Book of Zephaniah, Sophonias予約のゼパニヤ、 sophonias

General Information 総合情報

Ninth of the 12 Minor Prophets of the Old Testament of the Bible, the Book of Zephaniah draws its name from the prophet Zephaniah, whose ministry places its authorship at c. 9番目の12小、旧約聖書の預言者、聖書は、その名前から予約のゼパニヤの預言者ゼパニヤ引き分けで、その場所の原作者でc.省 630 BC in Jerusalem.紀元前630 、エルサレムです。 The book comprises sayings attacking imitations of foreign religious practices, idolatry, and those who doubt the threat of the Lord's wrath.この本は、外国人宗教的な慣行ことわざ攻撃模造品、偶像崇拝、およびそれらのwho疑いの脅威には、主の怒りです。 The day of the Lord is thus a key concept, with possibility for deliverance if the people repent.その日の主は、そのための重要な概念で、人々の場合、救出の可能性を後悔する。 The judgment on the day of the Lord will leave a humble remnant that will seek its refuge in the Lord.この日の判断は、主は、謙虚な残骸を残すことが避難を求めるのは、主です。 The oracles against foreign nations (chaps. 2 - 3) are believed to contain some genuine sayings of the prophet, but other sayings in these chapters probably date from the postexilic period.外国人のoracles反対連合( chaps. 2 -3 )が含まれると考えられて、正規のことわざのいくつかの預言者ムハンマドが、他のことわざに、これらの章バビロン捕囚後の時代から、おそらく日付です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
George W Coatsジョージワットコート

Bibliography 書誌事項
JH Eaton, Obadiah, Nahum, Habakkuk, and Zephaniah (1969); JA Soggin, Introduction to the Old Testament (1976).道路公団イートン、オバデヤ、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ( 1969 ) ;ジャsoggin 、はじめに、旧約聖書の( 1976 ) 。


Book of Zephaniah, Sophonias予約のゼパニヤ、 sophonias

Brief Outline簡単な概要

  1. Judgment on Judah and Jerusalem (1-2:3)ユダとエルサレムに判断する( 1-2:3 )
  2. Judgment on Philistia, Moab, Ammon, Assyria (2:4-15)判断するphilistia 、モアブ、アモン、アッシリア( 2:4-15 )
  3. Judgment on Jerusalem (3:1-8)エルサレムに判断する( 3:1-8 )
  4. Effects of Judgment (3:9-13)の影響を判断( 3:9-13 )
  5. Restoration of Israel (3:14-20)イスラエルの回復( 3:14-20 )


Zephani'ah zephani'ah

Advanced Information 高度情報

Zephaniah, Jehovah has concealed, or Jehovah of darkness.ゼパニヤ、エホバは、隠しか、またはエホバの闇のです。 (1.) The son of Cushi, and great-grandson of Hezekiah, and the ninth in the order of the minor prophets. ( 1 。 ) cushiの息子である、とのひ孫hezekiah 、および第9回されている順番は、小預言者です。 He prophesied in the days of Josiah, king of Judah (BC 641-610), and was contemporary with Jeremiah, with whom he had much in common.ジョサイア日間の予言は、彼は、キングオブユダ(紀元前六百四十一から六百十まで)とは、現代にジェレマイアは、誰彼は多くの共通点です。

The book of his prophecies consists of: (a) An introduction (1:1-6), announcing the judgment of the world, and the judgment upon Israel, because of their transgressions.この本は彼の予言: ( 1 )の紹介( 1:1-6 ) 、発表の判断を、世界、との判断に、イスラエル、彼らのためにtransgressions 。 (b) The description of the judgment (1:7-18). ( b )本契約の判断の説明を( 1:7-18 ) 。 (c) An exhortation to seek God while there is still time (2:1-3). ( c )の勧告を求めて神の中にはまだ時間( 2:1-3 ) 。 (d) The announcement of judgment on the heathen (2:4-15). (エ)の発表の判断をするの異教徒( 2:4-15 ) 。 (e) The hopeless misery of Jerusalem (3:1-7). (オ)の絶望的悲惨エルサレム( 3:1-7 ) 。 (f) The promise of salvation (3:8-20). (メス)の救いの約束( 3:8-20 ) 。


(2.) The son of Maaseiah, the "second priest" in the reign of Zedekiah, often mentioned in Jeremiah as having been sent from the king to inquire (Jer. 21:1) regarding the coming woes which he had denounced, and to entreat the prophet's intercession that the judgment threatened might be averted (Jer. 29:25, 26, 29; 37:3; 52:24). ( 2 )の息子のmaaseiahは、 " 2番目の司祭"というの統治のゼデカイア、頻繁に記載されジェレマイアされてから送信され、王に問い合わせて( jer. 21時01分)について、今後の悲哀を非難していた、と預言者の執り成しを切望するかもしれないとの判断に脅かさ回避( jer. 29:25 、 26日、 29日; 37:3 ; 52:24 )です。 He, along with some other captive Jews, was put to death by the king of Babylon "at Riblah in the land of Hamath" (2 Kings 25:21).彼は、ユダヤ人と一緒にいくつかの他の捕虜に置くされて死亡したザキングオブバビロン" riblahは、土地のhamath " ( 2キングス25:21 )です。

(3.) A Kohathite ancestor of the prophet Samuel (1 Chr. 6:36). ( 3 。 ) kohathite預言者ムハンマドの祖先のサミュエル( 1 chrします。 6時36分) 。

(4.) The father of Josiah, the priest who dwelt in Jerusalem when Darius issued the decree that the temple should be rebuilt (Zech. 6:10). ( 4 )の父親のジョサイア、 who力説、エルサレムの司祭の発行時にダライアス令は、再構築すべきである寺( zech. 6:10 ) 。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Sophonias (Zephaniah) sophonias (ゼパニヤ)

Catholic Information カトリックの情報

The ninth of the twelve Minor Prophets of the Canon of the Old Testament; preached and wrote in the second half of the seventh century BC He was a contemporary and supporter of the great Prophet Jeremias.第9回のは、 12小預言者は、キヤノン、旧約聖書の;説教と書いた2番目の半分を紀元前7世紀の現代と彼は偉大な預言者の支持者イェレミアスです。 His name (Hebrew Zephanja, that is "the Lord conceals", "the Lord protects") might, on the analogy of Gottfried, be most briefly translated by the words God protect.彼の名前(ヘブライ語zephanja 、それは"主隠し" 、 "主を保護" )かもしれない、上の類推のゴットフリート、最も簡単に翻訳される神の言葉を保護します。 The only primary source from which we obtain our scanty knowledge of the personality and the rhetorical and literary qualities of Sophonias, is the short book of the Old Testament (containing only three chapters), which bears his name.プライマリソースからのみ入手が私たちの知識を私たちの人格と貧弱な修辞や文学の質をsophoniasは、旧約聖書の本の短い( 3つの章のみを含む) 、どのクマは彼の名を入力します。 The scene of his activity was the city of Jerusalem (i, 4-10; iii, 1 sqq.; 14 sqq.).彼の活動の現場は、市のエルサレム(私は、 4-10 ;三、 1 sqq 。 ; 14 sqq 。 ) 。

I. DATE i.日付

The date of the Prophet's activity fell in the reign of King Josias (641-11).この評価を預言者ムハンマドの活動の下落は、国王の統治のjosias (六百四十一から十一) 。 Sophonias is one of the few Prophets whose chronology is fixed by a precise date in the introductory verse of the book. sophoniasは、いくつかのいずれかの預言者の年表が修正された正確な日付は、詩の入門本です。 Under the two preceding kings, Amon and Manasse, idolatry had been introduced in the most shameful forms (especially the cult of Baal and Astarte) into the Holy City, and with this foreign cult came a foreign culture and a great corruption of morals.されて前の2つの王、アモンとmanasse 、偶像崇拝の最も恥ずべき導入されていたフォーム(特に教団のバールやセレネ)を聖地と、この外国人カルト来た外国人の文化と偉大な道徳的腐敗のです。 Josias, the king with the anointed sceptre, wished to put an end to the horrible devastation in the holy places. josias 、ザキングの聖なる多重、を希望して悲惨な荒廃に終止符を打つことは、聖地です。 One of the most zealous champions and advisers of this reform was Sophonias, and his writing remains one of the most important documents for the understanding of the era of Josias. 1つの最も熱心なチャンピオンとアドバイザーは、次の改革はsophonias 、と彼の書き込みの最も重要な遺跡の1つのドキュメントをjosiasの時代の理解を深めています。 The Prophet laid the axe at the root of the religious and moral corruption, when, in view of the idolatry which had penetrated even into the sanctuary, he threatened to "destroy out of this place the remnant of Baal, and the names of the . . . priests" (i, 4), and pleaded for a return to the simplicity of their fathers instead of the luxurious foreign clothing which was worn especially in aristocratic circles (i, 8).預言者ムハンマド家の斧のルートには、宗教的、道徳的腐敗、いつ、偶像崇拝の対象にさえしていたの聖域に侵入、彼の脅しを"破壊アウトは、次の場所に残留のバール、との名前をします。 。 。 。 。司祭" (私、 4 ) 、および申し立てないは、シンプルに戻って、自分の父親の代わりに、豪華な外国人、特に貴族の服を着用界は、 (私は、 8 ) 。 The age of Sophonias was also a most serious and decisive period, because the lands of Anterior Asia were overrun by foreigners owing to the migration of the Seythians in the last decades of the seventh century, and because Jerusalem, the city of the Prophets, was only a few decades before its downfall (586).の年齢を最も深刻なsophoniasは、決定的な期間もあるので、前の土地がオーバーラン外国人のためにアジアへの移行をseythiansで、 7世紀の最後の数十年に及ぶため、そして、エルサレム、市は、預言者だったほんの数十年前の没落( 586 )です。 The far-seeing watchman on Sion's battlements saw this catastrophe draw near: "for the day of the Lord is near" is the burden of his preaching (i, 7).遠目の利く警備員のシオンのbattlements見たこの大惨事を描く付近: "主は、近くの日には"彼の説教の負担は(私は、 7 ) 。 "The great day of the Lord is near, it is near and exceeding swift: . . . That day is a day of wrath, a day of tribulation and darkness and obscurity, a day of clouds and whirlwinds" (i, 14-15). "偉大な日には近くの主は、付近を超えることはスウィフト: 。 。 。 。 。その日には、怒りの日、一日の試練と闇と無名のまま、一日の雲と旋風" (私、 14-15 ) 。

II. Ⅱ 。 CONTENTS内容

The book of the Prophet naturally contains in its three chapters only a sketch of the fundamental ideas of the preaching of Sophonias.この本の預言者ムハンマドが含まれ、その3つの章で自然をスケッチするだけの基本的なアイデアは、説教のsophoniasです。 The scheme of the book in its present form is as follows:その本のスキームは現在のフォームは以下のとおりです:

(a) i, 2-ii, 3 (ア)自分では、 2 - 2世、 3

The threatening of the "day of the Lord", a Dies irae dies illa of the Old Testament.の脅迫は、 "主の日"は、これらのディエスイレ、旧約聖書のダイスです。 The judgment of the Lord will descend on Juda and Jerusalem as a punishment for the awful degeneracy in religious life (i, 4-7a); it will extend to all classes of the people (i, 7b-13), and will be attended with all the horrors of a frightful catastrophe (i, 14-18); therefore, do penance and seek the Lord (ii, 1-3).の判断をするに押し掛けますjudaとエルサレムの主は、罰としては、宗教的な生活にひどい縮退(私、 4 - 7aの) ;ことは延長のすべてのクラスの人々 (私、 7B面- 13 )で行われるが出席すべての恐怖は、ものすごい大惨事(私、 14-18 ) ;したがって、難行苦行をすると、主を求める( 2 、 1-3 ) 。

(b) ii, 4-15結果( b ) 2世、 4-15

Not only over Jerusalem, but over the whole world (urbi et orbi), over the peoples in all the four regions of the heavens, will the hand of the Lord be stretched--westwards over the Philistines (4-7), eastwards over the Moabites and Ammonites (8-11), southwards over the Ethiopians (12), and northwards over the Assyrians and Ninivites (13-15).エルサレムだけでなく、以上が、世界全体( urbi et orbi ) 、以上の4つの地域のすべての人々は、天は、その手のは、主に引き伸ばさ-西のp hilistines( 4 -7) 、東以上moabitesとのammonites ( 8-11 ) 、南方のethiopians ( 12 ) 、および北のassyriansとninivites ( 13-15 ) 。

(c) With a special threat (iii, 1-8) ( c )に、特別な脅威( 3 、 1-8 )

The Prophet then turns again to Jerusalem: "Woe to the provoking, and redeemed city. . . She hath not hearkened to the voice, neither hath she received discipline"; the severest reckoning will be required of the aristocrats and the administrators of the law (as the leading classes of the civil community), and of the Prophets and priests, as the directors of public worship.ターンを再度入力し、エルサレムの預言者: "悲痛を刺激し、換金シティ。 。 。 。 。 hearkened彼女の声にかれらは、どちらもかれらの規律を受けた" ;最も厳しい罰は、貴族が必要との管理者は、同法(市民としてのクラスの大手コミュニティ)とは、預言者と司祭は、公共の取締役として崇拝される。

(d) iii, 9-20 (エ) 3世、 9月20日

A consolatory prophecy, or prophetic glance at the Kingdom of God of the future, in which all the world, united in one faith and one worship, will turn to one God, and the goods of the Messianic Kingdom, whose capital is the daughter of Sion, will be enjoyed.慰めの予言するか、または予言一目見て、神の王国の将来的には、全世界では、信仰との結束を1つ1つの礼拝堂、 1つは、電源を神となり、品物は、救世主のような王国、その資本金は、娘シオンがお楽しみいただけます。 The universality of the judgment as well as of the redemption is so forcibly expressed in Sophonias that his book may be regarded as the "Catholic Epistle" of the Old Testament.の普遍性の判断だけでなく、特典交換は非常に強制的に表現さsophonias年5月と見なされる彼の本は"カトリック信徒"は、旧約聖書のです。

(e) The last exhortation of Sophonias (3:9-20 (オ)の最後の勧告をsophonias ( 3:9-20

also has a Messianic colouring, although not to an extent comparable with Isaias.救世主には、彩色も、同等の範囲ではないもののisaiasにします。

III. Ⅲ 。 CHARACTER OF THE PROPHET預言者ムハンマドの文字を

Sophonias' prophecy is not strongly differentiated from other prophecies like that of Amos or Habacuc, it is confined to the range of thought common to all prophectic exhortations: threats of judgment, exhortation to penance, promise of Messianic salvation. sophonias '予言ではないから分化した他の予言を強くアモスまたはhabacucのような、それは考えに限局している範囲のすべてに共通するprophectic exhortations :脅威の判断、勧告を苦行、救世主の救いの約束します。 For this reason Sophonias might be regarded as the type of Hebrew Prophets and as the final example of the prophetic terminology.このためsophoniasと見なされるかもしれないと預言者のタイプをヘブライ語としての最後の例は、予言的な用語です。 He does not seek the glory of an original writer, but borrows freely both ideas and style from the older Prophets (especially Isaias and Jeremias).彼は元の作家の栄光を求めるが、両方を借りて自由にアイデアやスタイルからの古い預言者(特にisaiasとイェレミアス) 。 The resemblances to the Book of Deuteronomy may be explained by the fact that this book, found in the Josian reform, was then the centre of religious interest. resemblancesして予約の申命記の5月に説明された事実をこの本は、発見されたjosian改革の中心部には、宗教的な関心を入力しています。 The language of Sophonias is vigorous and earnest, as become the seriousness of the period, but is free from the gloomy elegiac tone of Jeremias. sophoniasの言語を真剣には活発化して、その時代の深刻さになるとして、これは無料のイェレミアスからの悲観的な哀愁を帯びた調べています。 In some passages it becomes pathetic and poetic, without however attaining the classical diction or poetical flight of a Nahum or Deutero-Isaias.哀れなことがいくつかの通路と詩的な、しかし古典の達成に詩的な言葉遣いやフライトは、ナホムまたは再isaiasです。 There is something solemn in the manner in which the Lord is so frequently introduced as the speaker, and the sentence of judgment falls on the silent earth (i, 7). 〜には何か厳粛された方法では、主は非常に頻繁に導入され、スピーカー、との判決を受けるサイレント地球上の判断の滝(私は、 7 ) 。 Apart from the few plays on words (cf. especially ii, 4), Sophonias eschews all rhetorical and poetical ornamentation of language.劇を離れ、いくつかの単語( cf.特に2世、 4 ) 、 sophonias eschewsすべての言語の修辞的、詩的な装飾です。 As to the logical and rhythmical build of the various exhortations, he has two strophes of the first sketch (i, 7 and 14) with the same opening ("the day of the Lord is near"), and closes the second sketch with a hymn (ii, 15)--a favourite practice of his prototype, Jeremias.また、論理的にし、リズミカルなビルドは、様々なexhortations 、彼には2つのstrophesの最初のスケッチ(私は、 7および14 )と同じオープニング( "主は、近くの日には" ) 、および明日の2番目のスケッチ賛美歌( 2世、 15 ) -彼のお気に入りの練習のプロトタイプ、イェレミアスです。 A graduated development of the sentiment to a climax in the scheme is expressed by the fact that the last sketch contains an animated and longer lyrical hymn to Jerusalem (iii, 14 sqq.).の開発を卒業してクライマックスの感情を表現するスキームがいるという事実に、アニメーションの最後のスケッチに含まれると叙情的な賛美歌を長くエルサレム( Ⅲ 、 14 sqq 。 ) 。 In Christian painting Sophonias is represented in two ways; either with the lantern (referring to i, 12: "I will search Jerusalem with lamps") or clad in a toga and bearing a scroll bearing as text the beginning of the hymn "Give praise, O daughter of Sion" (iii, 14).キリスト教の絵画には2つの方法で表現sophonias ;のいずれかの灯籠(参照して私、 12 : "私はエルサレムを検索ランプ" )またはトーガと軸受に覆われてスクロールするテキストの初めに軸受としての賛美歌"を称賛、またはシオンの娘" ( 3世、 14 ) 。

IV. Ⅳ 。 CRITICAL PROBLEMS OFFERED BY SOPHONIAS重大な問題が発生提供されsophonias

The question of authorship is authoritatively answered by the introductory verse of the book.原作者の質問の回答が正式に導入された詩の本です。 Even radical higher critics like Marti acknowledge that no reason exists for doubting that the author of this prophecy is the Sophonias (Zephaniah) mentioned in the title ("Das Dodekapropheton"), Tübingen, 1904, 359).批評家のような高いマーティも過激な理由が存在を認めることは絶対にありません疑うのは、著者は、次の予言は、 sophonias (ゼパニヤ書)に記載されてタイトル( " das dodekapropheton " ) 、テュービンゲン、 1904 、 359 ) 。 The fact that this Prophet's name is mentioned nowhere else in the Old Testament does not affect the conclusive force of the first verse of the prophecy.という事実を、この預言者の名前は、旧約聖書の他のどこに記載されない決定的な力に影響を与えるの最初の詩を予言します。 Sophonias is the only Prophet whose genealogy is traced back into the fourth generation. sophoniasは、預言者の家系がさかのぼるだけに、第4世代です。 From this has been inferred that the fourth and last ancestor mentioned Ezechias (Hizkiah) is identical with the king of the same name (727-698).推測されてから4番目と最後の祖先は、言及ezechias ( hizkiah )は同じで、同じ名前のザキングオブ( 727〜698 ) 。 In this case, however, the explanatory phrase "King of Judah" would undoubtedly have been put in apposition to the name.この場合には、しかし、説明フレーズ"キングオブユダ"というのは間違いないが同格にして名を入力します。 Consequently the statement concerning the author of the book in the first part of the introductory verse appears entirely worthy of belief, because the statement concerning the chronology of the book given in the second half of the same verse is confirmed by internal criteria.その結果に関する声明は、本の著者は、導入の最初の部分を完全に立派な信仰の詩が表示されたら、声明は、その本の年表の2番目の半分を与えられたのと同じ詩の内部基準が確認されています。 The descriptions of customs, especially in the first chapter, showing the state of religion and morals at Jerusalem are, in point of fact, a true presentation of conditions during the first years of the reign of King Josias.税関の説明をし、特に、最初の章では、表示中の状態をエルサレムは、宗教や道徳では、ポイントのところ、条件の中に、真のプレゼンテーションの最初の数年間は、国王の統治のjosiasです。 The worship of the stars upon the flat roofs, mentioned in i, 5, and imitation of the Babylonian worship of the heavens that had become the fashion in Palestine from the reign of Manasses is also mentioned by the contemporary Prophet, Jeremias (xix, 13; xxxii, 29), as a religious disorder of the Josianic era.の崇拝の星印時の平らな屋根は、私に記載され、 5 、およびバビロニアの模造品を崇拝していた天になるから、ファッション、パレスチナの統治のマナッセスにも言及された現代の預言者、イェレミアス( 19 、 13 ; 32 、 29 ) 、宗教的な疾患としては、 josianic時代です。 All this confirms the credibility of the witness of i, 1, concerning authorship of Sophonias.この信頼性を確認して、すべての証人のI 、 1 、原作者のsophoniasに関するします。

Critical investigations, as to where the original texts in the Book of Sophonias end and the glosses, revisions of the text, and still later revisions begin, have resulted in a unanimous declaration that the first chapter of the book is the work of Sophonias; the second chapter is regarded as not so genuine, and the third still less so.重要な調査として、元の文章をここでは、予約のsophoniasエンドとの注釈、改正は、テキスト、およびまだ開始への改訂は、結果には満場一致で宣言し、最初の章の本はsophoniasの仕事をし、第2章では正規品と見なされていないので、まだ少ないので、 3番目のです。 In separating what are called the secondary layers of the second chapter nearly all the higher critics have come to different conclusions -- quot capita, tot sensus.を分離するのは何と呼ばれる2番目の第二次層のほぼすべての高い批評家が来て別の結論を出す-何人当たりの、合計感じです。 Each individual verse cannot be investigated here as in the detailed analysis of a commentator.個々の詩を調査することはできませんが、ここのように、詳細な分析を解説します。 However, it may be pointed out in general that the technical plan in the literary construction of the speeches, especially the symmetrical arrangement of the speeches mentioned in section II, and the responses spoken of in section III, forbid any large excisions.しかし、 5月に指摘されたように技術的な計画を総合して、文学の建設のスピーチは、特に、左右対称の配置を第二のスピーチに記載され、レスポンスと話さのセクションで説明さを、任意の大規模なexcisionsを禁止します。 The artistic form used in the construction of the prophetic addresses is recognized more and more as an aid to literary criticism.フォームの芸術の予言の建設で使用されるアドレスが認識さますます多くの文芸批評としての援助をします。

The passage most frequently considered an addition of a later date is iii, 14-20, because the tone of a herald of salvation here adopted does not agree with that of the prophecies of the threatening judgment of the two earlier chapters.最も頻繁に検討するの通過に加え、後の日付は3世、 14-20 、トーンのため、ここに救いをヘラルドの採択に同意されない予言を脅迫している2つの以前の章で判断します。 It is, however, the custom of the Prophets after a terrifying warning of the judgments of Jahve to close with a glimpse of the brilliant future of the Kingdom of God, to permit, as it were, the rainbow to follow the thunder-storm.これは、しかし、カスタムのは、預言者の後に恐ろしい警告を判断するのをクリックしてjahveの輝かしい未来を垣間見ることの神の王国、を許可する、ということになった、ザレインボーを次の雷の嵐です。 Joel first utters prophetic denunciations which are followed by prophetic consolations (Joel in Vulgate, i-ii, 17; ii, 19-iii); Isaias in ch.最初のuttersジョエルのない非難が続いて予言予言consolations (ウルガタ聖書のジョエルは、私- Ⅱ 、 17 ; 2世、 19 - Ⅲ ) ; isaiasであなたのです。 i calls Jerusalem a city like Sodom and directly afterwards a city of justice, and Micheas, whose similarity to Sophonias is remarked upon by critics, also allows his threats of judgment to die away in an announcement of salvation.私の呼び出しに直接ソドムとエルサレムの都市のような都市の正義その後、およびmicheas 、その類似性をsophoniasによっては、批評家は、彼の脅威の判断を下すことも可能で気が遠くなるの救いに発表した。 One of the guiding eschatological thoughts of all the Prophets is this: The judgment is only the way of transition to salvation and the consummation of the history of the world will be the salvation of what is left of the seed.終末論の基本思想の1つのすべての預言者は、この:のみの判断には救いの道のために移行すると、世界の歴史の終焉のは、左側に救いの種子は何です。 For this reason, therefore, Sophonias, iii, 14-20 cannot be rejected.この理由から、したがって、 sophonias 、 3 、 14-20拒否することはできません。 The entire plan of the book seems to be indicated in a small scale in the first address, which closes ii, 1-3, with an exhortation to seek the Lord that is with a consolatory theme directly after the terrible proclamation of the Day of the Lord.全体の計画と思われるこの本に示されて小規模の最初のアドレス、これ明日2世、 1-3 、勧告を求めて、主に、慰めのテーマに直接には恐ろしい宣言した後、その日は、主です。

The queries raised by the textual criticism of the Book of Sophonias are far simpler and nearer solution than those connected with the higher criticism.このクエリは、テキスト版との批判を提起されたこの本のsophoniasがはるかに近いシンプルな解決策と比べて高いの批判に接続しています。 The conditions of the text, with exception of a few doubtful passages, is good and there are few books of the Biblical canon which offer so few points of attack to Biblical hypercriticism as the Book of Sophonias.テキストの条件を、いくつかの疑問通路を除いて、数冊の本には良い面も、聖書には、キヤノンの攻撃ポイントを提供するためにいくつかの聖書の本として酷評sophoniasです。

Written by M. Faulhaber.書かれた男性ファウルハーバーです。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマス男性バレット転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.のは、カトリックの百科事典、第20巻14 。 Published 1912. 1912年公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.公認、 1912年7月1日です。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort 、標準、検閲です。 Imprimatur.許可します。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography書誌事項

REINKE, Der Prophet Zephanja (Munster, 1868); KNABENBAUER, Comment.ラインケ、 der預言者zephanja (マンステール、 1868 ) ; knabenbauer 、コメントは得られなかった。 In proph.でprophです。 min.分です。 (Paris, 1886); VAN HOONACKER, Les douze pet. (パリ、 1886 ) ;ヴァンhoonacker 、レdouzeペットです。 proph. prophです。 (Paris, 1908); LIPPL, Das Buch des Proph. (パリ、 1908 ) ; lippl 、 dasブーフデprophです。 Sophon. sophonです。 (Freiburg, 1910), containing (pp. ix-xvi) an excellent bibliography; SCHWALLY, Das Buch Zephanja (Giessen, 1890); SCHULZ, Comment uber den Proph. (フライブルク、 1910 ) 、含有( pp. 9世- 16 )に優れた構造; schwally 、 dasブーフzephanja (ギーセン、 1890 ) ;シュルツ、コメント、プロダクトデンprophです。 Zephanja (Hanover, 1892); ADAMS, The Minor Proph. zephanja (ハノーバー、 1892 ) ;アダムス、マイナーprophです。 (New York, 1902); DROVER, The Min. (ニューヨーク、 1902 ) ; drover 、その分です。 Proph. prophです。 (Nahum, Habakkuk, Zephaniah)(Edinburgh, 1907); the complete commentaries of STRACK-ZOCKLER, NOWACK; MARTI; and GA SMITH. (ナホム、ハバクク、ゼパニヤ) (エジンバラ、 1907 ) ;の完全な論評をシュトラック-ツェックラー、ノバック;マーティ;とGAスミスさんです。


Zephaniahゼパニヤ

Jewish Perspective Information ユダヤ人の視点情報

One of the twelve Minor Prophets who describes himself as "the son of Cushi, the son of Gedaliah, the son of Amariah, the son of Hezekiah, in the days of Josiah, the son of Amon, King of Judah" (Zeph. i. 1). 1つは、 12小預言者として自分自身who説明"の息子のcushi 、 gedaliahの息子のは、息子のamariah 、 hezekiahの息子のは、日間のジョサイアは、息子のアモン、キングオブユダ" (私zeph.です。 1 )です。 He seems, therefore, to have been a descendant of Hezekiah, King of Judah, since otherwise only the name of his father would have been given (comp. Isa. i. 1; Ezek. i. 3; Joel i. 1).彼は、そのため、子孫であるhezekiahされ、キングオブユダ、以来他のは、彼の父親の名前を与えられていたが( comp. ISAのです。 i. 1 ; ezek 。 i. 3 ;ジョエルi. 1 ) 。 If he was of royal descent, he probably lived in Jerusalem; and evidence of this is seen in his prophecies, where he describes various parts of the city.彼は王室の子孫の場合、彼はおそらくエルサレムに住んで;との証拠をこれは彼の予言に見られる、ここで彼は市のさまざまな部分について説明します。 According to the first verse of the book which bears his name, he flourished during the reign of Josiah, and on the basis of his utterances the majority of modern scholars date his activity prior to the reforms so rigorously inaugurated and promulgated after 621, the pictures of corruption and the approaching foe being most appropriately referred to the situation in Judah during the early years of Josiah and the Scythian invasion.によると、その本の最初の詩のクマは彼の名前は、彼の治世中にジョサイアが開花し、彼の発言に基づいて、大半のモダンな学者日付の前に彼の活動のための改革を厳密に公布した後に発足したと621は、写真腐敗と敵が近づいて状況を最も適切に言及してユダの初期の年間のスキタイの侵略ジョサイアとします。 The contents of the book of this prophet fall into two parts: i.この本の内容を預言者は、次の2つの部分に陥る: i. 1-iii. 1 - Ⅲ 。 8, the coming judgment on the world, including Israel and the nations; and iii. 8日、今後の世界の判断を含め、イスラエルとの国、およびⅢ 。 9-20, a promise of universal salvation. 9月20日、普遍的救済を約束します。

Zephaniah's special denunciations are directed against false worship and irreligion.ゼパニヤの特別な指示に対しては、虚偽のない非難を崇拝と無宗教です。 The calamity will find every one, even in the hiding-places of Jerusalem; Philistia, Moab, Ammon, Cush, and Assyria shall be overwhelmed by punishment and disaster; Jerusalem in particular, being rebellious, corrupt, and disobedient to the word of Yhwh, shall fall under the divine wrath.ごとに1つの災難は、隠れているのも、近くのエルサレム; philistia 、モアブ、アモン、ぜいたくな、とアッシリア圧倒さ処罰しなければならないと災害;エルサレム特に、反抗が、壊れている、と言うことをきかないの言葉をyhwhは、神の怒りの下に落ちるものです。 Yet, on the other hand, God's promise is made known to the nations, that He will so purify them that they may call on Him, and all shall bring Him offerings.しかし、その一方で、神の約束に知られている国は、そのため彼は5月請求を浄化するよう彼らを彼と彼のすべてのものを提供します。 After the storm of judgment Israel shall be humble, and shall trust in Yhwh alone.イスラエルの嵐の後に判断しなければならない謙虚な、と者の信頼をyhwhだけです。 New social conditions shall arise, and justice and righteousness shall prevail, so that the redeemed shall rejoice in the Lord.新たな社会的条件のものがあれば、正義と正義に従うと、換金して、喜ぶものは、主です。

Zephaniah is a forceful book.ゼパニヤは、強制的な書籍です。 Its language is vigorous and picturesque, and betrays an acquaintance with the Earlier Prophets.その言語が活発化して絵のように美しい、と裏切っの知人に、以前の預言者です。 The ideas most emphasized are the providential control of the nations of the world, the necessity of purity and justice as opposed to the prevalent corruption and injustice of the day, and the refining value of judgment and suffering.ほとんどのアイデアは、神の支配権を強調し、世界の国は、純度と正義の必要性を流行とは対照的に、その日の腐敗と不正と判断力と苦痛を精製の値です。

Emil G. Hirsch, Ira Maurice Price g.エミールハーシュ、 IRAのモーリス価格
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906.ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

Bibliography:書誌事項:

Davidson, Nahum, Habakkuk, and Zephaniah, in The Cambridge Bible for Schools, 1896; Nowack, Die Kleinen Propheten, in Handkommentar zum Alten Testament, 1897; Smith, The Book of the Twelve Prophets, ii., in The Expositor's Bible, 1898.EGHIMPデビッドソン、ナホム、ハバクク、ゼパニヤ、聖書学校は、ケンブリッジ、 1896 ;ノバック、死ぬkleinen prophetenは、遺言handkommentar zumアルテン、 1897 ;スミスは、預言者は、 12本、 2世です。は、聖書のエクスポジター、 1898です。 eghimp


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです