The Roman Breviary, Roman Catholic Breviaryローマの聖務日課書は、ローマカトリックの聖務日課書

General Information 一般的な情報

Prayer before Divine Service神の前に祈りサービス

Open thou, O Lord, my mouth to bless thy holy Name; cleanse also my heart from all vain, evil, and wandering thoughts; enlighten my understanding; enkindle my affections; that I may say this Office worthily, with attention and devotion, and so be meet to be heard in the presence of thy divine Majesty.なたは、主よ、あなたの聖なる名を祝福する私の口を開き、すべて、無駄悪、と放浪の思考からも私の心を清め、私の理解を啓発し、私の愛情を燃え立たせる、私が注目と献身、立派にこのOfficeを言うかもしれない、とそうなたの神の陛下の存在下で聞かれるように満たすこと。 Through Christ our Lord.キリストを通して、わたしたちの主。 Amen.アーメン。

O Lord, in union with that divine intention wherewith thou thyself on earth didst render thy praises to God, I desire to offer this my Office of prayer unto thee主よ、神に地球doの二人称単数レンダリングなたの賛辞でその神の意図何で汝汝自身との連合で、私はtheeに祈りのこの私のオフィスを提供することを望む


The Roman Breviary, Roman Catholic Breviaryローマの聖務日課書は、ローマカトリックの聖務日課書

Catholic Information カトリックの情報

This subject may be divided, for convenience of treatment, as follows:以下に示すように、この主題は、治療の利便性のために、分割することができる:

I. DEFINITION; I.定義;
II. Ⅱ。 CONTENTS;内容;
III. Ⅲ。 THE HOURS;時間;
IV. Ⅳ。 COMPONENT PARTS OF THE OFFICE; Officeのコンポーネント部品;
V. HISTORY OF THE BREVIARY;聖務日課書Vの歴史;
VI. Ⅵ。 REFORMS.改革。

I. DEFINITION I.定義

This word breviary (Lat. Breviarium ), signifies in its primary acceptation an abridgment, or a compendium.この単語の聖務日課書 (北緯Breviarium)は 、その主な語義ではく奪、または大要を意味します。 It is often employed in this sense by Christian authors, eg Breviarium fidei, Breviarium in psalmos, Breviarium canonum, Breviarium regularum. In litugical language Breviary has a special meaning, indicating a book furnishing the regulations for the celebration of Mass or the canonical Office, and may be met with under the titles Breviarium Ecclesiastici Ordinis , or Breviarium Ecclesiæ Rominsæ (Romanæ). In the ninth century Alcuin uses the word to designate an office abridged or simplified for the use of the laity.それは多くの場合、キリスト教の著者がこの意味で用い、例えばBreviarium信仰の、psalmos、Breviarium canonum、Breviarium regularumでBreviariumですでlitugical言語の聖務日課書ミサのお祝いやカノニカル事務所のための本の家具の規制を示す、特別な意味を持つので、とタイトルの下にBreviarium Ecclesiastici Ordinis、またはBreviariumで満たされるかもしれませんecclesiaのRominsæ(Romanæ)。九世紀にalcuinのは抄訳または信徒の使用のために簡略化オフィスを指定するために単語を使用しています。 Prudentius of Troyes, about the same period, composed a Breviarium Psalterii (v. inf. V. HISTORY).同じ期間に約トロワのプルデンテは、Breviarium Psalterii(対INF。V.履歴)を作曲した。 In an ancient inventory occurs Breviarium Antiphonarii , meaning "Extracts from the Antiphonary".古代のインベントリに"交唱聖歌からの抽出物"を意味し、Breviarium Antiphonariiを発生します。 In the "Vita Aldrici" occurs "sicut in plenariis et breviariis Ecclesi æ ejusdem continentur". "ヴィータAldrici"が発生した "plenariisらbreviariis Ecclesiæejusdem continenturでsicut"で。 Again, in the inventories in the catalogues, such notes as these may be met with: "Sunt et duo cursinarii et tres benedictionales Libri; ex his unus habet obsequium mortuorum et unus Breviarius", or, "Præter Breviarium quoddam quod usque ad festivitatem S. Joannis Baptistæ retinebunt", etc. Monte Cassino about AD 1100 obtained a book entitled "Incipit Breviarium sive Ordo Officiorum per totam anni decursionem"繰り返しになりますが、カタログでの在庫では、これらのようなノートがで満たされるかもしれません:;PræterBreviarium quoddam "、" Suntらデュオcursinariiらトレスbenedictionales liberの複数形の元彼のunus habet obsequium mortuorumらunus Breviarius "、または刑務所usque広告festivitatem S 。JoannisBaptistæretinebunt書始めの語句Breviarium siveオルドOfficiorum当たりtotamアンニdecursionem ""は、AD約1100等モンテ·カッシーノと題する本を得た "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
From such references, and from others of a like nature, Quesnel gathers that by the word Breviarium was at first designated a book furnishing the rubrics, a sort of Ordo. The title Breviary , as we employ it -- that is, a book containing the entire canonical office -- appears to date from the eleventh century.このような参照から、とのような自然の他の人から、ケネルは、ワードBreviariumによって最初に本の家具ルーブリック、 オルドのようなものを指定されたことを収集タイトル聖務日課書は 、我々はそれを採用するように- つまり、含まれている本を全体の標準的なオフィスは - 十一世紀からの日付が表示されたら。

St. Gregory VII having, indeed, abridged the order of prayers, and having simplified the Liturgy as performed at the Roman Court, this abridgment received the name of Breviary , which was suitable, since, according to the etymology of the word, it was an abridgment.セントグレゴリーVIIは、確かに、持って祈りの要約順序、ローマの裁判所で行われるような典礼を簡略化した、このはく奪は、言葉の語源によると、以来、適していた聖務日課の名前を受け取って、それがあったはく奪。 The name has been extended to books which contain in one volume, or at least in one work, liturgical books of different kinds, such as the Psalter, the Antiphonary, the Responsoriary, the Lectionary, etc. In this connection it may be pointed out that in this sense the word, as it is used nowadays, is illogical; it should be named a Plenarium rather than a Breviarium , since, liturgically speaking, the word Plenarium exactly designates such books as contain several different compilations united under one cover.名前はそのような詩篇のように、さまざまな種類、交唱聖歌、Responsoriary、句集等の典礼書は、この接続では、1ボリュームで、または少なくとも1つの作業に含まれている書籍に拡張されていることを指摘することができるこの意味で、言葉は、それが最近使用されているように、非論理的であること、それはliturgicallyに言えば、以来、PlenariumはなくBreviarium名前を付ける必要があり、ワードPlenariumは、まさにそのような本がのような1つのカバーの下に団結して、いくつかの異なるコンピレーションを含む指定します。 This is pointed out, however, simply to make still clearer the meaning and origin of the word; and section V will furnish a more detailed explanation of the formation of the Breviary.これは指摘されている、しかし、単に意味や語源、まだ明確にするため、およびセクションVは、聖務日課の形成のより詳細な説明を提供するでしょう。

II. Ⅱ。 CONTENTS目次

The Roman Breviary, which with rare exceptions (certain religious orders, the Ambrosian and Mozarabic Rites, etc.) is used at this day throughout the Latin Church, is divided into four parts according to the seasons of the year: Winter, Spring, Summer, and Autumn.まれな例外を除いて(特定の宗教的な受注は、アンブロジオとモサラベの儀式など)ラテン教会全体で、この日に使用されているローマの聖務日課書は、年間の季節に応じて4つの部分に分かれて:冬、春、夏、そして秋。 It is constructed of the following elements: (a) the Psalter; (b) the Proper of the Season; (c) Proper of the Saints; (d) the Common; (e) certain special Offices.それは、次の要素から構成される:(a)詩篇と、(b)適切なのはシーズン、聖人の(c)に適切な工程、(d)共通、(e)は、特定の特殊オフィス。

(a) The Psalter (a)の詩篇

The Psalter is the most ancient and the most venerable portion of the Breviary.詩篇では最も古く、聖務日課の最も由緒ある部分です。 It consists of 150 psalms, divided in a particular way, to be described later.これは、後述する特定の方法で分割された150の詩篇、、で構成されています。 These psalms formed the groundwork of the Liturgy of the Jews for twelve centuries before Christ, and He certainly made use of these formularies for His prayers, and quoted them on several occasions.これらの詩篇は、キリストの前に12世紀にもわたって、ユダヤ人の典礼の基礎を形成されており、彼は確かに彼の祈りのためにこれらの処方を利用した、いくつかの場面でそれらを引用した。 The Apostles followed His example, and handed down to the Christian Churches the inheritance of the Psalter as the chief form of Christian prayer.使徒たちは、彼の例にならって、キリスト教の祈りのチーフ形として、キリスト教の教会に詩篇の継承を言い渡した。 The Church has carefully preserved them during the lapse of centuries and has never sought to replace them by any other formularies.教会は慎重世紀の経過の間にそれらを保存していると、他の処方でそれらを交換しようとしたことはありません。 Attempts have been made from time to time to compose Christian psalms, such as the Gloria in excelsis , the Te Deum , the Lumen Hilare , the Te Decet Laus , and a few others; but those which the Church has retained and adopted are singularly few in number.試みはテ·デウムルーメンHilare、テDecetラウス 、およびいくつかの他のもの、などでexcelsisグロリアのように、キリスト教の詩篇を構成するために時々行われていますが、教会が保持され、採択されたものが単独で少ない数インチ The rhythmic hymns date from a period later than the fourth and fifth centuries, and at best hold a purely secondary place in the scheme of the Office.リズミカルな賛美歌は、第4および第5世紀よりも後の時代から今日まで、そして最高の状態でOfficeのスキームでは純粋に第二位を保持します。 Thus the Book of Psalms forms the groundwork of Catholic prayer; the lessons which fill so important a place in this prayer are not, after all, prayer properly so called; and the antiphons, responsories, versicles, etc., are but psalms utilized in a particular manner.この祈りの中でとても重要な位置を埋める教訓は、すべての後に、祈りを正しくいわゆるされていません。、したがって、詩篇は、カトリックの祈りの土台を形成し、antiphons、responsories、versicles、等ですが、詩篇で利用特定の方法。

In the Breviary, however, the Psalter is divided according to a special plan.聖務日課書では、しかし、詩篇は、特別な計画に従って分割されます。 In the earliest period the use of the Book of Psalms in the Office was doubtless exactly similar to that which prevailed amongst the Jews.早い期間でOfficeの詩篇の使用は確かにユダヤ人の間で普及していることとまったく同じであった。 The president of the choir chose a particular psalm at his own will.聖歌隊の社長は自分の意志で特定の賛美歌を選んだ。 Some psalms, such as xxi, seem specially appropriate to the Passion.そのようなXXIなどいくつかの詩篇は、情熱に特別に適切と思われる。 Another was adapted to the Resurrection, a third suited the Ascension, while others again are specially referable to the Office of the Dead.他の人が再び死者のオフィスに特別に帰するときに他の復活に適応されました、第三は、アセンションに適しています。 Some psalms provide morning prayers, others those for night.いくつかの詩篇は、朝の祈り、他の夜のためにそれらを提供します。 But the choice was left in the hands of the bishop or president of the choir.しかし、選択は聖歌隊の司教または社長の手の中に残っていた。 Later, probably from the fourth century, certain psalms began to be grouped together, to respond to the divers requirements of the Liturgy.その後、おそらく四世紀から、特定の詩篇は、典礼のダイバーの要求に応答するために、一緒にグループ化されるようになった。

Another cause led to these groupings and arrangements of the Psalter. Some monks were in the habit of reciting daily the whole of the 150 psalms.もう一つの原因は、詩篇のこれらのグループやアレンジにつながった。 一部の僧侶たちは、毎日150詩篇全体を暗唱するのが癖になりました。 But this form of devotion, apart from lessons and other formularies, occupied so much time that they began to spread the recitation of the entire Psalter over a whole week. しかし、献身のこのフォームは、離れてレッスンやその他の処方から、彼らは一週間にわたって全体詩篇の朗読を広めるために始めたように多くの時間を占めていた。 By this method each day was divided into hours, and each hour had its own portion of the Psalter. From this arrangement arose the idea of dividing the Psalter according to specially devised rules. この方法によって、毎日が時間に分かれており、各時間は、詩篇の独自の部分を持っていました。この配置から特別に考案されたルールに従って、詩篇を分割するというアイデアを生じ St. Benedict was one of the earliest to set himself to this task, in the sixth century.聖ベネディクトは6世紀には、このタスクに自分自身を設定する最古の1つだった。 In his Rule he gives minute directions how, at that period, the psalms were to be distributed at the disposition of the abbot; and he himself drew up such an arangement.彼のルールでは、彼はその期間で、詩篇は修道院長の処分で配布されることになってどのように、微小な指示を与え、そして彼自身がそのようなarangementを策定しました。 Certain psalms were set apart for the night offices, others for Lauds, others for Prime, Terce, Sext, and None, others for Vespers and Compline.特定の詩篇は、晩課およびcomplineの夜のオフィス、賞賛のために他の人、首相、3時課、6度音程のために他の人となし、他人のために離れて設定されていました。

It is a subject of discussion amongst liturgists whether this Benedictine division of the psalms is anterior or posterior to the Roman Psalter.それは、この詩篇ベネディクト部門は前方またはローマpsalter後方にあるかどうかliturgists間議論の対象となります。 Although it may not be possible to prove the point definitely, still it would seem that the Roman arrangement is the older of the two, because that drawn up by St. Benedict shows more skill, and would thus seem to be in the nature of a reform of the Roman division.それは間違いなくポイントを証明することはできないかもしれませんが、まだそれは聖ベネディクトによって描かれているが、それ以上のスキルを示していますので、ローマの配置は、二つの古いことに思えるでしょう、したがって、の性質であるように思えるでしょうローマ部門の改革。 In any case, the Roman arrangement of the Psalter reaches back to a hoary antiquity, at least to the seventh or eight century, since when it has not undergone any alteration.いずれにせよ、詩篇のローマン配置はそれがどんな変化を受けていない頃から、少なくとも7または8世紀に、太古に戻って達する。 The following is its disposition.以下は、その処分です。

Psalms i-cviii are recited at Matins, twelve a day; but Sunday Matins have six more psalms divided between the three nocturns.詩篇のi cviiiは朝の祈り、12日に記載されている、しかし、日曜日朝の祈りは、さらに6つの詩篇3 nocturnsの間で分割されています。 Thus:このようにして:

The psalms omitted in this series, namely, iv, v, xxi-xxv, xlii, l, liii, lxii, lxiv, lxvi, lxxix-xcii, and xciv, are, on account of their special aptitude, reserved for Lauds, Prime, and Compline.詩篇は、彼らの特別な才能のアカウントで、、、つまり、このシリーズではIV、V、XXI-25、42、L、LIII、LXII、LXIV、LXVI、LXXIX-九十二、および九十四には省略賞賛、首相のために予約、およびcompline。

The series, from Ps. Psからシリーズ。 cix to Ps. PsにCIX。 Cxlvii inclusively, are used at Vespers, five each day, except Psalms cxvii, cxviii, and cxlii, reserved for other hours. Cxlviiは包括的に、詩篇cxvii、cxviii、その他の時間のために予約cxlii除き、毎日晩課、5で使用されています。 The last three, cxlviii, cxlix, and cl, which are specially called the psalms of praise (Laudes), because of the word Laudate which forms their leitmotiv, are always used in the morning Office, which thus gets its name of Lauds.最後の3つ、cxlviii、cxlix、特別にため、その基本思想を形成しているワードLaudateの賛美の詩篇(Laudes)と呼ばれるCLは、常にこのように賞賛のその名前を取得し、朝のオフィスで使用されています。

A glance at the above tables will show that, broadly speaking, the Roman Church did not attempt to make any skilful selection of the psalms for daily recitation.上記の表を見ると、大まかに言えば、カトリック教会は毎日の暗唱のための詩篇どんな巧みな選択を行いますしようとしなかった、ことが示されます。 She took them in order as they came, except a very few set apart for Lauds, Prime, and Compline, and selected Ps.彼女は、彼らが来たとして賞賛、総理、およびcompline際立たせるために非常に少数を除いて、順序でそれらを取って、Psを選択しました。 cxviii for the day hours.日時間cxviii。 Other Liturgies, as the Ambrosian, the Mozarabic, and the Benedictine, or monastic, have Psalters drawn up on wholly different lines; but the respective merits of these systems need not be here discussed.アンブロジオ、モサラベ、そしてベネディクト、または修道士のような他のliturgiesは、完全に別の行に策定Psaltersを持って、しかし、これらのシステムのそれぞれのメリットはここで議論する必要はありません。 The order of the ferial Psalter is not followed for the festivals of the year or for the feasts of saints; but the psalms are selected according to their suitableness to the various occasions.平日の詩篇の順序は、その年の祭りのためか、聖人のお祭りのために続いてはいませんが、詩篇がさまざまな機会に彼らのsuitablenessに応じて選択される。

The history of the text of this Psalter is interesting.この詩篇のテキストの歴史は興味深いものです。 The most ancient Psalter used in Rome and in Italy was the "Psalterium Vetus", of the Itala version, which seems to have been introduced into the Liturgy by Pope St. Damasus (d. 384).ローマとイタリアで使用されるほとんどの古代の詩篇は、教皇聖ダマソ(民主党384)によって典礼に導入されているようだイタラのバージョンの "葉胃Vetus"でした。 He it was who first ordered the revision of the Itala by St. Jerome, in AD 383.彼は、それは、誰が最初のAD 383に、聖ジェロームイタラの改正を命じられた。 On this account it has been called the "Psalterium Romanum", and it was used in Italy and elsewhere till the ninth century and later.このアカウントでは "葉胃のRomanum"と呼ばれている、それはイタリアや他の場所で第九世紀までとそれ以降使用されていました。 It is still in use in St. Peter's at Rome, and many of the texts of our Breviary and Missal still show some variants (Invitatory an Ps. xciv, the antiphons of the Psalter and the responsories of the Proper of the Season, Introits, Graduals, Offertories, and Communions).それはローマの聖ピエトロでまだ使用中であり、そして私たちの聖務日課書やミサ典の文章の多くはまだ(psのです。九十四、詩篇のantiphonsとIntroits、適切なのはシーズンのresponsoriesを勧誘、いくつかの亜種を示すGraduals、Offertories、そしてコミュニオン)。 The Roman Psalter also influences the Mozarabic Liturgy, and was used in England in the eighth century.ローマpsalterもモサラベ典礼に影響し、8世紀にイギリスで使用されていた。 But in Gaul and in other countries north of the Alps, another recension entered into competition with the "Psalterium Romanum" under the somewhat misleading title of the "Psalterium Gallicanum"; for this text contained nothing distinctively Gallican, being simply a later correction of the Psalter made by St. Jerome in Palestine, in AD 392.しかし、ガウル、アルプスの北、他の国では、別の校訂本は "葉胃Gallicanum"のやや誤解を招くタイトルの下に "葉胃のRomanum"との競争に入った。このテキストに独特の条項は何も含まれていない、単純に後で訂正されて詩篇は、紀元392年に、パレスチナで聖ジェローム製。 This recension diverged more completely than the earlier one form the Itala; and in preparing it St. Jerome had laid Origen's Hexapla under contribution.この校訂本は、より完全に以前の1フォームイタラより発散し、そしてそれを準備する聖ジェローム貢献の下で原産地の6カ国語対訳を置いた。 It would seem that St. Gregory of Tours, in the sixth century, introduced this translation into Gaul, or at any rate he was specially instrumental in spreading its use; for it was this Psalter that was employed in the Divine psalmody celebrated at the much honoured and frequented tomb of St. Martin of Tours.それはツアーのセントグレゴリーが、6世紀に、ガリアにこの変換を導入、またはいずれにせよ、彼は、その使用を広めることに特別に尽力したように思われ、それはずっとで祝わ神の賛美歌を歌うことで採用されたこの詩篇であったため光栄と聖マルティンのツアーの墓に出入り。 From that time this text commenced its "triumphal march across Europe".その時から、このテキストはその "欧州全域勝利の行進"を開始しました。 Walafrid Starbo states that the churches of Germany were using it in the eighth century: -- "Galli et Germanorum aliqui secundum emendationem quam Hieronymus pater de LXX composuit Psalterium cantant".ドイツの教会は8世紀にそれを使用していたことWalafrid Starbo状態: - "ガリらGermanorum aliqui隔emendationem quamヒエロニムスペイターデLXX composuit葉胃cantant"。 About the same time England gave up the "Psalterium Romanum" for the "Gallicanum".ほぼ同時期にイギリスは "Gallicanum"のための "葉胃のRomanum"をあきらめた。 The Anglo-Saxon Psalter already referred to was corected and altered in the ninth and tenth century, to make it accord with the "Gallicanum".すでに述べたアングロサクソン詩篇はそれを "Gallicanum"に合致するために、第9および第10世紀にcorectedと変化した。 Ireland seems to have followed the Gallican version since the seventh century, as may be gathered from the famous Antiphonary of Bangor.アイルランドは、バンガーの有名な交唱聖歌から収集することができるように、7世紀以来の条項バージョンを追っているようだ。 It even penetrated into Italy after the ninth century, thanks to the Frankish influence, and there enjoyed a considerable vogue.それも、フランク族の影響力のおかげで、9世紀後にイタリアに侵入し、かなりの流行が楽しんだ。 After the Council of Trent, St. Pius V extended the use of the "Psalterium Gallicanum" to the whole Church, St. Peter's in Rome alone still keeping to the ancient Roman Psalter.トレントの評議会の後、聖ピウスVは教会全体に "葉胃Gallicanum"の使用を拡張し、聖ペテロのローマは一人でまだ古代ローマpsalterに保ちます。 The Ambrosian Church of Milan has also its own recension of the Psalter, a version founded, in the middle of the fourth century, on the Greek.ミラノのアンブロジオ教会はギリシャ語で、4世紀の半ばに、また詩篇の独自の校訂、設立されたバージョンがあります。

(b) The Proper of Season (b)に適切なのはシーズン

This portion of the Breviary contains the Office of the different liturgical seasons.聖務日課書のこの部分は、異なる典礼季節のオフィスが入っています。 As is well known, these periods are now thus arranged: Advent, Christmastide, Septuagesima, Lent, Holy Week, paschal time, and the time after Pentecost.よく知られているように、これらの期間は、現在このように配置されています:アドベント、クリ​​スマスの季節、七旬節、四旬節、聖週間、復活祭の時間、聖霊降臨祭後の時間を。 But ony by slow degrees did this division of the liturgical year develop its present form.しかし、ONY遅い度典礼のこの部門は、現在の形を開発しました。 It must be traced through its various stages.それは、そのさまざまな段階を経てトレースする必要があります。 It may indeed be said that originally there was no such thing as a liturgical year.それは確かにもともと典礼などというものは存在しなかったと言われるかもしれない。 Sunday, the day above all of the Eucharistic celebration, is at once the commemoration of the Passion, Death, and Resurrection of Jesus Christ; men spoke of the "Pasch of the Crucifixion", of the "Pasch of the Ressurection" -- pascha staurosimon; pascha anastasimon ; every Sunday was a renewal of the paschal festival.日曜日、聖体のお祝いの上記のすべての日は、一度に情熱、死、そしてイエス·キリストの復活の記念であり、男性は"RessurectionのPasch"から、 "はりつけPasch"のスポーク- パシャstaurosimon;パシャanastasimon、毎週日曜日は、復活祭の祭りのリニューアルでした。 It was only natural that on the actual anniversary the feast shouldbe kept with peculiar solemnity, for it was the foremost Christian feast, and the centre of the liturgical year.それは何よりもキリスト教のごちそうと、典礼の中心地であったため、実際の記念日にごちそうshouldbeは独特の厳粛さと一緒に保管するのは当然だった。 Easter drew in it is train Pentecost, which was fixed as the fiftieth day after the Resurrection; it was the festival commemorating the Descent of the Holy Ghost on the Apostles.イースターはそれで描いたの復活した後50日に修正されました列車ペンテコステ、であり、それは使徒に聖霊の降下を記念する祭りだった。 These fifty days made up an unbroken festival, a Jubilee, a time of joy during which there was no fasting and when penitential exercises were suspended.これらの50日は切れ目のない祭、ジュビリー、全く空腹時とざんげの練習が中断されましたがありませんでしたその間に喜びの時間を作りました。 These two feasts thus linked together are mentioned by ecclesiastical writers from the second century onwards.こうして一緒にリンクされているこれら二つの宴は2世紀以降の教会の作家によって言及されている。

Just as Easter was followed by fifty days of rejoicing, so it had its period of preparation by prayer and fasting, from which arose the season of Lent, which, after various changes, commenced finally forty days before Easter, whence its name of Quadragesima. The other rallying-point of the liturgical year is the feast of Christmas, the earliest observance of which is of very remote antiquity (the third century at least).イースターは、歓喜の50日間続いているので、40日復活祭前の最後に開始され、様々な変化の後、四旬節のシーズン、 四旬節の第1日曜日のそこからその名前を生じ、そこから、祈りと断食の準備、その期間を持っていたころだ典礼のラリーポイントは、他のクリスマスのごちそう、非常に大昔(少なくとも3世紀)になっている最古の遵守です。 Like Easter, Christmas had its time of preparation, called Advent, lasting nowadays four weeks.イースターのように、クリスマスは4週間持続する昨今、アドベントと呼ばれる、その調製時間を過ごしました。 The remainder of the year had to fit in between these two feasts.今年の残りの部分は、これらの2つのお祭りの間に収まるように持っていた。 From Christmas to Lent two currents may be observed : into one fell the feasts of the Epiphany and the Purification, and six Sundays after the Epiphany, constituting Christmastide. The remaining weeks after these Sundays fall under the influence of Lent and, under the name of Septuagesima, create a sort of introduction to it, since these three weeks, Septuagesima, Sexagesima, and Quinquagesima, really belong to Lent by reason of their character of preparation and penance.クリスマスから、2つの電流が観察されることが四旬節一つはクリスマスの季節を構成する 、エピファニーエピファニーの後の宴および精製、および6日曜落ちにこれら日曜日はの名の下に、四旬節の影響下に入ると、残りの週後七旬節は、それに導入のようなものを作成し、これらの3週間以来、 七旬節、六旬節、および五旬節は、本当に準備と贖罪の自分のキャラクターの理由で四旬節に属します。

The long period between Pentecost and Advent, from May to December, still remains to be dealt with. 5月から12月へのペンテコステとアドベントの間の長い期間は、まだ対処されていない。 A certain number of Sundays cluster round special great festivals, as those of St. John the Baptist (24 June), the holy Apostles Peter and Paul (29 June), St. Lawrence (10 August), and St. Michael (29 September).洗礼者聖ヨハネ(6月24日)は、聖なる使徒ペトロとパウロ(6月29日)、セント·ローレンス(8月10日)、および聖マイケル(9月29日のものとして、クラスタラウンド特別大祭日曜日は、一定数の)。 At later date these days, which did not fit very conveniently into the general scheme, tended to disappear, and were absorbed into the common time after Pentecost, made up of twenty-four Sundays, thereby uniting Pentecost with Advent; and thus the cycle of the liturgical year is completed.のサイクルこうしてと、後で、これらの日までの一般的なスキームに非常に便利にフィットしなかった時に、消滅する傾向があり、ペンテコステ後の共通の時間に吸収され、24の日曜日で構成され、それによって出現でペンテコステを統合典礼は完了です。

The Proper of the Season contains, therefore, the Office of all the Sundays and festivals belonging to it, with special lessons, extracts from the Gospels, and frequently also proper antiphons, responsories, and psalms, adapted to the peculiar character of these different periods.適切なのはシーズンは、したがって、含まれており、これらの異なる期間の特​​異な性格に適合特別レッスン、福音書から抽出し、頻繁にも適切なantiphons、responsories、と詩篇と、それに属するすべての日曜日と祭りのオフィス。 It is in the composition of this Liturgy that the Roman Church has displayed her gifts of critical judgment, liturgical taste, and theological acumen.それは、カトリック教会は重要な判断、典礼味、神学的洞察力の彼女の贈り物を表示したことをこの典礼の組成物である。 The difference in the character of these periods may be studied in such works as Dom Guéranger's "Liturgical Year".これらの期間の性格の違いは、DOMのguérangerの "典礼"などの作品に研究することができる。

(c) Proper of the Saints聖人の(c)に適切

Following on the Proper of the Season comes in the Breviary the Proper of the Saints, that is to say, that part which contains the lessons, psalms, antiphons, and other liturgical formularies for the feasts of the saints.適切なのはシーズンに続くのは、と言うことですセインツ、レッスン、詩篇、antiphons、聖人のお祭りのために他の典礼の処方が含まれているその部分の適切な聖務日課にしています。 In reality this Proper commemorates a very large number of saints who find mention in the ecclesiastical Calendar; this, however, meed not be given here, as it can easily be consulted.これは現実には、適切な教会のカレンダーに言及見つける聖人の非常に大きな数を記念し、これは、しかし、それは簡単に調べることができるように、ここに与えられない返礼。 But it may be noted that the greater number of the days of the year -- at least nine-tenths - are appropriated to special feasts; and the question has therefore been seriously debated, every time a movement for the reform of the Breviary has arisen, as to how to save the Divine Office from being overwhelmed by these feasts, and as to how to restore to the ferial Office its rightful ascendancy.と質問が故に真剣に、聖務日課の改革のための動きが生じているたびに、議論されてきた、 - 少なくとも9割 - 特別な宴に充当されますが、それは年間の日数より大きい数があることに留意されたいこれらのお祭りに圧倒されているから神の事務所を保存する方法として、平日のオフィスとその正当な優勢に復元する方法として。 This is not the place for the discussion of such a problem; but it may be said that this invasion of the Proper of the Season has reached such proportions imperceptilbly.これは、このような問題の議論のための場所ではありません、しかし、それが適切なのはシーズンのこの侵略はimperceptilblyような割合に達していると言われるかもしれない。 It was not always thus; in the beginning, up to the seventh, and even up to ninth, century, the feasts of saints observed in the Breviary were not numerous, as may be proved by comparing modern Calendars with such ancient ones as may be seen in "An Ancient Syrian Martyrology", "Le calendrier de Philocalus", "Martyrologium Hieronymianum", "Kalendarium Carthaginense".まで第七に、初めに、かつかもしれないような古代のものと現代のカレンダーを比較することによって証明することができるとしても、最大9、世紀に、聖務日課で観察された聖人のお祭りは、多数ではなかった、それはこのようにあったわけではなかった"古代シリアの殉教"、 "ル·デ·見るCalendrier Philocalus"、 "Martyrologium Hieronymianum"、 "Kalendarium Carthaginense"で見られる。 These Calendars contain little more than the following list, beyond the great festivals of the Church:これらのカレンダーは教会の偉大な祭りを超えて、次のリストより少し多くを含んでいる:

(d) The Common (d)の共通

Under this designation come all the lessons, Gospels, antiphons, responsories, and versicles which are not reserved to a special occasion, but may be employed for a whole group of saints.この名称の下にあるすべてのレッスンは、gospels、antiphons、responsories、そして特別な機会のために予約されていませんが、聖人のグループ全体のために用いることができるversiclesが来る。 These Commons are those of Apostles, Evangelists, Martyrs, Confessors Pontiffs, Confessors non-Pontiffs, Abbots, Virgins, and Holy Women.これらのコモンズは、使徒、伝道者、殉教者、告白の教皇、告白非教皇、アボッツ、処女、聖女性のものである。 To these may be added the Offices of the Dedication of the Churches, and of the Blessed Virgin.これらに教会の落成式に、そして聖母マリアのオフィスを添加してもよい。 The Office of the Dead occupies a place apart.死者の事務所がバラバラな位置を占めている。 It is most difficult to fix the origin of these Offices.それは、これらの事務所の起源を修正するために最も困難です。 The most ancient seem to belong to the ninth, the eighth, and even the seventh century, and through special formularies may even date still further back.ほとんどの古代は第九、第八、さらに七世紀に属しているように見える、特別な処方を通してさらにバックまだ今日があります。 To give one example, the antiphons of the Common of Martyrs in paschal time, "Sancti tui, Domine, florebunt sicut lilium, et sicut odor balsami erunt ante te", "Lux perpetua lucebit sanctis tuis, Domine et Aeternitas temporum", are taken from the Fourth Book of Esdras (apocryphal), which was rejected almost everywhere about the end of the fourth century; these verses, therefore, must probably have been borrowed at a period anterior to that date. 1例を挙げれば、復活祭の時間における殉教者の共通のantiphons、 "サンクTUI、ドミネ、florebunt sicutユリらsicut臭気balsami eruntアンティTE"、 "ラックスペルペツアlucebitサンクティスtuis、ドミネらエテルニタスtemporum"、取られる4世紀の終わり頃、ほとんどどこでも拒否されましたエスドラス(うそ)、4番目の本から、これらの詩は、それゆえ、おそらくその日付に前方期間で借りていなければなりません。 Probably, also, in the very beginning, the most ancient of these Common Offices were Proper Offices, and in some of them special features supporting this supposition may be noticed.おそらく、また、冒頭では、これらの一般的なオフィスの中で最も古いが適切な所だった、そのうちのいくつかでは、この仮定を支持する特別な機能が注目されることがあります。 Thus, the Common of Apostles is apparently referable to the Office of Sts.したがって、使徒たちの共通のはSTSの事務所には、明らかに参照可能です。 Peter and Paul and must bave been adapted later for all the Apostles.ピーターとポールとは、すべての使徒のために後で合わせられ繭糸必要があります。 Such versicles as the following in the Common of Martyrs: "Volo, Pater, ut ubi ego sum, illic sit et minister meus", "Si quis mihi ministraverit, honorificabit illum Pater meus", seem to point to a martyr-deacon ( diakonos , minister), and may perhaps specially refer to St. Lawrence, on account of the allusion to the words of his Acts: "Quo, sacerdos sancte, sine ministro properas?"殉教者の共通する次のようなversicles: "VOLO、ペイター、ユタUBI自我和、illic座るら大臣meus"、 "シリコンquis mihi ministraverit、honorificabit ILLUMペイターmeus"は、殉教者-助祭(diakonosを指すように思える、大臣)、そしておそらく特別に彼の行為の言葉をほのめかしのアカウントに、セントローレンスを参照することがあります: "?クオ、サルセドスsancte、正弦ピスタproperas" Also, the numerous allusions to a crown or a palm in these same antiphons refer without doubt to the holy martyrs, Stephen, Lawrence, and Vincent, whose names are synonyms for the crown and laurel of victory.また、これらの同じantiphonsの王冠または手のひらに多数のallusions、聖なる殉教者に間違いなく名前が勝利の王冠と月桂樹の同義語ですスティーブンローレンス、ヴィンセントを、参照してください。 The details necessary for the proof of this hypothesis could only be given in a fuller treatise than this; suffice it to say that from the literary standpoint, as from that of archæology or liturgy, these Offices of the Common contain gems of great artistic beauty, and are of very great interest.この仮説を証明するために必要な詳細情報は、これよりも充実した論文に与えられることができ、、文学的な観点からそれを言えば十分だろう考古学や典礼のそれからのように、共通のこれらの事務所は、偉大な芸術的な美しさの宝石を含んでいる、と非常に大きな関心が持たれている。

(e) Special Offices (e)の特別オフィス

The Office of the Blessed Virgin, also very ancient in some of its parts, is of great dogmatic importance; but students of this subject are referred to the Rev. EL Taunton's "The Little Office of Our Lady".その部品の一部にも非常に古代の聖母マリアの事務所は、偉大な独断的に重要である、しかしこの主題の学生は牧師ELトーントンの "聖母の小さな事務所"と呼ばれています。

The Office of Dead is, without a shadow of doubt, one of the most venerable and ancient portions of the Breviary, and deserves a lengthy study to itself.死者のオフィスは、疑いの影なしで、聖務日課の中で最も由緒あると古代の部分の一つであり、それ自体に長い研究に値する。 The Breviaries also contain Offices proper to each diocese, and certain special Offices of modern origin, which, consequently, need not here detain us. Breviariesまた、各教区に適切なオフィスを含んで、その結果、ここである必要はありません現代の起源の特定の特別な所は、私たちを留置することができる。

III. Ⅲ。 THE HOURS HOURS

The prayer of the Breviary is meant to be used daily; each day has its own Office; in fact it would be correct to say that each hour of the day has its own office, for, liturgically, the day is divided into hours founded on the ancient Roman divisions of the day, of three hours apiece -- Prime, Terce, Sext, None, and Vespers, and the night Vigils.聖務日課の祈りは、毎日使用することを意図して、それぞれの日には、独自の事務所を持ち、実際にそれが一日の各時間にするため、独自の事務所を持っていることを言うことが正しいだろう、liturgically、この日は日に設立時間に分かれています個々に3時間の日の古代ローマ部門 - 首相、3時課、6度音程、なし、晩課、夜の集会。 In conformity with this arrangement, the Office is portioned out into the prayers of the night vigils, that is to say Matins and Lauds.このような構成に準拠して、Officeは朝の祈りとlaudsと言うことです夜の徹夜の祈りに出て小分けされています。 Matins itself is subdivided into three nocturns, to correspond with the three watches of the night: nine o'clock at night, midnight, and three o'clock in the morning. The office of Lauds was supposed to be recited at dawn. The day offices corresponded more or less to the following hours: Prime to 6 AM, Terce to 9 AM, Sext to midday, None to 3 PM, Vespers to 6 PM It is necessary to note the words more or less , for these hours were regulated by the solar system, and therefore the length of the periods varied with the season.朝の祈り自体は3夜の時計に対応するように、3 nocturnsに分かれています。夜9時、真夜中、朝3時賞賛のオフィスは夜明けに読誦されるはずだった日は。午後6時まで、午前9から6 AM、3時課に総理正午に6度音程、午後3時までなし、晩課それは、これらの時間は多かれ少なかれ言葉を注意する必要があるで規制されました事務所には、次の時間には、多かれ少なかれ対応太陽系ので、季節によって変化する期間の長さ。

The office of Compline, which falls somewhat outside the above division, and whose origin dates later than the general arrangement, was recited at nightfall.上記の部門外幾分低下し、その起源は後で一般的な配置よりさかのぼり終課の事務所は、日暮れに読誦された。 Nor does this division of the hours go back to the first Christian period.また時間のこの部門では、キリスト教の最初の期間に戻っていない。 So far as can be ascertained, there was no other public or official prayer in the earliest days, outside the Eucharistic service, except the night watches, or vigils, which consisted of the chanting of psalms and of readings from Holy Scripture, the Law, and the Prophets, the Gospels and Epistles, and a homily.これまでに確認することができるように、他のパブリックまたは公式の祈りは詩篇のと教典、法からの測定値の読経から成っていた夜の時計、または徹夜、、を除いて、聖体のサービス外で、初期の頃にはありませんでしたと預言者、福音書や書簡、と説教。 The offices of Matins and Lauds thus represent, most probably, these watches.朝の祈りとlaudsの事務所は、このように、おそらく、これらの時計を表しています。 It would seem that beyond this there was nothing but private prayer; and at the dawn of Christianity the prayers were said in the Temple, as we read in the Acts of the Apostles.それは、これを超えて何も民間の祈りがなかったように思われます、そして我々は、使徒行伝で読むとして、キリスト教の夜明けの祈りは、寺の中で述べた。 The hours equivalent to Terce, Sext, None, and Vespers were already known to the Jews as times of prayer and were merely adopted by the Christians. 3時課、6度音程、なし、晩課に相当する時間はすでに祈りの時間としてユダヤ人に知られていましたし、単にキリスト教徒で採択された。 At first meant for private prayer, they became in time the hours of public prayer, especially when the Church was enriched with ascetics, virgins, and monks, by their vocation consecrated to prayer.民間の祈りのためのもの第一に、彼らは、教会は祈りに奉献自分の職業によって、禁欲主義、処女、と僧侶が濃縮された場合は特に、時間内に公共の祈りの時間になりました。 From that time, ie from the end of the third century, the monastic idea exercised a preponderant influence on the arrangement and formation of the canonical Office.その時から、すなわち第3世紀の終わりから、禁欲的なアイデアは、カノニカル事務所の配置及び形成に圧倒的な影響力を行使した。 It is possible to give a fairly exact account of the establishment of these Offices in the second half of th fourth century by means of a document of surpassing importance for the history we are now considering: the "Peregrinatio ad Loca Sancta", written about AD 388, by Etheria, a Spanish abbess. ADについて書かれた "Peregrinatio広告ロカタナ":それは我々が今検討している歴史の重要性を凌ぐの文書による番目、4世紀の後半​​には、これらの事務所の設立のかなり正確なアカウントを与えることができる388、Etheriaによって、スペイン女子修道院長。 This narrative is specifically a description of the Liturgy followed in the Church of Jerusalem at that date.この物語は、具体的にその日にエルサレムの教会に続いて典礼の説明です。

The Offices of Prime and Compline were devised later, Prime at the end of the fourth century, while Compline is usually attributed to St. Benedict in the sixth century; but it must be acknowledged that, although he may have given it its special form for the West, there existed before his time a prayer for the close of the day corresponding to it.しかしそれは彼がのためにその特殊な形を与えているかもしれませんが、あることを認めなければならない;終課は、通常、6世紀に聖ベネディクトに起因している間総理およびcomplineのオフィスは、4世紀の終わりに総理、後に考案されたウェスト、それに対応する日の終わりのための祈りは、彼の時間の前に存在していた。

IV. Ⅳ。 COMPONENT PARTS OF THE OFFICE Officeのコンポーネントパーツ

Each of the hours of the Office in the Roman Liturgy is composed of the same elements: psalms (and now and then canticles), antiphons, responsories, hymns, lessons, versicles, little chapters, and collects (prayers).詩篇(そして今してソロモンの歌)、antiphons、responsories、賛美歌、レッスン、versicles、リトル支部、および収集し(祈り):ローマ典礼におけるOfficeの時間の各々は、同じ要素で構成されています。

A few words must be said about each of these elements from the particular point of view of the Breviary.いくつかの単語は、聖務日課の特定の観点から、これらの各要素について言わなければならない。

(a) Psalms and Canticles (a)は詩篇と賛美歌

Nothing need here be added to what has already been said in section II concerning the psalms, except that they are used in the Breviary sometimes in order of sequence, as in the ferial Offices of Matins and Vespers, sometimes by special selection, independently of the order of the Psalter, as in Lauds, Prime, Compline, and, in general, in the Offices of the Saints and other feasts.何も既に独立して、彼らは時々特別な選択によって、朝の祈りと晩課の平日のオフィスのように、シーケンスの順序で時々聖務日課書で使用されることを除いて、詩篇に関するセクションIIで述べたことに追加することがここで必要はありません詩篇の順序、賞賛、首相のように、終課、そして、一般的には、聖人や他のお祭りのオフィスインチ Another point of notice in the composition of the Roman Office is that it allows of the inclusion of a certain number of canticles, or songs, drawn from other portions of Holy Writ than the Psalter, but put on the same footing as the psalms.ローマのオフィスの組成物中の予告のもう一つのポイントは、それは詩篇よりも聖書の他の部分から引き出された特定の雅歌の数、または曲、含めることのできることですが、詩篇と同じ立場に置く。 These are: the Canticle of Moses after the passage of the Red Sea (Exodus, xv); the Canticle of Moses before his death (Deut., xxxii); the Prayer of Anne the mother of Samuel (I Kings, ii); the Prayer of Jonas (Jon., ii); the Canticle of Habacuc (Habacuc, iii); the Canticle of Ezechias (Is., xxxviii); The Benedicite (Dan., iii, lii); lastly, the three canticles drawn from the New Testament: the Magnificat, the Benedictus, and the Nunc dimittis.これらは次のとおりである:紅海の通過後、モーセの歌(出エジプト記、15);彼の死の前にモーセの歌(申、XXXII);アンネの祈りサムエルの母(私の王、II);ジョナスの祈り(Jon.、II); Habacucの雅歌(Habacuc、ⅲ); Ezechiasの雅歌(Is.、38);感謝の祈り(Dan.、III、LII)、最後に、3雅歌から引き出さ新約聖書:マニフィカト、ベネディクトゥス、とヌンクdimittis。

This list of canticles coincides more or less with those used in the Greek church.賛美歌のこのリストは、ギリシャの教会で使用されているもので、多かれ少なかれ、一致している。 St. Benedict admits these canticles into his Psalter, specifically stating that he borrows them from the Church of Rome, and thus providing a further argument for the priority of the Roman Office over the monastic.聖ベネディクトは、具体的に、彼はローマ教会からそれらを借りていることを示す、従って、修道士以上のローマ事務所の優先順位をさらに引数を指定することにより、彼の詩篇にこれらの雅歌を認めている。

(b) Antiphons (b)はAntiphons

The antiphons which are read nowadays in the Breviary are abridged formularies which almost always serve to introduce a psalm or canticle.聖務日課書で、最近読まれantiphonsは、ほとんど常に賛美歌や賛美歌を紹介するだけのもの抄訳処方されています。 They consist sometimes of a verse taken from a psalm, sometimes of a sentence selected from the Gospels or Holy Scripture, eg "Euge, serve bone, in modico fidelis, intra in gaudium Domini tui"; occasionally they consist of phrases not culled from the Bible, but modelled on its style, ie they are the invention of a liturgical author, for example: "Veni, Sponsa Christi,accipe coronam, quam tibi Dominus præparavit in æternum".彼らは "gaudiumドミニTUIでイントラ、modicoフィデリでは、骨を果たす、Euge"時には福音書や教典から選択文の賛美歌、例えば詩から取られ、時には構成され、時折、彼らはから抜粋していない句で構成され聖書が、そのスタイルをモデルにして、すなわち、それらは例えば典礼著者、の発明である: "Veni、Sponsaクリスティ、accipe coronam、永久にquam tibi Dominuspræparavit"。 Originally, the meaning of the word, and the function fulfilled by the antiphon, was not what it is now.もともと、言葉の意味、そしてアンティフォンによって満たされる関数は、それが今どうなっているかではありませんでした。 Although it is difficult to determine precisely the origin and purport of the term, it seems that it is derived from antiphona ( antiphone ) or from the adjective antiphonos , and that it signified a chant by alternate choirs.それは正確に起源を決定することが困難であり、長期の趣旨が、それはアンティフォナ(antiphone)から、または形容詞antiphonosから派生しているようだし、それが代替合唱団による聖歌をシニフィエという。 The singers or the faithful were divided into two choirs; the first choir intoned the first verse of a psalm, the second continued with the second verse, the first followed with the third verse, and so on to the end of the psalm.歌手や忠実な2つの合唱団に分けた第一合唱団は、賛美歌の最初の詩をintoned番目は第2詩を続け、第三詩と、そしてそう賛美歌の最後に続いて第一。 The antiphoned chant is thus recitation by two choirs alternately. antiphoned聖歌は、このように交互に2つの合唱団による朗読です。 This term has given rise to technical discussions which cannot here be entered into.この用語は、ここに入力することはできません技術的な議論を生んでいる。

(c) Responsory (c)はポンソ

Responsory, whose composition is almost the same as that of the antiphon -- verse of a psalm, sentence out of Holy Scripture or of ecclesiastical authorship -- nevertheless differs from it entirely as to the nature of its use in recitation or chant.その組成はほぼアンティフォンのそれと同じであるポンソ、 - 賛美歌の詩は、教典や教会の原作者の文章からは、 - それにもかかわらず全くとして朗読や聖歌におけるその使用の性質上、それとは異なります。 The precentor sang or recited a psalm; the choir or the faithful replied, or repeated either one of the verses or simply the last words of the precentor.先唱者は歌ったり賛美歌を唱え、聖歌隊や忠実は答えた、または詩または単に先唱者の最後の言葉のどれかを繰り返した。 This form, like the antiphon, had already been in use amongst the Jews, and appears even in the construction of certain psalms, as in cxxxv, "Laudate Dominum quoniam bonus", where the refrain, "Quoniam in æternum misericordia ejus", which recurs in each verse, certainly corresponds to a responsory.このフォームは、アンティフォンのように、すでにユダヤ人の間で使用されていた、とcxxxvのように、特定の詩篇の建設にさえ表示され、 "Laudate Dominum quoniamボーナス"、リフレイン、 "æt​​ernumミゼリコルジアejusでQuoniam"で、これそれぞれの詩の再発は、確かポンソに対応しています。

(d) Hymns (d)の賛美歌

The term hymn has a less definite meaning than those of antiphon or responsory , and in the primitive liturgies its use is somewhat uncertain.用語賛美歌はアンティフォンまたはポンソのものよりも明確な意味を持っており、原始的典礼、その使用は、やや不確実である。 In the Roman Breviary, at each hour either of the day or of the night there is a little poem in verses of different measures, usually very short.ローマの聖務日課書では、1日の中または夜間のい​​ずれか時間ごとに通常、非常に短い別の施策の詩に少し詩がある。 This is the hymn.これは賛美歌です。 These compositions were originally very numerous.これらの組成物は、もともと非常に多かった。 Traces of hymns may be discerned in the New Testament, eg, in St. Paul's Epistles.賛美歌の痕跡は聖パウロの書簡には、例えば、新約聖書に識別することができる。 In the fourth and fifth centuries hymnology received a great impetus.第4および第5世紀では賛美歌を作ることは大きな弾みを受け取った。 Prudentius, Synesius, St. Gregory of Nazianzus, St. Hilary, and St. Ambrose composed a great many.プルデンテ、シネシオス、ナジアンゾスの聖グレゴリオス、セントヒラリー、聖アンブローズは、非常に多くを作曲した。 But it was above all in the Middle Ages that this style of composition most developed, and collections of them were made, filling several volumes.しかし、それは、組成物のこのスタイルは、ほとんど開発され、それらのコレクションは、複数のボリュームを充填し、作られたことは、中世に上記のすべてだった。 The Roman Breviary contains but a moderate number of hymns, forming a real anthology.ローマの聖務日課書は、実際のアンソロジーを形成し、賛美歌が、適度な数を含んでいます。 Some of them are masterpieces of art.それらのいくつかは、芸術の傑作です。 It was at a comparatively late date (about the twelfth century) that the Roman Liturgy admitted hymns into its Breviary.それは、ローマ典礼は、その聖務日課に賛美歌を認めた比較的遅く日付(第12世紀ごろ)であった。 In its primitive austerity it had hitherto rejected them, without, however, condemning their employment in other liturgies.その原始的緊縮では、他のliturgiesは彼らの雇用を非難、しかし、することなく、それらをこれまで拒否していた。

(e) Lessons (e)のレッスン

By this term is meant the choice of readings or of extracts in the Breviary, taken either from Holy Writ or from the Acts of the Saints, or from the Fathers of the Church.この用語は、聖霊のいずれかから取ら令状または聖人の行為から、あるいは教会の長老たちから、朗読の聖務日課書または抽出物の選択を意味する。 Their use is in accordance with the ancient Jewish custom, which, in the services of the Synagogues, enjoined that after the chanting of psalms, the Law and the Prophets should be read.それらの使用は、シナゴーグのサービ​​スでは、詩篇の詠唱後に、律法全体と預言者とが読まれるべきであることを加味し、古代ユダヤ人の習慣に従ったものである。 The primitive Church partly adopted this service of the Synagogue, and thus brought into being the service of the night watches.原始教会は、部分的にシナゴーグのこのサービスを採用しており、こうして夜の腕時計のサービスに持ち込ま。 But the course of readings was altered; after a lesson from the Old Testament, the Epistles of the Apostles or their Acts or the Gospels were read.しかし、読みのコースが変更されました。旧約聖書からのレッスンの後、使徒またはそれらの行為または福音書の書簡が読み込まれました。 Some Churches somewhat extended this usage; for it is certain that the letters of St. Clement of Rome, of St. Ignatius, and of Barnabas, and the "Pastor" of Hermas were read.いくつかの教会はややこの用法を拡張し、それが聖イグナチオ、そしてバルナバのローマの聖クレメントの手紙、とのhermas "牧師"が読まれたことは確実であるため。 Some Churches, indeed, less well instructed, allowed books not wholly orthodox, like the Gospel of Peter, to be read.いくつかの教会は、確かに、あまり読まれるべき、ピーターの福音書のように、本は完全に正統派の不可、指示した。 In time lists were made out to fixwhat books might be read.時間指定リストで本が読まれる可能性がありfixwhatために作られていた。 Muratori's "Canon" and, still better, the "Decrees of Gelasius" may be studied from this point of view with profit.ムラトーリの "キヤノン"と、まだ良い "Gelasius令"が利益とこのような観点から研究することができる。 Later on men were not content to confine themselves to the reading of the holy books; certain Churches wished to read the Acts of the Martyrs.後で男性には神聖な本を読むことに自分自身を閉じ込めるのでは満足できなかった;特定の教会は殉教者の行為を読みたいと思っていた。 The Church of Africa, which possessed Acts of great value, signalized itself in this respect.大きな価値の行為を持っていたアフリカの教会は、この点で自分自身を信号機。 Others followed its example.他の人はその例を追った。 When the Divine Office was more developed, probably under monastic influence, it became customary to read, after Holy Writ, the commentaries of the Fathers and of other ecclesiastical writers on the passage of the Bible just previously heard.神の事務所は、より多くの、おそらく禁欲的な影響を受けて、開発されたとき、それは神聖な令状の後には、父の、聖書の一節に他の教会の作家の論評はちょうど以前に聞いたこと、読んでするのが通例となった。 This innovation, which probably began in the sixth, or even in the fifth, century, brought into the Divine Office the works of St. Augustine, St. Hilary, St. Athanasius, Origen, and others.おそらく、神の事務所セントオーガスティン、セントヒラリー、聖アタナシウス、原産地、および他人の作品にもたらし、第六、あるいは第五、世紀に始まったこの技術革新、。 To these, later, were added those of St. Isidore, St. Gregory the Great, the Venerable Bede, and so on.これらには、後に、聖グレゴリーの大、由緒あるビードを聖ISIDOREのものを添加した、というように。 This new developmentof the Office gave rise to the compilation of special books.この新しいdevelopmentof事務所は特別な本の編纂に上昇した。 In primitive times the Book of Psalms and the books of the Old Testament sufficed for the Office.原始時代では、詩篇は、旧約聖書の書籍は、Officeに十分であった。 Later, books were compiled giving extracts from the Old and New Testaments (Lectionary, Gospel, and Epistle Books) for each day and each feast.その後、書籍は毎日、各饗宴のために旧約聖書と新約聖書(句集、ゴスペル、そして信徒ブックス)からの抽出物を与えてコンパイルされました。 Then followed books of homilies (Homiliaries) -- collections of sermons or of commentaries of the Fathers for use in the Office.発するのその後に続く本(Homiliaries) - 説教またはOfficeで使用するためには、父の論評のコレクション。 All these books should be studied, for they form the constituent elements which later combined into the Breviary.彼らは後に聖務日課書にまとめた構成要素を形成するためのすべてのこれらの書籍は、検討すべきである。

Further, as regards these lessons, it is well to notice that, as in the case of the psalmody, two lines of selection were followed.また、これらのレッスンに関しては、それは賛美歌のように、選択の2行が続いていた、ことに注意することがよくある。 The first, that of the order of ferial Offices, ensures the reading of the Scripture, from Genesis to the Apocalypse, in sequence; the second, that of the order for feasts of the saints and festivals, breaks in upon this orderly series of readings and substitutes for them a chapter or a portion of a chapter specially applicable to the feast which is being celebrated.第一、平日のオフィスのオーダーのこと、シーケンスでは、創世記から黙示録まで、聖書の読書を保障する;読みのこの整然としたシリーズに第二、聖人や祭りの宴のための注文のこと、休憩をそれらの代替章または祝われているごちそうに特別に該当する章の部分。

The following is the table of lessons from the Bible.以下は、聖書からの教訓のテーブルです。 In its essential features, it goes back to a very venerable antiquity:その本質的な特徴では、それは非常に由緒ある古代にまでさかのぼる。

(f) Versicles and Little Chapters (f)にversiclesとリトル支部

The Capitulum , or Little Chapter, is really a very short lesson which takes the place of lessons in those hours which have no special ones assigned to them. 頭状花序 、またはリトル章では、実際にそれらに割り当てられた特別なものを持っていないそれらの時間のレッスンの場所を取り、非常に短いレッスンです。 These are: Lauds, Prime, Terce, Sext, None, Vespers, and Compline.これらは次のとおりである:賞賛、首相、3時課、6度音程、なし、晩課、およびcompline。 By reason of their brevity and of their unimportance, they are much less complicated than the longer ones, and no more need here be said about them.それらの説明を簡潔にするとそのunimportanceという理由で、彼らが長いものよりもはるかに少ない複雑であり、これ以上ここに必要としないそれらについて言われる。 The Versicles belong to the psalmody, like responsories and antiphons; usually they are taken from a psalm, and belong to the category of liturgical acclamations or shouts of joy. Versiclesはresponsories antiphonsと同じように、賛美歌を歌うことに属します。通常、彼らは賛美歌から取られており、典礼acclamationsまたは喜びの叫び声のカテゴリに属しています。 They are usually employed after lessons and little chapters, and often take the place of responsories; they are, in fact, brief responsories.彼らは通常のレッスンとリトル支部採用した後、しばしばresponsoriesの場所を取るされ、それらは、実際には、簡単なresponsories。 The ferial Preces and the Litanies probably belong to the category of versicles.平日のPrecesと連祷はおそらくversiclesのカテゴリに属しています。

(g) Collects (g)を収集します

Collects, also called prayers, are not psalmodic prayers; they are of a completely different character.収集はまた、祈りと呼ばれる、psalmodic祈りではありません、彼らは完全に異なる文字である。 Their place in the Breviary changes little; they come towards the end of the Office, after the psalmody, the lessons, little chapters, and versicles, but preceded by the Dominus vobiscum , and they gather up in a compendious form the supplications of the faithful.少し聖務日課の変更でその場所、彼らは賛美歌を歌うことの後に、Officeの終わりに向かって来て、レッスン、ほとんどの支部、およびversiclesが、 主はみなさんとともにが先行し、そして彼らは簡潔な形で信徒の願いを集める。 Their historical origin is as follows: During the earliest period, the president of the assembly, usually the bishop, was entrusted with the task of pronouncing, after the psalmody, chants, and litanies, a prayer in the name of all the faithful; he therefore addressed himself directly to God.彼らの歴史的起源は、次のとおりです。早い期間に、アセンブリの社長、通常の司教は、賛美歌を歌うこと、歌、そして連祷の後、すべての忠実な名前で祈り発音の役割を担った、彼したがって、神に直接話しかけた。 At first this prayer was an improvisation.最初はこの祈りは即興だった。 The oldest examples are to be found in the Didache ton Apostolon and in the Epistle of St. Clement of Rome, and in certain Epistles of St. Cyprian.最古の例では、 新約聖書のトンApostolonやローマの聖クレメントの信徒で、聖シプリアンの特定の書簡で見つけられるべきである。 In time, towards the fourth century, collections of prayers were made for those who were not adepts in the art of improvisation; these were the earliest forerunners of Sacramentaries and Orationals, which later occupied so important a place in the history of the Liturgy.時間では、4世紀に向かって、祈りのコレクションは、即興の技術分野の達人なかった人のために作られましたが、これらは後に典礼の歴史の中で非常に重要な場所を占めSacramentariesとOrationalsの最も初期の先駆者であった。 The Leonine, Gelasian, and Gregorian Sacramentaries form the chief sources whence are drawn the collects of our Breviary.レオニー、ゲラシアン、およびグレゴリオsacramentariesチーフソースでwhenceを形成するが、私たちの聖務日課書の収集して描かれます。 It may be observed that they are of great theological importance, and usually sum up the main idea dominating a feast; hence, in them the significance of a festival is to be sought.それは、彼らは偉大な神学的に重要であることが観察され、通常はごちそうを支配する主要なアイデアをまとめることができ、それゆえ、それらの祭りの意義が求められています。

V. HISTORY OF THE BREVIARY聖務日課書Vの歴史

In the preceding paragraphs, a certain portion of the history of the Breviary, as a choir book at least, has been given.前の段落では、聖務日課の歴史のある部分は、少なくとも合唱帳として、与えられている。 At first, there was no choir book, properly so called; the Bible alone sufficed for all needs, for therein were the psalms for recitation and the books which furnished the various lessons.まず、適切ないわゆるなく聖歌隊の本は、ありませんでした、単独で聖書は、そこに朗読用の詩篇と様々な教訓を内装冊だったため、すべてのニーズに十分であった。 It is of course most probable that the Psalter is the most ancient choir book; it was published apart to fulfil this special function, but with divisions -- marks to indicate the portions to be read; and at the end were copied out the canticles recited in the Office like the psalms, and sometimes, following each psalm, came one or more prayers.それは詩篇の最も古代の聖歌隊の本であることは勿論で最も可能性を示すもので、この特別な機能を果たすためにバラバラに掲載されましたが、部門と - マーク読み取られる部分を示すために、そして終わりに読誦雅歌をコ​​ピーした詩篇のようなオフィスで、そして時には、各詩編に続いて、一つ以上の祈りが来た。 A study of manuscript Psalters, which has not as yet been methodically undertaken, would be extremely useful for the Liturgy.などまだ系統的に行われていない原稿Psaltersの研究では、典礼のために非常に有用であろう。 Then, little by little, as the canonical Office was evolved, books were drawn up to meet the wants of the day -- Antiphonaries, Collectaria, etc. In the twelfth century John Beleth, a liturgical author, enumerates the books needed for the due performance of the canonical Office, namely: -- the Antiphonary, the Old and New Testaments, the Passionary (Acts of the Martyrs), the Legendary (Legends of the Saints), the Homiliary, or collection of homilies on the Gospels, the Sermologus , or collection of sermons, and the treatises of the Fathers.その後、少しずつ、カノニカル事務所が進化したように、書籍は当日の欲求を満たすために策定されたことによって - Antiphonaries、Collectariaなど、12世紀にジョンBeleth、典礼著者は、原因のために必要な書籍を列挙交唱聖歌、旧約聖書と新約、Passionary(殉教者の行為)、伝説(聖人の伝説)、福音を発するの説教集や、コレクション、Sermologus - :すなわち正規のOfficeの性能、または説教、そして、父の論文を集めたもの。 In addition to these should be mentioned the Psalterium, Collectarium for the prayers, the Martyrology, etc. Thus, for the recitation of the canonical Office, quite a library was required.これらの葉胃、祈りのためにCollectarium、殉教史を言及されるべきである、等のほかにこのように、正規のOfficeの朗読のために、かなりのライブラリが必要とされた。 Some simplification became imperative, and the pressure of circumstances brought about a condensation of these various books into one.いくつかの簡素化が不可欠となり、状況の圧力は1に、これらの様々な書籍の縮をもたらした。 This is the origin of the Breviary.これは、聖務日課の原点です。 The word and the thing it represents appeared -- confusedly, it might be -- at the end of the eighth century.単語とそれが表すものが登場 - めちゃくちゃ、それはあるかもしれない - 八世紀の終わりに。 Alcuin is the author of an abridgment of the Office for the laity -- a few psalms for each day with a prayer after each psalm, on an ancient plan, and some other prayers; but without including lessons or homilies.しかしレッスンまたは発する含めず、古代の計画に、各詩編後の祈りを日ごとにいくつかの詩篇、およびいくつかの他の祈り - alcuinのは俗人のためのオフィスのはく奪の著者である。 It might rather be called a Euchology than a Breviary.それはむしろ、聖務日課書よりEuchologyと呼ばれるかもしれない。 About the same time Prudentius, Bishop of Troyes, inspired by a similar motive, drew up a Breviarium Psalterii. But we must come down to the eleventh century to meet with a Breviary properly so called.同じくらいの時間プルデンテ、トロワの司教は、同様の動機に触発され、Breviarium Psalteriiを策定しました。しかし、我々は適切ないわゆる聖務日課に会うために11世紀に降りてくる必要があります。 The most ancient manuscript known as containing within one volume the whole of the canonical Office dates from the year 1099; it comes from Monte Cassino, and at the present time belongs to the Mazarin Library.それがモンテ·カッシーノから来て、現時点ではマザラン図書館に属し、1ボリューム内にカノニカル事務所の全体を含むものとして知られている最も古い写本は1099年にさかのぼる。 It contains, in addition to other matter which does not concern the present inquiry, the Psalter, canticles, litanies, hymnary, collects, blessings for the lessons, little chapters, antiphons, responsories, and lessons for certain Offices.これは、特定のオフィスのための本お問い合わせ、詩篇、雅歌、連祷、賛美歌集、収集、レッスンのための祝福、ほとんどの支部、antiphons、responsories、と教訓を関係のない他の物質に加えて、含まれています。 Another manuscript, contemporary with the preceding, and also coming from Monte Cassino, contains Propers of the Season and of the Saints, thus serving to complete the first-mentioned one.先行付きの現代的な、またモンテ·カッシーノから来る別の原稿は、こうして最初に述べた1を完了するのに役立つ、シーズン、聖人のPropersが含まれています。 Other examples of the Breviary exist dating from the twelfth century, still rare and all Benedictine.聖務日課の他の例としてはまだ珍しい​​、すべてのベネディクトは、12世紀から交際が存在する。 The history of these origins of the Breviary is still somewhat obscure; and the efforts at research must continue tentatively till a critical study of these manuscript Breviaries has been made on the lines of such workers as Delisle, Ebner, or Ehrensperger, on the Sacramentaries and Missals.聖務日課書は、これらの起源の歴史はまだ、ややあいまいであり、研究の努力は、これらの原稿Breviariesの重要な研究はドリール、エブナー、またはエーレンスペルガーのような労働者の行で行われているSacramentariesまでに、暫定的に継続しなければならないMissals。

It was under Innocent III (1198-1216) that the use of Breviaries began to spread outside Benedictine circles.それはBreviariesの使用はベネディクトサークルの外に広がるようになったのはウス3世(1198年から1216年)の下にあった。 At Rome, no longer solely for the Roman Basilicas, but still for the Roman Court alone, Breviaria were drawn up, which, from their source, are called Breviaria de Camerâ , or Breviaria secundum usum Romanæ Curiæ. Texts of this period (beginning of thirteenth century) speak of "Missalia, Breviaria, cæterosque libros in quibus Officium Ecclesiasticum continetur", and Raoul de Tongres specifically refers to this Roman Breviary.の始まり、この時期のローマでは、もはや単にローマのバシリカのために、それでも一人でローマのコートのために、BreviariaがBreviaria·デ·カメラと呼ばれている、それらのソースから、策定された、またはBreviaria隔usumRomanæ助言者。テキスト( 13世紀)は "Missalia、Breviaria、quibus Officium Ecclesiasticum contineturでcæterosqueジャンル"について話すと、ラウル·デ·Tongresは、特にこのローマの聖務日課書を指します。 But this use of the Breviary was still limited, and wa a kind of privilege reserved for the Roman Court.しかし、聖務日課のこの使用はまだ限られていた、とワシントンローマ裁判所のために予約特権の一種。 A special cause was needed to give the use of this Breviary a greater extension.特別な原因は、この聖務日課大きい拡張の使用を与えるために必要とされた。 The Order of Friars Minor, or Franciscans, lately founded, undertook the task of popularizing it.小さき兄弟、またはフランシスコの順序が、最近設立され、それを大衆化する作業に着手した。 It was not a sedentary order vowed to stability, like those of the Benedictines or Cistercians,or like the Regular Canons, but was an active, missionary, preaching order.それはベネディクトまたはcisterciansのもの、または定期的な規範のようなのように、安定に誓っ定住順序はありませんでしたが、積極的な、宣教師、説教の順序だった。 It therefore needed an abridged Office, convenient to handle and contained in a single volume small enough to be carried about by the Friars on their journeys.したがって、処理を便利にするための要約されたOfficeを、必要とされると、その旅に修道士によって約運ばれるのに十分に小さい単一ボリュームに含まれている。 This order adopted the Breviarium Curiæ with certain modifications which really constitute, as it were, a second edition of this Breviary.それは、この聖務日課書の第二版だったとして、この順序は、本当に構成する特定の修正をBreviarium助言書を採択した。 It is sometimes called the Breviary of Gregory IX because it was authorized by that pontiff.それはその教皇によって承認されたため、それは時にはグレゴリーIXの聖務日課書と呼ばれています。 One of the chief modifications effected by the Friars Minor was the substitution of the Gallican version of the Psalter for the Roman.小さき兄弟会によって行わチーフ修飾の一つはローマのために詩篇の条項バージョンの置換であった。 The cause was won; this eminently popular and active order spread the use of this Breviary everywhere. Antiphonaries, Psalters, Legendaries, and Responsoraries disappeared by degrees before the advance of the single book which replaced them all. Still more, by a kind of jus postliminii -- a right of resumption -- the Church of Rome, under Nicholas III (1277-80), adopted the Breviary of the Friars not merely for the Curia, but also for the Basilicas; and, as an inevitable consequence, this Breviary was bound, sooner or later, to become that of the Universal Church.原因が優勝しましたが、この極めて人気があり、アクティブな順番はどこでもこの聖務日課の普及Antiphonaries、Psalters、Legendaries、それらすべてを置き換える一冊の進歩の前に度消えResponsoraries更により、 ジュースの種類によって postliminii -再開の右-ローマの教会、ニコラス3世(1277年から1280年)の下で、教皇のためだけでなく、バシリカのためだけではない修道士の聖務日課書を採択し、必然的な結果として、そして、この聖務日課ユニバーサル教会のことになるため、遅かれ早かれ、バインドされています。

VI. Ⅵ。 REFORMS OF THE BREVIARY聖務日課の改革

In the preceding sections, the history of the ecclesiatical Office has been unfolded from its inception.前のセクションで、ecclesiatical Officeの歴史は、創業から繰り広げられてきた。 If this history could be put into few words, though neccesarily forming an incomplete statement, it might be said that from the first to the fifth century it was in formation; from the fifth to the eleventh century it was in process of development and expansion; and during the twelfth and thirteenth centuries the Breviary properly so called was emerging into being.この歴史は、いくつかの言葉にすることができれば、neccesarily不完全な文を形成するが、それは最初から5世紀にそれを形成していたと言うことかもしれません。第五から11世紀にそれは発展と拡大の過程にあった;と12と13世紀の間に適切ないわゆる聖務日課書がされて入って新興た。 From then till now (that is, from the fourteenth century onwards) might be termed the period of reform.その時から今まで(14世紀以降から、である)改革の期間を呼ばれるかもしれない。 The fourteenth and fifteenth centuries represent for the Liturgy, as for the greater number of other ecclesiastical institutions, a period of decline, for it is the time of schisms, and in that one word everything harmful is summed up. 14と15世紀には、それは分裂の時代であるため、他の教会の機関の数が多いほど、下落の期間として、典礼のために表現すると、その一言で有害なものはすべてまとめています。 The few documents that are available for the liturgical history of that time attest this, as, for example, the "Gesta Benedicti XIII" and the "XV Ordo Romanus".当時の典礼の歴史のために利用可能ないくつかの文書は、これを証明するような、例えば、 "Gesta Benedicti XIII"と "XVオルドRomanus"。 Disorder and abuses crept into the Liturgy as into everything else.障害や虐待は、他のすべてのように典礼に潜入した。

Dom Bäumer, in his "Histoire du bréviaire", repeatedly points out that it is impossible to separate the history of the Liturgy from the occurrences that make up the general history of the Church, and that the phases through which the general history takes us are reflected in the evolution of the Liturgy.ドムBäumerは、彼の "Histoireデュbréviaire"に、繰り返しそれは教会の一般的な歴史を作るの出現から典礼の歴史を分離することは不可能であることを指摘し、一般的な歴史は、私たちを取りそれを通して相があること典礼の進化に反映されます。 It is not surprising, therefore, that the sojourn of the popes at Avignon and the Great Schism have exerted their baneful influence on the history of the Liturgy.それは、アヴィニョン教皇の逗留と大分裂が典礼の歴史に悪影響を及ぼしていること、したがって、驚くべきことではない。 And the reaction is still being felt.と反応はまだ感じている。 Raoul de Tongres, who died early in the fifteenth century, was even at that early period a critic and a reformer; in his famous work "De observantiâ Canonum" he agitated for some settlement of liturgical rules. 15世紀初頭に亡くなったラウル·デ·Tongresは、その早い時期評論家及び改質器でもあった、彼の有名な作品 "デobservantiâCanonum"彼は典礼規則の一部決済撹拌した。 The "XV Ordo Romanus" already referred to, the work of Amelius, sacristan to Urban V and librarian to Gregory XI, breathes the same idea.既に言及されている "XVオルドRomanus"、グレゴリーXIにアーバンVと司書にAmelius、聖具保管担当者の仕事は、同じアイデアを吹き込む。 The abuses pointed out by the different authors of the time may be reduced to the following:時間の異なる著者によって指摘虐待は以下に低減することができる:

The Humanism of the Renaissance, which had its ardent champions even in the Church -- as Bembo, Sadoletus, etc., to say nothing of certain popes -- caused the idea of a special reform of the Breviary, in the direction of greater literary purity and prefection, to be entertained in certain quarters.でも、教会の中で、その熱烈なチャンピオンを持っていたルネサンスのヒューマニズム、 - ベンボ、Sadoletusなどのような特定の教皇の何も言わないために - 聖務日課の特別な改革のアイデアを引き起こし、大きな文学の方向に特定の四半期に楽しまれる純度とprefection、。 Strange schemes were propounded, little in consonance with the spirit of the Church.奇妙なスキームがほとんど教会の精神に共鳴し、提唱した。 A Florentine canon, Marsiglio Ficino, and Peter Pomponatius, for instance, suggested that the clergy should read the classical authors instead of the Breviary.フィレンツェのカノン、Marsiglioフィチーノ、ピーターPomponatiusは、例えば、聖職者ではなく、聖務日課書の古典作家を読むべきであると提案した。 Others, though not going so far as this, thought the diction of the Breviary barbaric, and wanted to translate it into Ciceronian Latin.その他は、今のところこのように行くわけではありませんが、聖務日課の言葉遣い野蛮な考え、キケロ流のラテン語に翻訳したいと考えました。 The corrections suggested included such astounding phrases as the following: the forgiveness of sins becomes "superosque manesque placare"; the Begetting of the Word was to be "Minerva Jovis capite orta"; the Holy Ghost was "Aura Zephyri coelestis", etc. These attempts failed; nevertheless, at a later date, under Urban VIII, similar Humanist tendencies came again to the surface and this time asserted their power by an emendation of the hymns.修正候補は、次のような驚異的なフレーズを含んでいた:罪の赦し "がsuperosque manesque placare"になる; WordのBegettingは "ミネルバJovis capiteオルタ"であることだった、聖霊は "オーラZephyri coelestis"などこれらであった試みは失敗した、それにもかかわらず、後日、都市viii下で、似たようなヒューマニスト傾向が表面に再び来て、この時間は、賛美歌の校正によってその力を主張した。 Amongst such attempts may be mentioned that of Ferreri.そのような試みの中でフェルレーリのことが挙げられる。 He was the Bishop of Guarda Alfieri in the Kingdom of Naples, a Humanist, and wrote under the auspices and patronage of Leo X. He began with the hymns.彼はナポリ、ヒューマニスト王国でグアルダアルフィの司教であった、と彼は賛美歌で始まった後援とレオXの庇護の下に書いている。 His work, which has been preserved, is interesting and contains some very beautiful pieces, polished in style.保存されてきた彼の作品は、面白いし、スタイルで研磨、いくつかの非常に美しい作品が含まれています。 A good number of them have, unfortunately, nothing more of the spirit of poetry in them than harmony and rhythm; they are wanting in inspiration and above all in the warmth of piety; nearly all are strewn with Pagan names and allusions, representing Christian verities, as "Triforme Numen Olympi" for the Trinity, "Natus Eumolpho Lyricenque Sappho . . . Thracius Orpheus", referring to the Blessed Virgin, etc. Ferreri also busied himself with a revision of the Breviary, but nothing was published, and now no trace of the materials he collected is forthcoming.そのうちのかなりの数は、残念ながら、ハーモニーとリズムよりも、それらの詩の精神は何も持たず、信心深さの暖かさにインスピレーションと上記のすべてが欠けている、ほぼすべてが異教の名前と当てつけが散らばっており、キリスト教の真理を表す、トリニティ "Triforme天分Olympi"として、 "Natus Eumolpho Lyricenqueサッポー... Thraciusオルフェウス"、聖母マリアに言及、などフェルレーリも聖務日課書の改正で身を忙しかったんですが、何も公表されなかった、と今では全く彼が収集した資料のトレースは用意されています。

Another attempt at reform, much better known, and having results of far-reaching importance, was that of Quignonez, Cardinal of Santa Croce in Gerusalemme, who was entrusted by Clement VII with the task of completing the work begun by Ferreri.もう一つの改革の試み、良く知られていて、遠大な重要な結果を有するが、Quignonez、フェルレーリによって始められた作業を完了するタスクにクレメンス7世によって委託されたGerusalemmeのサンタクローチェの枢機卿、のことでした。 He was a Franciscan, and had been successfully employed on various commissions.彼はフランシスコ会だったし、正常に各種手数料に採用されていた。 His revision was the most original that has ever been attempted, and liturgical experts, like Guéranger, Edmund Bishop, and Bäumer, have studied his labours in detail.彼の改正は、これまでに試みられているが、ほとんどオリジナルで、ゲランジェ、エドモンド·ビショップ、そしてBäumerような典礼の専門家は、具体的に彼の仕事を検討してきた。 Only the principal points of his scheme can be mentioned here.彼の計画の唯一の主要なポイントは、ここで言及することができます。 Considered theoretically, it cannot be denied that his Breviary is drawn up on easy, convenient, and logical lines, and, on the whole is felicitously arranged.理論的に考えられて、それは彼の聖務日課書は、簡単便利で、論理回線上に描かれていることは否定できない、と、全体的に適切には配置されている。 But in the light of tradition and of liturgical principles the only possible verdict in that Quignonez' Breviary, being constructed on a priori principles, violating most of the liturgical rules, must be codemned.しかし、それQuignonez '聖務日課でのみ可能評決の伝統と典礼の原則に照らして、典礼のルールのほとんどに違反し、先験的原理に建設中codemnedしなければなりません。 The author starts with the theory, contrary to all tradition, that an essential difference exists between the public celebration of the Office and its private recitation.著者は、本質的な違いは、Officeの公開記念とそのプライベート朗読の間に存在することを、すべての伝統に反して、理論から始まります。 For private recitation, therfore, all such portions as antiphons, responsories, versicles, little chapters, even hymns may be eliminated, as, according to Quignonez, these are meant solely for choir use.民間暗唱、therfore、に対してもantiphons、responsories、versicles、リトル支部、賛美歌のような全ての部分がQuignonezによると、のように、削除される可能性があり、これらは聖歌隊での使用のためだけに意図されています。 According to his arrangement, the entire Psalter was to be recited once a week -- an excellent idea, in consonance with primitive practice; but it was applied too rigidly and narrowly, for no attention was paid to the suitability of certain psalms to special feasts.が、それはありません注意のために、あまりにも厳格に適用されたと僅差で特別の宴に特定の詩篇の適性に支払われた、プリミティブな慣行に共鳴して、優れたアイデア - 彼のような構成によれば、全体のpsalterは週に一度記載されることになっていた。 Feasts were never to change the order of the psalms, which were to be recited successively from i to cl.宴には、iからCLに順次記載されることになっ詩篇、の順序を変更することはありませんでした。

Every hour had three psalms; and in consequence of this severe regularity, there disappeared the deep and historical motive which gave to each hour its own characteristics.毎時は、3つの詩篇を持っていたし、このような厳しい規則性の結果では、各時間に独自の特性を与えた深い歴史的動機が消えてしまった。 The legends of the saints and the hymns underwent drastic, but designed, revision.聖人と賛美歌の伝説が抜本受けたが、設計された、改正。 Another principle, which would be deserving of all praise had it not been applied too rigorously, was that the entire Scriptures should be read through every year.それはあまりにも厳格に適用されていなかったすべての称賛に値するであろうもう一つの原則は、全体の聖書は毎年通って読まれるべきであるということでした。 Quignonez' Breviary, as might be expected, met both with enthusiastic approval and with determined opposition. Quignonez '聖務日課書は、予想できるように、熱狂的な承認を得て決定した野党との両方に会った。 Its success may be judged from the number of editions through which it passed.その成功は、それが通過したエディションの数から判断してもよい。 The Sorbonne criticized it severely, and other experts declared against Quignonez and attacked his work mercilessly.ソルボンヌはひどくそれを批判して、他の専門家はQuignonezに対して宣言と容赦なく彼の作品を攻撃した。 In the end, opposition proved the stronger, and even popes rejected it.結局、野党が強いことを証明し、さらに教皇はそれを拒否しました。 Moreover, it was supplanted by other revisions made on more orthodox liturgical lines, less ambitious in scope, and more in accordance with tradition.また、それは伝統に従って小さいスコープで野心的な、そしてより多くの、より正統派の典礼行で行われ、他のリビジョンに取って代わられました。 The newly founded Congregation of Theatines applied itself to this task with energy and enthusiasm. Theatinesの新しく設立された集会は、エネルギーと熱意をもって、このタスクに自分自身を適用した。 Caraffa, one of its founders, took a share in the work, and when he became pope under the name of Paul IV (1555-59), he continued his labours, but died before seeing their completion, and it was thus reserved to others to bring them to a successful issue.カラッファ、その創設者の一人は、仕事のシェアを取って、彼はポール4世(1555年から1559年)の名の下に法王になったとき、彼は彼の仕事を続けたが、その完成を見る前に死亡しており、それは、このように他の人に予約されていた成功した問題にそれらをもたらす。

The Council of Trent, which effected reforms in so many directions, also took up the idea of revising the Breviary; a commission was appointed concerning whose deliberations we have not much information, but it began to make definite inquiries about the subject entrusted to it.非常に多くの方向で改革をもたらさトレントの評議会も、聖務日課の見直しの考え方を取り上げ、委員会は、その審議我々は多くの情報を持っていないが、それはそれに委託主題について明確な問い合わせを作り始めましたに関する任命された。 The council separated before these preliminaries could be concluded; so it was decided to leave the task of editing a new Breviary in the pope's own hands.協議会は、これらの予選が締結される​​前に分離;ので、法王自らの手で新しい聖務日課の編集作業を残すことになりました。 The commission appointed by the council was not dissolved, and continued its investigations.評議会によって任命された委員会は解散し、その調査を続けていませんでした。 St. Pius V, at the beginning of his pontificate (1566), appointed new members to it and otherwise stimulated its activity, with the result that a Breviary appeared in 1568, prefaced by the famous Bull, "Quod a nobis".聖ピオ五世は、彼の(1566年)の司教職の冒頭で、それに新しいメンバーを任命し、そうでなければ、その活動を刺激し、聖務日課書は、1568年に登場し、その結果、有名なブルで始まり、 "ノビスホテルを刑務所"。 The commission had adopted wise and reasonable principles: not to invent a new Breviary and a new Liturgy; to stand by tradition; to keep all that was worth keeping, but at the same time to correct the multitude of errors which had crept into the Breviaries and to weigh just demands and complaints.委員会は賢明かつ合理的な原理を採用していた:新しい聖務日課と新しい典礼を発明していない、伝統に立つために、維持の価値があったすべてのことを保つことですが、同時にBreviariesに紛れ込んでいたエラーの多くを修正するとだけ要望や苦情を計量する。 Following these lines, they corrected the lessons, or legends, of the saints and revised the Calendar; and while respecting ancient liturgical formularies such as the collects, they introduced needful changes in certain details.これらの行に続いて、彼らは聖徒の、レッスン、または伝説を修正し、カレンダーを改訂し、そしてそのような収集などの古代典礼処方を尊重しながら、彼らは特定の詳細に入用な変更が加えられました。 More intimate accounts of this revision should be studied at length in the approved authorities on the history of the Breviary.この改正のより親密なアカウントは、聖務日課書の歴史に承認された当局の長さで検討されるべきである。 Here it will be enough to give a short sketch of the chief points affecting this Breviary, as it is substantially the same as that used at this date.それは実質的にこの日付に使用されるそれと同じであるとしてここでは、この聖務日課に影響を与える主要点の短いスケッチを与えるのに十分であろう。 The celebrated Bull of approval, "Quod a nobis" (9 July, 1568), which prefaced it, explains the reasons which had weighed with Rome in putting forth an official text of public prayer, and gives an account of the labours which had been undertaken to ensure its correction; it withdrew the papal approbation from all Breviaries which could not show a prescriptive right of at least two centuries of existence.承認の有名なBullは、それを前置き(1568年7月9日)、 "ノビスホテルを刑務所"、公共の祈りの公式テキストを記載パッティングにローマで秤量した理由を説明し、されていた労働者のアカウントを与えるその補正を確実にするために行われ、それは存在の少なくとも2世紀の規範的権利を示すことができなかったすべてのBreviariesからローマ法王の賛同を撤回した。 Any Church which had not such an ancient Breviary was bound to adopt that of Rome.このような古代の聖務日課書は、ローマのものを採用することをバインドされていたていなかったすべての教会。 The new Calendar was freed from a large number of feasts, so that the ferial Office was once more accorded a chance of occupying a less obscure position than of late it had.新しいカレンダーは、平日のOfficeはもう一度それが持っていた後期のよりも少ない無名の位置を占めるのチャンスを与えられたので、お祭りの数が多いから解放された。 At the same time the real foundation of the Breviary -- the Psalter -- was respected, the principal alterations made being in the lessons.同時に、聖務日課の本当の基礎 - 詩篇 - が尊重された、主要な変更は、レッスンである作った。 The legnends of the saints were carefully revised, as also the homilies.聖人のlegnendsは慎重に発するとしても、改訂された。 The work was one not only of critical revision, but also of discriminating conservatism, and was received with general approval.仕事は重要な改正のではなく、差別保守主義ではないだけだった、と一般的な承認を受け取りました。 The greater number of the Churches of Italy, France, Spain, Germany, England, and, generally, all the Catholic States, accepted this Breviary, saving only certain districts, as Milan and Toledo, where ancient Rites were retained.イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、イングランド、そして、一般的には、すべてのカトリック国、教会の数が多いほど、古代の儀式が保持されたミラノとトレドとしてのみ特定の地域を、保存、この聖務日課書を受け入れた。

This Pian Breviary (Breviarium Pianum), while still remaining the official prayer book of the Universal Church, has undergone certain slight alterations in the course of time, and these must here be noted, but without reference to the new feasts of saints which have been added to the Calendar century by century, even though they occupy a not inconsiderable space in the ecclesiastical disposition of the year.まだユニバーサル教会の公式の祈りの本を維持しながら、このピアン聖務日課 (Breviarium Pianum)は、時間の経過で一定のわずかな変化を遂げており、これらは、ここで注意しなければなりませんが、聖人の新しいお祭りを参照せずにされている彼らは今年の教会の処分で少なからぬ空間を占有するにもかかわらず、世紀によってカレンダー世紀に追加されます。 The chiefest and most important changes were made under Sixtus V. At first the text of the versions of the Bible used in the Liturgy was altered. chiefestそして最も重要な変更は典礼で使われた聖書のバージョンのテキストが変更された当初シクストゥスVの下で行われた。 As soon as the revision of the Vulgate undertaken during this pontificate was completed, the new text replaced the old one in all official books, particularly in the Breviary and the Missal.できるだけ早くこの司教の職が完了した時に行われ、ウルガタ聖書の改正など、新しいテキストは、特に聖務日課とミサでは、すべての公式書籍に古いものに取って代わりました。 Sixtus V instituted a new Congregation -- that of Rites -- 1588, charging it with a study of the reforms contemplated in the Pian Breviary, which had then been in use more than twenty years.その後、20年以上使用されていたピアン聖務日課に企図改革の研究とそれを充電、1588 - 儀式 - シクストゥス5世は新しい信徒を制定しました。 To him is due the honour of this revision of the Breviary, although till lately it had been ascribed to Clement VIII (1592-1605).最近までそれはクレメンス8(1592年から1605年)に帰されていたが、彼に、聖務日課のこの改正の名誉のためです。 Although the first suggestion came from Sixtus V, nevertheless it was only under Clement VIII that the work was really vigorously pushed forward and brought to a conclusion.最初の提案は、シクストゥス5世から来ていますが、それにもかかわらず、それは仕事が本当に精力的に進められ、結論に持って来られたことをクレメンス8の下だけだった。 The revising committee had as its members such men as Baronius, Bellarmine, and Gavanti.改訂委員会は、そのメンバーバロニウス、ベラルミーノ、およびGavantiこのような男性として持っていた。 The first-named especially played a most important part in this revision, and the report which he drew up has recently been published.最初の名前、特に今回の改訂で最も重要な役割を果たした、と彼が描いた報告書は、最近出版されました。 The emendations bore especially on the rubrics: to the Common of Saints was added that of Holy Women not Virgins; the rite of certain feasts was altered; and some new feasts were added. emendationsは、ルーブリックに特にボア:聖人の共通に神聖な女性ではない処女のことが追加されました。特定の宴の儀式が変更された、およびいくつかの新しいお祭りが追加されました。 The Bull of Clement VIII, "Cum in Ecclesiâ", enjoining the observance of these alterations, is dated 10 May, 1602.クレマンVIIIのレッドブル、これらの変化の遵守を禁止する、 "エクレシアで射精"、1602年5月10日日付を記入されています。

Further changes were made by Urban VIII (1623-44).以上の変更は都市viii(1623から1644)によってなされた。 The commission appointed by him was content to correct the lessons and some of the homilies, in the sense of making the text correspond more closely with the oldest manuscripts.彼によって任命委員会は、テキストが最古の写本とより密接に対応させるという意味で、レッスンと発するの一部を訂正する内容だった。 There would therefore be no call to treat of this revision under Urban VIII at greater length but for the fact that, outside the work of this commission, he effected a still more important reform, over which even now discussion has not ceased to make itself heard.したがって、今でも議論自体は聞いてもらうのをやめていないその上、より大きい長さではなく、この委員会の仕事以外、彼にはまだ多くの重要な改革を達成、事実のための都市VIIIの下で、このリビジョンの治療するためにはコール、もないでしょう。 It affected the hymns.それは賛美歌に影響を与えた。 Urban VIII, being himself Humanist, and no mean poet, as witness the hymns of St. Martin and of St. Elizabeth of Portugal, which are of his own composition, desired that the Breviary hymns which it must be admitted are sometimes trivial in style and irregular in their prosody, should be corrected according to grammatical rules and put into true metre.それを認めなければならない聖務日課書は、賛美歌のスタイルで、時には些細であることが望ましい、彼自身の物である聖マルティンの賛美歌やポルトガルの聖エリザベスのを、証人としてアーバン自身がヒューマニストである第VIII、およびno平均詩人、とその韻律の不規則は、文法規則に従って修正され、真メートルに置かれるべきである。 To this end he called in the aid of certain Jesuits of distinguished literary attainments.この目的を達成するために、彼は著名な文学的素養のある特定のイエズス会の援助で呼ばれる。 The corrections made by these purists were so numerous -- 952 in all -- as to make a profound alteration in the character of some of the hymns.全部で952 - - 賛美歌のいくつかの文字で深遠な変更を行うこととして、これらの純粋主義者によって行われた訂正はとても多かった。 Although some of them without doubt gained in literary style, nevertheless, to the regret of many, they also lost something of their old charm of simplicity and fervour.疑いもなく、そのうちのいくつかは、多くの残念なことに、それにもかかわらず、文体で得ていますが、彼らはまた、シンプルさと情熱のそれらの古い魅力のようなものを失った。

At the present date [1907], this revision is condemned, out of respect for ancient texts; and surprise may be expressed at the temerity that dared to meddle with the Latinity of a Prudentius, a Sedulius, a Sidonius Apollinaris, a Venantius Fortunatus, an Ambrose, a Paulinus of Aquileia, which, though perhaps lacking the purity of the Golden Age, has, nevertheless, its own peculiar charm.現在の日付で、[1907]、この改正が行わ古文書を尊重し、非難され、そして驚きがプルデンテのラテン性、セドゥリウス、シドニウス·アポリナリス、ヴェナンティウスフォルトゥナ口を挟むことを敢​​えて向こう見ずに表現することができる、アンブローズ、それにもかかわらず、おそらく黄金時代の純度を欠くものの、アクイレイアのパウリヌス、持って、独自の独特の魅力。 Even the more barbarous Latinity of a Rhabanus Maurus is not without its archaic interest and value.さえRhabanusマウルスのより野蛮なラテン的特徴は、その古風な関心と価値がないわけではない。 Moreover, the revisers were ill-advised inasmuch as they adopted a via media; they stopped half-way.また、改訂者は、彼らが経由してメディアを採用した〜だけれどもあさはかだった、彼らは半分を停止しました。 If, as it is freely admitted, the Roman Breviary contains many hymns of inferior poetic worth, and whose sentiment is perhaps commonplace, then there is no reason why they should not be eliminated altogether, and replaced by new ones.それが自由に認められているように、ローマの聖務日課書は劣っ詩的な価値、そして感情多分平凡ですの多くの賛美歌が含まれている場合は、それらを完全に排除し、新しいものに置き換えることがいけない理由はありません。 Many of the older ones, however, were worthy of being preserved just as they stood; and, in the light of the progress made in philology, it is certain that some of the corrections in prosody made under Urban VIII convict their authors of ignorance of certain rhythmic rules, whose existence, it is only right to say, came to be known later.古いものの多くは、しかし、彼らは立っていたのと同様に、保存されるに値するだった;と、言語学の進展に照らして、それは都市viii下で行わ韻律における修正の一部はの無知のその作者を有罪ことは確かであるその存在は、それが言いたいだけ右である一定のリズミカルなルールは、後に知られるようになった。 However it may be, these corrections have been retained till the present time.しかし、それは、これらの修正は、現時点まで保持されていてもよい。 A comparison of the older with the modern text of the hymns may be consulted in Daniel, "Thesaurus Hymnologicus", (Halle, 1841).賛美歌の現代的なテキストとそれ以上の年齢の比較は、 "シソーラスHymnologicus"(ハレ、1841)、ダニエルに相談することができる。

Nothing further was done under the successors of Urban VIII, except that new Offices were added from time to time, and that thus the ferial Office began again to lose ground.何もさらに新しい官庁が随時追加され、こうして平日のOfficeが地面を失い、再び始まったことしたこと以外は、ウルバヌス8世の後継者の下で実行されませんでした。 We must come down to the pontificate of Benedict XIV, in the second half of the eighteenth century, to meet with another attempt at reform; but before doing so, reference must be made to efforts inaugurated in France during the seventeenth and eighteenth centuries, whose history has been learnedly elucidated in detail by Dom Guéranger in vol.しかし、そうする前に、参照は17世紀と18世紀にフランスで発足努力を行わなければならない、その、我々は、改革のもう一つの試みに会うために、18世紀の後半​​には、ベネディクト14世の司教職に降りてくる必要があります歴史は学者らしくVOLにDOMのguérangerによって詳細に解明されています。 II of his "Institutions liturgiques", devoted in great part to an account of this struggle.この闘争のアカウントに大きな部分に専念し、彼の "機関liturgiques"のⅡ。 The Roman Breviary, revised by Pius IV, had been received in France without opposition.ピウス4世によって改訂ローマの聖務日課書は、反対せずにフランスで受信されていた。 Under Louis XIV, however, attempts at revision were made, inspired by a spirit of resistance and antagonism to the Roman Court.ルイ十四世の下で、しかし、改正の試みはローマの裁判所への抵抗と拮抗の精神に触発され、作られた。 They took form amongst the two parties which made open profession of Gallicanism and Jansenism.彼らは、ガリアとジャンセニスムのオープン職業を作った両当事者の間で形をとった。 The supporters of this reform, several of whom were men of learning and culture, were aided by the historical and critical works which at that time were being poured forth in France, so that in these projects for the reform of the Breviary, side by side with rash suggestions, there were many which were both useful and well judged.学習と文化の男性だったいくつかの人のこの改革の支持者は、並んで、その時点で聖務日課書の改革のためになるように、これらのプロジェクトでは、フランスに記載注がれていた歴史的、批判的な作品に助けられた発疹の提案で、有用とよく判断両方そのうち多くがあった。 One of the first schemes was that of the Paris Breviary, mooted in 1670 and pursued under the patronage of Archbishops Hardouin de Péréfixe and de Harlay.第一の方式の一つは、パリの聖務日課書は、1670年に議題とアルドゥアンデPéréfixe大司教とde Harlayの庇護の下に追求したということでした。 The Breviary called after de Harlay appeared in 1680.デHarlay後に呼び出さ聖務日課書は、1680年に登場しました。 The corrections it embodied affected in particular the legends of the saints and the homilies, but numerous other parts were also touched.それが特定の聖人伝説と発するが、多くの他の部分に影響を与えて具現修正も触れられた。 The details and the examination of them may best be studied in Dom Guéranger's pages.詳細およびそれらの検査はベストDOMのguérangerのページの中で研究することができる。 Although it might have seemed that the Breviary had by then been sufficiently emended, in the following century another Archbishop of Paris, Monseigneur de Vintimille, had another Breviary drawn up, which was published in 1736, and remained in use till the middle of last century.それは聖務日課書はそれまでに十分emendedされていたように思われたかもしれませんが、次の世紀にはパリの別の大司教、僧正デそろっは、1736年に出版された策定別の聖務日課書を持っていた、最後の世紀の中頃まで使用中に残っ。 It partly embodied what is called the "liturgical Utopia of Quignonez".それは部分的に "Quignonezの典礼のユートピア"と呼ばれるものを具現化。 Its source, however, was not above suspicion, for some of those who had laboured at its production were Jansenists.そのソースは、しかし、その製造時にこじつけていた人たちの一部はjansenistsていたため、上記の疑いはありませんでした。 This reform, while not wanting in sound ideals, was carried out, however, regardless of liturgical traditions.この改革は、健全な理念に欠けていないが、関係なく、典礼の伝統は、しかし、行った。

What had been going on in Paris had its counterpart in other dioceses of France, where new Breviaries were were introduced, for the most part inspired by the ideas which had dominated those of de Harlay and of Vintimille.新しいBreviariesがデHarlayのとそろっのものを支配していたアイデアに触発され、ほとんどの部分は、導入されたフランス、他の教区での対応を持っていた何がパリで起こっていた。 A reaction against these broke out in France between 1830 and 1840, having for its leader a Benedictine monk, Dom Guéranger, Abbot of Solesmes and an eminent liturgist, who, in his "Institutions liturgiques", arraigned the new Breviaries, exposed the mistakes underlying their construction, and proved that their authors had acted without warrant.これらに対する反応は、そのリーダーベネディクト修道士、ミスが基礎露出し、新しいBreviariesの罪状認否は、彼の "機関liturgiques"で、DOMのguéranger、ソレムの修道院長と著名な典礼書のために持って、1830年から1840年の間にフランスで勃発それらの構造とその作者が令状なしに行動したことを証明した。 His onslaught met with immediate success for in twenty years the greater number of the dioceses gave up their Gallican Breviaries and adopted once more the Roman Liturgy.彼の猛攻撃は、教区の数が増えていますそれらの条項Breviariesをあきらめて、もう一度ローマ典礼を採用した20年のための即時の成功に会った。 The exact figures are as follows: in 1791 eighty dioceses had rejected the Roman Liturgy and had fashioned special liturgies for themselves; in 1875 Orléans, the last French diocese which had retained its ownliturgy re-entered Roman liturgical unity.正確な数字は次のとおりです:1791 80教区にローマ典礼を拒否していたし、自分自身のために作られた特別な典礼を持っていた1875年オルレアン、そのownliturgy再入力ローマ典礼の結束を維持していた最後のフランスの教区インチ

While France, during the seventeenth and eighteenth centuries, was letting herself be carried away in the reform of her Breviaries by Gallican and Jansenist leanings, other countries were following in her wake.フランス間、17と18世紀中に、他の国々は彼女をきっかけに続いていた、彼女自身が条項とJansenist性向によって彼女Breviaries改革に浮かれることせた。 In Italy, Scipio Ricci, Bishop of Pistoia, an ardent Jansenist, drew up a new Breviary, and certain districts of Germany adopted the same course, with the result that Breviaries modelled on those of France appeared at Trier, Cologne, Aachen, Mnnster, and Mainz; and it was long before Germany returned to liturgical unity.イタリアでは、スキピオ·リッチ、ピストイアの司教、熱烈Jansenistは、新しい聖務日課書を策定し、ドイツの一部の地区はフランスのものがモデルにBreviariesトリアー、ケルン、アーヘン、Mnnster、で登場し、その結果、同じコースを採択とマインツ、ドイツ典礼団結に戻っやがて、それがあった。

While the Jansenists and Gallicans were creating a new Liturgy, Prosper Lambertini, one of the most learned men in Rome, who became pope under the name of Benedict XIV, determined to copy the example of some of his predecessors, and to carry out a further reform of the Breviary.のjansenistsとGallicansが新しい典礼を作成していたものの、ランバーティニ、彼の前任者のいくつかの例をコピーする決定ベネディクト14世の名の下に法王となったローマで最も学んだ男性は、、のいずれかを、Prosperは、さらにを遂行する聖務日課書の改革。 A congregation was instituted for the special purpose; its papers, for long unedited, have of late years been gone through by MM.集会は、特別な目的のために制定された。その論文は、長期未編集のため、近年はMMが経てきた。 Roskovány and Chaillot, each of whom has published considerable portions of them. Roskoványと宮、それぞれの人はそれらのかなりの部分を公開しています。 The first meeting of the congregation was in 1741, and the discussions which took place then and later are of interest from the liturgist's point of view, but need not detain us.会衆の最初の会議は1741年にあった、その後、後に行われた議論は、ビューの典礼書の観点から重要であるが、私たちを拘留する必要はありません。 Although this project of reform came to nothing, nevertheless the work accomplished by the congregation was of real value and reflects credit on its members, some of whom, like Giorgi, were eminent liturgists.改革のこのプロジェクトが無駄になったが、会衆によって達成にもかかわらず、仕事は本当の価値があったと、そのメンバーの信用を反映して、そのうちのいくつかは、ジョルジのように、著名なliturgistsました。 Future workers in this department of learning will have to take account of their collections.学習のこの部門の将来の労働者は、自分のコレクションを考慮する必要があります。 After the death of Benedict XIV (4 May, 1758) the labours of this congregation were suspended and were never again seriously resumed.ベネディクト14世の死(1758年5月4日)後に、この集会の労働者は中断され、再び真剣に再開したことはありませんでした。 Since Benedict XIV's time changes in the Breviary have been very few, and of minor importance, and can be outlined in a few words.以来、聖務日課でベネディクト14世の時間の変更は非常に少数であって、あまり重要であり、いくつかの言葉で概説することができました。 Under Pius VI the question of a reform of the Breviary was brought up once more.ピウス六条聖務日課書の改革の問題はもう一度育ちました。 By that pontiff's orders a scheme was drawn up and presented to the Congregation of Rites, but it was found impossible to overcome the difficulties which surrounded an undertaking of this kind.その教皇の命令によってスキームが策定され、儀式の集会に提示しますが、それはこの種の事業を囲ま困難を克服することは不可能で発見された。 In 1856 Pius IX appointed a commission to examine the question: is the reform of the Breviary opportune? 1856年ピウスIXは質問を検討する委員会を任命した:時宜を得た聖務日課書の改革ですか? But again only preliminary matters engaged their attention.しかし、再びだけ予備事項が彼らの注意を従事。 Amongst the Acts of the Vatican Council a series of propositions are to be found, whose object was the simplification or correction of the Breviary, but the inquiry never got beyond that stage.バチカン公会議の行為の中で命題のシリーズは、そのオブジェクトの聖務日課書の簡素化や補正でしたが、問い合わせはその段階を超えてやったことがなかった、見つけられるべきである。 Finally, under Leo XIII, a commission was appointed, at the close of 1902, whose duties were a study of historico-liturgical questions.最後に、レオ13世の下で、委員会がその職務トリコ-典礼質問の研究であった1902年の近い、で、任命された。 Its province is a wider one, comprising not only the Breviary, but also the Missal, the Pontifical, and the Ritual.その地域は、聖務日課書だけでなく、を含む、より広い1、だけでなく、ミサ、教皇、そして儀式です。 It has, further, to supervise future liturgical edittions, and thus to see that they conform as closely as possible with historical data.それは、さらに、将来の典礼edittionsを監督しており、従って、彼らは過去のデータとできるだけ密接に適合していることを確認する。 This commission, though attached to the Congregation of Rites, is nevertheless autonomous.この委員会は、儀式の集会に添付かかわらず、それにもかかわらず自律しています。 It consisted at first of five members under the presidency of Monsignor Duchesne, namely: Mgr. MGRの:それはモンシニョールデュシェーヌ、すなわちの大統領の下で5人のメンバーの最初に成っていた。 Wilpert, Father Ehrle, SJ, Father Roberti, Mgr.ウィルペルト、父エーレル、SJ、父ロベルティ、MGR。 Umberto Benigni, Mgr.ウンベルト·ベニーニ、MGR。 Mercati, and a few consultors. Mercati、およびいくつかのconsultors。 What the results of their labours may be is not yet known.何が彼らの労働の結果かもしれませんがまだ知られていません。

This sketch of the reforms of the Breviary proves, however, the desire of the Church to eliminate the blemishes which disfigure this book.聖務日課の改革のこのスケッチは、しかし、この本を見苦しく汚れを除去するために教会の欲求を証明している。 All these efforts have not been sterile; some of these revisions mark real progress; and it may be hoped that the present commission will effect certain improvements which the progress of historical studies and criticism have made the more needful.これらすべての努力は、無菌ではなかったが、これらの改正の一部が、実質的な進展をマークし、そしてそれは、本委員会は、歴史的研究と批判の進行がよりニードフル作った特定の改善をもたらすことを期待してもよい。


On the different Breviaries: Breviary of Cluny; Brigittine Breviary; Breviary of St. Bernard; Durham Breviary; Hereford Breviary; Mozarabic Breviary; Breviary of Rouen; Sarum Breviary; etc., CABROL, Introduction aux études liturgiques, sv Bréviaire, Breviarium, Breviary.上の異なるBreviaries:クリュニーの聖務日課書; Brigittine聖務日課、セントバーナードの聖務日課書;ダラム聖務日課、ヘレフォード聖務日課、モサラベ聖務日課、ルーアンの聖務日課書、聖務日課書のsarum、等、カブロル、はじめにAUXエチュードliturgiques、SVBréviaire、Breviarium、聖務日課。 On the Milan Breviary, Mozarabic Breviary, and Eastern Breviaries, PROBST, in Kirchenlex, (1883), II. Kirchenlex、(1883)、IIで、ミラノの聖務日課書、モサラベ聖務日課書、および東部Breviariesで、プロプスト。 sv Brevier; B-UMER, Geschichte des Breviers (Freiburg, 1895), the most important and most complete work on the subject, Fr. SVブレービヤ、B-UMER、GeschichteデBreviers(フライブルク、1895)は、被験者に最も重要で、最も完全な仕事、神父。 tr., with additions and corrections by BIRON, as Histoire du bréviaire (Paris, 1905). TR。、ビロンによって追加と訂正と、Histoireデュbréviaire(パリ、1905年)など。 ID., Breviarii Romani editio nova Tornacensis, 1882, collata Vaticanæ Urbano Papâ VIII evulgatæ, 1632 (1882); BATIFFOL, L'Histoire du bréviaire Romain (Paris, 1893; tr. London); BAUDOT, Le breviaire romain (Paris, 1727; Lat. tr., Venice, 1734); ROSKOVÁNT, De Célibatu et Breviario (1861, 1877, 1881, 1888); PROBST, Brevier und Breviergebet (Tnbingen, 1868); PIMONT, Les hymnes du bréviaire romain (Paris, 1874-84); PLEITHNER, Ælteste Geschichte des Breviergebetes (Kempten, 1887); NILLES, Kalendarium Manuale utriusque Ecclesiâ Orientalis et Occidentalis (Innsbruck, 1896); Article Brevier, Realencyklopédie, IV; GUÉRARD, Polyptique de l'abbaye de St. Rémy de Reims (Paris, 1853); BECKER, Catalogi Bibliothecarum antiqui (Rome, 1885); DUCANGE, Glossarium: Micrologus de ecclesiasticis observationibus in Bibl. ID、Breviariiマーニ初版新星Tornacensis、1882年、collat​​aVaticanæウルバーノパパVIIIevulgatæ、1632(1882);。をbatiffol、L'Histoireデュbréviaireロマン(パリ、1893; TRロンドン); Baudotの、ルbreviaireロマン(パリ、1727 ;ラッツTR、ヴェネツィア、1734年);ROSKOVÁNT、デCélibatuBreviarioら(1861、1877、1881、1888);プロプスト、ブレービヤウントBreviergebet(Tnbingen、1868); PIMONT、レhymnesデュbréviaireロマン(パリ、1874年 - 。 84); PLEITHNER、ÆltesteGeschichteデBreviergebetes(ケンプテン、1887); NILLES、Kalendarium Manuale utriusqueエクレシア東洋らアザミウマ(インスブルック、1896);条ブレービヤ、Realencyklopédie、IV、ゲラール、Polyptiqueド·ラベイ·ド·サン·レミ·ド·ランス(パリ、1853);ベッカー、Catalogi Bibliothecarum antiqui(ローマ、1885); DUCANGE、Glossarium:Micrologusデecclesiasticis observationibus Biblインチ Vet.獣医。 Patr. Patr。 (Lyons), XVIII; GUÉRANGER, Instit. (ライオンズ)、XVIII、ゲランジェ、Instit。 Liturg. Liturg。 (2nd ed.), I; GERBERT, Vet. (第2版)、私;ゲルベルト、獣医。 Liturg., II; Katholik. Liturg、二;。Katholik。 (1890), II, 511; KAULEN, Einleitung in die Heilige Schrift; Geschichte der Vulgata (Mainz, 1868); THOMASI, Opera, ed., VEZZOSI (Rome, 1747), II; BERGER, Histoire de la Vulgate pendant les premiers siécles du Moyen Age (Paris, 1893); Anglo-Saxon Psalter (1843); WALAFRID STRABO, De rebus ecclesiasticis in PL, CXIV, 957; MURATORI, Anecdota Ambrosiana, IV. (1890)、Ⅱ、511; KAULEN、ダイHeilige SchriftでEinleitung; GeschichteファンデVulgata(マインツ、1868); THOMASI、オペラ編、VEZZOSI(ローマ、1747)、二;。バーガー、LESが初演histoireデラウルガタペンダントsiéclesデュMOYEN年齢(パリ、1893);アングロサクソン詩篇(1843); WALAFRIDストラボン、デ判じ絵ecclesiasticis PL、CXIV、957で;ムラトーリ、anecdoteの複数形アンブロ、Ⅳ。 PL, LXXII, 580 sqq. PL、LXXII、580 sqq名。 ; WARREN, The Antiphonary of Bangor (London, 1893); CABROL, Le Livre de la Prióre Antique (Paris, 1900); CABROL, Dict. ; WARREN、バンガーの交唱聖歌(ロンドン、1893);カブロル、ル·リーヴルデラPrióreアンティーク(パリ、1900);カブロル、dictのです。 D'archéologie et de liturgie; TAUNTON, The Little Office of Our Lady (London, 1903); Peregrinatio Etheriâ, tr., Holy Week in Jerusalem in the Fourth Century, reprinted from DUCHESNE, Christian Worship (London, 1905); Rev. d'histoire et de littérature religieuses (Paris, 1898); PROBST, Lehre und Gebet in den drei ersten Jahrh.; PITRA, Hymnographie de l'Eglise Grecque (Paris, 1867); MONE, Lateinische Hymnen des Mittelaters (Freiburg im Br., 1853-55); DANIEL, Thesaurus Hymnologicus (Halle, 1841); CHEVALIER, Topo-bibliographie, sv Hymnes; LECLERCQ, Actes des Martyrs in Dict.考古学エトデliturgie;トーントン、聖母の小さな事務所(ロンドン、1903); PeregrinatioEtheriâ、trは、四世紀のエルサレムの聖週間、デュシェーヌ、キリスト教の礼拝堂(ロンドン、1905)から転載;牧師D'histoireエトデlittératurereligieuses(パリ、1898);プロプスト、デンドライersten JahrhでLehreウントGebet;ピトラ、HymnographieドゥEgliseのGrecque(パリ、1867);、MONE、Lateinische HymnenデMittelaters(フライブルク、Brである。 、1853年から1855年)、ダニエル、シソーラスHymnologicus(ハレ、1841);シュヴァリエ、TOPO-bibliographie、SV Hymnes; LECLERCQ、dictのActesデ殉教者。 d'archæol., I. 379; BRAMBACH, Psalterium. D'archæol、I. 379;ブラム、葉胃。 Bibliographischer versuch nber die liturgischen Bncher des christl. Bibliographischer試論NBERダイliturgischen Bncherデ·クリスト。 Abendlandes (Berlin, 1887); BELETH, Rationale Divinorum Officiorum; MOLINIER, Catalogue des mss. Abendlandes(ベルリン、1887); BELETH、根拠Divinorum Officiorum、モリニエ、カタログデMSS。 De la biblioth.デラbiblioth。 Mazarine; RADULPHUS TONGRENSIS, De Canonum observantiæ in Max.紺色; RADULPHUS TONGRENSIS、マックスのDe Canonumobservantiæ。 Biblioth. Biblioth。 Vet.獣医。 Patrum., XXVI; Rassegna Gregor., September-October, 1903, 397 sqq.; WICKHAM LEGG. Patrum、XXVI; Rassegnaグレゴール、9月〜10月、1903年、397 sqq名;。leggウィッカム。 Some Local Reforms (London, 1901); SCHMID, Studien nber die Reform des Römischen Breviers in Theol.いくつかの地元の改革(ロンドン、1901);シュミット、Studien NBER Theolにおけるダイ改革デRömischenBreviers。 Quartalsch. Quartalsch。 (Tnbingen, 1884); BERGEL, Die Emendation des Römischen Breviers in Zeitsch. (Tnbingen、1884); BERGEL、Zeitschで死ぬ校正デRömischenBreviers。 f. fの。 kathol. kathol。 Theol. Theol。 (Innsbruck, 1884); KIRCH, Die Liturgie der Erzdiöcese Köln (Cologne, 1868); ROSKOVÁNY, Breviarium, V; CHAILLOT, Analecta Juris Pont. (インスブルック、1884);キルヒ、ダイLiturgieデアErzdiöceseケルン(ケルン、1868年);ROSKOVÁNY、Breviarium、V、宮、語録ジュリスポン。 (1885). (1885)。 XXIV; MARTIN, Omn. XXIV、MARTIN、OMN。 Conc.コンク。 Vatic.予言者の。 Documentorum Collecto (2nd ed., Paderborn, 1873); Acta et Decreta in Collectio Lacensis (Freiburg im Br., 1890). Documentorum Collecto(第2版、パーダーボルン、1873); Collectio Lacensisにおけるアクタらdecretumの複数形(フライブルク、Brであり、1890年)。 VII; LECLERCQ; Les Martyrs (Paris, 1905),IV. VII; LECLERCQ;レ殉教者(パリ、1905)、Ⅳ。

FERNAND CABROL FERNANDカブロル
Transcribed by Marcial David Marcialデイヴィッドによって転写

The Catholic Encyclopedia, Volume II (1907)カトリック百科事典は、第Ⅱ巻(1907)
Imprimatur.認可。 John M. Farley, Archbishop of New York John M.ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです