Authority in the Bible聖書の権威

Advanced Information 高度情報

Authority is the concept of rightful power.当局は、正当な権力の概念です。 It is used in the Bible with a good deal of elasticity.それは弾力性の良い取引と聖書で使用されています。 Although the English term itself is not used of God in the OT as it is in the NT (usually for exousia), the assumption permeating both testaments is that God alone is the ultimate authority and he alone the ultimate source of authority for others.それは、NT(通常exousia用)にあるように英語の用語自体はOTに神が使われていませんが、testamentsの両方に浸透仮定だけでは、神は他人のための権威の究極の源彼一人で、究極の権威であり、である。

God's Authority神の権威

His sovereign, universal, and eternal rule over the entire universe gives evidence of his authority (eg, Exod. 15:18; Job 26:12; Pss. 29:10; 47; 93:1-2; 95:3-5; 103:19; 146:10; 147:5; Isa. 40:12ff.; 50:2).ジョブ·26:12;、pssの29:10; 47; 93:1-2; 95:3-5彼の、主権ユニバーサル、そして宇宙全体にわたって永遠のルールは彼の権限(例えば、出エジプト15:18の証拠を与える; 103:19; 146:10; 147:5、イザヤ40:12 FF;。50:2)。 He has fixed by his authority times or epochs (Acts. 1:7) and "does according to his will in the host of heaven and among the inhabitants of the earth" (Dan. 4:34-35).彼は彼の権威倍以上のエポックで固定されている(Acts. 1:7)及び(Dan. 4:34-35) "天のホストおよび地の住民の間で彼の意志によるとん"。 This authority over man is compared to that of a potter over his clay (Rom. 9:20-23).男以上この権限は、彼の粘土(ローマ9:20-23)以上陶工のそれと比較されます。 So ultimate is God's authority that all authority among humans comes from God alone (Rom. 13:1).だから究極は人間の間ですべての権威は神の一人(ローマ13:1)から来ていることを神の権威です。 God's authority includes not only the authority of providence and history, but also the demand for submission and accountability from man, expressed, eg, in the garden of Eden, the Ten Commandments, the gospel and its evangelical demands.神の権威は、摂理の権威と歴史だけでなく、エデンの園には、例えば、発現して男性からの提出及び説明責任のための需要は、十戒、福音とその福音の要求だけでなく、含まれています。 Inherent in God's authority is the awesome power to cast the one who does not fear him into hell (Luke 12:5) and the glorious power to forgive sins and declare righteous those in Christ (Rom. 3:21-26).神の権威に固有のは地獄(ルカ12:5)と罪を赦し、キリスト(ローマ3:21-26)のもの正義宣言する栄光のパワーに彼を恐れていないものを唱えるための素晴らしい力です。 In the day of God's wrath and mercy, God's rightful authority as Creator (Rev. 4:11) and Redeemer in Christ (Rev. 5:12-13) will be acknowledged in an undisputed way.神の怒りと慈悲の日には、創造主(黙示録4:11)、キリスト救い主(黙示録5:12-13)、神の正当な権限には議論の余地のないように確認されます。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Jesus Christ's Authorityイエス·キリストの権威

As the God-man, the incarnate Son of God, Jesus Christ manifests his authority in a dual capacity.神男として、神の化身の息子、イエス·キリストは、デュアル容量で彼の権限を明示する。 On the one hand, his authority is that of one who is the Son of God and is intrinsic to him and not derived.一方では、彼の権威は神の子であると彼に内在すると派生していない一つのことです。 On the other hand, as the incarnate Son, who is the Son of man, he acts in submission and obedience to the Father.一方、男の息子である化身の息子として、彼は父への服従と従順に作用する。 So he can say in one and the same breath concerning his plans to lay down his life: "No one has taken it away from me, but I lay it down on my own initiative. I have authority to lay it down, and I have authority to take it up again," and "this commandment I received from my Father" (John 10:18).そこで彼は、1と自分の命を捨てるために彼の計画に関する同じ息で言うことができます: "誰も私から​​それを奪われていないが、私は自発的にそれを置くために私はそれを捨てる権威を持っている、と私は持っている再びそれを取るための権限 "と"私は私の父である "(ヨハネ10:18)から受信したこの戒め。 But because his life as the promised Son of man is one of acting representatively for God on behalf of men as one who is also a man (cf. Dan. 7:13-14), Jesus speaks almost always of his authority in terms of acting for God the Father.男の約束の息子として、彼の人生も男だ(参照ダン。7:13-14)1として男性に代わって神のために、代表的演技のひとつですので、しかし、イエスはという点で彼の権威のほとんど常に話す神様のために父を演技。 In doing so he exercises all the prerogatives of God eg, forgives sins (Mark 2:5-8), heals (Mark 1:34), exorcises demons (Mark 1:27), controls the power of nature (Luke 8:24-25), raises the dead (Luke 7:11-17; John 11:38-44), teaches with authority (Matt. 7:28-29; cf. his "I say," Matt. 5:21-48), and demands that men submit to his authority both on earth (Luke 14:25-35) and at the judgment (Matt. 7:22-23).彼は神例えば、許しの罪(マルコ2:5-8)、癒し(マルコ1:34)、exorcises悪魔(マルコ1:27)、すべての特権を行使し、そうすることで自然の力(ルカ午前8時24分を制御権威(マタイ7:28-29で教え、ヨハネ11:38-44);、-25)、(ルカ7:11-17死者を発生させます。CF彼の "私は言う、"マットは5:21-48。 )と、男性は地球(ルカ14:25-35)上と判断(マタイ7:22-23)の両方で彼の権威に提出することを要求。 As the obedient Son he acknowledges and follows the word of his Father, the Scriptures, and appeals to them as the final authority (Matt. 4:1-10; 22:23-46; John 10:33-36).従順な息子として、彼は認識しており、彼の父の言葉、聖書、そして最終的な権威(マタイ4:1-10; 22:23-46、ヨハネ10:33-36)とそれらに訴えるに従います。

By Christ's victory over sin and death in his death and resurrection, the usurped authority of the evil one and his angels is broken (Heb. 2:14-15; I John 3:8; Col. 2:15).彼の死と復活、罪と死に対するキリストの勝利によって、悪1と彼の天使たちのusurped権威は(;私ヨハネ3:8;大佐2時15ヘブル2:14-15)が壊れています。 Thus all authority in heaven and on earth is given to Jesus to exercise in his messianic role (Matt. 28:18-20) until he has completed his task of finally subduing all God's enemies and delivering up the kingdom to God the Father (I Cor. 15:24-28).したがって、すべての彼は最終的にすべての神の敵を鎮圧の彼のタスクを完了するまで、彼の救世主の役割(マタイ28:18-20)で行使することをイエスに与えられた天と地の権威、神に王国を実現父(私コリント15:24-28)。 In the interim Christ exercises leadership and authority in a providential way over all things for the good of his church (Eph. 1:20-23). (エペソ1:20-23)彼の教会の善のために凡ての摂理のように暫定的なキリストの演習でのリーダーシップや権威で。 With a redeeming authority and power that enables as well as commands, he authoritatively demands both evangelization of all the nations and obedience to all his commandments (Matt. 28:19-20; Acts 1:8; Rom. 6:1ff.; 8:1ff.; Phil. 2:12-13).同様にコマンドとして有効に償還権威と権力をもって、彼は厳然すべての戒め(マタイ28:19-20にすべての国と服従の両方の福音伝道を要求;使徒1:8、ROM 6時01分FF;。8 :1FF;フィル2:12-13)。

The Apostles' Authority使徒の権威

The authority of God is exercised in the OT not only by various direct means but also through those to whom he gave authority to act in his behalf priests, prophets, judges, and kings.神の権威は、種々の直接的な手段ではなくても、彼は彼の代理の祭司、預言者、裁判官、そして王たちのために行動する権限を付与したものを介してだけでなく、OTに行使される。 In the NT the authority of the Father and especially of Jesus Christ is expressed in a unique way through the apostles, who are by definition the direct and personal ambassadors of Jesus Christ (Matt. 10:1, 40; Mark 3:14; John 17:18; 20:21; Acts 1:1-8; II Cor. 5:20; Gal. 1:1; 2:8), speaking and acting with his authority (Ga. 1:11ff.; 2:7-9).マーク3:14;ヨハネNTでは、父と特にイエス·キリストの権威は定義によって、イエス·キリストの直接および個人大使(マタイ10:1、40アール使徒を通じて、ユニークな方法で表現される午後05時18分、20時21分;行為1:1-8;二コー5時20分;ギャル1:1;。2:8)、彼の権威(Gaで午前1時11 FFと話して演技; 2時07分-9)。 They claim to speak authority (Gal. 1:11ff.; 2:7-9).彼らは権威(; 2:7-9ガラテヤ1時11 ff)を話せるように主張している。 They claim to speak for Christ and under the Spirit's direction in terms of both content and form of expression (I Cor. 2:10-13; I Thess. 2:13), to give the permanent norm for faith (Gal. 1:8; II Thess. 2:15) and conduct (I Cor. 11:2; II Thess. 3:4, 6, 14), as is indicated also by the self-conscious reference to "all the churches" (cf., eg, I Cor. 7:17; 14:34), and even to designate their rulings on a question as "the commandment of the Lord" (I Cor. 14:37).彼らは表現の内容と形式の両方の点で、キリストや聖霊の指示の下で話すことを主張する;、信仰のための永久的な規範(ガラテヤ1を与えるために(Iコリント2:10-13私はテサロニケ2時13分。) 8、IIテサロニケ2:15)、行動(Iコリント11:02;。二テサロニケ3:4、6、14)、 "すべての教会"への自意識の参照(参照することによっても示されているよう例えば、Iコリント7:17; 14時34分)、さらには "主の戒め"として質問(Iコリント14時37分)に自分の判決を指定する。

They establish the order or government of the church so that a shared rule by a group of men, often but not always designated as bishops or elders, is universal in the NT period, as evidenced not only in the meeting at Jerusalem (Acts 15) but also in the various writings and geographical locations (Acts 14:23; I Tim. 3:1ff.; I Pet. 5:1ff.; cf. 1:1; Phil. 1:1; I Thess. 5:12-13; Heb. 13:7, 17; James 5:14).彼らはしばしば、男性のグループによってように、共有ルール教会の秩序又は政府の樹立が、常に司教や長老として指定されていないだけではなく、エルサレムでの会議(使徒15)で明らかなように、NTの期間に普遍的であるだけでなく、様々な文章や地理的な場所(行為午前14時23分で、私のティム3時01分FF、私のペット5時01分FF、CF 1:1;フィル1:1;。。。。私thess 5時12分 - 13;ヘブル13時07分、17;。ジェームズ5:14)。 Alongside this leadership a diaconal ministry is established by the apostles (Acts 6:1-6; Phil. 1:1; I Tim. 3:8-13).この指導者と一緒に助祭の省庁は使徒(;フィル1:1;。私ティム3:8-13使徒6:1-6)によって確立されます。 Not only do they set the order of the church, they also prescribe discipline in Christ's name and with his authority (I Cor. 5:4; II Thess. 3:6).だけでなく、彼らは教会の順序を設定しないと、彼らはまた、キリストの名の下に、彼の権威(。、IIテサロニケ3時06分のIコリント5:4)と規律を処方する。 In so acting they have functioned as the foundation of the church (Eph. 2:20; 3:5; cf. I Cor. 12:28) who have no successors and whose foundational authority has been put permanently in place by their writings, which have conveyed, at Christ's command and in fullment of his promise, the truth he would have the church always teach and obey (cf. John 14:26; 16:13).彼らは教会の基礎(;午前3時05分;。エペソ2時20 CF Iコリント12:28)として機能してきた演技で跡継ぎがいないと、その基盤となる権威、その文章によって所定の位置に永久に置かれている、そのキリストのコマンドで、伝えられており、彼の約束のfullmentで、真実は彼が教会は常に(参照ヨハネ14:26; 16:13)教え、従わなければならないでしょう。 So they are recognized as authoritative alongside "the rest of the Scripture," ie, the OT (II Pet. 3:15-16).だから彼らは "聖書の残りの部分は、"すなわち、ot(ⅱペット。3:15-16)と一緒に権威あるものと認識しております。

Various Spheres of Authority局の様々な分野

The Bible recognizes within its pages various spheres in which God has entrusted authority into the hands of leaders.聖書は、そのページ内に、神は指導者の手に委ねられ権威を持っている様々な分野を認識します。

The Churchチャーチ

Christ has given authority to certain men to be leaders (often termed elders or bishops) in his church.キリストが彼の教会の指導者(しばしばと呼ばれる年長者や司教)であることが特定の人に権限を与えている。 Their task is to shepherd the church with love and humility as the servants of Christ and his people (I Tim. 3:5; I Pet. 5:1-4).彼らの仕事は羊飼いにキリストのしもべと彼の人(。。私は5:1-4のペットⅠテモテ3:5)、愛と謙虚さを持つ教会です。 A loving submission to their leadership is urged on Christians (I Thess. 5:12-13; Heb. 13:7, 17).彼らのリーダーシップへの愛情の提出がキリスト教徒に付勢されている(私thess 5:12-13;ヘブル午後1時07分、17)。

Marriage and the Family結婚と家族

Women as equals of men in both creation and redemption (cf. I Pet. 3:7; Gal. 3:28) are asked to submit to their own husbands as heads of the home because of the pattern established by God at creation (I Cor. 11:3, 8-9; I Tim. 2:12-15; Eph. 5:22; I Pet. 3:1-6).私は(作成時なぜなら、神によって確立されたパターンの家の頭のように自分の夫に服従するように求められ、女性は(ギャル3時28分。cf.私ペット3:7)創造と贖いの両方の男性のと等しい。コリント午前11時03分、8月9日、私はティム2:12-15;。エペソ5時22分、私のペット3:1-6)。 Both husbands and wives are asked to offset the effects of sin on this God-ordained authority relationship by their attitude and conduct, ie, the husband exercising headship with love, honor, and without bitterness (Eph. 5:28; Col. 3:19; I Pet. 3:7) and the wives, with respect, as unto the Lord, and with a gentle spirit (Eph. 5:22, 33; I Pet. 3:4).夫と妻の両方が彼らの態度や行動によって、この神に定められた権限関係、すなわち、愛、名誉、苦味なし(エペソ午前5時28分で指導的地位を行使夫に罪の影響を相殺するように求められ、大佐は3: 19、私はペット3:7)と尊敬の念をもって、かれの主のように、穏やかな精神を持つ妻、(エペソ5時22分、33;。私は3時04 PET)。 Children are commanded to obey their parents (Eph. 6:1-3; Col. 3:20) and to care for them in times of need (I Tim. 5:4).と必要性(Ⅰテモテ5:4)の時に、それらの世話をする、子どもは親に従うように(コロサイ3:20エペソ6:1-3)が指令されています。

Civil Government民政

Christians are to recognize that God has granted authority in this realm to those who by his providence "exist" (Rom. 13:1; cf. John 19:11).クリスチャンは神が(; CFジョン19時11ローマ13:1)彼の摂理によって "存在"した人々にこの分野で権限を付与していることを認識することです。 Thus they are called dutifully to subject themselves to civil authorities (I Pet. 2:13-17) who are described as God's servants to prevent evildoers and to encourage good behavior (Rom. 13:1ff.).こうして彼らは、悪人を防ぎ、良い行動(ローマ13時01 ffを。)奨励するために、神のしもべとして記載されている行政当局(私のペットです。2:13-17)をに身をさらすこと律儀に呼ばれています。 This authority requires not only subjection but also the rendering of various taxes, respect, and honor (Rom. 13:7).この権限だけではなく、服従でなく、様々な税金のレンダリング、尊敬、名誉(ローマ13時07)が必要です。

Other Authorities in Human Life人間の生活の中で他の当局

The NT recognizes human institutions that will exist within human society, among which civil government is the prime example. NTは、そのうち民事政府が典型的な例であり、人間社会の中に存在する人間の機関を認識します。 Its word of instruction is that Christians, for the Lord's sake, should submit to every appropriate human institution (I Pet. 2:13).命令のその言葉は、主のためにキリスト教徒は、すべての適当な人間の機関(私のペット。2:13)に報告しなければならないということです。 The word of qualification assumed but not stated in every one of these spheres is found explicitly in Acts 5:29 in reference to the civil and religious sphere; namely, "we must obey God rather than men" (cf.4:19).資格想定しますが、これらの球の一つ一つに記載されていないという言葉は、市民的及び宗教球を参考に5時29行為の中で明示的に発見された、すなわち、(cf.4:19) "我々はむしろ男性より神に従わなければならない"。 When the human authority clearly contravenes one's allegiance to God's authority, one is authorized to appeal to God's authority and obey it in contradistinction to that of any human authority.人間の権威は明らかに神の権威に自分の忠誠に反する場合には、一方は神の権威に訴えると、任意の人間の権威のそれと対比して、それに従うことを承認されています。 For in that situation the authority structure has so opposed the one who gives it its validity that it forfeits its authority.そのような状況での権限構造がので、その権威を喪失していることはそれにその正当性を与えてくれるものに反対してきた。

Satan's Authorityサタンの権威

The exercise of power by the evil one and the demons is also regarded as a power or authority, but a usurped one which is only under God's ultimate authority (Luke 4:6; Acts 26:18; Col. 1:13; cf. Job 1).悪1と悪魔によって権力の行使は、電力や権威と見なされますが、唯一の神の究極の権威(ルカによる福音書4:06の下にあるのusurped 1です; 26:18使徒、大佐1:13; CF。ジョブ1)。 Such angelic beings, who are called powers or authorities, have been disarmed by Christ (Col. 2:15) and have no other final outcome than that of the devil's final doom (Rev. 20:10).権力や権威と呼ばれるような天使のような人間は、キリストによって武装解除され(コロサイ2:15)と悪魔の最終的な運命(黙20:10)のそれよりも、他の最終的な結果を持っているされていません。

GW Knight, III GWナイト、Ⅲ
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
W. Foerster, TDNT, II, 562-75; O. Betz and C. Blendingen, NIDNTT, II, 606-11; T. Rees, ISBE, I, 333-40; J. Denney, "Of Christ," HDCG; WM McPheeters, "In Religion," HDCG; J. Rea, WBE, I, 179-80; HD McDonald, ZPEB,I, 420-21; JI Packer, IBD; GW Bromiley, ISBE (rev.), I, 364-70; JN Geldenhuys, Supreme Authority; B. Ramm, Patterns of Authority. "キリストの、"デニーは、HDCG、横フォースター、TDNT、Ⅱ、562から75、O.ベッツとC. Blendingen、NIDNTT、Ⅱ、606から11、T. Reesさん、ISBE、私は、333から40 、 "宗教では、" WM McPheeters、HDCG; J. Reaさん、WBE、私は、179から80、HDマクドナルド、ZPEB、私は、420から21;チパッカー、IBD、GW Bromiley、ISBE(牧師)、私は、 364から70、JN Geldenhuys、最高権威; ramm Bには、権限のパターン。


Authority of the Bible聖書の権威

Advanced Information 高度情報

In its personal reference authority is the right and capacity of an individual to perform what he wills and who, by virtue of his position or office, can command obedience.その個人的な参照権限で彼の意志、そして、だれが、彼の立場やオフィスのおかげで、服従を命令することができるものを実行するために個人の権利と能力がある。 It has also an application to words spoken or written whose accuracy has been established and whose information can consequently be trusted.また、精度が確立され、その情報は結果的に信頼することができますされた話し言葉や書き言葉にアプリケーションを持っています。

In the NT the Greek word exousia is sometimes translated "right" (NEB), or "power" (AV; eg, Matt. 9:6; John 1:12; 17:2; 19:10), and sometimes "authority" (eg Matt. 7:29; 8:9; 21:23; John 5:27; Acts 9:14). NTのギリシャ語exousiaは時々、 "正しい"(NEB)、または "パワー"と訳されている(AV;例えば、マット9時06は、ヨハネ1:12、17時02分、19時10分)、そして時には "権威"(例えばマット7時29分; 8時09分、午後9時23分、ジョン5時27分、行為9:14)。 What emerges from its various occurrences is that the possession of exousia is of a power held by right.何がその様々な出来事から出現するexousiaの所持は右が保有する電力であるということです。 In some contexts the emphasis falls on the authority which the possession of power rightfully gives; in other instances it falls on the reality of the power which conditions the right use of authority.いくつかの文脈で強調が権力の所持が合法的に与える権限にあたる、他のインスタンスには、どのような条件権威の正しい使い方を権力の現実に落ちる。

Authority may be bestowed or inherent. When Jesus was asked by what authority he taught and acted (Matt. 21:23-24) the implication was that his authority was external. 権限が授けまたは内在することができる。イエスは彼が含意は彼の権威は、外部ということだったと教え(マタイ21:23-24)行動は何の権威によって尋ねられたとき。 His questioners supposed him to be exercising a representative in the declaration that Jesus taught with authority (Matt. 7:29) and "with authority and power" expelled unclean spirits (Luke 4:36) the locus of such authority was in his own being.彼の質問者は、彼は、イエスが権威(マタイ7時29)と教えられ、追放汚れた霊(ルカによる福音書4:36) "権威と権力との"そのような権威の座にある彼自身であったことを宣言における代表権を行使することになって。 It was, that is to say, an ontological authority.それは、即ち、存在論的権威であった。 Thus, while the authority for his words and acts was not his own but came from the one who sent him (John 14:10; 17:8), yet these same words and acts had their raison d'etre in his own person because grounded in his filial relationship with God his Father.このように、しながら、彼の言葉や行為に対し、権限は彼自身ではなかったが、彼(ヨハネ14:10、午後05時08)に送られたものから来て、まだこれらの同じ言葉と行為が彼自身の人で自分の存在意義を持っていたので、神彼の父と彼の親孝行の関係で接地されています。

As in the case of Christ in whom both aspects of authority, the bestowed and the inherent, combined, so is it with the Bible.権威の両方の面で、キリストの場合のように、贈与と組み合わせた、内在するので、聖書を持つそうです。 Because the Bible points beyond itself to God, it has a conferred authority.神に自分自身を超えて聖書のポイントなので、それが授与権限を持っています。 Yet the Bible has a real authority in itself as the authentic embodiment of God's self-disclosure.しかし、聖書は、神の自己開示の本格実施形態としてそれ自体が本当の権威を持っています。 Liberal theologians refuse the Bible this ontological authority, granting it at most a borrowed authority.リベラルな神学者は、ほとんど借り権限でそれを与える、この存在論の権威、聖書を拒否します。 Some, like Karl Barth, allow this authority to be bestowed by God while insisting that the Bible itself is essentially a human product.いくつかは、カール·バルトのように、聖書自体が本質的に人間の産物であることを主張しながら、この権威は神によって授けすることができます。 Others, eg, Rudolf Bultmann and Paul Tillich, regard the Bible as a fallible collection of religious writings on which the early church arbitarily imposed an authority which evangelical piety has continued to uphold.その他、例えば、ルドルフブルトとティリッヒは、初期の教会は福音arbitarily信心深さは維持し続けてきた権威を課されている宗教的な記述の誤りを犯しがちなコレクションとして聖書を考えています。 But by refusing to the Bible an ontological authority, liberal theology uncovers its fundamental inconsistency, thereby pronouncing its own condemnation.しかし、聖書に存在論的権威を拒否することによって、自由主義神学は、それによって自身の非難を発音すると、その根本的な矛盾を明らかにします。 For insofar as it wishes the acceptance of its own unbiblical speculations, it has to decry the authority of the Bible.それは、独自の非聖書的な思索の受け入れを望むものであれば、それは、聖書の権威を非難しなければならない。 Yet insofar as it is concerned to retain the label Christian, it appeals to the Bible as its authoritative source.それはキリスト教のラベルを保持するために懸念している限り、まだ、その権威ある情報源としては、聖書に訴える。

An approach to the subject of biblical authority must begin with God himself. For in him all authority is finally located. 聖書の権威の対象へのアプローチは、神ご自身で始まる必要があります彼の中ではすべての権限は最終的に位置しています。 And he is his own authority for there is nothing outside him on which his authority is founded.彼の権威が設立されている彼を外には何もないために、彼は彼自身の権威です。 Thus, in making his promise to Abraham, he pledged his own name since he had no greater by whom to swear (Heb. 6:13).彼は(ヘブル6:13)誰によって誓うことなく大きくなかったので、このように、アブラハムに約束を作ることに、彼は彼自身の名前を誓った。 This authority of God is, then, the authority of what God is.この神の権威は、その後、神とは何かの権威です。 But what God is, is made known in his self-disclosure, since only in his revelation can God be known.唯一の彼の啓示神は知ることができるので、しかし、神が何であるかを、彼の自己開示で知られて作られています。 Revelation is therefore the key to God's authority, so that the two, revelation and authority, may be regarded as two sides of the same reality.ヨハネの黙示録には、2つの、啓示と権威は、同じ現実の二つの辺とみなすことができるので、それゆえ、神の権威への鍵となります。 In revelation God declares his authority.啓示、神は彼の権威を宣言します。

The prophets of the OT found their certainty in God's revelation. In uttering their message they knew themselves to be declaring God's authoritative will. 旧約聖書の預言者たちは、神の啓示でその確実性を発見した。彼らのメッセージを口では、彼らは神の権威ある意志を宣言すること自体を知っていた。 As God's ambassadors they proclaimed what God required of his people.神の大使として、彼らは、神が彼の人々に求められるものを宣言した。 For Christian faith Christ is known as God's final revelation.キリスト教の信仰は、キリストのために、神の最後の啓示として知られています。 In him God's imperial authority is most graciously expressed.彼の心の中で神の皇室の権威が最も優雅に表されます。 Thus is Christ the sum of all that is divinely authoritative for the life of man.こうしてキリストは、人間の生活のための神の権威あるすべての合計です。 But this progressive unveiling of God, which culminated in Christ, has been given perpetual form in the biblical writings.しかし、キリストで絶頂に達し、この神のプログレッシブ除幕式は、聖書の著作の中で永遠の形を与えられている。 Scripture consequently participates in God's authority, so that Christ's relation thereto is decisive as vindicating its authority.聖書は、結果的にキリストの関係をそれがその権限をvindicatingとして決定的であるように、神の権威に参加しています。

Jesus read "all the Scriptures" of the OT as a prophetic outline of what he came to accomplish; and he took its very language to be the natural, and at the same time the supernatural, expression of his Father's will. イエスは、彼が達成するために来たのか、予言のアウトラインとしてOTの"すべての聖書"を読んで、そして彼は自然であるように、まさにその言葉を取って、彼の父の意志を同時に超自然、式。 By his attitude to and use of the OT Christ truly validated its divinity.彼の態度にとOTキリストを使用することによって、本当にその神性を検証されています。 With the same conviction of its divine authority the NT writers accepted it and quoted it; and in its light they themselves, as the inspired interpreters of the saving significance of Christ's person and work, put their own writings on an equal footing with the OT Scriptures as divinely authoritative.その神の権威と同じ信念をもってNTの作家はそれを受け入れ、それを引用し、その光の中で、彼ら自身が、キリストの人と仕事の保存意義をほうふつさせる通訳として、旧約聖書聖書と対等に自分の文章を入れて神の権威として。 In the words of his elect apostles the full measure of God's revelation in Christ was brought to completion so that Paul could declare, "In the sight of God speak we in Christ" (II Cor. 12:19).彼の当選者の言葉では、パウロは宣言することができるように、キリストにあって神の啓示に満ち措置が完了するまで持って来られた使徒 "神の御前でキリストにあって、我々を話す"(Ⅱコリント12:19)。 Thus do the apostles claim an absolute authority for their writings (eg, II Cor. 10:11; 1 Thess. 2:13; 5:27; II Thess. 2:15; 3:14).したがって、使徒たちはその文章のための絶対的な権威を主張しない(例えば、Ⅱコリント10:11; 1テサロニケ2:13; 5時27分、IIテサロニケ2時15分; 3:14)。

The authority of the Bible is established by its own claims. It is the word of God. 聖書の権威は、独自の特許請求の範囲によって確立されています。それは神の言葉です。 Such declarations as, "Thus says the Lord," or its equivalent, occur so frequently in the OT that it can confidently be asserted that the whole account is dominated by the claim.などの宣言は、 "このように主は言われる"またはそれに相当するものは、それは自信を持って全体のアカウントがクレームによって支配されていることを主張することができるように頻繁に旧約聖書で起こる。 The NT writers also refer to these Scriptures as having God for their source. NTの作家はまた、それらのソースのために神を持っているとして、これらの聖書を参照してください。 In the NT itself both Christ and the gospel are spoken of as "the word of God" and so demonstrate the fact that the tie between the two is a vital and necessary one. NT自体の両方でキリストと福音は "神の言葉"としての話など両者の提携が不可欠と必要なものであるという事実を実証しています。 Specifically is the gospel in its central content and many aspects, through the action of the Holy Spirit, brought into written form by Christ's appointees as God's authoritative word for the church and in the world.具体的には、その中心コンテンツと多くの面で福音は、聖霊の働きを通して、教会のために、神の権威ある言葉として、世界のキリストの任命者によって書かれた形に持って来た。 Both testaments therefore belong together under the one designation, "the word of God." testamentsの両方は、したがって、1名称で、 "神の言葉"を一緒に属する As God's word the Bible consequently carries in itself God's authority.神の言葉として聖書は、結果的にそれ自体が神の権威を運ぶ。

It is the scripture of truth. In the OT the Hebrew word 'emet, rendered "truth" in the AV and frequently translated "faithfulness" in the RSV (eg, Deut. 32:4; Ps. 108:4; Hos. 2:20), is constantly predicted of God. それは真実の経典ではRSVのAVと頻繁に翻訳された"誠実さ"(例えば、申命32:4の"真実"をレンダリングし、ヘブライ語の単語'EMET、ot;。Psは108:4;ホーズ2。 :20)、絶えず神から予測されています。 God as true is absolutely faithful (cf. Ps. 117:2), and this absolute faithfulness of God assures his complete trustworthiness.真の神として絶対に​​忠実である(cf.しまう。117:2)、そして、この神の絶対的な誠実さは彼の完全な信頼性を保証しています。 This truthfulness of God passes over as an attribute of what God is in himself to characterize all his works (cf. Ps. 57:3) and especially his word.この神の真実は神がすべての彼の作品(cf.しまう。57:3)で、特に彼の言葉を特徴付けるために自分に何があるかの属性として上を通過する。 Thus is his word both true and faithful (cf. Ps. 119:89).したがって、真の、忠実な両方の彼の言葉(cf.しまう。119:89)です。 The whole OT, then, as "the word of God" is to be designated "the scripture of truth" (Dan. 10:21 AV). "神の言葉"とし、全体のOTは、 "真理の経典"(10時21分Dan. AV)が指定されるべきである。 It partakes of God's own chracter, of the fundamental truthfulness of him who declares himself to be "not a man, that he should lie" (Num. 23:19; cf. 1 Sam. 15:29; Ps. 89:35).それは、自身が "彼はあるべきではない男"であると宣言し、彼の根本的な真実に、神ご自身のchracterのpartakes(; CF 1サム15時29分;。Num.午後11時19分。Psは89:35)は。 Ps. psの。 31:5 declares that the Lord is the God of truth, while Ps. 31:5主はPsをしながら、真実の神であることを宣言します。 119:160 affirms his word as the word of truth. 119:160は真実の言葉として、彼の言葉を肯定する。 In both places the same Hebrew term is employed.両方の場所で同じヘブライ語の用語が用いられている。 The same truth is thus predicated of God and his word.同じ真実は、このように神と神の言葉を前提としている。

In the NT the word aletheia has the same fundamental meaning of genuineness and truthfulness as opposed to what is false and unreliable. NTでは、ワードaletheiaはfalseと信頼性がありません何とは対照的に、誠実さと真実の同じ基本的な意味を持っています。 So God is both true (1 John 5:20; John 3:33; 7:28; 8:26; 17:3; 1 Thess. 1:9) and truthful (Rom. 3:7; 15:8, etc.).それで神は真実でもあります(1ヨハネ5時20ヨハネ3時33分、7時28分、午前8時26分、17時03; 1テサロニケ1:9)と真実(ローマ午前3時07分、午後3時08など。)。 And as God is, so too is his word.神があるようなので、あまりにも彼の言葉です。 His word is truth (John 17:17).彼の言葉は真実(ヨハネ17:17)となります。 The gospel is presented with truthful words (II Cor. 6:7; cf. Col. 15; James 1:18), and the truth of the gospel (Gal. 2:5) is identical with the truth of God (Rom. 3:7).福音は、(。。CF大佐15、IIコリント6時07ジェームズ1:18)真実の言葉が提示され、福音の真理(ガラテヤ2:5)神(ローマの真実と同一である3:7)。

The Bible is, then, the book of God's truth; and such truth is, as the Westminster Catechism says, "infallible truth." 聖書は、その後、神の真実の本であり、ウェストミンスター教理問答が言うようにそのような真実は、 "絶対確実な真理"である。 As it is wholly trustworthy regarding its truth, so must it be wholly reliable regarding its facts.それが真実に関する完全信頼であるのと同様、それはその事実に関して完全に信頼できるものでなければならない。 And because it is both, it is our divine authority in all things that pertain to life and godliness.そして、それは両方あるので、それは生命と神を敬うことに関係するすべてのものの私たちの神の権威です。

HD McDonald HDのマクドナルド
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
R. Abba, The Nature and Authority of the Bible; H. Cunliffe-Jones, The Authority of the of the Bible; H. Cunliffe-Jones, The Authority of the Biblical Revelation; RE Davies, The Problem of Authority in the Continental Reformers; CH Dodd, The Authority of the Bible; PT Forsyth, The Principle of Authority; N. Geldenhuys, Supreme Authority; FJA Hort, The Authority of the Bible; GH Hospers, The Reformed Principle of Authority; RC Johnson, Authority in Protestant Theology; DM Lloyd-Jones, Authority; HD McDonald, Theories of Revelation; L. Oswald, The Truth of the Bible; B. Ramm, Patterns of Authority; A. Richardson and W. Schweitzer, eds., Biblical Authority for Today; J. Rogers, ed., Biblical Authority; JWC Wand, The Authority of the Scriptures; BB Warfield, The Inspiration and Authority of the Bible; RR Williams, Authority in the Apostolic Age. R.アバ、聖書の自然と権威; H.カンリフ - ジョーンズ、聖書の権威; H.カンリフ - ジョーンズは、聖書のヨハネの黙示録の権威; REデイヴィス、コンチネンタル改革派の権威の問題;チャンネルドッドは、聖書の権威; ptフォーサイス、権限の原則、N. Geldenhuys、最高権威; fjaホルトは、聖書の権威; GHホスパース、権力の改革原理、RCジョンソン、プロテスタント神学の権威; DMロイド·ジョーンズ、権力、HDマクドナルド、ヨハネの黙示録の理論; L.オズワルドは、聖書の真理; ramm Bには、権力のパターン;リチャードソンとW.シュバイツァー編、今日のために聖書の権威、J 。ロジャース、エドは、聖書の権威;。JWCワンド、聖書の権威; bbウォーフィールドは、聖書の霊感と権威; RRウィリアムズ、ローマ教皇の年齢の権威。


Inspiration of the Bible聖書のインスピレーション

Advanced Information 高度情報

The theological idea of inspiration, like its correlative revelation, presupposes a personal mind and will, in Hebrew terminology, the "living God", acting to communicate with other spirits.神学的にその相関啓示のようなインスピレーションのアイデア、個人的な前提と心と、ヘブライ語の用語では、 "生きている神"他の精霊と交信するために行動します。 The Christian belief in inspiration, not alone in revelation, rests both on explicit biblical assertions and on the pervading mood of the scriptural record.啓示のインスピレーションでキリスト教の信仰ではなく、単独では、明示的な聖書の主張にと聖書のレコードの浸透している気分の両方にかかっている。

Biblical Terminology聖書の用語

Today the English verb and noun "inspire" and "inspiration" bear many meanings.今日英語の動詞と名詞 "インスパイア"と "インスピレーション"は多くの意味を負うものとします。 This diverse connotation is already present in the Latin inspiro and inspiratio of the Vulgate Bible.この多様な含蓄は既にウルガタ聖書のラテンinspiroとinspiratioに存在しています。 But the technical theological sense of inspiration, largely lost in the secular atmosphere of our time, is clearly asserted by the Scriptures with a special view to the sacred writers and their writings.しかし、大部分は私たちの時代の世俗的な雰囲気の中で失われたインスピレーションの技術的神学的な意味では、明らかに神聖な作家とその文章に特殊なビューを持つ経典によってアサートされます。 Defined in this sense, inspiration is a supernatural influence of the Holy Spirit upon divinely chosen men in consequence of which their writings become trustworthy and authoritative.この意味で定義され、インスピレーションは、その文章が信頼と権威となっているの結果として神の力で選ばれた男性の時聖霊の超自然的な影響である。

In the AV the noun appears twice: Job 32:8, "But there is a spirit in man; and the inspiration of the Almighty giveth them understanding"; and 11 Tim. 、ジョブ32:8 "しかし人間の精神があり、そして全能のインスピレーションは、彼らに理解を授けられる"と、11ティム:AVの名詞が2回表示されます。 3:16, "All scripture is given by inspiration of God, and is profitable for doctrine, for reproof, for correction, for instruction in righteousness." 3:16、 "聖書全体は神の霊感によるものであり、教義のために、小言のため、補正のため、正義の命令のために有益です。" In the former instance both the ASV and the RSV substitute "breath" for "inspiration," an interchange which serves to remind us of the dramatic fact that the Scriptures refer the creation of the universe (Ps. 33:6), the creation of man for fellowship with God (Gen. 2:7), and the production of the sacred writings (11 Tim. 3:16) to the spiration of God.前者の場合、ASVと "インスピレーション"聖書は宇宙の創造(詩篇33:6)の作成を参照している劇的な事実を思い出させるのに役立つ交換用のRSV代用 "息"の両方神(創世記2:7)、神のspirationの聖典(11ティム。3:16)の生産との交わりは、man。 In the latter instance, the ASV renders the text "Every scripture inspired of God is also profitable," a translation abandoned as doubtful by the RSV, "All scripture is inspired by God and profitable."後者の例では、ASVはテキストレンダリング "神の啓示すべての経典にも有益であり、"翻訳はRSVによる疑わしいとして放棄された、 "聖書全体は神と収益性に触発されています。"

Biblical Teaching聖書の教え

Although the term "inspiration" occurs infrequently in modern versions and paraphrases, the conception itself remains firmly embedded in the scriptural teaching.用語 "インスピレーション"が現代版と言い換えでまれに発生しますが、概念自体は、聖書の教えにしっかりと埋め込まれたままになります。 The word theopneustos (11 Tim. 3:16), literally God, "spirated" or breathed out, affirms that the living God is the author of Scripture and that Scripture is the product of his creative breath.単語theopneustos(11ティム。3:16)、文字通り神 "spirated"または吐き出しは、生ける神が聖書の著者であり、その聖書は彼の創造的息の製品であることを断言する。 The biblical sense, therefore, rises above the modern tendency to assign the term "inspiration" merely a dynamic or functional significance (largely through a critical dependence on Schleiermacher's artificial disjunction that God communicates life, not truths about himself).聖書の意味は、したがって、用語 "インスピレーション"とは、単に動的または機能的意義を(主に神が自分自身についての人生ではなく、真理を伝えることをシュライエルマッハーの人工的な選言上の重要な依存性を介して)割り当てるために近代的な傾向を超えて上昇する。 Geoffrey W. Bromiley, translator of Karl Barth's Church Dogmatics, points out that whereas Barth emphasizes the "inspiring" of Scripture, that is, its present use by the Holy Spirit toward hearers and readers, the Bible itself begins further back with the very "inspiredness" of the sacred writings.バルトは、聖書の "感動"を強調しているのに対し、それは聞き手や読者に向かって、聖霊によって、その存在を使用することである、聖書自体が "非常に戻ってさらに始まっているジェフリー·W·Bromiley、カール·バルト教会教義学トランスレータは、指摘聖典のinspiredness "。 The writings themselves, as an end product, are assertedly God-breathed.文章自体は、最終製品としては、神の霊感assertedlyです。 Precisely this conception of inspired writings, and not simply of inspired men, sets the biblical conception of inspiration pointedly over against pagan representations of inspiration in which heavy stress is placed on the subjective psychological mood and condition of those individuals overmastered by divine afflatus.正確に聖書のではなく、単にインスピレーションを得た男性のこの概念は、重いストレスが天啓によってovermasteredそれらの個人の主観的な心理的な気分や状態に置かれているインスピレーションの異教の表現に対してあからさまに上のインスピレーションの聖書の概念を設定します。

While the Pauline passage already noted lays proximate emphasis on the spiritual value of Scripture, it conditions this unique ministry upon a divine origin, in direct consequence of which the sacred record is profitable (cf. opheleo, "to advantage") for teaching, reproof, correction, and instruction in righteousness.ポーリーン通路はすでに指摘しながら条件教育のための神聖な記録が(参照opheleo、 "優位に")は、利益となっている直接の結果で神の起源に応じて、このユニークなミニストリー、、小言、聖書の精神的な価値に近接重点を産む、訂正、正義の命令。 The apostle Paul does not hesitate to speak of the sacred Hebrew writings as the veritable "oracles of God" (Rom. 3:2).使徒パウロは、真の "神の神託"(ローマ3:2)として神聖なヘブライ語文章を話すことを躊躇しません。 James S. Stewart does not overstate the matter when he asserts that Paul as a Jew and later as a Christian held the high view that "every word" of the OT was "the authentic voice of God" (A Man in Christ, p. 39).彼はユダヤ人のように、後にクリスチャンとしてパウロは旧約聖書の "すべての単語"は "神の本物の声"(キリスト、pの中の男だったことを高くビューを開催しましたことを主張するときにジェームズS.スチュワートは問題を誇張していません。 39)。

Emphasis on the divine origin of Scripture is found also in the Petrine writings.聖書の神の起源に重点が使徒ペテロの書物にも記載されています。 The "word of prophecy" is declared to be "more sure" than that even of the eyewitnesses of Christ's glory (11 Pet. 1:17ff.). "預言の言葉は" "より確実"であると宣言されるものよりも、キリストの栄光(11ペットです。1時17分FF)の目撃者。 A supernatural quality all its own, therefore, inheres in Scripture.聖書の超自然の品質はすべて独自したがって、内在。 While involving the instrumentality of "holy men," Scripture is affirmed nonetheless to owe its origin not to human but to divine initiative in a series of statements whose proximate emphasis is the reliability of Scripture:の尽力が関与しながら "聖なる男性を、"啓典ではなく、人間のすることではなく、近接強調聖書の信頼性である一連の声明では神のイニシアチブにその起源を借りてそれにもかかわらず、肯定された:

Jesus' View of Scripture聖書のイエスの眺め

If the passages already cited indicate something not only of the nature but of the extent of inspiration ("all scripture"; "the word of prophecy," elsewhere a summary term for the entirety of Scripture), a verse from the Johannine writings indicates something of the intensity of inspiration and at the same time enables us to contemplate Jesus' view of Scripture.通路はすでに自然のが、インスピレーションの範囲( "すべての経典"、 "予言の言葉が、"他の場所で聖書の全体の要約用語)だけでなく、何かを示す引用した場合は、使徒ヨハネの記述からの詩は何かを示していますインスピレーションの強度のと同時に、聖書のイエスのビューを熟考することを可能にする。 In John 10:34-35, Jesus singles out an obscure passage in the Psalms ("ye are gods," Ps. 82:6) to reinforce the point that "the Scripture cannot be broken."ヨハネ10:34-35で、詩篇の不明瞭な通路外にイエスのシングルは、そのポイント補強するために(詩篇。82:6 "あなたがたは、神である") "聖書が壊れてできません。" The reference is doubly significant because it also discredits the modern bias against identifying Scripture as the word of God, on the ground that this assertedly dishonors the supreme revelation of God in the incarnate Christ.参照は、それはまた、地面には、神の言葉として聖書を識別に対して近代的バイアスを信用をため、二重に有意であることをこのassertedly dishonors化身キリストにある神の至高の啓示。 But in John 10:35 Jesus of Nazareth, while speaking of himself as indeed the one "the Father consecrated and sent into the world," nonetheless refers to those in a past dispensation "to whom the word of God came (and scripture cannot be broken)."として彼自身の話しながらしかし、ナザレのヨハネ10:35イエスは、確かに一つの "聖体拝領と世界に遣わされた父は、"それにもかかわらず(そして経典にすることはできません神の言葉が来た誰に過去の摂理 "のものを指す壊れた)。 " The unavoidable implication is that the whole of Scripture is of irrefragable authority.やむを得ない含意は聖書の全体は争う余地のない権威であるということです。

This is the viewpoint also of the Sermon on the Mount reported in Matthew's Gospel: "Think not that I have come to abolish the law and the prophets; I have come not to abolish them but to fulfil them. For truly, I say to you, till heaven and earth pass away, not an iota, not a dot, will pass from the law until all is accomplished. Whoever then relaxes one of the least of these commandments and teaches men so, shall be called least in the kingdom of heaven" (Matt. 5:17-19 RSV).これは、マタイの福音書で報告された山上の垂訓のも視点である: "私は法と預言者を廃するためにきた、とは思わない、私はそれらを廃止するが、それらを満たすためではない来た本当に、私はあなたに言う。すべてが達成されるまで、天と地が、遠くないイオタはなく、ドットを通過するまでは法律から渡します。次にこれらの戒めのうちの一つを緩和し、そう、天国で最も小さい者と呼ばれるであろう男性を教えて誰"(マタイ5:17-19 RSV)。 Attempts to turn the repeated declarations, "You have heard that it was said...But I say to you" into a sustained criticism of the Mosaic law have not made their case convincingly against the probability that Jesus' protest is leveled rather against traditional reductions of the actual claim and inner intention of that law. "あなたはそれが言われたと聞いています...しかし、私はあなたに言う"モーセの律法の持続的な批判に、繰り返し宣言をオンにしようとすると、イエスの抗議が伝統的な反対ではなく平準化されるという確率に対して説得力をもって彼らのケースを作っていない実際のクレームとその法律の内側の意図の削減。 Indeed, the necessary fulfillment of all that is written is a frequent theme on our Lord's lips (Matt. 26:31; 26:54; Mark 9:12-13; 14:19, 27; John 13:18; 17:12).確かに、書かれているすべての必要な履行は、わたしたちの主の唇に頻繁なテーマ(マタイ26:31であり、26:54、マルコ9:12-13、14時19分、27、ヨハネ13:18; 17:12 )。 Whoever searches the Gospel narratives faithfully in view of Jesus' attitude toward the sacred writings will be driven again and again to the conclusion of Reinhold Seeberg: "Jesus himself describes and employs the Old Testament as an infallible authority (eg, Matt. 5:17; Luke 24:44)" (Text-book of the History of Doctrines, I, 82).聖典は、ラインホルトゼーベルクの結論に何度も何度も駆動されることになる向かってイエスの態度の観点から忠実に福音の物語を誰が検索します。 "イエス自身が絶対確実な権威(例えば、マットのように旧約聖書を説明し、採用して5:17。ルカ24:44) "(教説の歴史の教科書に、私、82)。

OT View OTの表示

In both speech and writing the OT prophets are marked off by their unswerving assurance that they were spokesmen for the living God.スピーチとライティングの両方で、OTの預言者は、彼らは生ける神のスポークスマンであったこと、その揺るぎない保証でオフにマークされています。 They believed that the truths they uttered about the Most High and his works and will, and the commands and exhortations they voiced in his name, derived their origin from him and carried his authority.彼らは、彼らが最も高いと彼の作品について発声真理と信じてます、彼らは、彼の名前で表明し、彼からその起源を導出し、彼の権威を運ばコマンドとな勧告。 The constantly repeated formula "thus saith the Lord" is so characteristic of the prophets as to leave no doubt that they considered themselves chosen agents of the divine self-communication.彼らは自分自身の神の自己コミュニケーションの選択された薬剤と考えていることは疑う余地を残さないように絶えず繰り返さ式では、 "主はこう言われる"と預言者のように特徴的である。 Emil Brunner acknowledges that in "the words of God which the Prophets proclaim as those which they have received directly from God, and have been commissioned to repeat, as they have received them...perhaps we find the closest analogy to the meaning of the theory of verbal inspiration" (Revelation and Reason, p. 122).エミールブルンでは、預言者たちが神から直接受け取っている、と彼らはそれらを受け取っているように、繰り返すために委託されたものとして宣言する神の言葉 "で...おそらく我々の意味に最も近い類似性を見つけることを認める口頭でのインスピレーションの理論 "(ヨハネの黙示録との理由は、p。122)。 Whoever impugns the confidence of the prophets that they were instruments of the one true God in their disclosure of truths about his nature and dealings with man is driven, consistently if not necessarily, to the only possible alternative of their delusion.誰が、彼らは一貫して彼らの妄想の唯一の可能な代替案に、必ずしも必要ではないがあれば、彼の性質についての真理と人間が駆動されるとの取引の開示の1つの真の神の楽器であったこと、預言者たちの信頼をimpugns。

From this same prophetic tradition it is impossible to detach Moses.この同じ予言の伝統から、それはモーセを切り離すことは不可能である。 Himself a prophet, rightly called "the founder of prophetic religion," he mediates the law and the priestly and sacrificial elements of revealed religion in the firm belief that he promulgates the veritable will of Jehovah.自身が預言者は、当然と呼ばれる "予言宗教の創始者"と、彼は法と、彼はエホバの真の意志をここに公布するという確固たる信念の啓示宗教の聖職者と犠牲の要素を媒介する。 God will be the prophet's mouth (Exod. 4:14ff.); Moses is to be God, as it were, to the prophet (Exod. 7:1).神は預言者の口(。Exod. 4時14 FF)になり、それは預言者(Exod. 7:1)に、あったようにモーセは神になることです。

The Old and the New古いものと新しいもの

The NT observations about Scripture apply primarily, of course, to the OT writings, which existed in the form of a unitary canon.聖書に関するNTの観測はユニタリキヤノンの形で存在していたOTの文章には、もちろん、主に適用されます。 But the apostles extended the traditional claim to divine inspiration.しかし、使徒たちは神の霊感に伝統的な主張を広げた。 Jesus their Lord had not only validated the conception of a unique and authoritative corpus of sacred writings, but spoke of a further ministry of teaching by the Spirit (John 14:26; 16:13).イエス彼らの主は唯一の聖典のユニークで権威あるコーパスの構想を検証しますが、御霊によって教えのさらなる省(ヨハネ14:26; 16:13)について語っていませんでした。 The apostles assert confidently that they thus speak by the Spirit (I Pet. 1:12).使徒たちは、彼らがこのように聖霊(私のペット。1:12)で話すことを自信を持って断言する。 They ascribe both the form and matter of their teaching to him (I Cor. 2:13).彼らは、フォームと彼に彼らの教え(Iコリント2:13)の問題の両方を帰する。 They not only assume a divine authority (I Thess. 4:2, 14; II Thess. 3:6, 12), but they make acceptance of their written commands a test of spiritual obedience (I Cor. 14:37).彼らは唯一の神の権威を(。私thess 4時02分、14;第IIテサロニケ3時06分、12)と仮定しないが、彼らは記述されているコマンドの霊的な服従(私うわっ14時37分)の試験の承認をすること。 They even refer to each other's writings with the same regard as for the OT (cf. the identification in I Tim. 5:18 of a passage from Luke's Gospel, "The laborer is worthy of his hire" [Luke 10:7] as Scripture, and the juxtaposition of the Pauline epistles in II Pet. 3:16 with "the other scriptures").彼らもot(cf.私ティムの識別。5時18分ルカの福音書の一節のと同じに関して互いの文章を参照して、[ルカの福音書10:07]として、 "労働者は、彼の雇用の価値がある"聖書、およびIIペットパウロの書簡の並置。 "他の経典"付き3:16)。

Historical View歴史観

The traditional theory, that the Bible as a whole and in every part is the word of God written, held currency until the rise of modern critical theories a century ago.従来の理論では、それが全体のすべての部分のように、聖書は、一世紀前に現代の重要な理論の立ち上がりまでの通貨開催書かれた神の言葉です。 W. Sanday, affirming that the high view was the common Christian belief in the middle of the last century, comments that this view is "substantially not very different from that...held two centuries after the Birth of Christ," indeed, that "the same attributes" were predicated of the OT before the New (Inspiration, pp. 392-93).ハイビュー "は、それとは実質的にあまり変わらない...二世紀キリストの誕生後に開催された"確かに、その最後の世紀の真ん中に共通のキリスト教の信仰は、このビューであることをコメントしたことを肯定·W·サンデー、 "同じ属性"が新しい(インスピレーション、頁392から93)の前にOTの前提とされた。 Bromiley notes certain rationalizing tendencies that have arisen on the rim of the high view: the Pharisees' rejection of Jesus of Nazareth as the promised Messiah despite their formal acknowledgment of the divine inspiration of Scripture; the attribution of inspiration to the vowel points and punctuation by seventeenth century Lutheran dogmaticians; and a depreciation (eg, in the Middle Ages) of the role of illumination in the interpretation of Scripture ("The Church Doctrine of Inspiration" in Revelation and the Bible, ed. CFH Henry, pp. 213ff.).聖書の神のインスピレーションの彼らの正式な承認にもかかわらず、約束のメシアとしてナザレのイエスのパリサイ人 '拒絶、母音点へのインスピレーションの帰属とによって句読点:Bromileyは、高視野の縁に生じた一定の合理的な傾向を指摘十七世紀ルター派dogmaticians、そして聖書の解釈における照明の役割の減価償却費(例えば、中世に)(黙示録の "インスピレーションの教会ドクトリン"と聖書は、エドcfhヘンリー、頁213ff。) 。

The Protestant Reformers guarded their view of the Bible from the errors of rationalism and mysticism.プロテスタントの宗教改革は、合理主義と神秘主義のエラーからの聖書の見解を守った。 To prevent Christianity's decline to mere metaphysics they stressed that the Holy Spirit alone gives life.単なる形而上学へのキリスト教の衰退を防ぐために、それだけでは聖霊は命を与えることを強調した。 And to prevent decline of the Christian religion to formless mysticism they emphasized the Scriptures as the only trustworthy source of the knowledge of God and his purposes.そして混沌とした神秘主義キリスト教の宗教の衰退を防ぐために、彼らは神と神の目的のための知識の唯一の信頼できるソースとして聖書を強調した。 The historic evangelical view affirms that alongside the special divine revelation in saving acts, God's disclosure has taken the form also of truths and words.歴史的な福音派のビューは、保存行為の中で特別な神の啓示と一緒に、神の開示は真理と単語からも形をとっていることを断言する。 This revelation is communicated in a restricted canon of trustworthy writings, deeding fallen man an authentic exposition of God and his relations with man.この啓示は倒れた男に、神と人間との関係の本格的な博覧会の譲渡に際しては、信頼できる書物の制限キヤノンで通信されます。 Scripture itself is viewed as an integral part of God's redemptive activity, a special form of revelation, a unique mode of divine disclosure.聖書自体は、神の贖いの活動の不可欠な部分、啓示の特別な形で神の開示のユニークなモードとして表示されます。 In fact, it becomes a decisive factor in God's redemptive activity, interpreting and unifying the whole series of redemptive deeds, and exhibiting their divine meaning and significance.実際には、それは贖いの行為の全シリーズを解釈して、統一し、神の贖いの活動の決定的な要因となり、彼らの神の意味と意義を示す。

Critical Theories重要な理論

The postevolutionary criticism of the Bible carried on by Julius Wellhausen and other modern scholars narrowed the traditional confidence in infallibility by excluding matters of science and history.ユリウス·ヴェルハウゼン、他の現代の学者によってで運ば聖書のpostevolutionary批判は、科学や歴史の問題を除外することで、無謬性の伝統的な自信を狭めた。 How much was at stake in a weakening of trust in the historical reliability of Scripture was not at first obvious to those who placed the emphasis on reliability of the Bible in matters of faith and practice.信仰と実践の問題で聖書の信頼性に重​​点を置いている人への最初の明らかに聖書の歴史的な信頼性への信頼の弱体化で危機に瀕してどのくらいされていませんでした。 For no distinction between historical and doctrinal matters is set up by the NT view of inspiration.歴史と教義上の問題との間に区別はないのためのインスピレーションのNTビューによって設定されます。 No doubt this is due to the fact that the OT history is viewed as the unfolding of God's saving revelation; the historical elements are a central aspect of the revelation.疑いは、これは旧約聖書の歴史は、神の啓示の保存の展開と見られているという事実によるものではない、歴史的な要素は、啓示の中心的な側面です。 It was soon apparent that scholars who abandoned the trustworthiness of biblical history had furnished an entering wedge for the abandonment of doctrinal elements.それは聖書の歴史の信頼性を放棄した学者は教義上の要素の放棄のために入るくさびを提出したことがすぐに明らかになった。

Theoretically such an outcome might perhaps have been avoided by an act of will, but in practice it was not.理論的にはそのような結果は、おそらく意志の行為によって避けるこ​​とが、実際にはそうではなかったされている場合があります。 William Newton Clark's The Use of the Scriptures in Theology (1905) yielded biblical theology and ethics to the critics as well as biblical science and history, but reserved the teaching of Jesus Christ as authentic.神学における聖書のウィリアム·ニュートン·クラークの使用(1905)は批評家だけでなく、聖書の科学や歴史に聖書神学と倫理をもたらしたが、本物のようにイエス·キリストの教えを保有。 British scholars went further.英国の学者がさらに行った。 Since Jesus' endorsement of creation, the patriarchs, Moses, and the giving of the law involved him in an acceptance of biblical science and history, some influential critics accepted only the theological and moral teaching of Jesus.イエスの創造の裏書、族長、モーセ、そして法律の付与は、聖書の科学と歴史の受け入れで彼が関与しているので、いくつかの有力な批評家が、イエスの唯一の神学と道徳教育を受け入れた。 Contemporaries swiftly erased even this remainder, asserting Jesus' theological fallibility.同時代には、速やかに、イエスの神学的な可謬性を主張しても、この残りを消去。 Actual belief in Satan and demons was insufferable to the critical mind, and must therefore invalidate his theological integrity, while the feigned belief in them (as a concession to the times) would invalidate his moral integrity.それらの偽りの信念は(倍への譲歩として)彼の道徳的な完全性を無効にするだろうがサタンと悪霊の実際の信念は、重大な心に鼻持ちならないだった、だから彼の神学的な整合性を無効にする必要があります。 Yet Jesus had represented his whole ministry as a conquest of Satan and appealed to his exorcism of demons in proof of his supernatural mission.しかし、イエスはサタンの征服として彼の全省を代表し、彼の超自然的使命の証明の中で悪魔の彼の厄払いに訴えていた。 The critics could infer only his limited knowledge even of theological and moral truths.批評家は、唯一の神学と道徳的真理のも、彼の限られた知識を推測することができます。 The so-called Chicago school of empirical theologians argued that respect for scientific method in theology disallows any defense whatever of Jesus' absoluteness and infallibility.実証的神学者の、いわゆるシカゴ学派は、科学的な神学的に拒否のメソッドイエスの絶対性と無謬性のいずれかの防衛何のためにその点を主張した。 Harry Emerson Fosdick's The Modern Use of the Bible (1924) championed only "abidingly valid" experiences in Jesus' life that could be normatively relived by us.聖書(1924年)の現代的な用法は、規範的に私達によってrelivedできたイエスの生涯における "不変に有効な"体験を擁護ハリーエマソンフォスディックさん。 Gerald Birney Smith went another step in Current Christian Thinking (1928); while we may gain inspiration from Jesus, our own experience determines doctrine and a valid outlook on life.ジェラルドBirneyスミス(1928年)現在のキリスト教の思考に別のステップを行って、私たちがイエスからインスピレーションを得るかもしれないが、私たち自身の経験では、教義や生活上の有効な見通しを決定します。

Simultaneously many critical writers sought to discredit the doctrine of an authoritative Scripture as a departure from the view of the biblical writers themselves, or of Jesus of Nazareth before them; or, if admittedly Jesus' view, they sought to dismiss it nonetheless as a theological accommodation, if not an indication of limited knowledge.確かにイエスのビューならば、彼らは神学的にもかかわらず、それを却下しようとした、または、同時に多くの重要な作家は自分自身、またはそれらの前にナザレのイエスの聖書の作家の視点から逸脱したものと権威ある聖書の教義を信用しようとした宿泊施設、そうでない場合は限られた知識のしるし。 The internal difficulties of such theories were stated with classic precision by Benjamin B. Warfield ("The Real Problem of Inspiration," in The Inspiration and Authority of the Bible).このような理論の内部困難はベンジャミン·B·ウォーフィールド(聖書の霊感と権威の "インスピレーションの本当の問題、")で古典的な精度で述べた。 This attempt to conform the biblical view of inspiration to the looser modern critical notions may now be said to have failed.緩い現代の重要な概念にインスピレーションの聖書の見解を適合させる試みはすぐに失敗したと言われるかもしれない。 The contemporary revolt strikes more deeply.現代の反乱はより深く打つ。 It attacks the historic view of revelation as well as of inspiration, affirming in deference to the dialectical philosophy that divine revelation does not assume the form of concepts and words, a premise that runs directly counter to the biblical witness.それは、神の啓示が概念や言葉の形、聖書の証人に直接反する前提を想定していないこと弁証法的哲学に敬意を表して肯定だけでなく、インスピレーションのような啓示の歴史的なビューを攻撃する。

Whatever must be said for the legitimate rights of criticism, it remains a fact that biblical criticism has met the test of objective scholarship with only qualified success.批判の正当な権利のために言わなければならないものは何でも、それは聖書の批判は、資格の成功を客観奨学金の試験を満たしているという事実は残っている。 Higher criticism has shown itself far more efficient in creating a naive faith in the existence of manuscripts for which there is no overt evidence (eg, J, E, P, D, Q, first century nonsupernaturalistic "gospels" and second century supernaturalistic redactions) than in sustaining the Christian community's confidence in the only manuscripts the church has received as a sacred trust.高等批評は、明白な証拠(例えば、J、E、P、D、Q、最初の世紀nonsupernaturalistic "福音書"と第二世紀超自然のredactions)が用意されていない原稿の存在で素朴な信仰を作成する際にはるかに効率自体を示している教会は神聖な信託として受け取っただけの原稿にキリスト教社会の信頼を維持する上でより。 Perhaps the most significant gain in our generation is the new disposition to approach Scripture in terms of primitive witness instead of remote reconstruction.おそらく、私たちの世代の中で最も重要な利得は、プリミティブ証人の代わりにリモート再建の観点から聖書にアプローチする新しい処分です。

While it can shed no additional light on the mode of the Spirit's operation on the chosen writers, biblical criticism may provide a commentary on the nature and extent of that inspiration, and on the range of the trustworthiness of Scripture.それは選ばれた作家で精神の動作モードには、追加の光を当てることができない一方で、聖書の批判は、そのインスピレーションの性質と範囲についての解説を提供し、聖書の信頼性の範囲にあります。 The admittedly biblical view has been assailed in our generation especially by an appeal to such textual phenomena of Scripture as the Synoptic problem and apparent discrepancies in the reporting of events and numbers.確かに聖書のビューは、特に共観の問題やイベントと数字の報告に明らかな違いとして、聖書のような原文の現象にアピールすることによって、私たちの世代に襲われています。 Evangelical scholars have recognized the danger of imputing twentieth century scientific criteria to the biblical writers.福音派の学者たちが聖書の作家に二十世紀の科学的基準に帰する危険性を認識しています。 They have noted also that the OT canon so unqualifiedly endorsed by Jesus contains many of the difficulties of the Synoptic problem in the features of the books of Kings and Chronicles.彼らはとても無条件にイエスによって承認され、OTキヤノンは王とクロニクルの本の特徴の共観福音書の問題の難しさの多くが含まれていることも指摘している。 And they concede the proper role of an inductive study of the actual phenomena of Scripture in detailing the doctrine of inspiration derived from the teaching of the Bible.そして、彼らは聖書の教えに由来する、インスピレーションの教義を詳述啓典の実現象の誘導研究の適切な役割を認める。

CFH Henry cfhヘンリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
K. Barth, The Doctrine of the Word of God; C. Elliott, A Treatise on the Inspiration of the Holy Scriptures; T. Engelder, Scripture Cannot Be Broken; L. Gaussen, Theopneustia: The Plenary Inspiration of the Holy Scriptures; CFH Henry, God, Revelation, and Authority,4 vols., and (ed.), Revelation and the Bible; J. Orr, Revelation and Inspiration; NB Stonehouse and P. Woolley, eds., The Infallible Word; J. Urquhart, The Inspiration and Accuracy of the Holy Scriptures; JF Walvoord, ed., Inspiration and Interpretation; BB Warfield, The Inspiration and Authority of the Bible; JC Wenger, God's Word Written; JI Packer, God Has Spoken; HD McDonald, What the Bible Teaches About the Bible; P. Achtemeier, The Inspiration of Scripture; FE Greenspan, ed., Scripture in Jewish and Christian Tradition.バルト、神のことばの教義; C.エリオット、聖書のインスピレーション考; T. Engelder、聖書は分割することはできません。L. Gaussen、Theopneustia:聖書の全霊感; CFHヘンリーは、神は、ヨハネの黙示録、と権威、4 vols学です、と(編)、啓示と聖書;。J.オアー、ヨハネの黙示録とインスピレーション、NBストーンとP.ウーリー、EDS、絶対に正しい単語;。J.アーカート、聖書のインスピレーションと精度、JF Walvoord、ED、インスピレーションと解釈;。bbウォーフィールドは、聖書の霊感と権威; jcウェンガー、神の言葉書かれ、チパッカー、神が語られた、HDマクドナルド、どのような聖書聖書について教えて; P. Achtemeier、聖書のインスピレーションは、FEのグリーンスパン議長は、エドは、ユダヤ教とキリスト教の伝統の経典。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです