Adoption (Religious)採用(宗教)

Advanced Information 高度情報

Adoption is the giving to any one the name and place and privileges of a son who is not a son by birth.養子縁組はいずれ生まれの息子ではない息子の名前と場所と権限を与えている。 (1.) Natural. (1)自然。 Thus Pharaoh's daughter adopted Moses (Ex. 2:10), and Mordecai Esther (Esther 2:7).したがってファラオの娘がモーセ(例:2:10)、モルデカイエスター(エスター2時07分)を採択した。 (2.) National. (2)国家。 God adopted Israel (Ex. 4:22; Deut. 7:6; Hos. 11:1; Rom. 9:4). (;申7:06;ホーズ11:01; Romの9時04分。例:4:22)神はイスラエルを採択した。 (3.) Spiritual. (3) スピリチュアル。 An act of God's grace by which he brings men into the number of his redeemed family, and makes them partakers of all the blessings he has provided for them. Adoption represents the new relations into which the believer is introduced by justification, and the privileges connected therewith, viz., an interest in God's peculiar love (John 17:23; Rom. 5:5-8), a spiritual nature (2 Pet. 1:4; John 1:13), the possession of a spirit becoming children of God (1 Pet. 1:14; 2 John 4; Rom. 8:15-21; Gal. 5:1; Heb. 2:15), present protection, consolation, supplies (Luke 12:27-32; John 14:18; 1 Cor. 3:21-23; 2 Cor. 1:4), fatherly chastisements (Heb. 12:5-11), and a future glorious inheritance (Rom. 8:17,23; James 2:5; Phil. 3:21). 彼は償還家族の数に男性をもたらし、彼らに彼は彼らのために提供してきたすべての祝福のpartakersになります。採用は信者が正当化によって導入された新たな関係を表しており、権限が接続されることによって、神の恵みの行為それと、すなわち、神の独特の愛の関心(ジョン17:23;ロム5:5-8)、精神的な性質(2ペット1:4;。ヨハネ1:13)、精神の所有物は子供になってき神の(1ペット1:14;。2ジョン4;ロム8:15-21;ギャル5:1で。ヘブル2時15分)、現在の保護、慰め、物資(ルカ12:27-32、ヨハネ14時18分、1コリント3:21-23; 2コリント1:4)、父親のような懲罰(ヘブル12:5-11)、および将来の輝かしい継承(ローマ8:17,23;ジェームズ2。: 5;。フィル3:21)。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Adoption (Religious)採用(宗教)

Advanced Information 高度情報

A relatively infrequent term in the Scriptures, "adoption" is of theological importance, for it relates to how Israel and the Christian may be "sons" and "heirs" of God although they are not uniquely or by nature so, as in the case of Christ.それは彼らがとてもユニークなまたは本質的ではありませんがどのようにイスラエルとクリスチャンはケースのように、神の "息子"と "相続人"であるかもしれないに関係するために聖書の中では比較的まれな用語は、 "養子縁組"は、神学的に重要であるキリストの。

In the OT OTで

The term "adoption" does not appear in the OT.用語 "養子縁組"は、旧約聖書には表示されません。 There are no provisions for adoption in Israelite law, and the examples which do occur come from outside the Israelite culture (Eliezer, Gen. 15:1-4; Moses, Exod. 2:10; Genubath, 1 Kings 11:20; Esther, Esth. 2:7, 15).モーセ、出エジプト2時10分;; Genubath、1キングス11:20;エスターイスラエルの法律の採択についての規定、および(エリエゼル、大将15:1-4イスラエルの文化を外からやって来る発生した例はありません、esthです。午前2時07分、15)。 For the Israelites polygamy and levirate marriage were the more common solutions to infertility.イスラエル人と一夫多妻婚の結婚のために不妊に、より一般的なソリューションでした。 Yet adoption was not unknown in their literature (cf. Prov. 17:2; 19:10; 29:21, which may all refer to adoption of slaves), and it may have been the means by which children fathered by a master on a slave mother inherited property (Gen. 16:1-4; 21:1-10; 30:1-13).まだ採用が(; 19:10;参照箴29:21 17時02分、全スレーブの採用を参照している場合など)、その文献では不明ではありませんでした、そして、それは子供たちが上のマスターの父親の手段であったかもしれないスレーブ母は(; 21:1-10; 30:1-13創世16:1-4)プロパティを継承しています。 Outside of Israel adoption was common enough to be regulated in the law codes of Babylon (eg, Hammurabi's Code, sect. 185-86), Nuzi, and Ugarit.イスラエルの外採用は、Nuzi、とウガリット(例えば、ハムラビのコード、宗派。185から86)バビロンの法則コードで規制されるほど一般的であった。 Not infrequently these refer to the adoption of a slave as an heir.まれに、これらの相続人として奴隷の採用を指すものではありませ。

For Israel as a whole there was a consciousness of having been chosen by God as his "son" (Hos. 11:1; Isa. 1:2; Jer. 3:19).イスラエルのために、全体として彼の "息子"(エレミヤ3時19分;;伊佐1:2。Hos. 11:1)のように神によって選ばれたという意識があった。 Since Israel had no myth of descent from the gods as the surrounding cultures did, adoption was the obvious category into which this act, as well as the deliverance from slavery in Egypt, would fit, as Paul indicates in Rom.ポールがROM内に示されているように、イスラエルは周辺の文化がしたように神からの降下のない神話を持っていないので、採用は先のこの行為は明白なカテゴリだっただけでなく、エジプトの奴隷から救出、適合するだろう。 9:4. 9時04分。 Likewise the kings succeeding David were God's "son" (II Sam. 7:14; I Chr. 28:6; Ps. 89:19).同様に、デビッドの後任の王は神の "息子"(。、私Chr関数28:6; Psは89:19。ⅱサム7:14)でした。 Ps. psの。 2:7, eg, uses "You are my son," which is probably the adoption formula used in the enthronement ceremony of each successive Davidic ruler. 2時07分、例えば、おそらくそれぞれの連続した​​davidic定規の即位式で使用されて採用式で "あなたは私の息子であり、"使用しています。 Together these ideas laid the basis for later NT usage of adoption imagery.一緒にこれらのアイデアは、養子縁組のイメージの後NTの使い方の基礎を築いた。

In the NT NTで

In the NT the term "adoption" (huiothesia) is strictly a Pauline idea, occurring only in Rom. NTでは、用語 "採用"(huiothesia)は、ROMでのみ発生する、厳密にポーリーンの考えです。 8:15, 23; 9:4; Gal. 8:15、23; 9時04分;ギャル。 4:5; and Eph. 4時05分、そしてエペソ。 1:5.午前1時05分。 While John and Peter prefer the picture of regeneration to portray the Christian sonship, Paul has characteristically chosen a legal image (as in justification), perhaps due to his contact with the Roman world.ジョンとピーターは、キリスト教の息子であることを描くために、再生の絵を好む一方、ポールが特徴的にローマの世界で彼の接触に起因するかもしれない、(正当化のように)法律上の画像を選択しました。

In Greek and Roman society adoption was, at least among the upper classes, a relatively common practice.ギリシャやローマの社会の採用では、少なくとも上流階級の間では、比較的一般的な方法でした。 Unlike the oriental cultures in which slaves were sometimes adopted, these people normally limited adoption to free citizens.奴隷が時々採用されました東洋の文化とは違って、これらの人々は通常、自由な市民への採用を制限。 But, at least in Roman law, the citizen so adopted became a virtual slave, for he came under the paternal authority of his adoptive father.彼は養父の父方の権威の下に来たためではなく、ローマ法では、少なくとも、その採択市民は、仮想の奴隷になった。 Adoption conferred rights, but it came with a list of duties as well.養子縁組は、権利を付与されたが、それだけでなく、職務のリストが付属しています。

Paul combines several of these pictures in his thought.パウロは彼の思想にこれらの写真のいくつかを組み合わせたものです。 While Gal.しばらくギャル。 4 begins with a picture of the law enslaving the heirs until a given date (eg, majority or the death of the father), there is a shift in vs. 4 to the adoption image in which one who was truly a slave (not a minor as in vss. 1-3) becomes a son and thus an heir through redemption. 4は、指定された日付(例えば、多数または父の死)まで相続人を奴隷法の絵から始まり、採用イメージに4対のシフトが存在する中で、本当に奴隷だった1(ないVSSのようにマイナー。1-3)は、息子のため、償還までの相続人となる。 The former slave, empowered by the Spirit, now uses the address of a son, "Abba! Father!"聖霊によって力を与え元奴隷は、現在、 "アバ!父!"、息子のアドレスを使用します

The reason for adoption is given in Eph.採用の理由はエペソに記載されている。 1:5: God's love.午前1時05分:神の愛。 It was not due to his nature or merit that the Christian was adopted (and thus receives the Spirit and the inheritance, Eph. 1:14-15), but to God's will acting through Christ.それは、キリスト教が(したがって、エペソ、精神と相続を受ける。1:14-15)を採用したことを彼の性質やメリットによるものではなかったが、神のはキリストを介して作用します。 Adoption is a free grant to undeserving people solely from God's grace.養子縁組はもっぱら、神の恵みから、人々に値しないに無料助成金です。

As in Galatians and Ephesians, adoption is connected to the Spirit in Romans as well.ガラテヤ人への手紙エペソ人への手紙と同じように、養子縁組も同様にローマ人の精神に接続されています。 It is those who are "led by the Spirit" who are sons, who have received the "spirit of sonship," not that of slavery (Rom. 8:14-15).それは奴隷制度(ローマ8:14-15)から "息子の精神"を受け取った人の息子ですが、ではない "御霊によって導かれ"ている人たちです。 Again the Spirit produces the cry "Abba!"再びスピリット "アバ!"叫びを生成 and indicates by his presence the reality of the coming inheritance.そして彼の存在によって来る継承の現実を示しています。

Adoption, however, is not entirely a past event.養子縁組は、しかし、完全に過去のイベントではありません。 The legal declaration may have been made, and the Spirit may have been given as a down payment, but the consummation of the adoption awaits the future, for the adoption of sons includes "the redemption of our bodies" (Rom. 8:23).法的宣言が行われた可能性があり、聖霊は頭金として指定されているかもしれませんが、養子縁組の終焉は、養子縁組の息子のために、将来をお待ちしておりますと、 "私たちの体の償還"(ローマ8時23分)が含まれています。 Thus adoption is something hoped for as well as something already possessed.したがって採用も既に所有して何かを望んでいたようなものです。

Adoption, then, is deliverance from the past (similar to regeneration and justification), a status and way of life in the present (walking by the Spirit, sanctification), and a hope for the future (salvation, resurrection).養子縁組は、次に、過去(の再生と正当化に似ています)、現在の生活の状況や方法からの救出(御霊によって歩き、聖化)、そして未来への希望(救い、復活)です。 It describes the process of becoming a son of God (cf. John 1:12; 1 John 3:1-2) and receiving an inheritance from God (cf. Col. 3:24). (; 1ヨハネ3:1-2参照ヨハネ1:12)と神(参照大佐3:24)からの継承を受け、それは神の子になるプロセスを説明します。

PH Davids PHデービズ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
JI Cook, "The Concept of Adoption in the Theology of Paul," in Saved by Hope, ed.ホープ、edで保存におけるJIクック、 "パウロの神学における採用のコンセプト"。 JI Cook; F. Lyall, "Roman Law in the Writings of Paul, Adoption," JBL 88:458-66; LH Marshall, The Challenge of NT Ethics; W. v. Martitz and E. Schweizer, TDNT, VIII, 397-99; WH Rossell, "New Testament Adoption, Graeco-Roman or Semitic?" JIクック、F.ライアル、 "ローマ法ポール、養子縁組、文章の" jbl 88:458-66、LHマーシャル、NTの倫理への挑戦、横対MartitzとE.シュヴァイツァー、TDNT、VIII、397 -99; WH Rossell、 "新約聖書採用、グレコ·ローマンまたはセム?" JBL 71:233-34; DJ Theron, "Adoption' in the Pauline Corpus," EvQ 28:6-14; J. van Seters, "The Problem of Childlessness in Near Eastern Law and the Patriarchs of Israel," JBL 87:401-8. JBL 71:233-34; DJセロン、 "ポーリーンコーパスにおける養子縁組"、 "EVQ 28:6-14; J.バンSeters、"オリエント法における無子の問題とイスラエルの総主教は、 "jbl 87: 401から8。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです