Agrapha of Jesusイエスのアグラファ

General Information 一般的な情報

The Agrapha of Jesus is a term coined by 18th-century German scholar JG Körner for sayings attributed to Jesus Christ that are not contained in the Gospels.イエスのアグラファは、福音書に含まれていないイエス·キリストに起因する格言のため18世紀のドイツの学者JGケルナーによる造語です。 In 1897 and 1903 valuable papyri containing such sayings were discovered at Oxyrhyncus, in what is now Egypt. 1897年と1903年にこのようなことわざを含む貴重なパピルスは現在、エジプトは何で、Oxyrhyncusで発見された。 A book of such sayings of Jesus was, in early traditions, attributed to Saint Matthew, one of the 12 apostles.イエスのようなことわざの本は、前半の伝統では、聖マタイ、​​12使徒の一人に起因するものであった。 The designation agrapha (Greek, "unwritten things") reflects the view that these sayings represent the survival of an oral tradition that developed independently of the tradition embodied in the written Gospels.指定アグラファ(ギリシャ語で "不文のもの")は、これらのことわざが書かれた福音書で具体的伝統とは無関係に開発された昔からの言い伝えの生存を表すという見方を反映している。 Most of the sayings are preserved in the Talmud, in the apocryphal Gospel of Thomas, in the writings of the Fathers of the Church, and in various Muslim sources.格言のほとんどは教会の長老たちの文章で、と様々なイスラム教徒のソースで、トーマスの作り話の福音書で、タルムードに保存されています。

In addition to sayings preserved in extracanonical sources, there are several that occur within the text of the New Testament but outside the Gospels. extracanonicalソースに保存されてことわざに加えて、新約聖書のテキスト内ではなく、福音書以外で発生することがいくつかあります。 A famous example is the saying "It is more blessed to give than to receive," attributed to Jesus by Saint Paul in a speech reported in Acts 20:35.有名な例が言っている "これは受けるより与える方が幸いである、"午後08時35分行為で報告された演説で、セントポール、イエスに起因する。 Similarly, in 1 Corinthians 11:24-25, Paul purports to quote Christ's remarks before the Last Supper, using words that are similar but not identical to those of Luke 22:19-20.同様に、1コリント11:24-25で、パウロは似ていますが、ルカによる福音書22:19-20のものと同一ではない言葉を使って、最後の晩餐の前にキリストの発言を引用すると主張。 Paul's quotation in 1 Corinthians is itself quoted in the 4th-century Apostolic Constitutions (8.12), but in the latter work an explanatory comment by Paul ("You are proclaiming the Lord's death until he comes," 1 Corinthians 11:26) is recorded as the words of Jesus ("You are proclaiming my death until I come"). 1コリントにおけるパウロの引用自体は4世紀のローマ教皇の憲法(8.12)に引用されているが、後者の仕事にポール( "彼が来るまでは、主の死を宣言され、" 1コリント11:26)による説明のコメントが記録されている( "私が来るまでは、私の死を宣言する")イエスの言葉として。 This development suggests one way in which the agrapha may have grown.この開発は、アグラファが成長したかもしれない1つの方法を示唆している。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
A third body of agrapha occur as isolated additions to various gospel manuscripts.アグラファの第三体は、様々な福音の写本に孤立し追加した形で行われます。 In Luke 6:5, for example, a single manuscript records the following statement made by Jesus to a man found performing work on the Sabbath: "Friend, if you know what you are doing, you are blessed; but if you do not, you are accursed as a breaker of the Law."が、あなたはしない場合、あなたはあなたが何をしているか知っていれば、あなたは祝福されて、友達に ":ルカによる福音書6時05分では、例えば、単一の写本は、男にイエスが行った次の文は、安息日に仕事を​​行って検出されたレコードあなたは法律のブレーカとして呪われている "と語った。 Here the issue becomes one of textual criticism: Many sayings of Jesus that are generally printed in modern editions of the Bible can be shown on textual grounds to have the character of later additions.一般的には聖書の現代版で印刷され、イエスの多くのことわざが後で追加の文字を持っているために原文の根拠に基づいて表示することができます:ここでの問題は、テキストの批判の一つになります。 It is a matter of tradition that these sayings are printed in the text of the Bible and are not classified as agrapha.それは、これらのことわざは、聖書のテキストに印刷されているとアグラファとして分類されていないことを伝統の問題である。


Agraphaアグラファ

Catholic Information カトリックの情報

A name first used, in 1776, by JG Körner, for the Sayings of Jesus that have come down to us outside the canonical Gospels.正規の福音書の外、私たちが降りてくるイエスのことわざの最初のJGケルナーによって、1776年に、使用する名前。 After Alfred Resch had chosen the expression, as the title for his learned work on these Sayings (1889), its technical meaning was generally accepted.アルフレッドレッシュが式を選んだ後、これらのことわざの彼の仕事を学んだ(1889年)のタイトルとして、その技術的な意味は、一般に公正妥当と認められた。 We shall consider, first, the limits of the Agrapha; secondly, the criteria of their genuineness; thirdly, the list of those that are probably authentic.我々は、まず、アグラファの限界を考慮しなければならない。第二に、彼らの誠実さの基準、第三に、おそらく本物であるもののリスト。

LIMITS LIMITS

The Agrapha must satisfy three conditions:アグラファは、次の3つの条件を満たす必要があります。

they must be Sayings, not discourses;彼らはことわざではなく、言説でなければなりません。

they must be Sayings of Jesus;彼らはイエスのことわざでなければなりません。

they must not be contained in the canonical Gospels.彼らは正規の福音書に含まれてはならない。

(a) Being mere Sayings, and not discourses, the Agrapha do not embrace the lengthy sections ascribed to Jesus in the "Didascalia" and the "Pistis Sophia." ()単なることわざではなく、言説なので、アグラファは "Didascalia"とのイエス·キリストに帰さ長いセクション抱擁ない "pistisソフィアを。" These works contain also some brief quotations of alleged words of Jesus, though they may have to be excluded from the Sayings for other reasons.これらの作品は、彼らが他の理由でことわざから除外しなければならないかもしれませんが、また、イエスの疑惑の言葉のいくつかの簡単な引用が含まれています。 Such seems to be the Saying in "Didasc. Syr."そのようなもので言っているようだ "Didasc。シルダリア。" II, 8 (ed. Lagarde, p. 14); "A man is unapproved, if he be untempted." Ⅱ、8(編ラガルドは、p 14)、 "彼はuntemptedことがあれば男は、承認されています。"

(b) Being Sayings of Jesus, the Agrapha do not embrace: (1) The Sayings contained in religious romances, such as we find in the apocryphal Gospels, the apocryphal Acts, or the Letter of Christ to Abgar (Eus. Hist. Eccl., I, 13). (b)は、イエスのことわざなので、アグラファは抱擁しません:(1)私たちは作り話の福音、作り話の行為、またはAbgarキリストの手紙で見つけるような宗教的な恋愛小説に含まれている慣用句、(Eus.シーッEccl 。、私は、13)。 (2) Scripture passages ascribed to Jesus by a mere oversight. (2)聖書の通路は単なる見落としによってイエスに帰さ。 Thus "Didasc. Apost. Syr."したがって、 "Didasc。APOST。シルダリア。" (ed. Lagarde, p. 11, line 12) assigns to the Lord the words of Prov., xv, 1 (Sept.), "Wrath destroyeth even wise men". (編ラガルド、頁11、12行目)主に箴の言葉を割り当てます、15、1(9月)、 "怒りdestroyethさえ賢者"。 (3) The expressions attributed to Jesus by the mistake of transcribers. (3)式はのtranscribers、誤ってイエスに起因する。 The Epistle of Barnabas, iv, 9, reads: "As the son of God says, Let us resist all iniquity, and hold it in hatred."バルナバ、IV、9の信徒は読む: "神の息子が言うように、私たちはすべての不法行為に抵抗し、憎しみでそれを保持しましょう​​。" But this is merely a rendering of a mistake of the Latin scribe who wrote "sicut dicit filius Dei", instead of "sicut decet filios Dei", the true rendering of the Greek òs prépei uìoîs Theoû.しかし、これは単に代わりに "sicut decet filiosデイ"の "sicut dicit filiusデイ"を書いたラテン語の筆記のミスのレンダリング、ギリシャのOSprépeiuìoîsTheoûの真のレンダリングです。 (4) The Sayings attributed to Jesus by mere conjecture. (4)ことわざは、単なる憶測でイエスに起因する。 Resch has put forth the conjecture that the words of Clem.レッシュはクレムの言葉という推測を打ち出しました。 Alex.アレックス。 Strom.ストレム。 I, 8, 41, "These are they who ply their looms and weave nothing, saith the Scripture", refer to a Saying of Jesus, though there is no solid foundation for this belief.この信念のための強固な基盤がないけど、8、41、 "これらは彼らの織機誰プライと聖書は言う、何も織り彼らは"、イエスの言葉を参照してください。

(c) Coming down to us through channels outside the canonical Gospels, the Agrapha do not comprise: (1) Mere parallel forms, or amplifications, or, again, combinations of Sayings contained in the canonical Gospels. (c)は正規の福音外のチャネルを介して私たちに降りて来て、アグラファは含んでいない:(1)単なる並列フォーム、または増幅、または、再度、正規の福音書に含まれていることわざの組み合わせ。 Thus we find a combination of Matt., vi, 19; x, 9; Luke, xii, 33, in Ephr.したがって、私たちはマットの組み合わせを見つけるには、vi、19; X、9、ルカ、12、33、Ephrインチ Syr.シルダリア。 Test.テスト。 (opp. Græce, ed. Assemani, II, 232): "For I heard the Good Teacher in the divine gospels saying to his disciples, Get you nothing on earth." (opp.Græce、エドアッセマーニ、II、232): "私は彼の弟子たちに言って神の福音に良い先生を聞いたために、地球上であなたに何も見つかりません。" (2) Homiletical paragraphs of Jesus, thoughts given by ancient writers. (2)イエスのHomiletical段落、思考は古代の作家によって与えられる。 Thus Hippolytus (Demonstr. adv. Judæos, VII) paraphrases Ps.こうしてヒッポリュトス(Demonstr. ADV。Judæos、VII)はPsを言い換え。 lxviii (lxix), 26: "Whence he saith, Let their temple, Father, be desolate." LXVIII(69)、26: "そこから彼は言う、彼らの寺院、父は、荒涼としたとする。"

CRITERIA OF GENUINENESS誠実さの基準

The genuineness of the Agrapha may be inferred partly from external and partly from internal evidence.アグラファの誠実さは、部分的に外部から、一部は内部の証拠から推論することができる。

(a) External Evidence.–First determine the independent source or sources by which any Saying in question has been preserved, and then see whether the earliest authority for the Saying is of such date and character than it might reasonably have had access to extra-canonical tradition. ()外部Evidence. - まずどんな質問で言ってが保存されていることで独立したソースまたはソースを決定し、それを言うため最古の権威はそれが合理的に余分なアクセスを持っていたかもしれないよりも、日付や文字であるかどうかを参照してください。正規の伝統。 For Papias and Justin Martyr such access may be admitted, but hardly for a writer of the fourth century. papiasとジャスティン殉教者のために、そのようなアクセスはしますが、ほとんど4世紀の作家のために入院することができる。 These are extreme cases; the main difficulty is concerned with the intermediate writers.これらは極端な例であり、主な困難は、中間ライターと懸念している。

(b) Internal Evidence.–The next question is, whether the Saying under consideration is consistent with the thought and spirit of Jesus as manifested in the canonical gospels. (b)内部Evidence.-次の質問を検討中で言っては正規の福音書で明らかに、イエスの思想と精神と一致しているかどうか、です。 If a negative conclusion be reached in this investigation, the proof must be completed by finding a fair explanation of the rise of the Saying.否定的な結論が、この調査で到達する場合、証明は言っ上昇の公正な説明を見つけることによって、完了する必要があります。

LIST OF AUTHENTIC AGRAPHA AUTHENTICアグラファ、LIST OF

The sources from which the authentic Agrapha may be gathered are: (a) the New Testament and the New Testament manuscripts; (b) the Apocryphal tradition; (c) the patristic citations; and (d) the so-called "Oxyrhynchus Logia" of Jesus.本物アグラファが集められるかもしれません、そこからソースがある:(a)新約聖書と新約聖書の写本と、(b)作り話の伝統と、(c)教父の引用、および(d)は、いわゆる "オクシリンクスlogionの複数形"イエスの。 Agrapha contained in Jewish or Mohammedan sources may be curious, but they are hardly authentic.ユダヤ教やイスラム教のソースに含まれているアグラファは好奇心かもしれないが、彼らはほとんど本物です。 Since the criticism of the Agrapha is in most cases difficult, and often unsatisfactory, frequent disagreement in the critical results must be expected as a matter of course.アグラファの批判は、ほとんどの場合困難であり、しばしば不十分であるため、重要な結果で頻繁に意見の相違は当然のこととして期待されている必要があります。 The following Agrapha are probably genuine sayings of Jesus.以下アグラファはおそらくイエスの本物のことわざです。

(a) In the New Testament and the New Testament manuscripts: In Codices D and Phi, and in some versions of Matt., xx, 28, "But ye seek from the small to increase, and from the greater to be less." codexの複数Dとピピで、マットの一部のバージョンでは、xx、28、 "しかし、あなたがたは増加する小さいからシーク、およびより大きいから小さくなるように。"新約聖書と新約聖書の写本では()。 In Codex D of Luke, vi, 4: "On the same day, seeing one working on the Sabbath, he said to him: Man, if thou knowest what thou doest, blessed art thou; but if thou knowest not, thou art accursed and a transgressor of the Law."同日、 "安息日に働くものを見て、彼は彼に言った:ルーク、viのは、4のコーデックスDの男、汝は何なたdoest、祝福なたがたknowest場合、しかし汝はないたknowest場合、なたが呪われたと法の違反者。 " In Acts, xx, 35, "Remember the word of the Lord Jesus, how he said: It is a more blessed thing to give, rather than to receive."行為では、xx(35)は、 "彼は言った方法の主イエスの言葉を覚えています:それは与えるためではなく、受信するために、より恵まれたものです。"

(b) In apocryphal tradition: In the Gospel according to the Hebrews (Jerome, Ezech., xviii, 7): "In the Gospel which the Nazarenes are accustomed to read, that according to the Hebrews, there is put among the greatest crimes he who shall have grieved the spirit of his brother." (b)は作り話の伝統で:ヘブル人への手紙(ジェローム、Ezech、18、7)に記載の福音書: "キリスト教徒は、ヘブル人への手紙によると、最大の犯罪の中でそこに置かれていること、読むことに慣れている福音書弟の精神を痛めていなければならないと彼。 " In the same Gospel (Jerome, Eph., v, 3 sq.): "In the Hebrew Gospel too we read of the Lord saying to the disciples: And never, said he, rejoice, except when you have looked upon your brother in love."同じゴスペル(ジェローム、エペソ、V、3㎡)の場合: "ヘブライ語福音書においても、私たちは、主が弟子たちに言うの読み:そして、あなたにあなたの弟を見下ろしている場合を除いて、彼が喜ぶとは言っていない大好きです。 " In Apostolic Church-Order, 26: "For he said to us before, when he was teaching: That which is weak shall be saved through that which is strong."ローマ教皇の教会次、26: "彼が前に私達に言ったために、彼が教えていた時:弱であるという強力なそれによって救われなければならない。" In "Acta Philippi", 34: "For the Lord said to me: Except ye make the lower into the upper and the left into the right, ye shall not enter into my kingdom." "聖人フィリッピ"、34で "主はわたしに言われたあなたがたは右に上と左に低いことを除けば、あなたがたは私の王国に入るものではない。"

(c) In patristic citations: Justin Martyr, Dial. (c)は教父の引用で:ジャスティン殉教者、ダイヤル。 47: "Wherefore also our Lord Jesus Christ said, In whatsoever things I apprehend you, in those I shall judge you." 47: "何のためにも、わたしたちの主イエス·キリストは、私はあなたを判断しなければならないもので、私はあなたを逮捕する一切の事で、言った。" Clement of Alexandria, Strom.アレクサンドリア、ストロームのクレメント。 I, 24, 158: "For ask, he says for the great things, and the small shall be added to you."私は、24、158: "頼むために、彼は偉大なもののために言うと、小さいがあなたに加えなければならない。" Clement of Alexandria, Strom.アレクサンドリア、ストロームのクレメント。 I, 28, 177: "Rightly therefore the Scripture also in its desire to make us such dialecticians, exhorts us: Be approved moneychangers, disapproving some things, but holding fast that which is good."私は、28、177: "また、私たちなどdialecticians作る願望で良かれ従って聖書は、私たちをexhortsの:いくつかのことを非難、両替商を承認したが、良好であること、高速を保持すること。" Clement of Alexandria, Strom.アレクサンドリア、ストロームのクレメント。 V, 10, 64: "For not grudgingly, he saith, did the Lord declare in a certain gospel: My mystery is for me and for the sons of my house." V、10 A、64: "しないしぶしぶ、彼は言う、主は特定の福音を宣言した:私の謎は私のために、私の家の息子のためです。" Origen, Homil.原産地は、Homil。 in Jer., XX, 3: "But the Saviour himself saith: He who is near me is near the fire; he who is far from me, is far from the kingdom."ジェアで、XX、3: "しかし、彼自身の救い主言う:私の近くにある彼は火のそ​​ばであり、これまで私からである彼は、遠い国からです。"

(d) In the Oxyrhynchus Logia: The first Logion is part of Luke, vi, 42; of the fourth, only the word "poverty" is left; the eighth, too, is badly mutilated. (d)はオクシリンクスlogionの複数形で、次の第一の言は、ルークは、vi、42の一部であり、第四、言葉だけ "貧困"の残っている、第八は、あまりにも、ひどく毀損されています。 The text of the other Logia is in a more satisfactory condition.他の複数形のテキストには、より満足のいく状態である。 Second Logion: "Jesus saith, Except you fast to the world, you shall in no wise find the kingdom of God."第二言: "イエスは言う、あなたが世界に速い、あなたが神の王国を見つける決して〜でないものとするのを除いて。" Third Logion: "Jesus saith, I stood in the midst of the world, and in the flesh was I seen of them, and I found all men drunken, and none found I athirst among them, and my soul grieved over the sons of men, because they are blind in their heart, and see not."第三の言: "イエスは言う、私は世界の中に立って、そして肉に私は彼らの見ていた、と私はすべての人が酔っ払い発見され、どれも私が彼らの間で渇望して見つからず、私の魂は人の子の上に悲しんなぜなら、彼らは彼らの心の中で盲目ではなく、参照してください。 " Fifth Logion: "Jesus saith, Wherever there are two, they are not without God; and wherever there is one alone, I say I am with him. Raise the stone and there thou shalt find me; cleave the wood, and there am I."第五の言: "イエスは言う、2つある場所ならどこにでも、彼らは神なしではありません。単独で1がある限り、私は彼と一緒に午前と言う石を持ち上げて、そこになたは私を見つける;突き進む木材、と私はそこにいます。 " Sixth Logion: "Jesus saith, A prophet is not acceptable in his own country, neither doth a physician work cures upon them that know him."六言: "彼を知っている彼らの上にイエスは言う、預言者は自分の国で受け入れられるものではなく、どちらの蓄えが医師の仕事を治す。" Seventh Logion: "Jesus saith, A city built upon the top of a hill and stablished can neither fall nor be hid."セブンス言: "イエスは言うが、丘と堅くの一番上に構築された都市は、どちらもHIDに落ちることも、あるかもしれません。" Eighth Logion: "Jesus saith, Thou hearest with one ear . . ."第八言: "イエスは言う、片耳でhearest汝..." Resch's contention that seventy-five Agrapha are probably genuine Sayings of Jesus harmonizes with the assumption that all spring from the same source, but does not commend itself to the judgment of other scholars.七十から五アグラファはおそらくイエスの本物のことわざであることレッシュの主張は、同じソースからすべてのバネは、他の学者の判断に自分自身を賞賛しないことを前提に調和している。

Publication information Written by AJ Maas. AJマースによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by WGKofron. WGKofron転写されています。 With thanks to St. Mary's Church, Akron, Ohio The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.聖マリア教会、アクロン、オハイオ州のカトリック百科事典は、ボリュームのおかげでI. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.ニヒルのObstat、1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

ROPES in HAST., Dict. HASTのロープ。、dictのです。 of the Bible (New York, 1905); Sprüche Jesu, Texte und Untersuch., XIV, 2 (Leipzig, 1896); RESCH, Agrapha, Texte und Untersuch., VI (Leipzig, 1889); GRENFELL and HUNT, LOGIA IESOU, (Egypt Expl. Fund, London, 1897); LOCK AND S ANDAY, Sayings of Jesus (Oxford, 1897); NESTLER, NT supplementum (Leipzig, 1896). Sprüche主よ、TEXTEウントUntersuch、14、2(ライプチヒ、1896);;レッシュ、アグラファ、TEXTEウントUntersuch、VI(ライプチヒ、1889);。グレンフェルとハントは、logionの複数IESOU、聖書(ニューヨーク、1905) (エジプト税目基金、ロンドン、1897);ロックとS ANDAY、イエスのことわざ(オックスフォード、1897); NESTLER、NT supplementum(ライプチヒ、1896)。 Complete bibliographies will be found in most of the foregoing works.完全な書誌情報は、上記の作品のほとんどで見つけられるでしょう。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです