Book of Common Prayer祈祷書

General Information 一般的な情報

The Book of Common Prayer (in full, the Book of Common Prayer and Administration of the Sacraments and Other Rites and Ceremonies of the Church) is the official prayer book of the Church of England and of Anglican churches in other countries, including the Episcopal church in the United States.祈祷書は、(完全に、教会の秘跡およびその他の儀式や式典の共通の祈りと管理の本)聖公会教会を含む教会のイングランドおよびその他の国における聖公会の教会の公式の祈りの本です米国インチ The first complete version of the Book of Common Prayer appeared in 1549 at the time of the Reformation, during the reign of Edward VI; its use was made compulsory by Parliament.共通の祈りの本の最初の完全なバージョンは、エドワード6世の治世中に、宗教改革の時に1549年に登場し、その使用は、議会に強制された。 It followed other church reforms and was the result of the work begun during the reign of Edward's father, Henry VIII, under the direction of Thomas Cranmer and Nicholas Ridley.これは、他の教会の改革を続けて、トーマスクランとニコラスリドリーの指導の下で、エドワードの父、ヘンリー八世の治世中に始まった仕事の結果であった。 Their aim was to produce a book in the vernacular that would be a unified and simplified equivalent of the Roman Catholic liturgical books.彼らの目的は、ローマカトリック典礼書の統一と簡略化した等価であ​​ろう、お国言葉で本を作ることでした。 Used with the Bible and an authorized hymnal, it provided all of the formularies for Anglican worship, from morning and evening prayers and the liturgy of Holy Communion to the rites for the sacraments and visitation of the sick.聖書と賛美歌の認可で使用されて、それは朝と夕方の祈りと病気の秘跡と面会するための儀式に聖体拝領の典礼から、聖公会の礼拝のための処方のすべてを提供した。 An Ordinal (ordination service) was added in 1550. (聖職叙任サービス)序数は、1550で追加されました。

A revised version of the Book of Common Prayer, sometimes called the Second Prayer Book of Edward VI, appeared in 1552, and its use, too, was made compulsory by Parliament. This version differed radically from the earlier one. The structure of the Holy Communion service was changed, many ceremonies were eliminated, and the vestments worn by the clergy were simplified.時にはエドワードVIの第二の祈りの本と呼ばれる共通の祈りの本の改訂版が、1552年に登場し、その使用は、あまりにも、議会に強制された。 このバージョンは以前のものとは根本的に異なっていた聖霊の構造聖体拝領サービスが変更されました、多くの式典が脱落し、聖職者の服が削られて簡素化された。 Eight months after its appearance, it was suppressed by Queen Mary I, who reintroduced Latin as the language to be used in services in the Church of England.八ヶ月後に、その外観は、イングランドの教会のサービスで使用される言語としてラテン語を再導入女王メアリー1世、抑制された。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
After Queen Elizabeth I ascended the throne in 1558, the Book of Common Prayer was amended, and the prayer book, which in the new version tended toward Roman Catholicism, was restored to use; further amendments in a Roman Catholic direction were made in 1604, during the reign of James I. During the Commonwealth the Book of Common Prayer was suppressed, but in 1662, following the restoration of the monarchy, its use was again made compulsory.エリザベス女王、私が1558年に即位した後、祈祷書が改正され、新しいバージョンではローマカトリック教に向かって傾向が見られた祈祷書は、使用するために復元された、ローマカトリック方向にさらに改正は1604年に行われた、連邦の間ジェームズI世の治世中に祈祷書は抑制されたが、1662年には、次の復旧の君主国は、その使用を再び強制された。 Because the amendments made in the 1662 version were also in a Roman Catholic direction, many Puritans defected from the established church. 1662年版では改正は、ローマカトリックの方向にもあったので、多くのピューリタンは、確立された教会から亡命。 Only minor amendments were made in the Book of Common Prayer after 1662 in England.マイナーのみの改正はイギリスで1662年、書籍の共通の祈りの後で行われた。 The formation of the Protestant Episcopal Church in the US in 1783 necessitated a revised prayer book for American use. 1783年、米国のプロテスタント監督教会の形成は、アメリカの使用のために改訂された祈りの本を必要とした。 It was ratified in 1789; further revisions were made in 1892, 1928, and 1979.それは1789年に批准された。さらなる改正が1892年、1928年、および1979年に行われた。 It is basically the same book used by other members of the Anglican communion.それは基本的にアングリカンコミュニオンの他のメンバーによって使用されているのと同じ本です。


Book of Common Prayer祈祷書

Advanced Information 高度情報

Historically there have been three books which have borne this title in the Church of England, though the title has also been applied to books in other provinces of the Anglican Communion that have been largely derived from these three.歴史的にはタイトルも主にこれらの三つの中から派生してきたアングリカン·コミュニオンの他の州で書籍に適用されてきたものの、イングランドの教会で、このタイトルを産んだ三冊の本がありました。

In 1549 the English Parliament passed an Act of Uniformity requiring the clergy to use from the Feast of Pentecost in that year "the Booke of the Common Prayer and Administration of the Sacraments and other Rites and Ceremonies of the Church after the Use of the Church of England." 1549年に英語議会は聖職者がその年の聖霊降臨祭から使用する必要が均一の法を可決した "教会の使用後秘跡とその他の儀式や教会の儀式の共通の祈りと管理のBookeイングランド "。 This revised and reformed handbook of worship was largely the work of the Archbishop of Canterbury, Thomas Cranmer, and in his Preface, Cranmer explained that it was to provide common prayer in two senses of the word.礼拝のこのハンドブックの改訂と改革は、主にカンタベリー大主教、トーマスクランの仕事だった、そして彼の序文で、クランマーは、それが言葉の2つの意味で共通の祈りを提供していたと説明。 From that time the worship of the Church of England, hitherto almost entirely in Latin, was to be in the common tongue ("suche language... as they mighte understande and have profite by hearying the same"), and a common usage in every diocese (previously there had been several different uses).その時から、イングランドの教会の礼拝堂は、ラテン語ではほぼ完全にこれまで、一般的な舌( "suche言語...彼らはunderstandeをmighteと同じhearyingによってprofiteを持っている")であることだった、との共通の使用法すべての教区(以前はいくつかの異なった用途があった)。

In conducting worship the clergy had previously needed the missal (for the Mass), breviary (for daily offices), manual (for the occasional offices), and pontifical (for episcopal services).導電性を崇拝し、聖職者は、以前に(聖公会のサービスの場合)、(の質量)ミサ典聖務日課書(毎日オフィス向け)、マニュアル(不定期オフィス向け)、および教皇を必要としていた。 The new book containd all of these except the ordinal (for daily services), which was published separately in 1550 and revised and bound up in the editions of 1552 and 1662.新しい本を除いては、これらのすべて(デイリーサービス)、1550とは別に公開され改訂され、1552年と1662年のエディションで縛られたがcontaindが。 In addition it included a calendar and lectionary and the litany, together with Coverdale's translation of the Psalter.それに加えて、一緒に詩篇のカヴァーデールの翻訳と、カレンダーと聖句集嫌になるほど含まれています。

The first prayer book met with little favor.少し好意と初めて会ったの祈りの本。 Protestants felt that it did not go far enough in its reforms, and in 1551 Martin Bucer published a Censura, or critique, in which he set out in detail the areas where the book obscured clear biblical teaching.プロテスタントは、その改革に十分ではなかったことを感じ、1551年にマーティンブツァー彼は詳細に本が明確な聖書の教えを隠さ区域を定めているCensura、または批評を発表した。 Further, those who leaned toward Roman Catholicism (notably Bishop Gardiner of Winchester) claimed that the book still taught the old doctrines of the Mass. In consequence Cranmer produced a second prayer book in 1552 in which the Protestant position was much more clearly adopted.また、(特にウィンチェスター司教ガーディナー)は、ローマカトリックに向かって身を乗り出した人々は、この本はまだクランマーはプロテスタントの位置がはるかに明確に採択された1552年の第二の祈りの本を作り出した結果ではマサチューセッツ州の古い教義を教えていると主張した。 These books are known as the First and Second Prayer Books of King Edward the Sixth.これらの書籍は、キングエドワード六の第一及び第二の祈りの書籍として知られている。

When Mary Tudor ascended the English throne in 1553, this second prayer book was proscribed as she reestablished the teaching and practices of the Church of Rome and leading Protestants were martyred.彼女は教育を再確立し、ローマや主要プロテスタント教会の慣行が殉教したとメアリーチューダーは、1553年に英語の即位したときに、この2番目の祈りの本が禁止されました。 In 1559 Elizabeth I restored the second book with minor alterations. 1559年にエリザベス私はマイナーな変更を加えて2番目の本を復元しました。 During the next century with the accession of James I in 1603 and the restoration of Charles II in 1660 the ongoing struggle between extreme Puritans and Episcopalians smoldered continuously, and the Hampton Court (1604) and Savoy (1661) conferences were held in an attempt to resolve the matters at issue. 1603年にジェームズ1世即位し、1660年のチャールズ2世の復元で次の世紀の間に極端なピューリタンと聖公会の間で進行中の闘争は継続的にsmoldered、ハンプトンコート(1604年)とサボイ(1661)会議は試みで開催されました問題となっている事項を解決します。 In the end relatively few changes were made, and the 1662 Act of Uniformity introduced a third Book of Common Prayer which was basically that of 1552 in its theological emphasis.最後には、比較的少数の変更が行われ、均一の1662法律は、神学的に強調しています基本的には1552年のことであった第3冊の共通の祈りを導入されました。

In 1637 the High Church Archbishop of Canterbury, William Laud, had attempted to impose on the Scottish church a book which was much more akin to that of 1549 in its doctrinal outlook. 1637年にカンタベリーの高い教会の大主教、ウィリアム賛美は、スコットランドの教会で、その教義の見通しではるかに似ている1549年のあった本を課すことを試みた。 Although he was unsuccessful, his book formed the basis of the Book of Common Prayer adopted by the Scottish Episcopal Church in 1764.彼は失敗したものの、彼の本は1764年にスコットランド聖公会で採択された共通の祈りの本の基礎を形作った。 By a strange quirk of history the Protestant Episcopal Church in America drew on this book in compiling its liturgy, and thus today the Anglican Communion embraces provinces of more Catholic or Protestant theological outlook depending on whether their liturgy is ultimately derived from the 1549 or 1552 archetype.歴史の奇癖によってアメリカのプロテスタント監督教会の典礼をコンパイルする際に、この本に描いた、従って、今日のアングリカンコミュニオンは、彼らの典礼は、最終的には1549または原型1552から派生しているかどうかに応じて、より多くのカトリックやプロテスタントの神学的な見通しの地方を包含。

In 1872 the Act of Uniformity Amendment Act allowed certain modifications in the way the services of the prayer book were used in the Church of England, permitting certain omissions, mainly on weekdays; hence the act became known as the Shortened Services Act. 1872年ユニフォミティ改正法の法は祈祷書のサービスは主に平日、一部省略を可能にして、イングランドの教会で使用されていたように一定の変更を許可され、故に行為は短縮サービス法として知られるようになった。 However, no amendment of the text was made at this stage.しかし、テキストの補正は、この段階では行われなかった。

A revision of the Book of Common Prayer was proposed in the Church of England in 1927, and although it was approved by the church's Convocations and House of Laity of Church Assembly, the book was rejected by Parliament largely because it reintroduced controversial pre-Reformation ideas, particularly in the Communion service.祈祷書の改正は1927年にイングランドの教会で提案され、それが教会のconvocationsや教会の集会の信徒の家によって承認されたが、この本は、それが物議を事前に改革のアイデアを再導入する主な理由は議会で否決された、特に聖体拝領サービスインチ Since then the Worship and Doctrine Measure of 1974 has given the Church of England greater freedom to control its liturgy, and in consequence the Alternative Service Book was published in 1980 to supplement with modern services, but not to supersede, the Book of Common Prayer.それ以来、1974年の礼拝と教義Measureは、イングランドの教会の典礼を制御する自由度を与えて、その結果で代替サービス帳は、共通の祈りの本を近代的なサービスを補足して1980年に出版されましたが、取って代わるものではない。 Authorization of the latter can still be withdrawn only by Parliament.後者の認可によってのみ議会で撤回することができます。

DH Wheaton DHウィートン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
GJ Cuming, A History of Anglican Liturgy; CO Buchanan, BT Lloyd, and H. Miller, eds., Anglican Worship Today. GJカミング、聖公会の典礼の歴史; COブキャナンは、BTロイド、そしてH·ミラー、EDS、聖公会の礼拝今日。


Book of Common Prayer祈祷書

Catholic Information カトリックの情報

I. HISTORY I.沿革

On 21 January, 1549, the first Act of Uniformity was passed imposing upon the whole realm of England "The Book of the Common Prayer and Administration of the Sacraments and other Rites and Ceremonies of the Church after the Use of the Church of England". 1549年1月21日に、均一の最初の法律が可決された英国の全体の領域には堂々とした "イングランドの教会の使用後の秘跡やその他の儀式や教会の儀式の共通の祈りと管理の本"。 Before this date (with some recent exceptions) the services had always been conducted in Latin; and though there were various "uses", eg Salisbury, Hereford, Bagor, York, and Lincoln, these were all derived from, and for the most part identical with, the Roman liturgy.この日付より前に(最近のいくつかの例外を除いて)サービスは、常にラテン語で行われていた、そして様々な "用途"とは、例えばソールズベリー、ヘレフォード、Bagor、ニューヨーク、リンカーンがありましたが、これらすべての由来され、大部分がローマ典礼、と同じ。 "Altogether some eighteen English uses are known . . . . Without exemption these English Missals are Roman -- they have the Roman Canon to begin with; they have the Roman variables; in short, their structure is identical with that of the Roman Missal" (J. Wickham Legg, 27 February, from a correspondence in "The Guardian", February and March, 1907). "全部でいくつかの英語の18の用​​途が知られている....免除がなければ、これらの英語Missalsはローマです - 彼らは初めにローマキヤノンを持って、彼らはローマの変数を持って、簡単に言えば、その構造はローマミサと同じである" (leggウィッカム、27 "ガーディアン"での対応から2月、2月、3月、1907)。 Though the motive for the introduction of the new liturgy is stated to be the desire for uniformity, simplicity, and the edification of the people, it is clear that this was merely a pretext.新しい典礼の導入のための動機は均一性、シンプルさ、そして人々の教化のための欲求であると述べているが、これは単なる口実であったことは明らかである。 The real motive was the removal from the service books of the doctrines rejected by the Protestant Reformers.本当の動機は、プロテスタントの宗教改革によって拒否説の本サービスの除去からだった。 Lex orandi, Lex credendi.レックスorandi、レックスcredendi。 The old books clearly contained the Real Presence, the Sacrifice of the Mass, Invocation of the Blessed Virgin and the Saints, Prayer for the Dead, the Seven Sacraments, with Auricular Confession, and a Sacrificing Priesthood.明らかに本物の存在が含まれていた古い書物、ミサ、聖母マリアと聖人の呼び出し、死者のための祈りは、七つの秘跡、耳介告白して、犠牲と神権の生け贄に捧げる。 The Act of Uniformity states that the king by the advice of Somerset and the rest of the Council, "appointed the Archbishop of Canterbury and certain of the most learned and discreet bishops and other learned men of this realm" to draw up the new book.サマセットのアドバイスや協議会の残りの部分で王は、新しい本を策定するための "カンタベリー大主教、最も学んだと控えめ司教と、このレルムの他の学んだ男性の特定を任命した"と均一状態の法律。 Who these were, besides Cranmer, cannot now be determined.これらの人は、ほかにクランマーは、今すぐに判別することはできません。 No list is known earlier than that given in Fullers "Church History", published 1657.いいえリストは、以前の "教会史" Fullersで与えられたものよりも知られていない、1657年を出版した。 However, "the history of the Prayerbook down to the end of Edward's reign is the biography of Cranmer, for there can be no doubt that almost every line of it is his composition" (Mason, Thomas Cranmer, 139). (メイソン、トーマス·クランマー、139)しかし、 "それは彼のほぼすべてのライン組成物であることに疑いの余地はありえないためにダウンエドワードの治世の終わりにPrayerbookの歴​​史は、クランマーの伝記である"。 With regard to the authority by which it was composed and issued, Abbot Gasquet and Mr. Bishop have carefully gone over the evidence (Edward VI and the Boo of Common Prayer, ch. x), and they have come to the same conclusion as the Anglican Canon Dixon, who affirms that "the Convocation Of the clergy had nothing to do with the first Act of Uniformity of religion. Laymen made the first English Boo of Common Prayer into a schedule of a penal statute. As little in the work itself which was then imposed upon the realm, had the clergy originally any share" (Hist. of the Ch. of England, III, 5).発行されることが作曲し権限に関して、アボットガスケとビショップ氏は慎重に証拠(エドワードviとブーイングの共通の祈りは、チャンネル。x)を検討してきました、そして、彼らは同様の結論に達しましたと招集の聖職者が均一の最初の宗教行為とは何の関係もない "と断言する。素人は、刑罰法規のスケジュールとしては、最初の英語の共通の祈りブーを作った。少しとしてその仕事自体に、キヤノンアングリカンディクソン課せられた当時の領域には、(CHのチャンネルです。イングランド、Ⅲ、5) "は、もともと聖職者の任意のシェアを持っていた。 The instruction given by royal authority was that the framers of the book should "have as well eye and respect to the most sincere and pure Christian religion taught by scripture as to the usages in the primitive Church."王室の権威によって与えられた命令は、本の起草者は、 "よく目と原始教会における用法に関して聖書が教え最も誠実で、純粋なキリスト教の宗教に敬意をもっています。"べきであるということでした How this was carried out will appear when we come to examine the contents of the book.我々は本の内容を調べるために来たときにこれが行われた方法が表示されます。 Meantime we may observe that the Communion Service cannot be classed with any of the old liturgies, but rather resembles the form drawn up by Luther in 1523 and 1526.その間私たちは聖餐サービスが古い典礼のいずれかに分類することはできませんことを観察することはなく、むしろ1523年と1​​526年にルターが策定したフォームに似ています。 Both agree in the elimination of anything denoting offertory or sacrifice in the true sense of the words, "Even if it were not an ascertained fact that during the year when it was in preparation, Cranmer was under the influence of his Lutheran friends, the testimony of the book itself would be sufficient to prove beyond doubt that it was conceived and drawn up after the Lutheran pattern" (Gasquet and Bishop, op. cit., 228; cf. ch. xiii).どちらも、それは準備していた年度中に、クランマーは、彼のルター派の友人の影響を受けて証言だった事実を確認されなかった場合でも、 "言葉の真の意味でのや犠牲さい銭を示すものの排除に同意する(。。。CF CH XIIIガスケとビショップ、前掲、228)本自体のそれはルター派のパターン "の後に考案され、策定されたことは疑う余地なく証明するのに十分であろう。 Though there were of course some who welcomed the new service, the imposition of it gave rise to strenuous opposition in most parts of the country.新しいサービスを歓迎した人も、もちろんありましたが、それを課すことは、国のほとんどの地域で激しい反対に上昇した。 By the time, however, that the Book of 1549 appeared, Cranmer had already adopted views more advanced than those contained in it, and was preparing for further revision.時間では、しかし、この本は1549に出演して、クランマーはすでに含まれてそれに比べて、ビューは、より高度な採用していたが、さらなる改正を準備しています。 Early in 1550 an act was passed approving of the new ordinal (see ANGLICAN ORDERS) and the altars were removed and tables substituted for them in many places.初期の1550年の行為は、新序の承認可決された(聖公会の注文を参照)と、祭壇が削除され、テーブルが多くの場所で彼らのために置換された。 In the same year Gardiner, while still a prisoner in the Tower, made use of the words of the Prayer Book to refute Cramner's own work on the Sacrament of the Body and Blood of our Savior.同じ年にガーディナーは、タワーにはまだ囚人ながら、私たちの救い主の体と血の秘跡にCramner自身の仕事を否定する祈りの本の言葉を利用していました。 About the same time Bucer completed his elaborate "Censura" of the Prayer Book.同じくらいの時間ブツァーは祈りの本の彼の手の込んだ "Censura"を完成させた。 Accordingly in 1552 a second Boo of Common Prayer was published, in which everything in the First Book which had been fixed upon by Gardiner is evidence that the new liturgy did not reject the old beliefs and everything which Bucer had objected to was in the revision carefully swept away and altered.したがって、1552第二の共通の祈りのブーイングは、ガーディナーの際に固定されていた最初の本ですべてが新しい典礼は、古い信念やブツァーは慎重改正であったために反対していたすべてのものを拒否しなかったことの証拠である、掲載されました押し流され、変更。 Before this book could come into general use the old Catholic services were restored by Mary.この本は使用前に生まれてくる可能性全般古いカトリックのサービスはメアリーによって復元されました。 After her death the Second Book was imposed by Elizabeth in 1559 with some few, though important, changes.彼女の死の後番目の本は、いくつかのいくつかの、しかし重要なのは、変化と、1559年にエリザベスによって課された。

Further changes were made in 1604 and again in 1662, but the Prayer Book as a whole practically remains what it was in 1552.以上の変更は1604年と再び1662年に作ったが、全体としての祈りの本は、実質的に、それが1552年にあったもののままでいた。 "The position which was deliberately abandoned in 1549 and still further departed from in 1552 has never been recovered. The measure of the distance traversed in these new liturgies by those who controlled the English reformation can only be duly estimated on an historical survey of the period in which the ground was lost" (Gasquet find Bishop, op. cit., 307). "意図的に1549年に放棄され、さらに別の1552年から出発していた位置は、回収されたことはありません。英語改革を支配した人々によって、これらの新しいliturgiesは横断距離の測定が唯一正式に期間の歴史的調査に推定することができるたグランド(ガスケは司教、前掲書、307を見つける) "失われた。

II. Ⅱ。 CONTENTS目次

The Boo of Common Prayer is really a combination of four of our liturgical books: the Breviary, Missal, Pontifical, and Ritual.聖務日課書、ミサ、教皇、そして儀式:ブーイングの共通の祈りは本当に我々の典礼書の4つの組み合わせです。

(1) The New Calendar (1)新規カレンダー

The old Sarum and other calendars in use before the Reformation contained the fast days and the feasts for most of the days in the year.古いsarumや改革の前に使用中の他のカレンダーは今年の大半の日のための高速日間の宴を含んでいた。 Among these were the Purification, Annunciation, Visitation, Assumption, Nativity, and Conception of "the Blessed Mary", a large number of purely Roman saints; and All Souls' Day.とすべての精神の日;中でも精製、受胎告知、訪問、昇天、キリスト降誕、そ​​して "祝福メアリー"の構想は、純粋にローマの聖徒が多数であった。 Corpus Christi was kept on the Thursday after Trinity Sunday.コー​​パスクリスティ、トリニティ日曜日後の木曜日に保たれた。 The Calendar of the First Prayer Book omitted the fast days altogether and gave only twenty-two saints' days, all being New Testament saints; the only feasts of the Blessed Virgin retained are the Purification and the Annunciation; All Souls' Day is omitted, and there is no office for Corpus Christi.まず祈りの本のカレンダーは完全に省略され、高速日間だけ二〇から二聖人与えた '日を、すべてである新約聖書の聖人、聖母マリアのお祭りだけは保持は精製と告知され、すべての精神の日は省略され、とコーパスクリスティには事務所がありません。 Hardly any change was made in this part in the Second Prayer Book, though the "dog Daies" are characteristically noted.ほとんど変化は "犬Daies"が特徴的に指摘しているにもかかわらず、第二の祈りの本のこの部分でなされなかった。 The Calendar of the Third Prayer Book (1559-61) reintroduced the mention of the fast days and a goodly number of feasts; among the latter, the Visitation of the "Blessed Virgin Mary", the Conception and the Nativity of "the Virgin Mary"; but no special offices were appointed for any of these feasts.後者のうち、 "聖母マリア"、構想と聖母マリア "キリスト降誕の面会は、高速日間の言及との宴のかなりの数を再導入第三の祈りの本(1559年から1561年)のカレンダー";しかし、特別な所はこれらのお祭りのいずれにも任命された。 "The reason why the names of these Saints-days and Holy-days were resumed into the calendar are various", says Wheatly in "A Rational Illustration of the Book of Comm. Prayer" (Pt. II. Introd.), "some of them being retained upon account of our Courts of Justice. . . . Others are probably kept for the sake of such tradesmen as are wont to celebrate in the memory of their tutelar Saints . . . . And again, it has been the custom to have Wakes or Fairs kept upon these days; so that the people should be left out . . . For these reasons our second reformers under Queen Elizabeth . . . . though convenient to restore the names of them to the Calendar, though not with any regard of being kept holy by the Church". "これらの聖人の日とホーリー·日の名前がカレンダーに再開された理由は様々である"でWheatly言う "通信の書籍の合理化イラスト。祈り"(PT.Ⅱ。Introd学)、 "いくつかのそれらの正義の私たちの裁判所のアカウントによって留保されている....その他はおそらくそのような商人のために保持され、それらのtutelar聖人のメモリに祝うためにたくなる....そして、再び、それは、カスタムされているウェイクスまたはこれらの日に基づい保たフェア持って、人々が取り残されるべきであるように...これらの理由から、エリザベス女王の下に我々の第二改革....カレンダーにそれらの名前を復元するけど、便利ではありませんが、任意に関して"教会で聖なる保たれている。

(2) The Brievary (2)Brievary

The Sarum Breviary contained the canonical Hours, the Psalms distributed through the week, antiphons, versicles, and responses, and Little Chapters much the same as the modern breviary -- of course without the modifications since introduced by St. Pius V and later pontiffs.聖ピウスVと後で教皇によって導入された以降に変更されたことなく、もちろん - セーラムの聖務日課書は、カノニカル時間、現代の聖務日課書とほぼ同じ週、antiphons、versicles、との回答は、ほとんどの支部を通じて配布詩篇が含まれていました。 But in 1535 there appeared a new breviary drawn up by Cardinal Quignonez, in which a complete break had been made with the old order of the Office.しかし、1535年に完全にブレークがOfficeの古い順で行われていた枢機卿Quignonez、策定され、新しい聖務日課書が登場。 The canonical Hours had indeed been retained but the antiphons, versicles, responses, and Little Chapters had been omitted, the Psalms were distributed in such that three were said at each hour, and the same Psalms said every day of the week in the same order.カノニカル時間は確かに保持されていたが、antiphons、versicles、回答は、ほとんどの支部が省略されていた、詩篇は、3人がそれぞれ1時間と言われていたように分布し、同じ詩篇は同じ順番で毎日言われていた。 A striking feature of this breviary was the great length of the Scriptures lessons which enabled the priest to read through in the course of the year almost the whole of the Old Testament and the whole of the New Testament with Epistles of St. Paul twice over.この聖務日課書の顕​​著な特徴は、司祭が二度にわたって年間の過程では、旧約聖書と聖パウロの書簡と新約聖書の全体のほぼ全体を介して読み取ることが有効になって聖書のレッスンの偉大な長さだった。 It was this book which Cranmer had before him when framing the office portion of the First Prayer Book.それは最初の祈りの本の部分を事務所、フレーミング時のクランマーは彼の前に持っていたこの本だった。 Indeed he copied word for word in his preface a considerable portion of Quignonez's preface.確かに彼は、彼の序文でQuignonezの序文のかなりの部分を逐語的にコピーしました。 (See Gasquet and Bishop, op. cit., App. III.) He reduced, however, the hours to two -- Matins and Evensong (called Morning and Evening Prayer in the Second Book) -- and arranged the Psalms for recital once a month instead of once a week. (ガスケとビショップ、前掲を参照して、App III。。)彼は、しかし、時間の2に減少 - 朝の祈りと晩課(第二帳に朝と夜の祈りと呼ばれる) - と一度リサイタルのための詩篇を配置月の代わりに週一回。 He also introduced two Scripture lessons, one from the Old Testament and one from the New Testament at both hours of prayer, and entirely omitted the lessons of the saints.彼はまた、2つの聖書の授業、祈りの両方の時間では、旧約聖書から1と新約聖書から1を導入し、完全に聖人の教訓を省略します。 In the Second Book he introduced "When the wicked man", "dearly beloved brethren, the Scripture moveth us", the general confession ("Almighty and most merciful Father"), and the Absolution ("Almighty God, the Father of our Lord Jesus Christ"), which have remained to the present day.彼は "いつ邪悪な男"、 "最愛の兄弟、聖書は私たちをmoveth"を導入し番目の本は、一般の告白( "全能、最も慈悲深い父")、及び赦免( "全能の神は、わたしたちの主の父で現在まで残っているイエス·キリスト ")。 When we remember that more than a hundred editions of Quignonez's breviary were printed during the short space of twenty years, and that it was on the point of being adopted universally, we can see that this portion of the Boo of Common Prayer has some justification.我々はQuignonezの聖務日課書の百以上のエディションには、20年の短いスペースの間に印刷され、それが普遍的に採択されている点であったことされたことを覚えているとき、私たちはブーイングの共通の祈りのこの部分は、いくつかの正当性を持っていることがわかります。 No doctrinal questions were at stake -- unless it might be the omission of the intercession of the saints.いいえ教義上の質問が危機に瀕していなかった - それは、聖人の執り成しの省略かもしれない場合を除きます。

(3) The Missal (3)ミサ

The Canon.of the Mass in the Sarum Missal is taken almost word for word from the Roman Missal.セーラムミサでCanon.ofミサがローマ典からの単語のためのほとんどの単語を取られます。 In the First Prayer Book the Communion service is styled "'The Supper of the Lord and the Holy Communion, commonly called the Mass"; in the Second, and also in the present book, "The Order for the Administration of the Lord's Supper, or the Holy Communion".拝領サービス字体が使われているまず書籍の祈り ""主と聖体拝領の晩餐、一般にマスと呼ばれる "、第二に、そしてまた本本の中で、"主の晩餐の管理のための秩序、または聖体拝領 "。 It is not possible within the limits of the present article to compare in detail the first Book with the Sarum on the one hand, and with the subsequent books on the other.それは片手sarumを持つ最初の本、および他の上で、その後の書籍を詳細に比較するために、本記事の範囲内で可能ではありません。 (See Gasquet and Bishop, ch. xii and xvi). (ガスケとビショップは、ch。XIIおよびXVIを参照してください。) The word altar is used in the First Book, though with the alternative of "God's board"; in the Second Book and subsequent Books "table" and "board" alone occur.ワード祭壇は "神の委員会"の代替とも、最初の本で使用されます。第2冊の書籍とその後の "表"と "ボード"に単独で発生します。 As regards vestments the First Book directs that the priest shall wear "a white alb plain, with a vestment (chasuble?) or cope", find the assisting clergy "albs with tunacles"; the Second Book "the minister at the time of the Communion find all other times in his ministration, shall use neither alb, vestment nor cope; but being archbishop or bishop, he shall have and wear a rochet, and being a priest or deacon, he shall have and wear a surplice only".服に関しての最初の本は、司祭が "法衣と、白いアルバ平野は、(?カズラ)または対応する"着用するよう指示し、 "としてalbs tunacles"聖職者を見つけるのを支援する、時の第2集 "大臣聖体は、彼の奉仕で、アルバ、衣服どちらを使用したり、対処しなければならない他のすべての時間を見つける;しかし大司教や司教である、彼はロシェを持って着用しなければならない、と司祭または助祭が、彼は、 "唯一の袈裟を持って着用しなければならない。 In the Third Book (1559) "it is to be noted that such ornaments of the church and of the ministers thereof, at all times of their ministration, shall be retained, and be in use, as were in the Church of England by the authority of Parliament in the second year of the reign of King Edward the Sixth". 3冊目(1559)で "それはによってイギリスの教会であったように教会とその閣僚のような装飾品が、彼らの奉仕のすべての回で、保持するものとし、使用中であることに留意すべきであるエドワード1世の治世第六 "の2年目議会の権限。 As is well known, the meaning of this rubric has long been a matter of dispute.よく知られているように、この朱書きの意味は、長い紛争の問題となっています。 The First book directs the priest to stand "humbly before the midst of the altar"; the Second, to stand "at the north side of the table", as is still the rule.最初の本は "の真っただ中に、祭壇の前に謙虚に"立って司祭に指示し、第二に、 "テーブルの北側に"立って、まだルールであるとして。 No mention is made of incense, or lights, or holy water in any of the books.は言及書籍のいずれかで線香、または灯、または聖水で作られていません。 As to the service itself, the changes may be briefly summed up as follows: The First Book omitted all mention of any true sacrifice, but retained expressions capable of referring to the Real Presence; the Second Book excluded these; the Third and subsequent books re-admitted and combined expressions which might be taken in either sense.サービス自体に関しては、変更は簡単に次のように要約されることがあります最初の本はどんな本当の犠牲のすべての言及は省略されていますが、本物の存在に言及することが可能な表現を保持;番目の本では、これらを除外して、第三の書籍とその後の再 - 入院し、どちらの意味で取られるかもしれない表現を組み合わせる。 "On comparing and the first with the second Communion office what is obvious at first sight is, that whilst the former, in spite of the substantial change made in the ancient mass, manifested a general order and disposition of parts similar to the mass itself, the latter was changed beyond recognition" (Gasquet and Bishop, 288). "一目で何が明らかな第二聖餐式と比較すると1日に、古代の塊は、実質的な変化にもかかわらず、前者をしながら、質量自体に似た部品のために、全般的な気質を明らかにすることであり、後者は認識 "(ガスケとビショップ、288)を超えて変更されました。 It will be sufficient to note here that while the First retained something like the prepatory prayer of Consecration ("Vouchsafe to bl+ess and sanc+tify these thy gifts, and creatures of bread and wine that they may be unto us the body and blood of thy most dearly beloved Son Jesus Christ"), the Second and subsequent Books omitted this altogether; in the Second Book no directions were given as to the acts of the minister -- he might recite the words of Consecration as a mere lesson; but in the later Books he was directed to take the paten and cup into his hands.それは、ここで注意するのに十分であることをしばらく奉献のprepatory祈りのように最初に保持何か( "BL + ESSと制裁​​に賜る+これらなたの贈り物を識別し、Pro Toolsと共に、彼らはわたしたちの体と血であることがパンとぶどう酒の生き物"汝の最も最愛の息子イエス·キリスト)、2回目以降の書籍は完全にこれを省略し、第二の本のない方向が大臣の行為をしていたとして与えられなかった - 彼は単なる教訓として奉献の言葉を暗唱するかもしれない、しかし、後には、書籍の彼は彼の手の中に金属製の円盤とカップを取るように指示されました。 Most significant, too, are the changes made in the form of administering the Holy Communion.最も重要なことは、あまりにも、聖体拝領を投与という形で行われた変更されています。 In 1549: 1549年:

When he deliverith the Sacrament of the Body of Christ, he shall say unto every one these words: "The body of our Lord Jesus Christ which was given for thee, preserve thy body and soul unto everlasting life". "あなたのために与えられた私たちの主イエス·キリストの体、来世かれなたの体と心を維持する":彼は、キリストの体の秘跡をdeliverithとき、彼はこれらの言葉が一人一人に言うものとする。 And the Minister delivering the Sacrament of the Blood shall say "The blood of our Lord Jesus Christ which was shed for thee, preserve thy body and soul unto everlasting life."と血の秘跡を提供大臣 "ために流された私たちの主イエス·キリストの血は、来世かれなたの体と心を維持する。"と言うもの

In 1552: 1552年:

And when he deliverith the bread, he shall say: "Take and eat this in remembrance that Christ died for thee. and feed on him in thy heart by faith, with thanksgiving." "キリストが死んでることを記憶に留めて、これを持って食べると信仰して、感謝して彼はあなたの心を食べます。"と、彼はパンをdeliverithとき、彼は言うであろう And the Minister that deliverith the cup shall say: "Drink this in remembrance that Christ's blood was shed for thee, and be thankful".とdeliverithはカップが言わなければならないことを大臣: "キリストの血液がために流されたことを記憶に留めて、これを飲んで、とに感謝しています"。

In 1559 and the present Book: 1559年と現在の書籍:

And when he delivereth the Bread to any one be shall say, "The Body of our Lord Jesus Christ which was given for thee, preserve thy body and soul unto everlasting life. Take and eat this In remembrance that Christ died for thee, and feed on him in thy heart by faith with thanksgiving."と彼が言うものとするいずれかにパンを救うのときに、 "あなたのために与えられた私たちの主イエス·キリストの体は、乗り、キリストが死んでることを記憶に留めて、これを食べる。来世かれなたの体と心を維持し、フィード感謝をもって、信仰によって彼はあなたの心の。 " And the Minister that delivereth the cup shall say: "The Blood of our Lord Jesus Christ, which was shed for thee, preserve thy body and soul unto everlasting life. Drink this in remembrance that Christ's Blood was shed for thee, and be thankful."そしてカップを救うのは言わなければならないことを大臣: "ために流された私たちの主イエス·キリストの血が、これは、キリストの血がために流されたことを記憶に留めて、これを飲んで来世かれなたの体と心を維持する、とに感謝しています。 "

The First Book forbade "any elevation or showing the Sacrament to the people"; the Second Book added the so-called "Black Rubric" denying any "real and essential presence of Christ's natural flesh and blood".最初の本は、 "任意の標高や人の秘跡を示す"を禁じ、第二予約は任意の "キリストの自然肉と血の本当の必要不可欠な存在"を否定して、いわゆる "黒朱書き"を追加しました。 This was omitted in 1559, but was reintroduced in 1632, shortened and slightly altered, "corporal presence" being substituted for "real and essential".これは、 "本当の、必要不可欠な"に置換されている "肉体の存在"、1559年には省略されましたが、1632年に再導入された、短く、わずかに変更された。

(4) The Ritual (4)儀式

The order of the administration of Baptism in the old Sarum Manuale (Ritual) was almost identical in words and ceremonies with that now in use among us.古いsarum Manualeにおける洗礼の投与の順序(リチュアル)は私たちの間で現在使用されていることで単語や式典ではほぼ同一であった。 (For the differences see SARUM.) The principal changes in 1549 were the omission of the blessing of the font, of the giving of the blessed salt, and of the first anointing. (sarumの違いを参照してください。)1549年における主な変更点は塩分の祝福を与えるのは、との最初のanointingフォントの祝福の不作為であった。 New prayers were also introduced, but the general character of the old service was preserved, including the exorcisms, the giving of the white garment, and the second anointing.新しい祈りはまた、導入されたが、旧サービスの一般的な文字がそそぎ悪魔払い、白い衣服の付与、及び第二含めて、保存されていた。 All of these met with Bucer's disapproval, and were accordingly removed in 1552, and have never been restored.これらのすべてはブツァーの不承認と会談し、それに応じて1552年に除去され、復元されたことはなかった。 The present rite is exactly the same as that of 1552, with few verbal alterations.儀式は、現在いくつかの口頭での手直しで、1552年のそれとまったく同じです。

As the Reformers did not recognize Confirmation as a sacrament, we are not surprised to find that the rite of administering it has undergone great changes.改革派は聖餐式として認識していないの確認として、我々はそれを管理するための儀式が、大きな変化を遂げていることを知って驚いていません。 In 1549 the anointing with chrism was omitted, but the prayer that the Holy Ghost might come down upon those about to be confirmed was retained, and they were signed with the sign of the cross on their forehead. 1549年に聖油を注ぎ省略されましたが、聖霊が確認されようとされたものに降りてくるかもしれないという祈りが保持されていた、と彼らは彼らの額に十字架の印を使用して署名された。 In 1552, owing again to Bucer's influence, the first prayer was altered ("strengthen them with the Holy Ghost"); the signing with the cross was omitted; and a colourless form of words used. 1552は、おかげ再びブツァーの影響力には、最初の祈りが( "聖霊を強化して")に変更された、クロスのサインを省略した、とcolourless形で使われる言葉。 This latter rite is still in use; but in 1662 the renewal of baptismal vows was prefixed to it.この後者の儀式はまだ使われている、しかし、1662年に洗礼を更新するには、それの前に付けていた誓い。

The "Form of Solemnization of Matrimony" comes next. "結婚の挙式の形式は、"次に来る。 As the essential part of the ceremony is the contracting of the parties, considerable latitude has existed in the Church with regard to the rest of the service.式典の本質的な部分は、当事者の契約であるので、かなりの緯度は、サービスの残りの部分に関して教会に存在しています。 The First Book followed the old rite rather closely, but the blessing of the ring and the nuptial Mass were omitted.最初の本ではなく、密接に古い儀式の後、リングと婚姻のミサの祝福が省略されました。 Of course the Reformers looked upon matrimony merely as a "state of life allowed in the Scriptures", and not as a sacrament.もちろん改革派 "が、聖書は人生の許可状態"としてではなく、聖餐式として単に結婚を見下ろしていました。 "The Order of the Visitation of the Sick" contains matters of grave importance. "病者の訪問の順序は"墓の重要事項を含んでいます。 In the First Book and in all subsequent Books, the "sick person shall make a special confession, if he feels his conscience troubled with any weighty matter; after which the priest shall absolve him after this form [sort] . . . . I absolve thee from thy sins'".彼は重要な問題に悩まさ自分の良心を感じた場合、最初の本は、その後のすべての書籍は、 "病人には、特別な告白をしなければならない。そのあと司祭は[ソート] ....私は無罪を言い渡すこのフォームの後に彼を免除しなければならないなたの罪 '"から、なた。 The First Book alone adds: "and the same form of absolution shall be used in all private confessions."単独で最初の本が追加されます: "と赦免の​​同じフォームがすべてのプライベート自白で使用されるものとします。" Moreover the First Book alone contains the anointing of the sick: "If the sick person desire to be anointed, then shall the priest anoint him upon the forehead or breast only, making the sign of the cross", and afterwards reciting a long prayer entirely different from the old forms, which were the same as the present Catholic ones. "病人の欲求が油を注がれたことがあれば、祭司は十字架の印を作るだけの額や胸に彼を塗るならない"し、その後完全に長い祈りを暗唱:また一人で、最初の本は、病者の塗油が含まれています現在のカトリックのものと同じであった古い形態とは異なる。 This ceremony was removed at Bucer's suggestion.この式典でブツァーの提案が取り外された。 The First Book also has a rubric about reservation of the Blessed Sacrament: "If there be more sick persons to be visited the same day then shall the curate reserve so much of the sacrament of the body and blood as shall serve the other sick persons, and such as be appointed to communicate with them if there be any; and shall immediately carry it and minister it unto them."最初の本はまた、聖体の予約について、朱書き: "他の病気の人に送達しなければならないとして、同日訪問する多くの病気の人はその後の体と血の聖餐式のそんなに準備がキュレートするものとされている場合、などは、いずれかが存在する場合に、それらと通信するために任命され、そしてすぐに、それは彼らをわたし大臣証票を携帯しなければならない "。 Bucer does not seem to have objected to this; nevertheless no mention of reservation is made in any of the later Books.ブツァーはこれに反対していないようです、それにもかかわらず予約の言及は、後に書籍のいずれかで行われていません。 The Sarum Office of the Dead included Vespers (Placebo), Matins (Dirige), Lauds, Mass (Requiem), the Absolution, and the Burial.死者のセーラムOfficeは、晩課(プラセボ)、朝の祈り(Dirige)、賞賛、ミサ(レクイエム)、赦し、そして埋葬が含まれていた。 As might be expected from the views of the Reformers on prayer for the dead, nothing was preserved in the new Books but the "Order for the Burial of the Dead".死者のための祈りに宗教改革の視点から予想されるように、何も新しい本が、 "埋葬式"に保存されませんでした。 The First Book, indeed, contains distinct prayers for the soul of the departed, but these were removed in 1552, and have never been restored.最初の本は、実際には、故人の魂のために別個の祈りが含まれますが、これらは1552年に除去され、復元されたことはなかった。 For the Thirty-nine Articles see the article under that heading. 39の記事の見出しの下に、その記事では、参照してください。

In recent years attempts have been made to reform the prayer Book in two opposite directions.近年の試みが二つの正反対の方向に祈り書籍を改革する試みがなされている。 The Evangelicals have considered it as still containing too much of the old "propery", while the High Church party have endeavoured to get back the portions omitted or altered since 1549. 1549年以来、省略されたり、変更された部分を取り戻すことに努めてまいりました教会の高いパーティながら福音は、まだあまりにも古い "propery"が含まれているとして、それを考慮した。 Various changes have actually been made in the Prayer Book as used by the Protestant churches of Scotland, Ireland and America.様々な変更が実際にスコットランド、アイルランド、アメリカのプロテスタント教会で使われている書籍の祈りが行われました。

It is only fair, in concluding, to note Cranmers "splendid command of the English language and his instinctive sense of what would suit average English minds. His genius for devotional composition in English is universally recognized, even by those who have least sympathy with his character and career" (Mason, Thomas Cranmer, 140).それも、彼の持つ少なくとも共感を持っている人で、Cranmers "英語の華麗なコマンドと平均英語の心に合うものを。英語で祈りの組成物のための彼の才能が普遍的に認識されて、彼の本能的な感覚のみ、結びでは、メモを公正であるキャラクターとキャリア "(メイソン、トーマス·クランマー、140)。 "I value the Prayer Book, as you cannot do", says one of the Anglican characters in Newman's "Loss and Gain" (ch. viii), "for I have known what it is to one in affliction. May it be long before you know it in a similar way; but if affliction comes on you, depend on it all these new fancies and fashions will vanish from you like the wind, and the good old Prayer Book alone will stand you in any stead." "として行うことはできません私は、祈りの本を大切に"、私はそれが苦痛で1には何かを知っていたためにニューマンの "損得"(第VIII)、 "聖公会のいずれかの文字は言う。それは前に長いかもしれないあなたは、同様の方法でそれを知っている、しかし来る苦悩している場合には、それに依存するすべてのこれらの新しい空想とファッションは風のようにあなたから消えるとし、単独では、古き良き祈りの本は、任意の代わりにあなたに立つだろう "。

Publication information Written by TB Scannell.結核スキャネルによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Matthew Dean.マシュー·ディーン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.ニヒルのObstat、1907。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

The best work on the subject is Gasquet and Bishop, Edward VI and the Book of Common Prayer; Frere, Revision of Proctors Book of Common Prayer; Weston, The Prayer Book on the Making (1907), a poor and prejudiced work; Wheatly, A Rational Illustration of the Book of Comm.フレールは、共通の祈りの試験官帳の改訂;、ウェストン、作る上での祈りの本(1907年)、貧しい人々や偏見仕事; Wheatly、被写体の最高の仕事は、ガスケと司教は、この本のエドワードviと共通の祈りです通信の書籍の合理イラスト。 Pr., being the substance of everything liturgical in Bishop Sparrow, Mr. L'Estrange, Dr. Comber Dr. Nichols, and all former ritualists, commentators, and others upon the same subject; Mason, Thomas Cranmer; and various other works treating of the Reformation in England, especially in the reign of Edward VI. PR、ビショップスパロウ氏L'疎遠にする、博士コンバー博士はニコラス、同じ被写体に応じてすべての元ritualists、コメンテーター、他のすべての典礼の物質である;メイソン、トーマス·クランマー、およびその他のさまざまな作品が治療特にエドワード6世の治世のイングランドにおける宗教改革の。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです