヤノン、外典に含まれているとプロテスタントが、これは、正規と発音される評議会カルタゴ( 397 )とトレントの評議会( 1546 ) 。 It takes its name from the central figure, called Τωβείτ (Τωβείτ, Τωβείθ) in Greek, and Ṭobi () in a late Hebrew manuscript.その名前がかかりますからの中心人物と呼ばれるτωβείτ ( τωβείτ 、 τωβείθ ) 、ギリシャ語、およびṭobi ( )が指定さヘブライ語の原稿を遅くします。

Outline of the Story.その物語の概要です。

The story of the book is as follows: Tobit, a pious man of the tribe of Naphtali, who remained faithful to Jerusalem when his tribe fell away to Jeroboam's cult of the bull, was carried captive to Nineveh in the time of Enemessar (Shalmaneser), King of Assyria.その物語は、予約は以下のとおりです:トビト書は、信心深い男は、部族のナフタリ、 whoは依然としてエルサレムを忠実に落ちたときに自分の部族のカルトjeroboam awayには、雄牛は、捕虜を行った時には、ニネベenemessar (シャルマネセル) 、キングオブアッシリアです。 There, together with his wife, Anna, and his son Tobias, he gave alms to the needy, and buried the outcast bodies of the slain, keeping himself pure, moreover, from the food of the Gentiles.が、彼の妻と一緒に、アンナ、と彼の息子トビアス、彼は托鉢をしているのですし、追放された遺体の埋められて殺害されたのは、自分自身純粋な維持、また、食品は、 gentilesからです。 He was in favor with the king, however, and so prosperous that he was able to deposit ten talents of silver in trust with a friend in Media.彼は王の寵愛を受けて、しかし、繁栄しているとしていたので預金できるように銀の10の才能に信頼関係を強固にする友人に送るのメディアです。 With the accession of Sennacherib (the successor of Enemessar) the situation changed.の加盟sennacherib ( enemessarの後継者)の状況が変更されました。 Accused of burying the dead slain by the king, he had to flee, and his property was confiscated; but when Sarchedonus (Esarhaddon) came to the throne Tobit was allowed to return to Nineveh at the intercession of his nephew Achiacharus (Aḥiḳar), the king's chancellor.殺害された被告人の死者埋葬された王を捨てて逃げるていた、と彼の財産は没収;しかし、時sarchedonus (エサルハドン)が来て王座に復帰するニネベトビト書許されていた彼の甥は、執り成しachiacharus ( aḥiḳar )は、国王の首相です。 Here he continued his works of mercy; but, accidentally losing his eyesight, he fell into great poverty, so that in his dire distress he prayed that he might die.ここで彼の作品の慈悲と彼は続けた;しかし、誤って自分の視力を失うことなく、彼は素晴らしい貧困に落ちたように、彼のに四苦八苦して彼は祈った彼は死ぬかもしれない。 On that same day a similar prayer was offered by Sarah, the daughter of Raguel of Ecbatana (in Media), in despair because she had been married to seven husbands who had each been slain by a demon on the wedding night.同じ日に、その祈りは、提供され、同様のサラは、ラグエルの娘ecbatana (メディア) 、絶望していたため、彼女は夫と結婚して7人が殺害され、各whoは、結婚式の夜には悪魔のです。 The same day Tobit, remembering his deposit of money in Media, determined to send his son for it.同じ日にトビト書、預金のお金を思い出して彼のメディアは、彼の息子を決意して送信してください。 A companion and guide (who turns out to be the angel Raphael) being found for him, the two proceeded on their journey.を仲間とガイド( whoターンアウトされるの天使ラファエル)が見つかりませんでした彼は、 2つの旅して進めています。 At the river Tigris, Tobit caught a fish and was instructed by his companion to preserve its heart, liver, and gall.チグリス川で、魚やトビト書摘発は、彼のコンパニオンを保存するよう指示され、心臓、肝臓、と苦々しています。 Conducted to Raguel's house, he asked Sarah's hand in marriage, drove away the demon by burning the heart and liver of the fish in the bridal chamber, sent Raphael (whose assumed name was Azarias) for the money, and returned, with him and Sarah, to Nineveh, where Tobit's eyesight was restored by smearing his eyes with the fish's gall.ラグエルの家に行って、彼はこう尋ねたサラの手に結婚、運転込む悪魔の心臓と肝臓を燃やして、魚は、ブライダル箱、送信ラファエル(その仮定の名前はazarias )は、お金、と返され、彼とサラ、ニネベ、ここでトビト書のsmearing彼の目の視力が復元され、魚のこぶです。 Father, mother, and son reached a good old age (Tobias living to rejoice over the destruction of Nineveh), and died in peace.父親、母親、と息子に達し、古き良き時代(トビアス喜ぶの生活を破壊するニネベ) 、および平和が死亡した。 This brief outline does not do justice to the artistic construction of the story, or to the fine touches in its descriptions of family life, social customs, and individual experiences.この簡単な概要は、芸術的ではないの建設正義の物語か、または罰金タッチして、そのご家族の生活の説明を、社会的慣習、および個々の経験です。 It may be reckoned among the most delightful of short stories.侮れないことがあります短編小説の中で最も楽しいです。

Text and Original Language.テキストやオリジナルの言語です。

The text exists in Greek, Latin, Syriac, and Judæo-Aramaic, besides two late Hebrew translations.のテキストが存在するギリシャ語、ラテン語、シリア語、およびjudæo -アラム語、ヘブライ語の翻訳に加え2つの後半です。 Of the Greek there are three versions: one given in the Vatican and Alexandrian manuscripts of the Septuagint; one in the Sinaitic; and one in Codices 44, 106, 107 of Holmes and Parsons.は、ギリシャ語には3つのバージョン: 1つの指定された原稿は、バチカンとアレクサンドリアセプトゥアギンタ; sinaiticは、 1つ、および1つのcodexの複数44 、 106 、 107のホームズとパーソンズです。 Of the Latin there are two recensions: the Old Latin, which agrees substantially with the Sinaitic Septuagint; and the Vulgate, made by Jerome from an Aramaic text, which often agrees with it, although it presents many divergencies.は、ラテン語には2つのrecensions :古ラテン語、これを実質的に同意sinaiticセプトゥアギンタ;とウルガタ聖書、アラム語のテキストから作られるジェロームていることが多いに同意することが、これは、多くのdivergenciesです。 The Syriac follows the Vatican in general, although it is by no means lit-eral, while Codices 44, 106, 107 agree sometimes with this text, sometimes with that of the Sinaitic.次のように、バチカンのシリア一般的には、点灯することはではない- eral 、中のCODEC 44 、 106 、 107同意時には、このテキストを、時にはsinaiticにしている。 The Aramaic text (published by Neubauer) also represents the Sinaitic recension in a general way, but is late, and can scarcely be considered the descendant of Jerome's original.のアラム語のテキスト(公開されneubauer )もsinaitic校訂本では、一般的な方法ですが、後半、とは、ほとんどの子孫であると見なさジェロームのオリジナルのです。 The Hebrew copies are late and of no authority.ヘブライ語のないコピーが遅くなり、権威です。 The two chief Greek recensions are the earliest sources for the text of Tobit, though suggestions may be gained from the Latin and the Syriac. 2つのチーフrecensionsは、ギリシャ語のテキストをトビト書最古のソースが、 5月に提案を得たとシリアからのラテン語です。 Of the Greek forms the Vatican is the shortest (except in ch. iv.); its style is rough and often incorrect, and it has many errors, frequently clerical in nature.バチカンは、ギリシャ語形成して、最短の(あなたを除いて。 Ⅳ 。 ) ;そのスタイルは、ラフとしばしば誤って、それには多くのエラー、自然界に頻繁に事務です。 The Sinaitic text is diffuse, but frequently gives the better readings.びまん性のsinaiticテキストは、しかし、頻繁に与えるより良い朗読します。 Both of them may depend on an earlier form which has been corrupted in the Vatican and expanded in the Sinaitic, although the question is a difficult one. 5月の両方のそれらに依存して、以前のフォームでは、バチカンが壊れてsinaiticと拡大され、 1つは、質問することは困難です。 Equally problematical is the determination of the original language of the book.同様の問題は、元の言語の決意を、予約します。 The forms of the proper names, and such an expression as χάριν καὶ μορφήν (i. 13), which suggests (Esth. ii. 17), may be held to point to Hebrew, as may also the type of piety portrayed, although it must be noted that there is no mention in early times of a Hebrew text, which Jerome would doubtless have used had he known of its existence.フォームは、適切な名前、およびそのような表現としてχάριν καὶ μορφήν ( i. 13 ) 、これを示唆( esth. Ⅱ 。 17 ) 、 5月に開かれたヘブライ語をポイントするように、信心深さの種類として描かれることも、これ注意しなければなりませんがないことを早い時期に言及するヘブライ語のテキスト、これが使われるジェロームは確かに彼はその存在を知られています。 The Sinaitic forms "Ather" for "Asur" (xiv. 4) and "Athoureias" for "Asureias" (xiv. 15), on the other hand, are Aramaic. sinaiticフォームの" ather "を" asur " ( xiv. 4 )と" athoureias "を" asureias " ( xiv. 15日) 、その一方では、アラム語です。 The excellent Greek style of the Sinaitic may suggest a Greek original.素晴らしいsinaitic年5月、ギリシャ語のスタイルを提案するギリシャ語オリジナルです。 In view of the conflicting character of the data, it is best to reserve opinion as to the original language; the text appears to have suffered a number of revisions and misreadings.を対象に、競合する文字のデータを、それは意見として最善を準備し、元の言語;のテキストが表示さには、いくつかのリビジョンと苦しんmisreadings 。

Time and Place.時間と場所です。

The picture of religious life given in Tobit (especially the devotion to ritual details) indicates a post-Ezran date for the book.宗教的な生活の写真を与えられたのトビト書(特に儀式の献身的な努力を見る)は、ポストezranこのため、予約します。 The special significance attached to almsgiving (iv. 10; xii. 8, 9) is identical with the idea in Ecclus.添付され、特別な意味almsgiving ( iv. 10 ; 12 。 8 、 9 )は、同一ecclusという考えです。 (Sirach) iii. (シラク) Ⅲ 。 30 (comp. also Prov. x. 2), and the injunction in iv. 30日( comp.も地方です。 Xの2 ) 、および、差し止め命令をⅣ 。 17, "Pour out thy bread on the burial of the just, but give nothing to the wicked," is repeated in import in Ecclus. 17日、 "ドッと出て来るなたのパンの上に埋葬されたばかり、しかし、邪悪な与える何もして、 "インポートecclusが繰り返されるのです。 (Sirach) xii. (シラク) 12 。 4-5. 4-5 。 The prediction in xiv. 14予測されます。 5 implies a period after the building of the Second Temple, and, apparently, before the commencement of Herod's Temple. 5意味する期間の後に2番目の寺の構築、および、どうやら、ヘロデ王の寺の前に開始します。 The prominence given to the duty of burying the outcast slain (the survival of a very ancient conception) seems to point to a time when the Jews were slaughtered by foreign enemies, as, for example, by Antiochus or by Hadrian.与えられたの隆起、見捨てられた人を埋葬する義務が殺害された(の生存を非常に古代の概念)のように時間をポイントして、ユダヤ人が虐殺された外国人の敵として、たとえば、ハドリアヌスアンティオコスまたはされています。 The necessity of marrying within the kin was recognized during a long period and does not define the date precisely.金武するには、結婚の必要性を認識していない中で長い期間を正確に定義するの日です。 Polycarp's saying ("Ad Phil." x.), "Almsgiving delivers from death," does not prove that he was acquainted with Tobit, since Prov. polycarpのと言っ( "広告のフィル。 " Xの) 、 "死より配信almsgiving 、 "はありませんトビト書知り合いに証明していたので、地方です。 x. Xで 2 may have been so understood by him. 5月2日彼はとても理解されています。 There is no Messianic hope expressed in the book.救世主のような希望がない書籍で表現されます。 The more probable view is that it was composed between 200 and 50 BC If the original language was Hebrew, the place was Palestine; if Greek, it was Egypt; but this point, too, must be left undecided.対象は、それは他の予想は200と50の間で構成さ紀元前の場合、元の言語は、ヘブライ語、場所は、パレスチナ;場合ギリシャ語、それは、エジプト;しかし、この時点では、あまりにも、左にしなければならない未定です。

The reference in xiv.リファレンスは14です。 10 to Achiacharus introduces new perplexities into the question of the origin of the book (see Aḥiḳar). 10 〜 achiacharusの難事を紹介する新しい問題の起源はこの本( aḥiḳarを参照) 。 Here it need only be remarked that the reference is merely an illustration, showing acquaintance with an Aḥiḳar story; the allusion is scarcely organically connected with the story of Tobit.ここで必要な関係者は、参照のみでは単なるイラスト、表示中の知人にaḥiḳar物語;の問題への言及は、ほとんど有機的に接続してトビト書の物語です。

The original form of the book may have told simply how a pious man, doing his duty, came safe out of trouble. 5月、元の形のこの本は、単にどのように信心深い男は、その職務を果たすのは、セーフアウトのトラブル来た。 The episode of Sarah and Asmodeus appears to be a separate story, here skilfully combined with the other.サラとのエピソードasmodeus表示されるのは別の話、ここ巧み組み合わせて、他のです。 The advisory discourses in iv.談話の諮問Ⅳ 。 (much shortened in the Sinaitic text) and xii. (多くの短縮は、 sinaiticテキスト)と12です。 look like the insertions of an editor.次のように挿入するエディタを起動します。 For the ethical tone see especially iv.特に、倫理的なトーンを参照Ⅳ 。 15, 16, and for the religious ideas, xii. 15日、 16日、とは、宗教的なアイデア、 12です。 8. 8 。 The book is to be compared with Proverbs, Ecclesiasticus (Sirach), Daniel, and Ecclesiastes.その本は諺を比べると、集会の書(シラク) 、ダニエル、および伝道の書です。

Crawford Howell Toyクロフォードハウエルおもちゃ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901から1906の間で公開します。

Bibliography: Swete, The Old Testament in Greek (texts of the Vatican, Alexandrian, and Sinaitic codices); Fritzsche, in Handbuch zu den Apokryphen; Neubauer, The Book of Tobit (Old Latin, Aramaic, and modern Hebrew texts); Schürer, in Herzog-Hauck, Real-Encyc.書誌事項:スウィートは、旧約聖書のギリシャ語(テキストは、バチカン、アレクサンドリア、およびsinaiticのCODEC ) ;フリッチェは、 handbuch zuデンapokryphen ; neubauer 、この本のトビト書(旧ラテン語、アラム語、ヘブライ語のテキストと現代) ; schürer 、にヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 i.; Robertson Smith, in Encyc. i. ;ロバートソンスミスは、 encycです。 Brit.; Erbt, in Cheyne and Black, Encyc. brit 。 ; erbtは、チェーンストークスと黒、 encycです。 Bibl.; Marshall, in Hastings, Dict. bibl 。 ;マーシャルは、ヘイスティングス、 dictのです。 Bible; Schenkel, Bibel-Lexikon; Schürer, Gesch.聖書;シェンケル、 bibel - lexikon ; schürer 、 gesch 。 3d ed., iii.; Andrée, Les Apocryphes de l'Ancien Testament; Nöldeke, in Monatsberichte der Berliner Akademie der Wissenschaften, 1879; Kohut, in Geiger's Jüd.三次元エド。 、 Ⅲ 。 ; andrée 、レapocryphesデl'旧遺言; nöldekeは、ベルリーナーmonatsberichte der Akademieのder wissenschaften 、 1879 ;コフートは、ガイガーのjüdです。 Zeit.; Grätz, Gesch.ツァイトです。 ; grätz 、 gesch 。 iv.; Plath, in Theologische Studien und Kritiken, 1901; Israel Lévi, in REJ 1902; Abrahams, in JQR i.; Bissell, The Apocrypha of the Old Testament (Lange series); Fuller, in Wace, Apocrypha.T. Ⅳ 。 ;プラースは、 theologische studien und kritiken 、 1901 ;イスラエルléviは、 rej 1902 ;エイブラハムズは、 jqr i. ;ビッセルは、外典、旧約聖書の(ランゲシリーズ) ;フラーは、ウェイス、 apocrypha.tです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです