Book of Wisdom, Wisdom of Solomon予約の知恵は、ソロモンの知恵

A book in the Old Testament Apocrypha 本は、旧約聖書外典

General Information 総合情報

Wisdom, a defense of the Jewish way of life, is one of the books of the Apocrypha; in the Septuagint and Vulgate it is included in the Old Testament.知恵、ユダヤ人の弁護をする生き方は、 1つの書籍は、外典;は、セプトゥアギンタとウルガタ聖書のことは旧約聖書に含まれています。 The book is ascribed to King Solomon and stands in the same intellectual tradition as such earlier collections of proverbial wisdom as Proverbs and the Book of Sirach - hence its full title, the Wisdom of Solomon.この本は、生得的にソロモン王とスタンドと同じような以前のコレクションとしての知的伝統の知恵として有名なことわざや予約のシラク-それゆえ、完全なタイトルは、ソロモンの知恵です。 The work was actually written in Greek about 75 BC or perhaps as late as AD 40.ギリシャ語で書かれ、実際の作業は約75紀元前または広告遅ければおそらく40 。 Its author was an Alexandrian Jew who was attempting to strengthen the religious commitment of the Hellenistic Jewish community and, if possible, to convert the Gentiles.その著者は、ユダヤ人アレクサンドリアしようとwhoは、宗教的なコミットメントを強化して、ヘレニズムのユダヤ人社会と、もし可能であれば、 gentilesに変換する。 His work falls into three parts: chapters 1 - 5 stress the superiority of the pious and wise over the godless; chapters 6 - 9 praise personified Wisdom; and chapters 10 - 19 illustrate the marvels of Wisdom, with examples drawn from Israel's history.彼の仕事の滝を3つのパーツ:チャプター1 -5優位性を強調すると賢明なのは、信心深い神を恐れぬ;章6 - 9称賛権化のような人の知恵;との章1 0 -1 9明らかにする驚異の知恵を、イスラエルの歴史の例から引き出される。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
JJM Roberts jjmロバーツ

Bibliography 書誌事項
JM Reese, Hellenistic Influence on the Book of Wisdom and Its Consequences (1970). jmリース、ヘレニズム影響を及ぼすの予約の知恵とその帰結( 1970 ) 。


Book of Wisdom予約の知恵

General Information 総合情報

Wisdom or Wisdom of Solomon, is a book of the Old Testament in those versions of the Bible following the Greek Septuagint (generally Roman Catholic and Orthodox versions).ソロモンの知恵の知恵や、書籍は、旧約聖書のではこれらの聖書のバージョンの次の、ギリシャのセプトゥアギンタ(通常はローマカトリックと正統派のバージョン)です。 It does not appear in the Hebrew Bible and is placed with the Apocrypha in Protestant versions of the Bible.それが表示されない場合が置かれ、ヘブライ語聖書と、聖書外典、プロテスタントのバージョンのです。

Authorship原作者

The book purports to be a work of the Hebrew king Solomon, but scholars have long doubted Solomon's authorship.その本には、仕事をpurportsキングソロモンのヘブライ語、懐疑的しかし、学者たちは長いソロモンの原作者です。 On the basis of internal evidence, many today regard the book as the work of an unknown Jew, probably in the Greco-Egyptian city of Alexandria, during the latter half of the 1st century BC.内部証拠に基づいて、多くの今日の予約に関して不明なユダヤ人としての仕事を、おそらくグレコは、エジプトのアレクサンドリア市、中に紀元前1世紀後半にします。 The language of the original is almost universally believed to have been Greek.その言語は、元のは、ほぼ普遍的と考えられているギリシャ語です。 The author may have used Palestinian and Greco-Egyptian sources, including material originally in Hebrew.パレスチナ人の著者年5月に使用されるとグレコ-エジプトによると、当初inヘブライ語を含む素材です。 He seems to have written for Greek-educated Jews.彼はギリシャ語で教育を受けたには書かれたユダヤ人です。

Content内容

The first five chapters of the book urge the reader to love righteousness and to seek God, that thereby they may acquire wisdom and immortality.その本の最初の5つの章に強く要請する正義と愛を読むには、神を求めて、それが彼らの知恵と5月不朽の名声を獲得します。 The miserable fate of the ungodly, that is, the unwise, is contrasted with the expected blessedness of the righteous.の悲惨な運命は、とんでもない、それは、浅はかな、至福の予想は対照的に、正義のです。 Chapters 6-9 are a further commendation of wisdom as the guide of humanity.各章をより詳細な表彰六から九までアールのガイドとしての人類の知恵です。 The nature of wisdom, its importance, and how one may find it are described, and in the first person, ostensibly that of Solomon, the writer describes his own search for wisdom.自然の英知、その重要性、および5月見つけることが1つの方法について説明し、第一人、表向きにソロモンは、彼自身の検索する作家の知恵を説明します。 Throughout the first ten chapters, wisdom usually is personified as a woman.全体の最初の10章、知恵の象徴として、通常は女性です。 In the rest of the book, however, the word wisdom scarcely appears, and the concept of it is quite abstract.その本の残りの部分は、しかし、ほとんどの知恵という言葉が表示されたら、とのコンセプトのことは非常に抽象的です。 Chapters 10-19, the remainder of the book, chiefly describe the way in which Israel and Israel's ancestors were saved through wisdom.章10-19 、その本の残りの部分は、主に説明する方法では、イスラエルとイスラエルの祖先の知恵が保存されます。 Thus, chapters 10-12 illustrate the saving power of wisdom from the time of the legendary father of humanity, Adam, to the time of Moses; chapters 16-19 illustrate the importance of behaving wisely, or piously, through God's contrasting treatment of the Egyptians and the Israelites.したがって、消費電力の章10-12明らかにする知恵の時代からの人類の、伝説の父、アダム、モーゼの時間;章16-19賢明な行動の重要性を明らかにするか、またはpiously 、を通して、神の対照の治療にエジプトとイスラエルのです。 Chapters 13-15, a digression, reflect on the origin and folly of various forms of idolatry. 13-15章は、脱線、の起源と愚かさを反省する様々な形の偶像崇拝です。 The book seems to end abruptly; it is possible that the author's inspiration failed, or that the original conclusion of the book was lost.突然のように最後の予約;ている可能性が、作者のインスピレーションに失敗しましたか、または、元の結論は、予約が失われてしまいます。


Book of Wisdom予約の知恵

Catholic Information カトリックの情報

One of the deutero-canonical writings of the Old Testament, placed in the Vulgate between the Canticle of Canticles and Ecclesiasticus.第2の正規のいずれかの記述は、旧約聖書、賛美歌の間に配置されたのウルガタ聖書のソロモンの歌や集会の書です。

I. TITLE i.タイトル

The oldest headings ascribe the book to Solomon, the representative of Hebrew wisdom.最も古いものとみなすの件名に本をソロモンは、ヘブライ語の代表者の知恵です。 In the Syriac translation, the title is: "the Book of the Great Wisdom of Solomon"; and in the Old Latin Version, the heading reads: "Sapientia Salomonis".は、シリア語の翻訳は、タイトルは: "その本の偉大なソロモンの知恵" ;とは、古ラテン語版との比較、という見出しの読み込み: " sapientia salomonis "です。 The earliest Greek manuscripts -- the Vaticanus, the Sinaiticus, the Alexandrinus -- have a similar inscription, and the Eastern and the Western Fathers of the first three centuries generally speak of "the Wisdom of Solomon" when quoting that inspired writing, although some of them use in this connection such honorific designations as he theia Sophia (the Divine Wisdom), Panaretos Sophia (All Virtuous Wisdom).ギリシャ語の最古の写本-v aticanusは、 s inaiticusは、アレクサンドリア写本-が、同様の碑文、との東部と西部の父親の最初の3つの世紀に一般的に話すの"ソロモンの知恵"書くときにインスピレーションを引用し、いくつかこの接続のこのような敬語で使用して指定テイアとして彼はソフィア(神の知恵) 、 panaretosソフィア(すべての高潔な知恵)です。 In the Vulgate, the title is: "Liber Sapientiae", "the Book of Wisdom".は、流布本のタイトルは: "独立したsapientiae " 、 "その本の叡智"です。 In non-Catholic Versions, the ordinary heading is: "the Wisdom of Solomon", in contradistinction to Ecclesiasticus, which is usually entitled: "the Wisdom of Jesus, the Son of Sirach".で非カトリックのバージョンでは、普通の見出しは: "ソロモンの知恵" 、集会の書を対比して、これは、通常権利: "の英知を結集するイエスキリストは、シラクの子" 。

II. Ⅱ 。 CONTENTS内容

The book contains two general parts, the first nine chapters treating of Wisdom under its more speculative aspect, and the last ten chapters dealing with Wisdom from an historical standpoint.この本には2つの一般的な部品、治療の最初の9つの章の知恵されて、他の投機的側面、および10の各章の最後の歴史的見地から対処する知恵です。 The following is the author's train of thought in the speculative part (chaps. i-ix).は、次の列車は、著者の思想は、投機筋の部分( chaps.私- 9世) 。 Addressing himself to kings, the writer teaches that ungodliness is alien to Wisdom and courts punishment and death (i), and he sets forth and refutes the arguments which the wicked advance to the contrary: according to him, the frame of mind of the ungodly is contrary to man's immortal destiny; their present life is only in appearance happier than that of the righteous; and their ultimate fate is an unquestionable proof of the folly of their course (ii-v).自分自身をアドレッシングキングス、その作家は、外国人に教えること邪悪さと死の知恵と罰裁判所(私) 、と彼とrefutes送付の引数は、邪悪な事前にその反対:彼によると、フレームの心の中の不信心な男の不滅のは運命に反して、彼らの現在の生活は外見だけで幸せに比べて、正しい;とその究極の運命は、疑う余地のない証拠の愚行のコース(二- v )を使います。 He thereupon exhorts kings to seek Wisdom, which is more needful to them than to ordinary mortals (vi, 1-21), and describes his own happy experience in the quest and possession of that Wisdom which is the Splendour of God and is bestowed by Him on earnest suppliants (vi, 22-viii).そこで彼は王exhortsの知恵を求めて、これは他のニードフルをしても普通の人間( 6 、 1-21 ) 、および自分自身の幸せな経験を説明するものであり、所持し、そのクエスト華麗なる知恵が授与され、神とは彼を真剣にsuppliants ( 6 、 22 - 8 )です。 He subjoins the prayer (ix) by which he has himself begged that Wisdom and God's Holy Spirit might be sent down to him from heaven, and which concludes with the reflection that men of old were guided by Wisdom -- a reflection which forms a natural transition to the review of Israel's ancient history, which constitutes the second part of his work.彼subjoinsの祈り(九)彼は自分自身をどのよう懇願し、神の知恵と聖霊を彼に送られるかもしれないから天国、およびこれを最後に、反射昔の人たちの知恵が導かれる-どのような形式を反映し、自然への移行ができるのレビューをイスラエルの古代史は、 2番目の部分が彼の作品を構成します。 The author's line of thought in this historical part (ix-xix) may also easily be pointed out.行の著者の思想、この歴史的な部分( 9世- 19 )年5月にも簡単に指摘した。 He commends God's wisdom (1) for its dealings with the patriarchs from Adam to Moses (x-xi, 4); (2) for its just, and also merciful, conduct towards the idolatrous inhabitants of Egypt and Chanaan (xi, 5-xii); (3) in its contrast with the utter foolishness and consequent immorality of idolatry under its various forms (xiii, xiv); finally (4), for its discriminating protection over Israel during the plagues of Egypt, and at the crossing of the Red Sea, a protection which has been extended to all times and places.彼は神の知恵会( 1 )を相手にするにpatriarchsよりアダムをモーゼス( - xi 、 4 ) 、 ( 2 )そのだけ、とも、慈悲深く、偶像崇拝を行うの住民たちに向かってエジプトとchanaan (十一、 5 - 12 ) 、 ( 3 )は、対照的に、全くの愚かさとその帰結不道徳の偶像崇拝されて様々な形( 13 、 14 ) ;最後に( 4 ) 、その中に差別無しplagues以上のエジプトイスラエルとの交差点紅海を保護してきた時と場所を選ばず拡張します。

III. Ⅲ 。 UNITY AND INTEGRITY団結との整合性

Most contemporary scholars admit the unity of the Book of Wisdom.ほとんどの現代の学者の結束を認めるの予約の知恵です。 The whole work is pervaded by one and the same general purpose, viz., that of giving a solemn warning against the folly of ungodliness.全体で1つの仕事はpervadedと同じ一般的な目的のために、 viz 。 、その厳粛な警告を与えることに反対する愚行の邪悪さです。 Its two principal parts are intimately bound by a natural transition (ix, 18), which has in no way the appearance of an editorial insertion.その2つの主要な部品は密接に拘束され、自然遷移( 9世、 18 ) 、これはものではありません社説の外観を挿入します。 Its subdivisions, which might, at first sight, be regarded as foreign to the primitive plan of the author, are, when closely examined, seen to be part and parcel of that plan: this is the case, for instance, with the section relative to the origin and the consequences of idolatry (xiii, xiv), inasmuch as this section is consciously prepared by the writer's treatment of God's wisdom in its dealings with the idolatrous inhabitants of Egypt and Chanaan, in the immediately preceding subdivision (xi, 5-xii).その細目、これかもしれない、一見すると、外国人と見なされるのは、原始的計画の著者、には、綿密に調査時に、見られると小包に参加することが、その計画:これは、ケース、例えば、このセクションの相対を起源とする結果をもたらすの偶像崇拝( 13 、 14 ) 、 〜だけれどもこのセクションは、意識的に準備された作家の治療の神の知恵を相手にするには、エジプトとchanaan偶像崇拝の住民たちは、直前の細分(十一、 5 - 12 ) 。 Not only is there no break observable in the carrying-out of the plan, but favourite expressions, turns of speech, and single words are found in all the sections of the work, and furnish a further proof that the Book of Wisdom is no mere compilation, but a literary unit.休憩がないだけでなく、目に見えるが、その計画のアウトの帳簿が、好きな表現、ターンの音声、および1つの単語が発見さのすべてのセクションの仕事を、より詳細な証拠を提出するには、この本は単なる知恵はありません。コンパイルではなく、文学の単位です。

The integrity of the book is no less certain than its unity.この本の整合性がないの結束よりも、特定の少ないです。 Every impartial examiner of the work can readily see that nothing in it suggests that the book has come down to us otherwise than in its primitive form.すべての公平な審査官の仕事を容易に参照できることは何も示唆してその本には他に降りてくる問い合わせフォームよりも、その原始的です。 Like Ecclesiasticus, Wisdom has indeed no inscription similar to those which open the Books of Proverbs and Ecclesiastes; but plainly, in the case of Wisdom, as in the case of Ecclesiasticus, this absence is no necessary sign that the work is fragmentary at the beginning.のような集会の書、碑文の知恵が確かに似ているがない書籍の諺を開いて、伝道の書;しかし、はっきりとは、知恵の例のように、集会の書の例は、この不在はありませんが断片的に必要なメンバーは、仕事の冒頭にです。 Nor can the Book of Wisdom be rightly considered as mutilated at the end, for its last present verse forms a proper close to the work as planned by the author.予約の知恵もすることができますバラバラに考えられて当然の最後に、現在の詩を形成するため、最後の仕事として適切な計画に近いの作者です。 As regards the few passages of Wisdom which certain critics have treated as later Christian interpolations (ii, 24; iii, 13; iv, 1; xiv, 7), it is plain that were these passages such as they are claimed, their presence would not vitiate the substantial integrity of the work, and further, that closely examined, they yield a sense perfectly consistent with the author's Jewish frame of mind.この点に関して、いくつかの通路の知恵に扱われ、特定の批評家がキリスト教へinterpolations ( 2世、 24 ;三、 13 ;四、 1 ; 14 、 7 ) 、それは、これらの通路のようなプレーンされたと主張彼らは、彼らの存在は特定の仕事の整合性を無効の実質的、およびより詳細な、綿密に調査し、彼ら収率ある意味での整合性が著者のユダヤ人の完璧な気分です。

IV. Ⅳ 。 LANGUAGE AND AUTHORSHIP言語と原作者

In view of the ancient heading: "the Wisdom of Solomon";, some scholars have surmised that the Book of Wisdom was composed in Hebrew, like the other works ascribed to Solomon by their title (Proverbs, Ecclesiastes, Canticle of Canticles).古代の見出しを表示: "ソロモンの知恵" ; 、いくつかの学者たちが知恵を推定には、この本の構成では、ヘブライ語、他の作品のように生得的にソロモンはそのタイトル(諺、伝道の書、賛美歌のソロモンの歌) 。 To substantiate this position they have appealed to the Hebraisms of the work; to its parallelisms, a distinct feature of Hebrew poetry; to its constant use of simple connecting particles (kai, de, gar, oti, etc.), the usual articulations of Hebrew sentences; to Greek expressions traceable, as they thought, to wrong renderings from a Hebrew original, etc. Ingenious as these arguments may appear, they prove no more than that the author of the Book of Wisdom was a Hebrew, writing Greek with a distinctly Jewish cast of mind.このポジションは裏付けを不服として、彼らはhebraismsの仕事を; parallelismsには、明確な機能をヘブライ語詩;その定数を使用し、シンプルな接続粒子(甲斐、デ、ガー、 oti 、等)は、通常の関節ヘブライ語の文章;ギリシャ語の表現にトレーサブル、彼らは、ヘブライ語を間違ってから元のレンダリングなどが表示される独創的なこれらの引数として、彼らを証明するのに比べて他の本の著者は、知恵は、ヘブライ語、ギリシャ語で書くはっきりとユダヤ人気だてです。 As far back as St. Jerome (Praef. in libros Salomonis), it has been felt that not Hebrew but Greek was the original language of the Book of Wisdom, and this verdict is so powerfully confirmed by the literary features of the entire Greek text, that one may well wonder that the theory of an ancient Hebrew original, or of any original other than Greek, should have ever been seriously maintained.セントにまでさかのぼるジェローム( praef.の図書館salomonis ) 、フェルトされているわけではないしかし、ヘブライ語、ギリシャ語の言語は、元の予約の知恵を、この判決は非常に強力に確認されたギリシャ語のテキスト全体の文学の特徴、その1つの可能性も不思議で、古代の理論は、ヘブライ語オリジナルか、または任意のオリジナル以外のギリシャ語、必要がある人は真剣に維持します。 Of course the fact that the entire Book of Wisdom was composed in Greek rules out its Solomonic authorship.もちろん、実際には、書籍全体の構成に知恵は、ギリシャ語のルールアウトのソロモンの原作者です。 It is indeed true that ecclesiastical writers of the first centuries commonly assumed this authorship on the basis of the title of the book, apparently confirmed by those passages (ix, 7, 8, 12; cf. vii, 1, 5; viii, 13, 14, etc.) where the one speaking is clearly King Solomon.実際、これが事実だが、教会の作家のこの原作者の最初の世紀と仮定に基づいてよく、その本のタイトルを、明らかに確認されたこれらの通路( 9世、 7 、 8 、 12 ;継続前誌です。 7 、 1 、 5 ; viii 、 13 、 14 、等)は、 1つ言えばソロモン王は明らかにします。 But this view of the matter never was unanimous in the Early Christian Church, and in the course of time a middle position between its total affirmation and its total rejection was suggested.しかし、このビューを表示することがほぼ確実決して満場一致のは、初期キリスト教の教会は、時間の経過とは、その合計の間に中間的立場を肯定とその合計の拒絶反応はお勧めします。 The Book of Wisdom, it was said, is Solomon's inasmuch as it is based on Solomonic works which are now lost, but which were known to and utilized by a hellenistic Jew centuries after Solomon's death.この本の知恵、それによると、ソロモンのは、それは今すぐに基づいてソロモンの作品が失われ、しかし、これに活用されることが判明し、ソロモンの死の後、ヘレニズム世紀のユダヤ人です。 This middle view is but a weak attempt at saving something of the full Solomonic authorship affirmed in earlier ages.この中ではなく、弱い対象は、節約の試みているのは完全なソロモンの原作者の以前の年齢確認します。 "It is a supposition which has no positive arguments in its favour, and which, in itself, is improbable, since it assumes the existence of Solomonic writings of which there is no trace, and which would have been known only to the writer of the Book of Wisdom" (Cornely-Hagen, "Introd. in Libros Sacros, Compendium," Paris, 1909, p. 361). "これは、仮定が正の引数は、賛成はない、とは、それ自体は、ありそうにない、ソロモンの存在を想定して以来の余地のない文章のトレースし、これはその作家に知られていただけに、予約の叡智" ( cornely -但し、 " Introd学です。 sacros 、図書館、大要、 "パリ、 1909 、 p. 361 ) 。 At the present day, it is freely admitted that Solomon is not the writer of the Book of Wisdom, "which has been ascribed to him because its author, through a literary fiction, speaks as if he were the Son of David" (Vigouroux, "Manuel Biblique", II, n. 868. See also the notice prefixed to the Book of Wisdom in the current editions of the Douai Version).現今では、それは自由を認めているのではないソロモンの知恵の作家の本、 "生得的にかれてきたため、著者は、文芸小説を介して、話すとしては、もし彼の息子であるデビッド" ( vigourouxは、 "マヌエルbiblique " 、 2世、 868名です。通知も参照してください接頭辞を予約すると、現在の知恵のエディションのドゥアイ版)です。 Besides Solomon, the writer to whom the authorship of the work has been oftenest ascribed is Philo, chiefly on the ground of a general agreement in respect to doctrines, between the author of Wisdom and Philo, the celebrated Jewish philosopher of Alexandria (d. about AD 40).ソロモンのほか、その作家の原作者の仕事を誰にoftenestてきたフィロン生得は、主に一般的な契約書で、地上の教説を尊重し、知恵とフィロの間の著者は、ユダヤ人の著名な哲学者アレクサンドリアの(民主党について広告の40 ) 。 The truth of the matter is that the doctrinal differences between the Book of Wisdom and Philo's writings are such as to preclude a common authorship.その問題の真実性を教義のは、予約の知恵との違いはphiloさんの文章を妨げるなど、共通の原作者です。 Philo's allegorical treatment of Scriptural narratives is utterly foreign to the frame of mind of the writer of the Book of Wisdom. philoさんの寓話の治療の聖書物語は全くの心の中には、フレームに外国人の作家の本の知恵です。 His view of the origin of idolatry conflicts on several points with that of the author of the Book of Wisdom.彼の対象の偶像崇拝の起源はいくつかの点で競合している本の著者は、知恵です。 Above all, his description of Divine wisdom bespeaks as to conception, style, and manner of presentation, a later stage of Alexandrian thought than that found in Wisdom.なによりも、彼の説明を神の知恵をbespeaks概念として、スタイル、およびプレゼンテーションのやり方で、それ以降の段階で発見さアレクサンドリアの知恵に比べて考えています。 The authorship of the work has been at times ascribed to Zorobabel, as though this Jewish leader could have written in Greek; to the Alexandrian Aristobulus (second cent. BC), as though this courtier could have inveighed against kings after the manner of the Book of Wisdom (vi, 1; etc.); and finally, to Apollo (cf. Acts 18:24), as though this was not a mere supposition contrary to the presence of the book in the Alexandrian Canon.原作者の仕事をしてきた生得的にzorobabel時と同じように、このユダヤ人指導者がギリシャ語で書かれて;をアレクサンドリアアリストブロス( 2番目のセントです。紀元前) 、まるでこの鑑定人の王が反対inveighedな態度を予約した後、知恵( 6 、 1 ;等) ;そして最後に、アポロ( cf.行為18:24 ) 、まるでこれは単なる推測に反していないが存在するこの本は、アレクサンドリアキヤノンします。 All these variations as to authorship prove that the author's name is really unknown (cf. the notice prefixed to Wisdom in the Douay Version).これらすべてのパターンを原作者としての著者の名前を証明しては本当に未知の( cf.の接頭辞を通知知恵は、ドウエー版)です。

V. PLACE AND DATE OF COMPOSITION v.場所とこの評価を組成

Whoever examines attentively the Book of Wisdom can readily see that its unknown author was not a Palestinian Jew, but an Alexandrian Jew.誰でもこの本を注意深く検討知恵を容易に参照することのない未知の著者は、パレスチナのユダヤ人、ユダヤ人ではなく、アレクサンドリアです。 Monotheistic as the writer is throughout his work, he evinces an acquaintance with Greek thought and philosophical terms (he calls God "the Author of beauty": 13:3; styles Providence pronoia: 14:3; 17:2; speaks of oule amorphos, "the formless material" of the universe, after Plato's manner: 11:17; numbers four cardinal virtues in accordance with Aristotle's school: 8:7; etc.), which is superior to anything found in Palestine.一神教としてその作家は、彼の作品を通して、彼の知人をevincesギリシア思想と哲学用語(彼は神の呼び出し"の著者の美" : 13 : 03 ;スタイルプロビデンスpronoia : 14時03分、 17時02分;話すのoule amorphosは、 "混沌とした素材"は、宇宙、後にプラトンの態度: 11:17 ;数に応じて4つの枢機卿美徳アリストテレスの学校: 8時07分;等) 、これは何も発見さに優れているパレスチナです。 His remarkably good Greek, his political allusions, the local colouring of details, his rebuke of distinctly Egyptian idolatry, etc., point to Alexandria, as to the great centre of mixed Jewish and heathen population, where the author felt called upon to address his eloquent warning against the splendid and debasing Polytheism and Epicurean indifference by which too many of his fellow Jews had been gradually and deeply influenced.彼の非常に良いギリシャ語、彼の政治allusions 、ローカルの彩色の詳細については、彼の非難をはっきりとエジプトの偶像崇拝など、アレキサンドリアをポイントして、偉大な中心部を混合としてユダヤ人と異教徒の人口、ここでの著者の時に感じたのアドレスと呼ばれる彼の雄弁な警告を発するdebasing素晴らしいと多神教と美食の無関心さのユダヤ人があまりにも多くの仲間と徐々に深く影響を与えていた。 And this inference from internal data is confirmed by the fact that the Book of Wisdom is found not in the Palestinian, but in the Alexandrian, Canon of the Old Testament.内部のデータから、この推論が確認された事実は、この本の知恵が見つかったパレスチナていない、しかし、アレクサンドリア、キヤノン、旧約聖書のです。 Had the work originated in Palestine, its powerful arraignment of idolatry and its exalted teaching concerning the future life would have naturally secured for it a placed within the Canon of the Jews of Palestine.パレスチナは、仕事の起源は、その強力な罪状認否の偶像崇拝とその高貴な教育に関する将来の生活を送って自然に配置することを確保するキヤノンのユダヤ人のパレスチナのです。 But, as it was composed in Alexandria, its worth was fully appreciated and its sacred character recognized only by the fellow-countrymen of the author.しかし、それはアレキサンドリアで構成さで、その価値は十分に感謝とその神聖な文字を認識するだけで同胞の同胞の著者です。

It is more difficult to ascertain the date than the place of composition of the Book of Wisdom.を確かめることが難しいの日付の他の場所よりもこの本の知恵の組成をします。 It is universally admitted that when the writer describes a period of moral degradation and persecution under unrighteous rulers who are threatened with heavy judgment, he has in view the time of either Ptolemy IV Philopator (221-204 BC), or Ptolemy VII Physicon (145-117 BC), for it is only under these depraved princes that the Egyptian Jews had to endure persecution.これは普遍的作家を認めているときに道徳的な期間の分解を記述すると迫害されてよこしまな支配が脅かさwho重い判断、彼は時間を表示するにphilopatorのいずれかのプトレマイオス4世(紀元前二百二十一から二百四) 、またはphysiconプトレマイオス7世( 145紀元前-117 )は、これらの堕落したことがのみされていた君主は、エジプトのユダヤ人迫害に耐える。 But it is confessedly difficult to decide which of these two monarchs the author of Wisdom had actually in view.しかし、これを決定することは疑う余地も難しいこれらの2つの君主の著者の知恵が実際に表示されます。 It is even possible that the work "was published after the demise of those princes, for otherwise it would have but increased their tyrannical rage" (Lesêtre, "Manuel d'Introduction", II, 445).これはその仕事さえ可能性がある"が公開さ崩壊した後、これらの君主は、そうでなければ彼らは暴君の怒りが増加した" ( lesêtre 、 "マヌエルd'はじめに" 、 2世、 445 ) 。

VI. Ⅵ 。 TEXT AND VERSIONSテキストおよびバージョン

The original text of the Book of Wisdom is preserved in five uncial manuscripts (the Vaticanus, the Sinaiticus, the Alexandrinus, the Ephremiticus, and the Venetus) and in ten cursives (two of which are incomplete).この本を、元のテキストの5つの知恵はアンシャル体に保存さ原稿( vaticanusは、 sinaiticusは、アレクサンドリア写本は、 ephremiticus 、とvenetus )と10 cursives ( 2つが不完全) 。 Its most accurate form is found in the Vaticanus (fourth century), the Venetus (eighth or ninth century), and the cursive 68.その最も正確なフォームが発見されたvaticanus ( 4世紀)は、 venetus ( 8または9世紀) 、および、筆記68 。 The principal critical works on the Greek text are those of Reusch (Frieburg, 1861), Fritsche (Leipzig, 1871), Deane (Oxford, 1881), Sweete (Cambridge, 1897), and Cornely-Zorell (Paris, 1910).校長の重要な作品を、ギリシャのテキストは、それらのロイシュ( frieburg 、 1861 ) 、フリッチェ(ライプチヒ、 1871 ) 、ディーン(オックスフォード、 1881 ) 、 sweete (ケンブリッジ、 1897 ) 、およびcornely - zorell (パリ、 1910 ) 。 Foremost among the ancient versions stands the Vulgate, which presents the Old Latin Version somewhat revised by St. Jerome.古代のバージョンで真っ先に挙げられるのウルガタ聖書のスタンドは、ラテン語の古いバージョンをプレゼント聖ジェローム多少改正されています。 It is in general a close and accurate rendering of the original Greek, with occasional additions, a few of which probably point to primitive readings no longer extant in the Greek.これは、基本的に近いと正確なレンダリングは、元のギリシャ語、おたまの追加、おそらく数の測定値をポイントして、もはや現存する原始的で、ギリシャのです。 The Syriac Version is less faithful, and the Armenian more literal, than the Vulgate.シリア語バージョンは以下の忠実な、とアルメニアの他のリテラル、より流布本です。 Among the modern versions, the German translation of Siegfried in Kautzsch's "Apocryphen und Pseudepigraphen des AT" (Tübingen, 1900), and the French version of the Abbé Crampon (Paris, 1905), deserve a special mention.間の現代のバージョンでは、ドイツ語訳のジークフリートのカウチの" apocryphen und pseudepigraphenデは" (テュービンゲン、 1900 ) 、およびスペイン語のバージョンのabbéクランポン(パリ、 1905 )は、特別な言及を受けるに値する。

VII. Ⅶ 。 DOCTRINE OF THE BOOK教義の本

As might well be expected, the doctrinal teachings of this deutero-canonical writing are, in substance, those of the other inspired books of the Old Testament.予想されるかもしれないとしては、正規の教義の教えは、次の再書き込みは、国際的に物質は、これらの他のインスピレーションは、旧約聖書の書籍です。 The Book of Wisdom knows of only one God, the God of the universe, and the Yahweh of the Hebrews.この本を1つだけ、神の知恵を知って、宇宙の神の、とヤハウェのヘブル人への手紙です。 This one God is "He who is" (xiii, 1), and His holiness is utterly opposed to moral evil (i, 1-3).この1つの神は"彼whoは、 " ( 13 、 1 ) 、と彼の神聖さは全く道徳的な悪に反対して(私、 1-3 ) 。 He is the absolute master of the world [xi, 22 (23)], which He has created out of "formless matter" [xi, 18 (17)], a Platonic expression which in no way affirms the eternity of matter, but points back to the chaotic condition described in Genesis 1:2.彼は、世界の絶対マスター[ xi 、 22 ( 23 ) ] 、これ彼は作成out of "の混沌とした問題" [ xi 、 18 ( 17 ) ] 、プラトニックな表現を肯定するものではありませんが永遠の物質の、しかし、ポイントを省略して創世記1:2の混乱状態に記載されています。 A living God, He made man after His image, creating him for immortality (ii, 23), so that death entered the world only through the envy of the Devil (ii, 24).リビング神よ、彼は彼のイメージ男した後、彼不朽の名声のための作成( 2世、 23 )は、死のように入力して世界の羨望を介してのみ、悪魔( 2世、 24 ) 。 His Providence (pronoia) extends to all things, great and small [vi, 8 (7); xi, 26 (25); etc.], taking a fatherly care of all things (xiv, 3), and in particular, of His chosen people (xix, 20, sqq.).彼のプロビデンス( pronoia )拡張されすべてのものは、大と小[ 6 、 8 ( 7 ) ; xi 、 26 ( 25 ) ;等] 、撮影した父親らしいケアのすべての物事( 14 、 3 ) 、特に、彼の選ばれた人々 ( 19 、 20 、 sqq 。 ) 。 He makes Himself known to men through His wonderful works (xiii, 1-5), and exercises His mercy towards them all [xi, 24 (23), xii, 16; xv, 1], His very enemies included (xii, 8 sqq.).彼は自分自身がわかって彼の素晴らしい作品を通じて男性( 13 、 1-5 ) 、およびそれらのすべての練習を慈悲[ xi 、 24 ( 23 ) 、 12 、 16 、 15 、 1 ] 、彼の非常に敵含まれるもの( 12 、 8 sqq 。 ) 。 The central idea of the book is "Wisdom", which appears in the work under two principal aspects.アイデアを、中央の予約は、 "知恵" 、仕事の下に表示されて2つの主要な側面です。 In its relation to man, Wisdom is here, as in the other Sapiential Books, the perfection of knowledge showing itself in action.男は、関連して、知恵がここには、書籍のように、他の知恵は、知識の完璧なアクションそのものを表示中です。 It is particularly described as resident only in righteous men (i, 4, 5), as a principle soliciting man's will (vi, 14, sqq.), as within God's gift (vii, 15; viii, 3, 4), and as bestowed by Him on earnest suppliants (viii, 21-ix).これは居住者のみで記述され、特に正義の男性(私、 4 、 5 ) 、原則として男の勧誘は、 ( 6 、 14 、 sqq 。 ) 、神の贈り物として、 ( 7 、 15 ; viii 、 3 、 4 ) 、およびとして授与され、彼に真剣にsuppliants ( 8 、 21 - 9世) 。 Through its power, man triumphs over evil (vii, 30), and through its possession, one may secure for himself the promises of both the present and the future life (viii, 16, 13).を通じて、電力、邪悪な男成功を収めた以上( 7 、 30 ) 、およびを通じて、所持、 1つの約束がありますが自分自身の両方のセキュリティで保護の現状と将来の生活( 8 、 16 、 13 ) 。 Wisdom is to be prized above all things (vii, 8-11; viii, 6-9), and whoever despises it is doomed to unhappiness (iii, 11).本能の知恵は、上記のすべてのものがあります( 7 、 8-11 ; viii 、 6-9 ) 、との宣告を受けることは誰でも不幸despises ( 3世、 11 ) 。 In direct relation to God, Wisdom is personified, and her nature, attributes, and operation are no less than Divine.神に直接関連して、知恵の権化のような人、と彼女の自然、属性、および操作がない神未満です。 She is with God from eternity, the partner of His throne, and the sharer of His thoughts (viii, 3; ix, 4, 9).彼女は永遠の神から、彼の王座のパートナーである、と彼の考えを共有(八、 3 ; 9世、 4 、 9 ) 。 She is an emanation from His glory (vii, 25), the brightness of His everlasting light and the mirror of His power and goodness (vii, 26).彼女は彼の栄光から放射能( 7 、 25 ) 、彼の永遠の光の明るさと、ミラーの彼のパワーと善( 7 、 26 ) 。 Wisdom is one, and yet can do everything; although immutable, she makes all things new (vii, 27), with an activity greater than any motion (vii, 23).知恵は1つ、およびすべてのできることはまだありません;ものの不変、彼女により、すべての物事の新しい( 7 、 27 ) 、任意のモーションよりも大きいの活動( 7 、 23 ) 。 When God formed the world, Wisdom was present (ix, 9), and she gives to men all the virtues which they need in every station and condition of life (vii, 27; viii, 21; x, 1, 21; xi).ときに神の世界を形成して、知恵が存在する(九、 9 ) 、と彼女に約束をする男性のすべての美徳を条件に必要なすべての駅との生活( 7 、 27 ; viii 、 21であり、 x 、 1 、 21 ;十一)です。 Wisdom is also identified with the "Word" of God (ix, 1; etc.), and is represented as immanent with the "Holy Spirit", to whom a Divine nature and Divine operations are likewise ascribed (i, 5-7; vii, 22, 23; ix, 17).知恵の発見にも、 "言葉"の神( 9世、 1 ;等) 、およびが内在性として表現され、 "聖霊" 、神の誰に、神の自然と同様に操作が生得的(私、 5-7 ; 7 、 22 、 23 ; 9世、 17 ) 。 Exalted doctrines such as these stand in a vital connection with the New Testament revelation of the mystery of the Blessed Trinity; while other passages of the Book of Wisdom (ii, 13, 16-18; xviii, 14-16) find their fulfilment in Christ, the Incarnate "Word", and "the Wisdom of God".高貴な教説に立つなど、これらの重要な接続を新約聖書の謎を明らかに神の祝福をトリニティ;ながら他の通路は、予約の知恵( 2 、 13 、 16-18 、 18 、 14-16 )の履行を見つけるイエスキリストの化身"ワード" 、および"神の英知を結集する"です。 In other aspects too, notably with regard to its eschatological teaching (iii-v), the Book of Wisdom presents a wonderful preparation to the New Testament Revelation.他の面でも、特にその終末論に関しては教育( 3 - v )の、この本の素晴らしい知恵をプレゼント新約聖書の啓示を準備中です。 The New Testament writers appear perfectly familiar with this deutero-canonical writing (cf. Matt., xxvii, 42, 43, with Wis., ii, 13, 18; Rom., xi, 34, with Wis., ix, 13; Eph., vi, 13, 17, with Wis., v, 18, 19; Heb., i, 3, with Wis., vii, 26; etc. It is true that to justify their rejection of the Book of Wisdom from the Canon, many Protestants have claimed that in viii, 19-20, its author admits the error of the pre-existence of the human soul. But this incriminated passage, when viewed in the light of its context, yields a perfectly orthodox sense.新約聖書の作家完全に精通して表示されるこの第2の正規の書面( cf.マットです。 、 27 、 42 、 43 、 Wis 。 、 2世、 13 、 18 ; ROMから起動します。 、西、 34 、 Wis 。 、 9世、 13 ; eph 。 、 6 、 13 、 17 、 Wis 。 、 V電源、 18日、 19 ;なしで。 、私、 3 、 Wis 。 、 7日、 26日;等を正当ことは事実だが、彼らの拒絶反応をこの本からの知恵キヤノン、多くのプロテスタントと主張しても、 viii 、 19-20 、その著者は認めているエラーは、事前に、人間の魂の存在をします。 incriminatedしかし、この通路は、そのコンテキストの人気に照らして、利回りを完全に正統派の感覚です。

Publication information Written by Francis E. Gigot.出版物の情報執筆者フランシスe.ジゴです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 Dedicated to the Christian judges through the ages The Catholic Encyclopedia, Volume XV.専用の裁判官の年齢層には、キリスト教のは、カトリックの百科事典、第20巻15 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1912.公認、 1912年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

(Catholic commentators are marked with an asterisk *.) GRIMM (Leipzig, 1860); SCHMID (Vienna, 1865); * GUTBERLET (Munster, 1874); BISSELL (New York, 1880); DEAN (Oxford, 1881); *LESETRE (Paris, 1884); FARRAR (London, 1888); SIEGFRIED (Tubingen, 1890); ZUCKLER (Munich, 1891); *CRAMPON (Paris, 1902); ANDRE (Florence, 1904); *CORNELY-ZORRELL (Paris, 1910). (カトリックの解説者は、スパムには、アスタリスク*. )グリム(ライプチヒ、 1860 ) ;シュミット(ウィーン、 1865 ) ; *グートベルレート(マンステール、 1874 ) ;ビッセル(ニューヨーク、 1880 ) ;ディーン(オックスフォード、 1881 ) ; * lesetre (パリ、 1884 ) ;ファーラー(ロンドン、 1888 ) ;ジークフリート(テュービンゲン、 1890 ) ; zuckler (ミュンヘン、 1891 ) ; *クランポン(パリ、 1902 ) ;アンドレ(フィレンツェ、 1904 ) ; * cornely - zorrell (パリ、 1910 ) 。


Book of the Wisdom of Solomon予約は、ソロモンの知恵

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

Contents of the Book.この本の内容をします。

Hellenistic Passover Haggadah.ヘレニズムhaggadah過ぎです。

Wonders of the Exodus.驚異の出エジプト記です。

The Folly of Idolatry.偶像崇拝の愚かさをします。

Plagues upon Egypt.エジプトplagues時です。

Authorship and Date.原作者と日付をします。

Apocryphal book written in Alexandria about the middle of the first century BC That it was composed in Greek by an Alexandrian Jew has been conclusively shown by Freudenthal ("JQR" iii. 722-753).偽書アレキサンドリアについては、中央に書かれて世紀の最初のことは、ギリシャ語で構成されるアレクサンドリアのユダヤ人を決定的に示されてきたフロイデンタール( " jqr " Ⅲ 。 722から753 ) 。 The book has neither an introductory verse nor a regular conclusion.この本は、どちらの詩も、定期的な結論を紹介する。 In fact, it consists of three independent parts which have no real connection, and which treat of subjects altogether different, a fact clearly recognized by Bretschneider, Eichhorn, and others, but disputed by Grimm ("Kurzgefasstes Exegetisches Handbuch zu den Apocryphen des Alten Testaments," vi. 9-24, Leipsic, 1860) and his followers.実際には、 3つの独立した部品で構成さではない実際の接続や、どの治療の科目を全然違う、ブレトシュナイダー事実を明確に認識され、アイヒホルン、およびその他、しかし、係争中でグリム( " kurzgefasstes exegetisches handbuch zuデンapocryphenデアルテンtestaments 、 " Ⅵ 。 9月24日、リプシック、 1860 )と彼の信奉者です。

Contents of the Book.この本の内容をします。

The first six chapters of Wisdom form an address to the rulers of the earth (i. 1; comp. iii. 8; vi. 1-2, 9, 21).知恵の最初の6つの支部を形成するのアドレスを、地球の支配者( i. 1 ;のCOMPです。 Ⅲ 。 8 ; Ⅵ 。 1-2 、 9日、 21 ) 。 They accentuate the necessity of wisdom as indispensable to rulers (i. 6, vi. 9-25), although they are chiefly directed against the Epicureans, the ungodly who deny immortality, indulge in lust and incest, and mock the righteous and the learned, who in their turn upbraid them for their lawlessness and licentiousness (ii. 1-16).彼らの必要性を強調する支配者の知恵として欠かせない( i. 6 、 Ⅵ 。 9月25日) 、彼らは主に反対するepicureans監督は、不朽の名声を否定するとんでもないwho 、ほしいままに近親相姦の欲望とし、正義とにせの学習、 whoで自分の順番叱責かれらが無法状態と放逸( ii. 1-16 ) 。 In contrast with them the "saints" (Ḥasidim) whom they expose to torture (ii. 19, iii. 1) and to a martyr's death (iii. 2) are called "sons of God," initiated into His mystery, promised an inheritance in eternal life (i. 14; ii. 13, 21, 23; iii. 4, 15; iv. 1; v. 15) like Enoch (iv. 10-16), and assured of a crown of glory in the world to come (v. 16).これとは対照的に彼らがいなかったら、 "聖人" ( ḥasidim )かれらにさらすを拷問にかける( ii. 19日、 Ⅲ 。 1 )として殉教者の死( iii. 2 )と呼ばれる"神の息子、 "彼の謎を開始する、と約束するの継承に永遠の命( i. 14 ; Ⅱ 。 13 、 21 、 23 ; Ⅲ 。 4 、 15 ; Ⅳ 。 1 ; v. 15 )のようなイノック( iv. 10-16 ) 、および王冠の栄光となるのは間違いないが、世界に来る(動16 ) 。 Finally, wisdom is introduced in vi.最後に、 viの知恵を導入します。 9-25 as the speaker, and as the one who bestows the divine kingdom and confers immortality (vi. 20-21); whereas sin brings death, since "through envy of the devil came death into the world" (ii. 24). 9月25日として、スピーカー、および1つとしては神の王国とconfers who bestows不死( vi. 20-21 ) ;一方、罪死をもたらすので、 "悪魔の羨望の的を通じて死の世界に来た" ( ii. 24 )です。 The second part (ch. vii.-ix. 17) contains an address of King Solomon, relating how his life was guided solely by wisdom, and closing with a prayer offered by him to God that he might obtain her. 2番目の部分(第vii.-ix. 17 )ソロモン王のアドレスが含まれ、彼の人生はどのように関連ガイドの知恵だけで、式と閉会と祈りの言葉を彼に提供され、神が彼は彼女を得るかもしれない。 Here wisdom is represented as a mystic power which imparts not only knowledge of all mysteries and the spirit of prophecy (vii. 17-21, 27), but even immortality (viii. 13), while it is also a cosmic force invested with twenty-one divine attributes, this number being either a triple multiple of seven, or, if originally twenty-two instead of twenty-one, corresponding to the twenty-two letters of the Greek alphabet (vii.22-23).ここで表されるの知恵は、神秘的なパワーを与えるだけでなく、知識のすべての謎との精神を予言( vii. 17-21 、 27 ) 、それでも不朽の名声( viii. 13 ) 、宇宙の中でも、強制的に投資を20 - 1つの神の属性は、このコードが複数の7のいずれかをトリプルか、または、もし当初の代わりに22 21 、 22文字に対応して、ギリシャ語のアルファベット( vii.22 - 23 ) 。 At the same time, wisdom, as in the Platonic system, is believed to teach the four cardinal virtues of temperance, prudence, justice, and fortitude (viii. 7).それと同時に、知恵、システムのように、プラトニックな、と考えられて枢機卿の美徳を教えるの4つの禁酒、慎重さ、正義、と不屈の精神( viii. 7 ) 。 The prayer of Solomon refers to the heavenly tabernacle prepared from the beginning, and to his own predestination (ix. 7-8; see Preexistence).ソロモンの祈りの準備を参照して、天の幕屋の初めから、と自分自身の宿命( ix. 7-8 ;参照先在) 。 Wisdom is described as a cosmic principle dwelling on the throne of glory next to God, and as knowing and designing all things (ix. 1, 4, 10), being identical with the creative Word (ix. 1) and the Holy Spirit (ix. 17).宇宙原理としての知恵に記載の玉座の住居を神の栄光の横にある、すべてのものと知ると設計( ix. 1 、 4 、 10 ) 、クリエイティブが同一の単語( ix. 1 )と聖霊( 9 。 17 ) 。

Hellenistic Passover Haggadah.ヘレニズムhaggadah過ぎです。

While these two portions of the book form a unity to some extent, and probably gave the entire work its title of "Wisdom of Solomon," the last section (ix. 18-xix. 22) is devoid of all connection with what precedes.これらの2つの部分をこの本にある程度の団結を形成すると、おそらく全体の仕事はそのタイトルの"ソロモンの知恵"の最後のセクション( ix. 18 - 19 。 22 )は、すべての接続には何の前に欠けています。 The speaker is no longer Solomon, but the author or the saints (xvi. 28, xviii. 6 et passim), who recite the history of Israel's redemption from Egypt and other enemies.ソロモンのスピーカーはもはや、しかし、著者や、聖人( xvi. 28日、 18 。 6 etここかしこ) 、 whoを暗唱するよりエジプトの歴史を、イスラエルの償還およびその他の敵です。 In like manner, the words are not addressed to the kings of the earth (ix. 18; x. 20; xi. 4, 9, 17, 21; et passim), but to God, the deliverer from the Red Sea.同じように、という言葉はないの王宛てに、地球( ix. 18 ; Xの20 ; XI 。の4 、 9 、 17 、 21 ; etここかしこ) 、しかし、神は、紅海からの救世主です。 The whole appears on close observation to be part of a Passover Haggadah recited in Egypt with reference to Gentile surroundings, and it accordingly abounds in genuine haggadic passages of an ancient character.全体に表示されて閉じるを過ぎ越しの観測に参加することがエジプトで読誦haggadahジェンティーレ周辺を参照し、それが真のhaggadic aboundsしたがって通路で、古代の文字です。 The tenth chapter serves as a connecting-link between the Solomonic Wisdom-book and this Passover-Haggadah fragment, and must, therefore, be taken with the last verse of the ninth chapter and the first of the eleventh, in both of which wisdom forms the theme.第10章の接続を提供するリンクの間に、この過ぎ越しのソロモンの知恵-予約- haggadahフラグメント、および必要があります。 、したがって、中に服用し、 9回の最後の詩との最初の第11章では、どちらの知恵フォームのテーマです。 Here, however, it has nothing in common with the Solomonic wisdom, which, enabling the king to penetrate into all the mysteries of heaven and earth, to study the world of the spirits, and to learn the virtues of stones and roots, thus came very close to the Platonic wisdom (vii. 17-26).ここでは、しかし、それは、何も共通点が、ソロモンの知恵、これは、王への浸透を有効にするの天と地のすべての謎は、世界からの霊を勉強する、との美徳を学習し、石やルーツは、このように来た非常に近いのプラトニックな知恵( vii. 17-26 ) 。 The wisdom of the haggadist is exclusive and hostile to the Gentile world, rather than cosmopolitan and broad, saving only the righteous and bringing ruin upon the wicked (ix. 18, x. 1-21). haggadistの英知を結集するのは、排他的な世界と敵対してジェンティーレではなく、広範なコスモポリタンと、保存時にのみ、正義をもたらす破滅の邪悪な( ix. 18日、 Xの1-21 ) 。 From this point of view the lives of the Patriarchs are recounted to lead up to the story of the Exodus.この観点からの生活には、 patriarchs recountedに至るまでの間には、出エジプト記の物語です。 Wisdom taught Adam to rise from his fall by repentance (comp. "Vita Adæ et Evæ," viii.; Pirḳe R. El. xx.); but it caused Cain and his generation to perish (x. 1-3).知恵彼の秋から教えられたアダムが上昇し後悔( comp. "生命adæ et evæ 、 " Ⅷ 。 ; pirḳe r.エルです。イグゼクスです。 ) ;しかし、カインと彼の世代のことが原因で死ぬ( Xの1-3 ) 。 It saved Noah, Abraham, and Lot, but brought lasting doom upon the offenders (x. 4-9).それに保存ノア、アブラハム、および多く、しかし、永続的ドゥームbrought時の犯罪( Xの4-9 ) 。 It showed Jacob the kingdom of God in the vision of the ladder (comp. Gen. R. lxviii. 16; Targ. Yer. to Gen. xxviii. 12) and gave him victory over all his pursuers (x. 10-12).それによるジェイコブの王国は、神のビジョンを持ってはしご( 68 r. comp. Gen 。とします。 16 ;ターグ。 yerします。 Gen 。と28 。 12 )との勝利は彼のすべての彼の追跡者( Xの10-12 )です。 It preserved Joseph the righteous from sin, went with him into the pit and the prison, and raised him to the throne and to glory, but covered his detractors with shame (x. 13-15).ジョセフ保持することを畏れるより罪は、彼にはピットとは、刑務所、およびが彼を王位に引導を渡すと、しかし、彼の中傷に覆わ恥( Xの13-15 ) 。 It delivered Israel from its heathen oppressors, entered into the soul of Moses, enabling him to work all his miracles before Pharaoh, and, in the shape of a protecting pillar of cloud by day and of an illuminating fire by night, guided the people through the wilderness and through the Red Sea, while it drowned the Egyptians and cast them up again from the deep to enrich the Israelites with the spoils that floated upon the water (x. 15-20; comp. Mek., Beshallaḥ, 6; Targ. Yer. to Ex. xiii. 21; xv. 12, 20; Josephus, "Ant." ii. 16, § 6).それより、異教徒の抑圧者に配信イスラエルは、モーセの魂を入力すると、彼の奇跡を有効にする前にすべての勤務に彼をフィルアウン、および、保護の形をした雲の柱の火災を昼と夜の照明は、人々を誘導して紅海に足を踏み入れるとを通じて、エジプトとCASTの中に溺死してから再びイスラエルの奥深くへの戦利品を豊かにするフロート時の水( Xの15-20 ;のCOMPです。 mek 。 、 beshallaḥ 、 6 ;ターグです。 yerします。例です。 13 。 21 ; 15 。 12 、 20 ;ヨセフス、 " Antのです。 " Ⅱ 。 16日、 § 6 ) 。 It also opened the mouths of the dumb so that they joined in the song of the people in praise of God at the Red Sea (x. 21; comp. Mek. to Shirah [Song of Moses], 1), and it prospered the work of Moses in the wilderness (xi. 1-4).また、ダムの口にオープンしたように、メンバー登録は、賛美歌の人々が神のは、赤い海( Xの21 ;のCOMPです。 mekします。 shirah [歌モーゼス] 、 1 ) 、および繁栄のこと荒野の中に仕事をモーゼス( xi. 1-4 ) 。

Wonders of the Exodus.驚異の出エジプト記です。

This section is followed (xi. 5-xix. 21) by a haggadic discourse in the form of a prayer of thanks-giving on the Egyptian plagues and other miracles connected with the Exodus, obviously to be recited on the eve of the Passover (xviii. 6-9; comp. Josephus, "Ant." ii. 16, § 4; Book of Jubilees, xlix. 2-6).このセクションは、その後( xi. 5 - 19 。 21 )されたhaggadic談話の形で感謝の祈りの言葉を-与えplaguesおよびその他の奇跡を検索するエジプト出エジプト記に接続して、明らかに読誦されるの前夜、過越( 18 。 6-9 ;のCOMPです。ヨセフス、 " Antのです。 " Ⅱ 。 16日、 § 4 ;予約のjubilees 、 49 。 2-6 ) 。 The fundamental principle of the ancient Haggadah is that God metes out the perfect justice expressed by the Rabbis in the phrase "middah keneged middah" (= "measure for measure"), so that the book declares: "Wherewithal a man sinneth, by the same also shall he be punished" (xi. 16).古代の基本的な原理は、神の土地haggadahして完璧な正義を表明し、フレーズのラビ" middah keneged middah " ( = "尺には尺を" ) 、して、予約を宣言: "奴隷を男sinneth 、される彼も罰せられるものと同じ" ( xi. 16 ) 。 This was applied to the Egyptians with reference to Ex.これはエジプトに適用される例を参考にします。 xviii. 18 。 11 (see Targum ad loc.; Soṭah 11d). 11日(ターガム広告を参照して下さい。 ; soṭah 11d ) 。 Here, however, the haggadist goes so far as to maintain that the very thing which proved an instrument of vengeance to the Egyptians became a means of safety for Israel (xi. 5).ここでは、しかし、これまでのところとしてはhaggadistを維持することは、非常に楽器の復讐を証明してエジプトがイスラエルの安全をする手段( xi. 5 ) 。 The water in which the Israelitish children were to be drowned was turned to blood for the parched Egyptians, while it flowed forth from the rock to quench the thirst of the children of Israel in the desert (xi. 4-7). israelitishの水では、子供たちが溺死されるために血を流すのには電源が乾ききったエジプト、岩の中に流れているから、のどの渇きをクエンチは、イスラエルの子孫は、砂漠( xi. 4-7 ) 。 In like manner, the animals worshiped by the Egyptians became the source of terror and harm to them (xi. 15-19, xii. 24-27); "for these [the Israelites] thou didst admonish and try, as a father: but the other [the Egyptian people], as a severe king, thou didst condemn and punish" (xi. 10), even though God loves all His creatures, and waits for the repentance of the sinner because He is the lover of souls (xi. 24-xii. 2).同じように、動物worshipedされたエジプトのテロとなったのソースに害を及ぼすこと( xi. 15-19 、 12 。 24-27 ) ; "これらの[イスラエル]なたdoの二人称単数訓戒としようとして、父親:しかし、他の[エジプトの人々 ] 、重度の王として、なたを非難すると処罰doの二人称単数" ( xi. 10 )にもかかわらず、彼の神のすべての生き物が大好き、と後悔は、罪人を待って、彼は、恋人のために誰かが… ( XI 。の24 - 12です。 2 ) 。 The real cause of the doom of such Gentile nations as the Canaanites was their commission of the capital sins of idolatry and murder (xii. 4-7; comp. Sibyllines, i. 150, 178; iii. 36-40, 585-605, 761-764; et passim).本当の原因で発生するようなジェンティーレの懲罰として国の首都canaanites委員会は、彼らの偶像崇拝と殺人の罪( xii. 4-7 ;のCOMPです。 sibyllines 、 i. 150 、 178 ; Ⅲ 。 36-40 、五百八十五〜六百五、 761〜764 ; etここかしこに) 。 Yet even they were given time for repentance; wherefore God sent the wasps before Israel to destroy the Canaanites gradually, instead of killing them all at once (xii. 8-11; comp. Ex. xxiii. 28; Soṭah 36a); for God blends mercy with justice, to teach "that the just man should be merciful" (xii. 19; comp. i. 6), and unrepentant Egypt was thus severely punished until she acknowledged the God she had denied (xii. 27).彼らはまだありませんさえ与えられた時間を後悔;何のために、神のハチ送られる前に、徐々にcanaanitesイスラエルを破壊するのではなく、それらを一度に殺害( xii. 8-11 ;のCOMPです。例です。 23 。 28 ; soṭah 36 A ) ;神ブレンド慈悲と正義を教える"は、男性だけ慈悲深くすべきである" ( xii. 19 ;のCOMPです。 i. 6 ) 、および悔悟の念がエジプトはこのように認識して厳罰に処せられるまで、彼女の神彼女は拒否されました( xii. 27 ) 。

The Folly of Idolatry.偶像崇拝の愚かさをします。

Egyptian (and Greek) idolatry is declared (xiii. 1-10) to be far less excusable than Babylonian star-worship, and it is therefore derided (xiii. 11-19) in terms borrowed from Isa.エジプト(および、ギリシャ語)偶像崇拝を宣言( xiii. 1-10 )を許されるよりもはるかに少ないバビロニアスター崇拝し、それゆえderided ( xiii. 11-19 )をご利用のISAから借りた。 xliv. 44 。 13-20. 13-20 。 Idolatry was first introduced by the giants who were descended from the fallen angels.偶像崇拝が初めて導入されたジャイアンツwhoは、権威の失墜した天使たちの子孫です。 Its purposes were corruption and fornication (xiv. 1-13); it owed its hold on mankind to the honor paid the images of dead sons (xiv. 14-21; comp. Book of Jubilees, xi. 4; Bezold, "Die Schatzhöhle," p. 31), and it led to murder, adultery, theft, and perjury (xiv. 22-31).その目的は腐敗と姦淫( xiv. 1-13 ) ;こと放棄して、しっかりつかまって人類の画像を死んだ息子の名誉を有料( xiv. 14-21 ;のCOMPです。帳jubilees 、 XI 。の4 ; bezold 、 "死ぬschatzhöhle 、 " p. 31学) 、および殺人事件につながった、不倫、盗難、と偽証罪( xiv. 22-31 ) 。 Knowledge of God alone guides to righteousness and immortality, while the enemies (the Romans and the Greeks of Alexandria, as well as the Egyptians)who hold Israel in subjection are termed foolish image-worshipers (xv. 1-15; comp. Ps. cxv., recited on the eve of the Passover).神の知識をガイドを正義と不朽の名声だけで、中の敵(アレクサンドリアのギリシアローマ人への手紙と、だけでなく、エジプト) whoホールドイスラエルに支配されることは愚かなイメージを表現-しもべ( xv. 1-15 ;のCOMPです。 psのです。 cxv 。 、読誦の前夜、過ぎ越しの)です。 The Egyptian animal-worship again suggests to the haggadist the idea that while the beasts became a torment to Egypt, the quail became nourishing food for the people of God (xvi. 1-4); and though the serpents bit the Israelites in the wilderness, they were in the end a sign of salvation for them, admonishing them to look to God as the savior whose word heals all (xvi. 5-12; comp. RH iii. 8c).エジプトの動物崇拝再びhaggadistという考えを示唆して罪人になったが、苦痛にエジプトには、栄養のある食物をウズラの人々が神( xvi. 1-4 ) ;とヘビビットかかわらず、イスラエルは、荒野、彼らは、救いの最後にサインをして、 admonishingして見て救世主に誰の言葉を神として癒しすべて( xvi. 5-12 ;のCOMPです。 rh Ⅲ 。 8c ) 。 The fire which fell with both the hail and the rain (Ex. ix. 24; Tan., Wayera, ed. Buber, p. 22), as well as in the sea (Ex. xiv. 24; Targ. Yer. ad loc.; Josephus, "Ant." ii. 16, § 3), like the fire which would not destroy the frogs in the oven (xix. 21; Pes. 53b), manifested the wondrous power of God (xvi. 16-19).火災が下落するとの両方の雹と雨(例: 9 。 24 ;黄褐色。 、 wayera 、エドです。ブーバー、 p. 22 )だけでなく、海(例: 14 。 24 ;ターグ。 yer 。広告組織委員会です。 ;ヨセフス、 " Antのです。 " Ⅱ 。 16日、 § 3 ) 、火災ではないのようにカエルを台無しにするオーブン( xix. 21 ;ペスです。 53B高級) 、明らかに、神の驚くべきパワー( xvi. 16 - 19 ) 。 On the other hand, the manna, which fell like hoar frost and was flavored to suit every wish and taste, did not melt in the heat of the wilderness, but disappeared under the first rays of the sun that the people might offer their praise early in the morning (comp. Yoma 75a; Targ. Yer. to Ex. xvi. 21; Mek., Wayassa', 4 [ed. Weiss, p. 58a]; for the Essene prayer at sunrise see Josephus, "BJ" ii. 8, § 5; Ber. 9b; and comp. Essenes).その一方では、マンナ、霜のような霜が落ちたとは、すべての希望に合わせて風味と味、溶融しなかったが、大自然の中の暑さが、姿を消したされて、最初の太陽の光を提供するかもしれないの褒め言葉は、人々の早期で、朝( comp. yoma 75a ;ターグ。 yerします。例です。 16 。 21 ; mek 。 、 wayassa ' 、 4 [エドです。ワイス、 p. 58a ] ;は、日の出の祈りを参照esseneヨセフス、 "ベナン" 2世。 8日、 § 5 ; BERを計算します。 9b ;とのCOMPです。エッセネ派)です。

Plagues upon Egypt.エジプトplagues時です。

The Egyptian plague of darkness, in striking contrast to the light in the houses of the children of Israel (Ex. x. 21-23), is declared to have been a punishment for their imprisonment of the Israelites, the future bearers of the light of the Law, and for their pride in their intellectuality, besides being a token of their future doom (xvii. 1-xviii. 4).エジプトの疫病の闇は、著しい対照を立ちくらみがして、イスラエルの子孫の家(例: Xの21-23 ) 、が宣言されて懲役刑を処罰、イスラエルは、将来を担う人々の光は、法、およびその知性に誇りを持つというだけに、トークンは将来のドゥーム( xvii. 1 - 18 。 4 ) 。 The last plague, the death of the first-born, was the punishment for the intended murder of the Israelitish children (xviii. 5).の最後のペストは、死亡したの最初の生まれ、罰は、殺人の意図をisraelitish連れの家族( xviii. 5 ) 。 This same night of watching proved to be the doom of the Egyptians and the election of Israel, so that on the one side resounded cries of lamentation, and on the other were heard songs of thanksgiving (xviii. 7-17).これと同じ部屋を見て立証されるの懲罰は、エジプトとイスラエルの選挙のように、 1つの側面を検索するresounded叫び声の深い悲しみ、および、他の感謝祭の歌が聞こえて( xviii. 7-17 ) 。 The almighty "Word" carried the sword of death throughout Egypt, and by this same power Aaron, with his robe, his breastplate, and his diadem decked with divine mysteries, subdued the angel of death (xviii. 20-25).して偉力ならびなき" word "で運ばの剣死を通してエジプトでは、これと同じパワーアーロンとされ、彼のローブ、彼の胸当て、神の謎と彼のDIAdem用飾られて、地味なの死の天使( xviii. 20-25 ) 。 Finally, the destruction of the Egyptians in the Red Sea is described as a renewal of the miracle of Creation (xix. 1-6), since out of the sea rose a green field (comp. Targ. Yer. to Ex. xv. 19).最後に、エジプトでの破壊は、赤の海が記述され、奇跡については、更新の創作( xix. 1-6 ) 、以来、海のバラに緑色のフィールド( comp.ターグ。 yerします。例です。 15 。 19 ) 。 The Egyptians had been more brutal in their treatment of the strangers than had the inhospitable Sodomites, thus accounting for the severity of their punishment (xix. 13-22).エジプトていたが、彼らの他の残忍な治療法は、見知らぬ人よりは、人を寄せ付けないsodomites 、このように会計処理として、彼らの重症度を処罰( xix. 13-22 ) 。 Here the Haggadah breaks off abruptly.ここで休憩オフhaggadah突然停止する。

Authorship and Date.原作者と日付をします。

It is evident that these three parts, or at least the first two (i.-ix., x.-xix.), can not have emanated from the same author, for neither the style nor the views can be ascribed to one and the same person.これらの3つの部分ことは自明であるか、または少なくとも最初の2つの( i.-ix. 、 Xの- 19 。 ) 、することはできません。放ってから、同じ著者は、どちらのスタイルも、生得的には1つの再生回数や同じ人です。 This leads to the supposition that the original Wisdom of Solomon and the Passover-Haggadah fragment were probably joined together and then treated as one book.このリードを仮定して、元のソロモンの知恵と過ぎ越しの断片が、おそらくメンバー登録- haggadah一緒と入力し、 1冊の本として扱われます。 Grätz ("Gesch." 4th ed., iii. 382-385, 611-613) finds in the work allusions to the apotheosis of Caligula (38-40 CE), but the deification of the Ptolemies goes back to Egyptian custom. grätz ( " gesch 。 "第4エド。 、 Ⅲ 。三八二から三八五、六一一〜六一三)検出された仕事を神化allusionsカリギュラ( 38-40 CE )の、しかし、神格化は、エジプトのカスタムptolemiesにまでさかのぼる。 Ch.あなたのです。 ii. Ⅱ 。 and iii.とⅢ 。 refer to Jewish converts, not to Greeks in Alexandria.ユダヤ人を参照して変換するが、ギリシアのアレキサンドリアしないようにします。 The character of the book as regards the creative Wisdom, Word, and Spirit indicates a stage prior to the Philonic system, and the Biblical story shows a haggadic form still fresh and not yet compressed into a rigid system, as in Philo (see Siegfried, "Philo von Alexandria," pp. 22-24, Jena, 1875).その本の文字についてはクリエイティブの知恵、単語、およびその精神を示してphilonicステージの前に、システム、およびフォームの聖書の話にはまだ新鮮で、まだhaggadic 、圧縮された硬直化したシステムのように、フィロ(ジークフリート、 "フィロフォンアレキサンドリア、 " pp 。 22-24 、イエナ、 1875 ) 。 The apostle Paul (see Grafe, "Das Verhältniss der Paulinischen Schriften zur Sapientia Salomonis," Freiburg-im-Breisgau, 1892; comp. also Saul of Tarsus), the author of the Epistle to the Hebrews (Heb. i. 3, iv. 12; comp. Wisdom vii. 22, 26), and others have drawn from the Book of Wisdom.使徒パウロ(グレーフェ、 " das verhältniss der paulinischen schriften zur sapientia salomonis 、 "フライブルク-イム-ブライスガウ、 1892 ;のCOMPです。もソールのタルスス)の著者であるの信徒へのヘブル人への手紙( heb. i. 3 、 4世。 12 ;のCOMPです。知恵Ⅶ 。 22 、 26 ) 、およびその他の知恵がこの本から引き出される。 This places the date of the book, or at least that of the first part, with certainty in the first century BC A Hebrew translation of the Wisdom of Solomon is mentioned by Naḥmanides in the preface to his commentary on the Pentateuch.この場所はこの評価をこの本か、または少なくともの最初の部分が、世紀の最初の確信を持って、ヘブライ語の翻訳は、ソロモンの知恵に記載されnaḥmanidesは、五序文を彼の解説をします。 A Hebrew version with a commentary was published by Hartwig Wessely (Berlin, 1780), and a German translation with notes, valuable for the references to rabbinical literature, was made by M. Gutmann (Altona, 1841).解説するとヘブライ語版が公開されハートウィグウェッセリ(ベルリン、 1780 ) 、およびドイツ語訳をノート、貴重な文献を参照してラビは、男性がなされたグートマン(アルトナ、 1841 ) 。

Kaufmann Kohlerカウフマンコーラー

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

For the extensive literature see Schürer, Gesch.は、広範な文献を参照schürer 、 geschです。 3d ed., iii.三次元エド。 、 Ⅲ 。 377-383.三七七〜三八三です。 The chief editions, besides that contained in Fritzsche's Apocryphi Grœci, are: Reusch, Liber Sapientiœ Grœce, Freiburg-im-Breisgau, 1858; Deane, Book of Wisdom, Oxford, 1881.チーフのエディション、それのほかに含まれてapocryphi grœciフリッチェのは:ロイシュ、独立したsapientiœ grœce 、フライブルク-イム-ブライスガウ、 1858 ;ディーンは、予約の知恵、オックスフォード、 1881 。 On the question of the original language see Margoliouth, Was the Book of Wisdom Written in Hebrew?上の問題は、元の言語を参照マーゴリュース、予約の知恵は、ヘブライ語で書かれてですか? in JRAS 1890, pp. 1890年にjras 、 pp 。 263 et seq.; answered by Freudenthal, What Is the Original Language of the Wisdom of Solomon? 263頁以降を参照。 ;回答をフロイデンタール、何が、元の言語は、ソロモンの知恵ですか? in JQR iii.でjqr Ⅲ 。 722-753.K. 722 - 753.kです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです