Agape口を開けて

General Information 一般的な情報

Agape is a Greek word translated in the New Testament of the Bible as "love" or "charity."アガペは、 "愛"や新約聖書の聖書に翻訳ギリシャ語で "チャリティ"。 Agape is ranked by Christian moral theologians with faith and hope as a basic virtue, and Saint Paul called it the greatest of the virtues.アガペは、信仰と基本的な美徳として希望をもってキリスト教の道徳的な神学者によって選ばれた、とセントポールは、それの最大の美徳と呼ばれています。

The name agape was given, also, to an early Christian love feast, an evening communal meal held in connection with the Lord's Supper.名前アガペーは初期キリスト教の愛餐、主の晩餐に関連して開催された夕方の共同食事に、また、与えられた。 Its origin is found in the chaburah, a fellowship meal of late Judaism.その起源はchaburah、後期ユダヤ教の交わりの食事に含まれています。 If, as is probable, the chaburah was observed by Jesus and his disciples, its adoption by the young Christian church was entirely natural.可能性が高いので、場合、chaburahがイエスと弟子たちによって観察された、若いキリスト教会による採用は全く自然なことでした。 At the agape, food brought by the people was solemnly blessed in advance of the repast.厳粛に食事の量を事前に恵まれていたアガペで、食べ物は人によってもたらされた。 The Eucharist (consecration of bread and wine) either preceded or followed the agape.聖体(パンとワインの奉献)のいずれかの前またはアガペーを追った。 About the beginning of the 2nd century the Eucharist was detached from the communal meal and transferred to the early morning. 2世紀の初めについて聖体は、共同食事から切り離され、早朝に移した。 The agape lingered in some Christian communities until the 3rd century.アガペーは3世紀まで、いくつかのキリスト教のコミュニティに居座って。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Love / Agapeラブ/アガペ

Advanced Information 高度情報

Asked which is the greatest commandment, Jesus replied, "You shall love the Lord your God with all your heart, and with all your soul, and with all your mind. This is the great and first commandment. And a second is like it, You shall love your neighbor as yourself. On these two commandments depend all the law and prophets" (Matt. 22:37-40; cf. Mark 12:2-31; Luke 10:26-27).戒めですどの質問、イエスはこれは素晴らしいと第一の戒めです。あなたはすべてのあなたの心を持つ、すべてのあなたの魂を持つ、すべてのあなたの心と主なるあなたの神を愛せよ "と答えた。そしてもうひとつは、これと同様であるあなた自身としてあなたの隣人を愛しなければならないこの二つの戒めに律法全体と預言者 "(マタイ22:37-40; CFマルコ12:2-31、ルカ10:26-27)に依存しています。 According to Mark 12:31 Jesus stated that there is no other command greater than these two commands.マーク12時31分によると、イエスは、これらの2つのコマンドを超えることはありません他のコマンドが存在しないと述べた。 Hence, love is of preeminent importance in the Bible.したがって、愛は聖書の中で抜群に重要である。

Biblical Terms聖書の用語

OT OT

There are many Hebrew words to express the concept of love.愛の概念を表現するために多くのヘブライ語の単語があります。 By far the most prominent one (used over two hundred times) is the verb aheb, denoting both divine and human love as well as love toward inanimate objects such as food (Gen. 27:4), wisdom (Prov. 4:6), sleep (Prov. 20:13), agriculture (II Chr. 26:10), and the good (Amos 5:15).これまでで最も著名な1(200回以上使用)は、神と人間の愛だけでなく、そのような食品(創世記27:4)などの無生物に向かって愛の両方を意味する、知恵(Prov. 4:6)動詞ahebです、スリープ(Prov. 20時13)、農業(Ⅱchrです。26:10)、および(アモス5:15)良い。 The noun ahaba (used about thirty times) is used primarily of human love, as seen in its frequent use in Song of Solomon, although it is also used of divine love (Isa. 63:9; Jer. 31:3; Hos. 11:4; Zeph. 3:17). 。エレミヤ31:3;; Hosのそれも(イザヤ63:9神の愛のために使用されているものの、名詞ahabaは(30回程度使用)、ソロモンの歌での頻繁な使用に見られるように、人間の愛の主に使用されます。 11時04分; Zeph 3:17)。 Another frequently used word (over forty times), the noun dod, has the sexual sense of a man being addressed as "lover" or "beloved"; it is frequently used in the Song of Solomon (eg, 1:13, 14, 16; 2:3).もう一つのよく使われる単語(40回以上)、名詞DODは、 "恋人"や "最愛"として扱われて男の性的感覚があり、それは頻繁に(例えば、1:13、14、ソロモンの歌で使用されている16; 2:3)。 Finally, there is the often used noun, hesed, which is translated most of the time as "mercy" in the AV, "steadfast love" in the RSV, "lovingkindness" in the NASB, and "love" in the NIV, all of which have the idea of loyal covenantal love.最後に、NIVのAVで "慈悲"としての時間のほとんどを翻訳されて頻繁に使用される名詞、hesed、RSVの "​​変わらぬ愛"、わたしの "慈しみ"、そして "愛は"すべてがある忠実なcovenantal愛のアイデアを持っているうち。

NT NT

There are several words for love in the Greek language, but only two are used with any frequency in the NT.そこにギリシャ語で愛のために、いくつかの単語がありますが、2つだけは、NT内の任意の周波数で使用されています。 Although not prominent in prebiblical Greek, the verb agapao/noun agape is the most common NT word for love. prebiblicalギリシャ語で顕著ではありませんが、動詞agapao /名詞アガペーは愛のために最も一般的なNTのワードです。 This verb/noun combination is the most frequently used in the LXX in translating aheb/ahabah.この動詞/名詞の組み合わせは、最も頻繁にaheb / ahabah翻訳のLXXで使用されています。 Basically it is a self-giving love that is not merited.基本的には報われていない自己与える愛です。 The second most frequently used word for love in the NT is the verb phileo. NTの愛のために第二の最も頻繁に使用される単語は、動詞phileoです。 It is the most common word for love in prebiblical Greek, but it is not often used in the LXX.それはprebiblicalギリシャの愛のための最も一般的な言葉ですが、それは多くの場合、LXXでは使用されません。 Although this word overlaps with agapao/agape, it is a love with affection in connection with friendship. agapao /アガペーを持つこの言葉が重なっているが、それは友情との関連で愛情と愛です。 Its derivatives such as philos, friend (used twenty-nine times), and philia, friendship (used only in James 4:4), support this connotation.そのようなphilos、友人(二〇から九回使用)と、血友病、友情(ジェームズ4時04でのみ使用)などのその誘導体は、この含蓄をサポートしています。 It is a love that is warm and merited.それは暖かいですし、当然の愛です。 Two common Greek words for love are never used in the NT: storge, having the idea of family love or affection, as borne out by the negative adjective astorgos used only in Rom.愛のための2つの一般的なギリシャ語の単語は、NTで使用されることはありません:storge、ROMにのみ使用する負の形容詞astorgosによって裏づけとして、家族愛や愛情の考えを持つ。 1:31 and II Tim. 1:31とIIティム。 3:3; and eros, expressing a possessive love and used mainly of physical love. 3時03分、そしてエロス、強欲な愛を表現し、物理的な愛を主に使用。 In contrast to agape, "eros has two principal characteristics: it is a love of the worthy and it is a love that desires to possess. Agape is in contrast at both points: it is not a love of the worthy, and it is not a love that desires to possess. On the contrary, it is a love given quite irrespective of merit, and it is a love that seeks to give" (Leon Morris, Testaments of Love, p. 128).アガペーとは対照的に、 "エロスは2つの主要な特性を持っている:それは価値の愛であり、それは所有することを望む愛であるアガペーは、両方の点で対照的である:それは価値があるの愛ではなく、そうではありません所有することを望む愛、逆に、それは非常にかかわらず、メリットの与えられた愛であり、それは(レオン·モリス、愛の聖書、頁128) "を提供しようとするものは、愛である。 Although eros does not always have a bad connotation, certainly agapao/agape is far more lofty in that it seeks the highest good in the one loved, even though that one may be undeserving, and hence its prominence in the Bible can be understood.エロスは常に悪い意味合いを持っていませんが、確かにagapao /アガペーは、1つは聖書の中で、それゆえ、その隆起に値しない、とされてもよいことが理解できたとしても、それは最愛の人の中で最高の善を求めているという点で、はるかに高尚である。

Love of God神の愛

The Attribute of Love愛の属性

God in his very essence is described as being not only holy (Lev. 11:44-45; 19:2; I Pet. 1:16), spirit (John 4:24), light (I John 1:5), and a consuming fire (Deut. 4:24; Heb. 12:29); God is also love (I John 4:8, 16). 、、精神(ヨハネ4:24)、光(Iヨハネ1:5)、彼の非常に本質的に神は神聖な(私のペット1:16;、夜07時02分。レビ11:44-45)だけでなく、あると記載されていると消費火災(申4時24分;ヘブル12時29分);神はまた(ヨハネ4:08、16)愛です。 God does not need to attain nor attempt to maintain love; it is the very substance and nature of God.神は達成も愛を維持しようとする必要はありません、それは神の非常に物質と自然です。 Bultmann rightly states: "The sentence cannot be reversed to read, 'Love is God.'ブルトマンは当然の状態: "文は読むために元に戻すことはできません、"愛は神である。 " In that case, 'love' would be presupposed as a universal human possibility, from which a knowledge of the nature of God could be derived" (The Johannine Epistles, p. 66).その場合には、 '愛'が、そこから神の性質の知識が(使徒ヨハネの書簡は、p 66) "に由来することができ、人間の普遍的な可能性として前提とされるであろう。 It is from this very essence of God's being that the activity of love springs.それは愛の泉の活性はその神の存在のこの非常に本質からです。

The Activity of Love愛の活動

This comes from God's nature of love.これは、愛の神の性質に由来します。 "To say, 'God is love' implies that all His activity is loving activity. If He creates, He creates in love; if He rules, He rules in love; if He judges, He judges in love" (CH Dodd, The Johannine Epistles, p. 110). "と言って、すべての彼の活動は、活動を愛していることを意味し、"神は愛である "彼は作成した場合、彼は恋に作成されます。彼はルールを適用する場合は、彼の愛の規則、彼が判断した場合、愛で彼は裁判官"(チャンネルドッドは、使徒ヨハネの書簡、頁110)。

(1) Love within the Godhead. (1)内に神格ラブ。 For man to understand love, he must perceive its activity within the Godhead.男は愛を理解するために、彼は神格以内にその活動を認知しなければなりません。 Many verses speak of the Father's love for the Son; however, only John 14:31 explicitly states that Jesus loved the Father.多くの詩は、息子のために父の愛の話であるが、唯一のジョン14時31分に明示的に規定され、イエスが父を愛している。 Certainly other passages imply Jesus' love for the Father.確かに他の通路は、父のためにイエスの愛を意味する。 Love is demonstrated by the keeping of commandments (John 14:31; cf. vss. 15, 21, 23).愛は戒めの保管(; CF VSS 15、21、23。ヨハネ14時31分)によって実証されている。 Christ alone has seen the Father (John 3:11, 32; 6:46) and known him (Matt. 11:27; Luke 10:22; John 7:29; 8:55; 10:15).キリストだけが父を見た(ヨハネ3:11、32、6時46分)しており、(マタイ11:27、ルカ10時22分、7時29ジョン、午前8時55分、午前10時15分)彼を知られている。 They are united to one another (John 10:30, 38; 14:10-11, 20; 17:21-23).彼らは互いに(; 14:10-11、20; 17:21-23ヨハネ10:30、38)に団結している。 Although there are no verses that speak explicitly of the Holy Spirit's love for the other two persons of the Trinity, it is implied in John 16:13-15, where Jesus says that the Spirit will not speak from himself, as Jesus did not speak from himself (John 12:49; 14:10), but will speak and disclose what he hears from Christ and the Father.トリニティの他の2人のための聖霊の愛を明示的に話せない詩はありませんが、それは、イエスは御霊がイエスが話さなかったので、自分から話さないと言っているヨハネ16:13-15、黙示的自分自身(ヨハネ12:49; 14:10)からではなく、話すと、彼はキリストと父から聞いて何に開示いたします。 There is, therefore, a demonstration of love within the Godhead.神性の中の愛のデモンストレーションは、したがって、があります。

(2) Love toward man. (2)男に向かって愛。 In the OT the expression of God's love for man is indicated in four ways.旧約聖書では人間に対する神の愛の表現は、次の4つの方法で示されている。 First, the simple statement of God's love for man is given in a few places (eg, Deut. 10:18; 33:3; I Kings 10:9; Isa. 43:4; 63:9; Jer. 31:3; Hos. 14:4; Zeph. 3:17).まず、人間に対する神の愛の簡単な文がいくつかの場所(例えば、申10時18分に与えられている; 33:3;私キングス午前10時09分;伊佐43:4、63:9、エレミヤ31:3。 ;。Hosの14時04分; Zeph 3:17)。 Second, there is God's electing love for the nation of Israel (eg, Deut. 4:37; 7:6-8; 10:15; Hos. 3:1; 11:1, 4; Mal. 1:2).第二に、イスラエルの民に対する神の愛の選出がある(例えば、申は午前4時37分; 7:6-8; 10時15分;ホーズ3:1;。午前11時01分、4;。マルは1:2)。 Third, there is the covenant love, which is a loyal or steadfast love (hesed; eg, Exod. 20:6; Deut. 5:10; 7:9, 12; I Kings 8:23; II Chr. 6:14; Neh. 1:5; 9:32; Ps. 89:28; Dan. 9:4). 。例えば、出エジプト午前20時06分、第三に、(hesed忠節や不動愛である誓約愛は、そこです。申命5:10; 7時09分、12;私キングス8時23分; II Chr関数6:14 ; nehです1:05;午前9時32; Psは89:28;ダン9時04分)。 This love is readily seen in Ps.この愛は容易にPsがで見られます。 106:45: "And he remembered his covenant for their sake, and relented according to the greatness of his loving kindness." 106:45: "そして、彼は彼らのために自分の約束を思い出し、彼のいつくしみの偉大さによると折れました。" God's covenant with Israel gives assurance of his love toward them (Isa. 54:10).イスラエルと神の約束は、彼らに向かって、彼の愛(イザヤ54:10)の保証を与える。 Finally, there are a few references that speak specifically of God's love toward individuals (eg, Solomon in II Sam. 12:24 and Neh. 13:26; Ezra in Ezra 7:28; Cyrus [?] in Isa. 48:14). 。。最後に、個人に向かって神の愛(例えば、2サムでソロモン12時24およびneh午前13時26具体的に話すのいくつかの参照があります;エズラ7時28でエズラ;サイラスアイザの48:14には、​​[?]。 )。 Although the OT references to God's love toward man are not many, there are a sufficient number from various portions of the OT to adequately confirm it.男に向かって神の愛へのOTの参照が多くありませんが、十分にそれを確認するためのOTの様々な部分から十分な数があります。

The NT is replete with references of God's love for man. NTは人のための神の愛の参照に満ちている。 A central passage demonstrating this is I John 4:10: "In this is love, not that we loved God, but that he loved us and sent his Son to be the propitiation for our sins."これを実証する中央通路はIヨハネ4:10: "これで愛は私たちが神を愛していないことですが、彼は私たちを愛し、私たちの罪のための供え物であるために彼の息子を送った。" The demonstration of God's love for man is seen in each of the persons of the Trinity.人間に対する神の愛のデモンストレーションは、三位一体の人のそれぞれに見られる。 Those who keep Christ's commandments evidence their love for him and they are loved by the Father (John 14:21, 23; 16:27).キリストの戒めを守る者には、彼のために彼らの愛を証拠と彼らは父(ジョン·夜02時21分、23;午後04時27分)に愛されています。 As the Father loves Christ, so also he loves the believer (John 17:23).父はキリストを愛するようなので、また彼は信者(ヨハネ17:23)を愛している。 The love of the Father for the believer is assured (Eph. 6:23; II Thess. 2:16; I John 3:1).信者のために父の愛が(; IIテサロニケ2時16分、私ヨハネ3:1エペソ6:23)保証されています。 When God is mentioned, it almost invariably refers to the Father.神に言及するとき、それはほとんど常に父を指します。 This is emphasized when some gift or blessing given to the believer is also mentioned, because the gift is usually his Son (eg, John 3:16; Rom. 5:8; I John 4:9-10, 16) or the Holy Spirit (Rom. 5:5).贈り物は通常、彼の息子であるため、信者に与えられたいくつかの贈り物や祝福も、言及されているときに強調されている(例えば、ヨハネ3:16;ロム5時08分、私ヨハネ4:9-10、16)または聖御霊(ローマ5:5)。 There are many references to Christ's love for man.人のためにキリストの愛への多くの参照があります。 While on earth Christ loved Lazarus, Mary, and Martha (John 11:3, 5, 36).地球上のキリストラザロ、Mary、およびマーサ(ジョン11:03、5、36)を愛しながら。 There is his love for John the apostle (John 13:23; 19:26; 20:2; 21:7, 20) and for the disciples as a group (John 13:34; 14:21; 15:9, 12).そしてグループとして弟子(ヨハネ午前13時34、午前14時21分、午後三時09分、12使徒ヨハネ(; 19時26分;、夜08時02分21時07分、20ヨハネ13:23)のための彼の愛があります)。 Christ's death is the evidence of his love for the believer (II Cor. 5:14; Gal. 2:20; Eph. 5:2; I Tim. 1:14-15; I John 3:16).キリストの死は信者のための彼の愛の証拠である(Ⅱコリント5時14分;。ギャル2時20;エペソ5時02分、私のTim 1:14-15; Iヨハネ3:16)。 In his ascension there is an assurance of his love for believers individually (Rom. 8:35, 37; Eph. 6:23) as well as the church as a body (Eph. 5:25).だけでなく、体(エペソ5:25)、教会、彼の昇天で個別に信者(エペソ6時23分ローマ8:35、37)のための彼の愛の保証があります。 Finally, the Holy Spirit's love for the believer is mentioned in Rom.最後に、信者のために聖霊の愛がROMに記載されている。 15:30.午後03時30分。

In conclusion, the love of God toward man is seen throughout the Bible.結論として、男に向かって、神の愛は、聖書全体に見られます。 It is a love that is unselfish and unmerited.それは無欲と身に余るである愛である。 The epitome of this is seen in God's love for sinners who were his enemies and deserved nothing except his wrath, but instead he sent Christ to die for them in order that they might become the sons of God (Rom. 5:6-11; II Cor. 5:14-21).この縮図は彼の敵と彼の怒りを除く値する何だった罪人に対する神の愛のうちに見られるのではなく、彼は、彼らが神の息子(ローマ5:6-11なるかもしれないために、彼らのために死ぬためにキリストを送られます。 IIコリント5:14-21)。 It is God's love that serves as a basis for man's love.それは人間の愛のために基礎としての役割を果たす神の愛です。

Love of Men男性の愛

With the entrance of sin man has become a hater and enemy of God (Rom. 1:30; 5:10; John 15:18, 24-25).罪の男の入り口で神の嫌いと敵(; 5時10分、ヨハネ15:18、24-25ローマ1:30)となっています。 But because God initiated his love by sending his Son, believers are exhorted, on the basis of God's own love, to love one another (I John 4:10-11, 19).神が御子を送信することによって、彼の愛を開始したので、しかし、信者は互いに(ヨハネ4:10-11、19)を愛するように、神ご自身の愛に基づいて、説き勧めています。 The source of this love is God (I John 4:7-9) and not man.この愛の源が神(ヨハネ4:7-9)としない男だ。 This is substantiated in Gal.これはギャルで実証されています。 5:22, where it is seen as the fruit of the Holy Spirit.それは聖霊の果実として見られている午前5時22分、。 The words immediately following love, "joy, peace, patience, kindness, goodness, faithfulness, meekness, self-control", further describe the character of love rather than other fruit of the Spirit, for the "fruit" and the verb are singular and the context is about love (cf. VSS. 5, 13, 14).言葉はすぐに恋に続いて、 "喜び、平和、辛抱強さ、親切、善意、誠実、柔和、自制"、さらに "フルーツ"のためではなく、御霊の他の果物よりも、愛の文字を記述すると、動詞は単数形ですとコンテキストは愛(VSS参照。5、13、14)についてです。 This is further confirmed when one analyzes the love chapter (I Cor. 13) and notices that the words used to describe love are the same or similar words as used in Gal. 1は愛の章(私うわっ。13)と愛を記述するために使用される言葉がギャルで用いたものと同じまたは似たような言葉であることを通知を解析するときにこれは、さらに確認された。 5:22-23 (many times the noun form in Gal. 5 is the verb form in I Cor. 13). 5:22-23(何回ギャル名詞形。5 Iコリントの動詞形である13)。 In these passages love is described as being unselfish and sacrificial with no condition of expecting the same in return.これらの通路の愛は見返りを期待して同じのない条件と無欲と犠牲であると記載されている。 It is love that is given and not deserved.与えられたと値するされていない愛がそれである。 God's love is so, and man having experienced God's love is to exhibit this in two directions, namely, toward God and toward man.神の愛はそうであり、経験豊かな神の愛を持つ男は、神に向かって、男に向かって、すなわち、二つの方向でこれを示すことがある。 This is what is commanded in the Bible (Matt. 22: 37-40; Mark 12:29-31; Luke 10:26-27).これは、(:;マルコ12:29-31、ルカ10:26-27 37から40マタイ22)聖書の中で命じているものです。

Love Toward God神に対する愛

In the OT God commands man to love God with his whole being (Deut. 6:5; 10:12; 11:1, 13, 22; 13:3; 30:6, 16; Josh. 22:5; 23:11; Ps. 31:23), and there are a few explicit references indicating man's love for God (I Kings 3:3; Pss. 5:11; 18:1; 91:14; 116:1; Isa. 56:6). 。午前10時12分、、11:01、13、22、13:03、30:6、16;ジョシュ午後09時05分、彼の全存在(申6時05分で神を愛する神OTのコマンドの男で23: 11; Psは31:23)と、そこには神のために人の愛を示すいくつかの明示的な参照である(私の王3:03; pssの5時11分、午後6時01、91:14、116:1、イザヤ56: 6)。 In the NT outside of Jesus' quoting the OT command to love God (Matt. 22:37; Mark 12:30, 33; Luke 10:27) there are no explicit commands for man to love God (possibly I Cor. 16:22; II Thess. 3:5).イエスの愛にOTコマンドを引用し、NTの外にある神(マタイ22時37、マルコ12:30、33、ルカ10:27)人間が神を(おそらく私はうわっ愛するためには明示的なコマンドが存在しない16: 22、IIテサロニケ3:5)。 Only a few passages are concerned with man's response of love toward God (John 21:15-17; I Pet. 1:8; I John 5:2; cf. I John 4:20-21).唯一のいくつかの通路は神に向かって愛の男の反応を懸念している(ヨハネ21:15-17;私は1:8ペット、私のジョン5時02; CF Iヨハネ4:20-21)は。 The references to man's love toward God are comparatively few possibly because it would seem normal for man to love God, who has done so much for him, and because man has experienced God's love.神に向かって男の愛への参照は、男は彼のために尽力してきた、と男は神の愛を経験したので、神を愛することのためにそれは正常と思われるので、おそらく比較的少数です。 However, the command to love God is important because it shows that God is approachable and desires the dynamic relationship involved in love.それは神が親しみやすいと愛に関わるダイナミックな関係を望んでいることを示しているため、しかし、神を愛するためのコマンドは重要です。

Love Toward Man男性に向けて愛

The two greatest commandments indicate that man is to love his fellow man as well as God. 2最大の戒めは、男は彼の仲間の男だけでなく、神を愛することであることを示す。 Although there are not many verses that speak of man's love for God, the Scriptures abound with statements of man's love toward his fellows.神のための男の愛を語る多くの詩がありませんが、聖書は、彼の仲間に向かって男の愛の文がたくさんある。 This is seen in four ways.これは4つの方法で見られます。

(1) Love for neighbor. (1)隣人への愛。 The command to love one's neighbor is stated often, first in Lev.自分の隣人を愛するためのコマンドは、レフで初めて、しばしば述べられている。 19:18, which is then quoted several times in the NT (Matt. 5:43; 19:19; 22:39; Mark 12:31, 33; Rom. 13:9; Gal. 5:14; James 2:8).夜07時18分、その後、NT(マタイ5時43分に数回引用されて、午前19時19分、午後10時39、マーク12時31分、33、ROM 13:09;ギャル5:14;ジェームズ2。: 8)。 Paul states that love for the neighbor is the fulfillment of the law (Rom. 13:8, 10).隣人のための愛ポールの状態が法律(ローマ13時08、10)の成就である。 In giving the command to love one's neighbor, Jesus made it clear in the parable of the good Samaritan that one's neighbors are more than those who are acquaintances or of the same nationality (Luke 10:27-37).自分の隣人を愛するようにコマンドを与えることで、イエスは、それが自分の隣人が知人いる人や、同じ国籍(ルカ10:27-37)の以上であること、良きサマリア人のたとえ話で明らかにした。 This is in keeping with the OT for Moses enjoined the Israelites to love the stranger or alien (Deut. 10:19).これはモーセのOTに沿ったものです見知らぬ人や外国人(申10:19)愛するためにイスラエル人を差し止め。 Man is to be concerned with other men as God is concerned with man.男は神が男と関係しているとして、他の男性を気にする必要があります。 The command is to love the neighbor to the degree that one loves himself.コマンドは、1つは自分自身を愛している程度に隣人を愛することです。 Since man is basically selfish and is concerned about himself, he should have that same degree of concern for his neighbor.男は基本的に利己的であり、自分自身を心配しているので、彼は彼の隣人に対する懸念の同じ学位を持っている必要があります。

(2) Love for one's fellow believer. (2)1つの仲間の信者のための愛。 In Gal. GALに。 6:10 Paul exhorts the believers to do good to all men and especially to those who are of the household of faith.午前6時10パウロはすべての人に、特に信仰の家庭のある人に良いことをする信者をexhortsの。 The believer should love his neighbor, whoever that might be, but he must have a real and deep concern and love for those who are fellow believers.信者はあるかもしれない誰でも彼の隣人を愛するべきであるが、彼は仲間の信者である人のための本物と深い関心と愛を持っている必要があります。 In the OT this is seen in Lev.旧約聖書では、これはレフで見られます。 19:17-18, where the neighbor is the fellow countryman of the covenanted nation Israel or one who was of the same faith.隣人が契約した国家イスラエルや同じ信仰であった1の同胞である19:17-18。 In the NT, there is to be a definite love between believers. NTでは、信者の間に明確な愛があるようです。 Jesus gave a new commandment: that the believers were to love one another as he had loved them (John 13:34-35; 15:12, 17; cf. I John 3:23; 5:2; II John 5).イエスは、新しい戒めを与えた:信者は、彼がそれらを愛していたとして、互いを愛することになっていた(ヨハネ13:34-35; 15:12 17; CF私はヨハネ3:23、午前5時02分、IIヨハネ5)。 The command to love one another was not new, but to love one another as Christ had loved them was a new command.互いに愛し合うためのコマンドは新しいものではありませんでしたが、キリストは彼らを愛していたとして、互いを愛することは、新しいコマンドでした。 This is further elaborated in I John.これは、さらに私はジョンに詳述されています。 One who loves his brother abides in light (2:10) and God abides in him (4:12).光の中で弟の遵守を愛するワン(2:10)、彼の中に神を遵守(4:12)。 In fact, one who does not love his brother cannot love God (4:20).実際には、彼の兄弟を愛さない人は神(4:20)を愛することができない。 The source of love is God (4:7), and because of God's love one should love his brother (3:11; 4:11).愛の源は神(4:7)であり、なぜなら神の愛の一つは、(3:11、4:11)、兄を愛すべきである。

Outside the Johannine literature there is the same command to love the brother in the faith (Eph. 5:2; I Thess. 4:9; 5:13; I Tim. 4:12; Heb. 10:24; 13:1; I Pet. 2:17).使徒ヨハネの文学外の信仰に弟を愛して同じコマンド(エペソ5:2がある、私はテサロニケ4時09分には、。5時13分;私のティム4時12分;ヘブル10:24、午後1時01分、私はペットを午前2時17分)。 This was to be done fervently (Rom. 12:10; I Pet. 1:22; 4:8) and with forbearance (Eph. 4:2), serving one another (Gal. 5:13).これは熱烈に行われることになっていた(ローマ12時10分、私はペット1時22分; 4:8)と忍耐(エペソ4:2)と、互いに(ガラテヤ5時13分)に供給する。 Paul loved the believers (I Cor. 16:24; II Cor. 2:4; 11:11; 12:15) and was happy when he heard of the saints' love for one another (Eph. 1:15; Col. 1:4; II Thess. 1:3; Philem. 5; cf. Heb. 6:10).パウロは、信者(;二コー2時04; 11時11分、16時24分Iコリント12:15)愛し、彼はお互いのために聖人の愛を聞いて嬉しかった(エペソ1時15分、大佐1:4;。二テサロニケ1時03; Philem 5;。CFヘブル6:10)。 Hence one sees that love for the brother was a dominant theme in the early church.したがって、一つは兄への愛が、初期の教会の支配的なテーマであったことを認識します。 It was evidence to the world that they were truly the disciples of Christ (John 13:35).それは、彼らが本当にキリストの弟子(ヨハネ13時35分)であったことを世界に証拠であった。

(3) Love for family. (3)家族への愛。 The Scriptures have a few commands and ample illustrations of love within the family.聖書は、家族内のいくつかのコマンドと愛の十分のイラストを持っています。 Husbands are commanded to love their wives (Col. 3:19) as Christ loves the church (Eph. 5:25-33; cf. Eccles. 9:9; Hos. 3:1).夫はキリストが教会(; CFエクルズ9時09分;。Hosの3時01分。エペソ5:25-33)を愛するように(コロサイ3:19)自分の妻を愛するように命じられた。 The love of the husband for the wife is seen in several accounts (Gen. 24:67; 29:18, 20, 30; II Chr. 11:21; Song of S. 4:10; 7:6).妻の夫への愛は、いくつかのアカウント(; 29:18、20、30、II Chr関数11:21; S. 4:10歌; 7時06分大将24:67)に見られる。 Only one time are wives commanded to love their husbands (Titus 2:4) and in only Song of S. is it mentioned (1:7; 3:1-4; 7:12). (; 3:1-4; 7時12分1時07分)1回のみ、夫を愛するように妻を命じられた(テトス2:4)とSの曲だけでは言及されている。 Certainly the wife's submission to the husband is evidence of her love for him (Eph. 5:22-24; I Pet. 3:1-6).確かに夫の妻の提出は、彼のための彼女の愛(;私のペット3:1-6。エペソ5:22-24)の証拠である。 Also, only once is there a command for parents to love their children, specifically for young wives to love their children (Titus 2:4), but there are several illustrations of such love in the OT (Gen. 22:2; 25:28; 37:3; 44:20; Exod. 21:5).また、一度だけ自分の子供を(テトス2:4)愛するために若い妻のために具体的には、自分の子供を愛する親のためのコマンドがありますが、OTの中でそのような愛のいくつかのイラスト(創世午後10時02分がある; 25: 28; 37:3、44:20、出エジプト午前21時05分)。 Interestingly, there is no command or example of children loving their parents.興味深いことに、両親を愛する子供のないコマンドか例はありません。 However, there is the oft-repeated command for children to honor and obey their parents, which would be evidence of their love for their parents (eg, Exod. 20:12; Deut. 5:16; Prov. 1:8; Matt. 19:19; Mark 10:19; Luke 18:20; Eph. 6:1; Col. 3:20).しかし、何度も繰り返さコマンドは、両親への愛(例えば、出エジプト20:12の証拠であろう両親に、敬意と服従する子供たちのためにあります;申命5:16;。箴1:8;マットは。午後7時19分、10時19分マルコ、ルカ午前18時20分;エペソ6時01分;コロサイ3:20)。 In conclusion, although not much is spoken about love within the natural family, it can be assumed that this love would be expected; anyone who does not take care of his family is considered a denier of the faith and worse than an unbeliever (I Tim. 5:8).はるかに自然な家族内での愛について話されていないが、結論として、それはこの愛が予想されるであろうと仮定することができ、彼の家族の世話をしていない人は、(私のティム信仰のデニールとみなされ、不信者よりも悪いです。5:8)。

(4) Love for enemies. (4)敵を愛しなさい。 Jesus commanded his followers to love their enemies (Matt. 5:43-48; Luke 6:27-35).イエスは(ルカ6:27-35マタイ5:43-48)彼らの敵を愛するように彼の信者に命じた。 This love is demonstrated by blessing those who curse them, praying for those who mistreat them, and giving generously to them.この愛は、それらを呪う者を祝福し、それらを虐待する人のために祈り、彼らに惜しみなく与えることによって実証されている。 This shows that love is more than friendship based on mutual admiration; it is an act of charity toward one who is hostile and has shown no lovableness.これは、愛は相互賞賛に基づく友情以上のものであることを示し、それは敵対的である1に向かって慈善の行為であり、何かわいらしさを示しませんでした。 Jesus reminded the disciples that it is natural to love those who love them, but to love their enemies is a real act of charity; it is to be a mark of his disciples as opposed to those who are sinners or Gentiles.イエスはそれがそれらを愛する人を愛することが、彼らの敵を愛することは自然であることを弟子たちに思い出させたことは慈善団体の本当の行為であり、それは罪人や異邦人たちとは対照的に、彼の弟子のマークになることです。 An example of this love is seen in God's love and kindness toward evil men by sending them sun and rain as he does for those who love him.この愛の例は、彼が自分を愛する者たちの場合と同様に、彼らに太陽と雨を送信することによって、悪人に向かって神の愛と優しさで見られます。 The NT epistles reiterate that rather than seeking revenge, believers are to love those who hate and persecute them (Rom. 12:14, 17-21; I Thess. 5:15; I Pet. 3:9). NTの書簡ではなく、復讐を求めていることを繰り返す、信者が嫌いと迫害を愛する人々のことです(ローマ12時14分、17から21に、Iテサロニケ5時15分、私はペット3時09分)。

Conclusion結論

God in his very essence is love, hence love is expressed toward the underserving.彼の非常に本質的に神は愛​​であり、それ故に愛はunderservingに向かって表現されます。 John 3:16 states this unforgettably: though man has repudiated him God loves the world, and the extent of his love was the sacrifice of his own Son, Jesus Christ, who was willing to lay down his life.ヨハネ3:16は、忘れられないほど、これを述べます:男は彼を否認したけれども神はこの世を愛し、彼の愛の程度は、自分の命を捨てることも構わないと思っていた彼自身の御子イエス·キリストの犠牲だった。 On the basis of God's love the believer is enjoined to love God, who is deserving, and to love his fellow man and even his enemy, who are underserving.神の愛に基づいて、信者は値する神を愛すること、そしてunderservingている彼の仲間の男も彼の敵を愛するように命じています。 God's love is not only basic but it continually extends to the underserving and unloving, as seen in his continuing love for the wayward believer in both the OT and NT.神の愛は、基本的ではありませんが、それは継続的にOTとNTの両方でわがままな信者のための彼の継続的な愛に見られるように、underservingと愛情のないにも及ぶ。 Thus there is a deep loyalty in God's love toward the undeserving, and this is the basis of God's command for man's love.したがって値しない、これは男の愛のために神の命令の基礎であるに向かって神の愛の深い忠誠心があります。 Therefore, God's love is seeking the highest good in the one loved, and man is enjoined to seek the highest good or the will of God in the one loved.したがって、神の愛は、最愛の人に最高の善を求めている、と男は最愛の人の中で最高の善や神の意志を追求するために差し止めされています。

HW Hoehner HW Hoehner
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
C. Brown, W. Gunther, and H.-G. C.ブラウン、W·ギュンター、そしてH.-G. Link, NIDNTT, II, 538-51; MC D'Arcy, The Mind and Heart of Love; VP Furnish, The Love Command in the NT; VR Good, IDB, III, 164-68; W. Harrelson, "The Idea of Agape in the NT," JR 31:169-82; G. Johnston, IDB, III, 168-78; W. Klassen, IDB Supplement, 557-58; H. Montefiore, "Thou Shalt Love Thy Neighbor as Thyself," NovT 5:157-70; L. Morris, Testaments of Love; A. Nygren, Agape and Eros; G. Outka, Agape: An Ethical Analysis; FH Palmer, NBC, 752-54; J. Piper, Love Your Enemies; G. Quell and E. Stauffer, TDNT, I, 21-55; OJF Seitz, "Love Your Enemies," NTS 16: 39-54; MH Shepherd, Jr., IDB, I, 53-54; NH Snaith, The Distinctive Ideas of the OT; C. Spicq, Agape in the NT, 3 vols.; G. Stahlin, TDNT, IX, 113-71; BB Warfield, "The Terminology of Love in the NT," PTR 16:1-45, 153-203; DD Williams, The Spirit and the Forms of Love.リンク、NIDNTT、Ⅱ、538から51、MCのダーシー、愛の心と心、VPはニッシュ、NTの愛のコマンド、VRの良い、IDB、III、164から68、W·ハレルソン、 "アイデア"; G.ジョンストン、IDB、III、168から78、W·クラッセン、IDBのサプリメント、557から58、JRの31:169-82 H·モンテフィオーリ、" NTのアガペのなたは、あなた自身のように隣人を愛して"NovT 5:157-70、モリスは、愛の聖書、A.ニーグレン、アガペとエロス、G.アウトカ、アガペ:倫理的な分析; FHパーマー、NBC、752から54、J·パイパーは、敵を愛し; MHシェパード、ジュニア、IDB、私は、53から54、NH Snaith、39から54:;; Gを鎮めるとE.シュタウファー、TDNT、私は、21から55 OJFサイツ、国税庁16 "、敵を愛し" OTの独特のアイデア、C. Spicq、NTのアガペー、3 vols学; G.シュテーリン、TDNT、IX、113から71; bbウォーフィールドは、 "NTの愛の用語、" PTR 16時01 - 45、153から203; DDウィリアムズ、聖霊と愛のフォーム。


Love Feast愛餐会

Advanced Information 高度情報

In the NT NTで

The brotherly love between Christians which was enjoined by Jesus (John 13:34; Gr. agape) found its expression in three practical ways.イエス(ヨハネ13時34; Grのアガペー)が加味されたキリスト教徒の間に兄弟愛には3つの実用的な方法でその表現を見つけた。 It was commonly exercised in almsgiving; hence on twenty-six occasions agape is translated in the AV "charity."これは、一般的に喜捨に行使された;故に二〇から六回にアガペーはAVで翻訳され、 "慈善"。 In church gatherings and in Christian greetings it was displayed played by the kiss (I Pet. 5:14; see also Rom. 16:16; I Cor. 16:20; II Cor. 13:12; I Thess. 5:26).教会の集会とキリスト教の挨拶でそれはキスで演奏(私のペットに表示されていた5時14分;もROMを参照してください16時16分;。私うわっ午後04時20分;二コー13:12、Iテサロニケ5時26分。 )。 And gradually the term came to be applied to a common meal shared by believers.そして徐々に用語は、信者たちによって共有される共通の食事にも適用されるようになりました。 Although these meals are called agapai only in Jude 12 and possibly II Pet.これらの食事は、ジュード12そしておそらくIIペットにagapaiと呼ばれていますが。 2:13, where there is a variant reading of agapais for apatais ("deceivings"), there is a considerable amount of other evidence for their existence in the early church. 2時13分、apatais( "deceivings")のagapaisの変異の測定値が存在する場合には、初期の教会の中で、その存在のために他の証拠のかなりの量がある。

In Acts 2:42-47 there is an account of the early form of "communism" practiced by the believers, which includes breaking bread from house to house and eating their meat (Gr. trophe) with gladness and singleness of heart.使徒2:42-47で家から家へパンを裂き、喜びとまごころと、その肉(Gr. trophe)を食べ含む信者によって実践 "共産主義"の初期形のアカウントがあります。 The first phrase may refer to the administration of the Lord's Supper, but the second obviously indicates a full meal.最初のフレーズは、主の晩餐の管理を参照してもよいが、2番目は明らかに十分な食事を示しています。 Similar "communistic" behavior is mentioned in Acts 4:32.類似した "共産主義"の動作は4時32分行為に記載されている。 By the time of Acts 6:1ff.行為6時01分FFの時まで。 the increase of disciples in the Jerusalem church led to the appointment of the seven to serve tables, which presumably refers to the responsibility for arranging the common meals.エルサレムの教会で弟子たちの増加は、おそらく共通の食事をアレンジするための責任を指しテーブルを、提供するために7人の選任につながった。 RL Cole (Love-Feasts, A History of the Christian Agape) suggests that this number was selected in order that each one might be responsible for a different day of the week. RLのコール(ラブ宴、キリスト教のアガペーの歴史)この番号は、それぞれが別の曜日に責任があるかもしれないために、選ばれたことを示唆している。 This arrangement arose from the complaint of the hellenists that their windows were being neglected, and so would indicate that already these common meals were being held for charitable purposes, as was indeed the custom later.この配置は、そのウィンドウが無視されていたことをhellenistsの不満から生まれた、ため、すでにこれらの共通の食事が慈善目的のために保持されていたことを示すことになる、などのカスタム後に確かにあった。

When Paul was at Troas (Acts 20:6-12) there took place on the first day of the week both a "breaking of bread" and a full meal (which idea is contained in the verb geusamenos, used here for eating, cf. Acts 10:10).パウロはTroas(使徒20:6-12)にあったときにCFが、そこに、動詞geusamenosに含まれているアイデア週両方 "パンを裂く"と十分な食事(の最初の日に行われた食べるためにここで使用。)10:10の行為。 Both here and in 2:42 it is difficult to determine whether the phrase "breaking of bread" denotes a common meal or is a more restricted reference to the Lord's Supper: whenever these words occur together in the Gospels they describe the action of Jesus (Matt. 26:26; Mark 14:22; Luke 22:19; 24:30, 35).ここと2時42分には、 "パンを裂く"というフレーズは、共通の食事を意味するか、または主の晩餐に、より制限の基準であるかどうかを判断するのは困難である:これらの言葉は、彼らがイエスのアクションを記述福音書で一緒に発生したとき( 。マット26:26、マルコ午後02時22分、ルカ22:19、24:30、35)。 Certainly by the time of Paul's writing to the Corinthians (ca. AD 55) it is evident that that church observed the practice of meeting together for a common meal before partaking of the Lord's Supper (I Cor. 11:17-34).確かにコリント人へのパウロの書き込み(約紀元55)の時点で、その教会が主の晩餐(Iコリント11:17-34)の参加者を前に、一般的な食事のために一緒に会うの練習を観察したことは明らかである。 This custom, however, does not appear to have been observed always in the spirit of agape, for the apostle complains that some make it an excuse for gluttony, while others go without: in vs. 21 to idion deipnon may refer to the fact that they refused to pool their food, or that from such a pool each took as much as possible for himself.他の人がすることなく行っている間、このカスタムは、しかし、アガペーの精神で常に観察されているように見えません、使徒のために、いくつかはそれは大食いの言い訳作るといっているなら:idion deipnon〜21対で、その事実を参照することができる彼らはプールに彼らの食べ物を拒否し、またはそのようなプールからのことをそれぞれが自分自身のためにできるだけ多くを取った。 At all events the situation described here is possible only in the context of a meal more substantial than, and preceding, the bread and wine of the Lord's Supper.すべてのイベントはここで説明する状況はより実質的な食事のコンテキスト内で可能であり、かつ、主の晩餐のパンとワインを先行。

Various theories have been put forward suggesting that the agape was a development from pagan guilds or Jewish common meals, or that it was necessitated by the common desire to avoid meats offered to idols.様々な理論がアガペーは異教のギルドやユダヤ人の共通の食事からの開発であったことを示唆して提唱されているか、それは偶像に提供される肉を避けるために、共通の願いによって必要とされたこと。 From the fact that most early Christian paintings found in the catacombs depicting the agape show seven persons partaking, Cole argues that the custom developed from the incident on the shore of Tiberias, where Jesus shared the breakfast meal with seven of his disciples (John 21), and that the conversation with Peter on that occasion supplied the title of agape for this meal.アガペーを描いた地下墓地で見つかった最も初期のキリスト教絵画は7人のミニマムを示すことから、Coleは主張し、イエスが弟子たちの7(ヨハネ21)と一緒に朝食の食事を共有ティベリア、の海岸で事件から開発されたカスタムと、そのときのピーターとの会話は、この食事のためにアガペーのタイトルを供給した。 It is equally possible that the meal may have arisen from a desire to perpetuate the table fellowship which the apostles had enjoyed during their Lord's earthly life, and that later, as the church grew and communal living became impossible, the common meal was continued before the Lord's Supper in an effort to place the receiving of that sacrament in its historical context.教会が成長し、共同生活が不可能になったとして、それは食事が使徒たちが彼らの主の地上の生命の間に楽しんで、そしてことをしていたテーブルの交わりを永続させる願望から生じた可能性があることも同様に可能である後、共通の食事は前に続けた。その歴史的な文脈でその聖餐の受信を配置するための努力で主の晩餐。 The fact that the Johannine account points to the giving of the new commandment of mutual agape at that meal (John 13:34) would be sufficient reason for the application of that name to the rite.その食事(ジョン午前13時34)で相互アガペーの新しい戒めを与えることに使徒ヨハネの記述ポイントの儀式に、その名前のアプリケーションのための十分な理由になるだろうという事実。

In Church History教会史における

Ignatius (Smyr. 8:2) refers to the agape, as does the Didache (x.1 and xi.9), the latter suggesting that it still preceded the Eucharist.イグナティウス(Smyr. 8:2)として新約聖書(X.1とxi.9)、後者はそれがまだ聖体に先行することを示唆んが、アガペーを指します。 By the time of Tertullian (Apology xxxix; De Jejuniis xvii; De Corona Militis iii) the Eucharist was celebrated early and the agape later at a separate service, and this may be the practice referred to by Pliny in his letter to Trajan (Epistles x.96), though his information is not altogether clear.テルトゥリアヌス​​の時までに(謝罪XXXIX;デJejuniis XVII;デコロナMilitisⅲ)聖体は別のサービスで後で早いとアガペー祝われていましたが、これはトラヤヌス彼の手紙をプリニウスによって言及練習かもしれません(書簡X 0.96)、彼の情報は完全に明らかではないが。 Clement of Alexandria (Paedagogos ii. 1 and Stromata iii.2) gives evidence also of the separation of the two observances.アレクサンドリアのクレメンス(Paedagogos II 1及びstromaのIII.2)は、2つの儀式の分離も証拠を与える。 Chrysostom (Homily xxvii on I Cor. 11:17) agrees with the order mentioned by Tertullian, but while he calls the agape "a custom most beautiful and beneficial; for it was a supporter of love, a solace of poverty, and a discipline of humility," he does add that by his day it had become corrupt.クリュソストモス(私うわっで説教XXVII 11:17)テルトゥリアヌス​​が言及した順序と一致しているが、彼は口を開けて "カスタム最も美しいと有益呼び出している間、それは愛のサポーター、貧困の慰め、そして規律であったため謙虚に、 "彼は彼の日で、それが破損していたことを追加しません。 In times of persecution the custom grew up of celebrating agapai in prison with condemned martyrs on the eve of their execution (see the Passion of Perpetua and Felicitas xvii.1, and Lucian De Morte Peregrini xii), whence developed the practice of holding commemorative agapai on the anniversaries of their deaths, and these gave rise to the feasts and vigils which are observed today.迫害の時代にはカスタムには、それぞれに実行前夜の死刑囚の殉教者(ペルペツアとフェリキタスxvii.1、そしてルシアン·デ·モルテPeregrini XIIの情熱を見てください)​​刑務所でagapaiを祝うこと育った、そこは記念agapaiを保持の練習を開発彼らの死の記念日、そしてこれらの上に、今日観察されるお祭りや集会に上昇した。 Agapai also took place on the occasion of weddings (Gregory of Nazianzus Epistles i.14) and funerals (Apostolic Constitutions viii.42). Agapaiも結婚式(ナジアンゾスの書簡I.14のグレゴリー)や葬儀(ローマ教皇の憲法viii.42)の際に開催されました。

During the fourth century the agape became increasingly the object of disfavor, apparently because of disorders at the celebration and also because problems were raised by the expanding membership of the church, and an increasing emphasis was being placed on the Eucharist.第四世紀の間アガペーは祭典で明らかに、障害の、ますます冷遇の対象となったとも問題は教会の会員数拡大によって提起され、ますます重視が聖体に置かれていたので。 Augustine mentions its disuse (Ep. ad Aurelium xxii.4; see also Confessions vi.2), and Canons 27 and 28 of the Council of Laodicea (363) restricted the abuses.アウグスティヌスは、廃用に言及している(Ep.広告Aurelium xxii.4、また告白vi.2を参照)、およびラオディケア評議会の参事27および28(363)虐待を制限した。 The Third Council of Carthage (393) and the Second Council of Orleans (541) reiterated this legislation, which prohibited feasting in churches, and the Trullan Council of 692 decreed that honey and milk were not to be offered on the altar (Canon 57), and that those who held love feasts in churches should be excommunicated (Canon 74).カルタゴの第三委員会(393)とオルレアンの2番目の協議会(541)は、教会でごちそう禁止この法案を、改めて強調し、そして692のTrullan評議会は、ハチミツや牛乳は、祭壇(キヤノン57)に提供されることはなかったことを法令として布告した、教会で愛のお祭りを開催した人々は、(キヤノン74)破門されるべきであること。

There is evidence that bread and wine (Didache), vegetables and salt (Acts of Paul and Thecla xxv), fish (catacomb paintings), meat, poultry, cheese, milk, and honey (Augustine, contra Faustum xx.20), and pultes, "a pottage" (Augustine), were consumed on different occasions at the agape.そのパンとぶどう酒(新約聖書)、野菜と塩(ポールとセクラXXVの行為)、魚類(カタコンベの絵)、肉、鶏肉、チーズ、牛乳、蜂蜜(アウグスティヌス、コントラFaustum xx.20)と、証拠があるpultesは、​​ "ポタージュ"(アウグスティヌス)は、アガペで別の機会に消費された。

In Modern Times現代では

In the Eastern Church the rite has persisted, and is still observed in sections of the Orthodox Church, where it precedes the Eucharist, and in the Church of St. Thomas in India.東方教会で儀式が続いていて、まだそれは聖体の前にある正教会のセクションで、インドの聖トーマス教会で観察される。 From the Eastern Church it was continued through the Church of Bohemia to John Hus and the Unitas Fratrum, whence it was adopted by the Moravians.東方教会からそれはそれがMoraviansによって採択されたジョンフスとユニタスFratrum、そこにボヘミアの教会を通して継続した。 From them John Wesley introduced the practice within Methodism (see references in his Journal), and it is occasionally observed today in Methodist churches.彼らからジョンウェズリー(彼ジャーナルの資料を参照してください)​​メソジスト内で練習を導入し、それが時折メソジスト教会で今日観察される。 In the Anglican Prayer Book of 1662 the only survival is probably the collection of alms for the poor during the Communion service, but the practice of the sovereign's distribution of Maundy money is a relic of the agape, and in this connection it is interesting that the epistle appointed for Maundy Thursday is I Cor. 1662年の聖公会祈祷書でのみ生存率はおそらく拝領サービス中の貧しい人々のための慈善のコレクションですが、私たちの幸せなお金の主権の流通の実践は、アガペーの遺物であり、これに関連して、それがいることは興味深い聖木曜日のために任命された信徒の私コーです。 11:17-34. 11:17-34。 A modern attempt to revive the custom can be seen in the increasing practice of holding a "parish breakfast" following the early Communion service, and experiments at using the agape as an opportunity for interdenominational fellowship are described by Frank Baker in Methodism and the Love-Feast.カスタムを復活させるための現代的な試みが早い拝領サービス続く "小教区の朝食"を開催が増え、実際に見ることができ、超教派の交わりの機会としてアガペーを使用しての実験は、メソジストと愛にフランク·ベイカーによって記述されごちそう。

DH Wheaton DHウィートン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

See also LORD'S SUPPER.また、主の晩餐を参照してください。

Bibliography 参考文献
D. Leclerq in Dictionnaire d'archelogie Chretienne; JF Keating, The Agape and the Eucharist in the Early Church; P. Battifol, Etudes d'histoire et de theologie positive; JC Lambert, Sacraments in the NT. Dictionnaire D'archelogie ChretienneでD. Leclerq; JFキーティング、アガペと初代教会で聖体、P. Battifol、エチュードD'histoireエトデ神学陽性; JCランバート、NTの秘跡。


Lovingkindness慈しみ

General Information 一般的な情報

The translation of the Hebrew word hesed in the AV and ASV.ヘブライ語の翻訳は、AVやASVにhesed。 The AV also followed the equivalent given in the Latin translation (misericordia), which is preceded by the usage of the LXX ("mercy"). AVはまたLXX( "慈悲")の利用が先行しているラテン語の翻訳(ミゼリコルディア)、で与えられる等価に続いた。 Modern versions render hesed by "steadfast love," "unfailing love," "lovingkindness," and "love" (cf. RSV, NIV).最近のバージョンは、 "変わらぬ愛"、 "尽きることのない愛"、 "慈しみ"と "愛"(参照、RSV、NIV)によってhesedレンダリングします。 The word hesed is found approximately 250 times in the Hebrew OT, and of these there are 125 instances in the Psalms. hesed言葉は、ヘブライ語旧約聖書で約250倍を発見し、これらの詩篇の125のインスタンスがありますされています。

The nature of the God of Israel is love.イスラエルの神の本質は愛である。 Even when Israel has sinned, they are assured that Yahweh is full of lovingkindness (Exod. 34:6; Num. 14:18; Joel 2:13; Ps. 86:5, 15), on which basis he can and does forgive the sin of his repentant people.彼は人を許すことができないに基づき、イスラエルは罪を犯した場合であっても、彼らは主がいつくしみ(詩篇86:5、15;ヌム午後02時18分;;ジョエル2:13。Exod. 34:6)の完全であることが保証され彼の後悔している人々の罪。 The assurance of lovingkindness is given in the legal framework of the covenant.慈しみの保証は契約の法的枠組みの中で与えられます。 God's love is a distinctive love.神の愛は独特の愛です。 Yahweh has promised to be loyal to Abraham and his descendants (Deut. 7:12).主はアブラハムとその子孫(申7:12)に忠実であることを約束した。 The relation between lovingkindness as an expression of commitment (loyalty) and truth ('emet) expressing faithfullness is so close that the words occur next to each other some sixteen times: hesed we'emet (Pss. 25:10; 89:14; cf. vs. 25 with 'emuna, "faithfulness").コミットメント(忠誠心)とfaithfullnessを表現真実( 'EMET)の表現としての慈しみの間の関係は、言葉には、いくつかの16回隣同士にして起こるように近接しています:; 89:14 hesed we'emet(Pss. 25:10; CF。対 'emuna、 "忠実"と25)。 The God of the covenant shows his convenantal faithfulness by his loving commitment to his people, regardless of their responsiveness or righteousness (Deut. 7: 7-8).契約の神に関係なく、応答性や正義(:7-8申命7)の、彼の人々への彼の愛情の約束によって彼convenantal忠実さを示しています。 As such, lovingkindness can be a synonym for covenant (Deut. 7:9, 12).このように、慈しみは契約(申7時09分、12)の同義語であることができます。 The blessings are generally described as the divine benefits (Deut. 7:13-16).祝福は、一般的に神の恩恵(申7:13-16)として記載されている。 Hence, lovingkindness is not a mere relational term; it is active.したがって、慈しみは単なるリレーショナル用語ではなく、アクティブになっています。 The God who loves showers his benefits on his covenant people.彼の聖約の民でシャワー彼の便益を愛する神。 He is active ('asa) in his love (Ps. 18:50; Deut. 5:10).彼はアクティブです( 'ASA)は、彼の愛に(詩篇18:50;申午前5時10分)。 His lovingkindness also finds expression in righteousness.慈しみも正義での発現を検出します。 Righteousness as a correlative to lovingkindness guarantees the ultimate triumph and reward of God's people, and also contains a warning that Yahweh does not tolerate sin, even though he may forbear for a long time.慈しみに対比としての正義は神の民の究極の勝利と報酬を保証し、また、主が彼は長い時間のため差し控えるかもしれませんが、罪を容認しないという警告を含んでいます。 The quality of lovingkindness is also assured by its durability.慈しみの品質も、その耐久性によって保証されます。 It is from generation to generation (Exod. 34:7).それは世代から世代(Exod. 34:7)です。 Twenty-six times we are told that "his lovingkindness is forever" (cf. Pss. 106:1; 107:1; 118: 1-4; 136).二十六回我々は、(参照pssの106:1、107:1、118:1-4、136) "彼の慈しみは永遠である"と言われています。 He remembers his love, even when he for a period has withdrawn it in order to discipline (Ps. 98:3).彼は、期間の彼が順番に規律(詩篇98:3)にそれを撤回した場合であっても、彼の愛を覚えています。

On the other hand, the God who is love also expects his people to be sanctified by demonstrating lovingkindness to their covenant God and to their fellow men.一方、愛である神はまた彼の人々は彼らの誓約を神とその仲間の男性にいつくしみを示すことによって神聖化されることを想定しています。 The call for a commitment of love to God finds expression in Deut.神への愛の約束のためにコールが申での発現を検出します。 6:5, and was repeated by our Lord (Matt. 22:37).午前6時05分、私たちの主(マタイ22:37)を繰り返した。 Man's response to God's lovingkindness is love.神の慈しみに男の応答は愛です。 On a horizontal plane the believer is called upon to show both lovingkindness (as David did, II Sam. 9:1, 3, 7) and love (Lev. 19:18, cf. Matt. 22:39).水平面上の信者が両方のいつくしみを表示する時に呼び出されます(ダビデが行ったように、2サム。9:1、3、7)と愛(レビ夜7時18分は、cf。マット。午前22時39分)。 In man's response to lovingkindness and all that it entails, he shows that he belongs to the Heavenly Father (Matt. 5:44-48). lovingkindnessとそれに伴うすべてのことに人間の応答では、彼は天のお父様(マタイ5:44-48)に属していることを示しています。

WA Van Gemerenワシントン州ヴァンGemeren
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
NH Snaith, The Distinctive Ideas of the OT; LJ Kuyper, "Grace and Truth," RR 16:1-16; N. Glueck, Hesed in the Bible; KD Sakenfeld, The Meaning of Hesed in the Hebrew Bible. NH Snaith、OTの独特のアイデア、LJカイパー、 "恵みと真理は、" RR 16:1-16;聖書にHesed N.グリュック; KD Sakenfeld、ヘブライ語聖書にHesedの意味。


Lovingkindness慈しみ

Advanced Information 高度情報

Lovingkindness is the translation of the Hebrew word hesed in the AV and ASV.慈しみは、AVとASVのhesedヘブライ語の単語の翻訳です。 The AV also followed the equivalent given in the Latin translation (misericordia), which is preceded by the usage of the LXX ("mercy"). AVはまたLXX( "慈悲")の利用が先行しているラテン語の翻訳(ミゼリコルディア)、で与えられる等価に続いた。 Modern versions render hesed by "steadfast love," "unfailing love," "lovingkindness," and "love" (cf. RSV, NIV).最近のバージョンは、 "変わらぬ愛"、 "尽きることのない愛"、 "慈しみ"と "愛"(参照、RSV、NIV)によってhesedレンダリングします。 The word hesed is found approximately 250 times in the Hebrew OT, and of these there are 125 instances in the Psalms. hesed言葉は、ヘブライ語旧約聖書で約250倍を発見し、これらの詩篇の125のインスタンスがありますされています。

The nature of the God of Israel is love.イスラエルの神の本質は愛である。 Even when Israel has sinned, they are assured that Yahweh is full of lovingkindness (Exod. 34:6; Num. 14:18; Joel 2:13; Ps. 86:5, 15), on which basis he can and does forgive the sin of his repentant people.彼は人を許すことができないに基づき、イスラエルは罪を犯した場合であっても、彼らは主がいつくしみ(詩篇86:5、15;ヌム午後02時18分;;ジョエル2:13。Exod. 34:6)の完全であることが保証され彼の後悔している人々の罪。 The assurance of lovingkindness is given in the legal framework of the covenant.慈しみの保証は契約の法的枠組みの中で与えられます。 God's love is a distinctive love.神の愛は独特の愛です。 Yahweh has promised to be loyal to Abraham and his descendants (Deut. 7:12).主はアブラハムとその子孫(申7:12)に忠実であることを約束した。 The relation between lovingkindness as an expression of commitment (loyalty) and truth ('emet) expressing faithfullness is so close that the words occur next to each other some sixteen times: hesed we'emet (Pss. 25:10; 89:14; cf. vs. 25 with 'emuna, "faithfulness").コミットメント(忠誠心)とfaithfullnessを表現真実( 'EMET)の表現としての慈しみの間の関係は、言葉には、いくつかの16回隣同士にして起こるように近接しています:; 89:14 hesed we'emet(Pss. 25:10; CF。対 'emuna、 "忠実"と25)。 The God of the covenant shows his convenantal faithfulness by his loving commitment to his people, regardless of their responsiveness or righteousness (Deut. 7: 7-8).契約の神に関係なく、応答性や正義(:7-8申命7)の、彼の人々への彼の愛情の約束によって彼convenantal忠実さを示しています。 As such, lovingkindness can be a synonym for covenant (Deut. 7:9, 12).このように、慈しみは契約(申7時09分、12)の同義語であることができます。 The blessings are generally described as the divine benefits (Deut. 7:13-16).祝福は、一般的に神の恩恵(申7:13-16)として記載されている。 Hence, lovingkindness is not a mere relational term; it is active.したがって、慈しみは単なるリレーショナル用語ではなく、アクティブになっています。 The God who loves showers his benefits on his covenant people.彼の聖約の民でシャワー彼の便益を愛する神。 He is active ('asa) in his love (Ps. 18:50; Deut. 5:10).彼はアクティブです( 'ASA)は、彼の愛に(詩篇18:50;申午前5時10分)。 His lovingkindness also finds expression in righteousness.慈しみも正義での発現を検出します。 Righteousness as a correlative to lovingkindness guarantees the ultimate triumph and reward of God's people, and also contains a warning that Yahweh does not tolerate sin, even though he may forbear for a long time.慈しみに対比としての正義は神の民の究極の勝利と報酬を保証し、また、主が彼は長い時間のため差し控えるかもしれませんが、罪を容認しないという警告を含んでいます。 The quality of lovingkindness is also assured by its durability.慈しみの品質も、その耐久性によって保証されます。 It is from generation to generation (Exod. 34:7).それは世代から世代(Exod. 34:7)です。 Twenty-six times we are told that "his lovingkindness is forever" (cf. Pss. 106:1; 107:1; 118: 1-4; 136).二十六回我々は、(参照pssの106:1、107:1、118:1-4、136) "彼の慈しみは永遠である"と言われています。 He remembers his love, even when he for a period has withdrawn it in order to discipline (Ps. 98:3).彼は、期間の彼が順番に規律(詩篇98:3)にそれを撤回した場合であっても、彼の愛を覚えています。

On the other hand, the God who is love also expects his people to be sanctified by demonstrating lovingkindness to their covenant God and to their fellow men.一方、愛である神はまた彼の人々は彼らの誓約を神とその仲間の男性にいつくしみを示すことによって神聖化されることを想定しています。 The call for a commitment of love to God finds expression in Deut.神への愛の約束のためにコールが申での発現を検出します。 6:5, and was repeated by our Lord (Matt. 22:37).午前6時05分、私たちの主(マタイ22:37)を繰り返した。 Man's response to God's lovingkindness is love.神の慈しみに男の応答は愛です。 On a horizontal plane the believer is called upon to show both lovingkindness (as David did, II Sam. 9:1, 3, 7) and love (Lev. 19:18, cf. Matt. 22:39).水平面上の信者が両方のいつくしみを表示する時に呼び出されます(ダビデが行ったように、2サム。9:1、3、7)と愛(レビ夜7時18分は、cf。マット。午前22時39分)。 In man's response to lovingkindness and all that it entails, he shows that he belongs to the Heavenly Father (Matt. 5:44-48). lovingkindnessとそれに伴うすべてのことに人間の応答では、彼は天のお父様(マタイ5:44-48)に属していることを示しています。

WA Van Gemerenワシントン州ヴァンGemeren
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
NH Snaith, The Distinctive Ideas of the OT; LJ Kuyper, "Grace and Truth," RR 16:1-16; N. Glueck, Hesed in the Bible; KD Sakenfeld, The Meaning of Hesed in the Hebrew Bible. NH Snaith、OTの独特のアイデア、LJカイパー、 "恵みと真理は、" RR 16:1-16;聖書にHesed N.グリュック; KD Sakenfeld、ヘブライ語聖書にHesedの意味。


Agape口を開けて

Catholic Information カトリックの情報

The celebration of funeral feasts in honour of the dead dates back almost to the beginnings of the worship of the departed - that is, to the very earliest times.死者に敬意を表して葬儀の宴のお祝いは、ほぼ故人の崇拝の始まりにまで遡る - それは非常に太古の時代に、である。 The dead, in the region beyond the tomb, were thought to derive both pleasure and advantage from these offerings.死者は、あの世にこの地域で、これらの製品から喜びと利点の両方を引き出すために考えられていました。 The same conviction explains the existence of funeral furniture for the use of the dead.同じ信念は死んでの使用のための葬儀家具の存在を説明しています。 Arms, vessels, and clothes, as things not subject to decay, did not need to be renewed, but food did; hence feasts at stated seasons.腕、血管、衣服、減衰を受けないものとして、更新する必要がありませんでしたが、食べ物がなかった、と述べ季節でそれ故に宴。 But the body of the departed gained no relief from offerings made to his shade unless these were accompanied fly the obligatory rites.これらは必須の儀式を飛ぶ伴っていた場合を除きしかし、故人の身体は彼の陰に行われた供物から何の救済を得られません。 Yet the funeral feast was not merely a commemoration; it was a true communion, and the food brought by the guests was really meant for the use of the departed.まだ葬儀の饗宴は、単なる記念ではありませんでした、それは本当の交わりであり、ゲストが持って食べ物が本当に故人の使用のために意味された。 The milk and wine were poured out on the earth around the tomb, while the solid food has passed in to the corpse through a hole in the tomb.固形食は墓の穴から死体に渡されているが、牛乳やワインを、墓の周りに地球に注がれた。 The use of the funeral feast was almost universal in the Græco-Roman world.葬儀の饗宴の使用​​は、グレコローマン世界のほぼ普遍的であった。 Many ancient authors may be cited as witnesses to the practice in classical lands.多くの古代の作家は、古典的な土地で練習に証人として引用することができる。 Among the Jews, averse by taste and reason to all foreign customs, we find what amounts to a funeral banquet, if not the rite itself; the Jewish colonies of the Dispersion, less impervious to surrounding influences, adopted the practice of fraternal banquets.ユダヤ人の間に、味とすべての外国の習慣に嫌う理由により、我々は葬式宴会に相当するものを見つけることではなく、儀式自体があれば、分散のユダヤ人のコロニー、周囲の影響をあまり通さないが、兄弟の宴会の練習を採用しました。 If we study the texts relative to the Supper, the last solemn meal taken by Our Lord with His disciples, we shall find that it was the Passover Supper, with the changes wrought by time on the primitive ritual, since it took place in the evening, and the guests reclined at the table.私たちは夕食、弟子たちとともに、私たちの主が撮影した最後の厳粛な食事に相対テキストを勉強すれば、それが夕方に行われたので、我々は、原始的な儀式に時間によってもたらされた変化と、それは過ぎ越しの晩餐だったことが判明しなければならないと、テーブルに倒したゲスト。 As the liturgical mea1 draws to a close, the Host introduces a new rite, and bids those present repeat it when He shall have ceased to be with them.典礼mea1が近くに引くように、ホストは新しい儀式を紹介し、彼が一緒にあることをやめていなければならないそれらの存在する繰り返しそれを入札。 This done, they sing the customary hymn and withdraw.これが完了し、彼らが慣習的賛美歌を歌うと撤回。 Such is the meal that Our Lord would have renewed, but it is plain that He did not command the repetition of the Passover Supper during the year, since it could have no meaning except on the Feast itself.このような私たちの主がリニューアルしているだろうが、それは饗宴自体を除いては意味がありませんでしたので、彼は、年度中に過越の晩餐の反復を命じなかったことははっきりしていることが食事です。 Now the first chapters of the Acts of the Apostles state that the repast of the Breaking of Bread took place very often, perhaps daily.今すぐパンを裂くの食事の量は、毎日、おそらく非常に頻繁に起こったことを使徒状態の行為の最初の章を参照してください。 That which was repeated was, therefore, not the liturgical feast of the Jewish ritual, but the event introduced by Our Lord into this feast when, after the drinking of the fourth cup, He instituted the Breaking of Bread, the Eucharist.どちらが繰り返されたということでした、そのためではなく、ユダヤ教の儀式の典礼饗宴が、第4カップの飲酒後、彼はパンを裂く、聖体を制定したときに、この祭りにわれらの主によって導入されたイベント。 To what degree this new rite, repeated by the faithful, departed from the rite and formulæ of the Passover Supper, we have no means, at the present time, of determining.どの程度の過越の晩餐の儀式とfo​​rmulæの出港忠実に繰り返すこの新しい儀式を、、のために、我々は決定することから、現時点では、手段がない。 It is probable, however, that, in repeating the Eucharist, it was deemed fit to preserve certain portions of the Passover Supper, as much out of respect for what had taken place in the Cœnaculum as from the impossibility of breaking roughly with the Jewish Passover rite, so intimately linked by the circumstances with the Eucharistic one.それは聖体を繰り返して、それがずっと外に尊敬のユダヤ人の過越の祭りとほぼ破壊の不可能性からのようCœnaculumで行われていたものに関しては、過ぎ越しの晩餐の特定の部分を保持するために適合と判断されたこと、しかし、可能性が高い儀式は、とても密接聖体1と状況によってリンクされています。

This, at its origin, is clearly marked as funerary in its intention, a fact attested by the most ancient testimonies that have come down to us.これは、その原点に、明確にその意図で葬式としてマークされている、という事実は、私たちが降りてくるほとんどの古代の証言によって証明。 Our Lord, in instituting the Eucharist, used these words: "As often as you shall eat this Bread and drink this chalice, you shall show forth the Lord's Death".わたしたちの主は、聖体を制定して、これらの言葉を使用した: "あなたは、このパンを食べ、この杯を飲むものと同じくらい頻繁に、あなたは、主の死を定めたものでなければならない"。 Nothing could be clearer.何も明確になることができなかった。 Our Lord chose the means generally used in His time, namely: the funeral banquet, to bind together those who remained faithful to the memory of Him who had gone.葬儀の宴会を行っていた彼の記憶に忠実に残っている人を結びつけるために:私たちの主は、一般的に、すなわち、彼の時間で使用される意味を選んだ。 We must, however, be on our guard against associating the thought of sadness with the Eucharistic Supper, regarded in this light.しかしながら、私たちはこの光の中でみなさ聖体の晩餐、と悲しみの思想を関連付けるに対する我々のガード上にある必要があります。 If the memory of the Master's Passion made the commemoration of these last hours in any measure sad, the glorious thought of the Resurrection gave this meeting of the brethren its joyous aspect.マスターの情熱の記憶は悲しい任意の小節で、これらの最後の時間を記念した場合は、復活の栄光の思想は、その楽しい側面同胞のこの会議を行いました。 The Christian assembly was held in the evening, and was continued far into the night.キリスト教のアセンブリは夕方に開催され、夜遅くまで続けられた。 The supper, preaching, common prayer, the breaking of the bread, took up several hours; the meeting began on Saturday and ended on Sunday, thus passing from the commemoration of the sad hours to that of the triumphant moment of the Resurrection and the Eucharistic feast in very truth "showed forth the Lord's Death", as it will until He come". Our Lord's command was understood and obeyed.夕食、説教、共通の祈り、パンを裂く、いくつかの時間を取った。会議は土曜日に始まり、日曜日に終了し、このように悲しい時間の記念から復活の勝ち誇った瞬間のそれに渡すと聖体それは彼が来るまでのように非常に真理の饗宴 "は、"主の死を定め示した "私たちの主の命令を理解し、従っていた。

Certain texts refer to the meetings of the faithful in early times.特定のテキストは初期の時代に忠実なの会合を参照してください。 Two, from the Epistle of St. Paul to the Corinthians (1 Corinthians 11:18, 20-22, 33, 34), allow us to draw the following conclusions: The brethren were at liberty to eat before going to the meeting; all present must be in a fit condition to celebrate the Supper of the Lord, though they must not eat of the funeral supper until all were present.二人は、コリント人への聖パウロの信徒(Ⅰコリント11:18、20-22、33、34)から、私たちは次のような結論を導き出すことができます:兄弟たちは会議に行く前に食事をするのにおいて自由であった。すべてすべてが存在していたまで、彼らは葬儀の夕食を食べてはならないのに現在は、主の晩餐を祝うためにフィット状態でなければなりません。 We know, from two texts of the first century, that these meetings did not long remain within becoming bounds.我々は、これらの会議が長くなる範囲内に残存していないこと、最初の世紀の二つの文章から、知っている。 The agape, as we shall see, was destined, during the few centuries that it lasted, to fall, from time to time, into abuses.アガペーは、これから見ていくように、虐待に、随時、落下する、それが続いていること数世紀の間に、運命づけられていた。 The faithful, united in bodies, guilds, corporations or "collegia", admitted coarse, intemperate men among them, who degraded the character of the assemblies.忠実には、ボディ、ギルド、法人または "collegiumの"で団結した、それらの間の粗い、乱暴な男性は、アセンブリの劣化した文字を認めた。 These Christian "collegia" seem to have differed but little from those of the pagans, in respect, at all events, of the obligations imposed by the rules of incorporation.これらのクリスチャン "collegiumのは"定款の規則によって課される義務のため、すべてのイベントで、点では、異教徒のものからではなく、少し異なっているように見える。 There is no evidence available to show that the collegia from the first undertook the burial of deceased members; but it seems probable that they did so at an early period.まずそこからcollegiumのは、故人のメンバーの埋葬を引き受けたことを示すために利用可能な証拠はありませんが、それは、彼らは早い時期からそのようにした可能性が高いと思われる。 The establishment of such colleges gave the Christians an opportunity of meeting in much the same way as the pagans did - subject always to the many obstacles which the law imposed.法律が課せられ、多くの障害を前提として - そのような大学の設立は、異教徒がやったと同じように、キリスト教徒の会合の機会を与えた。 Little feasts were held, to which each of the guests contributed his share, and the supper with which the meeting ended might very well be allowed by the authorities as a funerary one.リトルのお祭りが開催された、その名のゲストそれぞれが彼の分け前を貢献するため、会議が終了したとの夕食は非常によく葬式の一つとして当局によって許可されている可能性があります。 In reality, however, for all faithful worthy of the name, it was a liturgical assembly.しかし、現実には、その名に値するすべての忠実なために、それは典礼のアセンブリであった。 The texts, which it would take too long to quote, do not allow us to assert that all these meetings ended with a celebration of the Eucharist.それが引用するために時間がかかりすぎる文章は、私たちは、これらすべての会議が聖体のお祝いで終わったと断言することはできません。 In such matters sweeping generalizations should be avoided.そのような問題の抜本的な一般化は避けるべきである。 At the outset it must be stated that no text affirms that the funeral supper of the Christian colleges must always and everywhere be identified with the agape, nor does any text tell us that the agape was always and everywhere connected with the celebration of the Eucharist.当初はそれがテキストがキリスト教の大学の葬式夕食がいつでもどこでもアガペーで識別する必要があり、また任意のテキストはアガペーがいつでもどこでも聖体のお祝いに接続されたことを教えていないことを断言していないことを述べなければなりません。 But subject to these reservations, we may gather that under certain circumstances the agape and the Eucharist appear to form parts of a single liturgical function.しかし、これらの予約に従うことを条件として、当社は、一定の状況下でアガペーと聖体の典礼は、単一の機能の一部を形成するために表示されていることを収集することがあります。 The meal, as understood by the Christians, was a real supper, which followed the Communion; and an important monument, a fresco of the second century preserved in the cemetery of St. Priscilla, at Rome, shows us a company of the faithful supping and communicating.食事は、キリスト教徒によって理解されるように、聖餐に続く本当の夕食、あったので、重要な記念碑、ローマの聖プリシラの墓地内に保存番目の世紀のフレスコ画、私たちに忠実なsuppingの会社を示していますと通信します。 The guests recline on a couch which serves as a seat, but, if they are in the attitude of those who are at supper, the meal appears as finished.宿泊客は、彼らは夕食にしている人の姿勢にある場合、食事が終了したように表示され、座席として機能ソファの上に倒して、しかし。 They have reached the moment of the Eucharistic communion, symbolized in the fresco by the mystical fish and the chalice.彼らは、神秘的な魚と聖杯によってフレスコ画に象徴される、聖体拝領の瞬間に達しています。 (See FISH; EUCHARIST; SYMBOLISM.) (魚を見てください;聖体;象徴。)

Tertullian has described at length (Apolog., vii-ix) these Christian suppers, the mystery of which puzzled the Pagans, and has given a detailed account of the agape, which had been the subject of so much calumny; an account which affords us an insight into the ritual of the agape in Africa in the second century.テルトゥリアヌス​​は、長さ(Apolog.、VII-IX)これらのキリスト教夕食、異教徒を困惑そのうち謎で説明しており、そんなに中傷の対象となっていた口を開けて、の詳細な説明を与えている、私たちを支払う口座2番目の世紀にアフリカのアガペーの儀式への洞察。

The introductory prayer.入門祈り。

The guests take their places on the couches.ゲストはソファで自分の場所を取る。

A meal, during which they talk on pious subjects.彼らは敬虔な主題で話している間、食事、。

The washing of hands.手の洗浄。

The hall is lit up.ホールが点灯します。

Singing of psalms and improvised hymns.詩篇と即興の賛美歌歌う。

Final prayer and departure.最後の祈りと出発。

The hour of meeting is not specified, but the use made of torches shows clearly enough that it must have been in the evening or at night.会議の時間が指定されていますが、松明で作られた使用は、明らかに十分な、それが夕方や夜にあったにちがいないことを示していません。 The document known as the "Canons of Hippolytus" appears to have been written in the time of Tertullian, but its Roman or Egyptian origin remains in doubt. "ヒッポリュトスの規範"として知られている文書は、テルトゥリアヌス​​の時間で書かれているように見えますが、そのローマまたはエジプトの起源は疑問のままである。 It contains very precise regulations in regard to the agape, similar to those which may be inferred from other texts.それは、他のテキストから推論することができるものと類似アガペーに関して非常に正確な規制を含んでいます。 We gather that the guests are at liberty to eat and drink according to the need of each.私たちは、お客様がそれぞれのニーズに応じて食べたり飲んだりする自由であることを集める。 The agape, as prescribed to the Smyrnæans by St. Ignatius of Antioch, was presided over by the bishop; according to the "Cannons of Hippolytus", catechumens were excluded, a regulation which seems to indicate that the meeting bore a liturgical aspect.としてアンティオキアの聖イグナチオによってSmyrnæansに処方アガペーは、司教が主宰された。 "ヒッポリュトスの大砲"によると、catechumensのは、会議が典礼側面を産んだことを示しているよう規制を除外した。

An example of the halls in which the faithful met to celebrate the agape may be seen in the vestibule of the Catacomb of Domitilla.信者がアガペーを祝うために会っているホールの例はDomitillaの地下墓地の前庭で見られるかもしれない。 A bench runs round this great hall, on which the guests took their places.ベンチは、ゲストが自分の場所を取った上で、ラウンドこの大ホールで実行されます。 With this may be compared an inscription found at Cherchel, in Algeria, recording the gift made to the local church of a plot of land and a building intended as a meeting-place for the corporation or guild of the Christians.これにより土地の地元の教会とキリスト教徒の法人またはギルドのミーティングプレースとして意図な建物とされて贈り物を記録アルジェリアシェルシェルで発見碑文を、比較することができる。 From the fourth century onward, the agape rapidly lost its original character.四世紀以降、アガペーは急速に元の文字を失った。 The political liberty granted to the Church made it possible for the meetings to grow larger, and involved a departure from primitive simplicity.教会に与えられた政治的自由は、それが可能な会議が大きく成長するために作られ、プリミティブシンプルさからの脱却を関与。 The funeral banquet continued to be practised, but gave rise to flagrant and intolerable abuses.葬儀宴会は実践され続けたが、目に余ると耐え難い侵害を生じさせた。 St. Paulinus of Nola, usually mild and kindly, is forced to admit that the crowd, gathered to honour the feast of a certain martyr, took possession of the basilica and atrium, and there ate the food which had been given out in large quantities.ノラの聖パウリヌス、親切に通常は軽度とは、名誉に特定の殉教者のごちそうを集めた群衆が、バシリカ、アトリウムの所有物を取り、大量に配られていた食べ物が食べたことを認めることを余儀なくされている。 The Council of Laodicea (363) forbade the clergy and laity who should be present at an agape to make it a means of supply, or to take food away from it, at the same time that it forbade the setting up of tables in the churches.ラオディケアの評議会(363)は、教会内のテーブルの設定を禁止したと同時に、それは供給の手段にするか、離れてから食べ物を取るために口を開けた時に存在しなければならない聖職者や信徒を禁じ。 In the fifth century the agape becomes of infrequent occurrence, and between the sixth and the eighth it disappears altogether from the churches. 5世紀にはアガペーはまれに起こることになり、第六と第八の間には、教会から完全に消えます。

One fact in connection with a subject at present so much studied and discussed seems to be established beyond question, namely, that the agape was never a universal institution.現時点では被写体との接続の1つの事実がそんなにアガペーは普遍的機関ではなかったこと、すなわち、問題を超えて確立しているように見える勉強し、議論しました。 If found in one place, there is not so much as a trace of it in another, nor any reason to suppose that it ever existed there.一つの場所で見つかった場合は、そこに別のそれのトレースとしてそんなにするものではなく、また、これまで存在があると仮定する理由。 A feeling of veneration for the dead inspired the funeral banquet, a feeling closely akin to a Christian inspiration.死者のための崇拝の気持ちは葬儀宴会、キリスト教のインスピレーションに酷似して気持ちを奮い立たせました。 Death was not looked upon as the end of the whole man, but as the beginning of a new and mysterious span of life.死が全体の男の最後として見下ろしていますが、人生の​​新たな、神秘的なスパンの始まりとされていません。 The last meal of Christ with His Apostles pointed to this belief of a life after death, but added to it something new and unparalleled, the Eucharistic communion.使徒たちとキリストの最後の食事は、死後の世界のこの信念指すが、新しいと比類のないもの、聖体拝領に追加されます。 It would be useless to look for analogies between the funeral banquet and the Eucharistic supper, yet it should not be forgotten that the Eucharistic supper was fundamentally a funerary memorial.それは、葬儀宴会や聖体夕食間の類似を探しても無駄だろう、まだそれは聖体夕食は基本的に葬式の記念だったことを忘れてはならない。

Publication information Written by H. Leclercq. H. LECLERCQによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Vernon Bremberg.ヴァーノンBremberg転写されています。 Dedicated to the Cloistered Dominican Nuns at the Monastery of the Infant Jesus, Lufkin, Texas The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.幼子イエス、ラフキン、テキサス州の修道院で隠遁ドミニコ修道女に専用のは、カトリックの百科事典、第1巻は1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.ニヒルのObstat、1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

BATIFFOL, Etudes d'histoire et de théologie positive (Paris, 1902), 277-311; FUNK in the Revue d'histoire ecclésiastique (15 January, 1903); KEATIING, The Agape and the Eucharist in the Early Church (London, 1901); LECLERCQ in Dict.をbatiffol、エチュードD'histoireエトデ神学正(パリ、1902年)、277から311;レヴューD'histoireecclésiastique(1903年1月15日)におけるFUNK; KEATIING、アガペと初代教会における聖体(ロンドン、1901 ); dictのLECLERCQ。 d'archéol. D'archéol。 chrét. chrét。 et de lit., I, col.エトデ点灯。、私は、col。 775-848. 775から848まで。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです