評議会chalcedon

総合案内

評議会は、 4番目のchalcedonのキリスト教教会協議会エキュメニカル。

convokedで451さmarcian 、東ローマ帝国皇帝が、それは主に関係する人物については、紛争解決の神学イエスキリストです。

評議会は449会議室で、ローマ法王の承認なしにエフェソスの立場を支持したeutyches 、コンスタンティノープル掌院では、キリストは、 1つのことは、神の性質(キリスト単を参照してください) 。

私は即座に怒らエペソレオのアセンブリとして"強盗会議" ( latrocinium ) marcianを招集すると確信し、新しい理事会でchalcedon 。

死刑囚の強盗会議の協議会を正式に公布すると呼ばれる独断的な声明は、 "信仰のchalcedon 、 " 2つの性質を説明することとして、キリストは、神と人間は、 "混乱なしで、変更することなく、無課は、 "米国で、たった一人で完璧です。

未遂にも、評議会の地位を高めるのコンスタンティノープル総主教とする彼の2番目だけを参照してくださいローマ;このポジションには、断固として拒否されるローマ教皇のです。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
t. tackett

評議会chalcedon

高度情報

( 451 )

chalcedonの評議会は、評議会の第4回エキュメニカル教会は、天皇が召喚される東部marcion 。

具体的に確立することがconvoked東方教会の結束で、その最終的定式化、または定義chalcedonian信条は、遺跡になったとの正統性を測定するための2つの性質に関するステートメントchristologicalキリストです。

chalcedonの仕事を理解できるだけに照らして、一連の宣言christologicalニカイア公会議始まる( 325 ) 。

ニカイア信条は、キリストと宣言したのと同じで、父神の物質は、対アリウスは、キリストの人に教えていただけだったのが始まりと似たような物質です。

このコンスタンティノポリス公会議( 381 )の両方を批准し、洗練されたニカイア信条は、アリウス主義に反対して継続する、と宣言したapollinarianism反対は、キリストの人間の魂を記載していた神のロゴス置き換えられています。

また、聖霊コンスタンティノープルを宣言してから、父と息子の収益です。

コンスタンティノープル期間の後、 heresiesがnestorianismとeutychianism 。

二重人格の元で、キリストpositedするが、後者は、反応しnestorianism 、キリストの化身と宣言していた1つだけの性質です。

nestorianism敗れたエフェソスでは、 431の審議会が、支持されたeutychianismしている、いわゆるアレクサンドリアで開かれた理事会で強盗449 。

この舞台装置をセットするために、 2年後の評議会chalcedon 。

皇位継承marcionが即位してすぐに450の教会をもたらす団結を求め、これに関する意見の相違は、 2つの性質によってimperiledキリストです。

レオ私が望んだイタリアで開催される総務会が、アジアのマイナーchalcedonとして定着したため、首都に近い。

評議会は昨年10月に会ったchalcedon 、 451 、 500を超えるといくつかの教皇legates司教が出席します。

そこに存在するだけで司教のうち、一般的なコンセンサスを批准してニカイアの伝統に沿って解釈されている文字のシリルコンスタンティノープルアレクサンドリアのアンティオキアをnestoriusとジョンとレオの手紙をフラウィウス(いわゆるトメ、またはepistola dogmatica ) 。

多数派の意見が優勢に存在していないが、信仰の必要性をさらに定義します。

にもかかわらず、そのことが必要と思われる皇室の委員は、その利益のために団結し、それを定義するのに関連して、人間としての信仰キリストです。

評議会は3つのステップに進み、その作業を統一。

まず、そのことを再確認したニカイア伝統;第二に、正統派の手紙のこととして受け入れられるとシリルレオ;そして第三に、それは、信仰を提供するのかを定義します。

2つの包括的な懸念が存在し、団結の維持、キリストの人とキリストの設立は、 2つの性質です。

文字の両方を使用するのは前にシリルとレオの手紙とともにフラウィウス。

第1次ドラフトの定義は、現存ではありませんが、不足していないと判断された2つの性質を明確にできるようにした。

審議会を通過して、多くの努力を否定するのかを定義さの両方を1つの理論-自然incarnationalアファームドeutychesと正統派の2つの性質として宣言します。

メアリーが宣言され、 "神の無記名"神の息子( theotokos )は、誰の権化になった"真に男は言った。 "

こうして、キリストを自分の神として宣言された"父と同本質は、 "人類と彼のように"私たちは同本質で男らしさ"と述べた。

その後、評議会の団結を扱って結論は、 2つの性質とキリストの神と人類の存在"混乱なしには、変更することなく、分裂せず、分離せず"と述べた。

このように、一人の人間が合体した2つの性質( prosopon )と1つの物質(下位) 。

こうしてchalcedonian信条の神と人間の性質の両方を保護キリストの既存の労働組合は一人で変わらない。

以来最上の心の救いは、この決定的な信条framers 、彼らには分かっていただけに、キリストが真に神と人間の男性に保存します。

にもかかわらず、 chalcedonian信条になった、と続けているが、そのための標準christological正教は、それを防止しなかった者から継続を求める野党連合の2つの性質を1つにして、キリスト単性論のような2つの成功とは、キリスト単意heresies世紀にもわたっている。

道路公団のホール

(エルウェル福音辞書)

文献情報


npnf 、シリーズ2世、 vol 。

14 ; ptrに変更白黒、 chalcedonの防衛のは、東;れたJSマッカーサーは、 chalcedon ;右心室の売り手は、評議会chalcedon 。

評議会chalcedon -4 51広告

高度情報

目次

  1. レオの手紙は、フラウィウスには、コンスタンティノープル大主教は、約eutyches

  2. 信仰の定義については、

  3. 規範

導入

それは、天皇marcian者は、後の"どろぼう"エペソ評議会( 449 )は、この理事会指令を満たしています。 レオ私はそれに反対しています。

彼の見解は、すべての司教は、自分の罪を悔いの独断的な方法で、以前の彼の手紙を個別にサインフラウィウス 、コンスタンティノープル総主教は、新ラウンドを回避するための議論や討論。

また、地方の西部れているアッティラの侵略によって荒廃している。

しかし、前法王の見解が知られ、天皇marcianは、 5月17日、勅令451 、 convoked評議会の9月1日451 。

気を悪くされたにもかかわらず、法王は、彼送らlegates : paschasinusのlilybaeumビショップ、ビショップlucentius 、宿屋の主人とバジルのプリースト、ビショップジュリアンの金融会社と考えて間違いないレオは、評議会の人々を残す原因に入ると、教会の分裂です。

そこで彼は、指名手配の時間に延期されること、そして彼implored天皇は、古くから伝わる信仰ではない議論の主題となる。

ビジネスだけで修復しなければならないのは、彼らの司教に亡命中の元の位置です。

convokedでは、理事会後に転勤になるchalcedonニカイアしかし、コンスタンティノープルとなるようにと、天皇に近い。

10月8日に始まり451している。

そのlegates paschasinus 、司教、司祭と宿屋の主人lucentius大統領は、座っている間のうち、司教のCoSジュリアンのです。

自分たちの側では、インペリアルcommissarsおよびそれらの配信は、上院は、その責任を維持するためには、単純には、評議会の審議です。

我々は、その場に居合わせた人のリストには満足のいくものです。

レオ司教によると、 600人の評議会があったが、彼によると、手紙を500があった

" 信仰の定義については、 "理事会に渡されたのは、 5番目のセッション、そして厳粛に公布された第6回のセッションでは、天皇や皇室の存在当局。

令では、フォーミュラ受け入れ:キリストは、 2つの性質の1つです。

これは、契約のコンスタンティノープルフラウィウスレオの手紙を、そしてレオの手紙には、すでにこの定義については、明示的な信仰です。

懲戒委員会も27日発行の規範 (セッションかは不透明だが) 。

キヤノンは28日、通常は何と呼ばれる (これは、名誉には、コンスタンティノープルを参照してください)実際には、理事会の決議案を可決されたのは、 16日のセッションです。

それは、ローマlegates 拒否される。

古代ギリシャのコレクションでは、 29と30の規範に起因するものも、評議会:

  • キヤノンは、 29分間の抽出物から、 19日のセッション;と

  • キヤノンは、 30分間の抽出物から第4回のセッションです。

    キヤノンのために28日、これに反対ローマlegatesは、天皇marcianとanatolius 、コンスタンティノープル総主教は、理事会の承認を求めて、法王からです。

    これは手紙をより明確にしようとしてanatoliusを守るためにキヤノンは、その中でも特にmarcianからの手紙を明示的にリクエストを確認してください。

    異端misinterpreting彼の源泉徴収のための承認が、 法王3月21日に批准して、教義上の令453キヤノンが拒否されたカウンタを走って以来、 28日のニカイア規範として特定の教会の特権だ。

    天皇は前に公布された皇室marcian年2月4日の452 edicts 。

    レオの手紙を離れフラウィウスでは、ラテン語、ギリシャ語から英語への翻訳は、テキストは、これ以降のバージョンは、もっと権威ある。


    レオの手紙をフラウィウス、コンスタンティノープル大主教は、約eutyches

    私たちは驚いたようで、後半の手紙慈善到着して、我々のアカウントを読んで検討することとは何の司教は完了です。

    今、我々の整合性を参照して、どのような不祥事に対する信仰は、頭の中でお育てられた。

    どのようになった今では、以前から明確に守られている秘密を明らかにしてください。 eutyches 、一人の男の名誉と考えていたため、彼は、司祭のタイトルは、非常に発疹が表示されると非常に無知だ。

    預言者によると、どのように応用できるようにして彼:彼はそれを理解してほしくないして善行:彼は彼の邪悪な策謀ベッドです。

    何よりも悪化することができますがあると不信仰心を気に留めないを学んだ人たちはもっと賢明とは?

    この愚行に陥る人々は、これらの知識が、真実は誰一種の薄暗さによってブロックされています。

    を参照していない

    しかししている。

    生徒されていないが、真実は、彼らのことが分かるマスターズエラーが発生しました。

    一人の男の人にも理解していないのは、最も基本的信条自体には何もないから、神聖な文章を習得し、新しいと古いtestaments 。

    この老人は取られていないことを肝に銘じ何が発音された候補者は、世界中すべての洗礼!

    彼はどのようにすべきだという考えがなかったことを考えなくては、神のみことばの権化 ;と彼は、光のない欲望の理解を得るの長さと幅の作業を通して、聖書です。

    だから、少なくとも彼は注意深く耳を傾け、受け入れたと分裂していないという共通の信条を忠実には、全身信じることを告白

    1. とは、神の全能の父

    2. 彼の一人息子イエスキリストは、わたしたちの主は、

    3. 誰が生まれたのは、聖母マリアと聖霊です。

    これら3つのステートメント難破船のトリックのほぼすべての異端者です。

    両方見られているときは、全能の神と父親は、息子が明確に立証される永遠の彼と共同で、さまざまな方法ではありませんから、父は、彼が生まれて以来、神からの神、オールマイティオールマイティからは、共同で永遠から永遠のではなく、時間の後ではなく、権力の下では、栄光はないとは違って、はっきりされていない。

    永遠のと同じだけの創始者のひとり子が生まれたのは、永遠の聖霊とは、聖母マリア。

    彼の誕生してからの時間を引いていないかの方法を追加して、神の永遠の彼の誕生:しかし、人類全体を復元する目的では、だまされていたように、死と敗北かもしれない、そのパワーは、悪魔たちを破壊する死の力で開かれた

    オリジネータの罪と死の克服を超えて我々は、彼はなかったことができなかった罪デフィレ誰もが死を押したまま、我々の自然を撮影すると、自分の前にすることです。

    彼は考え子宮の内側から、聖霊のバージン母親です。

    処女を彼に与えていたとして手つかずで、それはconceivingとして誕生した。

    でも、もしそれを超えては、健全な理解を得ることからeutychesこれは、純粋な源は、キリスト教の信仰は、明白な真理のための明るさを暗くしていた自分の特異な失明、それから彼は自分自身に教えを受けるはずのgospels 。

    マシューときによれば、この本は、イエスキリストの世代は、息子のデビッドは、アブラハムの息子、 eutychesはずのさらなる発展を見上げては、ローマ教皇の説教。

    彼はその手紙を読むときに、ローマ人への手紙で、パウロは、イエスキリストの使用人は、使徒と呼ばれるには、神の福音を際立たせるために、彼は以前の彼の預言者を通して約束は、神聖な記述を参照して、息子さんは、彼の前には、デビッドの種子によると、肉、彼は既に支払ったと深い敬けんな文章に注意を予言した。

    製造時に彼は神との約束を発見して、お客様の種子アブラハムは、すべての国に恵まれて、彼は続いて、使徒は、いかなるについては疑問の余地をなくすためには、この種のアイデンティティ、と彼は言います。際には、その約束を話されたアブラハムそして彼の種子です。

    彼は言っていない"として彼の種子" -を参照している場合、多重度-しかし、1つ1つに、 "なたの種子とし"これは、キリストです。

    彼の耳の内側にも聞いたことがあるイザヤ書説教見よ、処女を受信するとは、クマの胎内の息子 、かれらは自分の名前を呼ぶエマニュエル、これは翻訳さ"と、神がわたしたちと共に" 。

    彼の信仰して読んで、同じはずの預言者の言葉は、子供が生まれ、私たちは、私たちの息子が与えられています。

    彼の肩に彼の電源が入っています。

    かれらは自分の名前を呼ぶ"天使の大検は、偉大な神は、平和の王子は、父親の世界に来る" 。

    それから彼はないと言って人をだますという単語の肉という意味では前に出てから、彼は処女の子宮を持つ人間の形ではなく、母親の体の現実だ。

    たぶんその彼は思ったのか、それともわたしたちの主イエスキリストがなかったので、私たちの天使たちが送られて自然に恵まれてメアリーによると、その時が来てあなたと聖霊の力を曇らせることは、最も高い、とので、神聖されるうちに生まれることは、神の息子と呼ばれる、とされていた場合、処女懐胎だったので、仕事をして、神の肉は、 1つの性質を考えていない彼女の人の考えを共有することですか?

    しかし、驚くほどユニークな行為であるとして驚くほどユニークな世代としては、それを理解されるべきではないとしても、この種の適切なキャラクターが連れ去らノベルティ薄手の創出される。

    それは、聖霊のヴァージン前に妊娠して、しかし、 現実には、体の体内から派生した。

    自分自身のための知恵の家を建てたとして、その言葉は前に私たちの間に肉と力説:それは、彼がこれに由来して人間の肉の種類やアニメーションが彼の精神にも合理的な生活をしています。

    これは、適切な文字の両方の性質を維持し、たった一人と集まって来た

    lowliness取り上げられる陛下は、弱さの強さは、永遠に死亡した。 借金の返済に私たちの状態では、ユナイテッドには、難攻不落の自然を受ける可能性のある性質;ような方法で、我々に必要な対処のしかたをして対応して、 1つで神と人間の間の仲介役と同じ男イエスキリストは、 1つの可能性の両方を手にして死ぬとは、他に死の無能だ。

    こうして生まれたのが真の神の性質衰えていないと、真の完璧な男で、完全には、何が彼とは完全には、何考えましょう。

    "私たちの"我々は何を意味するのクリエーター設立当初から、我々は何時、彼は自分自身を復元します。

    は、救い主があった形跡がないものは、我々にもたらした欺く人、そして人類を与えたアドミタンスだまされています。 彼の支配されることを私たち人間の弱点を共通にしていないということで彼は私たちの罪を共有します。

    彼は上のフォームには、罪の使用人defilementなしには、それを向上させる、人間の神ではなく、徐々に減っている。

    自己排出をして自分自身では、目に見えない可視レンダリングされ、すべてのものの創造者と主の仲間入りを選んだ人間は、失敗のない電源つづり:それは、慈悲深い行為に賛成です。

    だから、自分たちの形で保持したとき、人類の神は、人間の形では前に使用人。

    自然の適切な保管せずに、各キャラクターの損失;と同じように、神の形ではないの使用人を奪うという形で、今の形ではないの使用人の形で、神を損ねる。

    それは、悪魔の人類自慢していた彼のペテンにだまされると、 プレゼントをなくしたので、神が与えられたこと;として剥奪されていたので、養老の不滅とは、対象となるの過酷な死の宣告を受けています。

    彼はまた、自慢して、沈んで彼は悪として、彼は自分自身から派生したいくつかの慰めを持つパートナー犯罪;としていた神の正義の原則を余儀なくされた彼の評決を変更して人類は、どのような名誉ある彼が作成した状態です。

    この実現のためのすべてと呼ばれる秘密の計画では、 不変の神は、見分けがつかないのは、彼の美点は、元の実現をもたらすかもしれないが私たちに向けた彼の優しさを補完する手段をもっと隠された謎、そして人類では、されていた罪をリードされた状態で、悪魔のずる賢さは、たまらないかもしれないから防が神の目的に反している。

    だから彼の父親の栄光を残さず背後には、神の御子彼の天の玉座からのとばりが降りると、我々の世界に入るのどん底には、前例のない生まれで前例のないような順序で生まれています。

    前例のない注文では、 1つの人は目に見えないので、自分のレベルでは、我々の前に見える。

    その意志を把握できない把握される。

    事前に存在する残りの間、彼は開始時間に存在しています。

    ロードオブザユニバースベールに包まれた彼の測り知れない陛下を奪った上で使用人のフォームです。

    神の人の苦しみを知っていたのない苦しみになりつつある男を軽蔑しなかった、とは、不死として彼は、この法律の対象とされる死のです。

    出産された前例のないようなので、それは不可侵の処女性材料を供給肉の性的欲求を経験なし。

    母親から何が取られたのは、主に自然の罪悪感なしとは、奇跡的に誕生したという事実はないことを意味し、主イエスキリストは、処女の胎内から生まれ、私たちの性質とは違う。

    同じ1つの神と真の男は本当です。

    この非現実的一体性については何もない、 lowliness以来の両方の素晴らしさは、人間との相互関係は、神性。

    ではないとして、神の慈悲を見せ変更は、どちらもdevouredによっては、人類の尊厳を受信しています。

    その活動の各フォームでは、何が適切にして、他のことで聖体拝領:それは、その言葉を実行に属します何という言葉は、その肉を達成すると、どのような肉体に属します。

    これらの奇跡の1つを実行ブリリアント、他の暴力行為支えています。ワードはないとして、その栄光を失うことは、これは父に等しいので、どちらの肉は、この種の背後に自然のままにしておく。

    我々は何度も繰り返して言う必要があります: 1つは、ほんとうの息子と同じ神と人間の真の息子だ。

    神は、初めにされたという事実は、その言葉は、その言葉とは、神と神の言葉は、男は、その言葉によって事実の間で私たちは前に肉と力説した。

    神は、すべてのものがされたという事実を介して彼の前に、彼にしても何もなしには前には、 男で、彼は前にされたという事実がある女性は、 法の下の前です。

    肉によると、人間の本性の誕生;誕生からヴァージンは、神の力を証明した。

    卑しい行為は、幼児期の児童のゆりかご;天使'の声が最も高いの偉大さを発表する。

    ヘロデよこしまに努力していた自分を殺すように、人間は、初期段階で、東方の三博士を崇拝して折れたひざを喜ぶ者は、主のすべての1つです。

    そして彼に来たときに彼の前駆体baptisedされたジョンは、父の声は天から雷は、彼を確認していないので、見過ごされることによって、神のベールに隠された肉:これは私の最愛の息子、私は誰でも満足しています。

    したがいまして、同じ1つの誰一人の男としてtemptsずる賢く、悪魔は、天使たちの神として律義にして待っています。

    飢え、渇き、疲れ、睡眠はあきらかに人間だ。

    しかし、 5000人を満足させるために5つのloafの複数;を免ずるサマリア人の女性の生活水には、酒を飲むのが、彼女が停止されサースティ二度と;を海面上を歩くと足していないシンク;を叱責の嵐レベルの取り付けや波;これらは疑いの余地はない神です。

    それで、もし私が通り過ぎる多くの場合、所属していないと同じ性質をして涙を流すうちに深い同情を感じて、死んだ友人は、彼に電話をして再び生活に戻るという言葉のコマンドでは、 1回のマウンドにいた4つの墓から取り外したdayold ;たりするとハング十字架上で、 1日の夜に変更さは、その要素を作る震える;や爪にピアスをしたと天国の門を開くには、泥棒と信じています。

    同様に、所属していないと同じ性質を言うと、私の父は、 1つは、何と言って父親とは、より大きいもののi.ためには、主イエスキリストは、たった一人の男の人は、神とは、侮辱の両方を共有されることは、 1つのソースでは、との栄光を共有することは別だ。

    それは彼を取得してから、私たちは人類の父未満;それは父から取得して、神が彼の父に等しい。

    しているので、それは、このアカウントの一体性のある人は、両方の性質を理解しなければならないが、その両方を読んだことが、私たちの息子ダウン天から来た男は、神の御子は肉ときから心に適うヴァージンから生まれた、そして再びしている神の御子は、十字架につけられてきたと埋没して、物事を患って以来、これらの教理は、それ自体ではないだけでは、共同で生まれた永遠の父と同本質で、それまでの弱点は、人間の本性だ。

    というわけでは、信条、あまりにも、我々だけですべてを告白して生まれた息子であるが、神は、十字架につけられ、埋葬は、次は何の主唱者によると、彼らは知られている場合は、かれらの主を十字架につけてもみませんでした。陛下。

    そして私たちのときは、自分自身の主尋問と救い主彼らの信仰を指導して弟子とは、彼によれば、誰か1人と言うと、男の息子は、時ですか?

    と表示されていたときに、さまざまな他の人々の意見は、彼によれば、私たちは何と言いますか?

    -言い換えれば、私たちの息子の男とは誰を見よという形で、本物の使用人と肉:私たちは何と言いますか?

    すると、祝福のピーター触発されて、神と告白して製造する利点は、将来のすべての人々によると、あなたは、キリストは、神の息子オブザリビングです。

    彼は徹底的に値すると宣言される"祝福"される主です。

    彼は彼の善良さの両方の安定に導かれた彼の名前から、元の岩石とは、そのときに父親を明らかにしている時、彼は告白して、同じ1つの両方とも、神の御子キリストです。 受け入れることなく、他のいずれかの真理ヘルプにはなかった救世;を持つと考えられ、主イエスキリストは、神とのどちらかしかない男、または男だけではなく、神は、同様に危険だった。

    主の復活の後-確かに、復活された本物の死体は、持ち帰った以来、 1つの人生とはなしに他の誰よりも、十字架につけられていたが死亡した-点は、全体の4 0日間は、遅延を作る完全に私たちの信仰のすべてのサウンドと暗闇の中を浄化することです。

    したがって彼は、弟子と話をして生きとして食べた、ほっておくと自分自身に触れた注意深く慎重にされた人たちに捕らわれていた疑い;彼は、弟子のうちに行くときにはドアがロックし、聖霊によって伝える呼吸をして、その秘密を開放すると、自分の理解啓発的な聖書の後、再び、彼は彼の傷を指摘する側には、その穴を爪で作られる、との兆候のすべての苦しみを受けていただけでは最近、と言って、私の手と足を見ること-それは参照してくださいi .感じると、精神がないので、肉と骨にして私は見てのとおりです。

    このすべてがあまりにも認識されることを明らかにして、適切なキャラクターは、神と人間の本性は、既存の切っても切れない、彼つづけました;とですから、私たちはその言葉を実現して同じものではないとして、肉は、しかし、このようなその方法の1つは、我々の信仰告白は神の子とされる肉の両方の単語です。

    このeutyches極貧非常にしなければならないと判断されるのは、この謎の信仰です。

    どちらも、謙虚さは、人間の生活には、復活の栄光を認識する前に彼は、私たちの自然生まれた神のみです。

    声明はまた、祝福の伝道者でさえ、エバンジェリストのジョンと恐怖を入れるギフト:毎週の精神を告白して、イエスキリストは神から肉は、全ての精神とAnswersは、イエスが神から与えられたバラバラではない、とこれは反キリストです。しかし、パットのもとで、イエスはどのような機能で構成として分離していない場合は、人間の本性から彼には、排尿時とは、最も露骨な小説を通して、私たちが、 1つの謎が保存されるか?

    一度暗闇の中で、キリストの体の性質については、以下のとおりですが、同じことを彼に目をつぶってリード狂乱彼の苦しみについてはあまりにも愚かだ。

    もし彼が持っていないと考えている主のクロスは非現実的としている場合、彼は間違いなく、世界の苦しみを受けたためには、本当の救いは、彼を認めるじゃあ、その死肉は、 1つのインチと彼は考えていないと否定することを許してくれた。彼を知っている人が対象となるような苦しみは私たちの体は、現実を否定するためには、肉でも、肉体的苦痛を否定する。

    だからもし彼を承認していないと、キリスト教の信仰に耳を貸さないの説教は、福音書は、どのような性質を考慮することを許してくれたがハングアップして、爪にピアスをして、木の上のクロス。

    十字架につけられて、 1つの側面にレイアウトされた兵士の槍オープンは、ほっておけ、特定のソースからの血液や水の流れは、神の教会に入浴して、両方のフォントやカップ。

    祝福に耳を傾けることを許してくれたの使徒ペテロの説教は、神聖化されたことによる影響の精神は、キリストの血が混ざって;飛ばすさせてはならないと、同じ使徒の言葉は、換金していたと知ってから、空の生き方をあなたから継承お客様の祖先は、金と銀の堕落しやすいわけではなく、イエスキリストの貴重な血液は、汚れたりせずには、子羊のスポットです。

    彼の証言に耐える必要も祝福の使徒ヨハネ:イエスキリストの血とは、神の御子は、私たちからあらゆる罪浄化;と繰り返しますが、これは、勝利に打ち勝つ、世界は、私たちの信仰です。

    そこの人たちは、世界に打ち勝つ保存すると考えている人は、神の御子イエスか?

    それは彼は、イエスキリストを通して水や血液中の人が来て、水だけではなく、しかし、水や血液のです。

    そして真実のための精神は、それは人の精神を証明した。

    のためには、 3人の証言-スピリットと水と血です。

    と3アール1つです。

    言い換えれば、精神の清浄化や血液中の償還や、水の洗礼。

    これらの1つ三アールと不可分のままです。

    それらは、そのリンクをクリックしてから、他の分離です。

    その理由は、 このことは、カトリック教会の信仰生活をして大きくなると 、どちらを信じ込ませることなく、人類は、真の神性もなく、真の人類の神性。

    クロスeutyches調べたときに、彼はこう答えた、 "わたしたちの主を告白していた2つの性質の前に、労働組合が、私の後、労働組合の性質を告白する"と、私はびっくりするような不条理と腐敗して信仰を宣言非常に重大ではない非難される裁判官;と無視して、非常に愚かな発言は、まるで何も聞いてどのような攻撃だった。

    よこしまなことを言うことは、同じように生まれた息子だけでは、神の前に2つの権化としての性質を主張することは言語道断な自然の中には、 1つの単語の後、彼は前に引き裂いた。

    eutychesてはならないと思っている彼が言ったことは正しいか耐えられるだけでは、どちらかの明確な声明をいただいていないため、反論することです。

    だから我々思い出さあなたは、最愛の兄は、 お客様慈善団体の責任にしてそれを参照して慈悲深き神の霊感を通してしている場合は、これまでの事件解決は、発疹や削除の無知な男でも彼の心は何ですblighting 。

    分としては、明らかに、彼は快調なスタートを切るときには彼の意見を放棄は、お客様の声明からの圧力の下で、彼は何と言って公言していない彼は、以前によると、満足度を見つけると、彼は以前に信仰されて見知らぬ人。

    しかし、党が拒否していたときに、彼の邪悪な教義anathematising 、お客様の友愛実現していたが、彼の執拗な虚偽評決を信念として彼の非難を受けて当然だ。

    もし彼は、正直なところ、これについては申し訳ありませんが適当と認めても、この段階でどのように後半に正しく設定されたモーションエピスコパル権威、あるいは場合は、十分な償いを作る、彼は間違って非難ごとに口コミで考えていたとされる彼の実際の署名、それから金額のない人は慈悲に向けた改革の1つは、過度のだ。

    わたしたちの主は、羊飼いの真の良い人と彼の人生は彼の羊を敷設し、破壊しないようにでも来たの魂を救うためには、男性と女性は、我々が望んでimitators彼の善良されるように、罪人の間represses正義、慈悲拒否の変換はありません。

    その防衛のための真の信仰は決して生産的な意見としては、死刑囚でさえされた際に偽の支持者だ。

    私たち自身の代わりに、我々は我々の兄弟を並べ、司教、司祭レナトヂルネイフロレンシオジュリアスとは、聖クレメント教会、そして私の息子も、ヒラリーディーコンは、忠実な結論を確保するために良好で、全体のケースです。

    自分の会社を我々は我々の公証dulcitius追加さは、私たちの忠誠を証明した。

    我々を信頼して、神の助けで彼を非難する人が入り込んだのエラーかもしれないが、自分の心の邪悪と救いを見つける。

    安全を守る神は、最愛の兄です。


    信仰の定義については、

    そして、神聖にして偉大な神のお恵みユニバーサル会議や法令によって、お客様のほとんどの宗教とキリストを愛する皇帝ウァレンティニアヌスオーガスタスとmarcianオーガスタスchalcedon組み立てには、その道のメトロポリスbithynia 、神社では、聖人のような殉教者と勝ち誇ったeuphemia 、問題次の政令です。

    彼の弟子の確立には、知識の信仰は、わたしたちの主キリストを救い主と述べた: "私の平和私は皆さんに、私の平和を残すことよい" 'は、 1つは、異論がないので、 彼の隣人については、 宗教的な教説が宣言真実は一様に提示されるのだ。

    しかし、決して悪を停止しようとして1つの宗教の種子を覆ってtaresとは、自分のためにこれまでの発明や他のいくつかの真理に逆らって目新しい;ので、主人は、彼のいつものケアを行使人類は、この宗教的で、最も忠実な天皇roused熱心に行動し、自分自身の指導者たちを召喚して、どこから聖職に就くように、作業を通して、キリストの恵みは、私たち全員のマスターは、すべての有害な虚偽stavedオフかもしれないからキリストの羊と彼らかもしれない肥育して、新鮮な腫瘍が真実ではない。

    これは実際、我々はどのようなことです。

    We have driven off erroneous doctrines by our collective resolution and we have renewed the unerring creed of the fathers. We have proclaimed to all the creed of the 318; and we have made our own those fathers who accepted this agreed statement of religion -- the 150 who later met in great Constantinople and themselves set their seal to the same creed.

    Therefore, whilst we also stand by

    we decree that This wise and saving creed, the gift of divine grace, was sufficient for a perfect understanding and establishment of religion . For its teaching about the Father and the Son and the holy Spirit is complete, and it sets out the Lord's becoming human to those who faithfully accept it.

    But there are those who are trying to ruin the proclamation of the truth, and through their private heresies they have spawned novel formulas:

    Therefore this sacred and great and universal synod , now in session, in its desire to exclude all their tricks against the truth, and teaching what has been unshakeable in the proclamation from the beginning,

    And because of those who are attempting to corrupt the mystery of the economy and are shamelessly and foolishly asserting that he who was born of the holy virgin Mary was a mere man, it has accepted

  • the synodical letters of the blessed Cyril, [already accepted by the Council of Ephesus]
    pastor of the church in Alexandria, to Nestorius and to the Orientals, as being well-suited to refuting Nestorius's mad folly and to providing an interpretation for those who in their religious zeal might desire understanding of the saving creed.

    To these it has suitably added, against false believers and for the establishment of orthodox doctrines

  • the letter of the primate of greatest and older Rome,
    the most blessed and most saintly Archbishop Leo, written to the sainted Archbishop Flavian to put down Eutyches's evil-mindedness, because it is in agreement with great Peter's confession and represents a support we have in common.

    It is opposed to those who attempt to tear apart the mystery of the economy into a duality of sons; and

    t >So, following the saintly fathers , we all with one voice teach the confession of one and the same Son, our Lord Jesus Christ: the same perfect in divinity and perfect in humanity, the same truly God and truly man, of a rational soul and a body; consubstantial with the Father as regards his divinity, and the same consubstantial with us as regards his humanity; like us in all respects except for sin; begotten before the ages from the Father as regards his divinity, and in the last days the same for us and for our salvation from Mary, the virgin God-bearer as regards his humanity; one and the same Christ, Son, Lord, only-begotten, acknowledged in two natures which undergo no confusion, no change, no division, no separation; at no point was the difference between the natures taken away through the union, but rather the property of both natures is preserved and comes together into a single person and a single subsistent being; he is not parted or divided into two persons, but is one and the same only-begotten Son, God, Word, Lord Jesus Christ, just as the prophets taught from the beginning about him, and as the Lord Jesus Christ himself instructed us, and as the creed of the fathers handed it down to us. So, following the saintly fathers , we all with one voice teach the confession of one and the same Son, our Lord Jesus Christ: the same perfect in divinity and perfect in humanity, the same truly God and truly man, of a rational soul and a body; consubstantial with the Father as regards his divinity, and the same consubstantial with us as regards his humanity; like us in all respects except for sin; begotten before the ages from the Father as regards his divinity, and in the last days the same for us and for our salvation from Mary, the virgin God-bearer as regards his humanity; one and the same Christ, Son, Lord, only-begotten, acknowledged in two natures which undergo no confusion, no change, no division, no separation; at no point was the difference between the natures taken away through the union, but rather the property of both natures is preserved and comes together into a single person and a single subsistent being; he is not parted or divided into two persons, but is one and the same only-begotten Son, God, Word, Lord Jesus Christ, just as the prophets taught from the beginning about him, and as the Lord Jesus Christ himself instructed us, and as the creed of the fathers handed it down to us.

    Since we have formulated these things with all possible accuracy and attention, the sacred and universal synod decreed that no one is permitted to produce, or even to write down or compose, any other creed or to think or teach otherwise . As for those who dare either to compose another creed or even to promulgate or teach or hand down another creed for those who wish to convert to a recognition of the truth from Hellenism or from Judaism, or from any kind of heresy at all: if they be bishops or clerics, the bishops are to be deposed from the episcopacy and the clerics from the clergy; if they be monks or layfolk, they are to be anathematised.

    CANONS

    1

    We have deemed it right that the canons hitherto issued by the saintly fathers at each and every synod should remain in force.

    2

    If any bishop performs an ordination for money and puts the unsaleable grace on sale, and ordains for money a bishop, a chorepiscopus, a presbyter or a deacon or some other of those numbered among the clergy; or appoints a manager, a legal officer or a warden for money, or any other ecclesiastic at all for personal sordid gain; led him who has attempted this and been convicted stand to lose his personal rank; and let the person ordained profit nothing from the ordination or appointment he has bought; but let him be removed from the dignity or responsibility which he got for money.

    And if anyone appears to have acted even as a go-between in such disgraceful and unlawful dealings, let him too, if he is a cleric, be demoted from his personal rank, and if he is a lay person or a monk, let him be anathematised.

    3

    It has come to the notice of the sacred synod that some of those enrolled in the clergy are, for sordid gain, acting as hired managers of other people's property, and are involving themselves in worldly business, neglecting the service of God, frequenting the houses of worldly persons and taking over the handling of property out of avarice.

    So the sacred and great synod has decreed that in future no one, whether a bishop, a cleric or a monk, should either manage property or involve himself as an administrator of worldly business, unless he is legally and unavoidably summoned to take care of minors , or the local bishop appoints him to attend, out of fear of the Lord, to ecclesiastical business or to orphans and unprovided widows and persons in special need of ecclesiastical support.

    If in future anyone attempts to transgress these decrees, he must be subject to ecclesiastical penalties.

    4

    Those who truly and sincerely live the monastic life should be accorded appropriate recognition. But since there are some who don the monastic habit and meddle with the churches and in civil matters, and circulate indiscriminately in the cities and even are involved in founding monasteries for themselves, it has been decided that no one is to build or found a monastery or oratory anywhere against the will of the local bishop; and that monks of each city and region are to be subject to the bishop, are to foster peace and quiet, and attend solely to fasting and prayer, staying set apart in their places.

    They are not to abandon their own monasteries and interfere, or take part, in ecclesiastical or secular business unless they are perhaps assigned to do so by the local bishop because of some urgent necessity. No slave is to be taken into the monasteries to become a monk against the will of his own master. We have decreed that anyone who transgresses this decision of ours is to be excommunicated, lest God's name be blasphemed. However, it is for the local bishop to exercise the care and attention that the monasteries need.

    5

    In the matter of bishops or clerics who move from city to city, it has been decided that the canons issued by the holy fathers concerning them should retain their proper force.

    6

    No one, whether presbyter or deacon or anyone at all who belongs to the ecclesiastical order, is to be ordained without title, unless the one ordained is specially assigned to a city or village church or to a martyr's shrine or a monastery. The sacred synod has decreed that the ordination of those ordained without title is null, and that they cannot operate anywhere, because of the presumption of the one who ordained them.

    7

    We decree that those who have once joined the ranks of the clergy or have become monks are not to depart on military service or for secular office. Those who dare do this, and do not repent and return to what, in God, they previously chose, are to be anathematised.

    8

    Clerics in charge of almshouses and monasteries and martyrs' shrines are, in accordance with the tradition of the holy fathers, to remain under the jurisdiction of the bishop in each city. They are not to be self-willed and rebellious towards their own bishop. Those who dare to break a rule of this kind in any way whatever, and are not obedient to their own bishop, are, if they are clerics, to be subject to the canonical penalties; and if they are monks or layfolk they are to be made excommunicate.

    8.5

    If any cleric has a case to bring against a cleric, let him not leave his own bishop and take himself off to the secular courts, but let him first air the problem before his own bishop, or at least, with the permission of the bishop himself, before those whom both parties are willing to see act as arbiters of their lawsuit.

    If anyone acts in a contrary fashion, let him be subject to canonical penalties. If a cleric has a case to bring either against his own or against another bishop, let him bring the case to the synod of the province. If a bishop or a cleric is in dispute with the metropolitan of the same province, let him engage either the exarch of the diocese or the see of imperial Constantinople, and let him bring his case before him.

    10

    A cleric is not allowed to be appointed to churches in two cities at the same time: to the one where he was originally ordained, and to another more important one to which he has betaken himself out of desire to increase a baseless reputation. Those who do this are to be sent back to their own church in which they were ordained at the beginning, and only there are they to serve. But if some have already been transferred from one church to another, they are not to take part in any of the affairs of their former church, or of the martyrs' shrines or almshouses or hospices that come under it. The sacred synod has decreed that those who, subsequent to this decree of this great and universal synod, dare to do anything that is now forbidden are to lose their personal rank.

    11

    We have decreed that, subject to examination, all paupers and needy persons are to travel with ecclesiastical letters or letters of peace only, and not of commendation, since it befits only reputable persons to be provided with letters of commendation.

    12

    It has come to our notice that, contrary to the ecclesiastical regulations, some have made approaches to the civil authorities and have divided one province into two by official mandate, with the result that there are two metropolitans in the same province. The sacred synod therefore decrees that in future no bishop should dare do such a thing, since he who attempts it stands to lose his proper station. Such places as have already been honoured by imperial writ with the title of metropolis must treat it simply as honorary, and that goes also for the bishop who is in charge of the church there, without prejudice of course to the proper rights of the real metropolis 。

    13

    Foreign clerics and readers without letters of commendation from their own bishop are absolutely forbidden to serve in another city.

    14

    Since in certain provinces readers and cantors have been allowed to marry, the sacred synod decrees that none of them is permitted to marry a wife of heterodox views. If those thus married have already had children, and if they have already had the children baptised among heretics, they are to bring them into the communion of the catholic church. If they have not been baptised, they may no longer have them baptised among heretics; nor indeed marry them to a heretic or a Jew or a Greek, unless of course the person who is to be married to the orthodox party promises to convert to the orthodox faith.

    If anyone transgresses this decree of the sacred synod, let him be subject to canonical penalty.

    15

    No woman under forty years of age is to be ordained a deacon, and then only after close scrutiny. If after receiving ordination and spending some time in the ministry she despises God's grace and gets married, such a person is to be anathematised along with her spouse.

    16

    It is not permitted for a virgin who has dedicated herself to the Lord God, or similarly for a monk, to contract marriage. If it is discovered that they have done so, let them be made excommunicate. However, we have decreed that the local bishop should have discretion to deal humanely with them.

    17

    Rural or country parishes belonging to a church are to stay firmly tied to the bishops who have possession of them, and especially if they have continually and peacefully administered them over a thirty-year period. If, however, within the thirty years any dispute about them has arisen, or should arise, those who are claiming to be wronged are permitted to bring the case before the provincial synod. If there are any who are wronged by their own metropolitan, let their case be judged either by the exarch of the diocese or by the see of Constantinople, as has already been said. If any city has been newly erected, or is erected hereafter, by imperial decree, let the arrangement of ecclesiastical parishes conform to the civil and public regulations.

    18

    The crime of conspiracy or secret association is entirely prohibited even by the laws of the land; so all the more properly is this forbidden in the church of God. So if any clerics or monks are found to be either forming a conspiracy or a secret society or hatching plots against bishops or fellow clergy, let them lose their personal rank completely.

    19

    We have heard that in the provinces the synods of bishops prescribed by canon law are not taking place, and that as a result many ecclesiastical matters that need putting right are being neglected. So the sacred synod decrees that in accordance with the canons of the fathers, the bishops in each province are to foregather twice a year at a place approved by the bishop of the metropolis and put any matters arising to rights. Bishops failing to attend who enjoy good health and are free from all unavoidable and necessary engagements, but stay at home in their own cities, are to be fraternally rebuked.

    20

    As we have already decreed, clerics who are serving a church are not permitted to join a church in another city, but are to be content with the one in which they were originally authorised to minister, apart from those who have been displaced from their own country and been forced to move to another church.

    If subsequent to this decision any bishop receives a cleric who belongs to another bishop, it is decreed that both the received and the receiver are to be excommunicate until such time as the cleric who has moved returns to his own church.

    21

    Clerics or layfolk who bring allegations against bishops or clerics are not to be admitted to make their charges without more ado and before any examination, but their reputation must first be investigated.

    22

    It is not permitted for clerics, following the death of their own bishop, to seize the things that belong to him, as has been forbidden even by earlier canons. Those who do this risk losing their personal rank.

    23

    It has come to the notice of the sacred synod that certain clerics and monks who have no employment from their own bishop and have sometimes even been excommunicated by him, are frequenting imperial Constantinople and spending long periods there causing disturbances, upsetting the ecclesiastical establishment and ruining people's homes.

    So the sacred synod decrees that such people are first to be warned by the public attorney of the most holy Constantinopolitan church to get out of the imperial city; and if they shamelessly persist in the same kinds of behaviour, they are to be expelled by the same public attorney even against their will, and are to betake themselves to their own places.

    24

    Monasteries once consecrated in accordance with the will of the bishop are to remain monasteries in perpetuity, and the effects which belong to them are reserved to the monastery, and they must not be turned into secular hostelries. Those who allow this to happen are to be subject to the canonical penalties.

    25

    According to our information, certain metropolitans are neglecting the flocks entrusted to them and are delaying the ordination of bishops, so the sacred synod has decided that the ordination of bishops should take place within three months, unless the period of delay has been caused to be extended by some unavoidable necessity.

    If a metropolitan fails to do this, he is to be subject to ecclesiastical penalties. The income of the widowed church is to be kept safe by the administrator of the said church.

    26

    According to our information, in some churches the bishops handle church business without administrators; so it has been decided that every church which has a bishop is also to have an administrator, drawn from its own clergy, to administer ecclesiastical matters according to the mind of the bishop concerned so that the church's administration may not go unaudited, and that consequently the church's property is not dispersed and the episcopate not exposed to serious criticism.

    If he does not comply with this, he is to be subject to the divine canons.

    27

    The sacred synod decrees that those who carry off girls under pretext of cohabitation, or who are accomplices or co-operate with those who carry them off, are to lose their personal rank if they are clerics, and are to be anathematised if they are monks or layfolk.

    28 [in fact a resolution passed by the council at the 16th session but rejected by the Pope]

    Following in every way the decrees of the holy fathers and recognising the canon which has recently been read out--the canon of the 150 most devout bishops who assembled in the time of the great Theodosius of pious memory, then emperor, in imperial Constantinople, new Rome -- we issue the same decree and resolution concerning the prerogatives of the most holy church of the same Constantinople, new Rome.

    The fathers rightly accorded prerogatives to the see of older Rome, since that is an imperial city; and moved by the same purpose the 150 most devout bishops apportioned equal prerogatives to the most holy see of new Rome, reasonably judging that the city which is honoured by the imperial power and senate and enjoying privileges equalling older imperial Rome, should also be elevated to her level in ecclesiastical affairs and take second place after her.

    The metropolitans of the dioceses of Pontus, Asia and Thrace, but only these, as well as the bishops of these dioceses who work among non-Greeks, are to be ordained by the aforesaid most holy see of the most holy church in Constantinople. That is, each metropolitan of the aforesaid dioceses along with the bishops of the province ordain the bishops of the province, as has been declared in the divine canons; but the metropolitans of the aforesaid dioceses, as has been said, are to be ordained by the archbishop of Constantinople, once agreement has been reached by vote in the usual way and has been reported to him.

    29 [an extract from the minutes of the 19th session]

    The most eminent and illustrious officials asked: What does the sacred synod advise in the case of the bishops ordained by the most reverend Bishop Photius and removed by the most reverend Bishop Eustathius and consigned to be priests after losing the episcopacy? The most reverend Bishops Paschasinus and Lucentius and the priest Bonifatius, representatives of the apostolic see of Rome, replied: It is sacrilege to reduce a bishop to the rank of priest. But if whatever cause there is for removing those persons from the exercise of episcopacy is just, they ought not to occupy the position even of a priest. And if they have been removed from office and are without fault, they shall be restored to the episcopal dignity. The most reverend archbishop of Constantinople, Anatolius, replied: If those who are said to have descended from the episcopal dignity to the rank of priest have been condemned on what are reasonable grounds, they are clearly not worthy to hold even the office of a priest 。

    But if they have been demoted to the lower rank without reasonable cause, then as long as they are seen to be innocent, they have every right to resume the dignity and priesthood of the episcopacy .

    30 [an extract from the minutes of the 4th session]

    The most eminent and illustrious officials and the exalted assembly declared: Since the most reverend bishops of Egypt have up to now put off subscribing to the letter of the most holy Archbishop Leo, not because they are in opposition to the catholic faith, but because they claim that it is customary in the Egyptian diocese not to do such things in contravention of the will and ordinance of their archbishop, and because they consider they should be given until the ordination of the future bishop of the great city of Alexandria, we think it reasonable and humane that, retaining their present rank in the imperial city, they should be granted a moratorium until such time as an archbishop of the great city of Alexandria is ordained.

    Most reverend Bishop Paschasinus, representative of the apostolic see, said: If your authority demands it, and you order that some measure of kindness be shown them, let them give guarantees that they will not leave this city before Alexandria receives its bishop. The most eminent and illustrious officials and the exalted assembly replied: Let the resolution of the most holy Bishop Paschasinus be upheld. So let the most reverend bishops of the Egyptians maintain their present rank and, either providing guarantees if they can, or pledging themselves on solemn oath, let them await the ordination of the future bishop of the great city of Alexandria.


    Introduction and translation taken from Decrees of the Ecumenical Councils , ed. Norman P. Tanner

    Also, see:
    Ecumenical Councils


    で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


    電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

    メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです