Book of Zechariah, Zacharias予約のゼカリヤ、ツァハリアス

General Information 総合情報

The Book of Zechariah, one of the so - called Minor Prophets or shorter books of the Old Testament of the Bible, takes its name from a priest who returned to Jerusalem with the exiles from Babylon.この本のゼカリヤ、のいずれかのよう-小預言者と呼ばれる書籍や、旧約聖書の短い聖書の、司祭は、その名前からエルサレムw ho戻ってバビロンからの亡命者です。 Scholars generally acknowledge, however, that only the first eight chapters of the book, which date from 520 to 518 BC, were written by Zechariah.学者一般的に認める、しかし、それは、最初の8つの支部をこの本は、どの日付五二〇 〜五一八紀元前、ゼカリヤによって書かれた。 These chapters are apocalyptic in character, consisting principally of a series of eight visions devoted to eschatological themes.これらの章では、終末論的性格、 8つのシリーズで構成する主なビジョンをテーマに終末論のテーマです。 Chapters 9 to 11 come from the hand of another author, "Second Zechariah" (c. 300 BC), and consist of sayings against foreign nations together with promises of power for the returning exiles.各章の手から九から十一別の著者は、 "第二ゼカリヤ" ( c. 300紀元前) 、および外国人に対しては、国のことわざと一緒に約束の電源は、亡命者を返す。 Chapters 12 to 14, which continue the message of Second Zechariah, are sometimes regarded as a separate unit labeled "Third Zechariah" and dated c.章十二〜十四、これを継続する2番目のメッセージが表示さゼカリヤは、ラベルを個別のユニットにあると見なされる"第三ゼカリヤ"と日付c. 250 BC.紀元前250です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート

Bibliography 書誌事項
D Baron, The Visions and Prophecies of Zechariah (1918); PD Hanson, The Dawn of Apocalypse (1975). d男爵は、ビジョンと予言のゼカリヤ( 1918 ) ; pdハンソンは、ドーンオブアポカリプス( 1975 ) 。


Book of Zechariah, Zacharias予約のゼカリヤ、ツァハリアス

Brief Outline簡単な概要

  1. Series of eight symbolic night-visions (1-6)シリーズの8つの象徴的部屋-ビジョン( 1-6 )
  2. Prophecies, spoken two years later than the above; exhortations and warnings (7-8)予言は、 2年後よりも、上記の話さ; exhortationsと警告( 7-8 )
  3. Judgment and mercy; the coming Day of the Lord (9-14)判断力と慈悲; 、今後数日の主( 9-14 )


Zechari'ah zechari'ah

Advanced Information 高度情報

Zechariah, Jehovah is renowned or remembered.ゼカリヤ、エホバは、有名なまたは記憶されます。

(1.) A prophet of Judah, the eleventh of the twelve minor prophets. ( 1 。 )預言者のユダは、 11のは、 12小預言者です。 Like Ezekiel, he was of priestly extraction.エゼキエル書のような、彼は、聖職者の抽出します。 He describes himself (1:1) as "the son of Berechiah."彼は自分自身について説明( 1:1 )として" berechiahの息子のです。 " In Ezra 5:1 and 6:14 he is called "the son of Iddo," who was properly his grandfather.エズラ5:1と6:14で呼ばれる彼は"息子のiddo 、 " whoは、適切に彼の祖父です。 His prophetical career began in the second year of Darius (BC 520), about sixteen years after the return of the first company from exile.彼の机上の2番目の年のキャリアが開始さダライアス(紀元前520 ) 、約16年後の最初の会社からの返還を追放します。 He was contemporary with Haggai (Ezra 5:1).彼は現代にハガイ(エズラ5:1 ) 。

His book consists of two distinct parts, (1) chapters 1 to 8, inclusive, and (2) 9 to the end.彼の本は、 2つの別個の部品は、 ( 1 )支部1から8 、包括的、および( 2 ) 9して終了します。 It begins with a preface (1:1-6), which recalls the nation's past history, for the purpose of presenting a solemn warning to the present generation.これで始まり、序文( 1:1-6 ) 、どの国のリコール、過去の歴史を提示するの目的は、現在の厳粛な警告を生成します。 Then follows a series of eight visions (1:7-6:8), succeeding one another in one night, which may be regarded as a symbolical history of Israel, intended to furnish consolation to the returned exiles and stir up hope in their minds.入力し、次のように、一連の8つのビジョン( 1:7-6:8 ) 、別の1つ1つの部屋の後任になるかもしれませんの歴史を象徴と見なされる、イスラエル、敗者復活を提出する意図を返された亡命者と期待されて心をかき立てるです。 The symbolical action, the crowning of Joshua (6:9-15), describes how the kingdoms of the world become the kingdom of God's Christ.アクションの象徴の戴冠のジョシュア( 6:9-15 ) 、方法について説明し、世界の国の神のイエスキリストの王国になる。

Chapters 7 and 8, delivered two years later, are an answer to the question whether the days of mourning for the destruction of the city should be any longer kept, and an encouraging address to the people, assuring them of God's presence and blessing.章7日と8日、配信、 2年後、この質問の回答をするかどうかは、日間の喪に服して、都市の破壊をもはや維持すべきである、とする人々のアドレスを励まし、力づけるような神の存在と、かれらの祝福です。 The second part of the book (ch. 9-14) bears no date. 2番目の部分の予約(第9-14 )ベアーズの日です。 It is probable that a considerable interval separates it from the first part.これはかなりの間隔を予想してからの最初の部分を分離します。 It consists of two burdens.それは、 2つの負担です。 The first burden (ch. 9-11) gives an outline of the course of God's providential dealings with his people down to the time of the Advent.の最初の負担(第9-11 )では、コースの概要を明らかに神の摂理のダウンして取引をする時の彼の人々の到来です。 The second burden (ch. 12-14) points out the glories that await Israel in "the latter day", the final conflict and triumph of God's kingdom. 2番目の負担(第12-14 )の栄誉を待つイスラエルが指摘するように" 、後者の日"は、勝利の最後の葛藤と神の王国です。


(2.) The son or grandson of Jehoiada, the high priest in the times of Ahaziah and Joash. ( 2 )の息子や孫jehoiada 、司祭は、倍の高ahaziahとjoashです。 After the death of Jehoiada he boldly condemned both the king and the people for their rebellion against God (2 Chr. 24:20), which so stirred up their resentment against him that at the king's commandment they stoned him with stones, and he died "in the court of the house of the Lord" (24:21). jehoiada彼の死の後に大胆な非難の両方の王の人々に反乱を起こす神( 2 chrです。 24:20 ) 、どのよう論議を巻き起こして彼を恨みもない彼らは、王の境をさまよう彼の戒めに石を投げつける、と彼が死亡した"と、裁判所は、家の主" ( 24:21 )です。 Christ alludes to this deed of murder in Matt.イエスキリストalludesこの証書を殺人罪でマットです。 23:35, Luke 11:51. 23:35 、ルカ11:51です。 (See ZACHARIAS [2].) (参照ツァハリアス[ 2 ] 。 )

(3.) A prophet, who had "understanding in the seeing of God," in the time of Uzziah, who was much indebted to him for his wise counsel (2 Chr. 26:5). ( 3 。 )預言者、 whoは"神の理解は、見て、 "は、時間をアザイア、 whoは、多く恩義が彼の賢明な助言( 2 chrです。 26:5 ) 。 Besides these, there is a large number of persons mentioned in Scripture bearing this name of whom nothing is known.このほか、多数の人には、ベアリングに記載され、この啓典の名前を誰も何も知られている。

(4.) One of the chiefs of the tribe of Reuben (1 Chr. 5:7). ( 4 )のいずれかの部族の長老のルーベン( 1 chrします。 5時07分) 。

(5.) One of the porters of the tabernacle (1 Chr. 9:21). ( 5 。 )のいずれかのポーターの幕屋( 1 chrです。 9時21分) 。

(6.) 1 Chr. ( 6 ) 1 chrです。 9:37. 9時37分です。

(7.) A Levite who assisted at the bringing up of the ark from the house of Obededom (1 Chr. 15:20-24). ( 7 。 )レビwhoアシストは、養育の箱舟からのハウスオブobededom ( 1 chrです。 15:20-24 ) 。

(8.) A Kohathite Levite (1 Chr. 24:25). ( 8 。 ) kohathiteレビ( 1 chrです。 24:25 )です。

(9.) A Merarite Levite (1 Chr. 27:21). ( 9 。 ) merariteレビ( 1 chrです。 27:21 )です。

(10.) The father of Iddo (1 Chr. 27:21). ( 10 )の父親のiddo ( 1 chrです。 27:21 )です。

(11.) One who assisted in teaching the law to the people in the time of Jehoshaphat (2 Chr. 17:7). ( 11 。 ) whoアシストで1つの法律を教えるの人々は、時間をjehoshaphat ( 2 chrです。 17時07分) 。

(12.) A Levite of the sons of Asaph (2 Chr. 20:14). ( 12 。 )は、レビの息子のアサフ( 2 chrします。 20:14 )です。

(13.) One of Jehoshaphat's sons (2 Chr. 21:2). ( 13 。 )の1つjehoshaphatの息子( 2 chrです。 21時02分) 。

(14.) The father of Abijah, who was the mother of Hezekiah (2 Chr. 29:1). ( 14 )の父親のabijah 、 whoは、母hezekiah ( 2 chrです。 29:1 ) 。

(15.) One of the sons of Asaph (2 Chr. 29:13). ( 15 。 )のいずれかの人の息子のアサフ( 2 chrです。 29:13 )です。

(16.) One of the "rulers of the house of God" (2 Chr. 35:8). ( 16 。 )のいずれかの"神の家の支配者" ( 2 chrです。 35:8 ) 。

(17.) A chief of the people in the time of Ezra, who consulted him about the return from captivity (Ezra 8:16); probably the same as mentioned in Neh. ( 17 。 )首席の人々は、時間のエズラ、 who相談彼からの帰還については捕らわれている(エズラ8時16分) ;おそらく同じnehに記載されています。 8:4, 8時04分、

(18.) Neh. ( 18 。 ) nehです。 11:12. 11:12です。 (19.) Neh. ( 19 。 ) nehです。 12:16. 12:16です。 (20.) Neh. ( 20 。 ) nehです。 12:35,41. 12:35,41です。 (21.) Isa. ( 21 。 ) ISAのです。 8:2. 8:2 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Zachariasツァハリアス

Catholic Information カトリックの情報

(Hebrew zekharyahu and zekharyah; meaning "Yahweh remembers", Sept. Zacharia and Zacharias), son of Barachias, son of Addo, a Prophet who rose in Israel in the eighth month of the seventh year of the reign of King Darius, 520 BC (Zechariah 1:1) just two months after Aggeus began to prophesy (Agg., i, 1). (ヘブライ語zekharyahuとzekharyah ;を意味する"ヤハウェ記憶" 、 2005年9 zachariaとツァハリアス) 、息子のbarachias 、息子のアッドー、 whoローズインイスラエル預言者は、 8月の第7回イヤーオブザキングダライアスの治世、紀元前520 (ゼカリヤ1:1 )をわずか2カ月後に始まったaggeus予言( agg. 、私は、 1 ) 。 The urgings of the two Prophets brought about the building of the second temple (Ezra 5 and 6).預言者のurgingsをもたらした2つの建物の2番目の寺(エズラ5および6 ) 。 Addo was one of the chief priests who, in the first year of the reign of Cyrus 538 BC, returned with Zorobabel from captivity (Nehemiah 12:4).アッドーのいずれかの主任司祭は、 whoは、年の最初のキュロスの治世紀元前538 、返さzorobabelから解放する(ニーアマイア12時04分) 。 Sixteen years thereafter, during the high priesthood of Joacim (verse 12), Zacharia, of the family of Addo (Heb. of verse 16), is listed as a chief priest.その後16年間、聖職に就くの中に高joacim (詩12 ) 、 zacharia 、 、ご家族のアッドー( heb.の詩16 )は、住職に表示されるのです。 This Zacharia is most likely the Prophet and author of the canonical book of the same name.このzacharia預言者ムハンマドが最も高いと著者は、正規の本と同じ名前です。 It is not at all probable that the Prophet Zacharias is referred to by Christ (Matthew 23:35; Luke 11:51) as having been slain by the Jews in the Temple; that Zacharias was the son of Joiada (2 Chronicles 24:20).すべての確率ではないでは、預言者ツァハリアスは、イエスキリストによって参照される(マタイ23:35 ;ルーク11:51 )されているユダヤ人が殺害されたされた同寺;ことツァハリアスは、息子のjoiada ( 2クロニクル24:20 ) 。 Moreover, the Jews of Zorobabel's time obeyed the Prophet Zacharias (Zechariah 6:7); nor is there, in the Books of Esdras, any trace of so heinous a crime perpetrated in the Temple court.また、ユダヤ人の預言者ムハンマドzorobabelの時間に従ったツァハリアス(ゼカリヤ6時07分) ;もがある、エスドラス書は、書籍の、何の痕跡もなく凶悪犯罪perpetratedのために裁判所の寺です。

The prophecy of Zacharias is one of the books admitted by both Jews and Christians into their canon of Sacred Writings, one of the Minor Prophets.ツァハリアスは、 1つの予言の書籍を認められたユダヤ人とキリスト教徒の両方にキヤノンの聖典、預言者のマイナーの1つです。 This article will treat its contents and interpretation, canonicity, author, time, place, and occasion.この記事は、その内容を治療するとの解釈では、規範、著者名、時間、場所、および機会です。

I. CONTENTS AND INTERPRETATION i.内容と解釈

A. Part First (Chapters 1-8) a.最初の部分(章1-8 )

Introduction.はじめに。 The purpose of the book, the return of the people to Yahweh (i, 1-6).この本の目的は、戻り値のは、人々をヤハウェ(私、 1-6 ) 。

(1) The eight visions of the Prophet, on the night of the twenty-fourth day of the eleventh month of the second year of the rule of Darius in Babylon (i, 7-vi, 8). ( 1 )の8つのビジョンは、預言者は、 27日の夜は、 20月4日目の2番目の11年にバビロンの支配のダライアス(私、 7 - 6 、 8 ) 。

The horsemen in the myrtle grove (i, 7-17).マートルの騎手は、グローブ(私は、 7-17 ) 。 Their mounts are chestnut, bay, and white.そのマウントは、栗、湾、と白のです。 They bring the news from far and wide; all lands are at rest, nor is there any sign of an impending upheaval of the nations such as is to precede the liberation of Israel from thraldom.彼らもたらすのニュースより遠くまで広がって;すべての土地は、安静時、いかなる兆候もなく、その国は、間近に迫ったの激変を先行するなど、イスラエルからの解放奴隷の状態です。 And yet Yahweh will comfort Sion, He will rebuild the city and the Temple.とはまだありませんヤハウェが快適度シオン、彼は市と同寺を再構築する。

The four horns and four smiths (i, 18-21).の4つの角と4つのスミス(私、 18-21 ) 。 The former are the nations that have tossed to the winds Juda and Israel and Jerusalem; the latter are the powers that in their turn will batter down the foes of Yahweh.前者は、風に揺られる国では、イスラエルとエルサレムjudaとし、後者は、権限をして自分の順番が敵の打者ヤハウェダウンしています。 The man with the measuring line (ii, 1-13).その男の測定線( 2世、 1-13 ) 。 He is bidden not to measure Jerusalem.招かれた彼はエルサレムを測定する特定します。 The new Jerusalem will have no need of walls; Yahweh Himself will be unto it a wall of fire, He will dwell within it.新エルサレムの壁には必要はありません;ヤハウェはわたし自身の壁の火のことを、彼は住むにしてください。 The vision now becomes Messianic, extends far beyond the immediate future, and represents all the nations of the world about the new Jerusalem.救世主のビジョンになるように、近い将来の拡張をはるかに超え、と表し、世界のすべての国については、新エルサレムです。

Jesus the high priest before the angel of Yahweh (iii, 1-10).イエスキリストの高い司祭の前に天使のヤハウェ( Ⅲ 、 1-10 ) 。 Clothed in filthy garments, accused by Satan, the high priest stands in shame.不潔な服を着て、衣料品、悪魔と非難され、大祭司スタンドを背ける。 His shame is taken away.彼の恥は連れ去られます。 Clean raiment is put upon him.清潔な衣服を置く時だ。 The promise is made to the rehabilitation of the high priest in the temple that Zorobabel is to build; and the Messianic forecast is uttered of the sprout (Hebrew çémáh), the servant of Yahweh (cf. Isaiah 4:2; Jeremiah 23:5; 33:15), who will be sent in the stead of the Levitic priesthood.リハビリテーションの約束が行われるように、高い司祭は、寺を構築することがzorobabel ;との予報が口の救世主スプラウト(ヘブライ語çémáh )は、使用人のヤハウェ( cf.イザヤ書4 : 02 ;ジェレマイア23時05分; 33:15 ) 、 whoされる代わりに送信されるlevitic聖職に就く。

The seven branched lamp of the temple (iv, 1-14). 7つの分岐ランプの同寺( 4 、 1-14 ) 。 An olive tree on either side feeds the lamp.オリーブの木の両側に、ランプのフィードです。 The seven lamps and their lights are the seven eyes of Yahweh that run to and fro over the whole earth (verse 10). 7つのランプとその明かりが目には7つのあちこちヤハウェを実行して地球全体(詩10 ) 。 The olive trees are "the two sons of oil", the anointed priest Jesus and King Zorobabel.オリーブの木は" 2人の息子の石油" 、イエスキリストの聖なる司祭と王zorobabelです。 The picture is that of the providence of Yahweh and His two agents in the theocratic government of restored Jerusalem; this providence is a type of the economy of grace in the Messianic kingdom.この写真は、プロビデンスのヤハウェと彼の2つのエージェントは、政府の復元神政エルサレム;このプロビデンスのタイプは、経済の恵みを受けて、王国の救世主です。 Verses 6b-10a seem to be out of place and to belong rather to the end of the chapter or after iii, 10; this latter is the opinion of Van Hoonacker, "Les douze petits prophètes" (Paris, 1908). 6B面- 10 Aまでの詩が場違いな存在と思われるというに属するかをした後の章の終わりに3世、 10 ;この後者は、ファンの意見をhoonacker 、 "レdouze petits prophètes " (パリ、 1908 ) 。 The flying parchment-roll (v, 1-4).羊皮紙のフライングロール( V電源、 1-4 ) 。 Upon it is the curse of Yahweh that enters in to consume the house of every thief and perjurer.することはヤハウェの呪いの家に入るのを消費し、偽証のすべての泥棒です。 The scene of the prophetic vision has shifted backward several hundred years to the days of the thunderings and denunciations of Isaias, Amos, and Osee; from that distant viewpoint are seen the effects of Israel's sins and Yahweh's maledictions -- the Babylonian exile.そのシーンは、予言的なビジョンは、数百年の下位にシフトして日中には、 thunderingsとisaiasのない非難を、アモス、およびosee ;観点からは遠いが見られるの効果を、イスラエルの罪とヤハウェのmaledictions -バビロニア人の亡命者です。

The woman in the epha (v, 5-11).その女性は、 epha ( V電源、 5-11 ) 。 She is forced into the measure, the lid is shut to, a leaded weight is laid thereon; she is hurried off the land of Sennaar.彼女はこの措置を余儀なくされ、ふたが正常にシャットには、パブリックリード重量はlaid ;彼女は急いでその土地のsennaarオフです。 The picture is symbolic of the wickedness of Israel transported perforce to Babylon.画像は邪悪の象徴は、必然的にイスラエルをバビロン運ばれる。

The four chariots (vi, 1-8).の4つの戦車( 6 、 1-8 ) 。 Bearing the wrath of Yahweh, to the four corners of the earth they are driven; and the one that goes to the north takes the vengeance of Yahweh upon the nations of the North who have kept His chosen people in captivity.軸受ヤハウェの怒りを買う、の4つの隅々に彼らは駆動;と、 1つのことがヤハウェの北には、復讐の時の国の北who選ばれた人々が彼の監禁状態で保管します。 It is to be noted that this series of eight visions begins and ends with similar pictures -- the horses of varied hues whose riders bring back work that all the earth is at rest and whose drivers, in like manner, are the bearers of the message of Yahweh.されることが8つのビジョンによると、このシリーズの開始時刻と終了時刻、同様の写真-さまざまな色合いの馬のライダーもたらす地球のすべての仕事を先頭に、休息と、そのドライバは、同じように、メッセージが表示さを担う人々は、のヤハウェです。

(2) Sequel to the eight visions ( 2 )の続編を、 8つのビジョン

As a sequel to the eight visions, especially to the fourth and fifth, Yahweh bids Zacharias take of the gold and silver brought from Babylon by a deputation of Jews of the captivity, and therewith to make crowns; to place these crown upon the head of Jesus the high priest, and then to hang them as a votive-offering in the Temple (vi, 9-15).続編を、 8つのビジョンとして、特に第4回と5番目に、ヤハウェの単価は、金と銀のツァハリアス取るから持って来た代表されるバビロン捕囚のユダヤ人を、およびそれを作るクラウン;を置くこれらの王冠時の頭のイエスキリストの高い司祭、と入力し、奉納がハングアップする-を提供するには、同寺(六、 9-15 ) 。 The critics generally insist that it was Zorobabel and not Jesus who was to be crowned.通常の批評家zorobabelと主張していないことは、イエスキリストwhoは、戴冠される。 They err in missing the prophetic symbolism of the action.行方不明のエラーが予言彼らは、アクションの象徴です。 It is the high priest rather than the king that is the type of the priest of the Messianic kingdom, "the Man Whose name is the Sprout" (Heb. text), Who shall build up the Temple of the Church and in Whom shall be united the offices of priest and king.これは大祭司ではなく、国王には、司祭は、救世主のようなタイプの王国、 "その男の名は、もやし" ( heb.テキスト) 、 whoものを構築する同寺は、教会とは誰しなければならないするUnitedの事務所の司祭と王です。

(3) The prophecy of the fourth day of the ninth month of the fourth year of the rule of Darius in Babylon (vii and viii) ( 3 )の予言は、 9月4日目の第4年、バビロンの支配のダライアス( 7と8 )

Almost two years after the eight visions, the people ask the priests and Prophets if it be required still to keep the fasts of the exile.ほとんどの2年後の8つのビジョンは、司祭と預言者の人たちが要請することが必要な場合は断食を維持するの亡命者です。 Zacharias makes answer as revealed to him; they should fast from evil, show mercy, soften their hard hearts; abstinence from fraud and not from food is the service Yahweh demands.ツァハリアス答えとしては明らかに彼;彼らは、高速より邪悪な、情けをかける、そのハードの心を和らげる;禁欲を不正行為からではなく食物からの要求は、サービスヤハウェです。 As a motive for this true service of God, he pictures to them the glories and the joys of the rebuilt Jerusalem (vii, 1-9).真のサービスとして、この神の動機を、彼の写真の栄誉として、再構築の喜びエルサレム( 7 、 1-9 ) 。 The Prophet ends with a Messianic prediction of the gathering of the nations to Jerusalem (viii, 20-23).預言者ムハンマドの末尾に、救世主のような予測は、国をエルサレムザギャザリング( 8 、 20-23 ) 。

B. Part Second (Chapters 9-14): The Two Burdens b.パート2番目(章9-14 ) : 2つの負担

Many years have gone by.多くの年が経った。 The temple of Zorobabel is built.同寺のzorobabelが構築されます。 The worship of Yahweh is restored.ヤハウェの崇拝が復元されます。 Zacharias peers into the faraway future and tells of the Messianic kingdom.ツァハリアスのピアに指示すると、遠い将来の救世主王国です。

(1) First burden, in Hadrach (ix-xi) ( 1 )最初の負担は、 hadrach (九-十一)

The coming of the king (ix-x).今後は、王の( 9世- x ) 。 The nations round about will be destroyed; the lands of the Syrians, Phoenicians, and Philistines will fall into the hands of invaders (ix, 1-7).ラウンドについては、国を破壊されるし、土地は、シリア、フェニキア、およびphilistinesは、侵略者の手に陥る( 9世、 1-7 ) 。 Israel will be protected for the sake of her king, Who will come to her "poor and riding upon an ass".イスラエルは完全に保護するために彼女のキング、 whoが来て彼女の"非常に悪いとロバに乗って"です。 He Who was spoken of as the Sprout(iii, 8; vi, 12) will be to the new Jerusalem both priest and king (iii, 8; vi, 3). whoが話さとして彼のスプラウト( Ⅲ 、 8 ;六、 12 )は新エルサレムの両方を司祭と王( Ⅲ 、 8 ;六、 3 ) 。

The shepherds of the nations (xi).ヒツジ飼は、国(十一)です。 The literal, and typical meanings of this passage are very obscure, and variously interpreted by commentators.リテラル、および典型的な意味は、次の通過は非常にあいまいにし、さまざまな解釈を解説します。 The spoilation of the pride of the Jordan, the destruction of the land from the cedars of Lebanon to the oaks of Basan, south of the Sea of Galilee (verses 1-3) seems to refer to an event long passed -- the breaking up of the independence of the Jewish state 586 BC -- in the same was as does Jer., xxii, 6, 7. spoilationのは、ヨルダンの誇りは、その土地の破壊をレバノンからの杉のオークスのbasan 、南は、ガリラヤ湖(詩句1-3 )のイベントを参照して長いように渡される-の中休みユダヤ人国家の独立は、紀元前586 -と同じようj erは、 x xii、 6 、 7 。 The allegory of the three shepherds cut off in one month (verses 4-8) is remarkably like to Jer., xxii and xxiii.の3つの羊飼いの寓話の1つの月日を断つ(詩句4-8 )は非常にjerのようにします。 、 xxii 、 23です。 Probably these wicked rulers are: Sellum, who was deported into Egypt (Jeremiah 22:10-12); Joakim, son of Josias, who was "buried with the burial of an ass" (ibid., 12-19); and his son Jechonias who was cast out into the land of the stranger (ibid., 24-30).おそらく、これらの邪悪な支配者は: sellum 、 whoは国外に追放さエジプト(エレミヤ22:10-12 ) ; joakim 、息子のjosias 、 whoは"埋没ロバの埋葬" ( ibid. 、 12-19 ) ;と彼の息子jechonias whoは、キャストの中に入って、見知らぬ土地( ibid. 、 24-30 ) 。 The foolish shepherd (verses 15-17) is probably Sedecias.の愚かな羊飼い(詩15-17 )は、おそらくsedeciasです。 In verses 9-14 we have Zacharias impersonating the shepherd of Juda and Israel, trying to be a good shepherd, falling outcast, sold for thirty pieces of silver, and in all this typifying the Good Shepherd of the Messianic kingdom.詩9-14私たちが偽装さツァハリアスjudaとイスラエルの羊飼い、良い羊飼いは、しようとして、落下追放された、 30枚の銀の販売、およびすべてのこのtypifying良き羊飼いの王国の救世主です。

(2) Second burden, the apocalyptic vision of Jerusalem's future (xii-xiv) ( 2 ) 2番目の負担は、エルサレムの将来の黙示録的なビジョンを示す( 12 - 14 )

The nations shall be gathered against Jerusalem (xii, 1-3); but Yahweh shall smite them in His power, by means of the house of David (verses 4-9); and the inhabitants of Jerusalem will mourn as one mourneth for an only son (verses 10-14).エルサレムを収集しなければならない国( 12 、 1-3 ) ;しかし、ヤハウェは、強打して自分の力では、その家のデビッド(詩句4-9 ) ;とエルサレムの住人としては、 1つのmournethに喪に服す一人息子( 10-14節) 。 The prayers of the people of Jerusalem to Yahweh, Who says "they shall look upon me, whom they have pierced", and their grief at the wrongs that they have done Him are all typical of the Messianic kingdom.エルサレムの人々の祈りをヤハウェ、 whoは、 "かれらは見に私は、かれらにピアス" 、およびそれらの悲しみは、彼の過ちを正すはすべて完了している典型的な王国の救世主です。 Yahweh is the type of Jesus, the prayers and mourning of Jerusalem are the type of the prayers and mourning that Jesus will inspire in the Church while its members look upon Him Whom they have pierced (cf. John 19:37).ヤハウェはイエスキリストの種類を、エルサレムの祈りと哀悼の意のタイプのは、イエスキリストの祈りと哀悼の意を呼び起こすのは、教会の中に彼のメンバー誰が見ピアス( cf.ジョン19:37 ) 。 As a result of Yahweh's victory over the nations, idolatry will be stamped out of Juda (xiii, 1-6).ヤハウェの結果として、国の勝利を収めるのは、偶像崇拝されるスタンプをjuda ( 13 、 1-6 ) 。

The theme of the shepherds is taken up again.をテーマに、羊飼いは取り上げてください。 Yahweh's shepherd shall be smitten; the sheep shall be scattered; two-thirds of them shall perish; one-third shall be gathered, to be refined as silver and tested as gold (xiii, 7-9).ヤハウェの羊飼いの心を打つしなければならないし、羊に散在しなければならない;かれらの3分の2は死ぬ;しなければならないの3分の1が集まり、洗練されたとされるテストとしてシルバーとゴールド( 13 、 7-9 ) 。 The prophetic scene suddenly shifts.突然の予言シーンシフトします。 Zacharias vividly depicts the details of the destruction of Jerusalem.ツァハリアス生き生きと描いてエルサレムの詳細を破壊します。 In the first part of his burden, he had foreseen the transference of the Holy City from Seleucids to Ptolemys and back again, the hellenizing and paganizing of Judaism under Antiochus Epiphanes (168 Bc), the profanation of the temple by Pompey and its sacking by Crassus (47 BC).彼の最初の部分を負担し、予見していた転移の聖地とバックptolemysからseleucidsを繰り返しになりますが、ユダヤ教のhellenizingとされてpaganizingアンティオコスepiphanes (紀元前168 )は、同寺をprofanationのポンペイとその首にすることをクラッスス( 47紀元前) 。 Now, after the casting out of the shepherd of Yahweh, the city is again in the power of the enemy; but, as of after "the Lord shall be king over all the earth: in that day there shall be one Lord, and his name shall be one".今すぐ、鋳造アウトした後、羊飼いのヤハウェは、市は再度には、電源の敵;しかし、後に"主しなければならないキング以上のすべての地球:その日には1つの主にしなければならない、と彼の1つの名をしなければならない" 。 The punishment of the foe shall be terrible (verses 8-19).処罰しなければならないのは、恐ろしい敵(詩8月19日) 。 All things shall be holy to Yahweh (verses 20-21).すべてのものにしなければならない聖なるヤハウェ( 20-21節) 。

II. Ⅱ 。 CANONICITY規範

Zacharias is contained in the canons of both Palestine and Alexandria; Jews and all Christians accept it as inspired.ツァハリアス参事の両方が含まれているパレスチナとアレキサンドリア;ユダヤ人とキリスト教徒のすべてのインスピレーションとして受け入れることです。 The book is found among the Minor Prophets in all the canonical lists down to those of Trent and the Vatican.その本が見つかったの小預言者の間で正規のリストのすべてのトレントダウンしていると、バチカンです。 The New Testament writes often refer to the prophecies of the Book of Zacharias as fulfilled.新約聖書の予言を参照して頻繁に書き込みを予約ツァハリアスとして果たされるのです。 Matthew (xxi, 5) says that in the triumphal entrance of Jesus into Jerusalem on Palm Sunday, the details were brought to pass that Zacharias (ix, 9) had predicted; and John (xii, 15) bears like witness.マシュー( xxi 、 5 )によると、イエスキリストの入り口には、勝利の棕櫚の聖日エルサレムでは、詳細が連れて来らを渡すことツァハリアス( 9世、 9 )は予測;とジョン( 12 、 15 )のクマのような目撃者です。 Although, in xxvii, 9, Matthew makes mention of Jeremias only-yet he refers to the fulfilment of two prophecies, that of Jeremias (xxxii, 6-9) about the purchase of the potter's field and that of Zacharias (xi, 12, 13) about the thirty pieces of silver, the price set upon the type of the Messias.しかし、 、 27 、 9 、マシューに言及した彼はまだありませんイェレミアスのみの履行の2つの予言を参照して、それをイェレミアス( 32 、 6-9 )については、購入したのがポッターのフィールドとツァハリアス(まとめて、 12日、 13 )については、銀30個、価格を設定する時のタイプをmessiasです。 John (xix, 37) sees in the Crucifixion a fulfilling of Zacharias's words, "they shall look upon me, whom they have pierced" (xii, 10).ジョン( 19 、 37 )は充実したのは、はりつけツァハリアスの言葉を、 "かれらは見に私は、かれらにピアス" ( 12 、 10 ) 。 Matthew (xxvi, 31) thinks that the Prophet (xiii, 7) foretold the scattering of the Lord's disciples.マシュー( 26 、 31 )と考えているの預言者ムハンマド( 13 、 7 ) foretellの過去過去分詞の散乱は、主の弟子です。

III. Ⅲ 。 AUTHOR著者

In the foregoing analysis of the contents of Zacharias, we have stated the author, time, place and occasion of the book.は、前述の内容を分析したツァハリアス、当社は記載の著者、時間、場所や機会を予約します。 The author of the entire prophecy is Zacharias.全体の著者の予言はツァハリアスです。 The time of part first is the second and fourth years of the reign of Darius in Babylon (520 and 522 BC).最初の部分の時間は、 2番目と4年間のダライアス、バビロンの治世(紀元前520と522 ) 。 The time of part second is probably toward the end of the reign of Darius or the beginning of that of Xerxes (485 BC). 2番目は、おそらく、時間の部分に向かっての治世の終わりの始まりのダライアスまたはクセルクセス(紀元前485 ) 。 The place of the entire prophecy is Jerusalem.全体の代わりに予言は、エルサレムです。 The occasion of the first part is to bring about the building of the second Temple; that of the second part is perhaps the approach of the Prophet's death.この機会をもたらすの最初の部分はその建物の2番目の寺;が2番目の部分は、おそらくのアプローチは、預言者の死のです。 The traditional view taken by Catholic exegetes on the unity of authorship of the book is due in part to the witness of all manuscripts of the original text and of the various versions; this unanimity shows that both in Judaism and the Church there has never been a serious doubt in the matter of the unity of authorship of Zacharias.カトリックの伝統的な対象exegetesを取らされ、原作者の団結のせいでこの本は、目撃者のすべての部分を、原稿は、元のテキストとは、様々なバージョン;このユダヤ教との両方で全会一致によると、教会には一度も、事の重大な疑問は、原作者の団結ツァハリアスです。 Solid reason, and not mere conjecture, are necessary to shake confidence in this traditional view.固体の理由ではなく、単なる憶測は、この伝統の信頼を揺るがすする必要が表示されます。 No such solid reasons are forthcoming.そのような固体理由は、今度のです。 Internal evidence is appealed to; but internal evidence does not here favour divine criticism.内部証拠は、控訴を;しかし、神の恩恵内部の批判についての証拠はありません。 Quite the reverse; scope and style are one in the prophecy.全くその逆;範囲とスタイルは、 1つは、予言します。

A. Unity of scope a.団結スコープ

The entire prophecy has the same scope; it is permeated throughout with the very same Messianic forecasting.全体の予言には、同じスコープ;全体に浸透することは非常に同じ救世主的な予測です。 The kingdom and priesthood of the Messias are obscurely depicted in the visions of the first part; vividly in the two burdens of the second part. messiasの王国と聖職に就くのは、ビジョンの中で描かれてひっそりとの最初の部分;ありありと、 2つの負担の2番目の部分です。 Both sections insist upon the vengeance to be wrought against foes of Juda (cf. i, 14, and vi, 8, with ix, 1 sq.); the priesthood and kingship united in the Christ (cf. iii, 8 and vi, 12 with ix, 9-17); the conversion of the gentiles (cf. ii, 11; vi, 15, and viii, 22, with xiv, 16, 17); the return of Israel from captivity (cf. viii, 7, 8, with ix, 11-16; x, 8 sq.); the holiness of the new kingdom (cf. iii, 1, and v, 1 sq., with xiii, 1); its prosperity (cf. i, 17; iii, 10; viii, 3 sq., with xi, 16; xiv, 7 sq.).両方のセクションに固執する敵に対して、復讐されるの鍛造juda ( cf.私は、 14日、 6 、 8 、 9世、 1平方) ;の聖職に就くと団結を維持する王イエスキリスト( cf. 3世、 8日と六、 12件9世、 9-17 ) ;への転換を、 gentiles ( cf. 2世、 11 ;六、 15 、およびviii 、 22 、 14 、 16 、 17 ) ;の返還をイスラエルから解放する( cf. viii 、 7 、 8 、 9世、 11-16であり、 x 、 8平方) ;のホーリネスの新王国( cf. 3世、 1 、およびV 、 1平方、 13 、 1 ) ;その繁栄( cf.私は、 17 ;三、 10 ; viii 、 3平方、 xi 、 16 、 14 、 7平方)です。

B. Unity of style b.団結のスタイル

Whatever slight differences there are in the style of the two sections can be readily enough explained by the fact that the visions are in prose and the burdens in poetry.どんなわずかな違いには、 2つのセクションには、スタイルを容易にできるという事実を十分に説明さのビジョンは、散文や詩の負担です。 We can understand that one and the same writer may show differences in form and mode of expression, if, after a period of thirty-five years, he works out in exultant and exuberant poetical form the theme which, long before and under very different circumstances, he had set forth in calmer language and prosaic mould. 1つのことを理解し、同じ作家との違いをフォームが表示モードの表現や、場合、期間の後に35年間、彼の作品に大喜びするとあふれんばかりの詩的フォームのテーマは、ずっと前とされて非常に異なる状況、穏やかに規定されていた言語と平凡な型です。 To counterbalance these slight stylistic differences, we have indubitable evidence of unity of style.これらのわずかな文体の違いを相殺する、私たちは団結の証拠を疑う余地のスタイルです。 Modes of expression occur in both parts which are distinctive of Zacharias.表現のモードの両方で発生する可能性が独特のツァハリアス部品です。 Such are, for instance: the very pregnant clause "and after them the land was left desolate of any that crossed over and of any that returned into it" -- Hebrew me'ober umisshab (vii, 14, ad ix, 8); the use of the Hiphil of 'abar in the sense of "taking away iniquity" (iii, 4, and xiii, 2); the metaphor of "the eye of God" for His Providence (iii, 9; i, 10; and ix, 1); the designations of the chosen people, "house of Juda and house of Israel", "Juda, Israel, Jerusalem", "Juda and Ephraim", "Juda and Joseph" (cf. i, 2, 10; vii, 15 etc., and ix, 13; x, 6; xi, 14 etc.).これは、例えば:非常に妊娠中の句"とかれらの後にその土地を荒廃させるのは、左に交差することをお勧め返さ以上とすることをお勧めすること" -ヘブライ語m e'oberu misshab( 7 、 1 4、広告の掲載9世、 8 ) ; hiphilを使用する'という意味abar "取り上げる巣" ( 3 、 4 、および13 、 2 ) ;の隠喩の"神の目"を彼のプロビデンス( Ⅲ 、 9 ;私、 10 ;と9世、 1 ) ;の指定は、選択した人々は、 "ハウスオブjudaとイスラエルの家" 、 " juda 、イスラエル、エルサレム" 、 " judaとエフライム" 、 " judaとヨセフ" ( cf.私、 2 、 10 ; 7 、 15等、および9世、 13であり、 x 、 6 ; xi 、 14等)です。 Moreover, verses and portions of verses of the first part are identical with verses and portions of verses of the second part (cf. ii, 10, and ix, 9; ii, 6, and ix, 12, 13; vii, 14, and ix, 8; viii, 14, and xiv, 5).また、詩や詩の部分での最初の部分が同一の部分を詩や詩の2番目の部分( cf. 2世、 10 、および9世、 9 ;二、 6 、および9世、 12 、 13 ; 7 、 14 、と9世、 8 ; viii 、 14日、 14 、 5 ) 。

C. Divisive Criticism c.あつれきを批判

It is generally allowed that Zacharias is the author of the first part of the prophecy (chapters i-viii).それは一般的には、著者の許可をツァハリアスの最初の部分を予言(章私- 8 )です。 The second part (ix-xiv) is attributed by the critics to one or many other writers. 2番目の部分( 9世- 14 )は、批評家に帰さを1つまたは数多くの作家です。 Joseph Mede, and Englishman, started the issue, in his "Fragmenta sacra" (London, 1653), 9.ジョセフmede 、および英国、開始するには、彼の" fragmenta sacrumの複数形" (ロンドン、 1653 ) 、 9 。 Wishing to save from error Matt., xxvii, 9, 19, he attributed the latter portion of Zacharias to Jeremias.マットより割引率を希望するエラーが発生します。 、 27 、 9日、 19日、彼は後者の原因をイェレミアスツァハリアス部分です。 In this exegesis, he was seconded by Kidder, "The demonstration of the Messias" (London, 170), 199, and Whiston, "An essay towards restoring the true text of the Old Testament" (London, 1722), 92.この釈義、彼はお茶目な人出向され、 "今回のデモは、 messias " (ロンドン、 170 ) 、 199 、およびホイストン、 "真のエッセイ向けのテキストを復元して、旧約聖書の" (ロンドン、 1722 ) 、 92 。 In this way was the Deutero-Zacharias idea begotten.この方法では、第2のツァハリアスアイデアbegetの過去分詞形です。 The idea waxed strong as was prolific.多作の強さは、ワックスを塗ったのアイデアです。 Divisive criticism in due time found many different authors for ix-xiv.あつれきが見つかりました批判が来れば、さまざまな作家の9世- 14 。 By the end of the eighteenth century, Flugge, "Die Weissagungen, welche den Schriften des Zacharias beigebogen sind" (Hamburg, 1788), had discovered nine disparate prophecies in these six chapters. 18世紀の終わりまでに、フリューゲェ、 "死ぬweissagungen 、 welcheデンschriftenデツァハリアスbeigebogen sind " (ハンブルク、 1788 ) 、 9つの異種の予言が発見したこれらの6つの章で述べます。 A single or a manifold Deutero-Zacharias is defended also by Bauer, Augusti, Bertholdt, Eichorn (4th. ed.), De Wette (though not after 3rd ed.), Hitzig, Ewald, Maurer, Knobel, Bleck, Stade, Nowack, Wellhousen, Driver etc. The critics are not agreed, however, as to whether the disputed chapters are pre-exilic or post-exilic. 1つ、または再ツァハリアスマニホールド擁護もバウアーは、 augusti 、 bertholdt 、 eichorn ( 4th.エド。 ) 、デwette (第3版した後ではありません。 ) 、ヒッツィヒ、エーヴァルト、マウラー、 knobel 、 bleck 、シュターデ、ノバック、 wellhousen 、ドライバ等の批評家の合意はない、しかし、係争中かどうかの章には事前に追放されたまたは追放されたポストです。 Catholic Biblical scholars are almost unanimous against this view.カトリックの聖書学者がほぼ満場一致で反対このビューを表示します。 The arguments in its favour are given by Van Hoonacker (op. cit., pp. 657 sq.) and answered convincingly.の引数、その恩恵が与えられたヴァンhoonacker ( op. 〜 Cit 。 、 pp 。 657 ㎡ )と答えた納得のいくようにします。

Publication information Written by Walter Drum.出版物の情報執筆者ウォルタードラムです。 Transcribed by Michael T. Barrett.マイケルバレットt.転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XV.のは、カトリックの百科事典、第20巻15 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1912.公認、 1912年10月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

The prophecy of Zacharias has been interpreted by ST.ツァハリアスの予言の解釈されてきたセントです。 EPHRAIM and ST.エフライムとセントです。 JEROME; cf.ジェローム;継続前誌です。 the commentaries on the Minor Prophets by RIBERA (Antwerp, 1571, etc.); MONTANUS (Antwerp, 1571, 1582); DE PALACIO (Cologne, 1588); MESSAN (Antwerp, 1597); SANCTIUS (Lyons, 1621); DE CASTRO (Lyons, 1615, etc.); DE CALANO (Palermo, 1644); MAUCORPS (Paris, 1614); SCHOLZ (Frankfurt, 1833); SCHEGG (Ratisbon, 1854 and 1862); TROCHON (Paris, 1883); KNABENBAUER (Paris, 1886); GRIESBACH (Lille, 1901); LEIMBACH in Bibl.預言者のマイナーでの論評をリベラ(アントワープ、 1571 、等) ;モンタヌス(アントワープ、 1571 、 1582 ) ;デパラシオ(ケルン、 1588 ) ; messan (アントワープ、 1597 ) ; sanctius (ライアンズ、 1621 ) ;デカストロ(ライアンズ、 1615 、等) ;デcalano (パレルモ、 1644 ) ; maucorps (パリ、 1614 ) ;ショルツ(フランクフルト、 1833 ) ; schegg ( ratisbon 、 1854年と1862 ) ; trochon (パリ、 1883 ) ; knabenbauer (パリ、 1886 ) ;グリースバハ(リール、 1901 ) ;ライムバハでbibl 。 Volksbucher, IV (Fulda, 1908), PATRIZI (Rome, 1852) treated the Messianic prophecies of Zacharias. volksbucher 、 4世(フルダ、 1908 ) 、 patrizi (ローマ、 1852 )に扱われるの救世主予言ツァハリアスです。 The Protestant commentaries have been mentioned in the course of the article.論評はプロテスタントのコースもこの資料に記載されています。 The Catholic writers of general introductions are of service in regard to the authorship of Zacharias; cf.一般的なのは、カトリックの作家たちのサービスのご案内については、原作者のツァハリアス;継続前誌です。 CORNELY; KAULEN, GIGOT. cornely ; kaulen 、ジゴです。


Book of Zechariah予約のゼカリヤ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

ARTICLE HEADINGS:記事件名:

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Contents.内容です。

-Critical View:クリティカルな対象:

The Second Zechariah. 2番目のゼカリヤです。

Date of the Second Zechariah.この評価を2番目のゼカリヤです。

-Biblical Data: -聖書のデータ:

Prophetical book composed of fourteen chapters; the eleventh in the order of the Minor Prophets, following Haggai and preceding Malachi.机上の予約14章で構成し、 11小預言されている順に、次のハガイ、マラキ前です。 Ch.あなたのです。 i.-viii. i. - Ⅷ 。 comprise three prophecies: (1) an introduction (i. 1-6); (2) a complex of visions (i. 7-vi.); and (3) the seed of Peace (vii.-viii.).構成する3つの予言: ( 1 )の紹介( i. 1-6 ) 、 ( 2 )複雑なのビジョン( i. 7 - Ⅵ 。 ) 、および( 3 )の種子の平和( vii. - Ⅷ 。 ) 。

(1) The introduction, dated in the eighth month of the second year of King Darius, is an admonition to repentance addressed to the people and rendered impressive by reference to the consequences of disobedience, of which the experience of the fathers is a witness. ( 1 )の導入、日付は、 8月は、 2年目の王ダライアス、後悔は、訓戒をレンダリング宛ての人々との印象を基準にした不服従の結果、そのうちの経験には、父のはの証人を選んでください。 Contents.内容です。

(2) This introductory exhortation is followed on the twenty-fourth day of the month of Shebaṭ by eight symbolic visions: (a) angel-horsemen (i. 7-17); (b) the four horns and the four smiths (i. 18-21 [English], ii. 1-4 [Hebrew]); (c) the city of peace (ii. 1-5 [English]); (d) the high priest and the Satan (iii.); (e) the Temple candlestick and the olive-trees (iv.); (f) the winged scroll (v. 1-4); (g) the woman in the barrel (v. 5-11); (h) the chariots of the four winds (vi. 1-8). ( 2 )この入門編の勧告に続いて、 21月4日目の8つの象徴的なビジョンをshebaṭ : ( 1 )天使- horsemanの複数形( i. 7-17 ) ;結果( b )の4つの角との4つのスミス(私です。 18-21 [英語] 、 Ⅱ 。 1-4 [ヘブライ語] ) ; (ウ)市の平和( ii. 1-5 [英語] ) ; (営)の高司祭とサタン( iii. ) ; (オ)同寺の燭台とオリーブの木( iv. ) ; (メス)の翼のスクロール(動1-4 ) ; (グラム) 、女性は、バレル(動5-11 ) ; (高さ)戦車の4つの風( vi. 1-8 ) 。 To these is added a historical appendix, in which the prophet speaks of the divine command to turn the gold and silver offered by some of the exiles into a crown for Joshua (or Zerubbabel ?), and reiterates the promise of the Messiah (vi. 9-15).これらの歴史的な付録が追加されるのは、預言者は神のコマンドを話すのを有効に提供され、金や銀をいくつかの亡命者のジョシュアクラウン(またはzerubbabelですか? ) 、との約束を繰り返します、メシア( vi. 9-15 ) 。

(3) The next two chapters (vii.-viii.) are devoted to censuring fasting and mourning (vii.) when obedience to God's moral law is essential, and to describing the Messianic future. ( 3 )次の2つの章( vii. - Ⅷ 。 )は、献身的な断食と哀悼の意を糾弾( vii. )の服従を神の道徳律ときには欠かせないし、将来の救世主を記述する。 Ch.あなたのです。 ix.-xiv. ix. - 14です。 contain:を含む:

(1) A prophecy concerning the judgment about to fall upon Damascus, Hamath, Tyre, Zidon, and the cities of the Philistines (ix.). ( 1 )についての判断に関する予言を襲うダマスカス、 hamath 、タイヤ、 zidon 、都市とのphilistines ( ix. ) 。

(2) Exhortation of the people to seek help not from Teraphim and diviners but from Yhwh. ( 2 )人々に助けを求める勧告をteraphimはないとdivinersしかし、よりyhwhです。

(3) Announcement of war upon unworthy tyrants, followed by an allegory in which the faithless people is censured and the brotherhood between Israel and Judah is declared to be at an end; fate of the unworthy shepherd (xi.). ( 3 )発表した戦争をしかける値しないタイランチョウ、続いて、寓意では人々の信仰心の非難と同胞団は、イスラエルとユダの間では、宣言して終わらせる;の運命を、取るに足りない羊飼い( xi. ) 。 To this chapter xiii.この第13章。 7-9 seems to belong, as descriptive of a process of purification by the sword and fire, two-thirds of the people being consumed. 7-9に属するように、精製過程として記述された、剣と火災、 3分の2以上の人々が消費されます。

(4) Judah versus Jerusalem (xii. 1-7). ( 4 )ユダ対エルサレム( xii. 1-7 ) 。

(5) Results, four in number, of Jerusalem's deliverance (xii. 8-xiii. 6). ( 5 )の結果、 4つの数は、エルサレムの救出( xii. 8 - 13です。 6 ) 。

(6) The judgment of the heathen and the sanctification of Jerusalem (xiv.). ( 6 )の判断には、異教徒とのエルサレムの神聖( xiv. ) 。

-Critical View:クリティカルな対象:

Inspection of its contents shows immediately that the book readily divides into two parts; namely, i.-viii.その内容を示してすぐに検査を容易には、この本の2つの部分に分かれて;すなわち、 i. - Ⅷ 。 and ix.-xiv., each of which is distinguished from the other by its method of presenting the subject and by the range of the subject presented.とix. - 14 。 、それぞれがその区別され、他の方法を提示された範囲の件名や、被写体の紹介します。 In the first part Israel is the object of solicitude; and to encourage it to proceed with the rearing of the Temple and to secure the recognition of Zerubbabel and Joshua are the purposes of the prophecy.イスラエルでの最初の部分は、オブジェクトの抑留者、およびそれを奨励するの飼育を続行するには、寺との認識を確保するzerubbabelとジョシュアの目的は、予言します。 Visions, which are described and construed so as to indicate Yhwh's approval of the prophet's anxiety, predominate as the mediums of the prophetic message, and the lesson is fortified by appeals to Israel's past history, while stress is laid on righteousness versus ritualism.ビジョンは、どのように記載と解釈を示すyhwhの承認は、預言者の不安、優位に立つメディアとしてのメッセージが表示さを予言し、その教訓が強化され、イスラエルの過去の歴史の訴えを、正義に敷かながらストレスが対儀式主義です。 The date is definitely assigned to the second year of King Darius Hystaspes.の日付に割り当てられているのは間違いなくダライアスhystaspes 2年目の王です。 The historical background is the condition which confronted the Jews who first returned from the Exile (see, however, Koster's "Herstel von Israel," 1894).の歴史的背景は、ユダヤ人の状態に直面who最初から返されるように亡命(参照、しかし、コスターの" herstelフォン、イスラエル、 " 1894 ) 。 Some event-according to Stade, the revolt of Smerdis; but more probably the second conquest of Babylon under Darius-seems to have inspired buoyant hopes in the otherwise despondent congregation in Jerusalem, thus raising their Messianic expectations (Zech. ii. 10 [AV 6] et seq. vi. 8) to a firm belief in the reestablishing of David's throne and the universal acknowledgment of the supremacy of Yhwh.いくつかのイベントによると、シュターデは、反乱のsmerdis ;しかし、他のおそらく2番目のバビロン征服されてダライアス-ようには、他のインスピレーションに落ちこんで希望に満ちた軽快な集会、エルサレム、このように高めて救世主の期待( zech. Ⅱ 。 10 [ av 6 ]頁以降を参照。 Ⅵ 。 8 )して再構築の確固たる信念は、デビッドの王位継承を認めることと普遍的yhwhの覇権を握るのです。 Angels and Satan are intermediaries and actors.天使と悪魔の仲介や俳優です。

The Second Zechariah. 2番目のゼカリヤです。

In the second part the method is radically different. 2番目の方法は根本的に違った部分です。 Apocalyptic visions are altogether lacking, and historical data and chronological material are absent.終末論的なビジョンが完全に欠けて、データや年代や歴史的資料が存在しない。 The style is fantastic and contains many obscure allusions.幻想のスタイルは、多くの無名のallusions含まれています。 That the two parts are widely divergent in date and authorship is admitted by all modern critics, but while there is general agreement that the first part is by the prophet Zechariah, no harmony has yet been attained concerning the identity or the date of the second part.は、 2つの部分から発散さが広く認められたすべての日付と原作者が現代の批評家は、しかし、その中には一般的な契約書の最初の部分は、預言者ゼカリヤ、調和の身元についてはまだ達成されたか、この評価を2番目の部分です。

Many recent commentators regard the second part as older than the first, and as preexilic in date. 2番目の部分に関して多くの最近のコメンテーターとしての最初の年齢が、バビロン捕囚以前の日付とします。 They would divide it, furthermore, into at least two parts, ix.-xi.彼らは分裂し、また、少なくとも2つの部品を、 ix.-xi. and xii.-xiv., the former by an author contemporary with Amos and Hosea.とxii. - 14 。 、現代を元に著者アモスとホセア書です。 This assignment is based on the facts that both Israel and Judah are mentioned, and that the names of Assyria, Egypt, and the contiguous nations are juxtaposed, much as they are in Amos.この割り当ては事実に基づいて、イスラエルとユダの両方が言及したように、とは、アッシリアの名前を、エジプト、隣接する国が並列と同じように、彼らは、アモスです。 The sins censured are falseprophecy and idolatry (xiii. 1-6). falseprophecyとは、偶像崇拝の罪を非難( xiii. 1-6 ) 。 This group of chapters (xii.-xiv.), containing the denunciations familiar in all preexilic prophets, is regarded as later than the other division, since only Judah is mentioned.このグループの章( xii. - 14です。 ) 、馴染みのない非難を含むすべてのバビロン捕囚以前の預言者、とみなされて以降、他の課、ユダに記載以来のみです。 It is therefore assigned to the period after the fall of the Northern Kingdom, and more specifically, on account of xii.それゆえに割り当てられている期間終了後の秋には、北部の王国、およびより具体的で、 [アカウントの12です。 11, to the last days of the Southern Kingdom after the battle of Megiddo and the death of King Josiah. 11日、南部の王国の最後の日間のメギドとの戦いの後に死亡したキングジョサイアです。

Date of the Second Zechariah.この評価を2番目のゼカリヤです。

Other scholars have argued with much plausibility for the hypothesis that the second part belongs to a very late period of Jewish history.他の学者たちは非常に妥当性を主張したという仮説に基づいて2番目の部分に属して非常に遅く期間のユダヤ人の歴史です。 In the first place, the theology (see Eschatology) of these chapters shows tendencies which are not found in Amos, Hosea, Isaiah, or Jeremiah, but are due to Ezekiel's influence, such as the war on Jerusalem preceding the Messianic triumph.まず第一には、神学(終末論)の傾向を示し、これらの章で発見されていないアモス、ホセア書、イザヤ書、またはジェレマイアが、エゼキエルの影響力のために、エルサレムなどの戦争を勝利に先行し、救世主です。 Again, the Temple service (xiv.) is focal even in the Messianic age, and this suggests the religious atmosphere of the Sadducean and Maccabean theocracy with Zion as its technical designation.繰り返しになりますが、寺サービス( xiv. )は、焦点の救世主のような年齢でも、宗教的な雰囲気の中、これを示唆して神権政治をするmaccabeanザイオンsadduceanとその技術的な種別です。 A mixture of races is also mentioned, a reminiscence of conditions described by Nehemiah (Neh. xiii. 23 et seq.), while deliverance from Babylonian exile underlies such promises as occur in ix.混合液のレースにも触れたように、条件によって記述さを回想ニーアマイア( neh. 13 。 23頁以降を参照。 ) 、バビロニアからの亡命者を救出underliesとして発生するような約束9 。 12. 12 。 The advent of a king is expected, though as yet only a Davidic family is known in Jerusalem (xii. 7, 12).王の出現が期待さ、かかわらずdavidicのみをご家族としてはまだありませんが知られ、エルサレム( xii. 7日、 12 ) 。

The second part of the book may thus be recognized to be a compilation rather than a unit, all its components being post-exilic in character.本年5月2番目の部分は、このように認識してコンパイルを一つのユニットではなく、そのコンポーネントのすべての文字が追放されたポストです。 Two groups, ix.-xi. 2つのグループに、 ix.-xi. and xii.-xiv., are clearly indicated.とxii. - 14 。 、が明確に示されます。 The second group (xii.-xiv.) is eschatological and has no individual coloring, although from the contrast between Jerusalem and the country of Judah a situation may be inferred which recalls the conditions of the early stages of the Maccabean rebellion. 2番目のグループ( xii. - 14 。 )終末論とは、個々の着色はないが、エルサレムとの間のコントラストユダの国の状況を5月にリコールの条件を推論の初期の段階での反乱maccabeanです。 The first group may likewise be subdivided into two sections, ix.同様に5月の最初のグループの2つのセクションに分かれて、 9世です。 1-xi. 1 - XI 。の 3 and xi. 3およびXiです。 4-17 and xiii. 4-17と13です。 7-9. 7-9 。 The Greeks (see Javan) are described in ix.ギリシア(ジャワ)は、 9世に記載されています。 13 as enemies of Judea, and the Assyrians and Egyptians are similarly mentioned in x., these names denoting the Syrians (Seleucidæ) and the Ptolemies. 13ユダヤの敵のように、とassyriansと同様に記載されXのエジプト人は、これらの名前を示すのシリア( seleucidæ )とptolemiesです。 In ix.が9世です。 1-2 Damascus, Hamath, and Hadrach are seats of the Seleucid kings, a situation which is known to have existed in 200-165 BC The internal conditions of the Jewish community immediately before the Maccabean uprising appear in the second subdivision, where the shepherds are the tax-farmers (see Tobiads; Menelaus). 1-2ダマスカス、 hamath 、およびhadrachは、議席は、セレウコス王朝の王、という状況が判明して200から165紀元前に存在して、ユダヤ人社会の内部の条件maccabean蜂起の直前に2番目の細目に表示さは、どこの羊飼い税金面では、農民( tobiads ;メネラーオス) 。 In xi.し、 XI 。 13 there seems to be an allusion to Hyrcanus, son of Tobias, who was an exception among the rapacious shepherds. 13あると思われるhyrcanusに言及して、息子のトビアス、 who間の強欲な羊飼いは例外です。

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Wright, Zechariah and His Prophecies, 2d ed., London, 1879, which gives earlier literature; Stade, Deuterozachariah, in Zeitschrift für Alttestamentliche Wissenschaft, 1881-82; the commentaries by Marti, Nowack, and Wellhausen; GA Smith, Twelve Prophets, ii.; Bredenkamp, Der Prophet Sacharya, 1879; Sellin, Studien zur Entstehungszeit der Jüdischen Gemeinde, 1901; Stärk, Untersuchungen über die Komposition und Abfassungszeit von Zachariah, 1891, ix.-xiv.EGHライト、ゼカリヤと彼の予言、 2次元エド。 、ロンドン、 1879年、これは、以前の文学;シュターデ、 deuterozachariahは、 zeitschrift für alttestamentliche家庭は、 1881年から1882年;マーティの論評で、ノバック、およびヴェルハウゼン;ジョージアスミスは、 12の預言者、 Ⅱ 。 ; bredenkamp 、 der預言者sacharya 、 1879 ;ゼリン、 entstehungszeit der studien zur jüdischen gemeinde 、 1901 ; stärk 、 komposition und untersuchungen über死ぬabfassungszeitフォンザカリーヤー、 1891 、 ix. - xiv.egh


Zechariahゼカリヤ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

One of the Minor Prophets, to whom is attributed the collection of prophecies and apocalyptic visions constituting the book bearing his name.預言者のいずれかのマイナー、原因のコレクションは、どなたに予言と終末論的なビジョンを構成する予約軸受彼の名を入力します。 He was a son of Berechiah and a grandson of Iddo (Zech. i. 1), and was loosely called the son of Iddo (Ezra v. 1, vi. 14); the latter was possibly identical with the Iddo mentioned as high priest in Neh.彼は、息子の孫berechiahとiddo ( zech. i. 1 ) 、息子と呼ばれるとは、大まかにiddo (エズラv. 1 、 Ⅵ 。 14 ) ; 、後者は同一の可能性が高い司祭として言及iddoでnehです。 xii. 12 。 4, which would make the prophet himself the high priest named in Neh. 4 、自分自身を預言者となることがnehの高い司祭にちなんでいます。 xii. 12 。 16. 16 。 Zechariah was probably born during the Captivity, but was brought back early to Palestine.ゼカリヤはおそらく生まれの中に捕らわれているが、パレスチナは、早めに帰される。 He began his prophetic ministry in the second year of King Darius Hystaspes, a little later than Haggai (Zech. i. 1; Hag. i. 1), his preoccupation being the rebuilding of the Temple.彼は彼の予言が始まった省は、 2年目の王ダライアスhystaspes 、少し後にもハガイ( zech. i. 1 ;くそばばあです。 i. 1 ) 、彼の最大の関心事が同寺の再建です。 According to the contents of that part of the book which without doubt is by him (i.-viii.; see Zechariah, Book of-Critical View), Zechariah received Yhwh's messages largely through the medium of visions (i. 8; ii. 2, 5; and elsewhere), which excited his curiosity, and which, in answer to his inquiries, were interpreted to him as significant monitions bearing on the condition of the colony and the timeliness of proceeding with the rearing of the sanctuary (i. 16, ii. 14).によると、この本の内容をその部分には、疑いなく彼( i. - Ⅷ 。 ;参照ゼカリヤ、予約の批判的な見解) 、ゼカリヤyhwhのメッセージを受け取ったという媒体を通して多くのビジョン( i. 8 ; Ⅱ 。 2 、 5 ;やその他) 、彼の好奇心を励起し、これは、彼のお問い合わせに答えて、彼が解釈をすることを条件として重要なmonitions軸受の植民地と適時性の飼育を続行するのサンクチュアリ( i. 16日、 Ⅱ 。 14 ) 。 He appeals for loyalty on the part of Joshua the high priest toward the Messianic prince, the "Branch" (iii. 8) or Zerubbabel (iv. 9).彼は控訴の上の部分のジョシュアの忠誠心の高い司祭に向かって救世主のような王子は、 "支店" ( iii. 8 ) 、またはzerubbabel ( iv. 9 ) 。 As the mediator of his visions, theprophet names an angel of Yhwh, called sometimes "the" angel, and it is he who introduces also "the" Satan in the rôle of a mischief-maker confirming the people's hesitation and discouraged mood (iii. 1, 2).調停者としての彼のビジョンは、天使のtheprophetの名前のyhwhと呼ばれる時には" 、 "エンジェル、それが彼who紹介も" 、 "悪魔は、 rôleの仲を裂く確認して、人々のためらいもなく、落胆ムード( iii. 1 、 2 ) 。 His method thus borders on the apocalyptic.彼のメソッドをこのように国境を検索する終末論的です。 His style is not lacking in directness in some passages, but in others it leans toward involved obscurity.彼のスタイルではないの率直さに欠けているいくつかの通路ではなく他のことに向かっleans無名関わっています。 Zechariah, however, proves himself to be an uncompromising critic of the ritual substitutes for true piety, such as fasting and mourning (vii. 5); and he reiterates the admonitions for mercy and righteousness, which according to the Prophets constitute the essence of the service of Yhwh (vii. 8, 9).ゼカリヤ、しかし、自分自身を証明される評論家の妥協のない真の信心深さは、儀式の代行をするなど、断食と哀悼の意( vii. 5 ) ;と彼を繰り返します慈悲と正義のためadmonitions 、これによると、預言者の本質を構成するサービスyhwh ( vii. 8日、 9 ) 。 For neglect of this service Israel was visited with the sufferings that befell it (vii. 13, 14).このサービスは、怠慢のためにイスラエルを訪れたことの苦しみをbefallの過去形( vii. 13日、 14 ) 。 Jerusalem is to be called the city of truth (viii. 3), and shall dwell in peace, so that old men and old women shall be found in its streets (verse 4), together with boys and girls (verse 5), and prosperity shall abound in the land (verses 7 et seq.).エルサレムと呼ばれる都市は真理を( viii. 3 ) 、および平和な限り住むように、古い男性と老婦人しなければならないが見つかりました、その通り(詩4 ) 、男子と女子と一緒に(詩5 ) 、および繁栄のものがたくさんあるの土地(詩7頁以降を参照。 ) 。

While Zechariah lacks originality, he is distinguished from his contemporaries by the "gift of plain speech" (GA Smith).独創性ゼカリヤ欠けている間、彼は彼のコンテンポラリー区別し、 "贈り物の平野演説" (ジョージアスミス) 。 But while some of the obscurities and repetitions which mark his visions are probably due to other hands, there remain enough of these defects that come from him to indicate that the visions were not the spontaneous outflow of ecstasy, but the labored effort of a strained and artificial imagination.しかし、いくつかの繰り返しをマークobscuritiesと彼のビジョンは、おそらく他の手のために、十分に残っこれらの欠陥が生じてから、彼のビジョンがないことを示すために、自発的エクスタシーの流出、苦心の跡が、緊張の努力をすると人工的想像力です。 He was a prophet, but of a period when prophecy was rapidly running to its own extinction.彼は預言者が、時期の予言を実行して、独自の絶滅は急速にします。 EGH egh

Emil G. Hirsch g.エミールハーシュ

Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです