Torah, Pentateuch, Taurah律法は、五、タウラー

General Information 総合情報

Torah (a Hebrew word meaning "instruction"), in its broadest sense, refers to the entire body of Jewish teaching incorporated in the Old Testament and the Talmud and in later rabbinical commentaries.律法(ヘブライ語単語の意味"命令" ) 、その広い意味で、ユダヤ人を参照して体全体に組み込まれ、旧約聖書の教えとタルムードおよびそれ以降のラビ解説します。 In early biblical times, the term meant the oral instruction of the priests on ritual, legal, or moral questions.初めに聖書の時代には、用語の意味を口授は、司祭の儀式、法的、または道徳的な質問です。 Gradually the name was applied to written collections of the priestly decisions, most specifically to the written Mosaic law contained in the first five books of the Bible - Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, and Deuteronomy - also called the Pentateuch. The Torah, in the latter sense, is preserved on scrolls kept in the ark of every synagogue; reading of the Torah is central to the synagogue service.徐々に適用されるの名前が書かれたの聖職者の意思決定のコレクションを、最も具体的には、モーセの律法に含まれて書かれた最初の5つの書籍は、聖書-創世記、出エジプト記、レビ記、数字、および申命記-五呼ばれることもあります。、律法は、後者の意味では、スクロールが保存され保管して箱舟のすべてのシナゴーグ;読書は、律法はユダヤ教の礼拝堂の中心にするサービスです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Bibliography 書誌事項
D Lieberman, The Eternal Torah, parts 1 (1979) and 2 (1983); M Noth, A History of Pentateuchal Traditions (1972); JA Sanders, Torah and Canon (1972). dリーバーマン上院議員は、永遠の律法は、部品1 ( 1979 ) 、 2 ( 1983 ) ;メートル北の歴史をpentateuchal伝統( 1972 ) ;ジャサンダース、律法とキヤノン( 1972 ) 。


Torah律法

General Information 総合情報

The Torah (Hebrew, "law" or "doctrine"), in Judaism, is the Pentateuch, especially when in the form of a parchment scroll for reading in the synagogue.律法(ヘブライ語、 "法"や"ドクトリン" )は、ユダヤ教、は、五、特に羊皮紙のときにスクロールするという形での読書は、シナゴーグです。 The Torah is the cornerstone of Jewish religion and law.律法は、ユダヤ教の宗教や法律の基礎を成すものです。 The scrolls are considered most holy and are beloved by the pious; every synagogue maintains several scrolls, each of which may be protected by a covering of rich fabric and decorated with silver ornaments.のスクロールが考慮された最愛の最も神聖とは、信心深い;ごとにいくつかのシナゴーグを維持スクロールされ、 5月にそれぞれのカバーで保護され、豊かな織物や銀の装飾品で飾られた。 A special holiday in honor of the Torah, known as Simhath Torah (Hebrew, "rejoicing in the Law"), is celebrated in the synagogue by singing, and marching and dancing with the scrolls.休日に敬意を表して、特別な律法、律法として知られてsimhath (ヘブライ語、 "歓喜は、法" )は、シナゴーグで祝われて、歌を歌うこと、との行進やダンスをスクロールします。

The term Torah also is used to refer to the entire corpus of the Scriptures of the Jews together with the commentaries on them.律法という用語を使用しても全体のコーパスを参照して、聖書は、ユダヤ人の論評と一緒にされています。 The commentaries, which arose through the centuries out of learned discussion, are called oral Torah to distinguish them from the Pentateuch itself, the written Torah.の論評、これが生じた世紀にもわたってアウトの学問的な討議を通じて、律法を区別すると呼ばれる経口してから、五自体は、書かれた律法です。


Pentateuch

General Information 総合情報

The Pentateuch is the five-fold volume, consisting of the first five books of the Old Testament.の五倍の5つのボリュームは、最初の5つの構成、旧約聖書の書籍です。 This word does not occur in Scripture, nor is it certainly known when the roll was thus divided into five portions Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, Deuteronomy.この言葉は発生しませんが啓典でもなければ確かに既知のときのロールは、このように5つの部分に分かれて創世記、出エジプト記、レビ記、数字、申命記です。 Probably that was done by the LXX.おそらく行われるのは70です。 translators.翻訳者です。 Some modern critics speak of a Hexateuch, introducing the Book of Joshua as one of the group.現代の批評家は、いくつかの六書話すが、その導入の1つとして予約のジョシュアグループです。 But this book is of an entirely different character from the other books, and has a different author.しかし、この本は、全く別のキャラクターから、他の書籍とは、別の著者です。 It stands by itself as the first of a series of historical books beginning with the entrance of the Israelites into Canaan.スタンドでそれ自体としては、シリーズの最初の歴史的な書籍を始めとした外観は、イスラエルをカナンの地です。 (See Joshua.) (ジョシュアを参照。 )

The books composing the Pentateuch are properly but one book, the "Law of Moses," the "Book of the Law of Moses," the "Book of Moses," or, as the Jews designate it, the "Torah" or "Law."作曲の五本が適切にしかし、 1つの予約は、 "法のムーサーよ、 " 、 "予約は、ムーサーの法則" 、 "予約のムーサーよ、 "や、ユダヤ人として指定すると、 "律法"や"法。 " That in its present form it "proceeds from a single author is proved by its plan and aim, according to which its whole contents refer to the covenant concluded between Jehovah and his people, by the instrumentality of Moses, in such a way that everything before his time is perceived to be preparatory to this fact, and all the rest to be the development of it. Nevertheless, this unity has not been stamped upon it as a matter of necessity by the latest redactor: it has been there from the beginning, and is visible in the first plan and in the whole execution of the work.", Keil, Einl.それは現在のフォームを"収入より、 1つの著者は、その計画と目的を証明され、これによると、全体の内容を参照してエホバの約束と彼の人々の間で締結さ、ムーサーの尽力で、このような方法で、すべての前に自分の時間が感知されるこのような事実を準備し、残りのすべての開発をしてください。にもかかわらず、この団結されていない切手をすることの必要性を問題として、最新のredactor :ことがあるの初めから、とが見えるように、最初の計画とは、全体の作業を実行します。 " 、 keil 、 einlです。 id AT番号で

A certain school of critics have set themselves to reconstruct the books of the Old Testament.批評家、特定の学校を再建するに設定して、旧約聖書の書籍です。 By a process of "scientific study" they have discovered that the socalled historical books of the Old Testament are not history at all, but a miscellaneous collection of stories, the inventions of many different writers, patched together by a variety of editors!される過程を"科学的な調査"彼らはいわゆる歴史的な書籍を発見して、旧約聖書の歴史がすべてではなく、その他のコレクションのストーリーは、発明の異なる多くの作家、パッチが当てられた一緒には、種々のエディター! As regards the Pentateuch, they are not ashamed to attribute fraud, and even conspiracy, to its authors, who sought to find acceptance to their work which was composed partly in the age of Josiah, and partly in that of Ezra and Nehemiah, by giving it out to be the work of Moses!五については、詐欺行為を次の属性に恥ずかしいされていない、とも陰謀、その作家、 whoを模索してきたして仕事を見つけるの受入れは、年齢構成部分は、ジョサイア、および、その部分のエズラとニーアマイアを与える仕事をして、ムーサー!

This is not the place to enter into the details of this controversy.これは、特定の場所に入るように論争の詳細は、次のです。 We may say frankly, however, that we have no faith in this "higher criticism."率直に言ってやることがあります、しかし、信仰がないこと、この"高い批判します。 " It degrades the books of the Old Testament below the level of fallible human writings, and the arguments on which its speculations are built are altogether untenable. The evidences in favour of the Mosaic authorship of the Pentateuch are conclusive. We may thus state some of them briefly:,それが低下する書籍は、旧約聖書の下のレベルの誤りを犯しがちな人間の記述し、その上での引数は、完全に理不尽な憶測が組み込まれます。 証拠に賛成するのは、決定的なモザイク原作者は、五します。いくつかの状態にしてこのようにすることがあります簡潔に: 、

As regards the Passover, eg, we find it frequently spoken of or alluded to in the historical books following the Pentateuch, showing that the "Law of Moses" was then certainly known.過越については、例えば、私たちを見つけること頻繁に話さまたはそれとなく触れられたように歴史的な書籍は、次の五、表示中は、 "ムーサーの法則"が入力し、確かに知られている。 It was celebrated in the time of Joshua (Josh. 5: 10, cf. 4:19), Hezekiah (2 Chr. 30), Josiah (2 Kings 23; 2 Chr. 35), and Zerubbabel (Ezra 6:19-22), and is referred to in such passages as 2 Kings 23:22; 2 Chr.それが祝われて、時間のジョシュア( josh. 5 : 10 、継続前誌です。 4:19 ) 、 hezekiah ( 2 chr 。 30 ) 、ジョサイア( 2キングス23 ; 2 chr 。 35 ) 、およびzerubbabel (エズラ6時19分- 22 ) 、とはこのような通路として参照されて2王23:22 ; 2 chrです。 35:18; 1 Kings 9:25 ("three times in a year"); 2 Chr. 35:18 ; 1キングス9時25分( " 3回も一年" ) ; 2 chrです。 8:13. 8:13です。 Similarly we might show frequent references to the Feast of Tabernacles and other Jewish institutions, although we do not admit that any valid argument can be drawn from the silence of Scripture in such a case.同様に私たちかもしれない詳細を参照してのごちそうを頻繁にtabernaclesおよびその他のユダヤ人機関が、認めることはありませんが、任意の有効な引数は啓典の沈黙から引き出されるそのような場合です。

An examination of the following texts, 1 Kings 2:9; 2 Kings 14:6; 2 Chr.審査には、次の文章は、 1キングス2時09分、 2キングス14時06分、 2 chrです。 23:18; 25:4; 34:14; Ezra 3:2; 7:6; Dan. 23:18 ; 25:4 ; 34:14 ;エズラ3:2 ;午前7時06分;ダンです。 9:11, 13, will also plainly show that the "Law of Moses" was known during all these centuries. 9時11分、 13日にも分かりやすく詳細は、 "法のモーゼス"は、既知の中のすべての世紀です。 Granting that in the time of Moses there existed certain oral traditions or written records and documents which he was divinely led to make use of in his history, and that his writing was revised by inspired successors, this will fully account for certain peculiarities of expression which critics have called "anachronisms" and "contradictions," but in no way militates against the doctrine that Moses was the original author of the whole of the Pentateuch.ムーサーの時間を付与してあるの伝統が存在口頭または書面による記録と、特定の文書を彼は神のLEDを利用するのが彼の履歴、およびその後継者インスピレーション彼の書いたものが改正され、これは完全にアカウントを特定の独特な表現で批判もあると呼ばれる"時代遅れ"と"矛盾、 "しかし、反対するものではありません教義をmilitatesムーサーは、元の著者は、全体の五します。 It is not necessary for us to affirm that the whole is an original composition; but we affirm that the evidences clearly demonstrate that Moses was the author of those books which have come down to us bearing his name.問い合わせをする必要はありません。断言するのは、全体のは、元の組成;しかし、私たちは、証拠を明確に示している断言ムーサーは、これらの書籍の著者が先に降りてくる軸受彼の名を入力します。 The Pentateuch is certainly the basis and necessary preliminary of the whole of the Old Testament history and literature.の五の根拠とは確かに必要な準備は、全体の、旧約聖書の歴史と文学です。 (See Deuteronomy.) (申命記を参照。 )

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン辞書をダウンロードするイラストレイティッド)


Torah律法

Jewish Viewpoint Informationユダヤ人の視点情報

Name applied to the five books of Moses, Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, and Deuteronomy.名に適用さの5つの書籍のムーサーよ、創世記、出エジプト記、レビ記、数字、および申命記です。 The contents of the Torah as a whole are discussed, from the point of view of modern Biblical criticism, under Pentateuch, where a table gives the various sources; while its importance as a center of crystallization for the Hebrew canon is treated under Bible Canon.律法の内容を議論全体としては、現代の観点から、聖書の批判は、五されて、ここで、テーブルにより、さまざまな情報源;ながらその重要性結晶化の中心として扱われるため、キヤノンは、ヘブライ語聖書キヤノンされています。 The present article, therefore, is limited to the history of the Pentateuch in post-Biblical Judaism.現在の資料では、したがって、限定されるの歴史は、ユダヤ教の聖書の後の五します。 The Torah receives its title from its contents, the name itself connoting "doctrine."そのタイトルの律法を受け取るより、その内容は、自分自身の名前connoting "教義です。 " The Hellenistic Jews, however, translated it by νόμος = "law" (eg, LXX., prologue to Ecclus. [Sirach], Philo, Josephus, and the New Testament), whence came the term "law-book"; this gave rise to the erroneous impression that the Jewish religion is purely nomistic, so that it is still frequently designated as the religion of law.ヘレニズムのユダヤ人は、しかし、それを翻訳νόμος = "法" (例えば、 70 。 、プロローグをecclusします。 [シラク] 、フィロ、ヨセフス、と新約聖書) 、そこから来たという用語は"法-予約" ;これは誤った印象を与えるに上昇するのは、ユダヤ教の宗教は、純粋にnomisticので、これはまだ法の宗教を頻繁に指定されています。 In reality, however, the Torah contains teachings as well as laws, even the latter being given in ethical form and contained in historical narratives of an ethical character.現実には、しかし、教えだけでなく、律法の法律が含まれ、後者が与えられたにも倫理的なフォームと含まれて倫理的な文字の歴史的な物語です。

Name.名前。

In the books of the Bible the following names of the Pentateuch occur: in II Chron.は、書籍の名前を、聖書は、次の場合に発生するの五:で2世chron 。 xvii. 17 。 9, Neh. 9日、 neh 。 ix. 9 。 3, and, with the added epithet , II Chron. 3 、および、追加された小名、二chron 。 xxxiv.参拾。 14; while alone, without , is found in II Kings x. 14 ;中だけでも、なく、キングスXの2世が発見さ 31, I Chron. 31日、私chronです。 xxii. xxii 。 11, and II Chron. 11日、 、およびii chron 。 xii. 12 。 1, xxxi. 1日31回です。 3, 4, and xxxv. 3 、 4 、および35です。 26. 26 。 Sometimes , or a word of similar meaning, is added, as , Josh.時には、または類似の単語の意味が追加されました、として、ジョシュです。 xxiv. 24 。 26, Neh. 26日、 neh 。 viii. Ⅷ 。 18 (without , ib. x. 29). 18日(せず、 ① -イ。 Xの2 9) 。 Another designation is , Josh.別の種別は、ジョシュです。 viii. Ⅷ 。 31, xxiii. 31日、 23 。 6; II Kings xiv. 6 ; 2世王14 。 6; Neh. 6 ; nehです。 viii. Ⅷ 。 1; or , I Kings ii. 1 ;または、私の王2世です。 3; II Kings xxiii. 3 ; IIキングスフィールドXXIII近くにございます。 25; Mal. 25 ; mal 。 iii. Ⅲ 。 22 (AV iv. 4), with the addition of ; Ezra iii. 22違反( AV Ⅳ 。 4 ) 、に加え;エズラⅢ 。 2 (with the addition of ), vii. 2 (追加) 、 Ⅶ 。 6; , II Chron. 6 ; 、二chron 。 xxv. 25 。 4 (preceded by ), xxxv. 4 (前に) 、 35 。 12. 12 。 The oldest name doubtless is (Deut. i. 5; xxxi. 9, 11, 24; xxxii. 46; Neh. viii. 2), sometimes shortened to (Deut. i. 5; xxxi. 9, 11, 24; xxxii. 46; Neh. viii. 2), or to (Neh. viii. 5), or to (Deut. xxxiii. 4).最古の名疑いが( deut. i. 5 ;参拾壱です。 9日、 11日、 24 ;参拾。 46 ; neh 。 Ⅷ 。 2 ) 、時には短縮さ( deut. i. 5 ;参拾壱です。 9日、 11日、 24 ;参拾。 46 ; neh 。 Ⅷ 。 2 ) 、または( neh. Ⅷ 。 5 ) 、または( deut. 33 。 4 ) 。 The last two names occur with great frequency in Jewish tradition, where the Torah becomes a living creature.最後の2つの名前を発生する可能性大の頻度がユダヤ人の伝統、ここでの律法が生き物です。 The expression "the five books," which is the origin of the term "Pentateuch," occurs only in Jewish tradition, which has also been the source for "Genesis," etc., as the names of the books of the Pentateuch (see Blau, "Zur Einleitung in die Heilige Schrift," pp. 40-43).の表現"の5つの書籍は、 "これはという言葉の起源は"五、 "ユダヤ人の伝統にのみ発生しますが、これでも、ソースの"創世記"など、書籍としての名前を、五(参照blau 、 " zur einleitungで死ぬheilige schrift 、 " pp 。 40-43 ) 。

Quinary Division of the Torah. 5番目の律法部が実施しています。

According to all critics, regardless of the schools to which they belong, the Torah forms a single work, which is represented, even at the present day, by the synagogal Scroll of the Law; nor does history know of any other Torah scroll.すべての批評家によると、彼らに関係なく、学校に属し、律法を形成する1つの仕事が代表にも、現今では、 synagogalスクロールされた同法;もが知る限りでは他の律法の歴史にスクロールします。 The fivefold division of the Pentateuch was due to purely external causes, and not to a diversity of content; for in volume the Torah forms more than a fourth of all the books of the Bible, and contains, in round numbers, 300,000 letters of the 1,100,000 in the entire Bible.五部が実施して、 5倍のためには、純粋に外付けが原因ではなく、多様性のコンテンツを参照して下さい;ためにボリュームの律法の4分の1以上のフォームのすべての書籍は、聖書、およびが含まれ、大ざっぱな数字で、 300000文字は、聖書は、全体の1100000です。 A work of such compass far exceeded the normal size of an individual scroll among the Jews; and the Torah accordingly became a Pentateuch, thus being analogous to the Homeric poems, which originally formed a single epic, but which were later split into twenty-four parts each.このような仕事をはるかに超えて、通常のコンパスのサイズを、個々のスクロール間のユダヤ人;と律法は五したがって、このように、ホメロスの詩に類似して、これもともと、 1つの叙事詩的に形成さが、分割された後2004年それぞれの部品です。

Division into Sections.課をセクションに分けることです。

Like them, moreover, the Pentateuch was divided according to the sense and with an admirable knowledge of the subject (Blau, "Althebräisches Buchwesen," pp. 47-49), while subdivisions were also made into the so-called open and closed "parashiyyot," whose exact interrelation is not yet clear.好きなんだ、また、五は、分割によると、立派な知識を意味するとの件名( blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " pp 。 47-49 ) 、中にも細分化された、いわゆるオープンおよびクローズ" parashiyyot 、 "その正確な相互関係がまだはっきりしている。 There are in all 669 sections, 290 open and 379 closed.すべてのセクションには、 669 、 290と379開いて終了します。 Another class of parashiyyot divides the weekly lessons, now called "sidrot," into seven parts.週刊parashiyyot分割して別のクラスのレッスン、今すぐと呼ばれる" sidrot 、 "を7つの部品です。 The Torah also falls, on the basis of the lessons for the Sabbath, into 54 sidrot according to the annual cycle, and into 155 according to the triennial cycle.律法も滝の教訓に基づいて、安息日、 sidrotを54によると、毎年恒例のサイクルを経て、 155によると、 3年ごとのサイクルです。 The former division, which is now used almost universally, is the Babylonian; and the latter, which has recently been introduced into some Reform congregations, is the Palestinian.旧課、これは今すぐ広く使われ、ほとんどは、バビロニア;し、後者、これは最近、いくつかの改革に導入された集会は、パレスチナのです。 The latter class of sidrot, however, has no external marks of division in the scrolls of the synagogue; while the divisions in the former, like the parashiyyot, are indicated by blank spaces of varying length (see Sidra).後者のクラスのsidrot 、しかし、外部のマークがない課は、スクロールは、シナゴーグ;中の部門では元のように、 parashiyyot 、空白が示されてさまざまな長さ(シドラを参照) 。 This probably implies a greater antiquity for the sections which are thus designated, although the divisions into 5,845 verses, which seem to be still older, have no outward marks.このおそらく大きな意味がこのように古代のセクションを指定、 5845は、詩部門を、どのようにもまだ古い、外側にマークがない。 The system of chapters was introduced into the editions of the Hebrew Bible, and hence into the Torah, from the Vulgate.このシステムに導入され、各章は、ヘブライ語聖書のエディション、およびそれゆえに律法は、ウルガタ聖書からです。 This mode of division is not known to the Masorah, though it was incorporated in the final Masoretic notes, for individual books of the Pentateuch.このモードでの課ではないmasorahに知られている、それが組み込まれての最後のmasoreticノートは、個々の書籍は、五します。 It is given in modern editions of the Hebrew Bible simply on the basis of the stereotyped editions of the English Bible Society, which followed earlier examples.与えられたことは、現代のエディションは、ヘブライ語聖書に基づいて、単に紋切り型の英語聖書協会のエディションが続く以前の例を紹介します。

Jewish Tradition and the Torah.ユダヤ教の伝統と律法です。

The external form of the Torah is discussed in such articles as Manuscripts, Scroll of the Law, and Mantle of the Law; but so numerous are the assertions of tradition concerning its contents and its value that the repetition of even a very small part of them would far exceed the limits of this article.外付けの形式の律法は、このような記事で議論さ原稿として、スクロール法、およびマントルの同法;しかし、これに関する数多くのは、アサーションの伝統とその値は、その内容の繰り返しをしても、非常に小さな部分は、この資料の限界をはるかに超えています。 Every page of the Talmud and Midrash is filled with citations from the Pentateuch and with the most fulsome praise of it, united with super-human love and divine respect therefor.すべてのページは、タルムードとミドラーシュ五からの引用が満ちているとのことで最も称賛お世辞たらたらの中に神の愛と人間尊重スーパーばならない。 In the five volumes of Bacher's work on the Haggadah, the Torah and its study form a special rubric in theaccount of each "sofer," or scholar of the Law.での5つの巻次のbacherの仕事を検索するhaggadahは、律法とその研究を形成する各theaccount特別朱書きで" sofer " 、または法律の学者です。 In all probability there never was another people, except possibly the Brahmans, that surrounded its holy writings with such respect, transmitted them through the centuries with such self-sacrifice, and preserved them with so little change for more than 2,000 years.すべての確率が決して他の人々は、おそらくbrahmansを除いて、その周囲の神聖な文章にこのような点で、それらを通じて伝送世紀にもわたって、このような自己犠牲、および保持してこれを2000年以上もほとんど変化します。 The very letters of the Torah were believed to have come from God Himself (BB 15a), and were counted carefully, the word "soferim" denoting, according to the Talmud (Ḳid. 30a), "the counters of the letters."律法は非常に文字が来ると考えられて神から自分自身( bb 15a ) 、およびカウントは慎重に、という言葉" soferim "のしるしによると、タルムード( ḳid. 30Aの) 、 "カウンタの文字です。 " A special class of scholars devoted all their lives to the careful preservation of the text ("Masorah"), the only analogy in the literature of the world being found in India, where the Vedas were accurately preserved by similar means.特別なクラスの学者の献身的な彼らの生活のすべてのテキストを慎重に保存( " masorah " ) 、類推するだけで、世界の文学が見つかりましたインドでは、どこのヴェーダが同様の意味を正確に保持されています。

Preexistence of the Torah.先在は、律法。

The Torah is older than the world, for it existed either 947 generations (Zeb. 116a, and parallels) or 2,000 years (Gen. R. viii., and parallels; Weber, "Jüdische Theologie," p. 15) before the Creation.世界の律法は、年齢が、 947世代のいずれかに存在( zeb. 116a 、および類似点) 、または2000年( Gen 。とr. Ⅷ 。 、および類似点;ウェーバー、 " jüdische theologie 、 " p. 15学)の前に創作です。 The original Pentateuch, therefore, like everything celestial, consisted of fire, being written in black letters of flame upon a white ground of fire (Yer. Sheḳ. 49a, and parallels; Blau, "Althebräisches Buchwesen," p. 156). 、元の五、したがって、すべての天体のような、火災の内訳は、黒い文字が書かれて地面に白い炎の時の火の( yer. sheḳです。 49a 、および類似点; blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " p. 156 )学です。 God held counsel with it at the creation of the world, since it was wisdom itself (Tan., Bereshit, passim), and it was God's first revelation, in which He Himself took part.弁護人に開かれたことは、神の創造の世界、自分自身の知恵て以来( tan. 、 bereshit 、ここかしこ) 、およびそれは、神の最初の啓示では彼自身が参加しました。 It was given in completeness for all time and for all mankind, so that no further revelation can be expected.それは、与えられたの完全性のすべての時間とのすべての人類のため、より詳細な啓示が期待できることは絶対にありません。 It was given in the languages of all peoples; for the voice of the divine revelation was seventyfold (Weber, lc pp. 16-20; Blau, "Zur Einleitung in die Heilige Schrift," pp. 84-100).これは、指定された言語のすべての人々 ;ための声を神の啓示は、 seventyfold (ウェーバー、液晶pp 。 16-20 ; blau 、 " zur einleitungで死ぬheilige schrift 、 " pp 。 84〜100 ) 。 It shines forever, and was transcribed by the scribes of the seventy peoples (Bacher, "Ag. Tan." ii. 203, 416), while everything found in the Prophets and the Hagiographa was already contained in the Torah (Ta'an. 9a), so that, if the Israelites had not sinned, only the five books of Moses would have been given them (Ned. 22b).永遠に輝くとは、転写された70人のscribes ( bacher 、 " AGに帰属します。黄褐色。 " Ⅱ 。 203 、 416 ) 、発見されたすべての預言者と律法hagiographaはすでに含まれている( ta'anです。 9a ) 、ように、罪を犯していない場合は、イスラエルだけの5つの書籍のムーサーが与えられていたこと( ned. 22b ) 。 As a matter of fact, the Prophets and the Hagiographa will be abrogated; but the Torah will remain forever (Yer. Meg. 70d).の問題として実際には、預言者とされる廃棄hagiographa ;しかし、律法は永遠に残る( yer.メグです。 70d ) 。 Every letter of it is a living creature.すべての生き物の手紙をすることがあります。 When Solomon took many wives, Deuteronomy threw himself before God and complained that Solomon wished to remove from the Pentateuch the yod of the word (Deut. xvii. 17), with which the prohibition of polygamy was spoken; and God replied: "Solomon and a thousand like him shall perish, but not one letter of the Torah shall be destroyed" (Lev. R. xix.; Yer. Sanh. 20c; Cant. R. 5, 11; comp. Bacher, lc ii. 123, note 5).ソロモンときには多くの妻、申命記投げた自分自身と不満を前に、神とソロモンの五からの削除を希望してyodという言葉( deut. 17 。 17 )は、禁止は、一夫多妻は、音声、および神はこう答えた: "ソロモンと1000彼は死ぬような、しかし、律法は1つの手紙を破壊しなければならない" ( lev. r. 19 。 ; yer 。 sanh 。 20c ;できない。 r. 5 、 11 ;のCOMPです。 bacher 、液晶Ⅱ 。 123 、注記5 ) 。 The single letters were hypostatized, and were active even at the creation of the world (Bacher, lci 347), an idea which is probably derived from Gnostic speculation.シングルの手紙がhypostatized 、およびが積極的でさえも、世界の創造( bacher 、ライオンズクラブ国際協会347 ) 、アイデアには、おそらくグノーシス主義の憶測から派生した。 The whole world is said to be only 1/3200 of the Torah ('Er. 21a).といわれて、全世界の約1 / 3200は、律法( ' er 。 21a ) 。

Israel received this treasure only through suffering (Ber. 5a, and parallels), for the book and the sword came together from heaven, and Israel was obliged to choose between them (Sifre, Deut. 40, end; Bacher, lc ii. 402, note 5); and whosoever denies the heavenly origin of the Torah will lose the future life (Sanh. x. 1).イスラエルは、この宝を介してのみ苦しみ( ber. 5aを、と緯線)は、この本と一緒に来たかのように剣より天国、とイスラエルは、それらの間の義務を選択する( sifre 、 deut 。 40 、エンド; bacher 、液晶Ⅱ 。 402 、注5 ) ;と誰でも天の起源は、律法を否定して、将来の生活が失われてしまいます( sanh. Xの1 ) 。 This high esteem finds its expression in the rule that a copy of the Pentateuch is unlimited in value, and in the ordinance that the inhabitants of a city might oblige one another to procure scrolls of the Law (Tosef., BM iii. 24, xi. 23).この高い尊敬を発現させた後、そのルールを検出して、五書のコピーを、値には制限はありませんし、市の条例は、住民の願いをかなえてやるかもしれない、 1つの別のスクロールを調達法( tosef. 、バミューダ諸島Ⅲ 。 24 、西。 23 ) 。 The pious bequeathed a copy of the Torah to the synagogue (ib. B. Ḳ. ii. 3); and it was the duty of each one to make one for himself, while the honor paid the Bible greatly influenced the distribution of copies and led to the foundation of libraries (Blau, "Althebräisches Buchwesen," pp. 84-97).信心深いbequeathed 、律法のコピーをしてシナゴーグ( ib. b. ḳします。 2 。 3 ) ;とそれは、それぞれの義務を1つになっている自分自身は、聖書の中の名誉有料のコピーや配布多大な影響を与えました主導して財団のライブラリ( blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " pp 。八四〜九七) 。

Study of the Torah.律法の研究です。

The highest ideal of young and old and of small and great was the study of the Law, thus forming a basis for that indomitable eagerness of the Jewish people for education and that unquenchable thirst for knowledge which still characterize them.老いも若きも最高の理想と中小と大は、同法の研究のための基礎を形成することは、ユダヤ人の不屈の意欲の人々を教育や知識がまだの飽くなき欲求を特徴付けるします。 "As the child must satisfy its hunger day by day, so must the grown man busy himself with the Torah each hour" (Yer. Ber. ch. ix.). "は、子供の飢餓の一日一日を満たさなければなりませんので、忙しい男に成長しなければ、自分自身の律法の各時間" ( yer. BERを計算します。あなたのです。 9世です。 ) 。 The mishnah (Pe'ah i.) incorporated in the daily prayer declares that the study of the Law transcends all things, being greater than the rescue of human life, than the building of the Temple, and than the honor of father and mother (Meg. 16b).のミシュナー( pe'ah i. )に組み込まれて毎日の祈りを宣言し、法の研究のすべてのものを超越、救助よりも大きいのが人間の生命、同寺の建物よりも、より敬意を表して、父と母(メグです。 16b ) 。 It is of more value than the offering of daily sacrifice ('Er. 63b); a single day devoted to the Torah outweighs 1,000 sacrifices (Shab. 30a; comp. Men. 100a); while the fable of the Fish and the Fox, in which the latter seeks to entice the former to dry land, declares Israel can live only in the Law as fish can live only in the ocean.これは、他の値よりも提供の生活の犠牲( ' er 。 63b ) ;て、 1日に律法をテーマに犠牲に勝る1000 ( shab. 30Aの;のCOMPです。男性です。 100a ) ;が、寓話の魚とキツネ、シークを誘惑後者では前者を乾燥した土地は、イスラエルを宣言して生きることができる法としてだけでは、海の魚て生きることができるのみです。 Whoever separates himself from the Torah dies forthwith ('Ab. Zarah 3b); for fire consumes him, and he falls into hell (BB 79a); while God weeps over one who might have occupied himself with it but neglected to do so (Ḥag. 5b).誰でも自分自身からの律法を分離速やかに死ぬ( 'アルバータです。 zarah年) ;の火災の消費電力は彼と彼を地獄の滝( bb 79a ) ;ながら1つ以上の神泣くこともできない自分自身を占領whoかもしれないことがおろそかにこれを行うには( ḥagです。 5B面) 。 The study must be unselfish: "One should study the Torah with self-denial, even at the sacrifice of one's life; and in the very hour before death one should devote himself to this duty" (Soṭah 21b; Ber. 63b; Shab. 83b).無欲の研究しなければならない: " 1つは、律法を研究して自己否定、さらには、自分の人生を犠牲にし;とは、非常に時間前に全力を挙げる考えを死の1つは、この義務" ( soṭah 21b ; BERを計算します。 63b ; shabです。 83b ) 。 "Whoever uses the crown of the Torah shall be destroyed" (Ned. 62a). "誰でもクラウンは、律法を使用して破壊しなければならない" ( ned. 62a ) 。 All, even the lepers and the unclean, were required to study the Law (Ber. 22a), while it was the duty of every one to read the entire weekly lesson twice (Ber. 8a); and the oldest benediction was the one spoken over the Torah (ib. 11b).すべて、汚れたさえ、ハンセン病患者と、同法を勉強するが必要( ber. 22a ) 、それは、勤務中のすべての1つの全体を読むには毎週のレッスンを2回( ber. 8a ) ;と最も古い祝祷は、 1つの話さ以上の律法( ib. 11b ) 。 Prophylactic power also is ascribed to it: it gives protection against suffering (ib. 5a), against sickness ('Er. 54b), and against oppression in the Messianic time (Sanh. 98b); so that it may be said that "the Torah protects all the world" (Sanh. 99b; comp. Ber. 31a).生得しても予防電力:これにより、保護対策の苦しみ( 5aをib. ) 、対病( ' er 。 54b ) 、および弾圧に対抗しては、救世主のような時間( sanh. 98b ) ;ようにそれによると、 5月に"世界のすべての律法を保護" ( sanh. 99b ;のCOMPです。 BERを計算します。 31a ) 。 The following sayings may be cited as particularly instructive in this respect: "A Gentile who studies the Torah is as great as the high priest" (B. Ḳ. 38a).引用としては、次のことわざがあります特にこの点で有益: "をジェンティーレwho研究して律法は、大祭司と同じくらいすごい" ( b. ḳです。 38a ) 。 "The practise of all the laws of the Pentateuch is worth less than the study of the scriptures of it" (Yer. Pe'ah i.), a conclusive refutation of the current view of the Nomism of the Jewish faith. "練習のすべての法律に基づいて、五分未満は、聖書の研究のこと" ( yer. pe'ah i. )は、決定的な反論は、現在の対象は、律法主義は、ユダヤ教の信仰です。 After these citations it becomes readily intelligible that, according to the Talmudic view, "God Himself sits and studies the Torah" ('Ab. Zarah 3b).これらの引用することが容易に理解した後に、 talmudicによると、対象は、 "神の律法を研究して座って自分自身" ( 'アルバータです。 zarah 3B面) 。

Criticism of the Torah Among Jews.ユダヤ人の律法の中の批判をします。

The spirit of criticism naturally developed from this devotion to the Pentateuch, in spite of faith and reverence.当然の批判を浴びることの精神的な献身を開発してから、この五、信仰と畏敬の念にもかかわらずです。 The very existence of the doctrine that the Law was of heavenly origin, and that whosoeverdenied this dogma had no share in the life to come (Sanh. x.), shows that there was a school which assumed a critical attitude toward the Torah.教義の存立のは、法が天国の起源、および共有することではないwhosoeverdeniedこの教義の生活に来る( sanh. Xの)によると、学校があったが、律法批判的な姿勢を想定します。 There is much evidence in proof of this; but here only the history of criticism within the orthodox synagogue will be discussed.証拠には多くの証拠には、次の;しかし、ここだけの歴史の批判を浴びることに、正統派ユダヤ教の礼拝堂が議論される。 It was a moot point whether the Law was given all at once or in smaller rolls at different times (Giṭ. 60a); and the further question was discussed, whether Moses or Joshua wrote the last eight verses of the Pentateuch (BB 14b-15a).それは、議論の余地がポイント法が与えられたかどうか、またはすべてを一度に小さくロール、別の時期( giṭ. 60a ) ;と、より詳細な質問が行われた議論、ムーサーまたはジョシュアかどうかの最後の8つの詩を書いた五( bb 14b - 15a ) 。 It was definitely affirmed, on the other hand (ib.), that Moses composed the sections concerning Balaam (Num. xxii.-xxiv.), thus closing all discussions on that score.アファームドことは間違いなく、その一方で( ib. ) 、それに関するモーゼスのセクションで構成さ埋め草( num. xxii. - 24です。 ) 、このように閉会によるスコアすべての議論をしています。 Many tacit doubts are scattered through the Talmud and Midrash, in addition to those which Einstein has collected.暗黙の了解を通じて多くの疑問が散在タルムードとミドラーシュに加えて、アインシュタインは、収集したものです。 In the post-Talmudic period, in like manner, there was no lack of critics, some of them recognized as such again only in recent times, although Abraham ibn Ezra, who was joined by Spinoza, has long been recognized as belonging to this class.は、ポストtalmudic期間中、同じように、批評家の不足はない、いくつかのこととして認識され再びこのような最近の回だけで、アブラハムイブンエズラものの、スピノザwhoは、メンバー登録され、として認識されてきたこのクラスに所属するです。

Composition.組成します。

The composition of the Torah should be discussed on the basis of the old Semitic concepts, which planned a work of literature practically rather than systematically.の組成は、律法に基づいて議論すべきである旧ユダヤ主義の概念を、どの計画を実質的にではなく、体系的な文学作品です。 Repetitions, therefore, should not be eliminated, since things which are good and noble may and should be brought to remembrance many times.繰り返し、したがって、排除はできませんので、高貴なものは良いと5月を思い出すと何回れるべきです。 From the point of view of effective emphasis, moreover, a change of context may develop a new and independent application of a given doctrine, especially if it be repeated in other words.の観点から、効果的な強調、また、 5月のコンテキストの変化を独立したアプリケーションを開発するとは、与えられた新たな教義、特に言い換えればそれが繰り返される。 Thus tradition (The Thirty-two Rules of Eliezer b. Jose ha-Gelili) took "the repeated doctrine" as its rule of interpretation, and left large numbers of repetitions (parallel passages) in its collections of oral teachings.このように伝統( 32のルールエリエゼルb.ホセハ- gelili )は"繰り返しドクトリン"などのルールの解釈では、大量の繰り返しと左(パラレル通路)は、経口のコレクションを教えています。 The framework of the Pentateuch is historical narrative bound together by the thread of chronology.五の枠組みの中では、歴史的な物語のスレッドの年表に結ばれている。 There is no rigid adherence to the latter principle, however; and the Talmud itself accordingly postulates the rule: "There is no earlier and no later in the Torah" (Pes. 6b et passim).しゃくし定規にはない、後者の原理は、しかし、これを公準とタルムード自体のルール: "以前はないとの律法の後で" ( pes. 6B面etここかしこに) 。 From a Masoretic point of view, the Mosaic code contains the history of a period of about 2,300 years. masoreticの観点からは、モザイクの歴史をコードには、約2300年の期間です。 As has already been noted in regard to the names of the individual books, the Talmud and the Masorah divided the Torah into smaller units according to its contents, so that Genesis includes the story of Creation and of the Patriarchs, Exodus the account of the departure from Egypt, the revelation, and so on.としてはすでにの名前が記載されに関しては、個々の書籍は、律法タルムードとmasorahを小さく分割し、その内容によると、ユニットのように、創世記には、物語の創作とは、 patriarchs 、出エジプト記のアカウントを出発エジプトからの啓示、している。

Style.スタイルです。

The style of the Pentateuch, in keeping with its content, differs widely from the diction of the Prophets and the Psalms.のスタイルを、五、その内容に沿って、広くからの言葉遣いが異なるのは、預言者と詩篇を授けた。 It is less lofty, although it is not lacking in dramatic force, and it is concrete rather than abstract.高尚なことは少ないが、これが不足して劇的な力ではない、というより具体的なことは、抽象的です。 Most of the laws are formulated in the second person as a direct address, the Decalogue being the best example.ほとんどの法律が策定される2番目の人が直接のアドレスは、十戒が最高の例です。 In certain cases, however, the nature of the subject requires the third person; but the Torah reverts as quickly as possible to the second as being the more effective form of address (comp., for example, Deut. xix. 11-21).ある場合には、しかし、その性質の件名には、 3番目の人;しかし、律法を可能な限り速やかに元の状態に戻します2番目されて、より効果的な形式のアドレス( comp. 、例えば、 deut 。 19 。 11-21 )です。 In the Pentateuch, temporal depiction is the usual method.は、五、時間的描写は、通常のメソッドを使用します。 The process of creation, rather than the universe as a whole, is described; and the account brings the world visibly into being in six main parts.創作の過程ではなく、宇宙全体としては、説明、およびそのアカウントをもたらすが目に見えて、世界の6つの主要な部品です。 In the creation of man, of plants, and of paradise God is seen at work, and the same process of coming into being may be traced in the ark of Noah and similar descriptions.男の創出には、植物、楽園の神が見えると、職場と同じプロセスが5月に入ってくるように追跡さノアの箱舟と同様の説明です。 A remarkable example of word-painting is the account of the consecration of Aaron and his sons to the high-priesthood (Lev. viii.).顕著な例としては、アカウントの言葉-絵を描くことは、自分をささげるのアーロンとその息子たちを聖職に就くの高( lev. Ⅷ 。 ) 。 Here the reader watches while Moses washes the candidates, dresses them, etc. ("Magyar-Zsidó Szemle," ix. 565 et seq.).ここまでの操作で、ムーサーのリーダー候補者間の時計、ドレスして、等( " magyar - zsidó szemle 、 " 9 。 565頁以降を参照。 ) 。 Naïve simplicity is a characteristic trait of Pentateuchal style, which understands also the art of silence. naïveの特徴は、シンプルスタイルpentateuchal 、これも理解して、アートが沈黙。 Thus, as in all great products of world-literature, feminine beauty is not described in detail; for Sarah, Rachel, and other heroines are merely said to be beautiful, while the completion of the picture is left to the imagination of the reader.したがって、すべての優れた製品のように世界的に文学、女性の美しさではないの詳細に記載され;のサラ、レイチェル、およびその他のヒロインは単に美しいといわれ、完了したが、左からの画像は、読者の想像力をします。

Laws of the Torah.法律律法です。

The contents of the Torah fall into two main parts: historical and legal.律法の内容を2つの主要な部品に陥る:歴史的、法的します。 The latter commences with Ex.後者の例を開始します。 xii.; so that the Tannaim maintained that the Law actually began there, proceeding on the correct principle that the word "Torah" could be applied only to teachings which regulated the life of man, either leading him to perform certain acts (commands = ) or restraining him from them (prohibitions = ). 12 。 ; tannaimを維持して、実際には、法が始まったが、手続き上の正しい原則は、単語"律法"が規制にのみ適用さを教え、生活の男、いずれかの大手彼の特定の行為を実行する(コマンド= )または抑制彼からして(禁止= ) 。 The Talmud enumerates a total of 613 rules, 248 being commands and 365 prohibitions (see Jew. Encyc. iv. 181, sv Commandments, The 613).タルムードを列挙し、合計613のルール、 248のコマンドおよび365の禁止(ユダヤ人である。 encyc 。 Ⅳ 。 181 、 sv文書戒めは、 613 ) 。 In the post-Talmudic period many works were written on these 613 "miẓwot," some even by Maimonides.ポストtalmudic期間は、多くの作品が書かれ、これらの613 " miẓwot 、 "いくつかのmaimonidesさえされています。 The legal parts of the Pentateuch include all the relations of human life, although these are discussed with greater detail in the Talmud (see Talmudic Laws).五の法的な部分での関係を人間の生活がすべて含まれて、これらの議論ではより詳細は、タルムード( talmudic法を参照) 。 The Torah recognizes no subdivisions of the commandments; for all alike are the ordinances of God, and a distinction may be drawn only according to modern ideas, as when Driver (in Hastings, "Dict. Bible," iii. 66) proposes a triple division, into juridical, ceremonial, and moral "torot."律法の戒めを認識の地方行政区画;似は、条例のすべての神、および、区別が5月によると、現代的な考え方のみに描画したときなどの、ドライバ(のヘイスティングス、 " dictのです。聖書の、 " Ⅲ 。 66 )を提案するトリプル課を法人、儀式、および道徳的な" torot 。 "

Penal Law.刑法です。

Montefiore was correct when, in laying emphasis on the ethical aspect of the Biblical concept of God, he declared that even the law of the Bible was permeated with morality, propounding his view in the following words ("Hibbert Lectures," p. 64): "Most original and characteristic was the moral influence of Jahveh in the domain of law. Jahveh, to the Israelite, was emphatically the God of the right. . . . From the earliest times onward, Jahveh's sanctuary was the depository of law, and the priest was His spokesman."モンテフィオーリは、正しいときには、倫理的な側面に重点を置いて敷設する聖書の神の概念、彼の法則を宣言しても、聖書の道徳性が充満して、 propounding彼のビューには、次の言葉( "ヒバート講座、 " p. 64 ) : "ほとんどオリジナルと特性に影響を与えるのは、道徳的、ドメイン内のjahveh法です。 jahveh 、イスラエルを、神は、きっぱりと、右側の。 。 。 。 。 。 。 。太古の時代から以降、 jahvehの聖域は、保管法、および司祭は彼の広報担当者。 " The most prominent characteristic of the Pentateuchal law, as compared with the laws of ancient peoples and of medieval Europe, is mildness, a feature which is still further developed in the Talmud. pentateuchalで、最も顕著な特徴は、法では、古代の法律に基づいてと比べると、中世ヨーロッパの人々は、温厚に、機能をより詳細に開発されたのはまだタルムードです。 The Torah is justly regarded as the source of humane law.律法は、当然のソースを動物愛護法と見なされています。 Although such phrases occur as "that soul shall be cut off from his people" or "so shalt thou put the evil away from the midst of thee," it would be incorrect to take them literally, or to deduce from them certain theories of penal law, as Förster has recently done.このような表現として起こる"という彼の魂しなければならない人々から切り離されている"または"邪悪なのでshaltからなたになたの真っただ中に、 "ことが文字通りに持って正しくないか、またはそれらを特定の理論から推測する刑法法では、フェルスターとしては最近完了です。 On the contrary, these expressions prove that the Mosaiclaw was not a legal code in the strict sense of the term, but an ethical work.それどころか、これらの表現を証明するために法的なコードmosaiclawはないという言葉は、厳密な意味ではなく、倫理的な仕事です。 Although the Talmudists made it a penal code, instinctively reading that character into it, the penal law of the Torah is something theoretical which was never put into practise. talmudistsは、刑法はそれを、本能的に文字を読むことは、刑法は、律法は何かを理論的には、絶対に練習します。 This view is supported by the fact that a commandment is stated sometimes without the threat of any penalty whatever for its violation, and sometimes with the assignment even of death as a punishment for its transgression.このビューを表示するには、サポートされるという事実を記載時には戒めは任意のペナルティーの脅威をどのようにその違反であり、時として、死の譲渡もその罪として処罰します。 In like manner, tradition frequently substitutes such a phrase as "he forfeited his life" for "transgression worthy of death."同じように、このような伝統を頻繁に代わるフレーズとして"彼は彼の人生没収"を"死の罪に値する。 "

Civil Law.民法です。

On the other hand, the civil law of the Torah, which is more developed and bears a practical character, probably accords more closely with ancient Jewish legal procedure.その一方では、民法上の律法、これはもっと実用的なキャラクターを開発し、クマは、おそらく合意とより密接に古代ユダヤ人の法的な手順を実行します。 It reflects the conditions of an agricultural state, since most of the laws relate to farming and cognate matters.それは、農業の状態の条件を反映して、以来ほとんどの農業や同族の法律問題に関連しています。 There was no Hebrew word for "store," although "just measure" was mentioned.ヘブライ語ではない"ストア、 "ものの"とにかく措置"が記載します。 It must be borne in mind, however, that to satisfy the more advanced conditions of later times, the Talmudists both supplemented the Mosaic law and by means of analogy and similar expedients interpolated into the Torah much which it did not contain originally.負担しなければならないことを念頭に置いて、しかし、それより高度な条件を満たす以降の時代には、法とtalmudistsモザイクの両方を補足する手段を類推補間と同様の手段くらいに律法を最初に含まれていない。

From the earliest times the Synagogue has proclaimed the divine origin of the Pentateuch, and has held that Moses wrote it down from dictation, while the religions based on Judaism have until very recently held the same view.太古の時代から、シナゴーグの起源は、神の宣言の五、ムーサーと書いたことが開かれたことから口述筆記、ユダヤ教の宗教に基づいて行われたのはごく最近までと同じ表示します。 Biblical criticism, however, denies the Mosaic authorship and ascribes only a portion of varying extent to so ancient an origin.聖書の批判は、しかし、原作者とascribesモザイクを否定してさまざまな程度の部分だけをするので古代の起源です。 A history of criticism in regard to this point is given by Winer ("BR" ii. 419 et seq.) and by Driver (in Hastings, "Dict. Bible," iii. 66), while Montefiore expresses himself as follows (lc): "The Torah-or teaching-of the priests, half judicial, half pædagogic, was a deep moral influence; and there was no element in the religion which was at once more genuinely Hebrew and more closely identified with the national God. There is good reason to believe that this priestly Torah is the one religious institution which can be correctly attributed to Moses. . . . Though Moses was not the author of the written law, he was unquestionably the founder of that oral teaching, or Torah, which preceded and became the basis of the codes of the Pentateuch."歴史の批判を浴びることこれと関連してポイントが与えられたワイナー( " br " Ⅱ 。 419頁以降を参照。 )とされドライバ(のヘイスティングス、 " dictのです。聖書の、 " Ⅲ 。 66 )は、自分自身を表現しながらモンテフィオーレ以下のとおり(液晶) : "律法-または教育-は、司祭は、司法の半分、半分pædagogic 、道徳的に深い影響を与えるが、宗教の要素ではないが一度に他のヘブライ語とより緊密な発見を真に国民の神です。あるこのことを信じるだけの十分な理由は、律法は、 1つの聖職者の宗教的な機関をモーゼ正しくカウントさできる。 。 。 。 。 。 。 。かかわらず、ムーサーはないの書面による法の著者である、彼は紛れもなく、その経口教育の創始者、または律法、これ先行の根拠となったの五のコードを。 " The legal parts of the Torah are found in Ex.律法の法的な部分が見つかりました例です。 xx.-xxiii., xxv.-xxxi., xxxiv.-xxxv.; Lev. xx. - 23 。 、 xxv. - 31 。 、 xxxiv. - 35です。 ;レフです。 i.-viii., xi.-xxv., xxvii.; Num. i. - Ⅷ 。 、 xi. - 25 。 、 27 。 ; NUM件です。 v.-x., xviii., xix., xxvii.-xxx., these laws being repeated in Deut. v.-x. 、 18 、 19 。 、 xxvii. - xxxにします。 、これらの法令deutが繰り返されています。 iv. Ⅳ 。 et seq.頁以降を参照。

Joseph Jacobs, Ludwig Blauジョセフジェイコブス、ルートヴィヒblau
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography: 書誌事項:
Bacher, Ag. bacher 、 AGに帰属します。 Tan.; idem, Ag.黄褐色。 ;同じ、 AGに帰属します。 Pal. PAL方式です。 Amor.アモールです。 Index, sv Tora and Studium der Lehre; Baumgartner, Les Etudes Isagogiques chez les Juifs, Geneva, 1886; Blau, Zur Einleitung in die Heilige Schrift, Strasburg, 1894; idem, Studien zum Althebräischen Buchwesen und zur Biblischen Litteraturgeschichte, Strasburg, 1902; Büchler, The Triennial Reading of the Law and Prophets, in JQR vi.インデックス、 sv文書虎とstudium der lehre ; baumgartner 、レ宇宙isagogiques chezレjuifs 、ジュネーブ、 1886 ; blau 、 zur einleitungで死ぬheilige schrift 、ストラスブルグ、 1894 ;同じ、 studien zum althebräischen buchwesen und zur biblischen litteraturgeschichte 、ストラスブルグ、 1902 ; büchlerは、 3年ごとの読書は、法と預言者は、 jqr Ⅵ 。 1-73; Eisenstadt, Ueber Bibelkritik in der Talmudischen Litteratur, Frankfort-on-the-Main, 1894; Förster, Das Mosaische Strafrecht in Seiner Geschichtlichen Entwickelung, Leipsic, 1900; Hamburger, RBT supplementary vol.一から七三;アイゼンシュタット、 ueber der talmudischenアレイbibelkritikで、フランクフォート-オンザメイン、 1894 ;フェルスター、 das mosaische strafrechtで地引き網漁師geschichtlichen entwickelung 、リプシック、 1900 ;ハンバーガー、 rbt補足!です。 iii. Ⅲ 。 60-75; Hastings, Dict.六〇から七五まで;ヘイスティングス、 dictのです。 Bible, iii.聖書の、 Ⅲ 。 64-73; Jew.六四から七三まで;ユダヤ人である。 Encyc. encycです。 vii. Ⅶ 。 633-638; Michaelis-Saalschütz, Mosaisches Recht, Berlin, 1842-46; Herzog-Hauck, Real-Encyc.六百三十三から六百三十八まで;マイカリス- saalschütz 、 mosaisches recht 、ベルリン、 1842年から1846年;ヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 xiii. 13 。 486-502; Weber, Jüdische Theologie, pp.四八六から五〇二;ウェーバー、 jüdische theologie 、 pp 。 14-34, and Index, Leipsic, 1897; Winer, BR 3d ed., i. 14〜34 、およびインデックス、リプシック、 1897 ;ワイナー、 br三次元エド。 、 i. 415-422.四百十五から四百二十二です。

For the criticism of the Torah compare the text-books of the history of Judaism and of Old Testament theology.律法を批判した書籍のテキストを比較してユダヤ教の歴史を旧約聖書神学とします。 See also Pentateuch.五も参照ください。


Torah律法

Catholic Information カトリックの情報

I. USE OF WORD i.使用のWord

Torah, (cf. Hiph. of ), signifies first "direction, instruction", as, for instance, the instruction of parents (Proverbs 1:8), or of the wise (Proverbs 3:1).律法、 ( cf. hiphです。 ) 、第一を意味する"方向に、命令" 、として、例えば、親の命令(諺1:8 ) 、またはにして英明でられる(諺3:1 ) 。 It is used chiefly in reference to the Divine instruction, especially through the revelation to Moses, the "Law", and to the teaching of the Prophets concerning the will of God.主に使用されることは、神の命令の参照を、特にを通じて啓示をムーサーは、 "法"として教えるのは、預言者に関する神の意志です。 In the sense of law "Torah" refers only to the Divine laws.という意味の法"律法"を参照して神の法のみです。 "Torah" is applied to the books containing the teaching of the Mosaic revelation and the Law, that is, the Pentateuch. "律法"が適用される書籍は、モザイクの啓示を含む教育法と、それは、五します。 In Jewish theology Torah signifies, first, the totality of Jewish doctrine, whether taken as a basis for religious knowledge and conduct, or as a basis for study.律法を意味するユダヤ人の神学、まず第一に、全体のユダヤ教の教義、宗教的な基盤としての役割を取るかどうかの知識とを行うか、または基盤としての役割を勉強します。 The body of Biblical writings, especially the Pentateuch, being the source of religious teaching and law, the term "Torah" is applied also to the entire Scriptures (cf. Blau, "Zur Einleitung in die hl. Schrift", Budapest, 1894, 16 sq.), or to passages from the Prophets and the Hagiographa, for instance, "Ab. zara", 17a, in reference to Prov., v, 8, and "Sanh."聖書の本文の記述は、特に、五、宗教的な教えが、法のソースを、この法律において"律法"を適用しても全体の経典( cf. blau 、 " einleitungで死ぬzur hl 。 schrift " 、ブダペスト、 1894 、 16 ㎡ ) 、またはhagiographa通路からは、預言者と、例えば、 "アルバータします。ザラ" 、 17a 、地方での参照をします。 、 V電源、 8日、および" sanh 。 " 91b, in connexion with Ps. 91bは、 psの接続をします。 lxxxiv, 5. 84 、 5 。 The expression, however, generlly signifies the Pentateuch.という表現は、しかし、五generllyを意味しています。 In passages like ("the Scriptures [Torah] consist of three parts, Torah, Prophets, and Hagiographa" [Midrash Tanchuma to Ex., xix, 1]) "Torah" is used in two senses–one general, meaning the whole Scriptures, the other special, signifying the Pentateuch.通路のように( " 、聖書は[律法]の3つの構成部品、律法、預言者、およびhagiographa " [ミドラーシュtanchumaを例です。 、 19 、 1 ] ) "律法"が使用されて2つの感覚- 1つの一般的に、全体を意味して経典、他の特別な、五を暗示します。 Elsewhere (Siphre to 32, 13-135b 24) the Torah is plainly distinguished from the non-Pentateuchal books by the comparison of miqra () and Torah.他の( siphreを、 32 、 13 - 135b 24 )の律法は、非pentateuchalよりはっきりと識別された書籍の比較miqra ( )と律法です。 Besides the "written" Torah, , the Judaism which holds to tradition speaks of an "oral" Torah, , the commentaries and the ordinances which put into effect the laws contained in the Pentateuch.に加えて、 " written "に律法、 、 、ユダヤ教の伝統を保持を話すの"経口"律法、 、 、論評や条例を施行五の法律に含まれている。 This oral Torah, it is claimed, was revealed to Moses and has been preserved in Israel by tradition (see TALMUD.)この経口律法、それは主張は明らかに、ムーサーとイスラエルに保存されてきた伝統的に(タルムードを参照。 )

II. Ⅱ 。 TORAH IN THE RESTRICTED SENSE OF PENTATEUCH律法は、五感覚を制限

The Torah relates the preparatory measures for and the establishment of the Old-Testament theocracy, and contains the institutions and laws in which this theocracy found its visible expression.律法の関連対策を準備すると、古い-遺言神権政治の確立、および機関には、この神権政治や法律ではその次の表現が見つかりました。 The old Testament itself calls the entire work after its main contents (ha)tora or sefer (), ha-tora, that is, "the book of the Torah", as in II Esd.旧約聖書自体呼び出して、全体の作業終了後にその主な内容(ハ)虎またはsefer ( ) 、ハ-虎、それは、 "この本は、律法"のように、 2世のESDです。 viii, 2; to emphasize its Divine origin it is called torath Yahwe, sefer torath Yahwe (Ezra 7:10; 1 Chronicles 16:40; Nehemiah 8:8), and sefer torath Yahwe Elohim (II Esd. ix, 3); while sefer torath Moshe (Nehemiah 8:1), sefer Moshe (Ezra 6:18; Nehemiah 13:1; 2 Chronicles 25:4; 35:12) indicate its author. viii 、 2 ;を強調し、神の起源とも呼ばれtorath yahwe 、 sefer torath yahwe (エズラ7時10分、 1クロニクル16:40 ;ニーアマイア8時08分) 、およびsefer torath yahweエロヒム( 2世のESDします。 9世、 3 ) ; sefer torathながらモシェ(ニーアマイア8:1 ) 、 seferモシェ(エズラ6:18 ;ニーアマイア13時01分、 2クロニクル25:4 ; 35:12 )の著者を示しています。 The Talmud and later Jewish writings call the Pentateuch sefer (ha) tora; the name is always used if the whole work were written as a scroll (megilla) for use in the Divine service.ユダヤ人のタルムードおよびそれ以降の文章を呼び出す五sefer (ハ)虎;の名前は、常に使用される場合は、全体の作業が書かれているとスクロール( megilla )神のサービスで使用される。 If the work is written in five scrolls or in book form it is called hamisha humeshe (ha)tora (), "the five- fifths of the law". 5つの作業が書かれている場合はスクロールや本の形で呼ばれることがhamisha humeshe (ハ)虎( ) 、 "同法の5つの5分の"です。 This division into five parts is old, and in the time of Nehemias served as a model for the division of the Psalter into five books.この課に5つの部品が古いし、時間のモデルを務めてnehemias部が実施して5つの書籍psalterをします。 The Jews generally named the individual books after the first word: (1) bereshith, ; (2) shemath or we-elle shemoth, or ; (3) wayyiqra, ; (4) bemidbar or wayyedabber, , ; (5) debarim or -elle ha-debarim, (cf. as early a writer as Origen on Ps. 1: Bresith, O-ualesmoth, O-uikra, -Elle ‘addebarim).一般に、ユダヤ人の個々の書籍の名前の後の最初の単語: ( 1 ) bereshith 、 ; ( 2 ) -エルshemathあるいは、我々 shemothか、または、 ( 3 ) wayyiqra 、 ; ( 4 ) bemidbarまたはwayyedabber 、 、 、 ( 5 ) debarimまたは-エルハ- debarim 、 ( cf.作家として、早けれpsの原産地をします。 1 : bresith 、または- ualesmoth 、または- uikra 、 -エル' addebarim ) 。 There are also names indicating the main contents of the books given to Leviticus, Numbers, and Deuteronomy: torah kohanim, , "law of the priests", for instance in "Meg.", iii, 6; homesh ha-piqqudim, , "the fifth of the numberings", as in "Yoma", vii, 1, mishne tora (), ie, Deuteronomy, as in Masorah to Deut., xvii, 18.また、メインの名前を示すには、書籍の内容を与えられたレビ記、数字、および申命:律法kohanim 、 、 "法の司祭" 、例えば、 "メグです。 " 、 3 、 6 ; homeshハ- piqqudim 、 、 " 5番目のnumberings " 、 " yoma " 、 7 、 1 、 mishne虎( ) 、すなわち、申命記のように、 masorahをdeut 。 、 17 、 18 。 On the other hand sefer yeçira, , "book of the Creation", in Sanh., 62b, and neziqin, , "injuries", Masorah to Genesis 24:8, are not to be applied, as is often done, to Genesis and Exodus; they refer only to the account of the Creation and to Exodus 21:22.その一方でsefer yeçira 、 、 "本の創造" 、 sanh 。 、 62b 、およびneziqin 、 、 "負傷者" 、 masorahを創世記24:8ではないにも適用されると、頻繁に行うには、創世記と出エジプト記;彼らのアカウントのみを参照の創造と出エジプト記21:22です。

Another method of division is that by which the paragraphs, or parashiyyoth (, sing. ), are indicated in the scrolls of the Torah used in the synagogues.もう1つの方法の課は、ことによっては、段落か、またはparashiyyoth ( 、歌っています。 ) 、スクロールが示されているユダヤ教の律法で使用されています。 In the older Midrashim these divisions are called parashiyyoth pethuhoth, , "open parashiyyoth"; or parashiyyoth sethumoth, , "closed parashiyyoth". midrashimは、古いparashiyyoth pethuhothと呼ばれるこれらの部門は、 、 "オープンparashiyyoth " ;またはparashiyyoth sethumoth 、 、 "クローズドparashiyyoth "です。 In the former, the portion of the line following the last word is left blank; in the latter the termination of the paragraph is indicated by leaving only part of the line blank.前者の場合、次の行の最後の部分の言葉は空白のまま;で、後者が終了した後の段落で示される行を空白の部分だけを残しています。 Such paragraphs are called "small parashiyyoth" and they are generally indicated in the printed editions of the Bible by or .段落と呼ばれるこのような"小さなparashiyyoth "と彼らは一般的に示されて印刷されたり、聖書のエディションです。 The Pentateuch has altogether 290 open and 379 closed parashiyyoth.五は、全部で290の379を開いてparashiyyoth閉鎖します。 In quoting they are generally called after main contents (as Baba bathra 14a: that is, Numbers 22:2-24:25), but sometimes after the first words (as Ta'anith iv, 3, the first six parashiyyoth of Genesis).彼らの話を引用した後では、通常と呼ばれる主な内容( bathra 14aとしてババ:それは、数字22:2-24:25 ) 、しかし、時にはした後の最初の言葉( ta'anith 4世、 3 、創世記の最初の6のparashiyyoth )です。 The parashiyyoth are regarded as the arrangement of the divisions of the Pentateuch according to contents; but the basis of the distinction between open and closed parashiyyoth is not known with certainty.と見なされるのはparashiyyothの部門に配置した内容によると、五;しかし、基礎との区別は、開いたり閉じparashiyyoth知られていないことを確信します。 Another division of the Torah is connected with the reading of lessons read in the synagogue on the Sabbath, a practice referred to in Acts, xv, 21, -ek geneôn -archaíon as being ancient (cf. also Josephus, "Contra Apion.", II, xvii).別の課の律法は、読書のレッスンを接続して、シナゴーグを検索する続きを読む安息日は、行為の練習で参照され、 15 、 21 、 - ek geneôn - archaíonされて古代( cf.もヨセフス、 "コントラapion 。 " 、 2世、 17 ) 。 It was customary in Palestine to have a three years' cycle of these lessons (Meg., 29b); some writers say there was also a cycle of three years and a half.それは、慣習的にパレスチナには、 3年間のサイクルこれらのレッスン( meg. 、 29b ) ;いくつかの作家言ってやるの3つのサイクルがあった年もあると半分です。 The Pentateuch, therefore, was divided into 154-175 sections or sedarim (, sing. ).の五、したがって、またはsederの複数のセクションに分かれて一五四から一七五まで( 、歌っています。 ) 。 These sedarim though not indicated in our Bibles, are important for understanding the structure of the old Midrashim (cf. Büchler, "The Reading of the Law and Prophets in a Triennial Cycle" in "Jew. Quart. Rev.", V, 420 sqq., VI, 1 sqq., VIII, 528 sq.).これらのsederの複数形ではありません聖書に示されて私たちは、重要な構造を理解して、古いmidrashim ( cf. büchler 、 "読書は、法や預言者で、 3年ごとのサイクル"と"ユダヤ人である。クオートします。改訂" 、 V電源、 420 sqq 。 、六、 1 sqq 。 、 viii 、 528 ㎡ ) 。 In the course of time an annual cycle, which first acquired authority among the Babylonian Jews, and is now accepted by nearly all Jewish communities, was adopted.コースの時間は、毎年恒例のサイクル、これはバビロニアのユダヤ人のうち最初の権限を取得しており、現在ほぼすべてのユダヤ人社会に受け入れられる、が採択された。 Maimonides (Hilhoth Tephilla, XIII, 1) calls it the prevailing custom of his era (twelfth century), but says that some read the Pentateuch in three years, which, according to Benjamin of Tudela, was the practice about 1170 among scattered communities in Egypt (cf. Jew. Quart. Rev., V, 420). maimonides ( hilhoth tephilla 、 13 、 1 )現行の習慣を呼び出して、彼の時代( 12世紀) 、しかしによると、いくつか読んで五は3年間で、これによると、ベンジャミンのトゥデラ、約1170の間の練習は、コミュニティに散在するエジプト( cf.ユダヤ人である。クオートします。改訂、 V電源、 420 ) 。 In this one-year cycle the Pentateuch is divided into fifty-four Sabbath lessons generally called large parashiyyoth.この1年間のサイクルで五54安息日に分かれて、通常のレッスンと呼ばれる大規模なparashiyyothです。 A Jewish intercalary year consisting of thirteen lunar months contains fifty-three sabbaths, and the final section is always read on the day of the "joy of the Law" (), that is, the ninth day after the feast of booths (twenty-third day of Tishri).ユダヤ人で構成さうるう年13月53か月が含まれsabbaths 、との最後のセクションでは、常に読んでその日は、 "法の喜び" ( ) 、それは、宴の後の9日間のブース( 20 - 1月3日目) 。 In ordinary years, when there are forty-seven sabbaths, two parashiyyoth are joined on each of seven sabbaths in order to complete the number.普通の年間、 47 sabbathsがある場合は、 2つのparashiyyothは、それぞれのメンバー登録を完了するために7つのsabbaths番号です。 In Genesis there are twelve sabbath parashiyyoth, in Exodus eleven, in Leviticus and Numbers ten each, and in Deuteronomy eleven.安息日の創世記には、 12 parashiyyothは、出エジプト記第11は、それぞれのレビ記と、数字の10 、および申命記11 。 They are named from and quoted by the first words.彼らは名前の最初の言葉を引用されるからとします。 In the printed editions of the Bible they are indicated, as they are also the opening words the open or closed parashiyyoth, by or , with exception of the twelfth lesson, at the beginning of which (Genesis 47:28) only the breadth of a letter should remain blank.聖書の、印刷のエディションが示された場合、彼らはまた、開会の言葉として、開いたり、閉じてparashiyyoth 、または、 12レッスンを除いて、うちの冒頭に(創世記47:28 )のみの幅は、手紙は空白のままです。 Concerning the distribution of the fifty-four parashiyyoth for the year, cf.の分布は、 54年parashiyyothを、継続前誌です。 Loeb, "Rev. des études juives", VI, 250 sqq.; Derenbourg, ibid., VII, 146 sqq.; Schmid, "Überverschiedene Einteilungen der hl. Schrift" (Graz, 1892), 4 sqq.ローブ、 "改訂デétudes juives " 、 6 、 250 sqq 。 ;ドランブール、同上、 7 、 146 sqq 。 ;シュミット、 " überverschiedene einteilungen der hl 。 schrift " (グラーツ、 1892 ) 、 4 sqq 。

The Old Synagogue and the Talmud firmly maintain the Mosaic authorship of the Torah, but doubts are entertained regarding a number of passages.旧シナゴーグとタルムードモザイクしっかりと原作者の律法を維持する、しかし、いくつかの疑問については、通路を楽しませています。 In "Baba bathra" 15e only the last eight verses of Deuteronomy, which speak of the death and burial of Moses, are assigned to another author. "ババbathra "ポルトドゥのみの申命記の最後の8つの詩を話すのは、死と埋葬ムーサーは、別の著者に割り当てられている。 On the other hand Simeon (loc. cit.) teaches, referring to Deut., xxxi, 26, that these verses were also written by Moses under Divine direction (cf. also Josephus, "Antiq Jud.", IV, viii, 48).その一方でシメオン( loc. 〜 Cit 。 )教えて、 deut参照してください。 、 31 、 26日、これらの詩が書かれたムーサーされても、神の方向( cf.もヨセフス、 " antiqユートです。 " 、 4世、 viii 、 48 ) 。 During the Middle Ages doubts were exprerssed as to the possibility of Moses writing certain sentences; for instance, by Rabbi Yishaq (to Genesis 36:11) who was opposed by Aben Ezra, and as well by Aben Ezra himself (to Genesis 12:6; Exodus 25:4; Deuteronomy 1:1; 31:22).中世の間に疑念がexprerssedムーサーの可能性を書面に特定の文章;例えば、ラビyishaq (創世記36:11 ) who abenエズラは反対され、自分自身ともされabenエズラ(創世記12時06分;出エジプト記25:4 ;申命記1:1 ; 31:22 )です。 Taken altogether, even in the succeeding period the belief in the Mosaic authorship remained undisputed, at least by the orthodox Jews.全体から見ても、成功期間は、モザイクの信念は、議論の余地の原作者は依然、少なくともされた正統派ユダヤ人です。 They hold, moreover, the Divine origin of the entire Torah, and the eighth of the thirteen articles of faith formulated by Maimonides and incorporated into the prayer-book reads: "I believe with full faith that the entire Torah as it is in our hands is the one which was given to our teacher Moses, to whom be peace."彼らホールド、また、全体の起源は神の律法、および13の8番目の記事を定式化した信仰の祈り- maimonidesと組み込まれて予約を読み取り: "私の信仰を完全に信じ律法としては、全体のことは、我々の手1つは、私たちの先生はムーサーに与えられた、誰に平和を。 " (See PENTATEUCH .) (参照五します。 )

Publication information Written by F. Schühlein.出版物の情報執筆者schühlein女性です。 Transcribed by WGKofron. wgkofron転写されています。 In memory of Fr.メモリ内のフランス語です。 John Hilkert, Akron, Ohio -- Fidelis servus et prudens, quem constituit Dominus super familiam suam.ジョンhilkert 、アクロン、オハイオ州-忠実なs ervuse tp rudens、 q uemのc onstituitスーパーf amiliams uam主です。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.のは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Torah律法

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Name.名前。

Quinary Division of the Torah. 5番目の律法部が実施しています。

Division into Sections.課をセクションに分けることです。

Jewish Tradition and the Torah.ユダヤ教の伝統と律法です。

Preexistence of the Torah.先在は、律法です。

Study of the Torah.律法の研究です。

Criticism of the Torah Among Jews.ユダヤ人の律法の中の批判をします。

Composition.組成します。

Style.スタイルです。

Laws of the Torah.法律は、律法です。

Penal Law.刑法です。

Civil Law.民法です。

Name applied to the five books of Moses, Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, and Deuteronomy.名に適用さの5つの書籍のムーサーよ、創世記、出エジプト記、レビ記、数字、および申命記です。 The contents of the Torah as a whole are discussed, from the point of view of modern Biblical criticism, under Pentateuch, where a table gives the various sources; while its importance as a center of crystallization for the Hebrew canon is treated under Bible Canon.律法の内容を議論全体としては、現代の観点から、聖書の批判は、五されて、ここで、テーブルにより、さまざまな情報源;ながらその重要性結晶化の中心として扱われるため、キヤノンは、ヘブライ語聖書キヤノンされています。 The present article, therefore, is limited to the history of the Pentateuch in post-Biblical Judaism.現在の資料では、したがって、限定されるの歴史は、ユダヤ教の聖書の後の五します。 The Torah receives its title from its contents, the name itself connoting "doctrine."そのタイトルの律法を受け取るより、その内容は、自分自身の名前connoting "教義です。 " The Hellenistic Jews, however, translated it by νόμος = "law" (eg, LXX., prologue to Ecclus. [Sirach], Philo, Josephus, and the New Testament), whence came the term "law-book"; this gave rise to the erroneous impression that the Jewish religion is purely nomistic, so that it is still frequently designated as the religion of law.ヘレニズムのユダヤ人は、しかし、それを翻訳νόμος = "法" (例えば、 70 。 、プロローグをecclusします。 [シラク] 、フィロ、ヨセフス、と新約聖書) 、そこから来たという用語は"法-予約" ;これは誤った印象を与えるに上昇するのは、ユダヤ教の宗教は、純粋にnomisticので、これはまだ法の宗教を頻繁に指定されています。 In reality, however, the Torah contains teachings as well as laws, even the latter being given in ethical form and contained in historical narratives of an ethical character.現実には、しかし、教えだけでなく、律法の法律が含まれ、後者が与えられたにも倫理的なフォームと含まれて倫理的な文字の歴史的な物語です。

Name.名前。

In the books of the Bible the following names of the Pentateuch occur: in II Chron.は、書籍の名前を、聖書は、次の場合に発生するの五:さchron 2世です。 xvii. 17 。 9, Neh. 9日、 neh 。 ix. 9 。 3, and, with the added epithet , II Chron. 3 、および、追加された小名、二chron 。 xxxiv. 34 。 14; while alone, without , is found in II Kings x. 14 ;中だけでも、なく、キングスXの2世が発見さ 31, I Chron. 31日、私chron 。 xxii. xxii 。 11, and II Chron. 11日、 、およびii chron 。 xii. 12 。 1, xxxi. 1日31回です。 3, 4, and xxxv. 3 、 4 、および35です。 26. 26 。 Sometimes , or a word of similar meaning, is added, as , Josh.時には、または類似の単語の意味が追加されました、として、ジョシュです。 xxiv. 24 。 26, Neh. 26日、 neh 。 viii. Ⅷ 。 18 (without , ib. x. 29). 18日(せず、 ① -イ。 Xの2 9) 。 Another designation is , Josh.別の種別は、ジョシュです。 viii. Ⅷ 。 31, xxiii. 31日、 23 。 6; II Kings xiv. 6 ;二キングス14 。 6; Neh. 6 ; nehです。 viii. Ⅷ 。 1; or , I Kings ii. 1 ;または、私の王2世です。 3; II Kings xxiii. 3 ; IIキングスフィールドXXIII近くにございます。 25; Mal. 25 ; mal 。 iii. Ⅲ 。 22 (AV iv. 4), with the addition of ; Ezra iii. 22違反( AV Ⅳ 。 4 ) 、に加え;エズラⅢ 。 2 (with the addition of ), vii. 2 (追加) 、 Ⅶ 。 6; , II Chron. 6 ; 、二chron 。 xxv. 25 。 4 (preceded by ), xxxv. 4 (前に) 、 35 。 12. 12 。 The oldest name doubtless is (Deut. i. 5; xxxi. 9, 11, 24; xxxii. 46; Neh. viii. 2), sometimes shortened to (Deut. i. 5; xxxi. 9, 11, 24; xxxii. 46; Neh. viii. 2), or to (Neh. viii. 5), or to (Deut. xxxiii. 4).最古の名疑いが( deut. i. 5 ;参拾壱です。 9日、 11日、 24 ;参拾。 46 ; neh 。 Ⅷ 。 2 ) 、時には短縮さ( deut. i. 5 ;参拾壱です。 9日、 11日、 24 ;参拾。 46 ; neh 。 Ⅷ 。 2 ) 、または( neh. Ⅷ 。 5 ) 、または( deut. 33 。 4 ) 。 The last two names occur with great frequency in Jewish tradition, where the Torah becomes a living creature.最後の2つの名前を発生する可能性大の頻度がユダヤ人の伝統、ここでの律法が生き物です。 The expression "the five books," which is the origin of the term "Pentateuch," occurs only in Jewish tradition, which has also been the source for "Genesis," etc., as the names of the books of the Pentateuch (see Blau, "Zur Einleitung in die Heilige Schrift," pp. 40-43).の表現"の5つの書籍は、 "これはという言葉の起源は"五、 "ユダヤ人の伝統にのみ発生しますが、これでも、ソースの"創世記"など、書籍としての名前を、五(参照blau 、 " zur einleitungで死ぬheilige schrift 、 " pp 。 40-43 ) 。

Quinary Division of the Torah. 5番目の律法部が実施しています。

According to all critics, regardless of the schools to which they belong, the Torah forms a single work, which is represented, even at the present day, by the synagogal Scroll of the Law; nor does history know of any other Torah scroll.すべての批評家によると、彼らに関係なく、学校に属し、律法を形成する1つの仕事が代表にも、現今では、 synagogalスクロールされた同法;もが知る限りでは他の律法の歴史にスクロールします。 The fivefold division of the Pentateuch was due to purely external causes, and not to a diversity of content; for in volume the Torah forms more than a fourth of all the books of the Bible, and contains, in round numbers, 300,000 letters of the 1,100,000 in the entire Bible.五部が実施して、 5倍のためには、純粋に外付けが原因ではなく、多様性のコンテンツを参照して下さい;ためにボリュームの律法の4分の1以上のフォームのすべての書籍は、聖書、およびが含まれ、大ざっぱな数字で、 300000文字は、聖書は、全体の1100000です。 A work of such compass far exceeded the normal size of an individual scroll among the Jews; and the Torah accordingly became a Pentateuch, thus being analogous to the Homeric poems, which originally formed a single epic, but which were later split into twenty-four parts each.このような仕事をはるかに超えて、通常のコンパスのサイズを、個々のスクロール間のユダヤ人;と律法は五したがって、このように、ホメロスの詩に類似して、これもともと、 1つの叙事詩的に形成さが、分割された後2004年各部品です。

Division into Sections.課をセクションに分けることです。

Like them, moreover, the Pentateuch was divided according to the sense and with an admirable knowledge of the subject (Blau, "Althebräisches Buchwesen," pp. 47-49), while subdivisions were also made into the so-called open and closed "parashiyyot," whose exact interrelation is not yet clear.好きなんだ、また、五は、分割によると、立派な知識を意味するとの件名( blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " pp 。 47-49 ) 、中にも細分化された、いわゆるオープンおよびクローズ" parashiyyot 、 "その正確な相互関係がまだはっきりしている。 There are in all 669 sections, 290 open and 379 closed.すべてのセクションには、 669 、 290と379開いて終了します。 Another class of parashiyyot divides the weekly lessons, now called "sidrot," into seven parts.週刊parashiyyot分割して別のクラスのレッスン、今すぐと呼ばれる" sidrot 、 "を7つの部品です。 The Torah also falls, on the basis of the lessons for the Sabbath, into 54 sidrot according to the annual cycle, and into 155 according to the triennial cycle.律法も滝の教訓に基づいて、安息日、 sidrotを54によると、毎年恒例のサイクルを経て、 155によると、 3年ごとのサイクルです。 The former division, which is now used almost universally, is the Babylonian; and the latter, which has recently been introduced into some Reform congregations, is the Palestinian.旧課、これは今すぐ広く使われ、ほとんどは、バビロニア;し、後者、これは最近、いくつかの改革に導入された集会は、パレスチナのです。 The latter class of sidrot, however, has no external marks of division in the scrolls of the synagogue; while the divisions in the former, like the parashiyyot, are indicated by blank spaces of varying length (see Sidra).後者のクラスのsidrot 、しかし、外部のマークがない課は、スクロールは、シナゴーグ;中の部門では元のように、 parashiyyot 、空白が示されてさまざまな長さ(シドラを参照) 。 This probably implies a greater antiquity for the sections which are thus designated, although the divisions into 5,845 verses, which seem to be still older, have no outward marks.このおそらく大きな意味がこのように古代のセクションを指定、 5845は、詩部門を、どのようにもまだ古い、外側にマークがない。 The system of chapters was introduced into the editions of the Hebrew Bible, and hence into the Torah, from the Vulgate.このシステムに導入され、各章は、ヘブライ語聖書のエディション、およびそれゆえに律法は、ウルガタ聖書からです。 This mode of division is not known to the Masorah, though it was incorporated in the final Masoretic notes, for individual books of the Pentateuch.このモードでの課に知られているmasorahではない、それは最後のmasoreticノートに組み込まれ、個々の書籍は、五します。 It is given in modern editions of the Hebrew Bible simply on the basis of the stereotyped editions of the English Bible Society, which followed earlier examples.与えられたことは、現代のエディションは、ヘブライ語聖書に基づいて、単に紋切り型の英語聖書協会のエディションが続く以前の例を紹介します。

Jewish Tradition and the Torah.ユダヤ教の伝統との律法です。

The external form of the Torah is discussed in such articles as Manuscripts, Scroll of the Law, and Mantle of the Law; but so numerous are the assertions of tradition concerning its contents and its value that the repetition of even a very small part of them would far exceed the limits of this article.外付けの形式の律法は、このような記事で議論さ原稿として、スクロール法、およびマントルの同法;しかし、これに関する数多くのは、アサーションの伝統とその値は、その内容の繰り返しをしても、非常に小さな部分は、この資料の限界をはるかに超えています。 Every page of the Talmud and Midrash is filled with citations from the Pentateuch and with the most fulsome praise of it, united with super-human love and divine respect therefor.すべてのページは、タルムードとミドラーシュ五からの引用が満ちているとのことで最も称賛お世辞たらたらの中に神の愛と人間尊重スーパーばならない。 In the five volumes of Bacher's work on the Haggadah, the Torah and its study form a special rubric in theaccount of each "sofer," or scholar of the Law.での5つの巻次のbacherの仕事を検索するhaggadahは、律法とその研究を形成する各theaccount特別朱書きで" sofer " 、または法律の学者です。 In all probability there never was another people, except possibly the Brahmans, that surrounded its holy writings with such respect, transmitted them through the centuries with such self-sacrifice, and preserved them with so little change for more than 2,000 years.すべての確率が決して他の人々は、おそらくbrahmansを除いて、その周囲の神聖な文章にこのような点で、それらを通じて伝送世紀にもわたって、このような自己犠牲、および保持してこれを2000年以上もほとんど変化します。 The very letters of the Torah were believed to have come from God Himself (BB 15a), and were counted carefully, the word "soferim" denoting, according to the Talmud (Ḳid. 30a), "the counters of the letters."律法は非常に文字が来ると考えられて神から自分自身( bb 15a ) 、およびカウントは慎重に、という言葉" soferim "のしるしによると、タルムード( ḳid. 30Aの) 、 "カウンタの文字です。 " A special class of scholars devoted all their lives to the careful preservation of the text ("Masorah"), the only analogy in the literature of the world being found in India, where the Vedas were accurately preserved by similar means.特別なクラスの学者の献身的な彼らの生活のすべてのテキストを慎重に保存( " masorah " ) 、類推するだけで、世界の文学が見つかりましたインドでは、どこのヴェーダが同様の意味を正確に保持されています。

Preexistence of the Torah.先在は、律法です。

The Torah is older than the world, for it existed either 947 generations (Zeb. 116a, and parallels) or 2,000 years (Gen. R. viii., and parallels; Weber, "Jüdische Theologie," p. 15) before the Creation.世界の律法は、年齢が、 947世代のいずれかに存在( zeb. 116a 、および類似点) 、または2000年( Gen 。とr. Ⅷ 。 、および類似点;ウェーバー、 " jüdische theologie 、 " p. 15学)の前に創作です。 The original Pentateuch, therefore, like everything celestial, consisted of fire, being written in black letters of flame upon a white ground of fire (Yer. Sheḳ. 49a, and parallels; Blau, "Althebräisches Buchwesen," p. 156). 、元の五、したがって、すべての天体のような、火災の内訳は、黒い文字が書かれて地面に白い炎の時の火の( yer. sheḳです。 49a 、および類似点; blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " p. 156 )学です。 God held counsel with it at the creation of the world, since it was wisdom itself (Tan., Bereshit, passim), and it was God's first revelation, in which He Himself took part.弁護人に開かれたことは、神の創造の世界、自分自身の知恵て以来( tan. 、 bereshit 、ここかしこ) 、およびそれは、神の最初の啓示では彼自身が参加しました。 It was given in completeness for all time and for all mankind, so that no further revelation can be expected.それは、与えられたの完全性のすべての時間とのすべての人類のため、より詳細な啓示が期待できることは絶対にありません。 It was given in the languages of all peoples; for the voice of the divine revelation was seventyfold (Weber, lc pp. 16-20; Blau, "Zur Einleitung in die Heilige Schrift," pp. 84-100).これは、指定された言語のすべての人々 ;ための声を神の啓示は、 seventyfold (ウェーバー、液晶pp 。 16-20 ; blau 、 " zur einleitungで死ぬheilige schrift 、 " pp 。八十四から百まで) 。 It shines forever, and was transcribed by the scribes of the seventy peoples (Bacher, "Ag. Tan." ii. 203, 416), while everything found in the Prophets and the Hagiographa was already contained in the Torah (Ta'an. 9a), so that, if the Israelites had not sinned, only the five books of Moses would have been given them (Ned. 22b).永遠に輝くとは、転写された70人のscribes ( bacher 、 " AGに帰属します。黄褐色。 " Ⅱ 。 203 、 416 ) 、発見されたすべての預言者と律法hagiographaはすでに含まれている( ta'anです。 9a ) 、ように、罪を犯していない場合は、イスラエルだけの5つの書籍のムーサーが与えられていたこと( ned. 22b ) 。 As a matter of fact, the Prophets and the Hagiographa will be abrogated; but the Torah will remain forever (Yer. Meg. 70d).の問題として実際には、預言者とされる廃棄hagiographa ;しかし、律法は永遠に残る( yer.メグです。 70d ) 。 Every letter of it is a living creature.すべての手紙をすることは生き物です。 When Solomon took many wives, Deuteronomy threw himself before God and complained that Solomon wished to remove from the Pentateuch the yod of the word (Deut. xvii. 17), with which the prohibition of polygamy was spoken; and God replied: "Solomon and a thousand like him shall perish, but not one letter of the Torah shall be destroyed" (Lev. R. xix.; Yer. Sanh. 20c; Cant. R. 5, 11; comp. Bacher, lc ii. 123, note 5).ソロモンときには多くの妻、申命記投げた自分自身と不満を前に、神とソロモンの五からの削除を希望してyodという言葉( deut. 17 。 17 )は、禁止は、一夫多妻は、音声、および神はこう答えた: "ソロモンと1000彼は死ぬような、しかし、律法は1つの手紙を破壊しなければならない" ( lev. r. 19 。 ; yer 。 sanh 。 20c ;できない。 r. 5 、 11 ;のCOMPです。 bacher 、液晶Ⅱ 。 123 、注記5 ) 。 The single letters were hypostatized, and were active even at the creation of the world (Bacher, lci 347), an idea which is probably derived from Gnostic speculation.シングルの手紙がhypostatized 、およびれたの創出に積極的でさえも、世界( bacher 、ライオンズクラブ国際協会347 ) 、アイデアには、おそらくグノーシス主義の憶測から派生した。 The whole world is said to be only 1/3200 of the Torah ('Er. 21a).といわれて、全世界の約1 / 3200は、律法( ' er 。 21a ) 。

Israel received this treasure only through suffering (Ber. 5a, and parallels), for the book and the sword came together from heaven, and Israel was obliged to choose between them (Sifre, Deut. 40, end; Bacher, lc ii. 402, note 5); and whosoever denies the heavenly origin of the Torah will lose the future life (Sanh. x. 1).イスラエルは、この宝を介してのみ苦しみ( ber. 5aを、と緯線)は、この本と一緒に来たかのように剣より天国、とイスラエルは、それらの間の義務を選択する( sifre 、 deut 。 40 、エンド; bacher 、液晶Ⅱ 。 402 、注5 ) ;と誰でも天の起源は、律法を否定して、将来の生活が失われてしまいます( sanh. Xの1 ) 。 This high esteem finds its expression in the rule that a copy of the Pentateuch is unlimited in value, and in the ordinance that the inhabitants of a city might oblige one another to procure scrolls of the Law (Tosef., BM iii. 24, xi. 23).この高い尊敬を発現させた後、そのルールを検出して、五書のコピーを、値には制限はありませんし、市の条例は、住民の願いをかなえてやるかもしれない、 1つの別のスクロールを調達法( tosef. 、バミューダ諸島Ⅲ 。 24 、西。 23 ) 。 The pious bequeathed a copy of the Torah to the synagogue (ib. B. Ḳ. ii. 3); and it was the duty of each one to make one for himself, while the honor paid the Bible greatly influenced the distribution of copies and led to the foundation of libraries (Blau, "Althebräisches Buchwesen," pp. 84-97).信心深いbequeathed 、律法のコピーをしてシナゴーグ( ib. b. ḳします。 2 。 3 ) ;とそれは、それぞれの義務を1つになっている自分自身は、聖書の中の名誉有料のコピーや配布多大な影響を与えました主導して財団のライブラリ( blau 、 " althebräisches buchwesen 、 " pp 。八四〜九七) 。

Study of the Torah.律法の研究です。

The highest ideal of young and old and of small and great was the study of the Law, thus forming a basis for that indomitable eagerness of the Jewish people for education and that unquenchable thirst for knowledge which still characterize them.老いも若きも最高の理想と中小と大は、同法の研究のための基礎を形成することは、ユダヤ人の不屈の意欲の人々を教育や知識がまだの飽くなき欲求を特徴付けるします。 "As the child must satisfy its hunger day by day, so must the grown man busy himself with the Torah each hour" (Yer. Ber. ch. ix.). "は、子供の飢餓の一日一日を満たさなければなりませんので、忙しい男に成長しなければ、自分自身の律法の各時間" ( yer. BERを計算します。あなたのです。 9世です。 ) 。 The mishnah (Pe'ah i.) incorporated in the daily prayer declares that the study of the Law transcends all things, being greater than the rescue of human life, than the building of the Temple, and than the honor of father and mother (Meg. 16b).のミシュナー( pe'ah i. )に組み込まれて毎日の祈りを宣言し、法の研究のすべてのものを超越、救助よりも大きいのが人間の生命、同寺の建物よりも、より敬意を表して、父と母(メグです。 16b ) 。 It is of more value than the offering of daily sacrifice ('Er. 63b); a single day devoted to the Torah outweighs 1,000 sacrifices (Shab. 30a; comp. Men. 100a); while the fable of the Fish and the Fox, in which the latter seeks to entice the former to dry land, declares Israel can live only in the Law as fish can live only in the ocean.これは、他の値よりも提供の生活の犠牲( ' er 。 63b ) ;て、 1日に律法をテーマに犠牲に勝る1000 ( shab. 30Aの;のCOMPです。男性です。 100a ) ;が、寓話の魚とキツネ、シークを誘惑後者では前者を乾燥した土地は、イスラエルを宣言して生きることができる法としてだけでは、海の魚て生きることができるのみです。 Whoever separates himself from the Torah dies forthwith ('Ab. Zarah 3b); for fire consumes him, and he falls into hell (BB 79a); while God weeps over one who might have occupied himself with it but neglected to do so (Ḥag. 5b).誰でも自分自身からの律法を分離速やかに死ぬ( 'アルバータです。 zarah年) ;の火災の消費電力は彼と彼を地獄の滝( bb 79a ) ;ながら、神泣くこともできないかもしれないが占領who自身が行い、 1つのことがおろそかにこれを行うには( ḥagです。 5B面) 。 The study must be unselfish: "One should study the Torah with self-denial, even at the sacrifice of one's life; and in the very hour before death one should devote himself to this duty" (Soṭah 21b; Ber. 63b; Shab. 83b).無欲の研究しなければならない: " 1つは、律法を研究して自己否定、さらには、自分の人生を犠牲にし;とは、非常に時間前に全力を挙げる考えを死の1つは、この義務" ( soṭah 21b ; BERを計算します。 63b ; shabです。 83b ) 。 "Whoever uses the crown of the Torah shall be destroyed" (Ned. 62a). "誰でもクラウンは、律法を使用して破壊しなければならない" ( ned. 62a ) 。 All, even the lepers and the unclean, were required to study the Law (Ber. 22a), while it was the duty of every one to read the entire weekly lesson twice (Ber. 8a); and the oldest benediction was the one spoken over the Torah (ib. 11b).すべて、汚れたさえ、ハンセン病患者と、同法を勉強するが必要( ber. 22a ) 、それは、勤務中のすべての1つの全体を読むには毎週のレッスンを2回( ber. 8a ) ;と最も古い祝祷は、 1つの話さ以上の律法( ib. 11b ) 。 Prophylactic power also is ascribed to it: it gives protection against suffering (ib. 5a), against sickness ('Er. 54b), and against oppression in the Messianic time (Sanh. 98b); so that it may be said that "the Torah protects all the world" (Sanh. 99b; comp. Ber. 31a).生得しても予防電力:これにより、保護対策の苦しみ( 5aをib. ) 、対病( ' er 。 54b ) 、および弾圧に対抗しては、救世主のような時間( sanh. 98b ) ;ようにそれによると、 5月に"世界のすべての律法を保護" ( sanh. 99b ;のCOMPです。 BERを計算します。 31a ) 。 The following sayings may be cited as particularly instructive in this respect: "A Gentile who studies the Torah is as great as the high priest" (B. Ḳ. 38a).引用としては、次のことわざがあります特にこの点で有益: "をジェンティーレwho研究して律法は、大祭司と同じくらいすごい" ( b. ḳです。 38a ) 。 "The practise of all the laws of the Pentateuch is worth less than the study of the scriptures of it" (Yer. Pe'ah i.), a conclusive refutation of the current view of the Nomism of the Jewish faith. "練習のすべての法律に基づいて、五分未満は、聖書の研究のこと" ( yer. pe'ah i. )は、決定的な反論は、現在の対象は、律法主義は、ユダヤ教の信仰です。 After these citations it becomes readily intelligible that, according to the Talmudic view, "God Himself sits and studies the Torah" ('Ab. Zarah 3b).これらの引用することが容易に理解した後に、 talmudicによると、対象は、 "神の律法を研究して座って自分自身" ( 'アルバータです。 zarah 3B面) 。

Criticism of the Torah Among Jews.ユダヤ人の律法の中の批判をします。

The spirit of criticism naturally developed from this devotion to the Pentateuch, in spite of faith and reverence.当然の批判を浴びることの精神的な献身を開発してから、この五、信仰と畏敬の念にもかかわらずです。 The very existence of the doctrine that the Law was of heavenly origin, and that whosoeverdenied this dogma had no share in the life to come (Sanh. x.), shows that there was a school which assumed a critical attitude toward the Torah.教義の存立のは、法が天国の起源、および共有することではないwhosoeverdeniedこの教義の生活に来る( sanh. Xの)によると、学校があったが、律法批判的な姿勢を想定します。 There is much evidence in proof of this; but here only the history of criticism within the orthodox synagogue will be discussed.証拠には多くの証拠には、次の;しかし、ここだけの歴史の批判を浴びることに、正統派ユダヤ教の礼拝堂が議論される。 It was a moot point whether the Law was given all at once or in smaller rolls at different times (Giṭ. 60a); and the further question was discussed, whether Moses or Joshua wrote the last eight verses of the Pentateuch (BB 14b-15a).それは、議論の余地がポイント法が与えられたかどうか、またはすべてを一度に小さくロール、別の時期( giṭ. 60a ) ;と、より詳細な質問が行われた議論、ムーサーまたはジョシュアかどうかの最後の8つの詩を書いた五( bb 14b - 15a ) 。 It was definitely affirmed, on the other hand (ib.), that Moses composed the sections concerning Balaam (Num. xxii.-xxiv.), thus closing all discussions on that score.アファームドことは間違いなく、その一方で( ib. ) 、それに関するモーゼスのセクションで構成さ埋め草( num. xxii. - 24です。 ) 、このように閉会によるスコアすべての議論をしています。 Many tacit doubts are scattered through the Talmud and Midrash, in addition to those which Einstein has collected.暗黙の了解を通じて多くの疑問が散在タルムードとミドラーシュに加えて、アインシュタインは、収集したものです。 In the post-Talmudic period, in like manner, there was no lack of critics, some of them recognized as such again only in recent times, although Abraham ibn Ezra, who was joined by Spinoza, has long been recognized as belonging to this class.は、ポストtalmudic期間中、同じように、批評家の不足はない、いくつかのこととして認識され再びこのような最近の回だけで、アブラハムイブンエズラものの、スピノザwhoは、メンバー登録され、として認識されてきたこのクラスに所属するです。

Composition.組成します。

The composition of the Torah should be discussed on the basis of the old Semitic concepts, which planned a work of literature practically rather than systematically.の組成は、律法に基づいて議論すべきである旧ユダヤ主義の概念を、どの計画を実質的にではなく、体系的な文学作品です。 Repetitions, therefore, should not be eliminated, since things which are good and noble may and should be brought to remembrance many times.繰り返し、したがって、排除はできませんので、高貴なものは良いと5月を思い出すと何回れるべきです。 From the point of view of effective emphasis, moreover, a change of context may develop a new and independent application of a given doctrine, especially if it be repeated in other words.の観点から、効果的な強調、また、 5月のコンテキストの変化を独立したアプリケーションを開発するとは、与えられた新たな教義、特に言い換えればそれが繰り返される。 Thus tradition (The Thirty-two Rules of Eliezer b. Jose ha-Gelili) took "the repeated doctrine" as its rule of interpretation, and left large numbers of repetitions (parallel passages) in its collections of oral teachings.このように伝統( 32のルールエリエゼルb.ホセハ- gelili )は"繰り返しドクトリン"などのルールの解釈では、大量の繰り返しと左(パラレル通路)は、経口のコレクションを教えています。 The framework of the Pentateuch is historical narrative bound together by the thread of chronology.五の枠組みの中では、歴史的な物語のスレッドの年表に結ばれている。 There is no rigid adherence to the latter principle, however; and the Talmud itself accordingly postulates the rule: "There is no earlier and no later in the Torah" (Pes. 6b et passim).しゃくし定規にはない、後者の原理は、しかし、これを公準とタルムード自体のルール: "以前はないとの律法の後で" ( pes. 6B面etここかしこに) 。 From a Masoretic point of view, the Mosaic code contains the history of a period of about 2,300 years. masoreticの観点からは、モザイクの歴史をコードには、約2300年の期間です。 As has already been noted in regard to the names of the individual books, the Talmud and the Masorah divided the Torah into smaller units according to its contents, so that Genesis includes the story of Creation and of the Patriarchs, Exodus the account of the departure from Egypt, the revelation, and so on.としてはすでにの名前が記載されに関しては、個々の書籍は、タルムードmasorahと律法を小さく分割し、その内容によると、ユニットのように、創世記には、物語の創作とは、 patriarchs 、出エジプト記のアカウントを出発エジプトからの啓示、している。

Style.スタイルです。

The style of the Pentateuch, in keeping with its content, differs widely from the diction of the Prophets and the Psalms.のスタイルを、五、その内容に沿って、広くからの言葉遣いが異なるのは、預言者と詩篇を授けた。 It is less lofty, although it is not lacking in dramatic force, and it is concrete rather than abstract.高尚なことは少ないが、これが不足して劇的な力ではない、というより具体的なことは、抽象的です。 Most of the laws are formulated in the second person as a direct address, the Decalogue being the best example.ほとんどの法律が策定される2番目の人が直接のアドレスは、十戒が最高の例です。 In certain cases, however, the nature of the subject requires the third person; but the Torah reverts as quickly as possible to the second as being the more effective form of address (comp., for example, Deut. xix. 11-21).ある場合には、しかし、その性質の件名には、 3番目の人;しかし、律法を可能な限り速やかに元の状態に戻します2番目されて、より効果的な形式のアドレス( comp. 、例えば、 deut 。 19 。 11-21 )です。 In the Pentateuch, temporal depiction is the usual method.は、五、時間的描写は、通常のメソッドを使用します。 The process of creation, rather than the universe as a whole, is described; and the account brings the world visibly into being in six main parts.創作の過程ではなく、宇宙全体としては、説明、およびそのアカウントをもたらすが目に見えて、世界の6つの主要な部品です。 In the creation of man, of plants, and of paradise God is seen at work, and the same process of coming into being may be traced in the ark of Noah and similar descriptions.男の創出には、植物、楽園の神が見えると、職場と同じプロセスが5月に入ってくるように追跡さノアの箱舟と同様の説明です。 A remarkable example of word-painting is the account of the consecration of Aaron and his sons to the high-priesthood (Lev. viii.).顕著な例としては、アカウントの言葉-絵を描くことは、自分をささげるのアーロンとその息子たちを聖職に就くの高( lev. Ⅷ 。 ) 。 Here the reader watches while Moses washes the candidates, dresses them, etc. ("Magyar-Zsidó Szemle," ix. 565 et seq.).ここまでの操作で、ムーサーのリーダー候補者間の時計、ドレスして、等( " magyar - zsidó szemle 、 " 9 。 565頁以降を参照。 ) 。 Naïve simplicity is a characteristic trait of Pentateuchal style, which understands also the art of silence. naïveの特徴は、シンプルスタイルpentateuchal 、これも理解して、アートが沈黙。 Thus, as in all great products of world-literature, feminine beauty is not described in detail; for Sarah, Rachel, and other heroines are merely said to be beautiful, while the completion of the picture is left to the imagination of the reader.したがって、すべての優れた製品のように世界的に文学、女性の美しさではないの詳細に記載され;のサラ、レイチェル、およびその他のヒロインは単に美しいといわれ、完了したが、左からの画像は、読者の想像力をします。

Laws of the Torah.法律は、律法です。

The contents of the Torah fall into two main parts: historical and legal.律法の内容を2つの主要な部品に陥る:歴史的、法的します。 The latter commences with Ex.後者の例を開始します。 xii.; so that the Tannaim maintained that the Law actually began there, proceeding on the correct principle that the word "Torah" could be applied only to teachings which regulated the life of man, either leading him to perform certain acts (commands = ) or restraining him from them (prohibitions = ). 12 。 ; tannaimを維持して、実際には、法が始まったが、手続き上の正しい原則は、単語"律法"が規制にのみ適用さを教え、生活の男、いずれかの大手彼の特定の行為を実行する(コマンド= )または抑制彼からして(禁止= ) 。 The Talmud enumerates a total of 613 rules, 248 being commands and 365 prohibitions (see Jew. Encyc. iv. 181, sv Commandments, The 613).タルムードを列挙し、合計613のルール、 248のコマンドおよび365の禁止(ユダヤ人である。 encyc 。 Ⅳ 。 181 、 sv文書戒めは、 613 ) 。 In the post-Talmudic period many works were written on these 613 "miẓwot," some even by Maimonides.ポストtalmudic期間は、多くの作品が書かれ、これらの613 " miẓwot 、 "いくつかのmaimonidesさえされています。 The legal parts of the Pentateuch include all the relations of human life, although these are discussed with greater detail in the Talmud (see Talmudic Laws).五の法的な部分での関係を人間の生活がすべて含まれて、これらの議論ではより詳細は、タルムード( talmudic法を参照) 。 The Torah recognizes no subdivisions of the commandments; for all alike are the ordinances of God, and a distinction may be drawn only according to modern ideas, as when Driver (in Hastings, "Dict. Bible," iii. 66) proposes a triple division, into juridical, ceremonial, and moral "torot."律法の戒めを認識の地方行政区画;似は、条例のすべての神、および、区別が5月によると、現代的な考え方のみに描画したときなどの、ドライバ(のヘイスティングス、 " dictのです。聖書の、 " Ⅲ 。 66 )を提案するトリプル課を法人、儀式、および道徳的な" torot 。 "

Penal Law.刑法です。

Montefiore was correct when, in laying emphasis on the ethical aspect of the Biblical concept of God, he declared that even the law of the Bible was permeated with morality, propounding his view in the following words ("Hibbert Lectures," p. 64): "Most original and characteristic was the moral influence of Jahveh in the domain of law. Jahveh, to the Israelite, was emphatically the God of the right. . . . From the earliest times onward, Jahveh's sanctuary was the depository of law, and the priest was His spokesman."モンテフィオーリは、正しいときには、倫理的な側面に重点を置いて敷設する聖書の神の概念、彼の法則を宣言しても、聖書の道徳性が充満して、 propounding彼のビューには、次の言葉( "ヒバート講座、 " p. 64 ) : "ほとんどオリジナルと特性に影響を与えるのは、道徳的、ドメイン内のjahveh法です。 jahveh 、イスラエルを、神は、きっぱりと、右側の。 。 。 。 。 。 。 。太古の時代から以降、 jahvehの聖域は、保管法、および司祭は彼の広報担当者。 " The most prominent characteristic of the Pentateuchal law, as compared with the laws of ancient peoples and of medieval Europe, is mildness, a feature which is still further developed in the Talmud. pentateuchalで、最も顕著な特徴は、法では、古代の法律に基づいてと比べると、中世ヨーロッパの人々は、温厚に、機能をより詳細に開発されたのはまだタルムードです。 The Torah is justly regarded as the source of humane law.律法は、当然のソースを動物愛護法と見なされています。 Although such phrases occur as "that soul shall be cut off from his people" or "so shalt thou put the evil away from the midst of thee," it would be incorrect to take them literally, or to deduce from them certain theories of penal law, as Förster has recently done.このような表現として起こる"という彼の魂から切り離されている人々しなければならない"または"邪悪なのでshaltからなたになたの真っただ中に、 "ことが文字通りに持って正しくないか、またはそれらを特定の理論から推測する刑法法では、フェルスターとしては最近完了です。 On the contrary, these expressions prove that the Mosaiclaw was not a legal code in the strict sense of the term, but an ethical work.それどころか、これらの表現を証明するために法的なコードmosaiclawはないという言葉は、厳密な意味ではなく、倫理的な仕事です。 Although the Talmudists made it a penal code, instinctively reading that character into it, the penal law of the Torah is something theoretical which was never put into practise. talmudistsは、刑法はそれを、本能的に文字を読むことは、刑法は、律法は何かを理論的には、絶対に練習します。 This view is supported by the fact that a commandment is stated sometimes without the threat of any penalty whatever for its violation, and sometimes with the assignment even of death as a punishment for its transgression.このビューを表示するには、サポートされるという事実を記載時には戒めは任意のペナルティーの脅威をどのようにその違反であり、時として、死の譲渡もその罪として処罰します。 In like manner, tradition frequently substitutes such a phrase as "he forfeited his life" for "transgression worthy of death."同じように、このような伝統を頻繁に代わるフレーズとして"彼は彼の人生没収"を"死の罪に値する。 "

Civil Law.民法です。

On the other hand, the civil law of the Torah, which is more developed and bears a practical character, probably accords more closely with ancient Jewish legal procedure.その一方では、民法上の律法、これはもっと実用的なキャラクターを開発し、クマは、おそらく合意とより密接に古代ユダヤ人の法的な手順を実行します。 It reflects the conditions of an agricultural state, since most of the laws relate to farming and cognate matters.それは、農業の状態の条件を反映して、以来ほとんどの農業や同族の法律問題に関連しています。 There was no Hebrew word for "store," although "just measure" was mentioned.ヘブライ語ではない"ストア、 "ものの"とにかく措置"が記載します。 It must be borne in mind, however, that to satisfy the more advanced conditions of later times, the Talmudists both supplemented the Mosaic law and by means of analogy and similar expedients interpolated into the Torah much which it did not contain originally.負担しなければならないことを念頭に置いて、しかし、それより高度な条件を満たす以降の時代には、モザイクtalmudists両方を補完する手段を類推法とされ、律法のような方策を講じる補間をどのくらいもともと含まれていない。

From the earliest times the Synagogue has proclaimed the divine origin of the Pentateuch, and has held that Moses wrote it down from dictation, while the religions based on Judaism have until very recently held the same view.太古の時代から、シナゴーグの起源は、神の宣言の五、ムーサーと書いたことが開かれたことから口述筆記、ユダヤ教の宗教に基づいて行われたのはごく最近までと同じ表示します。 Biblical criticism, however, denies the Mosaic authorship and ascribes only a portion of varying extent to so ancient an origin.聖書の批判は、しかし、原作者とascribesモザイクを否定してさまざまな程度の部分だけをするので古代の起源です。 A history of criticism in regard to this point is given by Winer ("BR" ii. 419 et seq.) and by Driver (in Hastings, "Dict. Bible," iii. 66), while Montefiore expresses himself as follows (lc):歴史の批判を浴びることこれと関連してポイントが与えられたワイナー( " br " Ⅱ 。 419頁以降を参照。 )とされドライバ(のヘイスティングス、 " dictのです。聖書の、 " Ⅲ 。 66 )は、自分自身を表現しながらモンテフィオーレ以下のとおり(液晶) :

"The Torah-or teaching-of the priests, half judicial, half pædagogic, was a deep moral influence; and there was no element in the religion which was at once more genuinely Hebrew and more closely identified with the national God. There is good reason to believe that this priestly Torah is the one religious institution which can be correctly attributed to Moses. . . . Though Moses was not the author of the written law, he was unquestionably the founder of that oral teaching, or Torah, which preceded and became the basis of the codes of the Pentateuch." "律法-または教育-は、司祭は、司法の半分、半分pædagogic 、道徳的に深い影響を与えるが、宗教の要素ではないが一度に他のヘブライ語とより緊密な発見を真に国民の神です。には良い理由があると考えている聖職者の宗教上の律法は、 1つの機関が正しくカウントされるモーゼス。 。 。 。 。 。 。 。かかわらず、ムーサーはないの書面による法の著者である、彼は紛れもなく、その経口教育の創始者、または律法、これに先行とコードの基盤となったのは、五します。 "

The legal parts of the Torah are found in Ex.律法の法的な部分が見つかりました例です。 xx.-xxiii., xxv.-xxxi., xxxiv.-xxxv.; Lev. xx. - 23 。 、 xxv. - 31 。 、 xxxiv. - 35です。 ;レフです。 i.-viii., xi.-xxv., xxvii.; Num. i. - Ⅷ 。 、 xi. - 25 。 、 27 。 ; NUM件です。 v.-x., xviii., xix., xxvii.-xxx., these laws being repeated in Deut. v.-x. 、 18 、 19 。 、 xxvii. - xxxにします。 、これらの法令deutが繰り返されています。 iv. Ⅳ 。 et seq.頁以降を参照。

Joseph Jacobs, Ludwig Blauジョセフジェイコブス、ルートヴィヒblau

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Bacher, Ag. bacher 、 AGに帰属します。 Tan.; idem, Ag.黄褐色。 ;同じ、 AGに帰属します。 Pal. PAL方式です。 Amor.アモールです。 Index, sv Tora and Studium der Lehre; Baumgartner, Les Etudes Isagogiques chez les Juifs, Geneva, 1886; Blau, Zur Einleitung in die Heilige Schrift, Strasburg, 1894; idem, Studien zum Althebräischen Buchwesen und zur Biblischen Litteraturgeschichte, Strasburg, 1902; Büchler, The Triennial Reading of the Law and Prophets, in JQR vi.インデックス、 sv文書虎とstudium der lehre ; baumgartner 、レ宇宙isagogiques chezレjuifs 、ジュネーブ、 1886 ; blau 、 zur einleitungで死ぬheilige schrift 、ストラスブルグ、 1894 ;同じ、 studien zur biblischen zum althebräischen buchwesen und litteraturgeschichte 、ストラスブルグ、 1902 ; büchlerは、 3年ごとの読書は、法と預言者は、 jqr Ⅵ 。 1-73; Eisenstadt, Ueber Bibelkritik in der Talmudischen Litteratur, Frankfort-on-the-Main, 1894; Förster, Das Mosaische Strafrecht in Seiner Geschichtlichen Entwickelung, Leipsic, 1900; Hamburger, RBT supplementary vol.一から七三;アイゼンシュタット、 ueber der talmudischenアレイbibelkritikで、フランクフォート-オンザメイン、 1894 ;フェルスター、 das mosaische strafrechtで地引き網漁師geschichtlichen entwickelung 、リプシック、 1900 ;ハンバーガー、 rbt補足!です。 iii. Ⅲ 。 60-75; Hastings, Dict.六〇から七五まで;ヘイスティングス、 dictのです。 Bible, iii.聖書の、 Ⅲ 。 64-73; Jew.六四から七三まで;ユダヤ人である。 Encyc. encycです。 vii. Ⅶ 。 633-638; Michaelis-Saalschütz, Mosaisches Recht, Berlin, 1842-46; Herzog-Hauck, Real-Encyc.六百三十三から六百三十八まで;マイカリス- saalschütz 、 mosaisches recht 、ベルリン、 1842年から1846年;ヘルツォーク-ハウク、リアルencycです。 xiii. 13 。 486-502; Weber, Jüdische Theologie, pp.四八六から五〇二;ウェーバー、 jüdische theologie 、 pp 。 14-34, and Index, Leipsic, 1897; Winer, BR 3d ed., i.十四〜三十四、およびインデックス、リプシック、 1897 ;ワイナー、 br三次元エド。 、 i. 415-422.四百十五から四百二十二です。

For the criticism of the Torah compare the text-books of the history of Judaism and of Old Testament theology.律法を批判した書籍のテキストを比較してユダヤ教の歴史を旧約聖書神学とします。 See also Pentateuch.JLBも参照くださいpentateuch.jlb


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです