Canonカノン

General Information 一般的な情報

Canon, in Christian usage, is a rule or standard.キヤノンは、キリスト教の使用では、ルールや標準です。 By the middle of the 3rd century the word had come to refer to those doctrines recognized as orthodox by the Christian church. 3世紀の半ばまでに言葉は、キリスト教の教会で、正統派と認められるものの教説を参照するために来ていた。 It was later also used to designate collectively the list of books accepted as Scripture (see Bible).それは後にも集合的に啓典 (聖書を参照) として受け入れ図書のリストを指定するために使用された。

The term canon is also used to denote the catalog or register of saints.用語キヤノンは、カタログを表すか、または聖人の登録に使用されます。 The use of the plural form to denote church precepts originated about the year 300; this form began to be applied specifically to the decrees of the church councils about the middle of the 4th century (see Canon Law).教会の戒律を示すために複数形の使用は、年間約300起源が、このフォームは、(キヤノンの法則を参照)第四世紀の半ばごろの教会協議会令に特異的に応用され始めてきた。 The term is also applied to the part of the Roman Catholic Mass that opens with the Preface, or prayer of thanksgiving, and closes just before the recitation of the Lord's Prayer.この用語はまた、 序文、または感謝の祈りで開きローマカトリックのミサの一部にも適用されず、ただ主の祈りの朗読の前に閉じられます。 In some Christian churches, canon is also an ecclesiastical title given to the clergy attached to a cathedral church or to certain types of priests living under a semimonastic rule, such as the Augustinians.いくつかのキリスト教の教会では、キヤノンは、大聖堂教会や修道院に似たところのあるようなのaugustiniansとしてルールの下で生きている司祭は、特定の種​​類の添付聖職者に与えられた教会のタイトルです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

.

Canon of the Bible聖書のキヤノン

Advanced Information 高度情報

The term "canon" in Christianity refers to a group of books acknowledged by the early church as the rule of faith and practice.キリスト教における用語 "カノン"は信仰と実践のルールとして、初期の教会によって承認図書のグループを指す。 Deriving from the Greek kanon, which designated a carpenter's rule (possibly borrowed from a Hebrew term, qaneh, referring to a measuring reed six cubits long), the word has been used to identify those books considered to be spiritually superlative, by which all others were measured and found to be of secondary value in general church use.大工のルールを指定したギリシャのカノン、(おそらく六キュビト長い測定リードを参照して、ヘブライ語の用語、qanehから借りた)から派生した、ワードは、精神的に最上級であると考えられ、それらの書籍を識別するために使用されていることによって、他のすべて測定されたと一般的な教会の使用中の二次的な値であることが見出された。

Both Jews and Christians have canons of scripture.ユダヤ人とキリスト教徒の両方が聖書の規範を持っています。 The Jewish canon consists of thirty-nine books; the Christian consists of sixty-six for Protestants and eighty for Catholics (whose canon includes the Apocrypha, regarded by most as of deuterocanonical status).ユダヤ人のカノン三十9冊で構成されており、キリスト教のカトリック教徒とプロテスタント80(そのキヤノン典のステータスとして最もによってみなさ外典を含む)のために六〇から六で構成されています。 Sacred books are found in all literate religions.神聖な書籍は、すべての学問のある宗教で発見されています。 The book is generally secondary to the faith, the book or books being a deposit of the faith.この本は、一般的に本や書籍預金の信仰されて信仰に二次的なものである。 The use of a canon varies in world religions, for liturgy, renewal of faith, evangelism, or authority in faith and practice.キヤノンの使用は、信仰、伝道、あるいは信仰と実践の権威のリニューアル、典礼のために、世界の宗教に変化する。

The process by which these books came to be generally regarded as exclusively authoritative is not known for either the Hebrew or Christian canon.これらの本は、一般的に排他的に権威と見なされるようになったそれによってプロセスがヘブライ語やキリスト教のキヤノンのどちらかのために知られていません。 That it transpired under the influence of the Spirit of God is commonly accepted among Christian people.それは神の霊の影響を受けて蒸散という一般クリスチャンの人々の間で受け入れられている。 Inspired literature formed only a part of the total religious literature of God's people at any time in their history, and only a portion of the inspired literature finally emerged as canonical in all parts of the ancient world. Inspired文学は、彼らの歴史のどの時点でも、神の民の合計宗教文学の一部のみを形成し、インスピレーションを得た文学の一部分だけがついに古代世界のすべての部分で正規として浮上した。 All inspired literature was authoritative, but it was not all equally beneficial to local groups and thus did not achieve universal or empire-wide acceptance.すべてのインスピレーションを得た文学は権威だったが、それはすべてのローカルグループにも同様に有益ではなかったので、普遍的には帝国全体の受け入れを達成できませんでした。 That is to say, local lists of books were not necessarily identical with the general list, the canon, which eventually consisted of the books common to all the local lists.つまり、本のローカルリストには一般的なリスト、最終的にすべてのローカルリストに共通冊から成っていたキヤノン、とは必ずしも一致しませんでした。

OT Canon OTキヤノン

The faith of Israel existed independently of a book for hundreds of years between the time of Abraham and Moses.イスラエルの信仰は独立してアブラハムとモーゼの時間の間に何百年もの間、本の存在。 None of the patriarchs before Moses is recorded as having written sacred literature, although the art of writing was well developed at that time in the homeland of Abraham, as the recently discovered Ebla tablets have dramatically reaffirmed.最近発見されたエブラタブレットが劇的に再確認してきたように書く技術がよく、アブラハムの故郷で、その時点で開発されましたがモーセの前族長のいずれも、神聖な文学を書いたものとして記録されていません。 The Sumerians and Babylonians already had highly developed law codes, and accounts of such events as the great flood appear in their literature.シュメールとバビロニア人は、すでに高度法コードを開発していた、と大洪水などのイベントのアカウントは、その文学に表示されます。 Moses, however, was the first known Hebrew to commit sacred history to writing (Exod. 24:4, 7).モーセは、しかし、ライティング(Exod. 24:4、7)に神聖な歴史をコミットするための最初の知られているヘブライ語だった。

Subsequent to the composition of the Pentateuch, it is recorded that Joshua wrote in the book of the law of God (Josh. 24:26).五の構図に続いて、それはヨシュアは神の律法(Josh. 24:26)の本に書いたことが記録されている。 The law was always considered to be from God (Deut. 31:24; Josh. 1:8).法律は常に神(;ジョシュ1時08申命31:24)からのものであると考えられた。 The other two divisions of the Hebrew canon, the prophets and writings, were eventually selected out of a larger literature, some of which is mentioned in the OT itself ("book of the Wars of the Lord," Num. 21:14; "book of Jasher," Josh. 10:13; "book of the Acts of Solomon," 1 Kings 11:41; "book of Samuel the seer, book of Nathan the prophet, book of Gad the seer," 1 Chr. 29:29, etc.; fifteen or more such books are named in the OT). 。ヘブライ語キヤノン、預言者と文章の2つの部門は、最終的には、OT自体(に記載されているそのうちのいくつかは大きい文学、 "主の戦争の本、"テンキーの21:14の中から選択された; " Jasherの本、 "。ジョシュ午前10時13分、"ソロモンの行為の本、 "1キングス11時41分;"サミュエルの本先見者、ネイサンの本預言者ガドの本先見者、 "1 chrです29 :29、等; 15以上のような本)は旧約聖書で名前が付けられています。

The oldest surviving list of the cannonical scriptures of the OT comes from about AD 170, the product of a Christian scholar named Melito of Sardis, who made a trip to Palestine to determine both the order and number of books in the Hebrew Bible. OTのcannonical経典の最古のリストは約170の広告から来て、ヘブライ語聖書の書籍の順番と数の両方を決定するために、パレスチナへの旅をしたサルディスのメリート、というキリスト教の学者の製品。 Neither his order nor his contents agree exactly with our modern English Bibles.彼のためにも彼の内容はいずれも、私たちの現代英語聖書と完全に同意するものとします。 There is no agreement in order or content in the existing manuscripts of Hebrew, Greek, or Latin Bibles.ヘブライ語、ギリシャ語、またはラテン語聖書の写本で、既存の秩序やコンテンツに一致はありません。 The modern English Protestant Bible follows the order of the Latin Vulgate and the content of the Hebrew Bible.現代英語のプロテスタントの聖書はラテン語のウルガタ聖書の順序とヘブライ語聖書の内容に従います。 It is important to remember that the OT was more than a thousand years in writing, the oldest parts being written by Moses and the latest after the Babylonian exile. OTはモーセとバビロン捕囚後の最新によって書かれて古い部分、書面で千年以上のものだったことを覚えておくことが重要です。 During the entire period of biblical history, therefore, the Jews lived their faith without a closed canon of Scriptures, such a canon therefore not being essential to the practice of the Jewish religion during that time.聖書の歴史の全期間中、そのため、ユダヤ人は、このようなキヤノン従ってその時にユダヤ人の宗教の実践に不可欠であることではない、聖書のクローズドキヤノンずに自分たちの信仰を送っていました。 Why then were the books finally collected into a canon?なぜ、本はようやくキヤノンに集めたのですか? They were brought together evidently as an act of God's providence, historically prompted by the emergence of apocryphal and pseudepigraphical literature in the intertestamental period and the increasing need to know what the limits of divine revelation were.彼らは歴史的に旧約新約間の時代における作り話とpseudepigraphical文学の出現と神の啓示の限界が何であったかを知ってする必要性が増大することによって求められたら、神の摂理の行為として明らかに一緒に持って来られた。 By the time of Jesus the OT, called Tanaach by modern Judaism, consisted of the law, prophets, and writings (the first book of which was the Psalms, Luke 24:44).イエスの時代では現代のユダヤ教でTanaach呼ばOTは、法律、預言者、および執筆(詩篇、ルカ24:44であったそのうちの最初の本)から成っていた。 Opinions about the full extent of the cannon seem not to have been finalized until sometime after the first century AD大砲の全容についての意見はいつか紀元1世紀の後まで確定されていないように見える

NT Canon NTのキヤノン

The earliest list of NT books containing only our twenty-seven appeared in AD 367 in a letter of Athanasius, Bishop of Alexandria.唯一の私たちの二〇から七を含むNTの書籍の最古のリストはアタナシウス、アレクサンドリアの司教の手紙では、AD 367に登場した。 The order was Gospels, Acts, General Epistles, Pauline Epistles, Revelation.順序は、福音書、使徒行伝、一般書簡は、パウロの書簡、ヨハネの黙示録であった。 In the first century Peter spoke of Paul writing "in all his letters" (II Pet. 3:16), and by the early second century the letters of Ignatius were being collected.一世紀にピーターが(ⅱペット。3:16) "彼のすべての文字で"書いて、二世紀初頭でイグナティウスの手紙が収集されていたパウロの話を聞いた。 Evidence of exclusive collections being made in the second century is seen in the writings of Justin Martyr, who argues for only our four Gospels. 2世紀に作られている排他的なコレクションの証拠は唯一私たちの4つの福音書を主張しているジャスティン殉教者の文章に見られる。 Discussion about authorship and authority of various letters appears in writers of the second century, and one canonical list which has been dated from the second to the fourth century, the Muratorian Canon, differentiates between books that are suitable to be read in worship and those that should be read only in private devotion.様々な文字の原作と権威についての議論は、第二世紀の作家に表示され、muratorianキヤノン、4世紀に第二の日付からされたもので正規のリストは、礼拝で読まれるのに適している書籍やそれらのことを区別唯一の民間献身読まれるべきである。

The fact that other books formed a larger deposit out of which the twenty-seven eventually emerged is seen in the reference to a prior letter to the Corinthians in 1 Cor.他の書籍は二〇から七が結局現れ、そのうちの大きな鉱床を形成しているという事実は、コリントでコリンチャンスの前に手紙を参考に見られている。 5:9, a letter to the Laodiceans in Col. 4:16, and the inclusion of 1 and II Clement in the fifth century manuscript of the Greek NT, Codex Alexandrinus, as well as Barnabas and Hermas in the fourth century Codex Sinaiticus. 5時09分、午前4時16大佐でLaodiceansへの手紙、そしてギリシャのNT、コーデックスアレクサンドリアと同様に、四世紀コーデックスsinaiticusでバルナバとのhermas第五世紀の写本の1とIIクレメントを含める。 Eusebius cited a letter from the second century Bishop of Corinth, Dionysius, stating that Clement's letter was read in the church there "from time to time for our admonition" (Ecclesiastical History IV.23.11).エウセビオスはクレメントの手紙は(教会史IV.23.11) "私たちの訓戒のために随時"が教会で読まれたと述べ、コリント、ディオニュシオスの第二世紀の司教からの手紙を引用した。

The formation of the NT canon was not a conciliar decision. NTのキヤノンの形成は、公会議の決定ではありませんでした。 The earliest ecumenical council, Nicaea in 325, did not discuss the canon. 325最古のエキュメニカル協議会、ニカイア、キヤノンについては説明しませんでした。 The first undisputed decision of a council on the canon seems to be from Carthage in 397, which decreed that nothing should be read in the church under the name of the divine Scriptures except the canonical writings.キヤノン審議会の最初の明白な決定は何も正規の文章を除く神の聖書の名の下に教会で読まれるべきではないことを法令として布告397のカルタゴ、からであると思われる。 Then the twentyseven books of the NT are listed as the canonical writings.その後NTのトゥエンティ書籍は正規の文章として記載されています。 The council could list only those books that were generally regarded by the consensus of use as properly a canon.評議会は、一般的に適切にキヤノンとしての使用の合意によってみなされていただけの本をリストできます。 The formation of the NT canon must, therefore, be regarded as a process rather than an event, and a historical rather than a biblical matter. NTのキヤノンの形成は、そのため、プロセスではなく、イベントとみなされ、むしろ聖書のどこよりも歴史的なする必要があります。 The coming of the Word of God in print is only slightly more capable of explication than the coming of the Word of God incarnate.印刷物に神の言葉の到来は、ほんの少しだけ神の化身の言葉が来るより解明のより機能的です。

JR McRay JR McRay
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
BF Westcott, A General Survey of the History of the Canon of the NT; CR Gregory, The Canon and Text of the NT; A. Souter, The Text and Canon of the NT; EJ Goodspeed, The Formation of the NT; RM Grant, The Formation of the NT; PR Ackroyd and CF Evans, eds., The Cambridge History of the Bible, I; H. von Campenhausen, The Formation of the Christian Bible; RL Harris, Inspiration and Canonicity of the Bible; WR Farmer, Jesus and the Gospel; W. Brueggemann, The Creative Word; JA Sanders, Torah and Canon and "Text and Canon: Concepts and Methods," JBL 98:5-29; AC Sundberg, Jr., "Canon Muratori: A Fourth Century List," HTR 66:1-41; SZ Leiman, The Canon and Massorah of the Hebrew Bible; HE Ryle, The Canon of the OT. BFウェストコット、NTのキヤノンの歴史の総合調査、CRグレゴリー、NTのキヤノンとテキスト。A.スーター、NTのテキストおよびキヤノン、ejグッド、NTの形成; rmグラントNTの、形成、PR AckroydとCFエヴァンス、EDS、聖書の歴史、ケンブリッジ、私;。H.フォンcampenhausen、キリスト教の聖書の形成; RLハリス、聖書のひらめきと規範、WRの農業従事者、イエスと福音、横Brueggemann、クリエイティブ単語; JAサンダース、律法とキヤノンと "テキストおよびキヤノン:概念と方法は、" jbl 98:5-29、ACサンドバーグ·ジュニア、 "キヤノンムラトーリ:四世紀リスト "HTR 66:1-41; SZ Leiman、ヘブライ語聖書のキヤノンとMassorah、彼ライル、OTのキヤノン。


Canonカノン

Advanced Information 高度情報

This word is derived from a Hebrew and Greek word denoting a reed or cane.この言葉は、葦やサトウキビを意味するヘブライ語やギリシャ語から派生しています。 Hence it means something straight, or something to keep straight; and hence also a rule, or something ruled or measured.したがって、それはストレート何か、またはまっすぐに何かを意味し、それゆえまた、ルールを、または何か支配または測定された。 It came to be applied to the Scriptures, to denote that they contained the authoritative rule of faith and practice, the standard of doctrine and duty.それは、彼らが信仰と実践の権威あるルール、教義と義務の標準が含まれていることを示すために、聖書に適用されるようになった。 A book is said to be of canonical authority when it has a right to take a place with the other books which contain a revelation of the Divine will.この本は、それは神の意志の啓示が含まれている他の本で場所を取る権利を有する場合に正規の権威であると言われています。 Such a right does not arise from any ecclesiastical authority, but from the evidence of the inspired authorship of the book.このような権利はいかなる教会の権威からではなく、本の着想を得た原作者の証拠からは生じない。

The canonical (ie, the inspired) books of the Old and New Testaments, are a complete rule, and the only rule, of faith and practice.カノニカル(すなわち、インスピレーション)旧約聖書と新約の書籍、完全なルールであり、唯一のルールは、信仰と実践。 They contain the whole supernatural revelation of God to men.彼らは人に神の全体の超自然的啓示が含まれています。 The New Testament Canon was formed gradually under divine guidance.新約聖書キヤノンは神の導きの下で徐々に形成された。 The different books as they were written came into the possession of the Christian associations which began to be formed soon after the day of Pentecost; and thus slowly the canon increased till all the books were gathered together into one collection containing the whole of the twenty-seven New Testament inspired books.それらが書かれたように異なる本はペンテコステの日の直後に形成されるようになったキリスト教団体の所有となった、そしてすべての書籍を全部を含む1つのコレクションに集まったまでこうしてゆっくりキヤノンが増加20- 7新約聖書のインスピレーションを得た本。

Historical evidence shows that from about the middle of the second century this New Testament collection was substantially such as we now possess.歴史的な証拠は、第二世紀の半ばごろから、この新約聖書のコレクションは、我々が今持っているのと実質的なものであったことを示しています。 Each book contained in it is proved to have, on its own ground, a right to its place; and thus the whole is of divine authority.その中に含まれているこの本は、それぞれ、独自の地面に、その場所への権利を持っていることが証明され、その結果全体が神の権威である。 The Old Testament Canon is witnessed to by the New Testament writers.旧約聖書のキヤノンは、新約聖書作家に目撃されています。 Their evidence is conclusive.それらの証拠は決定的である。 The quotations in the New from the Old are very numerous, and the references are much more numerous.旧から新の引用は非常に多く、および参考文献は、はるかに多数である。 These quotations and references by our Lord and the apostles most clearly imply the existence at that time of a well-known and publicly acknowledged collection of Hebrew writings under the designation of "The Scriptures;" "The Law and the Prophets and the Psalms;" "Moses and the Prophets," etc. "聖書"; "律法全体と預言者と詩篇、私たちの主と使徒たちによるこれらの引用や参照が最も明確の指定下ヘブライ語文章のよく知られていると公に認めたコレクションの、その時点で存在することを暗示する" "モーセと預言者は、"等

The appeals to these books, moreover, show that they were regarded as of divine authority, finally deciding all questions of which they treat; and that the whole collection so recognized consisted only of the thirty-nine books which we now posses.そしてそう認識全体のコレクションは、我々が今保有三十から九冊の本だけから成っていること、これらの本にアピールするには、さらに、それらは最終的に彼らが扱ううちにすべての質問を決定する際には、神の権威と見なされたことを示している。 Thus they endorse as genuine and authentic the canon of the Jewish Scriptures.こうして彼らは、ユダヤ教の経典の正真正銘のカノンのように支持する。 The Septuagint Version (qv) also contained every book we now have in the Old Testament Scriptures.セプトゥアギンタバージョン(QV)はまた、我々は今、旧約聖書の中で持っているすべての本が含まれていました。 As to the time at which the Old Testament canon was closed, there are many considerations which point to that of Ezra and Nehemiah, immediately after the return from Babylonian exile.旧約聖書キヤノンがクローズされた時刻としては、エズラとネヘミヤのそれを指す多くの考慮事項がすぐにバビロン捕囚から戻った後に、あります。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)



.

Canon Law教会法

General Information 一般的な情報

Canon Law (Greek kanon,"rule" or "measure"), usually, the body of legislation of various Christian churches dealing with matters of constitution or discipline.キヤノン法(ギリシャカノン、 "ルール"や "測定")は、通常、憲法や規律の問題を扱う様々なキリスト教の教会の法律のボディ。 Although all religions have regulations, the term applies mainly to the formal systems of the Roman Catholic, Orthodox, and Anglican communions.すべての宗教は規制がありますが、この用語は、ローマカトリック、正教会、聖公会の聖餐正式なシステムに主に適用されます。 It is distinguished from civil or secular law, but conflict can arise in areas of mutual concern (for example, marriage and divorce).それは、市民や世俗法とは区別されるが、紛争が相互の関心分野(たとえば、結婚と離婚)で発生する可能性があります。

Componentsコンポーネント

In its origins canon law consisted of the enactments of councils or synods of bishops, and the Anglican and Orthodox churches so restrict it today.その起源で宗規は、司教協議会のsynodsまたは制定から成っていた、聖公会と正教の教会は、今日、それを制限しています。 The Roman Catholic church also recognizes the authority of the pope to make universal law and that certain customary practices may acquire the force of law.ローマカトリック教会はまた、普遍的法​​則とその特定の慣習が法律の力を取得することができるようにする、法王の権威を認識しています。 The Roman Catholic church has by far the most elaborate body of law and, to provide training in it, has chartered graduate faculties in a number of universities throughout the world.ローマカトリック教会は、はるかに法の中で最も精巧なボディを持ち、それに訓練を提供し、世界中の多くの大学の大学院学部をチャーターしました。 The doctorate in canon law requires at least four years of study beyond the bachelor of arts degree.教会法の博士号は、研究の少なくとも4年間の学士号を超えている必要があります。 Each diocese has a church court or tribunal staffed by canon lawyers.各教区では、キヤノンの弁護士が常駐教会の裁判所を持っています。 In modern times church courts have dealt almost exclusively with marriage nullity cases.現代では教会裁判所が婚姻無効ケースでほぼ独占的に扱っている。

The full range of canon law in contemporary times may be seen in the Roman Catholic church, which promulgated a revised code for its Latin, or Western, members in 1983 and has projected a first-ever code for its Eastern communicants.現代の時代における教会法の完全な範囲は、1983年に、ラテン系、またはウェスタンメンバーについては、改正後のコードを公布し、その東部聖餐のための史上初のコードを投影しているローマカトリック教会は、見られることがあります。 The planned Lex Fundamentalis setting forth the constitutive or organizational principles common to both proved to be inopportune.不適当であることが判明したの両方に共通する構成的または組織的な原則を定めた計画LexのFundamentalis。 The 1983 (Latin) Code of Canon Law promulgated by the authority of Pope John Paul II consists of seven books for a total of 1752 canons.教皇ヨハネ·パウロ二世の権威によって公布キヤノン法の1983(ラテン語)コードは1752参事会の合計7冊で構成されています。 Each book is divided into titles, but in the larger books the titles are grouped in parts and even in sections.各書籍は、タイトルに分かれていますが、大規模な書籍でタイトルが部分でもセクションでグループ化されています。

Laws of the church as well as those of the state bind their subjects in conscience.教会の法律と同様の状態のものが良心にそれぞれの科目をバインドします。 The obligation in conscience does not arise immediately from the laws themselves but from the divine plan, in which people are envisioned as living in both a civil and an ecclesiastical society.良心の義務は、法律自体からではなく、人々は市民社会と教会の両方に住んでいるとして想定されている神の計画から、すぐには起こらない。 Church and state are the judges of what is necessary to realize the common good.教会と国家は、共通の利益を実現するために必要であるものの裁判官です。 Their laws carry a legal obligation of greater or lesser weight, depending on the importance of specific statutes in achieving that end.それらの法律はその終わりを達成するために特定の法令の重要性に応じて、多かれ少なかれ体重の法的義務を運ぶ。

The Code of Canon Law itself lays down certain principles of interpretation.キヤノン法自体のコードは解釈の特定の原則を定めています。 Laws that impose a penalty, for example, or restrict the free exercise of rights, or contain an exception from the law are to be strictly interpreted.例えば、ペナルティを課し、又は権利の自由な行使を制限し、または法律から、例外を含む法律が厳密に解釈されるべきである。 In canon law, unlike common law, an interpretation given by a court in a judicial sentence does not set a precedent; it has no force of law and binds only those persons affected.宗規では、コモンローとは違って、司法判決で裁判所によって与えられた解釈が先例を設定することはありません、それは法律のない力を持っていませんし、それらの人が影響を受けただけにバインドします。 For an authentic interpretation of the code, a special Roman commission was established in 1917.コー​​ドの本物の解釈のために、特別なローマの手数料は1917年に設立されました。

History歴史

The beginning of canon law may be seen in the New Testament (see Acts 15; 1 Corinthians 11).宗規の始まりは(; 1コリント11使徒行伝15を参照)は、新約聖書で見られるかもしれません。 During the 2nd and 3rd centuries a number of church orders (for example, the Didache and the Apostolic Tradition) described as normative certain customary practices of the community.第二と第三世紀の間、教会の注文の数(たとえば、新約聖書とローマ教皇の伝統)が社会の規範特定慣習として記述。 Canon law in the sense of enacted legislation originated in the 4th-century regional councils held in Asia Minor.小アジアで開催された第四世紀の地方議会に起源制定された法律の意味で宗規。 The enactments of these councils (Ancyra, Neocaesarea, Antioch, Gangra, and Laodicea), together with those of the ecumenical councils of Nicaea (325), Constantinople (present-day Ýstanbul) (381), and Chalcedon (451), formed the nucleus of subsequent collections.一緒にニカイア(325)、コンスタンティノープル(現Ýstanbul)(381)、およびカルケドン(451)のエキュメニカル協議会のものとこれらの協議会の制定案は、(アンキラ、Neocaesarea、アンティオキア、Gangra、およびラオディケア)、形成された後続のコレクションの核。 They dealt with the structure of the church (the provincial and patriarchal organization), the dignity of the clergy, the process of reconciling sinners, and Christian life in general.彼らは教会(地方と家父長制組織)、聖職者の尊厳、罪人の和解のプロセス、および一般的なクリスチャン生活の構造を扱った。

The oldest Greek canonical collection preserved in the original text is the Synagoge Canonum (550?) in 50 titles by Johannes Scholasticus.オリジナルのテキストで保存最古のギリシャ語カノニカルコレクションは、ヨハネスScholasticusで50タイトルにシナゴーグCanonum(550?)です。 Instead of a chronological arrangement, the canons are grouped systematically according to subject matter.代わりに時系列配置から、参事が主題に応じて系統的に分類されています。 Another innovation was the accordance of canonical authority to rulings of church fathers, especially St. Basil.もう一つの革新は、特に教会の父、聖バジルの判決に正規の権限に応じていた。 The Council of Trullo (692), in giving formal approval to the preceding conciliar legislation and patristic writings, established the basic code for the Eastern churches that is still normative for the Orthodox.公会議前の法律や教父の書物への正式な承認を与えることにトゥルッリの評議会は、(6​​92)、まだ正統派の規範である東部の教会の基本的なコードを設置しました。

In the West, the most important canonical collection of the early centuries was made in the 6th century by Dionysius Exiguus.西洋では、早期世紀の最も重要な標準的なコレクションは、ディオニュシオスのにより導出され、6世紀に作られた。 He translated into Latin the canons of the Eastern councils and added 39 papal decretals.彼はラテン語に東部協議会の参事を翻訳し、39のローマ法王decretalsを追加しました。 The rulings of the popes were thus put on a level with conciliar law.教皇の判決は、このように公会議法と同じレベルに置かれた。 After the disintegration of the Roman Empire, canon law developed independently in the different kingdoms.ローマ帝国の崩壊後は、教会法は、さまざまな王国で独自に発展。 National collections were made in which local legislation, intermingled with elements of Germanic law, were added to the ancient code.ナショナルコレクションはゲルマン法の要素と混ざり現地の法律が、古代のコードに追加された順序で行われた。 Because conciliar activity was particularly intense in Spain, the collection known as the Hispana (later called the Isidoriana after St. Isidore of Seville) proved to be outstanding.公会議の活動は、スペインでは特に強烈だったので、Hispana(後にセビリアの聖ISIDORE後Isidoriana呼ばれる)として知られているコレクションは、傑出していることが判明した。 Of great significance for the future was the institution of the practice of private penance by the Irish monks.将来のために大きな意義のアイルランドの修道士によってプライベート苦行の実践の機関だった。

Collections made at the time of Charlemagne (800?) and the Gregorian reform (1050?) reflect the attempt to restore traditional discipline.カール大帝(800?)とグレゴリオ改革(1050?)の時に行わコレクションは、伝統的な規律を復元する試みを反映しています。 Great confusion persisted, however, insofar as certain practices accepted in the Germanic law and the penitentials (for example, remarriage after adultery) were in conflict with the program of the reformers.大きな混乱はゲルマン法とpenitentials(たとえば、不倫後再婚)に認められた一定の慣行は改革のプログラムと競合していた限りでは、しかし、永続化されます。 Ivo of Chartres prepared (1095?) a set of rules and principles for interpreting and harmonizing texts.シャルトルのイヴォは(1095年?)テキストを解釈し、調和させるためのルールや原則のセットを用意しました。 The actual work of harmonization was done (1140?) by Gratian, who is called the father of the science of canon law.調和の実際の作業は、教会法の科学の父と呼ばれグラティアヌスによって (1140?)行われました。 Shortly after the revival of Roman law studies at the University of Bologna, Gratian collected all the canon law from the earliest popes and councils up to the Second Lateran Council (1139) in his Decretum, or Concordance of Discordant Canons.まもなくボローニャ大学ローマ法研究の復活の後、グラティアヌスは最古の教皇との協議会まで彼のDecretum第二ラテラノ公会議(1139)、または耳障りの規範コンコーダンスからすべての宗規を収集した。 With its appearance the period of the ius antiquum came to a close.その外観とIUS antiquumの期間が終了した。

The scientific study of law stimulated by the Decretum encouraged the papacy to resolve disputed points and supply needed legislation, thus inaugurating the ius novum. Over the next century thousands of papal decretals were issued and gradually collected in five compilationes. Decretumによって刺激法の科学的研究は、係争点を解決するため、IUSノヴムを発足、必要な立法を供給するためにローマ教皇を奨励した。decretalsのローマ法王の次の世紀に数千以上発行され、徐々に5 compilationesに収集する。 Compilatio Tertia, consisting of decretals from the first 12 years of his reign, was ordered by Innocent III in 1210 to be used in courts and law schools, thus becoming the first collection in the West to be officially promulgated.彼の治世の最初の12年からdecretalsから成るCompilatio Tertiaは、こうして正式に公布される西洋で最初のコレクションになって、裁判所や法律学校で使用される1210年イノセントIIIによって命じられた。 Gregory IX commissioned Raymond of Peñafort to organize the five compilationes in one collection, which was promulgated in 1234 and became known as the Extravagantes. Two other official collections were made later: the Liber Sextus (1298) of Boniface VIII and the Constitutiones Clementinae (1317).グレゴリー9世は1234年に公布さExtravagantesとして知られるようになった1コレクションで5 compilationesを整理するPeñafortのレイモンドを委託し他の2つの公式のコレクションは後で行われましたボニファティウスVIIIおよびConstitutiones Clementinae(1317年の6番目のLIBER(1298) )。 The Extravagantes of John XXII and the Extravagantes Communes were privately compiled.ヨハネ二十二世とExtravagantesのコミューンのExtravagantesは非公開でコンパイルされました。 In 1503 the legist Jean Chappuis printed and published in Paris, under the title Corpus Juris Canonici, the Decretum of Gratian and the three official and two private collections of decretals. 1503年に法律に通じた人ジャンはタイトル大全Canonici、グラティアヌスのDecretumと3つの公式とdecretalsの2プライベートコレクションの下、パリで印刷され、出版さシャピュイ。 The Corpus, along with the decrees of the Council of Trent (1545-1563), remained the fundamental law of the Roman Catholic church until the Codex Iuris Canonici appeared in 1917. コーデックスIuris Canoniciは 1917年に登場するまで、コーパスは、トレントの評議会(1545年から1563年)の政令とともに、ローマカトリック教会の基本法であった。 The Corpus continues to have some validity for the Church of England, which issued a Code of Canons in 1603.コー​​パスは1603年に参事のコードを発行し、イングランドの教会のためにいくつかの妥当性を持ち続けている。 The medieval law is presupposed except where it has been affected by contrary statute or custom in England.中世の法律は、それがイギリスの反対の法令またはカスタムの影響を受けている場合を除き、前提とされています。 The Convocations of Canterbury and York in 1964 and 1969 promulgated a revised code with the same understanding. 1964年と1969年にカンタベリーとヨークのConvocationsは同じ理解した上で改訂されたコードを公布した。

After the theological updating of the Second Vatican Council, it became necessary for the Roman Catholic church to thoroughly revise the 1917 code.第二バチカン公会議の神学的な更新した後に、それは完全に1917のコードを修正するローマカトリック教会のために必要となった。 A special commission was established in 1963, which in 1980 presented the draft of a completely new code.特別委員会は、1980年に完全に新しいコードの草案を提示している、1963年に設立されました。 Pope John Paul II, after making a number of revisions, promulgated it on January 25, 1983; it took effect on November 27, 1983.教皇ヨハネ·パウロ二世は、リビジョンの数を作った後、1983年1月25日にそれを公布し、それは1983年11月27日に発効しました。

Plans have been under way since a presynodal meeting at Chambésy, Switzerland, in November 1976 for the first Great Synod of Eastern Orthodoxy to be held since the 8th century.計画は8世紀以降に開催される東方正教の最初の偉大な宗教会議のために1976年11月におけるChambésy、スイスでpresynodal会合以降進められてきた。 Among the topics for further study is the codification of the Holy Canons.さらなる研究のためのトピックの中で神聖な規範の法典である。

John Edward Lynchジョン·エドワード·リンチ


Canon Law教会法

Catholic Information カトリックの情報

This subject will be treated under the following heads:この主題は、以下の頭の下に扱われる:

I. General Notion and Divisions I.一般概念と部門

II. Ⅱ。 Canon Law as a Science科学としてのキヤノン法

III. Ⅲ。 Sources of Canon Lawキヤノン法源

IV. Ⅳ。 Historical Development of Texts and Collectionsテキストとコレクションの歴史的展開

V. Codification Vの編纂

VI. Ⅵ。 Ecclesiastical Law教会法

VII. Ⅶ。 The Principal Canonistsプリンシパルcanonistsに

I. GENERAL NOTIONS AND DIVISIONS I.一般的な概念や部門

Canon law is the body of laws and regulations made by or adopted by ecclesiastical authority, for the government of the Christian organization and its members.キヤノン法律はキリスト教団体とそのメンバーの政府のために、教会の権威によって製または採用法令の本体です。 The word adopted is here used to point out the fact that there are certain elements in canon law borrowed by the Church from civil law or from the writings of private individuals, who as such had no authority in ecclesiastical society.採択単語はここに民法から、または次のような教会の社会で何の権限を持っていた個人投資家たちの文章から教会によって借りキヤノン法では、特定の要素があるという事実を指摘するために使用されます。 Canon is derived from the Greek kanon, ie a rule or practical direction (not to speak of the other meanings of the word, such as list or catalogue), a term which soon acquired an exclusively ecclesiastical signification.キヤノンは、ギリシャのカノンから導出されたり、ルールや実践的方向(例えばリストやカタログなどの単語の他の意味、の話しないでください)​​、すぐに排他的に教会の意義を獲得した用語、すなわち。 In the fourth century it was applied to the ordinances of the councils, and thus contrasted with the Greek word nomoi, the ordinances of the civil authorities; the compound word "Nomocanon" was given to those collections of regulations in which the laws formulated by the two authorities on ecclesiastical matters were to be found side by side.第四世紀には、協議会の条例に適用され、したがって、ギリシャ語nomoi、行政当局の法令と対比;化合単語 "教会関係国法"は法律がによって定式化された規制のそれらのコレクションに与えられた教会の問題には2つの当局が並んで発見されることになっていた。 At an early period we meet with expressions referring to the body of ecclesiastical legislation then in process of formation: canones, ordo canonicus, sanctio canonica; but the expression "canon law" (jus canonicum) becomes current only about the beginning of the twelfth century, being used in contrast with the "civil law" (jus civile), and later we have the "Corpus juris canonici", as we have the "Corpus juris Civilis".期間を早期に我々は、形成の過程で、次に教会法の本体に参照表現と会う:canones、オルドcanonicus、sanctioカノーニカ、しかし表現 "宗規"(jusのcanonicum)が唯一の12世紀の初めについて電流となる、 "民法"(市民法)とは対照的に使用されている、と我々は "ローマ法大全"を持っているとして、後に我々は、 "法大全canonici"を持っている。 Canon law is also called "ecclesiastical law" (jus ecclesiasticum); however, strictly speaking, there is a slight difference of meaning between the two expressions: canon law denotes in particular the law of the "Corpus Juris", including the regulations borrowed from Roman law; whereas ecclesiastical law refers to all laws made by the ecclesiastical authorities as such, including those made after the compiling of the "Corpus Juris".キヤノンの法則はまた、 "教会法"(jusのecclesiasticum)と呼ばれていますが、厳密に言えば、2つの式の間に意味のわずかな違いがある:宗規から借りた規制を含む "法大全"の特定の法則で表すローマ法、教会法は "法大全"のコンパイル後に作られたものを含むような教会当局によって行われたすべての法律を指し、一方。 Contrasted with the imperial or Caesarian law (jus caesareum), canon law is sometimes styled pontifical law (jus pontificium), often also it is termed sacred law (jus sacrum), and sometimes even Divine law (jus divinum: c. 2, De privil.), as it concerns holy things, and has for its object the wellbeing of souls in the society divinely established by Jesus Christ.皇室や帝王切開法(jusのcaesareum)と対比、宗規、時にはしばしばまた、それが神聖な法律を(jusの仙骨)と呼ばれ、教皇の法則を(jusのpontificium)スタイリングされ、時には神の法(jusのdivinum:C 2、デprivil。)、それは神聖なものに関するものであり、その目的のために神のイエス·キリストによって設立され、社会の魂の幸福を持っているとして。

Canon law may be divided into various branches, according to the points of view from which it is considered:キヤノンの法律はそれを考慮したからの視点によれば、様々な枝に分けることができる:

If we consider its sources, it comprises Divine law, including natural law, based on the nature of things and on the constitution given by Jesus Christ to His Church; and human or positive law, formulated by the legislator, in conformity with the Divine law.と神の法に準拠した立法者によって策定ヒトまたは実定法、、、我々はその発生源を考慮すれば、それは物事の性質と彼の教会にイエス·キリストによって与えられた憲法に基づいて、自然の法則を含めて、神の法を含み、 。 We shall return to this later, when treating of the sources of canon law.宗規源の治療の際に我々は、この後に返還しなければならない。

If we consider the form in which it is found, we have the written law (jus scriptum) comprising the laws promulgated by the competent authorities, and the unwritten law (jus non scripture), or even customary law, resulting from practice and custom; the latter however became less important as the written law developed.我々は、それが見出される形態を考慮すれば、我々は練習やカスタム起因管轄当局が公布法律を含む、成文法(jusのscriptum)と、不文律(jusの非経典)、あるいは慣習法を持っている;後者は、しかし、開発された成文法としてはあまり重要になった。

If we consider the subject matter of the law, we have the public law (jus publicum) and private law (jus privatum).我々は法律の主題を考えると、公法(jusのpublicum)とプライベート法律を(jusのprivatum)を持っています。 This division is explained in two different ways by the different schools of writers: for most of the adherents of the Roman school, eg Cavagnis (Instit. jur. publ. eccl., Rome, 1906, I, 8), public law is the law of the Church as a perfect society, and even as a perfect society such as it has been established by its Divine founder: private law would therefore embrace all the regulations of the ecclesiastical authorities concerning the internal organization of that society, the functions of its ministers, the rights and duties of its members.この部門は、作家の異なる学校による2つの異なる方法で説明されています:ロマン派の支持者のほとんどのために、例えばCavagnis(。。Instit. JUR公共エリアeccl、ローマ、1906年、私は、8)、公法である民間の法律は、したがって、その社会の内部組織に関する教会当局のすべての規制は、その機能を受け入れるでしょう:完璧な社会として、さらには、それがその神の創始者により確立されているような完璧な社会としての教会の法則閣僚は、そのメンバーの権利と義務。 Thus understood, the public ecclesiastical law would be derived almost exclusively from Divine and natural law.このように理解、公共教会法は、神と自然の法則からほぼ独占的に導出される。 On the other hand, most of the adherents of the German school, following the idea of the Roman law (Inst., I, i, 4; "Publicum jus est quad ad statuary rei Romanae spectat: privatum quad ad privatorum utilitatem"), define public law as the body of laws determining the rights and duties of those invested with ecclesiastical authority, whereas for them private law is that which sets forth the rights and duties of individuals as such. 、:;ローマ法の考え方( "privatumクワッド広告privatorum utilitatem Publicum jusのESTクワッド広告彫像礼Romanae spectat"ディレクトリシステム、私は、私、4)続いて、一方、ドイツの学校の信者のほとんど彼らのために民間の法律はどれが定めるなど、個人の権利と義務を設定することであるのに対し、教会の権威をもって投資者の権利義務を決定する法律の本文として公法を定義します。 Public law would, therefore, directly intend the welfare of society as such, and indirectly that of its members; while private law would look primarily to the wellbeing of the individual and secondarily to that of the community.公法は、したがって、そのような直接的、間接的にそのメンバーのこととして社会の福祉を意図だろう。私法は、個々の福祉に、第二に社会のことを主に見えるでしょうが。

Public law is divided into external law (jus externum) and internal law (jus internum).公法は、外部の法律(jusのexternum)と国内法(jusのinternum)に分かれています。 External law determines the relations of ecclesiastical society with other societies.外部の法律では、他の社会と教会の社会の関係を決定します。 either secular bodies (the relations therefore of the Church and the State) or religious bodies, that is, interconfessional relations.世俗的な団体(教会と国家の関係ゆえ)や宗教団体、つまりinterconfessional関係のどちらか。 Internal law is concerned with the constitution of the Church and the relations subsisting between the lawfully constituted authorities and their subjects.内部の法律が憲法の教会と合法的に官憲とそれぞれの科目間自給関係にかかわっている。

Considered from the point of view of its expression, canon law may be divided into several branches, so closely allied, that the terms used to designate them are often employed almost indifferently: common law and special law; universal law and particular law; general law and singular law (jus commune et speciale; jus universale et particulare; jus generale et singulare).その発現の観点から考慮されて、キヤノンの法則がそれらを指定するために使用される用語は、多くの場合、ほとんど無頓着に雇用されている、非常に密接に同盟して、いくつかの枝に分割することができる共通の法と特別法、普遍的法​​則と特定の法律、一般法と単数法(jusのコミューンらSPECIALE;ジュースuniversaleらparticulare; jusのジェネラルらsingulare)。 It is easy to point out the difference between them: the idea is that of a wider or a more limited scope; to be more precise, common law refers to things, universal law to territories, general law to persons; so regulations affecting only certain things, certain territories, certain classes of persons, being a restriction or an addition, constitute special, particular, or singular law, and even local or individual law.それは、それらの間の違いを指摘することは簡単です:アイデアが広い以上に限られた範囲のことであり、より正確に言えば、一般的な法律は、物事を指し、地域への普遍的な法則、一般的な法律の人に、そう規制は特定の影響を与える物事、特定の地域、人の特定のクラスは、制限又は付加されて、特別特定、単数または法律、さらにはローカルまたは個々の法律を構成している。 This exceptional law is often referred to as a privilege (privilegium, lex privata), though the expression is applied more usually to concessions made to an individual.式は個々に譲歩するより普通に適用されますが、この例外的な法律は、多くの場合、特権(privilegiumは、lexリバータ)と呼ばれています。 The common law, therefore, is that which is to be observed with regard to a certain matter, unless the legislator has foreseen or granted exceptions; for instance, the laws regulating benefices contain special provisions for benefices subject to the right of patronage.コモンローは、したがって、どれが立法者は例外を予見または付与されていない限り、特定の問題に関して観察されるであろうということです。例えば、beneficesを規制する法律には、ご愛顧の権利に従うのbeneficesのための特別な規定が含まれています。 Universal law is that which is promulgated for the whole Church; but different countries and different dioceses may have local laws limiting the application of the former and even derogating from it.普遍的法則は、全教会のために公布されているということです、しかし、異なる国や異なる教区は、前者の適用を制限すること、さらにそこから特例地域の法律を持っているかもしれません。 Finally, different classes of persons, the clergy, religious orders, etc., have their own laws which are superadded to the general law.最後に、人の異なるクラス、聖職者、宗教的な受注などが、一般法にsuperaddedれる独自の法律があります。

We have to distinguish between the law of the Western or Latin Church, and the law of the Eastern Churches, and of each of them.我々は、欧米やラテン教会の法律、東方教会の、それらのそれぞれの法律を区別する必要があります。 Likewise, between the law of the Catholic Church and those of the non-Catholic Christian Churches or confessions, the Anglican Church and the various Eastern Orthodox Churches.同様に、カトリック教会の法と非カトリックキリスト教の教会や自白は、英国国教会と様々な東方正教会の教会のものの間で。 Finally, if we look to the history or chronological evolution of canon law, we find three epochs: from the beginning to the "Decretum" of Gratian exclusively; from Gratian to the Council of Trent; from the Council of Trent to our day.我々が歴史や宗規の時系列的な進化を見れば最後に、我々は3つのエポックを見つける:最初からグラティアヌスの "Decretum"に専ら;グラティアヌスからトレントの評議会に、トレントの評議会からの私達の日に。 The law of these three periods is referred to respectively as the ancient, the new, and the recent law (jus antiquum, novum, novissimum), though some writers prefer to speak of the ancient law, the law of the Middle Ages, and the modern law (Laurentius, "Instit.", n.4).これらの3つの期間の法則いくつかの作家が古代法律の話をすることを好むものの、それぞれ古代、新しい、最近の法(jusのantiquum、ノヴム、novissimum)と呼ばれ、中世の法律、近代法(ラウレンチウス、 "Instit。" N.4)。

II. Ⅱ。 CANON LAW AS A SCIENCE科学として宗規

As we shall see in treating of the gradual development of the material of canon law (see below, IV), though a legislative power has always existed in the Church, and though it has always been exercised, a long period had necessarily to elapse before the laws were reduced to a harmonious systematic body, serving as a basis for methodical study and giving rise to general theories.立法権は、いつも教会に存在していたけれども、それは常に行使されているのに私たちは、教会法(下記参照、IV)の物質が徐々に開発の治療で見るように、長い期間が経過する前に、必ずしも持っていた法律は系統的研究の基礎となると一般的な理論を生み出して、調和のとれた体系的なボディに減少した。 In the first place, the legislative authority makes laws only when circumstances require them and in accordance with a definite plan.最初の場所では、立法権は、どのような状況でそれらを必要とし、具体的な計画に従った場合にのみ法律を作ります。 For centuries, nothing more was done than to collect successively the canons of councils, ancient and recent, the letters of popes, and episcopal statutes; guidance was sought for in these, when analogous cases occurred, but no one thought of extracting general principles from them or of systematizing all the laws then in force.何世紀もの間、より多くの何も順次古代と最近の協議会、教皇の手紙、および聖公会の法令の規範を収集するよりも、実行されませんでした;ガイダンスは類似例が発生したときに、これらのために求めたが、誰もからの一般的な原則を抽出するとは思わなかったそれらまたは力で、すべての法律を体系化。 In the eleventh century certain collections group under the same headings the canons that treat of the same matters; however, it is only in the middle of the twelfth century that we meet in the "Decretum" of Gratian the first really scientific treatise on canon law.同じ見出しの下に十一世紀特定のコレクション群において同様の事項扱う参事はあるが、それだけで我々はグラティアヌスの "Decretum"で教会法上の最初の本当に科学的な論文を満たしていることを、12世紀の真ん中にある。 The School of Bologna had just revived the study of Roman law; Gratian sought to inaugurate a similar study of canon law.ボローニャの学校はちょうどローマ法の研究を復活させました;グラティアヌスは教会法の同様の研究を発足しようとした。 But, while compilations of texts and official collections were available for Roman law, or "Corpus juris civilis", Gratian had no such assistance.テキストや公式のコレクションのコンパイルはローマ法のために利用可能であった、あるいは "ローマ法大全"はしかし、グラティアヌスはそのような支援がありませんでした。 He therefore adopted the plan of inserting the texts in the body of his general treatise; from the disordered mass of canons collected from the earliest days, he selected not only the law actually in force (eliminating the regulations which had fallen into desuetude, or which were revoked, or not of general application) but also the principles; he elaborated a system of law which, however incomplete, was nevertheless methodical.したがって、彼は彼の一般的な論文の本文のテキストを挿入する案を採択しました。黎明期から収集された参事会の無秩序な塊から、彼は(廃止に陥っていた規制を排除し、またはその力で実際に法律だけでなく、選択した取り消されないか、または一般的なアプリケーションの)だけでなく、原則た、彼は、しかし不完全な法制度を精緻化、それにもかかわらず、整然としていた。 The science of canon law, ie the methodical and coordinated knowledge of ecclesiastical law, was at length established.宗規の科学、教会法の系統的かつ協調的な知識をIEは、確立された長さであった。 Gratian's "Decretum" was a wonderful work; welcomed, taught and glossed by the decretists at Bologna and later in the other schools and universities, it was for a long time the textbook of canon law.グラティアヌスの "Decretum"は素晴らしい作品だった教え、歓迎し、練りボローニャでdecretistsによって、後で他の学校や大学で、それは長い時間のために教会法の教科書だった。 However his plan was defective and confusing, and, after the day of the glosses and the strictly literal commentaries, it was abandoned in favour of the method adopted by Bernard of Pavia in his "Breviarium" and by St. Raymund of Pennafort in the official collection of the "Decretals" of Gregory IX, promulgated in 1234 (see CORPUS JURIS CANONICI).しかし彼の計画は、欠陥と混乱した、と、注釈や厳密にリテラル論評の日の後に、それは公式に彼の "Breviarium"とPennafort聖レイマンドによってパヴィアのバーナードによって採用されている方法のため廃止されましたグレゴリー9世 "Decretals"のコレクションは、(法大全CANONICIを参照)1234年に公布された。 These collections, which did not include the texts used by Gratian, grouped the materials into five books, each divided into "titles", and under each title the decretals or fragments of decretals were grouped in chronological order.グラティアヌスによって使用されるテキストが含まれていませんでしたこれらのコレクションは、5冊、 "タイトル"に分け、それぞれに材料をグループ化し、各タイトルの下にdecretalsのdecretalsまたはフラグメントは時系列順にグループ化された。 The five books, the subject matter of which is recalled by the well-known verse: "judex, judicium, clerus, connubia, crimen" (ie judge, judgment, clergy, marriages, crime), did not display a very logical plan; not to speak of certain titles that were more or less out of place. 5冊、よく知られた詩によってリコールされるの主題: "judex、judicium、clerus、connubia、crimen"(すなわち裁判官、判断、聖職者、結婚、犯罪)は、非常に論理的なプランが表示されませんでした;場違いの多かれ少なかれあった特定のタイトルの話をしない。 They treated successively of the depositaries of authority, procedure, the clergy and the things pertaining to them, marriage, crimes and penalties.彼らは、権威のdepositaries、プロシージャ、聖職者とそれらに付随するものの連続して結婚、犯罪と刑罰を治療した。 In spite of its defects, the system had at least the merit of being official; not only was it adopted in the latter collections, but it served as the basis for almost all canonical works up to the sixteenth century, and even to our day, especially in the universities, each of which had a faculty of canon law. 、だけでなく、それは後者のコレクションに採用されたが、それは16世紀に、さらに我々の日に、ほぼすべての標準的な作品のために基礎として務め、その欠陥にもかかわらず、システムが公式であることの少なくともメリットを持っていた特に大学では、それぞれが教会法の教授陣を有していた。

However, the method of studying and teaching gradually developed: if the early decretalists made use of the elementary plan of the gloss and literal commentary, their successors in composing their treatises were more independent of the text; they commented on the titles, not on the chapters or the words; often they followed the titles or chapters only nominally and artificially.しかし、勉強したり、徐々に開発を教える方法:早期decretalistsは光沢とリテラル解説の基本プランを利用した場合は、その論文を構成する上で、その後継者がテキストのより独立していた、彼らはタイトルをコメントしていないにチャプターや言葉は、多くの場合、彼らは唯一の名目と人為的にタイトルやチャプターを追った。 In the sixteenth century they tried to apply, not to the official collections, but in their lectures on canon law the method and division of the "Institutes" of Justinian: persons, things, actions or procedure, crimes, and penalties (Institutes, I, ii, 12). 16世紀に彼らは公式のコレクションにではなく、適用しようとしましたが、教会法上のそれらの講義でユスティニアヌスの "塾"の方法と分裂:人、物、アクションや手順、犯罪、刑罰(研究所、私、II、12)。 This plan, popularized by the "Institutiones juris canonici" of Lancellotti (1563), has been followed since by most of the canonist authors of "Institutiones" or manuals, though there has been considerable divergence in the subdivisions; most of the more extensive works, however, preserved the order of the "Decretals". Lancellottiの "Institutionesジュリスcanonici"(1563年)によって広めこの計画は、細分化にかなりの相違があったものの、 "Institutiones"またはマニュアルの教会法学者の著者のほとんどが以来続いてきたが、ほとんどのより広範な作品のしかし、 "Decretals"の順序を維持した。 This was also followed in the 1917 code.これも1917のコードに続いていた。 In later times many textbooks, especially in Germany, began to adopt original plans.後の時代に、特にドイツでは、多くの教科書では、当初の計画を採用し始めた。 In the sixteenth century too, the study of canon law was developed and improved like that of other sciences, by the critical spirit of the age: doubtful texts were rejected and the raison d'être and tendency or intention of later laws traced back to the customs of former days. 16世紀においても、教会法の研究が開発され、改良された他の科学と同様に、時代の批判精神によってされました:貸テキストが拒否されたと存在意義とまでさかのぼる後の法律の傾向や意向昔の習慣。 Canon law was more studied and better understood; writings multiplied, some of an historical nature, others practical, according to the inclination of the authors.宗規はもっと勉強し、よりよく理解さだった;掛けた文章は、歴史的な性質のいくつかは、他の実用的な、著者の傾きに応じて。 In the universities and seminaries, it became a special study, though as might be expected, not always held in equal esteem.予想できるように、常に等しく尊敬されていないが、大学や神学校では、それは、特別な勉強になりました。 It may be noted too that the study of civil law is now frequently separated from that of canon law, a result of the changes that have come over society.これは、民法の研究は、現在頻繁に宗規、社会の上に来た変化の結果のものから分離されていることにも留意されたい。 On the other hand, in too many seminaries the teaching of ecclesiastical law is not sufficiently distinguished from that of moral theology.その一方で、あまりにも多くの神学校で教会法の教授が十分道徳的な神学と区別されていません。 The publication of the new general code of canon law will certainly bring about a more normal state of affairs.宗規の新しい一般的なコードの発行は確かに事務のより正常な状態をもたらすだろう。

The first object of the science of canon law is to fix the laws that are in force.キヤノン法律学の第一の目的は、施行されている法律を修正することです。 This is not difficult when one has exact and recent texts, drawn up as abstract laws eg most of the texts since the Council of Trent, and as will be the case for all canon law when the new code is published.一つは抽象的な法律はトレントの評議会からのテキストの大部分を、例えば、そして、新たなコードが公開されているすべての宗規のためのケースであるように策定され、正確で最新のテキストを持っているとき、これは難しいことではありません。 But it was not so in the Middle Ages; it was the canonists who, to a large extent, formulated the law by extracting it from the accumulated mass of texts or by generalizing from the individual decisions in the early collections of decretals.しかし、それは、中世にそうではなかった、それは文章の累積質量からそれを抽出することによって、またはdecretalsの初期コレクション内の個々の意思決定から一般化することによって法律を制定し、広い範囲でのcanonistsだった。 When the law in force is known it must be explained, and this second object of the science of canon law is still unchanged.力の法則が知られているとき、それは説明し、教会法の科学のこの第二の目的は、まだ変更されていなければなりません。 It consists in showing the true sense, the reason, the extension and application of each law and each institution.それは、理由は、各法律及び各機関の拡張子とアプリケーションを真の意味を示すことにある。 This necessitates a careful and exact application of the triple method of exposition, historical, philosophical, and practical: the first explains the law in accordance with its source and the evolution of customs; the second explains its principles; the last shows how it is to be applied at present.これは、博覧会、歴史的、哲学的、かつ実用的な方法のトリプルを慎重かつ正確なアプリケーションを必要とする:最初は、そのソースや習慣の進化に合わせて法律を説明し、第二には、その原理を説明し、それがどのように最後の番組現時点で適用される。 This practical application is the object of jurisprudence, which collects, coordinates and utilizes, for more or less analogous cases, the decisions of the competent tribunal.これは実用的なアプリケーションでは、多かれ少なかれ似た例では、座標と利用、収集法学の対象としては、有能な裁判所の決定です。 From this we may learn the position of canon law in the hierarchy of sciences.このことから、我々は科学の階層内の宗規の位置を知ることができる。 It is a judicial science, differing from the science of Roman law and of civil law inasmuch as it treats of the laws of an other society; but as this society is of the spiritual order and in a certain sense supernatural, canon law belongs also to the sacred sciences.それは他の社会の法則の扱いだけれどもローマ法と民法の科学とは異なり、司法科学であるが、この社会は精神的な秩序であり、ある意味では超自然、宗規はにも属している神聖な科学。 In this category it comes after theology, which studies and explains in accordance with revelation, the truths to be believed; it is supported by theology, but in its turn it formulates the practical rules toward which theology tends, and so it has been called "theologia practica", "theologia rectrix". "それが呼び出されたので、それは神学でサポートされていますが、そのターンの間にそれは神学がちな方に実用的なルールを策定し、かつ、このカテゴリでは、啓示に従って研究し、説明して神学の後、真理を信じられるようになるテオPRACTICA "、"テオ尾羽 "。 In as far as it is practical the science of canon law is closely related to moral theology; however, it differs from the latter which is not directly concerned with the acts prescribed or forbidden by the external law, but only with the rectitude of human acts in the light of the last end of man, whereas, canon law treats of the external laws relating to the good order of society rather than the workings of the individual conscience.限り、それは教会法の科学が密接に道徳的な神学に関連している実用的であるようであるが、それが直接外部の法律によって定められたまたは禁止行為に関係がありませんが、後者とは異なりますが、人間だけの行為の清廉潔白で教会法は、社会の良い順番ではなく、個々の良心の働きに関連する外部の法律の扱い、一方、男の最後の最後の光の中で。 Juridical, historical, and above all theological sciences are most useful for the comprehensive study of canon law.歴史、法人、すべての神学的な科学上は教会法の包括的な研究のために最も有用である。

III. Ⅲ。 SOURCES OF CANON LAW CANON法源

This expression has a twofold meaning; it may refer to the sources from which the laws come and which give the latter their judicial force (fortes juris essendi); or it may refer to the sources where canon law is to be found (fortes juris cognoscendi), ie the laws themselves such as they occur in the texts and various codes.この式は、二重の意味を持っている、それは法律が来ているが、後者に自分の司法力(フォルテスジュリスessendi)を与え、そこからソースを参照してもよく、あるいは、それは教会法が発見されるソース(フォルテスジュリスcognoscendiを参照することができる)、自身はそのような彼らがテキストや様々なコードで発生するなどの法律、すなわち。 These sources are also called the material and the formal sources of canon law.これらのソースは、材料及び宗規の正式なソースと呼ばれます。 We shall consider first the sources under the former aspect.我々はまず、前者の側面の下のソースを考慮しなければならない。 The ultimate source of canon law is God, Whose will is manifested either by the very nature of things (natural Divine law), or by Revelation (positive Divine law).宗規の究極の源は誰の意志のどちらか物事の本質(自然の神の法)によって、またはヨハネの黙示録(正神の法)によって明らかにされている神である。 Both are contained in the Scriptures and in Tradition.どちらも、聖書の中でと伝統に含まれています。 Positive Divine law cannot contradict natural law; it rather confirms it and renders it more definite.肯定的な神の法では、自然の法則に矛盾することはできず、むしろそれを確認し、それがより明確なレンダリングします。 The Church accepts and considers both as sovereign binding laws which it can interpret but can not modify; however, it does not discover natural law by philosophic speculation; it receives it, with positive Divine law, from God through His inspired Books, though this does not imply a confusion of the two kinds of Divine law.教会はそれを解釈できますが、変更することはできません両方としてソブリン結合法則を受け入れ、考慮しますが、それは哲学的思弁によって自然の法則を発見するのではなく、彼のインスピレーションを得た書籍を通して神から、肯定的な神の法と、それを受けて、これはないものの神の法の2種類の混乱を意味するものではありません。 Of the Old Law the Church has preserved in addition to the Decalogue some precepts closely allied to natural law, eg certain matrimonial impediments; as to the other laws given by God to His chosen people, it considers them to have been ritual and declares them abrogated by Jesus Christ.旧法の教会は十戒に加えて、密接に自然の法則、例えば特定の結婚の障害に同盟いくつかの教訓を残していた、彼の選ばれた人々への神から与えられ、他の法律にのように、それは彼らが儀式であったと見なし、それらを廃止宣言イエス·キリストによって。 Or rather, Jesus Christ, the Lawgiver of the spiritual society founded by Him (Con. Trid., Sess. VI, "De justif.", can. I), has replaced them by the fundamental laws which He gave His Church.あるいはむしろ、イエス·キリスト、神によって設立された精神的な社会の立法者(Con. TRID。は、sess。VI "デjustif。"、することができます。I)は、彼が彼の教会を与えた基本的な法則によってそれらを置き換えています。 This Christian Divine law, if we may so call it, is found in the Gospels, in the Apostolic writings, in the living Tradition, which transmits laws as well as dogmas.我々はそうそれを呼び出すことができる場合は、このキリ​​スト教の神の法では、法律だけでなく、教義を送信生き伝統で、ローマ教皇の著作の中で、福音書に含まれています。 On this positive Divine law depend the essential principles of the Church's constitution, the primacy, the episcopacy, the essential elements of Divine worship and the Sacraments, the indissolubility of marriage, etc.この前向きな神の法に教会の憲法の基本原理、優位性、主教団、神を崇拝するのに不可欠な要素と秘跡、結婚のindissolubilityなどに依存

Again, to attain its sublime end, the Church, endowed by its Founder with legislative power, makes laws in conformity with natural and Divine law.繰り返しになりますが、その崇高エンドを達成するために、立法権とその創設者に恵まれ教会は、自然と神の法に準拠して法律を作ります。 The sources or authors of this positive ecclesiastical law are essentially the episcopate and its head, the pope, the successors of the Apostolic College and its divinely appointed head, Saint Peter.この正の教会法源や著者は、本質的にbishopの地位とその頭、法王は、ローマ教皇の大学とその神の任命頭、聖ペトロの後継者です。 They are, properly speaking, the active sources of canon law.彼らは、教会法の積極的な情報源を正しく話している。 Their activity is exercised in its most solemn form by the ecumenical councils, where the episcopate united with its head, and convoked and presided over by him, with him defines its teaching and makes the laws that bind the whole Church.彼はその教えを定義し、教会全体をバインドする法律を作ると、彼らの活動は、その頭とbishopの団結エキュメニカル協議会によって、その最も厳粛な形で行使され、召集、彼が主宰しています。 The canons of the Ecumenical councils, especially those of Trent, hold an exceptional place in ecclesiastical law.特にエキュメニカル協議会、トレントのこれらの規範は、教会法で特別な場所を保持します。 But, without infringing on the ordinary power of the bishops, the pope, as head of the episcopate, possesses in himself the same powers as the episcopate united with him.しかし、司教の普通の電源を侵害することなく、法王は、bishopの地位の責任者として、自分自身で彼とbishopの団結と同じ力を持っています。 It is true that the disciplinary and legislative power of the popes has not always, in the course of centuries, been exercised in the same manner and to the same extent, but in proportion as the administration became centralized, their direct intervention in legislation became more and more marked; and so the sovereign pontiff is the most fruitful source of canon law; he can abrogate the laws made by his predecessors or by Ecumenical councils; he can legislate for the whole church or for a part thereof, a country or a given body of individuals; if he is morally bound to take advice and to follow the dictates of prudence, he is not legally obliged to obtain the consent of any other person or persons, or to observe any particular form; his power is limited only by Divine law, natural and positive, dogmatic and moral.教皇の懲戒及び立法権は常に、何世紀もの過程で、同じようにと同じ程度に行使されていませんが、管理が一元化になったとして比例して、法律での直接的な介入は、よりになったことは事実であるとより顕著であり、そう最高の司教は、教会法の中で最も実りの源であり、彼は彼の前任者またはエキュメニカル協議会によって作ら法律を廃止することができ、彼はその教会全体、または一部のために法律を制定することができ、国または指定された個人の身体、彼は道徳的にアドバイスを取ると慎重さのおもむくままに従うようにバインドされている場合、彼は合法的に他の人か人の同意を得るために、または任意の特定のフォームを観察する義務はありません。彼の力は唯一神によって制限され自然と肯定的な、独断的な道徳律、。 Furthermore, he is, so to say, the living law, for he is considered as having all law in the treasury of his heart ("in scrinio pectoris"; Boniface VIII. c. i, "De Constit." in VI).彼は彼の心の国庫内のすべての法律を(。。ボニファティウスVIII C I "。デConstit" VIの "でscrinio狭心症")を有するとみなされるためさらに、彼は、そう言って、生きている法律である。 From the earliest ages the letters of the Roman pontiffs constitute, with the canons of the councils, the principal element of canon law, not only of the Roman Church and its immediate dependencies.早い年齢からローマ教皇の手紙がローマ教会とその直接の依存関係の協議会の参事、教会法の主要な要素だけではなくて、構成している。 but of all Christendom; they are everywhere relied upon and collected, and the ancient canonical compilations contain a large number of these precious "decretals" (decreta, statuta, epistolae decretales, and epistolae synodicae).しかし、すべてのキリスト教の、彼らはどこにでも頼って回収し、そして古代の正規のコンピレーションでは、これらの貴重な "decretals"(decretumの複数形、statuta、epistolae decretales、とepistolae synodicae)が多数含まれています。 Later, the pontifical laws are promulgated more usually as constitutions, Apostolic Letters, the latter being classified as Bulls or Briefs, according to their external form, or even as spontaneous acts, "Motu proprio".その後、教皇の法律は彼らの外部形態によれば、憲法、ローマ教皇の手紙、ブルズやブリーフとして分類され、後者のようなより一般的には公布されており、あるいは自発的な行為として、 "教皇自発教令"。 Moreover, the legislative and disciplinary power of the pope not being an in communicable privilege, the laws and regulations made in his name and with his approbation possess his authority: in fact, though most of the regulations made by the Congregations of the cardinals and other organs of the Curia are incorporated in the Apostolic Letters, yet the custom exists and is becoming more general for legislation to be made by mere decrees of the Congregations, with the papal approval.また、法王の立法及び懲戒パワー伝染病特権で、法令が彼の名前で作られていないと彼の賛同を得るには彼の権威を持っていると:実際には、規制のほとんどは枢機卿の集会によって作られていて、他のにCuriaの器官はローマ教皇の手紙に組み込まれ、まだカスタムが存在し、教皇の承認を得て、単なる集会の政令によってなされる立法のための、より一般的になってきているされています。 These are the "Acts of the Holy See" (Acta Sancte Sedis), and their object or purpose permitting, are real laws (see ROMAN CURIA).これらは、 "聖霊の行為を参照してください"(ACTA Sancte SEDIS)、およびそれらのオブジェクトまたは目的が許せばですが、実際の法律(ローマ教皇庁を参照)。

Next to the pope, the bishops united in local councils, and each of them individually, are sources of law for their common or particular territory; canons of national or provincial councils, and diocesan statutes, constitute local law.法王は、地方議会の司教団結、そして個々にそれらのそれぞれの横に、彼らの共通の、あるいは特定の地域のための法源であり、国または地方の協議会の参事、そして教区の制定法は、現地の法律を構成している。 Numerous texts of such origin are found in the ancient canonical collections.そのような起源の多数のテキストは、古代の正規のコレクションで発見されています。 At the present day and for a long time past, the law has laid down clearly the powers of local councils and of bishops; if their decrees should interfere with the common law they have no authority save in virtue of pontifical approbation.現今では、長い時間の過去のために、法律は、地方議会のと司教の権限は明確に定めて、その政令の場合、彼らは何の権限が教皇の裁可の美徳で保存しなかったコモンローに干渉する必要があります。 It is well known that diocesan statutes are not referred to the sovereign pontiff, whereas the decrees of provincial councils are submitted for examination and approval to the Holy See (Const. "Immensa" of Sixtus V, 22 Jan., 1587).これはよく教区の法令が最高の司教と呼ばれていないことが知られており、地方の協議会令のに対し、審査やローマ法王庁(シクストゥス5世のConst. "Immensa"、1587年1月22日)への承認のために提出されています。 We may liken to bishops in this matter various bodies that have the right of governing themselves and thus enjoy a certain autonomy; such are prelates with territorial jurisdiction, religious orders, some exempt chapters and universities, etc. The concessions granted to them are generally subject to a certain measure of control.我々は、この問題で司教に自分自身を支配する権利を持っているので、一定の自治権を享受する様々な団体に例えることがあります。などが領土を管轄する高位聖職者、宗教的な受注は、いくつかの免除章と大学等であるそれらに付与された譲歩は、一般的に適用されコントロールの特定の小節に。

Other sources of law are rather impersonal in their nature, chief among them being custom or the unwritten law.法律の他の情報源は、それらをカスタムまたは不文律であるうちのチーフ、彼らの自然の中で、むしろ人間味があります。 In canon law custom has become almost like a legislator; not in the sense that the people are made their own lawgiver, but a practice followed by the greater part of the community, and which is reasonable and fulfills the legal requirements for prescription and is observed as obligatory, acquires the force of law by at least the tacit consent of the legislator.ではない人々が自らの立法者を作っているという意味で、コミュニティの大部分が続く実践、それは合理的であると処方のための法的要件を満たしていると観察される;宗規ではカスタムはほとんど国会議員のようになっている義務として、国会議員の少なくとも暗黙の了解によって法律の力を獲得する。 Under such circumstances custom can create or rescind a legal obligation, derogate from a law, interpret it, etc. But it must be remarked that in our days, owing to the fully developed body of written law, custom plays a much less important part than did the practices and habits of early Christian times, when there was but little written law and even that seldom of wide application.このような状況下でカスタム、法律品格を落とすの法的義務を作成したり、取り消すことができるなど、それを解釈しかし、それは私たちの時代には、成文法の十分に発達したボディのおかげで、カスタムよりもはるかに少ない重要な役割を果たしていることを述べなければならない初期キリスト教時代の慣行や習慣が、少し書かれた法律とさえめったにその広い用途のがあった。 The civil law of different nations, and especially the Roman law, may be numbered among the accessory sources of canon law.異なる国の民法、特にローマ法は、教会法のアクセサリーソース間で番号を付けることができます。 But it is necessary to explain more exactly its role and importance.しかし、それはより正確に、その役割と重要性を説明することが必要である。 Evidently secular law cannot be, strictly speaking, a source of canon law, the State as such having no competence in spiritual matters; yet it may become so by the more or less formal acceptation of particular laws by the ecclesiastical authorities.まだそれは教会当局によって特定の法律多かれ少なかれ正式な語義でそうなるかもしれません。明らかに世俗的な法律が厳密に霊的な事柄でない能力を有していないなど、宗規、国家のソースを言えば、することはできません。 We pass by in the first place the laws made by the mutual agreement of both parties, such as the legislation of the numerous assemblies in the Visigothic kingdom, and the Frankish kingdom and empire, where the bishops sat with the lords and nobles.我々は最初の場所でそのようなことで西ゴート王国の多数のアセンブリの法律として、両当事者の合意によってなされる法律、および司教たちは領主や貴族土フランク王国​​と帝国を、渡す。 Such also is the case of the concordats of later ages, real contracts between the two powers.このような、後で年齢のconcordatsの場合、2つの勢力の間で本当の契約がある。 In these cases we have an ecclesiastico-civil law, the legal force of which arose from the joint action of the two competent authorities.これらのケースで我々はecclesiastico-民法を持っている、の法的拘束力には2つの権限のある当局の共同行動から生じたものである。 It is in a different sense that Roman law, Germanic law, and in a lesser degree modern law, have become a subsidiary source of canon law.それは、ローマ法、ゲルマン法、およびより少ない程度近代法では、教会法の補助源となっていることを別の意味である。

It must be remembered that the Church existed for a long time before having a complete and coordinated system of law; that many daily acts of its administration, while objectively canonical, were of the same nature as similar acts in civil matters, eg contracts, obligations, and in general the administration of property; it was quite natural for the Church to accommodate itself in these matters to the existing flows, with out positively approving of them.それは教会法の完全かつ協調システムを有する前に長い時間のために存在していたことを覚えていなければなりません。その管理の多くの日常の行為は、客観的に標準的な一方で、民事事件で同様の行為、例えば契約、義務のように同じ性質のものであったことを、プロパティのと一般的に投与、それが外に積極的にそれらを承認するとともに、既存のフローにこれらの事項には、それ自体に対応するために、教会のために非常に自然なことでした。 Later when the canonists of the twelfth century began to systematize the ecclesiastical law, they found themselves in presence, on the one hand, of a fragmentary canon law, and on the other hand of the complete methodical Roman code; they had recourse to the latter to supply what was wanting in the former, whence the maxim adopted by the canonists and inserted in the "Corpus Juris", that the Church acts according to Roman law when canon law is silent (cap. 1. "De novi op. nunc.", X, i, V, tit. xxxii).後で12世紀のcanonistsは教会法を体系化し始めたとき、彼らは存在下で、一方では、断片的な宗規、および完全整然とローマンコードの一方で自分自身を発見し、彼らは後者への頼みの綱をマキシムは、教会はローマ法の宗規は(cap. 1。サイレントである "デノビopです。ヌンクに従って動作していること、のcanonistsによって採択され、"法大全 "に挿入された前者、そこに欠けていたものを供給する。 "は、X、I、V、シジュウカラ。XXXII)。 Moreover, in the Teutonic kingdoms the clergy followed the Roman law as a personal statute.また、ゲルマン王国の聖職者は、個人的な法律として、ローマ法に従った。 However, in proportion as the written canon law increased, Roman law became of less practical value in the Church (cap. 28, X, "De priv.", X, lib. V, tit. xxxiii).しかし、書かれた教会法が増加すると比例して、ローマ法は、教会ではあまり実用的な価値(cap. 28、X、 "デprivの" X、libにコピーします。V、シジュウカラ。XXXIII)のようになった。 Canon law, it may be said, adopted from Roman law what relates to obligations, contracts, judiciary actions, and to a great extent civil procedure.キヤノンの法律は、それが義務、契約書、司法処理、および大いに民事訴訟にも関するものをローマ法から採用し、言われるかもしれない。 Other Roman laws were the object of a more positive recognition than mere usage, ie they were formally approved, those, for instance, which though of secular origin, concerned ecclesiastical things, eg the Byzantine ecclesiastical laws, or again laws of civil origin and character but which were changed into canonical laws eg the impediment of marriage arising from adoption.世俗的な起源しかし彼らが正式に承認された、すなわち、他のローマの法律は、単なる利用よりも正の認識の目的である、それらは、例えば、これは、当該教会のもの、例えば再びビザンチン教会法、または民事上の起源と文字の法則しかし、その正規の法律に変更されましたが採用に起因する結婚の障害、例えば。 The juridical influence of Teutonic law was much less important, if we abstract from the inevitable adaptation to the customs of barbarous races, yet some survivals of this law in ecclesiastical legislation are worthy of note: the somewhat feudal system of benefices; the computation of the degrees of kindred; the assimilating of the penitential practices to the system of penal compensation (wehrgeld); finally, but for a time only, justification from criminal charges on the oath of guarantors or co-jurors (De purgatione canonica, lib. V, tit. xxxiv).野蛮な民族の習慣への必然的な適応から私たちは抽象的な場合ゲルマン法の法人に影響を与えるのは、それほど重要であった、まだ教会法では、この法律のいくつかの生存率は、注目に値する:beneficesのやや封建制度;の計算親族の度;刑事補償制度(wehrgeld)へのざんげの慣行の資;ついに、しかし、時間のために保証人または共同の陪審員の宣誓(デpurgationeカノーニカ、libのV上の刑事責任からのみ、正当化、売り言葉。XXXIV)。 Modern law has only a restricted and local influence on canon law, and that particularly on two points.近代法は、教会法上の唯一の制限と地方への影響を持っており、特に2つの点であること。 On the one hand, the Church conforms to the civil laws on mixed matters, especially with regard to the administration of its property; on some occasions even it has finally adopted as its own measures passed by the civil powers acting independently; a notable case is the French decree of 1809 on the "Fabriques d'église".一方では、教会は、特にその財産の管理に関して、混合事項について民事法に準拠し、いくつかの場面で、それさえ、ついに独立して行動する市民の力で可決され、独自の対策として採用しており、注目すべきケースがある"Fabriques D'égliseカート"の1809年のフランスの判決。 On the other hand, modern legislation is indebted to the canon law for certain beneficial measures: part of the procedure in criminal, civil, and matrimonial cases, and to some extent, the organization of courts and tribunals. 、刑事、民事、及び夫婦のケースの手順の一部であり、ある程度、裁判所や裁判所の組織:その一方で、現代の法律では、特定の有益な対策の宗規にお世話になります。

IV. Ⅳ。 HISTORICAL DEVELOPMENT OF TEXTS AND COLLECTIONSテキストやコレクションの歴史的発展

Considered under the second aspect, the sources of canon law are the legislative texts, and the collections of those texts whence we derive our knowledge of the Church's laws.第二の側面下にあると考えられ、教会法の源は、立法上のテキストであり、それらのテキストでwhenceのコレクションは、私たちは教会の法律の知識を導出する。 In order to appreciate fully the reasons for and the utility of the great work of codification of the canon law, recently begun by order of Pius X, it is necessary to recall the general history of those texts and collections, ever increasing in number up to the present time.完全に理由及び宗規の法典化の偉大な仕事の有用性を理解するために、最近ピオ十世の命により始まった、それは今までに数にまで増加し、それらのテキストとコレクションの一般的な歴史を想起する必要がある現時点。 A detailed account of each of the canonical collections is here out of place; the more important ones are the subject of special articles, to which we refer the reader; it will suffice if we exhibit the different stages in the development of these texts and collections, and make clear the movement to wards centralization and unification that has led up to the present situation.正規のコレクションのそれぞれの詳細な説明は場違いここであり、より重要なものは、私たちがリーダーを参照するために、特別な記事の主題である、我々はこれらの文章やコレクションの開発に様々な段階を示すならそれで十分でしょうと、現在の状況に至った病棟の集中化と統一への動きを明らかにしなければならない。 Even in the private collections of the early centuries, in which the series of conciliary canons were merely brought together in more or less chronological order, a constant tendency towards unification is noticeable.さえconciliary参事シリーズは単に、多かれ少なかれ、年代順にまとめられてされた世紀の初めのプライベートコレクションで、統一に向かって一定の傾向が顕著です。 From the ninth century onwards the collections are systematically arranged; with the thirteenth century begins the first official collections, thenceforth the nucleus around which the new legislative texts centre, though it is not yet possible to reduce them to a harmonious and coordinated code.以降9世紀からのコレクションが体系的に配置されており、13世紀の周りに新しい立法上のテキスト中心しかる後最初の公式コレクション、核を開始して、それが調和のとれた調整コードにそれらを減らすことはまだできないですが。 Before tracing the various steps of this evolution, some terms require to be explained.この進化の様々なステップをトレースする前に、いくつかの用語は説明する必要があります。 The name "canonical collections" is given to all collections of ecclesiastical legislative texts, because the principal texts were the canons of the councils.校長テキストは協議会の参事だったので名前 "カノニカルコレクション"は、教会の立法上のテキストのすべてのコレクションに与えられます。 At first the authors of these collections contented themselves with bringing together the canons of the different councils in chronological order; consequently these are called "chronological" collections; in the West, the last important chronological collection is that of Pseudo-Isidore.最初はこれらのコレクションの著者は年代順に別の協議会の参事をまとめると自分自身を満足し、その結果、これらは "時系列"コレクションと呼ばれ、西洋では、最後の重要な時系列コレクションは擬似イシのことです。 After his time the texts were arranged according to subject matter; these are the "systematic" collections, the only form in use since the time of Pseudo-Isidore.彼の時間の後のテキストは、主題に応じて配置されましたが、これらは、 "体系的"コレクション、擬似イシの時以来使用されている唯一の形式です。 All the ancient collections are private, due to personal initiative, and have, therefore, as collections, no official authority: each text has only its own intrinsic value; even the "Decretum" of Gratian is of this nature.すべての古代コレクションは個人的なイニシアチブのために、プライベートであり、持っているため、コレクションとして、公式な権限:各テキストは自身の本質的な価値を持っています。グラティアヌスのも "Decretum"とは、この性質のものである。 On the other hand, official or authentic collections are those that have been made or at least promulgated by the legislator.一方、公式または本物のコレクションが作られ、あるいは少なくとも立法者によって公布されたものです。 They begin with the "Compilatio tertia" of Innocent III; the later collections of the "Corpus Juris", except the "Extravagantes", are official.彼らは無実の3世の "Compilatio tertia"で始まり、 "Extravagantes"以外の "法大全"の後のコレクションは、公式です。 All the texts in an official collection have the force of law.公式のコレクション内のすべてのテキストは、法律の力を持っています。 There are also general collections and particular collections: the former treating of legislation in general, the latter treating of some special subject, for instance, marriage, procedure, etc., or even of the local law of a district.一般的に法律の治療前者は、例えば、結婚、手続きなどのため、あるいは地区の現地の法律のいくつかの特別な主題の治療、後者:一般的なコレクションおよび特定のコレクションもあります。 Finally, considered chronologically, the sources and collections are classified as previous to or later than the "Corpus Juris".最後に、時系列的に考えられて、ソースとコレクションは、前または後の "法大全"以外に分類されています。

A. Canonical Collections In the East東のAの正規コレクション

Until the Church began to enjoy peace, the written canon law was very meagre; after making full allowance for the documents that must have perished, we can discover only a fragmentary law, made as circumstances demanded, and devoid of all system.教会は平和を享受し始めるまで、書かれた教会法は非常に貧弱であった。死んでいなければならない文書のための完全な手当を行った後、私たちは状況が求められており、すべてのシステムに欠けているように作られる唯一の断片的な法則を発見することができます。 Unity of legislation, in as far as it can be expected at that period, is identical with a certain uniformity of practice, based on the prescriptions of Divine law relative to the constitution of the Church, the liturgy, the sacraments, etc. The clergy, organized everywhere in the same way, exercised almost everywhere the same functions.立法の統一は、今のところ、その期間に予想されるように、憲法の教会に対する相対神の法の処方箋に基づき練習の特定の均一性、典礼、秘跡などの聖職者と同一である、どこでも同じように組織し、ほとんどどこでも同じ機能を行使した。 But at an early period we discover a greater local disciplinary uniformity between the Churches of the great sees (Rome, Carthage, Alexandria, Antioch, later Constantinople) and the Churches depending immediately on them.しかし、早い時期から、我々は見ている偉大な(ローマ、カルタゴ、アレクサンドリア、アンティオキア、後でコンスタン)と、それらにすぐに応じて教会の教会間のより大きいローカル懲戒均一性を発見してください。 Further it is the disciplinary decisions of the bishops of the various regions that form the first nucleus of local canon law; these texts, spreading gradually from one country to another by means of the collections, obtain universal dissemination and in this way are the basis of general canon law.さらにそれは、地元の宗規の最初の核を形成する様々な地域の司教の懲戒の決定であり、これらの文章は、コレクションによって1つの国から別のものに徐々に浸透し、普遍的な普及を取得し、この方法での基礎である一般宗規。

There were, however, in the East, from the early days up to the end of the fifth century, certain writings, closely related to each other, and which were in reality brief canon law treatises on ecclesiastical administration the duties of the clergy and the faithful, and especially on the liturgy.初期の頃から、最大5世紀の終わりに、東アジアでは、しかし、そこにあった、ある種の文章は、互いに密接に関連しており、これは、教会の投与聖職者の職務との現実の簡単な教会法の論文にあった忠実で、特に典礼で。 We refer to works attributed to the Apostles, very popular in the Oriental Churches, though devoid of official authority, and which may be called pseudo-epigraphic, rather than apocryphal.我々は、職権のしかし欠け、東方教会では、使徒に起因する作品に非常に人気のある参照し、どのむしろ作り話ではなく、擬似碑銘と呼ばれることもある。 The principal writings of this kind are the "Teaching of the Twelve Apostles" or "Didache", the "Didascalia", based on the "Didache"; the "Apostolic Constitutions", an expansion of the two preceding works; then the "Apostolic Church Ordinance", the "Definitio canonica SS. Apostolorum", the "Testament of the Lord" and the "Octateuch of Clement"; lastly the "Apostolic Canons". "ローマ教皇の憲法"とは、2つ前の作品の拡大;、その後 "ローマ教皇のこの種の主な著作は、"十二使徒の教え "や"新約聖書 "、"新約聖書 "に基づいて" Didascalia "である教会令 "、" DefinitioカノーニカSS Apostolorum "、"主の新約聖書 "と"クレメントのOctateuch。 ";最後に"ローマ教皇の規範 "。 Of all this literature, only the "Apostolic Canons" werein cluded in the canonical collections of the Greek Church.このすべての文献のうち、 "ローマ教皇の規範"はwereinギリシャの教会の正式なコレクションに結論づけ。 The most important of these documents the "Apostolic Constitutions", was removed by the Second Canon of the Council in Trullo (692), as having been interpolated by the heretics.異端で補間されたものとして、 "ローマ教皇の憲法"これらの文書の中で最も重要な、トゥルッリで評議会(692)の第2キヤノンにより除去した。 As to the eighty-five Apostolic Canons, accepted by the same council, they rank yet first in the above-mentioned "Apostolic" collection; the first fifty translated into Latin by Dionysius Exiguus (c. 500), were included in the Western collections and afterwards in the "Corpus Juris".同じ評議会によって受け入れ八十から五ローマ教皇の規範へのように、彼らは上記の "ローマ教皇"コレクションにはまだ初段、ディオニュシオスExiguus(500℃)によってラテン語に翻訳され第一50は、西洋のコレクションに含まれていたその後、 "法大全"インチ

As the later law of the separated Eastern Churches did not influence the Western collections, we need not treat of it, but go on to consider only the Greek collection.分離した東方教会の後の法律は欧米のコレクションに影響を及ぼさなかったように、我々はそれを扱うことが、唯一のギリシャ語の収集を検討するために行く必要はありません。 It begins early in the fourth century: in the different provinces of Asia Minor, to the canons of local councils are added those of the ecumenical Council of Nicea (325), everywhere held in esteem.それは第四世紀初頭から始まります:小アジアのさまざまな地方で、地方議会の参事どこでも尊敬され、ニケアの公会議(325)のものが追加されます。 The Province of Pontus furnished the penitentiary decisions of Ancyra and Neocæsarea (314); Antioch; the canons of the famous Council "in encaeniis" (341), a genuine code of metropolitan organization; Paphlagonia, that of the Council of Gangra (343), a reaction against the first excesses of asceticism; Phrygia, the fifty-nine canons of Laodicea on different disciplinary and liturgical matters.アンキラとNeocæsarea(314)の刑務所の決定を内装ポントス州、アンティオキア、 "encaeniisで"有名会(341)参事会は、首都圏の組織の真のコード;パフラゴニア、Gangraの評議会(343) 、禁欲主義の最初の行き過ぎの反動、フリギア、異なる分野や典礼の事項についてのラオディケア五〇から九参事。 This collection was so highly esteemed that at the Council of Chalcedon (451) the canons were read as one series.このコレクションは、カルケドン公会議(451)参事は1シリーズとして読み込まれたように高い評価を受けました。 It was increased later by the addition of the canons of (Constantinople (381), with other canons attributed to it, those of Ephesus (431). Chalcedon (451), and the Apostolic canons. In 692 the Council in Trullo passed 102 disciplinary canons, the second of which enumerates the elements of the official collection: they are the texts we have just mentioned, together with the canons of Sardica, and of Carthage (419), according to Dionysius Exiguus, and numerous canonical letters of the great bishops, SS. Dionysius of Alexandria, Gregory Thaumaturgus, Basil, etc. If to these be added the canons of the two ecumenical councils of Nicea (787) and Constantinople (869) we have all the elements of the definitive collection in its final shape. A few "systematic" collections may be mentioned as pertaining to this period: one containing fifty titles by an unknown author about 535; another with twenty-five titles of the ecclesiastical laws of Justinian; a collection of fifty titles drawn up about 550, by John the Scholastic, a priest of Antioch. The compilations known as the "Nomocanons" are more important, because they bring together the civil laws and the ecclesiastical laws on the same subjects; the two principal are the Nomocanon, wrongly attributed to John the Scholastic, but which dates from the end of the sixth century, with fifty titles, and another, drawn up in the seventh century, and afterwards augmented by the Patriarch Photius in 883.それは、参事会の添加によって後に増加した(他の規範とコンスタンティノープル(381)は、エフェソス(431)。カルケドン(451)と、ローマ教皇の参事会のものが。692でトゥルッリで評議会は102が懲戒渡され、それに起因する参事は、公式のコレクションの要素を列挙するが第2:彼らはSardicaの、カルタゴの参事(419)と一緒に、私達はちょうど言及した文章ですが、ディオニュシオスExiguusによると、偉大な司教の多数の標準的な文字ニケア(787)とコンスタンティノープル(869)の2エキュメニカル協議会の参事を追加することが、これらのようにする場合は、アレクサンドリアのSS。ディオニュシオス、グレゴリー奇跡、バジルなどが、我々は最終的な形で決定的なコレクションのすべての要素を持っています。いくつかの "体系的"コレクションは、この期間に係るとして挙げることができる:535約未知の著者で50タイトルを含む1;ユスティニアヌスの教会法の25タイトルを持つ別の、約550、が策定した50タイトルのコレクションジョン修学、アンティオキアの司祭、彼らは一緒に民事法と同じ主題に関する教会法をもたらすため、 "Nomocanons"として知られてコンパイルが、より重要であるし、2校長は教会関係国法アールは、誤ってジョン修学に起因しかし、その七世紀に策定され、50タイトル、および相互に、6世紀の終わりからさかのぼり、その後883で家長photiusはによって増大。

B. The Canonical Collections in the West to Pseudo-Isidore B.擬似イシに西洋では正規コレクション

In the West, canonical collections developed as in the East, but about two centuries later.西洋では、標準的なコレクションは、東アジアのように開発されたが、約2世紀後。 At first appear collections of national or local laws and the tendency towards centralization is partially effected in the ninth century.最初は、国または地域の法律のコレクションを表示され、中央集権化の傾向は、部分的に9世紀に行われる。 Towards the end of the fourth century there is yet in the West no canonical collection, not even a local one, those of the fifth century are essentially local, but all of them borrow from the Greek councils.四世紀の終わりに向かってさえない正規コレクションではなく、ローカルのものは西ではまだありません、5世紀のものとは本質的にローカルであるが、それらのすべては、ギリシャ議会から借りる。 The latter were known in the West by two Latin versions, one called the "Hispana" or "Isidorian", because it was inserted in the Spanish canonical collection, attributed to St. Isidore of Seville, the other called the "Itala" or "ancient" (Prisca), because Dionysius Exiguus, in the first half of the sixth century, found it in use at Rome, and being dissatisfied with its imperfections improved it.それはスペインのカノニカルコレクションに挿入されたので、後者は、2つのラテンバージョンで西の方では知られていたが、一つは "イタラ"または "と呼ばれるセビリアの聖ISIDORE、他に起因する、" Hispana "または" Isidorian "と呼ばれる古代 "(プリスカ)、ディオニュシオスのExiguusによりは、6世紀の前半には、ローマで使用されてそれを発見し、その欠点に不満を持ってされているので、それを改善した。 Almost all the Western collections, therefore, are based on the same texts as the Greek collection, hence the marked influence of that collection on Western canon law.ほとんどすべての西洋のコレクションは、それゆえ、それゆえギリシャのコレクション、西教会法上のそのコレクションの顕著な影響と同じテキストに基づいています。

(1) At the end of the fifth century the Roman Church was completely organized and the popes had promulgated many legislative texts; but no collection of them had yet been made. (1)5世紀の終わりには、カトリック教会が完全に組織され、教皇は多くの立法上のテキストを公布しました、しかし、それらのないコレクションはまだ行われていなかった。 The only extra-Roman canons recognized were the canons of Nicea and Sardica, the latter being joined to the former, and at times even cited as the canons of Nicea.認識だけ余分ローマン参事ニケアとSardica参事だった、後者は前者に参加しており、時間にさえニケアの規範として引用されている。 The Latin version of the ancient Greek councils was known, but was not adopted as ecclesiastical law.古代ギリシャの議会のラテンバージョンは知られていたが、教会法として採用されていませんでした。 Towards the year 500 Dionysius Exiguus compiled at Rome a double collection, one of the councils, the other of decretals, ie papal letters.ローマで二重徴収、協議会の一つ、decretalsの他、すなわちローマ法王の手紙をコンパイル年間500ディオニュシオスのExiguusによりめざして。 The former, executed at the request of Stephen, Bishop of Salona, is a translation of the Greek councils, including Chalcedon, and begins with the fifty Apostolic canons; Dionysius adds to it only the Latin text of the canons of Sardica and of Carthage (419), in which the more ancient African councils are partially reproduced.スティーブン、サロナの司教の要請に応じて実行され、前者はカルケドン含むギリシャ議会の翻訳であり、50使徒の参事会で始まり、ディオニュシオスはそれにSardicaのカルタゴの参事会の唯一のラテン語のテキストを追加します(もっと古代アフリカの協議会が部分的に再現されている419)。 The second is a collection of thirty-nine papal decretals, from Siricius (384) to Anastasius II (496-98).第二は、Siricius(384)からアナスタシオスIIへ三十から九のローマ法王decretals、(496から98)のコレクションです。 (See COLLECTIONS OF ANCIENT CANONS.) Thus joined together these two collections became the canonical code of the Roman Church, not by official approbation, but by authorized practice. (古代の参事のコレクションを参照してください)​​したがって、これらの2つのコレクションではなく公式の賛同によってではなく、許可された練習によって、ローマ教会の正式なコードになりました一緒に参加しました。 But while in the work of Dionysius the collection of conciliary canons remained unchanged, that of the decretals was successively increased; it continued to incorporate letters of the different popes till about the middle of the eighth century when Adrian I gave (774) the collection of Dionysius to the future Emperor Charlemagne as the canonical book of the Roman Church.しかし、ディオニュシオスの仕事中にconciliary参事のコレクションは順次増加したdecretalsのこと、変わらなかった、それはエイドリアンは私が(774)の集合を与えた8世紀の約半ばまで別の教皇の手紙を組み込むために継続ローマ教会の正規の予約など、将来の皇帝シャルルマーニュにディオニュシオス。 This collection, often called the "Dionysio-Hadriana", was soon officially received in all Frankish territory, where it was cited as the "Liber Canonum", and was adopted for the whole empire of Charlemagne at the Diet of Aachen in 802.しばしば "Dionysio-Hadriana"と呼ばれるこのコレクションは、まもなく正式にそれは "自由Canonum"として引用されたすべてのフランク族の領土で受信された、と802のアーヘン、国会のカール大帝の帝国全体に採用されました。 This was an important step towards the centralization and unification of the ecclesiastical law, especially as the Latin Catholic world hardly extended beyond the limits of the empire, Africa and the south of Spain having been lost to the Church through the victories of Islam.これはラテン語のカトリック世界はほとんど帝国の限界を超えて拡張しません、特にとして、スペインのアフリカと南は、イスラムの勝利を通して教会に失われた、教会法の集中と統一に向けた重要な一歩であった。

(2) The canon law of the African Church was strongly centralized at Carthage; the documents naturally took the form of a collection, as it was customary to read and insert in the Acts of each council the decisions of the preceding councils. (2)アフリカの教会の教会法では、カルタゴで強く集中型だった、それは前述の協議会の決定事項を読み、それぞれの議会の行為に挿入するのが通例であったようにドキュメントが自然に、コレクションの形をとった。 At the time of the invasion of the Vandals, the canonical code of the African Church comprised, after the canons of Nicea, those of the Council of Carthage under Bishop Gratus (about 348), under Genethlius (390), of twenty or twenty-two plenary council under Aurelius (from 393 to 427), and the minor councils of Constantinople.ヴァンダル族の侵攻の時には、アフリカの教会の正規のコードが20またはで、ニケア、Genethlius下ビショップGratus下カルタゴの評議会(約348)、(390)のものの規範の後、構成20- 2アウレリウス下に本審議会(393から427)と、コンスタンティノープルのマイナー協議会。 Unfortunately these records have not come down to us in their entirety; we possess them in two forms: in the collection of Dionysius Exiguus, as the canons of a "Concilium Africanum"; in the Spanish collection, as those of eight councils (the fourth wrongly attributed, being a document from Arles, dating about the beginning of the sixth century).残念なことにこれらのレコードは、その全体が先に降りて来ていない、我々は2つ​​の形式でそれらを持っている:ディオニュシオスExiguusのコレクションで、 "Concilium Africanum"の規範として、スペイン語のコレクションで、最大8つの協議会(第四のものとして誤って、6世紀の初めについて出会い系)、帰アルルからの文書である。 Through these two channels the African texts entered into Western canon law.これら2つのチャネルを通じてアフリカの文章は、西洋宗規を締結した。 It will suffice to mention the two "systematic" collections of Fulgentius Ferrandus and Cresconius.それはフルゲンティウスFerrandusとCresconiusの二つの "体系的"コレクションを言及するだけで十分です。

(3) The Church in Gaul had no local religious centre, the territory being divided into unstable kingdoms; it is not surprising therefore that we meet no centralized canon law or universally accepted collection. (3)ガリアの教会では、ローカルの宗教の中心で、不安定な王国に分割されている領土を持っていた、それは我々が集結さ宗規または普遍的に認められたコレクションを満たしていないことは驚くべきことではありません。 There are numerous councils, however, and an abundance of texts; but if we except the temporary authority of the See of Arles, no church of Gaul could point to a permanent group of dependent sees.そこに多数の審議会は、しかし、およびテキストの豊富さがありますが、アルルの参照を一時的に権限を除き、もし我々、ガウルのない教会は依存見ての永久的なグループを指すことができなかった。 The canonical collections were fairly numerous, but none was generally accepted.標準的なコレクションは、かなり多かったが、どれも一般的に受け入れられませんでした。 The most widespread was the "Quesneliana", called after its editor (the Jansenist Paschase Quesnel), rich, but badly arranged, containing many Greek, Gallic, and other councils, also pontifical decretals.最も広く普及している多くの、ギリシャのガリア、また、他の協議会は、教皇decretalsを含むリッチそのエディタ(Jansenist Paschaseケネル)の後に呼ばれる "Quesneliana"、、、しかしひどく配置、だった。 With the other collections it gave way to the "Hadriana", at the end of the eighth century.他のコレクションと一緒に、8世紀の終わりに、 "Hadriana"に道を譲った。

(4) In Spain, on the contrary, at least after the conversion of the Visigoths, the Church was strongly centralized in the See of Toledo, and in close union with the royal power. (4)スペインでは、これに反して、少なくとも西ゴート族の変換後に、教会が強くトレドの参照で集中管理し、王権と密接に労働組合であった。 Previous to this, we must note the collection of St. Martin of Braga, a kind of adaptation of conciliary canons, often incorrectly cited in the Middle Ages as the "Capitula Martini papae" (about 563).この前、私たちはしばしば誤って "マティーニpapae capitulumの複数形"(約563)のような中世で引用ブラガの聖マルティン、conciliary参事の適応の種類のコレクションを注意しなければならない。 It was absorbed in the large and important collection of the Visigothic Church.それは、西ゴート族の教会の大規模かつ重要なコレクションに夢中だった。 The latter, begun as early as the council of 633 and increased by the canons of subsequent councils, is known as the "Hispana" or "Isidoriana", because in later times it was attributed (erroneously) to St. Isidore of Seville.後の時代にそれはセビリアの聖ISIDOREに(誤って)起因するものであったので、633の審議会には早くも開始され、その後の協議会の参事増加し、後者は、、、 "Hispana"または "Isidoriana"として知られています。 It comprises two parts: the councils and the decretals; the councils are arranged in four sections: the East, Africa, Gaul, Spain, and chronological order is observed in each section; the decretals, 104 in number, range from Pope St. Damasus to St. Gregory (366-604).中東、アフリカ、ガウル、スペイン、年代順は、各セクションで観察される; decretals、104番号で、教皇聖ダマソの範囲:;協議会は4つのセクションに配置されている協議会とdecretals:それは2つの部分で構成されセント·グレゴリー(366から604)へ。 Its original elements consist of the Spanish councils from Elvira (about 300) to the Seventeenth Council of Toledo in 694.元の要素は694でトレド第17回理事会にエルビラからスペイン語協議会(約300)で構成されます。 The influence of this collection, in the form it assumed about the middle of the ninth century, when the False Decretals were inserted into it, was very great.このコレクションの影響は、それが第九世紀の半ばごろ仮定形で、偽Decretalsがそれに挿入されたときに、非常に大きかった。

(5) Of Great Britain and Ireland we need mention only the Irish collection of the beginning of the eighth century, from which several texts passed to the continent; it is remarkable for including among its canons citations from the Scriptures and the Fathers. (5)我々は唯一のアイリッシュ8世紀の初めの集まり、そこから大陸に渡されるいくつかの文章に言及する必要はグレートブリテンおよびアイルランドの、それは、その参事は聖書からの引用と、父親の間に含めるための顕著である。を

(6) The collection of the False Decretals, or the Pseudo-Isidore (about 850), is the last and most complete of the "chronological" collections, and therefore the one most used by the authors of the subsequent "systematic" collections; it is the "Hispana" or Spanish collection together with apocryphal decretals attributed to the popes of the first centuries up to the time of St. Damasus, when the authentic decretals begin. (6)偽Decretalsのコレクション、または擬似Isidoreは(約850)、 "時系列"コレクションの最後の、最も完全であるため、ほとんどの後続の "体系的"コレクションの執筆者によって使用されたもの;それが本物のアップdecretalsが始まる聖ダマソの時に最初の世紀の教皇に起因作り話decretalsと共に "Hispana"やスペインのコレクションです。 It exerted a very great influence.それは非常に大きな影響を及ぼした。

(7) To conclude the list of collections, where the later canonists were to garner their materials, we must mention the "Penitentials", the "Ordines" or ritual collections, the "Formularies", especially the "Liber Diurnus"; also compilations of laws either purely secular, or semi-ecclesiastical, like the "Capitularies" (qv).また、コンパイル、(7)以降のcanonistsはその材料を集めるためだったコレクションのリストを締結するために、私たちは "Penitentials"、 "ordoの複数形"や儀式のコレクション、特に "処方"、 "LIBER Diurnus"を言及しなければならない"Capitularies"(QV)のように、純粋に世俗的、または半教会のいずれかの法律。 The name "capitula" or "capitularia" is given also to the episcopal ordinances quite common in the ninth century.名前 "capitulumの複数形"または "capitularia"は、9世紀には非常に一般的聖公会の条例にも与えられます。 It may be noted that the author of the False Decretals forged also false "Capitularies", under the name of Benedict the Deacon, and false episcopal "Capitula", under the name of Angilramnus, Bishop of Metz.それは偽Decretalsの著者はAngilramnus、メッツの司教の名の下に、ベネディクト·ディーコン、偽の聖公会 "capitulumの複数形"の名の下に、偽の "Capitularies"も偽造できることに留意されたい。

C. Canonical Collections to the Time of Gratianグラティアヌスの時間にでCanonicalのコレクション

The Latin Church was meanwhile moving towards closer unity; the local character of canonical discipline and laws gradually disappears, and the authors of canonical collections exhibit a more personal note, ie they pick out more or less advantageously the texts, which they borrow from the "chronological" compilations, though they display as yet no critical discernment, and include many apocryphal documents, while others continue to be attributed to the wrong sources.ラテン教会はその間近い団結に向かって動いていた、 "正規の規律や法律のローカル文字が徐々に消え、カノニカルコレクションの作者はもっと個人的なメモを示し、彼らから借りるの文章は、彼らは多かれ少なかれ有利に選び出すすなわち時系列 "コンピレーション、彼らはまだ重大な見識として表示し、他の人が間違った情報源に起因することを継続しながら、多くの作り話のドキュメントが含まれるが。 They advance, nevertheless, especially when to the bare texts they add their own opinions and ideas.彼らは事前に、それにもかかわらず、裸の文章には、彼らは自分の意見やアイデアを追加する場合は特に。 From the end of the ninth century to the middle of the twelfth these collections are very numerous; many of them are still unpublished, and some deservedly so.第十二の真ん中に9世紀末からこれらのコレクションは非常に多く、それらの多くはまだ未発表であり、いくつか当然そう。 We can only mention the principal ones:我々は唯一の主なものを述べることができます:

A collection in twelve books, compiled in Northern Italy, and dedicated to an Archbishop Anselm, doubtless Anselm II of Milan (833-97), still unedited; it seems to have been widely used.イタリア北部でコンパイルされた12冊の中のコレクション、、大司教アンセルムに捧げ、確かミラノのアンセルムⅡ(833から97)は、まだ未編集、それが広く使われているようだ。

The "Libri duo de synodalibus causis" of Regino, Abbot of Prüm (d. 915), a pastoral visitation manual of the bishop of the diocese, edited by Wasserschleben (1840). Wasserschleben(1840)によって編集されたRegino、プラムのアボット(民主党915)、教区の司教の司牧訪問マニュアルの "liberの複数形デュオデsynodalibus causis"。

The voluminous compilation, in twenty books, of Burchard, Bishop of Worms, compiled between 1012 and 1022, entitled the "Collectarium", also "Decretum", a manual for the use of ecclesiastics in their ministry; the nineteenth book, "Corrector" or "Medicus", treats of the administration of the Sacrament of Penance, and was often current as a distinct work. "Collectarium"と題された1012年と1022年の間にコンパイルバーチャードの膨大なコンパイル、20本で、ヴォルムスの司教は、、、また "Decretum"、彼らのミニストリーにおける聖職者の使用のためのマニュアル、第十九本、 "コレクター"や "メディクス"は、聖餐式の贖罪の投与から扱い、頻繁に異なる作品として現在のものです。 This widely circulated collection is in PL, CXL.この広く流布コレクションは、PL、CXLになっています。 At the end of the eleventh century there appeared in Italy several collections favouring the reform of Gregory VII and supporting the Holy See in the in vestiture strife; some of the authors utilized for their works the Roman archives. 11世紀の終わりには、いくつかのコレクションがグレゴリー7世の改革を支持すると聖なる衣の争いで参照支えるイタリアでそこに現れた著者らの一部は、彼らの作品のためにローマのアーカイブを利用した。

The collection of Anselm, Bishop of Lucca (d. 1086), in thirteen books, still unedited, an influential work. 13本でアンセルムのコレクション、ルッカの司教(民主党1086)、まだ未編集の、影響力のある作品。

The collection of Cardinal Deusdedit, dedicated to Pope Victor III (1087), it treats of the primacy of the pope, of the Roman clergy, ecclesiastical property, immunities, and was edited by Martinucci in 1869, more recently and better by Wolf von Glanvell (1905).教皇ビクターIII(1087)に捧げ枢機卿Deusdeditのコレクションは、それは、ローマの聖職者、教会の財産、免除の、法王の優位性を扱い、1869年にMartinucciによって編集され、最近では、より良いウルフ·フォンGlanvellによって(1905年)。

The "Breviarium" of Cardinal Atto; edited by Mai, "Script. vet. nova collect.", VI, app.枢機卿アトの "Breviarium";舞編、 "スクリプト獣医新星収集しています。" VI、アプリ。 1832. 1832年。

The collection of Bonizo, Bishop of Sutri in ten books, written after 1089, still unedited. 1089年後に書かれた10冊でBonizo、ストリの司教の集まりで、まだ未編集。

The collection of Cardinal Gregory, called by him "Polycarpus", in eight books, written before 1120, yet unedited.グレゴリー枢機卿のコレクションは、まだ未編集の、1120年前に書かれた、8本の中で、彼を "Polycarpus"によって呼び出されます。

In France we must mention the small collection of Abbo, Abbot of Fleury (d. 1004).フランスでは、先住民族、フルーリのアボット(民主党1004)の小さなコレクションを言及する必要があります。 in fifty-two chapters, in PL, CXXXIX; and especially the collections of Ives, Bishop of Chartres (d. 1115 or 1117), ie the "Collectio trium partium", the "Decretum", es pecially the "Panormia", a short compilation in eight books, extracted from the preceding two works, and widely used.五〇から二章で、でPL、CXXXIX、そして特にアイブスのコレクション、シャルトルの司教(民主党1115または1117)、すなわちES pecially "Collectio TRIUM partium"、 "Decretum"、 "Panormia" 8冊の短いコンパイルは、前述の二つの作品から抽出され、広く使われている。 The "Decretum" and the "Panormia" are in PL, CLXI. "Decretum"と "Panormiaは、" PL、CLXIにあります。

The unedited Spanish collection of Saragossa (Caesar-augustana) is based on these works of Ives of Chartres.サラゴサ(シーザー·オーガスタ)の未編集のスペイン語コレクションはシャルトルのアイブスのこれらの作品に基づいています。

Finally, the "De misericordia et justitia", in three books, composed before 1121 by Algerus of Liège, a general treatise on ecclesiastical discipline, in which is fore shadowed the scholastic method of Gratian, reprinted in PL, CLXXX.最後に、 "デ·ミゼリコルディアらjustitia"、3本で、PL CLXXXに再版グラティアヌスの学力方法を、シャドウフォアであるリエージュのAlgerus、教会の規律に関する一般的な論文によって1121年前に作曲した。

D. The "Decretum" of Gratian: the Decretists D.グラティアヌスの "Decretum":Decretists

The "Concordantia discordantium canonum", known later as "Decretum", which Gratian published at Bologna about 1148, is not, as we consider it today, a collection of canonical texts, but a general treatise, in which the texts cited are inserted to help in establishing the law.グラティアヌスは約1148ボローニャで出版された "Decretum"として後で知られている "Concordantia discordantium canonum"は、、、我々が今日それを考慮すると、正規のテキストのコレクションが、引用されたテキストがに挿入されている一般的な論文ではない法を確立するのに役立ちます。 It is true that the work is very rich in texts and there is hardly a canon of any importance contained in the earlier collections (including the decisions of the Lateran Council of 1139 and recent papal decretals) that Gratian has not used.それは仕事が文章に非常に恵まれていることは事実であるとグラティアヌスが使われていないことを以前のコレクション(1139年ラテラン評議会と最近のローマ法王decretalsの決定を含む)に含まれる重要なキヤノンはほとんどありません。 His object, however, was to build up a juridical system from all these documents.彼の目的は、しかし、すべてこれらの文書から法人システムを構築することでした。 Despite its imperfections, it must be admitted that the work of Gratian was as near perfection as was then possible.その欠点にもかかわらず、それは、その後、可能であったとしてグラティアヌスの仕事は完璧に近いとあったことを認めなければなりません。 For that reason it was adopted at Bologna, and soon elsewhere, as the textbook for the study of canon law.教会法の研究のための教科書として、その理由のためにそれはボローニャで採択され、すぐに別の場所で。 (For an account of this collection see CORPUS JURIS CANONICI; CANONS.) We may here recall again that the "Decretum" of Gratian is not a codification, but a privately compiled treatise; further, that the building up of a general system of canon law was the work of the canonists, and not of the legislative authorities as such. (このコレクションのアカウントについて大全CANONICIを参照してください;。参事)ここではグラティアヌスの "Decretum"が成文化しますが、個人的にコンパイルされた論文ではないことを改めて思い出すことがあります。さらに、キヤノンの一般的なシステムの構築という法律はのcanonistsの仕業ではなく、立法機関のような。

Quite as the professors at Bologna commented on Justinian's "Corpus juris civilis", so they began at once to comment on Gratian's work, the personal element as well as his texts.ボローニャの教授はユスティニアヌスの "ローマ法大全"についてコメントしますので、彼らはグラティアヌスの仕事、個人的な要素だけでなく、彼の文章にコメントする一度始めたほど。 The first commentators are called the "Decretists".第一のコメンテーターは "Decretists"と呼ばれています。 In their lectures (Latin lecturae, readings) they treated of the conclusions to be drawn from each part and solved the problems (quaestiones) arising therefrom.それらの講義(ラテンlecturae、朗読)で、彼らはそれぞれの部分から引き出される結論を扱い、そこから生じる問題(quaestiones)を解決しました。 They synopsized their teaching in "glosses", interlinear at first, then marginal, or they composed separate treatises known as "Apparatus", "Summae", "Repetitiones", or else collected "casus", "questiones", "Margaritae", "Breviaria", etc. The principal decretists are: 、彼らは限界その後、最初は行間、 "グロス"で彼らの教えをsynopsized、またはそれらは "summaの複数形"、 "Repetitiones"、 "装置"として知られている別の論文を作曲し、あるいは "Margaritae"、 "questiones"、 "casus"収集"Breviaria"など主要decretistsは、次のとおりです。

Paucapalea, perhaps the first disciple of Gratian, whence, it is said, the name "palea" given to the additions to the "Decretum" (his "Summa" was edited by Schulte in 1890); Roland Bandinelli, later Alexander III (his "Summa" was edited by Thaner in 1874); Omnibonus, 1185 (see Schulte, "De Decreto ab Omnibono abbreviate", 1892); John of Faenza (d. bishop of that city in 1190); Rufinus ("Summa" edited by Singer, 1902); Stephen of Tournai (d. 1203; "Summa" edited by Schulte, 1891); the great canonist Huguccio (d. 1910; "Summa" edited by M. Gillmann); Sicard of Cremona (d. 1215); John the Teuton, really Semeca or Zemcke (d. 1245); Guido de Baysio, the "archdeacon" (of Bologna, d. 1313); and especially Bartholomew of Brescia (d. 1258), author of the "gloss" on the "Decretum" in its last form.多分Paucapalea、グラティアヌスの最初の弟子で、そこから、それは言われて、 "Decretum"(彼の "総合的研究"は1890年にシュルテが編集しました)への追加に与えられた名前 "パレア";後でローランドバンディネリ、アレクサンドル三世(彼"総合的研究"は1874年にThanerによって編集された); Omnibonus、1185( "Omnibono略しデDecreto ab"とシュルテを参照、1892);ファエンツァのジョン(1190年で、その都市の民主党司教);ルフィヌス( "総合的研究"によって編集された歌手、1902);トゥルネーのスティーブン(民主党1203;シュルテ、1891によって編集された "総合的研究");偉大な教会法学Huguccio(民主党1910; M·ギルマンによる "総合的研究"編集)、クレモナのシカール(民主党1215) 、特にとブレシアのバーソロミュー(民主党1258)、上の "光沢"の著者、ジョン·チュートン、本当にSemecaまたはZemcke(民主党1245)、グイド·デ·Baysio、 "助祭"(ボローニャ、D 1313年。)その最後の形で "Decretum"。

E. Decretals and Decretalists大腸菌DecretalsとDecretalists

While lecturing on Gratian's work the canonists laboured to complete and elaborate the master's teaching; with that view they collected assiduously the decretals of the popes, and especially the canons of the Ecumenical councils of the Lateran (1179, 1215); but these compilations were not intended to form a complete code, they merely centred round and supplemented Gratian's "Decretum"; for that reason these Decretals are known as the "Extravagantes", ie outside of, or extraneous to, the official collections.そのビューで彼らはラテランのエキュメニカル協議会(1179、1215)の規範いそしむ教皇decretalsを収集し、特に、;講義グラティアヌスの仕事上のcanonistsは、マスターの教えを完了し、精巧に苦心しながら、これらのコンパイルではありませんでした完全なコードを形成することを目的に、彼らは単にラウンドを中心とグラティアヌスの "Decretum"を補足し、その理由のためにこれらのDecretalsは "Extravagantes"の外側、すなわち、またはそれに無関係な、公式のコレクションとして知られている。 The five collections thus made between 1190 and 1226 (see DECRETALS), and which were to serve as the basis for the work of Gregory IX, mark a distinct step forward in the evolution of canon law: whereas Gratian had inserted the texts in his own treatise, and the canonists wrote their works without including the texts, we have now compilations of supplementary texts for the purpose of teaching, but which nevertheless remain quite distinct; in addition, we at last find the legislators taking part officially in editing the collections. 5つのコレクションは、このように1190年と1226(DECRETALSを参照)との間で行われ、どれがグレゴリー9世の仕事のための基礎として機能していた、教会法の進化で前方異なるステップをマーク:グラティアヌスは彼自身でテキストを挿入したのに対し、論文、とcanonistsは文章を含めずに自分の作品を書いたが、我々は今、教育の目的のために補足テキストのコンピレーションを持っていますが、これは、それにもかかわらず、全く異なったまま、加えて、我々はついにコレクションを編集する際に正式に参加している議員を見つける。 While the "Breviarium" of Bernard of Pavia, the first to exhibit the division into five books and into titles, which St. Raymund of Pennafort was later to adopt, is the work of a private individual, the "Compilatio tertia" of Innocent III in 1210, and the "Compilatio quinta" of Honorius III, in 1226, are official collections.パヴィアのバーナードの "Breviarium"、最初は5冊に及びPennafort聖レイマンド、後で採用することであったタイトルへの分割を発揮する一方で、民間の個人、イノセントIIIの "Compilatio tertia"の作品です1210、およびホノリウス3世の "Compilatioキンタ"で、1226年、公式コレクションです。 Though the popes, doubtless, intended only to give the professors at Bologna correct and authentic texts, they nevertheless acted officially; these collections, however, are but supplements to Gratian.しかし、これらのコレクションをされていますが、グラティアヌスにサプリメント;教皇けれども、確かに、唯一のボローニャ正しいと本格的なテキストで教授を与えることを意図して、彼らはそれにもかかわらず、公式に行動した。

This is also true of the great collection of "Decretals" of Gregory IX (see DECRETALS and CORPUS JURIS CANONICI).これはまた、グレゴリー9世(DECRETALSと法大全CANONICIを参照)の "Decretals"の素晴らしいコレクションにも当てはまります。 The pope wished to collect in a more uniform and convenient manner the decretals scattered through so many different compilations; he entrusted this synopsis to his chaplain Raymund of Pennafort, and in 1234 sent it officially to the universities of Bologna and Paris. Pennafortの彼の牧師のレイマンドにこのあらすじ彼は委託し、1234年にボローニャとパリの大学に正式にそれを送信しました。法王はより均一かつ便利な方法で非常に多くの異なるコンピレーション点在decretalsを収集することを望んだ。 He did not wish to suppress or supplant the "Decretum" of Gratian, but this eventually occurred.彼はグラティアヌスの "Decretum"を抑制したり、取って代わることを望まなかったが、これは最終的に発生していました。 The "Decretals" of Gregory IX, though composed in great part of specific decisions, represented in fact a more advanced state of law; furthermore, the collection was sufficiently extensive to touch almost every matter, and could serve as a basis for a complete course of instruction.実際に法律のより高度な状態を表しているかの具体的な意思決定の大部分で構成グレゴリー9世 "Decretals"、、、さらに、コレクションは、ほぼすべての問題に触れることが十分に広範であり、完全なコースのための基礎として役立つことができる命令の。 It soon gave rise to a series of commentaries, glosses, and works, as the "Decretum" of Gratian had done, only these were more important since they were based on more recent and actual legislation.グラティアヌスの "Decretumは"彼らはより最近のもので、実際の法律に基づいていただけなので、これらがより重要だった、行っていたとして、それはすぐに、解説、注釈、および一連の作品を生んだ。 The commentators of the Decretals were known as Decretalists. DecretalsのコメンテーターはDecretalistsとして知られていた。 The author of the "gloss" was Bernard de Botone (d. 1263); the text was commented on by the most distinguished canonists; among the best known previous to the sixteenth century, we must mention: "光沢"の著者は、ベルナール·ド·Botone(民主党1263)であった。テキストは最も著名なのcanonistsによって上のコメントアウトされた; 16世​​紀に最もよく知られている前の間、私たちは言及する必要があります:

Bernard of Pavia ("Summa" edited by Laspeyres, 1860), Tancred, archdeacon of Bologna, d.パヴィアのバーナード(ラスパイレス、1860で編集した "総合的研究")、Tancred、ボローニャ、dの助祭。 1230 ("Summa de Matrimonio", ed. Wunderlich, 1841); Godfrey of Trani (1245); Sinibaldo Fieschi, later Innocent IV (1254), whose "Apparatus in quinque libros decre taliurn" has been frequently reprinted since 1477; Henry of Susa, later Cardinal-Bishop of Ostia (d. 1271), hence "Hostiensis"; his "Summa Hostiensis", or "Summa aurea" was one of the best known canonical works, and was printed as early as 1473; Aegilius de Fuscarariis (d. 1289); William Durandus (d. 1296, Bishop of Mende), surnamed "Speculator", on account of his important treatise on procedure, the "Speculum judiciale", printed in 1473; Guido de Baysio, the "archdeacon", already mentioned; Nicolas de Tudeschis (d. 1453), also known as "Abbes siculus" or simply "Panormitanus" (or also "Abbas junior seu modernus") to distinguish him from the "Abbas antiques", whose name is unknown and who commented on the Decretals about 1275); Nicolas left a "Lecture" on the Decretals, the Liber Sextus, and the Clementines. 1230( "総合的研究論文デMatrimonio"、エドヴンダーリッヒ、1841);トラーニのゴドフリー(1245); Sinibaldoフィエスキ、 "quinqueジャンルデクリメントtaliurnにおける装置"頻繁に1477年以降に転載されて後で無実の静脈(1254);ヘンリーのスーサ、後でオスティアの枢機卿 - 司教(民主党1271)、したがって "Hostiensis";彼の "総合的研究Hostiensis"、または "スンマ·アウレア"は最もよく知られている標準的な作品のひとつであり、1473年には早くも印刷されました。AegiliusデFuscarariis (民主党1289)、1473年に印刷された手続き上の彼の重要な論文のアカウントで、 "Speculatorの"〜という名字のウィリアムドゥランドゥス(民主党1296、メンデの司教)、 "鏡judiciale";グイド·デ·Baysio、 "助祭" 、すでに述べた。また名前が不明であり、 "アッバス骨董品"から彼を区別するために "Abbes siculus"または単に "Panormitanus"(あるいはまた、 "アッバスジュニアSEU modernus")として知られるニコラ·ド·Tudeschis(民主党1453)、 WHO)は1275年、約Decretalsについてコメントし、ニコラスはDecretalsの "講義"、LIBER 6番目の、そしてクレメンタインを残しました。

For some time longer, the same method of collecting was followed; not to speak of the private compilations, the popes continued to keep up to date the "Decretals" of Gregory IX; in 1245 Innocent IV sent a collection of forty-two decretals to the universities, ordering them to be inserted in their proper places; in 1253 he forwarded the "initia" or first words of the authentic decretals that were to be accepted.もうしばらくの間、収集の同じメソッドが続いていた、民間の編集物の話をしないよう、教皇グレゴリウス9の "Decretals"を最新の状態に維持し続けた1245年イノセントIVにまで四十から二decretalsのコレクションを送信大学は、適切な場所に挿入されるようにそれらを注文する; 1253年に彼は "イニシアティブ"または受理されることになって本物のdecretalsの最初の言葉を送った。 Later Gregory X and Nicholas III did likewise, but with little profit, and none of these brief supplementary collections survived.これらの簡単な補助的なコレクションの後グレゴリーXとニコラス3世が同様でしたが、少しの利益と、どれも生き残らなかった。 The work was again undertaken by Boniface VIII, who had prepared and published an official collection to complete the five existing books; this was known as the "Sextus" (Liber Sextus).仕事は再び5既存のブックを完了するために公式のコレクションを作成し、発表していた宿屋の主人VIII、によって行われたが、これは "6番目の"(6番目のLIBER)と呼ばれていました。 Clement V also had prepared a collection which, in addition to his own decretals, contained the decisions of the Council of Vienne (1311-12); it was published in 1317 by his successor John XXII and was called the "Clementina."クレメントVはまた彼自身decretalsに加えて、ヴィエンヌ(1311年から1312年)の理事会の決定が含まれていた、コレクションを準備していた、それは彼の後継者ヨハネ二十二世によって1317年に出版されたと呼ばれていた "クレメンティーナ。" This was the last of the medieval official collections.これは、中世の公式コレクションの最後だった。 Two later compilations included in the "Corpus Juris" are private works, the "Extravagantes of John XXII", arranged in 1325 by Zenzelin de Cassanis, who glossed them, and the "Extra vagantes communes", a belated collection; it was only in the edition of the "Corpus Juris" by Jean Chappuis, in 1500, that these collections found a fixed form. "法大全"に含まれる二つの後コンパイルはプライベート作品、それらを練りZenzelinデCassanisによって1325に配置された "ジョン·XXIIのExtravagantes"は、、、、 "エクストラvagantesのコミューン"、遅ればせながらコレクションです、それはだけだったこれらのコレクションは、定形を見つけたことを1500年にジャン·シャピュイによる "法大全"、、のエディション。 The "Sextus" was glossed and commented by Joannes Andrae, called the "fons et tuba juris" (d. 1348), and by Cardinal Jean Le Moine (Joannes Monachus, d. 1313), whose works were often printed. "6番目の"は練りとジョアンアンドレでコメントアウト、 "フォンらチューバ法学"(民主党1348)と呼ばれ、その作品の多くの場合に印刷された枢機卿ジャン·ルMoine(ジョアンMonachus、D。1313)による。た

When authors speak of the "closing" of the "Corpus Juris", they do not mean an act of the popes for bidding canonists to collect new documents, much less forbidding themselves to add to the ancient collections.著者は "法大全"の "閉じる"について話すとき、彼らははるかに少ない古代のコレクションに追加するには、それ自体を禁止する、新しいドキュメントを収集するためのcanonistsの入札のために教皇の行為を意味するものではありません。 But the canonical movement, so active after Gratian's time, has ceased forever.しかしグラティアヌスの時間後でもアクティブ正規運動は、永遠に止まっている。 External circumstances, it is true, the Western Schism, the troubles of the fifteenth century, the Reformation, were unfavourable to the compiling of new canonical collections; but there were more direct causes.外部の状況は、それがtrueの場合、ウエスタン分裂、15世紀の悩み、改革は、新しい正規のコレクションのコンパイルに不利であった、しかし、より直接的な原因があった。 The special object of the first collections of the decretals was to help settle the law, which the canonists of Bologna were trying to systematize; that is why they contain so many specific decisions, from which the authors gathered general principles; when these had been ascertained the specific decisions were of no use except for jurisprudence; and in fact the "Sextus", the "Clementinae", and the other collections contain texts only when they are the statement of a general law. decretalsの最初のコレクションの特別なオブジェクトは、ボローニャののcanonistsが体系化しようとしていた法律を、定住を支援することであった、彼らは著者が一般的な原則を集め、そこから非常に多くの具体的な意思決定を、含まれている理由であるが、これらが確認されたとき具体的な決定は、法学を除いても無駄だったので、彼らは一般的な法律の文である場合、実際には "6番目の"、 "Clementinae"、および他のコレクションは、テキストのみが含まれています。 Any changes deemed necessary could be made in teaching without the necessity of recasting and augmenting the already numerous and massive collections.必要と認められるすべての変更は、改変を必要とせずに教え、すでに多数の、大規模なコレクションを増大にすることができました。

F. From the Decretals to the Present Time Decretalsから現在までにF.

After the fourteenth century, except for its contact with the collections we have just treated of, canon law loses its unity.十四世紀の後、我々はただの扱ってきたコレクションとの接触を除き、教会法は、その団結を失う。 The actual law is found in the works of the canonists rather than in any specific collection; each one gathers his texts where he can; there is no one general collection sufficient for the purpose.実際の法律はのcanonistsの作品ではなく、任意の特定のコレクションで発見され、ここで、彼ができるそれぞれが彼の文章を収集し、誰も一般的なコレクションには、目的のために十分である。 It is not a case of confusion, but of isolation and dispersion.それは混乱のですが、分離および分散剤の場合ではありません。 The sources of law later than the "Corpus Juris" are:後で "法大全"より、法のソースは以下の通りです。

the decisions of councils, especially of the Council of Trent (1545-1563), which are so varied and important that by themselves they form a short code, though without much order; the constitutions of the popes, numerous but hitherto not officially collected, except the "Bullarium" of Benedict XIV (1747); the Rules of the Apostolic Chancery; the 1917 Code of Canon Law; lastly the decrees, decisions, and various acts of the Roman Congregations, jurisprudence rather than law properly so called.教皇の憲法を、正式に収集されませんが、これまで多数の、つまり、自分自身で、彼らははるかに秩序を伴わないものの、短いコードを形成するように多様かつ重要であり、特にトレントの評議会(1545年から1563年)の審議、意思決定のローマ教皇の衡平ルール;、教会法の1917コード;最後に判決、決定、および適切ないわゆるローマcongregations、法学ではなく、法律の様々な行為ベネディクト14世の "大勅書集"(1747)を除く。

For local law we have provincial councils and diocesan statutes.現地の法律のために私達は地方の協議会と教区の法律を持っています。 It is true there have been published collections of councils and Bullaria.これは、協議会とbullariumの複数形のコレクションが発表されている事実である。 Several Roman Congregations have also had their acts collected in official publications; but these are rather erudite compilations or repertories.いくつかのローマcongregationsも公式出版物に収集する彼らの行為を持っていますが、これらはむしろ博学なコンパイルまたはレパートリーです。

V. CODIFICATION V.編纂書

The method followed, both by private individuals and the popes, in drawing up canonical collections is generally rather that of a coordinated compilation or juxtaposition of documents than codification in the modern sense of the word, ie a redaction of the laws (all the laws) into an orderly series of short precise texts.方法は、両方の個人や教皇が、カノニカルコレクションを描画が一般的であり、むしろ言葉の現代的な意味では成文よりドキュメントの協調コンパイルまたは並置のことを、(すべての法律)法律の改訂、すなわち、続く短い正確な文章の整然としたシリーズに。 It is true that antiquity, even the Roman law, did not offer any model different from that of the various collections, that method, however, long since ceased to be useful or possible in canon law.古代も、ローマ法は、教会法に有用か、可能であることをやめ、長いので、しかし、その方法は、様々なコレクションとは異なる任意のモデルを提供しなかったことは事実である。 After the "closing" of the "Corpus Juris" two attempts were made; the first was of little use, not being official; the second, was official, but was not brought to a successful issue. "法大全"の "閉じる"の後に2つの試みが行われました。最初は、ほとんど使用されていた公式ではない、第二には、公式であったが、成功した問題に持って来られませんでした。 In 1590 the jurisconsult Pierre Mathieu, of Lyons. 1590年ライオンズの法学ピエール·マチュー、。 published under the title "Liber septimus" a supplement to the "Corpus Juris", divided according to the order of the books and titles of the Decretals.タイトルの "LIBERセプティマス" "法大全"への補足で公開、Decretalsの書籍やタイトルの順番に応じて分割。 It includes a selection of papal constitutions, from Sixtus IV to Sixtus V (1471-1590), but not the decrees of the Council of Trent.それは、シクストゥス4世からシクストゥス5世(1471年から1590年)に、ローマ法王の憲法の選択が含まれていますが、トレントの評議会の政令ではない。 This compilation was of some service, and in a certain number of editions of the "Corpus Juris" was included as an appendix.このコンパイルは、いくつかのサービスであった、と "法大全"のエディションの一定数の付録として含まれていた。 As soon as the official edition of the "Corpus Juris" was published in 1582, Gregory XIII appointed a commission to bring up to date and complete the venerable collection.間もなく "法大全"の公式版として1582年に出版されたように、グレゴリウス13世は、由緒あるコレクションを最新かつ完全にもたらすために委員会を任命した。 Sixtus V hastened the work and at length Cardinal Pinelli presented to Clement VIII what was meant to be a "Liber septimus".シクストゥス5世は、仕事を早めと長枢機卿ピネッリの "LIBERセプティマス"であることを意味していたものクレメンス8に提示。 For the purpose of further studies the pope had it printed in 1598: the pontifical constitutions and the decrees of the Council of Trent were inserted in it in the order of the Decretals.さらなる研究の目的のためには、1598年に法王に印刷していた:教皇の憲法とトレントの評議会の政令Decretalsのために、それに挿入した。 For several reasons Clement VIII refused to approve this work and the project was definitively abandoned.いくつかの理由クレメンス8は、この作業を承認することを拒否し、プロジェクトが決定的に放棄された。 Had this collection been approved it would have been as little used today as the others, the situation continuing to grow worse.このコレクションは、少し他の人のように、状況は悪化し、成長を続け、今日使用されるようにそれはあったであろう承認されていた。

Many times during the nineteenth century, especially at the time of the Vatican Council (Collectio Lacensis, VII, 826), the bishops had urged the Holy See to draw up a complete collection of the laws in force, adapted to the needs of the day. 19世紀に多くの時間は、特にバチカン公会議(Collectio Lacensis、第VII、826)の時に、司教は時代のニーズに適応し、聖なる力で法律の完全なコレクションを描画するために参照して求めてきた。 It is true, their requests were complied with in regard to certain matters; Pius X in his "Motu proprio" of 19 March, 1904, refers to the constitution "Apostolicae Sedis" limiting and cataloguing the censures "latae sententie", the Constitution "Officiorum", revising the laws of the Index; the Constitution "Conditre" on the religious congregations with simple vows. 、1904年3月19日の彼の "教皇自発教令"にピウスX censures "大腿sententie"憲法 "を制限し、目録憲法" Apostolicae SEDIS "を指し、それは彼らの要求は一定の事項に関して遵守した、本当ですOfficiorum "、インデックスの法律を改正し、憲法は"単純な誓いを持つ宗教的な集会にConditre "。 These and several other documents were, moreover, drawn up in short precise articles, to a certain extent a novelty, and the beginning of a codification.これらおよび他のいくつかの文書は、さらに、ある程度ノベルティ、法典化の先頭に、短い正確な記事に策定された。 Pius later officially ordered a codification, in the modern sense of the word, for the whole canon law.ピウスは、後で正式全体宗規では、言葉の現代的な意味で、法典化を命じた。 In the first year of his pontificate he issued the Tutu Proprio "Arduum", (De Ecclesiae legibus in unum redigendis); it treats of the complete codification and reformation of canon law.彼の最初の年に、彼はチュチュPROPRIO "Arduum"(デecclesiaのlegibusでUNUM redigendis)を発行しました司教職、それは教会法の完全な成文化と改革の扱い。 For this purpose the pope requested the entire episcopate, grouped in provinces, to make known to him the reforms they desired.この目的のために、法王は彼にそれらが所望の改革を知られているように、地方にグループ化され、全体bishopの地位を要求した。 At the same time he appointed a commission of consultors, on whom the initial work devolved, and a commission of cardinals, charged with the study and approval of the new texts, subject later to the sanction of the sovereign pontiff.同時に彼は、初期の作品は誰に権限を委譲consultorsの手数料、および最高の司教の制裁に後で主題新しい文書の研究と承認で起訴枢機卿の手数料を、任命した。 The plans of the various titles were confided to canonists in every country.様々なタイトルの計画はすべての国でのcanonistsに打ち明けた。 The general idea of the Code that followed includes (after the preliminary section) four main divisions: persons, things (with subdivisions for the sacraments, sacred places and objects, etc.).人は、物事(秘跡の分割、神聖な場所やオブジェクト等を含む):続くコードの一般的な考え方は、(予備のセクションの後)の4つの主要な部門が含まれています。 trials, crimes and penalties.試験では、犯罪や刑罰。 It is practically the plan of the "Institutiones", or manuals of canon law.それは実質的に "Institutiones"、またはキヤノン法のマニュアルのプランです。 The articles were numbered consecutively.記事が連続して付番された。 This great work was finished in 1917.この偉大な作品は、1917年に完成した。

VI. Ⅵ。 ECCLESIASTICAL LAW教会法

The sources of canon law, and the canonical writers.宗規のソース、および標準的な作家。 give us, it is true, rules of action, each with its specific object.私たちを与える、それは、行動のルールは、その特定のオブジェクトと各本当です。 We have now to consider all these laws in their common abstract element, in other words Ecclesiastical Law, its characteristics and its practice.我々は、他の言葉で彼らの共通の抽象要素内のすべてのこれらの法律、教会法では、その特性とその実践を検討する今持っている。 According to the excellent definition of St. Thomas (I-II:90:1) a law is a reasonable ordinance for the common good promulgated by the head of the community.セントトーマスの優れた定義(I-II:90:1)によると、法律が社会の頭が公布し、共通の利益のための合理的な条例です。 Ecclesiastical law therefore has for its author the head of the Christian community over which he has jurisdiction strictly so called; its object is the common welfare of that community, although it may cause inconvenience to individuals; it is adapted to the obtaining of the common welfare, which implies that it is physically and morally possible for the majority of the community to observe it; the legislator must intend to bind his subjects and must make known that intention clearly; finally he must bring the law under the notice of the community.教会法は、したがって、その著者のために、彼は厳密にはいわゆる管轄権を持っている上に、キリスト教社会の頭を持って、それは個人に不都合が生じるかもしれないが、その目的は、そのコミュニティの共通の福祉であり、それは公共の福祉の取得に適合さ、これは、社会の大多数がそれを観察することは物理的にも道徳的に可能であることを含意し、国会議員は臣民をバインドするために、明確にその意思を知ってもらう必要がありますつもりでなければなりません。ついに彼はコミュニティの予告の下の法律を持って来なければならない。 A law is thus distinguished from a counsel, which is optional not obligatory; from a precept, which is imposed not on the community but on individual members; and from a regulation or direction, which refers to accessory matters.とアクセサリ事項を指し規制や方向から、そうでない地域ではなく、個々のメンバーに課されている教訓から、法は、このように義務ではないオプションである弁護士、区別される。

The object therefore of ecclesiastical law is all that is necessary or useful in order that the society may attain its end, whether there be question of its organization, its working, or the acts of its individual members; it extends also to temporal things, but only indirectly.教会法のため、オブジェクトは、社会がその組織、その作業、またはその個々のメンバーの行為の問題があるかどうか、その端を達成する可能性があるために必要または有用であることがすべてであり、それは一時的なものにも拡張しますが、間接的にしか。 With regard to acts, the law obliges the individual either to perform or to omit certain acts; hence the distinction into "affirmative or preceptive" laws and "negative or prohibitory" laws; at times it is forced to allow certain things to be done, and we have "permissive" laws or laws of forbearance; finally, the law in addition to forbidding a given act may render it, if performed, null and void; these are "irritant" laws.行為に関しては、法律は、個人がいずれかを実行するか、または特定の行為を省略することを義務付け、それ故に "肯定的または命令を伝える教訓的な"法則 "負またはprohibitory"法律に区別、時にはそれは、特定の物事を行うことができるようにするために強制され、そして我々は寛容の "寛大な"法律や法律を持って、最後に、与えられた行為を禁止することに加えて、法律が実行され、無効とした場合、それをレンダリングすることがあり、これらは "刺激物"の法律です。 Laws in general, and irritant laws in particular, are not retroactive, unless such is expressly declared by the legislator to be the case.そのような場合は、明示的であることが立法者によって宣言されていない限り、一般の法律、特に刺激物法は、遡及されません。 The publication or promulgation of the law has a double aspect: law must be brought to the knowledge of the community in order that the latter may be able to observe it, and in this consists the publication.法律が、後者はそれを観察することができるかもしれないために、コミュニティの知識に提起しなければならないし、このパブリケーションを構成されています:法律の公表又は公布は、二重の側面を持っています。 But there may be legal forms of publication, requisite and necessary, and in this consists the promulgation properly so called (see PROMULGATION).しかし、そこに必要と必要な出版物の法的形態であること、およびこれに適切に(公布を参照)と呼ば公布から構成されていてもよい。 Whatever may be said about the forms used in the past, today the promulgation of general ecclesiastical laws is effected exclusively by the insertion of the law in the official publication of the Holy See, the "Acta Apostolical Sedis", in compliance with the Constitution "Promulgandi", of Pius X, dated 29 September, 1908, except in certain specifically mentioned cases. "憲法を遵守し、"聖人使徒のSEDIS "を参照してください一般的な教会法の公布が聖霊の公式出版物で法律の挿入によって排他的に行われる今日、過去に使用されるフ​​ォームについて語ったことがあるかもしれないものは何でもピウスXのPromulgandi "は、特定の具体的に記載の場合を除き、1908年9月29日に日付を記入した。 The law takes effect and is binding on all members of the community as soon as it is promulgated, allowing for the time morally necessary for it to become known, unless the legislator has fixed a special time at which it is to come into force.法律が有効になり、それが公布され次第、コミュニティのすべてのメンバーを拘束され、立法者は、それが発効することになっている特別な時間を固定していない限り、それは、知られるようになるために道徳的に必要な時間を可能にする。

No one is presumed to be ignorant of the law; only ignorance of fact.事実だけ無知、誰が法律に無知であると推定されていません。 not ignorance of law, is excusable (Reg. 1:3 jur. in VI).法律ではない無知は、(レジスタ1時03 JUR。VIで)許されるです。 Everyone subject to the legislator is bound in conscience to observe the law.国会議員全員に対象は、法律を遵守するために良心にバインドされています。 A violation of the law, either by omission or by act, is punishable with a penalty (qv).不作為による行為またはいずれかによって法律違反は、ペナルティ(qv)を使って処罰される。 These penalties may be settled beforehand by the legislator, or they may be left to the discretion of the judge who imposes them.これらの罰則は立法者によって事前に決済されるか、またはそれらはそれらを課している裁判官の裁量に委ねられることがあります。 A violation of the moral law or what one's conscience judges to be the moral law is a sin; a violation of the exterior penal law, in addition to the sin, renders one liable to a punishment or penalty; if the will of the legislator is only to oblige the offender to submit to the penalty, the law is said to be "purely penal"; such are some of the laws adopted by civil legislatures, and it is generally admitted that some ecclesiastical laws are of this kind.道徳律または何良心の裁判官が道徳律に違反することは罪であり、外装刑法の違反は罪に加えて、処罰やペナルティを負うものをレンダリングし、立法者の意思がある場合のみ義務付ける犯罪者を罰に提出することに、この法律は "純粋に刑法になる"と言われ、そのような者は、民事議会で採択された法律の一部であり、それは一般的にいくつかの教会の法律がこの種のものであることを認めている。 As baptism is the gate of entrance to the ecclesiastical society, all those who are baptized, even non-Catholics, are in principle subject to the laws of the Church; in practice the question arises only when certain acts of heretics and schismatics come before Catholic tribunals; as a general rule an irritant law is enforced in such a case, unless the legislator has exempted them from its observance, for instance, for the form of marriage.洗礼は、教会の社会への入り口の門であるように、洗礼を受けているすべての人々も、非カトリック教徒は、教会の法律原則の対象である;異端とのschismaticsの特定の行為は、カトリックの前に来るときだけ実際には疑問が生じる裁判所、立法者は結婚の形式については、例えば、その遵守からそれらを免除した場合を除き、原則として刺激法は、このような場合に適用されます。 General laws therefore, bind all Catholics wherever they may be.彼らがどこにいても一般的な法律は、したがって、すべてのカトリック教徒をバインドします。 In the case of particular laws as one is subject to them in virtue of one's domicile, or even quasi-domicile, passing strangers are not subject to them, except in the case of acts performed within the territory.一つは自分の本籍、あるいは準本籍のおかげで、それらに従うものとして、特定の法律の場合には、通過する見知らぬ人が領土内で行う行為の場合を除いて、それらの対象にはなりません。

The role of the legislator does not end with the promulgation of the law; it is his office to explain and interpret it (declaratio, interpretatio legis).国会議員の役割は、法律の公布で終わらない、それは(declaratio、解説的類似表現legis)それを説明し、解釈するために彼のオフィスです。 The interpretation is "official" (authentica) or even "necessary", when it is given by the legislator or by some one authorized by him for that purpose; it is "customary", when it springs from usage or habit; it is "doctrinal", when it is based on the authority of the learned writers or the decisions of the tribunals.解釈はそれは立法者によって、またはその目的のために彼によって認可いくつかのいずれかによって指定された場合は、 "公式"(認証設)、あるいは "必要"であり、それは "慣習"であり、それ使い方や習慣からバネがとき、それは "それは学んだ作家や裁判所の決定の権限に基づいている教義 "、。 The official interpretation alone has the force of law.単独で公式の解釈は、法の力を持っています。 According to the result, the interpretation is said to be "comprehensive, extensive, restrictive, corrective," expressions easily understood.結果によると、解釈が容易に理解できる "包括的、広範囲、制限、修正、"表現と言われています。 The legislator, and in the case of particular laws the superior, remains master of the law; he can suppress it either totally (abrogation), or partially (derogation), or he can combine it with a new law which suppresses in the first law all that is incompatible with the second (abrogation).彼は(廃止)のどちらか完全にそれを抑制する、または部分的(逸脱)したり、彼が最初の法律で抑制する新しい法律とそれを組み合わせることができ、立法者は、特定の法律の場合に優れた、法のマスターのまま(廃止)第二との互換性がありませんすべてのこと。 Laws co-exist as far as they are reconcilable; the more recent modifies the more ancient, but a particular law is not suppressed by a general law, unless the fact is stated expressly.法律は限りでは彼ら調停そのまま共存し、より最近では、多くの古代を変更するが、事実は明白に述べられていない限り、特定の法律は、一般法によって抑制されていません。 A law can also cease when its purpose and end cease, or even when it is too difficult to be observed by the generality of the subjects; it then falls into desuetude (see CUSTOM).法律はまた、やめることができたときに、その目的やエンド停戦、または場合でも、それが主題の普遍性によって観察されるには余りにも困難であり、それは、(カスタム参照)を廃止に落ちる。

In every society, but especially in a society so vast and varied as the Church, it is impossible for every law to be applicable always and in all cases.すべての法律は常に、すべてのケースで適用できるようにするため、すべての社会の中で、しかし、特に、広大や教会など、様々な社会では、それは不可能です。 Without suppressing the law, the legislator can permanently exempt from it certain persons or certain groups, or certain matters, or even extend the rights of certain subjects; all these concessions are known as privileges.抑制する法律がなければ、立法者は、永久に特定の人や特定のグループ、または特定の事項から除​​外する、あるいは特定の被験者の権利を拡張することができ、すべてのこれらの譲歩は、特権として知られています。 In the same manner the legislator can derogate from the law in special cases; this is called a dispensation.同様に立法者は、特別な場合に法律から適用を制限することができ、これは、神の摂理と呼ばれています。 Indults or the powers that the bishops of the Catholic world receive from the Holy See, to regulate the various cases that may arise in the administration of their dioceses, belong to the category of privileges; together with the dispensations granted directly by the Holy See, they eliminate any excessive rigidity of the law, and ensure to ecclesiastical legislation a marvellous facility of application. Indultsまたはカトリック世界の司教たちが特権のカテゴリに属している、彼らの司教区の管理で起こりうる様々なケースを規制するために、ローマ法王庁から受ける力、一緒に、聖なる参照によって直接付与された分配と、彼らは法律の過剰な剛性を排除し、教会法への応用の素晴らしい施設を確保します。 Without imperilling the rights and prerogatives of the legislator, but on the contrary strengthening them, indults impress more strongly on the law of the Church that humane, broad, merciful character, mindful of the welfare of souls, but also of human weakness, which likens it to the moral law and distinguishes it from civil legislation, which is much more external and inflexible.立法者の権利と特権をimperilling、それどころか、それらを強化することなく、indultsは魂の福祉だけでなく、人間の弱さを意識人道的な、広い、慈悲深い性格、なぞらえ、その教会の法則により強く印象づけるそれは道徳律へとはるかに外部と柔軟性が民事立法、と区別します。

VII. Ⅶ。 THE PRINCIPAL CANONISTS PRINCIPALのcanonists

It is impossible to draw up a detailed and systematic catalogue of all the works of special value in the study of canon law; the most distinguished canonists are the subject of special articles in this Encyclopedia.それは教会法の研究では、特殊な値のすべての作品を詳細かつ体系的なカタログを策定することは不可能であり、最も著名なのcanonistsは、この百科事典の中で特別な記事の主題である。 Those we have mentioned as commentators of the ancient canonical collections are now of interest only from an historical point of view; but the authors who have written since the Council of Trent are still read with profit; it is in their great works that we find our practical canon law.我々は古代の正規のコレクションのコメンテーターとして言及したものが唯一の歴史的な観点からの関心の今ある、しかし、トレントの評議会以降に書き込まれた著者は、まだ利益を含めて読み込まれ、それは私達が私達を見つけることが、彼らの偉大な作品になっている実用的な宗規。 Among the authors who have written on special chapters of the "Corpus Juris", we must mention (the date refers to the first edition of the works): "法大全"の特別な章に書かれている作家の中で、我々は(日付は作品の最初の版を指します)言及する必要があります:

Prospero Fagnani, the distinguished secretary of the Sacred Congregation of the Council, "Jus canonicum seu commentaria absolutissima in quinque libros Decretalium" (Rome, 1661), Manuel González Téllez (d. 1649), "Commentaria perpetua in singulos textus juris canonici" (Lyons, 16, 3); the Jesuit Paul Laymann, better known as a moral theologian, "Jus canonicum seu commentaria in libros Decretalium" (Dillingen, 1666); Ubaldo Giraldi, Clerk Regular of the Pious Schools, "Expositio juris pontificii juxta re centiorem Ecclesiae disciplinam" (Rome, 1769).プロスペローFagnani、評議会の神聖な集会の識別秘書、 "quinqueジャンルDecretaliumで強行canonicum SEU commentaria absolutissima"(ローマ、1661)、マヌエル·ゴンサレスTéllez(民主党1649)、 "公認本文singulosジュリスcanoniciでCommentariaペルペツア"(ライオンズ、16、3);良い道徳神学者として知られているイエズス会のポールLaymann、 "ジャンルDecretaliumで強行canonicum SEU commentaria"(ディリンゲン、1666);ウバルドジラルディ、敬虔学校の正規店員、 "Expositioジュリスpontificii JUXTA再centiorem ecclesiaのdisciplinam "(ローマ、1769)。

Among the canonists who have followed the order of the titles of the Decretals: Decretalsのタイトルの順序に従っているのcanonistsの中で:

the Benedictine Louis Engel, professor at Salzburg, "Universum jus canonicum secundum titulos libr. Decretalium" (Salzburg, 1671); the Jesuit Ehrenreich Pirhing, "Universum jus canonicum" etc. (Dillingen, 1645); the Franciscan Anaclet Reiffenstuel, "Jus canonicum universum" (Freising, 170O); the Jesuit James Wiestner, "Institutiones canonical" (Munich, 1705); the two brothers Francis and Benedict Schmier, both Benedictines and professors at Salzburg; Francis wrote "Jurisprudentia canonico-civilis" (Salzburg, 1716); Benedict: "Liber I Decretalium; Lib. II etc."ベネディクトルイエンゲル、ザルツブルクの教授で、 "ユニジュースcanonicum隔titulos LiBrのDecretalium。"(ザルツブルク、1671);イエズスエーレンライヒPirhing、 "Universumのjusのcanonicum"等(ディリンゲン、1645);フランシスコAnacletのReiffenstuel、 "強行canonicumユニ "(フライジング、170O)、イエズス会のジェームズWiestner、" Institutionesカノニカル "(ミュンヘン、1705)、2つの兄弟フランシスとベネディクトSchmier、ザルツブルクの両方ベネディクト会や教授、フランシスが書いた" Jurisprudentia canonico-civilis "(ザルツブルク、 1716)、ベネディクト: "自由私Decretalium; Libの二等。" (Salzburg, 1718); the Jesuit Francis Schmalzgrueber, "Jus ecclésiasticum universum" (Dillingen, 1717); Peter Leuren, also a Jesuit, "Forum ecclesiasticum" etc. (Mainz, 1717); Vitus Pichler, a Jesuit, the successor of Schmalzgrueber, "Summa jurisprudential sacrae" (Augsburg, 1723); Eusebius Amort, a Canon Regular, "Elementa juris canonici veteris et modern)" (Ulm, 1757); Amort wrote also among other works of a very personal character; "De origine, progressu . . . indulgentiarum" (Augsburg, 1735); Carlo Sebastiano Berardi, "Commentaria in jus canonicum universum" (Turin, 1766); also his "Institutiones" and his great work "Gratiani canonesgenuini ab apocryphis discreti", (Turin, 1752); James Anthony Zallinger, a Jesuit, "Institutiones juris ecclesiastici maxime privati" (Augsburg, 1791), not so well known as his "Institutionum juris naturalis et ecclesiastici publici libri quinque" (Augsburg, 1784). (ザルツブルク、1718);イエズス会フランシスSchmalzgrueber、 "強行ecclésiasticumユニ"(ディリンゲン、1717);またピーターLeuren、イエズス会、 "フォーラムecclesiasticum"等(マインツ、1717);ヴィートピヒラーは、イエズス会の後継者Schmalzgrueber、 "総合的研究論文法学sacrae"(アウクスブルク、1723);ユーセビアス活気のない、レギュラーキヤノン、 "Elementaジュリスcanonici veterisら現代)"(ウルム、1757);活気のない、非常に個人的な性格の他の作品の中にも書きました。 "デ産地、progressu ... indulgentiarum "(アウクスブルク、1735);カルロセバスBerardi、" Commentariaジュースcanonicum Universumの中で "(トリノ、1766)、また、彼の" Institutiones "と彼の偉大な仕事" Gratiani canonesgenuini AB apocryphis discreti "(トリノ、 1752)、ジェームズ·アンソニーツァリンガー、イエズス会は、 "Institutionesジュリスecclesiasticiマクシム民営"(アウクスブルク、1791)は、非常によく彼の "Institutionumジュリスナチュラらecclesiastici publici quinque liberの複数形"(アウクスブルク、1784年)として知られていない。 This same method was followed again in the nineteenth century by Canon Filippo de Angelis, "Praelectiones juris canonici", (Rome, 1877); by his colleague Francesco Santi, "Praelectiones", (Ratisbon, 1884; revised by Martin Leitner, 1903); and E. Grand claude, "Jus canonicum" (Paris, 1882). (Ratisbon、1884年、マーティン·ライトナー、1903で改訂)、 "Praelectiones"、彼の同僚のフランチェスコ·サンティによって、これと同じ方法は、キヤノンフィリッポ·デ·アンジェリスによる十九世紀に再び "Praelectionesジュリスcanonici"(ローマ、1877)は続いていた;およびE.グランドクロード、 "強行canonicum"(パリ、1882)。

The plan of the "Institutiones", in imitation of Lancelotti (Perugia, 1563), has been followed by very many canonists, among whom the principal are: Lancelottiの模倣で "Institutiones"(ペルージャ、1563)の計画は非常に多くのcanonistsが続いている、のうち誰が校長は、次のとおりです。

the learned Antonio Agustin, Archbishop of Tarragona, "Epitome jurispontificu veteris" (Tarragona, 1587); his "De emendatione Gratiani dialogorum libri duo" (Tarragona, 1587), is worthy of mention; Claude Fleury, "Institution au droit ecclésiastique" (Paris, 1676); Zeger Bernard van Espen, "Jus ecclesiasticum universum" (Cologne, 1748); the Benedictine Dominic Schram, "Institutiones juris ecclesiastici" (Augsburg, 1774); Vincenzo Lupoli, "Juris ecclesiastici praelectiones" (Naples, 1777); Giovanni Devoti, titular Archbishop of Carthage, "Institutionum canonicarum libri quatuor" (Rome, 1785); his "Commentary on the Decretals" has only the first three books (Rome, 1803); Cardinal Soglia, "Institutiones juris privati et publici ecclesiastici" (Paris, 1859) and "Institutiones juris publici", (Loreto, 1843); D. Craisson, Vicar-General of Valence, "Manuale compendium totius juris canonici" (Poitiers, 1861).彼の "デemendatione Gratiani dialogorum liberの複数形デュオ"(タラゴナ、1587)は、特筆すべきである;、クロード·フルーリ、 "機関auの権利を持つ対象のecclésiastique"(アントニオ·アグスティン、タラゴナ大司教、 "縮図jurispontificu veteris"(タラゴナ、1587)を学んだパリ、1676);ジィーガーバーナードバンエスペン、 "強行ecclesiasticumユニ"(ケルン、1748年);ベネディクトドミニクシュラム、 "Institutionesジュリスecclesiastici"(アウクスブルク、1774);ヴィンチェンツォLupoli、 "ジュリスecclesiastici praelectiones"(ナポリ、1777) ;ジョバンニDevoti、カルタゴの名ばかりの大司教は、 "Institutionum canonicarum quatuor liberの複数形"(ローマ、1785年)、彼の "Decretalsの解説"は、最初の3冊(ローマ、1803)があります。枢機卿グリア、 "Institutionesジュリス民営らpublici ecclesiastici "(パリ、1859年)と" Institutionesジュリスpublici "(ロレート、1843)D. Craisson、ヴァランスの司教総代理、" Manuale大要totiusジュリスcanonici "(ポワティエ、1861)。

School manuals in one or two volumes are very numerous and it is impossible to mention all. 1つまたは2つのボリュームの学校のマニュアルは非常に多く、それがすべてに言及することは不可能である。

We may cite in Italy those of GC Ferrari (1847); Vecchiotti (Turin, 1867); De Camillis, (Rome, 1869); Sebastiano Sanguinetti, SJ (Rome, 1884); Carlo Lombardi (Rome, 1898); Guglielmo Sebastianelli (Rome, 1898), etc. For German speaking countries, Ferdinand Walter (Bonn, 1822); FM Permaneder, 1846; Rosshirt, 1858; George Phillips (Ratisbon, 1859: in addition to his large work in eight volumes, 1845 sq.); J. Winckler, 1862 (specially for Switzerland); S. Aichner (Brixen, 1862) specially for Austria; JF Schulte (Geissen, 1863); FH Vering (Freiburg-im-B., 1874); Isidore Silbernagl (Ratisbon, 1879); H. Laemmer (Freiburg-im-B., 188fi); Phil. Vecchiotti(トリノ、1867);;デCamillis、(ローマ、1869);セバスサンギネッティ、SJ(ローマ、1884);カルロ·ロンバルディ(ローマ、1898);グリエルモSebastianelli(我々はイタリアでGCのフェラーリ(1847)のものを挙げることができるローマ、1898年)などドイツ語圏の国々のために、フェルディナンドウォルター(ボン、1822年)、FM Permaneder、1846; Rosshirt、1858年、ジョージ·フィリップス(Ratisbon、1859:8巻の彼の大きな仕事に加えて、1845㎡) 、J·ウィンクラー、1862(特別にスイスのために);オーストリアのために特別にS. Aichner(ブレッサノーネ、1862); JFシュルテ(Geissen、1863); FH Vering(Freiburg-im-B.、1874);イシシルビールナグル(Ratisbon、 1879); H. Laemmer(Freiburg-im-B.、188fi);フィル。 Hergenröther (Freiburg-im-B., 1888); T. Hollweck (Freiburg-im-B.. 1905); J. Laurentius (Freiburg-im-B., 1903); DM Prummer, 1907; JB Sägmüller (Freiburg-im-B., 1904).ハーゲンローザー(Freiburg-im-B.、1888); T. Hollweck(Freiburg-im-B. 1905); J.ラウレンチウス(Freiburg-im-B.、1903); DM Prummer、1907; JBSägmüller(フライブルク - IM-B、1904)。

For France: H. Icard, Superior of Saint-Sulpice (Paris, 1867); M. Bargilliat (Paris, 1893); F. Deshayes, "Memento juris ecclesiastici" (Paris, 1897).フランスの場合:サン·シュルピスのスペリオルH. Icard、(パリ、1867年)、M. Bargilliat(パリ、1893); F.デエー、 "メメントジュリスecclesiastici"(パリ、1897)。 In Belgium: De Braban dere (Bruges, 1903).ベルギーで:デBrabanのデレ(ブルージュ、1903)。 For English-speaking countries: Smith (New York, 1890); Gignac (Quebec, 1901); Taunton (London, 1906).の英語圏の国々:スミス(ニューヨーク、1890); Gignac(ケベック、1901);トーントン(ロンドン、1906)。 For Spain: Marian Aguilar (Santo Domingo de la Calzada, 1904); Gonzales Ibarra (Valladolid, 1904).のためのスペイン:マリアン·アギラル(サントドミンゴデラカルサダ、1904);ゴンザレスイバラ(バリャドリッド、1904)。

There are also canonists who have written at considerable length either on the whole canon law, or on special parts of it, in their own particular manner; it is difficult to give a complete list, but we will mention:全体教会法上、またはそれの特別な部分のいずれかにかなりの長さで書かれているのcanonistsは自分の特定の方法でもありますが、それは完全なリストを与えることは困難ですが、私たちは言及されます:

Agostino Barbosa (d. 1639), whose works fill at least 30 volumes; JB Cardinal Luca (d. 1683), whose immense "Theatrum veritatis" and "Relatio curiae romance" are his most important works; Pignatelli, who has touched on all practical questions in his "Consultationes canoniccae", 11 folio volumes, Geneva, 1668; Prospero Lambertini (Pope Benedict XIV), perhaps the greatest canonist since the Council of Trent; in the nineteenth century we must mention the different writings of Dominique Bouix, 15 volumes, Paris, 1852 sq.; the "Kirchenrecht" of JF Schulte, 1856 and of Rudolf v. Scherer, 1886; and above all the great work of Franz Xavier Wernz, General of the Society of Jesus, "Jus decretalium" (Rome, 1898 sq.).その計り知れない "Theatrum veritatis"と "Relatio助言者のロマンス"が彼の最も重要な作品であるJBの枢機卿ルカ(民主党1683)、;;ピニャテリ、すべてに触れたその作品は、少なくとも30のボリュームをいっぱいにアゴスティーノ·バルボサ(民主党1639)、たぶんプロスペローランバーティニ(教皇ベネディクト14世)、トレントの評議会以来、最大の教会法学;、十九世紀に我々がドミニクBouix、15の異なった執筆を言及しなければならない彼の "Consultationes canoniccae"、11フォリオボリューム、ジュネーブ、1668年に実用的な質問ボリューム、パリ、1​​852平方; JFシュルテの "Kirchenrecht"、1856年、ルドルフV.シェーラー、1886年、フランツ·ザビエルウェルンツ、社会全般のイエスは、 "強行decretalium"(ローマのすべての偉大な仕事上スクウェア、1898)。

It is impossible to enumerate the special treatises.特別な論文を列挙することは不可能です。 Among repertoires and dictionaries, it will suffice to cite the "Prompta Bibliotheca" of the Franciscan Ludovico Ferraris (Bologna, 1746); the "Dictionnaire de droit canonique" of Durand de Maillane (Avignon, 1761), continued later by Abbé Andre (Paris, 1847) etc.; finally the other encyclopedias of ecclesiastical sciences wherein canon law has been treated. "Dictionnaireデドロcanonique"デュラン·デ·Maillane(アヴィニョン、1761)、アッベアンドレによって後で継続(パリ、レパートリーや辞書の中で、それはフランシスコルドヴィコフェラーリの "Prompta蔵書"(ボローニャ、1746)を引用することは十分でしょう、1847)などが、ついに教会の科学の他の百科事典は、教会法が扱われてきた特徴とする。

On ecclesiastical public law, the best-known hand books are, with Soglia,教会の公法上で、最もよく知られている手の本は、グリアの機能をすべて含みます

TM Salzano, "Lezioni di diritto canonico pubblico et private" (Naples, 1845); Camillo Cardinal Tarquini, "Juris ecclesiastici publici institutiones" (Rome, 1860); Felice Cardinal Cavagrus, "Institutiones juris publici ecclesiastici" (Rome, 1888); Msgr. TM Salzano、 "Lezioniディdiritto canonico pubblicoらプライベート"(ナポリ、1845);カミッロ枢機卿タルキーニ、 "ジュリスecclesiastici publici institutiones"(ローマ、1860);フェリーチェ枢機卿Cavagrus、 "Institutionesジュリスpublici ecclesiastici"(ローマ、1888);モンシニョール。 Adolfo Giobbio, "Lezioni di diplomazia ecclesiastics" (Rome, 1899); Emman.アドルフォGiobbio、 "Lezioniディdiplomaziaの聖職"(ローマ、1899); Emman。 de la Peña y Fernéndez, "Jus publicum ecclesiasticum" (Seville, 1900).デ·ラ·ペーニャYFernéndez、 "強行publicum ecclesiasticum"(セビリア、1900)。 For an historical view, the chief work is that of Pierre de Marco, Archbishop of Toulouse, "De concordia sacerdotii et imperi" (Paris, 1641).歴史観については、チーフの仕事はピエール·ド·マルコ、トゥールーズの大司教は、 "デコンコルディアsacerdotiiらimperi"(パリ、1641年)のことです。

For the history of canon law considered in its sources and collections, we must mentionその発生源やコレクションに考慮宗規の歴史のために、私たちは言及する必要があります

the brothers Pietro and Antonio Ballerini of Verona, "De antiquis collectionibus et collectoribus canonum" (Venice, 1757); among the works of St. Leo I, in PL LIII; the matter has been recast and completed by Friedrich Maassen, "Geschichte der Quellen und der Literatur des kanonischen Rechts im Abendland", I, (Graz, 1870); for the history from the time of Gratian see JF Schulte, "Geschichte der Quellenund der Literatur des kanonischen Rechts von Gratian his zum Gegenwart" (Stuttgart, 1875 sq.), and "Die Lehre von der Quellen des katholiscen Kirchen rechts" (Giessen, 1860); Philip Schneider, "Die Lehre van den Kirchenrechtsquellen" (Ratisbon, 1892), Adolphe Tardif, "Histoire des sources du droit canonique" (Paris, 1887); Franz Laurin, "Introduc tio in Corpus Juris canonici" (Freiburg, 1889).兄弟ピエトロ、ヴェローナのアントニオバレリーニ、 "デantiquis collectionibusらcollectoribus canonum"(ヴェネツィア、1757年);聖レオ私の作品の中に、PL LIIIで、問題は、改作され、フリードリヒ·マーセンが完了している、 "GeschichteファンデQuellenウント·デアLiteraturデkanonischen RechtsイムAbendland "と、私は、(グラーツ、1870);グラティアヌス時からの歴史についてはJFシュルテを参照してください" GeschichteファンデQuellenundファンデLiteraturデkanonischen Rechtsフォングラティアヌス彼ツムGegenwart "(シュトゥットガルト、1875 )平方、および "ダイLehre·フォン·デア·Quellenデkatholiscen Kirchenのrechts"(ギーセン、1860)、フィリップ·シュナイダー、 "死ぬLehre·ヴァン·デン·Kirchenrechtsquellen"(Ratisbon、1892)、アドルフTardif、 "Histoireデソースデュドロcanonique"(パリ、1887);フランツ·ローリン、 "法大全canoniciでIntroducチタン"(フライブルク、1889)。 On the history of ecclesiastical discipline and institutions, the principal work is "Ancienne et nouvelle discipline de l'Eglise" by the Oratorian Louis Thomassin (Lyons, 1676), translated into Latin by the author, "Vetus et nova discipline" (Paris, 1688).教会の規律や制度の歴史について、主な作業は、 "アンシェーヌらヌーベル規律ドゥ教会"である著者がラテン語に翻訳されオラトリオ会ルイThomassin(ライアンズ、1676)による、 "Vetusら新星の規律"(パリ、 1688)。 One may consult with profit AJ Binterim, "Die vorzüglich sten Denkwurdigkeiten der christkatolischen Kirche" (Mainz, 1825); the "Dizionario di erudizione storico ecclesiastica" by Moroni (Venice, 1840 sq.); also JW Bickell, "Geschichte des Kirchenrechts" (Gies sen, 1843); E. Loening, "Geschichte des deutschen Kirchenrechts (Strasburg, 1878); R. Sohm, "Kirchenrecht, I: Die geschichtliche Grundlagen" (1892).モロニによる "Dizionario diのerudizione Storicoのecclesiastica"(ヴェネツィア、1840平方);;またJW Bickell、 "GeschichteデKirchenrechts"一つは、利益AJ Binterim、 "死ぬvorzüglichステンDenkwurdigkeitenファンデchristkatolischenシュタイン"(マインツ、1825)と協議することができる(ギース銭、1843)、E.レーニング、 "Geschichteデdeutschen Kirchenrechts(ストラスバーグ、1878); R.ゾーム、" Kirchenrecht、私:ダイgeschichtliche Grundlagen "(1892年)。

Publication information出版物の情報
Written by A. Boudinhon. A. Boudinhonによって書かれた。 Transcribed by David K. DeWolf.デイヴィッドK. DeWolf転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリュームIX。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Canon of the Old Testament旧約聖書のキヤノン

Catholic Information カトリックの情報

Overview概要

The word canon as applied to the Scriptures has long had a special and consecrated meaning.聖書に適用されるような単語キヤノンは、長い特殊と聖体拝領の意味を持っています。 In its fullest comprehension it signifies the authoritative list or closed number of the writings composed under Divine inspiration, and destined for the well-being of the Church, using the latter word in the wide sense of the theocratic society which began with God's revelation of Himself to the people of Israel, and which finds its ripe development and completion in the Catholic organism.その最大限の理解では、神の霊感の下に構成されており、教会の幸福のために運命づけられ、自身の神の啓示から始まった神政社会の広い意味で後者の単語を使って文章の正式のリストまたは閉鎖数を表しますイスラエルの人々に、どのカトリックの生物において、その熟した発展と完成を見つけることができます。 The whole Biblical Canon therefore consists of the canons of the Old and New Testaments.全体聖書のキヤノンは、したがって、旧約聖書と新約聖書の規範で構成されています。 The Greek kanon means primarily a reed, or measuring-rod: by a natural figure it was employed by ancient writers both profane and religious to denote a rule or standard.ギリシャのカノンは、主にリード、または測定棒を意味します:それはルールや基準を示すために不敬かつ宗教的古代の作家で採用された自然な形で表されます。 We find the substantive first applied to the Sacred Scriptures in the fourth century, by St. Athanasius; for its derivatives, the Council of Laodicea of the same period speaks of the kanonika biblia and Athanasius of the biblia kanonizomena.私たちは、聖アタナシウスによって、4世紀に神聖な聖書に適用実質的な第一を見つける;その誘導体については、同期間のラオディケア評議会はbiblia kanonizomenaのkanonika bibliaとアタナシウスのことを話す。 The latter phrase proves that the passive sense of canon -- that of a regulated and defined collection -- was already in use, and this has remained the prevailing connotation of the word in ecclesiastical literature.規制と定義されているコレクションのその - - すでに使用されていましたが、これは、教会の文学における言葉の実勢含蓄推移している後者のフレーズは、キヤノンの受動的な感覚があることを証明している。

The terms protocanonical and deuterocanonical, of frequent usage among Catholic theologians and exegetes, require a word of caution.カトリック神学者とのexegetesの間で頻繁に使用のprotocanonicalと第二正典の用語は、注意の言葉を必要とします。 They are not felicitous, and it would be wrong to infer from them that the Church successively possessed two distinct Biblical Canons.彼らは幸福なものではなく、それは教会が相次いで二つの異なる聖書の規範を有していること、それらから推測することは間違っているでしょう。 Only in a partial and restricted way may we speak of a first and second Canon.一部だけと制限された方法で、我々は、第1および第2のカノンの話かもしれません。 Protocanonical (protos, "first") is a conventional word denoting those sacred writings which have been always received by Christendom without dispute. Protocanonical(PROTOS、 "第一")は常に論争せずにキリスト教によって受信されたそれらの聖典を示す従来の単語です。 The protocanonical books of the Old Testament correspond with those of the Bible of the Hebrews, and the Old Testament as received by Protestants.旧約聖書のprotocanonical書籍は、ヘブル人への手紙聖書のものと対応しており、プロテスタントによって受信されたとして、旧約聖書。 The deuterocanonical (deuteros, "second") are those whose Scriptural character was contested in some quarters, but which long ago gained a secure footing in the Bible of the Catholic Church, though those of the Old Testament are classed by Protestants as the "Apocrypha".旧約聖書のものは "外典プロテスタントとして分類されていますが、第二正典は、(deuteros、"秒 ")は聖書の文字いくつかの方面で争われたものですが、これはずっと前にカトリック教会の聖書の中で安全な足場を得た"。 These consist of seven books: Tobias, Judith, Baruch, Ecclesiasticus, Wisdom, First and Second Machabees; also certain additions to Esther and Daniel. 、エスターとダニエルにも一定の追加トビアス、ジュディス、バルーク、集会の書、知恵、第一及び第二のmachabees:これらは、7冊で構成されています。

It should be noted that protocanonical and deuterocanonical are modern terms, not having been used before the sixteenth century.それは第二正典protocanonicalとは16世紀以前に使用されたことではない、現代的な用語であることに留意すべきである。 As they are of cumbersome length, the latter (being frequently used in this article) will be often found in the abbreviated form deutero.彼らは面倒な長さのものであるとして、後者は(頻繁にこの記事で使用されている)は、しばしば省略形のイザヤで見つけられるでしょう。

The scope of an article on the sacred Canon may now be seen to be properly limited regarding the process of神聖なキヤノンの資料の範囲が正しくのプロセスに関して限定されるように見られるかもしれない

what may be ascertained regarding the process of the collection of the sacred writings into bodies or groups which from their very inception were the objects of a greater or less degree of veneration;何が彼らの非常に初めから崇拝の大きいか小さい程度のオブジェクトであった団体またはグループに聖典のコレクションのプロセスについて確認することができる;

the circumstances and manner in which these collections were definitely canonized, or adjudged to have a uniquely Divine and authoritative quality; the vicissitudes which certain compositions underwent in the opinions of individuals and localities before their Scriptural character was universally established.これらのコレクションは確かに列聖され、または一意神と権威ある品質を持っていると裁定された状況や方法、彼らの聖書の文字が普遍的に確立される前に特定の組成物は、個人や地域の意見で受け変遷。

It is thus seen that canonicity is a correlative of inspiration, being the extrinsic dignity belonging to writings which have been officially declared as of sacred origin and authority.従って、規範が正式に神聖起源と権威のように宣言されてい書物に属する外因尊厳さ、インスピレーションの相関であることが分かる。 It is antecedently very probable that according as a book was written early or late it entered into a sacred collection and attained a canonical standing.それは本のように応じて早朝または深夜それは神聖なコレクションを締結し、正規の地位を達成して書かれていたことantecedentlyする可能性が高いです。 Hence the views of traditionalist and critic (not implying that the traditionalist may not also be critical) on the Canon parallel, and are largely influenced by, their respective hypotheses on the origin of its component members.したがって、伝統主義と批評キヤノン平行に(伝統主義者はまた、クリティカルではないかもしれないことを示唆せず)と、主にその構成部材の原点を、それぞれの仮説、影響を受けているのを眺めることができます。

THE CANON AMONG THE PALESTINIAN JEWS (PROTOCANONICAL BOOKS)パレスチナのユダヤ人のうち、キヤノン(PROTOCANONICAL BOOKS)

It has already been intimated that there is a smaller, or incomplete, and larger, or complete, Old Testament.それは、すでに小さい、または不完全な、大きい、または完全な、旧約聖書があることが暗示されています。 Both of these were handed down by the Jews; the former by the Palestinian, the latter by the Alexandrian, Hellenist, Jews.これらの両方は、ユダヤ人によって伝承され、前者のアレクサンドリア、パレスチナ、後者は、ギリシャ学者、ユダヤ人によって。 The Jewish Bible of today is composed of three divisions, whose titles combined from the current Hebrew name for the complete Scriptures of Judaism: Hat-Torah, Nebiim, wa-Kéthubim, ie The Law, the Prophets, and the Writings.ハットトーラー、Nebiim、WA-Kéthubim、すなわち法、預言者、および記述:今日のユダヤ人の聖書は、タイトルがユダヤ教の完全な聖書の現在のヘブライ語名を組み合わせた3つの部門から構成されている。 This triplication is ancient; it is supposed as long-established in the Mishnah, the Jewish code of unwritten sacred laws reduced to writing, c.この三重は古代のことで、ミシュナー、書き込み、cに減少不文神聖な法律のユダヤ人のコードで老舗として想定されています。 AD 200.西暦200。 A grouping closely akin to it occurs in the New Testament in Christ's own words, Luke 24:44: "All things must needs be fulfilled, which are written in the law of Moses, and in the prophets, and in the psalms concerning me".それに酷似してグループ化はキリスト自身の言葉で、新約聖書、ルカ24:44に発生します: "すべてのものはニーズが満たされている必要があり、わたしについてモーセの律法であり、預言者であり、詩篇に書かれている" 。 Going back to the prologue of Ecclesiasticus, prefixed to it about 132 BC, we find mentioned "the Law, and the Prophets, and others that have followed them".そこに約132紀元前辞、集会の書のプロローグに戻って、私たちは "法と預言者と、それに続いた他の人々"に言及見つける。 The Torah, or Law, consists of the five Mosaic books, Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, Deuteronomy.律法、あるいは法は、5モザイクの書籍、創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記で構成されています。 The Prophets were subdivided by the Jews into the Former Prophets [ie the prophetico-historical books: Josue, Judges, 1 and 2 Samuel (I and II Kings), and 1 and 2 Kings (III and IV Kings)] and the Latter Prophets (Isaias, Jeremias, Ezechiel, and the twelve minor Prophets, counted by the Hebrews as one book).預言者は、預言者の元にユダヤ人によって細分化された[すなわちprophetico-歴史的な書籍:ジョスエ、裁判官は、1と2のサミュエル(IおよびIIキングス)、1と2の王(IIIおよびIVキングス)]と後者の預言者(1本としてヘブル人への手紙によってカウントのisaias、イェレミアス、Ezechiel、そして12小預言者)。 The Writings, more generally known by a title borrowed from the Greek Fathers, Hagiographa (holy writings), embrace all the remaining books of the Hebrew Bible.より一般的のhagiographa(聖なる書物)、ギリシャの父親から借りたタイトルで知られている文章は、ヘブライ語聖書の残りのすべての書籍を受け入れる。 Named in the order in which they stand in the current Hebrew text, these are: Psalms, Proverbs, Job, Canticle of Canticles, Ruth, Lamentations, Ecclesiastes, Esther, Daniel, Esdras, Nehemias, or II Esdras, Paralipomenon.彼らは現在のヘブライ語のテキストに立った順序で名付けられた、これらは以下のとおりです。詩篇、箴言、ヨブ、賛美歌の雅歌、ルツ記、哀歌、伝道の書、エスター、ダニエル、エスドラス、Nehemias、またはIIエスドラス、歴代志。

1. 1。 Traditional view of the Canon of the Palestinian Jewsパレスチナのユダヤ人のキヤノンの伝統的なビュー

Proto-Canonプロト - キヤノン

In opposition to scholars of more recent views, conservatives do not admit that the Prophets and the Hagiographa represent two successive stages in the formation of the Palestinian Canon.より最近のビューの学者に反対し、保守派は、預言者とhagiographaは、パレスチナキヤノンの形成の2つの連続した​​段階を表していることを認めることはありません。 According to this older school, the principle which dictated the separation between the Prophets and the Hagiographa was not of a chronological kind, but one found in the very nature of the respective sacred compositions.この古い学校によると、預言者とのhagiographa間の分離を決定原則は、時系列の種類ではありませんでしたが、それぞれの神聖な組成物の非常に自然の中で見つかったもの。 That literature was grouped under the Ké-thubim, or Hagiographa, which neither was the direct product of the prophetical order, namely, that comprised in the Latter Prophets, nor contained the history of Israel as interpreted by the same prophetic teachers--narratives classed as the Former Prophets.その文献はどちらも後者の預言者に含まれること、すなわち、机上の順序の直積ませんでした、また同じ予言教員によって解釈されるイスラエルの歴史が含まれていたKE-thubim、またはhagiographaは、下にグループ化されました - 分類物語元預言者として。 The Book of Daniel was relegated to the Hagiographa as a work of the prophetic gift indeed, but not of the permanent prophetic office.ダニエル書は、実際にではなく、恒久的な予言事務所の予言贈り物としての仕事のhagiographaに追いやられた。 These same conservative students of the Canon--now scarcely represented outside the Church--maintain, for the reception of the documents composing these groups into the sacred literature of the Israelites, dates which are in general much earlier than those admitted by critics.キヤノンのこれらの同じ保守的な学生 - 今はほとんど教会の外に表さないで - イスラエルの人々は、一般的にかなり早い批評家によって認められたもの以外の日付の神聖な文学には、これらのグループを構成する文書の受信のために、維持します。 They place the practical, if not formal, completion of the Palestinian Canon in the era of Esdras (Ezra) and Nehemias, about the middle of the fifth century BC, while true to their adhesion to a Mosaic authorship of the Pentateuch, they insist that the canonization of the five books followed soon after their composition.彼らは、五モザイク原作者への接着に忠実ながら、彼らが主張する、紀元前5世紀の半ばごろ、エスドラス(エズラ)とnehemiasの時代にパレスチナのキヤノンの、実用的でない場合は、正式な終了を置くこと5本の列聖は、その組成の後にすぐに続いた。

Since the traditionalists infer the Mosaic authorship of the Pentateuch from other sources, they can rely for proof of an early collection of these books chiefly on Deuteronomy 31:9-13, 24-26, where there is question of a books of the law, delivered by Moses to the priests with the command to keep it in the ark and read it to the people on the feast of Tabernacles.伝統主義者は、他のソースから五モザイク原作を推測するので、それらは主に法律の本の質問がある申命記31:9-13、24-26、、上に、これらの書籍の早期回収の証明に頼ることができます箱舟でそれを維持し、仮庵の祭りの人々にそれを読むためのコマンドを使用して司祭にモーセによって配信。 But the effort to identify this book with the entire Pentateuch is not convincing to the opponents of Mosaic authorship.しかし、全体の五この本とを識別するための努力はモザイク原作の対戦相手に説得されていません。

The Remainder of the Palestinian-Jewish Canonパレスチナのユダヤ人のキヤノンの剰余

Without being positive on the subject, the advocates of the older views regard it as highly probable that several additions were made to the sacred repertory between the canonization of the Mosaic Torah above described and the Exile (598 BC).件名にプラスされることなく、古いビューの擁護派は、いくつかの追加は、上記と亡命(598紀元前に)モザイクトーラーの列聖の間で神聖なレパートリーに加えられた可能性が高いことであると考えています。 They cite especially Isaias, xxxiv, 16; II Paralipomenon, xxix, 30; Proverbs, xxv, 1; Daniel, ix, 2. IIの歴代志、29、30;、箴言、25、1、ダニエル、IX、2彼らは特にイサイアス、34、16を引用している。 For the period following the Babylonian Exile the conservative argument takes a more confident tone.バビロニア亡命後の期間について保守的な引数は、もっと自信のある口調を取ります。 This was an era of construction, a turning-point in the history of Israel.これは建設の時代、イスラエルの歴史の中でターニングポイントだった。 The completion of the Jewish Canon, by the addition of the Prophets and Hagiographa as bodies to the Law, is attributed by conservatives to Esdras, the priest-scribe and religious leader of the period, abetted by Nehemias, the civil governor; or at least to a school of scribes founded by the former.法機関として、預言者とのhagiographaの添加によるユダヤ人のキヤノンの完了は、Nehemiasによって扇動エスドラス、期間の司祭 - スクライブと宗教指導者、市民知事に保守派によるものである、あるいは少なくとも前者によって設立された律法学者たちの学校へ。 (Cf. Nehemiah 8-10; 2 Maccabees 2:13, in the Greek original.) Far more arresting in favour of an Esdrine formulation of the Hebrew Bible is a the much discussed passage from Josephus, "Contra Apionem", I, viii, in which the Jewish historian, writing about AD 100, registers his conviction and that of his coreligionists--a conviction presumably based on tradition--that the Scriptures of the Palestinian Hebrews formed a closed and sacred collection from the days of the Persian king, Artaxerxes Longiamanus (465-425 BC), a contemporary of Esdras. (参考ネヘミヤ8月10日、ギリシャの元で午前2時13分2をmaccabees、)はるかにヘブライ語聖書のEsdrine製剤の賛成で逮捕ヨセフスから多くの議論通路で、 "コントラApionem"、私は、Ⅷは、AD 100について書いてユダヤ人の歴史学者は、彼の信念と彼のcoreligionistsのその登録する際の - おそらく伝統に基づいて有罪判決 - パレスチナヘブル人への手紙聖書はペルシャ王の日から閉鎖と神聖なコレクションを形成していることを、アルタクセルクセスLongiamanus(465から425紀元前に)、エスドラスの現代。 Josephus is the earliest writer who numbers the books of the Jewish Bible.ヨセフスは、最も早い作家番号ユダヤ教の聖書の書物である。 In its present arrangement this contains 40; Josephus arrived at 22 artificially, in order to match the number of letters in the Hebrew alphabet, by means of collocations and combinations borrowed in part from the Septuagint.その現在の構成ではこれが40を含んでいます。ヨセフスは、セプトゥアギンタから部分的に借りコロケーションおよび組合せによって、ヘブライ語のアルファベットの文字の数を一致させるために、人工的に22に到着した。 The conservative exegetes find a confirmatory argument in a statement of the apocryphas Fourth Book of Esdras (xiv, 18-47), under whose legendary envelope they see an historical truth, and a further one in a reference in the Baba Bathra tract of the Babylonian Talmud to hagiographic activity on the part of "the men of the Great Synagogue", and Esdras and Nehemias.保守的なのexegetesは、​​その伝説的なエンベロープ、彼らは歴史の真実を参照してください下に、エスドラスのapocryphas 4番目の本(14、18から47)の文、およびバビロニアのババbathra管内の基準の一層の一つに確証の引数を見つける"シナゴーグの人々"、およびエスドラス書とnehemiasの一部上の聖人の活動にタルムード。

But the Catholic Scripturists who admit an Esdrine Canon are far from allowing that Esdras and his colleagues intended to so close up the sacred library as to bar any possible future accessions.しかしEsdrineキヤノンを認めるカトリックScripturistsエスドラス書と彼の同僚は、すべての可能な将来のアクセッションを禁止するように神聖なライブラリをクローズアップすることを意図している可能から遠く離れている。 The Spirit of God might and did breathe into later writings, and the presence of the deuterocanonical books in the Church's Canon at once forestalls and answers those Protestant theologians of a preceding generation who claimed that Esdras was a Divine agent for an inviolable fixing and sealing of the Old Testament To this extent at least, Catholic writers on the subject dissent from the drift of the Josephus testimony.神の霊がかもしれないとそれ以降の文章に息でしたし、一度forestallsと回答で、教会のキヤノンにおける正典の存在エスドラスは不可侵の固定およびシールのための神の代理人であると主張した前の世代のものとプロテスタントの神学者少なくともこの程度まで、旧約聖書、ヨセフスの証言のドリフトから被写体に異議を唱えるカトリック作家。 And while there is what may be called a consensus of Catholic exegetes of the conservative type on an Esdrine or quasi-Esdrine formulation of the canon so far as the existing material permitted it, this agreement is not absolute; Kaulen and Danko, favouring a later completion, are the notable exceptions among the above-mentioned scholars.これまでのところ、既存の材料がそれを許可されているようにキヤノンのEsdrineまたは準Esdrine製剤上の保守的なタイプのカトリックのexegetesのコンセンサスと呼ばれるかもしれないものがありながら、今回の合意は絶対ではありません。Kaulenとダンコ、後を優遇完了すると、上記の学者たちの間で注目すべき例外があります。

2. 2。 Critical views of the formation of the Palestinian Canonパレスチナのキヤノンの形成の批判的な見解

Its three constituent bodies, the Law, Prophets, and Hagiographa, represent a growth and correspond to three periods more or less extended.その3つの構成団体、法、預言者、およびhagiographaは、成長を表しており、多かれ少なかれ、拡張3ピリオドに対応しています。 The reason for the isolation of the Hagiographa from the Prophets was therefore mainly chronological.預言者からのhagiographa分離する理由は、それゆえ、主に時系列であった。 The only division marked off clearly by intrinsic features is the legal element of the Old Testament, viz., the Pentateuch.本質的な特徴によってはっきりとマークされた唯一のオフ部門は旧約聖書、すなわち、五の法的な要素です。

The Torah, or Law律法、あるいは法

Until the reign of King Josias, and the epoch-making discovery of "the book of the law" in the Temple (621 BC), say the critical exegetes, there was in Israel no written code of laws or other work, universally acknowledged as of supreme and Divine authority.キングjosiasの治世、神殿(紀元前621)の "法の書"の画期的な発見が、重要なのexegetesを言うまでは、法律又は他の作業のない書かれたコードは、イスラエルではなかった、普遍的と認め最高と神の権威。 This "book of the law" was practically identical with Deuteronomy, and its recognition or canonization consisted in the solemn pact entered into by Josias and the people of Juda, described in 2 Kings 23.この "法の書"は、申命記と実質的に同一であり、その認識や列聖はJosiasと2キングス23で説明したユダの人々により締結された厳粛な協定になっていた。 That a written sacred Torah was previously unknown among the Israelites, is demonstrated by the negative evidence of the earlier prophets, by the absence of any such factor from the religious reform undertaken by Ezechias (Hezekiah), while it was the mainspring of that carried out by Josias, and lastly by the plain surprise and consternation of the latter ruler at the finding of such a work.書かれた聖なる律法はイスラエル人の間でこれまで知られていなかったこと、それが行われているの原動力であったが、Ezechias(ヒゼキヤ)によって引き受け宗教改革から、このような要因が存在しないことによって、以前の預言者の否定的な証拠により証明されるJosiasで、最後にそのような仕事の発見で後者定規の平野驚きや困惑によって。 This argument, in fact, is the pivot of the current system of Pentateuchal criticism, and will be developed more at length in the article on the Pentateuch, as also the thesis attacking the Mosaic authorship and promulgation of the latter as a whole.この引数は、実際には、pentateuchalの批判の現在のシステムのピボットで、モザイクの原作者、全体として後者の公布を攻撃する論文としても、五上の記事で長々と多くを開発する。 The actual publication of the entire Mosaic code, according to the dominant hypothesis, did not occur until the days of Esdras, and is narrated in chapters viii-x of the second book bearing that name.全体モザイクコードの実際の公表は、支配的な仮説によると、エスドラスの日まで起こらなかったし、その名を冠した二冊目の本の章viii-xでナレーションされています。 In this connection must be mentioned the argument from the Samaritan Pentateuch to establish that the Esdrine Canon took in nothing beyond the Hexateuch, ie the Pentateuch plus Josue.この接続ではEsdrineキヤノンは六書、すなわち五プラスジョスエ向こう何で撮ったことを立証するために、サマリア五から引数を記載しなければならない。 (See PENTATEUCH; SAMARITANS.) (五書を参照してください。サマリア。)

The Nebiim, or Prophets Nebiim、または預言者

There is no direct light upon the time or manner in which the second stratum of the Hebrew Canon was finished.ヘブライ語キヤノンの第二層が終了した時間や方法に応じて直接光はありません。 The creation of the above-mentioned Samaritan Canon (c. 432 BC) may furnish a terminus a quo; perhaps a better one is the date of the expiration of prophecy about the close of the fifth century before Christ.上記サマリアキヤノン(紀元前432年頃)の作成は、末端の現状を提供しているかもしれません、1のほうがおそらく、キリストの前に、5世紀近い約予言の有効期限の日付です。 For the other terminus the lowest possible date is that of the prologue to Ecclesiasticus (c. 132 BC), which speaks of "the Law", and the Prophets, and the others that have followed them". But compare Ecclesiasticus itself, chapters xlvi-xlix, for an earlier one.他の末端のため、可能な限り低い日は "法"のことを話す集会(紀元前132年頃)、、と預言者にプロローグのことであり、それに続いた他の人々 "。しかし集会自体を比較、チャプターXLVI 1以前の場合は、49、。

The Kéthubim, or Hagiographa Completes of the Jewish Canon Kéthubim、またはのhagiographaはユダヤキヤノンの完了

Critical opinion as to date ranged from c. Cの範囲であった日付について批判的な意見。 165 BC to the middle of the second century of our era (Wildeboer).私たちの時代第二世紀(Wildeboer)の真ん中に165紀元前に。 The Catholic scholars Jahn, Movers, Nickes, Danko, Haneberg, Aicher, without sharing all the views of the advanced exegetes, regard the Hebrew Hagiographa as not definitely settled till after Christ.間違いなくキリストの後まで決済されないようにカトリックの学者ヤーン、発動機、Nickes、ダンコ、Haneberg、アイヒャーは、先進のexegetesのすべてのビューを共有せずに、ヘブライ語のhagiographaを考えています。 It is an incontestable fact that the sacredness of certain parts of the Palestinian Bible (Esther, Ecclesiastes, Canticle of Canticles) was disputed by some rabbis as late as the second century of the Christian Era (Mishna, Yadaim, III, 5; Babylonian Talmud, Megilla, fol. 7).バビロニアタルムード、それはパレスチナ聖書の特定の部分(エスター、伝道の書は、賛美歌の雅歌)の神聖さは、キリスト教の時代の第二世紀(のmishna、Yadaim、III、5遅ければいくつかのラビが異議を唱えたことが議論の余地のない事実である、Megilla、FOL 7)。 However differing as to dates, the critics are assured that the distinction between the Hagiographa and the Prophetic Canon was one essentially chronological.日付になどの異なるしかし、批評家のhagiographaと預言キヤノンの区別は基本的に時系列の一つであったことが保証されます。 It was because the Prophets already formed a sealed collection that Ruth, Lamentations, and Daniel, though naturally belonging to it, could not gain entrance, but had to take their place with the last-formed division, the Kéthubim.それは、預言者がすでにルース、哀歌、ダニエルが、自然にそれに属するものの、入り口を得ることができなかった封印されたコレクションを形成しているためだったが、最後に形成された部門は、Kéthubimで自分の場所を取らなければならなかった。

3. 3。 The Protocanonical Books and the New Testament Protocanonical本と新約聖書

The absence of any citations from Esther, Ecclesiastes, and Canticles may be reasonably explained by their unsuitability for New Testament purposes, and is further discounted by the non-citation of the two books of Esdras.エスター、伝道の書、そして雅歌からの引用の有無は、合理的に新約聖書の目的のためにその不適任によって説明されるかもしれないし、さらにエスドラス書の2冊の本の非引用によって割り引かれる。 Abdias, Nahum, and Sophonias, while not directly honoured, are included in the quotations from the other minor Prophets by virtue of the traditional unity of that collection. Abdias、ナホム、およびSophoniasは、直接表彰されていないが、そのコレクションの伝統的な団結のおかげで他の小預言者から見積書に含まれています。 On the other hand, such frequent terms as "the Scripture", the "Scriptures", "the holy Scriptures", applied in the New Testament to the other sacred writings, would lead us to believe that the latter already formed a definite fixed collection; but, on the other, the reference in St. Luke to "the Law and the Prophets and the Psalms", while demonstrating the fixity of the Torah and the Prophets as sacred groups, does not warrant us in ascribing the same fixity to the third division, the Palestinian-Jewish Hagiographa.一方、 "聖書"のような頻繁な用語は、他の聖典と新約聖書の中で適用される "聖書"、 "聖書"は、後者はすでに明確な固定されたコレクションを形成していることを信じるように私たちを導くでしょう、しかし、他方では、 "律法と預言者と詩篇"に聖ルカの参照は、律法と神聖グループとして預言者の定着性を発揮しながら、同じに定着をascribingで私たちを保証するものではありません第3師団、パレスチナのユダヤ人のhagiographa。 If, as seems certain, the exact content of the broader catalogue of the Old Testament Scriptures (that comprising the deutero books) cannot be established from the New Testament, a fortiori there is no reason to expect that it should reflect the precise extension of the narrower and Judaistic Canon.一定だと思われた場合は、旧約聖書の広範なカタログ(イザヤ書を構成すること)の正確な内容が新約聖書、なおさらから確立することはできませんそれがの正確な拡張を反映しなければならないことを期待する理由はありません狭くJudaisticキヤノン。 We are sure, of course, that all the Hagiographa were eventually, before the death of the last Apostle, divinely committed to the Church as Holy Scripture, but we known this as a truth of faith, and by theological deduction, not from documentary evidence in the New Testament The latter fact has a bearing against the Protestant claim that Jesus approved and transmitted en bloc an already defined Bible of the Palestinian Synagogue.ていない証拠書類から、我々は、すべてのhagiographaは、最後の使徒の死を前に、最終的には神の力で教典として教会にコミットしたことを、当然のことながら、確信していますが、私たちは信仰の真理として、これを知られ、神学的な推論によって新約聖書では後者の事実は、イエスが一括してパレスチナのシナゴーグのすでに定義されている聖書を承認し、送信したプロテスタントの主張に対してベアリングを持っています。

4. 4。 Authors and Standards of Canonicity among the Jewsユダヤ人の間では、著者や規範の基準

Though the Old Testament reveals no formal notion of inspiration, the later Jews at least must have possessed the idea (cf. 2 Timothy 3:16; 2 Peter 1:21).旧約聖書は、インスピレーションの正式な概念を明らかにしないが、少なくともそれ以降のユダヤ人は、アイデア(; 2ピーター1時21参照2テモテ3:16)を保有している必要があります。 There is an instance of a Talmudic doctor distinguishing between a composition "given by the wisdom of the Holy Spirit" and one supposed to be the product of merely human wisdom. "聖霊の知恵によって与えられた"組成物と、単に人間の知恵の産物であるために仮定1を区別talmudicの医者のインスタンスがあります。 But as to our distinct concept of canonicity, it is a modern idea, and even the Talmud gives no evidence of it.しかし、私たちの規範とは異なる概念としては、それは近代的な発想であり、さらに、タルムードはそれの証拠を与えていない。 To characterize a book which held no acknowledged place in the divine library, the rabbis spoke of it as "defiling the hands", a curious technical expression due probably to the desire to prevent any profane touching of the sacred roll.神のライブラリに全く認め場所を開催していない本を特徴付けるために、ラビは神聖なロールのいずれか不敬な感動を防止するための欲求に起因すると思われる技術的好奇心の強い表現、 "手を汚す"としてそれについて話をした。 But though the formal idea of canonicity was wanting among the Jews the fact existed.規範の正式な考え方は、ユダヤ人の間で欠けていたがしかし、実際には存在していた。 Regarding the sources of canonicity among the Hebrew ancients, we are left to surmise an analogy.ヘブライ語古代人の間で規範性の源泉については、我々は類推を推測するために残されています。 There are both psychological and historical reasons against the supposition that the Old Testament canon grew spontaneously by a kind of instinctive public recognition of inspired books.旧約聖書正典に触発書籍の本能的な認知度の種類によって自発的に成長していることを仮定に対する心理的、歴史的な理由の両方があります。 True, it is quite reasonable to assume that the prophetic office in Israel carried its own credentials, which in a large measure extended to its written compositions. trueの場合、それはイスラエルの予言事務所は、大規模な測定、その作文に拡張独自の資格を搭載していると仮定するのは非常に合理的です。 But there were many pseduo-prophets in the nation, and so some authority was necessary to draw the line between the true and the false prophetical writings.しかし、そこに国民の多くpseduo-預言者がいた、などいくつかの権限は、trueとfalseの机上の文章の間に線を描画することが必要であった。 And an ultimate tribunal was also needed to set its seal upon the miscellaneous and in some cases mystifying literature embraced in the Hagiographa.そして究極の法廷はまた、種々雑多な時およびのhagiographaに抱か文学を神秘いくつかのケースではそのシールを設定するために必要であった。 Jewish tradition, as illustrated by the already cited Josephus, Baba Bathra, and pseudo-Esdras data, points to authority as the final arbiter of what was Scriptural and what not.既に引用ヨセフス、ババbathra、擬似エスドラスデータ、聖書とものではなかったものを最終的にアービタとしての権限をポイントすることによって示されているようにユダヤ教の伝統、。 The so-called Council of Jamnia (c. AD 90) has reasonably been taken as having terminated the disputes between rival rabbinic schools concerning the canonicity of Canticles. Jamniaのいわゆる評議会(c. AD 90)は合理的に賛美歌の規範に関するライバルラビの学校間の紛争を終了したととられている。 So while the intuitive sense and increasingly reverent consciousness of the faithful element of Israel could, and presumably did, give a general impulse and direction to authority, we must conclude that it was the word of official authority which actually fixed the limits of the Hebrew Canon, and here, broadly speaking, the advanced and conservative exegetes meet on common ground.直感的な感覚とイスラエルの忠実な要素のますます敬虔な意識は、おそらく、権威への一般的な衝動と方向性を与えることができなかった間、そう、我々はそれが実際にヘブライ語キヤノンの限界を固定職権の言葉であったと結論付けなければならない、ここで、大まかに言えば、先進的かつ保守的なのexegetesは共通グランドで会う。 However the case may have been for the Prophets, the preponderance of evidence favours a late period as that in which the Hagiographa were closed, a period when the general body of Scribes dominated Judaism, sitting "in the chair of Moses", and alone having the authority and prestige for such action.しかしケースは預言者のためにされている可能性があり、証拠の優越 "とは、モーセの椅子に"座って、一人で持って、律法の一般的なボディはユダヤ教を支配期間のhagiographaが閉鎖されているそのような後期に有利に働くそのようなアクションのための権威と威信。 The term general body of Scribes has been used advisedly; contemporary scholars gravely suspect, when they do not entirely reject, the "Great Synagogue" of rabbinic tradition, and the matter lay outside the jurisdiction of the Sanhedrim.スクライブの長期全身を熟慮して使用されてきた、現代の学者は、重々しく思われる場合は、それらが完全に拒否しない場合には、ラビの伝統の "シナゴーグ"と物質はサンヘドリンの管轄外に横たわっていた。

As a touchstone by which uncanonical and canonical works were discriminated, an important influence was that of the Pentateuchal Law.教会法に従わないと、正規の作品は差別されたことで試金石のように、重要な影響はpentateuchal法のことでした。 This was always the Canon par excellence of the Israelites.これは、常にイスラエルのキヤノン飛び抜けて優秀だった。 To the Jews of the Middle Ages the Torah was the inner sanctuary, or Holy of Holies, while the Prophets were the Holy Place, and the Kéthubim only the outer court of the Biblical temple, and this medieval conception finds ample basis in the pre-eminence allowed to the Law by the rabbis of the Talmudic age.預言者が聖所と、聖書の神殿の外庭だけKéthubimたものの、中世のユダヤ人に律法は、本殿、または聖なる場所であり、この概念は、中世に事前に十分な根拠を見つける隆起は、タルムードの年齢のラビ法に許可された。 Indeed, from Esdras downwards the Law, as the oldest portion of the Canon, and the formal expression of God's commands, received the highest reverence.実際、エスドラス下方法則から、キヤノンの最も古い部分は、神のコマンドの正式な表現として、最高の畏敬の念を受け取った。 The Cabbalists of the second century after Christ, and later schools, regarded the other section of the Old Testament as merely the expansion and interpretation of the Pentateuch.キリストの後二世紀のCabbalists、後の学校は、五の単なる拡大と解釈として、旧約聖書の他のセクションを考えていた。 We may be sure, then, that the chief test of canonicity, at least for the Hagiographa, was conformity with the Canon par excellence, the Pentateuch.私たちは、規範のチーフテストは、少なくとものhagiographaため、キヤノンの卓越、五に適合したこと、その後、確信しているかもしれません。 It is evident, in addition, that no book was admitted which had not been composed in Hebrew, and did not possess the antiquity and prestige of a classic age, or name at least.それはヘブライ語で構成されていなかった何本は認めなかったこと、それに加えて、明らかであり、古典的な時代、あるいは少なくとも名前の古さと威信を所有していなかった。 These criteria are negative and exclusive rather than directive.これらの基準は、ネガティブというよりディレクティブに排他的です。 The impulse of religious feeling or liturgical usage must have been the prevailing positive factors in the decision.宗教的感情や典礼用法のインパルスは、意思決定における実勢プラス要因だったにちがいない。 But the negative tests were in part arbitrary, and an intuitive sense cannot give the assurance of Divine certification.しかし、否定的なテストは、任意の部分にいて、直感的なセンスが神認定の保証を与えることはできません。 Only later was the infallible voice to come, and then it was to declare that the Canon of the Synagogue, though unadulterated indeed, was incomplete.唯一の後に来て絶対確実な声だったし、それは確かしかし純粋シナゴーグのキヤノンは、不完全であったことを宣言することであった。

THE CANON AMONG THE ALEXANDRIAN JEWS (DEUTEROCANONICAL BOOKS)アレクサンドリアのユダヤ人のうち、キヤノン(正典)

The most striking difference between the Catholic and Protestant Bibles is the presence in the former of a number of writings which are wanting in the latter and also in the Hebrew Bible, which became the Old Testament of Protestantism.カトリックとプロテスタントの聖書の間の最も顕著な違いは、後者では、また、プロテスタントの旧約聖書となったヘブライ語聖書、中に欠けている文章の数の元で存在することである。 These number seven books: Tobias (Tobit), Judith, Wisdom, Ecclesiasticus, Baruch, I and II Machabees, and three documents added to protocanonical books, viz., the supplement to Esther, from x, 4, to the end, the Canticle of the Three Youths (Song of the Three Children) in Daniel, iii, and the stories of Susanna and the Elders and Bel and the Dragon, forming the closing chapters of the Catholic version of that book.これらの番号7冊:トビアス(トビト)、ジュディス、知恵、集会の書、バルーク、IとIIのmachabees、およびx、4、から最後までprotocanonical書籍、すなわち、エスターの補足に加え3つの文書は、賛美歌ダニエル、iiiの三青年(三人の子供の歌)、とスザンナと長老たちとベルとドラゴンの物語の、その本のカトリックバージョンの開閉章を形成する。 Of these works, Tobias and Judith were written originally in Aramaic, perhaps in Hebrew; Baruch and I Machabees in Hebrew, while Wisdom and II Machabees were certainly composed in Greek.これらの作品は、トビアス、ジュディスは、おそらくヘブライ語、アラム語で書かれていた元々、知恵およびIIのmachabeesは確かにギリシャ語で構成している間バルークと私は、ヘブライ語でのmachabees。 The probabilities favour Hebrew as the original language of the addition to Esther, and Greek for the enlargements of Daniel.確率はエスターとダニエルの引き伸ばしはギリシャに加えて、元の言語としてヘブライ語を好んで使います。

The ancient Greek Old Testament known as the Septuagint was the vehicle which conveyed these additional Scriptures into the Catholic Church.セプトゥアギンタとして知られている古代ギリシャの旧約聖書は、カトリック教会に、これらの追加の聖書を伝えた車両だった。 The Septuagint version was the Bible of the Greek-speaking, or Hellenist, Jews, whose intellectual and literary centre was Alexandria (see SEPTUAGINT).セプトゥアギンタのバージョンは、その知的財産権と文学の中心ギリシャ語を話す、またはギリシャ学者は、ユダヤ人の聖書は、アレキサンドリア(セプトゥアギンタを参照)であった。 The oldest extant copies date from the fourth and fifth centuries of our era, and were therefore made by Christian hands; nevertheless scholars generally admit that these faithfully represent the Old Testament as it was current among the Hellenist or Alexandrian Jews in the age immediately preceding Christ.私たちの時代第4および第5世紀から現存最古のコピーの日付、およびそれゆえキリスト教の手によって作られた、それにもかかわらず学者は一般的には、キリストの直前の時代にギリシャ学者またはアレクサンドリアのユダヤ人の間に現在のあったように、これらは忠実に旧約聖書を表していることを認める。 These venerable manuscripts of the Septuagint vary somewhat in their content outside the Palestinian Canon, showing that in Alexandrian-Jewish circles the number of admissible extra books was not sharply determined either by tradition or by authority.セプトゥアギンタの写本は、これらの由緒あるアレクサンドリアのユダヤ人のサークルで許容余分な書籍の数が急激に伝統によって、または権限のいずれかによって決定されなかったことを示し、パレスチナキヤノン外、その内容に多少異なります。 However, aside from the absence of Machabees from the Codex Vaticanus (the very oldest copy of the Greek Old Testament), all the entire manuscripts contain all the deutero writings; where the manuscript Septuagints differ from one another, with the exception noted, it is in a certain excess above the deuterocanonical books.しかし、脇にコーデックスvaticanus(ギリシャ語旧約聖書の非常に古いコピー)からのmachabeesの不在から、すべての全体の写本はすべてイザヤの文章が含まれています。原稿Septuagintsは互いに異なる場合には、例外をもって留意し、それがある正典上記特定の過剰インチ It is a significant fact that in all these Alexandrian Bibles the traditional Hebrew order is broken up by the interspersion of the additional literature among the other books, outside the law, thus asserting for the extra writings a substantial equality of rank and privilege.それはすべてのこれらのアレクサンドリアの聖書では、伝統的なヘブライ語の順序は、このように余分な文章のランクと権限の実質的平等を主張して、法律の外で、他の本のうち、その他の資料の散在が壊れてアップされている重要な事実である。

It is pertinent to ask the motives which impelled the Hellenist Jews to thus, virtually at least, canonize this considerable section of literature, some of it very recent, and depart so radically from the Palestinian tradition.実質的には少なくとも、それのいくつかは非常に最近、文学のこのかなりのセクションを偶像化する、とパレスチナの伝統からそう根本的に逸脱し、それは、このようにギリシャ学者のユダヤ人を駆り立てた動機を尋ねることが適切である。 Some would have it that not the Alexandrian, but the Palestinian, Jews departed from the Biblical tradition.そうでないものがアレクサンドリアのこと、それを持っているだろうが、パレスチナ人、ユダヤ人は聖書の伝統から出発した。 The Catholic writers Nickes, Movers, Danko, and more recently Kaulen and Mullen, have advocated the view that originally the Palestinian Canon must have included all the deuterocanonicals, and so stood down to the time of the Apostles (Kaulen, c. 100 BC), when, moved by the fact that the Septuagint had become the Old Testament of the Church, it was put under ban by the Jerusalem Scribes, who were actuated moreover (thus especially Kaulen) by hostility to the Hellenistic largeness of spirit and Greek composition of our deuterocanonical books.より最近ではカトリック作家のNickes、発動機、ダンコ、そしてKaulenとマレンは、もともとパレスチナのキヤノンはすべてdeuterocanonicalsが含まれている必要があり、そう使徒の時間(Kaulenは、c。紀元前100年)まで立っていたビューを提唱している、セプトゥアギンタは、教会の旧約聖書となっていたという事実に感動したとき、それは精神のヘレニズムの大きさへの敵意とは、ギリシャ語の組成によってさらに作動されたエルサレムの律法学者(従って特にKaulen)によって禁止の下に置かれた私たちの正典。 These exegetes place much reliance on St. Justin Martyr's statement that the Jews had mutilated Holy Writ, a statement that rests on no positive evidence.ユダヤ人は神聖な令状毀損したことを聖ジャスティン殉教者の声明で、これらのexegetes場所ずっと頼り、肯定的な証拠なしにかかっている文。 They adduce the fact that certain deutero books were quoted with veneration, and even in a few cases as Scriptures, by Palestinian or Babylonian doctors; but the private utterances of a few rabbis cannot outweigh the consistent Hebrew tradition of the canon, attested by Josephus--although he himself was inclined to Hellenism--and even by the Alexandrian-Jewish author of IV Esdras.彼らは、特定のイザヤ書がパレスチナやバビロニアの医師によって、聖書のように尊敬の念を持つ、さらにはいくつかのケースで引用されたという事実を挙げる、しかし少数のラビの私的発言は、キヤノンの一貫したヘブライ語の伝統を上回ることができない、によって証明ヨセフス- - が、彼自身はヘレニズムに傾いていた - とさえIVエスドラスのアレクサンドリアのユダヤ人の著者によって。 We are therefore forced to admit that the leaders of Alexandrian Judaism showed a notable independence of Jerusalem tradition and authority in permitting the sacred boundaries of the Canon, which certainly had been fixed for the Prophets, to be broken by the insertion of an enlarged Daniel and the Epistle of Baruch.我々は、したがって、アレクサンドリアのユダヤ教の指導者が拡大されたダニエルの挿入によって壊れているように、確かに預言者のために固定されていたキヤノンの神聖な境界を可能にエルサレムの伝統と権威の顕著な独立性を示したことを認めざるを余儀なくされているとバルークの信徒。 On the assumption that the limits of the Palestinian Hagiographa remained undefined until a relatively late date, there was less bold innovation in the addition of the other books, but the wiping out of the lines of the triple division reveals that the Hellenists were ready to extend the Hebrew Canon, if not establish a new official one of their own.パレスチナのhagiographaの限界が比較的遅い日まで未定義のままであることを前提に、そこに少ない大胆な技術革新は、他の書籍のほかにあったが、トリプル部門のラインから一掃Hellenistsが拡張する準備ができていたことが明らかになったヘブライ語キヤノンは、独自の新しい公式1を確立していない場合。

On their human side these innovations are to be accounted for by the free spirit of the Hellenist Jews.彼らの人間的な側面では、これらの技術革新は、ギリシャ学者のユダヤ人の自由な精神によって説明されるべきである。 Under the influence of Greek thought they had conceived a broader view of Divine inspiration than that of their Palestinian brethren, and refused to restrict the literary manifestations of the Holy Ghost to a certain terminus of time and the Hebrew form of language.ギリシア思想の影響下で、彼らはパレスチナ人同胞のそれよりも神の霊感の広い視野を考案し、時間および言語のヘブライ語のフォームの特定の末端には、聖霊の文学的な症状を制限することを拒否した。 The Book of Wisdom, emphatically Hellenist in character, presents to us Divine wisdom as flowing on from generation to generation and making holy souls and prophets (vii, 27, in the Greek).文字で強調ギリシャ学者本の知恵は、世代から世代へと上を流れる、聖なる魂と預言(7、27、ギリシャ語で)を作るように私達に神の知恵を紹介します。 Philo, a typical Alexandrian-Jewish thinker, has even an exaggerated notion of the diffusion of inspiration (Quis rerum divinarum hæres, 52; ed. Lips., iii, 57; De migratione Abrahæ, 11,299; ed. Lips. ii, 334).フィロは、典型的なアレクサンドリアのユダヤ人の思想家は、インスピレーションの拡散(; ED唇、III、57;。デmigrationeAbrahæ、11299;エド唇II、334 Quis rerum divinarum相続人、52)のであっても誇張された概念を持っています。 But even Philo, while indicating acquaintance with the deutero literature, nowhere cites it in his voluminous writings.しかし、フィロは、イザヤの文学の知人を示しているが、どこにも彼の膨大な著作の中でそれを引き合いに出していません。 True, he does not employ several books of the Hebrew Canon; but there is a natural presumption that if he had regarded the additional works as being quite on the same plane as the others, he would not have failed to quote so stimulating and congenial a production as the Book of Wisdom.確かに、彼はヘブライ語キヤノンの何冊かの本を採用していませんが、彼は非常に他の人と同じ平面上にあるものとして追加工事とみなしていたなら、彼はとても刺激的で、気心の引用に失敗しなかっただろうと自然な推定がある本の知恵として生産。 Moreover, as has been pointed out by several authorities, the independent spirit of the Hellenists could not have gone so far as to setup a different official Canon from that of Jerusalem, without having left historical traces of such a rupture.いくつかの当局によって指摘されているようにさらに、Hellenistsの独立の精神は、このような破裂の左側の歴史的痕跡がなくても、エルサレムとは異なる公式キヤノンをセットアップするために、これまでのように行っていることができませんでした。 So, from the available data we may justly infer that, while the deuterocanonicals were admitted as sacred by the Alexandrian Jews, they possessed a lower degree of sanctity and authority than the longer accepted books, ie, the Palestinian Hagiographa and the Prophets, themselves inferior to the Law.だから、我々は正当にdeuterocanonicalsはアレクサンドリアのユダヤ人によって神聖なものとして入院したが、それらはもう受け入れ書籍より尊厳と権威の低い程度を保有して、と推測することが可能なデータから、すなわち、パレスチナのhagiographaと預言者は、自分たちより劣っ法。

THE CANON OF THE OLD TESTAMENT IN THE CATHOLIC CHURCHカトリック教会では、旧約聖書のキヤノン

The most explicit definition of the Catholic Canon is that given by the Council of Trent, Session IV, 1546.カトリックキヤノンの最も明確な定義は、そのトレントの評議会、セッションIV、1546によって与えられる。 For the Old Testament its catalogue reads as follows:旧約聖書の場合、カタログは次のように読み取ります。

The five books of Moses (Genesis, Exodus, Leviticus, Numbers, Deuteronomy), Josue, Judges, Ruth, the four books of Kings, two of Paralipomenon, the first and second of Esdras (which latter is called Nehemias), Tobias, Judith, Esther, Job, the Davidic Psalter (in number one hundred and fifty Psalms), Proverbs, Ecclesiastes, the Canticle of Canticles, Wisdom, Ecclesiasticus, Isaias, Jeremias, with Baruch, Ezechiel, Daniel, the twelve minor Prophets (Osee, Joel, Amos, Abdias, Jonas, Micheas, Nahum, Habacue, Sophonias, Aggeus, Zacharias, Malachias), two books of Machabees, the first and second.モーセの五書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)、ジョスエ、裁判官、ルース、王の4冊、歴代志の2、第一及び第二のエスドラス(Nehemias呼ばれる後者)、トビアス、ジュディス、エスター、舐め、バルーク、Ezechiel、ダニエル、12小預言者(Osee、ジョエルとのdavidic詩篇(番号150詩篇)、箴言、伝道の書は、賛美歌の雅歌、知恵、集会の書、イザヤ書、イェレミアス、 、アモス、Abdias、ジョナス、Micheas、ナホム、Habacue、Sophonias、Aggeus、ツァハリアス、Malachias)、machabeesの二冊、第一及び第二。

The order of books copies that of the Council of Florence, 1442, and in its general plan is that of the Septuagint.書籍の順番はフィレンツェ、1442年の議会のことをコピーし、その一般的な計画にセプトゥアギンタのことです。 The divergence of titles from those found in the Protestant versions is due to the fact that the official Latin Vulgate retained the forms of the Septuagint.プロテスタントのバージョンで見つかったものからタイトルの発散は公式ラテン語ウルガタ聖書は、セプトゥアギンタの形態を保持していることに起因する。

A. THE OLD TESTAMENT CANON (INCLUDING THE DEUTEROS) IN THE NEW TESTAMENT A.新約聖書における旧約聖書キヤノン(DEUTEROS含む)

The Tridentine decrees from which the above list is extracted was the first infallible and effectually promulgated pronouncement on the Canon, addressed to the Church Universal.トリエントは、効果的に第一絶対に正しいとは、教会ユニバーサル宛、キヤノンに宣告を公布された上記のリストが抽出された政令。 Being dogmatic in its purport, it implies that the Apostles bequeathed the same Canon to the Church, as a part of the depositum fedei.その趣旨で独断的であること、それは使徒depositum fedeiの一環として、教会に同じキヤノンを残したことを意味します。 But this was not done by way of any formal decision; we should search the pages of the New Testament in vain for any trace of such action.しかし、これは正式な意思決定の方法によって行われていない、我々はそのような行動の痕跡ための無駄で、新約聖書のページを検索する必要があります。 The larger Canon of the Old Testament passed through the Apostles' hands to the church tacitly, by way of their usage and whole attitude toward its components; an attitude which, for most of the sacred writings of the Old Testament, reveals itself in the New, and for the rest, must have exhibited itself in oral utterances, or at least in tacit approval of the special reverence of the faithful.その使用法とそのコンポーネントに向かって全体的な態度を経由して、暗黙のうちに教会に使徒の手を通過し、旧約聖書の大きいキヤノン、旧約聖書の聖典のほとんどのために、新に自分自身を明らかにし、態度、および残りのために、経口発言で、または少なくとも信徒の特別畏敬の黙認で自分自身を出品している必要があります。 Reasoning backward from the status in which we find the deutero books in the earliest ages of post-Apostolic Christianity, we rightly affirm that such a status points of Apostolic sanction, which in turn must have rested on revelation either by Christ or the Holy Spirit.我々はポストローマ教皇キリスト教の最古の時代にイザヤの本を見つけている状態から後向き推論は、我々は当然、順番に啓示のいずれかにキリストや聖霊による静養している必要があり、ローマ教皇の制裁のような状態を指し、断言。 For the deuterocanonicals at least, we needs must have recourse to this legitimate prescriptive argument, owing to the complexity and inadequacy of the New Testament data.新約聖書のデータの複雑さや不備に起因し、この正当な規範引数に頼られている必要があります少なくともdeuterocanonicalsために、我々は必要とします。

All the books of the Hebrew Old Testament are cited in the New except those which have been aptly called the Antilegomena of the Old Testament, viz., Esther, Ecclesiastes, and Canticles; moreover Esdras and Nehemias are not employed.ヘブライ語の旧約聖書の書物はすべて適切に旧約聖書、すなわちのAntilegomenaと呼ばれているものを除き、新規に引用され、エスター、伝道の書、そして賛美歌;さらにエスドラスとNehemiasが採用されていません。 The admitted absence of any explicit citation of the deutero writings does not therefore prove that they were regarded as inferior to the above-mentioned works in the eyes of New Testament personages and authors.イザヤの書物の明示的な引用の認めないことは、それゆえ彼らは新約聖書の人物と著者の目には、上記の作品に劣るとみなされていたことを証明するものではありません。 The deutero literature was in general unsuited to their purposes, and some consideration should be given to the fact that even at its Alexandrian home it was not quoted by Jewish writers, as we saw in the case of Philo.イザヤ文献は、その目的には不向き一般にあって、いくつかの配慮は、我々はフィロのケースで見たようにも、そのアレクサンドリアの家でそれは、ユダヤ人の作家によって引用されなかったという事実を考慮すべきである。 The negative argument drawn from the non-citation of the deuterocanonicals in the New Testament is especially minimized by the indirect use made of them by the same Testament.新約聖書の中でdeuterocanonicalsの非引用から引き出さ負の引数は、特に同じ聖書によってそれらで作られた間接的な使用して最小化します。 This takes the form of allusions and reminiscences, and shows unquestionably that the Apostles and Evangelists were acquainted with the Alexandrian increment, regarded its books as at least respectable sources, and wrote more or less under its influence.これはallusionsと回想の形をとると、使徒との伝道者は、少なくとも立派なソースとして帳簿をみなされ、その影響力の下に多かれ少なかれを書いた、アレクサンドリアの増加と知り合いにされたことを紛れもなく示しています。 A comparison of Hebrews, xi and II Machabees, vi and vii reveals unmistakable references in the former to the heroism of the martyrs glorified in the latter.ヘブル人への手紙、XIとIIのmachabees、VI及びVIIの比較では、後者の、見せかけの殉教者の英雄的行為に前者では紛れもない参照を明らかにする。 There are close affinities of thought, and in some cases also of language, between 1 Peter 1:6-7, and Wisdom 3:5-6; Hebrews 1:3, and Wisdom 7:26-27; 1 Corinthians 10:9-10, and Judith 8:24-25; 1 Corinthians 6:13, and Ecclesiasticus 36:20. 1ペテロ1:6-7、と知恵3:5-6間の思考の、いくつかのケースでも、言語の密接な親和性は、ありますが、ヘブル1:3、と知恵7:26-27、第一コリント10:9 -10、およびジュディス8:24-25、第一コリント6時13分、集会36:20。

Yet the force of the direct and indirect employment of Old Testament writings by the New is slightly impaired by the disconcerting truth that at least one of the New Testament authors, St. Jude, quotes explicitly from the "Book of Henoch", long universally recognized as apocryphal, see verse 14, while in verse 9 he borrows from another apocryphal narrative, the "Assumption of Moses".まだ新しいことで、旧約聖書の記述の直接的および間接的な雇用の力はわずかに新約聖書の著者のうちの少なくとも一方は、セントジュードは、長い普遍的に認められ、 "ヘーノホの本"から明示的に引用していることを当惑させる真理によって損なわれる9節で、彼は別の作り話の物語、 "モーセの昇天"から借用しながら作り話として、14節を参照してください。 The New Testament quotations from the Old are in general characterized by a freedom and elasticity regarding manner and source which further ten to diminish their weight as proofs of canonicity.旧約から新約聖書の引用は、一般的なやり方と規範の証拠として、自分の体重を減少させるためにさらに10ソースに関する自由と弾力性によって特徴づけられる。 But so far as concerns the great majority of the Palestinian Hagiographa--a fortiori, the Pentateuch and Prophets--whatever want of conclusiveness there may be in the New Testament, evidence of their canonical standing is abundantly supplemented from Jewish sources alone, in the series of witnesses beginning with the Mishnah and running back through Josephus and Philo to the translation of the above books for the Hellenist Greeks.しかし、これまでのところ、パレスチナのhagiographaの大多数が懸念など - なおさら、五と預言 - 決定的であることをやりたい、新約聖書にあるかもしれません、その正規地位の証拠が豊富で、一人でユダヤ人の源から補充されるミシュナー始まるとギリシャ学者ギリシア人のため上記の書籍の翻訳にヨセフスとフィロ通って走って戻って証人のシリーズ。 But for the deuterocanonical literature, only the last testimony speaks as a Jewish confirmation.しかし、第二正典文学のために、唯一の最後の証言では、ユダヤ人の確認として話す。 However, there are signs that the Greek version was not deemed by its readers as a closed Bible of definite sacredness in all its parts, but that its somewhat variable contents shaded off in the eyes of the Hellenists from the eminently sacred Law down to works of questionable divinity, such as III Machabees.しかし、ギリシャ語版は、そのすべての部分で明確な神聖さのクローズドバイブルとして、読者が判断していなかったことを示す兆候がありますが、その内容はやや変数の作品に極めて神聖な法則からHellenistsの目にダウンぼかしていることそのようなIIIのmachabeesとして疑わしい神性、。

This factor should be considered in weighing a certain argument.この係数は、特定の引数を計量する際に考慮すべきである。 A large number of Catholic authorities see a canonization of the deuteros in a supposed wholesale adoption and approval, by the Apostles, of the Greek, and therefore larger, Old Testament The argument is not without a certain force; the New Testament undoubtedly shows a preference for the Septuagint; out of the 350 texts from the Old Testament, 300 favour the language of the Greek version rather than that of the Hebrew.カトリック当局の数が多いはず卸売採用と承認にdeuteros列聖を参照して、使徒によって、ギリシャ語、従って大きいのは、旧約聖書では、引数は、一定の力がないわけではない、新約聖書は間違いなく優先順位を示していますセプトゥアギンタのため、外に旧約聖書、300賛成むしろヘブライ語のそれよりもギリシャ語のバージョンの言語と350の文章。 But there are considerations which bid us hesitate to admit an Apostolic adoption of the Septuagint en bloc.しかし、セプトゥアギンタを一括ローマ教皇の採用を認めることを躊躇ご入札の注意事項があります。 As remarked above, there are cogent reasons for believing that it was not a fixed quantity at the time.上記述べたように、それは一度に一定量ではなかったことを信じるための説得力のある理由があります。 The existing oldest representative manuscripts are not entirely identical in the books they contain.既存の最古の代表写本は、それらに含まれる本の中で完全に同一ではありません。 Moreover, it should be remembered that at the beginning of our era, and for some time later, complete sets of any such voluminous collection as the Septuagint in manuscript would be extremely rare; the version must have been current in separate books or groups of books, a condition favourable to a certain variability of compass.また、それは私たちの時代の初めに、いくつかの時間後に、原稿のセプトゥアギンタとして、そのような膨大なコレクションの完全なセットは非常にまれであることを忘れてはならない、バージョンが異なるブックや書籍のグループで現在されている必要があります、コンパスの一定の変動性に有利な条件。 So neither a fluctuating Septuagint nor an inexplicit New Testament conveys to us the exact extension of the pre-Christian Bible transmitted by the Apostles to the Primitive Church.だからどちらも変動するセプトゥアギンタも明瞭でない新約聖書は私たちには、原始教会に使徒によって送信プリキリスト教の聖書の正確な内線番号を伝えます。 It is more tenable to conclude to a selective process under the guidance of the Holy Ghost, and a process completed so late in Apostolic times that the New Testament fails to reflect its mature result regarding either the number or note of sanctity of the extra-Palestinian books admitted.それは、聖霊の指導の下で選択的なプロセスに締結するより批判に耐えられる、プロセスは新約聖書が余分 - パレスチナの尊厳の数やノートのどちらかをについて、その成熟した結果を反映するように失敗したことは、ローマ教皇の時代にこんなに遅く完了書籍は認めた。 To historically learn the Apostolic Canon of the Old Testament we must interrogate less sacred but later documents, expressing more explicitly the belief of the first ages of Christianity.歴史的には、旧約聖書の使徒キヤノンを学ぶために、我々はより明示的にキリスト教の最初の年齢の信念を表現し、より少ないが、後に神聖な文書に問い合わせる必要があります。

B. THE CANON OF THE OLD TESTAMENT IN THE CHURCH OF THE FIRST THREE CENTURIES Bの最初の3つの世紀の教会では、旧約聖書のキヤノン

The sub-Apostolic writings of Clement, Polycarp, the author of the Epistle of Barnabas, of the pseudo-Clementine homilies, and the "Shepherd" of Hermas, contain implicit quotations from or allusions to all the deuterocanonicals except Baruch (which anciently was often united with Jeremias) and I Machabees and the additions to David.クレメントのサブ使徒の文章、ポリカープ、擬似クレメンタインを発するの信徒のバルナバの著者、とのhermas "羊飼い"は、からまたは当てつけバルーク(昔は頻繁にあった以外のすべてのdeuterocanonicalsへの暗黙的な引用を含んでいるイェレミアスと一体)と私のmachabeesとデビッドへの追加。 No unfavourable argument can be drawn from the loose, implicit character of these citations, since these Apostolic Fathers quote the protocanonical Scriptures in precisely the same manner.これらのローマ教皇の父親は、正確に同じ方法でprotocanonical聖書を引用するので、全く不利な引数は、これらの引用の緩い、暗黙の文字から引き出すことはできない。 Coming down to the next age, that of the apologists, we find Baruch cited by Athenagoras as a prophet.擁護のため、我々はバルークは、預言者としてアテナゴラスによって引用見つけることが、次の時代に下って来る。 St. Justin Martyr is the first to note that the Church has a set of Old Testament Scriptures different from the Jews', and also the earliest to intimate the principle proclaimed by later writers, namely, the self-sufficiency of the Church in establishing the Canon; its independence of the Synagogue in this respect.聖ジャスティン殉教者教会がユダヤ人 "とは異なる旧約聖書のセット、またすなわち、それ以降の作家によって宣言の原則を差し上げする最古の確立における教会の自給率を持っていることに注意する最初のものですキヤノン、この点でシナゴーグの独立性。 The full realization of this truth came slowly, at least in the Orient, where there are indications that in certain quarters the spell of Palestinian-Jewish tradition was not fully cast off for some time.この真実の完全な実現には、少なくとも特定の四半期にパレスチナのユダヤ人の伝統の呪文は完全にいくつかの時間をキャストオフされなかったことを示す兆候があるオリエントで、徐々に来ました。 St. Melito, Bishop of Sardis (c. 170), first drew up a list of the canonical books of the Old Testament While maintaining the familiar arrangement of the Septuagint, he says that he verified his catalogue by inquiry among Jews; Jewry by that time had everywhere discarded the Alexandrian books, and Melito's Canon consists exclusively of the protocanonicals minus Esther.セプトゥアギンタの身近な配置を維持しながら聖メリート、サルディスの司教(170℃)は、最初の旧約聖書の正典のリストを策定し、彼はユダヤ人の間で照会することによって彼のカタログを検証したことを言う;ことによってユダヤ人時間はどこでもアレクサンドリアの本を捨てていたが、メリートのキヤノンは、もっぱらprotocanonicalsマイナスエスターの構成されています。 It should be noticed, however, that the document to which this catalogue was prefixed is capable of being understood as having an anti-Jewish polemical purpose, in which case Melito's restricted canon is explicable on another ground.それは、このカタログは、接頭辞のための文書がメリートの制限キヤノンは別の地面に解説できるである場合には反ユダヤ主義論争目的を有するものとして理解されることが可能であること、しかし、留意すべきである。 St. Irenæus, always a witness of the first rank, on account of his broad acquaintance with ecclesiastical tradition, vouches that Baruch was deemed on the same footing as Jeremias, and that the narratives of Susanna and Bel and the Dragon were ascribed to Daniel.いつも聖irenæus、教会の伝統を持つ彼の広い知人のアカウントで初段の証人、バルークは、イェレミアスと同じ立場であると考えられたこと、そしてスザンナ、ベルとドラゴンの物語はダニエルに帰されたことを保証します。 The Alexandrian tradition is represented by the weighty authority of Origen.アレクサンドリアの伝統は、原産地の重い権威によって表されます。 Influenced, doubtless, by the Alexandrian-Jewish usage of acknowledging in practice the extra writings as sacred while theoretically holding to the narrower Canon of Palestine, his catalogue of the Old Testament Scriptures contains only the protocanonical books, though it follows the order of the Septuagint.それはセプトゥアギンタの順序に従うものの影響を受け、確かに、理論的にはパレスチナの狭いキヤノンに保持しながら、実際には神聖として余分な文章を認めることのアレクサンドリアのユダヤ人の使い方によって、旧約聖書の彼のカタログは、唯一protocanonicalブックが含まれています。 Nevertheless Origen employs all the deuterocanonicals as Divine Scriptures, and in his letter of Julius Africanus defends the sacredness of Tobias, Judith, and the fragments of Daniel, at the same time implicitly asserting the autonomy of the Church in fixing the Canon (see references in Cornely).それにもかかわらず、原産地は、神の聖書など、すべてdeuterocanonicalsを採用しており、ユリウスアフリカヌスの彼の手紙の中で暗黙のうちにキヤノンを固定し、教会の自律性を主張すると同時に、トビアス、ジュディス、ダニエルの断片の神聖を守る(参照文献にCornely)。 In his Hexaplar edition of the Old Testament all the deuteros find a place.旧約聖書の彼Hexaplar版ではすべてのdeuterosは場所を見つける。 The sixth-century Biblical manuscript known as the "Codex Claromontanus" contains a catalogue to which both Harnack and Zahn assign an Alexandrian origin, about contemporary with Origen. "コーデックスClaromontanus"として知られている6世紀の聖書の写本は、ハルナックとザーン両方が原産地で約現代、アレクサンドリアの起源を割り当てるためのカタログが含まれています。 At any rate it dates from the period under examination and comprises all the deuterocanonical books, with IV Machabees besides.いずれにせよ、それは検査下の時代からさかのぼり、以外のIVのmachabees持つすべての正典を含む。 St. Hippolytus (d. 236) may fairly be considered as representing the primitive Roman tradition.聖ヒッポリュトス(民主党236)はかなり原始的ローマの伝統を表していると考えられるかもしれません。 He comments on the Susanna chapter, often quotes Wisdom as the work of Solomon, and employs as Sacred Scripture Baruch and the Machabees.彼スザンナ章についてのコメントは、ソロモンの作品としてしばしば引用符知恵、そして聖書バルークとのmachabeesとして採用しています。 For the West African Church the larger canon has two strong witnesses in Tertullian and St. Cyprian.西アフリカの教会のために大きいキヤノンはテルトゥリアヌス​​と聖シプリアン2つの強力な証人を持っています。 All the deuteros except Tobias, Judith, and the addition to Esther, are Biblically used in the works of these Fathers.トビアス、ジュディス、とエスターに加えて、以外のすべてのdeuterosは聖書にこれらの父親の作品で使用されています。 (With regard to the employment of apocryphal writings in this age see under APOCRYPHA.) (この時代にうその記述の雇用に関しては外典で見て下さい。)

C. THE CANON OF THE OLD TESTAMENT DURING THE FOURTH, AND FIRST HALF OF THE FIFTH, CENTURY C.第四中に古い聖書のキヤノン、第五に、世紀の前半

In this period the position of the deuterocanonical literature is no longer as secure as in the primitive age.この期間内に第二正典文学の位置はもはや原始時代ほど安全ではありません。 The doubts which arose should be attributed largely to a reaction against the apocryphal or pseudo-Biblical writings with which the East especially had been flooded by heretical and other writers.生じた疑問は、主に東アジア、特に異端や他の作家によって殺到していたと作り話や擬似聖書の記述との反応に起因する必要があります。 Negatively, the situation became possible through the absence of any Apostolic or ecclesiastical definition of the Canon.否定的には、状況はキヤノンのいずれかのローマ教皇や教会の定義の有無によって可能となった。 The definite and inalterable determination of the sacred sources, like that of all Catholic doctrines, was in the Divine economy left to gradually work itself out under the stimulus of questions and opposition.神聖源の明確かつ不変の決定は、すべてのカトリック教義のそのように、徐々に疑問や反対の刺激の下に自身を動作するように左神経済であった。 Alexandria, with its elastic Scriptures, had from the beginning been a congenial field for apocryphal literature, and St. Athanasius, the vigilant pastor of that flock, to protect it against the pernicious influence, drew up a catalogue of books with the values to be attached to each.その弾性聖書とアレクサンドリアでは、最初から作り話の文学のために気心の知れたフィールドであった、と聖アタナシウス、その群れの警戒牧師は、有害な影響から保護して、なるように値を持つ書籍のカタログを作成しましたそれぞれに取り付けられている。 First, the strict canon and authoritative source of truth is the Jewish Old Testament, Esther excepted.まず、厳格なカノンと真実の権威筋は、ユダヤ人の旧約聖書ですが、エスターは除外。 Besides, there are certain books which the Fathers had appointed to be read to catechumens for edification and instruction; these are the Wisdom of Solomon, the Wisdom of Sirach (Ecclesiasticus), Esther, Judith, Tobias, the Didache, or Doctrine of the Apostles, the Shepherd of Hermas.それに、父親教化と命令をcatechumens読まれるために任命された特定の本があります、これらはソロモン、シラク(集会の書)、エスター、ジュディス、トビアス、新約聖書、または使徒の教義の知恵知恵アール、羊飼いのhermas。 All others are apocrypha and the inventions of heretics (Festal Epistle for 367).他のすべては外典や異端の発明(367のための祝祭の信徒)です。 Following the precedent of Origen and the Alexandrian tradition, the saintly doctor recognized no other formal canon of the Old Testament than the Hebrew one; but also, faithful to the same tradition, he practically admitted the deutero books to a Scriptural dignity, as is evident from his general usage.原産地の先例とアレクサンドリアの伝統に従い、聖人のような医者は、ヘブライ語のものより旧約聖書の他の正式なカノンを認識しません;も、明らかなように、同じ伝統に忠実に、彼は実質的に、聖書の尊厳にイザヤの本を認め彼の一般的な用法から。 At Jerusalem there was a renascence, perhaps a survival, of Jewish ideas, the tendency there being distinctly unfavourable to the deuteros.エルサレムでユダヤ人の思想の復活、恐らく生存、deuterosにはっきりと不利であることがあり傾向があった。 St. Cyril of that see, while vindicating for the Church the right to fix the Canon, places them among the apocrypha and forbids all books to be read privately which are not read in the churches.教会のためにキヤノンを修正する権利をvindicatingながら、見ているの聖キュリロスは、外典の中でそれらを配置し、教会で読まれていない個人的に読み込まれるすべての書籍を禁じます。 In Antioch and Syria the attitude was more favourable.アンティオキアとシリアの態度はより良好であった。 St. Epiphanius shows hesitation about the rank of the deuteros; he esteemed them, but they had not the same place as the Hebrew books in his regard.聖エピファニオスdeuterosのランクに関するためらいを示し、彼は彼らを尊敬しますが、彼らは彼の点でヘブライ語の書籍と同じ場所にいなかった。 The historian Eusebius attests the widespread doubts in his time; he classes them as antilegomena, or disputed writings, and, like Athanasius, places them in a class intermediate between the books received by all and the apocrypha.史家ユーセビアスは彼の時間で広く疑念を証明する、彼はantilegomena、または係争中の文章として、それらをクラス、および、アタナシウスのように、すべてが受信した書籍や外典の間の中間クラスにそれらを配置します。 The 59th (or 60th) canon of the provincial Council of Laodicea (the authenticity of which however is contested) gives a catalogue of the Scriptures entirely in accord with the ideas of St. Cyril of Jerusalem.ラオデキヤの地方協議会第59回(または第六十)キヤノン(ただし争われているの真正)がエルサレムの聖キュリロスのアイデアと調和して、完全に聖書のカタログを提供します。 On the other hand, the Oriental versions and Greek manuscripts of the period are more liberal; the extant ones have all the deuterocanonicals and, in some cases, certain apocrypha.一方、期間のオリエンタルバージョンとギリシア語写本は、よりリベラルであり、現存するものはすべてdeuterocanonicalsと、いくつかのケースでは、特定の外典を持っています。

The influence of Origen's and Athanasius's restricted canon naturally spread to the West.原産地のとアタナシウスの制限されたキヤノンの影響は当然西側に広がる。 St. Hilary of Poitiers and Rufinus followed their footsteps, excluding the deuteros from canonical rank in theory, but admitting them in practice.ポワティエとルフィヌスの聖ヒラリーは、理論的には標準的なランクからdeuterosを除いて、実際にそれらを認め、彼らの足跡を追った。 The latter styles them "ecclesiastical" books, but in authority unequal to the other Scriptures.後者のスタイルのことを "教会"本が、他の聖書の権威で不平等。 St. Jerome cast his weighty suffrage on the side unfavourable to the disputed books.聖ジェロームは係争中の書籍に不利な側に彼の重い参政権を唱える。 In appreciating his attitude we must remember that Jerome lived long in Palestine, in an environment where everything outside the Jewish Canon was suspect, and that, moreover, he had an excessive veneration for the Hebrew text, the Hebraica veritas as he called it.彼の態度を鑑賞では、ジェロームは、ユダヤ人、キヤノン外すべてが容疑者であった環境で、パレスチナに長く住んでいて、彼がそれを呼んだこと、また、彼は、ヘブライ語のテキストにHebraica Veritasを過度の尊敬の念を持っていたことを覚えておく必要があります。 In his famous "Prologus Galeatus", or Preface to his translation of Samuel and Kings, he declares that everything not Hebrew should be classed with the apocrypha, and explicitly says that Wisdom, Ecclesiasticus, Tobias, and Judith are not on the Canon.彼の有名な "Galeatus Prologus"、またはサミュエルとキングスの彼の翻訳の序文で、彼はそのすべてがヘブライ語外典と分類されるべきではない、と明示的にその知恵が言うには、集会の書、トビアス、とジュディスは、キヤノンではありません宣言しています。 These books, he adds, are read in the churches for the edification of the people, and not for the confirmation of revealed doctrine.これらの本は、彼は追加して、人々の教化のためにではなく、明らかに教義の確認のために教会で読み取られます。 An analysis of Jerome's expressions on the deuterocanonicals, in various letters and prefaces, yields the following results: first, he strongly doubted their inspiration; secondly, the fact that he occasionally quotes them, and translated some of them as a concession to ecclesiastical tradition, is an involuntary testimony on his part to the high standing these writings enjoyed in the Church at large, and to the strength of the practical tradition which prescribed their readings in public worship. deuterocanonicalsでジェロームの表現の分析では、様々な文字や序文には、次のような結果が得られます:第一に、彼は強く自分のインスピレーションを疑って、第二に、彼は時折それらを引用して、ということは、教会の伝統への譲歩として、それらのいくつかを翻訳して、これらの記述は、大規模な教会で楽しむ、そして公共の崇拝で自分の読みを定める実用的な伝統の強さに高い地位に彼の部分の上に不本意な証言です。 Obviously, the inferior rank to which the deuteros were relegated by authorities like Origen, Athanasius, and Jerome, was due to too rigid a conception of canonicity, one demanding that a book, to be entitled to this supreme dignity, must be received by all, must have the sanction of Jewish antiquity, and must moreover be adapted not only to edification, but also to the "confirmation of the doctrine of the Church", to borrow Jerome's phrase.明らかに、deuterosが原産地、アタナシウス、ジェロームと、のような当局によって移管されたために下のランクは、この最高の尊厳を受けるべき本は、すべてによって受信されなければならないことを要求する1規範の概念はあまりにも硬直したことによるもの、ユダヤ人の古代の制裁を持っている必要があり、しかもジェロームの言葉を借りれば、教化するだけでなく、 "教会の教義の確認"のみならず、適合させなければならない。

But while eminent scholars and theorists were thus depreciating the additional writings, the official attitude of the Latin Church, always favourable to them, kept the majestic tenor of its way.著名な学者や理論家は、このように追加の文章を減価償却している間しかし、ローマカトリック教会の公式の態度、それらに常に有利には、その道の雄大なテナーを保った。 Two documents of capital importance in the history of the canon constitute the first formal utterance of papal authority on the subject.キヤノンの歴史の中で極めて重要な2つの文書は、件名にローマ法王の権威の最初の正式な発話を構成している。 The first is the so-called "Decretal of Gelasius", de recipiendis et non recipiendis libris, the essential part of which is now generally attributed to a synod convoked by Pope Damasus in the year 382.第一は、いわゆる "Gelasiusの教皇教令"で、デrecipiendisら非recipiendis libris、の本質的な部分は、現在、一般的に年382年に教皇ダマソによって召集教会会議に起因すると考えられる。 The other is the Canon of Innocent I, sent in 405 to a Gallican bishop in answer to an inquiry.もう一つは、お問い合わせへの回答で、条項司教に405で送信罪のない私のキヤノンです。 Both contain all the deuterocanonicals, without any distinction, and are identical with the catalogue of Trent.どちらも任意の区別なく、すべてのdeuterocanonicalsが含まれており、トレントのカタログと同じです。 The African Church, always a staunch supporter of the contested books, found itself in entire accord with Rome on this question.アフリカの教会、争わ書籍の常に忠実な支持者は、この質問にローマで全体の調和で自分自身を発見した。 Its ancient version, the Vetus Latina (less correctly the Itala), had admitted all the Old Testament Scriptures.古代のバージョン、Vetusラティーナ(少ない正しくイタラ)は、すべて旧約聖書を認めていた。 St. Augustine seems to theoretically recognize degrees of inspiration; in practice he employs protos and deuteros without any discrimination whatsoever.聖アウグスティヌスは、理論的にはインスピレーションの度合いを認識するように思えるが、実際に彼は、いかなる差別もなしにPROTOSとdeuterosを採用しています。 Moreover in his "De Doctrinâ Christianâ" he enumerates the components of the complete Old Testament.しかも彼の "デどちりクリスティアナ"彼は完全に旧約聖書の構成要素を列挙します。 The Synod of Hippo (393) and the three of Carthage (393, 397, and 419), in which, doubtless, Augustine was the leading spirit, found it necessary to deal explicitly with the question of the Canon, and drew up identical lists from which no sacred books are excluded. 、確かに、アウグスティヌスは、先覚者であったキヤノンの質問を使用して明示的に対処することが必要と認め、かつ、同一のリストを策定しているカバの教会会議(393)とカルタゴの3(393、397、419)、そこからの神聖な書籍は除外されません。 These councils base their canon on tradition and liturgical usage.これらの協議会では、伝統と典礼の使用量に彼らのカノンを基にします。 For the Spanish Church valuable testimony is found in the work of the heretic Priscillian, "Liber de Fide et Apocryphis"; it supposes a sharp line existing between canonical and uncanonical works, and that the Canon takes in all the deuteros.スペインの教会のために貴重な証言が異端Priscillianの作品 "LIBERデfideらApocryphis"で発見され、それは正規の教会法に従わないと作品との間に存在するシャープなラインを想定し、キヤノンがdeuterosにかかるという。

D. THE CANON OF THE OLD TESTAMENT FROM THE MIDDLE OF THE FIFTH TO THE CLOSE OF THE SEVENTH CENTURY D. FIFTH中旬から七世紀の終結まで、旧約聖書のキヤノン

This period exhibits a curious exchange of opinions between the West and the East, while ecclesiastical usage remained unchanged, at least in the Latin Church.教会の使用量は横ばいながら、この期間は、少なくとも教会ラテン語では、西と東の間に意見の好奇心の交流を示す。 During this intermediate age the use of St. Jerome's new version of the Old Testament (the Vulgate) became widespread in the Occident.この中間の年齢の間には、旧約聖書(ウルガタ聖書)の聖ジェロームの新しいバージョンを使用することは西洋​​に広まった。 With its text went Jerome's prefaces disparaging the deuterocanonicals, and under the influence of his authority the West began to distrust these and to show the first symptoms of a current hostile to their canonicity.そのテキストでdeuterocanonicalsを誹謗ジェロームの序文には、行って、彼の権威の影響の下でウエストは不信これらを始め、彼らの規範と現在の敵対の最初の症状を示すこと。 On the other hand, the Oriental Church imported a Western authority which had canonized the disputed books, viz., the decree of Carthage, and from this time there is an increasing tendency among the Greeks to place the deuteros on the same level with the others--a tendency, however, due more to forgetfulness of the old distinction than to deference to the Council of Carthage.一方、東洋の教会は他の人と同じレベルにdeuterosを配置するギリシア人の間で増加傾向にある係争中の書籍、すなわち、カルタゴの法令、この時刻から列聖された西洋の権威を輸入 - 傾向しかし、評議会カルタゴに敬意よりも古い区別の物忘れのために、より。

E. THE CANON OF THE OLD TESTAMENT DURING THE MIDDLE AGES E.中世の間に、旧約聖書のキヤノン

The Greek Churchギリシャ教会

The result of this tendency among the Greeks was that about the beginning of the twelfth century they possessed a canon identical with that of the Latins, except that it took in the apocryphal III Machabees.ギリシア人の間でこの傾向の結果は、それが作り話の第IIIのmachabeesで撮ったことを除いて、12世紀の初めについて、彼らはラテン系と同一のカノンを持っていたということでした。 That all the deuteros were liturgically recognized in the Greek Church at the era of the schism in the ninth century, is indicated by the "Syntagma Canonum" of Photius.すべてのdeuterosがliturgically 9世紀に分裂の時代にギリシャの教会で認識されたことを、ティノープルの "シンタグマCanonum"によって示されます。

The Latin Churchローマカトリック教会

In the Latin Church, all through the Middle Ages we find evidence of hesitation about the character of the deuterocanonicals.教会ラテン語では、すべて中世を通じて、私たちはdeuterocanonicalsのキャラクターについての躊躇の証拠を見つける。 There is a current friendly to them, another one distinctly unfavourable to their authority and sacredness, while wavering between the two are a number of writers whose veneration for these books is tempered by some perplexity as to their exact standing, and among those we note St. Thomas Aquinas.それらへの現在の友好的があり、その権威と神聖さにはっきりと不利もう一つは、二つの間を揺れ動く中には尊敬の念これらの本のために、それらの正確な地位に関して何らかのパープレキシティで鍛えている作家の数であり、それらの間で、我々は聖の点に注意してください。トマスアクィナス。 Few are found to unequivocally acknowledge their canonicity.いくつかは、はっきりとその規範性を認めることが見出されている。 The prevailing attitude of Western medieval authors is substantially that of the Greek Fathers.西洋の中世の作者の支配的な態度は、実質的にギリシャの父親のことです。 The chief cause of this phenomenon in the West is to be sought in the influence, direct and indirect, of St. Jerome's depreciating Prologus.西洋では、この現象の主な原因は、聖ジェロームの減価Prologusの直接的および間接的な影響に求められています。 The compilatory "Glossa Ordinaria" was widely read and highly esteemed as a treasury of sacred learning during the Middle Ages; it embodied the prefaces in which the Doctor of Bethlehem had written in terms derogatory to the deuteros, and thus perpetuated and diffused his unfriendly opinion. compilatory "グロッサOrdinaria"は広く読まれ、中世の間に神聖な学習の宝庫として高い評価を受けていた、それはベツレヘムのドクターdeuterosに軽蔑的な言葉で書かれており、したがって、生まれついての彼の非友好的な意見を拡散していたの序文を体現。 And yet these doubts must be regarded as more or less academic.そして、まだこれらの疑問は、多かれ少なかれ、学術的とみなされなければならない。 The countless manuscript copies of the Vulgate produced by these ages, with a slight, probably accidental, exception, uniformly embrace the complete Old Testament Ecclesiastical usage and Roman tradition held firmly to the canonical equality of all parts of the Old Testament There is no lack of evidence that during this long period the deuteros were read in the churches of Western Christendom.これらの年齢によって生成ウルガタ聖書の無数の原稿のコピーは、わずかな、おそらく偶発的、例外を除いて、均一に、旧約聖書のすべての部分の正規平等に密着完全旧約聖書教会の用法とローマの伝統を受け入れるのない不足はありませんこの長い期間にdeuterosは西洋キリスト教世界の教会で読まれたという証拠。 As to Roman authority, the catalogue of Innocent I appears in the collection of ecclesiastical canons sent by Pope Adrian I to Charlemagne, and adopted in 802 as the law of the Church in the Frankish Empire; Nicholas I, writing in 865 to the bishops of France, appeals to the same decree of Innocent as the ground on which all the sacred books are to be received.ローマの権威、私はシャルルマーニュする教皇エイドリアンによって送信された教会参事会のコレクションに表示されイノセントのカタログになどとフランク帝国における教会の法律として802年に採択され、ニコラス私は、の司教に865で書き込みフランス、すべての神聖な本が受けられるようにされているグランドとイノセントの同じ判決に控訴した。

F. THE CANON OF THE OLD TESTAMENT AND THE GENERAL COUNCILS F.は、旧約聖書のキヤノンと一般的な審議会

The Council of Florence (1442)フィレンツェ公会議(1442)

In 1442, during the life, and with the approval, of this Council, Eugenius IV issued several Bulls, or decrees, with a view to restore the Oriental schismatic bodies to communion with Rome, and according to the common teaching of theologians these documents are infallible states of doctrine. 1442年には、生涯の間、及び承認を得て、この評議会、エウゲニウスIVはローマとの交わりにオリエンタル分離の遺体を復元する観点から、または判決、いくつかのブルズを発行し、これらのドキュメントである神学者たちの共通の教えによると教義の絶対確実な状態。 The "Decretum pro Jacobitis" contains a complete list of the books received by the Church as inspired, but omits, perhaps advisedly, the terms canon and canonical. "DecretumプロJacobitis"インスピレーションとして教会によって受信された書籍の完全なリストが含まれていますが、省略されていますが、おそらく慎重に、用語キヤノンとカノニカル。 The Council of Florence therefore taught the inspiration of all the Scriptures, but did not formally pass on their canonicity.フィレンツェ公会議は、したがって、すべての聖書のインスピレーションを教えたが、正式に彼らの規範に合格しなかった。

The Council of Trent's Definition of the Canon (1546)キヤノンのトレントの定義(1546)の評議会

It was the exigencies of controversy that first led Luther to draw a sharp line between the books of the Hebrew Canon and the Alexandrian writings.それは最初ルターはヘブライ語キヤノンとアレクサンドリアの文章のブック間のシャープなラインを描くのにつながったことを論争の難局だった。 In his disputation with Eck at Leipzig, in 1519, when his opponent urged the well-known text from II Machabees in proof of the doctrine of purgatory, Luther replied that the passage had no binding authority since the books was outside the Canon.ライプチヒでエックと彼の論争では、1519年に、彼の相手は煉獄の教義の証拠で第IIのmachabeesからwell-knownテキストを促した時、ルターは、通路は、書籍は、キヤノンの外だったので、全く拘束力を持っていないと答えた。 In the first edition of Luther's Bible, 1534, the deuteros were relegated, as apocrypha, to a separate place between the two Testaments.ルターの聖書、1534年の初版では、deuterosは二つの聖書の間に別々の場所に、外典として、移管された。 To meet this radical departure of the Protestants, and as well define clearly the inspired sources from which the Catholic Faith draws its defence, the Council of Trent among its first acts solemnly declared as "sacred and canonical" all the books of the Old and New Testaments "with all their parts as they have been used to be read in the churches, and as found in the ancient vulgate edition".プロテスタントのこの根本的な出発を満たしており、同様にはっきりとカトリックの信仰は、その防衛を描き、そこからインスピレーションソースを定義するには、その最初の行為のうち、トレントの評議会は、厳粛に古いものと新しいもののように "神聖にして標準的な"すべての書籍を宣言"彼らは教会で読まれるべきで用いられるように、古代のウルガタ版で発見されているように、すべてのそれらの部分に"聖書。 During the deliberations of the Council there never was any real question as to the reception of all the traditional Scripture.審議会の審議中にすべての伝統的な聖書のレセプションへのような任意の本当の問題はありませんでした。 Neither--and this is remarkable--in the proceedings is there manifest any serious doubt of the canonicity of the disputed writings.どちらも - そして、これが顕著である - 手続においては、係争中の文章の規範のいずれかの重大な疑問がマニフェストです。 In the mind of the Tridentine Fathers they had been virtually canonized, by the same decree of Florence, and the same Fathers felt especially bound by the action of the preceding ecumenical synod.トリエントは、父の心の中でそれらが事実上同じフィレンツェの法令によって、列聖され、同じ父親は特に、前のエキュメニカル教会会議の作用によって結合した感じていた。 The Council of Trent did not enter into an examination of the fluctuations in the history of the Canon.トレントの評議会は、キヤノンの歴史の中で変動​​の検討に入らなかった。 Neither did it trouble itself about questions of authorship or character of contents.どちらも、それはコンテンツの原作者やキャラクタの質問について自分自身を困らなかった。 True to the practical genius of the Latin Church, it based its decision on immemorial tradition as manifested in the decrees of previous councils and popes, and liturgical reading, relying on traditional teaching and usage to determine a question of tradition.伝統の質問を決定するために、伝統的な教育と使用方法に依拠して、以前の協議会と教皇、そして典礼読書の政令で明らかに教会ラテン語の実用的な天才に忠実で、それは昔の伝統で、その決定に基づいております。 The Tridentine catalogue has been given above.トリエントカタログは、上記の指定されています。

The Vatican Council (1870)バチカン公会議(1870)

The great constructive Synod of Trent had put the sacredness and canonicity of the whole traditional Bible forever beyond the permissibility of doubt on the part of Catholics.トレントの偉大な建設的な教会会議は、カトリック教徒の一部に疑問の許容を超えて永遠に全体の伝統的な聖書の神聖さと規範を入れていた。 By implication it had defined that Bible's plenary inspiration also.暗黙的に、それはまた、聖書の全霊感ことを定義していた。 The Vatican Council took occasion of a recent error on inspiration to remove any lingering shadow of uncertainty on this head; it formally ratified the action of Trent and explicitly defined the Divine inspiration of all the books with their parts.バチカン公会議は、この頭の上に不確実性が、残って影を除去するためのインスピレーションについての最近のエラーの機会を取り、それは正式にトレントのアクションを批准し、明示的にその部分を持つすべての本の神の霊感を定義しました。

THE CANON OF THE OLD TESTAMENT OUTSIDE THE CHURCH教会の外には、旧約聖書のキヤノン

A. AMONG THE EASTERN ORTHODOX東方正教会の間でA.

The Greek Orthodox Church preserved its ancient Canon in practice as well as theory until recent times, when, under the dominant influence of its Russian offshoot, it is shifting its attitude towards the deuterocanonical Scriptures.ギリシャ正教会は、ロシアの分派の支配的な影響力の下で、それは第二正典聖書に向かってその態度をシフトして、最近まで、練習だけでなく、理論的には、古代のキヤノンを維持した。 The rejection of these books by the Russian theologians and authorities is a lapse which began early in the eighteenth century.ロシアの神学者や当局によるこれらの書籍の拒絶反応は、18世紀の初期に始まった経過です。 The Monophysites, Nestorians, Jacobites, Armenians, and Copts, while concerning themselves little with the Canon, admit the complete catalogue and several apocrypha besides. monophysitesの、のnestorians、ジャコバイト、アルメニア、コプト教徒と、キヤノンと自体は少し関わる一方で、ほかに完全なカタログといくつかの外典を認める。

B. AMONG PROTESTANTSプロテスタントの間でBの

The Protestant Churches have continued to exclude the deutero writings from their canons, classifying them as "Apocrypha".プロテスタント教会は "外典"としてそれらを分類し、それらの規範からイザヤの書物を排除し続けてきました。 Presbyterians and Calvinists in general, especially since the Westminster Synod of 1648, have been the most uncompromising enemies of any recognition, and owing to their influence the British and Foreign Bible Society decided in 1826 to refuse to distribute Bibles containing the Apocrypha.特に1648年のウェストミンスター教会会議以来、一般的には長老派とカルヴァン派は、英国聖書協会は、外典を含む聖書を配布することを拒否することを決め、1826年に彼らの影響により、任意の認識の最も妥協敵対して、としている。 Since that time the publication of the deuterocanonicals as an appendix to Protestant Bibles has almost entirely ceased in English-speaking countries.その時以来、プロテスタントの聖書の付録としてdeuterocanonicalsの公表は、ほぼ完全に英語圏の国ではなくなった。 The books still supply lessons for the liturgy of the Church of England, but the number has been lessened by the hostile agitation.書籍はまだイングランドの教会の典礼のためのレッスンを提供しますが、数が敵対的攪拌によって軽減されています。 There is an Apocrypha appendix to the British Revised Version, in a separate volume.英国の改訂版に外典の付録は別々のボリュームに、あります。 The deuteros are still appended to the German Bibles printed under the auspices of the orthodox Lutherans. deuterosはまだ正統派のルター派の後援の下に印刷されたドイツ語聖書に付加されます。

Publication information Written by George J. Reid.ジョージJ. Reidさんによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume III.カトリック百科事典は、ボリュームⅢ。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, November 1, 1908.ニヒルのObstat、1908年11月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Canon of the New Testament新約聖書のキヤノン

Catholic Information カトリックの情報

The Catholic New Testament, as defined by the Council of Trent, does not differ, as regards the books contained, from that of all Christian bodies at present.現時点ではすべてのキリスト教団体のそれとは、含まれている図書に関してできるだけトレントの評議会によって定義されたカトリックの新約聖書は、違いはありません。 Like the Old Testament, the New has its deuterocanonical books and portions of books, their canonicity having formerly been a subject of some controversy in the Church.旧約聖書と同様に、新規の正典や書籍の一部を持って、彼らの規範は、以前教会のいくつかの論争の対象となってきた。 These are for the entire books: the Epistle to the Hebrews, that of James, the Second of St. Peter, the Second and Third of John, Jude, and Apocalypse; giving seven in all as the number of the New Testament contested books.これらは、本全体のためのものです:信徒へのヘブル人への手紙、ヤコブ、聖ペテロの第二に、その第二とジョン、ジュード、および黙示録の第三は、新約聖書争わ本の数など、すべての7を与える。 The formerly disputed passages are three: the closing section of St. Mark's Gospel, xvi, 9-20 about the apparitions of Christ after the Resurrection; the verses in Luke about the bloody sweat of Jesus, xxii, 43, 44; the Pericope Adulteræ, or narrative of the woman taken in adultery, St. John, vii, 53 to viii, 11.以前は係争中の通路は、3アール:;イエス、XXII、43、44の血の汗は約ルークの詩、復活後のキリストの出現に関する聖マルコの福音書は、16世は、9月20日のクロージングセクション引用章句Adulteræ 、または姦通、VIII、11〜セントジョン、VII、53で撮影女性の物語。 Since the Council of Trent it is not permitted for a Catholic to question the inspiration of these passages.トレントの評議ので、それはこれらの通路のインスピレーションを疑問視するカトリック教徒のために許可されていません。

A. THE FORMATION OF THE NEW TESTAMENT CANON (AD 100-220) A.新約CANON(西暦100から220)の形成

The idea of a complete and clear-cut canon of the New Testament existing from the beginning, that is from Apostolic times, has no foundation in history.ローマ教皇の回からです最初から既存の新約聖書の完全かつ明確なキヤノン、という考え方は、歴史の中で基盤を持っていません。 The Canon of the New Testament, like that of the Old, is the result of a development, of a process at once stimulated by disputes with doubters, both within and without the Church, and retarded by certain obscurities and natural hesitations, and which did not reach its final term until the dogmatic definition of the Tridentine Council.新約聖書のキヤノンは、旧約のそれのような、一度内と教会なしの両方の懐疑や、特定のobscuritiesと自然なためらいによって遅滞との紛争により刺激されたプロセスで、開発の結果であり、その行ったトリエント理事会の独断的な定義まで、その最終的な用語に到達しない。

1. 1。 The witness of the New Testament to itself: The first collections Those writings which possessed the unmistakable stamp and guarantee of Apostolic origin must from the very first have been specially prized and venerated, and their copies eagerly sought by local Churches and individual Christians of means, in preference to the narratives and Logia, or Sayings of Christ, coming from less authorized sources.自体には、新約聖書の証人:最初のコレクションは紛れもない切手やローマ教皇の起源の保証を持っていたそれらの文章は非常に最初から特別に珍重と崇拝され、そのコピーが熱心に地元の教会や手段の個々のキリスト教徒によって追求されている必要があり、物語と複数形、またはキリストのことわざに優先して、より少ない認定ソースから来る。 Already in the New Testament itself there is some evidence of a certain diffusion of canonical books: II Peter, iii, 15, 16, supposes its readers to be acquainted with some of St. Paul's Epistles; St. John's Gospel implicitly presupposes the existence of the Synoptics (Matthew, Mark, and Luke).すでに新約聖書自体に正規の書籍の特定の拡散のいくつかの証拠がある:ピーター2世、III、15、16、聖パウロの書簡のいくつかに精通して、読者を想定しているが、聖ヨハネの福音書では、暗黙のうちに前提としての存在をのsynoptics(マタイ、マルコ、ルカ)。 There are no indications in the New Testament of a systematic plan for the distribution of the Apostolic compositions, any more than there is of a definite new Canon bequeathed by the Apostles to the Church, or of a strong self-witness to Divine inspiration.明確な新しいキヤノンのがあるか以上の使徒的組成物の配布のための体系的な計画の新約聖書の兆候は教会に使徒によって遺贈、または神の霊感に強い自己証人ではありません。 Nearly all the New Testament writings were evoked by particular occasions, or addressed to particular destinations.ほぼすべての新約聖書の記述は、特定の場面によって誘発、または特定の宛先に宛てられていた。 But we may well presume that each of the leading Churches--Antioch, Thessalonica, Alexandria, Corinth, Rome--sought by exchanging with other Christian communities to add to its special treasure, and have publicly read in its religious assemblies all Apostolic writings which came under its knowledge.しかし、我々はうまくつながる教会のそれぞれと推定することができる - アンティオキア、テサロニケ、アレキサンドリア、コリント、ローマ - その特別な宝物に追加する他のキリスト教社会と交換することにより求められ、公にその宗教的なアセンブリでいるすべての使徒の文章を読んでいることをその知識の下に来た。 It was doubtless in this way that the collections grew, and reached completeness within certain limits, but a considerable number of years must have elapsed (and that counting from the composition of the latest book) before all the widely separated Churches of early Christendom possessed the new sacred literature in full.これは、コレクションが成長していることをこのように確かにあった、と一定の限度内に完全に達したが、初期のキリスト教のすべての広く分離教会が所有して何年も前のかなりの数(そして、それが最新の著書の組成物から数えて)が経過している必要があります完全に新しい神聖な文学。 And this want of an organized distribution, secondarily to the absence of an early fixation of the Canon, left room for variations and doubts which lasted far into the centuries.そして、これは今のところ何世紀まで続いたバリエーションや疑問の余地を残して、二次的にキヤノンの早期固定の不在に、組織化されたディストリビューションの場合。 But evidence will presently be given that from days touching on those of the last Apostles there were two well defined bodies of sacred writings of the New Testament, which constituted the firm, irreducible, universal minimum, and the nucleus of its complete Canon: these were the Four Gospels, as the Church now has them, and thirteen Epistles of St. Paul--the Evangelium and the Apostolicum.これらは次のとおりだった:しかし、証拠は、現在、最後の使徒のものに触れる日から会社を構成し、新約聖書、既約、普遍的な最小値、およびその完全キヤノンの核の聖典の2つのよく定義された遺体があったことが与えられます教会などの四福音書には、ここでそれらを持っており、聖パウロの書簡13 - 福音とApostolicum。

2. 2。 The principle of canonicity規範の原則

Before entering into the historical proof for this primitive emergence of a compact, nucleative Canon, it is pertinent to briefly examine this problem: During the formative period what principle operated in the selection of the New Testament writings and their recognition as Divine?--Theologians are divided on this point.コンパクト、nucleativeキヤノンのこの原始的出現のための歴史的な証拠に入る前に、それは簡単にこの問題を検討することが適切である:形成期の間にどのような原則と、新約聖書は、神としての認識の選択で操作 - 神学?この点に分かれている。 This view that Apostolicity was the test of the inspiration during the building up of the New Testament canon, is favoured by the many instances where the early Fathers base the authority of a book on its Apostolic origin, and by the truth that the definitive placing of the contested books on the New Testament catalogue coincided with their general acceptance as of Apostolic authorship. apostolicityのは、新約聖書正典の構築時に、インスピレーションのテストだったことをこのビューは、初期の祖先は、その使徒の起源に関する本の権威の基礎多くの場合に好まれ、真実であることの決定的な配置新約カタログ上争わ本は、ローマ教皇の原作者としての一般的な受け入れと一致した。 Moreover, the advocates of this hypothesis point out that the Apostles' office corresponded with that of the Prophets of the Old Law, inferring that as inspiration was attached to the munus propheticum so the Apostles were aided by Divine inspiration whenever in the exercise of their calling they either spoke or wrote.また、使徒のオフィスは、使徒が彼らの呼び出しの練習でいつでも神の霊感によって助けられたように、インスピレーションがmunus propheticumに添付されたことを推測して、古い法律の預言者のそれと対応していることがこの仮説ポイントの擁護出彼らはどちらかスポークまたは書いた。 Positive arguments are deduced from the New Testament to establish that a permanent prophetical charisma (see CHARISMATA) was enjoyed by the Apostles through a special indwelling of the Holy Ghost, beginning with Pentecost: Matth., x, 19, 20; Acts, xv, 28; I Cor., ii, 13; II Cor., xiii, 3; I Thess., ii, 13, are cited.正の引数は、恒久的な机上のカリスマが(CHARISMATAを参照)聖霊降臨祭に始まり、聖霊の特別な留置を通して使徒が享受していたことを立証するために、新約聖書から推定されています:Matth、X、19、20;行為、15、。 28、Iコリント、II、13;。二コー、13、3;。私thess、II、13は、引用されている。 The opponents of this theory allege against it that the Gospels of Mark and of Luke and Acts were not the work of Apostles (however, tradition connects the Second Gospel with St. Peter's preaching and St. Luke's with St. Paul's); that books current under an Apostle's name in the Early Church, such as the Epistle of Barnabas and the Apocalypse of St. Peter, were nevertheless excluded from canonical rank, while on the other hand Origen and St. Dionysius of Alexandria in the case of Apocalypse, and St. Jerome in the case of II and III John, although questioning the Apostolic authorship of these works, unhesitatingly received them as Sacred Scriptures.この理論の対戦相手はマークとルークと行為の福音書使徒の働き(ただし、伝統は聖ペテロの説教と聖ルカ聖パウロとを含む2番目の福音書を結ぶ)はなかったこと、それに対して主張し、その本が現在そのようなバルナバと聖ペテロの黙示録の信徒として教会の初め、の使徒の名前の下にもかかわらず、他方の手原産地とアレクサンドリアの聖ディオニュシオス黙示録の場合には、セントに、カノニカルランクから除外されたIIとIIIジョンの場合インチジェロームは、これらの作品は、ローマ教皇の原作者の尋問が、躊躇なく神聖な経典として、それらを受け取った。 An objection of a speculative kind is derived from the very nature of inspiration ad scribendum, which seems to demand a specific impulse from the Holy Ghost in each case, and preclude the theory that it could be possessed as a permanent gift, or charisma.投機的な種類の異議は、それぞれの場合において、聖霊からの比推力を要求し、それは永久的な贈り物や、カリスマとして保有することができるという理論を排除しているようだインスピレーション広告scribendum、非常に自然に由来します。 The weight of Catholic theological opinion is deservedly against mere Apostolicity as a sufficient criterion of inspiration.カトリック神学的な意見の重みは、インスピレーションの十分な基準として単なるapostolicityのに対して当然です。 The adverse view has been taken by Franzelin (De Divinâ Traditione et Scripturâ, 1882), Schmid (De Inspirationis Bibliorum Vi et Ratione, 1885), Crets (De Divinâ Bibliorum Inspiratione, 1886), Leitner (Die prophetische Inspiration, 1895--a monograph), Pesch (De Inspiratione Sacræ, 1906).不利なビューがFranzelin(デDIVINA TraditioneScripturâら、1882)、シュミット(デInspirationis Bibliorum ViにRationeら、1885)、Crets(デDIVINA Bibliorum Inspiratione、1886)、ライトナー(ダイprophetischeひらめき、1895年に取って代わられた - モノグラフ)、ペッシュ(デInspirationeSacræ、1906)。 These authors (some of whom treat the matter more speculatively than historically) admit that Apostolicity is a positive and partial touchstone of inspiration, but emphatically deny that it was exclusive, in the sense that all non-Apostolic works were by that very fact barred from the sacred Canon of the New Testament They hold to doctrinal tradition as the true criterion.すべての非ローマ教皇の作品は禁じられているという事実そのものによってであったという意味で、これらの著者は(いくつかの人が、より投機的歴史的により問題を扱う)ことapostolicityのは、インスピレーションの肯定と部分試金石ですが、断固としてそれは排他的であったことを否定認める、彼らは真の基準として教義上の伝統を固持し、新約聖書の神聖なキヤノン。

Catholic champions of Apostolicity as a criterion are: Ubaldi (Introductio in Sacram Scripturam, II, 1876); Schanz (in Theologische Quartalschrift, 1885, pp. 666 sqq., and A Christian Apology, II, tr. 1891); Székely (Hermeneutica Biblica, 1902).基準としてapostolicityのカトリックのチャンピオンは、次のとおりです。Ubaldi(Sacram ScripturamでIntroductio、Ⅱ、1876);シャンツ(Theologische Quartalschrift、1885年、頁666 sqq名、およびキリスト教の謝罪、Ⅱ、TR 1891インチ。);セーケイ(Hermeneutica Biblica、1902)。 Recently Professor Batiffol, while rejecting the claims of these latter advocates, has enunciated a theory regarding the principle that presided over the formation of the New Testament canon which challenges attention and perhaps marks a new stage in the controversy.最近教授をbatiffolは、これら後者の擁護派の主張を拒否しながら、注意して挑戦し、おそらく論争の新たなステージを迎え、新約聖書の正典の形成を主宰原理に関する理論を言明している。 According to Monsignor Batiffol, the Gospel (ie the words and commandments of Jesus Christ) bore with it its own sacredness and authority from the very beginning.モンシニョールをbatiffolによると、福音書(イエス·キリストの言葉、すなわち、戒め)は非常に最初からそれを持つ独自の神聖さと権威を産んだ。 This Gospel was announced to the world at large, by the Apostles and Apostolic disciples of Christ, and this message, whether spoken or written, whether taking the form of an evangelic narrative or epistle, was holy and supreme by the fact of containing the Word of Our Lord.この福音が福音物語や書簡の形をとっているかどうかを、口頭または書面による、キリストの使徒と使徒の弟子たちによって、広く世界に向けて発表され、このメッセージがされました、Wordを含むという事実によって聖なる至高だったわたしたちの主。 Accordingly, for the primitive Church, evangelical character was the test of Scriptural sacredness.従って、原始教会のために、福音派の文字が聖書の神聖さのテストだった。 But to guarantee this character it was necessary that a book should be known as composed by the official witnesses and organs of the Evangel; hence the need to certify the Apostolic authorship, or at least sanction, of a work purporting to contain the Gospel of Christ.しかし、このキャラクターを保証するために、それは公式の証人と福音書の器官によって構成されるように本が知られているべきであることが必要でした。従ってキリストの福音を含むという趣旨の作品は、ローマ教皇の原作者、または少なくとも制裁を証明する必要があります。 In Batiffol's view the Judaic notion of inspiration did not at first enter into the selection of the Christian Scriptures.をbatiffolの見解では、インスピレーションのユダヤ人の概念は、少なくとも最初のキリスト教の聖書の選択に入らなかった。 In fact, for the earliest Christians the Gospel of Christ, in the wide sense above noted, was not to be classified with, because transcending, the Old Testament. 、旧約聖書を超越しているため実際には、上記の指摘広い意味での最古のキリスト教徒は、キリストの福音のために、と分類されることはありませんでした。 It was not until about the middle of the second century that under the rubric of Scripture the New Testament writings were assimilated to the Old; the authority of the New Testament as the Word preceded and produced its authority as a New Scripture. Wordが新しい経典として先行し、その権限を生産として新約聖書の権威、それは聖書の朱書きの下で新約聖書の書物がオールドに同化されたことを第二の世紀の半ばごろまでではなかった。 (Revue Biblique, 1903, 226 sqq.) Monsignor Batiffol's hypothesis has this in common with the views of other recent students of the New Testament canon, that the idea of a new body of sacred writings became clearer in the Early Church as the faithful advanced in a knowledge of the Faith. (レヴューbiblique、1903年、226 sqq名。)モンシニョールをbatiffolの仮説は聖典の新しいボディのアイデアが忠実な高度として初代教会で明確になったことを、新約聖書正典の他の最近の学生の見解と共通でこれを持って信仰の知識インチ But it should be remembered that the inspired character of the New Testament is a Catholic dogma, and must therefore in some way have been revealed to, and taught by, Apostles.--Assuming that Apostolic authorship is a positive criterion of inspiration, two inspired Epistles of St. Paul have been lost. 。ローマ教皇の原作者は、インスピレーション2インスピレーションの正の基準であると仮定すると - しかし、それは新約聖書の着想を得たキャラクターは、カトリックの教義であるため、何らかの方法でに明らかにされており、によって教え、使徒なければならないことを忘れてはならない聖パウロの書簡は失われています。 This appears from I Cor., v, 9, sqq.; II Cor., ii, 4, 5. 。。二コー、II、4、5、これは私うわっ、V、9 sqq名から表示されます。

3. 3。 The formation of the Tetramorph, or Fourfold Gospel Tetramorphの形成、または4倍ゴスペル

Irenæus, in his work "Against Heresies" (AD 182-88), testifies to the existence of a Tetramorph, or Quadriform Gospel, given by the Word and unified by one Spirit; to repudiate this Gospel or any part of it, as did the Alogi and Marcionites, was to sin against revelation and the Spirit of God. (西暦182から88) "異端に対する"彼の作品にエイレナイオスは、Wordで与えられ、一つの御霊によって統一、Tetramorph、またはQuadriform福音書の存在を証明して、この福音書又はその一部を否認し、同じようにアロゴス派とMarcionitesは、​​啓示とは、神の御霊に罪を犯すことだった。 The saintly Doctor of Lyons explicitly states the names of the four Elements of this Gospel, and repeatedly cites all the Evangelists in a manner parallel to his citations from the Old Testament.ライオンズの聖人のような医者は、明示的にこの福音書の4つの要素の名前を述べ、繰り返し旧約聖書からの引用は、彼に並列的にすべての伝道者を引用している。 From the testimony of St. Irenæus alone there can be no reasonable doubt that the Canon of the Gospel was inalterably fixed in the Catholic Church by the last quarter of the second century.単独で聖irenæusの証言から福音のキヤノンは不変に第二世紀の最後の四半期でカトリック教会で修正されましたことは合理的な疑いの余地はない。 Proofs might be multiplied that our canonical Gospels were then universally recognized in the Church, to the exclusion of any pretended Evangels.証明は、任意のふりEvangelsを除外して、私たちの正規の福音書は、その後普遍教会で認識されたことを掛けている可能性があります。 The magisterial statement of Irenæus may be corroborated by the very ancient catalogue known as the Muratorian Canon, and St. Hippolytus, representing Roman tradition; by Tertullian in Africa, by Clement in Alexandria; the works of the Gnostic Valentinus, and the Syrian Tatian's Diatessaron, a blending together of the Evangelists' writings, presuppose the authority enjoyed by the fourfold Gospel towards the middle of the second century.エイレナイオスの行政官の声明はmuratorianキヤノンとして知られている非常に古代のカタログによって裏付けられ、聖ヒッポリュトスは、ローマの伝統を表すことができ、アフリカのテルトゥリアヌス​​で、アレクサンドリアのクレメントで、グノーシス主義のバレンティヌスの作品、およびシリアtatianのDiatessaron 、伝道者 'の文章一緒にブレンドは、2番目の世紀半ばに向かって四重の福音によって楽しま権威を前提としています。 To this period or a little earlier belongs the pseduo-Clementine epistle in which we find, for the first time after II Peter, iii, 16, the word Scripture applied to a New Testament book.もう少し早くこの期間に、または我々はピーター2世、III、16、新約聖書の本に適用ワード啓後に初めて、見つけたpseduo-クレメンタインの信徒に属します。 But it is needless in the present article to array the full force of these and other witnesses, since even rationalistic scholars like Harnack admit the canonicity of the quadriform Gospel between the years 140-175.ハルナックのようにも合理主義の学者は140から175年の間にquadriform福音書の規範性を認めるので、しかし、それは、配列に現在の資料では、これらおよび他の証人の完全な力は言うまでもない。

But against Harnack we are able to trace the Tetramorph as a sacred collection back to a more remote period.しかし、ハルナックに対して、我々は複数のリモート期間に神聖なコレクションのバックとしてTetramorphをトレースすることができます。 The apocryphal Gospel of St. Peter, dating from about 150, is based on our canonical Evangelists.約150から交際聖ペテロの作り話の福音書は、当社の標準的な伝道者に基づいています。 So with the very ancient Gospel of the Hebrews and Egyptians (see APOCRYPHA).だから、ヘブル人とエジプト人の非常に古代の福音書(外典を参照)。 St. Justin Martyr (130-63) in his Apology refers to certain "memoirs of the Apostles, which are called gospels", and which "are read in Christian assemblies together with the writings of the Prophets".彼の謝罪の聖ジャスティン殉教者(130から63)には、特定の "福音書と呼ばれ、使徒の回顧録"を指し、 "預言者の文章と一緒にキリスト教のアセンブリで読まれる"と。 The identity of these "memoirs" with our Gospels is established by the certain traces of three, if not all, of them scattered through St. Justin's works; it was not yet the age of explicit quotations.聖ジャスティンの作品点在それらのすべてではない場合、私たちの福音書と、これらの "回想録"のアイデンティティは、3つの特定のトレースによって確立され、それはまだ明示している引用語句の年齢ではありませんでした。 Marcion, the heretic refuted by Justin in a lost polemic, as we know from Tertullian, instituted a criticism of Gospels bearing the names of the Apostles and disciples of the Apostles, and a little earlier (c. 120) Basilides, the Alexandrian leader of a Gnostic sect, wrote a commentary on "the Gospel" which is known by the allusions to it in the Fathers to have comprised the writings of the Four Evangelists. marcionです、異端者は、我々はテルトゥリアヌス​​から知っているように、失われた論客でジャスティンによって論破使徒の使徒と弟子の名前を冠し福音書の批判を提起して、少し早めに(紀元前120)バシレイデース、アレクサンドリアのリーダーのグノーシス主義の宗派は、4つの伝道者の文章を構成したと父親のそれに当てつけで知られている "福音"の解説を書いた。

In our backward search we have come to the sub-Apostolic age, and its important witnesses are divided into Asian, Alexandrian, and Roman:私たちの後方検索ではサブローマ教皇の年齢になってきたし、その重要証人は、アジア、アレクサンドリア、およびローマに分かれています。

St. Ignatius, Bishop of Antioch, and St. Polycarp, of Smyrna, had been disciples of Apostles; they wrote their epistles in the first decade of the second century (100-110).スマーナの聖イグナチオ、アンティオキアの司教、聖polycarpのは、使徒の弟子だった、彼らは第二世紀の最初の十年(100-110)で彼らの書簡を書いた。 They employ Matthew, Luke, and John.彼らは、マタイ、ルカ、ヨハネを採用しています。 In St. Ignatius we find the first instance of the consecrated term "it is written" applied to a Gospel (Ad Philad., viii, 2).聖イグナチオでは福音(広告Philad。、VIII、2)に適用される "それが書かれている"献堂用語の最初のインスタンスを見つけます。 Both these Fathers show not only a personal acquaintance with "the Gospel" and the thirteen Pauline Epistles, but they suppose that their readers are so familiar with them that it would be superfluous to name them.これらの両方の父親は "福音"との個人的な知り合いと13パウロの書簡だけを示しているが、彼らは彼らの読者はそれがそれらに名前を付けるために余計なことだろうと彼らとあまりにも身近であると仮定します。 Papias, Bishop of Phrygian Hierapolis, according to Irenæus a disciple of St. John, wrote about AD 125.フリギアのヒエラポリスpapiasは、司教は、聖ヨハネの弟子をエイレナイオスに応じて、広告125について書いた。 Describing the origin of St. Mark's Gospel, he speaks of Hebrew (Aramaic) Logia, or Sayings of Christ, composed by St. Matthew, which there is reason to believe formed the basis of the canonical Gospel of that name, though the greater part of Catholic writers identify them with the Gospel.聖マルコの福音書の起源を説明すると、彼はヘブライ語(アラム語)複数形のことを話すか、その名前の正規の福音の形成の基礎を信じる理由があるマタイ、によって構成キリストのことわざ、大部分けれどもカトリック作家の福音書でそれらを識別します。 As we have only a few fragments of Papias, preserved by Eusebius, it cannot be alleged that he is silent about other parts of the New Testament.我々はユーセビアスによって保存papiasは、唯一のいくつかの断片を持っているように、それは彼が新約聖書の他の部分については沈黙していると主張したことはできません。

The so-called Epistle of Barnabas, of uncertain origin, but of highest antiquity, cites a passage from the First Gospel under the formula "it is written".原因不明のバルナバ、、のが、最高の古代のいわゆる信徒 "は、それが書かれている"式の下の最初の福音書の一節を引用している。 The Didache, or Teaching of the Apostles, an uncanonical work dating from c.新約聖書、または教育の使徒は、cからデート教会法に従わない作業。 110, implies that "the Gospel" was already a well-known and definite collection. 110は、 "福音書"は既によく知られており、明確なコレクションであったことを意味します。

St. Clement, Bishop of Rome, and disciple of St. Paul, addressed his Letter to the Corinthian Church c.聖クレメント、ローマの司教、聖パウロの弟子は、コリントの教会のcに彼の手紙を出しました。 AD 97, and, although it cites no Evangelist explicitly, this epistle contains combinations of texts taken from the three synoptic Gospels, especially from St. Matthew.紀元97、および、それが明示的に全くエバンジェリストを引き合いに出してませんが、この手紙は、特にマタイから、3共観福音書から取られた文章の組み合わせを含んでいます。 That Clement does not allude to the Fourth Gospel is quite natural, as it was not composed till about that time.これは、その時点までに約構成しなかったこととしてそのクレメントは第4福音書をほのめかすが、非常に自然であることはありません。

Thus the patristic testimonies have brought us step by step to a Divine inviolable fourfold Gospel existing in the closing years of the Apostolic Era.したがって教父の証言は、ローマ教皇の時代の末期に存在する神の不可侵の四重の福音へのステップによって私達にステップを持ってきた。 Just how the Tetramorph was welded into unity and given to the Church, is a matter of conjecture. Tetramorphがユニティに溶接し、教会に与えられただけでどのように、推測の問題である。 But, as Zahn observes, there is good reason to believe that the tradition handed down by Papias, of the approval of St. Mark's Gospel by St. John the Evangelist, reveals that either the latter himself of a college of his disciples added the Fourth Gospel to the Synoptics, and made the group into the compact and unalterable "Gospel", the one in four, whose existence and authority left their clear impress upon all subsequent ecclesiastical literature, and find their conscious formulation in the language of Irenæus.ザーンは観察するようにしかし、そこに、伝統はセントジョン福音伝道者で聖マルコの福音書の承認、papiasは口碑と信じるに足る理由があるのいずれかの弟子たちの大学の後者自身が四を追加したことを明らかにのsynopticsにゴスペル、コンパクトかつ不変の "福音"にグループを作り、その存在と彼らの権威を明確に残した4人に1人は、後続のすべての教会の文学に印象付ける、とエイレナイオスの言葉で彼らの意識的な処方を見つける。

4. 4。 The Pauline Epistlesパウロの書簡

Parallel to the chain of evidence we have traced for the canonical standing of the Gospels extends one for the thirteen Epistles of St. Paul, forming the other half of the irreducible kernel of the complete New Testament canon.我々は、福音書の正準常任ため追跡した証拠の連鎖に平行には、完全な新約聖書の正典の既約カーネルの残りの半分を形成し、聖パウロの書簡13のための1つを拡張します。 All the authorities cited for the Gospel Canon show acquaintance with, and recognize, the sacred quality of these letters.すべての当局が持つ福音キヤノンショー知人のために引用し、これらの文字の神聖な品質を認識します。 St. Irenæus, as acknowledged by the Harnackian critics, employs all the Pauline writings, except the short Philemon, as sacred and canonical. Harnackianとして評論家によって認め聖irenæusは、神聖にしてカノニカルとして、短いフィレモンを除いて、すべてのポーリーンの文章を採用しています。 The Muratorian Canon, contemporary with Irenæus, gives the complete list of the thirteen, which, it should be remembered, does not include Hebrews.エイレナイオスと現代的なmuratorianキヤノンは、、、それは忘れてはならない、ヘブル人への手紙が含まれていない13の完全なリストを提供します。 The heretical Basilides and his disciples quote from this Pauline group in general.異端デースと彼の弟子たちは一般的にこのポーリングループから引用。 The copious extracts from Marcion's works scattered through Irenæus and Tertullian show that he was acquainted with the thirteen as in ecclesiastical use, and selected his Apostolikon of six from them. marcionですの作品エイレナイオスとテルトゥリアヌス​​散らばっから多量の抽出物は、彼が教会の使用中として13に精通していることを示し、それらから6の彼Apostolikonを選択しました。 The testimony of Polycarp and Ignatius is again capital in this case.ポリカープとイグナティウスの証言は、このケースでは再び首都です。 Eight of St. Paul's writings are cited by Polycarp; St. Ignatius of Antioch ranked the Apostles above the Prophets, and must therefore have allowed the written compositions of the former at least an equal rank with those of the latter ("Ad Philadelphios", v).聖パウロの文章の8つはポリカープによって引用され、アンティオキアの聖イグナチオは、預言者上記の使徒をランク付け、したがって、( "広告Philadelphios"、後者のものと少なくとも同等ランク前者の作文を許可している必要がありますv)である。 St. Clement of Rome refers to Corinthians as at the head "of the Evangel"; the Muratorian Canon gives the same honour to I Corinthians, so that we may rightfully draw the inference, with Dr. Zahn, that as early as Clement's day St. Paul's Epistles had been collected and formed into a group with a fixed order.ローマの聖クレメントは "福音書の"頭のようなコリント人を指します。muratorianキヤノンは、我々は当然のクレメントの日セント早ければ、博士ザーンと、推論を引き出すことができるように、コリント人への手紙にも同じ栄誉を与える。パウロの書簡を集め、一定の順序付きグループに形成されていた。 Zahn has pointed out confirmatory signs of this in the manner in which Sts.ザーンは、STSにおける方法でこの確証の兆候を指摘している。 Ignatius and Polycarp employ these Epistles.イグナティウスとポリカープはこれらの書簡を採用しています。 The tendency of the evidence is to establish the hypothesis that the important Church of Corinth was the first to form a complete collection of St. Paul's writings.証拠の傾向は、コリントの重要な教会が聖パウロの文章の完全なコレクションを形成する第一号だったという仮説を確立することです。

5. 5。 The remaining Books残りの書籍

In this formative period the Epistle to the Hebrews did not obtain a firm footing in the Canon of the Universal Church.この形成期では信徒へのヘブル人への手紙は、ユニバーサル教会のキヤノンで確固たる地歩を得ませんでした。 At Rome it was not yet recognized as canonical, as shown by the Muratorian catalogue of Roman origin; Irenæus probably cites it, but makes no reference to a Pauline origin.ローマの起源のMuratorianカタログによって示されるように、ローマでは、それはまだ、標準的なものとして認識されませんでし;エイレナイオスは、おそらくそれを引き合いに出しますが、ポーリーンの起源への参照を行いません。 Yet it was known at Rome as early as St. Clement, as the latter's epistle attests.後者の信徒は証明としてまだそれは、聖クレメント早ければローマで知られていました。 The Alexandrian Church admitted it as the work of St. Paul, and canonical.アレクサンドリアの教会はセントポールの仕事、正規のようにそれを認めた。 The Montanists favoured it, and the aptness with which vi, 4-8, lent itself to the Montanist and Novatianist rigour was doubtless one reason why it was suspect in the West.のmontanistsはそれを支持して、VI、4-8、モンタヌスとNovatianist厳しさに自分自身を貸していると手腕は確かにそれは西洋では容疑者だった理由の一つだった。 Also during this period the excess over the minimal Canon composed of the Gospels and thirteen epistles varied.また、この期間中に、福音書と書簡13から成る最小のキヤノンを超える部分は様々であった。 The seven "Catholic" Epistles (James, Jude, I and II Peter, and the three of John) had not yet been brought into a special group, and, with the possible exception of the three of St. John, remained isolated units, depending for their canonical strength on variable circumstances. 7 "カトリック"の書簡(ジェームズは、ジュード、IとIIペテロとヨハネの3)は、まだ特別なグループにもたらした、と、聖ヨハネの3の可能性を除いて、隔離されたユニットに残っていなかった、変数の事情で彼らの強さのために標準的な依存。 But towards the end of the second century the canonical minimum was enlarged and, besides the Gospels and Pauline Epistles, unalterably embraced Acts, I Peter, I John (to which II and III John were probably attached), and Apocalypse.しかし、2番目の世紀の終わりに向かって正規の最小値は、拡大されたと、福音書とパウロの書簡のほか、変わりなく行為、ペテロ、ヨハネ(そのIIおよびIIIジョンは、おそらく接続されていたため)、黙示録を受け入れた。 Thus Hebrews, James, Jude, and II Peter remained hovering outside the precincts of universal canonicity, and the controversy about them and the subsequently disputed Apocalypse form the larger part of the remaining history of the Canon of the New Testament However, at the beginning of the third century the New Testament was formed in the sense that the content of its main divisions, what may be called its essence, was sharply defined and universally received, while all the secondary books were recognized in some Churches.したがってヘブル、ヤコブ、ユダ、およびIIペテロはの冒頭で、しかし普遍的規範の境内、そしてそれらについての論争が続いて係争中の黙示録の定型外新約聖書のキヤノンの残りの歴史の大部分をホバリング推移三世紀は、新約聖書は、すべてのセカンダリの本はいくつかの教会で認識しておりましたが、はっきりと定義され、普遍的に受信された、その本質を呼ばれるかもしれないものを、その主な部門の内容、その意味で結成された。 A singular exception to the universality of the above-described substance of the New Testament was the Canon of the primitive East Syrian Church, which did not contain any of the Catholic Epistles or Apocalypse.新約聖書の上記物質の普遍性に特異例外は、カトリック教徒の書簡や黙示録のいずれかが含まれていなかった原始東シリア教会、キヤノンのだった。

6. 6。 The idea of a New Testament新約聖書の考え方

The question of the principle that dominated the practical canonization of the New Testament Scriptures has already been discussed under (b).新約聖書の実用列聖を支配原理の質問は既に(b)に基づいて議論されてきた。 The faithful must have had from the beginning some realization that in the writings of the Apostles and Evangelists they had acquired a new body of Divine Scriptures, a New written Testament destined to stand side by side with the Old.忠実は最初から使徒と伝道者の著作の中で、彼らは神の聖書の新しい体、オールドと並んで立つように運命づけ新書か聖書を取得したことをいくつかの実現を持っていたに違いない。 That the Gospel and Epistles were the written Word of God, was fully realized as soon as the fixed collections were formed; but to seize the relation of this new treasure to the old was possible only when the faithful acquired a better knowledge of the faith.福音書や書簡には、神の書かれた言葉だったとすぐに完全に固定されたコレクションが形成されたとしても実現されたこと、しかし、忠実な信仰のよりよい知識を習得したときに、古い、この新しい宝の関係をつかむためにのみ可能であった。 In this connection Zahn observes with much truth that the rise of Montanism, with its false prophets, who claimed for their written productions--the self-styled Testament of the Paraclete--the authority of revelation, around the Christian Church to a fuller sense that the age of revelation had expired with the last of the Apostles, and that the circle of sacred Scripture is not extensible beyond the legacy of the Apostolic Era.これに関連してザーンはずっと真実を観察することが彼らの生産のために書かれたと主張し、その偽預言者、とモンタヌスの台頭 - 聖霊の自称新約聖書 - 啓示の権威は、キリスト教の教会の周りに充実した感覚に啓示の時代は使徒の最後の有効期限が切れていたこと、そして神聖な啓典のサークルは、ローマ教皇の時代の遺産を越えて拡張可能ではないこと。 Montanism began in 156; a generation later, in the works of Irenæus, we discover the firmly-rooted idea of two Testaments, with the same Spirit operating in both.モンタヌスは156年に始まった、世代以降、エイレナイオスの作品では、我々は両方で同じスピリットを動作させて、2のtestaments根強いアイデアを発見。 For Tertullian (c. 200) the body of the New Scripture is an instrumentum on at least an equal footing and in the same specific class as the instrumentum formed by the Law and the Prophets. instrumentumが律法全体と預言者とによって形成されたとしてテルトゥリアヌス​​(200℃)のための新しい聖書の本文には、少なくとも対等な立場で、同じ特定のクラスのinstrumentumです。 Clement of Alexandria was the first to apply the word "Testament" to the sacred library of the New Dispensation.アレクサンドリアのクレメンスは、新制度の神聖なライブラリへの "遺言"という言葉を適用する第一号だった。 A kindred external influence is to be added to Montanism: the need of setting up a barrier, between the genuine inspired literature and the flood of pseudo-Apostolic apocrypha, gave an additional impulse to the idea of a New Testament canon, and later contributed not a little to the demarcation of its fixed limits.本物のインスピレーションを得た文学や擬似使徒の外典の洪水の間に障壁をセットアップする必要性は、新約聖書正典のアイデアに追加衝動を与え、以降でない貢献:親族外からの影響はモンタヌスに追加されることになっその固定された制限の境界に少し。

B. THE PERIOD OF DISCUSSION (AD 220-367) B.議論の期間(西暦220から367)

In this stage of the historical development of the Canon of the New Testament we encounter for the first time a consciousness reflected in certain ecclesiastical writers, of the differences between the sacred collections in divers sections of Christendom.キリスト教世界のダイバーのセクションで神聖なコレクションの違いの、私たちが初めて特定の教会の作家に反映意識が発生した新約聖書のキヤノンの歴史的発展のこの段階では。 This variation is witnessed to, and the discussion stimulated by, two of the most learned men of Christian antiquity, Origen, and Eusebius of Cæsarea, the ecclesiastical historian.この変化は次のように目撃され、議論は古代キリスト教、原産地、およびのcæsareaユーセビアス、教会の歴史家の中で最も学んだ男性の2によって刺激される。 A glance at the Canon as exhibited in the authorities of the African, or Carthaginian, Church, will complete our brief survey of this period of diversity and discussion:-としてアフリカの当局に展示キヤノン一目、またはカルタゴ、教会は、多様性と議論のこの時期の私たちの簡単な調査を完了します: -

1. 1。 Origen and his school原産地と彼の学校

Origen's travels gave him exception opportunities to know the traditions of widely separated portions of the Church and made him very conversant with the discrepant attitudes toward certain parts of the New Testament He divided books with Biblical claims into three classes:原産地の旅は彼を教会の広く分離された部分の伝統を知っているために、例外の機会を与え、彼は3つのクラスに聖書の主張と本を分け新約聖書の特定の部分に向かって矛盾した態度で彼は非常に精通した:

those universally received;普遍的に受けているもの;

those whose Apostolicity was questions;そのapostolicityの質問だったもの;

apocryphal works.作り話は動作します。

In the first class, the Homologoumena, stood the Gospels, the thirteen Pauline Epistles, Acts, Apocalypse, I Peter, and I John.ファーストクラス、Homologoumena、福音書では、13パウロの書簡、使徒行伝、黙示録、ペテロ、私ヨハネは、立っていた。 The contested writings were Hebrews, II Peter, II and III John, James, Jude, Barnabas, the Shepherd of Hermas, the Didache, and probably the Gospel of the Hebrews.争われた著作は、ヘブル人への手紙、ペテロの第二、IIおよびIIIジョン、ジェームズ、ジュード、バルナバ、羊飼いのhermas、新約聖書、そしておそらくヘブル人への福音であった。 Personally, Origen accepted all of these as Divinely inspired, though viewing contrary opinions with toleration.個人的に、原産地は寛容に反対の意見を表示していますが、これらのような神の啓示の全てを受け入れた。 Origen's authority seems to have given to Hebrews and the disputed Catholic Epistles a firm place in the Alexandrian Canon, their tenure there having been previously insecure, judging from the exegetical work of Clement, and the list in the Codex Claromontanus, which is assigned by competent scholars to an early Alexandrian origin.原産地の権限は、主務によって割り当てられているクレメンスの解釈の作業、およびコーデックスClaromontanusのリストから判断すると、その在任が以前は安全性に欠けてきた、ヘブル人への手紙と係争中のカトリック教徒の書簡にアレクサンドリアキヤノンで確固たる場所を与えているようだ初期のアレクサンドリアの原点に学者。

2. 2。 Eusebiusユーセビアス

Eusebius, Bishop of Cæsarea in Palestine, was one of Origen's most eminent disciples, a man of wide erudition.ユーセビアス、パレスチナでのcæsarea司教は、原産地の最も著名な弟子の一人で、広い博学の男だった。 In imitation of his master he divided religious literature into three classes:師匠の模倣で、彼は3つのクラスに宗教文学を分け:

Homologoumena, or compositions universally received as sacred, the Four Gospels, thirteen Epistles of St. Paul, Hebrews, Acts, I Peter, I John, and Apocalypse. Homologoumena、または組成物は普遍的に神聖な、四福音書、聖パウロは、ヘブル人への手紙、使徒、ペテロ、ヨハネ、そして黙示録の13の書簡として受け取った。 There is some inconsistency in his classification; for instance, though ranking Hebrews with the books of universal reception, he elsewhere admits it is disputed.彼の分類では、いくつかの矛盾があり、例えば、ユニバーサル受信の書籍とヘブル人への手紙をランク付けするが、彼は別の場所でそれが争点であると認めている。

The second category is composed of the Antilegomena, or contested writings; these in turn are of the superior and inferior sort.第二のカテゴリーはAntilegomenaから成る、または文章に異議を唱えているが、これらは順番に優劣ソートである。 The better ones are the Epistles of St. James and St. Jude, II Peter, II and III John; these, like Origen, Eusebius wished to be admitted to the Canon, but was forced to record their uncertain status; the Antilegomena of the inferior sort were Barnabas, the Didache, Gospel of the Hebrews, the Acts of Paul, the Shepherd, the Apocalypse of Peter.良いものは、セントジェームスセント·ジュード、ピーター2世、IIおよびIIIヨハネの書簡であり、これらは、原産地のように、エウセビオスは、キヤノンに入院することを望んだが、その不確かな状態を記録することを余儀なくされた。のAntilegomena劣っソートはバルナバ、新約聖書、ヘブル人への福音、パウロ、シェパード、ピーターの黙示録の行為だった。

All the rest are spurious (notha).残りはすべて(notha)スプリアスです。

Eusebius diverged from his Alexandrian master in personally rejecting Apocalypse as an un-Biblical, though compelled to acknowledge its almost universal acceptance.そのほぼ普遍的な受け入れを了承せざるを得ないけれどもユーセビアスは、個人的に非聖書と黙示録を拒否し、彼のアレクサンドリアのマスターから分岐。 Whence came this unfavourable view of the closing volume of the Christian Testament?--Zahn attributes it to the influence of Lucian of Samosata, one of the founders of the Antioch school of exegesis, and with whose disciples Eusebius had been associated.ザーン評釈のアンティオキア学派の創始者の一人、サモサタのルシアンの影響を受け、それを属性、およびその弟子ユーセビアス関連付けられていたと - ?whenceはキリスト教の聖書のクロージングボリュームのこの不利な見解を来た。 Lucian himself had acquired his education at Edessa, the metropolis of Eastern Syria, which had, as already remarked, a singularly curtailed Canon.ルシアン自身は、エデッサで既に述べたように持っていたシリア東部の大都市、、、単独で縮小キヤノンは彼の教育を取得しています。 Luician is known to have edited the Scriptures at Antioch, and is supposed to have introduced there the shorter New Testament which later St. John Chrysostom and his followers employed--one in which Apocalypse, II Peter, II and III John, and Jude had no place. Luicianはアンティオキアで編集された聖書を持っていることが知られており、そこに後で聖ヨハネクリュソストモスとその部下は採用短く新約聖書導入していることになっている - 、ピーター2世、IIおよびIIIジョン、ジュードが持っていた黙示録の1を場所はない。 It is known that Theodore of Mopsuestia rejected all the Catholic Epistles.これは、モプスエスティアのテオドロスはすべてのカトリックの書簡を拒否したことで知られています。 In St. John Chrysostom's ample expositions of the Scriptures there is not a single clear trace of the Apocalypse, which he seems to implicitly exclude the four smaller Epistles--II Peter, II and III John, and Jude--from the number of the canonical books.数から - ピーター2世、IIおよびIIIジョン、ジュード - 聖書の聖ヨハネクリュソストモスの豊富な展示会では、彼は暗黙のうちに4つの小さな書簡を除外するよう黙示録、単一の明確な痕跡がありません正典。 Lucian, then, according to Zahn, would have compromised between the Syriac Canon and the Canon of Origen by admitting the three longer Catholic Epistles and keeping out Apocalypse.ルシアンは、その後、ザーンによると、3長いカトリックの書簡を認めると黙示録を締め出すことによってシリアキヤノンとキヤノンとの間での原産地妥協だろう。 But after allowing fully for the prestige of the founder of the Antioch school, it is difficult to grant that his personal authority could have sufficed to strike such an important work as Apocalypse from the Canon of a notable Church, where it had previously been received.しかし、アンティオキア学派の創始者の威信のために完全にさせた後、それは彼の個人的な権威は、それが以前に受信されていた著名な教会のキヤノンからの黙示録のような重要な仕事を取ることが足りていることを付与することが困難である。 It is more probable that a reaction against the abuse of the Johannine Apocalypse by the Montanists and Chiliasts--Asia Minor being the nursery of both these errors--led to the elimination of a book whose authority had perhaps been previously suspected.小アジア、これらのエラーの両方の保育園である - - それはのmontanistsとChiliastsによって使徒ヨハネの黙示録の乱用に対する反応があることがより可能性が高い権威恐らく以前に疑われていた本の撤廃につながった。 Indeed it is quite reasonable to suppose that its early exclusion from the East Syrian Church was an outer wave of the extreme reactionist movement of the Aloges--also of Asia Minor--who branded Apocalypse and all the Johannine writings as the work of the heretic Cerinthus.また小アジア - - 黙示録の烙印を押して、異端者としての仕事をすべて使徒ヨハネの記述確かにそれは東シリア教会からその早期排除がAlogesの極端な反動主義者運動の外側の波だったと仮定するのは非常に合理的であるケリントス。 Whatever may have been all the influences ruling the personal Canon of Eusebius, he chose Lucian's text for the fifty copies of the Bible which he furnished to the Church of Constantinople at the order of his imperial patron Constantine; and he incorporated all the Catholic Epistles, but excluded Apocalypse. 、彼はすべてのカトリック教徒の書簡を取り入れ、ユーセビアスの個人的なキヤノンを支配し、すべての影響を受けたかもしれないにせよ、彼は彼の帝国の守護コンスタンティンの順でコンスタンティノープルの教会に備え付けの聖書の50のコピーのためのルシアンのテキストを選択しましたしかし黙示録を除外した。 The latter remained for more than a century banished from the sacred collections as current in Antioch and Constantinople.後者はアンティオキアとコンスタンティノープル、現在のように神聖なコレクションから追放世紀以上のために残った。 However, this book kept a minority of Asiatic suffrages, and, as both Lucian and Eusebius had been tainted with Arianism, the approbation of Apocalypse, opposed by them, finally came to be looked upon as a sign of orthodoxy.しかし、ルシアンとユーセビアス両方がアリウス主義に汚染されていたとして、この本は、アジアsuffragesは少数派を維持し、かつ、それらが反対黙示録の賛同を得るには、最終的に正統性の印として見下ろしていられるようになった。 Eusebius was the first to call attention to important variations in the text of the Gospels, viz., the presence in some copies and the absence in others of the final paragraph of Mark, the passage of the Adulterous Woman, and the Bloody Sweat.エウセビオスは、福音書、すなわち、いくつかのコピーでのプレゼンスとMark、姦通女の通路の最後の段落の他人の有無、血汗症のテキスト内の重要な変動に注意を喚起する第一号だった。

3. 3。 The African Churchアフリカの教会

St. Cyprian, whose Scriptural Canon certainly reflects the contents of the first Latin Bible, received all the books of the New Testament except Hebrews, II Peter, James, and Jude; however, there was already a strong inclination in his environment to admit II Peter as authentic.その聖書キヤノン確かに最初のラテン語聖書の内容を反映聖シプリアンは、ヘブル人への手紙、Ⅱペテロ、ヤコブ、ユダ除く新約聖書のすべての書籍を受け取っているが、IIを是認するために彼の環境に強い傾斜が既にあった本物のようにピーター。 Jude had been recognized by Tertullian, but, strangely, it had lost its position in the African Church, probably owing to its citation of the apocryphal Henoch.ジュードはテルトゥリアヌス​​によって認識されていたが、不思議なことに、それは作り話ヘーノホその引用におそらく起因して、アフリカの教会での地位を失っていた。 Cyprian's testimony to the non-canonicity of Hebrews and James is confirmed by Commodian, another African writer of the period.ヘブル人への手紙とジェームズの非規範とシプリアンの証言はCommodian、期間別のアフリカの作家によって確認される。 A very important witness is the document known as Mommsen's Canon, a manuscript of the tenth century, but whose original has been ascertained to date from West Africa about the year 360.非常に重要な証人がモムゼンのキヤノンは、10世紀の写本が、その元の年間約360西アフリカから現在までに確認されたとして知られている文書です。 It is a formal catalogue of the sacred books, unmutilated in the New Testament portion, and proves that at its time the books universally acknowledged in the influential Church of Carthage were almost identical with those received by Cyprian a century before.これは、新約聖書の部分に手足を切断されていない神聖な書籍の正式なカタログであり、その時点で普遍的にカルタゴの有力教会で認め書籍は一世紀前にシプリアンによって受信されたものとほぼ同一であったことを証明している。 Hebrews, James, and Jude are entirely wanting.ヘブル人への手紙は、ジェームズ、ジュードは完全に欠けている。 The three Epistles of St. John and II Peter appear, but after each stands the note una sola, added by an almost contemporary hand, and evidently in protest against the reception of these Antilegomena, which, presumably, had found a place in the official list recently, but whose right to be there was seriously questioned.聖ヨハネとペテロの第二の3つの書簡が表示されますが、それぞれの後におそらく、公式の場所を見つけていたが、これらのAntilegomenaの受信に抗議して明らかに、ほぼ現代の手によって追加された音符ウナソラは、立っている、と最近リストが、その右が真剣に問われたことに。

C. THE PERIOD OF FIXATION (AD 367-405) C.固定の期間(西暦367から405)

1. 1。 St. Athanasius聖アタナシウス

While the influence of Athanasius on the Canon of the Old Testament was negative and exclusive (see supra), in that of the New Testament it was trenchantly constructive.旧約聖書のキヤノンのアタナシウスの影響が(上記を参照)陰性かつ排他的であったが、新約聖書のことでそれが痛烈に建設的だった。 In his "Epistola Festalis" (AD 367) the illustrious Bishop of Alexandria ranks all of Origen's New Testament Antilegomena, which are identical with the deuteros, boldly inside the Canon, without noticing any of the scruples about them.彼の "Epistola Festalis"(AD 367)にアレクサンドリアの輝かしい司教はそれらについての良心の呵責のいずれかに気づかず、キヤノンの内部に大胆に、deuterosと同一である原産地の新約Antilegomena、すべてのランク付けされます。 Thenceforward they were formally and firmly fixed in the Alexandrian Canon.その時以来、彼らは正式にしっかりとアレクサンドリアキヤノンで固定した。 And it is significant of the general trend of ecclesiastical authority that not only were works which formerly enjoyed high standing at broad-minded Alexandria--the Apocalypse of Peter and the Acts of Paul--involved by Athanasius with the apocrypha, but even some that Origen had regarded as inspired--Barnabas, the Shepherd of Hermas, the Didache--were ruthlessly shut out under the same damnatory title.ペトロの黙示録とポールの行為 - - 外典とアタナシウス関与しているが、さらにいくつかのことと、それだけではなく、以前は心の広いアレクサンドリアで高い地位を楽しんだ作品だったことを教会の権威の一般的な傾向の著しいです原産地は、インスピレーションとみなしていた - バルナバ、羊飼いのhermas、新約聖書は - 無慈悲に同じ呪われたタイトルの下にシャットアウトされた。

2. 2。 The Roman Church, the Synod under Damasus, and St. Jerome The Muratorian Canon or Fragment, composed in the Roman Church in the last quarter of the second century, is silent about Hebrews, James, II Peter; I Peter, indeed, is not mentioned, but must have been omitted by an oversight, since it was universally received at the time.第二世紀の最後の四半期に、ローマ教会で作曲ローマ教会、ダマソ下の教会会議、聖ジェロームmuratorianキヤノンまたはフラグメント、ヘブル、ヤコブ、ペテロの第二について沈黙している、私のピーターは、確かに、ではない挙げられるが、それが普遍的に一度に受信されてから、見落としでは省略されている必要があります。 There is evidence that this restricted Canon obtained not only in the African Church, with slight modifications, as we have seen, but also at Rome and in the West generally until the close of the fourth century.この制限されたキヤノンは第四世紀の終わりまで、一般的にアフリカの教会で、若干の修正により、我々が見てきたように、だけでなく、ローマにと西だけでなく入手した証拠がある。 The same ancient authority witnesses to the very favourable and perhaps canonical standing enjoyed at Rome by the Apocalypse of Peter and the Shepherd of Hermas.ペトロの黙示録と羊飼いのhermasによってローマで楽しむ非常に有利とおそらく正規の地位に同じ古代の権威の証人。 In the middle decades of the fourth century the increased intercourse and exchange of views between the Orient and the Occident led to a better mutual acquaintance regarding Biblical canons and the correction of the catalogue of the Latin Church.第4世紀半ばの数十年で東洋と西洋の間に見解の増加、性交や交換は、聖書の参事会とローマカトリック教会のカタログの訂正に関するより良い共通の知人につながった。 It is a singular fact that while the East, mainly through St. Jerome's pen, exerted a disturbing and negative influence on Western opinion regarding the Old Testament, the same influence, through probably the same chief intermediary, made for the completeness and integrity of the New Testament canon.それはの完全性と整合性のために作られた、同じチーフ仲介おそらくを通じて、旧約聖書、同じ影響に関する欧米の意見に不安と負の影響を及ぼし、東アジアながら、主に聖ジェロームのペンを使用してその特異な事実である新約聖書の正典。 The West began to realize that the ancient Apostolic Churches of Jerusalem and Antioch, indeed the whole Orient, for more than two centuries had acknowledged Hebrews and James as inspired writings of Apostles, while the venerable Alexandrian Church, supported by the prestige of Athanasius, and the powerful Patriarchate of Constantinople, with the scholarship of Eusebius behind its judgment, had canonized all the disputed Epistles.ウェストは、アタナシウスの威信によって由緒あるアレクサンドリアの教会をサポートしつつ、より多くの2世紀以上のためのエルサレムとアンティオキア、確かに全体のオリエント、古代のローマ教皇の教会は、使徒たちのインスピレーションを受けた書物としてヘブル人への手紙とジェームズを認めていたことを認識し始め、コンスタンティノープルの強力な主教庁は、その判決の背後ユーセビアスの奨学金と、すべての係争の書簡を列聖した。 St. Jerome, a rising light in the Church, though but a simple priest, was summoned by Pope Damasus from the East, where he was pursuing sacred lore, to assist at an eclectic, but not ecumenical, synod at Rome in the year 382.聖ジェロームは、教会の上昇光は、しかし、単純な司祭は、今年382年にローマで、エキュメニカル折衷ではなく、教会会議で支援するために、彼は神聖な伝承を追求していた東から教皇ダマソによって召喚された。 Neither the general council at Constantinople of the preceding year nor that of Nice (365) had considered the question of the Canon.一般前年のコンスタンティノープルでの評議会でもニース(365)のことも、キヤノンの質問を検討していた。 This Roman synod must have devoted itself specially to the matter.このローマの教会会議は、この問題に特別に自分自身を捧げている必要があります。 The result of its deliberations, presided over, no doubt, by the energetic Damasus himself, has been preserved in the document called "Decretum Gelasii de recipiendis et non recipiendis libris", a compilation partly of the sixth century, but containing much material dating from the two preceding ones.エネルギッシュなダマソ自身が、間違いなく、主宰の審議の結果は、 "Decretum Gelasiiデrecipiendisら非recipiendis libris"、部分的に第六世紀の集大成と呼ばれる文書に保存されますが、出会い系から多くの素材を含むされています2前項のもの。 The Damasan catalogue presents the complete and perfect Canon which has been that of the Church Universal ever since. Damasanカタログはそれ以来教会ユニバーサルのことであった完全かつ完璧なキヤノンを提示します。 The New Testament portion bears the marks of Jerome's views.新約聖書の部分は、ジェロームのビューのマークを負いません。 St. Jerome, always prepossessed in favour of Oriental positions in matters Biblical, exerted then a happy influence in regard to the New Testament; if he attempted to place any Eastern restriction upon the Canon of the Old Testament his effort failed of any effect.聖書の事柄オリエンタル位置の賛成で常に先入観を持って聖ジェロームは、新約聖書に関して、次に幸せな影響力を発揮し、彼は彼の努力は何の効果もなかったため失敗しました旧約聖書のキヤノンになん東部制限を配置しようとした場合。 The title of the decree--"Nunc vero de scripturis divinis agendum est quid universalis Catholica recipiat ecclesia, et quid vitare debeat"--proves that the council drew up a list of apocryphal as well as authentic Scriptures.法令のタイトルは - "ヌンクデヴェロscripturis divinis議案EST頭の良い汎Catholica recipiatエクレシアら頭の良いvitare debeatは" - 評議会は作り話のリストだけでなく、本物の聖書を策定しましたことを証明している。 The Shepherd and the false Apocalypse of Peter now received their final blow.シェパードとピーターの虚偽の黙示録は、今では最終的な打撃を受けた。 "Rome had spoken, and the nations of the West had heard" (Zahn). "ローマが話されていたが、西洋の国々が聞いていた"(ザーン)。 The works of the Latin Fathers of the period--Jerome, Hilary of Poitiers, Lucifer of Sardina, Philaster of Brescia--manifest the changed attitude toward Hebrews, James, Jude, II Peter, and III John.期間のラテン語の祖先の作品 - ジェローム、ポワティエのヒラリー、Sardinaのルシファーの、ブレシアのPhilaster - マニフェストヘブル、ヤコブ、ユダ、ペテロの第二、およびIIIジョンに向かって変化した態度。

3. 3。 Fixation in the African and Gallican Churchesアフリカと条項教会で固定

It was some little time before the African Church perfectly adjusted its New Testament to the Damasan Canon.アフリカの教会は完全Damasanキヤノンへの新約聖書を調整する前に、それはいくつかの少しの時間でした。 Optatus of Mileve (370-85) does not used Hebrews. Mileve optatusの(370から85)は、ヘブル人への手紙を使用していません。 St. Augustine, while himself receiving the integral Canon, acknowledged that many contested this Epistle.聖アウグスティヌスは、彼自身は、一体キヤノンを受けながら、多くの人がこの手紙を争っていることを認めた。 But in the Synod of Hippo (393) the great Doctor's view prevailed, and the correct Canon was adopted.しかし、カバの教会会議で(393)偉大な医者の見解が勝って、正しいキヤノンが採択された。 However, it is evident that it found many opponents in Africa, since three councils there at brief intervals--Hippo, Carthage, in 393; Third of Carthage in 397; Carthage in 419--found it necessary to formulate catalogues. 397カルタゴの第三;;カルタゴ419で - カタログを策定することが必要と認められるカバ、カルタゴ、393で - しかし、それはそれは短い間隔でそこに3協議会以来、アフリカで多くの相手を見つけたことは明らかである。 The introduction of Hebrews was an especial crux, and a reflection of this is found in the first Carthage list, where the much vexed Epistle, though styled of St. Paul, is still numbered separately from the time-consecrated group of thirteen.ヘブル人への導入は、特別な核心であり、これの反射がまだ13の時献堂グループとは別に番号が付いている非常に厄介な信徒、聖パウロのスタイリングも、第一カルタゴリストで発見されています。 The catalogues of Hippo and Carthage are identical with the Catholic Canon of the present.カバとカルタゴのカタログは現在のカトリックキヤノンと同じです。 In Gaul some doubts lingered for a time, as we find Pope Innocent I, in 405, sending a list of the Sacred Books to one of its bishops, Exsuperius of Toulouse.我々はExsuperiusトゥールーズ、その司教のいずれかに神聖な書籍のリストを送信、405で、インノケンティウス私を見つけるとガウルでは、いくつかの疑問は、しばらくぶらぶら。 So at the close of the first decade of the fifth century the entire Western Church was in possession of the full Canon of the New Testament In the East, where, with the exception of the Edessene Syrian Church, approximate completeness had long obtained without the aid of formal enactments, opinions were still somewhat divided on the Apocalypse.だから、5世紀の最初の十年の終了時全体西洋の教会は援助なしEd​​esseneシリア教会を除いて、おおよその完成度は長く得ていたが、東日本では、新約聖書のフルキヤノンを所有していた正式な制定のため、意見には、まだいくらか黙示録に分かれていました。 But for the Catholic Church as a whole the content of the New Testament was definitely fixed, and the discussion closed.しかし、全体として、カトリック教会の新約聖書の内容は間違いなく固定されており、議論は閉鎖された。

The final process of this Canon's development had been twofold: positive, in the permanent consecration of several writings which had long hovered on the line between canonical and apocryphal; and negative, by the definite elimination of certain privileged apocrypha that had enjoyed here and there a canonical or quasi-canonical standing.あちこちで楽しんでいた特定の特権外典の明確な排除によって、負の、長いカノニカルと作り話の間の行に推移していたいくつかの文章の永久奉献で、正:このキヤノンの開発の最終工程は二重だったカノニカルまたは準正規の地位。 In the reception of the disputed books a growing conviction of Apostolic authorship had much to do, but the ultimate criterion had been their recognition as inspired by a great and ancient division of the Catholic Church.係争中の書籍のレセプションでは、ローマ教皇の原作者の成長信念は多くの事をしていたが、カトリック教会の偉大な古代の分裂に触発されたような究極の基準は、その認識であった。 Thus, like Origen, St. Jerome adduces the testimony of the ancients and ecclesiastical usage in pleading the cause of the Epistle to the Hebrews (De Viris Illustribus, lix).このように、原産地のように、聖ジェローム(デViris Illustribus、59)ヘブル人への信徒の原因を嘆願に古代人と教会の用法の証言をadduces。 There is no sign that the Western Church ever positively repudiated any of the New Testament deuteros; not admitted from the beginning, these had slowly advanced towards a complete acceptance there.西洋の教会はこれまで積極的に新約聖書deu​​terosのいずれかを否認している兆候はありません。最初​​から認められていない、これらは徐々にそこに完全な承認に向けて進めてきた。 On the other hand, the apparently formal exclusion of Apocalypse from the sacred catalogue of certain Greek Churches was a transient phase, and supposes its primitive reception.一方、特定のギリシャの教会の神聖なカタログからの黙示録明らかに正式な排除は一過性相であって、そのプリミティブ受信を想定している。 Greek Christianity everywhere, from about the beginning of the sixth century, practically had a complete and pure New Testament canon.ギリシャのキリスト教はどこにでも、6世紀の初めから約、実質的に完全かつ純粋な新約聖書の正典を持っていた。 (See EPISTLE TO THE HEBREWS; EPISTLES OF ST. PETER; EPISTLE OF JAMES; EPISTLE OF JUDE; EPISTLES OF JOHN; APOCALYPSE.) (信徒へのヘブル人への手紙を見てください;。聖ペテロの書簡、ジェームズの信徒、信徒のジュードヨハネの書簡; APOCALYPSE)

D. SUBSEQUENT HISTORY OF THE NEW TESTAMENT CANON新約聖書キヤノンのD.その後の歴史

1. 1。 To the Protestant Reformationプロテスタントの改革へ

The New Testament in its canonical aspect has little history between the first years of the fifth and the early part of the sixteenth century.その正規の局面では、新約聖書には、第五の最初の数年間は、16世紀の前半の間に少しの歴史を持っています。 As was natural in ages when ecclesiastical authority had not reached its modern centralization, there were sporadic divergences from the common teaching and tradition.教会の権威は、その近代的な中央集権に達していなかった時の年齢で自然だったように、共通教育と伝統からの散発的な相違があった。 There was no diffused contestation of any book, but here and there attempts by individuals to add something to the received collection.どんな本が、あちこち受けコレクションに何かを追加するには、個人による試みは拡散論争はありませんでした。 In several ancient Latin manuscripts the spurious Epistle to the Laodiceans is found among the canonical letters, and, in a few instances, the apocryphal III Corinthians.いくつかの古代のラテン語写本にLaodiceansにスプリアスの信徒は、標準的な文字の間で発見、そして、いくつかの事例で、作り話の三第一コリントされています。 The last trace of any Western contradiction within the Church to the Canon of the New Testament reveals a curious transplantation of Oriental doubts concerning the Apocalypse.新約聖書のキヤノンに対する教会内の任意の西洋矛盾の最後のトレースが黙示録に関する疑問オリエンタルの好奇心移植を明らかにする。 An act of the Synod of Toledo, held in 633, states that many contest the authority of that book, and orders it to be read in the churches under pain of excommunication. 633で開催されたトレドの教会会議の行為は、その多くのコンテストその本の権威、それは破門下の痛みを教会で読まれるように命令を述べています。 The opposition in all probability came from the Visigoths, who had recently been converted from Arianism.すべての確率で反対が最近アリウスから変換されていた西ゴート族、から来ました。 The Gothic Bible had been made under Oriental auspices at a time when there was still much hostility to Apocalypse in the East.ゴシック聖書はあまり敵意は、東アジアの黙示録に残っていました時にオリエンタル後援の下で行われていた。

2. 2。 The New Testament and the Council of Trent (1546)新約とトレントの評議会(1546)

This ecumenical synod had to defend the integrity of the New Testament as well as the Old against the attacks of the pseudo-Reformers, Luther, basing his action on dogmatic reasons and the judgment of antiquity, had discarded Hebrews, James, Jude, and Apocalypse as altogether uncanonical.このエキュメニカル教会会議は、独断的な理由と古代の判断に彼の行動を基づかせ、擬似宗教改革、ルターの攻撃に対してだけでなく、旧新約聖書の完全性を守るために持っていたヘブル、ヤコブ、ジュード、および黙示録を捨てていた完全に教会法に従わないとして。 Zwingli could not see in Apocalypse a Biblical book.ツウィングリ黙示録聖書の本の中で見ることができませんでした。 (OEcolampadius placed James, Jude, II Peter, II and III John in an inferior rank. Even a few Catholic scholars of the Renaissance type, notably Erasmus and Cajetan, had thrown some doubts on the canonicity of the above-mentioned Antilegomena. As to whole books, the Protestant doubts were the only ones the Fathers of Trent took cognizance of; there was not the slightest hesitation regarding the authority of any entire document. But the deuterocanonical parts gave the council some concern, viz., the last twelve verses of Mark, the passage about the Bloody Sweat in Luke, and the Pericope Adulteræ in John. Cardinal Cajetan had approvingly quoted an unfavourable comment of St. Jerome regarding Mark, xvi, 9-20; Erasmus had rejected the section on the Adulterous Woman as unauthentic. Still, even concerning these no doubt of authenticity was expressed at Trent; the only question was as to the manner of their reception. In the end these portions were received, like the deuterocanonical books, without the slightest distinction. And the clause "cum omnibus suis partibus" regards especially these portions.--For an account of the action of Trent on the Canon, the reader is referred back to the respective section of the article: II. The Canon of the Old Testament in the Catholic Church. (ルネサンス·タイプ、特にエラスムスとCajetanのエコランパディウス下のランクでジェームズ、ジュード、ピーター2世、IIおよびIIIジョンを置きました。たとえ少数のカトリックの学者は、上記Antilegomenaの規範に疑問を投げた。に関して全体の本は、プロテスタントの疑念がトレントの父親の認知を取っただけだったが、いずれの文書全体の権限について少しでもためらいがありませんでしたしかし、第二正典の部分は、評議会にいくつかの懸念、すなわちを与え、最後の12の詩。マルコ、ルカでブラッディ汗、そしてジョンの引用章句のAdulteræ約通路Cajetan枢機卿がうなずくようにマーク、16、9月20日についての聖ジェロームの不利なコメントを引用しました;。エラスムスは本物でないと不倫女のセクションを拒否していた。最終的にこれらの部分がわずかな区別せずに、正典と同様に、受信された唯一の問題は、それらの受信の仕方に関してでしたそして句 "兼;それでも、偶数に関する信憑性のこれらの疑いは、トレントで発現されなかった。オムニバスのsuis partibus "は、特にこれらの部分に関しては - キヤノンのトレントのアクションのアカウントについて、読者は記事のそれぞれのセクションに差し戻されます。世カトリック教会では、旧約聖書のキヤノン。

The Tridentine decree defining the Canon affirms the authenticity of the books to which proper names are attached, without however including this in the definition.キヤノンを定義トリエント判決は、しかし、定義でこれを含めずに、固有名詞が取り付けられている書物の信憑性を肯定する。 The order of books follows that of the Bull of Eugenius IV (Council of Florence), except that Acts was moved from a place before Apocalypse to its present position, and Hebrews put at the end of St. Paul's Epistles.書籍の順番は行為が現在の地位への黙示録前の場所から移動し、ヘブル人への手紙は、聖パウロの書簡の末尾に置かれたエウゲニウス4世(評議会フィレンツェ)の雄牛のことを除いてということになります。 The Tridentine order has been retained in the official Vulgate and vernacular Catholic Bibles.トリエント注文は公式流布本と方言カトリック聖書のまま保持されています。 The same is to be said of the titles, which as a rule are traditional ones, taken from the Canons of Florence and Carthage.同じことは、原則としてフィレンツェとカルタゴの参事から取ら伝統的なものであり、タイトルにも言えることです。 (For the bearing of the Vatican Council on the New Testament, see Part II above.) (新約聖書バチカン公会議のベアリングは、第II部上記を参照してください。)

3. 3。 The New Testament canon outside the Church教会の外には、新約聖書正典

The Orthodox Russian and other branches of the Eastern Orthodox Church have a New Testament identical with the Catholic.東方正教会のロシア正教会と他の枝には、カトリックと同じ新約聖書を持っています。 In Syria the Nestorians possess a Canon almost identical with the final one of the ancient East Syrians; they exclude the four smaller Catholic Epistles and Apocalypse.シリアでのnestoriansは、古代東アジアのシリア人の最終的なものとほぼ同じでキヤノンを持って、彼らは4つの小さなカトリック書簡と黙示録が除外されています。 The Monophysites receive all the book. monophysitesのすべての本を受け取る。 The Armenians have one apocryphal letter to the Corinthians and two from the same.アルメニア人は同じからコリンチャンスと二から一作り話の手紙を持っています。 The Coptic-Arabic Church include with the canonical Scriptures the Apostolic Constitutions and the Clementine Epistles.コプト語 - アラビア語教会はカノニカル聖書ローマ教皇の憲法とクレメンタインの書簡であります。 The Ethiopic New Testament also contains the so-called "Apostolic Constitutions".エチオピア語新約聖書はまた、いわゆる "ローマ教皇の憲法"が含まれています。

As for Protestantism, the Anglicans and Calvinists always kept the entire New Testament But for over a century the followers of Luther excluded Hebrews, James, Jude, and Apocalypse, and even went further than their master by rejecting the three remaining deuterocanonicals, II Peter, II and III John.プロテスタントとしては、英国国教会とカルヴァンは、常に全体の新約聖書を保持しかし、一世紀以上にわたってルターの信者はヘブル、ヤコブ、ジュード、および黙示録を除外し、さらに残りの3つのdeuterocanonicals、Ⅱペテロを、拒絶することによって、さらに彼らのマスターより行きましたIIとIIIジョン。 The trend of the seventeenth century Lutheran theologians was to class all these writings as of doubtful, or at least inferior, authority.十七世紀ルター派神学者の傾向は疑わしい、または少なくとも劣って、権威とクラスへのすべてのこれらの記述だった。 But gradually the German Protestants familiarized themselves with the idea that the difference between the contested books of the New Testament and the rest was one of degree of certainty as to origin rather than of instrinsic character.しかし、徐々にドイツのプロテスタントは新約聖書の争われた書籍や他の部分との間に差はなく、組み込み関数の文字よりも起源として確実性の程度の一人だったという考えで自分自身を習熟。 The full recognition of these books by the Calvinists and Anglicans made it much more difficult for the Lutherans to exclude the New Testament deuteros than those of the Old.カルヴァンとanglicansによってこれらの本の完全な認識は、それがはるか​​に難しいオールドのものよりも新約聖書deu​​terosを除外するために、ルター派のために作ら。 One of their writers of the seventeenth century allowed only a theoretic difference between the two classes, and in 1700 Bossuet could say that all Catholics and Protestants agreed on the New Testament canon. 17世紀の彼らの作家の一人は、2つのクラス間の唯一の理論的な違いを認められており、1700 Bossuet内のすべてのカトリックとプロテスタントは新約聖書の正典で合意したと言うことができます。 The only trace of opposition now remaining in German Protestant Bibles is in the order, Hebrews, coming with James, Jude, and Apocalypse at the end; the first not being included with the Pauline writings, while James and Jude are not ranked with the Catholic Epistles.今ではドイツのプロテスタントの聖書に残っている野党の唯一のトレースは、ジェームズ、ジュード、および末尾の黙示録に来て、順番にヘブル人への手紙であり、ジェームズとジュードは、カトリックとランク付けされていないながら、第一は、パウロの文章に含まれていない書簡。

4. 4。 The criterion of inspiration (less correctly known as the criterion of canonicity)インスピレーションの基準(より正しく規範の基準として知られている)

Even those Catholic theologians who defend Apostolicity as a test for the inspiration of the New Testament (see above) admit that it is not exclusive of another criterion, viz., Catholic tradition as manifested in the universal reception of compositions as Divinely inspired, or the ordinary teaching of the Church, or the infallible pronouncements of ecumenical councils.新約聖書のインスピレーション(上記参照)神の啓示のように組成物の普遍的なレセプションで明らかとして、それが別の基準、すなわち、カトリックの伝統の排他的ではないということを認めるか、のためのテストとしてapostolicityのを守るものであってもカトリック神学普通の教会の教えや、エキュメニカル協議会の不可謬の公表。 This external guarantee is the sufficient, universal, and ordinary proof of inspiration.この外部保証はインスピレーションの十分な、普遍的な、通常の証拠である。 The unique quality of the Sacred Books is a revealed dogma.神聖な書籍のユニークな品質が明らかにしたドグマです。 Moreover, by its very nature inspiration eludes human observation and is not self-evident, being essentially superphysical and supernatural.また、その性質のインスピレーションによって人間観察は見逃されていると、本質的に超物質的な、超自然的であること、自明ではありません。 Its sole absolute criterion, therefore, is the Holy inspiring Spirit, witnessing decisively to Itself, not in the subjective experience of individual souls, as Calvin maintained, neither in the doctrinal and spiritual tenor of Holy Writ itself, according to Luther, but through the constituted organ and custodian of Its revelations, the Church.その唯一絶対的な基準は、それゆえではなく、カルバンは維持されている個々の魂の主観的な経験では、どちらの教義としたが、通じ、ルターによれば、自分自身を聖書の霊的なテノールで、それ自体に決定的目撃し、聖なるインスピレーション霊ですその啓示の構成器官とカストディ、教会。 All other evidences fall short of the certainty and finality necessary to compel the absolute assent of faith.他のすべての証拠が確実と信仰の絶対的な同意を強要するために必要な終局には及ばない。 (See Franzelin, "De Divinâ Traditione et Scripturâ"; Wiseman, "Lectures on Christian Doctrine", Lecture ii; also INSPIRATION.) ( "デDIVINA TraditioneらScripturâ" Franzelinを参照してください;ワイズマンは、 "キリスト教の教義講義"、講義II;。またインスピレーション)

Publication information Written by George J. Reid.ジョージJ. Reidさんによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Ernie Stefanik.アーニーシュテファーニク転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume III.カトリック百科事典は、ボリュームⅢ。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, November 1, 1908.ニヒルのObstat、1908年11月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです