Apologetics弁証論

General Information 一般的な情報

Apologetics is the branch of theology concerned with the intellectual defense of Christian truth.弁証は、キリスト教の真理の知的防衛に関わる神学の一分野である。 The Greek word apologia means "defense" and was originally defined as a defendant's reply to the speech of the prosecution in a court of law.ギリシャ語の弁明は "防衛"を意味し、もともとは、法廷で検察側の音声に被告の返信として定義されていました。 The title of apologist was initially applied to a series of early Christian writers who, in the first few centuries AD, addressed their "apologies" to the Roman emperor or to the educated public.弁解のタイトルは初めは最初の数世紀ADに、ローマ皇帝にまたは教育を受けた国民に彼らの "謝罪"を宛て、初期キリスト教の作家のシリーズに適用した。 These writers were attempting to show that Christianity was both philosophically and morally superior to paganism (the worship of nature).これらの作家は、キリスト教が両方の哲学的、道徳的に異教信仰(自然崇拝)よりも優れていたことを示すためにしようとしていた。 These early apologists included Aristides, Athenagoras, Saint Justin Martyr, Minucius Felix, Tatian, and Tertullian.これらの初期の擁護アリステイデス、アテナゴラス、聖ジャスティン殉教者、ミヌキウス·フェリクス、tatianの、とテルトゥリアヌス​​が含まれていた。

History歴史

In later ages, apologists became most conspicuous when the Christian faith was under attack.キリスト教の信仰が攻撃を受けたときに後の時代に、擁護が最も顕著になる。 For instance, Saint Augustine wrote his City of God (413-426) partly in reply to the accusation that disaster had befallen Rome because the pagan gods were abandoned in favor of belief in the Christian God.例えば、聖アウグスティヌスは、異教の神々がキリスト教の神への信仰のため廃止されたため、災害がローマに起こったことを告発に部分的に応答で神の彼の都市(413から426)を書いた。 Similarly, 13th-century Italian theologian Saint Thomas Aquinas wrote his Summa contra gentiles (1261-1264; On the Truth of the Catholic Faith, 1956) as a defense against the theories proposed by ancient Greek philosopher Aristotle, which had been newly introduced into the West by Muslim philosophers.新たに導入されていた古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって提案された理論に対する防御として、同様に、13世紀のイタリアの神学者聖トマス·アクィナスは、彼のスンマコントラ異邦人(カトリック信仰の真理に、1956 1261年から1264年)を書いたイスラム教徒の哲学者西。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
During periods when Christianity was supported by the state and unbelief was a crime, as was generally the case in Europe from the High Middle Ages to the end of the 17th century, there was little need for apologetic work.ハイ中世から17世紀末にヨーロッパでのケースが一般的であったように、犯罪だったキリスト教は状態と不信仰によって支えられた期間の間に、少し申し訳なさそうな仕事のために必要があった。 During those times, the term apology was usually used in a secondary sense; apologetics were not as much a defense against non-Christian thought as they were a defense against rival Christian interpretations.その時期に、長期的な謝罪は、通常、二次的な意味で使用されていた、彼らはライバルキリスト教の解釈に対する防衛であったとして擁護論は、できるだけ多くの非キリスト教の思想に対する防御ではありませんでした。 Examples are 16th-century German theologian Melanchthon's Apology for the Augsburg Confession (1531) and the apologetic works of Saint Robert Bellarmine, who wrote against what he referred to as Protestant heretics.例としては、アウクスブルク信仰告白(1531)、彼はプロテスタントの異端と呼ばれるものに対して書いた聖ロバートベラルの申し訳なさそうな作品のために16世紀のドイツの神学者のメランヒトンのお詫びです。

With the breakup of the traditional Christian worldview in the 18th century (see Age of Enlightenment), the need for the defense of the Christian faith against the trend toward logic and rationalism became urgent, and a number of apologetic works appeared. 18世紀の伝統的なキリスト教の世界観の崩壊(啓蒙時代を参照)で、論理と合理化の傾向に対して、キリスト教の信仰の防衛のための必要性が急務になった、と申し訳なさそうな作品の数が登場しました。 Of these works, among the most influential were English bishop Joseph Butler's Analogy of Religion (1736) and English theologian William Paley's Evidences of Christianity (1794).これらの作品のうち、最も影響力のある宗教間の英語の司教ヨセフバトラーのアナロジー(1736年)とキリスト教の英語の神学者ウィリアム·ペイリーの証拠(1794)であった。 Throughout the 19th century and up to the present the stream of apologetic works has continued. 19世紀全体と現在までの申し訳なさそうな作品の流れが継続している。

Recent Schools of Thought思考の最近の学校

Many of the more recent apologists aim to show that the Christian faith is not at odds with modern science and philosophy.より最近の擁護の多くは、キリスト教の信仰は、近代科学と哲学と対立しないことを示すことを目指しています。 They argue that that a true understanding of the development of modern thought, as well as the further progress of it, is actually dependent on Christian insights.彼らは近代思想の発展の真の理解だけでなく、それの更なる進展が、実際にキリスト教の洞察に依存していることを主張している。 Current theological writing often has an apologetic overtone because Christian theologians are usually aware of the challenges presented to the faith by contemporary science, psychology, sociology, and philosophy.キリスト教神学者は、通常、現代科学、心理学、社会学、哲学、信仰に提示課題を認識しているため、現在の神学の書き込みが頻繁に申し訳な倍音を持っています。 However, a recent school of theologians, led by Swiss Protestant Karl Barth, holds that apologetics is not the proper business of the theologian.しかし、スイスのプロテスタントカールバルト率いる神学者の最近の学校では、弁証は、神学者の適切なビジネスではないことを保持する。 This school claims that apologetics is inherently defensive and therefore seems to allow nonbelievers to set the agenda in a dialogue about Christian beliefs.この学校は、弁証は、本質的に防御的であると主張し、したがって、信じない人は、キリスト教の信仰についての対話の議題を設定できるように思われる。 These philosophers argue that the best apologetic is simply a clear statement of belief.これらの哲学は最高の謝罪は、単に信仰の明確な声明であると主張している。


Apologetics弁証論

Advanced Information 高度情報

The English word comes from a Greek root meaning "to defend, to make reply, to give an meaning "to defend, to make reply, to give an answer, to legally defend oneself." In NT times an apologia was a formal courtroom defense of something (II Tim. 4:16). As a subdivision of Christian theology apologetics is a systematic, argumentative discourse in defense of the divine origin and the authority of the Christian faith. Peter commanded Christians to be ready to give a reason for the hope they have (I Pet. 3:15). Broadly defined, apologetics has always been a part of evangelism.英語の単語は、法的に身を守るために守るために、答えを与えるために、返事をするために、 "回答の意味を与えるためにを作るために、守るために"ギリシャの根の意味から来ている。 "NTの時代には弁明書が正式な法廷の防衛だった何かを(Ⅱテモテ4:16)。キリスト教神学の弁証の細分として神の起源は、キリスト教の信仰の権威を守るために体系的、理屈っぽい談話です。ピーターは理由を与えるために準備ができているキリスト教徒に命じ彼らは(私のペットです。3時15分)を持っている願っています。広義、弁証は常に伝道の一部となっています。

Christianity is a world view that asserts some very precise things, eg, that the cosmos is not eternal and self-explanatory, that a Creator exists, that he chose a people and revealed himself to them and worked miracles among them, and that he incarnated himself in a particular Jew at a precise time in history.キリスト教は、コスモスは、彼が人を選び、彼らに自分自身を明らかにし、それらの間で奇跡を行って、彼が転生していることを、創造主が存在していることを、永遠と自明ではないこと、例えば、いくつかの非常に正確なものを主張する世界観である歴史の中で正確な時間で特定のユダヤ人で彼自身。 All of these claims need to be substantiated.これらの主張の全てが立証する必要があります。 This involves apologetics.これは、弁証を伴います。 The only way to get apologetics out of the faith is to drop its truth claims.信仰の弁証を取得する唯一の方法は、その真実の主張を削除することです。

Throughout Christian history apologetics has adopted various styles.キリスト教の歴史の弁証を通じて様々なスタイルを採用しています。 One could divide them into two broad classes: the subjective and the objective.主観と客観:一つは、2つの広いクラスに分けることができます。

The Subjective School主観学校

This includes such great thinkers as Luther, Pascal, Lessing, Kierkegaard, Brunner, and Barth.これはルター、パスカル、レッシング、キルケゴール、ブルンナー、そしてバルトなどの偉大な思想家が含まれています。 They usually express doubt that the unbeliever can be "argued into belief."彼らは通常、未信者が "信念を主張した。"できることを疑問を表明 They stress instead the unique personal experience of grace, the inward, subjective encounter with God.彼らは恵み、神との内側に、主観的な出会いの代わりにユニークな個人的な経験を強調している。 Such thinkers seldom stand in awe of human wisdom, but on the contrary usually reject traditional philosphy and classical logic, stressing the transrational and the paradoxical.このような思想家はめったに人間の知恵に畏敬の念を抱いて立っていませんが、逆に通常transrationalと逆説を強調し、伝統的な企業哲学と古典論理を拒否。 They have little use for natural theology and theistic proofs, primarily because they feel that sin has blinded the eyes of man so that his reason cannot function properly.彼らはほとんど彼らが彼の理由は正常に機能しないことができるように、その罪は人の目を盲目にしていると感じる主な理由は、自然神学と有神論証拠のために使用しています。 In Luther's famous metaphor, reason is a whore.ルターの有名な比喩では、理由は売春婦である。

Thinkers of the subjective school have a keen appreciation of the problem of verification.主観的な学校の思想家は、検証の問題に対する鋭い理解を持っている。 Lessing spoke for most of them when he pointed out that "accidental truths of history can never become the proof of necessary truths of reason."彼がそれを指摘するとレッシングは、それらのほとんどのために発言し、 "歴史の偶然の真理は、理由の必要な真理の証拠になることはありません。" The problem of going from contingent (ie, possibly false) facts of history to deep, inward, religious certainty has been called "Lessing's ditch."歴史の(すなわち、おそらく偽の)偶発的な事実から深い、対内的、宗教的確信に行くの問題は、 "レッシングの溝"と呼ばれてい

Kierkegaard complained that historical truth is incommensurable with an eternal, passionate decision.キルケゴールは歴史的真実は永遠の、情熱的な意思決定と通約不可能であることを訴えた。 The passage from history to religious certainty is a "leap" from one dimension to another kind of reality.歴史から宗教的な確実性への通路は、1次元から現実の別の種類に "飛躍"です。 He said that all apologetics has the intent of merely making Christianity plausible.彼はすべての弁証は、単にキリスト教もっともらしいを作るの意図を持っていることを述べた。 But such proofs are vain because "to defend anything is always to discredit it." "何かを守るためにはそれを信用することは常にある"ので、しかし、そのような証拠は無駄アール

Yet, for all his anti-intellectualism, Kierkegaard still had a kind of apologetic for Christianity, a defense developed strangely out of the very absurdity of the Christian affirmation.まだ、彼のすべての反知性主義のために、キルケゴールは、まだキリスト教、キリスト教の肯定の非常に不条理で不思議なところで展開する防衛のために弁解のようなものを持っていた。 The very fact that some people have believed that God appeared on earth in the humble figure of a man is so astounding that in provides an occasion for others to share the faith.一部の人々は、神が人間の謙虚な姿で地上に現れたと信じているという事実がで他の人が信仰を共有するための機会を提供するように驚異的です。 No other movement has ever suggested we base the eternal happiness of human beings on their relationship to an event occurring in history.それ以外の動きは、これまで我々は歴史の中で発生した事象との関係についての人類の永遠の幸福の基礎を示唆していない。 Kierkegaard therefore feels that such an idea "did not arise in the heart of any man."キルケゴールは、したがって、そのような考え方は "任意の人の心に生じなかった"と感じている

Even Pascal, who discounted the metaphysical proofs for God and preferred the "reasons of the heart," eventually came around with an interesting defense of the Christian faith.神のための形而上学的なプルーフを割り引い​​と好まさえパスカル、 "心の理由は、"最終的にはキリスト教の信仰面白い防衛と周りました。 In his Pensees he recommended the biblical religion because it had a profound view of man's nature.それは人間の自然の深遠な見解を持っていたので、彼のPenseesで彼は聖書の宗教を勧めた。 Most religions and philosophies either ratify man's foolish pride or condemn him to despair.ほとんどの宗教や哲学は、どちらかの人の愚かなプライドを批准または絶望に彼を非難する。 Only Christianity establishes man's true greatness with the doctrine of the image of God, while at the same time accounting for his present evil tendencies with the doctrine of the fall.唯一のキリスト教は、秋の教義と彼の悪の存在と傾向について同じ時間アカウンティングながら、神のイメージの教義を持った男の真の偉大さを確立します。

And we are told that, in spite of his energetic Nein!そして、我々は、その、彼のエネルギッシュNEINにもかかわらず、言われています! there is an apologetic slumbering beneath the millions of words in Karl Barth's Church Dogmatics.カール·バルトの教会の教義の中の単語数百万の下に申し訳なさそうに眠るがあります。

The Objective School客観学校

This places the problem of verification clearly in the realm of objective fact.これは客観的事実の領域で明らかに検証の問題を配置します。 It emphasizes external realities, theistic proofs, miracles, prophecies, the Bible, and the person of Jesus Christ.これは、外部の現実、有神論証拠、奇跡、予言、聖書、イエス·キリストの人性を強調している。 However, a crucial distinction exists between two schools within the objectivist camp.しかし、決定的な違いは客観主義陣営内の二つの学校の間に存在します。

The Natural Theology School自然神学学校

Of all the groups this takes the most cheerful view of human reason.すべてのグループの、これは人間の理性の最も陽気な見方をします。 It includes such thinkers as Thomas Aquinas, Joseph Butler, FR Tennant, and William Pelye.それは、トマス·アクィナス、ジョセフバトラー、FRのテナント、ウィリアムPelyeなどの思想家が含まれています。 Behind all these thinkers is an empirical tradition in philosophy that can be traced back to Aristotle.すべてのこれらの思想家の背後にアリストテレスにまで遡ることができる哲学における実証的伝統である。 Such thinkers believe in original sin, but they seldom question the basic competency of reason in philosophy.このような思想家は原罪を信じて、彼らはめったに哲学における理性の基本的な能力を問うていません。 Perhaps reason was weakened by the fall but certainly not severely crippled.おそらく理由は秋までに弱体化されたが、確かに深刻な不自由はない。

Aquinas sought for a common ground between philosophy and religion by insisting that God's existence could be demonstrated by reason but was also revealed in the Scriptures.アクィナスは、神の存在が理由で実証することができただけでなく、聖書の中で明らかにされたと主張することによって哲学と宗教の間に共通のアースを求めた。 He employed three versions of the cosmological argument and the teleological argument in his proofs for God.彼は3宇宙論的証明のバージョンと神のために彼の証拠における目的論的証明を採用した。

In his Analogy of Religion (1736), Butler used the basic Thomistic approach but toned it down a bit with his emphasis on probability, "the very guide of life." 、 "生命の非常にガイドを。"宗教の彼のアナロジー(1736年)で、バトラーは基本thomisticのアプローチを使用しましたが、確率上の彼の重点を置いて少しダウンそれトーンダウン He thus developed an epistemology very close to the pragmatic attitude of the scientist.こうして彼は、科学者の実用的な態度に非常に近い認識論を開発しました。 Butler argued that geometrical clarity has little place in the moral and religious spheres.バトラーは、幾何学的な透明度は、道徳的、宗教的球で少し場所を持っていると主張した。 If a person is offended by an emphasis on probability, let him simply reflect on the fact that most of life is based on it.人は確率を重視することによって気分を害されている場合は、彼は単に人生のほとんどはそれに基づいているという事実に反映させた。 Man seldom deals with absolute, demonstrative truths.男はめったに絶対、実証的な真理を扱っていません。

Apologists of this school often have a naive, simplistic approach to the evidence for Christianity.この学校の擁護は、しばしばキリスト教の証拠にナイーブな、安易なアプローチを持っている。 They feel that a simple, straightforward presentation of the facts (miracles, prophecies) will suffice to persuade the unbeliever.彼らは事実の単純明快なプレゼンテーション(奇跡、予言)は不信心者を説得するために十分であろうと感じています。

The Revelation School黙示録学校

This includes such giants of the faith as Augustine, Calvin, Abraham Kuyper, and EJ Carnell.これは、アウグスティヌス、カルビン、アブラハムカイパー、とEJ Carnellとしての信仰のような巨人を含んでいる。 These thinkers usually admit that objective evidence (mircales, proofs of God, prophecies) is important in the apologetic task, but they insist that unregenerate man cannot be converted by mere exposure to proofs because sin has seriously weakened human reason.これらの思想家は、通常、その客観的証拠(mircales、神の証明は、予言は)申し訳なタスクでは重要ですが、彼らが罪を真剣に人間の理性を弱めたので、その時代錯誤の男が証拠に、単なる暴露によって変換することができないと主張する。認める It will take a special act of the Holy Spirit to allow the evidence to be effective.それは証拠が効果的であることができるように、聖霊の特別法がかかります。

One should not conclude from this that the revelation school considers the external evidence worthless.一つは、啓示の学校は価値のない外部証拠を考慮していることから、この結論ではありません。 On the contrary, the work of the Spirit presupposes the external Bible and the historical Jesus Christ.逆に、精神を前提と外部聖書や歴史的なイエス·キリストの仕事。 If faith is largely a creation of the Holy Spirit, it still remains true that you could not have the faith apart from the facts.信仰は主として聖霊の創造物である場合、それはまだあなたが離れて事実から信仰を持っていることができなかったことは事実のままである。 In sum, the Holy Spirit is the sufficient cause of belief while the facts are a necessary cause of belief.事実は信仰の必要な原因となっていながら、要するに、聖霊は信仰の十分な原因となっています。

The revelation school, therefore, borrows valuable insights from both the subjective school and the natural theology school.啓示の学校は、したがって、主観的な学校と自然神学の学校の両方からの貴重な洞察力を借ります。 From one they acquire a distrust of unregenerated reason, from the other a proper appreciation of the role of concrete facts in the Christian faith. 1から、彼らはキリスト教の信仰の具体的な事実の役割の他の適切な理解から、非再生理性への不信感を獲得。 As Luther said, "Prior to faith and a knowledge of God, reason is darkness, but in believers it is an excellent instrument. Just as all gifts and instruments of nature are evil in godless men, so they are good in believers."ルターが言ったように、 "以前の信仰と神の知識に対して、その理由は闇ですが、信者にはそれは優秀な楽器です。自然のすべての贈り物と楽器が神を恐れぬ男性の悪さと同じように、彼らは信者で良いです。"

Oddly, both objectivist schools tend to use the same body of evidence when they do apologetics; they just differ on how and when the proofs persuade the unbeliever.奇妙なことに、両方の客観主義の学校では、彼らは弁証を行うときに証拠の同じボディを使用する傾向がある、彼らはちょうどどのように、いつ証拠が不信心者を説得する上で異なる。 Through the centuries Christian apologists of the objectivist school have used a variety of material: (1) Theistic proofs, the ontological, cosmological, teleological, and moral arguments. (1)有神論証拠、存在論、宇宙論、目的論的、道徳的引数:世紀を経て客観学校のキリスト教の擁護者は、様々な素材を使用してきました。 (2) OT prophecies, predictions about the Jewish Messiah that are fulfilled in Christ, such as Isa. ISAなど(2)旧約聖書の預言、キリストに満たされているユダヤ人のメシアに関する予測、。 9:6; Mic. 9時06分;マイク。 5:1-3; and Zech. 5:1-3;とツェッヒ。 9:9-10. 9:9-10。 (3) Biblical miracles, signs of the power of God which occur in great clusters in the Scripture, the two biggest centering around the Exodus and the coming of Christ. (3)聖書の奇跡は、聖書の偉大なクラスタで発生、神の力の兆候、最大2エクソダスを中心とキリストの再臨。 (4) The person of Christ, the unparalleled personality and character of Christ, illustrated by his demonstrations of love and concern for all kinds of people, especially the outcasts. (4)キリストの人は、キリストの比類ない個性とキャラクターは、特に人々、のけ者のすべての種類の愛と関心の彼のデモンストレーションによって例示。 (5) The teachings of Christ, the unparalleled doctrines, the beautiful sayings and parables of Jesus. (5)キリストの教えは、比類のない教説は、イエスの美しいことわざや寓話。 (6) The resurrection of Christ, the greatest miracle of all Scripture, the capstone for the entire building of apologetics.キリストの(6)復活、すべての啓典の最大の奇跡、弁証の建物全体のために絶頂。 (7) the history of Christianity, the benign influence of the Christian faith on the human race.キリスト教の(7)の歴史、人類のキリスト教信仰の良性の影響。

AJ Hoover AJフーバー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
FF Bruce, The Apostolic Defense of the Gospel; A. Dulles, A History of Apologetics; JH Newman, Apologia pro Vita Sua; W. Paley, A View of the Evidences of Christianity; B. Pascal, Pensees; B. Ramm, Varieties of Christian Apologetics; JKS Reid, Christian Apologetics; AR Vidler, Twentieth Century Defenders of the Faith; O. Zockler, Geschichte der Apologie des Christentums. FFブルース、ゴスペル、ローマ教皇の防衛、A.ダレス、弁証の歴史; JHニューマン、弁明プロヴィータスア、横ペイリー、キリスト教の証拠の表示、B.パスカル、Pensees; ramm Bには、品種キリスト教の弁証; JKSリード、キリスト教弁証、AR Vidler、信仰の20世紀の擁護、O.ツェックラー、GeschichteファンデApologieデChristentums。


Apologetics弁証論

Catholic Information カトリックの情報

A theological science which has for its purpose the explanation and defence of the Christian religion.その目的のために、キリスト教の宗教の説明と防衛を持つ神学的な科学。

Apologetics means, broadly speaking, a form of apology.弁証は、広義には、謝罪の形を言えば、ということです。 The term is derived from the Latin adjective, apologeticus, which, in turn has its origin in the Greek adjective, apologetikos, the substantive being apologia, "apology", "defence".用語はラテン語順番にギリシャ語の形容詞にその起源を持ち、形容詞、apologeticus、apologetikos、実質的なされて弁明、 "謝罪"、 "防御"に由来しています。 As an equivalent of the plural form, the variant, "Apologetic", is now and then found in recent writings, suggested probably by the corresponding French and German words, which are always in the singular.複数形と同等の、バリアント、 "申し訳なさそう"は、今すぐと入力し、最近の著作の中で発見されているように、単数形で常に対応するフランス語とドイツ語でおそらく示唆された。 But the plural form,しかし、複数形、

"Apologetics", is far more common and will doubtless prevail, being in harmony with other words similarly formed, as ethics, statistics, homiletics. "弁証"は、はるかに一般的であり、確かに優先され、同様に倫理、統計学、説教学のように、形成された他の言葉と調和している。 In defining apologetics as a form of apology, we understand the latter word in its primary sense, as a verbal defence against a verbal attack, a disproving of a false accusation, or a justification of an action or line of conduct wrongly made the object of censure.言葉による攻撃は、冤罪の反証、または行為のアクションやラインの正当性に対する言葉による防衛は誤ってのオブジェクトを作ったとして謝罪の一形態としての弁証を定義する際に、我々は、その主な意味で後者の言葉を理解する非難。 Such, for example, is the Apology of Socrates, such the Apologia of John Henry Newman.そのような物は、例えば、ジョン·ヘンリー·ニューマンのような弁明ソクラテスの弁明である。 This is the only sense attaching to the term as used by the ancient Greeks and Romans, or by the French and Germans of the present day.これは、古代ギリシア人とローマ人によって、あるいは現代のフランス人とドイツ人によって使用される用語に取り付けるだけ感覚です。

Quite different is the meaning now conveyed by our English word, "apology", namely, an explanation of an action acknowledged to be open to blame.現在、私たちの英語の単語、 "謝罪"によって伝えられた意味はかなり異なっている、つまり、アクションの説明が非難するために開いていると認めた。 The same idea is expressed almost exclusively by the verb, "apologize", and generally by the adjective, "apologetic".同じアイデアが動詞によってほぼ排他的に発現され、 "申し訳なさそう"、形容詞で、一般的に "謝る"と。 For this reason, the adoption of the word, "Apologetics", in the sense of a scientific vindication of the Christian religion is not altogether a happy one.このような理由から、単語、 "弁証"の採用は、キリスト教の宗教の科学的な正当性の主張の意味で完全に幸せなものではありません。 Some scholars prefer such terms as "Christian Evidences", the "Defence of the Christian Religion".一部の学者は、 "キリスト教の証拠"、 "キリスト教の宗教防衛"などの用語を好む。 "Apologetics" and "Apology" are not altogether interchangeable terms. "弁証"と "謝罪"は完全に交換可能な用語ではありません。 The latter is the generic term, the former the specific.後者は一般的な用語で、具体的な前者である。 Any kind of accusation, whether personal, social, political, or religious, may call forth a corresponding apology.告発の任意の種類は、個人的、社会的、政治的、あるいは宗教的かどうか、対応の謝罪を呼び起こす可能性があります。 It is only apologies of the Christian religion that fall within the scope of apologetics.それは、弁証の範囲内でキリスト教の宗教その年の秋の唯一の謝罪です。 Nor is it all such.また、それはすべてのようなものである。 There is scarcely a dogma, scarcely a ritual or disciplinary institution of the Church that has not been subjected to hostile criticism, and hence, as occasion required, been vindicated by proper apologetics.それ故にやっとドグマ、敵対的批判にさらされていない教会の儀式や懲戒、そして、機会、必要に応じて、適切な弁証によって立証さはほとんどありません。 But besides these forms of apology, there are the answers that have been called forth by attacks of various kinds upon the credentials of the Christian religion, apologies written to vindicate now this, now that ground of the Christian, Catholic faith, that has been called in question or held up to disbelief and ridicule.しかし、謝罪のこれらの形態に加えて、今ではキリスト教、カトリックの信仰の地、と呼ばれていることができるものとし、キリスト教の宗教、今、この正当性を立証するために書かれた謝罪の資格に応じて様々な種類の攻撃によって定めると呼ばれてきた答えがあります問題になっているか、不信と嘲笑まで開催しました。

Now it is out of such apologies for the foundations of Christian belief that the science of apologetics has taken form.今では弁証の科学は形を取られた、というキリスト教信仰の基礎のためのそのような謝罪が不足しています。 Apologetics is the Christian Apology par excellence, combining in one well-rounded system the arguments and considerations of permanent value that have found expression in the various single apologies.弁証は1バランスのとれたシステムに様々な単一謝罪の表現を発見した恒久的な値の引数および考慮事項を組み合わせることで、キリスト教の謝罪飛び抜け​​て優秀です。 The latter, being answers to specific attacks, were necessarily conditioned by the occasions that called them forth.後者は、特定の攻撃に対する回答であるが、必ずしもそれらを定めると呼ばれる行事によって条件付けられた。 They were personal, controversial, partial vindications of the Christian position.彼らはキリスト教の立場の個人的な、物議を醸す、部分vindicationsました。 In them the refutation of specific charges was the prominent element.それらの中に具体的な容疑に反論のは、著名な要素でした。 Apologetics, on the other hand, is the comprehensive, scientific vindication of the grounds of Christian, Catholic belief, in which the calm, impersonal presentation of underlying principles is of paramount importance, the refutation of objections being added by way of corollary.弁証は、その一方で、根底にある原理の穏やかな、人間味のプレゼンテーションは非常に重要である、反論の反論は当然の方法で追加されたカトリックの信仰は、キリスト教の根拠の包括的な、科学的な正当性の主張である。 It addresses itself not to the hostile opponent for the purpose of refutation, but rather to the inquiring mind by way of information.それは情報の方法ではない反論する目的で敵対相手にではなく、探究心に自分自身を解決します。 Its aim is to give a scientific presentation of the claims which Christ's revealed religion has on the assent of every rational mind; it seeks to lead the inquirer after truth to recognize, first, the reasonableness and trustworthiness of the Christian revelation as realized in the Catholic Church, and secondly, the corresponding obligation of accepting it.その目的は、キリストの啓示宗教はすべての合理的な心の同意であり、特許請求の科学的なプレゼンテーションを行うことです。真実は、まず、キリスト教の啓示の妥当性と信頼性を認識するようにした後、カトリックで実現としてはInquirerをリードしよう教会、そして第二に、それを受け入れるの対応する義務。 While not compelling faith -- for the certitude it offers is not absolute, but moral -- it shows that the credentials of the Christian religion amply suffice to vindicate the act of faith as a rational act, and to discredit the estrangement of the sceptic and unbeliever as unwarranted and culpable.説得力の信仰ではないが - それが提供する確信のために絶対的な、しかし道徳ではありません - それは、キリスト教の宗教の資格が十分に合理的な行為としての信仰の行為の正当性を立証するのに十分であり、懐疑的なの疎外を信用することを示していると不当と過失として不信心者。 Its last word is the answer to the question: Why should I be a Catholic?その最後の言葉は、質問への答えです:なぜ私はカトリック教徒であるべきですか? Apologetics thus leads up to Catholic faith, to the acceptance of the Catholic Church as the divinely authorized organ for preserving and rendering efficacious the saving truths revealed by Christ.弁証は、このように、キリストによって明らかにされた効果的な省エネの真理を維持し、レンダリングするために神の承認機関としてのカトリック信仰に、カトリック教会の受け入れまでリードしています。 This is the great fundamental dogma on which all other dogmas rest.これは、他のすべての教義の他の部分に大きな根本的な教義である。 Hence apologetics also goes by the name of "fundamental theology".したがって弁証はまた、 "基本的な神学"の名で通っている。 Apologetics is generally viewed as one branch of dogmatic science, the other and chief branch being dogmatic theology proper.弁証は、一般的に1独断的な科学の一分野で、他のと独断的な神学が適切であるチーフブランチとして表示されます。 It is well to note, however, that in point of view and method also they are quite distinct.これは、ビューと方法の点でも、彼らは非常に異なっていること、しかし、注意することがよくある。 Dogmatic theology, like moral theology, addresses itself primarily to those who are already Catholic.道徳的な神学のような独断的な神学は、主としてすでにカトリックいる人に自分自身を解決します。 It presupposes faith.それが前提の信仰を。 Apologetics, on the other hand, in theory at least, simply leads up to faith.弁証は、その一方で、少なくとも理論的には、単に信仰までリードしています。 The former begins where the latter ends.前者は後者の終了位置を開始します。 Apologetics is pre-eminently a positive, historical discipline, whereas dogmatic theology is rather philosophic and deductive, using as its premises data of divine and ecclesiastical authority -- the contents of revelation and their interpretation by the Church.教会の啓示とその解釈の内容 - 独断的な神学は、神と教会の権威のその敷地のデータとして使用してではなく、哲学的、演繹であるのに対し、弁証は、事前に完ぺきな正の、歴史的な学問分野である。 It is only in exploring and in treating dogmatically the elements of natural religion, the sources of its authoritative data, that dogmatic theology comes in touch with apologetics.それだけで検討することにし、独断的自然宗教は、その権威あるデータのソースの要素を治療するのですが、その独断的な神学は、弁証と連絡が来る。

As has been pointed out, the object of apologetics is to give a scientific answer to the question, Why should I be Catholic?指摘したように、弁証の目的は、質問への科学的な答えを与えることで、なぜ私はカトリック教徒であるべきですか? Now this question involves two others which are also fundamental.今、この問題も基本的なもの、他の2つが含まれます。 The one is: Why should I be a Christian rather than an adherent of the Jewish religion, or the Mohammedan, or the Zoroastrian, or of some other religious system setting up a rival claim to be revealed? 1は、次のとおりですなぜ私はクリスチャンではなく、ユダヤ人の宗教の信者や、イスラム教、ゾロアスター教やあるべきか、明らかにすべきライバル主張を設定するいくつかの他の宗教システムの? The other, still more fundamental, question is: Why should I profess any religion at all?もう一つは、やはりもっと根本的な、質問です:なぜ私はまったく宗教を公言するべきでしょうか? Thus the science of apologetics easily falls into three great divisions:したがって弁証の科学は簡単に三大部門に分類されます。

First, the study of religion in general and the grounds of theistic belief;まず、一般的に宗教と有神論的信念の根拠の研究;

second, the study of revealed religion and the grounds of Christian belief;第二に、啓示宗教とキリスト教の信仰の根拠の研究;

third, the study of the true Church of Christ and the grounds of Catholic belief.第三に、キリストの真の教会とカトリックの信仰の根拠の研究。

In the first of these divisions, the apologist inquirers into the nature of religion, its universality, and man's natural capacity to acquire religious ideas.これらの部門の最初では、宗教、その普遍性、人間の自然な能力の本質に弁解の探求は、宗教的なアイデアを獲得することができます。 In connection with this the modern study of the religious philosophy of uncultured peoples has to be taken into consideration, and the various theories concerning the origin of religion present themselves for critical discussion.これに伴い、教養のない人々の宗教哲学の現代の研究では、考慮する必要があり、宗教の起源に関する諸説は、重要な議論のために自分自身を提示する。 This leads to the examination of the grounds of theistic belief, including the important questions ofこれは重要な質問を含む、有神論的信念の根拠の検討につながる

the existence of a divine Personality, the Creator and Conserver of the world, exercising a special providence over man;神の人格の存在が、世界の創造と保存者は、男性以上の特殊摂理を行使;

man's freedom of will and his corresponding religious and moral responsibility in virtue of his dependence on God;意志の人間の自由と神の彼の依存性のおかげで彼の対応する宗教的、道徳的な責任であること。

the immortality of the human soul, and the future life with its attendant rewards and punishments.人間の魂の不滅、そしてそれに伴う報酬と罰と将来の生活。

Coupled with these questions is the refutation of monism, determinism, and other anti-theistic theories.これらの質問と相まって一元論の反論、決定論、および他の抗有神論理論です。 Religious philosophy and apologetics here march hand in hand.宗教哲学と弁証ここで行進手をつないインチ

The second division, on revealed religion, is even more comprehensive.第二部門は、啓示宗教であっても、より包括的である。 After treating the notion, possibility, and moral necessity of a divine revelation, and its discernibility through various internal and external criteria, the apologist proceeds to establish the fact of revelation.様々な内部および外部の基準によって概念、可能性、神の啓示の道徳的な必然、そのdi​​scernibilityを処理した後、弁解は啓示の事実を確立するために進行する。 Three distinct, progressive stages of revelation are set forth: Primitive Revelation, Mosaic Revelation, and Christian Revelation.ヨハネの黙示録の3つの異なった、進歩的なステージが記載されています:プリミティブ黙​​示録、モザイク黙示録、キリスト教の啓示。 The chief sources on which he has to rely in establishing this triple fact of revelation are the Sacred Scriptures.彼は啓示のこのトリプル事実を確立することに依存して持っている、チーフ源は神聖な聖書です。 But if he is logical, he must prescind from their inspiration and treat them provisionally as human historical documents.彼は論理的であるならば、彼は自分のインスピレーションから注意をそらすと人間の歴史的文書として暫定的にそれらを扱う必要があります。 Here he must depend on the critical study of the Old and New Testaments by impartial scriptural scholars, and build on the accredited results of their researches touching the authenticity and trustworthiness of the sacred books purporting to be historical.ここで彼は公平な聖書学者による旧約聖書と新約聖書の重要な研究に依存しており、歴史を装っ神聖な書籍の信憑性と信頼性に触れて自分の研究の認定結果にビルドする必要があります。 It is only by anticipation that an argument for the fact of primitive revelation can be based on the ground that it is taught in the inspired book of Genesis, and that it is implied in the supernatural state of our first parents.それが唯一の原始的啓示の事実に対する引数がそれは創世記の着想を得た本の中で教えられていること、および、それが私たちの最初の両親の超自然の状態で暗示されていることを理由に基づくこ​​とができることを期待することです。 In the absence of anything like contemporary documents, the apologist has to lay chief stress on the high antecedent probability of primitive revelation, and show how a revelation of limited, but sufficient scope for primitive man is compatible with a very crude stage of material and æsthetic culture, and hence is not discredited by the sound results of prehistoric arch ology.現代の文書のようなものが存在しない場合には、弁解は原始啓示の高い先行確率でチーフストレスを置き、原始人のための限られたの啓示が、十分な範囲が非常に粗材料のステージと美的と互換性のある方法を示しています文化、ひいてはは、先史時代のアーチ学問の音結果によって信用されていません。 Closely connected with this question is the scientific study of the origin and antiquity of man, and the unity of the human species; and, as still larger subjects bearing on the historic value of the sacred Book of Origins, the compatibility with Scripture of the modern sciences of biology, astronomy, and geology.原初の神聖な書籍の歴史的価値にベアリング依然として大​​きい科目、現代の聖書との互換性を確保するように、かつ、密接に人間の起源と古代の科学的研究、そして人類の団結で、この質問と接続生物学、天文学、地質学の科学。 In like manner the apologist has to content himself with showing the fact of Mosaic revelation to be highly probable.同じように弁解が非常に高くなるようにモザイクの啓示の事実を示すと自分自身をコンテンツがあります。 The difficulty, in the present condition of Old Testament criticism, of recognizing more than a small portion of the Pentateuch as documentary evidence contemporary with Moses, makes it incumbent on the apologist to proceed with caution lest, in attempting to prove too much, he may bring into discredit what is decidedly tenable apart from dogmatic considerations.モーセと現代的な書証として五の小さな部分よりも認識の旧約聖書批判の現状の難しさは、、、あまりにも多くのことを証明しようとする際に、いけないので、慎重に作業を進めることを弁解にそれが現職になり、彼かもしれない独断的な考察から離れて明らかに批判に耐えられるものを傷つける持ち込む。 However, there is sufficient evidence allowed by all but the most radical critics to establish the fact that Moses was the providential instrument for delivering the Hebrew people from Egyptian bondage, and for teaching them a system of religious legislation that in lofty monotheism and ethical worth is far superior to the beliefs and customs of the surrounding nations, thus affording a strong presumption in favour of its claim to be revealed.しかし、で許可されている十分な証拠があるすべてが、モーセはエジプトの束縛からヘブライ語の人々を提供するため、彼らに高尚な一神教、倫理的な価値であることを宗教的な法律のシステムを教えるための摂理の楽器であったという事実を確立するために、最も急進的な批評こうして明らかにされるべきという主張に賛成の強い推定を与える、周辺諸国の信念や習慣よりもはるかに優れて。 This presumption gains strength and clearness in the light of Messianic prophecy, which shines with ever increasing volume and brightness through the history of the Jewish religion till it illumines the personality of our Divine Lord.この推定は、それが私たちの神、主の性格を照らしまでユダヤ人の宗教の歴史を通じて増え続ける音量や明るさで輝いて救世主のような予言の光の強さと明晰さを得る。 In the study of Mosaic revelation, biblical archæology is of no small service to the apologist.モザイク啓示の研究では、聖書の考古学は弁解に少なからサービスです。

When the apologist comes to the subject of Christian revelation, he finds himself on much firmer ground.弁解はキリスト教の啓示の主題になると、彼ははるかに硬く、地面に自分自身を見つける。 Starting with the generally recognized results of New Testament criticism, he is enabled to show that the synoptic Gospels, on the one hand, and the undisputed Epistles of St. Paul, on the other, offer two independent, yet mutually corroborative, masses of evidence concerning the person and work of Jesus.新約聖書の批判の一般的に認められた結果で始まる、彼は一方では共観福音書、および聖パウロの書簡は誰もが認めるが、他方では、証拠の二つの独立した、まだ相互確証、大衆を提供することを示すために有効になっているイエスの人と仕事について。 As this evidence embodies the unimpeachable testimony of thoroughly reliable eye-witnesses and their associates, it presents a portraiture of Jesus that is truly historical.この証拠は十分に信頼できる目撃者及びその関係者の申し分のない証言を体現したように、それは本当に歴史的なものであり、イエスの肖像画を紹介します。 After showing from the records that Jesus taught, now implicitly, now explicitly, that he was the long expected Messiah, the Son of God sent by His Heavenly Father to enlighten and save mankind, and to found the new kingdom of justice, Apologetics proceeds to set forth the grounds for believing in these claims:に、彼は長い間期待救世主、啓発し、保存人類を、と正義の新しい王国を発見するために彼の天の父によって送信された神の御子であることを、明示的に、今では暗黙のうちに、イエスが教えたレコードから表示した後、弁証に進むこれらの主張を信じることの根拠を定める:

the surpassing beauty of His moral character, stamping Him as the unique, perfect man;ユニークな、完璧な男として彼を刻印彼の人格の凌ぐ美しさ、;

the lofty excellence of His moral and religious teaching, which has no parallel elsewhere, and which answers the highest aspirations of the human soul;他の場所でないパラレルを持っておらず、どれが人間の魂の最高の願望に答え、彼の道徳的、宗教的な教えの高尚な卓越;

His miracles wrought during His public mission;彼の奇跡は、彼の公共的使命の間鍛造;

the transcendent miracle of His resurrection, which He foretold as well;彼は同様に予告された彼の復活の超越的な奇跡;

the wonderful regeneration of society through His undying personal influence.彼の永遠の個人的な影響力を通じて、社会の素晴らしい再生。

Then, by way of supplementary proof, the apologist institutes an impartial comparison of Christianity with the various rival religious systems of the world -- Brahminism, Buddhism, Zoroastrianism, Confucianism, Taoism, Mohammedanism -- and shows how in the person of its founder, in its moral and religious ideal and influence, the Christian religion is immeasurably superior to all others, and alone has a claim to our assent as the absolute, divinely-revealed religion.その後、補助的な証拠、弁解機関を経由して様々なライバル宗教の世界のシステムとキリスト教の公平な比較 - バラモン教、仏教、ゾロアスター教、儒教、道教、イスラム教 - と様子を示して、その創設者の一人で、その道徳的、宗教的理想と影響力は、キリスト教の宗教は、すべて他の人に計り知れないほど優れており、単独では絶対、神 - 啓示宗教としての我々の同意する請求権を有する。 Here, too, in the survey of Buddhism, the specious objection, not uncommon today, that Buddhist ideas and legends have contributed to the formation of the Gospels, calls for a summary refutation.ここでは、あまりにも、仏教、もっともらしい異議の調査は珍しくない今日では、その仏教思想や伝説は、福音書、要約反論のための呼び出しの形成に貢献してきました。

Beyond the fact of Christian revelation the Protestant apologist does not proceed.キリスト教の啓示の事実を超えてプロテスタントの弁解は続行されません。 But the Catholic rightly insists that the scope of apologetics should not end here.しかし、カトリックは当然弁証の範囲はここで終わらないことを主張している。 Both the New Testament records and those of the sub-Apostolic age bear witness that Christianity was meant to be something more than a religious philosophy of life, more than a mere system of individual belief and practice, and that it cannot be separated historically from a concrete form of social organization.両方の新約聖書の記録とキリスト教が個々の信念と実践の単なるシステム以上の人生の宗教哲学、以上の何かであることが意味されたこと、それはから歴史的に分離することはできませんサブのローマ教皇の年齢の証言のもの社会組織の具体的な形。 Hence Catholic apologetics adds, as a necessary sequel to the established fact of Christian revelation, the demonstration of the true Church of Christ and its identity with the Roman Catholic Church.したがって、カトリックの弁証は、キリスト教の啓示は、真のキリストの教会とローマ·カトリック教会とのアイデンティティーのデモンストレーションの既成事実化するために必要な続編として、追加されています。 From the records of the Apostles and their immediate successors is set forth the institution of the Church as a true, unequal society, endowed with the supreme authority of its Founder, and commissioned in His name to teach and sanctify mankind; possessing the essential features of visibility, indefectibility, and infallibility; characterized by the distinctive marks of unity, holiness, catholicity, and apostolicity.使徒とその直接の後継者の記録からその創始者、と教えるために、彼の名前を委託し、清め、人類の最高権威に恵まれ真、格差社会、として記載教会の機関を設定されています。の本質的な特徴を有する視認性、indefectibility、および無謬性、団結、ホーリネス、普遍性、およびapostolicityの独特のマークが特徴。 These notes of the true Church of Christ are then applied as criteria to the various rival Christian denominations of the present day, with the result that they are found fully exemplified in the Roman Catholic Church alone.真のキリスト教会のこれらのノートは、彼らが完全に一人でローマカトリック教会において例示発見され、その結果、現代の様々なライバルキリスト教の宗派への基準として適用されます。 With the supplementary exposition of the primacy and infallibility of the Pope, and of the rule of faith, the work of apologetics is brought to its fitting close.教皇の優位性と無謬性の補足博覧会で、信仰のルールの、弁証の仕事は、そのフィッティングの近くに持って来られる。 It is true that some apologists see fit to treat also of inspiration and the analysis of the act of faith.これは、いくつかの擁護がインスピレーションと信念に基づく行為の分析も扱いするのが妥当というのは本当です。 But, strictly speaking, these are not apologetic subjects.しかし、厳密に言えば、これらは申し訳な科目ではありません。 While they may logically be included in the prolegomena of dogmatic theology, they rather belong, the one to the province of Scripture-study, the other to the tract of moral theology dealing with the theological virtues.それらは論理的に独断的な神学の序説に含まれるかもしれませんが、彼らはむしろ、啓典研究の道、神学的美徳を扱う道徳的な神学の管への一方を他方に属します。

The history of apologetic literature involves the survey of the varied attacks that have been made against the grounds of Christian, Catholic belief.申し訳な文学の歴史は、キリスト教、カトリックの信仰の根拠に対してなされてきた多様な攻撃の調査を伴います。 It may be marked off into four great divisions.それは4つの大きな部門にオフにマークされるかもしれません。

The first division is the period from the beginning of Christianity to the downfall of the Roman Empire (AD 476).第一部門は、キリスト教の初めからローマ帝国(紀元476)の滅亡までの期間です。 It is chiefly characterized by the twofold struggle of Christianity with Judaism and with paganism.それは主にユダヤ教と異教とキリスト教は、二重の闘争によって特徴付けられる。

The second division is coextensive with the Middle Ages, from AD 476 to the Reformation.第二師団は、AD 476から宗教改革まで、中世と同一の広がりを持つ。 In this period we find Christianity in conflict with the Mohammedan religion and philosophy.この期間では、イスラム教の宗教と哲学との競合でキリスト教を見つける。

The third division takes in the period from the beginning of the Reformation to the rise of rationalism in England in the middle of the seventeenth century.第3師団は、宗教改革の始まりから17世紀半ばにイギリスで合理主義の台頭までの期間にかかる。 It is the period of struggle between Catholicism and Protestantism.それは、カトリックとプロテスタントの間の闘争の期間です。

The fourth division embraces the period of rationalism, from the middle of the seventeenth century down to the present day.第四部門では現在までダウンして、17世紀半ばから、合理主義の期間を包含する。 Here we find Christianity in conflict with Deism, Pantheism, Materialism, Agnosticism, and Naturalism.ここでは、自然神、汎神論、唯物論、不可知論、および自然主義と対立するキリスト教を見つける。

FIRST PERIOD初潮

(A) Apologies in Answer to the Opposition of Judaismユダヤ教の野党への答えで、(A)謝罪

It lay in the nature of things that Christianity should meet with strong Jewish opposition.それはキリスト教が強いユダヤ人の反対に会うべきだと物事の自然の中で横たわっていた。 In dispensing with circumcision and other works of the law, Christianity had incurred the imputation of running counter to God's immutable will.割礼と法の他の作品を省くには、キリスト教は神の不変の意志に反して実行のそしりを被った。 Again, Christ's humble and obscure life, ending in the ignominious death on the cross, was the very opposite of what the Jews expected of their Messiah.繰り返しになりますが、キリストの謙虚であいまいな生活、十字架の上で不名誉な死で終わるが、ユダヤ人は彼らの救世主の期待が非常に反対だった。 Their judgment seemed to be confirmed by the fact that Christianity attracted but an insignificant portion of the Jewish people, and spread with greatest vigour among the despised Gentiles.彼らの判断は、キリスト教が惹かしかしユダヤ人の取るに足りない部分、と軽蔑異邦人の間で最も偉大な勢いで広がっているという事実によって確認されるように見えた。 To justify the claims of Christianity before the Jews, the early apologists had to give an answer to these difficulties.ユダヤ人の前にキリスト教の主張を正当化するために、初期の擁護は、これらの困難への答えを与えなければならなかった。 Of these apologies the most important is the "Dialogue with Trypho the Jew" composed by Justin Martyr about 155-160.これらの謝罪の中で最も重要なのは155から160程度ジャスティン殉教者作曲の "Tryphoユダヤ人との対話"です。 He vindicates the new religion against the objections of the learned Jew, arguing with great cogency that it is the perfection of the Old Law, and showing by an imposing array of Old Testament passages that the Hebrew prophets point to Jesus as the Messiah and the incarnate Son of God.彼は、それが古い法の極致であることを偉大な説得力と議論し、旧約聖書の通路の印象的な配列で示し、学習したユダヤ人の異議に対する新しい宗教をvindicatesそのメシアとしてのイエスへのヘブライの預言者ポイントと化身神の御子。 He insists also that it is in Christianity that the destiny of the Hebrew religion to become the religion of the world is to find its realization, and hence it is the followers of Christ, and not the unbelieving Jews, that are the true children of Israel.彼は、それが世界の宗教になるためのヘブライ語の宗教の運命は、その実現を見つけることであることをキリスト教であることも主張し、したがって、それはイスラエルの真の子であるキリストの信者ではなく、懐疑的なユダヤ人であり、 。 By his elaborate argument from Messianic prophecy, Justin won the grateful recognition of later apologists.救世主予言から彼の手の込んだ引数で、ジャスティンは後で擁護感謝の認識を獲得した。 Similar apologies were composed by Tertullian, "Against the Jews" (Adversus Jud os, about 200), and by St. Cyprian, "Three Books of Evidences against the Jews" (about 250).同様の謝罪は、(約250) "ユダヤ人に対する証拠の三冊の本を" "ユダヤ人に対する"、テルトゥリアヌス​​が作曲(AdversusユートOS、約200)、聖チプリアーノた。

(B) Apologies in Answer to Pagan Oppositionパガン野党に回答(B)中の謝罪

Of far more serious moment to the early Christian Church was the bitter opposition it met from paganism.はるかに深刻な瞬間の初期キリスト教の教会にそれは異教から会った苦い反対があった。 The polytheistic religion of the Roman Empire, venerated for its antiquity, was intertwined with every fibre of the body politic.そのため古代崇拝ローマ帝国の多神教の宗教は、政治体のあらゆる繊維と密接に絡み合っていた。 Its providential influence was a matter of firm belief.その摂理の影響力は強い信念の問題だった。 It was associated with the highest culture, and had the sanction of the greatest poets and sages of Greece and Rome.それは最高のカルチャに関連付けられた、ギリシャやローマの偉大な詩人と賢者の制裁を有していた。 Its splendid temples and stately ritual gave it a grace and dignity that captivated the popular imagination.その華麗な寺院や厳かな儀式はそれを人気の想像力を魅了優雅さと気品を与えた。 On the other hand, Christian monotheism was an innovation.一方、キリスト教の一神教は、技術革新であった。 It made no imposing display of liturgy.これは、典礼のない堂々とした表示を行っていない。 Its disciples were, for the most part, persons of humble birth and station.その弟子たちは、ほとんどの部分は、謙虚な誕生と駅の人だった。 Its sacred literature had little attraction for the fastidious reader accustomed to the elegant diction of the classic authors.その神聖な文学は、古典的な作家の優雅な言葉遣いに慣れて気難しい読者のために少し興味を抱いていた。 And so the popular mind viewed it with misgivings, or despised it as an ignorant superstition.それで、人々の心は不安でそれを見た、または無知な迷信としてそれを軽蔑した。 But opposition did not end here.しかし、野党はここで終わらなかった。 The uncompromising attitude of the new religion towards pagan rites was decried as the greatest impiety.異教の儀式に向けた新たな宗教の妥協を許さない姿勢が最大の不信心と非難された。 The Christians were branded as atheists, and as they held aloof from the public functions also, which were invariably associated with these false rites, they were accused of being enemies of the State.キリスト教徒は無神論者の烙印を押された、と彼らは常にこれらの偽の儀式に関連していたことも、パブリック関数、から離れて開催されたとして、彼らは、国家の敵であると非難された。 The Christian custom of worshipping in secret assembly seemed to add force to this charge, for secret societies were forbidden by Roman law.秘密結社がローマの法律で禁じられていたために秘密のアセンブリに崇拝のキリスト教の習慣は、この電荷に力を加えるように見えた。 Nor were calumnies wanting.また欠けcalumniesであった。 The popular imagination easily distorted the vaguely-known Agape and Eucharistic Sacrifice into abominable rites marked by feasting on infant flesh and by indiscriminate lust.人気の想像力は簡単に乳児用肉をごちそうすることによって、無差別欲望によってマークされた忌まわしい儀式に漠然と知らアガペと聖体の犠牲を歪め。 The outcome was that the people and authorities took alarm at the rapidly spreading Church and sought to repress it by force.結果は、人と当局が急速に広がって教会でアラームを取り、力によってそれを抑制しようとしたということでした。 To vindicate the Christian cause against these attacks of paganism, many apologies were written.異教のこれらの攻撃に対するキリスト教の原因の正当性を立証するために、多くの謝罪が書かれました。 Some, notably the "Apology" of Justin Martyr (150), the "Plea for the Christians", by Athenagoras (177), and the "Apologetic" of Tertullian (197), were addressed to emperors for the express purpose of securing for the Christians immunity from persecution.いくつかは、特にジャスティン殉教者の "謝罪"(150)、アテナゴラス(177)による "キリスト教徒のための嘆願"と、テルトゥリアヌス​​(197)の "申し訳なさそう"は、確保のために明確な目的のために皇帝に宛てられていたキリスト教徒迫害から免除。 Others were composed to convince the pagans of the folly of polytheism and of the saving truth of Christianity.その他は、多神教とキリスト教の救いの真理の愚行の異教徒たちを説得するために構成されていた。 Such were: Tatian, "Discourse to the Greeks" (160), Theophilus, "Three Books to Autolychus" (180), the "Epistle to Diognetus" (about 190), the "Octavius" of Minucius Felix (192), Origen, "True Discourse against Celsus" (248), Lactantius, Institutes (312), and St. Augustine, "City of God" (414-426).そのような物はあった:tatianの、(160)、テオフィロス、 "ギリシア人談話" "Autolychusに三冊の本"(180)、 "Diognetusの信徒への手紙"(約190)、ミヌキウス·フェリクスの "オクタウィウス"(192)、原産地(248)、 "ケルススに対する真談話"、ラクタンティウス、教育機関(312)、聖アウグスティヌスは、 "シティ·オブ·ゴッド"(414から426)。 In these apologies the argument from Old Testament prophecy has a more prominent place than that from miracles.これらの謝罪では旧約聖書の予言からの引数は奇跡からそれよりも重要な位置を持っています。 But the one on which most stress is laid is that of the transcendent excellence of Christianity.しかし、最もストレスが敷設されているものは、キリスト教の超越的な卓越性のことです。 Though not clearly marked out, a twofold line of thought runs through this argument: Christianity is light, whereas paganism is darkness; Christianity is power, whereas paganism is weakness.はっきりとマークされていないものの、思考の二重のラインは、この引数を介して実行されます。異教は闇であるのに対し、キリスト教は、光であり、異教は弱であるのに対し、キリスト教は、力である。 Enlarging on these ideas, the apologists contrast the logical coherence of the religious tenets of Christianity, and its lofty ethical teaching, with the follies and inconsistencies of polytheism, the low ethical principles of its philosophers, and the indecencies of its mythology and of some of its rites.多神教は、その哲学者の低倫理原則、その神話のindecenciesの愚行と矛盾したとの一部の、キリスト教の宗教的教義、その高尚な倫理的な教育の論理的な一貫性擁護のコントラスト、これらのアイデアに拡大その儀式。 They likewise show that the Christian religion alone has the power to transform man from a slave of sin into a spiritual freeman.彼らは同様に単独でキリスト教の宗教は精神的な自由民に罪の奴隷から人間を変える力を持っていることを示している。 They compare what they once were as pagans with what they now are as Christians.彼らはかつて彼らは今クリスチャンとしてあるものと異教徒として何であったかを比較します。 They draw a telling contrast between the loose morality of pagan society and the exemplary lives of Christians, whose devotion to their religious principles is stronger than death itself.彼らは異教社会のゆるい道徳と彼らの宗教的な原則への献身、死そのものよりも強力であるキリスト教徒の模範的な生活との間に明確な対比を描く。

SECOND PERIOD.第二期。 CHRISTIANITY IN CONFLICT WITH MOHAMMEDAN RELIGION AND PHILOSOPHYイスラム教宗教と哲学との競合におけるキリスト教

The one dangerous rival with which Christianity had to contend in the Middle Ages was the Mohammedan religion.キリスト教は、中世に戦わなければならなかったと1危険なライバルはイスラム教の宗教であった。 Within a century of its birth, it had torn from Christendom some of its fairest lands, and extended like a huge crescent from Spain over Northern Africa, Egypt, Palestine, Arabia, Persia, and Syria, to the eastern part of Asia Minor.その誕生の世紀の中では、それはキリスト教世界から最も公平な土地の一部が破れていたが、小アジアの東部には、北アフリカ、エジプト、パレスチナ、アラビア、ペルシャ、シリア経由でスペインからの巨大な三日月のように拡張。 The danger which this fanatic religion offered to Christian faith, in countries where the two religions came in contact, was not to be treated lightly.この狂信的な宗教はキリスト教の信仰に提供される危険性は、二つの宗教が接触して来た国で、軽く扱われることはありませんでした。 And so we find a series of apologies written to uphold the truth of Christianity in the face of Moslem errors.それで我々はイスラム教の誤りに直面してキリスト教の真実を守るために書かれた謝罪のシリーズを見つける。 Perhaps the earliest was the "Discussion between a Saracen and a Christian" composed by St. John Damascene (about 750).おそらく最古のはダマスコの聖ヨハネ(約750)で構成された "サラセン人とキリスト教の間の議論"であった。 In this apology he vindicates the dogma of the Incarnation against the rigid and fatalistic conception of God taught by Mohammed.この謝罪では、彼はモハメッドによって教示された神の剛性と宿命構想に対して化身のドグマをvindicates。 He also demonstrates the superiority of the religion of Christ, pointing out the grave defects in Mohammed's life and teaching, and showing the Koran to be in its best parts but a feeble imitation of the Sacred Scriptures.彼はまた、ムハンマドの生涯と教え重大な欠陥を指摘して、キリストの宗教の優位性を示し、その最良の部分にあるとコーランが、神聖な聖書の微弱な模倣を示す。 Other apologies of a similar kind were composed by Peter the Venerable in the twelfth, and by Raymond of Martini in the thirteenth century.同種の他の謝罪は、13世紀の12番目のピーターによってりっぱに構成されており、マティーニのレイモンドた。 Hardly less dangerous to the Christian faith was the rationalistic philosophy of Islamism.キリスト教の信仰にはほとんど危険性が少ないIslamismの合理主義哲学だった。 The Arabian conquerors had learned from the Syrians the arts and sciences of the Greek world.アラビアの征服者は、シリアからギリシア世界の芸術と科学を学んでいた。 They became especially proficient in medicine, mathematics, and philosophy, for the study of which they erected in every part of their domain schools and libraries.彼らは自分のドメイン学校や図書館のあらゆる部分に建立されているの研究のために、医学、数学、哲学では特に堪能しました。 In the twelfth century Moorish Spain had nineteen colleges, and their renown attracted hundreds of Christian scholars from every part of Europe. 12世紀にムーア人のスペインは19の大学があったが、彼らの名声は、ヨーロッパのすべての部分からキリスト教の学者数百人を集めました。 Herein lay a grave menace to Christian orthodoxy, for the philosophy of Aristotle as taught in these schools had become thoroughly tinctured with Arabian pantheism and rationalism.ここにキリスト教の正統性への重大な脅威を置き、これらの学校で教えられるようにアリストテレスの哲学のために徹底的にアラビア汎神論と合理主義とtincturedになっていました。 The peculiar tenet of the celebrated Moorish philosopher Averroes was much in vogue, namely: that philosophy and religion are two independent spheres of thought, so that what is true in the one may be false in the other.有名なムーアの哲学者イブン=ルシュドの独特の教義は、すなわち、非常に流行していた:哲学、宗教、思想の二つの独立した球であることを、どのような1つで真であると、他の中で誤っているかもしれないので。 Again, it was commonly taught that faith is for the masses who cannot think for themselves, but philosophy is a higher form of knowledge which noble minds should seek to acquire.繰り返しになりますが、それは一般的に信仰が自分で考えることができない大衆のためであるが、哲学は気高い心を獲得するよう努めるべきである知識の高いフォームであることを教えられた。 Among the fundamental dogmas denied by the Arabian philosophers were creation, providence, and immortality.アラビアの哲学者によって拒否された根本的な教義の中で創造、摂理、不死であった。 To vindicate Christianity against Mohammedan rationalism, St. Thomas composed (1261-64) his philosophical "Summa contra Gentiles", in four books.のmohammedan合理主義に対してキリスト教の正当性を立証するには、聖トマスは4冊で、彼の哲学 "スンマコントラ異邦人"(1261年から1264年)で構成。 In this great apology the respective claims of reason and faith are carefully distinguished and harmonized, and a systematic demonstration of the grounds of faith is built up with arguments of reason and authority such as appealed directly to the minds of that day.この偉大な謝罪では理性と信仰のそれぞれの主張を慎重に識別と調和しており、信仰の根拠を系統的に実証が理由で、その日の心に直接訴えたような権威の引数を使用して構築されています。 In treating of God, providence, creation and the future life, St. Thomas refutes the chief errors of the Arabian, Jewish, and Greek philosophers, and shows that the genuine teaching of Aristotle confirms the great truths of religion.神、摂理、創造と将来の生活の治療では、聖トマスは、アラビア、ユダヤ教、ギリシャの哲学者のチーフ誤りを論破する、とアリストテレスの本物の教えは宗教の偉大な真理を確認することを示しています。 Three apologies composed in much the same spirit, but belonging to a later age, may be mentioned here. 、ずっと同じ精神で構成しますが、後の時代に属する3つの謝罪をここで挙げることができる。 The one is the fine work of Louis Vivés, "De Veritate Fidei Christianæ Libri V" (about 1530).一つは、 "デVeritate信仰のChristianæliberの複数形V"(1530程度)ルイビベスの細かい作業です。 After treating the principles of natural theology, the Incarnation, and Redemption, he gives two dialogues, one between a Christian and a Jew, the other between a Christian and a Mohammaden, in which he shows the superiority of the Christian religion.自然神学、化身、と贖いの原則を処理した後、彼はキリスト教の宗教の優位性を示した2つの対話は、キリスト教とユダヤ人の間に1つ、キリスト教とMohammadenの間に他を、与えます。 Similar to this is the apology of the celebrated Dutch theologian Grotius, "De Veritate Religionis Christianæ" (1627).これと同様に有名なオランダの神学者グロティウスの謝罪 "と、De Veritate ReligionisChristianæ"(1627)です。 It is in six books.これは、6冊になっています。 An able treatise on natural theology is followed by a demonstration of the truth of Christianity based on the life and miracles of Jesus, the holiness of His teaching, and the wonderful propagation of His religion.自然神学上のできる論文は、イエスキリストの生涯と奇跡に基づいてキリスト教の真実、彼の指導の神聖さ、そして彼の宗教の素晴らしい伝播のデモが続いている。 In proving the authenticity and trustworthiness of the Sacred Scriptures, Grotius appeals largely to internal evidence.主として内部証拠に神聖な聖書の信憑性と信頼性を証明し、グロティウスは控訴した。 The latter part of the work is devoted to a refutation of paganism, Judaism, and Mohammedanism.作品の後半部は異教の反論、ユダヤ教、イスラム教に専念しています。 An apology on somewhat similar lines is that of the Huguenot, Philip deMornay, "De la vérité de la religion chrétienne" (1579).やや似たような行で謝罪はユグノー、フィリップdeMornay、 "デ·ラ·ヴェリテ·ド·ラ·宗教chrétienne"(1579年)のことです。 It is the first apology of note that was written in a modern tongue.それは、現代の舌で書かれた音符の最初の謝罪である。

THIRD PERIOD.第三期。 CATHOLICISM IN CONFLICT WITH PROTESTANTISMプロテスタンティズムとの競合のカトリシズム

The outbreak of Protestantism in the beginning of the sixteenth century, and its rejection of many of the fundamental features of Catholicism, called forth a mass of controversial apologetic literature. 16世紀の初めにあるプロテスタントの勃発、そしてカトリックの基本的な機能の多くは、その拒絶は、物議を醸す申し訳な文学の質量を記載と呼ばれる。 It was not, of course, the first time that the principles of Catholic belief had been questioned with reference to Christian orthodoxy.それは、もちろん、カトリックの信仰の原理はキリスト教の正統性を参照して疑問視されたのはこれが初めてではありませんでした。 In the early ages of the Church heretical sects, assuming the right to profess allegiance and fidelity to the spirit of Christ, had given occasion to St. Irenæus "On Heresies", Tertullian "On Prescription against Heretics," St. Vincent of Lér ins, in his "Commonitory", to insist on unity with the Catholic Church, and, for the purpose of confuting the heretical errors of private interpretation, to appeal to an authoritative rule of faith.教会は異端の宗派の早期年齢では、LERインのセントビンセント "、異端に対して処方箋に"、 "異端では"聖irenæusに機会を与えていた、キリストの精神にテルトゥリアヌス​​の忠誠と忠実度を公言する権利を仮定、彼の "Commonitory"で、カトリック教会との団結を主張し、かつ、民間の解釈異端のエラーをconfutingの目的のために、信仰の権威あるルールにアピールする。 In like manner, the rise of heretical sects in the three centuries preceding the Reformation led to an accentuation of the fundamental principles of Catholicism, notably in Moneta's "Summa contra Catharos et Waldenses" (about 1225), and Torquemada's "Summa de Ecclesiâ" (1450).同じように、改革前の3世紀の異端の宗派の台頭が顕著にモネータの "スンマコントラCatharosらワルド派"(1225程度)で、カトリックの基本原則の強調につながり、トルケマダの "スンマ·デ·エクレシア"( 1450年)。 So to a far greater extent, in the outpouring from many sources of Protestant ideas, it became the duty of the hour to defend the true nature of the Church of Christ, to vindicate its authority, its divinely authorized hierarchy under the primacy of the Pope, its visibility, unity, perpetuity, and infallibility, along with other doctrines and practices branded as superstitious.これまでのところ大規模に、プロテスタントのアイデアの多くの情報源からのほとばしりに、それは教皇の優位性の下で、その権威の正当性を立証するために、その神の承認階層キリスト教会の本質を守るために時間の義務となった、迷信の烙印を押され、他の教説や慣行に沿って、その可視性、団結、永遠、そして無謬性、。

In the first heat of this gigantic controversy the writings on both sides were sharply polemic, abounding in personal recriminations.この巨大な論争の第1ヒートでは、両側の文章は個人的な非難に満ちあふれ、急激な論客だった。 But towards the close of the century there developed a tendency to treat the controverted questions more in the manner of a calm, systematic apology.しかし世紀の終わりに向かって穏やかな、系統的な謝罪の方法で、より多くのcontroverted質問を治療する傾向が開発。 Two works belonging to this time are especially noteworthy.この時間に属する2つの作品は、特に注目に値する。 One is the "Disputations de controversiis Christianæ Fidei" (1581-92), by Robert Bellarmin, a monumental work of vast erudition, rich in apologetic material.一つはロバートBellarmin、申し訳な材料が豊富で広大な博学の金字塔で、 "DisputationsデcontroversiisChristianæ信仰の"(1581年から1592年)である。 The other is the "Principiorum Fidei Doctrinalium Demonstratio" (1579), by Robert Stapleton, whom Döllinger pronounced to be the prince of controversialists.もう一つはデリンガーが論客の王子であることが顕著にロバート·ステイプルトンで、 "信仰のPrincipiorum Doctrinalium Demonstratio"(1579)です。 Though not so erudite, it is more profound than the work of Bellarmin.とても博学なわけではありませんが、それはBellarminの仕事よりも深いです。 Another excellent work of this period is that of Martin Becan, "De Ecclesiâ Christi" (1633).この時期のもう一つの優れた作品は、 "デ·エクレシアクリスティ"(1633)マーティンBecanのことです。

FOURTH PERIOD.四時間目。 CHRISTIANITY IN CONFLICT WITH RATIONALISM合理主義との競合におけるキリスト教

(A) From the Middle of the Seventeenth to the Nineteenth Century (A)は十七月中旬から19世紀まで

Rationalism -- the setting up of the human reason as the source and measure of all knowable truth -- is, of course, not confined to any one period of human history.合理主義 - ソースとすべて知り得る真実の尺度としての人間の理性の - もちろん、人間の歴史の中のいずれかの期間に限定されません。 It has existed from the earliest days of philosophy.それは哲学の黎明期から存在した。 But in Christian society it did not become a notable factor till the middle of the seventeenth century, when it asserted itself chiefly in the form of Deism.しかし、キリスト教社会では、それは理神論の形で主に自分自身をアサートされると、17世紀半ばまで、注目すべき要因にはならなかった。 It was associated, and even to a large extent identified with the rapidly growing movement towards greater intellectual freedom which, stimulated by fruitful scientific inquiry, found itself seriously hampered by the narrow views of inspiration and of historic Bible-interpretation which then prevailed.それは、さらに実りある科学的な調査によって刺激され、より大きな知的自由に向かって急速に成長している動きで識別大幅に関連付けられていた、自身が真剣にインスピレーションの後、勝った歴史的な聖書解釈の狭い見解によって妨げられて発見した。 The Bible had been set up as an infallible source of knowledge not only in matters of religion, but of history, chronology, and physical science.聖書は宗教の問題ではなく、歴史、年表、および物理科学だけでなく、知識の絶対確実なソースとして設定されていた。 The result was a reaction against the very essentials of Christianity.結果はキリスト教の非常に本質に対する反応であった。 Deism became the intellectual fashion of the day, leading in many cases to downright atheism.理神論は実に無神論に多くの場合につながる、一日の知的な流行となった。 Starting with the principle that no religious doctrine is of value that cannot be proved by experience or by philosophical reflection, the Deists admitted the existence of a God external to the world, but denied every form of divine intervention, and accordingly rejected revelation, inspiration, miracles, and prophecy.経験や哲学的反射によって証明することはできませんが宗教的教義に価値がないことを原則から始まるDeistsは、世界の外部に神の存在を認めたが、神の介入のすべてのフォームを否定し、それに応じて啓示を拒否し、インスピレーション、奇跡、と予言。 Together with unbelievers of a still more pronounced type, they assailed the historic value of the Bible, decrying its miraculous narratives as fraud and superstition.一緒にさらに顕著タイプの不信心者と、彼らが詐欺と迷信として、その奇跡的な物語をdecrying、聖書の歴史的な価値を攻撃。 The movement started in England, and in the eighteenth century spread to France and Germany.運動はイギリスで始まり、18世紀にフランスとドイツに広がった。 Its baneful influence was deep and far-reaching, for it found zealous exponents in some of the leading philosophers and men of letters -- Hobbes, Locke, Hume, Voltaire, Rousseau, d'Alembert, Diderot, Lessing, Herder, and others.ホッブズ、ロック、ヒューム、ヴォルテール、ルソー、ダランベール、ディドロ、レッシング、ヘルダーなど - それは手紙の有力な哲学者や男性の一部で熱心な指数を発見したため、その悪影響は、深いと遠大だった。 But able apologists were not lacking to champion the Christian cause.しかし、できる擁護チャンピオンにクリスチャン原因を欠いていませんでした。 England produced several that won lasting honour for their scholarly defence of fundamental Christian truths -- Lardner, author of the "Credibility of the Gospel History", in twelve volumes (1741-55); Butler, likewise famous for his "Analogy of Religion Natural and Revealed to the Constitution of Nature" (1736); Campbell, who in his "Dissertation on Miracles" (1766) gave a masterly answer to Hume's arguments against miracles; and Paley, whose "Evidences of Christianity" (1794) and "Natural Theology" (1802) are among the classics of English theological literature.イングランドでは、根本的なキリスト教の真理の彼らの学術の防衛のために持続的な栄誉を獲得したそのいくつかを作り出した - 12巻(1741年から1755年)でラードナー、 "ゴスペルの歴史の信憑性"の著者;宗教の彼の "アナロジーNaturalのバトラー、同様に有名なと自然の憲法に明らかにし、奇跡で論文 "(1766)奇跡に対するヒュームの引数への見事な答えを与え、そしてペーリー、その" "(1736年)、彼のキャンベル、"キリスト教の証拠 "(1794)と"ナチュラル神学 "(1802)は英語の神学的な文学の古典の一つです。 On the continent, the work of defence was carried on by such men as Bishop Huet, who published his "Démonstration Evangélique" in 1679; Leibnitz, whose "Théodicée" (1684), with its valuable introduction on the conformity of faith with reason, had a great influence for good; the Benedictine Abbot Gerbert, who gave a comprehensive Christian apology in his "Demonstratio Veræ Religionis Ver que Ecclesiæ Contra Quasvis Falsas" (1760); and the Abbé Bergier, whose "Traité historique et dogmatique de la vraie religion", in twelve volumes (1780), showed ability and erudition.ライプニッツ、 "Théodicée"(1684)は、その理由を付して信仰の適合性についての貴重な導入と、、大陸に、防衛の仕事は司教1679年に彼の "デモEvangélique"を出版しユエ、このような男性で乗って運ばれる彼の "DemonstratioVeræReligionis版queのecclesiaのコントラQuasvis Falsas"(1760)に包括的なキリスト教の謝罪をしたベネディクトアボットゲルベルト、、、そして "TraitéHISTORIQUEらdogmatiqueデラvraie宗教アッベBergier、善のために多大な影響を及ぼした"、12巻(1780)において、能力と博学を示した。

(B) The Nineteenth Century (B)は、十九世紀

In the last century the conflict of Christianity with rationalism was in part lightened and in part complicated by the marvelous development of scientific and historic inquiry.前世紀では合理主義とキリスト教の対立は、部分的に軽減され、部分的には科学的、歴史的探究の素晴らしい開発により複雑。 Lost languages, like the Egyptian and the Babylonian, were recovered, and thereby rich and valuable records of the past -- many of them unearthed by laborious and costly excavation -- were made to tell their story.エジプトとバビロニアのような失われた言語では、回収し、それによって過去の豊富で貴重な記録 - それらの多くは、骨の折れると高価な掘削による出土は - 彼らの物語を伝えるために作られた。 Much of this bore on the relations of the ancient Hebrew people with the surrounding nations and, while in some instances creating new difficulties, for the most part helped to corroborate the truth of the Bible history.ずっとこの穴の周囲の国々と古代ヘブライ人の関係に及び、新たな困難を作成するいくつかのインスタンスであっても、ほとんどの部分のためには、聖書の歴史の真実を確証することができました。 Out of these researches have grown a number of valuable and interesting apologetic studies on Old Testament history: Schrader, "Cuneiform Inscriptions and the Old Testament" (London, 1872); Hengstenberg's "Egypt and the Books of Moses" (London, 1845); Harper, "The Bible and Modern Discoveries" (London, 1891); McCurdy, "History, Prophecy, and the Monuments" (London-New York, 1894-1900); Pinches, "The Old Testament in the Light of the Historic Records of Assyria and Babylonia" (London-New York, 1902); Abbé Gainet, "La bible sans la bible, ou l'histoire de l'ancien testament par les seuls témoignages profanes" (Bar-le-Duc, 1871); Vigouroux, "La bible et les découvertes modernes" (Paris, 1889).これらの研究のうち、旧約聖書の歴史に関する貴重かつ興味深い申し訳な研究の数成長してきた:シュレイダーを、 "くさび形文字の碑文と旧約聖書"(ロンドン、1872);ヘングステンベルクの "エジプトとモーセの書籍"(ロンドン、1845);ハーパー、 "聖書と現代の発見"(ロンドン、1891);マッカーディ、 "歴史、予言​​、そしてモニュメント"(ロンドン - ニューヨーク、1894年から1900年);ピンチ、 "歴史的な記録の旧約聖書の光の中でアッシリアとバビロニアの "(ロンドン - ニューヨーク、1902);アッベGainet、"ラ·ラ·バイブル聖書のsansは、ou L'histoireドゥアンシャン遺言パーレseulstémoignagesのprofanes "(バルルデュク、1871); Vigouroux "ラ·バイブルET LESdécouvertesmodernes"(パリ、1889)。 On the other hand, Biblical chronology, as then understood, and the literal historic interpretation of the Book of Genesis were thrown into confusion by the advancing sciences -- astronomy, with its grand nebular hypothesis; biology, with its even more fruitful theory of evolution; geology, and prehistoric arch ology.一方、聖書の年表、その後に理解されるものとし、創世記の文字通りの歴史的な解釈で進め科学によって混乱に投げ込まれた - その壮大な星雲説と天文学、、生物学、進化のより一層実り理論と、地質、先史時代のアーチ学問。 Rationalists eagerly laid hold of these scientific data, and sought to turn them to the discredit of the Bible and likewise of the Christian religion.合理主義者は熱心にこれらの科学的データのホールドを置いて、聖書の不名誉と同様にキリスト教の宗教のためにそれらを回すように努めた。 But able apologies were forthcoming to essay a conciliation of science and religion.しかし、できるの謝罪はエッセイ、科学と宗教の調停に迫っていた。 Among them were: Dr. (afterwards Cardinal) Wiseman, "Twelve Lectures on the Connection between Science and Revealed Religion" (London, 1847), which, though antiquated in parts, is still valuable reading; Reusch, "Nature and the Bible" (London, 1876).博士(後に枢機卿)ワイズマン "科学との間の接続に12講義と宗教明らかに"まだ貴重な読書である、しかし時代遅れの部分で、(ロンドン、1847);ロイシュ、 "自然と聖書":それらの中にあった(ロンドン、1876)。 Others more modern and up to date are: Duilhé de Saint-Projet, "Apologie scientifique de la foi chrétienne" (Paris, 1885); Abbé Guibert, "In the beginning" (New York, 1904), one of the best Catholic treatises on the subject; and more recent still, A. de Lapparent, "Science et apologétique" (Paris, 1905).これまでのより近代的なアップその他は以下のとおりです。Duilhéデセントプロジェット "Apologie科学研究·デ·ラ·FOIchrétienne"(パリ、1885);アッベギベール、 "初めに"(ニューヨーク、1904年)で、最高のカトリック論文の1件名に、そしてより最近それでも、A·ドゥLapparent、 "科学らapologétique"(パリ、1905年)。 A more delicate form of scientific inquiry for Christian belief was the application of the principles of historic criticism to the books of Holy Scripture.キリスト教の信仰のための科学的探究のより繊細な形は教典の書籍に歴史的な批判の原理の応用であった。 Not a few Christian scholars looked with grave misgivings on the progress made in this legitimate department of human research, the results of which called for a reconstruction of many traditional views of Scripture.少数のキリスト教の学者は、人間の研究のこの正当な部門での進展に重大な懸念と見ていない、の結果は、聖書の多くの伝統的なビューの再構築を求めた。 Rationalists found here a congenital field of study, which seemed to promise the undermining of Scripture-authority.合理主義者はここで啓典権威の弱体化を約束するように見えた研究の先天フィールドを発見した。 Hence it was but natural that the encroachments of Biblical criticism on conservative theology should be disputed inch by inch.したがって、それは保守的な神学上の聖書の批判の侵略はインチで係争インチであるのが当然だったが。 On the whole, the outcome of the long and spirited contest has been to the advantage of Christianity.全体的に見ると、長いと威勢のコンテストの結果は、キリスト教に有利になっています。 It is true that the Pentateuch, so long attributed to Moses, is now held by the vast majority of non-Catholic, and by an increasing number of Catholic, scholars to be a compilation of four independent sources put together in final shape soon after the Captivity.五は、限り、ムーサーに起因する現在では、非カトリック教徒の大多数によって保持されている、とカトリックの数の増加によって、4つの独立したソースをコンパイルすることが学者がすぐ後に最終的な形にまとめることは事実である監禁。 But the antiquity of much of the contents of these sources has been firmly established, as well as the strong presumption that the kernel of the Pentateuchal legislation is of Mosaic institution.しかし、これらのソースの内容の多くの古代はしっかりと確立されたと同様に、pentateuchalの立法のカーネルはモザイク機関であるという強い推定されています。 This has been shown by Kirkpatrick in his "Divine Library of the Old Testament" (London-New York, 1901), by Driver in his "Introduction to the Literature of the Old Testament" (New York, 1897), and by Abbé Lagrange, in his "Méthode historique de l'Ancien Testament" (Paris, 1903; tr. London, 1905).これは彼の "旧約聖書の神ライブラリ"(ロンドン·ニューヨーク、1901)で、彼の "旧約聖書の文学入門"(ニューヨーク、1897)、で、ドライバによって、アッベラグランジュによってカークパトリックによって示されている彼の "MethodeのHISTORIQUEドゥアンシャン聖書"(パリ、1903年。trのロンドン、1905)である。 In the New Testament the results of Biblical criticism are still more assuring.新約聖書では、聖書の批判の結果がさらに保証されています。 The attempt of the Tübingen school to throw the Gospels far into the second century, and to see in most of the Epistles of St. Paul the work of a much later hand, has been absolutely discredited.テュービンゲン学校の試み第二世紀にはるかに福音をスローすると、ずっと後の手の仕事の聖パウロの書簡のほとんどで見ることは、絶対に信用されています。 The synoptic Gospels are now generally recognized, even by advanced critics, to belong to the years 65-85, resting on still earlier written and oral sources, and the Gospel of St. John is brought with certainty down to at least AD 110, that is, within a very few years of the death of St. John.共観福音書は、現在一般的にまだ以前の筆記と口頭源で休んで、65から85歳に属することも、高度な批評家によって認識され、聖ヨハネの福音書は、少なくとも西暦110に確実に倒されると、その聖ヨハネの死の非常に数年以内に、です。 The three Epistles of St. John are recognized as genuine, the pastoral letters being now the chief object of dispute.聖ヨハネの3つの書簡は本物の、牧歌的な手紙が今の紛争のチーフオブジェクトとして認識されます。 Closely connected with the theory of the Tübingen School, was the attempt of the rationalist Strauss to explain away the miraculous element in the Gospels as the mythical fancies of an age much later than that of Jesus.密接にテュービンゲン学校の理論と接続、神話はずっと後にイエスのそれより年齢の空想として福音書に奇跡的な要素を言い逃れするための合理主義者シュトラウスの試みだった。 Strauss's views, embodied in his "Life of Jesus" (1835), were ably refuted, together with the false assertions and inductionsof the Tübingen School by such Catholic scholars as Kuhn, Hug, Sepp, Döllinger, and by the Protestant critics, Ewald, Meyer, Wieseler, Tholuck, Luthardt, and others.彼の "イエスの生涯"(1835)で具現化シュトラウスの見解は、巧みに、虚偽の主張と一緒に、論破とエワルド、クーン、ハグ、ゼップ、デリンガー、などカトリックの学者とプロテスタントの批評家からテュービンゲン学校をinductionsofたマイヤー、Wieseler、トールク、ルータルトなど。 The outcome of Strauss's "Life of Jesus," and of Renan's vain attempt to improve on it by giving it a legendary form (Vie de Jésus, 1863), has been a number of scholarly biographies of our blessed Lord: by Fouard, "Christ the Son of God" (New York, 1891); Didon, "Jesus Christ" (New York, 1891); Edersheim, "Life and Times of Jesus the Messiah" (New York, 1896), and others.シュトラウスの "イエスの生涯"の、それに伝説のフォーム(VIE DE JESUS​​、1863)を与えることによって、それを改善するためのルナンの無駄な試みの成果は、私たちの祝福された主の学術伝記の数をされています:Fouard、 "キリストによって神の御子 "(ニューヨーク、1891);ディドン、"イエス·キリスト "(ニューヨーク、1891);作品です、"人生と時代の救世主イエス "(ニューヨーク、1896)などがあります。

Another field of study which grew up chiefly in the last century, and has had an influence in shaping the science of apologetics, is the study of religions.最後の世紀に主に育ち、弁証学の形成に影響を与えてきた研究のもう一つの分野は、宗教の研究である。 The study of the great religious systems of the pagan world, and their comparison with Christianity, furnished material for a number of specious arguments against the independent and supernatural origin of the Christian religion.異教の世界の偉大な宗教的なシステムの研究、キリスト教、キリスト教の宗教の独立した超自然的起源に対するもっともらしい引数の数のための家具の材料との比較。 So, too, the study of the origin of religion in the light of the religious philosophy of uncultured peoples has been exploited against Christian (theistic belief) on the unwarranted ground that Christianity is but a refinement, through a long process of evolution, of a crude primitive religion originating in ghost-worship.そのため、あまりにも、教養のない人々の宗教哲学の光の中で宗教の起源の研究はの長い進化の過程を通じて、キリスト教であることが保証されていない地面が、洗練上キリスト教(有神論的信念)に対して利用されてきたゴースト崇拝に由来する原油原始的な宗教。 Among those who have distinguished themselves in this branch of apologetics are Döllinger, whose "Heidenthum und Judenthum" (1857), tr.弁証のこのブランチで自分自身を区別している人々の間ではデリンガー、その "HeidenthumウントJudenthum"(1857)、trはされています。 "Gentile and Jew in the Court of the Temple" (London, 1865-67), is a mine of information on the comparative merits of revealed religion and the paganism of the Roman world; Abbé de Broglie, author of the suggestive volume, "Problèmes et conclusions de l'histoire des religions" (Paris, 1886); Hardwick, Christ and other Masters" (London, 1875). Another factor in the growth of apologetics during the last century was the rise of numerous systems of philosophy that, in the teaching of such men as Kant, Fichte, Hegel, Schelling, Comte, and Spencer, were openly or covertly in opposition to Christian belief. To counteract these systems, Pope Leo XIII revived throughout the Catholic world the teaching of Thomistic philosophy. The many works written to vindicate Christian Theism against Pantheism, Materialism, Positivism, and Evolutionary Monism have been of great service to apologetics. Not all these philosophic apologies, indeed, are scholastic. They represent several modern schools of thought. France has furnished a number of able apologetic thinkers who lay chief stress on the subjective element in man, who point to the needs and aspirations of the soul, and to the corresponding fitness of Christianity, and of Christianity alone, to satisfy them. This line of thought has been worked out in various ways by the lately deceased Ollé-Laprune, author of "La certitude morale" (Paris, 1880), and "Le prix de la vie" (Paris, 1892); by Fonsegrive, "Le catholicisme et la vie de l'esprit" (Paris, 1899); and, in "L'action" (Paris, 1893), by Blondel, the founder of the so-called "Immanence School" the principles of which are embodied in the spiritual writings of Father Tyrrell, "Lex Orandi" (London, 1903), "Lex Credendi" (London, 1906). The continued opposition between Catholicism and Protestantism in the last century resulted in the production of a number of noteworthy apologetic writings: Möhler, "Symbolism", published in Germany in 1832, which has gone through many editions in English; Balmes, "Protestantism and Catholicity Compared in their Effects on the Civilization of Europe", a Spanish work published in English in 1840 (Baltimore); the works of the three illustrious English cardinals, Wiseman, Newman, and Manning, most of whose writings have a bearing on apologetics. "寺の裁判所のジェンティーレとユダヤ人"(ロンドン、1865年から1867年)は、明らかに宗教とローマの世界のペイガニズムの比較本案知識の宝庫であり、アッベドブロイ、挑発ボリュームの著者 " Problèmesら結論ドゥhistoireデ·宗教 "(パリ、1886);ハードウィック、キリストや他の巨匠"(ロンドン、1875)は、最後の世紀の間の弁証成長のもう一つの要因は、その哲学の多数のシステムの台頭であった、カント、フィヒテ、ヘーゲル、シェリング、コント、スペンサーのような男たちの教育に、キリスト教の信仰に反対して公然とまたは密かにあった。これらのシステムに対抗するために、教皇レオ十三世は、カトリック世界全体thomisticの哲学の授業を復活させた。汎神論、唯物論、実証主義、進化一元論に対してキリスト教有神論の正当性を立証するために書かれた多くの作品は、弁証に素晴らしいサービスであった。いないすべてのこれらの哲学的な謝罪は、確かに、学力である。彼らは、思考のいくつかの近代的な学校を表しています。フランスは数を提出したそれらを満たすために、魂の、キリスト教の対応への適合、およびキリスト教単独でのニーズと願望を指す男性における主観的要素でチーフストレスを置くことができる申し訳な思想家。思考のこのラインは外に勤務されていますFonsegriveにより、 "ルcatholicismeらラヴィデl ';最近故人オレ·ラプリューヌ、"ラ·確実性のモラル "(パリ、1880)の著者であり、"ル·グランプリ·デ·ラ·ヴィ "(パリ、1892年)によって、様々な方法でエスプリ "(パリ、1899);と、の"内在学校 ""ブロンデル、いわゆるの創始者(パリ、1893)、 "L'作用の原理は、父ティレルの精神的な著作の中で具現化されている"レックスOrandi"(ロンドン、1903)、 "レックスCredendi"(ロンドン、1906)が前世紀にカトリックとプロテスタントの間の継続的な反対は注目に値する謝罪の文章の数の生産につながっ:モーラ、 "象徴主義"、公開英語で多くのエディションを経てきた1832年に、ドイツで;バルメス、 "ヨーロッパの文明に及ぼす影響に比べてプロテスタントとカトリック教"、1840年(ボルティモア)に英語で発表されたスペイン語の仕事; 3輝かしい英語の作品枢機卿、ワイズマン、ニューマン、そしてマニング、その文章弁証上の関係を持っているのほとんど。

It is out of all these varied and extensive studies that apologetics has taken form.それは、弁証が形をとっていること、これらすべての多様かつ広範な研究が不足しています。 The vastness of the field makes it extremely difficult for any one writer to do it full justice.フィールドの広大さは、それが極めて困難いずれかの作家はそれを完全な正義を行うにできるようになります。 In fact a complete, comprehensive apology of uniform excellence still remains to be written.実際に制服の卓越性の完全な、包括的な謝罪はまだ書かれていない。

Publication information Written by Charles F. Aiken.チャールズF.エイケンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラス·J·ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.イエスキリストの聖心カトリック百科事典に捧げられて、第1巻は1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.ニヒルのObstat、1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

In addition to the works already mentioned, the more general treatises on apologetics are as follows:すでに述べたような作品に加えて、弁証に関するより一般的な論文は、次のとおりです。

CATHOLIC WORKS.カトリックWORKS。 SCHANZ, A Christian Apology (New York, 1891) 3 vols.シャンツは、キリスト教の謝罪(ニューヨーク、1891)3 vols学です。 An improved edition of the original, Apologie des Christentums, was published in Freiburg (1895) and an augmented edition was in preparation in 1906.オリジナル、ApologieデChristentumsの改良版は、フライブルク(1895年)に出版され、増補版は1906年に準備中だった。 PICARD, Christianity or Agnosticism?, tr.ピカード、キリスト教や不可知論?は、tr。 from the French by MACLEOD (London, 1899); DEVIVIER, Christian Apologetics, edited and augmented by SASIA (San Jos, 1903) 2 vols.; ed. DEVIVIER、キリスト教弁証、編​​集とSASIAにより増強(サンJosは、1903)2 vols学;; EDマクラウドによるフランス(ロンドン、1899)から。 in one vol. 1巻インチ by the Most Rev. SG Messmer, DD (New York, 1903); FRAYSSINOUS, A Defence of Christianity, tr.ほとんどは牧師SGメズ、DD(ニューヨーク、1903);フレーシヌー、キリスト教、trの防衛。 from the French by JONES (London, 1836); HETTINGER, Natural Religion (New York, 1890); Revealed Religion (New York, 1895), both being adaptations by HS BOWDEN of HETTINGER'S German Apologie des Christentums (Freiburg, 1895-98) 5 vols.; HETTINGER, Fundamental-Theologie (Freiburg, 1888); GUTBERLET, Lehrbuch der Apologetik (M nster, 1895) 3 vols.; SCHELL, Apologie des Christentums (Paderborn, 1902-5) 2 vols.; WEISS, Apologie des Christentums vom Standpunkte der Sitte und Kultur (Freiburg, 1888-9), 5 vols., French tr.ヘッティンガー、自然宗教(ニューヨーク、1890);;啓示宗教(ニューヨーク、1895)、ヘッティンガーのドイツApologieデChristentums(フライブルク、1895年から1898年)のHSボーデンでの両方である翻案·ジョーンズによるフランス(ロンドン、1836)から5 vols学;ヘッティンガー、基礎的·神学(フライブルク、1888);グートベルレート、LehrbuchファンデApologetik(Mミュンスター、1895)3 vols学;シェル、ApologieデChristentums(パーダーボルン、1902から5)2 vols学; WEISS、ApologieデChristentums VOM Standpunkteファンデジッテウントツクル(フライブルク、1888から9)、5 vols学です。、フランス語tr。 Apologie du christianisme au point de vue des m urs et de la civilisation (Paris, 1894); BOUGAUD, Le christianisme et les temps pr sents (Paris, 1891) 5 vols.; LABEYRIE, La science de la foi (La Chapelle-Montligeon, 1903); EGGER, Encheiridion Theologi Dogmatic Generalis (Brixen, 1893); OTTIGER, Theologia Fundamentalis (Freiburg, 1897); TANQUERY, Synopsis Theologi Fundamentalis (New York, 1896). Apologieデュchristianisme auポイントデVUEデメートルURSらデラ文明(パリ、1894); BOUGAUD、ルchristianisme ET LESタンPR sents(パリ、1891年)5 vols学; LABEYRIE、ラ·科学·デ·ラ·FOI(ラシャペルMontligeon 、1903);エッガー、Encheiridion Theologi独断Generalis(ブレッサノーネ、1893); OTTIGER、テオFundamentalis(フライブルク、1897); TANQUERY、あらすじTheologi Fundamentalis(ニューヨーク、1896)。 Periodicals valuable for apologetic study are: The American Catholic Quarterly; American Ecclesiastical Review; New York Review; Catholic World; Dublin Review; Irish Ecclesiastical Record; Irish Theological Quarterly; Month; Tablet; Revue Apolog tique (Brussels); Revue pratique apolog tique (Paris); Revue des questions scientifiques; Mus on; La science catholique; Annales de philosophie chrétienne; Etudes religieuses; Revue Thomiste, Revue du clerg fran ais; Revue d'histoire et de litt rature religieuse; Revue biblique; Theologische Quartalschrift (Tübingen); Stimmen aus Maria-Laach.申し訳な研究のための貴重な定期刊行物は、以下のとおりです。アメリカのカトリック季刊;アメリカン教会レビュー;ニューヨークレビュー;カトリック世界;ダブリンレビュー;アイルランドの教会の記録、アイルランドの神学四半期、月、タブレット、レヴューApolog tique(ブリュッセル);レヴュー入港許可apolog tique(パリ);レヴューデ質問scientifiques、上のハツカネズミ、ラ·科学カトリック;学派デ哲学chrétienne;エチュードreligieuses;レヴューThomiste、レヴューデュclergフランAIS;レヴューD'histoireエトデリットratureレリジューズ;レヴューbiblique; Theologische Quartalschrift(テュービンゲン) ; Stimmen AUSマリアLaachの。

PROTESTANT WORKS.プロテスタントワークス。 BRUCE, Apologetics (New York, 1892); FISHER, The Grounds of Theistic and Christian Belief (New York, 1902); FAIRBAIRN, The Philosophy of the Christian Religion (New York, 1902); MAIR, Studies in theChristian Evidences (Edinburgh, 1894); LUTHARDT, The Fundamental Truths of Christianity (Edinburgh, 1882); SCHULTZ, Outlines of Christian Apologetics (New York, 1905); ROW, Christian Evidences Viewed in Relation to Modern Thought (London, 1888); IDEM, A Manual of Christian Evidences (New York, 1896); ILLINGWORTH, Reason and Revelation (New York, 1903).ブルース、弁証(ニューヨーク、1892);フィッシャー、有神論とキリスト教の信仰の根拠(ニューヨーク、1902);フェアベアン、キリスト教の宗教哲学(ニューヨーク、1902); MAIR、theChristian証拠の研究(エジンバラ、 1894);ルータルト、キリスト教の根本的な真理(エジンバラ、1882);シュルツ、キリスト教弁証の概要(ニューヨーク、1905); ROW、現代思想との関係で見てキリスト教の証拠(ロンドン、1888);同上、のマニュアルキリスト教の証拠(ニューヨーク、1896);イリングワース、理性と啓示(ニューヨーク、1903)。 Many excellent apologetic treatises are to be found in the long series of Bampton Lectures, also in the Gifford, Hulsean, Baird, and Croal Lectures.多くの優れた申し訳なさそうな論文はギフォード、Hulsean、ベアード、そしてCroal講義でも、バンプトン講演会の長いシリーズで見つけられるべきである。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです