エレミヤ書、イェレミアス

総合情報

エレミヤ書は、 2番目の主要な預言者以上のコレクションの書籍は、旧約聖書の予言聖書の、その名前から派生whoに住んでanathoth預言者エレミヤは、エルサレム郊外にします。

彼のキャリアを予言レンジから約626紀元前、ジョサイアの治世中には、少なくとも秋にエルサレム(紀元前586 )との国外追放を人口;この時点でジェレマイアが取らされ、残りのユダヤ人社会にエジプトでは、そこで亡くなりましたです。

エレミアのキャリアの受け入れ期間のジョサイアの改革( 626 -6 22紀元前) ;の年間の復活したユダヤ人のナショナリズム( 6 08- 59 7紀元前);の期間の最後の崩壊につながるユダ(5 9 7-5 86紀元前);との時間でエジプトです。

のメッセージをジェレマイアは、 道徳的な改革を呼び出して個人的な関係を確立するため、神と人類の間です。彼の顔を提唱の辞任を政治的、宗教的な危機と創作の倒錯として非難罪です。

彼は緊急を後悔と呼ばれるように、神の転換を新しい創造につながるかもしれない; prefigured彼はこのように、新約聖書の概念は、 "新しい契約です。 "

ダウンロードビリーヴ
フォント ダウンロード宗教
Religiosa
情報
sito web
ダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
たち2300宗教的な科目 のリスト
ダウンロード E-メール
エレミヤ書は、コレクションのことわざを構成するだけでなく、自伝的文章は、 "自白のジェレマイア。 "

かなりの議論が発達して、オリジナルのスクロールを含む種別のエレミアの言葉とは対照的に、スクロールへの書き換え-の両方を書換え組み換えによって、いくつかの歴代エレミアのエディションの予約d euteronomistic期間を通して実行されています。

を再構築する、元のスクロールを詳細にされないように見える可能です。

"自白は、 "おそらく、オリジナルコレクション自身の権利においては、 11:18には、通路に-2 3;午前1 2時0 1分- 6; 1 5 :10;1 7 :14-1 8; 18 : 18-23 ;午前2 0時0 7分- 13 、 14 -1 8日、そしておそらくも1 5:15- 20 。

パラレル、これらの"自白"嘘は、深い悲しみや苦情詩篇を授けた。

エレミアの劇的な内心の葛藤も、現わすことで自分自身を神に投降する彼の闘争です。

加えて、予約を含むいくつかのロイヤルことわざ( 21:13 -1 4;午前2 2時0 1分- 7、 1 0 、1 3 -1 9、 24 - 27 、2 8、 2 9- 3 0) ;を細部のコレクション"に関しては、預言者" ;の1つ楽観的ことわざ;と反対のグループが外国人の国oracles ( 46 -5 1) 。

ジョージワットコート

書誌事項


秒空白の場合は、エレミヤ:男と預言者( 1961 ) ;小fettke 、メッセージを一国の危機:エレミアの予言を紹介して( 1983 ) ;グラムfohrer 、はじめに、旧約聖書の( 1968 ) ; wlホラデイ、 "エレミア預言者ムハンマド、 "通訳の辞書は、聖書のサプリメント( 1976 ) 、エレミヤ1つ( 1986 ) 、ジェレマイア2つ( 1989 ) 、およびジェレマイア:新鮮な読書( 1990 ) ;ジャsoggin 、はじめに、旧約聖書の( 1976 ) 。

エレミヤ書、イェレミアス

簡単な概要

  1. エレミアのオラクル反対する神権政治( 1:1-25:38 )

  2. イベントでの生活をジェレマイア( 26:1-45:5 )

  3. エレミアのoraclesに対する外国人の国、エジプト、 philistines 、モアブ、 ammonites 、エドム、ダマスカス、 kedar 、ハゾル、イーラム、バビロンです。

    ( 46:1-51:64 )

  4. 付録:秋のエルサレムと関連したイベント( 52:1-34 )

    jeremi'ah

    高度情報

    ジェレマイア、または任命さ甦らエホバです。

    (イーストン図解辞書)

    予約のjeremi'ah

    高度情報

    エレミヤ書の構成セクションの分離独立を2003年、 5つの書籍に配置されています。

    Iキーをはじめ、あなたのです。

    1 。

    Ⅱ 。

    reproofsは、ユダヤ人の罪を、 7つのセクションで構成さは、 ( 1 )あなたのです。

    2 ; ( 2 )あなたのです。

    3-6 、 ( 3 )あなたのです。

    7-10 ; ( 4 。 )あなたのです。

    11-13 ; ( 5 。 )あなたのです。

    14-17:18 ; ( 6 。 )あなたのです。

    17:19 -あなたのです。

    20 ; ( 7 。 )あなたのです。

    21-24 。

    Ⅲ 。

    一般的な日のすべての国は、 2つのセクションに、 ( 1 )あなたのです。

    46-49 ; ( 2 )あなたのです。

    25 ;性のある歴史的な付録の3つのセクションに、 ( 1 )あなたのです。

    26 ; ( 2 )あなたのです。

    27 ; ( 3 )あなたのです。

    28日、 29 。

    Ⅳ 。

    2つのセクションの期待を描いてもっと良い時期に、 ( 1 )あなたのです。

    30 、 31 、 ( 2 )あなたのです。

    32,33 ;を付録には歴史的な3つのセクションが追加されましたが、 ( 1 )あなたのです。

    34:1-7 ; ( 2 )あなたのです。

    34:8-22 ; ( 3 )あなたのです。

    35 。

    Vの結論として、 2つのセクションで、 ( 1 )あなたのです。

    36 ; ( 2 )あなたのです。

    45 。

    エジプトでは、間隔を置いた後に、エレミヤには3つのセクションが追加されましたので、 viz 。 、あなたのです。

    37-39 ; 40-43 ;と44 。

    救世主の主な予言が見つかりました23:1-8 ; 31:31-40 ;と33:14-26 。

    エレミアの予言が発見さメモを頻繁に繰り返し、それらの単語やフレーズと同じイメージです。

    それらをカバーする期間は約30年間です。

    彼らはオーダーの時間に記録されていない。

    この本を、いつ、どのような状況の下、現在の形に私たちが知らないことを想定します。

    の70です。

    のバージョンのこの本は、その配列およびその他の明細は、非常に差異が、元のです。

    の70です。

    省略10:6-8 ; 27:19-22 ; 29:16-20 ; 33:14-26 ; 39:4-13 ; 52:2 、 3 、 15 、 28-30 、等約2700の単語をすべては、元のは省略している。

    これらの脱落などは、任意の気まぐれと、および信頼性のバージョンをレンダリングします。

    (イーストン図解辞書)

    イェレミアス

    カトリックの情報

    (預言者ムハンマドです。 )

    イェレミアスの終わり頃に住んで7番目とは、最初の部分は、 6世紀前にイエスキリスト; 、現代のりゅう座とアテネのソロンです。

    は、 627年、 josiasの治世中に、彼は、若々しいと呼ばれる年齢には、預言者、および半世紀近く、少なくとも六二七〜五八五、彼は退屈なオフィスの負担を予言します。

    彼は所属して聖職者(特定の高い聖職者の)ご家族のanathothは、小さな町の北東部の国と呼ばれるエルサレム今すぐanatâ ;しかし、彼は決して実行には聖職者の職務は、寺です。

    彼の予言的な活動のシーンが、短い時間に、彼の故郷の町は、彼の人生の大部分を、エルサレムの大都市と、エルサレムの秋に一度にした後、 masphath (エレミヤ40:6 )とユダヤ人エジプトでの植民地の分散(エレミヤ43:6 sqq 。 ) 。

    彼の名前は、さまざまな語源上の解釈( "ロフティーはjahwah "または" jahwehの礎" ) ;ことが表示されたらまた他の人の名前としては、旧約聖書のです。

    ソースの歴史の彼の人生と時代には、まず第一に、予約の予言軸受彼の名前、および、第二に、書籍の王との歴代志(クロニクル)です。

    これは、接続を取るときにのみ彼の時代の歴史は、外付けコースの人生を、彼の自然の個性を、彼の談話と与党をテーマに理解できる。

    i.期間イェレミアス

    世紀の最後の年の第7回と6番目の最初の数十年に及ぶことによって生じた、一連の政治的な災害を完全に変更されました西アジア国家の条件です。

    は、アッシリア帝国の滅亡、これが完成したのが606征服されたninive 、引き起こされるnechao 2世エジプトを試みるのは、大規模な軍の助けを借りて、痛烈な一撃を攻撃するには、古代の敵を検索するユーフラテス川です。

    パレスチナでの直接のルートは、世界の列強の間に、その時代を検索すると、ナイル川のユーフラテス川、国は、ユダヤ人とされるアクションroused年3月にエジプト軍を通じて、自国の領土です。

    josias 、最後の子孫のデビッド、エルサレムが開始され、道徳的、宗教的改革"という方法のデビッド" 、うちの帳簿は、しかし、無気力されたのは、欲求不満の人々との外交政策は、王のです。

    この試みは事前にjosiasを確認するには、エジプトの費用は、彼の人生彼の戦いmageddo 、 608です。

    4年後、 nechao 、 mageddoの征服は、カルケミシュが殺害された上でのユーフラテス川をnabuchodonosorです。

    その時から固定されたエルサレムの目のnabuchodonosorです。

    最後に、闇の王の玉座のデビッド時、の3つのサンズオブjosias - joachaz 、 joakim 、およびsedecias -急いで彼らの王国の破壊の外交政策の失敗とその反宗教的なあるいは、少なくとも、弱い内部方針です。

    両方のjoakimとsedeciasは、預言者ムハンマドの警告にもかかわらず、イェレミアス、許可しても惑わされる党は、国民を戦争の支払いを拒否してキングオブバビロンの敬意を表しています。

    その後すぐに、王のリベンジの反乱です。

    エルサレムで2番目の大遠征隊は、征服( 586 )と破壊を包囲した後、 18カ月間の戦いが中断されるだけに、エジプト軍の救援です。

    彼の踏み台に踏ん切り主の日に彼の怒りとバビロン捕囚を送信judaです。

    これは、歴史的背景をライフワークの預言者ムハンマドイェレミアス:外交政策の時代に失われた戦闘や他のイベント準備して大惨事;で、内側の生活の時代の人々の改革の試みは失敗し、狂信的な外観政党などの通常同行王国の最後の日間の減少です。

    キングスが、ナイル川とユーフラテス川から剣を交互に家の娘の首には、シオンは、国の指導者は、司祭王となったほか、他の党に携わるスキーム;をシオン党の主導により、偽預言者、勘違いされた迷信的な信仰自体は、 jahwehは、尽きることのない寺のタリスマンは、資本金;を熱狂的に無謀な戦争への耐性がある党の指名手配を整理し、最大限の反対する世界の列強;する党の眼差しが、エジプトのナイル川の救いは、国、および、バビロニア支配に反対を刺激します。

    浮かれる人間の政治、シオンの人々は忘れてしまったの宗教、国民の信頼を神となり、昼と時間を希望して修正するのは、独自の償還によるとします。

    以上のすべての派閥の怒りの杯のワインを徐々に成長率いっぱいになると、最後にルーズされる7つの船舶からの亡命中にバビロニアlaidザネーションの時は、預言者です。

    Ⅱ 。

    ミッションのイェレミアス

    混乱の真っただ中に絶望し、神を恐れぬ政策は、アプローチの破壊は、預言者としてのanathoth立っていた"鉄の柱と壁の真鍮製"です。

    預言者ムハンマドは、 11時間、彼は、ハードの使命は、前夜の大惨事シオンは、神の令を宣言し、近い将来、市と寺転覆すべきである。

    彼の最初の呼び出しからの時間を予言のビジョンを、オフィスで、彼を見た棒の補正は、神の手、彼は聞いた言葉は、主が彼の命令の実行を見守って(私は、 11平方)です。

    そのエルサレムは、定数が損なわれると主張は、 ceterum推定anathoth 、カトーのです。

    彼は人々が登場する前に自分の首をチェーンについて( cf. 27 、 28 )の抜本的なイラストを出すために捕らわれているとチェーンが彼の前から予報です。

    偽預言者の説教の勝利だけの自由と、しかし、主によると: "自由の女神のように剣には、疫病をする、として飢饉" ( 34 、 17 ) 。

    それはとても彼は、次の世代を明確に関与して転覆させるのが彼の王国の創設放棄結婚と家族のために自分自身( 16 、 104 )ため、彼は子供たちを希望する場合は必ず、 who犠牲者の奴隷になるかのように剣や、 babyloniansです。

    彼のcelibacyは、その結果を宣言した彼の信念は、彼の啓示の破壊を与えております。

    したがって、聖書や歴史イェレミアスは対向のカサンドラは、ホメロスの詩、 who予想するトロイの陥落は、信憑性が見つかっていないしかし、自分の家は、まだありませんがあまりにも強い彼女の結婚生活の放棄と確信して彼女の生活のすべての喜びです。

    これと共に最初の仕事は、確実性を証明するのは、大惨事の586 、イェレミアスは2番目の委員会を宣言し、この大惨事は、道徳的な必要性を、耳を宣言することが避けられない結果としての人々の道徳的な罪以来、日間のマナッセス( 2キングス21:10-15 ) ;は一言で言えば、バビロン捕囚を定めるとしての道徳的な、単なる歴史的建造物、事実です。

    頑固なので、それは、国のみが、主のくびきから振り落とされる(エレミヤ2:20 )にする必要がありますくびきの下に頭を下げ、首をbabyloniansです。

    ザネーションを喚起するために、道徳的な無気力から、道徳のための準備をサポートして、主の日は、説教師の説教は、この因果関係を強調anathoth反省の罰との間の接続の罪悪感、単調されるまでになった。

    彼の人々への変換に失敗しました、とこのように完全に顔を背けるの災難よりjerusalem 、にもかかわらず、主の言葉を口にくわえては、いくつかのは、その石の心をハンマーで後悔broke ( 23 、 29 ) 。

    したがって、イェレミアスしかなかった"とルート上、およびを引っぱってくるのダウン" 、彼はまた、前向きな仕事を救い"を構築する、と工場" (私、 10 ) 。

    ざんげの談話で、これらの後者の目的は、宗教上の理由を明らかにイェレミアス道徳的な条件との時間はすべて塗装と同じ暗いトーン: jahwehした後にお問い合わせの司祭はありませんし、指導者自身の人々に奇妙なパスをさまよい;は、預言者予言の名のバール; juda会議室-の代わりになって奇妙な神々の生活の泉に見捨てられた人々が水とは、主に怒りを挑発偶像崇拝と礼拝の高い場所、子供たちを犠牲にされた、冒とくは、安息日、と虚偽の重量です。

    重大度は、談話で、このための最も著しいイェレミアス予言熱弁に対する罪の種類です。

    よく知られて1つの仮説をイェレミアスascribesまた、原作者は、書籍の王です。

    現実に、思想哲学的基礎を形成して、書籍の王とのスピーチを中心とした基礎概念イェレミアスお互いに補完する、 〜だけれども王国の秋には1つにさかのぼるは、王の罪悪感にさいなまれる、とその他にこの罪悪感の人々の参加をします。

    Ⅲ 。

    生活のイェレミアス

    もっと正確に言うと、遠くの画像が保存されているイェレミアスの生活をよりは、他の先見者の生活のあらゆるシオンです。

    それは、切れ目のない鎖の外側と内側の困難を着実に成長し、本物の"恨みごと"です。

    アカウントを予言し、彼の人生は、もはや安全な市民の間で彼の仲間- anathoth (まとめて、 21 sqq 。 ) 、およびがないと言っ教師は、真実を証明する"預言者かれらの名誉は、自分自身の国"です。

    転送時に彼は彼のレジデンスanathothをエルサレムから彼のトラブルの増加、および王国の首都の宣告を受ける彼は肉体的苦痛を学ぶparit Veritasの憎悪(真理を憎悪する自体引き分け) 。

    キングjoakim預言者ムハンマドは決して許して彼を処罰するためのアカウントを脅かす彼の不謹慎なマニアの建物と彼の司法殺人事件: "彼の墓に埋葬しなければならないのロバ" ( xxii 、 13-19 ) 。

    イェレミアス予言を読むときには王の前に、彼はそのような怒りが落ちたのロールを投げたの逮捕を命じられた火災と預言者ムハンマド( 36 、 21-26 ) 。

    主の言葉を入力し、来てバルークjerermiasさせて、彼の言葉を再度ここスクリーブ( 36 、 27-32 ) 。

    預言者は、 2回以上の刑を言い渡されると、チェーンがなく、主の言葉はサイレンサー( 36 、 5 sqq 。 ) ;彼は一度を超えるよう、人間の判断では、死の宣告を受ける、しかし、真ちゅう製の壁のようには、単語の保護にして偉力ならびなき方は、彼の人生の中: "ためらうことはないが。 。 。 。 。かれらは特定勝つ:わたしは、なた、 sayの三人称単数直説法現在形の主よ、なたを提供" (私、 17-19 ) 。

    彼の宗教的意見を維持し、それだけで道徳的な条件の変更が外側に大惨事を改善するための地ならしを、苦味と競合する可能性をbrought彼の国の政党です。

    シオン党は、その迷信の信頼を同寺( 7 、 4 ) 、刺激の人々を開くに反抗してイェレミアス、なぜなら、外側のは、裁判所の門と同寺で、彼の運命を予言する神聖な場所にサイロの家のための主;と預言者ムハンマドは、大きな危険性を手に非業の死は、シオニスト( 26 ;継続前誌です。 7 ) 。

    党の友好にエジプトにのろわれたため、彼は彼の連立与党を非難エジプト、と提示さザキングオブエジプトも杯のワインの怒り( 25 、 17-19 ) ;彼も嫌われるため、エルサレムの包囲を解く中、彼は宣言し、イベントの前に、その期待に配置されたエジプト軍の救援欺まん( 36 、 5-9 ) 。

    愛国党のnoisy calumniated不機嫌な悲観論者としてイェレミアス( cf. 27 、 28 ) 、許可しているためにだまされていたとしての危機の深刻さをして、お世辞の言葉をhananiasのgabaonとその仲間たちと夢の自由亡命者や戦争と平和の中はすでにゲイツ会長は、市街地に接近しています。

    預言者の勧告を受け入れることは避けられないが、自主的申込を選択すると小さな悪弊として絶望的闘争よりも、党としての戦争は解釈さ愛国心が不足しています。

    さらに現今では、いくつかの解説者として希望するイェレミアスに関して自分の国を裏切り者イェレミアス、 whoは、彼の兄弟の最良の友とイスラエルの人々は( 2マッハです。 15 、 14 ) 、彼を感じるように深くみみず腫れと悲痛な彼のネイティブな土地です。

    このように読み込まれるがイェレミアスのすべての政党としての呪いの記憶がおぼろげな国の身代わりにします。

    エルサレムの包囲の中の他の非難を彼は一度に泥まみれの死とスローダンジョン;この時点で、特定の外国人からの救出彼の死( 37 - 39 ) 。

    まだ他の暴力的な戦いよりも、これらの外側の紛争には、預言者ムハンマドの魂をします。

    完全な同情が、国民感情を、彼は彼自身の運命を感じて打ち込んでいるが、全国;それゆえ、ハード使命を発表して彼の人々に影響を受けるで死刑判決を深く;したがって彼の反対の立場を受け入れて、この委員会(私、 6 ) 。

    すべての資源をもたらす予言的な言葉遣いを模索してきた彼は先頭の人々を"旧パス" (六、 16 ) 、しかし、この努力と同じように感じた効果をしようとして彼が"彼の皮膚ethopian変更するか、または、ヒョウ彼の観光スポット" ( 13 、 23 ) 。

    彼は彼の人々の罪を聞いて泣いているので天に復讐し、彼の承認を強制的に表現するの血液の判断に著しい染色市( cf. 6 )です。

    次の瞬間、しかし、彼の主させて祈りをささげるカップ渡すよりjerusalem 、とwrestlesジェイコブのように神に祝福するシオンです。

    魂の偉大さに苦しんでいる人の偉大さが最もはっきりとは、彼の熱情的な祈りの人々 ( cf.特に14 、 7-9 、 19-22 ) 、頻繁に提供された直接の宣言の後に来る激しい罰です。

    彼を知っているとエルサレムの秋には、現場の場所に啓示と救いが破棄されます。

    にもかかわらず、深刻なのは、イスラエルの宗教的な期待を寄せて、彼はまだ、主には、期待して、すべてのことが起こったにもかかわらず、彼の約束を通過させるのために彼の名を入力します。

    主考える"平和の考えではなく、苦悩" 、およびそれらの発見により自分自身にwhoを求める( 29 、 10-14 ) 。

    彼は見たを破壊するとして、同様に時計をビルドするために彼はアップ( 31 、 28 ) 。

    贈り物の予言が表示されない場合にも同様に透明で他の預言者としての生活を心理的な問題と似て個人的な仕事です。

    彼の外側と内側への苦い経験を与えるイェレミアススピーチを中心とした個人的なトーンを強くします。

    2回以上この男は鉄のように彼の精神的なバランスを失う危険に陥っています。

    彼は彼の敵に天罰ダウン( cf. 12 、 3 ; 18 、 23 ) 。

    仕事中は、預言者のように、彼は彼の誕生日の呪い( 15 、 10 ;イグゼクス、 14-18 ) ;彼が生じるように、それゆえ、と説教して石の代わりに、大自然の中: " whoを与えるメイン荒野の中に、宿所。 。 。 。 。と私は私のままの人々 、およびそれらから出発ですか? "

    ( 9世、 2 ;なしで。本文、 9世、 1 ) 。

    ありそうにないことではないのは、喪に服してanathothは、著者の預言者の多くは、いっぱいの激しい非難には詩篇を授けた。

    エルサレムの破壊の後に、イェレミアスはない浮かれるバビロニア亡命をします。

    彼は遅れをとってchanaan 、ぶどう畑のは、無駄なjahweh 、その彼は彼の予言オフィス続けるかもしれない。

    それは確かに殉教の間の生活をしていた国の残りかすに残っている土地です。

    で、後日、彼はエジプトをドラッグして移住ユダヤ人(十-四十四) 。

    伝統によると、最初に記載されテルトゥリアヌス( scorp. 、 viii )在庫、イェレミアスは、石打ちして死亡、エジプトのアカウントを自分自身の同胞を脅かしている彼の談話で来る神の罰( cf.ヘブル人への手紙11:37 ) 、そのために殉教の戴冠人生の試練や悲しみを着実に増加しています。

    イェレミアスはないが亡くなっていたとしてイェレミアスが死亡すると彼は殉教者である。

    ローマの殉教史5月1日に自分の名前を割り当てます。

    子孫を模索してきた彼のコンテンポラリーの罪を償う彼は反対にコミットします。

    バビロン捕囚中にも彼のように見える予言され、亡命者のお気に入りの読書( 2クロニクル36:21 ;エズラ1:1 ;ダニエル9時02分) 。

    ecclusで、後の書籍を比較します。 、 49 、 8平方; 2 maccabees 2:1-8 ; 15:12-16 ;マタイ16:14です。

    Ⅳ 。

    特徴的な資質のイェレミアス

    の描写が2世と3世の人生と仕事のイェレミアス平野の特異性は既に彼のキャラクターです。

    イェレミアスは、預言者の喪や苦しみを象徴です。

    彼の性格から、この区別がisaias 、預言者ムハンマドの救世主と将来のエクスタシー、 ezechiel 、預言者ムハンマドの神秘的な(典型的な)苦しみ、とダニエルは、コスモポリタンの古いrevealerの終末論的なビジョンを約束します。

    預言者に属しないので即時全面的に彼の年齢と彼の周辺は、預言者とはとてもめったにないの精神に輸送さわびしいから神の存在よりも明るい未来を預言者の哀悼の意をanathothです。

    その結果、他の預言者の生活のない彼の時代の歴史を反映してこれとしての生活を生き生きとイェレミアスを反映して、すぐに先行し、バビロン捕囚時間です。

    、陰鬱な、うつ状態の精神overshadows彼の人生は、同じように悲観的な光の洞窟のoverhangsイェレミアスは、エルサレム北部のです。

    ミケランジェロのフレスコ画では、システィーナ礼拝堂の天井には、見事な描写の預言者ムハンマドの没薬イェレミアスとして、おそらく最も雄弁な表現とは、預言者を描いた図の中で偉大なマスターです。

    彼は最善を尽くしたのように不安定な表現の柱の同寺は、右手の頭をサポートして、ひげの無秩序な時間に及ぶ激しい悲しみを表現すると、額にしわ得点、全体のエントランスは対照的に、純粋な魂にします。

    彼の目を見るように見える血と廃墟、と彼の唇に表示さ小声で嘆く。

    際立って男の全体像を描くwho決して彼の人生と笑いながら、喜びのシーンからwho電源はさておき、精神は彼に言われたことは、すぐに歓喜の声をサイレンサーをすべきである( 16 、 8平方)です。

    平等には、文学的特性と特異なスタイルのイェレミアスです。

    彼は優雅な古典の言語を使用して再isaiasか、アモス、また彼には、想像力が示されている象徴と手の込んだezechielの詳細は、いずれは彼は次の高尚な思想は、彼の終末論的ビジョンをダニエルの歴史の世界です。

    のスタイルをイェレミアスは、簡単で、洗練さはほとんどなく飾りとします。

    ジェローム話す彼として"との言葉で簡単なet facilisは、 majestate sensuum profundissimus " (シンプルかつ簡単に言葉で、ほとんどの深遠な思想に陛下) 。

    イェレミアスよく話すでぎくしゃくした、とりとめのない文章、まるで悲しみと興奮の彼の声の精神が窒息しそうな感じです。

    また彼は次の法律に基づいて厳密には、詩的なリズムkînah使用するか、または挽歌、詩、これは、また、独自の尺度でanacoluthicです。

    これらのような多くのanacoluthæためにも、単調な時も、彼は非難を繰り返し、唯一の個々の感情を表現した彼の魂の死を悼むことが正しいのスタイルです。

    悲しみの傾斜を繰り返し、祈りをされた方法では、オリーブのマウントのです。

    同じように悲しみは、東は発現して、外観を無視するため、大代表の哀歌聖書の時間はどちらも自分の考えと願望を飾る言葉遣いを慎重に選択します。

    イェレミアススタンドを自らも彼の態度は、預言者の間で帳簿上と発展途上の救世主的な考えですね。

    彼は程遠いと透明性の達成に膨満による福音書は、この本の救世主isaias ;彼はできるだけ多くの本に貢献してダニエル用語の福音です。

    上記の他のすべての大預言者、イェレミアスに送られた彼の年齢、とだけは非常に絶縁型のインスタンスを投げる予言は彼の光を口頭での時間の充実を予言のように、彼の有名な談話は、良き羊飼いの家のデビッド( 23 、 1-5 ) 、またはときに最も美しく、チャプターxxx - 33 、 proclaimsとしてバビロン捕囚からの救出の種類との約束を取り付けて救出の救世主です。

    この予言さに欠けるの実際の救世主には、補償イェレミアス;全体の生活になった彼の個人的な予言の生活の苦しみにmessiasは、生活の苦しみを予測するだけでは、他の預言者によって行われた。

    神の子羊の苦しみには、予約のisaias ( 53 、 7 )が人間にイェレミアス: "私はおとなしい子羊として、それが実行されるの犠牲者" (エレミヤ11:19 ) 。

    預言者が救世主のような、他のゼールス;イェレミアスは、救世主予言生身の人間に体現されています。

    これは、したがって、幸運は、彼の人生の物語をもっと正確に保持され、他の預言者に比べて、彼の人生のための意義は予言します。

    様々な類似点との間の生活をするイェレミアスmessiasことが知られ:両方の1つで、他のいたのは、土壇場で倒すことを宣言されたエルサレムとその寺babyloniansまたはローマ人への手紙;の両方の涙は、預言者と市の境をさまよう何が認識しなかったの平和;の愛と憎しみの両方の返済とは恩知らずです。

    イェレミアスmessias深化という概念は、別の点です。

    預言者ムハンマドのanathothの時から、神の最愛の男は人生の苦難の生活をする義務があるにもかかわらず、彼の誕生からホーリネスguiltlessnessと、イスラエルは、もはやその正当性が判断さmessiasされた機械の理論と疑う彼の報復sinlessnessとacceptableness悲しみを神のために彼の外側にします。

    したがって、生活のイェレミアス、苦いとして生活する没薬として、徐々になじませるのは、アイオブザ人々にキリストの苦しみに図、および事前の苦味を明確にし、クロスです。

    したがって、これは深刻な権利は、事務所への情熱を頻繁に教会の典礼の言語を使用してイェレミアスセンスは、適用します。

    Vの予約が予言のイェレミアス

    a.分析した内容

    この本は現在のフォームには2つの主要部門:章私- 14 、談話を目的に直接かかわるに対する処罰がintermingled judaとは、物語の個人と国家とイベント、および章46 -李、異教徒の談話を含む9つの国と脅威juda間接的に警告を目的とし多神教と政策に対して、これらの人々です。

    に関連した、呼び出し側の第1章は、預言者を証明するために彼の不審な同胞をしていた神の大使です。

    彼自身がないと仮定事務所の預言者、しかし彼jahwehいたにもかかわらず彼に与えられたことに気が進まないことです。

    二-六章が含まれ、重大な苦情や脅威の修辞的に判断するアカウントは、国の外交政策を偶像崇拝とします。

    の最初の演説で二-三年5月に現在のスキームによると、 jeremianic談話です。

    ここで一度も表示されるのでは典型的な概念としてウェルoseeイェレミアス:イスラエル、日本、花嫁は、主よ、自分が劣化paramourの奇妙な国になっていくのです。

    さらに同寺と犠牲( 7 - x )キー、内側に変換させずにするために人々は、救済をもたらすことはできません;するUnitedのような他の警告はモザイクの主なものです。

    "の言葉を、約束"をthorah最近発見されてthreateningsの判断が含まれjosias ; anathothの恨みは、市民の反対のさきがけには、夢中にさせるものは、次のthorahのザネーション(十一- 12 ) 。

    イェレミアスは、リネンガードルを非表示にするよう命じ、聖職者の国家を象徴する、シオン、ユーフラテスされることとさせてロートは、国家の崩壊を類型化するに亡命を検索するユーフラテス( 13 )です。

    同じ船尾への象徴として表現された陶製の瓶が暗礁に乗り上げて壊れた陶器の門の前に( 19 、 1-11 ) 。

    カスタムのは、預言者によると、 ( 1キングス11:29-31 ;イザヤ書8:1-4 ;エゼキエル5:1-12 ) 、彼の警告はpantomimic伴う強制的なアクションです。

    祈りは、大きな時間の干ばつ、これは多くの値をステートメントの理解を深めて預言者の心理状態を分析し、彼の精神的な闘争は、以下( 14 - 15 ) 。

    ザタイムズのトラブルの未婚の預言者からの需要とわびしい生活( 16 - 17 ) 。

    これらの治療の創造を作成する際に、彼は同じポッター最高権力機関は、船には粘土と陶器です。

    イェレミアスは、虐待されている( 18 -イグゼクス) 。

    政治と教会を非難した人々の指導者と、接続には、より良い羊飼いは、口の約束( xxi - 23 ) 。

    バスケットのビジョンは、 2つのナレーションでは、第24章の図版です。

    繰り返し宣言( ceterum推定)は、土地の荒廃となる以下のとおりです( 25 )です。

    闘争の偽預言者、 who取る木製のチェーンオフの人々とリードして代わりに鉄のものは、詳細です。

    亡命者の両方で一通の手紙を、バビロン、と口コミで、イェレミアスexhortsの捕虜に適合するために、政令をjahweh ( 26 - 29 ) 。

    この手紙と比較し、 "信徒のイェレミアス"とバルーク、 Ⅵ 。

    予言の慰めと救いには、スタイルは、第2のisaias 、神の恩恵の帰還を、イスラエルとの新しい、永遠の約束は、入力し、与えられた( xxx - 33 ) 。

    取り上げるのは、主に次の章の最後の日間の物語の包囲を解くの期間とエルサレムを征服した後、数多くの伝記の詳細に関するイェレミアス( 34 - 45 ) 。

    b.文芸批評の本

    光がスローさを多くの生産と誠実さの証拠を提出する、予約された第36 ;イェレミアスが監督を書き留めておいて、彼の筆記体のいずれか、またはバルーク個人的に、彼は与えられた最大の談話で4年目のjoakim (紀元前604 )です。

    という印象を強化するために作られる予言全体としては、個々の予測を1冊の本で団結は、これらの証拠書類が保存されるまでの時間を談話では、災害の脅威にして、実際に来て渡す必要です。

    この最初の本格的校訂本の予言の基礎を形成して、現在の予約をイェレミアスです。

    文学の法則によれば、伝送にして、聖書の書籍は、ログインしhabentもアジ研- fata libelli (書籍には変転)が拡大され、最初の議事録からの様々なペンの挿入や追加のバルークまたはそれ以降の預言者です。

    コメンテーターを分離する試みは、これらの二次と三次の追加が異なる場合、元のjeremianic主題説得力がない証拠として、常に主導を52章のようにします。

    この章にすべきであると見なされてjeremianic期間に加え、ポストに基づいて2キングス24:18-25:30で、 [アカウントは、閉会声明李: "これまでは、イェレミアスの言葉を。 "

    慎重な文芸批評の原則を順守が義務付けられてこれはかなりの年代は、現在の配列の組成をこの本は、にもかかわらず、追加:私-六章に属して明らかにして王の統治のjosias ( cf.の日付を3 、 6 ) ;七-イグゼクスに属し、少なくとも大きく、治世をjoakim ; xxi - 33の統治の部分をsedecias ( cf. xxi 、 1 ;二十七、 1 ;二十八、 1 ;参拾、 1 ) 、それ以外の部分は、明示的に割り当てられたもののして他の王に満ちていた: 34 - 39は、期間のエルサレムの包囲を解く; xl - 45を破壊した後の期間に、その都市です。

    その結果、年表にする必要があります。配置されている素材です。

    現代の重要な分析の部分の間の区別この本の最初のナレーションの人、と見なされてイェレミアスに起因する直接、およびそれらの部分を話すのイェレミアスで3番目の人です。

    ショルツによると、この本は、実際には"数十年" 、および各製品シリーズのスピーチのことを考えたり、歌や祈りが閉じています。

    それは事実だが、この本の部品と非常に詩的で完璧な古典の文字は、しばしば突然に続けて、ほとんどの平凡な散文し、与えられた問題を最小限に成功した冗漫なアウトラインはめったにないと単調な内容です。

    上記に関する後、どのような哀歌によるとされ、このスタイルの違いでのみ使用される基準としての最大の注意文芸批評です。

    と同じように、調査の結果、非常に人気の末、展示会を通過するかどうかをjeremianic精神かどうか、漠然とした主観的結果をリードします。

    以来の発見( 1904 )は、テキストassuan 、これを確認jer際立っている。 、 44 、 1 、アラム語が立証されたが、そのkoine (共通の方言)は、ユダヤ人の植民地エジプトでは、早ければ5番目は、音声と6世紀紀元前は、アラム語の表現は、本イェレミアスことの証拠として引用されなくなりますが、このような通路への起源です。

    また、契約では、言葉や概念は、以前の書籍のテキストがイェレミアス、おそらくお申命記は、それ自体ではない純粋に反対する決定的な論拠これらの通路は、絶対的なオリジナリティ主張預言者ムハンマドはありません。

    にもかかわらず、以前の通路を繰り返しイェレミアス、左-李とは根本的に、正規の章が、その真偽を強く疑ってきたので、シリーズの談話では、罰を脅かす異教徒の国が存在することは不可能を予言することはできませんバビロン、最も強力な代表ペイガニズム入力しています。

    これらの章には、確かに、満ちているの再isaianの精神を慰め、多少の後に態度のです。 、 47 、かれらはありませんしたがって、当然のことながら、誠実さに欠けるとしても、同じ敗者復活の精神を鼓舞するxxx - 33 。

    c.予約図書の条件は、

    に配置したセプトゥアギンタのテキストは、ヘブライ語の違いからしているのウルガタ聖書のテキストとし、異教徒の談話で反対する国は、ヘブライ語のテキスト、 46 -李、は、は、セプトゥアギンタ、 25挿入した後、 13日、と部分的に異なるためです。

    大きな違いが存在するとしても程度のテキストをして、書籍のイェレミアスです。

    ヘブライ語とラテン語のテキストを、聖書は約8分の1を超えることは、セプトゥアギンタです。

    という質問をテキストとして、元のフォームには保存することはできませんの理論によると、回答streaneとショルツ、 who宣言の冒頭に加えて、すべてのバージョンは、ヘブライ語への拡大を、元のテキストは、セプトゥアギンタです。

    同じようにほとんどavowingによって解決されることの難しさ、 kaulen 、先験的な選好をmasoretic本文です。

    ほとんどの場合、アレクサンドリアの翻訳が保持さの向上とオリジナルの読書;その結果、ほとんどの場合、ヘブライ語のテキストが練りします。

    1冊の本として同じくらいの数が多い読みイェレミアスとしての注釈変な表示されることはできません。

    しかし、その他の場合、短い校訂本は、セプトゥアギンタ、累積で約100の単語ことができるように反対して、大規模なlacunæ 、 masorahとして比較して、かなり自由に十分な証拠を手には、その準備中です。

    その結果、アクイラで作成されることはない、受信したテキストと文学の変化に伝送します。

    独断的なコンテンツのイェレミアスではないのディスコースとの影響を受けて、これらのパターンには、テキストです。

    Ⅵ 。

    哀歌

    聖書は、ギリシャ語、ラテン語の歌には5つの軸受の名前を嘆くイェレミアス、これは、次の予約の予言イェレミアスです。

    これらの権利は、ヘブライ語kinôthです。

    挽歌からその文字か、または、 ' ekhah曲した後の最初の単語の最初の、 2番目、および4番目elegies ; threnoiと呼ばれる彼らは、ギリシャ語、ラテン語lamentationesとして知られている。

    a.位置と誠実さの哀歌

    哀歌の表題には、例外に光をセプトゥアギンタやその他のバージョンの生産との歴史的機会を検索する著者: "とそれが下った時、イスラエルが運び込まれる監禁した後、荒涼とエルサレムは、その預言者ムハンマド土イェレミアス涙を流しながら、この深い悲しみ以上とエルサレムを悲しんだ、と悲しげな心と、ため息とうめき声を、彼によると"です。

    碑文はないのに裏切られ、著者の哀歌、 1つの証拠は、次のではないが、アルファベット順のフォームに属して、 elegiesです。

    それを表現し、しかし、簡単に、古くからの伝統の中でも確認されたターガムとタルムードの両方です。

    男のようなイェレミアスして、その日のヒープ上でエルサレムの廃墟になった日には、国家の不幸というだけではなく、 1日としては、トロイの陥落して、トロイの木馬、または破壊をしているカルタゴのカルタゴして、それ一日も宗教的な飢餓します。

    のは、宗教的な意味では、エルサレムの重要性は特有の救いの歴史の中、踏み台としてのjahwehとのシーンは、神の啓示とは、 messiasです。

    その結果、個人の悲しみをイェレミアスは、単なる感情交感神経他人の悲しみ、を模索してきた彼は彼の労働災害を防止する預言者として市の街頭にします。

    彼の心のすべての繊維の密接な関係がエルサレム;彼は今すぐ自分自身押しつぶさと寂しいです。

    したがってイェレミアス以上他の男ははっきりと呼ばれることがありますによると、内側の強制的に駆動さを嘆き悲しんで廃墟と化した都市としての偉大なざんげの期間threnodist旧誓約します。

    彼は既に用意され彼の死を嘆き悲しむ時キングjosias ( 2クロニクル35:25 )とされる書籍の曲と曲の挽歌彼の予言( cf. 13 、 20-27 、エルサレムを嘆く) 。

    多様性の欠如という言葉-フォームとは、文章の建設が、それは主張は、協定ではありませんの文字をイェレミアスのスタイルを、 5月に説明詩的な特異性としては、次の詩的な本です。

    それらが私の説明など、 13-15 、または4 、 10 、ように目をポイントして、大惨事の目撃者、および全体の文学的な印象で作られる継続的リコールイェレミアスです。

    この哀愁を帯びた調べに導くのは、哀歌、これは時折中断されるだけの中間のトーンを期待し、苦情申し立てにせ預言者と努力した後、賛成反対する外国人の国;の口頭契約を結んでその本の予言のイェレミアス;最後に、親和性を考えを閉じ、一連の祈りの言葉を暖かい心からの継続前誌です。

    3 、 19-21 、 64から66まで、および第5章、これは、賛美歌のイェレミアスミゼレーレのように、フォームの5つの哀歌を終わりにします。

    という事実は、ヘブライ語聖書のkinôthは削除されると、詩的な作品として、予言からのコレクションの中に置か書籍やketh & úhîmか、またはhagiographa 、引用することはできません決定的な反対論としてその起源jeremiacとしての証言は、セプトゥアギンタは、最も重要な証人で開催中のフォーラムの聖書の批判は、必要があります。その他の場合、 100のmasorahの決定権を修正しています。

    また、表題は、ヘブライ語セプトゥアギンタを元のように仮定します。

    b.技術の形式の詩の哀歌

    ( 1 )最初の4つのkînah lamentsの措置はしている行の建設で使用されています。

    今回の措置で、各ラインは2つの不平等のメンバーがそれぞれに分かれて3つのと2つのストレス、例えば、最初の3つの行の入門本です。

    ( 2 )すべての5つの詩elegiesの建設は、次のようにアルファベット順の配列です。

    第一、第二、第四に、それぞれの構成と5番目lamentsは2002年の詩の数の文字に対応しては、ヘブライ語のアルファベット;嘆くの第3回は2002年の3つの詩です。

    第一、第二に、それぞれの詩から始まりますelegiesと4番目の手紙を、ヘブライ語のアルファベットは、次の文字のため、アレフとしての最初の詩で始まり、 2番目の、ベス等;で4番目の詩を開始ごとに3番目のエレジーとの手紙をアルファベット順を追ってします。

    したがって、少数の例外を除いおよび変更( pê 、 17 、 16文字の前にガイン)は、ヘブライ語のアルファベットの最初の文字が形成さから、別の詩です。

    簡単にこの方法はどのように歯止めをかけるの精神にアルファベット順とロジックの詩が最も明確に示されている第三嘆く、これは、また、初めは、おそらく同じ構造としては、他の、それぞれの、別の初期の手紙を、元の詩;それはない作家までへは、あまり注意を開発され、各詩を3つの手段としての仕事や他の作家からのアイデアです。

    ( 3 )構造をして連として、それは確信しての原則に続くいくつかのケースでは、人が変化した際、または1つのスピーカーの対象として対処します。

    の最初のエレジーを嘆くシオンに分かれて3番目の人(詩1-11 ) 、自分自身と嘆くのシオン( 12-22節) 。

    シオンの最初の連のオブジェクトは、 2番目は、長さの等しい連のアジ研は、エレジーです。

    、 11c 、セプトゥアギンタによると、 3番目の人する必要があります。

    2番目のエレジー、また、意図と思われる、連の変化を、 3番目の人を変更してから2番目と2番目に、最初の人からです。

    1-8の詩には、 24人の会員を3番目の人;が13-19で2番目の21人、中に20-22 、連では、最初の人のために、明日で、独白嘆く。

    3番目の嘆き悲しみ、加えて、音声を、 1つの件名での最初の人の演説を交互に代表されるいくつかの人"我々 "と、会話;四〇 〜四七アールを明確に区別される詩のアジ研"私たち"より、上記の連されるのは、アジ研は、 1つの個々の、とは、次の連詩の最初の人称単数で四十八から五十四ながら、詩を代表する五十五から六十六会話をjahwehです。

    その理論は、作家、ヘブライ語の構造をして交代の人の詩や原則を形成する科目は、固定strophes 、検出さ哀歌その最強確認します。

    ( 4 )の構造を全体の5つのelegiesと見なされて、彼らの上昇zennerによると、着実に進行してクライマックスを正確に測定します。

    エレジーの最初のモノローグには2つの異なる2つのスピーカーからです。

    2番目の独白エレジーアニメーションの対話を開発します。

    3番目と4番目の叫びelegies深い悲しみは依然として大きく、他のメンバー登録は、嘆くが、孤独な声とされ、合唱団の声に置き換えられています。

    ファース嘆くは、 3番目の合唱団が追加されました。

    劇的な文芸批評の建設検出された引数の予約をするには、文学の結束を強い哀歌です。

    c.典礼使用哀歌

    哀歌は受領済みで、独特の区別は、典礼は、教会でのオフィスの情熱週間以内にします。

    彼の死として指定した場合、キリスト自身の寺院の破壊、 "彼は彼の体の寺" (ヨハネ2:19-21 ) 、その後、教会の権利を確実には、彼女の悲しみを吐露する彼の死ではこれらの哀歌成された同寺の遺跡が破壊された国の罪です。

    出版物の情報執筆者男性ファウルハーバーです。

    wgkofron転写されています。

    のは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧ 。

    1910年に公開します。

    ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。

    公認、 1910年10月1日です。

    レミlafort 、標準、検閲です。

    許可します。

    +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

    書誌事項

    一般的な紹介をすると哀歌イェレミアスcornely詳細については、聖書の導入、 vigouroux 、 girot 、ドライバ、コルニル、シュトラックです。

    特別な質問の紹介:チェーンストークス、ジェレマイア( 1888 ) ;マルツ、 der預言者イェレミアスanatotフォン( 1889 ) ; erbt 、 jeremia undセーヌツァイト(ゲッティンゲン、 1902 ) ;ギリース、ジェレマイア、その男と彼のメッセージが表示さ(ロンドン、 1907 ) ;ラムゼイ、研究のジェレマイア(ロンドン、 1907 ) ;職人は、テキストのジェレマイア(エジンバラ、 1889 ) ; streaneは、テキストをダブルジェレマイア(ケンブリッジ、 1896 ) ;ショルツ、 der masoretische本文und死ぬseptuagintaübersetzungデb.イェレミアス( ratisbon 、 1875 ) ;フランクル、 70 und studien über死ぬpeschito zu jeremia ( 1873 ) ; Netelerが、 gliederung der b.イェレミアス(ミュンスター、 1870 ) 。

    イェレミアスで発行さに解説するの最後のdecades. -カトリック:ショルツ(ヴュルツブルク、 1880 ) ; trochon (パリ、 1883 ) ; knabenbauer (パリ、 1889 ) ; schneedorfer (ウィーン、 1903 ) 。

    プロテスタント: Payne氏スミス氏は、話者の解説(ロンドン、 1875 ) ;チェーンストークスでスペンス、解説(ロンドン、 1883年から1885年) ;ボール(ニューヨーク、 1890 ) ;ギーゼブレヒトでノバック、 handkommentar (ゲッティンゲン、 1894 ) ;ドゥームのマーティ、 kurzer手commentar (テュービンゲン、ライプチヒ、 1901 ) ;ダグラス(ロンドン、 1903 ) ;オレッリ(ミュンヘン、 1905 ) 。

    哀歌に解説する: -カトリック: seissenberger ( ratisbon 、 1872 ) ; trochon (パリ、 1878 ) ; schönfelder (ミュンヘン、 1887 ) ; knabenbauer (パリ、 1891 ) ; minocchi (ローマ、 1897 ) ; schneedorfer (ウィーン、 1903 ) ; zenner 、 beiträge zur erklärung der klagelieder (フライブルクイムしました。 、 1905 ) 。

    プロテスタント:ラーベ(ライプチヒ、 1880 ) ; oettli ( nördlingen 、 1889 ) ;ローア(ゲッティンゲン、 1891 ) ;同じでノバック、 handkommentar (ゲッティンゲン、 1893 ) ;バッドで手マーティkurzer commentar (フライブルクイムしました。 、 1898 ) 。

    最新の論文を参照してbibliographies学は、聖書の解説や定期刊行します。

    エレミヤ書

    ユダヤ人の視点情報

    記事件名:

    3つのセクションです。

    -聖書のデータ:

    §第一部を予言勇:

    クリティカルな対象:

    日付予言します。

    § Ⅱ 。

    避難、係争中、本物の通路の部分と非勇:

    イザヤ書の関係を再します。

    安息日は、正規の通路をします。

    ungenuine通路それ以降のセクションを測定します。

    § Ⅲ 。

    セクションの部品の歴史、およびii i. 。 :

    あなたのです。

    26 。

    とxxxv. - 45です。

    バルーク仕事をします。

    § Ⅳ 。

    外国人の人々と反対の予言パートIII 。 :

    予言ではなく、エレミヤです。

    oracles以上働いています。

    最後に亡命する前に特定します。

    § v.ソースは、エレミヤ書によると、ドゥーム:

    ドゥームの分析です。

    生得的にバルーク部品です。

    救世主のような通路です。

    § Ⅵ 。

    の関係を、ヘブライ語のテキストを、セプトゥアギンタ:

    追加されたセプトゥアギンタです。

    § Ⅶ 。

    起源は、エレミヤ書:

    最終改訂します。

    3つのセクションです。

    -聖書のデータ:

    内容:本の冒頭には、表題( i. 1-3 )は、親子の関係を与えているジェレマイアした後、その修正版の期間の延長彼の机上の活動として13年からの11のジョサイアをゼデカイア(すなわち、ザイヤーの2番目の国外追放、紀元前586 ) 。

    この期間はありません確かにその本の内容をカバーして全体;それゆえ、おそらく、表題は、もともとが古い本の小さなコンパスです。

    これは最初の部分に続いて、 i.

    4 - 38 。

    28a 、を含むと予言に関する事件からユダ王国の預言者ムハンマドの生活を破壊する最大のエルサレムと2番目の国外追放します。

    1つだけの通路として扱わ、別のアジ研、 viz 。 、あなたのです。

    25 。

    13頁以降を参照。 、 yhwhのコマンドを含むジェレマイアによると、預言者は、神の判断を宣言は、外国人の人々です。

    2番目の部分の予約は、 38です。

    28b - 44です。

    30日、予言とナレーションからの期間を含む以下のエルサレムの破壊です。

    として、この付録には、あなたのです。

    45 。 、ショートの警告をバルークは、彼の席上でエレミアの言葉を書き留めておいています。

    3番目の部分は、 xlvi.-li. 、外国人の人々に対しては予言します。

    の末尾が与えられた場合、道の付録され、歴史的なデータ( lii. )に関するゼデカイア、バビロンの国外追放を捕虜にし、王jehoiachinで巨万の富を変更された。

    §第一部を予言勇:

    クリティカルな対象:

    彼の最初の部分で一貫した計画のない取り決めは、いずれかの年代や素材、追跡できる。

    superscriptionsが区切られていないのスピーチ、およびデータ一般に(ではありませんが、常に時間と機会)が存在しない場合は、それは非常に困難を修正してこの評価を組成します。

    この最初の部分で、しかし、さまざまなグループの識別がありますが、 1つの例外を除いて、実質的に反映するエレミアの開発の段階では歴代の予言活動です。

    これらのグループには5つの数は、以下のとおり:

    ( 1 )あなたのです。

    わたし。

    4 - Ⅵ 。

    30日、ジョサイアの治世に属している。

    その最初の通過は、預言者ムハンマドの呼び出しを記述する、でも最も古い年代順に( iii. 6B面- 18日、固定された表題の時間のジョサイアに所属するとして、想定されないの調和を図るの歴史的背景[参照してください、 § Ⅱ 。 ] ;の表題は、間違いなく、後のに加え)です。

    ( 2 )あなたのです。

    vii.-xx.は、メイン、 jehoiakimの時間のです。

    このグループに属して通路を含む初期と後期の日程です。

    例えば、あなたのです。

    Ⅹ Ⅰ 。

    1-8は、以前:言及した"の言葉を、誓約"に代入し、先行期間(ジョサイア)とされて書かれて発見された後すぐに予約の申命記です。

    あなたのです。

    13 。

    は、確かにへ、そしておそらくの時間に属して、若年キングjehoiachin (下記参照、 § 2世です。 ) 。

    他の通路で、このグループを排除すべきであるエレミアではないが、少なくともされている部分のみが書かれた彼等: ch 。

    9 。

    22頁以降を参照。 ;あなたのです。

    9 。

    24頁以降を参照。 ;あなたのです。

    Xで

    1-16 ;と説教を検索する安息日は、あなたのです。

    17 。

    19-27 (下記参照、 § 2世です。 ) 。

    日付予言します。

    ( 3 )スピーチより様々な期間:

    (ア)は、特定の秋を発するエルサレム行われると、表題によると、ゼデカイアと人々に、エルサレムの包囲を解く中、すなわち、約588紀元前( xxi. 1-10 ) ;

    結果( b )反対する恐ろしい予言王のユダは、時間をjehoiakim ( 608 ; xxi 。 11 - xxii 。 19 ) 、完成された通路xxii 。

    20-30 、わかりやすいの主要な死滅jehoiachinに捕らわれている( 597 ) ;

    ( c )脅威に反対する"浮気を羊飼い" (すなわち、預言者)は、約束の平和とは、本物の羊飼い(後に597 ) 、と警告する偽預言者と神を恐れぬ司祭(おそらくは、時間をjehoiakim ; XXIII近くにございます。 1 -8 、 90〜40 ) ;

    (エ)のビジョンを持って2つのバスケットの図版、説明の運命は、これらの捕虜とwhoが取り残され、期間終了後から国外追放され、最初のネブカドネザル王は、 597 ( xxiv. ) ;

    (オ)の脅威を招いた上処罰されるユダとその周辺諸国、第4年jehoiakim 、すなわち、その年のカルケミシュの戦い( 605 ;弐拾伍です。 ) ;

    (メス)の最初の通路にある歴史的事実エレミアの予言は、寺( comp. Ⅶ 。 ) 、彼の逮捕、彼の死の脅迫、と彼の救助、殉教のでは、預言者ムハンマドの接続が簡単に言及ゴマ( xxvi. ) 。

    ( 4 )発言からの時間をゼデカイア( § 2を参照。 )で、付録は、任意の予言の最後の接続の長さを、あなたのです。

    35 。 、治療は、フィデリティは、 rechabitesとユダの不貞のです。

    この日程で、いくぶん以前の時代から、それをjehoiakim (確かに前のため597 ) 、およびそのための最初の通路を形成するのに移行するセクションの物語です。

    ( 5 )の5番目のグループの最初のパートI.構成に関する歴史的物語の半分を、エレミヤの生涯と業績を、 xxxvi. - 38です。

    28a 、および5月にこのように分割:

    (ア)のアカウントを書き込み、破壊、および書き換えのエレミアの予言されてjehoiakim ( xxxvi. ) ;

    結果( b )の時からの物語やことわざゼデカイア、 whoが導入された新たな支配者の冒頭にこの歴史的なアカウント( xxxvii. 1 )が、しばしば言及する前には、予言( xxxvii. - 38 。 28a ) 。

    § Ⅱ 。

    避難、係争中、本物の通路の部分と非勇:

    イザヤ書の関係を再します。

    グループ2の短い訓戒、 9世です。

    22頁以降を参照。

    は、確かには、正規の;ことが優越感を警告するとの訴えを込めてそれらのwhoが自慢の知識を、神の栄光の代わりにします。

    その教訓としてのスタイルが示すように、それはおそらく賢明なことわざから取らコレクションです。

    真偽の問題としては、 2番目の短い発話、 9世です。

    24頁以降を参照。 、神の罰をproclaims時に割礼を受けていない異教徒whoは、割礼を受けていないのは、肉、 whoは、割礼を受けていないと、イスラエルの心臓を簡単に決定することはできませんので、以来、聖書の概念が割礼を受けていない他の心臓が見つかりましたでジェレマイアです。

    繰り返しになりますが、以下のセクションでは、 Xの

    1-16 、正規のは、確かにない。

    ここでは、 100のようなスタイルで再イザヤ書は、スピーカーmocksは、非現実のアイドル、画像およびそのためだけに存在していないではないかと心配;このリコールの時間のイザヤ書第2のバビロンのアイドルではなく、エレミアの期間の傾向とその周辺の神々を崇拝するよりも他のyhwhです。

    補間アラム語の詩( Xの11 )が開催されドゥームには、魔法の公式には、ユダヤ人へ、 whoは知らなかったくらいヘブライ語、使用して追い払うの様々な空気中の悪霊を退散させる、撮影星印は、流星群、および彗星です。

    でxi.-xx. 、それに様々な機能が追加さエレミアのことわざをすることはできませんされた預言者自身、今までには2つの通路には一般的に、そしておそらく当然、毎年開催されては、正規のは、彼らの時間に属していないのjehoiakimです。

    は、通過XI 。の

    1-8は、以前、および所属してジョサイアの時間を、上記の説明され( § i. ) 。

    あなたのです。

    13 。 、しかし、より後に書かれた必要があります。 jehoiakimの時間;した後、物語を象徴するガードルユーフラテス川の横に埋没し、どの、そのことは適さない汚れた使用すると、イスラエルとユダを表し、扱わの通過には、王のと"女王" -それは、母の女王を発表した。しなければならないことは誰の子孫からその玉座;との国外追放を同様に、全体のユダは前から予報です。

    ザキングこの場合には、しかし、彼の母親は誰に記載さ同等の条件で、は、確かに( comp. xxii 。 26 、 29 。 2 )の若々しいjehoiachinし、直前の時間は彼の国外追放をバビロンです。

    安息日は、正規の通路をします。

    本物の通路以外の1つのグループに組み込まれていることに関して、安息日2は、 17です。

    19-27 。

    その理由はなぜ預言者ムハンマドに加算することはできませんの原作者は、次の通過、かかわらず、フォームとコンテンツではないとは異なり、ジェレマイア、時には、高付加価値の遵守の神聖な日中に、これは完全に外国人を預言者です。

    通路の著者であるだけでなく、推奨して保管して一日としては安息日を聖なる神の残り命じられるが、彼がこれまでのところさえを作るとして将来の可能性を救い、エルサレムの破壊、さらには直接、依存して遵守やnon -順守は、次の日です。

    グループ3 、あなたのです。

    25 。

    は疑わしい(下記参照、 § Ⅳ 。 、反対に関連して外国人の人々と予言xlvi.-li. ) 。

    グループ4 (ゼデカイアの時間を)約束し、特定の部分をxxx. - 33です。

    が与えられた1つ以上の疑いの上昇を尊重します。

    このコレクションの3つのセクションでは、 xxxです。

    頁以降を参照。 、 32 。 、および33 。 、 1つの真ん中年5月、しかし、ご利用を準備します。

    このセクションを開始( xxxii. 9 )との関係をエレミアのanathothのフィールドに購入した古代の利用方法に基づいて、実行の時にはすでに包囲するbabyloniansエルサレム( comp. 32 。 1 52 。 5 、反対して52 。 4 ) 、および、ゼデカイアエレミアの予言を征服するシティとの国外追放をバビロンです。

    神の約束が付加され、このナレーション: "住宅やフィールドとぶどう畑を再度保有しなければならない" ( ib.詩15 ) 、これは、預言者ムハンマドの時に問題は、このように説明( ib.詩26頁以降を参照。 ) :エルサレムchaldeans上にやけどを負ったされたアカウントの罪が、 yhwhその後の人々は、彼の収集、散在するすべての土地です。

    彼は永遠の約束をするとそれらには原因を解決して歓喜に再びこの地( ib.詩41 ) 。

    ungenuine通路それ以降のセクションを測定します。

    の最初の3つのセクションには、 xxxです。

    頁以降を参照。 、 foretellsアナザーデイオブテラーのジェイコブ、外国人支配からの解放を約束だけでなく、処罰の敵は、都市の再構築は、破壊された人々 ( whoには再び増加を開始するまでを、その数字は、増水でもの返還をエフライム) 、および、メーカーは、新しい契約です。

    inthisセクションは、次の通路としては、疑わしい点をjeremianicオリジン:の通過には、神のしもべ、ジェイコブは、彼の亡命者に慰めの言葉を再イザヤ書( xxx. 10頁以降を参照。 ;のCOMPです。 ISAのです。 xl 。 et seq 。 ) ;の脅威に挿入された単語の間の約束( xxx. 23頁以降を参照。 ;のCOMPです。 23 。 19頁以降を参照。 、この脅威が発生した場所を再度、同様に不適切な場所) ; yhwhの説明を海の電源をオンにする( xxxi. 35b 、 ISAのに似ています。李です。 15 ) ;と様々な他の通路と連絡を取り合って多くのポイントが再イザヤ書です。

    このセクションにかなりの部分を二次的な事柄が表示されることが欠けているという事実に、表示されたテキストは、セプトゥアギンタです。

    いずれにせよ、審査の結論につながるこのセクションでは、このように多くやり繰りして、エレミヤ書、仕事の後は、これを拒否する正当ではないが、原作者は、全体のエレミアのセクションでは、と仮定してもにそれが書かれたポスト流浪の著者です。

    このような作家がいて、より詳細に関心をjudeansのを期待して、部分のみを誰が戻ってきはすべての帰国が、預言者を没落whoのユダの直前に書いたことは、他の自然を思い出して、転覆の北部王国は、と期待して性を表現してエフライムの返還を返すユダも、その存在するものの、特定のよう没落している。

    3番目のこれらのセクションは、あなたのです。

    33 。 、その結論( xxxiii.一四から二六)は、不審です。

    行方不明になることは、セプトゥアギンタ、もっともらしい理由をしていないにもかかわらず不作為は明らかです。

    小規模な問題を話すのは、実際には、誰の人々の間(詩によると、 24 )の預言者は、 sojourning 、およびwhoが完全に反対して同国の預言者ムハンマドのことだけがbabylonians - who実際によると失礼かもしれないがイスラエルは、 "それはないの他の国の前にして" ( ib. ) -されないように協定にエレミアの原作者です。

    そのための通過に必要がありますが書かれたバビロンのいずれかの亡命者ではなく、エレミヤは、そのような愚弄する時間ができませんでした口またはそれ以降、エジプト、パレスチナのどちらかです。

    § Ⅲ 。

    セクションの部品の歴史、およびii i. 。 :

    あなたのです。

    26 。

    とxxxv. - 45です。

    二十六の歴史的通路に含まれています。

    とxxxvi. - 45です。

    正確な知識を有するようなディスプレイのイベントに記載されジェレマイアの生活をし、たくさんの興味深い内容が含まれ、その当然のことながら彼らは以前考えられて瞳孔が書かれた彼のジェレマイアと緊密に連絡を取る。

    キューネンおよびその他のコメンテーターときに、特定の通路のオブジェクトを1つのエピソードが正しく配置とその内容を完全に理解するのに必要な状況が欠けて、それを記憶しなければならないことはただの目にどのような証人whoは簡単に渡すよう彼として当然に取って代わると同様に、特定の詳細です。

    また、テキストを比較して、セプトゥアギンタの歴史によると、机上の通路のように、多くの変更が行われた後、組成します。

    どちらも必要なことはお勧めいたしませんを設定するため、キューネン、 550紀元前としての最初の版は、この評価を予約;しかし、たとえその1つ必要があります。まだ遅く日付受け付けのノートを取ると仮定して、生徒や目を証人ていた使用される素材です。

    バルーク仕事をします。

    ただし、一般的に流行の元との意見が維持( readoptedもされてきたドゥーム) 、すなわち、通路によって書かれた歴史は、瞳孔のジェレマイアを、疑いの余地はないが、この瞳孔バルークです。

    以来ことが知られていないことがバルークと予言ジェレマイアwho最初に書いたダウンし、以降のすべてのケースにおいて、スピーチは、歴史的な部分をアウトにすることはできません設定では、最も自然なことを仮定してもバルーク直接に関係があるの組成を、歴史的な通路です。

    しかし、これをすべて除外していませんが挿入される可能性は、通路の直後にまとめていたと書かれた、様々なエピソードの詳細とします。

    この理論でサポートされエレミヤの忠告をバルーク( 45 。 ) 、これが、彼の預言者宛ての席上での口述筆記エレミアの予言は、時間をjehoiakim 、まだスタンドのセクションの最後に予言を含む対ユダです。

    この警告が発生したという事実の最後には、元のエレミヤ書(四十六に関するします。頁以降を参照。 § 4を参照。 )バルークということでしかそれの最後に置か予約編集され、彼の労働者は彼を正統です。

    § Ⅳ 。

    外国人の人々と反対の予言パートIII 。 :

    予言ではなく、エレミヤです。

    あなたのです。

    25 。

    うわさを神の方向に受信さジェレマイアから彼の怒りを外国人の人々を宣言します。

    第4年jehoiakim -それは、年にはカルケミシュとの戦いの勝利とネブカドネザル王即位-ジェレマイアyhwh proclaimsには、ユダの罪に対するあだ討ちのために、彼の使用人がもたらすネブカドネザル王と、北朝鮮の人々の反対ユダとその周辺の人々 ;しては、奉仕ザキングオブバビロンの70年、およびそのyhwhの最後には、次の時間は最大の懲罰でchaldeansザキングオブバビロンとします。

    これに関連して、ジェレマイアは、より詳細は杯のワインを通過するすべての国に神の怒りを心に適うが送られる、とのすべての国whoカップの水を飲む必要がありますが列挙されます。

    しかし、しかし、適切なことがありますが没落ジェレマイアを発表して外国人連合( comp. 36 。 2と私5 ) 、およびしかし多くの表現"カップの怒り"エレミアの1つのように聞こえるかもしれないので、この図で頻繁に発生します。したがって、おそらく彼とした後にまでさかのぼるをしてしまったら、この予言はまだありません世の常として( 25 。 )彼が書いたことはできません。

    バビロンの懲罰の宣言( ib.詩句12-14 )の接続を割り込み、国を脅かすバビロンです。

    また、言葉"すべてのことは、この本で書かれて、これに対してエレミヤかれらのすべての国の予言" (詩13 )することはできませんが始まったのはもちろん、エレミヤです。

    最後に、国の列挙を苦杯をしなければならないの怒り(詩17-26 )ではないjeremianic ;実際のところ、いくつかの国は程遠いエレミアの地平線に位置し、結びの言葉(詩26 )で、難解な単語" sheshach " (すなわち、バビロン) 、確かにかなり後に期間の日付からです。

    この一節の特徴を示して事実を1つ以上の手に従事して増幅し、そのような通路aroseinいくつかの段階を、詳細に観察されることがありますと比較してセプトゥアギンタされたテキスト( § 6を参照。 ) 。

    oracles以上働いています。

    次の問題が発生した外国人として反対するかどうかの国の予言に含まれてxlvi.-li.

    これが実際にそれらによると、 25 。 、後者が期待されるの増幅します。

    この質問は他のすべての自然のためには、テキストは、これらの予言は、実際にセプトゥアギンタ25に組み込まれています。

    もしl.

    頁以降を参照。 、長い文章を扱っているOracleのバビロン、左アウトへの配慮に、疑いの余地はないのセクションは、 xlvi. - 49です。

    jeremianic的には、いくつかの方法です。

    シングルoraclesは、次のセクションでは、部分的ジェレマイアは、見出しを明示的に言及し、勝利のネブカドネザル王としては、部分的に与えられた機会です。

    いずれにせよこのセクションでは、という仮説に基づいて作業をされるのオリジナルjeremianic素材が出席して様々な困難を好まれる方が他の理論を説明して提案されているxlvi. - 49への起源です。

    上の顔のこと、それはほとんど予想して全体へ著者が書かれたシリーズのoraclesができるようにして人為的に所属し、時間のネブカドネザル、単にのためのエレミヤ書人生を豊かにしています。

    1つの場合に他のいくつかのことが示唆さ、おそらくアレキサンダー大王、ネブカドネザルは、意図されたこれらのoracles 、それをしなければならないの最後の判断に反対でも、その反対イーラム(これは、しかし、当初はこのセクションに属して;下記参照) 、これを意味するかもしれない取らペルシャ、ないの参照を作成- jeremianicイベントがあります。

    詳細な検査は、しかし、これらの予言によると、ほとんどのjeremianicのみを根拠が可能です。

    四十七の予言に関するphilistinesにします。

    (しかしなしの見出し)は、 1つのことが最も容易に全体として受け入れられるにジェレマイアに属する。

    その一方で、それは他のすべてのことをoraclesはず多かれ少なかれ広範な改正を受け、 so that they don稚印象を与える発言が本当の予言が、オムニバスをされるように見えるというへ学者、 whoも作ら使用するoraclesの他の預言者、特に、追放された後の通路に追放されたとイザヤ書( comp. jer 。 48 。 43頁以降を参照。 、 ISAのです。 24 。 17日、 18a ; jer 。 49 。 。 。 18でISAのです。 13 。 19頁以降を参照。 ; jer 。 49 。 24 ISAのです。 13 。 8 ) 。

    この作業を説明して、材料の明快さに欠けると非歴史的な状況が頻繁に付着して、これらの予言を特徴付ける。

    oraclesが含まれては、次のこのセクションの内容: ( 1 ) 、 Oracleの対エジプトは、 2つの部分に、 46 。

    1-12と46です。

    一三から二八まで( comp. 46 。 27-28 [ = xxx 。 10頁以降を参照。 ] consolationsの、イザヤ書第2 ) ;結果( b )に反対するphilistines 、 47 。いる、 ( c )に反対モアブ、 48 。 、これは部品のリコールISAのです。

    15 。

    頁以降を参照。 ; ( d )に反対アモン、 49です。

    1-6 ; (メール)に反対エドム、 49です。

    7-22 、これは多くの共通性がオバデヤ; (メス)が反対アラムダマスカスと他の都市、 49 。

    23-27 ; (グラム)が反対kedarおよびその他のアラビア語の部族は、 49です。

    28-33 ;と(高さ)に反対イーラム、 49です。

    34-39 。

    一方、他の国の名前の地平線エレミヤのすべてのレイアウトに、これはおイーラムていない場合は、ユダ以来この国ではないと直接取引をした後、国外追放されるまでです。

    これだけではない、ただし、次のように否定するための十分な理由を書いたジェレマイアは、 Oracle 、特に以来、早ければISAのです。

    xxii 。

    6 elamitesが、王として知られてvassalsアッシリア、およびそれゆえに興味を持つイーラムの歴史を削除できませんでしたが、これまでイスラエルの預言者として5月から今すぐ表示されます。

    誰とでは何時にはジェレマイアのオリジナルのはずの改正が行われた株式の材料、を判断することは不可能;しかし、同様の表現に接続する多数の独立したoracles推定することが1つしかありませんでした改訂します。

    最後に亡命する前に特定します。

    バビロンは、 Oracleに対して、 l.-li.

    58 、どのxlvi. - 49のセクションを以下の通りです。 、および歴史を加えが付加さ( li. 59-64 ) 、は非常にはっきりと見られる非jeremianicされるという事実にもかかわらず、非常に生き生きと個々の通路リコールエレミアのスタイルです。

    すべてのことは本当にないオラクルは、 Oracleのではなく、フォームの説明を、デートから亡命した後、および最初に書かれたとして表示されるように生産されジェレマイア、目的のために、著者の視点から見れば、古い時間を仮定しています。

    精通して以来彼は第2イザヤ書( comp.李です。 15-19でjer 。 Xの12-16 、これは第2のイザヤ書からも、明らかにfurnishesとの直接の通路に基づいて、質問) 、と説明してバビロンの大変動を破壊すると、市のOracleを活用して追放されたISAのです。

    13 。

    頁以降を参照。

    ( jer. l. 16日、 39頁以降を参照。 ;のCOMPです。 l. 39 ;李です。 40でISAのです。 34 。 14と34です。 6頁以降を参照。 ) 、彼の前にすることはできません最後に書かれたことに亡命バビロニア最古のです。

    この理由も説明バビロンと呼ばれ、駆逐艦"王のメディア" ( li. 28 ) 。

    また、バビロンの著者に対しては、 OracleのOracleに対しては使用するjeremianicエドム、時々引用して、文字通り( comp. l. 44-46と49 。 19-21 ;との起源は41-43が発見さl. Ⅵ 。 22-24 ) 。

    彼は5月にエルサレムに住んで推測されるだけでなく、よりl.

    5 、では、帰国亡命者の話をし、彼によると、彼らの顔が有効" hitherward 、 "という事実からだけでなく、彼がはるかに懸念してdesecratedと破壊されているよりも寺のエルサレムの亡命者は、預言者です。

    追加された通路、李です。

    59-64 、おそらくから進んで旅をする歴史的な記録を作ったバビロンseraiah 、執筆者の著者は、最も高いのは、 Oracleに対するバビロン、いくつかのいずれかへされていない場合は、彼の短いwho希望の物語を認証するには、 Oracle彼はjeremianicされる。

    明日のセクションの言葉: "これまでの[は]エレミアの言葉を、 "表示中は、エレミヤ書一度この時点で終了し、それ以降は以下の通りていることに加えています。

    実際には、 52です。

    は、歴史的なアカウントに関するゼデカイア、バビロンの国外追放する、とのターニングポイントは、巨万の富をjehoiachin 、これは転送してからの予約のジェレマイアオブキングスです。

    これは事実で示されているわずかなパターンとの2つの通路を除いて、 2つのアカウントに同意;のいずれかの例外が提示した3つの詩の亡命者の数を与えて、これが見つかっただけでジェレマイア( lii. 28 - 30 )とされたいくつかの別のソースから、おそらく挿入した後、彼らには、テキストが欠けても、セプトゥアギンタ; recordingthe 、他の任命は、短い通路gedaliah知事として、彼の殺人事件、およびそれらのエジプトの便は、 whoが左、これは欠けているジェレマイア( 2世王25 。 22-26 ) 、との疑いがわざと怠ったため、同じ事実の別の場所ではすでに記録され、エレミヤ書( xl.頁以降を参照。 ) 。

    また、あなたのを追加します。

    52 。

    自体は必要ありませんが、以来、情報を与えられたことはすでに部分的に知られ、以前のステートメントは、エレミヤ書;との最後の通路の変更されたの運命を完全に余計なjehoiachinは、記録が行わ以来、イベントの死の後、ジェレマイアです。

    § v.ソースは、エレミヤ書によると、ドゥーム:何がここにいるの仮定によると、エレミヤ書の起源の意見に対応して開催されたの件名で最も近代的学者で、そのコンセンサスは、かれらを詳細にれることがあります。は、全体としては、裏の対象物質としています。

    ドゥームの再生回数の異なるこの意見によれば、しかしそれをもって多くの点での連絡先を表示ことがありますので、ドゥーム、前の概念に反対して、比類のないが、大胆さと自信を拡張する彼の最も重要な調査を分間の詳細については、彼のが理由解析がここに個別に与えられた。

    このように他のもっともらしいと仮定して、本物の予言のジェレマイアversifiedの部分が含まれているが、発言は、散文エレミアの考えに働い以上が、大部分の説教の形で、 1つの問題が発生するかどうかは正当化されない" ascribing 、との最大の詳細ページでは、 [ 、様々な部分]文章を手に多くの疑問が通過する前に知って受け取ったのフォームでは私たちにし、その[それぞれ]の作家" ( nöldekeは" zdmg " 57 。 412 ) 。

    ドゥーム区別:

    ドゥームの分析です。

    ( 1 )エレミアの詩です。

    これらの、すべての約60人、日付

    (ア)からジェレマイアの時期にはまだanathoth :サイクルⅡ 。

    2B面、 3 、一四から二八; 29-37 ; Ⅲ 。

    1-5 ; 12b 、 13 、 19 、 20 ; 21-25 ; Ⅳ 。

    1 、 3 、 4 ;のサイクル31 。

    2-6 ; 15-20 ; 21日、 22日、そしておそらくxxx 。

    12-15 ; scythiansに関する最も古い5つの詩、 Ⅳ 。

    5-8 ; 11b 、 12a 、 13 、 15 - 17a ; 19-21 、 23-26 ; 29-31 ;

    結果( b )からの時間のジョサイア等: v. 1 - 6a以降; 6B面- 9 ; 10-17 ; Ⅵ 。

    1-5 ; 6B面- 8 、 9-14 ; 16日、 17日、 20 ; 22 - 26a ; 27-30 ; Ⅶ 。

    28頁以降を参照。 ; Ⅷ 。

    4 - 7aの; 8日、 9日、 13日、 14-17 ; 18-23 ; Ⅸ 。

    1-8 ; 9 ; 16-18 ; 19-21 ; Xで

    19日、 20日、 22 ;

    ( c )より、時間をjoah : xxii 。

    10 ;

    (エ)からの時間をjehoiakim : xxii 。

    13-17 、そしておそらくXI 。の

    15頁以降を参照。 ; 12 。

    7-12 (第1期) ; xxii 。

    18頁以降を参照。 、そしておそらくxxii 。

    6B面、 7 ; 20-23 ; 13 。

    15頁以降を参照。 ; 17 、 18 、 19 、 20 、 21a 、 22 - 25a 、 26頁以降を参照。

    (燃えてからの時間を予約した後、ロール) ;

    (オ)からの時間をjehoiachin : xxii 。

    24 ; 28 ;

    (女)より、後の時代(より正確な定義は不要) :大飢饉の説明を、 14です。

    2-10 ;とする邪悪な条件は、国とその結果、 15 。

    5-9 ; 16 。

    5-7 ; 18 。

    13-17 ; XXIII近くにございます。

    9-12 ; 13-15 ;印象的な苦情の個人enmities 、西です。

    18-20 ; 15 。

    10-12 、 15 - 19a 、 20頁以降を参照。 ; 17 。

    9頁以降を参照。 、 14 、 16頁以降を参照。 ; 18 。

    18-20 ;イグゼクスです。

    7-11 ;イグゼクスです。

    14-18 ;から、以前の期間中、しかし、最初に挿入した後、回復のロール: 14 。

    17頁以降を参照。 ; 17 。

    1-4 ;

    (グラム)より、最後のピリオドのゼデカイア(バルークによると) 、 38 。

    22 。

    生得的にバルーク部品です。

    ( 2 )予約のバルークです。

    それに1つのデータとi. - 25 exhortationsに保存されています。

    (例えば、 i. 1-3 、 6 ; Ⅶ 。 18 ;のCOMPです。 44 。 15頁以降を参照。 、 XI 。の21日、 Ⅶ 。 21頁以降を参照。 )は、次の通路から派生したこの本は、 (彼らはここによる手配オリジナルの順序を継承して、そのグループの詩が改正されてきたスパムには、アスタリスク) :

    (ア)を検索する時間をjehoiakim : 26 。

    1-3 、 4 (し) 、 6月24日(早期期) ; 36 。

    1-26 ; 32 (第4回と5年間のjehoiakim ) ; 35 。

    1-11 * (それ以降の年) ;

    (イ)の時間をゼデカイア: 28 。

    1 、 27 。

    2頁以降を参照。 、 28 。

    2-13 、 15-17 ( 4年ゼデカイア) ;二十九です。

    1 (に) 、 3 、 4A面、 5-7 、 11-15 、 21-23 、 24頁以降を参照。 、 * 26-29 (おそらく、同期間) ;参拾です。

    1-7 * ( 9年) ;参拾です。

    8-11 * ;参拾です。

    5 、 12-18 、 20頁以降を参照。 ;参拾です。

    6-15 ;参拾です。

    1 、 3-22 、 24 - 28a (エルサレムの包囲を解く中) ;

    ( c )を征服した後、エルサレムの時間、イベントに移住をmizpahとエジプト: 38 。

    28b 、 39 。

    3 、 14a 、 xl 。

    6 ; xl 。

    7 - 42 。

    9日、 13a 、 14 、 19-21 、 43 。

    1-7 ;

    (エ)上でのイベント、エジプト( comp. Ⅶ 。 18 ) : 44 。

    15a 、 16-19 、 24頁以降を参照。 、 * 28b ;拾伍です。

    結論を形成しています。

    救世主のような通路です。

    ( 3 )文章のサプリメントをバルークジェレマイアとします。

    これらの構成は約800の詩、それは、以上の詩のジェレマイア(約280の節)と、セクションからの予約のバルーク(約200人の詩) 。

    増幅の過程で、成長率は、エレミヤ書を現在のサイズは、何世紀にもわたっを行っている必要があります。

    その1つ追加することが可能(これを識別するのは難しい)が組み込まれてロールは、エレミヤ書は、ペルシャ時代です。

    の最大の数の追加が行われた第3世紀の年齢を"最もmidrashic文学" ;の最新のが一般的に、救世主のような通路とその補は、異教徒に関する予言します。

    彼らは部分的( i. - 25のようにします。 )挿入高齢の追加、部分的に配置で一緒に、別のセクション( xxx.頁以降を参照。 、 xlvi.-li. )ができませんでしたが発祥の前に最後に紀元前2世紀、とさえへの追加が受け取った;シングル通路(例えば、 33 。 14〜26 )としては非常に遅くには生まれてくるのでさえセプトゥアギンタです。

    これらの追加に陥る別のカテゴリーによると、その内容:

    (ア) amplificationsは、自然の説教での接続をjeremianic詩は、テキスト、ニーズに合わせて、追放された後の期間;

    (イ)短い物語、という形でのミドラーシュまたは無料の作詩、レコーディング、預言者ムハンマドの行為とことわざ;

    ( c )慰めの通路が部分的に付加さ説諭の説教を、部分的に立つと、別のグループが32です。

    頁以降を参照。 ;

    (エ)の追加がないの様々な種類の書籍の内容を接続します。

    しかし正当を分離するかもしれない"歌"のジェレマイアは、問題が発生したかどうかまだ多くのことに加えて、後のドゥームを除くことができないとしてもjeremianicので、簡単に行うことがversifiedの部分に加えて、あると仮定している必要もあります。発言の散文ジェレマイアれ、これらの除外を通路が5月に属しています。

    § Ⅵ 。

    の関係を、ヘブライ語のテキストを、セプトゥアギンタ:

    追加されたセプトゥアギンタです。

    masoreticのテキストを比較して、いくつかの例外に光をセプトゥアギンタの歴史の中の最後の段階の起源は、エレミヤ書、 〜だけれどもをギリシャ語に翻訳されて道はすでに作業をする前に予約が来たのヘブライ語を終わらせるです。

    これは事実に示されているの大部分をヘブライ語のテキストの追加して、これは、欠席は、セプトゥアギンタは、明らかに第二は、その内容も証明されるへのエラボレーションです。

    上記のすべての異なる2つの文章では、セプトゥアギンタがずっと短くなり、約2700の単語を含む(つまり、全体の約8分の1冊)を下回る場合はヘブライ語です。

    その一方で、件名は、ヘブライ語のテキストは比較的まれです。

    テキストの場合でも、セプトゥアギンタが証明される以前の、それは必ずしも以下のすべてのこれらのバリエーションが発生した後、最初にギリシャ語の翻訳がなされたため、異なる2つのエディションと同じテキストかもしれないが、開発プロセスへの側で側面。

    また、セプトゥアギンタの対応とヘブライ語の間にはあまりにも大きい、との関係に近すぎるの1つを話すの2つのredactionsできるようにします。

    彼らはむしろ改訂の2つのエディションと同じです。

    § Ⅶ 。

    起源は、エレミヤ書:

    最終改訂します。

    さまざまな段階での歴史の本としての成長を示されているの2つの理論の起源、ドゥームとrysselが、実質的に一致します。

    この本は、自分自身の指示によるものジェレマイアjehoiakimされて、最初の仕事をされた生徒は、おそらくバルーク、 who追加されましたへ発言は、おそらくこれを書いた部分は、口述筆記の預言者ではなく、メイン独立し、彼をさらに追加されました物語の通路(少なくとも征服のための時間に先行し、エルサレム) 。

    この"予約のバルーク、 "キューネンの組成を正当な理由もなく(上記参照、 § Ⅲ 。 )場所最初の2番目のバビロニア人亡命者の半分を、最後に筆記体の通過に対応しています。

    oraclesに関する国の外国人が含まれ、これは、しかし、直後に立っていたのセクションを参照して杯の怒りは、国、およびこれを行うにはほとんどのグループのoracles 、今すぐに含まれてxlvi.-li. 、実際の国を征服ネブカドネザルされています。

    Oracleの問題に加えて、バビロン、これは疑いなく、正規のは、問題の1つが追加されましたへイーラム必要がありますので、そのデートによると、 oraclesていないのに所属して4年目のjehoiakimです。

    エレミヤ書で、比較的早い時期の改訂が対象に、追加機能や、これが行われた特に、学校やイザヤ書からの資料を再;との質問にのみ提案自体が現実かどうか、この重要な活動を継続されるまで必要があります。 2番目の世紀の終わりにへたりもします。

    この本全体としては、最初の強制終了されるのは、 Oracleに関するバビロンに加え、再びへされるとしているアカウントに加え、予約オブキングスからです。

    書誌事項:

    論評:ヒッツィヒは、 kurzgefasstes exegetisches handbuch 、リプシック、 1841 ;二次元エドです。

    1866 ;エーヴァルトは、 prophetische bücherデアルテンtestaments 、 1842 : 2次元エドです。

    1868 ;カールハインリヒグラーフ、 1862 ; cwe nägelsbachは、 theologisch - homiletisches bibelwerk 、 1868 ; tkチェーンストークスは、スペンスと説教壇exellの解説( 3 vols学です。 、哀歌) 、 1883年から1885年; c.フォンオレッリは、 kurzgefasster kommentar 、 1887 ;二次元エドです。

    1891年(と一緒にジェレマイア) ;フリードリヒギーゼブレヒトは、遺言handkommentar zumアルテン、 1894 ; b.ドゥームは、 kurzer handkommentar 、 1901 。

    論文や研究論文と:

    ( 1 )を1つの重要な質問: k.バッド、 ueber死ぬkapitel 50 und 51デbuches jeremiaは、ドイチェjahrbücher für theologie 、 XXIII近くにございます。

    428から470まで、五百二十九から五百六十二まで; cjコルニル、 kapitel 52デbuches jeremia (シュターデのzeitschrift 、 Ⅳ 。 105-107 ) ; b.シュターデ、 jerです。

    Ⅲ 。

    6-16 ( ib. pp 。 151から154まで) 、およびjerです。

    32 。

    11-14 ( ib. v.百七十五から百七十八まで) ; aequivalent für das vermeintliche aramäisch - assyrische 、 jerです。

    44 。

    17日( ib. Ⅵ 。二百八十九〜三百三十九) ;女性schwally 、死ぬredenデbuches jeremia gegen死ぬハイデン、 25 、 46 -李です。

    ( ib. Ⅷ 。 177から217 ) ; b.シュターデ、 bemerkungen zum buche jeremia ( ib. 12 。二七六から三〇八まで) 。

    ( 2 )上の韻律の形式のスピーチ: k.バッド、 ein althebräisches klagelied (シュターデのzeitschrift 、 Ⅲ 。二百九十九〜三百六) ; cjコルニル、死ぬmetrischen stückeデbuches jeremia 、リプシック、 1902 。

    ( 3 )聖書-神学的な質問:笠原guthe 、デfœderis notione jeremiana commentatio theologica 、 1877 ; a.フォンbulmerincq 、 das zukunftsbildデpropheten jeremia 、 1894 : hgミッチェルは、神学ジェレマイアは、学会誌

    bibl 。

    点灯します。

    イグゼクスです。

    五六から七六です。

    ( 4 )性格のエレミヤのために奮闘すると書誌事項を参照してエレミヤ(預言者)です。

    のテキストと技術情報の翻訳:

    ( 1 )のテキスト版: cjコルニル、この本は、預言者エレミヤ(英語transl 。ジョンストンは、ノートをc. ) 、パートXIです。

    のp.ハウプト' sbot 1895秒です。

    ( 2 )のコレクションを1つの推測は、付録をカウチの旧約聖書の翻訳は、 ( 2次元エド。 1896 )との遺書をhetアウデ;くらいに散在の素材、例えば、上jerです。

    Ⅱ 。

    17日、シュターデのzeitschriftで、 xxi 。

    192 。

    ( 3 )の関係を、テキストをmasoreticセプトゥアギンタ: fk話題の、デ両方recensionis vaticiniorum jeremiœ 、 grœcœ alexandrinœ et hebraicœ masorethicœ 、インドールet origine 、 1837 ; pFのフランクル、 70 studien über死ぬ。

    und peschito zu jeremia 、 1873 ; gc職人は、テキストのジェレマイア、 1889 ;エルンストkühl 、 das verhältniss der massora zur septuagintaイムjeremia 、ハレ、 1882 ; streaneアドワーズ広告は、テキストをダブルジェレマイア、 1896 。

    一般的には、のCOMPです。

    また、はじめに記事を検索すると、旧約聖書のエレミヤ書は、神学的cyclopedias.eghv - 1090です。

    g.エミールハーシュ、ビクターryssel

    ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

    ジェレマイア

    ユダヤ人の視点情報

    記事件名:

    -聖書のデータ:

    § i.ライフ:

    彼の家族です。

    聖職に就くエルサレムな態度を取る。

    § Ⅱ 。

    予言のキャリア:

    エルサレムのレジデンスです。

    懲役刑を発売します。

    読書は、ロールです。

    政治的な態度です。

    アドバイスのくびきを受け入れています。

    2つ目の懲役刑です。

    撮影にエジプトにします。

    § Ⅲ 。

    文字:

    強烈な個性です。

    調子に落ちこんでいる。

    敗者復活ホッとされています。

    彼の直喩です。

    普遍性の神性。

    -のラビ文学:

    彼の予言的な活動です。

    同寺の中に破壊します。

    ビジョンを持って喪に服して女性です。

    -聖書のデータ:

    息子のhilkiah ;預言者は、日間のジョサイアとその息子たちです。

    § i.ライフ:

    israelitish例は、他の預言者の情報がいっぱいエレミアのようにします。

    歴史的な部分を、エレミヤ書の詳細なアカウントを与える彼の人生明らかに外部の目に由来する、おそらく彼の瞳の証人-バルークです。

    エレミアの予言彼の精神生活洞察力を与える、との主観的品質の説明を理由に彼の性格と闘争対内です。

    自然に優しい、彼は待望の彼の人々の平和と幸福を、代わりに彼はその破壊を宣言する義務が、また災難を目撃しています。

    彼自身は安静に待望の平和と、しかし、その代わりを発表する義務は、彼の人々を恐怖の到来に伴い、 1つのタスクができませんでしたしかし、彼の心に悲しみを負担します。

    彼はまた、難治性の戦いに反対するし、その評議員のうち、偽預言者、司祭、および君主です。

    彼の家族です。

    エレミアは紀元前650年に生まれ、そのanathoth 、 3マイルの小さな町の北に位置エルサレムは、ベンジャミンの領土にします。

    聖職者のご家族に属して、彼は、おそらく、同じ1つの世話をして契約の箱からの帰還後、エジプト、との1つにして、高い司祭に属しイーライいたが、後退をanathothていたときにabiathar 、デビッドの僧侶が追放されソロモン(私の王2世です。 26 ) 。

    この場所の家族経営のプロパティのように、エレミヤを与えることができた彼の予言を完全に自分自身を呼び出すことです。

    献身的にするだけのために彼は彼の高い職業、およびそれを実現することは、保険関係の悩みの種と宣言災害、彼と結婚しなかった( 16 jer.です。 2頁以降を参照。 ) 。

    ジョサイアは、 13年の王(紀元前626 )ジェレマイアは維持しながら、若い男には、預言者と呼ばれる。

    それはちょうどこの時期は、略奪スキタイ人の群れ、これに近い問題を抱えたアジアで2番目の半分を数十年の7世紀、過去の西側の境界をパレスチナ掃引して迅速な馬、戦利品をキャプチャする豊かな土地で、古代エジプト文明(ヘロドトス、 i. 164 ) 。

    以来継続的に予言されるまで彼と破壊を征服した後、エルサレムでのネブカドネザル王(紀元前586 ) 、エレミアの予言的なキャリアをカバーする期間を40年以上です。

    すべての重要なイベントは、次の期間内に反映される彼の予言: deuteronomicの出版物は、法(紀元前621 )と、宗教改革の結果として導入されジョサイア;の最初の国外追放をバビロン、 jehoiachinいるか、またはjeconiah ( 597 ) ;との最後の大惨事は、ユダヤ人の王国( 586 ) 。

    妙な話だが、これらのイベントのすべての出版物は、法や宗教的な改革のdeuteronomicジョサイアは、最低で目立つように赤字解消彼の作品を紹介します。

    聖職に就くエルサレムな態度を取る。

    ありそうにないことではないの反対ではジェレマイアを聖職に就くように立っていたのは、中央聖域では、エルサレムの継続を、野党の間に昔から存在していたことが聖職に就くと、彼の家族とzadokトレーサブルには、成功しました。対戦相手のabiatharです。

    エレミアの態度のことも、影響されているという事実に、彼はあまりにも浅ジョサイアの措置は、道徳的な改革を宣言している彼は必要がない場合は、同じ運命を覆ったザイオンとして同寺の昔には同寺のシロbefallの過去分詞形(私サムです。 Ⅳ 。 ) 。

    エレミアの内側への反対をしてdeuteronomic法ではないのであると考えています。

    この5月に見られるからの勧告( ib. XI 。の1-8 )では彼の人々がコールさジェレマイアを聞いて"という言葉は、次の約束" ( ib. v. 3 )を神が与えられたとき、自分の父親を持ってエジプトアップする。

    この通路には、プレーンの参照を、新たに見つかった法です。

    ほとんど同じように正当化は、理論的には、これは最近、提案、そのエレミヤは晩年deuteronomic法から出発します。

    "偽[うそをついて]ペンは、筆記体、 "これは、エレミヤは言うとして、 "により、律法のyhwhを虚偽" ( jer. Ⅷ 。 8日、 hebrです。 ) 、 deuteronomicできませんでした法に言及して、またそのcopyists改ざんされています。

    むしろ、ジェレマイアは、ここで別の思考法のコンパイルが進行中の下に入力し、彼の反対の方向に、聖域は、中央の司祭たちはエルサレムです。

    ジェレマイアして、他の概念から、おそらく予想よりも狭いlevitical法の1つ、これが実際には、法律上の部分を見掛け、いわゆる聖職者の文章と、聖職者の視点からの検索結果です。

    § Ⅱ 。

    予言のキャリア:

    (ア)王の中の時間ジョサイア:それ以上の詳細ジェレマイアジョサイアの生活の中に君臨することが知られています。

    これはおそらくのために、実際には、提案としては最近、その彼の家に住んで引き続きジェレマイアanathoth中には彼の予言の開会年間のキャリアです。

    この理論はサポートされて説明書は、有力な宗教的な儀式に彼は彼の最初の予言( jer. Ⅳ 。 4 )でラフを適用して良い、単純な、地元のカルトよりも精巧な儀式をyhwhは、中央聖域のようです。

    "すべての丘とされてごとに緑の木" ( ib. Ⅱ 。 20 )彼らの名誉の"よそ者" ( ib. v. 25 ) 、すなわち、 baalim ( ib. Ⅱ 。 23 ) 、 who 、海外から導入いた地元の神々の間に撮影場所です。

    イスラエルは"行動wantonly "をしてから、彼は最初の解決に時間がカナンの地とは、彼自身の子供たちはかれらもやけどを負った"との谷" ( ib. Ⅶ 。 31 ) 。

    エルサレムのレジデンスです。

    談話に関する最も古いscythians ( ib. Ⅳ 。 5月31日)には最初のようにも書かれてanathothれています。

    事前に説明して非常に魅力的にしてエレミアの人々 "から北"がもたらす恐ろしい破壊時の土地のイスラエルではアカウントの背教です。

    別の説を唱えている証拠の味方をして継続的に住んでanathothジェレマイアに入ったところで彼のキャリアのは、あなたの前に予言します。

    v.懸念していないの行状は、資本金は、自分のものに変更するだけでエルサレムの居住を開始するアカウントは、外付けの詳細彼の人生を彼の瞳は、当初よりjerusalem 、 whoはおそらく初めてに関連付けられてwho預言者ムハンマドにします。

    は、単純なローカルカルト資本の減少を比較する前に中央サンクチュアリ取るに足りないこと、しかし他方で不道徳、平凡な、と詐欺自体は目立つようになり、無視したと一緒に、預言者ムハンマドの言葉を話す人々は彼をyhwhの注文です。

    預言者さえ、道徳的に参加して総合debasement ;確かに彼らはこれらの見通しに比べ悪いwhoかつては"予言の名のバール" ( ib. Ⅱ 。 8 ) 、すなわち、北部は、預言者の王国です。

    の人々 、また、どのジェレマイアは、その内側の価値をテストするため、ここでは試金( ib. Ⅵ 。 27 )をテストします。純度金属、尊さが失われ、すべての世代の怒りとはわずかです。

    懲役刑を発売します。

    結果( b )王の中の時間jehoiakim :ジェレマイアanathothをエルサレムからの除去が行わようにする前に少し時間をjehoiakimの加盟; 、少なくとも彼は、エルサレムの居住者として表示されることキングされています。

    同じように彼の厳しさと彼の処罰の脅威を間近に迫った彼の仲間はすでに国民の不満をanathothして求められるような彼の人生の範囲( ib. XI 。の19 ) 、これも、エルサレム全般に対する彼の怒りはすぐに興奮します。

    だから、最初の機会は、イベントをjehoiakimの統治のです。

    説教を説教するエレミアの谷ベン- hinnomに対する偶像崇拝、および完了するために持って全くとユダの王国を破滅させるのを明確にする前に他の心の中に陶製の投手聞き手破った。

    繰り返されるときに、同じ説教直後に彼は、寺のコート、彼は刑務所に入れpashur 、司祭を担当し、解放が、しかし、次の日です。

    は、次のセクション( ib. 26です。 )を参照してください。

    時の人々の冒頭にjehoiakimの治世は、恐ろしい損失にもかかわらず、支えられていたが死亡したジョサイアメギドの戦いは、不幸な結果とエジプトの支配の確立、依然としてはの快適さを考えると、同寺との保護には、聖域と考えられて余裕は、ジェレマイアに立っていたコートと呼ばれる同寺の人々を向上させるために道徳的;他のエルサレムの神殿にはシロの運命を共有しています。

    興奮の司祭がひどいとは叫んだているエレミヤは、預言者の死に値する。

    彼は、しかし、年長者が無罪とされた司祭、 whoように見えるには大いに尊敬していたという言葉は、預言者、特に対象は、いくつかの事実を、最も顕著な人と呼ばれるバラを注意して預言者ミカ、 who同じ運命を予言いたとエルサレムの寺です。

    読書は、ロールです。

    エレミアの人生は、次の事件の発生が最も密接に繋がって公共のイベントとして彼はますます多くの政治生命に引きずり込まれるされています。

    第4年jehoiakimは、同じでは、エジプトを征服しbabyloniansカルケミシュとの戦いは、政府与党は、このようになったが近づいてアジア全体のほぼ70年間、ジェレマイア指示バルークのスピーチを彼は、最初から構成さ彼のキャリアまで入力し、彼の瞳を読むことが原因の人々は、寺の前に、ごちそうは、第5日間のjehoiakim年です。

    このイベントに聴聞会の役員の最高裁判所の原因を読むにはロール一度の他のバルークして、その後、その内容にうろたえては、彼らインフォームドコンセントザキングオブしてください。

    jehoiakim次の原因によってもたらさを読んでのロールをしてしまったら、ほとんどは、リーダーjehudiしかし、 3つか4つの葉を読むときに、王は、ロールの引き下げは火鉢に投げ出された作品とされていた温暖化を自分自身です。

    ジェレマイア、しかし、 who上の助言を隠し、当局は、自分自身、指示の内容を新たにやけどをロールバルーク、追加"多くのような言葉" ( ib. 36 。 32 ) 。

    それは、彼の秘書同様who (へ)のロールを書いたが、すべての新しい予言を配信するものであり、エルサレムの破壊です。

    政治的な態度です。

    ( c )中に時間をゼデカイア:で、元のロールがやけどをjehoiakimし、実質的に含まれるもので、おそらくあなたの予言に含まれています。

    ii. - 12 。 、ジェレマイア任意の正の要求はなかったのユダ王国の政治的な態度をします。

    彼は単に、との原則に基づき、イザヤ書ホセア書敷設され、ユダはないことを宣言するすべての政治的な立場を取る、彼女自身の、どちらが従うべきした後、アッシリアもエジプトした後、待機して何が必要yhwh命じ( ib. Ⅱ 。 18 、 36 ) 。

    しかし、コースのイベント感じたimpelled政務を取る積極的に参加します。

    これは時間の中にゼデカイア、 who王位継承されていたに配置さネブカドネザルした後、国外追放をjehoiachin ( ib. 27 。 、 28 。 ) 。

    アドバイスのくびきを受け入れています。

    ときには、 4年目のゼデカイア、周辺諸国の大使から来て意図的にザキングオブユダ反対する暴動について、共通のバビロニア王は、預言者の名前をhananiahproclaimedされた同寺での迅速な返還をjehoiachinと彼の仲間の亡命者先頭をもたらすだけでなく、船舶の寺をされていたネブカドネザル持ち去られ、彼の予言をサポートすることが発表される"の言葉yhwh "という趣旨のは、彼は"くびきを打破するザキングオブバビロン" ( ① -イ。 28 。 4 ) 。

    ジェレマイア入力し、市場が掲載されてくびきの木のブロックと開催地となってcounseled大使、王ゼデカイア、と彼のバビロニアの人々の自発的に電力を提出する。

    ジェレマイア登場時には、寺にも、彼の肩からhananiahが傷つくのくびきを繰り返してきた彼の予言の吉報の伝達( ib. v. 10頁以降を参照。 ) 。

    ジェレマイア同様に亡命者に助言したバビロンを解決に静かに( ib. 29です。 ) 、これが原因の1つへの書き込みをして、エルサレムの司祭の高い彼を満たす演出職務を果たすのは、すべての凶を見張る男が同寺と1時間毎1つは"預言者のために、自らを"とし、その結果、エレミヤに"刑を言い渡されるとは、株式" ( ib. 29 。 26 ) 。

    2つ目の懲役刑です。

    しかし、運命はすぐに果たされると、それが新たな試験を実施し、エレミヤです。

    ゼデカイアに屈する義務付けられていたの党との戦争を主張したネブカドネザル王に反抗する。

    babylonians入力し、反対のデモ行進を罰するゼデカイアとユダの反乱を鎮める。

    エレミアの予言ときは、その履行の近くに、頻繁に送られる王に相談するが彼にはこの項目を加筆し、かれとはどのように行くとする人々や、自分自身と自分自身を保存する何をしたらいいのです。

    エレミヤは彼に言われたがはっきりしてbabyloniansに投降するよう勧めましたが、彼を征服するとの戦闘を開始する前に、かわすのために、最悪のです。

    ゼデカイア、しかし、このアドバイスをしなかった思い切っ以下、およびしたがって、大惨事が下った時、それまでの間がないわけではジェレマイアに耐えることのために多くの苦難の包囲します。

    以来、彼は間違いなく転覆を予言されたエルサレムbabylonians 、と警告したことに対して抵抗するだけでなく、エジプト人に助けを信頼し、彼は自分の国を裏切り者と見なされ、そのために、強盗に入られたため、彼の有罪判決を公然と表明するその勇気を包囲、彼は監禁さです。

    彼は脱走兵として扱われるため、彼も彼のネイティブ希望の都市への行き方は、個人的なことは一度babyloniansいたときに一時的に引き上げ反対の包囲をhophra年3月に、エジプトの王(以下、 " apries "ヘロドトス) 、 whoは、前進している。

    ジェレマイアは逮捕されたが、地下牢に投げ出さ、そこからリリースされた彼は王様です。

    彼は、裁判所を入力し、監禁される王宮警備隊は、彼の落胆させるとして、兵士たちに影響を与える恐れがあります。

    彼は、特定の自由が許されていたので、何も隠し事はないと彼は続けた彼の有罪判決を作るの最後の没落のユダに、彼は国王の役員を投げたの空の槽です。

    このも救出された彼は宦官の王の許可なしに、同じ時間に保存した後は、飢餓死から( ib. 37 。 、 38 。 ) 。

    それから彼は、ライターは依然、裁判所刑務所監禁されるまで彼はエルサレム解放されたのは、キャプチャbabyloniansです。

    (エ)が崩壊した後の時間中にエルサレム: babylonians利きの世話をするエレミアと保護のための知事gedaliah 、御心に適うmizpahに住んでいます。

    殺人事件の後に、知事、ジェレマイアようにイスマーイールが持ち去らされ、殺人犯のgedaliah 、とされjohananとその仲間たちに救出されています。

    この5月に締結預言者という事実から、バルーク、強制送還は、非ユダヤ人の間who考えてエジプトに行くのを恐れて、 babyloniansです。

    ベス- lehem近くにご滞在中に彼は神のご意志を求めている。

    ときに、後の10日間、彼の答え受信して国に残っているのは、彼の警告の声が聞こえないの叫びで育った彼に不利に働いたことバルーク刺激彼は、この助言を与える。

    したがって、ユダヤ人の預言者をドラッグして、人質として(ドゥーム[ " theologie der propheten 、 " p. 235 ] : "としてのお守り" )をtahapanhes (すなわち、ダフネは、東部支部は、ナイル川)です。

    ここで継続的に予言するエレミヤbabyloniansの破壊された彼の研究員も、難民としての寺院やエジプトのファラオ( ib. xxxvii. - 44です。 ) 。

    ここでも彼は怒りを経験している必要がありますは、女性たちの難民、 whoできませんでした焼き付けことによって予防されるケーキと流れ落ちてから彼のワインは、 "クイーンオブヘブン" ( ib. 44 。 15頁以降を参照。 ) 。

    おそらくジェレマイアエジプトで死亡した。

    殺したかどうか彼の同胞としての伝統は言うことは、アカウントの過去のデータが不足し、どちらの主張にも拒否されました。

    しかし、彼の暗殺されないように見えるのは全く不可能な怒りのシーンだけを対象に記載します。

    いずれにせよ、彼の人生も、闘争の継続ていたとして、苦しみを終了した。

    したわけではないの悲劇的な出来事が少なく、彼の人生は自分のチーフ反対派に属して、同じ2つのクラスのメンバに彼自身がします。

    司祭戦った彼の犠牲を払うことになるため、彼はほとんどの重要性を宣言し、彼を宣言しているため、預言者は自己の利益を要求して良いの人々に予言する。

    § Ⅲ 。

    文字:

    強烈な個性です。

    (ア)の文字をパーソナリティ:エレミアの人生の悲劇的な要素で言及されています。

    研ぎ澄まさされたことは、これは主観的に特有の形質を他の預言者を超えるジェレマイアも、古いものです。

    この個人的な苦しみ以上のハードの運命を義務付けられて彼は彼の人々が神の宣言を不変のは、彼は非常に強力なことをするという試みが本格的にも執り成し穏やかな態度に移動して、神に向かって罪を犯した。

    "私を忘れないで、なたを話す前に立った良いし、なたの怒りが背き去ってからにして" ( ib. 18 。 20 ) 。

    彼は疑いの余地はまだありませんように黙っていると話す必要があります: "私によると、私は彼の言及は、任意の他の彼の名前も話す。しかし、彼の言葉は私の心に燃える火をシャットアップとして私の骨、および私は疲れを我慢し、と私ご滞在できませんでした" -すなわち、 "私苦労を保つことに私と私できませんでした" ( ib.イグゼクスです。 9 ) 。

    yhwhさえも彼の執り成しを禁止し、罪人( ib. Ⅶ 。 16日、 XI 。の14日、 14 。 11 ) 、およびを禁止し、彼の執り成しを求める人々 ( ib. 42 。 2 、 4 ) 。

    彼の同胞の共感をジェレマイアも罰せられるwho神は非常にすばらしいことを一度に、机上の宣言をする人々は人々の請願書が変更されました: "おお、主よ、正しい私ではなく、判断;ていないのに怒り、しないようになたもたらす私に何も" ( ib. Xの24 ) 。

    彼は説明して痛みの移動をご利用に彼と彼は感じ、彼の"非常に心臓、 "戦争の時に彼の音を聞くと、それを発表する必要があります人々 ( ib. Ⅳ 。 19日、 Ⅷ 。 18-22 ) ;と、彼の悲しい人生に絶望する彼は彼の誕生日の呪い( ib.イグゼクスします。 14-18 ) 。

    この強烈な感受性で、一部の預言者、それはない原因驚くことで、その一方で、彼の怒りをブレークpersecutors記載に対する彼の欲望と彼は一日の破壊に来るかれら( ib. 17 。 18 ) 。

    調子に落ちこんでいる。

    結果( b )の文字を彼の書き込み:このことは疑いのために、しばしば絶望的に落ちこんで注意して彼の言葉のフレームを頻繁に気の抜けた退屈な印象を与えると改善された積みではないのと同義語、およびこれは他のすべての顕著なスピーチのリズムに乗っているため、頻繁には非常に弱々しいとほぼ消えます。

    この5月のせいでもジェレマイアの部分をしなかったという事実を彼の著書自分自身の書き込み、それはまだ否定できないが存在することを彼のスピーチの内容の単調さです。

    この5月に追跡可能なため、彼の年齢の条件です。

    預言者ムハンマドは常に、人々の罪を訴え、特にその偶像崇拝するか、さもなく破局を記述するにバーストがかれらを通じて、北朝鮮の人の群れからです。

    明るい見通しがあるのはめったにないより良い未来をします。

    敗者復活ホッとされています。

    を願っていたの冒頭に、その人々が偶像崇拝の弊害を認識して、再度電源を神に内側には良心の呵責( ib. ii.-iv. 4 ) 、完全に消えるの後半に直面して全くperversenessの人々 ;としては、他のエフライム期待して、失われたyhwh好きなのは、その子のレイチェルwho失われていた光景を100年間、リターンからは"アウトオブ砂漠のです。 "

    しかし、エレミヤ話すときの彼の魂からの深さの単調さをホッとされるコンテンツが魅力の言語では彼は、他の預言者として、関係ができるように、神の愛の言葉をユダに彼の不貞の妻です。

    彼の直喩です。

    彼の言葉を選ぶことが結論づけられることがありますエレミヤ、イザヤ書のような、男は、教育を受けています。

    彼の写真を塗料のアウトドアライフ詳細を深く、自然の微妙な感謝します。

    の声は、砂漠のサウンドを彼の詩;彼は足の迅速なうわさを実行してあちこちヒトコブラクダ、野生では、牛の成長の平野に、息を切らして、のどが渇いて野生のロバとdim目、そして鳥の餌は、ファウラーが関連付けられて彼の犠牲者を誘致するために出資しています。

    も、説明書オブカオス( ib. Ⅳ 。 25 ) "エレミヤはありません忘れて鳥" (ドゥームは、彼の翻訳文のエレミアの導入を、 p. xxii 。 ) 。

    彼は、実際のところ、かなりの叙情的性質、画像がなくて以来、彼に感謝しtarries時には熟考の自然、これに敏感に対応して彼の人間の心の理解のです。

    神の偉大さは明らかにしてかれに、砂の海岸に、これは永遠の境界に配置さは、海; " andthoughの波に投げること自体、まだ勝つことはない;かかわらず彼ら轟音は、まだありませんが避けて通ることはない" ( ib. v. 22 ) 。

    観察の延長としての彼の影の日は沈没( ib. Ⅵ 。 4 )か、または、乾燥した風は、高い地位についてくるのとはあまりにも強いから、大自然のために奉仕ファニングのいずれか、またはクレンジング( ib. Ⅳ 。 11 ) 。

    今すぐと入力し、彼に引き上げられ、特別なタッチの写真を曖昧にする人間の生活の上に、抑制のアカウントの詳細は共通して、旧約聖書のイラストや例を紹介します。

    彼furnishes 、 "製錬" ( ) 、 whoされて以来、紋切り型の例最古の預言者、ベローズ( ib. Ⅵ 。 29 ) ;としてのシンボルは、うれしそうに自分の存在を予言foretelling罰がドライブを去ったとき、彼言及し、加えて、の声の花婿と花嫁、 millstonesのサウンドは、ろうそくの明かりの中で、 ( ib. 25 。 10 ;のCOMPです。 ① -イ。 Ⅶ 。 、 3 4、 1 6。 9 ) 。

    彼はまたどのように羊飼いのカウントを観察する彼の羊の群れ( ib. 33 。 13 ) 。

    彼の象徴的な行為を頻繁に使用するのは、彼は実際に扱ってアウトかどうかのように、破壊の陶器の投手は、上のコードのパット、そして彼の首の上に置き、ヨークか、または単に想像して、のように、 allegoriesでjerです。

    13 。

    1頁以降を参照。 、シンプルかつ簡単に理解できるが( baudissin 、 " einleitung 、 " pp 。 420頁以降を参照。 ) 。

    普遍性の神性。

    ( c )の文字を自分の宗教的な再生回数:に適合するように彼の主観的な自然、ジェレマイアの構想を提起した神と神の人々のきずなを上回っている概念の物理的な関係、および転送信心深さより客観的儀式を単なる人間の心の( comp. ① -イ。 Ⅳ 。 4 、 1 7。 9日、 2 9。 1 3日、および、もしj eremianic、また3 1。 3 1頁以降を参照。 ) 。

    この概念を通じて関連して、男の神性、神の普遍性のアイデアを、そうでない場合は作成された彼はまだありません(もしアモス9 。 2-4 、 5頁以降を参照。除外)非常に明確に示しています。

    多くの人が通路の大部分を、神は、普遍性が最も明確に表明( 27 jer.します。 5 、 11 ;参拾。 19 ; 49 。 11 )は疑問点が原作者として、通路には疑問の余地がないにもかかわらず( ib. 12 。 14頁以降を参照。 、および18です。 7頁以降を参照。 )ジェレマイアでは、もののyhwhの観点からは、その特別な神は、イスラエル、日本、表現彼の信念に基づいて他の国よりも彼は拒否してみて、イスラエルとその後を取る彼に有利なです。

    もし、これらの通路のparticularistic神の概念を完全に放棄ではない、しかし彼は、直接の結果の普遍性の描写、これが最初に与えられたエレミヤは、彼の全能遍在と、充填天と地( ib. XXIII近くにございます。 23 ;のCOMPです。 Ⅱ 。 16 ) 。

    こうしてエレミヤは、彼の構想から開始する神の、神々は、異教徒を特徴付けることとして"神"と表明することに確信して"異教徒間のアイドルがないのが原因で雨の1つに、 "一方がyhwhはすべて( ib. 14 。 22 ;のCOMPです。 16 。 19頁以降を参照。 ) 。

    しかし、この傾向にもかかわらず、神の普遍的な概念で、後に記事を確固たる信念は、国家宗教の壁を打ち破るにはまだ倒れたジェレマイアの心のです。

    これは最も明確に示しているという事実にも彼の最後の修復のためのイスラエルの部族です。

    書誌事項:

    cwe nägelsbach 、 der預言者jeremia undバビロン、エルランゲン、 1850 ;あなたのコルニル、 jeremia undセーヌツァイト、 1880 ; tkチェーンストークス、ジェレマイア:彼の人生と時代、 1888 ;ラザロ、 der預言者jeremia ; k.マーティ、 der預言者jeremiaフォンanatot 、 1889 ;ワットerbt 、 jeremia undセーヌツァイト、 1902 ;ベルンハルトドゥーム、 dasブーフjeremia 、 uebersetzt 、 1903 ( comp.はじめ、 pp 。 v. - 34です。 ) ;

    構造されてジェレマイア、予約of.eghv - 1090です。

    -のラビ文学:

    ジェレマイアは、彼女と結婚するラハブの子孫であるジョシュア( sifre 、 NUM件です。 78 ;メグです。 14b 、下) 、中に生まれ、預言者の迫害されてイゼベル( Gen 。とr. 64 。 6 ; rashiをjer 。イグゼクスです。 14読み取り、おそらく正しく、 "マナセ"ではなく"ふしだらな女" ) 。

    崇高な任務を、エレミヤは、彼の運命は明らかでさえも誕生;ためだけでなく、彼の世界に入って割礼( ab. rn Ⅱ 。 [エドです。シェクター、 p. 12 ] ; midrれています。 Ⅸ 。 [エドです。ブーバー、 p. 84 ] ) 、しかし、すぐに彼は日の光をbeholdの過去過去分詞彼は大きな叫び声が勃発し、青少年の声をおexclaiming : "私の腸、私の腸!私は私のまさに中心地に立腹;私の心のためにノイズが私の、 "等( jer. Ⅳ 。 20 ) 。

    と彼は続けた彼の母親の不貞を非難すると、後者としては、これを大幅に不似合いな演説を聞いてびっくりした彼女の新しい生まれの乳児、彼によると: "するつもりはないんあなた、私の母です。私の予言はありませんを参照してあなた;私アムザイオンとエルサレムの話をします。彼らデッキアウト彼らの娘、および着して紫、と金冠を頭に置く;しかし、盗賊は、来てから、これらのものです。 "

    ジェレマイア神の呼び出しを拒否した預言、および参照さムーサー、ハールーンを、イライジャ、およびエリシャ、すべての人は、そのアカウントを呼び出すことが悲しみを受けると、ユダヤ人を嘲笑して、彼は彼の中座の嘆願を拒否その彼はまだ若すぎる。

    神は、しかし、こう答えた: "私は罪のないので、若者の愛;これが私のLED理由で私と呼ばれるエジプトイスラエルの彼'私の息子' [のCOMPです。ホセア書XI 。の1 ] 、と思うときに愛情を込めてのイスラエル、日本、私のことを話すの少年[ jer 。 Ⅱ 。 2 ] ;それゆえそんなこと言わない'私は男の子です。 ' "神の手を入力し、エレミヤの"杯の怒り、 "彼はさせてから、国飲み物;と飲むときは、どの国ジェレマイア要請まず第一に、答えは"イスラエル。 "

    彼の運命を決める入力し、エレミヤが始まったことを嘆き、自分自身との比較については高い司祭whoは、同寺の儀式を実行するには、所定の例姦通の疑いのある女性( num. v. 12頁以降を参照。 ) 、およびwho 、ときに近づいて彼女の"カップは、苦い水、 " beholdの過去過去分詞自分自身の母親( pesiḳ. r. 26 [エドです。フリードマン、 p. 129a 、 b号) 。

    彼の予言的な活動です。

    エレミアの予言的な活動を始めたの治世は、ジョサイア;彼は彼の相対的に現代の女性予言者と彼の教師ハルダゼパニヤ( comp. maimonidesは、はじめに" yad " ;のラムです。 r. i. 18イザヤ書に記載エレミアの教師として) 。

    これらの3つの預言者に分かれて活動をハルダ話をするような賢明な女性と男性のジェレマイアを通り、中ゼパニヤ説教は、シナゴーグ( pesiḳ. r.液晶) 。

    ジョサイア復元の真の崇拝するときに、ジェレマイアは、亡命中の10部族は、彼をパレスチナ人の支配下には、信心深い王( 'アーカンソーです。 33a ) 。

    ジョサイアtowarものの、エジプトに対しては預言者の助言を、後者はまだありませんは、信心深いことを知っていたので、キング牧師が行っただけでエラーが発生( lam. r.液晶) ; dirges彼と彼の王の死を苦々しくlaments 、第4章の始まりの哀歌ダージュ上、ジョサイア( lam. r. Ⅳ 。 1 ;ターグ。 2世chron 。 35 。 25 ) 。

    jehoiakimされて預言者ムハンマドの人生は、ハード1つ;は、邪悪な王だけでなく、やけどの初期の支部を哀歌が、預言者ムハンマドは、彼の人生の危険にさらされさえ(男性ḳ 。 26a ;ラムです。 r. 、はじめに、 p. 28 ) 。

    彼はまだfaredさらに悪いことに、しかし、ゼデカイアされて、彼は多くの攻撃に耐える時の両方に彼の教えと彼の人生です。

    彼の降下をアカウントからの改宗ラハブ軽蔑されていた彼のコンテンポラリーとして非難する権利を1つのwhoはないが、ユダヤ人の罪( pesiḳ. 、エドです。ブーバー、 13 。 115b ) 、およびそれらまた彼を告訴不貞結果( bです。 ḳ 。 16b ) 。

    憎しみの念を抱くのは、戦争の司祭と党の反対ジェレマイア彼の懲役刑にもたらしたのうちのどれかを誣告し、 jeriahは、孫のhananiah 、古いエレミアの敵です。

    彼の看守のジョナサンは、相対的にhananiah 、彼に嘲笑の言葉: "見よ、どのような優秀なお友達もたらしたなたがた!罰金は、この刑務所ではどのように今すぐは;本当にこれは宮殿のように! "

    だが、不動の預言者は依然、およびときにジェレマイアザキングかどうかは彼の予言は、預言者ムハンマド大胆に答えた: "はい:ザキングオブバベル亡命することにつながる。 "

    ザキングを見たときに怒って成長率をどのよう聴聞会には、彼の件名を変更しようとした、と言っ: "ロ、さえ、邪悪な口実を模索するときにリベンジして自身の敵!どのくらい大きく右には1つだけを期待して男悪さをもたらすのに十分な理由をいずれか1つ!あなたのお名前は'ゼデカイア、 'を示すにしているだけ' ẓaddiḳ ' ;私したがって祈りを省略して監獄に送っていない。 "

    ザキング付与このリクエスト;しかし、彼は長い間、耐えることができませんでした。 clamoringsは、貴族、とエレミヤは泥だらけに出演するピットは、そこに意図があって彼は死ぬ。

    十分な水があったとしては、ピットにおぼれる男は、彼の敵のデザインはなかったが実施されたの原因と神の奇跡の水を底に沈むと、汚れをfloat型、ジェレマイアエスケープして死に至る。

    さえ入力し、彼の元キーパー、ジョナサン、嘲笑の預言者、電話して彼: "どうしてそんなことをしていない残りのように頭を泥をスリープ状態にすることができます。ながらですか? "

    は、インスタンスをebed - melech 、ザキング許可ジェレマイアピットから救出されることです。

    ジェレマイア最初ebed - melechときに回答しなかったと呼ばれる彼をしてしまったら、ジョナサンため、彼は考えていました。

    ebed - melech 、 who思想は、預言者が死んだ、その後は泣き始め、それは彼がした後にのみを聞いて涙を流しながら答えたジェレマイア;そこで彼は泥沼からの策定( pesiḳ. r. 26 [エドです。フリードマン、 p. 130a 、 b ] ;のCOMPです。 ebed - melechのラビ文学) 。

    同寺の中に破壊します。

    敵の敵と認識していないの預言者ムハンマドが彼の保全額を膨らませるだけで彼らは、市と寺、以来彼の目に大きなメリットが神のために彼はエルサレムにも持ってきて罰が続く限りは預言者は、は、シティ( pesiḳ. r.液晶[エドです。フリードマン、 p. 131a ] ;多少異なっているシリアapocです。バルーク、 2世です。 ) 。

    したがって命じられた預言者ムハンマドは神への行き方anathoth ;と彼の不在が、同市に取ると、寺を破壊します。

    彼の復帰をするときにジェレマイアbeholdの過去過去分詞煙寺から上昇し、彼を見て歓喜したため、彼は改心したと考えられていたが、ユダヤ人を再度焼けもたらす製品を提供することの聖域のようです。

    すぐに、しかし、彼は彼のエラーを発見、さめざめと泣くになったときに、左lamentingしていたエルサレムを破棄してください。

    彼はバビロンへの道を今すぐその後、遺体が散らばって、彼はオーバーテイクの捕虜が主導するまでの距離nebuzar -アダン、同行の中ほどの御心に適うユーフラテス川( pesiḳ. r.液晶;のCOMPです。シリアapocです。バルーク、液晶) 。

    ジェレマイアものの、表現されるコマンドのネブカドネザル、許されていた彼は喜んで行ったり来たりする( jer. 39 。 12 ) 、捕虜に対するレビューはまだ彼を見たときに自分自身を自発的に縛らまたは他の原因にバインドして、 nebuzar -アダンにもかかわらず、 who 、不安を実施する主人の命令には、常にアンチェインドていた。

    最後にnebuzar -アダンによるとジェレマイア: "あなたはこれらの3つの1つ:偽りの預言者、 1つwho despises苦しみ、または、殺人犯です。年のエルサレムの崩壊を予言し、今すぐ果たされるときに予言され、あなたは、申し訳ありませんが、自分を示すことにして予言の多くは信じない。またはあなたが1つのシークwho自発的苦痛;を私に発生するものがないの世話を、自分を求めるあなたの痛みはまだありません。またはおそらくあなたが期待してザキングは、私が彼を殺すことが被害を聞くよう過ぎると、彼はないと思う私は彼のコマンドに従った" ( pesiḳ. 、エドです。ブーバー、 14 。 113 ;ラムです。 r. 、はじめに、 p. 34 ) 。

    預言者がデモ行進をした後、捕虜の中ほどのユーフラテス、彼はパレスチナに復帰することを決定するために弁護人と快適度それらの背後に残っていた。

    見たときには、預言者は約亡命者を置いておくから、彼らを激しく泣く始めた、と言っ: "ああ、父ジェレマイア、あなたあまりにも問い合わせが放棄! "

    しかし、彼は答えた: "私は天と地を目撃、一粒の涙が小屋にはエルサレムをお客様の罪ではないかとすることが流刑のうちに" ( pesiḳ. r. 26 [エドです。フリードマン、 p. 131b ] ;によると、 pesiḳ 。 、エドです。ブーバー、およびラムです。 r.液晶命じジェレマイアに戻るにはパレスチナの神)です。

    途中での部分を省略してエルサレム彼の遺体が見つかりました、ユダヤ人虐殺、愛情を込めて1つのピックアップした後に別の彼と彼の服装のさまざまな部分に配置され、 lamentingは自分の中のすべての警告をほとんどされていたので、これらのunfortunates heeded ( pesiḳ 。 、エドです。ブーバー、およびラムです。 r.液晶) 。

    ビジョンを持って喪に服して女性です。

    私はそのことを、この旅は、好奇心をジェレマイアが彼のビジョンは、次の単語に関連: "エルサレムに行った時に、ある女性を見た、黒い服を着た、彼女の髪を束ねられていない、の上に座って上部にある[神聖]山、涙を流しながら、ため息と大声で泣いているのを、 ' whoは、快適度ですか? '

    近づいて、彼女と私によると、女性の場合は、次に話す;しかしの精神をもっている場合は、次に私から出発します。

    彼女は答えました、 'あなたは分からないですか?私は女性の7つの子供たちの父親は海外まで、と涙を流しながら私は彼の不在の間、私の心に浮かんだ言葉がありました家が低下し、埋没私の子供たちは、廃墟;そして今、私を知って、もはや誰か私に泣く私の髪は非連結します。

    彼女によると私を入力し、 'あなたが私の母も同然であるザイオン、 who牧草地になったのは、獣のフィールドに入力します。 '

    彼女は答えました、 '私はあなたのお母さんザイオン:私の母の7つのです。 '

    私によると、 'あなたのような不幸が仕事だ。彼は彼の息子や娘を奪われるなどがあなた;しかし、彼の財産を再度笑顔を見せた時、これが同様にほほ笑んであなた' " ( pesiḳ. r.液晶; 4世のESDにします。言及には、同様のビジョンをエズラ;のCOMPです。 léviは" rej " 24です。二百八十一から二百八十五) 。

    彼の復帰をエルサレムにそれは、最高のタスクは、預言者を保護するための神聖な船の寺からprofanation ;彼はそのためのテントは、神聖な契約の箱と撮影[られた天使たちですか? ]を見せて、神の山から神聖な彼の死の直前に土地をモーゼス( ⅱ maccです。 Ⅱ 。 5頁以降を参照。 ;のCOMPです。箱舟のラビ文学) 。

    ジェレマイアにエジプトには、山からは、ここで彼はその国が征服されるまで、彼は運ばネブカドネザルバビロン(セダー' olam r. 26 。 ;のCOMPです。ラトナーの発言をするの通過によると、パレスチナに再び行ったジェレマイア)です。

    は、キリスト教の伝説(疑似聖エピファニオス、 "デヴィティスprophetarum " ;バセット犬、 " apocryphen ethiopiens 、 "の経験I.クリチバ25-29 )によると、同国のジェレマイアは、エジプトで境をさまよう彼のため、彼はその邪悪な行為を非難して、既知なったイブンを通じて、ユダヤ人をyaḥya ( " shalsheletハ- ḳabbalah 、 "エドです。族長、 p. 99b ) ;このアカウントのエレミアの殉教、しかし、 5月当初からのユダヤ人が来ている。

    キリスト教の伝説ジェレマイア別のナレーションをエジプトから解放され疫病の祈りワニやマウス、彼の名前を理由に長い時間を光栄には、エジプト(疑似聖エピファニオスとyaḥya 、液晶) 。

    アサーション-作られるyaḥya ( 101a 、 LCP )とされabravanel ( jer 。 i. 5 ) 、しかし、 isserlesではなく、国として誤ってyaḥya -が開かれたとの会話をジェレマイアプラトン、キリスト教の起源もします。

    モーゼスhaggadic文学では、しばしば言及ジェレマイアと一緒に、彼らの人生と作品が提示さ平行線です。

    古いミドラーシュは、次の接続をdeutは特に興味深いことにします。

    18 。

    18日、預言者のようでは、ムーサーは約束: "ムーサーは、預言者としての40年間、これは、エレミヤ;としてムーサーに関する予言ユダとベンジャミンので、参考ジェレマイア;としてムーサー'自身の部族[ levitesされてカールーン]ローズアップ彼に不利に働いたので、参考に反乱を起こすエレミアの部族彼;ムーサーは、ギプスを水、ジェレマイアをピット;としてムーサーが保存された女性のスレーブ(フィルアウンの娘のスレーブ)ので、エレミヤは、救出された男性のスレーブ[ ebed - melech ] ;ムーサー懲戒処分の人々の談話で、そうそう。エレミヤ" ( pesiḳ. 、エドです。ブーバー、 13 。 112a ;のCOMPです。マットです。 16 。 14 ) 。

    ラビのセクションを比較するには、次の記事: ebed - melech ;マンナ; temple.sslg

    g.エミールハーシュ、ビクターryssel 、ソロモンシェクター、ルイギンズバーグ

    ユダヤ人の百科事典は、 1901年から1906年の間に公開します。

    で、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


    電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

    メインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです