Eastern Church東方教会

General Information 一般的な情報

Eastern Church is a general term for the various ancient Christian communions of the Middle East and Eastern Europe, of which three groups remain today.東方教会は、3つのグループが今日のままそのうち中東、東欧、様々な古代キリスト教の聖体拝領のための一般的な用語です。

The earliest decisive split in Christendom took place in 451 as a result of the Council of Chalcedon, which was called to consider the claims of the Monophysites (see Monophysitism).キリスト教世界では最古の決定的分割(キリスト単を参照)のmonophysitesの主張を検討するために呼び出されたカルケドン公会議の結果として、451年に行われた。 The churches that rejected the statement of faith adopted by the council are the Armenian church, the Coptic church of Alexandria, the Ethiopian church, the Syrian church, and the Syrian church in India.評議会で採択された信仰の声​​明を拒否した教会は、アルメニア教会、アレクサンドリアのコプト教会、エチオピア教会、シリア教会、インドのシリア教会です。 Sometimes known as the Oriental Orthodox , these churches today include more than 22 million members.時にはオリエンタル正教会として知られている、これらの教会は、今日以上22万人のメンバーが含まれています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The largest body, the Orthodox church , is in communion with the ecumenical patriarchate of Constantinople (Ýstanbul, Turkey).最大のボディは、 正統派の教会は 、コンスタンティノープル総主教(Ýstanbul、トルコ)との交わりである。

A third group of churches is known collectively as Eastern Rite churches , which recognize the authority of the Roman Catholic church.教会の第3グループは、ローマカトリック教会の権威を認める帰一教会 、と総称されています。


Eastern Church東方教会

Advanced Information - Catholic Perspective 高度情報-カトリックの視点

(Editor's Note: This article from the Catholic Encyclopedia includes fairly severe biases toward the Catholic Church and against Protestants and the Orthodox Church and other Churches, and would normally be eliminated from consideration for BELIEVE for that reason. However, it is a thorough and accurate discussion of many subjects associated with Eastern Churches, and we felt it beneficial to include it, until a better presentation is found.) (編集者注:カトリック百科事典からこの資料では、カトリック教会の方へとプロテスタントと正教会と他の教会に対してかなり厳しい偏見を含んでおり、通常は、その理由でBELIEVEの配慮から排除されるであろうしかし、それは徹底して正確である。多くの被験者の議論は、東方教会に関連付けられており、私たちはより良いプレゼンテーションが発見されるまで、それを含めるのが有益であることを感じた。)

I. DEFINITION OF AN EASTERN CHURCH東方教会のI.定義

An accident of political development has made it possible to divide the Christian world, in the first place, into two great halves, Eastern and Western.政治的発展の事故は二つの大きな半分、東洋と西洋には、まず第一に、それが可能、キリスト教世界を分割することになりました。 The root of this division is, roughly and broadly speaking, the division of the Roman Empire made first by Diocletian (284-305), and again by the sons of Theodosius I (Arcadius in the East, 395-408; and Honorius in the West, 395-423), then finally made permanent by the establishment of a rival empire in the West (Charlemagne, 800).とでホノリウス、この部門のルートは大まかにと大まかに言えば、ローマ帝国の分裂はディオクレティアヌス(284から305)で最初に作られ、そして再びテオドシウス1世(東アジアにおけるArcadius、395から408の息子であり、西、395から423)、そして最後に西のライバル帝国(シャルルマーニュ、800)の設立によって恒久化。 The division of Eastern and Western Churches, then, in its origin corresponds to that of the empire.東洋と西洋の教会の分裂は、その後、その起源は帝国のそれに対応しています。

Western Churches are those that either gravitate around Rome or broke away from her at the Reformation.西洋の教会は、ローマ周辺引き寄せまたはどちらかが改革で彼女から離れ​​て壊したものです。 Eastern Churches depend originally on the Eastern Empire at Constantinople; they are those that either find their centre in the patriarchate of that city (since the centralization of the fourth century) or have been formed by schisms which in the first instance concerned Constantinople rather than the Western world.東部教会はコンスタン東ローマ帝国にもともと依存し、彼らはどちらか、その都市の家長の中で、それらの中心を(4世紀の中央集権化以降)を見つけることであるか、またはそれらの最初のインスタンスではなく、コンスタン心配分裂によって形成されてきた西洋の世界。

Another distinction, that can be applied only in the most general and broadest sense, is that of language.最も一般的で、最も広い意味でしか適用できませんもう1つの違いは、言語のことです。 Western Christendom till the Reformation was Latin; even now the Protestant bodies still bear unmistakably the mark of their Latin ancestry.宗教改革までの西洋キリスト教世界はラテンだった今でもプロテスタントの遺体はまだ間違いなく彼らのラテン語の祖先クマのマーク。 It was the great Latin Fathers and Schoolmen, St. Augustine (d. 430) most of all, who built up the traditions of the West; in ritual and canon law the Latin or Roman school formed the West.それは偉大なラテンschoolmanの父親と、西洋の伝統を築いて、すべての最も聖アウグスティヌス(d. 430)であった。儀式や宗規でラテン語やローマの学校は、ウエストを形成した。 In a still broader sense the East may be called Greek.それでも広い意味では東アジアはギリシャと呼ばれることもある。 True, many Eastern Churches know nothing of Greek; the oldest (Nestorians, Armenians, Abyssinians) have never used Greek liturgically nor for their literature; nevertheless they too depend in some sense on a Greek tradition.確かに、多くの東方教会は、ギリシャの何も知らない、(のnestorians、アルメニア人、アビシニアン)最古のは、ギリシャliturgicallyまた彼らの文学のために使用したことがない、それにもかかわらず、彼らはあまりにもギリシャの伝統の上に、ある意味で依存しています。 Whereas our Latin Fathers have never concerned them at all (most Eastern Christians have never even heard of our schoolmen or canonists), they still feel the influence of the Greek Fathers, their theology is still concerned about controversies carried on originally in Greek and settled by Greek synods.私たちのラテン語の祖先は(ほとんど東部のキリスト教徒でも私たちのschoolmanのまたはのcanonistsのことを聞いたことがない)すべてでそれらを心配したことがないのに対し、彼らはまだギリシャの父親の影響を感じ、彼らの神学は依然として論争ギリシャ語でもともとで運ばれ、によって解決が心配ですギリシャのsynods。 The literature of those that do not use Greek is formed on Greek models, is full of words carefully chosen or composed to correspond to some technical Greek distinction, then, in the broadest terms, is: that a Western Church is one originally dependent on Rome, whose traditions are Latin; an Eastern Church looks rather to Constantinople (either as a friend or an enemy) and inherits Greek ideas.ギリシャ語の使用していないものの文学はギリシアモデル上に形成され、慎重にいくつかの技術的なギリシャの区別に対応するように選択または構成単語でいっぱいになり、その後、最も広い用語である:西洋の教会はローマのもともと依存であることを、その伝統ラテンであり、東方教会は、コンスタンティノープルにはなくなります(いずれかの友人や敵など)とギリシャの思想を継承します。

The point may be stated more scientifically by using the old division of the patriarchates.ポイントはpatriarchatesの古い区分を使用して、より科学的に記述することができる。 Originally (eg at the Council of Nicaea, AD 325, can. vi) there were three patriarchates, those of Rome, Alexandria, and Antioch.もともと(ニカイア公会議の時などは、AD 325、することができます。ⅵ)3 patriarchates、ローマ、アレクサンドリア、アンティオキアのものがあった。 Further legislation formed two more at the expense of Antioch: Constantinople in 381 and Jerusalem in 451.さらに法律はアンティオキアを犠牲にして、さらに2つを形成し:381、エルサレムのコンスタン451インチ In any case the Roman patriarchate was always enormously the greatest. Western Christendom may be defined quite simply as the Roman patriarchate and all Churches that have broken away from it.いずれの場合においてもローマの家長は、常に非常に大きかった。 西洋キリスト教はローマの家長と離れてそれから壊れているすべての教会のように非常に単純に定義することができます。 All the others, with schismatical bodies formed from them, make up the Eastern half. But it must not be imaged that either half is in any sense one Church. 他のすべては、そこから形成されるのschismatical体で、東半分を占めています。しかし、それはどちらかの半分はいかなる意味において一つの教会であることを画像化してはいけません。 The Latin half was so (in spite of a few unimportant schisms) till the Reformation.ラテン語の半分は宗教改革まで(少数の重要でない分裂にもかかわらず)そのようになった。 To find a time when there was one Eastern Church we must go back to the centuries before the Council of Ephesus (431).我々はエフェソス公会議(431)前世紀に戻らなければならない1東部の教会があった時間を見つけることができます。 Since that council there have been separate schismatical Eastern Churches whose number has grown steadily down to our own time.その協議会以来、その数は私たち自身の時間に着実に成長してきたダウン別のschismatical東方教会がありました。 The Nestorian heresy left a permanent Nestorian Church, the Monophysite and Monothelite quarrels made several more, the reunion with Rome of fractions of every Rite further increased the number, and quite lately the Bulgarian schism has created yet another; indeed it seems as if two more, in Cyprus and Syria, are being formed at the present moment (1908).ネストリウス派の異端が永久ネストリウス派教会を去り、キリスト単性論とキリスト単意争いはさらにいくつかを作り、すべての儀式の画分のローマとの再会は、さらに数を増やして、かなり最近ブルガリアの分裂はまだ別の作成しました。確かにそれはより多くの2かのように思える、キプロス、シリアで、現時点(1908年)に形成されています。

We have now a general criterion by which to answer the question: What is an Eastern Church?我々は今、質問に答えることによって、一般的な基準を持っている:東方教会とは何ですか? Looking at a map, we see that, roughly, the division between the Roman patriarchate and the others forms a line that runs down somewhat to the east of the River Vistula (Poland is Latin), then comes back above the Danube, to continue down the Adriatic Sea, and finally divides Africa west of Egypt.マップを見てみると、大体、ローマの家長と他者との分割はヴィスワ川の東(ポーランドがラテン系)にやや流れ落ちラインを形成し、その後ダウンを継続するためには、ドナウ川の上に戻ってくることがわかりアドリア海、そして最後にエジプトのアフリカ西部に分割します。 Illyricum (Macedonia and Greece) once belonged to the Roman patriarchate, and Greater Greece (Southern Italy and Sicily) was intermittently Byzantine.イリュリクム(マケドニアとギリシャ)かつてローマの家長に所属し、大ギリシャ(イタリア南部とシチリア)が断続的にビザンチン様式だった。 But both these lands eventually fell back into the branches that surrounded them (except for the thin remnant of the Catholic Italo-Greeks).しかし、これらの土地の両方が、最終的にそれらを(カトリックイタロギリシアの薄い名残を除く)に囲ま枝に後退した。 We may, then, say that any ancient Church east of that line is an Eastern Church.我々は、その後、その行の任意の古代教会の東は東方教会であることを言うかもしれません。 To these we must add those formed by missionaries (especially Russians) from one of these Churches.これらのために、我々はこれらの教会のいずれかからの宣教師(特にロシア)によって形成されたものを追加する必要があります。 Later Latin and Protestant missions have further complicated the tangled state of the ecclesiastical East.後でラテン語とプロテスタントのミッションはさらに教会の東のもつれ状態を複雑にしました。 Their adherents everywhere belong of course to the Western portion.その支持者はどこにでも西部の部分にはもちろん所属しています。

II. Ⅱ。 CATALOGUE OF THE EASTERN CHURCHES東方教会のカタログ

It is now possible to draw up the list of bodies that answer to our definition.それは私たちの定義に答えるボディのリストを策定することが可能になりました。 We have already noted that they are by no means all in communion with each other, nor have they any common basis of language, rite or faith.我々はすでに、彼らは互いに交わりすべてを意味し、また彼らの言語、儀式や信仰の任意の一般的な基礎を持ってないことではないと指摘している。 All are covered by a division into the great Orthodox Church , those formed by the Nestorian and Monophysite heresies (the original Monothelites are now all Eastern-Rite Catholics), and lastly the Catholic Eastern Rites corresponding in each case to a schismatical body.すべては偉大な正教会 、のschismatical体にそれぞれのケースで対応するネストリウス派と単性論異端 (オリジナルMonothelitesは今、すべての東方典礼カトリック教徒である)、そして最後にカトリック東部の儀式によって形成されるものへの分割によって覆われている。

Theologically, to Catholics, the vital distinction is between Eastern Catholic, on the one hand, and schismatics or heretics, on the other.神学的に、カトリック教徒に、重要な区別は、他に、東部、一方でカトリック、およびのschismaticsまたは異端との間にある。 But it is not convenient to start from this basis in cataloguing Eastern Churches.しかし、それは、東方教会をカタログでこれを基礎から開始すると便利ではありません。 Historically and archeologically, it is a secondary question.歴史的にも考古学的には、二次的な問題である。 Each Catholic body has been formed from one of the schismatical ones; their organizations are comparatively late, dating in most cases from the sixteenth and seventeenth centuries.各カトリック体は分離主義者のものの1つから形成された、彼らの組織は、16世紀と17世紀からほとんどのケースでのデート、比較的遅れている。 Moreover, although all these Eastern-Rite Catholics of course agrees in the same Catholic Faith we profess, they are not organized as one body.もちろん、これらすべての東方典礼カトリック教徒たちが公言同じカトリックの信仰に同意するものの、さらに、それらは一つの体のように編成されていません。 Each branch keeps the rites (with in some cases modifications made at Rome for dogmatic reasons) of the corresponding schismatical body, and has an organization modelled on the same plan.各支店には、対応のschismatical体の儀式を(独断的な理由のためにローマで行われたいくつかの例の修正で使用)を続け、同じプランをモデルにした組織を持っています。 In faith a Catholic Armenian, for instance, is joined to Catholic Chaldees and Copts, and has no more to do with the schismatical Armenians than with Nestorians or Abyssinians.信仰でアルメニアカトリックは、例えば、カトリックカルデヤとコプトに参加しており、のnestoriansまたはアビシニアンよりものschismaticalアルメニア人と関係がもう持っていません。 Nor does he forget this fact.また彼はこの事実を忘れない。 He knows quite well that he is a Catholic in union with the Pope of Rome, and that he is equally in union with every other Catholic.彼はローマの教皇との連合で、カトリックであることを非常によく知っていて、彼は、他のすべてのカトリックとの連合に均等であること。 Nevertheless, national customs, languages, and rites tell very strongly on the superficies, and our Catholic Armenian would certainly feel very much more at home in a non-Catholic church of his own nation than in a Coptic Catholic, or even Latin, church.それにもかかわらず、国民の習慣、言語、儀式は地上に非常に強く伝え、私たちのカトリックアルメニア人は確かに非常に多くの家庭で、自分の国の非カトリック教会、コプト語カトリックより、あるいはラテン語、教会に感じるだろう。

Outwardly, the bond of a common language and common liturgy is often the essential and radical division of a schism.外側には、共通言語と共通の典礼の結合はしばしば分裂の本質とラジカル部門です。 Indeed these Eastern Catholic bodies in many cases still faintly reflect the divisions of their schismatical relations.確かに、多くの場合これらの東部のカトリック団体はまだかすかに自分のschismatical関係の部門を反映しています。 What in one case is a schism (as for instance between Orthodox and Jacobites) still remains as a not very friendly feeling between the different Eastern Catholic Churches (in this case Melkites and Catholic Syrians). 1ケースで何が分裂(正教会とジャコの間にインスタンス用など)依然として異なる東部のカトリック教会(この場合Melkitesとカトリックシリアで)の間に非常に友好的ではない感情として残っています。 Certainly, such feeling is a very different thing from formal schism, and the leaders of the Eastern Catholic Churches, we well as all their more intelligent members and all their well-wishers, earnestly strive to repress it.確かに、そのような感じが正式な分裂とは非常に異なるものであり、東部のカトリック教会の指導者たちは、我々だけでなく、すべての彼らのよりインテリジェントなメンバーとそのすべてのよくウィッシャー、真剣にそれを抑制するよう努めています。 Nevertheless, quarrels between various Eastern Catholic bodies fill up too large a portion of Eastern Church history to be ignored; still, to take another instance, anyone who knows Syria knows that the friendship between Melkites and Maronites is not enthusiastic.それにもかかわらず、様々な東部のカトリック団体間の争いを無視する東方教会の歴史の大きすぎる部分を埋める、まだ、別のインスタンスを取るために、シリアを知っている誰もがMelkitesとMaronites間の友情は熱心ではないことを知っています。 It will be seen, then, that for purposes of tabulation we cannot conveniently begin by cataloguing the Catholic bodies on the one side and then classing the schismatics together on the other.これは、集計の目的のために我々は便利に片側にカトリック団体をカタログ化し、他に一緒のschismaticsをクラス分けすることから始めることができないこと、それから、見られるだろう。 We must arrange these Churches according to their historical basis and origin: first, the larger and older schismatical Churches; then, side by side with each of these, the corresponding Eastern-Rite Catholic Church formed out of the schismatics in later times.我々は、彼らの歴史的な根拠と起源に応じて、これらの教会を手配していただく必要があります:まず最初に、大きく、古い教会のschismaticalしてから、これらの各々と並んで、対応した東方典礼カトリック教会は、後の時代にのschismaticsから形成。

A. Schismatical Churches A.のschismatical教会

1. 1。 Orthodoxオーソドックス
The first of the Eastern Churches in size and importance is the great Orthodox Church.大きさと重要性で東方教会の最初の偉大な正教会です。 This is, after that of the Catholics, considerably the largest body in Christendom.これはかなり、カトリック教徒のその後、キリスト教世界で最大の団体である。 The Orthodox Church now counts about a hundred millions of members.正教会は今のメンバーの約百数百万人を数えます。 It is the main body of Eastern Christendom, that remained faithful to the decrees of Ephesus and Calcedon when Nestorianism and Monophysitism cut away the national Churches in Syria and Egypt.それは、ネストリウス派とキリスト単はシリアとエジプトの国家教会を切り取るときエフェソスとCalcedonの政令に忠実東部キリスト教の本体です。 It remained in union with the West till the great schism of Photius and then that of Caerularius, in the ninth and eleventh centuries.それは第九と11世紀には、そのケルラリウスのその後photiusはの大分裂まで西側と組合に残ったと。 In spite of the short-lived reunions made by the Second Council of Lyons (1274) and the Council of Florence (1439), this Church has been in schism ever since.ライアンズ(1274)とフィレンツェの評議会(1439)2番目の評議会によって行われた短命の再会にもかかわらず、この教会はそれ以来分裂してきました。

The "Orthodox" (it is convenient as well as courteous to call them by the name they use as a technical one for themselves) originally comprised the four Eastern patriarchates: Alexandria and Antioch, then Constantinople and Jerusalem.アレクサンドリアとアンティオキアは、コンスタンティノープルとエルサレム:(それは彼ら自身のために技術的なものとして使用する名前で呼んでおくと便利だけでなく、礼儀正しいです) "正統派"は、もともと4東部patriarchatesを含んでいた。 But the balance between these four patriarchates was soon upset.しかし、これら4 patriarchates間のバランスはすぐに怒っていた。 The Church of Cyprus was taken away from Antioch and made autocephalous (ie, extra-patriarchal) by the Council of Ephesus (431).キプロスの教会はアンティオキアから連れ去られ、エフェソス公会議(431)によって(すなわち、余分な家父長)完全に独立しました。 Then, in the fifth century, came the great upheavals of Nestorianism and Monophysitism, of which the result was that enormous numbers of Syrians and Egyptians fell away into schism.その後、5世紀には、結果はシリアとエジプトの膨大な数の分裂に離れて落ちたことあったのネストリウス派と単性の偉大な大変動を、来た。 So the Patriarchs of Antioch, Jerusalem (this was always a very small and comparatively unimportant centre), and Alexandria, losing most of its subjects, inevitably sank in importance.だからアンティオキア、エルサレム(これは常に非常に小さく、比較的重要でない中心地であった)と、アレクサンドリアの総主教は、その科目のほとんどを失い、必然的に重要性が沈没した。 The Moslem conquest of their lands completed their ruin, so that they became the merest shadows of what their predecessors had once been.彼らの土地のイスラム征服、彼らが彼らの前任者がかつてあったものがほんの影になるように、彼らの破滅を完成させました。

Meanwhile Constantinople, honoured by the presence of the emperor, and always sure of his favour, rose rapidly in importance.一方コンスタン、天皇の存在によって名誉を与え、彼の好意を常に確認し、重要性が急速に上昇した。 Itself a new see, neither Apostolic nor primitive (the first Bishop of Byzantium was Metrophanes in 325), it succeeded so well in its ambitious career that for a short time after the great Eastern schism it seemed as if the Patriarch of the New Rome would take the same place over the Orthodox Church as did his rival the Pope of the Old Rome over Catholics.自体を新しい(ビザンチウムの最初の司教は325でMetrophanesだった)は、ローマ教皇も原始的でもない、見ること、それが新しいローマの家長がそうあれば偉大な東部分裂後の短い時間のためにそれがようであること、その野心的なキャリアの中でとてもうまく成功彼のライバルのカトリック教徒以上古いローマの教皇が行ったように正教会にわたって同じ場所を取る。 It is also well known that it was this insatiable ambition of Constantinople that was chiefly responsible for the schism of the ninth and eleventh centuries.それは第九と11世紀の分裂のために主に責任があったコンスタンティノープルのこの飽くなき野望であったこともよく知られている。 The Turkish conquest, strangely enough, still further strengthened the power of the Byzantine patriarch, inasmuch as the Turks acknowledged him as the civil head of what they called the "Roman nation" ( Rum millet ), meaning thereby the whole Orthodox community of whatever patriarchate.トルコの征服、不思議なことに、まださらに、それによってどのような家長の全体正統派のコミュニティを意味し、トルコ人は、彼らが"ローマの国"(ラムミレット)と呼ばれるものの市民の頭部として彼を認めだけれども、ビザンチン様式の家長の権力を強化。 For about a century Constantinople enjoyed her power.約一世紀のためにコンスタンティノープルは、彼女の力を楽しんだ。

The other patriarchs were content to be her vassals, many of them even came to spend their useless lives as ornaments of the chief patriarch's court, while Cyprus protested faintly and ineffectually that she was subject to no patriarch.他の族長が彼女の家臣であることに満足していたキプロスは、彼女がない家長の支配下にあったことをほんのりと無駄にも抗議している間、それらの多くはさえ、チーフ家長の裁判所の装飾品として彼らの無駄な生活を過ごすようになった。 The bishop who had climbed to so high a place by a long course of degrading intrigue could for a little time justify in the Orthodox world his usurped title of Ecumenical Patriarch.劣化陰謀の長いコースで非常に高い場所に登っていた司教は、少しの時間のために正教会の世界で総大主教の彼のusurpedタイトルを正当化する可能性があります。 Then came his fall; since the sixteenth century he has lost one province after another, till now he too is only a shadow of what he once was, and the real power of the Orthodox body is in the new independent national Churches with their "holy Synods"; while high over all looms the shadow of Russia.その後、彼の秋が来た、彼はあまりにも彼がかつて何であったかの唯一の影であり、正統派の体の本当の力が彼らの "聖なる持つ新しい独立国家の教会である今まで16世紀以降、彼は、別の後に1つの州を失ってしまったのsynods ";すべてにわたって高いロシアの影が重くのしかかっている。 The separation of the various national Orthodox Churches from the patriarch of Constantinople forms the only important chapter in the modern history of this body.コンスタンティノープル総主教からの様々な国家の正統派教会の分離は、この身体の近代史で唯一の重要な章を形成している。

The principle is always the same.原理は常に同じです。 More and more has the idea obtained that political modifications should be followed by the Church, that is to say that the Church of an independent State must be itself independent of the patriarch.ますます政治的修正は教会が後に続かなければならないことを得た考えを持って、それは独立した国家の教会自体家長の独立していなければならないと言うことです。 This by no means implies real independence for the national Church; on the contrary, in each case the much severer rule of the Government is substituted for the distant authority of the Ecumenical Patriarch.決してこれは国家教会の真の独立を意味し、逆に、それぞれの場合において、政府の多くの厳しいルールは総大主教の権威遠いの代わりに使用されます。

Outside the Turkish Empire, in Russia and the Balkan States, the Orthodox Churches are shamelessly Erastian -- by far the most Erastian of all Christian bodies.トルコ帝国の外では、ロシアやバルカン諸国では、正統派教会は臆面もなくErastianです - すべてのキリスト教団体の中で最もErastian断然。 The process began when the great Church of Russia was declared autocephalous by the Czar Feodor Ivanovitch, in 1589.ロシアの偉大な教会は皇帝フョードルIvanovitchによって完全に独立宣言したとき、プロセスは1589年に、始まった。 Jeremias II of Constantinople took a bribe to acknowledge its independence.コンスタンティノープルのイェレミアスIIはその独立を承認する賄賂を取った。 Peter the Great abolished the Russian patriarchate (of Moscow) and set up a "Holy Governing Synod" to rule the national Church in 1721.ピョートル大帝は、ロシア正教会(モスクワ)に廃止され、1721年に国の教会を支配する "神聖な統治教会会議"を設置。 The Holy Synod is simply a department of the government through which the czar rules over his Church as absolutely as over his army and navy.聖務会院は、単に政府の一部門であるを通じて皇帝の彼の教会に対するルールとして絶対に​​彼の陸軍と海軍の上など。 The independence of Russia and its Holy Synod has since been copied by each Balkan State.ロシアとその聖務会院の独立性は、以降の各バルカン状態でコピーされています。 But this independence does not mean schism.しかし、この独立性は分裂を意味するものではありません。 Its first announcement is naturally very distasteful to the patriarch and his court.その最初の発表は、家長と彼の裁判所に自然に非常に不快である。 He often begins by excommunicating the new national Church root and branch.彼は頻繁に新しい国家教会根と枝をexcommunicatingすることから始まります。

But in each case he has been obliged to give in finally and to acknowledge one more "Sister in Christ" in the Holy Synod that has displaced his authority.しかし、それぞれのケースで、彼は最終的に与えることで、彼の権威をずらした聖務会で "キリストにシスター" 1以上を認める義務を課した。 Only in the specially difficult and bitter case of the Bulgarian Church has a permanent schism resulted.唯一のブルガリア教会の特別に難しいと苦い場合には恒久的な分裂をもたらした。 Other causes have led to the establishment of a few other independent Churches, so that now the great Orthodox communion consists of sixteen independent Churches, each of which (except that of the Bulgars) is recognized by, and in communion with, the others.その他の原因にはいくつかの他の独立した教会の設立につながっているので、今の偉大な正教会の聖体拝領は、それぞれの独立した16の教会、(ブルガールのものを除く)で構成されていることによって、と聖体拝領で他の企業と認識されています。

These Churches areこれらの教会は、

This ends the list of allied bodies that make up the Orthodox Church.これは、正教会を作る同盟機関のリストを終了します。 Next come, in order of date, the old heretical Eastern Churches.次に、日付順に、古い異端の東方教会に来る。

2. 2。 Nestoriansのnestorians
The Nestorians are now only a pitiful remnant of what was once a great Church.のnestoriansは今一度、大きな教会があったことの名残だけ哀れです。 Long before the heresy from which they have their name, there was a flourishing Christian community in Chaldea and Mesopotamia.彼らは彼らの名前を持っているから異端ずっと前、新バビロニアとメソポタミアの繁栄キリスト教社会がありました。 According to their tradition it was founded by Addai and Mari (Addeus and Maris), two of the seventy-two Disciples.彼らの伝統によるとそれはAddaiと真理(Addeusとマリス)、72二人の弟子の2によって設立されました。 The present Nestorians count Mar Mari as the first Bishop of Ctesiphon and predecessor of their patriarch.現在のnestoriansはクテシフォンと彼らの族長の前身の最初の司教としてMARマリを数える。 In any case this community was originally subject to the Patriarch of Antioch.いずれの場合においても、このコミュニティでは、もともとのアンティオキア総主教の対象となった。 As his vicar, the metropolitan of the twin-cities of Seleucia and Ctesiphon (on either side of the Tigris, north-east of Babylon) bore the title of catholicos.彼の教区牧師として、セレウキアとクテシフォンの双子都市(チグリス、バビロンの北東のいずれかの側)の首都はカトリコスのタイトルを産んだ。 One of these metropolitans was present at the Council of Nicaea in 325.これらのmetropolitans一つは325でのニカイア公会議に出席した。

The great distance of this Church from Antioch led in early times to a state of semi-independence that prepared the way for the later schism.アンティオキアからこの教会の偉大な距離は後で分裂の道を準備した半独立の状態に初期の時代に導いた。 Already in the fourth century the Patriarch of Antioch waived his right of ordaining the catholicos of Seleucia-Ctesiphon, and allowed him to be ordained by his own suffragans.すでに四世紀にアンティオキアの総主教は、セレウキア - クテシフォンのカトリコスを任命する彼の権利を放棄し、彼が彼自身のsuffragansによって命じられることができました。 In view of the great importance of the right of ordaining, as a sign of jurisdiction throughout the East, this fact is important.東アジア全体管轄の印として、任命権の偉大な重要性に鑑み、この事実は重要である。 But it does not seem that real independence of Antioch was acknowledged or even claimed till after the schism.しかし、それはアンティオキアの真の独立を認め、あるいは分裂後まで主張されているように見えません。 In the fifth century the influence of the famous Theodore of Mopsuestia and that of his school of Edessa spread the heresy of Nestorius throughout this extreme Eastern Church. 5世紀には有名なモプスエスティアのテオドロスの影響とエデッサの彼の学校のことは、この極端な東方教会全体のnestorius異端を広める。 Naturally, the later Nestorians deny that their fathers accepted any new doctrine at that time, and they claim that Nestorius learned from them rather than they from him ("Nestorius eos secutus est, non ipsi Nestorium", Ebed-Jesu of Nisibis, about 1300. Assemani, "Bibli. Orient.", III, 1, 355).当然、後のnestoriansは、自分の父親は、その時点で新たな教義を受け入れたことを否定し、彼らはネストリウスが1300について彼( "ネストリウスEOS secutus EST、非IPSIのNestorium"ニシビスエベデ-主よ、からではなく、彼らより、彼らから学んだことを主張する。アッセマーニ、 "Bibli。オリエント"、Ⅲ、1、355)。

There may be truth in this.この中に真実があるかもしれません。 Theodore and his school had certainly prepared the way for Nestorius.セオドアと彼の学校は確かにnestoriusのための道を準備していた。 In any case the rejection of the Council of Ephesus (431) by these Christians in Chaldea and Mesopotamia produced a schism between them and the rest of Christendom.いずれの場合においても新バビロニアやメソポタミアでこれらのキリスト教徒によるエフェソス(431)評議会の拒絶反応は、彼らとキリスト教世界の残りの部分との間の分裂を作り出した。 When Babaeus, himself a Nestorian, became catholicos, in 498, there were practically no more Catholics in those parts. Babaeus、自身ネストリウス派は、498で、カトリコスになったときに、それらの部分には多くのカトリック教徒は、事実上ありませんでした。 From Ctesiphon the Faith had spread across the frontier into Persia, even before that city was conquered by the Persian king (244).クテシフォンから信仰は、その都市がペルシャ王(244)によって征服された前でさえ、ペルシャ国境にまたがっていた。 The Persian Church, then, always depended on Ctesiphon and shared its heresy.ペルシャの教会は、その後、常にクテシフォンに依存しており、その異端を共有した。 From the fifth century this most remote of the Eastern Churches has been cut off from the rest of Christendom, and till modern times was the most separate and forgotten community of all.五世紀から東方教会のこの最もリモートはキリスト教世界の他の部分から切り離されており、現代まですべての中で最も独立した、忘れられてコミュニティがあった。

Shut out from the Roman Empire (Zeno closed the school of Edessa in 489), but, for a time at least, protected by the Persian kings, the Nestorian Church flourished around Ctesiphon, Nisibis (where the school was reorganized), and throughout Persia.ローマ帝国(ゼノンが489でエデッサの学校を閉鎖)からシャットアウト、しかし、少なくとも時間のために、ペルシャの王、クテシフォン、ニシビス(学校が再編成された場所)の周りに栄えたネストリウス派教会により保護されており、ペルシャ全体。 Since the schism the catholicos occasionally assumed the title of patriarch.分裂以来カトリコスは時折家長のタイトルを想定した。 The Church then spread towards the East and sent missionaries to India and even China.教会はその後、東に向かって広がり、さらにはインドへの宣教師と中国送信されます。 A Nestorian inscription of the year 781 has been found at Singan Fu in China (J. Heller, SJ, "Prolegomena zu einer neuen Ausgabe der nestorianischen Inschrift von Singan Fu", in the "Verhandlungen des VII. internationalen Orientalistencongresses", Vienna, 1886, pp. 37 sp.).年間781のネストリウス派の碑文は中国でSinganフー(のJ.ヘラー、SJ、 "序説著einerアニュー全集ファンデnestorianischen InschriftフォンSinganフー"、 "VerhandlungenデVII。インターナショナーレンはOrientalistencongresses"、ウィーン、1886年に発見されている頁37のsp。)

Its greatest extent was in the eleventh century, when twenty-five metropolitans obeyed the Nestorian patriarch.その最大の範囲は、25のmetropolitansネストリウス派の家長に従ったときに、11世紀にあった。 But since the end of the fourteenth century it has gradually sunk to a very small sect, first, because of a fierce persecution by the Mongols (Timur Leng), and then through internal disputes and schisms.しかし、14世紀末以来、それが徐々にためにモンゴル人によって激しい迫害(ティムールレン)の、その後の内部紛争と分裂を通して、まず、非常に小さい宗派に沈んだ。 Two great schisms as to the patriarchal succession in the sixteenth century led to a reunion of part of the Nestorian Church with Rome, forming the Catholic Chaldean Church. 16世紀における家父長制承継として二つの大きな分裂がカトリックカルデア教会を形成して、ローマとネストリウス派教会の一部の再会につながった。 At present there are about 150,000 Nestorians living chiefly in highlands west of Lake Urumiah.現在では湖Urumiahの高地西を中心に生きている約15万のnestoriansがあります。 They speak a modern dialect of Syriac.彼らはシリア語の現代方言を話す。

The patriarchate descends from uncle to nephew, or to younger brothers, in the family of Mama; each patriarch bears the name Simon (Mar Shimun) as a title.家長のはママの家族の中で、叔父から甥、または弟にまで下降し、各家長はタイトルとして名前サイモン(3月Shimun)を負いません。 Ignoring the Second General Council, and of course strongly opposed to the Third (Ephesus), they only acknowledge the First Nicene (325).第二に、一般理事会を無視して、もちろん強く(エフェソス)第三とは対照的に、彼らは最初のニカイア(325)を認める。 They have a Creed of their own, formed from an old Antiochene Creed, which does not contain any trace of the particular heresy from which their Church is named.彼らは教会の名前は、そこから特定の異端の痕跡が含まれていない古いアンティオキア学派の信条から形成された独自の信条を持っています。 In deed it is difficult to say how far any Nestorians now are conscious of the particular teaching condemned by the Council of Ephesus, though they still honour Nestorius, Theodore of Mopsuestia, and other undoubted heretics as saints and doctors.証書には、聖人や医師として、彼らはまだ名誉のnestorius、モプスエスティアのテオドロス、および他の紛れもない異端にもかかわらず任意のnestorians今、エフェソスの評議会非難特定の教えを意識してどの程度までは言い難い。

The patriarch rules over twelve other bishops (the list in Silbernagl, "Verfassung", p. 267). 12他の司教(シルビールナグルのリスト、 "Verfassung"は、p。267)上の家長のルール。 Their hierarchy consists of the patriarch, metropolitans, bishops, chorepiscopi, archdeacons, priests, deacons, subdeacons, and readers.その階層は、家長、メトロポリタン、司教は、chorepiscopi、archdeacons、司祭、助祭、subdeacons、および読者で構成されています。 There are also many monasteries.多くの修道院もあります。 They use Syriac liturgically written in their own (Nestorian) form of the alphabet.彼らはliturgicallyアルファベットの独自(ネストリウス派)の形式で書かれたシリア語を使用しています。 The patriarch, who now generally calls himself "Patriarch of the East", resides at Kochanes, a remote valley of the Kurdish mountains by the Zab, on the frontier between Persia and Turkey.現在一般的に自ら "東の家父長"と呼んで家長は、ペルシャとトルコ間の辺境で、Kochanes、ザブによってクルド山脈のリモート谷に存在します。 He has an undefined political jurisdiction over his people, though he does not receive a berat from the Sultan.彼はスルタンからベラトを受信して​​いないのに彼は、彼の人々を介して定義されていない政治的な管轄権を有する。 In any ways this most remote Church stands alone; it has kept a number of curious and archaic customs (such as the perpetual abstinence of the patriarch, etc.) that separate it from other Eastern Churches almost as much as from those of the West.この最も遠隔の教会は一人で立っている任意の方法で、それは西洋のものとほぼ同じくらいのような他の東方教会から分離好奇心と古風な習慣(そのような家長の永久禁欲など)の数を維持しています。 Lately the Archbishop of Canterbury's mission to the Nestorians has aroused a certain interest about them in England.最近のnestoriansにカンタベリー大主教の使命は、イングランドでそれらについての一定の関心を呼んでいる。

All the other separated Eastern Churches are formed by the other great heresy of the fourth century, Monophysitism.他のすべての分離東方教会は、4世紀の他の偉大な異端、キリスト単によって形成される。 There are first the national Churches of Egypt, Syria, and Armenia.エジプト、シリア、アルメニアの国家教会は最初あります。

3. 3。 Coptsコプト教徒
The Copts form the Church of Egypt.コプト教徒はエジプトの教会を形成している。 Monophysitism was in a special sense the national religion of Egypt.キリスト単は特別な意味でエジプトの国教であった。 As an extreme opposition to Nestorianism, the Egyptians believed it to be the faith of their hero St. Cyril of Alexandria (d. 444).ネストリウス派の極端な野党として、エジプト人はそれが彼らのアレクサンドリアのヒーロー聖キュリロス(民主党444)の信仰であると信じていた。 His successor, Dioscurus (444-55), was deposed and excommunicated by the Council of Calcedon (451).彼の後継者、Dioscurus(444から55)は、Calcedonの評議会(451)によって退陣と破門された。 From his time the Monophysite party gained ground very quickly among the native population, so that soon it became an expression of their national feeling against the Imperial (Melchite, or Melkite) garrison and government officials.彼の時からキリスト単性論党はすぐにそれがインペリアル(Melchite、またはMelkite)駐屯地や政府関係者に対する彼らの国民感情の表現となるように、ネイティブの人口のうち、非常に迅速に地面を得た。 Afterwards, at the Moslem invasion (641), the opposition was so strong that the native Egyptians threw in their lot with the conquerors against the Greeks.その後、イスラム教徒の侵略(641)で、野党はネイティブのエジプト人がギリシア人に対して征服と彼らのロットで投げたように強かった。

The two sides are still represented by the native Monophysites and the Orthodox minority.双方はまだネイティブのmonophysitesと正統派少数で表されます。 The Monophysites are sometimes called Jacobites here as in Syria; but the old national name Copt (Gr. Aigyptios ) has become the regular one for their Church as well as for their nation. monophysitesのは時にシリアのようにここにジャコバイトと呼ばれますが、古い国家の名のコプト人 (Gr. Aigyptios)は、それら教会のためだけでなく、自分たちの国のための定期的な一つとなっている。 Their patriarch, with the title of Alexandria, succeeds Dioscurus and Timothy the Cat, a fanatical Monophysite.アレクサンドリアのタイトルを持つ彼らの家長は、Dioscurusとティモシー猫、狂信的なキリスト単性論が成功します。 He lives at Cairo, ruling over thirteen dioceses and about 500,000 subjects.彼は、13教区と約50万の被験者に支配し、カイロに住んでいます。 For him, too, the law is perpetual abstinence.彼にとっては、あまりにも、この法律は、永遠の禁欲です。 There are many monasteries.多くの修道院があります。 The Copts use their old language liturgically and have in it a number of liturgies all derived from the original Greek rite of Alexandria (St. Mark).コプト教徒liturgically彼らの古い言語を使用し、その中にすべてのアレクサンドリア(サンマルコ)の元のギリシャの儀式から派生した典礼の数を持っています。 But Coptic is a dead language, so much so that even most priests understand very little of it.しかし、コプト語はあまりにも多いので、その場合でも、ほとんどの司祭はそれをほとんど理解して、死んだ言語である。 They all speak Arabic, and their service books give an Arabic version of the text in parallel columns.彼らはすべてアラビア語を話し、彼らのサービスブックが並列列内のテキストのアラビア語版を与える。 The Church is, on the whole, in a poor state.教会が貧しい状態で、全体的に、です。 The Copts are mostly fellaheen who live by tilling the ground, in a state of great poverty and ignorance.コプト教徒は、主に大きな貧困と無知の状態で、地面を耕して生きfellaheenです。 And the clergy share the same conditions.そして聖職者は、同じ条件を共有しています。 Lately there have been something of a revival among them, and certain rich Coptic merchants of Cairo have begun to found schools and seminaries and generally to promote education and such advantages among their nation.最近そこにそれらの間の復活のようなものであった、とカイロのコプト一定金持ち商人が見つから学校や神学校、一般的に教育を推進するとその国の間でそのような利点を始めました。 One of these, M. Gabriel Labib, who is editing their service books, promises to be a scholar of some distinction in questions of liturgy and archeology.これらの一つは、彼らのサービスブックを編集しているM.ガブリエルラビブは、典礼と考古学の質問にいくつかの区別の学者であることを約束する。

4. 4。 Abyssiniansアビシニアン
The Church of Abyssinia, or Ethiopia, always depended on Egypt.アビシニア教会、またはエチオピアは、いつもエジプトに頼っていた。 It was founded by St. Frumentius, who was ordained and sent by St. Athanasius in 326.それは326で聖アタナシウスによって定められ、送信された聖Frumentius、によって設立されました。 So Abyssinia has always acknowledged the supremacy of the Patriarch of Alexandria, and still considers its Church as a daughter-church of the See of St. Mark.だからアビシニアは常にアレクサンドリアの総主教の覇権を認めており、まだ聖マルコの参照の娘教会としての教会を考慮します。 The same causes that made Egypt Monophysite affected Abyssinia equally.エジプトのキリスト単性論が等しくアビシニアに影響を与えたのと同じ原因。 She naturally, almost inevitably, shared the schism of the mother Church.彼女は当然、ほぼ必然的に、母教会の分裂を共有した。 So Abyssinia is still Monophysite, and acknowledges the Coptic patriarch as her head.だからアビシニアはまだキリスト単性論者であり、彼女の頭のようにコプト語家長を認めている。 There is now only one bishop of Abyssinia (there were once two) who is called Abuna (Our Father) and resides at Adeva (the old see of Axum). (昔は、アクスムの参照)Abuna(私たちの父)と呼ばれ、Adevaに常駐さアビシニアの一方のみ司教が(1度に2つのがあった)今がある。 He is always a Coptic monk consecrated and sent by the Coptic patriarch.彼はいつもコプト僧侶聖体拝領とコプト語家長によって送信されます。 It does not seem, however, that there is now much communication between Cairo and Adeva, though the patriarch still has the right of deposing the Abuna.それは家長はまだAbunaをdeposingの権利を有しているものの、カイロとAdevaの間ずっと通信は、今があること、しかし、いないようだ。

Abyssinia has about three million inhabitants, nearly all members of the national Church.アビシニアは、約3万人、国民の教会のほぼすべてのメンバーを持っています。 There are many monks and an enormous number of priests, whom the Abuna ordains practically without any previous preparation or examination.多くの僧侶やAbunaが以前の準備や審査なしで実質ordains司祭、膨大な数があります。 The Abyssinians have liturgies, again, derived from those of Alexandria in the old (classical) form of their language.アビシニアンは彼らの言語の古い(古典的な)形でアレクサンドリアのものから派生し、再び、典礼を持っています。 The Abyssinian Church, being the religion of more than half barbarous people, cut off by the schism from relations with any other Christian body except the poor and backward Copts, is certainly the lowest representative of the great Christian family.アビシニア教会は、貧しい人々や後方コプト教徒を除いて、他のキリスト教の身体との関係から分裂によって切断半分以上野蛮人、の宗教であることは確かに偉大なキリスト教の家族の最低の代表です。 The people have gradually mixed up Christianity with a number of pagan and magical elements, and are specially noted for strong Jewish tendencies (they circumcise and have on their altars a sort of Ark of the Covenant containing the Ten Commandments).人々は徐々に異教と魔法の要素の数とキリスト教を混同しており、特別に強力なユダヤ人の傾向(彼らは十戒を含む契約の箱のようなものを割礼とその祭壇に持っている)のために注目されています。 Lately Russia has developed an interest in the Abyssinians and has begun to undertake schemes for educating them, and, of course, at the same time, converting them to Orthodoxy.最近ロシアがアビシニアンに興味を開発し、それらを教育するためのスキームを実施し始めました、そして、もちろん、同時に、正統性に変換する。

5. 5。 Jacobitesジャコバイト
The Jacobites are the Monophysites of Syria.ジャコバイトは、シリアのmonophysitesのです。 Here, too, chiefly out of political opposition to the imperial court, Monophysitism spread quickly among the native population, and here, too, there was the same opposition between the Syrian Monophysites in the country and the Greek Melkites in the cities.ここでは、あまりにも、主に朝廷の政治的反対派のうち、ネイティブの人口の間で急速に普及してキリスト単、そしてここでは、あまりにも、国のシリアのmonophysitesと都市のギリシャMelkites間で同じ反対があった。 Severus of Antioch (512-18) was an ardent Monophysite.アンティオキアのセウェルス(512から18)は熱烈なキリスト単性論だった。 After his death the Emperor Justinian (527-65) tried to cut off the succession by having all bishops suspect of heresy locked up in monasteries.彼の死後、皇帝ユスティニアヌス(527から65)は、すべての司教たちが修道院に閉じ込め異端の疑いがあることによって相続を切ってみました。 But his wife Theodora was herself a Monophysite; he arranged the ordination of two monks of that party, Theodore and James.しかし、彼の妻テオドラは、キリスト単性論者自身だった彼は、その当事者、セオドアとジェームズの2僧侶の叙階を手配した。 It was from this James, called Zanzalos and Baradaï (Jacob Baradaeus), that they have their name ( Ia'qobaie , "Jacobite"); it is sometimes used for any Monophysite anywhere, but had better be kept for the national Syrian Church.それは、このジェームズからだっZanzalosとBaradaï(ジェイコブBaradaeus)と呼ばれる、彼らは彼らの名前(Ia'qobaie、 "ジャコバイト")を持っている、それは時々どこでも任意のキリスト単性論のために使用されますが、より良い国家シリア教会のために保持されていた。 James found two Coptic bishops, who with him ordained a whole hierarchy, including one Sergius of Tella as Patriarch of Antioch.ジェームズは、彼と一緒にアンティオキアの総主教としてTellaの1セルギウス含む、階層全体に叙階2​​コプト語司教を発見した。

From this Sergius the Jacobite patriarchs descend.このセルギウスからジャコ族長は下る。 Historically, the Jacobites of Syria are the national Church of their country, as much as the Copts in Egypt; but they by no means form so exclusively the religion of the native population.歴史的には、シリアのジャコバイトは、エジプトのコプト教徒と同じくらい、自分たちの国の国民の教会ですが、彼らは決してそう排他的に先住民の宗教を形成している。 Syria never held together, was never so compact a unity as Egypt.シリアはエジプトほどコンパクトな団結はなかった、一緒に保持することはありません。 We have seen that the Eastern Syrians expressed their national, anti-Imperial feeling by adopting the extreme opposite heresy, Nestorianism, which, however, had the same advantage of not being the religion of Caesar and his court.我々は、東シリアはしかし、シーザーと彼の裁判所の宗教されていないのと同じ利点を持っていた、対極異端、ネストリウス派を採用することによって、自国の、反帝国感情を表明していることを見てきました。 Among the Western Syrians, too, there has always been a lack of cohesion.西部のシリア人の中でも、常に結束の欠如があった。 They had in Monophysite times two patriarchates (Antioch and Jerusalem) instead of one.彼らは、キリスト単性論の時代に1つではなく2つのpatriarchates(アンティオキアとエルサレム)であった。 In all quarrels, whether political or theological, whereas the Copts move like one man for the cause of Egypt and the "Christian Pharaoh", the Syrians are divided amongst themselves.コプト教徒はエジプトと "キリスト教のファラオ"の大義のために一人の男のように移動するのに対し、すべての争いでは、政治的または神学的かどうか、シリア人は自分たちの中で分かれています。

So there have always been many more Melkites in Syria, and the Jacobites were never an overwhelming majority.だから、常にそこにシリアでより多くのMelkitesされました、そして、ジャコバイトは圧倒的多数決してなかった。 Now they are a small minority (about 80,000) dwelling in Syria, Mesopotamia, Kurdistan.今、彼らはごく少数(約80,000)シリア、メソポタミア、クルディスタンに住んでいます。 Their head is the Jacobite Patriarch of "Antioch and all the East".彼らの頭は "アンティオキアおよびすべての東"のジャコバイトの家長です。 He always takes the name Ignatius and dwells either at Diarbekir or Mardin in Mesopotamia.彼はいつも名前イグナティウスを取り、メソポタミアでDiarbekirまたはマルディンのいずれかで宿る。 Under him, as first of the metropolitans, is the Maphrian, a prelate who was originally set up to rule the Eastern Jacobites as a rival of the Nestorian catholicos.彼の下で、のmetropolitansとして、まずMaphrian、もともとネストリウスカトリコスのライバルとして東部ジャコバイトを支配するために設置された高位聖職者である。 Originally the maphrian had a number of special rights and privileges that made him almost independent of his patriarch.もともとmaphrianは彼の家長の彼はほぼ独立した特別の権利と権限の数を持っていた。 Now he has only precedence of other metropolitans, a few rights in connection with the patriarch's election and consecration (when the patriarch dies he is generally succeeded by the maphrian) and the title "Maphrian and Catholicos of the East".今、彼は他のmetropolitansのみの優先順位、家長の選挙と奉献(家父長が死亡したとき、彼は一般的にmaphrianによって成功している)、タイトルが "Maphrianと東のカトリコス"に関連していくつかの権限を持っています。 Besides these two, the Jacobites have seven metropolitans and three other bishops.これら二つのほかに、ジャコバイトは7のmetropolitansと3つの他の司教を持っています。 As in all Eastern Churches, there are many monks, from whom the bishops are always taken.すべての東方教会のように、司教が常に取られる誰から多くの僧侶たちは、そこにあります。 The Syrian Jacobites are in communion with the Copts.シリアのジャコバイトはコプト教徒との交わりである。

They name the Coptic patriarch in the Liturgy, and the rule is that each Syrian patriarch should send an official letter to his brother of Alexandria to announce his succession.彼らは典礼コプト語家長に名前を付け、ルールはそれぞれシリアの家長は彼の後継者を発表するアレクサンドリアの兄に公式書簡を送るべきであるということです。 This implies a recognition of superior rank which is consistent with the old precedence of Alexandria over Antioch.これは、アンティオキアの上アレクサンドリアの古い順位と一致している優れたランクの認識を意味します。 At Mardin still linger the remains of an old pagan community of Sun-worshippers who in 1762 (when the Turks finally decided to apply to them, too, the extermination that the Koran prescribes for pagans) preferred to hide under the outward appearance of Jacobite Christianity.マルディンではまだ1762(トルコ人が最終的には、あまりにも、彼らにコーランが異教徒のために規定している絶滅を適用することを決めたとき)にジャコバイトキリスト教の外観の下に隠れることが好ましい太陽崇拝者の古い異教社会の遺骨をいつまでも残る。 They were, therefore, all nominally converted, and they conform the laws of the Jacobite Church, baptize, fast, receive all sacraments and Christian burial.彼らがいたため、すべての公称変換され、彼らはヤコブ派教会、洗礼、速い、の法則はすべての秘跡とキリスト教の埋葬を受け取る準拠しています。 But they only marry among themselves and every one knows that they still practise their old pagan rites in secret.しかし、彼らは自分たちの中で唯一結婚し、一人一人が、彼らはまだ秘密裏に彼らの古い異教の儀式を練習することを知っています。 There are about one hundred families of these people, still called Shamsiyeh (people of the Sun).まだShamsiyeh(太陽の人々 )と呼ばれるこれらの人々の約百の家族があります。

6. 6。 Malabar Christiansマラバル派キリスト教徒

The Malabar Christians in India have had the strangest history of all these Eastern Churches.インドのマラバル派キリスト教徒は、これらすべての東方教会の奇妙な歴史を持っている。 For, having been Nestorians, they have now veered round to the other extreme and have become Monophysites.のためのnestoriansであったこと、彼らは今、他の極端にラウンドを方向転換しているとのmonophysitesとなっています。 We hear of Christian communities along the Malabar coast (in Southern India from Goa to Cape Comorin) as early as the sixth century.我々は、六世紀には早くもマラバル海岸沿いのキリスト教共同体(南インドのゴアからコモリン岬まで)のことを聞く。 They claim the Apostle of St. Thomas as their founder (hence their name "Thomas Christians", or "Christians of St. Thomas").彼らは、創業者(それ故に彼らの名は "トマスキリスト"、または "キリスト教徒のセントトマス")として聖トマスの使徒を主張している。 In the first period they depended on the Catholicos of Selecuia-Ctesiphon, and were Nestorians like him.最初の期間で、彼らはSelecuia-クテシフォンのカトリコスに依存し、彼のようなのnestoriansました。 They are really one of the many missionary Churches founded by the Nestorians in Asia.彼らは本当にアジアでのnestoriansによって設立された多くの宣教師の教会の一つです。 In the sixteenth century the Portuguese succeeded in converting a part of this Church to reunion in Rome. 16世紀にポルトガルのローマでの再会に、この教会の一部を変換することに成功しました。 A further schism among these Eastern Catholics led to a complicated situation, of which the Jacobite patriarch took advantage by sending a bishop to form a Jacobite Malabar Church.これら東部のカトリック教徒の間でさらなる分裂がジャコバイト家長はジャコバイトマラバル教会を形成するために、司教を送信することによって、利用しましたそのうち、複雑な状況につながった。

There were then three parties among them: Nestorians, Jacobites, and Catholics.のnestorians、ジャコバイト、およびカトリック教徒:その中で3当事者がその後あった。 The line of Nestorian metropolitans died out (it has been revived lately) and nearly all the non-Catholic Thomas Christians may be counted as Monophysites since the eighteenth century.ネストリウス派のmetropolitansラインが絶えてしまった(それが最近復活されました)と、ほぼすべての非カトリックトマスのキリスト教徒は、18世紀以来のmonophysitesとしてカウントされることがあります。 But the Jacobite patriarch seems to have forgotten them, so that after 1751 they chose their own hierarchy and were an independent Church.しかし、ジャコバイト家長は1751年後に彼らは自分の階層を選択し、独立した教会であったので、それらを忘れているようだ。 In the nineteenth century, after they had been practically rediscovered by the English, the Jacobites in Syria tried to reassert authority over Malabar by sending out a metropolitan named Athanasius.彼らは実質的に英語によって再発見された後に19世紀には、シリアでジャコバイトは首都というアタナシウスを出すことによって、マラバルの上に権威を擁護しようとしました。 Athanasius made a considerable disturbance, excommunicated the hierarchy he found, and tried to reorganize this Church in communion with the Syrian patriarch.アタナシウスは、かなりの妨害をした彼が見つけた階層を破門し、シリアの族長との交わりで、この教会を再編成しようとしました。 But the Rajah of Travancore took the side of the national Church and forced Athanasius to leave the county.しかし、トラバンコールのラジャは、国家教会の側を取って、アタナシウスが郡を離れることを余儀なく。

Since then the Thomas Christians have been a quite independent Church whose communion with the Jacobites of Syria is at most only theoretic.それ以来トーマスキリスト教徒は、その交わりシリアのジャコバイトのほとんど唯一の理論である非常に独立した教会であった。 There are about 70,000 of them under a metropolitan who calls himself "Bishop and Gate of all India".自らを "すべてのインドの司教と門"と呼んでいる首都圏下のそれらの約70,000があります。 He is always named by his predecessor, ie each metropolitan chooses a coadjutor with the right of succession.彼は常に彼の前任者によって命名されます、すなわち、各大都市は、相続権で助手を選ぶ。 The Thomas Christians use Syriac liturgically and describe themselves generally as "Syrians".トーマスキリスト教徒はliturgicallyシリア語を使用し、 "シリア"として一般的に自分自身を記述します。

7. 7。 Armeniansアルメニア人
The Armenian Church is the last and the most important of these Monophysite bodies.アルメニア教会は、これらのキリスト単性体の最後の、そして最も重要である。 Although it agrees in faith with the Copts and Jacobites, it is not communion with them (a union arranged by a synod in 726 came to nothing) nor with any other Church in the world.それはコプト教徒とジャコと信仰に同意するが、それはそれらの(726で教会会議が手配労組が無駄になった)にも、世界の他の教会との交わりではありません。 This is a national Church in the strictest sense of all: except for the large Armenian Catholic body that forms the usual pendant, and for a very small number of Protestants, every Armenian belongs to it, and it has no members who are not Armenians.これは、すべての厳密な意味での国家教会です:いつものペンダントを形成している大規模なアルメニアのカトリックのボディのため、プロテスタントの非常に少数を除いて、すべてのアルメニア人は、それに属している、それはアルメニア人ではない、メンバーがいません。 So in this case the name of the national and of the religion are really the same.したがって、この場合、国民のと宗教の名前は本当に同じです。 Only, since there are the Eastern Catholics, it is necessary to distinguish whether an Armenian belongs to them or to the schismatical (Monophysite) Church.東部のカトリック教徒が存在するので、唯一、それはアルメニア人がそれらにまたはのschismatical(キリスト単性論)教会に属しているかどうかを区別する必要がある。

Because of this distinction it is usual to call the others Gregorian Armenians -- after St. Gregory the Illuminator -- another polite concession of form on our part akin to that of "Orthodox" etc. Quite lately the Gregorian Armenians have begun to call themselves Orthodox.グレゴリオアルメニア人が自分自身を呼び出すために始めてかなり最近は "正統派"などのそれに似ている我々の側のフォームの別の丁寧な譲歩 - セントグレゴリー後のイルミ - それは他のグレゴリオアルメニア人を呼ぶことが一般的であるこの区別のため正教会。 This has no meaning and only confuses the issue.これは何の意味もありませんし、唯一の問題を混同している。 Of course each Church thinks itself really Orthodox, and Catholic and Apostolic and Holy too.もちろん、それぞれの教会はあまりにも本当に正教会、カトリックとローマ教皇と聖自体を考えている。 But one must keep technical names clear, or we shall always talk at cross purposes.しかし、一つは、技術名ははっきりさせておく必要がありますか、我々は常に十字架の目的で話をしなければならない。 The polite convention throughout the Levant is that we are Catholics, that people in communion with the "Ecumenical Patriarch" are Orthodox, and that Monophysite Armenians are Gregorian.レバントを通して丁寧な規則は、 "総大主教"聖体拝領の人々が正統であること、そしてキリスト単性論のアルメニア人がグレゴリオ暦であることを、我々がカトリック教徒であるということです。 They should be content with that is an honourable title to which we and the Orthodox do not of course think that they have really any right.それは我々と正統派はもちろん、彼らが実際にどんな権利を持っていることはないと思うする称号であると彼らはコンテンツにする必要があります。 They have no real right to it, because the Apostle of Armenia, St. Gregory the Illuminator (295), was no Monophysite, but a Catholic in union with Rome.彼らはアルメニア、聖グレゴリー照明(295)、の使徒はなくキリスト単性論はなかったので、それには本当の権利を持っていませんが、ローマとの連合のカトリック。

The Armenian Church was in the first period subject to the Metropolitan of Caesarea; he ordained its bishops.アルメニア教会のcaesareaメトロポリタンへの最初の対象期間であった、彼は、司教に叙階。 It suffered persecution from the Persians and was an honoured branch of the great Catholic Church till the sixth century.それはペルシャ人から迫害を受け、6世紀まで、偉大なカトリック教会の光栄枝だった。 Then Monophysitism spread through Armenia from Syria, and in 527 the Armenian primate, Nerses, in the Synod of Duin, formally rejected the Council of Calcedon.それからキリスト単はシリアからアルメニアを通って広がり、527にアルメニア霊長類、Nersesは、Duinの会議の内、正式にCalcedon評議会を拒否した。 The schism was quite manifest in 552, when the primate, Abraham I, excommunicated the Church of Georgia and all others who accepted the decrees of Chalcedon.分裂は、霊長類、アブラハム私は、ジョージア州の教会とカルケドンの政令を受け入れ、他のすべてを破門552、マニフェストではかなりあった。 From that time the national Armenian Church has been isolated from the rest of Christendom; the continual attempts at reunion made by Catholic missionaries, however, have established a considerable body of Armenian Catholics.その時から全国のアルメニア教会は、キリスト教世界の他の部分から隔離された、カトリックの宣教師たちによって行われた同窓会での継続的な試みは、しかし、アルメニアのカトリック信者のかなりの体を確立しています。

The Armenians are a prolific and widespread race.アルメニア人は多作かつ広範な種族である。 They are found not only in Armenia, but scattered all over the Levant and in many cities of Europe and America.彼らはだけでなく、アルメニアにあるが、すべてのバントを越えてヨーロッパやアメリカの多くの都市に点在しています。 As they always bring their Church with them, it is a large and important community, second only to the Orthodox in size among Eastern Churches.彼らは常に彼らと彼らの教会を持って来るように、それは、東方教会の間でサイズの正教会に次ぐ大規模かつ重要なコミュニティです。 There are about three millions of Gregorian Armenians.グレゴリオアルメニア人の約3百万があります。 Among their bishops four have the title of patriarch.彼らの司教のうち4家長のタイトルを持っています。 The first is the Patriarch of Etchmiadzin, who bears as a special title that of catholicos .最初はカトリコスのその特別なタイトルとしてクマEtchmiadzin、家長のです。 Etchmiadzin is a monastery in the province of Erivan, between the Black and the Caspian Seas, near Mount Ararat (since 1828 Russian territory). Etchmiadzinはアララト山(1828ロシア領土以来)の近くに、黒海とカスピ海の間、Erivan県の修道院です。 It is the cradle of the race and their chief sanctuary.それは、レースやそのチーフ聖域の発祥地である。

The catholicos is the head of the Armenia Church and to a great extent of his nation too.カトリコスは、アルメニア教会、あまりにも彼の国の偉大な程度に頭です。 Before the Russian occupation of Erivan he had unlimited jurisdiction over all Georgian Armenians and was something very like an Armenian pope. Erivanロシアの占領前に、彼はすべてのグルジアのアルメニア人以上無制限の管轄権を持っていたし、非常にアルメニアの法王のようなものだった。 But since he sits under the shadow of Russia, and especially since the Russian Government has begun to interfere in his election and administration, the Armenians of Turkey have made themselves nearly independent of him.彼はロシアの影の下で座っていると、ロシア政府は、彼の選挙と政権に干渉し始めている、特に以来、しかし、以来、トルコのアルメニア人は、彼の自身がほぼ独立して作られています。 The second rank belongs to the Patriarch of Constantinople.They have had a bishop at Constantinople since 1307.第二ランクはConstantinople.Theyの家長に属し1307年以来、コンスタン司教があった。 In 1461 Mohammed II gave this bishop the title of Patriarch of the Armenians, so as to rivet their loyalty to his capital and to form a millet (nation) on the same footing as the Rum millet (the Orthodox Church). 1461年にモハメッドIIは、ので、彼の資本への忠誠リベットとしてラムミレット (正教会)と同じ土俵で (国家)を形成する、この司教のアルメニア人の総主教の称号を与えた。

This patriarch is the person responsible to the Porte for his race, has the same privileges as his Orthodox rival, and now uses the jurisdiction over all Turkish Armeniansthat formerly belonged to the catholicos.この家長は彼のレースのためにポルトに責任を持つ人であり、彼の正統派のライバルと同じ権限を持っており、今では、以前に属していたすべてのカトリコストルコArmeniansthat管轄権を使用しています。 Under him, and little more than titular patriarchs, are those of Sis in Cilicia (a title kept after a temporary schism in 1440 and Jerusalem (whose title was assumed illegally in the eighteenth century). The Armenians have seven dioceses in the Russian Empire, two in Persia, and thirty-five in Turkey. They distinguish archbishops from bishops by an honorary precedence only and have an upper class of priests called Vartapeds, who are celibate and provide all the higher offices (bishops are always taken from their ranks). There are, of course, as in all Eastern Churches, many monks.彼の下で、そして名ばかりの族長より少し多く、キリキアのSIS(1440とエルサレム(そのタイトルは18世紀に違法に仮定された)の一時的な分裂後も維持タイトルのものがあります。アルメニア人がロシア帝国の7教区を持って、ペルシャの2、およびトルコにおける三〇から五は。彼らは唯一の名誉優先順位によって司教から大司教を区別し、独身およびそれ以上のすべての事業所を(司教は、常に彼らのランクから取られます)を提供するアールVartapedsと呼ばれる司祭の上流階級を持っています。多くの僧侶たちは、すべての東方教会のように、もちろん、あります。

In many ways the Armenian (Gregorian) Church has been influenced by Rome, so that they are among Eastern schismatical bodies the only one that can be described as at all latinized.いろいろな意味で、アルメニア(グレゴリオ暦)の教会は、彼らが東のschismatical体の間ですべてのラテン語でのとして記述することができる唯一の​​ものであるように、ローマの影響を受けています。 Examples of such influence are their use of unleavened bread for the Holy Eurcharist, their vestments (the mitre is almost exactly the Roman one), etc. This appears to be the result of opposition to their nearer rivals, the Orthodox.そのような影響の例としては、聖Eurcharistためのイースト菌を入れないパンの使用、彼らの祭服(マイターがほぼ正確にローマン一つです)、等これは、彼らの近いライバル、正統派への反対の結果であると思われています。 In any case, at present the Armenians are probably nearer to the Catholic Church and better disposed for reunion than any other of these communions.いずれにせよ、現時点ではアルメニア人は、おそらくカトリック教会に近いとこれら聖餐他のどんなものより再会のために配置された優れています。 Their Monophysitism is now very vague and shadowy -- as indeed is the case with most Monophysite Churches.彼らのキリスト単は現在、非常に曖昧で、謎に包まれている - 確かに、ほとんどのキリスト単性論教会の場合と同様。 It is from them that the greatest proportion of Eastern-Rite Catholics have been converted.それは東方典礼カトリック教徒の最大の割合が変換されたことを彼らからです。

This brings us to the end of the Monophysite bodies and so to the end of all schismatical Eastern Churches.これは、キリスト単性論体の端へと、すべてのschismatical東方教会の終わりに私たちをもたらします。 A further schism was indeed caused by the Monothelite heresy in the seventh century, but the whole of the Church then formed (the Maronite Church) has been for many centuries reunited with Rome.さらに分裂は確かに7世紀に異端キリスト単意によって引き起こされるが、教会全体がその後ローマで再会何世紀にもわたってきました(マロン教会)が形成された。 So Maronites have their place only among the Eastern Catholics.だからMaronitesは東部のカトリック教徒の間でその場所を持っている。

B. Eastern Catholic Churches B.東部のカトリック教会

The definition of an Eastern-Rite Catholic is: A Christian of any Eastern rite in union with the pope : ie a Catholic who belongs not to the Roman, but to an Eastern rite.東方典礼カトリックの定義は次のとおりです。 法王との連合内の任意の東部の儀式のクリスチャン :Romanにしないが、東部の儀式に属しすなわちカトリック。 They differ from other Eastern Christians in that they are in communion with Rome, and from Latins in that they have other rites.彼らはローマとの交わりであるという点で、他の東部のキリスト教徒から、彼らは他の儀式を持っているという点で、ラテン系とは異なります。

A curious, but entirely theoretic, question of terminology is: Are Milanese and Mozarabic considered Eastern Rite Catholics?用語の、好奇心が強いが、完全に理論的な質問です:ミラネーゼと帰一教会カトリック教徒とみなさモサラベですか? If we make rite our basis, they are.私達が私達の基礎を儀式を行った場合、彼らがいる。 That is, they are Catholics who do not belong to the Roman Rite.すなわち、彼らはローマの儀式に属していないカトリック教徒です。 The point has sometimes been urged rather as a catch than seriously.ポイントは、時にはむしろ真剣に比べて漁獲ように付勢されています。 As a matter of fact, the real basis, though it is superficially less obvious than rite, is patriarchate.それは儀式より表面的にあまり目立たないですが、実際のところ、本当の基礎として、家長のです。 Eastern-Rite Catholics are Catholics who do not belong to the Roman patriarchate.東方典礼カトリック教徒はローマの家長に属していないカトリック教徒です。 So these two remnants of other rites in the West do not constitute Eastern-Rite Churches.だから西洋では他の儀式のこれらの2つの残党は東方典礼教会を構成するものではありません。

In the West, rite does not always follow patriarchate; the great Gallican Church, with her own rite, was always part of the Roman patriarchate; so are Milan and Toledo.西洋では、儀式はいつもの家長に従わない;偉大な条項は、教会は、彼女自身の儀式で、常にローマの家長の一部でした。とてもミラノとトレドがあります。 This, however, raises a new difficulty; for it may be urged that in that case the Italo-Greeks are not Eastern Catholics, since they certainly belong to the Roman patriarchate.しかし、これは新たな困難が発生し、それが、彼らは確かにローマの家長に属しているため、その場合にイタロギリシア人は、東部のカトリック教徒ではないことを主張することができるため。 They do, of course; and they always have done so legally.彼らはもちろん、やるので、彼らはいつも合法的に行っている。 But the constitution of these Italo-Greek Churches was originally the result of an attempt on the part of the Eastern emperors (Leo III, 717-741, especially; see "Orth. Eastern Church", 45-47) to filch them from the Roman patriarchate and join them to that of Constantinople.からそれらを盗むために、しかし、これらのイタロ·ギリシャの教会の憲法はもともと東部の皇帝の一部の試み( "オルト東方教会"、45から47を参照してくださいレオ3世、717から741、特に)の結果であったローマの家長とコンスタンティノープルのそれにそれらを結合する。 Although the attempt did not succeed, the descendants of the Greeks in Calabria, Sicily, etc., have kept the Byzantine Rite.試みが成功しなかったものの、カラブリア、シチリアなどでギリシア人の子孫は、ビザンチンの儀式を保持している。 They are an exception to the rule, invariable in the East, that rite follows patriarchate, and are an exception to the general principle about Eastern Rites too.彼らは儀式の家長に続く中東における不変のルールの例外として、であり、あまりにも東部の儀式についての一般的な原則の例外です。 As they have no diocesan bishops of their own, on this ground it may well be denied that they form a Church.彼らは自分のない教区の司教を持たないように、この地上にそれはよく、彼らは教会を形成することを拒否されることがあります。 An Italo-Greek may best be defined as a member of the Roman patriarchate in Italy, Sicily, or Corsica, who, as a memory of older arrangements, is still allowed to use the Byzantine Rite.イタロ·ギリシャは、最高のイタリア、シチリア、またはまだビザンチンの儀式の使用を許可されている、古い契約のメモリとして、コルシカ島にあるローマ時代の家長のメンバーとして定義することができる。

With regard to the fundamental distinction of patriarchate, it must be noted that it is no longer purely geographical.総主教区の根本的な違いに関しては、それはもはや純粋な地理的ではないことに留意しなければならない。 A Latin in the East belongs to the Roman patriarch as much as if he lived in the West; Latin missionaries everywhere and the newer dioceses in Australia and American count as part of what was once the patriarchate of Western Europe.東アジアにおけるラテン語は同じくらい、彼はウェストに住んでいたかのようにローマの家長に属しており、どこでもラテン宣教師やかつて西欧総主教だったものの一環として、オーストラリアとアメリカのカウントの新しい教区。 So also the Melkites in Leghorn, Marseilles, and Paris belong to the Byzantine Catholic patriarchate, though, as foreigners, they are temporarily subject to Latin bishops.だからまた、レグホン、マルセイユ、パリのMelkitesはビザンチンのカトリックの家長に属している、しかし、外国人のように、彼らはラテン司教に一時的に適用されます。

A short enumeration and description of the Catholic Eastern Rites will complete this picture of the Eastern Churches.カトリック東部の儀式短い列挙と説明は、東方教会のこの絵を完成させます。 It is, in the first place, a mistake (encouraged by Eastern schismatics and Anglicans) to look upon these Catholic Eastern Rites as a sort of compromise between Latin and other rites, or between Catholics and schismatics.これは、ラテン語や他の儀式の間、またはカトリック教徒とのschismaticsとの間の妥協点のようなものとして、これらのカトリック東部の儀式によって見て(東のschismaticsとanglicans励まさ)、そもそも間違いです。 Nor is it true that they are Catholics to whom grudging leave has been given to keep something of their national customs.また、それは、彼らはしぶしぶ休暇が自国の習慣のようなものを維持するために与えられている誰にカトリック教徒であることは事実です。 Their position is quite simple and quite logical.彼らの立場はかなりシンプルで、非常に論理的です。 They represent exactly the state of the Eastern Churches before the schisms.彼らは正確に分裂前の東方教会の状態を表しています。 They are entirely and uncompromisingly Catholics in our strictest sense of the word, quite as much as Latins.彼らは全く同じくらいラテン系として、私たちの言葉の厳密な意味で完全にカトリック教徒と妥協しています。 They accept the whole Catholic Faith and the authority of the pope as visible head of the Catholic Church, as did St. Athanasius, St. Basil, St. John Chrysostom.聖アタナシウス、聖バジル、聖ヨハネクリュソストモスがしたように彼らは、全体のカトリック信仰とカトリック教会の目に見える頭として法王の権威を受け入れる。

They do not belong to the pope's patriarchate, nor do they use his rite, any more than did the great saints of Eastern Christendom.彼らは、法王の家長のに属していない、そして、彼らは彼の儀式、東部キリスト教の偉大な聖人たちがやった以上のことを使うのですか。 They have their own rites and their own patriarchs, as had their fathers before the schism.彼らは分裂前に、自分の父親を持っていたとして、自らの儀式や、自分の族長を持っています。 Nor is there any idea of compromise or concession about this.またこのことについて妥協や譲歩の任意のアイデアがあります。 The Catholic Church has never been identified with the Western patriarchate.カトリック教会は、西洋の家長で識別されていない。 The pope's position as patriarch of the West is as distinct from his papal rights as is his authority as local Bishop of Rome.ローマの地元の司教として彼の権限はそのまま西の家長として法王の立場は彼の教皇の権限と異なるとしてです。 It is no more necessary to belong to his patriarchate in order to acknowledge his supreme jurisdiction that it is necessary to have him for diocesan bishop.それは教区の司教のために彼を持っていることが必要であることを彼の最高の管轄権を認めるために彼の家長に属していることが必要ではありません。

The Eastern Catholic Churches in union with the West have always been as much the ideal of the Church Universal as the Latin Church.西側との組合で東部のカトリック教会は、常にできるだけ多くの教会ラテン語のように普遍的教会の理想であった。 If some of those Eastern Churches fall into schism, that is a misfortune which does not affect the others who remain faithful.それら東部教会の一部が分裂に陥った場合、それは忠実で他人には影響を与えません不幸です。 If all fall away, the Eastern half of the Church disappears for a time as an actual fact; it remains as a theory and an ideal to be realized again as soon as they, or some of them, come back to union with Rome.すべての秋離れている場合は、教会の東半分は、実際の事実のような時間のために消え、それは理論と次第、またはそれらのいくつかは、ローマとの連合に戻ってくるとして再び実現されることが理想として残る。

This is what has happened.これは、何が起こったかである。 There is at any rate no certain evidence of continuity from time before the schism in any of these Eastern Catholic Churches.これら東部のカトリック教会のいずれにおいても、分裂前の時刻から連続性のない特定の証拠は、任意の速度ではありません。 Through the bad time, from the various schisms to the sixteenth and seventh centuries, there are traces, isolated cases, of bishops who have at least wished for reunion with the West; but it cannot be claimed that any considerable body of Eastern Christians have kept the union throughout.悪い時期を通じ、第16、第七世紀までの様々な分裂から、そこに少なくとも西側との再会を望んでいた司教の痕跡、隔離された例はある、しかしそれは、東部のキリスト教徒のいずれかのかなりの身体が保たれていることを主張することはできません全体組合。 The Maronites think they have, but they are mistaken; the only real case is that of the Italo-Greeks (who have never been schismatic). Maronitesは、​​彼らが持っていると思うが、彼らは誤解され、唯一の真の場合は、イタロ·ギリシア(の分派であったことがない人)のことである。

Really the Eastern Catholic Churches were formed by Catholic missionaries since the sixteenth and seventeenth centuries.本当に東部のカトリック教会は、16世紀と17世紀以来、カトリックの宣教師によって形成された。 And as soon as any number of Eastern Christians were persuaded to reunite with the West, the situation that had existed before the schisms became an actual one again.とすぐに東部のキリスト教徒の数は任意でウェストとの再会を説得されたように、分裂する前に存在していた状況が再び実際のものとなった。 They became Catholics; no one thought of asking them to become Latins.彼らはカトリック教徒になった;誰もラテン系になるように求める考えもしない。 They were given bishops and patriarchs of their own as successors of the old Catholic Eastern bishops before the schism, and they became what all Eastern Christians had once been -- Catholics.彼らは分裂前の古いカトリック東部司教の後継者として、独自の司教と族長を与え、彼らはすべて東部のキリスト教徒がかつてあったものとなった - カトリ​​ック教徒。

That the Eastern Catholics are comparatively small bodies is the unfortunate result of the fact that the majority of their countrymen prefer schism.東部のカトリック教徒は比較的小さな天体であることが彼らの同胞の大半は分裂を好むという事実の不幸な結果である。 Our missionaries would willingly make them larger ones.私たちの宣教師たちは喜んでそれらの大規模なものになるだろう。 But, juridically, they stand exactly where all the East once stood, before the Greek schism, or during the short-lived union of Florence (1439-53).しかし、juridically、彼らが正確にどこに立ってすべての東は、かつてギリシャの分裂前、またはフィレンツェ(1439年から1453年)の短命の労働組合の間に立っていた。 And they have as much right to exist and be respected as have Latins, or the great Catholic bishops in the East had during the first centuries.東アジアにおけるラテン系、または偉大なカトリック司教たちは最初の世紀の間に持っていたとして、彼らは存在していて、尊敬されているようにできるだけ多くの権利があります。 The idea of latinizing all Eastern Catholics, sometimes defended by people on our side whose zeal for uniformity is greater than their knowledge of the historical and juridical situation, is diametrically opposed to antiquity, to the Catholic system of ecclesiastical organization, and to the policy of all popes.時には、その熱意均一のための歴史的な状況と法人の知識を超えている私たちの側の人々によって守られ、すべての東部のカトリック教徒をlatinizingというアイデアは、正反対に古代に、教会の組織のカトリック系に、との方針に反対しているすべての教皇。 Nor has it any hope of success.また、それを成功のいずれか希望を持っています。 The East may become Catholic again; it will never be what it never has been -- Latin.東アジアは再びカトリックになることがあり、それはそれがされたことがないものでは決してありません - ラテン。

1. 1。 Byzantine Catholicsビザンチンのカトリック教徒
1. 1。 The Byzantine Catholics are those who correspond to the Orthodox.ビザンチンのカトリック教徒は正教会に対応する人々である。 They all use the same (Byzantine) Rite; but they are not all organized as one body.それらはすべて同じ(ビザンチン)の儀式を使用したが、彼らはすべて、1つのボディのように編成されていません。 They form seven groups:彼らは7つのグループを形成します。

This completes the list of Byzantine Catholics, of whom it may be said that the chief want is organization among themselves.これは、チーフが欲しい、自分たちの中の組織であることを言われるかもしれない人の、ビザンチンのカトリック教徒のリストを完了します。 There has often been talk of restoring a Catholic (Melkite) Patriarch of Constantinople.頻繁にコンスタンティノープルのカトリック(Melkite)家長の復元の話がありました。 It was said that Pope Leo XIII intended to arrange this before he died.これは、教皇レオ十三世は、彼が死ぬ前に、これを手配することを目的と言われていました。 If such a revival ever is made, the patriarch would have jurisdiction, or at least a primacy, over all Catholics of his Rite; in this way the scattered unities of Melkites in Syria, Ruthenians in Hungary, Italo-Greeks in Sicily, and so on, would be linked together as are all other Eastern Catholic Churches.そうシチリア島このようにシリアのMelkitesの散乱単一性、ハンガリーRuthenians、イタロギリシャ人、そして、そのような復活が今までになされた場合、家長は、管轄権を有するか、または少なくとも優位性は、彼の儀式のすべてのカトリック教徒の上であろう他のすべての東部のカトリック教会があるようで、一緒にリンクされます。

2. 2。 Chaldean Catholicsカルデアのカトリック教徒
The Chaldees are Eastern Catholics converted from Nestorianism.カルデアはネストリウス派から変換された東部のカトリック教徒です。 In the sixteenth and seventeenth centuries a complicated series of quarrels and schisms among the Nestorians led to not very stable unions of first one and then another party with the Holy See. 16世紀と17世紀でのnestorians間の争いや分裂の複雑なシリーズは、聖なる参照していない非常に安定した最初のものの組合とし、別のパーティーにつながった。 Since that time there has always been a Catholic patriarch of the Chaldees, though several times the person so appointed fell away into schism again and had to be replaced by another.何回かそう選任された者が再び分裂に離れて落ちて別のものに取り替えなければならなかったけどその時以来常に、カルデアのカトリックの家長があった。 The Chaldees are said now to number about 70,000 souls (Silbernagl, op. cit., 354; but Werner, "Orbis Terr. Cath.", 166, gives the number as 33,000). (;、166が、ヴェルナー、33000のように番号を与える "オルビスTERRキッドソン。"。。シルビールナグル、前掲、354)は、新バビロニア7万魂約数になりましたと言われています。 Their primate lives at Mosul, having the title of Patriarch of Babylon.バビロンの総主教の称号を持つモスルで彼らの霊長類の生活、。 Under him are two archbishoprics and ten other sees.彼の下で2 ar​​chbishopricsと見ている他の10アール。

There are monasteries whose arrangements are very similar to those of the Nestorians.その取り決めのnestoriansのものと非常に似ている修道院があります。 The liturgical books (in Syriac, slightly revised from the Nestorian ones) are printed by the Dominicans at Mosul.典礼書(シリア語で、わずかにネストリウス派のものから改訂)モスルでドミニコ会によって印刷されます。 Most of their canon law depends on the Bull of Pius IX, "Reversurus" (12 July, 1867), published for the Armenians and extended to the Chaldees by another Bull, "Cum ecclesiastica" (31 Aug., 1869).彼らの教会法のほとんどは、 "Reversurus"(1867年7月12日)、アルメニア人のために公開され、別の雄牛によってカルデアまで延長、ピウス9世ブルに依存し、(1869年8月31日) "ecclesiasticaは射精"。 They have some students at the Propaganda College in Rome.彼らはローマのプロパガンダカレッジで一部の学生を持っています。

3. 3。 Alexandrian Catholicsアレクサンドリアのカトリック教徒
The Alexandrian Catholics (Catholic Copts) have had a vicar Apostolic since 1781.アレクサンドリアカトリック教徒(カトリックコプト教徒)が1781年、ローマ教皇の教区牧師を持っていた。 Before that (in 1442 and again in 1713) the Coptic patriarch had submitted to Rome, but in neither case was the union of long duration.その前(1442年で、再び1713年)コプト語家長はローマに提出していたが、どちらのケースで長時間の労働組合であった。 As the number of Catholics of this Rite has increased very considerably of late years, Leo XIII in 1895 restore the Catholic patriarchate.この儀式は、カトリック教徒の数は近年は非常に大幅に増加したように、レオ13世は1895年にカトリックの家長を復元します。 The patriarch lives at Cairo and rules over about 20,000 Catholic Copts.家長は、カイロ約20,000カトリックコプトにわたってルールに住んでいます。

4. 4。 Abyssiniansアビシニアン
The Abyssinians, too, had many relations with Rome in past times, and Latin missionaries built up a considerable Catholic Abyssinian Church.アビシニアンは、あまりにも、過去の時代にローマで多くの関係があったが、ラテン語の宣教師たちはかなりのカトリックアビシニア教会を築いてきました。 But repeated persecutions and banishment of Catholics prevented this community from becoming a permanent one with a regular hierarchy.しかし、繰り返される迫害とカトリック教徒の追放は、通常の階層と恒久的なものになってから、このコミュニティを防いだ。 Now that the Government is tolerant, some thousands of Abyssinians are Catholics.今、政府が寛容であることが、アビシニアンの一部の数千人がカトリック教徒である。 They have an Apostolic vicar at Keren.彼らはケレンで代牧を持っています。 If their numbers increase, no doubt they will in time be organized under a Catholic Abuna who should depend on the Catholic Coptic patriarch.その数は増加し、彼らはカトリックのコプト語家長に依存しなければならないカトリックAbuna下に編成時間になります間違いなくします。 Their liturgy, too, is at present in a state of disorganization.彼らの典礼は、あまりにも、無秩序の状態で存在である。 It seems that the Monophysite Abyssinian books will need a good deal of revision before they can be used by Catholics.それは彼らがカトリック教徒で使用する前に、キリスト単性論アビシニア書籍が改訂の良い取引が必要になるだろうと思われる。 Meanwhile the priests ordained for this rite have a translation of the Roman Mass in their own language, an arrangement that is not meant to be more than a temporary expedient.一方、この儀式を命じ司祭は自分の言語でローマの質量の翻訳、急場を超えることを意味するものではない構成を有する。

5. 5。 Syriansシリア
The Catholic Syrian Church dates from 1781.カトリックシリア教会は1781年にさかのぼる。 At that time a number of Jacobite bishops, priests, and lay people, who had agreed to reunion with Rome, elected one Ignatius Giarve to succeed the dead Jacobite patriarch, George III.当時のジャコバイト司教、司祭、そして数は1イグナティウスGiarveが死んでジャコバイト家長、ジョージ三世の後任に選出され、ローマとの再会に合意した人々を、横たわっていた。 Giarve sent to Rome asking for recognition and a pallium, and submitting in all things to the pope's authority. Giarve認識とパリウムを求めて、法王の権威にすべてのものに提出するローマに送られた。 But he was then deposed by those of his people who clung to Jacobitism, and a Jacobite patriarch was elected.しかし、彼はその後Jacobitismにしがみついている人、彼の人々の業者により解任された、とジャコバイト家父長が選出された。 From this time there have been two rival successions.この時から2つのライバルの承継があった。 In 1830 the Catholic Syrians were acknowledged by the Turkish Government as a separate millet . 1830年にカトリックのシリア人は別々の雑穀としてトルコ政府によって承認された。 The Catholic patriarch lives at Beirut, most of his flock in Mesopotamia.カトリックの家長は、メソポタミアで、ベイルートで彼の群れの大半を生きている。 Under him are three archbishops and six other bishops, five monasteries, and about 25,000 families.彼の下で3 archbishopsと他の6人の司教は、5つの修道院と、約25,000家族がいます。

6. 6。 Malabar Catholicsマラバルカトリック教徒
There is also a Catholic Church of Malabar formed by the Synod of Diamper in 1599. 1599年Diamperの教会会議によって形成されたマラバルのカトリック教会もあります。 This Church, too, has passed through stormy periods; quite lately, since the Vatican Council, a new schism has been formed form it of about 30,000 people who are in communion with neither the Catholics, nor the Jacobites, nor the Nestorians, nor any one else at all.この教会は、あまりにも、嵐の期間を通過した、かなり最近、バチカン公会議以降、新たな分裂がカトリック教徒、またジャコも聖体拝領、またのnestoriansにある約30,000人のそれを形成し、また任意に形成されているまったく他に1。 There are now about 200,000 Malabar Catholics under three vicars Apostolic (at Trichur, Changanacherry, and Ernaculam).ローマ教皇のvicars 3(トリチュール、Changanacherry、そしてErnaculamで)下20万マラバルカトリック教徒について今があります。

7. 7。 Armeniansアルメニア人
The Catholic Armenians are an important body numbering altogether about 130,000 souls.カトリック、アルメニア人は13万人ほど完全にナンバリング重要なボディです。 Like their Gregorian countrymen they are scattered about the Levant, and they have congregations in Austria and Italy.彼らのグレゴリオ同胞のように彼らはバント散らばっている、と彼らはオーストリアとイタリアで集会を持っています。 There have been several more or less temporary reunions of the Armenian Church since the fourteenth century, but in each case a rival Gregorian party set up rival patriarchs and bishops.そこに十四世紀以来、アルメニア教会のいくつかは、多かれ少なかれ一時的な再会でしたが、それぞれのケースでライバルグレゴリオパーティーがライバル族長と司教を設定している。 The head of the Catholic Armenians is the Catholic Armenian Patriarch of Constantinople (since 1830), in whom is joined the patriarchate of Cilicia.カトリック、アルメニア人の頭がキリキア総主教に接合されている人で、コンスタンティノープルのカトリックアルメニア総主教(1830年以降)である。 He always takes the name Peter, and rules over three titular archbishops and fourteen sees, of which one is Alexandria and one Ispahan in Persia (Werner-- Silbernagl, 346).彼はいつも名前ピーターをとり、1アレクサンドリアとペルシャの1 Ispahan(ヴェルナー - シルビールナグル、346)となっている3名ばかりの大司教と14以上のルールは、見ている。 After much dispute he is now recognized by the Porte as the head of a separate millet , and he also represents before the Government all other Catholic bodies that have as yet no political organization.多くの議論の後、彼は、現在、別のキビの頭部としてポルトによって認識されて、彼はまた、政府の前にはまだありません政治組織として持っている他のすべてのカトリック団体を表しています。

There are also many Catholic Armenians in Austria-Hungary who are subject in Transylvania to the Latin bishops, but in Galicia to the Armenian Archbishop of Lemberg.多くのカトリックのラテン司教トランシルバニアの対象であるオーストリア·ハンガリー帝国におけるアルメニア人が、ガリシアレンベルクのアルメニア大司教にもあります。 In Russia there is an Armenian Catholic See of Artvin immediately subject to the pope.ロシアでは法王に直ちに被験者アルトビンのアルメニアカトリック参照があります。 The Mechitarists (Founded by Mechitar of Sebaste in 1711) are an important element of Armenian Catholicism. Mechitaristsは(1711年にセバステメチタールによって設立された)、アルメニアカトリックの重要な要素です。 They are monks who follow the Rule of St. Benedict and have monasteries at San Lazzaro outside Venice, at Vienna, and in many towns in the Balkans, Armenia, and Russia.彼らは、聖ベネディクトの規則に従うとヴェネツィア外、ウィーンでは、バルカン半島、アルメニア、ロシアの多くの町でサンラザロで修道院を持つ僧侶​​である。 They have missions all over the Levant, schools, and presses that produce important liturgical, historical, historical, and theological works.彼らはすべてのバント以上のミッション、学校、重要なのは、典礼の歴史的、歴史的、神学的な作品を制作機を持っています。 Since 1869 all Armenian Catholic priests must be celibate. 1869年以来、すべてのアルメニアカトリックの司祭は独身なければなりません。

8. 8。 Maronites Maronites
Lastly, the Maronite Church is entirely Catholic.最後に、 マロン教会は完全にカトリックです。 There is much dispute as to its origin and the reason of its separation from the Syrian national Church.その起源とシリアの国民教会からの分離を理由に限り論争がある。 It is certain that it was formed around monasteries in the Lebanon founded by a certain John Maro in the fourth century.それは第四世紀に一定のジョン麿によって設立されたレバノンの修道院の周りに形成されていたことは確かである。 In spite of the indignant protests of all Maronites there is no doubt that they were separated from the old See of Antioch by the fact that they were Monothelites.すべてMaronitesの憤慨抗議にもかかわらず、彼らは、彼らがMonothelitesたという事実によってアンティオキアを参照してください古いから分離されたことは間違いありません。 They were reunited to the Roman Church in the twelfth century, and then (after a period of wavering) since 1216, when their patriarch, Jeremias II, made his definite submission, they have been unswervingly faithful, alone among all Eastern Churches.彼らが彼らの族長、イェレミアスIIは、彼の明確な服従をした1216年以来、12世紀にローマ教会に再会し、(揺れの周期後)された、彼らがすべての東方教会の間だけでも、確固として忠実であった。 As in other cases, the Maronites, too, are allowed to keep their old organization and titles.他の例と同様に、Maronitesは、​​あまりにも、彼らの古い組織とタイトルを維持するために許可されています。

Their head is the Maronite "Patriarch of Antioch and all the East", successor to Monothelite rivals of the old line, who, therefore, in no way represents the original patriarchate.彼らの頭は、マロン "アンティオキアおよび全東方の総主教"、決して元の家長の位を表し、したがって、旧行のライバルを単意の後継モデルです。 He is also the civil head of his nation, although he has no berat from the sultan, and lives in a large palace at Bkerki in the Lebanon.彼はスルタンからのベラトを持っいませんが、また彼の国の市民の頭であり、レバノンでBkerkiで大宮殿に住んでいます。 He has under him nine sees and several titular bishops.彼は彼の下で9見て、いくつかの名ばかりの司教を持っています。 There are many monasteries and convents.多くの修道院や修道院があります。 The present law of the Maronite Church was drawn up by the great national council held in 1736 at the monastery of Our Lady of the Almond Trees (Deir Saïdat al-Luaize), in the Lebanon.マロン派教会の現在の法律はレバノンに、アーモンドの木(デイルSaïdatアルLuaize)の聖母修道院で1736年に開催された偉大な国家評議会によって策定された。 There are about 300,000 Maronites in the Lebanon and scattered along the Syrian coast.シリアの海岸に沿って点在する約300,000レバノンMaronitesとがあります。 They also have colonies in Egypt and Cyprus, and numbers of them have lately begun to emigrate to America.彼らはまた、エジプトやキプロスの植民地を持っており、それらの数字は最近アメリカに移住し始めている。 They have a national college at Rome.彼らはローマの国立大学があります。

Conclusion結論

This completes the list of all the Eastern Churches, whether schismatic or Catholic.分派またはカトリックかどうかこれは、すべての東方教会のリストを完了します。

In considering their general characteristics we must first of all again separate the Eastern Catholics from the others.彼らの一般的な特性を考慮し、我々は最初にすべての、再び他人から東部のカトリック教徒を区切る必要があります。 Eastern Rite Catholics are true Catholics, and have as much right to be so treated as Latins.帰一教会カトリック教徒は真のカトリック教徒であり、従ってラテン系として扱われるようにできるだけ多くの権利を持っている。 As far as faith and morals go they must be numbered with us; as far as the idea of an Eastern Church may now seem to connote schism or a state of opposition to the Holy See, they repudiate it as strongly as we do.限り信仰と道徳が行くように、彼らは私達と番号を付けなければなりません。限り東方教会の考え方が今、聖なる参照に分裂または反対の状態を暗示するように思えるかもしれませんので、彼らは強く、我々がそうであるように、それを否定する。 Nevertheless, their position is very important as being the result of relations between Rome and the East, and as showing the terms on which reunion between East and West is possible.それにもかかわらず、彼らの立場は非常にローマと東の間の関係の結果であるとして重要であり、東と西の間の再会が可能な上に条件を示すようである。

III. Ⅲ。 CHARACTERISTICS OF THE SCHISMATICAL EASTERN CHURCHESのschismatical東部教会の特徴

Although these Churches have no communion among themselves, and although many of them are bitterly opposed to the others, there are certain broad lines in which they may be classed together and contrasted with the West.これらの教会は、自分たちの中で全く交わりを持っていませんが、それらの多くはひどく他人に反対しているが、それらが一緒に分類すると西と対比される可能性のある特定の太い線があります。

National Feeling 国民感情

The first of these is their national feeling.これらの最初のは、自国の感じです。 In all these groups the Church is the nation; the vehement and often intolerant ardour of what seems to be their religious conviction is always really national pride and national loyalty under the guise of theology.すべてのこれらのグループでは教会が国家である、彼らの宗教的信念と思われるものの猛烈な、しばしば偏狭な情熱はいつも本当に国家の誇りと神学を装って国家に対する忠誠である。 This strong national feeling is the natural result of their political circumstances.この強力な国民感情は彼らの政治的な事情の自然な結果である。 For centuries, since the first ages, various nations have lived side by side and have carried on bitter opposition against each other in the Levant.何世紀もの間、最初の年齢以来、様々な国々が並んで生きてきたとLevantのお互いに対する苦い反対を続けている。 Syria, Egypt, Mesopotamia, and the Balkans have never had one homogeneous population speaking one language.シリア、エジプト、メソポタミア、バルカン半島は、一つの言語を話す1均質な集団があったことがない。 From the beginning, nationality in these parts has been a question not of the soil, but of a community held together by its language, striving for supremacy with other communities.初めから、これらの部品の国籍ではなく、土壌の質問をされていますが、コミュニティの他の地域との覇権を握るために努力し、その言語によって一緒に開催しました。 The Roman contest accentuated this.ローマのコンテストはこれを強調した。 Rome and then Constantinople was always a foreign tyranny to Syrians and Egyptians.ローマとコンスタンティノープルは、常に次にシリアとエジプト人への外国専制政治だった。 And already in the fourth century of the Christian Era they began to accentuate their own nationalism, crushed in politics, by taking up an anti-imperial form of religion, by which they could express their hatred for the Government.そして既に、キリスト教の時代第四世紀に彼らは政府への憎しみを表現することができたそれによって宗教の反帝国フォームを取ることによって、政治に押しつぶされ、自分のナショナリズムを、強調するようになった。 Such an attitude has characterized these nations ever since.このような態度は、それ以来、これらの国を特徴付けている。 Under the Turk, too, the only possible separate organization was and is an ecclesiastical one.トルコ人の下では、あまりにも、唯一の可能な独立した組織があって、教会の一つです。 The Turk even increased the confusion.トルコ人も混乱を増加させた。 He found a simple and convenient way of organizing thesubject Christians by taking their religion as a basis.彼は基礎として、自分たちの宗教を取ることによってthesubjectキリスト教徒を整理する簡単で便利な方法を見つけました。 So the Porte recognizes each sect as an artificial nation ( millet ).だからポルトは、人工国家( ミレット )などの各宗派を認識します。 The Orthodox Church became the "Roman nation" ( Rum millet ), inheriting the name of the old Empire.正教会は、古い帝国の名前を継承し、 "ローマの国"(ラムミレット)となった。 Then there were the "Armenian nation" ( Ermeni millet ), the "Coptic nation", and so on.次に、 "アルメニアの国"(Ermeniキビ )、 "コプト国家"などがあった。 Blood has nothing to do with it.血はそれとは何の関係もありません。 Any subject of the Porte who joins the Orthodox Church becomes a Roman and is submitted politically to the ecumenical patriarch; a Jew who is converted by Armenians becomes an Armenian.正教会を結合ポルトの任意の被写体には、ローマとなり、総大主教に政治的に提出される。アルメニア人によって変換されたユダヤ人は、アルメニアとなります。 True, the latest development of Turkish politics has modified this artificial system, and there have been during the nineteenthcentury repeated attempts to set up one great Ottoman nation.確かに、トルコの政治の最新の開発は、この人工的なシステムを変更しており、一つの大きなオスマン国家を設定しようとする試みを繰り返すnineteenthcentury中にありました。 But the effect of centuries is too deeply rooted, and the opposition between Islam and Christianity too great, to make this possible.しかし、これを可能にするために、何世紀もの効果があまりにも深く根ざしており、イスラム教とキリスト教の対立はあまりにも偉大。 A Moslem in Turkey -- whether Turk, Arab, or negro -- is simply a Moslem, and a Christian is a Roman, or Armenian, or Maronite, etc. Our Western idea of separating politics from religion, of being on the one hand loyal citizens of our country and on the other, as a quite distinct thing, members of some Church, is unknown in the East.トルコにおけるイスラム - トルコ人、アラブ人、または黒人かどうか - 単にイスラム教徒であり、キリスト教のは、一方であることのローマ字、またはアルメニア、またはマロンなど宗教から政治を分離するという私たちの西洋思想であり、まったく別個のものとして私たちの国の、他方では忠実な市民や、いくつかの教会のメンバーは、東アジアでは不明である。 The millet is what matters; and the millet is a religious body. キビは、どのような事項であり、 キビは、宗教団体である。 So obvious does this identification seem to them that till quite lately they applied it to us.だから明らかなこの識別は、かなり最近まで、彼らは私達にそれを適用されたことを彼らに思えます。 A Catholic was (and still is to the more remote and ignorant people) a "French Christian", a Protestant an "English Christian"; in speaking French or Italian, Levantines constantly use the word nation for religion .カトリックだった(そして今でも多くのリモートおよび無知な人々になります) "フランスのクリスチャン"は、プロテスタントの"キリスト教の英語"、フランス語やイタリア語を話すことで、常に宗教のために単語の国家を使用Levantines。 Hence it is, also, that there are practically no conversions from one religion to another.したがって、それは一つの宗教から別の実用的には変換が存在しないこと、また、である。 Theology, dogma, or any kind of religious conviction counts for little or nothing.神学、ドグマ、またはほとんど、あるいは何のための宗教的信念のカウントの任意の種類。 A man keeps to his millet and hotly defends it, as we do to our fatherlands; for a Jacobite to turn Orthodox would be like a Frenchman turning German.男は我々 fatherlandsにそうであるように、彼のキビに保持し、熱く、それを守る;正教会オンにジャコバイトのためにフランス人ターニングドイツ語のようになる。

We have noted that religious conviction counts for little.我々は少しのための宗教的信念のカウントと指摘している。 It is hard to say how much say of these bodies (Nestorian or Monophysite) are now even conscious of what was once the cardinal issue of their schism.それは、今一度、彼らの分裂の枢機卿問題だったものであっても意識している(ネストリウス派やキリスト単性)これらの機関の言うどのくらいとは言い難い。 The bishops and more educated clergy have no doubt a general and hazy idea of the question -- Nestorians think that everyone else denies Christ's real manhood, Monophysites that all their opponents "divide Christ".司教ともっと教育を受けた聖職者は、質問の一般的な、かすんアイデアを疑いはありません - のnestoriansは他の誰もがキリストの真の男らしさは、すべての対戦相手は、 "キリストを分ける"というのmonophysitesを否定だと思います。 But what stirs their enthusiasm is not the metaphysical problem; it is the conviction that what they believe is the faith of their fathers, the heroes of their "nation" who were persecuted by the other millets , as they are day-to-day (for there everyone thinks that everyone else persecutes his religion).しかし、どのような意欲をかき立てることは形而上学的な問題ではありませんが、それは、彼らが信じていることは、彼らが日常的であるため、他の雑穀で迫害された彼らの"国"の英雄たち、先祖たちの信仰であるという信念である(そこのために誰もが)誰もが自分の宗教を迫害していることと思います。 Opposed to all these little milal (plural of millet ) there looms, each decade mightier and more dangerous, the West, Europe Frengistan (of which the United States, of course, forms part to them).すべてのこれらの小さなmilal(キビの複数形)とは対照的にヨーロッパFrengistanは、(米国はもちろん、彼らにその一部を形成する)、各ディケードは強し、より危険な、ウエスト、そこに織機。 Their lands are overrun with Frengis ; Frengi schools tempt their young men, and Frengi churches, with eloquent sermons and attractive services, their women.彼らの土地はFrengisでオーバーランされ、 作者:frengiの学校は、彼らの中の女、雄弁な説教と魅力的なサービスと、それらの若い男性、そして作者:frengi教会を誘惑。 They frequent the schools assiduously; for the Levantine has discovered that arithmetic, French, and physical science are useful helps to earning a good living.彼らは熱心に頻繁に学校、レバントのための演算、フランス語、および物理的な科学が良い生計を立てるのに役立ちます有用であることを発見しました。 But to accept the Frengi religion means treason to their nation.しかし作者:frengi宗教を受け入れるようにすることは、その国への反逆を意味します。 It is a matter of course to them that we are Catholics or Protestants, those are our milal ; but an Armenian, a Copt, a Nestorian does not become a Frengi .それは我々がカトリック教徒やプロテスタントであることを彼らに当然のことですが、それらは私たちのmilalであり、しかし、アルメニア、コプト、ネストリウス派の作者 :frengiなりません。 Against this barrier argument, quotation of Scripture, texts of Fathers, accounts of Church history, break in vain.この障壁に対する引数は、聖書の引用は、父の文章は、教会の歴史のアカウント、無駄に休憩。 Your opponent listens, is perhaps even mildly interested, and then goes about his business as before. Frengis are very clever and learned; but of course he is an Armenia, or whatever it may be.あなたの対戦相手がlisten、おそらく軽度の関心を持っているが、その後以前と同じように彼のビジネスについて行くFrengisは非常巧妙で学習され、。が、もちろん彼はアルメニアであるか、それが何であれ。 Sometimes whole bodies move (as Nestorian dioceses have lately begun to coquet with Russian Orthodoxy), and then every member moves too.時には体全体の動き(ネストリウス派の司教区が最近ロシア正教にこびを売るに始めているように)してから、すべてのメンバーがあまりにも移動します。 One cleaves to one's millet whatever it does.一つは、それがないものは何でも自分のキビに切断する。 Certainly, if the heads of any body can be persuaded to accept reunion with Rome, the rank and file will make no difficulty, unless there be another party strong enough to proclaim that those heads have deserted the nation.すべてのボディの頭は、ローマとの再会を受け入れるように説得することができれば、それらの頭部は国民を見捨てたことを宣言するのに十分強い他の当事者が存在する限り、確かに、ランクとファイルが、全く苦労しないだろう。

Intense Conservatism 強烈な保守主義

The second characteristic, a corollary of the first, is the intense conservatism of all these bodies.第二の特徴は、最初の当然の結果として、すべてのこれらの機関の強烈な保守主義である。 They cling fanatically to their rites, even to the smallest custom -- because it is by these that the millet is held together.彼らも、最小のカスタムに、彼らの儀式に熱狂的にしがみつく-それはキビを一緒に保持されていること、これらのことであるためです。 Liturgical language is the burning question in the Balkans.典礼言語は、バルカン半島における燃焼の質問です。 They are all Orthodox, but inside the Orthodox Church, there are various milal -- Bulgars, Vlachs, Serbs, Greeks, whose bond of union is the language used in church.彼らはすべての正統派ですが、正教会の内部には、様々なmilalがある-その組合のきずな教会で使われている言語であるブルガール、Vlachs、セルビア人、ギリシャ人、。 So one understands the uproar made in Macedonia about language in the liturgy; the revolution among the Serbs of Uskub in 1896, when their new metropolitan celebrated in Greek (Orth. Eastern Church, 326); the ludicrous scandal at Monastir, in Macedonia, when they fought overa dead man's body and set the whole town ablaze because some wanted him to be buried in Greek and some in Rumanian (op. cit., 333).だから1は、典礼言語についてマケドニアで行われた騒動を理解しています1896年Uskubのセルビア人の間で革命、彼らの新たな首都圏はギリシャで祝われたとき(Orth.東方教会、326);モナにて滑稽なスキャンダル、マケドニアで、時彼らはovera死んだ男の身体を戦ったし、一部は彼がギリシャとルーマニアの一部の(前掲。、333)に埋葬されたくて輝いている町全体を設定します。 The great and disastrous Bulgarian schism, the schism at Antioch, are simply questionsof the nationality of the clergy and the language they use.偉大と悲惨なブルガリアの分裂、分裂アンティオキアでは、単純に、聖職者の国籍や使用言語をquestionsofされています。

Conclusion 結論

It follows then that the great difficulty in the way of reunion is this question of nationality.それは、再会の方法で大きな困難は、国籍のこの質問であることを次に続く。 Theology counts for very little.神学は非常に少ないためにカウントされます。 Creeds and arguments, even when people seem to make much of them, are really only shibboleths, convenient expressions of what they really care about -- their nation.彼らの国家 - 信条と引数は、人々がそれらの多くを作成するように見える場合でも、実際にはshibboleths、彼らが本当に気に何の便利な表現です。 The question of nature and person in Christ, the Filioque in the Creed, azyme bread, and so on do not really stir the heart of the Eastern Christian.キリストは、信条、種なしパンのパンなど本当に東部キリスト教の心を動かせないでFilioqueの自然と人の質問。 But he will not become a Frengi .しかし、彼は作者:frengiになることはありません。 Hence the importance of the Eastern Catholic Churches.したがって、東部のカトリック教会の重要性。 Once for all these people will never become Latins, nor is there any reason why they should.一度にすべてのこれらの人々のためにラテン系になってない、またなぜ彼らが必要どのような理由はありません。 The wisdom of the Holy See has always been to restore union, to insist on the Catholic Faith, and for the rest to leave each millet alone with its own native hierarchy, its own language, its own rites.ローマ法王庁の知恵は常にカトリック信仰を主張し、残りは独自のネイティブ階層、独自の言語、独自の儀式と二人きりで各キビを残すために、労働組合を復元することであった。 When this is done we have an Eastern Catholic Church.これが完了していると我々は東部のカトリック教会があります。

IV. Ⅳ。 ROME AND THE EASTERN CHURCHESローマと東方教会

Early attempts at reunion同窓会での初期の試み

The attempts at reunion date from after the schism of Michael Caerularius (1054).マイケルケルラリウス(1054)の分裂後から再会日付の試み。 Before that Rome was little concerned about the older Nestorian and Monophysite schisms.その前にローマでは少し​​年上ネストリウス派と単性論分裂を心配していた。 The conversion of these people might well be left to their neighbours, the Catholics of the Eastern Empire.これらの人々の変換は、東ローマ帝国のカトリック教徒は、彼らの隣人によく残ってしまう可能性があります。 Naturally, in those days the Greeks set about this conversion in the most disastrous way conceivable.当然、当時のギリシア人は、考えられる最も悲惨な方法でこの変換について設定します。 It was the Government of Constantinople that tried to convert them back along the most impossible line, by destroying their nationality and centralizing them under the patriarch of the imperial city.それは帝都の家長の下、国籍、それらの集中を破壊することによって、ほとんど不可能なラインに沿ってそれらを再変換しようとしたコンスタンティノープルの政府だった。 And the means used were, frankly and crudely, persecution.そして使用される手段は、率直に言ってとぞんざい、迫害であった。 Monophysite conventicles were broken up by imperial soldiers, Monophysite bishops banished or executed.キリスト単性論conventiclesはキリスト単性論司教は追放または実行、帝国軍兵士が分かれていた。 Of course this confirmed their hatred of Caesar and Caesar's religion.もちろん、これはカエサルとシーザーの宗教の彼らの憎しみを確認した。 The East, before as well as after the great schism, did nothing towards pacifying the schismatics at its gates.東、前だけでなく、偉大な分裂後は、そのゲートでのschismaticsをなだめるに向かって何もしなかった。 Only quite lately has Russia taken a more reasonable and conciliatory attitude towards Nestorians in Persia and Abyssinians, who are outside her political power.唯一のかなり最近ロシアは彼女の政治権力の外にあるペルシャ、アビシニアンでのnestorians、に向かって、より合理的かつ融和的な態度を取っている。 Her attitude towards people she can persecute may be seen in her abominable treatment of the Armenians in Russia.彼女はロシアのアルメニア人の彼女の忌まわしい治療に迫害見られるかもしれないことができる人々に向かって彼女の態度。

Councils of Lyons (1274) and Florence (1438)ライアンズ(1274)とフィレンツェの協議会(1438)

It was, in the first instance, with the Orthodox that Rome treated with a view to reunion.それはローマが再会を視野に扱われている正統派で、第一審で、だった。 The Second Council of Lyons (1274) and the Council of Ferrara-Florence (1438-39) were the first efforts on a large scale.ライアンズ(1274)とフェラーラ - フィレンツェ(1438年から1439年)の理事会の2番目の協議会は、大規模での最初の試みであった。 And at Florence were at least some representatives of all the other Eastern Churches; as a kind of supplement to the great affair of the Orthodox, reunion with them was considered too.そしてフィレンツェで他のすべての東部の教会のうちの少なくともいくつかの代表があった;正教会の大事件への補足のようなものとして、彼らとの再会はあまりにも考えられていた。 None of these reunions were stable.これらの再会はどれも安定しませんでした。 Nevertheless they were, and they remain, important facts.それにもかかわらず、彼らがいて、彼らは、重要な事実のままである。 They (the union of Florence especially) were preceded by elaborate discussions in which the attitudes of East and West, Orthodox and Catholic, were clearly compared.彼らは(特にフィレンツェの労働組合)、東と西、正教会とカトリックの態度は明らかに比較した精巧な議論が先行した。 Every question was examined -- the primacy, the Filioque , azyme bread, purgatory, celibacy, etc.すべての質問を調べた-優位性、Filioque、種なしパン、パン、煉獄、独身、など

The Council of Florence has not been forgotten in the East.フィレンツェ公会議は、東アジアでは忘れられていません。 It showed Eastern Christians what the conditions of reunion are, and it has left them always conscious that reunion is possible and is greatly desired by Rome.それは、再会の条件が何であるか東部のキリスト教徒を示し、それは再会が可能で、大幅にローマによって望まれていることを彼らは常に意識して残している。 And on the other hand it remains always as an invaluable precedent for the Roman Court.他方では、ローマの裁判所のための貴重な先例として常に残ります。 The attitude of the Holy See at Florence was the only right one: to be quite unswerving in the question of faith and to concede everything else that possibly can be conceded.聖の態度はフィレンツェで参照してくださいだけ正しかった:信仰の問題でかなり揺るぎないように、おそらく譲歩することができます他のすべてを認めるよう。 There is no need of uniformity in rites or in canon law; as long as practices are not absolutely bad and immoral, each Church may work out its own development along its own lines.儀式や宗規における均一性の必要はありません。慣行が絶対に悪いと不道徳ではない限り、それぞれの教会には、独自の線に沿って、独自の開発を行って動作することがあります。 Customs that would not suit the West may suit the East very well; and we have no right to quarrel with such customs as long as they are not forced upon us.西は非常によく、東に合うもの合わないでしょう税関、そして彼らは我々に強制されていないため、我々は長いような習慣と喧嘩をする権利はありません。

So, at Florence, in all these matters there was no attempt at changing the old order.だから、フィレンツェで、これらすべての事柄に古い順序を変更で守ろうとはしませんでした。 Each Church was to keep its own liturgy and its own canon law as far as that was not incompatible with the Roman primacy, which is de fide .各教会はそれがデfideあるローマの優位性との間に互換性はありませんでした限り、独自の典礼、独自の宗規を保つことでした。 The very decree that proclaimed the primacy added the clause, that the pope guides and rules the whole Church of God "without prejudice to the rights and privileges of the other patriarchs".優位性を宣言した非常に布告は、WHERE句を追加した "他の族長の権利と特権を侵害することなく、"神の法王のガイドやルールは全体の教会。 And the East was to keep its married clergy and its leavened bread, was not to say the Filioque in the Creed, nor use solid statues, nor do any of the things they resent as being Latin.と東は、その既婚聖職者およびその発酵パンを保つことでした信条Filioqueを言う、また固体像を使用することではなかったし、また彼らがラテンであるとして憤慨することのいずれかを行う。

After the Council of Florenceフィレンツェ公会議後の

This has been the attitude of Rome ever since.これは、それ以来、ローマの態度であった。 Many popes have published decrees, Encyclicals, Bulls that show that they have never forgotten the venerable and ancient Churches cut off from us by these schisms; in all these documents consistently the tone and attitude are the same.多くの教皇令を発行している、回勅、彼らはこれらの分裂によって私たちから切り離され、古代の由緒ある教会を忘れたことがないことを示しているブルズ、すべてのこれらの文書に一貫してトーンや態度は同じです。 If there has been any latinizing movement among Eastern Catholics, it has sprung up among themselves; they have occasionally been disposed to copy practices of the far richer and mightier Latin Church with which they are united.東部のカトリック教徒の間で任意のlatinizing動きがあった場合、それは彼ら自身の中に湧いています、彼らは時折彼らは団結しているとはるかに豊かとも強しラテン教会の慣行をコピーするように配置されています。 But all the Roman documents point the other way.しかし、すべてのローマのドキュメントは、他の道を指し示す。

If any Eastern customs have been discouraged or forbidden, it is because they were obviously abuses and immoral like the quasi-hereditary patriarchate of the Nestorians, or sheer paganism like the superstitions forbidden by the Maronite Synod of 1736.任意東部習慣はお勧めまたは禁止されている場合、彼らは明らかに人権侵害と1736のマロン教会会議で禁止されている迷信のようなのnestorians、または薄手のペイガニズムの準世襲の家長のような不道徳だったので、それはです。 True, their liturgical books have been altered in places; true also that in the past these corrections were made sometimes by well-meaning officials of Propaganda whose liturgical knowledge was not equal to their pious zeal.確かに、彼らの典礼書の場所で変更された、真の、過去にこれらの修正が典礼の知識を自分の信心深い熱意と等しくありませんでしたプロパガンダの善意の職員によって時々行われていること。 But in this case, too, the criterion was not conformity with the Roman Rite, but purification from supposed (sometimes mistakenly supposed) false doctrine.しかし、この場合にも、基準は、ローマの儀式に準拠しませんでしたが、想定し(時には誤っはず)虚偽の教義からの精製。 That the Maronite Rite is so latinized is due to its own clergy.マロンの儀式がそのようラテン語されていることは、それぞれ独自の聖職者によるものである。 It was the Maronites themselves who insisted on using our vestments, our azyme bread, our Communion under one kind, till these things had to be recognized, because they were already ancient customs to them prescribed by the use of generations.これらの事は、彼らはすでに世代の利用が定めるそれらに古代習慣だったので、認識されなければならなかったまで、それは、私たちの服を使って主張しMaronites自身、私たちの種なしパンのパン、1種類の下の私達の聖体だった。

Papal Documentsローマ法王のドキュメント

A short survey of papal documents relating to the Eastern Churches will make these points clear.東方教会は、ローマ法王に関連文書の短い調査では、これらの点を明確にします。

Before Pius IX, the most important of these documents was Benedict XIV's Encyclical "Allatae sunt" of 2 July, 1755.ピオ九世は、これらの文書の中で最も重要なのは1755年7月2日のベネディクト14世の回勅 "Allatae sunt"だった前に。 In it the pope is able to quote a long list of his predecessors who had already cared for the Eastern Churches and their rites.その中で法王は既に東方教会とその儀式の世話をしていた彼の前任者の長いリストを引用することができます。 He mentions acts of Innocent III (1198-1216), Honorius III (1216-27), Innocent IV (1243-54), Alexander IV (1254-61), Gregory X (1271-76), Nicholas III (1277-80), Eugene IV (1431-47), Leo X (1513-21), Clement VII (1523-34), Pius IV (1559-65), all to this effect.彼は無実の3世(1198年から1216年)、ホノリウス3世(1216年から1227年)、イノセントIV(1243年から1254年)、アレクサンデル4世(1254年から1261年)、グレゴリーX(1271年から1276年)、ニコラス3世(1277年から1280年の行為に言及している)、ユージーンIV(1431年から1447年)、レオ(1513年から1521年)、クレメンス7世(1523年から1534年)、ピウス4世(1559年から1565年)、この効果へのすべて。

Gregory XIII (1572-85) founded at Rome colleges for Greeks, Maronites, Armenians.グレゴリウス13世(1572年から1585年)はMaronites、アルメニア人、ギリシャ人、ローマの大学で設立しました。 In 1602 Clement VIII published a decree allowing Ruthenian priests to celebrate their rite in Latin churches. 1602クレメントVIIIは、ルテニア司祭はラテン教会での儀式を祝うためにできるように判決を発表した。 In 1624 Urban VIII forbade Ruthenians to become Latins. 1624年にウルバヌス八世はラテン系になることRutheniansを禁じた。 Clement IX, in 1669, published the same order for Armenian Catholics (Allatae sunt, I).クレメントIXは、1669年に、アルメニアカトリック教徒(Allatae sunt、I)の同じ順序を発表した。 Benedict XIV not only quotes these examples of former popes, he confirms the same principle by new laws.ベネディクト14世は、かつてのローマ教皇のこれらの例を引用しているだけでなく、彼は、新し​​い法律によって、同じ原則が確認された。 In 1742 he had re-established the Ruthenian Church with the Byzantine Rite after the national Council of Zamosc, confirming again the laws of Clement VIII in 1595. 1742年に彼は1595年に再びクレマンVIIIの法律を確認し、ザモシチの国民評議会後にビザンチンの儀式とルテニア教会を再確立していた。 When the Melkite Patriarch of Antioch wanted to change the use of the Presanctified Liturgy in his Rite, Benedict XIV answered: "The ancient rubrics of the Greek Church must be kept unaltered, and your priests must be made to follow them" (Bullarium Ben. XIV., Tom. I). "ギリシャの教会の古代のルーブリックは不変に保たれる必要があり、あなたの司祭はそれらに従うことを行わなければならない"(大勅書集ベン:アンティオキアMelkite総主教は彼の儀式で清め典礼の使用を変更したいときは、ベネディクト14世は答えた。 XIV。、トム。私)。 He ordains that Melkites who, for lack ofa priest of their own Rite, had been baptized by a Latin, should not be considered as having changed to our Use: "We forbid absolutely that any Catholic Melkites who follow the Greek Rite should pass over to the Latin Rite" (ib., cap. xvii).彼は自分自身の儀式の欠如のOFA司祭のために、ラテン語でバプテスマを受けていた、Melkitesが、私たちの使用するように変更したものとみなされるべきではないことをordains: "我々は禁じる絶対にギリシャの儀式に続くカトリックMelkitesはに渡す必要があることラテンの儀式 "(ib.、キャップ。XVII)。

The Encyclical "Allatae sunt" forbids missionaries to convert schismatics to the Latin Rite; when they become Catholics they must join the corresponding Eastern Rite (XI).回勅 "Allatae sunt"はラテン語の儀式へのschismaticsを変換するために宣教師を禁止している、彼らはカトリック教徒になったとき、彼らは、対応帰一(XI)を参加させる必要があります。 In the Bull "Etsi pastoralis" (1742) the same pope orders that there shall be no precedence because of Rite.ブル "ETSI pastoralis"(1742年)のための儀式の場合に優先順位があってはならないのと同じ法王受注が。 Each prelate shall have rank according to his own position or the date of his ordination; in mixed dioceses, if the bishop is Latin (as in Southern Italy), he is to have at least one vicar-general of the other Rite (IX).各高位聖職者は自分の立場や彼の叙階の日付に応じてランクを持っていなければならない。司教はラテン語であれば混合の司教区で、(南イタリアのように)、彼は他の儀式司教総代理少なくとも1(IX)を持つことである。

Most of all did the last two popes show their concern for Eastern Christendom.すべてのほとんどは、最後の2つの教皇は、東部キリスト教のための彼らの関心を示さなかった。 Each by a number of Acts carried on the tradition of conciliation towards the schismatical Churches and of protection of Catholic Eastern Rites.のschismatical教会に向かって、カトリック東部の儀式の保護の調停の伝統の上に運ば行為の数によってそれぞれ。

Pius IX, in his Encyclical "In Suprema Petri" (Epiphany, 1848), again assures non-Catholics that "we will keep unchanged your liturgies, which indeed we greatly honour"; schismatic clergy who join the Catholic Church are to keep the same rank and position as they had before.カトリック教会に参加する分派の聖職者が同じことを続けることになっています。(エピファニー、1848) "SUPREMAペトリで"彼の回勅でピオ九世は、再び "我々は確かに我々は非常に名誉あなたの典礼、不変のまま維持する"と非カトリックを保証ランクと彼らは前に持っていたような位置。 In 1853 the Catholic Rumanians were given a bishop of their own Rite, and in the Allocution made on that occasion, as well as in the one to the Armenians on 2 February, 1854, he again insists on the same principle. 1853年にカトリックRumaniansは、独自の儀式司教を与えられ、その際に行う演説で、同様に1854年2月2日にアルメニア人のいずれかで、彼は再び同じ原理を主張している。 In 1860 the Bulgars, disgusted with the Phanar (the Greeks of Constantinople), approached the Catholic Armenian patriarch, Hassun; he, and the pope confirming him, promised that there should be no latinizing of their Rite. 1860年にブルガールは、Phanar(コンスタンティノープルのギリシャ人)に嫌気がさし、カトリックアルメニア家長、Hassunに近づいて、彼、そして彼を確認する法王は、全く彼らの儀式latinizingがあってはならないことを約束した。 Pius IX founded, 6 January, 1862, a separate department for the Oriental Rites as a special section of the great Propaganda Congregation.ピウス九設立され、1862年1月6日、偉大なプロパガンダ集会の特別なセクションとして東洋の儀式のための独立した部門。

Leo XIII in 1888 wrote a letter to the Armenians (Paterna charitas) in which he exhorts the Gregorians to reunion, always on the same terms.レオ13世は1888年に、彼はいつも同じ条件で、再会にGregoriansをexhortsのいるアルメニア人(パテルナcharitas)に手紙を書きました。 But his most important act, perhaps the most important of all documents of this kind, is the Encyclical "Orientalium dignitas ecclesiarum" of 30 November, 1894.しかし、おそらく彼の最も重要な行為で、この種のすべての文書の中で最も重要なのは、1894年11月30日の "Orientaliumディグニタスecclesiarum"勅です。 In this letter the pope reviewed and confirmed all similar acts of his predecessors and then strengthened them by yet severer laws against any form of latinizing the East.この手紙の中で法王は見直され、確認された彼の前任者のすべての同様の行為をしてから、東latinizingの任意のフォームに対してまだ厳しい法律によってそれらを強化しました。 The first part of the Encyclical quotes examples of the care of former popes for Eastern Rites, especially of Pius IX; Pope Leo remembers also what he himself has already done for the same cause -- the foundation of colleges at Rome, Philippopoli, Adrianople, Athens, and St. Ann at Jerusalem.特にピウス9世東の儀式のための前の教皇のケアの勅符の例の最初の部分、 - 、ローマ、Philippopoli、アドリアノープルでの大学の基礎教皇レオは、彼自身がすでに同じ原因のためにした事も記憶していますエルサレムではアテネ、聖アン。 He again commands that in these colleges students should be exactly trained to observe their own rites.彼は再びこれらの大学で学生が正確に独自の儀式を観察するために訓練されるべきであることを指示する。 He praises these venerable Eastern liturgies as representing most ancient and sacred traditions, and quotes again the text that has been used so often for this purpose, circumdata varietate applied to the queen, who is the Church (Ps. xliv, 10).彼は最も古く、神聖な伝統を表すものとして、これらの由緒ある東部典礼を賞賛して、もう一度、この目的のために頻繁に使用されたテキストを引用して、circumdata varietateは教会である女王、(詩篇44、10)に適用されます。 The Constitutions of Benedict XIV against latinizers are confirmed; new and most severe laws are promulgated: any missionary who tries to persuade an Eastern-Rite Catholic to join the Latin Rite is ipso facto suspended, and is to be expelled from his place. latinizersに対するベネディクト14世の憲法が確認され、新たな、そして最も厳しい法律が公布されています:ラテン語の儀式に参加するために東方典礼カトリック教徒を説得しようとするすべての宣教師は、 事実上は中断され、彼の場所から追放すべきである。 In colleges where boys of different Rites are educated there are to be priests of each Rite to administer the sacraments.さまざまな儀式の男の子が教育を受けている大学での秘跡を管理するために、各儀式の祭司であることがあります。 In case of need one may receive a sacrament from a priest of another Rite; but for Communion it should be, if possible, at least one who uses the same kind of bread.必要な場合には1、別の儀式の司祭から聖餐を受け取ることがありますが聖体拝領のためにそれが可能であれば、同じ種類のパンを使用し、少なくとも1である必要があります。 No length of use can prescribe a change of Rite.利用のない長さは、儀式の変化を処方することはできません。 A woman marrying may conform to her husband's Rite, but if she becomes a widow she must go back to her own.結婚する女性は、夫の儀式に従うことができるが、彼女は未亡人となった場合、彼女は彼女自身に戻る必要があります。

In the Encyclical "Praeclara gratulationis', of 20 June, 1894, that has been often described as "Leo XIII's testament", he again turned to the Eastern Churches and invited them in the most courteous and the gentlest way to come back to communion with us. He assures schismatics that no great difference exists between their faith and ours, and repeats once more that he would provide for all their customs without narrowness (Orth. Eastern Church, 434, 435). It was this letter that called forth the unpardonably offense answer of Anthimos VII of Constantinople (op. cit., 435-438). Nor, as long as he lived, did Leo XIII cease caring for Eastern Churches. On 11 June, 1895, he wrote the letter "Unitas christiana" to be the Copts, and on 24 December of that same year he restored the Catholic Coptic patriarchate. Lastly, on 19 March, 1895, in a motu proprio , he again insisted on the reverence due to the Eastern Churches and explained the duties of Latin delegates in the East. "レオ13世の回勅の証"としてしばしば記載されている20のPraeclara gratulationis '、6月、1894年 "で、彼は再び東方教会に転じ、最も丁寧にそれらを招待し、聖体拝領に戻ってきて穏やかな方法私たち彼は大きな違いは、彼らの信仰と私たちの間に存在していないことのschismaticsを保証し、そして彼は狭さ(Orth.東方教会、434、435)せずに、すべての彼らの習慣のために提供するだろうということをもう一度繰り返す。それは前後unpardonablyと呼ばれるこの手紙だったコンスタンティノープルのAnthimos VII(前掲。、435から438)の犯罪の解答。また、限り、彼が住んでいたとして、レオ13世は、東方教会の世話をやめるんでした。1895年6月11日に、彼はへの手紙 "ユニタスクリスティ"を書いたコプト教徒とし、同年12月24日に、彼はカトリックのコプト正教会復元し、最後に、1895年3月19日に、 教皇自発教令の中で、彼は再び東方教会への畏敬の念を主張し、ラテン語の代議員の職務を説明東アジアインチ

As a last example of all, Pius X in his Allocution, after the now famous celebration of the Byzantine Liturgy in his presence on 12 February, 1908, again repeated the same declaration of respect for Eastern rites and customs and the same assurance of his intention to preserve them (Echos d'Orient, May, 1908, 129-31).すべての最後の例として、彼の演説でピウスX、1908年2月12日、彼の存在下でビザンチン典礼の今有名な祭典が再び東部儀式や習慣と彼の意図の同じ保証の尊重同じ宣言を繰り返した後、 (エコーd'Orientの月、1908年、129か​​ら31)、それらを保存する方法について説明します。 Indeed this spirit of conservatism with regard to liturgies is in our own time growing steadily at Rome with the increase of liturgical knowledge, so that there is reason to believe that whatever unintentional mistakes have been made in the past (chiefly with regard to the Maronite and Catholic Armenian rites) will now gradually be corrected, and that the tradition of the most entire acceptance and recognition of other rites in the East will be maintained even more firmly than in the past.確かに保守主義の精神典礼に関しては、典礼の知識の増加とともにローマで着実に成長している私たち自身の時間になっていて、どんな意図しないミスが過去に行われていると信じるに足る理由があること(主にマロンに関してとアルメニアカトリックの儀式)が徐々に修正され、東アジアにおける他の儀式の中で最も全体の受け入れや認識の伝統はさらにしっかりと過去に比べて維持されること。

Conclusion結論

On the other hand, in spite of occasional outbursts of anti-papal feeling on the part of the various chiefs of these Churches, it is certain that the vision of unity is beginning to make itself seen very widely in the East.一方、これらの教会の様々な首長の一部に対する抗ローマ法王の感情の時折爆発にもかかわらず、それは統一のビジョン自体が中東で非常に広く見られるように始めていることは確かである。 In the first place, education and contact with Western Europeans inevitably breaks down a great part of the old prejudice, jealousy, and fearof us.最初の場所では、教育や西ヨーロッパ人との接触が必然的に古い偏見、嫉妬、そしてfearofたちの大部分を分解します。 It was a Latin missionary who said lately: "They are finding out that we are neither so vicious nor so clever as they had thought."それが最近言ったラテン宣教師だった: "彼らは我々は、彼らが考えていたようにも悪質なので気の利いたもであることを知り始めている" And with this intercourse grows the hope of regeneration for their own nations by contact with the West.そして、この性交に西側との接触により、独自の国家のための再生の希望を栽培しています。 Once they realize that we do not want to eat them up, and that their milal are safe, whatever happens, they cannot but see the advantages we have to offer them.かつて彼らは、我々はそれらを食べたくないことを認識し、そのmilalが安全あること、起ころう、彼らがすることはできませんが、我々はそれらを提供している利点を参照してください。 And with this feeling goes the gradual realization of something larger in the way of a Church than their own milal .そして、この気持ちを持つ独自milalより教会のように大きい何かが徐々に実現することになります。 Hitherto, it was difficult to say that the various Eastern schismatics understood by the "Catholic Church" in the creed.これまでは、それが様々な東部のschismaticsが信条の "カトリック教会"で理解したことを言うことは困難であった。 The Orthodox certainly always mean their own communion only ("Orth. Eastern Church", 366-70); the other smaller bodies certainly hold that they alone have the true faith; everyone else -- especially Latins -- is a heretic.特にラテン系 - - 異端者である皆、他の小さい体は確かに彼らが一人で真の信仰を持っていることを保持;正教会は、確かにいつものみ( "。オルト東方教会"、366から70)が自身の交わりを意味する。 So, presumably, for them, too, the Catholic Church is only their own body.だから、おそらく、彼らのために、あまりにも、カトリック教会は、自身の体です。 But this is passing with the growth of more knowledge of other countries and a juster sense of perspective.しかし、これは多くの他の国々の知識と視点のジャスター感覚の成長に渡しています。 The Nestorian who looks at a map of the world can hardly go on believing that his sect is the only and whole Church of Christ.世界地図を見てネストリウス派はほとんど彼の宗派は、キリストの唯一と教会全体であると信じるに行くことはできません。 And with the apprehension of larger issues there comes the first wish for reunion.より大きな問題の不安との再会のための最初の願いはそこに来る。 For a Church consisting of mutually excommunicate bodies is a monstrosity that is rejected by everyone (except perhaps some Armenians) in the East.相互破門体から成る教会のために中東で皆(おそらくいくつかのアルメニア人を除く)によって拒否され極悪非道です。

The feeling out towards the West for sympathy, help, and perhaps eventually communion, is in the direction of Catholics, not of Protestants.同情のために西に向かって気持ちアウト、交わり、おそらく最終的に助け、そして、カトリック教徒のではなく、プロテスタントの方向にある。 Protestantism is too remote from all their theology, and its principles are too destructive of all their system for it to attract them.プロテスタントはすべて彼らの神学からあまりにも離れている、そしてそれはそれらを誘致するためにその原則は、すべてのシステムがあまりにも破壊的である。 Harnack notes this of Russians: that their more friendly feeling towards the West tends Romeward, not in an Evangelical direction (Reden and Aufsätze, II, 279); it is at least equally true of other Eastern Churches.ハルナックはロシア人にこれを指摘して:西に向かって自分のもっとフレンドリーな感じではなく福音方向(RedenとAufsätze、Ⅱ、279)で、ローマへの傾向があること、それは他の東方教会の少なくとも等しく当てはまります。 When the conviction has spread that they have everything to gain by becoming again members of a really universal Church, that union with Rome means all the advantages of Western ideas and a sound theological position, and that, on the other hand, it leaves the national millet untouched, un-latinized, and only stronger for so powerful an alliance, then indeed the now shadowy and remote issues about nature and person in Christ, the entirely artificial grievances of the Filioque and our azyme bread will easily be buried in the dust that has gathered over them for centuries, and Eastern Christians may some day wake up and find that there is nothing to do but to register again a union that ought never to have been broken.有罪判決は、彼らが再び本当に普遍的教会のメンバーになることによって得るためにすべてのものを持っていることを普及しているときに、ローマとその組合は西洋の思想と音神学的立場のすべての利点を意味し、その一方で、それは国民を残している、 キビ 、手つかずの非ラテン語などの強力な同盟のためにのみ強く、その後確かにキリスト、Filioqueと私たちの種なしパンのパンの完全に人工的な不満の自然や人について現在、謎とリモートの問題は容易に塵の中に埋葬されている何世紀にもわたって彼らの上に集まっており、東部のキリスト教徒はいつか目を覚ますと再び壊れからなかったはずの労働組合を登録することではなく、何もすることがないことを見つけることができます。

Adrian Fortescueエイドリアンフォーテスキュー
Transcribed by Christine J. Murrayクリスティーヌ·J·マレーによって転写

The Catholic Encyclopedia, Volume V Nihil Obstat, May 1, 1909. Remy Lafort, Censor カトリック百科事典は、ボリュームVのニヒルのObstat、1909年5月1日。レミlafort、検閲
Imprimatur. +John M. Farley, Archbishop of New Yorkニューヨークの認可。+のJohn M.ファーリー、大司教



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです