エフェソス公会議

総合案内

エフェソスの評議会( 431 ) 、第3のキリスト教教会協議会エキュメニカルためには重要な位置をして、独断的な令は、聖母マリアには、天の階層とは、イエスキリストの性質の権化。

招集されることがテオドシウス2世東ローマ帝国皇帝が法王の承認を得てセレスタインに対応するためには私の教えnestoriusメアリーと見なされることにのみ、 "キリストの母"ではなく、 "神の母" ( nestorianismを参照してください) 。

長期にわたる議論の後も継続的に協議会終了後、法王の担当者には、シリルアレクサンドリアのは、合意に達したの名称で、 "神の母は、 "理事会で正式に定められた、すべて承認された。

洗練された理事会でも、その教義は、人間と神の側面に、イエスは、今すぐ宣言して2つの別々の性質にかかわらず、キリストユナイテッド完璧です。

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
449別の理事会では、歴史上知られてlatrociniumとしては、会議や強盗、エフェソスで出会った。

eutyches教説を承認したことは、その後にされた死刑囚は、評議会( 451 ) chalcedon 。

t. tackett

エペソ

高度情報

地方総督のエフェソスはアジアの首都、これは、小アジア西部です。

それは主として植民地アテネからです。

ローマ人への手紙のときにはそれ口径のタイトルが"と、最初のアジア最大のメトロポリスです。 "

それは、著名な寺のダイアナ( qv ) 、そこが彼女たちのチーフ神社;とその劇場では、世界最大規模で、観客50000能力が含まれています。

それは、すべての古代劇場のように、空をオープンしています。

ここに展示された野生動物たちのけんかや獣の男性がいる。

( comp. 1うわっ。 4時09分、 9時24分、 25 ;午後3時32分です。 )多くのユダヤ人がこの都市に居住して、そしてここでは、種子の作付面積の直後に福音ペンテコステ( 2時09行為; 6 : 9 ) 。

2番目に近いのは、彼の宣教の旅(約51の広告)は、ギリシャからの復帰時には、シリアポール( 18:18-21 ) 、彼は最初にこの街を訪れています。

彼は、しかし、ほんの短い時間のために、彼は急いでごちそうを保つのは、おそらく、聖霊降臨日、エルサレム;しかし、彼の左アクイラとプリシラ後ろ手にして仕事を運ぶの福音広がっている。

期間中、 3番目のポールに達したエペソからの宣教師の旅"アッパー海岸" ( 19時01行為)は、すなわち、内陸の部分から小アジア、そしてここでは約3年間滞在;そして今は彼の成功と豊富な労働は、 "すべての彼らが住んで、アジアの主イエスの言葉を聞いたのは、ユダヤ人とギリシアの両方" ( 19時10分) 。

おそらく、この期間中に設立された7つの教会の黙示録、パウロの個人的な労働ではなく、誰でも彼宣教師によって送られる可能性があるからエフェソス、影響力に変換されると、自宅に戻っています。

彼の旅から帰国して、ポールに触れたミレトスでは、いくつかの南三十マイルエペソ(行為20:15 ) 、および送信するためのエフェソスpresbyters彼に会うが、彼は配達をして別れを告げることに触れる行為電荷が記録され20:18-35 。

エペソ再び言及ではないのポールを閉じるまでの人生の近くには、書き込みをしたときのティモシーexhorting彼に"まだエフェソスに従う" ( 1ティム。 1時03分) 。

2つのポールの仲間、 trophimusとtychicus 、先住民のは、おそらくエフェソス(行為20 : 04 ;午前21時29分; 2ティム。 4時12分) 。

彼の2番目の信徒へのティモシー、ポールが喋るオネシファラスとしての彼には多くのことをすることを配布エフェソス( 2ティム。 1時18分) 。

彼はまた、 " tychicusを送ったエペソ" (午前4時12分) 、多分に出席して教会の利益のためにある。

エフェソスは、すでにこの2倍の黙示録( 1時11分; 2:1 ) 。

使徒ヨハネは、伝統によると、長年の間で過ごしたエフェソスは、彼が死亡したとはどこに埋まっています。

このサイトの団体名で有名なこの街は今一度によって占有されてトルコの小さな村、 ayasaluk 、これは、不正行為と見なされる2つのギリシャ語の単語は、 hagios theologos ;すなわち、 "聖なる神"と述べた。

(イーストン図解辞典)

評議会のエフェソス-4 31広告

高度情報

目次

  1. 導入

  2. 2番目の手紙をシリルnestorius -承認

  3. 2番目の手紙をnestoriusシリル-死刑囚

  4. 3番目の手紙をシリルnestorius -承認

  5. 反対の判断nestorius

  6. 宗教会議の書簡については、除名の東部司教(らです。 )

  7. 信仰の定義では、ニカイア[ 6回のセッション7月22日431 ]

  8. 定義に対する不敬messaliansまたはeuchites

  9. 分解能:司教は、自らの行為の可能性キプロスordinations

  10. 公式の労働組合との間にジョンのアンティオキアcyrill

  11. シリルヨハネの手紙を平和についてのアンティオキア

  12. 評議会からの抜粋chalcedonシリルを受け入れ、ヨハネの手紙のアンティオキア平和についてです。

導入

nestorius 、非難されていた評議会は、 8月11日にローマで430 、皇帝テオドシウス2世の要請を召喚し、この協議会です。

したがって、天皇を召喚することを決めたと一緒に彼の共同皇帝ウァレンティニアヌス3世との契約書の法王セレスタイン私です。テオドシウスの手紙11月19日の430のすべての要求を召喚していた者たちにプレゼントして6月7日で431エフェソスは、宴会の聖霊降臨。

6月22日には、しかし、

  • が到着する前に、ローマのいずれかのlegatesや東部のアンティオキア司教率いるジョンは、

  • シリルアレクサンドリアの理事会が始まった。

  • 3回召喚nestoriusが来ることができなかった。

  • 教えることは、彼の判断を可決することを検討し、これをまとめて申し込んで197司教や他後で受け入れた。

    その後すぐにジョンのアンティオキアに到着したとのeasterners :彼ら聖体拝領を拒否してセットアップすると別の審議会シリル。 legatesローマ ( arcadiusの司教、司祭とprojectusとフィリップ)は、到着して、確定判決と合流シリル nestorius反対です。

    その後、理事会は、 5番目のセッションで7月17日ジョンと彼の党excommunicated 。

    cyrilline文書は、評議会は、これ 1つしかエキュメニカルは、以下のとおりとは、以下の通りが含まれています。

    1. 中央審議会は、独断的な行動をするかどうかの判断については、第2の手紙をnestoriusシリル、またはシリルnestoriusの第二の手紙を、適合していたが読誦されたニカイア信条の冒頭で、理事会の議事。

      現在地の両方を印刷します。

      シリルの手紙には、前に言及したのは、定義chalcedon 。

    2. 12 anathemasの 説明は、前の手紙は、 シリル産生されるとされていた会議に送られるnestorius アレキサンドリアで430とは、 読んでいたエフェソスや手続きに含まれています。

    3. この決定についてnestorius 。

    4. この書簡は、理事会の勧告のすべての司教は、聖職者や国民の非難については、ジョンのアンティオキア;およびいくつかの段落を扱うネストリウス派の党の規律のです。

    5. 法令には、信仰は、承認済みの6番目のセッションでは、 7月22日、これを確認したニカイア信条は、順守を指示して一人で、新しい信条の生産を禁じた。

    6. messaliansに反対するのかを定義しています。

    7. 法令には、教会の自律性については、キプロス。

    両方の協議会に送られるlegatesテオドシウス皇帝は、どちらも、送信者の承認司教去った。

    許可を与えられたnestorius再訪されていた彼のアンティオキア修道院では、 10月25日としていた431マクシミアヌスで定められたコンスタンティノープル総主教。 令は、評議会のシクストゥス3世によって承認された直後に、自分の聖職授与式を7月31日432 。

    cyrilline党との間の和解東部の司教容易ではない。

    最後には、 4月23日に433 、シリルとジョンの前に平和アンティオキア。

    ジョンの職業が受け入れられるシリルの信仰と教義上の公式の労働組合になった含まれることはここでは、 シリルの手紙と一緒に、彼はいくつかの長さを褒めるジョンの職業とすることを承認し、いくつかの説明を追加して、自分の表現について;この手紙chalcedonの定義記載されています。

    その後すぐには、おそらく、 436 、 nestoriusは間違いなく、天皇亡命した。

    ギリシャ語から英語への翻訳は、テキスト、これは、もっと権威のバージョンです。


    2番目の手紙をnestoriusシリル

    [宣言されたエフェソスの評議会で合意されてニカイア]

    シリルあいさつで、主に送信して、最も尊い宗教と仲間-大臣nestorius

    私たちはいくつかありますが、理解して話を軽率には、お客様の評判にも私で畏敬の念を持って、事件時にはこれは、頻繁に権限を与えている人たちのミーティングの機会です。

    私が思うに、彼らの希望をこのようにして大喜びして海外に耳を野放しに広がるように表現した。

    彼らは人々が苦しんで間違っていないが、私が露出された自分の利益のために、 1つ目の不自由なので、彼は貧しい人々を抑圧し、第二刀ドリューなぜなら、彼は彼の母親は、 3分の1の誰かのために彼はお金を盗んだしもべと共謀して、その後に住んでは、このような願望としての名声を1つ1つは、ほとんどの最悪の敵です。

    私の残りと意図していないこの問題について、もっと多くの言葉を自慢しないようにするために自分自身の凡人の上に私の先生とマスタまたは上記の父親です。

    しかし自分のために生きてみてください可能性は、悪意を逃れることは不可能には邪悪な人々に、その口いっぱいののろいとは、苦味と自身を守るためには誰が判断する前に、すべてのです。

    しかし、私に救いを求めるより、件名や着付けを思い出していただくとして、自分の弟で、キリストはいつもあなたを非常に気にするようにしている人、と言う点では、お客様の指導思想と信仰しています。

    ことを念頭に置く必要がscandaliseこれらの小さなものでも1つのキリストを信じるの蓄えを開くと怒りを我慢できない。

    場合には、痛めている人の数は非常に大規模な、そしてすべてのスキルを使用すると必ずしなければならない不祥事ケアを削除すると、健全な単語を詳しく説明して人々の信仰の真理を求める。

    最も効果的な方法でこの目的を達成するために熱心に占拠されると、自分自身の言葉で、聖なる父は、彼らの言葉を尊敬して、私たちの言葉を検討している場合を参照してください我々は彼らの信仰として保有して書かれたことは、私たちの考えに合致して申し分のない自分の正しいと教えています。

    神聖と偉大な会議は、このため、記載して

  • 1 。

    生まれた息子だけでは、神のひとり子の父親によると、自然は、真の神からの真の神は、ライトからの光は、一人の父親の前にすべてのことを通して、来たダウン、化身が、男は、

  • 2 。

    苦しんで、バラして3日目に天国へと昇っている。

  • 1 。

    これらの言葉を我々もすべきだとこれらの教えに従うことを考慮するとは何を意味するからと言って、神の言葉が肉となった男だ。

    そんなこと言わないで、我々のための性質の単語が変更となったの肉でもしていた男に変えられて全体の体と心を作った。

    むしろ私たちの主張は、言いようのない言葉は、自分自身を信じられない態度ユナイテッドhypostatically肉魂の合理的な活性化される、と呼ばれるようになった男とは、男の息子は、神の意志だけではなく、良い喜びや、また、想定される人一人です。

    という、 2つの異なる性質を形成するために集まる団結して、 1つの両方から立ち上がったキリストは、自分の息子がいます。

    それはまるで、よく知られていないが、労働組合の性質によって破壊されたが、神と人類の共同主の前に、 1つ1つの完璧なキリストのために私たちは、不思議と一緒に組み合わせることを意味ありげに団結を形成する。

    そこで彼の人の存在は、父と子を生まれる前には、すべての年齢層にもよるとしてきた人間の肉のひとり子によると、女性は、自然のいずれかを始めていることなく、神の存在は、聖処女、または必要なことはそれ自体が、 2番目以降はbegetting父親からです。

    (不条理と愚かなことを話すのは、自分たちの前に存在するすべての年齢の父親とは永遠に共存して、 2番目の始まりとなるようにする必要が存在します。 )という言葉が生まれたといわれて肉によると、私たちのために彼は私たちの救いとはどのような人間に自分自身hypostaticallyユナイテッドと来た女性から来たりする。

    最初に生まれたのではなかったために彼は、聖なる処女は、一人の男のように私たちは、その言葉を降りて、それから彼;しかし、母親の胎内から、非常にユナイテッドそれから彼はとてもbegettingによると、肉を受けて、彼自身のbegetting自分の肉体だ。

  • 2 。

    我々のようなやり方で言うとバラを患っていることではなく、神のみことばにピアスをして苦しんで殴られたり爪やその他の傷は、自分自身の性質(神のためには、体がなく、苦痛はできない) 、しかし、自分の体のために苦しんでこれらのものになった、と彼は、かれらのために私たちが苦しんでいる。

    彼は苦しみをせずに、自分の体の中に苦しんでいる。

    彼は本当の死にかけているようだ。

    自然を神のみことばによっては、それ自体が不滅と清廉潔白な生活と生命を与えると、しかしその一方で、自分の体を神のお恵みでは、使徒としては、死を味わうためにも、その言葉にあるといわれ苦しんで私たちの死のためではなく、自分自身としては彼の死を経験した場合に限り、自分の性格が心配(薄手の狂気と言うことだろうかと思う) 、しかし、理由は、私が今言ったことは、彼の死肉を味わった。

    これもまた、肉が提起された時、彼の人生には、我々を参照しているとして、この彼の復活ではなく、まるで彼が落ちてしまったの腐敗-神を禁じる-しかし、彼の遺体が提起されたためだ。

    だからわたしたちは、キリストを告白すると1つの主です。

    その男を崇拝することはありませんという言葉と共に、どのような外観の分裂を避けるためにその言葉を使って"を"です。

    しかし、我々の一つとして彼を崇拝と同じですが、体のためではないという言葉以外には、その席で、彼の父のそばには、再びそこはまるで一緒に装着された2人の息子が1つだけ、ユナイテッドで、自分の肉体。 もし、しかし、我々労働組合として沈下を拒否するかのどちらか不可能愛らしくないすぎる言葉のため、我々の誤謬に陥るといえば、二人の息子です。

    我々の両方を有するものとを区別して話すのは、人間として尊敬して息子のタイトルは、神のみことばとは、自然を所持したとして、名前と現実との息子であることは、それぞれ自分のやり方です。

    私たちは、そのため、 2人の息子に分割され、 1つの主イエスキリストです。

    このような方法を提示するアカウントは、正しい信仰されるかなり助けにならないにもかかわらず、いくつかのことを話す人は、労働組合です。

    啓典をユナイテッドその言葉ではないと言うのを自分一人の男の人が、それは彼の肉です。

    その言葉の意味になる肉partakeのほかの何よりも彼のことよりも生身の人間のように私たち;彼のおかげで私たちの体自身の、そして一人の男が来たりするから彼の神女なしで鋳造さておき、あるいは彼の父親の世代からの神ではなく、彼の彼はどのような仮定の残りの肉です。

    これは、真の信仰は、どこでもアカウントを公言した。

    だからわたしたちの祖先と考えられ、聖なる見つけることです。

    だからかれらを呼んで敢えて聖処女は、 神の母ではなく、まるで彼の性格は、単語や神性を受け取ったが、その起源は、聖処女からは、彼女が彼のためにそこから生まれたボディ合理ensouled神聖で、これとは、その言葉はhypostaticallyユナイテッドによると、肉が生まれた。

    これらのことを書いている今のうちに、キリストの愛exhortingとして、あなたの前にキリストの弟と通話する場合や天使の選出は、これらを開くことを教えることで、私たちは、平和を維持するためには、教会やプリーストは、神の可能性切れ目のないままに、愛のきずな呼応しています。


    2番目の手紙をnestoriusシリル

    [非難される評議会エペソ]

    送信nestoriusあいさつで、主に、最も宗教牧師仲間とシリル-大臣。

    私通り越す、我々に対する侮辱して臨時の手紙に含まれています。

    彼らは、私が思うに、私の忍耐力によって治癒されたとされる答えは、どのイベントでは、時間の経過です。

    1つの問題は、しかし、沈黙することはできません私は、その場合には、沈黙が非常に危険だ。

    その点に関しては、したがって回避longwindedness限り私は、私は簡単な試みとして自由に議論してみてから反発し、できるだけ無名の未消化と冗長です。

    わたしは賢明な発言を開始してから、畏敬の念を、逐語的にダウンして設定します。

    その後は、どのような言葉で表現して顕著な指導を見つけるか?

    "神聖な国とは、偉大な宗教会議にのみ生まれた息子は、父親によると、神のひとり子の性質は、真の神からの真の神は、ライトからの光は、一人の父親の前にすべてのことを通して、来たダウン、化身になった、男は、苦しんでは、バラのです。 "

    これらは、あなたの言葉を認識する場合があります畏敬の念としています。

    今私たちが言うことに耳を傾ける、これまでのフォームには、兄弟の勧告を尊重する気持ちは、どのタイプの偉大な使徒パウロは彼の最愛のティモシーアドレッシングでは例: "に出席して、国民の啓典を読んで、説教し、指導しています。そうすることによってあなたのために自分との両方を保存して耳をかす" 。

    教えてくれ、どのような"出席"とはどういう意味ですか?

    読書の浅さは、これらの方法では、伝統の聖なる男性(あなたが許せる有罪の無知)は、かれらによると、この言葉を締結して誰が永遠に共存していた父親passibleしている。

    彼らの言語より密接にしてください見ることは、神を知ることは決して合唱団の父親によると、同本質は、有能な神性の苦しみ、またはその全体が永遠に共存していることがこのほど、生まれで、父は、再び上昇することや、というのがわかるとされていたという大義自体は、復活の寺院を破壊した。

    私の兄弟のような言葉を適用した場合の薬としては、わたしは、聖なる父の言葉を設定する前に、彼らは自由に対する中傷から、かれらを介して、聖書に反対しています。

    "私は信じる"と、かれらは、 "わたしたちの主イエスキリストの中でも、彼の息子のひとり子のみ" 。

    最初のレイの基盤としてどのように彼らを参照してください"主"と"イエス"と"キリスト"と"ひとり子のみ"と"息子"は、その名が共同して、神と人類に属しています。

    それからかれらはその基礎を築くの伝統の復活と情熱の権化とします。

    このように、名前を付けてそれぞれの性質が共通して、彼らを分離するつもりな表現を避けるために適用されると息子であることを免れる支配すると同時に、独特のキャラクターを破壊する危険性の性質を吸収して、 1つのタイトル"息子" 。

    このポールは、彼らの教師たちは、神になるとき、彼はよく覚えて男の願いを導入し、その後の苦しみは、最初に言及"キリスト"と、これは、私が今言ったことは、共通の名前は、両方の性質を持つ式を追加し、次に両方の性質には、適切な。

    彼は言うためにはどのような機能ですか?

    "これが自分自身の心の中で、イエスキリストはあなたたちにかかわらず、彼は神の形で、平等にカウントしていないことを神に把握する" 、といったようになるまでは、 "彼は死に至る従順でも、死十字架上で" 。

    のために言及したとき、彼は、死については、誰かを防止すると仮定して、神の言葉を受けた、と彼は言います。 "キリスト" 、これは、 1つのタイトルを表現して平気な人との両方の性質passible 、キリストのために呼ばれるかもしれない不穏当なしの両方で平気平気とpassible神性は、自然に自分の体のpassible 。

    私が言えたのはるか上まず第一に、この主題として、これらの聖なる父は、経済について話し合う際には、話すの世代がいないのは、男の息子になる。

    しかし、私の約束を想起して作ったの冒頭に短いのが良いと私の談話では、双方の動きを抑制して私に畏敬の念をして2番目の主題です。

    私にして拍手をして男らしさと神性課の性質とその接続詞で一人の人間だ。

    声明はその神は私にも拍手をしていないという言葉を必要に応じて第二世代の女性から、と告白して、神があなたの苦しみの余地がない。

    このような発言は、真に正統派と同様にすべてのご意見に反対して邪悪な異端については、主の性質です。

    もし、残りを導入する試みがいくつか隠されて不可解な知恵とは、読者の耳に、それは、お客様の鮮明度を決める。

    その後の私の視点でこれらの見解を覆すように最初に来たものです。

    彼らと示唆していた彼の冒頭に無感覚と無能として宣言され、第二世代となる能力が、何らかの理由で苦しんでいたし、新たに作成されると、まるで神の言葉をどのように自然に属していた彼の併用によって破壊されるとしての彼の寺院や人々はそれで十分考慮してsinless寺、これは切っても切れない神の性質から、耐えるはずの誕生と消滅を罪人、または最後にまるでその声の主の信用に値する時ではないことを、ユダヤ人は叫んだ: "を破壊するこの寺で3日間、私は引き上げるとしてください。 ''しなかったと言う彼は、 "私の神性を破壊されると、 3日間で甦ることです。 "

    再び私は、このようにして展開して拘束された時の記憶が私の約束だ。

    だから私に話す必要がありますが、短いのが良い。

    教典は、どこにリコールの経済の主は、苦しみの誕生と喋るのは、人類の神性しかし、キリストのように、 より正確には、神聖なバージン呼ばれるよりも、キリストの母神の母親です。

    これらの言葉を聞くことgospels宣言: "この本は、イエスキリストの世代は、息子のデビッドは、アブラハムの息子である"と述べた。

    それは、神の言葉を明確にして、息子のデビッドではなかった。

    別の目撃者に耳を傾けるの場合は: "ジェイコブジョセフbegetの過去の夫、メアリーは、イエスキリストが生まれた人は、誰がキリストと呼ばれています。 "さらなる証拠を検討する: "今すぐにイエスキリストの降誕をこの方法で行われた。際に婚約していた母親のメアリージョセフは、彼女が子供だったことが判明して、聖霊のです。 "

    しかし、これまで検討してくださる神のひとり子だけでは、生き物の精神ですか?

    なぜ我々に言及する必要があります: "イエスの母があった"とは?

    そして再び何名: "とメアリーは、イエスの母" ;か"と考えていることを彼女は、聖霊" ;や"と、母親と子供を取るエジプトへ逃亡する" ;および"に関する彼の息子さん種子が生まれたのは、デビッドによると、肉"とは?

    繰り返しますが、啓典氏は話すときの彼の情熱: "神を送って、自分の息子に似ているために罪の罪深い肉と、彼は罪で死刑囚の肉" ;そして再び"私たちの罪のためにキリストが死ん"と"キリストの苦労は、肉" ;と、 "これは"ではなく、 "私の神"ですが、 "私の体は、壊れたために" 。

    10000人類の他の表現を目の当たりにしてはいけないと思うが、それは、神の息子を殺したことは、最近入社していたが、肉の性質の神性。

    (そのためにも、主キリストの自称と息子のデイビッド: " 'は、キリストを何だと思いますか?者は、彼の息子ですか? ]かれらは言った彼には、 'の息子デビッド。 'イエスと答えたとしてかれらによると、 'どのようにそれじゃ、それはデビッドの精神に触発されて、彼の電話の主は、 "わたしの主に、主によると、私の右手に座る"?'".彼によると、このように実際によると、肉の息子デビッドが、彼の主によれば、彼は神です。 )寺には、そのための体は、神の息子、寺にはユナイテッドにして神の接続詞が高いとは、どのような受け付けますので、神の性質として、独自のボディに属します。

    このような告白は、崇高な価値があると福音と伝統。

    しかし、その表現を使用する"と受け入れるとして、独自の"プロパティ逓減のようにする方法としては、結ばれた肉は、生まれ、苦しみや埋葬、その心は、それらのマークが迷わせたが、私の弟は、ギリシャ語では、思考や病気でアリウスの狂気のapollinariusというか、あるいは何か他のheresiesこれらよりもさらに深刻だ。

    のために必要なことは惹かれるような名前は、 "妥当性"を作る神の言葉を共有するために、これと同じな礼儀作法には、連邦準備している牛乳では、緩やかな成長では、テロは、彼の情熱と時間を必要とするangelicalお問い合わせください。

    割礼私には言及しないと飢餓の犠牲と汗と、これに属するすべての肉や愛らしいとしては、我々のために行われています。

    しかし、虚偽を適用することが、神とは、このようなアイデアを巻き込む告発のために私たちは私たちの中傷だけです。

    これらは、 伝統の聖なる父です。

    これらは、 聖書の教えです。

    この方法では手紙を書くようにする方法については、信心深い神の慈悲とパワーは、 "これらの職務に練習し、それらに専念するため、進行中のすべての可能性を参照してください。 ''ポールによればこれは何をすべてのケアを見に行くlabouringを持っている人はscandalisedが十分考慮され、私たちはあなたに感謝して、両方のために充てることを考えたことは、神との懸念がここに住む人たちのためにも。理解しておく必要がありますあなたが誤って導かれるいくつかのどちらかここの人が退陣されるための聖務会院manichaeismや聖職者は、自分の説得された。ここで実際には教会が進行すると日常を通してキリストの恵みにはそのような人々が増加して、これらの人のうち、これ見よがしの言葉を叫ぶその預言者は、 "地球に満ちているのは、主としての知識をカバーし、海の水"です。皇としての我々のために、かれらは、大喜びで、光の教義としては、海外でのまん延とは、簡単に言えば、理由同州のすべてのheresiesことは、神との闘い正教の教会では、 1つの可能性を見つけること果たさ詩"の家のソールと弱い弱い成長率と成長の家のデビッドと強い強い" 。

    これは私たちの助言をする兄から弟です。

    "もし誰にも異論が処分される"と、ポールは、我々を介して叫ぶような1つは、 "我々認識していない他の練習は、どちらかの教会の神様" 。

    それらが私と私のすべての同胞団を迎えることで、キリストです。

    5月に引き続き堅調を維持するために祈りをささげ、私たちは、主の最も光栄と崇敬の念を表した。


    3番目の手紙をnestoriusシリル

    [読んでは、評議会の議事に含まれてエフェソスとします。

    我々の手紙の序文を省略]

    我々の1つの神を信じている。

    。 [ニカイア信条]

    次の自白は、すべての点で、聖なる父は、 聖霊が彼ら前にして言えば、かれらは、自分の意見を言うと、次の方向に行くことは、王室の方法として、我々 言って生まれた神のみことばにのみ、本質的には非常に生まれた人は、父親からは、真の神からの真の神は、ライトからの光を介して人と、 1つの天と地のすべてのことは前には、私たちの救済のための排出ダウンして来た彼は自分自身の化身とは前に男です。 これは、

  • 彼は、聖なる処女の肉や前から、自分のことは、我々のように出産を受けてから、彼女の胎内から一人の男と女来たり来ています。

  • 彼は彼がどのような踏ん切りが、生身の人間と仮定にもかかわらず彼は、彼はどのような彼は、神が自然と真実ではない。

  • そんなこと言わないで我々は彼の肉体に電源が入ったりして自然の神性は、神の言葉では表せない言葉は、肉の性質を変更します。

    彼は不変(という言葉)は、いつもと全く変わらないとは、聖書と言うのと同じです。

    目に見えるようにもかかわらず、子供のためにうぶや布、彼は、安らかに眠っている間にも、彼に処女をうんざりさは、全体として満たされた神の創造と彼は、彼の仲間たちbegetの過去過去分詞支配していた。

    神はなしでは、数量や寸法や件名を画定することはできません。

    告白してきた我々に単語を前にして、 1つの肉hypostatically 、そして私たちの息子と1つの崇敬の主は、イエスキリストです。

    彼の部分に分割することはありませんし、神が彼と別の男とは、まるで米国の2つの性質が相互の結束を介してのみの尊厳と権威 ;それは、空の表現しても何もこちらです。

    我々の名前を与えることも1つの意味で、キリストは神のみことばにして彼とは別の女の人が生まれたのは、 1つだけ知っているキリストしかし、我々は、神の言葉からして、自分の肉体の父親です。 として公認していた男私たちは、自分自身にもかかわらず、彼の精神を受け取ることに価値がある人たちはしていないことを測定すると、祝福エバンジェリストとして、ジョンは述べている。

    しかし、我々そんなこと言わないで、神のみことばに住んで、普通の男として生まれ、聖なる処女のためには、されないかもしれませんが、キリストの思想を持った男としての神。

    にもかかわらず"という言葉の中に住んus "で、それによると、キリストに住んでも"身体のすべての膨満の神性"は、我々を理解し、肉になることは、彼の留置態度ではないのと同じ方法で定義されたうちに住むようによると彼は、セインツ 、彼はユナイテッドで自然と電源が入っていないと、彼は肉を留置するような方法としては、我々の魂と言うかもしれませんが、男は、自分自身の体です。

    そのためには1つの主キリストと息子と、この種の接続詞ではないことを神の可能性がある一人の男としての尊厳や権威の団結です。

    名誉の平等を団結さ自体ができない性質です。

    ピーターとジョンは、お互いに対等に敬意を表して、かれらの使徒との両方が神聖な弟子が、かれらは2人ではなく、 1つです。

    どちらかの方法で我々を理解する接続詞の1つ並置されるだけでは不十分であるため、この自然の労働組合です。

    の質問にもまだ相対的に参加することは、私たち自身としては、主に米国には、それは、啓典の言葉が書かれている"と彼の精神" 。

    我々の用語を軽視するというか"接続詞"として不十分な労働組合の考えを表明した。

    コールという言葉からも、神は私たちの父は、神やキリスト主です。

    そのようにして話すの2つに分割して表示されるのは、 1つの主キリストと息子とこのように落ちるかもしれないと我々の責任のもとで、神への冒とく、彼は自分自身の主を神とします。

    のために、我々はすでに氏は、神のみことばユナイテッドhypostaticallyしていたとは、神のすべての肉や宇宙の主よ、しかし、彼自身は、どちらかのマスタースレーブです。

    かというのは愚かなことを考えたりして不敬がこのように話す。

    それは事実だが、彼の父と呼ばれる"神" もかかわらず、 彼は神によって自然と彼自身が、我々の無知ではないという事実を、同時に彼は神のようになった彼はまた、男は、今とは、 対象となる同法によると、それは神の本質にふさわしい男らしされます。

    しかし、彼はどうすれば神になるか、自分自身の主ですか?

    されており、その結果として男性向けギフトフィッティングそれは彼の自己の範囲内で排出することが話題によると、彼は自分自身を神のようにします。

    だから彼がやって来ている間には法の下でそれと同時に自分自身に言えば、法と立法者が神のようだ。

    キリストの際に言えば、我々を避ける表現: "私は彼を崇拝する者は、自分たちのために運ば運ぶ彼は、目に見えない人のために彼は、私が見たの崇拝者の1つだ。 "

    衝撃的なことを言うが、このconnexion : "神の名の株を想定して彼の人と仮定しています。 "

    再びこのように話すの2つに分かれて、男を別々に配置されたキリストと自分自身と同様に、神を下そうとした。

    率直に言って、これを否定する労働組合によると、 1つではないが、他の崇拝の横には、両方を共有することで、タイトルも"神"が、イエスキリストは見なされて1つは、生まれた息子だけでは、 1つの栄誉を崇拝して、彼と一緒に自分の肉体だ。

    We also confess that the only begotten Son born of God the Father, although according to his own nature he was not subject to suffering, suffered in the flesh for us according to the scriptures, and was in his crucified body, and without himself suffering made his own the sufferings of his own flesh , for "by the grace of God he tasted death for all".

    For that purpose he gave his own body to death though he was by nature life and the resurrection, in order that, having trodden down death by his own unspeakable power, he might first in his own flesh become the firstborn from the dead and "the first fruits of them that sleep".

    And that he might make a way for human nature to return to incorruption by the grace of God, as we have just said, "he tasted death for all" and on the third day he returned to life, having robbed the underworld. Accordingly, even though it is said that "through man came the resurrection of the dead", yet we understand that man to have been the Word which came from God, through whom the power of death was overcome. At the right time he will come as one Son and Lord in the glory of the Father, to judge the world in justice, as it is written.

    We will necessarily add this also. Proclaiming the death according to the flesh of the only begotten Son of God, that is Jesus Christ, and professing his return to life from the dead and his ascension into heaven, we offer the unbloody worship [sacrificii servitutem] in the churches and so proceed to the mystical thanksgivings and are sanctified having partaken of the holy flesh [corpus] and precious blood of Christ, the saviour of us all.

    This we receive not as ordinary flesh, heaven forbid, nor as that of a man who has been made holy and joined to the Word by union of honour, or who had a divine indwelling, but as truly the life-giving and real flesh of the Word [ut vere vivificatricem et ipsius Verbi propriam factam .].

    For being life by nature as God, when he became one with his own flesh, he made it also to be life-giving, as also he said to us: "Amen I say to you, unless you eat the flesh of the Son of man and drink his blood" .

    For we must not think that it is the flesh of a man like us (for how can the flesh of man be life-giving by its own nature?), but as being made the true flesh [vere proprium eius factam] of the one who for our sake became the son of man and was called so.

    For we do not divide up the words of our Saviour in the gospels among two hypostases or persons . For the one and only Christ is not dual, even though he be considered to be from two distinct realities, brought together into an unbreakable union. In the same sort of way a human being, though he be composed of soul and body, is considered to be not dual, but rather one out of two. Therefore, in thinking rightly, we refer both the human and divine expressions to the same person. For when he speaks about himself in a divine manner as "he that sees me sees the Father", and "I and the Father are one", we think of his divine and unspeakable nature, according to which he is one with his own Father through identity of nature and is the "image and impress and brightness of his glory".

    But when, not dishonouring the measure of his humanity, he says to the Jews: "But now you seek to kill me, a man who has spoken the truth to you", again no less than before, we recognise that he who, because of his equality and likeness to God the Father is God the Word, is also within the limits of his humanity.

    For if it is necessary to believe that being God by nature he became flesh, that is man ensouled with a rational soul, whatever reason should anyone have for being ashamed at the expressions uttered by him should they happen to be suitable to him as man ? For if he should reject words suitable to him as man, who was it that forced him to become a man like us? Why should he who submitted himself to voluntary self-emptying for our sake, reject expressions that are suitable for such self-emptying? All the expressions, therefore, that occur in the gospels are to be referred to one person, the one enfleshed hypostasis of the Word . For there is one Lord Jesus Christ, according to the scriptures.

    Even though he is called "the apostle and high priest of our confession", as offering to the God and Father the confession of faith we make to him and through him to the God and Father and also to the holy Spirit, again we say that he is the natural and only-begotten Son of God and we shall not assign to another man apart from him the name and reality of priesthood.

    For he became the "mediator between God and humanity" and the establisher of peace between them, offering himself for an odour of sweetness to the God and Father . Therefore also he said: "Sacrifice and offering you would not, but a body you have prepared for me; [in burnt offerings and sacrifice for sin you have no pleasure]. Then I said, 'Behold I come to do your will, O God', as it is written of me in the volume of the book".

    For our sake and not for his own he brought forward his own body in the odour of sweetness. Indeed, of what offering or sacrifice for himself would he have been in need, being as God superior to all manner of sin? For though "all have sinned and fall short of the glory of God", and so we are prone to disorder and human nature has fallen into the weakness of sin, he is not so and consequently we are behind him in glory. How then can there be any further doubt that the true lamb was sacrificed for us and on our behalf? The suggestion that he offered himself for himself as well as for us is impossible to separate from the charge of impiety . For he never committed a fault at all, nor did he sin in any way. What sort of offering would he need then since there was no sin for which offering might rightly be made?

    When he says of the Spirit, "he will glorify me", the correct understanding of this is not to say that the one Christ and Son was in need of glory from another and that he took glory from the holy Spirit, for his Spirit is not better than he nor above him.

    But because he used his own Spirit to display his godhead through his mighty works, he says that he has been glorified by him, just as if any one of us should perhaps say for example of his inherent strength or his knowledge of anything that they glorify him.

    For even though the Spirit exists in his own hypostasis and is thought of on his own, as being Spirit and not as Son, even so he is not alien to the Son. He has been called "the Spirit of truth", and Christ is the truth, and the Spirit was poured forth by the Son, as indeed the Son was poured forth from the God and Father. Accordingly the Spirit worked many strange things through the hand of the holy apostles and so glorified him after the ascension of our lord Jesus Christ into heaven. For it was believed that he is God by nature and works through his own Spirit. For this reason also he said: "He (the Spirit) will take what is mine and declare it to you". But we do not say that the Spirit is wise and powerful through some sharing with another, for he is all perfect and in need of no good thing. Since he is the Spirit of the power and wisdom of the Father, that is the Son, he is himself, evidently, wisdom and power.

    Therefore, because the holy virgin bore in the flesh God who was united hypostatically with the flesh, for that reason we call her mother of God , not as though the nature of the Word had the beginning of its existence from the flesh (for "the Word was in the beginning and the Word was God and the Word was with God", and he made the ages and is coeternal with the Father and craftsman of all things), but because, as we have said, he united to himself hypostatically the human and underwent a birth according to the flesh from her womb.

    This was not as though he needed necessarily or for his own nature a birth in time and in the last times of this age, but in order that he might bless the beginning of our existence, in order that seeing that it was a woman that had given birth to him united to the flesh, the curse against the whole race should thereafter cease which was consigning all our earthy bodies to death, and in order that the removal through him of the curse, "In sorrow thou shalt bring forth children", should demonstrate the truth of the words of the prophet: "Strong death swallowed them Up", and again, "God has wiped every tear away from all face".

    It is for this cause that we say that in his economy he blessed marriage and, when invited, went down to Cana in Galilee with his holy apostles.

    We have been taught to hold these things by

  • the holy apostles and evangelists and by
  • all the divinely inspired scriptures and by the true confession of
  • the blessed fathers .

    To all these your reverence ought to agree and subscribe without any deceit. What is required for your reverence to anathematise we subjoin to this epistle.

    Twelve Anathemas Proposed by Cyril and accepted by the Council of Ephesus

    1 。

    If anyone does not confess that Emmanuel is God in truth, and therefore that the holy virgin is the mother of God (for she bore in a fleshly way the Word of God become flesh, let him be anathema .

    2 。

    If anyone does not confess that the Word from God the Father has been united by hypostasis with the flesh and is one Christ with his own flesh, and is therefore God and man together, let him be anathema .

    3 。

    If anyone divides in the one Christ the hypostases after the union, joining them only by a conjunction of dignity or authority or power, and not rather by a coming together in a union by nature, let him be anathema .

    4 。

    If anyone distributes between the two persons or hypostases the expressions used either in the gospels or in the apostolic writings, whether they are used by the holy writers of Christ or by him about himself, and ascribes some to him as to a man, thought of separately from the Word from God, and others, as befitting God, to him as to the Word from God the Father, let him be anathema .

    5 。

    If anyone dares to say that Christ was a God-bearing man and not rather God in truth, being by nature one Son, even as "the Word became flesh", and is made partaker of blood and flesh precisely like us, let him be anathema .

    6 。

    If anyone says that the Word from God the Father was the God or master of Christ, and does not rather confess the same both God and man, the Word having become flesh, according to the scriptures, let him be anathema .

    7 。

    If anyone says that as man Jesus was activated by the Word of God and was clothed with the glory of the Only-begotten, as a being separate from him, let him be anathema .

    8 。

    If anyone dares to say that the man who was assumed ought to be worshipped and glorified together with the divine Word and be called God along with him, while being separate from him, (for the addition of "with" must always compel us to think in this way), and will not rather worship Emmanuel with one veneration and send up to him one doxology, even as "the Word became flesh", let him be anathema .

    9 。

    If anyone says that the one Lord Jesus Christ was glorified by the Spirit, as making use of an alien power that worked through him and as having received from him the power to master unclean spirits and to work divine wonders among people, and does not rather say that it was his own proper Spirit through whom he worked the divine wonders, let him be anathema .

    10 。

    The divine scripture says Christ became "the high priest and apostle of our confession"; he offered himself to God the Father in an odour of sweetness for our sake. If anyone, therefore, says that it was not the very Word from God who became our high priest and apostle, when he became flesh and a man like us, but as it were another who was separate from him, in particular a man from a woman, or if anyone says that he offered the sacrifice also for himself and not rather for us alone (for he who knew no sin needed no offering), let him be anathema .

    11 。

    If anyone does not confess that the flesh of the Lord is life-giving and belongs to the Word from God the Father, but maintains that it belongs to another besides him, united with him in dignity or as enjoying a mere divine indwelling, and is not rather life-giving, as we said, since it became the flesh belonging to the Word who has power to bring all things to life, let him be anathema .

    12 。

    If anyone does not confess that the Word of God suffered in the flesh and was crucified in the flesh and tasted death in the flesh and became the first born of the dead, although as God he is life and life-giving, let him be anathema


    The judgment against Nestorius

    The holy synod said: As, in addition to all else, the excellent Nestorius has declined to obey our summons and has not received the holy and God-fearing bishops we sent to him, we have of necessity started upon an investigation of his impieties. We have found him out thinking and speaking in an impious fashion, from his letters, from his writings that have been read out, and from the things that he has recently said in this metropolis which have been witnessed to by others; and as a result we have been compelled of necessity both by

  • the canons and by
  • the letter of our most holy father and fellow servant Celestine, bishop of the church of the Romans , to issue this sad condemnation against him, though we do so with many tears.

    Our lord Jesus Christ, who has been blasphemed by him, has determined through this most holy synod that the same Nestorius should be stripped of his episcopal dignity and removed from the college of priests.


    Synodical letter about the expulsion of the eastern bishops (et al.)

    The holy and ecumenical synod, gathered together in Ephesus at the behest of the most pious princes, [sends greeting] to the bishops, priests, deacons and the whole people in every province and city.

    When we had gathered together in accordance with the pious decree in the metropolis of Ephesus, some separated themselves from us, a little more than thirty in number. The leader of this apostasy was John, bishop of Antioch, and their names are as follows: First the same John, bishop of Antioch in Syria, [the names of 33 other eastern bishops follow]

    These men, despite the fact that they were members of the ecclesiastical community, had no licence either to do harm through their priestly dignity or to do good, because some among their number had already been deposed. Their support of the views of Nestorius and Celestius was clearly shown by their refusal to condemn Nestorius together with us. By a common decree the sacred synod has expelled them from ecclesiastical communion and deprived them of the exercise of their priestly office, through which they have been able to harm some and help others.

    Since it is necessary that those who were absent from the synod and remained in the country or the city, on account of their own church affairs or because of their health, should not be ignorant of the decisions formulated concerning these matters, we make it known to your holinesses that if any metropolitan of a province dissents from the holy and ecumenical synod and attaches himself to the assembly of the revolters, or should do so later, or should he have adopted the opinions of Celestius, or do so in the future, such a one is deprived of all power to take steps against the bishops of his province.

    He is thereby cast out by the synod from all ecclesiastical communion and is deprived of all ecclesiastical authority. Instead he is to be subjected to the bishops of his own province and the surrounding metropolitans, provided they be orthodox, even to the extent of being completely deposed from the rank of bishop.

    If any provincial bishops have absented themselves from the holy synod and have either attached themselves or attempted to attach themselves to the apostasy, or after subscribing the deposition of Nestorius have returned to the assembly of apostates, these, according to the decision of the holy synod , are to be deprived of the priesthood and deposed from their rank.

    If any clerics either in city or country have been suspended by Nestorius and those with him from their priesthood because of their orthodoxy, we have thought it right that these should regain their proper rank ; and in general we decree that those clerics who are in agreement with the orthodox and ecumenical synod should in no way be subject to those bishops who have revolted or may revolt from it.

    If any clerics should apostatise and in private or in public dare to hold the views of Nestorius or Celestius, it is thought right that such should stand deposed by the holy synod.

    Whoever have been condemned of improper practices by the holy synod or by their own bishops, and have been uncanonically restored to communion and rank by Nestorius or his sympathisers, with their habitual lack of discrimination, such persons we have decreed gain nothing by this and are to remain deposed as before.

    Similarly if anyone should wish in any way to upset the decisions in each point taken in the holy synod of Ephesus, the holy synod decides that if they are bishops or clerics they should be completely deprived of their own rank and if they are laity they should be excommunicated.


    Definition of the faith at Nicaea [6th session 22 July 431]

    The synod of Nicaea produced this creed: We believe ... [the Nicene Creed follows]

    It seems fitting that all should assent to this holy creed. It is pious and sufficiently helpful for the whole world. But since some pretend to confess and accept it, while at the same time distorting the force of its expressions to their own opinion and so evading the truth, being sons of error and children of destruction, it has proved necessary to add testimonies from the holy and orthodox fathers that can fill out the meaning they have given to the words and their courage in proclaiming it.

    All those who have a clear and blameless faith will understand, interpret and proclaim it in this way.

    When these documents had been read out, the holy synod decreed the following.

    1. It is not permitted to produce or write or compose any other creed except the one which was defined by the holy fathers who were gathered together in the holy Spirit at Nicaea.
    2. Any who dare to compose or bring forth or produce another creed for the benefit of those who wish to turn from Hellenism or Judaism or some other heresy to the knowledge of the truth, if they are bishops or clerics they should be deprived of their respective charges and if they are laymen they are to be anathematised.

    3. In the same way if any should be discovered, whether bishops, clergy or laity, thinking or teaching the views expressed in his statement by the priest Charisius about the incarnation of the only-begotten Son of God or the disgusting, perverted views of Nestorius, which underlie them, these should be subject to the condemnation of this holy and ecumenical synod. A bishop clearly is to be stripped of his bishopric and deposed, a cleric to be deposed from the clergy, and a lay person is to be anathematised, as was said before.


    Definition against the impious Messalians or Euchites

    The most pious and religious bishops Valerian and Amphilochius came together to us and made a joint enquiry about the so called Messalians or Euchites or Enthusiasts, or whatever name this appalling heresy goes under, who dwell in the region of Pamphylia. We made investigation and the god-fearing and reverent Valerian produced a synodical document concerning these people, which had been drawn up in great Constantinople in the time of Sisinnius of blessed memory. When this had been read out in the presence of all, it was agreed that it had been well made and was correct. We all agreed, as did the most religious bishops Valerian and Amphilochius and all the pious bishops of the provinces of Pamphylia and Lycaonia, that what had been inscribed in the synodical document should be confirmed and in no way disobeyed, clearly without prejudice to the acts of Alexandria .

    Consequently those anywhere in that province who subscribed to the heresy of the Messalians or Enthusiasts, or who were suspected of the disease, whether clerical or lay, are to come together; if they sign the anathemas according to what was promulgated in the aforementioned synod, should they be clergy they should remain such and if laity they are to remain in communion.

    But if they decline and do not anathematise, if they are presbyters or deacons or hold any other rank in the church, they are to forfeit their clerical status and grade and communion, and if they are laity let them be anathematised.

    In addition, those who have been condemned are not to be permitted to govern monasteries, lest tares be sown and increase. The vigorous and zealous execution of all these decrees is enjoined upon the reverent bishops Valerian and Amphilochius and the other reverent bishops throughout the whole province. Furthermore it seemed good that the filthy book of this heresy, which has been published and is called by them Asceticon, should be anathematised, as being composed by heretics, a copy of which the most pious and religious Valerian brought with him. Any other production savouring of the like impiety which is found anywhere is to be treated similarly.

    In addition, when they come together, they should commit clearly to writing whatever conduces to the creation of concord, communion and order. But if any discussion should arise in connexion with the present business among the most godly bishops Valerian, Amphilochius and the other reverent bishops in the province, and if something difficult or ambiguous crops up, then in such a case it seems good that the godly bishops of Lycia and Lycaonia should be brought in, and the metropolitan of whatever province these choose should not be left out.

    In this way the disputed questions should through their means be brought to an appropriate solution.


    Resolution : that the bishops of Cyprus may themselves conduct ordinations.

    The holy synod declared:

    The most reverent bishop Rheginus and with him Zenon and Evagrius, revered bishops of the province of Cyprus, have brought forward what is both an innovation against the ecclesiastical customs and the canons of the holy fathers and concerns the freedom of all. Therefore, since common diseases need more healing as they bring greater harm with them, if it has not been a continuous ancient custom for the bishop of Antioch to hold ordinations in Cyprus--as it is asserted in memorials and orally by the religious men who have come before the synod -- the the prelates of the holy churches of Cyprus shall, free from molestation and violence, use their right to perform by themselves the ordination of reverent bishops for their island, according to the canons of the holy fathers and the ancient custom.

    The same principle will be observed for other dioceses and provinces everywhere . None of the reverent bishops is to take possession of another province which has not been under his authority from the first or under that of his predecessors. Any one who has thus seized upon and subjected a province is to restore it, lest the canons of the fathers be transgressed and the arrogance of secular power effect an entry through the cover of priestly office . We must avoid bit by bit destroying the freedom which our lord Jesus Christ the liberator of all people, gave us through his own blood. It is therefore the pleasure of the holy and ecumenical synod to secure intact and inviolate the rights belonging to each province from the first, according to the custom which has been in force from of old. Each metropolitan has the right to take a copy of the proceedings for his own security. If any one produces a version which is at variance with what is here decided, the holy and ecumenical synod unanimously decrees it to be of no avail.


    Formula of union between Cyrill and John of Antioch

    We will state briefly what we are convinced of and profess about

  • the God-bearing virgin and
  • the manner of the incarnation of the only begotten Son of God -- For, as we have just said, that creed is sufficient both for the knowledge of godliness and for the repudiation of all heretical false teaching. We shall speak not presuming to approach the unapproachable; but we confess our own weakness and so shut out those who would reproach us for investigating things beyond the human mind.

    We confess, then, our lord Jesus Christ, the only begotten Son of God perfect God and perfect man of a rational soul and a body, begotten before all ages from the Father in his godhead, the same in the last days, for us and for our salvation, born of Mary the virgin, according to his humanity, one and the same consubstantial with the Father in godhead and consubstantial with us in humanity , for a union of two natures took place.

    Therefore we confess one Christ, one Son, one Lord. According to this understanding of the unconfused union, we confess the holy virgin to be the mother of God because God the Word took flesh and became man and from his very conception united to himself the temple he took from her. As to the evangelical and apostolic expressions about the Lord, we know that theologians treat some in common as of one person and distinguish others as of two natures, and interpret the god-befitting ones in connexion with the godhead of Christ and the lowly ones with his humanity.


    Letter of Cyril to John of Antioch about peace

    Having read these holy phrases and finding ourselves in agreement (for "there is one Lord, one faith, one baptism"), we have given glory to God who is the saviour of all and rejoice together that our churches and yours are at one in professing the same faith as the inspired scriptures and the tradition of our holy fathers.

    But since I discovered that there are some always eager to find fault, who buzz around like angry wasps and spit forth evil words against me, to the effect that I say that the holy body of Christ came down from heaven and not from the holy virgin , I thought it necessary in answer to them to say a little about this matter to you.

    O fools, whose only competence is in slander! How did you become so perverted in thought and fall into such a sickness of idiocy? For you must surely know that almost all our fight for the faith arose in connexion with our insistence that the holy virgin is the mother of God . But if we claim that the holy body of our common saviour Christ is born from heaven and was not of her, why should she still be considered God-bearer? For whom indeed did she bear, if it is untrue that she bore Emmanuel according to the flesh? It is rather they who speak such nonsense against me who deserve to be ridiculed. For the holy prophet Isaiah does not lie when he says, "Behold a virgin shall conceive and bear a son and they shall call his name Emmanuel, which is interpreted God with us". Again the holy Gabriel speaks total truth when he says to the blessed virgin: "Do not fear, Mary. You have found favour with God, and behold you will conceive in your womb and bear a son and you will call his name Jesus . For he will save his people from their sins".

    But when we say that our lord Jesus Christ came from heaven and above, we do not apply such expressions as "from above" and "from heaven" to his holy flesh. Rather do we follow the divine Paul who clearly proclaimed: "The first man was of the earth, earthly, the second man is the Lord from heaven".

    We also recall our Saviour who said: "No one has gone up into heaven except him who came down from heaven, the son of man". Yet he was born, as I have just said, from the holy virgin according to the flesh.

    But since God the Word, who came down from above and from heaven, "emptied himself, taking the form of a slave", and was called son of man though all the while he remained what he was, that is God (for he is unchangeable and immutable by nature), he is said to have come down from heaven, since he is now understood to be one with his own flesh, and he has therefore been designated the man from heaven, being both perfect in godhead and perfect in humanity and thought of as in one person.

    For there is one lord Jesus Christ, even though we do not ignore the difference of natures, out of which we say that the ineffable union was effected. As for those who say that there was a mixture or confusion or blending of God the Word with the flesh, let your holiness see fit to stop their mouths. For it is quite likely that some should spread it abroad that I have thought or said such things. But I am so far from thinking anything of the kind that I think that those are quite mad who suppose that "a shadow of change" is conceivable in connexion with the divine nature of the Word. For he remains what he is always and never changes, nor could he ever change or be susceptible of it. Furthermore we all confess that the Word of God is impassible though in his all-wise economy of the mystery he is seen to attribute to himself the sufferings undergone by his own flesh. So the all-wise Peter speaks of "Christ suffering for us in the flesh" and not in the nature of his unspeakable godhead. For in order that he might be believed to be the saviour of all, in accordance with our economic appropriation, as I said, he refers to himself the sufferings of his own flesh, in much the same way as is suggested through the voice of the prophet coming as it were from him in advance: "I gave my back to the smiters and my cheeks to blows; I hid not my face from shame and spitting" .

    Let your holiness be persuaded and let no one else cherish any doubt, that we everywhere follow the opinions of the holy fathers especially those of our blessed and glorious father Athanasius, with whose opinions we differ not in the slightest. I would have added many of their testimonies, proving my opinions from theirs, had I not feared that the length of the letter would be made tedious thereby. We do not permit anyone in any way to upset the defined faith or the creed drawn up by the holy fathers who assembled at Nicaea as the times demanded. We give neither ourselves nor them the licence to alter any expression there or to change a single syllable, remembering the words: "Remove not the ancient landmarks which your fathers have set".

    For it was not they that spoke, but the Spirit of God the Father, who proceeds from him and who is not distinct from the Son in essence . We are further confirmed in our view by the words of our holy spiritual teachers. For in the Acts of the Apostles it is written: "When they came to Mysia, they tried to go to Bithynia and the Spirit of Jesus did not permit them". And the divine Paul writes as follows: "Those who are in the flesh cannot please God. But you are not in the flesh, you are in the spirit, if the Spirit of God really dwells in you. And anyone who does not have the Spirit of Christ does not belong to him".

    When, therefore, any of those who love to upset sound doctrine pervert my words to their way of thinking, your holiness should not be surprised at this, but should remember that the followers of every heresy extract from inspired scripture the occasion of their error , and that all heretics corrupt the true expressions of the holy Spirit with their own evil minds and they draw down on their own heads an inextinguishable flame.

    Since therefore we have learnt that even the letter of our glorious father Athanasius to the blessed Epictetus , which is completely orthodox, has been corrupted and circulated by some, with the result that many have been injured therefore, thinking it both useful and necessary for the brethren, we have despatched to your holiness accurate copies of the original, unadulterated writings which we have.


    Excerpt from the Council of Chalcedon

    The Council of Chalcedon "has accepted the synodical letters of the blessed Cyril, pastor of the church in Alexandria, to Nestorius and to the Orientals , as being well-suited to refuting Nestorius's mad folly and to providing an interpretation for those who in their religious zeal might desire understanding of the saving creed.".


    Introduction and translation taken from Decrees of the Ecumenical Councils , ed. Norman P. Tanner

    Ephesus

    Catholic Information

    A titular archiespiscopal see in Asia Minor, said to have been founded in the eleventh century BC by Androcles, son of the Athenian King Codrus, with the aid of Ionian colonists. Its coinage dates back to 700 BC, the period when the first money was struck. After belonging successively to the kings of Lydia, the Persians, and the Syrian successors of Alexander the Great, it passed, after the battle of Magnesia (199 BC), to the kings of Pergamum, the last of whom, Attalus III, bequeathed his kingdom to the Roman people (133 BC).

    It was at Ephesus that Mithradates (88 BC) signed the decree ordering all the Romans in Asia to be put to death, in which massacre there perished 100000 persons.

    Four years later Sulla, again master of the territory, slaughtered at Ephesus all the leaders of the rebellion. From 27 BC till a little after AD 297, Ephesus was the capital of the proconsular province of Asia, a direct dependency of the Roman Senate. Though unimportant politically, it was noted for its extensive commerce. Many illustrious persons were born at Ephesus, eg the philosophers Heraclitus and Hermodorus, the poet Hipponax, the painter Parrhasius (all in the sixth or fifth century BC), the geographer Artemidorus, another Artemidorus, astrologer and charlatan, both in the second century of the Christian Era, and the historian and essayist, Xenophon.

    Ephesus owed its chief renown to its temple of Artemis (Diana), which attracted multitudes of visitors. Its first architect was the Cretan Chersiphron (seventh to sixth century BC) but it was afterwards enlarged. It was situated on the bank of the River Selinus and its precincts had the right of asylum. This building, which was looked upon in antiquity as one of the marvels of the world, was burnt by Herostratus (356 BC) the night of the birth of Alexander the Great, and was afterwards rebuilt, almost in the same proportions, by the architect Dinocrates.

    Its construction is said to have lasted 120 years, according to some historians 220. It was over 400 feet in length and 200 in breadth, and rested upon 128 pillars of about sixty feet in height. It was stripped of its riches by Nero and was finally destroyed by the Goths (AD 262).

    それは、ユダヤ人とキリスト教を介して最初に導入されたエフェソス。

    オリジナルのコミュニティーは、アポロのリーダーシップのもとに( 1コリンチャンス1時12分) 。

    かれらは、弟子の聖ヨハネバプテスト、アクイラと変換されるとはプリシラ。

    やがて聖パウロは、エフェソスに住んで3年間、新しい教会を確立して整理;を教えるのは、彼がいつもscholaホールの雄弁家や講義- tyrannus (行為19 : 09 )と多くの奇跡が行われています。

    やがて彼は出発する義務が、論議を巻き起こし、結果は、扇動されるゴールドスミスディミートリアスおよびその他のメーカーのために同寺の元votoesダイアナ( 18時24 sqq行為です。 ;午前19時01 sqq 。 ) 。

    その少し後、自分の道をエルサレムで、彼は、年長者には、地域社会のために送られるのをミレトスエフェソスに来ると、かれらに触れて別れのあいさつを命じた(行為20:17-35 ) 。

    エペソ教会コミットしていた彼の弟子、聖ティモシー、市内に自生する植物( 1ティモシー1 、 3 ; 2ティモシー1 、 18 ;午前4時12分) 。

    信徒の聖パウロのエペソ人ではないが、おそらく彼ら宛に直接;円形すぎないのかもしれないが彼にいくつかの教会から送られた手紙です。

    死の逗留とは、使徒聖ヨハネはエフェソス新約聖書には記載されていないが、両方とも証言し、早ければ第2世紀後半irenæusされた聖( adv. haer 。 、 3世、 3世、 4 ) 、 polycrates 、司教のエフェソス(ユーセビアス、シーッ。 eccl 。 、 v 、 21 ) 、アレクサンドリアのクレメンスは、 " acta joannis "で、少し早いとされた聖ジャスティンmontanists 。

    ビザンチンの伝統では常に表示さエフェソスの墓の使徒です。

    もう一つの伝統では、信頼される可能性がありますが、古代少なく、そのシーンは、死をエフェソスの聖マリアマグダレン。

    その半面、聖母マリアの意見は、そこにかかって死亡していない古代の証言;しかし、あいまいなテキストは、しばしば引用符では、評議会のエフェソス( 431 ) 、意味があることだけは、その時点では、聖母教会のエフェソス。

    (参照してくださいラムゼイは、 "エクスポジター"は、 6月に、 1905年にも彼の"アジアの7都市"とします。 )我々学び、さらに、よりユーセビアス( hist. eccl 。 、 v 、 xxiv )は、 3人の娘が、使徒聖フィリップエフェソスに埋葬した。

    約110聖イグナティウスのアンティオキア、スミュルナを続けてきた使徒を迎え、エフェソス教会は、彼の7人に送られることで有名なの書簡の1つです。

    最初の3つの中世紀にもわたって、エフェソスは、アンティオキアの横には、キリスト教、アジアの中心部主任マイナーです。

    190年には、その司教は、聖polycrates 、理事会を開き、復活祭の論争を考慮すると宣言し、自分自身を支持しquartodeciman練習; ephesian教会にもかかわらず、すぐに練習に適合して、この特定の他のすべての教会です。

    キヤノンよう特定して、第6回ニカイア公会議( 325 ) 、確認のために全体を管轄するエフェソスの教会"の司教管区"のアジア地域や市民のマイナー、すなわち、 11人以上の地方教会;すべてのイベントでは、キヤノンの2番目このコンスタンティノポリス公会議( 381 )この権限を正式に認めています。

    しかしコンスタンティノープルはすでに所有権のランクのうち、最初の教会と東方教会は、附属書トラキアしようとして、アジア、そしてポントスです。

    これらのencroachmentsに抵抗は、共通の原因を前にしてアレキサンドリアエフェソス。

    従って我々の司教を見つけると聖シリルサイディングメムノンのエフェソス公会議は、 3番目は、 431で開かれたエフェソスでnestorianism非難し、別のビショップ、スティーブン、 dioscorusをサポートしている、いわゆる強盗で評議会( latrocinium ephesinum ) 、 449 、異端のeutychesこれを承認した。

    しかし、抵抗を克服するのは、評議会は、エフェソスchalcedon ( 451 ) 、二十八の有名なキヤノンの置かれた教会の28の地方行政ポントス、アジア、そしてトラキアの管轄下にあるのコンスタンティノープル総主教のです。

    しかし、 2番目の大都市エフェソスあげたのは、正教会のコンスタンティノープルは、これまで回復しなかったの前に立って、評議会にもかかわらず、 474でポールは、キリスト単性論のアレキサンドリア総主教に復元した古代の権利です。

    エジプトの影響力を保持する責任を負うのは、キリスト単エペソ得た中で、 6世紀;教会の有名な歴史学者、ジョンのアジアでは、当時の司教の1つです。

    エフェソスのメトロポリスの支配当時36副監督は見ています。

    ユスティニアヌスは、その都市の人のまねストリッピングコンスタンティノスで、多くの芸術作品を飾るコンスタンティノープルは、内蔵してある壮大な聖ヨハネ教会の聖体拝領;これはすぐにある有名な巡礼地です。

    エフェソスでは、撮影された655と717のアラブ人です。

    それ以降のテーマは、資本金のthracesians 。

    因習打破の期間中に2つの司教の殉教エペソ苦しんで、テオフィロスhypatiusでは、 9世紀の735とした。

    同じ都市で、熾烈な総合lachanodracon死刑を38から修道院の僧侶たちpeleceteおよびその他の者には、神聖なbithyniaイメージです。

    899転送にして英明でられるレオの聖母の遺物をコンスタンティノープルモードリン。

    1090キャプチャーでは、市のセルジュクトルコによって破壊されると、それが、ビザンティン諸国と再構築することに成功したものは、隣接する丘の聖ヨハネ教会の周りです。

    今後と呼ばれることがよくhagios theologos (聖なる神学者、すなわち聖ヨハネ) 、または、トルコのアヤsolouk (ギリシアには、使徒聖ヨハネ"の神学者" ) ; altelotサイトと呼ばれ、フランス、イタリアアルトluogo 。

    13世紀の初めに、首都圏、 mesaritesニコラスは、会議で重要な役割を持って来て、ギリシア人との間にlatins 。

    略奪されるが、同市に再びトルコでは、 14世紀の最初の数年間は、その後のカタロニア地方の傭兵の給料は、ビザンティン圏では、より多くのトルコといったんだ。

    聖ヨハネ教会はモスクへと姿を変え、そしてその都市を支配されていたトルコameer 、ほとんどの人は、貿易で運ば西側が、それを維持する可能性はもはや、ギリシャの司教。

    ラテン系の司教の統治を参照してください一千三百十八〜一千四百十一。

    エフェソスの遺跡が完成されたのは1403ティムール- lengと、半世紀近くの間で、トルコの内戦マスターズ。

    フィレンツェでは、評議会のときにマークのエフェソス1439 (マーカスeugenicus ) latins見せた自分自身に向かって横柄なので、彼は、牧師の惨めな村は、すべてのことは、偉大な都市では依然と呼ばれるalterumルーメンasiaeいったんpliny 、あるいは2番目アイオブアジア( hist.ナッ。 、 v 、 29 ;もapoc 。 、 2世、 5 ; cf 。 brockhoffウィリアムは、 "エペソvom viertenキリスト教です。 jhdt 。ビスseinem untergang : 、イエナ、 1906 ) 。 solouk今日はアヤ3000住民たちは、すべてのギリシャ人です。それは街の中心、カザのkoush adassi 、またはスミュルナaidenのvilayetのは、約50マイルスミュルナから、スミュルナ- aidin鉄道している。エペソ廃墟の中で、スタンドの下の湿地で不健康な平原の村があり、同寺の遺骨のダイアナは、劇場、観衆25000の容量を持つのは、競技場、体育館の偉大され、 "二重の教会"は、おそらく、古代の大聖堂は、 1つの通路には専用の聖母は、他の聖ヨハネには、 431と449はどこの委員会が開かれた。 manissaでは、ギリシャの首都圏に居住し、古代マグネシア。

    米vailhé書かれた文献の情報です。

    カトリック百科事典は、ボリュームの対日付1909 。

    ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。

    公認は、 09年5月1日です。

    レミlafort 、検閲。

    許可します。

    +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

    文献情報

    木材、エフェソスには、骨董品の取引と関連して、キリスト教の聖書考古学協会は、 6 、 328 ;同文献は、発見数はエフェソス(ロンドン、 1877 ) ; falkener 、エフェソスのアルテミス神殿と(ロンドン、 1862 ) ; arundellは、アジアでの発見マイナー(ロンドン、 1834 ) 、 2世、二四七〜二七二;バークレイ-頭は、歴史の硬貨のエフェソス(ロンドン、 1880 ) ; guhl 、 ephesiaca (ベルリン、 1843 ) ;クルティウス、エフェソス(ベルリン、 1874 ) ; benndorf 、 forschungenでエフェソス(ウィーン、 1905 ) ;シャポ、ラ州ロマインproconsulaire d' asie (パリ、 1904 ) ;グーデ、デecclesiaの複数ephesinae statu aevo apostolorum (パリ、 1732 ) ; cruse -ブリッカー、デstatu ephesiorum広告quos scripsitパウルス(ハノーバー、 1733 ) ;ルカミュでビグ。 、辞書です。

    デラ聖書は、 ephese sv ;ツィンマーマン、エフェソスイムersten christl 。

    jhdt 。

    (ベルリン、 1894 ) : lequien 、 oriens christianus (パリ、 1740 ) 、私は、六七一〜六九四; brockhoff 、 studienツアgesch 。

    デアシュタットエフェソス(イエナ、 1905 ) ;ウェーバーは、ルガイドデュ運び屋にephese (スミュルナ、 1891 ) ; buerchner 、パウリ-ウィッソーワエフェソスでは、実encyc 。 、 sv ;ラムジーは、アジアの7都市(ロンドン、 1907 ) 。


    また、参照してください:


    エキュメニカル協議会

    で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


    電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

    メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです